青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「南方~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~卒業 卒業~ ~卓 卓~ ~卓子 卓子~ 協会~ 協力~ ~南 南~
南方~
単なる~ ~単に 単に~ ~単純 単純~ ~博士 博士~ 博物館~ ~占め 占め~

「南方~」 1076, 11ppm, 9733位

▼ 南方~ (345, 32.1%)

5 或る, 魔術師 4 騎士 3 騎士の

2 [16件] ローマンス, 土人の, 天に, 天には, 島から, 島で, 強か北方の, 無人島, 空に, 空は, 絶島に, 至福とは, 諸島において, 開發する, 黄金国の, 黄金帝国の

1 [296件] ある諸国, お話を, きびしい暑熱, ことです, すそ野から, ときの, は大島, まやの, ものは, アンヂェディヴの, オリオン峠で, ギャンターという, サムヤエあるいは, ジャングルの, ジーグフリートであり, スデルと, タンガニイカ湖と, ニグロの, ネパール地方あるいは, フランスに, マック, メキシコ湾から, ロヴーマ河口へ, 一月は, 一端なる, 三閣は, 丘へ, 丘陵が, 丘陵に, 丘陵は, 九月の, 二人の, 人, 人々にたいして, 人々よりも, 人たちと, 人たちは, 人を, 人材は, 人物が, 仏像には, 仏蘭西を, 仏蘭西をも, 伊太利亜で, 低地に, 住民, 何処へ, 佛教學者は, 佛教徒は, 佳酒, 侵入者に, 側には, 僻地には, 八月先祖祭の, 八重山群島の, 出身, 出身という, 判事, 制覇に, 力ある, 労働者の, 半分に, 原野に, 収容所でも, 呉国孫策の, 国々は, 国々より, 国で, 国の, 土民の, 在で, 地, 地並に, 地域の, 地方は, 地方を, 境界部は, 壮士力千夫に, 多くの, 夜の, 夜は, 大きい入道雲, 大名と, 大平野, 大蛇と, 大陸から, 天が, 天空へ, 天隆昌の, 太陽に, 夷族に, 奢侈を, 季節と, 孤島で, 孤島に, 學術, 安南, 密室は, 密室を, 小さな島, 小地獄群, 小河原沼にかけて, 小禽を, 属国たる, 山と, 山へ, 山中から, 山中に, 山中まで, 山国で, 山地深く, 山岳地帯で, 山嶽を, 山脚を, 岡崎と, 岩石は, 島々で, 島々と, 島々との, 島々などは, 島々には, 島々にも, 島々の, 島々へ, 島々や, 島へ, 巡撫に, 工場で, 工妙な, 市の, 平野からは, 平野と, 平野に, 平野を, 広州湾を, 弱い國, 強北方, 強国だ, 強国の, 強烈な光り, 形勢について, 形勢は, 形式も, 情勢一変と, 憂を, 戦争即ち, 戦場から, 戦線に, 揚子江と, 支那人華靡駢儷對偶の, 敵に, 敵國狗奴國と, 文化が, 文化は, 文字を, 文帝元嘉の, 文明諸, 文物を, 新天地に, 方から, 方言に, 旅, 日の, 日本委任統治の, 明るさ, 星の, 暖かい国, 暖かい海, 暖かな, 暖国は, 暖地では, 暖地帯では, 書を, 書風を, 木材が, 未知の, 東検島に, 林業に, 林業の, 林業も, 根の国観念が, 極点まで, 母方の, 民族フェニキアエジプト人の, 水平線を, 水軍を, 沖縄で, 沿海江蘇方面から, 洋底は, 海では, 海とは, 海に, 海の, 海は, 海を, 海上には, 海上へ, 海國には, 海岸にて, 海岸サイゴン港に, 海岸一帯が, 海岸一帶, 海峡を, 海底で, 海流に, 海濱に, 海面の, 湿気に, 漢族出身の, 火に, 熱い処, 牛久保という, 特産を, 特産物である, 犬尾を, 狭い谷底, 玉村町近くへ, 玉砕部隊だ, 王であった, 王羲之の, 生れだ, 生活の, 産物のみが, 目明しに, 砂原須原の, 碑にも, 碧空に, 礼盤上に, 禅を, 禅宗が, 稲作民族の, 空を, 空今は, 竜仙寺さんと, 篠場の, 米穀を, 組織に, 縁側が, 美味薫醸は, 肥沃なある, 自由な, 荒い海岸ぞい, 荒涼たる砂漠, 荒磯へ, 蛮人, 蛮人でさえ, 蛮地へ, 蛮夷へも, 蜜柑は, 血が, 血とが, 血を, 要所要所, 要衝駿河口の, 話に, 話題が, 諸国の, 諸島だの, 諸島では, 諸島と, 諸島に, 諸島においては, 諸民族, 諸県, 豎子に, 貝を, 賤ヶ嶽から, 農村に, 近在では, 遠郷, 遭遇戦において, 郷里では, 重鎮だ, 重鎮兵庫御嶽の, 野に, 野も, 銀坑山から, 長崎に, 長目や, 門戸に, 開發, 開發に, 陽陵坡には, 雪, 青年から, 青磁と, 風にも, 風を, 風を以て, 高い山, 高地を, 高雄に, 魚で, 黄金国へ, 龍泉窯の, 龍泉窯を

▼ 南方~ (155, 14.4%)

3 向って, 当って, 於て 2 いた時, いて, 期待し, 航行し

1 [138件] あたる, あった墺軍陣地, あらはれしを, あらわれました, ありし事情, ありと, あり天気概況, ある, あるキーチュ川, あるコルギャル池, ある山, ある廃港, ある強国, ある強大, いらしたん, これら雄藩が, ひびいて, ふみ入り湾を, むかい八時間, むかって, むすびつけて, アシカ島といふ, ケンブリジ島を, コルバ, 一つ東方に, 一年い, 一年いた, 五通という, 伸びて, 位すること, 位する山, 位せしは, 偏した, 傾いた日脚, 傾いて, 傾き日陰, 八溝連山が, 冬が, 出かけたり, 出かけて, 出かける者, 出ずる, 出征させ, 出征し, 出征した, 出来て, 到るべし, 前進し, 勢力ある, 取りバルカン, 向うもの, 向えば, 向かい進行, 向けて, 向つて, 向つて帯, 在つて, 在り岩崎山, 在る千五百二十米, 在る石老山, 大変大きな, 大残雪, 大火事, 寄った所, 尾を, 居る高級巫女, 広い砂, 延びた連嶺, 当り両, 御陵が, 拡がるあらゆる, 拡張する, 放つと, 新生活, 於いて, 於ける商業上, 於ける日本人居留者, 於ける発展, 旅し, 東面し, 桜が, 歸つて太湖の, 歸るべき, 氷塊の, 永住する, 求む, 池あり, 沿ひ, 活躍中とか, 派出し, 派遣せられ, 流れて, 流出し, 流去せり, 海灣を, 淡い銀河, 深い穂高嶽, 漸転, 畳な, 當つて斯る, 當つて椰子橄欖の, 當れる, 発源する, 知事たりしもの, 碧い, 移って, 移住し, 紹介する, 置いた, 至つて再, 落頭民という, 蒙塵ある, 行ったまま消息不明, 行ったん, 行った頃, 行って, 行われて, 見えて, 見える筈, 赤衣の, 赫々たる, 起った蒋介石, 車瀬という, 転属する, 輩出した, 進み墺軍, 遠く噴火湾, 遠ざかる飛行島, 遠賀原や, 避くる, 長い懸崖, 開口せり, 関東地震の, 陸地が, 隧道を, 離れた文化, 雪の, 領地を

▼ 南方~ (60, 5.6%)

2 出発する, 日本語を, 流された

1 [54件] いったという, とどろき流れる奔流, やられた, レスの, レス産の, 下って, 下つて, 下ること, 下ると, 伸びて, 出征の, 南方へと, 向かう飛行機, 向かって, 嚮を, 小径を, 展開した, 幾段もの, 往って, 扇形を, 指して, 探検の, 旅に, 旅を, 旅立ちました, 来て, 渡る途中, 移るが, 移動させられた, 航する, 蒙塵あそばす, 虜囚として, 行かう, 行き沈黙, 行き終戦, 行くこと, 行くなり, 行くの, 行く前, 行く密輸船, 行けるの, 行こう, 行った, 行ったとかいう, 行って, 行つてみたい, 譲って, 走った, 走って, 走り那古, 足を, 連れて, 針路を, 飛んで

▼ 南方から~ (33, 3.1%)

1 [33件] お帰り, この島, して, たぶん海辺, だ, インカの, 九州とか, 交通する, 兎岳を, 出るだけ, 北漸, 回つて來る, 帰って, 帰還し, 得た便り, 感じられた, 攻め入ろうと, 日本に, 暖かい空気, 望めば, 来て, 東北方へ, 注ぐもの, 肉迫せんと, 西方に, 西進へ, 連なって, 進んで, 遠見を, 都に, 開始されまし, 頻々たる, 飛翔し

▼ 南方~ (22, 2.0%)

2 戦死した

1 [20件] たぶんパミエ, とったの, どんな風, 仙北平野が, 会見した, 冬を, 出來, 戦死された, 戦死し, 戦歿し, 戦歿した, 戦没した, 日本語を, 破船した, 英艦の, 蜀軍の, 見た山々, 買つた, 違いますから, 露営し

▼ 南方~ (22, 2.0%)

5 指して 2 町から

1 [15件] まは, わずか突入, 伐てと, 向いて, 向き次, 壓した, 変な, 平定し, 征伐した, 征討せしめた, 揚州といふは, 眺めると, 眺め岸, 眺め或は, 見よう

▼ 南方支那~ (17, 1.6%)

1 [17件] から西, だけは大分国民的自覚, だとか, であつ, と思はれる, に故, に発した, のあの, のもの, の宗教, の景色, の樣, の漢人種, の瀟湘, の産まれ, の開発, を見

▼ 南方では~ (15, 1.4%)

1 [15件] とても激しく, なかなか名, わがタイフーン, アーパスタンバ, ビタミン, 初め浙江軍が, 既に, 死者の, 漢族文弱の, 生魚も, 神鬼を, 茗を, 身なりの, 間切と, 餘り

▼ 南方~ (14, 1.3%)

1 [14件] まだ醇朴, アンデス山脈の, バイエルンである, 仁田河内岳から, 佐竹の, 処々に, 天産物や, 広東でも, 彎曲し, 文化, 環海の, 異人池, 遠く開け, 間近い山

▼ 南方諸島~ (14, 1.3%)

2 との交流

1 [12件] ではニライ, では滅多, でも存外, において更に, において最初, に通う, に進駐, のシビ・スビ, のニルヤカナヤ, の上, の鼠, は失陥

▼ 南方~ (13, 1.2%)

2 である先年西牟婁郡安都ヶ峯下, の説話 1 が書かれた, の仕事, の功績, の報告, の書状, の田辺, の随筆, の隨筆, を訪ね

▼ 南方熊楠氏~ (11, 1.0%)

1 [11件] から親しく, である, に告げた, の影響, の文通, の示教, の考証, の随筆, の隨筆, は毘沙門, へも贈る

▼ 南方より~ (10, 0.9%)

1 これを, スガナ渓谷に, 入る光線, 大和へ, 強き光線の, 復員の, 微風を, 涼風を, 漂泊い来た, 蜀中を

▼ 南方~ (8, 0.7%)

1 たる呉, で新派, とがい, のガンコさ, の代表, の激情的, の血液, を思はせる

▼ 南方先生~ (8, 0.7%)

1 が字余り都々逸, その何やら, に讃め, の, の前身, の助力, ほどの大, 若い盛り

▼ 南方には~ (7, 0.7%)

1 この風習, マカルス島が, 二ヶ処の, 人肉を以て, 烏川が, 見られぬ暗い, 赤石三山塩見岳あり

▼ 南方への~ (6, 0.6%)

1 先駆移民の, 探検に, 旅行に, 航海の, 退行が, 進出も

▼ 南方~ (6, 0.6%)

1 である, でない気質, なガンコ, なローマ的信仰, な呑気さ, の空気

▼ 南方~ (5, 0.5%)

1 北方と, 北方は, 江北の, 秩父山の, 言つても

▼ 南方印度~ (4, 0.4%)

1 に於, の或, の民間, の語

▼ 南方~ (4, 0.4%)

2 の一種衝動的 1 の文化, の樹木

▼ 南方~ (4, 0.4%)

1 民族に, 民族の, 省の, 離島の

▼ 南方諸国~ (4, 0.4%)

1 ではよく, において正確, における木材, への旅行

▼ 南方離島~ (4, 0.4%)

2 では何と, は地質的

▼ 南方でも~ (3, 0.3%)

1 シベリアでも, 恐らくま, 警戒しなけれ

▼ 南方との~ (3, 0.3%)

1 両方向から, 交通が, 間の

▼ 南方まで~ (3, 0.3%)

1 出迎えに, 来て, 進出し

▼ 南方シナ~ (3, 0.3%)

1 に勢力, の宗教, はその

▼ 南方洋上~ (3, 0.3%)

1 に空母二, に集結, より帝都

▼ 南方熊楠翁~ (3, 0.3%)

1 が小説大菩薩峠, の解説, は紀州日高

▼ 南方~ (3, 0.3%)

1 が指摘, に智慧, に記述

▼ 南方行き~ (3, 0.3%)

1 でチョン, の事情, の要員

▼ 南方からの~ (2, 0.2%)

1 引揚げらしい, 敵の

▼ 南方さん~ (2, 0.2%)

1 の書かれた, は恐らく

▼ 南方すでに~ (2, 0.2%)

1 定まり兵甲, 定り

▼ 南方での~ (2, 0.2%)

1 儀来河内な, 激しい恋

▼ 南方においては~ (2, 0.2%)

1 みすぼらしい姿, 南洋群島を

▼ 南方~ (2, 0.2%)

2 見失エリ

▼ 南方フランス~ (2, 0.2%)

1 および彼, のモントプリーエ

▼ 南方ロシア~ (2, 0.2%)

1 の旧い美しい, を掠めよう

▼ 南方一里~ (2, 0.2%)

1 ばかりの所, 半くら

▼ 南方各地~ (2, 0.2%)

1 の暴動, の銘茶

▼ 南方外国~ (2, 0.2%)

2 や支那

▼ 南方政策~ (2, 0.2%)

1 とかいう積極方針, も含め

▼ 南方文化~ (2, 0.2%)

1 がうかび, の勝利

▼ 南方椰子樹~ (2, 0.2%)

1 の島, の島国

▼ 南方毘留勒叉増長天北方毘沙門多聞天王四天~ (2, 0.2%)

2 にかたどる

▼ 南方民族~ (2, 0.2%)

1 に関する学術的研究, の寵

▼ 南方派遣日本語教授要員~ (2, 0.2%)

1 の募集, の錬成

▼ 南方物資~ (2, 0.2%)

1 の貢ぎ, の輸入

▼ 南方~ (2, 0.2%)

1 の祖先, は二度

▼ 南方第一線~ (2, 0.2%)

1 における朗らか, へ赴いた

▼ 南方~ (2, 0.2%)

1 十二マイルの, 百キロの

▼ 南方經營~ (2, 0.2%)

1 に力, に着手

▼ 南方經略~ (2, 0.2%)

1 によつて, に一時尠

▼ 南方蛮界~ (2, 0.2%)

1 の国々, の黒奴

▼ 南方討伐~ (2, 0.2%)

1 であろう, を決議

▼ 南方~ (2, 0.2%)

1 かに遠い, か隔た

▼ 南方開發~ (2, 0.2%)

2 に多大

▼ 南方~ (2, 0.2%)

1 なきれの, な瞼

▼1* [205件]

南方あたりじゃ戦争, 南方からはもうみんな, 南方からも北方からも, 南方へりで若い, 南方じゃあたいへんだ, 南方ぜんたいの人間, 南方そのほかの, 南方であったらしく大陸の, 南方であり君南風は, 南方であることが, 南方という人が, 南方とは貿易を, 南方ならもしかして小松, 南方において丹道をと, 南方における通商の, 南方にかけての諸州は, 南方にばかり心を, 南方にも范増出で, 南方に対してはこれより, 南方のみでは, 南方のみに限られるもの, 南方はるかに五十三, 南方ばかりでなく此, 南方へでも出かけたとき, 南方へと皆の, 南方へも行ったの, 南方までのきりとりを, 南方ものこれは, 南方わがヴェネチアの, 南方アジアを指し, 南方エチオピアよりいづ, 南方オノル港では在, 南方コラムに於, 南方シナ精神の個人的傾向, 南方スラヴ人の間, 南方チフリス生れの青年ミラノフ, 南方チャウルに退いた, 南方チロール地区隊ギヴディカリー部隊を先頭, 南方ビルマやシャム, 南方ビルーまで探検, 南方フランス人の快活さ, 南方フランス気質の誇張, 南方ボケした能, 南方ボリビアのポトシ銀鉱開発, 南方ボルネオのブルネイ, 南方ヨリ北方ニ向ヒシ事更ニ, 南方リパリ群島中の一火山島, 南方リマを経, 南方一キロぐらいの岩礁上, 南方一千三百餘里とある, 南方一帯が水, 南方一邑の商人八牛, 南方一里半に羽山島, 南方一里足らずの浜辺, 南方三十余里の所, 南方三哩休火山ヴァエアの山腹, 南方三里の外, 南方三閣のもの, 南方主義者らはロアール河以北, 南方二十余キロの金華山, 南方二百浬のところ, 南方五十浬の洋上, 南方亜細亜大陸に発展, 南方交易にこの, 南方人的な想像力, 南方の新, 南方仏教小乗の一切経, 南方何萬何千哩の空, 南方佛典の大注, 南方侵略までの十数年間, 南方先島列島に行く, 南方先島風の呼び名, 南方先生件の名, 南方先生外国で十五年仙人暮し, 南方先生已下は拙, 南方先生裸で寝, 南方全集十二巻のうち, 南方八九里のフェーホ, 南方八月の雪, 南方六十哩ほどの所, 南方十キロの洋上, 南方十余里の一, 南方十字兵衛があやつった, 南方十日乃至十二日程, 南方十海浬だという, 南方十海浬岩島は海豹島, 南方十里の彼方, 南方十里大村湾口の横瀬浦, 南方を呼ぶ, 南方呉越の民衆, 南方四十キロばかりの地点, 南方土民風にしゃがん, 南方土産の面, 南方地区に集結, 南方地域では屈指, 南方地帯に属する, 南方地方は太陽, 南方大士龍猛直傳, 南方大洋に臨ん, 南方大穴村あたりでは勿論, 南方大陸の河流, 南方天界寺趾の前, 南方天草の諸島, 南方太東岬に至る, 南方に教えられた, 南方に教, 南方小森に於, 南方帰りの人, 南方常夏の故郷, 南方平定のため, 南方の顔, 南方征伐の大, 南方御岳との間, 南方思想を代表, 南方所傳の佛典, 南方指掌図ともいっ, 南方支那あたりから伝へた, 南方支那人官仕して, 南方政府の逮捕命令, 南方数十歩には天工, 南方数町に峰, 南方旅立ち事故生ずと, 南方旦那は南方, 南方昧谷は西方日沒, 南方更に六百キロの, 南方有池池中有水水中有魚三頭九尾不食人間五穀, 南方朝鮮の下手, 南方木曾川の谷, 南方という寒村, 南方極楽浄土におもむく, 南方武蔵野の平原, 南方殖民はこの, 南方永修附近で大, 南方沙漠の生活, 南方沿岸の偵察, 南方洋上十キロのところ, 南方の勢力, 南方海上を傳, 南方海路から呉越, 南方海面に侵入, 南方靄の, 南方温暖の地方ゆえ, 南方湖心に十五, 南方漢種の近代, 南方熊楠という学者, 南方熊楠先生のこと, 南方熊楠先生高野一乘院ありし時, 南方に浮かされた, 南方特有の深い, 南方琉球との航路, 南方琉球諸島から北日本, 南方生れのぼく, 南方生活の問, 南方町はずれにあっ, 南方異物志に轆轤首, 南方百キロの海上, 南方的圧力があり, 南方的情趣を帯びさせる, 南方破風山から甲武信, 南方が老子, 南方福州を経, 南方近い所, 南方糸滿と南山城, 南方紀伝桜雲記十津川の記等, 南方経略の要諦, 南方経験を作品, 南方背振雷山浮岳の諸, 南方にみち, 南方薩摩琉球のむかふ, 南方の中空, 南方といふ遠い, 南方蝙蝠岳とに連, 南方ヲ引率シ, 南方訛りで夢中, 南方諸語族との比較, 南方起原を証明, 南方起原説に至り, 南方越中との国境上, 南方車瀬にある, 南方近くにまで達した, 南方連絡事務所との所在地, 南方遠征に出発, 南方遥か隔たった, 南方還りの瀟洒, 南方邯鄲に通ずる, 南方郊外妙法院領の地, 南方里余のあたり, 南方無河畔, 南方錫蘭や緬甸, 南方附近から山中湖畔, 南方隨筆七八頁に記した, 南方離島通ひの, 南方離島通いの小, 南方雪倉岳に至る, 南方雪山の頂, 南方解けて, 南方霞岳に対しては南穂高, 南方露西亜のドン河, 南方靖一郎の両氏, 南方領主の要塞, 南方領土ヲ取得スベキ運命, 南方飛来説が十分根拠, 南方高地からかけ, 南方鹿児島湾で私, 南方鼠小僧の墓所辺り