青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「口調~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~受けた 受けた~ ~受ける 受ける~ 叢~ ~口 口~ 口実~ 口惜し~ ~口調
口調~
古~ ~古い 古い~ ~古く 古く~ 古人~ 古今~ 古代~ 古典~ 古来~

「口調~」 1927, 21ppm, 5528位

▼ 口調~ (1227, 63.7%)

73 云った 56 言った 33 いった 30 言って 21 言つた 18 答えた 16 云つた 9 云って 8 たずねた, 云うの, 私に 7 いいました, いう, ものを, 答えました, 言う, 話して 6 問うた, 言いました, 言ひ, 言葉を, 話した, 説明した 5 こう云った, こたえた, そんなこと, 云いました, 叫んだ, 呟いた, 呼びかけた, 物を, 言い 4 そう言った, 云う, 何か, 自分の, 言うの, 言ったの

3 [17件] あつた, いって, きいた, こんな事, さう云, つけ加えた, もって, もつて, 彼は, 書いて, 次の, 申しました, 私の, 訊いた, 話しかけた, 語りだした, 説明し

2 [59件] いいつづけた, いい出した, いうと, いつた, おつ, ききかえした, こういった, こう云い, こんなこと, こんな風, ご存じかの, さういふので, しずかに, すらすらと, そう云いさし, そう云った, そう言っ, それを, つぶやいた, ね, ボツリ, ポツリポツリと, 三度催促した, 云いながら, 云い放った, 云うと, 云ふ, 云ふと, 今度の, 僕に, 呟いて, 呟くと, 呼びかけました, 命じた, 命令し, 尋ねた, 尋ねました, 小間使に, 彼の, 挨拶した, 挨拶を, 教へる, 朗吟しました, 歎願し, 答へ, 而も, 聞き返した, 言いだした, 言ったが, 言ったので, 訊ねる, 話しつ, 話し出した, 話すの, 話を, 語れるの, 返事を, 静かに, 高々と

1 [631件 抜粋] あいさつを, あつて, あらゆること, あれが, いいえと, いいそして, いいだしたこと, いいとり, いいます, いいますの, いい放った, いうため, いうの, いうので, いえば, いきなりこう叫んだ, いきなりそんな, いったかと, いひかけたが, いひついだ, いふので, いろいろ云う, いわれましたもん, うけ合うとき, うち消し, おっしゃったが, おどすやう, おほめ, お前それは, お招き, お末, お禮, お綱, お願いした, かういつた, かう云, かう云ひだ, かえらない, かつて先生, かつて西小寺, きざな, くど, くどくどと, くり返した, こうまとも, こう云う, こう言つた, こう訊いた, こともなげに言い切る, このこと, このよう, この夜, この間こんな, これだけ, これだけの, これを, こんな言葉, こんな説明, こんな議論, ごく手短, さう, さう言, さう言つて鉛筆, さぐりを, ささやいた, ささやき母, ささやくよう, さも得意げ, さも自信, さらさら言った, さらにつづけた, しゃべりたてた, しゃべり始めた, しゃべり最後, すぐ裁判, すまして, すらすら言, する外, そういい出した, そういう千鶴子, そういった, そうすすめ, そうも, そう云いました, そう云っ, そう云つて検事, そう洩らす, そう語られ, そう鋭く, その, その二, その人物, その夜, その男, それではその, それでは僕, それでもとにかく, それと, そんな事, そんな話, そんな馬鹿, たしなめるよう, たずねました, ただそう, たのんだ時, だが妙, だしぬけに, だんだん話しつづける, ちが, でもいくらか, とき子が, とぎれとぎれそう, どっかちゃんと, なぞなぞを, なだめて, ののしり始めた, はいと, はっきりおっしゃいました, はっきりと, はつきり御, はねつけた, ひとと, ひょこんと, ひよこんと, ふたりの, ほかの, ほき出した, ほめて, ぼそぼそぼやく, ぼんやりしてる, ぽつんと答えた, まくし立てた, まずその, また口, まはり, まるで朗読, やがて上, やって, やっぱり秋田訛, やや不平, やり返して, ゆき子は, ゆっくり云った, ゆるゆると, わたしたちみんなが, イングランドの, エレーナが, カテリーナ・リヴォーヴナは, コンナ事を, ゴトゴトと, サト子に, シャッタアの, スラスラと, セルゲイは, チビ公に, ハッキリと, ハツキリと, ブッた, ボツボツと, マレーフスキイが, マンの, ミサ子に, メーラが, 一くさりがんりき直伝の, 一と, 一生懸命に, 一言いった, 三人の, 三郎たちに, 上眼を, 不承不承に, 不足らしく言う, 世にも愚か, 丹尾は, 主水, 乗りものの, 事件の, 二人が, 二人は, 二十石五人扶持と, 二言三言いつた, 云いかけたが, 云い云い終ると, 云い出した, 云い切った, 云い残して, 云うた, 云ったから, 云ったが, 云つ, 云は, 云ひ出した, 云や, 付加へた, 代官松が, 仰せられ入道さま, 仰出されました, 伏目に, 伴れ, 佐藤が, 何うにか, 何を, 余の, 保雄の, 僕たちの, 先日の, 先生は, 先輩に, 再びそうきいた, 冗談まじりだった, 冷徹な, 切りに, 切り出したの, 別れの, 利助は, 前の, 加奈江が, 勝入, 勢よく, 千世子は, 卓一に, 友子が, 友達の, 反問した, 叫ぶの, 叫んだかの, 叱るよう, 吉之助が, 同輩に, 名刺を, 吐出すよう, 君太郎が, 否定した, 吶々と, 呟いだ, 呟やかれました, 呶鳴っ, 呼びかけられるかも, 呼びとめた, 命じると, 命令的に, 唄つてゐた, 唸つて, 唸りながら, 問いかけた, 問いかけたのち, 問うて, 喋ったの, 喋って, 喋り出した, 喋り立てた, 喋舌り出した, 喚きながら, 喧しく呼びかける, 囁き合つた, 国事の, 坐ったまま, 報告された, 声を, 変に, 多四郎は, 大きく見, 夫の, 女ども酒を, 女の, 女は, 妙な, 婆さんに, 婦人が, 子供や, 実は生命保険, 実名さえ, 宣言した, 尋ねます, 尋ねること, 尋ねると, 尋問を, 小気味よくやりとり, 山瀬が, 嵐の, 川瀬は, 帆村探偵に, 幾分早口, 幾度も, 広言した, 弁解なさいました, 彼と, 彼に, 彼はつ, 後を, 御免安が, 御前さん働く, 心安く二人, 応えた, 応じて, 忠告めいた, 怒鳴りつけられること, 息子が, 息子の, 恰で, 惜しいや, 意味あり, 意見を, 愛相を, 慰めると, 慰労の, 懸命に, 戲談らしく, 手を, 手指を, 技師へ, 投げて, 指して, 指図し, 指図を, 改めて云った, 斯う, 斯う切り出した, 斯う言い, 日本女が, 早口に, 昔の, 昨夜近所の, 暗に意見, 更に僕, 更に言葉, 村での, 柔らかく固く持, 柳が, 検事に, 検事も, 様々な, 横沢氏に, 橋本からは, 歯切れよく, 歸らない, 殆ど叫ぶ, 殆ど叱責する, 母親に, 母親を, 河岸の, 法信の, 津田の, 渠も, 無沙汰の, 無論相手, 熱心に, 熱戦中で, 父が, 父に, 犬を, 猶も問, 甚だ唐突, 甚だ月並, 申されました, 申しますので, 申し出た, 番頭は, 異状は, 病床の, 発言した, 盛んに, 盲断し, 相手に, 相槌打った, 眼鏡の, 祖母の, 私は, 私を, 私神戸の, 秋山が, 秘書官に, 種々栄蔵, 答えそれから, 答えて, 答える, 答え何, 答へながら, 箏曲家の, 節子に, 繰りかえした, 繰りかえし繰りかえし, 繰り返して, 繰り返し初め, 繰返した, 罵りながら, 義雄が, 老僕に, 老爺を, 聞いた, 聞かせたくなる通り, 聞きかえしました, 聞き出した, 聲を, 肇は, 自ら喋つておきながら, 船長に, 花井さんは, 花子は, 莞爾とばかり, 落ちつき払っ, 落ついて, 葉子は, 補祭は, 見ると, 親し気, 親身な, 言いきかせるよう, 言いさも, 言いだしたの, 言いながら, 言い出したとき, 言い出したに, 言い右手, 言い御, 言い旦那, 言い熊本君, 言い父, 言っても, 言つて, 言つてゐた, 言つてゐる, 言つて前方の, 言つて目礼し, 言つて私の, 言つて軽い, 言つて飛騨を, 言ひます, 言ひ出さう, 言ふ, 訊きかへ, 訊ねた, 訊ねたの, 訊ねるの, 詫びた, 詰問した, 話されるの, 話されるので, 話しかけでも, 話しかけるの, 話しかけるので, 話しつづけた, 話してなんか, 話しはじめた, 話しはじめて, 話す, 話すので, 話すもの, 話の, 語っただろうか, 語つた, 語つてゐる, 語られる場合, 語りつづけます, 語りはじめた, 語りました, 語り出した, 語り始めた, 語呂合わせにも, 説きなだめた, 読みあげた, 読み上げた, 誰何した, 論じた, 責めました, 買い求めそれ, 賞めた, 質問した, 質問だした, 赤ん坊を, 足利若御料の, 躊躇の, 軽る, 述べたもの, 述べて, 述べ立て, 追撃する, 追究した, 通訳した, 郷土の, 野次馬連は, 長く待たせられた, 長崎屋が, 間抜けた, 闇の, 附け加へた, 附添婦に, 露骨な, 青年が, 非難した, 順序よく述べ, 頻りに今度, 頻りに話し始めた, 顫へ, 食事の, 饒舌り立てる, 馴, 驚きあわて, 高城に, 鯱丸が

▼ 口調~ (161, 8.4%)

54 なって 14 なった 5 なり 4 なる, 返って 3 なつた, なるの 2 なったが, なる辻本, 云った, 返り

1 [66件] あって, いくらか受け太刀, おされて, かえって, かえってそっと立ち上り, かえり, かえるの, しんみりした, てれて, なったかと, なったの, なったりなんか, ならうと, ならわば, なりか, なりかけたので, なりました, なり友田さん, なり然し, なると, なんとなく次第に胸, もう一改良, ハッと, ムツと, 云って, 似ず実にゆっくり, 似たたど, 出掛けて, 刑事部長は, 動かされた健三, 医学の, 口上を, 士官たちは, 変って, 変つてゐる, 変りそして又, 多少の, 女が, 寒気を, 左右される, 当時の, 応じて, 愛情よりも, 成って, 成ること, 残酷さが, 涙ぐんだ女の子, 現れて, 直すと, 砕けたが, 私の, 自分と, 苦笑し, 親しみを, 言葉を, 読めるもの, 調子をかへて, 變じ, 變へ, 走つて, 返るの, 還って, 釣り込まれながら, 雄弁の, 響いて, 類し一種

▼ 口調~ (123, 6.4%)

12 もって 7 真似て 4 帯びて 3 借りて 2 まねて, 出して, 和げながら, 改めて言, 桂次が, 用ひ, 眞似, 聴いて

1 [81件] あらためて, あらわして, くりかえすの, さびしい思い, そこに, そのままわれら, その節, つかって, つづけ, とらえること, はぐらかして, まねた, まねても, まねるん, みよ, ややとりいれ, やわらげて, よくし, 三吉は, 上手に, 事更に, 二言三言聞いた, 交えて, 伝へて, 使います, 使い出した, 使った, 使って, 優しくした, 免れない声, 出さないよう, 千世子は, 取り返した, 和げて, 喜ぶの, 変えて, 帯びさせながら, 帯びた僧侶, 弄ぶよう, 強くする, 彼女の, 忘れず, 思い出して, 意地惡さうに眞似, 投げた, 換えて, 改めあなた, 改めてそんな, 改めると, 放つとき, 明けきった海, 更え, 柔らげたのである, 洩して, 洩らしたり, 洩らし始めた, 洩らすこと, 洩らすと, 洩らすところ, 活かすため, 漏らして, 用うる, 発明する, 真似たかの, 真似たつもり, 真似ようと, 真似ると, 短歌にも, 私は, 続けて, 緩かに, 罩めて, 聞いちゃ, 聞いて, 自然に, 藉り, 覚えた, 貴方は, 軽く受け流し, 連発し, 面白くする

▼ 口調~ (69, 3.6%)

2 如何にも平気

1 [67件] あまりに荘重, あまりよく, あまり切実, あり一たび口, いいと, いいとか, いいとかいうだけ, いいね, いいの, いかにも誇張, いやである, いやらしくて, お松を, そう響く, その会話, だんだん積極的, ついそのまま出, とても常軌, にてるじゃ, ぬけてない, ふざけたもの, ふとぎこちなかっ, まじって, またふたたび, まるで愚痴, やや軽く, よいから, よくても, ダンダン裁判口調に, ムズムズと, 一層深刻, 互いに相, 交りつ, 何か, 何かを, 何を, 余り当り前, 再び感傷的, 出た, 出て, 出るとは, 出るの, 勢ひ, 却つて舊套を, 可笑しくな, 嘘らしく, 型を, 大変好い, 妙に, 彼の, 悪くつて, 悪くても, 悲しく可笑しかった, 意外な, 扉から, 棄鉢な, 次第に感興的, 次第に熱, 残って, 消えて, 特色でも, 甚だだらし, 科白の, 耳に, 邪見に, 都振りに, 鋭かった

▼ 口調~ (65, 3.4%)

4 いいと, 中に 2 中には, 語り手な

1 [53件] あらゆる特徴, いい可愛い詩, いい翻訳, うちには, うちにも, お船歌, お話は, かげには, ところが, どこにも, まま勝手な, もあります, もので, ものに, よい美文, よい言葉, よい警句, ようである, よさ, イヤ味が, デリケートな, ニュウスが, 上ばかりの, 下に, 中国語で, 会話を, 低い一語, 右近の, 善し悪しを, 失せぬ老婆, 好い定, 惹き起す快感情緒, 手紙が, 敬語, 文体を, 方を, 昔取った, 活溌さに, 演説を, 烈しさ, 特徴が, 相手には, 研究は, 老婆が, 英語に, 落語家あり, 論説が, 議論も, 趣味失せず, 軽薄さ, 重苦しい行列, 雄弁を, 音声そのものに

▼ 口調~ (62, 3.2%)

2 可なり

1 [60件] いいです, いかにも老嬢, いつとは, かえって他所, すこぶる愛嬌, それ自身あまり結構な, だんだん例, どうした, なかなかやまない, にわかに熱, ひとを, ひどく弾みます, ひどく彈, またし, まったく平静, やっぱりあと, アリョーシャには, 一句一句に, 一般に, 丁重を, 伝法だ, 使わなかった, 僕を, 優しく劬わり, 反物の, 同じぢ, 吐き出すよう, 女を, 如何にも智子, 妙に, 姿に, 強いが, 性急に, 恋を, 憎しみに, 揶揄的であった, 新聞記者に, 時を, 暗誦的であった, 柔か, 案外やさしかっ, 段々一種, 激越でした, 火の, 無論それ, 独断めい, 皮肉だった, 相手の, 真面目である, 私を, 第三者の, 見向きも, 詰問に, 詰問にな, 返答によっては, 酒に, 険を, 静かに, 黙って, 黙つて

▼ 口調には~ (27, 1.4%)

2 明らかに

1 [25件] いかにも嘲り, だだッ児, なぜか, ほとほと参っ, まことに少し身勝手, 一寸形容, 今までの, 何かしら力が, 何かしら耳なれた, 何やら割り切れない, 何んと, 學生らしい, 少し外国訛り, 悲壮気な, 情の, 感情を, 抑揚が, 東北ふうの, 永年の, 知らずしらずに, 私が, 紀久子へ, 義理の, 解きがたき, 隊長大野の

▼ 口調~ (17, 0.9%)

2 態度も

1 [15件] おいおい切り口上, きびしいながら, そうであった, よく気持, よく短いので, ネリに, 出ない, 四十二歳を, 好いから, 如何は, 悪しく字面, 甚だしく一同, 田舎者の, 荒々しく少なからずあせつ, 顏の

▼ 口調~ (14, 0.7%)

1 [14件] いいことに, いうものの, いひ行為, しっかりした, なった, なり勢余つて, 云い間狂言, 今日のとは, 少し眞面目, 態度とが, 為り, 空虚な, 言葉の, 長い顎

▼ 口調では~ (13, 0.7%)

1 [13件] あった, ありません, あるが, つきりお, ないこれ, なかった, なかつた, なかつたの, 大した発見, 大黒屋の, 無く私, 理三郎が, 誰れ

▼ 口調から~ (12, 0.6%)

1 [12件] おやと, くる可笑し, しても, なんとはなし, 何か, 判断し, 察しても, 察する, 感じられる, 文句から, 発生した, 觀て

▼ 口調だった~ (11, 0.6%)

2 が豹一 1 からだ, からムッ, が千枝子, ぜ, ぞ, という返事, のが, のでみんな苦笑, ので彼

▼ 口調~ (10, 0.5%)

2 がさりとて 1 かそろっ, が, がさすが, がとにかく, が繼母, と思へた, ね, よ

▼ 口調にな~ (10, 0.5%)

2 つてゐた 1 つて, つてしまつ, つてやはり, つてわたしも, つて独りで, つて腕を, つて語りつづけた, つて閉口した

▼ 口調~ (9, 0.5%)

1 また命令, 呼び立てるよう, 態度が, 態度には, 態度にも, 態度や, 文句が, 節の, 顔色では

▼ 口調という~ (5, 0.3%)

1 ちょっとつかまえ, のは, ものの, ものは, んだ

▼ 口調~ (5, 0.3%)

2 んです 1 のである, のも, ものだ

▼ 口調を以て~ (5, 0.3%)

1 せんと, 云ふ, 人を, 厳しく談じ込まれ, 綴るべきか

▼ 口調にかへ~ (4, 0.2%)

3 つて 1 つて自分の

▼ 口調にも~ (4, 0.2%)

2 力が 1 かかわらずべつ, 忘れ難い

▼ 口調ある~ (3, 0.2%)

2 朗吟的の 1 を見

▼ 口調じゃ~ (3, 0.2%)

3 ないか

▼ 口調とで~ (3, 0.2%)

1 こういった, 僕たちに, 訓戒を

▼ 口調ながら~ (3, 0.2%)

1 友人たちの, 水も, 言々辛辣だった

▼ 口調であった~ (2, 0.1%)

1 が顔, し起き抜け

▼ 口調である~ (2, 0.1%)

1 けれどもその, キザな

▼ 口調でした~ (2, 0.1%)

1 が私, ね

▼ 口調でしや~ (2, 0.1%)

1 べりはじめた, べり出した

▼ 口調とは~ (2, 0.1%)

1 不可解な, 違った引締

▼ 口調まで~ (2, 0.1%)

1 並べて見, 覚えて

▼ 口調態度~ (2, 0.1%)

1 がす, がすっかり

▼ 口調本位~ (2, 0.1%)

2 のもの

▼1* [46件]

口調あの低い瞑想的, 口調おかしくてふと, 口調がちやんと, 口調ぐらい彼の, 口調こそ重々しいけれど, 口調さえ先生に, 口調そいつで構わず云い続けた, 口調そっくりで申され, 口調そのままになっ, 口調そのものの平らかさ, 口調それからその正しい, 口調たすからないほど冷めたい, 口調だけは相不変傲然, 口調であって文章, 口調であり論議であった, 口調でかう尋ねた, 口調でさえあった, 口調でして私, 口調でしかし笑ひ, 口調でじょうだんを云い, 口調ですがその, 口調でたどた, 口調でなくて何だか, 口調ではじめたが途端, 口調とか凝った趣味, 口調とが伸子に, 口調とともに飛んで, 口調などフエミニストの, 口調などは微塵も, 口調なりに毫も毒々しい, 口調なれば余, 口調にこそ相異, 口調にてどうも淋しく, 口調はつぎの手紙, 口調平次は, 口調までをソックリ伝える, 口調めいたことを, 口調もて人口の, 口調よくそしていよいよ, 口調云ッテ這ウ, 口調一應はボーツ, 口調乍ら水も漏らさぬ, 口調好くして, 口調にもたたない, 口調猿若はズンズン, 口調膝びらきになっ