青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「助~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

功~ ~加 加~ ~加え 加え~ 加わっ~ ~加減 加減~ 加藤~ ~助
助~
~助け 助け~ 助手~ 努め~ ~努力 努力~ 労~ ~労働 労働~ ~労働者

「助~」 18812, 187ppm, 548位

▼ 助~ (6961, 37.0%)

71 それを 46 自分の 30 固より 27 眼を, 黙って 21 御米 20 始めて, 急に 18 云った, 心の, 首を 16 刀を, 手を 15 頭を 14 それから, それに 12 仕方なし, 何を, 平岡の, 答えた 11 例の, 顔を 10 三千代の, 主人の, 小六, 父の, 自分が, 苦笑し, 表へ, 門野の 9 この時, 呟いた, 思った, 斯う, 腹の中で

8 [11件] お袖, これを, さう, その時, 三千代と, 声を, 嫂の, 平生から, 殆ん, 立ちながら, 答へ

7 [12件] あわてて, そこに, その日, 両手を, 二人の, 今まで, 何にも, 何の, 外へ, 彼の, 横に, 苦笑した

6 [23件] うなずいて, それが, ともかくも, ハッと, 人に, 何か, 口を, 己れ, 已を, 平岡が, 座敷へ, 昨夕の, 椅子の, 立って, 笑ひ, 考えた, 自分で, 足を, 身を, 返事も, 返事を, 障子を, 驚いて

5 [32件] いつもの, こう云う, ここで, そこで, そこを, その夜, ただ, はたらいて, ゴクリと, 一人で, 人の, 今日まで, 今迄, 塀の, 夜の, 女の, 少し驚ろ, 平気な, 提灯を, 是を, 父を, 猿を, 盃を, 目を, 相手の, 笑いながら, 腹が, 膝を, 自分ながら, 酒の, 重ねて, 黙つて

4 [79件] お染, お銀様, お雪, こう言っ, ここに, しばらくそれ, すぐに, すぐ三千代, その手, それで, そんなこと, どうだ, ふところから, 三千代に, 二三の, 二人が, 人類の, 何も, 先に, 先刻から, 其所へ, 凝と, 凡てを, 出掛けた, 前へ, 勃然として, 又父, 叮嚀に, 夢の, 始めから, 安井から, 安井と, 家に, 寐ながら, 少々平岡, 左の, 平岡に, 床の, 床を, 座に, 弟の, 彌, 役所の, 役所へ, 後へ, 後ろから, 微笑し, 微笑した, 日の, 昔の, 昨日兄と, 未だ曾, 机の, 椅子に, 泣いて, 洋卓の, 眉を, 真面目に, 突然例, 笑い出した, 粽の, 腕を, 腕組を, 自分と, 自分を, 落ち付いて, 蒲団の, 袂から, 親の, 誠吾の, 身の, 車の, 鋏を, 門を, 電車に, 非常に, 頷いた, 風呂場へ, 驚ろいた

3 [106件] あとを, あの時, この声, この大, これも, さすがに, すぐそれ, そう云っ, そう言い, その刀, その声, そんな事, た, とう, どうしたろう, またも, もとの, アンドレーフの, ニヤリと, ハツと, 一刀を, 不思議な, 世間話の, 久し振りに, 今どこに, 今の, 何が, 何故ダヌンチオ, 何時もの, 側へ, 兄の, 先へ, 光子の, 兎も, 其所で, 別にそれ, 又, 叔母の, 口の, 右の, 吃驚した, 呆れて, 喜んだが, 夕飯を, 多くの, 夜具の, 大きな声, 夫なり, 奥の, 娘の, 家を, 小供, 平次の, 弟を, 心に, 恟り, 息を, 憮然として, 戸を, 手に, 斯んな, 早くも, 最後の, 歩きながら, 死骸の, 気が, 気の毒に, 漸, 熊の, 片手で, 男が, 男だけに, 癪に, 着流しの, 矢つ, 立ち上った, 笑って, 筆を, 素直に, 縁に, 考えて, 考へた, 耳の, 肱を, 胆を, 腰を, 腹を, 膝の, 膽を, 舌を, 花瓶の, 苦笑いし, 茫然と, 茶碗を, 落付いた, 見て, 言葉の, 話して, 返答に, 部屋の, 酒を, 雨の, 静かに, 頭の, 額を, 馬に

2 [876件 抜粋] あいまいに, あとから, あの大人し, あまりの, あまり研究, ある牛肉店, いきなり梅子, いくら呑ん, いずれに, いつでも, いまだに記憶, いよ, うんそれから, うんと云つて, おどろいた, おどろいて, お勝手の, お峰, お浜, お米, かくして下手, きしんで, こころみに, このこと, この女, この男, この言葉, この論理中, この頃, これだけの, これは, これより, こんな場合, しずかに, しばらく障子, すぐ右, すぐ封, すぐ書斎, すぐ返事, すぐ風呂場, せっかくの, そう云い, そう思った, そう考え, そこへ, そのいずれ, その人, その前, その家, その時三千代, その男, その翌日, その道, その頃, その香, それから後, それぎり話を, それでも猶, それは, そればかり, そんな擂鉢, たしなみだと, ためしに, だまって, ついに空腹, つづいて, どうです, どこへ, ないと, なか, なんか都合, なんだ, ひたすらに, びっくりし, ふらりと, ぼんやりし, またし, また炬燵, また行李, まだ三十四五, まだ帰る, むらむらと, もう一, もう一度大地, もう小, もう殺され, やがて書斎, やがて食事, よろめく様, わが膳, わざと, わざと新聞社宛, わざと電車路, ウンと, キリキリと, ツンと, ヒトミを, ピヤノの, 一つ店で, 一人分れ, 一刀の, 一口飲ん, 一寸息, 一寸砂利, 一寸返答, 一度面白い, 一旦引き上げ, 一段声を, 一種特殊な, 一見こだわり, 丁度好い, 七日に, 三十を, 三千代に対して, 上がって, 上野の, 下眼, 不安そうに, 不審に, 不思議に, 不断着の, 両方の, 中へ, 中央の, 久し振, 乗車券を, 二三日前に, 二人で, 二人とも, 二十一古い, 二重の, 五つで, 五六日前伊藤公暗殺の, 五味台を, 人を, 人指指の, 今では, 今に, 今度の, 今日の, 今日明日の, 今更兄に, 今直, 今茫然, 今見, 仕舞に, 仰天しました, 佐伯の, 何となく席, 何とも, 何とも答えなかった, 何よりも, 何んにも, 何処かしら, 何方を, 何處に, 例刻に, 信じて, 俯向きました, 元の, 兄と共に, 先刻曲者に, 先生に, 光を, 入口の, 全く心細く, 兩手を, 其奴に, 其所が, 其所を, 其日の, 内から, 再び父, 冬帽を, 冷かに, 冷然として, 冷罨法を, 凡ての, 出先も, 刀の, 判断した, 別に, 別に感服, 別段可笑しい, 剛情な, 動かない, 勝手を, 医師に, 十三で, 十手を, 半ば夢中で, 単純に, 博文公と, 厭な, 又可笑しく, 又嫂, 又平岡, 又忙, 又改, 又結婚問題, 又聞いた, 又蚊帳, 又頬, 反対に, 可笑, 叱られるなら平岡, 同じ調子, 同情の, 名を, 周囲の, 命令通り控え, 唇を, 唯へ, 商賣, 喪家の, 四人の, 四十近い, 坂井から, 垣根の, 堪りかねて, 外に, 外出を, 多少失望, 夜に, 夜具から, 大きな姿見, 大きな鉢, 天に, 夫婦が, 女を, 好奇心から, 妙だ, 妙な, 始から, 始めは, 婆さんの, 婆さんを, 子飼, 宅から, 安井の, 安井を, 実際平岡, 家の, 宿を, 寂然と, 寐床を, 寺の, 小さい植込, 小声に, 小首を, 少しでも, 少しも, 少し安心, 少し忌々しく, 少し椅子, 居ないか, 屏風の, 嶮岨の, 席に, 帯の, 帽子を, 幕の, 平岡に対して, 平岡を, 幾度か, 床の間に, 床柱の, 店を, 弁信の, 引越の, 強いても, 後の, 後暗い人, 得たりと, 心剛なる, 心持赤い, 心配を, 必竟何し, 怖れた, 思い出したよう, 思ひの, 思わず足, 怪しいが, 恍惚として, 恐ろしさ, 悲鳴を, 意にも, 愛想も, 感心した, 感謝の, 慎重な, 慰めた, 憐れな, 懇よく, 懐中から, 我慢し, 戻って, 所の, 手さぐりに, 手拭と, 手拭を, 手探, 手紙を, 折角の, 抱一の, 拳を, 挨拶を, 掛けて, 改めて平岡, 改め多吉郎, 敵を, 文庫の, 斬られて, 断えず置時計, 斯, 旅行案内を, 昨夕から, 昨夕床の, 昨夜からの, 昨日の, 是等の, 昼夜の, 時々尋常, 時々橋, 晩食も, 普通の, 暗い中, 暗くした, 曲んで人, 曲んで花, 最初それを, 最近の, 朝出, 木刀を, 本名を, 本矢, 枕を, 枕元に, 格子の, 梅子に対する, 梅子を, 棹を, 椅子を, 橋の, 次の, 次の間に, 正直な, 此所で, 此間から, 死に, 死力を, 気にも, 水を, 水茶屋の, 江の島の, 決してのらくらし, 決心した, 汽車を, 洋燈の, 流産した, 浩の, 浴衣の, 消えて, 涙を, 深い眼, 清に, 湯呑を, 滴る茎, 潔よく, 潔白だ, 火の, 灯から, 無意識に, 無法者で, 無茶苦茶に, 無論出した, 無論梅子, 無論真面目, 無論臆病, 然し自分, 熱心に, 父が, 父としては, 父に, 父に対する, 牢死, 牢死した, 独りで, 猶の, 猶返事, 猿臂を, 生々した, 由兵衛の, 申し合せた様, 町の, 白い眼, 百合の, 益滑稽を, 直ぐに, 相変らず, 真面目で, 眼で, 眼玉を, 礼を, 種々と, 空虚なる, 突然御, 立ちどまって, 立ち止まって, 竹の, 竹早町へ, 答えて, 答へて, 箔の, 箸を, 米相場の, 約十分, 細々と, 細君から, 経済問題の, 絶壁の, 線香を, 縁から, 縁側へ, 縫子の, 羨やましい人, 義理にも, 考える, 耳と, 聞いて, 聞て, 肱で, 胡弓を, 腕が, 膝頭を, 自分に対して, 自己の, 自然叔父の, 至る所, 色も, 若い二人, 苦しさ, 苦痛の, 英雄なぞに, 茶の間から, 菅沼と, 落ちついて, 蒼白く見える, 血に, 行くとも, 行李と, 袖を, 裏の, 見た, 覚えず, 解釈した, 言った, 言ふ, 訊いた, 詩とか, 誠太郎を, 謹んで, 豫て, 財布を, 赤い唇, 躍り上って, 躍起と, 身体の, 辛うじて今一歩, 近寄って, 近頃少しも, 返事が, 途すがら何を, 逡巡した, 過去を, 遠慮なく先, 郵便を, 金五郎を, 金剛杖を, 鋏の, 鑑定し, 長井家の, 長年の, 門の, 門野を, 電流に, 露西亜文学に, 頭から, 頷いて, 顎の, 顔より, 風の音と, 風呂へ, 飛んで, 飯が, 首から, 駕籠に, 高木に, 黒い毛, 黒い額

1 [3519件 抜粋] あ, あじけない, あとで, あの晩, ありがたく囲炉裏, あれ程の, いうの, いきなり起上, いっその, いつか知らず, いつもあるべき, いまその, いやがる, いよいよ窮, うつむいて, うむと, えらく恐, おとなしく, おはな, おろおろしました, お國源次郎, お松の, お稲荷様, お蒲団, お駒, かくして双方, かねて, がたがたと, きれい好きな, くやしがっ, けげんそうな, こういう風, こう会釈, ここでも, ことし五十歳で, このジレンマ, この二三年来, この光景, この可憐, この嫂, この幻, この時眼, この瞬間, この臆断, この迂遠, この間の, これから階下, これらの, こんなこと, こんな話, さえぎった, さらに彦太, しきりに煙草, しばらくそこ, しばらく待っ, じっとそれ, じりじりと, すぐうなずい, すぐ役所, すこし気味, すっくと立ち上っ, すでに殺され, せきこんで, そういう言葉, そうは, そう思っ, そこでお, そっと起きあがり, そのころ市中, そのまま陸路, その以前, その向う, その密計, その後いちどなおっ, その悲壮, その昔, その極めて僅か, その湯呑, その真中, その細君, その虫, その調子, その鉄砲, その高慢, それぎり黙っ, それでも盥, それなり放っ, それも, そんな予感, たしなみの, ただ伝説, ただ茫然, たつた一, だまつて泣い, ちょうどそれ, ちょっと驚ろか, ついにそこ, つぐべき言葉, とある一軒, とっさに, とりあえず荷物, どうやら床, どしりと, なおさらに, なくなったお父さん, なんだか夢, にやにやし, はげしく店, はったと睨め, ひいひいと, ひどく立腹, ふしぎがった, ふと狼狽, ぶつつり, ほっと息づき, ほんた, ぼんやりと, まず九分, またその, また一種, また寝入っ, また悶々, また父母未生以前, また見舞, また首, まだ二十, まだ漸く廿二歳, まるい身体, むしろこの, もういい, もう何, もう少しいっしょ, もう心得, もう歸, もう胡弓, もっと遊ん, もはや思慮分別, やけくそに, やっぱり懐手, やにわに袂, やはり片手, やや改まった, ゆっくりした, ようやく焦燥, よりかかる, わざと彼, わっと, イヱ夫に, キッと, クルリと, ザッと, ゾッとした, テレて, ニヤリニヤリと, バッタリ畳へ, ヒョロリと, ブルッと, ホツと, ヴァルキイルを, 一倍まじり, 一向無言, 一寸驚ろか, 一応室, 一時死から, 一歩進んだ, 一眼その, 一致した, 七ツさがり, 三十一歳で, 三月の, 上ること, 下らぬ者, 不安と, 不意に, 両刀で, 中學の, 主婦の, 乗っか, 了海の, 二の足を, 二十六岐阜の, 二階に, 云ったものの, 五十がらみで, 亡児の, 人間が, 今や正気, 今日しも, 今死ぬる, 仕方が, 以前から, 仰いで, 伊那丸の, 伯耆の, 何ぢやと, 何もかも打ち明け, 何処に, 何気ない風, 何里つづく, 依然として黙っ, 俺らの, 傘を, 元より, 元気に, 先の, 先達て仔細有っ, 入側右の, 全身が, 六づかしい, 其ふつくらした, 其夜床の, 其敷居際へ, 其時女の, 其晩わざと, 其真中に, 其者の, 其道に, 其頃の, 再びここ, 再び耳, 冷, 冷酒を, 出刃を, 切付られ, 初めは, 到頭泣き出し, 剣術を, 助右衛門を, 勇躍する, 勝手口迄, 十三という, 午後の, 卒然と, 却ってその, 参拝を, 又寐入つて仕舞, 又竦, 反側, 取ってつけたように, 口輪の, 只眼, 可笑しく繰り返し, 右手の, 合点の, 同時に斯, 否定した, 呑み込み兼ねた樣子, 呼びかける, 和尚の, 唇形の, 喉を, 嘆息し, 四五分對坐し, 図らずも, 土間に, 坐って, 堪えられない思, 壁の, 夕方に, 夜寝, 夢みるよう, 大いに急立, 大きい帳面, 大まじめ, 大声を, 大急ぎで, 大音, 夫から, 夫限手紙の, 奥を, 女勘助の, 好機あれ, 始め夢窓國師の, 威張って, 子飼いの, 學校の, 実の, 宿屋に, 寝た振り, 寢息を, 寸鉄も, 小さく見られる, 小山田を, 小癪に, 少しの, 少し寝過ごし, 少し用, 尚更驚きました, 屋形船の, 山男の, 左も, 差押を, 市川三升と, 平伏して, 年も, 年頃二十一二にて, 庄三郎を, 度を, 庵室の, 弟子入りし, 強くなります, 当時を, 役者崩れの, 後ろに, 得意の, 御隠居, 心中おだやかでなかつた, 必死だった, 忘れるとも, 快く盃, 怖くな, 思い中った, 思ったけれども, 思ひ出したやう, 思わずからから, 思わず問い返した, 性格的に, 恐入て, 息も, 悪魔とも, 意外さと, 感慨に, 慌てて, 憤っと, 懐中硯と, 我々の, 我慢が, 戸惑いし, 手早く衣服, 打返して, 抱き上げて, 拘引中に, 挨拶かたがた屋賃を, 振返り屹, 探るよう, 握りしめた太刀, 教室に, 文字花を, 新一郎の, 旅の, 日脚を, 早速長屋住人, 春を, 昭和十七年一月卅一日歿した, 是非なき, 暇を, 曲んだまま顔, 曾て, 會計の, 木彫の, 本意なく, 来たか, 松五郎お, 林の, 根岸へ, 梅の, 横にな, 横顔を, 止めて, 此の度も, 此五圓に, 此可憐な, 此宣告を, 此方面に, 此渡金の, 此若い, 此重苦しい, 此額の, 歩みを, 死んだの, 殺された日, 母に, 毎日仮, 気の毒だ, 気軽に, 汚ない, 決して僞, 泣かせて, 泳ぎを, 涙と, 深い感激, 清浄光寺から, 湿っぽい縁側, 漸く家, 炬燵蒲団の, 無意味に, 無論あの, 焦熱地獄の, 熱いもの, 片手に, 特に逃げ隠れ, 猶も苦し, 玄関で, 玄關を, 生え拔きの米屋, 甥の, 申上げた, 町内の, 畫よりも, 疲労が, 発狂し, 白鞘の, 目と目で, 直ちにその, 相応に, 真っ蒼, 眩しげ, 瞬きも, 矢張横町の, 短刀を, 硬くな, 神宮の, 禿頭であった, 私の, 稽古槍の, 空想を, 窃り, 立ち上がった, 立ち止まった, 立上がって, 笑った, 笠越しに, 答えること, 系図の, 紙片の, 組敷かれた弁慶, 縁端へ, 續け, 羽折袴で, 翻筋斗を, 考えながら, 聞き耳を, 肩から, 胡弓が, 脇差を, 腕ぐみの, 膝まで, 自分から, 自家の, 至つて輕かつ, 船長室の, 花和尚魯智深, 若旦那と, 苦笑い, 茶一碗霊水の, 菅笠に, 落ち付き, 葉巻へ, 蒼白い顔, 薄情者らしい, 薬研部屋から, 虎の尾でも, 行方不明の, 袴の, 襲はれる, 見ず, 見出した, 親九郎右衞門が, 言ふんだ, 討死した, 試験の, 諒解を, 負けは, 賞めて, 起き上りました, 足に, 身ご, 身體の, 軽装を, 辯解らしく, 近畿を, 述懐する, 逃げも, 通ひで夜は, 遂にその, 道を, 部屋に, 醜い顏, 金二兩土産に, 鉈の, 鎌倉町の, 長持に, 関係が, 隊士に, 雪の, 青くなった, 面目なく, 音松と, 頬の, 額の, 飛びついて, 食べながら, 首尾能仕課せ, 馬鹿正直の, 駿河から, 驚きました, 高遠城下へは, 鷲に, 黙った, 黙つて門野

▼ 助~ (3268, 17.4%)

67 顔を 45 前に 37 方を 25 姿を, 手を 24 前へ, 所へ, 方へ 23 面を 18 眼に 17 方で 16 ために, 家の, 方に, 方は, 頭の 14 ところへ, 姿が, 家へ, 眼の 13 姿は, 頭は 12 手に, 耳に, 頭に 11 家は, 方が, 眼は, 頭には, 頭を 10 ような, 心を 9 あとを, ほうへ, 上に, 声が, 心に, 手へ, 言葉は, 顏を 8 お道, 傍へ, 口から, 家に, 心は, 様子を, 眼には, 耳には, 肩を, 顔は 7 声は, 外に, 家を, 心の, 方から, 胸に, 足音を

6 [11件] ことを, 後を, 手は, 死骸は, 眼を, 腰を, 膝の, 言葉を, 足を, 顏は, 首を

5 [18件] ことだ, そばへ, 側に, 前で, 前には, 前を, 手が, 死骸を, 気が, 眼が, 答は, 胸を, 言葉が, 話に, 話は, 話を, 野郎を, 面に

4 [37件] うしろへ, ことが, すがた, ほうは, ほかに, 三人が, 代りに, 体を, 傍を, 声を, 妹の, 後に, 後ろへ, 態度を, 持って, 様な, 横顔を, 死骸の, 父の, 耳の, 耳を, 胸の, 腕を, 膝に, 袖を, 言うこと, 言葉に, 言葉の, 記憶に, 足は, 身の, 身を, 邸宅を, 部屋へ, 面が, 頭が, 顔へ

3 [65件] ことで, ところに, ゆめ, ツンボと, 一行が, 世話で, 二人が, 二人は, 仕業とは, 仕業に, 仲間が, 傍まで, 全身は, 処へ, 刀を, 匿し, 口に, 口を, 名を, 命を, 外には, 女房に, 女房の, 姉弟は, 家で, 寝て, 尤も, 後から, 後姿を, 心には, 態度は, 手から, 手紙, 文庫を, 棒は, 様子に, 死体の, 母の, 為に, 父を, 白く光る, 目の, 着物を, 矢は, 穿いて, 聴覚を, 肩へ, 背中の, 膝を, 色が, 行方を, 親を, 言葉には, 言葉も, 許に, 説明は, 身持と, 野郎が, 面と, 音無しの, 額は, 顏には, 顔が, 顔に, 養子に

2 [282件] ありかを, あること, いるところ, いろいろな, かかる席, かねて, からだを, ことでありましょう, ことは, ことばである, ことも, せいに, そばに, ためには, ためにも, ところを, ふたりが, まだ踏み込んだ, もとへ, ユダヤ人めと, 一団は, 一家は, 一生懸命さには, 一行は, 一語一句に, 三千代に対する, 下手人は, 不注意を, 世話を, 中に, 主人で, 九郎助, 事を, 二人へ, 二人を, 二人一人は, 云ふ, 亡霊が, 交じりてかと, 人気は, 人相書だ, 今の, 仕業と, 仕業の, 他には, 仰ぎ見るべからざるもの, 体の, 体は, 傍に, 傷の, 傷を, 光沢の, 出たこと, 出るの, 刀の, 刄を, 前後に, 前後を, 剛情我慢を, 剣術の, 剣術ぶりも, 勧めた通り, 卒業前後からは, 叙述の, 口調が, 右隣には, 合評を, 同僚の, 周囲へ, 周囲を, 周旋で, 命も, 咽喉に, 哀れ深い, 問が, 四人だけ, 坐って, 坐つて, 坐る大きな, 声, 声だ, 声であった, 声でありました, 変り果てた脱, 夢には, 夢を, 奉公し, 女房お, 奴が, 如きは, 如き者, 妹でない, 妻に, 妻は, 妾宅へ, 姉は, 娘だ, 娘などと, 娘は, 字の, 存在を, 学友に, 宅へは, 家から, 家と, 家庭は, 宿を, 射た矢, 尻を, 居間へ, 山を, 左の, 巻烟草を, 平生を, 弟で, 弟子で, 強さ, 影を, 後へ, 後ろに, 後ろ姿を, 心が, 心にも, 心も, 心意の, 心持ちであった, 心配する, 心配を, 愈帰る, 意は, 意匠に, 意向を, 態度に, 懐中は, 所に, 所謂好いた, 手先から, 手許には, 手際で, 手際では, 持つて, 指さす方, 挙動は, 提灯の, 新聞を, 旅装に, 月給が, 札が, 来る二三日前, 来意を, 枕もとへ, 枕元へ, 枕許で, 案内で, 槍先に, 様に, 様子が, 様子は, 樣子を, 横面を, 武者振りや, 歩く積, 死は, 死骸が, 死體の, 殺されたの, 母親が, 気は, 気を, 活計も, 消息を, 淋しみ, 熱心な, 父には, 父にも, 父は, 父弾正は, 父親は, 片眼, 現今とを, 現在の, 用談と, 申し出た通り, 異名の, 病気は, 痛いと, 癖を, 直ぐ後から, 眼も, 矢を, 石原の, 神伝夢想流が, 神経が, 穿く新, 立たない前, 竹刀は, 精神は, 素顔を, 細君の, 綱を, 罪に, 置いて, 美しさ, 考を, 耳へ, 耳朶に, 聴神経には, 肩に, 背後に, 胎毒が, 胸ぐらを, 胸は, 胸も, 脳の, 脳裏に, 脾腹を, 腕では, 腕と, 腕は, 腰に, 舞台に, 良心を, 苦痛の, 苦笑は, 蒼い額, 蒼白い面, 薦める通り, 行方, 行李に, 行李の, 袂に, 袂を, 裏庇が, 視線に, 言ふ, 言葉であった, 言葉と, 語るの, 語勢は, 説明です, 調子態度は, 請求通り普通の, 趣味を, 足取りを, 身体は, 身分は, 身許と, 軌道を, 通りのらくら, 通り過ぎるの, 連中が, 過去に, 過失で, 道場へ, 部屋が, 部屋を, 金の, 門附け, 間にも, 面の, 面は, 革鞄を, 預けて, 頬は, 頭にも, 頭も, 頼んだ産婆, 額からは, 額の, 顏に, 顔から, 顔も, 顔色が, 顔色は, 食後の, 飼い猫, 首に, 首の, 首は, 首筋に, 髻を, 鼓膜を

1 [1402件 抜粋] あたま, あの大, あわてやう, いうところ, いかりは, いた時分, いない午飯, いる, いる二階, うしろから, えりが, おむすびを, お内儀, お話, お髭, かたきうち, かわりに, くせを, くれた椰子, ここに, ことからにて, ことなどに, ことばに, この声, ごときは, さし置いた, すべては, その顏, たったいま, ためである, ところでは, どうかし, はうは, ひとり娘で, ふたりに, ほうからは, ほかには, まとに, むすめ, もので, やうな, やつほんとに, やつ恐ろしく, ゆめ幸助, よき相手役, セント・エルモの, ネッドが, 一人娘だった, 一件落着なし, 一味に, 一子隆の, 一張羅であろう, 一本突きが, 一群は, 一行だ, 一行も, 一語一語が, 三人女主人の, 三浦之, 三百三十九両を, 上へ, 下に, 不審を, 両人を, 両手が, 両眼, 主催で, 乗物が, 乱等が, 予感は, 事が, 事です, 事情も, 二人だった, 二人息杖を, 二階を, 五君であろう, 人形である, 人目を, 仕事であった, 仕打が, 代と, 仲間だ, 仲間拙者の, 企みとは, 伜萬吉と, 似顔を, 住居からも, 体には, 何んと, 例の, 信乃は, 倅万吉と, 側へ, 偽手紙, 傍迄, 優れた天分, 入って, 入れ知恵そんな, 八人斬, 兵隊なんか, 内意を, 冷やかさが, 処に, 出る幕, 刀が, 刃傷以来難を, 初一念, 到るを, 前ニ而読上候ヘバ, 前途を, 剣術が, 剣術を, 助けて, 勘で, 勝ちだ, 十歳程の, 厄介に, 取り出した名刺, 口の, 口辺には, 叫び声が, 右手が, 合図が, 合羽を, 同居し, 名と, 君に, 君文室広之は, 味方に, 命令で, 命令によって, 咽喉笛を, 唇が, 問いに, 喉が, 喉首を, 嘘を, 噂を, 囁きを, 囲い女宅助は, 在処が, 地声であった, 堂摺連は, 堪忍の, 場合は, 場合決して, 墓, 声でした, 声らしい, 夢も, 大まじめ, 大失策, 大法螺, 天蓋の, 太刀ぶりに, 夫人が, 奇手を, 女から, 女房お節は, 女房だ, 女房と, 女房昨夜は, 奴に, 奴めぼんやりし, 好きて, 好意を, 如くほとんど, 如く戸, 妻では, 妻園絵では, 妻園絵を, 妾などを, 妾宅に, 姉芸妓が, 姿も, 娘, 娘おえい, 婿入りの, 嫌いな, 子と, 子分二人に, 子方もはや屡々, 存在に, 安否を, 実母である, 家だ, 家といふ, 家や, 家来で, 宿古りぬ, 密告でし, 寝顔を, 射た妻羽白, 小手が, 小町に, 尤も応, 尻の, 居城であった, 屋号です, 屋敷へ, 屍体の, 巧みな, 帯に, 帰りの, 帰る頃, 帶に, 常であった, 年を, 床の, 引退は, 弟を, 弟琴二郎を, 張合いの, 強力, 弾く胡弓, 形相を, 影に, 役が, 役宅が, 後ろ姿と, 後方に, 得意中の, 復讐と, 心づけで, 心持ちは, 心組みが, 心臓を, 忘れ形見お玉といふ, 忠義の, 思いなしばかり, 思った途端, 急死に, 怨恨, 怪死は, 息子の, 悲しい望, 想像だ, 意に, 意志に, 愛を, 感は, 態度が, 憎らしさ, 懐中も, 懷中も, 戻ったこと, 所刑方萬事申談じたる, 手で, 手より, 手代を, 手引きで, 手首に, 才氣横溢で, 扱かって, 投げた石飛礫, 拵えた偽, 持物を, 指した方, 挙動と, 捕鯨船の, 掘りかけた穴, 提灯が, 操り屋台が, 故郷である, 敵と, 文を, 新枕を, 方へと, 方寸だろう, 時々泊る, 暇に, 更生が, 書いて, 書生にな, 最後は, 有らん時, 札には, 村の, 杖にだけは, 来たの, 来れるをも, 枕辺に, 果斷を, 柄を, 棒術に, 楼閣と, 楽屋部屋へ, 樣子に, 横ッ面を, 横腹を, 機嫌を, 次に据ゑられた, 歌いよう, 正直なる, 此處を, 歩みと, 死, 死には, 死に顔へ, 死んだの, 死顔は, 殉死, 殺された現場, 母親の, 毒殺事件と, 気勢を, 気持は, 氣を, 求めにより, 沢市なぞは, 治療を, 泣きだす声, 浴衣を, 淫蕩な, 滅多矢鱈の, 激しい意気, 焉然に対して, 熱を, 父兵馬は, 父親が, 片手を, 犬塚信乃の, 独断を, 猿は, 生活, 生涯に, 用語が, 申した通り, 町道場に, 留守中悴惣内儀里と, 番頭と, 病が悪化し, 病気見舞を, 痛みは, 癇が, 白い頸筋, 白衣の, 目が, 目にも, 相談を, 眉間には, 真っ蒼, 真似を, 眼とは, 眼先に, 眼易という, 矢か, 知って, 知らぬうち, 砂煙を, 祖月輪将監は, 神経に, 私邸へ, 秘密にも, 稽古娘は, 空想も, 立つ前, 立振舞を, 笑って, 筆ぐせ, 策略は, 精気も, 紋の, 素姓を, 素直な, 素顔の, 細工だ, 組も, 結納で, 絵葉書三葉を, 練磨は, 縄目を, 羅織, 群は, 義理の, 考えこんで, 考に, 聲は, 肩が, 肩口へ, 背から, 背負つて來た, 胴を, 胸中早く, 胸部へ, 脇へ, 脇腹へ, 脚下で, 腕に, 腰の, 腸に, 臥て, 自白によって, 舞台姿が, 舟櫓韻かすかに, 船まで, 若い血潮, 若党中間瀬田済之, 苦衷憐むべし, 茶の間迄, 落した徳利, 落度として, 蔭に, 處置殊に, 虫は, 血潮を, 行手に, 行方だ, 術に, 表情の, 表情を, 袂はずしんず, 襟首を, 要求する, 見詰め方, 親類共は, 言い方は, 言う通り, 言ひし, 言葉として, 言葉尻を, 計画で, 記憶も, 設計に, 詮議が, 話しぶりで, 話では, 語り口も, 誤らしい, 調べは, 請求を, 論法であった, 財布を, 買つた, 贈つた指環, 赤犬でない, 足の, 足元だの, 足許の, 身が, 身にも, 身の上である, 身の上について, 身は, 身体から, 身柄よりも, 身體の, 転生一件は, 辯に, 返事を, 述懐に, 追いついた時, 逢ひ, 逮捕一つに, 遊蕩が, 道場に, 道場は, 遠矢の, 遺品を, 部屋に, 酒井左衛門尉と, 酒蛙酒蛙した, 野郎です, 金を, 鐵砲が, 長女で, 門を, 間へ, 陣刀は, 陳述した, 隙を, 隣の, 離屋に, 面には, 面前に, 面影まで, 面部を, 鞘當ては, 領上を, 頬つ, 頭へ, 頭髪を, 額を, 顏などが, 顔とく, 顔や, 顫える, 風采に, 飢えた心, 養育を, 首級を, 馬鹿たれ, 駕籠が, 驚き仇同士と, 體驗として, 髪の毛が, 魂に, 鼎座を, 鼻唄が

▼ 助~ (1871, 9.9%)

25 云った 13 聞いた 12 云つた 11 それを 10 眼を, 立って 8 先に, 言いました 7 帰って, 顔を 6 いった, 出て, 御米, 東京へ, 生きて, 聞くと 5 主人の, 始めて, 手を, 気を, 自分の

4 [16件] 刀を, 前へ, 外へ, 寝て, 小六, 忍び返しに, 木戸の, 机の, 来て, 東京に, 此処へ, 答えた, 聞き返した, 言った, 返事を, 驚いて

3 [27件] あった, いうと, きて, ここに, ここへ, はいって, 一番で, 京都へ, 何か, 声を, 外から, 庭へ, 彼の, 持って, 横から, 殺されたの, 無實, 父に, 相川の, 私を, 答えると, 答へ, 自分で, 見付けて, 言うと, 訪ねて, 頭を

2 [152件] あなたの, あの傷だらけ, あります, あんな崖, いいますと, いた, いて, いると, おどろいて, お嬢様を, お米, きく, きょうは, こたえた, この店, これを, した, すぐ返事, そこに, それと, それに, それについて, そんな事, ついて, つかまったこと, どうして死んだ, ふいに, ぽかんとし, まだ丈夫, まだ学生, 一年目で, 一戸を, 一流の, 七歳の, 三千代と, 三千代を, 主人を, 二人を, 二階から, 云ふ, 今自分, 仕舞に, 代って, 例に, 例の, 侘住居を, 元の, 入って, 入ること, 内玄関を, 出ると, 出京, 前の, 十日町の, 叔母の, 口を, 可愛い小僧, 名宛を, 夢の, 女と, 嫂に, 子分一に, 家内の, 容易に, 小鬢を, 役所の, 心の, 怖うて, 思いました, 憎らしくて, 手に, 承知で, 抜刀を, 文学者も, 文庫を, 方へ, 旦那を, 曲者に, 最初だった, 朝食の, 本矢鏃, 来るん, 枕の, 染吉殺しの, 極端を, 槍を, 横に, 歌舞伎座でした, 此所へ, 歩き出すと, 死んだの, 死んで, 殺された場所, 殺される番, 殿様に, 泊って, 溝口屋の, 漸うに, 潔白だ, 灯を, 焼いたお, 焼いた魚, 父の, 父を, 牢死し, 猪之, 生れ落ちるや, 白状に, 益頼む, 真珠の, 真鍮を以て, 石の, 福岡から, 私の, 置いて, 聞いたとき, 聞いて, 自分に, 興味を, 行くたび, 行く行くと, 行方不明に, 見て, 見るたび, 見ると, 角兵衛の, 言いますと, 言ひたり, 言葉を, 變な, 谷中の, 起きる少し, 身を, 軒燈の, 進まない方向, 進みたがらない痕迹, 遊びに, 采配を, 鏡の, 間を, 隠れて, 雨の, 電車の, 霜を, 青山に, 面を, 音無しの, 頭から, 頼んだ, 風呂に, 黒雲五人男の, 黙然として

1 [1250件 抜粋] ああやっ, あくせ, あけようとして, あったと, あっと, あの梅, あの通り外, あまり力を, あること, あんな商売, いかさま賽, いきなりやつ, いきりたちつまらない, いったとおり, いったの, いつのまにか広前, いないのみ, いませんでしたから, いま自分の, いるよう, うそぶきました, うつらうつらと, うなずいた, うろ, おくれるよう, おどろくくらい, おる, お兼, お國, お暇, お槙, お絹, お迎, お馴染, かいて, きげん, きまじめで, くるまでに, こういっ, こう呟いた, こう言った, こちらに, ことも, この中, この地, この女, この時叔母, この際, こわい目, こんな姿, さがってから, さっと顔色, さわりの, しきりに聞い, しめたと, じぶん, すがりつくよう, すぐまた, すすめると, そういいだす, そう云う, そこから, そこへ, そのあと, その峯, その手, その時, その簪, その部屋, それと共に, たけりたって, ただうんと, だしぬけに, ついと室, つかまって, とうとう声, とらとだけは, どうした, どうしても承知, どこかへ, どこで, どの樣, どんな風, なだめて, なにを, なんとかした, にやにやし, のって, はじめて京都, はばかりながら抜け目, ひっそりと, ひょいと後, ふと仰ぐ, ぶらさがるよう, ほろ酔いで, まけたに, また, また上京, また取り返した, また歩み, まだたしかにこの, みまわって, むしろ愉快そう, もし生き, ものものしく武士口調, やって来たこと, やって来りゃア, やや容易, ゆつくり, よく, よばれて, わたくしの, ゐなくな, ウロ, カゴ訴を, サッ, トロリと, ニッコリ微笑, バッタリ地の, フトンの, フラリと, ポートマン書面の, メキメキ腕, 一人でありました, 一体何を, 一日も, 一枚, 一笑に, 一言の, 丁度中學, 七日の, 三休五忘の, 三年かかっ, 三年前小田原を, 三歳の, 不始末でも, 不当の, 世の中の, 中から, 中橋の, 丸山の, 主家を, 了海に, 事お, 事は, 二, 二人寄っ, 云いました, 云う, 云ひ出す, 互に姉, 井戸を, 亡妻の, 人に, 人を, 人相書有りし, 今日この, 今日口書と, 今朝は, 仕業なりと, 仲に, 伊織に, 伊那丸君へ, 住んで, 何うし, 何んだ, 何故自分, 使用し, 供で, 信乃に, 俺は, 停車場に, 傍に, 傲然として, 兄君を, 先の, 入つて, 八月十七日に, 兵庫から, 再度来, 出で, 出奔した, 出現し, 切れる故, 初世, 前夜の, 前非を, 劇しく泣きだした, 力任せに, 助かつて, 助命に, 勇気を, 勇躍し, 動かなくなっても, 勝つよう, 十九の, 十九歳で, 半明, 危くなる, 去ってからも, 参ったか, 又云, 友田の, 受取った不思議, 口へ, 叫びました, 叫んだ, 右の, 右門の, 同じくその, 同級に, 向き直るそうして, 吹出すと, 呟くよう, 呼ぶ声, 命乞の, 命日の, 商売柄だけに, 問いただすと, 善報の, 喚くよう, 單獨で, 噴飯した, 四歳の, 困るよ, 坂の下の, 坐って, 声高く, 変な, 夜の, 夜店を, 大和尚様と, 大曲り辺, 大衆環視の, 大道寺の, 奥から, 女影の, 女王の, 妙な, 姿を, 存生の, 安達藤三を, 家の, 家業を, 家附の, 寝まして, 寢て, 寺坂に, 寿子の, 尋ねた時, 尋ねました, 小僧を, 小天狗, 小荷駄の, 少し共, 尚も殺人論, 尽きせぬ業, 居合したなら, 居眠りを, 屹度告口を, 崖下の, 左側を, 差しても, 帰ったあと, 帰ったとき, 帰つて来る, 帰りまして, 帰る時分, 広島へ, 廊下を, 弁解した, 引上げて, 引籠っ, 彼んな, 往って, 後から, 後ろから, 得意の, 御案内, 心一つにて, 忍術に, 応えました, 応対する, 怒って, 怒声を, 思わずその, 思案し, 息を, 悪うございました, 悪質の, 悲鳴を, 惡意を, 意味を, 感冒を, 感心する, 憎かつ, 憎くまた, 懐中より, 成程とか, 戻りを, 所在を, 所爲に, 手拭を, 手早く帯, 手紙を, 打ってか, 承知しねえ, 抱くよう, 拝んで, 拾ひし, 振返った背後, 捨てた北, 揉み手を, 撃つた鐵砲玉, 擬いの, 敵将, 文化人として, 斯様に, 新五兵衛, 新黒門, 日ごろから, 日輪巻の, 旦那へ, 早朝から, 明神下の, 時々心, 暇に, 暗黒の, 書き遺したそこ, 最初の, 最後に, 末席に, 来た, 来や, 来る, 杯を, 東条数馬の, 松次郎を, 柄杓で, 案内の, 梅の, 槍で, 横たわって, 此処え参りまし, 此屋敷に, 此時叔母から, 武蔵へ, 歩みよって, 歸つた, 歸宅の, 死に彼, 死んだと, 死んだとしても, 殘つて主人千本金之, 殺されたと, 殺したると, 殺して, 殿に従って, 母の, 汗を, 沓掛へ, 泣き止むの, 泥ぼっ, 浅草の, 深夜掘りに, 満座の, 火の, 無事に, 無口な, 燃えるよう, 爲せし, 物好きに, 物狂わしい, 独で, 独逸行を, 現れて, 現われると, 甚だ欲情, 生き還ったと, 生き還つたと, 生れてから, 田町の, 申立には, 男から, 画手本でも, 畳の, 白井様の, 皮肉な, 盗んだの, 目を, 相手に, 真に人, 真個の, 真面目に, 眠った時分, 睨み返すと, 知って, 硝子戸を, 社会機構や, 私が, 科は, 空つ, 突然に, 立ち上って, 立ち止まって, 立身の, 笑いだした, 答えますと, 答を, 素直に, 編集室の, 縄を, 縛られた時綱, 繰返して, 罵りました, 美土代町へ, 考えこんで, 耳を, 聞き耳を, 肩先五六寸胸板懸, 胸に, 腑に, 腕拱き, 自分を, 自慢した, 舟から, 船縁から, 花道を, 芹沢鴨一派の, 苦笑いしました, 落ち行く先, 落着いた, 薪や, 蘭語の, 虚心流無二の, 血刀を, 行った, 行って, 行方を, 裏口から, 裾而已ならず, 見たくなった, 見て取って, 覚悟を, 親類と, 解釈した, 言い出しました, 言って, 討たれたとき, 許しませんでした, 評判の, 話し終ると, 誘った, 誤って, 調査訪問に, 謹ましく応対, 譯述し, 走った, 起きて, 跡目相続済んだ, 躍起と, 身の程も, 車に, 転げるよう, 軽くその, 辻斬りの, 近づいたこと, 返した希臘神話, 追つて出づ, 通ったもの, 連れもどること, 進みでて, 遂に亡くなった, 遠退い, 遮つた, 金山寺屋の, 鉄砲と, 銭形の, 錢形の, 長屋代表に, 長持の, 闇黒の, 雑草の, 雪隱で, 電燈の, 面體の, 頭の, 頭巾も, 頼まれて, 風か, 飛びついて, 飼うよう, 養子に, 首ッ根っこを, 馬鹿だ, 駈け來, 驚いたの, 骨を, 鬱ぐなら蚯蚓, 黒ぬり

▼ 助~ (1002, 5.3%)

39 見て 32 見た 14 連れて 11 見ると 9 して, 呼んで 6 殺して 5 殺したの, 見上げた, 見下ろして 4 かりて, つれて, よんで, 先頭に, 加えて, 愛して, 木戸の, 罪に, 藉り, 見るや 3 うながして, 取り囲んだ, 手玉に, 相手に, 眺めて, 筆頭に, 見ながら, 見やるに, 顧みました

2 [80件] ここへ, つれ出して, どうも見込, はじめとして, もって, よびよせて, アアし, 三人の, 下から, 不愉快に, 中に, 借りようと, 兄の, 先に, 八五郎は, 出し抜いた事, 刺した, 前に, 動かすには, 呼びました, 呼び出すと, 呼び戻すの, 呼べ, 呼付けると, 女とは, 寒がらせた, 導いた, 導いて, 小僧視し, 左右に, 庇う様, 庭先へ, 庭石に, 引き留めて, 引立て, 得て, 御呼び下さいます, 忍び返しに, 思い返す, 怨む筋, 恋して, 手術室へ, 抱きしめて, 押えて, 挑んだ, 探して, 撲ち殺して, 案内に, 楽器の, 款待し, 死際に, 殺すと, 殺せば, 滅法可愛, 男の子と, 眺めた, 知って, 石井家へ, 祀つた, 神の, 突き落したの, 突き飛ばそうと, 縛って, 自分の, 見たが, 見ました, 覗いて, 解釈した, 討ち取るの, 訪問した, 貰ひ, 起し始めた, 迎えて, 送り出してから, 隠して, 離れて, 顧みた, 顧みたその, 首に, 驚ろかした

1 [640件 抜粋] あしらったもの, あっ, いかにせし, いがみの, いじめに, いっして, おだてて, おつかわし, おつみ, お側へ, お千勢殺し, お嬢さんは, お孃さん, お捕, お豊, かしらに, からずわれと, かりるやう, きっと睨まえた, くれろと, ここで, こつちに, この俺, この御, ご存じか, さし招いた, さとして, さらつて大川に, した, した者, しながら, する, するとか, するなどは, ずるずると, そっと揺りおこした, その中, その儘, その金縁, その鍵屋, たいへんよろこばせた, たすけまったく, たぶらかして, たよるの, つかまえたという, つかまへました, つく, つけ狙って, つけ狙つてゐる, つとめるなどという, つれここ, つれこんで, ですか, とめようと, とりしらべること, どう思います, ながめ, なぐりつけて, なじると, はじめ化物屋敷の, はじめ十五六人連中を, はじめ座中の, はじめ成田康長正木丹波舟橋内匠新田常陸介成田次家などの, はじめ町, はじめ皆の, ひきずって, ひっぱって, ほうり投げ驚く啓之助, ほめて, まいた後, まず不意, みつめながら, みつめ自分, もつて, やって, やらして, やりましょう, やり込めた, やること, ゆすって, ゆすぶりました, よく識ら, よく蹴倒した, よびいれて, よび止めて, わらうこと, インチキ呼ばわりした, ガラッ八, クビに, ダニの, 一しょに, 一つ懲しめ, 一寸呼ん, 一打に, 一日も, 一生けんめいなぐさめた, 一眼見た, 一見する, 三田党の, 上座に, 下手人に, 不問に, 世話を, 乗せた二人, 乗せた馬, 乞い申し, 人気は, 介抱させた, 介抱し, 付け狙った, 任せて, 会話へ, 伴い衆人, 何とかあしらっ, 余興に, 作る時, 使って, 供に, 供につれ, 便つて来, 借らむとこそおもひ, 借りて, 借りてまで, 借りても, 借りれば, 先生と, 八打と, 凝視した, 凝視めながら, 出して, 出すに, 制して, 刺激し, 刺激しよう, 助けて, 助けるため, 助け度, 動かさうと, 動かそうと, 勝手口の, 勞り, 勤め大切浄瑠璃, 十文字に, 取って, 取り巻きながら, 取り遁, 取卷, 取巻いて, 取捲く, 召した, 召し捕って, 召し捕ろうと, 召伴れ, 召出され右等, 召捕拷問, 召捕迄, 叱って, 叱るの, 同じくらい, 名乗りて, 向うに, 向けること, 呪いつづけた, 呼びなさい, 呼び止めたもの, 呼び込んで, 呼ぶ, 呼ぶよう, 呼んだ, 呼んだが, 呼出し其方事加納將監方, 呼出すべしと, 呼寄て, 呼寄父樣死なれし, 咎に, 咎めた, 哀れと, 喧嘩渡世の, 嘲笑する, 四幕に, 囲う群衆, 圧迫し, 地理の, 壁辰は, 多分に, 夜着の, 夢にまで, 大変に, 始め三十余名, 始め嘉川の, 始め城方, 威かした, 嫌つていふ, 嫌つて手代の, 嬲り物に, 子供視する, 安心させたい, 安心させよう, 実はおかしい, 家庭に, 家来とは, 寝かして, 尋ぬれ, 尋ねあぐんだお, 尋ね出て, 尋ね廻り, 小供視, 小脇にか, 居酒屋へ, 巡廻, 己が, 希望した, 幸福者だ, 庇おうと, 庇って, 廃嫡の, 弁護しよう, 引いて, 引き戻そうと, 引き込むの, 引取り, 引摺り出し, 引立てさして, 引立てて, 引立る, 引立れ, 弟と, 彼の, 彼方の, 待たんで二三日うち, 待って, 後ろに, 得たこと, 得たる心地, 御詮議, 御預けなさる, 心せば, 忘れて, 怒らせようと, 思って, 急ぎ門外, 恋した, 情に, 惡企み, 惨酷, 愚か者とは, 愛しはじめたから, 愛しんだの, 愛すること, 慕うの, 慕ふ, 慰むるため, 慰めるため, 憎くみ, 憎み悪, 憎む兵馬, 憎めなかった, 憎んで, 懲らして, 我に, 手討に, 打擲する, 投げ飛ばして, 抱えた二人, 抱き上げた, 抱き上げて, 抱き締めましたが, 招いで, 招待た, 拷問せよ, 指図し, 挑みに, 挙げました, 振り向いて, 振り返って, 振り返つて, 捉えたよう, 捕まえて, 捕まえては, 捕まえるからと, 捕まへては, 捜し歩いて, 捨てて, 探させたが, 描いて, 援助する, 援護する, 揺り起して, 撫で廻した, 撲つた鍬, 操って, 擧げました, 攻めたが, 救いに, 救うが, 救った覆面, 救って, 敬二は, 敵と, 斃し, 斬った脇差, 斬つた脇差, 斬ると, 斬ろうと, 早々召捕べし, 早々引, 期待し, 本介, 枕辺に, 案内し, 案内として, 構い立てすると, 歓迎し, 此の, 歸す, 残して, 段々吟味, 殺さんと, 殺したる事, 殺した奴, 殺した時, 殺した松川源十, 殺した犯人, 殺す, 殺すつもり, 殺すわけ, 殺す必要, 毒殺した, 気取つた人, 求めて, 求めよう, 清吉に, 満足させる, 演ったら, 無實, 無理に, 煽動て, 熟, 狙う御用, 狙って, 玄関に, 玄關に, 現在的に, 生かそうと, 用ゐず, 畳へ, 當つて見, 疑うよう, 疑ったろう, 疑り膝, 痛めて, 発見する, 白洲へ, 盗賊に, 目がけて, 眞裸に, 睨みました, 睨み付けた, 睨むよう, 睨んだ, 睨んだもの, 睨んで, 神尾主膳が, 稽古に, 突いたから, 突きのけて, 突き上げた刃物, 突き起します, 突っから, 突除け, 窘めるよう, 竜之, 笑は, 笑わした, 納得させる, 組みふせて, 給はん, 締め殺したの, 縛した, 縛つた後で, 縛つて行きました, 縛つて貰はう, 縛つて隣り, 縛らせる, 縛り兼ねまじき気色, 縛り兼ねまじき氣色, 縛るつもり, 縛るよ, 肩にかけて, 背負た, 背負ったまま火鉢, 脅かしたの, 膝の, 膝元に, 膝近く, 芹沢が, 苦しめた雨, 草書で, 荷って, 藉る, 藪の, 血痕だらけに, 襲うと, 見あげながら, 見かえった, 見かけて, 見た時, 見た眼, 見た者, 見つけると, 見つけ次第, 見に, 見る, 見るその, 見るたび, 見るだろう, 見るとうしろ, 見る度, 見上げて, 見上げると, 見付けて, 見出して, 見出し得るもの, 見守った, 見張らせて, 見据え紋兵衛, 見掛け, 見返り見返り, 見送るに, 見附けて, 覘う, 討たせて, 討ち取ること, 討ち取ろうと, 討って, 討とうと, 討取べしと, 訪ねて, 許して, 誅し同じく, 誘うと, 誘う様, 誘って, 誘つて青山へ, 誘ひ出して, 説きに, 調べて, 調べるの, 識って, 責めるわけ, 貰いに, 貰って, 貰ひし, 質屋へ, 贔屓に, 起して, 路地の, 踏み越えたそれ, 蹴りましたから, 迎いに, 迎ひ, 近く招ぎ寄せまし, 追いすがって, 追いつめた, 追い出せば, 追い払うこと, 追い求むる心, 追い立て追い立て真っ黒, 追い退けた, 追って御用, 追ん, 追出すか, 追駈け, 送って, 逃がして, 逃れて, 造らば, 連て, 連先へ, 逸す, 遠目に, 遮ろうと, 避け初めたので, 還羅鷄籠, 金の, 金持だ, 鉄砲で, 門外に, 陥穽に, 隠匿って, 頼って, 頼んで, 顧みながら, 餅を, 馬に, 駈けさせて, 騙したの, 騙しに, 驚かしたらよかろ, 高手小手に

▼ 助~ (847, 4.5%)

20 一緒に 18 ヒトミは 17 申す者 14 御米 11 云ふ 9 並んで, 言ふ 8 申します 6 いって 5 お銀様

4 [12件] お辰, ヒトミに, 丸山勇仙の, 主人の, 二人で, 云うの, 云う者, 勘八は, 安井とは, 書いて, 眼を, 顔を

3 [12件] いうが, その姉, ヒトミが, ヒトミの, ヒトミを, 下女の, 伊織の, 同じよう, 名乗って, 岩根半, 申しまして, 申すもの

2 [85件] ある, いう, いうて, いった, おこよは, お吉, お絹, お繼, お艶, お蘭, お袖, お里とが, お雪ちゃんは, お駒, この三人, すれば, その妹, であった, なつて, なるもの, もう一人, ハイカラな, ヒトミだった, ヒトミとは, 一しよ, 三人でした, 三千代の, 三千代は, 丸山勇仙が, 丸山勇仙と, 二人だけしか, 二番番頭の, 云う下男, 云う奴, 云う役者, 云つた, 云ふも, 仲が, 伊之助は, 伊織とは, 前後し, 勘次は, 右近は, 同じ釜, 同年配, 名を, 喧嘩を, 坂井とは, 外伝との, 子分一の, 子分三は, 安之助が, 小僧ふたりが, 小六が, 小六の, 小文治, 岩根半蔵の, 巽小, 平岡とは, 平次の, 弥助だけが, 心安く口, 手代の, 接近し, 時の, 枕を, 梅子は, 湧井半, 漁師の, 燕女は, 甘い物, 異なる所, 異なる点, 石見が, 称した, 聞いて, 自分の, 要助, 覺えて, 軌道の, 逢引を, 雲哲願哲は, 養子の, 高木とは, 鳶頭の

1 [476件] あたかもそこ, あって, あの叔母, あの可愛らしい, いいこれ, いいます, いい中津の, いい二十一歳, いい合せだまして, いい実に, いい寺小屋, いい彼, いい揃い, いうか, いうんで, いえども, いえる名人, いっしょに, いってね, いて, いひなさるん, いふ, いふと, いふ者が, いふ者さ, いふ者の, いわれた男, おこよに, おはな, お三輪, お八重, お前は, お勝手, お小夜, お杉ばば, お染, お浜, お滝, お百, お筆, お色, お蝶, お里と, お雪ちゃんと, お雪ちゃんとは, お雪ちゃんの, お雪とが, かの変人, がんりきとは, この男, したであろうが, して, す, せり, そうして土佐犬, そうして源女, そして特に, その位置, その許嫁, それから土佐, たか子は, ただふたり対坐, たった二人, たつた二人, たのみに, ちがって, つい雪渓一つ, つき合って, つけるべきでありました, である, とらの, どうして心安く, なった, なり地蔵, なり從, なるも, なる動機, のちの, はんぺんを, むきあつ, もうすもの, やらいう男, やりあったこと, よばれた息子, よばれて, よぶわけ, わかつたん, わしとは, サブ郎が, サブ郎は, チヱそして, ヒトミであった, ヒトミも, マンも, 一しょに, 一つ道を, 一人一人に, 一所にな, 一時間余りも, 一時間餘り, 一角が, 一角は, 三人の, 三位卿の, 三味線引きの, 三左衛門輝政の, 三次軍兵衛収納方の, 上も, 上原三次の, 上野敬助の, 下りるウェイトレス, 下男の, 与吉それぞれに, 与吉は, 与平は, 中ごろから, 丸山勇仙, 丸山勇仙であった, 丸山勇仙であります, 丸山勇仙とが, 丸山勇仙とは, 丸山勇仙は, 丸山勇仙らしい, 丹下左膳である, 久太郎に, 久米一との, 九鬼弥助が, 九鬼弥助は, 争った息, 二人ながら, 二人纜った, 二人纜つた船の, 二人調べの, 二人集会場である, 云いましたか, 云い字, 云う, 云うこと, 云うと, 云うもの, 云うよう, 云う名, 云う奉公人, 云う旅商人, 云う武士, 云う無形, 云う男, 云う町代, 云う第三者, 云う送迎, 云う魚河岸, 云った, 云って, 云つて髯が, 云ひ, 云へる, 云る, 云わず花村甚五衛門家臣, 云家主は, 云者と, 云者を, 云者假令此度人を, 云者有し, 五郎, 五郎三郎の, 交代で, 交渉の, 交通とによって, 仁三は, 仏生寺弥助とが, 仰っしゃったのは, 伊牟田なにがしと, 伊牟田尚平を, 伊織ふた組に, 伊織を, 会うこと, 会談した, 佐々見左仲は, 佐兵衛次郎兵衛弥五郎六右衛門の, 何やら話し, 何を, 何んな, 働き者の, 兄の, 先代の, 入れ違, 八五郎は, 公荘とを, 六平それに, 共謀に, 兵馬とは, 其の方, 出て, 判つて叱る, 別れたお, 別れた男女, 別れて, 前後に, 加賀見忍剣の, 助九郎とは, 助八, 勘助と, 勘助の, 勘次の, 勝手元に, 医者露斎が, 十内が, 半助, 半蔵の, 半藏, 協力し, 厄介の, 原子爆弾の, 右近, 右近が, 右近てんで, 右近の, 吉兵衞が, 同じほど, 同じやう, 同じ年, 同じ支度, 同じ終汽車, 同じ背恰好, 同じ長屋, 同様に, 同様江島屋の, 同樣, 同番の, 名づけた, 名乗り奴矢田平, 名乗る男, 名乗る赤崎才市, 名付けしを, 名附けた, 吾妻屋永左衛門を, 吾妻屋永左衞門を, 呂宋兵衛が, 呼ばれた反面, 呼ばれた立像, 呼びたいみずから, 呼び掛けられしに, 呼び掛けられ渠, 呼び立てると共に, 呼ぶこと, 咲耶子が, 啓之助は, 啓之助二刀に, 喧嘩渡世の, 喰べた自炊の, 四郎兵衛は, 国府弥八郎を, 國府彌, 園絵右近と, 壁辰, 壁辰が, 夫婦に, 女勘助と, 女勘助とを, 妾の, 娘お, 娘の, 子供ふたりが, 宅助に, 宇津木文之, 家庭教師山北道子の, 対角線に, 小三津, 山下へ, 山伏の, 山崎とは, 山目付の, 岡田弥市とが, 岩根半蔵が, 差向いで, 市兵衞, 平が, 平川右金吾と, 店火鉢を, 庭木戸の, 引合わせ申そう, 弥助並ん, 張り合って, 張り合つて一番うるさく, 彼の, 後で判りました, 後者は, 徳子の, 思いああ, 思い相, 悦之進は, 悦治と, 懇意に, 戯れける, 手代福次郎の, 打よろこび, 折り重なったまま, 押並ぶ, 掛合って, 擦れ違った人物, 改め家, 改め市村座, 改め旅商い, 改名まで, 文之, 新免無, 新兵衛, 旅商人仲間で, 書いても, 書かれて, 書し, 書付けありしかば, 月輪一刀流中そうそう, 杉村などが, 来やがったんで, 松次郎は, 松次郎を, 果心居士の, 柘植半之丞服部小源太の, 標札が, 次男輝政の, 気の, 氣の, 水車小屋の, 浅太郎, 浜松藩の, 浩との, 海浜蛭子祠に, 淫婦お, 淫婦の, 添うてからの, 清五郎が, 清五郎と, 渡辺悦之進が, 渡辺悦之進は, 源助の, 為吉は, 燕女の, 父と, 牢問に, 物見遊山にも, 狼と, 猫, 瓜を, 申して, 申しますの, 申しますへ, 申しまする, 申しまする新参者, 申しまする者, 申します吉田竜太郎, 申します私, 申します者, 申し上州白雲山, 申し以前, 申し合せ勇助, 申す, 申すか, 申すは, 申する, 申す中間, 申す人, 申す小, 申す慣れない商売, 申す新参, 申す水戸, 申す老爺, 申事を, 申候, 申合せ宅兵衞を, 申合島を, 申者の, 申者夜中竊に, 申者澤の, 申者證據人に, 番人の, 発し, 相なった, 相対した, 知らずに, 知らないで, 知り合, 知り合いに, 福次郎の, 私と, 私との, 私共の, 称して, 称す名, 称せずし, 稱し, 竹に, 竹刀の, 竹刀を, 等々力十内の, 等々力十内顔を, 節の, 細川勝元を, 結びつけられしかもこうして, 結婚したい, 義雄とは, 羽島さんとの, 聲を, 自分との, 與八の, 與平次爺さんとでは, 艶名を, 芹沢とが, 若党の, 茂原市郎右衛門の, 茨右近どっちが, 茨右近は, 荒巻の, 薩州の, 藤作であった, 藤作とに, 藤枝蔵人の, 要介, 見て, 見屆, 見較べ, 覚えて, 覚しいの, 親しくし, 親しくひとしきり, 親しく一しきり, 親しく金, 言う訣, 言う金箔つき, 言ったって, 言って, 言つた立役, 言つて父親の, 言ひ, 言ひあはせ, 計略を, 試合っても, 話して, 話を, 語る場合, 貞之進其地位を, 赤尾の, 路地で, 近江之, 近習の, 逃げかかったは, 連れ立って, 避けも, 都合四人, 配偶たき, 酒を, 重なり合った体勢, 重臣たちは, 金三郎で, 鈴子夫人が, 鈴子夫人は, 鈴木さんが, 銀三に, 銀之助は, 長州の, 門番は, 阿岸主計, 陶本の, 隣村まで, 雲霧の, 青山新七の, 音松と, 顏を, 顔馴染だ, 高杉晋作とが, 高浜彦三郎に, 高部弥三雄という, 高麗三郎は, 魚心堂に, 黒沼の, 龍太郎が

▼ 助~ (769, 4.1%)

29 向って 9 取つて, 向つて, 向ひ 8 取って 6 向はれ, 渡した, 話した 5 見せた 4 よりて, 代って, 向い, 挨拶を, 暇を, 渡して, 酒を

3 [14件] しても, なりなさんしたお盆, 云った, 任せて, 会って, 何か, 分らんの, 取っては, 告げた, 繩を, 見せて, 言われて, 話して, 預けて

2 [80件] きまって, さして見せた, させるので, して, すすめて, たずねた, なって, ならないの, よく似, わたした, 丁打を, 云つた, 人に, 会ったとき, 会わせて, 入り込んで, 入室の, 入門し, 出逢った, 分るもの, 力を, 及ぼした悪, 取られて, 吹聴した, 命じて, 声を, 始末を, 委任した, 存在を, 家督を, 小言を, 店を, 微笑を, 急を, 戻りました, 打ち明けないで, 扮し, 持たせて, 持って, 提灯を, 来て, 殺され峰, 注意した, 洩らした, 渡し, 渡す, 留められました, 疑いを, 眼と, 眼を, 着せる春, 移した時, 聞いたと, 聞いた事, 聞かした, 聞かするとも, 肉薄すれ, 至っては, 蝋燭を, 見張らせ勘次, 見栄を, 親の, 言って, 訊ねました, 話した所, 話した通り, 話してから, 謝罪する, 返って, 返事を, 逢って, 逢て, 違いなかった, 鄭重な, 金を, 鉄砲を, 随い, 離れて, 頼んだ, 鼠薬を

1 [452件] あいずを, あって, あっては, あてつけたので, あらためて聞こう, いかなるところ, いはしむるやう, いろいろと, いわれた通り, うそは, うっかり云っ, おべっかを, お島, かかりきるという, かなりの, からかわれなすったの, かわって, きまつたが, きめて, くらべても, くれて, ぐっと握られ, こし方, この構え, この述懐, これ以上な, こんな問, さした, さへ, したと, しては, してやられた, しばしの, しろ妹, すがりつきました, すがりつく, すがるよう, すまない気, すれば, せまられても, そのままである, その旨, それを, そんな事, たずねられて, たずねると, ただ, たのまれて, ちがいは, ちゃんと二升酒, ちやんと, なったこと, なつた, ならうと, ならう筈, ならんと, なりきれないの, なる事, なんの, のり移っ, はっきりわかりました, ひっかかりの, ふかくたくらませ, ふたたびここ, みせるため, むかって, めぐり会うべき機会, もらった更紗, やかましく云っ, やって, よく似た, わからないのみ, わかれまた, オヤジを, ドヤされ, バサと, モノを, 一と, 一度逢う, 一応申し聞け, 一日の, 一言の, 七斗半四郎に, 三十日ほど, 下さいました, 下された, 与えた, 与えて, 与えなかった, 与して, 与へ, 与へて, 与吉, 云って, 云つて聞かせた, 云はせる, 云わせると, 五十両か, 五十兩か, 人を, 仕へて, 仕掛けを, 仕立て自分, 他ならない, 代わり同役梅屋五助, 任せたいもの, 任官し, 会うつもり, 会う機会, 会った, 会ったが, 会ったよう, 会ひ, 会わして, 似た少年, 似て, 似てるな, 似ないで, 何と, 何の, 來た, 依ること, 促しました, 俺の, 倣って, 傾いて, 働かせられて, 免じて, 入智慧, 入牢申付られ, 兵三百を, 其儘である, 冗談を, 出て, 出來, 出會段, 出来るだけ, 出逢ったぞ, 出逢ったの, 出逢本望, 分った気, 分れ妻, 切られたの, 切繩を, 別れて, 別れる時, 別れ越後屋五郎三郎方, 刺し殺され伊與, 刺青さえ, 化け澄まし, 十年の, 千両貸しが, 卷き上げられたもと, 及ぶ綿密, 取っての, 取つて一種, 取り上げられて, 取合われないもの, 取縋って, 叙せられたの, 合図した, 合圖した, 吉五郎といふ, 同情を, 向い慇懃, 向つて云, 向つて作つたプログラム, 向つて其旨, 含むところ, 吹き込んで, 告げに, 告る, 呼ばれても, 呼びかけて, 呼びかけました, 問いかけた, 問いかけたもの, 問いかけるので, 問いつめて, 問ひ, 善い女房, 嘘が, 囁いた, 囲われて, 在った, 坐って, 報告し, 大きな荷物, 奪られ, 妥協の, 娘の, 嫁し, 嫁を, 定石通りの, 宛てたの, 寝衣, 對し, 對する, 對はれ, 對ひ, 小声で, 小田井で, 少しばかり, 就ての, 尾し来り, 居屋敷として, 希臘神話の, 廻り逢い悉, 弓持たせ, 引き廻されて, 引き落されて, 強い強い同情, 従いて, 復讐の, 徹して, 忠告し, 思はれ物, 急用が, 怨じかけました, 恋ごころを, 恋患いし, 恋煩いを, 恨あれ, 惚れて, 憑い, 憑絡ってる, 懇談を, 成るか, 成ろう筈, 手を, 手引きさして, 手渡ししつ, 手渡ししました, 手渡して, 手疵を, 打ち殺されたという, 打ってか, 托して, 扱帶の, 抜け道, 抱きついて, 持たして, 持ちかけられたが, 持てそう, 指図し, 挾まれて, 捉えられた, 捕まって, 掘らせかけたこと, 掛る疑ひを, 掛物を, 推挙せられ, 掴まれて, 掴みかかって, 握らせながら, 握られて, 教えた, 教えたから, 教えて, 教へ, 教へて, 斬って, 斬られたとき, 斬られた刀痕, 斬られた時, 斬り掛けました, 斬掛けましたが, 断わって, 斯んな, 旨い川魚, 最後の, 會つて見ました, 本当と, 本曲の, 本當, 村方の, 来た若い, 東町奉行所の, 案内させ, 案内され, 構えられたの, 欺かれ折々, 欺かれ終に, 歎願の, 止められて, 正面から, 此の, 此人殺しの, 武者ぶりつきました, 武者振りつい, 死んだ小僧, 残して, 殺されたこと, 殺されたの, 気の, 氣に, 江戸の, 決つて居り, 決まって, 添わせると, 渡しました, 渡し右, 渡し若旦那, 渡すと, 渡せしやと, 湧井の, 源之助が, 熱恋を, 物を, 理が, 生きうつしの, 申しつける, 申せしに, 畫が, 皿八という, 監禁を, 相違ございません, 着せたん, 着目され, 石川氏を, 穴を, 突かれた深, 突っ立て兼ねません, 突つ立て兼ねません, 突返し, 立聞かれました, 竹で, 答えた, 答へ, 紛れ非, 組み付こうと, 綾衣は, 縄を, 縋って, 縛られる前, 繩打っ, 罪を, 義理が, 聞いて, 肌を, 肖て, 背を, 胸を, 脊負はせ, 至つては, 至るまで, 至れば, 與へ, 色々な, 花井さんが, 行ってた妹, 行つてた, 袱紗を, 襟が, 見せつけて, 見せますと, 見られて, 見られるの, 見張らせて, 見張られ乍ら庭, 言いつけられた通り, 言する, 言った, 言ひつけ, 言わせると, 言われる通り, 言付け万事出立, 言葉を, 訊いた, 訊かなきや, 訊きました, 討たれて, 討たれろ, 託して, 訴える様子, 訴へる, 試みられた芸目, 詰め寄せる, 話しましたところ, 話という, 話を, 誑されて, 誘い出されて, 誘はれて, 誘ひ出されて, 語った, 語った所, 語った言葉, 語つた所に, 語つた言葉で, 謝まれと, 譲ったが, 譲り末娘, 讓し, 負けて, 負せん, 賣たるかとの, 贈られた高座, 足の, 身の, 辛く当っ, 迎えられて, 近づく唯一つ, 近より, 返つて, 返答を, 追いすがった, 追い迫った, 送ったお, 送った果し状, 通じるもの, 逢いましたが, 逢うと, 逢った, 逢つてゐる, 逢つて徳力屋の, 逢つて見ました, 逢ひ, 連れ添, 遇ったら私, 違いない, 遣は, 遣るの, 遺恨が, 邪道視され, 酌を, 配偶せん, 金子二十両を, 金銭を, 附き纒, 附添っ, 限らず以前, 隙が, 雑煮の, 雜煮の, 雨具を, 雲霧の, 頬ずりを, 頼つて歩き, 頼まれた通り, 頼まれて, 頼まれ島, 頼み近, 頼れ島, 頼れ建部郷右衞門伴佐十郎, 願ひます, 飛びかかったと, 飛びかかろうとして, 飛び蒐, 飛んで, 馳着し, 鴎外と

▼ 助~ (638, 3.4%)

8 ヒトミも 4 それに, それを, 御米, 手を, 途方に 3 しばらくは, そこに, 同じよう, 多少は, 始めて, 已を, 気の毒に, 溜息を

2 [62件] いる, お嘉代, こいつは, さすがに, その配偶, それが, つづいて, はじめ一二度は, ばばも, またそれ, 一寸控え, 三千代が, 二三度御, 今は, 今更妻, 仕合せ者さ, 別に話, 厚い綿, 叔父の, 口の, 同じ事, 同意を, 妹の, 始めの, 定めて, 小六, 小文治, 少し気, 平次の, 平生の, 心得て, 息を, 愛想なく, 承知し, 押しては, 掛り人の, 敢て, 是には, 時々わが, 朝起き, 格別の, 樹の, 猿屋町の, 相手に, 眉を, 破滅だ, 笑って, 脊の, 自から, 自分の, 艱難に, 茂丸も, 茶の間で, 賛成の, 辛棒し, 辞退は, 返事が, 門野も, 顰に, 首を, 驚いた, 驚いて

1 [462件] あきれて, あっ, あっけに, あとから, あとの, あの子, あの目, あやうく泣き声, あれから, あれほど, いた, いたと, いちどは, いつの間にかその, いなくなった, いませんでした, いま帰っ, いよいよ兜, うっかりする, うつかりする, うなずいて, うろたえ気味, おくの, おこって, おどろいた, おどろきました, おりますこと, お八重, お前の, お松も, お浜, お米, お蘭, お豊, お銀様, お鮒, かけつけた, きまりが, ぎくつ, こ, この微震, この極刑, この青年武士, これが, これには, これは, さっきから, さっきの, さる因縁, しきりにすすめる, すこし考え直した, すわこそと, せしめて, そういわれ, そう言われる, そこを, その中, その倅, その心置き, その文字, その方, その的確, その相伴, その説明, そばから, それまでは, それ以上を, そんなふう, そんな店, たか子も, たべたくなったので, だろう, ちょっと口, ちよつと, ついて, ついに起きた, つい気, つい氣, てんから目, とうとうおそろしくなっ, どうした, どちらも, どふ, なし難き, なんだか顫, にこにこし, はじめて少し変, はずみを, ひどくそこ, ひどく其所, びっくりし, ふいと, ふたりとも, ふとこの, ほほえんだ, まえから, まさか出たら, まずは安全, またいささか, またお, またこの, またその, また一箇, また一門, また何者, また傍, また口, また同じ, また咲耶子, また暗然, また母者人, また沈み切った, また父, また米友, また素はだし尻きり衣服, また計らず, また追おう, また長持, まだお雪ちゃん, まだ元, まだ御, まだ来る, まだ西洋人, まちて, まア御縁, みんなそれを, むずがゆい心持, めぐりぞ, もうもどっ, もう逃げる, もとより射おとす, やっつける気, やっとつい, やつ, やむなく沈黙, やむを得ず我, やや暫く立っ, やりたくなろうじゃ, ようよう涙, よかった, よく知っ, よく聞い, よりかかって, ズーと, ゾッとした, ツイ笑っ, ハタと, ヒトミに, フラフラに, ムッと, 一つ遣っ, 一同の, 一寸口の, 一度お, 一緒に, 不便に, 不安そうに, 不思議なり, 不愉快で, 不愉快であった, 不意を, 不承, 不本意ながら, 与兵衛が, 並んで, 主人の, 久政の, 九郎助と, 二三歩前へ, 二尺余りの, 二尺餘り, 二言三言この, 二言三言此細君から, 二階で, 云い出した, 云った, 云って, 交じって, 人が, 人を, 人間並みに, 今この, 今では, 今まで, 今年二十二か, 今日まで, 今日迄, 今此手紙, 今迄に, 他出から, 以前は, 何うし, 何か, 何卒亡母, 供を, 侮り難く, 俯向いた, 倒れた, 側に, 傲然と, 先非後悔し, 八王子へ, 共にいった, 共に起っ, 其の晩, 其孝心を, 其所を, 其相伴を, 内弟子の, 冥途へ, 分別が, 前には, 前身は, 勿論心, 北山辺に, 医科の, 十兩の, 口を, 可児才蔵に, 可笑しくな, 右へ, 同じくその, 同じく玉籠, 同じく鼻, 同意し, 向うへ, 向き合った, 向き合つた, 吹き出さずには, 哀れに, 哭きます, 唸るよう, 喜内より, 嘆声を, 四五人の, 国分弥八郎も, 國府彌, 城太郎も, 塀の, 士分に, 声を, 夢中に, 大に, 夫以上を, 好くそんな, 始終は, 姑の, 宅助じゃ, 安堵し, 家へ, 家中の, 容貌の, 實子を, 寺で, 小さい時分, 少し勝手, 少し哀れげ, 少し容, 少し眼, 少し考え, 少し面, 少年と, 屹度請合私ども兩人並に, 席に, 帰って, 帰らず米友, 帰れば, 年が, 度を, 引入れられて, 弥八郎も, 弱った声, 彌八郎, 当家にとっては, 彦太も, 彼が, 彼に, 後を, 従って, 従わずには, 得意で, 得意であった, 御多分に, 心が, 心の, 心配し, 心配でございます, 忍剣も, 思いました, 思わずき, 思わず吹き出し, 急に, 恟くり致しました, 悉く事, 悔いの, 悦んだ, 悦之, 悲鳴を, 愕然として, 感嘆の, 感心し, 手下の, 手傳ひ, 手馴れの, 折れて, 拜見が, 振顧, 推量しない, 旅勞れ, 早くも, 昌造も, 昔に, 春團治も, 暗然として, 本来の, 杖を, 来い, 来た, 来て, 東に, 柳の, 検校の, 椽側迄, 極めて安心, 權八も, 此の, 此微震には, 此方も, 此方を, 此詞には, 武家の, 武者振り凛々しかっ, 歯を, 歸つて來る, 歸れ, 死物狂いでございます, 段々始終の, 殺したの, 殺したので, 殺したん, 殺気を, 泣いたひとり, 泣き出した, 浮ばれませんね, 涙ぐみぬ, 涙ばかり, 湧井半, 満悦し, 源助も, 源女も, 溜め息を, 無事に, 無筆同, 無筆同様と, 無言, 燕女を, 牢より, 猿をか, 獨り, 玄関まで, 玄関迄, 生きて, 疲れが, 百姓も, 相次いで, 眠りに, 眼を, 睨んだ眼, 瞼を, 知って, 知つて居る, 知らなかった, 知らなかつた, 石原裕次郎の, 砕けた返事, 私と, 私も, 空っ, 空っと, 空つと, 立った, 立つた, 立会いますぜ, 竹刀を, 笑いながら, 笑つて座敷へ, 笑ひ, 結構すぎる, 続いて, 縁側まで, 老母も, 聞いて, 聞く勇気, 聞く勇氣, 脊負っ, 腹立ちまぎれに, 膝を, 舌を, 色を, 若手で, 若旦那さまに, 虫の, 血に, 見えなかった, 見えぬ, 見え小, 見直して, 言って, 訊いた, 詮方なし, 認めて, 誠に有難い, 諸方で, 負けて, 賛成した, 跡から, 跡を, 踊り込んだ, 身が, 身仕度を, 辞儀し, 近寄って, 近所の, 近頃は, 追う右近, 遂に起きた, 遅れじもの, 遠くから, 遣らなくっては, 遣らなくつて, 酔って, 金五郎を, 釣り込まれること, 間が, 間違いも, 間違ひもなく, 陣十郎は, 隠れて, 雲霧も, 面を, 面白くな, 面白くなっ, 頭から, 頭髪逆立つ, 顔の, 顔色青ざめ, 飛んだ事, 飛んで, 飛上っ, 食い兼ねて, 飲みこんで, 馬籠まで, 驚きて, 驚き昨夜河原にて, 驚き然, 驚き飛上り又, 髻を, 默り込ん, 黙って, 黙つて, 黙りこくッ, 黙りこんで

▼ 助さん~ (350, 1.9%)

9 の家 6 が四年, の方 5 と一緒 3 がお, の手, の話, は

2 [43件] からあんた, が側, が取次い, が大金, が居ない, が崖, が帰らない, が来, が生き, が行方不明, こりゃア, じゃない, であつ, で酉刻半, と, という人, とお, と盛岡, と知らない, どうしよう, に, にはお, に弟子入, に書い, のもの, の世話, の姿, の息子さん, の立つ, の言う, の許, はその, はもう, は伊之さん, は其日朝, は啻に, は四年, は村中, は東京, は此五六年, は郷里, は音松さん, も親切

1 [226件] あの吊, あの釣台, お聞き, お聴き, かい, かえ, かね, から昨夜, から昨晩, か睨み合っ, がいい, がうなずく, がそんな, がどこ, がびくびく, が九ツ, が仕事, が何, が來, が入, が外, が夜行, が嫉妬, が居る, が廻っ, が御存じぢ, が悪, が所蔵, が手, が捨てた, が是非一寸奥さん, が来た, が白井様, が白井樣, が眼, が睨み合つて, が答, が肥溜, が脇差イ, が花籠, が行, が親切, が長, が附い, が頃日其蔵儲, この壺, じっさいたいした, それにお, そろそろお伴, たら, だね, だよ, てば返事, てエ, て役, で, である, でございますか, でござんしたか, でも, で父親, というお方, という前, という奴, という相識, という老, といふ人, といふ方, とおこ, とかいう意味, とか言, とでその, とど助さん, とは何, とふたり, とやらのこと, とやらは, とやら渡し賃, とバツタリ顏, と一着, と主人, と云い, と出, と同じ, と御新造さん, と杉村さん, と茅場, と言, と言っ, どうもいけない, どうやら有卦, どんな絵, なら今日直ぐ, なんぞはいい, にかないませんでした, にはただ, にも誠に, に傷, に厳談, に呼びかけた, に外伝さん, に聞える, に訊きます, に誠によく, に頼ん, ね, の, のあと, のせい, のところ, のわたくし, の三味線引き, の事, の二本, の修行半ば頃, の傍, の兄貴, の入れ, の前, の剣術, の友達, の娘, の子, の届けもの, の役, の得意気, の得意氣, の所, の所蔵, の服装, の服裝, の来る, の考証, の胸, の菩提, の講義, の部屋, の顔, の首, はあんなに, はいつた, はうなづき, はお, はおいで, はさぞ, はそり, はそりゃ, はどういう, はね矢切, はふと, はぶる, はまた, は一人, は上州, は下, は元気, は前橋, は半, は名古屋, は向かふ, は得意げ, は本邦最初, は棹, は検校様, は殆, は殆ど家毎, は沼田, は泣き顔, は満腹, は滿腹, は牛馬, は男, は留守, は疾うに, は秀造さん, は私, は稽古, は簡単, は舟, は藤陰, は関門, は頬かむり, は養父, は黙, まア情ない, みさん, もいよいよ, もお婆さん, もこれから, もそ, もまだ, ももう一度, もステテコ, も三次元世界, も兎, も子供, も必要, も永い, も番頭, も直次郎どん, も知つて, も竹刀, も起き, も遊び, も顛倒, や八さん, や寿女さん, や申松さん, よ, よくお, よく君, をたずね, を助け, を手込, を殺さない, を殺しました, を竜王さま, イヤ何, 出て, 分って, 半助さん, 呼んでるぞ, 少々妙, 真に伴, 考えて, 誠に寒く

▼ 助には~ (239, 1.3%)

19 それが 4 三千代の, 何の, 嫂の, 平岡の, 彼が 3 夫が

2 [33件] そこが, その活溌, それを, それ程痛快, わざと何事, 一口の, 不思議であった, 人の, 似も, 出来かねた, 受け取れないの, 媚を, 宜道, 少なからぬ, 心元なく, 意表な, 愛嬌に, 我慢の, 新らしい, 明らかに, 梅子の, 殆ん, 毫も不愉快, 突然ながら, 給金の, 耳新らしい, 興味が, 見苦しく見えた, 解らなかった, 足を, 近くても, 難有, 黙って

1 [131件] あるの, いつもと, いよいよ判然, お冬, このごろ初めて, この光, この変, この社会, この累々, これが, これだけの, これ以上の, そう思われた, そう見えた, そのけじめ, そのこと, その刀, その夜, その扇, その澄し, その用事, その砂, その肚, その調子, その長い, それに, そんな消息, だいぶんの, ちょっと得意, ならぬ, なんの, まるで時間, もう習慣, もっともっとこらしめ, やうやうで, ようようであった, よくも解せなかった, よくわからない, よく聞える, わからない, わからなくなる, 一人で, 一人で黙つ, 一人の, 一番打っ, 不安そうです, 丸で, 些とも, 他を, 何が, 何となくこの, 余計目立っ, 余計目立つ, 六歳おとり, 其澄した, 其用事が, 其砂を, 其調子よりも, 其長い, 内証で, 判りチクチク, 利き刄, 博士の, 叔母の, 口も, 咄嗟の, 嘘も, 国もとから, 大分の, 大変耳新しかっ, 大層な, 大言壮語した, 大變, 姿を, 娘が, 嫁の, 寧ろその, 寧ろ其方, 左様見えた, 庭男幸助らしい, 弁当を, 弱敵だ, 後でいくら考え, 心外であった, 心強かった, 忠義の, 思われた, 思われて, 怨が, 恰好などは, 意味が, 感じられた, 慕わしくて, 手に, 改めて慇懃, 是が, 是丈の, 更に強く強く, 望む所, 本手の, 森啓之助様が, 構わぬ早く, 此上も, 此光の, 此社会が, 此累, 此變な, 母が, 民衆と, 無かった, 父母未生以前という, 父母未生以前といふ, 猿の, 玄蕃の, 琴二郎という, 精しいこと, 紅蓮洞氏が, 考えが, 能くも解せなかつた, 解せない, 迷惑な, 逢は, 逢わない, 遺恨が, 陽気で, 陽氣で, 障子越しに, 響かない, 頓着なし, 顏の, 顔の

▼ 助という~ (212, 1.1%)

12 のは 10 のが 8 人は 5 男が, 男は 3 奴が, 者が

2 [14件] お百姓, ものの, ような, 人を, 名は, 名を, 奴は, 好い男, 子供が, 者, 者だ, 者です, 者の, 若党が

1 [138件] うるさい者, おさむ, お尋ねもの, お尋ね者に, ことを, しのびの, その画家, ならず者も, のから, のでございます, のを, ものが, もので, ものと, ものは, ものを, もの今では, もんです, やくざ者腕っ節も, やつ憎い, やや高名, んです, 一つの, 三番目の, 下男は, 下男を, 与力が, 主題に, 五十五歳の, 五千石の, 人が, 人だ, 人だった, 人に, 人夫は, 人物です, 仁は, 以前の, 仲仕が, 伯母の, 侠商の, 侠客が, 侠客の, 先年島原から, 凡そ粋, 出船宿が, 前の, 剣術の, 十三に, 十年来の, 友人と, 名が, 名とは, 名刺を, 吹けば, 変な, 奴だ, 奴で, 奴な, 子が, 子供の, 宙返りの, 家来に, 寺男から, 寺男で, 小僧が, 小児が, 小姓の, 小番頭, 小金持, 尾崎村の, 巡査が, 左官が, 幕臣が, 庄屋が, 当時屈指の, 影武者の, 役で, 役者が, 役者崩れです, 御仁は, 御蔵方が, 愉快な, 手代の, 敬二の, 旅商人元は, 旗下, 旗本の, 日本名まで, 曲芸師だ, 本名で, 村の, 根岸に, 武士が, 武者は, 水夫であった, 江名子村の, 浪人と, 爺を, 独楽まわし, 生徒とが, 男, 男だった, 男でした, 男の, 番頭の, 監視の, 盲目が, 糴呉服屋が, 綽名が, 美貌の, 者である, 者に, 者を, 花形役者だ, 若い侍, 若い威勢, 若い役者, 若い男, 若い者, 若者を, 草履取が, 蛇捕り, 蜂須賀家の, 表札の, 親類の, 語は, 賊に, 跡取りが, 車夫に, 連れが, 遊び人だ, 野郎は, 鋳掛の, 長男を, 青年が, 青年であった, 音曲師が

▼ 助~ (107, 0.6%)

5 がお 4 ふで 3 のこと, の御 2 か, にお, ふでよりと, をお

1 [84件] いざお, おっしゃる通り, お亡くなり, お聞き下さい, から念, がある, がい, がお出で, がこと, がつるぎ山, がひどい, がやはり, がソッ, が亡くなった, が入, が入っしゃいました, が勝っ, が又, が御, が来, その甲比丹, だ, だ曲淵様, でご, ですか, では, と, という人, という方, とおっしゃる, とを秤, とんだ粗忽, と仰せられました, と呼ばせる, と書く, と果し合い, と添, と添いたい, と申します, どうかお目, どうぞ人, なら只今, なんとかおっしゃっ, に, によき, に切られ, に斬殺, に親御, のお, のお世話, のふところ刀, のよう, の匿, の召使, の命, の奥様, の思われ, の悪い, の病, の隠れ場所, はお, はからかい, はそれ, は二十五, は侍, は当家, は御, ばかばかしゅうござりませぬが, へ, へお目にかかりたい, もお気, も御, も私, を, をだまくらかし, を勘当, を呪うた, を擁立, を追っかけ, 御一名, 御命, 御死去, 御逝去, 忽ちに動き

▼ 助から~ (99, 0.5%)

13 見ると 43 云うと 2 云ふと, 借りた金, 出した手紙, 受取ると, 注意され, 聞いた通り, 説明を, 賞められた, 贈られたもの

1 [61件] いった, いろいろ様子, うけた杖, こう云う, ここの, こんなに度々見詰められ, すでにきいた, その話, そんな発議, たしなめられて, たてつづけに, ちゃんと聞い, ないそう, なくなるの, めと, もっと濃い, もらった金, ゆるゆる聞く, 云ふと寧ろ, 五両の, 今度は, 切り出されて, 労わられた時, 勞は, 取り上げて, 取上げて, 問いつめられた賢母, 圧迫され, 報酬を, 奪いとった抜き身, 学んだこと, 引出した全部, 指さされたので, 斯う, 最後の, 残らず母, 殺されたの, 江戸入りを, 相当の, 相當, 笑はれた, 笑われた事, 聞いたが, 聞いた青髪山, 聞いて, 聞かされた言葉, 聞きましたが, 聞き知って, 聴き出したの, 聽き出した, 脅迫され, 色々樣子, 葉書を, 被害地の, 見詰められる事, 護身の, 身をかは, 送って, 進んで, 長屋代表の, 離れずに

▼ 助~ (77, 0.4%)

3 引渡し在所において 2 やるまいと, 切り込んだの

1 [70件] いった, お城, お持たせあっ, お組, こう林蔵, ことばを, その方, つきやって, ふいに, ジロリと, 一封の, 下し置れました, 云うと, 云った, 人々は, 代句だらけ, 何の, 其段申聞取, 勸めしなら, 反問する, 名主申付られ, 向い, 向って, 向はれ, 吟味を, 告げ今日, 声を, 大声に, 宛てた書翰, 宛てた私的書翰, 対しての, 当身を, 打ち掛ろうと, 投げた言葉, 招きが, 挑みかかりたいよう, 挨拶を, 掴みか, 掴みかかります, 斯う, 歸國につき, 浴びせかけた, 渡して, 源女を, 無實, 申付られ, 申聞けたい, 申述けれ, 知らせて, 種々藤五郎の, 突きかけて, 笑いかけながら, 縋り付いた, 義理の, 耳うちを, 自分の, 與へた書翰に, 荷擔致し, 血刀を, 説得を, 近付いて, 送った文, 送りし手紙, 遣し然, 遣はし澤, 里を, 金時計, 集った聴衆, 面当, 頼みけれ

▼ 助なあ~ (60, 0.3%)

36 こは 4 この手 2 こが, こには, このあと, このところ, この受けた, この場合, この恋, この手首, この歯, こを

▼ 助~ (59, 0.3%)

6 小文治 2 勘次も, 長次郎には

1 [49件] あばよ, お三輪, お八重, お前には, お前は, きしゃごが, その下, ないかと, サブ郎など, サブ郎の, サブ郎を, ヒトミの, 一番安い, 与平たちは, 五郎八の, 仁三にも, 他の, 前進座の, 原士たちの, 右近と, 呂宋兵衛が, 商いを, 外伝が, 大久保長安なども, 女形の, 妹達は, 官兵衛は, 家へ, 小土佐, 小文治たち, 小野次郎左衛門などという, 巽小, 彼の, 御巡見樣, 手前の, 掛り人の, 新吉や, 木村音吉の, 栄三郎が, 浪人の, 福地キシャゴが, 私の, 私は, 種々話も, 竹童などが, 藤の, 蜂須賀彦右衛門に, 雲霧は, 鴈次郎が

▼ 助~ (57, 0.3%)

11 つた 3 つたさ, つた助か, りつこは, ッた 2 つたに, つたのも, 伊保木金太郎さんを

1 [28件] あ, え, この臆病奴, ぜひ一日, そんな名前, つたありがたう, つたこれで, つたそれでは, つたのでした, つたはと, つたも, つた感謝感謝, つた炭代として, どうして此処, どうだ, どうであった, ふるえ上がったの, ッ, ッてる, ツた, 一片の, 修作か, 判りません, 寢臺を, 小歌か, 惣内の, 杉太郎か, 近ごろどう

▼ 助といふ~ (57, 0.3%)

8 のは 4 のが 3 中年男, 文字を 2 剛夫を, 好い男, 男が, 男は

1 [31件] つまらない名前, のだ, もの, ものだ, わけが, 下男は, 二十七八の, 人の, 人は, 人を, 作者ありき, 十三に, 名とは, 味方も, 四十男それに, 大きな息子, 子が, 家來を, 小僧である, 用人が, 男で, 百姓に, 署名である, 老僕が, 者あり, 若い威勢, 若い男, 言葉も, 野幇間の, 鑄掛の, 間諜を

▼ 助ちゃん~ (52, 0.3%)

4 のこと 2 は私

1 [46件] か, がいった, がきた, が夢中, が涙ぐん, が溝, が父, が祖父, が稽古, たら泣いて, であった, にお礼, にそう, についてはこんな, になにか, によく, に対してはこないだ溝, に頼ん, の, のため, のどこ, の云う, の悪口, の消息, の爺, の着物, の足, は, はあわて, はいちばん新参, はお, はおじさん, はそれ, はなぜあんなに, はなに, はひどく, は三日, は憤然, は昨日, は浅草公園, は父, は自分, は黙っ, も祖父, をもてなす, を侮る

▼ 助~ (51, 0.3%)

9 あつた 3 ござります 2 あつて, がんす, 女は, 彼は

1 [31件] あつたの, あらう, おすすると, げすか, これは, ござえますよ, せよと, その下, その当時, どっちが, なくして, はござりませぬか, もうこの, もう一人, 一栄は, 一番どんじりに, 二千円ほど, 仇に, 向うに, 呷ったの, 城下に, 壁辰の, 夜明かしで, 実の, 店に, 後ろなる, 紋兵衛の, 若党の, 見ると, 饅頭の, 黙々として

▼ 助~ (50, 0.3%)

3 の無線七宝 2 の生活, は政府部内

1 [43件] から幾日何時, がこっち, が史観, が毒死, が私, が競馬場, では, で右, と勝治, と同じ, と結婚, と蓮台寺温泉, などで去年, にこの, になっ, にはその, に向っ, に媒酌, に導かれ, の, の何, の先代, の口きき, の夫人濤子, の山麓, の息, の無辜, の画, の立場, の長男, の陳述, の顔, は三田文学, は人格者, は学校, は小柄, は拙者, は正覚坊, は荒い, は頼, を先陣, を相当, 語る

▼ 助~ (48, 0.3%)

4 がお 2 ぞ, と庄兵衞, な, よ

1 [36件] からで, からです, からスエコ, から上げましょう, から両人, から今, から磔刑, から驚きまし, か知りません, がこの, がまさか, ここを, これで, ぞッ, つたかも, つたのだ, つたのです, つてそんな, つてやらう, ということ, とは思わない, とわかった, と申す, なこの, なんで名, のと, のの, よう, よ早く, わ, ネ, ベソ三だ, 君の, 相川の, 貴様と, 貴様にでも

▼ 助とは~ (48, 0.3%)

2 文庫が, 益親しく

1 [44件] あまりに相違, いいあわせたよう, いかな人物, かくいう, そこで初めて, それが, どんな人, なんだ, にぎやかな, ブラブラと, メリケンの, 一室で, 一度も, 一旦主従, 事変わり, 伏見屋より, 似ても, 元來懇意, 全く別, 向うから, 四国屋の, 実に旦那, 幼な, 從弟續き, 投げ飛ばした, 新米な, 格別懇ろ, 格段にかけ, 段違いだ, 江戸時代からの, 火縄の, 立ち合ったが, 舞台の, 芝居に, 蛭川真弓と, 見えなかった, 連れ立って, 道を, 違うかも, 違うから, 郷を, 長浜の, 陰謀の, 駕を

▼ 助~ (46, 0.2%)

2 であった, の作文, は生憎

1 [40件] からよく, から十数年前, がいった, がそう, がまた, が一度, が打ちこわす, が異議, が肩, であると, というの, との実に, なかなかよく知っ, には京都在, には彼方, にも解決, にやい, にヒトミさん, に交渉, に会っ, に勧められ, の, のいう, の作, の姉さん, の宿所, の幼年時代, の絃, は, はその, はそれ, は不在, は今, は力強く, は反対論, は念, は法科大学生, もいっしょ, をなぜ, 同県史蹟調査委員

▼ 助にも~ (45, 0.2%)

2 すすめ自分, それが, 京都は, 何の, 分らない, 列席しろ, 御米, 違算が

1 [29件] いよいよと, おとずれて, お互いが, かけて, こんな考, すぐに, その実, どうも覚え, 其實甚だ, 其次第を, 分った, 分らなかった, 分らなかつた, 妻が, 宜う, 挨拶しとやかに, 斯んな, 木隠, 犬死は, 着物を, 罪が, 聞かせました, 股を, 茶を, 見せた, 許した女, 防ぎよう, 青山新七にも, 黙って

▼ 助殿~ (41, 0.2%)

2 の男, を見

1 [37件] か立派, が何, が帰られた, が来る, が目出度く, と共に幸福, と相談, どうか幾, にご, には至急, に四, に尾頭付き, に愛想, に手込, に相違, のお, のご, の舅, の親類周藏嘉平次, は, はいや, はかしこ, はどうも, は器量, は宜しい, は旅, は酒, をお, をお供, を手前, を殺したる, を殺害, を申, を聟, を見習え, 少し話したい, 誠に宜く

▼ 助~ (30, 0.2%)

1 [30件] かと未練, かもしれません, かも知れあんせん, けれども, けれど只, ことに, ことの, つもりか, つもりであろう, のです, は稀也, ものとは, や必然, 事あれ, 事の, 事も, 人なく, 人は, 儀も, 共嘉川, 味方も, 妙品なり, 手は, 方が, 方法は, 神ありで, 神の, 者一人だに, 者多し, 見込は

▼ 助では~ (26, 0.1%)

6 ないか 4 なくて 2 ありません, なかった

1 [12件] ありませんか, あるまいか, あるまいし, ございませぬか, ございませんが, ない, ないかナ, ないので, なかつたの, なく正しく, よもあるまい, 無いか

▼ 助った~ (23, 0.1%)

2 のである, んだ

1 [19件] ことが, つもりの, ということ, ところで, とする, と云う, のであった, のでした, のです, のに, ものなり, ようです, ような, わ私, んじゃあ, んです, ナア, 気が, 気持し

▼ 助って~ (22, 0.1%)

1 [22件] いたこと, いたの, いないもの, いるから, くれまいか, この蚊帳, たいへん幸, ちゃんと生き, どこかへ, のが, もらえて, もらえよ, やったり, 下さい, 奴あれは, 奴はね, 居ります, 居るよう, 私は, 者も, 胸を, 自分の

▼ 助とが~ (21, 0.1%)

1 [21件] うんき, どれほど違う, ぽつりぽつりと, 万字楼の, 何尺かの, 切り合いよかろ, 各自一枚ずつ, 寝みお勝手, 庭の, 庭へ, 散々観客を, 格闘し, 正義の, 片輪, 町娘の, 発見された, 白昼炉を, 相対し, 襖越しに, 話して, 遊女の

▼ 助さま~ (20, 0.1%)

2 はあの

1 [18件] が, がお, がきょう, が仰っし, ごくろう, といい, とおっしゃいました, にご, にはき, にはずいぶん, に愛想, に至急, のお, のところ, の声, はきっと, へ, を世子

▼ 助にとっては~ (20, 0.1%)

2 それは

1 [18件] あたりまえの, これまでは, すこぶる不愉快, その一滴, どうしても偶然, 久しいもの, 二人の, 云いよう, 人間を, 叔父であった, 大した障り, 無念千万の, 理解が, 異常なる, 痛し痒しと, 苦に, 見ては, 驚異であった

▼ 助かつて~ (19, 0.1%)

3 居たと

1 [16件] ゐた, ゐただらう, ゐたと, ゐたとは, ゐたの, ゐなかつた, ゐる, ゐる人, ゐる生徒, 命拾いする, 居ました, 弟綾之助の, 本堂の, 歸つたに, 見れば, 阿容

▼ 助より~ (19, 0.1%)

2 先へ, 後れて

1 [15件] お聞え上げ賜わるべし, さし手が, ずっとよろしい, 一つ年上の, 他に, 先き, 堅城トロイア亡さむ, 外には, 密, 度々申立, 申しましたと, 申上し通り金子は, 配分の, 金子を, 錢一貫文遣

▼ 助などは~ (17, 0.1%)

2 七年も, 口を

1 [13件] いつか一度は, それを, つぶれて, ひどく吐いた, もう一家, 三代前から, 二つの, 古参の, 小太郎山の, 年に, 旧塾, 芸は, 言葉つきまで

▼ 助~ (17, 0.1%)

1 [17件] に勤, に於, は益々, へぞ送りける, へ住込, へ参り, へ手紙, へ申入ら, へ私, へ立寄ん, へ縁付, へ踏込來, へ遣せし, へ隨身, へ預けられました, よりは昨日, を尋ね

▼ 助どの~ (16, 0.1%)

2 では

1 [14件] がいとしゅう, がお, がきらい, が亡者, で在した, とは云わせず, とやらまことに, と引き換え, と申し, に万一, に代理, の何事, は弓組, 熊谷大膳どの

▼ 助~ (16, 0.1%)

1 [16件] がドア, が酔っぱらっ, だった, という立場, のしどろもどろ, の白い, の顔, は, はずっと, はどう, はやっと, は上の空, は伸子, は何だか, は率直, もむこう

▼ 助~ (15, 0.1%)

2 めえ

1 [13件] 人よし, 勝手で, 役目が, 楽お, 浜の, 相手つかまつる, 秀父娘の, 米を, 給金が, 絹の, 藤与吉ほか二三の, 見知り置かれくだされます, 詫を

▼ 助なる~ (15, 0.1%)

2 ものの, ものを

1 [11件] この若者, ものには, ものは, ものも, 三人の, 人間が, 人間の, 愚忠人で, 者が, 者に, 者の

▼ 助である~ (13, 0.1%)

1 [13件] かどう, かも知れない, から, からいつぞや, が親分たち, ことに, ことや, ことを, しべつに, とすれ, と感謝, な, 自分が

▼ 助~ (13, 0.1%)

1 [13件] かたは一とおりでありません, しと云, たりと心, ましてございます, 何百人の, 候由に, 夫より, 然のみならず, 玉ふべき, 申候一つの, 申候十八歳に, 申候此者の, 給ひしと

▼ 助とか~ (12, 0.1%)

1 [12件] なんとかいう, 上の, 云う人, 云う男, 云う若党, 何とか云っ, 名のりました, 孝助とか, 申したの, 言ったな, 言ひけり, 談判を

▼ 助としては~ (12, 0.1%)

1 [12件] じゃ仮に, むかついたわけ, 云い出さないでは, 会津へ, 何か, 始めてであった, 御殿新築の, 憐愍に, 正師を, 莫大な, 誰にも, 軽侮に

▼ 助~ (12, 0.1%)

4 んだ 2 あこと, ので, のである 1 だれる信徒, のだ

▼ 助ばかり~ (12, 0.1%)

3 では 2 だから 1 でなくこれ, でなく変, なん, 怖がつたが, 残る事, 表面よりは, 贔屓いして

▼ 助だけ~ (11, 0.1%)

3 では 1 これは, であった, であと, である, で伜夫婦, で倅夫婦, で夜中, なので

▼ 助だの~ (11, 0.1%)

2 どやどややってきました, サブ郎など 1 だいぶ知っ, みんなに, サブ郎は, 吉野作造だの, 当時浅草座出勤少年俳優の, 念流の, 浜路の

▼ 助です~ (11, 0.1%)

41 かありゃ, からあの, がきょう, がね今, なあ, よ早く, 本署へ

▼ 助との~ (11, 0.1%)

2 間に 1 だんまりの, 事件が, 二人か, 交渉を, 囃す声, 報告であった, 道行きの, 邂逅, 間が

▼ 助~ (11, 0.1%)

1 [11件] いいあわせたよう, があるいは, と共にその間, ないと, ないの, ないもの, ねえな, ねば, の姿, の数日来, の詐謀

▼ 助それ~ (10, 0.1%)

1 に北町奉行所, に浪人, に神田, はお, はわかっ, もわかっ, を受取り, を種, を見て取る, 近々に

▼ 助とも~ (10, 0.1%)

4 平岡とも 1 だんだん口数, なること, 同道で, 定め難き, 称った, 言は

▼ 助~ (10, 0.1%)

1 が代っ, が心得顔, と石田佐吉, など, などいずれ, などかれ, などと何やら, などに護らせた, は石川, やその他

▼ 助~ (10, 0.1%)

1 が専ら, が巧み, が認める, である, と正造, なり大岡殿大音, の青年時代, も別, を見, を認める

▼ 助と共に~ (9, 0.0%)

1 七里の, 厚く礼, 幡随院の, 暫らくこの, 案内知った, 署名捺印し, 葛飾の, 阿波へ, 高橋伊勢守に

▼ 助なら~ (9, 0.0%)

2 目を 1 あとの, こうして自分達, ば先, 何と, 懇ろに, 立板に, 綾之助が

▼ 助じゃ~ (8, 0.0%)

1 ありませんか, お話ししなかった, ないか, ないの, ない三之助, ない佐太郎, ねえか, ねえが

▼ 助その~ (8, 0.0%)

2 辺が 1 ほか二人の, 天水桶の, 女も, 嫁ミキその, 弟子井上頼圀それから, 煙を

▼ 助だけは~ (8, 0.0%)

2 まだ平蜘蛛 1 うすい蒲団, まだ残っ, 二階へ, 素知らぬ顔, 自分に, 見損

▼ 助でも~ (8, 0.0%)

1 あるまいし, これは, なんでも, 丸山勇仙でも, 二枚あり, 先に, 呼んで, 致しそう

▼ 助など~ (8, 0.0%)

1 あらば, かねがね私, つれて, みなその, 奪ひあ, 屈強な, 枕を, 約百二十余名

▼ 助はん~ (8, 0.0%)

1 が出, にお, に御, に頼ん, のおかみはん, の幟, の絃ぢ, を頼ん

▼ 助よりも~ (8, 0.0%)

1 その配偶, 兇暴である, 昌造の, 気分は, 氣分は, 璃, 申上し通り同人の, 當てに

▼ 助~ (8, 0.0%)

2 丞と 1 丞が, 丞すなわち, 丞へ, 丞其子当, 丞粕谷十郎倉富, 墓

▼ 助からも~ (7, 0.0%)

2 遠いこの 1 これ以上は, なんらの, 恥を, 指の, 聞かされて

▼ 助~ (7, 0.0%)

3 てくれる 2 のみなり 1 てもよう, て屏風

▼ 助だけが~ (7, 0.0%)

2 のこる 1 二階の, 厳重に, 右へ, 時々そっと戸, 眠れないもの

▼ 助ちょっと~ (7, 0.0%)

2 参れ 1 ふりかえったが, 待て, 待て少し, 来い, 此処へ

▼ 助とて~ (7, 0.0%)

2 八歳に, 山村の 1 こぞの, 怪神の, 武勇人に

▼ 助~ (7, 0.0%)

1 がっかりし, がどこ, が出懸ける, が胡麻, だぜ, でございます, は助

▼ 助らしい~ (7, 0.0%)

1 一行が, 名だ, 年配の, 我慢な, 死骸を, 目端を, 觀察しか

▼ 助~ (7, 0.0%)

1 と楠木弥四郎, に害, のことば, の早打ち, はうけ, は住吉, も紀州田辺

▼ 助これ~ (6, 0.0%)

2 は敷居際 1 はちょい, はちよい, はどうも, もなつかし

▼ 助たち~ (6, 0.0%)

1 が喰, であった, のすそ, の方, の歩行, を見る

▼ 助であった~ (6, 0.0%)

1 から仕合せ, が字, が愛すれ, ことも, ことを, ということ

▼ 助として~ (6, 0.0%)

1 あるから, 入塾した, 技の, 甲州の, 繩屋どころの, 自分を

▼ 助にとって~ (6, 0.0%)

1 その蹂躙, はなはだ哀れ, 厭わしい醜悪, 忍びがたい, 思い設けぬ暗示, 生命を

▼ 助家照~ (6, 0.0%)

1 がその, がつと, ぐらいな, の名, はふと, ほど日頃

▼ 助さえ~ (5, 0.0%)

1 この声, 一度は, 助かれば, 度胆を, 討ち取ること

▼ 助~ (5, 0.0%)

1 のも, 下さいよ, 呉れ, 貰ったら小, 貰つたら

▼ 助であっ~ (5, 0.0%)

1 てその, てそれ, ては堪らない, てまだ, て自分

▼ 助でない~ (5, 0.0%)

2 かも知れない 1 という消極的, と言, と誰

▼ 助とを~ (5, 0.0%)

1 取組ましたら絶好, 呪いつづけた, 呼び立てた, 疑うと, 驚かせたの

▼ 助などが~ (5, 0.0%)

1 いたが, ぽつりぽつりと, 多く加役の, 旗を, 策動した

▼ 助などと~ (5, 0.0%)

1 一緒に, 同じく一時, 威張りや, 書いた両側, 酒宴を

▼ 助などの~ (5, 0.0%)

1 名前は, 率いて, 腕ききが, 部将たちが, 面々である

▼ 助なども~ (5, 0.0%)

1 ひとしく口, 一目も, 來た, 加入した, 暇を

▼ 助について~ (5, 0.0%)

1 国典を, 寺町の, 書いたこと, 直ちに引っ返す, 語るとき

▼ 助に対して~ (5, 0.0%)

1 一度も, 何となく済まない, 好意も, 小面憎い感, 彼は

▼ 助への~ (5, 0.0%)

2 嫉妬を 1 同情が, 手紙を, 烈しい愛情

▼ 助また~ (5, 0.0%)

1 いけねえ, ここでも, 余り作りは, 依頼だ, 東に

▼ 助まで~ (5, 0.0%)

1 する上, 一緒に, 四人も, 苦しめて, 説いて

▼ 助よりは~ (5, 0.0%)

2 丈も 1 お浜, またふた, 器用で

▼ 助ります~ (5, 0.0%)

2 途中で 1 かい, が, よ

▼ 助~ (5, 0.0%)

1 とこの, とする, と二十兩, と云心底, なすれば

▼ 助~ (5, 0.0%)

1 うも気, かうまい, かを取り揃え, か一言二言小声, が可笑しく

▼ 助~ (5, 0.0%)

1 から来, に克復, に千中, に夢想権, 多見

▼ 助~ (5, 0.0%)

1 がこれ, がつけ, たる駱駝帽, の脇, れば

▼ 助お前~ (4, 0.0%)

1 だって声め, は何, は兵学, は殿様

▼ 助この~ (4, 0.0%)

1 人は, 四人, 提灯を, 者鮭登典膳与力にて

▼ 助だけを~ (4, 0.0%)

2 死なせる手筈 1 御当寺, 意識し

▼ 助であろう~ (4, 0.0%)

1 あの人, がの, とは, とは夢にも

▼ 助でございます~ (4, 0.0%)

1 か時雨空, が, が宜しく, が山

▼ 助どん~ (4, 0.0%)

1 か来たら, が己ア家, が帰っ, が男泣

▼ 助にて~ (4, 0.0%)

2 日々の 1 よそながら窺う, 有れば

▼ 助~ (4, 0.0%)

3 ょろ松の 1 ょろ松清五郎

▼ 助ほど~ (4, 0.0%)

1 では, な勇士, よく忍び, 御主人

▼ 助まだ~ (4, 0.0%)

2 逃げるには 1 四十臺です, 解らぬかな

▼ 助りました~ (4, 0.0%)

1 が, が荒潮, 外には, 然し飛んだ

▼ 助るまい~ (4, 0.0%)

1 がけっして, と思われた, と想, 助るまい

▼ 助をば~ (4, 0.0%)

1 下界へ, 仰ぐべからずとのことなりき, 更らなり, 親身の

▼ 助を以て~ (4, 0.0%)

2 無論自己 1 ある程度の, 夫君の

▼ 助~ (4, 0.0%)

2 見る姿 1 なんといやった, のにコリ

▼ 助少し~ (4, 0.0%)

1 困りて, 居ざんまい, 退屈を, 間が

▼ 助~ (4, 0.0%)

4 小文治

▼ 助~ (4, 0.0%)

2 主人は 1 主人が, 目通りを

▼ 助あれ~ (3, 0.0%)

1 は好い, は良い, ほどの一種

▼ 助おまえ~ (3, 0.0%)

1 から一ツお願い, は一生涯, もなみ

▼ 助こう~ (3, 0.0%)

1 いって, なっては, 云われては

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 あらぬ顔, それで三つ, へ一度

▼ 助さん今日~ (3, 0.0%)

1 のあぶれ, は, は余程

▼ 助する~ (3, 0.0%)

1 ことも, 所ありし, 訳にも

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 おれだ, 父じゃ, 間道へ

▼ 助でさえ~ (3, 0.0%)

1 不平な, 何か, 自分が

▼ 助といった~ (3, 0.0%)

1 のだ, ものでした, 名題俳優が

▼ 助とかいう~ (3, 0.0%)

1 せがれが, 仲間が, 男は

▼ 助とともに~ (3, 0.0%)

1 剣列の, 空井戸の, 衣類を

▼ 助とやらは~ (3, 0.0%)

1 必定人違ひならん疑, 日頃この, 稀代の

▼ 助どう~ (3, 0.0%)

1 したか, したん, 致した額

▼ 助なすっ~ (3, 0.0%)

3

▼ 助に対する~ (3, 0.0%)

1 ものだ, 嫌がらせで, 非難が

▼ 助のみ~ (3, 0.0%)

1 だった, みもと, 終日の

▼ 助はは~ (3, 0.0%)

1 あと答え, あと答へて, だかつた胸

▼ 助やら~ (3, 0.0%)

2 お辰 1 女房などと

▼ 助よく~ (3, 0.0%)

1 帰った, 戦った後, 聞け匹夫下郎

▼ 助りたる~ (3, 0.0%)

2 のみ家財 1 のち病を

▼ 助をも~ (3, 0.0%)

1 与えずに, 困らしたほど, 疑って

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 爲ス者ニ非, 生ンデカラ後次第ニ愛情ガ冷メタノカ知ラン, 生ンデカラ特ニ際立ッテソウナッタ

▼ 助並びに~ (3, 0.0%)

2 妹お 1 丸山勇仙の

▼ 助~ (3, 0.0%)

21 どうする

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 は兼, は確乎, 何故かは

▼ 助今日~ (3, 0.0%)

1 といふ今日, は十両, は鰻

▼ 助及び~ (3, 0.0%)

2 子分三人 1 主人の

▼ 助同じく~ (3, 0.0%)

1 梅屋五助なぞは, 梅屋五助旧, 米人宣教師が

▼ 助同役~ (3, 0.0%)

2 の新七 1 与次

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 が鍵, はどこ, へ先

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 に弟子, 七たちの, 五兵衞良石和尚の

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 が胸, はまだ, ほどの學識

▼ 助漸く~ (3, 0.0%)

1 水が, 起上が, 起上がらうと

▼ 助~ (3, 0.0%)

1 があつまる, が持っ, は同じ

▼ 助あと~ (2, 0.0%)

1 で三人, は下男

▼ 助あの~ (2, 0.0%)

1 りすの, 連中は

▼ 助いずれ~ (2, 0.0%)

1 にか逃げ亡, も素早い

▼ 助いふ~ (2, 0.0%)

2 やう我は

▼ 助かれる~ (2, 0.0%)

1 もんなら, 子供を

▼ 助がと~ (2, 0.0%)

1 くいに, 云ふ

▼ 助こそ~ (2, 0.0%)

1 嫌って, 松本奎堂あたりに

▼ 助さんあなた~ (2, 0.0%)

1 はあの, まで冷やかし

▼ 助さん今朝~ (2, 0.0%)

1 の話ア眞實, の話ア真実

▼ 助さん何~ (2, 0.0%)

1 う為たん, を言う

▼ 助さん君~ (2, 0.0%)

1 は平田門人, もその

▼ 助さん明後日~ (2, 0.0%)

2 立つで

▼ 助さん確か~ (2, 0.0%)

2 りして

▼ 助さん私~ (2, 0.0%)

1 は元, は敵討

▼ 助しならん~ (2, 0.0%)

2 と聞く

▼ 助しばし~ (2, 0.0%)

2 とてみち

▼ 助せられ~ (2, 0.0%)

2 雄花の

▼ 助そち~ (2, 0.0%)

1 にも何, のいった

▼ 助たる~ (2, 0.0%)

1 のだ, 計の

▼ 助だち~ (2, 0.0%)

1 を乞う, を求めました

▼ 助だった~ (2, 0.0%)

1 のさ, のです

▼ 助だって~ (2, 0.0%)

1 そんな無法, 生きて

▼ 助であり~ (2, 0.0%)

1 周旋する, 竜之

▼ 助でありました~ (2, 0.0%)

1 からハッ, けれど聞いた

▼ 助でござる~ (2, 0.0%)

2

▼ 助でなく~ (2, 0.0%)

1 てもゾッと, て喜介

▼ 助でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば納まり

▼ 助とに~ (2, 0.0%)

1 おのが, 袂を

▼ 助とばかり~ (2, 0.0%)

2 思いこんで

▼ 助なりと~ (2, 0.0%)

1 心得しに, 見留嚴

▼ 助のみが~ (2, 0.0%)

1 それを, 一人で

▼ 助はな~ (2, 0.0%)

1 さんざん江戸, 魚が

▼ 助はにが~ (2, 0.0%)

1 笑いし, 笑いした

▼ 助はをと~ (2, 0.0%)

2 なしくほろりほろり

▼ 助ばかりは~ (2, 0.0%)

1 どうしてもそんな, 依然若々しい

▼ 助へは~ (2, 0.0%)

1 声を, 断っても

▼ 助までが~ (2, 0.0%)

1 同行の, 横を

▼ 助までも~ (2, 0.0%)

1 大事に, 泣き顏

▼ 助みたい~ (2, 0.0%)

1 じゃない, に呻きやがっ

▼ 助りたい~ (2, 0.0%)

1 と思いました, と思ひました

▼ 助りっこない~ (2, 0.0%)

1 ぜ, と見定める

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 ば助けら, ば得三

▼ 助一寸~ (2, 0.0%)

2 来いと

▼ 助下女~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 助今宵~ (2, 0.0%)

2 を期限

▼ 助以下~ (2, 0.0%)

1 よく防ぎ戦った, を萩城

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 だった, には神様

▼ 助其の~ (2, 0.0%)

2 方は

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 小泉淵次郎の, 隼人

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 は万年, は允成字

▼ 助四十前後~ (2, 0.0%)

2 の中年者

▼ 助大いに~ (2, 0.0%)

1 怒って, 怖れ

▼ 助~ (2, 0.0%)

2 はお

▼ 助~ (2, 0.0%)

2 取の

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 に押し出した, の頂上

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 が善, が困る

▼ 助引外~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 助悦之進~ (2, 0.0%)

1 のふたり, へもいう

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 れは, れを

▼ 助文箱~ (2, 0.0%)

2 を探し

▼ 助早く~ (2, 0.0%)

1 も形勢, 起きて

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 に二十歳, を移さず

▼ 助杉太郎~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, の二人

▼ 助杉村~ (2, 0.0%)

1 あ, の三人

▼ 助桂太郎~ (2, 0.0%)

2 の三氏

▼ 助森啓之助~ (2, 0.0%)

1 あの連中, を先

▼ 助様あなた~ (2, 0.0%)

1 はあの, は斬死

▼ 助様私~ (2, 0.0%)

1 にもこんな, は口紅

▼ 助池田伊豫守~ (2, 0.0%)

1 の三人, を大将

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 まで言, まで言う

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 し儀, し年

▼ 助納まらない~ (2, 0.0%)

2 のも

▼ 助~ (2, 0.0%)

2 を手

▼ 助~ (2, 0.0%)

1 にかけてもつれ, をまくり上げ

▼ 助蒼く~ (2, 0.0%)

2 なりて

▼ 助行っ~ (2, 0.0%)

1 てやれ, て鎧

▼ 助誠に~ (2, 0.0%)

1 忝け, 相済まん

▼ 助雲霧~ (2, 0.0%)

2 の仁三

▼ 助魚心堂~ (2, 0.0%)

2 お絃

▼ 助~ (2, 0.0%)

2 かけ卜斎

▼1* [685件]

あてに提出, 助あらためて御助力, 助あらん限りの, 助あり今夜の, 助ありがとうよ, 助あわただしいそちゃ, 助あゝ仰しゃるものだから一寸お嬢様, 助いい気もちに, 助いかに店を, 助いつのまにか三人の, 助いまいましそうに, 助いよいよ変な, 助いるかい, 助うなずきを与えた, 助林助か, 助おそろしいいびきを, 助おなじ組下の, 助おまへの頭, 助おまえ腹を切る, 助お前お宝持ってるかい, 助かげに廻り, 助かつた事, 助かつて辛くも遁れ去, 助からはここ二月余りも, 助がとも思った, 助がのつしのつしと, 助がも一つの, 助がをかしき詞, 助きしゃごそのほか, 助ぼの, 助くやしき声を, 助くり丸といっ, 助ぐらいでおたまりこぼしが, 助ぐらいな善く出来た, 助ここへお出で, 助こと永田純助という敬二, 助これらの人たち, 助さざ波金碇くれないの, 助さだめて今日も, 助され銀行に, 助さんあなた雪が降る, 助さんお前の許, 助さんお前さんにも永, 助さんお前さん方も月岡, 助さんお母さまのお, 助さんくらゐの, 助さんそそりゃほんとう, 助さんとこへ飛脚, 助さんわたくしは亡くなった, 助さんわたしもそこ, 助さんチト妙な節, 助さん三之助さんと言っ, 助さん不思議なこと, 助さん世の中にはいろいろ, 助さん今たしかに駕籠屋さん, 助さん何うしたい, 助さん先へはいります, 助さん君イね何, 助さん大丈夫ですか, 助さん妻恋坂下の切腹三法, 助さん後のところ, 助さん方へも声, 助さん此の水, 助さん毎度のこと, 助さん濟みませんが, 助さん父娘もよく, 助さん眞に伴, 助さん芝居の方, 助さん親方はここ, 助さん貴方もう何歳, 助さん間違いだろうね, 助さん風邪ひくよ, 助したのか, 助しっかり致せ, 助すなわち例の, 助すべての者, 助すまぬがしばらく, 助すらもてあました相手, 助するとおまえは, 助せざるを得, 助そうほうおもむろに, 助そこへ来, 助そして女ながらも, 助そちらへ曲がる, 助そっと猿轡へ, 助そのまま前庭を, 助その他一族とともに広間, 助その他一時は下, 助そりゃあお前のこと, 助それだけの理由, 助それで甲源一刀流の, 助それでもこのお, 助たけは奴婢, 助たち長崎通詞は十日間くら, 助たった十三に, 助たつた十三に, 助たとえ血も, 助だけにみても, 助だろう万之助も, 助ッとも, 助ちゃん悲観しちゃ, 助ちよつと, 助ちよいと顔, 助ったでしょうあれは, 助ったろうかそれとも, 助っていう早変わりの, 助っても通じますね, 助つづみの与吉などの顔, 助つづみの与吉その他十四五人の声々, 助てえのは, 助てめえちみて, 助であったならばこれ, 助でござろうよ, 助でさえが考え付かないほど, 助でしたがまさか, 助でなかった事を, 助でなかつた事を, 助とかいふ娘義太夫が, 助とかに逢つて見たい, 助としても事実において, 助とで亀蔵を, 助とではきっと話, 助とでも改名すべきだ, 助とにかけてすぐに, 助とやらァ, 助とやらが確かに, 助とやらに會ひ, 助どうしてこんなお, 助どうせ養子を, 助どうやら常には腰, 助どこにいます, 助どちらも根, 助どのたちと一しょ, 助どんお願いだから, 助どんな事で, 助どん何うしな, 助どん余計なこと, 助どん外の訳, 助どん往っておくれよ, 助どん此処へ出, 助どん金ずくで自由, 助なかじま九郎次郎, 助なかなかのこしゃく, 助なされたので神様, 助などて見遁, 助などに追われ逃げ廻る弱者, 助などには目も, 助などにも御見せ奉, 助などよりもずっと美男, 助なにかよほど手柄を, 助ならでは出, 助なりしと, 助なれば源次郎, 助なんか愚な, 助なんかに探させなくつて, 助なんかのいうこと, 助なんかを殺すもん, 助なんぞでも, 助なんぞはおめ, 助なんぞもはじめこの, 助なんて奴までがさ, 助における彼の, 助にさえ知らせなかった, 助にだけでもお目にかかりに, 助にだって多少の, 助についても考えなければ, 助にては非ざり, 助にでも入れあげてるんかしら, 助にと語り移すの, 助にとっても武蔵様は, 助になつて崖の, 助にまでとにかく名前, 助にゃあなたの, 助によつて動揺させられる, 助によっていろいろの, 助により心に, 助にわかに起こされて, 助に対し少しの, 助に対しては少しも, 助に対しても繰返すの, 助し坐, 助のさう言ふ, 助はぐッと, 助はたして一座に, 助はとくいに, 助はもいちど振り被り, 助はよう晩飯を, 助ばかりが残った, 助ばかりじゃあねえわっしも, 助ひとりでしゃべりまくしながら, 助ひどく機嫌が, 助ふらふらとして足許, 助ぶりはジン, 助べつだん疲れたようす, 助ほか八九人の侍, 助ほどの僻けた男も, 助ぽんと舟, 助此の, 助まさかいたずらごとを, 助みんな五十に近い, 助め素的な物, 助もと胸を, 助もはははという例の, 助もや助, 助やっと縁口へ, 助やっぱりお供, 助やははは又市, 助ゆえ無慚, 助よう来て, 助よやもの, 助よりの預け金確に, 助よりもからだが, 助ら上京し明治座, 助ら司馬道場のやつら, 助ら花形はみな興行, 助りたさにとも, 助りたく思ふかと問, 助りっこは, 助りませんのです, 助り遊ばすのに, 助るならんと, 助あい, 助わざと恐れ入ったよう, 助わしをどこ, 助をなせるなるべし, 助オヤと言っ, 助オ啓之助どうした, 助ガタガタ躯を顫わせ, 助ガッチリ受けて, 助クタクタになっ, 助クン意外な対面, 助サア迚も逃げられねえ, 助ソそちの出幕, 助ソレお浦, 助ツーウと半町, 助トボトボとして大和国八木, 助トントンと二足前, 助奴イツマデコヽニイヤガルンダサッサト二階ヘ, 助バラバラとそれ, 助バリバリと歯, 助パッと跳ね起き, 助と一室, 助ヘタをやる, 助ベッタリとまつ川, 助ペッペッと生唾, 助ホクホクうなづきて, 助の遣い手各務房之丞, 助一人をたより, 助一号は木王園, 助一同の首, 助一旦主従の, 助一足後へ引き退がる, 助七郎というやはり, 助七郎どのにいらっしゃる, 助万年であらう, 助三位卿の前, 助三十前後のこれ, 助三十四五のちょい, 助三次軍兵衛上原十馬の三人, 助三角洲を右, 助上原十馬三次軍兵衛の三人, 助下司らしく頭, 助不意の質問, 助不承不承に手, 助不精をいわず, 助与吉らほか十四人が雨戸, 助並んで出, 助中幕の, 助中軸の市川姉蔵, 助丸山作楽矢野玄道それから半蔵, 助主人の前, 助主人松蔭大藏方へ忍び込ん, 助久しぶりで壺中, 助久之助丹蔵の三人, 助事千住にて召捕し, 助事我が身に度々, 助事死罪にても仰, 助事死罪御免仰付, 助事江戸表より持歸, 助事白状致し罪, 助も金助, 助二代瑞仙の兄信一, 助二刀に一人, 助二男金三郎格之助, 助云わねえか, 助京都へ追跡, 助人畜生とこれ, 助人間の意志, 助今いつになく, 助今年十二の弱年, 助今戸の宅, 助代刀をつかまつります, 助令夫人おみ, 助以下三人早々當表え差越候樣, 助伊勢屋玉吉などは本当に, 助伊牟田尚平らをし, 助伊藤五左衛門玉虫七郎右衛門などの組頭たち, 助伝役桑原萩之進, 助伝経廬の別号, 助伝蔵市五郎という奴, 助低めた剣を, 助佐々木三郎左衛門塩谷高清の三人, 助佐野七五三之助, 助を横, 助何十年と三味線, 助何十年三味線を弾い, 助何心なく受取っ, 助かの腹痛, 助俺ア寄るぜ, 助停車場で手真似, 助側ニ在ル, 助側役では宮内類, 助僅かの間, 助儀助っおれ, 助に対してもわざわざ, 助兄姉は昨日, 助兎角を討ちとる, 助八百石これは因幡, 助八重のし, 助六郎信世と云っ, 助六郎殿ならば, 助六部姿の龍太郎, 助共に信州松代の, 助兵衞が連れ, 助兵馬お松お君, 助内心うす気味, 助内藤駿河守の家臣, 助出されたものの, 助出せッと, 助出入口から窺, 助を取っ, 助別に気にも, 助前途を見渡す, 助助け船だアーッ, 助助つて云, 助勘八の二人, 助勘助の手合い, 助勘助なんど勿体なくも, 助勘平桂川ではお, 助勘弥それに左升, 助は權三, 助原子爆弾の五六ちゃん, 助叔父宮脇志摩を除く, 助取られたりあな, 助受けとって提灯, 助を押さえ, 助口ぎたなく呶喝し, 助曾部家の, 助只今はじめてうけたまわった, 助各務房之丞山東平七郎とても同じ, 助各務房之丞山東平七郎轟玄八の四名, 助各務房之丞山東平七郎轟玄八岡崎兵衛藤堂粂三郎ら乾雲の一団, 助各務房之丞山東平七郎轟玄八岡崎兵衛藤堂粂三郎山内外記夏目久馬等全十七人, 助吉公に打ちあけ, 助吉右衛門銀蔵ほか二十余人の少年俳優, 助向けの靴, 助君いたずらをし, 助君失敬したねえ, 助君生命のこと, 助君近所の菓子屋恵美須屋さん, 助呂宋兵衛の残党, 助咽喉を一つぷつうりと, 助に依り, 助啓之助, 助啓之助がお, 助喜多村勘解由宰府口には毛利左近, 助嘲りの色, 助は内務省, 助四人蒐りで辛くも, 助四郎寺本半四郎秋上甚介立原久綱など世, 助土下座の腰, 助在らずお銀様, 助堀内皆作の諸君, 助境内より出, 助と片, 助外伝と出あい, 助さらさら憎く, 助大きくうなずいて, 助大内青也, 助大変な奴, 助大層精が, 助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 助大蔵肩を貸せ, 助大道寺駿河守遠山豊前守, 助大野清茂中村英嘉伊東昌春林民五郎黒羽源治木村嘉吉中村勘蔵山田武岡馨が出廷, 助大鳥圭介等と与, 助天井の闇, 助天堂お十夜, 助天堂一角各, 助天神河岸の築, 助女中の松, 助女勘介紫紐丹左衛門こう六人, 助女房おたき, 助女新内の若, 助如きが半ダース, 助如何に豪剣なりと, 助ないい, 助お淺, 助ばかりの一群, 助子分たちのくれた, 助存外に飲んだ, 助助ッ, 助宅助の主人, 助宅悦の三人, 助宮浜の児, 助宮脇又兵衛などやがて続々, 助家盛に頼朝, 助富山弥兵衛加納道之助の面々, 助かめヲ, 助小三郎亀吉の三人, 助小僧の巳代吉, 助小団次の天一坊, 助小山田兵衛尉跡部大炊助等も別, 助小河織部久野四兵衞小河專太夫畝町には井上監物, 助小泉を除き, 助小笠原茂夫の三君, 助尾上多見, 助居候の吉太郎, 助屋敷の門前, 助山寺三二郎小島鶴之丞, 助山岡主計頭前田主水正, 助屹度仇をとつ, 助岩槻禮次郎黒田清隆澁澤榮一平田東助淺野長勳松崎藏之助, 助岩田市右衛門神田清右衛門外池孫左衛門河井公左衛門五番には七手, 助岸光景山本五郎塩田真大森惟中諸氏の手, 助嵐吉松郎実川実太郎など十余人, 助工藤次郎左衛門二階堂信濃ノ入道ら, 助左七べっ, 助左団次仲蔵半四郎翫雀ら出勤す, 助左平津太夫小竹浜の茂七郎, 助左衞門を始め, 助左衞門石川五右衞門石田三成とかう, 助市川右田作なども上京, 助市氏とに両手, 助布川孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 助夢の, 助平湯で右衛門, 助廿二三歳羽織をぬいだる, 助弟斎宮助の陣所, 助弱年にし, 助当年十八歳に相成る, 助役だつて見逃すこつ, 助の三人, 助彼奴は不, 助御輿の三右衛門, 助御飯をお, 助にいたましく, 助心からおかしそう, 助忍剣龍太郎小文治, 助志水善三郎外に隆西堂, 助志筑辰一郎兩人下田詰合通詞の下田奉行, 助志筑辰一郎名村五八郎らがゐた, 助志筑辰一郎連署で飜譯, 助怒気を含ん, 助思うようやっぱり, 助思わず体を, 助ながら私, 助息杖を取りなおし, 助意味あり気, 助憤然として筆, 助成瀬国助の前, 助我謝秀昌の諸氏, 助房之丞をかしら, 助に飛び付い, 助にした, 助手前に斬られた, 助打たれて気, 助抜き合わせる隙が, 助持ったる高札で, 助捨てぜりふを残し, 助捨吉を始め, 助控えおらぬかこれ馬鹿者, 助播磨の池田, 助数え年十三の大柄, 助の行方, 助断腸の思い, 助方ニて御, 助方小僧身ぶるえ, 助方引合として今日石川安五郎, 助旅商人らしい世辞, 助日向一学遊佐剛七郎それに屋敷, 助問屋九郎兵衛組頭庄助同じく, 助早速の伝言, 助昌造楢林弟などが自己, 助の素姓, 助春團治みなみな落語家, 助春團治染丸音曲噺の圓太郎, 助昨夕着今日, 助昨夜の怪異, 助時に十七歳, 助普段のぼうっと, 助晴ればれと, 助曰くピヱロこれも庵中無聊, 助有難しと押, 助服部小平太の両人, 助朝日新聞社古垣鉄郎氏来訪, 助朝顔日記のみゆき, 助木ペン返せじゃ, 助未だ遠くは, 助末男が弾三郎, 助村井長門守などがこもごも, 助来らば今生, 助松助等の帝劇専属俳優, 助松助鴈治郎にて見物席, 助松本英一設楽常八, 助栄三郎に真向い, 助根岸兎角逸見, 助根津の伴蔵, 助様これでもう, 助様わたしを殺し, 助様何処へいらっしゃいます, 助様先途を見届ける, 助様屋敷の角, 助様後で御, 助様斯う, 助様昨夜はどういう, 助様箱根へいらっしゃる, 助之助, 助権兵衛と, 助横山文哉交を訂, 助を過ぎ, 助櫛まきお藤, 助の巾着, 助此処と聞きたる, 助此塲合になり, 助此處と聞きたる, 助武井忍助なぞ, 助を食いしばっ, 助歯痒い歯痒い我が夫, 助死んだ彦太郎の, 助殿お前は若い, 助殿これを御覧, 助殿今無事ならば, 助は同, 助比田小伝次永瀬七三郎三人の率, 助毛内有之助, 助毛利の古林一平次等, 助氏その他水茶屋券番の馬賊五人組芸者, 助氏それに銀三, 助氏らその聘, 助氏南波巨山氏松谷蒼生氏高田義一郎氏前田誠孝氏古畑種基氏等々の人, 助氏奥宮正治氏中村藩では相馬永胤氏, 助氏宅をおとずれる, 助氏明のふたり, 助氏等は随分, 助水芸の中村一徳, 助水道通横町の長次郎, 助江尻の和助, 助泰軒の直前, 助泳ぎを知っ, 助浜田廉宗形直蔵というよう, 助淺野長勳松崎藏之助, 助渋川春海中根玄圭の如き, 助渋色の巻頭巾, 助満面の笑, 助源助此方へ来, 助溜飲をさげた, 助瀬田以下の重立つた, 助瀬田渡辺庄司白井杉山の七人, 助火柱夜叉丸それからもう, 助為基が父, 助無用な死所, 助然るべき筋で, 助熨斗目麻上下を着用, 助牟礼主水正などの姿, 助犬塚豹吉という人間, 助狂ったと見せ, 助独習をもって刺繍, 助猪股小膳, 助洲の, 助田原本の街道, 助の鼻血, 助にお, 助白井橋本渡辺瀬田庄司茨田高橋父柏岡西村杉山と瀬田, 助益氏はこれ, 助直次郎などに言, 助眼力に狂い, 助石尾与兵衛尉竹中貞右衛門尉の六人, 助石川のみゑじゃと, 助石川安芸などの三河, 助と請合う, 助磯矢頼母の三人, 助神出鬼没江戸中を, 助福助の雛鳥, 助が名, 助稲村忠蔵福地小一郎井田兵助原金次郎越沢丑次郎落合美之作小野政吉土井亀吉関口三郎次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 助掘の, 助突如わめくよう, 助立ててある, 助立女形は後, 助立石得十郎らの先任出役中, 助之助, 助竹童の五人, 助等々力十内の二人, 助等々力十内ほか十五人ほどの腹心, 助等々力十内ほか大勢も, 助等々力十内等重立った門弟, 助等甚ダ我を憐む事面外ニ, 助策協議の最中, 助箭作彦十郎荒木陽一郎それに屋敷, 助にも棒, 助篠原泰之進ら八人が打連れ, 助篠川兵庫などがあった, 助の内意, 助約束したるごとくにっこり, 助素姓のしれない, 助美事に遣りおった, 助能くも己を欺い, 助脇差には包保, 助へ突っ込もう, 助自分で自分, 助を正し, 助黨丑松それに, 助苦々しそうに, 助苦渋の色, 助茨木司岡田克己中村三弥湯川十郎木幡勝之助松本俊蔵高野長右衛門松本主税といったところ, 助茶店の中, 助莚若などに大阪, 助菊五郎の天一坊, 助菊橋九郎左衞門年寄役村方で九, 助落合直亮らの志士たち, 助蒲生忠兵衛高木助六中村仁右衛門外池甚左衛門町野主水佑, 助蓬莱屋の新七, 助藤右衛門の四人, 助藤堂平助富山弥兵衛篠山泰之進の面々, 助衆人の前, 助行年四歳と書かれ, 助袖知らせをし, 助西川錦之助などもいた, 助見かけは商売柄, 助の敵, 助なるべし, 助でもよい, 助にもなる, 助貴様は本当に, 助貸金も取立て, 助賄方杉山若党曾我中間木八吉助女中うたの七人, 助の痛手, 助をもがい, 助が到着, 助農商務は平田東助, 助近づいて貴美子, 助返事のなき, 助退と云, 助過去を悔悟, 助部屋の隅, 助酒毒で顔, 助野試合奉行を承, 助金二百円一人ますごとに百円, 助金光利平太虎石恵実大谷繞石武井悌四郎林並木岡本勇河東碧梧桐高浜虚子という顔, 助金次國松の四人, 助鎰之助の養嗣子, 助長十郎といふ二人, 助長谷川鉄之進伊藤祐介二荒四郎東田行蔵らの人たち, 助門司から夫婦子供づれで, 助関入道万鉄いずれも頼みきったる, 助関口越中守などもいた, 助関川十太夫柏蔵人熊坂大伍などの輩, 助関戸弥六などの組, 助雲十郎等七人の子女, 助青山新七たちが出, 助青年の腕, 助青年団服に前, 助順盛が迎え, 助を抑え, 助風呂敷包に蚊帳, 助風邪をひいた, 助風間兵太郎ほか五六人の連中, 助風間兵太郎らの率いる, 助風間兵太郎らチョイと左膳, 助飛び掛って行く, 助飛び起きると男, 助をグーッ, 助之助, 助馬上にて士六拾人計り, 助馬風馬勇玉輔龍若りう馬, 助やもの, 助高座へ上がる, 助魚屋の長次, 助鮎沢伊太夫らの水戸藩士, 助鯱鉾立をし, 助鯱鋒立ちをし, 助鷺十郎矢尾常正らの重傷者たち, 助黙庵と号, 助之助