青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「受けた~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~ 受~ ~受け 受け~ ~受けた
受けた~
~受ける 受ける~ 叢~ ~口 口~ 口実~ 口惜し~ ~口調 口調~ 古~

「受けた~」 3595, 39ppm, 2989位

▼ 受けた~ (391, 10.9%)

58 である 23 です 22 であった 2011 だが 9 だった, では 8 だと, であるが 6 だから 5 であります, ですが, はその 4 であったが, であるから, でした, は 3 だろう, であろう, でございます

2 [13件] かそれとも, かもしれない, が此疵, でしたが, ですから, ですけど, ですね, でも, はこの, はこれ, は不注意, もこの, を不徳義

1 [151件] か, かその, かと思われる, かと愚痴, かと申します, かな, かも知れない, かも知れぬ, か私, か粗末, がうれしかっ, がきまり, がこの, が二十一, が其手ほどき, が契機, が子どもたち, が明治二十二年三月十二日, が神子上典膳忠明, が縁, だけれど, だそういう, だったが, だって, だつた, だという, だとっくに, だろうが, だろうと, ぢや, であったから, であったけれども, でありまして, でありましょう, でありますが, であり川端康成氏, であるかと, であるという, であるハリダース自身, である宋, であろうか, であろうと, でございますが, でしょう, です人, でないから, で御座います, とはまるで, と同じ, なら生徒, なり, には多少, にも応じなかった, による, に幕, はいう, はおかしい, はおそらく, はお気に入り, はかえって, はこういう, はすく, はそれ, はたった, はちと, はほのぼの, はまだ, はゆ, はよき, はよほど, はわたしたち, はケント州刑務所, はフランチェスコ, はベートーヴェン, は一葉, は三, は三月五日, は上述, は主任警部, は云う, は亦, は今, は余計, は先生, は党軍陸軍大尉, は初, は十二人, は半蔵, は壮年期, は夏前頃, は外, は大関, は尤も, は市内版, は当人, は当然, は彼, は彼自ら, は恐らく, は恵比須屋, は拡声機, は日本, は明治十七年, は有名, は有難う, は本所辺, は机竜, は果し状, は横田さん, は此, は此寿宴, は此時, は此正純, は殆ど, は気象委員部, は決して初めて, は澤屋, は理屈, は田之助, は石井柏亭氏, は第, は結婚式, は美人, は自殺そのもの, は菅公, は諸, は越智氏, は趙家, は身持放埒, は速水先生, は道中, は長曾我部, は阿部弥一右衛門, は驚かなかった, は高等学校, ほど程度, もまた, ももっとも, も其為, をお前, をグイ, を余計, を利用, を平に, を思い出した, を感じた, を昌作, を終身, を見, を謝する, 何のって

▼ 受けたこと~ (223, 6.2%)

22 がある 14 はない 12 のない 7 がない 6 のある 4 があった, があります, はありません, は一度 3 がなかっ

2 [17件] がありません, が彼, だ, だろう, になる, の不潔さ, はある, はかつて, はなかっ, ばかりで, もあった, もある, もなかっ, を妾, を感じた, を死ぬ, を覚え

1 [109件] いわゆる後家, があっ, があつ, がございません, がたびたび, がなく, が事実, が分り, が分る, が源之助, が無, が無く, ぐらいが乏しい, だってある, だろうし, だろうと, であった, であつ, である, であろう, でございます, でしょう, です, で有名, と存じ, と愛人, などあった, などもあった, にお礼, にし, になっ, になつ, にならない, になります, にもほか, により著しく, に於, に極めて, に気がついた, に間違い, の感謝, の無い, はあたかも, はあり, はあろう, はいう, はこの, はたしかに, はなく, ははじめて, はまことに当然, はまちがい, はもちろん, は一, は事実, は事實, は今, は今日, は前回, は勿論, は場内世話係, は実に, は少し, は復讐, は既に, は明かだった, は明かだつた, は歌, は注目, は確, は胸ひとつ, は言う, は非常, は頗, は飽迄, まで思い出した, もあなた, もあり, もありました, もこれ, もない, もまた, も少く, も忘れ, も数年, も正史, や幾人, をけっして, をはっきり, をはつきり, をもうすでに, を別, を忘れる, を思い合わせ, を思へ, を惣八郎, を文明十年, を知っ, を知った, を知る, を示す, を茲, を見出した, を記し, を話した, を附記, 勿論と, 及びこの, 申す迄も

▼ 受けたもの~ (157, 4.4%)

9 である 7 であった 6 のよう 4 だ, では 3 だと, です

2 [11件] が決して, だつた, であったが, であつ, であらう, ですから, と縁組, と見え, はどう, はみな金, は他日社会

1 [99件] かいずれ, かこの, かどう, かね, かも知れない, かよほど, か近頃かつて, か附近, があるらしい, がない, がトルストイ, が一人, が他, が六十八人, が十年二十年, が坑夫, が多く, が立聞き, さえありません, だから, だが, だけが紳士ども, だけが紳士共, だとか, だとの, だね, であったから, であるか, であるかと, であるから, であるが, であるけれども, であること, であるらしい, であろう, であろうか, であろうこと, であろうとばかり, でした, でせう, でないだけに, でないといふ, でも, でアムステルダム, で万葉, と, といわなけれ, とおも, とされ, とする, とではその, となっ, と余り, と信じ, と同じ, と思いこん, と思う, と思われる, と考, と考へる, と自分, と見えます, と見える, と都合三人, にさえ見られる, にとっては日常身辺, にどうか, には眞志, に比べ, に過ぎまい, のうち, の中, はきっと, はこの, はたった, はまだ, はみんな気, はコロコロ, は一つ, は何, は再, は十九人, は大川, は寄宿舎, は小沼, は影響, は彼, は戦勝, は更にこれから, は枚挙, は殆ど, は無い, は言うまでもなく, への過渡期, もある, も同罪, も多く, を思わぬ, を挙げる

▼ 受けた~ (148, 4.1%)

5 彼は 4 よい 3 私は 2 これは, すぐに, その中, それに, どうも尋常, 中にも, 問が, 失敗した, 老僧

1 [118件] あの出血, あまりの, いずれも, いるべき人, このとき英国王, この自動書記, こんな死, さっきも, さらりと, して, そう簡単, その度, その時彼, その本源的, その獰猛, その男, その跡, その隙, それっきり知覚を, それには, それにも, それは, ためであります, ついに国王, とにかく助, どこで, なおもまた, まず新次郎, まだ一度, もう左膳, もう生憎白丁, もっさりした, モスコウに, 一八一〇年ベルリン大学が, 一口附ける, 一度も, 一方に, 一面には, 三幕目の, 下手人は, 下町娘の, 不安そうに, 之に対し, 二つとも, 二人が, 五十品からの, 井戸は, 今度は, 体格で, 何の, 何を, 何度やっ, 余りに口合的, 先生は, 其後の, 内心大いに, 切先逸れ, 前版以後に, 北朝は, 可笑しな, 合格しなかった, 吉川運転手殺害については, 同時にドビュッシー, 同時に自分, 大たい, 大丈夫豈, 如何する, 実は御, 宰相の, 家老たちは, 將來其傳を, 就中古川に, 帰朝早々その, 平気で, 当時勃興した, 彼が, 待ってる人, 御飯を, 心の, 忽ち藩主水野, 悪かった, 情を, 我慢し, 明くる, 普通には, 最後容易に, 最後彼は, 極度の, 次の, 正当防衛として, 此う, 此雇役制度は, 氏は, 気分が, 法然からは, 点呼は, 犯人の, 生命には, 生憎これ, 相手の, 禁止的の, 福田の, 私にとっては, 私達は, 綾衣の, 翌日の, 自分の, 色悦ばざる, 落第した, 行く気, 試験中にも, 近代の, 近時その, 近視眼の, 鄭樵の, 門前に, 隊長以下は, 駄目だった

▼ 受けた~ (104, 2.9%)

7 すれば 4 云ふ 3 いう, 云ふこ, 見えて, 言ふ 2 ある, いうので, いふ, すると, 抗弁し

1 [71件] あっちゃ, いい得られる, いうから, いうが, いうだけ, いうと, いうよりは, いって, いっても, いはんばかりに, いふが, いへるほどの, いわれる, きいてからは, この機縁, する, するならば, せるには, なると, 一日の, 云い得ようか, 云うこと, 云っても, 云つてもよ, 云ふも, 云われて, 仮定します, 何もかも詳しく, 同じよう, 同じ事, 同じ待遇, 同じ深, 同じ災い, 同時に儒教, 同様焼きつく, 君は, 告白し, 威張れないから, 少なくも疑われる, 思う, 思うて, 思ったが, 思ったらもう, 思ったら棺桶, 思って, 思はれるもの, 思はれる人, 思ひこむやいなや, 思ふ, 思ふと, 思ふん, 感謝します, 懺悔した, 推定され, 申すか, 称した, 称して, 考えて, 考えられるふし, 聴いて, 自白し, 見え支那, 見え現在, 見られるもの, 見るの, 言う報告, 言って, 言われて, 記し將軍義晴, 警察で, 電報を

▼ 受けた~ (83, 2.3%)

2 でした, でも依然として, にこりと, には切っ, に存外, のよう, ほどにはもう, も少し

1 [67件] ああいう, ある有名, すでに同じ, であります, で同じ, なぜか, に, にちょっと, にはすぐさま, にはやはり, には生き, には神, には神経的, にもこういう, にも健康, にも私, にアメリカ大統領, にウッド卿, に佛, に充分後悔, に強烈, に急, に直ぐ, に藤尾, に賄賂, に鶴見, のほう, のまま, のやう, の事, の二葉亭, の光景, の印象, の厳そ, の夫子, の如く, の席順, の感激, の様, の用意, の私, の良心, の返事, の逃げ路くら, はその, はなん, はまだ, はもう, はチット, は何, は嬉しく, は我々, は苦し, は茫然, は金田, ほど情ない, もうれしい, も受持, も必死, も私, より鮮, わざわざ土間, 余り身分, 初めて思い当った, 悉皆頭脳, 行きましょうと, 貰った金

▼ 受けたよう~ (77, 2.1%)

6 な気 3 である, なもの 2 な形, な顔

1 [61件] だし, だね, であったが, であり他人, であるが, でございます, でした, でしたが, です, で今, なこと, な人々, な場合, な心持, な心持ち, な感じ, な憂欝性, な有様, な次第, な気持, な生活, な者, な衝動, な非, な風説, な騒ぎ, に, にきっと, にし, になっ, になる, にはっきり, にぶる, にぶるぶる, にも思われ, に十一体, に四方八方, に天, に引き入れられ, に得意, に思った, に思われ, に悟った, に悪魔, に感じ, に感じた, に片手, に瑠璃子, に目, に相手, に眼たたき, に禹, に立ち竦んだ, に答えた, に耳朶, に自分, に苦肉, に薄目, に見える, に重, に青年

▼ 受けたという~ (59, 1.6%)

4 ことは, ことを, のは 3 事実を 2 ことが, ことである, のが, 例は, 噂を

1 [34件] ことです, ことなし, ことに, ことの, ことも, 一事によって, 中流婦人の, 事であった, 事である, 事は, 事実によって, 人達が, 伝説が, 噂な, 報せが, 将軍義尚が, 帰還兵の, 彼の, 彼女の, 恐ろしい話, 恨みと, 新茶を, 深い深い傷つけられた, 点が, 程の, 者共が, 観瀾亭が, 訳であります, 評判は, 話である, 話です, 話を, 部屋の, 類の

▼ 受けたので~ (59, 1.6%)

6 あつた 3 あらう

1 [50件] ああいう, あらうが, あツ, しよう, そのついで, その希望, その足, それは, それを, たださりげ, にんじんは, はじめに, びっくりし, ほんとにた, むろん世界, もし上掲, わたしは, インド人である, ソノ子を, ゾッとして, 一度実地, 一日ぷんぷん, 一語も, 三十度ばかり, 九段の, 今は, 以来此を, 初度は, 十数騎を, 史記に, 土地までが, 定刻に, 帝国軍艦, 当の山城屋, 得意の, 懐かしくなっ, 早速岩波文庫, 永正五年には, 決して悪感, 爾来遣らぬ, 眉を, 綰物の, 行くこと, 農学校の, 農学校へ, 追, 針が, 隆々と, 隊長の, 黄味がかった

▼ 受けた~ (57, 1.6%)

8 のよう 2 である, の名, の様, もなけれ, も全然

1 [39件] があった, がその, がそれ, がまだ沢山, が物忘れ, が誰, だから, でありますのに, であるかをも, であるらしい, でさ, ですから, ですが, でなく学者, でなければ, というもの, などは勿論, ならば, なら一層, にはこの, に取, の告白, の多数, の奥様, の所在, の樣, の筈, の言葉, の許, はある, はただちに, はちょうど, はもし, は処刑, は出品, は刑せられる, は英語, ばかりにそういう, もゐるであらう

▼ 受けた~ (52, 1.4%)

2 は勿論

1 [50件] がしばしば, がたくさん, が一人, が八人位, が冬, が多い, が尠, が更に, この緒, だと, である, でござる, でもいい, とお, にとってはかなり, にもそう, に考, のある, のほとんど, のやう, のゆくべき, の一人, の世界, の中, の内部, の利己的, の墓碑, の子供, の忘恩, の用いる, の身体, は, はその, はともかく, はどんな, はない, はもちろん, は一々, は一人, は世間, は人, は大抵, は幸福, は終世孤独, は高濱虚子, ほど不幸, もない, もなく, を調べる, を閹人

▼ 受けた~ (45, 1.3%)

4 がある 3 はない 2 がなかっ, が有る, のある, のない, もある, もない

1 [26件] あ無えんだ, がかえって, がございます, がなかつた, が後年, が無, が頗る, であろう, でしょう, に就きまし, のなかつた, はありゃしません, はかつて, はございません, は不利, は事実, は拒まれん, は未だ, は極めて, は深く, は身, も忘れ果て, を知る, を自白, を覺, を記憶

▼ 受けた印象~ (41, 1.1%)

1 [41件] から云, がそのまま, がどう, であります, であゝ, でいろいろ, でした, ではいろいろ, ではこの, とはだいぶ, と云う, などになかつた, についていろいろ, に劣らず, に近い, のある, のうち, の一つ, の下, の組合せ, はあざやか, はかなり, はその, はただ, はどう, はよく, は二十一歳, は学者, は実に, は寡言, は彼, は深く, は清潔, は知る, は誤っ, は震撼的, をいよいよ, をず, を憎々しく, を改正, を見受ける

▼ 受けたから~ (29, 0.8%)

7 である 2 であった, であつ

1 [18件] だった, だと, であります, であるかを, でも, で私たち, まだ上, マレー語独修第, 二尺九寸の, 今は, 他の, 喜んで, 国漢文の, 手も, 早速でかけます, 有志が, 村へ, 試みに

▼ 受けたとき~ (28, 0.8%)

2 に惹き起される, に生ずる

1 [24件] うんざり悲観, から, から決定, そして彼女, などは心痛, にはいや, には青年, にも行われ, に人, に理科, に自分, に頭, の光景, の湿り具合, の防禦演習, はその, は市民, は私, まず私, まるっきり気, より地味, 到底長続き, 若し忽然とし, 起って

▼ 受けた人々~ (26, 0.7%)

1 [26件] が初期時代, が国土, が実際, だと, であるそう, なの, について話, にとつて, には落語, によって形成, に力強く, に対するとしばしば, に比し, のうえ, のこと, のところ, の入, の総代, の群れ, の言葉, はかく, はこれ, はもちろん, は果して, へは未だ, を招待

▼ 受けた~ (25, 0.7%)

1 [25件] ち更に, でこう, ではあった, でも既に, で天文台, なぞはしばらく, にもしろ, にやっと, にやつ, に去, に新次郎, に残る, に用途, の事, の意識, の様式, の浄, の浄土宗, の生活準備, は皆, は皆此資格, も自分, も誰, 特に痘科, 第三版以下

▼ 受けた~ (24, 0.7%)

4 だから, です 2 だ, ですよ

1 [12件] かね, じゃありません, だお前たち, ださうだが, だよ, だらう, でしょうね, ですか, ですからねえ, ですけど, ですつて, ですもの

▼ 受けた~ (22, 0.6%)

2 のため, はほんの

1 [18件] が命取り, だよ, だろうと, であること, ではある, とは三歳児, とも言, なの, にそのまま, に無意識, のうえ, の證明, の跡, もたちまち, ももとより, を何, を治す, を繃帯

▼ 受けた~ (21, 0.6%)

2 否やは, 知らないが, 知れない

1 [15件] この坊さん, すり傷は, そこの, そして何, その辺, どうか, どうかは, みて, わかりません, 一英雄の, 何う, 例えば呉服商, 恐らく何, 知れなかった, 腹蔵なく

▼ 受けた~ (20, 0.6%)

4 違いない 2 相違ない

1 [14件] かかはらず二三, かかわらずそれでいて, しても, しろ罪悪, すぎないん, そう慌てくさっ, ちがいない, 止まつて, 相違あるまい, 相違なかっ, 過ぎませぬが, 違いあるまい, 違ない, 違ひない

▼ 受けた感じ~ (20, 0.6%)

1 [20件] がたまらなくよい, が一番公平, でいう, で物陰, に過ぎなかつた, のため, の上, の不快, はただ, はとうてい, はバック, は割合, は却つて, は品位, は容易, は暗く, は申し分, は秘密, をそのまま, をたとえば

▼ 受けた人間~ (18, 0.5%)

2 である

1 [16件] がそういう, がひとり裁判官, が家, である事, でもあんなに, になった, にはもはや, のよう, の心, の服装, は少く, も大, を大量的, を必要, を沢山, を雇い入れる

▼ 受けた~ (18, 0.5%)

1 [18件] が仮に, が憲兵, になん, の, のよう, の印象, の子供たち, の忘れ, の感銘, の教育, の父母, の腹心, はここ, はそれ, は一番心配, は喬介, は生返事, をどうか

▼ 受けたその~ (17, 0.5%)

2 ことすらも

1 [15件] 危険からは, 場で, 差迫った険しい, 日, 日には, 時の, 模様には, 気持に, 海の, 知合いの, 知識と, 砲弾に, 金と, 顔には, 髪は

▼ 受けたやう~ (17, 0.5%)

2 だが

1 [15件] なもの, な安堵, な寂寥, な氣, な眼, な迫害, な長い, に, に取扱, に思, に悪魔, に瑠璃子, に答, に豫告, に青年

▼ 受けた教育~ (16, 0.4%)

1 [16件] がそう, が不完全, が悪, ではニュートン, とに煩わされ, と呼ぶ, につき, のあらゆる, のうち, の中, の効果, の悲劇, はすべて西洋, は常に, は最低, や社交界

▼ 受けたけれども~ (14, 0.4%)

2 悲しい哉, 被害は 1 この小, この方, この材木, その後脱獄に, ついに何らの, 三上博士の, 前記以外にも, 急いで, 自然の, 酒宴が

▼ 受けた~ (14, 0.4%)

2 にも更に

1 [12件] でなければ, で黒, にともかく, にまた, に一夜, に人相書, に千浪様, に流刑, に自分, に費用, は必ず, は牧

▼ 受けたところ~ (13, 0.4%)

1 [13件] がある, だった, で恐るる, で漸, にある, にめづらし, のもの, の思想, の怪我, の感化, は, は不思議, を見る

▼ 受けたため~ (12, 0.3%)

1 [12件] かどう, かまるで, であった, であったが, であらう, であろうか, と思っ, に二種, に家, に彼, に更に, に長命

▼ 受けただけ~ (12, 0.3%)

3 であった 1 その代り見事, だが, だと, であって, でしたが, では, で間もなく, なん, 分厚い札

▼ 受けた侮辱~ (12, 0.3%)

1 [12件] にかなり, に対して相手, に対して許し, のよう, の数々, はおそらく, は容易, をあなた, をどうしても, を復報, を忘れる, を未だ

▼ 受けた人たち~ (11, 0.3%)

1 [11件] がわれわれ, が彼, が美濃, だけがやる, でさえ彼, とか六条院, と言え, の中, の持て, はこれ, は今

▼ 受けた場合~ (11, 0.3%)

1 [11件] がある, が稀有, その被害地, でも公然, にその, には薪二把, に一部落, に侵害者, のこと, は困る, を考慮

▼ 受けた影響~ (11, 0.3%)

1 [11件] がこんなにも, だと, である, という, の一つ, の深刻さ, はほとんど, は先進学者, は街道, もかなり, を書かない

▼ 受けたかも~ (10, 0.3%)

2 知れない, 知れないが 1 しれない, しれないけれど, 知れない若い, 知れぬが, 知れぬ着物, 私は

▼ 受けたこの~ (10, 0.3%)

1 傷が, 土地は, 宵越しの, 家の, 家庭の, 屋敷の, 苦悩から, 親爺養生も, 身体何の, 青年が

▼ 受けたものの~ (10, 0.3%)

1 おめ, こうやっ, そのあと, それを, ズルズルと, 一つである, 価値に対する, 兵馬に, 椅子には, 足を

▼ 受けたわけ~ (10, 0.3%)

4 である, では 1 だが, なん

▼ 受けた感動~ (10, 0.3%)

1 からかそれとも, がいつ, が深い, だけは美しく, の量, はどこ, は人間, は終生, をその後, をただ

▼ 受けた~ (10, 0.3%)

1 がいい, がまし, がよい, がよかろ, が安い, が百層倍, だが, なの, の被害者側, はまた

▼ 受けた~ (10, 0.3%)

2 がそれとなく 1 がギロチン, がコツコツ, が相良寛十郎, だけにつまらない, だという, であること, に似合わぬ, は赤格子

▼ 受けた迫害~ (10, 0.3%)

2 に復讐, を復讐 1 が如何, と共にそれ, などを実際, は非常, も同一, も尠

▼ 受けた~ (9, 0.3%)

1 久美さんの, 使いの, 妾だった, 屋敷の, 弟子の, 役人は, 梅は, 臍の, 蓮さまの

▼ 受けたといふ~ (9, 0.3%)

2 やうな 1 お孃さん, ことは, その事, のは, 平次の, 母上の, 經緯

▼ 受けた~ (9, 0.3%)

1 があれ, なんかこの, に酬, のこと, のほう, はかならず, はきっと, よりも目下, を親

▼ 受けた打撃~ (9, 0.3%)

1 が深刻, が現, が現われ, ですっかり, に利子, はそれほど, は大川, は恐ろしい, もまた

▼ 受けた結果~ (9, 0.3%)

1 だぞ, だと, であらう, です, ではある, なので, に過ぎない, はそういう, 後に坂田金時

▼ 受けたあの~ (8, 0.2%)

2 時計を 1 不快な, 大恥辱, 年の, 恐ろしい毒蛇, 無残な, 驚くべき戦闘

▼ 受けた~ (8, 0.2%)

1 が住ん, その女, です, の美しい, は一々, は女らしく, は彼, は知識程度

▼ 受けたかの~ (7, 0.2%)

5 ように 1 やうで, 飛びあがるやう

▼ 受けたそう~ (7, 0.2%)

2 である 1 だ, だが, です, な手つき, も仰言ってる

▼ 受けた好意~ (7, 0.2%)

1 の数々, の礼, は甲州, をしみじみ, を徳, を自分, を謝

▼ 受けた若い~ (7, 0.2%)

2 婦人が 1 人々の, 嫁の, 学生の, 幼虫が, 連中までが

▼ 受けたとは~ (6, 0.2%)

1 いへそれ, 云っても, 思うまい, 思われないけれども, 考えない, 言へ

▼ 受けたばかり~ (6, 0.2%)

1 でござろう, でそれ, でなくゴーリキイ, でなく時々, で天手古舞, なので

▼ 受けた一人~ (6, 0.2%)

1 であ, であらう, で一時, なの, の使部, の方

▼ 受けた~ (6, 0.2%)

3 の傷 1 のいた, のこもった, の激動

▼ 受けた~ (6, 0.2%)

1 がある, が一萬九千町歩, であなた, の神, は銀, を鏡

▼ 受けた深い~ (6, 0.2%)

1 傷は, 印象を, 感銘や, 疵傷は, 苦痛, 苦痛を

▼ 受けた~ (6, 0.2%)

1 に少, をぐいと, をゆっくり, を下, を寿平次, を飲みほし

▼ 受けた~ (6, 0.2%)

2 一印象は 1 一の, 一印象で, 一着手に, 二巻帚木の

▼ 受けた衝動~ (6, 0.2%)

1 からすっかり, が強かっ, が非常, に打ち克つ, や否定的, を複雑

▼ 受けたあと~ (5, 0.1%)

1 でも因襲道徳, で失心, で宰相, で煙管, の病人

▼ 受けたせい~ (5, 0.1%)

1 かとかく, か最初, であろうか, であろうと, に違

▼ 受けたそれ~ (5, 0.1%)

1 が聞きたい, とはまた, とは似, は幾ら, よりももっと

▼ 受けただけで~ (5, 0.1%)

1 その主義, 二人が, 帰されました, 済んだが, 濟んだらしい

▼ 受けただけの~ (5, 0.1%)

1 ように, 傷は, 恩を, 水を, 話だ

▼ 受けたのに~ (5, 0.1%)

1 そろそろ仏蘭西語, 信州は, 城介は, 相違ない, 過ぎないの

▼ 受けた~ (5, 0.1%)

1 などは誰, の妻, の頭, はほとんど, は敗残

▼ 受けた待遇~ (5, 0.1%)

1 と同じ, についてなんら, は一種奇妙, は彼, は昔

▼ 受けた~ (5, 0.1%)

1 主人に, 主人様と, 婦人と, 恩を, 米は

▼ 受けた恥辱~ (5, 0.1%)

2 のため 1 とその, のこと, をまるで

▼ 受けた感化~ (5, 0.1%)

1 かも知れない, が今, と有, に等しき, の激しい

▼ 受けた感激~ (5, 0.1%)

1 がまだ, とちっとも, によって目, に醉, の感謝

▼ 受けた感銘~ (5, 0.1%)

1 がそう, で, は, やを強く, をはつきり

▼ 受けた~ (5, 0.1%)

1 らしい感じ, らしい文芸, 感覚派に, 陰の, 陰流の

▼ 受けた~ (5, 0.1%)

21 であります, の沈団長, はなかるべきである

▼ 受けた美し~ (5, 0.1%)

5

▼ 受けた自分~ (5, 0.1%)

1 が不誠実者, が明日, などは仕合わせ, にはあれ, のうかつさ

▼ 受けた衝撃~ (5, 0.1%)

1 があまりに, のうち, の感情, の餘波, は

▼ 受けた~ (5, 0.1%)

1 が仄, が凄い, の中, は蝋, を見る

▼ 受けたかは~ (4, 0.1%)

1 想像する, 興味も, 言ふ, 説明する

▼ 受けたからと~ (4, 0.1%)

3 いって 1 云う注意

▼ 受けたけれど~ (4, 0.1%)

1 うまく弁解, 今は, 深く此, 象さんが

▼ 受けた~ (4, 0.1%)

1 なお引きつづい, 何卒片時, 信長の, 知春は

▼ 受けたとしても~ (4, 0.1%)

21 それが, 少しも

▼ 受けたには~ (4, 0.1%)

1 うけたが, 受けたが, 相違なく, 間違ひありません

▼ 受けたにも~ (4, 0.1%)

1 かかわらずまた, 増して, 拘らずひツ, 拘らず沢辺狂人

▼ 受けたのみ~ (4, 0.1%)

1 だった, でなく亦, で持って, ならずその

▼ 受けたほどの~ (4, 0.1%)

1 人氣が, 手当は, 武功の, 深い打撃

▼ 受けた~ (4, 0.1%)

1 いしのみにて, はずて, はりて, ひき

▼ 受けたキズ~ (4, 0.1%)

1 だ, の所産, の治療, を治療

▼ 受けた人達~ (4, 0.1%)

1 および講義, の名, の手, もあった

▼ 受けた以上~ (4, 0.1%)

1 の感激, は事, は必ず, は銃

▼ 受けた仲買人~ (4, 0.1%)

1 がこの, はこの, は三分利付, は三分利付公債

▼ 受けた~ (4, 0.1%)

1 が有る, ではない, よりも立派, を調べ

▼ 受けた多く~ (4, 0.1%)

1 の人々, の女性, の学生, の教

▼ 受けた実例~ (4, 0.1%)

1 がある, の教訓, は到る, は枚挙

▼ 受けた批評~ (4, 0.1%)

1 について二つ三つ, に就, は余り, は我慢

▼ 受けた時私~ (4, 0.1%)

1 がまず, の班長, は京都, は落着

▼ 受けた暗示~ (4, 0.1%)

1 が僕, が創作的, の具体化, は極めて

▼ 受けた最も~ (4, 0.1%)

1 ありがたい教え, 強い印象, 皮肉な, 美しきもの

▼ 受けた最初~ (4, 0.1%)

1 の印象, の好い, の感じ, の瞬間

▼ 受けた~ (4, 0.1%)

1 だった, だろうと, にいつの間にかざっと, に或いは

▼ 受けた瞬間~ (4, 0.1%)

1 にすべて, に前後, に於, に頭

▼ 受けた~ (4, 0.1%)

1 である, の勇者, の品, の感化

▼ 受けた苦しみ~ (4, 0.1%)

1 から夢中, は現実, を思う, を鐵砲

▼ 受けた親切~ (4, 0.1%)

1 が思い出され, の償却, は一々, ほど忘れ

▼ 受けた~ (4, 0.1%)

1 また聖武天皇, もある, をし, をまた

▼ 受けた運命~ (4, 0.1%)

1 について社会, の苦杯, は随分, を自分

▼ 受けた部分~ (4, 0.1%)

2 にも曖昧 1 だけが皮下組織, は

▼ 受けたあらゆる~ (3, 0.1%)

1 別れの, 喜びや, 拷問の

▼ 受けたいろいろ~ (3, 0.1%)

1 の刺戟, の有益, の苦痛

▼ 受けたかと~ (3, 0.1%)

1 思はれるが, 思われる, 思われるこの

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

21 うである

▼ 受けたすべて~ (3, 0.1%)

1 のこと, の侮辱, の物

▼ 受けたとか~ (3, 0.1%)

1 で瓦屋根, また身寄り, 聞いたこと

▼ 受けたとの~ (3, 0.1%)

1 ことで, ことである, 事である

▼ 受けたとも~ (3, 0.1%)

1 なく拒んだ, 思わない, 言われる佐藤信淵

▼ 受けたなどと~ (3, 0.1%)

1 いちいち云っ, 云うこと, 申しますと

▼ 受けたなどという~ (3, 0.1%)

1 御念の, 昔話は, 記憶も

▼ 受けたはず~ (3, 0.1%)

1 だが, のいわゆる, はない

▼ 受けたまま~ (3, 0.1%)

1 です, 忘れて, 美しく死んだ

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 うてそれ, 同前, 尤もでござる

▼ 受けたもん~ (3, 0.1%)

21 だと

▼ 受けた不幸~ (3, 0.1%)

1 な男, についてはつ, は偶然的

▼ 受けた人物~ (3, 0.1%)

1 だ, であるから, であると

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

2 の朝鮮 1 の人

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

2 にも眞面目 1 にも真面目

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 しは, も有, 少なからぬ

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

2 の例 1 の忠節

▼ 受けた光線~ (3, 0.1%)

1 に浮き上っ, を遮らう, を遮ろう

▼ 受けた利益~ (3, 0.1%)

1 だけは有難く, の多大, は非情

▼ 受けた刺戟~ (3, 0.1%)

1 と驚異, に由っ, の反

▼ 受けた土地~ (3, 0.1%)

1 に出, は健か, は直ちに

▼ 受けた報告~ (3, 0.1%)

1 によれ, のひとつ, の中

▼ 受けた学生~ (3, 0.1%)

1 に, によろしく, は皆

▼ 受けた屈辱~ (3, 0.1%)

1 と損害, に耐え得た, や損害

▼ 受けた幻滅~ (3, 0.1%)

2 と侮辱 1 をかなぐり棄てる

▼ 受けた強い~ (3, 0.1%)

1 印象が, 大きな屈辱, 色彩の

▼ 受けた当時~ (3, 0.1%)

1 とどれほど, のこの辺, の事

▼ 受けた彼女~ (3, 0.1%)

1 の真実, の知識, はすぐ

▼ 受けた恩義~ (3, 0.1%)

1 に酬いる, は捨てられぬ, もあり

▼ 受けた教訓~ (3, 0.1%)

1 だけをお話し, の一節, はふかく

▼ 受けた教養~ (3, 0.1%)

1 と全, の高い, は過不足

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 だったから, には榛軒, の晩

▼ 受けた明るい~ (3, 0.1%)

1 壁際に, 小さなヴェランダ, 泉の

▼ 受けた暗殺者~ (3, 0.1%)

1 がつい, が十二月二十七日, が十二月廿七日

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 も下, をふくみ, を淀まし

▼ 受けた樣子~ (3, 0.1%)

1 であつ, です, はねエ

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

2 の誘惑 1 の最初

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

2 がした 1 がする

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 は他, もお, も多い

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

2 と言 1 の処置

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 が斯, だという, も幸い

▼ 受けた痛み~ (3, 0.1%)

1 の脱落, は単に, もす

▼ 受けた苦痛~ (3, 0.1%)

1 に対して感謝, の感情, はその

▼ 受けた覚え~ (3, 0.1%)

1 がある, はなかっ, はもとより

▼ 受けた記憶~ (3, 0.1%)

1 と情緒, のこと, をほとんど

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 さ, でも, を色々

▼ 受けた試し~ (3, 0.1%)

2 がない 1 はいまだかつて

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 であるからは, ではない, と心

▼ 受けた連中~ (3, 0.1%)

1 が,1日鎌倉, はいずれ, も相当

▼ 受けた門下生~ (3, 0.1%)

1 といっ, としては何もかも, は誰

▼ 受けた非難~ (3, 0.1%)

1 である, に抗, は不健全

▼ 受けた~ (3, 0.1%)

1 に起つた, の者, はかう

▼ 受けたかという~ (2, 0.1%)

1 ことが, 事で

▼ 受けたからとて~ (2, 0.1%)

1 このおれ, 遽に

▼ 受けたきり~ (2, 0.1%)

1 でそつ, で実は

▼ 受けたさまざま~ (2, 0.1%)

1 な刺激, の印象

▼ 受けたそして~ (2, 0.1%)

1 二人は, 實地此處に

▼ 受けたそれら~ (2, 0.1%)

1 の不幸, の発行書

▼ 受けたたつ~ (2, 0.1%)

2 た一人

▼ 受けたって~ (2, 0.1%)

1 きっとだめ, 罪は

▼ 受けたつて~ (2, 0.1%)

1 も可, よろしいがな

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 あひ, その血

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 あらう, あらうが

▼ 受けたとかの~ (2, 0.1%)

1 事実を, 理由を以て

▼ 受けたときの~ (2, 0.1%)

2 と同じ

▼ 受けたとき此人~ (2, 0.1%)

2 が屹度弁解

▼ 受けたとて~ (2, 0.1%)

1 罰も, 許しては

▼ 受けたひと~ (2, 0.1%)

1 だという, であるが

▼ 受けたほう~ (2, 0.1%)

1 がもっと, がよかっ

▼ 受けたまえと~ (2, 0.1%)

1 いうたので, いえば

▼ 受けたトタン~ (2, 0.1%)

1 に弁護士, 葺きの

▼ 受けたミス~ (2, 0.1%)

1 何とか云, 何とか云う

▼ 受けたモハン~ (2, 0.1%)

2 の女房

▼ 受けた三カ月~ (2, 0.1%)

1 のあいだ, の教え

▼ 受けた三人~ (2, 0.1%)

1 が帽子, は助かりました

▼ 受けた不快~ (2, 0.1%)

1 な圧迫, な気持

▼ 受けた九段坂~ (2, 0.1%)

1 の傾斜, の斜面

▼ 受けた事実~ (2, 0.1%)

1 を目, を知ったなら

▼ 受けた二人~ (2, 0.1%)

1 がいない, は別に

▼ 受けた仕打ち~ (2, 0.1%)

1 からいっ, をあまりによく

▼ 受けた余りに~ (2, 0.1%)

1 思いがけない侮辱, 思ひがけ

▼ 受けた俳優~ (2, 0.1%)

1 というもの, と場面

▼ 受けた儒教~ (2, 0.1%)

1 などは第, の感化

▼ 受けた先生~ (2, 0.1%)

1 によろしく, の顏

▼ 受けた出版屋~ (2, 0.1%)

1 は山, もあった

▼ 受けた刺激~ (2, 0.1%)

1 は甚大, は頗る

▼ 受けた命令~ (2, 0.1%)

1 の調子, はその

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 でございます, や東照公

▼ 受けた地方~ (2, 0.1%)

1 では一律, に限つて

▼ 受けた報酬~ (2, 0.1%)

1 は一授業, を少し

▼ 受けた塗団扇~ (2, 0.1%)

1 が涼しく, は銀扇

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 に何ん, に同学

▼ 受けた大きな~ (2, 0.1%)

1 庭に, 窓一ぱいに

▼ 受けた女性観~ (2, 0.1%)

2 には多分

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 がある, も説教

▼ 受けた対馬守~ (2, 0.1%)

1 はこおどり, は源三郎

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 伯爵が, 葡萄の

▼ 受けた小さな~ (2, 0.1%)

1 庭の, 珊瑚の

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の娘, を見た

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の色, は柔らかい

▼ 受けた師弟~ (2, 0.1%)

2 の関係

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の一部, の紫陽花

▼ 受けた廊下~ (2, 0.1%)

1 の中央, の板敷き

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 が生きかえった, の部屋

▼ 受けた弟子~ (2, 0.1%)

1 がこの, が謝礼

▼ 受けた弥陀~ (2, 0.1%)

2 らしさ

▼ 受けた彌陀~ (2, 0.1%)

2 らしさ

▼ 受けた当の~ (2, 0.1%)

1 案内役は, 貴族僧侶が

▼ 受けた彼等~ (2, 0.1%)

1 の胸中, は毎日暁六ツ

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

2 を忘れる

▼ 受けた恩顧~ (2, 0.1%)

1 と母, は忘れられない

▼ 受けた患者~ (2, 0.1%)

1 の家, の起こす

▼ 受けた悪名~ (2, 0.1%)

1 で鰊, をそのまま

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 ギャクと, 虐は

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 と保護, と尊敬

▼ 受けた愛情~ (2, 0.1%)

1 は少年, は幼い

▼ 受けた感情~ (2, 0.1%)

1 はとうてい, は浅く

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 る忘恩的態度, 電気工場の

▼ 受けた挨拶~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 受けた擯斥~ (2, 0.1%)

1 の程度, はやがて

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 ばかりで, もあろう

▼ 受けた数ヵ所~ (2, 0.1%)

1 の傷養生, の負傷

▼ 受けた時代~ (2, 0.1%)

1 である, なので

▼ 受けた時分~ (2, 0.1%)

1 にはもう, にや六十兩

▼ 受けた時彼~ (2, 0.1%)

1 は天性, は陰嚢水腫

▼ 受けた最後~ (2, 0.1%)

1 の分子, の言葉

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 であった, 籠町海産問屋長崎屋藤十郎の

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 でもおなじ, 正どん

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の色, は赤い

▼ 受けた温い~ (2, 0.1%)

2 深切の

▼ 受けた演劇~ (2, 0.1%)

1 の方, の知的要素

▼ 受けた激動~ (2, 0.1%)

1 のため, は今

▼ 受けた災難~ (2, 0.1%)

1 に比, の方

▼ 受けた無根水~ (2, 0.1%)

1 とで練り固める, とをもつ

▼ 受けた特別~ (2, 0.1%)

1 の中, の天才

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 で話, とそれ

▼ 受けた甲斐~ (2, 0.1%)

1 なく源太, 無く源太

▼ 受けた申分~ (2, 0.1%)

2 のない

▼ 受けた病気~ (2, 0.1%)

1 であった, で腫物

▼ 受けた痛手~ (2, 0.1%)

1 から私, は大き

▼ 受けた白い~ (2, 0.1%)

1 海上へ, 肌の

▼ 受けた相手~ (2, 0.1%)

1 にかけ合う, の名誉

▼ 受けた第一流~ (2, 0.1%)

2 の新聞

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

2 まるでわからぬ

▼ 受けた経験~ (2, 0.1%)

1 はある, もあろう

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の杜, の森

▼ 受けた縁側~ (2, 0.1%)

1 に落葉交, へ夥しい

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 先生は, 将軍と

▼ 受けた老人~ (2, 0.1%)

1 がね義太夫, は絶えず

▼ 受けた者ら~ (2, 0.1%)

1 に同情, を侮辱

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の流れ, の痛み

▼ 受けた良秀~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 受けた色色~ (2, 0.1%)

2 な印象

▼ 受けた苦い~ (2, 0.1%)

1 愛の, 杯を

▼ 受けた英吉利~ (2, 0.1%)

1 の特命全権公使サア・ルサアフォオド・オルコック, の特命全権公使サア・ルサアフォオド・オルコツク

▼ 受けた莫迦~ (2, 0.1%)

2 らしさ

▼ 受けた親爺~ (2, 0.1%)

2 は固く

▼ 受けた記事~ (2, 0.1%)

1 になつ, も見えぬ

▼ 受けた賛辞~ (2, 0.1%)

1 に有頂天, を誇張

▼ 受けた賞牌~ (2, 0.1%)

1 には, は竜紋賞

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 かしめ, に報いる

▼ 受けた近代人~ (2, 0.1%)

1 がどうして, の実行

▼ 受けた部屋~ (2, 0.1%)

1 の中, の畳

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の利子, を返す

▼ 受けた長太郎~ (2, 0.1%)

1 という十二歳, と云

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 は勇ましく, 我が國

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 の水, は眩む

▼ 受けた青年~ (2, 0.1%)

1 の入, はしばし

▼ 受けた青年紳士~ (2, 0.1%)

2 とでも思ひ

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 がありました, の淡

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 のままコルシカ島, の鮮やかさ

▼ 受けた~ (2, 0.1%)

1 が咲き誇つた, には何やら

▼ 受けた黒い~ (2, 0.1%)

1 地面何処かで, 家を

▼1* [843件]

受けたあくる年の, 受けたあすこの女, 受けたあたしたちはどの, 受けたあたりの芝生, 受けたあと未曾有の言論, 受けたあなたよりも批評, 受けたある年輩の, 受けたあれである, 受けたいろんな事件の, 受けたうえ八世紀の末, 受けたおかげでもともと, 受けたおもな区域, 受けたおりの先生, 受けたお方もある, 受けたお祖父さんは一言, 受けたお茶屋も少なから, 受けたお蔭でわたくし, 受けたかくも熱烈, 受けたかっさいはごく, 受けたかといふ物語に, 受けたからに外ならない, 受けたかを知らるるであろうと, 受けたきびしい圧迫の, 受けたくらゐに, 受けたくらいである, 受けたくらいに幽かに, 受けたぐうたらべくらいにおもっ, 受けたぐらいでは遊びは, 受けたぐらいのことである, 受けたこと五六回其の都度何かしら身辺, 受けたこと想像するに, 受けたこと社会といふもの, 受けたこの世は長く, 受けたこれは有, 受けたこれから山頭火の, 受けた恩の, 受けたさて三益との, 受けたしと頗る唐突, 受けたしるしに指, 受けたじゃないか, 受けたすぐ翌年三月に, 受けたすさまじい傷を, 受けたせつなに敵, 受けたそこのほとり, 受けたため今では高潔, 受けたため兄さんに対してだけは妙, 受けたため精神に変化, 受けただから調子やってる, 受けただけにすこぶるハイカラ的, 受けただけを申告すれ, 受けたちぐはぐな気持, 受けたつまらない挨拶状すなわち, 受けたつよい魅力であった, 受けたというは気の毒な, 受けたとき傷だらけの体, 受けたとき母娘かということ, 受けたとき背丈が規定, 受けたところ子宮の内壁, 受けたところ彼の予算, 受けたところ電話ボックスの中以来, 受けたところ風眼と判り, 受けたとたんにその, 受けたとても何らの弁解, 受けたとのみ考えて, 受けたとものボーイは, 受けたと共に万葉集の, 受けたなと思つてゐる, 受けたなんともたとえよう, 受けたについてはむしろ同情, 受けたに対しわたくしは, 受けたのちの彼女等, 受けたのち二人とも徒刑地, 受けたのち女袴から破り取った, 受けた袱紗の, 受けたはなはだ丁寧な, 受けたばかしだ, 受けたばかりかその中, 受けたばかりと聞いた時, 受けたばかりのところだった, 受けたばっかりにこんなこと, 受けたほどであった, 受けたほんのちょっとし, 受けたぼくはえらく, 受けたままそれを放棄, 受けたまま矢代はただ, 受けたまま返辞なければ, 受けたものエレンナカはかえって, 受けたやらしれませぬ, 受けたゆえであろう, 受けたより何十倍か, 受けたよりも数倍な, 受けたわたしが唯物論的社會主義者, 受けたんでその気, 受けたアイヌらしいです, 受けたアマチュア劇団の人たち, 受けたアメリカが莫大, 受けたエーブラハム・グレーが躍り出, 受けたコルシカの岩, 受けたコンディヤックの流, 受けたショックは云う, 受けたジュスチーヌが無罪, 受けたジラクはブリストル工業學校, 受けたタンク蒸気の引い, 受けたダンテはやはり, 受けたツルもまた, 受けたデンマルク婦人で自分, 受けたトタン屋根は波がた, 受けたドイツが開戦後, 受けたドサクサの時代, 受けたハイカラアイヌかい, 受けたパンによってキリスト, 受けたビリング医師はアリス, 受けたフランクこそはまことに, 受けたブリキ屋のハンコ, 受けたマタ・アリはいまソフィア地方, 受けたマラソンのフィルム, 受けたモープティー大佐を腕, 受けたユゴオはとうとう, 受けたユスチニアーヌス帝の訓令, 受けたヨーロッパとは違った, 受けたヨーロッパ文化の影響, 受けたリケを知っ, 受けたルパンはレイモンド嬢, 受けたロンドン市民はツエツペリン, 受けたローマカトリックの教義, 受けた一つの必ずしも, 受けた一人っ子として異数, 受けた一八八〇年代の革命運動, 受けた一切の傷, 受けた一刹那の姿勢, 受けた一団の大きな, 受けた一女性がこの, 受けた一定時代の一定運動, 受けた一挺の古鉄砲, 受けた一本の樹木, 受けた一枚の硬質, 受けた一片の去り状, 受けた一瞬の錯覚, 受けた一種ショックに似た, 受けた一部落の屋根, 受けた一雫を大事そう, 受けた七人の驃騎兵, 受けた三十年だから, 受けた三田派や人生派, 受けた三百人以上ののろく, 受けた上シャーゴから二通, 受けた上幾人か斬った返り, 受けた上役人の承認, 受けた上思出しても, 受けた上東京の女子学院, 受けた上野の森, 受けた不公平についての根深い, 受けた不出来者などは子, 受けた不名譽を, 受けた不当な軽蔑, 受けた不破伴作があつ, 受けた不覚に対しては戦国武者, 受けたにアペルレース, 受けた中学生の私, 受けた中将は心, 受けた主人の家, 受けた主人野水はその, 受けた久吉気取りに棒, 受けたなる俳人, 受けた九郎右衛門が宗室, 受けた事丈は今, 受けた事件がない, 受けた二つの拳固, 受けた二三の實例, 受けた二十三の傷, 受けた二階の寝室, 受けた五千円の貯金, 受けた交番のおまわりさん, 受けた亭主にはちがい, 受けた人形師はその, 受けた人生をしかも, 受けた人間喜劇の登場人物, 受けた蒼い素顔, 受けた今年こそはどうしても, 受けた今日の男女間, 受けた仏蘭西の婦人マダム, 受けた仕事師の若者, 受けた民族で, 受けた代りにお, 受けた令嬢は翌朝姉, 受けた以上否応はありません, 受けた以外一二の異称, 受けた伝書など調べれ, 受けた伯爵の不埒, 受けた伯父の一家, 受けた伴大次郎改め二代法外, 受けたのこと, 受けた佐久間父子がいかに, 受けた体験が今度, 受けた何だかいやな, 受けた作家たちは七枚, 受けた侵略はその, 受けた俗楽も今, 受けた信号兵はキヤビン, 受けた俥夫の奴め真夏, 受けた俳諧師はなお, 受けた俸銭である, 受けた瞞と, 受けた備前助真, 受けた傷あとが見えた, 受けた傷口から流れ, 受けた傷手の深刻, 受けた傷眉間の真ン中, 受けた傾斜の多い, 受けた僅かの平地, 受けたの頭脳, 受けたのよう, 受けた光明を神聖, 受けた入江の海, 受けた八重菊八重牡丹の姉妹, 受けた六尺大の四角, 受けた兵馬も眼前, 受けた其の夜から, 受けた其内に堤防, 受けた其恩に感じた, 受けた内容だけを放送, 受けた冷たい感じは, 受けた凌辱と苦痛, 受けた凡人は却つて學窓, 受けたがたちまち, 受けた出來事を思ひ出し, 受けた出入りの衆, 受けた出来事を思い出し, 受けた出版元は青く, 受けた出版社もあった, 受けたの傷痕, 受けた刀傷が原因, 受けたは古く, 受けた分子又はそれ以上, 受けた切支丹の子孫, 受けた刑罰は事実不正, 受けた初太刀の傷, 受けた初年兵であったそう, 受けた初度の記憶, 受けた前日であるのに, 受けた前額部の外傷, 受けたが虹, 受けた創傷なの, 受けたがある, 受けた労働者の集会, 受けた勞働者の集會, 受けた医師が助手, 受けた医者の処, 受けたの悦び, 受けた十五人扶持に加, 受けた十六人の女中, 受けた十手の傷, 受けた半面を鮮, 受けた厚意である, 受けた厚誼に対し厚く, 受けた厭世思想だと, 受けた又野はすっかり, 受けたというの, 受けた友人の話, 受けた對面は, 受けた反問がそれ, 受けた取扱い如何によって種々, 受けた叡山がぽか, 受けた口答試験の時, 受けた庵は, 受けた古傷を示す, 受けた召使が主人, 受けた可哀相な畑柳倭文子, 受けた司祭さんは, 受けた各地の損害程度, 受けた合唱隊が現われ, 受けた同じ生物なりと, 受けた同情と好意, 受けた同級生は五, 受けた名号をそれに, 受けた名状しがたい, 受けた名誉を感謝, 受けた名誉章のうち君, 受けた向う創だと, 受けた向きも少く, 受けた向上したその, 受けた味鋺の子, 受けた哀れな男, 受けた唯一の返辞, 受けた善兵衛からゆき子, 受けた喜びに物, 受けた囚人は後, 受けた四五の悪口, 受けた四六駢儷體でこの, 受けた四十幾つかの太った, 受けた四角な塚, 受けた因果で私, 受けた国警大村警察の調べ, 受けたは十三國, 受けた圧迫がまだ, 受けたのすべて, 受けた地方人民の中, 受けた城中の住民, 受けた基督教徒は思はず, 受けた場合十里四方三里四方というよう, 受けた場合暴徒も囚人, 受けた墨付百二十四万石とあった, 受けた士官学校入学試験の話, 受けた外今夜のやう, 受けた外傷とその, 受けた事件であった, 受けた大きい教訓を, 受けた大名や旗本, 受けた大学生諸君にすまない, 受けた大尉の垢, 受けた大山の影繪, 受けた大岡様は直ちに, 受けた大理石のよう, 受けた大陸人の口まね, 受けた大鳥時計店のさわぎはひととおりではありません, 受けた天下泰平の真盛り, 受けたは支那, 受けた夫人は急, 受けた女子がこういう, 受けた女学校などでもその, 受けた奴輩だと, 受けた好誼を感謝, 受けたや医者, 受けた婦人の常, 受けた子孫が当然, 受けた孔孟の教え, 受けた学校だけはお, 受けた学者の数, 受けた學者を數, 受けた安東仁雄と今福西枝, 受けた安藤弥生は暮, 受けた官僚的学者にはこれ, 受けた官能の刺戟, 受けた定家の歌風, 受けたの印象, 受けた実例教育の外, 受けたはおもに, 受けた宣教師ブレルスフォードを訪れた, 受けた害悪をも僕, 受けたがなけれ, 受けた家々では輪なり, 受けた家並の角, 受けた家中のもの, 受けた容易ならぬ恥辱, 受けた専門家がその, 受けた専門家たちは, 受けた将士やら賀客, 受けた小学生徒のよう, 受けた少女であるとは, 受けた少年の顔, 受けた屍骸だの血, 受けた山中の風景, 受けた山崎は南条, 受けた山脈のよう, 受けた山陰の海村, 受けた岡部美濃守は口, 受けた岩倉の大将, 受けた岩崎弥太郎氏がこの, 受けたの人, 受けた川手家の人達, 受けた巡査たちが自宅, 受けた工藝は激しい, 受けた左官が自分, 受けた左門であつ, 受けた巨大な非難, 受けたに対しては相当, 受けた師匠の処, 受けた師聖の姿, 受けた帰化的民衆によって収穫, 受けた平凡な忠告, 受けた平戸先生は汚れ, 受けた平手うちのこと, 受けたである, 受けた年少の実業家, 受けた年限も長い, 受けた幸子は車内, 受けた幼い日の, 受けた幾千幾万の官吏, 受けた幾千幾萬の官吏, 受けた幾多の先輩, 受けた建築に見えた, 受けたであろう, 受けた弟子たちが常に, 受けた張伯というもの, 受けた弾正渡辺登は長崎, 受けた当事者たちの箇人的, 受けた当人はだれ, 受けた当座は比較的, 受けた当時有名の美少年, 受けたになっ, 受けた役目は軍監, 受けた役者は実に, 受けた彼らが後始末, 受けた彼岸桜の大木, 受けた律文の中, 受けた後一列縦隊に並ん, 受けた後夜の八時頃, 受けた後弘前では別に, 受けた後旗竿が急, 受けた後死へまで殴打, 受けた後毎日ハンカチを五枚, 受けた後現金でこれ, 受けた後私が振出す, 受けた御息所はあと, 受けた御方であると, 受けたになつて, 受けた心持変って, 受けた心根を知る, 受けた心的打撃が如何, 受けた心身の打撃, 受けた忌憚なき非難, 受けたろしい, 受けた思い出である, 受けた性格がこの, 受けた怪我の気, 受けた恨みもまた, 受けた恩徳は何日, 受けた恩恵と彼, 受けた恩愛は一生, 受けた恩誼が何, 受けた息子や娘, 受けた悦びの理由, 受けたに対する一種, 受けた悪い影響も, 受けた悪口を弁護, 受けた悲惨な運命, 受けた悲痛の情, 受けた愛人といったかっこう, 受けた愛子の顔, 受けた感謝又狭く, 受けた感銘中最も僕, 受けた憐れな青年, 受けた懐剣をヒメ, 受けた我々には, 受けた我が國の, 受けた所謂黒田武士の葉隠れ魂, 受けたははッ, 受けたきずを, 受けた手傷がこれ, 受けた手利きの人たち, 受けた手古奈は最早, 受けた打撲のため, 受けた抒情詩は緻密, 受けた折檻の苦しみ, 受けた抽斎がその, 受けた拍手の波, 受けた招待のこと, 受けた招請のくる, 受けた拷問の実演, 受けた指関節の切傷, 受けた揚句にこの, 受けた損傷の程度, 受けた損害を短期, 受けた支那の周圍, 受けた支那人の間, 受けた支配人とボーイ三四人, 受けた放浪者が感謝, 受けた故殺さなん, 受けたの功能, 受けた教えに対しては日本語, 受けた教育者である人間, 受けた数人を始め七百名余り, 受けた敷島が急い, 受けた文学的の教育, 受けた文平もさる, 受けた文明人の理解, 受けた文芸復興期以後を詳しく, 受けた斜面なので, 受けた新しい恩として, 受けた新九郎右側へ薙ぎ捨て, 受けた新井直弥南方靖一郎の両氏, 受けた新聞広告を出す, 受けた旅行者を護衞, 受けた日向に寝転んだ, 受けた日常の恩, 受けた日彼が警視庁, 受けた日本の大官, 受けた日本主義は今度, 受けた日本二十六聖人をはじめ, 受けた旦那方もいらっしゃる, 受けた旦那様にも済まない, 受けた早く気がついて, 受けた早苗さん保護の役目, 受けたを忘れる, 受けた星田が警視庁, 受けた春日重蔵は藩主, 受けた時あたしはここ, 受けた時テワスに否応, 受けた時二人は三十歳前後, 受けた時二葉亭の頭, 受けた時会稽の虞翻, 受けた時先生に国, 受けた時分テキストとして使つた, 受けた時医者も大, 受けた時即まじこると, 受けた時執達吏と芝田さん, 受けた時宗助は会計, 受けた時川上はつく, 受けた時庭の太湖石, 受けた時彼女は凡て, 受けた時心持身体の向, 受けた時方に食事, 受けた時自分はしばらく, 受けた時証人エベールという男, 受けた時須く彼等, 受けた普通人民からも自然彼ら, 受けた暗々裡の圧迫, 受けた暗がりに杉本浩, 受けたの種類, 受けた書物である, 受けた曹操の恩, 受けた最高のもの, 受けたの光, 受けた有中米八権平等を座敷, 受けた有名の大家, 受けた服紗のよう, 受けた朝野の名流, 受けた木刀は実に, 受けた木剣は粉, 受けた木版刷の模樣, 受けた木立の色, 受けた未来のある, 受けたとうてい長く, 受けた本心の異様, 受けた本質なの, 受けた朱杯が傾く, 受けた東亞諸國の日本, 受けたの緑, 受けた板屋根はさながら, 受けた林内閣の成立, 受けた教授に, 受けた柳家の高, 受けた柳生対馬守はこけ, 受けた格別の感動, 受けた梅毒に脳, 受けた極めて特徴的な, 受けたに心, 受けた様子はなく, 受けた樊阿七と言う, 受けたの木, 受けた模様はなかっ, 受けただ, 受けたの朝, 受けた歓びも素直, 受けた歓迎であった, 受けた正式の許婚, 受けた正規の教育, 受けた此両人などは当時, 受けた此方の海岸, 受けた武器を母体, 受けた武士としての教育, 受けた武田の顔, 受けたの十六, 受けた殊遇を忘れず, 受けた殿さまのお供, 受けたである, 受けた母親の仕打, 受けた毒氣を洗, 受けたのこと, 受けた民族の將來, 受けた氣持ちは一, 受けた水田で水田, 受けた水田山林等とだ, 受けた水面は金波銀波, 受けた江畑新之助君は秋田県多額納税者中, 受けた沈黙の実践, 受けた沙汰書を持つ, 受けた油絵を抱い, 受けた治痘法はどんな, 受けた泉蔵達の裔, 受けた波動が空間, 受けた津田は頭, 受けた浅井君はまた, 受けた浪漫派の劇作家, 受けた浮世絵師の精一杯, 受けた浮浪人のわたし, 受けた海陸両棲動物のよう, 受けた深刻な心理的攪乱, 受けた深海の水藻, 受けた混血児で心霊的読心術, 受けた淺ましい目, 受けた温かい水が, 受けた源氏にとっては非常, 受けた漢人も或は, 受けた漢学者漢詩人其れに, 受けたの變, 受けた火花を洗い取っ, 受けた灰色の合成的印象, 受けた災害だった, 受けた為め気が転倒, 受けた智狂暴な, 受けた無双の大力, 受けた無念さから解放, 受けた無自覚な影響, 受けた無類の我儘息子, 受けた煙硝のあと, 受けた煩労と出費, 受けた熱傷はまったく, 受けた燗徳利を鐵瓶, 受けたであるとは, 受けた爲め一層その, 受けた父親は初め, 受けた牡牛のよう, 受けた物分りの好い, 受けた物持分限者の中, 受けた物理学者もあった, 受けた物質的損害は些細, 受けた特別国会を解散, 受けた特別待遇は著しかっ, 受けた状態にある, 受けたの面, 受けた猟犬のよう, 受けた猪口を下, 受けたのため, 受けたがある, 受けた猿之助がその, 受けたのよう, 受けた獣性の痛手, 受けた獨逸の有名, 受けた玄米小麦大麦大豆芋胡麻陸稲田稲等々二十一種の参考品, 受けた玄蕃の赤樫, 受けた玉晨大道君といふもの, 受けた現代の童謠, 受けた現代日本人がそのまま, 受けた現場にあった, 受けた理由は彼, 受けたのまま, 受けた生命を人為的, 受けた生徒はその, 受けた生物であること, 受けた産出者である, 受けた田丸主水正, 受けた男ゆえ自分の目, 受けた男女の顔, 受けた男子と等しく, 受けた異様な印象, 受けた當時の各, 受けた疑念で胸, 受けた病氣であつ, 受けた痍あとがそんなに, 受けたのこと, 受けた白波帥の頭目ども, 受けた白鮫号は矢, 受けた百姓が三人, 受けた皓歯がきらり, 受けた皮膚で瘢痕蟹足腫, 受けた直後だったから, 受けた直接の印象, 受けた相談といふの, 受けた看護の礼, 受けた真黒な影, 受けたがぎらぎら, 受けた睫毛の影, 受けた瞬間相手の男性, 受けた矛盾の中, 受けた知識は唐美人, 受けた石室の雑沓, 受けた研究である, 受けた研究者の中, 受けた礼遇の始, 受けた社員たちはもはや, 受けた祖父のため, 受けた祝詞ともいうべき, 受けた神秘な印象, 受けた福岡地方の人々, 受けた私どもがその後, 受けた私的な恩義, 受けた私達は貨物積卸ホーム, 受けた秋月九十郎は時, 受けた科学教育というもの, 受けた程度もおそらく, 受けた種々の悲しい, 受けた空虚なこの, 受けた之助, 受けた竜神温泉の不景気, 受けた童顔のよう, 受けた笊組は手ぐすね, 受けた筆法は明, 受けた筆者も酔, 受けた簡牘を蔵, 受けた粉雪でラッセル, 受けた粕谷の背広, 受けた精神的打撃もある, 受けた結果鑑賞の程度, 受けた継続的印象によって形成, 受けた総髪の剛, 受けた縫殿介と伊織, 受けた織元がいちいち, 受けたがある, 受けた罪人のよう, 受けたと思われる, 受けた美女飛燕のこと, 受けた羽目に凭れ, 受けたの自画像, 受けた翌日私は入院, 受けた習慣で頑強, 受けた老女がこの, 受けた者共ばかりで, 受けた者片手を奪, 受けた聖セバスチアンもそう, 受けた聖傷に對, 受けた職業的ないやらしい, 受けたぶくろ, 受けたの低い, 受けた脇田一松斎の元, 受けた腹黒いトルコ人が, 受けた自宅の夕食, 受けた致命者なん, 受けた良雪に対しては, 受けた色々の, 受けた芭蕉の態度, 受けたを扇, 受けた花教師の注視, 受けた芸人新町や北, 受けた苛酷な取扱, 受けた侍が, 受けた若者の一人, 受けた苦しみそのものの中, 受けた苦悶の痕, 受けた苦痛恥辱の感, 受けた苦艱を, 受けた苦難はまことに, 受けた英國の宣教師, 受けた茶屋の小娘, 受けた草木のうち二キロ, 受けた荒蕪の野, 受けた荘太玄はその, 受けたの花, 受けた之助, 受けた葬儀社である, 受けた薫育の中枢, 受けた藤尾は細い, 受けた虚しい怒りが, 受けた虚無僧ではない, 受けた蟄居二年の門, 受けたの出, 受けた行者でもなん, 受けた術士高僧は尠, 受けた街上で元気, 受けた街角では小鳥, 受けたに書き付けた, 受けた表面の印象, 受けた西村政府委員はただ, 受けた西軍が南朝, 受けたがなかっ, 受けた覚束ない影, 受けた親しい人の, 受けた親切さは旅人, 受けた親戚の名, 受けた親類のもの, 受けた角兵衛が死ぬ, 受けた訓令というの, 受けた訓練の賜物, 受けた訪問などはまるで, 受けた許りかレンバツハシユインドフオオエバツハベツクリン等独逸近代の大家, 受けた訶和郎の妹, 受けた証拠として今日, 受けた詩人モリスはさらに, 受けた語詞の説明, 受けた誤解から今や, 受けた誰彼をよく, 受けたみに, 受けた講義の要点, 受けた警官が蝉, 受けたなんで, 受けた譴責であつ, 受けた豊潤な時, 受けたは水辺, 受けた豪勢な威圧的, 受けた負傷と銃身, 受けた資格のある, 受けたは叩き, 受けたであるの, 受けた質問の内容, 受けたなどの色, 受けた赤星探偵はまだ, 受けたでお, 受けた身の上であるの, 受けた身体の変化, 受けた身體の變化, 受けた車掌とによつて大勢, 受けた軟い白い波, 受けた軽い火傷に, 受けたである随, 受けた輪田お夏, 受けた辛苦と危険, 受けた近世の空想, 受けた近江の湖, 受けた追跡国外への逃亡, 受けた通りに造作, 受けた通り旧式で不潔, 受けた通商破壊の実害たる, 受けた連歌師救済の手, 受けた適切な例, 受けた邦人の増加, 受けたを開け, 受けた重い侮辱に, 受けたの上, 受けた野武士のひとり, 受けた野蛮な女, 受けた金剛蜻治は自分達, 受けた鍛錬と訓育, 受けた鎌倉の一状, 受けた鎌倉中の武士, 受けた長い時間の, 受けた長手な色, 受けた門弟子らが幾分, 受けた関係でなかったの, 受けたの中, 受けた關係があり, 受けた關係上同窓會の會友, 受けた阿賀妻は目もと, 受けた際係りの予審判事, 受けた際形式的には小生, 受けた難儀もひどい, 受けた雪山が見え, 受けた震駭が異常, 受けたの御, 受けた静かな安息, 受けた面積三千百十三町七反歩而かもなほ寺, 受けたは大, 受けた頂上のあたり, 受けた頃以後の二条派, 受けたの一部, 受けた頭部の打撲傷, 受けたのあたり, 受けた顔つきで, 受けた願人坊主が入れ替っ, 受けた顛末それに当る, 受けた風景全体の暗く強い, 受けたはその, 受けた駒井甚三郎はよろよろ, 受けた駿馬の影, 受けた驚きとあと, 受けた恩を, 受けた高台はがあたろ, 受けた高弟で綿貫紋兵衛, 受けた高橋警部はこの, 受けた鬱積が潜在意識, 受けた鴎外についての私, 受けた鹿兒島の町, 受けた黒田さんのぼく, 受けたは巡業中