青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「受~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~ ~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~
受~
~受け 受け~ ~受けた 受けた~ ~受ける 受ける~ 叢~ ~口 口~ 口実~

「受~」 1092, 12ppm, 9271位

▼ 受くる~ (503, 46.1%)

15 ところの 10 ことは 9 ことを, ものは 7 ことが 6 ことと 5 こと, ことに 4 ことなく, ことも, にし, に至る, のである, ものに, ものの, 者は 3 ことあたわざる, こと多き, ものと, を例, 所の, 者も

2 [34件] ことの, こと大なる, こと絶え, であらう, とも勝負, と信じた, にふさ, に及, に外, に至つたの, に至りし, に足る, に過ぎざる, のだ, の位地, の止む, ものが, ものだ, もの若く, ような, ように, をいふ, をうる, を躊躇, 事と, 事は, 事を, 所以の, 禍ひ, 罰は, 者, 者が, 者の, 者を

1 [319件] かし, かと問う, かは知らぬ, からさよう, からといつ, から釣りい, かを調べたる, がため, が上, くらいの感銘, こそ自分, ことあたわず, ことあり, ことある, ことなき, ことなし, ことなら, ことなり, ことなれ, ことにな, ことによって, ことばかり, ことまた, ことをば, こと一しお, こと一層, こと一方ならず, こと両度に, こと多, こと太, こと屡々, こと洵に, こと満, こと無く, こと無数なり, こと能は, こと能はず, こと自然の, こと關東の, こと鮮少で, さう, その傷み, ためなり, ためには, ための, というは望外, というは迷信, といえ, といへ, ときには, ときは, ときも, とき畫工の, ところが, ところである, ところ一つ缺くれ, ところ二気と, ところ多から, ところ最も, ところ貴様は, としたなら, とて嫁菜, とともにこう, とのこと, とはもっての外, とも構いませぬ, とも言, とも言い解く, と云う, と人, と共に法然, と同じ, と同時に, なかれ我来世厄難, なり, なりと信ぜり, なり筆, にあらす, にあらず, にいたらざりしなるべし, にいたれり, には止まれ, には民衆, には紙片, にもっとも, にも足りない, によりて睡り, によるなる, にフランス, に一種, に価すべくし, に便せん, に充分, に到りぬ, に到る, に及ばず, に及び, に及ん, に堪うる, に従ってだんだん, に恥じない, に最も, に臭鼻, に至った, に至らざる, に至りぬ, に至れり, に足りない, に過, のが, ので, のに顔, のは, のみ, のみでなく, のみならず, のみの影響, のも, のを, の人となり, の光栄に, の地位, の大統領, の徳, の感を, の栄, の段取り, の請願, の資格, の道, の風, はすなわち, はずと, はそ, はその, は功徳, は素より, は自業自得, は舊友, は草木, ほどの恩惠, までも一言, もの, ものあり, もので, ものである, ものとして, ものとの, ものなる, ものには, もの三百以上に, もの六千人あり, もの必ず, もの殆ど, も恬, も本望, も自ら感覚, や, やうなる, やた, やと観ずる, や二階, や京都, よりも与うる, よりも与ふる, より進ん, をいさぎよし, をもって一家, をも妬む, を云, を以て名, を余り苦, を善し, を好まざりしか, を常, を欲, を知らざりしや, を知る, を要す, を見る, を覚り, を許す, を難, ステネロス直ちに, スラヴ人の, 一つの, 一輪の, 上に, 下の, 事かと, 事なく, 事に, 事少なく, 事甚だし, 事甚だしく, 人でなけれ, 人との, 人は, 人物とは, 人間との, 以上は, 作物は, 侮辱近所の, 値打あり, 光に, 光多けれ, 冷遇を, 列王の, 利益と, 刹那に, 刺戟もしくは, 刺激を, 前に, 割合と, 勿れ, 厭な, 周禎が, 圧迫とは, 報酬なども, 場合は, 多くの, 天に, 女王は, 学校教師などが, 学生を, 安心の, 家は, 少年少女は, 差は, 幾多の, 店の, 度各, 待遇に, 待遇について, 快楽である, 恐れあり, 恨の, 恨みの, 恩, 恩恵に, 恩惠に, 恩惠の, 愚を, 愛情生活の, 感動は, 憂なく, 所である, 所は, 所以である, 所多から, 所存に, 手に, 折も, 損傷は, 方が, 方にて, 方角から, 時その, 時代が, 時常に, 時弱き者は, 月日も, 某郡, 法師の, 潮流とを, 熱も, 牧師の, 状態に, 獰猛として, 獰猛人より, 理なし, 理由を, 田舎町の, 町村より, 瞬間に, 社二三並び存置さ, 社交的の, 神の, 神恩ある, 福, 福に, 福の, 福異なる, 禮, 程の, 種と, 立派なる, 等の, 筋あれ, 精神上の, 精神的の, 約あり, 組織あり, 総ての, 罰と, 者ただ, 者と, 者ならぬ, 者なり, 者なる, 者まま, 者より, 者よりも, 者多くは, 者心の, 能はずドイツの, 膝頭の, 苦痛と, 蜜より, 覚悟を, 覺えなく, 請願, 資格が, 資格さえ, 資格を, 迫害の, 部分即ち, 際なら, 魂も

▼ 受くべき~ (97, 8.9%)

4 ものである, ものと, ものに 2 にあらず, はずの, ものだ, ものを, 危機に, 当然の, 業は, 資格が

1 [69件] あだし名, ある程度の, いわれも, ことに, ことは, ぞ, にもあらず, に定まれり, はずは, はもとより, は我, ほどの略, も, もので, ものであった, ものであり, ものよりも, や, 一層多く, 人々みずからが, 人では, 人の, 人わが, 価値以上に, 価値以下に, 光榮を, 冠に, 報酬は, 嬉びの, 審判の, 尊敬と, 尊敬に, 待遇では, 応報であった, 性質の, 恋の, 成敗であった, 所なり, 所由は, 折檻と, 敬意を, 方といふ, 暗黒轟々として, 有耶無耶の, 権利の, 歳ぞと, 点が, 煩惱無き, 理なり, 田畠とても, 礼儀じゃよ, 筈, 筈である, 筈は, 筋は, 経済上の, 罰である, 罰と, 者に, 者は, 苦痛なら, 苦難から, 著作物の, 謂無き, 資格ある, 資格の, 賜なる, 身構え心構えを, 運命だ

▼ 受~ (53, 4.9%)

4 銀の 3 前で 2 好い様, 客を

1 [42件] ある気圧計, い, なかへまで, よい僧侶, ガラスの, 三人衆一人は, 世界です, 人名を, 人数には, 代りに, 具合を, 処に, 処へ, 叔父から, 君子, 好い事, 好い人, 安兵衞さんに, 実を, 弥左衛門に, 心持ちの, 心持ちを, 意味で, 生活が, 生活は, 生活を, 生活運命とともに, 皿が, 相談相手と, 硝子箱の, 縁側から, 縁障子を, 者懈怠の, 耳原, 耳原に, 色を, 菓子までも, 身に従って, 里芋か, 金を, 金具の, 騎兵団の

▼ 受~ (40, 3.7%)

2 とある, な, 可き

1 [34件] ああ何ぞ, ある時居士遠来, いずれに, この日稀有, こは, と, といいます, というの, という意味, といえ, とせ, となし, と云々, と聞けり, と覺, などと云つて, などと堅, また坂, わが兄弟二人, 但し受, 博く, 叡山に, 可から, 可らず, 圈二に, 後に, 故に翁, 敢て, 是恐らくは, 法行竜王の, 美人の, 長者すなわち, 靖光の, 靜夫は

▼ 受~ (23, 2.1%)

1 [23件] が爲歟, ことなく, ことを, こと肝要なり, と斉, と知り, と言つて, のであつ, のであります, のみ美味, の理由, までになっ, ものとに, も藩, やうな, 不文の, 人この世には, 人此世には, 悲しさ, 所へ, 所幅三フィートの, 物も, 貴臣

▼ 受~ (22, 2.0%)

2 ていた

1 [20件] て, ていない, ている, ておの, てそこ, てよき, て仙台, て以来, て去った, て妹, て家, て新, て添, て牛天神下, て碑文, て舟, むるを, やうが, 給はんことをこそ, 薄く土

▼ 受~ (21, 1.9%)

2 なる, よらずしては

1 [17件] あり, さっしゃりやし, して, しよう是非, なったの, なって, ならんかつ, なりました, なりましたね, 出した麦煎餅, 合は, 嫁し, 巻きつける, 成って, 指で, 柏餅が, 這入つて

▼ 受~ (21, 1.9%)

4 して 2 されて

1 [15件] いそがないと, いたすから, うけんもの, くれたよ, するだろうって, するという, するの, する義務, なすこと, 備へて, 為に, 致して, 行ずる場合, 説く, 證文に

▼ 受~ (19, 1.7%)

2 出て, 好い

1 [15件] しないの, できないので, よいぞ, よろしい, イヤでも, 上の, 出来ず袷, 出来ないので, 出来ない小遣, 可かった, 好いん, 好くない, 常に一つ, 引立ち, 悪いとこう

▼ 受くれ~ (14, 1.3%)

1 [14件] ど受, ばかく, ばきっと, ばこれ, ばその, ばなり, ば一しきり, ば乃ち, ば則, ば必ず, ば習慣, ば著者, ば輝く, ば馬

▼ 受附け~ (12, 1.1%)

2 てくれず 1 だの旧, てくださる, てくれる, てもら, て下さる, て発信, のよう, の少女, はいません, 掛りも

▼ 受~ (9, 0.8%)

1 キラキラと, 之を, 先の, 其婦徳に, 内部の, 大狼狽, 斯うい, 来た所, 芽いづる

▼ 受~ (9, 0.8%)

3 想と 1 いうごとき個人的問題, し醜態, つた飯茶碗を, ろうとして, 呼来たれ, 河床とを

▼ 受とり~ (9, 0.8%)

1 だけしらべた, ともち, に参ります, に来た, に立った, を先生, を見せ, 親爺は, 醇朴に

▼ 受~ (9, 0.8%)

1 いかにあせっ, いたすが, しなかったの, どこでも, 二千の, 勝に, 勝報を, 見ざる人, 重大な

▼ 受留め~ (8, 0.7%)

1 てこぐら, ては投げ, てみせる, てみよう, て立直ろう, ながらこれ, 受留め, 飛びしざりて刀を

▼ 受~ (7, 0.6%)

1 さ行かね, さ行ぐ時, て来い, て見, るなんて, 容れずに, 継いだ女中

▼ 受出す~ (6, 0.5%)

1 ということ, とか友達, にも造作, のかも, のに五十兩, 力が

▼ 受とっ~ (5, 0.5%)

1 たり住居, て, てそれから, てまた, て来た

▼ 受とる~ (5, 0.5%)

1 ことが, といふ単純, といへとも, と飲んじゃう, のが

▼ 受~ (5, 0.5%)

1 あるの, たされるという, 二つもらった, 将来奥さんに, 歴史的に

▼ 受きょう~ (4, 0.4%)

1 とはちと, とも是非, も知れぬ, も知れません

▼ 受によって~ (4, 0.4%)

1 彼は, 得られた仏法, 正法の, 達磨を

▼ 受くべく~ (3, 0.3%)

1 候, 戦いの, 戦場へ

▼ 受くべし~ (3, 0.3%)

21 とのたま

▼ 受され~ (3, 0.3%)

1 ていた, てこなけれ, てこの

▼ 受とられぬ~ (3, 0.3%)

3 と思ひぬ

▼ 受附けた~ (3, 0.3%)

1 ことを, 日附とが, 旨記載し

▼ 受附子~ (3, 0.3%)

1 の言葉, はちょっと, はにがにがしい

▼ 受くべ~ (2, 0.2%)

2 くして

▼ 受くるであろう~ (2, 0.2%)

1 と思う, もう止めましょ止めましょ

▼ 受しか~ (2, 0.2%)

1 その辺たしか, その邊たしか

▼ 受する~ (2, 0.2%)

1 ことに, というの

▼ 受~ (2, 0.2%)

1 のだ, 支那學生の

▼ 受たり~ (2, 0.2%)

1 したけれ共, といへども

▼ 受ついで~ (2, 0.2%)

1 居た, 居られたのに

▼ 受つけ~ (2, 0.2%)

1 てくれました, とよん

▼ 受~ (2, 0.2%)

1 あつた, ちょっと間に合わせ

▼ 受とめた~ (2, 0.2%)

1 こととは, 工合に

▼ 受~ (2, 0.2%)

1 取ッテ, 遮那

▼ 受ケテ~ (2, 0.2%)

1 極メテ, 続ケタ

▼ 受~ (2, 0.2%)

2

▼ 受想行識~ (2, 0.2%)

1 もない, もなく

▼ 受損じ~ (2, 0.2%)

1 て頭, 蹌めく

▼ 受留めました~ (2, 0.2%)

2 が二度

▼ 受返事~ (2, 0.2%)

2 をする

▼ 受附けない~ (2, 0.2%)

1 ばかりか次第に, 山木は

▼1* [133件]

あらんことを, 受いたしましたけれども今, 受きょう筈はござりませぬ, 受くべきであったが主人, 受くべきであらうがただ, 受くべきであろうぞ, 受くべきでない恵みなら, 受くべき侮を防ぎ, 受くべき覚なければ何故, 受くるあり名目の, 受くるおそれの, 受くることかくのごとし, 受くるでないかという辞, 受くるならん, 受くるべく既に予告, 受くるべく立ち上らうとした, 受くるべく立ち上ろうとした, 受くるむくいとして, 受くるも女親故, 受くる能わざるを知る, 受くる養おなじき, 受げんのだご, 受させたのだ, 受された真理は, 受したもので, 受しなければならぬ, 受といふ, 受とも第, 受せしこと疑ふべからず, 受せられた女が, 受せられるとき, 受せんとすれ, 受たいと思っ, 受たまはりたしと, 受たる吾, 受たれども不, 受だつたよ, 受つけ個数制限して, 受つるにあ, 受であってかの, 受であることを, 受ですから, 受でもしようというは, 受として沢庵も, 受としてはおきまり, 受とらなかったと云っ, 受とりくださるように, 受とりたるお近, 受とれないことだ, 受とれるように, 受とを先づ問題と, 受ないとも限りませぬ, 受なきやから, 受ならんには, 受にとて花見砂糖を, 受には手は, 受投げこんで, 受ましたの, 受みたいなこと, 受られるが大きい, 受り取っておられるらしい, 受るべき小歌の, 受クルコトニヨリテ男子ハ家族ニ對スル權威ヲ失シ交友ニ於ケル信用, 受クルヲ以テ自ラ身, 受クル者ナルヲ以テ無月謝教科書給付中食, 受ク使君ヲ説カント欲シテ先ズ涙下ル, 受ケシタトコロ大層オ元気デ, 受ケズ唯酔客, 受ケタコトガアルノデチョットグライ立ツコトハ立テタンデスガサア今デモ立テルカ知ラ, 受ケタル事件ハ第一審事件, 受ケタル玉蜀黍ノミガ成功シコレニヨツテ僅カニ主食ヲ備, 受ケツヽアル間予ハ別ノコト, 受ケテ甘味ヲ生, 受ケテ申シ開キ相スム迄国元ニ蟄居シ, 受ケニナルト云ウナラ今回ハソレダケノ準備ヲシテ取リカヽルカラ, 受ケマイトオ前ノ勝手ダ, 受ケヨウト受ケマイトオ前ノ勝手ダ, 受ケ候処昭和十三年八月四日東京刑事地方裁判所検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 受ケ労務ニ服スルコト能ハザルトキハ前借金ニ利子, 受ケ審議院議員ノ互選資格, 受ケ得ルト雖ドモ組織セル念慮ハ之ヲ作ルコト能ハザルナリ, 受ケ異状ニ突入セリ噴射機関等ニマッタク異状ナキニモカカワラズ速度計ハ零, 受ケ身体ニ羽翼ヲ生, 受タル婦女懐胎ナルトキハ其執行ヲ停, 受テ帰レリ両別当ヨリ指出セル守札, 受ルコトモ作用ヲナスコトモ夾雜組織スルコト一層高, 受行ズル時ハ僧ト成ツテ正法ヲ, 受一本を小銭, 受交換の折毎, 受佐久間が飛びつく, 受兄弟の親思い, 受出さなけりゃ流れるなあ当り前, 受出せないんだ, 受切れない両の, 受博士之饗應於平八茶屋, 受善きだけ俗, 受嗣いでそれで, 受嗣がれたところの, 受嗣ぐことが, 受奉行せよ, 受居りながら万八, 受てけだし, 受忙しい時の, 受悉可以示汝國中人使知國家哀汝故鄭重賜汝好物也, 受想感情記憶智慮意識等が不完全, 受想行は意識, 受戻す戻した金は, 受戻せるだろうしそれ, 受手水盥の類, 受教育の仕事, 受此段照会に及侯也, 受渡す言葉の, 受申す所あなたは, 受申せば貴, 受留めたがシブキ, 受留められてしまった, 受留めるとそのまま, 受社稷の為, 受程度の無駄話, 受見たように, 受負うのです, 受負った神の, 受賣りをし, 受賣りするより外, 受込むでサツサと, 受込んだきりで, 受都久之毛可禰都, 受附けずやむなくがんりき, 受附けなかったけれど七兵衛, 受附けなかつたは山口昇, 受附けますがこちら, 受附けようともしなかった, 受附けるならばすぐ