青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

取~ ~取っ 取っ~ ~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~ ~取り
取り~
~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~ 受~ ~受け 受け~ ~受けた 受けた~ ~受ける

「取り~」 6214, 67ppm, 1692位

▼ 取り~ (1442, 23.2%)

41 行って 37 行った 29 なって 27 来て 15 来た 14 行くの 13 来たの, 来る, 行く 12 来るの, 行くと 11 行ったり, 行つた 9 出て, 来いと 8 きたの, 来たん, 来ました, 行きました, 行つ 7 なる, やって, 來る, 帰って, 来ると, 行ったの 6 来ること, 来るよう, 来る人, 行こうと

5 [11件] きて, なるの, やった, やると, 來た, 戻って, 来た時, 自分の, 行かねば, 行くん, 行けば

4 [15件] いって, なった, なっても, なりました, なれば, 出かけて, 出かけました, 来れば, 立って, 行かなければ, 行くこと, 行く相談, 行こうか, 行ったもの, 行ったん

3 [28件] いきました, いった, かかった, くる, して, しようと, なつた, なりますか, なること, なると, なろうと, ゆくの, 來て, 出た, 参ります, 来いという, 来たこと, 来たと, 来たので, 来たり, 来るからと, 立った, 立とうと, 行ったこと, 行った時, 行っても, 走って, 階下へ

2 [81件] あがりますから, いくと, いくの, おいで, おいでに, おのれに, きた, きたん, くるに, くるもの, こないでしょう, されて, しては, せねば, なったか, なったが, なったその, なったよう, なってから, なりましたの, なるから, なるん, なれるでしょう, やつた, やりて, やります, やる, ゆきました, ゆくから, ゆくと, 來ません, 出かけた, 出掛けて, 参りました, 参りまして, 家へ, 往くの, 往った, 急いで, 戻った, 来たという, 来たのよ, 来ないと, 来ないの, 来ないん, 来ながら, 来なければ, 来ません, 来るか, 来るから, 来るという, 来るもの, 来る者, 次の, 立つて, 行かないか, 行かないん, 行きたいと, 行きましたが, 行くという, 行くとか, 行くところ, 行くふり, 行くもの, 行くよう, 行くより, 行くよりも, 行く事, 行く時, 行こうという, 行ったまま, 行った帰り, 行ってる間, 行つたと, 行つたのだ, 行つたら, 行つてゐる, 違いない, 遣る, 階下に, 駆けて

1 [709件 抜粋] あの家, あの辺, あるいた当時, いかない, いかなければ, いきなり席, いきまた, いくから, いくこと, いく出, いけるかい, いったから, いったこと, いったの, いったり, いったんだろう, いらしたの, いらっしゃい, いらっしゃらなければ, いらっせえ, いれるほう, おいでと, おいでよ, おやり, おやん, およこしなさい, おりて, おりました, お出でと, お出でなさい, お目, お越しください, お遣りなさる, かかりました, かかります, かかると, かどわかされて, きたたいそう, きたり, きた人夫ども, くるか, くるから, くるが, くること, くるってじゃ, くるよう, くるんだって, くる源因, くる筈, くる迄, こい, ここへ, こさせましたの, こない, ござる, させて, したいん, しても, しなければ, するが, する内弟子, せよと, そんなこと, ちげえ, とったり, なったかと, なったところ, なったほう, なったもの, なったん, なったコチラ, なった久内, なった位, なっては, なつたさうで, なつたら, ならずに, ならず私, ならない, ならないもの, ならないよう, ならない方, ならなかった理由, ならなけりゃよかっ, ならなければ, なられたの, なられたら小松殿, なられては, なりましたが, なりましたそれ, なりましたわ, なりましたネ, なりまして, なりますかな, なりますので, なりませぬか, なりませぬでしたか, なりホヲリ, なり兼ねない気, なり小, なり身方, なるうち, なるが, なるけれど, なるご, なるたんび, なるだけでも, なるつもり, なるでも, なるとは, なるには, なるほどの, なるよりは, なる方, なれると, なれるわけ, なろうという, ひき返して, ひき返そう, まいりました, まいれ, またそっと, また部屋, まだ町長, もどったの, やったの, やったらボーナス, やったら沢山, やった死骸, やってきたという, やってくるぞ, やつたら, やつて, やらされた包み, やらせるつもり, やらせるよ, やられたの, やられるし, やりました, やりますから, ゆきいつも, ゆきません, ゆきませんでした, ゆき新しい, ゆく, ゆくぞと, ゆくため, ゆくという, ゆく世話, ゆけないし, ゆこうとして, よこされたん, よこして, よこしなよう, よこしますから, よこす者, よこせ, よれば, オペラの, グレーを, ニタニタヘラヘラ, ブラリュの, 一掴み小口から, 一枝売っ, 上つた, 上つて押入を, 上らせようと, 下りれば, 下町の, 乱採された, 人が, 似て, 使えること, 使は, 來たんだ, 來たんぢや, 僕を, 先刻ここを, 入った, 入つた在所, 入りこんで, 入り込み来ても, 入れて, 入れ屋敷, 出かけそれ, 出かけたり, 出かけます, 出して, 出たと, 出たばっかりに, 出たオットセイ, 出で, 出ないか, 出るという, 出るふり, 出る時, 出る者, 出掛けたが, 初年兵の, 前約の, 占いを, 厨へ, 参ったが, 参った辰九郎, 参りましたが, 参りましたと, 参ります処, 参るよう, 参れ, 参れば, 參ります, 取りて, 台所へ, 向河岸, 囲炉裏ばた, 外へ, 多いので, 夢中に, 大蔵省の, 天竺へ, 奥に, 奥の, 學校へ, 宇治へ, 家の, 寄こされたを, 寄こしたので, 寄って, 寄来した, 寄越しますから, 小万, 小説を, 山へ, 帰った, 帰ったもの, 帰ったら一しょ, 帰つたのである, 帰つて来た, 帰ります, 帰るの, 帰る程, 廻って, 引っ返した, 彼方へ, 往くこと, 往くと, 往く事, 往く証拠, 往って, 往つ, 往つた, 御寄こし, 憂き身を, 戻った与力, 戻った江戸, 戻つた間, 戻らなければ, 戻りながら, 戻ること, 抜け目なく, 持つの, 掛ったので, 掛ると, 春日町を, 村の, 来い, 来いこの, 来いといふ, 来いとも, 来いの, 来させるとは, 来ずに, 来たお, 来たか, 来たが, 来たこの, 来たその, 来ただけ, 来たでしょう, 来たまで, 来たよ, 来たらお, 来たらもう, 来たら困ること, 来たわけ, 来たんだい, 来た事, 来た人, 来た人数, 来た呉服屋, 来た妙齢, 来た小野田, 来た時恟, 来た牛乳屋, 来た男, 来た者, 来た金子, 来た青年記者, 来てる奴, 来とくな, 来ない, 来ないかも, 来ないこと, 来ないでも, 来ないという, 来ないので, 来なくても, 来なけりゃ己, 来ぬか, 来ぬという, 来ねえ夕立, 来ねば, 来ましたが, 来ましたよ, 来ますから, 来やがった, 来よう, 来られたので, 来られぬやう, 来りたりと, 来るが, 来るがい, 来るぞ, 来るつもり, 来るとか, 来るところ, 来るはず, 来るまで, 来るやう, 来るわ, 来る乾分, 来る商人, 来る客, 来る廻し者, 来る明日, 来る様子, 来る段, 来る浅井, 来る百姓, 来る頃, 東京から, 松林に, 枯枝を, 歩いて, 没頭し, 沢子が, 流し元へ, 海の, 渓へ, 炭を, 無駄骨を, 田端から, 登ったかも, 皆が, 真夜中でした, 砂で, 突き刺すよう, 立ちかけた, 立つやう, 立上った, 立去ります後姿, 紅生姜を, 綱渡りで, 美濃路を, 聞いても, 能く, 自分に, 自宅へ, 船橋まで, 色々の, 蔑んで, 行かう, 行かうか, 行かうとして, 行かざるべからず, 行かず腰, 行かせ黙って, 行かないなら加集, 行かないの, 行かなきゃならぬ, 行かぬかと, 行かぬまま, 行きそして, 行きそれ, 行きつけた者, 行きながら, 行きます, 行き乍ら, 行き朝食後出発, 行くが, 行くそう, 行くそして, 行くたかが, 行くため, 行くだらう, 行くついで, 行くには, 行くので, 行くのに, 行くほど, 行くやう, 行くわ, 行く人, 行く僧, 行く兵馬さん, 行く勇気, 行く女, 行く日, 行く気, 行く筈, 行く者, 行く裏長屋, 行く話, 行く近間, 行く途, 行く途中, 行く隙, 行く頃, 行けっていう, 行けと, 行けなかったのよ, 行け取れたら貸して, 行こうかしらと, 行こうとして, 行ったあの, 行ったか, 行ったが, 行ったその, 行ったと, 行ったという, 行ったので, 行ったらしく, 行った仲間, 行った偽物, 行った小使, 行った方, 行った為, 行った留守中, 行った翌日あたり, 行ってるの, 行ってるもの, 行つたさうです, 行つたといふ, 行つたところが, 行つたのかと, 行つたのださうだ, 行つたのである, 行つたのを, 行つた使が, 行つた東京あの, 行つた東京傳通院の, 行つた薬が, 行つても, 行つてやり, 行つて來る, 行つて出, 行つて若し, 街の, 被入る, 見えたの, 諏訪へ, 貰えるほんとう, 賃錢不拂を, 走らせた, 走りそれ, 走りだした, 起った, 踊屋臺へ, 転向し, 軽く拍車, 農事の, 返って, 返り遅く, 這入るの, 過ぎなかった, 遣った, 遣って, 遣つた, 遣りその, 遣りまして, 遣るとは, 遣れば, 遣わされました故, 選ばれ損つた娘, 部屋へ, 金剛山の, 長谷川時雨女史の, 附近の, 隅の, 隣室へ, 類すること, 飾られ真珠, 駅まで, 駆けたは, 駆けだそうと, 駆け戻って, 駆込んだの, 駈けて, 駈け出して, 駒形へ

▼ 取り~ (479, 7.7%)

8 これを 4 其言を, 引けば, 第一枚 3 あの水菓子屋, これに, 之を, 我に, 見れば, 評すべきやらんと

2 [23件] みれば, わが短, エリスに, 之れ, 何の, 其の清濁, 動かず同, 嘆かむ, 大なる, 家に, 左右に, 引くエリス, 彼が, 彼は, 扶け, 治療を, 海野が, 火鉢の, 立ちながら, 自家俳句集中に, 自活すべし, 頼家の, 養育し

1 [395件] あすの, あたかも炎天, ありがたし, いとを, いわゆる, うなづくが, えと覘, おかしくも, おのが, お忘れ遊ばした, お毒見, かくは, かりにこれ, かりに慶応義塾, きらめく芳醇, くらひ, くらひきと, けるとて, この上, この主義, この問題, この子, この月明, この紙数, これと, これ以上始末に, これ形見とも, その一方, その上, その中, その半, その品, その外, その夢幻, その天皇, その夫, その巻初, その船, その苗字, その言, その逃げ出だし, たまはれ, なんじ, はかへ, はめで, ふさ付き帽子面もちゆたかに, へいげん門外, やれ何倶楽部, わが, わが傍, わが私有, わが詞, わざと其名, われに, アテーネーアカイア族の, ネストール, ヘレネーの, ベルナルドオが, ポツジヨに, ルュキザンブルに, ヴェネツィアに, 一々, 一々種, 一の, 一シリングにて, 一夜の, 一息に, 一文字に, 一生忘れ, 一種の, 一箇の, 一聯と, 一般的興味ある, 一身の, 三枚続, 上なき, 上貢と, 下り立ちたまひき, 不倫と, 与えしに, 与ふるもの, 世界共通の, 両手に, 両方へ, 中なる, 主人公と, 之に, 乙女の, 予が, 二つに, 二合五勺に, 二様の, 二箇国の, 云ふ, 互に相向, 京の, 人も, 人事の, 人間の, 今なほ無上, 介抱し, 他を, 他書より, 以て, 休まず, 住むたち, 佐韋河と, 何たる不祥事, 何たる幸, 何事を, 何事をか, 何心無く打見れ, 何等の, 來るべき, 例の, 例証と, 個想と, 倶楽部とやらに, 側に, 傍より, 兄へ, 先づ一ページ, 入りて, 八つ目の, 六畳の, 共に歩け, 其の中, 其上に, 其中より, 其他は, 其室屋の, 其重み些の, 出で, 出でて, 刊行せ, 利益を, 剥きゐたり, 剥き始めけるが, 劒もちて, 努彼詞に, 勁箭蓄ふる, 勵まし, 勿體なき, 包み紙の, 十分に, 単身二八二号室の, 占合ま, 原稿を, 又人, 受納を, 叙事詩を, 口に, 右の, 吉き, 吉野村の, 名づくる, 名声を, 含ます母, 呉江の, 和名と, 唯一の, 喜ぶべきこと, 喰ひまぎらはしゝかばチユウゲンに, 噛みつ, 四天王の, 四夷の, 四方より, 圍み立ち, 地上に, 地上生活時代の, 堀切橋て, 堂内の, 塔より, 大日下の, 大股に, 天の, 奥に, 奮ひ, 女王國の, 好参考資料, 好適な, 如何ばかりか, 妾と共に, 姉樣も, 客の, 室中に, 容易ならぬ, 寫生の, 導きて, 小屋の, 小脇に, 少しづつ書, 少女の, 尽きずこれ, 屍を, 山道の, 岸邊を, 巌の, 市に, 帰りて, 常は, 幸福を, 庭に, 引き, 引きしぼる, 引き出だし, 引き率て, 引き返し衆, 引寄すれ, 引破り, 引立てる, 弟の, 彼等の, 待ち撃給いしか, 後なる, 御陵を, 忘るべからざる, 思ふ人, 思を, 恆に, 恐る可, 情に, 憚る, 憤然と, 懷しく, 我を, 我執の, 戰ひ, 戰ふ, 戴きつ, 手毬を, 打ちけるが, 打ちながめ思はず感嘆, 打ちながめ思わず, 打ち叩く火夫, 打破的運動を, 投げ棄て給いしかば, 披け, 披見る, 持ち上り, 持ち加減, 持ち帰りて, 持返し, 挽き出せり, 捨ちよやれ, 捨てつ, 接吻せし, 控き出で, 支那海を, 攻究すべき, 敷き散して, 斯くて, 新月瀬と, 日本の, 日野氏に, 早稻田黨, 明日は, 昨夜野宿せし, 是に, 晴れの, 最も恐るべき, 最も懐しい, 月に, 望一望すれ, 末永く育てん, 本来の, 杉林を, 来ぬべき男, 松澤さまとの, 柱と, 格物致知の, 検むるに, 椿山莊を, 極めて難し, 楽み, 構へ, 欠く可, 歌に, 歎かむ, 止まず, 正しくその, 此事幸なりき, 歩みよりを, 歸り, 汝に, 治めよと, 泣きぬ, 活み, 漕出でぬ, 無用の, 無類の, 然ら, 父に, 片唾, 片手に, 物凄き射撃戦, 物書く, 物質的損害を, 王の, 琴に, 環状を, 瓢は, 甚だ興味, 疾を, 白浪を, 皆我用と, 目深に, 直行の, 相迎, 眼かづらを, 研究せ, 研究や, 示さば, 神のみ, 立ちましき, 立ち歸, 立てり, 竜宮行の, 第二, 組織せる, 縁に, 義譯す, 耀く頭鎧, 老人の, 聊か学芸, 聖イリオンに, 肩にかけ, 背後の, 胸に, 臥しながら, 自己の, 至大の, 與ふる, 航路に, 船に, 芋の, 芳醇わが, 葉越の, 藏めおきぬ, 蛇を, 行かんと, 衣服を, 裘と, 裸男に, 見つつ, 見て, 見る, 見付けられぬ心がま, 覚束無げ, 試みまた, 誠に誠に無念, 読むくだり, 読むに, 調べ居り, 諸の, 譽と, 讀む, 贈りぬ, 走去げ, 走者に, 身に, 返さず, 迫れば, 進めば, 進めり, 運動会に, 運動會に, 還り入り, 重大なる, 鍛人天津麻羅を, 門の, 開き見んといたし, 障子襖を, 隠くす, 雄弁荘重なる, 顏の, 顔も, 類想と, 飛び去る如く智者, 飛去る, 食い娘, 食う, 食うこと昨日, 食し, 食せよこれ, 飲干し, 馬を, 馳せ集まりくだん, 駕籠に, 高価に, 高帽子, 鬢毛の, 魚豢が, 黒き土, 黒き胡蝶

▼ 取り~ (357, 5.7%)

15 直さずこの 7 直さず, 直さず自分 5 直さずその, 直さず人間, 直さず今, 直さず彼 4 直さずそれ, 直さず哲学 3 直さずイデオロギー, 直さず之, 直さず技術

2 [23件] せぬ天下, なおさず物事, 直さずあなた, 直さずそれだけ, 直さずジャーナリズム, 直さず中, 直さず内, 直さず吾, 直さず弁証法, 直さず彼等, 直さず心理遺伝, 直さず技術的精神, 直さず文化, 直さず文芸, 直さず模写, 直さず物質, 直さず理想, 直さず真理, 直さず社会, 直さず神, 直さず空間, 直さず第, 直さず自然科学自身

1 [245件] ありませんが, あれば, うまく行かない, したかの, して, しないもの, しなかろうが, しねえでわざわざ, しねえもの, しめえと, せず特別, せぬ糸瓜, その催し, それだ, とうにもうノルウェー式, どした, どしたらしかった, どすか, どすから, どすだけで, どすでしょう, どすと共に, どすまでは, なおさずこの, なおさずその, なおさずただちに, なおさずわたし, なおさずヨーロッパ, なおさず僕等, なおさず別れて, なおさず日本民族, なおさず社会そのもの, なおさず第, なおさず自分, なく斯, 会って, 何にも, 來ず, 写実的な, 出して, 出来ない訳, 出来んが, 忘れて, 惣治に, 断って, 果さずこの, 殺したく思はる, 直さずあの, 直さずお前, 直さずかかる伝統的問題, 直さずかかる客観的精神, 直さずかの, 直さずこう, 直さずこれら, 直さずずるずる, 直さずそういう, 直さずそのもの, 直さずまったく, 直さずわが, 直さずわたし, 直さずわれわれ, 直さずオランダ, 直さずクプンハアフン, 直さずツヅラフジそのもの, 直さずファシズム, 直さずブルジョア, 直さずブルジョアジー, 直さずブルジョア社会, 直さずプラトン, 直さずヘーゲル, 直さずマルクス主義的, 直さずユートピア社会主義, 直さずラジオ, 直さずロシア国, 直さず一定, 直さず一種, 直さず七兵衛, 直さず世道, 直さず乱れた心, 直さず予, 直さず予備観念, 直さず事実, 直さず享楽能力, 直さず人生そのもの, 直さず仏, 直さず仏教, 直さず他, 直さず伯夷叔斉, 直さず佃, 直さず例, 直さず個人的意識, 直さず僕, 直さず僞御朱印泥棒, 直さず公徳, 直さず共同, 直さず其前, 直さず内容的論理, 直さず再び, 直さず冬眠, 直さず初めて, 直さず利, 直さず劇的詩, 直さず半, 直さず印象, 直さず印象追跡, 直さず厳密, 直さず叔父自身, 直さず古い, 直さず古今東西, 直さず同一, 直さず哲学それ自身, 直さず哲学的基礎, 直さず啓蒙, 直さず啓蒙期ブルジョア, 直さず器具, 直さず天, 直さず天地万有, 直さず太陽, 直さず夫, 直さず妻, 直さず孔雀明王, 直さず存在, 直さず学術論文, 直さず官僚, 直さず実験, 直さず客観的, 直さず富士, 直さず川, 直さず左右田博士, 直さず己, 直さず市民, 直さず常に, 直さず平民, 直さず広告そのもの, 直さず弁証法的論理, 直さず形式的真理典型, 直さず彼等自身, 直さず彼自身, 直さず徳川家, 直さず心身, 直さず必然性, 直さず思想, 直さず性格, 直さず悟り, 直さず悟性, 直さず愛國, 直さず我々, 直さず戒厳状態, 直さず技術そのもの, 直さず放送協会, 直さず教育統制, 直さず敵, 直さず文学, 直さず文学そのもの, 直さず文献, 直さず文筆, 直さず文芸批評, 直さず文芸評論家小林秀雄自身, 直さず文芸雑誌, 直さず斉彬公, 直さず新, 直さず新た, 直さず新聞, 直さず日本, 直さず日本帝国, 直さず日本資本主義, 直さず本当, 直さず本能, 直さず梅毒患者, 直さず模写説理論, 直さず横光, 直さず欧州中世期, 直さず正確, 直さず此歌, 直さず此花, 直さず武州公, 直さず歴史的, 直さず歴史的社会, 直さず民族精神, 直さず民衆思想, 直さず永劫不滅, 直さず汝, 直さず泥坊, 直さず海馬, 直さず灰, 直さず父上, 直さず父君, 直さず牝犬, 直さず物事, 直さず物理学, 直さず物質的生産, 直さず独占, 直さず理論, 直さず甚, 直さず生, 直さず生涯一書生, 直さず田舎, 直さず畑, 直さず畜生道, 直さず病気, 直さず皇國民一般, 直さず皇威, 直さず盗んだ野郎, 直さず盜ん, 直さず知識, 直さず社会的, 直さず私たち, 直さず科学, 直さず科学的, 直さず科学者, 直さず科学自身, 直さず空間自体, 直さず範疇, 直さず紐細工, 直さず組織化, 直さず結婚雑誌, 直さず自分ら, 直さず自分自身, 直さず自己, 直さず自然物, 直さず自然科学的, 直さず自由, 直さず芳香性, 直さず西洋音楽, 直さず西田哲学, 直さず観念論, 直さず解釈, 直さず論理学, 直さず謎, 直さず責任内閣, 直さず貴方, 直さず資本主義, 直さず資本家階級, 直さず軍紀, 直さず進化論, 直さず運命, 直さず道義的, 直さず階級意識, 直さず非, 直さず鼻, 直さぬ死活問題, 米櫃の, 臭くならない, 見なくに, 訪ねて

▼ 取り~ (332, 5.3%)

6 ような 5 ように 4 旗本の, 池という, 翁ありけり 3 やうな, やうに, 善さんなる, 娘の, 池に, 池へ, 話に

2 [13件] お使, こされて, 二老人も, 光景が, 善さんじゃ, 役を, 心から, 早さ, 武士が, 翁といふ, 翁の, 衣匠を, 話は

1 [262件] あるさまざま, あるところ, あるハンカチ, いわゆる屋敷風, うしろから, おきみち, おせい, おたいこ持ち, おなっちゃん, お屋敷, お方, お歴々の, お留守居役, お雇い, かげで, かなしさ, か揺り, げな, こされたかご, こしたまま, こぼれである, たぐいで, ただ儲け, ために, ため上京された, ため社会主義的な, ついた新調, つもりで, という, ときの, ない正直, ままひろがっ, やうにの, やり繰り手話上手な, アンコ型は, チャンスは, 一件が, 一日の, 一番力の, 三分の二も, 上に, 上を, 上勝手に, 上士で, 上士ばかり, 与力の, 二銭八厘の, 人道主義, 人達を, 仕事が, 仕事も, 使にも, 侍が, 侍だ, 侍に, 促す声, 俺らは, 元締だ, 先は, 八五郎が, 六月十一日, 具合を, 写真を, 写真端書如き, 刀が, 前祝いを, 効果や, 化粧まわし見た, 医者が, 半兵衛と, 収穫な, 取持ちや, 口に, 口は, 台所の, 名人が, 名人だ, 名人だった, 名人で, 名人です, 名人とは, 名人に, 喜三さんお, 営業を, 嘘だらう, 四股を, 國原次郎といふ, 型を, 場当り役者で, 場所蒲團の, 墓の, 声が, 声は, 声明るい, 大人の, 大旗本, 大曲者は, 大身を, 女が, 女と, 女とが, 女に, 女は, 女を, 女教師様, 好きな, 妙味は, 妻君らしく, 妻君裏長屋の, 姿が, 姿を, 娘が, 嫁に, 子供たちに, 専門家とかが, 小さい旗本, 小窓, 小間使は, 少年が, 少年雑誌や, 屋敷と, 岩吉さ, 工合を, 巧みなる, 市掃き, 年少き, 幽霊が, 廻し者が, 弟子たちとが, 強い男, 強盗が, 弾丸に, 役付き家臣は, 御家人が, 御家人で, 御家人の, 御家来秋月喜一郎, 御書院番, 悪者三人が, 意味である, 慣わしらしい, 戦争であった, 戯曲を, 所は, 手だ, 手に, 手を, 政治を, 政策な, 新事業, 新手という, 新発明, 方が, 方で, 方を, 方式が, 方法だつた, 旗本が, 旗本で, 旗本でございました, 旗本小栗昌之助の, 旗本屋敷の, 旗本屋敷へ, 旗本真柄権之, 旗本福田左京の, 日本人の, 早若などの, 時から, 時には, 暮しには, 曲者を, 月影に, 木乃伊という, 木乃伊に, 本縁, 机代物を, 根性を, 様が, 樣な, 横目役である, 橋の, 次に, 武士にて, 死骸は, 殉死者は, 殿樣に, 比では, 民蔵が, 池の, 漁女が, 為或, 無尽には, 焼き人形師と, 煙突を, 片面鬼三郎よ, 珍手を, 珠の, 用意は, 男女を, 番頭奥野将監同じく, 病人も, 瘤だっ, 癖に, 目的で, 相当な, 相談まで, 知行で, 知識なども, 稼ぎだ, 稽古で, 窓の, 童であった, 童侍は, 籠の, 紅い胴抜き, 紙縒や, 経験を, 総称に, 総称を, 縄羂新九郎の, 罰金は, 群が, 老いたるが, 老人が, 者の, 職仕, 腰に, 自由と, 艀船は, 芸者の, 若隠居とか, 苦労も, 蓄音器じゃ, 蓼この, 薬を, 蛇人に, 見窄, 親類が, 言葉に, 議論である, 貧乏人が, 資産な, 足場に, 身柄の, 運動に, 道だ, 道具に, 道具を, 金に, 金太郎これは, 陰謀の, 際は, 隠居所だけに, 雑誌張りの, 青年だけで, 面白き光景, 面目は, 鞠の, 頃じゃに, 顔にも, 類をかかへ, 香水の

▼ 取りながら~ (152, 2.4%)

8 言った 2 お上ん, つぶやいた, 一方には, 云った, 挨拶し

1 [134件] あれでは, いざと, おどり回った, お稽古, かすかに, きょうだいふたりのえりもとへふんわりかけてやると, こう言った, こつ, このよう, さあらぬ, そいつを, そうして石, そして一時的, その処分方法, その敵, その窓, そんなこと, ぞろぞろ繋がっ, なぜか, ねらい方, のめのめと, ひしめき立って, ふじこを, ふともう一度昨夜, ふとわたくし, また敵, まだ不安, まだ何らの, まだ荊州, やがて, やって来ると, よろけよろけブリッジに, ジョーンは, フォルスタフの, ミルクを, 一つだって, 一時間ばかり, 一時間ほど, 一歩一歩と, 一郎と共に, 与次郎と, 主人や, 云ふ, 人魂の, 何か, 何の, 何度も, 停車場へ, 先方の, 出づ, 勇んで, 半蔵は, 南下し, 口ずさんで, 叩き立て, 台所から, 台所へ, 吉田氏の, 否応なしに競技, 吹くと, 唄は, 唄を, 唐人川の, 唯それ, 唱歌を, 外の, 大はりきりで, 大津まで, 孔子を, 実際に, 室を, 家内は, 小太刀を, 左手で, 帥の, 弱い火, 彼れ, 微笑んで, 急ぎ足で, 急に, 悶えた, 扉の, 手を, 指環の, 教えるの, 敢然として, 時々小石, 暫く立, 暫く考え, 椅子に, 横に, 歩こうと, 気長に, 注射器の, 洞院左膳を, 父を, 物に, 王室回復の, 生徒達の, 甲板を, 町内中の, 疲れた声, 白足袋の, 真白な, 眼を, 祖父に, 窓の, 立ちすくみの, 立ち上る, 管弦楽団の, 紳士が, 繰り返した, 聴いて, 聴診し, 自動車に, 袁祁王に, 袋持が, 覆面の, 親分肌を, 詩酒の, 話して, 話しを, 読み役, 読むとも, 踵を, 辿って, 追って, 闇に, 静かに, 静に, 順送りに, 顔が, 餌刺の, 黒天鵝絨の

▼ 取り~ (110, 1.8%)

16 して 4 入れて 3 したり 2 はじめた, やって, 依頼する, 加へて, 奉書の

1 [77件] いたしましょう, いちいちたしなめ, かせぐため, さげたり, させて, させました, しおるとて, したこと, したつて, したと, した桃色, した猿股, した畳, した黒檀色, しっかり心, しながら, しなさいどこ, しろと, し隙, するため, するの, するよう, する他, する大人, する役, する為め, そのままに, なすにあたって, ぬすんだという, ねがいましょうと, ねがえるよう社會状態, ほしいまま, まさか僕, もって, やった, やりはじめた, やる, わたくし一と, 云いつけて, 云わぬ事, 使って, 入れまして, 入れるの, 取り合せ動物質植物質, 名代の, 命令され, 喰ったよう, 始めるし, 実行しよう, 引き寄せて, 心がけると, 必要と, 思ひ付き, 持ちて, 持って, 改めて見た, 生命と, 目論んだのさ, 稼いだ折, 第一, 職業と, 見せ彼, 見て, 言い渡した, 試みたと, 買って, 買つた生, 連れて, 酒で, 隱し, 願いましたならば, 願いましょうかな, 願います, 願うこと, 願うなれど, 願うの, 願って

▼ 取り~ (84, 1.4%)

3 しなかった 2 しない, づす, 右衛門の, 致しません

1 [73件] いたしましたものの, お前だに, お玄関, き鎗, ぐるりと, こびうるもの, したが, しないかと, しないの, しなかった私, しなかつた, しねえかな, しばらく入口, しまいかと, すまい, すまいし謝礼, せぬ, せん, そうした感情, そのあくる日, ちと変, づさし見れ, づし, づした, づしたものらしかつた, づしてお, づしてそこらに, づしてはならないので十三世紀の, づしてはなりませんでした, づして居る, づして自分で, づし二丸迄, づし荷馬車の, づすと今後は, どうしても秀吉, どうでも, なかなか絶念めよう, なしました, ほとんどなく, ほんとにいや, らいに, 中門の, 事ごとに, 五十五歳に, 入用る, 円場から, 単なる娯しみ, 取ったが, 取ったけれども, 右の, 同様に, 呂宋兵衛が, 問題に, 四度太刀を, 子供の, 少なかった, 左の, 市予算経常部の, 常人の, 御実家, 必ず逃げ口上, 性に, 支那劇に, 昔に, 村松の, 相手に, 笑つて, 美しいという, 致しませぬて, 蝉を, 親類方が, 辻斬りや, 顔色を

▼ 取り~ (78, 1.3%)

8 はれて 5 つたもの, ふの 4 ひが, ひを 3 つた, ひ方, ふのに 2 はう, はれる, ふこと, ふやう

1 [35件] つたこと, つたらいい, つたら穿つたもの, つたり, はうとして, はない, はね, はれるやう, はれ後者, はれ方, はれ甚だしき, ひ, ひは, ひ度, ひ法, ひ淨瑠璃, ふことは, ふたんび, ふと云, ふと云つた人, ふなどは, ふなり, ふにも, ふべきぞと, ふ上, ふ人, ふ奴, ふ対象, ふ手法, ふ時, ふ時に, ふ本, ふ様, ふ迷信, をかえる

▼ 取り~ (66, 1.1%)

5 して, へた 3 しに 2 したか, はす, へつこ, へてから小, へて呉れ, へられ

1 [41件] した, したこと, しては, しながら, しにな, すこと, すの, す習慣, す言葉, つこを, つた, はされる, へき, へたり風呂場, へたり髪, へたる, へちや叶, へつ, へてしまはう, へてもいい, へてもさし支, へてもつ, へて住ん, へて呉れる, へて洗濯, へて行, へて見, へて飾, へに来た, へぬ, へました, へられた, へるとい, へるので, へる丈, へる手数, へる見たいな, へ中, へ乙, へ二三回, へ又

▼ 取り~ (64, 1.0%)

11 はない 9 はなかつた 5 はう, はぬ 3 つて, はせ 2 ずに, ひて, ひません, ふことも, ふ気色, ふ色

1 [16件] ないで, はざる, ひさ, ひその, ひに, ひませんでした, ひ組んで, ひ胸, ひ足揃, ふその, ふ事, ふ容子, ふ必要, ふ手, ふ様子, ふ者

▼ 取り~ (61, 1.0%)

3 をし 2 が違っ

1 [56件] がある, がまた, がまちがっ, がよろしく, がわるかっ, が一倍, が一層, が一段と, が不充分, が充分, が分る, が少ない, が悪い, が悪く, が拙かっ, が當, が貸金, その光線, であるから, であろう, でいろいろ, ではだいぶ, で以, で植えられっ, で節, とはまるで, などがどうしても, などと来たら, などは随分, など大変, にも口, によってわが輩, によって少なから, によつて, に依っ, に新, に私, はいろいろ, はしたくない, はしない, はもちろん, は必ずしも, は確か, も一向に, も存じませぬ, も自己流, も苦心, や生き抜き, をする, をするなら, をやかましく, をゆるがせ, を交渉, を夢中, を知らない, を見せる

▼ 取り~ (57, 0.9%)

7 木乃伊に 4 ミイラに 2 入つて, 手桶を, 木乃伊という, 談話が

1 [38件] あったか, あったの, あったもん, あって, あるいは脅迫, いないでは, うんと入, ここを, すんだ日, その第, たいていおかしな, できれば, ない中座敷, 一両二両の, 丸くなっ, 二人, 住む古い, 円場に, 出来たこれ, 出来たの, 出来ましねえから, 出来ますか, 在ったもの, 学問に, 御飯の, 惚れ薬, 我れ, 數をかぞ, 日課に, 木乃伊にな, 柳の, 狐拳でも, 現われて, 百人あっ, 目的商人の, 知識的労働者なら, 貧しい農, 阪東桂八さ

▼ 取り早く~ (47, 0.8%)

4 言つたら 3 いえば 2 しなければ, 云うと, 言ふと, 言へば

1 [32件] かたづけたもの, するため, その中, は來, は参りません, やってくだせい, わかります, 下手人を, 云いましょう, 云えば, 仕度を, 仕返しを, 出来て, 功を, 惚れたら惚れたと, 捕獲し, 済んだ, 珠数屋を, 申しますが, 着こなした, 確実に, 筋を, 義雄の, 胴切りに, 要領に, 解るよ, 言うと, 言は, 言ひ, 言へ, 調べて, 道劇としか

▼ 取りその~ (45, 0.7%)

2 棘の, 皺を

1 [41件] あとで, お金を, みちたる, 一本は, 上で, 上前スワンソン夫人を, 上罪人を, 中から, 中に, 中身を, 住宅庭園の, 内部の, 前に, 半を以て, 半分に, 商売形式は, 學派の, 宮中に, 平な, 庇護の, 手を, 方向を, 日の, 曲線を, 欲望を, 氈を, 水を, 票面に, 穴から, 箱に, 節を, 美を, 翌朝も, 脇に, 脈を, 船の, 街路の, 裏へ, 言葉尻を, 隣りに, 鼻先で

▼ 取りそれ~ (44, 0.7%)

2 に脣, を持っ

1 [40件] が當時, が積極的, が縫い合わされ, で通し, と見, にて打撃, に固まっ, に桶, に薄口醤油, に酒, は麦畑, をうち, をこの, をつがえ, をひらく, をわき, をジャン・ヴァルジャン, をヨーロッパ人, を上方, を以て兇惡, を使っ, を保全, を傾け, を包み, を古本屋, を同じ, を小樽, を年老いた, を床, を持った, を掌, を最後, を海綿, を療法, を皆, を胸, を自分, を読み下し, を開い, を飲ん

▼ 取り~ (39, 0.6%)

3 あつた

1 [36件] おまけに, お側に, お熊, お福, きめた五, ことに三味線, すっかり取っ, その隠居, たまに晩翠翁なぞ新聞紙上, ゐますが, 三味線など, 九代目団十郎の, 出這入りを, 叔母を, 同じ裸, 名所を, 夫婦の, 小結か, 居る芦名光司, 忠利の, 文字若, 日本側の, 本来は, 来たの, 構へ, 歩き, 知行所を, 穢多, 終る勇気, 織田家の, 脂下つてゐる, 裏門から, 許しの, 貴殿は, 途方も, 隨分罪も

▼ 取り~ (37, 0.6%)

2 いって, まりが

1 [33件] いえば, いっしょで, そうお, なった当日, なって, なつて, ならぬ限り, なり士分, まりの, まりも, 云う運動, 云ふ, 仕入れに, 南洋の, 夫婦約束を, 巡査に, 思えば, 成って, 拳闘家だけは, 月江の, 煙出しに, 煤袋と, 申しますと, 知ってからは, 称して, 続いたいそがしい, 致しますと, 茶碗なども, 言へ, 訳して, 鈴ボタンの, 風邪見舞とを, 鳩山文相の

▼ 取りては~ (36, 0.6%)

2 感謝すべき

1 [34件] いと面白く, この年, この書, その以上, それが, アカイアと, ホールほど, 人間社会の, 兎ても, 冬の, 北斎そのものの, 千金にも, 唯一の, 大いに物, 如何に, 容易に, 当面の, 数日の, 既に演劇そのもの, 木材事業の, 極めて意味, 此上も, 畢竟何, 登山そのものの, 登頂を, 競争の, 耻か, 船より, 輯製二十万分の図よりも, 道の, 長崎において, 開闢以来無上の, 革新の, 餘り

▼ 取り~ (36, 0.6%)

13 へず

1 [23件] ず, ずこの, ずその, ず一軒, ず來, ず俄, ず俺, ず大白, ず御, ず手足, ず救, ず新刊紹介欄, ず新子, ず正木先生, ず点して, ず福太郎, ず読者, ず通覧, ず醫者, ず首都, へずかう, へず引張り出し, へず次ぎ

▼ 取り~ (34, 0.5%)

2 の面々

1 [32件] である, でお守り, ですぐ, でそこ, でやにわに, でガバ, でホテル, で乘, で五, で今二人, で八方, で取りかこん, で小屋, で屋敷, で彼, で河原, で物見, で立, で美乃, で舷, で見え隠れ, で走り出し, で階下, で飛び出し, で飛び出した, で駆けだし, で駈けつけ, で駈け出そう, ならぬおっ, のお, の数十人, を宮内

▼ 取りよう~ (31, 0.5%)

2 のない

1 [29件] がだけど, がない, がなくなっ, が悪かっ, じゃこの, であったが, でご, です, でどちら, ではたいへん, では深刻, なぞを聞かされ, によっては, によってはそう, によってはどう, によっては反感, によっては口, によっては大変, によっては松遁, によっては締めきっ, によっては黒白, によって今, によって富貴, によれ, に由っ, もある, もない, を見, 余さず洩らさず記せしも

▼ 取り澄し~ (29, 0.5%)

4 た顔 3 ている, てゐる 2 たみたい, た姿, ていた

1 [13件] たって, たヒネクレ者, た困つた顔, た心憎, た手紙, た様子, た表情, てい, てはいない, てはいる, て分, て誌, 切って

▼ 取り~ (28, 0.5%)

9 されて 2 された, された石城

1 [15件] されし數百千人, されたかたち, されたの, されたる我ひとり横, されたる本質, されたフェリックス, された他, された八五郎, された十八, された女, された旅役者, された旗, された梅, された淋し, されると

▼ 取りかへ~ (26, 0.4%)

4 しの 2 しが, して

1 [18件] さに, したいもの, したつて, したの, した南無, しなさいよ, しは, しました, しを, すと, ずに, せない事, た, たところ, たとて, つこしました, つこしよう, 袷を

▼ 取り~ (23, 0.4%)

3 かつてゐる 2 かつてゐた, へられて, へる, わしに

1 [12件] かつてその, はしの, ふ, へす事, へようかと, へられ, へるの, へるやう, へる必要, 三百石取りか, 何か, 相当立派

▼ 取り~ (23, 0.4%)

132 でつ, でつつ 1 だせり, でてい, でていう不思議, で写さん, で活, 噛み居る

▼ 取りつつ~ (21, 0.3%)

3 あること

1 [18件] あった夏目漱石氏, ある, あるかの, あると, あると共に, ある傍, しかもつねに, ひとたび草鞋, 冷水の, 台所なる, 徐々と, 息みも, 机に, 見たり, 遂に頂上, 遊ばせるの, 魚鱗の, 鼓を

▼ 取りにくい~ (20, 0.3%)

2 ことは

1 [18件] が, ところに, のが, のである, のです, ので中, もの, ものが, よりは取, らしい併, 万太郎付きの, 夫の, 早弁で, 晦渋な, 気が, 為に, 笹村の, 養父金兵衛に

▼ 取り~ (20, 0.3%)

8 いて

1 [12件] いたと, いたら一度, いた宿命, いてたかも, かせた, かせようと, き取り憑, き恐怖, く, くか, くぞ, れて

▼ 取り扱つて~ (20, 0.3%)

3 ゐる 2 あるらしい, ゐる書類

1 [13件] あるといふ, ある問題, お仕え申せ, ゐた, ゐた弟, ゐながら, ゐる作品, ゐる私, ゐる製造主任, 居つた, 来たこと, 見ようと, 遣らなくては

▼ 取り~ (20, 0.3%)

2 いましょう, ひを

1 [16件] いあって, いかねて, いで, いに, いは, います, うのが, つてくれた, はれたが, ひかねて, ひなさる, ひませう, ふて遣ると, ろうが, われたと, をわし

▼ 取り~ (19, 0.3%)

72 んでゐる 1 みその, みアカイア, み今に, れる, んで, んでいる, んでその, んでそれ, んでわあわあ, んでわい

▼ 取り~ (17, 0.3%)

4 着けて 2 着けながら

1 [11件] 着いて, 着けいつも, 着けてから, 着けられた机, 附けて, 附けなけりゃあ, 附けは, 附けられ警察, 附けを, 附け大切, 附に

▼ 取りそして~ (15, 0.2%)

1 [15件] うとうとしてる, そこへ, たばこの, どんな言葉, 二人は, 何とは, 兩手を, 六尺豊かの, 兼子と, 叫んだ, 戸の, 日没を, 木を, 歩き出した, 言った

▼ 取り~ (15, 0.2%)

2 アがって

1 [13件] がって, がら, がれ, さう, はつて, アしないったら, ッた, 何かとは, 壕塁の, 手伝い, 木の葉掻き, 独木舟造りに, 箱膳は

▼ 取り~ (15, 0.2%)

7 して 2 しで 1 されると, しやがて, し人, し方, し頓, すよう

▼ 取り~ (15, 0.2%)

3 がない 2 のない 1 が來, が無い, だが, の如く, の来りし, はあるまい, もございません, を下し, を探した, を洗

▼ 取り~ (14, 0.2%)

3 して 2 さず使 1 さざるもの, さず用, さぬの, されて, されるといふ, され菊花爛漫, したこと, し使, すと

▼ 取りこれ~ (13, 0.2%)

2 を用

1 [11件] によって纔, に高僧大徳, も負けず, を二つ, を公表, を実験以外, を枉げ, を用い, を血, を費やし, を食う

▼ 取り~ (13, 0.2%)

5 して 1 したあと, したま, したやう, した中, した化粧部屋, した姿, した樣子, しやう

▼ 取り横町~ (13, 0.2%)

4 のお 1 のあの, の櫛巻, の連中, の長屋, は櫛, へお, へはいっ, を出, を走り出た

▼ 取りそう~ (12, 0.2%)

2 もない 1 して, でやり切れたもの, な女, な教授, な月明, な気ぶり, にし, にする, にもしない, に思えた

▼ 取り~ (12, 0.2%)

3 ほして 2 んだ 1 はるん, ほした鍛冶屋, ほしました, んだろう, 仲の町の, 何うせ, 是迄も

▼ 取りには~ (12, 0.2%)

3 おこしを 2 いって 1 なれん, 來なかつた, 巧拙ある, 相撲取り言葉吉原には, 籠を, 行かれないが, 贅沢過ぎる

▼ 取り圍まれ~ (12, 0.2%)

2 てゐる, ながら 1 たこの, た古ぼけた建物, た草原, てゐた, てゐます, て一人, て沈思默考, て魘され

▼ 取り早い~ (12, 0.2%)

1 [12件] から, がいい, さ, ぜ, ようです, んで, 丸太組みの, 作品, 作品ばかり, 例を, 理髪師を, 解釈も

▼ 取り~ (12, 0.2%)

6 の者 1 の女, の武士布川小一郎, の男, の老人, の言い様, は年

▼ 取り籠め~ (12, 0.2%)

4 られて 1 たの, た士, てあやめ, ておきました, て四方, られた, られ内, られ姫

▼ 取りかは~ (11, 0.2%)

3 した, すこと 1 されて, したり, した經驗, しながら, す起請誓紙

▼ 取りまた~ (11, 0.2%)

1 [11件] あの一行, これを, そうする, よごれたシャツ, 壁へ, 己れ, 敵の, 竜女を, 自由論派の, 興に, 食うに

▼ 取りやう~ (11, 0.2%)

3 に寄つて 2 も無い 1 が惡, にもよる, によ, に依, に由つて, はありません

▼ 取り取り~ (11, 0.2%)

1 [11件] して, であったが, ですから, とうとう退, にニタニタ, に生かし, に自分, の鞠, をそのまま, 暮して, 聞けば

▼ 取り~ (11, 0.2%)

2 の一人 1 えてる連中, とはいっ, にとり巻かれ, の中, の二朱判吉兵衛, れた小池, れて, を周囲, を連れ

▼ 取り~ (10, 0.2%)

1 うして, うも, えしたら, たを, ないが, へすれ, へなけれ, へ觸, りご飯, りて

▼ 取りたる~ (10, 0.2%)

1 ところいとめずらか, ところなるほど, ものでござる, もの數人法皇と, も買, 処いとめ, 張紙に, 童一人小車の, 綿厚き, 處いとめ

▼ 取り~ (10, 0.2%)

32 りて, れ 1 りしに, り此等, ること

▼ 取り合つて~ (10, 0.2%)

2 泣いて 1 ゐたの, ゐると, ゐるの, 呉れなかつた, 思ふ存分, 恥づる気色, 歩いた, 泣き伏した

▼ 取り~ (10, 0.2%)

4 いて 1 き河, った周囲, っている, って放射線状, らした築, らして

▼ 取り~ (9, 0.1%)

2 屋敷を 1 くみは, さへ, さへて, さへにか, 源も, 酌, 馬ごっこダンス

▼ 取りという~ (9, 0.1%)

3 のは 1 ことに, 勘定に, 役で, 新手だ, 様な, 特徴の

▼ 取りにな~ (9, 0.1%)

1 つて, つてその, つても, つてを, つてツベコベする, つて三段に, つて氏, つて種と, つて裳の

▼ 取り~ (9, 0.1%)

1 やい, やい結論, やくいへば, やくしなければ, やくその, やく処女, やく利けば, やく日本, やく結末

▼ 取り~ (9, 0.1%)

1 に繼い, は自分, を中廣, を子羽, を宰予, を御しつ, を打, を水軍, を路傍

▼ 取り~ (9, 0.1%)

4 はされた 2 はした 1 はされ, はし, はす

▼ 取り~ (9, 0.1%)

1 うべし, ふるに, へた, へて讀ん, へに下りた, へやう, へられ, へられた, へる時

▼ 取り~ (9, 0.1%)

1 いといふ, いと思, いと斯樣, いような, い衝動, かつたでせう, がつて, がるもの, くと

▼ 取り繕ろ~ (9, 0.1%)

1 いたくない, っていた, ってる君達, って云っ, って他人, って執拗, って好く, って空, わなけれ

▼ 取り~ (9, 0.1%)

2 へたる 1 はれたこと, へたりただ, へてもかま, へて乱雑, へて個性, へられた, へ傘

▼ 取りから~ (8, 0.1%)

1 はじめて稼ぎ, 似て, 呼吸づかい, 帰った与八, 帰って, 帰ると, 正月飾る, 百石につき

▼ 取り~ (8, 0.1%)

1 たり他国, てある, ていた, ている, てどうやらこう, て何, て来た, て進ぜる

▼ 取りでも~ (8, 0.1%)

3 して 1 きっと分からぬだろう, しようと, しろと, なかったらしく, なんでも

▼ 取り~ (8, 0.1%)

1 に対して何かと, のない, のヒラメ, の介錯, の来る, の気質, はまだ, をぶん

▼ 取り出だし~ (8, 0.1%)

2 たり 1 たること, つ, て日, て自身, まづ硫黄, 引き裂き結い付け

▼ 取り~ (8, 0.1%)

42 ひぬ 1 ひしなれ, ふなと

▼ 取りあるいは~ (7, 0.1%)

1 その上, 中途で, 古書の, 名前を, 茸狩に, 近時露土戦争の, 飯蓋の

▼ 取りかへて~ (7, 0.1%)

1 あるが, ごらんなさい, もらひ喜んで, やるが, 家へ, 置いた, 著た

▼ 取りこの~ (7, 0.1%)

1 三馬を, 事件においては, 人たちの, 内に, 家から, 運動の, 鍵を

▼ 取りさえ~ (7, 0.1%)

5 すれば 1 しなければ, 触れ歩いた時代

▼ 取りても~ (7, 0.1%)

1 さぞつらい, 他人に, 傍観者に, 多少の, 幸福利益の, 見ず秋山, 高鳴る胸

▼ 取りにも~ (7, 0.1%)

1 ちやほやされた, なり紙屑買い, 会わねえして, 往けまい, 来ない, 来ないかまわないの, 行く水

▼ 取りまぜ~ (7, 0.1%)

1 て, てかたき, てたくさん, ての, て三〇〇, て六十五戸, て数匹

▼ 取り~ (7, 0.1%)

2 になじみ 1 だか, の傍, をし, を後ろ, 我が前

▼ 取り~ (7, 0.1%)

1 はせて, はれて, はれ両家, はれ大洋, ひに, ひ一切腰かけ, ふもの

▼ 取り~ (7, 0.1%)

1 うるも政府, へさせよう, へた, へに行く, へられ, へられる, へる際

▼ 取り~ (7, 0.1%)

1 うたり, うなんて, ったか, ったが, って了, って山, をする

▼ 取り~ (7, 0.1%)

1 えて, えて置いた, えるの, はされ, へてかけ, へる人, へ取り

▼ 取り~ (7, 0.1%)

4 が咲いた 21 がある

▼ 取りそれから~ (6, 0.1%)

1 きえちゃんの, ラサ府の, 両肩, 後は, 石で, 若狭屋へ

▼ 取りつぶし~ (6, 0.1%)

1 だ, ということ, とともに浪人, になる, になるだろう, を食った

▼ 取りです~ (6, 0.1%)

21 かな, からその, が昔, もの

▼ 取りなど~ (6, 0.1%)

2 して 1 させられては, らしい人々, 四十八手に, 當てに

▼ 取りみたい~ (6, 0.1%)

1 な事, に, にし, に恰幅, に細い, に醜く

▼ 取り乍ら~ (6, 0.1%)

1 もう一度, 恐ろしく下手, 歩いた, 聞いて, 話すの, 飛び込んで

▼ 取り交ぜ~ (6, 0.1%)

1 てざつと千兩, て五六名, て四人, て四十九個, て尋常, の一行

▼ 取り強盗~ (6, 0.1%)

1 とは筋合, にひとしい, の輩, は武士, もできない, を働いた

▼ 取り~ (6, 0.1%)

1 つ, つべきところ, つべきは, つべきを, られて, られ甲州大判

▼ 取り~ (6, 0.1%)

2 したもの, して, す容子

▼ 取り潰し~ (6, 0.1%)

2 になる 1 てしまはなけれ, になっ, にならない, になりまし

▼ 取り自分~ (6, 0.1%)

1 が座頭, の乳, の将来, の手紙, の掌, の旧式

▼ 取り~ (6, 0.1%)

1 つたかといふ, はせられました, はれた, はれたの, ふべければ, ふやう

▼ 取り~ (6, 0.1%)

3 せて 1 せたやう, せた容子, せながら

▼ 取りがち~ (5, 0.1%)

1 だけれども, であった, です, をし, をした

▼ 取りした~ (5, 0.1%)

1 明るい白樺, 深い谿谷, 空色の, 絹の, 領地は

▼ 取り~ (5, 0.1%)

1 から一所, から賃取り甚太, がこれ, 真の, 鉄瓶だ

▼ 取りでは~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, ない, ないね, なかった, もとより裕福

▼ 取りにでも~ (5, 0.1%)

1 来たやう, 来たら, 行く気, 行こうという, 行こうもの

▼ 取り~ (5, 0.1%)

1 はい, はし, はしてあつ, はし人の, ゐら

▼ 取り~ (5, 0.1%)

2 第一 1 から鏡, の代物, をのぞいた

▼ 取り~ (5, 0.1%)

1 に宣んし, に尋ね, は彼女, をひろげ, を勵

▼ 取り~ (5, 0.1%)

1 へておいた, へてお客, へて士行氏, へて置いたなら, へて風呂敷

▼ 取り~ (5, 0.1%)

2 えて 1 えられたガーゼ, えること, へて里

▼ 取り~ (5, 0.1%)

1 にかかった, に悩まされる, に足, の場面, を取り換え

▼ 取り~ (5, 0.1%)

1 つたので, ふて置かなければ, ふやう, ふ様, ふ為

▼ 取り難い~ (5, 0.1%)

1 ということ, までに低い, ものが, 人は, 言葉で

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 いっこなすった, ぐべきでありそして, ぐべき各種文化問題について, へず奥座敷

▼ 取りされた~ (4, 0.1%)

1 ピカ, 感じで, 数列の, 胸衣を

▼ 取りしもの~ (4, 0.1%)

2 艶美秀づるレスボスの 1 天より, 歟

▼ 取りそこ~ (4, 0.1%)

1 なふやう, に彼女, に見られる, を足がかり

▼ 取りそろ~ (4, 0.1%)

1 へこの, へた, へてある, へ在

▼ 取りっぱなし~ (4, 0.1%)

1 でハガキ一本, にされた, にし, になっ

▼ 取りなお~ (4, 0.1%)

1 その上, 小四郎を, 酒手も, 震えつづけながら

▼ 取りなどが~ (4, 0.1%)

1 やつて, 乗るに, 住んで, 其処に

▼ 取りはから~ (4, 0.1%)

1 はんとて, ひますから, ひ下さるやう, ふつもりで

▼ 取りわけ~ (4, 0.1%)

1 て回向, ひどくなった, 懐かしいとき, 美しいぜ

▼ 取り且つ~ (4, 0.1%)

1 与えること, 何の, 小田原参向遅, 此迄

▼ 取り代え~ (4, 0.1%)

1 て若い, に立っ, に賛五郎, も対手

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 かまた, か紙片, の魅力, よりもメモ

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 これによ, 一八八四年, 他の, 歌の

▼ 取り右手~ (4, 0.1%)

1 で公爵, で地, で柳子, を既に

▼ 取り~ (4, 0.1%)

2 はし 1 さないで, されようと

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 政治家を, 流行の, 苦勞で, 鳴門は

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 が夫, が舵, の体, を威嚇

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 ひさ, 兒を, 礫川に, 部屋の

▼ 取り廻わし~ (4, 0.1%)

1 たは, た和洋折衷, てある, ていた

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 おぼえの, の中, を抑え, を鬼

▼ 取り~ (4, 0.1%)

2 はれて 1 つたり, はれその

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 がない, によっては, によっては苦笑, 余さず洩さず記せしも

▼ 取り浦島さんカチカチ山~ (4, 0.1%)

2 いづれも, その次に

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 ひたる三國志, ひ相成り候間, ふるやう, ふれば

▼ 取り~ (4, 0.1%)

1 だか, でも, にて三人, は取り

▼ 取り競争~ (4, 0.1%)

1 じゃない, をはじめ, を始めた, 第一着

▼ 取り逆上~ (4, 0.1%)

1 たお里, ては居ります, ても心中, て親分

▼ 取り難き~ (4, 0.1%)

2 までに低い 1 に苦心, 言葉否

▼ 取りしかも~ (3, 0.0%)

1 その洒落, 決して怒らせない, 神仏の

▼ 取りする~ (3, 0.0%)

1 ことは, に至り, 領土は

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 へてやをら, を着, を高く

▼ 取りそれで~ (3, 0.0%)

1 入り口の, 神さんと, 虫の

▼ 取りたち~ (3, 0.0%)

1 は各々, は非常, もおじ毛

▼ 取りだの~ (3, 0.0%)

1 古い新聞, 岡焼, 死人使い

▼ 取りであった~ (3, 0.0%)

1 からそれ, がその, だけにチット

▼ 取りとは~ (3, 0.0%)

1 どんなもの, 密接の, 思いも

▼ 取りなどを~ (3, 0.0%)

1 して, 世間が, 入れるより

▼ 取りにが~ (3, 0.0%)

1 したかの, したぞ, して

▼ 取りにくく~ (3, 0.0%)

1 いくら問い返し, なって, 大心配

▼ 取りにと~ (3, 0.0%)

1 明日は, 立って, 返事する

▼ 取りひき~ (3, 0.0%)

1 がゆかい, のギリギリ最後, の成功

▼ 取りもどし~ (3, 0.0%)

1 のご, の一件, の件

▼ 取りやがて~ (3, 0.0%)

1 外皮には, 左馬介の, 野辺の

▼ 取りよく~ (3, 0.0%)

1 なったって, なりますから, 散じた人

▼ 取り一人~ (3, 0.0%)

1 が伊之助, は廿七八, は柄

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 さりますよう, さりませ, すって

▼ 取り全く~ (3, 0.0%)

1 の白紙, 大菩薩峠から, 無意義な

▼ 取り写真~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 でそれ

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 がある, でしょうと, の無い

▼ 取り出で~ (3, 0.0%)

1 て, て奏, て床

▼ 取り勝手~ (3, 0.0%)

1 に見散らかし, に部下, の曲

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 にあて, をつけた, を歪め

▼ 取り合はず~ (3, 0.0%)

1 かと云つて客, に, 新助

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 け駕籠, っては一生, に出かけた

▼ 取り多く~ (3, 0.0%)

1 の不平等, の場合無益有害, の差別

▼ 取り大湯~ (3, 0.0%)

21 坐若湯

▼ 取り少し~ (3, 0.0%)

1 でも手向, 時刻が, 飛び上り

▼ 取り~ (3, 0.0%)

3 の手

▼ 取り巻侍~ (3, 0.0%)

1 だった四人, のひとり, を促し

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 には気狂, には漢中, の二割

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 だ五十錢, だ是, と云

▼ 取り息子~ (3, 0.0%)

2 の仙一 1 のよだれ小僧

▼ 取り或は~ (3, 0.0%)

1 帰依を, 此を, 足を

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 いだかと, いて, ごうじゃございません

▼ 取り更に~ (3, 0.0%)

1 他方面, 彈琴忘れしむ, 水を

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 と自分, を見くらべ, を見張り

▼ 取り次第~ (3, 0.0%)

1 さ, で首, と云

▼ 取り止め~ (3, 0.0%)

2 のない 1 の無い

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 ふ, へて南門, へて風呂敷づつみにすると

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 のついた, を点じる, 遠理

▼ 取り申し~ (3, 0.0%)

1 ても好う, て置きやす, 度い

▼ 取り的連中~ (3, 0.0%)

1 でありましたが, の全然, ばかりでありました

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 を去った, を捨てる, を捨てれ

▼ 取り繞ら~ (3, 0.0%)

1 うと, されたの, され見物席

▼ 取り~ (3, 0.0%)

2 して 1 は又

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 にかける, をひい, を並べ

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 けると, りがち, り勝

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 に下げ, に差し, に纏

▼ 取り荷役~ (3, 0.0%)

1 が調子, のしぐさ, の要領

▼ 取り薬礼~ (3, 0.0%)

3 の実

▼ 取り調~ (3, 0.0%)

1 ぶるが, ぶるに, ぶる用件

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 をすくっ, を取りし, を洗ぎ

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 がし, がした, がす

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 ぜた, ぜて三十人余り, ぜ数万両

▼ 取り~ (3, 0.0%)

1 して, すと, す人夫

▼ 取りああ~ (2, 0.0%)

1 も取りした, 何もかも差しあげ

▼ 取りかたず~ (2, 0.0%)

1 けてから食事, け老人

▼ 取りかも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れねい

▼ 取りかわせ~ (2, 0.0%)

1 も済まない, を致しとう存じます

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 えし, えす

▼ 取りこわし~ (2, 0.0%)

1 の容易, 或いは移転

▼ 取りさらに~ (2, 0.0%)

1 体温器で, 老後に

▼ 取りしばらく~ (2, 0.0%)

1 なめつつ, は無言

▼ 取りすなわち~ (2, 0.0%)

1 オカタ殿のみの, 十年勤続者には

▼ 取りそば~ (2, 0.0%)

1 に引き寄せた, を歩く

▼ 取りたま~ (2, 0.0%)

1 ふべしと, へ

▼ 取りだろう~ (2, 0.0%)

1 がそんな, と睨みました

▼ 取りっ放し~ (2, 0.0%)

1 にし, 積もった塵

▼ 取りつき~ (2, 0.0%)

1 のかっこう, の右側

▼ 取りである~ (2, 0.0%)

1 けれどもこの, ところから

▼ 取りとか~ (2, 0.0%)

1 云うもの, 云う類

▼ 取りとして~ (2, 0.0%)

1 一人で, 人に

▼ 取りとも~ (2, 0.0%)

1 いう送気ポンプ, 奏者とも

▼ 取りとを~ (2, 0.0%)

2 持って

▼ 取りなすった~ (2, 0.0%)

1 という, のです

▼ 取りなどという~ (2, 0.0%)

1 ものを, 事に

▼ 取りなら~ (2, 0.0%)

1 わしが, 昔から

▼ 取りにおい~ (2, 0.0%)

1 でなさると, でなすっ

▼ 取りばかり~ (2, 0.0%)

1 だつたので, やって

▼ 取りひとり~ (2, 0.0%)

1 は重い, は金槌

▼ 取りまぜた~ (2, 0.0%)

1 それは, 涙を

▼ 取りまたは~ (2, 0.0%)

1 少なくとも良い, 暗誦してる

▼ 取りまなこ~ (2, 0.0%)

1 ってえ, を見はっ

▼ 取りみんな~ (2, 0.0%)

1 のコツプ, 集まって

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2 がと顰蹙

▼ 取りもう~ (2, 0.0%)

1 何の, 十一時近くに

▼ 取りもしくは~ (2, 0.0%)

1 彼から, 捩ぢ

▼ 取りやすい~ (2, 0.0%)

1 ものです, わけだ

▼ 取りやらに~ (2, 0.0%)

1 いそがしいので, 忙しく騒い

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 アスピリンを, 私が

▼ 取りわが~ (2, 0.0%)

1 威汝に, 胸の

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 こすると, こするの

▼ 取り一つ~ (2, 0.0%)

1 の大きな, を客

▼ 取り一人後~ (2, 0.0%)

2 より背

▼ 取り三たび~ (2, 0.0%)

2 揉んでは

▼ 取り三年~ (2, 0.0%)

1 に三拾金, の喪

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 ぐれば, ですか

▼ 取り下ろし~ (2, 0.0%)

1 てうち, て振り試みる

▼ 取り世間~ (2, 0.0%)

1 に歯すべから, のセンセション

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 掌を, 膝を

▼ 取り二人~ (2, 0.0%)

1 から斜め, して

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の一鶏, の妻

▼ 取り以上~ (2, 0.0%)

1 なれば, の成績

▼ 取り以外~ (2, 0.0%)

2 に今

▼ 取り作業~ (2, 0.0%)

1 の人々, をやる

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 ばし, ぶれば

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 て好ん, はば何より

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 より出る, をあらためて

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の投げ出した, は黙っ

▼ 取り元気~ (2, 0.0%)

1 よく一同, を出し

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 つて僞物を, ッて

▼ 取り具合~ (2, 0.0%)

1 がなかなか, と続き

▼ 取り内儀~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 取り刀剣~ (2, 0.0%)

2 を撫す

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 をつけ, をふるっ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 に任せ, を極めて

▼ 取り又は~ (2, 0.0%)

1 一外人を, 繪の

▼ 取り合いっこ~ (2, 0.0%)

1 が始, をし

▼ 取り合ひご~ (2, 0.0%)

1 つこも, つこを

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 にも現れたろう, を歌っ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 が大土堤, に持つ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 うは, っていた

▼ 取り四十歳~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 取り圍ん~ (2, 0.0%)

1 だ爐, で坐り

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2 でて

▼ 取り外ずし~ (2, 0.0%)

1 てしまいました, の出来る

▼ 取り大地~ (2, 0.0%)

1 にひざまずいた, に戰車

▼ 取り女房~ (2, 0.0%)

1 にし, の尻

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 に致し, のよう

▼ 取り家内~ (2, 0.0%)

1 では趣味, はお

▼ 取り専門~ (2, 0.0%)

1 の下らぬ, の私立学校

▼ 取り左手~ (2, 0.0%)

1 で撫でる, を円い

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2 を解き

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 八老人は, 象嵌毛彫浮彫筋彫

▼ 取り強盜~ (2, 0.0%)

1 は武士, を稼業

▼ 取り後者~ (2, 0.0%)

1 は之, は好意的

▼ 取り悶々~ (2, 0.0%)

2 の裡

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の方, をあけた

▼ 取り扱つた~ (2, 0.0%)

1 からである, 極めて代表的

▼ 取り扱つた作品~ (2, 0.0%)

1 に限つて, は小説

▼ 取り押え~ (2, 0.0%)

1 に, にでかけましょう

▼ 取り挫ぐ~ (2, 0.0%)

1 など云う, に何

▼ 取り掛け~ (2, 0.0%)

1 て, て櫓

▼ 取り擾さ~ (2, 0.0%)

2 ない口調

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の點數, を滅ぼす

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 なる解釋, 夫婦の

▼ 取り易い~ (2, 0.0%)

1 ものである, 無髭形

▼ 取り時には~ (2, 0.0%)

1 兇器を, 水を

▼ 取り本位~ (2, 0.0%)

1 の学校, の教育家

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 つて以て, つて熱湯中に

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の中, の身

▼ 取り此方~ (2, 0.0%)

1 は里見安房守義弘, 短聲二發鍼路

▼ 取り段ボール機械~ (2, 0.0%)

1 の輸入, をドイツ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 にてよく, を少し

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 というの, に浸し

▼ 取り洗足~ (2, 0.0%)

1 のお湯, も終っ

▼ 取り浦島さん~ (2, 0.0%)

2 など父

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 で見えなくなっ, を流す

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 取り片手~ (2, 0.0%)

1 で毬, に王女

▼ 取り物語~ (2, 0.0%)

2 から日常倫理

▼ 取り生徒~ (2, 0.0%)

1 が言葉, を教道

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 をとり, を剥い

▼ 取り盡す~ (2, 0.0%)

1 になか, の人

▼ 取り着物~ (2, 0.0%)

1 のまま, を剥ぎ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 をつ, を負

▼ 取り祖父~ (2, 0.0%)

1 が世話, の家

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 のところ, は娘

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の下, を仰いだ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 に野山, をする

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 に入れ, の中

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 を入れ, を運ぼう

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の俵, を噛ん

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 を引き寄せ, を紡い

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 さなかつた, した姿

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の名札, るやう

▼ 取り経済~ (2, 0.0%)

1 による紙幣, の許す

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の柱, 切に成っ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 でゆわえ, の開祖

▼ 取り繕つて~ (2, 0.0%)

1 あるのに, やらうか

▼ 取り纒め~ (2, 0.0%)

1 て一册, て悉く

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 を養っ, 飼いに

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 ある言句, を抜い

▼ 取り肩先~ (2, 0.0%)

2 を拭う

▼ 取り肩疵~ (2, 0.0%)

1 治るころ, 治る頃

▼ 取り膝下~ (2, 0.0%)

2 に奉仕

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 でお茶, の差しつ押えつ

▼ 取り著い~ (2, 0.0%)

1 て泣い, て離れず

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 つた, つたが

▼ 取り蒐め~ (2, 0.0%)

1 て来い, ると

▼ 取り蒐めよう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 です, を入れた

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 だつたさうです, を仕込んだ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の目, も顧みる

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 の方, を浄め

▼ 取り通し~ (2, 0.0%)

1 であった, に家

▼ 取り連れ~ (2, 0.0%)

1 の若党, 戻る途中

▼ 取り遂に~ (2, 0.0%)

1 夏子を, 情死の

▼ 取り運動~ (2, 0.0%)

1 と云う, の妨害

▼ 取り運動上~ (2, 0.0%)

1 には少なから, はどっち

▼ 取り道具~ (2, 0.0%)

1 と大目, を揃え

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2 きて

▼ 取り~ (2, 0.0%)

2 の河童

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 を振り上げ, を揚げ

▼ 取り~ (2, 0.0%)

1 ふなどは, を供

▼1* [1048件]

取りあえて大胆に, 取りあがりのなん, 取りあそばすなれば, 取りあそびをし, 取りあちこちと少し, 取りあっさりとゆで, 取りあつかつた, 取りあとはどうして, 取りあの古い建築物, 取りある者は, 取りあわよくば徳川に, 取りあッて二人, 取りいきなり駈け寄って, 取りいと懇に, 取りいまいましそうな, 取りいろいろの催し, 取りいわば四方から, 取りうまいことを, 取りおかげであの, 取りおとした懐中電灯を, 取りおもしろい足取りで, 取りおれりやがて, 取りおろし拭きつつあれ, 取りおわるここにおいて, 取りお松さんの世話, 取りお礼をいっ, 取りかき落すところを, 取りかこみ味方は, 取りかこんだ多勢は, 取りかたがた襦袢を著, 取りかた次第にて然, 取りかつもしある, 取りかと思ったっけ, 取りかへたり花を, 取りかへても線を, 取りかへに病院通ひ, 取りかわしたがいつ, 取りがたし勇猛の, 取りきせるを抜い, 取りきたるにもせよ, 取りきめのこと, 取りくずし工事の, 取りくだすったの, 取りくださいますように, 取りくらいの大きさ, 取りくらべ伊賀甲賀の, 取りぐらいになるの, 取りぐらいにゃ出世し, 取りぐらいの小さい御家人たち, 取りけしの電話, 取りければ佐野, 取りなく毫末, 取りはおもしろき, 取りこういう態度で, 取りここはその, 取りこし苦労を, 取りこっちへ取りし, 取りざを, 取りごたごたと詰めこん, 取りさうな恰好で, 取りさうな細い声に, 取りさっさと自分から, 取りさっぱりしたよう, 取りさて俯し, 取りさながら般若の, 取りさりげなく強, 取りされてさ, 取りさろうというの, 取りさ行がな, 取りざま哀れなペトゥロー, 取りざんぐりと箸の先, 取りしかと手に, 取りしかばしばしば彼, 取りしもうた程よい, 取りしようなんて横着, 取りすぐそばに, 取りすました女に, 取りするたあ言, 取りせんめん台で顔, 取りそうして口へ, 取りそくなつたらしいや, 取りそのまま順序よく並べますと, 取りその後頼朝にもお, 取りそれからまただんだん太く, 取りそれらを室, 取りくない, 取りたりき, 取りたりしかば即座に, 取りたりというべし, 取りたりということ知れわたり, 取りたりとも見るを, 取りだけしか出來, 取りだけは綺麗で, 取りだったが何, 取りがへ, 取りちがいは当初, 取りちげえるくれえ, 取りちょいと敷居, 取りちょうど苔の, 取りちょっとながめて, 取りちらしてゐます, 取りってえいう, 取りついには閣員, 取りつつがなく帰って, 取りつらむ, 取りてぞしぬぶ青き, 取りであり乍ら怯じ, 取りでありますから高村家, 取りできてもさて, 取りといふ樣な, 取りとうとう退引, 取りとが兄妹か, 取りとで描かれて, 取りとんとんとんと土手の, 取りつちも, 取りどういふ場所, 取りどこかで男, 取りどことなく外国の, 取りどんな顔付を, 取りなおかつ硬化した, 取りながらもともかくも, 取りなさいませ今の, 取りなすっちゃどう, 取りなすったでございましょうね, 取りなすったらどんなもの, 取りなぞにいそがしいころ, 取りなぞより実際に, 取りなどのごとき無心, 取りなにくわぬ顔, 取りなんて止せ止せそれ, 取りにかかつた, 取りにかけて帰って, 取りにくい古い地名が, 取りにくうございます, 取りにくかったの, 取りにくき聞人の, 取りにさえやるの, 取りにって訳でも, 取りについてわしらに, 取りにつれて來たんぢや, 取りにとか母親に, 取りになど拵えて, 取りねえ昨日は, 取りねがえませんでしたそうで, 取りのうない児, 取りのべてやあやあ, 取りのほどを願います, 取りのみぎりには, 取りはずれのない, 取りはては首っ玉に, 取りはらわぬ間は, 取りばかりが十五人ほど, 取りひとまず江戸両国の, 取りひどく昂奮し, 取りひろげのため, 取りふたりはマリユス, 取りほとんど大成す, 取りまずそれを, 取りませいとお, 取りまつらむとして大殿, 取りまつりてす, 取りまですっかりお, 取りまとまったものは, 取りみだしていられやしません, 取りむだな飲食, 取りめぐつてゐる池の向, 取りもうろくすること, 取りもなほさず他, 取りやら質屋通ひ, 取りふべには, 取りゆくゆくは商人, 取りよう一つでこの, 取りよう一つさと答えなけれ, 取りよけたり灰を, 取りよせて食った, 取りよせたものであった, 取りよせとつたん, 取りよろよろと駆け, 取りづかなる給料, 取りわしの方, 取りわたしがどんな, 取りわれに從, 取りわれらを重囲, 取りをと言うまでも, 取りをもなし一方, 取りを以て進むよう, 取りアカシヤ街のつづき, 取りアレースの如神速, 取りアントニオとても我心, 取りオステルリッツの橋, 取りカンバスに向, 取りキザミをつめる, 取りキスは元, 取りグルグル巻に, 取りジュピターに一梃, 取りスウッと下り, 取りスケツチを一枚, 取りスタスタそこを立ち去ろう, 取りスッと下がり, 取りステッキ立てからステッキ, 取りズボンから股引, 取りズルズルと前, 取りソバを肴, 取りッこをする, 取りツぱなしで打つちやらかして, 取りツァンニー・ケンボの国, 取りデモクラチックの思想, 取りトロイヤ人に渡り, 取りドアを開, 取りドロンした岸田一夫がい, 取りドンナに幸福, 取りナイフでけずっ, 取りネクタイを直す, 取りバケツをさげ, 取りバルカンの諸国, 取りヒタヒタヒタと追い迫る, 取りフランス革命に及んだ, 取りフロッシュに, 取りブッツリ鯉口を指, 取りブラウスを脱ぎ, 取りブランコに腰かけ, 取りマティルド女王の手工, 取りムズと逆, 取りメッセンジャアの役割, 取りワイシャツ一つになっ, 取り一九一七年の三月革命, 取り一五キロでアルテルン, 取り一口に飲ん, 取り一夜山中で野宿, 取り一年または一ヵ月, 取り一度に言っ, 取り一方では持っ, 取り一時は盛, 取り一本を吹き消し, 取り一種の恩寵, 取り一篇一詠も遺す, 取り一般に知られ, 取り一足歩いては, 取り一間の中, 取り丁寧に髯, 取り万事が変わっ, 取り万事甚懶く去年彩牋堂竣成祝宴, 取り三つの, 取り三ヶ年以前父小左衞門を鴻, 取り三人でちびちび, 取り三叉に裂けた, 取り三品流の達人, 取り三度取りをいちいち, 取り三月の間, 取り三沢というところ, 取り上ぐる老車夫, 取り上品に振る舞い, 取り上気せた親心, 取り上海を奪い, 取り上締をしめ, 取り上衣を脱いだ, 取り下さつてよろしい, 取り下されまして私め, 取り下されますればやがて, 取り下しにかかった, 取り下らぬ本を, 取り下女一人を雇っ, 取り下女代りに使つて, 取り下駄ばき, 取り不心得の七面鳥, 取り不意にそれ, 取り与右衛門が天王橋, 取り両刀を引, 取り両者のあいだ, 取り両親にも仕送っ, 取り中仙道を歩ませた, 取り中心の一旗, 取り主義ご祝儀頂戴, 取り主観の想念, 取り乍ら一言かう言つて, 取り乍ら轉げるやう, 取り九月中旬からツューラウ, 取り乱らかされたもの, 取り乱暴に川, 取りぶさ, 取り亂さない姿, 取りの妻, 取り事済みとなりました, 取り二つには先夫, 取り二十四の今年, 取り二時頃までかかっ, 取り二本の指, 取り互いに相教え, 取り互に迫り近き, 取り五つ取った, 取り五人力の拳骨, 取り交ぜたブルジョアの, 取り京大阪伏見の住民, 取り人さまざまの骨折り気遣い, 取り人家を焼き, 取り人心も無き, 取りを成す, 取りでは半分, 取り今日の婦人女子, 取り介抱しその間吉利支丹宗旨, 取り仕事にもありつく, 取り仕切つて平次が手, 取り他人を讒謗, 取り他方の端, 取り代え取り代え弾のある, 取り代え壁を塗り直し, 取り代え弾のある, 取りて深く, 取り仰向けにし, 取り会葬者の数, 取り伯これを恢復, 取り伯父の手許, 取りだ熊襲, 取り体温計を渡し, 取り何れを捨, 取り何事もなく, 取り何十畳敷きと, 取り何気ない風を, 取り來つた如く生, 取り來つて百千萬人を論じよう, 取りの赤革, 取り便箋を振り, 取り信孝が作戦, 取り修業を励む, 取り俯仰天地に愧, 取り候はんと申し, 取り候ものの由, 取り候儀も下地馬, 取り候慾情より事, 取りされて, 取りを棄てる, 取りすため, 取り傾斜を成した, 取り元禄の末宝永, 取りの許, 取り兄さんからた, 取り充分に心身, 取り先ず薊州を, 取り先方で世話, 取りさなかつたで, 取りの資金, 取り全力的に構え, 取り全国の兵, 取り全土で百三十三万石, 取り八月二十六日からブロート, 取り公子に示し, 取り六時二十分には和田, 取り六田の淀, 取りれは, 取り其の幹莖を, 取り其左のみ汚れし, 取り其方の喜ぶ, 取り其肉を臠, 取りに入れ, 取り再びは世, 取り冷やかに笑う, 取り冷害による凶作, 取り冷静な知的, 取り出だしいそがわしく, 取り出だし代りに石, 取り出だし父は償, 取り出だし砲丸よけをした, 取り出刃を裹, 取り刀わやわやわやと崩れ立った, 取り刀グルリ取り巻いて, 取り分家を立て, 取り切っ先を背後, 取り列席の貴族たち, 取り初心者を入門, 取り別段学問の, 取りへ突付けた, 取り前代浪漫派の楽天観, 取り前後の考え, 取り剣術を仕込み, 取り剣道教授をした, 取りの地図, 取りしく私, 取りを尻, 取りれる者, 取り勘定も濟, 取り勝手口の外, 取り包んで胴上げ, 取り包物をお, 取り北条家は上州, 取り十一の歳, 取り十分介抱して, 取り十州二十州を平らげ, 取り十文字にさす, 取り十石取りなどという事, 取り千九百年三月アントワアヌ座で上演, 取り卒業の折, 取り即ち物取りを, 取りながら何, 取り卸ろして, 取り厚かましい嘘を, 取り厚く埋葬を, 取り原始的赤裸に還元, 取り求の, 取り反乱をなす, 取り取り様々の形, 取り取り籾の俵, 取り取り送り迎えをし, 取り林見宜, 取りには白き, 取り隊は, 取り合つた二人の顏, 取り合つた儘威勢よく立ちあがりました, 取り合つてヴェランダの方, 取り合つて顏を見合せ, 取り合はん心もあらず, 取り合ひもしなかつた, 取り吉弥をにらん, 取り同じくその傍, 取り同様の臨時, 取り同然に思っ, 取り名古屋まで出, 取り名誉のこと, 取りへりリュコーン其時, 取り吝嗇坊の巾着みたい, 取り呆けてしまつた, 取り周つた自家の家庭, 取り周囲に鉄柵, 取り周書大誥, 取りひて, 取り和泉屋の若旦那, 取り品物も貸し, 取り唯一の記念, 取り商売を初めよう, 取り商船に付し, 取り喜三郎藤吉の親分, 取りひたる鳥獣, 取り喰らはれて, 取り営中備無しと言わしめ, 取り四つ取り五つ, 取り回向萬端手落なく致させます, 取り因果と取る, 取りれて, 取り取り小荷駄, 取り国土を安泰, 取り圍まれ人類の遠い, 取り圍む形でや, 取り圍む神寵厚き列王, 取り土地ッ児で人気, 取り土堤から生垣, 取りへに来たら, 取りの精, 取り地獄各圈, 取りを屠った, 取りでいま, 取り場面を帝国時代, 取りへてその, 取りのそば, 取りをしつらえた, 取りの周圍, 取りを添える, 取りえっこしときましょう, 取り夕景に至り, 取り外つては一生, 取り多四郎が荷物, 取りの間, 取り夜さり取り, 取り夜具を出し, 取り夜明けを待つ, 取り夜昼この室, 取り夢路を遮っ, 取り大きい方を, 取り大きく一ぷく喫って, 取り大きな工事なら, 取り大仰な親し, 取り大勢の敵, 取り大当たりしたから, 取りの金山, 取り天下のお, 取り天窓の上, 取りが鋤, 取りつた, 取り失った感じな, 取りを深く, 取り女弁男弁いずれ劣らぬ, 取り女装した牛若, 取り女馬子が立っ, 取り奴隷となった, 取り好意ある姑, 取りに酌, 取り婆さんは他人, 取りを教, 取り子息がとっくに, 取り学問で利口, 取り学校に入れ, 取り宇乃の髪毛, 取り守護隊は暫時専門的, 取り宗教はこれ, 取りへ届ける, 取り官舎寺院を焼き, 取り定めを再び, 取り定斎屋孫太郎虫みんなあいつがひと, 取り宝永山の火口壁, 取り実子同様にこれ, 取り呼びの, 取りの横, 取り家名相続をせんけれ, 取り容易には崩れない, 取り富五郎の片手, 取り寫眞をうつした, 取り封筒の裏, 取り将棋などを差した, 取り小わきにはさむべき, 取り小増に遣りました, 取り小学校へ通わせ, 取り小普請入りの旗本鈴川源十郎方, 取り小荷駄取り即ち, 取り小豆島紋大夫は日, 取り少年の頃, 取りお二万五千磅, 取り尾久町の待合, 取りなの, 取り屋根を除き, 取り屍体を井, 取り山林の外, 取り山麓の森林中, 取り島原へ連行, 取り島田髷を揉み崩し, 取り巡らし濠, 取り工場を守った, 取り左右からブーン, 取り左足を進め, 取り巻侍達も口々, 取り巻四人の節操, 取りを操り, 取り帰りけるならし, 取り幕府或は諸侯, 取り平生力自慢の者, 取り年一兩の給金, 取り幸福なる生活更新, 取り幾らか持て余し気味, 取り幾枚かの写生, 取り序録以外はその他, 取り建ての時勢, 取り廻しの利かない, 取り強い者には, 取り強盗武士の習い, 取り当時大戦という大, 取り彼らが驚き躁ぐま, 取り後で立派に, 取り徐々と煽ぎ, 取り徐々信濃に入る, 取り従者の顔, 取り座元間近を, 取り心から熱く感謝, 取りいだ用事, 取り忙ぎ銭の多寡, 取り思い入れよろしくの, 取りわしく, 取り急いでおる, 取り急速に制度, 取り性抜きの薄, 取り恭敬と絶望, 取り悪いから蹠紋, 取り悪うございます矢張木, 取り惣吉はまだ, 取り意識界の暗夜, 取り慘虐な襲撃, 取り憑くもので護法, 取り懐ろに金, 取り我善坊の家, 取り雜誌社から, 取り或いは又それ, 取り所謂中継として信栄, 取り手くだをつくした, 取り手すりを持ち上げよう, 取り手当り次第に膝, 取り手拭いで体, 取り手拭一つと鼠一疋, 取り手足を截, 取り手酌で飲もう, 取り手際よくこしらえ上げた, 取り払つて三方ともを唐紙大, 取り払つて逆に本質, 取り扱かいという重大, 取り扱つたどちらかといふ, 取り扱つた上田秋成には元, 取り扱つた事件で一見, 取り扱つた邪宗門事件の罪人, 取り扱つた醫者の診, 取り扱つて自宅まで持ち, 取り扱つて貰ひたいと君, 取り扱ふかを問題, 取り扱ふた後には直に, 取り扱ふよりほか, 取り應三年まで, 取りへて, 取り抜き身の槍, 取り抜打に切つけ候, 取り押えらるる憂いあり, 取り押入に投, 取り拂つた彦四郎貞宗の一刀, 取り拂つた裸かの短刀, 取りれる男, 取りけ無, 取りを固め, 取り拳銃で駈けつけ, 取りを折り, 取り挫いで抑えつけます, 取り挫ぐ事も出来る, 取り捨つるわざもなけれ, 取り捲いて階, 取り掃われその代り簡単, 取り掃除雜巾がけ畑仕事等をもさせ, 取りに耳, 取り揚々と大言, 取り換すまでついに, 取り換わした後で, 取り損つて中指にのぼりかけた, 取り支倉は慰藉料, 取り放題だし, 取り放題責任はアメリカ, 取り政府万能主義の実行者, 取り政道を賢く, 取り故郷へ帰った, 取り故障なくさて, 取り救濟を企てる, 取り敬遠したに, 取りを以て守る, 取り斗らわれしなりけり, 取りを揮っ, 取り断崖の下, 取り新版国史大系本の日本紀, 取り方つて不思議なもの, 取り方のもある, 取り方僕教えるよ, 取り施薬院に与え, 取り旅先などから母親, 取り既に人生に, 取り日本武尊の場合, 取り日記を書い, 取りえとこ, 取り早々に逃げ出した, 取り明るい南向の, 取り明後日の朝バター, 取り明朝此方へ取りかからん, 取り易き朝鮮満, 取り春鶯囀を, 取り時に好むに, 取り暮している, 取り曙覧も若い, 取り書物に向いまし, 取り最も善く適合, 取り最後の言, 取り有合せの布, 取り朗々と唄う, 取り朝夕山林や野, 取り木根峠を越え, 取り木遣で送り出し, 取りを読み, 取り本位人気取り専門の私立学校, 取り札の辻の大木戸, 取り村人の信用, 取り来らしむる法あり, 取り来りて之, 取り松五郎を越後, 取り松島遊覧かたがた来たの, 取り板場の自分, 取り板塀を乗り越え, 取りの中, 取り案内者を一人世話, 取りの胴丸形, 取りとかおも, 取り棹取りの童侍, 取りは宗哲, 取り椅子に腰, 取りべる, 取り検視沙汰殊に上役, 取り楚撻を加へん, 取りつた時には, 取り極楽を望む, 取り構造を浜松, 取り様々の形, 取り標品として土佐, 取りもある, 取り横町櫛巻きお, 取り横頬を擲, 取り樹木の皮, 取り樺太の半, 取り機械にかかった, 取りも漕ぎ, 取り權次と一緒, 取り次さへすれ, 取り次に合唄に, 取り歐米諸國, 取り止むるに致せ, 取り止利と相, 取り正午頃には早く, 取り正負電気の間, 取り此春日分で植ゑたのだ, 取りをくいしばっ, 取り死に際にその, 取り死人の冷えた, 取り死骸を其處, 取り残りの百五十円, 取り残り二ヵ国は宗治, 取りが田七十歩, 取り母親が自分, 取りに呑舟, 取り気分を引立てる, 取りのない, 取り水の上に引き上げ, 取り永く学校の, 取り江戸において政, 取り決して商売の, 取り決むる筈じゃがそれ, 取り沈默せよと, 取りをそろえ, 取りをてらてら, 取り油壺綿だの布, 取り波動状の山脈, 取り波斯を襲い, 取り泥濘の中, 取り流動性進行性の声調, 取り海鼠の方, 取り淺薄といふやう, 取り温かき晩餐の, 取り湧玉の水, 取り満天下の人, 取り満月との首尾, 取り滑稽にもその, 取り漫然卓上に擲ちたる, 取り漸く日暮方に, 取り潰し政策を幕府, 取り澄さない自然, 取り澄し身一つの仏果, 取り労せぬよう, 取り激しく振って, 取り火入れまで教わりました, 取りのうち, 取り無双の暴れ者, 取り無理矢理に彼女, 取り無造作に彼, 取り焼塩が少し, 取りを計る, 取り熱心な平田篤胤没後, 取り燃えさしの薪, 取りの手足, 取りして, 取りの死体, 取り父上の妄執, 取り爺さんみたいにだらし, 取りに入っ, 取りを取る, 取り物品を探る, 取り物憂そうに, 取り物質上の利害問題, 取りと握り, 取り犠牲取扱人となっ, 取りを追いかける, 取りを斃, 取り玄徳孔明の首, 取りう, 取り玉いしやらん, 取り玉虫は酌, 取り王手のよう, 取り理想標準を抛た, 取りを引く, 取り甘粛よりし, 取り甚だしきは往古至尊上法皇, 取り甚太といふ名, 取り生れ子の安全, 取り生活して, 取り生物界の既往, 取り用い候儀に, 取り用心ぶかく, 取り田舎のわしら, 取り甲乙丙も付き添い, 取り甲州へ一旦, 取り申すことに, 取り申すべくあの首, 取り申すまじき事, 取りの顔, 取り畑中へ引き込んだ, 取り留むる人である, 取り留めのない, 取り番附にもその, 取りの早乙女主水, 取り疵口を幾重にも, 取りの手甲, 取り白髪が多く, 取り百文高いの, 取り的どもだと, 取りとフオーク, 取りほして, 取り直ぐに椀, 取り直参お旗本, 取り直様屋敷に此, 取りにする, 取り相成りますることを, 取り相手の利, 取りの他人, 取りで探し, 取り着いて行け, 取りは又もや, 取り石屋の坂, 取り砂揚げの連中, 取り硝盃に注い, 取り神郡村を通り, 取り禄高とりのお, 取り秀枝は鳥棲枯, 取り私どもに取りまし, 取りには實, 取り種々工夫を, 取りを刈る, 取り稼いで金, 取り稼ぎに飽満, 取り稽古槍を手, 取り空拳を舞, 取り窓縁をまたぎ, 取り竊取し第, 取り立つるの例, 取り立てと促す, 取り端然として文章, 取りをし, 取り竹竿の下端, 取り答えをしない, 取りであったかも, 取り箪笥は屋敷内, 取り米友は米友, 取り粕谷に持っ, 取り粗相だの不注意, 取り粗野な肉感的, 取り紅紫の房, 取り納むるような男じゃねーぞと滅明滅, 取り組み合いをはじめました, 取り給いしにより与え給う, 取り給え弓矢も, 取り給はんもそ, 取り給ひつらむ云云晝はいと, 取り統一のある, 取りぐ場所たるに, 取り線香の煙, 取り縦棒二本は下, 取りれる藪, 取りけ下枝, 取り繕つて恥も無, 取り繕ろうように云った, 取り繕ろつてゐた, 取り繞ぐる鉄柵の内側, 取り繞つてゐる物體, 取り繞まれた墓地, 取り繞んで坐っ, 取りがれずし, 取り纏むべしと, 取り罪惡と健鬪, 取り置男は女, 取り羊皮の帽子, 取り羽織を着, 取り羽翼を奪い, 取り翌朝深大寺門前の蕎麦屋, 取り翩飜と飄, 取り老人の背, 取り而ハまたかけ仕, 取り聞けば給費, 取り聽すべからざる, 取りからの震え, 取りをかつい, 取り育み強力な, 取り背中の方, 取りを取った, 取りに抱きしめ, 取りに置い, 取りを抜い, 取り腹帯を解き始めた, 取り自ら鍵をもっ, 取り自身に荷造り, 取り自身ハ手をいためし, 取り與助は助, 取りを望む, 取り舞台の正面, 取り般若寺の本性坊, 取りイイ, 取りを仕立て, 取り色々と譬え, 取り色男に反物, 取り芝生や庭, 取りと新, 取り若い主人公に, 取りは大勢, 取り茸紅茸草鞋茸馬糞茸狐の火, 取りの名, 取り草鞋を作ッ, 取り莫大な分捕り品, 取り菜大根豆芋等を手作, 取り萬人の爲め, 取り落ちくぼんだ眼, 取りと葉, 取りけ中, 取り蓄め今は隠居, 取り蓄財を心掛け, 取り蓮根枯れれば, 取り蔬菜豆類を作り, 取り蕨粉を打っ, 取り薄暗い台所の, 取り藤原の淡海公, 取りに撃たれぬ, 取り虚子は, 取りのよう, 取り虫一つ一つの燭, 取りだか, 取りだの迷子, 取りをしぼっ, 取りなどの影, 取り行つたに相違, 取り行つて行く譯, 取り行市山の自陣, 取りは白綸子, 取り毛を, 取り被布も取払っ, 取り裁縫やら子供, 取りひて, 取りに真鍮, 取り裏口より一散, 取りふて四句, 取りのまま電燈, 取り製紙用としてのガンピ一つ, 取りを払っ, 取り褞袍を剥ぐ, 取り襖窓なぞも細か, 取りつくろふや, 取り襲撃者らを食い止め, 取り西の海, 取り見直したのち, 取り親友でこそあれ, 取り親子丼を食べた, 取り親方に着せた, 取り言葉の通り, 取り言葉吉原には吉原言葉, 取り言論の自由, 取り記事尻拭い原稿なぞいう, 取りへば再び, 取り許しを乞い, 取り誕生仏の頭, 取り課長をお父さん, 取り將と共に, 取り警戒しながら, 取り護謨人形空気鉄砲珍らしき手玩具数々, 取り豊信の入浴美女, 取りひ頭椎, 取りつた, 取り賄つてゐる, 取り赤い襦袢の, 取り越前のウニ, 取り足袋跣足の足, 取り踊りを知らない, 取り身分が高い, 取り身隠れをし, 取りはその, 取り輕率なる行動, 取り近在近郷に並ぶ, 取り近畿の不平分子, 取り追跡されて, 取り送り迎えをし, 取り去り候跡, 取り逃げ腰になる, 取り逐電した人殺し, 取り途中から名古屋, 取りて歌, 取り進んできょう, 取り逸早く外へ, 取り遊ばしてお, 取りぎていらあ, 取り道標の影, 取り違いをせぬ, 取り違ったか掏, 取り遠く郷里の, 取り部落の外れ, 取りけられた握り鮨, 取り酔いがまわっ, 取りに漬け, 取り醫道修業の爲め, 取り重湯を一口, 取り野辺送りをし, 取り金井一角ともあろう, 取り金曜日には田鶴, 取り懸衣, 取り鉄壁に鉄壁, 取り鉄造に一本, 取り鉛筆で次, 取りの鞍, 取り銃眼からひったくっ, 取りを遣っ, 取りである, 取り錺屋に頼ん, 取りを振っ, 取り鎭めようとする, 取りに着くる, 取り鑑札料を徴, 取り合羽を, 取り長官とか云う, 取り間もなくそれは, 取り関口屋の代物, 取り闕ぎて一つ火燭して, 取り防寨の切れ目, 取り附く島が, 取り附けてある, 取り陣營に運び去れ, 取りしの, 取り隆少年は直ぐ, 取り階段を上, 取り隠居所は喜平, 取りむれば, 取り集むる物にあらず, 取り難くさすがに, 取り露西亜人のよっぱらい, 取り青年に若返り, 取り静かに前, 取りかにこれ, 取り靜めて脈拍, 取り音信不通になっ, 取り須田町から上野公園, 取りけて包んだ, 取り領主の御曹司, 取り領内の百姓, 取り領巾に裹, 取りの上, 取り頭巾を取り, 取り顔色を伺っ, 取り類想を卑, 取り風呂敷につつん, 取り風通しは一種, 取り食いしも公, 取り食事をした, 取り食用にする, 取り飯粒を餌, 取り養蚕の手伝, 取りかけ饂飩, 取りを刺し, 取り香水や時間表, 取りの首, 取り馬券も余計買, 取り駕籠のわき, 取りりて, 取り騾馬を先立て進み行く, 取りには, 取り高架線の鉄橋, 取り高音を張ります, 取りも白く, 取りに合, 取り黄銅の胸甲, 取り黒ずみたる背景, 取りの穴, 取り龕灯提灯を翳し