青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「半~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

十月~ 十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~
半~
~半ば 半ば~ ~半分 半分~ 半年~ 半日~ 半蔵~ 半身~ 卑怯~ ~卒業

「半~」 4722, 49ppm, 2377位

▼ 半~ (568, 12.0%)

25 方は 13 間に 8 道を 6 方と, 方を 5 方が 4 方の, 歳月を, 高さ 3 ところを, 定食を, 後には, 蜘蛛の, 襖を, 距離から, 路を, 間には

2 [32件] うちに, 傾斜を, 出生を, 外には, 大身の, 婢が, 寺道其半ば, 峠を, 後に, 拝を, 持久戦争と, 方さ, 方様, 時私は, 欄間を, 歳月が, 水の, 生活が, 美しさ, 脊中に, 若主人, 葬ひ, 行程である, 談判を, 足巾で, 路程です, 道のりを, 長槍, 間は, 非精神的, 鯨を, 黄皮の

1 [405件] あいだに, あいだ寝る, あたま, あとから, あと先に, あらゆる捜索, いでたち, うちには, お客の, かれの, くつきりした, ことであった, ことについて, しし岩は, すっぽんの, とぐろで, なかから, なかに, ぬかるみの, のちに, ふっくりし, ほうは, ものも, ものを, やわらかくて, ガラス函を, コルンスタッチを, ヒジに, プェルト・ビエホに, ベルリン大学通いは, モスク, 一条が, 一枚石から, 一間幅の, 丁場でござい, 丁場稲葉の, 万代橋といふ, 上りで, 上池の, 中に, 中の, 中二階, 中央に, 中頃から, 久坂葉子の, 乱髪を, 事なり, 二つとも, 二間の, 人にて, 人古, 人英王ヘンリー二世, 仕事が, 仕事の, 仕事を, 仕事場一面に, 他は, 代表者である, 仲を, 仲好しで, 休みが, 休息を, 休養は, 佐渡の, 余を, 余裕が, 価値を, 倒れて, 値で, 働き手を, 優勢を, 兄の, 兵隊生活の, 内輪を, 再延期法案, 出店が, 分量の, 切身と, 刑を, 刑期も, 刑期を, 前なる, 前には, 割合で, 勘定日だつてえ, 北上川の, 十三峠を, 半三郎, 半三郎さん, 半年だけ, 南向の, 古格子, 可なり, 合戦だった, 周期で, 命, 喘登は, 四つの, 土地に, 地中海だ, 坂道を, 場所に, 増加すなわち, 増加を, 夕暮の, 夜具の, 夜更け空は, 夜道を, 夢と, 夢は, 大きさ, 大だこは, 大もうけだ, 大凧, 大床の間, 大搖れ, 大本堂, 大看板, 大足は, 大部分, 奥まったところ, 奥座敷, 奴隷状態から, 姿を, 婢の, 子供の, 字凧や, 安政二分判を, 定めださうだから, 定食で, 定食は, 定食はるかに, 定食中, 定食大した, 定食食っ, 実刑までを, 家に, 實の, 寸法から, 射撃用の, 小さな商売家, 小さな家, 小屋に, 小指が, 小指の, 小旅行, 小片に, 小紋或いは, 小部屋, 少しあと, 屋根に, 屋蓋は, 屋賃で, 山の, 山路を, 山路屈曲高低を, 峻坂を, 峻嶮な, 工事で, 左の, 差日本は, 帰りが, 幅を, 平面だけが, 年月が, 座敷へ, 廉価にて, 形に, 後, 後であった, 後でした, 後ろ姿を, 後メッカメジナへ, 後高師直, 徒刑に, 徹夜を, 心の, 悪夢の, 或夜, 或寒い, 戦場の, 所に, 手に, 手術の, 扮裝が, 扱帯同じ, 扱帶同じ, 批評を, 承知する, 持久戦争に, 持合せが, 指が, 支那定食一寸, 教育を, 散文で, 料理が, 料理は, 新会堂, 方だ, 方だけは, 方だって, 方で, 方であった, 方です, 方という, 方としては, 方とに, 方とは, 方には, 方へ, 方容易ならぬ, 方様ありがたい, 方様お, 方様ご, 方様は, 方様へ, 旅行に, 日には, 日子よ, 明かるさ, 昔に, 春の, 時日を, 時計が, 時間の, 時間を, 晴天続きであった, 暗黒街を, 書き違い, 月日が, 朝夕国民は, 木の, 本一冊, 朱槍五百本弓と, 来る前, 松の, 梢にばかり, 梯子を, 棒を, 極の, 楽しい休暇, 樂しい, 樓上に, 歐洲の, 正方形が, 歳月は, 死に, 死骸の, 毛織布と, 毛織布に, 水を, 水平線を, 水路, 氷上に, 沖合いを, 浅川宿の, 浴室を, 温泉で, 滞在は, 滞在中たった, 漏洩で, 火の番の, 火柱と, 熔岩が, 牌を, 珍しい時計一個, 理由は, 生活の, 生活は, 生活終戦以後の, 産んだ子, 用件を, 甲の, 番頭だいこ, 畳床には, 登りで, 目が, 真ッ, 真円い, 短い竿, 石垣には, 石炭で, 私よりも, 程なり, 程度で, 穿きよう, 窓で, 立派な, 竹の, 竿を, 算用で, 米が, 糸目を, 紐を, 細長い紙片, 終りの, 経験で, 給与何やかや, 絵凧である, 総三階, 背景は, 胸から, 脊に, 自害は, 般若で, 色つ, 若いマーニャ, 若い作家, 若亭主, 英国留学中の, 行程, 行程と, 袖蔵が, 裏に, 裏手から, 訓が, 訓は, 記録なれ, 評判は, 話です, 誘ひの, 談判, 變な, 買物を, 越し方を, 足で, 足袋を, 距離に, 路が, 路のりを, 路程に, 身代りに, 軽いもの, 迷夢が, 通いなれた, 通勤は, 通路を, 速度で, 遊興費もて, 道, 道で, 道である, 道標も, 道程往く, 遠方から, 遠距離に, 邸に, 郊外隆業山と, 部屋いつ, 部屋を, 酒が, 重勞働, 金しか, 金貨に, 鉄窓生活は, 鉄筋コンクリートの, 鎌倉文化は, 鎌倉文化も, 長い旅行, 長い槍, 長い長い天, 長日月, 長竿を, 長黐棹, 門を, 門先には, 開きが, 開きも, 間しか, 間どこを, 間にも, 間ばばは, 間ゲッチンゲンの, 間フランスイタリアスイスオーストリアドイツを, 間一粒の, 間信姉さんと, 間厄に, 間口が, 間口で, 間就職難の, 間彼は, 間昼夜祈祷を, 間毎日その, 間汽車の, 間満州で, 間自分の, 間見, 間見なかった, 間頽墻斷續といふ, 闇黒は, 陽ざしは, 陽射しに, 霜の, 静養で, 頃なりしかど, 頑丈な, 顏には, 顏は, 飛行に, 食扶持で, 鬱心を, 鮒竿を, 鮭が, 鯨の, 黐棹だ

▼ 半~ (249, 5.3%)

19 して 5 なる 4 處する 3 なって, 過ぎず

2 [14件] なります, なりますが, なるん, なる高利, のたくらせたもの, 一回の, 三間の, 二度お, 及んで, 机を, 甲掛草鞋という, 過ぐる, 過ぐるもの, 達し

1 [187件] あがった, あがる, あたらざるところ, あたりて, あたれり, あまるといふ, ある如し, あ戻れる, いたれば, おびただしき苦痛, お砂糖, お砂糖三杯, こういう主観句, こすレール, これを, さし懸った頃, したと, しても, しながら, しましょう, すぎず裏, すり混ぜて, たれた袋, だも, なった, なつた, なるが, なるわけ, なる今日, なる私, なる訳, なん, まといて, みたず地, むしり付かれた時, やや本物, ようやく達した, わたるので, アーチ形の, 一丁目から, 一台の, 一間半, 一間半の, 丁寧に, 七右衛門爺さんが, 七百三十九頭の, 三四尺の, 三間半位の, 下げられた, 下ったという, 中心が, 中止を, 乗り換えた, 二間ぐらいの, 二間半も, 二階まで, 亘る大, 亘る巡航, 亙って, 交ぜて, 仰ぐ, 似て, 佇んで, 來た, 偶然の, 八畳六畳という, 八軒屋から, 六町ほど, 処す, 出たネストリウス, 出入りする, 出立する, 切緒の, 到りて, 北条霞亭の, 及ぶこの, 及んだその, 右両, 吹くの, 周りが, 喚き歩いて, 大同江を, 始まって, 始まる, 家の, 家橘は, 富五郎は, 小さな欠び, 届けたなら何, 平げる, 急病を, 懸って, 懸り御, 成っても, 成ると, 手足を, 投げかけ正面, 投宿した, 押し立てられて, 拡張し, 拡張した, 揺曳し, 揺曳する, 斯う云った, 旅行した, 曲線を, 望んで, 来た手紙, 横四間位の, 止めて, 歸れり, 水が, 決ったよう, 決つたやう, 泊ったが, 満たず, 漂ひ, 狹まりまた, 珍しいこと, 璧尚, 甲掛草鞋, 甲掛草鞋笈摺を, 當る, 白足袋に, 目を, 知れると, 祝儀を, 突然パッと, 立つてから, 紫紺の, 終り二, 結著した, 羽山島という, 而相止申間敷且他流と, 聳えたるもの, 聳え立って, 聳立せし, 聴いたわけ, 聽いた, 自分たちは, 至つて洪水の, 至らしむとあって, 至らず鳴雪翁, 至りし時, 至りて, 至る, 至るまで, 至るまでは, 至る詩, 草履ば, 薄めた余, 蘭軒に, 蘭軒の, 處せられ, 見え初めたり, 言ひ, 變り, 谷町代官所に, 足らない狭い, 足らぬ歳月, 近い, 近いから, 近いころ, 近い外遊中, 近い寂寞, 近い間, 近かったでしょう, 近づいて, 逢つて見ませう, 連亙し, 過きん, 過ぎないが, 過ぎないという, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎぬこと, 過ぎるの, 過ぎん, 過ぎんか, 過るもの, 達す, 達する補作, 達せざるなり, 閉じこもって, 面当ての, 顔が, 飲んで

▼ 半~ (245, 5.2%)

4 これを 3 ある, 夢中に

2 [17件] お絹, その日, だかの, どんなにもがき苦しんだ, ホロリと, 主人を, 堅い表情, 夢の, 夢中で, 妙に, 必死の, 我慢の, 根が, 神人として, 神妙に, 自分の, 黄なる

1 [201件] あのオトコ, あの部屋, ありますね, あるが, あるだらうあれ, あるだろうあれ, あるであろう, あろう前後左右, いって, いつもの, いまだ水, いよいよ怖がっ, おのおの前, おのづか, お半, かかった, かかりましょう, かかる, かかろう, かすむ嵯峨, きて, さう, すっかり潮垂れ, すつかり潮垂れ, その喪中, その最後, その蝶, その誘惑, その隣, それだけで, それを, たしかにある, たっぷりあろう, たっぷり歩いただろう, ちと贅沢, つらかつ, どうかと, どうしてそんな, なれた上原, なれた田舎, ばは, ひどくソハソハ, ひどくソワソワし, また腰抜け, むきだしで, セメントの, マー坊なり, ローマだ, 一時に, 三十年戦争や, 上より, 上り一方の, 両側の, 中空の, 争い半は, 二大部に, 亡友唖々君が, 人の, 他の, 仲悪では, 休みたいとか, 何も, 何もかも知っ, 信次郎が, 信次郎に, 倒れた蘆, 傾き二本, 僅かな, 再びは, 冷嘲したい, 出すかな, 到頭獨, 前の, 前崎, 労働時間が, 十八年前に, 博士の, 博物館で, 又枝さし, 口惜しさ, 口惜しそう, 名前の, 吾人の, 哀悼の, 四十を, 土に, 土中へ, 土間で, 埋もれ枯木, 変死の, 夢に, 夢心地に, 大丈夫だ, 大勢に, 女子に, 始終鍬, 安い, 安いおまけ, 少し蓮っ葉, 少し蓮葉, 屋内の, 崖に, 市中の, 幽霊に, 幽霊を, 序詞だ, 形式的に, 彼の, 後の, 忘れられない經驗, 忠興頂戴し, 思ひつつ, 怪むに, 恐怖時代だった, 惡い, 想像の, 感謝の, 慥に, 慷慨し, 懊悩し, 懸ると, 支えて, 救助を, 敷居に, 旅宿を, 既に成就, 既葬られ, 明治も, 時間が, 曾て, 材料を, 板敷半は, 林彦三郎を, 梅に, 此前見た, 歴史的進化的結果なりと, 毎月かならず, 比較的込み入っ, 気を, 氣勢の, 氷を, 泣いてを, 泣きながら, 消えて, 涙を, 独言の, 現実なかば夢, 甍で, 留めて, 癸亥の, 皮肉な, 盜人ぬけ, 笑った, 筒袖の, 緑葉を, 聞きちがえであったろうか, 聴き半, 肉体で, 股引を以て, 自分たちが, 自棄し, 色気が, 落葉に, 葦簾に, 藤兵衛が, 製造し, 西洋の, 観音へ, 解剖し, 調和し, 走れるなかには, 趣向も, 身を, 身振, 辨天樣の, 辯解する, 近所の, 近藤勇一派, 過ぎた, 過去の, 遽に, 野津大佐, 鉄火で, 錢形平次も, 長すぎる, 開いて, 隠居した, 雪に, 霜に, 飛んだ拾ひも, 飛鳥の, 首を, 香気に, 馬鹿な, 驚きも, 高い, 高い床, 高く飛べる, 髯に, 黍を, 黒雲と

▼ 半~ (231, 4.9%)

6 費して 2 書いて, 知り得たとも, 要する, 越えて, 蹂み潰された, 過ぎて, 隔てて, 領し

1 [209件] あて前後, あらそえば, うちます, おいた十七日, お前には, かえりみて, かける世の中, かげらせ大きな, しつかりと, ついて, つきつけたその, つきつけられたお, つきつけられたの, つきつけられ芳男, つけて, つひやせり今, とばすや, とるの, どうして読者, どう思ふ, ならふ, のみ続いて, はいらせて, ば語尽したるべし, ふさいで, へだてた城下, ほとんど孤独, まわったろう, もって, よこせって, シオウルの, タタキ上げ, ドイツで, 一面に, 与え女婿, 亡き者, 何し, 使う, 借り受けて, 傾けしが, 充て, 入れて, 入表, 出た, 出て, 出外れて, 分けて, 分て給, 切り開こうという, 割きて, 勤めた, 包んだよう, 占む, 占むる哀れなる, 占められ隣, 占めると, 占め六帖, 占略せり, 占領した, 占領する, 収め朝鮮, 取って, 受取る事, 口説いたと, 叩き付けたと, 合圖に, 君に, 呷りて, 呼び留めました, 呼ぶこと, 呼べ, 報ずる装置, 夢の, 失うでしょう, 失うに, 失つた, 存するのみ, 官より, 宝塚中旬を, 少しまわった, 尽して, 山の, 差上げる, 平気で, 広岡にて, 序詞と, 廻った頃, 引裂いて, 待たずして, 得たるのみ, 怨むわけ, 想ひ得る, 成し得たるなりこの, 截って, 打たせません, 打ちながら, 打ち碎かれて, 打ったと, 抱えて, 持って, 持ってるって, 持つくらいの, 挽いた, 掛け草鞋, 支うること, 断絶し, 昇行く, 書き, 期して, 板葺きの, 横ぎるならん, 此儘犬猫の, 此處に, 歩いて, 歩き馬, 残して, 殺したかとも, 殺したの, 殺した三人, 殺すこと, 殺害した, 海に, 淡い水色, 満し, 潮風に, 濃い桔梗色, 灰に, 無家賃, 無言の, 燒き, 片付けようかと, 牛乳五勺で, 用いはじめます, 疲れも, 盡さ, 科せられ三犯, 穿いて, 突掛けた, 経た一九一〇年十二月十六日, 経た三月晦日, 経て, 経過した, 經て, 經過し, 続けて, 縛った, 縛って, 縛つた, 縛つて行きました, 總て, 考えるよりも, 考える方, 背なに長右衛門, 背負うに, 與の, 芳男にも, 蔽うた黒い, 蔽うて, 蔽へ, 被ふ, 裏木戸の, 要した, 覆いかくすよう, 覆ふに, 覆われて, 請求する, 譲つた, 負って, 貫けるなり, 責める, 費したこと, 費したのみ, 費した程, 費した訳, 費す, 費せば, 費やした, 費やし五時, 超えて, 越えず幹, 越えぬ頑丈, 越え公卿, 越した頃, 足に, 輕く, 過ぎた, 過ぎたもの, 過ぎたらむ, 過ぎたるなり, 過ぎたるに, 過ぎた頃, 過ぎても, 過ぎぬるに, 過ぎぬ駅, 過ぎ残る巻数, 過ぐ, 過ごしたが, 過した, 過したなら仮, 開いたの, 開き燕麦牧草, 限りと, 露せる, 領せし平家, 飛んで, 駄々っ, 騎乗獄中の, 魁車で, 鳴らせたので

▼ 半~ (227, 4.8%)

5 あって, たって 3 あるん, あれば, 經つてから, 離れて

2 [18件] ある, あるこの, あるという, ある竿, あろうか, かかって, すぎて, 下女の, 前から, 前に, 前の, 沖へ, 留守に, 立ち続けて, 膨脹し, 行きますと, 許されお, 高いところ

1 [169件] あった, あったので, あっちゃ, あつちや, あつて, ありましたもの, ありますかね, ありやす, あるか, あるかね, あるにも, あるので, あるまっくろ, ある土地, ある場合, ある大, ある大きい, ある大きな, ある山, ある深い, ある深山, ある細ながい, ある緒締, ある辺鄙, ある鏡ガラス, ある長柄, ある頑丈, ある鯨, あろうかと, えるだけの, おそく出発, お七, かかりました, かかるし, かかるところ, かかるん, がらがらと, ぐっすり眠, この困難, されて, すぐ引き続い, すべて赤旗事件の, すべりつこを, すれば, そこに, その家, それぞれ特色は, たぐりあげて, たたないうち, たちますると, たったころ, たったその, たつた四時半ごろ, とってるし, どうやっ, なくて, なんにも食べられず, のちカスタルヂーの, のまないと, ぼんやり待ってる, ぼんやり待つ, まえの, もう二年, ゆられること, 一緒に, 上の, 下りると, 串数を, 以前の, 休みなく, 会わなかったあと, 住んで, 俥に, 停留場で, 働かす, 僕は, 入れましょう股引, 前と, 十二三の, 半身不随にな, 参れ, 同じ頁, 奥へ, 学校に, 尋ねあぐんだが, 山村に, 岬の, 巡って, 巻いて, 巻くという, 強いくせ, 強くなりました, 彼の, 彼女に, 待たなければ, 待たねば, 待ちましたよ, 待ったという, 待ったろうか, 待って, 後の, 我が身に, 手を, 払う, 拵え笈摺, 持ち越したまま, 描いて, 揺られながら, 搖られ, 支那に, 早く国境, 早く眼, 昔の, 昼が, 暇の, 暫くは, 曙楼の, 有べく此處, 杉の, 来た, 来た頃, 来なかった間, 来ると, 欠伸を, 欧米の, 止めさせたという, 歩いた, 歩いたころ, 歩いて, 歩かなければ, 歩んだと, 毎日, 毎日毎日学校を, 気が付かなかった, 気の, 氣の, 汚れて, 油を, 洋上や, 流れるん, 海上に, 滑らぬ内, 漬かった後, 登って, 登ると, 眠ったろうか, 私の, 穿かないで, 経たない内, 経ってから, 経つてから, 経てば, 続きました, 続きセーヌ川, 続けたといふ, 続けました, 老けて, 行くと, 誌してない, 踊りつづける間, 過ぎて, 過ごすうち, 郷里の, 重い瓦斯, 間が, 離れたところ, 離れたまま, 食事を, 高くなっ

▼ 半ばかり~ (140, 3.0%)

5 行きますと 4 前に, 前の 3 して, 行くと 2 たって, 上らなければ, 占めた時, 参りますと, 登りますと, 経った時

1 [109件] あった, ある, いて, お話し申し上げた, したの, せわしくはなし, その女児, その間に, たった頃, たつと, だった, でこの, ですが, でそこ, でまた, でアガリ, で六十九歳, で切つて, で別れなければ, で壹圓五拾錢, で妙, で徑, で書き上げた, で野村子爵, ぶら, むこうから, よろめいて, ゴロゴロ, ロースに, 一度は, 上流の, 下の, 中支, 乘つ, 交際を, 以前から, 伴直人の, 入院し, 出た, 前, 前から, 前でした, 前ふと, 前佃と, 前即ち, 前日本女が, 前生, 前貴方が, 前面を, 北へ, 北方の, 南方の, 同じ教室, 四国西国廻りを, 地上を, 姉妹の, 小川に, 小笠原さんや, 居ります中, 岸を, 川上です, 左膳の, 待ちます, 御同棲, 忘れて, 戦争を, 暮らした, 来なかったので, 東に, 東よりの, 東北の, 東南に, 死身に, 泣き続けに, 生きて, 田舎に, 登りまた, 登ると, 神主を, 糧車は, 経ちまして, 経つと, 芝の, 行き車力, 行ったとき, 行った所, 行って, 行乞近来に, 見る, 費したここ, 距たっ, 距たった, 通って, 進みましたが, 進むと, 進めてから, 進んで, 進行し, 隔てて, 離れたところ, 離れたフランダース, 離れた処, 離れた川, 離れた田舎, 離れた西海岸, 離れた阿蘇, 離れて, 黒羽の, 鼻の

▼ 半~ (131, 2.8%)

9 の間 8 か一年, ほど前 6 も前 4 になる, ばかり前 3 ならずして, 程前 2 のうち, の後, ばかりの間, 在天涯, 程経つ, 経たないうち

1 [74件] か一箇年, この方, しか居ません, しか経ぬ, その者, たった, だけ休んだ, ついに目的, でも, でもいい, でもただ, でもひとつ衾, でも一緒, というもの, とたっ, と少し, における自身, にし, になります, にはなろう, にもあまる, にもなる, にわたる対戦, にわたる苦労, に垂ん, の余, の日, の昔, の目的, の籠城, の長陣, の間佐渡, の間家, はどうにか, はどうも, は辛抱, ばかりし, ばかりそう, ばかりと云う, ばかりにしかならない, ばかり休んだ, ばかり居食, ばかり海岸, ばかり滞っ, ばかり過ぎ, ほどにて東京, ほど過ぎた, もすれ, もてば, もやっ, も入院, も只, も愚圖, も溜める, も滞在, も然, も竹中半兵衛, も見た, も過ぎた, や一年, をすごした, を碇泊, を経ざれ, 待って, 待つて, 早くも, 暮すから, 溜めた家賃, 程經つて近所, 立たぬに, 経たぬうち, 経ちました, 経って, 経つと

▼ 半~ (116, 2.5%)

4 あが, あつた, 帰って 2 かたづけて, 七十里の, 四枚六枚と, 机に, 駈けつけたの

1 [94件] あがった, いたらしいの, おいや, おまち, かすかに, かなりな, くる, ことが, これらの, こわして, こんな間に合せ, すらそれほど, ずっと六助, せうね, その家, その日, たくさんだ, どううねり廻る, なし林彦三郎, のぼって, よろよろと, カンタンに, ジヤン・ダルクの, 一月が, 七輪の, 三から, 下車長井で, 両端に, 二十九円五十銭六畳で, 二十五立方尺である, 二百五十円とりよった, 休茶屋が, 先ず, 出来る, 出来るよう, 別の, 到着する, 勉強します, 勘定してやれ, 古道に, 向ふ, 四が, 売られとばせること, 売られ一頭, 奈落に, 完了する, 家賃十三円であった, 工事を, 帰つ, 帰宅した, 座を, 我慢しなけれ, 月日に, 楽に, 此の先の, 歸つ, 死ぬといふ, 死亡, 水の, 氷山や, 海抜七千六百尺の, 済まして, 済む事, 満員補助出切りだ, 濃紅色, 片づいた, 目が, 着いたわけ, 私が, 節季の, 糸を, 聞いたくらいの, 蕎麦でも, 藤橋に, 行かれる, 行けた, 諭旨に, 買って, 路頭に, 道糸に, 達せられる, 酒を, 鈎は, 録音は, 間に合う, 陥ちて, 離縁する, 頂上の, 飛んだ, 飛んだの, 飛去る, 飾らなければ, 餘程重く, 龍という

▼ 半時間~ (103, 2.2%)

3 か一時間, ばかりうずくまっ, ほどし, ほど前 2 も喋り立てた, も密議, も待つ, も早く

1 [83件] おくれて, か, かそこら航海, かそれともあるいは, か其所, くらい休み, ぐらい実地, ぐらい黙った, しかない, しか上げられない, たった, たったら返し, だ, で烏帽子岳北側, とか十分, とたたない, とはかからない, とはたたぬ, とは過ぎぬ, と経ぬ, にもなる, の余, の労働, の後, の無駄話, の研究, の練習, はたっぷり, は彼, は過ぎた, ばかりいつも, ばかりする, ばかりたつ, ばかりたて, ばかりで, ばかりの小さな, ばかりの間, ばかりは眼, ばかりも彼女, ばかりも時, ばかりも無事, ばかりも無言, ばかりも留つて, ばかりをポーチ, ばかり二尺, ばかり打ってる, ばかり病人, ばかり経っ, ばかり経った, ばかり経つ, ばかり行っ, ほどうろうろ, ほどたつ, ほどであった, ほどにもなろう, ほどの後, ほどの猶予, ほどの道, ほどぼく, ほども素見したる, ほどを過ごした, ほどを過した, ほどスケッチ, ほどマーシェンカ, ほど大きな, ほど待つ, ほど戎橋筋, ほど温泉気分, ほど説明, ほど電車, もたて, もレオニダス, も喋りたてた, も待っ, も登ったろう, も経たぬ, 待たされた, 掛かる, 時に一時間, 程も抛り出され, 程私, 経って, 遅れて

▼ 半~ (92, 1.9%)

4 いえば 3 すれば, 出るか, 言って 2 あれば, いって, いふと, 豚肉代を, 長右衛門

1 [69件] あり, ある, いうが, いっても, いふに, いふの, いろいろの, お六, かも手に, この二つ, しつれそうの, し見ないん, なす者の, なった, なる, なるべし, はりゃ半, みれば, ろと, カレー粉中匙一杯とを, 一尺二寸, 一緒に, 並べて謳, 云うところ, 云うの, 云って, 云ふ, 五分一とに, 信次郎が, 信次郎とは, 出たの, 出ても, 出ますか, 出りゃ鹿島, 勘当を, 句四つ戴いた, 吉田屋の, 同じだ, 大方同じ, 存さしひか, 存候, 定め道, 彦三郎は, 彦次郎が, 彦次郎の, 御飯を, 思ったら損, 推察仕, 書いて, 来たら気象, 極めていた, 牛乳を, 砂糖小匙一杯に, 祭は, 約束し, 蔵元屋の, 被存候処, 見て, 見ての, 見なければ, 言うと, 言ったの, 言ったので, 言つて丸屋の, 言つて二十歳, 過ぎて, 鍵の, 長吉とを, 限られても

▼ 半ほど~ (86, 1.8%)

5 前に 4 行くと 3 である, 前の 2 して, すると, 先の, 前から, 向うの, 庇の

1 [59件] あつた, ある, あるの, かかりました, したら船, そうして歩いた, たちます, たって, たつと, つづいただけ, です, でその, で六万平, へだてた位置, まえの, よく洗っ, ゐた間, 下の, 並べたところ, 二階に, 京都に, 信州へ, 先に, 内海まで, 北へ, 北方の, 南へ, 吐いたから, 太さ二抱え, 奥へ, 山を, 廻らなければ, 待たねば, 後に, 応接間で, 戻すと, 手前まで, 早く徳島, 来た野, 東に, 此雲白く, 歩んで, 煮て, 熱心に, 留守に, 登ったかと, 私から, 私は, 経った新, 経って, 耕して, 諸国を, 距った, 距れた, 進むと, 遅い, 過ぎて, 間が, 隔てて

▼ 半~ (74, 1.6%)

2 から十八世紀, である, となる

1 [68件] お休み, かな, からそろ, からであった, からでした, からのこと, からはその, からは五分の入り, からポルトガル人, から三月以上, から十七世紀, から吟ずる, から声, から我が, から或, から歐洲, から焦れ, から西アジア, から西国方面, この一行, じゃわざと, だそう, だったでしょう, だったろう, であったと, であると, でしょう, ですがね, で空, で耳, という, に, になっ, になつて, になる, にはきっと, にはやがて, には東洋, に出ました, に李奎報, に欧州, に泉州, に發明, に立派, に至り, に至る, に長安, に閉めました, に頁, のこと, のもの, のアラビア, の地, の天文十二年, の天文年間, の陽, へ直ぐ, また竪川, までお, までさしも, までで一先づおしまひになるのだから, までは西域, まで清水越, より左, 即ちほぼ, 小臺, 生暖かいの, 面白い唄

▼ 半ちゃん~ (65, 1.4%)

3 はまた 2 がまた, が往, に, に逢わし, はその

1 [52件] がいきなり, がお, がその, が口, が右側, が硯, が起きあがっ, が酒, そんなこと, であった, で通っ, とは古い, どうだい, には通じなかった, に命令, に注意, に眼, に逢い, の席, の胴, の鼻, はずいと, はどう, はむずかしい, はむずむず, はもう, はやっと, は元, は出, は半身, は口, は女, は山田, は岡本, は己, は床, は後, は得意, は真顔, は立った, は笑い, は笑っ, は紺蛇目, は緊張, は起きあがっ, は起っ, もお前, も対手, も疾, をなぎ倒し, を呼ん, を見た

▼ 半ばかりの~ (54, 1.1%)

3 うちに 2 平野の, 所に, 細い剥ぎ, 間に, 間の

1 [41件] あひだ, ところに, アメリカ旅行から, 低い土手, 六花台までは, 円を, 円筒形で, 出窓を, 劍沢を, 古い幹, 土地には, 地所に, 外国生活が, 小さな湖, 小さな門, 巴御前を, 平井谷と, 後には, 後レースの, 後北の, 後或, 感想を, 描写で, 時日に, 棚が, 楽しさ, 細長い庭, 舞台が, 苗代茱萸が, 見学で, 距離が, 路地を, 辺に, 道で, 道は, 道を, 道程普通の, 長っぽそい, 間これに, 間ひとことも, 間往来する

▼ 半~ (53, 1.1%)

2 後見を

1 [51件] あった, ありその, いた, うちならされた, すぎさって, たいてい見えず, たちまち過ぎる, でて, とこ食っちまった, どつ, どんな心持, はいる, わきに, プレートを, 中央における, 云うの, 人間である, 來て, 勝つか, 原則的である, 可哀想に, 四ツへ, 帝都の, 干すばって, 平常より, 怒ってネ, 急に, 手術から, 手近な, 打ったん, 押っ, 持つて, 最高です, 来て, 正しい, 殺された, 濟ま, 生残, 眼を, 知って, 私には, 絵の, 自害した, 若旦那の, 行つて脇差の, 観世物小屋へ, 過ぎどう, 適当である, 還俗し, 長助に, 默つてゐない

▼ 半~ (51, 1.1%)

4 です 2 なもの, に一つ, のもの, の部屋

1 [39件] かかります, から北, しかない, しか歩かない, しか無い, しか隔, ずついられたら, であつ, ですかね, で出来ます, で帰っ, で草鞋, なの, な割, にはなっ, にも当ろう, に三度湯, の, のところ, の上甲板, の処, の割合, の大, の小さい, の時間, の村道, の通路, の間, の間口, はあろう, は綯える, よく湯, ゐの, を費やし, 入れて, 加えます, 呑んだかな, 待ったのよ, 煮ますが

▼ 半~ (49, 1.0%)

2 と彼女, を成し

1 [45件] がパクン, が一面, が三段, が海中, が薄暗く, が説明, が金網, が非常, だけを写した, だけを地中, で岩形, とそれ, とを以て彼女, とを以て我霊魂, とを有し, とを有する, と我, と我が, に在る, に売込まれる, に白い, に纏っ, に透し彫, に雪, の下積み, の反比例, の金網, の隅々, の顏, は地上, は断れ, は真青, は見える, へかけ, へ鎖帷子, より朝鮮, をぐるり, をてらす, を其下, を最も, を統一, を薄暗く, を蝕, を見る, 全體

▼ 半という~ (40, 0.8%)

4 のは 3 のが 2 ところで, ものは

1 [29件] いでたち, ことだ, ながい時間, のだ, のである, のです, のを, ものひでえ, 博奕打ちに, 古式の, 女が, 女は, 女房と, 女隠居が, 御検案, 数が, 数に, 数字が, 料理屋が, 時刻であった, 時間は, 有様, 短時間では, 美い, 者であった, 重く苦しかった, 長文を, 風に, 驚異的な

▼ 半から~ (39, 0.8%)

2 二時間ぐらい, 腕の

1 [35件] そろそろ秋風, 一等を, 七八寸の, 七刻の, 七月にかけて, 三円とる, 三間くらい, 二哩半に, 二哩半の, 五十坪まで, 五間もの, 先は, 八つまでの, 八つ時まで, 四時間, 四英マイル時代に, 外へ, 大倉氏の, 子刻の, 子刻まで, 子刻前まで, 張り出して, 待たなくちゃ, 手を, 折れた樅, 摧かれ, 明け方までの, 生色を, 秋の, 秋半の, 細かい雨, 緑蝶夫人は, 辰刻までの, 鎗の, 降りやしたのう

▼ 半以上~ (33, 0.7%)

2 の大

1 [31件] か, でないと, にもなった, にもなる, に亘る, の子, の武者絵, の目的, の裝甲, の間隔, も, もあけ, もあるでしょう, もベッド, も京坂各地, も前, も外国, も天然, も引, も引きずっ, も歩かなけれ, も背, やがて六里, を失うであろう, を失った, を無駄, を雲, 懸って, 煮なければ, 煮ますが, 煮ると

▼ 半ほどの~ (29, 0.6%)

1 [29件] あひだ, いとま, 仕事ぶりは, 小屋へ, 差が, 後である, 後には, 快適な, 所, 所に, 手紙を, 木造小舎である, 沼地に, 異様な, 裂罅が, 距ては, 路を, 蹲には, 道の, 道を, 銀色を, 長方形の, 間が, 間どこかの, 間に, 間の, 高さ, 魚を, 黒い管

▼ 半兵衞~ (28, 0.6%)

1 [28件] が一杯, が北新堀, が和蘭人, が怨, が案内, が武家, が殺された, が西村氏, といふの, との仲, と云, のところ, の兵粮丸, の大きな, の娘, の家, の擴げた腕, の死骸, の目, の話, の遠縁, は昨夜急, は矢張り, は自分, は非常, を初め, を殺し, を殺した

▼ 半~ (27, 0.6%)

2 とも離れ, に一休, ばかりのところ

1 [21件] あるくと, かな, と行かぬ, の向, ばかりの両側, ばかりの先, ばかり北の方, ばかり南, ばかり手前, ばかり離れ, ほどのところ, ほどの大川竜太郎氏方, ほど右, ほど広がっ, ほど行った, ほど離れ, 程も行った, 程東, 程続い, 程離れ, 程離れた

▼ 半~ (27, 0.6%)

8 は思った 2 のお, のサワリ

1 [15件] が妻, というもの, とかお, に別れ, の三勝, の名, の墓, の記憶, は云った, は熊蔵, は自分, も思った, も永う, を始め, 見たよう

▼ 半~ (26, 0.6%)

3 二時間の

1 [23件] けらも, けら食べる, ことによる, そこい, どっちかが, ようあれで, 三時間ほどの, 二年の, 二年預ける, 二日路である, 二時間くらいの, 二時間は, 二本飲む, 二里ぐらい, 二里である, 二里はござりましたでしょう, 二間で, 二間ばかり, 其所い, 四口で, 急げば, 時刻は, 生か

▼ 半ダース~ (26, 0.6%)

1 [26件] かかっても, から一ダース, くらいは提供, ぐらいじゃ引受けられない, ずつわき, でけり, ということ, と同じ, なんか, のんぢ, の人間, の例外的, はいた, ばかりのビール, ばかりの兄弟たち, ばかり挙げ, ほどをつつみ, もたべ, も持たせ, を提げ, 持って, 程の価, 買い, 買ったり, 買って, 重ねて

▼ 半~ (26, 0.6%)

2 くらいある, の一群, の英雄神

1 [20件] か一人, くらいは世界的, だっていなかった, では, でも居る, で切上げ, と見た, と計算, なり一人, にても此間, に満たざる, の前, の坑夫共, の域, の弟子, の理想的人格者, の生, の軍, または間人, もこれ

▼ 半~ (24, 0.5%)

2 の主

1 [22件] から興っ, と代えよう, にとどまり, にも足らず, に亙る, のわが, の利, の土地, の守護, の小, の帝王気取り, の絵図, の領主, の領地, ばかりの政事, もつづい, を与うべし, を与うる, を与える, を分け与うべし, を領する, ヲ超

▼ 半ぐらい~ (23, 0.5%)

1 [23件] あった, ある事, かかるの, して, だと, であったかと, であって, でしょうか, でも, で帰って, で急, で角度, なの, なのにねえ, なら妾, 前から, 尖に, 帰って, 有りそう, 眠らなかったこと, 続いた, 走ります, 鵞鳥なんか

▼ 半しか~ (23, 0.5%)

2 ない, ないん

1 [19件] ありません, いない, かからないと, かからぬ, ないという, ないの, ないのに, ない姫路, ない山, ない所, なかった, のめない, もてなくなって, 増して, 掛らなかったと, 支給せられなかった, 残って, 渡さない, 無い

▼ 半さん~ (22, 0.5%)

3 の家

1 [19件] がいい, が介抱, が山下, が発心, だ, といい, とわけ, と助さん, どうした, に報告, の妻君, は, はいくさ, はその, は十数年来, は救民, は私, は長屋, も同じ

▼ 半~ (22, 0.5%)

5 ている 3 てゐる 2 て, て自ら趣 1 てお, てそのまま, てゐた, てブッダガヤ, て問者答者二人分, て子弟殿上, て特に, て處, 其歓楽の, 第三

▼ 半~ (22, 0.5%)

2 ということ, といふ, と聽, るみを

1 [14件] から七時一寸すぎ, がまあ, し鸚鵡, その半, つたと, という答, としても相手, とする, などと笑った, な可, よお, わ, 何船だ, 半だ

▼ 半まで~ (18, 0.4%)

1 [18件] おびき出されさうになつ, お持ちなすっ, お負け, だ, である, では, 上がったに, 上つたのである, 休みに, 侵略する, 保たじ, 到りき, 可能である, 大戸を, 奥屋文芸部長と, 掩隠しつ, 氷の, 言切らぬ内

▼ 半~ (18, 0.4%)

1 [18件] そのこと, たりと, でもなにか, でもふるさと, でも言わない, でも進ん, でも釣り得, の心得, の訂正, みだりにも, もそんな, も他人, も出, も洩らした, も現れ, も認めてない, を聞いた, 見当らなかった

▼ 半~ (18, 0.4%)

3 前に 2 である

1 [13件] ある竹, して, つ, でごたごた建て連, で菓子屋, で駱駝, まえから, 前からの, 湖水に, 滞在し, 眠った, 立つと, 経つた翌年

▼ 半には~ (17, 0.4%)

2 獅子城の

1 [15件] もう売り切れ, もう広島, ランプと, 何も, 別々に, 床の, 既に英吉利海峡, 早くも, 東京から, 歸つてゐる, 王侯の, 負らん, 近いそう, 過ぎざらん, 音造信次郎には

▼ 半ぺん坊主~ (17, 0.4%)

1 [17件] がこちら, がやけに, が一杯, が出, が得意, で通っ, にはなんだか, のいう, の向う, はこの, は京都あたり, は半ぺん, は山, は思い出した, は言葉たくみ, は青く, は額

▼ 半ぶり~ (16, 0.3%)

2

1 [14件] でお話, でこの間無事, ですわ, でなんと, でやや, で夜, で弟, で故郷, で東京, で江戸, で見る, に女, に父, の邂逅

▼ 半~ (16, 0.3%)

2 助さんが, 助と, 助という, 助の 1 助かな, 助に, 助は, 助はさ, 助も, 助を, 助方へ, 助方小僧身ぶる

▼ 半~ (16, 0.3%)

2 ほど離れた

1 [14件] と走らない, と離れない, にもわたるべし, の沖, の距離, ばかり何ん, ばかり北の方, ばかり続き, ばかり離れ, ほどの所, ほど距, を下らざれ, 離れた森, 離れて

▼ 半~ (16, 0.3%)

6 の中身 1 ずつ売った, ずつ食っ, とかいうとき, に砂糖半斤, ばかり煮, へ少し, へ砂糖, もらいそれ, を四つ, 入れて

▼ 半ぺん~ (15, 0.3%)

2 の下, を肴

1 [11件] が大好き, だよ, のくさっ, の残り, の煮汁, の甘煮, の葛, はくさっ, は幾つ, をくっつけ, を食べ

▼ 半過ぎ~ (15, 0.3%)

2 でした

1 [13件] いや亥刻時分, からまた, から戌刻過ぎ, から雪, だ, でございました, でしたろうか, では, にお, に俺, の人, の或, まで約

▼ 半といふ~ (14, 0.3%)

2 のは

1 [12件] ことに, のも, 女は, 女房と, 奴かと, 娘は, 広い部屋, 時刻に, 時日を, 真中で, 諺あり, 頃辻番の

▼ 半より~ (14, 0.3%)

2 その端

1 [12件] いたう悩み, 三つ多い, 上には, 二時間半に, 以上黄袗は, 多く失せし, 左曲す, 帰る木の間, 色を, 這初め中頃は, 遲く, 頽れ

▼ 半マイル~ (14, 0.3%)

2 も離れ

1 [12件] くらいのところ, ぐらい, です, というところ, の塚, の間, ばかりのところ, ほどのおそろし, ほどのところ, ほどの円囲内, も飛びのきました, 離れたところ

▼ 半ごろ~ (13, 0.3%)

1 [13件] から八つ, から降り続けた, しに, でした, と記憶, にかけ, には木更津, に酒屋, のこってさ, の部分, までには大抵, までには後れ, まではたしかに

▼ 半にも~ (13, 0.3%)

2 届くまい

1 [11件] うめぐりあふとは, なりませうぜ, なる, なるといふ, なるわ, わたる医者達, 及ばざるに, 増えたぜ, 至らないで, 足らぬ距離, 高くなった

▼ 半ばかりに~ (13, 0.3%)

11 して 1 なった, 使って

▼ 半びらき~ (13, 0.3%)

3 にした 2 にし, になった, になつて 1 になっ, のじっと, の眼, の菌

▼ 半~ (13, 0.3%)

2 ほどの小さく

1 [11件] ずつに離れた, ずつ配っ, だって一行, でも止め, なり何, に刷った, に刷つた, の半紙, の平均, ほど前, を講義

▼ 半~ (13, 0.3%)

3 の奴 1 が一番, だと, という男, とか云っ, のもの, の成勢, の話, は自分, をけしかけ, を取込ん

▼ 半~ (12, 0.3%)

1 [12件] から始まつた, ぐらいで, こんな事實, になっ, に入場, に別れた, に台所, に於ける, に死んだ, に行く, の四月十三日, の記憶

▼ 半~ (12, 0.3%)

2 の定 1 かになっ, が並びます, が二十両, となる, なりと気, の中央, の列, の若い, の賭金額, を張り

▼ 半です~ (11, 0.2%)

32 ぜ, よ親分 1 か, からと云っ, けれどもその間放出, ね

▼ 半~ (10, 0.2%)

5 ぼんを 2 ぼんの 1 ぼん, ぼんに, ぼんにな

▼ 半~ (10, 0.2%)

1 いって, うなりを, かけて, はいり襖, 出かけて, 出かける, 出て, 変えようと, 行った時, 飯を

▼ 半ほども~ (10, 0.2%)

1 あらうか, ある広い, ある角, ない, 前の, 床に, 手前に, 登るの, 降って, 降つて來

▼ 半~ (10, 0.2%)

1 が腹の虫, その三つ, ですから, でも, ということ, という風, の白湯, の粥, も喉, 入れて

▼ 半あまり~ (9, 0.2%)

2 の溝 1 その, で電車通り, の九月十六日, の間, を経, 行けば, 醜くない

▼ 半ある~ (9, 0.2%)

31 かない, ところを, とはガッカリガッカリ, とよめます, と言う, などとそんな

▼ 半として~ (9, 0.2%)

2 推定を 1 それが, わかって, 九十銭新聞は, 九十錢新聞は, 往途に, 接触面積を, 約百万人

▼ 半~ (9, 0.2%)

2 のこと 1 である, になった, にはもうあまり, には絶命, に寢床, に達する, の二時

▼ 半~ (9, 0.2%)

3 になっ 1 せしやと, になる, に一人, へ心, までの様子, 入りては

▼ 半長右衛門~ (9, 0.2%)

2 のよう, の話 1 すらあり得ない, だってある, だなんて, なんてこと, の花見姿

▼ 半にて~ (8, 0.2%)

1 せり上げの, 六十里の, 夜を, 截る, 月の, 着駅せる, 走りつき得たる賃錢, 食事を

▼ 半七酒屋~ (8, 0.2%)

7 の段 1 之段

▼ 半人半獣~ (8, 0.2%)

2 の怪物 1 のこと, のやう, の二人, の声, の牧羊神, の獣性

▼ 半~ (8, 0.2%)

2 が隠居所 1 が六十六歳, が隠居時代, にし, のあと, は六十六歳, をはじめ

▼ 半~ (8, 0.2%)

2 の怪物 1 のこと, のやう, の二人, の声, の牧羊神, の獣性

▼ 半くらいの~ (7, 0.1%)

2 木綿の, 狭いごたごた 1 ことは, 太さ, 幅の

▼ 半ぐらいの~ (7, 0.1%)

1 ところで, メスの, 丸い穴, 予定で, 幕に, 廣さで, 御膳が

▼ 半では~ (7, 0.1%)

1 あったが, あったものの, あつた, いくらです, とても応, 足りない, 馬一匹飼う

▼ 半メートル~ (7, 0.1%)

1 ぐらいの相当完全, だね, でも歩き, の三百六十五倍, の差, ばかりの石, もあろう

▼ 半ヶ年~ (7, 0.1%)

1 というもの, になんなんとする, の後, の間, ばかり前, も過ぎた, も長

▼ 半乃至~ (7, 0.1%)

1 三時間半, 三時間半その間に, 二倍に, 二時間を, 二時間位かかった, 二時間近く費すであろう, 二間と

▼ 半少し~ (7, 0.1%)

1 廻つた時分, 負け, 過ぎだつたと, 過ぎでした, 過ぎときまつて, 遠いか, 長引けば

▼ 半扶持~ (7, 0.1%)

1 とを先代, にせられた, の内一人半扶持借上二人扶持被下置, の定め, を与え, を減し, 御減し

▼ 半歳前~ (7, 0.1%)

2 に江戸中 1 に亡くなり, に死んだ, のことぢ, の我, の跡

▼ 半くらい~ (6, 0.1%)

1 で気候条件, 前は, 大きいの, 払えば, 睡ったわけ, 雪が

▼ 半だけ~ (6, 0.1%)

1 でさえ, 増すという, 待って, 私は, 罫紙で, 邸勤めの

▼ 半とは~ (6, 0.1%)

1 いえ天下, いえ自分, 仲, 安いので, 後で考へた, 言つても

▼ 半ないし~ (6, 0.1%)

1 七人に, 三%の, 二時間ばかり, 二時間を, 五人から, 角七十七度三分の一式の

▼ 半ばかりも~ (6, 0.1%)

1 あって, その辺, たくさんに, 待つうち, 歩いて, 登りますと

▼ 半~ (6, 0.1%)

1 でもうんざり, に罪業, の創作, の夙志, の歴史, の生活

▼ 半~ (6, 0.1%)

1 だ, の上, の包, ばかり彼女, を二つ, 持出して

▼ 半程の~ (6, 0.1%)

2 間は 1 日本で, 距離を, 道を, 高原地に

▼ 半~ (6, 0.1%)

1 さが, さ一間半ばかりの, なんぞと, の諸山, を前年中, 取上げ

▼ 半すぎ~ (5, 0.1%)

1 てしまっ, てゐた, ですぜ, といふの, ならいや

▼ 半ちかく~ (5, 0.1%)

1 いた間, なったが, の間, はあるでしょう, も待つ

▼ 半である~ (5, 0.1%)

1 が発育, けれどもこれ, ことが, という, 本書亦

▼ 半でも~ (5, 0.1%)

2 子刻 1 三年でも, 私は, 蒼くなる

▼ 半までの~ (5, 0.1%)

1 あいだと, あいだに, 増額公定価格の, 東京市中を, 間に

▼ 半までは~ (5, 0.1%)

1 お嫁, その私あて, 丙で, 常陸の, 飲んだが

▼ 半をも~ (5, 0.1%)

3 遣られるの 1 失ひて, 解し得ず汝

▼ 半ヶ月~ (5, 0.1%)

1 となつた, の間, ばかりし, ばかり経っ, も要しなかった

▼ 半~ (5, 0.1%)

2 の道 1 にし, に過ぎざれ, も有

▼ 半~ (5, 0.1%)

2 乗って 1 の埃, やって, 載せねえか

▼ 半~ (5, 0.1%)

1 だつて, であること, の愛, の馴染, ほど南

▼ 半歳以上~ (5, 0.1%)

1 にのぼる, は過ぎた, もいた, もお, も寢

▼ 半~ (5, 0.1%)

2 半醒 1 の中, の状態, 状態から

▼ 半近く~ (5, 0.1%)

1 かかって, の年月, も蒙, 御落胤, 経った後

▼ 半~ (5, 0.1%)

1 の怪物群, の異物, は一疋半, は女性, 降るもの

▼ 半ぐらいは~ (4, 0.1%)

1 ありまっ, あるそう, あろう四人, 何も

▼ 半した~ (4, 0.1%)

1 のである, ものが, 時女中が, 甘いおぞましい不安

▼ 半する~ (4, 0.1%)

1 くらいでありました, は人生, 有樣さ, 迄追跡

▼ 半それから~ (4, 0.1%)

2 東京へ 1 徐々にさむ, 遠っ走りを

▼ 半との~ (4, 0.1%)

1 二種類に, 賽の目の, 関係について, 関係を

▼ 半とも~ (4, 0.1%)

1 ありません, なれば, 七里とも, 思ふ頃

▼ 半にわたって~ (4, 0.1%)

1 日本全土に, 用材を, 覚える, 音楽的に

▼ 半ばかりは~ (4, 0.1%)

1 お客が, ちょうどそれ, 一般公衆の, 通行が

▼ 半ほどは~ (4, 0.1%)

1 おかゆと, そこへ, 何が, 死力の

▼ 半~ (4, 0.1%)

1 役料を, 笈摺や, 草鞋を, 長右衛門

▼ 半よと~ (4, 0.1%)

1 始め出す, 血眼に, 身を, 輸贏を

▼ 半ヵ月~ (4, 0.1%)

1 のお, ばかり滞在, ほど留守中, も経っ

▼ 半人半馬~ (4, 0.1%)

1 の怪物群, の異物, は女性, 降るもの

▼ 半以内~ (4, 0.1%)

1 だったらガラス, になさね, に短縮, のもの一つ

▼ 半時間あまり~ (4, 0.1%)

1 で片, も口, も歩い, も蹲らしめ

▼ 半暗に~ (4, 0.1%)

1 して, すかして, 散らして, 沈んで

▼ 半最も~ (4, 0.1%)

2 多いの 1 大きなの, 短かいとき

▼ 半~ (4, 0.1%)

1 ずつで, ずつ先, でも後ろ, の進歩

▼ 半歩い~ (4, 0.1%)

1 ちゃ大概, ていっ, て来, て鵜戸

▼ 半歳經~ (4, 0.1%)

2 たない 1 たぬうち, つた

▼ 半腐り~ (4, 0.1%)

1 になった, の玉ラムネ, の縊死体, の骸骨

▼ 半~ (4, 0.1%)

1 だか, に血, ほども点々, ほど来る

▼ 半行く~ (4, 0.1%)

1 とゲロン・リンボチェ, とサッキャア, と三津, と白山温泉

▼ 半~ (4, 0.1%)

1 ずつ理解, といえ, に笑つた, の満足

▼ 半~ (4, 0.1%)

1 に, の広告, を大胆, 程の所

▼ 半~ (4, 0.1%)

1 にし, に及ぶ, の生活, りも

▼ 半あるいは~ (3, 0.1%)

1 三倍位ある, 三倍背の, 長くて

▼ 半かかる~ (3, 0.1%)

1 のだ, のであった, 手術を

▼ 半くらいに~ (3, 0.1%)

2 なるし 1 なった

▼ 半ぐらいしか~ (3, 0.1%)

1 ないから, 残らないこと, 過ぎ去って

▼ 半その~ (3, 0.1%)

1 何れに, 路は, 長い間

▼ 半であった~ (3, 0.1%)

1 かと記憶, のである, ので早速

▼ 半とか~ (3, 0.1%)

1 いうので, 聴いて, 言うて

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 のに竹竿, 心持で, 生活を

▼ 半なら~ (3, 0.1%)

1 ば六, 大事あるまい, 秋元淡路守様も

▼ 半ならざる~ (3, 0.1%)

1 に大, に女, に費す

▼ 半ばかりを~ (3, 0.1%)

1 暮した, 暮して, 自分を

▼ 半ほどで~ (3, 0.1%)

1 へこたれて, 東京に, 追分の

▼ 半インチ~ (3, 0.1%)

1 の木片, ほどの隙間, より近い

▼ 半カ年~ (3, 0.1%)

2 に渡っ 1 にわたる工作

▼ 半カ月~ (3, 0.1%)

1 のあまり, の静養, ばかりの後

▼ 半三郎~ (3, 0.1%)

1 と書いた, の後ろ, は後作太夫景行

▼ 半二時間~ (3, 0.1%)

1 ちかくかかりましょう, と経つ, にもなる

▼ 半五郎~ (3, 0.1%)

1 が八州, の家, はわが子

▼ 半人半獸~ (3, 0.1%)

1 である然るに, なれども, の山野

▼ 半余り~ (3, 0.1%)

1 になる, もあっ, もプラスビイユ

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 いまだあらず, の目明し, の道人

▼ 半兵衞殺し~ (3, 0.1%)

2 の下手人 1 は傳七郎

▼ 半分間~ (3, 0.1%)

1 ほど佇ん, 入れて, 坐って

▼ 半切れ~ (3, 0.1%)

1 の食事, を伝わっ, を手遊

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 のモスリン, の布, ほどな

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 ぐらいずつ短い, ばかりのタタキ, 程の土地

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 の人, の癖, 程もある

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 だ, だと, は崖端

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 は一里半, は三フィート, は少く

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 である, で細君, な慰藉

▼ 半歳一年~ (3, 0.1%)

1 と云, と月日, 溜めて

▼ 半歳余り~ (3, 0.1%)

2 経た頃 1 の日

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 の我欲, の疑ひ, も足らぬ

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 て卸す, て玉子, て食べる

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 である然るに, なれども, の山野

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 とわかれ, は全く, は或

▼ 半程に~ (3, 0.1%)

1 なるが, なる事, 拵へ

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 といえ, によく, に溢血

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 に一石五斗, の肩書, までの区別

▼ 半~ (3, 0.1%)

1 から瞼, に受け, を布団

▼ 半食っ~ (3, 0.1%)

1 ていた, て正岡, て翁

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 房お, 砂糖を

▼ 半および~ (2, 0.0%)

1 絹地五反, 鮮魚一盥

▼ 半かかっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て帰宅

▼ 半くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ食

▼ 半ぐらいで~ (2, 0.0%)

1 循環する, 恢復し

▼ 半ぐらいな~ (2, 0.0%)

1 そして天井, 距離を

▼ 半ぐらいに~ (2, 0.0%)

1 奥の, 殺されたもの

▼ 半ここ~ (2, 0.0%)

1 が立山温泉, は三条愛宕道

▼ 半ごろ眼~ (2, 0.0%)

1 にたつ, に立つ

▼ 半さま~ (2, 0.0%)

1 は情愛, もあの

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 とみ, ゅく玉子の

▼ 半すでに~ (2, 0.0%)

1 出来上った建物, 芽を

▼ 半ずつ~ (2, 0.0%)

1 三回書いた, 仕事を

▼ 半ずつの~ (2, 0.0%)

1 懸茶二十四袋, 距離に

▼ 半そこ~ (2, 0.0%)

1 を出る, を右

▼ 半その間~ (2, 0.0%)

1 に一作家, に英国

▼ 半それ~ (2, 0.0%)

1 に反し, は不可

▼ 半だけは~ (2, 0.0%)

1 板の間で, 権田と

▼ 半だの~ (2, 0.0%)

1 お七, 松喜も

▼ 半とやら~ (2, 0.0%)

1 そちも, でほんの

▼ 半なんて~ (2, 0.0%)

1 云ふ, 長さ

▼ 半において~ (2, 0.0%)

1 かれの, 日本の

▼ 半にしか~ (2, 0.0%)

1 なって, 当らない

▼ 半ばかしの~ (2, 0.0%)

1 ことで, 道を

▼ 半ほどから~ (2, 0.0%)

1 堀割を, 奥の

▼ 半ほどに~ (2, 0.0%)

2 達して

▼ 半ほどを~ (2, 0.0%)

1 旅に, 沓脱と

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 な舞台, への往路

▼ 半また~ (2, 0.0%)

1 人家も, 股引は

▼ 半までに~ (2, 0.0%)

1 日本橋たもとへ, 高輪の

▼ 半までには~ (2, 0.0%)

1 あとわずか, まだ四十分以上

▼ 半みち~ (2, 0.0%)

1 の飛鳥, も下る

▼ 半もの~ (2, 0.0%)

1 期間はたして, 間一読も

▼ 半わかれ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 半キロ~ (2, 0.0%)

1 ほど南, もそれ

▼ 半グラム~ (2, 0.0%)

1 も飲め, 即ち一分三厘

▼ 半ポンド~ (2, 0.0%)

1 くれ, せしめようと

▼ 半七老人~ (2, 0.0%)

1 から話し, が眼

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 はガラクタ, 愛別より

▼ 半九月~ (2, 0.0%)

2 の末

▼ 半人半妖~ (2, 0.0%)

1 というよう, の怪物

▼ 半人半畜~ (2, 0.0%)

1 の神, の臭気

▼ 半人半魚~ (2, 0.0%)

1 の姿, の麗人

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 には一切, は五か月半

▼ 半以上湯煎~ (2, 0.0%)

1 にし, にします

▼ 半以前~ (2, 0.0%)

1 にジョン, に或

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 か野菜, が一セント

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 だけ見える, に起る

▼ 半入れ~ (2, 0.0%)

1 て三十分湯煎, て沸

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 として其妻, となつ

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 だって出, も命

▼ 半十郎~ (2, 0.0%)

1 が五年間, に売女枕

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 でない数, はマー坊

▼ 半即ち~ (2, 0.0%)

1 下の, 二十七銭ばかり

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 さ一尺くらい, さ半インチの

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 にあなご, の水

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 か一合, ずつ飲む

▼ 半合羽~ (2, 0.0%)

2 を脱ぎ

▼ 半哩四方~ (2, 0.0%)

1 とは, ほどの大きな

▼ 半四方~ (2, 0.0%)

1 の小さい, ほどの小屋

▼ 半四方位~ (2, 0.0%)

1 の室, の庭

▼ 半圏状~ (2, 0.0%)

1 に据え付け, に歩い

▼ 半~ (2, 0.0%)

2 半農

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 に疑い, は何

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 というよう, の怪物

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 した, する

▼ 半建て~ (2, 0.0%)

1 の別荘, 坪十三・四・五坪に

▼ 半打掛~ (2, 0.0%)

2 から中老引

▼ 半打掛座頭~ (2, 0.0%)

2 に至る

▼ 半斬った~ (2, 0.0%)

2 はよろしい

▼ 半時に~ (2, 0.0%)

1 二本二本半も, 取手へ

▼ 半時間位~ (2, 0.0%)

1 しか離れ, の間

▼ 半時間足らず~ (2, 0.0%)

1 であつ, の前

▼ 半枚鋏~ (2, 0.0%)

2 の切口

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 に出, の暖簾

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 の數, の連なる

▼ 半歳あまり~ (2, 0.0%)

1 だつたし, は羅漢寺

▼ 半歳伯母~ (2, 0.0%)

2 の訃報

▼ 半歳余~ (2, 0.0%)

1 の慎重, を一緒

▼ 半歳前江戸~ (2, 0.0%)

1 を出, を出発

▼ 半歳辛棒~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 煮て, 煮れば

▼ 半甲高~ (2, 0.0%)

1 といふ足, の足

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 の神, の臭気

▼ 半畠山~ (2, 0.0%)

2 の小屋

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 の数, を与え

▼ 半程も~ (2, 0.0%)

1 へりました, 前の

▼ 半立突~ (2, 0.0%)

2 の麦酒

▼ 半箇年~ (2, 0.0%)

1 という, は永く

▼ 半~ (2, 0.0%)

2 ほどである

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 にし, りして

▼ 半貯めた~ (2, 0.0%)

1 というのかい, といふのかい

▼ 半足らず~ (2, 0.0%)

1 にある, 暮して

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 ばかりもいった, ほども歩かね

▼ 半路以上~ (2, 0.0%)

1 ちが, もある

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 だけが遺っ, って同

▼ 半開いた~ (2, 0.0%)

1 口に, 窓の

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 ふ, を食わない

▼ 半馬力~ (2, 0.0%)

2 は六十

▼ 半騎兵六師団~ (2, 0.0%)

1 しか用いなかった, を使用

▼ 半~ (2, 0.0%)

1 の姿, の麗人

▼1* [659件]

あたりのところ, 半あと昼夜二回そしてその間, 半あまり直径で一・三四倍, 半ありといふ, 半ありますと答えた, 半あれば充分, 半いまで言う, 半いや二時間も, 半ね播い, 半おきには起され, 半おそく出発し, 半おろした古蚊帳, 半お前は返事, 半お昼少しまえでした, 半かいて床, 半かかったが今年, 半かかり日本の, 半かときく, 半かなここが, 半かの賽ころの, 半かは酒井家の, 半からになるが, 半からの雨に, 半かれこれ六里遠い, 半かをきめる時, 半か月もたたない, 半か月分の月給, 半きっちりに御, 半きりいなかったけれども小さな, 半くらいにも成長し, 半くらいもあり五哩, 半くりあげて七時, 半ぐさりになつ, 半ぐらいではないかという, 半ぐらいと踏みました, 半ぐらいまでの間, 半ぐらいもあるらしくその, 半ぐらゐどつち, 半ぐらゐが片腕にひびく, 半ぐらゐしか続かなかつた, 半ぐらゐで殆ど円形である, 半ぐらゐな期間である, 半ぐらゐは昼寝をします, 半ぐらゐ彼は静か, 半ぐらゐ蛙はま, 半こそ遺物に, 半こそは彼の, 半こらえにこらえ, 半これは宿場, 半ごとに三十分, 半ごろここへ押しかけ, 半ごろ囚人を伝馬町, 半ごろ大川の闇, 半ごろ岡崎町の桔梗屋, 半さん夫婦は全く, 半じゃアねえか, 半じゃもんわたしにでも, 半すこしまわったところ, 半すこしも苦痛を, 半ずつで買いましょう, 半ずつもふんだくりやがって, 半ずつを失って, 半せし俳句も, 半そんなにも大きい, 半たち上って, 半たってからのこと, 半たらずだがそこ, 半たりとも減刑の, 半だから自動車なら, 半だったか払え, 半だってこれっぽ, 半だつたがその, 半ちゃん八千代が便所, 半ちゃん車がほしい, 半ちんや松喜, 半ついてい, 半ついでにもう, 半つかみほどの嗅ぎ煙草, 半つきほどまえ, 半つき米は, 半つづいたとすれ, 半つづくと神経衰弱, 半づれにて那須に来る, 半でありなお長, 半できたよ, 半でどしんという音, 半でない数は, 半といったところだ, 半とかいう表現は, 半とかしか経たないん, 半とが同じ価値, 半ときばかり泣い, 半とて名高き酒楼, 半とともにどやどやと, 半とにわける丁, 半とに対して区劃する, 半とまでは届かなかった, 半とられる昭和十四年珍風景である, 半とるのは, 半なくては長い, 半などという長槍, 半などといふのは, 半などとなつてゐる, 半などを遣て, 半なり二年なり, 半なりのうちに, 半なることは, 半にあたるをいふ, 半にかけて約九十年間日本, 半にまで到りました, 半にもや達しけむ頃吹き下す, 半にわたる演説を, 半に対して強い嫉妬, 半ーエ, 半のみ見ゆるに, 半ばかしも行って, 半ばかりしか居なかったので, 半ばかりずつと顏を, 半ばかりでもぎ終えた, 半ばかりとなり幾, 半ひきのばし喋つたが, 半ひらけるわが心, 半ぶつ通しでかきつ, 半ぺん弁松のあなご, 半ほとんど坂落しの, 半ほどしか眠らないで, 半ほどまで来ると, 半まいたうえ古木の, 半まえの冬, 半まわりしたところ, 半めくらの私, 半もう秋だ, 半もしやべつた, 半もとぢ込められた, 半やつつけ乍らニュース漫談を書いた, 半ゆくと宇治山田, 半ゆっくりした気持ち, 半十二時, 半よりも綺麗だ, 半をだに費さずして, 半を以て寺一つ建てた, 半アラビヤ語とトルコ語, 半アルカラ女郎ヲ買ッタト思ッテ金ノハイル度々段々トウチコンダカラ, 半オンスばかりつめた, 半カイリぐらいのところ, 半カカッタラ五六百人ニナッタ全クオレガ御陰ダカラ当年ハ十月亥, 半カラットは十分, 半カラット白金だい時価二千円ならば, 半カ年間はほとんど, 半カ年間年俸の五分, 半キッカリ, 半クリームの上, 半コーヒーも飲めない, 半ズッと毎日, 半センチぐらいの厚, 半ダース入りの段ボール, 半ダース現像液に定着液, 半ダース譲つてあげたの, 半チップ共四円か, 半ナットメッグの摺り, 半軍隊的軍艦的訓練ハ如何ナル專門的使命アル者モ身心, 半ノンダクレたあげく, 半パンを切っ, 半ビスマルク諸島の東端, 半ペニーの率, 半ポンド詰に分け, 半デ彼女ニススメタ, 半マイクを通じて名, 半マイル平野で村, 半メートル四方ほどの薄い, 半メートル餘の鐵, 半モイルシ皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 半モカカル故弐千両, 半リットルずつの牛乳, 半ルーブルという謝礼, 半レッスンをうけた, 半ヵ年はギャンチェ, 半ヵ年交代である, 半ヵ月前からこの, 半ヶ年あっちにおりました, 半ヶ年その間絶えて, 半ヶ年前に失恋, 半ヶ月位は魅力, 半ヶ月前半沢山, 半ヶ月後支那の現代, 半ヶ月目関東の大震災, 半一二度は三時間餘, 半一度は金藏, 半一間の家, 半丁柳やはひっそり, 半七尺の手竿, 半七掛合今より楽しみ, 半七的な道徳, 半七翌年御出版, 半七郎といふ大, 半七郎殺しの疑い, 半三ルーブリをもう, 半三年と期間, 半三枚半の大, 半三窓より小, 半上って牧場, 半上りは六時間半, 半上れば普賢, 半上田と大川, 半下り頃かの婆さん, 半下れば小屋, 半下之島の沿海周, 半下流の宮津, 半二アイスで, 半九郎の死骸, 半事このほどいささか気に入らぬ, 半は割りきれる, 半二インチ二インチ半といろいろ, 半二十七歳と云う, 半二年の三種, 半二年二年半三年と期間, 半二度左褄取る気, 半二町三町彼方に隔, 半二米以上はなれ, 半二間ばかり位, 半二間足らず離れたろうか, 半五時半頃迄裸, 半五条の町, 半五百石を上地, 半五郎中村鶴若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 半京都に住ん, 半人一人のこれ, 半人分以上いや大人, 半人半山羊神たちを, 半人半怪の惨, 半人半猿の性格, 半人半獸半人半鳥などの類, 半人半神の座, 半人半神予言者教会の長老, 半人半電の声, 半人半馬神が求道者メランプ, 半人半魔の奇異像, 半人半鳥などの類, 半人手間ということ, 半今日は八里, 半仙台にいた, 半代記を連載, 半以上二里近い道, 半以上平均寿命は二三・三五八, 半以上此に由つて, 半以上毎日必ず和文英訳, 半以上水に浸った, 半以上理会出来ない物, 半以上終へた, 半以上経過してから, 半以上蒲団におおわれました, 半以上顔を見せた, 半以南は雲, 半向なれ, 半住みなれた督弁公署を, 半何とかやれましょうし, 半余石ころの田舎道, 半ざっと二時間, 半としてある, 半個月を過ごし, 半個連隊を徴募, 半に居る, 半の血塊, 半入りはパッ, 半入ることなどを, 半全長は十一米, 半八百や魚, 半六父吉左衛門それから今, 半六里などと申します, 半兵太船曳杢右衛門井戸亀右衛門木南加賀右衛門などとよぶ, 半兵衞さんを相手, 半兵衞元和中より麪粉類御用相勤, 半其子供は其何分の一, 半内外の評判, 半凝で相談の, 半出して買, 半出せばよい, 半出三蔵法海応今起大雷, 半出來の藝妓, 半分かっていました, 半分の調戲との幾つ, 半切れ十枚に毛筆, 半切れ図が示す, 半も家, 半削られたので往来, 半前一九四九年の夏前, 半かせて, 半配下の, 半十一時に着い, 半十二丁といっ, 半十二時にロンドン, 半十五度小便をした, 半十六年一月から治安維持法撤廃, 半十四日でして, 半南北はごく, 半南方に出, 半危くも巡査, 半即ちおよそ八つばかり, 半つた所でも, 半句口に出す, 半合點半不合點, 半吊りの蚊帳, 半は肉体, 半吹き折られた帆桁が, 半周り五間ほどの大きな, 半哩一哩を遠し, 半哩平方程の鏡, 半唯今の午後五時, 半商人折を待て, 半喬松生へつ, 半嗅いでゐる, 半噴出したとして, 半四人四人半をもっ, 半四十七文とな, 半四国の讃州高松, 半四面は其名, 半回り刑場の内部, 半ずつ握りしめた, 半国ヶ岳もあんな, 半国以上も, 半をめぐらし, 半土浦より北条, 半土間の上, 半垂井の次, 半塞いであった, 半少しと, 半塩胡椒を少し, 半夕食が終っ, 半外し一車につき, 半多くて三間, 半夜五円一皿は一円, 半大阪に居た, 半奥行二町云い古るされた形容詞, 半奥行六間で小さい, 半子供十人半が平常, 半半商, 半官的なギャラップ博士, 半官的職業にたずさわる, 半定食わりに良心的, 半にした, 半はあまり, 半に居た, 半小口三尺まはり四角, 半小口三尺まわり四角な樟, 半小沼は僅, 半少くとも自分, 半を結ん, 半内部から, 半の影, 半山羊神たちを, 半岸近な洲, 半峠越しで七里, 半左衞門の支配, 半巻きつけその上, 半市内電車の終点, 半ばしら, 半幅四尺深さ三尺ぐらゐで, 半幡豆郷乙川小宮田, 半平野がある, 半年間苦しんだ, 半年間天狗さんにつままれ, 半年間松山に駐屯, 半広島から隔たる, 半府中の宿, 半度以上も隔, 半というやつ, 半廻して山道, 半の月, 半なり, 半弱い火で, 半彼女が実家, 半往復では一日仕事, 半待たされるしかし多少, 半後亀之介, 半後備四旅団半騎兵六師団しか用いなかった, 半徒歩ならゆっくり, 半従四位においては一町, 半齒の, 半こりも, 半の惨, 半恐しく早い足, 半想像仕に, 半に而浴湯, 半或は二時間たつたら, 半の搦め捕り, 半手土一万石立花出雲守の城下, 半打一打落武者共のよう, 半打添へて持つ, 半払えばいい, 半払ってやれ, 半折角休養所に居た, 半抹消されて, 半拘束のない, 半持っていた, 半持てば三級, 半振りのこと, 半の米, 半掛り也海國兵談總紙數三百五十枚にて御座候, 半故国の趣味, 半が悪い, 半斤玉葱又は其の, 半斤魚肉半斤玉葱又は其の, 半既に達せられし折柄, 半日ノ出滝に滞在, 半日間全部ラインの渓谷, 半昨年出京, 半時間ごとに彼女たち, 半時間それに目, 半時間たち一時間たつうち, 半時間づつを聖書, 半時間以上も搖, 半時間余りもある, 半時間前だ, 半時間前中央ステイションのプラット, 半時間前僕はお話, 半時間後にはしっかり, 半時間近くも闇, 半を乱し, 半せるよ, 半暮して帰り, 半暮したのよ, 半曇りのよう, 半書いただけだ, 半書き川口松太郎に贈られた, 半有るか無し, 半有名な関, 半服用例の陶醉的作用, 半未決におかれた, 半も書いた, 半ずつで, 半束魚の切身二つ三つ, 半杯これはむろん, 半杯づつ二杯飲む, 半杯位と覚え, 半東経百二十八度に当ります, 半東西一町半の間, 半東西十六カイリの広い, 半枚一枚では, 半枚余りを, 半の内, 半の長, 半だと, 半といえ, 半此二人の神話学界, 半歩いちや大概, 半歩づつでも近づい, 半歩まなくちゃあ大臣, 半歳あまりツイ荒い言葉, 半歳くらゐしか, 半歳ぶりだ, 半歳以上たまつてゐるんで, 半歳以来世間が, 半歳位で, 半歳前嫂が嫁, 半歳彼が心懐, 半歳我慢したが, 半歳日本全国で独唱会, 半歳私が医師, 半歳經つて漸く江戸, 半歳經つて千之助が生き還つ, 半歳經つて腦貧血を起し, 半歳苦労いたしました, 半歳苦勞いたしました, 半歳親切な島, 半歳足らずで解雇, 半歳近くつづいて, 半歳近く湯にいれられぬ, 半歳門のほう, 半歳餘りの, 半死にもの狂いに, 半死んでゐる, 半死蛇等と罵り立てる, 半残った人形の, 半シニナル, 半辺の, 半でも人, 半が欲しく, 半汁二椀刺肉喰ひ尽す, 半汽車の窓, 半沓掛まで汽車, 半を急ぐ, 半津久居彦七蓼沼丈吉湧井藤七関口忠太郎川俣久平寺内清次島田雄三郎新井保太郎藤沼友次郎板橋六郎川島治平青木清蔵吉岡耕作天海浜吉内田卯三郎栗原喜蔵岩下喜右衛門等の百余名いずれ, 半派出して, 半浪花屋の内外, 半消費するので, 半液體の塗り直し, 半さ二フィートである, 半滑るやうに, 半滞在して, 半味わう方, 半為賈豎射利之挙, 半燻りしを撮み, 半や叔父, 半父祖が流罪, 半などはいずれ, 半狂っていた, 半狂亂の態, 半の性格, 半獸半人半鳥などの類, 半現実感の中, 半のこと, 半甲高鼻へ拔, 半も書けない, 半留萌本線の終端駅, 半病監みたよう, 半病監獄にいた, 半発十一時着車中武者小路, 半白くなられたり, 半目方七十五瓩の大きい, 半真っ白に聳える, 半真黒けよ, 半眠れるが如き, 半でこれ, 半砂山の高, 半砂糖を大, 半砂糖大根の形, 半の座, 半神予言者教会の長老, 半神力を以て百味, 半神田佐久間町河岸の材木納屋, 半のあいだ, 半秒時間しかない, 半秒程度の時間, 半程を進むや, 半稲葉へ曲ろう, 半積ダブルタイヤで横浜市外, 半立って亡くなった, 半一の, 半箇年間つまらぬ事, 半箇年間連載せられいたずらに, 半箇月ほどの間, 半は立秋, 半の視界, 半ずれる時, 半粍程度の精度, 半糎創底は頭蓋腔中, 半二千七百哩を, 半紅葉した楓, 半紺足袋白羽二重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 半経って戦争, 半経過して, 半ても中, 半網代の深い, 半織るのは, 半のまま, 半翌年十二月東京控訴院の判決, 半翠氏は予て, 半聞くうちに, 半職釣といつた, 半育てた馬が, 半の者, 半腰蓑を附けた, 半自動車が走りつづける, 半舟賃二十五錢最も簡易, 半芦泥田砂原などの広い, 半茅葺き四注造りで表, 半荷物は大小九個, 半落ちたり, 半葉十二行行十八字乃至二十二字, 半葉十行行二十二字である, 半蓼沼丈吉津久居彦七等の地方有志, 半蔽っている, 半より先づハツ, 半行けば十郎ヶ峰, 半行半句でもなにか, 半行衛も知れなかった, 半の室, 半襟巻き二本毛糸の靴下, 半西の外れ, 半要るとして一斤六銭, 半見られ行ってよかっ, 半十二坪の, 半調戯うよう, 半負けることが, 半買うことが, 半買っていつも, 半起こしにし, 半起したりし, 半越しなり, 半足らず敵を討つ, 半の中, 半車夫などにお尋ね, 半軍旅の好期, 半軒四石九斗九升より弐石五斗, 半転がりとなっ, 半病初, 半書く, 半近い頃夏の, 半透明の玉, 半通って来る, 半ぎてしまつたのである, 半過ぎぢや御座いません, 半過ぎると街, 半過ぎ丑刻近い時分, 半過ぎ入谷の寮, 半過ぎ火事場歸りの, 半道程三里にし, 半部各地に散在, 半部土人の原始社会, 半部強ヲ於菟ニ西半部弱, 半がきまり, 半銀峯山の中腹, 半や萬鍬, 半の古, 半長右衛門みたいだ, 半長右衞門を裏表, 半長柄の大, 半長衞門だつて, 半長衞門つてなんだか知らない, 半開いて中, 半開かれた扉を, 半間隔であること, 半関谷座てふ, 半阿鼻焦土となんぬ, 半降ろしになった, 半でも好き, 半雁峠から雁坂峠, 半離すべからざるものなれ, 半の声, 半霰小紋の初, 半青森より函館, 半鞠子の宿, 半頁以上書いたからな, 半頂上間近になれ, 半頃のと有る, 半頃みなが焔口供, 半頃ニハ必船にのり, 半頃フラリと歸つて來, 半頃丁度八五〇年の頃, 半頃三方からあ, 半頃奈良に第, 半頃家へ歸, 半頃庭に盥, 半頃樣子を見, 半頃此處から離屋, 半頃眼を病みたれ, 半頃芥川は復, 半頃門前の花屋, 半え声, 半風呂敷をゴミ箱, 半飛んでバン, 半食い殺したと, 半食い殺されてしまった, 半食い殺されたという, 半食つてゐた, 半食べましたそれから今日, 半飲んだコツプを, 半香の物を独り, 半香具師がなお前, 半馬神が求道者メランプ, 半馬身ほど抜かれ, 半馬身先に立つ, 半驟雨後の月影冴, 半高くとべる, 半の奇異像, 半鱗甲風に揺き, 半などの類, 半鳴海へ二里半, 半黒い飴ン棒の