青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取られ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

叔父さん~ ~取 取~ ~取っ 取っ~ ~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ
取られ~
~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~ ~取る 取る~ 受~ ~受け 受け~ ~受けた

「取られ~」 1488, 16ppm, 7019位

▼ 取られ~ (1127, 75.7%)

32 いた 24 しまった 17 いる 16 しまって, 見て 15 いると 13 いて 12 しまいました, ゐた 9 しまったの, それを 7 いたが, いたので, いるの, しまうの, 居ります, 貰ひ 6 いるうち, しまう, ゐる, 眺めて 5 いたの, いました, しまつ 4 いたから, います, いること, いるよう, いる間, しまったので, たまるもの, 茫然と

3 [12件] いない, お出なされ, しまうかも, しまうから, しまったから, ゐるので, 夫人の, 居たが, 居て, 彼は, 眼ばかり, 見送って

2 [66件] あった, ある, いたこと, いたと, いたもの, いたよう, いた健三, いた手, いた私, いるすき, いるところ, いるもの, いるん, いる中, いる男, いる蓑吉, お爺さんは, ことの, これも, しばらくは, しまいそう, しまうよう, しまったこと, しまったそう, しまったという, しまったん, しまつてゐ, しまわなければ, その後ろ姿, その方, なるもの, ゐて, ゐました, ゐると, ゐるの, 下女代りに, 了った, 今の, 出て, 取り逃がして, 口惜しいと, 君の, 少しも, 居りますが, 居るから, 居るの, 居るやう, 幽靈, 往つた, 手も, 暫らくは, 最愛の, 望み多い, 枕も, 此の, 母は, 泥の, 無言で, 目を, 瞶めて, 終う, 育てられました, 腹を, 行った, 返事も, 雨戸を

1 [671件 抜粋] ああ綺麗, あつしもち, ありましたよう, あるが, あるでは, ある所, いけないいけないと, いずに, いたからさ, いたという, いたらしかったの, いたんだそう, いたエマニュエル, いた事も, いた五男, いた会衆, いた使役兵達, いた大沢竜子, いた女乞食, いた家来共, いた松崎, いた澄子, いた発見者, いた袖, いつたの, いなかったと, いましたが, いますと, いよ, いらしつた払増し, いらっしゃいますから, いるうえ, いるおそらく, いるかの, いるが, いるしよ, いるだろうが, いるに, いるので, いるのに, いるばかり, いるほか, いるらしく始終, いる一子, いる丈, いる下女, いる人々, いる他, いる侍, いる刑事達, いる勝平, いる司法主任, いる周り, いる唖, いる四方, いる場合, いる我々, いる政治家, いる時代, いる時分, いる森, いる様子, いる満, いる皆, いる私, いる私達, いる群集, いる聴衆, いる良人, いる連中, いる金五郎, いる金助, いる顔, いる顔つき, いわゆる瀬戸内海, うつむけさま, うろうろし, おいでに, おしまひに, おりました, おる, おろおろし, お出でに, お浦, お高, かまは, きたな, くれた, こちらへ, この味噌摺坊主, この怪物, この時, この湖, この貧弱, これには, これを, さすがの, さすが氣性者, しばしため, しばらく前方, しばらく天井, しばらく突っ, しまい, しまいすべて, しまいましたよ, しまいました申しわけ, しまいます, しまい仕方, しまい哀れ, しまい残るところ, しまい申し訳, しまい精密, しまうお, しまうし, しまうだろう, しまうであろう女, しまうところ, しまうのよ, しまうよ, しまう事, しまう気, しまう覚悟, しまったお, しまったからと, しまったが, しまったのよ, しまったわ, しまった久吉, しまっては, しまつて, しまひさ, しまひ殘虐, しまひ自分, しまふか, しまふぞ, しまふだらうツ, しまふもしくは, しまふ事, しまふ理窟, すぐ桟橋, すぐ船牢, すっかり沈み込ん, そこに, そこは, そこへ, その上, その傍, その女, その現場, その男, その銀行, その顏, それからメッキリ芹沢, それから暫く, それには, それ以上客の, たいしたついえである, ただぼんやり, ただ一個, ただ呆然と, ただ茫然たる, たまつたもんぢ, たまるかという, とうとうのう, とうとう徒ら, どこまでも, なくして, なろうか, はおりませんでした, ばったり膝, びっくりした, べそを, ほとんど我, ぼんやりし, ぼんやり口を, ぼんやり彼, ぽかんとし, まあ何, まごまごし, みじめな, みれば, みろたまったもん, もう内部, もう現, もう老いぼれ, もう逃げ出す, やつて, ゆうべ吹いた, ゆきました, ゆく樣, よくある, よっぽど寂れた, よろめくよう, わが男, わたしは, ゐたが, ゐたと, ゐたに, ゐた加集, ゐるうち, ゐるうへに, ゐること, ゐるといふ, ゐるほか, ゐるらしく微笑ひとつ, ゐるホテル, ゐる丈, ゐる勝平, ゐる同居人, ゐる弟子, ゐる間, コップを, タクシーい乗る, ハツと, バラバラと, ヒョロ長く, ブラブラし, ベソを, ヨロヨロする, 一世を, 一向訳, 一座の, 一方の, 一粒も, 七造が, 三人の, 上京し, 下りて, 下半身が, 世話されてる, 了う, 了つた, 了つたためで, 了ふ, 二人とも, 二人を, 互に顏, 人と, 今では, 今年は, 今度が, 仕舞いましたが, 仕舞うた, 仕舞った夫, 仕舞った稿銭, 他に, 他の, 以前の, 住居の, 何か, 何んだ, 何処かへ, 何処と, 俺は, 傷ましい, 兄の, 入牢の, 八五郎に, 八五郎の, 兵馬ある, 其儘叔父の, 内地の, 再びそれ, 再三再, 写す当人, 冷たく浮き出し, 刀の, 切株ばかりの, 動けなくなり新島君, 十六七の, 半は, 半分位持っ, 博士の, 博士を, 取られて, 口を, 可哀そうだ, 呆然と, 命から, 唯うっかりと, 喰べ, 四五日お, 団扇は, 困るほどの, 圭介の, 地へ, 堪るもの, 堪る者, 声を, 夜半に, 夢中に, 大名縞とて, 大臣の, 夫の, 奉公人並に, 奥の, 女客の, 定吉が, 宿貸す, 寺から, 小指の, 少時は, 居た, 居ますゆえ, 居りましたが, 居りまする, 居ると, 居るよう, 居るガラツ八, 居る人達, 居る八五郎, 居る後, 居る時, 居る様, 居る樣子, 居る町, 居る私, 居る而, 帰った時, 帰つて行つた, 平次の, 年上の, 年玉そのものの, 幽霊ならぬ, 引き出すこと, 引き立てられでも, 引立てられ浜, 弟が, 彳んで, 彼を, 彼女の, 後の, 後見送っ, 後頭部から, 得意の, 御布施が, 忌々しさ, 思うよう, 思わず父, 思わず舞台, 思わず闇, 急ぎ足で, 急には, 怪訝そうに, 恨まれても, 惜しい生き, 惜しみも, 意外な, 懐中へ, 成るまじとの, 戦地に, 戯曲の, 手傷まで, 手足を, 振り向いた, 掛り人に, 数歩前に, 文三が, 文六を, 昨夜の, 暫くの, 月々の, 本質的の, 朱雀院からも, 杖も, 来た始末, 来るよう, 松平様の, 格子の, 桟橋に, 横倒しに, 橋の, 次から, 此竿に, 此處の, 武の, 歩いて, 死ぬべ, 死んだ人, 残念でたまりません, 殿の, 氣の, 江島屋の, 江戸へ, 泣きなさる, 泰軒へ, 流されも, 流しの, 涙も, 淺ましい, 清さんの, 源氏の, 火縄を, 烈々と, 熱心に, 物の, 物をも, 生き血を, 生れも, 申し訳なく, 監督を, 目も, 真暗な, 瞻る, 知らないん, 私の, 私は, 税金に, 突き落されそう, 立すくむと, 立ちかけるところ, 立ちすくんで, 立ち止まった, 立って, 笑ひ, 等級でも, 箒を, 糊口の, 終うのだった, 終った, 結局船へ, 罰金に, 美和子の, 習ったハンガリヤ, 耳を, 聞いて, 聽き入る, 育った人間, 育った祖父, 育つた人間, 育てられて, 胸を, 腑ぬけ, 腕を, 腰繩で, 膝を, 自分の, 自分自身を, 自由の, 自身の, 花には, 行きます, 行く, 行くやう, 行く前, 行く樣, 行く驚愕, 行ったか, 行ったと, 行つたお, 行燈を, 衣裳代に, 西瓜の, 見せられた, 見た, 見る見る内, 見上げ見下して, 見直した時, 見送つた, 見送つて, 見送るお, 親が, 話が, 話しに, 読めないの, 誰でも, 謂わば, 貴公は, 赤く露出, 足掛八年全く, 路を, 身動きも, 轟の, 返すべき言葉, 追払われる, 退廷する, 透き通るよう, 遂に王, 運動場の, 酒樽の, 金も, 阻まれて, 雨の, 静かに, 面目ねえ, 飛行の, 飯島の, 馬の, 馬鹿らしいが, 駆けさせられる子供, 騒いで, 驚いた覚え, 驚いて, 高手小手に, 鬼事は, 魂は, 默つ, 黙ったまま, 黙って, 8を

▼ 取られては~ (53, 3.6%)

3 大変だ 2 いなかった, 困ると, 詰らぬと

1 [44件] いけません, かなわぬ, じれだし父親, たいへんだ, たちまち人種, だめだ, どう面目, ならないと, ならないという, ならぬと, ならぬといふ, ならんと, 一大事だ, 三好に, 事だ, 仕事その他種々, 何うも, 俵の, 厭だ, 叶ふまじ, 味方の, 困ります, 困るが, 困るよ, 困るん, 堪ま, 大変な, 家を, 少し困る, 居なかった, 彼の世へ, 御上の, 悪口の, 惜しいです, 拙者の, 来しものの, 濟ま, 甚だ困る, 生きて, 目も, 私も, 立つ瀬が, 迚も, 面白くない

▼ 取られても~ (27, 1.8%)

1 [27件] い, いいが, いけない, いっこうおしく, えいか, それほど惜しくもない, スッカリ嬉し, 仕方が, 何も, 使者の, 其約束を, 出来ねえ闇太郎, 困る, 好い, 小手を, 差支な, 差支なし, 我慢する, 文句は, 昔の, 構わないが, 決して苦しく, 泣言を, 破談に, 苦しいとは, 足りま, 風が

▼ 取られたり~ (20, 1.3%)

4 して 3 するの

1 [13件] あなおそろし, あるいは政府, した, したので, しちゃ, するから, 亭主を, 後ろから, 歯を, 爪印を, 監獄に, 親父を, 食物と

▼ 取られそう~ (17, 1.1%)

2 なので, になった

1 [13件] だ, だった, であった, です, ですなあ, で気, な時, な気, な気配い, になっ, になっちゃった, になり, になる

▼ 取られながら~ (17, 1.1%)

1 [17件] すぐに, すこぶる柔順, その中, その香い, それでも順々, にっこりと, 右手の, 安からぬ, 居酒屋の, 弱々しく反対, 彼の, 手負の, 文六は, 腹立たしそう, 苦笑し, 金助は, 龜藏の

▼ 取られてから~ (9, 0.6%)

2 き目 1 今では, 子供と, 懐中には, 漁師言葉の, 継友が, 船長は, 足かけ二年あわせ

▼ 取られそれ~ (6, 0.4%)

2 を見 1 から親類総出, に腰かけ, より牛, をまた

▼ 取られちゃ~ (6, 0.4%)

1 いかになん, つまらないよ, ア困りやす, ア私が, 困りますが, 面白くない

▼ 取られ~ (6, 0.4%)

1 しないか, しないかという, しなかったが, すまいかと, せんか, 痛い筈

▼ 取られその~ (5, 0.3%)

1 上火山系の, 事を, 度に, 跡には, 身体は

▼ 取られてからは~ (4, 0.3%)

1 さすがに, 俺も, 小学校も, 浪人者の

▼ 取られ~ (4, 0.3%)

2 江戸へ 1 なつた, 男の

▼ 取られちや~ (3, 0.2%)

1 つたよ, ならねえよ, 生きて

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

2 うで

▼ 取られさうに~ (2, 0.1%)

1 なつて, 容易いの

▼ 取られちや叶~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 取られつつ~ (2, 0.1%)

1 もう一度唾液, 小声で

▼ 取られてからも~ (2, 0.1%)

1 お島, 気強い母親

▼ 取られてしも~ (2, 0.1%)

1 うたそうな, たのんで

▼ 取られてという~ (2, 0.1%)

1 ものは, 句や

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 しまい, せんが

▼ 取られよう~ (2, 0.1%)

1 にも瞞, も知れぬ

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 から嫌, ちまうん

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 くらい母上, て折り折り

▼ 取られ掛り人~ (2, 0.1%)

2 とも奉公人

▼ 取られ毒蛇~ (2, 0.1%)

2 に膚

▼ 取られ濁り~ (2, 0.1%)

2 なき血

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

2 は荒され

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 にならず, の児

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 を奪われない, を白く

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 です, 對づくで

▼ 取られ~ (2, 0.1%)

1 は, ふべし

▼1* [146件]

取られあっという間に汽車が, 取られいつもランプが, 取られいのちは止むなく, 取られいやがうえ, 取られいろいろと憂き, 取られおまけに鼻, 取られこれは神, 取られしなどといひくろめしも, 取られすぐその合羽, 取られそこからベットリ, 取られそして散華が, 取られそのうえシールが, 取られそれから自分の, 取られたりと聞えては, 取られたりとなせるが, 取られちゃあ堪ま, 取られちやつてね, 取られちや砧家は浮ぶ, 取られっぱなしです, 取られてか入って, 取られてばかりいた, 取られてもと云い居るの, 取られてよりは昨日までも, 取られてわづか四五日, 取られ一文の, 取られでもしたやう, 取られ相場が, 取られはったとじゃろ, 取らればったり落しましたは, 取られひとつぶらぶらと, 取られひどくすれば, 取られふたりで彼, 取られふだんの紅殻いろは, 取られまさあアね, 取られまさアね, 取られまた片目にまで, 取られまでした, 取られがって, 取られやがてドッと, 取られやすいのであります, 取られりやしないかと, 取られとす, 取られんでまアよかっ, 取られアブラなどは殊に, 取られオリヴィエは読書, 取られグッと逆手, 取られシナの道光時代, 取られ一人は道, 取られ一絲も纏わぬ, 取られ万吉は万吉, 取られ三千円は叔父, 取られ下谷一番の油屋, 取られ不敬罪の名, 取られ乍らも黙, 取られ人別を拔, 取られ人力車に乗っ, 取られ仕事の手, 取られ他方では胴体, 取られ候金高品数左之通り, 取られの位置, 取られ入営の小豆飯, 取られ公方様へ御, 取られ内儀のお, 取られ内地諸所の埠頭, 取られを取り復そう, 取られ刷毛に塵, 取られに見えた, 取られ勝ちであるが, 取られ十月七日は箱根, 取られ十間ばかりの街路, 取られ厭應言はさず, 取られ厳しきお叱, 取られ厳しく仕込まれた慶四郎, 取られ后宮に入れ, 取られっという, 取られ呆然と見て, 取られ唸り声を出し, 取られ囃子連も張合い, 取られ四つ這いに, 取られ四歳の時, 取られの苗床, 取られは遊佐河内守等, 取られの大理石, 取られ外国へ行っ, 取られ音龍太郎と, 取られ大公妃も私, 取られ大黒屋の身上, 取られ天井も床, 取られ奉公人同様にコキ, 取られ女中頭のやう, 取られの名, 取られ家屋敷も青六, 取られ小径が出来, 取られ小鼻の左右, 取られ少しの間, 取られ少年は豎, 取られ就中黒く消した, 取られ尾久の屋敷, 取られの方, 取られ従って年結婚数は, 取られ御油の町, 取られぼりと, 取られ拙者はまた, 取られないなんて, 取られ文化価値を全く, 取られに易, 取られ昼飯を食い, 取られ殆ど茫然として居た, 取られをも常, 取られ清正は熊本, 取られ濃やかな感情, 取られ火山脈の上, 取られ煙草がす, 取られの見事, 取られ特別な探求者, 取られ玉の輿に乘, 取られ申し訳が無い, 取られ相手の胆略, 取られ秀吉は大阪, 取られ私達婦人ばかりの舫, 取られ空洞になった, 取られ二文書は, 取られ敗北の, 取られ繪畫彫刻だけが裝飾, 取られる晩又吉, 取られ聽くものよりすれ, 取られ自分だけは助かった, 取られ良兼の意, 取られ茫然として眼, 取らればかり生い茂っ, 取られ薄くなッ, 取られ蜷局を巻い, 取られも撃ち落され, 取られ言い訳なさ, 取られ言訳なくし, 取られを取られ, 取られ身元を語る, 取られ逃ぐる者は出, 取られに彼, 取られ重ければ取, 取られをつきつけられ, 取られ鎌倉町の店, 取られ雌蝶の方, 取られを破った, 取られの眉一つ, 取られの面