青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「千鶴子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~
千鶴子~
升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば 半ば~ ~半分 半分~

「千鶴子~」 1772, 18ppm, 6233位

▼ 千鶴子~ (461, 26.0%)

15 ことを 9 家の 6 後から, 母は, 顔を 5 兄の, 手紙の, 方へ, 顔は 4 カソリックを, 姿が, 方を, 母が 3 ことなど, ことも, 前に, 姿を, 様子を, 母に, 腕を, 視線に, 部屋を, 顔に

2 [26件] いること, ことだけ, そう云う, ホテルの, 傍へ, 吐息を, 声が, 声は, 姿も, 家へ, 後を, 微笑を, 手を, 方が, 横へ, 母の, 片腕を, 癪に, 眼もとに, 眼を, 笑顔が, 考えて, 膝の, 起きて, 重みを, 顔も

1 [301件] あの自ら, いうこと, いるという, いるとき, いろんな癖, かげは, くすぐるよう, ことが, ことだ, ことだった, ことで, ことであった, ことと, ことに関しては, さきまでの, しつけ, そう云いかね, そう思う, そのカソリック, その呼び, その報ら, その変化, その微笑, その様子, その清潔, その眼, その静か, とやこう, どちらか, どんな感情, なまめかしい矢絣, なまめかしさ, は紋服, びっくり顔を, ぴったり詰まった, ほかに, カソリックも, コップに, チロルの, ドレスを, ノックで, ホテルが, ホテルへ, ホテル附近の, 一人旅は, 一息に, 両足を, 久慈へ, 事件は, 二人だった, 二人の, 云うのに, 云ったよう, 云った愁いげ, 云った言葉, 交渉の, 人柄の, 他に, 伏せた瞼毛, 休息の, 体へ, 体への, 体を, 体温を, 信じたカソリック, 健康さを, 健康な, 傍に, 優しさ, 兄たちへの, 兄に, 入浴の, 処置について, 力なげ, 動く身, 勝ち気の, 反感は, 叫びが, 名が, 名前が, 吐きつけた煙, 吐息も, 周囲を, 和服姿を, 咳声を, 唯一の, 問いに, 喜びそう, 囁きに, 四人は, 国は, 報知の, 場合だったら, 場合に, 場合は, 声だった, 声であった, 声に, 声を, 外国行きの, 夢の, 大きな眼, 奔放な, 姿であった, 姿は, 婿養子と, 嬉嬉と, 家から, 家と, 家との, 家まで, 家を, 容態を, 小鹿に, 巧みな, 帰りを, 帰る話題, 帽子の, 張りつめたよう, 強さ, 弾んで, 影が, 待ち受けて, 後に, 後姿が, 後姿を, 心の, 心や, 心中を, 心持も, 念う, 思いがけない美しさ, 恐れて, 悩みの, 愁いげな, 意志が, 感情は, 感想は, 手に, 手の, 手紙だ, 手紙だった, 手紙では, 手紙にも, 手紙も, 手紙を, 持ち込んで, 指の, 指は, 振り返った眼, 擦りよって, 文面に, 方だった, 方で, 方には, 方へは, 晴やかな, 書いたもの, 服が, 服装を, 朝夕の, 来たの, 来たる, 来る時間, 来る東門, 柔い, 様子が, 様子は, 横から, 欠点だ, 歎き, 母との, 母にも, 母のかも, 母らしい, 気持ちを, 気軽さ, 決心も, 沓先で, 清潔な, 渡して, 滑かな, 潔癖さを, 父親来訪八月から, 現れるの, 生活の, 生活を, 疑いの, 病いの, 登る足場, 眼だった, 眼に, 眼の, 眼は, 眼差に, 祈って, 祈りは, 祈るところ, 祈る姿, 神妙に, 神経質そうな, 突然の, 窓だ, 窓の, 笑ううち, 笑って, 笑顔も, 純潔さが, 細い眉, 組も, 組んだ膝, 結婚に, 結婚も, 縁談も, 美しさ, 羞し, 羽織は, 考え方には, 耳の, 耳を, 耳飾の, 肉声が, 肌の, 肩に, 肩の, 肩を, 背を, 背中に, 胴に, 胴の, 膝を, 膝頸の, 臙脂の, 自殺長尾郁子の, 自然さが, 自由さを, 船が, 船は, 苦心を, 荷造りは, 裾の, 襟もとから, 見えた最中, 見上げて, 見舞た, 視線が, 視線は, 覚悟を, 言葉だった, 言葉を, 訊ねたいという, 訪問から, 訪問ぞ, 話だけは, 話では, 話は, 誓詞の, 語気に, 足は, 身の上にも, 身体から, 身体が, 身辺が, 車へ, 返事に, 送別会も, 透明な, 速さ, 連れだ, 部屋で, 部屋と, 部屋の, 部屋は, 部屋へだけ, 都合の, 間に, 降りて, 電話が, 靨は, 靨も, 靨を, 預り知らぬ, 頬の, 頬は, 頬笑みから, 頭に, 頭へ, 頼みを, 頼りなげ, 額に, 額の, 顎が, 顔から, 顔が, 顔さえ, 顔だった, 顔の, 顔色は, 飛び廻ったところ, 髪を, 魅力の

▼ 千鶴子~ (425, 24.0%)

15 矢代の 5 急に, 顔を 4 云って, 何か, 矢代に, 矢代を, 肩を 3 どういうもの, ほッ, 真紀子に, 訊ねた, 黙って

2 [18件] くるりと, それも, ドアの, ピエールに, 久慈を, 圭子に, 嬉しそう, 山の, 後から, 意外な, 昼間の, 樹の, 欄干から, 矢代と, 窓から, 立って, 笑って, 首を

1 [329件] あまり彼, あれこそ, いいえと, いつもとは, いつもの, いつも入りつけ, いつも帰り, いまごろどの, いるの, おかしそう, かえってその, からかうよう, きょとんと, くすくす笑っ, くすりと, ぐんぐん矢代, こう云い, こう云いかけ, こう云いたげ, こう云っ, ここに, このリラ, この世に, こんな難しい, さきから, ささやくよう, さらに紅蜜柑, すかさず眼, すかさず訊ねた, すぐ傍, そういう, そうでない, そう云い, そう云い当て, そう云う, そして如何にも, そのとき, その度び, その時, その母, その隙, それが, それで, それでも時間, それに, そろそろ足, そんなこと, ただ二人, ただ彼, ちらっと彼, ちらりと微笑, どうして矢代, どこか, どんな眼, なお真直ぐ, にこにこ笑った, はっきり手, ひるまず両手, ぴったり彼, ふと一同, ふと軽く, ふふと, ほほと, ますます不愉快そう, また不服そう, また別, また引っ込ん, また羊, また船, また進んだ, また黙り込ん, まだこの, まだ外套, まだ山, まだ廻りやまぬ, まだ彼, まだ耳, まだ訝し, まだ躊躇, まだ車内, もうすませ, もうみな, もう心, もう感じた, もう日本, もう興奮, もちろんそんな, やはり黙っ, より添う, エレベーターを, コップに, コーヒーを, ショコラを, ソアレの, テーブルの, パラソルの, ピッケルを, フランス語で, ベラスケスグレコゴヤなどと, ミルクを, ルクサンブール以外どこも, ロンドンの, 一寸あどけない, 一寸扁額, 一寸視線, 一寸言葉, 一寸顔色, 一歳違いの, 一瞬眼を, 一瞬笑いを, 一見底, 三十分位で, 上唇に, 下へ, 下手な, 不審し, 不平げに, 久慈から, 久慈の, 二人を, 二十五円である, 云いかねた顔色, 云いながら, 云い難, 云っても, 人並み勝れ, 人目を, 今さき, 今度は, 低い声, 体を, 何んと, 侯爵は, 侯爵邸の, 傍から, 傍に, 傍の, 優しい眼, 兄の, 先ず硯, 先ず誰, 先に, 先廻りを, 再び背, 冷たい表情, 出し抜けな, 出発し, 分ったところ, 初めて明るく, 初めて納得, 初めて顔, 別れれば, 前とは, 前の, 前垂れを, 割られた形, 動き出した, 勿論はる子, 化粧を, 半身を, 口に, 吐息を, 君じゃ, 唇に, 唇の, 喜んだ, 団扇を, 圭子と, 塩野と, 塩野に, 塵一つない, 境遇的に, 壜を, 声を, 外套の, 多少からかい気味, 夢見るよう, 大宮あたりで, 女中代りに, 子供っぽく, 家を, 容れられる, 宿から, 宿の, 寒さ, 寝台の, 小さき箱, 小声で, 屈辱を, 峰に, 左方に, 帰ってから, 帰る時眼, 幾らか思いあたる, 座を, 延ばした腕, 張りの, 彼に, 彼の, 彼を, 後ろの, 後ろを, 後姿を, 心細そう, 思いがけないこと, 思い出し笑い, 急ぎ足に, 悲しげ, 慰めた, 戻って, 手に, 手の甲を, 手を, 手巾の, 手巾を, 手柔らかに, 折々微か, 指さきに, 指輪の, 挨拶を, 振り向いて, 振り向くと, 揚物の, 料理の, 斜すに, 日本へ, 早速に, 明るい顔, 時計を, 暗に昨夜, 暫くまた黙っ, 書かねば, 来るときロンドン, 森の, 椅子の, 楽しそう, 槙三に, 横から, 機の, 母からの, 気ぜわしかった, 気の毒そうに, 気を, 気兼ねも, 気晴れの, 氷河の, 深く思っ, 渋渋矢代, 湯を, 濠の, 玄石が, 珍しく宿着, 珍らしく, 由吉の, 登山バスに, 皆から, 皆に, 皮肉そうに, 盛り上った, 眉を, 真下に, 真紀子の, 真紀子を, 眠そう, 眺めた, 矢代から, 矢代とも, 矢代にも, 矢代も, 矢張り消え, 短く安心, 礼を, 突然その, 立ち停った, 立ち停る, 笑いとまってからも, 笑いながら, 笑いながらも, 笑った, 答えかけては, 答えただけ, 紅茶を, 終りだけ, 繁みを, 美しい歯, 羞し, 群衆の, 羽根の, 耳を, 聞えたの, 聞き咎める眼, 聞き耳を, 臆せず, 自分が, 自分との, 自分に, 自分の, 自然に, 自然薯の, 舟ば, 芝生の, 茶の, 荷物を, 表情も, 装飾窓に, 裏庭へ, 裏門から, 裾を, 買った切符, 赧らむ自分の, 足袋の, 車から, 軽く久慈, 軽く猪口, 返事を, 遂におかし, 金銭に, 鉢から, 鏡の, 雨に, 雨外套の, 霊屋の, 青くなった, 額に, 額を, 骨に, 高い崖, 髪を, 鶏の

▼ 千鶴子~ (159, 9.0%)

10 云った 6 手紙を 3 対って, 訊ねた 2 云って, 似て, 対い

1 [131件] あつち, あてて, あなたは, あまり好意, いのちを, いま来られ, この次ぎ会った, この沼, こんな親切, しても, すすめつ, すすめて, すると, せっせと手紙, そう云った, そう云われ, そのよう, それでは身体, それを, そんな意志, たしなめられたこと, ちがいなかった, ひと眼, まだ一度, もっといろいろと, エレベーターの, カソリックだけは, ヨーロッパに対して, 一本すすめ, 与えた古都, 与えた悲しみ, 与える恐怖, 久慈が, 久慈の, 云いきかせるよう, 云いたくて, 云うだけ, 云われた兄, 会うたび, 会えば, 会えれば, 会ったとき, 会わねば, 伝えて, 何げなく, 使いたくないの, 借りながら, 催促した, 出す手紙, 初めてうち, 勿論矢代, 受けた看護, 同情する, 向い胸, 向けて, 向って, 囁く言葉, 声を, 好都合に, 宛てて, 実感が, 対った, 居所を, 帰って, 帰る時間, 弁解する, 弓弦を, 強く握手, 彼は, 待たせた詫び, 心を, 心中去来した, 意識が, 愛情を, 感じるばかり, 手を, 手伝い裏白, 手紙の, 持たせてから, 接すると, 握手を, 時間を, 書いて, 書きかけて, 椅子を, 気がかりな, 汚点を, 沈み込まれては, 泊りがけで, 渡した, 渡すこと, 点数を, 父の, 物いう, 牽かれたある, 生んで, 用意を, 疲労の, 着いたこの, 知らせて, 示した親切さ, 示す手紙, 突進し, 笑って, 笑顔で, 紹介した, 結婚の, 背を, 胸中で, 胸中の, 腕を, 見せずポケット, 触れると, 触れる身体, 訊きにくい, 話したよう, 賞讃した, 近づいて, 近づき久慈, 近づく思い, 近よっ, 近よって, 迫って, 追いついた矢代, 追って, 逢った感動, 遠く共に, 闇中何者が, 電話で, 電話を, 飛行場行の

▼ 千鶴子~ (155, 8.7%)

8 二人で, 自分の 7 一緒に, 自分との 5 並んで, 結婚する 4 矢代は 3 久慈と 2 久慈は, 槙三が, 真紀子が, 矢代の, 結婚した

1 [98件] いること, こうしてただ並ん, ここへ, この千鶴子, さきから, すぐには, そのまま立ち切れ, どこかで, なお結婚, よく坐る, アンリエットとの, アンリエットを, グループが, サンジェルマンの, ジブラルタルを, チロルを, パリで, パリに, ピエールとの, ピエールの, ペナンの, ルクサンブールを, 久慈が, 久慈とは, 事実の, 二人ぎりでいた船内の, 二人ぎりになりたかった, 二人ぎり会っ, 云った, 京都で, 今日で, 今日一日二人きりの, 仲良くない, 仲良くなった, 会うには, 会うの, 会う打合せ, 会ったとき, 会った自分, 会ってから, 会ってからは, 何か, 何事も, 出会う一刻, 初めて船, 別れその, 別れた後, 別れて, 別れなければ, 別れる矢代, 別れる際, 別れ彼女, 受け答えし, 同様長居する, 名付けて, 喋って, 妹駒子は, 対い合った, 対き合っ, 彼との, 彼に, 彼の, 彼は, 心を, 思い較べなお, 握手を, 断ち切られて, 槙三とが, 槙三に, 死ぬかも, 母との, 沖氏は, 眼が, 矢代が, 矢代と, 矢代との, 矢代も, 矢代や, 組んだ, 組んで, 結婚が, 結婚しとく, 結婚しよう, 結婚するなら, 結婚すれ, 自分とが, 自分に, 自分は, 虎の, 見合う視線, 視線の, 視線を, 親しくなった, 話したか, 話も, 陽の, 頒け, 食事を

▼ 千鶴子~ (120, 6.8%)

2 ここまで, カソリックだ, 傍に, 後から, 立って, 自分の, 訪ねて

1 [106件] いくらかたどたどしく, いた, いなくなってから, いま外国へ, いよいよロンドン, いよいよ来る, いるの, いるので, お茶と, こういう場合必要, こう云っ, こちらへ, このとき, この時, しんで, すぐまた, すぐ次に矢代, そこから, そんな東野, ともに信仰, どうして久慈, どこまで, どんな意味, どんな表情, まだそのままい, むいて, よく気, アスパラガスや, カソリックの, ガスに, ロンドンへ, 一寸彼, 三人の, 上から, 不意に, 中へ, 乗って, 今は, 何かの, 何んの, 傍で, 兄を, 入る迄は, 別の, 古万古, 唇を, 四歳の, 坐った, 塩野と, 声を, 外国へ, 女事務員たちの, 密封した, 少しの, 少し彼, 帰ってから, 帰るため, 幽かに, 強いて居ずまい, 彼の, 彼女の, 心で, 忘れられずいとおしかっ, 思いがけず半紙, 惜しまれるの, 感嘆の, 憂いげな, 拒絶は, 持て来し白菊, 支えつづけて, 放射状の, 日本へ, 日本を, 明日ロンドンから, 末っ子だ, 来た, 来て, 来てから, 来ると, 東野の, 松濤の, 槙三から, 横で, 母から, 気に入りの, 直接彼に, 眉を, 真白な, 矢代に, 矢代には, 矢代を, 立ち上ったので, 約束の, 自分たちより, 自分と, 自分に対する, 自分を, 花模様の, 身動きする, 身動きを, 身震いする, 過度に, 顕われ, 風とともに, 黒い服, 黙って

▼ 千鶴子~ (103, 5.8%)

8 見て 2 前へ, 塩野の, 愛して, 探して, 見た, 見たが, 見ながら, 誘って, 迎えに, 顧みて

1 [75件] この夜, せきたてて, たしなめて, つかまへて, つれて, ひき据えるよう, ガラシヤに, 一人ヨーロッパへ, 一寸見た, 上に, 中に, 中心に, 久慈は, 今も, 仰いだ, 仰ぎつづけるの, 何と不運, 信じて, 信じ切って, 入れること, 入れるとき, 初め田辺侯爵夫人藤尾みち子など, 制して, 刺すの, 前より, 助けて, 励ましつつ, 可憐に, 叱って, 呼び出すほど, 呼んだ, 家へ, 帰すという, 彼は, 心の, 急がせた, 想像する, 愛人と, 抱きかかえ, 挟んで, 振り切って, 探したかったが, 改宗させる, 救い出したくて, 東門の, 樹陰から, 橇に, 浄め落す, 無理に, 狙って, 県立の, 眺めて, 眺め彼, 眼中から, 矢代は, 知らぬ以前, 置き去りに, 船へ, 見たとき, 見ても, 見なかった, 見ながらも, 見るの, 見舞いに, 誘惑し, 護るだけでも, 迎えること, 追うの, 通し指, 道の, 選ぶ自分, 部屋から, 除いて, 養いつづける労苦, 鳶に

▼ 千鶴子~ (86, 4.9%)

2 一緒に, 同じよう, 矢代の, 腰を

1 [78件] あのとき, こう訊き返した, ここに, こちらの, こちらを, このよう, これで, すぐ矢代, そのとき藤尾, その孤独, その間黙っ, それには, だんだん心細く, だんだん花そのもの, ちらりと微笑, とうとうふき出した, ともに信仰, ぴんと延び上る, もう云う, もう元気, コーヒーを, サロンへ, ピエールの, 一言いっ, 丁度, 不具者同士の, 事ある, 人生に対する, 今の, 今は, 何か, 何んと, 何事か, 俯伏せに, 全く意外, 初めて納得, 同様に, 好奇心に, 少し考えたらしく黙っ, 帰る道連れ, 幾らか機嫌, 彼の, 待ちくたびれたもの, 忘れて, 思って, 思わず矢代, 急いで, 戻って, 所在な, 手を, 暫くは, 朗らかに, 槙三の, 槙三を, 橋の, 気軽く笑い, 気遅れを, 流石に, 由吉と, 真紀子の, 矢代たちを, 矢代も, 矢代同様急には, 笑いながら, 笑顔を, 素直に, 考えて, 自分の, 自分も, 評判が, 誰も, 退屈さの, 遠く距離, 長らくの, 降りて, 食事を, 黄鼬鼠の, 黙って

▼ 千鶴子さん~ (69, 3.9%)

2 が君, とのこと, と結婚, の後

1 [61件] いたんだが, いないん, いらしたん, からうかがった, がカソリック, がパリ, がロンドン, が外国, が嫌い, が待ってる, が来たら, が来る, だって変っ, との結婚, とは会わない, とロンドン, と二人, と会う, と僕, と別にどう, と君, どうやらへんらしい, なんかの中, にお前, にお願い, にし, によろしく, に会う, に伝, に伝え, のお祈り, のこと, のは小さい, の世話, の兄貴, の念じる, の母親, の熱, の荷物, はいつごろ, はどう, はなかなか, はね君, はね末っ子, はわざわざ, はわたし, は久慈, は僕, は日本人, は時々, ばかりに見え, まアここ, も一緒, も文学的, も物好き, も総勢五人, も議論, を君, 撮りますよ, 来るそう, 長くパリ

▼ 千鶴子との~ (27, 1.5%)

3 結婚の, 間に 2 結婚も, 間の, 間を

1 [15件] いきさつなど, オペラでの, 一点の, 交際の, 会合も, 夢の, 始まりだった, 接近を, 日に, 結婚を, 船中での, 親しかった, 親しさ, 間で, 間に関する

▼ 千鶴子から~ (16, 0.9%)

1 [16件] そこの, のも, のも中, 云い出した婚約, 会いたいという, 切り出して, 受けたの, 受けとった, 塩野に, 彼は, 手紙が, 来た, 来た手紙, 来た見覚え, 消えて, 遠ざかって

▼ 千鶴子には~ (11, 0.6%)

1 [11件] あながち矢代, ひどく気に入った, まだ父, もう戯れ, もう矢代, 似ない細い, 信頼の, 同じホテル, 日の, 母の, 気附かれ

▼ 千鶴子たち~ (9, 0.5%)

2 のいる 1 が東京, とどういう, に矢代, の宿屋, の部屋, の香水, を乗せた

▼ 千鶴子~ (9, 0.5%)

1 久慈が, 塩野たちの, 真紀子たちは, 真紀子も, 真紀子を, 矢代にも, 矢代の, 細川ガラシヤの, 自分の

▼ 千鶴子とは~ (7, 0.4%)

1 いろんなこと, クーポールへ, 別れて, 別れなければ, 言葉を, 違いこの, 違って

▼ 千鶴子~ (6, 0.3%)

1 出す手紙, 来るもの, 病気見舞いの, 約束の, 電話を, 馴馴しくする

▼ 千鶴子だけ~ (5, 0.3%)

1 でなく矢代, では, ひとり愁いを, 一人何か, 先に

▼ 千鶴子だった~ (5, 0.3%)

1 からである, がそれでも, が久慈, と思う, のだ

▼ 千鶴子にも~ (5, 0.3%)

1 ともに並び立っ, 伝わったと, 同様この, 在ったの, 来たかと

▼ 千鶴子一人~ (5, 0.3%)

1 がどうやら, が外人, に買わせる, より矢代, を引き抜く

▼ 千鶴子~ (4, 0.2%)

1 とは前, と分っ, と分れ, と彼

▼ 千鶴子という~ (4, 0.2%)

1 のが, 一個人に, 生きた婦人, 署名は

▼ 千鶴子にだけ~ (4, 0.2%)

1 さらけ出したくは, 今も, 感じる自分, 矢代の

▼ 千鶴子より~ (4, 0.2%)

1 伝われるなり, 先に, 塩野の, 聞きし旧友

▼ 千鶴子からの~ (3, 0.2%)

1 手紙は, 返事の, 電話を

▼ 千鶴子からは~ (3, 0.2%)

1 どうした, 二日目に, 幾度と

▼ 千鶴子とが~ (3, 0.2%)

1 怪しいか, 歩いて, 自分の

▼ 千鶴子らしい~ (3, 0.2%)

1 姿が, 聞き覚えの, 若い女

▼ 千鶴子たち一行~ (2, 0.1%)

1 との約束, はもう

▼ 千鶴子~ (2, 0.1%)

1 はない, はなく

▼ 千鶴子とも~ (2, 0.1%)

1 別れて, 別れねば

▼ 千鶴子への~ (2, 0.1%)

1 態勢を, 答えにも

▼ 千鶴子よりも~ (2, 0.1%)

1 アンリエットと, 少くとも

▼ 千鶴子以外~ (2, 0.1%)

1 に船中, の他

▼ 千鶴子槙三~ (2, 0.1%)

2 の三人

▼1* [47件]

千鶴子槙三か, 千鶴子からも云われたよう, 千鶴子さんあなたお疲れ, 千鶴子さんいつ帰ること, 千鶴子さんどこです, 千鶴子さんどなたかと結婚, 千鶴子さん何か他, 千鶴子さん君どう思う, 千鶴子さん夕御飯に呼ん, 千鶴子さん明日帰ると, 千鶴子さん鮭をフランス, 千鶴子その人の, 千鶴子ただ二人だけだ, 千鶴子たち二人が廊下, 千鶴子たち兄妹は黙っ, 千鶴子たち誰にも到着, 千鶴子であったのに今, 千鶴子でなければ出来ぬ, 千鶴子でも来て, 千鶴子というはこの娘, 千鶴子といふ娘が, 千鶴子としてあるのに, 千鶴子としては答えがたい, 千鶴子とて気づかない前, 千鶴子とはも早や, 千鶴子のではる子, 千鶴子にかただ, 千鶴子にだけかもしれないと, 千鶴子にだって僕の, 千鶴子によりも久慈に, 千鶴子に対し気の毒な, 千鶴子に対する漠然とした, 千鶴子はっと立ち上ると, 千鶴子ははッと, 千鶴子へも打とうかと, 千鶴子までが宗麟と, 千鶴子まれに継母, 千鶴子の汽車, 千鶴子わしは何もかもちゃんと, 千鶴子三つに組みたる, 千鶴子今日市電バス早廻り競争ての, 千鶴子兄弟のいる, 千鶴子全然無言生意気なり, 千鶴子来訪名古屋からの土産, 千鶴子母子が右, 千鶴子真紀子のこと, 千鶴子駒子及び幾