青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

収入~ ~叔母 叔母~ 叔母さん~ ~叔父 叔父~ 叔父さん~ ~取 取~ ~取っ
取っ~
~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~ ~取り 取り~ ~取り出し 取り出し~

「取っ~」 9715, 105ppm, 1031位

▼ 取っ~ (8289, 85.3%)

143 来て 93 いた 62 見ると 60 いるの 52 いる 50 それを 42 きて 41 くれ 40 自分の 38 みると 35 おいて 27 置いて 25 下さい 24 しまった, 見た 23 押えて, 来た 21 付けたよう, 見て 20 いたの, いて, くれと 19 ある, 来たの 16 いたが, いると, これを 15 いるが, やる 14 見ても, 見れば 13 しまいました, しまって, それに, 帰って 12 あった, いること, いるよう, 抑えて 11 きた, くれた, やるから, 出て, 来たん 10 あって, いるもの, いるん, ください, みれば, やって, 行った 9 いるから, おいで, しまうの, やった, 彼の, 来いと, 来る, 来ると

8 [17件] いたので, います, おいたの, おくれ, お置き, しまうと, しまえば, みて, みても, やると, やろうと, 代って, 来ました, 火を, 私の, 置け, 附けたよう

7 [22件] おいた, おいでに, おけ, おけば, みたが, もらって, やったり, 中を, 代ろうと, 何の, 手を, 来たもの, 歩いて, 現われて, 肩に, 腰に, 膝の, 行く, 行ったの, 読んで, 逆に, 進んで

6 [22件] あります, いるので, きたの, しまったの, それが, つくづくと, みた, みる, みろ, 口に, 引倒し, 来い, 来るの, 無理に, 自分で, 行くの, 表へ, 見ますと, 調べて, 食おうという, 食って, 食べて

5 [39件] いった, いても, いるうち, いるという, いる間, おくよう, おこうと, かえして, くりょう, くると, しまいます, しまう, それから, それへ, 一種の, 下さいな, 了った, 何でも, 何よりも, 少しも, 彼は, 御覧に, 押えようと, 来たか, 来ますから, 来るから, 来るん, 水を, 渡した, 眼を, 私に, 竜之, 行きました, 行くと, 行って, 見せる, 言った, 顔を, 食べる

4 [51件] あげるから, あるの, いるだけに, いるに, いる男, おかなければ, おくが, おくの, おくん, かえすと, くる, くること, くるよう, くれない, くれる, これも, ごらんなさい, ちょうだい, みますと, やるぞ, やろう, 上へ, 中へ, 仔細に, 以て, 参りましょう, 口を, 唯一の, 左の, 待って, 投げるよう, 押えました, 押さえて, 教えて, 来いよ, 来たり, 来ても, 来ようと, 眺めた, 私を, 窓の, 置いた, 置いたん, 自分に, 見せると, 見たが, 見ました, 読んだ, 貰って, 非常に, 食おうとは

3 [141件] いたこと, いったの, いないが, いなかった, いながら, いました, いますから, いるか, いるかも, いるそう, いるのに, いる事, いる様子, いる者, おいたが, おかねば, おく, おくこと, おくつもり, おくれよ, おしまいなさい, おしまいに, お呉れ, お置きなさい, がぶりと, きたと, きました, くるの, くれたり, くれという, くれないか, くれば, くれるよう, くんな, こられたもの, これに, しまおうと, しまったので, しまったん, すぐに, その下, それは, ぽんと, みせる, みせるぞ, みよう, みようと, やらなければ, やろうという, ゆく, グッと, 下さいまし, 下すった, 不幸な, 中の, 了う, 二つに, 二人の, 人に, 今まで, 会釈し, 何かの, 使って, 俺の, 働いて, 半分に, 口へ, 向うへ, 呉れ, 喰おうと, 嗅いで, 国へ, 坐った, 奥へ, 居ります, 居るよう, 座敷へ, 引き寄せようと, 彼を, 彼女の, 御覧なさい, 思い出の, 懐中へ, 戸を, 手の, 投げて, 押えると, 振り動かし, 掌に, 来たが, 来たと, 来な, 来なければ, 来るわ, 来れば, 水の, 涙を, 渡して, 渡す, 渡すと, 火の, 炉の, 熟と, 物を, 現われた, 礼を, 立ち上がった, 置きました, 置くよう, 置く必要, 考えて, 耳に, 自分は, 自分も, 行くよう, 行ったもの, 行燈の, 袂へ, 見せた, 見ましたが, 見よう, 見ること, 見るのに, 言えば, 貰いたいと, 貰った, 進みました, 開いて, 静かに, 頭に, 頭を, 顔の, 食うと, 食うの, 食おうと, 食おうとも, 食った, 食べました, 食べるの, 飲みました, 駒井の

2 [404件] あげます, あげますよ, あったの, あったもの, ありました, ありますから, あるが, あるので, いたか, いたため, いたもの, いた姿勢, いた者, いないこと, いないの, いないので, いないよう, いやがる, いらっしゃい, いるけれども, いるし, いるだけ, いるところ, いるとは, いる人, いる敵, いる時, いる私, うまい汁, おあげ, おいたん, おおき, おきなさい, おくと, おくほう, おく必要, おさえて, おります, おりますが, お前の, お君, お帰り, お読み, お辞儀を, お金を, かえしに, かえしました, かれら, かわって, かわる機会, きたん, きましょう, くめ八, くるくると, くれい, くれたまえ, くれて, くれました, くれよ, くれると, くれるの, くれろと, くれ給え, くんねえか, こい, こいと, こういった, こっちへ, この上, これが, これほど, これ見よ, ごらんに, さきを, しばらく眺め, しまいましたが, しまうから, しまうこと, しまうという, しまうよう, しまう人, しまえ, しまおうという, しまったが, しまったこと, しまったため, しまったよう, しまったらこの, しまっては, すこぶる迷惑, すべての, ずる, ずるずると, そこに, その中, その後の, その日, その白, その頭, それで無事, それと, たった一人, だまって, どうする, ながめて, ひらいて, ぴたりと, まず指, みたところ, みたり, みたわけ, みるの, めくって, もらいたい, もらっては, やったの, やりました, やること, やるって, やるつもり, やるの, ゆくという, よいもの, アクが, クルクルまわし, ジャン, ジャヴェルを, ニヤリと, ポケットに, 一座の, 一息に, 一日も, 一生忘れる, 丁寧に, 上から, 上げて, 上げよう, 上げるから, 上ろうと, 下さらなければ, 下さるでしょうね, 下さるな, 与えた, 両手に, 中から, 乳を, 二人で, 二人は, 今度は, 仕事に, 仕舞った, 代った, 代ったの, 代わるに, 仰向けに, 件の, 伏せて, 会釈した, 会釈を, 何と, 何より大切, 余の, 例の, 傍に, 僕に, 元気を, 充実し, 先刻から, 先生を, 全くの, 全体を, 八つに, 公平を, 其処に, 分家させる, 初めは, 力を, 勉強し, 勿怪の幸いで, 匂いを, 十八の, 卓子の, 危険な, 参りましたが, 参りまして, 口の, 右の, 向うの, 命から, 命より, 喰って, 喰べて, 土の, 地べたに, 城下へ, 堪え難いよう, 塩を, 売ったり, 売るつもり, 外へ, 外套の, 大なる, 大事な, 大地へ, 奉公口を, 女の, 威勢よく, 娘に, 娘の, 子供が, 官兵衛が, 実に幸福, 家の, 家へ, 家を, 居りました, 居る, 居るです, 差し出した, 平次は, 床に, 床板を, 庭に, 庭を, 引いて, 引き寄せながら, 引き寄せると, 引き立てようと, 引き起こそうと, 引くと, 引上げる, 引摺り倒した, 引摺る, 引立てて, 引返して, 彼女が, 彼女に, 後に, 後へ, 御新造さんと, 御覧下さいまし, 心に, 心細いから, 忍んで, 忘れられなかった, 念入りに, 思い出が, 思出の, 息を, 慇懃に, 手に, 手拭を, 手紙を, 打って, 打粉代りに, 抑えようと, 抑えること, 投げたの, 投げられて, 抜いた, 押えたこと, 押えたの, 押えたり, 押えられて, 押えるだけの, 押えるよう, 押戴い, 持って, 指で, 指頭で, 挨拶した, 挨拶しよう, 振った, 捨てた, 握手した, 教えるよう, 散々に, 敵に, 日の, 更に不幸, 書いて, 最も根本的, 最初に, 最大の, 最後の, 最敬礼を, 朴歯の, 杖を, 来たから, 来たよ, 来たよう, 来ては, 来ましょう, 来ます, 来ますわ, 来られたもの, 来ること, 来るだけ, 来るよ, 来る金, 椅子に, 槍先に, 此の, 此のくらい, 母の, 比較し, 気が, 海に, 海へ, 清水の, 炉へ, 無くて, 無茶苦茶に, 無言の, 無限の, 煙草を, 父の, 生まれ出た, 田山白雲の, 男子の, 皮を, 皿の, 直ぐに, 眺めて, 着けたよう, 着ながら, 私が, 私は, 立ちあがった, 立った, 紙片に, 置いたもの, 置かした, 置くが, 置けば, 腰を, 自由に, 舟の, 花嫁の, 蓋を, 薬に, 薬を, 行かなかったか, 行きや, 行くか, 行けば, 行ったと, 表面に, 被って, 裏口へ, 裏漉しに, 見さ, 見せて, 見せました, 見せるの, 見たいと, 見たの, 見た処, 見ようと, 見る, 見るの, 見ろ, 記念に, 話を, 貰うには, 貰う気, 貴方の, 貸したり, 走り出した, 起して, 足を, 身を, 返え, 透して, 連れて, 遥かに, 部屋の, 部屋を, 酌を, 鍋に, 開けて, 阿芳, 雪之, 非常な, 面を, 鞘を, 頂戴, 額に, 顔や, 顕著である, 食いそう, 食えと, 食べた, 食べながら, 食べようと, 食卓の, 飲んだ, 飲んで, 首を, 馬を, 馬車から, 駈け落ち, 鶴吉の, 黒板に

1 [4892件 抜粋] ああ丁度, あげようと, あったか, あなたの, あまりに陳腐, ありポタアジュ, あるよう, ある町役場, あんよ, いいわけ, いきなり檜, いそいそ立っ, いたその, いただけますならどこ, いたほど, いた五十, いた女, いた手, いた男女, いた頃, いったらどう, いないん, いますお, いよいよ大, いるお, いるとしか, いるよりは, いる一人, いる処, いる学問, いる暇, いる老爺, いる迄の, うがい, うーんと, おいた別, おいでったらこの, おかみさん, おきましたが, おくってよ, おけよ, おじぎを, おのれが, おられないの, おりまた, おれを, お前さんの, お婆さんの, お掘なさいませ, お秋, お賤, かえしたもの, かえるべきが, かたく握りしめ, かわられた, きたのに, きた手段, きても, くださること, くるだろうと, くれせええ, くれたの, くれても, くれますか, くれるだぞ, くれる間, くんない, ぐっと顔, こうし, ここへ, この一状, この恵須取, この老人, これからは, こん粉微塵に, さしあげる妃, さて, さんざんに, しきりに角度, しまいずっと, しまいますから, しまう大, しまったお, しまったもの, しまった時, しまわねば, じっとその, すぐ岸, すっかり洗う, ずたずたに, そいで, そこから, そっと蒲団, その上, その型, その指, その物質, その脚もと, その邸, そら台, それで夜, そろえると, ただ一言, だ, ちょっと嚊, つがえよっ引いて, つけるよう, とても素敵, どう進ん, どんどん走りだした, なにか書きはじめた, ねたきり, はからしき, ばらり, ひとた, ひらりと, ふっと吹い, ほしいもの, まことにたのしい, まず左, また五つ, また読み始めた, まっ白に, みせた, みたけれど, みどりの, みよ, みる時, めいめいに, もう遅かっ, もはや讃岐, もらうよう, もらわねば, やったところ, やった自分, やらねば, やりたかったに, やるってさ, やろうかな, ゆく老いぼれども, ようやく十七歳, よしこの, わが子の, わたしは, エポニーヌの, ガブと, グイグイ引き立てる, サッサと, スッ, ズブリズブリ渡っ, ナクチューカという, バナヽと, ベッドの, ヤッと, 一つずつ, 一人で, 一同が, 一層痛切, 一方は, 一樹が, 一番親しみが, 一見され, 一里ほど, 三十二江戸の, 上げたあの, 上げますよ, 下さいあれ, 下さらずに, 下山したなら, 不思議とも, 与る, 両端の, 中途半端な, 主客を, 乗りまわって, 予審請求書に, 二三日し, 二十五にも, 二百五十両の, 五六ぺんぶらぶら, 京都へ, 人混は, 仏壇の, 他人に, 代った景彦, 代るの, 代わったよう, 代わるかも, 以来縁起の, 伴れ, 何やら出した, 何事も, 使者へ, 信濃路へ, 側の, 僕も, 先の, 全く無用, 公子と, 六部も, 其の若, 兼好は, 再び眺め, 出た, 分けて, 切腹の, 別れるより, 前度, 加わる方, 動かない気象, 十七歳に, 十九歳に, 十字に, 半身に, 厄, 参りましたこれ, 参れ, 取分け世間, 叫んだ, 右手を, 吉原で, 同湾, 向山の, 呉れた青年, 味わい尽せぬ無上, 咽に, 商いを, 喜ばれる, 喰うよう, 喰わせながら, 四十五という, 園に, 地へ, 坂の下へ, 堂の, 塩湯で, 売りつけた, 夏季の, 大いに珍宝, 大勢の, 大平村を, 大覚へ, 天秤棒を, 失わざるもの, 奴を, 妻の, 子細に, 安らかに, 宛行っ, 実生活上の, 室内を, 容易に, 寝たため, 寝巻と, 導かれたの, 小柄を, 小首を, 少なからざる, 居たか, 居りましたが, 居ること, 居る暇, 山之, 島内深く, 左手に, 差上げましょうか, 市街を, 帰ったあの, 帰らなかったので, 帰る兄, 干場へ, 平次の, 幾度か, 店の, 廩米を, 引いた外套, 引き倒そう, 引き立てたの, 引ずり出すと, 引上げて, 引寄せまする, 引立てられた, 弟子を, 形を, 後から, 従い勝家, 御殿へ, 心こめ, 忘られなかった, 怒れる眼, 思わず撃っ, 恨み多く, 悦ばしい事, 悼ましく悲しき, 愛撫す, 懐しく思われる, 我儘云う, 戴いた, 扁めて, 手向の, 手酌で, 打ち返して, 打返し打返し見ました, 抑えた様, 抑え首捻じ切ろう, 投げたわけ, 投げられたの, 投げ出されましたが, 投げ返した, 抱いて, 押えた弁慶, 押えられるよう, 押え付ける, 押しいただいた山の神さま, 拡大器で, 挨拶を, 振を, 捨てぬ, 捨て竹, 掘り返すべき一隅, 掬い上げて, 揺れる, 支那に, 教えた弟子, 数えた, 斬掛けましたが, 既に指, 旨い物, 明瞭に, 晩飯を, 暫く水気, 更に市郎, 替って, 最も興味, 有るの, 木の, 本当の, 村の, 来い金, 来たいん, 来たに, 来た不, 来た玉蜀黍, 来た銭, 来ましょうと, 来られましたもの, 来るに, 来る物, 松戸へ, 柔らかに, 格子戸の, 森垣道信という, 楯と, 構えた佐久間玄蕃允, 欄干の, 歌語に, 武士が, 歯が, 残った乳, 殺します, 毛深い指, 水戸城籠城と, 江戸一の, 決して損, 油が, 泣き叫んで, 泳いで, 海津の, 淡路流に, 渡しましたが, 満身に, 濃い口鬚を, 焔の, 無理にも, 煩悶し, 燭台の, 牛込の, 献げて, 玉葱人参を, 現われたり, 理詰めの, 生々しいほど, 田の, 画面を, 疾く録す, 白い素足, 百姓を, 盗み物を, 直ちに防ぎ, 真俯伏, 眼に, 短を, 石舟斎の, 磯五へ, 祝儀を, 私と, 稽古を, 突っ立っ, 窃かに, 立ちふさがる, 立ち合いなされ, 立構えを, 筆記された, 粥の, 紙の, 細く刻ん, 経験の, 絶対的に, 練る約束, 繁殖せしめる, 置いたかの, 置いた四着, 置いても, 置かれよと, 置く, 置くもの, 美しい声, 老いて, 考察し, 聴衆の, 胃袋の, 胸の, 腹立ちまぎれに, 自分を, 自軍の, 船を, 英国人が, 荒々しく猿ぐつわ, 葉巻虫の, 薄い羽, 蟻に, 行くかな, 行く身, 行ったらしい, 衣紋を, 袋の, 裏の, 襷と, 見くらべたの, 見せるん, 見たり, 見ようとも, 見当も, 視ると, 親に, 言いますならば, 話したうち, 読まれた, 調べましたところ, 警官の, 貯めて, 貰うよう, 貸すんで, 走ると, 跣足で, 身上を, 車に, 辛い悲しいこと, 返らぬこと, 追尾し, 逃げて, 逃亡した, 造ったらどう, 進むこと, 遊ばせて, 運命的な, 道場の, 遣りたくなったのよ, 還るさて, 酒や, 重箱の, 金に, 釣り方, 鍵を, 長柄の, 門番を, 闊歩し, 陣頭に, 隠す者, 難有, 青江流手練れ, 音楽の, 頂くにも, 順に守ろう, 頬張りました, 顔と, 飛び立ったが, 食うだけの, 食う鬼子母, 食ひ, 食べはじめました, 食わしたが, 飯を, 飲んだらあっし, 馬に, 駆出したん, 骨を, 高慢に, 魂を, 黒樫の

▼ 取っては~ (818, 8.4%)

9 それが 8 何の 6 それは 5 非常に 4 これが, 一つの, 一種の, 何よりも, 確かに, 自分の 3 この上, それらの, 一生の, 何よりの, 怖ろ, 投げ取っては, 自分が, 迷惑千万な, 重大な, 非常の

2 [36件] いけない, いけません, いるが, くれぬ, この二つ, これは, これ以上の, ならぬ, 一方ならぬ, 一生に, 不思議な, 世間の, 二つの, 余り有難い, 勿怪の, 可成, 堪えられないほどに, 大切な, 大野九郎兵衛の, 定めて, 実に重大, 廉価版は, 忘れがたい, 恋敵の, 恵まれた時代, 抛げ, 最も好都合, 此の, 此上も, 殆ん, 河岸は, 種々な, 空想の, 縁の, 重大の, 非常な

1 [664件 抜粋] あともう, あのいっさい, あべこべに, あやかしが, ありふれた事, あるべき事, いかなる大敵, いかなる美酒, いけないと, いけないという, いけないといった, いけませぬわたし, いけませんそれ, いけませんと, いっそう不利益, いとしいいとしいと, いないから, いなかった, いましたが, いよいよ扱い, いられまい, いるものの, おあつらえ, おまはん, おもちゃに, おれぬ, かけがえの, かなり嬉しい, かれの, こういう事実, こうした現象, こうして日夜, こう云う, このどんぐり, この一刹那, この下宿, この人間, この分離, この壁, この女, この子供, この安, この年, この感想, この没論理, この部屋, こよなき舞台, これほど, これらの, これを, これ則ち, こんな機会, すぐ次の, すこぶる重大, ずいぶん厳か, せめてもの, そういう性質, そうした新刊書, そうでも, そこが, そっと音, そのまばゆ, そのよう, その地帯, その川岸, その態度, その時, その現在, その空間, それだけの, それでもう, それほど逆さま, それよりも, そんな詮議, ただ遠く, たまらない嫌悪, ちょうどなまけ者, つぶての, どう見, なおさらの, なつかしいもの, なにかの, ならない, ならないかも, ならぬうむそうして, ならんぞ, なりませぬ能登守殿, のるか, はなはだしい不利, ひとつの, ほんとうの, まことにふさわしい, まことに好都合, まことに晴れ, まことに有難い, まことに気の毒, また直に, まったく場所, まるで予期, まるで想像, みたが, みな忘れ, むしろ出, むしろ影, むしろ思う, むしろ物怪, めったに着た, もっけな, やはり必要, わが国王, ギリシア哲学の, ジャーナリスティックな, ピストルよりも, ファッショや, ポチは, ラザルスの, リョウマチを, リーグ戦は, 一万石大名株の, 一代の, 一冊の, 一年の, 一日も, 一月も, 一生懸命の, 一種異な, 丁度頃合い, 下手な, 不仕合わせ, 不利益な, 不如意であった, 不運だ, 世にも頼もしい, 世の中の, 世法の, 主人筋である, 亀吉が, 予想以上の, 些と, 人間の, 仇じゃが, 仇な, 今こ, 今夜この, 仕合わせでした, 他界の, 付けるから, 伝法院と, 何かしら, 何かに, 何かの, 何も, 何ものにも, 何より不吉, 何ん, 何んで, 何処か, 何様する, 何等の, 余ほど, 余りに当然な, 俊捷第, 偶然に, 傍の, 僅一週間ばかりの, 優に面白い, 充分に, 兎にも, 全く予想, 全く他, 全体としての, 全財産, 六ヶ敷いやり, 具合が, 内儀が, 再びし, 出世狂言である, 分に, 初孫であった, 刺青は, 前の, 割の, 功労者です, 加えて, 加え取っては, 勿怪の幸いせいぜい, 十二の, 十里よりも, 却って仕合わせ, 却って怖, 却って悪い, 又なき, 取替えては, 可なりの, 吉田の, 吉蔵が, 同じくお客さん, 同じである, 同性の, 名分の, 名誉な, 吸物の, 呉れなかった, 問題でなかった, 啜泣, 善悪合理非合理の, 噴水の, 噴火山上の, 困ったこと, 困ると, 国の, 土人の, 土部さまの, 地を, 地位転換面目一新という, 坂下鶴吉が, 城一つ国一郡知行された, 堪えられないほど, 堪ま, 外の, 外国人ばかりの, 外戚の, 多大の, 多少の, 多少張り合い抜け, 大いに生活, 大きい不安, 大きな傷手, 大事の, 大切の, 大地は, 大変な, 大変に, 大層な, 天にも, 夫が, 女は, 好きな, 如何にと, 如何程の, 娘よりも, 婆の, 婦女子位楽みなものは, 子の, 子供達の, 存在を, 学生時代から, 安眠妨害である, 宗家への, 実にその, 実に容易, 実に無聊, 実の, 実際経験, 家に, 家中無双の, 容易な, 容易なら, 寄席が, 富田三家の, 寔に, 寧ろ有害無益, 寧ろ見世, 尊い時間, 小姑だ, 少しく贅沢, 少しも, 川面へ, 左へ, 左まで, 帰国当時の, 帰国後の, 幕府に対して, 年ごろ尋ねる, 幸いである, 幸であった, 幾個の, 幾倍の, 庭は, 彼の, 彼らは, 彼等が, 彼自身の, 従兄弟同士である, 得意でも, 心細い, 必要でない, 忍び難い, 忘れて, 忘れられない記憶, 忘れられなかった, 忘れ難い, 怖いよう, 思いの外の, 思うまま, 恋の, 恋愛の, 恋敵, 恐ろしい呪い, 恐ろしい敵, 恨めしいを, 悪いという, 悪かった, 惚れた女, 意外の, 感付かれる, 感嘆し, 憂うべきこと, 憎い, 懐しさ, 我慢の, 或は不愉快, 戦争の, 投げさながら, 投げした, 投げするので, 投げられ掴んでは, 投げ暫らく, 抜け目の, 持ちの, 持って, 指先で, 撒き取っては, 教法の, 散らして, 新語である, 旅の, 旅行に, 日本海に, 星が, 是れ, 是非にも, 普通道徳は, 晴れの, 最も多く, 最も思出, 最も手頃, 最も望む, 最も畏, 最も興味, 有難迷惑です, 朝食前の, 本当に有難迷惑, 本願寺方の, 条約上の, 東京は, 桔梗の, 極く, 極めて不合理, 極めて必要, 極めて迷惑, 極めて重要, 極楽世界であった, 楽園であった, 横防げる, 正にその, 武蔵へ, 死である, 死刑は, 殆ど同じ, 殆ど応接する, 殊にそれ, 気に, 気の, 永い気, 江戸御免の, 決して幸福, 決して道徳的行為, 河の, 泉下に, 洞窟の, 浮気を, 浮沈の, 深く且つ, 漢文を, 潰し抓んでは, 瀕死人が, 無政府主義, 無暗に, 無難で, 父が, 父という, 父の, 物狂おしい喜び, 犬を, 狐狸でも, 珍しい刺戟, 現在を, 甚だ不安, 甚だ煙, 生々しくて, 生きた屍, 生れてから, 生涯また, 生涯忘れ得ない, 甲源一刀流において, 男の, 番部屋第, 疑惑内の, 疫病神は, 痛い打撃, 皆好ましい, 皆忘れ, 直に酔います, 相当の, 相手の, 真にあ, 礼奉公の, 神尾の, 私の, 秘密でも, 移しして, 移し取っては, 稀代の, 穴へ, 突き取っては, 突くが, 第一, 第二, 節子から, 結句きゅうくつ, 絶好の, 縁故の, 美しい自然, 義兄と, 老いという, 耐えられなくなって, 耳なれ, 聊か倦怠, 腕に, 臣下の, 自分に, 自慢な, 至大なる, 致命傷でありました, 致命的に, 花が, 花の, 芸術製作と, 苦い真理, 苦しい事, 苦手であっ, 苦痛です, 苦痛の, 荒野に, 菖蒲や, 葉子の, 蘇生の, 蝗が, 衝動から, 見ますが, 覚えが, 親しい東京, 許嫁の, 誂え向き, 誉れの, 貴き肉, 貴女の, 資本主義諸国に, 身を, 近藤夫人が, 近藤夫人の, 迷惑千万だろう, 迷惑千万に, 迷惑至極であった, 退屈な, 逃げある, 逆上の, 速に, 連城の, 進んで, 道の, 遠い旅, 遥かに, 邪魔な, 都合の, 里の, 金蔵破りの, 限りない, 随分変, 随分長い, 電燈の, 青年から, 静かに, 面白く思わなかった, 頗るなつかしい, 願ったり, 飛んだ災難, 食いとうとう, 食い取っては, 食に, 食べかつ, 食べしました, 食べ猿, 餅を, 養育院の, 駄目よ, 驚きの, 驚くべき人, 黒の

▼ 取っても~ (239, 2.5%)

2 いいという, 宜い, 容易ならぬ, 思いも, 身だしなみを, 都合が

1 [227件] あまり役に立たない, いいが, いいです, いいの, いい刺戟, いい諸君, おらぬから, お久, お前と, お姉さん, きっと何, きっと出, この元気, この再会, この勝負, この概念, この道, こんな嬉しい, さしさわりの, さしつかえない, さして意外とは, さすがに, さぞ不満, しかられない, しかられやしないの, すこぶる心苦しい, その傾があるだろう, その危急, その城, その天下, その奥, その店, その滋養分, その跡, その進化, それが, それに, それには, それは, そんなに無理, ただ少し, たちまち相手, たわいも, ちっとは, つかぬよう, つかぬ愚問, つかぬ飯田, つかんでたらめ, つかんとき, つけない無愛想, できるだけ詩的, どこも, どれ丈便利に, どんなに幸せ, なお反証, なかなか重大, なるべく仕事, ぴんとこない, またもと, また世俗, また好個, まだ半分, まだ暫くは, もうセーラ服, やはりまだ充分, やはり時々は, やはり珍しい, やるが, やれるもの, よいと, よいの, よかったであろう, イギリスが, ネパールの, ボールを, リサの, 一つの, 一人で, 一大事なら, 一生の, 一生涯の, 一筋心に, 一興さっそく, 三度取っ, 不幸の, 不思議に, 不思議の, 不自然で, 世にげに一度, 世の中にとっても, 五分と, 五十銭以上かかります, 亦日本主義, 亦私たち, 亦辺塞的, 仕方が, 余り気持, 優に明治文学, 元気を, 全体にとっても, 剛気な, 助からないよう, 十銭均一なんて, 千両にも, 又それ, 又其許, 又私, 双方共都合の, 収穫の, 取らなくても, 取られても, 取り返しの, 口惜しいもの, 右から, 合やあ, 名誉この上ない, 困るその, 堪らないほど, 墜堕が, 変らない真理, 大した効, 大丈夫よ, 大事おま, 大事な, 大勢の, 大地は, 大変に, 夫も, 夫婦が, 失われなかった, 女王の, 好ましい, 妻に, 姉さんな, 嬉しかった, 嬉しそう, 学生を, 宜しいでしょう, 寂照に, 寝耳に, 少しも, 少年の, 崩れぬところ, 平田殿の, 幸便と, 張合が, 強くは, 強敵らしい, 役に立つに, 心の, 忘れぬもの, 思い出の, 思出の, 愈, 意外の, 感謝に, 払うもの, 擲ぐられる位の, 教育の, 是非勤め, 月々の, 来よう, 棄つべき, 楽しい時, 構わない, 槍を, 正確に, 武士の, 死霊と, 母であった, 決して不愉快, 決して名誉, 測り知られぬほどの, 満足すべき, 父の, 現われるし, 甚だ不, 甥の, 病苦の, 盗み取っても, 相手は, 看過すべからざる, 真に士, 真に無限, 着けないよう, 着けねえ処, 私に, 私の, 秩父香具師, 結局さいご, 結局女の, 罪に, 義理の, 腕は, 腹の, 自分に, 苦しい経験, 苦しゅうない, 苦痛である, 菊池寛の, 覆盆子, 見ず知らぬ御, 見覚えの, 誠に便利, 誠意を, 説明は, 負けませんでした, 越立下条黒田なぞの, 返らないでは, 通い慣れた道, 遅かれ早かれ生かし, 間もなく一緒, 阿父様, 附かない事, 附かぬ述懐, 附けないよ, 附けない気, 附けない赤, 随分お前, 隠しても, 非常に, 非常の, 面倒や, 顕著でなく, 飲むまね, 饒舌る, 鼈甲牡丹の

▼ 取ったり~ (125, 1.3%)

15 して 10 した 4 するの 3 すること 2 する, するという, 壁に

1 [87件] あちこちに, いろいろの, うまいこと, うるさがらせ, おさえつけようと, お手玉を, お酒, したが, したこと, したの, したので, したもの, したらいかん, した事実, した実例, した小さな, しないで, しないよう, しながら, しなければ, します, しますの, しようとは, するあいだ, するだけで, するところ, する必要, する泥棒, する近所, そういう暮し, そうでなかったら, その富, なんかいたしません, また河, ヨタを, ライオンや, ヴァイオリンを, 下へも, 世話を, 些細な, 体が, 何か, 傍若無人の, 刺身を, 取られたり, 取り返されたり, 台所の, 売卜者に, 嫁に, 宮廷に, 崩したり, 帳面を, 引いたり, 御祈祷, 御馳走を, 押し戴いたり, 旁を, 明智城を, 水を, 氷の, 池や, 灰吹を, 父親が, 瓜畑に, 白雲堂へ, 盗んだり, 笊を, 節季の, 網を, 自分でも, 色々に, 芝刈器で, 茅花を, 薄桃色, 薬を, 蚊帳を, 血を, 袈裟を, 贈ったり, 返したり, 閉てたり, 雑談に, 雪を, 頭を, 首筋を, 鼻の, 鼻声を

▼ 取っての~ (48, 0.5%)

1 [48件] お先供を, この文章, その時, 一世一代の, 一大事を, 一興であった, 一骨折であった, 主人筋に, 何者である, 健三は, 儲け仕事でない, 刀なれ, 初旅, 外全く, 大いなる不安, 大事が, 大恩人, 大敵である, 大障害, 室内の, 対手なら, 座敷牢だ, 怨敵一人を, 恨事で, 戯れ言, 擁護者であった, 新しいよろこび, 日高の, 最大難関に, 永話し, 活人剣燕王宮中の, 父親である, 珍味でない, 祥とも, 縁, 腕まえ, 致命傷に, 致命傷にも, 興味の, 補助機関では, 見付物だ, 試合など, 議論や, 身に, 道徳では, 郷里の, 面目君も, 鬼神なりとも

▼ 取ってから~ (45, 0.5%)

2 一人の, 後に

1 [41件] いよいよ下手, けなげに, ここに, この場合笹村, ごく小さな, そうした東洋趣味, その右上, それを, そ知らぬ, では, ねっから進まん, また同じ, もっけの, 一度も, 丁度二月目, 三分も, 三百や, 上目で, 二十年そこそこの, 二十日ばかりの, 人に, 先の, 出て, 咽喉が, 妙な, 少しの, 思い出したよう, 思い出す機会, 援兵を, 改めて探検, 旅を, 楽を, 正装に, 毎日こうして, 治めるもの, 燭を, 行かれるよう, 見捨てて, 貧しい生活, 酒を, 非常に

▼ 取っ~ (25, 0.3%)

12 まえて 4 まって 2 まえろ, まる 1 かまる, まえようと, まえるの, まったらもう, まっちゃあ

▼ 取っとき~ (17, 0.2%)

2

1 [15件] なよ, にした, にしといた, の, の上酒, の切り札, の刑事, の変装, の奥の手, の智慧, の本読み, の洋羮, の笑顔, の精神科学的療法, の遊び

▼ 取っちゃ~ (16, 0.2%)

1 [16件] いけないよ, いられなかったでしょう, ァいねえ, ア不可ない, ア何の, 仕方が, 問題だ, 困る, 小敵だった, 敵も, 本当に何, 正勝が, 見さしっけ, 見て, 食いするだ, 食い取っちゃ

▼ 取ったって~ (11, 0.1%)

1 [11件] ああなる, かほどに, かまわないの, すぐ山巡吏, まさか故障, やはり男, 人眼につき, 先生は, 嬢様が, 家の, 板の間から

▼ 取っちゃあ~ (11, 0.1%)

1 [11件] いけねエ, いなかったん, この嗅ぎ, どうだい, 仕合せだ, 仕合わせだ, 何方だって, 困るわね, 大事な, 悪いかしら, 敵でございます

▼ 取ってからは~ (7, 0.1%)

1 えつや, しばらく敵する, それが, ただその, 俄然急峻, 直って, 随分そういう

▼ 取ってからも~ (4, 0.0%)

1 そのこと, カフエーの, 子供, 時々顔出し

▼ 取ってしも~ (4, 0.0%)

1 たあるし, たら, たらおれ, た方

▼ 取っ~ (4, 0.0%)

4

▼ 取ってこそ~ (3, 0.0%)

1 他所と, 固有であるべきだ, 宇治山田の

▼ 取ってや~ (3, 0.0%)

1 がる, しない, ッと

▼ 取っ~ (2, 0.0%)

1 えっこしましょう, えはじめ

▼ 取ったりと~ (2, 0.0%)

1 ほうも, 聞えたが

▼ 取ったりなど~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 取ってかの~ (2, 0.0%)

1 人来る, 国に

▼ 取ってからの~ (2, 0.0%)

1 この同じ青雲, 初産だった

▼ 取ってと~ (2, 0.0%)

1 にわかに元気, 中将は

▼ 取ってね~ (2, 0.0%)

1 すぼめて, 塩水で

▼ 取ってまで~ (2, 0.0%)

1 教えて, 連れ出す

▼ 取っ~ (2, 0.0%)

1 えて, るぞ

▼ 取っ組合~ (2, 0.0%)

1 になりまし, をし

▼1* [26件]

取っくみ甲斐がある, 取っえべ, 取ったりこそはしませんが, 取ったりさえし兼ねない, 取ったりなんかして, 取ったりはしないぞ, 取ったりもしたが, 取っちょるよう, 取ってからと思いました, 取ってからにしても, 取ってからものの五分と, 取ってでも眼前の, 取ってな貴女方を, 取ってなんか教えて, 取ってはなその話し, 取ってはばかりの中です, 取ってよ叔父さん, 取ってよりも寧ろ歴史, 取っくんなさいなと, 取っとかにゃいかんすぐ, 取っの階段, 取っいて, 取っ換ぇなぃはんてゆるせ, 取っ換えまえんか, 取っ突きに稽古場, 取っじゃア