青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「取~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~反省 反省~ 収入~ ~叔母 叔母~ 叔母さん~ ~叔父 叔父~ 叔父さん~ ~取
取~
~取っ 取っ~ ~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~ ~取り 取り~

「取~」 5129, 55ppm, 2095位

▼ 取つて~ (1030, 20.1%)

17 ゐた 15 はそれ 14 置きの 12 置いて 10 はこの 7 しまつ, 見た 6 はお, は何, 付けたやう, 来た 5 はこれ, は全く, は大事, は此, 見たが, 見れば

4 [14件] はまことに, は一つ, は大, は大した, は寧ろ, は申分, は自分, やつて, 代るの, 出て, 持つて, 来たの, 置いたの, 附けたやう

3 [23件] は, はせめて, はその, はならない, は一, は一生, は嬉しい, は容易, は實, は想像, は精一杯, は非常, もい, も豫想外, ゐたが, ゐます, 出たが, 呉れた, 怒つて, 替つて, 置く, 見ても, 食べて

2 [70件] おくれ, おくれな, しまつて, その中, たべて, ない, ねぢ, はあんな, はさ, はすべて, はたつた, はゐない, は一番, は伊香保, は何より, は何等, は可也, は居る, は差當, は彼, は是, は時々, は本, は校歌, は此上, は甚だ, は私, は第, は致命的, は見る, は餘, もなか, も右, も決して, も渡り, も私, も見た, も非常, よ, ゐたし, ゐたと, ゐて, ゐては, をり, をります, 上げますから, 付けた様, 代らしむる, 呉れ, 喜ばしいこと, 噛むなよ, 大した問題, 嬉しいこと, 嬉しかつ, 居た, 居た小原銀太郎, 居ます, 居りました, 居りますから, 抱き起して, 来ました, 泣いた, 着けたやう, 置いた, 行くの, 見せました, 見て, 見ましたが, 見給, 附けた樣

1 [629件 抜粋] あります, ありますから, いいの, いただけませんか, おくれ雪沓, か, かけ替の, かぶせて, かへし, かへした, からの一人, からの彼, から出, から若い, か文字, こそ旅, この上, この四十日, しまつたら人間, しまつたら後, しめば, すぽん, ずた, その下, その裏, その要求, た, たぞ, たつた十八, たべた, たべようよ, た方, と云つてやつ, どんな恥辱, な, なくて, なつかしいもの, の一人, の修業, の刀, の問題, の意, の慰め, の救世主, の最上, の無, の父, の處女作, の軽, はあたり, はあたり前, はあまり, はい, はいる, はお名, はかなり, はかぶり, はくみし, はくれぬ, はこれ以上, はこれ位, はそんな, はたまらない, はたまらない嬉し, はどうしても, はなか, はなく, はひとごと, はほんとに, はまだ, はまるで, はもう, は一擧手一投足, は一日三食後, は一月, は一生後悔, は一貫, は一転換, は三百兩位, は不思議, は之, は九拝, は事, は二つ, は二十年來, は二十年前, は些, は今や, は仕方, は何處, は來, は侮り, は兄弟, は先づ, は先づ三年, は免れ, は入れ, は入れする, は入浴, は八千兩, は共同, は其, は其道, は出, は出世, は初恋, は勿体な, は勿論, は十兩, は千百, は千載, は半, は半分, は危険, は却つて先方, は可愛, は可笑しく, は吉日, は命とり, は困ります, は困る, は坊, は堪へ, は堪らなく, は多大, は多少, は夢, は大きな, は大名屋敷, は大変, は奈何, は女子, は如何なる, は妻, は嬉敷, は実際, は家, は少々, は尤も, は居らぬ, は屈辱, は岡, は年來, は年毎, は幸せ, は幾倍, は彌, は御, は忘れる, は思ひ, は恐怖以上, は恰, は悦ぶ, は悲愁苦悩, は慰藉, は我が, は我慢, は抑, は投げられ, は掛け替, は摩訶不思議, は文学, は文學, は斯, は昨夜, は最も, は最上, は最早, は最近, は朝飯前, は未, は末梢的, は本当に, は根, は案外, は棺, は極めて, は止む, は武家, は死, は死地, は気骨, は氣, は決して, は活きてる, は清ちやん, は清潔, は渇, は漢學, は澤木君, は然, は父, は理想, は生れ, は相当, は矢張, は程經, は空論, は窓, は箕, は結婚, は結構, は絶え, は絶體絶命, は義理, は興味, は興廃, は良好, は色氣, は芭蕉, は若い, は若旦那, は蜜, は見返し, は親, は観たく, は言, は試験勉強, は詩, は諦ら, は豫備校, は返す, は迷惑, は醫者, は重ね, は重大, は重要, は錢形平次, は随分, は際限, は隨分相當, は青年, は音楽, は飲みたく無い, は鹽, も, もあたり, もいい, もお客, もその, もた, もつて舞台, もどれ, もばんとうに, もまだ, もら, もらつた, もらふこと, もシヤン, も一つ, も一尺, も主婦, も二本差, も云, も他人, も他愛, も付けない, も何より, も償, も優に, も剛氣, も助からない, も堪らない, も大切, も大黒柱, も好い, も娑婆, も安住, も宜, も寧ろ, も差支, も年中, も從兄弟, も必要, も怨みません, も敵ぢ, も曼珠沙華, も構, も残念, も活溌, も浮氣, も滿足, も独者, も甚だ尚, も異性, も穴勝其他, も腹切り道具, も自分, も致命的, も變, も豫想, も貧乏, も都合, も金六, も長い, も長年, も随分, も驚き, も鼈甲牡丹, やしない, やらア, やんべ, よりも僕自身, ゐたかも, ゐたこと, ゐたところが, ゐたの, ゐたので, ゐたまで, ゐたやう, ゐた一人, ゐた上田立夫, ゐた人, ゐた時代, ゐた曾つて, ゐた生業, ゐながら, ゐなさるだけの, ゐますの, ゐりや, をつた, をられまし, 丸めながら, 代られたなどと, 代られるかも, 代らんと, 代りたい為, 仰へ, 伏せられて, 伏せられ忍, 依體, 入込むが, 割りました, 動くもの, 卷きつけながら, 合せ看るとき, 名づけた二匹, 呉れたつけ, 呉れたん, 呉れた新鮮, 呉れるか, 呉れると, 呉れるもの, 命じたの, 固く握つ, 坐らせようと, 売るの, 嬉しさ, 導くやう, 小さな声, 居たか, 居たので, 居た一原因, 居た日, 居た漢, 居て, 居ましたが, 居ますよ, 居らる, 居りましたが, 居ります, 居りますぞ, 嵌めた洒落, 帰る, 帰るの, 帰る代り, 帰る都合, 引くの, 引くもの, 引つかけた, 引つかつぐ氣力, 引張り出し兼ねまじき勢, 引止めましたひどい, 引立てさうに, 強く舷, 得がたき福音, 忘れて, 忘れては, 怖れ始めた, 思ふ存分尻, 恐ろしい打撃, 息苦しいもの, 懸け老爺, 懸つた, 或程度, 戴いた, 戴きたいもん, 抑えた様, 投げた木の実, 投げて, 投げ壁, 投げ果ては, 持ちました, 持ち帰つた, 掛る機会, 掛る機會, 提げて, 播くべきもの, 書いた小説, 書いて, 書く, 替つて氏上, 替はると, 替るもの, 来たこの, 来たところ, 来た材料, 来た規約, 来た香炉, 来ましたよ, 来ようと, 来られて, 来られるの, 歩き出したが, 歩く, 歩くの, 歩けば, 注ぎ込む金, 淋しいん, 深い打撃, 然るべきである, 狭い他, 生れて, 由々しき大事, 異る, 祀つたの, 突いたの, 立ちあがつた, 立ちはだかり, 立ちます, 立ち上がりました, 立ち上りました, 立ち上る, 立つた自分, 立つて, 立つ身, 立上がると, 答えた, 置いたかの, 置いたから, 置いたもの, 置いた中味, 置いた問題, 置いた方, 置きたい, 置きたかつたから, 置きながら, 置きなよ, 置き旦那用, 置くか, 置くから, 置くがい, 置くといふ, 置くの, 置くので, 置く氣, 育つたやう, 興ずること, 著しく不味いの, 表れて, 見せた, 見せたが, 見せて, 見ただけでも, 見たらそれ, 見たら楢, 見ました, 見ましたの, 見ませう, 見やしや, 見よう, 覗いた, 覗いて, 親しい父, 解り切つたこと, 語らうならば, 誤つて, 読みしもの, 読むと, 調べて, 講じたとは, 譲らない, 讀むとも無し, 賢くも, 賣り家族, 起ちあがり大きい, 起つて, 逃げようといふ, 進む, 進むこと, 進むやう, 遣る, 遣るだア, 遣ると, 遣れば, 附けたもの, 附けて, 附けの, 食べたいと, 飲んだり

▼ 取~ (261, 5.1%)

5 翁の 4 大旗本, 旗本の, 机代の, 翁が

2 [21件] 具合は, 十太郎が, 十太郎です, 十太郎を, 十太郎千束の, 名が, 名人也, 噂に, 小舟も, 峰越を, 形を, 御旗本, 心は, 手段を, 方を, 末路と, 生活を, 翁ありけり, 翁と, 話が, 語の

1 [198件] あのセル, あるの, いはく, いふやう, おのづか, おれたちを, お仲間, お侍, お旗本, お身の上, かぐや, ことも, ころが, すべての, それとは, ために, つかないもの, とおりここで, はかる茎, やつが, やつの, や稻幹, ような, ように, 一箇月前に, 三山が, 与力は, 中に, 人だ, 仕事は, 仲立商売から, 仲間が, 任を, 会話からも, 伝説や, 使番を, 倅も, 兄い, 全部では, 八右衛門, 内松助の, 出雲守頼門だった, 切窓一つで, 初太郎は, 制度社家相続の, 勇太郎まで, 勇太郎を, 十太郎, 十太郎あの, 十太郎擽, 十太郎雲霧の, 千本金之, 午休み, 原型なる, 取り残した死牛馬, 古文学, 名で, 名を, 名人が, 名人の, 名人也も, 和次郎を, 唄ふ, 図三枚続, 大旗本ぢ, 大旗本大坪石見, 大版, 大胆な, 大身だろう, 大身の, 大身を, 奧樣に, 女の, 妻君と, 姫といふ, 姿も, 娘, 娘です, 子で, 子供が, 存在は, 安馬廻り, 家である, 家を, 家老天野左衛門の, 寅吉お, 寅吉でした, 寅吉の, 寅吉は, 富崎左仲といふ, 小者たちだった, 屋敷を, 山本左右太が, 帷子と, 平吉あまり, 平吉が, 広告ビラである, 庄司右京樣屋敷, 度胸も, 座頭でも, 座頭一人御酒の, 弥之助という, 形跡が, 御大身, 御家人で, 御腹樣, 徳太郎といふ, 心に, 慌てふためく事, 所謂勤人ばかりの, 手に, 扱う鷹, 數馬樣にも, 施して, 旗下で, 旗本だ, 旗本では, 旗本三杯龍之, 旗本安城郷太郎と, 旗本屋敷だ, 旗本本郷丸山の, 旗本某の, 昨日釣り, 最後の, 末路を, 本座敷, 机代を, 机代物を, 杞憂深, 框が, 極りました, 模様が, 歌も, 武家くらゐ, 武家に, 武家然るべき, 武家風も, 殿様が, 殿樣が, 比では, 決定や, 濫は, 王, 王次に, 甚しかった, 甚八が, 甚八水夫の, 申し奉ること, 男の子, 男の子が, 男の子を, 男路に, 町人も, 目の, 相が, 石沢勘十郎という, 称を, 稻田は, 窓から, 立派な, 竹籠の, 策を, 篠塚金之助樣の, 紅うら, 絵は, 老人と, 臣を, 與八と, 與八は, 若奥様, 萬次郎とは, 藤吉といふ, 袴を, 見識で, 試験が, 試験を, 語が, 諸山を, 謙之進樣, 貫祿は, 身にと, 身代ぐらいは, 転訛だ, 転訛なる, 転音だ, 輩のみは, 都合が, 都合を, 鐵三郎樣が, 間に, 間男は, 関係から, 障子へ, 青い眼つき, 頭の, 顔を, 類と, 館に

▼ 取~ (118, 2.3%)

13 ちめ 9 ついて 5 た, ついた 4 付いて 3 つかまって, 組んで 2 た方, て, ている, て見る

1 [68件] たあッ, たか, たから, たこと, たの, たまま, たもの, たよう, たりし, た武者, た然, た駿河殿打ッ, ちがって, ちまったから, ちまったん, ついたが, ついた兵ども, ついて行く, ついて行くが, つかまえて, つかまえ思いきり, つかれそう, つかれたよう, つかれちゃ, つきました, つきますぜ, つく, つけたよう, つけ合った雛ッ子みたい, つこうと, てあげます, てお, ておけ, てごまかし, てしまッ, てつけた, ての武勇, てもつけない, てやる, てマスコミ, て三声, て代る, て代ろう, て仰ぐ, て善吉, て寄越せ, て来, て板屋根, て気, て直ちに, て置, て見, て釘, て頭, て骨灰微塵, 憑かれたり, 憑かれて, 憑かれるところ, 捕まえて, 掴まえようという, 攫まえて, 着かれようを, 組みあいの, 組みあいや, 組んだあと, 組んだ蛾次郎竹童, 締めた, 附き取っ附

▼ 取~ (118, 2.3%)

28 へず 5 えず御 2 えず, えずお, えずこれ, えずその, ず彼

1 [75件] えずお詫び, えずこの, えずの, えずアメリカあたり, えずポン, えずヴィルダブレイ, えず三門, えず久振り, えず亜米利加, えず今日, えず使, えず即刻宅, えず原稿, えず吹き出して, えず学生服, えず安全, えず市中, えず度肝, えず弁蔵, えず手元, えず手許, えず掻き立てて, えず揺, えず政七方, えず敬意, えず最も, えず木曾街道, えず次, えず消毒綿, えず清本卯三郎, えず溺死漂着人, えず澄子, えず灯, えず牢, えず研究資金, えず立って, えず緒方, えず罷出ましたので, えず草鞋, えず身二つ, えず閣下, えず飛び出して, かうし, この文, ず, ずあなた, ずお礼, ずこんな, ずその, ずそれ, ずガソリンカー, ずボロ, ず其屍体, ず出ました, ず即答, ず御, ず本郷区西片町, ず来たがねえ, ず父, ず相当, ず立, ず笑つた, ず第, ず罷り出たいと, ず罷り出ました, ず罷り出ました御殿, ず芝今里町, ず見舞, ず親分, ず駆けつけて, ず駕籠, その図, その心, へず絞, 短い葉書

▼ 取~ (106, 2.1%)

3 以て 2 之を, 代る可, 伊藤内閣に, 参て, 居て, 居る人, 来て, 私の, 置た

1 [85件] い, おおきになっ, お金に, これを, その内十五両, つけた様, みる様, わかんないな, 中を, 二階に, 今では, 今の, 仕舞いソレカラ母, 仕舞えと, 代ろうと, 俎板で, 内職に, 利するに, 動かぬのみか, 去た, 噛もう, 噛もうと, 噛もう取て, 士族の, 好い気, 好かない不愉快, 如何ばかり, 宇宙の, 宜かろう, 居たが, 居ましたね, 居るその, 居るの, 居る者, 山稜に, 平気に, 年を, 庭に, 待ち撃ち給いしか, 心の, 慶應義塾と, 批評する, 投げおろすに, 投げる様, 投げる樣, 押えんければ, 掛り仮令, 本基, 本牧の, 来なさいと, 松山園と, 柿を, 棄て, 檢視する, 此上なき, 殺生関白の, 漸, 潰して, 登場, 目下の, 直に之, 突た, 綿密に, 縁之, 置いたかと, 置いたよ, 置けと, 置て, 置ば, 蜜柑を, 行きましたので, 行く如何, 行つたなり, 見せようか, 見れば, 誇れうん, 貸す, 返えす, 返したが, 返し反吐, 進退に, 遣りは, 陪膳に, 顔の, 飲む

▼ 取~ (100, 1.9%)

4 なって, なつた, なるの 2 して, なると, 移る

1 [82件] いつても, おあるきなさい, くる御上, しさうだつたん, したいと, したいという, しただけの, したと, してからは, しようと, し明後日, するおつもり, すること, するつもり, する事, する外, とりかかった, なったこと, なってるそう, なつて, ならうとして, なりさ, なりその, なりました, なりましたが, なり御, なるお, なるかも, なるが, なること, なるぜ, なるだらうお, なるだらうよ, なるわけ, なる花一つごと, なれば, なれる, なれると, めしける, ゆくといふ, よく似た, 仕り, 似たりと, 入つた番頭, 出るの, 到達し, 十二の, 向って, 因りて, 夢中だ, 店, 店廻りを, 当って, 往く時, 感心し, 成ったと, 成ってると, 成れば, 押しかけられるよう, 拵へて, 文字の, 歩かせられたこと, 求め当時仔細, 直されましたやう, 直されるかも, 至る長大, 行きます, 行くの, 行く様, 行ったので, 行った間, 謝罪った, 起りひとまず, 近き者, 這入って, 進み得たの, 過ぎず, 違ひない, 雷名を, 頭脳を, 頼んで, 願ひやせう

▼ 取~ (96, 1.9%)

13 して 2 きめる事, 越えて

1 [79件] いたしましても, いたすこと, きめた, きめようかと, きめようと, きめる, こねまわして, さがし出したといふ, させる気持, したもの, したらどんな, したテイブルかけ, した後, しても, しました, する, するからにゃ, するやう, するん, する内, する苦み, そう云う, その傍, つかまえて, つけたところ, ねらひ柳吉さん, やりましょうか, ゴゼンケ御前迎え, 一歩ごとに, 不断から, 中核と, 二人四位以下は, 亡くして, 供に, 免れた無, 写して, 冠り, 勘定し始めた, 参謀本部の, 呼んで, 問われましたら, 定めて, 定める状態, 心の, 拵へ, 政治家の, 教えて, 整えて, 斷わ, 早めて, 業として, 止めて, 火鉢に, 狙つての, 生んだという, 用うる, 用心し, 畜生か, 眺めて, 着た女賊, 知らせて, 示した事, 立てなければ, 編集し, 膝ぐみで, 致しますと, 致します旅, 萎し, 見せて, 見た, 見るにつけ, 覚えその, 踏み堪へながら, 軽蔑し, 辿るとも, 逆に, 遽に, 附けて, 飲過ぎた

▼ 取~ (81, 1.6%)

21 して 14 した姿 11 した樣子 2 したところ, したま, した中, した多, した死骸, しては, しやう

1 [21件] さなかつたの, さぬ者, されて, した, したさま, したといふ, したる姿, した凄まじい, した寅松, した死顏乍ら, した湯上がり姿, した獰猛, した程, した足, した跡, してを, しませんが, し切つた姿, し放題, すもの, らした棚

▼ 取つたの~ (78, 1.5%)

13 である 85 であるが 2 では, は

1 [48件] か, が二百近く, が私, が見付け, さ, だが, だつたが, だと, だよ, であると, でなく霞亭, とは實質, と呶, と夕, と異, なら自分, には理由, ねえ, はお松, はどう, はない, はまだ, はもう, はもとより, は仔細, は何れ, は其虚靜謙柔, は口, は塗り, は年, は彈丸帶, は惡, は根津, は矢張柳田君, は笹野, は致し方, は若い, は食べ, は馬, もそこら, もそんな, も矢張斯, も考へれ, よ, をお, を二人, を慌て, を見

▼ 取~ (75, 1.5%)

3 づして人には 2 お富

1 [70件] いう迄も, うつたへ, からい申しましょう, からい置き下され, ここで, この虚, その主, その直前, たつぷり愛嬌笑, づさうとして手を, づされて居た, づした樣子です, づしてからはずつと, づしは, づすことなどもあつた, どたん場, はっきりした, ふだん寢坊し, まだ, まだ極められません, まだ決らない, もう三ヶ月, もう進退, もと主鷹司に, もと主鷹司被管の, もと屠, よしや彼ら, よそ目に, 一寸白い, 五月一日から, 今日決まつた, 何時でも, 先に, 別に, 只の, 召出されて, 多く此頃, 大凡下, 大胆にも, 女の, 存じませぬ, 定吉といふ, 屠者, 平素死牛馬を, 年とともに, 当然これ, 急に, 抜所帯道具は, 揚々と, 新聞にも, 日も, 明日という, 昔は, 未だ定まらない, 未だ決らない, 歳は, 無く今, 當然問題に, 白状した, 短気に, 自分が, 船歌うたひ, 講中には, 軽かつ, 追掛けて, 釘勘を, 鍋釜の, 闌の, 露命も, 驚くべき速

▼ 取~ (66, 1.3%)

2 きまると, して

1 [62件] ある, あんな下司, いつに, うまくはこぶ, おわかり, お杉, きちんと決まつ, きまった二十一日, きまりましたそう, こうも, こんな死様, その職, それである, たまたま用いられた, だんだん怪しく, ないと, はっきりした, ひしと詰, ふらついてる村尾, エタを, 一人で, 久し振, 乱れて, 二ツ三ツ私は, 全く絶滅, 助十郎と, 即ち貴人, 取ったと, 召捕られたの, 召捕られた上, 好くって, 妙に, 始まろうと, 屠者, 市を, 平生と, 引き退がって, 役宅の, 待ち切れずに, 忙しくって, 思う壺, 悪いから, 持って, 日を, 木乃伊式に, 来て, 来まして, 決つて安心と, 無い, 狂ったため, 狂って, 生きて, 皆で, 目的なら, 自然に, 蜘蛛の, 詳しく調べられ, 變, 變だ, 違うだけの, 避暑の, 電報で

▼ 取~ (65, 1.3%)

6 はない, はなかつた, はぬ 4 はう 3 つちや, である, はせ 2 はざりし, ひません, ふ樣子

1 [28件] するを, つて, で互に, とは二種, に過ぎぬ, ぬから, ぬ徒然, ねど鼻, のよう, の句, の好い, はせれ, はで, はなく, は場合, ひさうも, ひませんでした, ひ之, ふて睦み合, ふの, ふまいと, ふもの, をいふ, をいふ者, を排斥, を新, を求めた, 下されて

▼ 取~ (59, 1.2%)

3 せぬ七日 2 わざと知らせなかった, 直さずこの, 直さず自分, 越えて

1 [48件] うまく空とぼけ, かけ出したよう, これで, その高波, みんな見せ, もう我慢, 二度や, 多いから, 奇妙だ, 定まつた後, 定めること, 少しは, 帽の, 年上といふ, 店員も, 日当りも, 次第, 甚だ拙く, 直さず兄上, 直さず円, 直さず勘八, 直さず国民性, 直さず彼, 直さず彼女, 直さず御前, 直さず意志, 直さず愛嬌, 直さず新, 直さず柔和, 直さず泥棒根性, 直さず活力節約, 直さず浄善, 直さず清子, 直さず物, 直さず犯罪, 直さず益々, 直さず真黒, 直さず自由, 直さず良い, 直さず赤ん坊, 直さず青, 置かず篠田, 舵に, 調子が, 軽くな, 軽く今度, 頗る確, 飛鳥の

▼ 取~ (50, 1.0%)

4 された 3 した, へてやる 2 へよう, へられ, へること

1 [34件] されたの, される様子, した後, した言葉, した起請文, した間柄, して, しましょう私の, せ, せが, ったの, て見よう, なすった方, は少し, は毎日, へた, へたりなどし, へつこ, へて娑婆, へて育て上げ, へて行く, へて衣桁, へない, へに来りし, へると, へるので, へるやう, へる武器, へ取, へ引つ, へ引換, へ迅速, る人, を命ず

▼ 取つて來~ (49, 1.0%)

3 ますから 2 てくれ, るから

1 [42件] い, いといつて, いとお, いと飛ん, させた, たらかうやつ, たわけみんな言, た態度, た方, た材料, た熟して, た男, た里芋, た青い, た黄色い, てその, てなか, てもこれ, てやる, てゐる, てテント, て喰, て坐, て島, て掌, て放し, て瓶, て貰つた, て黄色い, な, なければ, ぬ前, べき場合, ましたよ, ますよ, ませう, また天, る, るといふ, るの, る月給, る金

▼ 取~ (48, 0.9%)

6 して, すよう 5 しを 3 しが, した, し顔

1 [22件] さねば, されて, しいたして, しかけた縁談, したので, しても, してやろうと, しでも, しなどについて, しの, しは, しもこなれ, し加減, し気味, すおきみ, すと, すよすがに, す婢, せ, せば, にも疲れ, を申した

▼ 取~ (48, 0.9%)

3 ひを 2 ひません, らは, 候樣に

1 [39件] あるより, うこと, うという, うの間因っ, う筈, おうと言出した, つた, つた次第で, つてくれ, つてくれる, つて呉れた, つて来た, つて自分で, で例月分, なさりたい, にて御国, にて船岡山の下, はせる斯, は致しますまい, ひいたしませんから, ひに, ひました, ひまするで御座います, ひもあつ, ひ下さいと, ひ居る事, ひ損失相, ふは, ふべし, へという, らはんからと, らひでその, らひで殆ど島谷と, ろうからという, わせます, を願いたい, 可仕, 可被, 願上候

▼ 取つた~ (46, 0.9%)

5 と云 3 とする 2 と言, ならば, のぢ, もの

1 [30件] おおお前, が程なく, たまさかお, だけぢ, だけで, だけのこと, であらう, です僅か, と同, と思, と思つた, と言つた處, には違, に無理, に過ぎない, のみである, は見る, ほどの勢ひで, ほどの夫想ひで, までである, よぼ, 優れた脚本, 前掛, 大猿, 大盜賊, 大風景, 怒である, 破靴, 程あ, 老婆さん

▼ 取~ (43, 0.8%)

2 の一人, の人々

1 [39件] がこの, がつけ加え, が並べた, が別に, が多勢随, てい, で来ました, とも付かず, なん, にはどんな, に厠, に来, に算すべからざる, に連れ込んだ, のよう, の一人勝田, の一人河竹新七, の二人, の口, の町人体, の聞誤り, の芸妓徒, の面々, はひるまない, はほとんど, は一向に, は冬, は大勢, は河原崎座, は深川, は理性, もそれで, も老妓, や下っ端, れた時, れて, れては, をし, を附け

▼ 取なし~ (39, 0.8%)

7 顏に

1 [32件] あなたを, が初々しい, が派手, が魅力的, これは, しこと, たが, たこと, たりし, てくれ, てもらへるだらう, て遣わす, で一日, で少し, で田舎大尽, で長, と美色, の外, の底, はテキパキ, は伝書, もし, も世辭, や配合調和, を乞う, を伏し, を願います, を願い出, 御自分, 方を, 顔な, 顔に

▼ 取早く~ (34, 0.7%)

3 言へば 2 云えば, 申せば

1 [27件] いうと, いえば, いやァ, ていい, 一緒にな, 仕度を, 何事も, 出来て, 利きは, 埒が, 帰順と, 愛想を, 打ちまけなよ, 掲示板を, 決めるわけ, 片づくもの, 片づけて, 申しましょう, 申上げます, 発表し, 穿くり出す事, 言えば, 言つたら, 言ふと, 調べにか, 譬へて, 足でも

▼ 取~ (34, 0.7%)

7 附けて 3 附けられて 2 附け候者

1 [22件] つけ袷を, 付くる, 付それから, 付て, 付る, 付等の, 着いて, 着けたり, 着けて, 着けながら, 着を, 附いて, 附け, 附けると, 附けるという, 附けを, 附け候段, 附け候者有, 附け明日, 附け等, 附て, 附一日も

▼ 取つて押~ (33, 0.6%)

3 へた, へよう, へられ, へられました 2 へたこ, へました, へるの

1 [15件] へて御, へて拷問, へて水, へて間もなく, へるか, へること, へるため, へると, へるのに, へる工夫, へろ, へ月, へ樣, へ父親, へ自分

▼ 取~ (32, 0.6%)

2 て付端

1 [30件] かれて, けヱ, た, たが, たり下げなく, ちめ, ちらかツ, ついて, つかれたこと, ては一箇神, ては何方, ては彼樣, ては或, ては無く, ては熟慮, てまた, てゐる, て何となく, て何程, て何等, て彼, て最も, て無意味, て置く, て預, て頬ずり, 付いて, 付かれた, 散か, 散かされて

▼ 取~ (32, 0.6%)

8 されて 2 された, されたやう, される

1 [18件] されし新田, されたお, されたこと, されたの, されたもの, されたれば, された三人, された八五郎, された形, された老, された自分, されでも, されながら, されました, されるの, される自分, され大戸, した千兩箱

▼ 取~ (31, 0.6%)

2 をし

1 [29件] いたす約束, お取, か, がった事, が一番, が恐縮千万, が扇子, が新, が見つめ, さ, で一しょ, で弟子, で所蔵, で手代, なんぞする, には有中, に向い, の者, はよし, もできなかった, や橋渡, らしいの, をさせ, をした, をする, をなせる, を勤め, を困らせる, を致しましょう

▼ 取潰し~ (28, 0.5%)

2 になつた, になり, になる

1 [22件] だ, だろうとか, といふ憂目, とくる, と聞い, になつちや元, になりまし, になります, になりませう, に当っ, に紛れ, のうわさ, のお, のほか候, の上, の審議, の御, の政策, の時これ, の願い, はとにかく, 結構

▼ 取澄し~ (28, 0.5%)

3 てゐる 2 た返事, た顔, て応じる

1 [19件] たところ, たの, たやう, たりまたは, た冷た, た店造り, た庭, た態度, た文字, た柔媚, た表情, ていた, てさえいれ, てとりつく, てるから, てるの, て見えた, て黙っ, また着飾っ

▼ 取~ (21, 0.4%)

1 [21件] いいしは, いい庭, いふこと, いふの, なる, なるであらう, めの, 云いエタ, 云ふ, 云へば, 俗称した, 同じく職, 呼ばれて, 呼ばれ南, 呼ぶこと, 宇潮の, 屠者, 目標が, 警察, 警察廻りは, 違つた地響の

▼ 取~ (21, 0.4%)

3 して, ました顏 2 したる樣, した顏

1 [11件] したお松, した口やかまし, した大瀧清左衞門, した女, した底, した愛相, した謹直, ました女, ました奴, まして居, まして靜

▼ 取~ (21, 0.4%)

6 のない 3 の無い, もない, もなき 2 もなく 1 し如く彼, なし, のない物足りな, も無い

▼ 取~ (20, 0.4%)

2 へてあります, へてある, へて書斎

1 [14件] はない美しい, はぬ, へた, へたりお, へてこの, へての拵, へてゐる, へて生涯添寢, へて突き出し, へむか, へられた, へる事, へ市立美術館, へ直

▼ 取物語~ (20, 0.4%)

2 の時代

1 [18件] だつて訣ら, とか太平記, に, に就い, のかぐ, の一部, の中, の富士, の研究, の要素, は, はあれ, はこうして, は我國, や浜松中納言物語, よりずっと, をみる, をやっと

▼ 取~ (19, 0.4%)

1 [19件] つたやう, つたら身體くら, つて, となり, はせた, はなけれ, はれず, はれたひにや, はれました, はれましたから, はれましたが, ひに, ひましたが, ひ度, ふ, ふとか, ふとす, ふ男一人, へと莊公

▼ 取~ (19, 0.4%)

2 がある, が有りまし

1 [15件] が有っ, でつい, で御, とは御, にて候, にもの忘れした, のところ, のよし, の中, の処, の場合, はあった, ませまいと, 居り候間, 遂に不能其儀

▼ 取~ (19, 0.4%)

1 [19件] からすぐ, が三畳, だけは知せ, だと, です本統, にある, にはもう, に広場, の三段, の上り口, の便所, の右, の安, の客間, の山, の急, の格子戸, の袂, の障子

▼ 取~ (18, 0.4%)

3 はれて 2 ひなほ勢

1 [13件] になっ, になつて, になる, はれし由, はれた, はれたが, はれた後, はれるやう, ひに, ひました, ふなら取払つて, ふの, れて

▼ 取法師~ (18, 0.4%)

2 と呼ばれ

1 [16件] が念仏, であるとして, というよう, とも呼ばれ, と呼ばるる, と呼ばれた, などと呼ばれ, などの輩, の仏果, の徒, の話, の語, はそれ自身屠殺, は正に, もまた, も修行

▼ 取~ (18, 0.4%)

2 の晩方頃, の柱

1 [14件] が板戸, が白木, であつ, には持っ, に一室, に土塀, に箪笥, の二階, の処, の壁, の宿, の扉, の石段, の角

▼ 取~ (17, 0.3%)

11 まえて 3 まって 1 まえたの, まえた連中, まるよう

▼ 取~ (17, 0.3%)

2 になっ

1 [15件] でそこら, でその, でたずね, で四方八方捜索, で地図, で天井, で小, で探し, で数年, で新, で検査, で石鏃, で黒, になり, を見張っ

▼ 取~ (17, 0.3%)

2 の生死, は深い, よ, を覚え 1 うづまくと, がばたばた, が灯, が電気, でも来た, に盃, のごとき, のよう, より汚き

▼ 取~ (16, 0.3%)

3 はず 2 ぐる事をも, へず米 1 はせ, はなかつた, ひ誠に, へず其處, へず前約, へず橋架, へず瀧山誠之進, へず藤兵衞, へず親分

▼ 取~ (16, 0.3%)

2 をする, ッて

1 [12件] つた人で, つてその, つてゐる, つてを, つて三年經た, つて幇間の, つて心にも, をし, ニなる, 候屋鋪ニて, 大雅矣此篇斷無不, 奥多摩川流域の

▼ 取急ぎ~ (15, 0.3%)

1 [15件] おしらせ仕, したためます, でございますから, ボーメンズは, 下さるよう, 候ま, 参りました次第, 吟味与力の, 御ぶさた, 御警固, 打ち立たせまする, 水街道の, 葉書にて, 要用のみ, 認め候え共

▼ 取~ (15, 0.3%)

3 で御飯 2 で食 1 か何, で, で今, で何, で八寸, で酒, で飯, とやらで, の形, の飯

▼ 取という~ (14, 0.3%)

1 [14件] ことは, ことを, のは, やつだ, ような, 名から, 大泥棒, 小野田の, 旅拵えを, 根本機構は, 様に, 漁師の, 爺さんが, 者の

▼ 取~ (14, 0.3%)

2 いて

1 [12件] きつ, くやう, ませて, ませました, みました, みます, み我々, んでゆく, んでゐる, んで串, んで水, んで空しく

▼ 取~ (14, 0.3%)

1 [14件] が三人, が同じ, になった, にもこんな, に出た, に美しく若い, に良い, はお, はどう, は氣拔, もなく, も後, を呼物, 三人は

▼ 取~ (14, 0.3%)

3 へた

1 [11件] へたさうです, へて糺問, へて遂に, へなかつたなら, へられ, へられた, へると, へるほどの, へん, へ方, を申請

▼ 取換え~ (14, 0.3%)

2 をねがいます

1 [12件] がなかなか, ということ, にやらせられ, に戻ろう, に病院, の事, の約定, をやった, 且つ北側, 引換え妾, 引換え若い, 引換え首実検

▼ 取~ (13, 0.3%)

1 [13件] じりじりと, せうか, ぶらりと出る, やって来るの, 二三歩後に, 二三歩運ん, 古臭いワルツ, 彼は, 暫く歩い, 月島の, 歩く, 行く, 踊って

▼ 取入口~ (13, 0.3%)

2 は河

1 [11件] から水路, がある, が猿倉, そこで私, で山, の上, の人, の大, も過ぎ, を作っ, を探っ

▼ 取極め~ (13, 0.3%)

1 [13件] ああで, さて一行, だけし, なさるまいな, などを決め, については石子君, になった, によって一時, の条約中, はいずれ, までにて当時, をし, 之有り

▼ 取つて食~ (12, 0.2%)

1 [12件] つた, とする, はう, はうた, はうと, はれたつて, はれるやう, ひは, ひやした, ふなどとは, ふやう, ふ熱い

▼ 取~ (12, 0.2%)

4 の唄 2 の歌, の長歌 1 が後, と娘子等, の伝説, は姿

▼ 取~ (12, 0.2%)

21 ぐらいで告訴, だす, で, で僕, で拘引, という大, として六兵衛, の日出新聞記者, の陸軍大佐, は未来

▼ 取つて貰~ (11, 0.2%)

2 はう 1 つたやう, つたり, はにやならない, ひそれ, ひ度, ふこと, ふの, ふ意, へた

▼ 取~ (11, 0.2%)

1 [11件] 余戸の, 席亭の, 建付の, 得意まわりに, 明り取りの, 時刻などの, 時刻は, 源氏などの, 猟師の, 秘宝の, 親子の

▼ 取~ (11, 0.2%)

2 相成候儀 1 が望ましい, ておいた, はいたしました, は之, は出立間際, む捨身の, をし, を願いたい, メヲツケテヤッタラ程ナク又

▼ 取~ (11, 0.2%)

6 上せて 2 せて 1 上せさ, 上せた主人, 上せ謎

▼ 取~ (11, 0.2%)

1 [11件] ひか, ひさ, へた, へたりする, へてあちらこちら拔, へてゐる, へて居る, へもすまい, へると, へる世の中, へる恐れ

▼ 取~ (11, 0.2%)

3 して 1 くれば, さずに, しに, であった, にされ, を急ぐ, を生ずる, 見候

▼ 取かへ~ (10, 0.2%)

3 されぬ事 2 した, しを, ツこ書け 1 引かへ

▼ 取つて仕舞~ (10, 0.2%)

2 ふと云 1 はなけれ, ふ個人, ふ其代償, ふ斯, ふ斯樣, ふ方, へばどう, へば立派

▼ 取圍まれ~ (10, 0.2%)

1 たやう, たホテル, た酒屋, てしまひました, て居る, て暮す, て無念, て荷車, て面白, ながら酒

▼ 取~ (10, 0.2%)

2 いて, れて 1 いた男ども, いた鵺, きや, く, れたので, れた政治家

▼ 取~ (10, 0.2%)

2 いて, されて 1 いた板塀, かれて, く日本, く総て, る鬱蒼, んで居る

▼ 取逆上~ (10, 0.2%)

1 た樣子, てこれ, てついそう, てはならない, てをります, て四辺, て少し, て居ます, て自害, て齒

▼ 取にも~ (9, 0.2%)

1 ならず町内, なり度, なれるわけ, 工夫が, 成る, 見離された節季, 近きもの, 近きものの, 近き者

▼ 取まで~ (9, 0.2%)

1 うっかり忘れる, しました, 万に, 上陸させ, 出來, 延引し, 決って, 決めて, 知って

▼ 取~ (9, 0.2%)

2 はした 1 はされ, はされた, はされる, はす, はすこ, はせて, へ申しませう

▼ 取押え~ (9, 0.2%)

1 にかかります, に出よう, に出張っ, に来た, に来なけれ, に行った, を仰付けられたい, を言い付けた, 有って

▼ 取つと~ (8, 0.2%)

6 いて 1 いたがな, いては

▼ 取ては~ (8, 0.2%)

2 寧ろ望外 1 一生の, 實に, 庭石の, 未来は, 真に休養, 途方心ない

▼ 取合つて~ (8, 0.2%)

1 は下さいません, も下さいません, も居られない, ゐる自分, 下さらなかつたは, 居たん, 居る隙, 泣いて

▼ 取~ (8, 0.2%)

2 かれて 1 かれた位置, かれる蓮太郎, かれ乍ら, てあり, れたからは, れるかと

▼ 取籠め~ (8, 0.2%)

2 て庭 1 た伯父良兼, ておく, て猛撃, られたこの, られて, られる

▼ 取~ (8, 0.2%)

2 の蠅 1 から逃げよう, がくつ, というざんこくなとりもち地獄, に蠅, のふち, を全部

▼ 取つておき~ (7, 0.1%)

1 の, のハクライ, の厳つ, の悪罵, の手, の昨日, の白葡萄酒

▼ 取つて以~ (7, 0.1%)

1 て乳媼, て代るべし, て庸常, て此, て自分, て自分等, て風土記

▼ 取とめ~ (7, 0.1%)

3 もなく 2 もない 1 がつかなかった, も無い

▼ 取~ (7, 0.1%)

1 とも付かず, にはどんな, の七平, の清五郎, れて, を必要, を連れ

▼ 取~ (7, 0.1%)

1 お絹, でした, といふこと, として何, にする, のお, を狙

▼ 取纒め~ (7, 0.1%)

2 て幸 1 たが, た重要書類, て差出し, て汝, に掛りました

▼ 取~ (6, 0.1%)

1 えなけれ, えなすったら, お見定め, ぢは, わし下僕らにも, ヘツこ書け

▼ 取つつ~ (6, 0.1%)

3 きの 1 かまへ, かれて, かれると

▼ 取つて了~ (6, 0.1%)

1 つたので, ひ給, ふ, ふの, へば三百円, へば後

▼ 取つて喰~ (6, 0.1%)

4 べる 1 はうと, ふ氣遣

▼ 取とは~ (6, 0.1%)

1 その成立, もと主鷹司の, やっと気, 是で, 言うまでもなく主, 鷹や

▼ 取はから~ (6, 0.1%)

1 つて見る, ひでございます, ひで祠の, ひとぞ, ふべき方, へと仰せ

▼ 取~ (6, 0.1%)

1 イロイロ挨拶スルカラ, 散ラカサレテイタ, 替エテ, 過ギタノガ失敗, 過ギテ, 過ギルンダワ

▼ 取~ (6, 0.1%)

1 させて, すべき弁当, するの約束, する弁当, ての御, て物

▼ 取巻連~ (6, 0.1%)

1 が一応, さ, でありました, のした, はいずれ, は鬨の声

▼ 取~ (6, 0.1%)

2 のハンドル, を使用 1 に寄り添っ, の何処

▼ 取~ (6, 0.1%)

2 はない 1 つたところ, はれたこと, ふほどわ, ふ積り

▼ 取~ (6, 0.1%)

2 に賛成 1 に一致, に対する疑問, を棄つる, を祖述

▼ 取越苦勞~ (6, 0.1%)

2 をしない 1 からで御座います, ばかりし, もする, をしなかつた

▼ 取つた者~ (5, 0.1%)

1 が命數, の宿命的, の旅行, は, もゐた

▼ 取つて口~ (5, 0.1%)

1 にやつ, に入れ, に入れた, に持つ, へ持つ

▼ 取つて引上げ~ (5, 0.1%)

3 ても己 1 ぬばかり, られました

▼ 取には~ (5, 0.1%)

1 どういふ, 大舎人, 相違ない, 相違なく, 飛んでも

▼ 取~ (5, 0.1%)

1 はした, はしの, はすやう, わしが, わしで

▼ 取ッテ~ (5, 0.1%)

1 来イト云ウカラ, 見タ, 見テ, 見ヨウトスル, 見ル必要ガゴザイマスネ

▼ 取~ (5, 0.1%)

2 へて 1 へたの, へなどにまめ, へる事

▼ 取写真~ (5, 0.1%)

1 でね, にうつした, に納められた, のお婆さん, のついた

▼ 取~ (5, 0.1%)

1 でオイ, で一々, で二三十人, で飛出しました, で駆けつけた

▼ 取圍ん~ (5, 0.1%)

1 だ, だの, だ五六人, だ甲斐信濃, での小宴

▼ 取地蔵~ (5, 0.1%)

1 というの, という異名, などはある, の話, 荒れ馬

▼ 取廻わし~ (5, 0.1%)

1 た小さな, た廊下, た片隅, た石垣, て冷

▼ 取息子~ (5, 0.1%)

1 が亡くなつ, だったそう, であったが, であつ, の嫁

▼ 取持役~ (5, 0.1%)

1 おふたり, であつ, として働かなけれ, は不調法, を受け

▼ 取~ (5, 0.1%)

1 ったから, って見えません, なつた餌, はれたり, わねえ

▼ 取極めて~ (5, 0.1%)

1 いなかったの, きて, はおりませんし, 別席にて, 貰って

▼ 取~ (5, 0.1%)

1 になつ, になつた, の沙汰, 申して, 申すこと

▼ 取~ (5, 0.1%)

2 のやう 1 が座敷, が村長, の娘さん

▼ 取~ (5, 0.1%)

1 はせられ, はせられた, はれた, はれた事, はれました

▼ 取から~ (4, 0.1%)

1 七石山へと, 出入口の, 言うと, 起ったと

▼ 取たち~ (4, 0.1%)

1 の頭, はあわて, を博多, を睨めまわし

▼ 取つき~ (4, 0.1%)

1 が壁, の家, へ来, もない

▼ 取つた奴~ (4, 0.1%)

2 でも欠落 1 が憎い, でも驅落

▼ 取つて差支~ (4, 0.1%)

2 ない 1 ない譯, なからう

▼ 取つて引~ (4, 0.1%)

1 倒す何者, 寄せた, 寄せた空, 揚げられた時

▼ 取つて歸~ (4, 0.1%)

1 し彼女, つた, り又, るさ

▼ 取つて自分~ (4, 0.1%)

1 で巻き始めた, で暖め, の膝, の袂

▼ 取ても~ (4, 0.1%)

1 互に理窟, 兎角手先きの細工事, 実に再生, 見ない店

▼ 取にな~ (4, 0.1%)

1 つて, つてからは, つて呑み, つて呼ん

▼ 取~ (4, 0.1%)

2 無失果英雄 1 坐而, 無禁

▼ 取代え~ (4, 0.1%)

1 さした, にでも来れ, に立っ, をなし

▼ 取~ (4, 0.1%)

1 がたまった, とされた, により, を得た

▼ 取~ (4, 0.1%)

1 がひどい, なるもの, なん, を携え

▼ 取揚婆~ (4, 0.1%)

1 が味噌漬, が四人, をこっち, を三人

▼ 取旁付~ (4, 0.1%)

1 ている, に懸らん, に懸り, に懸ろう

▼ 取~ (4, 0.1%)

1 へて, へていはね, へておい, へ別に

▼ 取~ (4, 0.1%)

1 となり, にお, を雇っ, を雇わない

▼ 取~ (4, 0.1%)

1 に相成, ぽうと, 相成候, 相成御

▼ 取~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 と黄撫子, も動く

▼ 取蜘蛛~ (4, 0.1%)

1 が窺っ, のやう, をま, を愛玩

▼ 取かく~ (3, 0.1%)

1 からの手紙, に就い, に育てられました

▼ 取かは~ (3, 0.1%)

2 して 1 された小さな

▼ 取かへには~ (3, 0.1%)

2 寫眞を 1 写真を

▼ 取~ (3, 0.1%)

2 へも載つ 1 へ誘ひ込まれ

▼ 取たて~ (3, 0.1%)

2 にて七圓五十錢 1 にて七円五十銭

▼ 取つた上~ (3, 0.1%)

1 かういふ熱心, に懲役, 何とかしよう

▼ 取つた事~ (3, 0.1%)

2 もなく 1 でせう

▼ 取つた所~ (3, 0.1%)

1 でありますが, でも其半分六七俵, へ味噌

▼ 取つた魚~ (3, 0.1%)

1 がある, をみな, を生かし

▼ 取つて一~ (3, 0.1%)

1 と眼, の美術, 拉ぎ

▼ 取つて一つ~ (3, 0.1%)

1 の大きな, の痛い快, の魅力

▼ 取つて下~ (3, 0.1%)

1 がつた, さつて, に鋪

▼ 取つて代~ (3, 0.1%)

2 はらる 1 つたが

▼ 取つて吹矢~ (3, 0.1%)

3 の一本

▼ 取つて大~ (3, 0.1%)

1 なる不幸, なる脅威, に有利

▼ 取つて引戻し~ (3, 0.1%)

2 たの 1 たもの

▼ 取つて火~ (3, 0.1%)

1 をお, をおつけ, をつける

▼ 取つて行~ (3, 0.1%)

1 つたが, つたもの, つたら好い

▼ 取つて足元~ (3, 0.1%)

3 をあ

▼ 取つて返し~ (3, 0.1%)

1 お半, きと, の付かない

▼ 取とも~ (3, 0.1%)

1 いう, 名づけて, 油取

▼ 取はず~ (3, 0.1%)

1 したという, して, し夜中

▼ 取ッつき~ (3, 0.1%)

1 に雷雨, の悪い, 悪い感じ

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 亦互ニ相分配, 古ヘハ丹波但馬ヨリ主計寮ニ献ズ, 可シトテ

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 原の, 敢仲裁に, 申候

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 に給し, の下婢, の色傘

▼ 取做す~ (3, 0.1%)

1 が如く, くらいにし, ほど語気

▼ 取入ろう~ (3, 0.1%)

1 として執拗, と努め, と格別

▼ 取写真式~ (3, 0.1%)

1 になっ, に書く, の手段

▼ 取合はず~ (3, 0.1%)

1 に床, に廊下, 早速主人清兵衞

▼ 取多き~ (3, 0.1%)

1 船に, 船の, 黒船に

▼ 取婿~ (3, 0.1%)

3 取の

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 ないの, 候事書出候よし, 度との

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 の為, へこの, へ渡す

▼ 取~ (3, 0.1%)

2 取等 1 取耕柱

▼ 取小路~ (3, 0.1%)

1 というの, にその, の南端

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 が功者, にしろ, に通

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 をしましょう, をという挨拶, 下されたいとの

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 えごと, へごと, へるの

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 などの郷, の法, は取

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 さえあれ, をここ, を拵え

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 おして儼然, おして悄々, おして文三

▼ 取~ (3, 0.1%)

2 の篇 1 に心づけ

▼ 取落し~ (3, 0.1%)

2 でもした 1 まする際

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 あそばし諸道, のよう, 相成候

▼ 取込中~ (3, 0.1%)

1 だという, だとか, にあり

▼ 取~ (3, 0.1%)

1 を着服, を瞞着, を費消

▼ 取附端~ (3, 0.1%)

2 がない 1 を見出す

▼ 取魚彦~ (3, 0.1%)

1 は, は万葉, は萬葉

▼ 取こわし~ (2, 0.0%)

1 だぜ, で屋根

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 ウェリントンを, 相迎

▼ 取すなわち~ (2, 0.0%)

2 屠者

▼ 取たて店~ (2, 0.0%)

2 への見廻り

▼ 取ついで~ (2, 0.0%)

1 やる機関, 戴けそう

▼ 取つた人~ (2, 0.0%)

1 だよ, であります

▼ 取つた処置~ (2, 0.0%)

1 を不, を悔む場合

▼ 取つた形~ (2, 0.0%)

1 なの, を維持

▼ 取つた金~ (2, 0.0%)

1 ではない, は右

▼ 取つてお辞儀~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 取つてさ~ (2, 0.0%)

1 へ不可能, へ快い

▼ 取つて一口~ (2, 0.0%)

1 に頬張り, 飲んで

▼ 取つて七十一~ (2, 0.0%)

1 だぜ, もう惜しい

▼ 取つて下ン~ (2, 0.0%)

2

▼ 取つて二十三~ (2, 0.0%)

1 になつ, のお

▼ 取つて云~ (2, 0.0%)

1 つた, ひました

▼ 取つて五十三~ (2, 0.0%)

1 だ, になる

▼ 取つて人~ (2, 0.0%)

1 にも貸した, に貸す

▼ 取つて代つたの~ (2, 0.0%)

1 でないか, では

▼ 取つて其中~ (2, 0.0%)

2 から紙幣

▼ 取つて十三~ (2, 0.0%)

1 だが, もう立派

▼ 取つて參~ (2, 0.0%)

1 りました, りませう

▼ 取つて吸~ (2, 0.0%)

1 つた, つて

▼ 取つて夜逃げ~ (2, 0.0%)

1 などは以ての外, をし

▼ 取つて家~ (2, 0.0%)

1 へ歸ら, を貰

▼ 取つて帯~ (2, 0.0%)

1 にしたら, の間

▼ 取つて引被つて足~ (2, 0.0%)

2 を踏

▼ 取つて所謂~ (2, 0.0%)

2 る渡り

▼ 取つて手~ (2, 0.0%)

1 が如何, を拍

▼ 取つて挨拶~ (2, 0.0%)

1 しても, しました

▼ 取つて教~ (2, 0.0%)

1 へること, へるで

▼ 取つて此上~ (2, 0.0%)

1 もなき, 無き慰藉

▼ 取つて殘~ (2, 0.0%)

2 りは

▼ 取つて番~ (2, 0.0%)

2 ひ能

▼ 取つて看板~ (2, 0.0%)

2 に出たら

▼ 取つて答~ (2, 0.0%)

1 へてある, へました

▼ 取つて耳~ (2, 0.0%)

1 にあて, に当てる

▼ 取つて脈~ (2, 0.0%)

1 を数, を見た

▼ 取つて興味~ (2, 0.0%)

1 のない, はない

▼ 取つて船~ (2, 0.0%)

1 に立つ, へ乘つた

▼ 取つて蘭軒~ (2, 0.0%)

2 に示した

▼ 取つて袂~ (2, 0.0%)

2 へ入れた

▼ 取つて貰つて~ (2, 0.0%)

1 そのま, 愉しくさよなら

▼ 取つて身~ (2, 0.0%)

1 に塗り, に纏

▼ 取つて身構~ (2, 0.0%)

1 へた, へ龍馬

▼ 取つて郡役所~ (2, 0.0%)

2 に報告

▼ 取つて頭~ (2, 0.0%)

1 に湯, をさげた

▼ 取つて食つて~ (2, 0.0%)

1 ゐます, 置き乍ら

▼ 取てに~ (2, 0.0%)

2 出て

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 ししなり, ほして

▼ 取なく~ (2, 0.0%)

1 安穩, 詞の

▼ 取など~ (2, 0.0%)

1 御使, 飲んだん

▼ 取などは~ (2, 0.0%)

1 及びも, 面白そう

▼ 取にでも~ (2, 0.0%)

1 なれば, 行く者

▼ 取また~ (2, 0.0%)

2 釜取

▼ 取やら~ (2, 0.0%)

1 また妻, 陣営の

▼ 取よく~ (2, 0.0%)

1 運ばないかの, 運ばないやう

▼ 取より~ (2, 0.0%)

1 つまりは, 美しくし

▼ 取わけ竹山~ (2, 0.0%)

2 に想像

▼ 取不直~ (2, 0.0%)

1 両親の, 大王が

▼ 取~ (2, 0.0%)

2 がぴったり

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 より外, 御祝儀

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 があるなら, もなき

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 して, し困って

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 いはく, 鯛も

▼ 取受ツ~ (2, 0.0%)

2

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 した跡, しに

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 へようと, へより

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 と名づけ, 取婦

▼ 取~ (2, 0.0%)

2 といふ

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 の方, を隔て

▼ 取巻一同~ (2, 0.0%)

1 には茶弘, に与えた

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 になった, になつたの

▼ 取~ (2, 0.0%)

2 母を

▼ 取所無~ (2, 0.0%)

2 之候

▼ 取払ひと~ (2, 0.0%)

1 なりその, なる

▼ 取押え役~ (2, 0.0%)

1 としてここ, まで言いつけられ

▼ 取押え方~ (2, 0.0%)

1 に極力, の手配

▼ 取拂つて仕舞~ (2, 0.0%)

1 ふといふ, へ若し

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 いで叩き斫, くの

▼ 取掛つた~ (2, 0.0%)

1 が軈て, ところで生徒

▼ 取掛り~ (2, 0.0%)

1 が遅かっ, にはオコト

▼ 取掛ッ~ (2, 0.0%)

2

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 がある, もある

▼ 取揚げ~ (2, 0.0%)

1 に行く, のお婆さん

▼ 取敢急~ (2, 0.0%)

2 がしく

▼ 取敢新聞~ (2, 0.0%)

1 を読む, を讀む

▼ 取敢湯~ (2, 0.0%)

2 に入

▼ 取文句~ (2, 0.0%)

1 の改良, や火

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 が西洋, に申分

▼ 取早い~ (2, 0.0%)

1 ところ安南の, と思ひ直した

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 えられては, へやら洗湯

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 の所, の方

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 で水司又市, を持っ

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 によってはなん, に迷い

▼ 取~ (2, 0.0%)

2 せば

▼ 取澄し方~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 取焼酎~ (2, 0.0%)

1 という代用酒, を痛飲

▼ 取男爵~ (2, 0.0%)

1 その親友高原淳次郎, 嘗て吾人

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 に載せ, を抱

▼ 取~ (2, 0.0%)

2 の端

▼ 取組合~ (2, 0.0%)

1 の最中, をはじめた

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 があり, とを懐中

▼ 取繞ん~ (2, 0.0%)

2

▼ 取義味~ (2, 0.0%)

2 不須究其文字

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 せざること能, は批評

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 があった, にてアフリカ

▼ 取財未遂~ (2, 0.0%)

1 の弁護士, の犯人

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 がした, すな

▼ 取鎭め~ (2, 0.0%)

1 たり事件, るには

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 取も, 取を

▼ 取附島~ (2, 0.0%)

1 もなく, も何

▼ 取除けちやつ~ (2, 0.0%)

2 たら怎

▼ 取除者~ (2, 0.0%)

1 の方, を仲間

▼ 取~ (2, 0.0%)

1 ひて, ふもの

▼ 取~ (2, 0.0%)

2 にて如何なる

▼1* [941件]

うつぼ源氏物語, 取かとビク, 取がきまつたん, 取がと云って, 取ぐらしに当りまえ, 取ぐらゐな處では次, 取けしきあしからず, 取に出, 取こなして見よう, 取こなし總てがはき, 取じゃアない, 取大臣の, 取すらも弟に, 取その淫猥らしき, 取その他の拝見, 取そろへ今度, 取たって仕方が, 取たりして, 取だけの事サ時間が, 取だけは小急ぎ, 取つけの呉服屋, 取つたお前が惡, 取つたやうになつて, 取つたやつだ, 取つた上歸り際, 取つた上父上を獄死, 取つた上義雄は云, 取つた乾からびた皺, 取つた人氣男ださうです, 取つた側へ今夜, 取つた句である, 取つた和蘭の赤い, 取つた品だけは取り上げなけれ, 取つた因に猶, 取つた図に符合, 取つた子だけです, 取つた安来節座中の女, 取つた富岡のす, 取つた尻尾の裂けた, 取つた局は渠, 取つた序録は經部, 取つた座敷がへりらしい, 取つた彼は白い, 取つた後などには呼び込み, 取つた後小学校へ行つて, 取つた新作のヒロイン, 取つた方も内容, 取つた是れは, 取つた村の婆さん達, 取つた樣子があり, 取つた權次の外, 取つた王朝時代の傳説, 取つた由来のもの, 取つた男の乞食巡禮, 取つた町であるが, 取つた痕だと, 取つた種属は後, 取つた突出しては, 取つた節ですが, 取つた縣廳の力, 取つた腺のやう, 取つた處があり, 取つた観湖楼和井内ホテルの御, 取つた語である, 取つた道をひたすらそのまま, 取つた道臣の袴, 取つた配當は左, 取つた順序紙につけ, 取つてあいさつする平次, 取つてあまり有難くなく, 取つてお出でになつた, 取つてお母さんの病氣, 取つてくんなつたらそこ, 取つてさし上げても, 取つてしまつたなんて裁判沙汰, 取つてしまつてさしつかえが, 取つてしまつて平気で居る, 取つてじいつと死人, 取つてそこらに飛び散つた, 取つてつけの, 取つてひつくら返しひつくら返し見て, 取つてものを云, 取つてゆつくり身構, 取つてりや鬼が来, 取つてギユツと引戻, 取つてグイと引つ, 取つてトーキーを上映, 取つてノートブツクに次, 取つてハンカチか何, 取つてバケツの水, 取つてパツパツと裾, 取つてビールを飲ん, 取つてピシヤリと一匹, 取つてブチ壞し, 取つてマツチを摩, 取つてモスコエストロオムと申します, 取つて一ト思ひに, 取つて一人前になつ, 取つて一人殘らず必要, 取つて一口頬張つたと思ふ, 取つて一寸匂ひを, 取つて一座の中央, 取つて一方法であること, 取つて一番い, 取つて一番都合のい, 取つて一直線に今戸, 取つて一種の苦痛, 取つて一見すると, 取つて一首のソネツト, 取つて七時には家, 取つて三十の又, 取つて三十七で道臣, 取つて三十五になります, 取つて上へかけ, 取つて上げまほ, 取つて上向き加減に湯氣, 取つて不倶戴天の仇敵, 取つて不足なき敵, 取つて世界的の短詩, 取つて乗つた人を誤魔化し, 取つて乗つて居る丸裸, 取つて了ふんやろ, 取つて事を極めて, 取つて事件により纏めた, 取つて二十一留守の兄彦太郎, 取つて二十七少し虚弱, 取つて二十七細面の髯, 取つて二十三これは山の手, 取つて二十九の良い若い, 取つて二十二になる, 取つて二十八の多血質, 取つて二度とは來, 取つて五つの新太郎, 取つて五十五だ, 取つて五十八の私, 取つて五十江戸一番の情, 取つて井戸に近づきました, 取つて人顔の見え, 取つて人體を毀損, 取つて仏陀の教典, 取つて他がそれ, 取つて他人のがも行, 取つて他方を捨つるの, 取つて代つてから既に, 取つて代つて國を背負つて, 取つて代つて習之進の本, 取つて代つて階子段を驅, 取つて以つて広重の保永堂版版画, 取つて会話の際, 取つて何事も解决, 取つて何等の心, 取つて來やうといふ樣, 取つて例の知り, 取つて供御の飯, 取つて促がした, 取つて傍に, 取つて傳注を證, 取つて傷口を押, 取つて像を刻む, 取つて先に立ちました, 取つて八つになる, 取つて八五郎が引立てる, 取つて六になります, 取つて六十七だが, 取つて六十三とか言, 取つて六十八配偶は五年前, 取つて其れは, 取つて其清香秀色を口, 取つて其詩を取らなかつた, 取つて冷のままちび, 取つて初耳であつ, 取つて別に問題ぢ, 取つて利益状態で有る, 取つて制服に着かえよう, 取つて劒をもつ, 取つて力いつぱいゆすぶつた, 取つて勿怪の幸福, 取つて十七でございます, 取つて十九になつ, 取つて十九明日はいよ, 取つて十五の耻, 取つて十八といふ, 取つて十六行く, 取つて十歳になる, 取つて十風とした, 取つて卒年を取らぬ, 取つて印象の深, 取つて友人の耳, 取つて合鍵を拵, 取つて和合して, 取つて喰ふよ止すが, 取つて四十と聽, 取つて四十五といふ恰幅, 取つて固有名詞を發音, 取つて在所の調布, 取つて地べたの上, 取つて地上の極楽, 取つて坊主頭を撫で, 取つて塵をはらつ, 取つて外へ出た, 取つて外皮をむき出した, 取つて多勢の者, 取つて大困難だ, 取つて大地へ叩きつける, 取つて大金だが, 取つて天の神, 取つて天下に見へる, 取つて夫婦關係を繼續, 取つて失無くん, 取つて奈何でせう, 取つて奉行所に送られる, 取つて女の身體, 取つて女中のため, 取つて妖女を引き上げよう, 取つて妾奉公に出た, 取つて姑になれ, 取つて學校へ通, 取つて宛名を見る, 取つて実子である, 取つて宮が面, 取つて宿まで持つ, 取つて寅松と源三郎, 取つて対比するに, 取つて封を切, 取つて小説としたなら, 取つて少年少女の顏, 取つて屹となりました, 取つて岩の頭, 取つて左の手, 取つて帰つたもの, 取つて帰つて羽ぶしを, 取つて帰つて飼ひませう, 取つて幕切れではある, 取つて平次に見せる, 取つて幸ひなことには多田院別當英堂和尚, 取つて庭へつき落す, 取つて廉い朝飯, 取つて廻つてるんで, 取つて弓を作り, 取つて引寄せ穴から押し出し, 取つて引起しさ, 取つて引退け荒海, 取つて往つた, 取つて往來を横ぎつて, 取つて徃かうと, 取つて後の水, 取つて後ろへ引く, 取つて後退りに深い, 取つて御新造に渡し, 取つて御覧下さい, 取つて快楽に対する無限, 取つて思惑のわるい, 取つて悲むべき, 取つて懐中に忍ばせた, 取つて懐紙へ, 取つて成功と認められ, 取つて戦端を開き, 取つて戯画を画き, 取つて戯談でなかつた程, 取つて手向け戦後いのち全く再び郷土, 取つて扱ひい, 取つて投懸けた風情, 取つて拂へとのこと, 取つて拵へた, 取つて掛け声諸共にばらばらつと, 取つて推察したところ, 取つて推靜めるやう, 取つて掻巻にさつ, 取つて揺振つて, 取つて敵を討たん, 取つて斯う云, 取つて旅籠につめた, 取つて日蔭の花, 取つて春三郎に渡す, 取つて是れまでに, 取つて晒布を顏, 取つて暗示の深い, 取つて曳出すとともに, 取つて書物に名, 取つて最後の議会, 取つて机の上, 取つて来たりよそ, 取つて松島に差しつ, 取つて柏軒に与, 取つて柏餅を製し, 取つて校刻した, 取つて案内者某君の香港談, 取つて桝の上, 取つて棺側に隨, 取つて楽は御座んせん, 取つて横に寐, 取つて横取りしないもの, 取つて欝陶しい問題, 取つて欠刻を附け, 取つて此頃一つの興味, 取つて歸つた翌日から三日, 取つて歸つて行くこと, 取つて歸つて今日ハンケチに叩い, 取つて歸つて行つた, 取つて殆んど, 取つて残りは一同, 取つて殘念のやう, 取つて殿した, 取つて母のやう, 取つて民間に拂, 取つて汗を拭きます, 取つて注意した, 取つて洋書棚近くへあげる, 取つて洋紙に糊, 取つて深切にし, 取つて清座に置き, 取つて灰をかきならし, 取つて無上の歓楽, 取つて煙にし, 取つて熟と見, 取つて燐のやう, 取つて燒いたり, 取つて片手で引立てざま, 取つて狙ひを, 取つて独りでゐたら, 取つて獅子身中の虫, 取つて玉水一座の裏, 取つて現はれる, 取つて理屈の好い, 取つて琴に作りました, 取つて甚く物足りないかも, 取つて生き甲斐がある, 取つて生活しやう, 取つて田島屋の先代徳右衞門, 取つて田道の妻, 取つて男に渡した, 取つて男泣きに泣き出す, 取つて畢ふ積, 取つて皇后になさいました, 取つて皮をむい, 取つて盃を拭く, 取つて相手の感情, 取つて真価値が有る, 取つて矢張り最初の頁, 取つて碁盤の下, 取つて社交的に集まる, 取つて祭具を作る, 取つて福利なる風, 取つて秘密の一ツ, 取つて空梳を, 取つて窓際を往き, 取つて立ち上がつた彼女, 取つて竭きざる, 取つて端を切つて男, 取つて範とする, 取つて籃に刺し, 取つて籠の前, 取つて糸で車, 取つて紙に向, 取つて細君に擲げ, 取つて終つて弟妹親戚にも分たぬ, 取つて縁にねぢ伏せる, 取つて繼がせる, 取つて繼ぎ私は死ん, 取つて置の風, 取つて老い朽ちて, 取つて聲を張上げた, 取つて胸へ二度, 取つて脂肪の浮いた, 取つて脱け出し, 取つて腰にさした, 取つて腰掛へ立て掛け, 取つて自宅へ帰つて, 取つて自己も前路, 取つて致命的な痛手, 取つて臺に向, 取つて花道を駈け込む, 取つて英一とする, 取つて英語を教, 取つて茅町一丁目二丁目へかけ, 取つて茶を淹, 取つて落着くやう, 取つて蒐つた, 取つて蓋を拂, 取つて蘭軒榛軒二代の事跡, 取つて蝋燭に火, 取つて行つたからおれ, 取つて行つたのもありました, 取つて行つた人のこと, 取つて行つた劇評はみのる, 取つて袖の下を煽いだ, 取つて被害人民を胡麻化そう, 取つて襲ふかともの凄い, 取つて覚悟の前, 取つて言へば自分, 取つて言説せるなり, 取つて詩の國, 取つて説明すれば, 取つて講釈に仕組ん, 取つて警官の方, 取つて讓るから, 取つて貧人に與, 取つて貰つたのである, 取つて貰つて手酌でやらかし, 取つて貰つて道を學んだ, 取つて賞讚しました, 取つて赧くな, 取つて踊り上つた, 取つて車上に居直つた, 取つて輕く頭, 取つて辞儀をした, 取つて迂回すべく昇降機, 取つて返し二箇所の火元, 取つて返し浪人者阿星右太五郎, 取つて返し物置から小さな, 取つて逃出す氣, 取つて遊戯であること, 取つて運の悪い, 取つて道教の影響, 取つて適當した刺戟, 取つて金が出, 取つて釣をし, 取つて鉢の蓋, 取つて錢儲けをし, 取つて錢形の平次, 取つて鍋へ入れた, 取つて鍛冶屋のアマツマラ, 取つて間違なからう, 取つて闘ふに, 取つて隱して, 取つて雄太郎と云つたの, 取つて難かしい, 取つて音楽となす, 取つて頂戴な, 取つて題とした, 取つて額の汗, 取つて額際に汗, 取つて顏をふいた, 取つて顔に押しあてた, 取つて飜弄するところ, 取つて食ふたといふ事, 取つて食物の中, 取つて飮むがいゝ殘つた盃は即座, 取つて飯粒を餌, 取つて餘り好い, 取つて馬券を握らし, 取つて髪を短く, 取つて鰯を尻, 取つて黒海の只中, 取つて黒髪に挿さう, 取てから仮粧蹈舞, 取ての大打撃, 取でも待たせて, 取とあるわけで, 取といふ苗字を, 取とかいうそうだ, 取とがどれが, 取として夫婦で, 取となつて居た, 取とを容易に, 取とをのみ記して, 取どころです, 取どもをおさえた, 取ながら謳ふて居る, 取なぞもこれ, 取などが行はれた, 取などに多くの, 取などの打ち合わせを, 取なんていう人間たち, 取なんかどうなつ, 取なんかの時に, 取なんどの連中, 取にて隣家の, 取にまでなったが, 取によるものだ, 取に対する約束も, 取のみが他の, 取はもうちやんと, 取段々近づい, 取まきそこで相互, 取またはエタの, 取までが二人の, 取までは行って, 取めこれを見る, 取ものから, 取やめとなった, 取ゆえこれに二百石, 取よりも遅れ遅れて, 取わけ執心なの, 取わけ小相さんがよかろ, 取わけ意地悪をする, 取わけ鮮麗な緑色, 取をさえ添え是, 取をよ亭主が, 取オノレカ妻トス太閤コノヨシ聞召柴田ヲ越前, 取ッちゃ火にくべてる, 取ッつきようのない, 取ッときねえってこと, 取ッタツモリデアッタガ表紙ニ痕ヲツケテシマッタ, 取ッタハジメハ一月半バカリノウチニ五六十両損ヲシタガ, 取ッタヨウナ一時的処置ニ依ルヨリ仕方ガアルマイ, 取ッタラアニヨメガ中ヘハイッテイロイロ云ッテオレヲツレテ, 取ッタラ吸物椀デ呑メト, 取ッテアッテ妻ガ静カニ寝カサレテイタ, 取ッテカケタガ忽チ眼鏡ガ曇ッタノデ一層工合ガ, 取ッテモソウ云ウ意味デ缺クベカラザル存在トナッテイル, 取ッテ小遣ニシタガマダ足リナカッタ故イロイロ, 取ッテ案内ヲシタ先生迄モソノ玄関マデ迎イニ出タモノダガ, 取ッテ燭台ヲ出, 取ッテ立上リ契約ヲ違エテ, 取ッテ置キノ珍シイモノ聞カセテアゲタイト思ッタデスソレデコンナ陰気ナノヲヤッテオ気ニ障ッテ済マナイコトアリマス, 取ッテ背中ヲ拭イテ頂戴, 取ッテ長坂三右衛門ヘ見, 取ッテ飛ビ出シテ叩キ合ッタガ三度二三町追イ, 取ッ付き易いもの, 取ッ憑くと, 取ッ掴マッテオ相手ヲシナイデモ済ムト, 取ッ組み合いの争闘, 取ッ組んだりされ, 取ッ組合をした, 取ッ附坑夫になれ, 取ツちや何でもありやしない, 取ツちや眞箇偶然に得られた, 取ツつけたがる女性, 取ツテ失フ無キハ果シテ英雄, 取ツテ筑前守ヘ見参ニ, 取ツ手を横, 取ツ組み合ひましたが, 取ツ組み合つてあツちの障子, 取ツ組み合つて密集して, 取テ日日晒乾シ皺ムヲ待テ内チニテ鳴ル時, 取テ牌ニ編ミテ舟ヲ作り, 取テ酢ニテ拌シ之レ, 取マンテルなぞと呼びたる, 取ヨセ栽ルニ初メハ, 取ラザルハ一トシテ之ナキナリ, 取ラザレバ春ニ至テ亦腐朽シ, 取ラシテ後御番, 取ラヌカラ勝ヲ会主ニスルガイイト相談シテ, 取ラレテ試合ヲ見, 取ラレルノハイヤトミエテ宴会ノ途中カラ, 取ラレ公布ノ一紙ニ憐ム可シ乞食, 取リアゲラレテ翌朝出サレタ, 取リカエテ品数ガ多イ, 取リカヽッテ来年ノ三四月頃ニ完成スレバイヽンダガ, 取リカヽルカラ御心配ハ, 取リカヽルニ違イナイダカラ同博士, 取リシモノ亦無, 取リソノ威遠近ヲ靡カセ, 取リツヅイタガ段々物ガ尽キルカラ, 取リテ自耳義ガ獨乙, 取リテモテナシタガ酒ガキライ故ニ, 取リテ顔ニ当テ, 取リニ出テ行ッタ間ニ予ハ又一ツノ楽シミ, 取リノゾカナイトワガロケットガソノ上ヲ低空飛行シタノチ, 取リマセンカラ取ッテ, 取リヲ始メ結局罎ヲ空ニシタ, 取リ代エテ使ワナイト直グ利カナクナル, 取リ出シタリアルコールデ消毒シタリスル細カイ作業ハ鈴木氏自身デスルケレドモ, 取リ出シテ見ルト, 取リ出シテ彼女ノ前, 取リ出シテ手ニ握ラセル, 取リ出シテ篏メタト云ウンデストコロガソレデ隠サレルドコロカレース越シニ却テ光ルノガ目立ッタ, 取リ口ノ解説ヲスル時ニ, 取リ壊シテ近代建築ニ作リ直しソコニ今度ハワレ, 取リ寄セテ朝食ヲ喫スル, 取リ得タル者ヲ記性ニ付シ, 取リ扱ワズ況ンヤ多ク恵ム者ニオイテヲヤ, 取リ扱ワレルコトヲ好マナイ, 取リ換エテ何ト思ッタカ問題ノキャッツアイ, 取リ換エ顔ヲ直, 取リ敢エズパロチンノ注射デモシテ見マショウ, 取リ敢エズ杉田氏ノ意見, 取リ敢エズ竹翠軒ニ預ケ, 取リ来ルトコロノ男女ソノ数ヲ知ラズ, 取リ武家特ニ之レ, 取リ毀チ又ハ, 取リ潰シテ建テ直スト云ッタラ, 取リ短ヲ補フハ, 取リ立ッテ椅子ニ掛ケサセテ予ハソノ下ニ仰向, 取リ紛レテコノ大切ナ質問ヲスルコトヲ忘レテシマッタ, 取リ素ッ裸ニシテ仰向, 取リ腎臓ノ検査モサセラレル, 取リ込ムラシイミンナニ窮屈ナ思イヲサセテ自分ダケドンナ贅沢ヲシテルカ知レタモンジャナイト, 取リ附ケタガ彼女ニ依レバ, 取リ除クヨリ外ハナインデスガソレニハ三四カ月ノ御, 取リ首二ツヲ獲, 取ルカヲ彼女ニハ秘スル積リデアッタ, 取ルコトモ日本トシテノ物質生活ヨリ築カルベキ幾多, 取ルコト毎貼十八銭, 取ルニ足ラズト云ガ如キニ至テハ我ノ大, 取ルノ憂無, 取ルベカラザル者ヨリ寸土ヲ得, 取ルヲ寺法トナス六百年来富ヲ恣ニシ, 取ル必要ガアルガソレトテモ二三十分アレバ足リル神経ヲ遮断スルノデアルカラ, 取ル等ノ事モ, 取レタ骨格ヲ持ッテイルケレドモ, 取レバ形チニ小大アリテ略ボ鈴子, 取レバ輒チ多ク, 取レル奏効確実デアルト云イマスカラ買ッテ来マシタ, 取過ギ口色川村ヨリ山路ニ, 取ヲ考ヘ始メタルハ明白ナリ, 取なさい, 取一つでも忘れられる, 取一面に羽, 取三枚続は, 取下しあはや, 取不空笑曰三郎彼如意影耳即擧手中如意示之, 取御屋形, 取之云曲者即螫手矣, 取乘策とは他, 取は艮, 取也今更のやう, 取亂さないやう, 取亂さんは亡き, 取二人草履取一人小荷駄二人の軍役, 取人夫は蟹工船, 取代え引代え出すって, 取以上の旗本, 取以供榮養身躯之資, 取以前の物語, 取以外にも殺生肉食, 取仲間に這入り, 取件箭返之處, 取伴金太夫という者, 取はさせ, 取佐野峠から仰いだ, 取の膩, 取作りで三つ並び, 取ふでも, 取候事初め重く覚, 取候事右糸会所取立三井八郎右衛門始め組合の者, 取候十二の首, 取候樣可相成奉存候, 取候歟何歟右等の力事, 取做しどころと, 取做なんど如何にも上人, 取做方をする, 取ばかり奇しき, 取先生金右衛門などの一群, 取入りそのお, 取入り他の人々, 取入り何にか證據, 取入り俳優表方の気, 取入り荒木家の抱え, 取入日でございます, 取公家というは卑しめ, 取の多い, 取其悔過之意, 取の土盛り, 取写真店あり, 取写真的方式である, 取が一具, 取助十郎樣と祝言, 取勝負といふの, 取千束それと秦野屋九兵衛, 取危うく娘の, 取卷末社を引つれ, 取原本をもつ, 取又は坑内の, 取収むる季節であった, 取申候則さい, 取合つた手を放し, 取合はず伜の久太郎, 取合はんともせざりけれ, 取合ふけしきがない, 取合ハ其比威勢アラソイトモ云又信長公, 取合差違へ候, 取姓男女相悦者即, 取同様仏法の方, 取印すなわち, 取和名倉大菩薩, 取に物, 取いでいるうち, 取圍まれ多勢の怪我人, 取圍まれ逃げも隱, 取圍む彌次馬を追, 取になる, 取を覗い, 取場吹所棟梁詰所細工場色附場の六棟, 取えて, 取売店が繁昌, 取ずすと, 取外シ短波長送信機ヲ組立テント試ミタリ, 取多計志八重原などの村, 取洞谷上越界の, 取太一が山, 取女彼の隅, 取女達が知, 取如意不得, 取如意投諸地, 取如来と呼ん, 取妙法の二山, 取始めをする, 取である, 取寅吉の女房, 取射撃でどちら, 取小舟跡絶えて, 取などともいっ, 取之長櫃一土器居小折敷敷柏盛海松覆松, 取屋さんの手間取りなん, 取の地先, 取の命, 取巻どもは気, 取巻イタカラオレガ肌ヲヌイ, 取巻供を名所, 取巻共がしきりに, 取巻同様にする, 取巻子は幾度, 取巻屋をさえ, 取巻芳年梅年紫玉竺仙等を駆り集め, 取巻連中もまた, 取座敷とはてんで, 取といっ, 取建て然るべし, 取廻イタ馬鹿ニモ程ノアッタモノダガ, 取の神信心, 取引捉ふるに, 取弥之助ほかに助松以下船子, 取盜の, 取強盗をする, 取付けて, 取形付けを致すなら, 取を勤めた, 取彼乳糜如意飽食悉皆浄尽, 取待春深, 取後れ御礼遅延の儀平, 取候間何も, 取悪いとか絹, 取悪かったん, 取悪き物ゆえ今晩の, 取の事, 取成なんどいかにも上人, 取成寛大の御, 取のない, 取振其一部, 取の事, 取払つたのが延享元年, 取払つてもいい, 取へぬ, 取押方をたのん, 取押最寄同村先へ早々, 取拂つた全く裸, 取拂つたもとの店, 取拂つた後に殘, 取拂つて三階をあげ, 取拂つて貰ひ度さ, 取拂つて鴛鴦の床, 取へ口銭, 取拵候者共多相, 取拵候風俗の者, 取拵申立候儀ハ都テ公儀ヲ憚ラザル致方, 取して, 取持おのおののお, 取持これは多分, 取持なぞはこれ, 取持ニて私, 取持口をいう, 取持風のが数名, 取挫いで遣る, 取挫ぎたい気持の焦慮, 取挫ぐことは喧嘩の気合, 取挫ぐべきものは拉ぐべきか, 取捉めようとして探してる, 取掛つても是以上, 取掛つて三人連れの無駄話, 取掛つて木曜日までに了つて日曜日発行, 取掛つて氣を順當, 取掛つて行つたが, 取接木の梅, 取揃方御用承り度, 取揃申居候間御買上, 取換え次官の一つ位, 取換え頭を冷し, 取換引替え蓄えた妾, 取換後は非常, 取撫子これは二, 取敢お礼を差し上げた, 取敢それを一つ頬張つて, 取敢エズ更ニ詳報方船長ニ向ケ打電同時ニ別掲容態表並ニ乗組船医二名, 取敢一つ差上げませう, 取敢乍延引先般之御礼兼如此候, 取敢例にとつ, 取敢再昨の, 取敢別封にて御, 取敢叔父へ宛て, 取敢回音如此に候也, 取敢大急ぎで両国駅, 取敢彼に握手, 取敢彼女は嫁, 取敢御返事まで, 取敢支那人の人肉發賣, 取敢昨日の御, 取敢東京に居る, 取敢森彦宗蔵の二人, 取敢正太へ宛て, 取敢此二冊呈上仕候, 取敢気の小さい, 取敢氣の小さい, 取敢申上候義何卒御, 取敢相川は椅子, 取敢私は念力, 取敢蒸氣船壹艘御買上げ, 取敢酒を出さぬ, 取敢開封して, 取敢離室の八畳間, 取文章何以称焉徒負不羈, 取斗百姓並に取扱, 取付けて, 取旁付けにかかり, 取之助, 取時刻などを定, 取木等で皆常陸, 取長く, 取本来の居処, 取条件をなす, 取枕添芸妓遊女のかえ, 取太こと, 取に中, 取なされ候, 取極め候必要相生じ候節, 取極め方はシナ, 取極め申候是は壁, 取極相立候儀猶豫無, 取構まれさア, 取模様の衣類, 取横町に残し, 取貪瞋恚, 取を唄っ, 取水夫十二人が乗組ん, 取のみぎわ, 取汰沙もいか, 取に過ぎない, 取や咽喉, 取法師非人法師の徒, 取深更に及ん, 取によって地方, 取いて, 取潰しこれは免れぬ, 取潰し主人の殿樣, 取潰し役は差詰め肥後, 取潰し政策に夢中, 取潰し縁類も離散, 取潰し萩野は間もなく, 取為顔の小間使, 取取其悔, 取と宇潮, 取をとり, 取物語もどきの噺, 取物語宇津保物語は噺, 取物語平家物語方丈記近松西鶴の作品, 取ひ愚弄, 取甲六の三君, 取白岩の附近, 取白石妙法ヶ岳の三山, 取着手もない, 取着端がない, 取税人も然, 取税人犯罪人謀叛人遊女癩者乞食などであっ, 取が多い, 取空曰三郎勿起此影耳乃擧手示羅如意復完然在, 取竿を持った, 取籠め玉薬を用意, 取籠者と同日, 取は決まっ, 取しにや, 取ク様ニトテソレカラ一同, 取続無覚束奉, 取る事, 取緊めてくれた, 取繕つたのです, 取繕つた顏を顧, 取繕つて坐つて, 取繕ふために様々, 取繞らす炉ぶちも, 取がつながれ, 取繰返し引繰返しされて, 取かず, 取かれて, 取罌粟および馬鞭草, 取がある, 取置ども濟して, 取置下され珠運様, 取もって, 取翁静かに身, 取而取彼何哉即秦誓, 取聚む昏黒に及ぶ, 取聟入をさせた, 取職工學生職人衆集金屋さんといつた, 取自身の作者, 取船子どもにい, 取が人間, 取苛求万民疾苦に堪えざる, 取というもの, 取の毒質, 取落したままで行燈, 取落しヨロヨロと後退り, 取落し一面の水, 取落し候事も有れ, 取落し置候えば, 取落し腕を組ん, 取落し自分も棒, 取落し首垂れて, 取落シタガ兄ガ拾ッテ持ッテ帰ッテ大兄ヘ見, 取落セし書面, 取蒐つてゐる向, 取虫燭を離れ, 取虫稿をつがん, 取虫這ひて, 取行為をなし, 取行為終了後に発覚, 取装つて言つた, 取計可申心得に, 取訳菊つくりの菊, 取証著がある, 取詰めに行った, 取詰めんの猛, 取詰め方でここ, 取せよ, 取奪が, 取財手段なるを, 取財未遂犯と云う, 取を女, 取賄つたといふ話さ, 取で巻い, 取込事にかかわる, 取込計にて出す, 取迫めてはいで, 取進らせて, 取道湖西抵越前角鹿津, 取は何, 取酔翁語山色有無中と, 取釆女樣を家督, 取附会社の社長, 取除候者あらば, 取階級に通有, 取すわけ, 取難かったよ, 取雪水煮茶, 取非常に早けれ, 取の人物, 取少退, 取の地獄, 取なくかつ, 取餅桶に陥り, 取麦蒔大根取などに