青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叔父さん~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~反映 反映~ ~反省 反省~ 収入~ ~叔母 叔母~ 叔母さん~ ~叔父 叔父~
叔父さん~
~取 取~ ~取っ 取っ~ ~取った 取った~ ~取つ 取つ~ ~取られ 取られ~

「叔父さん~」 2116, 23ppm, 5056位

▼ 叔父さん~ (526, 24.9%)

12 答へ 6 自分の 5 それを, 云ひました, 続けました 4 次の, 此の 3 お前達に, お疲れ, ジユウルに, ジユウルの, 流許, 話しつ, 説明しました

2 [27件] あれが, いいの, その方, のらくらし, もと逓信省, 二人の, 二階から, 仏壇の, 何時奥さんを, 僕の, 同意しました, 始めました, 子供の, 子供達に, 尋ねました, 御自分, 悪いひと, 旅行する, 明日から, 昨日御, 本を, 私が, 私の, 答へて, 繰り返しました, 花の, 話を

1 [410件] ああいう, ああし, あすこへ, あたしも, あなたに, あの岩, あの接骨木, あの時, あまり子供, あれで, あんなもの, あんな性急, いそがしい体, いつでも, いつもの, いまは, いるの, おっしゃいました, おっ母, おれに, おれを, お前お金の, お前の, お父さんの, お節に, お節の, お節や, お話が, かうした人達, きっと何, きっと皮肉, こうだろう, ここへ, こしらえたこと, ことによる, このごろ何か, このごろ何を, このごろ妙に, このダイヤ, この一週間, この手紙, この自分, この間下関まで, この頃, こんなに白髪, さうし, さすがにく, さぞ嬉しい, さも手柄顔, しばらくし, しばらく柱, すぐあと, すこぶる得意, すばらしい巣, そうさせたい, そこに, その事, その例, その日, その時, その眼ざめて, その約束, その話, その集めた, その頃, その頑是, それが, それは, そんな馬鹿, た, ただそれだけ, たとい僕, だらしない, ちっとも御, ちつとも, ですから看護婦, とても金, どうし, どうした, どうしたろう, どうしてこんな, どうしてそんな, どうしてる, どうしましたろう, どうなすった, どう見たろう, どこを, どちらです, どんな話, なか, にこにこ笑っ, ひどくお年, びっくりし, びつくりしました, へやから, ほめて, ほんとにこわい, まじめな, また内儀さん, また捲く, また自転車屋, また蟻, まだあの, まだその, まだ午飯前, まだ小学校, まだ生き, みんなを, めづらしく活気づいた, もう, もうあの, もうお, もうお爺さん, もうどこ, もう一つ図, もう一度話し, もう危険, もう私達, もう酔, ゆうべは, ようやくこっち, よくあんな, わしの, わたしと, わたしに, わたしの, エミルと, エミルを, ガラス製の, ジユウルが, ジユウルがい, ジユウルを, ダイヤを, チョッキの, ハンカチを, ピンで, ピンを, フランス人です, ホツと, 一体何, 一寸階下, 一度お前, 一度被, 一間ばかり, 丁度その, 七時に, 三千年とおつ, 三年も, 上手かと, 上着の, 下手人ぢや, 不思議そうに, 不思議な, 中途で, 丸山定夫と, 事務員の, 二度目の, 今し方庭に, 今に, 今夜帰らない, 今度僕が, 今日から, 今日は, 今朝みんなが, 今眼, 今鹿, 仏壇に, 仙人です, 何う, 何か, 何かを, 何とも云, 何とも仰, 何んと, 何度聞い, 何時の間にか黒奴, 何時見, 侍だ, 俊夫君が, 保険が, 俺達の, 僕たちの, 僕に, 僕を, 僕以上に, 僕達に, 先代の, 公衆の, 六十幾つかに, 内の, 初めました, 別にそれ, 前後不覚の, 割合ひ, 勉強し, 勝れて, 勝手に, 十三の, 半ば独語の, 又話しつ, 又雲, 叔母さんの, 叔父さんの, 叔父相応の, 口の, 口走つた, 台所へ, 叱つた, 右手に, 商売の, 問返した, 啓ちゃんと, 四十一で, 固より, 国の, 堅い薄皮, 塵埃を, 声が, 変な, 夜の, 夜中に, 大いに喜ん, 大きい書物, 大きな書物, 大きな本, 大へん, 大よろこび, 大丈夫僕は, 好かった, 如何かし, 娘達を, 子供等を, 子供達と, 室の, 家に, 寂しさうに笑つて, 寧そ天国へでも, 少し坐, 居ないし, 居るかい, 帰って, 帰りは, 帰り路僕を, 平気で, 年が, 幸吉の, 店中で, 度々警察, 庭の, 庭口の, 延の, 弁当を, 引っ越して, 引込んで, 強そう, 待ちこがれたと, 御風邪, 心配そうに, 快諾し, 怒つて, 急に, 恐い顔, 情けない事, 手拭で, 手紙を, 接骨木の, 故意と, 教へて, 教師の, 斯様な, 新しい柄, 新兵衛, 旅行中は, 日本人, 昨夜から, 昨夜品川の, 昼寝から, 昼飯を, 時計を, 晴れた太陽, 暫く黙, 最早帰っ, 未だ御, 未だ牽牛, 本当に驚く, 机から, 机の, 杏の, 村中歩き廻つてその, 杜松の, 枝を, 栗の, 正二の, 此の間森の, 此処で, 武ちゃんに, 殺されて, 母の, 毎日畑に, 気を, 気遣いだ, 水入れの, 水道の, 汗ばんだ顔付, 沈黙を, 沢田先生なんかと, 河の, 油断が, 注意し, 海は, 溜息を, 無頓着でした, 熱心に, 片附けた, 物堅え, 物数奇だ, 独語の, 猫を, 玄関を, 王様が, 現世の, 瓢箪を, 生の, 申されました, 申しました, 病人が, 皆の, 直ぐに, 直に仕度, 相変らずです, 真先き, 真実に, 知らせたん, 知らん顔を, 私に, 私共が, 私共をぞ, 私達に, 窓越しに, 立つて, 笑いながら, 笑って, 笑つて千に, 笑ひ, 笑ひました, 笠の, 第一等, 精一ぱいな, 約束を, 結びました, 縁先に, 考へ, 耳に, 胸を, 膳を, 自分が, 自分を, 自分達が, 良い素地, 苦しいの, 蒼い顔, 薬だの, 蜜蝋蜂は, 角は, 触つて, 言った, 言つたやうでした, 言つて居た, 言ひ捨て, 言葉を, 話しつづけました, 話して, 話し出しました, 話し始めました, 話はじめました, 警察には, 買取つた物を, 賛成しました, 赤木夫婦の, 起きて, 足音を, 身内の, 返事しました, 部屋の, 酒が, 酷い事, 金持ちで, 金鵄勲章の, 鈴木の, 鉛筆を, 銃を, 闇屋相手に, 随分お, 随分お金, 随分石地蔵, 雑誌社へ, 雪江さんの, 雲に, 雲は, 頭を, 頼まれなくても, 顔色を, 風流人だ, 飯を, 餞別の, 馬の, 駄目だ, 鹿を, 黒くなっ, 黙つておいで

▼ 叔父さん~ (388, 18.3%)

12 家へ 11 ところへ, 家に 6 ことを, 家から, 家は, 顔を 5 家の, 許へ 4 ように 3 お蔭で, ことは, ために, ところに, 事を, 家を, 言葉を, 部屋には

2 [23件] うちの, とこへ, ものかい, やうな, ような, 云ふ, 処に, 処へ, 別荘が, 家では, 御宅, 所へ, 方で, 方へ, 旅の, 本当の, 残して, 病気は, 言うこと, 言ふ, 言葉が, 話が, 話を

1 [246件] あること, あわてかた, いどころが, いる以上, うちが, うちに, うちは, うちへ, おせっかいが, お仕込, お使, お供だろう, お姿, お家は, お母さん, お目, お考え, お腹よく, お西洋鋏, お話が, お話は, ことが, ことです, ことなんか, ことなんて, ことに, ご用という, ご経験, さういふ時, さっきの, せいだ, そばに, そばを, ためには, でした, とこから, ところでは, ところは, ところを, どこが, は全く, は咳, は素人, は自分, は邪推, ほうが, ほうだ, まだ生き, やうであるだらう, やうに, やられること, よりは五瓩, よりは五瓩ぐらゐ, クセが, サシガネで, チヨツキの, ポケットを, マントなんか, 一番お, 上を, 不満は, 世話し, 串談に, 串談は, 事に, 事の, 二人の, 云った通り, 云つた, 云つた通りに, 亡霊に, 仰る通り, 仲裁が, 会社に, 使つた妙な, 側で, 側に, 側へ, 側へは, 傍へ, 働き振も, 具合ひ, 内々の, 処な, 別荘と, 別荘な, 前で, 前に, 前置きの, 勝造さんで, 参考までに, 友だちな, 友達に, 口ぞ, 口許に, 右の, 噂が, 土産の, 声が, 声であった, 声は, 外套に, 夢を, 妾に, 姪や, 娘に対する, 娘の, 子である, 子の, 子供と, 子供は, 学問が, 孫三郎, 孫三郎は, 宅に, 宣伝さ, 宣伝だ, 室の, 家で, 家には, 家へも, 家まで, 家庭に, 家族の, 察しは, 小さな部屋, 山高帽子の, 帰りを, 弟子な, 後を, 御意見, 御手伝い, 御手紙, 御推量, 御用が, 御考え, 御蔭で, 御馴染, 心が, 心は, 心を, 心をも, 心持を, 心配なさる, 応援さえ, 悪魔の, 意見を, 懇意な, 或る, 手に, 手は, 手を, 手助けを, 手紙だの, 手紙には, 手首の, 持ち場も, 指す方, 指紋でした, 指紋の, 指紋を, 斧は, 新之助さんが, 新橋を, 方が, 方は, 書いたもの, 望みど, 望みは, 村へ, 機嫌が, 歌かい, 此の, 死んだの, 死骸に, 毒虫の, 気がかりに, 洒落は, 流儀で, 為なら, 為に, 片身に, 独り子で, 生活が, 用を, 用件が, 病気には, 病気も, 病気を, 痴痴, 百姓仕事を, 目に, 真面目くさった文字, 真面目な, 眼には, 着物を, 知識を, 硬い皮膚, 碁は, 紙を, 綿入を, 罪状が, 背中を, 船頭には, 良心は, 落書きを, 著書を, 蟻と, 表札です, 裏面を, 親切な, 親切に, 親切は, 解いて, 言ったところ, 言ひ, 言葉で, 計画は, 許から, 許より, 話しが, 話で, 話です, 話では, 話の, 話は, 話声が, 説教最中に, 調戯い, 質問に, 趣味でねえ, 身代を, 追善供養を, 這入って, 遺物は, 邸で, 部屋へ, 金時計を, 顔に, 顔の, 顔も, 顔色を, 飛行船に, 馬鹿やい, 髪の毛は, 鳥打ちには

▼ 叔父さん~ (295, 13.9%)

7 云ひました 5 答へ 4 帰って, 言つた 3 教へて, 私に, 私達に, 話して, 迎えに 2 何か, 出て, 大好きだ, 此の, 死んで, 知らしたの, 聞いた, 見せて, 言出した, 非常に

1 [240件] ああだ, あすわたしを, あそこの, あちらで, あのあぶない, あの雨, あると, あんなにな, あんなに泣い, あんなに申します, あんなに酷く, あんな女, いた, いなさらない今, いるの, おいでに, おたのみ, おっしゃられるん, おつ, お仕事, お土産, お死, お留守, お見舞, お話しに, かうして, きっと, きのこの, くるしいじゃ, こう云う, さう云つたの, そう云ってた, そこを, そのつもり, その事, その太い, その娘, その犯人, その相手, それを, そんな事, そんな女, そんな風, たいそう機嫌, たつた今, たといどんな, ちゃんと明日, つまらない記憶, どうも延, どんなに懐しく, なお苦しん, なし面白いこと, なぜ行ら, にくらしくて, ふざけるの, ふり廻しそう, まだ若, まるで御, みんなの, よく借り, よく話し, ゐら, ガアゼで, タイキの, 一つ抱い, 一人あっ, 一人で, 一番おもしろい, 一番偉い, 一番負けね, 一等はじめに, 丈夫で, 上京し, 下りて, 世話を, 中世紀, 二階から, 二階で, 今に, 今度洋行する, 今見せ, 仏蘭西から, 仕事を, 付け髭を, 仙台に, 似合うと, 位に, 住んで, 何だつた, 何れほど, 何故お前達, 使つてゐる, 信じて, 俵屋の, 停車場へ, 僕たちに, 僕に, 僕の, 元陸軍中将, 先生に, 入るの, 入れたの, 其のひきだし, 其の梨の木, 其の自分, 其処に, 出る気, 出掛ける事, 去って, 又ドンナ, 合図する, 同意しました, 君に, 味方を, 呼びました, 地球の, 外国で, 外遊の, 多勢の, 大きな顔, 大好きで, 大好きです, 大学に, 天下泰平の, 奥で, 娘を, 嬉しいか, 嬉しがっ, 子供等に, 子供達の, 学校の, 家の, 家程の, 寝てるが, 尋ねました, 小さい時分, 小松に, 小樽から, 居た, 己に, 平気で, 店に, 引っ張り出したに, 彼女に, 後で話, 後に, 後見なさる, 御歳暮に, 御留守居, 御着き, 心配する, 忘れちまったん, 怒つた事, 恐い顔, 戒しめました, 戻らぬ間, 折好く, 拵えたの, 拵らへて, 昨夜遅く, 昨日来, 書斎で, 有れば, 来て, 来るから, 来るだ, 東京へ, 板ばさみに, 根津に, 歌ったの, 歸つたら, 殺されたに, 殺されましたよ, 殺したの, 殺しちまったん, 毒草の, 気の毒でたまらず, 泣かした代り, 注意し, 洋食を, 海の, 海賊船を, 海軍の, 混返す, 満州こそ, 犯人かとも, 猫を, 生きてると, 生れた時, 申しました, 病気し, 病篤き, 痛えッ, 盲目の, 真っ先に, 眼を, 知らせました, 秀子の, 私の, 私を, 積雲と, 立って, 立つて, 立派な, 笑つた, 続けました, 縫って, 考えて, 自分で, 自転車で, 舟でも, 荷物を, 被入しっ, 被入しった, 褒めて, 見つけて, 見て, 話し出しました, 話し終つた所, 話を, 譬へに, 貸金などの, 軍司令官で, 逝去され, 連れて, 遠からず, 酒を, 重いじゃ, 金でも, 金魚鉢買っ, 鐵の, 鑿って, 長い研究, 離さないので, 面白い実験, 預かって, 風船で, 飛び起きた, 高い山, 黙つておいで

▼ 叔父さん~ (155, 7.3%)

4 お目 3 御目

2 [13件] あの話, お礼を, して, すまないおいら, つれられて, 云ひました, 似て, 出して, 叱られる, 手紙を, 来て, 連れられて, 随い

1 [122件] あまえた, あ済まない, いろ, おだてられて, おっしゃったん, おっしゃって, お庄ちゃん, お目にかかるの, お詫びし, お金の, お願, お願いし, きりの, しても, すすめられて, すまない, すまないが, すゝめた, そう聞かれ, そう言っ, そこまでの, そっと耳打ち, そんなこと, たずねたの, ちゃんと談, なるの, ねだったわけ, ねだって, またこの, また拵え, もらったん, よくお礼, よく似, よろしくおすがり申し上げる, 一日会は, 一服頂い, 一杯御馳走し, 一生を, 上げたお, 云ったの, 云ひつけられ, 伴れられ, 伺わなくっちゃ, 何か, 全く信用, 切つて貰つた大事な, 別れた頃, 別れるなんて, 勝とうと, 叱られるよ, 向つて, 問い詰められ以前, 啓之助様の, 好いの, 学資は, 宛てて, 宜しく, 対って, 尋ねて, 尋ねなければ, 就いて, 当る, 当ると, 当る探偵好き, 御礼を, 御話しましょう, 御辞儀, 御願い, 心配を, 怖いの, 急いで, 悪いから, 感謝したい, 感謝しなくっ, 打ち明けて, 抱つこされ, 挨拶し, 挨拶した, 教えられたよう, 教へて, 旅費を, 来られちゃ, 欺され, 燈台守を, 町まで, 相談が, 盾を, 知らせなければ, 聞いて, 聞かうとも, 聞くこと, 自分の, 自分を, 襲はれた, 見つけたもの, 見て, 言ったが, 言って, 言は, 訳を, 話が, 話しました, 話しましょうか, 読んで, 調戯われた, 買って, 買つ, 賛成し, 質問しはじめました, 質問しました, 返して, 逢いまして, 逢って, 進げる, 遊戯を, 違いあるまい, 関わずサッサ, 附き纒, 雷の, 音信を, 預けて, 頼んだところ

▼ 叔父さん~ (74, 3.5%)

8 一緒に 3 いっしょに, 二人で 2 いって, よく相談, ポローニヤスは

1 [54件] いっしょじゃ, いっしょです, いつしよ, お婿さん, お話を, この末ちやん, この豚番, すっかり別れ, そりや, どっちが, なあなあかも, なにか, クレエルとが, ジユウルが, ジユウルは, ポローニヤスと, 一處でなけれ, 三人の, 二人し, 云いやがっ, 云ふ, 來たら, 俊夫君にとっては, 僕の, 兄さんと, 共にある, 共謀に, 又, 叔母さんと, 叔母さんとが, 叔母さんとだけ, 叔母さんに, 叔母さんの, 同じくらいの, 同じやう, 同じ川, 呼ばれて, 呼ぶ関係上, 呼んで, 喧嘩を, 子供達が, 御一緒, 心易く, 来たらマア怎, 格闘し, 毎日言い暮し, 甥達とは, 番頭の, 種々な, 縁を, 見るの, 言って, 遊び勇は, 道江さんには

▼ 叔父さん~ (71, 3.4%)

4 叔母さんも 2 お母さんも, 母も

1 [63件] あまり姿, いくらかドギマギ, いった, いよいよ今度, いらっしゃい, うんと勉強, お弱い, お父さんだって, これから行っ, こんどは, しばらく行かない, ずいぶん人, そういってら, そうお, その希望, どうしてあんな, ひと夏子供さん, また金, めづらしく長く下, もっとどうかいう, よろこんで, ろくろく寝なかった, わたしが, ゐら, ポローニヤスも, 一寸帰っ, 一緒に, 一緒にな, 下りて, 下座敷, 乗つて, 云うまでも, 何でしたら, 何卒復, 俊夫君の, 僕も, 可哀そうに, 君の, 喜んで, 困るね, 外国の, 多忙しいよ, 娘達親子の, 帰って, 幸福でしょう, 御帰り, 御覧に, 心を, 捕まったそう, 旅から, 未だ死ね, 梅雨が, 気の毒な, 浮ばれない, 矢張左様, 続いて, 苦呶いの, 薪割りを, 被入しっ, 豪い心配, 随分変ってる, 風野又, 驚きましたが

▼ 叔父さん~ (62, 2.9%)

5 頼って 2 お叱り, 怨んで

1 [53件] あんまり好い, うんと怨ん, お持ちなすっ, さがしに, たずねて, たよりに, たんと負かし, なつかしんで, ひどい目, びっくりさせる, 休ませて, 信用し, 冗談にも, 冷やかしたよう, 前に, 叔母さんから, 取り返さなければ, 受け入れたね, 可哀想に, 呼びました, 囲繞いた, 尊敬し直し, 引っ張り出したの, 待受けたろういくら, 御覧な, 怨んでなんか, 悪く言い, 戀する, 手玉に, 欺し, 殺したの, 殺すで, 殺すほどの, 無事に, 犯人と, 知つてる, 突いた曲者, 笑は, 見たこと, 見たり, 見つめて, 見て, 見に, 見送った時, 見達, 誰が, 起こさなかったかと, 起こして, 起こそうと, 連れて, 鉄砲で, 関わずに, 頼りに

▼ 叔父さんから~ (35, 1.7%)

2 手紙が, 電話が

1 [31件] お前の, お暇, お預り, して, どんなに巧, もらったって, もらつた書物, 云い出して, 何か, 俊夫君に, 内々注意が, 再三たのまれ, 受取る金, 叱られたこと, 叱られた時, 吹くの, 手紙で, 教わって, 水銀石英灯を, 注意された, 父宛に, 祝つて遣る, 稽古され, 空気銃を, 貰うため, 貰つた大形の, 送って, 離れた家, 電話だ, 頂いた綺麗, 頼んで

▼ 叔父さん~ (19, 0.9%)

2 叔母さんにも, 叔母さんの

1 [15件] お母さんや, みんなで, アンブロアジヌお, ドウーニヤ叔母さんそれから, ポローニヤスたちは, 伯母さんを, 叔母さんが, 叔母さんも, 叔母さんや, 叔母さん達にも, 川越の, 弟は, 此叔父さんの, 番頭の, 社長に

▼ 叔父さんには~ (18, 0.9%)

2 すまないが

1 [16件] あたしに, すべての, その答, めずらしい, もう逢えやしません, 代議士が, 何かと我がまま, 何でも, 困り切ります, 家族が, 最早よくお, 植物の, 私は, 自分の, 芭蕉の, 解りましたろうネ

▼ 叔父さん~ (17, 0.8%)

2 の方

1 [15件] おた, が寝言, と秀子, の家, はあなた, はどうして, はどうせうかと, はもう, は擲, は未だ, は黙っ, もいよいよ, も失礼, も母親さん, をどうして

▼ 叔父さん~ (16, 0.8%)

2 よ, わ

1 [12件] からこそ斯, つて紙白粉ぐらゐ知つてらあ, というたしか, といふ, とか云っ, とする, と思いました, と推定, なと思った, ね, 弟ごと関着いた, 豊吉だ

▼ 叔父さんにも~ (15, 0.7%)

3 叔母さんにも

1 [12件] あんたに, お目, 会わずに, 分らないね, 御目, 御話しませんでした, 注いで, 申し上げて, 相談した, 知らせて, 話を, 貧乏な

▼ 叔父さんという~ (10, 0.5%)

2 のは 1 ひとと, ひとは, ものは, 人に, 人の, 人は, 奴は, 方も

▼ 叔父さんだって~ (9, 0.4%)

2 同じ事 1 いつもお母さん, かなわないだろう, なんじゃ, まごまごしちゃいられない, わかって, 可哀そうじゃ, 本当は覚え

▼ 叔父さん~ (8, 0.4%)

1 とも相談, と私, に倚子, の前, の宜しい, の目, は御, も皆

▼ 叔父さんとこ~ (7, 0.3%)

1 から何, に寄, へ, へすぐ, へ云つて, へ行っ, を出る

▼ 叔父さん叔母さん~ (7, 0.3%)

1 が御, と丁寧, と呼ん, に嘘, に藁, に逢っ, も出来る

▼ 叔父さん~ (6, 0.3%)

2 いらっしゃいますか 1 あらうが, 一年に, 外に, 若い綺麗

▼ 叔父さんこれ~ (5, 0.2%)

2 は何ん 1 でようございますか, はお, を御覧

▼ 叔父さんたち~ (5, 0.2%)

1 がいる, の持ち場, は愉快, も引き受ける, も皆

▼ 叔父さんです~ (5, 0.2%)

21 か, しそれ, もの

▼ 叔父さんにでも~ (5, 0.2%)

2 当る者 1 行って, 頼みに, 頼るよう

▼ 叔父さん~ (5, 0.2%)

1 から一つお願い, その説明, の手, はあの, は病気

▼ 叔父さん叔父さん~ (5, 0.2%)

1 てあいつめ, て重宝, と云, はこしらえた, はこの

▼ 叔父さん~ (4, 0.2%)

1 休み, 俊ちゃんの, 俊姉さまは, 疲れでしょう

▼ 叔父さんこの~ (4, 0.2%)

1 人形に, 家の, 絶壁の, 話は

▼ 叔父さん~ (4, 0.2%)

21 あいつめが, 重宝がられまし

▼ 叔父さんどう~ (4, 0.2%)

1 したらいい, したら宜, しましょう, です御

▼ 叔父さんなんか~ (4, 0.2%)

1 そういうこと, どういう気分, どうでも, 偉いぜ

▼ 叔父さん~ (4, 0.2%)

1 お伝え申しましょう, 此の, 贋電報を, 送った返事

▼ 叔父さんみたい~ (4, 0.2%)

1 な人, な思ひ付き, な立派, に肥っ

▼ 叔父さんもう~ (4, 0.2%)

1 いいおいら, 僕恐, 帰って, 悲しんでは

▼ 叔父さん~ (4, 0.2%)

1 のところ, の御, 何事も, 覚えて

▼ 叔父さん今日~ (4, 0.2%)

1 はお, はって断っ, は吾家, は少し

▼ 叔父さん~ (4, 0.2%)

1 慈悲に, 暇でしたら, 書きなすっ, 気分は

▼ 叔父さん~ (3, 0.1%)

1 なにかの, 何ぞの, 何にかに

▼ 叔父さんからも~ (3, 0.1%)

1 よく話し, 御話, 種々御

▼ 叔父さんさえ~ (3, 0.1%)

1 そう言っ, 承諾すれ, 生きて

▼ 叔父さんその~ (3, 0.1%)

1 予備手当は, 昭和遊撃隊っていう, 為に

▼ 叔父さんだけは~ (3, 0.1%)

1 いつまでも, 付けたかも, 醒めるどころか

▼ 叔父さんだった~ (3, 0.1%)

1 けど, という, のか

▼ 叔父さんでも~ (3, 0.1%)

1 主人でも, 同じこ, 居なかろうもの

▼ 叔父さんとの~ (3, 0.1%)

1 論判で, 間で, 関係も

▼ 叔父さん~ (3, 0.1%)

1 んざあ甥に, んだ, んです

▼ 叔父さんまあ~ (3, 0.1%)

1 おかけなさい, 何を, 洋服でも

▼ 叔父さんまだ~ (3, 0.1%)

1 他の, 房ちゃんは, 起きて

▼ 叔父さん一人~ (3, 0.1%)

1 が彼女, だけ留守居, 知って

▼ 叔父さん今晩~ (3, 0.1%)

1 は, は家, は榊さん

▼ 叔父さん其の~ (3, 0.1%)

1 学者達は, 様な, 火は

▼ 叔父さん御免~ (3, 0.1%)

2 なさいね 1 よあたい

▼ 叔父さん明日~ (3, 0.1%)

2 は来ない 1 は沢山

▼ 叔父さんいい~ (2, 0.1%)

1 でしょう今晩, んです

▼ 叔父さんいや~ (2, 0.1%)

1 だ, 王こそ

▼ 叔父さんおいら~ (2, 0.1%)

1 こそ叔父さん, はつくづく

▼ 叔父さんがね~ (2, 0.1%)

1 すつかり, どうした

▼ 叔父さんこそ~ (2, 0.1%)

1 平生にも, 東洋豪傑風だ

▼ 叔父さんそんな~ (2, 0.1%)

1 事は, 小供

▼ 叔父さんたら~ (2, 0.1%)

1 姉さんが, 馬が

▼ 叔父さんだの~ (2, 0.1%)

1 叔母さんだの, 坂田

▼ 叔父さんだろう~ (2, 0.1%)

1 という感じ, と思っ

▼ 叔父さんでした~ (2, 0.1%)

1 から悪漢, よ亡くなつた

▼ 叔父さんでは~ (2, 0.1%)

1 ないらしい, なくなって

▼ 叔父さんといふ~ (2, 0.1%)

1 ことに, ことにな

▼ 叔父さんとが~ (2, 0.1%)

1 あるだけ, 或る

▼ 叔父さんとして~ (2, 0.1%)

1 原敬の, 通って

▼ 叔父さんとも~ (2, 0.1%)

1 母とも, 言わせねえ兄さん

▼ 叔父さんについて~ (2, 0.1%)

1 来ないか, 雄蕋

▼ 叔父さんはちよ~ (2, 0.1%)

1 つとの, つと黙つ

▼ 叔父さんはね~ (2, 0.1%)

1 あたしの, 今度ずうっ

▼ 叔父さんまで~ (2, 0.1%)

1 嫌って, 連れて

▼ 叔父さんよりは~ (2, 0.1%)

1 先へ, 老けてると

▼ 叔父さんわたし~ (2, 0.1%)

1 は確か, も

▼ 叔父さん三吉叔父さん~ (2, 0.1%)

1 と毎日, と言っ

▼ 叔父さん人間~ (2, 0.1%)

1 は老少不定, は雲

▼ 叔父さん~ (2, 0.1%)

1 でもこの, のもの

▼ 叔父さん奥さん~ (2, 0.1%)

1 は何時, は何時貰ふん

▼ 叔父さん種々~ (2, 0.1%)

1 御世話様, 御心配

▼ 叔父さん見たい~ (2, 0.1%)

1 な人, な氣

▼ 叔父さん~ (2, 0.1%)

2 か相撲

▼ 叔父さん貴方~ (2, 0.1%)

1 の前, は御

▼ 叔父さん随分~ (2, 0.1%)

2 だわを

▼1* [196件]

叔父さんあたいはこの, 叔父さんあたし達はけふ出かけるつもり, 叔父さんあっちは大変, 叔父さんあなたじゃない, 叔父さんあの人形に, 叔父さんいくら叔父甥の, 叔父さんいずれすこし落着きましたら, 叔父さんいますか, 叔父さんうまいねえ, 叔父さんおれがこんな, 叔父さんお先へお, 叔父さんお化けごっこをし, 叔父さんお家へ帰ろう, 叔父さんお母さんに詫言, 叔父さんお父さんは何, 叔父さんお願いですから, 叔父さんかてわざわざ人, 叔父さんかなんかのために, 叔父さんからでも注意し, 叔父さんがいらしって, 叔父さんきょう病院へいった, 叔父さんぐらゐの年輩だが, 叔父さんこいつをいっ, 叔父さんこうして名刺を, 叔父さんこれから段々寒くなりやす, 叔父さんこれ御覧なさい甘い, 叔父さんこんどはきっと, 叔父さんこんなものが, 叔父さんごめんなさいよ, 叔父さんすくなくも十年寿命が, 叔父さんすみませんけど畑, 叔父さんそう阿爺, 叔父さんそういう感じの, 叔父さんそれは蜘蛛, 叔父さんそんなに顔色を, 叔父さんただいま自宅からも, 叔父さんたち一家が戦災, 叔父さんたった十円で, 叔父さんちょっといらっしゃい, 叔父さんち飛び出そうと思ってる, 叔父さんや役不足, 叔父さんつい最近縁を, 叔父さんであるとは言われない, 叔父さんでないとする, 叔父さんといったような, 叔父さんとうとう犯人が, 叔父さんとか云う人, 叔父さんとかがゐるん, 叔父さんところまで歸つて, 叔父さんとしては当然の, 叔父さんとは仲が, 叔父さんとやらの話を, 叔父さんごまで, 叔父さんどうかしましたか, 叔父さんどうしてこんなに髪が, 叔父さんどうぞ確然し, 叔父さんなぞは御存, 叔父さんなら要らんわい, 叔父さんなる者の, 叔父さんなればこそあれ, 叔父さんなんぞに持てるわけ, 叔父さんなんぞは何とも思っ, 叔父さんにとつては, 叔父さんになアどうぞ, 叔父さんにねぢ込む, 叔父さんにばかり手紙を, 叔父さんだから私支那人, 叔父さんはいって来る, 叔父さんはじよらうぐも, 叔父さんはなを附加, 叔父さんばかり高いびきで, 叔父さんひとりできめた, 叔父さんへえ御酌, 叔父さんへばかり付いて, 叔父さんへもお辭儀, 叔父さんほど寝坊は, 叔父さんまずお断わりし, 叔父さんまだそんなに遅くは, 叔父さんみたような, 叔父さんめずらしいお客さまが, 叔父さんもうすこしで危いところ, 叔父さんもうそろそろ坐って, 叔父さんやなんかのことは, 叔父さんしまいに利口, 叔父さんより酷いや, 叔父さんよりも兄さんよりも, 叔父さんわたしどもはいつ, 叔父さんをまで毒害しよう, 叔父さんカボチャの花, 叔父さんジッとしてい, 叔父さんジャックをかわいがっ, 叔父さんダイヤのサック, 叔父さんヒドいワ, 叔父さんホラ私がこの, 叔父さんリボンを見, 叔父さん一寸被入つて, 叔父さん一度はこしらえた, 叔父さん一枚開けましょう, 叔父さん中野です, 叔父さん二階の方, 叔父さん今夜は私, 叔父さん今晩兄さんに苦しい, 叔父さんのを, 叔父さんの幻, 叔父さん何んか仰言っ, 叔父さん何事も御, 叔父さん僕今迄そんな, 叔父さん僕叔父さんが大好き, 叔父さん先日兄貴からもお, 叔父さん入れて頂戴, 叔父さん其様なこと, 叔父さん冗談云っちゃ, 叔父さん冷かしちゃあいけません, 叔父さん出来ましたので, 叔父さん判って, 叔父さん双葉は買出し, 叔父さん叔母さん兄さん姉さんになる, 叔父さん叔父さん左様だら, 叔父さん吾家の阿, 叔父さん和尚様にお, 叔父さん品川へ往, 叔父さん土地で指, 叔父さん地面が時々, 叔父さんにいい, 叔父さん地震の, 叔父さん太陽を廻る, 叔父さん夫婦の家, 叔父さん始め私までこうして, 叔父さん姪さんの仲, 叔父さん宛てに書いた, 叔父さんく, 叔父さん小泉忠寛翁の風貌, 叔父さん少しも其の, 叔父さんが, 叔父さん左様だら, 叔父さん帰ったの, 叔父さん店員は大抵, 叔父さん弁信さんに相談, 叔父さん強い叔父さん, 叔父さん御覧でしたか, 叔父さんへ行く, 叔父さん手伝いましょうか, 叔父さんひに, 叔父さん持って来た, 叔父さん既に最早逢わせて, 叔父さん早いじゃありません, 叔父さん早く亡くなったもの, 叔父さん昨日は母親さん, 叔父さん昨晩は失礼, 叔父さん晩召上る物, 叔父さん木虱の話, 叔父さん本当ですか, 叔父さん東塔とか西塔, 叔父さん森彦さんには出来ない, 叔父さん森彦叔父さんも御, 叔父さん榊君の遊び方, 叔父さん此の世の裁判, 叔父さん歩いて来た, 叔父さんよりも早く, 叔父さん泳ぎの方, 叔父さん済まぬのは, 叔父さん済みませんが下谷, 叔父さんを夕立, 叔父さんして, 叔父さん独語を言っ, 叔父さん獸が, 叔父さん相場師の社会, 叔父さん真実によく, 叔父さんを与えよ, 叔父さん確かに拝見, 叔父さん私共ではこういう, 叔父さん私叔父さんの目, 叔父さん私達も一度, 叔父さん稻妻は稻妻, 叔父さんをおつけ, 叔父さんが, 叔父さん臭い心持にも, 叔父さんに持つなら, 叔父さん色眼鏡と付け髯, 叔父さん螺旋じゃありません, 叔父さんの雨, 叔父さん街道の風儀, 叔父さんちゃ厭, 叔父さん言って見せよう, 叔父さんへ行った, 叔父さん誰かが貴方, 叔父さん貴方高輪田長三根西夫妻夫から松谷秀子, 叔父さん躍り上がって叫んだ, 叔父さん逢わして頂戴, 叔父さん銀行側の人, 叔父さん関わずに置い, 叔父さん爺が, 叔父さん障子張りですか, 叔父さんをさして, 叔父さん風邪を引く, 叔父さん馬車が来ました