青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「叔母~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~反感 反感~ ~反抗 反抗~ ~反映 反映~ ~反省 反省~ 収入~ ~叔母
叔母~
叔母さん~ ~叔父 叔父~ 叔父さん~ ~取 取~ ~取っ 取っ~ ~取った 取った~

「叔母~」 2580, 28ppm, 4187位

▼ 叔母~ (704, 27.3%)

26 家に 23 お常 22 家へ 19 ところへ 12 顔を 11 家の, 家を 10 意見に 9 お常さん, 方を 7 家で, 家は, 方へ 6 家から 5 お紺, ところに, 所へ 4 前に, 耳に, 顔は 3 お政, お村, 一枝は, 家が, 尼の, 心を, 様子が, 様子を, 顔が

2 [40件] お今, お米, お角, お雪, ところで, ところへと, ところへは, ように, 一枝が, 一枝を, 乳く, 乳などを, 事も, 云った通り, 伴れ, 使で, 側に, 傍へ, 声で, 声を, 姿を, 娘で, 家, 家です, 家も, 小さな別荘, 店は, 弟が, 態度は, 所に, 手で, 由良ふみ子が, 眼が, 臍くりなんかには, 蒼白い顔, 言葉には, 言葉を, 許を, 部屋へ, 顔色を

1 [391件] あとから, いいけるは, いう事, いたころ, いのちと, いるほう, うちに, うちの, うちは, おえつさんは, おしの, おどろきよう, おやそさん, お信, お嫁入, お孫さんが, お山は, お里が, お鎌, お鳥, からだへ, ことだ, ことです, ことに, ことは, ことも, ことを, この時, この返事, さきに, すがた, する事, その乳房, それらの, ために, ためには, とこへ, ところから, ところの, ところへでも, なんとかいふ, ひらったい顔, ほうで, めぐみによる, もとへ, ものなら, やりかた, ようすが, ようすを, ような, よろこびに, ゐなくな, クラシックな, クラシツクな, タマヨリ姫と, ビードロ玉の, ヘレンの, マスクが, マルトは, ワシリーサ・カシュパーロヴナは, ヲエ姫と, ヴィンチェーラも, 一人で, 一人を, 一枝から, 一枝に, 一枝には, 一枝も, 上にも, 下心だ, 世話には, 世話を, 主人, 乳を, 争いに, 事を, 二階に, 云いつけで障子, 云うところ, 云ったお金さん, 云ひ, 云ふ, 亭主といふ, 亭主に, 今の, 仕打に, 他に, 代の, 住所も, 体が, 体つきに, 体は, 体も, 何でも, 何ヶ日忌かで, 何分か, 信仰の, 健康が, 元へ, 先途を, 光を, 内幕話と, 再度の, 冥福を, 処に, 処へ, 処置については, 別荘には, 別莊, 前で, 前へ, 動作を, 動静を, 勤めて, 単衣物を, 厄介にも, 口から, 口へ, 口を通して, 口先や, 古風な, 同意を, 啜り泣く声, 声が, 声だ, 声とが, 声に, 声の, 多可子を, 女五の, 女御も, 女御付きの, 好みで, 好意は, 妊娠だ, 妹で, 姿が, 姿も, 娘が, 娘の, 娘は, 娘四人の, 娘姉妹で, 嫁ぎ先, 嫁した, 子, 子やら, 子供等や, 宅に, 宣告を, 室へ, 宮子に, 家からでも, 家からは, 家だ, 家である, 家といふ, 家といふは, 家との, 家へでも, 家へも, 家まで, 家族が, 家族とともに, 容態を, 寛子の, 寝台の, 寝室で, 尋ねて, 小供等, 小言は, 小言を, 尼が, 尼さえ, 尼すむ, 尼と, 尼には, 尼を, 尼君の, 席は, 帯などを, 帰宅を, 干渉を, 店から, 店の, 弟も, 弟を, 弟嫁が, 役目だった, 後に, 後ろ姿を, 後を, 後姿を, 従妹にあたる, 従弟の, 從妹にあたる, 從弟の, 微笑を, 心の, 心事を, 心尽しの, 心意気が, 心田もと, 心遣いなど, 思い出であっ, 性質を, 息子とが, 悪, 意味で, 意思どおりに, 意見が, 愚痴話の, 愛の, 愛撫の, 態度が, 態度には, 懐ろも, 懷で, 懷ろの, 所から, 所には, 所を, 所をも, 所存こそ, 所有に, 手, 手に, 手を, 手前に, 手前殊勝らしい, 手前重ね, 手織の, 手足に, 手頭の, 招待に, 拵えて, 持つて, 持礼も, 指に, 挨拶に, 提言した, 提議に, 敵を, 新らしい, 新らしく, 方から, 方で, 方にも, 日ごろの, 望み通り二人は, 李子は, 村里が, 横が, 機嫌の, 機嫌を, 次女は, 歓心を, 此の, 死によって, 死後一年と, 死片上伸氏の, 死骸には, 母親が, 母親に, 母親は, 母親も, 気が, 気に入っちゃってね, 気持が, 気象も, 気質は, 氣に, 沼間夫人が, 沼間夫人の, 泊つた部屋で, 熱海行きにも, 爪弾きの, 状を, 生活気分と, 産んだ子, 由良ふみ子と, 申しますの, 病気が, 病気を, 発言で, 眼には, 眼は, 眼を, 眼鼻だ, 着物を, 睡を, 知って, 知り合, 知り合いです, 知合ひで, 知合ひなんで, 積だ, 紀伊に, 紀伊は, 細工物を, 縁づいて, 縁づき先, 縁家先だつた, 美しい姿, 美しき, 美貌と共に, 義, 老いの, 者面を, 聲, 肚の, 肩をば, 背をば, 背中へ, 胸に, 胸は, 腹に, 膝に, 自分と, 自筆に, 良人, 良人が, 良人に, 良人は, 艶っぽい, 苦り切ッ, 茶碗も, 菅子が, 處へ, 血に, 行き届いた思慮分別, 裁ち屑箱, 襟髪を, 見て, 見物の, 視線に, 親切で, 親切に, 観察を, 言う, 言たるや, 言と, 言状を, 言艸を, 言草悔し, 言葉で, 言葉に, 言葉通り実際, 訓練の, 許しを, 許にて, 許へ, 話したこと, 話したところ, 話は, 話を, 語るところ, 説明を, 読んで, 質問は, 起きて, 跡を, 跫音だけには, 身内だ, 身内の, 身分も, 車に, 輩まで, 返事は, 通夜へ, 逞ましい, 造りし豚肉料理, 遺して, 部屋に, 部屋を, 配偶に, 酷さ, 針の, 長女で, 隠密だ, 隣が, 電報は, 面影を, 顔には, 願を, 養子, 骨は, 骨を, 髪に, 髪の毛に, 黒いコート

▼ 叔母~ (513, 19.9%)

4 さすがに, 私の, 自分の 3 それを, 本気に

2 [33件] あっ気に, お前は, お庄, ことによる, さう, しかし蜜柑, しかし順平, すぐ叔父, そこで, そのうち, そんなこと, てんしさまが, とうとう隣, どんな顔, 丑松の, 云いました, 同情し, 喜び当人, 大きな声, 女中に, 年始か, 彼の, 悪い奴, 気の毒そうに, 猫の, 眉を, 笑って, 素知らぬ顔, 継母の, 誰かを, 隆造の, 順平に, 黙って

1 [429件] ああいう, あたしを, あちらの, あのきりやう, あのきりょうのことを, あれから, いい顔, いちめんもの臭い, いっそ泊っ, いつまでも, いつもの, いやな, いろいろの, おりませんけど, お前が, お勢, お杉, お絹, お金さんが, ぎっくりと背筋を, くれぐれ遺言, こう云っ, こう云った, このおとなしい, この世の中, この場合, この婚礼, この従姉, この点, この舅, こもごも呆れた, こりずに, さうし, さしむ, さてこそと, さる頃病気, さんざん弄りまわした, しかめた眉, しきりに密談, しきりに鰹船, しばらく彼, しばらく黙っ, しまいかけて, しまいには, じぶん, じろじろ叔父, すぐに, すぐ下, すぐ後, すぐ真, すぐ答えた, すぐ聴耳, すぐ返事, すぐ障子, すこし口やかましい, すつかり, せかせかと, そういった, そうつぶやく, そう云っ, そう言っ, そこが, そこで急, そこへ, その女, その姑, その子供, その家, その封書, その折れた, その方, その日, その時, その晩, その晩気, その父親, その相談, その長女夫婦, その間に, その頃二十二, それから, それでもの, それは, それらの, それ等の, そんなたわい, そんなに年, そんな人, たった一人, たやすく叶え, だから自分, ちちが, ちょッと, ついと立っ, つくづくその, つけつけと, とうに何処, ときどき母, どうした, どこへ, どんなこと, どんな服装, なお言葉, なかなかその, なにかの, なにか考え, なんとも言い, なんと云, なァん, にやりと笑った, ぴくりと, ふふん, ほとんど十年目, また, またあつし, またせッ, またほか, また叔父, また家, また日本橋, また死んだ, また母, また稲田家, また繰り返した, また自分, また誰, また離縁, まだよく眠っ, まだブリブリ, まだプリ, みちみちも, みんなの, めんどうくさそう, もういい, もうきちんと坐っ, もうすっかり田舎風, もうどうしても私, もう五年来, もう全快, もう四十, もう除夜の鐘, やっと膝, ややもどかし, よい稼ぎ人, よく云いました, わが顔, わざとそうした, わざわざ取って返した, わざわざ玄関, わざわざ百合子, われに, われを, ウイリーの, セカ, セツセツと, ナイフで, ペトゥルーシャが, 一ぺんこの, 七十で, 上れとも, 下を, 不在で, 不安を, 不思議さうな, 不思議そうな, 世馴れた人, 主人の, 二三度僕に, 二人の, 二十日も, 二階を, 云い気晴し, 云つた, 云つたのに, 五両ぐらいの, 今では, 今に, 何を, 何度も, 何處かへ, 余りによく, 余計な, 侍従にも, 借家人だ, 傍から, 傍に, 先刻火熨斗を, 先方の, 光子の, 兩手を, 冷たい物, 出勤の, 初袷, 別に取り合う, 劬わる, 十円紙幣を, 十分な, 千代子の, 半ばたしなめる, 半気違い, 厭な, 叔母さんの, 叔母で, 叔母です, 叔母はんの, 叔母有, 叔父の, 取ってつけたような, 口と, 古藤の, 台所の, 君の, 呆れて, 唸るよう, 問題の, 喘ぐよう, 四十を, 四畳半の, 困ったよう, 固より, 地べたへ, 坐舗, 墓参の, 墓參の, 夏に, 夕方に, 夕飯の, 夜露にあたって, 大いに喜び, 大息を, 女王を, 好意から, 婉曲に, 婦人病かなんか, 嫣然とも, 子供たちの, 子供の, 子供達よりも, 安之助と, 安心した, 宗助の, 客の, 室から, 容赦も, 寝台に, 寧ろ吾が, 小さいお婆さん, 小声で, 少しく急き込み, 少し声, 少し涙, 少し遠い, 屈托そうな, 屋敷つづき, 川舟に, 帰らずに, 平次の, 床に, 度々いたします, 庭先へ, 引添うごとく, 張りが, 彼女に, 彼女の, 待ち憊, 後を, 微笑みながら, 心配そうな, 必かこつであらう, 思い出したよう, 悠々と, 感じたよう, 懐炉を, 戻つて, 手文庫の, 手箪笥や, 投げ出した, 折畳んだ一枚, 拍子ぬけ, 振仰向きさも, 故郷の, 散らかったそこら, 数ある, 數ある, 日を, 早くも, 早く亭主, 易者の, 時々そんな, 最初から, 最後に, 木然, 本氣, 札を, 柱時計を, 格子を, 案外な, 楊枝で, 極めて感じ, 欠伸まじり, 此方を, 此處へ, 死ぬ時, 殊勝な, 残らず跡, 母と, 母に, 母の, 母親の, 気が, 気の, 気色を, 気違いにでも, 水張った, 決していや, 津田の, 涙の, 淋しい顔, 淡い橙色, 深い溜息, 清川玄道の, 満足らしい, 火箸を, 火鉢の, 炬燵の, 炭を, 無慈悲非道が, 照れかくしに, 照林坊へ, 熱海の, 爪に, 片貝を, 片頬, 狩野勝玉という, 玄, 玉井家から, 生憎留守, 用心深い人, 田舎住居の, 田舎風の, 留守で, 番頭と, 癖の, 皆に, 益々眼, 盤面を, 直ぐに, 直ぐ看護, 看護婦が, 真事の, 眠さ, 眼を, 知らなかった, 祖父と, 私が, 私たちを, 私を, 私達兄弟が, 稍冷く, 空々しく気の毒, 突き放って, 突然顔, 立ち上って, 竹で, 笑いながら, 笑いを, 答を, 箪笥の, 素知らぬ顏, 細々と, 終いに, 縫物の, 罵るよう, 美と, 耳が, 耳掻きの, 聞いて, 腹を, 膽を, 自分が, 色白の, 花嫁道具の, 苦々しい顔, 苦しがっ, 苦笑した, 英国流の, 茶を, 茶箪笥の, 荒れた秋口, 葉子から, 蒼くなっ, 薬を, 藍微塵の, 行った時, 袋へ, 袖を, 襤褸片や, 親類の, 言いかけたが, 言いましたぜ, 言い気晴し, 言ったが, 言ひました, 読んだ, 買物の, 賢い信心, 賢い物, 賢婦でも, 赤い目縁, 赤の, 起きて, 身体が, 近国までも, 逡巡って, 道楽ものの, 重ねて, 針の, 鈍いうっとり, 長火鉢の, 開き直って, 隆造と, 顔を, 顔赤らめ, 駈寄つた, 驚ろいた, 高木さんです, 髪の毛の, 鸚鵡返しに, 黙つて

▼ 叔母~ (307, 11.9%)

5 来て 4 五所川原に 3 顔色を

2 [19件] こう云っ, ひとりで, よく話した, 一人あります, 丹精し, 云った, 口を, 叫んで, 心を, 東京から, 死んで, 汲んで, 病気で, 私の, 私を, 紀念と, 見知らぬ一人, 言って, 順ちゃんよ

1 [257件] ああ嘲り辱めた, あつたり, ありながら, あるかと, あるので, いったとおり, いって, いつか顔だけ, いて, いなくなると, いる, いると, いるなどという, いる兄弟, うしろへ, うながした, おかしそう, おっかぶせた, お勢, お遊さん, ききつたえて, こう云いかけた, ここへ, この三, これに, こんなこと, さういふと, しきりと, せせら笑った, そう憎く, そこに, そっと起き, その, そのころ今, そのなまけ, その場, その少女, その時, その琴唄, それとなく覗き, それを, そんな他愛, そんな呑気, そんな風, たずねて, たった一人, ついて, つくづく意見, つぐこと, つけ加えた, つれ戻されたとき, では御, ときどき二月, とめても, とんきょう, どういう病気, どうかし, どうしてゐるだらう, どんなにそれ, どんな激しい, なぜ自分, はいって, ばかに, ひとり武男, ぼんやり凭, ぼんやり凭りか, ますます外出, また弁解, また茶の間, まだ何, まだ海, むこう向き, もう帰った, もちま, やって来た, よく談, わかつて, ゐたが, ゐる, ゐるさ, オポシュニャンスカヤ街道の, ツイ大きな, ヨチヨチやって来た, 一人気抜けが, 一旦藤村家, 一枚送っ, 七日目に, 七面鳥を, 三味線を, 三浦義澄と, 上州の, 下女を, 与へたので, 世話に, 世話を, 云いました, 云つた, 亡くなってからは, 亡くなると, 亭主と, 仁王門の, 仲に, 住んで, 何だか煙, 何だか煙った, 何と, 何にも, 何の, 何を, 來る, 内の, 内職の, 出して, 出て, 判らぬと, 別品だ, 前屈みの, 勝手に, 危篤と, 厭な, 参りましたの, 叔父に, 叔父の, 取って, 受取ッて, 口癖の, 口誼を, 台所へ, 叱るの, 君と, 呉れた握飯, 呼びとめた, 喜びますよ, 図書室を, 坐つて, 多年つとめ, 大変な, 大変やかましい, 大旦那, 大阪から, 失敬な, 女の, 好きな, 好奇に, 妊娠と, 妻でも, 嫁入り当時の, 子供達と共に, 存命中ちょくちょく, 安里を, 家へ, 家事の, 小供達, 小金を, 居たらさぞ, 居るから, 居ると, 居睡してる態, 帰って, 帰ってるかも, 帰り来るとの, 常に武男, 彼等を, 心の, 心配する, 忍び足で, 応へる, 怒りだした, 思ったより, 急に, 怨んで, 愉快でない, 慈母の, 慰めた, 懇意に, 手料理の, 承知する, 承知すれ, 択んで, 指を, 掛合いに, 断った, 斯う, 斯様な, 是非にと, 時々, 暑い日ざかり, 朝の, 来てからという, 来ぬお年玉, 来るたんび, 歸つて來る, 死ねば, 死んだため, 死んだよりも, 残して, 母上にとて, 気を, 気違いにでも, 泣き込んで, 浄土真宗に, 涙ぐんで, 湯を, 湯治に, 湯疲れの, 漸く谷中, 火を, 煙管を, 父を, 片付いて, 片貝を, 玉井家に, 産気づいて, 田舎に, 留めて, 留守の, 病気だ, 病院へ, 皮肉な, 私が, 稲田家へ, 突っ立っ, 立ちそれ, 肩越しに, 自分と, 自分に対して, 若い時奉公, 若夫婦, 茶の間に, 蒼い顔, 藤村家から, 藤沢に, 行つ, 表に, 見えた時, 親不孝だ, 言おうと, 言った, 話して, 谷中へ, 貢いで, 買物に, 赭い, 起きて, 遣ってる訳, 遣つてる訳, 邪推し, 長いあいだ自分, 雪子を, 面を, 須田の, 頼まれて, 顏色を, 飛んで, 飲んだくれの, 鬼に, 麻の

▼ 叔母~ (183, 7.1%)

6 當る, 連れられて 5 当る人 4 可愛がられて, 向って, 咄し 3 抱かれて, 話して

2 [16件] すすめられて, その事, よくする, 一礼し, 何か, 叱られるという, 向っては, 捉まつ, 相談した, 聞いて, 言われて, 詫言を, 話したい欲望, 面と, 預けて, 頼んで

1 [116件] あたるので, いいかげんな, いぶされる辛ら, かう答, かくれて, こう仕向けられ, これからすぐ帰, ささげたが, したよりも, すれば, そういわれました, その気, その話, たけぞうと, つれられて, なるべき二番め以下, はぐらかされて, ぶつかって, まゐ, や, やるの, よく似た, よばれまして, 一緒に, 云って, 云は, 今は, 会うと, 会して, 会つた, 会ひ, 会釈を, 伝わりそれ, 伯父, 似た性質, 何とか目, 何気なく云, 依ると, 勧めて, 及ばなかった, 取っての, 向った, 向つて, 向つて普通, 呼留められ, 女難の, 始めて, 始終こう云われつけ, 孝行な, 孝行を, 学資の, 宛てた封書, 対て, 対抗する, 尋ねた, 導かれ乍ら, 床を, 当る, 当るお婆さん, 当るわけ, 当るアサ, 悪いといふ, 意見を, 所望され, 手を, 打ち明けた, 打ち明けられたと, 打明けるわけ, 指して, 挨拶に, 捧げる志, 捧げ得る彼, 掛けた, 死相が, 残して, 泣きつくと, 洩らして, 渡した, 申し訳が, 目配せで, 直接談判した, 相談し, 相談しかけ, 相談も, 睨まれて, 知らすなという, 知られたくないので, 示す時, 礼を, 突き当りました, 窘められる談, 精神的に, 紙入れを, 育てられその, 見せた, 言いつけると, 言い出されないの, 言い出せなかった, 言うこと, 訊いた, 訊くと, 訊ねられた, 託して, 詫びた, 貰はれた, 逢いますと, 逢ったの, 逢って, 遊んで, 酷いこと, 隠して, 預けました, 預け金子, 頼まれただけの, 頼みて, 頼んだ相

▼ 叔母~ (109, 4.2%)

7 一緒に 3 並んで

2 [12件] 一しょに, 一しよ, 一人の, 乳母とに, 二人で, 其子等は, 叔父とは, 向い合って, 春彦と, 相談し, 私とは, 話して

1 [75件] いうか, いっても, いってるの, おぼしき人, お元, お延, こうして話し, こんな批評, その夫, その奴婢, それから, なり甥, ひそひそ話し, ふたりで, まき子と, みよが, シミジミ何やら, ホテルの, 三人し, 二人っ切りでしょう, 二人つ, 二言三言自分の, 云ふ, 五十川女史の, 僕との, 兄貴とは, 八歳に, 共に住む, 別れる, 叔母の, 吉川の, 四人の, 圧制を, 妹という, 姉との, 姉妹同様の, 姪だった, 姪でない, 姪でなく, 姪との, 姪を, 娘支那料理持っ, 安之助は, 寫したもの, 對面する, 幼い, 従姉と, 悶着を, 新子と, 母が, 母とに, 母は, 母親とで, 無駄話など, 父とが, 甥である, 甥祖父母と, 病室の, 碌々口も, 神山との, 私と, 私との, 私の, 約束した, 組に, 而うし, 膝を, 行きあったけ, 言つた處で, 註して, 話を, 調子を, 重子とは, 顔を, 骨牌を

▼ 叔母~ (87, 3.4%)

4 頼って 3 たずねて 2 憎んだ, 母の, 訪ねること, 送つて好摩

1 [72件] あしらつて置い, いたはらしめよ, いびったが, かばうため, からかったの, がちや, たよりに, つれ出しました, のこして, はやしたてた, ひき起すと, まさか裸, もったの, もって, よび早々, 今更ながら, 付け込むで, 便って, 便つたのだ, 凝視めた, 叔父は, 口説いて, 呼びました, 呼び相談, 呼び立てる声, 呼び込むの, 呼んだ, 呼んで, 哀れと, 失ったため, 嫁に, 安全な, 尊敬も, 尋ねて, 帰すについては, 思う, 悪く言, 想像した, 慕つてゐた, 慰めながら, 手傳つて晩飯の, 支えて, 教えようと, 更に失望, 案内する, 無視し, 用いる気, 白眼み, 相手に, 看護した, 睨んだ, 石原まで, 突出した, 笑は, 笑わせたの, 脅かしたの, 薄情な, 見おろした, 見た, 見たが, 見上げて, 見送った, 親しげ, 観れば, 訪ねようと, 訪ね叔父, 誘って, 追ひ, 除いて, 頼つて參りました, 顧みた, 駕籠の

▼ 叔母~ (77, 3.0%)

2 お勢, 何とも言, 其席に, 喧嘩の, 私の, 自分の

1 [65件] あるのに, うっかりする, お元, お常, お秀, かけて, これから市ヶ谷, ずいぶんうまい, その一座, その姉, それで, それに, ないと, なければ, びっくりし, また山口, まだこっち, まだ家政, みんな住所を, もうとうに, ガラッ八自身, タカさん, 上機嫌で, 不思議そうな, 何とかその, 余り家を, 僕に, 元気よく, 克く, 共に幸福, 叔父も, 啜り上げ乍ら耳, 喜ばしそう, 大した惡, 大原君の, 好いお客, 妙な, 嫉妬から, 嬉しがっ, 安之助も, 安心の, 定めて, 客の, 帰って, 帰ると, 彼の, 忘れたよう, 暗い顔, 来て, 案外神経質, 業腹の, 機嫌を, 母も, 気の毒がっ, 津田も, 涙が, 甥も, 碌で, 私が, 笑いながら, 縫子も, 自分ながら, 見えて, 起きては, 身寄りも

▼ 叔母さま~ (50, 1.9%)

1 [50件] おいや, からよろしく, が, がいられます, がよろこん, が仰言った, が生き, が私, この写真, ってあれ, と一緒, と二人, と四人分, と坂田, どうぞお, なんて云つて, にいた, にお, にお願い, にこれ, にそんな, にはお, にはどういう, にも叔父, によろしく, に何, に孝行, に話し, のお, のお伴, のたのみだ, のところ, のよう, の近く, は, はいつも, はいらっしゃらない, はいろいろ, はお金, はきつ, はどうしても, はもう, は二人, は幸福, は御, もママ, も市内, も戦前, を憎ん, を捨てた

▼ 叔母~ (49, 1.9%)

3 や芳子ちやん 2 と芳子ちやん, の御

1 [42件] から少し, から手渡された, が, が名古屋, が大きな, が盛岡, が籬, この肺病, で, でいらっしゃるわけ, では, でも, とジャネット, と御, などは東京, にお, におあ, には御, には言い, に使われ, に対してもまた, に渡された, に相談, に話した, のところ, のほか, のやう, のよう, の叫び声, の女御さん, の朗らか, の為め, はタカラヅカ, は叔母様, は眼, は立派, は非常, もいくら, もやっと, も元気, も雨, を見なら

▼ 叔母~ (37, 1.4%)

5 はもう 3 が斎姫 2 が齋姫

1 [27件] がうしろ, がうろうろ, がなん, が明け暮れ, さまにも, それは, だ, であろう, でしたか, でしょう, でのうても, では, とあれ, にあいさつ, にはお, にやる, に孝行, に拒絶, のところ, の処, の尼前, の顔, まことにご, までこうして, もお前, も心がら, 安心する

▼ 叔母から~ (36, 1.4%)

2 美しく密生, 聞かされて, 聽いた, 話された

1 [28件] いろいろ話, おはぎ, お金を, きいた事, こう云われ, こう云われる, そう思われ, よこした手紙, 伝わった歌麿, 又叱られた, 叔父の, 堅く口止め, 安之助は, 怒られた事, 旅費は, 理解されてる, 申し渡されたの, 習った, 聞いたこと, 聞いた言葉, 聞いて, 聞かされたが, 語られて, 譲って, 譲り受けた小袖, 譲り受けて, 金など, 長い手紙

▼ 叔母~ (29, 1.1%)

2 お勢, 三井が, 美津子を

1 [23件] お庄, 光子達への, 叔父の, 妹の, 姉と, 姉の, 姉やら, 姪は, 幼い者たち, 店の, 従兄弟達の, 従同胞共も, 従同胞共を, 従同胞等は, 従姉の, 從姉妹たちを, 或は又, 朝寝を, 本田は, 洋一と, 継子に, 頑固な, 養父や

▼ 叔母にも~ (15, 0.6%)

2 会って

1 [13件] この比, ちゃんとした, よう断わっ, 具合が, 可愛がらるれば, 呆れられて, 朝食を, 相談は, 腐つた袷, 見当が, 解って, 誰にも, 逢いたいし

▼ 叔母~ (14, 0.5%)

2 伊作を, 月の 1 ござえますよ, ごぜえます, すら愛想, 先代の, 十六の, 叔父は, 夫が, 少将とか, 母の, 灸と

▼ 叔母~ (14, 0.5%)

1 [14件] がぷりぷり, と一緒, の予想, の室, の後, の散々, の生活, の話, の間, は先, は去る, へも手紙, を見, 来られ道子

▼ 叔母ちゃん~ (13, 0.5%)

1 [13件] からは何, がつい, が来, が泊れ, が行っ, が負, に会いなさい, に就, の口利き, の顔, は, はそこ, もああ

▼ 叔母とは~ (12, 0.5%)

1 [12件] あいかわらずむつまじかっ, その頃, ゆかなくとも, ドーナッツを, 云うが, 僅かな, 内職に, 墓の, 没交渉な, 火鉢を, 隣の, 2年近く会ってなかった

▼ 叔母にあたる~ (11, 0.4%)

2 人が 1 ひとである, ひとまた, 久左衛門の, 人で, 人です, 年寄が, 王という, 皇太后を, 長上の

▼ 叔母には~ (11, 0.4%)

1 [11件] その気持, その理窟, みじんも, 下枝藤とて, 受取ったという, 多分の, 子が, 子供が, 小遣を, 気に入りらしい, 答えずに

▼ 叔母との~ (10, 0.4%)

1 ことを, ドチラが, 二人の, 暮しで, 船に, 長々しい, 間に, 間も, 関係は, 顔を

▼ 叔母~ (9, 0.3%)

2 て, と云っ 1 から大丈夫, のが, のの, のを, 一家に

▼ 叔母~ (9, 0.3%)

1 が熱海行き, の在世当時通り, の宣うごとし, の御, の息子, の死体, は妾, は肺炎, またもその

▼ 叔母~ (9, 0.3%)

4 にお 1 からお供, であった, である関係, と医者, にそっくり

▼ 叔母ちやん~ (8, 0.3%)

1 がつい, とお話, のお, は, はそれ, はびつくり, もお家, もまだ

▼ 叔母という~ (8, 0.3%)

3 のが 1 のも, ような, 人が, 人とは, 人は

▼ 叔母~ (7, 0.3%)

3 のヤマト姫 1 が居ります, が盛岡, のお, のところ

▼ 叔母たち~ (6, 0.2%)

1 おきまり, が卓子, が定め, が粗, には彼, に背負われ

▼ 叔母なる~ (6, 0.2%)

2 人の 1 ひとも, ものは, 人に, 人常に

▼ 叔母に対して~ (6, 0.2%)

1 けっして感情, 少しも, 尽すべきつとめであるよう, 気の毒に, 申訳の, 親密な

▼ 叔母~ (6, 0.2%)

1 ほとんど注意, やりますよ, 行くからと, 返した, 預けた金, 預けました

▼ 叔母だけは~ (5, 0.2%)

4 私を 1 その悶え

▼ 叔母である~ (5, 0.2%)

1 から彼, がたしかに, ことは, ことを, とも母

▼ 叔母とも~ (5, 0.2%)

1 あまり交際を, いろいろ言い争った, 別れなければ, 甥とも, 衝突が

▼ 叔母に対する~ (5, 0.2%)

1 つもりで, 彼女を, 思ひ出, 母の, 道義的な

▼ 叔母よりも~ (5, 0.2%)

1 かえって義理, 光代よりも, 彼自身に, 継子に, 義理の

▼ 叔母~ (5, 0.2%)

5 一族の

▼ 叔母~ (5, 0.2%)

1 とはいい, の人情, の仲, の対話, の間柄

▼ 叔母だの~ (4, 0.2%)

1 その他の, 何やらかやら, 妹などに, 子供の

▼ 叔母でも~ (4, 0.2%)

1 あなたでも, あなたに, 何でも, 母親でも

▼ 叔母ひとり~ (4, 0.2%)

2 を除いた 1 が頻りに, であつ

▼ 叔母婿~ (4, 0.2%)

1 であつ, でやはり, で矢張大番, の維幾

▼ 叔母さんだつ~ (3, 0.1%)

1 たらいい, て泣く, て矢張り女の子

▼ 叔母です~ (3, 0.1%)

2 からね 1 が敵

▼ 叔母といふ~ (3, 0.1%)

2 のは 1 人は

▼ 叔母とが~ (3, 0.1%)

1 万事を, 居て, 立働いて

▼ 叔母とに~ (3, 0.1%)

1 つかまえられて, 交したまま, 相談しました

▼ 叔母なり~ (3, 0.1%)

1 するから, 朝とく, 殊に彼

▼ 叔母なんて~ (3, 0.1%)

1 あなたとの, え代物, 代物は

▼ 叔母より~ (3, 0.1%)

1 かの色情狂不良児保彦, 伝へ, 楷書の

▼ 叔母夫婦~ (3, 0.1%)

1 がとても, と六歳, や従兄たちの

▼ 叔母~ (2, 0.1%)

1 かめにて, 鳥の

▼ 叔母~ (2, 0.1%)

1 あるいは誰, 姉みた

▼ 叔母からの~ (2, 0.1%)

1 手紙の, 贈り物の

▼ 叔母からも~ (2, 0.1%)

1 よくもてなされ, 従妹からも

▼ 叔母さし向かい~ (2, 0.1%)

1 でたいがい毎日碁, の囲碁最中

▼ 叔母だけが~ (2, 0.1%)

1 ひとりしんぱいしておったのでござります, 住んで

▼ 叔母ちや~ (2, 0.1%)

1 まと, まも

▼ 叔母では~ (2, 0.1%)

1 ないかと, ないの

▼ 叔母とか~ (2, 0.1%)

1 でお, 従妹とか

▼ 叔母など~ (2, 0.1%)

1 いう類, 言ふ

▼ 叔母なども~ (2, 0.1%)

1 始終そう申し, 娘の

▼ 叔母にあたります~ (2, 0.1%)

1 人と, 人は

▼ 叔母にとって~ (2, 0.1%)

1 どんなに慰め, 楽しみは

▼ 叔母への~ (2, 0.1%)

1 唯一の, 手紙を

▼ 叔母までが~ (2, 0.1%)

1 うつとりし, 一生懸命口を

▼ 叔母みんな~ (2, 0.1%)

1 の消息, を連れ

▼ 叔母ゆえ~ (2, 0.1%)

1 後懇, 泣いて

▼ 叔母一行~ (2, 0.1%)

1 が來, が来

▼ 叔母~ (2, 0.1%)

1 であった, の間柄

▼ 叔母季夫~ (2, 0.1%)

1 が圧死, の始末

▼ 叔母慧光~ (2, 0.1%)

1 があつ, を姉

▼ 叔母来り~ (2, 0.1%)

1 て先日, て吾

▼1* [103件]

叔母いま申しました父, 叔母えい子刀自ももう, 叔母かしらと怪しんだ, 叔母ぐらいな者, 叔母こそこの点, 叔母さま好きな人, 叔母さま幸福になれましょう, 叔母すなわち父から, 叔母たる小生の, 叔母だってわざわざ伊予紋, 叔母だつてあんなに, 叔母やまと女中とに, 叔母ちゃんとねんねで, 叔母ちゃん処に今夜, 叔母ちゃん猫死なん, 叔母っ子に頼んだ, 叔母のに, 叔母であったのだ, 叔母であり先々帝の, 叔母でございますが, 叔母でなくともこんなちいさな, 叔母として姪に対する, 叔母としてはああより, 叔母とても決して晴やかな, 叔母とに対してよく思わせ, 叔母とを送りて, 叔母のだ, 叔母なぞが心配し, 叔母などの葬られた名, 叔母などを泣かしても, 叔母ならすらりと, 叔母なればこそ叔父, 叔母なんぞを血祭りに, 叔母にたいしてたいへん済まない, 叔母について家へ, 叔母についての追憶は, 叔母に対しては気がねでも, 叔母に対してもまた継子, 叔母に関する私の, 叔母のりをつれ, 叔母はさのみ叱り, 叔母はじめ固くそう, 叔母はんの香奠, 叔母半ばたしなめる, 叔母ほど村で, 叔母やん秋が, 叔母ゆれ始めたとき女中と, 叔母サンソレガキャッツアイッテ云ウ石デスカ, 叔母サンハソレデイヽカモ知レナイケレド浄吉叔父サンニ怒ラレヤシナイカナ, 叔母ジナという従姉, 叔母ソフィが小, 叔母テキだの山岸, 叔母マルトの死, 叔母マルト一人を見出した, 叔母ルウスタン夫人に音楽的才能, 叔母一人の機, 叔母一家の住まう, 叔母上季夫圧死し仮, 叔母上季夫座敷の梁, 叔母二人母上も居られ, 叔母以上によく, 叔母即父から見た, 叔母友達もみんな, 叔母叔母と云, 叔母四人服部須賀田村上もよび, 叔母女の子を連れ, 叔母婿原田方に引き取られ, 叔母安が六十五歳にし, 叔母宋氏は家政, 叔母家族と一しょ, 叔母対母の間, 叔母には母, 叔母従姉たち近所の人たち, 叔母御お暇いたします, 叔母恨むという, 叔母日出子を誘ひ, 叔母恩の, 叔母村上氏齡七十にも垂ん, 叔母村上氏齢七十にも垂ん, 叔母梅沢梅子に育てられ, 叔母様これ粗末なもの, 叔母様それは無理, 叔母様何か取り込み, 叔母様来たりたまいぬ, 叔母様浜より帰る, 叔母様達の想像, 叔母樣これ粗末なもの, 叔母死んだらしいとのこと, 叔母殺しという大罪, 叔母狩谷矩之の未亡人国, 叔母依姫, 叔母の大叔母, 叔母が見物, 叔母等来訪日出子の縁談, 叔母紀伊に引き取られ, 叔母者人たちは, 叔母なる者, 叔母に来た, 叔母親類友達失礼だ, 叔母が己, 叔母迎えじゃない, 叔母達四人と清月, 叔母金子姉等来りおこわ等食