青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「医者~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

北条~ 北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~ 医~ 医学~ 医師~ ~医者
医者~
~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~

「医者~」 6910, 72ppm, 1577位

▼ 医者~ (1247, 18.0%)

26 ところへ 18 家へ 17 所へ 16 家に 11 方で 9 家で, 言葉を 8 ような, 家を, 手に, 薬を, 診察を, 顔を 7 前に, 家の, 方が 6 ように, 処へ, 紹介で, 薬は 5 手を, 方を, 来るの, 玄関に, 薬も, 話に, 門を

4 [13件] チャックに, チヤツクに, 免状を, 前で, 名を, 奴が, 手当を, 方から, 方へ, 注意を, 見立てでは, 言葉は, 許へ

3 [30件] いうこと, いふこと, くせに, ことは, ことを, ほかは, もとへ, やうに, 不養生という, 事を, 勧めで, 厄介に, 口を, 声が, 家だ, 手当てを, 手術を, 方は, 来るまで, 治療を, 真似を, 言うこと, 言うには, 言葉が, 言葉では, 許可を, 診断では, 診断は, 話では, 説明を

2 [85件] お蔭で, ことで, すすめで, すゝめで, ために, ところまで, ほうで, ほうは, ようだ, ようで, チャックは, チヤツクは, ブラウンは, ランクに, 三男坊で, 上に, 不養生で, 不養生と, 不養生を, 中に, 事だ, 仕事じゃ, 仕事は, 修業を, 先生が, 先生に, 先生も, 内へ, 内も, 内弟子で, 判断よりも, 力では, 報告に, 声で, 声は, 奥さんが, 姿が, 娘で, 娘です, 娘と, 子, 子で, 子供が, 家から, 家が, 家だった, 家であった, 小野山, 心得が, 忠告で, 意見で, 意見は, 意見を, 手から, 手で, 手でも, 手当まで, 手当も, 手首へ, 本を, 来診を, 注意によって, 玄道の, 玄関へ, 申すには, 目から, 眉は, 看板を, 言う事, 言に, 言葉に, 許に, 診察に, 診察室に, 診断も, 診断を, 診断書を, 証明で, 話を, 説に, 身内の, 道を, 降等, 顔に, 顔色を

1 [701件 抜粋] あの口振り, ある町, いい悪いを, いうには, いうショック, いう通り, いくらか, いふ日, いること, うちだった, うちといふ, うちに, およばない工夫, おらぬ村, かえりだと, からだは, かわりを, くるまで, ことです, ことま, こと隠れ家の, さしずで, したこと, しないこと, すすめる薬湯, すべてに, せいが, つとめは, ときも, ところから, ところで, ところに, ところへでも, ところを, のって, はなしでは, ふところは, ほうには, ほうを, もとで, もとに, もとまで, ものや, やうな, やるよう, よい法則, よびよう, ゐる上流, アムド・カーサンという, クラブ将棋差しの, クラブ弁護士クラブ木谷会などと, ジュリアンと, ジョウさん, ダミ声は, チャックと, チャックも, チヤツクです, チヤツクと, チヤツクも, デイレンマ, ドアの, ドイツ語などが, ノウスカットさん, フリを, ヘルツェンシェトウベさんを, ヘルツェンシュトゥベを, ヘンデル先生に, ペルシー・トレベリアンと, リンパーか, ルーシンという, 一つ芸な, 一人です, 一人は, 一人島薗内科の, 三点張と, 上手が, 不養生, 不養生でござる, 世界観は, 世話に, 中には, 予言した, 予言は, 事に, 事は, 二階の, 云いつけ通り服薬, 云いますの, 云い方, 云うた通り寝床を, 云うには, 云ったこと, 云った事, 云は, 五人も, 人気という, 介抱を, 仕上げた仕事, 仕事で, 仕事の, 仕事場の, 代には, 代りに, 代りも, 代診には, 代診を, 件も, 任務と, 伎倆の, 会で, 会に, 住宅は, 住居位にしか, 体に, 使うガラス製, 使う道具, 例証には, 俊良という, 俊良殿が, 側に, 元祖という, 先生と, 先生にも, 免状は, 凡ての, 処か, 処法の, 出であり, 出る幕, 前へ, 力で, 力を, 助けで, 助けを, 助手を, 助言を, 努力にも, 勉強も, 勧めも, 勧告と, 勧告に, 匙を, 匙加減と, 半斎, 厚意で, 厳命だ, 友達で, 取り澄し, 取計いで, 合羽は, 吉田璋也君が, 名が, 名さ, 名の, 名を以て, 名人だ, 名前まで, 周囲を, 命ずる事, 命令で, 命令の, 商売は, 商売も, 善玉悪玉の, 嘘つき坊主め, 器械を, 場合だった, 塾である, 声に, 外には, 大家には, 奥さんで, 奥さんの, 女好きという, 女房が, 女房です, 奴は, 奴を, 如き世助け, 如くこの, 如く思ふ人, 妙庵先生起き, 妹, 妻であった, 妻に, 妻女に, 姓名に, 姿を, 娘さんの, 娘である, 娘としては, 子から, 子が, 子として, 子の, 子供で, 子供フロ屋の, 子弟だ, 学問に, 学校で, 学校の, 学校を, 宅に, 安道全, 宗近, 実務は, 家それから, 家だけに, 家では, 家にも, 家へなんか, 家も, 家や, 家位です, 家土蔵づくりの, 専門が, 小川玄堂は, 小野山も, 尽力を, 居間の, 屋敷を, 山路を, 岡部と, 市川楽翁が, 帰ったあと, 帰った後, 帰って, 帰つた後顔を, 年長者には, 広告板な, 庭の, 強みが, 強制する, 当人が, 役である, 役を, 役目を, 往診料も, 待合室みたいな, 後妻の, 後姿が, 心得を, 心配だけは, 応急手当を, 忠告に, 忠告に従って, 思想家には, 息子で, 息子に, 患者とは, 悪口が, 悪魔も, 意見では, 意見に, 意見も, 態度で, 態度と, 態度には, 態度病室の, 懸念通り肺炎と, 所で, 所なんぞへ, 所へなど, 所へも, 所を, 手が, 手だ, 手では, 手にもか, 手の, 手塚の, 手当が, 手当で, 手当や, 手柄で, 手落であっ, 手違いで, 払いを, 指図などを, 指図を, 推薦によ, 摺れっ枯らしに, 撰定について, 攻撃ばかし, 数あ, 斜め後の, 新築の, 方々は, 方に, 方にかけては, 方角を, 施術と, 日戸修一氏が, 明言しなかった, 普通と, 書いた専門的, 書物に, 書物を, 書生と, 有する職業的, 木沢さんに, 木節が, 末っ子である, 本も, 来たあと, 来たの, 来て, 来ないうち, 来るたび, 来る前, 格で, 森宗意軒松右衛門善右衛門源右衛門源左衛門で, 検査の, 楽翁様も, 構えの, 様子から, 樋口さんも, 権利を, 権限外である, 横と, 次男坊であった, 欺瞞だ, 歯を, 死亡診断書という, 死亡診断書の, 残酷さだ, 気に, 沈着を, 注意さへも, 注意で, 注意も, 流行の, 浮かねえ顔, 為めには, 為人を, 煉瓦塀と, 父までを, 父親なんて, 物語である, 犬, 玄庵が, 玄庵だった, 玄庵は, 玄道, 玄道が, 玄関も, 玄関先で, 玄関売薬の, 生活には, 用うる, 申立の, 番と, 監督が, 目に, 目を, 相貌と, 看板が, 看板に, 看板も, 真似か, 真似も, 真似事でも, 着る白い, 着る糊, 着物を, 知らない妙薬, 知己で, 石沢閑斎と, 石沢閑斎に, 礼で, 私生児, 私見では, 秘密な, 秘密を, 立場から, 立場として, 立場に, 端くれらしく, 粗忽な, 精神的堕落も, 納札気狂いかも, 細君だった, 総表, 繩張です, 繰返す所, 耳でなく, 職分を, 肚も, 肩書を, 腕それを, 自用車, 花田さんが, 薬が, 薬では, 薬でも, 薬なんぞ, 薬にも, 薬味箪笥の, 薬礼お, 薬礼から, 薬礼を, 薬籠でも, 術語を, 袖に, 見そこないは, 見たては, 見ぬよう, 見立で, 見舞いなんぞは, 見舞としか, 視力検査が, 親戚も, 言い草に, 言うが, 言うところ, 言だ, 言った事, 言にのみ, 言を, 言付けで, 言葉と, 言葉に従って, 言葉良人は, 言葉通りにも, 言葉通り痛みは, 許から, 許しを, 許まで, 許可も, 診察が, 診察と, 診察の, 診察室で, 診察室には, 診察手当ての, 診断が, 診断と, 診断の, 診断や, 診立て, 診脈, 註文通りの, 証明を, 証明書見たいな, 評判は, 試験に, 詰所である, 話す一つ一つ, 話でありました, 話でも, 話は, 話ばかし, 説です, 説明通り椎の, 調査に, 談に, 謂う無, 資格で, 資格を, 質問は, 足が, 足許へ, 身に, 車らしい, 迎えを, 返礼に, 遅さ, 道具らしい, 道庵先生で, 適当と, 邸が, 配慮が, 野郎自分の, 金は, 金鎖の, 門の, 門より, 開業免許を, 開業試験ぐらいは, 間に合いの, 阿呆にもな, 阿呆ん, 青眼爺, 非人道的, 靴よりは, 音楽好きな, 順庵の, 顔が, 顔さえ, 顔色ばかり, 顔色や, 食客に, 養子だった, 首位に, 馬鹿な, 駕籠だ, 駕籠です, 骨折も, 高慢である, 鼻先で

▼ 医者~ (930, 13.5%)

10 首を 7 言った 6 云った, 自分の 5 彼の 4 何と, 患者の, 私の, 薬を 3 それを, 出て, 小首を, 帰って, 彼を, 私に, 答えた, 顔を, 黙って

2 [46件] いうの, いった, いつまでも, きいた, この昏睡, この錯覚, さう, すぐに, その夜, その症状, それから, それが, それに, それは, なにを, わたしの, 三十を, 三千代の, 云って, 仁術と, 何という, 何を, 何処の, 例の, 匙を, 医者だ, 医者の, 即座に, 妙に, 居ないの, 帰った, 彼女の, 後から, 急いで, 最後に, 来て, 病人の, 病人を, 細君の, 腎臓の, 苦笑した, 血に, 覚束ない, 言って, 診察を, 静かに

1 [761件 抜粋] あって, あとの, あと二十四時間は, あの時, あの翌日, あまり気苦労, あやし, ありません, ありません名前, あわてて, いい加減, いうより, いかがわしい治療, いくらかやりい, いずれも, いつかリーズが, いつたい誰, いないか, いないの, いません, いらねえ病人, いわれます, うなった, おふくろを, おりませんか, おろうか, お医者, かういふこと, かう言つて笑つた, かえって神経, きっと立っ, こう云っ, こう申し, こう申しました, ここへ, こごみながら, ことに探偵小説, こなかった, このノート, この因縁論, この時代, この時宵子, この雪がいけなかった, この頃婦人雑誌, これで, これに, こわい顔, ごく高価, ございませぬでの, さうさ, さけて, さっそく車, さもこの, しかしそこ, しばらく経過, じろりと横目, すぐさまやって来た, すぐ来た, すぐ来る, すこしの, すべり落ちたと, そういいたい, そうひどい, そう念, そう言い, そこに, そこを, そのくらいの, そのとく子, その折手術室, その汗, その生命, その病気, その職業, その都度, そりや, それでもあきらめず, それほどでない, そんな話, たいそう気, ただいった, ただ一時的, たとえなんといっ, たぶん女房, ちぢこまって, ちょうど往診, つぎつぎに, とうと, とかく食物問題, とっとと立去った, どういうん, どうしても煖房, どうして己, どうして頤の, どうせ中年, どうまた違った, どうも信用, どのくれえ, どのよう, どんなに勝手, どんよりした, ないかと, ないだろう, なおも言葉, なおる見こみの, なかなか承服, なくせめて, なに大丈夫と, なんと申した, なんと言っ, なんの, のんきな, はじめて目, ひどいです, ひょろついた, ふざけちらし, まあ弟, まじめな, まず彼, またファンティーヌ, また例, また注射, また繰り返し, また自分, まだ動い, まだ来, まだ真, まだ若く, まったく順調, まゆを, まるで天竺, みな学問も, みんな気が, むずかしそう, もうじき, もうハツキリ, もう二, もう助からぬ, もう持っ, もう杖, もう蘇生, もしやと, ものの, やがて腕, やってくるよ, やっぱり人, やっぱり医学, やはり暑気あたり, ゆうべ来ました, よくこんな, よく肺, よっぽど妙, よろこばしい顔, わざわざ飛び下り, わたしに, アントアネットへ, イグナートに, オリヴィエを, カンフルや, ジャン・ヴァルジャンに, ヂキタリスを, デッキへ, ニヤニヤし, ヒキと, ファンティーヌを, ボンの, ポケットを, マリユスを, 一々それ, 一二語簡単な, 一人前三十銭, 一人居た, 一寸した, 一寸暗い, 一所懸命で, 一時綿を, 一般論で, 一見日本人, 一足進み出, 一通り診察を, 三十二歳の, 三年前四カ月程, 三日目に, 下痢止めの, 両手を, 九十点以上の, 予定通り彼の, 事もなげに, 二三日で, 二人を, 二度目に, 二階から, 云いますが, 云ひました, 井上で, 人さし指を, 人参と, 今が, 今でも, 今度は, 今覚し, 仲, 会得の, 低声, 何うなるべきである, 何でも, 何とか言っ, 何とも答えない, 何と仰し, 何の, 何処が, 何十人の, 作太郎の, 俊亮の, 信用できない, 俥に, 健康を, 側に, 傷の, 傷口に, 先日の, 先生と, 入院する, 入院患者に対して, 全治する, 内服薬か, 冷水浴療法を, 出るなり, 到底治らない, 動かなかった, 動くこと, 勿論やって来る, 勿論やつ, 医学に, 医者でも, 医者少しく, 医者死ぬ, 午後の, 危険だ, 去年大学を, 友達の, 只の, 叮嚀に, 叱った, 合点の, 同じ建物, 同じ暑, 君の, 呆気に, 呼ばなかったが, 呼べば, 呼んだん, 商売柄だけ, 喘息の, 四月十六十七十八の, 四肢の, 団扇太鼓で, 土地の, 堂々と, 外出を, 多分だめ, 多分今晩くら, 大きくうなずき, 大丈夫恢復する, 大変に, 大家に, 大抵どうです, 大抵ロイド眼鏡, 大笑, 大胆にも, 妊娠に, 娘に, 娘の, 嫌いで, 嫌な, 子供は, 子供を, 孕ました娘, 学者でありました, 完璧な, 宵子を, 富岡が, 寒い戸口, 尋ねた, 導かれて, 小説家に, 少し呆気, 尻を, 局部注射の, 屍体の, 巻尺を, 帰る, 平気で, 幸運にも, 座を, 弟を, 強度の, 当分の, 彼と, 往診から, 徐にこう言葉, 徐ろに, 御免だ, 御呼び, 心痛の, 心臓が, 心配そうな, 忘れて, 思ひながら, 思想犯の, 性質が, 怪しからん, 恰度その, 患者が, 悲しげ, 悲観し, 感に, 憂鬱病の, 手帳を, 手術の, 手軽そう, 投げるやう, 投げるよう, 指導員そうして, 振返つて, 探るよう, 政党の, 文学にも, 文学よりも, 断定した, 日ごろ茶, 早くから暖か, 早打, 明言した, 昔の, 昼間は, 時を, 時計を, 時間と, 暇を, 暑気あたりの, 最も科学的, 有意無, 未だ俺達, 本職よりも, 村の, 来ないの, 来なかつた, 東京に, 東北弁まじり, 椅子を, 検事局へ, 槌で, 次の間で, 正直な, 此方で, 歯を, 死ぬ患者, 死人を, 死体に, 母に, 母親を, 毎日の, 毎日二回来, 毎日写野さんと, 毎日注射を, 毎晩僕と, 比嘉といふ, 気つけの, 気の毒そうな, 気安めな, 注射器を, 活溌に, 流行し, 浣腸の, 灸の, 烟に, 無いもの, 無え, 無論死んだ, 無論私, 煙管に, 煙草を, 熱湯の, 片手に, 玄白斎の, 玩具の, 生命には, 用さえ, 由良の, 町の, 疳の, 病気という, 病気の, 癒って, 白いだぶだぶ, 皆そういう, 皆学問, 直ぐに, 直ぐ包皮, 相手の, 眉を, 眼に, 矢代より, 知らねえそりゃ, 碌すつ, 神経衰弱だ, 神経衰弱という, 私かに, 私たちを, 私を, 窒扶斯か, 立ちかけた, 立ち上りました, 立ち合いの, 立って, 竹, 籔の, 精神科医の, 細工は, 終りに, 絶対に, 絶対安静を, 老人に, 考えない, 聴診器で, 肉体の, 肺結核だ, 胃腸が, 脇の下から, 脚気だ, 腐敗蛋白中毒だ, 腹を, 膝頭に, 自信あり, 自分以外には, 舌による, 舌打した, 花柳病ばかり, 苦い顔, 薬物療法と, 薬箱を, 藤原の, 藪医者でも, 街上で, 衰弱し, 見つからず月曜, 見ないで, 覚束なげ, 言い難, 言うの, 言うん, 言つて瞼を, 訊いた, 訳無く, 診察する, 診断書を, 詰まらぬこと, 話した, 説明し, 誰か, 謝礼なぞ, 警察医でも, 責任を, 質の, 転地を, 軽くうなづく, 近視眼鏡の, 近頃なんて, 過失と, 邸外に, 配給が, 酒を, 重病人の, 野村覺江藤村養庵という, 銭ばかり, 鑿と, 長い間, 間に合わなかった, 間違いも, 闘魂と, 隣家に, 雲山肩衝の, 電車の, 静に, 非常に, 面紗を, 音楽と, 頭を, 頷くと, 顔立が, 食物問題に, 馬に, 馬鹿だ, 驚いた, 驚いて, 鬼である, 魔術師や, 黒幕中でも, 黙つて

▼ 医者~ (821, 11.9%)

37 来て 17 来た 7 あって, きて 6 ある, 云った 5 あつた, 患者の, 手を, 来たとき 4 やって来た, 住んで, 帰ると, 患者を, 来るまで, 私の, 見て

3 [15件] あります, いて, きた, やつて, 何か, 匙を, 呼ばれて, 居るの, 帰ったあと, 帰って, 来るから, 注射を, 病人の, 言って, 診察に

2 [41件] あった, ありました, あると, いうよう, いたが, お前もう, そう言っ, どうした, もう駄目, やって来て, よいと, 一人の, 乗って, 云ったそう, 云って, 入れ代り, 出て, 去るの, 参ります, 居て, 帰ってから, 来そう, 来たの, 来たり, 来ない前, 来ました, 来ます, 来る, 来ると, 来るの, 検視を, 死んだ, 玄関を, 私に, 脈を, 自分の, 見ても, 見舞って, 言った, 首を, 馳け

1 [566件 抜粋] ああいう, あきれ返って, あったと, あったもの, あったら知らせて, あっても, あなたに, あなたの, あまり熱心, あらわれた, ありまして, ありません, あるが, あること, あるそう, あるその, あるだろう, あるの, あるらしく紹介, いうじゃ, いうの, いた, いたの, いった, いってから, いつた言葉, いつの, いなかったので, いなくなる, いやだって, いやなら, いる, いるだろう, いると, いろいろ聞きます, おらるる, おりて, おり長崎, お出下, お前保たん云い, お帰り, かけつけたの, きびしく新聞記者, きらひな, くる, くれたの, くれた薬, ぐいと膝, こういうの, この世の中, これまで, これを, こんどと, こんなこと, ございまして, さうである, しげしげと通っ, すぐ出, すすめる薬, するやう, すわって, ずけ, せっかくあんなに言っ, そういいました, そういうなら, そうだろう, そう言い申す, そう言う, そこまで, そこを, その医学, その囚人, その日, その時, その智慧, その水, その狂人, その背中, その胸, それに, それを, それ迄は, そんなこと, そんな便利, たいてい学校, たいへん流行っちゃっ, ちょっと竹, ついて, つくりだした人間, つやの, できる程度, とても家, どういう, どうの, どうも其の, どんなにつくり出され, どんなに反対, ない, ないため, ないといふ, ないの, なかった, なくなるから, なんと言おう, なんに, はいって, はげますよう, ひところ馬籠に, ひとりで, ひとり通りかかる, ひやして, ひよつとして, ひろ子に, びっくりした, びつくりする, ふたたび広間, ふるえて, ぶらりとやって来る, ぼそ, まいりました, まずなに, まずわれわれ, またさじ, また来まし, また粗忽, まだ心臓, みたわけ, みなその, みまいに, むずかしいと, もうお前, もうじき, もう起す, やってきた, やってきて, やって来たが, やつと, やるとおり, やるべきでない開業医, よいする, よかろう, わたしに, わたしを, ゐた, ゐたで, ゐたの, ゐないそこで, ゐないン, ゐませんからね, ゐる, ゐるもん, ゐる貴公, インドで, エマアソンを, ステキに, ドアを, メスを, モセ嬶の, ヤカマシクいう, ヤブだった, 一人いた, 一人も, 一人位は, 一人泥の, 一人牧師が, 一札を, 丁寧に, 丁度その, 三月と, 上手か, 上手な, 不興気な, 丸い女, 主任を, 二三十本も, 二人に, 二人まで, 二人新聞記者が, 云いました, 云おうと, 云ってたけど, 云ふと, 互いに相, 交る, 人の, 人力車に, 今日は, 今日日の, 仏さんなんぞ, 他に, 付いてるん, 代り代り, 代理に, 以上より, 住みたるあと, 何と, 何とかいう, 何と云う, 何と云おう, 何んで, 余儀なくグラチア, 侍臣が, 係官の, 俺を, 個人的に, 僕に, 先だ, 先に, 入って, 全身の, 再び弟, 冷して, 几帳面な, 出張し, 出張する, 出来るの, 判らないという, 判定を, 勤まるもの, 勧めたの, 勧告し, 匕を, 北極点到達を, 医学上の, 医者なら, 十分に, 単純に, 危うく患者, 即座に, 厭だ, 厳しい言葉, 参った上, 参りましょう, 友人に, 友達に, 双眼鏡を, 取出して, 口を, 口早に, 呼ばれた, 呼ばれたが, 呼ばれ彼女, 呼び迎えられた, 呼び迎えられた時, 命じた手当, 唯一人能く, 商務官を, 四月頃来, 声かけた, 外へ, 外科手術を, 多い, 多くいるだろう, 大いに儲かる, 大部分, 失敗って, 女の, 好かろう, 好きな, 好意から, 好意的に, 姫君を, 嫌いだ, 嫌ひなんだ, 子供たちの, 安心した, 宮川寛斎だ, 家ばかり, 容態を, 富岡に, 寝台の, 尋ねた, 小便の, 居りますから, 居る, 居るから, 居るばかり, 帰ったの, 帰つた, 帰つた後で, 帰り掛けるので, 帰り際に, 帰る時一緒, 帰宅を, 常に絹布, 平生食餌箋を, 幾らも, 引き揚げて, 弟を, 彼の, 彼女に関する, 彼等の, 待合室へ, 後だ, 御一緒, 御婦人, 徹夜ぐらいで, 心の, 心臓麻痺の, 必要だ, 必要の, 応急の, 応用する, 急病人, 患者に, 患者廻りを, 悪いといふ, 愚かなる, 憎ければ, 我国の, 戻つて行つた, 手と, 手当を, 手重くいった, 托児所さ, 持たん云いさ, 挨拶し, 握って, 散歩と, 文学の, 料理茶屋を, 新左衛門の, 日取りを, 日本に, 明瞭に, 昔から, 昔の, 時々廻っ, 暇ど, 暗示を, 有ります其の, 未だ甚, 本業である, 来たか, 来たぞ, 来たという, 来たので, 来たらしい, 来た時, 来た頃, 来てるか, 来ない, 来ない女, 来なくとも, 来ましたが, 来よう, 来るんで, 来る事, 来る少し, 来る日, 来る群集, 来る間, 来れば, 枕頭に, 様子を, 次の間から, 欲しいって, 欲しいほか, 歌い出したこの, 正確に, 死んだ弟, 死亡診断書を, 死人に, 死体の, 母を, 毎日診, 毒殺の, 気つけ薬を, 気の毒そうに, 永年の, 汗を, 汝に, 注射に, 津軽から, 湯治が, 為事を, 煙たかったり, 煙たかつ, 熱い煎薬, 父と, 犯人じゃ, 献立表に, 玄関へ, 現れたな, 現れて, 現れなかつたと, 現われて, 甘くさえ, 申して, 申しました, 申します, 申しますで, 申すの, 町には, 留守な, 疲れが, 病人に, 病気めったな, 癩は, 発表した, 登場する, 皆出征, 盲腸患者の, 眠れるだけ, 眼を, 矢張駿河台に, 知らせを, 社交的だ, 私を, 私達に, 種切れに, 立って, 立会で, 立合で, 答えた, 答へ, 簡単に, 約八, 絶えず脈, 続けざまに, 署名します, 聞いて, 聞きました, 胃拡張の, 腹から, 臓躁病一名ヒステリアと, 自分で, 自分を, 自転車で, 自転車を, 船に, 艦長の, 若死した, 蕨を, 薬を, 薬価を, 薬草を, 血液による, 街から, 袴の, 見えたよう, 見えました, 見えるまで, 見える筈, 見たといったね, 見は, 見ると, 見切って, 見損, 見放したの, 見放したので, 見舞った時, 親戚たちに, 言いその, 言うの, 言ったのよ, 言ったよう, 言ってたの, 言つた, 訴訟を, 診て, 診察を, 診断した, 証人に, 証明した, 詰めきって, 話し合えも, 読んだらさだめて, 誰も, 調べて, 質問した, 足の, 車で, 転地した, 迷って, 途中で, 進みでて, 酷くお, 金持ちには, 間違ひ, 随い, 随分思い切った, 難破した, 雨の, 雲林の, 青くなっ, 静かに, 頑癬の, 頬ぺた押え, 飛んで, 食餌箋を, 駆けつけて, 駆け付けて, 駈けつけた時, 駈けつけて, 駈け付けて, 骨ばかりの, 麻疹である, 黙々と立ち働い, 黙々と門人たち

▼ 医者~ (743, 10.8%)

53 診て 25 見て 16 かかって 13 なって 12 来て 7 みて 6 聞いて, 見せると 5 かけて, して, 診せて 4 かかること, なるの, 勧められて, 相談し, 頼んで

3 [11件] なれと, 健康診断を, 化けて, 宣告された, 相談した, 相談する, 行って, 見せても, 見せなければ, 見放されて, 連れて

2 [46件] かかったが, かかっちゃ, かかるの, かかるほど, かければ, きいて, さへ, するつもり, その話, なつた, なつて, なるには, なるん, なろうと, ほめられた, みせたん, みせても, やって, 云われたこと, 任せて, 会った, 何が, 再会した, 分らぬ正体, 尋ねた, 恋する, 払う金, 注射を, 見せた, 見せて, 見せなくちゃ, 見せに, 見せるまでも, 言った, 言わせると, 言わせれば, 言われると, 診せたが, 診せると, 診察し, 診断し, 話を, 通って, 電話を, 頭を, 頼んだ

1 [445件] あざむかれて, あらずです, あると, いわれながらも, いわれまた, おか, おね, おみせしたら, おみせなすったら, お見せなすったら, お診せなすった, かかったこと, かかったら, かかったん, かかった試し, かかった運転手, かかっても, かからず忍耐, かからないさ, かからなかったん, かからなければ, かからねば, かかられては, かかりづめ, かかりに, かかりましたので, かかり通し, かかるか, かかるが, かかるさ, かかるさもなければ, かかるため, かかると, かかるどころか, かかるなら自分, かかるのに, かかるも, かかるよう, かかる事, かかる病人, かかれ, かかれば, かかれよ, かかれること, かかろうと, かかろうとも, かけたか, かけたこと, かけたり, かけつけたの, かけないという, かけなかったと, かけなかったの, かけなけりゃ不可, かけなければ, かけられずに, かけること, かけるという, かけるどころか, かけるの, かける金, かこつけて, かつぎこんで, かよって, かよわせ歌沢, からだを, きいた, きて, ぐいと右手, こう当時, こしらえて, この話, こぼしだした, ころされて, こんな事, されること, したら跛者, しちゃあ, しては, しても, しゃべって, しようとか, しろどちら, しろ誰, する以外, せがむので, せられた, そうだ, そのくるしみ, それとなく意見, それを, そんな景気, たづねます, たのんだ, たのんで, ちょっと脈, つれられて, とつて, とめられて, どういたしたら, どうか, どう頼んだ, どんな病気, なった, なったでしょう, なったばかりの, なったよう, なった赴任当時, なってから, ならずに, ならず町, なりことに, なりさ, なりたいからとて, なりたいそう, なりたいという, なりたいよう, なりはぐったという, なり威焔赫々, なり度い, なるか, なるが, なること, なるため, なるつもり, なると, なるという, なるといふ, なるならどこ, なるならヤブ, なるまで, なるやう, なるよか, なる由, なる目的, なれ, なれたの, なれたもの, なれという, なれるし, なろう, なろうかと, なろうという, なんが, はか, ばけました, ひと通りの, ひどい目, ふさわしい暮らし, ふられちゃったわ, ふられちや, ほめられるよう, まかすこと, みせたって, みせたらおし, みせたらみんな, みせて, みせなさいと, みせますと, みせると, みせるよ, めぐりあ, もう一度診察, やめさ, やられた, やるしなどという, ゆだねる以外, よくある, よく聞い, よく診察, わかったよう, わかるわけ, チェッコの, テーベだ, 一度見せ, 一遍かかった, 一遍見, 上原元永という, 与えられた一日分, 云った, 云はれ, 云はれた, 云ひました, 云わせると, 云われた, 今朝来, 仕立てて, 仕立てるという, 仕立てる考, 代へた方, 代理を, 会う, 伴れられ, 似たり, 似て, 何一つ善い, 保証された, 信用を, 具わる暗示力, 処方箋を, 出かけた, 出かけられたの, 出会ふこ, 切りか, 前も, 助けられて, 勧めて, 勧告しよう, 匕を, 化けた村松喜平, 医学を, 厚く礼, 口論を, 叱られし, 叱られると, 名医は, 向い, 向って, 向つて云, 向つて先生, 告げ医者, 呼びつけられること, 命ぜられ私, 商務官は, 問へば, 嚇か, 執匙, 執筆を, 塩野の, 売るん, 売卜に, 大喝し, 失敗し, 奉公する, 奥様の, 容態を, 寄りけい古場, 寄越すッ, 対して, 尋ねたら世俗, 尋ねて, 尋ねました処下等動物, 山本志丈と, 山芋の, 強いて, 強請んで, 当時十一歳であった, 往診し, 御相談, 復すること, 怒りそれゆえ, 思いを, 患者を, 悩んだ村人たち, 感謝し, 感謝した, 懇願してよう, 成った訳, 成って, 戻るなり, 手の, 手当てを, 手術を, 抗議を, 抱えられた蘭法医小山内, 抱き取られながらも, 指示したらしい, 掛かれと, 掛ったという, 掛って, 掛つたら何, 掛るの, 掛れば, 散歩を, 文筆家は, 早く診せる, 早く連れ, 時々かかっ, 書いて, 最も料理智識, 月二円半の, 栗林氏一時間も, 止められたもの, 止められて, 死ぬと, 気まずい思い, 求めるよう, 沢山の, 治療し, 注意され, 渡すかね, 準備し, 激しい憎悪, 熱い薬湯, 牛乳を, 犯された, 甘やかされたり, 用は, 申されましたが, 白い繃帯, 皆導かれ, 相当し, 相当ひどい, 相成る時, 相談いたします, 相談しなけれ, 相談を, 相談様々に, 相違ない, 眠り薬を, 眼の, 眼配せ, 着いたの, 知らせましたか, 禁じられて, 究理の, 立ち会って, 紹介され, 絶対休ませね, 絶望され, 聞いたし, 聞いたら大笑い, 聞いたり, 聞いたん, 聞くと, 育つて, 育つと, 育てるの, 胃癌の, 腹を, 自分の, 至った, 萎縮腎だ, 薬は, 行かうと, 行きまして, 行くこと, 行くつもり, 行くと, 行くの, 行く前, 行けたの, 行けるよう, 行こうとは, 行った, 行ったらしいん, 行つた方が, 行つて手当を, 見せいよいよ, 見せしに, 見せたいなれど, 見せたいの, 見せたかい, 見せたですか, 見せたらどう, 見せたり, 見せた処, 見せた方, 見せねえでいい, 見せました, 見せましたけれども, 見せましても, 見せますと, 見せようと, 見せよと, 見せること, 見せるつもり, 見せるの, 見せるほどの, 見せるよう, 見せる銭なぞ一文, 見せろと, 見ても, 見離された際, 言はせる, 言はれ, 言はれた, 言われたとおり, 言われて, 言われましたと, 言われるもん, 訊いても, 訊きなさい私, 訊ねて, 診さしたらどう, 診せた, 診せたらどう, 診せたり, 診せないうち, 診せないで, 診せましたの, 診せよう, 診せようとも, 診せること, 診せる事, 診せる方, 診せ度, 診ても, 診察さし, 診察させる, 診察を, 診断書を, 話しかけた, 話したの, 詳しく聞い, 警告され, 貶せられ一年前, 貸すの, 質問した, 走つて, 近づいて, 近寄った, 返した, 述べてるやう, 逐一わけ, 通うの, 通う途中, 通じ薬, 通は, 逢った余, 連れられて, 違えねえ十八文, 遺言した, 酸素吸入を, 長い挨拶, 降参しなけれ, 限ったこと, 限る, 隠れて, 電話かけ, 非ず, 革命前の, 頼みこんだところが, 頼みました, 頼む, 頼むの, 頼むよう, 頼めば, 駈けつけた, 駈けつけるもの, 駈けつけ頼むと, 騙されたという, 騙されて, 鬼の, 鶏なら

▼ 医者~ (550, 8.0%)

62 呼んで 37 呼びに 21 迎えに 17 して 10 よんで 9 連れて 8 迎えて 6 呼ぶこと 5 つれて, 迎えた 4 医者を, 呼んだ

3 [12件] さがして, もって, やって, 呼びますから, 呼ぶの, 呼べ, 呼んだが, 呼んだり, 怨むよう, 迎えること, 迎へに, 送って

2 [27件] そっちのけに, よびに, よべ, よんだの, ダンスホールへ, 呼ばなければ, 呼びましょうか, 呼ぶため, 呼ぶには, 呼ぶ様, 呼ぼうかと, 呼んでは, 変えて, 探して, 換えて, 案内し, 業と, 突き留めて, 紹介され, 見た, 覚えて, 訪ねて, 誘惑に, 迎いに, 送り出して, 開業し, 頼んで

1 [272件] あんないした, いよいよ迎い, おいらが, おどかして, およびになってもよござんすよ, かえて, かね生かしては, きいて, ここへ, さがしに, さがす, したり, しとる高間, しながら, たずねて, たずねられ右, たづね, とりかこんで, どうする, ながくやっ, なぐったり, ののしる歌, はじめて四年目, はじめ父の, ひとつ当っ, また喚びました, むかえ薬療手当, やつて, やつてた, やめて, やめなければ, やらなくては, やりこめるの, やるつまらんらしい, やるよりも, やる勇気, よこすよう, よばう, よばせたり, よばせて, よびます, よびませうか, よびわき, よび注射, よぶと, よぶヒマ, よぶ必要, よぶ方法, よべと, われわれに, ホームズの, 一人大急ぎで, 一人手を, 一時に, 乗せて, 二回目の, 今居る, 代えて, 仰ぎ見ひとこと, 休み読書三昧, 伴いさっそく, 何処かへ, 信じ薬, 信用しなけれ, 信用する, 兼ねた何, 兼ねた半兵衛, 兼ねた奴, 兼ねた豊妻可遊, 兼業する, 内密に, 凹ましたと, 出し私ら一族, 勤めて, 勧めました, 単なる殺人犯, 取り換, 取り換える法, 取持つよりは, 取換, 受け入れたも, 口説いて, 叩き斬って, 召捕れっ, 同道いたし, 呼ばうか, 呼ばうぜな, 呼ばせたが, 呼ばせたの, 呼ばせないの, 呼ばないわけ, 呼ばなかったばかりに, 呼ばなくっても, 呼ばねば, 呼ばれて, 呼ばんか, 呼びそれから, 呼びにいつたんだけれどその, 呼びまして, 呼びましょうかって, 呼びますが, 呼び一座, 呼び傍, 呼び冷やしそれでも, 呼び朝, 呼び疵, 呼び迎, 呼び迎えようと, 呼び飴屋, 呼ぶから, 呼ぶさわぎ, 呼ぶと, 呼ぶという, 呼ぶに, 呼ぶまでも, 呼ぶやう, 呼ぶやら, 呼ぶよう, 呼ぶより, 呼ぶわけ, 呼ぶ代り, 呼ぶ必要, 呼ぶ智恵, 呼べとは, 呼べの, 呼べッ, 呼べ医者, 呼ぼう, 呼ぼうかね, 呼んだその, 呼んだところ, 呼んだの, 呼んだらよかろ, 呼んだら喉, 呼んだ左源太, 呼んでも, 命ぜられた, 商売に, 喚びに, 営ませた, 地方に, 変えるよう, 変える気, 変えれば, 変え高価, 奥へ, 好きの, 始めて, 子供部屋へ, 室に, 家業に, 寄付けよう, 寄越して, 尊敬し, 尋ね求めまた, 差し向けて, 師として, 幾人も, 引き止めた, 待つ, 待つ用意, 待つ病人, 待とう館, 御主人, 御存じでしょう, 心の, 心付ける, 怒って, 怨むの, 恐れて, 恐怖し, 恨むであろうか, 情夫に, 想像し, 懲らしむるの一席, 抱込んで, 担ぎたがる悪, 担ぎ込んで, 招いたり, 招いて, 招かねば, 招ば, 招んだ, 招んで, 拝借したい, 捕えて, 捜して, 捜しに, 捜し廻って, 捜すなんざあ, 排斥したい, 探しあてて, 探しに, 探そうと, 救うべき医者, 救ひ上げる, 教えたり, 教えて, 早く, 書き足して, 欺いて, 殺して, 求めるだろう, 求める癒, 父に, 獄中に, 男と, 眺めた, 知って, 立会いさせて, 立会し, 立会わせて, 継いで, 罷めること, 聘ぶ, 聘んで, 茶の間へ, 薦めようと, 要します, 見つけて, 見つめて, 見て, 見ると, 見廻され, 訪ねるよう, 訪問し, 診察室の, 評せん, 誘拐し, 説きふせて, 調べて, 請待する, 貶して, 起しに, 迎うる, 迎えたかったが, 迎えたり, 迎えた覚え, 迎えた頃, 迎えなかった, 迎えねば, 迎えました, 迎えようという, 迎えるため, 迎えるため医師, 迎えると, 迎えるまでに, 迎えれば, 迎え死ねば, 迎に, 迎へ, 送り返しました, 送ると, 遠ざけるの, 遣りました所, 開業された, 雇い営利主義, 離れその後再発, 順養子として, 頼まれ申し, 頼みおり, 頼みません, 頼み彼, 頼むと, 頼むの, 頼むわけ, 頼もうかと, 食うたとて, 養成し, 馬鹿呼ばわりし, 騙したこと, 騙した武士

▼ 医者さん~ (307, 4.4%)

5 に診 43 だから, でも, になっ, に来

2 [21件] か, が来, が見え, が道楽半分, だ, だと, である, で非常, というの, という事, と思っ, に治し, の仕事, の方, の話, の養子, は来, をし, を信用, を呼ん, を呼んだ

1 [244件] かい, かえ, からいた, からかりた, から政治家, から早朝, から繃帯, から聞いた, から貰, から貰っ, か栄養士, があった, がありません, がある, がいわはります, がおいで, がおかしい, がすやすや, がそんな, がなるたけ, がひどく, がもう少し, がやつ, がやはり, がよい, がわるい, が一こと, が一生けんめい, が二十二, が云, が云いました, が仰有った, が使う, が八, が到着, が喰う, が喰っ, が地方, が大, が大変, が悪い, が戦争中催眠薬, が改良首きり器械, が旅, が来た, が況ん, が流行り, が潮吹, が現われ, が看護婦相手, が草, が薬, が誤診, が道楽, さえ悪く, じゃ, じゃない, それで名, だからと, だが, だけが乗るべきあん, だけれども, だその, だな, だね, だの坊さん, だの市長さん, だの院長先生, だよ, であった, であります, であるが, であるらしい, できっと, でここ, でございますよ, でしたから, でしたね, ですかい, ですからな, ですわ, でその, でそれ, でね, でも草津, でんね, で一代, で年, で有名, で殿様蛙, で気骨, で病気, で移転したて, で脈処, で色, で通る, で魔法使い, という, という商売, という評判, として知られ, と女, と言え, と違, なの, ならこの, なら遠く, にかからなく, にかかる, にされちまってる, にすぎない, にその, には悪い, には機械, にばけた, にまかしなさい, にもことさら, にも他人, に何, に借りた, に切っ, に化け, に注射, に私, に脈, に行った, に訳, に診せた, に診せたら, に限りません, に限る, に駈けつける, のあなた, のお, のおかげ, のこと, のところ, の修業, の入用, の助力, の場合, の声, の奥さん, の妹, の姿, の娘, の家, の山下秀之助君, の崩れ, の息子, の恰好, の教科書, の桂田富士郎氏, の獄中, の考, の聴診器, の膝, の言う, の言葉, の許, の診断書, の連れ, の道具, の駕籠, はいり, はお金, はかくし, はこの, はし, はそういう, はそんな, はというた, はどう, はもう, はもはや, は云, は利目, は医師界, は千蔵, は南京虫, は土地, は外科, は大笑い, は帰られました, は急, は杏, は松子さん, は楽観的, は気がつかれた, は注意, は無い, は狂人, は町, は病人, は白い, は私, は自分, は自分一人, は自分一個, は若い, は薬焼, は見た, は言, は言った, は違えた, は鉄砲, へ行つて, へ預ける, も, もお, もずいぶん, もそんな, もなし, も云い御座った, も出来る, も初, も呼びました, も四人, も言いました, やお, やのうても, やら小使, や坊主, や市会議員, や看護婦, よりは余程, をい, をはじめ次, をまた, をやる, をパチンコ屋, をヒボー, を助け, を呼ばなきゃなるまい, を呼び, を洗おうじ, を迎える, を迎えろ, を連れ, を頼み, を頼んだ, 呼びに, 呼んでる間, 頼んで

▼ 医者~ (242, 3.5%)

6 看護婦も 4 あるには, 薬も 3 云って, 手を

2 [11件] あるそう, これを, その病症, ない, 取揚げ婆さん, 我を, 文句が, 辟易し, 顔を, 駈けつけて, 驚いた

1 [200件] ああ云っ, あって, あとで, あぶないと, ありました, あります, ありますが, あり病院, あるくらい, あるなに, あるはず, あるまい, あれば, あろう船, いいよう, いうが, いっしょに, いる, いること, いるって, いろいろの, おかげさまでと, およばないくらいに, お出, お寺とは, お薬, くすくす笑い出し, こう勧め, このよう, この分, この問, この貧しい, この辺, これで, こんなはず, ございませんから, さうい, さう多く, して, じっとやっ, すぐに, すぐには, すっかり匙, そういいました, そう云い, そう云う, そう思っ, その後から, その種, それからレアンデル先生, それに, それには, それほどの, そんなこと, ただの, ちらっと眼, とうとう縁先, とうに匙, どう言う, ないで, ないので, ない村, はらはらし, ひとと, ふっと帰っ, へぼだ, ほっとする, また患者達, むずかしいと, むろん反対, もう大丈夫, もみりょうじ, やけて, やって来ました, ダメである, マリユスの, 一人いた, 一人の, 一人来, 一名召し連れおりますれ, 一日に, 一週間ばかり, 丁度植木屋, 三人まで, 不思議がっ, 云うし, 云ってる位, 人間です, 今日は, 今明日が, 今朝まで, 余り精神, 信用の, 俺を, 偶, 傍に, 元気に, 全く全快, 判って, 勧めるし, 勧め朋友, 半蔵が, 危ないと, 参りますから, 取揚げ, 受け合ったので, 同じだ, 名医も, 呵々大, 呼ばなくては, 呼びましたが, 呼べず帰り, 呼んで, 困ったの, 困て, 固く断わる, 坊主も, 城内典薬たちの, 変って, 多いン, 多けれど, 大やけど, 大変いい, 家来建築技師も, 寺の, 小六, 少し位, 幸言訳かたがた親兄の, 幸言訳旁親兄の, 役人ぶらず, 往診に, 後には, 御用聞も, 思って, 急かす, 恐しかった, 恢復の, 患者も, 悪い影響, 意地に, 感心してた, 手に, 手の, 抱えて, 救急車も, 教師も, 教育者も, 数学に, 施す術, 早う呼ん, 村の, 来ては, 来ない, 来るだろうから, 構わないだろうと, 止めは, 死んだの, 母を, 気の, 派遣される, 流行感冒の, 焼けちゃったろうし, 牧場主も, 特別に, 生理的に, 病名の, 百日以内と, 相手に, 看護人も, 禅僧と, 私たちの, 私の, 種々手を, 立ち会つた, 立会って, 立派な, 竜之, 職工さんも, 蒼くな, 蒼くなっ, 薬は, 薬を, 見放した事, 見放すくれえ, 言いますしね, 言って, 言ってること, 許しまた, 試みない実験, 詰めて, 詰め切って, 適度の, 間に合わず息, 間に合わず間に合ったところ, 間に合わないくらい, 随分な, 隠し切れなくなったか, 首を, 駈けつけました, 驚いてたといふ

▼ 医者~ (218, 3.2%)

4 のお 3 のところ, の御, は, へいらっしゃる

2 [14件] が, が寝, が来る, だ, だと, でも, ならここ, のお礼, の処, の玄関, の薬礼, の跡, へつれ, を呼ん

1 [174件] からかえり, からその, からは厳重, からもう, から外出, から癒, から禁じられ, から貰った, から頂いた, がある, がいい, がいた, がお越し, がかけつけ, がこの, がもう, がビックリ, がビラ, が仰し, が何人, が入っし, が取っ, が口惜, が壜, が帰っ, が手放した, が持っ, が本郷, が来, が来たら, が来ます, が江戸, が滋養, が病気, が真っ先, が眼, が肺, が落ち合っ, が落合っ, が許し, が麹町, こんなところ, じゃ, だそう, だった, だったの, だろう, で, であるから, でいらっしゃいまし, でこんな, でございますか, ですが, ですね, では, でも呼ん, でも草津, でも頼ん, で少将, で御, として生活, とはどこ, とを除い, と泥酔, と白井, と言った, どうぞなおし, などは子供三人, にかけては名人, にかけられる, にと云う, になつて薬, になる, にねらわれ, にはお, にはかかわり, には内密, にもろくに, にも病名, にも見せず, にも診, にスッカリ白状, に妾, に寿江子, に御, に怒られる, に行きたい, に行きました, に見, に見られる, に診, に頼ん, ね, のお召物, のしかも, のすすめ, のならび, のやり方, のよう, の二階, の前, の名前, の家, の所, の手, の方, の札, の概念, の無茶先生, の言う, の言葉, の言葉さ, の豪い, の顔, の馬車, の駕籠, の黒塀, はありません, はいつも, はございません, はしきりに, はそう, はとても, はどうも, はなんか, はまだ, は九條武子夫人, は今し方, は何, は作家, は大きな, は排米問題, は祝賀, は私, は笑つて言, へお父さんそこ, へお礼, への手紙, へも, へ参る, へ夫婦, へ御, へ行きませう, へ行っ, へ連れ, ほど尊敬, もあるし, もいろいろ, もさう, もねもう, も仕方, も其他村, も少し, も御, も来ぬ, も薬, も間に合わなかった, も驚きました, やホテル, らしいお方, を, をお抱え同様, をし, を与兵衛さん, を内, を取り換え, を呼び, を呼ぶ, を探し, を有難う, を迎い, を頼め, 忘れましたと, 来た

▼ 医者~ (157, 2.3%)

14 行って 8 連れて 6 寄って 5 寄り座 4 つれて, 通って 3 行く, 電話を 2 ゆくと, 寄りけい古場, 寄りビクター, 寄り一時, 熱が, 行くと, 行った, 走って

1 [94件] あずけたところ, いって, かけつけて, かけること, かつぎこまれた時, かようたなどという, こんどは, さへ, その治療, それから, つれこむと, なんかもう, やった, やったり, やって, やつても, ゆきたまえ治療代の, ゆくん, ハガキを, 人を, 俥を, 先生と, 出かけました, 医者へ, 十二時楽屋入, 向ふ, 女中が, 寄らうと, 寄らず小, 寄りホテル, 寄りホテルニューグリル, 寄り六時, 寄り四谷, 寄り旅用, 寄り日劇中三階, 寄り銀座, 寄り間, 寄りAK, 寄りJOAK, 寄る大分い, 寄る経過, 届けた筈, 往こうと, 急ぐ途中, 払う金, 持って, 明日行く, 来てまでも, 注射を, 源女殿の, 無理し, 相談に, 行かうと, 行かせて, 行かなくっちゃ, 行かなければ, 行かれる様, 行きました, 行き名物食堂, 行き洗滌, 行くって, 行くという, 行くとか, 行く時, 行く迄も, 行く途中, 行けないわ, 行けば, 行ったかね, 行ったら, 行ったらいろんな, 行ったら萎縮腎, 行ったり, 行ってね, 行つてくる, 走つて行, 走らう, 走らずに, 走らせおし, 走るとか, 走る樹明君, 転じてしも, 通うの, 通った, 通ったり, 通つてゐた, 通つて居た, 通わねば, 預けること, 頼んで, 飯焚き, 駆けて, 駆け付けたところ, 駈込むとか

▼ 医者~ (156, 2.3%)

4 一緒に 3 いえば, なって 2 いうよりも, いっても, 子供の, 薬と, 薬の

1 [136件] いうからは, いうので, いえども, いえません, いっしょに, いって, いふと, いふよりは, いふ者は, いへば, いやな, いわれれば, こしらえ玉川上水, さうだ, さげすみを, さげすむよう, して, してでも, せられ抽斎, そうだ, その子供, その家, その養子, それだけで, であった, なしすべて, なった, なりましたが, なり日露戦後哈爾賓, なり辻川, なること, なるべく術, なるまでの, みえて, よばれる, よばれること, イグナート・イグナートウィッチとを, エチアンヌと, エマアソンとの, 一しよ, 三人で, 三人の, 並んで, 久しぶりな思ひ, 二三人の, 二人の, 二人連で, 云うの, 云う他人, 云っても, 云ふも, 人数を, 会見した, 何か, 兎玉玄程とで, 別れて, 勤務先との, 勧誘員を, 同じよう, 同じ顔, 呼ばれた町医佐久間某, 喧嘩し, 喧嘩を, 土蔵とは, 地図と, 坊主だって, 坊主と, 坊主の, 埋葬夫とを, 変りは, 女に, 学生を, 官僚主義に, 対座し, 小流れ, 建物を, 思へば, 患者の, 懇意な, 或いは同人, 探偵が, 政治家とに, 料理店とを, 極つて, 次席との, 気が, 牧師と, 牧師とが, 牧師とで, 犬目附の, 申しましても, 病人は, 相宿に, 相談し, 相談を, 看做されて, 看護人を, 看護婦が, 看護婦と, 看護婦とは, 看護婦とを, 知り合って, 知り合つて共, 知れる三人, 社員が, 私の, 称すること, 称せられその, 立ち会うこと, 立ち話を, 約束が, 組打ちし, 結婚させられ, 練吉との, 薬は, 薬屋が, 裁判官の, 見せて, 見られたこと, 言うよりは, 言うよりも, 言う職業上, 言ひ, 言ふも, 診察室で, 話を, 警官とを, 警察に, 警視庁とに, 連れだって, 鉄道技師それから, 鍵屋とを, 間違へる, 陰口を, 養子娘との, 駐在所に

▼ 医者さま~ (114, 1.6%)

3 に見 2 が, が来る, に切っ, のお話, はあたし, を呼ん, を迎え

1 [97件] ありがとうございます, か, かネ, があった, があります, がい, がいひます, がお, がおっしゃる, がお許し, がかたわな人, がこの, がまた, がみえた, がよく, が卒倒, が必要, が環さん, が見, が見放した, が言った, が許し, だから, だけで, である義弟, でございますか, でした, です, ですか, でも, というもの, とは受け取れません, と弁護士, と監督, と貴下, どすえ, にあげた, にかかりたくありません, にさう, にすっかり, になり, になる, には一向, にみせ, にみせる, にも云われ, にも誰, に何, に叱られ, に来, に死ん, に治療費, に薬, に行っ, に診, に電話, のうち, のこと, の云, の前, の力, の奥さん, の娘, の家, の手, の西庵さん, の言う, の言葉, の話, はあります, はえらい, はかへります, はすぐ, はそれ, はよっぽど, は云ふん, は千蔵, は奥州仙台, は家, は手術, は病人, は病気, は診察, は風邪, へいっ, へ行きました, へ行っ, へ電話, もいない, も不思議, わっし, をお呼び, をと仰し, をよび, を呼びました, を呼びましょう, を連れ

▼ 医者~ (98, 1.4%)

9 あつた 2 がす, ね, もって, 何か, 江戸に

1 [79件] いうカタルシス, いながら, いらっしゃいますあなた, いる子供たち, おいでて, おまえの, くれる散薬, げすよ, こうこういう, こじらせた病人, この人, ごくすっきりした, さへ, さわぎバイキン, しかも外科, すら見込, どんな医者, まにあうし, ゐながら, エーリッヒ・ブラウンとかいう, ジャクスンという, ユダヤ人である, 一人は, 下剤を, 両性の, 云へば, 今も, 今戦争, 何でも, 作者で, 修咒者より, 傍南画を, 充分人を, 刺青を, 半蔵が, 半蔵の, 原因は, 友人に, 喉を, 喜兵衛が, 喜多村瑞見という, 大層に, 奇人が, 奥さんの, 姫路病院に, 宋江は, 御なおり, 心の, 思いあまって, 思い出したが, 患者を, 文化的に, 文学に, 最近クリストフと, 本式に, 本田蓼白先生これは, 治療を, 深いこと, 特に年寄り, 目下御地羅府か, 相手が, 私どもは, 私の, 立って, 立つ, 笠松と, 聖マテオに, 職を, 脈を, 芸術の, 落ちついて, 診立て, 詩を, 謡曲好きの, 貴方が, 通つた維新前とは, 通り一辺の, 道具も, 須藤五百三という

▼ 医者から~ (95, 1.4%)

3 聞いて, 貰って 2 ストリキニーネを, 一応警察, 温泉行を, 無理に, 禁じられて

1 [79件] あなたは, あのいまわしい, いわしますと, くれた薬, すすめられて, すべてを, そう言っ, その後の, それは, どうもそうで, またしても, みると, もらった胃, もらって, クスリを, デンワで, 一度見放された, 三月しか, 事情を, 云わせると, 五両借りた, 令嬢へ, 休学を, 体育と, 何から, 勧められた貝, 危篤を, 取ったらしいの, 告げられた日, 告げられて, 命ぜられて, 命令された, 固く誡め, 坊主への, 外出の, 外出を, 妻の, 子は, 安臥を, 宣告せられてる, 小普請医者に, 帰った時, 帰ると, 戒告され, 楼主へ, 此の, 毎日殆ん, 滋養分を, 激しく叱りつけられた, 炊事や, 煙草を, 父が, 看護人から, 私は, 笑われるかも, 絶対安静を, 繰り返し告げられる, 聞いたある, 聞いた種々, 聞いた話, 聞かされた事, 聞かされて, 聞きますと, 聴いて, 肋膜の, 薬を, 薬代を, 見ると, 親類に, 言われたの, 証明された, 警告され, 貰った膏薬, 転地療養の, 酒を, 長い鼻, 頼まれたの, 頼んで, 麻疹だ

▼ 医者にも~ (89, 1.3%)

6 診て 3 かからずに, かけて 2 見て

1 [75件] おかけなさらなかった, かかったけれど, かかって, かからずわざと, かからず役所, かからず自分, かかりましたが, かかる, かかれば, かけねえ薬, かけるし, ここから, そう云う, その容体, その死因, その理由, その病気, その病症, それ以外にも, どうしよう, なります, なれ技師, はっきり判らない, みて, やっぱりその, よく相談, よく見立て, わからないもの, 一寸判らない, 不明な, 共通な, 及ばぬ薬, 及びませぬけれど, 及ぶめい, 大事に, 学者にも, 形而上学が, 恩恵を, 恭順を通じて, 意外な, 手こずるけれども, 掛けて, 掛けましたが, 掛り候, 相談し, 確かな, 確かに, 確な, 立会わせたが, 聞いて, 薬にも, 見せずに, 見せず医薬, 見せず熟蚕, 見せたが, 見せたり, 見せて, 見せなかつたといふ, 見せるし, 見せレントゲン写真, 見せ寝床, 見は, 見放されたの, 見放された恰好, 見離された折, 訊いて, 診せず姑息, 診せないで, 診せましたが, 診ては, 診察し, 診断の, 誰にも, 近づくこと, 適宜な

▼ 医者~ (88, 1.3%)

74 からな 3 ということ, とさ 2 から, からその, と思っ

1 [65件] あそこへ, え, おまえは, からお, からさ, からとて旅, からどう, からどんな, から僕, から処方, から助手, から漢薬蘭薬, から直ぐ, から科学, から競争, から自分, から薬, から誰, があまり, がマア, が彼女, が薬箱, けれどあの, ことが, し新, そいつが, そうだ, そうである, そうな, ぞ, つたに, つたのである, つた父は, という, というの, といふ, とかその, とかふるえてた, と云, と云う, と云ったろう, と人, と号, と名, と思う, と思ひこん, と気づいた, と知つて, と見え, と見る, なと心, なと思ひ, なんて, ね, のが, のと, のとの, もんだ, よあの, よお, よ医者, ッ, 早く, 自己は, 警察も

▼ 医者として~ (49, 0.7%)

2 僕は, 全うしたい

1 [45件] あんなによく知り抜い, いくらでも助力, こ, この町, そういうふう, できるかぎり, では, どうにか勤め, どんなに卑しい, はっきり答え, はなはだ腑, またこの, やっぱり手がけ, マクレオの, 云って, 保証しない, 働いて, 全うすべく, 勤めに, 十分好意を, 半世紀以上, 博士が, 当り前な, 待たれて, 或点大変リアリスティック, 是非止めなくっ, 殿様の, 現はれ, 立つて, 答えて, 職務を, 自ら任じ, 自ら心に, 自分と, 自立する, 見舞いに, 親友として, 親族から, 認めたがらない気持, 誠実に, 踏み出す第一歩, 身を, 辺鄙なる, 通つて行く, 顔出しする

▼ 医者~ (42, 0.6%)

3 看護婦の 2 産婆などの, 看護婦や

1 [35件] あんまり変, いうこと, その一味, その他の, オランダ語の, 云う話, 俥屋の, 僧侶が, 動物学者と, 友達の, 外科医が, 学者の, 役人が, 心理学者や, 易者の, 村長さんや, 死人が, 牧師の, 生薬屋に, 病院の, 病院へ, 目黒から, 看護婦さんに, 看護婦たちは, 看護婦に, 看護婦には, 看護婦も, 真紀子などから, 薬では, 薬は, 薬剤師が, 薬剤師や, 警官一通りの, 貧に, 銀行員や

▼ 医者でも~ (38, 0.5%)

2 みな病理学研究室に, 呼んで

1 [34件] あって, あり, ある, この医者, それ位わからない, そんな怪我人, ただの, ないくせ, ないし, ない僧侶, ない生物学者, なくまだ, なく又, なく教育家, なく自然科学者, なし心理学者, 代へて, 休日であろう, 何でも, 処方に, 医者と, 原則どおりで, 原則通りで, 小児科と, 幸吉の, 引き受けたの, 撮影所の, 来て, 茶坊主でも, 言ひさう, 診て, 迎えに, 間に合わず, 頼みに

▼ 医者らしい~ (36, 0.5%)

2 態度を, 男が, 男に, 袴を, 車は

1 [26件] お医者, のが, ものが, スマートな, 七十近い, 人が, 人と, 人達だ, 冷静な, 医者が, 医者も, 叮嚀な, 咄嗟の, 坊主頭, 好男子である, 家を, 広告の, 所は, 生活を, 男の, 練吉から, 老人は, 視線で, 鞄などに, 風俗を, 鬚の

▼ 医者という~ (34, 0.5%)

5 ものは 2 お医者, ものを, 商売は

1 [23件] ことに, ことは, ことを, のが, のは, のも, ものが, ものには, ものハ一代きりの, やつも, ような, 事が, 体で, 医者は, 商売柄一週間と, 意味にて, 異名で, 称呼まで, 者は, 職業の, 職業は, 職業上から, 衣裳づけだ

▼ 医者たち~ (32, 0.5%)

2 にもその

1 [30件] からはエジプト, からもうあまり, から勧められ, が彼ら, が教え, とどんな, にうまく, にこの, にとってもまさに, のため容態, の方, の言う, の軍事的御用根性, の間, はあの, はあれ, はいま, はこっそり, はこの, はこれ, はみな訳, は何, は専門, は彼, は黄色熱, ばかりでなくなった, もいいました, も皆, を主, を助け

▼ 医者である~ (28, 0.4%)

2 ことも, ということ, といっ

1 [22件] かということ, から幾分, から温泉, から自分, から船中, がその, が医者, ことすら, ことの, という事, という証拠, とか赤城氏性肝臓炎, と答える, のに, 事は, 人を, 今の, 医者でなく, 天岸一順の, 己は, 彼は, 私の

▼ 医者には~ (28, 0.4%)

1 [28件] かかってるかしら, こういう訊問, そういう感じ, そういう致命的, その時, なったものの, ならない決心, まあ皆, よく判らない, わからないが, 三文の, 二年かかった, 内所で, 内証で, 再三みせた, 出来ませんが, 婦人の, 当時奥医師に, 患者の, 懸って, 死因が, 相違ない, 知らぬ顔を, 絶対に, 見せないと, 診せなかったん, 診せましたが, 違いないらしい

▼ 医者としての~ (23, 0.3%)

1 [23件] その人格, ダルメイダの, 体験も, 信用も, 名誉に, 君と, 寛斎も, 彼の, 心掛から, 房一が, 所見で, 手落ちを, 才能が, 教養や, 方策といふ, 条件を, 生涯を, 経験を, 職務上ここで, 自分の, 自分を, 舟木の, 責任からも

▼ 医者では~ (21, 0.3%)

3 あるが 2 ありませんから, ない, ないから, なかった 1 ありません, あるまい町医, ないが, ないけれど, ないよう, フロイドだけは, 不可ん, 永びくだろう, 無くなって, 都合が

▼ 医者なら~ (20, 0.3%)

2 患者と

1 [18件] あんまりじゃ, いくら変, ここで, そこは, そんなこと, そんなこと位, ともかくも, ばあれ, ばこの, ば博士, ば生き返らせる, 中町の, 人を, 手創の, 支那に, 朝飯まえ, 病人も, 血が

▼ 医者~ (18, 0.3%)

2 何かの

1 [16件] それとも技師, 係りの, 八卦か, 助手でも, 医者なら, 医者を, 可笑い, 坊主か, 庄屋か, 弁護士と, 機械の, 然も, 病人に, 禁厭師が, 薬屋かを, 薬屋とでも

▼ 医者です~ (17, 0.2%)

2

1 [15件] ある肺病研究所, からう, からこの, からと云っ, からな職業的, から人助け, から医学, から間もなく, がね, が半分, こんどは, つて, ね, よ, よ鉄砲笊

▼ 医者でない~ (15, 0.2%)

1 [15件] から判らない, から委しい, から確か, から行かぬ, が丸薬, とすれ, のは, ものが, 医者が, 外の, 悲しさ, 私に, 私には, 者も, 藤次郎には

▼ 医者であった~ (14, 0.2%)

2 が私

1 [12件] からこそそういう, からそう, が通泰, ことも, ことを, ために, と思う, ものと, ジョン, 何の, 父は, 通りこの

▼ 医者~ (14, 0.2%)

4 んだ, んです 1 のじゃ, のである, ので色々, のにこんな, んでございます, 人たちは

▼ 医者といふ~ (13, 0.2%)

5 ものは 1 のは, ものだつた, ものの, ものを, わけには, 役で, 職業上から, 職業人が

▼ 医者はん~ (12, 0.2%)

1 [12件] いつわ, が見, に, にも見, に聞きましたら, はもう結構, も手術, や, よりよう, 呼んだげ, 来や, 頼んだらよろしい

▼ 医者~ (12, 0.2%)

1 [12件] が人, が幾人, の出し, の努力, の喚き, の犠牲, の顔, は懸命, は暗い, は皆, は皆頭, もまた

▼ 医者じゃ~ (10, 0.1%)

2 ないか 1 ない, ないが, ないの, ないん, なかった, ねえか, ねえですかよ, アない

▼ 医者仲間~ (10, 0.1%)

1 が二, ではまだ, なぞにまで飛ん, にひよつ, に聞えた, の恰好, の無能, の規約上, もそれ, も坐り直した

▼ 医者坊主~ (10, 0.1%)

1 がます, が半, が帰っ, が誘惑, が遊び, などといわれた, の山本志丈, は切支丹, は口, は太郎左衛門

▼ 医者とは~ (8, 0.1%)

1 いえません, ちが, りっぱな, 何だ, 安いもの, 思えねえあっし, 言えあぶれ者, 違うん

▼ 医者~ (8, 0.1%)

3 薬よ 2 薬よと 1 けれど嫁さ, 薬よという, 針よと

▼ 医者だった~ (7, 0.1%)

1 からという, か屋根, が私, のです, ので多量, ので私, 彼は

▼ 医者ども~ (7, 0.1%)

1 がモンセーニュール, でな, のこと, のたわ言, は娼家, よりは二十倍, をあっ

▼ 医者なんか~ (7, 0.1%)

1 あかへん, だめだ, へん船乗の, やつて, ダメです, 役に立ちは, 沢山ある

▼ 医者~ (6, 0.1%)

1 かけねえで癒し度, かげる程, でも掛かる, と答え, までごぜ, まで脉

▼ 医者たる~ (6, 0.1%)

1 に安, に過, の小さき, の本分, ものは, もの閉ざされた

▼ 医者だって~ (6, 0.1%)

1 お前にゃ, そうする, よさそう, 一杯だけ, 仁術という, 例外では

▼ 医者~ (6, 0.1%)

3 やない 2 やア 1 やなかつた

▼ 医者とも~ (6, 0.1%)

1 ある者, ちよつと, つかぬ風采, 宗匠とも, 薬とも, 見える眼鏡

▼ 医者どん~ (6, 0.1%)

4 の頭 1 も云, も見放し

▼ 医者にでも~ (6, 0.1%)

1 なって, なつた, なれば, 見せなければ, 見て, 頼んだら忽ち

▼ 医者~ (6, 0.1%)

1 がもたん云い, が持たん云い, が聴診器, が薬, つまみだしたらどう, は何

▼ 医者よりも~ (6, 0.1%)

1 うしろに, このほう, 手荒い療治, 私の, 誰か, 頼りに

▼ 医者からも~ (5, 0.1%)

1 いわれて, 止められたん, 注意され, 注意された, 耳打ちされ

▼ 医者だけ~ (5, 0.1%)

1 あって, ある, して, でなくせめて, では

▼ 医者であり~ (5, 0.1%)

1 さえすれ, ながらもやはり, ながらわが子, ながら何者, 一人の

▼ 医者とか~ (5, 0.1%)

1 僧侶とか, 医学とかを, 料理の, 知識ある, 薬とか

▼ 医者とが~ (5, 0.1%)

1 こう云った, たぶん三時, ふと目, 来て, 祝って

▼ 医者としては~ (5, 0.1%)

1 ヤブな, 仮令君父, 好いん, 用心第, 絶対に

▼ 医者などは~ (5, 0.1%)

1 しない, 安らかな, 来る筈, 直に来ない, 神下しに

▼ 医者ばかり~ (5, 0.1%)

3 では 1 でしたのに, でなくもう

▼ 医者へは~ (5, 0.1%)

1 わしが, 寄らぬこと, 小切手明日お金に, 知らせも, 行かずに

▼ 医者自身~ (5, 0.1%)

1 が余り, が意外, すら豚, は善玉, までがそれ

▼ 医者さえ~ (4, 0.1%)

1 あるでは, あれば, おれば, 騙かされるん

▼ 医者でなく~ (4, 0.1%)

1 ては夜, て何, て只, とも誰

▼ 医者との~ (4, 0.1%)

1 のしれ, 会話の, 問答を, 結合物である

▼ 医者とを~ (4, 0.1%)

1 じろりと見た, のぞいては, 呼んで, 払いのけ壁

▼ 医者なんて~ (4, 0.1%)

1 いけませんや, まるで冷血動物, 不親切な, 奴あ

▼ 医者にな~ (4, 0.1%)

1 つたは, つてゐた, つて帰つて来た, つて流行る

▼ 医者への~ (4, 0.1%)

1 借金払いに, 払いなどを, 支払いに, 支払いは

▼ 医者ほど~ (4, 0.1%)

2 自分の 1 危険な, 苦い薬

▼ 医者まで~ (4, 0.1%)

1 いた, したがえて, 行くの, 貰いに

▼ 医者より~ (4, 0.1%)

1 あなたの, 俺の, 男の, 病の

▼ 医者らしく~ (4, 0.1%)

1 内輪の, 粉薬など, 長庵, 頭を

▼ 医者通い~ (4, 0.1%)

1 しその, だ, をし, をしました

▼ 医者かも~ (3, 0.0%)

1 しれないと, 知れない, 知れません

▼ 医者さんたち~ (3, 0.0%)

1 がすべて先頭, の日本人, はあいかわらず

▼ 医者じゃねえ~ (3, 0.0%)

1 禁厭を, 薬売だ, 薬売りだ

▼ 医者だけに~ (3, 0.0%)

1 クスリと, 求めるべきもの, 玄朴は

▼ 医者だろう~ (3, 0.0%)

1 と思いました, ね, 汝が

▼ 医者であっ~ (3, 0.0%)

1 てもいい, てもやはり, ても開業医

▼ 医者でした~ (3, 0.0%)

1 から時代後れ, が, の

▼ 医者にかけて~ (3, 0.0%)

1 全快させ, 必ず快し, 治療させる

▼ 医者にさえ~ (3, 0.0%)

1 いう必要, はっきり見放された, 明言出来なかった

▼ 医者はね~ (3, 0.0%)

1 あれで, お前手を, 親切な

▼ 医者へも~ (3, 0.0%)

1 ゆけずぐるぐる, 薬礼は, 行かねば

▼ 医者らしくない~ (3, 0.0%)

1 ことを, 体つきだつた, 言葉だ

▼ 医者二人~ (3, 0.0%)

1 だけ, の対, 去る

▼ 医者~ (3, 0.0%)

1 に復し, を仰附けられた, を命ぜられ

▼ 医者様たち~ (3, 0.0%)

1 は, はこちら, もお

▼ 医者殿~ (3, 0.0%)

1 が彼, が腕前, が腕前ぢ

▼ 医者~ (3, 0.0%)

1 たる扮装, とした, と取りすまし

▼ 医者金丸恭順~ (3, 0.0%)

1 がちょうど, などの話, も歩い

▼ 医者~ (2, 0.0%)

2 医者

▼ 医者かと~ (2, 0.0%)

1 いうに, 思って

▼ 医者からの~ (2, 0.0%)

1 届け出が, 証明書の

▼ 医者からは~ (2, 0.0%)

1 なれて, 絶対安静を

▼ 医者これ~ (2, 0.0%)

1 が赤城先生, は落魄

▼ 医者しか~ (2, 0.0%)

1 その重態, ない白いお

▼ 医者その~ (2, 0.0%)

1 人に, 隣りが

▼ 医者たる者~ (2, 0.0%)

1 がかく, には足

▼ 医者だけは~ (2, 0.0%)

1 どうしてもいや, 何を

▼ 医者だの~ (2, 0.0%)

1 弁護士だ, 餓鬼の

▼ 医者であろう~ (2, 0.0%)

1 か, とした

▼ 医者でございます~ (2, 0.0%)

1 が薬, 貧乏な

▼ 医者でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ば分るまい, ば神聖視

▼ 医者といった~ (2, 0.0%)

1 ところで, ッて

▼ 医者としてか~ (2, 0.0%)

1 それとも単に, 客としてか

▼ 医者としても~ (2, 0.0%)

1 市民としても, 房一を

▼ 医者としてよりも~ (2, 0.0%)

1 人として, 人としての

▼ 医者とても~ (2, 0.0%)

1 この場合, 馬丁に

▼ 医者とに~ (2, 0.0%)

1 つながって, 金を

▼ 医者なぞ~ (2, 0.0%)

1 と同じ, 迎えるもの

▼ 医者など~ (2, 0.0%)

1 だと, やれるもん

▼ 医者などの~ (2, 0.0%)

1 及ばない第六感的, 心得も

▼ 医者なり~ (2, 0.0%)

1 弁護士なり, 走りに

▼ 医者なる~ (2, 0.0%)

1 が故に, 人の

▼ 医者なれ~ (2, 0.0%)

1 ば一寸紙入, ば一寸紙入れ

▼ 医者なんぞ~ (2, 0.0%)

1 呼んで, 食い上げだ

▼ 医者にだって~ (2, 0.0%)

1 どうにも, 容易に

▼ 医者にと~ (2, 0.0%)

1 つては, つても

▼ 医者に対して~ (2, 0.0%)

1 失礼は, 怒つてしまつて

▼ 医者のみ~ (2, 0.0%)

1 ならず文士, ならんや

▼ 医者へでも~ (2, 0.0%)

1 行ったの, 行ったん

▼ 医者みたい~ (2, 0.0%)

1 な写真師, な連中

▼ 医者よん~ (2, 0.0%)

2 で下さい

▼ 医者らし~ (2, 0.0%)

1 さが, さだ

▼ 医者をと~ (2, 0.0%)

1 おっしゃるけれども, 思つて姉の

▼ 医者一人~ (2, 0.0%)

1 は日刊新聞, も同席

▼ 医者~ (2, 0.0%)

1 が嵩む, を駕屋

▼ 医者任せ~ (2, 0.0%)

1 後は, 運は

▼ 医者~ (2, 0.0%)

1 では手数, の相談

▼ 医者先生~ (2, 0.0%)

1 すら多く, の養生法

▼ 医者奥通~ (2, 0.0%)

1 に至り, に進み

▼ 医者殺し~ (2, 0.0%)

1 の三人目, の下手人

▼ 医者殿手~ (2, 0.0%)

1 のつけやう, のつけよう

▼ 医者~ (2, 0.0%)

1 とも合し, は音楽家

▼ 医者道益~ (2, 0.0%)

1 という饒舌坊主遊び, といふ饒舌坊主遊び

▼ 医者養子夫婦~ (2, 0.0%)

2 の家

▼1* [224件]

医者あがりが兵部大輔, 医者あてに一つ, 医者あやしげな, 医者あらゆる占星師に, 医者あり教育に, 医者あるいは医者くずれである, 医者あんまりい, 医者いらずな子供, 医者がね僕に, 医者がまづかつたんぢ, 医者がもうい, 医者くらいのものであろう, 医者くらいはありますよと, 医者こそはじめてたより, 医者ごっこをしましょう, 医者ごつこを, 医者さえも此の, 医者さまたちは傍, 医者さまマルコに見せない, 医者さわぎをしました, 医者さんとこへ行っ, 医者さん体の男, 医者さん方がゴッホ, 医者さん看護婦附添いすべて患者, 医者さア呼ばらなくちゃ, 医者ぼうでは, 医者じゃあなし駕籠屋, 医者じゃあねえ養生所の, 医者すなわち医術を, 医者そして座へ, 医者その他の人々, 医者それ薬と大, 医者だけじゃない, 医者っちばすぐ, 医者って奴が, 医者っていう医者を, 医者ついでにやるべき, 医者つきのアパート, 医者てえものは, 医者でこそあるが, 医者でなかった翁の, 医者でなかったらそんなところ, 医者でもが病人が, 医者でもねえその, 医者とかってのを, 医者ときたら評判の, 医者とでも言つた, 医者とにゃなるもん, 医者とばっかり思いこんで, 医者と共に中西と, 医者どのさえ診, 医者なぞにならぬ方, 医者などが一塊に, 医者などと莫迦に, 医者などという人は, 医者などに蘭学を, 医者などや上屋敷に, 医者などをのせた自動車, 医者なみの説明, 医者なりと誤解せられ, 医者なりに向って, 医者なんかになろうと, 医者なんという者, 医者にかけても薬を, 医者にたいするモリエールの, 医者になんぞかかること, 医者にばかりしたがるからすッ, 医者にゃあ金, 医者にや髭も, 医者によって認められるより, 医者に対しては外部的な, 医者に対する甘えたよう, 医者のぞろっ, 医者のてあても, 医者のに限つた事では, 医者のみかは肝臓の, 医者はいらしって, 医者はじつと脈, 医者はちよつとド, 医者はね死にたくて溜らぬ, 医者はわざとあんぽつを空に, 医者はん呼ばいでもよかっ, 医者はん絶対に心配, 医者はん阪者はみみっちい, 医者ばかりが医者じゃあねえ, 医者へとイスカの, 医者ほとんど医者の, 医者または僧侶が, 医者までがそうだ, 医者もうけ合ってくれた, 医者もしくは百姓町人であった, 医者もつれてくる, 医者もまん性だろう, 医者もんだった, 医者よびに女中さん, 医者が人蔘, 医者らしくごまかせないものかねえ, 医者らしくさせてもらっ, 医者らしく思いついたもんだ, 医者をという相談な, 医者をも添えて, 医者を通じてすっかり話し, 医者ガフルエテイルカラオレガ刀ヲ抜イテ, 医者クリストファー・ジャーヴィスの談話, 医者ジュールは麦酒醸造業者, 医者ヘンリー・フォールズという人, 医者ベイツ氏を訪問, 医者ラーギンの破滅, 医者呼ボウカドウシヨウカトシバラク三人デ, 医者ヲバ其婦人ハ一生嫌ヒ途上ニ会フモ道ヲ避ケテ通レル事, 医者ン所へ行ったら, 医者一軒でもあるまい, 医者三人は人夫, 医者両親と女達, 医者久庵思つた割にをかしく, 医者乾十郎井沢宜庵ら, 医者予約して, 医者二つとも寄れず, 医者二人武官一人船長一人ロシアのユダヤ人二人, 医者人類学者各種の収集家ら, 医者今夜は夢声, 医者以上の或, 医者以外には決して, 医者仰附けられ即日見習の, 医者位病気についての智識, 医者して, 医者信用なき商人, 医者傀儡師などの雑多, 医者僧侶の修業, 医者儒者商人武家僧侶さまざまな風体, 医者の夢, 医者兼哲学者で著述, 医者の人, 医者剣客茶人日雇その時折, 医者叔父の姿, 医者同士二人が播州, 医者同様私の容体, 医者同道で帰っ, 医者呼びますか, 医者呼んだんです, 医者商売なんぞはさっそく, 医者坊主めのこと, 医者大藪って貼紙, 医者夫妻とペンさん, 医者夫婦はどう, 医者夫婦彼の友達夫婦, 医者を負, 医者学問などは止め, 医者学者政府の役人, 医者対患者の附合以上, 医者小野元秀を獲た, 医者少しくその業, 医者山本志丈を, 医者山田不孤庵のつぶやき, 医者山田文郁もある, 医者山田文郁浪合の増田平八郎, 医者廻りをし, 医者征伐を標榜, 医者技師そういう人, 医者に係るべき, 医者が種々, 医者旅館そんなもの, 医者杏庵老も多く, 医者杏庵老人ですら, 医者来訪正木その他を誘っ, 医者が大連, 医者某氏へ嫁がれ, 医者森新之助を出せ, 医者の先生, 医者様みたいだから, 医者様二人にもちゃんと, 医者様特有なフニャフニャ, 医者様順庵様までも御, 医者正直だからね, 医者歩きをし, 医者死ぬ人間は, 医者殴ってあと, 医者段々調子が, 医者法律家社会学者などが集まつ, 医者派出婦会姓名判断の占師, 医者浜田の娘, 医者浪人ていの男, 医者浪人者はひと, 医者のお, 医者滋賀石庵が羽交, 医者特有の学究的, 医者特許弁理士もう一つ内科呼吸器科, 医者犬目付犬奉行などの新しい, 医者玄道の家, 医者生理学者の研究, 医者町役人家の中, 医者町長など交ぜた, 医者画家の次, 医者相当の名, 医者知らないッて, 医者石沢閑斎のところ, 医者神職和学者僧侶なぞの思い思い, 医者科学者が比較的, 医者稼業というやつ, 医者立派な扮装, 医者をし, 医者胡牀馬土産の長持, 医者茶道衆祐筆俳諧師沙門荷駄隊にいたる, 医者菊川露斎の三人, 医者が要る, 医者薬剤室内の十分, 医者なの, 医者行者という行者, 医者街ハーレー街にある, 医者諸君この病気, 医者警部がいずれ, 医者豊雄に好感, 医者速成機関でドイツ語, 医者は卜新氏, 医者連中がやっ, 医者達看護婦達患者達の顔, 医者銃隊の名, 医者門戸を飾っ, 医者等の, 医者隊こはれた窓, 医者露斎があいつい, 医者風旦那てい, 医者飢饉に悩ん, 医者駕籠に乗せ