青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「北条~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~包み 包み~ ~包ん 包ん~ ~包んだ 化~ 化け~ 化粧~ ~北 北~
北条~
北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~ 医~ 医学~ 医師~ ~医者 医者~

「北条~」 1359, 14ppm, 7916位

▼ 北条~ (160, 11.8%)

5 のため 2 に抗, の一族, は全, を憚り

1 [147件] あるだけ, から南北朝, から足利氏, がその, がとっ, がやった, が亡んだ, が元, が取った, が建長寺, が強権, が必然, が応援, が推した, が日本歴史, が源平, が滅び, が鎌倉, が関八州, が関東平野, が馬具細工, だよ, であった, であったが, である, であれ東国, でさえ, という姑, との戦, との間, とは深い, とは遠い, ともふかい, とも和, とを切っ, と昔, と比企氏, と運命, などの暴政, において大導寺駿河守, にたいしてちかっ, にはたいした, には随分, にも百年安泰, によって配流, に代わっ, に協力, に取, に向っ, に対して百年, に対する反感, に少し, に服した, に殺され, に殺された, に比肩, に附しぬ, に飽い, のこと, のさしがね, のため房州, のほか, のわすれがた, の一族郎党, の不信, の不幸, の世, の世子, の主筋, の事我, の伝統的作戦, の先例, の力, の向背, の地位, の基礎, の奉ずる, の奸譎, の存在, の安穏, の実力扶殖, の家格, の専権, の将, の怨敵, の恩顧, の悪辣, の手, の掌中, の族親, の旧, の時代, の様子, の滅亡遺恨, の王将, の的屋, の知る, の系譜, の継嗣, の菩提寺, の血統的, の被官, の討伐, の諸家, の越権, の逸早く, の重臣, の門葉二百八十三人, の領治下, はなお, は三代, は亡ぶ, は元, は兎, は全滅, は実権, は御座, は気, は碌, は秀吉, は箱根, は自家, は足利氏, は頼朝, は飾り, へも賭け, へ忠節, も仆, よりも一層, より米千俵到来, より高く, をおそれ, を亡ぼした, を倒す, を攻めた, を攻める, を断絶, を滅, を滅ぼした, を目, を経, を討滅, を謀り給いたる遺, を離れおる, を首石, ノ世ニ臨ムヤ, 総司令部

▼ 北条~ (133, 9.8%)

4 の館 3 のむす 2 のうち, のほう, の人たち, の面目, へ明け渡せ, 御一族

1 [114件] あっての, からの献上, から彼, がつむじ, が関東, でございまして, では, ではおなじ, では以来, では心, では案じ, で持ち出した, で隠した, としては, とでその, とならぶ, との修交, との縁故, とは事, と不和, と甲斐, にある, にお, にたよった, には戻らず, には渡し, に事情, に仕え, に奔, に嫁がせる, に於, の, のお方たち, のため, のどなた, のながれ, のひとり, の両親, の中, の主君, の使節, の使者, の優勢, の内, の勢力, の北条内記, の厩, の名将, の圧迫, の城下, の大道寺氏, の奥, の姫様, の家族, の役人, の御所之内, の御館, の意志, の政子, の敵, の条約違反, の東郷五郎左衛門, の検使, の武運, の歴々, の滅亡, の濃い, の無能無責任, の玄関さき, の督促使, の総領, の者, の肩, の臣, の船手, の血, の親族, の近親, の運, の邸内, の郎党, の重臣, の長男, の門地, の隠然たる, の領土, は, はどんな, は上州, は亡んだで, へ, へも前, へ出入り, へ向っ, へ帰し, へ花嫁, へ送った, もともに, も一族, も何もかも, も油断, も自分一代, や甲州その他, をおびやかし, を仆, を促し, を敵, を残し, を浪人, を立てさせた, を裏切り, を訪ね, を訪れた, 御一族間

▼ 北条~ (128, 9.4%)

3 ご前

2 [11件] お殿様, 喜兵の, 喜平喜平の, 思ひ上ること甚, 方から, 旧領沼田八万石を, 歓心を, 殿様の, 町の, 若様で, 里へ

1 [103件] ごとき弊, とりでとは, どす黒い血, 一家と, 一族やら, 一族左衛門太夫氏勝が, 下では, 世が, 世は, 両大番頭, 主脳, 二家が, 五万の, 亡ぼされぬ前, 亡んだ後, 亡命者に, 人は, 仆れた, 使いは, 使が, 使者に, 勢威は, 勢威も, 北条家とで, 十八番でも, 合戦に, 向背も, 喜平, 喜平に, 喜平の, 喜平一家の, 喜平身内上林の, 地に, 城代として, 場合は, 墓所に, 外れまで, 大族赤橋家, 大親分, 大軍を, 失望落胆如何ばかり, 如くに, 学者児島尚善が, 家に, 寝刃に, 尾芝という, 尾足利の, 崩壊は, 幕府に, 幕府をも, 底ぬけな, 府を, 後に, 徒を, 悪意の, 悪政に, 悪時代, 戦国時代から, 手で, 手下, 手下だ, 手下としては, 手下は, 手下を, 手足を, 方で, 旗上げを, 旗下に, 旗風には, 時代と, 末路は, 残党が, 殿様が, 殿様で, 殿様へ, 母が, 母の, 浪人井戸なにがしで, 滅亡を, 田町という, 町に, 町まで, 町を, 目を, 石屋さんが, 石屋で, 端れ, 総領宗時, 縁者である, 美作の, 肉親の, 腹切り窟の, 若様ここに, 被官であった, 西である, 親分み, 話が, 身内にて, 軍勢を, 遺類, 郎党が, 頃へ, 館へも

▼ 北条美作~ (54, 4.0%)

4 と桃 2 であった

1 [48件] が依然として, が兵馬, が承知, が歩き出した, が真っ向, その人, だよ, でござる, という人間, という名, とはどういう, と肩, などの一味, なの, なる武士, にとってはそう, にはかなうべく, には不快, には誰, に対しては一目, に愛せられ, のご, のたたずん, の刀, の印籠, の子息, の心持ち, の懐中, の手, はあたかも, はある, はさすが, はなだめる, は一面主義, は上の空, は両国, は兵馬, は前, は抜き身, は月, は月光, は納得, は解せない, は驚いたらしい, は鷹揚, へもたらせる, や桃, を私

▼ 北条霞亭~ (37, 2.7%)

4 に与

1 [33件] が二十四歳, が京都, と其妻敬, と立原翠軒, の一週年忌, の南帰, の尺牘, の履歴, の嵯峨生活, の序, の後, の忌辰, の志摩, の手紙, の敬, の曾祖父道益, の未亡人敬, の東徙, の歿後, の竹里, の養嗣子進之, は北遊, は寛政九年, は文化七年庚午三月六日, は文化九年三十三歳, は既に, は此年文政四年, は辛, は辛巳, よりし, を喪, を感動, 第二霞亭

▼ 北条時政~ (35, 2.6%)

2 のむす, の娘

1 [31件] から召され, がある, が検非違使, が江の島, だけは彼, とか畠山重忠, とし, とて自分, とも会し, とも語らいました, と牧, などというよい, などはまだ, など彼, のごとき, のほう, の孫女, の所願, の手勢, の深窓, は何, は聟, は馬上, へ使い, もこれ, も時折, も顧み合っ, やその他, や比企掃部介, や諸, を訪ね

▼ 北条~ (32, 2.4%)

2 の足軽, の里見義介

1 [28件] ではかね, では此の間, でももちろん, とすれ, にさる者, につかね, にとって憎む, には数千, には智者, にも勇士猛卒十八万余, に占領, に洩れた, の兵, の敗勢, の武士, の武族, の籠絡, の縁故, の考, の者, の船手, の通念, の骨肉たち, はそう, は上州, へ付く, へ内通, もない

▼ 北条殿~ (32, 2.4%)

3 のむす 2 の息女

1 [27件] からも伺いました, がお立ち, が亡んだら, といわね, とご, と同席, と姻戚, におねがい, には劣らぬ, にもわが, に弓, のお, の世, の両所, の奥向, の女, の御, の御代, の御代以来, の御意, の恩顧, の深窓, はよい, へと馬, もな, も兵, を訪れ

▼ 北条~ (26, 1.9%)

10 蔵は 6 蔵が 2 蔵には, 蔵も 1 蔵どのが, 蔵どのに, 蔵に, 蔵にも, 蔵の, 蔵様が

▼ 北条~ (24, 1.8%)

1 [24件] が一手, が押し込もう, が楠, とはここ, と勝目, と戦い, と朝廷方, と武田勢, に備え, に来り投じ, に阻まれ, のことごとく, の一部, の五万, の働いた, の寄手, の数万, の最後, の軍船, の鬨の声, も武田勢, や武田勢, を相手, を破った

▼ 北条~ (23, 1.7%)

3 いたころ, 帰って 2 移って

1 [15件] あやかって, おのれ成り代わろう, まかせる, 亡ぼされた, 仕立てた, 代って, 併せ送つた, 勢援すべきだ, 寄せて, 明け渡し上田城一つ, 最後に, 渡され甲信二国, 祖父を, 移住した, 譲ること

▼ 北条幕府~ (22, 1.6%)

1 [22件] から観, では, としてはこんど, とのたたかい, にたいしてとつ, にとどめ, のこしらえ, のごとき, のため, のみだれ, の下, の内, の天下, の悪政, の歴々たち, の滅亡, の腐, の過敏, はどっち, は亡び去る, への忠節, を倒す

▼ 北条高時~ (19, 1.4%)

2 の一族

1 [17件] がたれ, が新田義貞, その人みたい, と御, どのだ, に代っ, の, の前, の同情者, の天狗舞, の生母覚海夫人, の遺子, の領, の高, はこれ, は江ノ島, は病

▼ 北条~ (17, 1.3%)

1 [17件] そそのかして, はじめとして, ほろぼすところ, 亡ぼすところ, 仆し, 動かし候由, 呪うた, 屠って, 恫喝する, 手なづける, 改めて北, 攻めたの, 発ったの, 神辺の, 見くびった, 討ちほろぼして, 遣りつけてから

▼ 北条一族~ (16, 1.2%)

1 [16件] さらには, たる赤橋殿, と見, と重臣, なら一族, のキラ星, の一人, の内, の奥, の姻戚, の滅びる, の者, の赤橋守時, を亡ぼし, を殲滅, を討つ

▼ 北条氏政~ (16, 1.2%)

1 [16件] が東郷五郎左衛門, が苦労, にたいしては梨地蒔絵, にとっては母, に仕ふ, のため, のむす, の仕方, の兵, の弟安房守氏邦, はその, は這般, へ嫁がせ, までが, も内心, を上洛

▼ 北条どの~ (15, 1.1%)

2 のお, の息子

1 [11件] か, がそう, との縁, などの推挙, にいわせれ, にお願い, は, へ身, まで, を館, 御内と

▼ 北条左内~ (15, 1.1%)

2 の前

1 [13件] がたかが, が内々, であった, とお, としても立ち去る, とは何ら, と呼ばれた, と親しく, はあえぐ, はろくろく, は嘉門, は憑かれた, は足

▼ 北条新蔵~ (12, 0.9%)

2 の体 1 という弟子, とはわし, と仰, と申さるる, のひとみ, の負傷, の身, の首すじ, へ向け合っ, までも返り討ち

▼ 北条残党~ (12, 0.9%)

1 [12件] にかり, ののろし, の上, の二, の巣, の徒, の根, の武士, の烽火, の者ども, の蜂起, の輩

▼ 北条~ (10, 0.7%)

1 かならず野望, できかけて, 倒れて, 十二分に, 小田原に, 強いの, 悪政は, 敵し得ぬに, 滅亡する, 鵬斎を

▼ 北条~ (10, 0.7%)

2 通謀し 1 側面の, 奥州だつた, 媾和する, 手を, 武田とが, 軍を, 辻川の, 長い世々

▼ 北条征伐~ (10, 0.7%)

2 となつ, の最中 1 と云う, に従わるべきである, に狩出される, に遣っ, の陣中, を起し

▼ 北条氏康~ (10, 0.7%)

1 が世, が攻め, が関東席捲, である, と戦っ, の女, の如く, の娘, の罪, を小田原城

▼ 北条泰時~ (10, 0.7%)

1 が宇治攻め, が貞永式目, に, の反対, の善政, の善政時代, の帰依, の故智, は勿論, より六波羅探題

▼ 北条~ (9, 0.7%)

1 こんなところ, ない, 亡んだ, 地から, 居るまい, 播州の, 数年前まで, 月の, 開城を

▼ 北条~ (9, 0.7%)

2 また亡びた 1 いるいずれ, 和田も, 大, 平家, 態度が, 所詮歯, 此方に対しては

▼ 北条九代~ (9, 0.7%)

3 の府 2 の終り 1 とくに今, の末, の滅亡, の裔

▼ 北条安房守~ (9, 0.7%)

1 がまた, そのほか, とは度々, の宅, の御, の斡旋, の玄関, の門, や僧沢庵

▼ 北条仲時~ (8, 0.6%)

1 だが, だった, である, の邸, はじ, はもう, や時益, 両探題

▼ 北条~ (8, 0.6%)

3 の軍学 1 のながれ, の宗家, の蘊奥, の軍配, 吊具足早着

▼ 北条義時~ (8, 0.6%)

1 が時, と兄弟力, にやぶれ, に笑われまい, のため, の手, は朝廷, は筏

▼ 北条~ (7, 0.5%)

1 で孫太郎虫, という, とかいった, に小娘, はどの, を調べ, 目ざして

▼ 北条から~ (6, 0.4%)

1 二里に, 人力車に, 出て, 東京へ, 西脇の, 辻川へ

▼ 北条一族中~ (6, 0.4%)

1 での名門, での大, では, でもかがやかしい, でももっとも, の歴乎

▼ 北条~ (6, 0.4%)

2 の危急 1 の不運, の家, は到底, を救った

▼ 北条氏討伐~ (6, 0.4%)

1 のご, の兵, の旗上げ, の計, をお, 御計画

▼ 北条英時~ (6, 0.4%)

1 が少, が蒔い, の前, はさっそく, もたちまち, を討取った

▼ 北条遺臣~ (6, 0.4%)

1 のめざす, の中, の中先代軍, の娘, の寄合軍, の族党

▼ 北条という~ (5, 0.4%)

1 ものは, 所は, 武士は, 町は, 若い武士

▼ 北条内記~ (5, 0.4%)

1 が国, といえ, の妻女, の恐ろしい, の面相

▼ 北条右門様~ (5, 0.4%)

2 とが抜き身 1 が土塀, とのこの, や鞘

▼ 北条屋弥三右衛門~ (5, 0.4%)

1 にも天帝, の倅弥三郎, の本宅, の話, は甚内

▼ 北条時宗~ (5, 0.4%)

1 がゐれ, が断乎, で鼻, は祖, もいった

▼ 北条時頼~ (5, 0.4%)

1 から始まった, が最初, であった旅僧, にほかならなかった, の時代

▼ 北条氏直~ (5, 0.4%)

2 の奥方 1 が持主, ととなり合っ, へ嫁がせ

▼ 北条足利~ (5, 0.4%)

1 などの先例, にもまさる, の徒, の時代, をはじめ

▼ 北条~ (4, 0.3%)

1 ゆく道, 引移る, 渡して, 移ること

▼ 北条~ (4, 0.3%)

1 からも五, のおや, の厩, や武家方

▼ 北条範貞~ (4, 0.3%)

1 でいま甲胄, の事, は知る, を誅し

▼ 北条~ (3, 0.2%)

2 に付これ 1 最早可

▼ 北条修理亮英時~ (3, 0.2%)

1 が全然, といった, は伯耆

▼ 北条守時~ (3, 0.2%)

1 あの赤橋殿, の戦死, は七月七日退職

▼ 北条安房~ (3, 0.2%)

1 どのと, の密命, や沢庵

▼ 北条徳川~ (3, 0.2%)

1 などの領地, などもおのおの, の間

▼ 北条~ (3, 0.2%)

1 に出陣, の為, は今

▼ 北条攻め~ (3, 0.2%)

1 に参会, の有様, の軍

▼ 北条時代~ (3, 0.2%)

1 であったの, の和田, の式目

▼ 北条時行~ (3, 0.2%)

1 の助け, の軍勢, を追って

▼ 北条治下~ (3, 0.2%)

1 のきずな, の一亀裂, の世

▼ 北条父子~ (3, 0.2%)

1 の合同, は彼, もみな幕

▼ 北条茂時~ (3, 0.2%)

1 が執権職, の方, も彼

▼ 北条~ (3, 0.2%)

1 で新関, の全国, の城

▼ 北条からも~ (2, 0.1%)

1 二里ばかり, 伊豆石の

▼ 北条そして~ (2, 0.1%)

1 その慾望, 駿遠

▼ 北条~ (2, 0.1%)

1 交友が, 現金を

▼ 北条まで~ (2, 0.1%)

1 四里馬車にて, 歩きて

▼ 北条より~ (2, 0.1%)

1 甲斐の, 筑波町まで

▼ 北条一家~ (2, 0.1%)

1 の蒙った, も承知

▼ 北条~ (2, 0.1%)

1 の沈んだ, は沈みます

▼ 北条~ (2, 0.1%)

1 の要求, へ渡す

▼ 北条内記奴~ (2, 0.1%)

1 に, 見付けること

▼ 北条右門~ (2, 0.1%)

1 だの平野国臣, の紹介

▼ 北条~ (2, 0.1%)

1 から聞かされ, は珍しく

▼ 北条家討伐~ (2, 0.1%)

1 のため, の宮方

▼ 北条左内様~ (2, 0.1%)

1 のよう, は

▼ 北条左近大夫泰家~ (2, 0.1%)

1 はまだ, は奥州

▼ 北条文化~ (2, 0.1%)

1 ともよべる, はほぼ

▼ 北条新九郎氏直~ (2, 0.1%)

1 が甲斐, だった

▼ 北条時直~ (2, 0.1%)

1 の居館, もおなじ

▼ 北条殿新田殿足利殿~ (2, 0.1%)

1 そして後醍醐, また後醍醐

▼ 北条氏中興~ (2, 0.1%)

1 のお, の名主

▼ 北条氏勝~ (2, 0.1%)

1 に使者, の子

▼ 北条氏時代~ (2, 0.1%)

1 というもの, の小田原城

▼ 北条氏滅亡~ (2, 0.1%)

1 のさい, の後

▼ 北条氏自体~ (2, 0.1%)

1 がいなみ, がすでに

▼ 北条泰家~ (2, 0.1%)

1 は右近, をあげ

▼ 北条泰時さま~ (2, 0.1%)

1 が本, 御草創

▼ 北条秀司君~ (2, 0.1%)

1 に招かれ, の令弟

▼ 北条維貞~ (2, 0.1%)

1 がつめ, を連署

▼ 北条美作殿~ (2, 0.1%)

1 のご, よ

▼ 北条~ (2, 0.1%)

1 の小説, の諸氏

▼ 北条譲四郎~ (2, 0.1%)

1 と申, の出

▼ 北条足利時代の~ (2, 0.1%)

2 もあらん

▼ 北条遺臣軍~ (2, 0.1%)

1 の信濃, の包囲

▼ 北条霞亭一週忌~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 北条顕時~ (2, 0.1%)

1 が求め得, の旧

▼1* [219件]

北条あたりの海上, 北条さんか, 北条さん先生はこちら, 北条じゅうに踊られ, 北条ずれの下風, 北条その他の交戦地, 北条その他福岡鳥取島根諸県には新政, 北条な, 北条であれ浅井であれ, 北条といった附近にも, 北条としては沼田が, 北条との通い路を, 北条とは事かわり, 北条とを見積ってから, 北条どの何処へ出かけられる, 北条など居あわせた諸, 北条などと庄田の, 北条などという名だたる弓とりで, 北条には郵便局が, 北条のみでは, 北条ほど秀吉に, 北条までの道を, 北条徳川の, 北条一味故, 北条一族人のすべて, 北条一派と相談, 北条一統の群臣, 北条一統余類の輩, 北条一門の歴々, 北条一門執権代連署引付衆などの歴々, 北条一門滅亡のさい, 北条三郎時綱さまのお, 北条与党の僧兵, 北条中期かな, 北条久時はもう世に, 北条九代百五十年鎌倉の府, 北条九代記の, 北条九代高時という人, 北条二十万の大軍, 北条二郎時行と名, 北条五代の先祖早雲入道これ, 北条今川家の領, 北条今川織田これら敵方の勇士, 北条代々でも高, 北条代表の武族, 北条以後戦乱に荒れ果て, 北条以来勇武の歴史, 北条仲時以下の四百何十人, 北条仲時以下一族数百人が自刃, 北条仲時茂時名越安達金沢父子普恩寺入道または赤橋守時, 北条何者ぞ, 北条も, 北条内記三合目陶器師と名, 北条再建軍にうばわれ, 北条加賀の前田, 北条勢力の堅密, 北条勢力圏とみられ, 北条北国に柴田, 北条十郎氏房の持口, 北条千葉その他の群臣, 北条千葉土肥その他の諸, 北条千葉畠山など並居る, 北条右門一派と知合った, 北条四郎時政の頼朝, 北条団水の, 北条を枕, 北条天下のほう, 北条は私, 北条譲墓碣銘, 北条守時様の義弟, 北条安房どのを訪れ, 北条安房守どのと申せ, 北条安房守様も手, 北条安房守配下の与力, 北条安芸などはいか, 北条宗時はいう, 北条家七代の現, 北条家九代の嫡, 北条家代々のご, 北条家前田家伊達家そのほか, 北条家存亡の大, 北条家横暴といふ声, 北条家調伏の修法, 北条家随一の名将, 北条や書写山, 北条小学纂註を蔵板, 北条屋一家は分散, 北条屋夫婦に悪意, 北条屋弥三郎です, 北条の郭公, 北条左京大夫氏政と合戦中, 北条左内殿と貴殿, 北条左内氏だな, 北条左右に引受け, 北条幕府下にこれ, 北条幕府代々の後, 北条幕府足利尊氏楠木正成とこう, 北条一門の, 北条徳川織田斎藤などにし, 北条恩顧の徒, 北条探題少弐大友等三千, 北条探題邸の襲撃, 北条支持者であった, 北条政子と同じ, 北条数馬どの源次郎さま, 北条断絶氏直追放の旨, 北条旧縁の府, 北条頼も見るに, 北条時代足利時代戦国時代豊臣時代を経過, 北条時宗執権の頃, 北条時政土肥次郎千葉常胤などを顧み, 北条時政様とめぐり会い, 北条時益のふたり, 北条時益北の越後守北条仲時, 北条時行どのであった, 北条時行以下各地へ四散, 北条最期の日, 北条末期のもっとも, 北条に退かん, 北条柴田のともがら, 北条次郎時行が諏訪頼, 北条武族を見とどけ, 北条武田に呼びかけ, 北条武田合同軍もついに, 北条武田方を敗走, 北条武田松平織田などの実力, 北条歴々の大将ゆえ, 北条殿ヨリ五百騎差越三郎殿ヘ加勢也, 北条殿九代にわたるご, 北条毛利などの窺う, 北条氏モ中興ノ主, 北条氏一族に限っ, 北条氏三代のきびしい, 北条氏三鱗の旗, 北条氏九代の栄, 北条氏以上な武断政体, 北条氏以外には政宗, 北条氏以後の思想, 北条氏全滅の憂, 北条氏内部の紛争, 北条氏再興が絶対, 北条氏則を上洛, 北条氏北条氏貴殿には望東尼様, 北条氏同様まア小田原, 北条氏塩の販売, 北条氏専横の不平, 北条氏康今川義元と婚, 北条氏康氏政の本拠, 北条氏廃帝の旧例, 北条氏房が広沢重信, 北条氏所蔵の霞亭尺牘一篋, 北条氏政どのは若さま, 北条氏政北国は上杉景勝, 北条氏政氏直父子から何事, 北条氏歴代の過去, 北条氏百余年の治, 北条氏百数十年らいの六波羅政庁, 北条氏眷属のゆゆしい, 北条氏等の庇護, 北条氏綱氏康の二代, 北条氏覆滅の策源地なんど, 北条氏規は北条家随一, 北条氏討伐朝権恢復の策, 北条氏討滅の為, 北条氏調伏がその, 北条氏調伏六波羅征め関東退治のこの, 北条氏貴殿には望東尼様, 北条氏起原説を採つ, 北条氏足利氏等の九州征略, 北条氏長のごとき, 北条氏頃には往来, 北条泰時執権の時, 北条泰時武門のつつしみ, 北条流軍学の星占い, 北条甲斐の武田, 北条にいた, 北条省為北氏或称喜多, 北条眷属の一人, 北条祐賢氏などとしばしば, 北条秀司氏も数年間, 北条秋山松平の屋敷屋敷, 北条範貞様のカ, 北条織田などへ随身, 北条美作方へもたらされた, 北条美作様を幕府方, 北条美濃守氏輝既に危うき, 北条茂時二階堂ノ入道出羽守, 北条血族のきずな, 北条血液の濃い正しい, 北条血縁の一人, 北条討伐の秘謀, 北条討滅の意義, 北条の稗史, 北条誅滅王政一統ふたつながら大願, 北条調伏の呪い, 北条の養嗣子, 北条譲字は子譲, 北条足利織田豊臣徳川の諸氏, 北条追討のこと, 北条退治の如意輪, 北条遠江守の女, 北条遠江守武田江馬渋谷狩野などの諸, 北条遠江守氏春である, 北条領や, 北条遺産の没収地, 北条遺臣どもの刃, 北条遺臣中でも歴々, 北条に於, 北条郡津山の城主松平家, 北条長時が何, 北条長曾我部みなそれぞれ名器の武将, 北条や大江広元, 北条陸奥守氏輝が後藤基信, 北条随一の重臣, 北条駿河八郎や宇佐美摂津, 北条高時その他公卿武門のかぎり, 北条高時将を遣, 北条高時足利尊氏これら逆臣の者ども, 北条高時陪臣執権の身