青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「化~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

匂~ ~匂い 匂い~ 包~ 包まれ~ ~包み 包み~ ~包ん 包ん~ ~包んだ
化~
化け~ 化粧~ ~北 北~ 北条~ 北海道~ 匹~ 区~ ~区別 区別~

「化~」 8987, 93ppm, 1191位

▼ 化~ (1602, 17.8%)

91 ている 39 てゐる 36 て行く 35 て来た 27 てゆく 25 つつある 24 ていた 16 て來, て来る 15 てきた, てしまう 13 てしまった 11 ていない, て了, て居る 10 てし, て来 9 て, て行 8 てゐた 7 たりする, てしまふ, て行き 5 てい, てこれ, てしまっ, てその, て行った, て表現, て見る 4 がある, てくる, てしまつ, て行け, て行ける

3 [15件] たり, ており, てしまいました, てゐない, て之, て永遠, て生温い, て石, て神, て考える, て考へられた, て行かない, て行っ, て行つたの, て鳥

2 [84件] それが, たりある, たりし, たり何, たるに, つつあった, つつあり, つつその, つつ在る, てある, ていった, ていつ, ていらっしゃる, てくれた, てくれる, てしまつたの, てそして, てそれ, てはいかん, てはいなかった, てはぐくんだ, てみたい, てやる, てサビ, て一般, て了つたの, て人民, て今日, て他人, て出来た, て去る, て取り扱う, て報告, て女, て宿星, て居た, て教養, て文字, て日本風, て曲水, て民衆, て水神, て水辺祓除, て流れ, て燕, て田楽, て発表, て置く, て考え, て考へられ, て考へられる, て舞台, て花, て蛍, て行かね, て行こう, て見せる, て語った, て近づき, て返した, て遂に, て鶉, て黄茅白葦満目惨憺, て鼠, の利き, はしない, 之を, 事を, 來つた, 完成せし, 平面化し, 技法で, 更に進ん, 深刻化した, 相対化す, 硬化した, 祭文化し, 祭文化する, 科学への, 絶対化し, 自分の, 菩薩の, 表現する, 電子化まで

1 [882件 抜粋] あるいは悪化, ある方向, うまくいったら, かかる法則, かくて, がつく, この山, これが, ごま化し, ささんように, したがって残虐性, すべてを, そこから, そしてその, そして之, そして夜, そのでたらめさ, その勤労, その意味, その映画化, その権力者, その餘剩品, それで初めて, それは, それまでには, それを, たりお, たりしない, たりと公言, たりのこと, たりをやらかす, たり男, たり皇室, たり罪人化, たり胡魔化, たり逃げ, たるが, たる者に, ちやいけない, つつあつ, つつあるだろう, つつけっして, つつそれ, つつ実験者, つつ最後, つつ而, てあらゆる, ていき, ていっ, ていつかし, ていやしません, ているで, ているらしかった, ていわゆる, ておかなく, ておく, ておられた, ておりし, ておりました, てかかれた, てかく, てこの, てこれから, てしまうた, てしまえ, てしまひ, てしもうていたであろう, てそこ, てそれら, てどう, てなに, てはいけない, てはいない, てはぐらかす, てはゐる, ては了, ては罰, ては邑落, てま, てまいりました, てみえる, てみる, てもおの, てもそれ, てもはや, てもゐない, ても人間, ても今, ても夫, ても永代不易, ても考へられる, ても駄目, てやがて, てやに下っ, てやらね, てやろう, てゆかなけれ, てよ, てゐぬ, てゐれ, てをります, てエケレジヤ, てチョンビリ, てフスタト, て一, て一体的, て一定, て一年近く, て一本三十銭, て一生, て七〇%, て下, て世界, て世間, て乗組員, て了うた, て了うの, て了つて, て云う, て云われる, て些, て亡びた, て人となり, て人気, て人間社会以外, て今, て仏教, て仕舞つたの, て代表, て伊能忠敬, て伝つた, て伝道, て何年, て使, て使う, て価値概念, て信長, て儲ける, て先進市川, て入れた, て公衆, て六本, て共同, て其種族, て再, て分かり, て分離, て切り抜ける, て初めて, て劇, て動的, て北海道, て千種萬樣, て卵, て参りまし, て參, て取り扱った, て叙事気分, て同時に, て名, て君子, て四角, て国家社会, て国民, て地方文化動脈, て変態的, て外部的, て多作, て夜, て大蛇, て天神, て女郎花, て妻孥財寶, て学問, て安土, て官人等, て官能, て実現, て實際これ, て小谷, て居たらしい, て居り, て居るなら, て山の神, て岩魚, て巡る, て市民, て常に, て引き, て弱い, て彼, て御馳走, て恐縮, て意義, て感じられる, て戀愛, て我々, て所有, て手, て扱う, て押しつけ, て持っ, て指摘, て描い, て支那, て政治闘争, て教え, て新, て映画, て更に, て書きとどめた, て有, て村落生活, て来られる, て来得る, て東印度, て極めて, て正に, て歩い, て歪められたる, て残, て残つた歌会始, て氏子, て気分的, て派閥, て消極的, て特に, て特殊化, て猿女伝承, て現れる, て現在, て理会, て生じたる, て用, て異物, て的, て皇帝, て眺めたかった, て確り, て社會生活, て社會的, て神人, て秀子, て笑いました, て答えよう, て終つて, て維持, て置きたかつた, て置きます, て翻案, て考えられ, て考へ, て聞える, て肉迫, て自分, て自殺, て荷物, て落着けた, て蛤, て衆徒, て行かう, て行きたい, て行つた, て行つて, て表そう, て製品, て見, て見ず, て見られる, て解釈, て言, て言え, て詩畫, て読む, て警視庁, て豊斎念仏, て貧弱, て賞め, て跡, て農民, て追従贈賄, て進歩的, て遊び, て遺, て長歌, て陰, て雄藩ブロック, て難なく, て顧みなかった, て騒擾, て鬼, て魚, て鰻, て鹿, でプロレタリア婦人, で実は, で老子, とですぎ, ながらお, ながらこれ, ながらも平安末, ながら實, ながら彼女, ながら手繰っ, にくい性質, によって支配階級, に持っ, に過ぎぬ, のよう, の妥協, はする, はないです, はゆるさん, ほぼあます, また形式化, もしなかった, もない, もはや蔽うべからざる, やがてコスモポリタン, やすい, やすいの, や神秘主義, ようは, よって以, をいうた, をその, を暴露, を許さなかった, チェホフに, チンピラ小學生の, フランスの, マリア皇后の, マンネリズム化する, 一すじ縄で, 一八三一年彼の, 一般徳目と, 上手の, 主体化する, 之等を, 事実上の, 人々題目を, 人間を, 人間化し, 今日の, 仙台様に, 以て, 伊太利独逸等の, 低下し, 体系化し, 作品が, 作家としての, 例えば茶道, 保険会社の, 倫理化し, 傳説を, 全く主観的精神, 其の下, 内容が, 凜, 凡庸化する, 分析分化する, 初めた, 制約し, 劇的な, 動物化し, 即ち暴露, 又は戯曲化, 又は拗, 又は省略, 又普遍化, 又著しく, 反動組織を, 口前の, 同時に踊, 同月二十八日松方内閣は, 名を, 味識する, 固定する, 固定化した, 国内市場を, 国民化する, 堅牢化する, 大腹立ち, 女性の, 子孫を, 宗教化し, 定式化し, 客體面における, 宮永町の, 小才智人化, 小説化し得る, 展化せしめる, 帰納する, 平凡な, 幾つもの, 広汎に, 形式化す, 形式化する, 得たるが, 從て, 心理の, 性格化し, 惰性化した, 我々の, 或る, 戯画化し, 技術化する, 抽象し, 抽象化する, 指導し, 支那事変に, 敷衍し, 文学風に, 新しい年中行事, 方には, 方程式化し, 明子という, 易いとは, 易い夕, 易く面, 普遍的な, 更に又, 未來の, 本質化し, 様子を, 機械的な, 次に現, 歴史の, 毒薬化し, 永久化そうと, 法律化し, 洒脱化し, 深刻化し, 深化する, 演劇化する, 無中心化, 熱狂的な, 爛熟した, 物語を, 現実化さす, 理想を, 生活を, 生長を, 用の, 発狂化し, 盡くされず, 矛盾は, 硬化させ, 硬化し, 神格化し, 神聖な, 科学化し, 科学化した, 空間化する, 立体化する, 笑いを, 簡易迅速に, 精神主義化し, 系統化する, 組織化し, 結論へ, 美化し, 美辞や, 耕作機械刈入, 耳と, 職業化し, 能率化し, 自殺化した, 自然科学は, 自由化す, 舞踊を, 薬である, 衰弱し, 衰弱する, 規模は, 観念化し, 觀察者の, 解釈学化し, 詞章を, 話と, 論理化し, 警察を, 象徴化した, 貴重なる, 輿論を, 農民の, 追つて, 通俗化した, 連発な, 遂には, 遂に一切, 遊戯化した, 過去の, 道徳家振りし始めた, 銭勘定に, 霊獣化し, 非本能化, 顔に, 風俗を, 黒い睫毛

▼ 化する~ (745, 8.3%)

42 ことが 30 ために 29 ことは 23 ことを 20 ことに 14 ことによって 12 ことである, ものである 11 ということ 9 のが, のである 8 ことで, のは 7 ことなく, ことによ, ことも, ための, といふ, ような 6 ように 5 ことの, ものは 4 こと, ところの, もので, やうな

3 [12件] ためには, というの, にあらざれ, にある, のに, ものと, を魄, 事は, 力を, 必要が, 方が, 為に

2 [35件] かの問題, ことと, ぞよ, という, という大, という意味, と同時に, に到, に至った, のだ, ので, のであろう, のです, のも, の傾向, ばかりでなく, もの, ものであり, ものに, やうに, 一方な, 一種の, 予定の, 事が, 事の, 以前には, 力が, 力は, 必要は, 所から, 方法が, 本当の, 為の, 英米的な, 風潮が

1 [338件] ある瞬間, おそれ, かそれで, かという困難, かといふ, かといふ事, かといふ樣, かとかという問題, かにある, かによってそこ, かに吾, かね, から子供, かわからない, か之, か敵国, か自我, がゆゑに, が八雲君, が故に, が理想, が身體, ぐらゐの信念と, こそ又, ことから, ことだ, ことだけが, ことだけは, ことであります, ことでなく, ことでなけれ, こととは, ことな, ことなし, ことにおいて, ことにこそ, ことによる, ことのみに, ことよ, ことをの, ことを以て, こと之は, こと即ち, こと彼ロオト, こと疑ない, こと能わず, こと自身が, この器, これなり, しかし彼, し二人, そこに, ためにこそ, ためにも, ため大抵は, ため言論や, だけそれ, だけでせう, だけでなく, だけで格別進歩, だけのエネルギー, だけの事, だけの論理学的惰性, であらう, と, というこの, というさながら, というなら, という事, という仕組み, という媒介作用, という感, という政治, という日本, という点, という稀有, という課題, といっ, といふ任務, といふ感, といふ顕著, とか云, とか或は, とき奧多摩の, ところ, ところに, ところにこそ, ところまで, ところ故に, とともに主人公, とギリシア, とダメ, と云う, と云っ, と云った, と共にそこ, と共にふりごと分子, と共に人神信仰, と共に彼, と共に教養, と共に階級的支配, と単なる, と同じ, と夫權, と常世, と政治, と書けなくなる, と申す, と聞い, にいたる, について保守陣営, について思想家, につれて同じ, につれ文字, にとどまり, にはこれら, にはまだ, には一個, には人件費, には仇おろそか, には他, には併, には又, には呪文, には少く, には有名, には特に, にもこの, に依っ, に如かず, に巧み, に当, に当り, に役立つ, に従い遂に, に必要, に至っ, に至り, に至る, に至れり, に足る, に過ぎない, に違, に際してのやむを得ない, に非, に非ずし, に非常, ね, のかも, のであった, のであらう, のであります, のでございます, のでそこ, のと, のに他, のに恐らく最も, のに著しく, のみが詩人, のみである, のを, の力, の功, の危険にまでも, の日, の結果として, の謂, はいわゆる, はかない人間, はローマ帝國, は必ずしも, ばかりで, ほうが, ほどの大, ほどの大胆, ほどの酒, まで, までにはなっ, までの年数, までの期間, ものあり, ものある, ものが, ものだ, ものでなく, ものなり, も其儘事實, やうにも, やう努力したい, や否や, や直に, より道, をみ, を乃ち真宴, を得べし, んだ, エネルギーを, ブルジョア, 一には, 一面に, 中和手段を, 主体の, 事なく, 事なし, 事に, 事によ, 事も, 事を, 事多き, 事実を, 人に, 人間の, 仕事に, 企てと, 作業の, 傾きが, 傾きを, 傾向に, 傾向は, 傾向を, 働きの, 公平な, 処から, 処に, 処津軽地方のみ, 前家ごと一隅に, 副演出, 力とを, 力の, 力や, 力量の, 努力と, 努力を, 危険は, 危險が, 可笑しさ, 可能は, 呪詞神の, 喜びに, 喜劇作者の, 器用な, 困憊ばかり, 国, 地味な, 堕落についても, 場合に, 場合には, 場合を, 境遇に, 外に, 多くの, 大事な, 天の, 天龍が, 始めで, 季節はずれの, 宗教戦争の, 小市民インテリゲンツィア, 常識的解釈によ, 底の, 弁証法的な, 弊は, 当然さ, 形勢に, 彼女を, 径路を, 必要に, 性格と, 恋でした, 恐れが, 情熱が, 愛と, 所と, 所以に, 所行の, 手がかりは, 手段として, 手段や, 手腕が, 技術を, 接尾語で, 政策の, 整頓, 文学の, 方向に, 方式である, 方法は, 方法手段に, 方言的の, 日が, 日本の, 映画の, 時それまで, 智識と, 最初は, 根強い力, 様に, 権力の, 機智である, 機能, 機能を, 段には, 母胎であった, 気は, 気遣いは, 永遠性においては, 滑稽を, 為には, 理窟を, 生命の, 痕跡を, 登場人物の, 矛盾の, 研究に, 祕義を, 程認められ, 美觀と, 者多く, 背景も, 能力の, 自分自身を, 表現として, 複雑奇怪な, 言語は, 計画が, 計画を, 語づかひである, 語尾の, 調子の, 論拠と, 責任を, 辺には, 道において, 面の, 風が, 骨を, 魔力は, 點において

▼ 化した~ (679, 7.6%)

25 ものである 18 のである 17 ものが 15 もので, ものに 14 のが 12 ような 11 のは, ものだ 9 ことは 8 ものと 6 もの 5 ものを, ように 4 ことに, ということ, ので, ものな, ものは, やうな, 日を 3 がその, というの, と云われる, に過ぎない, のであった, ものであり, やうに, 一種の

2 [29件] か, かのよう, ことを, ところに, と思いました, と言, に違, のだ, のです, ばかりでなく, ものか, ものだった, ものであろう, ものでなけれ, ものとして, ものとは, ものの, ものらしい, 一部の, 中性人の, 事である, 事を, 古語及び, 形である, 時代の, 樣な, 画家も, 程度の, 美しさ

1 [398件] いつもの, お国, お祭り, かということ, かと思われる, か新聞記者, か札, がたと, がどうしても, がまだ, が世間, が徳川, が正しく, が殊に, こと, ことが, ことである, ことでなけれ, ことなどが, ことについての, ことも, この哲学, この表現, そして日本人, その描写, その獣, ため六十日餘り, だけで, だけのもの, つて駄目だ, つて鮮人は, つもりで, であらう, という事実, という特色, という牽強附会, という程度, という義, という説, といえ, といっ, といふの, といふ特徴, といふ點, とかそんな, とかで牢屋, ときだつた, ときには, とき畢竟, とこで, ところの, としてそれで, としても敵, とすれ, とだけで, とてどうせ, とはいい, とはいえない, とは云え, と共に都市, と同時に, と思われる, と慨歎, と言っ, と言つて, と酔い, などと云う, に対して官僚的ファシズム, に相違, に違い, のかと, のかも, のだった, のであつ, のであります, のであろう, のでない, のでロンドン, ので凡そ, ので孔雀, ので富山, ので當, ので結局例, のには, のみで, のも, のや, のりとを, のを, ぶんと, ほどに日本人, までの事, まんまの, みごとな, ものかな, ものだらう, ものであった, ものであったろう, ものでありたい, ものであります, ものであれ, ものです, ものでない, ものという, ものとでも, ものとも, ものなども, ものにな, ものに対して, もののほか, ものの毎日, ものらしく, もの以外の, もの煙草の, も同じ, わけだ, アゲクに, アレキサンドル二世が, インター・カルチュラルな, エティケットの, ギリシア, クララの, コプト織, ジャーナリズムの, スタンドが, セレナーデよ, チチコフの, デンマルク語を, ナンセンスだ, バラック住民の, ブルジョアジーが, ブルジョア哲学の, ボルツマンの, モールス符号で, 一事に, 一作家が, 一般的通用性に, 三四世紀の, 上では, 世界に, 世界は, 世界ブルジョアの, 中国と, 中央日本語との, 主體, 事であり, 二つの, 五体の, 五倫思想では, 人が, 人では, 人形が, 人柄を, 人物の, 人間群の, 今でも, 今様と, 仏像仏画にも, 代え文字と, 以上一日も, 以前既に, 伝統の, 低い道徳, 作品非, 傑作である, 傾きが, 僧侶を, 光景であった, 兵隊は, 処で, 分子とが, 判例も, 刺身や, 剽軽で, 功績も, 勤労者の, 勿論たっ, 化外の, 卜部流の, 印度の, 叙事詩に, 叙事詩は, 叙事詩を, 古い姿, 合理的解釈で, 呪詞を, 品物ばかりが, 哲学としてしか, 哲学の, 哲学者は, 団体を, 土一揆や, 土地の, 地方で, 地方人の, 地方気質の, 場合この, 場合に, 場合にのみ, 場合の, 声調と, 変貌だった, 外人は, 夜の, 大扇, 大通りや, 天狗さんの, 女である, 女です, 女を, 女性の, 女神であっ, 女神の, 奴等を, 好致, 妻君の, 姓名だ, 婦人の, 学者の, 宗匠等々が, 宗教に対する, 小乗仏教の, 小市民, 工場に, 帝国主義日本の, 常用文句として, 平が, 建築物の, 強いて強調, 強さ, 形で, 形に, 形には, 形を, 彼の, 彼自身だった, 後で, 後は, 後迄も, 恐怖を, 意識によ, 所に, 所の, 手段に, 手法を, 抗日分子と, 支配階級が, 敗残兵が, 文化そのものの, 文字が, 文学とは, 文学精神における, 文芸復興熱に, 新リアリズム, 方面は, 日常生活とともに, 日本で, 日本での, 日本では, 日本と, 日本の, 日本人も, 日本的民族国家イデオロギー, 日本語が, 旧来の, 旧演芸, 時であった, 時です, 時に, 時にのみ, 時には, 時は, 時一本の, 時代で, 時代でも, 時代に, 時代にも, 時代錯誤的な, 暴兵にも, 書き物や, 有機物こそは, 本能の, 某, 案内人を, 概で, 概要的な, 様な, 様子が, 模様が, 模造品で, 歌らしい, 武士どもの, 武士道である, 武道界に, 歴史と, 歴史を, 気分が, 水の, 波動を, 清家博士の, 演壇から, 灰色の, 点で, 点に, 無能の, 無韻の, 焼け跡に, 爲である, 父の, 物から, 物で, 物である, 物理學を, 物語である, 物語にも, 状態に, 状態の, 状態即ち, 独占資本による, 猛兵, 獣に, 獨斷論として, 玩具や, 理由は, 理由を, 琉球でも, 瓣が, 甚だしい騰貴, 生活が, 生産関係の, 町や, 畫家に, 痕は, 盲僧も, 知識は, 社交的行事あるいは, 社会主義運動を, 神像の, 神意現れ, 神道では, 禅宗だけ, 私, 私の, 第一歩が, 算盤の, 精神が, 精神という, 系全体にまで, 素晴しく, 組合旗が, 結果である, 結果其の, 絞殺婦人死体が, 自分の, 自己の, 自然である, 自然主義によって, 良識の, 芸術家の, 茶の, 藁人形を, 藝術は, 街頭の, 表現や, 被告飯田七三, 言葉であっ, 言論構成な, 記述である, 記述法を, 証拠の, 試衛館独裁下の, 説話とが, 説話の, 調子の, 諸元素, 諺にも, 警醒者であったろう, 谷の, 資本主義的乃至, 資本家の, 赤色の, 趣も, 農でなけれ, 返事を, 連中は, 連想からの, 過大評価から, 道徳的緊張力である, 都会の, 野鼠との, 量では, 鉄筋式リアリズムに, 際の, 音に, 顔, 顔を, 風景の, 魚を

▼ 化~ (658, 7.3%)

44 ために 24 皮が 21 皮を 16 ための 9 ような 7 方向を, 過程に 6 ことで, 可能性を, 問題は 5 一つの, 問題が, 課題が, 過程を 4 ためには, ように, 者で 3 ことは, 傾向と, 傾向は, 問題に, 問題について, 声は, 方向に, 現実が, 職場

2 [27件] ことが, ことを, ものか, 一つとして, 傾向を, 原理である, 原理に, 原理は, 原理を, 問題を, 場合の, 完成という, 意味を, 手続が, 方が, 方は, 方向と, 時代だ, 概念に, 機縁が, 段階に, 点で, 皮の, 速かさ, 過程で, 道は, 面を

1 [399件] いくつかの, お礼から, お蔭などでは, かげに, きっかけを, ぎりぎりの, くせで, こういう片, こころみは, ことである, ことに, ことも, ごまかしと, すりか, すりかえは, その常識自身, ためか, ためにも, ため努力せね, ため国立国会図書館の, ため農産物価格の, ときには, ない社会文化, なかに, ものとして, やうな, やりかた, よく出来, アジプロ劇は, キー, チヤンピヨンだ, ブルジョア的概念が, ブレーキと, プログラム原案が, ロマンチシズムである, 一つである, 一人あり, 一形式として, 一歩と, 一歩手まえ, 一点で, 一競争に, 一道程かも, 一面だけでも, 三つの, 上に, 上の, 上塗りの, 上行菩薩たる, 不徹底, 世界, 世界に, 世界へ, 主, 主を, 主観的方便による, 主題に, 九州地方に, 事情において, 事若州に, 人民的な, 今の, 今日の, 仕事を, 仕方が, 仕方それ自身が, 令たる, 令と, 以前の, 伏線とは, 伝統を, 低迷に, 余沢は, 作と, 作法として, 作用によって, 作用も, 作用を, 例として, 停頓や, 傾向とも, 傾向に対し, 傾向の, 働きを, 僧と, 充実によ, 先鋒と, 先鞭を, 光を, 全面に, 八卦山頂の, 具体性を, 出ないやう, 初めである, 初年から, 制限の, 創造的全面を, 力を, 力を通じて, 功と, 加わった観察, 努力の, 動きが, 動きそこに, 動きは, 動力とも, 動向に, 動機に, 動機を, 半面である, 危機にたいする, 危険が, 危険を, 原, 原則は, 及ばざる僻陬, 及ばない姿, 口, 句を, 可能性, 可能性に, 名に, 名の, 名を, 吸血鬼な, 味を, 呼声と, 唯一の, 問題, 問題では, 問題でも, 問題においても, 問題労働人権擁護問題憲法改正問題総, 問題科学的啓蒙の, 問題選挙への, 問題電化の, 四生あり, 因を, 困難は, 地蔵尊, 型について, 基礎である, 場合に, 場合は, 外では, 外の, 外政改革も, 多い表現, 多少によって, 夢は, 大乗精神は, 大規模, 夫, 奇趣妙景を, 契約の, 契約を, 如き錯覚, 姿だった, 字, 字は, 完全な, 宗衣を, 実情を, 実現が, 実現などは, 実行第, 実証と, 実践として, 実践において, 実践によって, 実践へ, 容易に, 小紋三という, 嵐の, 希望と, 強味は, 形を, 形跡を, 後には, 後を, 御連中, 徴し, 徹底と, 必然的な, 念が, 思想によって, 思想無私と, 急速に, 悲劇か, 意味が, 意味である, 意味も, 意図が, 意欲が, 意義によって, 慶庵と, 慾望が, 成功を, 或段階, 戦争その, 手段を, 手続きを, 手軽さ, 手附なら, 持久的過程が, 推進者その, 提唱と, 支えとして, 政策それ自体には, 政策は, 政策を, 方で, 方向から, 方向しか, 方向とは, 方向にばかり, 方向へ, 方法, 方法である, 方法としてのみ, 方法は, 方法も, 方法を, 方程式, 方策が, 方針を, 旅を, 時代, 時代が, 時代には, 時代も, 時期が, 時間的過程の, 暢気さ, 曁ぶ, 最も有効, 最も透明, 最大の, 最高の, 有力な, 有様世界の, 有無は, 期待に, 未だ浅い, 未だ醇, 本質を, 根本的モメントは, 極は, 極まる果, 極致に, 概念は, 概念へ, 様な, 様に, 機関, 欠如という, 欲求が, 欺瞞の, 欺瞞性を, 正反対物, 歴史が, 歴史の, 歴史を, 歴史的本質を, 段階も, 気分が, 水準を, 決定的な, 流行する, 浅かった, 澄明な, 瀧等觀るべき, 焦点に, 熱の, 燻蒸を, 特色を, 犠牲とだけ, 現われとして, 現実に, 現実の, 現実を, 現実的な, 現状を, 現象であり, 現象と, 理想にも, 理論によって, 理論に関しては, 理論の, 理論は, 理論信用の, 甚し, 癖で, 発展にとって, 発展を, 皮, 皮は, 皮血の, 目的は, 目的を, 直前の, 看板として, 研究にまで, 研究は, 確立です, 社会人には, 社会機能は, 社会的機能を, 神に, 秘訣を, 程度の, 種ぐされをしんから気の毒に, 積極的任務が, 立そい, 端緒が, 第一年, 第一歩である, 第一歩は, 第三, 第二段, 精神が, 純粋性は, 素地を, 経済, 結果であっ, 結果であり, 結果どこでも, 總ての, 肉の, 興味で, 苦心が, 萠芽は, 蔭に, 虚偽である, 虚偽は, 行はれた, 衝動が, 裂けめを, 複雑な, 要因として, 要望が, 要求, 見本だ, 観を, 観念であり, 観念と, 観念的反映である, 証拠として, 話かい, 話が, 話は, 話を, 課題に対して, 課題の, 論旨や, 諸公これが, 諸問題, 諸悪を, 諸課題, 謂である, 資格を, 足音が, 路を, 軌道, 輕業を, 逆流現象を, 逆諷刺, 途が, 途には, 途上で, 途上における, 進み行く先端, 進行によって, 遂行者が, 遂行者として, 過程から, 過程が, 過程にとって, 過程の, 過程を通じて, 道では, 道へ, 道を, 道程で, 邪魔を, 邪魔払たり, 部分を, 間に, 際に, 際蘭学の, 雪も, 非を, 面が, 面で, 面であった, 面も, 頃で, 領域を, 首きりの

▼ 化され~ (506, 5.6%)

75 ている 23 てゐる 12 ていない 11 ていた 10 てゆく 8 てい, て行く 7 つつある, て来た, て来る 6 てゐない, て了, て来 4 てしまう, てしまっ 3 てきた, て私, て表現, 平凡化され

2 [20件] そこに, それから一つ, つつあった, て, ていく, ており, てき, てくる, てし, てしまった, て人格, て初めて, て問題, て居る, て現われ, て現われる, むしろこの, 地につき, 民衆化され, 絶対化された

1 [260件] いよいよ好色漢師直, これによ, さえした, すでにあらかじめ定められた, そして教育者自身, そして近代, その意味, その結果, たとえば鋲, たり廃棄, たり紛らされ, ちゃア, つつあり, てあり, ていき, ていたら, ていつた, ていなかった, ていなけれ, ていま, ていました, ておらない, ておりませぬ, ておる, てから耕作面, てきました, てこそ女, てこの世, てこれ, てさえいる, てしまい, てしまいました, てしまつたの, てそうして, てそこ, てはいる, てはっきり, てはつきりブルジヨア, てはならない, てはねかえし, ては居, ても, ても不要, ても依然, ても全く, ても北野家, ても又, ても新聞, ても科学化, ても自分, てゆかなけれ, てゐ, てゐた, てをります, て一人, て一層, て一種他, て一般に, て下, て今や, て今日, て仲仕, て例, て例えば, て停滞, て働く, て其, て出来た, て出版企業, て勝手, て即席, て取り出され, て報道, て家具, て対立, て居た, て展開, て崇めね, て市中, て彼ら, て必ずしも, て怖, て慰安, て所謂, て扱われ, て描かれ, て描かれた, て文化形象, て文学, て日常生活, て時間, て書かれ, て来るであろう, て来れ, て森静子, て物語られた, て独逸, て現われざる, て現われた, て理念, て理解, て理論的, て田楽, て眼, て社会プロパー, て神, て禅学, て私たち, て稲, て空, て結局, て若い, て行き, て行きます, て行くだろう, て行った, て見える, て見出される, て視点, て語り伝えられ, て重力, て音楽, なおざりの, なかなか辛辣, ながらどっしり, ながらもこれ, ながら再び, なぜか, にくいか, はしない, ほとんど全市一, また優雅, やすい, わが国独得の, われわれの, ウィリヤム・パウエルの, オール文学主義, クリスチャン化された, スピード化され, ダダ化され, ノンセンス化され, フスタトと, ユーモア化され, 一九〇〇年舞台で, 一般の, 一般化される, 世界に, 世界は, 主体化された, 主観的な, 主題化される, 五年後には, 人情化され, 今日の, 何かしら魅惑的な, 俗流化された, 個人営業の, 偶像に, 全部で, 共通化され, 具体化され, 具体化され活きた, 内容は, 労働者一人が, 勝ちである, 医学が, 単純化され, 単純化された, 又一段と, 合理化され, 同時に人間, 商品化され, 図式化され, 変態化され, 外界に, 夥間だ, 天才化される, 孤立化され, 定着された, 定着されね, 実現される, 客観的な, 対象化された, 小説自体理論と, 尖鋭化される, 展開される, 常に現実, 平板化された, 引き緊つた文體は, 形式化される, 彼の, 彼を, 御都合化, 徳川時代に, 必然化され, 悪いもの, 感覚化され, 或いは同じ, 抽象化された, 拡大される, 播種面積が, 擴大され, 新語辞典に, 日常化され, 日本としての, 易いが, 春の, 普及された, 最大限度に, 未来化され, 本能化される, 構成化され, 機械化され, 止揚され, 止揚される, 殊に空間的像, 段階性を, 気質化される, 洗煉され, 父自身は, 特殊化せられた, 猟奇化され, 病人化された, 発展せしめられ, 監視され, 社の, 社会化された, 神経は, 科学化されきれない, 空想化された, 箇別的な, 純真純美化され, 組織化された, 組織化される, 結晶化された, 統一された, 絶対化される, 美化され, 而し, 肉体化された, 自由競争によって, 若松で, 表現化され, 装飾化され, 計画化され, 誇張に, 誇示され, 語義が, 読者の, 賃銀の, 資本家や, 超現実化, 超階級化, 農業は, 農業生産は, 重荷を, 鉄道が, 限定され, 頽廃化させられ, 高い律動表現

▼ 化された~ (405, 4.5%)

13 ものである 10 ものに 6 もので 5 のである, ものが, ものを 4 ものだ, ものと, ものは, ような 3 女の, 姿で

2 [17件] からである, のが, ので, のは, のも, ものであり, ものでなけれ, ものの, 一つの, 典型的人物が, 場合の, 工藝より, 工藝よりも, 形式的直観と, 意識を, 日本の, 組織が

1 [305件] いつもその道, かということ, かの革命, かはまだ, からこそ人々, から父, ことが, ことによって, この政局, この時期, すがた, その尊い, その様式, ということ, というよう, という史実, ときに, ときはじめて, とき最早, ところで, ところでは, とでもいう, と云っ, と云われ, と云われる, と考える, のかも, のだ, のであった, のであったろう, のを, ばかりでなく, ひとつの, ほどは貧窮化, ままである, もの, ものがの, ものであります, ものであろう, ものでした, ものという, ものとして, ものな, ものなる, ものにまで, ものの側, ものの延長, もの意識の, もの科学的に, もの程, ようで, ように, んで, アジテーションである, イデーイデーの, キリスト教徒ら, ゴーリキイの, システムを, ジコーサマの, ジャーナリズムの, ジャーナリズム概念の, ソヴェト同盟を, テンポに, フランス趣味という, ブルジョアジーは, ヘーゲルの, ヘーゲルは, ベートーヴェンの, ペッシミズムの, モメントに, ユダヤ人ら, 一セットの, 一例は, 一匹の, 世界に, 主権の, 争闘を, 享楽主義である, 人, 人では, 人体の, 人物で, 人物である, 人間の, 人間像が, 今日の, 代表的な, 会堂の, 作で, 作品である, 作品は, 作風を, 例外の, 個々の, 傳統に, 傾きに, 公の, 公的半, 典型だろう, 処の, 分業の, 劇団なり, 労賃基金説の, 化物と, 十字軍である, 卑俗な, 卑屈な, 即ちひとつ, 又は組織化, 古典的で, 句である, 吉見の, 味は, 哲学や, 問題に対しては, 善良な, 回顧の, 図書館の, 国内の, 国柄において, 均衡価格変動の, 執務の, 堂々たる力作, 場合その, 場合には, 場合もはや, 場合を, 場所として, 大阪弁であっ, 天の, 天才の, 女という, 好奇心を, 姑その, 姿が, 姿じゃ, 姿である, 姿に, 姿は, 嫉妬が, 存在である, 学術を, 家事に, 家庭, 対象の, 小市民, 小林の, 小英語, 小説でも, 少女を, 山や, 工藝に, 巨大な, 己れ, 市場は, 常識を, 平面さを, 幸福今の, 幽霊は, 形式的直観である, 形式的直観でなけれ, 形式的直観を, 形式的言葉で, 形態だ, 形態である, 形態な, 形態に, 形態を, 彼らの, 彼女らの, 後に, 思想こそ, 思想という, 性格に, 感じです, 所有者を, 才能の, 技巧の, 技術の, 技術偏重論でも, 支配力の, 数字に, 新味から, 方が, 方針に従って, 族長家に, 明白説, 時, 時だけ, 時に, 時は, 時代である, 時僕は, 暴動だ, 更生から, 書棚に, 有様だけを, 本質の, 極端な, 構図で, 機関を, 歴史, 残骸である, 殺人魔を, 民主主義の, 河内山一代の, 活動用具だ, 海港都市に, 淡彩の, 演劇の, 無韻詩の, 特質一つの, 独得の, 猩々な, 現実が, 生活から, 生活と, 生活に対する, 男性への, 町方役人又は, 直観空間は, 相対論は, 真理諸説, 矛盾で, 砂糖を, 社会の, 社会科学的語呂が, 神という, 福々しさ, 科学を, 科学をば, 科学的な, 程度で, 種そのものは, 空間こそ, 空間を, 範型を, 範疇使用法以上かも, 精神を, 純潔は, 純粋度を, 組織, 経済再建の, 経験の, 結果だ, 結果であろう, 結果遂に, 統一を, 統一的な, 線的時間において, 美こそ, 翻案, 翻訳で, 者である, 能動性自由主義的立場という, 能率増進の, 自分の, 自我が, 自然の, 自然主義, 自然科学的現象な, 自衛の, 興趣も, 英雄です, 菜園である, 蝙蝠が, 衝動の, 表現の, 表紙の, 被服である, 装備も, 裏面の, 西行は, 規準的事実の, 規範で, 親しさ, 観念, 観念に, 言葉, 言葉を, 言語, 詩であった, 語義としては, 説が, 調査方法に, 諧和ある, 諸形態, 資本主義の, 農業が, 農民という, 農民に, 近代芸術が, 進歩という, 避暑法だ, 部分から, 部分では, 部隊が, 都会的感覚を, 量質で, 阿呆陀羅経は, 限りの, 階級対立の, 電気という, 非アングロ・サクソン的倫理学者グリーン, 高級の

▼ 化~ (360, 4.0%)

8 意味する 4 結果する 3 必要と, 意味し, 経たもの, 経て, 考えて, 行つて見せた

2 [26件] して, そらそうと, それ故に, 云々する, 受けて, 口実として, 実現する, 必要される, 慕うて, 拒否し, 提唱する, 援助すべき, 支持し, 求める傾向, 物語って, 目標と, 目的と, 示して, 笑い去るに, 經た, 要求する, 見て, 計って, 計ろうと, 邪魔する, 阻害しよう

1 [278件] あげて, あっせんした, あやうくする, あらゆる方法, いうとき, おくらすこと, おし進める努力, おそれて, かきみだして, かきみだす役目, かたく約束, ここで, さまたげて, したうえ, すくうため, すくったの, するには, するよう, そこに, その改革案, その方法, たくらんだの, ながすは, なしたるもの, なすため, ねじまげる古い, ねらつて, のぞみその, はかる, はかること, はかるに, ひき起したり, ほかに, まねかなければ, まねく性質, みちびき出して, めざして, もたらしたと, もたらすか, もつて, やり始めて, やるので, よぎなくする, 一つの, 一日も, 与えた, 与えたもの, 与えた上, 与えた人, 与えるため, 与える方法, 並べて, 主張する, 主題と, 予想する, 云々し, 人々は, 人的条件のうへに, 人間として, 今すぐ, 任務として, 企つべきで, 企てねば, 企図し, 伴いつつ, 余技と, 使命と, 例の, 促すといふ, 促進する, 信じて, 信じなかった, 信ずるところ, 修め能く, 億万欺年に, 免れて, 出して, 前もって封じ, 創めた, 助けるもの, 努めなければ, 卓抜な, 却って抽象化, 受けた, 受けたと, 受け取ること, 叫び出ししかも, 叫んで, 名目的形式的な, 含むこと, 含む時幾何学, 告げて, 唯片端, 図る, 図るの, 図る以外, 基礎と, 堰きとめ武士道, 大に, 奪ふ, 如何とも, 如何に, 妨げ, 妨げるほど, 妨害する, 威脅しはじめ, 嫌つて写実的手段を, 守り通しそれ, 完成しよう, 完成に, 実現しなけれ, 実行し, 実行した, 実行するでしょう, 実証する, 宣べて, 宣伝した, 宣揚する, 實現する, 導き入れること, 希望し, 希望する, 弘めず寤寐, 強いられる機会, 強化し, 強要せられ, 従って同時に, 得たもの, 得ない限度, 徹底させる, 徹底し, 徹見し, 志して, 志し売人, 思想憲兵化を, 急ぎたがる傾向, 急ぎ神秘主義者, 悲しんで, 想像し, 意味しよう, 意味するであろう, 意味せね, 意図し, 意識的に, 感ずるの, 扱ったドラマ, 技術という, 抑圧する, 招いたという, 招いて, 招いては, 拡大出来ない, 挙げて, 推進する, 握って, 支持する, 教え衛生, 文字通り自分の, 早くするだろう, 早めたの, 早める事, 最も力強く, 最小限度に, 望み現代, 期し封建的教育専制, 期待する, 条件と, 条件として, 来したの, 来たしたという, 来らしめたその, 極めて阻碍, 極度に, 樹木に, 欲し, 欲する方, 求むるを, 求めて, 求め一般, 決める, 決定した, 決定的に, 準備する, 演説し, 為し九種類, 父に, 片はし, 狙ったもの, 狙った二つ, 獅子吼さし, 獲得した, 現実的に, 生活の, 生活上に, 疎かに, 発見し得る, 目ざして, 目指した跡, 知らざるがため, 研究し, 積極的に, 第一歩において, 経たの, 経た士道, 経た結果, 経ねば, 経験した, 絶叫する, 縛らせるより, 考えた場合, 考えなくちゃ, 脱して, 脱する芸術家, 蒙ったかは, 蒙むること, 行い得るとか, 行うこと, 行って, 行つてゐる, 行ない一つ, 行ない生産制限, 行なうという, 行わざるを, 表わして, 要する惡質, 要求させる, 見せられると, 見た, 見たと, 見た者, 見ること, 見るのみに, 見る如きこと, 見出すべく愛, 観るといった, 観瞬転, 解体し, 触発する, 計ったの, 計らなくても, 計るため, 記念碑的に, 許さないもの, 許すに, 試みて, 試みては, 試みると, 試みわが, 試み戦争準備, 認めた, 認めること, 誘発した, 語つて居た, 語ろうと, 説くところ, 説くや, 貴ぶ精神, 賛翼し奉る, 起させるという, 進めて, 進行させまい, 遂げた, 遂げて, 道徳的簡易化を, 避けて, 避けるの, 重ねて, 防いだかの, 防ぎとめる戦ひへと, 防ぐため, 防げなど, 阻もうと, 阻止出来る, 難ずるかも, 非合理化だ, 非難しよう, 非難する, 鼻で

▼ 化~ (272, 3.0%)

5 出て 3 ある, 出るの, 行われて

2 [13件] いわれて, 先づ軍備, 出ると, 出るん, 必要と, 急速に, 日本の, 科学の, 行える, 行なわれたるとき, 行はれ, 見られるの, 試みられて

1 [232件] あげられて, あって, ありこ, あり得ようや, あるから, ある散漫, ある程度まで, あろうか, いましょうね, いわれてから, いわれはじめた, いわれはじめてから, いわれやっと, いわれるよう, うまい, うよ, おくれて, おこなわれるもの, おのずから行われる, かくの, ぐるりと, こういう不正直, こういう風, ここに, このへん, この交通線, されなければ, すこし普通, そういう一定, その代表物, その根本的考えかた, その概念構成, その目的, その結果, それが, それであった, それに, たびたび行なわれた, つきまとった, とんぼを, どういう本体, どういう状態, どうとか, どのよう, どの程度文学性, どんなに血肉的, どんな階級的裏切り, ない, ひとつの, ほんとにいる, やがて古, より真実, クレムリの, ソヴェト権力として, ダイアローグの, バラの, ヒューマニズムだ, ブルジョア新聞の, ポツダム宣言によって, 一層おくれさせられ, 一応企てられ得る, 不可能である, 不可避と, 並行し, 之である, 云われて, 今日どういう, 今正, 介在した, 企てられ, 企てられるとき, 体系化が, 何である, 何で無い, 何を, 個體的自己の, 偶然にも, 僕に, 充分でなかつた, 出たといふ, 出た井戸, 出ますとさ, 出る, 出ること, 出るといふ, 出るなどと, 出るわけ, 出る気味悪い, 到るところ後, 印象づけられる, 即ち本書, 即ち現在, 可能に, 同業者同志, 唐人の, 唱えられて, 商品化である, 問題に, 問題の, 喝采を, 国を, 外国映画を, 外部的に, 多かった, 大衆の, 大衆化である, 大衆自身の, 大資本家, 大量に, 失敗し, 如何に, 妨げられ基本的人権, 始つた, 始まったの, 始まつて, 実現された, 実現されよう, 容易化, 将校行李の, 導き出されて, 居て, 屬し, 巧妙に, 往々陥る, 復活する, 必要だ, 必要で, 必要である, 必要に, 応用的な, 忽ち人間, 恐しかった, 悪いかは, 愈々当然に, 意識的に, 成された, 成立する, 戯曲文学を通じて, 指摘されず, 教養の, 文壇に, 斯くの, 新しい問題, 新劇に, 既に行われ, 更に社会的意識, 有つ, 本旨です, 本格化し, 来るべきであると, 棲んで, 様式化され, 横拡がりに, 機械的に, 次第に濃厚, 此改革の, 歪曲され, 歴史科学の, 求められたという, 求められて, 決定音楽を, 深慮に, 潜んで, 無ければ, 現れたの, 生じて, 生れた, 生れはじめる, 産んだもの, 発生する, 目的と, 真面目に, 瞬間に, 社会的に, 科学的か, 称えられる時, 種々の, 精緻を, 純粋理論の, 考えられないこと, 考へられ生活協同化, 自分にも, 自然法即ち, 自然科学全体又は, 良心的に, 行なわれざるを, 行なわれて, 行なわれる, 行なわれれば, 行は, 行はれた, 行はれる, 行われそれ, 行われた, 行われたの, 行われたわけ, 行われた国, 行われなければ, 行われる, 行われるとき, 行われるの, 行われ他, 行われ出した事, 西洋文明の, 見えて, 見える, 見られたもの, 解決の, 言われはじめた時, 認められる作品, 語られて, 誤って, 説明される, 論ぜられる時, 貴下わざわざ, 起こる道理, 起ったという, 起って, 起り, 起りました, 起るの, 足りないよう, 迎えるこれから, 進んで, 進捗しなけれ, 道徳的運動であった, 関東の, 阻止される, 陥り易い, 非難さるべきなら, 非難される, 齎された

▼ 化~ (226, 2.5%)

4 科学の 3 であるから, 一つの, 日本の 2 して, それ故, 併し

1 [207件] あまり賃金, ある, あるが, いづこ, いよいよその, いよいよ支配的, うまい線, おのずからこの, かえって工藝, けっしてすらすら行われ, この世の, この年きり, この情勢, この方向, この生活感情, この際気の毒, これも, しながらも, すでに説いた如く, すな, そこでは, その人々, その内, その時代, その生産過程, その秘密, その結果, それほど破壊, たしかに二十世紀, たまたまその, だから実践, ちっとも行われ, ちらちら聞え, どうだ, どれも, ないし, のぞめない, ひどくて, ほとんど見た, また, まだ十分, みんなおそれ, むしろ自己壞滅從つて象徴性, もはや旧来, やがて旧来, ゆがめられた日本, より滅亡相, わが国現代文化の, アカデミーの, ギリシアの, ソヴェトの, ティルオイレンシュピーゲルに, デカルトから, ドイツの, ドニエプル河岸に, 一定の, 一応可能, 一應可能である, 一番早く, 一面において, 三七年の, 三年も, 世界に, 世界によって, 世界の, 主として社会主義国家, 主として茂吉, 九州一円に, 二寒化は, 五ヵ年計画の, 人民的な, 今云った, 今度で, 今日混乱し, 他の, 何かと, 何から, 侮るべからず, 偉大を, 優秀な, 先ず一般的, 全くじかに私たち, 全くの, 全く書物, 六風化は, 具体化と, 内容の, 决し, 出来ない, 出来なかつた, 別な, 前の, 動植物の, 千変万化だ, 単に上ずる, 即ち資本主義的文化, 原理的には, 反技術主義, 可なり, 同時に又, 名状し, 命令, 哲學を, 問題の, 啓蒙上の, 四七年度において, 困難である, 国際文化振興会の, 國民の, 地下室から, 変化を, 外来の, 大事です, 大局から, 大衆の, 大衆化である, 太子の, 完成されない, 実は難解化, 実現されない, 実際その, 容易に, 實は, 専門家と, 崩壊し始める, 工業化を, 常に父親, 常に階級制度, 常に非, 当分ほとんど, 当時の, 彼にと, 彼等の, 後世を, 徒らに, 必ずしも階級, 必ず破れ去る, 必然に, 急テンポに, 愈支配的, 我国の, 払拭されない, 抜くべからざる大勢, 政府が, 政治上の, 政治的組織化に, 教育の, 文学の, 新聞出版が, 新興文学の, 既に独逸, 日本と, 日本における, 明治に, 更に購買, 望めない, 案外な, 概念, 武士に, 決して個々, 決して山, 決して礼儀, 決して簡単, 決して起り得ない, 浅薄な, 消費の, 深刻に, 然るにそうで, 琵琶法師より, 生れたの, 目に, 矢張り政治的性格を, 知識の, 禁忌の, 空間の, 絶対化な, 絶對者に, 職場に, 自然で, 自然科学の, 至難の, 船の, 茲に, 落花と, 著しく現, 著る, 行なっても, 行わず彼, 許されない, 誰でも, 誰も, 起こらなかったろう, 超階級的啓蒙, 軍国主義教育と, 農民の, 近代文学の, 近代絵画の, 通俗化, 進行し, 部分的に, 長続きさせ, 附加され, 難解化の, 非常に, 非現実, 驚くべき者, 高賃金

▼ 化~ (216, 2.4%)

6 して 4 外ならない, 於て 3 外ならず

2 [16件] ありと, あるの, つとめて, 他ならぬ, 伴って, 反対な, 向って, 基く, 外ならぬ, 對する, 於ては, 浴し, 照応する, 至るまでの, 観点を, 過ぎない場合

1 [167件] あこがれて, あった, あつた, あらわれようと, あります, あり甲賀氏, ある, あること, あるそこ, あると, ある功献, ある官僚, いくらか蒼白く, いろいろの, おかれざるを, おそわれるが, かかわりを, こがれて, この方, したって, しても, すすんで, その遠因, つかれてでも, つとめある, なって, ならず一見実に, ならないという, ひきつけられて, ひろく貢献, ふさわしい新聞, ふれて, ぶちこんで, ほかならない, ほかならぬとともに, まさに対応, まじめな, よい条件, 一層意, 一番重大な, 不足する, 与らないの, 与るそういう, 乗じその, 伴い近世, 伴う社会意識, 伴う衝動心理現象, 使えば, 使われた材料, 使用し, 依られたもの, 依る生活力, 依存する, 備えて, 全力を, 出発した, 到っては, 助力する, 努めて, 努めようぢ, 努めるよりも, 努める方, 努力し, 努力した, 努力を, 反対する, 反発し, 各自を, 合致させよう, 名を, 向うたもの, 向けられた偉大, 含まれて, 固有であった, 在ったという, 在つた, 在りと, 基き歴史科学的概念構成, 基く文化, 基く歴史, 堕して, 堪え得ない何, 堪へるすぐれた戯曲, 外ならざる, 天与の, 対立させ, 対立する, 導いたとも, 就て, 尽力する, 帰する, 帰着する, 当って, 役立たしめる, 役立ち過ぎる発明, 従事し, 復したらよ, 必要なる, 応じて, 意を, 或る, 抗し, 抗するだけの, 押しひしがれ, 押し進めること, 拍車を, 挺身する, 於ける所謂能率, 明徹な, 景気も, 最も必要, 染むの機会, 欠くこと, 正面から, 気がついたの, 気がついて, 求めること, 求める他, 汲々たる, 沿うて, 浴せしめるといふ, 浴せん事, 焦慮せしめた, 現われた風俗警察, 由って, 異常な, 相応する, 着手され, 着手し, 等しいで, 精力的活動を, 終るか, 終る危険, 結びついたプロレタリアート大衆, 統制された, 腐心する, 著しい功績, 著手する, 貢献し, 貢献した, 賛同しかね, 走つたの, 赴く第一歩, 趣味を, 追ひかけられ, 連なること, 過ぎない, 過ぎないという, 過ぎないとも, 過ぎなかった, 達すると, 遠ざかること, 重大な, 関係を, 関心を, 限るん, 陥って, 陥らずという, 陥らないこと, 陥ること, 陥る危険, 陷つてゐる, 非ざる, 非常な, 順わ, 食べられて, 驚き乍ら馳走

▼ 化される~ (176, 2.0%)

13 のである 7 ことが 5 ことによって, ことは, のは 4 ことを, のだ 3 ことに, とそれ, ものとしての

2 [12件] かどう, ことも, こと即ち, ということ, というの, という条件, とは即ち, と同時に, と生産力自身, ものか, ように, わけだ

1 [100件] かまるで, かも知れません, からです, から之, から大学, か否, が, がその, ことであった, ことである, ことと, ことにも, ことによ, ことによってしか, この時, し学者仲間, そういったところ, ために, ためには, だけで, であらう, とあらためて, ということ自身, という事実, という現象, といわれるであろう, とき当然, ところだつた, ところに, とギャング, と云われる, と併, と党派性, と共に主観的, と共に加重, と否, と大がい, と夫, と思う, と文壇, と決して, と考えてる, などということ, なんて事, にち, につけ鼈甲類, にもかかわらず, に従ってやがて, に応じ, に至らぬ, に違, のであっ, のです, のに, のを, ばかりでなく, までには相, までに一般的通用, もの, もので, やうに, ような, わけである, わけです, んだ, 一方には, 一歩が, 万国プロレタリアートの, 世の中である, 世間でも, 人が, 人民の, 人間そのものを, 価値を, 俺と, 個所は, 前には, 可能性が, 單純至極な, 地盤は, 場合を, 外に, 多の, 心配は, 必要の, 恐れが, 所の, 手は, 時その, 時であり, 時に, 時代であった, 時科学は, 樣努力しなく, 理由だ, 目的で, 科学的社会主義, 程先取権を, 結果を, 話が

▼ 化~ (152, 1.7%)

4 言ふ 3 呼んで 2 いう, いって, なった, なるの, 云うこと, 云ったよう, 云っても, 文学的感覚表徴とを

1 [129件] いいあるいは, いうならば, いっても, いふべきである, この無, その俗流化, その当然, その応用, その文化建設, その日本語, その間における, それに, である, どう関係, なったの, なって, なりそれ, なりとくに, なりやがて, なること, なるよう, ふ一方, アカデミー化との, アカデミー化とは, ガラスの, ポツダム宣言による, 一所に, 一騎打ちに, 世界の, 世界平和とに, 世界平和との, 世界平和の, 云うだけ, 云えば, 云った方, 云つ, 云ふ, 云われて, 人格の, 人民生活の, 人民的な, 人物の, 伊勢の, 似て, 使いわけて, 例の, 侵略, 個人的である, 公正な, 再建に, 労働強化で, 単一化の, 受けた偽, 叫ぶの, 合理化, 同一であり, 同時にその, 同様である, 呼ばれるべきであった, 呼ばれるべきもの, 呼ばれるもの, 図案化, 国力, 国際平和の, 堅牢化が, 堅牢化誰にも, 大衆の, 大量馘首の, 婦人の, 密生とは, 工場内の, 左翼文壇の, 平和の, 平和的再建の, 平行しないなら, 弱化につれて, 復興の, 性格の, 或る, 技術の, 政論化とは, 散文的傾向, 新しい領域, 既成の, 時給一ドル最低賃銀制の, 最低限の, 構成派風な, 残忍な, 民族の, 照応し, 生命の, 生活的停滞層の, 直接の, 省略とを, 科学の, 編集の, 美術の, 考えられて, 考えるの, 自主自立の, 自由と, 自由な, 芸術化が, 芸術化とを, 著しく異なっ, 蒙昧に, 融合する, 見て, 見ても, 見るも, 見るよう, 見る人, 見る可, 解放を, 言う所, 言う言葉, 言って, 言つた才能は, 言つた言ふ, 話して, 認めら, 賃下げ失業に, 都会の, 間違えたの, 関係する, 雖も, 面白さ, 革命の, 頽廃化を

▼ 化という~ (98, 1.1%)

10 ことは 8 ような 6 ことが 4 ことの 3 のは, ものは 2 ことには, ことを, ものが, 過程が

1 [56件] ことで, ことである, こととは, ことについて, ことについては, ことも, この階級的啓蒙, ごときこと, のが, のに, もので, ものには, ものを, イデー, 一つの, 事であった, 事の, 事実に, 再燃した, 吾, 問題が, 問題でも, 問題は, 声が, 声は, 大乗精神が, 媒介作用を, 客観的な, 対応現象が, 批判は, 数学的思惟が, 新観念, 方法であり, 概念によって, 標語を, 点から, 点少し, 狙いも, 種差が, 穢い欲望, 窓は, 行程の, 要素の, 規定のみによっては, 観念の, 言葉が, 言葉である, 言葉の, 言葉は, 課題が, 課題に, 課題に際して, 遊戯に, 過程では, 重大な, 類です

▼ 化しよう~ (76, 0.8%)

22 とする 12 とし 8 とした 4 としてゐる 2 としてどこ, と不思議, と誰

1 [24件] というの, というよう, というわけ, という企画, という無理, としてあせっ, としてこれ, としてゐた, として保つ, として実際, として恣意, とすれ, とはし, とは努めず, とは思はず, とも日常的, と云う, と企て, と冀う, と努めた, と欲, と狂奔, と試みた, と試みられ

▼ 化せられ~ (69, 0.8%)

7 ている 3 て行 2 てある, て出来た, て居る, て行く, 土は

1 [49件] すべてが, その幕府, たり, たる者は, て, ています, てから人々, てしもうた, てはいる, てゐる, て一向, て了うた, て事実, て入っ, て初めて, て咲い, て変化, て大, て居つ, て日本男児, て日本男兒, て来た, て来る, て歌式, て正風, て歪ん, て死, て残った, て残つた憾み, て独立, て眼界, て能楽, て芸能, て行った, て行つたの, て規範, をら, んで, 乍ら残つてゐる, 人類は, 前置詞及び, 意識に, 独特の, 理想化せられ, 理想化せられし, 理想化せられた, 神殿を, 習合せられた, 雜多が

▼ 化そう~ (49, 0.5%)

12 とする 10 とした 4 とし

1 [23件] かという問題, かという課題, たって, ったって, てえん, というの, というわけ, というん, とかかっ, としてもなかなか, としても私, としても駄目, として一般, として変, とでも云え, となる, と初め, と力める, と努力, と哲学, と心掛ける, と思い付く, と思っ

▼ 化せられた~ (45, 0.5%)

2 のである, ものである, ものと, ものに, 仏教が, 象徴詩が

1 [33件] からと云っ, がそういう, という感じ, と見える, のだ, のは, ものだった, もので, ものであり, ものとして, 世界の, 人間の, 其内容は, 古代信仰の, 大内鑑を, 尭舜としては, 形と, 情緒情熱に, 感じこそ, 感じの, 慈愛の, 日本の, 時代と, 様式だけ, 物から, 物語と, 物質は, 知識が, 結果では, 翁の, 英雄の, 言葉が, 驚愕を

▼ 化~ (41, 0.5%)

11 はない 7 はなく, はなくし

1 [16件] あつた, あつて, いかなる時代, いくらでも, な, はあるであろう, は素人, またその, 四五年間働かせられ, 失業させる, 料理屋を, 男の, 目ざましく楽, 神嘗祭り, 賞讃に, 間の

▼ 化とは~ (39, 0.4%)

2 であるから, 事物が

1 [35件] いろいろな, こうした大衆化以外, この場合実在, だからそうした, だから外, だから大分前, なかなかの, まず第, クリティシズム, 一定の, 一方に, 事物を, 以前の, 何と, 何の, 併し, 全く別, 喰い違った言葉, 多衆, 実際多数, 小に, 従って, 最も適切, 物理学的対象の, 皮肉悪辣に, 社会教育的な, 科学が, 科学の, 科学的無責任をしか, 結びついては, 結局失業の, 複雑の, 関連ある, 階級化であった, 階級化である

▼ 化~ (37, 0.4%)

6 のもの 2 とさえいう如き, の擁護者, の者

1 [25件] したよう, したる如き桔梗, である, とを持った, と創造性, にでもな, によって例証, に対しそれ, に対してのみならず, に関する諸々, の如く, の蝙蝠, の鳥, は先行命題, は前述, または退化, もの奴, を主張, を否定, を弁護, を擁護, を確証, を証明, を論じた, を論ずる

▼ 化である~ (34, 0.4%)

2 がこれ, ことが, ことは, ことを, のだ

1 [24件] かのよう, かも知れない, が之等, ことに, ことの, という, ということ, というの, といっ, といふ見解, ところに, としたなら, と共に人間, と思う, と見る, のか, ので, のは, 処の, 死と, 死においては, 理由が, 筈であった, 限り夫は

▼ 化によって~ (31, 0.3%)

1 [31件] いつかは, きたるところ, じかに文学作品, ちっともわる, ソヴェト勤労者の, プロレタリア文化の, 世界の, 二つの, 初めて科学, 労働時間は, 動機づけられ, 可能であり, 大衆の, 存在との, 尖鋭化される, 得られた並立, 必然に, 必然的に, 思想は, 急速な, 成立する, 批判さるべき, 拗音や, 数日に, 最大の, 益々搾取, 知識の, 科学は, 経済や, 職工の, 見ごとに

▼ 化し得る~ (29, 0.3%)

3 ものは 2 のである

1 [24件] か疑問, がしかし, その土地, ということ, というよろこび, という処, という期待, といふ考へ, ともこの, と同時に, と思ひます, に至った, のだ, のであ, のに対し, ものである, 人である, 以上の, 何の, 国力を, 女性だ, 小説を, 才能の, 特色を

▼ 化といふ~ (28, 0.3%)

3 ことが 2 一つの, 方向に

1 [21件] こととは, ことの, ことは, ことも, こと以外に, ものが, ものに, ものは, 一点に, 一種の, 事業を, 問題について, 抽象的方法を, 方法も, 旗幟を, 目的に, 肝腎な, 言葉である, 近頃の, 遊戯に, 面を通じて

▼ 化したる~ (27, 0.3%)

2 一勢力として, 的の, 薩人を以て

1 [21件] その人, は相違, ばかりか内部, ものと, ものにて, ものは, もの亦, 今日の, 処古雅妙いふべからず, 外来語とに, 家畜が, 彼等の, 敵將, 時間に, 熟蝦夷が, 現在においては, 經濟上の, 者なり, 者にて, 藤原時代とも, 谷子なり

▼ 化させ~ (26, 0.3%)

2 てゐた, てゐる, て遂に

1 [20件] つつ何, ていた, ていろいろ, て來, て六十四, て流れ, て矢島, て置かなかった, て行きます, 其に, 各方面, 同時にラテン文化, 性格を, 性熟させ, 悶絶化させ, 民主化させ, 神経衰弱化させ, 精神異状化させ, 自涜化, 頽廃させ

▼ 化~ (26, 0.3%)

1 [26件] がつばさ, が一つ, が呼んだ, が囁い, である, と化鳥, と見え, と関係, に, に吹矢, のあり, のごとく飛びかかった, のよう, の啼く, の在所, の姿, の形, の急所, の調, の類, はとうとう, は人, は死んだ, を書い, を狙, を発見けたもの

▼ 化~ (25, 0.3%)

1 [25件] お乳, すべての, 何かでは, 制限は, 卑俗化の, 又ブルジョア啓蒙主義的, 合理化の, 向上の, 型化を, 実験的操作の, 小さなお, 幽霊を, 従業員の, 惰性化で, 手描きの, 文学絶対化という, 文明開化が, 機械的な, 燥化や, 社交界の, 組合化の, 自己への, 通俗化で, 道徳振りを, 風俗化で

▼ 化~ (24, 0.3%)

1 [24件] てながし, で, といえ, とはその, とは之, とは大衆, とも云, と云いやす, と云う, な, なよ, なんて狡い, にことかい, にはいい, には持っ, のであつ, のに妙, のみでなく, のん, よりも明さま, より仕方, 或る, 空間化す, 青糸を

▼ 化~ (24, 0.3%)

2 また再び何ら

1 [22件] あって, こうした家族主義的原始化宗教, され読者諸君, つまりは, ない, まして政治的, またますます, タカの, 一般に, 倦きられ, 劇化も, 効果を, 実はまだ, 引込んじまったの, 必ずしも不可能, 必然化も, 思ひきつ, 決してお, 行われるの, 農民には, 連れて, 遂に精神

▼ 化せざる~ (23, 0.3%)

4 を得ない 2 をえなかった

1 [17件] が原因, ところ大に, による者, の蝦夷, は用語, までもその, ものなりき, ものを, もの惡所に, を得ず, を得なかった, を得なくなった, を得なくなる, を得ん, 多くの, 支那哲學の, 麁蝦夷の

▼ 化せる~ (23, 0.3%)

2 ものか

1 [21件] かも知れない, がなにしろ, と思っ, にし, のん, は此想像, もので, ものとして, よ, われの, をり, んだ, インテリであった, 傾向ある, 前と, 名, 外来語の, 母音と, 社会主義国家と, 経営を, 蝦夷の

▼ 化~ (23, 0.3%)

2 よお前, よ光化門

1 [19件] がその, が取り毀される, こそは貴重, と題した, において人, について, に続く, の如き, の存在, の死期, はその, は景福宮, よりより, よ如何に, よ愛する, よ長命, よ雄大, を仰ぐ, を破壊

▼ 化として~ (22, 0.2%)

2 機能しなけれ

1 [20件] あらわれて, この石像, クラブは, ヒューマニズムが, 到達した, 却って完全, 壞滅であり, 多少の, 大杉氏が, 始めて意義, 娯楽の, 根源的體驗に, 現われること, 真剣に, 結びつけるの, 観察する, 語られて, 讃美せられる, 頭を, 龍田姫は

▼ 化から~ (21, 0.2%)

2 救って

1 [19件] きた歪曲, 人間を, 他の, 咲き出したもの, 嘉永安政の, 始り, 強いられて, 恢復する, 新たに, 更に進ん, 来たの, 来たもの, 社会の, 突然ふり落し, 結果した, 脱しよう, 脱却する, 自身の, 起きた静けさ

▼ 化せん~ (21, 0.2%)

10 とする 2 とした 1 かああ, がため, ためには, とあせる, として到る, と努力, と欲, と欲したるなり, と試みた

▼ 化もの~ (21, 0.2%)

2 と名

1 [19件] あつけ, がご, が出ます, が出る, が覗い, と, とも分りません, には縁, の会, の方, の真向, の言葉, の踊る, の顔, もまあ, やしき, を見る, 夥間だ, 雙六

▼ 化~ (21, 0.2%)

2 狸かな, 神の

1 [17件] かと疑われる, ことは, とあるは, といい, という, という事, といったらしい, とか蛇, と信じた, のが, まで離れ, ものである, ような, 人これを, 姿も, 話あり, 話なども

▼ 化されたる~ (20, 0.2%)

2 共通分子と, 又は組織化

1 [16件] ものこそ, ものなり, もの個性であった, やはり大正年間, エネルギー, 一つの, 人事, 何ものかで, 商品である, 意味内容である, 感情と, 空間概念を, 血液構成である, 諸事物間, 躍動なり, 非人間

▼ 化への~ (20, 0.2%)

2 方向と

1 [18件] サボタージュを, スローガンの, 修練が, 協力的態度を, 契機とも, 寄与, 巨大な, 抵抗である, 拍車でない, 改正は, 方向を, 条件を, 欲求の, 注意も, 社会的混乱の, 資料を, 道を, 陶酔が

▼ 化~ (20, 0.2%)

2 て異な, 變つてみ

1 [16件] ぞゆく, たるの, ていや長, て匍匐, て声, て我が, て沖, て海, なまし, ぬる楠, 不随意, 出しと, 出で, 化り, 変つたのが, 変つてみ

▼ 化~ (20, 0.2%)

1 [20件] か具體的, が開發, とにおいて諸, と同じ, と物理學, と理學, には方程式, によるかしかない, に甚大, の上, の働, の先, の應用, の研究, も眞實, や其の, をならつたらう, を修めた, 其の他, 又は物理學

▼ 化~ (19, 0.2%)

2 ということ, と考え

1 [15件] かを研究, こと, という復古主義, とかそんな, とか狸, とか神神, とか科学化, とすれ, と云う, と叫ん, と思うでしょう, と思うなら, と言い, な, のと

▼ 化って~ (19, 0.2%)

2 しまった, 了った

1 [15件] いる, いるか分りません, お見せ申す, しまったかの, 今も, 去ったと, 居る, 居る彼自身, 水は, 漠々昇天し去っ, 無口で, 狂う渦, 蛇穴に, 遺財, 飛び去ったそれから

▼ 化であり~ (19, 0.2%)

1 [19件] いわば人間, その矛盾, その限り, ファンテジストは, 二には, 他者を, 作家自身の, 偉人も, 又同時に, 又煩瑣哲学化, 同時に種, 広汎な売, 従って観念形態, 従って非常, 更にそれ, 歴史の, 物理学は, 罪の, 論理的分析力の

▼ 化主義~ (19, 0.2%)

1 [19件] が単に, である特色, というの, となっ, とは必然, とデモクラシイ, にかかわらず, にまで極端化, にもかかわらず, によって内的形象, に帰, に帰着, に潮流, の仮面, の文化, はこの, は一応, へ潮流, を排斥

▼ 化しない~ (17, 0.2%)

1 [17件] かを一寸, か同, ことこそ, ではいられないであろう, では置かぬ, やうだ, 人は, 以上は, 大黒天の, 時代で, 武蔵の, 流動資本の, 純然たる, 限りいひ, 限りこの, 限り不, 限り知能では

▼ 化とか~ (17, 0.2%)

2 合理化とかにも

1 [15件] さう, そういう意識, ラジオの, 主観的な, 云ふこ, 何とかいう, 共同化とかいう, 大衆化とかという, 大衆性という, 平和への, 幽靈, 従って又, 科学化とか, 科学化とかいう, 観念的な

▼ 化三年~ (17, 0.2%)

1 [17件] から足掛け三年位, が二千六百九十万七千六百二十五人, としての記事, になる, に五十八歳, に壽, に成つた, に歿, に生れた, に縁組, の事, の冬, の武鑑, は丙午, は伝へられる, は蘭軒歿後, 或は四年

▼ 化~ (17, 0.2%)

9 のうち 5 の内 1 して, の夢, の宇宙実在

▼ 化されない~ (16, 0.2%)

32 ものが

1 [11件] うちに, という気, ものらしく思われた, 主観の, 側が, 処の, 形式的直観との, 形式的直観に, 意識を, 状態であった, 生活感情では

▼ 化されなけれ~ (16, 0.2%)

6 ばならない 5 ばならぬ 1 ばこの, ばならず, ばならないだろう, ばならなかった, ば満足

▼ 化~ (16, 0.2%)

4 が出, として原因, になる, の役

▼ 化させる~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことに, ことを, だけの力量, ということ, とすれ, と思はれる, のであります, ふしぎな, ものの, ポツシビリテイを, 力が, 力は, 実力を, 記念でも, 運命の

▼ 化すれ~ (15, 0.2%)

1 [15件] ばかう, ばする, ばよい, ばブルジョア作家, ば千島唐太亦以, ば平凡, ば戸隠山, ば是, ば此狂態, ば沢山, ば皆立派, ば神, ば自然, ば足りる, ば関

▼ 化~ (15, 0.2%)

4 の地, の民 1 に立つ, に置かれ, に置かれた, の人々, の人間, の僻陬, の民族

▼ 化されね~ (14, 0.2%)

8 ばならない 4 ばならぬ 1 ばならず, ばなるまい

▼ 化せられる~ (14, 0.2%)

4 世に 2 のが 1 ということ, ところに, と共に世界, に従う, のである, ように, 人形使いの, 傾向を

▼ 化~ (14, 0.2%)

10 のである 3 のだ 1 ので

▼ 化なる~ (14, 0.2%)

2 が如し, ものが, ものは, 可し 1 ことは, こと亦, ものの, を示す, 百種の, 語に

▼ 化原理~ (14, 0.2%)

2 と共に, に外 1 からは独立, から完全, が事実, が個物, とは独立, と想像, に帰, に由来, の終点, は原子

▼ 化しなけれ~ (13, 0.1%)

7 ばならない 2 ばならなかった 1 ばいけない, ばすぐれた, ばと決心, ば止まない

▼ 化元年~ (13, 0.1%)

1 [13件] とか二年, となっ, に, には五百, に六十八歳, に再び, に歿, に躋寿館, の春, の飛騨入り, は抽斎, は蘭軒歿後十五年, より三年間石経山房

▼ 化~ (13, 0.1%)

1 [13件] だった, といわれた, に在った, の仕業, の口, の後, の金, は何, は毎日, は深, は躍り上っ, をあしらった, を追い払う

▼ 化~ (13, 0.1%)

1 [13件] が女, が抱かれたい, が白髪, だか, だよ, である, で二年, の尻尾, の話, は出, は別, よりも怖, 見たいなお

▼ 化せし~ (12, 0.1%)

1 [12件] と知られ, むることあるも終に, むると共に, むるの, むるものにして死生の, むる場合に, むる如く, むる苛責である, めしにぞ, もの, もの既に, 者に

▼ 化に対する~ (12, 0.1%)

1 [12件] 危惧な, 危険性を, 反撃と, 大衆による, 批判とが, 注意の, 無知から, 繊維労働者の, 自発性を, 自覚と, 行動とか, 闘争は

▼ 化二年~ (12, 0.1%)

1 [12件] から嘉水元年, で妙了, においては米船浦賀, にペルリ, に至る, に金座, の冬丸亀, の出來事, の正月, の生れ, は蘭軒歿後, まで二百十三年

▼ 化運動~ (12, 0.1%)

2 なの 1 が活溌, が起った, が起らない, とが同時に, と称する, に対し組合員党員, のなか, の秘密, は資本主義制度自身, への反撃

▼ 化銀杏~ (12, 0.1%)

5 の下 1 がある, が黄金, と動かぬ, の方, の旅店, の落葉, を通り越し

▼ 化せず~ (11, 0.1%)

2 と云 1 かえって生活程度, にいられない, にいられぬ, にゐられぬ, に運用, 官僚任せ, 寧ろ如何, 本国に, 歐米の

▼ 化作用~ (11, 0.1%)

4 がある 2 は噂 1 が完全, で我々, によつて, を助け, を溌剌

▼ 化兵団~ (11, 0.1%)

1 [11件] がとりかこん, が大勝, が極めて, が連合軍, の伍長, の偉力, の巧妙, まで備わっ, を先頭, を再建, を集中中

▼ 化學原子~ (11, 0.1%)

3 に核 1 が單純, に固有, の排列, の模型, は強固, は電氣構造, もその, を代表

▼ 化過程~ (11, 0.1%)

1 [11件] が原則的, が原始的, が行なわれた, とが進化論, についての有益, に反対, に対する抵抗力, に於ける, の多様性の, の心理, の進行

▼ 化されよう~ (10, 0.1%)

1 が十日, とし, とした, として源兵衛村, とする, とそれ, とは全く, と云う, と企てられた, 婆化されよう

▼ 化せしめた~ (10, 0.1%)

2 と希臘神話 1 あの名状, ことである, その実物, といわれる, ものを, 動機である, 大なる, 恬淡無欲なる

▼ 化でなけれ~ (10, 0.1%)

3 ばならない, ばならぬ 2 ばならぬであらう 1 ばならぬだろう, ばなるまい

▼ 化による~ (10, 0.1%)

2 加工は 1 人間性の, 営業費節減の, 所謂, 様式的舞台表現に, 決定が, 舞台の, 観念的演出に, 首きりの

▼ 化四年~ (10, 0.1%)

2 を卅六 1 には三女棠, に佐賀, に横井, に生れ, の九月, の榛軒, は蘭軒歿後, より阿部正弘

▼ 化學者~ (10, 0.1%)

1 が或, が絶對, が藥品, として默視, の一大收, の大, の所謂飽和液, の領分, も醫學者, を以てこれ

▼ 化衆生~ (10, 0.1%)

1 か孰, と云, の, の二句, の大願, の活動, の菩薩, の逸る, の願ひと, は二つ

▼ 化すべき~ (9, 0.1%)

2 が任務 1 ことは, にあらず, のが, ものだ, を断, 可能性が, 要約を

▼ 化~ (9, 0.1%)

2 石の 1 つもりで, ような, 岩壁が, 崖の, 枯枝などが, 破片岩の, 話な

▼ 化つて~ (9, 0.1%)

2 しまつ 1 から, ゐたの, ゐること, 居た, 更に幾つ, 現れたといふ, 逃げ出さうとも

▼ 化との~ (9, 0.1%)

1 一致を, 一致境から, 対立は, 手腕において, 消息を, 物語であった, 相互関係評価の, 連絡は, 間には

▼ 化政度~ (9, 0.1%)

2 に風行 1 から天保, のつもり, の名優, の復現, の戯作者生活, の新, の通人

▼ 化禅師~ (9, 0.1%)

1 との挨拶, に法, の末弟, の物語, の用いた, の脱化, の遷化, の鈴慕, をまね

▼ 化こそ~ (8, 0.1%)

1 創造である, 劇道擁護の, 夫である, 形而上学化でなけれ, 彼の, 死である, 生活改善の, 見ものであり

▼ 化されず~ (8, 0.1%)

1 にあくまで, には消化, イデオロギーの, 大衆性を, 封建的の, 把握されぬ, 社会主義的自覚が, 興行主と

▼ 化せしめ~ (8, 0.1%)

1 その広汎, ていた, ている, てしまひ, てよろしく, て行く, 世界学界に, 藩の

▼ 化せね~ (8, 0.1%)

4 ばならぬ 1 ばならない, ばやまないだろう, ばやまぬ, ば承知

▼ 化には~ (8, 0.1%)

1 あくまで冷静透徹, 何と, 免れ難い, 全く国運, 問題が, 甚だ重大, 種々な, 耐え得ない人

▼ 化~ (8, 0.1%)

21 の剣豪茨右近, の大, の定法, の海内, は茨右近, 鎧通しの

▼ 化部隊~ (8, 0.1%)

1 が進行, のお, のすぎた, の徽章, の歴史的瞬間, の袖章, をさらに, を顧慮

▼ 化さう~ (7, 0.1%)

2 とする 1 とした, として故意, と思ふ, と試み, なぞと思へ

▼ 化され得る~ (7, 0.1%)

1 が如き, という平凡, ような, 制度とか, 又は物質化, 素地を, 道化そのものも

▼ 化せられたる~ (7, 0.1%)

2 古語も, 教訓有 1 偶像の, 直覚だ, 知識では

▼ 化であっ~ (7, 0.1%)

1 てこの, てつまり, てタウヌス連山, て却って, て文学, て異国人, て私

▼ 化でも~ (7, 0.1%)

1 あるかと, いて, 出そう, 出たら丁度, 原作の, 幽霊でも, 釣りゃ良い

▼ 化とが~ (7, 0.1%)

1 ある, あるので, もう少し周到, 加つてゐる, 矛盾する, 著しい, 遂に後代

▼ 化乃至~ (7, 0.1%)

1 アブソリュティズム化し, イデオロギー化に, 大劇場, 大衆化である, 幾何学化される, 幾何学化とは, 電化政策以上に

▼ 化~ (7, 0.1%)

1 して, と同様, のため, のみぎり, の真意, を受け, を専ら

▼ 化~ (7, 0.1%)

1 されたでも, しその, した, したいという, したもの, したり, した釈尊

▼ 化~ (7, 0.1%)

1 がいる, が広い, にする, に帰し, の傍ら国中, は, を主として

▼ 化さない~ (6, 0.1%)

2 でも 1 ではをかない, で自分, という点, 限り決定され得ない

▼ 化されれ~ (6, 0.1%)

2 ばされる 1 ばそれ, ば前者, ば化される, ば平板化

▼ 化し得ない~ (6, 0.1%)

1 ためかも, というの, という言葉, のである, ばかりでなく, 工業が

▼ 化せしめる~ (6, 0.1%)

1 ところの, に過ぎない, ものであります, を意味, 人間どもに, 磁鉄である

▼ 化った~ (6, 0.1%)

1 かと思われた, とある, とか聖ジョージ, ように, んです, 物語は

▼ 化とを~ (6, 0.1%)

1 はげしく求める, 仕事と, 意味し, 科学そのものに, 象徴し, 齎したよう

▼ 化にも~ (6, 0.1%)

1 おのずから或, ふれて, 惡人にも, 成り兼ねない眼, 拘はらず私, 色々な

▼ 化水素~ (6, 0.1%)

3 と硫化水素 1 あるいは双方, となり, にてなに

▼ 化的傾向~ (6, 0.1%)

1 との連関, と呼びたい, なるもの, は自然科学的認識, を帯び, を指摘

▼ 化~ (6, 0.1%)

1 によりて発生, に関係, は一世, ましましければ, もし, を施す

▼ 化さえ~ (5, 0.1%)

2 されて 1 しなければ, なしとげれば, 見る事

▼ 化させた~ (5, 0.1%)

1 のだ, ほどでございます, ものは, 者は, 虚無世界の

▼ 化させられ~ (5, 0.1%)

2 てしまう 1 て居る, て行く, 破傷風化させられ

▼ 化されざる~ (5, 0.1%)

2 を得ない 1 を得なくなった, を得なくなり, 形式的直観との

▼ 化されなかった~ (5, 0.1%)

1 しカエサル, のは, 太古の, 対立が, 期間に

▼ 化~ (5, 0.1%)

1 いて, きても, この病院, ごらん, 往復し

▼ 化とともに~ (5, 0.1%)

1 うち破られ, その長命談, プロレタリア文学理論上技術上の, 最も積極的, 視野は

▼ 化とも~ (5, 0.1%)

1 いえる, 呼んで, 考えられよう, 考えられるが, 違う

▼ 化と共に~ (5, 0.1%)

1 両範疇群, 人道主義的驚愕を, 政治的常識としての, 消え失せようと, 見られた処

▼ 化について~ (5, 0.1%)

1 その糸口, 正直に, 殆ん, 社会主義的な, 話す演出

▼ 化に対して~ (5, 0.1%)

2 個人の 1 いつも戦っ, 健全を, 自分の

▼ 化~ (5, 0.1%)

1 協力しなけれ, 導く広き, 母権社会から, 解放する, 転開

▼ 化みたい~ (5, 0.1%)

1 なおかしな, な声帯, な息, な顔, に見え

▼ 化~ (5, 0.1%)

2 あり一々 1 に五百, に無数, の後

▼ 化~ (5, 0.1%)

2 ある人物, を有する 1 をくわうる

▼ 化即ち~ (5, 0.1%)

1 ソヴェト五ヵ年計画の, 生活の, 経済化だ, 論理学の, 非技術

▼ 化學作用~ (5, 0.1%)

1 で手際, で樹皮, においては變, にも密接, はこれら

▼ 化~ (5, 0.1%)

1 のお方, の一分, の三衣, の僧院, の総本山

▼ 化年間~ (5, 0.1%)

2 に根津 1 に出来た, に幕府, に至り

▼ 化性能~ (5, 0.1%)

1 とがある, と別化性能, に不足, の活動, を表し

▼ 化~ (5, 0.1%)

3 なり 1 として現, は盖

▼ 化遷善~ (5, 0.1%)

4 の道 1 を勧諭

▼ 化~ (4, 0.0%)

2 雨じ 1 否かに, 物の怪か

▼ 化からの~ (4, 0.0%)

1 人間の, 人間恢復では, 後退が, 論理的所産な

▼ 化しきれない~ (4, 0.0%)

2 ゆえに 1 さみしくて, のである

▼ 化しすぎる~ (4, 0.0%)

1 からと言つて, ために, でせう, とその

▼ 化そのもの~ (4, 0.0%)

1 がより, が実は, に反対, のすべて

▼ 化なり~ (4, 0.0%)

1 とせ, と云う, と云う能わざる, と解釈

▼ 化につれて~ (4, 0.0%)

1 このブルジョア文学中, つよまった非, 労働の, 印刷屋を

▼ 化にとって~ (4, 0.0%)

1 不必要, 害悪の, 最も必要, 重大な

▼ 化にまで~ (4, 0.0%)

1 嫌われたかという, 必然的に, 押し進めようという, 発展しなけれ

▼ 化によつ~ (4, 0.0%)

1 てよい, て一脈, て哲學そのもの, て私

▼ 化はん~ (4, 0.0%)

2 も時たま, も来な

▼ 化まで~ (4, 0.0%)

2 して 1 来たのに, 来た校合

▼ 化より~ (4, 0.0%)

1 ひどい, 以上の, 何より, 始まる

▼ 化らしい~ (4, 0.0%)

2 人名に 1 ものの必要, 軽い反感

▼ 化~ (4, 0.0%)

21 と言った, と言つた飯炊き

▼ 化傾向~ (4, 0.0%)

1 が如何, が現われた, の濃厚, や科学論的検討

▼ 化~ (4, 0.0%)

4 縁の

▼ 化地蔵~ (4, 0.0%)

1 が口, だか, のよう, の正体

▼ 化学会~ (4, 0.0%)

1 では, の会合, の席上, の幹部二十三名

▼ 化學實驗室~ (4, 0.0%)

1 から逃出, だの物理實驗室, になつて, を設け

▼ 化州判~ (4, 0.0%)

2 の符, の符君

▼ 化~ (4, 0.0%)

1 に, において時代, には, に記された

▼ 化本部~ (4, 0.0%)

1 から特派, がターネフ首領たち, の大, へ問いあわせた

▼ 化~ (4, 0.0%)

1 が作用, の目標, を主眼, を主題

▼ 化~ (4, 0.0%)

1 じゃ, であり悪, となり, にて候

▼ 化~ (4, 0.0%)

2 の説 1 の事, の際

▼ 化~ (4, 0.0%)

1 し人間, せられたる忠孝, せられたる特質, の途次

▼ 化かと~ (3, 0.0%)

1 いふと, 思った, 思って

▼ 化されるべき~ (3, 0.0%)

1 又化, 多衆, 必要が

▼ 化したい~ (3, 0.0%)

1 とさえ願っ, と考える, のである

▼ 化したら~ (3, 0.0%)

1 こういうもの, よかつ, 其は

▼ 化してる~ (3, 0.0%)

1 ものです, ように, 関係上事実は

▼ 化しなかつた~ (3, 0.0%)

1 か, のは, 部分

▼ 化しも~ (3, 0.0%)

1 ありやしません, せば, 相なるまい

▼ 化し過ぎ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てこれぞ, てゐた

▼ 化じみた~ (3, 0.0%)

1 作用が, 姿が, 謎を

▼ 化するなら~ (3, 0.0%)

1 ばそれ, ばもはや, 模写説は

▼ 化せない~ (3, 0.0%)

1 ことを, と思つた, よ

▼ 化せぬ~ (3, 0.0%)

1 恋情は, 時代の, 訣は

▼ 化せらるる~ (3, 0.0%)

1 に至っ, の勢, 事が

▼ 化せり~ (3, 0.0%)

1 と云, もはや長く, 襁褓中の

▼ 化それ~ (3, 0.0%)

1 にともなっ, に伴う, に基く

▼ 化たる~ (3, 0.0%)

1 こと明なり, に於, 諸神

▼ 化であった~ (3, 0.0%)

1 か, からこの, のに今

▼ 化とに~ (3, 0.0%)

1 なやむ形式的論理, 專心せ, 從つて早晩實現されず

▼ 化などと~ (3, 0.0%)

1 いうと, 宣伝し, 考えては

▼ 化なども~ (3, 0.0%)

1 いくらでも, 万葉初期から, 此間あつ

▼ 化などを~ (3, 0.0%)

1 指すもの, 考慮しなかった, 非難する

▼ 化に関する~ (3, 0.0%)

1 ブハーリンの, 学校争議は, 指令が

▼ 化に際して~ (3, 0.0%)

1 この二面的処理, 伴奏は, 僕は

▼ 化れる~ (3, 0.0%)

1 はその, 事を, 者は

▼ 化クラブ~ (3, 0.0%)

1 とはいったい, の会員, の大

▼ 化~ (3, 0.0%)

1 慕ヒ我俗ニ来リ附ス志姓ヲ, 萬國ニ輝カサン爲ナリ, 行ヒ骨灰ヲ

▼ 化丁未~ (3, 0.0%)

1 に侍医, の榛軒, の湘陽紀行

▼ 化上行~ (3, 0.0%)

1 が二度出現, が再び, だという

▼ 化事業~ (3, 0.0%)

1 の方面, も大乗仏教, や支那女性

▼ 化二年生~ (3, 0.0%)

1 であるから, の次男周策, の蒼夫さん

▼ 化伊勢~ (3, 0.0%)

1 ではありません, と云っ, のお

▼ 化~ (3, 0.0%)

1 して, し竜鱗, 小蛾児

▼ 化協会~ (3, 0.0%)

1 のこと, を作る, を興す

▼ 化又は~ (3, 0.0%)

1 その実施, 原始観念の, 通俗性という

▼ 化及び~ (3, 0.0%)

1 信用の, 信用方程式の, 経済的発展に関し

▼ 化同盟~ (3, 0.0%)

1 というもの, という名, とよばれ

▼ 化學工業株式會社~ (3, 0.0%)

1 とかの大阪出張所長, にとつて缺, の社長

▼ 化學會~ (3, 0.0%)

1 でこれ, で私, に於

▼ 化學藥液~ (3, 0.0%)

1 が十二, の作用, の機密

▼ 化屋敷~ (3, 0.0%)

1 があった, がありました, の板の間

▼ 化或いは~ (3, 0.0%)

1 主観化され, 客観化される, 寧ろ工業

▼ 化~ (3, 0.0%)

1 に通じ, はしませぬ, を御

▼ 化時代~ (3, 0.0%)

1 があった, という矢代ら, の住職

▼ 化符州判女麗卿~ (3, 0.0%)

2 之柩 1 之棺

▼ 化菩薩~ (3, 0.0%)

1 あり, あり無量, だという

▼ 化~ (3, 0.0%)

1 させ外郎売, の女, を凝らした

▼ 化~ (3, 0.0%)

1 であって, と, の中心頭脳

▼ 化ある~ (2, 0.0%)

1 のみであった, ものは

▼ 化あるいは~ (2, 0.0%)

1 完成と, 思考の

▼ 化かも~ (2, 0.0%)

1 知れぬ, 知れません

▼ 化さす~ (2, 0.0%)

1 ための, 方が

▼ 化させね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 化させよう~ (2, 0.0%)

1 という観念論, とした

▼ 化させられた~ (2, 0.0%)

1 感情の, 道徳の

▼ 化さなく~ (2, 0.0%)

1 ちゃあいけねえ, てはならない

▼ 化さね~ (2, 0.0%)

1 ば, ばならなかった

▼ 化さるべき~ (2, 0.0%)

1 かを考へる, ものである

▼ 化されし~ (2, 0.0%)

1 事より, 実在に

▼ 化されすぎた~ (2, 0.0%)

1 大楠公だった, 憾みが

▼ 化されぬ~ (2, 0.0%)

2 性質の

▼ 化されん~ (2, 0.0%)

2

▼ 化され得ない~ (2, 0.0%)

2 ということ

▼ 化しき~ (2, 0.0%)

1 つても, つてゐた

▼ 化しきれる~ (2, 0.0%)

1 もので, ものでない

▼ 化しすぎ~ (2, 0.0%)

1 ている, てはいない

▼ 化しすぎた~ (2, 0.0%)

1 大名菓子の, 現代学究への

▼ 化したがる~ (2, 0.0%)

1 きらいが, 一方的

▼ 化したなら~ (2, 0.0%)

1 ば僕, ば我々

▼ 化しはじめた~ (2, 0.0%)

1 のである, 道教の

▼ 化します~ (2, 0.0%)

1 からまあ, ガラスだらけの

▼ 化し得ざる~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものを

▼ 化し得た~ (2, 0.0%)

1 という結果, 我々の

▼ 化し得なかった~ (2, 0.0%)

1 からである, わけでしょう

▼ 化し過ぎた~ (2, 0.0%)

1 恨みが, 様な

▼ 化すか~ (2, 0.0%)

1 そうでなけれ, と見

▼ 化すべし~ (2, 0.0%)

1 あくまでも人, といへ

▼ 化せずし~ (2, 0.0%)

1 て人口, て止んだ

▼ 化せられざる~ (2, 0.0%)

1 今日においては, 遭逢は

▼ 化せられず~ (2, 0.0%)

1 に西域, 芸術の

▼ 化せられない~ (2, 0.0%)

1 側面に, 限り性格も

▼ 化そこ~ (2, 0.0%)

1 から日本的, にある

▼ 化だった~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 てしまふ, てゆく

▼ 化つた~ (2, 0.0%)

1 といふ足巻, と云

▼ 化でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, 農業の

▼ 化とかいう~ (2, 0.0%)

1 ことも, 問題に

▼ 化とかにも~ (2, 0.0%)

2 うつかり

▼ 化とから~ (2, 0.0%)

1 第三, 解放される

▼ 化とさえ~ (2, 0.0%)

1 なかったら, 考えられて

▼ 化としての~ (2, 0.0%)

1 合法的暴力を, 婦人雑誌との

▼ 化とでも~ (2, 0.0%)

1 あること, 名づけるべき方法

▼ 化とによって~ (2, 0.0%)

1 ン音や, 之は

▼ 化ないし~ (2, 0.0%)

1 体系化が, 反動化した

▼ 化などが~ (2, 0.0%)

1 まず第, 語られて

▼ 化などに~ (2, 0.0%)

1 恃んで, 較べて

▼ 化などは~ (2, 0.0%)

1 不可能だ, 企てられて

▼ 化なりし~ (2, 0.0%)

1 ことは, もの多く存ずる

▼ 化なんて~ (2, 0.0%)

1 ことを, 大騒ぎを

▼ 化において~ (2, 0.0%)

1 なされるところ, 特に工藝

▼ 化については~ (2, 0.0%)

1 交換方程式と, 機械文明の

▼ 化によってだけ~ (2, 0.0%)

1 プロレタリア経済に, 解放される

▼ 化によってのみ~ (2, 0.0%)

1 止揚された, 科学的概念は

▼ 化により~ (2, 0.0%)

1 政治的には, 速やかに

▼ 化また~ (2, 0.0%)

1 廢物も, 無かる

▼ 化または~ (2, 0.0%)

1 呪法が, 音変化の

▼ 化をも~ (2, 0.0%)

1 之に, 意味し

▼ 化を通じて~ (2, 0.0%)

1 個々の, 日本語を

▼ 化を通じての~ (2, 0.0%)

1 科学の, 高昇を

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 去ッタコトヲ知ラサレル, 醜人

▼ 化スル~ (2, 0.0%)

2 ヲ見

▼ 化デモクラシー~ (2, 0.0%)

2 の否定

▼ 化主義者~ (2, 0.0%)

2 の職場

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 だという, の説

▼ 化~ (2, 0.0%)

2 の業

▼ 化以外~ (2, 0.0%)

1 にない, に正当

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 なもの, に相違

▼ 化元年三月二十五日辰~ (2, 0.0%)

1 の刻, の刻生れ

▼ 化元年生~ (2, 0.0%)

1 である, の平蔵

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 て来い, 來ない

▼ 化加里~ (2, 0.0%)

2 を入れ

▼ 化反対~ (2, 0.0%)

1 などにこちら, の動き

▼ 化~ (2, 0.0%)

2 仰可感候

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 衆, 衆化を

▼ 化天皇~ (2, 0.0%)

1 の子孫多治比古王, の曾孫

▼ 化學染料~ (2, 0.0%)

1 ではない, の流行

▼ 化學的性質~ (2, 0.0%)

1 のもの, を試驗

▼ 化學藥品~ (2, 0.0%)

1 にし, に由る

▼ 化安政~ (2, 0.0%)

2 のころ

▼ 化家庭~ (2, 0.0%)

1 の民主主義化, の科学化

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 には大, の説明

▼ 化~ (2, 0.0%)

2 の判

▼ 化帝国主義戦争~ (2, 0.0%)

1 とたたかう, 反ソヴェト戦争準備

▼ 化年度~ (2, 0.0%)

1 に江戸湾, に生れ

▼ 化弘治~ (2, 0.0%)

2 の頃

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 が現われる, の手

▼ 化役者~ (2, 0.0%)

1 としてある, と親しんだ

▼ 化或は~ (2, 0.0%)

1 地の, 眼と

▼ 化損い~ (2, 0.0%)

1 の徒, の狐

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 から天保, のおも

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 に帰し, の下

▼ 化民主化~ (2, 0.0%)

1 といっ, に着手

▼ 化流通~ (2, 0.0%)

1 においても何故, の問題

▼ 化現象~ (2, 0.0%)

1 であるが, は社内幹部

▼ 化白金バリウム~ (2, 0.0%)

1 の盤, はレントゲン線

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 な意識, な観念上

▼ 化的動向~ (2, 0.0%)

1 を示し, を辿り

▼ 化的解釈~ (2, 0.0%)

1 をさせる, を俟

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 さ, は豊富

▼ 化符州判~ (2, 0.0%)

2 の女麗卿

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 で勃発, の上昇

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 と境, 必ずしも之

▼ 化胡經~ (2, 0.0%)

1 と云, などと云

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 在天に, 覺への

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 にも分つ, にも判っ

▼ 化~ (2, 0.0%)

1 して, せしに

▼ 化農業~ (2, 0.0%)

1 でも日本, といっ

▼ 化~ (2, 0.0%)

2 身の

▼ 化電化~ (2, 0.0%)

1 というスローガン, の促進

▼ 化鮫め~ (2, 0.0%)

1 が微塵, なさまざま

▼1* [640件]

あたりで銃殺, 化あり天火の, 化えさせられてしまいました, 化かうした事も, 化かつ分化した, 化からも救われ佐田, 化がのつそりでた, 化ぐらいのところです, 化こうしたものが, 化この巨大な, 化これらの環境, 化へされ, 化さうたつてさ, 化さしてしまった, 化さずに取り出す, 化させうる一つの, 化させないためには, 化させなかつたところの, 化させ得るのは, 化さそうとする, 化さなければ, 化さらに妥当性の, 化されうすめられたフーシェと, 化されかけて来た, 化されかけてるのであった, 化されきっていず, 化されきれない政治性という, 化されすぎてい, 化された似而非の, 化された如き感が, 化された書かなければならない, 化されてるかもう, 化されなかつたかといふ微妙, 化されなくてはなりません, 化されなくなっている, 化されましてむろん, 化されませんよあつし, 化されやしないかね, 化されるだらう昭和十一年第, 化されるべきであると思っ, 化され切らなかったという意味, 化され得なければそれ, 化され得べきものであった, 化され活きた形態を, 化され行くこの論理, 化され過ぎたものばかりが, 化さんには余り, 化しうる性質の, 化しおおせていまだに, 化しかかった欧州移民の, 化しかけた時其等の, 化しかたちづくって行かなけれ, 化しきらない間は, 化しきらぬ物, 化しきれず母にだけ, 化しさっている, 化しさったころ, 化しずかなること林, 化したがっていた, 化したであろうからシートン, 化したならわしにさえなっ, 化したやりくちが如何にも, 化したらうと思ふ, 化したらしっぱなしである, 化した如き感が, 化した導きになつたの, 化しだしたのに氣, 化しつけている, 化しつづけるのか, 化してやろうということ, 化しではございません, 化しであって悉皆, 化しでないよ, 化しで無いものが, 化しなかったことも, 化しなかったであろうと思う, 化しなくちゃ駄目, 化しなしにこれから, 化しなすってはいけません, 化しはじめていた, 化しましたがそれ, 化しもって心, 化しやしないか見, 化しよなげて清新, 化し出す時即ち, 化し切れない本然な, 化し去ったのである, 化し去られそうに, 化し去るかを省みるべきである, 化し去ろうとする, 化し困ったことには, 化し始めた頃であり, 化し居るに照らし, 化し得ぬものである, 化し得るならそれ自体の, 化し拝み奉る詩人も, 化し掛けたを問詰められ, 化し損じてとんでも, 化し損ねたのが, 化し教えている, 化し散却する, 化し来りたる跡豈, 化し来る結果遂に, 化し生きている, 化し聴き澄して, 化し行く心を, 化し賣手の, 化じゃないか, 化すって有様, 化すであろうか, 化すない酒が, 化すなわち猿楽への, 化すべきではなく, 化すまいとした, 化するであろうか一言, 化するなく肉体の, 化すんじゃない, 化す仕入部と, 化むとする憧憬には, 化せざるべからず西洋の, 化せしむべき作用の, 化せしめしことなら, 化せしめなければならない, 化せしめるであらうか, 化せしめるであろうか, 化せなんだ, 化せなかつた民族の, 化せますよ, 化せむこと必, 化せらるるあたわざる頑石と, 化せられかけた万葉集の, 化せられしヘラクレスの, 化せられたおきなを実在の, 化せられなかったといっ, 化せられなければ内容, 化せられるべき専門化せられ, 化せられ得るとしても, 化そうして幸い商売繁昌した, 化その上に, 化たちとは必然, 化だけが残されたの, 化だけでもゆうに百五, 化だけは知つておかね, 化だったら面白いぞ, 化だって成功し, 化だ遣つけろと誰, 化たちゅうは, 化っていうことが, 化つたのであるが, 化つてこれまで主人, 化つて了つた親雀, 化つて其から人間, 化つて残つたこと, 化であり従って之, 化であるなら科学の, 化できると信じ, 化でしかあり得ない筈, 化といった感じの, 化とかというような, 化とくに正成の, 化とこそ正面から, 化としか見なして, 化とて張子にて, 化どころでは, 化どころか紺蛇目傘を, 化どもはみんな, 化なく動きて, 化なしにここ, 化などあらゆる悪, 化などといふ方面にかけては, 化などの電力統制の, 化ならちっとも恐, 化なら出たって構わない, 化なれども日頃, 化なんか信じないから, 化における重要な, 化にさえ先ず命がけ, 化にしかならないだろう, 化にたいして負わされた責任, 化にとりかかれるはず, 化にのみ囚われて, 化によつて生ずる, 化によっては与えられないこと, 化に対しソヴェト演劇上の, 化に対しても正面の, 化に際しての労働者農民の, 化に際しても必ずや彼自身, 化のみならず労働者, 化のみがここでは, 化はなもう見る, 化はやきもの, 化ばかりが結果する, 化ばかりを意味する, 化ばっかりして, 化へてまでも何らかの形, 化へといったこと, 化ほど予の, 化まがいの銅鈴, 化みなことごとくわれ, 化めがけて投げつける, 化もしくは亜米利加化し, 化うかと, 化らして, 化りあったと記された, 化りきった公孫樹は, 化りしすがたも, 化りたる尼公等あり, 化りでしたネ, 化り代るわけで, 化り変ってみ, 化るべく偶然に, 化熱いと, 化ろうが, 化をば観念的に, 化をもって化に, 化をももたらせて, 化を以て万物の, 化カリウムを土台, 化カルシウムの小片, 化の皮, 化コンヴェーヤーシステム其他による能率増進, 化サボタージュにつれ, 化シタルナリト云フモ失言ニハ非ザル可シ, 化シタル亞細亞思想ヲ以テ今, 化シチュエーションには, 化シテ來ルベキ第二, 化シテ本邦ノ益トナスコト, 化シテ電力ニ依リ, 化シ世界化シタル亞細亞思想ヲ以テ今, 化シ世界化シテ來ルベキ第二, 化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, 化シ函陵亦多, 化シ商人ニ化シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, 化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, 化シ更ニ近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, 化シ車夫ニ化シ学生ニ化シ其他アラユル人ニ化シテ電力ニ依リ, 化ヲ本, 化スタメニ頭カラ掛布団ヲスッポリト被ッタ, 化スト云ッタ塩梅デアル, 化スルニ過ギザルナリ, 化スル所以ニ非ズ, 化セラレタル民主社會主義其者ノ名, 化テレビ化がたびたび, 化ニヨリテ食事ヲ肯ンゼザル者アラバ教師, 化ニ對シテ國家ハ大父母, 化主, 化ハ敢テ之ヲ否マズ, 化ハ歐洲中世史ノ諸侯國神聖皇帝羅馬法王ト符節, 化ファシストの擡頭, 化ポータと解し, 化モーゼによる解放, 化ラジウムと硫化亜鉛, 化ラジオ化テレビ化がたびたび, 化ロマンティシズムの過多等, 化一瞬にし, 化一色の時代, 化丁未杪冬の詩, 化三丙午春弥生の序, 化三年七月洪水のため, 化三年三月父正武氏の退隠, 化三年丙午とすべき, 化三年五月二十七日に京都町奉行伊奈遠江守忠告, 化三年以前の作, 化三年十一月のなかば, 化三年十一月二十二日に至っ, 化三年午年の生まれ, 化三年四十歳の時, 化三年年二十三歳の時, 化三年生で大正五年, 化三年生家を離れ, 化三年説であ, 化三年進士及第して, 化三神の自ら化生, 化上前較勝紛相持羅公如意奪顏色, 化上演した拙作小説, 化上行菩薩であるという, 化世界的進出を意味, 化世界資本主義の再, 化丙午となる, 化丙子九月六日の歿日, 化主浴主の末僧, 化主義的宗教であり即ち, 化際, 化で少々, 化二年三十四歳の晩春, 化二年三月に書き残した, 化二年上州館林に転じ, 化二年乙巳とすべき, 化二年十一月二十六日生の三女棠, 化二年十月十四日即世, 化二年十月罪を獲, 化二年嫡男徴十九歳にし, 化二年巳年の生まれ, 化二年正月の二十四日, 化二年水野家五万石で浜松, 化の書以外, 化人場でそれ, 化人格の就職化, 化今日の詩, 化仏菩薩の形像, 化仕立の草双紙, 化以前のもの, 化以来本は甚だ, 化企業結合等々を通じて新聞出版企業, 化低俗化への道, 化体相と云い, 化価値の平面化, 化促進運動を果敢, 化個別的現象の類型化, 化債権にスモーリヌイ, 化僧一木偶を案上, 化元年二月に亡くな, 化元年使節を遣わし, 化元年來航のオランダ軍艦, 化元年八月十日のこと, 化元年六月には和蘭, 化元年六月二十一日に出, 化元年再興され嘉永年間, 化元年十月蒸汽軍艦渡來のとき, 化元年和蘭の, 化元年正月にも同, 化元年秋一度に止る, 化公債募集のビラ, 化兵力が大きな, 化兵器の設計, 化具体性を必要, 化く鋭き解析, 化出来なかつたあらびやんないとの子供, 化出来ようというの, 化をもつ, 化劇場文化の向上, 化功用論への対症, 化加留多の白裃着, 化動議においてそれ等, 化協同化明朗化を今, 化協議会児童文化協議会日本美術会新俳句人連盟, 化南無大慈大悲釈迦牟尼如来も, 化単純化を説く, 化博覧会などの催し物, 化原作料五百円と定, 化去して死な, 化反対決議を通過, 化合せられるところから, 化合一するほどの, 化合理化するため, 化同じく道を, 化同時に現代の, 化して, 化咀嚼せられたる, 化唯物的資本制度の痛撃, 化商品化しつつ, 化商業化である, 化問題は絶えず, 化問題深田久弥氏の純文学, 化啓蒙には相当, 化嘉水と年号, 化嘉永とちかづく, 化嘉永以後特に安政, 化嘉永安政と三十年間, 化嘉永間の某, 化四丁未九月十六日, 化四年三十一歳の時, 化四年三月には信濃, 化四年中に樵山, 化四年六月なかばの夕方, 化四年十二月晦日の作, 化四年四月十五日であった, 化四年土佐高知に生れ, 化四年榊原氏の臣, 化四年生れの彼, 化国民経済の計画化, 化国語辞書を要求, 化国際的諸対立, 化古御所, 化城諭品の諫, 化変形化のこと, 化外無籍の徒, 化夥間の雪女, 化大隊のため, 化天文等にし, 化天竺化を見る如き, 化奉加とて浄財, 化娯楽化されたもの, 化婦人の民主化, 化学派などと称する, 化学界で昔, 化學上の事, 化學作業の如き, 化學元素の原子, 化學元素中大部分を占め, 化學分析だの催眠術, 化學原子毎に異なる, 化學工場の建築場, 化學工業の時代, 化學工業會社長は如何にも, 化學教室の裏手, 化學用の諸, 化學用藥品是等から思ひ合せる, 化學療法劑に就い, 化學的純粹, 化學的作用で櫻木大佐, 化學的實驗は決つて暗室, 化學的操作を施し, 化學的構造を決定, 化學的研究を絶えず, 化學的説明となる, 化學藥品油類の發火, 化學衞生權利經濟國家政治社會, 化學試藥が, 化學試驗とで古代, 化學試驗顯微鏡調査, 化學賞とを受けた, 化學雜誌に掲載, 化宗教の一つ, 化宗教化に陥っ, 化宗明暗寺に行っ, 化宗本寺の取, 化宗門の由緒, 化宗関東支配所にて問われな, 化宗院派僧の印可, 化官僚化が不可避, 化実現だと, 化実践の場面, 化宴曲化し美辞, 化家職意識を持つた, 化寒化風化の數, 化寓らねば, 化専門化官僚化が不可避, 化小僧が長い, 化小説をば世, 化居る白日時, 化展覽會が開かれる, 化州判符女麗卿之柩, 化工作に就い, 化常識化された労賃基金説, 化平凡化して, 化平等化したる現在, 化年度あたりに渡来, 化年間印行の地圖, 化府出の田舍漢, 化府州判の女麗卿, 化府生れの黄姓, 化度社会生活の一斑, 化弁解にすぎない, 化形骸化したに対して, 化役者尾上小紋三が丹那, 化その塔, 化相談の, 化必ずしもリッケルトの, 化思想の行き, 化性推論の論拠, 化意匠が特に, 化態度に換, 化憧憬は小林氏, 化憲法が草案, 化戊戌の年, 化成人教育のため, 化戯曲の映画化私感, 化戲曲化を避ける, 化手段じゃないです, 化払子に尾, 化技術化によって職工, 化抑圧の第, 化指紋が現われる, 化挙国一致の積極化, 化振りは観兵式, 化った狐, 化攪乱作業はつづけられるであろう, 化政以後の燒物, 化政度あたりの同じ, 化政度戯作文学のラスト, 化政度戯作者気質に即し, 化政時代の麗人, 化政策を実行, 化教養の一様化, 化数学化した鉄筋式リアリズム, 化文化政策のつまり, 化文学美術の民主主義化, 化新しい観衆の, 化方法化して, 化方策についてはじめ, 化方針などがある, 化日常生活の外形的, 化明朗化を今, 化時代吉原遊女の文殻反古張, 化普遍化して, 化智識の民衆化, 化暗号法もつまり, 化更に演劇の, 化期限を決め, 化杉田玄白も耕牛, 化東漸以前に大陸, 化株券のこと, 化梟蔦葛が鳥, 化様式化しすぎた大名菓子, 化標準化コンヴェーヤーシステム其他による能率増進, 化機械化によってだけプロレタリア経済, 化の旺盛, 化欽明敏達用明崇峻推古の諸, 化毒薬化し更に, 化民衆に向かっ, 化民衆化の具体性, 化民衆化生活化は誰, 化水院無量光院などを朱, 化永久化し又, 化永遠そのものの屈折, 化汝百姓に於き, 化は, 化法師の狐ひとつ, 化活動も同時に, 化流皆伝の達剣, 化流行頂上の時勢, 化流逸剣茨右近も悲鳴, 化深刻化しようと, 化済度のこと, 化澄まし師匠の, 化灰遺恨禍源猶未, 化為りて匍匐, 化為れり云々, 化熊川より出で, 化の為, 化犬め出て, 化の賀奈女, 化独生の人, 化と間違つて婆さん, 化猥雑化とこの, 化猫わけなしだ, 化猫草の穗, 化猫雉猫かま鼬粟が尻尾, 化獣縮身の術, 化という, 化現出であると, 化理想の現実化, 化理由は自ら, 化生活化は誰, 化甲辰に渋江抽斎, 化男性化の方向, 化町内会なら町内, 化を起し, 化発展されて, 化登仙の熟語, 化的イデオロギーを強化, 化的デマゴギー文化の切り札, 化的宣伝の出版物, 化的方法は併, 化的本質を有った, 化的概念であるかを, 化的概念構成に求めた, 化的現象である, 化の州判, 化知識の本性化, 化研究を行い, 化研究所で花形, 化神天譲日天狭霧国禅月国狭霧尊の化生, 化神話とし, 化科学に対する評論, 化の尊者, 化に近づく, 化を唐突, 化等心筋傷害を疑わせる, 化も電気会社, 化簡易化を意味, 化粧いして, 化粧えば一層, 化粧っている, 化粧った少い女, 化粧乘をし, 化でございまして, 化精神の典型化, 化の那津, 化紀元八月中旬の四日間, 化純粋化と言っ, 化ござんなれ白粉, 化縁外に置かれた, 化繁昌誌二冊到来右持参之事, 化は何国, 化翁長崎に往き, 化而神常然, 化而飛度靜坐此處, 化聖教日蓮聖人御遺文, 化胡成佛之相, 化胡經十卷とある, 化胡説の流行, 化能力や技巧, 化自利と利他, 化自在天宮に, 化自然に我人, 化自発を失う, 化葛籠だ天幕, 化葡萄の小, 化藝術化すること, 化虚無化に等しい, 化蝋燭を持出し, 化装品は一つ, 化装道具である, 化製所の人夫, 化覚者の義, 化観念に対して民衆そのもの, 化解消して, 化ひ換, 化記朝野僉載博異記, 化する所, 化誤った功利性への, 化説岡田三郎氏の二元論, 化をする, 化論者であるから, 化の堅い, 化軟膏に似た, 化込んで一, 化近代化を大, 化退治にやって来ました, 化透明化である, 化進歩それを彼ら, 化進行するから, 化過労のため, 化道極りなく百千年, 化郷士の妻, 化都会と農村, 化酸瓦斯の微量, 化化が, 化金翅鳥明王が金翅鳥, 化阻止の方向, 化附近の戦, 化限定性といふもの, 化陸奧出羽二國に及んだ, 化集団農場を中心, 化ありし事, 化非合理化には耐え得ない, 化革命力の昂揚, 化に菊屋橋附近, 化類型化するの, 化風化の數, 化ふりむけ殿, 化の有無, 化の背中, 化鳥事件を物語った, 化鳥半人半魔の奇異像, 化鳥地へ落ち, 化黄表紙文学あぶな絵, 化黒面などを呼びよせ