青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「友達~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~及ん 及ん~ ~友 友~ ~友だち 友だち~ ~友人 友人~ 友情~ ~友達
友達~
双方~ ~反し 反し~ 反動~ ~反対 反対~ 反射~ ~反感 反感~ ~反抗

「友達~」 6394, 69ppm, 1643位

▼ 友達~ (1423, 22.3%)

37 ところへ 33 ように 26 家へ, 顔を 18 一人が, 家に 16 やうに 15 ことを, ような 10 家を, 所へ, 方が 9 ために, やうな, 中で, 家の, 話を 8 処へ, 家で 7 ことが, 中に, 方に, 間で, 間に 6 ところで, 中には, 家は 5 うちで, つもりで, ところに, ところを, 一人と, 一人に, 中でも, 事を, 家から, 許へ 4 ところへでも, 一人を, 処に, 前で, 女の, 話に, 顔が

3 [26件] うちに, うちには, うちへ, 一人で, 一人として, 一人なる, 中から, 中にも, 写真を, 前に, 名を, 名前が, 名前を, 噂でも, 姿を, 家が, 所を, 手を, 方へ, 方を, 本当の, 死を, 消息が, 為めに, 言葉を, 誼み

2 [77件] あるもの, うち, おふくろと, お宅, お組, ことに, ことも, ことや, せがむに, ためなら, だれかれ, つゆ子から, ところから, なかで, なかに, なかには, ひとりが, もとへ, もとを, ものだ, よしみに, オデン屋の, カンコの, 一人である, 一人へ, 上に, 下宿を, 不幸な, 中なる, 二三にも, 來て, 処で, 前であろう, 前へ, 勧めに, 医者から, 又八, 墓へ, 多くは, 姿が, 婦人を, 家だ, 家と, 家とは, 家には, 家へも, 寝て, 寝顔を, 小沢蘆庵から, 左官で, 弟に, 彫刻家である, 御親爺さん, 手から, 方から, 方で, 本分だ, 様な, 死顔を, 為に, 玄浴主の, 生胆, 画家が, 着物を, 祝言で, 義理で, 胸の, 許を, 話が, 誰れ, 誰彼に, 身の上を, 運命を, 部屋で, 間から, 面影が, 顔も

1 [765件 抜粋] あいだが, あたしに, あの水島醫學士, あるの, いうよう, いないの, いない時, いるところ, いる処, うしろ姿を, うちか, うちさ, うちでさえ, うちを, おてつ, お仙さん, お兄さん, お墓, お母さんに, お父さんや, お見舞, お通夜に, かただった, かつて深山越, こと, ことあたし兄に, ことだの, ことである, ことなどを, ことばかり, ことゆえ, この十五, ごとく感じて, さうい, さくらは, して, しるしにと, すがた, すべてに, その暖かい, そんな気色, ためにも, ための, たれかれに, つきあ, つきあいも, つてで, つゆ子という, ところなど, ところの, ところへと, どこかに, ない保, ない寂しい人, ない淋しさ, ない私, なかでも, なくな, ひとが, ひとりである, ふところに, ほかに, ほしい時, またお, むずかしい, もう二三日, もので, やって, やつひでえ, よかずつと, よしみ, ゐる東京, を持っ, ウロンスキーさん, オリガを, キッスでも, グループには, ゴタゴタした, ジオシツといふ, チョビ安と, トレヴォは, ノリ子さんは, バラックに, ビリーに, フィッシャアを, フェルナンドが, ヘンリーだ, ベエだ, マルーハを, マントを, ヨタモノじゃ, リリーに, レオポルド・ゴドヰスキといふ, レントゲンを, ヲロヂカが, 一人, 一人だ, 一人だつた, 一人でしょう, 一人です, 一人の, 一人も, 一人や, 一人娘の, 一人此處に, 一座に, 一日の, 三上甚五郎といふ, 三元が, 三從弟位に, 三谷青年とは, 上を, 上山秀雄に, 下宿で, 下宿に, 下駄を, 不幸は, 不良が, 中へも, 中学の, 中津が, 主意は, 乙と, 乙若だ, 事が, 事で, 事なんぞ, 事に, 事やら, 事草刈の, 二三に, 二三は, 云ふ, 五人の, 五十錢貨幣を, 人, 人が, 今川燒の, 代りを, 仲で, 仲です, 仲間入りが, 伊太利の, 伝手で, 伯母さんが, 伯母さんとかに, 住んで, 住所を, 住所録も, 作者に, 価値を, 信義だ, 個人的な, 借りてる部屋, 借金へ, 兄が, 兄さんが, 兄さんで, 兄さん弟と, 先生は, 六さんは, 内に, 内田さんが, 冬子という, 冷淡を, 処から, 処へでも, 出した紋付, 出世する, 出来る事, 出版記念会の, 分譜, 刑事の, 別荘へ, 利左の, 前や, 功績を, 助力を, 勝手に, 勧めるが, 医師が, 医者に, 十七の, 千太を, 千種十次郎を, 協同の, 又友達, 友人に, 友達の, 叔母にあたる, 口からも, 古帳面屋, 吉見素子と, 名なども, 名前に, 名譽恢復, 吠える声, 嘱み, 噂の, 噂学校の, 噂話に, 地位であったら, 坂野よりも, 場合は, 境地に, 墓が, 声が, 声を, 声楽家が, 多少魯鈍, 多幸を, 大きなヤク, 大した金持, 大部分, 太郎坊も, 夫婦の, 夫婦仲を, 奈良原を, 奥さんも, 奥様に, 女が, 女たちと, 女の子たちは, 女は, 女主人, 女房役として, 女給さんが, 女給に, 奴はな, 好き嫌ひといふ, 好意は, 如きつきあひが, 如何にも, 妹さんか, 妹で, 妻が, 妻としての, 姉と, 姿も, 娘の, 娘も, 嫉妬から, 嬲ごと, 子息達と, 学問が, 学校を, 学校生活を, 宅を, 安倍能成氏が, 実母です, 宮川太一郎が, 家だった, 家つ, 家な, 家にでも, 家へは, 家や, 家庭に, 宿で, 寅吉であった, 寅吉を, 寓居を, 小さい時分, 小児と, 小林米謌という, 小花, 少女, 就職の, 居合は, 山村と, 山羊や, 島田に, 川上少年の, 帰るの, 帽子を, 平井保昌だけを, 平次が, 庚伯さんが, 弁信さん, 引き揚げて, 引っぱる袂, 弟が, 弟だ, 弟である, 影が, 後ろ姿に, 心では, 心の, 心を, 心易, 思いやりを, 思惑に, 恋人の, 恐れ入る顔, 悪太郎に, 悪戯であった, 悲しい心持, 悲惨な, 情愛に, 意見なんか, 感が, 感情は, 成功を, 所に, 所へは, 所作を, 手に, 手前それと, 手前は, 手前体裁が, 手紙に, 手紙を, 批評が, 批評家らを, 折合も, 持って, 指先を, 接吻, 故郷の, 敬ふべき, 文士が, 新著を, 方でいらっしゃいます, 方などから, 方には, 方は, 於福が, 旆騎兵中尉は, 旧藩士, 明智小五郎の, 時計が, 景子の, 書いた新, 書いた物, 有難味を, 机に, 杉田よし子という, 松下文子と, 果した仕事, 梶田弥太郎の, 榊原の, 様子が, 様子は, 様子をなんか, 樣な, 横田は, 樫田で, 次男に, 此の, 武蔵と, 死骸の, 死骸を, 母であり, 母様でございます, 母親が, 母親の, 河田は, 河野ウメに, 津田君の, 浅黒い艶, 消息を, 深い考え, 漁夫は, 燿子燿子の, 物で, 物を, 狐が, 玉ねぎさんの, 琵琶を, 生活と, 田畑秋濤氏に, 留守に, 留守の, 癖に, 白い牡丹, 目から, 目つきで, 県令が, 真似を, 眼が, 眼だけが, 着飾った姿, 矢走千鳥も, 知らぬこと, 磯崎恭介が, 祝事で, 秀治らし, 積りで, 笹島先生に, 筆蹟で, 素子とが, 細君だった, 細君の, 紹介です, 絵描きが, 編輯する, 美しい姉さんだつ, 群が, 群の, 義理とか, 聲が, 肚の, 肩に, 肱を, 胸へ, 腕前では, 腹に, 腹の中の, 自慢を, 良き着物, 良人たちが, 艶子に, 花嫁の, 若い哲学者, 若い未亡人, 落したもの, 薫が, 血の, 衆に, 行く先に, 表芸の, 袖を, 視線が, 親父が, 親許から, 親類の, 言つてゐる, 言ふ, 言葉が, 言葉だ, 言葉など, 訪れを, 許へでも, 許婚の, 詩人の, 話して, 話じゃ, 誰かが, 誰かに, 誰と, 誰にも, 誰彼れ, 誰彼を, 調査や, 讐を, 赤坂の, 越野に, 足立なんて, 身に, 身の上に, 身を, 身体が, 身装と, 身軽な, 返事を, 迷信を, 遊び呆けて, 遊び女達の, 遠く成った, 選択や, 遺著など, 郷里の, 酒木と, 野々宮菊子の, 野村にさえ, 野沢から, 金は, 銀之助は, 長男と, 間では, 間などでも, 間を, 間柄じゃ, 関と, 附き合いという, 附合で, 附合物見遊山などに, 集まりなどに, 難有さ, 霊は, 露子と, 青木が, 青野の, 静かな, 面倒が, 面倒を, 頃の, 頑張って, 顏が, 顏と, 顔さへ, 顔と, 顔には, 顔の, 顔まで, 風呂敷の, 香典が, 鴎丸だつた, 鸚鵡に, 麗子に

▼ 友達~ (760, 11.9%)

12 来て 9 遊びに 6 あって, 欲しいの, 私に, 私の 5 あった 4 ありました, あるの, きて, ない, ゐて, 来ると, 訪ねて 3 ある, ゐる, 來て, 出來, 出来て, 帰って, 来ても, 欲しい, 集まって

2 [51件] あっても, いう, いる, おかみさん, そこへ, それを, できて, ないから, ないん, なかった, ひに, もとに, やって, やつて, 一人も, 云つた, 何うし, 其れ, 出て, 出来ました, 前から, 十弗で, 喜んで, 土産に, 声を, 居る場合, 彼等の, 待って, 恋しい, 恋しいもの, 或る, 手酌の, 持って, 持つて, 散歩し, 来さ, 来た, 来たので, 来るの, 欲しか, 欲しかった, 此方を, 死んだ時, 死んで, 皆不快に, 知って, 私を, 精神異状で, 自分を, 誘ひに, 醵金し

1 [553件 抜粋] あたしよりも, あったが, あったそう, あったため, あったという, あったので, あったのよ, あつた, あなたの, あなたを, あの芸者, あります, ありますから, ありますの, あり身なり, あるか, あるから, あるが, あるくらいの, あること, あるたび, あるだけの, あるだろう, あるでしょう, あるならいい, あるに, あるには, あるので, あるのに, あるのみ, あるよう, あるん, ある時, ある時言, いいこと, いうと, いくらすすめ, いくらも, いけませぬその, いた, いたわけ, いた為, いった, いて, いてね, いなかったので, いなくなって, いにここ, いに少し, いのねえ野郎, いふと, いようとは, いらっしゃいましたよ, いるかも, いるからって, いるが, いるそう, いるの, いるのよ, いるん, うたつてゐる, うらやましがっ, おりましてねえ, おりまするもの, お待ちし, お手紙, お祖師様, お見え, かわいそうだ, きたとき, きょうあす着物を, くると, くれた桜草, こうして大きく, こぞって駈けつけ, このこと, この地, この工船, この老, この辺, これほど, こんなに沢山お, ございまして, さそいに, すぐさま彼, すつかり, そこに, そっと電報, その三百坪, その二年, その前, その旅行中, それとなく警戒, そんなの, そんな話, たくさんあつ, たくさんいます, たくさん出来る, たくさん居る, たずねて, たづね, ちゃんと私, つき合いいいのって, できたか, できたので, できてな, できない, できなかったの, できる, ときたま遊び, とめて, どう云う, どこに, どんなに淋しい, どんなに誘つて, ないこと, ないと, ないな, ないので, ないもの, ないわれわれ, なかつた, なかつたので, なかつたらしかつ, なくちやア, なくつて, なくても, なく淋しそう, なく行き場, なぜそんなに馬, なつかしかつ, ねえで話しても, はいって, はなしおった故, はなした, ひとりも, ひよつくりたづねて來, びっくりする, ふっと気づいた, ふらりと, ほしいとも, また品物, みなそう, みな制服を, みな快楽に, みんなみ, みんな懐し, みんな話し, みんな遊びたがっ, みんな避暑に, めずらしがっ, めづらしが, めんこを, もう一つ, もって, やってるから, やって来て, よかった, よく云, よく噂, よこして, よせば, よったらもう, よろこぶわ, わたしに, わたしの, ゐたもの, ゐないの, ゐるつて言, ゐるでは, ゐるなんて, ゐるの, ゐる都, オレを, キンカ鳥の, コルシカの, スットンキョウな, ダンスを, ノートを, ミミの, モルモットで, 一しょに, 一と, 一ヵ月ほど, 一人あった, 一人ここに, 一人二人ある, 一人二人遊びに, 一人出来た, 一人加って, 一人印度に, 一人遊びに, 一処に, 一匹の, 一枚づつわたしと, 一緒だった, 一葉の, 三人で, 三人やはり, 三人来ました, 三人来合わせ, 三四人たずね, 三四人打ち連れ, 世渡りの, 世話を, 中井の, 中学には, 久し振りに, 乗つて, 二三人加わっ, 二三人待っ, 二三人手伝いに, 二三人集っ, 二人その, 云った, 云って, 云つてゐた, 五六人火の, 些いのです, 亡くなったとき, 人間の, 仕事の, 仲通りの, 住むこと, 何う, 何か, 何万人, 何時か, 何時も絶えなかつた, 余り多い, 健に, 偶然出, 僕に, 僕の, 先に, 先生達と, 六ヶしい, 其処の, 内證, 出入りし, 出来そう, 出来たかと, 出来たから, 出来たのに, 出来たもの, 出来たよう, 出来たり, 出来ましたけれど, 出来ましてね, 出来ましょう話し相手, 出来るから, 出来るの, 出来るよう, 出来るわ, 出来男, 切腹の, 前に, 前へ, 前後六十回も, 助け合うという, 医者で, 十八人いっぺんに, 十日も, 去ると, 去ッ, 口に, 古い美術雑誌, 古い貸し, 右と, 同じアパアト, 同じ専門学校, 同時に京都, 君の, 呼びに, 呼び出すのに, 喋るに, 四五人で, 土曜日の, 売られたの, 多いからね, 多いん, 多くて, 多勢で, 多勢の, 多勢寄っ, 大事である, 大勢あつ, 大勢いらっしゃった, 大統領に, 夫, 失恋を, 好きだった, 妻が, 妻母として, 始終いらっしゃる, 姿を, 孤独に, 学校に, 學校へ, 宋代とやらの, 寄って, 寄りついて, 寄りつかないの, 寄贈し, 寺田の, 尋ねると, 小六は, 少いの, 少くなる, 少なかった, 居たから, 居て, 居ないだらうか, 居ないだろうか, 居りゃ訳, 居るの, 居るん, 帰つた後丑松は, 幽靈, 幾人ある, 当ってるの, 彼に, 彼の, 彼女に, 彼女等の, 待ってるのよ, 得意さうにそんな, 微笑み乍ら, 心配し, 必要である, 急用が, 急病で, 悪いん, 悪漢だ, 悲しく思い出された, 意見旁容子を, 慾しい, 懐かしかつ, 懐しかったら, 手を, 手分けし, 押掛けて, 持てなかった雁江, 持てやがるんで, 数えきれないほど, 早くから農園, 早稲田の, 明智を, 時々遊び, 替わり合って, 最近急に, 有れば, 来たから, 来たの, 来たりたりとて, 来ました, 来ましたよ, 来る, 来るしね, 来るだけ, 来るらしいから, 来るわ, 来る度, 東京から, 栗の, 案じて, 櫃台を, 次々に, 欧州人に, 欲しいと, 欲しいん, 欲しい本当, 欲しくて, 欲しくなる, 止を, 此方には, 歸つて間も, 死ぬの, 死ぬまでも, 殆ど一人も, 殖えたので, 殺されて, 気に入ったと, 汝え, 沢山いる, 沢山この, 沢山できた, 沢山来た, 沢山遊ん, 泊りがけで, 波の, 注意する, 海の, 海へ, 清元の, 滞在し, 滞在した, 滯在し, 災難で, 無いが, 無かつ, 無鉄砲すぎる, 熱笑冷罵する, 牛を, 王羲之を, 珍らし, 現場で, 生きかえり祝い, 男の, 留めて, 留守を, 白眼学舎なにがしと, 皆さんで, 皆そろつ, 盛文堂という, 監郡の, 眼を, 科学的に, 稀な, 突然台湾, 立って, 笑いながら, 笑ふんだ, 糺すと, 紹介し, 経営し, 結婚します, 結局大変よかっ, 絶対に, 続いて, 編輯し, 縫って, 群れて, 羨ましい, 羽生村に, 考えると, 考え深, 聞いたの, 職工にな, 自分でもを, 自分も, 自分より, 自殺した, 自殺を, 舞台の, 色々と, 苦笑し, 荷物あずかっ, 行って, 装束を, 西の, 見えまして, 見舞いに, 親切にも, 言うと, 言うとおり, 言った, 言ってるよう, 言つてゐました, 言ふ, 訊く, 訴へに, 詩を, 話したが, 話して, 誤解し, 読み掛けたの, 読んで, 調戯半分に, 財産に, 貴様の, 載せて, 輕, 迎えに, 迷惑を, 追憶する, 逗留し, 連れて, 遠客, 遠慮なく感想, 都合四人でき, 重吉の, 金を, 鉛筆も, 銀行会社デパート料理店などへ, 除隊にさえ, 随分ある, 集つてゐた, 集つて肉を, 集まり通夜, 集まるの, 青服姿で, 首を, 馬を, 馬鹿に, 駈けつけて, 騒ぎ出して, 高等文官試験を, 鶴小屋の, 黙って

▼ 友達~ (754, 11.8%)

42 なって 18 なつた 17 して 11 なった 7 なつて 6 誘はれて 5 なること, 見せて, 誘われて, 逢って 4 なっても, なりたいと, なりました, なりましょう, なるの, 手紙を, 顔を

3 [11件] つれられて, なったの, なったよう, なったん, なりましょうね, なる, 向つて, 斯んな, 相談し, 語った, 頼んで

2 [50件] あてた手紙, あてて, いじめられて, だまされて, とりまかれて, なった人, なりたいの, なりたが, なり一生懸命, なり最も, なるでしょう, なると, なるという, なれるかと, なれるかも, なろうと, ひろ子は, またつい, むかつて, もつて, よろしく, 一人の, 冷笑れる, 出遇, 別れると, 向って, 変化する, 存在を, 守られて, 宛てた手紙, 對し, 持って, 時々綴り, 某甲, 紹介しよう, 見せました, 話した, 話して, 話すと, 話を, 読んで, 貰つた, 送る手紙, 逢いたいと, 逢いに, 連れられて, 選びそれ, 頼まれて, 頼みました, 高橋定次郎氏という

1 [472件] あいに, あうの, あげちゃったの, あげて, あずけて, あったり, あの時, あるこツちや, いじめられるの, いひました, いわれて, うっかりつき合う, おしえられて, おっしゃって, おなりなさい, おなりに, お目にかかると, かう言ひたい, かくれて, かまっては, からかわれて, からかわれながら, きいたらそれ, きいたらば, こないこないいわれて, この指環, この辺, こんなの, さ, さう語, させてから, しかも並々の, したが, したくないな, したって, した手ぎはで獅子, しちや, しては, しても, しない, しながら, しやう, しようとして, しろその, し彼ら, すすめられて, すること, するさ, するなと, せっせと絵葉書, そういっ, そういつ, そう言っ, そう言われ, そちら側から, そない, そのこと, そのままあてはまる, その絵葉書, そむかれたって, それとなく牡蠣船, たかったり, たのまれて, たのまれましたそう, たのむに, たのめば, たのんだり, たのんで, たよられれば, でなければ, では, なったいうこと, なったかと, なったが, なったこと, なったことそ, なったそもそも, なったって, なったつもり, なったところ, なったにも, なったのよ, なったらみんな, なったり, なったんだい, なったシルシ, なった事, なった子たち, なった海老団, なった記念, なってた訳, なってね, なっては, なつたんだ, なりたいですね, なりたいとの, なりたいわ, なりたがって, なりましたか, なりまして, なりませう, なりやしょう, なり同じ, なり得る人, なるかも, なるが, なるだらう, なるだろう, なるだろうから, なるだ心安い, なるであろうと, なるでせう, なるとき, なるほどの, なるもの, なるやう, なるわ, なるん, なるんぢ, なる話術, なれさ, なれそう, なれたの, なれつこないわ, なれて, なれと, なれないたち, なれないわね, なれば, なれる, なれること, なれるだらうさ, なれるといふ, なれるもん, なれるよ, なれるよう, なれるわ, なれる者, なれッ, なろうかねえ, はぐれると, ばつたり, みせたらまだ, みんなき, むかって, めっ, めつたに, もって, もらったのよ, やくざが, やつぱりマチ子つていふ名の, やる土産, やる手紙, よく似, わかったら私, わかれてから, アルファベットの, シュタイン夫人への, トタン塀の, ベルモント, メンクイだ, 一寸かくれん, 一杯やろう, 一言も, 一言相談し, 下卑て, 不幸が, 不思議を, 与えられたもの, 世話を, 二人の, 云い触らそう, 云った, 云つた, 介錯たのむ, 仰有って, 会いたい方, 会いまた, 会い誘われると, 会うと, 会う約束, 会ったの, 会ったら今時分, 会つた, 会つてし, 会ひ, 会ふこ, 会ふと, 伝えました, 伴れられ, 伴蒿蹊という, 何か, 何かしら声を, 何の, 何を, 何んか, 使うよう, 依つて折角, 借りて, 借りに, 借りましたの, 借りるよ, 借金を, 冗談の, 冷やかされたが, 冷やかされて, 出くわしいきなり, 出した, 出したり, 出っくわして, 出会う当て, 出会つた時コツペエの, 出会つても, 出逢った気持, 分配する, 切りに, 別れて, 別れ心, 勧められた時, 厄介を, 厭がらせ, 厭な, 厭や, 及びも, 叫んだ, 合す顔, 同じこと, 名誉の, 向い, 向いて, 向つたと, 向つて晴々, 否応なしに撮み出される, 呉という, 呉れまいもの, 告げたの, 告げたり, 呑み込めないの, 呼びかけました, 呼び出されて, 喋っただ馬十, 囃されて, 図星を, 埴生という, 報告された, 大分出来る, 大声で, 大変私の, 好い加減な, 好きな, 好意を, 威張れるのに, 婦人運動に, 宛て, 家へは, 寄せる好意, 寄せ給はん, 寝取られたこと, 尋ねなければ, 尋ねられると, 對する, 小さなもの, 小太郎って, 小説の, 就いても, 差上げるん, 幸ひ, 弁護士も, 強いられて, 得られるなどとは, 御村, 御用聞きの下で, 御話したら, 御馳走を, 忠告したい, 忠告を, 怖がられるの, 恋人に, 恵まれて, 悩ませられるところ, 惡い, 意地悪く, 意見を, 愛着を, 憚りながらも, 成れないもの, 成ろうと, 我儘も, 戒められて, 戸棚の, 手を, 手紙か, 手紙でも, 打ち明けた, 抗議され, 披瀝する, 招かれた料理屋, 持たない事, 持ちたがって, 持ち對等, 接すると, 揶揄われる, 擯斥せられ, 支那人の, 改造しなほす, 放つて, 放浪時代の, 教えて, 教えられた部屋, 教へて, 教わって, 数学の, 料理の, 於て, 昔の, 暴力で, 書きおくりながら, 最後の, 會は, 本を, 本当に成れる, 東京の, 松村琴莊といふ, 案内せられ, 梁子俊という, 横浜の, 次の, 此せいゐつ, 気が, 沸騰散, 油を, 注ぐ, 浪越太夫という, 満足し, 満足は, 灰屋紹由と, 無意味な, 片方の, 狙ひ, 独身の, 由緒を, 申し込みました, 画かきや, 留められなすつたので, 目, 相談しよう, 相談も, 相違ない, 知らせて, 知らせも, 知らせやう, 知らせる気持, 知らせを, 私の, 私を, 秘密な, 秘密を, 突っ込まれること, 立て替へるため, 笑はれ, 笑われた, 笑われちゃった, 約束が, 紹介され, 紹介したく, 絵ハガキで, 置いてけ, 聞いて, 聞うにも, 腹が, 自分の, 自慢話を, 花の, 苛められて, 血書を, 表現派の, 裏切られて, 見せたくない職場, 見せたらそりゃ, 見せたり, 見せびらかしたいという, 見せることさ, 見つからぬやう, 見つけたの, 見られたくなかつたので, 見られたら随分, 見られると, 見付けられたと, 見合いの, 見舞いに, 見限られて, 言いましたらすぐ, 言う, 言うでも, 言わせると, 計つて, 訊いた, 訊ねられてるよう, 訊ねられると, 証言させれ, 話さないのみか, 話したとき, 話しても, 話し掛けるよう, 話す, 話すこと, 話すやう, 話せる位ひなら書き, 誇つた, 誘われた新参, 誘われてかの, 誘われても, 誘われまして, 誘われると, 誘われ城下, 讀んで, 豆腐が, 負う処, 負る, 貰った北魏, 貸したん, 貸した金, 贈つたら恰度虫類, 贈つて, 贈るの, 越したもの, 身を, 返す本, 返って, 追付いた, 送った, 送られて, 送りたいと, 造酒業の, 逢う, 逢うたら羞, 逢うと, 逢えば, 逢った, 逢ったの, 逢ったよう, 逢ってさえ, 逢つて友達の, 逢へ, 連れて, 遊佐の, 適当な, 選ばれるなら魂, 遺されて, 邂逅ひける, 郵便で, 醫者の, 重吉の, 長島萃という, 阿波連という, 電話を, 電車の, 非常な, 頬ずりを, 頼まれた事, 頼みたいという, 顏を, 顔向けが, 顔向けの, 食って, 食つてかかる, 飲ませるとき, 飴屋が, 飽きて, 馴染んで, 骨の, 鼻の

▼ 友達~ (476, 7.4%)

51 一緒に 19 二人で 10 遊んで 7 一所に 6 喧嘩を 5 いっしょに, いっても, 別れて, 思って, 酒を 4 御一緒 3 なつて, 話して

2 [26件] いつしよ, いふ者が, いへば, つれ立つて, なって, なるでありましょう, なる事, 一しょに, 一処に, 二人きりで, 云うもの, 云えば, 伴れ立つ, 喧嘩し, 思はずば, 散歩に, 日本海の, 活動を, 海へ, 約束が, 羽根を, 肩を, 議論を, 遊んだり, 雑談に, 飲んで

1 [296件] いうだけ, いうに, いうので, いうほどの, いえば, いっしょだった, いったからって, いったって, いっては, いふよりは, お二人, お前が, お知合い, お芝居ごっこ, お話し, かわる, ここへ, こんな話, したもの, して, すること, そこらを, そのお祖母さん, その妹さん, その許嫁, ただ一ト回り歩い, ちょっとべ, ちょっと御飯, つきあうなと, つきあうの, つきあって, つき合, つれだって, つれ立ったり, つれ立って, ときどきモナミ, どしどしお, なった, なった人間, なりそして, なりました, なり得るの, なり忠告者, なり或は, なるでしょう, なるの, なる男子, なろうじゃ, はっきりした話した, ひとり暮しを, ふざけ散らして, まだその頃二十一二, みえて, やつて, やり取りし, ゆっくり話, よく話し合った, よっても, わかれるあいさつ, アメリカの, オペラ劇場へ, スキーに, チビリ, テニスを, トランプも, ビールを, ピカソでも, ベースボールを, 一しよ, 一つ屋根の, 一処になんて, 一昨日一日公園を, 一緒です, 三人で, 下手糞の, 並んで, 争ったこと, 二人づれで松円寺の, 二人で乗, 二人三人ずつ, 二人巴里の, 二人洋傘を, 二人連れで, 二人馬に, 云うの, 云うよりも, 云う丈, 云える, 云ったって, 云っては, 云ふ, 云ふも, 互に顔, 交際し, 仙臺へ, 仰有った様, 仲な, 仲よくこれ, 仲好う, 仲睦まじく, 伊勢へ, 会って, 会ふ, 何の, 何処かで, 何処で, 何時もその, 作品の, 作文の, 來た, 個人的な, 兄とは, 全く絶縁, 共同で, 其小川に, 出かけて, 切れるよう, 別れた, 別れたが, 別れた私, 別れてから, 別れ独りそれら, 勉強の, 協力し, 口争いは, 口論し, 合は, 同じよう, 名宣りし, 向き合つた儘幾皿かの, 呼び交, 呼び得る範囲, 呼ぶ者, 喋り合うこと, 喧嘩した, 喧嘩する, 喧嘩でも, 喧嘩の, 四辻で, 声高に, 売ったとか, 夕暮近く, 外れて, 多く話し, 夜行列車に, 夢中に, 大きな毬, 大ぜ, 大勢で, 妹と, 室戸見物丈けで, 家内の, 寝ころんで, 小説を, 平気で, 広くつき合っ, 形の, 彼との, 彼の, 往来に, 御一所, 御夕食, 心を, 心置きなく, 思つて話し, 思はずは, 戯れあひ乍ら, 戸外で, 所謂読者は, 手を, 打ち合せしなくちや, 打解けて, 抱き合って, 捕鯨船へ, 散歩の, 数回や, 旅行でも, 日曜に, 映画や, 映画を, 暮して, 暮すよう, 曉深く, 服飾店を, 来たり, 来たん, 来ては, 東京よ, 校舎の, 歩いたり, 歩くの, 汐干, 江の島へ, 河へ, 満洲, 火鉢に, 無邪気に, 無駄話を, 然別の, 燃ゆる, 猟小屋を, 珈琲を, 疎遠に, 百合子の, 相談し, 相談した, 眼の, 知り合, 砂の, 砂土原町とが, 研究も, 磧から, 神田から, 私と, 私とは, 立つてを, 端しも, 笑いあって, 笑い合っては, 笹村は, 簡単な, 約束した, 約束を, 組に, 絶交し, 縁を, 羽子を, 翌日汽車に, 聖書と, 自分との, 自分の, 茶を, 落ちあふ約束, 行くの, 表へ, 裁盤に, 裂こうという, 裏の, 西洋料理に, 見えて, 見えや, 見たせい, 見て, 見変えられた, 親しくする, 言うと, 言つても, 計画的な, 訪ねあったり, 訪ねて, 訪問し, 話が, 話したり, 話してる間, 話すの, 話ばかりを, 話を, 語らひながら, 語るやう, 談笑し, 身の, 近郊へ, 近頃酒, 通って, 逢わない, 連れ立って, 連立って, 連立つて, 遊ばして, 遊びすくすくと, 遊ぶこと, 遊ぶよう, 遊ぶ折, 遊ぶ時, 遊べるなと, 遊んだあと, 遊戯を, 運動場を, 違うの, 酒でも, 銀座の, 間違いを, 附き合っても, 附け文, 雑談を, 離れて, 離れるな, 面白く遊ぶ, 面白く遊ぼう, 音なしく, 顔を, 飲みに, 飲み過して, 騒ぎたかっただけ, 騒ぐ方, USで

▼ 友達~ (463, 7.2%)

7 一人も 4 彼に, 皆な, 自分の 3 それを, ないの, 彼の, 私の, 私を

2 [27件] それと, どうも日本人, なかったらしく, みんなもっと, モースは, 云つた, 今怎, 今直, 元より, 彼を, 思出した, 急に, 慌てて, 提げて, 死亡した, 皆刀を, 皆本や, 私に, 笑って, 笑ひ, 答えました, 語を, 誰も, 酒樽の, 頼りない, 顔を, 顔色を

1 [375件] あつた, あとで, あどけない顔, あなたでした, あまりああ, あまり出来ませんでした, ありがたいもの, ありません, あるだろうが, あるんで, いつの間にかそれと, いつも私, いは, いまは, いらっして, おやめ, おらん, お増, お島, お母さんか, お銀, お附き, お饒舌, かう云, かう云つて直ぐ, かねてから, かの書類, かまわないという, からかい半分, かれが, こういう折, この仕事, この哲学者, この心持, この技能, この會話, この雨, さう, しゃもじ, すぐに, すこし意固地, すっかり感心, すでに一流, すでに帰国, する, そこまで, そのあり, そのお金, その外, その女, その感情, その熱情, その男, その神尾, それから, それでも死ねない, それで何, それまでは, それも, そんな事, ただ彼, ちょうど幸いとでも, ちょくちょく縁側, ちょっとい, つまらないわ, づか, できますよ, どうした, どうでしたろう, どこからか, どこの, どこへ, どちらかと, どんなこと, どんなに心配, どんなに面白く, どんな人達, ないかと, ないかね, ないって, なかつた, なかつたで, なかつたやう, なく朋輩, なし父母, なぜ私, なるほどといった, なんでも, ねえが, びっくりし, ふたいとこ, ふと私, ふりかへ, ほかに, まあそのままに, まぎれなくあの, みなわらった, みな例外なく, みな知ってる, みな自動車で, みんなお家へ, みんなお母様に, みんなさうです, みんなじ, みんな云ひます, みんな別々の, みんな知ってる, みんな避暑に, むしろつまらな, もう泥濘, もう職, やがて公園内, やはり橋, よく変りました, わたしが, エデイソンの, ダンサーです, トントンと, フトそこで, ポケツトに, 一人で, 一人残らず, 一体どんな, 一向興, 一緒に, 三人あつ, 下駄の, 不図, 不思議な, 中国の, 中指で, 久しぶりだ, 久しぶりに, 二川の, 云った, 云つたフエアリイ・ランド, 五十嵐透と, 人の, 人一倍けたたましい, 今でも, 今日も, 以前から, 仰山な, 伊藤孫一といふ, 何でも, 何で分れるだろう, 何れも, 何んと, 例の, 健三を, 入口の, 入替っては, 全く軽部君, 八方に, 出て, 出来た, 出来ないだろう, 出来ませんでした, 別として, 別にいなかった, 別に有難い, 別れて, 別れるとき念, 勇敢です, 勿論彼, 卓の, 友達, 反対に, 叫んだ, 可哀相な, 同じところ, 呟いた, 哀愁と, 唖娘の, 嘆息し, 図に, 在る筈, 変って, 多かった, 多くそう, 多く彼の, 多く自分, 大事さうに紙包を, 大抵先生, 大抵半歳か, 大概いつかは, 大概眼を, 大部分, 夫婦で, 好い奴, 嫌いの, 嬉しいなと, 嬉しさ, 嬉しさうに笑つて, 嬰児の, 安全無事に, 宋を, 家で, 小さな体, 少い, 少なくて, 就職の, 岸に, 己に, 己を, 幽霊の, 幾らか戯談, 幾らか郵税, 広瀬川の, 度の, 当時私より, 彼女の, 後ろで, 微かな, 心からよろこん, 心に, 心待ちに, 忽ちの, 思わず角, 怪しんで, 恋愛に, 恐しくなって, 恐らくその, 情無, 惨酷, 意味あり, 感歎し, 慌て, 慰め顔に, 戀しい, 戦争なんか, 手で, 手の平に, 手を, 手燭を, 扨置き, 承知した, 押かけ, 拵えねえん, 持たん失敬, 持ちたいもの, 持ち揚らなかつた, 持ったこと, 持つた方, 数年前に, 新聞だけの, 旅館の, 既にその, 日露戦役に, 早く死に, 明け方を, 昔馴染に, 時には案内, 時折氣まぐれに, 景色に, 暴にな, 書簡箋一枚に, 最早眠つたの, 有ません, 有難いもの, 未来の, 本当に聡明, 松虫草を, 果して彼, 校長を, 槌で, 此前東京に, 歩みよつた, 歸る, 段々先生, 気が, 気の毒さうに訊いた, 気の毒相に, 永いこと病気, 沢山ある, 泣虫で, 活動を, 無論何, 無邪気な, 焦慮つた, 牧野と, 独乙語を, 独特な, 珍しかった, 珍しそう, 理由を, 生涯の, 甲州線で, 申しました, 発明家の, 発音出来ます, 白粉の, 皆, 皆な真似, 皆んな同じ, 皆例の, 皆女の, 皆学者で, 皆私を, 皆若かっ, 皆行っ, 皆道草を, 皆酒豪ばかりと, 皮肉な, 目立ない, 直に身構, 直出来た, 真に立派, 真顔に, 眼の, 眼を, 着て, 瞳を, 矢庭に, 矢張西洋人で, 砲兵工廠が, 秀才だ, 私が, 私も, 私より, 窕子の, 笑いながら, 笑った, 羨ましがりました, 羨ましさ, 聞いた, 自ら激しく, 自分は, 自藩, 良い狗ころ, 芳村から, 薪に, 蜜柑が, 行って, 西洋人に, 見出せない, 親切で, 言って, 言ひ, 言ひました, 言ふ, 誘って, 語つた, 誰だ, 誰だった, 誰だろう, 誰である, 誰一人そんな, 豪い人, 責任を, 赤城へ, 足を, 農学校の, 退屈しき, 途方に, 遂に自殺, 達て, 遠慮ぶ, 選ばなければ, 酒場の, 野々宮さんの, 鈴木十郎と, 鋳かけ屋, 長煙管, 長野の, 雨に, 青服の, 非常な, 面白そう, 鞭を, 頼母しかろう, 顏を, 飽くまでも友達, 香川氏の, 驚ろいた

▼ 友達~ (413, 6.5%)

14 訪ねて 9 つれて, 持って 7 もって, 呼んで 6 連れて, 集めて 5 誘って 3 ご紹介, 伴れ, 尋ねて, 相手に, 見た

2 [26件] お誘ひする, たずねて, たよりに, 一緒に, 作ること, 叩き起して, 呼びあつめて, 呼ぶ声, 尋ねる事, 得ること, 招いて, 持つて, 救って, 斯ん, 殺して, 毎日訪ね, 片端から, 置き去りに, 自分の, 見つけると, 見ると, 訪ねたり, 訪れて, 送って, 重くは, 集めては

1 [283件] いきなり絞め殺し, いちどでも, いぢめやう, いやがらせた, おつつけ, おどかしたり, おびやかしました, おも, おもち, お持, お訪ねしました, お選び, こういう風, こさせないよう, こしらえたものの, こしらえて, こわがらせる為め, ごまかして, さがす様, さも物珍, すてて, ずらつと, そこへ, そこらに, そんなに沢山もちません, たずねると, たよって, だしに, つかまへ, つくって, つくるよう, なくされて, なんとかし, のせて, ほめるの, まずその, みたよう, みんな呼ん, もちその, もち恋人, もった彼女, もとめなかったこと, 一人で, 一人失くし, 一人失った, 一人連れ, 三人つれ, 不快に, 二人も, 五人連れ, 人手に, 介抱し, 他の, 他人扱いに, 代りに, 仮令え, 伴れ込ん, 何か, 何人も, 何子君と, 作った, 作って, 作るの, 作るもの, 便つ, 便つて野良犬の, 信じては, 信じないって, 入れないという, 冷笑し, 前に, 助けたいと, 助けて, 助けること, 助けるため, 十人ばかり, 取られたと, 取逃がすかも, 告発した, 呼びいれること, 呼びとめた, 呼び出して, 呼び出し難波新地, 呼び起して, 呼ぶこと, 呼起し, 嚇かす, 困らすこと, 囲り, 外に, 外へ, 大さわぎをしてとりかこみながら, 大ぜ, 大勢引っ張り込ん, 大勢誘っ, 大勢集め, 失うと, 失った事, 失った時, 失つても, 失つてゐる, 奪い故郷, 女学校時代と, 寄せて, 尋し, 尋ねたらその, 尋ねると, 尋ねるに, 山で, 広い世間, 引きとめた, 引っぱって, 引張って, 引張り出して, 引張ッ, 当てが, 往来へ, 待ち受けて, 待ち合わしたり, 待った, 得かつまた, 得たの, 得て, 得られること, 得る事, 御紹介, 心で, 忘れずにナ, 怒らせるよう, 思いだした, 思い浮べて, 思ったあげく, 思ひ出す時僕, 思出す, 怨んでも, 愛するが, 慰めて, 憎むこと, 憎らしく思った, 手招ぎし, 扶け, 抱いて, 招いで, 招待しよう, 拵えた, 持たないやう, 持たなかった, 持たなかったので, 持たなかつたので, 持たなければ, 持たぬ自分, 持ちおったわ, 持ちたいと, 持ちたがった, 持ちたがらなかった, 持ったお蔭, 持ったこと, 持った覚え, 持っては, 持つたもの, 持つてないといふ, 持つてるよ, 持つてを, 捜すの, 捨てた, 捨てて, 探して, 探しに, 探し出す時, 探すの, 推薦する, 支へ, 救つて上げる, 救ふ, 斯う, 新橋に, 案内し, 案外好む, 棄てた, 棄て家, 欺し, 殺した男, 気の毒がる, 求めなかつた, 求めるの, 求める切, 求め様, 求め歩いて, 沢山持っ, 泣かせて, 海岸の, 無暗に, 無理に, 現実に, 疑いた, 眺めた, 眺めやがて, 知ってるな, 私に, 私は, 笑わすよう, 素っ裸に, 紹介し, 絞殺し, 罪人に, 置きざりに, 羨ましがらせる, 羨み萎れきつ, 聞いて, 自分で, 花街に, 苦らせる, 要求する, 見たやう, 見たよう, 見つけたこと, 見つけたよう, 見つけなさいね, 見て, 見まもった, 見よ, 見よう見真似, 見上げた, 見出した, 見出し得て, 見廻すと, 見捨てるの, 見送りに, 訊いて, 訊ねて, 訪ねたこと, 訪ねた處, 訪ねようと, 訪ねようとして, 訪ねるぐらゐが関の山, 訪ねると, 訪ね廻つてお金, 訪はんとて, 訪れても, 訪れるから, 訪れるにも, 訪問し, 訪問した, 訪問する, 訪問でも, 証人に, 詮議し, 認めたという, 誘いお茶, 誘うて, 誘ったり, 誘つて上高地へでも, 誘つて二三日新緑の, 誘つて今じ, 誘つて行く, 誘つて飲む, 誘はうとしても, 誘ひ出したの, 誘惑し, 調弄ふ, 讃美する, 買いに, 賞めようという, 迎えた, 迎えに, 迎える気持, 近づけないこと, 追ふと, 送る処, 連れ込んだり, 遣ったの, 防禦する, 集めてね, 集め朗読会, 離れて, 静めようと, 頼って, 頼みに, 頼んで, 顧慮し, 食物として, 馬車遊山ピクニック音楽会帆走その他へ, 驚ろかせた

▼ 友達~ (212, 3.3%)

19 あつた 5 でも 3 せう, 今は, 誰か

2 [13件] いらつし, お糸, この三人, その女, 一緒に, 哲学を, 孝行な, 居るの, 理髪師を, 私は, 芥川と, 若いとき, 足の

1 [153件] あつたお, あまり評判, あらうか, あり得るだらう, あり得るの, あれ以来夜中, いいじゃ, いつも薬草採り, いらしたそう, いらっしゃいますか, いらっしゃいますの, うちに, うちへ, おたのみしたい, お前に, お目, お芳, お隣り, かなり親しい, げすので, ここへも, この時, これまた, ござりまし, すらない, そうして世界, そしてお母さん, そして澄江, そのよう, その頃伊太利, そんなの, ちょくちょく金助町, ついこの, つきると, な, なみなみに, ね, ね一人自殺, ひとの, また唯一, むかしも, もんよりは, やはり織田家, よくこの, わずか五年, アニマスの, エエ左様, エリス・コックスという, キリストが, ケロリンの, ズーッと, チル子さんの, ピッコロミリつていふ伊太利人の, フーシェ嬢という, ベテイ・マレイという, ベン, ペンキ屋で, リンキイ君ぼく達が, ヴァイオリンを, 一番親しく, 三つ鱗を, 三十近い, 下手な, 丑松が, 久しく別れ, 二三級下の, 二人は, 交際し, 京橋桶町に, 京都から, 人の, 人形屋の, 人格も, 今でも, 今年夏中私達の, 何かに, 作家の, 例の, 僕が, 兄よりはずつと, 先日も, 児島十二郎という, 其処の, 内輪の, 別荘の, 千種十次郎も, 同僚で, 名古屋の, 向から, 坊っちゃんの, 夜が, 大正化學工業株式會社の, 女が, 女高師を, 妙に, 妾の, 子どもの, 家と, 家に, 家庭から, 容貌も, 専門学校の, 小原さんという, 小学校から, 少くも, 少し三枚目畠, 尤も十余年以前, 居たん, 居なくっちゃあ, 居る方, 市ノ瀬牧人さん今日は, 年齢は, 待合や, 恩が, 懇意に, 文士の, 文学を, 新音楽協会, 早稲田では, 昔は, 最近心霊波の, 木村から, 本間という, 朱絃舎の, 村長の, 松村の, 栄さんという, 栗谷川浩平といふ, 株屋さんの, 桂州の, 梶井という, 樽野の, 橋田といふ, 此の, 水練に, 永久に, 油絵を, 洋服の, 瑠美子, 町外れの, 留学し, 留守番を, 白石君という, 私が, 私たちに, 私の, 綾子より, 花見た, 金蔵は, 鉄道に, 銭が, 風呂屋町の, 飲仲間であった

▼ 友達~ (177, 2.8%)

3 なければ 2 ある, これで, ないん, 二三人は, 来て

1 [164件] ああ変っ, あすこへ, あった, あつた, あのホール, ありえたこと, ありました, ありません, あり一定, あるだろう, あるよう, いくらか, いず一人, いつのまにかそこ, いづれは, いて, いない, いるから, おあり, おもしろ半分, おらぬ, お互いに, きっとあの, ことごとく光一, このごろでは, この宿, この私, これには, ございませんの, すくなかった, すぐ風雨, せっかくあすこ, そう言っ, そして私, そのぼんち, その当時, その後そこへ, そりや, それには, だんだんほろび, つくらなかった, できた, できなかつた, できるし, ともにいる, どうし, ない, ないが, ないこと, ないと, ないの, ないやうぢ, ないらしく, ない中, ない寒子, ない方, ない様, ない樣子, ない金, なかった, なかつた, なかつたの, なくこれ, なくて, なくな, なく今, なく其上名前, なく垢, なく学生仲間, なく淋しい孤独生活, なく独り座敷, なく稀, なく良家, なし社会, また風雨, みな相当の, みんな, みんなそれぞれ好きな, みんなちえ子さんの, みんな怖, みんな猿股を, みんな素直に, やつて, やつぱり学校が, やはり文学, よう出来ん, ゐたん, ゴーリキイは, パン焼釜の, 一本の, 一緒に, 二三人来る, 仕事も, 仲よしも, 何も, 來て, 全然無い, 其処此処に, 其處で, 出来たり, 出来て, 出来ない, 加わって, 可いが, 吃驚した, 同じモルトン, 唖娘が, 土臭く思う, 多いのに, 多かった, 多かつ, 多くあつた, 多くの, 多勢見, 大勢従え, 好い顔, 始の, 容易に, 少いので, 少かった, 少くなかった, 居なくなった, 己を, 帰って, 得られない程, 心配し, 忠告を, 意外な, 拵えなかったそう, 拵へ, 是非見, 暫くし, 来るお, 来尽して, 気に, 永続きは, 無いし, 無いと, 無い憐れ, 煩く勤厳, 熊岡兄弟が, 父が, 瓢箪を, 男友達も, 皆おどろいた, 皆のんきに, 私も, 紹介し, 自己の, 至って少く, 若くし, 血縁の, 見あたらなかった, 親密に, 親戚も, 親達までも, 親類も, 訪ねて, 誘はず一日, 負けずに, 賛成なすった, 随分多い, 集って, 雲よりしか

▼ 友達から~ (118, 1.8%)

3 借りて 2 ノートを, 乙の, 放浪児と, 来た手紙, 来る手紙, 聞いて, 聞きました, 自分の, 送って, 醵金する

1 [95件] おくられること, お使, お金を, きいた, この話, さうきかされて, ぜひ来い, そう呑気, その自殺, そんな田舎, だと, であった, でこでこって, ですがねえ, とくべつに, ふと二三度, りっぱな, カナリーが, ダヌンチオと, ダンニソープへ, バカに, 一人後れ, 下すった, 与へられたらしかつ, 二十円ばかり, 二度目の, 云はれ, 來た, 保羅の, 借りた本, 借りた漢文, 借りた真珠, 借りること, 借金を, 先輩に, 出来るかぎり, 十五露里ほど, 卒業と共に, 原稿を, 又聞きいたしまし, 友達へ, 受取った原稿料, 口ど, 同程度, 名高いお, 啓発された, 嘲られたり, 土産に, 大いに非難, 引き離そうと, 彼女へ, 手紙でも, 扱われて, 支那料理の, 是非貸し, 晩餐に, 来たので, 来る音信, 次の, 注射器を, 激励の, 然うし, 皮肉を, 秘密に, 笑われたくらいの, 紹介され, 絽の, 綿貫の, 美事な, 聞いた, 聞いたこと, 聞いたの, 聞いたん, 聞いたポアンカレー, 聞いた晩, 聞いた話しですが, 聞いた通り, 聞かされましたので, 肺病で, 荷が, 見離されて, 記念に, 謡の, 貰つたのだ, 貸りた, 贈られたらしいサイン, 贈られた可, 近日遊びに, 近況問合せの, 返事が, 送つてもろ, 送られたらしい花, 遊び疲れ, 離れて, 頼まれた仕事

▼ 友達~ (95, 1.5%)

53 つたから 2 から, からといっ, といふ, と言

1 [79件] からお目にかかれ, からこそ云う, からさそら, からそれ, からどんな, からな, からなあ, からやはり, からジッ, からナア, からモチ竿, から仕方, から修治, から悪い, から我慢, から時々, から決して, か先輩, か知らない, か知れた, が, がまた, が一体, が中学, けれどそれ, ことを, しいい, そうで, そうでございます, つたが, つたといふ, つたのだ, つたベンさんといふ, つた宮田が, つた山口といふ, つた私は, つた萬兵衞に, つてあり, つて一人や, でな, と, という縁, といえ, といっ, といつか, といふこれ, といふぢ, といふアメリカ人, とお, とかいうよう, とか情婦, と云う, と云つて, と思うだろう, と思っ, と思つたの, と思ふ, と思ふだらう, と見え, と言う, と言っ, などと云つて, などと当人, なんぞと云っ, なんぞと思わねえ, なんてさかん, なんて信じ, ね, のに, よいざ, よと云っ, よラニョン, よ朝日屋, わ, わねえ, んね, 久振, 俺を, 小栗は

▼ 友達として~ (71, 1.1%)

2 君は, 多くの, 清く附き合う, 選ぶと, 選んで

1 [61件] ああいう, あなたは, いいえ仲よし, おれくらい, お互に, お互にまず, お母さんたちとの, こだわりの, しかしそこ, そう呼んだ, つかわされたバスティユ鼠, つきあつ, つき合いも, では, ならいい, ひそかに, もたなければ, ゐるに, 一生忘れる, 一言忠告させ, 交わりたいん, 交際します, 今の, 伸子は, 僕は, 僕も, 出入し, 力に, 取扱ふ, 呼び迎えるの, 女性に, 対せる, 希望し, 平和な, 当り前の, 彼の, 御交はり, 慰安者として, 或る, 接近し, 推賞し, 暮らそうが, 来たと, 栄之, 毎日の, 異性と, 知り合った木賀子爵, 確信する, 私は, 私を, 苦楽を, 話すこと, 誠意を, 譲治さんと, 迎えて, 金庫に, 附き合って, 附き合つて, 頼むの, 馴れて, 黙って

▼ 友達~ (54, 0.8%)

2 先輩の, 教師に, 肉親から, 親戚の

1 [46件] おばさんに, お取, しんるいの, それから, なんかにも, まはり, オフィリヤには, ワーリャを, 下級の, 両親が, 両親兄弟などとも, 主として舞蹈会, 仲間という, 何かには, 何かの, 先生の, 女の, 娘を, 小作人の, 尾形一家の, 店員を, 彼の, 後輩たちは, 御花, 恋人が, 手塩に, 文学の, 甥などと, 知つていられた, 知人の, 知合いなどの, 知合いや, 知己に, 肉親に, 舞妓を, 芸者太鼓持を, 藝者達に, 親姉妹と, 親戚は, 親類じゃ, 親類ぢや, 親類の, 近所の, 電車通学で, 面白い学課, 飲食の

▼ 友達である~ (53, 0.8%)

2 ことが, という, という風, のは

1 [45件] お君, からだ, がその, がそれ, が私, ことに, ことは, ことを, この珍しき, この著者, それらの, だけだ, という理由, といふ, といふ一時, といふ小説家, といふ市会議員, とか尤も, ところから, とにかかわらず, と聞い, と葉子, ばかりでなく, やうな, ような, アメリカ人の, ブッダ・バッザラ師の, 三菱の, 事を, 京一の, 以上は, 作家の, 加代子達は, 君の, 君への, 地震に, 女は, 彼女が, 清子に, 私一人の, 立場その, 若い人達, 薫の, 雲南省の, 静枝の

▼ 友達たち~ (49, 0.8%)

3 の生活 2 はあの

1 [44件] から一枚一枚, がその, がそれ, がよりあっ, が何人, が先生, が最後, が皆, ではその, で三味線, というもの, とそこ, との生活感情, と遊んだ, にあれこれ, にお雪さん, につけられる, に今度, に対してはすまない, に愧, に相当, に笑われ, に話され, のあっちこっち, のある, のいう, のこと, の太子, の暗い, の生き, の顔, はなぜ, はもう, はやっと, は老人, は退屈, へのお, も何, も家, も張合, も自然荒武者, よ, よ淋し, を向う

▼ 友達~ (47, 0.7%)

9 んだ 6 のです 5 のだ 4 の, のである, のよ 2 のかい

1 [13件] のかと, のだつた, のだろう, のであの, のでございました, ので丁度, のにちがい, のね, のよ一寸, もんです, んざ要らねえ, んださうだ, んです

▼ 友達という~ (45, 0.7%)

8 のは 5 ものは 3 のが, ものも 2 ことを, ので, ものを, ような

1 [18件] お客は, ことで, ことに, のである, のでしょう, ものが, ものの, 一線を, 人の, 以上に, 以上の, 友達で, 数人が, 方と, 程で, 連想から, 関係から, 関係として

▼ 友達でも~ (40, 0.6%)

3 何でも 2 あった, あつた, あるの

1 [31件] あって, ありまた, ありツイ冗談, あり日頃, あるからね, いらっしゃいませんか, おありです, おありな, お訪ね, ござった, そうだ, ないし, なく主従, なく故人, なんでも, やって来たよう, ゐるの, 作るよう, 八百善, 呼ぶよう, 女の, 幾人か, 廣い, 或る, 来て, 欲しくなれ, 田舎から, 突きつけるやう, 見つけたよう, 誘って, 連れて

▼ 友達には~ (33, 0.5%)

2 一人も, 全く惜しい, 甚く愛され

1 [27件] いいひと, いたく恵まれ, その日, それが, そんな不作法, そんな悪戯っ子, てんで頭, どちらも, ならなかつた, なれなかった, むろん先輩, 仕事の, 卒業しない, 叱られるかも, 君の, 変な, 少し固, 意地悪く, 此上も, 気の毒である, 気を, 男の, 返しても, 逢いたい時, 違いない, 面白いが, 馬鹿に

▼ 友達同士~ (30, 0.5%)

3 のよう 2 が道楽半分, の話, の間

1 [21件] がわかれる, が互, が声高らか, が慰み, が相, じゃありません, だもの, ですから, でなければ, で来, で笊, になつ, になる, のもの, の交際, の子供, の山田美妙, の紹介, の茶話会, の遊び, はさきざき別れ別れ

▼ 友達だった~ (29, 0.5%)

6 のです 2 そうだ, のだ

1 [19件] かも知れません, からみだりに, さうだ, てな, ということ, と見えます, にした, ね, の, のだろう, んです, 人々の, 人です, 千束守に, 友子さんと, 娘が, 方, 猿や, 芹川さんは

▼ 友達甲斐~ (28, 0.4%)

4 がない 3 のない 2 がねえ, にお, のねえ

1 [15件] ある器量, から彼, がねえと恨ん, にこの, にこらえ, にとおつ, にもう, にコップ, に一番猫, に介錯, に連れ, に離し, に露, もなく, を発揮

▼ 友達~ (25, 0.4%)

2 向って

1 [23件] あてた手紙, ありありと, 伝えること, 出す手紙, 囁いた, 外聞が, 宛て, 宛てた手紙体, 宛てて, 手紙が, 手紙を, 書き送る悪癖, 無沙汰の, 立ち廻ったところ, 絵葉書の, 縁を, 話しかけるの, 贈らうとして, 贈ること, 送る手紙, 順繰, 顏が, 顔向が

▼ 友達にも~ (24, 0.4%)

1 [24件] あたしが, いふべきこと, こぼし拔, それから女, だんだん軽蔑, ついこの, なれ始めたばかりの, まだ話, 二三訊ねた, 出会ったり, 友達の, 四五人居る, 土産話が, 彼女は, 心持うちあけず, 愛そが, 極力この, 紹介した, 言ふべき, 話さなかった, 話して, 話し妻, 遇わず学校, 顔向けの

▼ 友達とは~ (23, 0.4%)

2 なり得ないであろう

1 [21件] かなり話, ぞんざいな, だいぶ違う, ちがった感情, もう四年, ストーブを, 一切つき合つては, 一切附き, 一緒に, 云えないでしょう, 云え父方, 交際が, 何回かさう, 口も, 帰って, 承知し, 斯う, 親友の, 豪徳寺の, 遇はずに, 音楽に

▼ 友達といふ~ (22, 0.3%)

5 ものが 3 ものは 2 ことに, のは, ものも 1 ありさま, ものと, ものには, ものの, わけで, 以上また, 埒を, 處で

▼ 友達とも~ (22, 0.3%)

2 喧嘩しませう, 誰とも, 追

1 [16件] つかぬ恰好, なり相談相手, なれぬ父, なれば, 主人とも, 会え音楽, 全部交渉を, 別れそれ, 同胞とも, 呼んで, 思つてゐる, 感じられて, 知らないで, 見えず従姉妹, 言つ, 遠ざかり中

▼ 友達です~ (21, 0.3%)

2 か, よ, わ

1 [15件] かって聞い, からこういう, からともかく, から友達, から遠慮, がね, がもともと, けれど年, って, って肺結核, と答, と答えたら, と言, ケニなかなか, 明日は

▼ 友達にでも~ (21, 0.3%)

2 手紙を, 挨拶する

1 [17件] いうよう, なって, はなすやう, 事業の, 云うよう, 云ふ, 出会いは, 出会したやう, 別れるやう, 知れようもの, 見られたならば, 話すよう, 誘われて, 逢う前, 逢った様, 逢つた, 遇つたの

▼ 友達であった~ (20, 0.3%)

3 のです 2 ということ, のだ

1 [13件] が彼女, ことが, という, という事, ところの, ので, ので唯一, もの達に, ピーターヂョンゼームスの, 勉が, 女神戸に, 異性を, 長男が

▼ 友達~ (19, 0.3%)

5 何かの 2 でなければ自分

1 [12件] エ, 何かで, 何かを, 何ぞの, 兄妹かの, 兄妹の, 名前は, 恋人か, 浅草辺に, 親切な, 親戚の, 醫者の

▼ 友達らしい~ (19, 0.3%)

2 のが, 五六人の, 友達も

1 [13件] ことを, ぜ, のである, 人へ, 友達は, 友達を, 娘と, 子供の, 老紳士, 親しみを, 親切と, 青年の, 顔も

▼ 友達との~ (18, 0.3%)

1 [18件] つきあいの, 交はりを, 交際に, 交際は, 交際振りが, 会合などが, 信頼の, 張合いから, 愛恋愛美しい, 手に, 最近の, 設計のみに, 遊びと, 間に, 間を, 関係は, 関係も, 関係を

▼ 友達同志~ (16, 0.3%)

2 だつたの

1 [14件] が互に, が打ちとけ, だから, だと, であるに, でつけ合った, で磨きあう, として経営, のよう, の仲間, ははなれ, は勿論, を母親, を階級

▼ 友達では~ (15, 0.2%)

3 あるが 2 ありません, ないか, なかった 1 あったが, ありませんでした, ごく近い, ない, ないでござんしょう, 有りませんか

▼ 友達じゃ~ (14, 0.2%)

2 ありませんか

1 [12件] ありませんね, あるまい, あるまいし, しお, そうです, ない, ないか, ないこと, ないどうかよく, ないの, ないのよ, 行くとも

▼ 友達としての~ (13, 0.2%)

2 僕は

1 [11件] つきあいだ, つき合いも, よしみが, 友情同志としての, 心意気だけに, 感情だった, 感情で, 良人たちに対する, 蜂谷良作を, 行手が, 試験に

▼ 友達仲間~ (13, 0.2%)

1 [13件] から除外, だから, であつ, でも冷かし, でも有名, でも格別氣象, で嘲弄, にも元気, に後援, に聞えた, に評判, の与えた, を説き

▼ 友達なら~ (12, 0.2%)

1 [12件] さうもしなかつた, そが, たいてい彼女, どんな奉仕, ばその, 事態いささか, 仕方が, 大勢ある, 宜う, 氣を, 沢山頼める, 注意し

▼ 友達であり~ (11, 0.2%)

1 [11件] ある時, さびしい時, ボール紙で, 三人ながら, 先輩だった, 同時に僕, 同時代人, 後年儀造は, 晩年の, 親類なんてには, 門弟である

▼ 友達などが~ (11, 0.2%)

1 [11件] お前の, たまたま訪ね, ふとした感傷, やって来て, やるから, 出入する, 寄って, 尋ねて, 待って, 死んだ後, 顧みなくなり貧乏

▼ 友達にな~ (11, 0.2%)

2 つても, つてゐた 1 つたおみつつ, つたのであります, つてから, つてし, つてやらう, つて堕落しました, つて親切を

▼ 友達づきあい~ (10, 0.2%)

1 ができる, なんぞする, にし, のできる, の交わり, の会話, の空気, の調子, をした, をしはじめた

▼ 友達などに~ (10, 0.2%)

1 それとなく様子, ばつたり, 会つてゐる, 会ふと, 出遇, 彼は, 手紙を, 話して, 負けては, 頼み注文

▼ 友達ども~ (9, 0.1%)

1 が勧めます, が声高, が悪戯半分, に気, の悪戯, はどれほど, も今, も決して, らしく見えたから

▼ 友達なんか~ (9, 0.1%)

1 ありゃしない, ちっともなくっ, ちっとも知らない, でも, なくったって, なくって, 一人も, 要らないという, 要らないといふ

▼ 友達みたい~ (9, 0.1%)

2 に話 1 な気, にし, に円満坊, に好き, に思っ, に打ちとけ, に暮らそう

▼ 友達扱い~ (9, 0.1%)

3 にし 1 でいられ, でで, にしよう, にする, はよかっ, をされます

▼ 友達~ (9, 0.1%)

1 が入り, が来, が皆, と対談中, にこの, に打解け, の日常生活, は浜田, は登山家

▼ 友達からも~ (8, 0.1%)

1 すっかり見捨てられ尽くし, どうも君, 學ばうと, 意外のほどに, 殆ど毎日消息, 毎日返事を, 親戚からも, 認められる程

▼ 友達以上~ (8, 0.1%)

1 かも知れない, に入っ, に私, に親しく, のもの, の偉い, の親し, の関係

▼ 友達~ (8, 0.1%)

1 が集まつ, である, と踊る, と酔, に披露, に相談, は野良, もまた

▼ 友達でした~ (7, 0.1%)

21 からねえ, から折々, が幾久雄, ね, よ

▼ 友達としては~ (7, 0.1%)

1 いい方, 何とか彼, 向上心も, 堅くるしい, 樹明君だけ, 海の, 積極に

▼ 友達なんて~ (7, 0.1%)

1 こつちからつきあは, そんなに意味, なんだか気, みんな僕の, 下らないもん, 云ふも, 因果だ

▼ 友達~ (7, 0.1%)

2 は皆 1 が押しかけ, はアウレリウス, はバーグレーヴ夫人, は彼, を鎮め

▼ 友達二三人~ (7, 0.1%)

2 と一緒 1 とあっち, と暖かい, と温い, と語学, と連れ立っ

▼ 友達って~ (6, 0.1%)

1 いいなと, いうからね, ないの, ものも, 云う程, 別に

▼ 友達などの~ (6, 0.1%)

1 中には, 往来で, 心あたりを, 知らないやう, 言うところ, 送る生活

▼ 友達などは~ (6, 0.1%)

1 どうし, ない方, よく牧野, 一人だ, 一人も, 勿論なかっ

▼ 友達に対して~ (6, 0.1%)

1 どおり, なら云い得る, 何となく気恥かしく, 何を, 親切な, 面白く賑

▼ 友達気取り~ (6, 0.1%)

1 であるの, でお話, で来る, で高島四郎太夫, になっ, に振舞う

▼ 友達からの~ (5, 0.1%)

1 ことづてがあってきたのだがもし, ものでしょう, 報知を, 手紙は, 電報新聞ハガキ一度に

▼ 友達からは~ (5, 0.1%)

1 クリスマスの, 今シーズン最初, 惜しまれ世間, 色々の, 遽かに

▼ 友達がね~ (5, 0.1%)

1 あのお, わざと, 僕の, 帽子を, 護身用に

▼ 友達~ (5, 0.1%)

1 やありません, やつた, やない, や駄目, ゆうを

▼ 友達づき~ (5, 0.1%)

2 あひで 1 あひする, あひな, あひも碌

▼ 友達とか~ (5, 0.1%)

1 で患者, ふだん親しい, 何んとか, 平常親しい, 時には

▼ 友達とでも~ (5, 0.1%)

1 なかった, 思いちがいしたらしかった, 素子が, 行かなくっちゃあ, 話しに

▼ 友達なども~ (5, 0.1%)

1 ある様子, いくらかあった, そう云っ, その群, 養父の

▼ 友達ばかり~ (5, 0.1%)

1 あること, でなく男, 例へば漁夫, 黒田孝子という, 黒田孝子といふ

▼ 友達への~ (5, 0.1%)

1 彼の, 手紙, 手紙に, 本代の, 消息に

▼ 友達二人~ (5, 0.1%)

1 とともに白馬岳, とはるか, と一緒, と客, の共同炊事

▼ 友達~ (5, 0.1%)

1 が阿呆, は半ば驚異, は引導, は皆, 思ふ仲よし

▼ 友達がい~ (4, 0.1%)

1 にあっし, に最後, も知らぬ, らしっての

▼ 友達だって~ (4, 0.1%)

1 あたしと, おふくろだって, ことを, 何を

▼ 友達だつ~ (4, 0.1%)

1 たてな, てあるでせう, て既にもう, て決して

▼ 友達でございます~ (4, 0.1%)

21 からどうぞ, か御

▼ 友達などと~ (4, 0.1%)

1 一緒に, 云うもの, 小山や, 彼が

▼ 友達~ (4, 0.1%)

1 パトロンでも, 何か, 浜田さんて, 観に

▼ 友達より~ (4, 0.1%)

1 はるかに, 他に, 始末の, 承りて

▼ 友達らしく~ (4, 0.1%)

2 腰の 1 ざっくばらんに, 美和子の

▼ 友達~ (4, 0.1%)

1 から可哀そう, での仲好し, にもさう知れ, に觸

▼ 友達五六人~ (4, 0.1%)

2 と川崎 1 と信州辺, と清元

▼ 友達思い~ (4, 0.1%)

1 なん, のことば, の心, の新聞記者

▼ 友達あつかい~ (3, 0.0%)

1 にし, にする, に出来ない

▼ 友達こそ~ (3, 0.0%)

1 ずいぶんの, ないが, 妻こそ

▼ 友達その~ (3, 0.0%)

1 ほか大陸へは, 人たちが, 白鼠は

▼ 友達たる~ (3, 0.0%)

1 資格さえ, 資格さへ, 資格を

▼ 友達だの~ (3, 0.0%)

1 女中だの, 女中には, 豊世の

▼ 友達でさえ~ (3, 0.0%)

1 これだけ, 嘲笑う, 嘲笑って

▼ 友達でなく~ (3, 0.0%)

1 ちや, ちやいやな, て女

▼ 友達といつて~ (3, 0.0%)

1 はすこし, は近所, も僅

▼ 友達とともに~ (3, 0.0%)

1 いつもの, ここを, 春に

▼ 友達なんかと~ (3, 0.0%)

1 どことも, ゆっくり話し, 話して

▼ 友達にまで~ (3, 0.0%)

1 笑われるよう, 笑われる程, 誇つて

▼ 友達にもと~ (3, 0.0%)

3 思って

▼ 友達に対する~ (3, 0.0%)

1 好意は, 気持ちに, 気持ちよりも

▼ 友達ほど~ (3, 0.0%)

2 いいもの 1 おそろしいもの

▼ 友達までが~ (3, 0.0%)

1 世間並の, 恐れて, 迷惑を

▼ 友達よと~ (3, 0.0%)

2 云うて 1 思ふの

▼ 友達よりは~ (3, 0.0%)

1 他人との, 西瓜に, 話して

▼ 友達よりも~ (3, 0.0%)

1 たくさんの, 深い信実心, 私の

▼ 友達をも~ (3, 0.0%)

1 なるべく避ける, 交えて, 頼みに

▼ 友達三人~ (3, 0.0%)

1 で煽った, で西石川, のため

▼ 友達付き合い~ (3, 0.0%)

1 で如才, は決して, も派手

▼ 友達思ひ~ (3, 0.0%)

2 の銀之助 1 の情

▼ 友達~ (3, 0.0%)

2 ひを 1 ひに

▼ 友達附合~ (3, 0.0%)

1 ひに, ひを, をする

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 日本アルプスの, 気が

▼ 友達いう~ (2, 0.0%)

1 のがなあ, のん

▼ 友達いぶせく~ (2, 0.0%)

2 思ひて

▼ 友達いやし~ (2, 0.0%)

2 がりて

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 取次を, 有難うよ

▼ 友達かなんぞの~ (2, 0.0%)

1 ように, 様に

▼ 友達さえ~ (2, 0.0%)

1 ないという, 肝心の

▼ 友達さびし~ (2, 0.0%)

2 がりて

▼ 友達ずく~ (2, 0.0%)

1 で意見, にすこし

▼ 友達だけ~ (2, 0.0%)

1 あって, だった

▼ 友達だけに~ (2, 0.0%)

1 憎さ, 止つてゐた

▼ 友達だけは~ (2, 0.0%)

1 別の, 助け出さねば

▼ 友達だったら~ (2, 0.0%)

1 いいと, 女学校は

▼ 友達だつた~ (2, 0.0%)

1 が未だ, んだ

▼ 友達つたら~ (2, 0.0%)

1 まああなた, タイタイ大

▼ 友達つて~ (2, 0.0%)

2 申しますの

▼ 友達づきあひ~ (2, 0.0%)

1 に愛嬌, のできる

▼ 友達づき合い~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 友達づれ~ (2, 0.0%)

1 だのに, はたいてい

▼ 友達であっ~ (2, 0.0%)

1 てみれ, て初めて

▼ 友達と共に~ (2, 0.0%)

1 この空地, ジヤガイモや

▼ 友達なぞが~ (2, 0.0%)

1 一枚の, 聞いたなら

▼ 友達などから~ (2, 0.0%)

1 ちょいちょい聞く, 誹謗され

▼ 友達などとも~ (2, 0.0%)

1 手紙の, 誘い合って

▼ 友達などには~ (2, 0.0%)

1 自分の, 長篇小説を

▼ 友達などを~ (2, 0.0%)

1 何にも, 執り持つて

▼ 友達なる~ (2, 0.0%)

1 ものから, 人物が

▼ 友達なんぞに~ (2, 0.0%)

1 匂わせも, 置いて

▼ 友達について~ (2, 0.0%)

1 色々様子, 語ると

▼ 友達によって~ (2, 0.0%)

1 人間は, 暗示された

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 あのひと, 羨やましかった

▼ 友達ばかりが~ (2, 0.0%)

1 君達の, 現れるの

▼ 友達へは~ (2, 0.0%)

1 挨拶を, 月に

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 或ルアプレノ人, 或ルアプレノ人デソウイウ

▼ 友達交際~ (2, 0.0%)

1 をし, を申し出

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 で妻君, のつもり

▼ 友達同然~ (2, 0.0%)

1 につきあっ, になっ

▼ 友達四五人~ (2, 0.0%)

1 で, と礫川学校

▼ 友達四人~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 友達好き~ (2, 0.0%)

1 が何故, であり淋し

▼ 友達御免~ (2, 0.0%)

1 を蒙ります, 下さいまし御

▼ 友達田原~ (2, 0.0%)

1 の家, は時々

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 は好みません, 見る好き

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 と飲み, は平素

▼ 友達親類~ (2, 0.0%)

1 が行く, のやう

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 に薄, のい

▼ 友達関係~ (2, 0.0%)

1 からな, が単に

▼ 友達~ (2, 0.0%)

1 でやつ, 合いを

▼1* [248件]

友達あたりにたのん, 友達あの人は, 友達あるんでしょう, 友達あるいは朝湯で, 友達おいお友達汝が, 友達おもいの気持, 友達お金もって, 友達かときかれそう, 友達かのように, 友達がはぢめて, 友達ここ七年間逢わなかった昔なじみ, 友達ッこを, 友達へも居合, 友達さえも居合わさず他人, 友達さんというだけの縁, 友達しかもつて, 友達じゃけえ話, 友達じゅうに自分, 友達すら知らないやう, 友達すらも作らなかつた, 友達せめて棺だけ, 友達そのままになった, 友達それが何時の間に, 友達それから母の, 友達ただ一人の, 友達たち一人一人をやがて, 友達だけでも大したもの, 友達ださうだよ, 友達ださうですね, 友達だったりした, 友達だつたさうだよ, 友達だつたら立会つて戴い, 友達だろうぐらいに心得, 友達ちのやうな氣, 友達つきあひ, 友達つき合いで前, 友達つて云つたつて, 友達つて云つても本, 友達つて人は本, 友達つて誰だい島村の秀公, 友達づれでその夏, 友達づれで寄席ばいりを, 友達てえのは, 友達であったならばその, 友達でありたいとのみ望ん, 友達でありましてその, 友達でありました石井茂男君が, 友達であるならその友達, 友達である見なれた婦人と, 友達であればこそ察しられる, 友達であろうと努める, 友達でしてここ, 友達ででもあったの, 友達でないということ, 友達でなかったら一言で, 友達でなければいや, 友達での胤栄が, 友達でやすもんで, 友達といった方が, 友達といふだけでそれに, 友達とおそろひでジプシーにな, 友達とかいう考えから, 友達とかと連れ立つて, 友達とかの御葬式, 友達とかを四五人呼ん, 友達とが同一の, 友達としか交はらず, 友達としてだけでいるんじや, 友達としてもうれしゅうございます, 友達とて坐に, 友達とてはなかった, 友達とても試合と, 友達とではそちらの, 友達とりわけ私の, 友達どうし三人道を行い, 友達どころか女の, 友達ないの, 友達ながらに一段の, 友達ながらも種々心配し, 友達なく全く一人, 友達なぞ持ちたくないといった, 友達なぞと遊ぶ幾日, 友達なぞに比べると, 友達なぞは一人も, 友達なぞも先方から, 友達などでもだんだん時, 友達などというものほど, 友達などと共に若々しい思想, 友達などにまであたしの, 友達などにも謀つてゐる, 友達などに対する気がね気づかい, 友達ならだまされて居られる, 友達なり親類なりの, 友達なりがとめだ, 友達なんかにも会つていろいろ, 友達なんかは無い代り, 友達なんかも沢山あっ, 友達にさえ思えるのに, 友達にすらなって, 友達にだけ話しかけろ, 友達にだけは精神内容の, 友達についてということも, 友達にて常に佐太郎, 友達にと紹介した, 友達にとっても甚だ邪魔っけ, 友達になどひとりも, 友達にねよく試験, 友達にや赤井だ, 友達に対しほんとうに, 友達に対してすらその通り, 友達に対しても背中を, 友達に対するとなにかこう一種, 友達のにイさんで, 友達のね墨色の, 友達のみが私の, 友達はかういつて, 友達はにこ, 友達はめつたにない, 友達ばかりは捨ても, 友達へでも手紙を, 友達へというふうに, 友達へといふ風に, 友達まで不平を, 友達までに耻を, 友達みたような, 友達みんなに見せ, 友達みんな飛行機作って, 友達めかして懐し, 友達もっと適切に, 友達やったら僕は, 友達やら飮友達で, 友達やらを連れて, 友達らしくない威圧さえ, 友達らしく扱ってやろう, 友達らしく振舞うのを, 友達らしく見えるのである, 友達をさえ失って, 友達をと考えるの, 友達を通じて小林刑事に, 友達とこに, 友達エレン・ケイに宛て, 友達ガウスウス内通モシテクレタ故疾ウヨリ覚悟ヲシテ居タカラ, 友達ガクヤシガッテイツモオマエハ市デハ商人ガハイハイ云ウドウイウ訳ダト云ウカラ右ノ次第, 友達ガヒのない, 友達ガヒトリモヰナイナンテ随分気ガ利カネエハナシダナ, 友達ガ大勢コノ弟子ニナッテ神道ヲシタオレニモ弟子ニナレトイウカラ行ッテ心易クナッタラ兵庫ガイウニハ勝様ハ世間ヲ広, 友達ガ寄ッテ久シクオレガ下谷ヘ来, 友達ガ寄ッテ遊山無尽ヲ拵エルガ, 友達ガ尋ネテ来ルカラ檻ノソバヘ呼ンデ世間, 友達ガ尤モダガセッカク出来タノニオ前ガ断ワルト, 友達ガ欲シイヨ, 友達クイックシルヴァについて行く, 友達ゴリキイ旦那の最近, 友達セリヌンティウス様の弟子, 友達てどんな, 友達ていふ人, 友達ドクトルでプロフェッサア, 友達ヘモ時ノ会, 友達ミス・ノリスとが早く, 友達無ク, 友達なかろ, 友達皆ンナ連レテ帰ッタソウスルト多, 友達一人持って, 友達一家の人達, 友達下部等の若男, 友達世間のひと, 友達二三名と伊勢, 友達二人教師をし, 友達交際親類交際をし, 友達京都の医学博士, 友達付き合ひで如才もありません, 友達ひに, 友達兄弟分のふれこみ, 友達先輩知人でこれ, 友達出来ないわ, 友達のない, 友達時代人或は, 友達同じ浅草に, 友達同士女遊びをする, 友達同士話しあって, 友達同志二人の学生, 友達同志寄ッて飛鳥山, 友達同志智恵を持ちよる, 友達同様のよう, 友達哀れだわよ, 友達多勢と川崎, 友達夫婦が一ト間, 友達夫婦我等秋田さんと鳴海さん, 友達失礼だが, 友達女友達の感情, 友達嫌いな友達, 友達実はきょう御, 友達家来筋のもの, 友達寄り集い申すよう, 友達染の, 友達少なくともあたしは, 友達山野三郎君や有名, 友達という意味, 友達弟子と師匠, 友達当家先生様に, 友達扱い変だなと, 友達扱ひであつた, 友達持ったらええし, 友達持ってるなア, 友達敏子は妹, 友達数人と道玄坂, 友達数名と一緒, 友達数学の天才, 友達は墓表, 友達旦那が戦争, 友達時代を思い出させる, 友達時公の家, 友達てこれ, 友達来てるのよ, 友達柳原小兵衛等二三人を招い, 友達柳原小兵衞等二三人を招い, 友達欲しそうに, 友達此女は英百合子, 友達死んだ仲間の, 友達殊に殊に親友, 友達殿はあくまで, 友達殿曰くそうさ, 友達気分だつたので, 友達が口, 友達泣かせの生活, 友達ゆる荊, 友達碁友達という以上, 友達情しい, 友達絶間ない招待, 友達美保子という世にも, 友達芸妓の小照, 友達が寄っ, 友達訪いきたり, 友達財産よりも頭脳, 友達辻ヶ谷君は二時間, 友達近所に囲われ, 友達連れなは, 友達遊びも芝居行き, 友達重臣だて, 友達にだいぶ, 友達附き合いのできる, 友達附合ひといふこと, 友達をし, 友達を作り, 友達に話すです, 友達風情と口, 友達を猟, 友達高木千代が座蒲団