青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「友情~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~及ぶ 及ぶ~ ~及ん 及ん~ ~友 友~ ~友だち 友だち~ ~友人 友人~
友情~
~友達 友達~ 双方~ ~反し 反し~ 反動~ ~反対 反対~ 反射~ ~反感

「友情~」 1243, 13ppm, 8250位

▼ 友情~ (251, 20.2%)

8 もって 5 感じて 3 もつて, 持って

2 [19件] つづけて, 享けて, 他の, 以って, 信じて, 営む能力, 失うかも, 寄せて, 彼は, 慰安と, 抱いたこと, 持つこと, 理解する, 絶たれて, 表わして, 裏切ろうと, 見出すこと, 説きながらも, 貴方がたに

1 [194件] あらわして, あり難く, いだいて, おそらくは友情以上, お許しくだす, かわすだけの, かんじたの, この白樺, さへ, さらさなかったの, さらに堅く, しきりに裂こう, しりぞけて, それだけに重んじ, それとなくほのめかし, そんなふうに歪曲, たたえて, たたえ最後, たとい誹謗, たのしむこと, つぎに, つなぎ合わせ, どうする, なおいだい, はっきり見, ひけらかす為, ひそかに, ほしがっ, またもと, まもりぬかうと, まるでそれら, みせて, みだして, もちつづけ友人, もち得ないという, もつに, もつよう, もつ必要, クリストフにたいして, スポイルし, メチャメチャに, 一刻も, 一応訝る, 乗せて, 伝えること, 保った, 保って, 信じてない言葉, 信じないなんて, 信用しなくなります, 信頼し, 偲んで, 催すこと, 傷つけること, 冷却させない, 分って, 分つこと, 切るもの, 力に, 取結ばうと, 受くる, 受けて, 味ふ, 味ふべきである, 和歌子とは, 哀願する, 喜び感謝, 営む可能, 嗅ぎつけると, 回復し, 回復しました, 固くした, 失いません, 契りともに, 奪い取ること, 奪われたうえ, 守りつづけて, 尊んで, 少しも, 尽すこと, 強めた, 強要し, 得ること, 復活せしめよ, 必要と, 忘れかねて, 忘れたわけ, 忘れないふう, 忘れられない, 快く受け入れ, 思うと, 思ひおこして, 思ひながら, 思ひ出して, 思出し, 思出す, 急がせるよう, 惠んで, 想ふとき, 感じあつたり, 感じたこと, 感じたの, 感じた私, 感じる道, 感じ合, 感謝し, 成りたたせかつ, 披瀝した, 押しつける私, 招来した, 持ちつ, 持ち合うよう, 持ち合ったあの, 持ち合って, 持ち自分, 持った目, 持つと, 損なう危険, 昔の, 有つて居た, 有難いとも, 欲し, 武蔵は, 求めたりなんぞは, 求める心理, 注いだという, 浴びすぎて, 深い恩恵, 温めながら, 滅ぼさんと, 無理やりに, 無視した, 現わ, 理解しないであろう, 生むよう, 申し立てていう, 異性の, 疎遠に, 疑いは, 疑ったこと, 疑っても, 盗んで, 盛った手紙, 知らない, 示さなかった, 示された, 示した, 示したらい, 示しながら, 示しはじめた当座, 示すため, 示すの, 示すべきでは, 私によ, 私の, 私は, 籠めて, 結びたくなかった, 結び出した, 結んだ初め, 結んで, 続けて, 維持する, 考えると, 育て保って, 表現した, 裏づけて, 裏切って, 裏切つて, 裏切らなかったの, 裏切りましたこと, 裏切ること, 裏切るの, 見せられたよう, 見込んで, 覚えて, 言う言葉, 言葉でよりも, 話して, 誇って, 認めて, 認め感謝, 語ったあの, 語ること, 誤解した, 謝し, 超えたおもしろ, 越えた域, 露ほども, 非常に, 頭の, 頼みとは, 顧みず, 骨子として

▼ 友情~ (195, 15.7%)

4 ために, ないこと 3 ありがたさ, 名に 2 なかに, 内容の, 可能が, 囁きを, 歩を, 深さ, 限界を

1 [167件] あたたかさ, あったという, あつい人達, あまり一種の, あらわれだ, ある憂慮, うちに, おかげである, きずなで, きつかけ, こころもちだった, ことが, ことも, ことを, こもった声, こもった握手, こもつた手紙, しるしに, しるしを, そういう健全, ためとか, ためには, たよりない, つもりな, つもりらしい, ない奴, ない野郎, なかで, はじまりから, ふかさ, まじりけなさとしてしか, みせびらかしは, やさしさ, ような, よみがえるの, ニュアンスを, マンネリズムに, 一ツ, 一些事に, 一部に, 上に, 下に, 中へ, 中身を, 二つある, 交歓が, 交歓を, 交響楽の, 代りにも, 仮面を, 例を, 価値を, 内容にも, 冷やかに, 初期の, 前には, 前科に, 割引を以て, 単なる思い出, 危機を, 厚きを, 可能に, 可能についての, 可能や, 可能性は, 名を, 問題な, 問題の, 固きを, 地盤も, 域へ, 大切な, 奇跡が, 奥深さ, 如きもの, 始りや人格について, 定めは, 帰依の, 延長だ, 復活, 微笑を, 心得が, 必要な, 必要を, 性質は, 恢復され, 恩恵である, 愉悦や, 態度は, 慰め, 成り立ちが, 成立した, 所産である, 手前それが, 投射である, 抱擁に, 押売り, 拒むべからざる, 故を以て, 文通に, 新婚期, 方へ, 方を, 有難味を, 未来については, 本質が, 本質と, 本質に関する, 条件も, 楔と, 極限を, 概念でなけれ, 概念を, 段は, 気持とか, 海の, 深いよう, 温く濃かな, 温みを, 為のみに, 烈しさ, 然ら, 物語を, 特質である, 理解の, 甘さ, 生い立とうはず, 生れる条件, 痛みも, 発露を, 目を, 確かさが, 社会に, 社会的な, 籠った林檎, 終りである, 結果であっ, 美しいこと, 美しいの, 美しさ云々, 胎とでも, 脅威が, 自然の, 至誠が, 花を, 若草が, 葛藤であります, 血は, 表は, 表現も, 裡にも, 言葉で, 言葉でした, 記念として, 話や, 賜物である, 賜物でない, 趣が, 足らなかった事, 重さ, 鍵かも, 間で, 間に, 限界と, 静かな, 面で, 頂点に

▼ 友情~ (129, 10.4%)

2 いつも幾分, ぼくの, 世にも珍, 他に, 彼の, 恋愛の, 恋愛への, 成り立たないなどと, 私たちの

1 [111件] あなたが, あらゆる真摯, ありがたい水, あると, いかに深い, いかに育ち, いっそう濃やか, いま咲く, いやです, お互, かの熱, くんで, ここに, このとき, この東京, ごく深く, その瞬間, その輪廓, それが, それで, たちまち深い, だいぶ異なっ, つづいた, つひに, とても望めなかった, とても望めなかつた, ともかく異性, ないと, ないという, なりたつ, なんという, ひどく複雑, また少し, まったく暗闇, むしろ濃度, もう二度と見つからないでしょう, もう存在, もちろんその, やがてうちとけ, やがて日本, やっとおそ, パリーの, 一種の, 万歳なる, 世俗的な, 二人の, 二年間つづきました, 人間愛情の, 今も, 今や永遠, 何ものにも, 信じて, 前にも, 十分語りつくせない, 卓一と, 回復された, 堅く結ばれ, 変らないから, 変らなかった, 変らぬ, 大したもの, 孤独の, 実に美しく, 少年少女の, 左右太の, 常に裏切り, 彼が, 彼等に, 心から謝, 急速に, 恋に, 愛では, 成り立たないもの, 持って, 捨てないつもり, 木下に, 水の, 永遠だ, 深まるの, 深淵の, 温かい私, 無くとも, 然し大いに, 生じにくかっ, 生活的である, 畢竟するに卓一, 知識の, 破れるの, 私が, 私の, 私を, 秋川の, 稀に, 美しい深いもの, 義務でない, 肉親も, 育ち得ないとおり, 自分の, 自然の, 舊の, 藁火に, 蘇つた, 衰弱する, 観世様へ, 贋物だつた, 身に, 長い間, 間もなく要塞, 限りない, 青春の, 香気を

▼ 友情~ (120, 9.7%)

2 交される時, 何時までも, 保たれよう, 私を, 自然な, 骨身に

1 [108件] ああいう, あったか, あったが, あつた, あなたに, あり因縁, あるもの, あろうか, いやに, えられて, かたく結ばれた, かんじられた, ぐんぐん発展, この世の中, しばらく慰めた, しみじみと, その酒, たいへんうれしかっ, ためされる時, とぎれたこと, なかったなら, なかったら, なりたてば, なり立つという, ねえな, ひじょうに強い, まっとうされる, まつたく終り, むすばれて, めいめい別れ別れに, もえました, もっともっと親密, よみがえるが, わいた, われわれの, イズムの, キンミツなる, 不要である, 二人の, 互いにあっ, 交って, 人生に, 他人行儀の, 何だ, 出て, 初まった, 友情としての, 叡聞に, 天に, 始まること, 家庭や, 封じ込まれて, 将に, 常にその, 平らかに, 彼等に, 恋と, 恋愛にも, 恢復した, 意外に, 愛情に, 成り立ったの, 成立するであろう, 或る, 手から, 新しい路, 最も保たれ, 極めて異常, 次第に噂, 次第に濃やか, 欲しかつ, 歴史を, 残つてゐない, 毒され, 深い根, 深く生活, 深く胸, 深められたの, 温って, 溢れるほど, 特権を, 珍しい人間, 現われて, 生じて, 生じまして, 甦って, 異性間に, 私の, 籠って, 結ばれた, 結ばれたの, 結ばれはじめてからは, 結ばれるに, 聡明な, 育たないの, 育まれて, 芽生えその, 茶のみ, 見出されるという, 見出される可能, 試練に, 足らなかつたこと, 身心に, 通じられる支那楽, 通つてゐた, 過剰であろう, 陰ながらいくぶんで, 高まって

▼ 友情~ (95, 7.6%)

3 変りは, 慰安を 2 感激し, 感謝する, 甘えて, 私は, 飢えて

1 [79件] あつく年長者, あふれる笑い口, あまやかされる, あまり恵まれ, うったえて, したところが, しみじみ泣いた, しろ人間成長, たよるほか, つ, つつんで, つながる喜び, とても嬉しく, どこやら, なって, はずんで, ひかされて, ひたって, ひたつた, ふさわしいかも, まけて, みたされて, めぐまれすぎるほど, めぐり会うこと, もう一つ女, もろい男, よりて, コレットが, ザクリと, ヒビの, 乏しい, 似たもの, 何の, 信頼し, 値しないこと, 値しない友人, 傷つくよう, 免じて, 包まれること, 厚いの, 報ひたい, 変化を, 太平は, 富めるこの, 對し, 少しの, 就いて, 引きずられたの, 形を, 恵まれて, 感じ身, 感動し, 感泣する, 感謝した, 於いて, 比べると, 泣いて, 涙を, 燃えた眼, 甘えすぎた伊東君, 甘える, 甘えるな, 生きるそれ, 瞼の, 立ち帰った喜び, 篤いドレゴ, 縋って, 美を, 至らないの, 良人への, 軽薄な, 輝きその, 近いもの, 近い感, 近い感情, 随分悲観的, 隔てを, 頼らなくては, 飢ゑてゐたのだ

▼ 友情~ (54, 4.3%)

2 恋愛の, 称するもの

1 [50件] いうと, いうには, いうべきもの, いって, いふよりも, いわれるごく, すること, せん望の, その日, その親分, その限界, それから, なるが, によつて, やがて私, よぶべきもの, エチケットに, 云う強靭, 云えば, 兵隊, 剣技の, 助言を, 厚意は, 味方の, 呼ばれるもの, 呼ぶに, 好感とを以て, 彼らにたいする, 性質が, 恋情との, 恋愛との, 恋愛とは, 意気の, 愛とを, 愛国心の, 愛情とを, 敬意に, 更に彼女, 混って, 温泉とには, 献身と, 私的な, 純愛とへの, 老蝮, 金銭との, 金銭の, 金錢との, 音楽と, 題する詩, 高い寛仁

▼ 友情という~ (42, 3.4%)

8 ものは 5 ものの, ような 4 ものを 3 ものが, ものに 2 ものも

1 [12件] ものからの, ものについて, もんだ, やつで, 世界の, 代わりに, 広汎な, 感情は, 抽象名辞で, 点から, 表現そのものが, 雲を

▼ 友情~ (31, 2.5%)

2 熱情も

1 [29件] あり純, こんなに巫山戯, そして恋, その人, それらの, ひととおりの, むろんそうして, プッツリ忘れ, 与えられて, 今では, 何も, 信義も, 回復したく思っ, 寂念モーローの, 当然この, 心の, 忠誠も, 恋も, 恩義も, 新しい形, 時代は, 男と, 知らぬもの, 私は, 稀なる, 立つの, 罅の, 諸共に, 謂わば

▼ 友情~ (22, 1.8%)

1 [22件] あらうか, おつきあいし, おも, お世話を, さへ, それが, つきあって, やって, 出せたの, 団結し, 扶けられた, 書かれた手紙, 果してどんな, 満足できる, 生かされて, 生きて, 結ばれた心, 結ばれて, 結びつけられるもの, 結びつけるに, 胸が, 酬いること

▼ 友情以上~ (16, 1.3%)

10 のもの 2 に自分 1 に出まい, に進ん, の交際, はもてない

▼ 友情から~ (13, 1.0%)

1 [13件] である, ゆき子は, 出たの, 出た忠告, 出発し, 同性愛にまで, 君に, 家庭から, 彼に, 浩の, 溢れ出る理, 発した悲憤, 離れますよう

▼ 友情とは~ (12, 1.0%)

2 いかなるもの 1 いはないの, そのよう, よいもの, 一体どんな, 何か, 何ぞや, 元来性的要求の, 別物として, 生涯の, 言いながら

▼ 友情~ (11, 0.9%)

1 [11件] また特別, 仕事が, 善意を, 恋愛の, 恋愛や, 感傷なんかは, 異性の, 結婚の, 薄っぺらな, 追想に, 逆境当時に

▼ 友情とか~ (9, 0.7%)

1 そういう風, 善い意志, 善意とかいう, 恋愛美しい, 慈善とか, 特別の, 芸術とか, 要するにどこ, 親密とか

▼ 友情~ (8, 0.6%)

1 からだまし, かわけ, がともかく, ということ, とかの女, と云う, よ, 国家の

▼ 友情とを~ (8, 0.6%)

1 ほどよく交, 信じて, 堅く信じ, 奪はれた, 奴らに, 忘れないで, 浪費する, 示した彼自身さ

▼ 友情によって~ (8, 0.6%)

1 では, トマサンの, 仁を, 固く結ばれた, 支え清き, 終生結ばれ, 結ばれて, 高められた有徳

▼ 友情そのもの~ (7, 0.6%)

1 がやはり, だつた, でしかあり得ない, として成長, にぶつつ, に関しては寂寞, の味

▼ 友情では~ (6, 0.5%)

1 あるが, あろうが, ない, ないか, ないという, なくして

▼ 友情について~ (6, 0.5%)

1 二十枚ばかり, 人情の, 常に何, 書かれる記事, 第五, 言葉の

▼ 友情にも~ (6, 0.5%)

1 クリシスが, 一味新た, 時間が, 甘えないひと, 真実は, 誓いにも

▼ 友情によ~ (6, 0.5%)

1 つて, つてあた, つてである, つて友情のみによ, つて泊る, つて若干の

▼ 友情として~ (5, 0.4%)

1 しのびないでは, どのよう, やはり新しい, 彼が, 斉彬の

▼ 友情には~ (5, 0.4%)

1 それと, センターに, 恐らくほか, 感謝し, 欠けぬもの

▼ 友情より~ (5, 0.4%)

1 りっぱな, 切実な, 嬉しいの, 広汎な, 起こったこと

▼ 友情よりも~ (5, 0.4%)

2 いかばかり深く 1 ほとんど科学的興味, フライシェルが, 由吉への

▼ 友情といふ~ (4, 0.3%)

1 ものは, 正義への, 言葉で, 言葉は

▼ 友情とが~ (4, 0.3%)

2 溢れて 1 不思議にも, 蔵され

▼ 友情との~ (4, 0.3%)

1 たのしい悦び, ちがうべきこと, 境に, 霊妙な

▼ 友情については~ (4, 0.3%)

1 それを, 僕は, 判断する, 果して思っ

▼ 友情にまで~ (4, 0.3%)

2 なって 1 そこまで, どちらも

▼ 友情~ (4, 0.3%)

1 な助力, な心懐, な辞句, にか或いは

▼ 友情関係~ (4, 0.3%)

1 が主題, が前日, を結ぶ, を結んだ

▼ 友情だけは~ (3, 0.2%)

1 いつも捨てぬ, わりあい純粋, 続いて

▼ 友情らしい~ (3, 0.2%)

2 ものを 1 友情を

▼ 友情をも~ (3, 0.2%)

1 攪乱し, 犠牲に, 調整し

▼ 友情を以て~ (3, 0.2%)

1 互に認め合う, 名高しヴォルシ人, 結びつけられて

▼ 友情~ (3, 0.2%)

1 について, の筆者, はそういう

▼ 友情こまやか~ (2, 0.2%)

1 なるに, なる中

▼ 友情だけで~ (2, 0.2%)

1 十分だった, 永久に

▼ 友情とても~ (2, 0.2%)

2 容赦は

▼ 友情とも~ (2, 0.2%)

1 いうべきか, 愛情とも

▼ 友情なんて~ (2, 0.2%)

1 あてに, そういう表現

▼ 友情についての~ (2, 0.2%)

1 点, 話

▼ 友情による~ (2, 0.2%)

1 ところ, 手紙と

▼ 友情に対しては~ (2, 0.2%)

1 恐ろしいほど, 自分の

▼ 友情に関する~ (2, 0.2%)

1 思出が, 若干の

▼ 友情のせゐ~ (2, 0.2%)

1 であ, ばかりで

▼ 友情ばかり~ (2, 0.2%)

1 でなくあらゆる, では

▼ 友情への~ (2, 0.2%)

1 関心ぬきで, 飢渇とに

▼ 友情までも~ (2, 0.2%)

1 傷つけるよう, 覚えさすこと

▼ 友情~ (2, 0.2%)

1 が一般, であれば

▼1* [97件]

友情あるのみと自称, 友情あるいは少なくとも彼, 友情いや友情といつては, 友情うすき友達たちよ, 友情おもな徳義的情操, 友情からというよりも, 友情からはなれなければ, 友情からも偽らずに, 友情きりだった, 友情さえも永くもち, 友情しかいだいて, 友情すらも存在しない, 友情それは生活, 友情だけが残って, 友情だけしか期待し, 友情だけでも京子は, 友情だけを見せて, 友情だったが途中, 友情だって土台は, 友情だの道義だ, 友情であってみれ, 友情でありその保守的, 友情といつてはいひつくせない, 友情とかに於て, 友情とかは人間感情が, 友情とから格子塀越しに, 友情としての感情内容を, 友情としては考えられないよう, 友情としてもどうにも僕ら, 友情とでしめやかな, 友情とともに女王の, 友情とより聞こえぬ上手, 友情と共に忘れ難い, 友情のだ, 友情なくして, 友情なぞに煩は, 友情など言うもの, 友情などというものからは, 友情などといふ愛を, 友情などとは片腹, 友情などは問題として, 友情などを思い出しては, 友情なら僕は, 友情なんかどうでも, 友情なんかの出来る経路, 友情なんかを架空的な, 友情において彼の, 友情においては些々たる, 友情においても誠意の, 友情にかけ君の, 友情にたいするそのむなしい, 友情についてもそれは, 友情にとっては依然として薄弱, 友情に対して持つ感謝, 友情に対するそういう実際, 友情のねうちを, 友情のほど骨髄に, 友情のみはまこと, 友情のみによつて生き, 友情のみはあらゆる手段, 友情また婦人作者たちの, 友情もうけている, 友情やに於てのみ, 友情ゆえに思いきる, 友情をさえ汲み取ること, 友情をしかもって, 友情をすら覚えて, 友情をはなむけたの, 友情をまで汚すの, 友情ジョルヂュサンド夫人とフローベル, 友情カンシャ, 友情一般が云, 友情丞相の芳恩, 友情以外にはなんら, 友情以外なにものもない, 友情共通の思ひ, 友情同志としての結合, 友情恋愛の過程, 友情恋愛教育社会文化の諸, 友情恋愛等については私, 友情掬す可きもの, 友情期間とが同じ, 友情清くて温い, 友情至, 友情献身親睦人間的幸福への憧憬, 友情理解孤獨批評等の事, 友情生活の幸福, 友情的待遇で迎えられ, 友情的斡旋のおかげ, 友情的結束である, 友情禁じ難くや, 友情等々数へ上げれ, 友情精神的に何物, 友情綿々ここ越前と近江, 友情表白婦人からの招待, 友情郷党関係の下, 友情離反あらゆる愛憎