青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「友だち~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

又は~ ~及ばない 及び~ ~及ぶ 及ぶ~ ~及ん 及ん~ ~友 友~ ~友だち
友だち~
~友人 友人~ 友情~ ~友達 友達~ 双方~ ~反し 反し~ 反動~ ~反対

「友だち~」 1962, 21ppm, 5418位

▼ 友だち~ (428, 21.8%)

16 ところへ 15 ように 10 ことを 8 ような 7 一人が, 前に 5 名を, 家へ 4 顔を 3 うちに, ことは, フリを, 一人, 一人は, 家に, 悪口を, 愛, 方に, 話を

2 [13件] うちの, うわさに, やうに, ジャンの, 一人を, 中で, 中に, 所へ, 指環を, 挑戦に, 許へ, 詩人の, 顔が

1 [295件] あいだで, あとを, あの人, いうまま, いく人かが, いずれもは, いないの, いのちにゃ, いるアザラシ半島, いる中津川, いる方, うえだった, うちからの, うちは, うつくしい女房, うわさなぞをも, うわさにも, おいでだ, おじさんだ, おれたちが, お人形, お妹さん, お父さんに, からだを, かわりに, ことだ, ことと, ことな, ことなぞを, ことなども, ことなどを, ことばかり, ことも, ことインゴルシュタットへ, こと恋人, こと自分の, さわぎに, すずめを, すずり, せいで, そばに, たばこの, ためならぶたれ, ために, だれかれ, だれとも, つとめて, ところから, ところで, ところに, ところを, となりの, ないただ, ないにぎやか, ない私, なかにも, のどや, ひとりひとりも, ふだんいう, ほかだれも, ぼうしを, ままで, みなさんに, もとに, もとへ, やとって, やり方に, ようです, アトリエに, アリョーシャな, エミイへの, カタキである, カタキを, カツチャンの, カピが, クリストを, グリッフィンだ, サアクルや, スケッチ帳を, ズンズン出, タねずみが, ダーチー, チェチェヴィーツィンと, チェチェヴィーツィンは, チェチェヴィーツィン君二年生な, ドノバンは, ノロちゃんに, バクチウチの, ヘルバ伯爵が, ベルリンの, ホフマンが, ボアシュヴロン子爵夫人に, ボブさんと, マチアの, マフォットさんという, レミイが, ローレンスさんに, ヴラヂーミル・ミハイルイチ, ヴラヂーミル・ミハイルイチとは, 一人だ, 一人と, 一人に, 一人の, 一群れが, 三ちゃんという, 三四の, 上に, 上靴も, 不断いってた, 世良半次郎という, 中では, 中でも, 中にも, 中の, 事が, 二人ならび, 仲間に, 伊馬さんが, 住所とか, 住所を, 便りで, 信らいを, 入院した, 全部の, 写真や, 冷評と, 前で, 助けなし, 助造じい, 医学士とかに, 厄介に, 厄介者に, 叔母を, 叔父の, 口から, 口からも, 名まへ, 名も, 名簿を, 含芳にも, 唯一の, 喫茶店で, 噂など, 噂を, 囲いものな, 園田武夫君を, 型で, 声々に, 声を, 夢を, 天狗様, 夫婦関係を, 奥さん京千代さんは, 女房とも, 妹が, 妹で, 姪と, 姿が, 姿を, 娘は, 子どもたちも, 孤独の, 実業家の, 家だ, 家だろう, 家で, 家という, 家の, 家は, 家へでも, 寝床を, 小沢蘆庵が, 小説家に, 小説家は, 小説家も, 小説家仲間に, 少なかった, 少年が, 山川健作氏が, 席を, 帰ったあと, 帳面に, 彼だった, 後姿を, 徳ちゃんが, 心持ちは, 思ひもの, 恥ずかしさ, 愛した, 手に, 手を, 手前わざと, 手前勿論, 手紙には, 手紙を, 新聞記者と, 新聞記者にだけ, 方々と, 方でございましょう, 方です, 方な, 方などと, 方を, 於福の, 日本人に, 服装や, 机の, 某医科大学生, 栗原潔子さんが, 校長先生に, 根気の, 格で, 桂正一君が, 桜井君の, 植えた檜, 楽しい愉快, 母親だった, 沈んでる顔つき, 法医学の, 泰さんと, 浅見, 淡谷スミ子ちゃんの, 漁師たちは, 無い寂しさ, 父は, 獣医君と, 現はれる, 生活の, 男の, 発狂した, 目の, 相手を, 短所を, 神田孝平に, 私にも, 秘中の, 秘密に, 紙魚亭主人であった, 紹介で, 群, 群れから, 群れの, 群れよりも, 耳に, 耶蘇信者が, 肩に, 背なかを, 胸に, 自分に, 自殺は, 艇と, 良吉を, 若い詩人, 西洋人が, 言いぶり, 訪問が, 訪問を, 話が, 話しは, 話でも, 話には, 警官が, 警視庁の, 讒言で, 豊干, 賑かな, 賞讃は, 赤座という, 足を, 身の上を, 連名の, 運の, 邸あとを, 野上明君と, 釣縄を, 間で, 間では, 間でも, 間には, 間にも, 間柄が, 間柄だ, 闘鶏は, 附合や, 集まるという, 集りで, 静穏な, 非難にも, 頭には, 顏が, 顔などを, 顔の, 顔も, 顔色には, 香蔵に

▼ 友だち~ (239, 12.2%)

5 遊んで 3 あって, できて, なかった, なくて

2 [17件] ありました, あるの, いて, そこへ, たずねて, できた, ないの, 來て, 寄って, 帰って, 溝の, 私を, 立ち去るの, 誘いに, 遊びに, 金を, 集まって

1 [188件] ああいっ, あたたかい南国, あちらへ, あった, あったか, あったの, あったら僕, あったり, あとから, あなたに対して, あなたを, ありますか, ある, あるから, あると, あるのに, あるん, あれば, いい型の, いい生活, いつの間にかいなくなり, いなくて, いなくなったの, いにすぱすぱ, いますが, いらっしゃるならあなた, いるばかり, うらやましかった, おありな, おできに, おれを, きて, このうえ, この私, こられたこと, こんな話, さらわれたの, すぐそば, すっと立っ, せわを, そうです, それに対して, そんなうそ, そんなこと, ぞろぞろと, たくさんいます, たって, たづね, だいじに, だれだかは, ついて, つい前日, できたから, できないの, できました, できるきっと, できるし, できれば, どうなる, どなたである, ない, ないから, ないん, なければ, なんの, ひとりも, ふえて, ふと気づい, ほしいだらう, ほしいと, ほしいらし, ほしくなる, ほめられたので, ぼくを, まわるの, みなあなたを, みな子供を, みんないろんな, みんな善ちゃんの, みんな希望に, みんな帰っ, もうここ, やがて十年, やって, やはり旧, よこした手紙, わるかった, フランスに, 一しよ, 一人います, 一人ふえました, 一人また, 一人居る, 一人私には, 一所懸命魚を, 一日も, 上段の, 上陸し, 不思議に, 世話に, 中津川から, 久しぶりで, 乗って, 二人いた, 二人お, 二人とも, 京都へ, 京都を, 住んで, 先に, 出て, 出来おって, 出来たと, 出来たらしい, 前畑の, 十七年ぶりで, 受合ふ, 同じ町, 呉の, 呼んで, 多かった, 大学の, 女を, 妙に, 始終お, 寄つて私の, 密に, 察して, 居て, 居てね, 居なかった, 帰りました後, 帰ると, 帰朝する, 彼を, 往来を, 待って, 恋しいなんて, 恋しくなりました, 惡いんです, 持って, 斬りてえか, 是を, 智恵子の, 暑中休暇後に, 書いて, 月に, 来かかって, 来ても, 来るからと, 来ること, 来ると, 東京から, 果物屋の, 横に, 次々と, 歌ったあの, 残して, 淡谷さんの, 焚きつけるんでさ, 知つて居た, 立派な, 笑いながら, 答へ, 精神病に, 結婚した, 聞いて, 腹を, 自転車に, 行って, 裏から, 見つかったよう, 見つからないので, 見つかるもの, 訊ねて, 訪ねて, 話したの, 話した或, 話しました事, 赤犬を, 身辺の, 軽やかな, 農園の, 遮つた, 郷里に, 門口へ, 隅の, 音次郎君の

▼ 友だち~ (218, 11.1%)

18 なって 6 して 5 なったの, 向かって

2 [15件] なりたいの, なりましょう, なること, なると, なるの, なろうと, 会った, 優しい感情, 向って, 打ち倒されたり, 持ちたがるもの, 見せると, 言って, 誘はれて, 誘われて

1 [154件] あって, あの手紙, あまり附き, いって, いつも或, おくって, おくれぬよう, きいたり, きいて, きまり悪かっ, くれて, こちらからも, この画家, こんな女, したん, しては, しまいには, しんせつで, すぎないの, すぎなかった, すること, そのこと, そのしるし, たいしてで, だきつくよう, つけて, とつて, とりかこまれて, どんな煮, なったもの, なったり, なった喜び, なった子, なった小学校六年生, なつて, ならなかった, なりたい, なりたいけど, なりたいと, なりたいという, なりたいよう, なりたいわ, なりたいッ, なりたかったの, なりたくて, なりに, なりました, なりますから, なり助手, なるよ, なれたわけ, なれば, なれるの, なれるよ, なろうさ, なろうじゃあ, のぞかせて, まじって, みせました, むかって, めぐりあいたいと, もちたくない, もつと, やさしく別れ, やって, ゴルフを, ダタイの, ハッキリ見られる, 与太者が, 久々で, 二十年三十年四十年も, 会いたいと, 会い度, 会う, 会う懐中, 会う時, 会ったとき, 会ったの, 会ったのよ, 会ふ, 会わせたい女, 伴蒿蹊といふ, 似て, 何か, 借金を, 公言も, 出あうと, 出会うの, 分けて, 分けるって, 分ち与へた, 別れて, 勧められて, 勸められ, 化けて, 名医が, 吹聴した, 告げるため, 地方で, 大骨おり, 妙に, 婚約の, 居所を, 山家の, 引けを, 後ろから, 御不自由, 慰められながら, 手紙で, 手紙を, 昔の, 木村さんという, 村尾さんという, 次から, 殺人犯人は, 比べると, 求めるもの, 注意した, 用も, 男色の, 相談を, 知らせて, 知らせると, 知らせる目印, 知れわたって, 立ち後, 笑われました, 等しかった, 紹介しました, 聞いた能書き, 聞かされた時, 見せて, 見せようと, 見せられたの, 見せること, 見せるつもり, 言葉を, 話したと, 話すと, 誘はれるまま, 誘われるまま, 誘われるまま一年半, 責められても, 貸したと, 贈つたテラコツタ, 起こさせたもの, 迎えられながら, 送って, 逢っても, 逢ふと, 遇いその, 隠れて, 頼むに, 頼めば

▼ 友だち~ (184, 9.4%)

15 いっしょに 7 二人で 6 一しょに 4 一しよ, 一緒に 3 なって, 話して 2 お茶を, して, すること, 別れるの, 彼との, 枝から, 腕を, 遊ぶこと

1 [126件] あって, あまり遠く, いうだけ, いうより, いえば, いっしょであった, いっしょな, いっしょには, いっても, いつしよである, いふよりも, いろいろの, いろいろ話した, おれとは, おれは, お宮の, お父さんの, これらの, ころころと, こんな話, ご交際, ささやきかは, した約束, するの, する気, それからきみ, それに, た, ただ暫らく, つきあうの, どこかにては, なった, なりました, なり人, なること, ほかの, ぼくに, もうしても, やたらに, ゆかいに, わたくしとは, わたしとで, わらったり, キャッチボールを, ボールを, 一所に, 三人し, 三人づれ赤坂の, 乗馬の, 二人きりの, 二人の, 云うの, 云えば, 会は, 会を, 兄弟との, 公園へ, 別れて, 別れてから, 別れなければ, 別れる日, 勉強し, 半蔵さんとでは, 同じよう, 同じ馬車, 学校の, 将棋を, 庭にて, 廊下から, 廊下で, 彼女の, 快談, 思って, 思つても, 急な, 我を, 或裏町, 手を, 撮した写真, 文學を, 新しい友だち, 昼食を, 来たこと, 枝の, 歩調を, 水泳にでも, 泳ぎに, 活動写真を, 活発に, 浜へ, 爭ひごとを, 牒しあはせ, 申すもの, 相撲を, 相談し, 石の, 笑ったこと, 縁側で, 花の, 蟻の, 行田で, 街を, 見て, 話しながら, 話し合って, 話を, 話合いとにかく, 話合ひ, 語らって, 逢って, 逢つて一緒に, 連れだって, 連れ立って, 遊びながら, 遊びに, 遊ぶよりは, 遊んだ, 遊んで, 違わア, 野原や, 野球でも, 鉛筆を, 離れたがらなかったので, 静かに, 鬼ごっこを, 魚河岸の

▼ 友だち~ (178, 9.1%)

3 彼の, 言った

2 [15件] それを, どうしたろう, 一枚の, 一面には, 人並み以上に, 何と, 僕の, 如何, 皆書生の, 私に, 答えました, 簡単に, 長い年月, 青年らしい, 頭脳を

1 [142件] あなたの, あなた一人だ, ありませんでした, いいました, いくつに, いずれも, いないぞ, いなかった, おあり, お使, お前に, かう言つて, こういった, この穴, これを, こんなこと, こんなにいる, さう, さうでは, しばらく街道, しばらく見なかった, すくなかろう, すぐあとをつゞけて, そうして彼, そこそこに, そこに, それで, それは, たまげた顔つき, だれからか, ちょっと用, できません, できるだけの, どなたでしょう, どんどん上, どんなに喜ん, どんな鶏, ない, ない訣, なかった, なんの, ひどく歪んだ, ふたりとも, まずこんな, また日曜, まだい, みなひじょうに, みな我が, みんないい, みんなよい, みんな万年筆を, みんな死ん, もうたった五, もう一人, もつもん, よくその, よろこんで, らんについて, ケートと, ゴルフを, ジャンという, チラと, ポコちゃんと, ロシアで, 一せいに, 一目見た, 不思議にも, 久しく会わなかった, 二人とも, 二人の, 云つた, 京都の, 何げなし, 何年も, 偶然の, 分署の, 南は, 反感と, 同じく失恋, 嘲笑する, 四人しか, 堀川という, 声を, 多くは, 嫉妬深く, 宝貝の, 家に, 家への, 寶貝の, 岩倉様の, 後に, 惨憺たる, 愈裸, 懐から, 成功する, 折しも夏, 持たずに, 持つべきもの, 日ごろから, 月に, 本堂から, 殆どない, 永久に, 汝に, 泥龜の, 焼林檎, 町の, 皆おん身を, 皆な, 皆当時流行の, 皆彼の, 皆知つて居る, 眉間を, 矜り, 私の, 私を, 笑った, 笑ったが, 羅馬に, 考えて, 聖人だ, 腰を, 自分の, 自慢した, 自炊を, 舟を, 西川英次郎一人だった, 親身に, 言うかも, 語り完らない, 誰だって, 足元を, 近所を, 酒を, 野球, 金持ちの, 金網を, 間に合わなくて, 間断なく, 闘鶏を, 黙って, 龍造寺主計様と

▼ 友だち~ (150, 7.6%)

6 作ること 4 覚えて 3 持って, 訪問した

2 [11件] さがして, つれて, もって, 作って, 呼ぼうと, 失うの, 打ち倒したり, 捨てる, 羨望した, 談うて, 連れて

1 [112件] いじめかれを, いじめたり, いじめるの, いたぶって, いぢめ, うらやみ人, お送りに, かくしたの, こしらえ出して, そのうち, それと, そんなひどい, たずねたり, たずねた帰り道, たよりに, だましたところ, つくった, つくり自分, なくさなければ, なくしたのよ, のぞいて, はげましました, ひとり持っ, ひどく煙たがっ, ひろいました, ほしくない, まちあわせて, みつけて, もった人, もつに, やり伊井君, 一人ぐらい, 一人つれ, 一人も, 一度でも, 三人も, 乗せて, 乗せても, 二人も, 交代に, 介抱しました, 出汁に, 制限し, 前に, 助けて, 取って, 呼び集めるべく空, 呼んで, 売って, 夢みた, 大事に, 大切に, 尋ねた後, 尋ねて, 尚お, 引き合わせて, 引き留めたくて, 引張り出して, 得たやう, 得たよう, 忘れるよう, 愛せずに, 慕わせ師, 慰めようとして, 手まねきし, 持ち異, 持ったこと, 持つこと, 持つて, 持つてるだけでも, 捨てるそれ, 探して, 推挙した, 棄てること, 泣かしました, 皆引き止め, 相手に, 知って, 突きとばしたもの, 紹介いたします, 船に, 裏切り父親, 見いだす, 見たくて, 見つけあったの, 見つけたの, 見つけるの, 見て, 見ても, 見に, 見失ったの, 見舞に, 見舞ひ, 覗いたよう, 訪ねながら, 訪ねること, 訪はむ, 訪問し, 訪問しよう, 誘いに, 誘おうと, 誘って, 誘はうと, 辱しめ, 迎えました, 迎えるよう, 送らせる下心, 集めて, 養って, 驚かしたり, 驚かして, 驚かせ悩ませながら

▼ 友だち~ (64, 3.3%)

2 ない, なかった, なくて, 今日は, 彼の

1 [54件] あつた, ありませんでした, いっしょに, いなければ, いません, ぎんも, ごく少数, すくない, それぞれどこかへ, それを, たくさんあっ, たくさんいらっしゃる, ために, だんだん集り, できた, ないから, ないもの, ないよう, ない戀, なく, なくいつも, なくなること, なくひとり往来, なく一人パリー, なく打ちまけ, なく親, なく財産, ふえて, ほとんど絶望, みんな真似し, やってくるはず, やはり微笑, よく話す, フリーダの, 今は, 四五人あった, 四人この, 多くなった, 多けれども, 大さわぎし, 大勢みえます, 少なからず変わった, 忘れて, 来ずカヤ, 桜も, 森も, 毎日き, 消えて, 王様が, 職業や, 訪ねない, 遂に匙, 首を, 驚いたやう

▼ 友だち~ (32, 1.6%)

3 あつた

1 [29件] ある経験, いて, いましょうと, いるん, かわいそうに, この方, すら次郎, ぜひ来, またシロ, よかった, よかつ, ノミ屋だつ, リリスは, 十四五年以前に, 叔父は, 太郎が, 夭折した, 山林を, 日ごろ次郎, 柳田という, 梁川は, 死ぬほど, 残って, 気心は, 禅宗の, 行ったが, 詩の, 青木と, 香川景樹の

▼ 友だち~ (30, 1.5%)

32 ということ, と思っ

1 [23件] かなんだか, から, からさ, からさっそく, からである, から事情, から特に, から龍平同様, かわからない, が, がそいつ, し先生, し第, ぜ, つたのを, つた裁判官の, つた革命家です, とかいうこと, とみんな, と思, と断定, のが, 頼みある

▼ 友だちにも~ (23, 1.2%)

2 別れると

1 [21件] うそを, たちまちこの, たびたびせめて時計, なって, なるの, なれた, はなさず供, ふれまわって, やっぱり嘘, よい手紙, 伝わって, 分けて, 勧めたが, 告けず, 女房に, 尋ねて, 心の, 持つて, 見せました, 話さない事, 負けぬよう

▼ 友だちから~ (19, 1.0%)

1 [19件] だんだん遠のい, ちゃんと聞い, である, とくべつに, ばかに, もらった金, 冷やかされたこと, 別れた, 愛されて, 手を, 手紙が, 手紙の, 時々招待, 目を, 知らず識ら, 聞いて, 聴いた話, 近所の, 電話が

▼ 友だちでも~ (17, 0.9%)

1 [17件] あったので, あったカピ, ありいやしき, ありました, あれば, いいかげんに, おむこ, そうである, できたよう, やっぱりあの, わたしたちを, 仲間でも, 女子の, 手が, 私の, 自分の, 連れて

▼ 友だちという~ (17, 0.9%)

4 のは, ものは 2 ものが 1 そのひと, ので, ものを, わけです, 場合の, 意味かしらと, 調子に

▼ 友だちであった~ (14, 0.7%)

2 のです

1 [12件] か, からで, から頭中将, ことを, と言い, と言われたら, オトラント公すなわち, ボブを, 彼は, 桜の, 私に, 鐘ともいよい

▼ 友だちとして~ (14, 0.7%)

2 彼女の

1 [12件] あつかわれて, おつき合い下さいませ, お祝いを, かわいがって, つき合いを, また同じ, また父親, ボダイ寺の, 同年輩の, 妹として, 恋愛なし, 遊ぶこと

▼ 友だち~ (14, 0.7%)

1 [14件] いっしょに, かわいいペス, その姉さん, ちゃんとした, 仲間を, 兄弟からまでも, 先輩の, 地上の, 市民で, 知りあいの, 知己な, 遊んだ森, 門弟も, 黒布を

▼ 友だち~ (13, 0.7%)

2 の, のです, んだ 1 のさ, のだ, のでこわく, ので時々, のに, のよ, んじゃ

▼ 友だちには~ (10, 0.5%)

1 いけないがね, してやらないと, そのよう, その大, たとい真実, ちと頑是, 五十川という, 尊敬された, 概して無関係, 笑われる

▼ 友だち~ (10, 0.5%)

1 が外, が木, が角力, に出会った, に取囲まれてる, の上, はある, はみなそう, は涙, も皆

▼ 友だちである~ (9, 0.5%)

2 ことを 1 ために, ということ, とかあるいは, と自己紹介, などという理由, 美しいや, 親しい友だち

▼ 友だち仲間~ (9, 0.5%)

1 が諸, ではアーダ, と一緒, などがそう, に交わりたい, の結びつき, の腕白, の行動, へ入れ

▼ 友だちだった~ (8, 0.4%)

1 ことも, しあれ, し大きく, そして彼ら, のです, のを, 裁判官の, 革命家です

▼ 友だちであり~ (8, 0.4%)

1 しかもその, エレオノーレの, 且つ雨露, 仲間であります, 平田の, 彼女らを, 道連れであった, 隣人である

▼ 友だちとは~ (8, 0.4%)

1 そうしたもの, ちょっと散策, 俳人の, 反対に, 楽しそう, 永久に, 要するに話, 離れの

▼ 友だちです~ (7, 0.4%)

2 って 1 けれどこの, ってそれで, の, もの, もの当分ここに

▼ 友だち同士~ (7, 0.4%)

1 であった, であるよう, でそこ, で今しがた, のよう, の諧謔, も楽

▼ 友だち~ (6, 0.3%)

1 さもなければ子供たち, であったよう, 兄弟の, 姉の, 知れねえが, 親類でも

▼ 友だちにでも~ (6, 0.3%)

1 いうよう, たいするよう, 出會つた樣, 引き合わされるよう, 話しかけるよう, 頼んだの

▼ 友だちからの~ (5, 0.3%)

1 便りも, 内証の, 手紙, 知らせで, 頼みで

▼ 友だちでは~ (5, 0.3%)

1 あったが, あるから, ない, なかなか得られない, 満足できなかった

▼ 友だちとの~ (5, 0.3%)

1 いきさつでも, 交際と, 交際や, 附き合い作家, 附合

▼ 友だちとも~ (5, 0.3%)

1 いうべき夫婦, なり遊び相手, わかれなければ, 仲よくいたしました, 気が

▼ 友だちにな~ (5, 0.3%)

1 つたいと, つたと, つてもらふ, つてゐました, つて決して

▼ 友だち甲斐~ (5, 0.3%)

2 のない 1 がある, によい, のねえ

▼ 友だちと共に~ (4, 0.2%)

1 かんがえて, その近く, たとい大平峠, 正香を

▼ 友だちども~ (4, 0.2%)

1 が笑う, であった, です, は隠れ

▼ 友だち以上~ (4, 0.2%)

2 のもの 1 に出ない, の何物

▼ 友だち同志~ (4, 0.2%)

1 そうしてこの, であった, なれど, の顔

▼ 友だちからも~ (3, 0.2%)

1 勧められたので, 口ぞ, 書いて

▼ 友だちだけ~ (3, 0.2%)

1 あって, だ, 寄りあって

▼ 友だちだって~ (3, 0.2%)

1 いったそう, ことを, そうむやみ

▼ 友だちだつた~ (3, 0.2%)

2 やうに 1 ことも

▼ 友だちだろう~ (3, 0.2%)

1 とかまい, と思った, ね

▼ 友だちであっ~ (3, 0.2%)

1 てずいぶん, ても, て月夜

▼ 友だちといふ~ (3, 0.2%)

3 のは

▼ 友だちとか~ (3, 0.2%)

1 いっそ保護者, で前夜, 誰かをね

▼ 友だちなどが~ (3, 0.2%)

2 朝夕遊びに 1 止めるの

▼ 友だちなら~ (3, 0.2%)

1 それは, たとい強い, 友だち妻なら

▼ 友だちまでが~ (3, 0.2%)

1 まるで申し合わせた, 目を, 語り合いました

▼ 友だちらしい~ (3, 0.2%)

1 のが, ふりを, 心もちが

▼ 友だちあつかい~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 友だちからは~ (2, 0.1%)

1 それでも月, はっきりと

▼ 友だちじゃ~ (2, 0.1%)

1 ないこと, ないの

▼ 友だちたち~ (2, 0.1%)

1 のなか, はその

▼ 友だちづきあい~ (2, 0.1%)

1 というわけ, をし

▼ 友だちどうし~ (2, 0.1%)

1 で道, はたがい

▼ 友だちなどに~ (2, 0.1%)

1 見せて, 話を

▼ 友だちなり~ (2, 0.1%)

2 御引見下

▼ 友だちなんかも~ (2, 0.1%)

1 みな昔とは, 入らっしゃらないじゃ

▼ 友だちにたいする~ (2, 0.1%)

1 反抗よりも, 途方も

▼ 友だちに対して~ (2, 0.1%)

1 なんだか肩身, 堅苦しい義務観念

▼ 友だちばかり~ (2, 0.1%)

1 です, ですわ

▼ 友だちまで~ (2, 0.1%)

1 引っ張って, 自分の

▼ 友だちみんな~ (2, 0.1%)

1 に聞い, に見せ

▼ 友だち~ (2, 0.1%)

1 初恋の, 私たちは

▼ 友だちをも~ (2, 0.1%)

1 変えた, 見たい

▼ 友だち~ (2, 0.1%)

2 へ見せびらかす

▼ 友だち二三人~ (2, 0.1%)

1 と奈良, と小

▼ 友だち以外~ (2, 0.1%)

1 の女人, の関係

▼ 友だち同じ~ (2, 0.1%)

2 町の

▼ 友だち洒落てる~ (2, 0.1%)

2 わねえ

▼ 友だち~ (2, 0.1%)

1 の仲間, の家

▼ 友だち連中~ (2, 0.1%)

1 は早朝, は誰

▼1* [92件]

友だちあの子あの, 友だちうちつれきたり, 友だちかとみて, 友だちがね沼を, 友だちぐらいにしか思われなくなって, 友だちこちらの友だち, 友だちさぼくらはみな, 友だちずくに組, 友だちそして尊敬すべき, 友だちそれもとりわけ, 友だちたる叔母を, 友だちってわけです, 友だちっていうものは, 友だちつきあひ, 友だちつれて, 友だちづきあひと, 友だちづきあひが悪く, 友だちでありましたのでその, 友だちでいらっしゃるのね, 友だちでしてあの, 友だちでした二人は, 友だちでなくなってしまわれる, 友だちでなくなることを, 友だちでなければならない, 友だちといつてはない, 友だちといふはあまり善き, 友だちとかいうその人, 友だちとが交互に, 友だちときたらそりゃ變てこ, 友だちとでも争わなければ, 友だちとばかり思って, 友だちとを見捨てて, 友だちながらすっかり愛想, 友だちなしに育っ, 友だちなぞというよりは, 友だちなぞを見つけること, 友だちなどと相會, 友だちなどの写真が, 友だちなんかいないん, 友だちなんかにもそんなこと, 友だちなんてものは, 友だちにしか口を, 友だちについて語りました, 友だちにまで突き放されて, 友だちに対しての心持ちも, 友だちどうしてお返し, 友だちはいづれもそれ等を, 友だちぶりをもの珍し, 友だち手紙を, 友だちみたように, 友だちみたいに話, 友だちやさしい友だちである, 友だちやと云つた, 友だちやなんかいろいろ骨, 友だちよりどれだけ, 友だちをばうれしそう, 友だちとこ, 友だちエリザベートさま神さまのお, 友だちクリストフのこと, 友だちてある, 友だちルイス・マノアールはクレルヴァル, 友だちヴェーゲラーやシンドラーら, 友だち一人の一命, 友だち七八人が催した, 友だち二三と腕, 友だち二人が帰る, 友だち五六人にはなし, 友だち交際いをする, 友だち仲間協力者としての異性, 友だち伊馬春部から得た, 友だちは仕方, 友だち同士英語で手紙, 友だち同志にこにこしながら, 友だち困窮な老年, 友だち境辻三によって話された, 友だち多しといえ, 友だちなるもの, 友だちなら妻, 友だち子供にかえった, 友だち小猿を二, 友だちの仲間, 友だち思いの心配そう, 友だちひに, 友だちな対座, 友だち紀州和歌山城の宰相頼職朝臣, 友だち自身なん, 友だち自身何の理由, 友だち芸妓の開い, 友だち関係を十年来, 友だち合いの, 友だち附き合いをし, 友だち附合の義理