青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勤め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~勝手 勝手~ 勝負~ ~勢 勢~ ~勢い 勢い~ ~勢力 勢力~ ~勤め
勤め~
勤労~ ~勿論 勿論~ ~匂 匂~ ~匂い 匂い~ 包~ 包まれ~ ~包み

「勤め~」 3172, 33ppm, 3571位

▼ 勤め~ (1636, 51.6%)

88 いた 51 いる 49 いるの 41 いて 37 いたの 33 いたが 30 ゐた 23 ゐる 15 いること 14 いると 13 いたこと 12 いたので, いるので 11 ゐるの 10 いました, いるん, いる者, ゐて 9 いたん, いた時, いるうち, いるが 8 いるもの, いる会社, ゐたが 7 いた頃, います, いるという, いるよう, 居ります 6 いた人, ゐるが

5 [11件] いたと, いても, いる人, いる男, いる若い, いれば, くれた, ゐたの, ゐた頃, 居りました, 居る

4 [15件] いたとき, いたもの, いたよう, いた会社, いた時分, いた者, いた関係, いましたが, いますが, いる工場, いる銀行, いる間, おる, ゐると, 居て

3 [18件] いたから, いたころ, いただけ, いたという, いた或, いた私, いないと, いるあいだ, いるお, いるから, いる頃, おります, おりますが, ゐた事, ゐた時, 居たの, 居りますが, 居るの

2 [66件] いい月給, いたある, いたお, いたこの, いたそう, いただけに, いたものの, いた箕部五兵衛, いない, いるか, いるこの, いるつもり, いるところ, いるとの, いるなんて, いるはず, いるほどの, いるハドソン, いる官吏, いる家, いる店, いる張, いる役所, いる技師, いる社, いる社員, いる私, いる筈, いる薬品商店, いる連中, いる雑誌社, おいで, おりました, おりますので, きたが, きたの, くれ, くれる, この事, ゐたこと, ゐたと, ゐたやう, ゐた人, ゐた時分, ゐること, ゐるさ, ゐるに, ゐる人間, ゐる友人, ゐる男, ゐれば, 來た, 夜は, 居た会社, 居た者, 居らるる博物館, 居られた, 居りましたが, 居ると, 居るなら最う, 居るので, 彼女等の, 御覧に, 怠らず専ら, 来たの, 而し

1 [759件 抜粋] あくまで冷酷, ある時, いたお父さん, いたかい, いたかとも, いたため, いたため私, いただろう, いたとか, いたところ, いたとさえ, いたはる, いたばかり, いたらしい, いたジャック・エリス, いたデンマーク人ロェーマー, いたドイツ種, いた一色右馬介, いた三楽館, いた事が, いた事実, いた二十二歳, いた五瀬某, いた伊沢, いた侍女, いた先, いた兵營, いた勉, いた勝見伍策, いた半, いた叔父, いた吉崎宗右衞門, いた君, いた周潔, いた喜六, いた堀部君, いた壮年, いた娘, いた官吏, いた家, いた小学校, いた小熊, いた府官, いた建築会社, いた役所, いた御, いた故, いた新聞社, いた旗本屋敷, いた日, いた木綿問屋の, いた朱鑠, いた松尾要人, いた某, いた炭薪係, いた為, いた父, いた王朝末期, いた田中宇左衛門, いた男, いた町, いた真, いた石川島, いた秋田小夜子, いた穏やか, いた老人, いた花和尚魯智, いた葬儀屋, いた製粉会社関係, いた親戚, いた訳, いた軍需会社, いた郵便局, いた青年, いた額, いつ, いないで, いなかった, いなかった家司, いなさるの, いましたから, いましたの, いましたので, いまして, いますがね, いますし, いますよ, いらしたとか, いらしっても, いらっしゃるうち, いらっしゃるの, いらっしゃる四ツ星漁業, いらるる会社, いられたこと, いられたよう, いられるころ, いられるの, いられるもん, いられる川崎, いらッ, いりゃア, いるある, いるかしら, いるかと, いるせい, いるそう, いるだけ, いるてる子, いるとかで, いるとても, いるに, いるのに, いるもん, いるらしい, いるらしいが, いるらしいの, いるらしいので, いるりよ, いるわれわれ事務家, いるロカール氏, いる一医師, いる三浦内科, いる与力, いる事実, いる二百七十石余, いる人の, いる人達, いる今井理右衛門, いる以上, いる優れた手腕, いる兄, いる先, いる全く, いる内田, いる分, いる北大, いる北川, いる友人, いる友達, いる吉五郎, いる同姓, いる名, いる商事会社, いる商事會社, いる塗工, いる外国人, いる大, いる大村由己, いる大谷, いる大阪屋, いる女, いる女の子, いる女性, いる妹婿, いる娘さん, いる娘さんたち, いる婦人達, いる学園, いる官省, いる容, いる寿月君, いる小姓, いる巡査, いる帳場, いる建築事務所, いる弁護士, いる弦三, いる役署, いる必要, いる或, いる所, いる斎藤, いる新聞社, いる映画館, いる時, いる木村幹枝君, いる杉野子爵, いる松平相模守, いる板倉佐渡守, いる様子, いる権七, いる河内, いる海軍, いる田宮, いる由, いる研究所, いる筑阿弥どの, いる脇百瀬, いる臨海試験所, いる船上, いる芸人, いる蔵人寮, いる蘆鉦次郎, いる貞吉, いる身, いる辰弥, いる郵便局, いる酒場, いる金田さん, いる長男, いる関係, いる非常, いる音羽, いる顔なじみ, いる馴染客, いる鳴子屋, い気楽, おいでですが, おくれだから, おった, おったという, おったとは, おった町, おらるる, おられたが, おられたら仏蘭西語, おられて, おられなくなった, おられますか, おられるそう, おりながら, おりましたが, おりました太子図書館, おりました頃, おりますうち, おりまする, おります犬商, おり次, おり私, おるきさま, おること, おるの, おるもの, おれと, おれば, お客の, お布施で, かたわら詩を, かつかつ其日, きた者, くたくたに, くるるので, くれたお前, くれたの, くれた医師, くれよ, くれよう親, くれるに, くれる事, くれ我が, しまふよ, すぐお立ち帰り, そのあと, その子, その後は, その方面, その行く先, それから江戸表, それでも校長, とりましたという, のき候, はいますが, はるねんて, ます, まだ獨身, みたいと, みて, みましたが, みよしに, みられい, みると, みんなで, もう半年, もらいたい, もらうぜ, もらわなければ, やるの, やろう, られるはず, ゐたから, ゐたころ, ゐたせゐか, ゐたのに, ゐたみんな, ゐたテイントレツト, ゐたホテル, ゐたン, ゐた内海, ゐた十五歳, ゐた四郎左衛門, ゐた屋代輪池, ゐた店, ゐた或, ゐた根岸氏, ゐた民生部, ゐた珍田拾巳子, ゐた筈, ゐた身分, ゐた青年, ゐても, ゐない, ゐましたからね, ゐましたが, ゐや, ゐられない, ゐるか, ゐるから, ゐるけれども, ゐるだけに, ゐるぢ, ゐるなんて, ゐるには, ゐるもの, ゐるらしいと, ゐるん, ゐるんぢ, ゐる与里, ゐる人, ゐる会社, ゐる兄, ゐる出版書肆, ゐる分限者ぢ, ゐる叔父, ゐる大谷, ゐる夫, ゐる女学校, ゐる学校, ゐる學校, ゐる山口, ゐる岡野栄氏, ゐる年寄り, ゐる弟, ゐる役割, ゐる従弟, ゐる愛彦, ゐる故郷, ゐる新聞社, ゐる杉野子爵, ゐる活動小屋, ゐる白鼠, ゐる給料, ゐる舞田, ゐる要塞地, ゐる銀行, ゐる間, ゐる雪江, オート三輪車の, 一定の, 一度の, 三十五円ばかり, 上中下の, 下さった, 下すっての, 不平も, 不足がちな, 了うた, 二年たつ, 二日目といふ, 二階へ, 五十石の, 他人の, 体力に, 何万両と, 何時の間にか早替り, 俗事に, 働いて, 元文四年, 公禄を, 冥土の, 別に騒ぎ, 午飯には, 可成, 呉れたよう, 呉れと, 呉れません, 呉れ我が, 四五町を, 四角張って, 地方での, 外国人に, 大層評判, 大阪に, 失敗りやがった, 女房の, 嬉しがる, 子を, 家も, 家繁昌する, 居たい其迄, 居たから, 居たが, 居たもの, 居た事, 居た先代尾上菊五郎, 居た大学, 居た手代, 居た為, 居た青木休七郎氏, 居ったもの, 居ながら, 居ました, 居ますか, 居らず女中, 居られて, 居られる, 居りましたし, 居りました団子茶屋おき, 居りました者, 居りまして, 居りますから, 居りまする, 居りますれば, 居りや宜, 居り目通り, 居るから, 居るけれども, 居ること, 居る事ム員, 居る察, 居る小屋, 居る役者, 居る彼, 居る有, 居る池田, 居る白鼠, 居る警護, 居る頃, 居れば, 巨萬の, 帰りました, 帰宅も, 平気な, 年頃に, 年額七千七百円の, 引いたもの, 役を, 後の, 後其年一ぱいに, 御出, 御感に, 必ずあの, 怠らざれば, 手も, 払拭せよ, 支那にも, 新に, 春琴の, 月給を, 月給七十五円, 未亡人の, 村の, 来たお蔭, 来たから, 来たこと, 来たつもり, 来たとさえ, 来た公用, 来た山川, 来た座敷, 来た祖父たち, 来られたお方, 格別の, 歩いた, 殆ん, 江戸で, 源氏の, 父の, 物事を, 田舎でも, 相変らず, 相当に, 立派な, 立派に, 組合に, 置かなければ, 置けば, 自分が, 自分の, 舞台に, 製図ばかり, 見て, 見るが, 見る気, 見劣りを, 貯金も, 貰いお, 貰おう, 貰おうと, 貰ふ, 貰わなければ, 身に, 身を, 道連れ小平の, 遣ろう, 金吾と, 鉱夫達と, 開国一偏西洋文明の, 間も, 非業の, 骨を

▼ 勤め~ (282, 8.9%)

70 して 6 持つて 4 やめて 3 するよう, 休んで

2 [18件] あそばされた, あそばして, いたして, おろそかに, しながら, すまして, すませて, すること, する者, もって, 怠りなく, 成就する, 持つと, 持つやう, 果して, 終えて, 終って, 説いて

1 [160件] あそばされる時, あそばす院, いいつけた, いたしました, いたしまして, いたしますのにも, いたす悲し, おすすめに, おとしめて, させたくなくなった, させたよう, させて, させること, させるという, させるといふ, させるより, させ少し, された四月五日, されるよう, したお前, したこと, したり, した上, した人, した僧, した女, してるの, してるん, してを, しなければ, しました, します, しようという, し内職, し馴れた僧, すますと, する, するうち, するこの, するだけの, するつもり, するという, するとか, するわ, するん, する一方, する人, する尼, する時間, する身分, せずに, せず中途, せず代り, ただしたまでの, つとめること, なさいますのに, なさいますひまひま, なさらなければ, なされたほか, なさん, なすって, なん年か, はたしただから, はたすの, もつやう, もつ人, やって, やめさせる日, やめたので, やめても, やめました, やめようかと, やめる, やめ南九州, よくあそばした, よすと, よそうとは, 一切やめ, 一巡終り, 一週間ばかり, 了え, 仏前で, 以前よりも, 休み枕頭, 休むか, 休むこと, 休むとは, 休むよう, 休む筈, 休んでるやう, 励むべし, 勤むるの, 十分に, 取り返しうるほど, 受持って, 口実に, 変えたと, 大切に, 始めてからは, 始めては, 始めるの, 嫌ひな我儘者には, 守って, 少しも, 尽したこと, 平生以上に, 引いて, 引き受けたと, 当分止められ, 怠って, 怠らない松雲和尚, 怠られたこと, 怠り果てて, 成した娘, 抱えて, 持たぬ彼, 持って, 持つた, 持つたの, 持つたン, 放棄する, 暮しを, 果したこと, 果したので, 果しまするによって, 果せば, 果たさねば, 欠かさなかったこと, 欠き何かと, 止めさせて, 止めさせようと, 止めたので, 止め何, 申し付けるの, 稼ぎ父兄, 立派に, 終ったお松, 終へて, 終りました, 終ると, 終わった, 終わった吉左衛門, 終わった役所帰り, 終わって, 終わられたころ, 継続し, 続けたの, 致した身, 致しましたの, 致し余程, 行うこと, 語る, 變つたら, 超えて, 軽蔑し, 辞して, 辞めなければ, 鉄の, 離れて, 願えませんでしょうか

▼ 勤め~ (183, 5.8%)

20 出て 6 なって 3 ついて, 通って, 遊山らしく見ゆるも 2 しばられて, ゆくため, ゆけなくなった, 出た, 出たあと, 出たが, 出ては, 出なければ, 来た

1 [130件] あがりまして, ありつくか, いかなければ, お出なされた, かかるの, きょうばかりは, こちらへ, さらさら手落, そとへ, だしたとき, つくこと, つくと, つくはず, でかけようと, でたり, なった, なったから, なったり, なった方, なりぺこぺこ, なりました, なりましたし, なりましたの, なり強迫観念, なること, なるもの, はじめて出た, ふりむけて, まだ馴れず, やつれて, ゆくん, 一方ならず苦労, 上ること, 下げられること, 不平の, 不満であっ, 不自由を, 五十五両を, 何か, 傾倒し, 入らうといふ, 出かけた, 出かけたあと, 出かけたが, 出かけた留守, 出かけて, 出かけました, 出さうと, 出したこと, 出しなに, 出すこと, 出ず定時制高校, 出たいと, 出たくて, 出たこと, 出たとか, 出たり, 出た後, 出た素子, 出た間, 出てからは, 出てからも, 出ても, 出ないで, 出なかった, 出なくて, 出ますと, 出る, 出ること, 出ると, 出るという, 出るの, 出るわ, 出る女, 出る気, 出る良人, 出る身, 出れば, 出掛けようと, 出掛けるとき, 前後三日どうか, 加わる方, 励んで, 在る以上, 子供達は, 専念し, 就く運命, 当たろうと, 従いながら, 従う, 忠実であろう, 怠りは, 慣れだしたところ, 成ったと, 成って, 戻って, 掛っては, 最後の, 来たと, 来たの, 来なくなり島, 来る百姓, 気が, 消え際, 甘やかされ血, 痩せて, 相かなわ, 着て, 私の, 移りそう, 精進あそばされ, 罷らねば, 腐らして, 行かないの, 行かねば, 行く, 行くからね, 行くの, 行ったが, 行ったという, 行った留守, 行つ, 行つてる, 趣いた, 通うて, 通う亭主, 通う時, 通う若い, 集まって, 馴れて

▼ 勤め~ (181, 5.7%)

5 中で 4 間も 3 ために, ように, 帰りに, 都合で 2 ある日, 主なる, 女が, 女である, 日も, 昔を, 身に, 鐘が, 間に

1 [142件] あいだに, あとの, あるわけ, ある身の上, お店, お役人, お腰元, かえりに, かたに, かたわら夜の, ことだ, ことゆゑそんな, さるお, できる境遇, ですって, ない日, ない者, はずです, ほうが, ほうで, まんまの, やうに, ような, わたくし共は, サラリーマンの, 一つと, 下男を, 世界には, 中での, 中でも, 中へ, 中小姓などには, 中老で, 人たちを, 人には, 人の, 他に, 仲間らしい, 仲間をは, 休みな, 侍屋敷一軒だった, 傍らこの, 八丁堀ものが, 切なさ, 切符切りに, 友達の, 口だ, 口の, 口は, 合い間, 合間に, 名も, 名刺を, 味を, 命令の, 坑夫ばかりが, 坑夫達は, 外出に, 女の, 女中などの, 女給の, 女達が, 始まるころ, 官人楊雄の, 家なれ, 家臣を, 役に, 役向きは, 往復で, 往復の, 御女中, 心掛けでござんしょう, 悲しい囘想談, 情熱から, 愚痴を, 技師だ, 方には, 方も, 方を, 早いサラリーマン, 時からの, 時出張を, 時間は, 暇を, 最中につれ, 期間の, 楊雄の, 様に, 機械的労働である, 深夜には, 瀧子に, 無い日, 独り者である, 生活で, 生活を, 男女は, 目的が, 示談に, 第一夜, 箇条に, 終りますまで, 美人の, 義務に, 義務以外の, 義弟など, 習いで, 者たち一統を, 者集まっ, 腰元らしい, 若党と, 苦しさ, 蔵六とかいう, 補いが, 話は, 読経を, 身すぐ, 身だ, 身であり, 身です, 身でない, 身でも, 身と, 身として, 身なお, 身なれ, 身にも, 身は, 身らしい, 身不養生も, 身分で, 輩は, 邪魔と, 邪魔に, 邪魔を, 鉦が, 鐘の, 間引き続いた, 関係で, 障りに, 青年記者三十二歳で, 鳴物引抜きで, 黒鍬の

▼ 勤め~ (85, 2.7%)

4 えりの 3 すむと, たくて, 身に 2 ある, あるの, いやだ, すむが, なくて

1 [62件] あった礼譲, あってよ, あり夫, あるから, あるし, あるので, あるん, いそがしい様子, いつまでも, いやに, えらい, えりが, おあり, おできに, おろそかに, お出来, かわったん, きまったので, きまった日, ございますもの, されて, したいと, すんでから, たきありさま, つくづく無理, つらい仕事, できようと, できるかい, できるから, できれば, できんなら暫く, はたせまい, ひどく疲労, へりの, まだし, やつと, 与えられて, 主に, 久しい以前, 仏に, 休みな, 出来ない訳, 勤めな, 変るの, 大切で, 好いそして, 始った, 始まつたらしく, 広島だつた, 東京に, 楽で, 此の, 法外に, 済んだころ, 済んだよう, 疎略に, 禅修行の, 終ったの, 終わったころ, 見出される, 辛い, 辛いから

▼ 勤め~ (66, 2.1%)

2 して

1 [64件] いくらどじ, いやだ, きまつ, しても, しないかという, しなくとも, しなければ, するの, たちまち筒井, つまり法律, つらいぞ, できない, できないでも, どつち, どんなにやさしく, なかった, なくなりましょう, なるもの, なれて, まだ始まらない, まッぴらでござるよ, もうよい, もう終った, やめられねえん, やめる気, トルレスよりも, 一日であっ, 二ツ身は, 今は, 何処です, 何時頃よりか, 出来まいが, 出来んお, 勤めても, 否定されね, 商売だ, 国中の, 嫌がられる傾向, 弟を, 忘れず左大臣, 怠けて, 怠けないから, 性分に, 惨酷, 戦場で, 政府の, 文官の, 更めて, 朝番という, 果してゐない, 果たした, 水の泡という, 浅い上, 真つ, 筆紙に, 経験が, 至極愉快, 苦痛な, 諸家への, 軽視し, 追われて, 重く扶持, 長いはず, 附けたりの

▼ 勤め~ (65, 2.0%)

5 此まで 2 して

1 [58件] あって, ありお, あります, あるので, あれば, いやな, おできに, お身, した, したの, しなくて, しようとして, するが, せずこれ, たいしてよう, たいへんに, つらいこと, できないでしょうが, できない身體, できますまいから, とうてい完, ほんとに楽, また重い, やめて, よくし, よくできないで, ツライものだ, 一年に, 一日ずつ, 共に重く, 出來, 十分に, 去る事, 大過無し正義よりも, 学問の, 居睡り, 引き下がり昼日中, 忘れて, 忙しいもの, 忙しくは, 怠って, 怠るばかり, 払暁に, 早くから罷め, 果たした, 母に, 気が, 皆親, 続かなくなって, 自由な, 致しとうご, 致しましょう, 致しませんのに, 解かれたの, 辛いと, 辛いも, 追, 長続きする

▼ 勤めから~ (26, 0.8%)

7 帰って

1 [19件] この世を, まっすぐまわっ, 帰ったのに, 帰つていらつ, 帰つて来, 帰つて来た, 帰つて来る, 帰り迎火, 帰ると, 帰るらしい人影, 帰る人, 戻って, 戻りませんよ, 歸る, 解放される, 追い出したこと, 退けて, 離れること, 離れれば

▼ 勤め~ (19, 0.6%)

2 心得て

1 [17件] いっしょにより, いっても, おして来た, お許しの, なりました, 云ふお, 分が, 十年一日の, 固く固く覚悟, 家庭の, 思いますが, 手紙なんか, 比較し, 申すもの, 舊の, 農の, 違ひまし

▼ 勤めさき~ (18, 0.6%)

1 [18件] から帰っ, から帰り, がきまつたら, ですか, で正餐, などは鴻造, の, の仕事, の会社, の宿舎, の関係者二三, へゆく, へ行く, までつれ, もあまり, を休ん, を飛び出した, を駒八

▼ 勤めても~ (16, 0.5%)

1 [16件] いいと, いいとの, ただもう, なくて, よい, よろしいという, 上役と, 働いても, 好いから, 安全である, 宜しでなかったら, 尻が, 楽にゃ, 正次郎ほどの, 永つづきしない, 築城に

▼ 勤めたり~ (14, 0.4%)

4 して 1 あつち, した, したの, した挙句, するの, するよう, また近年, 名も, 旅行など, 時次郎を

▼ 勤め~ (14, 0.4%)

1 [14件] あつた, ござります, それが, でも, なかなか家, 事に, 妻との, 忙しいから, 気も, 照奴いう, 疲れきって, 躯は, 連絡の, 錢形の

▼ 勤め~ (14, 0.4%)

3 んだ

1 [11件] のじゃ, のだろう, ので, のである, のです, のでその, のでそれで, のに彼, のよ, のよお, んだろう

▼ 勤めぶり~ (13, 0.4%)

2 もあり, も模範的 1 が毎, であつ, にまで響く, に安心, やお, や首尾不首尾, をし, を見れ, を認められた

▼ 勤め振り~ (13, 0.4%)

2 と人柄, に免じ, はどう 1 が悪い, にめで, に就い, は日, もわかる, をした, をやかましく

▼ 勤めながら~ (11, 0.3%)

1 [11件] その暇々, 一向逆らい, 一族を, 借金が, 孜々として, 楽しみに, 物乞いを, 生涯を, 百貨店を通じて, 誠を, 静かに

▼ 勤め奉公~ (11, 0.3%)

2 をし 1 して, でございますから, では, に出, に売っ, の女, は芸妓, をする, をとても

▼ 勤めでは~ (9, 0.3%)

2 ないか 1 あったけれど, あるまい, そのほか, ないし, なかった, 経験に, 金は

▼ 勤め上げ~ (9, 0.3%)

1 お暇, てくれた, てまた, て帰っ, て帰りてえや, て来た, て歸つて來, はした, 相生町へ

▼ 勤めでも~ (8, 0.3%)

3 して 1 あるまい, このと, 厭は, 望むなら召使, 芸者より

▼ 勤めさえ~ (7, 0.2%)

5 すれば 1 すりゃいい, 捨てさせた男

▼ 勤め~ (7, 0.2%)

3 ている 1 たりする, てい, ていた事, よりなり

▼ 勤めてを~ (7, 0.2%)

2 りました 1 つたのでございます, られた衆, りましたが, ります, るやう

▼ 勤めにも~ (7, 0.2%)

1 でず暮して, なるもの, 参った事, 就かず自ら, 没頭する, 自ら進ん, 馴れたか

▼ 勤めする~ (6, 0.2%)

2 身の 1 ところなり, と聞い, 禰宜について, 自信は

▼ 勤めそれから~ (6, 0.2%)

2 家督を 1 今度は, 助役に, 彼の, 軍隊で

▼ 勤めとして~ (6, 0.2%)

1 この仕事, 伊那百十九か村の, 折々ここ, 知らないうち, 老人を, 道徳堅固に

▼ 勤め通し~ (6, 0.2%)

1 て今年三十五, て何ひとつ, て別に, て居りました, て若様, て薙刀

▼ 勤めては~ (5, 0.2%)

1 いたが, いないの, いなさらないもっとも, いる, いるが

▼ 勤めという~ (5, 0.2%)

1 ところまでは, のも, ものが, ものは, 悪習が

▼ 勤め~ (5, 0.2%)

1 が大した, が非常, に違, の後始末, を奨励

▼ 勤め盛り~ (5, 0.2%)

1 ですから, で凄い, で眼鼻立ち, のお, 売れ盛り

▼ 勤めつつ~ (4, 0.1%)

1 ある某, この冒険事業, それ程苦しみ, 直接に

▼ 勤めてから~ (4, 0.1%)

1 ちょいちょい来, もうかれこれ一箇年以上, 今日が, 僅か六ヶ月目

▼ 勤めてからも~ (4, 0.1%)

1 その禄高, まじめ一方に, 初めは, 禁門で

▼ 勤めである~ (4, 0.1%)

1 とすれ, と考へ, にし, ので彼

▼ 勤めです~ (4, 0.1%)

1 か, がしかし, が御, わ

▼ 勤めとも~ (4, 0.1%)

4 思はねば

▼ 勤めなり~ (4, 0.1%)

3 殊には 1 別に資本

▼ 勤めには~ (4, 0.1%)

1 お座の, 代られぬ譬, 傾城を, 順が

▼ 勤め~ (4, 0.1%)

1 お出かけに, 出て, 向って, 戻るン

▼ 勤め~ (4, 0.1%)

1 が異う, の不首尾, も堅く, 宜しからざる

▼ 勤め~ (4, 0.1%)

2 一その 1 一と, 一の

▼ 勤めあがりで~ (3, 0.1%)

1 おまけに, なかなかしっかりした, 年あきの後に

▼ 勤めその~ (3, 0.1%)

1 人となり敦厚に, 弟の, 方でも

▼ 勤め~ (3, 0.1%)

1 からしかた, がきょう, つたから

▼ 勤めでございます~ (3, 0.1%)

1 から, からな, よ

▼ 勤めとは~ (3, 0.1%)

1 いえ菊千代, うかがって, このこと

▼ 勤めなど~ (3, 0.1%)

1 させて, どうしてどうして二度とやる気, 先行き何の

▼ 勤めなんか~ (3, 0.1%)

1 いやだ, すぐやめ, 嫌いで

▼ 勤めばかりを~ (3, 0.1%)

1 して, する癖, 家では

▼ 勤めよりも~ (3, 0.1%)

1 ほとんど大切, 一日の, 懈く苦しかった

▼ 勤め~ (3, 0.1%)

1 る, るべく候, るる御

▼ 勤め場所~ (3, 0.1%)

1 としてま, なり, は十吉

▼ 勤め夕勤め~ (3, 0.1%)

1 の人たち, の役, の義務

▼ 勤め~ (3, 0.1%)

1 のお, は定時制高校, は或

▼ 勤め大事~ (3, 0.1%)

2 に骨さ 1 と考え

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 うたの, 髭も

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 どうしてそんなに痩せ, 単なる観光旅行

▼ 勤めがたく~ (2, 0.1%)

1 中にも, 右につき

▼ 勤めさらに~ (2, 0.1%)

1 中幕の, 或る

▼ 勤めそう~ (2, 0.1%)

2 な店

▼ 勤めたりなど~ (2, 0.1%)

1 して, しても

▼ 勤めだった~ (2, 0.1%)

1 から早い, が用

▼ 勤めであった~ (2, 0.1%)

1 けれども一方, にせよ

▼ 勤めであり~ (2, 0.1%)

1 わけて家老, 蔵人にも

▼ 勤めなら~ (2, 0.1%)

1 なにも, ば勉強

▼ 勤めなんて~ (2, 0.1%)

1 どこが, どんなもの

▼ 勤めにくい~ (2, 0.1%)

1 ことは, ようであります

▼ 勤めにくかっ~ (2, 0.1%)

1 たが, た者

▼ 勤めにくく~ (2, 0.1%)

1 もなき, も御座んせぬ

▼ 勤めについて~ (2, 0.1%)

1 あなたとは, また彼

▼ 勤めにでも~ (2, 0.1%)

1 出る様, 行くよう

▼ 勤めまする~ (2, 0.1%)

2 役人

▼ 勤めみんな~ (2, 0.1%)

1 から信用, にも挨拶

▼ 勤めやう~ (2, 0.1%)

1 では, とする

▼ 勤めよう~ (2, 0.1%)

1 で夕方, もございませぬ

▼ 勤めらしい~ (2, 0.1%)

1 ことも, 女であった

▼ 勤めをばかり~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 勤め且つ~ (2, 0.1%)

1 夫に, 自ら導者と

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 えますよう, せる人

▼ 勤め以外~ (2, 0.1%)

1 にまた, のこと

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 へかねて, ほどの宿柄

▼ 勤め働く~ (2, 0.1%)

2 身である

▼ 勤め励め~ (2, 0.1%)

2 ば前

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 京都産の, 本堂へ

▼ 勤め帰り~ (2, 0.1%)

1 のまま, の人々

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 からある, は武鑑

▼ 勤め昨日~ (2, 0.1%)

2 に変る

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 は宿泊, は泊り客

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 に人馬, や手助け村

▼ 勤め東京~ (2, 0.1%)

1 にある, の観客

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

2 を離れ

▼ 勤め苗字帯刀~ (2, 0.1%)

2 まで許され

▼ 勤め苗字帶刀~ (2, 0.1%)

2 まで許され

▼ 勤め通した~ (2, 0.1%)

1 女が, 者で

▼ 勤め~ (2, 0.1%)

1 な大, な清助

▼1* [241件]

勤めあがりのお, 勤めあげさっした, 勤めあとは掛持, 勤めあるいは京阪に, 勤めいいです, 勤めおおせて夜ふけ, 勤めおおせたことであろう, 勤めお互いの朋輩, 勤めかの清川八郎なぞと共に, 勤めかも知れません, 勤めからの報酬で, 勤めがいがありました, 勤めぎらいな私であるから, 勤めぎらいの平中は宮中, 勤めくれたり, 勤めこの漢中攻略の, 勤めこれも役, 勤めうして, 勤めさみしい晩年の, 勤めしかも地位が, 勤めじゃないか, 勤めすなわち幾世紀かの, 勤めすますを第, 勤めそうろう女に, 勤めそして娘は, 勤めその後で御礼奉公, 勤めそれから西東, 勤めぞと物憂さ, 勤めだけの看経を, 勤めだけを専心に, 勤めだに充分には, 勤めだのクラブの, 勤めやない, 勤めってのは, 勤めてからはそのほう, 勤めてのそれの, 勤めてもね物を, 勤めであってなに, 勤めでしたの, 勤めでなく宗祖弘法大師に, 勤めで御座いましてネ何, 勤めといつては別に, 勤めといふ引つか, 勤めとが済んだ宵, 勤めとこそ母も, 勤めとてはございますまい, 勤めとなせるなりき, 勤めとやら聞いて, 勤めと共に誇りでも, 勤めないなら勤めないという, 勤めなえば私, 勤めなお法王の, 勤めながらの夜間大学生であり, 勤めながらもおそば近く, 勤めなすった立派な, 勤めなどがまだ終らぬ, 勤めなどは嫌いだ, 勤めなどをするよう, 勤めなりと彼は, 勤めなるものが, 勤めなればかな, 勤めなんぞと考えて, 勤めなんぞよりお嫁, 勤めにくうございました, 勤めについての一定の, 勤めによって家庭で, 勤めに対する事が, 勤めえの, 勤めばかりに気を, 勤めまするでござるだけどお蔭さま, 勤めまた時として地頭, 勤めむきは上品, 勤めもうやがて恩給も, 勤め何かから, 勤めやがて会長に, 勤め如是畜生発菩提心善哉善哉と, 勤めよき処も, 勤めよくなるよう, 勤めわが命を, 勤めわけて家長とは, 勤めをさえ極端に, 勤め一カ月も欠かさず, 勤め一ヵ月休み月給もらって, 勤め一日の中, 勤め一歩一歩の昇進, 勤め万延元年に病死, 勤め三人扶持を給せられ, 勤め三百石頂戴致して, 勤め上げた年功者の, 勤め上げたいという意気組, 勤め上げるとた, 勤め上りの囲物, 勤め下宿をする, 勤め丸屋の不安, 勤め了わし今日まで同地, 勤め二人扶持を給, 勤め二十八九の頃, 勤めの奥様, 勤め今晩は, 勤めて回復, 勤め以来何度目かのまかし, 勤め休んだの, 勤め余力を作っ, 勤め倉厨は富み, 勤め候儀につき, 勤め候心得にこれ, 勤め傍らに歌舞伎座, 勤め傍ら詩を作っ, 勤め光秀は団十郎, 勤め免許をも取った, 勤め其の死するや, 勤め兼ねまするにより, 勤め出戻りながら美しい, 勤め前非を懺悔, 勤め郷村, 勤め励まして今日, 勤め勇造が生れた, 勤め十五石三人扶持を領し, 勤め卯木は笛, 勤め即ち幾世紀かの, 勤め叙爵せられて, 勤め各部頓に成る, 勤めは加津美, 勤め咒法を修得, 勤めを勧め, 勤め国家に貢献, 勤め国民のため, 勤め士分になれ, 勤めに一役菊五郎, 勤め大切浄瑠璃に, 勤め大和の行者參, 勤め大夫とも同席, 勤め大抵真夜中に, 勤め天保八年に病死, 勤め天明七八年の両, 勤め太平洋戦争となり, 勤め太鼓腹をゆすっ, 勤め奉公時代に父, 勤めが娼妓, 勤め女性らは, 勤めは煙草工場, 勤め姉妹ながら孝行, 勤め娘三人のうち上二人, 勤め嫌いであくまで, 勤め安永五年に致仕, 勤め宝暦六年に致仕, 勤め宝暦頃の人, 勤めの芸, 勤め家事を治める, 勤め宿屋の事, 勤め好む処, 勤め居候ところ瑞雲院様その頃, 勤め屑屋をし, 勤め嶮岨の丁場日, 勤めはそれぞれ加役, 勤め左団次に比較, 勤め久しく主家, 勤め年弱で身體, 勤めいと思った, 勤め延宝八年とかに九十二, 勤めの全, 勤め後に中務大輔治年の, 勤め御家人株をもっ, 勤め御苦労に存じます, 勤め徳川の代, 勤め心地はどう, 勤め忠也派一刀流にて銘人, 勤め怠ることなく, 勤め息子も十七年, 勤めをなす, 勤め悲しいことで, 勤め慥乎とお守り, 勤め我輩の配下, 勤め文化元年に病死, 勤め文政九年に病死, 勤め方これ有り, 勤め時間が茫, 勤め晩年は晴耕雨読, 勤め晩画は, 勤めがあれ, 勤めの類, 勤め替えを命じられた, 勤めたり候え, 勤め東照宮の神官諸氏, 勤め松助が長兵衛, 勤め果したということ, 勤め果たしてはようそなた, 勤めの西洋家, 勤め母上に無, 勤め泊りの声, 勤め済ましてあと, 勤めひ狹隘, 勤めの藤助, 勤めの毛色, 勤め物頭列にせられた, 勤め特に中にも, 勤めになつ, 勤め現に荒次郎の, 勤め理学博士の称号, 勤めを樂, 勤め申すべく候, 勤め百五十石頂戴致した黒川孝藏, 勤めな斯様, 勤め目下のところ月給, 勤め真実世の有様, 勤め礼奉公を三年, 勤め空しく忘れ其の, 勤め算術が達者, 勤め米国の独立戦争, 勤め終ってかれ, 勤め終つてから後, 勤め終らせることが, 勤めひしが宮, 勤め継ぎ場の遠い, 勤めして, 勤め舅姑の為め, 勤め苗字帯刀御免相馬という姓, 勤め荒仕事を余, 勤め藤井紋太夫と浄瑠璃, 勤め成候や, 勤め評能く二番目, 勤めをまとめ, 勤め讃岐の配所, 勤めせること, 勤め貧しき養育若き, 勤め賣りの, 勤め挽きの, 勤めかつた, 勤め辛くない, 勤め通いに町, 勤め連日売切れの, 勤めは何度, 勤め重役たちの信用, 勤め時不断の, 勤め長々と寝そべっ, 勤め陸軍大学出身でなく参謀本部, 勤め難い状態に, 勤め食事の毒味, 勤め食禄百五十石を頂戴, 勤め首都ペトログラードの入口, 勤め鷺町が町