青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「参~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~厳重 厳重~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~ ~去る 去る~ 去年~
参~
~参った ~参りました ~参ります 参考~ 参詣~ ~又 又~ 又は~ ~及ばない 及び~

「参~」 1658, 18ppm, 6383位

▼ 参~ (520, 31.4%)

22 はいった 12 の顔, はお, はこの 11 は思った 9 の方 8 は秋蘭 7 にいった 6 はオルガ, は前, は自分 5 はその, は彼女, は甲谷, は高重 4 の奴, の家, の胸, はいっ, はしばらく, は今, は宮子, は後, は黙っ

3 [11件] と甲谷, の前, の姿, の後, の手, の肩, の身体, はそれら, はふと, は不意, は訊ねた

2 [29件] か甲谷, であろうか, にはもはや, のこと, の傍, の取引部, の腕, の首, はいう, はここ, はこれ, はそれ, はまた, はもう, はもはや, はやがて, はようやく, は仰向き, は初めて, は山口, は彼, は昨夜, は河, は河岸, は煙草, は眼, は笑い, は街, は首

1 [262件] お休みなさい, かとどれほど, からお, からは逃れなかった, から支配会社, から飛びのく, が, がああ, があの, がお, がもし, がようやく, が人間製造会社, が去る, が帰っ, が彼女, が早く, が来る, が無事, が甲谷, が突堤, が起き, が部屋, が銀行, だけで, だけはこれ, だけは椅子, である, であろうかと, ではない, ではなくっ, というもの, とはさっき, とは何, と一緒, と分れる, と逢うべき, と逢わね, と食い違っ, どうした, なら今夜, に, にこの間, にちがい, にはこの, にはこれら共産党, にはその, にはその後, にはひとり, には新しい, には昨夜, には自分, には逢うまい, には酔い, に上げ, に向けた, に対するいくら, に投げつけた, に異国, に紹介, に老酒, に許され, に逢い, に逢いたい, に逢わし, のいろいろ, のお, のよう, のペン, の下宿, の力, の匂い, の友人, の右手, の周囲, の寝, の帰っ, の帰る, の常緑銀行, の後姿, の心, の思想, の愛用, の所, の指, の支え, の服, の来た, の横, の流れる, の片手, の片腕, の白, の盃, の眼, の着, の知らない, の耳, の肩越し, の胴, の脊骨, の腹, の行く手, の視線, の足元, の邦人紡績会社, の部屋, の面前, の靴, の馬車, はいつ, はいつの間にか, はいつも, はおかしく, はこう, はこれら, はしばらくじっと, はそのまま, はどう, はひとり, はぶっきら, はほとんど, はまだ, はもうこ, はもう一度, はもし, はステッキ, はドアー, はピストル, はミルク, はロシア人, は一人, は一気に, は三日間, は上眼, は久しく, は久し振り, は予想, は二時, は人通り, は倒れた, は停止, は傍, は公園, は再び, は冷, は割れた, は取引部, は受けとめる, は商店, は外, は女, は寝台, は崩れ出す, は廊下, は弓なり, は弛んだ, は強い, は弾力, は応接間, は思う, は思っ, は思わず, は思わぬ, は急, は急所, は愉快そう, は感じ, は感動, は手丸, は手探り, は打ち合う, は押しつけられた, は押しつける, は振り返った, は振り返る, は揺られる, は揺れる, は故意, は料理, は旗亭, は明らか, は春婦, は昨夜以来, は時計, は暗中, は本能, は極力, は横たわった, は樺色, は欄干, は次, は此処, は死, は死んだ, は波, は泥溝, は浴室, は滲み込ん, は片手, は疲れ, は疲れた, は突撃, は突然, は突然げらげら, は窓, は立ち上らず, は立ち上る, は競子, は紙片, は素早く, は群衆, は翡翠, は考えた, は自分たち, は自身, は舐められる, は舟, は花瓶, は芳秋蘭ら, は茶館, は薄暗い, は視察, は象牙, は起き上った, は起き上る, は起き上ろう, は起った, は車体, は辷る, は近づい, は遅く, は運び出された, は部屋, は銀行, は銅貨, は閃, は階段, は頻々, は頼み, は高, は黒檀, は黙った, への感謝, もここ, も山口, も彼, も英語, も駄目, も黙っ, を仰い, を促す, を俺, を取り包んだ, を打った, を残し, を眺め, を突き飛ばした, を見, を長椅子, 出るならあたし, 待って

▼ 参右衛門~ (123, 7.4%)

10 の家 6 の炉端 4 の妻女 3 の妻, の所 2 の一室, の怠け, の方, の末

1 [89件] から先だって, から叱られる, から幾ら, がいう, がこの, がまったく, が私, が私たち, が縛りあげ, が酔ったら, じろじろ私, で昨夜, と仲, と共通, と対, と清江, と落伍, と青年, のお, のところ, のなまけ, の下手, の不在, の丸い, の云い, の仏壇, の仏間, の口癖, の台所, の味, の声, の奥, の好意, の家の, の幻影, の広い, の末娘, の次男, の母, の無作法さ, の発音, の細君, の苦策, の酒代, の酔い, の髭面, は, はこう, はそう, はどこ, はまことに, はもう, はよもや, は一向に, は云う, は云っ, は云った, は人, は呶, は喜ん, は四十八, は嬉し, は家, は寝室, は山, は朝, は本来, は杓子, は来る, は気の毒, は清江, は濁酒, は煙管, は立ち上り, は糖黍, は脚, は自分, は袴, は酒代, は青年たち, ほど露骨, もおれ, もここ, もこの, ももう, も初めて, も濡れ, も知らない, も知らん

▼ 参~ (89, 5.4%)

23 して 3 をし 2 したの, すると, に連れ, までし

1 [55件] あそばされあくる日佐和, あるそう, いたして, しそこで, した, したせつ, した満願, し七日七夜め, し伊勢, し厳島, し子, する, すること, すれば, す身, せしめ給, でございますかの, とあの, ということ, と時政願成就院, と精進, にやって来た, に乱れた, に出かけた, に見えぬ, に骨, のあと, のしたく, のついで, のつもり, のみぎりコチラサン, の一夕, の人々, の信徒, の朝, の歌会, の約, の者, の誠, はあす, をあそばされる, をした, をする, をも遂げ, を仰出され, を先触れ, を思い立ち, を思い立っ, を思い立った, を済せ, を済まし, を為す, を許し, を誓願, 致しますかな

▼ 参~ (67, 4.0%)

601 して, する者, 契五行相類凡そ三巻を, 契分章通義, 契考異, 契諸, 契釈疑

▼ 参つて~ (66, 4.0%)

9 しまつ 5 をります 3 しまつて, ゐるん, 来る 2 ゐます, ゐるの, をりました

1 [37件] あの御, かう申せ, からです, こんなこと, たたしかに, たン, はお, はやるまい, まあ一つ, もこれ, も一万五千人みんな責任, も宜, やがる, ゐたそんな, ゐたので, ゐて, ゐませんで, ゐませんですか, ゐやが, ゐる, ゐるらしい, ゐるらしいね, ゐる事, をりまし, 働いては, 又皆さん, 呉れたの, 大いびき, 居られないから, 居りましたが, 居ります, 居りますおやまア, 居ると, 居る自分, 御様子, 見たうございますわ, 見ませう

▼ 参~ (53, 3.2%)

2 ために, 星が, 眉が

1 [47件] さいご, ほうへ, 一切を, 三ヵ国を, 事でございます, 供四十余名の, 依頼により, 典侍二人その, 前に, 助手が, 取り合せは, 問題は, 大兵を, 大尉参謀が, 大管領, 大衆では, 大行列, 妾でも, 字も, 宿みつ星や, 帰りみち通りがかりに, 帰り道を, 序次で, 弟子どもを, 影が, 持って, 故土, 文案に, 日どり, 機会を, 為には, 由来は, 眉目を, 眸の, 神は, 納太刀を, 者その, 胸は, 脊が, 菊細工を, 諸将, 軍士鎌倉に, 那須七騎, 金兵衛以下大勢の, 間から, 類のみ, 魔王が

▼ 参~ (36, 2.2%)

3 して 2 を見

1 [31件] あらせられるが, あるはず, があった, が明らか, させて, さまたげなし, された宗良親王, されよう, した, したかに, せよ, できぬお, なきゆえ, なくん, におよばん, の, の催促, の儀, の心ぐみ, の新手, の武族, の決意, の用意, の約, の衆, はよろこばしい, もみえ, も見た, をすすめる, を名, を見ぬ

▼ 参つたの~ (26, 1.6%)

6 です 2 でございます, でございませう

1 [16件] がいけなかつた, が近廻り, こんな高い, だつたら何, だ自分, であります, でありますが, でした, ですヨ, です風呂敷, では, で御座いましたけれど, で御座いますが, で御座いますと, にお, も実は

▼ 参~ (26, 1.6%)

3 して, は

1 [20件] あらば, した, し神祇伯資訓卿, し義政, すると, するに, する慣い, せしめ面々, ていろ, てわかぎみ, て店出し候様申置候, て海山, の事, へども此頃見え, へば物, ものハ兼而, も実行, よしみな私知音之人, 仕りました, 然ドモ三成討死シ給フト申スモノ一人モ

▼ 参~ (23, 1.4%)

2 の馬謖

1 [21件] したという, してから, で楊阜, となす, となった, などと美妓, にしよう, にその, のお願い, の一将, の傅幹, の各, の呂凱, の李, の梁畿, の楊阜, の諸, の謀士, は二十五日, へ昇進, を従わせられ

▼ 参つた~ (22, 1.3%)

2 ものでございます, よ

1 [18件] が此処, では, というよう, といふこと, ところから, と君, と思ひました, ね, のでご, はあの, は音, ばかりでございます, ものは, もんです, やうぢや, わけでございます, 仮に小, 気が

▼ 参~ (21, 1.3%)

1 [21件] させること, させるよう, して, しに, するには, するの, するのに, するッ, せずに, そういっ, なにが, やったが, 仰せいだし, 問題として, 憶出しました, 断念し, 済ませてから, 煎じて, 躊躇した, 阻止しよう, 食って

▼ 参ちゃん~ (20, 1.2%)

2 の顔

1 [18件] が, がニコニコ, だった, て書きはりました, でえらい, とは古い, のこと, の千日前, の愛称, の話, は, はどんな, はもと, は判っ, は口, は帽子, は思いだした, も罹災

▼ 参~ (20, 1.2%)

112 たが, たもの 1 たの, た官員, た頃, てしまいました, て役僧座

▼ 参籠堂~ (14, 0.8%)

1 [14件] から出, から本道, とも言, にその, に再び, に物, に籠っ, に行者, に隠れ, の中, へはやっぱり, へ物, をめがけ, を出た

▼ 参~ (13, 0.8%)

1 [13件] のろい, ヒガンバナ科の, 二人の, 二十年以上も, 山の, 微笑んだ, 急に, 新参の, 日に, 猿高野は, 白無垢の, 益々私達, 鐘草と

▼ 参~ (11, 0.7%)

1 [11件] なった自分, なりて, 下られたを, 出かけた, 取っては, 封ぜられた, 往った, 行って, 見られるの, 逃げて, 随行した

▼ 参~ (10, 0.6%)

2 の内 1 とられたの, につい, はと, ばかりの金, もする, もやれ, を出でざりし, を送り来る

▼ 参~ (10, 0.6%)

3 池田家譜の 2 池田家譜に 1 池田家譜, 池田家譜である, 池田家譜を, 池田家譜中所々に, 池田家譜善直の

▼ 参~ (9, 0.5%)

2 ている 1 ていた, ていたろう, てはその, て御, て教え, て高山, 一夜の

▼ 参~ (9, 0.5%)

1 がそんな, が腕, というの, と歩い, と話した, に, の腕, は, は或

▼ 参~ (8, 0.5%)

1 一人通ったろう, 不気味の, 佇んで, 喜びますからね, 彼女の, 御三どん, 猿丸の, 腕を

▼ 参なれ~ (8, 0.5%)

1 とえいえい, とおい, とこそこそ, とこれ, とね, とばかりそれ, と二, われ勝ちにという

▼ 参~ (8, 0.5%)

2 の父 1 である, とだけが残る, と視線, はその, もやつ, を促す

▼ 参~ (7, 0.4%)

3 てしまふ 1 たりします, たり参らせられ, たり眼玉, てしまひ

▼ 参~ (7, 0.4%)

2 爾迦夷上人さま 1 何時の間にか世間一般, 或る, 母と, 金の, 鉄砲洲の

▼ 参した~ (6, 0.4%)

1 ことが, とき, 以上は, 時に, 時侍立する, 此人の

▼ 参~ (6, 0.4%)

2 いって 1 こって, ぶらひける時, 信との, 聞くと

▼ 参四郎~ (6, 0.4%)

1 と称, のジエスチユア, の声, の芝居, の訪問, までに三分間

▼ 参籠所~ (6, 0.4%)

1 から位牌堂, から雪崩, でご, の前, はギッシリ, も附属

▼ 参いっ~ (5, 0.3%)

1 ておりました, ておりまする, ておる, てそれなり, て三日目

▼ 参いった~ (5, 0.3%)

1 とあれ, のでその, 宮侍吉岡鉄之進と, 次第で御座います, 賭博の

▼ 参拾円~ (5, 0.3%)

1 で通いました, なり, も送れ, 近い現金, 近くある

▼ 参~ (5, 0.3%)

1 という説, に行幸, の一向, の安, の長篠地方

▼ 参籠者~ (5, 0.3%)

1 が下山, が夜, の間, はかわるがわる, を目

▼ 参師問法~ (4, 0.2%)

2 と工夫坐禅 1 し工夫坐禅, するにも

▼ 参木君~ (4, 0.2%)

1 この打, ならずとも, はもう, も僕

▼ 参河武士~ (4, 0.2%)

1 だ, ならず, の典型, の末

▼ 参いりました~ (3, 0.2%)

1 が不思議, そうで, んで

▼ 参いる~ (3, 0.2%)

1 のが, ので御座います, 程の

▼ 参上りました~ (3, 0.2%)

2 その五重の塔 1 川越の

▼ 参候間~ (3, 0.2%)

1 ちからづよく存候, 御聞取奉, 被成

▼ 参右衛門夫婦~ (3, 0.2%)

1 のひそひそ話, の短い, の話

▼ 参~ (3, 0.2%)

2 の巨樹 1 の巨柱

▼ 参居士~ (3, 0.2%)

1 がわざ, の心ばえ, を訪ねる

▼ 参州街道~ (3, 0.2%)

1 から東海道, がそこ, を経由

▼ 参拾銭~ (3, 0.2%)

1 で私, の蕎麦, の香奠

▼ 参木さん~ (3, 0.2%)

1 しばらくね, なんかいらっしゃる, 隠しちゃいやよ

▼ 参河国~ (3, 0.2%)

1 で生れ, の埼, の郡司妻二人

▼ 参百円~ (3, 0.2%)

1 とかのハンコ, なんて札, の賞

▼ 参~ (3, 0.2%)

1 したこと, に際して恒例, やら春日社参

▼ 参議連~ (3, 0.2%)

2 が大 1 の木戸

▼ 参~ (3, 0.2%)

1 の一部, へ働きかける, 駿の

▼ 参~ (3, 0.2%)

1 いたすが, のお許し, を望ん

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 と答えました, 所が

▼ 参ちゃん参ちゃん~ (2, 0.1%)

1 て書きはりました, でえらい

▼ 参つた時~ (2, 0.1%)

2 の事

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 年上でも, 来つ

▼ 参という~ (2, 0.1%)

1 自負心は, 草を

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 慇懃に, 飴ん

▼ 参らっしゃる~ (2, 0.1%)

1 か, ちとまた休ん

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 らせぬ, 出来に

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 或ハ駅所駅所ニテ, 被下度

▼ 参三ヶ国~ (2, 0.1%)

1 の大名, を擁し

▼ 参上り~ (2, 0.1%)

1 て神産巣日, の巻

▼ 参上りません~ (2, 0.1%)

1 から, といい放った

▼ 参候心~ (2, 0.1%)

1 へがたく, 得がたく候

▼ 参候時何~ (2, 0.1%)

1 の沙汰, 之沙汰

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 て申し, でたてまつりき

▼ 参劃し~ (2, 0.1%)

1 天下の, 炭坑の

▼ 参右衛門たち~ (2, 0.1%)

1 には食べる, の集っ

▼ 参右衛門夫妻~ (2, 0.1%)

1 が鳥, に別れ

▼ 参宿~ (2, 0.1%)

1 が微妙, と天狼星

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 の吉田御殿, や駿州

▼ 参州味噌~ (2, 0.1%)

1 のお, の蜆汁

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 りませぬでしたが, る積り

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 したあたり, して

▼ 参拾万円~ (2, 0.1%)

1 を寄贈, を送った

▼ 参木あなた~ (2, 0.1%)

2 はあたし

▼ 参木の頭~ (2, 0.1%)

1 を持ち上げよう, を膝

▼ 参河侍~ (2, 0.1%)

2 を斬り倒した

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 せぬよう, は単なる

▼ 参籠後~ (2, 0.1%)

2 の半蔵

▼ 参籠記念~ (2, 0.1%)

2 のお札

▼ 参著す~ (2, 0.1%)

1 去る十日, 是東大寺の

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 は総計五十二人, を数

▼ 参~ (2, 0.1%)

1 するの, の煩

▼ 参陣者~ (2, 0.1%)

1 があった, の姓名

▼1* [255件]

いっちゃうわね, 参いつたか, 参いらせられてしまいました, 参いります石筧の, 参何か, 参がけ下ノ関に立, 参これはまた, 参うに私の, 参しない自分を, 参すなわちバラモンジン, 参する仏性の, 参せざるはなし, 参せず騒動す, 参せぬ概念の, 参そこより三里私宅, 参たりしかば其女須勢理毘売出で, 参ってなまだ両, 参つたあれです, 参つたげでござる, 参つたれど悪魔, 参つた一言もない, 参つた丹波の者, 参つた口子この歌, 参つた後なので, 参つた感であつ, 参つた日本人を三年前, 参つた理由は全く, 参つた者ですが, 参つた街の弁理士, 参つてそれから荷馬, 参つて了ひ見事敗北, 参つて今では些, 参つて何者ぞよ, 参つて先生の御, 参つて吾知らず生垣の中, 参つて坊さんになつ, 参つて家兄の平癒, 参つて平伏すると, 参つて日の出を迎, 参つて日帰りもかな, 参つて此度の不都合, 参つて約束通り京極比野大納言殿の御館, 参つて総門を這入り, 参つて面会致しましたが, 参つて食物なども運ん, 参てから下谷練塀小路の, 参てからも本藩, 参でございますね若子様, 参といったような, 参とかの御予定, 参として寺に, 参との事である, 参とはいまだに行衛, 参奴だ, 参なら供揃いの, 参なれやと大吉, 参には詣るよし, 参に対する反感と, 参ばかりはこのおれ, 参りすから, 参までもかぎつけて, 参もの也, 参吾が道, 参やらひとりの, 参ますが, 参私の, 参ゐのぼる我は, 参ゐりますから, 参なすって, 参ケレバ世ニ頼モシクコソ隠シ置, 参シ必シモ書ノ所説, 参ズルツイデ一老人アリ常ニ衆ニシタガッテ法, 参ッタカラ何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ御好キナ物モ知レヌ, 参ッタガ酒ハ如何トイッタラバ呑マヌト云ウカラ甘物ハト聞イタラ, 参ッテ是非トモ貰イマスカラ, 参ッテキット連レテ来ルト云ウカラ, 参たの, 参リノ途中腰ニ結ンデおったる, 参リマシタカラッテ御夫婦, 参リマシタラソノ歯科医院デ偶然, 参リマショウソシテ先生ガソノ注射ヲシテオ貰イナサイト仰ッシャッタラシテ貰ウ, 参リマスソウデ私モマケズニ言文一致デコノ手紙ヲシタタメテ差上ゲマス, 参リマスト云ウト猶々怒, 参リマス佐々木サント静ガ東京ニオリマスコトハオリマスケレドモオ爺チャンヲオ一人オ残シ申シトクノハ心配デゴザイマスシソレニ軽井沢ハプールノ水ガツメタ過ギテ泳ゲナイカラ, 参リマス前凡ソ半年ホドヲ鵠沼ニ辛棒シテオリマシタガ, 参リマス経助ヲヨロシクオ頼ミ申シマスト, 参リヲシテ祈ッタ, 参リ三七殿ト心ヲ合セオイチ御料ヲムカエ, 参リ合力ヲ乞, 参故ハ, 参ル寺内新右門参候間, 参なすつて, 参一味の盗賊共, 参丁校対の事, 参万人の朝鮮人, 参万六千冊が蔵め, 参なら既に, 参下向の袖, 参下士官になる, 参申候, 参二人つれにてもふく, 参五七四カ日に当山, 参京祇園会に必, 参仏事を修せしめ, 参たえず教化, 参伍綜錯して, 参し乱世, 参候いたし滞り, 参候ごとに一寸御返事, 参候せつ御目, 参候一件家長共私へ一向, 参候事に御, 参候半と被, 参候所手に取, 参候折参詣人の柏手拍, 参候時節人なく幸ニ黒田了介殿御出ニ候得共, 参候様御頼, 参候由総介, 参候而一夕御はなしども, 参候而珍蔵乞可申所存に候, 参候輩も皆, 参備前人同道夫より茗橋, 参入り来ては, 参公言もなく, 参円九十六銭になります, 参円九州へ送る, 参出ると, 参出来つと申し給いき, 参勝る有, 参劃すべきものであった, 参劃経営するところ, 参十尺最も厚い, 参ばかり勝, 参千円確かに渡した, 参午剋出御前駆並びに随兵已下, 参半日も早く, 参卜為ス言フコヽロハ其功ノ補スルコト人参, 参取する一途が, 参可申と存さし上, 参可申候間左様ニ可, 参右衛門ら仏間の, 参号そこが僕, 参合している, 参合せきよと申す, 参合力ヲ乞, 参咄聞候所先生の御, 参の二星, 参商一隔いかにお, 参太郎博士の言葉, 参より洋舟, 参したの, 参の詩, 参審会議を開い, 参はおだやか, 参川口善光寺途看于花戸, 参州吉田の城主七万石, 参州吉良まで鷹狩, 参州薬王寺有感という短文, 参席謹聴して, 参という人, 参には夢中, 参弐右手より現, 参我父存命ナラバ二度本意ヲ遂ゲ, 参拾伍六円の収入, 参拾円ぢやない, 参拾本以上並び其, 参拾銭寄進して, 参攷本に類話, 参を企てん, 参有る可き, 参朝光御剣, 参木どこ行くの, 参木ほんとうに死んだ, 参木みたいな人, 参木今日はひとつ, 参木何んとか仰有しゃい, 参木俺の敵, 参の武人百官, 参来つると問, 参して, 参校四校とやつぱり四五日づゝ, 参である, 参横たわるの晨, 参次博士を介し, 参次君松本亦太郎君, 参河台に住ん, 参河吉田の松平伊豆守信古, 参河国上和田森崎にあり, 参河国加茂郡挙母に福尾荘右衛門, 参河国苅屋の人, 参河守に任官, 参河局花山院右大臣家の青侍江内, 参河沢ト唱ヘ夫レヨリ, 参河行幸従駕の作, 参という名, 参法師は間近, 参し, 参首載, 参を上梓, 参玄洞という人, 参申候何レ近日拝顔の時ニ, 参を仰い, 参白根人参真柏, 参百人以上の客, 参百何円かの通帳, 参百余万円の巨額, 参百俵宛貢納シ人夫労役ノ要, 参百億円以上に達する, 参百円以上あった金額, 参百円持参す, 参百年か四百年, 参知政事の梁粛, 参せしめさらに, 参籠人が丸亀, 参籠先の江ノ島, 参籠堂の前まで下り, 参籠所参籠所から位牌堂, 参籠用の清潔, 参籠百日近いある, 参籠通夜をし, 参いたしますと, 参資料たるだけの, 参に中沢, 参聚群りて, 参自ら申出て, 参かしこくも, 参著無之今夕, 参藤沢浅次郎が設立, 参衆七百人のうち, 参見し以来学ぶ, 参詣ったり教, 参詣る時は, 参詳し尽くす, 参諜本部の秘密会議室, 参諜総長以下各部長, 参の連中, 参貞如大姉と云, 参軍これことごとく貞亮死節, 参軍たちを呼び集め, 参軍事で陳群, 参軍安遠将軍, 参軍山県中将も本営, 参軍断事高巍かつて曰く, 参軍昭武中郎将, 参軍梁畿から, 参軍高巍の南帰, 参連中のうるさい, 参酉刻御出, 参野菊秋葵の諸, 参それから女持金指輪二個, 参閲せよとある, 参領李敏和の二人相, 参したこと, 参高野と申す, 参高霊位大相居士ト石文アリ此ヨリ此沢ヲ参河沢ト唱