青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「去年~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

厳~ ~厳重 厳重~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~ ~去る 去る~
去年~
参~ ~参った ~参りました ~参ります 参考~ 参詣~ ~又 又~ 又は~ ~及ばない

「去年~」 3978, 43ppm, 2705位

▼ 去年~ (2233, 56.1%)

66 秋の 44 夏の 42 暮に 26 春の, 暮から, 秋から 24 夏は 21 暮の 20 春から 16 暮れに 15 夏から 14 ように, 冬の, 秋に 13 秋頃から 11 冬から 10 ような 9 今頃は, 十一月の, 夏も, 春に, 暮あたりから 8 十一月に 7 七月の, 春は, 秋, 秋は 6 春, 暮には, 秋で

5 [18件] やうに, 五月の, 八月の, 六月に, 冬は, 十二月から, 十二月の, 四月に, 夏, 夏この, 夏ごろから, 春ごろから, 春分の, 暮にも, 暮頃から, 草の, 落葉の, 雪いづ

4 [15件] ま, 九月から, 九月に, 事だ, 今日は, 八月から, 冬だ, 夏に, 夏頃から, 大晦日の, 時は, 暮, 秋には, 秋まで, 秋も

3 [31件] うちに, ことだった, ことぢや, この頃, ままの, クリスマスに, メーデーの, メーデーは, 九月四日の, 今ごろは, 十一月から, 十二月に, 十月, 十月で, 夏だ, 夏休みに, 大地震, 春だつた, 春であった, 春頃から, 暮ごろから, 暮は, 暮れの, 枯れ草が, 正月に, 盆に, 盆には, 秋だ, 秋だった, 秋より, 草に

2 [137件] いま頃この, こと, ことが, ことであった, ことでした, ことを, そのころ, そのとき, ちょうど今頃, ところだ, ままで, むかしと, もさが, やうな, ノートを, 一夏健が, 一月の, 七月から, 七月二十三日よ, 三月から, 三月に, 三月には, 亀の, 事に, 事を, 二科の, 二科会に, 五月から, 五月に, 五月端午の, 五月頃から, 今ごろも, 今頃から, 今頃である, 代金を, 休戦以来半年以上の, 信吾とは, 八月である, 八月に, 冬に, 冬も, 冬より, 冬を, 冬神戸へ, 処では, 出水で, 出水には, 分まで, 初秋の, 制作である, 十一月皇紀二千六百年を, 十一月頃で, 十三夜の, 十月だった, 十月に, 十月末に, 十月頃から, 古団扇, 古新聞, 吉原の, 四月の, 夏で, 夏でした, 夏と, 夏までは, 夏もう, 夏久し振りで, 夏休みの, 夏南紀の, 夏子供が, 夏彼は, 夏相川良之介が, 夏私は, 夏行っ, 夏裏の, 夏遊びの, 夏霍亂で, 大会には, 大晦日に, 大震で, 後半は, 恋は, 日記を, 春あたりから, 春だ, 春だった, 春でした, 春までは, 春以来の, 春初めて, 春彼の, 春行方知れず, 春首尾克く, 昨日まで, 暗闇祭に, 暮お, 暮だった, 暮だつた, 暮で, 暮まで, 暮も, 暮れから, 暮れ頃から, 暮を, 暮僕の, 暮母と, 暮私は, 暮近くに, 末から, 村はずれまで, 枯葉も, 正月も, 正月五日の, 火事に, 秋お, 秋からの, 秋この, 秋ごろから, 秋でした, 秋京橋に, 秋僕が, 秋大生郷の, 秋小樽に, 秋死ん, 秋渠が, 秋田舎から, 秋軍港街に, 花の, 苦しかった, 草を, 落葉道を, 農家の, 道を, 選挙の, 雪は, 霜を, 霜月の

1 [1215件 抜粋] あきに, あの大火, あらしの, いまごろ塹壕の, いま頃私達の, うちの, お正月には, お正月歌留多に, お祭の, けんかわすれた, こといや, ことだつた, ことである, こととか, ことに, ことわたしは, こと波蘭人と, さまざまな, その同じ季節, だ, ちょうど今ごろ, では貴方, と同じ, なんでも, ぬけ殻へ, はり紙の, ふる草, ぼろ自動車を, ままなる, まま洗つてない, ものは, も多分そう, よりどう, よりも短, を着, カルタ会でも, クリスマスまえ, シーズンの, チヤタレイ夫人の, フランス問題では, マア八九月あたりから, リュウマチで, ロメリアで, 一年級は, 一月から, 一月に, 一月二人で, 一月彼は, 一月霜の, 一月頃の, 丁度今頃矢張霧のか, 七五三の, 七月ごろから, 七月にも, 七月以来私の, 七月時分に, 三倍にも, 三月で, 三月でした, 三月よ, 三月十五日の, 三月四日に, 三月松竹と, 三月私は, 三百年祭に, 下半期の, 中共大陸の, 九月あなたが, 九月だ, 九月を, 九月一目の, 九月初めに, 九月十八日に, 九月少し, 九月江戸の, 九月祖母は, 亀は, 事だつた, 事件も, 二十八日には, 二月でした, 二月にも, 二月五日の, 二月江の島の, 二月頃も, 二百十日で, 五十年祭には, 五月からと, 五月は, 五月ホラ磯部の, 五月二十五日麹町の, 五月以来八九カ月見なかった, 五月登れなかった, 五月艦隊の, 五月頃の, 京都市の, 人ならず, 今ごろの, 今ごろ銚子の, 今夜でござる, 今年の, 今日である, 今日を, 今日私共は, 今月今日則ち, 今頃だった, 今頃出版する, 今頃楽しかっ, 仮装観桜会の, 伯爵の, 作一首辞安へ, 供出に際して, 倍うれる, 僕と, 元旦に, 八月, 八月それも, 八月ついでです, 八月一日に, 八月二十日です, 八月保が, 八月十二日の, 八月十五日わたしたちが, 八月小豆坂の, 八月暑中休暇の, 八月河原の, 八月私は, 八月麻布竜土町の, 六年の, 六月あたりから, 六月ごろ平清から, 六月の, 六月以来久保田万太郎岩田豊雄両氏並に, 六月受驗の, 六月私は, 六月頃に, 内に, 冬いらい, 冬ここの, 冬ざれ例の, 冬それを, 冬でございました, 冬とにかく, 冬まで, 冬亡くなりました, 冬以來健康だ, 冬体が, 冬厳寒に, 冬御, 冬来た, 冬枯れた, 冬牛込の, 冬私たちに, 冬頃より, 出でし, 出水に, 出陣に, 初お嫁, 初め来る, 初午にや, 初夏その, 初夏中館公一郎は, 初夏日本出版協会は, 初春本籍地の, 初秋甚太郎を, 前あ, 十一月であった, 十一月七日出生僅か, 十一月二十日だった, 十一月四日初めて, 十一月学習院で, 十一月東京座で, 十一月第, 十一月進歩党の, 十二月それから, 十二月のは, 十二月七日の, 十二月二十五日新, 十二月初めごろわ, 十二月十二日に, 十二月半頃からの, 十二月店を, 十二月慌しく, 十二月講演会の, 十月か, 十月ごろから, 十月はじめごろ二十円の, 十月九日の, 十月娘が, 十月末御, 十月革命記念祭に, 十月頃に, 十月頃鵠沼に, 半ば頃から, 受驗期は, 古葉, 同じ夜, 名月を, 問いを, 四月には, 四月以来は, 四月頃或, 団子坂一件に, 基督降誕祭には, 境遇では, 夏あなたに, 夏お, 夏おれの, 夏ここの, 夏ごろこの, 夏ごろだ, 夏じゅうは, 夏ずっと, 夏たしか, 夏ぢゆう見, 夏であったろう, 夏とかに, 夏にも, 夏はじめ偶然の, 夏また, 夏わたしが, 夏バークシアで, 夏レーニングラードの, 夏五兵衞に, 夏以来三重子と, 夏以来病勢が, 夏以来間断なく, 夏信州に, 夏八月の, 夏再び, 夏北輕井澤の, 夏夕立の, 夏子供たちについて, 夏川島家を, 夏庵室の, 夏房州で, 夏文藝春秋の, 夏明治二十何年とかに, 夏村の, 夏東京の, 夏梶子夫人が, 夏毎日, 夏水泳を, 夏田舎に, 夏私と, 夏築地小劇場の, 夏義雄に, 夏詩集の, 夏辺りどこかの, 夏鎌倉の, 夏頃に, 夏頃永田氏や, 夏頃腸チフスの, 外套に, 大コロリ, 大会の, 大奥の, 大掃除, 大晦日である, 大晦日までに, 大試合, 失敗なぞも, 如く又, 娘番附の, 学齢だ, 學齡だ, 安政五年は, 家が, 寒い冬, 小猿七之助, 岸に, 市で, 師走二十五日闇の, 年暮の, 弥生狂言も, 復活祭から, 心中一件の, 思い出されること, 憂さが, 手紙が, 手紙思い出し, 新しい傷, 新緑の, 日記から, 日記帳を, 早春も, 旱害は, 星は, 春かえって, 春が, 春この, 春ごろだ, 春ごろ同じ, 春ごろ関西に, 春さきちょうど, 春で, 春と, 春にわたっては, 春まだ, 春よりも, 春上野池の, 春不縁にな, 春五十八で, 春亡くなりました, 春以来帰らぬ, 春偶然そんな, 春呉竹を, 春子供が, 春弟の, 春御殿に, 春所有の, 春有名なる, 春桐畑の, 春死ん, 春池の, 春琴の, 春生れた, 春登った, 春神代帚葉翁の, 春私立大学の, 春結婚した, 春織, 春舞台監督と, 春見し, 春議会が, 春鎌倉で, 春頃までは, 春飄然と, 時くらゐ, 時雨の, 晩秋の, 晩秋西安で, 暮あたりに, 暮ある, 暮ごろに, 暮それと, 暮だ, 暮でございます, 暮などは, 暮にや, 暮ふと, 暮よりか, 暮れある, 暮れおしつまっ, 暮れごろから, 暮れなんで, 暮れマドリッドの, 暮れ徳蔵さんに, 暮れ釣り堀へ, 暮ニコライの, 暮世帯を, 暮以来母は, 暮例の, 暮兄は, 暮南都の, 暮向島の, 暮巌谷四六君, 暮我慢の, 暮文学の, 暮春赴いた, 暮柳原の, 暮死んでしまつた, 暮熱海にて, 暮田舍から, 暮私が, 暮笑の, 暮行き, 暮頃の, 暴風に, 末でした, 末にも, 末批評の, 林檎, 枯れた萱, 枯れ菊, 枯枝などを, 枯菊が, 柱ご, 梅見, 極月十五日に, 正月あたりの, 正月ごろの, 正月とは, 正月は, 正月七草の, 正月大変お世話に, 正月近い, 此頃は, 水は, 水虫復活痒し, 河原いくさには, 波とは, 流行感冒に, 混血兒たちとは, 湖畔で, 煙草値上げ前後から, 牛乳協定は, 王様は, 申口を, 疼痛が, 病気を, 白靴を, 相川祭の, 知盛以来わたしは, 神田祭に, 祭にも, 私は, 秋あなたが, 秋かられ, 秋ここで, 秋ごろからの, 秋ごろ二百三十円前後の, 秋ごろ先ず, 秋それから, 秋ちやうど, 秋です, 秋にな, 秋のわ, 秋までは, 秋やっぱり, 秋ダスタエフスキイの, 秋ルナアル未亡人が, 秋一度箱根町から, 秋中彼女は, 秋二百円ほど, 秋亭主の, 秋以来ここの, 秋以来忘れた, 秋以来眼を, 秋伸子たちが, 秋俗に, 秋僕は, 秋口の, 秋場所に, 秋姉の, 秋宗次郎に, 秋小池と, 秋幕の, 秋幼稚園時代の, 秋従姉の, 秋手賀沼まで, 秋日本プロレタリア作家同盟は, 秋月形城合戦の, 秋欧米漫遊から, 秋気が, 秋無理無, 秋皆に, 秋私が, 秋私一人に, 秋細君だけが, 秋聊か, 秋親しい, 秋貫一さんに, 秋過労し, 秋頃であった, 秋風を, 秋香代ちやんが, 程爆笑は, 穀物総, 竹の, 第一回民主主義文化会議, 第三回大会, 終りから, 経験で, 自分に, 自己は, 船が, 芝居の, 花床として, 若葉が, 苦しさ, 落ち葉を, 落葉が, 落葉に, 葉の, 薄暗い待合室, 蘆を, 虱を, 覚えが, 記憶を, 話, 諸事情, 足許にも, 選挙で, 野の, 長州屋敷の, 間中旱魃と, 関ヶ原の, 陣には, 雑草だ, 雪が, 雪の, 震災に, 霜月であった, 霜月頃から, 革命第, 風水害で, 騷ぎの, 鳥せっかく, 黄ばみたるには

▼ 去年~ (184, 4.6%)

2 ここに, どうしてこの, 一夏信州の, 仁和賀の

1 [176件] あっちの, あなたが, あなた樣には, あのま, あぶなくて, あれを, あんなに親切, うちの, おかしかった, おととしより, お父様, こいさん大晦日に, ここの, この万年筆, この位, この村, この翡翠, こんなに狭かっ, ずっと冬じゅう, そっちでは, その家, それに, そんでも, たしか太田, たしか敏子, ただ貧乏, たった一匹, たっぷり二割七分, なかった, なかつたん, なかなかの, なかなか盛ん, ほんた, ぼくが, みんなで, もたなかった道, やさしいもの, やはりこういう, よく咲いた, わたしは, アジアにとって, アパートの, ウェルテルに, ジヤガイモを, ハイデルベルクで, フダーヤと, ヤナが, 一つ咲い, 一昨年よりも, 一躍二百余名, 丁度林町, 七尺から, 三田と, 下総の, 不作で, 不景気の, 世の中に, 中庭の, 丸半年, 主人の, 九重の, 二つの, 二三篇しか, 二人とも, 二階に, 五十二で, 五月から, 五郎平の, 人工衛星へ, 今より, 今少し, 今頃ひどい, 何月頃, 例年の, 倭奴上海を, 偶數の, 僕は, 兄貴が, 全部駄目と, 八・十・十二の, 八月半ばに, 六つに, 六月一日の, 出産数が, 別府附近で, 十一月の, 十二人位だつた, 十五日に, 十日も, 十月に, 原稿紙を, 去年, 去年だ, 古ぼけた栗島澄子, 同郷人の, 咲かずて, 咲枝の, 品川の, 唯だ, 四月の, 土曜日, 夏の, 外神田の, 大悲閣, 大病み, 妙に, 定められた供出量, 宿志を, 寒い間, 幸子の, 幾歳なり, 幾歳なりしや, 延々となり申した, 忙しすぎました, 性慾整理で, 悲しくあきらめ, 斯んな, 旅で, 早朝に, 暖かで, 暗いうち, 暮れた, 月に, 来たでは, 来まして, 東京で, 東海道を, 桐生で, 正季どのの, 歸らねえ, 母の, 毎日の, 毎日毎日ガタピシし, 江戸で, 清長の, 牛の, 特別でしたろう, 病中であった, 病院であった, 病院です, 病院一昨年は, 皇太子殿下が, 相当の, 県会が, 眼も, 私が, 第三回, 素子が, 美しい鱗翅, 職場職場で, 肺炎今年は, 自分に, 自分の, 苦しい一年, 英語が, 草取頃に, 落第さ, 蒲団を, 見なかったもの, 見なかった珍しい, 誠にお, 諒闇で, 諒闇の, 諸国に, 豊年で, 越中の, 酔っ払って, 降るほど, 雨が, 雪の, 雲外の, 風ばかし, 飼いよう, 駄目だった, 鹿を, 齒を

▼ 去年から~ (147, 3.7%)

5 今年にかけて, 今年へ, 見ると 3 それを 2 では, 出さなけれア

1 [125件] あずけて, いた一ぴき, いた金魚, おかしな手紙, おもしろくな, お絹, お風邪一つ, かかって, かけて, かなりいろんな, こうして, このこと, この江戸柳生, この静岡, これに, しずめに, そう思っ, そこに, そっくりそのままの, そつくりそのまま, その問題, その都度通知, たいへん遅く, たびたび聞え, だよ, ひそかな, ほしがっ, まだ下谷, わざわざ覺め, わたしは, コカイン中毒に, コレクションを, ストップな, フランス象徴詩について, モウ気に, 丁度一年ほど, 七つ八つ生りはじめた, 三度目だ, 与力内山を, 中学生と, 丹緑堂という, 五百両も, 今まで, 今年にかけてね, 今年の, 今年への, 今年までの, 今年来の, 今度で, 仔細あっ, 仲良くなっ, 伊丹城の, 伊東の, 伜に, 佐伯八郎様が, 佐藤兄弟が, 何故お前, 信長の, 借りて, 六千円も, 出陣し, 勘当同様に, 半年あまり, 又八, 口説通しな, 城下の, 多賀ちゃんに, 夢中に, 大さわぎしよった, 太后も, 失業し, 子さらひ, 少しずつ, 年の, 年を, 度々危機突破資金, 引続き三鷹事件, 徴兵検査みたいに, 急に, 悪いという, 拓いた稲田, 持ち越したもの, 持越しの, 探して, 散々味噌を, 新しい主人, 来て, 桐生川に, 横浜に, 欧洲では, 欲しが, 此処へ, 民主的な, 江戸定番に, 浪華の, 狼烟を, 番入りを, 病気を, 皆の, 県で, 眼に, 知ってるよ, 知られて, 絶えず心, 芽を, 若い者, 藤沢の, 血眼で, 行くえ, 見て, 訝しな, 試作を, 賞与も, 赤蜻蛉の, 遊びに, 道路を, 郡役所へ, 配所に, 重ねて, 金持に, 開墾された, 雪の下にな, 頻に, 頼まれて, 頼んで

▼ 去年~ (108, 2.7%)

10 一昨年も 9 今年も 3 おととしも 2 その前, だったが, 僕は, 己れ, 来て

1 [76件] あったな, あの儘, あの取付け騒ぎ, あの川, あんなこと, いつだったか, おしつまった十二月四日, こうだった, ことしも, この春, この月半ば, この橋, この熊手, この町, ご坊様, そうな, たくさんの, やったし, やはりコンバ, スターリンの, ハア, プログラム作っ, 一度行った, 一緒に, 丁度今頃, 七月中は, 九州大学の, 五人揃っ, 五六人知ってる, 五十円から, 五月に, 今日と, 今頃だったろう, 代數, 出たところ, 出今年, 句に, 吉原で, 咲いたが, 城内で, 子羊を, 巡礼が, 彼は, 御坊様親子連の, 患い今年, 方々の, 日比谷で, 朝鮮から, 来たよう, 来た一昨年, 来た二三五号室, 来なかった, 来ましたが, 来何, 此年も, 歸らなかつた, 申しましたよう, 療養の, 登った槍ヶ岳, 矢張山伏姿か, 確三十五だった, 私達は, 端午の, 総代を, 聞いた, 虹は, 行った鎌倉山, 見たいと, 見覺, 豊作だった, 買って, 通ったこと, 銭一万貫この, 降ったの, 頭を, 騒いだが

▼ 去年~ (57, 1.4%)

7 同じよう 3 やいはむ今年, 同じやう 2 いえば, その前年, 同じ場所, 同じ家, 同じ村はずれ, 殆ど同じ

1 [32件] いはうか, おなじやう, くらべて, そっくりそのままの, それだけ時世, ちがった, はまるつきり, 一昨年は, 二度の, 云うから, 今年, 今年ぢや, 今年とを, 今年ひどい, 同じくオリット, 同じく同情, 同じく義兄, 同じく青い, 同じころ, 同じだから, 同じである, 同じでした, 同じ事情, 同じ水色, 同じ沢筋, 同じ顔触れ, 同様室堂の, 変らぬ川瀬, 大差は, 引き続いて, 比べて, 雖も

▼ 去年あたり~ (49, 1.2%)

1 [49件] からす, からにわかに, からの不, からは外, からは母, からは江戸城下, からやっと, からソヴェト, から信玄自身, から内, から古典文學, から執拗, から堀川, から大, から大分, から大分泊りがけ, から小耳, から摘め, から新劇研究会, から暇, から書道, から東京市内, から氣, から江戸中, から経営者, から縁日, から酒, だん, で涸渇, と較べ, に較べりゃ, のこと, の事, は何, は水戸家, へかけ, まで, までの座談会, までは心立て, までは相当, までは過ぎ, まで土用中, まで豆腐, まで高, よりゃあいつらの景気, 不圖, 書かれたらしい, 死んだん, 迄のこと

▼ 去年より~ (31, 0.8%)

1 [31件] ここに, すたれたり, ずっと顔色, づっといゝ筈な, ひどかった, 一倍の, 一層い, 一層分り, 今年, 今年と, 今年は, 今年今年より, 倍加し, 全体の, 勢なく, 去年は, 又ずっと, 又淋しい, 同じよう, 太く大きく豊か, 強くなり, 心持が, 心臓妙に, 数人多く当選した, 概して暖, 法皇を, 漁場が, 生れしより, 秋草が, 背景も, 軽いよう

▼ 去年まで~ (25, 0.6%)

1 [25件] なかった, はずゐ, まるで歩いた, 一緒に, 七人も, 二年ばかり, 僕の, 写真機を, 家を, 小屋掛の, 忘れて, 拾數年來英語教師を, 新宿の, 東京で, 東京警視庁に, 生きて, 町へ, 着た黒い, 碌に, 確かに, 私は, 自分が, 自分と, 銀座の, 馬見た

▼ 去年までは~ (21, 0.5%)

2 まだ僅か

1 [19件] お前は, たしかに一軒, スコットランド人らしい, スコツトランド人らしい, 一升飲めた, 一番の, 一番ひゐた, 女学校であった, 家の, 来て, 毎晩稽古に, 父上父上と, 獨身で, 白きを, 確かに, 私との, 花皆が, 観戦屋であった, 車に

▼ 去年~ (17, 0.4%)

1 [17件] かわって, くらべると, こりて, して, なったが, なって, まさる多く, まして賑わっ, もう御所, 似たり, 八十五で, 出た短, 増して, 懲りて, 比すれば, 比ぶる, 比較し

▼ 去年以来~ (17, 0.4%)

2 の物語り

1 [15件] いったい何処, この一件, この多難, すでに三, とかくに, どんなにあなた, のバクハツごと, の子供芝居, の御, の成行, の生活, の秀吉, の議会, はじめて, は苦痛

▼ 去年~ (13, 0.3%)

1 [13件] ぢいさん, ねだりして, 千代の, 取潰し, 帰りに, 暇の, 桐が, 死去りなすっ, 泊の, 泊りの, 父上の, 立退きの, 酉様の

▼ 去年~ (12, 0.3%)

1 [12件] からの計画, からへーえ, から卒業祝い, から頻りに, で, にすっかり, に生れた, の悪夢, は幾たび, は折角, は色々, 飛んだ目

▼ 去年死んだ~ (12, 0.3%)

2 けれども俺, 黒猫の 1 といふ橋番喜之助, ので世帯, コリーは, 前首相, 友人の, 後おふくろは, 東惣平という, 若旦那彦次郎の

▼ 去年からの~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことを, 主人の, 収入を, 命を, 塵埃を, 女中が, 根雪が, 疑惑とを, 紛争は, 諸国遊歴と, 風邪が

▼ 去年~ (11, 0.3%)

1 [11件] がこの, がまだ, が七面鳥, が入院, が寸白, が深刻悲痛, が高田, と一緒, のところ, の病気, は主として

▼ 去年この~ (10, 0.3%)

1 かたの, 土地で, 夜話で, 姉妹に, 家に, 方手に, 日麻布に, 片手が, 紀行が, 道より

▼ 去年よりは~ (10, 0.3%)

1 いいもの, なおお, はずむそう, まだまし, 一層願, 三分の一減った, 今年今年よりは, 十倍と, 小さい字, 遥に

▼ 去年来た~ (9, 0.2%)

1 ときから, ときさ, ときぼくを, ばかりのまだ, んです, 時も, 時より, 時よりも, 洋人さんは

▼ 去年見た~ (9, 0.2%)

2 村の 1 お染久松, ときの, よりも尚, キャプラの, 所では, 新解釈, 者を

▼ 去年とは~ (8, 0.2%)

1 あたりの, いくらか変っ, いくらか變つて, まるっきり異, 内容が, 巡査が, 違った小犬, 違った道

▼ 去年~ (8, 0.2%)

4 のこん兵衛, のこん助

▼ 去年~ (8, 0.2%)

2 の書類 1 から私, から適当, まではなかなか, まで京成電車, まで自分, よりも御

▼ 去年いらい~ (7, 0.2%)

1 の血, の鎌倉, は一切, わが良人, 正月も, 関東二万余騎を, 食は

▼ 去年四月~ (7, 0.2%)

2 の強震 1 にきた, にとった, に現職, の日本社会党中央委員会, の暴圧以来

▼ 去年あの~ (6, 0.2%)

1 だらしない, 人の, 始末お前にも, 山中を, 漸くお, 経帷子を

▼ 去年~ (6, 0.2%)

1 かあそこ, かの旅行先, か一昨年, か埼玉, か戸台さん, か買った

▼ 去年一昨年~ (6, 0.2%)

2 とさかのぼり 1 のま, のもの, の例, 同商中

▼ 去年京都~ (6, 0.2%)

1 から駆逐, の伏見稲荷前, の地方裁判所, の嵐山, より下向, を去る

▼ 去年卒業~ (6, 0.2%)

3 して 1 したばかりの, した時此方, した村瀬

▼ 去年その~ (5, 0.1%)

1 人の, 大坂から, 敵討と, 窯跡から, 舅の

▼ 去年~ (5, 0.1%)

1 ぐっと減っ, げしたか, もう滅茶滅茶, 十五, 馴れて

▼ 去年とや~ (5, 0.1%)

4 いはん今年 1 いわん今年

▼ 去年よりも~ (5, 0.1%)

1 さらにだらし, ずっと好, 一層不安, 一昨年よりも, 良い年

▼ 去年今年~ (5, 0.1%)

1 と二度, と何度, と続い, の分別, はよき

▼ 去年初めて~ (5, 0.1%)

2 学校からの 1 姙娠した, 生れたばかりの, 関西へ

▼ 去年去年~ (5, 0.1%)

2 とその 1 の前, は何月頃, より今年

▼ 去年女学校~ (5, 0.1%)

2 を出た, を卒業 1 を出

▼ 去年学校~ (5, 0.1%)

2 を卒業 1 は卒業, へ参観, を出た

▼ 去年春日祭り~ (5, 0.1%)

3 に女使ひで 1 に上られた, に女使い

▼ 去年生れた~ (5, 0.1%)

2 可愛い赤坊 1 のにまだ, ばかりで, 郁太郎で

▼ 去年ある~ (4, 0.1%)

1 ことが, 婦人雑誌が, 宿屋に, 私立大学の

▼ 去年~ (4, 0.1%)

1 なくなりました, 一昨年まで, 今年か, 御伝言

▼ 去年です~ (4, 0.1%)

21 が還暦, よ

▼ 去年~ (4, 0.1%)

1 が姉, のな, も今頃ここ, 新しいど

▼ 去年にも~ (4, 0.1%)

1 ましおととし, ました大軍, 倍加した, 懲りないで

▼ 去年~ (4, 0.1%)

1 一昨年と, 一昨年の, 一昨年学校を, 其前年来た

▼ 去年三十八~ (4, 0.1%)

4 たべた

▼ 去年十一月~ (4, 0.1%)

1 には国民, に任命, に西町奉行, の頃

▼ 去年~ (4, 0.1%)

2 にゐ 1 を出る, を去っ

▼ 去年~ (4, 0.1%)

1 亡くなりました, 生気の, 病気の, 頼申上候父上を

▼ 去年行った~ (4, 0.1%)

1 し妾今年, とき上田が, 熱川は, 衆は

▼ 去年~ (4, 0.1%)

2 てし 1 てい, 損って

▼ 去年~ (3, 0.1%)

3 ひたる時今

▼ 去年お前達~ (3, 0.1%)

1 の学校, はどう, は大きな

▼ 去年だって~ (3, 0.1%)

1 お前朝の, 一昨年だって, 同じという

▼ 去年でした~ (3, 0.1%)

1 かお, か東京, か馬車

▼ 去年という~ (3, 0.1%)

1 三百六十五日の, 大厄年, 年が

▼ 去年ながらの~ (3, 0.1%)

1 枯木の, 落葉を, 黒く煙

▼ 去年までの~ (3, 0.1%)

1 世の中なら, 習慣で, 麦畠を

▼ 去年やはり~ (3, 0.1%)

1 この地, 今頃そんな, 誤って

▼ 去年~ (3, 0.1%)

2 繰返の 1 すぐおもひだす

▼ 去年一年~ (3, 0.1%)

1 で私, の天変地妖, はただ

▼ 去年九月~ (3, 0.1%)

1 の三日, の事, の二日

▼ 去年以來~ (3, 0.1%)

2 の物語り 1 は英佛二國

▼ 去年~ (3, 0.1%)

1 があなた, が助け, が行った

▼ 去年元服~ (3, 0.1%)

1 したの, した若い, をなさいました

▼ 去年八月~ (3, 0.1%)

2 から仕事 1 の如く

▼ 去年六月~ (3, 0.1%)

1 かつて人, に応召, のドニイ夫人

▼ 去年~ (3, 0.1%)

1 の今年, よりし, よりもなお

▼ 去年十一月頃~ (3, 0.1%)

1 からである, に開店, 始めて

▼ 去年向島~ (3, 0.1%)

3 の花見

▼ 去年大学~ (3, 0.1%)

2 を出た 1 を辞め

▼ 去年東京~ (3, 0.1%)

1 から來, から来た, のさる

▼ 去年死ん~ (3, 0.1%)

1 で, でその後, でそれから

▼ 去年江戸~ (3, 0.1%)

1 から帰っ, から藩主, にもあった

▼ 去年漸く~ (3, 0.1%)

1 五段ばかり, 多年の, 醸造し得た

▼ 去年福山侯~ (3, 0.1%)

3 の聘

▼ 去年~ (3, 0.1%)

1 の大風, の頃, 現れたと

▼ 去年あった~ (2, 0.1%)

1 ことが, ような

▼ 去年あなた~ (2, 0.1%)

1 からお, がああ正

▼ 去年うせたる~ (2, 0.1%)

2 時も

▼ 去年ぐらい~ (2, 0.1%)

1 でしたら昔, 苦しかった

▼ 去年ごろ~ (2, 0.1%)

1 から話, のこと

▼ 去年さる~ (2, 0.1%)

1 機屋に, 雑誌社に

▼ 去年じゅう~ (2, 0.1%)

1 の宿賃, の手紙

▼ 去年そこ~ (2, 0.1%)

1 で死んじまった, の氷河

▼ 去年たぬき~ (2, 0.1%)

1 という数学, に二

▼ 去年だった~ (2, 0.1%)

1 かしらユーゴスラビア, 師団に

▼ 去年だつた~ (2, 0.1%)

1 かしら, か娘

▼ 去年ちょうど~ (2, 0.1%)

1 今時分秋の, 瀬越との

▼ 去年とか~ (2, 0.1%)

1 一度卒倒し, 一昨年とか

▼ 去年どんな~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 去年ながら~ (2, 0.1%)

1 つもれる雪, 雪ぞ

▼ 去年なく~ (2, 0.1%)

2 なしたりけり

▼ 去年などは~ (2, 0.1%)

1 どうやら咲かず, 幾株かの

▼ 去年なども~ (2, 0.1%)

2 彼は

▼ 去年なんぞは~ (2, 0.1%)

1 貴下まだ, 貴方まだ

▼ 去年には~ (2, 0.1%)

1 まだ現れなかった深まり, 限りません毎年

▼ 去年ほどの~ (2, 0.1%)

1 大流行, 感興を

▼ 去年また~ (2, 0.1%)

1 岩波で, 私たちは

▼ 去年まだ~ (2, 0.1%)

1 モスク, 寒い時分

▼ 去年やっと~ (2, 0.1%)

1 会社へ, 御卒業

▼ 去年わたし~ (2, 0.1%)

1 が, がお

▼ 去年カナダ~ (2, 0.1%)

2 へお

▼ 去年カピタン~ (2, 0.1%)

1 がここ, が携

▼ 去年七十七歳~ (2, 0.1%)

2 で死んだ

▼ 去年七月~ (2, 0.1%)

2 の末

▼ 去年三月~ (2, 0.1%)

1 のこと, の片手落ち

▼ 去年上京~ (2, 0.1%)

1 したついで, したとき

▼ 去年上野~ (2, 0.1%)

1 からずつと一緒, の美術学校

▼ 去年中文学出精~ (2, 0.1%)

1 に付, 之段達

▼ 去年二月~ (2, 0.1%)

1 からの疲れ, に明王

▼ 去年亡くな~ (2, 0.1%)

1 つたと, つてし

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 の羅刹谷, を出た

▼ 去年出した~ (2, 0.1%)

1 上演喜劇集中に, 詩集

▼ 去年出た~ (2, 0.1%)

1 ような, 竹です

▼ 去年初舞台~ (2, 0.1%)

2 を踏ん

▼ 去年別れた~ (2, 0.1%)

1 きりである, 照子の

▼ 去年十一月二十日~ (2, 0.1%)

1 に脳血管, のころ

▼ 去年十一月開通~ (2, 0.1%)

2 した

▼ 去年十三ばい~ (2, 0.1%)

2 たべた

▼ 去年十二月~ (2, 0.1%)

1 からは一転, の初め

▼ 去年十月~ (2, 0.1%)

1 のはつ, の家賃地代

▼ 去年十月六日~ (2, 0.1%)

1 より同, 差上げ置き候書

▼ 去年同じ~ (2, 0.1%)

1 二階に, 里の

▼ 去年大阪~ (2, 0.1%)

1 から出, にいる

▼ 去年天正十年~ (2, 0.1%)

1 の下半期, の初夏

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 が赴任, との死別

▼ 去年始め~ (2, 0.1%)

1 て私, て青森

▼ 去年家内~ (2, 0.1%)

1 が死ん, に死に別れ

▼ 去年小林秀雄~ (2, 0.1%)

2 が水道橋

▼ 去年常陸~ (2, 0.1%)

2

▼ 去年故郷~ (2, 0.1%)

1 の書齋, を退転

▼ 去年日光~ (2, 0.1%)

1 で同じ, へ行く

▼ 去年普請~ (2, 0.1%)

1 したばかりの, をし

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 にすでに, のこと

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 ていた, 別して懇意

▼ 去年桶狭間~ (2, 0.1%)

1 の役, の戦い

▼ 去年此処~ (2, 0.1%)

1 でヒヨイ, の海

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 にいいつけられ, の三年忌

▼ 去年泊まった~ (2, 0.1%)

1 上州屋へ, 跡だ

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 が亡くなつた, が埋った

▼ 去年田舎~ (2, 0.1%)

1 から初めて, の中学

▼ 去年病死~ (2, 0.1%)

1 したり, してから

▼ 去年硫黄島~ (2, 0.1%)

1 から帰され, から解かれ

▼ 去年~ (2, 0.1%)

1 の供出, は六月中

▼ 去年米川正夫氏~ (2, 0.1%)

1 に依頼, の作詞

▼ 去年細君~ (2, 0.1%)

1 に逝かれ, を離別

▼ 去年結婚~ (2, 0.1%)

1 した時, して

▼ 去年蘆屋~ (2, 0.1%)

1 にて兵火, の家

▼ 去年行方~ (2, 0.1%)

1 がわからなくなった, 知れずに

▼ 去年越中~ (2, 0.1%)

1 に出馬, へ出征

▼ 去年送った~ (2, 0.1%)

1 あの外套, がそれ

▼ 去年閉校~ (2, 0.1%)

2 したん

▼1* [591件]

去年あいつが陸, 去年あすこのお父さん, 去年あずけて行った, 去年あたりちよつとその, 去年あたり二三部来ましたが, 去年あたり嫁を娶, 去年あたり破産に瀕, 去年あたり私が手紙, 去年あたり開業した島本守, 去年ありける同じき処, 去年あれと別れた, 去年いなくなったわたしの, 去年いらしたもずさん, 去年いろいろ世話し, 去年うたった親しみの, 去年うまれた四男目の, 去年おしつまってから肉体派小説, 去年おととしできれい, 去年おととし先おととしいつの年自分自身で恥じない, 去年おまえを買った, 去年おめおめと男, 去年おらが心臓, 去年お出で下すって, 去年お前が悪かっ, 去年お年玉と言っ, 去年お母さんがなく, 去年お母様がお, 去年お父さんの遺言, 去年お釣りになっ, 去年からのでつかいあかぎれが, 去年十六許嫁の, 去年てとひし, 去年きた時分の, 去年くらいの地震が, 去年ぐらいまでは前が, 去年ここのところ, 去年こしらへ, 去年こしらえた中形の, 去年ことしの春, 去年この同じ道を, 去年しまって置いた, 去年じゃないもう, 去年すでに停年に, 去年すまして幼名多聞丸, 去年そういわれたこと, 去年そしてその前, 去年それもまだ, 去年たちて家居, 去年ちゃんと刈りこまなけりゃこの, 去年ぢゆうの日記, 去年ついた買い手は, 去年つけさせた小径が, 去年つづいて死に, 去年つれていかれた, 去年でき私も, 去年とそつくり同じ, 去年とりのこした野菜などが, 去年とりよせてあった, 去年どおりに向島, 去年なかったこと, 去年なぜ出して, 去年なぞも上納, 去年など桐生では, 去年ならばもう少し, 去年なんぞの不作ときたら, 去年にかけてプロレタリア作家の, 去年のだけは見当が, 去年のもずですね, 去年のやその前, 去年のわづらひ, 去年はじまったばかりです, 去年はじめて省線電車で, 去年はもッと, 去年ひさが国, 去年ほどうまくなし, 去年まず検事補に, 去年までとはこれ程も, 去年まるで底が, 去年みたいなさわぎも, 去年みだりに金づちさまを, 去年みんなである夜銀座, 去年もさうだつた, 去年もちやうど今頃二十日, 去年もつとしつかりやらなかつたらう, 去年もつたが赤く, 去年もはア, 去年やったような, 去年やつたやう, 去年やら一昨年やらの, 去年ゆきし姉の, 去年小石川の, 去年ようよう番入りをした, 去年よりずつと顏色も, 去年よりはずつとお行儀, 去年わかれた黒田先生が, 去年われわれは一週間四十時間労働, 去年アメリカの水泳チーム, 去年オスカア・ワイルドが巴里, 去年コヴノへ行った, 去年ゴルフをはじめて, 去年サロン・ドオトンヌの批評, 去年シャンハイへ転じ, 去年スキーに行った, 去年スワンシーでその, 去年ソールズベリ侯内閣が姑息, 去年デーツコエ・セローのパンシオン・ソモロフ, 去年パタゴニアで行方不明, 去年パラグァイ軍の志願中尉, 去年ヒダの高山, 去年プラットホームで私, 去年ボスポルスに旅行, 去年ミセスになつ, 去年モスクワで第, 去年モンロウ・サルスベリイが来た, 去年ユーゴスラビヤの皇帝, 去年ラショナリゼーションで鉄道従業員, 去年レムブラントの論文, 去年レーニングラードで保, 去年一人のたった, 去年一年たたきに叩い, 去年一年自家を追, 去年一度入学試験で失敗, 去年一度歸つて來て呉れ, 去年一昨年あたりはまた, 去年一昨年あたり君の寺, 去年一昨年なんにもならぬ, 去年一昨年何にもならぬ, 去年一月の劍, 去年一月廿五日新富町の別宅, 去年一月廿四日故郷の越前, 去年一杯の苦しかっ, 去年一杯相当骨を折っ, 去年一色村へ帰っ, 去年一部甲に無, 去年七千八百両でヒイ, 去年七月一つの熱情, 去年三彩獅子と牡丹絵, 去年三月主君浅野内匠頭殿中にて高家, 去年三月十五日の怨恨, 去年三月殿中において高家, 去年三月母とも死に別れ, 去年三月龜戸玉の井燒亡後直に出, 去年三木落城のまえ, 去年三角寛がやつ, 去年上杉勢に攻め落され, 去年上野動物園の園長さん, 去年上高地へ行った, 去年下半年の間, 去年下宮大夫臥病の節, 去年不首尾で帰っ, 去年世に亡き人に, 去年丘福を漠北, 去年両親が旅行, 去年中あれほど捜索, 去年中学卒業の某, 去年主人が亡くなった, 去年久し振りで郷里, 去年九月一日から一週間, 去年九月八日の, 去年九月十四日に撮った, 去年九月頃にも十日, 去年亀千代を産ん, 去年予寄附金集めに三十六年ぶり, 去年二人でこの, 去年二十歳で亡くなった, 去年二囘喀血したで, 去年二回喀血したでしょう, 去年二年の時, 去年二百円も出し, 去年二百十日の翌日, 去年五〇パーセントであった, 去年五月から入っ, 去年五月五日に仙台新寺小路孝勝寺, 去年五月発行とある, 去年五銭くれたぞ, 去年井谷に責められ, 去年って今年, 去年亡くした私の, 去年亡くなったのを, 去年亡くなつたことは, 去年亡くなられたのだ, 去年京成電車が運転, 去年亭主に死なれ, 去年を送っ, 去年今夜の詩, 去年今夜長屋へ鵜川携具, 去年今年国の禍事, 去年今日青松路憶似聞蝉第一声と, 去年今時分にもあらん, 去年今月今日ニシテ即チ一周年, 去年今月今日予が手, 去年代つた智恵子にも居, 去年代つた智惠子にも居, 去年以來伊豆大島なども燒, 去年以来お姫様と兄弟, 去年以来わたしは滅多, 去年以来千々岩はこの, 去年以来場の方, 去年以来平家方が圧勝, 去年以来彼は僕, 去年以来此の忍び歩き, 去年以来獄中にあった, 去年以来社会に愛読, 去年以来禁制の密貿易, 去年伊勢の山田奉行, 去年伊豆の三宅島, 去年会うたときには, 去年会ったときよりは, 去年会社で争議, 去年伯耆の馬, 去年伸子たちがモスク, 去年住吉村の巣, 去年佐太郎がやられた, 去年佐渡へ御, 去年体中小豆のなか, 去年使ふてやつ, 去年使うてやった, 去年供養に見えた, 去年保久呂湯へ泊った, 去年信州の木外, 去年信長から発令, 去年倉三の女房, 去年をしなけりゃ, 去年祿五年より, 去年つてゐれ, 去年入れた鯉の, 去年入洛の時, 去年八月九日に四十二, 去年八月善直因戸田氏, 去年八月斎藤義龍の病死, 去年公園へ花見, 去年六月三形王のお, 去年六月以後皆無となりし, 去年六月晦日の晩, 去年六月望月らが死し, 去年共産黨だけがたう, 去年兵部宗勝の長子八十郎, 去年内匠頭様刃傷の際, 去年再び来た宇津木矩之允, 去年再会したとき, 去年再開後に雇われ, 去年写真をお送り, 去年て来た, 去年出陣のさい, 去年分れた時の, 去年分家して, 去年利根川で見た, 去年到来の古物, 去年助けたがお, 去年北京に居りました, 去年北国攻めの凱旋, 去年北陸攻略の終った, 去年十一月ころからはたり, 去年十一月七日英国船一艘那覇へ来着, 去年十一月三十九年めでそこ, 去年十一月八日疑問の憤死, 去年十一月山崎の宝寺城, 去年十七日に皆んな, 去年十二月三十一日雪を眺め, 去年十二月下旬日本銀行の紙幣発行高, 去年十二月下旬本人は去り, 去年十二月二十三日かに盲腸, 去年十二月二十九日の符, 去年十二月十九日と今年一月二十日, 去年十二月卅一日世田ヶ谷代田の家, 去年十二月発表されたる英国バックランド氏, 去年十五夜の晩以来, 去年十月ごろの出版, 去年十月中起稾せし雨瀟瀟, 去年十月号の本誌, 去年千両かかったもの, 去年千葉で澤山果ら, 去年千鶴子と結婚, 去年半歳のうち, 去年南江堂で買おう, 去年去られし時かの, 去年又は本年の, 去年友達と江の島, 去年取り残した野菜などが, 去年叡山をかこむ, 去年台所ヘディスポーザー, 去年台湾の兄貴, 去年吉野村に遊びし, 去年の乗り給, 去年和田垣博士と知つて以来大, 去年咲枝がおくり, 去年哲学の業, 去年四人の男, 去年四月以後同志小林が行った, 去年四月初演当時と同じ, 去年四月改元になった, 去年四月文化団体に敵, 去年四条磧で九条家, 去年国分寺の御, 去年埼玉県の野火止平林寺, 去年壬辰九月廿三日に頼山陽物故, 去年壱岐殿坂のおり口, 去年売れた野菜を, 去年より当, 去年外国で夫人, 去年夜行で京都, 去年改造ヲ, 去年大前田の一家, 去年大勝を得, 去年大坂にて之番附, 去年大槻玄琢老に寿詞, 去年大水の出た, 去年大津の街, 去年大石千代子がサンポーロ, 去年大軍を朝鮮, 去年大風がちょくちょく, 去年天正九年には畏く, 去年天正十年三月織田徳川の連合軍, 去年太宰員外帥になつて, 去年失脚の後, 去年奥さんと二人連れ, 去年奥州へ大作, 去年女御として院, 去年女房に死なれ, 去年妾共は東京, 去年をもらった, 去年の発病, 去年子供の病気, 去年官兵衛に対する信長, 去年宮島よりいづ, 去年家主の書上文左衛門さん, 去年宿下りに来た, 去年富山の薬屋, 去年富永の叔母, 去年将軍が台湾, 去年尊邸より頂戴致候秋海棠坂地, 去年尋常六年生だつた, 去年小学校を卒業, 去年小間物屋の手代, 去年尚侍になっ, 去年尾州殿の陣頭, 去年尾張城の書庫, 去年山上の日当り, 去年山下は一題白紙, 去年山村耕花がやつ, 去年山葵取りに入りこん, 去年岡山の西郊, 去年川端龍子がラクダ, 去年をかけた, 去年工場委員会が彼, 去年巴里で著した, 去年市ヶ谷御門外, 去年師匠のところ, 去年帰って参りまし, 去年帰つた時にも伝染, 去年帰つて来て, 去年帰るときに, 去年帰朝したばかりの, 去年帰省して, 去年帰西して, 去年平泉の中尊寺, 去年広田先生がこの, 去年座主を御, 去年を歩い, 去年揚げて, 去年引き裂いて鎌倉, 去年当家の若旦那, 去年彩牋堂竣成祝宴の折, 去年の妻, 去年彼女に会った, 去年往来を絶った, 去年後半期分というの, 去年後期の免状, 去年御新造が死んじまっ, 去年御新造樣がお, 去年志賀の里, 去年応召して, 去年急病で亡くなりました, 去年戦場から片, 去年戰死した一人息子, 去年つて来た, 去年戻って来た, 去年手ぶらで来ました, 去年手前の所, 去年手心あるもの, 去年拝殿に厳重, 去年へてまだ, 去年推薦で入, 去年摩坡という地方, 去年撃ち損じた深谷と, 去年播いた麦も, 去年播州の加古川, 去年敏子さまに赤ン坊, 去年文展が帝展, 去年に家, 去年新たに隠居, 去年旅先で井戸, 去年旅行先きで怪我, 去年日本間ヲ板敷ニシテベッドヲ二台据エタ, 去年明石という応用化学出, 去年昭和十七年の春, 去年暴風に遭つて難船, 去年最後の産物, 去年有島生馬正宗得三郎二君が来遊, 去年朝日講堂であの, 去年朝顔が植え, 去年之助, 去年木曾殿の攻め, 去年本能寺変の直後, 去年札幌へ行っ, 去年来ました時には, 去年来公又以暇日, 去年東京帝大の仏文科, 去年東北の方, 去年の花, 去年松苗二千株植えしに, 去年果てるまで繰返し愛読, 去年新聞の, 去年を苅った, 去年栄さんが上落合, 去年えたる, 去年桃子が学校, 去年植えた若木の, 去年欽一兄さんが養家先, 去年正月伴れて, 去年正月十一日泰勝院専誉御遺骨を京都, 去年此夜与両生, 去年此夜中野のアパート, 去年此日の夜半住宅燒亡, 去年此日岡山にて火, 去年此路よりす, 去年武家の顔面, 去年武田家の質子, 去年歸つてゐた時, 去年歸らなかつた老婦達, 去年死なれた豊島さんの, 去年残暑の頃, 去年母さんがなくなった, 去年水上瀧太郎君に連れられ, 去年水泳中に虎魚, 去年で頭, 去年が己, 去年江戸南町奉行の任, 去年の端, 去年汽車の中, 去年沖繩に送られ, 去年法学士を授けられ, 去年で浚われちまった, 去年洛中の合戦, 去年派遣されて, 去年海道諸所の合戦, 去年涌谷さまと三人, 去年淀川に堤切れ, 去年秋君未, 去年清水の辺, 去年済んだな, 去年渋谷で厄介, 去年渡辺橋から四天王寺, 去年が腸チブス, 去年源一が除隊, 去年起立豊後へ, 去年潮干狩りに行った, 去年火事ですっかり, 去年炭焼き小屋がありました, 去年烏瓜の燈火, 去年爲畠山六郎被惡口, 去年父母に従う, 去年父親が亡くなっ, 去年片づけたとほり綺麗, 去年物故せるカジョーリ博士, 去年狂詩被遣, 去年独逸軍のため, 去年玉ちゃんのやられた, 去年生った実です, 去年生まれしや, 去年生まれた小牛と, 去年生れの赤坊, 去年生國へ歸, 去年生麦にて日本, 去年用立てた千兩の, 去年甲府の家主, 去年申上候塙書之事大事, 去年病みて失せ, 去年病中に, 去年病院を出, 去年痙攣ヲ起シタ時, 去年痳病で苦しんだ, 去年痴僧又今, 去年癸亥七月十二日わが狎友唖, 去年発明したの, 去年皇居に火事, 去年着られたもんが, 去年着続けていた, 去年破産した土地会社, 去年磐城国の鮫川, 去年神経痛を病み, 去年秀吉の柳ヶ瀬戦捷, 去年私たちの五年, 去年私達は非常, 去年秋合祀先の禿山頂, 去年秋満州掠奪戦争がはじまっ, 去年秋金子君を通じて依頼, 去年秋銃猟の途次, 去年秋雨の降くらす, 去年程は作らなかつた, 去年のあいた, 去年空襲頻々たりし, 去年立上秀二を訪ね, 去年立秋ののち旬余, 去年竜舌蘭の大輪, 去年竹子さんが棒, 去年一回の, 去年箱根塔の澤, 去年築地に移り住み, 去年築地河岸海軍原に於, 去年経験いたしましたが, 去年縁づく時父に, 去年縁組をすすめた, 去年織田殿の軍, 去年美術院の展覧会, 去年義雄の亡くした, 去年老中の欠員, 去年老爺の一人息子, 去年脳充血にて世, 去年腰掛けし石を, 去年自分が額縁, 去年舞鶴へ行った, 去年良人の出発, 去年花やかさにも湿い, 去年花前がきた, 去年若し此數百萬圓を, 去年若松に行った, 去年苦心して, 去年英吉利人一族を率, 去年英国の碩学, 去年茅ヶ崎に死んだ, 去年落盤でくたばった, 去年葉鶏頭の種, 去年の葉, 去年くさい日本橋, 去年の湯, 去年蘆名義広との大, 去年を閉ぢ, 去年つたし, 去年要路者排斥建議の殆ど主謀, 去年見しと同, 去年訪其家而初謁其弟杏坪旧相識于東都, 去年詩画騒動之詩, 去年誤って水止, 去年罰された家老初め, 去年貰った男が, 去年貰つた新茶の火, 去年藩において, 去年貴方が悪く, 去年はれしが, 去年買った海ほおずきの, 去年賤ヶ嶽の戦, 去年赴任して, 去年の家人右馬介, 去年身投げをした, 去年うるさくつきまとっ, 去年迎えた細君と, 去年近江屋へ嫁ぎ, 去年つた, 去年造営されたもの, 去年逢つた時からメリケン粉, 去年逢つてからは毎日, 去年逮捕したこと, 去年遊びに来, 去年遊んだ雲仙嶽が, 去年還暦といふわれ, 去年から父皇, 去年都会地から阿蘇, 去年配置した薬, 去年重治さん夫婦は富士見, 去年金魚を買った, 去年鎌倉を立つ, 去年長久手の合戦, 去年長崎から出, 去年長崎名村新八てふ, 去年魯台を, 去年限り今は安, 去年除幕式の行, 去年から花, 去年隣村へ嫁, 去年集まった見せ物師らは, 去年雨期を持ち越した, 去年霜月半左衛門, 去年静岡へ参っ, 去年にき, 去年頼んで置いた, 去年飛鳥山へ行った, 去年を食い, 去年馴染の此宿, 去年骸骨を発見, 去年高師を卒業