青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「去る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

厭~ 厳~ ~厳重 厳重~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~ ~去る
去る~
去年~ 参~ ~参った ~参りました ~参ります 参考~ 参詣~ ~又 又~ 又は~

「去る~」 2665, 29ppm, 4069位

▼ 去ること~ (337, 12.6%)

12 になった 10 ができる 8 ができない 7 ができなかった, が出来なかった, のできない 5 が出来た, はできない, は出来ない 4 が出来ない, にした, の出来ない 3 がある, ができた, である, のない, は出, を欲, 遠からざる, 遠からず, 遠し

2 [23件] あり, ができ, が出, が出来なかつた, が出来なくなった, が出来ましょう, なくば, なの, にし, になつ, になりました, になる, はできなかった, は傲岸, は彼, もできない, も明白, も遠く, 多し, 遠からぬ, 遠くない, 遠くは, 遠しと

1 [186件] あらむ, あらんや, あれば, いよいよ速, およそ三十余年前, およそ里, ができたなら, ができなかつた, ができなくなっ, ができなくなる, ができません, ができませんでした, ができるであろう, ができるでしょう, がなかっ, がむつかしい, が不自然, が出来, が出来ず, が出来なくなっ, が出来ぬ, が出来ぬであろう, が出来れ, が刻下, が必要, が情け, が絶対的, が肝要, が自分, が自然, が躊躇, が遅, そして去る, そのやう, だ, だけをその, だろう, であった, でそれ, となった, となる, と想います, と皆, なき大いなる, なくし, なく四方八方, なく来たる, なけむ, なし, なぞをも端, などもある, ならん, にきめた, にご, にしかすぎない, にしたい, にしました, にしましょう, にしよう, については無罪, になっ, になつたの, になり, になりたれ, には決めた, によって, によってロケット, によって初めて, によって得ら, によって貧, によって辛うじて, により動物力, に一層, に依, に依っ, に努め, に多少, に成功, に於, に致しましょう, のできぬ, のみの仕事, のもつ, の凄, の出, の出来ぬ, の心苦し, の必要, の急, の愚かさ, の方, の残念, の餘, はありますまい, はあるまい, はいかにも, はいけない, はかの, はしなかった, はすなわち, はできた, はできないだろう, はできぬ, はできません, はとうてい, はない, はなかつた, はなんと, はまたとない, はクリストフ, は一たび私, は不可能, は余りに, は出来なかった, は出来まい, は出来ません, は到底, は又, は哨兵, は必ずしも, は情, は日本, は珍, は誤っ, は誰, は起り得ない, は重吉夫婦, は難い, は難しい, は黄金, もあった, もある, もでき, もなく, も出来ない, も易し, も珍しく, も疾風, も確か, も迅, や病院, わずかに, をしなかった, をせず, をのぞんだ, を免れた, を告げる, を基督教, を希, を常, を幸い, を得ず, を得ずし, を得なかった, を急務, を悲しまない, を惜しむ, を惜むものゝ, を意味, を意識, を望んだ, を欲しなかった, を決しました, を沮ん, を知っ, を知った, を考えない, を考える, を要する, を要求, を許さないらしい, を許し, を辞せざる, を難, 半里, 実に五百六十哩, 得べからず, 既に遠し, 未だ遠から, 正に八百里程, 甚だ遠から, 程遠からぬ, 近からぬ, 遠くあるまい, 遠くなれ, 遠くわが

▼ 去る~ (249, 9.3%)

27 である 128 であった 7 では 5 であります, を待っ 4 か, です 3 であるが, は当然, を待つ, を見た

2 [14件] だが, だと, でした, と入れ, はいじらしく, は私, は諦め, もそれ, を感じた, を感じる, を見, を見る, を見送っ, 已むを

1 [137件] かあるいは, かを知らない, がいい, がそれ程, がとても, がなんで, がのこり, がものうく, が公卿たち, が分つた, が否, が変, が多い, が如何にも, が嬉し, が尋常, が常, が心, が惜しい, が惜しく, が残念, が皆, が穏当, が聞え, が自分, が至当, が面白い, が順當, が鼻ヒゲ, じゃぞ, だけれど, だった, だろう, だろうか, であるか, であると, でしょうか, ですけれども, でなくまた, といつ, と云う, につれシエクスピイア, には一時間半位, に似, に似よった, に十分, に満足, に驚い, に黙っ, はいつ, はつまり, はどうも, はなんと, はもっとも, は一, は人間皆, は今, は冬, は刻限, は午前, は去る, は口惜しゅう, は大, は如何, は如何わしい, は実に, は当たらない, は彼, は彼等, は悲しい, は此, は気, は火, は火事場泥棒, は片言, は生涯, は罪悪, は見方, は誤り, は赤子, もあの, もあんまり, もいかが, もまた, もむしろ, も不, も借家人暮し, も早かっ, も見た, も見事, も面目, やら, をあたり, をながめた, を事實, を周圍, を妨げる, を嫌う, を常, を影, を待たう, を待ち, を待ちかね, を待った, を忘れ, を快く, を惜しんだであろう, を批難, を残り惜しげ, を眼, を私, を美し, を見るだらう, を見れ, を見送, を見送つ, を覚えた, を許さない, を遊び, を防ぐ, を顧みなかった, 余地を, 傲遊を以て, 勢いある, 図を, 後に, 後は, 後よ, 恨みを, 意を, 日が, 日に, 歌を, 止むを, 遠近を, 門出では, 風なり

▼ 去る~ (232, 8.7%)

7 言う 6 私は 4 いう, 彼は 3 ある, 云ふこ, 彼女は, 法水は 2 なると, 主任は, 急に, 熊城は, 生徒まで, 知らねば, 荘田は, 警部は

1 [183件] あごを, あたかも雷雨, あとには, あとの, ありて, あるより, いうが, いうので, いえども, いそいそと, いって, いっても, いつのまに来, いわれた, おとよは, お柳, ぐったりし, こっちでは, これらの, こんどは, さらに四, しからば, したら女, しばしば価値, しばらくし, すぐまた, すぐまたあらわれる, すぐ女, すぐ後でこう気がつい, すぐ秀吉, すれば, せば, そこに, そのつぶやき, そのまま黙っ, その後度々, その間潜ん, それまで, それらの, つづいて, なりと, ねっとり汗, ひそかに, また, またぶらぶら, またやん, また直ちに, また私, まもなくある, まもなく起こった, まるで石, もうさして行く先, もうなまけ, もう他, もう微風, やがてまた, やがて勢力, れいの, わかっても, ネルスキーは, ヘラクリタスも, ヤブニラミの, ルミ子は, 一たん休息に, 一行は, 三人は, 三階には, 中の島を, 乞食は, 云い出した, 云い賀毛郡, 云うこと, 云うほどの, 他の, 仙吉は, 代つてイギリス海軍大佐ヴアンクヴア, 伝へて, 伸子は, 佐保子は, 俊夫君は, 信じたので, 信じまた, 信長は, 元の, 先ず宣言, 八五郎は, 再び静寂, 千代は, 又元, 同じ事, 同一の, 同情の, 同時にその, 同時に以前, 同時に何等, 同時に室, 同時に当然止むだろう, 同時に悪い, 同時に惡, 同時に法水, 同時に私, 名花を, 周防が, 唐生智は, 啓介は, 四人は, 地べたへ, 士真の, 声明した, 大きな図体, 大仰に, 大手の, 夫人は, 宏子は, 山女魚もはや, 彼の, 律は, 後は, 思ふと, 恋は, 捜査主任は, 机に, 村長が, 東野は, 柵を, 桂は, 樺山参謀は, 次の, 次第に二川家, 正造は, 毛里が, 決つた日以来もう, 沢の, 泰造多, 牛若は, 牛込の, 玄徳は, 由平は, 甲斐は, 留るとのみ, 白き息, 眞夏の, 私たちは, 立って, 笑顔を, 答へ, 答へて, 約束すれ, 聞えるに, 聞きて, 自覚者の, 花井が, 茫然進軍を, 荒沢岳が, 蘭法医の, 蜂共は, 蜥蜴立ち, 表に, 見ゆるは, 言って, 言ふ, 言へ, 記して, 記し婦人, 記代子の, 評判された, 謂ふ, 賑やかで, 赤羽主任は, 辻の, 部屋は, 鏡は, 門番は, 間もなく, 間もなくそれ, 間もなくまたも, 間もなくモニカ嬢, 間もなく入れ, 間もなく李典, 間もなく自分, 間もなく袢纏, 駿三が, 鶉が

▼ 去る~ (105, 3.9%)

8 忍びない, 臨んで 5 のぞんで, 忍びなかっ 3 ちがいない, 当って 2 しても, つけても, 任せて, 及ばずと, 忍びざる, 望みて, 臨みて

1 [59件] あたりて, あらずや, あらずんば, きまって, しかずである, したがって, しのびないもの, しのびなかっ, ちがいありません, のぞみて, のぞみ彼女, ひきかえこういう, もさも, よい時, 任す, 任すに, 任せたもの, 任せよ, 似て, 優れるを, 先立つて, 十分適し, 去れない姿, 去所, 及ばずとは, 及びて, 及び一句, 及んで, 吉日も, 委順する, 完全なる, 少しも, 忍びざらんやうに彷徨へる, 忍びざりき, 忍びざるもの, 忍びずその, 忍びず墓門, 忍びず桜姫, 忍びないで, 忍びぬという, 忍びぬ心地, 忍びぬ気持, 忍びぬ風情, 忍びません, 臨みこれ, 臨みまず, 臨みウェルギリウス, 臨み左, 至った, 至ったその, 至らしめたる原因, 至らずそのまま, 至ると, 至るの, 至れり, 至れる, 通じると, 違ない, 難き美しさ

▼ 去るもの~ (65, 2.4%)

6 である 5 では 42 がある, であるといふ, は去り留まる, は日々

1 [42件] あり數世紀, かこれ, か判らない, さえ出, そういうもの, であらう, であります, です, でない, としては少しく, となるであろう, とも思われない, とも推定, と多寡, と考へた, と考へたらしい, と見る, と解し, なし, なの, なれども, なれば, にあらず, の様相, はすべて形骸, はないだろう, はひとり学問, は一, は兜橋海運橋久安橋その他諸橋, は君, は新, は疎し, は追, は追わず, もあっ, も有らう, をうれひいづ, を慌て, を追わず, パッと, 去ろうとして, 追はず

▼ 去る~ (63, 2.4%)

2 の私, も亦

1 [59件] いつもわたくし, お肴一盤, かあ, がほんとう, がむつかしい, が来, が来た, が近づい, すでにこの, その夜, その領地, と同じ, に, にその, につけ, になっ, になった, にはいつも, にはその, にはふと, には其山人, には即時, には妻君, には既に, にもその, にも別れ, に取り落とした, に土地, に姉, に彼, に彼女, に書こう, に淋しい, に貰え, のよう, の咏歌, の悲痛, の策, の脚, はさすが, はとお, はと云え, はメガネ, は何, は決して, は遠心的, までほとんど, も伊助, も媼, も思いがけない, も粟島, や斯く, よりももつ, を待っ, を知らしめない, 即ち生, 書き残した歌, 決して泣きませんでした, 認め得つ容姿

▼ 去る~ (58, 2.2%)

4 は日々, は追わず 3 の姿, は日 2 と得意, を追

1 [40件] あり, あり来る者, うと, うとしという, が出来た, こそ眞, とに分かっ, なれば, のうしろ姿, の疎く, の躁, の遠ざかり行く, の間, はすく, はない, は去っ, は去った, は去り, は去れ, は矢, は追, は追えない, は追わずです, は追わない, は闇, へ深い, もあり, もない, も多く, も残る, も絶無, をし, を眼, を見, を追わなかった, を送る, 去る者, 少なし心, 従う者, 残る者

▼ 去る~ (51, 1.9%)

6 が出来ない 3 が出来なかった 2 ができない, が出, 遠からざる

1 [36件] あまりに遠い, あまり遠く, ができた, がどうしても, が出来, が出来ないだらう, が出来なかつた, が出来る, だ, と思いました, ながら夜もすがら, ながら癇癖, によって解決, の出, の出来た, の出来ない, はなかなか, はならぬ, はむしろ, は出, は出来ん, は出来兼ね, まだ僅か, もなかろう, も出来なかった, も出来ぬ, を促した, を心掛け, を思う, を拒絶, を知らず, 僅か五丁餘, 約一千米突, 約五六寸, 遠からず, 遠からぬ

▼ 去る~ (46, 1.7%)

4 見て 2 常と

1 [40件] いかにせ, みし時, よしと, 乗って, 前庭の, 売すえ, 少女は, 幸と, 待ち兼ねて, 待って, 待つやう, 得ずして, 得たり, 得て, 得べきである, 御帰り, 思わぬが, 悟り敵, 惜み, 意味する, 我は, 打ちまもり, 敢て, 望み前, 欲せず命じ, 止むすべきなき, 眺めて, 知るべからず, 聞く, 至当と, 致さしむるの, 要しなば, 要する處, 要せずして, 見たり, 見つ, 見送りたるが, 覺え, 送って, 送ること

▼ 去るよう~ (44, 1.7%)

3 なこと, にし, になった 2 に貴方がた

1 [33件] だ, だった, となった, なお, なもの, な不人情, な処女, な大きな, な大将, な家, な崇高, な思い, な愚昧, な感情, な気持, な気配, な短慮, な考え, に, にここ, になくなっ, になっ, になり, に全部, に出, に合図, に婚礼, に小路, に帰郷, に彼, に感ずる, に知らせた, に苦

▼ 去るという~ (33, 1.2%)

6 ことは 3 ことを, ような 2 ことが

1 [19件] ある曇り日, こと, ことであります, ことである, ことに, た, のが, むごたらしさ, わけには, 事は, 云々, 処に, 前夜ちょっとした, 日の, 条件で, 条項を, 法は, 清絶爽絶の, 風景でも

▼ 去る~ (32, 1.2%)

5 よい 2 いい, 好い, 如きは

1 [21件] いいぞ, いい江戸, ごと, ごとし大会, しかし間もなく, ために, また再三, ゆえに老, 上分別と, 如きこと, 如くに, 如く愛憎, 如く春燕, 如く聞える, 如く裾, 如し, 如し犬猫, 宜しい, 故に婆羅門, 早いか, 永遠に

▼ 去るとき~ (23, 0.9%)

3 になっ

1 [20件] あらあらしいいばりくさった, がある, がきました, とかあるいは, にそこ, にはもっともっと, には心, には必ず, に位階勲章, に同志, に憎い, に法衣, に現われる, に自分, の母, の若い, はプラカート, までにズバリ, まで持続, も明白

▼ 去るところ~ (20, 0.8%)

2 であった

1 [18件] だが, だった, だったが, だつた, でしたが, で幕, に云い, に成立, のはるか, のもの, の柔らかい, は仏教, を心, を知らず, を見, を見た, を見る, 悉く其動物

▼ 去る~ (20, 0.8%)

2 恍として

1 [18件] その友曰く, 他界に, 以前から, 否ほとんど, 否や, 否疑義嘆声, 否馬, 吾人が, 小楠門人に, 平氏が, 数巻の, 林の, 検事は, 極めて静寂, 江戸の, 渓風之を, 炎天, 直ちに横浜埠頭

▼ 去るまで~ (17, 0.6%)

2 見送って

1 [15件] お見送り, かれの, こ, この冷水摩擦, だ俺, ボンヤリ見, モーツァルトには, 半年余りの, 夫が, 安全率の, 悲しい影, 水の, 江戸の, 秀吉は, 身動きも

▼ 去る~ (17, 0.6%)

2 の日

1 [15件] にあたし, にあちこち, にいう, にもらした, に一番終い, に今市, に多少なりとも, に彼, に御, に思いきっ, に短い, に神, に自分, に警部, 位であった

▼ 去る~ (16, 0.6%)

1 [16件] いづこ, そを, もちろんなり, 一入悲しき, 厭世者の, 君及び, 固より, 実際を, 忘恩である, 此潮流の, 武将では, 氣が, 水の, 汝の, 皆自然の, 豈に

▼ 去ると共に~ (15, 0.6%)

2 信一郎の, 又別

1 [11件] それも, またこの, 久慈たちを, 冬も, 呉軍の, 心像の, 故国の, 此会にも, 消ゆ, 秀子は, 私は

▼ 去る~ (13, 0.5%)

2 が来た, の暴風雨 1 である, になっ, に新しい, の事, の彼, までまだ, も来る, をのみ待っ, 始めて

▼ 去るわけ~ (12, 0.5%)

2 にはゆかない, には行かない, にも行かぬ 1 だが, だった, には参りません, にもなるまい, にも行かず, にも行くまい

▼ 去る~ (11, 0.4%)

2 彼に 1 いずれに, この三つ, これが, であろう, どっちか, 否かを, 死ぬか, 気狂いに, 知れないといふ

▼ 去る~ (11, 0.4%)

1 [11件] あれど, その妻, やはりわが, よいが, 亦た, 可なり, 妙な, 構わねど, 燕王を, 父虎もとより, 貴君関する

▼ 去るかと~ (10, 0.4%)

2 思へば 1 いくども, おもわれた怪塔ロケット, 云ふ, 危ぶまれた, 思いの外, 思うと, 思えば, 見れば

▼ 去るため~ (10, 0.4%)

1 だ, にその, にはそれ, にはなお, には既に, に味噌, に崩壞碎解, に杉箸二本, に英国, の假

▼ 去るつもり~ (10, 0.4%)

2 だ, だった, でいる 1 かと訊きたい, であったが, で仕始めたの, なの

▼ 去るとは~ (10, 0.4%)

1 いったが, ゆめゆめ思えない, 世にこれ, 何事か, 作戦による, 全で, 天子が, 当世の, 甚だ合点, 處女膜が

▼ 去るには~ (10, 0.4%)

1 あまりに似過ぎ, やはりその, やはり富岡, 何の, 厳重な, 及ばんよ, 塩を, 忍びなかっ, 忍びません, 足らぬであろう

▼ 去る~ (10, 0.4%)

1 あるを, があり, ぞ, だつたらその, ということ, と入れ代っ, の姿, の後ろ姿, の心, もいます

▼ 去るやう~ (9, 0.3%)

1 なもの, に, にな, に其, に感じた, に激しく, に邪剣, に階段, に音

▼ 去るその~ (8, 0.3%)

2 残された慰め 1 二三ヶ条を, 後姿を, 文は, 男の, 白い顔, 辺の

▼ 去るといふ~ (8, 0.3%)

1 ことが, ことで, ことに, ことは, ところで, のは, 時にな, 規定は

▼ 去るとも~ (8, 0.3%)

1 その人, なしに, わが心, 一生の, 人の, 分らぬ清流, 叔父と共に, 留るとも

▼ 去るので~ (8, 0.3%)

5 あつた 1 あらう, 入浴し, 容易に

▼ 去るほど~ (8, 0.3%)

1 あたかも他人, いい心持ち, ならば, な勇, よき処, 故人, 私は, 遠ざかっては

▼ 去るにも~ (7, 0.3%)

1 似たらずや, 去られなくなった, 去りかねて, 去り兼ねる思い, 忍びない, 忍びなかっ, 惜しいと

▼ 去るより~ (7, 0.3%)

2 ほかに, 他は 1 ほかには, 他に, 外は

▼ 去る~ (7, 0.3%)

2 を知らず 1 の令嬢, の御, をも見る, を見, 亦尋ね

▼ 去る~ (7, 0.3%)

1 になれない, にはなれない, にはなれなかった, にもなれず, にもなれない, もない, らしい

▼ 去る決心~ (7, 0.3%)

2 をし 1 であること, でゐた, にまで追いこまれなけれ, をした, をなし

▼ 去る~ (7, 0.3%)

2 に其の 1 に, にその, に此寺, に織部正則, の涙

▼ 去るもの日々~ (6, 0.2%)

3 にうとし 1 に疎く, に疎けれ, に踈

▼ 去る十日~ (6, 0.2%)

1 には恐, にマッカーサー元帥, に死すべき, の夜, の除目, より上皇

▼ 去る~ (6, 0.2%)

1 からざるもの, きこと, きものを, きや, き順, しとて

▼ 去る~ (6, 0.2%)

2 はない 1 ない, には殆, はなかつた, は無

▼ 去る~ (6, 0.2%)

2 が申 1 の心, はないだらう, はないだろう, を見る

▼ 去るから~ (5, 0.2%)

1 である, です, 御気の毒, 此薬を, 皮膚に

▼ 去るなり~ (5, 0.2%)

1 の決心, 僕は, 否我, 彼は, 警部は

▼ 去る~ (5, 0.2%)

1 にも何, の耳, の足どり, はアカイア軍陣, は学者

▼ 去る~ (5, 0.2%)

1 がよく, な女, な悪戯者, に鏡, をいう

▼ 去る者日々~ (5, 0.2%)

3 に疎し 1 た疎し, にうとし

▼ 去る~ (4, 0.2%)

1 心と, 意でしょう, 考えであった, 艶の

▼ 去るかも~ (4, 0.2%)

1 しれない, しれないの, 知れぬ, 知れませぬけれど

▼ 去るほどの~ (4, 0.2%)

1 堅き決意, 小さな現象, 斯んな, 落着きが

▼ 去る五月~ (4, 0.2%)

1 この予防命令, に遼東, の十五日, は浪さん

▼ 去る光景~ (4, 0.2%)

2 の悲し 1 を描いた, を近頃

▼ 去る十三日~ (4, 0.2%)

1 に仕事, の国民新聞, も一日中ベッド, 前大膳大夫

▼ 去る姿~ (4, 0.2%)

2 を見る 1 であった, はオレ

▼ 去る~ (4, 0.2%)

1 すなわち一たび出づ, であって, にはその, の詩

▼ 去る必要~ (4, 0.2%)

3 はない 1 を感じない

▼ 去る~ (4, 0.2%)

2 を買 1 のひとつ, の響

▼ 去る~ (4, 0.2%)

2 はざら, はざる

▼ 去る足音~ (4, 0.2%)

2 がした 1 に混, の方

▼ 去る~ (4, 0.2%)

1 にも, にも焔, の静寂, は大浪

▼ 去るかの~ (3, 0.1%)

1 ほかしかたが, ようだった, 観が

▼ 去るこの~ (3, 0.1%)

1 比丘波羅夷を, 私に, 見方に

▼ 去るだけ~ (3, 0.1%)

2 である 1 では

▼ 去るとか~ (3, 0.1%)

1 ただしは, 死ぬとか, 空腹の

▼ 去るとともに~ (3, 0.1%)

1 伸子が, 息を, 青春は

▼ 去るにつれて~ (3, 0.1%)

1 その音, 次第に淋しく, 煙が

▼ 去るに際し~ (3, 0.1%)

1 その地, 一詩を, 大政維新の

▼ 去るのみ~ (3, 0.1%)

1 か当の, では, ならんや

▼ 去るほどに~ (3, 0.1%)

1 その格好, 三匹の, 強烈の

▼ 去るまでの~ (3, 0.1%)

1 あひだ, 一年間に, 何十年何百年間を

▼ 去るよりも~ (3, 0.1%)

1 恐しかつ, 退屈で, 退屈であろう

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 だ, だと, です

▼ 去る二人~ (3, 0.1%)

1 の伴, の旅人, の跡

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 には法事, の女たち, はなくなる

▼ 去る六月~ (3, 0.1%)

1 における日清, の初め, の末頃

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 に輕, のある, は持たない

▼ 去る勇気~ (3, 0.1%)

1 が出なかった, はないだらう, はないだろう

▼ 去る大正十三年~ (3, 0.1%)

1 に正, のこと, の三月

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 にこれ, への限り, をあくまで

▼ 去る様子~ (3, 0.1%)

1 が眼前, もない, もなく

▼ 去る気配~ (3, 0.1%)

2 がない 1 を見せた

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 の如く, の岩, の滴り

▼ 去る瞬間~ (3, 0.1%)

1 の影, の笑顔, まで希望

▼ 去る程遠から~ (3, 0.1%)

2 ぬ田舍 1 ぬ田舎

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 には行かない, に行かなかった, に行かなかつた

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 にはいかぬ, にはゆかぬ, に行かない

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 とは, も後, よ

▼ 去る遠から~ (3, 0.1%)

1 ざる時代, ざる紀念物, ず近から

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 にくらべ, に余, に念頭

▼ 去る間際~ (3, 0.1%)

1 になっ, に迄, まで何度

▼ 去る~ (3, 0.1%)

1 の年ごろ, の彼, は

▼ 去るあたり~ (2, 0.1%)

1 から尊い, は早

▼ 去るあと~ (2, 0.1%)

1 に殘, は太古

▼ 去ること一里~ (2, 0.1%)

1 がほどに流沙河, ばかりに過ぎざる

▼ 去ること二百露里~ (2, 0.1%)

1 のこの, の此

▼ 去ること能~ (2, 0.1%)

1 はざりき, はざる

▼ 去ること餘~ (2, 0.1%)

2 り遠く

▼ 去るしか~ (2, 0.1%)

1 ないじゃ, なかった

▼ 去るすべ~ (2, 0.1%)

1 はあるまい, もない

▼ 去るそして~ (2, 0.1%)

2 体は

▼ 去るといった~ (2, 0.1%)

1 ような, 風な

▼ 去るとして~ (2, 0.1%)

1 ある, 妻を

▼ 去るとて~ (2, 0.1%)

1 その去就, はらはらと

▼ 去るなと~ (2, 0.1%)

1 いう, 言うでないか

▼ 去るなどとは~ (2, 0.1%)

1 人間の, 何事だ

▼ 去るのに~ (2, 0.1%)

1 二つの, 最も好都合

▼ 去るはず~ (2, 0.1%)

1 がない, になっ

▼ 去るばかり~ (2, 0.1%)

1 だ, です

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 かりしよし, けんや

▼ 去るまた~ (2, 0.1%)

1 人や, 逢ふ

▼ 去るまでに~ (2, 0.1%)

1 力を, 釈然たる能

▼ 去るまでは~ (2, 0.1%)

1 あんたは, 寸分の

▼ 去るわれ~ (2, 0.1%)

1 を伝うる, を傷まし

▼ 去るシクミ~ (2, 0.1%)

2 だから

▼ 去る七月四日~ (2, 0.1%)

1 からスペイン, 迄に数回

▼ 去る三十年~ (2, 0.1%)

1 の年, の昔

▼ 去る三寸~ (2, 0.1%)

1 ばかりの上, ばかりの所

▼ 去る三月~ (2, 0.1%)

1 なども原田, の事

▼ 去る九日~ (2, 0.1%)

1 の午前出勤中, の夜

▼ 去る九月~ (2, 0.1%)

1 から家族, に長野県下水内郡桑名川

▼ 去る二十九日~ (2, 0.1%)

1 には内務次官中村元雄, の芝浦亭

▼ 去る五十マイル~ (2, 0.1%)

1 ぐらいのところ, のアットルボロ

▼ 去る五寸~ (2, 0.1%)

1 の上, ばかりの所

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 に三町, に四十餘年

▼ 去る六月十九日~ (2, 0.1%)

1 の日本プロレタリア文化連盟拡大協議会, の晩

▼ 去る割烹店~ (2, 0.1%)

2 へ提げ込んだ

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 れ, れとの

▼ 去る十四日~ (2, 0.1%)

1 から脚気, 第二十五世法嗣光養麿君

▼ 去る十里~ (2, 0.1%)

1 ばかりのところ, ほど某

▼ 去る四日~ (2, 0.1%)

1 の公判, の弓

▼ 去る四月四日~ (2, 0.1%)

1 たまたま前島密, にも野口春蔵宛

▼ 去る~ (2, 0.1%)

2 を茫然

▼ 去る少く~ (2, 0.1%)

1 とも五六十日, とも五百海浬

▼ 去る工夫~ (2, 0.1%)

1 をしなけれ, をする

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 である, をする

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 である, を勤めたい

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 で余, に王者

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 であった, の波紋

▼ 去る恐れ~ (2, 0.1%)

1 がある, は万

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 元二年已来, 平五年十二月二十九日符

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 に推し, を睨み

▼ 去る明治四十年~ (2, 0.1%)

1 にオランダ, の秋

▼ 去る時私~ (2, 0.1%)

1 はふと, は何

▼ 去る時美~ (2, 0.1%)

2 をもまた

▼ 去る最後~ (2, 0.1%)

2 の日

▼ 去る機会~ (2, 0.1%)

1 を失った, を彼

▼ 去る気色~ (2, 0.1%)

1 がなかっ, もない

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 が無く, になれなかつた

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 だけを見, の今

▼ 去る理由~ (2, 0.1%)

1 がありません, は少し

▼ 去る用意~ (2, 0.1%)

1 があります, ができ

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 が今度, と関係

▼ 去る目的~ (2, 0.1%)

1 である, で馬

▼ 去る積り~ (2, 0.1%)

1 であつ, であります

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 の波, の甲板

▼ 去る~ (2, 0.1%)

2 は追わず

▼ 去る街燈~ (2, 0.1%)

1 の中, の光線

▼ 去る風景~ (2, 0.1%)

1 も不愉快, を迎

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 なりこの, の持主

▼ 去る~ (2, 0.1%)

1 に眼, の群れ

▼1* [686件]

去るあいだ半七ら, 去るあたかも開いた扇, 去るあの冷たい霧, 去るあぶなさが, 去るあり或は傷痍, 去るいつも同じやう, 去るおもしろの須磨明石, 去るかげを惜めど, 去るかたわら新しい懐疑, 去るかを省みるべきである, 去るくせに無用, 去るくだりはおよそ, 去るくらいのことが, 去るぐらいな計は, 去るはいは, 去るけさの鬚, 去るこころもちは深く, 去るこそ人情なる, 去ること一八〇〇年前オーグストス・シーザーがローマ帝王, 去ること一間に過ぎなかつた, 去ること七フィート半なのに, 去ること七八尺も向う, 去ること三十余年前御一新頃の華族様, 去ること三十余年固め番とて非役, 去ること三十六年前即ち千八百六十二年, 去ること三里ばかり岐阜城下, 去ること三里大菩薩峠のふもと, 去ること三里法華ヶ嶽という山, 去ること不念なりとてその, 去ること二十五年徳川政府の末年, 去ること二十何年前に我が, 去ること二十余年王政維新の事, 去ること二千有余年野蛮草昧の世の中, 去ること二百余年では, 去ること二百里南のかた, 去ること二里あまり山を越え, 去ること五マイル以上の点, 去ること五十キロの海原, 去ること人間居家の極意, 去ること以上で蝕し, 去ること何千万里ここはまったく, 去ること僅か二十里ない所, 去ること六七町にし, 去ること六十四年の昔, 去ること凡そ二千三百有余年の昔, 去ること凡そ十五六年前不図, 去ること前の如し, 去ること前後十五六羽に及べり, 去ること勿れ, 去ること北方六百マイルの所, 去ること十一年家を隔, 去ること十餘年魯西亞人が對馬, 去ること千二百六年和銅元年始, 去ること南の方一里, 去ること四十メートルばかりの上, 去ること四十年年齡二十の頃, 去ること四百マイルにし, 去ること四百歩許熟視すれば, 去ること幾何ぞや, 去ること幾百年の昔, 去ること彼女の無知, 去ること数十歩ばかり後, 去ること数十里の隔たり, 去ること毎度なり, 去ること気の毒なれど, 去ること疑いもありません, 去ること百キロメートルの地点, 去ること等の像, 去ること速かなれ, 去ること遙遠なるが, 去ること鷹よりも早く, 去るこの恐るべき力にたいして, 去るころ見えずなりけるとのみ, 去るころ奈良県の某, 去るころ宮内大臣より陛下, 去るころ近県のある, 去るごと又春, 去るはれ我ら, 去るさまいは, 去る少年の, 去るしかして後, 去るすべてのもの, 去るそこまで到達, 去るそれがもの哀れ, 去る我家に, 去るたった二百円の, 去るたびにその, 去るだけのものです, 去るだにも筆を, 去るってそんな, 去るついそのあと, 去るとあるのに, 去るというは初め厳しく, 去るというも過言では, 去るときあれほど申しのこし, 去るとき主婦はたしか, 去るとき二人の医師, 去るとき任立政はさりげ, 去るとき先生は, 去るとき彼は少し, 去るとき後刻上等の日本酒, 去るとき日本では俗, 去るとき沈黙な影, 去るとき父平素にたがわず, 去るとき王仁さんはもう, 去るとき碁会所の連中, 去るとぞおぼえたる, 去るとのことだ, 去るとほどなく召口, 去るどころか正夫君君の, 去る二人, 去るなという清正公の, 去るなど一報一報の, 去るなどということは, 去るなんて云ふ, 去るにあたって一書彼の, 去るにあたりて顯著なる, 去るにかも似ん, 去るにぞ藻西の, 去るにても世には, 去るに対してはなごり惜しい, 去るに当たって世界じゅうで, 去るに従って微かに, 去るのいわれがあるだろう, 去るのみで志を, 去るの一手でした, 去るの感がございます, 去るの技倆を持たない, 去るの有様なりき, 去るの盲挙をなさしめた, 去るの義なしとて, 去るはなはだしきものは, 去るひどいブッシュの, 去るひまも無し, 去るほうが双方, 去るほかなかった, 去るほとり我も亦, 去るぼやけた与里の, 去るまでには至らなかったろうと, 去るままに去らせ, 去るむら雀枯れしほづえには, 去るもののこの遽し, 去るもの日に疎し, 去るもの踵を接した, 去るやがて硝子越しに, 去るやと昔の, 去る極く効く, 去るをもって方針と, 去るアカイア軍勢みな嘆く, 去るオヤジの後姿, 去るダンテの友カセルラ, 去るラケダイモンの故郷, 去る一ヶ月前に死んだ, 去る一丈地に入る, 去る一三日東京芝区三田二丁目慶応義塾邸内演説館において福沢先生, 去る一刹那にし, 去る一哩半から二哩半, 去る一団もあつ, 去る一年前に亡くなった, 去る一月なかばのこと, 去る一月三十日に発表, 去る一月二十八日大和御所町における差別撤廃講演, 去る一月八日突如と, 去る一月六日から四日間, 去る一月半ば最後に御, 去る一月廿四日原子力管理委員会が国際連合総会, 去る一月私は陶土, 去る一百二十里のこと, 去る一里余あやめが浦, 去る七〇浬の海上, 去る七八年も前, 去る七日私は名医, 去る七月三十一日にボンベイ, 去る七月中松井の女房, 去る七月二十三日に突然, 去る七月北海道に遊ん, 去る七月十一十二の両日, 去る七月十一日に全部, 去る七月十五日に未亡人, 去る七月十五日香港よりお, 去る七月四日之を始め, 去る七百キロという近, 去るの力, 去る三十一年度で完了, 去る三十一日夜何処よりか一通, 去る三十七年の春, 去る三十五里の西高峯, 去る三十年五月の, 去る三十年鉱毒調査会の設けられた, 去る三哩なるパセパンシャン, 去る三尺の距離, 去る三年前に紀伊, 去る三年前明治四十一年の七月, 去る三日の夜, 去る三日午後六時半火薬爆発によりて生命危篤, 去る三日和歌山縣東牟婁郡新宮町にて祿亭事ドクトル大石誠之助, 去る三月下旬以来ファッショ化した帝国主義日本, 去る三月二十三日の夜雲龍寺, 去る三月二十八日教務打合せのため, 去る三月二十六日の怪火以来, 去る三月二十六日午前二時ごろ市内大通六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, 去る三月二十六日県立高女校内に発生, 去る三月八日の質問演説中, 去る三月初旬以来九州帝国大学精神病科本館裏手に起工, 去る三月十九日以来春季休暇中の事, 去る三月十五日本紙に掲載, 去る三月当面の責任者, 去る三月末捕われ白テロ, 去る三里余り四方形峠の辻堂, 去るにいつ, 去る上原稔を彼, 去る下水は一つ, 去る九十里外に博望坡, 去る九日新日吉小五月会上皇御幸その時, 去る九月アイルランドのクイーンスタウン, 去る九月ノルウェーに帰った, 去る九月七日の洪水, 去る九月八日死去いたしました, 去る九月十八日日本満州国の全土, 去る九月十六日北米の大西鉄道, 去る予定で太洋丸, 去る事一尺ばかり, 去る事一海里許の海上, 去る事三海里ばかりの南方, 去る事三海里餘橄欖島と覺しき島, 去る事二間ばかりのところ, 去る事五寸にし, 去る事余り遠くもなく, 去る事六十年前これも英国, 去る事十八年前本郷三丁目藤村屋新兵衞という刀屋, 去る事十數町の彼方, 去る事十歩ならざるに, 去る事実あまたの生涯, 去る事幾何も無い, 去る事數里の西方, 去る事甚遠からずし, 去る事能はざりし, 去る事能はず終に窟中, 去る事間髪を容れず, 去る二マイルの海浜, 去る二十キロメートルの海底, 去る二十七年には県会議員久保田某, 去る二十七日石家荘に到着, 去る二十三年に廉直, 去る二十三日の夜九時ごろ, 去る二十九年頃の如く, 去る二十九日新たに親王殿下, 去る二十九日横町の質屋, 去る二十二年の大水, 去る二十二日の予算, 去る二十八年の昔, 去る二十六日の衆議院, 去る二十四日上野駅から栃木県, 去る二十年頃迄が源之助, 去る二十日より上様, 去る二十日卯の上刻, 去る二十日該運動の実行委員, 去る二十歩のところ, 去る二千数百年前のギリシア人, 去る二国の国交, 去る二日のこと, 去る二日将軍家右大臣に任, 去る二日御所焼失せるに, 去る二月ロンドンの歴史的, 去る二月二十七日までに四十四頭, 去る二月二十八日にも札幌行, 去る二月二十日暴虐なる天皇制テロル, 去る二月十六日午後から日本, 去る二月頃東京で捕まった, 去る五六尺の所, 去る五寸許の所, 去る五尺余の地下, 去る五年前例の墓参, 去る五日の夕方, 去る五日横浜に到着, 去る五日福山表御発船被遊昨夕丸山邸へ御, 去る五月七日より十三日, 去る五月二十八日の, 去る五月六日に開会, 去る五月十日午後四時頃北米合衆国メーヤアイランド軍港附近に於, 去る五月合戦の時, 去る五月杉山陸相によって提言, 去る亡霊のよう, 去る人これを見, 去る人たちを床, 去る人材は他国, 去る人生の暗雲, 去る人間に事, 去るとなっ, 去る今日に際会, 去る仕事は食事, 去る以前から夜中死骸, 去る何ぞ法を, 去るを知っ, 去るが来た, 去るは少年心, 去る元年五月亡卒せる義盛以下, 去る先月廿九日石清水参詣致別而難有感信致, 去る光緒二十六年の十二月, 去るくらいのもの, 去る八千里ならざるも, 去る八哩手前の海上, 去る八日の絵合, 去る八日主犯として青森県東津軽郡小湊町御嶽教教師須藤正雄, 去る八日冷水町へ移転, 去る八日校長より学生, 去る八月中東京帝国大学の御用出張, 去る八月九日の, 去る八月二十日尾崎文部大臣の大, 去る八月以来公武合体が実現, 去る八月十三日のこと, 去る八月妹を連れ, 去る公ら日本の大学生, 去る公平なる宇宙, 去る六十キロのバコロ附近, 去る六十里の化成寺, 去る六尺ほどの所, 去る六尺位の所, 去る六日の朝, 去る六日戌剋入道遠江守時政, 去る六月一日政變の最中, 去る六月三日ソ満国境楊森子付近, 去る六月二十八日本部において二三, 去る六月二十六日を期し, 去る六月二日仙洞歌合の一巻, 去る六月六日に當市, 去る六月十一日読売新聞の, 去る兵旗ばかりである, 去る其戰を彼, 去るは飛ぶ, 去るに恐怖, 去る出発の前夜, 去る初冬の時雨, 去る刹那を經驗, 去る前フウテンハイムの一行, 去る前大作を志し, 去る前日ローマ町と呼ぶ, 去る前日私は, 去る勇將を見, 去る北朗あの芸術家, 去る十フィート以内の所, 去る十一月一日発行の, 去る十七年の夏, 去る十七日の質問, 去る十三年の前, 去る十三日禅定三品政子従二位に叙せしめ, 去る十三日領内百姓一揆騒動いたし候砌, 去る十九年か二十年前, 去る十二マイルの服部川, 去る十二三町停車場寄の海岸, 去る十二日の夕餉, 去る十二日身元不明の妊娠女, 去る十二月の作家同盟拡大中央委員会, 去る十二月二十日に行われた, 去る十二月十九日午後一時半から二時の間, 去る十五キロの地点, 去る十五六年前かと思う, 去る十五六年前欧洲大戦の幕, 去る十五年二月二十二日ロンドンのウェストミンスター, 去る十五日は三周年紀念式, 去る十何年か前, 去る十八日に議会, 去る十六名の姿, 去る十六日の読売新聞所載, 去る十六日仙洞秋十首の歌合, 去る十四日従三位に叙, 去る十月ロンドンで開かれた, 去る十月中旬月島のバラック, 去る十月八日の早朝, 去る十月十六日金曜日の夕方, 去る十歩の内, 去る千年今始めて帰る, 去る千百余年延暦三年二荒山の山腹, 去る午年西洋諸國, 去るマイルの, 去る半兵衛の心根, 去る半町餘の處, 去る即ち姦罪を, 去る去らないにかかわらず, 去る去る時語なく, 去る友人から, 去る口実が得られよう, 去る合間もなく, 去る吾輩万死国を誤る, 去る周荘が胡蝶, 去る四五十マイルの内地, 去る四五千年前のもの, 去る四五尺の正面, 去る四五日前のこと, 去る四五月のころ, 去る四十年前のデンマーク, 去る四月に完了, 去る四月一日の, 去る四月一日付をもっ, 去る四月七日に検束, 去る四月七日ブルジョア地主の官憲, 去る四月二十八日の東朝所載, 去る四月二十日にパリ, 去る四月八日山上火有り土石, 去る四月廿七日午前十時半から刈谷, 去る四浬の所, 去る四百十二里は飛ばし過ぎる, 去るに一人, 去る土居先生が追っかけ, 去る地方の郡長, 去る地点の島上, 去る地震の如く, 去るも朽ち, 去る場合になる, 去るの不祥事件以来, 去る夕立を目, 去る演習の, 去る大吉のうしろ姿, 去る大名の御, 去る大望に候, 去る大正七年十月十四日の朝, 去る大正九年九月一日の大審院判決, 去る大正何年何月幾日の, 去る大正八年十月十四日午後一時頃釜山公会堂に於, 去る大正十三年以来当仙台, 去る大正十二年五月六日に突發, 去る大正十二年京都の都踊り, 去る大河に眺めいった, 去る天下の形勢, 去る天保四巳年同七申年, 去る天保四年同じく七年, 去る女性なん, 去る好事家に売った, 去る安政三年に金三百両, 去るも眠れる, 去るの蓑, 去るの息子, 去る寅年異国船へ乗込む, 去る寛保年中一時の窮, 去る将星たちの唇元, 去る枝の, 去る小三郎のふつつか, 去る小女の足音, 去る小店員に向っ, 去る小男と大, 去る少し前に, 去るほ千里, 去る尺余の天, 去る巨大な車輪, 去る布衣宰相諸公が夕, 去るの講演, 去る平野といえ, 去る年一膳飯屋でぐでんになり, 去る干も, 去る幾何もあらぬ, 去る度びにばたばた, 去る延喜十六年の事, 去る建久九年重成法師之を新造, 去る建暦三年和田佐衛門尉義盛が叛逆, 去る建暦元年六月三日丑剋将軍家御寝の際, 去る廿三日から三日間, 去る廿有余年前壊滅, 去るをする, 去る当時に未練, 去るのやう, 去る彼等の姿眺むべ, 去る後兩軍相戰ふ, 去る後姿を見る, 去る後影であろうと, 去る邸の, 去る御方は衂, 去る思い出に, 去るみて, 去るを洩しつ, 去るきを, 去る感傷にすぎません, 去る感慨かそれとも, 去る成善には母, 去る我々を見詰め, 去る手合にちょっと, 去る手際がある, 去るに隆中, 去る折口惜しげに申し, 去る折彼の情誼, 去る折柄ペツポのをぢ, 去る折藤原秀衡から云いふくめられ, 去る支度した, 去る終に住所, 去る数時間以前奈々子に別れ, 去る數時間以前奈々子に別れ, 去る方法として尼, 去る旅人の遺骸, 去る旅人たちにとって江口, 去る旅路の人, 去る旋風のよう, 去るも出, 去る日ごろの東野, 去る日やうやく近づけば, 去る日人間の家, 去る日件の聴水, 去る日彼ら主従がオダル, 去る日扈従の面々, 去る日曜日に六十九歳, 去る日村童に石, 去る日烏円めに無, 去る日途中にて黄金丸, 去る日鷲郎とかの, 去る日黄金ぬしに, 去る明治三十三年までに該地, 去る明治三十二年に計, 去る明治三十五年以來この方面, 去る明治二十三年の春三月, 去る明治二十五年既に鉱業停止, 去る明治二十五年十月ごろなるが, 去る明治二十年代において故, 去る明治四十年十月十日始皇の驪山, 去る春季拡大号へ出した, 去る昭和七年の十月病い, 去る昭和三年十二月卅一日夜予日高郡妹尾に在, 去る昭和十二年一月に次, 去る時わたしを庭, 去る時乗合の止る, 去る時五ヶ月の内, 去る時來る時, 去る時供したる, 去る時分までも二人, 去る時墓木拱して, 去る時彼は自分, 去る時応分の謝金, 去る時揉合う旅籠屋, 去る時期において然, 去る時木下は彼, 去る時村田広太郎の許, 去る時桂月翁は, 去る時機が訪れ, 去る時河井さんは合乘, 去る時燕の来る, 去る時父は一寸, 去る時琥珀の櫛, 去る時紺木綿の切れ, 去る時紺顔童子師の衣角, 去る時船まで見送っ, 去る時語なく無限, 去る時間は彼, 去る時間春の懶, 去る時霞亭はこれ, 去る時飄然として去つた, 去るなく注射, 去る暴流が眠れる, 去るの十二日, 去る朝九時半起き阪急, 去る朝大空は灰色, 去る朝雨村は勘定, 去る杉生の底, 去るの立木, 去る桜花をこのむ, 去るのごと, 去る模様がなかっ, 去るな氣, 去るがあろう, 去る正月二十日池震動して, 去るの校門, 去る段々はしだいしだい, 去る気づかいはありません, 去る気もちになれなかった, 去る気持ちで私, 去る氣力は充分, 去る水中翼船の渦巻, 去る氷山の群, 去る決断もなく, 去る沿線のどこ, 去るはない, 去る法學校を卒業, 去る波頭湧き立つ夜光虫, 去る泰軒は家中, 去る流行の背広, 去る海蛇丸の距離, 去る村の, 去る準備をすべく, 去る滑りのいい, 去る漂遊の児, 去る潮時だ, 去る火華の驟雨, 去るに恩人, 去る為めに周囲, 去る烏臼の鳥, 去る無法狼藉の坪太, 去るをうしろ, 去る熱気が静, 去る燃える闇の, 去る爾後兎群静かに湖畔, 去る爾時一野干あり師子王, 去る犬別荘へ, 去る状態を, 去る猛鳥の姿, 去る現在絶えず無くなり行く, 去るの波, 去る生活を惜しみ, 去るもなく, 去る由予は近日本多子爵, 去る由緒ある猶子, 去る男女の二十, 去る画家に頼ん, 去るは一筋, 去る盗賊の一箇, 去る直前であつ, 去る石ころみちの暑い, 去る祈祷をたて, 去るの背後, 去る私兵的勢力かまた, 去る共に通った, 去る種族の魂, 去るを開け, 去る第一歩だ, 去るであった, 去る等歴史小説としては許されざる, 去る精神の糞, 去る一メートルだ, 去る紙片に準, 去る綾麿の姿, 去る総てなるなり, 去る美沢の後, 去る羽音に驚かされる, 去る習慣を改めて, 去る老残の身, 去る考えを持っ, 去る者三十人に及んだ, 去る者日にうとし, 去る者身を沈め, 去るして, 去る能はず熟視すれば, 去る能わざる可し, 去る能わず生命をも, 去る能力がなかっ, 去る自由は炭坑労働者, 去るを目がけ, 去る花びらのよう, 去る荒砥ならず, 去るの花, 去るの情, 去るにある, 去るがあろう, 去るのごとき, 去るを追っかけた, 去る行為は必ずしも, 去る西方約六哩, 去るの立場, 去る親子の哀別, 去る記憶を空想, 去る許可を戯れ, 去る誠実の言葉, 去るには仲, 去る諸国の大将ども, 去るの天地, 去る豪農の方, 去る貴婦人の需, 去る趣味の一番, 去るもすくん, 去るの音, 去る軽い足音が, 去る馬に, 去るを求め, 去る途中で死ぬる, 去る途中幾日もここ, 去る速い眺めは, 去る運搬夫がある, 去るの豐富, 去る邪教の詐術, 去るで図案学校, 去るたげな舟, 去る重宝な薬液, 去る金持後家に見込まれ, 去る金曜日をもつ, 去る長い沈黙, 去る長兄を乗せた, 去る陰険な手段, 去る陳宮では, 去るとともに何故か, 去るがその, 去る電車のかげ, 去る青田かな, 去るの夜, 去る頃マルクスボーイとかエンゲルスガール, 去るの上の空, 去る風情はまことに, 去る風雨の後, 去る香具師に飼, 去る高級な外人, 去るもあり, 去る鳥さへえ, 去る3月1日をもつ