青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「去った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~原稿 原稿~ ~厭 厭~ 厳~ ~厳重 厳重~ ~去っ 去っ~ ~去った
去った~
去り~ ~去る 去る~ 去年~ 参~ ~参った ~参りました ~参ります 参考~ 参詣~

「去った~」 1434, 15ppm, 7270位

▼ 去った~ (236, 16.5%)

50 である 14 だ, であった 9 です 6 であります, であるが 5 だろう, では 43 だった, でした, はその, もこの

2 [13件] かも知れない, か影, だから, だが, であったが, であるから, であろう, でしょうか, とあした, と歯, は何, は夜, を感じた

1 [85件] かそのまま, かと思う, かね, かは分りませんでした, かもわからなかったなら, かも知れません, か啼声, か溺れ, か研究室, がおかしい, が十一時十分ごろ, が将門, さえある, だという, だろうか, だ大, であって, でありました, でありますが, であるさすが, であろうか, であろうと, であろうという, でしょう, でしょうが, ですじゃ, です咒語, でも, とは反対, と同時, と戦争, はかれこれ, はこうした, はすくなくとも, はぜひ, はそれ, はやむを得なかっ, はド, はマルサス, は一つ, は一週間, は他, は先おととい, は八年前, は勿論そう古く, は好んで, は実に, は尊王方, は岡, は幕府, は幸, は延, は愈々, は故人, は既に, は明治三十年, は明治十二, は百万円自身, は自分, は誰, は鰹船, もある, もおもわぬ, もじつに, もそういう, もその, もやはり, も時に, も気, も無理, も知らない, も薄々, も誰, をよい, を内心窃か, を寂しく, を幸い, を彼, を知っ, を知らない, を私, を萩乃, を見る, を見定めた, を誰

▼ 去った~ (94, 6.6%)

2 のよう, の室内, はお, は読書

1 [86件] かの貞奴, から彼, そこそこに, だった, だったが, であったか, でした其処, です, ですぐ, でそこ, でふと, でもまだ, でも何やら, でオースチン師, でハシャギ, で乙, で例, で信祝, で兄, で危く涙, で反動, で娘, で安永, で室, で漁, で爺さん, で牧師, で私, で閻, なお高木, なの, における杵勝分派, におのずから, にはその, には何, にむす, に三毛, に兄, に困難, に図らず, に手紙, に残っ, に氏郷, に猟夫, のお, のこと, のこの, の並木街, の写山楼, の宿, の席, の河岸, の津田, の私, の緋モーセン, の裏庭, の角川家, の車寄, の部屋, の風化作用, の骨枠, はその, はなおのこと, は一時, は事実上一代, は人, は四辺寂々寥々, は徳川末期, は恐しい, は懸, は春先, は月光, は独り, は諸公, は風, へあの, へも新しい, へ再び, まで一人, まで平田, まもなくすずめ, もそして, らしかった, を追っかけ, 代助, 暫く気持

▼ 去ったあと~ (88, 6.1%)

3 のよう 2 で私

1 [83件] あのはし, お光, しばらく伸子, だった, で, でこんな, でじいさん, でそれ, でのうわさ, ではいつも, ではお, ではなんだか, ではもう大して, ではボーイ長, でわたくし, で主人, で今日, で余情, で信長, で呉清輝, で夫人, で孔明, で寡婦, で橋, で毎月労働者, で目まい, で矢来, で自分, で舟崎, で雨村, で頸, なお暫く, にこそスリル, には二人, には人数, には標本箱, には負傷い, にひとり, にも自由社, に圭さん, に宗教的, に手紙, に生絹, に臨み, に自分, のうつろ, のがらん, のここ, のこの, のやや, の五人, の巣, の彼女, の御, の日本晴れ, の枯野, の椅子, の楓, の甲府町方, の疲れ, の街道, の静か, はどこ, はまた, は僕, は外面, は群衆, は薄い, へ悪漢, へ移っ, また河, までも雲井, もいつ, もなお, ももうすこし, もテーブル, も何時, を眺め, を見おくり, を見つめる, を見送り, 広い若葉, 御着

▼ 去った~ (67, 4.7%)

9 いう 4 みえて 2 いうが, いって, いっても, すれば, 出づ, 見える

1 [42件] あるが, あるでは, いい明治九年頃チリ辺, いうから, いうでは, いうに対して, いうべきである, いわれて, その紀行, まあこんな, みえたらば, みゆる, チュボアの, 云いますが, 云うだけの, 云うべくそれ, 云うよりも, 云う事, 伝えられる, 伝えられる児島高徳, 後悔し, 思います, 思うと, 思う津軽領, 思った, 惟い退いた, 指し示すに, 知ると, 考えるの, 聞いた時, 聞くでは, 聞くと, 胡北へ, 見せた悪い, 見ゆ, 見るほか, 見る事, 観察する, 言ったの, 言って, 説く, 運命から

▼ 去った~ (66, 4.6%)

2 そのあと

1 [64件] あっけに, あとで, あとは, おそらく彼, お政, この女難, しばらくする, すぐに, そうして悪鬼, その不, その家族, その当時わたし, その後に, その後にも, それに, それッきり行方が, たったひとり, まもなく二人, まもなく音, やがて中, やがて現れ, やがて連れ, ヒキダシの, ルーズベルトの, 一方城内, 三河の, 中流まで, 人心の, 今度は, 先生は, 其の四十九日, 再びガマ六夫人, 再び娘たち, 卓上には, 団蔵と, 夢では, 如きは, 射られた本人, 山麓の, 左右の, 幸いに, 彼が, 彼女の, 後に, 従弟の, 愛娘への, 我ら夫婦は, 扈従は, 日吉は, 昼近くなる, 最後まで, 最後杳として, 月光を, 残された私, 水の, 清三は, 熊本から, 父は, 腹の中では, 茨右近は, 蚊帳は, 跡取りの, 間もなく降り, 高輪田は

▼ 去ったもの~ (59, 4.1%)

4 にちがい 3 である 2 がある, だ, であろう, と見え, のよう

1 [42件] かと一時, かどう, かもしくは, が多かっ, が火星, だろう, であったろうか, であるらしい, である自分等, であろうと, であろうという, でござろう, でしたから, でなく風雨, でも, といえる, としか考えられなかった, として彼, として行われた, とはどうしても, とは決して, とばかり思っ, とも考えられぬ, と分った, と判定, と安心, と察しられた, と思われる, と考えられた, と見える, と見なけれ, と見られなく, ならば, に相違, はあなた, は九段高林家, は何ぞ, は自分, も参考, らしい, らしく思われた, を食う

▼ 去ったこと~ (56, 3.9%)

2 である, であろう, のない

1 [50件] か, があった, が皆, さえ知らなかった, だけは事実, だろう, だろうが, であきらか, でございます, で幾ら詮議, とそれ, と思いこん, などつぶさに, などもあり, なども笑い話, など話す, にさえ気がつかず, にし, によってできた, に私たち, の話, はどう, はやはり, は一切, は三吉, は先程申, は前, は如何にも, は沖縄, は甚だ, は誰, は飽くまで, もある, も確実, ゆえもうこ, をも知った, を律師, を思い, を思いだした, を思い出した, を思う, を思出, を意味, を懐いやれ, を知っ, を知る, を示した, を考える, を胸, を語り

▼ 去ったという~ (36, 2.5%)

2 ことであった, ことを

1 [32件] ことで, ことであります, ことである, ことは, ことをも, のか, のが, のだ, のであった, のである, のであろう, のです, のでなく, のは, のも, もの, 一点だけが, 一羽の, 主膳が, 報せを, 報らせ, 報告を, 妙な, 安心を, 有りうべからざる不自然さ, 由来書板行し, 程である, 話, 逸話などを, 風聞も, 駕の, 騒ぎである

▼ 去ったので~ (28, 2.0%)

1 [28件] お通, これからは, ござります, さすがの, しばらくは, やっと主, わたしは, アラカン王は, ガブリエル夫人は, デニー博士は, ペテロの, 中新田に, 十一月に, 又柳, 四人の, 姉は, 市中の, 彼の, 彼は, 或夜七時頃, 新嫁, 是非ザクセンを, 杜は, 浪路は, 為氏一代は, 百万石は, 私は, 観客は

▼ 去ったよう~ (27, 1.9%)

2 である

1 [25件] だ, であった, でございまする, です, でも, で実は, なわけ, な印象, な心地, な感じ, な気, な男, な表情, な顔回, にお, にさえ見えます, になり, にも思われた, に思った, に明らか, に消え, に爽, に茫, に見えた, に見える

▼ 去った~ (17, 1.2%)

1 [17件] その船, である, と二十七歳, と同じ, なの, にのみ明らか, にはコスモ, に一つ, に小, に終っ, のおさない, の心, はこの, はずんぐり, を見すまし, 更にシシリー, 直ちにわかった

▼ 去った~ (15, 1.0%)

1 [15件] いずれか, いつまた, そのあり, それさえ, それについて, れは, 一つも, 何処を, 姿も, 宿には, 影も, 疑問は, 知れないが, 行方知れず, 鋭どき

▼ 去ったかと~ (11, 0.8%)

5 思うと 1 お嘆き, 思えば, 思ったの, 思った途端, 思わるる惧, 考えると

▼ 去った~ (11, 0.8%)

1 [11件] が新聞, だが, であった, は近代フランス印象派画家, まで此, もあった, を心から, を悲, を教わっ, を永し, を聞いた

▼ 去ったから~ (10, 0.7%)

4 である 1 お前を, であります, 全く食物, 構わねえが, 蜈蚣を, 足かけ五年の

▼ 去った~ (10, 0.7%)

1 がいい, の胆吹山, へしゃにむに, へすらすら, へ大塚さん, をさして, をじっ, を見る, を見返っ, を見送っ

▼ 去った~ (10, 0.7%)

1 があった, がなけりゃ, である, でなくとも, のしみじみ, の未来, の霊, はかなり, は誰, もいい

▼ 去った~ (9, 0.6%)

3 の光景 1 のこと, の出来事, の朝, の未だ, の栄光, を思わせる

▼ 去ったとは~ (8, 0.6%)

1 いうものの, いえ大菩薩峠, 云われない, 信られ, 存じられぬ, 庁でも, 思われない, 腑に

▼ 去ったわけ~ (8, 0.6%)

4 では 1 ですから, でそれ, でない, になる

▼ 去った~ (7, 0.5%)

1 しるしに, 京の, 人形は, 延は, 燕の, 艶を, 藤と

▼ 去ったその~ (7, 0.5%)

1 壮観たる, 女の, 後ろ影を, 日では, 模様の, 猴の, 素早さ

▼ 去ったとき~ (7, 0.5%)

1 からの念願, が自分, その秘密, だった, にはもう, にもただ, に残るであろう

▼ 去った~ (7, 0.5%)

3 違いない 2 ちがいない 1 過ぎなかったが, 違ありません

▼ 去ったのち~ (7, 0.5%)

1 かれは, で巡査, の数百年, の肉塊, も与八, も第, 見す見すあの

▼ 去った~ (7, 0.5%)

1 に残, のなんと, のよう, へ, へは新しい, へ来, を追い

▼ 去ったかの~ (5, 0.3%)

2 ように 1 ようだった, ようである, 男は

▼ 去ったのに~ (5, 0.3%)

1 ちがいない, どうして又, どうして秀次, よくよく, 驚かされて

▼ 去ったばかり~ (5, 0.3%)

1 であるという, でなく彼女, でなく此, では, なので

▼ 去った~ (5, 0.3%)

1 だという, です, ではない, で見覚え, などのこと

▼ 去った~ (5, 0.3%)

1 であった, の君, の様子, は一時, を道

▼ 去った~ (5, 0.3%)

1 だった, になっ, には夜, は彼, 待ちくたびれたお

▼ 去ったある~ (4, 0.3%)

1 人の, 僧正であった, 川口に, 有名な

▼ 去ったかも~ (4, 0.3%)

1 しれぬ, わかりません, 知れないという, 知れない程

▼ 去ったそう~ (4, 0.3%)

1 だ, である, です, 云って

▼ 去ったとしても~ (4, 0.3%)

2 民族の 1 さきゆきまたも, それは

▼ 去った~ (4, 0.3%)

1 に, に用, の面, をあるいは

▼ 去った~ (4, 0.3%)

1 については自分, はなされる, も捨てる, を諦めきれない

▼ 去ったあと彼~ (3, 0.2%)

1 が心, ははじめて, は手

▼ 去ったこの~ (3, 0.2%)

1 獲物は, 童は, 辺竜宮の

▼ 去ったとも~ (3, 0.2%)

1 いいまた, 知れない五つ, 考えられないの

▼ 去ったはず~ (3, 0.2%)

1 の火星, の蛸平, の陳登

▼ 去った~ (3, 0.2%)

1 がある, の高札, は古来

▼ 去った場合~ (3, 0.2%)

2 には 1 を想像

▼ 去った彼女~ (3, 0.2%)

1 だったが, に取っ, の勝気

▼ 去った方向~ (3, 0.2%)

2 を見送っ 1 に稲

▼ 去った~ (3, 0.2%)

1 がその, が思い出された, は世にも

▼ 去ったあと次郎~ (2, 0.1%)

1 はまるで, は荒らされきった

▼ 去ったあの~ (2, 0.1%)

1 令嬢と, 時の

▼ 去ったけれども~ (2, 0.1%)

1 ガラッ八, 隧道の

▼ 去ったころ~ (2, 0.1%)

1 によくこう, の事

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 残る者, 江戸をさえ

▼ 去ったしかし~ (2, 0.1%)

1 愛惜を, 長い一年

▼ 去っただけ~ (2, 0.1%)

1 で鳶そのもの, なのに

▼ 去ったとか~ (2, 0.1%)

1 いうが, またはその

▼ 去ったとき私~ (2, 0.1%)

1 の小便, は再び

▼ 去ったところ~ (2, 0.1%)

1 である, で拷問

▼ 去ったとしか~ (2, 0.1%)

1 思われなくなった, 考えられないの

▼ 去ったのみ~ (2, 0.1%)

1 であった, で瓢箪

▼ 去ったものの~ (2, 0.1%)

1 よもや二度, 地方の

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 じゃありません, だ

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 で君達数人, で自分

▼ 去った人々~ (2, 0.1%)

1 のあと, の先例

▼ 去った人たち~ (2, 0.1%)

1 であるの, に未練

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 では彼, の余

▼ 去った~ (2, 0.1%)

2 の人物

▼ 去った代り~ (2, 0.1%)

1 にもう, に又

▼ 去った初恋~ (2, 0.1%)

2 の男

▼ 去った友人~ (2, 0.1%)

1 の最後の, の青木

▼ 去った友達~ (2, 0.1%)

1 の行く先, の面影

▼ 去った同じ~ (2, 0.1%)

1 場所へ, 手の

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 が如何にも, も或いは

▼ 去った報知~ (2, 0.1%)

1 にもなっ, のごとく聞こえました

▼ 去った少女~ (2, 0.1%)

1 のこの世, の姿

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 ない思い出, ない日

▼ 去った方角~ (2, 0.1%)

1 から夕靄, を見

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 の雪, を顧

▼ 去った楽しい~ (2, 0.1%)

2 日の

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 でございますよ, に心

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 の週, の静か

▼ 去った武蔵~ (2, 0.1%)

1 の残虐性, はあれ

▼ 去った記憶~ (2, 0.1%)

1 から遁, を生命

▼ 去った~ (2, 0.1%)

1 の行方, はロシヤ

▼1* [373件]

去ったあとあなたは眉根, 去ったあとそれまでの際物問屋, 去ったあとアーク燈の光り, 去ったあとセエラはしばらく, 去ったあと五郎は壁, 去ったあと宵は長く, 去ったあと小女が六人, 去ったあと小屋の壁, 去ったあと小枝とひろ子, 去ったあと少女が六人, 去ったあと市長の事務管掌, 去ったあと彼女は其処, 去ったあと獄の覗き窓, 去ったあと肉体だけが残る, 去ったあと葉子が云った, 去ったあと葛岡は自分, 去ったあゆなどはただ, 去ったあらゆる史上の, 去ったいたずらな蝶, 去ったいま一手まいろうか, 去ったかということは, 去ったかとも思われるが, 去ったからとてべつだん気がかり, 去ったからには半兵衛の, 去ったかをラインハルト夫人は, 去ったがもいちど廊の, 去ったこうした純正哲学は, 去ったことばには, 去ったこの世ならぬ美しい, 去ったこぶしの梢, 去ったころアメリカは工業機構, 去ったすなわち酒泉に, 去ったそこに王冠, 去ったそして宗教に, 去ったその後で天野北山, 去ったそれであります, 去ったそれからこの虫, 去ったために一家, 去ったため晋人の筆, 去ったちょうはいまだに, 去ったついにはかない息, 去ったつもりでも, 去ったとあるを那智山中, 去ったというくらいだ, 去ったとかいう話しが, 去ったとき彼は数日来, 去ったとき須美子は黒い, 去ったとたんに誰, 去ったとの事で, 去ったなどと伝説に, 去ったのち彼は急, 去ったのち栄三郎はお, 去ったのち私は自分, 去ったはたちの弟, 去ったばかりな小宰相, 去ったまでは判って, 去ったままのもの, 去ったまま今どこに巣, 去ったまま今日まで何, 去ったまま何処かへ出奔, 去ったまま便りの知れぬ, 去ったまま家人はなかなか, 去ったまま杳として今日, 去ったみたいにひどく, 去った同じじゃ, 去ったもう一名の, 去ったやつだ, 去ったややありて, 去ったゆえついに取る, 去ったアトランティス大陸のこと, 去ったオリヴィエの話, 去ったカールが友人, 去ったドイツから二百年, 去ったブルジョア民主国家であり日本, 去ったマドマゼエルがどれ, 去ったルケアーノフの靴音, 去ったロッテナム夫人の香水, 去ったロマンティックな文学, 去った一カ月前の無知, 去った一巻に何, 去った一昨日の事, 去った七人木で庵, 去った三年生が去った, 去った上ドアについ, 去った下手の石段, 去った中身である, 去った九月下旬であるなら, 去った乞食の上州, 去った事京極の御, 去った事実がある, 去った二人であったが, 去った二人組の黒装束, 去った二年生ははじめて, 去ったの親, 去った五時頃には売店, 去った五梃の山駕籠, 去った人々それは上, 去った人達のもある, 去った人間の子すべて, 去った今彼の周囲, 去った今日源之助の芸風, 去った今日高塔の美しい, 去った会話の中, 去った佐々木小次郎であった, 去った信長のあと, 去った優しい母の, 去ったの面影, 去った光秀は肥前肥後, 去った光風霽月の身の上, 去った児島三郎高徳なども途中, 去った其日に初めて, 去った其翌年の六月八日, 去ったの日, 去った冬子のこと, 去った分隊は敵, 去ったは千葉, 去った加古川へ入っ, 去った十月にも筆, 去った千鶴子の夢, 去った卑怯な若い, 去った卑怯者も少なく, 去った卑怯者目にもの見せ, 去った友らこそ幸い, 去った反対の方角, 去った反対側の露路, 去った叔父好める植物, 去った古市寂照寺の住職, 去った同志をどう, 去ったもない, 去った呉青秀はやがて, 去った和尚を少し, 去った和歌の文字, 去った四ツ本の後姿, 去った国々である, 去った埃及人が何, 去った主水, 去ったの道, 去った変事を聞き終っ, 去ったの夕べ, 去ったの千鶴子, 去った太僕韓融はやがて, 去った夫人と残っ, 去った女好の名, 去った女性が果して, 去った女房の荷物, 去った女房一向気, 去ったの足, 去った娘達の上, 去ったと一番, 去った子供の姿, 去った定めし身を, 去った客観的に実現, 去った宮本武蔵は, 去ったへ帰る, 去った家士もある, 去った家族もいまや, 去った寺僧の方, 去った小童はあれ, 去った少年の美し, 去った山吹の茂み, 去った岩瀬肥後ののこした, 去ったの男, 去った左手の道, 去った巫者のよう, 去った市民が定着, 去った師範生は同級生, 去ったはまだ, 去った幕閣にたいする幕府祖法, 去ったの方, 去った廃墟を発掘, 去ったと頭, 去った弟子に対して怒る, 去った之丞, 去った強大な力, 去った後あたりにはもう, 去った後ウェスト・ポイントの出身者デヴィース, 去った後プリューメ街は再び, 去った後プレンダーガストとその, 去った後レオにかかる, 去った後二日やっと筒井, 去った後二階で少年, 去った後余氏は私, 去った後僕が他, 去った後兄夫婦の事, 去った後先生はいかにも, 去った後多年写真を撮った, 去った後夜が更け, 去った後太刀や弓矢, 去った後岡へ上った, 去った後日光がさした, 去った後母と叔母, 去った後永井玄蕃頭が之, 去った後猿が綱, 去った後瓠の籬, 去った後私は巻煙草, 去った後自分は立っ, 去った後遊び荒した土, 去った隠居が, 去った御新姐である, 去った心持ちになれる, 去ったを満喫, 去った怪しげな女, 去った息子との間, 去った愛惜物が突然, 去った感覚の一片, 去った成田富士名名和たち連名の一書, 去ったる一人, 去ったの外, 去ったはあるまい, 去ったをまっか, 去った手伝いに来い, 去った手塚はうらめし, 去った手紙を見せる, 去った手練でも知れる, 去ったからである, 去った指環である, 去った按吉の居る, 去ったである, 去った数寄屋の中, 去った敵将の義貞, 去った敵陣にはもう, 去った新九郎の本懐, 去った戦場であった, 去った旧友相川良之介に向っ, 去った明日出て, 去った明智家の遺, 去った明証と誇る, 去ったのこと, 去った時代の遺物, 去った時其家には古書, 去った時兼恋情に堪えず, 去った時分であります, 去った時勝平の顔, 去った時叙述は移る, 去った時弟子たちはかねて, 去った時窓から首, 去った時裏漉しにし, 去った暗い家の, 去った曹操はぜひ, 去った本丸の一室, 去った朱実が行く先, 去った東京に引き返し, 去った東野の今日, 去った松田五郎権ノ頭, 去った楊儀姜維らは先, 去った櫛まきお藤, 去った止水明鏡の心, 去った正直な第, 去ったの自分, 去った武士も少なく, 去った武士たちはそもそも, 去ったを鶴, 去った気もちもわかる, 去った気高い精神の, 去った水軍の二大船団, 去った江の島へ密女, 去った洞白の仮面, 去った流民やら各, 去ったあの自由, 去った涼しい目に, 去った深い落莫の, 去った深川富ヶ岡八幡の境内, 去った滝川三郎兵衛を討っ, 去った為道長はあさましく, 去ったの父玄斎, 去った父親のこと, 去ったに過ぎぬ, 去った狩人そこに停, 去った猪突き槍を捨て, 去った現下の現象, 去った田中久兵衛吉政が, 去った田村俊子氏の生活経緯, 去った田氏に代っ, 去ったを知る, 去ったと同じ, 去ったの末期, 去った白い裸の, 去った直後には武蔵, 去った直接の原因, 去った相当長い樅, 去った相良金吾はその後, 去った瞬間に入れ, 去った矢口家のお, 去った知性と信念, 去ったの幼い, 去ったをながめ, 去った笑いかたをした, 去った筆力の凄まじ, 去った納屋の中, 去った純然たる倫理教, 去った給仕はやがて, 去った美しさで, 去った美代子に向っ, 去った美校教授ジューベ氏の遺品, 去った群盗の所為, 去った義朝や一族, 去った明応四年に, 去った翌々年後鳥羽天皇の建久三年, 去った翌年明治五年九月十六日に東堂, 去った婦人に, 去った肉体からすぐそう, 去ったの所作, 去った腑甲斐なさ, 去った腕前はゾッと, 去った臓物全部を仮り, 去った自分の妻, 去った自由主義もまた, 去った艇長も同様シュテッヘ, 去った良人への気がね, 去った芸術論は一つ, 去った若い女は, 去った若者にはきわめて, 去った荷車と人夫, 去った荷風の芸術, 去った落日のよう, 去った蓑笠は鬼, 去った表通りを睨ん, 去った鷲でなけれ, 去ったであるが, 去った詩人のアルタ, 去ったがある, 去った諸所方々の陣, 去ったは前, 去った豪犬のあと, 去った赤裸な自分自身, 去った赤裸々の姿, 去った足利方の先鋒高, 去った跡プラットフォームには急, 去ったはここ, 去った身ぶりをする, 去ったの後, 去った辮子を延ばし始めた, 去った途端に彼, 去ったの方, 去った道也は飄然, 去った遠くの闇, 去った遺骨を以てしかるべき, 去った遺骸を悼たん, 去った部下の数, 去った里人輩感心して, 去ったに落ちちらばった, 去った野球部の, 去った金三郎や六十, 去った金子は再び, 去った長き忍耐の, 去った長岡佐渡の主従, 去ったの事, 去った雄吉は自分, 去った雌鴨の事, 去った雛鳥はふたたび, 去った雪路の上, 去った雷鳴の名残, 去った霊魂のため, 去った青年が自分, 去った青木に別れた, 去った静かな, 去ったはおそらく, 去った須田でゆっくり, 去ったて塔, 去った風間九十郎の節操, 去った食卓の上, 去った養家の垣, 去った首領にちがい, 去った馬蹄の音, 去った駕かきの子, 去った駕籠屋どもそれから前, 去ったをそれ, 去った高札の表, 去ったの幸福, 去ったの膚, 去った麗人を傷む, 去った黒いものと, 去った黒衣のものたち