青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「勘~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~動く 動く~ ~動作 動作~ ~動揺 動揺~ ~動機 動機~ ~動物 動物~
勘~
~勘定 勘定~ 勝~ 勝ち~ ~勝利 勝利~ ~勝手 勝手~ 勝負~ ~勢

「勘~」 3832, 40ppm, 2928位

▼ 勘~ (1264, 33.0%)

36 はお 18 の家 15 は其の 14 の手 13 は只 12 は又 11 もお 10 は自分 9 とお 8 はそれでも 7 の容子, の庭, はそれ 6 と彦兵衛, の後, の母, は後, は漸く 5 との間, の声, の姿, の目, の耳, は, はいつた, は卯平, は與吉

4 [11件] と六助, に對, の父, の聲, は何, は側, は先刻, は安次, は暫く, は秋三, や六助

3 [22件] が口, の側, の心, はもう, は云った, は何處, は依然として, は俄, は口, は少し, は庭, は彼, は怪訝, は恁, は更に, は有, は殆, は突然, は草刈籠, は親分, は首, も彦兵衛

2 [99件] がいつた, がそれ, が安次, が漸く, が目, が言った, が開けよう, と云う, と富松, と狐拳, と鉢合せ, に云った, に葬式彦兵衛, のうち, のお, のやう, のよう, の仕事, の居ない, の方, の村落, の畑, の監督, の眼, の衷心, の許, の面, の首, はあわて, はげつそり, はさ, はそ, はそつ, はだ, はぽ, はまだ, は一度, は三十五六, は二人, は今, は仕事, は他人, は僅, は先, は内儀さん, は勢, は只管, は大きく, は奉公, は家, は小屋, は平次, は平生, は後で, は從來, は怖, は急, は性急, は態と, は慌て, は慌てた, は手, は手ランプ, は掌, は次, は猶も, は獨, は田圃, は疲れた, は目, は直に, は秋, は船頭, は苦しい, は蒟蒻, は蒼く, は藤吉, は話, は足, は遲緩, は開墾, は間, は雨, は雨戸, は鰯, は黙っ, へいつた, もいつた, もそれ, ももと, も有, も鐘五郎, を, を伴, を出し, を叱つた, を見, を見た, を見る

1 [714件 抜粋] からは一日, から幾らか, がお, がこう, がさういはれる, がした, がだ, がつい, がどう, がやぞう, が一寸, が上部, が両, が主, が什, が仰天, が側, が先, が六尺, が其の, が吩咐, が唄うた, が唐鍬, が大事相, が寢, が居なく, が屍骸, が帰っ, が常吉, が平造, が彦兵衛, が心, が息せききっ, が感心, が戸前, が戻つ, が振り返った, が有する, が期せずし, が来る, が東隣, が梯子, が次第に, が此, が歸つて, が毎日, が泥, が煙草, が目標, が眠, が空手, が答えた, が答える, が義理, が聞い, が自慢, が與吉, が草臥れた, が薪雑棒, が蜀黍, が詰まらな, が走, が起した, が返, が鉢合わせ, が静, が顧つた時, が餘所, が首, その折助, たあ, ただちに竹, だった, てえ奴, である, です, とあっし, とあつし, という, というもの, という小, との前, とはあまり, とま, ともどもまた, と一つ, と二人, と云, と他, と佐平次, と反, と廊下, と源吉, と貧弱そのもの, なら孫右衛門, にそう, にはさ, には不安, には主人, には何となく, には只, には氣, にも事件, にも葬式彦兵衛, に促され, に千両箱, に千兩箱, に向け, に呶, に奪, に守らせ, に引かれ, に後れつ, に手ランプ, に投げた, に押えられた, に眼, に突当られ, に與, に要求, に解らなかったでしょう, に言い付け, に許され, に逢う, に逢うた, に遠慮, に頼まれ, のいつた, のいふ, のこと, のする, のその, のみが問題, の一身, の上, の作つた陸稻, の冴えた, の判斷, の削つた, の前, の口, の唐鍬, の塊, の大きな, の小さな, の小屋, の尾, の差出口, の後姿, の惑うた, の態度, の戸口, の所業, の押さえ, の推測どおり, の提灯, の早起き, の横, の気持, の注意, の爪先, の田畑, の申立, の番, の痩せた, の立っ, の肘, の肩先, の胴間声, の胸, の茄子, の茶碗, の身体, の途法, の造っ, の野郎, の銅鑼声, の頭, の額, の餘, の駈, の鼻, はあわてふためい, はあんぐり口, はいつも, はいひ, はいます, はかうい, はからびた, はがらつ, はきり, はぐい, はぐつたりと俛首, はここ, はこそ, はこそこそ, はこれ, はこんな, はすまし, はそこ, はそっと, はその, はそれとなく, はたつた, はちょっと, はつく, はつけ足した, はどうにか, はどうも, はどっか, はどん, はなる, はひよつこり起き, はびっくり, はふつ, はふと, はぶつ, はほど近い, はぼろ, はまだ幾らか, はむずむず, はよくこう, はガラッ, はガラツ八, は一人, は一心, は一日, は一概に, は三人, は不安, は不平そう, は亂, は二つ, は以前, は佐倉炭, は何れ, は例, は例令品物, は俯伏, は俵, は僂麻質斯, は六ヶ敷顏, は其度, は其時不安, は其暮, は其處, は内懐, は冷めた, は分, は初め秋三, は利根川, は到頭, は力, は力一杯, は南, は南京米, は反覆, は只一度, は只力, は同情, は呟く, は唐鍬, は唯, は喉, は喧嘩, は單衣, は土手, は土藏, は坐った, は壁際, は夜, は夜荷車, は大きな, は大分勉強, は大戸, は女房, は妙, は始終, は婿, は寸時, は小さな, は小皿, は少年, は屈んだ, は巡査, は工事, は平常, は幾らか, は幾年, は廉, は引つ, は彦兵衛, は徒ら, は復, は心, は心から漸く, は忙しい, は忙しく, は怒り, は怕ろ, は思ひ切, は怪我人, は怯, は恐怖, は悄, は愈, は慄, は懷, は我事, は戰慄, は拔, は据わり直す, は擔, は改めて, は放心, は斥けた, は斯, は明日, は春の間, は暑い, は更にまた, は最も, は朝, は村, は果敢ない, は格子内, は桑, は桶, は梅干, は極り惡相, は横, は横合, は死骸, は毎年作つて屹度それ, は毎日唐鍬, は毎朝, は決して, は河楊, は油煙, は洗, は漬菜, は漸, は火吹竹片手, は炭, は無意識, は燃えた, は燒木杙, は獨語, は略, は畦間, は疾, は病人, は百姓, は益, は相手, は相棒, は眉, は睡眠, は矢立, は竦んだ, は竭, は笑った, は箸, は簀の子, は米, は素より, は紺, は續, は考えた, は耳, は聞いた, は聞く, は職掌柄人波, は自ら, は自慢, は苦笑, は茶碗, は草臥れやしない, は菜切庖丁, は萎れ, は落ちつけ, は蒲團, は薄い, は行け, は表, は裏庭, は裏戸, は裸, は褥, は見逃さなかった, は赤く, は足もと, は軒端, は軟かい, は返, は返事, は追憶, は逡巡, は遂に, は重く, は釜, は銅貨, は鋭く, は鍬, は霜柱, は青菜, は頷首, は顏, は風呂敷, は風呂敷包, は飛びかゝって平作, は飛出し, は餌料, は餘計, は馬, は馴合, は驚い, は驚いた, は鷄, は鹽だらけ, は麥藁, は黄昏近く, は黙った, ばかりが注目, へは默つて念佛寮, へ告げた, へ噺, へ忽ちに, へ挨拶, へ語つたの, へ迫つた, みるみる内, もかせえ, もささやいた, も其處, も凝視め, も吃驚, も和, も女房, も居ない, も彼等, も惡, も我, も提灯崖, も朝夕顔, も泣き, も畑, も疲勞, も知ってる, も神妙, も能, も藤吉, も行け, も辛, も近所, も驚い, や, やお前, や例, や葬式彦兵衛, をたずね, をたずねた, をちらりと, を万一, を主殺し, を供, を促し, を出す, を制し, を叱つ, を叱る, を喚び起した, を壓, を外, を庭, を引具し, を恐れ, を悚然, を想わない, を慕, を憚, を招, を欺き, を白眼む, を相手, を窘め, を窘めた, を立番, を藥舖, を蟲, を見守り, を蹴っ, を邪魔, を頭, を顧みた, を顧みる, ヲトモニ連レテ, 何気なく鼻先, 游ぐ体, 近づくにつれて

▼ 勘~ (201, 5.2%)

5 よさ 4 いいの 3 おじさんが, 好さ, 方が

2 [17件] いいこと, いいところ, いい人, せいで, よいこと, ような, 前だ, 口から, 姿が, 字の, 家へ, 強いもの, 朋輩の, 組の, 良さ, 若い者, 親元身元引受人などの

1 [149件] あとに, あやまちでございましたか, あやまりであるやう, いい, いいあなた, いいおしゃべり坊主, いいのに, いいもの, いいらしい, いい万吉, いい女, いい奴, いい娘, いい少年, いい弁信, いい弁信さん, いい彼, いい方, いい海千婆さん, いい男, いい盛り, いい祥子, いい記者たち, いい金棒引き, おじさんの, おじさんは, おじさんも, おどろき奇遇, からだには, ことばに, ことを, すぐれた方, するどいお方, するどい優形, するどい将軍家, するどい眼, するどい馬, するどさ, どす声であり, にぶいやつ, にぶさ, みとめた者, やうな, やつが, やつは, よいもの, よいらしい, よい曹操, よい盲目さん, よく利く, わるい私, わるい者, わるい耳, 一件が, 世界で, 中年者は, 伝法ことばを以て, 便りを, 信を, 働き工合に, 働くもの, 内容は, 内弟子は, 前に, 十手が, 十手の, 厚意を, 及ぶところ, 口ぶりとして, 合図であった, 名は, 名人, 吏で, 呼ぶ声, 呼子を, 命を, 土台を, 外れた例, 奴は, 奴らに, 好意も, 字われも, 字見ろ, 家の, 家まで, 察し方も, 小僧で, 強い弁信, 強さ, 役儀から, 悪いところ, 悪い返辞, 惡い, 惡さ, 手のひらに, 手へ, 手配による, 手配も, 捕物陣どんな, 捕物陣以来兇賊狩の, 探りが, 断案では, 新たなる, 方から, 方に, 方へ, 方を, 死骸を, 気持としては, 注意か, 消息は, 理想を, 畜生か, 異常に, 目が, 目だけは, 目でさえ, 目は, 目を, 相違で, 眼, 素早い小僧, 組下手先の, 耳に, 能力の, 脳骨が, 腰に, 見つけた自来, 親仁が, 言い草じゃあ, 跳足, 身こそ, 返辞を, 達した評論家小林秀雄氏, 適中に, 部屋の, 野郎を, 鈍い取り, 鈍い女, 鋭いよう, 鋭い万吉, 鋭い弁信, 鋭い木村, 鋭さも, 長けた猫, 間違いでも, 閻魔帳に, 頭蓋骨でした, 餓鬼豪

▼ 勘~ (140, 3.7%)

4 いい 3 いいと 2 いいため, いいね, いいん, 今夜の

1 [125件] あたるか, あって, あります, いいからと, いいが, いいな, いいなあ, いいなんて, いいの, いいので, いいもの, いま和泉屋の, うしろを, うなり出して, おそろしくいい, お家様の, お粂, くり返します, けたたましく吹いた, こう指さした, この甲府, こッそりと, すぐその, するがと, するどかった, ずばりと, そこに, その後極力, それに, ただで, たまりません, できて, どういうわけ, どれほど口止め, にぶいとき, はたらかして, ふいと, まさかと, また実に, また立ち止まっ, よいの, ようございます, よかった, よくって, よくて, よくなっ, よくなる, よければ, よすぎる, よろしうございます, わしを, わるいな, わるくなりまし, 三味線弾い, 不安らしくいう, 伊兵衛の, 何もかも引き受けよった, 働いて, 働かなかった, 働くやう, 利いて, 制止した, 去ったあと, 叫んだの, 夜半から, 夜路を, 好いどうも, 好過ぎる, 家に, 密偵という, 屁理屈で, 席を, 帰って, 引受けたって, 引受けよったの, 引受けよったん, 当ったという, 当りましたほんとう, 彼に, 待って, 後日申しわけが, 思わず声, 悪いから, 悪いと, 悪いな, 悪くて, 悪くなったら, 悪くまだなんとか, 戻って, 手を, 手元へ, 折入っ, 折角線を, 持場あ, 指さすところ, 早いん, 早かった, 早くちゃ, 本質的には, 柳沢家の, 根強く存在, 浮かない顔, 渋団扇を, 町方役所へ, 痛手を, 目で, 目を, 相応な, 立ちどまったかと, 背へ, 自分に, 自分を, 良い, 良いやう, 良過, 苦闘に, 譲られたので, 讓られた, 重要な, 鈍くな, 鈍って, 銭函から, 鋭敏だ, 錢函から, 驚くべきほどに

▼ 勘兵衞~ (138, 3.6%)

3 とお, と一緒, の元, はお, を殺した

2 [14件] がお, が死んだ, が殺された, と妾, の女房, の妾, の懷, の枕, の聲, の足袋, は五十, は恐ろしい, を殺し, を殺せ

1 [95件] お關, から奪, がこんな, が代作, が死ん, が氣, が江戸, が考へ, が自慢, が醉つた頃, が飛ん, その聲, だけなら, でした, といふの, ともあらう, と二度, と仲屋, と又, と言, には信用, には女房, にも心當, に傷, に引, に散々, に獅, に知れない, に頼ん, のもの, の仕事, の仕事場, の儘, の凭れ, の前, の味噌汁, の家, の寢酒, の幽, の店, の惡, の態度, の方, の本, の棺, の欺瞞, の脇腹, の膝下, の裾, の評判, の話, の身許, の鑿, はあわて, はさう, はそれ, はひどく苦々しい, はもう, はもう一度, はガラツ八, はブルブル, は不意, は五十二, は今, は佛勘兵衞, は俺, は到頭, は剛健, は又, は味噌汁, は坊主崩れ, は夢中, は奧, は娘, は少し, は東側, は泣き出し, は涙, は涙乍ら, は立つ, は素直, は絶句, は肩, は脇腹, は訂正, は食, もこれ, も妾, も海月, らしい男, をうんと, を怨ん, を捨て, を殺す, を見

▼ 勘~ (128, 3.3%)

75 して 11 を願 3 しねえぞ, を 2 しねえ, しろよ, なすつて, ならね

1 [28件] しとき, しないぞ, しないだらう, しねえな, しろ, しろ手前, するもの, するやう, せざる可ら, できるが, ですの, などは思ひ, ならないぢ, ならぬ女, ならねえ, ならねえこと, ならねエと, なんかしてやる, に勘辨, のならぬ, のならねえ, はならぬ, は出, もなく, を加, 下さいまし, 罷りならぬぞ, 遊ばしまし

▼ 勘~ (106, 2.8%)

2 ここで, たしかな, なまじっかな, またそこ, 右の, 笑いながら

1 [94件] あったので, あなたに, あなた様の, あれから, あわてながら, いいが, いい機, いきせい切って, お前お前が, お里が, かつて見た, きっと和泉屋, こけてるから, この機会, この部屋, さもあんめ, しきりに落着, しまッた, すました顔, せつなに, そこで夜, そこを, その中年, その後から, その手出し, その笛吹きのなか, その縁向う, それに対して, それを, ちょっと金吾, どこへ, なんともハラハラさせられ, はずれなかった, ひきとめる神官, ふところから, ふところへ, またこの, またすぐ, また先, まだ何, もしやと, よし理窟, アッサリお茶を, ツイと, 万太郎や, 人ごみを, 冷たい畳, 冷やり, 初めてハッと, 前後を, 前者が, 双者の, 声が, 大股に, 天来の, 妙な, 委細かまわず, 家の, 山馴れ, 当って, 役宅の, 怖いもの, 怖ろ, 恐ろしいが, 慌てて, 所詮手元, 抜きかけた煙管, 持って, 捕繩, 数日家を, 早くも, 時折ものいいたげ, 次郎, 正しかった, 源次へ, 濡れ腐った, 濡れ腐つたま, 火打を, 片手を, 片腹, 知らんと, 腋の下に, 腕木門の, 腰を, 自信を, 自分の, 舌うちを, 薄く笑っ, 表の, 迅風耳だ, 迷う風, 道中差を, 鈍いが, 駆けるいと

▼ 勘~ (94, 2.5%)

3 は啓吉 2 は, はお, はそう, は不, は寛子, は懐

1 [79件] がつくねんと, がビルディング, が三尺帯, が何気なく, が元気, が入り込む, が小間使い, が後見, が最も, が柏屋, が武蔵足立郡, が立ちどまった, が立っ, が自動電話, が鼻唄, であった, でまた, という男, とお, との姿, とは以前, と二人, と羽村, と連れ, と道連れ, なの, に言わせる, の, のくちびる, のそば, の前, の友人瀬良三石, の咽喉, の声, の妾, の姿, の家, の差しかけ, の常時, の所, の指金, の机, の縮んだ, はある, はいささか, はしげしげ, はそこ, はひどく, はまた, はまだ, はまるで浮腰, はハトロン, は丁寧, は云った, は何, は勘三, は唇紅, は声, は大の字, は女, は如何にも, は封, は愕, は拾った, は故意, は暗い, は煙草, は目玉, は矢庭, は花模様, は頬杖, もやはり, も大日坊, も黙った, や空家, や羽村, をあべこべ, をつついた, をむしろ

▼ 勘右衛門~ (89, 2.3%)

3 が持っ 2 と捻じ合いひしめき合う, の女房, の邸, は呻く, は門

1 [76件] から立ち去らせ, がお, がそう, がにわかに, が介錯, が伏見, が取り返そう, が呼ばれ, が女房, が平手, が怒った, が手中, が昨夜, が某日, であった, であって, であるが, という部落, とお, とし, との間, と一緒, と京助, と女房, にし, には意外, に執念深く, に嫌疑, に対しては不, に渡す, に頼ん, の一行, の両家, の側, の別邸, の叔父, の変死, の大切, の姿, の家, の小手, の持ち物, の本性, の独語, の苦悶, はお, はこう, はそうした, はその, は京助, は充分, は六十一歳, は刑部, は刑部老人, は包物, は女房, は手, は承知, は抜け, は旅僧, は未決, は決心, は留守, は老年, は迂散, へ眼, も九兵衛, も京助, も雑, をはじめ, を手, を抑え, を抱き起し, を遣, 後源蔵, 後縫殿助

▼ 勘~ (87, 2.3%)

12 されて 5 された若旦那, になり 3 した伜, を許す 2 されたこと, された伜, された後, して, を許し

1 [49件] いたしましたが, がゆりまし, が許, させその, させて, されたほどの, された息子, された惣領, された札旦那, された許婚, されちや若旦那, されるかも, されること, されるやう, され二十五, され今, され潮來, したが, したに, したの, しました, し甥, する, するくら, であります, とまでは行かぬ, と知つて, と言つて, なすつた, なすつたやう, になつたの, になつたん, になつて, になる, のならぬ, のもと, の上, はされ, は許しました, もする, や女房, をされました, を受け, を受けた, を許さず, を許され, を許された, を許した, を許せ

▼ 勘解由~ (85, 2.2%)

4 が云った 2 という男, は云った, は兵部, は自分, を見た

1 [71件] からすっかり, が, がそっと, がそんなに, がひとり異, がまったく, がやがて, が三人, が促した, が口, が思い当る, が自説, だった, で, でございます, でした, ですが, という人物, という名, とが振向いた, とつづい, とも称しました, と云う, と刑部, と腹心, と親交, につかえ, になにか, にはまだ, のこと, のふたり, の両, の付人二人, の家柄, の屋敷, の年, の臣平尾, の要求, の言葉, の許, の説, の頭, はあと, はさすが, はそう, はそれ, はたしなめた, はなお, はまだ, はもう, はモウ六十, は一ノ関, は去った, は口, は吉岡, は呼び集めた, は奥山大学, は東照宮入国, は正面, は炎, は物蔭, は言うまでもなく, までが四つ巴, もあと, もさすが, も名古屋因幡守, も秀次, をいまだに, を抑えた, を評定役, 大番頭石川内蔵允

▼ 勘~ (75, 2.0%)

57 して 3 してね

1 [15件] しきれずに, したで, してやるの, し兼ねて, し給え, なさいね, ならずと, ねえ, の緒, もし, も糸瓜, 出来ません彼, 強いお, 強い神様, 第一

▼ 勘次郎~ (75, 2.0%)

6 の殺された 2 が手籠, が殺された, と申します, の存在, は二十三, は正月二日, を殺した

1 [55件] かれは, がうしろ, が名実とも, が家督, が昔関係, が昔關係, が此樣子, が歸つて來, が默つて, が黙っ, だよ, という者, とお, との三人, とは旧交, と下女, と云っ, どうしてこんな, に付け廻された, に附け廻された, の手先部屋, の死体, の死顏, の死顔, の死體, の浮気, の浮氣, はぎょっと, はその, はともかく, はまだ, は二十三歳, は二十二三, は出番, は初めて, は唯なんとなく, は彰義隊, は思わずうとうと, は気がついた, は老いたる, は腹, は膳, は草鞋, は落武者, は身, もおなじ, もその, ももう, も出, も逃げ, を呼ん, を庭口, を狙っ, を狙つて, を訪ねた

▼ 勘~ (72, 1.9%)

6 はその 2 が小麦, の顔, は突っ

1 [60件] かよう, がいよいよ, がどこ, が寝, が漁, が舟, が酒, という極悪人, という罪人, とつぎ, と小柄, と水, などにくらべる, には見覚え, に云った, に礼, の下腹, の家, の対手, の怒った, の手, の方, の木の根, の網, の許, の頭, はこの, はすぐ, はすまし, はそっぽ, はそのまま, はたしかに, ははっと, はふと, はもう, は何時の間にか, は冷笑, は出まかせな, は又, は女, は小柄, は星, は村, は水, は縁, は背後, は膳前, は舌打, は莞爾莞爾, は起きあがっ, は酒, は障子, は頭, は驚い, もさすが, も居りました, やお, やそれから, ややぶにらみ, を罵っ

▼ 勘十郎~ (61, 1.6%)

3 はその

1 [58件] が, がやられる, が不思議, が二階, が刺され, が姉, が日頃, が梯子段, が死んだ, でも死んだら, というの, という人, といふの, と仲, と思ひ, と申す, に向, に横取り, に言, のお浚い, の奸策, の手代万八, の無慙, の用箪笥, の見出す, の言葉, の話, の身體, はさすが, はなじる, は世, は先, は内, は女房子, は思い, は武家上り, は油障子, は甚だ, は笑い, は約束, は言, は言った, は金兵衛, は鑑定, は隠居, もかんがえ, も主人, も牛込辺, も顔, をおびき出し, を刺した, を呼出した, を怨ん, を殺した, を殺す, を狙つて, を立てよう, 甚だ人

▼ 勘~ (60, 1.6%)

1 [60件] いろいろな, おおよその, お光さん, お心遣い, かぎつけたこと, かぎつけて, かんづいて, すぐ邸内, するの, そのこと, その男, たどりつくこと, なりそこ, なんとかなる, はっきりと, もたらした品物, もって, ものを, わかって, わかりましたお雪ちゃん, わかるという, わかるとして, わかるらしいの, 一つ一つの, 丈夫でない, 云々と, 以て, 全部を, 分らなければ, 分るでは, 分ると, 判断する, 助かる見込み, 受取ったらしい道庵, 受取れたので, 嗅ぎつけたみたい, 失敗する, 女中を, 察知なさるらしく, 当るの, 思い出すが, 悟入し得る, 感じるだけの, 来る奴, 歩いたの, 法蔵院の, 渉る, 特別な, 私と, 考えて, 行かなければ, 行くこと, 行く方, 見たこと, 見分けられること, 見抜く事, 言い当てました, 豆人形と, 跳ぶの, 近づく足音

▼ 勘五郎~ (54, 1.4%)

2 [14件] から無理, と母親, に任せました, に案内, に訊ねました, の息子, の言葉, の返事, は, はお, はさすが, は三十五, は用箪笥, を促し

1 [26件] か, かね, から出, がよしや, が案内, が足, が風邪, ぞなもし, であった, である, で在来, といった皮肉屋, とした, と云う, などという顔ぶれ, なら赤シャツ, に染五郎, の伜勘太郎, の倅勘太郎, は臆病さうに固唾, は臆病そう, もこの, も覚束, も覺束, 去る, 慌しく入っ

▼ 勘~ (41, 1.1%)

2 は云った

1 [39件] いくぜ, おめ, が待っ, が手早く, こと吃, その妹分, とお, とはおら, と云, と共に夜叉神堂, にも罪, に平次, の注意, はうなずいた, はすぐ, は不精無精, は並木, は叫んだ, は妙, は姿, は小首, は少し, は昂然, は桜, は焦れ, は空とぼけ, は箱, は見送り, は齒, もその, もつづい, も少しく, も笑い出した, も箱包, も続い, も茶店, を擧げ, を擧げよう, を貰つて來

▼ 勘ちがい~ (36, 0.9%)

9 をし 3 をした 2 をする

1 [22件] か, かそれとも, から, がある, されたか, されて, しとる, するな, だったらしい, であった, であったこと, である, ではあるまい, でもした, で弁蔵, なんかしない, のこと, もありますなれ, もする, やら信長, をいたす, をおし

▼ 勘~ (36, 0.9%)

2 お千代, 綽名された, 言って, 金吾の

1 [28件] いっても, かれが, ここに, この意欲, そして自動車, そして金吾, ねばりを, 一緒に, 万太郎です, 伊兵衛御堂の, 何か, 動作あらゆる, 同腹の, 強情から, 彦とが, 徳川万太郎の, 来たら名前, 染めたはっぴ, 次郎の, 源次は, 源次を, 能力を, 自覚される, 言わなければ, 言われた後世, 近接した, 金吾が, 高麗村の

▼ 勘~ (35, 0.9%)

4 を殺した

2 [12件] がこんな, が捨てた, が逃出, の口, の死体, の死體, の白い, の縞目, の部屋, をさいなみます, をだまし, を川

1 が食べ, っていう金壺眼, の寝間, の寢間, はいけません, を引っ立てました, を引つ立てました

▼ 勘~ (33, 0.9%)

2 たよって, 富み直角的

1 [29件] あること, きいて, さわって, さわるもの, すぎなかった, たよるばかり, つきつけられて, ひとつ指を, ひびくもの, まかせて, よると, 乗らない, 伝はつて, 信吉は, 共通した, 向い, 向って, 実に潔癖, 往く, 御遠慮, 悟られたの, 於てこそ, 来ないよう, 目を, 言い渡されて, 訊いて, 逢って, 障るの, 頼んで

▼ 勘~ (31, 0.8%)

1 [31件] ここへ, さまで口惜しい, しばらく無言, たった今町方与力, またうかつ, やっとこれ, 一刻も, 万太郎も, 今は, 今まで, 伝吉も, 働かないし, 入って, 初めて知った, 別れを, 及ばなかったところ, 味を, 大股に, 尺取, 持って, 捕り物, 捨てたものぢ, 来る万太郎, 源次も, 目を, 目明しの, 知らないで, 自分の, 近頃は, 遠慮なく胡坐, 髭の

▼ 勘~ (31, 0.8%)

3 働かせて 2 付けて, 呼んで

1 [24件] お持ちなさる, ためすため, たよって, はじめそいつらも, ふもとへ, また稲吉, めぐらすよう, 信じて, 働かせます, 働かせるまでも, 働らかせない, 利かす事, 力に, 口さきで, 基調として, 必要と, 振向いて, 捨てろと, 救うべく手, 欠くから, 置きッぱなしにして, 裏切らずに, 連れて, 闇太郎は

▼ 勘次さん~ (30, 0.8%)

2 おめ, というの

1 [26件] おや姉さん, か, が心持, が藤間静枝, こんで, そら大變, そんでも, どうした, どうしたい, に聞い, に聞いた, に頼まれた, はあおつ, はお家, はこの, は又, は大層金, は本, は毎日商売, もあ, もそんなに, もどう, も善い, も惡, 少し待っ, 思ひの

▼ 勘~ (27, 0.7%)

2 と云う

1 [25件] かとお, がぎろ, がとっ, が九死一生, が亡, が死際, が注意, が注意周到翼, が草葉, が駈出し, といふもの, と申す, にのみ割, にも乳母, の話, の遺言, は居らぬ, は新, は横, ばかりあて, も乳母, を伯父, 呼んで, 違って, 酷いぞや

▼ 勘左衛門~ (26, 0.7%)

1 [26件] からいろいろ, がちょい, が京都, が勇み, が急, が手招ぎをしたら, が来合わせ, だ, という地侍, とかいうもの, と云う, などを相手, にいいつけた, に向い, の三人, の三男, の園中一根八竿, の来た, の話, は, はびっくり, は申し合せた, は自分, は至ッ, も急い, 御納戸掛

▼ 勘~ (25, 0.7%)

1 [25件] がピョイ, が恐々, だよ, である, というあの, という人物そのもの, という若い, と出合った, と同じ, なるもの, なる人物, に語, の声, の指図どおり諸所, の構想, の異父弟, の話, はひと際, はまた, はもの堅い, は熱心, は空, も乱軍, も武田信玄, を誘つて

▼ 勘という~ (24, 0.6%)

3 のは, ものが

1 [18件] ことは, のが, ものだ, ものとを, ものに, ものは, やつが, やつは, やつを, 夜なし, 棟梁の, 目明しと, 直覚力が, 苦手に, 表現で, 表現でさえ, 言葉は, 野郎お

▼ 勘~ (23, 0.6%)

8 ひを 6 ひして 1 になる, ひ, ひさつし, ひされ過ぎて, ひしたか, ひしたの, ひしてか, ひぢ, をし

▼ 勘ちがいし~ (22, 0.6%)

6 ている 2

1 [14件] そうであった, ちゃあいけねえ, てい, ていた, てかけつける, てかしきりに, てそんな, て作爺さん, て反抗心, て困る, て居りました, て更に, て聞かれた, て英国名物

▼ 勘~ (17, 0.4%)

2 で我慢

1 [15件] か, が嫁, が男, が良い, さ, だらうちやん, だろうちゃんと, なんか嫌, に三年, のやう, の方, までにはまだ, よ, よりも良い, を口説く

▼ 勘ちゃん~ (14, 0.4%)

1 [14件] あの賢ちゃん, が使, が側, が厭, が可, という色, と云っ, に頭, の事, は喧嘩, は家, は白眼, は遠慮, 死んでは

▼ 勘~ (14, 0.4%)

6 さんは 5 さんが 1 さお前, さんで, さんも

▼ 勘さん~ (13, 0.3%)

1 [13件] か, がよく, じゃねえ, とあっ, とか助さん, とこの, の前, の嗣子, の娘, の家, の弟, はばかりながら止し, 即ち作さん

▼ 勘~ (11, 0.3%)

1 [11件] に拘る, に訊きました, の刺された, の實家, の死體, は四十五六, は目黒, は血気, まで殺し, を刺した, を殺し

▼ 勘~ (8, 0.2%)

2 介は, 助といふ 1 介という, 介の, 介を, 助氏に

▼ 勘~ (8, 0.2%)

2 である 1 であった, であったが, と云う, に其の, も傍, も後ろ

▼ 勘次彦兵衛~ (8, 0.2%)

2 の二人 1 がそれ, と落合った, に挾まれ, の三人, の顔, はまだ

▼ 勘解由店~ (8, 0.2%)

5 の刑部屋敷 1 と云った, の一軒, へ続々

▼ 勘~ (7, 0.2%)

21 からな, がね, とよ, ね, よ

▼ 勘~ (7, 0.2%)

1 ともかくも, また尾州, 万太郎様にも, 伝吉とて, 次郎に, 見當, 金吾の

▼ 勘~ (7, 0.2%)

2 にす 1 だつて, だらう, でございます, という者, の家

▼ 勘忍袋~ (7, 0.2%)

6 の緒 1 の効果

▼ 勘ちがいした~ (6, 0.2%)

1 か, かあべこべ, か刑場, のかしら, んだ, んです

▼ 勘~ (6, 0.2%)

2 ではこれ 1 といふもの, により四つ, に云, の面穏

▼ 勘から~ (5, 0.1%)

1 ず, そちの, 取った, 密告の, 甲府の

▼ 勘と共に~ (5, 0.1%)

1 どうしてここ, 即日甲府から, 奉行所の, 尾けて, 石神堂で取逃がした

▼ 勘によって~ (5, 0.1%)

2 釣糸を 1 するまでの, できますもの, わかる人

▼ 勘われ~ (5, 0.1%)

1 あ何, あ常から口, に訊く, もちった, も手伝え

▼ 勘介入~ (5, 0.1%)

5 道道鬼

▼ 勘介入道~ (5, 0.1%)

1 して, である, の事, の首級, も申したごとく

▼ 勘~ (5, 0.1%)

1 がペコペコ, が来, が糞, とあっ, の間抜け

▼ 勘兵衞さん~ (5, 0.1%)

1 だけ入, ですよ, はこの, はわけ, は又

▼ 勘四郎~ (5, 0.1%)

1 がこの, がこれ, という人, の妻, は尾

▼ 勘解由様~ (5, 0.1%)

1 と, に対して九兵衛, まで戦死, もとう, を御

▼ 勘辨出來~ (5, 0.1%)

2 ないこと 1 ない, ぬと, ねえこと

▼ 勘~ (5, 0.1%)

2 して 1 してやらうと, を願, 下さいますやう

▼ 勘~ (4, 0.1%)

1 がひ, がひされない, がひしてる, がへ

▼ 勘でも~ (4, 0.1%)

2 知れる確 1 こればかりは, 万太郎でもが

▼ 勘~ (4, 0.1%)

1 のでこんど, んざかえって足手纏いそこに, んで, んでさ

▼ 勘一郎~ (4, 0.1%)

1 と女二人, は同じ, は柏軒, は焦慮熟考

▼ 勘~ (4, 0.1%)

1 が見, と鈴木茂三郎等, の労救, もいいあわせた

▼ 勘右衞門~ (4, 0.1%)

1 の屋敷, の所, の總領勘三郎, は老病

▼ 勘次に~ (4, 0.1%)

1 それを, 使はれ, 盗取られたに, 返辭

▼ 勘解由家~ (4, 0.1%)

1 とは反対, にとって重大, の当主, の後

▼ 勘~ (3, 0.1%)

1 ない, 日本一州の, 知るべき大略

▼ 勘ちや~ (3, 0.1%)

1 ん, んさう, ん死ん

▼ 勘とは~ (3, 0.1%)

1 お嬢様も, 別の, 超人的

▼ 勘には~ (3, 0.1%)

1 ありありと, 今日の, 瞭

▼ 勘にも~ (3, 0.1%)

1 さしたる注視, 以後の, 同じよう

▼ 勘五郎さん~ (3, 0.1%)

1 でございますが, に苦しい, はもと

▼ 勘付い~ (3, 0.1%)

2 てゐる 1 て来ました

▼ 勘作さん~ (3, 0.1%)

1 とぼけちゃ, どうだ, 忘れたとは

▼ 勘兄哥~ (3, 0.1%)

1 じゃねえ, の番, もか

▼ 勘~ (3, 0.1%)

1 して, しろい, なさって

▼ 勘八さん~ (3, 0.1%)

1 がお, でしたか, と仰し

▼ 勘八どの~ (3, 0.1%)

1 だ, はここ, はなん

▼ 勘右衛門様~ (3, 0.1%)

1 が, の驚くまい, は

▼ 勘太夫~ (3, 0.1%)

1 そのほか, の娘, は非公式

▼ 勘手前~ (3, 0.1%)

1 なんざあ文字, はな番所叩, 見たか

▼ 勘次さん等~ (3, 0.1%)

1 それでも穀類, まあだ十七, 見て

▼ 勘次等三人~ (3, 0.1%)

1 が出, が行つた時, は其の

▼ 勘親方~ (3, 0.1%)

1 が帰っ, とはとうから, にさえ会っ

▼ 勘解由左衛門~ (3, 0.1%)

1 すなわち足軽大将, に下った, も任地

▼ 勘~ (3, 0.1%)

2 して 1 ならね

▼ 勘違ひだ何~ (3, 0.1%)

3 も私

▼ 勘お前~ (2, 0.1%)

1 はこの, はその

▼ 勘だけで~ (2, 0.1%)

1 作業を, 言って

▼ 勘だけでも~ (2, 0.1%)

1 わかるん, 近よれる

▼ 勘ちがいしない~ (2, 0.1%)

1 でよ, でよお母様

▼ 勘ちがえ~ (2, 0.1%)

1 のところ, をし

▼ 勘ちげ~ (2, 0.1%)

1 えした, えを

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 やどうも, や奴さん

▼ 勘っ子~ (2, 0.1%)

1 が落胆, を張っ

▼ 勘です~ (2, 0.1%)

1 から, がね

▼ 勘~ (2, 0.1%)

2 子が

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 せ拙者, なんでそち

▼ 勘七どん~ (2, 0.1%)

1 くらいしか知りません, は昨日

▼ 勘七郎殿~ (2, 0.1%)

1 にも今度, にも分りませぬ

▼ 勘三さん~ (2, 0.1%)

1 いるの, の田ン中

▼ 勘今日~ (2, 0.1%)

1 だきゃあ, はぜひとも

▼ 勘付かれ~ (2, 0.1%)

1 てあいつ, やア

▼ 勘付かれた~ (2, 0.1%)

1 ので其後, 爲かも

▼ 勘付く~ (2, 0.1%)

1 とむくむく, やいなや彼

▼ 勘作さんお前さん~ (2, 0.1%)

1 はなんと, は私

▼ 勘六の~ (2, 0.1%)

2 でいり

▼ 勘十郎信行~ (2, 0.1%)

1 の折目, は信長

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 の三度目, は十何年来町役場

▼ 勘子ぢ~ (2, 0.1%)

1 や打ち殺され, や間

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 が云々, の龍

▼ 勘当せん~ (2, 0.1%)

1 とまで思った, と敦圉

▼ 勘忍ぶ~ (2, 0.1%)

2 くろの

▼ 勘昨夜~ (2, 0.1%)

1 の今朝, は山谷

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 は失敗, をやつ

▼ 勘次お前~ (2, 0.1%)

1 まあそれ, 出来るか

▼ 勘次不都合~ (2, 0.1%)

2 なこと

▼ 勘次等~ (2, 0.1%)

1 え, にも濟まねえつ

▼ 勘次郎さん~ (2, 0.1%)

2 に近頃

▼ 勘殺し~ (2, 0.1%)

2 の下手人

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 を蒙り, を蒙る

▼ 勘~ (2, 0.1%)

1 もちった, も来い

▼ 勘當同樣~ (2, 0.1%)

1 に此道場, の若旦那樣

▼ 勘當娘~ (2, 0.1%)

1 の, の始末

▼ 勘自身~ (2, 0.1%)

2 の口

▼ 勘藏さん~ (2, 0.1%)

1 がねえ彼, も然

▼ 勘解由殿~ (2, 0.1%)

1 だ, に御意

▼ 勘解由母~ (2, 0.1%)

2 お柳

▼ 勘辨願~ (2, 0.1%)

2 ひます

▼ 勘違え~ (2, 0.1%)

1 をし, をした

▼ 勘高い~ (2, 0.1%)

1 声が, 声で

▼1* [299件]

いろいろなもの, 勘えてばッ, 勘糸は, 勘かれこれ半かの, 勘きな臭えぞ, 勘こちらの親方, 勘この川底あ, 勘さん卿の所, 勘しか働かせて, 勘かうぶ, 勘する学派クリチックを, 勘そうするとそちは, 勘その気で, 勘その他狛家の飼侍たち, 勘それとは違うであろう, 勘だけなん, 勘だけじゃあねえきさま, 勘だの想像だ, 勘ちがいしたらしく真夜なかに, 勘ちがいしてるんじゃろ, 勘ちがいなすって入, 勘ちがいなすったとみえ, 勘ちがえしていません, 勘子を, 勘である感覚である, 勘でのみ会得される, 勘では私の, 勘でばかりやって, 勘とかの若い者, 勘とこへ行かん, 勘として認めたこと, 勘としても予期以上の, 勘とやらどうか, 勘えらい道, 勘どこかで茶漬け, 勘などもさだめしどうした, 勘なら姐御, 勘なればこそ杓子定規, 勘なんて奴に, 勘なんで止める, 勘にさえ疑惑の, 勘にてその昔, 勘になつてこそを, 勘によつて綜合的に, 勘に対する自信の, 勘ふたりの縄付き, 勘ふり切ろうと, 勘ふるに道理文証之, 勘くり返して, 勘へたりし立正安国論, 勘へて軽むる方, 勘へは先日黒鍬の, 勘へる西域の, 勘やっと目ぼし, 勘うちに, 勘らしい声が, 勘わりゃあすっ込んで, 勘ツ子にでも當つて, 勘一つで独特, 勘一郎与一兵衛上原全八郎, 勘一郎氏の許, 勘七さんだよ, 勘七ぢやございません, 勘七三郎は種ヶ島, 勘七原勘兵衛等と共々, 勘七郎たけ子の夫妻, 勘七郎宛に書面, 勘三さん一つ啓坊二三日あずかって, 勘三叔父さんは啓ちゃん, 勘三福生の部屋, 勘九分でいつもいろいろ, 勘五郎おれはここ, 勘五郎さん処の次郎さん, 勘五郎中村鶴蔵岩井松之助などという顔触れ, 勘五郎夫妻久蔵親子和助万吉それに下女, 勘五郎夫妻久藏親子和助萬吉それに下女, 勘五郎氏の息子, 勘五郎芳三郎芝鶴菊四郎工左衛門寿朝等いづれも, 勘五郎菊四郎のさらに, 勘介お前はどう, 勘介さんだったね, 勘介さんだもねえ, 勘介してくれ, 勘介他の連中, 勘介原隼人などの叡智, 勘介大江山退治の際一泊, 勘介女勘介他の連中, 勘介幼名を贈, 勘介紫紐丹左衛門こう六人, 勘介道鬼の陣前, 勘けど, 勘付かなかつたのである, 勘付かぬ事は, 勘付かれぬよう夥しく, 勘付きまして, 勘付き出し急に頭, 勘以外にはない, 勘作さんおまえさんのよう, 勘作さん家かな, 勘作腹が空いたら, 勘使兼御買物方, 勘使津田能登服部左門御買物役西池主鈴, 勘俺たちもこれ, 勘兄哥そりゃあお前采女の馬場, 勘八さんお前こそどうして, 勘八一人唯悪い, 勘八前へ出, 勘八郎がいった, 勘公此奴をどう, 勘公逃げさらすなよ, 勘六親分長い間世話, 勘兵衞ぢやありません, 勘兵衞吉田右馬太夫長濱九郎右衞門比惠の原, 勘兵衞師匠皆な打明けて, 勘兵衞殺しの下手人, 勘兵衞氏の藏, 勘兵衞當てもなく隣り, 勘兵衞親類五六人老番頭宅松, 勘兵衞隨分イヤな事, 勘冷えるのう, 勘出人などの各課, 勘匹夫の浅, 勘十代議士の反対演説, 勘十佐野学などの人, 勘十氏等である, 勘十磯野平三郎塩野清介の三人, 勘十等である, 勘十郎信行様とも談合, 勘十郎勘右衛門の両家, 勘十郎庄屋めきたる家康公, 勘十郎方の飯焚, 勘十郎殿は折り目, 勘十郎自身のもの, 勘十黒田寿男氏等は何日, 勘及びここに, 勘取って地謡, 勘右衛門以下千二百人大矢野の甚兵衛, 勘右衛門以下千四百寺沢の営, 勘右衛門殿はしたないでは, 勘右衛門野口勇三郎であったから, 勘吉原の平松, 勘呼んだら来いよ, 勘し終に, 勘問聴訴追捕, 勘国防人の歌, 勘坊相応の着物, 勘坊相應の着物, 勘塩田陸奥守らの副将たち, 勘大儀だったのう, 勘太作というよう, 勘太左は出, 勘太爺さんが, 勘太親方とは本, 勘婆アと板橋, 勘察加風の横長, 勘けろ, 勘左衛門同人倅四郎助磯矢頼母の三人, 勘左衛門小納戸田中貞四郎中村清右衛門磯貝十郎左衛門などの同僚たち, 勘左衛門様でございましたので, 勘左衞門の母, 勘左衞門名主善兵衞大年寺住職龍門の三名, 勘左衞門雀の忠三郎, 勘左野瀬二郎などの若者, 勘平が刀を腹, 勘平が御前を憚, 勘は, 勘彦手前たちも聞い, 勘彦用が済んだら, 勘がつかない, 勘愛国の至情, 勘を貸せ, 勘持ちでいわゆる, 勘文一通を造りなし, 勘文以下の, 勘日本左衛門は捕え, 勘旧知の如し, 勘えが, 勘を弄, 勘して, 勘で打合せ, 勘様越後屋の御, 勘横丁へ火先, 勘次お前気が違った, 勘次かお村のうち, 勘次げも一噺すべ, 勘次さんお前草臥たんべえな, 勘次さんこと欲しくつて後, 勘次さん俺死んだらなあ, 勘次さん俺ら今日は日, 勘次さん彼女げ焦れたんぢ, 勘次さん惡く思はねえでくろう, 勘次さん此ら大變, 勘次さん此處に居, 勘次さん毎度有難う, 勘次さん與吉こと起してた處, 勘次さん譯のねえ, 勘次さん近頃工合がえ, 勘次さん駄目だよ, 勘次さん鹽見て, 勘次それぢや此, 勘次とんでもねえ事, 勘次どんにや善く, 勘次ガオレニ咄シタニ最早隠居ハ吉原, 勘次丸太ん棒のよう, 勘次以來愼めるか, 勘次佃にかかる, 勘次兄哥どんな時, 勘次十七になった, 勘次四五軒向うの八里半丸焼き, 勘次声を忍ばせた, 勘次岡崎町の桔梗屋, 勘次影のよう, 勘次恁うして, 勘次此の竹, 勘次汝の身分, 勘次汝其様な事, 勘次物を打つけれ, 勘次生壁の蔭, 勘次等そん時から俺, 勘次等位な, 勘次等懷はよかつ, 勘次等懷工合え, 勘次等親子仲よくつて, 勘次自身には如何, 勘次苦もなく, 勘次退路を取っ, 勘次郎おりんこう五人, 勘次郎その他四五の家臣, 勘次郎どんとは近頃, 勘次郎はかの小判, 勘次郎下女のお, 勘次郎氏の, 勘次頭からもろに, 勘決して正像末法の, 勘治さん親切に, 勘治村から道士川, 勘治村道士川と越え, 勘湖月帝国ホテル精養軒抔といふ所, 勘無駄口叩かずと, 勘爺さんが頷いた, 勘爺さん其弟の辰爺さん, 勘なの, 勘由亀親方の五人, 勘當中の弟子, 勘當息子らしくない良い, 勘癪玉を破裂, 勘の事, 勘を抛れ, 勘破し合うのです, 勘竹由丑六三公みんな胃袋そのもののよう, 勘して, 勘翁七代目松本幸四郎の父, 勘聞け好えか, 勘背後へ廻れ, 勘の者, 勘の半ぺん, 勘藏これ何処へ行っ, 勘藏さん新吉さんが来た, 勘行って来い, 勘衛門はあきれ, 勘だらうと, 勘見ろいこれ手に, 勘解由ひとりが異, 勘解由使いは出た, 勘解由使宮中に於ける, 勘解由公儀御用達とはいっ, 勘解由千賀子の屋敷, 勘解由多田淡路守典厩武田信繁もいた, 勘解由夢心地に立, 勘解由宰府口には毛利左近, 勘解由家代々の主人, 勘解由小西弥九郎一柳市助などいわゆる, 勘解由小西弥九郎山内猪右衛門一豊など多士済々, 勘解由店刑部殿参る, 勘解由当年五十歳の分別男, 勘解由木下助右, 勘解由水野弥一兵衛庄司仙三郎近藤幹雄中坊陽之助, 勘解由眼八について列, 勘解由等これに殉じた, 勘解由軍記などがあつ, 勘つたのも, 勘走った高い声, 勘踊りなどに転化, 勘辨しめえと思, 勘追いかけては, 勘とに命じ, 勘進元の仲間ぢ, 勘や, 勘道中師の伊兵衛, 勘違えしちゃいけねえ, 勘違ひで腦髓つてものは裏海, 勘違ひといへば, 勘避けの方法, 勘して, 勘附いて無い, 勘附かれたと見える, 勘附かれたらどうしよう, 勘高くひびく唄, 勘黙って歩け