青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「厳~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~原因 原因~ 原始~ 原子~ ~原理 原理~ ~原稿 原稿~ ~厭 厭~
厳~
~厳重 厳重~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~ ~去る 去る~ 去年~

「厳~」 1157, 12ppm, 8784位

▼ 厳めしい~ (106, 9.2%)

2 実質を, 石門を

1 [102件] ところが, ところを, のが, のに圧迫, むしろ黒猫, ものに, ものには, スタイリストの, ドイツ人の, ビルディングの, ポーチと, 一宇の, 京極家の, 人達の, 佩剣の, 兵隊さんが, 兵隊靴の, 具足を, 内の, 冠木門から, 冷たいもの, 制服姿の, 口調で, 口髭を, 号令がか, 名刺を, 名前を, 咳払いを, 商家の, 塀と, 塀を, 壁に, 大きな御門, 大叔父さん, 字で, 官衙には, 宮殿の, 容態で, 寧ろ黒猫, 小父さん, 山侍が, 廃院を, 建物は, 建物陰欝な, 態度で, 挙手の, 景気を, 木像が, 本を, 標題を, 正装の, 武人の, 武士が, 武士は, 武士も, 武家屋敷と, 法律の, 洋服姿の, 活字や, 煉瓦造りの, 父に, 父の, 物知り顔が, 玄関付の, 畠山重忠の, 目印し, 看板の, 眼で, 眼または, 瞳, 石像が, 石垣格子の, 石扉が, 硝子棒と, 礼儀を, 紋切型で, 紺青と, 能登守にも, 蓋を, 表玄関の, 表門が, 表門の, 言葉づかいする, 語調が, 談判では, 警官達も, 赤煉瓦の, 身ご, 郡長の, 配達の, 金ピカで無い, 鉄の, 鉄格子の, 鉄門の, 鉄門も, 長い口髭, 門扉などは, 陽明学者では, 顔つきで, 駕籠に, 高壁, 髭面の

▼ 厳として~ (89, 7.7%)

11 存在し 3 云った 2 存し, 存在した, 存在する

1 [69件] ありますから, ありますな, いいました, いい渡すと, おのれを, かためて, これを, そびえて, それを, どこかに, よく守られ, ゐる, エヂプトの, 与へられた地域, 人を, 位置を, 円を, 別になけれ, 創造を, 動かすべからざる事実, 在ると, 墓中に, 天地の, 失われて, 威を, 存する谿谷, 存在は, 宇宙に, 守って, 実在する, 対立する, 崩さず一同平常, 平なる, 彼等の, 従うが, 従ふ, 性慾の, 成立し, 押し進めるも, 控えて, 政界の, 朝鮮文字の, 残つてゐる, 気を, 永久に, 消えない陰影, 火焔は, 物語即, 犯し難き, 犯すべからざるところ, 犯すべからざるもの, 犯す可, 独立した, 生きて, 目に, 磐石の, 秋霜烈日的なる, 立ったの, 緘黙した, 群山の, 肉体的意慾が, 許さぬ関, 警告する, 赭黒である, 身動きが, 軍律を, 軟化せず, 輝やかしい, 門戸を

▼ 厳~ (69, 6.0%)

1 [69件] いる庭先, うえにも, うしろから, きみに, ことを, すがた, ために, どなたにも, はなしと, ほば, やうに, 一子李豊が, 一幅の, 三院に, 上の, 二上皇を, 人がらは, 初心らし, 前まで, 呪咀を, 域迄, 大久保らを, 姿は, 嫡男として, 嫡男新, 家臣が, 左右一顧の, 弄策は, 弟, 弟ぎみ梶井ノ, 形相が, 御使, 御脱出, 御船を, 心は, 息子であった, 意に, 意味が, 意見と, 感じを, 手から, 手は, 書簡として, 木剣は, 極でも, 歌詞という, 死ぐらい, 気は, 気もちと, 気合ひ, 生は, 申すには, 真名古が, 真名古と, 眸が, 督し, 神境な, 精神転換或は, 縄を, 耳元へ, 胸には, 裸山に, 輪郭だけは, 返辞は, 退職は, 部屋だった, 面を, 顔いろ, 顔は

▼ 厳~ (68, 5.9%)

3 自分の 2 次の

1 [63件] あたりを, ある年, いきなり跳びついた, かえって辛, ことばを, この友, これに, そうした丹田, そう訴える, その人, その変らない, それと共に, それまで, それや, ひそかに, もうこの世, わが身を, 一城の, 一夜を, 一族と共に, 丁寧すぎる, 三日にわたって, 世間に, 云い出す急, 云うの, 云ったが, 今そこに, 以来数年間無, 伊勢守に, 但馬守宗矩の, 何も, 堤へ, 増産や, 外に, 大喝した, 寛永三年の, 寝も, 彼を, 御先祖, 心を, 心残りで, 忠明の, 怪しみと, 恩に, 我執の, 斬り込むよう, 日本の, 有らゆる美, 朝から, 気の毒やら, 法衣の, 熊本その, 父として, 疑いだした, 病身である, 眼を, 胸が, 自尊を, 苦笑し, 落涙が, 面々が, 頭を, 顔と

▼ 厳~ (60, 5.2%)

5 しく立って 4 しい門 2 しい顔, しく並んで, しく武装, しく見えた

1 [43件] しい人, しかったが, しくかまえこんで, しくそうして, しくその, しくなど, しくは, しくスナイドル式銃剣, しく並び立つて, しく云, しく作り, しく問い詰めた, しく声, しく小山, しく居, しく延長, しく愉快, しく本能寺, しく構え, しく欄間, しく波多野文化研究所, しく注視, しく生やして, しく礼, しく立ち並んで, しく立つては, しく立派, しく綺羅星, しく聳えて, しく舁, しく行列, しく言い添えた, しく詮議, しく踏み込んで, しく車寄せ, しく退っ引き, しく道庁, しく重々しく, しく重ねた高い, しく静まりかえり何処, しく頑固, しそう, てそこ

▼ 厳~ (57, 4.9%)

2 我我の, 美しさ

1 [53件] あたりの, これ程崇大, ほど静か, ものに, ものの, んだ, アダジオは, 一瞬間が, 仏事であった, 仏事の, 光に, 光明は, 写生に, 古古, 合唱と, 和歌子の, 喜劇的現象ぢや, 声で, 大神宮が, 家庭で, 寒気に, 平和の, 彼と, 徳は, 愉悦に, 感じすら, 晴朗さの, 暁光に, 林の, 森林帯の, 権威が, 権威の, 気分が, 気持で, 気持に, 氷結した, 激語を, 猛火の, 瞬間に, 矛盾の, 碧黒い, 稲妻の, 端麗な, 美しい燃える, 背景の, 衣冠束帯の, 覇気横溢の, 言葉に, 趣を, 顔, 顔に, 顔にな, 顔面に

▼ 厳~ (43, 3.7%)

2 老匹夫

1 [41件] が先, が出, が初めて, が思い出した, が説い, にいう, には巴西, にも察し, の上帯, の二将, の兵, の功労, の密偵たち, の廻し者, の引きしぼった, の輩, は, はこの, はこれ, はすでに, はそれ, はひざまずかない, は一笑, は二人, は仰天, は使い, は刀, は十名, は合図, は味方, は張飛, は心, は手, は老い, は黄忠, もまた, も必死, をひかせ, をゆるし, を天蕩山, を案内

▼ 厳めし~ (38, 3.3%)

3 い声, さを 2 い門, い面, い顔, さと

1 [24件] いお関船, い三人, い人, い八字髭, い力, い口, い名, い形, い構え, い金モオル, い顔付, い馬乗提灯, うなりて, くいった, くきわ, くした, くして, さうに云つてゐた, さうに口を, さとは, さは, さ四方に, そうなれ, の銅像

▼ 厳~ (33, 2.9%)

6 して 2 するよう, せねば

1 [23件] ある屋根, されて, した, し切り方, し呂布, する, するが, すること, するという, するのみ, するは, するばかり, する他, する必要, せしめし, なりたい, 失する所以, 急かれて, 打たれた, 見せるため, 迫った, 過ぎるの, 過ぐるため

▼ 厳たる~ (29, 2.5%)

2 事実であります, 人生の, 支配者の, 自我の

1 [21件] こそよけれ, もので, 一諸侯の, 事実であった, 事実である, 事実に, 事実を, 報告に, 大鉱山, 存在も, 存在を, 御決裁, 思想性の, 意志力, 暗黒世界の, 珠光を, 環境が, 白堊校堂裡鹿爪らしき, 皇国観念に, 礼を, 貫禄を

▼ 厳なる~ (28, 2.4%)

1 [28件] がため, こともちろん, ことを, なかれその, にあらざれ, に似, のみにし, は白銀, ものなり, を怨み, を見, デタラメだ, 人だ, 人世の, 光景を, 勝利とを, 大殿堂, 夫人の, 寝室中央には, 床に, 然して永遠, 社会人は, 神典には, 神秘の, 管絃を, 蓋し東坡, 警戒を, 道徳上の

▼ 厳~ (26, 2.2%)

2 もって

1 [24件] お味方, お迎えした, こめて, その方面, つかまえて, のぞいては, ひいて, 初め城中の, 加へ, 増したの, 奉じて, 奉じわれ, 室に, 悟らす, 愛し尊敬, 描きあげて, 旨として, 極めた, 極めたもの, 犯す行為, 示して, 自分の, 連れて, 髪の毛に

▼ 厳~ (18, 1.6%)

2 して

1 [16件] いって, いふと, したもの, した一書, した事実, した声, した威厳, した現実, した言葉, すこぶる心交, 云えば, 慈母の, 示した, 空虚の, 美と, 風致の

▼ 厳~ (17, 1.5%)

1 [17件] した赤ら顔, なこの, なすがた, な体躯, な市刑務所, な年寄り, な建物, な扉, な本陣擬, な格子, な留守宅, な石作り, な荷作り, な鉄, な錠, な青竹, な革帯

▼ 厳~ (15, 1.3%)

2 まだ十六歳

1 [13件] あって, いちど孟達と, たいへん重用, つむじを, 力を, 問うと, 意見に, 打消したとおり, 次の, 永安城から, 羨ましいの, 肥後へ, 自分の

▼ 厳~ (15, 1.3%)

1 [15件] かだった, かで寛ぎすぎた, かなる, かな一時間, かな口調, かな強い, かにうなずいた, かにそびえる, かに威儀, かに廻転, かに更け, かに窓, かに聳え, かに膝, かに離別

▼ 厳~ (13, 1.1%)

2 して

1 [11件] たるところ, たる師, たる数行, たる横顔, たる特性, たる美しい, たる青年, として厳, として我立場, なる表情, らしくピヤノ

▼ 厳白虎~ (13, 1.1%)

2

1 [11件] が威, とわし, にありのまま, の弟厳, の首, は余杭, は奢侈, は弟, もひそん, を助け, を捕え

▼ 厳~ (11, 1.0%)

1 [11件] な, 坂で, 御達し, 忠告を, 法度, 眼を, 硬ばった人相, 肩を, 蛮音, 親しみの, 顔を

▼ 厳~ (11, 1.0%)

1 [11件] が訊きかえす, が黙然と, に手, の従者たち, の首, は仰向け, は心, は支えきれず, は早速, は楓橋, は腰

▼ 厳~ (11, 1.0%)

1 [11件] が生んだ, にいいふくめ, に相談, に肌着, の腹, は, はいった, は呂布, は正妻, は良人, や娘

▼ 厳~ (11, 1.0%)

2 の宸翰 1 と申せ, の延文元年, の後, の御, の第, の貞治二年, よりは少なくとも, ノ朝, 御自撰

▼ 厳~ (10, 0.9%)

1 がございました, が僕, が浮い, その痛まし, である, もなく, も知った, や蒼空, を信ずる, を讃えた

▼ 厳上皇~ (10, 0.9%)

2 の御 1 こそかけがえ, とてこれ, と新院豊仁, と豊仁親王, の御幸, の皇弟, はこの, はその

▼ 厳~ (10, 0.9%)

1 にせよ, にまみえ, の傅, の朝, はいっそもう, はまだ, はもう, は輿, をはじめ, 後伏見

▼ 厳~ (9, 0.8%)

1 しかった, しかった時代, しくなったが, しく云, しく云つて禁止, しく云わん, しく叱言, しゅうございます, しゅう訴え

▼ 厳~ (8, 0.7%)

1 しかも温い, 不浄を, 打目戍れり, 掉つた, 擯斥する, 生気が, 言った, 閉ぢて

▼ 厳~ (8, 0.7%)

1 おり甥, また先帝, やがてすぐ帰っ, 刻苦した, 家の, 礼を, 遠くから, 遠国

▼ 厳~ (8, 0.7%)

2 な人 1 である代り, とを脱し, と乱暴, な代り, な輩, を極めて

▼ 厳橿~ (8, 0.7%)

3 が本 1 がう, がもと, は厳か, や白檮, 之本

▼ 厳まし~ (6, 0.5%)

3 くって 1 く沙汰, く言っ, ゅうございましてえ

▼ 厳ましい~ (6, 0.5%)

1 けれど遊ぶ, 事を, 茶屋へでも, 親の, 贅沢を, 高価な

▼ 厳~ (6, 0.5%)

1 かちょっと, で正成, に行, の位牌, の御札, の裏

▼ 厳~ (6, 0.5%)

2 を先手 1 と同じ, を打たれ, を斬っ, を真っ先

▼ 厳~ (5, 0.4%)

1 な冬, な北風, にし, の雪原, を加え

▼ 厳~ (4, 0.3%)

1 あつた, 一種重要の, 絢爛であります, 親に

▼ 厳~ (4, 0.3%)

1 がある, とがどこ, に照らし, の一端

▼ 厳~ (4, 0.3%)

1 などを出し, の子, は先だち, も衆

▼ 厳和尚~ (4, 0.3%)

2 の痛罵 1 と小坊主, の唐詩

▼ 厳~ (4, 0.3%)

2 した 1 である, を拒否

▼ 厳天皇~ (4, 0.3%)

1 が御, として践祚, はこの, をはじめ

▼ 厳~ (4, 0.3%)

2 に在り 1 にて再編, に在る

▼ 厳~ (4, 0.3%)

1 いわば形, お掛合, 御仕置申付け候, 御叱

▼ 厳から~ (3, 0.3%)

1 命じられて, 来た書簡, 計らずも

▼ 厳なり~ (3, 0.3%)

1 しならん, 慈と, 穏かなり

▼ 厳~ (3, 0.3%)

1 らしい顔, らしく答, らしく語り出す

▼ 厳べら~ (3, 0.3%)

1 しい口, しく言, しく言つて

▼ 厳~ (3, 0.3%)

1 伏見花園上皇の, 伏見花園女院の, 村上光明の

▼ 厳微妙~ (3, 0.3%)

1 ですから, の夜, の海

▼ 厳~ (3, 0.3%)

1 され寸毫, して, しないからと

▼ 厳~ (3, 0.3%)

1 の義絶, の薨去, 又義絶

▼ 厳いもの~ (2, 0.2%)

1 であると, にします

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 つたのに, といふ

▼ 厳である~ (2, 0.2%)

1 といふ事実, のに

▼ 厳とは~ (2, 0.2%)

1 こういうの, 知って

▼ 厳とも~ (2, 0.2%)

1 いうべき歌調, 謂うべき一首

▼ 厳ならざる~ (2, 0.2%)

2 は師

▼ 厳なることかく~ (2, 0.2%)

1 のごとし, の如し

▼ 厳には~ (2, 0.2%)

1 いろいろに, して

▼ 厳のみか~ (2, 0.2%)

1 どすらも, どの寝

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 すがって, 心から頭

▼ 厳めしげ~ (2, 0.2%)

1 な所, にそんな

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 神厳之, 霊といふ

▼ 厳九郎~ (2, 0.2%)

1 という先生, と申す

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 から来る, という清麗

▼ 厳光明崇光~ (2, 0.2%)

2 の三上皇

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 はもう, は大和柾木坂

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 な態度, な顔

▼ 厳~ (2, 0.2%)

2

▼ 厳凝し~ (2, 0.2%)

2 てむ

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 を弛め, を改革

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 しい声, を期す

▼ 厳子陵~ (2, 0.2%)

2 の図

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 で巨大, とした

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 で, へその

▼ 厳法印~ (2, 0.2%)

1 という者, の弟子

▼ 厳法皇~ (2, 0.2%)

1 だけは伏見, やほか

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 の上, を据えつけ

▼ 厳~ (2, 0.2%)

2 の宅

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 のある有れ, を破り

▼ 厳陵瀬~ (2, 0.2%)

2 の河

▼ 厳~ (2, 0.2%)

1 の候, 凄風

▼1* [158件]

あり品あり, 厳いところがあっ, 厳い口髯を生やした, 厳い姿がどうか, 厳い抗議を申込んだ, 厳い抗議書を投げつけた, 厳い顔をし, 厳おまえも気, 厳かつい岩壁を仰い, 厳を蓄, 厳くした, 厳さかきなどになる, 厳さと平板な和声, 厳さと権威との美, 厳さんお前さんも天狗, 厳さんその後でまた, 厳しかアねえと, 厳しかりしも我が, 厳しかりけるこの女房, 厳しゅくに聞えた, 厳すぎる滑稽であった, 厳すら二十歳である, 厳その人です, 厳そのものであった, 厳たりとも免し, 厳たる説のごとく, 厳だったがここ, 厳った肩の, 厳であったので法正, 厳でなければならない, 厳という坊さんに, 厳といった風貌の, 厳といふ評言は, 厳とか云いました, 厳としては生けるわが子, 厳とを愛憬する, 厳どのが, 厳なある力が, 厳ながらやさしい尊い立派, 厳なすがたや, 厳ならずして家風, 厳なればなり, 厳な羽ばたきをたて, 厳にも同じ言, 厳ましいたってお, 厳めしいいでたちの拾, 厳めしいがおそらくヒステリー的, 厳めしい構え黒板塀が, 厳めしう怖ろしき, 厳めしきは, 厳めしき人の, 厳めしき体裁で何所, 厳めしき刀を差し, 厳めしき制縛もて彼, 厳めしき名の親分, 厳めしき姿を写し出せり, 厳めしき検視の役人, 厳めしき者最も崇高, 厳めしき里方の父, 厳めしき鉄門あり番人, 厳めしき面構の一癖, 厳めしくも彼の治世, 厳めし屋の師匠, 厳めし気に照準, 厳よく分った, 厳らしい様子で, 厳り立てた園池, 厳野間権現の, 厳びしぐで, 厳シイニ違イナク手ノ痛, 厳シイ心当リハ, 厳シク禁ジラレテイル予下戸ノ五子, 厳シク軍律ヨク行ハレテ遠ク大坂ト海, 厳ミサ曲というの, 厳メシサナリキ中ニハ干鰯俵, 厳丈づくりで厚手, 厳の電, 厳のふたり, 厳二郎氏である, 厳以下多くの家臣, 厳したので, 厳に列席, 厳兼ネ備ヘタル秀麗ノ君子人トナス, 厳冷酷烈なる, 厳制されたしと啓す, 厳制すたれ易く興行, 厳となりしなるべし, 厳則さへ成り立つ, 厳勝次男厳久のふたり, 厳の, 厳和尚子供のよう, 厳哨シテ消息ヲ知ル, 厳善美なもの, 厳せしめたり, 厳は峻烈, 厳居士, 厳太郎博士が所長, 厳如上人はまた, 厳に感謝, 厳しにくい, 厳へ誘い出した, 厳嶋潮満ちたらし海中, 厳嶽一陽庵等の号, 厳帝さまもひとしく, 厳魂天疎, 厳の漢訳, 厳どだい人間, 厳にふさぎたれどもたけからず, 厳に別れ, 厳或は之を, 厳という男, 厳新説百出規模雄大奇々怪々たる珍書, 厳の如き, 厳有院様の時代, 厳の, 厳本善治の二人, 厳本善治副島八十八安部磯雄花井卓蔵原田赴城松田順平山崎弘道留岡幸助布川孫平大村和吉郎蔵原惟郭三宅雄二郎丹羽清次郎江原素六富田鉄之助西原清東飯田宏作山田吉郎兵衛松村介石の二十名, 厳本善治安部磯雄木下尚江島田三郎がつぎつぎ, 厳正公平に審理, 厳にし, 厳とに閉じこめられ, 厳の構成, 厳浄土也フタリ枕ヲナラベテネタルニヒトリハ悪夢, 厳浄寺で墓前, 厳瓮之粮の, 厳畳づくりでぶつぶつ, 厳いたしましたから, 厳神聖なる儀式, 厳ヲ施ス, 厳稲村隆一三宅正一平野力三中村高一らが集まっ, 厳の趣, 厳窟尊者の風采, 厳粛也芸術は快活也, 厳粛清冷なる神気, 厳が治め, 厳美渓の方, 厳翼博士に於ける, 厳にし, 厳荘重なるミルトン, 厳の仏家式, 厳の苔, 厳に服する, 厳の学風, 厳課し出さぬ奴の, 厳したる, 厳したり, 厳院法皇の御, 厳陰惨な力, 厳陽尊者一物不将来, 厳雄麗金碧目を眩まし, 厳安南, 厳造也, 厳の辞, 厳頼んだぞ, 厳顔卓膺には張飛, 厳し先ず, 厳飾容加又含毒蟄劇如蛇, 厳飾念うところ随意