青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「原稿~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~原 原~ 原則~ ~原因 原因~ 原始~ 原子~ ~原理 原理~ ~原稿
原稿~
~厭 厭~ 厳~ ~厳重 厳重~ ~去っ 去っ~ ~去った 去った~ 去り~

「原稿~」 3193, 34ppm, 3392位

▼ 原稿~ (1042, 32.6%)

74 書いて 22 持って 14 持つて, 送って 13 読んで 10 書いた, 見て 7 もって, 書いたり 6 見せて 5 とりに, よんで, 手に, 書きあげて, 書きながら, 書く, 書くこと, 渡して, 買って 4 かいて, たのみに, 作って, 出して, 取りに, 取り出して, 持ち込んで, 整理し, 書きつ, 置いて 3 あずけて, ふところに, 依頼し, 書きに, 書くので, 睨んで, 返して, 送った, 送つて, 金に

2 [60件] かかえて, かく人が, しまいながら, しまう, たのまれて, たのんだ, とって, とり出した, のぞいて, もらいに, フランス語に, ポストに, 下した, 依頼する, 催促する, 入れて, 出しに, 口授し, 向うへ, 届けに, 引裂いて, 懐に, 投げすてて, 抱いて, 押しこみながら, 押入の, 携えて, 書かせて, 書きつづけた, 書きます, 書き上げて, 書くため, 書くの, 書く場合, 書けり, 気を, 活字に, 清書し, 渡した, 渡したの, 渡すと, 焼いた私, 特に君, 眺めながら, 破るおつもり, 私に, 私は, 終って, 纏めて, 見せた, 見た, 訂正し, 読みながら, 読んでから, 貰いに, 貰ひ, 買へと, 郵送せず, 隠して, 頂戴に

1 [630件 抜粋] 〆切時間に, あけて, あげる, ある書店, いそいで, いただいて, うけとりサンドウィッチ, うけとると, うんうん云, おくらすこと, お呉んなさい, お持ち, お渡しなさい, お貸し, かいても, かえして, かえしながら, かきつづけて, かきながらも, かきはじめて, かきます, かき出して, かくしたという, かくの, かく時, きかれる, きちんとしまっ, こしらえること, こしらえるの, こっぴどい目, さし出し何しろ, さつと, さらえ込み, すっかりもっ, すっかり自分, すり替えた男, ずツ, そのままレーニングラード対外文化連絡協会, その兄妹等, その午前, そろえて, たのませたやう, たのませたよう, たのまれた, たのむとき, つきつけて, つくづく視, つくるという, つぐな, とどけできて, とどける, とどけるよう, とり出し今書き, とり返したが, とること, どう書かう, なくされたん, なくしたと, なくして, にぎりつぶしそうして, ねだられて, のせて, のぞきこんだ, ぱらぱらと, ひらき見て, ひろげて, ふと見る, ほんとに焼いた, まとめあげたさ, まとめなければ, まとめるため, まとめるつもり, まは, まるめて, もとめそれ, もらうの, やおら京伝, やきすて新しい, やめて, よこし, よこしたって, よこして, よこしました, よんだ中, わたくしは, わたしたって, わたすこと, わたす必要, わたす約束, イヤイヤながら, ゴルドンの, テーブルの, ナウカへ, ペラン, ローヴォールト出版社へ, 一つ送っ, 一つ預かっ, 一と, 一まとめに, 一回分書かなけれ, 一山投げだした, 一晩で, 一枚一枚はぎ取る, 一枚一枚運ぶ, 一緒に, 一読し, 三十枚と, 三枚ばかり, 三枝君は, 下に, 中止しよう, 丹念に, 主任の, 乞うて, 二つ出し, 二度三度と, 二晩か, 二枚けずった, 今度創刊に, 仕上げねば, 伏字なし, 伯爵の, 何処かの, 何処の, 余に, 作った, 作製し, 例に, 供貴覧候, 依頼した, 依頼に, 保留した, 俺の, 傍へ, 催促され, 催促に, 僅か一週間, 先方に, 全部お断り願い, 全部お断り願ひ, 全部この, 全部焼き棄て, 再生させ, 出させる事, 出しても, 出すと, 出す彼の, 出版者の, 劇場や, 勉強し, 十五日の, 十五日まで, 半紙形の, 卓の, 卓子の, 印刷に, 印刷へ, 印刷屋に, 印刷所へ, 原稿紙に, 友達に, 取って, 取りあげ僕, 取りまとめにか, 取り出し私, 取り出そうと, 取り寄せた程, 取り戻して, 取る, 取るつもり, 取ろうとは, 取出して, 受け取りに, 受取った私, 受取って, 受取つて読む, 合せて, 吐き出させるつもり, 君が, 單に, 嘗て屡, 四十一頁渡し, 売ったの, 売らなければ, 売りに, 売込む相談, 大きな聲, 大事そうに, 大切に, 大車輪に, 失敬した, 学校の, 容れて, 寄来さん, 密封し, 封筒に, 封筒へ, 小酒井さんは, 少しづつ分割, 屆けに, 届けて, 岩波に, 左の, 差しいだした, 差し出した, 差し出しました, 床の, 廃棄し, 廻送した, 引きちぎって, 引つ掴んで, 引つ掻きま, 引つ攫んで, 律儀に, 得るため, 御持参, 御詮衡下, 御返却, 思い出し今朝, 急送したい, 我輩の, 或る, 所蔵する, 手数ながら, 手渡しした, 手渡した, 投げ棄てて, 投じて, 投函し, 拜見した, 拜讀し, 拝見いたしました, 拝見したい, 拵へて, 拾い集めそれ, 持ちこんで, 持ち去りそれ, 持ち込みするという, 持った手, 持傳へた人は, 振り廻して, 探したが, 掲げる事, 提げて, 握つた片腕, 携へ, 携へて, 放り出して, 整理する, 新聞に, 旅先き, 日曜で, 早く纏め, 明日に, 明朝までに, 春陽堂に, 是非頂きたい, 暫くあつ, 書いたから, 書いたと, 書いたので, 書いたらどんな, 書いたりなんか, 書いた事, 書いた曰く, 書いた次第, 書いた火鉢, 書いた爲め, 書いてるよう, 書いてる傍, 書かされた身, 書かして, 書かせるので, 書かないで, 書かないでも, 書かなければ, 書かねば, 書かれて, 書きあぐんで, 書きあげた安心, 書きあげなければ, 書きかけて, 書きそして, 書きそれ, 書きつつ, 書きつづけて, 書きなお, 書きました, 書きやつ, 書きプリンター, 書き上げたの, 書き中野実, 書き出したが, 書き出したペラ三十枚, 書き出す, 書き始めた時, 書き彼女, 書き恋, 書き淋, 書き終, 書き終ったあと, 書き終って, 書き終つて大井広介, 書き終り, 書き終りて, 書き終る, 書き綴って, 書き衣, 書き誰, 書き送って, 書き黒石街道, 書くあ, 書くが, 書くし, 書くという, 書くといふ, 書くとかいう, 書くにも, 書くばかり, 書くべく苦心, 書くよう, 書くよりも, 書く仕事, 書く数日前, 書く時, 書く為, 書け, 書けと, 書けないと, 書けるし, 書けるやう, 書こうという, 書上げ次第雑誌社に, 書留速達に, 月々貯め, 期日間際に, 木村毅君が, 本に, 本屋や, 本気に, 本箱から, 机の, 東京へ, 枕元から, 校訂し, 検するに, 残して, 毎日書い, 毎月欠かさず載せ, 気に, 求めた際, 求められたとき, 没に, 添削し, 清書した, 渡さうとして, 渡されて, 渡したあと, 渡しちまったらともかく, 渡してから, 渡す, 滅茶苦茶に, 火の, 灰に, 焼いたという, 焼いて, 焼かれて, 焼き棄てて, 焼こうと, 片ツ端, 生んだ日, 異常な, 発表する, 發表する, 百円で, 皆に, 皆送る, 盗み出し真夜中, 盗み出すつもり, 直して, 真ん中において, 眺めるだけで, 石川さんに, 破かれて, 破き, 破ぶいて, 破ること, 示し, 示して, 示しました, 示す, 社長の, 程よく時間, 程経, 稼がない時, 立って, 約束した, 紛失した, 細かく読ん, 絶えず期待, 綴じて, 綴ぢあげ, 續けたが, 續ける, 纏め, 纏め友人小林秀雄, 纒めて, 纒める, 翻される手つき, 職業に, 膝に, 自分の, 裂きつづけた, 製作する, 見せた理工科学校, 見せようから, 見せられたこと, 見たがった, 見た知人, 見つめたまま, 見てくれと, 見られたくなかった, 見るに, 見れば, 見直した, 見詰めながら, 觀次郎君に, 角の, 認めて, 読まされること, 読まされるの, 読ませたいらしく次第に, 読ませて, 読み, 読みあ, 読みあげる, 読みかえして, 読みなおしところどころ, 読み乍ら, 読み初めました, 読み始めた, 読み直した, 読み私, 読み終りました私, 読み返すこと, 読むめぐりあわせに, 読むん, 読んだ, 読んだ後, 読んでも, 諸君は, 警保局長の, 譲って, 讀み, 讀み返す暇さ, 貰い帰ろうと, 貰って, 貰つて一儲けしよう, 貰ふために, 買いしゅうぼつ, 買うだろうかとの, 買う段, 買ひ, 買ふ, 賣り込むのに, 踏み倒されたに, 載せるの, 返しに, 送つて來, 送らねば, 送りかえした, 送りこんで, 送り出し五回, 送り又, 送る, 速達に, 野村の, 金にかへて, 金子に, 間違へて, 関君に, 隠し乍ら, 集めさせそう, 集める一手段, 雑誌社に, 離れ得ない, 電波で, 頂きに, 頂戴する, 預かって, 預かつて, 頼まれたからとて, 頼まれたとき, 頼まれたの, 頼まれて, 頼まれると, 頼みが, 頼むため, 馬糞の, 齎らし

▼ 原稿~ (362, 11.3%)

23 の上 8 に向 6 に向っ, を前 4 にし, に向う 3 の方, をひろげ, を買っ

2 [27件] がある, とインク, と弁当, にかかれた, にペン, に向え, に向った, に書かれた, のたぐい, の反古, の屑, の帳面, の裏, も何と, やペン, をつかん, をひろげた, をもらっ, を五六十枚, を押しつけ, を持っ, を持つ, を机, を綴ぢ, を見詰め, を買い, を風呂敷

1 [248件] からインキ, から煙草, か新, があったら下さい, があれ, がかすん, がなくなれ, がなけれ, がのぞい, がやがて, が一枚十円, が二十二銭, が今夜, が十枚十五枚, が却, が払底, が書物, が氷原, が沢山, が自ら心, さえあれ, だけでも欲しい, だけはズッ, だけぶらさげ, だけ持っ, だって今時, だと, だの用箋, であった, でいえ, でただ今, でなくとも, ではない, で七枚, で上包み, で五枚, で四五十枚, で小説, で障子, で鼻, というもの, とだけな, との音, とは違う, とを私, とペン, と一緒, と十滴, と参考書, と手帳, と死体, と見くらべ, と鉛筆, などしか入っ, などに書いた, などを用いず, などを自動車, などを鞄, など入れ, なら七八枚, なりひろげ, なんかをひねくりひねくりし, に, にいかにも, にいたずら書き, にいつか, にこつこつ, にでなく, にでも向っ, になってる, にむかつ, にも血, にインク, にテニス, にヘノヘノモヘジ, にモスク, に三四字, に三四首, に写し, に写しとっ, に写し直し, に十枚, に同じ, に向い, に向いかける, に向かう, に向かっ, に向かった, に向かつた, に向ひさうに, に対, に当っ, に描写, に文字, に日記, に書い, に書きこん, に書きつけた, に書きつらね, に書き出し, に書け, に書ける, に無造作, に百数十枚, に瞳, に細字, に臨ん, に臨んだ, に舐め, に製図用, に載せられ, に鉛筆, に題, に香水, のうへの埃, のかお, ののっ, のはじ, のまま, のわき, のマス目, の一, の一二枚, の代, の匂い, の十四五枚, の半, の厄介, の厚, の厚い, の字, の幾帖, の手ざわり, の散らばった, の書き, の書き出し, の枡目, の畳んだ, の破片, の綴り, の綴込, の舛目, の角格子, の金, の長い, の間, の音, はかさばっ, はどう, はもう, は二年, は十九字詰十行, は拡げた, は持っ, は本年, は紙, ばかり無駄, ばっかりのかみ, へしっかり, へノート, へ写しとり, へ書い, へ書きなぐる, へ書き取る, へ目, へ細字, もあたり前, もきっちり, もやけなかった, も一字, も五六十枚, も凡て, も支那風, やら山積み, やら手帳, やインキ, やコムパクト, やパレット, や古, や古布類, や手帳, や手紙殻, や本, や雑誌, らしいもの, らしい紙, わづか, をあけ, をかき集めた, をかなぐりのけ, をきく, をくれ, をつかった, をながめ, をならべた, をのせた, をのべ, をひきよせ, をひろげる, をめくっ, をもっ, をもつ, をフロシキ, を一まとめ, を二千枚使つた, を五千八百九枚, を全部, を出し, を出した, を出す, を取り, を取り上げた, を取り出した, を受取っ, を四つ, を展べた彼, を延べ, を引, を引き裂き, を彩, を手, を拡げ, を拡げた, を拡げる, を拵ら, を持たず, を擴げ, を散らかし出した, を書きちらし, を書きつぶす, を片づけ, を現し, を破り棄て, を紹介, を綴り合せ, を置く, を美学的, を要するであろう, を見, を見る, を貰つて, を買, を買う, を赤い, を鷲, 出して, 可愛い円るい傘, 約六十枚

▼ 原稿~ (304, 9.5%)

5 というもの, の前借, や印税, を払う 4 を持っ 3 がはいる, の一部, を基準, を払っ

2 [24件] が取れる, でも原稿料, で生活, で衣食, に換算, のため, のでる, の為, の相場, は, は一週間, は拾円均一, は無事女房, は頁, をくれた, をもらっ, をもらった, を出さない, を取り, を取る, を払, を請取, を貰っ, 乃至上場料

1 [220件] から差引き, から旅館, が, がお, がおくられ, がかはせで, がこう, がころがり込む, がちょうど, がはいります, がひき上げられた, がほしい, がウイスキー, が一枚一圓, が一部一万円位, が來, が入った, が入ったら, が入れ, が出ない, が同じ, が屆, が手, が揃つて, が来た, が生活, が着く, が高い, が高く, この時七十五円, さえ後れがち, じゃ当分, じゃ無い, その時分, だけでも犠牲, だったら, だって二千円, だって高, であったに, でお, でかせ, ではあった, ではじめて, では充たす, でまかなっ, で家賃, で支払われない, で母, で然るべき, で生きる, で私, で近所, といふもの, とか印税, ときい, として二十円, として引換, として払います, として正に, とても知れた, とで立派, とともにもう, とはいい気, とほぼ, とを届け, とを持っ, と樺太廳, なぞじゃ, などは包み金, などは問題, などみんな, など云, なの, なら私ども, なるもの, なんかどう, なんか一文, なン, にしろ, にする, にて生活, になり, にはならない, によってきめる, による収入, による詩人たち, のうち, のおすそ分け, のこと, のそれ, のとれる, のほう, の一枚四十銭, の三十円, の不足, の事, の代り, の來, の催促, の内金, の原稿, の問題, の外, の多寡, の小切手, の届く, の幾分, の手, の払い, の方, の極端, の点, の種, はあがる, はあっ, はあなた, はうんと, はお話, はすぐ, はだれ, はなるべく, はみんな, は一枚一円, は一枚三円, は一枚九十銭, は一枚五十銭, は一枚五十銭ぐらゐであつたと, は一枚四十銭, は三十圓内外, は下る, は二百円, は先, は六十銭, は出さなくっ, は出版企業の, は十一円七十五銭, は十倍, は十円, は取る, は四十円, は多少, は容易, は当分支払い延期, は成るべく, は無用, は無論, は遠慮なく, もいくら, もどうやら, もはいる, も一枚二円前後, も取れる, も夙に, も手, も貰えず, やらかの, や編輯費, よこせえ, をかきあつめ, をかせい, をくれる, をとっ, をとどけ, をとりよせ, をとる, をねぎった, をふところ, をむだ, をもたらし, をもっと, をもつ, をよこすだろう, をサイソク, を三分, を下さるなら書きましょう, を二十圓, を仕, を仕払う, を併, を出させる, を出し, を別, を前借, を半分頂戴, を受け, を受け取りました, を受け取る, を受取った, を奮発, を当て, を彼, を彼是, を待つ, を得られる, を得る, を懐中, を手, を払つて, を払わない, を拂ふん, を支払っ, を文士, を書店, を本屋, を机, を渡し, を渡せ, を潤沢, を稼ごう, を算, を要求, を請求, を貪る, を貰, を貰う, を貰つた時, を送っ, を電報, 乃至揮毫料, 御仰せ

▼ 原稿~ (275, 8.6%)

6 中に 4 上に, 方は 3 ことを, 中から, 整理を, 束を, 枚數

2 [24件] ことで, ために, つづきを, なかには, 中では, 依頼が, 依頼を, 催促でも, 催促に, 催促へ, 全部を, 内容から, 写真版を, 出所を, 包紙の, 往復に, 手入れ, 手入れを, 整理に, 文字が, 皺を, 続きもの, 話を, 頭の

1 [198件] 〆切は, うちで, かたを, ことが, ことと, ことなど, ことについて, ことは, ことまでは, さいそくや, たぐいから, つぎばりを, とおりには, ところへ, とじこみを, どこにも, なかから, のこりの, はいった紙袋, ま, まだ手, ままだった, ままだつた, ままの, まま方々へ, まわりにまで, やうな, ような, ように, ギリ, ゲラ刷りを, コピイ同然だ, ストックを, ネタに, ネタを, ノートも, プリントなり, ペンを, 一つが, 一件を, 一番上の, 一部が, 一部を, 上にては, 上の, 上へ, 不足な, 不足を, 中で, 中の, 中絶と, 乱作を, 事なぞは, 事を, 二三行に, 五六篇も, 仕事を, 代りに, 件さへ, 件については, 余裕が, 使で, 依頼に対して, 依頼に対しては, 依頼や, 価値は, 保管は, 催促か, 催促が, 催促の, 催促は, 催促以外に, 債務なんか, 全部が, 内容が, 出来ぬこと, 出来るの, 切れ端を, 初めの, 前に, 前借を, 劈頭第, 募集の, 包みを, 原図が, 反駁を, 取り片づけが, 周旋でも, 回数を, 在処が, 在処を, 売れ口が, 大意である, 奪ひ, 字づら, 字では, 字の, 字は, 完成と, 寄稿依頼の, 寫しと, 小包の, 届き方, 山に, 弁解に, 強要を, 後を, 忙しい時, 成行きは, 所置について, 手助けを, 手寫の, 押し売りとか, 控へ, 推敲や, 掲載中止を, 散らかったあたり, 整理で, 整理の, 整理やら, 文字は, 文字を, 文章を, 斡旋を, 方が, 時に, 書きそこないを, 書き損ない, 書き留め郵便を, 書けなかつた私, 最初に, 最後の, 期日にばかり, 末に, 枚数に, 枚数による, 校正の, 校正やら, 校正を, 極端なる, 正統な, 残れるもの, 注文が, 注文は, 注文も, 浄書から, 淨書やら, 清書も, 清書を, 滞留期間わずか, 無くな, 焦げ臭いにおい, 用で, 番號を, 礼, 第一字, 第一頁, 箇条書きを, 約二倍, 約束が, 紙数は, 続きとして, 続きは, 綴じたの, 締め切りさえが, 締め切りに, 締切りには, 締切りは, 續き, 纒ツた, 署名で, 良非に対する, 行方も, 袋を, 製作を, 複製写真である, 訂正に, 訂正を, 計算方法から, 註文は, 註文を, 話である, 話も, 説明を, 読みちがえによって, 談話を, 請求状とを, 責任を, 貴と, 載つて, 通りに, 速達を, 運命を, 選を, 金を, 間には, 頁が, 頭と

▼ 原稿用紙~ (223, 7.0%)

11 の上 5 と万年筆, の下 4 にし, の隅, をひろげた, を出し 3 とペン, に向っ, を持っ

2 [22件] が一ぱい, だけは身体, と入用, と私, にむかった, にむかつた, に向った, に埃, に当る, に更に, に書い, に清書, に眼, のよう, はいのち, は下書き, をひろげ, を一帖, を三十枚, を綴じた, を鷲, 少し書きかけ

1 [133件] いちまいも, がそう, がその, がなくなる, が乱雑, が四五枚, が手, が拡げられ, が買い, が載っ, だけが荷物, だったらいい, だつたらいい, だ給仕, で二, で精, というの, とに向かった, と筆, と自分, と親密, と計算, と辞典, と黒塗, などをごてごて, などを取り出した, なんか使っ, にかかれ, にきちんと, にきれい, になにか, には, にむかう, にむかっ, にペン, に五百枚, に向, に向つた, に大きく, に大きな, に姓名, に字, に書いた, に書いたら, に書きしるす, に書き写させる, に書き写し, に書き記す, に照り返えった, に玉砕, に移し直し, に立ちかえり書きつづけよう, に自分, に鉛筆, のい, のやう, の中, の前, の反射, の塵, の外, の字, の書きかけ, の書き散らし, の束, の枠, の桝目, の横線, の欄, の片隅, の第, の裏, はみる, は二十字詰, は使, は使わない, は本郷松屋, へちゃんと, へでも書いた, へペン, までも無くし, もいったん, もいつ, もやっぱり, も持っ, も澤山用意, も買えない, やらペン, や二三冊, や新聞, や本, よ, を, をさっそく, をしこたま, をちっとも, をつめ込んだ, をとっ, をのせ, をのぞきこん, をばりばり, をもっ, をわざわざ, をテーブル, を一枚, を三枚, を並べ, を乱暴, を二つ, を二十枚, を使っ, を例, を入れた, を取り出さん, を取り出した, を受けとり, を右, を売, を展, を手荒く, を手許, を捨て, を探し, を枕頭, を汚し, を片づけ, を破っ, を破る, を見た, を買, を買い, 出して, 睨んでるの

▼ 原稿~ (194, 6.1%)

2 [14件] その日, まだできない, もはや殆ど金, やや古びたる, 一枚も, 今の, 僕が, 八月六日あの, 右から, 売れず酒屋米屋家賃, 机上に, 活字に, 素晴しく, 芥川の

1 [166件] あのまま, あまり大事, ありましたか, ある機会, いずれも, いずれ又の, いつも違った, いまは, お上手, お出来, お持ち, お返しし, かさだ, きっと復活祭, このあわただし, この時期, これらの, これを, しばしば汽車, すぐに, すつかり, そのままするすると, そのままリヴォフ市, その上, その儘帰つて, その儘歸つて來, その時, その最初, その青年, その頃, それまで, ただ写し直し, できないで, どういうこと, どうにかし, のせられぬという, ほとんどなく, ほんの大要, まだだ, まだほとんどどこ, まだ新聞, もうしたため, もう不用, もう直, もはや私, カンベンし, セッセと, タイプライタアで, テーブルの, バラバラに, ペンばかり, ポストの, ラフォルグなる, 一先ずここ, 一度君, 一応しらべました, 一応の, 一枚幾らといふ, 七十圓許, 三月半年と, 下らなくても, 下らなくとも, 中絶, 乱暴な, 二百枚ばかりも, 五六篇の, 今月中旬までには, 以前から, 何か, 何だ, 何年たっ, 余るほど, 僅か三分の一, 僕の, 先ほど, 全然紙屑籠, 全部で, 全部万年筆で, 出ないこと, 劇場に, 北京に, 十二月二十日頃まで, 危く誰の, 厳重に, 唖, 売れず殆, 売れる時, 大分誤謬が, 大抵十一月一杯, 大正八年四月十六日から, 天ぷらと, 小生所持の, 屹度安く, 岩波書店で, 常に売れなく, 幾月も, 彼の, 後に, 徹頭徹尾君, 必ず一度, 成稿した, 戰爭の, 持って, 新聞材料としては, 日々健吉さんの, 日本の, 明治四十年の, 書いたもの, 書いて, 書いても, 書かぬよう, 書きあげたが, 書き入れ書きなおしで御, 書き出しから, 書き心, 書くぜ, 書くよ, 書けないと, 書けなかつたが, 書けるだろうし, 書けんからね, 最初の, 最前すっかり, 本月中, 本箱の, 東雲堂の, 案外戻っ, 極めてきたなかっ, 気に入らなかった, 洋箋に, 淀の, 熊谷に, 片っぱしから, 片山敏彦君の, 物に, 特別に, 現に早稲田大学, 直ちに御, 相当ひどい, 眠れり, 破り捨てられて, 社会大衆党の, 社員だけで, 私の, 稍古びたる, 積もり積, 積んで, 第四幕, 精魂を, 継ぎ張りを, 総て三万余通世界の, 緑平居で, 置いて, 自信が, 自分で, 自分の, 若い記者, 草稿で, 見つかりましたが, 見る見る出来, 見る見る出来上つて行, 貰えなかった, 郵便局へ, 長く書い, 首を, 魯庵君が

▼ 原稿~ (159, 5.0%)

2 [14件] 三四十回分でも, 下りないので, 二三枚散らばっ, 入つて, 出来上った, 山の, 廻送された, 曰くあり, 気に, 載って, 載つて, 送られて, 送り返されて, 間に

1 [131件] あったそう, あっては, あつた, あまり専門的, あり私, あるかも, あるけれど, あるね, あるの, あるばかり, あるん, あわただしくみすてられた, いくつも, いくら出, いますぐ, うれだして, おくれたから, きたので, くしゃくしゃに, くるんだ, この二つ, すっかりでき上ります, そのままに, そのまま活字, その前, たりなかつたりなんか, できた, でき上ったの, でき上ったらしく今度, とり出された, どうなった, なかつたら実際, なかなかでき, のって, はかどらない, まわされて, もうたいていできかかっ, もう山, よく書かれ, ガリマアル君の, 一つならずある, 一向はかどらない, 一度なくなる, 一枚かける, 一枚でき, 一枚抜け, 一部欠落, 下らないという, 不満な, 何である, 儲かる訳, 入って, 凡そ二千枚にも, 出たの, 出て, 出來, 出初めた, 出来あがると, 出来た, 出来たら生ビール, 出版されましたなら, 十枚題は, 印刷に, 原稿料を, 古田と, 回されて, 土台な, 売れさ, 売れないで, 売れなくなって, 売れなくなり書いても, 売れると, 売れ出して, 大いに出た, 夫程の, 少しずつ, 少しづつ, 少し奔放, 届いたで, 幾種も, 廻して, 廻って, 彼女たちの, 戴かれないもの, 手に, 揃えば, 救われた, 散かって, 散らばって, 文學士の, 書き上ると, 書けないで, 書けないといふ, 書けないので, 書けない為め, 書けなかったから, 書けなかつたから, 書けるもの, 来た, 来るから, 東京の, 此の間屆き, 気にな, 活字に, 災厄に, 無いんで, 皆狙いどころ, 眼の, 破かれたり, 私にと, 立派な, 終ひ, 終れば, 編輯者の, 置いて, 美装を, 見付かった, 規定の, 誌面に, 誰れ, 賣れなくな, 載せられなかつたこと, 進んだ, 選の, 金に, 金にでも, 集って, 集まらなくて, 集らなかったよう, 雑誌に, 雑誌へ

▼ 原稿~ (66, 2.1%)

4 手を, 書いて 3 して 2 したの, 向う, 多少の, 對し, 目も

1 [45件] あるだけを, かかって, せつかく, そうあっ, つきて, とった, なって, なる口述, なれるに, むかった, もうすこしで, ヘンに, 一段落し, 三日も, 全部彼の, 判らない漢字, 取りかかりました, 向うと, 向かう, 向つた, 向つたが, 向ふと, 執念深く未練, 変わった, 心血を, 忙しい, 忙殺され, 托して, 押して, 書きだした件, 書き直した一文, 気を, 没頭する, 添えて, 渡した為, 眼を, 眼を通して, 維新頃の, 著者の, 詳細な, 責任を, 追い廻され乍ら, 追はれ, 追われて, 追われ出したの

▼ 原稿~ (64, 2.0%)

3 原稿だ 2 その机, みな焼かれ, 書けないので

1 [55件] あれば, おもしろい, かいて, かならず下宿, きいたこと, けっして自由, この人, すこし保存, すゝま, そろそろ売れ, できず, でき上がって, なかなか売れなかった, はじめ, まだあまり売れず, もらえるよ, わたしずみに, わたしたいと, ストックなし, 一切執筆を, 一段半ばかり, 三十七枚に, 出来上, 出来体裁, 半分は, 可なり, 右に, 売れて, 大体で, 大抵は, 小部分, 少しは, 山ほど, 当分いらない, 復員軍人の, 散らばって, 日々遅々だ, 暮れの, 書かないうち, 書かないから, 書かなかつたし, 書き換, 書き直して, 書く原稿, 書けなかったし, 書けなかつたし, 書けなくなりそう, 片っ端し, 終りました, 自ら仮名使いを, 読んで, 調べなくては, 賣れなかつた, 間にあわない, 闇から

▼ 原稿~ (33, 1.0%)

1 [33件] あの髮, いっしょに, うわ言を, お言ひなの, その催促, そばの, やはり正月, ゲラ刷を, ペンとの, ミローの, 一緒に, 三日四日徹夜し, 云つたつ, 云ふも, 五百枚ほどの, 刊本との, 同じく百円, 同じの, 同じ大き, 寫眞とが, 工場から, 帳簿の, 手紙を, 挿絵を, 材料ノートと, 氏の, 照合する, 申しましたの, 相当に, 色や, 萬年筆を, 言ったって, 音楽書籍が

▼ 原稿~ (17, 0.5%)

1 [17件] お金が, むろん正真正銘, よむより, 主人公の, 四五葉の, 埋つて, 報酬を, 字を, 新聞の, 最もおもしろい, 柏村と, 百枚から, 結構間にあった, 続けること, 讀んだ時, 金を, 食うため

▼ 原稿書き~ (14, 0.4%)

2 に行った

1 [12件] おわる, かけたの, それからこの, である旨, になつた私, にも飽い, に行っ, をしました, をしよう, をへし, をやらう, を放っ

▼ 原稿生活~ (12, 0.4%)

2 を持続 1 でしたが, に慣れ, に立ち返つた, に返らなけれ, に飽き, のない, の魯迅さん, を営む, を眞劍, を続け

▼ 原稿でも~ (11, 0.3%)

2 書いて 1 お書き, せつせと, その一回一回ゲラ刷り, サラサラと, 事情の, 持って, 書かうと, 結局は, 読むよう

▼ 原稿~ (10, 0.3%)

2 がそれ 1 から, が今朝, が式, ぞと委員云, っけ, とあと, と思え, ねのない

▼ 原稿などを~ (10, 0.3%)

2 かく今夜 1 かく場合, とじる時, 入れるに, 書いて, 書かなくとも, 盗み見ること, 調べながら, 送って

▼ 原稿では~ (9, 0.3%)

1 あまり見受けない, なかった, なく門人, もう食っ, 仕方が, 多く知人, 実に厭, 次の, 私は

▼ 原稿~ (9, 0.3%)

2 ペンや 1 五六通の, 図面を, 帳簿の, 書信の, 書物を, 書翰の, 生活を

▼ 原稿数枚~ (8, 0.3%)

8 なし

▼ 原稿なんか~ (7, 0.2%)

2 頼む事 1 どうでも, もう出ない, 一度も, 書けやしない, 読んでは

▼ 原稿には~ (7, 0.2%)

1 こう書い, ずいぶんあなた, どんな植字工, 実によく赤鉛筆, 態と省い, 次第に種々, 鷲ペンの

▼ 原稿書い~ (7, 0.2%)

1 ている, てねち, てました, てます, てもらってる, てらッ, て生活費位

▼ 原稿から~ (6, 0.2%)

1 この狂人焚殺, デュパンが, 二三の, 写された日記, 生れて, 空間的に

▼ 原稿という~ (6, 0.2%)

2 のは 1 ことが, ことも, ものの, 紙を

▼ 原稿など~ (6, 0.2%)

1 何一つとして, 依頼を, 売れやしないから, 書いて, 書こうとしても, 片づけて

▼ 原稿とを~ (5, 0.2%)

1 受けと, 受けとって, 手に, 持ち右手, 突然に

▼ 原稿らしい~ (5, 0.2%)

2 ものを 1 フルスカップの, 一通が, 書類であった

▼ 原稿である~ (4, 0.1%)

1 から余程, と主張, と云う, 場合には

▼ 原稿です~ (4, 0.1%)

21 がこんな, ってさ

▼ 原稿として~ (4, 0.1%)

1 何か, 出來上つて, 出来てるだけ, 鉛活字で

▼ 原稿と共に~ (4, 0.1%)

1 わたくしは, ポストの, 四五册の, 焼き捨てた

▼ 原稿~ (4, 0.1%)

1 のだ, のだった, のである, んだ

▼ 原稿ばかり~ (4, 0.1%)

2 で雑誌 1 書いて, 本箱に

▼ 原稿執筆~ (4, 0.1%)

1 のため, の約束, は毎朝, を依頼

▼ 原稿整理~ (4, 0.1%)

1 して, と, をし, を月

▼ 原稿稼ぎ~ (4, 0.1%)

1 に使われる, の方, よりもずっと, をする

▼ 原稿~ (3, 0.1%)

1 へつづけ, へ書け, へ貰

▼ 原稿すら~ (3, 0.1%)

1 なかなか埒, 発表出来なかった, 行き方知れずなる

▼ 原稿なんかも~ (3, 0.1%)

1 そのままよ, 手紙で, 書く女

▼ 原稿にも~ (3, 0.1%)

1 書いてないところ, 追われて, 革命何事ぞ

▼ 原稿依頼~ (3, 0.1%)

1 なら割に, にでかける, に来た

▼ 原稿催促~ (3, 0.1%)

1 とを兼ねた, に千万, の電報

▼ 原稿~ (3, 0.1%)

1 は大正十二年, を手, 小づつみ

▼ 原稿紙二枚~ (3, 0.1%)

1 ぐらいの短文, の文章, ほどの分量

▼ 原稿〆切~ (2, 0.1%)

1 という日曜日, は正午

▼ 原稿かい~ (2, 0.1%)

1 て実話雑誌, て雑誌社

▼ 原稿かせぎ~ (2, 0.1%)

1 の憂, は及び

▼ 原稿さえ~ (2, 0.1%)

1 やぶいて, 頂いたら社長

▼ 原稿さがし~ (2, 0.1%)

1 てました, に別室

▼ 原稿だけ~ (2, 0.1%)

1 なん, 送るよう

▼ 原稿だけで~ (2, 0.1%)

1 あつた, 本を

▼ 原稿だけは~ (2, 0.1%)

1 まず書いた, 今度片附け

▼ 原稿だった~ (2, 0.1%)

1 が今日, とは

▼ 原稿だの~ (2, 0.1%)

1 飛び上るやう, 飛び上るよう

▼ 原稿でき~ (2, 0.1%)

1 てます, てらア

▼ 原稿とが~ (2, 0.1%)

1 厳然として, 這入つて

▼ 原稿とは~ (2, 0.1%)

1 かけ離れた話題, 雲泥の

▼ 原稿などは~ (2, 0.1%)

1 書くの, 満足に

▼ 原稿なども~ (2, 0.1%)

1 持参しなかつた, 校正と

▼ 原稿なら~ (2, 0.1%)

1 ば兎, 筆を

▼ 原稿なる~ (2, 0.1%)

2 ものを

▼ 原稿について~ (2, 0.1%)

1 小生及び, 暫く話した

▼ 原稿によって~ (2, 0.1%)

1 出版された, 小酒井さんは

▼ 原稿もう~ (2, 0.1%)

1 いちど読ん, 印刷に

▼ 原稿やら~ (2, 0.1%)

1 度々の, 電報やら

▼ 原稿より~ (2, 0.1%)

1 善い物, 好い物

▼ 原稿よりかも~ (2, 0.1%)

1 いいもの, ずっといい

▼ 原稿取り~ (2, 0.1%)

1 に来た, に長谷川時雨女史

▼ 原稿在中~ (2, 0.1%)

2 の重い

▼ 原稿持っ~ (2, 0.1%)

1 て帰った, て来た

▼ 原稿~ (2, 0.1%)

1 のもの, の西洋型罫紙

▼ 原稿用紙自体~ (2, 0.1%)

2 は思索

▼ 原稿紙上~ (2, 0.1%)

1 に足跡, の探偵事件

▼ 原稿締切~ (2, 0.1%)

1 が目前, の期日

▼ 原稿罫紙~ (2, 0.1%)

1 に筆, を摺る

▼ 原稿~ (2, 0.1%)

2 を相当

▼1* [198件]

原稿あずけて帰, 原稿あの東京の, 原稿いっさいを紙包み, 原稿いれに利用, 原稿かと思つてゐる, 原稿がとかよく云, 原稿きっとかえして, 原稿しらべましたか, 原稿すぐ作って, 原稿すべて字のわかり, 原稿そのものがさいぜん, 原稿それから一九〇五年, 原稿だけでも二千枚は, 原稿だけを送って, 原稿だって書いてるよ, 原稿だろうと思いました, 原稿ってものを, 原稿でありそのあと, 原稿とどけてから銀座, 原稿どうだったでしょうか, 原稿どこにある, 原稿どころでは, 原稿なしの講演, 原稿なぞいうもの, 原稿なぞも夫人の, 原稿などには目を, 原稿などの紛失は, 原稿なり彼は, 原稿にでもなれば, 原稿に対しての私の, 原稿に対しては原稿料を, 原稿あれを, 原稿のみ覚える, 原稿はくはしい, 原稿はみもしらぬ, 原稿はをそらく文展開催期間中に, 原稿ばかりじゃねえもの, 原稿ばかりで食って, 原稿最後の, 原稿まだこらざるため, 原稿もらい地方に, 原稿もらって私, 原稿やらをみんな一緒に, 原稿ようのもの, 原稿よかもつと, 原稿わたしてそして, 原稿わたし必要な前, 原稿わたし評論集の原稿わたし, 原稿をと請はれた, 原稿をも平気で, 原稿を通じて交渉が, 原稿ヲ書クニモ手紙ヲシタタメルニモヒラガナトイウモノヲ使ツタコトガナイソレハナゼカトイウニ我々仰臥シタママデモノヲ書クモノニトツテハ些細ナ力ノ消費モ, 原稿一度御猶予, 原稿一日せいぜい二枚, 原稿一枚の値, 原稿一枚位なし, 原稿一綴を投出し, 原稿三千枚ほどとなり, 原稿三枚書く間, 原稿二つに對, 原稿二つ彼の手許, 原稿二三破約したし, 原稿二百枚も朝飯前, 原稿二篇ともあなた, 原稿五枚書いちまった, 原稿五枚ぐらゐのところでもう十分過ぎて, 原稿井汲氏に御, 原稿今夜発送する, 原稿以外に貴重品, 原稿作りにか, 原稿依頼その他仕事多し有, 原稿依頼者の註文, 原稿催促幹部の方, 原稿入れてある, 原稿全部をば三四日前, 原稿全部あなたの興味, 原稿八枚書いた, 原稿六枚送る, 原稿出来たとて送っ, 原稿出来ました分から, 原稿な小品, 原稿十二月二十日が締切, 原稿十五枚前後内容はリアル, 原稿原稿とうわ言, 原稿をなす, 原稿商売をし, 原稿四枚書いた, 原稿も添え, 原稿執筆途中で時々, 原稿売りに行く, 原稿売込方を引受け, 原稿難航の, 原稿市場に遠, 原稿幾枚かなし, 原稿引当ての前借, 原稿意外に多く, 原稿成金なぞと云つて, 原稿戸棚や僧侶, 原稿手入れをする, 原稿投函上の迷信, 原稿の反古, 原稿担当者続いて, 原稿持つて来た, 原稿挟みを持ち出し, 原稿改作訂正無断掲載偽作等の事件, 原稿整理その他各般の事務, 原稿數行を草する, 原稿料って原稿料, 原稿料のかはせ, 原稿料みたいになっ, 原稿料三十三円二十銭という金, 原稿料三四百円を渡辺均君, 原稿料三拾円を得, 原稿料五百円をもらった, 原稿料六十五円を受け取っ, 原稿料問題を新聞, 原稿料大枚五十仙を貰, 原稿料改正その他についての会員, 原稿料無しの原稿, 原稿料等というもの, 原稿料赤木三平一万一千円也これは多, 原稿料金百弐拾五円を返済, 原稿断片的文章に由, 原稿上げました, 原稿書いたの, 原稿書かうかと思ってる, 原稿書き溜りに溜つて, 原稿書き直して戴けれ, 原稿書くよう言いつけられ, 原稿朗読とそれ, 原稿期日が迫ってる, 原稿様々の写真等, 原稿渡しがギリギリ, 原稿生活改造の儀実行致度, 原稿生活者である, 原稿用紙ソロソロオ約束ノ三枚, 原稿用紙一枚以上二枚以内でまとめ, 原稿用紙三十枚では, 原稿用紙三四枚に見解, 原稿用紙三枚の久保田万太郎論, 原稿用紙三枚半のなか, 原稿用紙三百枚それもただ, 原稿用紙二枚に走り書き, 原稿用紙五枚のもの, 原稿用紙五百枚御入手, 原稿用紙今月はじめ五百枚をお, 原稿用紙六百枚にちかい, 原稿用紙名刺表具紙帳面障子紙その他は別, 原稿用紙四千枚買った何と, 原稿用紙数十枚の努力, 原稿用紙様の手紙, 原稿用紙番号順にそろへる, 原稿用紙聖書などを詰め込んだ, 原稿用紙辞典聖書などを詰め込ん, 原稿用罫紙を摺る, 原稿用罫紙十帖ほど摺る, 原稿発送やら電報, 原稿一枚分空白, 原稿紙いっぱいにかいた, 原稿紙がちやんと, 原稿紙インクノートなどを買っ, 原稿紙インクペンノートを買っ, 原稿紙一冊置いて, 原稿紙一枚以上の長, 原稿紙三枚を読み返し, 原稿紙五十枚書くの, 原稿紙五枚にこまかく, 原稿紙入れの小さい, 原稿紙十枚は読む, 原稿紙四百字詰に直し, 原稿紙四角をうめ, 原稿紙夏みかんの皮, 原稿紙手入すべき, 原稿紙持参したが, 原稿紙挟みから十枚余り, 原稿紙整頓して, 原稿紙百五十枚ほどに圧縮, 原稿紙百枚書きあげるとして, 原稿紙風に桝目, 原稿給仕がわざと, 原稿綴じみたいな, 原稿締切期限等御示教, 原稿編輯後出版前の作, 原稿翻訳出来持参サインして, 原稿背負って行った, 原稿蒐集家ならその, 原稿蔵書家具一切は競売, 原稿の中, 原稿訂正の功, 原稿註文の話, 原稿詰めこんで私一度, 原稿返っている, 原稿送ってくる, 原稿送つておきます, 原稿送り来されたる同封中に, 原稿送ること等, 原稿通りにもどし, 原稿集めの男