青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「原因~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

卿~ ~厄介 厄介~ 厚~ ~厚い 厚い~ ~原 原~ 原則~ ~原因
原因~
原始~ 原子~ ~原理 原理~ ~原稿 原稿~ ~厭 厭~ 厳~ ~厳重

「原因~」 6256, 68ppm, 1673位

▼ 原因~ (1156, 18.5%)

20 どこに 9 ここに 7 何である 6 一に, 何か, 何であろう, 明かに 5 何処に, 私が 4 あるが, それが, なんである, 何かという, 彼等が, 次の, 私の, 誰にも

3 [13件] いかにもあれ, ない, もう一つ, コックリの, 人間の, 今日に, 他に, 何も, 少くとも, 彼が, 彼等の, 疑いも, 私に

2 [67件] いづれに, いろいろある, おそらく人口, お絹, これで, これを, そこに, その, その新郎新婦, その生産, その辺, その高い, た, なんでも, まさにこの, もう忘れ, よくわからない, より少く, わかったが, わからないが, わからないまま, わかりませんが, ショパンの, ルンペン崩れの, 一つには, 一方に, 今まで, 他なし, 何かといふ, 何だった, 何よりも, 俳優の, 兵器の, 内外両, 分らなかったが, 単にそれ, 君の, 外に, 多くの, 天そのものである, 家の, 容易に, 少しも, 彼女の, 成金荘田勝平が唐沢家の, 戦争の, 政治家の, 更に焉, 格別説明を, 殆ん, 求められない, 決して人, 父の, 男の, 真の, 私と, 私にも, 私は, 私を, 第一, 結果に, 自分でも, 自分の, 自己の, 近頃の, 過去の, 随分いろいろある

1 [881件 抜粋] ○○○○○○○○さうだ, あきらかに, あったっけ, あなたです, あの人たち, あの曲度, あの疑惑中, あの風邪薬, あらゆる想像, あります, あること, あるだらうが, あるに, ある人, いうまでも, いかんこれ, いくつも, いずれであっ, いずれに, いずれより, いっそう深い, いつたいどこ, いつもお, いつも日光, いは, いまだに解けぬ, いろいろありまし, いろいろあるであらう, いろいろ伝統的, いわば睡眠不足, おそらく余地, おそらく支那, おそらく色恋, おれの, お前が, お千鶴, お松という, お甲, かえって乙, かかる結果, かなりの, かの老酒, けだしここ, こちら側の, この人々, この兄弟, この場所, この当時, この方面, この混, この言葉, この頃, これかの, これであった, こればかり, これエトナ山の, こんなところ, こんな事, さし当り就職難に, しばしば労働, しらべて, すべていかなる, すべて喬之, そういう心もち, そこらへん, そのへん, その他にも, その体質, その娘, その方, その時代, その無限, その稀少, その習い, その背後, その芸風, その観察者, その貧しい, その邊, それだ, それだけの, それです, それなる, それを, そんなに軽々しく, たいがい前記の, たいてい酒, ただ一つ, ただ傲慢, たぶん住所, ちやうど, つまらぬ闘犬, つまり責任, ともかくさう, どうか平易, どうしても河童, どうであろう, どうも何とかいう, どうも過, どこから, ないが, ないの, なかった, なかなか分らない, なに, なんだい, のみこめたよう, はっきり判りませんでした, はつきり判らない, ほかに, ほかにも, ほぼわかりました, ぼくが, また下層階級, まだはっきりとは, まだ判然, まだ外, まだ研究中, まったく外界, みな一重に, みんな私から, むしろ精神上, もし吾, もっともっと深い, もっと前, もっと遠い, もともと君, やっぱりメチャクチャ, やはり俳優自身, やはり君江, やはり戦争, やはり沢桔梗, やはり血液, やはり言葉, よくわかっ, よく分からなかった, わからなかったものの, わかりました茸, アイノが, アメリカの, エーゴル・マクシモヴィッチが, キャプテン, コックリ様の, サイド, セラダと, タラフク食っ, ニイチェが, フランス経済, ポーランド人に対する, マルサス氏に, マルサス氏によって, ラジウムを, レオンハルトとの, 一つであったろう, 一つは, 一人ごとに, 一切の, 一座を, 一昨年に, 一朝一夕の, 一般に, 一體どこに, 七歳か, 三年前の, 下らぬ奴, 不可視怪戦車か, 不平党の, 不明である, 不良少年に対する, 世界的であり, 世間体を, 両三年前, 中平が, 丹波の, 主としてこの, 主として個人自身, 主として次, 主として非, 之によりて, 之を, 予期意向なり, 事情によって, 二つある, 二つの, 二人で, 云うまでも, 五・一五事件の, 五月の, 人毎日曜に, 人間としての, 今ここでは, 今一つ奥を, 今日の, 今茲, 仕事の, 他人に, 他愛も, 以前に, 何うあろう, 何かと言, 何ぞと, 何だ, 何であった, 何でございましょう, 何でしょう, 何と, 何となく判った, 何にても, 何にも, 何んです, 何事に, 何處に, 余りにも, 作家の, 併しこうだ, 俗説では, 俳句の, 俺にも, 個人に, 個性と, 傷ましくもそこ, 働かなかったし, 僕だ, 僧堂で, 優等地に対する, 先生が, 兔に, 全く同市, 全く物質的, 全く除去, 其最初の, 内部の, 冷害に, 出版社としての, 分からないの, 分らず仕舞い, 分らないし, 判った, 判らない, 判らなくても, 別としても, 別にすでにあった, 別に在る, 刺繍と, 前時に, 割合に, 力あるいは, 勤務上の, 勿論是, 北支那には, 千恵も, 単にそういう, 博奕と, 危険な, 卵焼の, 厖大極まる, 厭世から, 古き銀杏, 右門が, 合して, 吉川訓導の, 同じ結果, 君臣同僚彼此の, 吾, 味方が, 商売人の, 四肢の, 団体生活の, 国防費拡大の, 坐る時, 外でも, 外城門まで, 外的よりも, 多いの, 多く女, 多く生理的, 多分ヒステリイ, 多量の, 大体においては, 大抵そんな, 大阪式経営方法の, 夫, 夫妻は, 奢侈であり, 女だ, 女出入か, 女性も, 妻が, 始めて気, 娘の, 子宮が, 学者の, 官民の, 官軍の, 実にはっきりし, 実に簡単明瞭, 実際饑渇, 客観に, 宴会料理などで, 家族の, 宿の, 寂心にも, 富裕な, 察すること, 寧ろ他, 寧ろ私, 專ら婦人に, 小僧ゴーリキイが, 小鳥道楽に, 局長の, 工業主義の, 常にひとり絶対的事実, 常に地代, 常に暴力, 平民的なる, 幾億万年の, 底から, 引金を, 当時厳寒の, 当時日本海から, 彼である, 彼は, 彼ら各自の, 彼女が, 後の, 御承知, 徳川宗家という, 必ずしもそれ, 必ずしも貧困, 必然的に, 必要な, 忘れたが, 思ひ出せなかつたが, 思想の, 怠農, 恐らく単純, 恐らく生命現象, 恩師惠果阿闍梨の, 意向信仰より, 意外にも, 愚か自分の, 我々が, 或いはただ偶然, 或る, 抑, 捕捉する, 支那より, 支那人間に, 政治という, 教区の, 数えれば, 文字の, 文明の, 旅行である, 日本の, 明らかでない, 明らかならざれ, 星辰に, 昨日に, 是から, 是と, 時限爆薬の, 普通自分の, 暗面, 暫く途絶え, 最大利用の, 有るん, 木實を, 木村丈八郎の, 本人の, 東京へ, 松平元康の, 果して何処, 栄養不良と, 梅干である, 極めて深刻, 極めて簡単, 極めて複雑, 欅の, 欲です, 正しく穀物, 此地が, 此處に, 死ぬとき, 死人の, 残らずお, 母親の, 毎晩の, 気候の, 水夫らが, 水田の, 汝等の, 決してめいめい, 決して単に俳優, 決して知力, 決して美代子, 沼気燐化水素あるいは, 洪水で, 流行に対する, 海関税の, 深遠でも, 演劇論的に, 漢字使用と, 無いという, 無論, 無論青年, 無限に, 煙草かも, 燃焼による, 父が, 片貝の, 物理的な, 特にここ, 狐に, 猶太説話, 王様自身が, 理由と, 略して, 痴情上流社会の, 痴情関係による, 登場する, 皆この, 皆斯様な, 皆祝詞が, 皇子大友を, 目下調査中である, 真紀子の, 睡眠不足に, 知らず木, 知識に, 磁石も, 社会が, 社会事情の, 祐親が, 秀頼の, 私からの, 私も, 科学的, 種々あっ, 種々あります, 種々ある, 種々である, 穀物に対する, 第一人数, 第二, 米国と, 精神的に, 結局この, 結局患者が, 結果, 絞殺だ, 絶えず富, 絶間ない, 老人とか, 職業演劇人の, 肺炎だった, 胚種基原, 膳を, 自分にとって, 自分達が, 船の, 艇の, 色々あつ, 若年に, 菊池大麓先生と, 蒙古, 薄々耳, 血行の, 衣子の, 複雑で, 複雑を, 西洋人の, 見出すこと, 見出せないそう, 観念の, 解らないが, 解らなかった, 言うに, 誰が, 謙信ほどの, 趣味の, 辮髮と, 近く地位の, 退化の, 進化の, 過労であった, 違っても, 間もなく分りました, 閣老の, 隠蔽される, 雇人の, 青酸加里による, 靴の, 頗る單純, 頭部の, 風に, 食物の, 首領間の, 高次の, 鰹節一件だけ

▼ 原因~ (828, 13.2%)

42 なして 10 帰する 8 知って, 考えて, 調べて 7 もって, 明らかに, 知ること, 説明する 6 必要と 5 説明し 4 して, なしたの, 探究する, 有つ, 研究する, 究明し, 除去する

3 [12件] おいて, こ, たださずに, なしたもの, 尋ぬる, 尋ねて, 左の, 持って, 理解し, 発見する, 研究し, 考うる

2 [49件] あげて, あれこれと, いろいろと, ここに, そこに, それ以上知ろう, たずぬるに, なしたに, やつと, 云えば, 伯の, 作ったと, 作ったの, 作るよう, 修むれ, 内因と, 出来るだけ, 列挙する, 大きくする, 尋ぬれ, 尋ねようと, 得て, 想像した, 成して, 持つの, 指摘し, 探究した, 数へ, 明かに, 検討し, 洞見した, 深く追求, 為して, 発見せん, 知らんと, 知りたいと, 知る事, 破つて, 考えると, 考究する, 設くる, 証明する, 話して, 説かしめよ, 読書執筆の, 調査し, 辿って, 述ぶべし, 追求し

1 [551件 抜粋] あくまでオッペルト, あげること, あばき出そうと, あまりに働き過ぎる, あらわすの, ある程度まで, いえば, いっそう強める, いねちゃんも, うすうす知っ, うたぐって, うみ出しつつ, おかれた, おしかくしたり, お前たちは, かんがえて, かんがえるに, きいて, きかれるに, きわめずに, この土, この殉情的傾向故, これと, さえも, さがすと, さぐるため, すつかり知りつくして, すつかり誤解, そっくり転嫁, それからそれ, それぞれの, た, たしかに突き, たしかめるため, たしかめる暇, たずねて, たずねれば, ただして, ただす気, ただ不可抗力, たちまち察知, たづねられて當惑, だから良心, だんだん探っ, ついにつき止められた, つきすすめて, つきつめて, つきと, つきとめず, つきとめたいそう, つきとめなければ, つきとめること, つきとめるため, つきとめると, つくった親, つくって, つくらないやう, つくりました, つくるよう, つけ加えるならば, とらえた倉庫員森, とりのぞくため, どうかし, どうする, なお若, なくすか, なさざりしには, なさぬまでも, なしたと, なしたという, なしたところ, なした此等, なした願望, なしました, なし清水氏, なす, なすで, なすと, なすとの, なすの, なすもの, なす多様, なるべく具体的, のぞかなけりゃなん, はっきりと, はっきり悟った, はっきり知らなけれ, はっきり突留めよう, ひきつけて, ひと口に, ほかの, まずはつきり, まづ, みつけようと, みんなで, もう少し深く, もっともよく説明, よく理解, よく知っ, よく考え, よく訊い, よその, より明, わざわざと, ジャーナリズムに, バッハオーフェンの, バルザックの, ビタミン, ラジオで, 一口に, 一方では, 一様に, 一目に, 一言も, 与えた者, 与えて, 与えること, 主として千代川, 主として武士, 主人公の, 久美子さんの, 交換方程式及び, 人々は, 今日に, 仏法の, 仔細に, 他から, 他人に, 代表し, 代表する, 以上の, 何か, 作し, 作ったといった, 作ったな, 作ったもの, 作った人々, 作った人間, 作っちゃ, 作って, 作つた, 作らせたと, 作らないで, 作りそして, 作りまた, 作り出すの, 作ること, 作るほどの, 作るもの, 作るより, 作る誰人, 作爲した, 修めたるゆえ, 個人的論理の, 借財の, 僕は, 全部突き止め, 公表し, 公表した, 共にする, 内に, 写さざる戯曲, 分析する, 列挙し, 判別する, 判断し得る, 判断する, 利用に, 利益が, 剔出する, 加えたの, 加へ, 労働である, 労働に, 十分探究摘発すべきであっ, 単なる生活難, 取りのぞくこと, 取り除いて, 取り除く方法, 取除かうとも, 叙述する, 同時に感じ, 吾, 呪咀した, 哲学上の, 問わざるなり, 問わずただ, 問わず語りに, 善と, 土地の, 地方的文化の, 壊すには, 大いに重要視, 大略述べ終わりたれ, 如何にと, 娘の, 定むる独立変数, 実際あった, 察し得る場合, 寧歌謡その, 寺内内閣自身が, 尋ねずただ, 尋ねその, 尋ねたこと, 尋ねたならば, 尋ねたら何, 尋ねられ得ないやう, 尋ねられ得ないよう, 尋ねると, 尋ねる代り, 尋ね求めること, 少しで, 少しでも, 常に男, 平常の, 店の, 弱めるという, 彼の, 彼らの, 彼女の, 彼女等の, 御承知, 徹底的に, 忍術使いに, 忘れたもの, 忘れて, 忘れはてたずっと, 思ひそれ, 思へ, 悟らなかったの, 悟る事, 惡文藝の, 想像し得ないであろう, 意識した, 成した恋人, 成すと, 成すの, 或人, 拵えあげて, 持たずに, 持たねば, 持つ男, 指導者の, 指示し, 挙げなければ, 挙げるの, 振り落して, 捜し求めた, 排除し, 排除する, 探った, 探ったり, 探って, 探りそれから, 探り出そうと, 探り政府, 探り理由, 探るとき, 探求したい, 探求すべきである, 探究せざるべからず, 探索する, 推測する, 推究する, 推量し, 播くが, 改めなければ, 改善し, 政府の, 数えて, 斯う云っ, 族行家の, 明かし明かし, 明に, 暗中模索の, 更に名前, 書きつけられて, 最も大切, 最悪の, 有しなければ, 有す, 有するもの, 有って, 有つて居た, 木具の, 杏春の病に, 杜絶する, 某氏の, 根こそぎ詮索し, 根本的に, 検討する, 極むる, 極めて物, 極めようと, 正さずして, 正しく見定める, 正確で, 歸する, 殊に, 氏の, 気軽に, 求めずして, 求めたらば, 求めついに, 求めようとして, 求めること, 求めれば, 求め尽したる者, 治めない慈善事業, 洗うと, 深く辿っ, 淺薄なりと, 測定する, 潜在意識に, 為さざりしには, 為したもの, 煎じ詰めると, 物理学的に, 物語って, 物質の, 犬神に, 犯人の, 狐に, 狐狸や, 独身生活の, 王より, 王政維新の, 現わす, 理科学的に, 生々しくつかん, 生ずること, 生の, 生み出した日本, 生むばかり, 生んだ彼, 申さば, 男子の, 発して, 発揮せしめる, 発見せし, 発覚した, 発覚する, 相手の, 看破らむものと思へるなり, 知ったもの, 知つて, 知らされて, 知らざりしとき, 知らざるもの, 知らないで, 知らないん, 知らなかった奴国, 知らねば, 知りすぎて, 知りその, 知りたかったが, 知りたがって, 知り得るため, 知ると, 知るもの, 知ろうと, 知悉した, 知悉する, 研究した, 確かめようと, 確める, 示して, 示すもの, 社会の, 神秘的不可思議の, 私の, 私は, 秋川ひろ子という, 稀少性に, 種々な, 種々調査, 積み重ねて, 究めさせたくなるほどに, 究めずして, 究めようと, 究明せず, 穿鑿しよう, 突きとめた, 突きとめること, 突きとめるまでに, 突き止めた, 突き止めねば, 突き止めること, 簡単に, 精密に, 糾問した, 納得されました, 絶つた時, 繹ねる, 考えこのごろ, 考えこんで, 考えた, 考えること, 考えるの, 考え出すこと, 考へ, 考へて, 考へなければ, 考へに, 考へも, 考へると, 考へるの, 考察する, 考慮から, 考慮すれ, 考慮せざる, 考慮に, 聞いたばっかりに, 聞いて, 聞きましたら中年頃, 聞き出そうと, 背後に, 自分に, 自分の, 自分は, 自己一個に, 自覚し得ない, 自認したくなかった, 色々と, 花崗岩の, 花柳病か, 蒔いた者, 見きは, 見つけること, 見つけ出し急いで, 見て取らずには, 見とどけた, 見付けたといふ, 見出したの, 見出すこと, 見出そうと, 見極めた時, 観察する, 解き得たるもの, 解く者, 解し兼ねて, 解釈する, 言ふ, 記したる帯, 話した, 話し合ったり, 話すこと, 詳しく調査, 認めて, 認めなければ, 認めるならば, 語つた, 語つてゐる, 語ると, 語るもの, 説いたならば, 説明した, 説明したる, 説明しなく, 説明し得ない, 説明せん, 説示すべし, 調べた話, 調べでも, 調べなければ, 調べられたの, 調査された, 調査しよう, 調査する, 論じて, 論ず, 論ずるなり, 論究する, 講究せざるべからざるなり, 赦し心せこれ, 起こすこと, 超越し, 輕, 辿ること, 辿れば, 述べたこと, 述べて, 追及したなら, 追想する, 追求しよう, 追究し, 重我説, 銀の, 長いあいだ, 開示すべし, 防いで, 附加し, 除かなければ, 除き去る, 除くの, 除く為め, 除けるもの, 除去し, 顧みるに, 高取らのこそ

▼ 原因~ (799, 12.8%)

48 あるの 44 ある 22 あったの 20 あって 19 あると 16 あった 12 どこに 9 あつた, 何である 8 あること, あるに 6 あるので, あるよう, なければ, ひそんで 5 あります, ここに 4 ありは, 同一の, 自分である

3 [12件] あつて, ありそう, あるだろう, あるという, あるわけ, なくては, 一緒に, 何であった, 分って, 存在する, 潜んで, 自分に

2 [36件] あったと, あるかも, あるから, あるが, あるであろう, あるにも, あるのに, あれば, そこに, たくさんある, ないので, ほかに, わかった, 人間の, 働いて, 全く莫迦げたもの, 分った, 分らなくて, 協力した, 問題である, 存在し, 存在しない, 彼に, 我々自身でなく, 明らかに, 無くては, 現在の, 直也の, 直接では, 知りたいん, 結局私に, 自由党の, 荘田に対する, 要求せられる, 足において, 除去された

1 [430件] あったから, あったこと, あったでしょう, あったでしょうか, あったとも, あったに, あったん, あってか, あってかの, あっても, あつたとい, あまりに複雑, あらうと, ありその, ありそれ, ありとすれば, ありましょう, ありますけれども, ありまするので, ありもと, ありよう, あり技術, あり更に, あり歴史, あるいは日常経験, あるかは, あるかを, あるけれども, あるそれ, あるため, あるだらうと, あるだろうという, あるだろう渡良瀬川, あるであらうと, あるであろうが, あるでは, あるでも, あるとい, あるとか, あるとは, あるはず, あるばかり, あるもの, あるもん, あるらしい, あるらしいから, あるらしいの, あるらしかった, あるん, ある事, ある場合, ある筈, ある譯, あろう, あろうが, あろうけれど, あろうと, いかなるもの, いつもちっとも分らない, いはば, いわばもう一度私, おおよそ定, おかしい, おのずからわかる, かくれて, かの卑劣, きれいに, こ, こういうところ, こういう複雑, こうした精神的方面, ことに学問, この, この作品, この反覆, この局所徴験, この秋, この辺, この頃, この飢饉, これと共に, これに, これらの, ござります, さういふ風, すっかり分った, すべての, そのま, その工場, その程度, その頃又, それぞれの, それである, それな, それを, そんなにはっきりし, そッちの方へ, たたまっ, ただ疲れ, たちまちはっきりわかっ, ちらりとそこ, つかめない場合, どうあろう, どうしても, どうもハツキリ, どれも, ないで, ないでも, ないと, ないという, ない限り, なくつてさ, なくて, なくなって, なくまた, なく中毒, なんだかきき, なんであった, なんである, なんであろう, のみこめなかった, はたして私, はっきりし, はっきりつかめない, はっきりと, はつきりは, ほとんど的確, まず第, また頗る, まだはつきり, まだよくわからない, まったく別, みんな正二郎に, もっと恵まれぬ, やうやく分つ, やっと解っ, やっぱり保, やっぱり胃腸, やはりさう, よくのみ, よしやどうであろう, わかったの, わかったん, わかって, わからないため, わからなくて, わかりました, わかりまして, わかるか, わかんね, わが新劇運動, わたしに, アルミニウムの, イワン・フョードロヴィッチには, イヴの, カソリックより, シカと, シベリアの, スッカリわかる, チンな, ハッと, ハッキリと, ハッキリ記憶, バクゼンたる, ロシア植民地の, 一つあつ, 一つある, 一つわかった, 一人娘の, 一寸面白い, 一般的に, 不明だった, 不明な, 与えられたりと, 世間に, 主として世間, 久しきに, 二度と起こり得ない, 人を, 人類自身の, 今やっと, 今ハッキリ, 今ハツキリ, 今一つある, 今朝も, 介入しなけれ, 仕事の, 他に, 他にも, 他の, 以上の, 休戦の, 佐川二等兵の, 何か, 何だか解らなかつた, 何で有る, 何によるかを, 何ものであった, 何やら解, 何んである, 何処に, 余りに単純, 作用した, 作用する, 作用する如く思われる, 例の, 俳優に, 個別的なる, 個別的結果を, 働いたと, 働いたもの, 元来二度と, 充分に, 全くない, 全く強盗, 全く私, 共働, 共合し, 其処に, 具備した, 内から, 内部に, 分かりましたから, 分かる, 分ったぞ, 分ったという, 分つた, 分つて, 分らずただ, 分らなかった, 分らぬテ谷間田, 分らんで, 分りました, 分ると, 分るはず, 判ったので, 判らないの, 判らなかったが, 判らなくって, 判らん, 判るやう, 判明した, 判明すれ, 判然しない, 判然せぬ, 加って, 加わって, 加わらなければ, 勝者の, 十ばかり, 千鶴子の, 単なる特異, 単にお, 原因だ, 原因で, 取りあえず二つ, 合理的に, 同じ結果, 同時に人口, 同時に作用, 含まれて, 呉一郎の, 周囲に, 周囲にのみ, 因果関連の, 困絡, 国民の, 地方自身に, 増加する, 変化する, 外に, 多いの, 多く働い, 妹の, 子供だましの, 存し, 存した, 存する, 存するの, 実に馬鹿げ, 家庭経済の, 小使の, 嶺太郎との, 常に同一, 幼稚である, 幾つも, 幾個も, 床の, 強く働いた, 彼等二人の, 往々宿命的, 必然的に, 必要であり, 必要である, 思ひ当らぬほど, 想像されない, 想像しえられませぬ, 愛し合って, 感じられる, 手伝って, 押せ押せに, 提出された, 放火だ, 教師間の, 数へ, 数多く指摘, 新たに, 既に主義, 既に内, 明白に, 明瞭な, 時の, 時代の, 最も有力, 最大の, 有つたの, 有り得る, 有るだらうぢ, 有るので, 有るん, 有ッ, 朧気ながら, 杉本氏の, 果して理智, 果して生徒, 栄養不良から, 構想の, 横たわる, 次ぎ次ぎと, 武勇の, 殘らず, 水源地の, 求められねば, 消えると, 深く省, 混乱の, 清国の, 無いという, 無かつ, 無くば, 無ければ, 無線発信に, 物理的な, 特にこの, 特殊だ, 理解され, 理解される, 生じて, 生命を, 異った, 病気である, 発生する, 発見される, 発覚し, 白鳥会員だけで, 相撞着, 知れたる後, 知れぬ, 知れぬから, 知れる, 知れると, 示されてる, 社会に, 社会機構の, 祖母の, 神女の, 私たちの, 私の, 移住を, 突きとめられたの, 竝行し, 第一不審, 粗生, 絡み合って, 絶えず働い, 絶滅しない, 綿々と, 緩和され, 緩和された, 繼母の, 考えられる, 肺患と, 自分にも, 良い素質, 若干の, 蔭の, 薄弱じ, 蘇我天皇の, 虧けて, 見出されそう, 見出されること, 親爺の, 解けました, 解つて居る, 解り私, 証明された, 誰れ, 謎でした, 負傷から, 負傷に, 起ったの, 起った国, 起って, 起らなかったならば, 軍用新道である, 近年の, 通例は, 道江に, 遺恨だ, 遺言書を, 部分的に, 重って, 重なって, 金の, 鏡を, 長平の, 附加する, 降灰に, 除かれない限り, 除去され, 除去されずし, 階級社会の, 隠れて, 電気だ, 電気的の, 非常に, 風邪を, 飢えに, 飼い方, 首肯出来る

▼ 原因~ (459, 7.3%)

57 なって 15 なるの 13 なるもの 12 なった 11 なったの, なつた, なること 9 なつて, なる 8 結果との 7 なったもの 6 云うの 5 して, なったと, なりて 4 結果とを

3 [11件] いえば, いっても, す, するか, なるであろう, なる場合, 結果が, 結果という, 被存候, 見て, 見做

2 [15件] いえよう, なりしかも知らず, なりなかんずく, なり結果, なると, なるに, なるべきもの, 云ふ, 同一の, 相見え申候, 結果とが, 結果の, 考え得よう, 考へられるもの, 認めねば

1 [208件] いうからには, いうでは, いうに, いうよりは, いふより, この要求, これを, されて, されてを, しそれ, し結果, する, するかぎり明晰判明, するかは, するこうした, するところ, するなどは, するなり, するに, するの, するや, する事実, する憧憬, すれば, その徹底, その精神異常, なさざるを, なす, なったあの, なったか, なったかと, なったかという, なったかとも, なったかも, なったから, なったこと, なったそう, なっただろう, なったという, なったに, なったらしかった, なったん, なった不具, なった事実, なった人物, なった何とか組, なった例, なった大, なった征韓論, なった暴飲, なった歴史的, なった漸進主義, なった物, なった特殊, なった生活事情, なった疲労, なってか, なっても, ならず創造, ならず勇気, ならぬであろうか, なりうるの, なりおれる如く思惟, なりくり, なりそして, なりその, なりたるなり, なりたるもの, なりつ, なりまさる一方, なります, なりまた, なりもしくは, なり二代三代, なり北, なり原因, なり因果, なり得ず, なり得るかという, なり或は, なり政党ひとたび力, なり次第に, なり歴代内閣, なり煙草, なり親子, なるか, なるかは, なるから, なるだろう, なるであろう事, なるという, なるとの, なるとは, なるには, なるので, なるのに, なるべき上役, なるべき化学的物理学的現象, なるべき十二種, なるべき点, なるべき重要, なるべし, なるまでに, なるよう, なるを, なるデスデモーナ, なる主要, なる事柄, なる多く, なる対象, なる気温異常, なる氷河疲労, なる訳, なれり, みなすべきもの, みられる, 一方に, 丁度近代絵画, 並んで, 事の, 云えば, 云っても, 云はれた, 云われる処, 人柄は, 信じて, 信じられるもの, 全体より, 内界一方より, 動機を, 区別され, 反比例する, 同じ意味, 名づけたまで, 名附けられる, 呼ばれるもの, 国家の, 少くとも, 当局が, 彼方で, 思ひます, 思へるもの, 思われるもの, 想像される, 意義が, 成って, 成ッて, 探偵の, 救治, 断定し, 断定する, 条件であるべきである, 条件とは, 条件の, 来るべき必然, 比較し, 理由とによって, 理由は, 申しますの, 申しまするの, 申すは, 申すもの, 目さるべき, 目すべきもの, 目的原因との, 看做しそれ, 社会の, 神話との, 私が, 私には, 私は, 称するもの, 称する所, 称せられること, 稱する, 経過さえ, 経過とが, 経過とを, 結ばんと, 結びつけて, 結果とは, 結果を, 結論の, 繁昌し, 習慣とが, 考えられた技術家, 考えられて, 考えられる, 考えられるいわゆる, 考えられるという, 考えること, 考えるの, 見たくらい, 見られる, 見られる肝臓, 見るべきであろう, 見る事, 見る誤り, 言は, 言へば, 認められたいろいろ, 認められて, 説いて, 進む推理, 過程を, 遥かに, 錯覚し, 関係が

▼ 原因~ (436, 7.0%)

24 一つは 15 一つに 12 ために 11 一つである 8 一つを 7 うちに, 一つが, 一つで 6 一つと, 中に, 第一 5 あること, うちには, 一つだ, 一つとして 4 あるもの, ようである, ように, 一つであろう, 一半は, 主なる 3 ある所, 一つだった, 一つには, 一つまたは, 一部を, 中には, 外に

2 [30件] あるところ, うちにおいても, すべてでない, はっきりしない, ほかに, もとに, 一つかも, 一つでも, 一つとしては, 一つも, 一と, 一は, 一方または, 中の, 中3項は, 何たるを, 作用によって, 半ばは, 多くは, 大きなひとつ, 大きなもの, 大きな一つ, 大半が, 存するもの, 本性上合致する, 無い憂鬱, 私には, 結果の, 那辺に, 類の

1 [202件] あったこと, あるに, ある事, いかにも綿密, いかんを, いくつかを, いくらかは, いずれか, いずれかによって, いずれが, いずれもが, いづれをもまともなかたちで内在させ, うちいずれが, うち第, うち酩酊の, おれの, かなり大きな, こと結果に対する, ごときも, ごとき観, さらに, すでに発覚, その雛, ためふたたび, ため無電に, ないこと, ない完全犯罪, なかに, なくなった今日, ひとつが, ひとつであり, ひとつでも, ひとつといふ, ほうの, まだ捉えられぬ, ものも, やうな, やうに, やうにしか, ようだった, ような, よって, わからないなんだか, わからない伸子, わからない鋭い, わからぬ熱, ハッキリした, 一かと, 一つ, 一つだったろう, 一つだらう, 一つだろう, 一つであった, 一つであったであろう, 一つであったろう, 一つでございました, 一つです, 一つでは, 一つとも, 一つな, 一つ一つは, 一でなかろう, 一ツが, 一ツは, 一ヵ条とな, 一切の, 一部であっ, 一部と, 一部な, 一部には, 一部は, 不可解なる, 不明なる, 不明瞭なる, 中で, 中での, 中でも, 主たるもの, 主な, 主要なる, 九分通りまでが, 交響創造の, 他の, 何れに, 作用は, 修業法が, 全的または, 全部です, 全部または, 分かりたる事実談, 分らない彼女, 分らない死方, 分らない結果, 分らぬ自殺, 分析すなわち, 分析という, 分析を, 判らない死方, 半は, 協同から, 及ぼす影響, 双方が, 取捨の, 同一なる, 問題について, 大きな一ツ, 大部分, 如きは, 如何に, 如何を, 存在する, 存在を, 存続する, 完全な, 定まりおる, 察しが, 少くも, 己が, 幼稚さで, 引き続きなる, 影響は, 影響を, 微分的変化が, 微分的変化に対して, 微分的変化は, 微少な, 心当りは, 心理的な, 所在とが, 手がかりを, 手掛りが, 探求に, 探究に, 推測が, 故に凡庸者失敗者, 数々は, 方に, 明瞭に, 最も大きな, 最も根蔕的, 最大な, 最大の, 最大有力な, 有無で, 末梢的結果だろう, 根本に, 根本を, 検討は, 概念の, 概念を, 永続性とは, 消滅せぬ, 消滅と共に, 潜んで, 無い恐怖, 獨逸語を, 異なるに, 病気は, 発覚せし, 発覚せられざる, 真相を, 知れないだけに, 知れないビル, 知れない自殺, 知識であった, 知識である, 研究, 研究と, 研究といふ, 研究においては, 研究も, 確かなる, 神経衰弱かと, 科学的調査を, 究明を, 競合を, 第二, 結合によって, 結果である, 結果に, 結果によって, 聖書の, 背景と, 若干は, 若干を, 表面に, 視察なり, 解らない高熱, 解釈は, 証明の, 説明が, 説明に, 説明は, 調査である, 調査現場の, 連関的な, 進化論的考究や, 過半は, 重な, 重大な, 重要の, 面からだけ

▼ 原因~ (342, 5.5%)

56 なって 14 して 9 なつた 8 なつて, なるの 7 よりて 6 なったの, なる, 就ては 5 なること 4 就いて 3 なった, なったこと, なったと, なるかも, なるもの, なるよう, ふれて, 基くの, 關する

2 [22件] つきては, なったかも, なっては, なります, なるという, なるやう, なるらしい, よらなくては, 会すれ, 加うる, 十ほど, 就いては, 帰して, 帰しなけれ, 帰せら, 気づいて, 溯って, 溯上る外, 由るの, 至っては, 遡って, 非ずして

1 [142件] あげて, おかなくっちゃ, これ以外の, さかのぼりロマンティック派, さかのぼること, した懊悩, しても, すぎぬ, それが, だんだん立ち入る, つき未だ, どのよう, なったいいえ, なったけれど, なったという, なったり, なったわずか, なった事情, なった外, なった女性, なった自分, なってる, なつたであらう, ならうとは, ならないとは, ならないもの, ならないやう, ならなくてよ, なりお, なりそう, なりつつ, なりは, なりました, なりまして, なりやすい, なり恐ろしい, なり結果, なるかと, なると, なるとの, なるとは, なるにも, なるので, なるべきいろいろ, なるまた, なるよりも, なる恐れ, なろうかと, なろうとは, はなつて, はなつても, ひきくらべて, ふれないで, また三種, よらず全く, よる, よると, よるや, よろうと, わざわい, 乏しくない, 二あり, 井谷の, 今日も, 依って, 依つて, 依るよりも, 依る感情, 依存し, 依存するであろう, 候, 候なれ, 働きを, 六事情あり, 到達する, 力という, 加へる, 基くであらうか, 基くもの, 基づいて, 基づくもの, 変化が, 変化を, 女性を, 就いても, 就て, 属するという, 帰し得るであろう, 帰する, 帰せられて, 常にある, 影響を, 心当りは, 思い悩むの, 思えそう, 思ひあ, 想到し, 成って, 成り易い, 拠る決闘, 支配され, 故ら眼, 数えて, 暑気を, 根ざして, 比すれば, 比べれば, 比例せる, 注目する, 溯るに, 由るもの, 由来する, 疑無い, 相当する, 相成りど, 相違ございませぬ, 相違ない, 相違なかっ, 相違は, 結びつけ事, 考うる, 自企的, 自分の, 至りては, 言うまでもなく私, 言ふまで, 貴女は, 辿ること, 迫つて行く, 運動原因と, 過ぎないと, 違いない, 違いは, 違ない, 違ひない, 適当せる, 重きを, 関聯が, 非ざる, 非ず, 非ずや, 頼り過ぎなくとも

▼ 原因~ (234, 3.7%)

18 あつた 7 あらうと 4 あらう

2 [11件] あつたらう, あらうか, この留め, そんなこと, 婆さんと, 死んだかという, 死んだの, 気が, 縊死した, 落第し, 顎を

1 [183件] あつて, あの張札, あらうが, あらうし, あり得ないこと, あり得るだろうと, あんなにポツンと, あんなに深く, あんな事, いずれが, えらい病気, お勢, お外し, かういふ礼譲, かうまで, かなり見るべき, かような, か或は, か日常, こいさんが, こうなった, この三四日ナアヴァス, この世を, この立派, これも, こんな不調, こんな反対, こんな失敗, さう, しかもまだ, すぐ陥った, せう, そうなった, そうゆかない, そこの, そして私ども, その原因, その後は, それが, それも, そんな名前, だ, だんだん悪く, とうとう病身, どうしても居たたまらなかっ, どれが, な, なるの, なんでも, ね, ひどく昆虫, ふたりの, ふつと, ぼくが, また兵, まだ壮大, わかりすぎて, エセックスと, スカイと, ストライキを, ドッと, フイに, 一家の, 一方の, 一時に, 三人の, 三好十郎の, 下宿人も, 下駄の, 世人に, 世帯を, 二ヵ月と, 些ばかり, 今日いかに, 他は, 住職と, 佐伯氏に, 侵略艦隊を, 俄に, 免れがたい, 党内左右派が, 凝集する, 出来るの, 動揺し, 勘三は, 勢力が, 十分の, 去年の, 又もや見ごと, 又後戻り, 古社寺, 同じくこの, 同名の, 大きくなる, 大喧嘩, 夫婦の, 夫婦別れを, 奥州の, 奴婢に, 好意か, 始めて, 始終中, 寐つく, 寝転むでゐた状態, 屈折する, 屋形と, 常に藥餌, 弱くなっ, 彼女は, 彼様憂, 後の, 後天性を, 悪性の, 悲しみの, 愛を, 感冒を, 敗れたと, 斃れた, 春秋社の, 是も, 有らう, 朋輩を, 業を, 歴史の, 死なして, 死にました, 死んだ, 死んだこと丈確, 毎日の, 気分を, 水が, 水素に, 決戦戦争的色彩が, 沈んだん, 河内園長を, 洞穴の, 消滅した, 清水に, 温度あるいは, 漸, 無く文太郎, 無二の, 熱火を, 父と, 疎遠に, 病死した, 病死する, 病気に, 病氣が, 発生する, 盛んに, 相前後, 眼へ, 社会奉仕である, 神経系統を, 福子は, 科学自身の, 空しく山, 第四変化, 精神が, 紙の, 経営破綻した, 絶えたと, 自分たちが, 自分の, 自殺し, 自殺した, 自殺の, 自然発射が, 芋を, 苦しかったり, 著者が, 補助翼の, 西下放浪加うる, 見ると, 話語の, 責任の, 躓いたり, 逆ずり金蔵, 間歇熱に, 隱した, 餘程體を, 高く評価

▼ 原因~ (135, 2.2%)

72 ている 11 ていた, てゐる 3 てはゐない, て居る 2 ていたらしい, てゐた

1 [31件] ここから, ています, ているであろう, ているでしょう, ているらしい, ておりますなら, てかやがて, てか古来, てその, てはいる, てひどく, てゐるだらう, て一年, て亞弗利加, て失敗衰残, て奥さん, て居た, て彼, て村民達, て来, て死んだ, て流行りはじめた, て私, て罰金三十円, て苦しい, て茶樹上, て起り, て起れる, 制約され, 技術家の, 明電舎の

▼ 原因~ (129, 2.1%)

4 なしに 3 ある, あるが, ここに, なくして 2 あるよう, あろうが, こ, そこに, ないのに, またこの, 下手人も

1 [99件] あった, あったかも, あったこと, あったの, あったよう, あらうが, ありましょう, ありましょうが, あるだらうが, あるだろうまだ, あるであらうが, あるであろう, あるの, いろいろあったでしょう, いろいろない, おそらく作者, この事情, これで, こんなところ, しかとした, しらべて, そういうところ, その一つ, それが, ついでに, つまり科学性, ない, ないいは, ないさまざま, ないとは, ないなら, なきもの, なく厭世自殺, なく或, なく持たね, なく死ん, なく私, はつきりし, またそこ, まだ不明, やっと分った, やはり師直, わかったよう, シュワルツコッフ博士の, 不明だった, 云われないし, 亦外的, 亦実に, 亦與つて力, 今は, 今までは, 伸子の, 來て, 保の, 全くそこ, 全くわかりません, 全く分らず, 分らずに, 分り今後, 判らず燒, 判らず相, 別にない, 加って, 加わって, 動機も, 同一の, 哲学者には, 基を, 多くの, 大子が, 大方わかり, 子どもには, 実はそれ, 尋ねて, 御存じに, 所詮酒, 手伝つ, 打ち開ける所存, 旧来土人および, 決して遺伝性, 減ること, 漠然とし, 無いのに, 無きもの, 理由も, 目下の, 知って, 知らない, 知れたこと, 突き止められるの, 結果も, 絶對に, 考慮に, 蜀の, 要するに縄張り, 解らぬ涙, 説いて, 部分的には, 食糧難住宅難などの

▼ 原因である~ (115, 1.8%)

8 ことを 4 ことは 3 ということ, ところの, ように 2 かのよう, かは知らない, か即ち, ことが, という意味, と云い得よう, と思われます, と結論

1 [78件] かのやう, かは解剖, かまた, かも知れない, かも知れぬ, からな, から依然, かを決しかねる, か判らない, がその, がなぜ, が主として, が人物, が他方, こと, ことだつた, ことに, ことには, と, といはれる, といふこと, といわれる, とさえいわれ, とするなら, との説, とはわかっ, とまず, とも思はれた, と云, と云い, と云う, と云った, と云われ, と信じ, と判断, と同時に, と同様, と喞, と思ふ, と思われる, と攻撃, と断言, と死, と申したい, と私, と考えざる, と考えられる, と考える, と考へる, と見る, と言う, と論じ, と述べられ, などいう, にし, に違い, のが, のに気分, のは, のみならず, ばかりでなく, ものは, ようにも, よりはむしろ, よりも寧ろ, 事には, 事は, 事を, 些細な, 処が, 名著, 天野と, 女性の, 男性を, 結核菌と, 自分の, 通貨の, 鐘銘問題など

▼ 原因から~ (99, 1.6%)

5 来て 3 では, 起ったもの 2 して, それが, だろう, でなければ, 夭折し, 惹き起されるならば, 画家の, 誘致した

1 [72件] あの連中, こういう錯覚, こうなった, この作者, この草屋根, すっぽり頭, それから, それを, だ, であ, であったろうか, であっても, であろう遠, でなくて, どうも俳人, どこで, わずかの, 人民の, 伸子は, 來て, 信用される, 先ず絶滅, 其時の, 再び同様, 出たとは, 出たもの, 出たらうが, 初めから, 反動が, 古来の, 右に, 墜落の, 幕を, 彼は, 恐らく実在, 悪くなります, 既に芸術小説, 昆虫の, 時偶に, 来るの, 来るもの, 来る作品, 殆ん, 無邪気とか, 焼けに, 煩悶した, 特別の, 生じた落伍者, 生じるの, 生じ得べきもの, 生ずる両性, 生ずる価格, 生ずる価格変動, 生ずる変動, 男と, 発して, 眼が, 研究し, 結果に, 解放される, 赤字を, 起こったこと, 起こる一日じゅう, 起こる事故, 起った不良性, 起り得るこれら, 起るであろう, 起るであろうし, 起ると, 起るに, 近頃あちこち, 非常に

▼ 原因する~ (84, 1.3%)

8 のである 5 のか, のだ, ものと 3 ものである 2 のであっ, のは, ものだ, ものでなく

1 [50件] か, かそれとも, かは知らず, かも知れません, かを察知, かを知らなかった, かを考へ, か又は, か如何, がより, ことには, ことは, ことを, それは, でせう, という人, ところが, ところを, とさえ言われ, とも判断, とも思います, とも考えられないでございましょう, と信じ, と思ふ, と感じ, と言われ, のかと, のかも, のだろう, ので, のであります, のでしょう, ので兵士, ものか, ものかを, ものだった, ものであります, ものであろう, ものとして, もの図書尊重の, を信ずる, 悲劇的場面から, 所と, 決戦強制の, 私の, 肉体の, 肉體の, 説得力の, 譯では, 風土病の

▼ 原因~ (68, 1.1%)

5 ということ 4 と思ふ 3 と云 2 がその, というの, と云つて

1 [50件] かいつも, からである, からという, からな, かわかりません, か分らない, が, が今一つ, が元来, し宇野女史, そうじゃ, つたかも, つたから, つたとしても, つて今とな, という, という政江, といっ, といひ, といふ, とか云, ときめ, とする, とは思っ, とは思はれ無い, とも云い, とも云われる, とも思わない, とも思われます, とも見られぬ, と云われた, と信じ, と僕, と彼ら, と思い, と思います, と思う, と思え, と思っ, と思った, と思ひます, と決る, と町役場, と聴い, と言っ, と諸般, と釈尊, な, なとただちに, なにが

▼ 原因では~ (68, 1.1%)

13 ない 6 なくて 4 ないかと 3 なかった 2 あるが, あるまいか, ないが, ないの

1 [34件] あったけれど, あつた, あらう, あらうが, ありそして, ありません, ありませんか, あり得ないので, あり得まい, ある, あろうが, ございません, ないか, ないけれども, ないと, ないという, ないといふ, ないよう, なかったでしょう, なかったろう, なかったろうかと, なかつたけれども, なかつたで, なかつたらしい, なからう, なかろうかと, なくあまりに, なくして, なくそして, なく事件, なく人口, なく冷酷, 有るが, 無かつ

▼ 原因として~ (67, 1.1%)

2 必要と, 掲げる, 有すること, 有せざる, 神に, 誰しも

1 [55件] あげられて, いは, いわれて, その冷淡, どうしても自分, 一日初日でなく, 中間に, 二つの, 他の, 何が, 個々の, 其動植物の, 出て, 初めて一定, 利用した, 女が, 家屋税の, 小さくねえ, 強く前景, 彼が, 後の, 従来いわれ, 我々は, 或いは発達, 指摘されね, 放送網の, 数へ, 文学作品に, 旅行記の, 日常の, 是認された, 有って, 構成の, 殆ど伝統的に, 滿足する, 無電発信による, 狗に, 申しのべました, 発見される, 私に, 私は, 精霊の, 罪なき, 考えられること, 自覚し, 表向申し立て, 要求する, 詳細に, 説明される, 誰も, 責められる, 述べて, 述べられて, 遂に原則上, 関の

▼ 原因によって~ (62, 1.0%)

2 それは, 私の

1 [58件] かかるより, この潮流, この都市, これらの, これを, その価値, その妻, その自然的水準, それが, それなる, できて, 一国の, 一時結婚を, 人口が, 他の, 他日また, 作り出されたの, 保たれたもの, 信じたの, 出生記録簿の, 動かされて, 同時に生命, 変動を, 変化するであろう, 外国需要が, 大いに需要, 妨げられたの, 妨げられて, 妨げられないならば, 妨げられるとしても, 宇宙的に, 工業労働の, 工業品の, 影響を, 彼れ, 必然的に, 歴史的変化を, 生じたかと, 生じまた, 生み出されるであろう, 生活資料が, 発生した, 相殺されない, 私に, 笑った, 結果的に, 絶えず破壊, 緩まるという, 自分が, 記録された, 諸貨物, 貨幣の, 起って, 過った結婚, 遥かに, 頭骨の, 騰落を, 齎される時

▼ 原因~ (60, 1.0%)

11 のだ 8 のである 4 のか, ので, んだ, んです 3 のでしょう, のです 2 のであった, のであります

1 [15件] ことは, のかは, のかを, のだった, のだろう, のであり, のでその, のよ, んだい, んだらう, んぢや, んで, んでございましょう, んでございます, アービトラリネスの

▼ 原因であった~ (50, 0.8%)

4 ことを 3 のか, のであろう, ように 2 かもしれない, かも知れません, ということ, ものが, 処の

1 [27件] あの獣, かも知れない, かも知れぬ, がしかし, が時, ことも, せいも, それぞれの, という場合, とすれ, とも言いうる, と云う, と云われ, と思っ, と思われる, と私, と考えられます, と見え, と言っ, と記憶, と雁八, に相違, ので, のであり, のである, ような, 戦争又は

▼ 原因だった~ (43, 0.7%)

7 のです 5 のである 4 のだ 3 ことは, のでしょう 2 かも知れません

1 [19件] かは忘れた, から復籍, が, がね, が今, が勿論, ということ, といっ, とは気づく, と云, と私, と言える, のさ, のだろう, のでした, のにさんざん, ようだ, ようである, ような

▼ 原因について~ (38, 0.6%)

1 [38件] あれこれと, いろいろ考える, いろいろ考へる, お心当り, この点, だいぶ疑い, ほかに, また将来, また新, もっと鋭い, マリーも, 各種民族の, 尋ねたけれど, 彼は, 意見を, 支那側の, 新聞紙は, 是非とも考え, 根室港の, 深い疑問, 率直に, 男の, 知ること, 知るもの, 研究し, 私は, 考えなければ, 考えようとも, 考えられること, 考えるだろう, 考へその, 考察し, 試験の, 話し合って, 語合い, 誤解を, 質問した, 軍中やかましい

▼ 原因不明~ (37, 0.6%)

2 な一種, の膿み

1 [33件] だと, であった, であったもの, ですが, で或, で某, で爆発, で物足りない, ながらひところ, なるため, なれども, な反感, な死様, になっ, のけたたましい, の仮死状態, の伸子, の出来事, の変死, の失綜, の強力, の怪火, の擦過傷, の旅客機墜落, の死に, の熱病, の爆発, の爆破事件, の状態, の病, の病気, の窒息, の高熱

▼ 原因による~ (33, 0.5%)

2 のでない, ものである, 人口に対する, 人口増加に対する

1 [25件] ところが, のか, ので, のである, のでしょう, もので, ものな, ものばかり, らしい, 一時的変動を, 下層階級の, 事故の, 二三年の, 人口の, 人民の, 力が, 労賃の, 困窮は, 変化が, 変形は, 影響で, 死亡を, 男子の, 評価の, 遭難は

▼ 原因結果~ (31, 0.5%)

6 の関係 2 の理法, の道理

1 [21件] である事, になる, に關, の引き続き, の形, の時間的継起, の普通, の理, の理法以外, の規則, の連鎖, の鎖, の關係, の順序, はよほど, をこまか, を取, を整理, を知り, を突き止めかねる, を顛倒

▼ 原因でも~ (30, 0.5%)

4 あった 3 あつた 2 あります, ある, あるが, あるの

1 [15件] あったかも, あらうが, あり又, あり結果, あるでせう, あるという, あると共に, あるやう, ある如く思える, あれば, あろう, あろうが, その害悪そのもの, ない, なかった

▼ 原因には~ (30, 0.5%)

1 [30件] あらずして, いろいろの, きわめて種々, この時, さうし, ちがいなかった, ならない, ならないの, ならなかったはず, なる, なんとなく別, ふれたくない芯, もちろん第, 一つは, 不審が, 人民側の, 何か, 何の, 単純でない, 同情しなけれ, 多少積年, 少くとも, 意識的無意識的に, 此座右, 氣が, 目前の, 相違ない, 私も, 自分という, 近いもの

▼ 原因という~ (29, 0.5%)

17 のは 2 ことに 1 のが, のも, もの, ものだ, ものは, ものを, 欄には, 言葉は, 言葉を, 訳で

▼ 原因にも~ (29, 0.5%)

3 なって, なる 2 なるの

1 [21件] かかわらず依然, なったの, なったらしい処, なつた, ならない, なりうるの, なりそう, なり台所, なり年, なること, なるでしょうが, なるので, なれば, みんな夫, やはり混乱, 増して, 多様あっ, 拘らず常に, 気が, 流れ行く道筋, 触れは

▼ 原因であり~ (28, 0.4%)

2 此の

1 [26件] かつ地主, さらに第, そしてこれら, そして其理論, そして無限, その尊王論, その範囲, ながら事態, また一部分, 一つには, 人寄りの, 功労者である, 又結果, 同時にその, 大なる, 始源である, 実行である, 後者は, 条件である, 歴史上あらゆる, 死去の, 第二, 結果である, 西洋演劇に, 貧乏は, 随伴現象であり

▼ 原因とは~ (26, 0.4%)

2 なったが, ならない, 何ぞや

1 [20件] して, それ自身において, なさざれども, なりうるかも, なれり, よくわかっ, 一体何, 云えない, 人民の, 何だ, 例えばある, 信じ難い, 全然無関係, 呼ばれ得ない, 商人の, 必ずしも云え, 思わぬ, 無関係に, 異る, 考えられない

▼ 原因とも~ (26, 0.4%)

2 なったの, なって, なるの

1 [20件] いうべき大きな, どちらとでも, どれが, なくその, なった, なつて, なり一結果とも, なり得るもの, なり死因, なり結果とも, なる, なる性癖, 思はれる, 想像し得る, 構成の, 決めて, 相関物とも, 結果とも, 見られるの, 関係し

▼ 原因たる~ (24, 0.4%)

2 ものあり, ものは, やも知る, 客観の

1 [16件] あた, これらの, その怠慢, ものである, やレッキー氏, を免れない, 一種の, 事の, 事情については, 全能の, 吾が女主人, 彼女を, 悪権力, 機械産業の, 無為閑散, 窮乏と

▼ 原因により~ (24, 0.4%)

2 ある国, 生じたもの

1 [20件] その商工業, または慎, もたらされたの, 一切の, 労働者が, 労働者に, 労働者の, 大きな変化, 大きな死亡率, 失ったこと, 恐るべき荒廃, 抑圧され来っ, 支持された, 斯う, 時には, 極めて多大, 生じきたりたるもの, 生を, 蓄積と, 非常に

▼ 原因については~ (22, 0.4%)

1 [22件] いろんな見方, とても柳沢, なおつまびらか, まことに何, 一言の, 争議団に, 何一つ心当り, 余りはっきりした, 具体的に, 別に, 大体どの, 実は右, 少佐ご, 既にこれ, 深く追究, 知らなかったろう, 私は, 種々見方, 結局ハッキリ, 色々な, 色々研究, 諸大家

▼ 原因としては~ (19, 0.3%)

1 [19件] この都会, たとえばアリストテレス, どの子供, ならないと, やはり宗教, 人間の, 今日までの, 作者の, 保護者を, 充分である, 労働の, 失意女敗北感貧乏病気等, 宗門の, 幸若の, 日本人が, 物価の, 甚だ淺薄, 県官で, 私には

▼ 原因事情~ (19, 0.3%)

2 ありて, を説明

1 [15件] について一言, により, のほか, の別, の引き続き, はいずれ, は第, をおさめ, をせんさく, を知らざる, を究めたださざる, を究明, を総括, を論, 種々複合

▼ 原因ある~ (18, 0.3%)

8 一証なり 1 こと明らかなり, にもせよ, による, によれ, ひは, を陳べ, 事を, 場合にのみ, 居心地わる, 病氣と

▼ 原因~ (16, 0.3%)

1 [16件] その結果, またたぶん, また実際, 不便についての, 事情が, 内容を, 加害者を, 感情の, 理由が, 理由の, 理由を, 結果に, 結果は, 絶命時刻と, 説明や, 責任および

▼ 原因であろう~ (12, 0.2%)

3 か, と思う 1 か何, がまた, が先々月, と思います, と思われます, と思われる

▼ 原因らしい~ (12, 0.2%)

2 ものを 1 が頬, けれども誰一人, と尊氏, のである, のです, ものが, ものは, ものも, わ, んです

▼ 原因あり~ (10, 0.2%)

1 てしかる, て意, て起こり, て起こりし, て起こる, という, ということ, との理, と覚, 私の

▼ 原因~ (10, 0.2%)

2 どうか 1 わかりませんが, 全体髪の毛は, 或は都, 森源の, 知らないが, 考えて, 自分だ, 非常に

▼ 原因した~ (9, 0.1%)

1 が師匠, ことだった, ことである, といふこと, のであった, もので, わけで, わけでなく, 問題な

▼ 原因にな~ (9, 0.1%)

2 つたのかも, つて二度目の 1 つたこの, つた一つ前の, つた例の, つてかう, ツて

▼ 原因に関する~ (9, 0.1%)

3 知識が 1 利便に, 古代の, 機会は, 研究と, 自分の, 説の

▼ 原因はと~ (9, 0.1%)

1 いえば, いふと, に角, 云えば, 渠を, 申しますると, 申せば, 言うと, 訊せ

▼ 原因より~ (9, 0.1%)

1 して, むしろはっきり戦時的認識, 出でて, 来りし束縛, 来る, 猫憑き, 生ずる人口, 発し如何, 結合し

▼ 原因をも~ (9, 0.1%)

2 必要と 1 そういうもの, なしたの, また発見, 政府に, 発見しない, 發見しない, 目睹し

▼ 原因です~ (8, 0.1%)

1 か, から, がその, がそれ, が実に, けれど一つ, な, のん

▼ 原因といふ~ (8, 0.1%)

6 のは 1 ことである, ことに

▼ 原因によ~ (8, 0.1%)

1 つてこれを, つてよりも, つて作り出された, つて信じた, つて必然的に, つて惹き起される, つて私の, つて遙かに

▼ 原因でない~ (7, 0.1%)

1 ことも, とするなら, とはいへまい, とわかっ, 一つの, 武者小路さんらし, 者は

▼ 原因についての~ (7, 0.1%)

1 スミス及び, 告白みた, 問題です, 態度が, 有能な, 知識である, 評判を

▼ 原因にまで~ (7, 0.1%)

1 ふれ沈潜, 急変し, 掘り下げられて, 触れて, 追ひつめ, 達せられるであらう, 達せられるであろう

▼ 原因~ (7, 0.1%)

1 なん, に対して前, に帰, を出した, を唱え, を敢えて, を産んだ

▼ 原因かも~ (6, 0.1%)

3 知れない 1 しれないの, 分らなかった, 知れないが

▼ 原因すなわち~ (6, 0.1%)

2 それを 1 健吉くんの, 労働の, 記録簿の, 食物の

▼ 原因だろう~ (6, 0.1%)

2 と思います 1 が, が細君, という者, と宿中

▼ 原因との~ (6, 0.1%)

1 二種あり, 二重の, 交錯した, 取違えであって, 間に, 関連において

▼ 原因なら~ (6, 0.1%)

21 たくさんあります, ばこの, ば同じ, 心当りが

▼ 原因についても~ (6, 0.1%)

1 あまりよく知る, これも, 多少の, 奇想天外的の, 調査その他が, 雪之

▼ 原因まで~ (6, 0.1%)

1 さかのぼって, ちゃんと知ってる, 深くさかのぼっ, 見抜いて, 詮索しない, 追求し

▼ 原因を以て~ (6, 0.1%)

2 伯の, 決して一二無頼漢 1 個人の, 經濟的競爭に

▼ 原因~ (6, 0.1%)

4 の一大原因 1 のいずれ, の大

▼ 原因たり~ (5, 0.1%)

2 而し 1 しが, しこと, 結果たる

▼ 原因であっ~ (5, 0.1%)

1 てまた, てもし, て初め, て北アルプス, て甲

▼ 原因とか~ (5, 0.1%)

2 目的とかについての 1 夫の, 理由とかいう, 解決とか

▼ 原因なれ~ (5, 0.1%)

1 ども夢, ば, ばそれ, ば人, ば何

▼ 原因にて~ (5, 0.1%)

2 また趣向 1 又趣向, 土間に, 意識喪失後絞首したる

▼ 原因~ (5, 0.1%)

1 に関していろいろ, に関する説明, の一切, の大, より起こるなら

▼ 原因かと~ (4, 0.1%)

1 云えば, 思われない事, 思われる, 考えると

▼ 原因だらう~ (4, 0.1%)

1 があれ, といふ者, と思ひます, と言

▼ 原因でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばならず, ばならぬ

▼ 原因なく~ (4, 0.1%)

2 して 1 しては, んば

▼ 原因なし~ (4, 0.1%)

1 とせ, にある, に生ずる, の涙

▼ 原因なりと~ (4, 0.1%)

1 いう, す, する点, せば

▼ 原因または~ (4, 0.1%)

1 その結果, 何であろう, 先行原因に関する, 能力と

▼ 原因よりも~ (4, 0.1%)

1 以上に, 先づその, 大きいという, 大きいといふ

▼ 原因をば~ (4, 0.1%)

2 足に 1 あくまで社会機構, 太古人民の

▼ 原因探究~ (4, 0.1%)

1 という実験, に必要, のため, の実験

▼ 原因あれ~ (3, 0.0%)

3 ば必ず

▼ 原因しか~ (3, 0.0%)

1 ない事, 有た, 見出さなかつた

▼ 原因そのもの~ (3, 0.0%)

1 が敗北, が本来, なりや否や

▼ 原因それ~ (3, 0.0%)

1 からはいっそう, が澄江, は彼

▼ 原因だけ~ (3, 0.0%)

1 では, でわずか, なの

▼ 原因だけを~ (3, 0.0%)

1 挙示したい, 研究し, 追窮し

▼ 原因としての~ (3, 0.0%)

1 事物の, 稀少性, 責任は

▼ 原因とな~ (3, 0.0%)

2 つたは 1 つた等と

▼ 原因などを~ (3, 0.0%)

1 発見するであろう, 知ること, 調べて

▼ 原因なる~ (3, 0.0%)

1 ことは, 可し, 神に

▼ 原因のみが~ (3, 0.0%)

2 ここで 1 観察者の

▼ 原因ばかり~ (3, 0.0%)

1 でなく生活目的, では, でも

▼ 原因~ (3, 0.0%)

1 ドッチガ結果トモ云エナイ, 息ガ詰マッテ死ヌ運命ニアルノデハナイカ, 死ヲ

▼ 原因~ (3, 0.0%)

1 異ニスルヲ了解スベシ, 述ベ人心ヲ, 顧レバ明白ナリ

▼ 原因性質~ (3, 0.0%)

2 を見究め 1 を除い

▼ 原因条件~ (3, 0.0%)

1 の分析, の数, を知り

▼ 原因無し~ (3, 0.0%)

1 には幾時日, にブルーツング, に起るべき

▼ 原因あるいは~ (2, 0.0%)

1 条件と, 根拠である

▼ 原因および~ (2, 0.0%)

1 それが, 事情ある

▼ 原因かの~ (2, 0.0%)

1 ために, 女子に

▼ 原因からか~ (2, 0.0%)

1 説明する, 頭はっきり

▼ 原因からも~ (2, 0.0%)

1 きわめて複雑, 起り得よう

▼ 原因こそは~ (2, 0.0%)

1 アダム, 明治の

▼ 原因たら~ (2, 0.0%)

2 む閣下果して

▼ 原因たらずん~ (2, 0.0%)

2 ばあらず

▼ 原因だけは~ (2, 0.0%)

1 わかつたと, 何と問われ

▼ 原因だつた~ (2, 0.0%)

1 がその, ことは

▼ 原因であり得ぬ~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 原因でしか~ (2, 0.0%)

1 ない, なかった

▼ 原因でしょう~ (2, 0.0%)

1 あなたの, 小さい時

▼ 原因でなく~ (2, 0.0%)

1 てなん, 四囲の

▼ 原因とさえ~ (2, 0.0%)

1 なって, 私は

▼ 原因とに~ (2, 0.0%)

2 すべての

▼ 原因なり~ (2, 0.0%)

1 云々, 末路に対する

▼ 原因なんか~ (2, 0.0%)

1 ありませんよ, もうわからない

▼ 原因によっても~ (2, 0.0%)

1 同一の, 相互に対して

▼ 原因によつ~ (2, 0.0%)

2 て私

▼ 原因によるか~ (2, 0.0%)

1 これ実に, 等の

▼ 原因に対して~ (2, 0.0%)

1 どういう態度, 単身極

▼ 原因に対しては~ (2, 0.0%)

1 とうていわれら人力, 疑わなかった

▼ 原因のみにては~ (2, 0.0%)

1 いまだコックリ, いまだコックリ様

▼ 原因までを~ (2, 0.0%)

1 取り除く事, 語る必要

▼ 原因一つ~ (2, 0.0%)

1 だけで十分, の力

▼ 原因~ (2, 0.0%)

1 を打ち, を打ち断つ

▼ 原因即ち~ (2, 0.0%)

1 夢の, 毎日多くの

▼ 原因~ (2, 0.0%)

1 が結果乙, に一つ

▼1* [160件]

原因ありしに相違, 原因あるべけれど主として, 原因あるべしと思い, 原因いかにと眼, 原因かによって資本が, 原因からということは, 原因からに相違ない, 原因からは生じないと, 原因からばかりでのことで, 原因からばかりは見られない, 原因げに是に, 原因ことに死の, 原因このような, 原因さえ解れば, 原因したる結果を, 原因してると一歩, 原因しないものは, 原因との事, 原因すら不明である, 原因するであろうが初版千五百部, 原因するらしい妨害に, 原因せぬものは, 原因せるに非, 原因その他に就, 原因それらは極めて, 原因たちと一緒, 原因たらざるべからざるの, 原因たらしめた此方の, 原因たらぬまでもそれ, 原因たるべき価値あるなら, 原因だけで成立した, 原因だけに触れて, 原因だの経過だ, 原因だらふと思ふ, 原因やない, 原因であったらしいが初め, 原因でありいなその, 原因でありましていかにも, 原因でありましたがそれ, 原因であるまいかと思う, 原因であるらしい黒い岩, 原因であるらしく苛立てば苛立つ, 原因であればある, 原因でかくもツバキ, 原因でがなあろう, 原因でございましょうか, 原因ででもあったかの, 原因でといふ意味では, 原因でなかつたとしても問題, 原因というは即ち人情, 原因とおもふべし, 原因とかいう言葉を, 原因とて他に, 原因とともに過ぎ去って, 原因とに関する地方的な, 原因ともなつたのであります, 原因とを知る事, 原因なかるべからずなにを, 原因なかんずくその当時, 原因なきを得ず, 原因なぞ解る筈, 原因などについて知らない方, 原因などに関して研究を, 原因などの究明や, 原因などはわかりっこないの, 原因なども凄まじい事, 原因なりがある, 原因なりとの断定を, 原因なんて無いの, 原因においても同様の, 原因にさえなるん, 原因にすらなるもの, 原因にでもなるん, 原因によってのみ影響される, 原因によってよりも足を, 原因によりしか史学家の, 原因によるかと云うこと, 原因によるかはべつとして, 原因によるもあるべしと, 原因によるよりもむしろ後の, 原因に対しても決して無縁, 原因に従ってわれわれの, 原因に関して極めて興味, 原因に関してはそのいずれ, 原因のみを特に作用, 原因はずつと以前に, 原因はつちへば, 原因ばかりから出来たの, 原因ばかりとは限らないので, 原因へはいつて, 原因またわが用, 原因までが文学の, 原因までも思い出して, 原因もう一つ, 原因もしくは力として, 原因ゆゑ半襟火事とは呼ばれる, 原因を彼, 原因らしきものの, 原因らしくそのこと, 原因わからず苦しい切ない思い, 原因をすらも知って, 原因ガソコニアルコトニ確信ハ持テナイガ恐ラク虎ノ門病院, 原因ガ二三分他ノ六七分ハ頸椎, 原因スル者ニ非ズシテ, 原因ハ分リ過ギルホド分ッテイル, 原因ハ如何ニモ明白デアル, 原因ハ彼ノ無慾ト其, 原因ハ日本資産家ノ侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等, 原因ハ朝鮮ガ日本支那露西亞ノ三大國ニ介在シテ自立スル能ハザリシ地理的約束ト, 原因にし, 原因万端取調べ中でご, 原因が結果丁, 原因丸山外務大丞ら, 原因としてここ, 原因乃至条件によって, 原因事情相合して, 原因以上にひどく, 原因何故に林田英三, 原因例えば気圧の, 原因全く銅の, 原因則チ世界大戰中, 原因動機の何たる, 原因動機発端経過は一点, 原因勢力消長の決定因子, 原因取調中一時は五ヶ月以前, 原因年月及び其他, 原因徴候が極めて, 原因或いは理由の, 原因或は言葉を, 原因手段をときあかす, 原因明らかならざる, 原因星辰の影響, 原因未だ明かならざりしため, 原因未詳の怪事, 原因汝等の中, 原因治療法ともに全く不明, 原因満潮および干潮, 原因と被害物体, 原因物體の粗密, 原因理由に限られ, 原因な自律, 原因的機巧はまだよく, 原因目的がわからず, 原因知ったってどう, 原因に永山氏, 原因確定さる, 原因結果自業自得の理法, 原因習慣を存する, 原因にたいして子供, 原因要素を分解, 原因ふまでも, 原因言うまでもなくこの工人, 原因調査の会, 原因諸説はここ, 原因近頃警察で, 原因運動力が予想, 原因道筋苦労結果等を洩れなく整え, 原因那辺にあり, 原因関係を示す, 原因頗る不明なれ