青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「原~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

却って~ ~卵 卵~ 卿~ ~厄介 厄介~ 厚~ ~厚い 厚い~ ~原
原~
原則~ ~原因 原因~ 原始~ 原子~ ~原理 原理~ ~原稿 原稿~ ~厭

「原~」 4033, 44ppm, 2663位

▼ 原~ (922, 22.9%)

23 中に 11 中で 10 中を 9 真中に 8 上に, 上を 7 ように 6 中の, 入口に, 方から, 方へ, 草の 5 一隅に, 中へ 4 お犬小屋, かたへに, なかに, 中から, 冬草の, 廃城に, 方を

3 [13件] むかふに, やうな, ような, 一月寺という, 上で, 中には, 冬枯れを, 前に, 古井戸, 方に, 真ん中に, 端れ, 隅の

2 [61件] うしろに, ことを, ところまで, なかの, ひとつ路わが, ほぼ中央, まんなかに, 一端に, 一角から, 一軒家, 一部を, 上, 上には, 中, 中程の, 二人の, 井戸から, 儘で, 別寮, 古詞章, 君, 啄木鳥の, 噂に, 夏の, 夏草の, 外部に, 大きな石地蔵, 女郎屋の, 婆, 宮, 宿屋の, 広さ, 或る, 戦に, 斬合いの, 木立に, 木立の, 末ぞ, 東南の, 松の, 栗の, 森の, 橡の, 水は, 瑞々しい緑, 町行きの, 空地に, 花すて, 草が, 荒地を, 落葉松は, 見世物を, 野末には, 隅から, 隅に, 隅を, 雑木の, 雪の, 露と, 青草は, 黒塚には

1 [617件 抜粋] あたりである, あたりまで, あたりを, あの恐ろしい, あばら, ある茶亭, ある部内, いづくに金, いは, いわゆる花魁, うえに, うねりの, うねりより, おちこちには, おっぴらいたなかに, お桟敷, お犬場, お艶, お花畑へ, かくれがを, かこいが, かなしみの, かなたは, かり宮, ここに, ことが, ことだ, ことです, この踊り, こんもりと, ごとし, さしも草, さびしい地帯, すぐ右手, すすきの, その生々しい, そばに, そよぎを, たまりから, たまりに, ちかくに, ちょうど真中ごろ, つづきの廣大な, どこかに, なかで, なかには, なかほどに, ながめが, なごりを, なだら, のどかな, はづれ, はてから, はるか向うに, ひきつぎの, ふゆがれに, ふるさとなどで, へりを, ほうへ, ほおけた雑木林, ほかには, ほとりに, まひろき, ままである, まわりを, まんなかで, まんなかへ, まん中に, まん中には, もっともっと奥, ようには, カン・リンボチェ即ち, シルエツトが, ホルトショ州の, マンマンナカへ, 一ツ家に, 一ツ家にでも, 一ツ家の, 一地方と, 一戰に, 一所に, 一曲に, 一曲を, 一月寺の, 一本松まで, 一本松までという, 一男子自ら顧る, 一端をも, 一角へでも, 一角を, 一軒家が, 一軒家じゃ, 一軒家へ, 一軒家めがけ, 一軒家を, 一部に, 一部は, 一門を, 一隅には, 上から, 上である, 下より, 下板倉家累代の, 世に, 丘を, 中が, 中です, 中ほどへ, 中ほどまで, 中央と, 中央に, 中央の, 中央まで, 中根兵藏という, 丸市の, 主張は, 事が, 事は, 二個所です, 二十面相の, 二様の, 二郡に, 人である, 人では, 人忠心凛々たる, 人王子珍父母の, 仮宅, 位置が, 位置に, 位置をも, 何処かを, 借家から, 側, 側に, 傍です, 儘では, 儘に, 儘今日傳は, 入り口でした, 入口なる, 入口にと, 入口には, 内には, 冬がれに, 冬木立の, 凍つた風, 処刑場の, 出はずれで, 出様が, 刑場から, 刑場が, 刑場で, 刑場は, 刑場を, 初午は, 初段を, 前で, 力が, 功に, 北がわ, 北の, 北方へ, 北端に, 北端を, 千駄木時代であった, 南隅の, 印象が, 原中を, 反対に, 古樹, 各寺院, 合戦から, 合戦にも, 合戦の, 名が, 名を, 名秋円山, 向うに, 向う側に, 向う邸の, 向こうから, 向こう側へ, 君角鹿の, 周囲を, 商人に, 喬松その, 四五町手前で, 四方を, 四軒長屋と, 土塊だ, 土手で, 土田さんの, 地蔵は, 地蔵尊口中一切の, 城の, 堤が, 堤下の, 場末から, 声を, 夏草を, 夕ぐれに, 夕影に, 外に, 外よ, 多い瀬川, 夜の, 夜道を, 大きな傾斜, 大勝後その, 大小の, 大森林, 大神の, 大部分, 奇観の, 奥には, 奥へ, 女郎屋へ, 女郎花の, 女郎花心を, 如きに, 如きもの, 如き温泉地, 妓夫で, 妖婆と, 妖鬼調伏は, 姿は, 姿を, 婆アか, 孕み狐め, 孤家の, 学説と, 學校の, 官道に, 実在界そのものを, 客舎に, 宮から, 宮に, 宮殿に, 宿で, 宿に, 宿は, 宿へ, 射場へ, 小さな崖崩れ, 尽頭第, 居廻りは, 山の, 山下に, 山中で, 山中に, 崖に, 巫女の, 席に, 幕中を, 平地には, 広いにゃ, 底から, 底に, 廃城である, 廃屋の, 廃屋を, 弘法大師へ, 形そのまま, 形を, 役に, 役にも, 役の, 役までが, 役までを, 彼地此地に, 彼方へ, 彼方此方には, 徒で, 徒であった, 徒と, 徒は, 御母さん, 御牢人, 心を, 心持が, 怪事件であった, 意味にて, 戦いの, 戦を, 戦死の, 戰の, 戰塵の, 手に, 手へ, 投込場へ, 振舞とは, 故事として, 敗戦この, 文章も, 料理屋などで, 新しい神様, 新加入連大, 方々へ, 方な, 方へでも, 方へと, 方まで, 方面に, 旅も, 旅館は, 日から, 日暮に, 旧射的場, 春すぎに, 時だって, 景色に, 景観に, 暗を, 最も窪, 最高点に, 木の芽に, 木挽小屋の, 末に, 朱目が, 東から, 東に, 東の, 東京が, 松を, 林の, 果てなき, 果てには, 枯木の, 枯草を, 柳だけで, 楽府詞に, 様子と, 樹海が, 樹海を, 櫟林で, 欅, 此処らに, 殿の, 毒々しい言葉, 池田の, 浄瑠璃座に, 海底には, 清見が, 温岐の, 温泉宿より, 溪谷に, 演習場や, 火避地, 灰色と, 父子が, 爽快な, 片隅には, 牢人様, 犬小屋も, 狂人牢人よと, 狐が, 狹霧は, 獄門番人の, 獄門首だった, 珍な, 琵琶歌は, 生活の, 町とも, 町へ, 町日立木の, 町駅行きの, 療養園である, 登りへ, 白い穂, 白き花, 白雪に, 白骨と, 白髪頭め俺の, 百姓家, 眞中丁度, 眞中頃で, 真ン中へ, 真ン中を, 真下に, 真中へ, 真中を, 真只中で, 真只中へ, 真菰の, 石の, 砂漠に, 祝詞から, 神聖を, 秋篠なども, 秋草の, 空中からは, 竈へ, 端の, 端を, 籔の, 納戸でない, 結果によっては, 習, 胸に, 膝の, 興業物飲食店一般の, 興行に, 舌長姥, 色が, 花の, 花は, 花片に, 花野の, 芸人たちの, 草靄は, 薩州屋敷に, 藤吉が, 藤吉とともに, 行手は, 衛戍病院に, 表面は, 製紙原料に, 裾の, 西に, 西まで, 西側の, 西端に, 言葉に, 言葉を, 評判の, 詞について, 話と, 語は, 誤か, 説明を, 豆が, 豆を, 賭場を, 路で, 踏切を, 身にとって, 身にとっては, 辺は, 近い場合, 近くまで, 途中まで, 遅き月夜, 道で, 道の, 道を, 遠くし, 遠太鼓, 邸に, 郷から, 郷に, 郷里, 里の, 野の, 野中へ, 野仏だった, 野末から, 金もちの, 金色の, 門川温泉へ, 開墾から, 開墾地に, 間に, 間の, 闇黒に, 陋居に, 陣において, 隅々に, 隅へ, 雑草は, 雪野原で, 雲も, 電燈の, 靄の, 非人に, 面積は, 顔を, 風, 養子で, 餓鬼阿弥の, 香の, 馬市は, 高原つづき, 高原などから, 高原に, 高原にか, 高原も, 鬼の, 鬼塚末無, 鬼女は, 鬼婆だ, 鬼婆とて, 鬼婆とは, 鬼婆の, 鬼婆は, 鯉幟が, 鳴子の, 鶉の, 黒塚なる, 黒塚の, 黒羽町に

▼ 原~ (320, 7.9%)

7 出た 6 なって 3 出る, 腰を

2 [27件] あはれかがやかし, いた時, いって, いて, かかると, きて, ころがって, せし事, たどりついて, なつて, 住んで, 入る, 向った, 吾は, 大江戸の, 就ては, 屯し, 新埴土, 於て, 来て, 楓の, 楢や, 沿うた長い, 燃ゆる, 行くと, 近い, 風は

1 [247件] あったの, あった話, ありと, あるもの, ある一筋, ある大人国, ある枝垂れ桜, ある空船, いたまま, いたまわし者, いたると, おいでにな, おりゆきし, お心覚え, かかった, かかったところ, かかったらしい, かかった頃, かかりました, かかりますと, かがやき, かこまれた山上, かたまりやがて, かりの, この日暮れ, こまかい雨虫, ごろり, さしか, さしかかった, さしかかったとき, さまよって, しましょうか, その担い, たくさんいる, たくさん咲く, ただ一人立っ, ちかい一山, つづいて, なった時, なりますか, なる, にれが, はいちやくそう, ひきだして, ふる雪, ほど遠からぬ, ぼんやり佇ん, まんまんと, よくす, ゐる時, タタキ付け鍬を, チラチラ隠現し, テント生活を, ブランコが, 一本高く, 万国博覧会が, 上ったり, 不思議な, 並んで, 二人の, 五葉の, 人が, 人の, 今も, 会うの, 会って, 余らの, 僅かな, 入り込んでも, 入る明月, 八十八の, 兵馬を, 出たが, 出たです, 出て, 出で, 出ました, 出ますと, 出られますが, 出られる道筋, 出る月, 出掛ける時分, 到り温泉宿天野屋, 到着した, 割れ目が, 勤めて, 勤務する, 包まれ冬, 十人あまりの, 反対された, 叛かせ, 向いて, 向かって, 向った一つ, 君臨せさせ, 啼きすます郭公, 地面を, 墜落した, 壊れて, 夏期は, 大ぜ, 大勢避難し, 大理石が, 女郎花が, 宿った, 宿ったもん, 宿つた者は, 宿りました, 寝ころんで, 寝そべって, 寝転んで, 寢てを, 寢轉んで, 將た, 對し, 小や, 小三, 居ますよ, 居る, 差しか, 市が, 幔幕ばかりの, 広ごり, 廣ご, 建つて, 建てた, 引摺られ, 待って, 成りませる神, 押し出して, 持ち出いて, 持つ事, 持出して, 指でも, 捨てて, 掩われた, 攻めて, 於いて, 晒された, 木の, 本田様の, 本郷定次郎氏夫妻の, 村の, 来た時, 梟けられた, 横の, 歩を, 死したり, 死骸が, 毛の, 氷木高しりて, 氷椽高しり, 氷椽高しりてましましき, 泣く, 洋風建築の, 浮かんで, 添うて, 燃え移った, 燈籠が, 牧の, 犬合せの, 玉くだらせるしるしあり, 玉霰ちり, 畑を, 白樺の, 白野天神坂を, 百姓の, 真葛川に, 着いた, 着いた氣, 着いて, 着きました, 着き新田義興, 着くと, 石の, 祖父の, 神づまり在します, 移って, 移行し, 穴居する, 突き立つた親仁, 突っ立った, 立ちし時, 立つので, 絵を, 羅生門河岸の, 聴きぬと, 至りまた, 草, 荘厳な, 菫を, 落葉松寒げに, 葬, 葬って, 葬神靈神體天皇詔し, 蒼くいただく, 蓮花を, 行き路傍, 行く, 行くこと, 行た, 行ったこと, 行って, 行つた, 見せ, 話して, 軍勢を, 転ず, 辿り着いた, 近いだけに, 近いところ, 近い借家, 近い寺, 逃げ込んだの, 途方も, 通う遊客, 通り魔が, 連れて, 連れ出した, 進んで, 進出し, 遊んだこと, 遊んでは, 過ぎず, 達して, 遺して, 野火が, 開演中の, 附属した, 降りると, 降る雪, 隊列を, 隣った石ころ, 集まった, 集まった人たち, 集まるほどの, 集合した, 雨が, 雪小屋を, 露が, 露しげく, 風もこそ, 飴細工の, 馬を, 鳴く葦鶴, 鳶鴉かわらふ, 鷄頭が

▼ 原~ (290, 7.2%)

4 歩いて 3 ななめに, よぎって, 中心と, 東南に, 横切って, 横切つて, 駈けて

2 [20件] ようように, 出て, 分けて, 取り巻いて, 夜中に, 尋ぬる, 撫でて, 改めて藤原, 斜めに, 流れ蒼い, 直道に, 見ると, 越えて, 越して, 通って, 通つて來た, 通り抜けたの, 通り抜けなければ, 通り過ぎて, 隔てて

1 [225件] あとに, あるいて, あるきだした, いっぱいに, うずめて, うろついて, かき分けて, かけ廻る様子, くだりつつ, ぐしゃぐしゃと, ご利用, さう一気に, さきへ, さまよ, さまよう一ツ, さまよって, しばらく歩い, じりじり年, その隠れ家, それぞれ進発する, ただせば, たったひとり, だんだん東, ちこ, つっきって, つつんで, とおって, とび廻り, とんで, どうかし, どんどんその, なして, なし一歩, なすさ, ぬけた, ぬけた頃, ぬけると, はさんで, はると, ば, ひとりゆく, まっすぐに, めぐった山々, やつて, やみくもに, ゆけば, よこぎつて, よろよろと, わたって, 一マイルばかり, 一度は, 一点の, 一眸の, 三軒家あたりまで, 下人二三人召連通候処蘆原より, 久しぶりで, 乗りきって, 乗り進む蒙古, 乗切るの, 九州や, 二本松へ, 伐り払った跡, 何時までも, 作って, 促して, 倒せ, 光らし下, 八方へ, 再び後, 出ると, 分けながら, 分け行けば, 切って, 利用し, 前景として, 包んで, 半丁と, 半里, 半里あまり, 占領し, 去って, 取つて, 取り巻く森林, 向う側へ, 向ふ, 四里ばかり, 囲む山々, 埋めて, 契機として, 帰り来る子, 帰るさ, 廻る四角四面, 彩り藤, 後に, 思うまま, 承知の, 抜けて, 択むです, 押覆せ, 振り向いて, 採集した, 探しやしたが, 散歩し, 斬った, 斬り伏せその, 東に, 東へ, 東南一帯に, 案出する, 横ぎって水道橋へ, 横ぎって進軍を, 横ぎり終る, 横ぎる方が, 横ぎる時自分は, 横さまに, 横切つて大久保, 横切らうとして, 横切り小径, 横切り麓, 横断し, 横断する, 横目に, 正せば, 歩かせられたとき, 歩かせられて, 歩かねば, 歩き出して, 歩く時, 歸り, 殺害し, 氏として, 流れる川, 浸して, 渡つてゐる, 渡り終り, 渡るの, 滑べる, 無二の, 照し, 照らして, 照り返しうるおい, 燎く, 狩り立てて, 登る処, 相手に, 真直に, 眺めた, 眺めて, 知らせ, 示すの, 祝福する, 穿鑿し, 突きとめた, 突き破って, 突切って, 立ち出, 紫の, 経て, 美作国久米郡南条村に, 聞く時, 背後に, 行き惱む, 行くこと二里, 行くと, 行くは, 行く汽車, 行く頃, 行けば, 見れば, 見わたせば, 見廻した, 見降しながら, 覗いて, 覚えて, 討ち損じたので, 訪ねて, 訪ねるつもり, 訪れ若宮, 訪れ親しく, 試みること, 貫ける, 走って, 走つて, 走り抜けやがてもう, 越えるまで, 越すと, 踏みつけ半身, 転がり飛び行くの, 通つて一人の, 通らなければ, 通られい, 通りかかると, 通りて, 通りぬけ, 通りぬける間, 通りますと, 通り抜けたこと, 通り抜けて, 通り抜けると, 通り抜け山, 通り越すと, 通るの, 通過し, 通過する, 進みそれから, 進んだ, 進んで, 過ぎて, 過ぎネープル, 過ぎ小前田, 過ぎ洗馬本山, 過ぎ行けば, 過ぐ, 過る時, 遠く横切っ, 避けて, 開墾する, 間人や, 限る針葉樹, 隈なく, 離れ橋, 馬で, 馳け, 駈けぬけて, 駈け出して

▼ 原~ (179, 4.4%)

4 金沢の 3 一様に, 前に 2 一樣に, 小雨しめや, 広いな, 車の, 霧や, 青い衣, 驚くばかり

1 [155件] いかに, いささかの, いつか赤い, いぶかしそう, いまだ全く手, かえって別, こういった, ここだ, ここに, これから家, さっぱり通じないらしい, すこし改まった, そういっ, そう広く, そのころ, その上覧桟敷, その言葉, それほど欲し, それを, そんな科白, たかは, ただ見る, たちまちに, ちやうど, つい目, ともかく養子, どうも鬼門, ない, ひと目初めに, びくとも, まだ済みません, もう火, やみの, われわれに, サイ河原と, ビクッと, 一方の, 一面に, 一面蒼海が, 一面蒼海で, 丁寧に, 不仁なる, 五十年輩である, 今もっ, 今やひろびろと, 他国から, 仙人谷と, 代々の, 何方に, 偽強者, 光しみ, 出て, 刻んだサラド, 力を, 勿論親, 十間で, 午前の, 即ち戦場ヶ原, 原とは, 又南北, 口髭を, 可い所, 可懐し, 呆れ返るほど, 咲満ちた, 嘆息し, 地球が, 大きな鍋, 大小の, 大西洋底に, 大風の, 少し未熟, 尽きそう, 尾花の, 山路に, 岩銀杏が, 帝の, 帽子を, 広いから, 広いが, 広いねえ, 当然仙台, 徐ろに, 心に, 応接室に, 思出した, 恰度両, 或る, 戦場では, 戸口の, 戸山ヶ原より, 手風琴を, 既に冷え, 旧尾州侯, 昔奥州の, 時々立, 曾て, 朝靄立ちこめ, 東京の, 水苔の, 汝に, 海よりも, 淋しそう, 渺として, 漸くあの, 濃い眉, 焼け附く暑, 焼打騒動の, 煙立ち立つ, 燈火を, 目を, 相川と, 相川の, 真中あたり火定の, 真赤な, 眺め入って, 眼に, 私の, 秋霧が, 空々寂々として, 空しく冷, 立って, 答えた, 群れて, 羽矢銛一つ持たず, 聞いて, 自分で, 自然に, 花に, 苦笑し, 草が, 荷鞍山東方の, 蒲生領でも, 西南から, 見るからに, 見わたすかぎり, 言出した, 言消して, 謙遜な, 貧乏士族の, 近頃評判, 退屈し, 通らず改正通り, 遠くボカ, 鐘を, 間もなくお, 陶然と, 陸軍の, 霜で, 霜柱で, 霧の, 露士亜に, 高市郡飛鳥に, 鮮かな, 黒絽の

▼ 原~ (156, 3.9%)

5 出て 4 来い片 3 出た 2 いつて, 出かけて, 出たの, 向って, 持って, 行って, 行つて子供が

1 [130件] いそいだ, お出, お出向き, かかった, かけこんだ, かけつけねば, かけては, これから行く, こんなに人出, さしか, すり抜けました, つれて, ねころがり, はいって, ぶらぶら迷いこん, もどして, やってきた, やって来た, やり人, 一夜の, 一緒に, 一路ご, 上った, 下りて, 下りまた, 下り湖面近く, 下り谷戸, 下る, 下山大泉村から, 乗込み都鄙, 仮りの, 住みつき毎夜奇妙, 來て, 入って, 入るの, 入る畝道, 兵を, 円くなった, 出たこと, 出たそう, 出たら急, 出ましたが, 出張する, 出張演習の, 午寝, 可なり, 向けて, 回り中新田, 大斜め, 大根の, 寄るとも, 差しかかったこと, 差しかかると, 帰って, 帰ろう, 廻って, 引き移る, 引っ越して, 引ッ立てられ, 引返したが, 彼が, 急ぎあっ, 急ぎに, 抜けようと, 掛つたのが, 掛り塚前村, 新築許可を, 曳かれた, 書いたので, 机と, 来た, 来て, 海苔まきを, 潜に, 登って, 着くと, 着くまでは, 突飛され, 立って, 立つても, 立帰っ, 紛れ込んだの, 罷る時刻, 舞いおちたもの, 莚を, 落ち行く雁, 行かなければ, 行きますと, 行き玉, 行くこと, 行くの, 行く積り, 行く約束, 行く途中, 行こう, 行こう行こうと, 行った, 行つてごらん, 行つてそれを, 行つて立つ, 行ふと, 行啓を, 見物に, 規矩男は, 誘い出すこと, 貫通し, 足を, 農兵の, 迷いこんで, 迷込んだ, 追い放っても, 送られるだろうなぞと, 通い博士, 通う人, 通う道, 通じて, 通って, 遊びに, 遊んでは, 銀の, 集まった連中, 集まって, 集るね, 雷見舞に, 飛ばさせました, 馳け, 馳せ上って, 駆け上って, 駈けた, 駈けつけて

▼ 原~ (147, 3.6%)

2 あつた, 上に, 別れた, 呑気に, 夜間演習の, 大敗北, 私は, 高い木

1 [131件] あいつらを, あつて, あのそれ, あのよう, あり得ないこと, うけて, おそろしい経験, お仕置を, お待ちうけし, きよつ, ころがって, すぐ目の下, せねば, そこここに, そこに, そこを, そして其処, その原, その盛大, たった一人, たぶさ, つかった金, とうとうその, どこを, はげしい人々, は八幡太郎, むかしは, わしが, わたしたちに, わたしたちの, ダージリン及び, バッタや, 一しお淋しく, 一ノ谷の, 一寸した, 一昨夕焚火を, 万千代さまが, 下りた, 乞食を, 二抱へ, 京都の, 人家の, 人間は, 人魂という, 今井兼平と, 催すこと, 働くの, 先年経蔵が, 共に一番槍二番槍, 勾引かされた, 十六の, 右は, 喧嘩を, 四五人の, 四五遍食いに, 夕食を, 大きな煉瓦, 奉行所衆の, 始めて, 子を, 小高い所, 屋敷町の, 川は, 巡り会った時, 左手に, 彼と, 御一しょ, 心中する, 急に, 惡戲を, 惨敗した, 成氏と, 戦うの, 持ち出された業物, 捕まえた皇子宗良, 掘つて歸つて下宿, 斬合いが, 旗本小, 更に露, 最期を, 杉田玄白中川淳庵と, 村の, 東に, 樺太へ, 殺して, 永い一日がかり, 泥棒の, 流連する, 火焙りに, 無残な, 物の, 犬合せが, 狩を, 狩猟を, 獄門台が, 珍らしい, 甚三殺しの, 皆百合を, 盆の, 破られながらも, 磔に, 磔刑に, 紅白に, 経験した, 胴と, 腑分が, 興行を, 薬草を, 血を, 討ち首, 賈子説林なんと, 返撃, 迷いひろ子, 遂行せられる, 道からも, 遠く近く, 鍛えた腕, 開墾に, 間々に, 降りましょう, 陶器師と, 隣り村, 雌雄の, 雑草まじり, 雪に, 青梅までは, 風船, 首を, 鬼が, 鹿が, 麻布三軒家から

▼ 原~ (118, 2.9%)

4 呼んで 3 いふ, なった, なって, 云ふ, 化して 2 する語原, なつて, 化したの, 呼ばれ一面, 川と, 支那から, 相互の, 解して

1 [83件] あとに, あるの, いい町家, いい血, いう, いえば, いって, いっても, いふので, いへば, いわれる高燥不毛, くると, す, する様, する考, なった東京, なり全く, なり文化哲学, なり終つて, なり而, なり英国, なること, なるの, のけは, よぶ以前, スミレの, 一緒に, 云う大きな, 仲が, 同じよう, 名づけ外輪山, 呼ばれたり, 呼ばれた崖沿い, 呼ばれ尼, 呼ぶ処, 図星を, 土地の, 地盤の, 変つ, 変らぬよう, 変化する, 女といふ, 宛て字する, 尾瀬沼間の, 山の, 常世とを, 思うのに, 思ふあたり, 恥づる所, 支那人の, 書くん, 浅草橋とが, 漢文, 熟兎は, 生きて, 申します, 申す土地, 疎らな, 私は, 称する所, 称す可, 納まって, 自分で, 葦原の, 見定められたその, 言います, 言ったと, 言はず, 言ふ, 読むの, 變つてゐる, 進藤が, 進藤を, 違って, 題する画, 香椿の, 高い山, 高射砲弾幕とを, 鶴巻にとり, 鶴巻の, 鶴巻は, 黒い枯木, 黒木の

▼ 原~ (93, 2.3%)

12 の長 8 の中 4 の者 2 の影, の方

1 [65件] あの方々, がうしろ, がどう, がバラリッ, が交代, が兇刃, が斬られた, が死体, が立ち廻っ, が立った, だ, であるから, であるところ, というの, という一族, という者, となっ, となり, とは問わで, と一緒, と堀田伊太夫, と天堂ら三人組, には怪しまれ, に両, に斬りこまれ, に襟, に蹴, のすべて, のひとり, の一群, の乱刃, の二, の前, の十数人, の四, の天堂一角, の姿, の屋敷, の手, の新手, の旧, の残る, の眼, の組, の群れ, の者ゆえ, の胆, の言葉, の詰め, の輩, の面々, は, はかれ, はスタスタ先, は足もと, へ何, もぞろぞろ, や例, らしい者, をすぐっ, をつれた, をひきつれ, をまたい, を自由, を顧み

▼ 原~ (86, 2.1%)

7 ある 3 あって, 続いてたもん 2 あった, いよいよ日比谷公園, 急に, 續いてた, 見えて

1 [63件] あったが, あとから, ありました, あるも, ある陸奥, いいにおい, いわゆる, ざわめき立った, すつかり, そうでしょう, どの辺, やあ, よけいに, よっぽどよかっ, わけも, 一番手前で, 三原山の, 今内務大臣, 兵を, 出来かかったの, 多かった, 多かったです, 小屋がけ見世もの場でさかっ, 小猫, 尽きた辺, 尽きると, 尽くれ, 展けて, 平盆, 形を, 後ろも, 恋しい, 意識し, 戀しく, 拡って, 振返った時, 敷かれて, 日向に, 日本の, 暗澹たる, 有明の, 来るかも, 武器の, 浅草田圃に, 火除地であった, 狐色に, 直下でなかつたなら, 眠そう, 眠たそう, 眼前に, 私を, 私達の, 蕨の, 薄明い, 見えます, 見える, 見たらさぞ, 遠いこと, 遥に, 選ばれた, 那須山上の, 高輪の, 鬱蒼たる

▼ 原さん~ (73, 1.8%)

3 の前 2 が家, が言った

1 [66件] からもお便り, から便り, から旅費, から重力, がいらっしゃっ, がいわれる, がこう, がです, が云った, が今度, が前, が又, が殺された, が泉子, が襟, が赤ちゃん, が首相, すっかり板, そっくりです, たら, で御座, といっしょ, とすれ, と名主幸左衞門さん, と婆さん, にはこの, に対して済まない, に拒絶, に教え, のところ, のは都川, のドリイ, のヨー, の云う, の処, の家, の御, の舞台, の言葉, の近く, の迷惑, の顔, はうまい, はここ, はつけ加えた, はもう, は何, は何気なく, は別に, は少し, は思った, は東京パレス, は機嫌, は死んじゃった, は自分, は言う, は語調, は飯場頭, は首, へお勤め, へこんな, も気の毒, を口説いた, を見舞っ, を除い, 一体どうしてそんな

▼ 原~ (64, 1.6%)

10 ぱに, ぱの 6 ぱへ 2 ぱ, ぱには, ぱのまん中に, ぱは, ぱを

1 [28件] ぱかよかろ, ぱから, ぱがあつて, ぱがあるが, ぱがうすく, ぱである, ぱでベエスボオルの, ぱで踊つたらしい, ぱで近所の, ぱとそして, ぱと空ばかりが, ぱどの, ぱなのだ, ぱにおりて行きました, ぱになつてゐてもう, ぱになつてゐます, ぱになつて片方には, ぱのある事は, ぱのまんなかでひとり, ぱのまんなかに剥き出しに, ぱのまん中で, ぱのまん中です, ぱは廻つてゐた, ぱみたいですのに, ぱも, ぱをつききつて青い, ぱをひとりで歩い, ぱ低い

▼ 原~ (56, 1.4%)

1 [56件] が, が内閣, が出雲言葉丸出し, が旅, が江戸, が相当, だけはチャン, との関係, などの所謂熟蝦夷, なども政治家, にし, にも全然, に向い, に向っ, に対しては仕事, のこと, のこの, のほか, の件, の出生地, の前, の夫人, の宅, の庄屋古帳, の日頃, の書籍, の目, の知り合い, の知性, の紹介, の軍鶏, の邸宅, はこの, はすっかり, はせつせ, はなかなか, はやさしく, はよろこび, は上京後日大, は世玄益, は五人前一円五十銭, は元, は名高い, は夕方宿, は小林氏, は権幕, は独語, は私, は秘書役, は靴, は髯, へ或, もかねがねそう, もそういう, も当時, を訪

▼ 原から~ (51, 1.3%)

2 出て

1 [49件] うれしがってる, まつすぐ, やって来た原始人, わいて, サッキャアという, 一里余り先の, 三里許り参る, 下志津原に, 中禪寺湖, 兄を, 出直させるこった, 千曲の, 同時に出, 四番原までの, 夢中で, 始まって, 家の, 山王峠を, 山道を, 川上へ, 引き出して, 御徒町辺の, 御牧が, 愛鷹山を, 新町下谷通り新町と, 日光連山を, 日本の, 望まれる三宝山, 杁の, 来た, 来る村, 柔かい緑, 根利山に, 湧く清水, 煉瓦通りへでも, 生温い風, 甲武信岳に, 立ち帰って, 繰出して, 老婆を, 認めた夫, 豊川筋へ, 起る冥府, 踊り出して, 踊り抜いて, 逃げ散つた所, 遠いため, 遠くない, 飛び上がって

▼ 原には~ (48, 1.2%)

2 なって, 大きい塹壕, 尽きぬ黄金草, 春らしい, 男も

1 [38件] いると, がんりきの, きょうは, だれも, ちが, とどかなかった, よく夕立, ゐなかつた, 一騎の, 中央の, 人影も, 古池が, 四五十頭の, 埃と, 大矢来, 女の, 宿屋が, 数多い犬舎, 斜に, 既に綿井, 日蔭も, 明け方から, 昼顔が, 月が, 桐の, 殺生石の, 灰色の, 焚火の, 現にこれ, 神産巣日御, 芒が, 虫の, 道などは, 避難した, 野村市右衞門明石四郎兵衞黒田總兵衞齋藤甚右衞門野村初, 野生の, 鑿の, 間が

▼ 原~ (46, 1.1%)

2 のところ

1 [44件] が, が同意, が来, が迎えた, が食っちまう, というの, とお揃いで, とは同じ, と依田君, と僕, と小野君, と蜜, と話し, に話したらしい, の姉, の座敷, の所, の手紙, の推奨, の晩酌, の父, の細君, の肩, の話, の談話, の避難さき, の避難先, は, はここ, は今, は好い, は東京, は私, は言っ, まだまだ吾儕, も, もこの, もその, もなんだか, も深く, や小野君, を主席, 御紹介, 長く田舎

▼ 原~ (43, 1.1%)

3 の書 2 が内務大臣, の話

1 [36件] が推され, が政府委員, が是, が死に, が目, が野人内閣, とは同郷, と高橋是清, に指図, のごとき, のほう, のオイ, の人情味, の依頼状, の名, の名前, の死, の白髪頭, の眼中, の紹介状, はその, は一方, は俳号, は来ない, は私, は親友原達, は陸奥, は面白く, も同郷, も尊敬, や三等技師下後藤新平, や横綱, を刺せる, を暗殺, 被刺, 迄が半分偉人

▼ 原~ (41, 1.0%)

5 又は南 4 佐紀の 2 ある, 今は, 評判だけ

1 [26件] あるそう, いい気もち, いつもより, しばらく乗り回し, みなそうだった, よい火山型, 一様に, 一面の, 亦同様, 佐紀山の, 其附近に, 十方に, 可いが此頃, 家を, 市中の, 後にその, 微笑んで, 打殺して, 日が, 村も, 枯れて, 背後に, 苦笑を, 走り過ぎた, 跡形なく, 遼河の

▼ 原という~ (36, 0.9%)

5 のは 2 ところに, ところへ, 処に

1 [25件] ことに, それでしょう, ところだ, ところです, ところには, ところは, のが, のでしょう, のです, やつは, 一章が, 医師の, 原っぱに, 原に, 名の, 名は, 名を, 大きい草原, 姓と, 所に, 文学者も, 村で, 男は, 空き地の, 苗字で御座います

▼ 原まで~ (35, 0.9%)

1 [35件] きて, つけて, どのくらい, まいりながら, まっしぐらに, やってくると, やって来ました, テクテクお伴を, 一望渺たる, 一行の, 乗込もうという, 人を, 伊那丸の, 傾斜が, 兵馬を, 出かけて, 出て, 出張し, 垂れた一面, 夫を, 戻って, 抜けて, 探しちゃ, 敵の, 来て, 歩かなければ, 行き更に, 行ったの, 視察に, 誘き出して, 買いに, 走れるはず, 辿り着けるであろう, 送り屆, 飛んで

▼ 原孔明氏~ (30, 0.7%)

1 [30件] がからく, が再び, が平和そのもの, とは莫逆, の人間業, の毅然たる, の第, の胎内, の行く, の頑固一徹, はひとつ, は三千円, は今, は何, は呆気, は完全, は屋根裏, は彼, は意気冲天, は旅費, は極めて, は泰然, は無法, は生れつき楽天的, は相手, は突然, は言葉, は蹉跌, は閃, も言

▼ 原~ (29, 0.7%)

6 の仙吉 2 の大法寺, の才三, の方

1 [17件] と一日, のお, の叔母, の取上婆さん, の松厳寺, の松嚴寺, の栗唐, の物, の物持後家, の石見, の私, の竹松, の金貸し後家, の金貸後家, の面影, の顔役, はどう

▼ 原~ (28, 0.7%)

2 石の

1 [26件] その辺, ふせやに, 八ヶ岳の, 古戦場, 小谷を, 屋敷の, 廣い, 念場ヶ原或は, 成金壁なぞで, 昼の, 晝の, 林の, 死人の, 沼の, 流れが, 牧や, 畦の, 草深百合の, 藪を, 蛇ヶ池の, 谷を, 野辺山原などは, 高瀬なぞの, 高麗村の, 鶴巻は, 黒塚は

▼ 原~ (27, 0.7%)

2 の門前

1 [25件] から盗み出された, でその, では自分, では金兵衛, でももう, とは不和, には大概, に伝わった, に取っ, に復帰, の一室, の一族, の中間ら, の主人, の亡者, の品物, の女, の床の間, の当主, の避難先, は隠居, へも出入り, へ出入り, へ招かれた, へ練りだした

▼ 原~ (27, 0.7%)

1 [27件] かの誓書, その時代, の俗説, 両国に, 人身と, 伊沢の, 優しい性分, 其方が, 女丈夫の, 姪孫女の, 学問を, 小野の, 平井氏は, 彼の, 心猛, 某は, 棠軒日録には, 権利の, 此の, 此種の, 爾は, 猟犬にて, 疱瘡を, 百物語に, 罪名の, 落語なる, 趣味多き

▼ 原大佐~ (21, 0.5%)

2 の顔

1 [19件] から, からきいた, からたずねられた, から親しく, から重大使命, がいった, がどんなに, が太刀川青年, にいった, の声, の頼み, はきっぱり, はそれ, はそんな, は一冊, は口, は太い, は太刀川青年, は思わず

▼ 原~ (19, 0.5%)

2 から広い, という

1 [15件] から水たまり, から無論, といっ, といふ, と主張, と云つて, と多少, と思い, と称えた, と言い, なんていふ, のが, やら小川, よと澄まし, 日比谷から

▼ 原地人たち~ (19, 0.5%)

2 は太陽

1 [17件] からそんなに, がいっ, のほとんど, の口, はいちどきに, はいつの間にか, はいよいよ, はきいきい, はてんでに, はもう, はクイクイ, は急, は星, は白骨, は目, は誰, は酋長

▼ 原では~ (18, 0.4%)

1 [18件] あるが, このごろ妙な, ございません, そこに, ないかの, なかった, なく繁昌, 五人の, 今川範満が, 儂の, 先鋒隊と, 大人が, 山女魚を, 岩松経家と, 心中した, 昔から, 闘犬と, 馬耕の

▼ 原地人~ (18, 0.4%)

1 [18件] が一人, が住んだ, が攻め, が砂漠, だ, にまもられ, のふく, のほう, の前, の女, の音楽, の首, はこいつ, はたしかに, はだれ, はクイクイ, は幅, は穴

▼ 原より~ (16, 0.4%)

2 出でて, 然う

1 [12件] もっと奥, 今日帰られ, 他の, 南下する, 天狗を, 教育を, 敵か, 更に粗野, 板橋まで, 此島の, 起たしむべきもの, 遅くも

▼ 原丹治~ (15, 0.4%)

3 と密通

1 [12件] が刀, が待受, が目, が見かねました, でございます, という人, とお, の子, の悴, もお, も困った, 同丹三郎

▼ 原敬氏~ (15, 0.4%)

2 を罵

1 [13件] がこの, が最近北国遊説, が衝立つて, だつた, だつたら動物園, とグラツドストオン, なぞも自分, に教, の夫人, の白髪頭, はこれ, はよく, を見つけた

▼ 原夫人~ (13, 0.3%)

2 と私

1 [11件] とが釣り, に溪流魚釣, のため, の出来, の美貌, の釣熱, の険しい, はしばしば, は素晴らしい, は言われた, は釣

▼ 原~ (12, 0.3%)

1 [12件] とを対照, と違う, には原, に及ばぬ, の方, の腹中, の詩趣, はどう, もこの, もやはり, よりもいい, を知りおる

▼ 原~ (11, 0.3%)

1 [11件] から東京丸ノ内, にもそう, に於, に當, に見られる, に近い, の実情, の殆, の独占資本家たち, の直上, をどこ

▼ 原~ (10, 0.2%)

2 水一味の, 水等四十七名の 1 水の, 水は, 水はじめ五十名芝で, 水以下五十名の, 水以來の, 水以来の

▼ 原半蔵~ (10, 0.2%)

1 だった, という四十がらみ, という魔もの, の間借り, はそこ, は優し, は冷淡, は眼, は長嘆, もいた

▼ 原である~ (9, 0.2%)

2 がその 1 が五フィート, ことに, ことまでも, し, といふやう, と思, のである

▼ 原でも~ (9, 0.2%)

2 黒塚でも 1 あったらそこ, いい, ない, 代地でも, 坂でも, 無いと, 負けついに

▼ 原信好~ (9, 0.2%)

2 のよう 1 か, がある, が神祇伯白河殿, の三人, の住む, の家, を出し

▼ 原であった~ (8, 0.2%)

1 けれど, ことが, ので, 住宅地などが, 時分から, 時分その, 時分に, 由

▼ 原にて~ (8, 0.2%)

1 たくさんの, 主従西と, 幕府の, 戦いふたたび, 手医師何某が, 激戦した, 爾に, 行けども

▼ 原抱琴~ (8, 0.2%)

1 が若く, との初対面, と岩動露子, と美少女, ならよく, に恋人, の叔父さん, を追想

▼ 原~ (8, 0.2%)

1 とは一見, と同大同質, と寸分違, と隨分相違, と餘, の残石, の買收, を髣髴

▼ 原とは~ (7, 0.2%)

1 今の, 大学南校の, 如来様の, 支那人の, 知らないで, 言いながら, 言えども

▼ 原にも~ (7, 0.2%)

2 春の 1 あったという, ありまた, そう言っ, 家が, 時と

▼ 原ッぱ~ (7, 0.2%)

1 だ, だった, の真ン中, の空, の西側, へ笠, を斜め

▼ 原~ (6, 0.1%)

3 左右衛門は 1 左右衛門と, 左右衛門ときては, 左右衛門の

▼ 原士たち~ (6, 0.1%)

1 が乗っ, のいる, は唖然, は驚い, へ, へはつづら

▼ 原平内~ (6, 0.1%)

1 という士, と雑賀弥八郎, の信長, は, は大坂, も武運

▼ 原~ (6, 0.1%)

1 からすこしも, である, とは別, などはさ, のまま, は

▼ 原隼人~ (6, 0.1%)

1 との会合, などの叡智, などの隊, などもみな各自, に話した, も山県

▼ 原首相~ (6, 0.1%)

1 が刺された, が殺され, にも面会, に報告, のいわゆる, は内閣組織

▼ 原~ (5, 0.1%)

1 なにかであったなら, 乳屋の, 牧場まで, 茅の, 飛騨の

▼ 原です~ (5, 0.1%)

1 か, かそこ, から近い, か公羊傳, けれどそんなに

▼ 原といふ~ (5, 0.1%)

1 のに, のは, 処あり, 廣い, 言葉が

▼ 原とも~ (5, 0.1%)

1 あろうもの, いう人, よばれて, 丘とも, 知らぬなりところどころ

▼ 原ばかり~ (5, 0.1%)

1 じゃ, だ, だった, だつた, で家

▼ 原丹治親子~ (5, 0.1%)

1 が乗込む, が乗込ん, が此, で危, の事

▼ 原元子~ (5, 0.1%)

1 が爆発, の雲, の飛散, は濃厚, を浴びせられ

▼ 原彦次郎~ (5, 0.1%)

1 かよ, の, のみは終始, の勇名, の手

▼ 原惣右衛門~ (5, 0.1%)

1 が推しいただいた, だの間瀬久太夫, に頭, や小野寺十内, より上席

▼ 原民喜~ (5, 0.1%)

2 と似た 1 と本質的, のよう, の懐中

▼ 原泉子~ (5, 0.1%)

1 にも不明, はすぐ, は知っ, をはじめ, を休ませる

▼ 原現象~ (5, 0.1%)

1 が驚異, とはかかる, とはそれ, と名付ける, はいは

▼ 原論文~ (5, 0.1%)

1 では猶, にある, の句, の読後, は以上

▼ 原~ (5, 0.1%)

1 が一百万, で購買, とのすべて, には資本, は減少

▼ 原さま~ (4, 0.1%)

1 が生き, が風邪, の命日, はノート

▼ 原だの~ (4, 0.1%)

2 天の 1 西安だ, 鍋島の

▼ 原との~ (4, 0.1%)

1 分岐点であります, 漢文を, 膨れた形, 間にも

▼ 原などを~ (4, 0.1%)

1 かなり烈しい, ひと目に, 指さすこと, 歩きいつ

▼ 原へと~ (4, 0.1%)

1 かかった, のがれました, 急いだが, 練り出します

▼ 原へは~ (4, 0.1%)

1 二丁も, 出て, 矢鱈に, 自分も

▼ 原以後~ (4, 0.1%)

1 およそ十一万石, に於い, の彼, わずかまる

▼ 原伝三郎~ (4, 0.1%)

1 の腰, は三人, は牢, は肩ひじ

▼ 原~ (4, 0.1%)

1 として自分, と写像, は本所五百羅漢寺, を拝

▼ 原地人軍~ (4, 0.1%)

1 の酋長, はさすが, はその間, はついに

▼ 原得二~ (4, 0.1%)

1 この人芥川, に, は僕, は遺書

▼ 原敏三~ (4, 0.1%)

1 がもし, に似, の妻, の長男

▼ 原~ (4, 0.1%)

2 の面白 1 が向う, に忠実

▼ 原~ (4, 0.1%)

1 から成り立っ, となし, の偶然相抱合, の記号

▼ 原美濃守~ (4, 0.1%)

1 がこの, が三男, はこの, もまた

▼ 原被両~ (4, 0.1%)

2 告の, 造の

▼ 原~ (4, 0.1%)

1 であった, にもかかった, の姫社, の海岸

▼ 原雪斎~ (4, 0.1%)

1 であった, の薫陶, の道風, は

▼ 原~ (4, 0.1%)

1 で生れた, にいたる, の松蔭寺, は富士

▼ 原~ (3, 0.1%)

2 さを 1 ゐむらさき

▼ 原その~ (3, 0.1%)

1 一部分の, 原萩原粟津の, 蒼雲に

▼ 原だった~ (3, 0.1%)

1 ために, ろうと, んです

▼ 原づき~ (3, 0.1%)

1 山戎との, 自由党一致の, 自由黨一致の

▼ 原であっ~ (3, 0.1%)

1 てかよう, て且眺望, て夏

▼ 原~ (3, 0.1%)

1 のでお客, のよ, びく秋風

▼ 原などは~ (3, 0.1%)

1 之に, 余り経費, 野辺山原よりも

▼ 原ッパ~ (3, 0.1%)

1 だつた, に帰っ, を渡る

▼ 原住地~ (3, 0.1%)

1 での習俗, なり来住, は南方

▼ 原信子~ (3, 0.1%)

1 の住ん, の弟子, をスケッチ

▼ 原信子さん~ (3, 0.1%)

1 がお, が浅草, で始めて

▼ 原~ (3, 0.1%)

1 である, にも用, を有する

▼ 原~ (3, 0.1%)

2 才から 1

▼ 原大隅~ (3, 0.1%)

21 が大声

▼ 原庭先生~ (3, 0.1%)

1 が嘘, のおっしゃった, は目

▼ 原智恵子~ (3, 0.1%)

1 という人, のピアノ, のピアノ十一時四十分

▼ 原杏花~ (3, 0.1%)

1 が出発, が帰る, の従軍記

▼ 原調~ (3, 0.1%)

2 に適合 1 のまま

▼ 原~ (3, 0.1%)

1 の伯父さん, の勝負, は盛岡中学

▼ 原~ (3, 0.1%)

2 の蟋蟀 1 すなわち生涯同棲

▼ 原この~ (2, 0.0%)

1 あたりで, 真中に

▼ 原~ (2, 0.0%)

2 もりひびきゐるなり

▼ 原さえ~ (2, 0.0%)

1 つづいて, 見れば

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 おき場の, をれ

▼ 原だつた~ (2, 0.0%)

1 がもう, んだ

▼ 原でした~ (2, 0.0%)

1 がここ, っけね

▼ 原とか~ (2, 0.0%)

1 伊豆の, 訳しますかな

▼ 原なか~ (2, 0.0%)

1 のとんがり, の一すじ道

▼ 原などと~ (2, 0.0%)

1 云うの, 呼ばれて

▼ 原などという~ (2, 0.0%)

1 兵学にも, 名称も

▼ 原のうへに~ (2, 0.0%)

2 まふ

▼ 原はと~ (2, 0.0%)

1 云えば, 云へば

▼ 原へでも~ (2, 0.0%)

1 出たよう, 捨てて

▼ 原へも~ (2, 0.0%)

1 こりも, 行って

▼ 原また~ (2, 0.0%)

1 騒ぐなし風, 騷ぐなし風の

▼ 原までの~ (2, 0.0%)

1 七里の, 十七年間

▼ 原みすず~ (2, 0.0%)

2 は寒し

▼ 原~ (2, 0.0%)

2 春は

▼ 原をか~ (2, 0.0%)

1 へりくるに, へり見つ我

▼ 原をば~ (2, 0.0%)

1 アシハラとは, 訪は

▼ 原一つ~ (2, 0.0%)

1 であると, 越した横町

▼ 原一帯~ (2, 0.0%)

1 に木, の丸尾

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 に復, のもの

▼ 原位置~ (2, 0.0%)

1 におりません, に並べる

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 が支那, たかせは

▼ 原元三郎~ (2, 0.0%)

1 という人, と云う

▼ 原先生~ (2, 0.0%)

1 にも御, のもの

▼ 原印象~ (2, 0.0%)

1 に暴力, を追跡

▼ 原又は~ (2, 0.0%)

1 朝霧ヶ原などは, 鬼怒沼原も

▼ 原~ (2, 0.0%)

2 の淵

▼ 原史時代~ (2, 0.0%)

1 といふの, にはひつ

▼ 原君今度~ (2, 0.0%)

1 はどうか, は細君

▼ 原嘉道氏~ (2, 0.0%)

1 が発企人, は私

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 で拵えた, の大

▼ 原士千石~ (2, 0.0%)

1 といわれる, の身分

▼ 原士天堂一角~ (2, 0.0%)

2 であった

▼ 原士関屋孫兵衛~ (2, 0.0%)

1 です, に相違

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 隅に, 隅は

▼ 原夫妻~ (2, 0.0%)

1 は私, は笹

▼ 原富太郎氏~ (2, 0.0%)

1 も自分, を訪ねた

▼ 原~ (2, 0.0%)

2 の靄

▼ 原少将~ (2, 0.0%)

1 と中国側, の中国側

▼ 原庄三郎氏~ (2, 0.0%)

1 はよく, は朝井刑事

▼ 原庭署~ (2, 0.0%)

1 の方, へつれ

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 を保持, を喪失

▼ 原忠雄~ (2, 0.0%)

1 による日本語訳, の著作権

▼ 原惣右衞門~ (2, 0.0%)

1 の一首, の母

▼ 原房親~ (2, 0.0%)

1 とか聞え, の部隊

▼ 原敬以上~ (2, 0.0%)

1 だったろうな, であった

▼ 原敬等~ (2, 0.0%)

2 の諸氏

▼ 原明流氏~ (2, 0.0%)

1 の内, の内弟子

▼ 原木霊~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 のよう, の枝

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 の女中衆, も山口様

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 のあまりに, はやはり

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 智, 競自

▼ 原玄益~ (2, 0.0%)

1 なるもの, は席順

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 にあった, のお

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 は私, を想像

▼ 原立枯~ (2, 0.0%)

2 の楢

▼ 原著作者~ (2, 0.0%)

1 のみに限定, の権利

▼ 原説者~ (2, 0.0%)

1 においてすでに, の名

▼ 原越し~ (2, 0.0%)

1 に差, に見晴らす

▼ 原運算~ (2, 0.0%)

2 を整理

▼ 原隼人正~ (2, 0.0%)

1 へ向っ, を呼び

▼ 原~ (2, 0.0%)

1 の戯, の戲

▼ 原駄夫~ (2, 0.0%)

1 が濁つた, といふ者

▼ 原鼎君~ (2, 0.0%)

1 に寄す, 見贈陸

▼1* [433件]

あかあかと夕燒, 原あしたの原, 原あり原の, 原いたくも荒れぬ, 原いぼり谷, 原なゐ, 原かかれる月の輪に, 原かと思われます, 原かも知れない, 原からだっていつも見える, 原からでも移して, 原からの横刀なども, 原からはことに連山, 原きよき昔の, 原こそ彼らの, 原これ実に当時, 原これ等の者, 原ささやく如く木の芽かな, 原され了った, 原さんかんちがいしたら可笑しい, 原さんたちパレスの役員, 原さんワセダでホームラン, 原さん劇場の方, 原さん媒妁ですか, 原さん宇宙塵て一体, 原さん皆その話, 原さん貴女でしたネ, 原しのはらはぎはらこひはら, 原じゃあるまいね, 原じゃと誰でも, 原すべて一望の中, 原すゞめ當分せかれたと, 原そこには草花, 原そして群盗の, 原その他がある, 原それからひろい, 原だけでございますもの, 原だってこの三, 原から乳母, 原って今は, 原っていう人は, 原づいてゐる, 原づき愛すること, 原づくところの, 原づたいに洛中を焼き, 原であろうと唐天竺, 原でございますか, 原でござるわや, 原でない証には, 原でなくては見られぬ, 原でなければ暗礁, 原での群衆心理を, 原でやして, 原といった山々に, 原としてある, 原とぞ荒れに, 原とて小松の, 原とともに長吏, 原とむさんに, 原とや思ひな, 原と共に董卓と, 原などが選ばれて, 原などにあって, 原などへ来て, 原なら門内で, 原ならぬ一つ家の, 原なりといふ, 原なる唱門師の, 原において首っきり入っ, 原にかけ桃の, 原にでも参るよう, 原にとって始めてである, 原に対する男の, 原ぬべからざるを, 原ぬるに長唄杵屋, 原終わりに, 原のこたあわし, 原のみ行けば, 原ばかりが暁の, 原ぱで泥いぢ, 原ひさ一家で林町, 原ひろくして, 原へかかつて雨煙, 原へとぞ上りける, 原いで尋ねる所, 原ほどはござります板の間, 原まさにどよみわたり, 原まされる閾, 原までもさがし出し其身, 原めぐる鶉立ち, 原もねえじゃ, 原やのんです, 原よりも大なり, 原らしい処は, 原アサヲと一緒, 原アメノカタ原という処, 原ツパへ行つて, 原包ンデ, 原一名を骨ヶ原, 原一揆の騒動, 原丈吉という人, 原三土楢橋の政権居据, 原走る畏怖, 原上原石川へ寄, 原与左衛門は東曲輪, 原与左衛門市川梅印城伊闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 原中村余り周布風を学び, 原丸尾を眼下, 原丹次とお, 原丹治父子の悪事, 原久一郎氏だ, 原久一郎諸氏の行き届いた, 原久和代其の他, 原久和代氏の家, 原久米川の流れ, 原乙骨永田それから高瀬, 原了廓の祇園名物香煎, 原二重の帷, 原五郎平もしくは双六平, 原井手野富士の裾野, 原まで来た, 原の者, 原他方には巨木, 原次郎原清蔵野村和二郎桜井仁平永沼政吉田野入, 原仲寧の言, 原伊香保の二亭, 原伝三郎はじめ四人の武士, 原伸二郎君の文, 原住吉祠に詣り, 原住者の子孫, 原佐平太とで騎馬組一列, 原佐渡守殿所司之時分, 原はもはや, 原体制の復原, 原体村の舞手たち, 原來シエクスピイヤが千魂萬魂, 原來佛教廣博で印度通教, 原來利章も我慢強い, 原來利章程の家, 原來審美感は思議, 原來時宗遊行派の阿, 原信之氏看護のもと, 原信仰を存, 原信好なぞは上京, 原信好榊下枝の変名, 原信好馬籠の青山半蔵, 原信子氏の邸, 原信子邸へ, 原信濃野尻右馬介河越喜翁千村民部奈良井主水, 原像自身を知っ, 原即ち現在, 原元治郎さんが講談落語, 原光代の明眸, 原入りみだれ, 原兩先生の如き, 原六郎君その他大倉喜八郎田中平八などの諸君十数名, 原内相が出せし, 原内藤武田信廉の諸, 原内閣成立の時, 原処々に水溜, 原分倍河原と新田勢, 原加賀守の屋敷, 原勘兵衛等と共々, 原が主, 原勝郎三浦周行らの諸, 原勝郎君のやう, 原勝郎氏はかつて, 原化記朝野僉載博異記, 原医師に縫合, 原医師宅に泊まり, 原千代海君を煩わし, 原半島に相対, 原博士の所感, 原が尽く, 原及び北原から, 原句以上の高所, 原吉等九族既に戮, 原同じような, 原同然でこの, 原君らは不在, 原君一家は旧, 原君原君まだまだ吾儕, 原君自身や家族, 原君飯田市より二三里, 原周迪がある, 原員弁阿下岐をかけ, 原は集, 原善一郎と吉本, 原喜重郎の, 原嘉道馬場愿治兩氏の審判, 原をごたまぜ, 原四郎がひやかす, 原団々たる夜, 原は狂的露西亜, 原図案とはまた, 原を見た, 原地主義がよく, 原地人兵が手, 原地人斥候は酒, 原地農場という牛, 原坂ら足の早い, 原坦さんに書, 原坦山島地黙雷南条文雄村上専精森田悟由釈雲照勝峯大徹, 原埼玉の津, 原墾腹散之, 原が両, 原士あぐらを組ん, 原士たち縄を攀じ, 原士どももそれ, 原士丹石流の据物, 原士仲間へこう, 原士坂の上, 原士流れへ寄っ, 原士衆の詰め, 原大いなる海, 原大隅その他幾つかの槍, 原大隅守は殊勲, 原大隅守虎義は傍, 原の原, 原太三郎氏及び本, 原太郎兵衛平など幾つ, 原の趣意, 原が好き, 原孔明とよぶ, 原は幾道, 原存在との間, 原學篇を書き, 原安倍のはら, 原安民氏が彫刻, 原に崩御, 原宮阯あたりまで出かけた, 原宮黄村という男やもめ, 原の明星, 原家一同それを望ん, 原は三味, 原牛かは, 原小山田たちの宿将, 原小径そういうきれ, 原尾鑿山などを探つ, 原岩戸口三瀬越唐津口生松原, 原岩穴の奥, 原と倶, 原と曳く, 原に控え, 原常之助から出, 原平子山のふもと, 原広き夜頃も, 原広く流れ緩き, 原広瀬入間川という順, 原に居らしめ, 原庭田関口三氏は各, 原庭警察署の建物, 原廓内は全焼, 原き, 原廻沢のあたり, 原弥太郎山田友次郎永島与八の三人, 原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 原形質の生命, 原彦次郎房親だった, 原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 原彦次郎等もようよう, 原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 原役前の時人, 原徃時の事, 原火除地まえにござります, 原徳人さんが私, 原徹一博士を東北地方, 原忍ぶ文字摺の, 原忠弥正雪出会と殊更, 原が先師, 原思は多過ぎる, 原を失っ, 原惣右衛門京都に潜ん, 原惣右衛門間瀬久太夫小野寺十内堀部弥兵衛間喜兵衛の六人, 原が筆記, 原成美である, 原成美字は伯孝, 原我等の家, 原我等あぐらゐ冷, 原ひは, 原或は野辺山原という, 原所有者に返還, 原所謂水陸之府蔵, 原手折りてゆ, 原抜きにし, 原抱琴岩動炎天岩動露子柴浅茅あるいは石川啄木, 原拝郷徳山などの勇将, 原の御供, 原政子様と書い, 原敬さんのやう, 原敬のは巡査, 原敬高橋是清から以後, 原敬高橋是清米内光政今村均というよう, 原文平の二男辰之助, 原のあたる, 原早く起き出, 原早水堀部などは皆一種, 原昌胤菅沼定直などの三千五百余, 原明流先生の内弟子, 原の下辺, 原春江と少女一人, 原時彦に相, 原書癖とは区別, 原朝光映画オヤケアカハチの原作者伊波南哲, 原の盤坊, 原杉多喜子のベール, 原杏花一人は相原健二, 原来お互に御, 原来氏を高, 原来非天意, 原東市正のお, 原根津入谷芝愛宕下小石川柳町早稲田鶴巻町辺いづれも, 原桑原小川内藤三浦などの諸, 原植物と云う, 原に復したる, 原様あなたはわたし, 原標品を見ない, 原横丁地蔵横丁お仮屋横丁, 原横町の親戚, 原を渡つて北, 原次郎といふ者, 原なんてどう, 原殿が子, 原の谷, 原河内の太守王匡, 原注文のきける, 原海軍大佐に次, 原深雪の山, 原清蔵野村和二郎桜井仁平永沼政吉田野入利三郎, 原源太郎達が到着, 原煕博士に逢っ, 原照る月かげに, 原爆戰で一頓挫, 原父子も此処, 原病竈は不明, 原白野から阿弥陀街道, 原的エネルジーを代表, 原監物の聟, 原直江蔵人の療養園, 原知るを, 原がある, 原破れトタンを立てめぐらした, 原礦石は凡て形体, 原社会部長蒼ざめて現る, 原祈祷をなせし, 原福太郎井汲幸蔵原弥太郎川島民八漆原慶治小野熊次郎横塚治三久小曽根信吉, 原がお守り, 原秀子が代った, 原秀子来訪就職のこと, 原秋風吹きぬあはれまたいかに, 原稿本の澁紙表紙, 原の蘭書釈刻, 原節子が見舞い, 原節子主演の, 原篠場の原, 原紫雲石天の岩戸胎内潜り, 原統的に学ばう, 原総右衛門一人それに参与, 原総右衛門京の大高源吾, 原総右衛門元辰吉田忠左衛門兼亮というよう, 原総右衛門大高源吾武林唯七らの人々, 原総右衛門小野寺十内間喜兵衛なぞの領袖株老人連, 原総右衛門小野寺十内間瀬久太夫などの領袖連, 原総裁による政友会内閣, 原縦絵二枚続の, 原美濃守加藤駿河守浦野民部などまで傷, 原して, 原耕造氏と百瀬君, 原に復し, 原闇亦, 原與左衞門も居ります, 原舟尾田鶴浜白浜を左, 原良蔵に与うる, 原色刷の海, 原の薩摩原, 原の中, 原苦しまされた或, 原英了君の努力, 原茜さしそふ雨靄, 原茶屋と云ふところ, 原萩原粟津のはら, 原藪木立を見透し, 原虎胤が信玄, 原行きなぞはむろん, 原は全, 原の涼しい, 原製作所の解散式, 原西行庵に小, 原両文, 原訳二通の条約草稿, 原訳対照したるもの, 原詞章とは変, 原詞章不明のもの, 原諸侯の参勤, 原のリズム, 原資料が提供, 原之助, 原に地, 原農産物を護る, 原迄しか行かれず最高点, 原迄の海浜の, 原逸一と更め, 原遊斎伊那での長い, 原達君が保証, 原では招待, 原金次郎も一句, 原金次郎吾妻村大字下羽田の庭田恒吉, 原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 原金次郎木村勇吉谷津保三郎その西, 原金次郎越沢丑次郎落合美之作小野政吉土井亀吉関口三郎次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 原の目, 原阿佐緒女史の扇, 原で神君, 原陽興の出身, 原隼人佐を加え, 原隼人佐安中左近武田逍遙軒と共に一, 原隼人佐小山田備中守跡部大炊介小宮山丹後すなわち御, 原隼人内藤修理菅沼刑部などの隊, 原隼人山本勘介入道道鬼, 原隼人武田逍遙軒も来援, 原隼人貞胤と互に, 原雪斎和尚は今川家, 原青木が上京, 原飮むにあたりて己の弱き, 原首相東京駅にて刺客, 原香花の原稿, 原駒吉である, 原へと走る, 原高水の七所, 原高野あたりまでを中学一, 原黒田の原, 原鼎君寄書見論王安石詩, 原鼎氏に送る