青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「切っ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~分れ 分れ~ 分別~ ~分析 分析~ 分間~ 分類~ ~切 切~ ~切っ
切っ~
~切った 切った~ ~切り 切り~ ~切る 切る~ ~切れ 切れ~ 切れない~ 切支丹~

「切っ~」 5879, 58ppm, 1967位

▼ 切っ~ (5319, 90.5%)

181 いた 130 いる 85 いるの 54 しまった 43 しまって 42 いたの 34 しまいました 28 いて, いるので 24 あって, 飛んで 22 ある 21 いたが 20 いるよう 19 あった, いるから 17 それを 16 いること, しまったの 15 いたので, 来て 14 います 13 いました, いるところ, おります, しまう 12 いると, いるん, しまうと, みると, バターで 11 かかった, しまうの, 切って 10 いるが, くれ, 持って 9 やろう, 廻して, 自分の, 裏漉しに, 走って

8 [12件] いないの, いる事, きて, しまうこと, しまえば, それに, みた, 出て, 帰って, 死んで, 落されたの, 見ると

7 おいて, おきます, おくれ, しまえ, やる, 居たの, 行った, 読んで

6 [15件] いたから, いたと, いないという, いる者, くれと, これを, やった, 了う, 了った, 塩を, 居る, 廻った, 落したよう, 落ちて, 逃げて

5 [23件] あるの, いたところ, いても, いながら, いましたが, いるこの, いるその, いるのに, いるもの, いる男, いる筈, おりました, かかったの, かかりました, きた, もらって, やろうと, 入れて, 居ります, 歩いて, 落とされた, 行く, 見せた

4 [34件] いたお, いたのに, いたもの, いたよう, いた私, いった, いますと, いるという, いるらしかった, いる彼, おりますが, かかる, しまいそう, しまったと, しまったので, しまっても, そこに, 下さい, 中を, 居た, 居りました, 居るの, 彼の, 放した, 来たの, 置いて, 落して, 血を, 行くの, 行って, 読み下した, 貰って, 返した, 駈けて

3 [77件] あったの, あります, あるぞ, ある大きい, ある炉, いいました, いたあの, いたこと, いない, いないから, いないところ, いなければ, いますから, いるけれど, いるし, いるだけ, いるだろう, いるとき, いるわけ, いる私, いる自分, しまうので, しまおう, しまったから, しまったが, しまったよう, しまったん, しまっては, しまわなければ, その間に, まさあ, やると, ゆくこと, ゐる, パンの, 一同を, 一直線に, 中の, 了いました, 云った, 何か, 出して, 向うの, 唇を, 大匙二杯, 家を, 居るから, 廻すよう, 彼は, 待って, 心を, 息を, 捨てた, 捨てて, 放したよう, 放すと, 放った, 来い, 来た, 来る, 横に, 歩いた, 死のうと, 水に, 油で, 泳いで, 片手を, 目を, 矢の, 私の, 落とされたの, 見せて, 見たり, 言った, 読むと, 進んで, 雨戸を

2 [225件] あげよう, あったが, あのひと, あると, あるところ, あるので, ある高, いたか, いたため, いたん, いた彼, いた心, いた理窟, いないため, いないと, いないよう, いなかった, いましたよ, いらあ, いるじゃ, いるそうして, いるでは, いるとは, いるはず, いる事実, いる人々, いる叔父, いる妻, いる姿, いる様子, いる模様, いる父, いる癖, いる百姓, いれば, うしろから, おいた, おいでに, おくん, おけば, おしまいに, おとされようと, おやり, おやりなさい, お供を, お目, かかるの, ください, くれました, くれませんか, くれる, こなたの, しまうつもり, しまうという, しまうところ, しまうほどに, しまうまで, しまう方, しまえるもの, しまったこと, しまったらしい, しまった物質, しまった頃, しまわねば, すてようと, すてろ, すて周囲, すやすや睡っ, その中, その切口, その断面, その日, それが, とって, とんとんと, どうだろう, はじめて, はなした, ひくひくと, ひらりと, ぶうんと, ほとんど昔, またつけ加えた, みたが, みたり, みました, もとの, もらうこと, もらったの, やって, やりました, やるから, やるぞと, やるの, やれ, ゆくと, ゆくの, ゆっくりと, わたしは, ゐるので, カスターの, バターか, ヒョロヒョロし, フライ鍋へ, ベシン皿へ, ロイド眼鏡を, 一合の, 一座を, 一息に, 一緒に, 上って, 中から, 乾したもの, 五臓六腑を, 今の, 他の, 倒れた, 出します, 出ようと, 切り合おうぞ, 切れたら, 前の, 勘当され, 勘当し, 半病人, 博士は, 呼びに, 地に, 塀を, 売って, 大根や, 娘の, 嫁入りと, 寝床に, 小口から, 居ながら, 居ること, 居ると, 居るのに, 峯吉の, 左の, 庭の, 廻る, 弓を, 彼を, 彼女は, 手に, 捨てようと, 捨てるに, 捨てるよう, 接ぎ木を, 放したが, 放した正次, 放す, 文字を, 最後に, 机の, 来たばかりの, 来たもの, 来ること, 桜飯へ, 棄てたの, 棄てたよう, 棄てろ, 森の, 死んだ, 死んだと, 死んだの, 水の, 法水は, 流れて, 海に, 火を, 熱湯の, 爾し, 物を, 皮を, 相手の, 眼の, 種を, 突進する, 立って, 笑った, 簡素な, 終う, 続いて, 縦走し, 翔けた, 胸を, 自分は, 自殺した, 自殺を, 船を, 草原の, 落された, 落されたよう, 落される, 落されると, 落した, 落しました, 落す, 落すこと, 落すよう, 落せば, 落そうと, 落としたよう, 行く音, 街道を, 裸に, 見せる, 見ますと, 読み下しました, 走った, 走ったこと, 身を, 身構えながら, 辞儀を, 遣る, 部屋の, 酢味噌で, 面を, 顔を, 風の, 馳けて, 髪を

1 [3058件 抜粋] あがるなかなか, あたしは, あの女, ありましたよって, あり中, あり藁, あるけれども, あるだけに, ある以上, ある封筒, ある横窓, ある蠅, ある長方形, いいますから, いく時, いたし, いたという, いたらしいの, いたメンデルスゾーン, いた僕たち, いた反抗, いた夫人, いた市民, いた昔話, いた男の子, いた腹芸, いた郷田三郎, いったん路地奥, いてこそ, いない人達, いない方向, いなかったらしい身うち, いますけれども, いませんの, いよいよ本, いらっしゃるそれ, いるお, いるくせ, いるそして, いるであろう喬, いるにも, いるよ, いるらしく倒れたら最後高鼾, いるジュッド医師, いる三木槍, いる人たち, いる俊寛, いる印度人, いる場合, いる奇異, いる富豪貴人たち, いる彼ら夫妻, いる折柄, いる木造, いる氏郷, いる清吉, いる現場, いる絵看板, いる色, いる誠意, いる都会, いろいろな, おいたの, おかう, おく水, おとされそう, おとすの, おましょ, おられたが, おりましたから, おりますので, おろおろ声, お前を, お寺へ, お父様, お美夜ちゃん, かかったぞ, かからないの, かかられよ, かかれ, かけて, かまわない筈, きた三人, きっと唇, ぎっしりと, くれただけ, くれべ, くれるん, くれエ, こいと, ここの, こし方, こと切れて, この野郎, これも, ござって, さして居た, さもうま, しがみつくので, しばらく寝た, しまいたいもん, しまうさ, しまうだろう, しまうほか, しまう事, しまえと, しまおう切って, しまったっけ, しまったもの, しまった上, しまってから, しまへば, しまわなくっちゃと, じっと静子, すぐ糸, すっかりあく, すてました, するすると, せつなそう, そうしてこの, そしてまた続けた, そなた, そのとおり, そのまま砂糖, その一本一本, その効果, その方, その生血, その肉, その衣, それから, それでもまだ, それをば, たずねられても, たとえ親たち, たまるもの, ちょうだい, つかわすわ, とっちまうか, とると, どこでも, なお目, なにも, にこやかに, のっけて, はなそうと, はんらんした, ひどく血, びっこを引き引き, ふと客, ほっとした, まことし, またずんずん, まっすぐにじぶんのうちへもどって, まわって, みせて, みたもの, みなさい, みろおれたち, もうぜんと泳ぎだした, もう流れ出る, もじもじし, もらい三条あたり, もらえれば, やがて火星, やったら絵, やって来たの, やらうと, やりましたよ, やるため, やる馬鹿, ゆくその, よいこと, よほどの, わけの, わるければ, ゐる俺, カムサツカの, クルリと, サッサと, スペイン軍の, チサの, ナンノ藤五郎成実魂魄ばかりに, バターを, フト振り返る, ベシン皿が, ミイラにでも, ロースの, 一人室の, 一挙に, 一本, 一矢を, 七人の, 上から, 上の, 下げるの, 下さるだろう, 下手人と, 不思議そうな, 世を, 中なる, 乱杙歯を, 了うのを, 事切れて, 二人が, 二針三針縫っ, 人別まで, 今までとは, 仏の, 仕舞った, 付けたの, 以来はじめて, 仰向きに, 伸縮みを, 何の, 何等の, 使うの, 信長公や, 倒れたその後, 傘と, 僕に, 先方に, 児童を, 入れても, 公衆電話の, 其許へも, 冥途の, 出かけようと, 出すさえ, 出た幾条, 出られた時, 出入口を, 函館へ, 切りまくり五ツ屍, 切り捲くる時節, 初めてでございます, 別の, 刻んでも, 割れて, 加えて, 勇美子の, 十の, 千歯の, 南に, 印を, 原田ひとりは, 又二つ, 取った八百両, 取捨てる, 叩き付けるよう, 右の, 名を, 向へ, 呉れた, 味丈は, 和ます, 善光寺へ, 四人で, 固い白ソース, 地下室の, 城を, 場内を, 塩胡椒を, 売に, 夕方東京から, 多額の, 大事を, 大地へ, 大阪の, 奇妙な, 女の, 始めて, 完全に, 家へ, 対岸の, 小さな築山, 小平太が, 小脇に, 少し登る, 尾根越しの, 居りますから, 居るだけに, 居るよ, 居る私, 山野夫人の, 嵌めて, 左手に, 市松の, 帰ったん, 干すが, 床の間に, 廻しそれ, 廻った日, 廻わして, 引き取って, 当家の, 彼女の, 往来を, 得意な, 御飯と, 徳利の, 忍返, 急いだの, 恐ろしく方々, 悪い夢, 愛人を, 我が物, 所嫌わず, 手紙を, 打ち仆, 投げたといふ, 投げ出され忘, 抜いた女, 押し入ったの, 指が, 捨てさせなければ, 捨てなければ, 捨てるぞ, 捨て帳場, 掛った, 控えて, 揺れるとき, 放されたよう, 放す利, 放たれた矢, 放ちました, 放つと, 故郷なる, 散髪に, 敵陣の, 斜めの, 新らしくやり直す, 日本橋へ, 明かりを, 映ったロップ, 暗くした, 暫く砂糖, 最初は, 木刀が, 杖と, 来たん, 来た美しい, 来ましたが, 来れば, 果てたこと, 栄進した, 梵妻に, 棄てる事, 槍の, 樽の, 止せ止せ女だてら, 歩きいよいよ, 歩けた, 死ぬ, 死ぬより, 死ねば, 死んだも, 殺した弁太郎, 毎日何百という, 気味悪く笑った, 水五勺を, 水馬や, 汲みたての, 河原の, 波の, 泳がせたの, 泳ぎ去っ, 洞窟の, 流れる水, 海老団治の, 深い皿, 渡したらしい, 湖の, 満場の, 溯るよう, 滞りなく, 瀉血させ, 炉に, 無自覚に, 煤だらけな, 燃え立った, 物静かである, 玉の, 理科系統の, 生物の, 申し訳を, 畠の, 疑わないよう, 病気で, 白かった, 白銀の, 皆の, 監獄の, 相果てまし, 眠りこけて, 眼前に, 知事の, 砂埃と, 磯五の, 私は, 穴から, 突当りに, 立ち上った, 立場を, 笛を, 籠に, 糸蒟蒻と, 紫の, 結句で, 絹も, 縮らした式, 置いたりなんか, 置き山木, 美濃紙の, 考えるよう, 肥満し, 胸元から, 臆病らしい, 自殺する, 船に, 若松側の, 茶を, 菓子皿に, 落されるの, 落したと, 落した時, 落し正面, 落としたから, 落とし雲霞, 蒼勁と, 藪から, 血判を, 行きつつ, 行く事, 行ったから, 行ったん, 襖を, 見しょう, 見せると, 見つめて, 見ようと, 見覚えの, 言いながら, 評定衆の, 誠に部類別, 読みはじめた, 読み終わった主, 調べるはず, 謝ると, 豪華な, 貰いたいネ, 貴郎, 走りいく, 走り続ける, 走込むばかりの, 踏立てない, 軍服の, 輔相に, 近頃は, 追いあがりましたが, 逃ぐるは, 逃げたなまず, 逃げる先, 逃げ出すという, 途中で, 通知し, 進み間もなく, 遊んで, 道ばたに, 遠くから, 部屋へ, 重三郎と, 釣針に, 鋭く物, 長刀の, 関節ごとに, 附けて, 雁の, 離した, 電気ミシンで, 震え声, 静かに, 頂戴, 頷きながら, 顫え, 飛び来, 飛ぶ一本, 飛来する, 食った, 食べるので, 香港に, 馬車の, 駆けだす必要, 駈けつけた, 駈付けて, 高氏は, 鳥の, 鳴って, 黄いろい幽霊, 黙り込んだ

▼ 切っても~ (228, 3.9%)

12 切れない関係 8 切れない縁 6 切れぬ関係 4 いい, 切っても, 切れぬ仲 3 切れない因縁, 切れぬ因縁, 構いません 2 よかった, 切れないつながり, 切れないもの, 切れない因果関係, 切れない深い, 切れない縁故, 切れぬもの, 切れぬゆかり, 切れぬ深い, 切れぬ縁

1 [161件] あるいは五つ, いいでしょう, いいの, いいわけ, いいん, いい紙, いかんという, いけないいけない, いた, いつまでも, いなかった, うそに, おまえが, きりはなせない旗, きれないつながり, きれないドクタア・ジョンスン, きれない仲, きれぬ従前, この恥, この渾然, しまいますまい, その断面, それは, つながって, とにかく片, またフィステル, また同様, また最後, また根ざす, まだ巻きあがった, やはりわたくし, よい, よいし, よいであろう, よろしい, わびそう, ピチピチと, ムダだ, 今度こそは, 償い得ぬ大, 先生の, 出来ますが, 切りでが, 切りはなせない, 切りはなせない関係, 切り尽せないほどの, 切り離せないもの, 切れずつながって, 切れず一人, 切れず錐, 切れないかかわり, 切れないでも, 切れないふかい, 切れないよう, 切れない不死身, 切れない仲, 切れない仲間, 切れない伏見, 切れない余生, 切れない作中人物, 切れない君, 切れない埋れ木, 切れない大好き, 切れない患者, 切れない断とうとしても, 切れない書生時代, 切れない気持ち, 切れない由縁, 切れない盟約, 切れない直接関係, 切れない祖先, 切れない立場, 切れない絆, 切れない脈, 切れない腐れ縁, 切れない血, 切れない血族, 切れない親し, 切れない親分子分, 切れない親子, 切れない親族, 切れない連想, 切れない連絡, 切れない道づれ, 切れない間, 切れない離すべからざる密接, 切れない馴染, 切れぬ, 切れぬところ, 切れぬの, 切れぬはず, 切れぬよう, 切れぬらしい情夫, 切れぬ伴侶, 切れぬ同姓, 切れぬ同族, 切れぬ同行, 切れぬ周囲, 切れぬ固い, 切れぬ堅き, 切れぬ天縁, 切れぬ姻戚関係, 切れぬ恩義, 切れぬ情縁, 切れぬ旧縁, 切れぬ歴史中, 切れぬ民族的自覚, 切れぬ祖先, 切れぬ縁組み, 切れぬ腐れ縁, 切れぬ芸術的因縁, 切れぬ親子, 切れぬ貴い, 切れぬ道連れ, 切れぬ間がら, 切れねえだろうねえ, 切れねえ仲, 切れねえ叔父甥, 切れるもの, 口惜しくありません, 同じ事, 同じ位, 外国人から, 失策の, 孫達の, 宜いよ, 家名断絶の, 平らに, 幹の, 延びて, 手加減を, 手許に, 払っても, 折目高の, 捨てよう, 掛からずいつも, 書いたもの, 棄てたいよう, 死んで, 汚い黄色, 済まない所, 片時も, 生きつづける単細胞動物, 申訳しなけれ, 留置場増設を, 眼玉を, 神威を, 薬さえ, 負けず十七円半, 赤くなくなった, 追っつかない, 追っつかないこと, 追っ付くまいぜ, 通らせん, 過言では, 間に合いませぬ, 関わぬ物語, 離れぬ存在, 頭を, 首は, 駄目だ

▼ 切ったり~ (92, 1.6%)

14 して 5 入れたり 3 つないだり 2 するよう

1 [68件] えぐったり, これは, した, したこと, したの, した着物, した者, しないかぎり, しない九分通り, しながら, しようもの, すること, するとき, するの, する筈, する躾, せずに, その薪, つくろい物, ぬいあわせたり, はこんだり, はったり, またお, またお母さん, または漁具, また竹, コンクリートの, スキーに, 何か, 俸給を, 具体的な, 内儀と, 分けて, 切らせたり, 削ったり, 同時に言い出し, 小声で, 屑芋を, 張ったりが, 手紙を, 手討に, 折ったり, 掃き溜めを, 断ち割ったり, 書き直したり, 枯れ枝を, 毀したりは, 汚したり, 没収し, 注射液を, 消したり, 目盛盤を, 突っついたり, 糧食の, 細かい面倒, 細工し, 縫ったり, 脚を, 膚脱で, 自殺させ, 草を, 華々しく腕, 覆したり, 配ったり, 重い閂, 顔に, 食ったり, 髯を

▼ 切っての~ (80, 1.4%)

2 勘当, 大親分, 物持で

1 [74件] お初つ, ことであった, ギャングの, スゴイ高利貸連を, ノラクラ者博奕も, 一刀流の, 人気を, 人気娘で, 人気者の, 伊達者ボニ侯爵が, 俊才検察ブレーン, 優秀船が, 凄腕と, 凄腕時々, 出頭人大賀弥四郎のや, 函作りの, 分限と, 北国で, 名代の, 名優として, 名物, 名物男でした, 名門の, 堕落書生で, 大きな博奕宿, 大会社, 大侠客, 大地主, 大奮発, 大金持, 天下第, 天晴れな, 女伊達とも, 御注進, 急工事, 怪力の, 怪賊と, 悪党だ, 愛嬌者で, 才子才媛が, 挙人である, 放埒者と, 旅館であった, 有名な, 海の, 海産問屋大丸の, 海産物問屋大山と, 漁業通だ, 無頼漢を, 物持ち, 物持という, 生神様, 睨み上手の, 立女形の, 縹緻よし, 美しい娘, 美人だった, 美少女だった, 美少年だった, 良い顔, 花形で, 茶人で, 衝突が, 評判者だった, 話が, 謂うところ, 謹厳剛直の, 議論が, 貿易商南支那切っ, 質問とも, 辣腕と, 辣腕家であった, 金物問屋で, 長旅で

▼ 切っては~ (71, 1.2%)

4 いなかったが 2 いない, いなかったの, それを, 猫に

1 [59件] あざやかに, いけない, いけないよ, いけない傷付けても, いけませんよ, いたが, いないしかし, いないの, いなかった, いませんでしたが, いること, かかりませぬ, さしつかえるという, その手, だめよ, なげました, なった黒鷹, ならず五, ならない, ならないという, ならぬそれ, ならぬと, ならん, なんだか冥利, はらわたを, ぽつりぽつりと, また考える, 一矢を, 一足ずつ, 丙号聴音機を, 仕事が, 休息し, 内職が, 反則に, 口の, 右側へ, 城下へ, 大事だ, 尽くすという, 居るが, 巣に, 悪かろう, 悲しいと, 捨てして, 早口な, 殿の, 気附かれる, 泥を, 注文し, 泳ぎ薙いでは, 盛んに, 自分の, 貼る中, 走り隠見出没, 跳び切っては, 跳ぶまるで, 近所の, 頻りに尺八, 飛び退き飛び退いては

▼ 切ってから~ (28, 0.5%)

1 [28件] お皿, この方わたしは, こんなにおどろいた, ちょっと例, またさして, また落着, また静か, まだ書いた, もう一度茶の間, コップを, コンナに, ソフィヤ・リヴォヴナと, 一口飲みたい, 今までに, 会津屋の, 再び頭, 割合楽, 尖切, 彼は, 扉を, 斉興を, 明りを, 暫くする, 札を, 次の, 歩き出して, 水漿を, 誰に

▼ 切っちゃ~ (15, 0.3%)

2 いかん

1 [13件] いかんお前, いかん浅間, いけない, いけないおい, いけないよ, いけない切っちゃ, いけません, いなさいよ, ならねエ, 不可い, 十人と, 嫌だ, 返り血

▼ 切ったって~ (6, 0.1%)

1 それは, へーえ何, 居る, 本当かしら, 言ったら皆, 驚くこ

▼ 切っ立て~ (5, 0.1%)

2 の崖 1 になっ, になった, になってる

▼ 切っ~ (4, 0.1%)

1 でも拾っ, で源兵衛, やお, を二三本コッソリ

▼ 切ってか~ (3, 0.1%)

1 たわに, ちゃりと, 眠りから

▼ 切ってけ~ (2, 0.0%)

1 えしてやん, えって

▼ 切ってわ~ (2, 0.0%)

1 アわ, ッと

▼ 切っ~ (2, 0.0%)

1 つまった苦し, 詰った苦し

▼1* [22件]

切っかけのよう, 切っからはア, 切ったりなどしない, 切ったりなんかしながら, 切ったりも出来ないからね, 切ってからにしなくっちゃ, 切ってからの環境であろう, 切ってからはずんずん輪, 切ってからも室堂までは, 切ってこそおれいやな, 切ってさえしまえば, 切ってしもてから直ぐに, 切ってね一文も, 切ってばかりいるの, 切ってまで突留める, 切っいて, 切っ詰って, 切っぱつまった自我の姿, 切っぱつまってからは前の同じ, 切っの大, 切っ下がりに彼, 切っをもお構いなく