青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「却~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

占領~ 印~ 印刷~ 印度~ ~印象 印象~ 危~ ~危険 危険~ 即ち~
却~
~却って 却って~ ~卵 卵~ 卿~ ~厄介 厄介~ 厚~ ~厚い 厚い~

「却~」 2821, 30ppm, 3840位

▼ 却~ (860, 30.5%)

8 之を 5 あるいて, それが, もの寂しい, 一層の, 彼の 4 これを, それを, 自から 3 それは, 一定の, 中心だ, 大に, 彼等を, 自分の, 逆に

2 [36件] このもの, それの, ほのかな, わく, わざとらしく思はれる, 一種の, 不調和である, 他人に, 來迎圖の, 僕が, 冷えきる夜, 半身を, 地虫の, 大なる, 女大学, 妙に, 彼を, 心が, 支那の, 来迎図の, 気が, 気の毒に, 氣の, 私の, 私は, 純樸, 老伯, 自分には, 自己の, 自身の, 若いもの, 迷惑に, 都合が, 面白いの, 頭が, 魚棲まず

1 [722件 抜粋] あたりの, あの人, いい時, いけないと, お前の, お邪魔, お面白い, かうした祭り, きまり悪く, このよう, この二つ, この大洲, この少年, この散文詩, この舊, これが, こんな幼時, しっかりした, しづけさ, そこの, そのやう, その中, その各, その名称, その大, その影響, その無邪気, その秘密, その第, それに, それよりも, それらを, それを以て, ただ認識, たまたま彼, つねに發展, つまらなく見える, とりとめなくなつ, ひとつの, ほのかなこみあげ, ますます複雑, まだ女, みづから主, ゆかしい心持, よかった, よからぬ, わからない, わりに記憶, ギョッと, ゲーテの, ジーグフリードに, ハギである, ヘトヘトに, ヤッカミ出した, ヨリ好き日本語を, 一の, 一時的とは, 一種夢幻的な, 一般世人よりはよ, 丁野も, 下等なる, 不便だ, 不可ない, 不安と, 不幸で, 不思議と, 不自然で, 不釣合の, 世の中の, 丙に, 両者の, 中心だった, 久しく先生, 之れ, 二人は, 云々, 互に相, 人に, 人を, 人出が, 人恋しいやう, 人民の, 人間である, 今君の, 今日はじめて, 仏教的な, 仕合せに, 仕合で, 仕易い, 他國人, 他階級人, 仲介者を, 何となく嬉し, 何も, 余の, 侵略国を, 俗気を, 俗神道の, 信頼を, 偉大な, 健康と, 健康に, 僕の, 元気が, 元氣, 先さまを, 先驗的, 全體的, 兩者を, 六十に, 其度を, 其後を, 其文學の, 其文明の, 其時分蒙, 其犯罪者に, 其目的に, 其胃を, 其自我を, 其處で, 其馬鈴薯の, 兼次の, 内に, 再縁を, 冴えるやう, 凡ては, 出来が, 刃向, 切られた越後, 初冬の, 到る所, 前よりも, 剰つたり, 勘次と, 勝を, 包圍され, 北東の, 南面の, 危ない事, 危險の, 危險を, 又一種, 友人の, 反動的と, 反對, 反對流, 反社会的, 口き, 古意颯爽, 古調を, 可かるべし, 叱り飛ばすと, 名誉ソコで, 君の, 君等の, 呑んだ, 問題は, 喜ばぬ, 喜びますもしも, 嘘の, 四円乃至, 国境を, 國家の, 土地の, 地を, 地層突破の, 報道の, 塾の, 壮観である, 夏の, 外債を, 外面だけは, 多いこと, 多數, 夜を, 大きな伝承群, 大也, 大学生の, 大幸福, 大阪を, 天国の, 天外, 天真なる, 天窓が, 夫に, 夭死に, 女の, 奴等は, 好くなる, 好まぬこと, 妾の, 嫉妬し, 嫌疑が, 学問は, 宇内平和策とか, 安全な, 安気なる, 宗教に, 宜しい, 宜しいと, 実生活人の, 客觀的歴史的に, 害が, 害に, 家の, 家庭を, 家康と, 寒くて, 寒冷を, 實踐である, 實踐的である, 小さく甚, 小也異域, 少し鄙びた, 尠く, 山から, 己の, 已絶の, 市場が, 常に善, 平和の, 平常の, 幸ひだつたかも, 幸ひであつ, 幸福だ, 廊下番の, 引身に, 当って, 当局者の, 彼が, 彼は, 彼三右衛門従之が, 彼等に, 彼等の, 後世本を, 後者の, 得意そうに, 得意と, 微力な, 心の, 心配しなかつた, 心配を, 必然的な, 忘れる事, 怖るべき, 思ひ出させる丈, 怪しいの, 恐ろしい夢, 恐縮です, 恥かしくて, 恩愛の, 恰もまさに主, 悦んで, 悪い例, 悪くし, 悪くなる, 悲しかったり, 惡戯好きの, 意を, 意志の, 意志感情表象の, 感性とは, 感激の, 慈悲を, 慰藉に, 懐中都合が, 成人後の, 我等同志を, 戸を, 戸外なる, 手紙なども, 打毀しである, 拘束を, 招待の, 援けられる, 揶揄はれる, 擬古の, 擯斥せらる, 支那で, 敵に, 敵を, 新しい高潮, 斷念が, 旧式の, 旨く行く, 春に, 春登に, 昨日一日の, 是れ, 是を, 時としては, 時間の, 智能に, 暇に, 更に強く, 書かない, 最も具體的, 最前の, 有害で, 木偶の, 未だ曾, 本人の, 本当の, 本質的に, 東京の, 染, 案外なる, 梅子の, 極りが, 楽であった, 構成上の, 様式破綻から, 歓迎し, 此の, 此れ, 此方が, 此歌にて, 歴史そのものを, 歴史を通して, 歴史的で, 歴史的並びに, 殺人犯として, 比較的短日月, 氏郷の, 民衆の, 気に, 気分を, 気味が悪い, 氣が, 氣藥で, 永遠なる, 江戸を, 江戸讃美に, 決意する, 沢山に, 浮世離れが, 淋しい, 混乱し, 済まないこと, 満足だ, 源氏物語の, 溢れる様, 激昂の, 火元盜賊の, 烈しくなった, 無事に, 無益なり, 無邪氣, 熟睡を, 熾に, 爽快を, 物を, 特別に, 狼狽に, 猫を, 珍しそう, 珍奇に, 理解ある, 甚だ大, 生そのもの, 生れつき豊で, 生を, 画の, 疑が, 病勢を, 病気を, 痛むの, 痛入ります, 発育の, 益々募り, 益々深まっ, 益々種々, 益自分自身の, 目に, 直接的なる, 相引かん, 相混合, 眉根に, 眞夏よりも, 眞生命の, 真摯でない, 真理の, 眼立たぬ, 睡眠の, 睡眠を, 知性に, 短歌より, 研究は, 礫を, 神の, 神経を, 禍を, 福なる, 禮を, 私にとっては, 私利私慾の, 空虚な, 立会の, 米国において, 精神を, 経験そのものの, 結婚の, 結構で, 絶對自然的に, 綜合に, 繁華雜沓の, 罪が, 老夫婦, 老獪に, 聞く事, 聞く者, 肌の, 自分までが, 自分を, 自分達の, 自国の, 自然の, 自身は, 興多く, 舊見を, 花托から, 芸術家的な, 苦労の, 苦心の, 苦痛だ, 苦痛の, 苦痛を, 落ついた, 落着も, 落胆し, 藩中者の, 虔ましく, 製作に, 西に, 覆ひに, 見せしめに, 解らなく成る, 言ひ, 言葉を, 記者を, 詩美を, 読者の, 谷中の, 貞婦の, 貴族方の, 賢明な, 質が, 質素な, 趣を, 趣味が, 身体が, 身辺の, 転来, 軽々しく人, 轢くこと, 近い関係, 迷妄に, 逆な, 這入らぬもの, 造化の, 進むといふ, 進歩の, 遅く最初, 道理に, 遙に, 遠かって, 適切らしく思はれる, 遺芳, 都下の, 都会に, 鄙下る, 鉱毒問題其物に対して, 間違へ, 雙方から, 難事である, 雪の, 雲仙連峰を, 露の, 露西亞の, 静かな思ひ, 靜かに, 靜閑其物か, 面白い, 面白いから, 面白いもの, 面白かる, 面白き處, 面白く思い, 面白し, 順序を, 頗る貴重, 頭痛を, 顔色も, 風趣あり, 食う, 餘所, 馬鹿に, 骨が, 鮮かに, 黄昏の

▼ 却つて~ (473, 16.8%)

6 よかつ 5 そのため 4 さう, よくない, 御迷惑 3 その方, はつ, 反對, 或る

2 [18件] この人, この作家, その事柄, その反対, そんなもの, どうでも, 一層猛烈, 一層秋, 倒れむ, 其の善導, 善くない, 喜んで, 嬉しいわ, 悲しかつ, 望ましいこと, 逆効果, 面白い頗る, 面白かつ

1 [402件] あのを, あの巣窟, あの強情, あの無造作, あの男, あぶないもの, あまりに貪婪, あやしい顫, あらゆる共同, あらゆる客觀, ある淡い, ある美し, あを, いいかも, いいの, いい氣, いかに怖, いかぬと, いけない, うす暗く遠く, うつくしいもの, うれしくなる, おくらすやう, おど, おほ, おもしろ味さ, お困りでせう, お得意, お気持, お父上抽斎先生, お目, お米さん, お荷物, お菊, お薬, お邪魔, お鳥, かく憂, かの女, かの者, かやう, くすんだ色, けろりとした, このため, この一株, この作, この問題, この四十近く, この女性的力, この家, この無感覺, この狂秀才, この種, この第, この野郎, この闇, こぼれて, こまる平生, こわいん, こんな風雅, こんな飾り気, さういふ温和, さうし, さう云, さびしいの, さびしく悲しかつ, さらけだすやう, しツ, じぶん, すが, すました顔, その, そのあたり, その供給, その傑出, その勇氣, その反, その名, その四肢, その奉仕, その子, その存在, その寂し, その将来, その座元所在, その弱点, その張り, その性格, その情誼, その意図, その憤慨, その某君, その梗概, その橋, その火, その為め, その真実, その種, その素振り, その組織, その缺陷, その草原, その落着, その説, その重大, それにた, そんなところ, そんな男, そんな顔つき, た, だんだん惡, つねに批判的, どうにも出来ない, どうも堪らない, なし, なな, なまなかに, につこり微笑み, はかないもの, はなし, はツきり聽, ばれんなどに, ひどい夢想家, ほつと, ほつとして, ますます御, ますます重く, まずい印象, またそんな, また音, みだりに國風, みづ, むしろこの世, むしろ他者性, むしろ時間性そのもの, もう一人, もう再び会, やさしい調子, よくこちら, よくその, よくな, よく單調子, よく承知, よく知らる, よろこびますよ, よろしい彼, よろめいた足, わからない道理, わが國, わが外, わが苦, わざと此騒乱, わびしい, わるいと, わるいので, わるく出, 一層勝誇, 一層勝誇つた, 一層私, 一層聾, 一層誤解, 不似合, 不愛想, 不氣味, 不適当, 与し易し, 両岸, 互に心, 似付, 低い感傷, 何だか嘘, 何だつたら, 何となく薄, 何やら生き生きと, 何故か奇妙, 余程迫力, 偉いやう, 儲かるちうもの, 全くやり切れない, 全體, 其の売る, 其の度毎, 其の湯武, 其の興国, 其の興國, 其の賣る, 其の連中, 冷た相, 出そびれて, 出た筈, 分らなくなつ, 分らぬ, 切ない人間, 初めて我, 初めて見る, 判らなくなる程かすか, 力強い幸福, 力強く怪し気, 動かないもの, 動じない, 勝れりと, 募るばかり, 又た, 古いもの, 古い時代, 古い縁起もの, 古い風, 吐いて, 吐くこと, 向ふ, 困りました, 図々しさ, 堪へかねたので, 多いし, 多いの, 多い様, 多い私, 多くあつた, 多くこれ, 多く南方, 多く彼, 多く飲む, 夥しい時間, 大いに進歩, 大きくな, 大きな家, 大怪我, 奥床しく思はれる, 好い心持, 好い戯曲, 好かれる方法, 好くない, 嬉しいやう, 嬉しく思つて, 嬉しさうに笑, 安くなつた, 宜いか, 宜く, 寂しい寂しい氣持ち, 寂しさ, 寒く見える, 尊い人生読本, 尊く見える, 小さな善悪, 少いの, 少く小諸あたり, 少しばかりの, 少ないが, 少なかるべし, 屡, 広々と, 待ち遠しい程, 得難いのびやかさ, 得難い経験, 御し易い, 御祝ひ, 御褒美, 心細い限り, 心苦しう, 忘れて, 忘れられて, 快い弾力, 忽ち時代遅れ, 怒の, 思はぬ方向, 怪しさ, 恐る可, 恐れ入りますよ, 恥入りまして, 悦ぶべからざる, 悦ぶ始末, 悦んで, 悪くな, 悪結果, 悲しい汝, 悲しくなつた, 愉しさうに笑, 憎い死ね, 憎き仇, 憐れみが, 懐しいもの, 懐しい味, 手間どつた貞, 持てないの, 散, 断わつた方, 新しい哲學, 早く直, 明るいの, 明るい楽しいもの, 明るい樂, 時々彼, 暑苦しい, 書けると, 最もたしかに左樣, 最も切實, 最も自然, 最も赤裸々, 未完成, 案外斯, 正しい見方, 正しく小説, 歩いて, 段々古めい, 殺された横井, 毒々しく照り映え, 気安く感じられた, 泊らないらしい昨夜, 浮べると, 深き恩寵, 温く人人, 滅びぬ存在, 潔く身, 潰れた形, 激しく動き, 為す所, 無智, 無邪氣, 無關心, 無限定, 焦つて, 燃え上り, 物寂しく秋, 物憂いやう, 物足りないの, 物足りなく思はれる, 狭く見え, 現實的, 甘い悲しさ, 甚だ有り, 生き生きと, 異國, 疑はれるくら, 痛み入りますわ, 白け渡つた沈默, 益々熾烈, 目立たせること, 直ぐそれ, 相応しいかも, 眠られず晝間十二時, 知らない部分, 純粹, 素晴らしい当り, 緩かで, 美しくも, 美しく眺められた, 美しく見えました, 聴いて, 背くもの, 臭いといふ, 良かつ, 良からう, 良くない, 良く控え, 若々しくさ, 若い種, 若さ, 苦しい思ひ, 荒つ, 著しく増加, 見出し難い, 見得, 見逃されたの, 観る者, 触りたくなるやう, 訪ねて, 躍然, 辛く感ぜられました, 近寄り難い, 追, 透き通るほどの, 透通る程, 遅くなる, 遣り損, 醜く感ずる, 醜く見える, 重かつ, 重ければ, 釣れる場合, 鈍いもの, 鋭い目利き, 陥りがち, 面白いだらう, 面白いといふ, 面白いところ, 面白いもの, 面白い効果, 面白い心持ち, 面白い樣, 面白い生れ, 面白がられ, 面白くない, 面白くなる, 面白くまた, 面白く飛び歩いた, 頼もしいと, 頼もしいよう, 驚いたほど, 驚きませんでした何, 驚くであらう, 高くつい, 黙つて

▼ 却~ (62, 2.2%)

4 て我 2 てこれ, てその, て人, て他, て力, て又, て大, て如何, て己

1 [40件] てあやしく, ておのれ, てこの, てみづか, てわれ, て世, て争, て二馬の足掻, て今, て仕合, て何時, て其大家, て其當, て前, て危険, て危險, て大人, て姉樣, て小説家, て幸四郎, て後半, て得, て心, て惑, て感伏, て我心, て戦後国民, て日本周航会社, て明, て最も, て毒水, て水, て浮萍, て脊直, て膜拜, て落ち來, て逍遙子, て適切, て頑, て首

▼ 却つてそれ~ (35, 1.2%)

1 [35件] いいぢ, が他, が先生, が前, が反対, が拡大, が本当, が汽車, が表現的, で宜, に伴つて, に狎れ甘え, に親しまう, の生れた, の缺陷, は一種, は勞働, は永久, まで仮, をしほ, をたしなめる, をキッカケ, を不思議, を人, を名, を喜び, を大きく, を奥深く, を好い, を思ひ出した, を恐れ, を有, を望み, を肯定, を面白

▼ 却~ (31, 1.1%)

2 て忘れたる, 以て

1 [27件] その根柢, ている, てこれ雲, てし, てしまう, てしまわね, てそれ, てはならない, ては永久, てゐた, て上達, て主長, て他, て卒業証書, て月, て湘水平, て行く, て見る, て誰, て遊蕩, て道心, 一身あたかも, 信徒を, 手段を以て, 決して吝, 老若を, 自由に

▼ 却つて自分~ (23, 0.8%)

1 [23件] が何, が其者, が子供, が疑はれる, が膳, で自分, には好都合, に密接, の世界, の地位, の家, の思ひあがり, の方, の気持ち, の疑つ, の病氣, の苦悶, の迂闊, の階級, をいつわる, をさびしく, を侮辱, を潔癖者

▼ 却ける~ (20, 0.7%)

4 ことが 3 ことは

1 [13件] それは, ため桃の, だけのもの, というよう, といふ, にはこの, や厭く, 一つの, 事は, 御威力, 意志の, 様な, 法を

▼ 却けて~ (17, 0.6%)

1 [17件] しまう最初, しまった, しまつて, よろしい, ゐる, イスクラを, ローマに, 一死その, 云った, 善い状態, 我評を, 東京に, 東京にと, 結って, 置いて, 起ち行かんと, 骸骨を

▼ 却する~ (17, 0.6%)

2 ことが

1 [15件] ことによってのみ, こと即ち, ためでは, ための, という, といふ意味, には餘, に従い今, の外, は曠世, ものも, もの甚だ, 事ある, 宣命の, 必要が

▼ 却つてこれ~ (15, 0.5%)

2 がため

1 [13件] が都合, こそ大きな, こそ眞實, に參加, は脈, は里心, を, を生じた, を肯定, を補, を見落す, を誇る, を音痴的

▼ 却つて私~ (15, 0.5%)

2 の心

1 [13件] があなた, のため, の今日の, の伺ふ, の妻, の意志表示, の病, はかう, はただ, は前, は迷惑, を不自然, を誘惑

▼ 却~ (13, 0.5%)

7 てい 3 てます 2 てこ 1 ていけなかつた

▼ 却つて彼~ (13, 0.5%)

2 れの

1 [11件] が市場, と仲, に向, の姿, の實感, の心持, の跡, は現, を十字架, を厳格端正, を恐れた

▼ 却~ (10, 0.4%)

1 かねて, たるを, たる識者, またこれ, また彼, ようと, 年来試し, 恒に, 文學を, 特殊科学としての

▼ 却つて自然~ (10, 0.4%)

1 が汝, と足, な程, に目的, のまま, のやう, の天地, の方, の精神, を活かす

▼ 却~ (9, 0.3%)

1 ことで, 中に, 交渉を, 式を, 後の, 所為でしょう, 甚だ容易, 眼, 運命に

▼ 却つて幸福~ (8, 0.3%)

2 であること, なりき 1 だと, なの, なもの, のやう

▼ 却つて自己~ (8, 0.3%)

1 のしろうと考, の崩壞, の眼前, の破滅, の誠意, を得る, を獲得, を赤裸々

▼ 却つて逆~ (8, 0.3%)

1 でま, な印象, な方向, に, に僕達, に刺戟, に塚田, に相撲

▼ 却つて反対~ (7, 0.2%)

2 の効果 1 な価値批判, にこつち, に松の木, に楚々たる, の方向

▼ 却つて心~ (7, 0.2%)

1 あるもの, から可, が咎められた, の渇き, をかしかるべし, を惹かれ, 易い感じ

▼ 却つて一種~ (6, 0.2%)

1 の不思議さ, の壮観, の快い, の滿足, の焦燥, の罪惡

▼ 却つて之~ (6, 0.2%)

2 を興 1 が為め, に粗服, を厭味, を施し

▼ 却つて僕~ (6, 0.2%)

1 が困る, には呑みこめない, の一文, の態度, の足, を温め

▼ 却つて迷惑~ (6, 0.2%)

1 がつたさ, すること, でならなかつた, で殘念, なもの, になる

▼ 却けられ~ (5, 0.2%)

1 つつあ, て来た, 又新しい, 又肯定, 当面の

▼ 却つて不自然~ (5, 0.2%)

1 であり特に, なん, な男, になる, に直立

▼ 却つて多く~ (5, 0.2%)

1 の人, の暗示的, の為す, の爲, の疑ひ

▼ 却つて此方~ (5, 0.2%)

1 から可, がジリ, が極り惡, が盛ん, の山

▼ 却つて死~ (5, 0.2%)

2 にみいられ 1 といふもの, に急がせる, の苦痛

▼ 却つて気~ (5, 0.2%)

1 がひけ, が晴れる, が痛みかけた, まかせに, を悪く

▼ 却つて自由~ (5, 0.2%)

2 が得られる 1 と解放, な態度, に仕事

▼ 却つて都合~ (5, 0.2%)

1 が好え, が好かつた, でも好かつた, のよい, よかつ

▼ 却~ (4, 0.1%)

1 と雖, ファーブリキウス死し, 事も, 女王に

▼ 却くる~ (4, 0.1%)

1 ことが, なくん, の術, の術如何

▼ 却され~ (4, 0.1%)

1 ていた, てその, 一にも, 日蝕観測の

▼ 却つてこちら~ (4, 0.1%)

1 からあざ笑つて返却, のいろいろ, の眼, の部屋

▼ 却つて不安~ (4, 0.1%)

2 になつ 1 になり, を誘ふ

▼ 却つて不思議~ (4, 0.1%)

1 なりと, な亢奮, な調和, に先生

▼ 却つて人~ (4, 0.1%)

1 に懷, の目, を害したる, を引く

▼ 却つて何~ (4, 0.1%)

1 かの欠陥, も御存じ, をし, をと反感

▼ 却つて作者~ (4, 0.1%)

1 にとつ, の企図, の本質, の筆力

▼ 却つて女~ (4, 0.1%)

1 などには寄りつけ, には野暮氣, の一寸, の心

▼ 却つて彼女~ (4, 0.1%)

2 から忍び 1 に疑惑, の恋情

▼ 却つて楽~ (4, 0.1%)

1 であつ, な商買, になつ, を招き

▼ 却つて父~ (4, 0.1%)

1 の変つて, の方, の苦しい, を笑

▼ 却つて邪魔~ (4, 0.1%)

1 であるやう, なもの, になる, をする

▼ 却つて非常~ (4, 0.1%)

1 に不, に古い, に近く, に面白い

▼ 却つて面倒~ (4, 0.1%)

1 だつた, でなかつた, な気, になる

▼ 却~ (4, 0.1%)

1 て人, て余, て反対, て憎

▼ 却~ (4, 0.1%)

1 之レヲ用ウルコト, 之ヲ能ク成セリ, 反對ニ國民生活, 硬シテ不可食六七月

▼ 却けた~ (3, 0.1%)

1 であらう, と言, 或る

▼ 却けられた~ (3, 0.1%)

1 ことを, ときに, のも

▼ 却した~ (3, 0.1%)

1 のであつ, 建築である, 暴挙と

▼ 却つてそこ~ (3, 0.1%)

1 に戻つ, に歌合せ, に造花

▼ 却つて一段秋霜烈日~ (3, 0.1%)

2 の厳 1 の嚴

▼ 却つて人々~ (3, 0.1%)

1 は星占学, は星占學, を吃驚

▼ 却つて今~ (3, 0.1%)

1 のい, の一般人, の菴

▼ 却つて印象~ (3, 0.1%)

1 があやふや, が明確, はだんだん

▼ 却つて可~ (3, 0.1%)

1 い幸, けない, 羨しいくら

▼ 却つて君~ (3, 0.1%)

1 の見せる, の言葉, は困り

▼ 却つて妙~ (3, 0.1%)

1 な不安, に反, に爽やか

▼ 却つて店~ (3, 0.1%)

3 が賑やか

▼ 却つて恐縮~ (3, 0.1%)

1 だよ, です, らしくいつて

▼ 却つて我々~ (3, 0.1%)

1 とは親しみ, に單, の興味

▼ 却つて救~ (3, 0.1%)

1 はれない事, はれない人間, はれるだらう

▼ 却つて此~ (3, 0.1%)

2 の清廉潔白 1 を邪魔

▼ 却つて気味~ (3, 0.1%)

1 がわる, がわるい, が悪い

▼ 却つて清々~ (3, 0.1%)

1 したやう, しますよ, として涙

▼ 却つて能~ (3, 0.1%)

3 くない

▼ 却つて落着~ (3, 0.1%)

1 いた, いたといふ, かず

▼ 却つて頭~ (3, 0.1%)

2 を痛く 1 を横

▼ 却~ (3, 0.1%)

1 力めて, 向けて, 逐ふ

▼ 却~ (3, 0.1%)

3 りて

▼ 却~ (3, 0.1%)

1 て君, て大きく, て惡い

▼ 却~ (2, 0.1%)

1 した話, なんだ

▼ 却けた場合~ (2, 0.1%)

2 に限る

▼ 却された~ (2, 0.1%)

1 のである, ような

▼ 却しよう~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 却~ (2, 0.1%)

1 謙遜謙譲の, 質屋の

▼ 却つてさ~ (2, 0.1%)

2 うした

▼ 却つてほのか~ (2, 0.1%)

2 なこみあげ笑

▼ 却つて一~ (2, 0.1%)

1 きれの, としほ

▼ 却つて一人~ (2, 0.1%)

1 の供述, の方

▼ 却つて上~ (2, 0.1%)

2 の人

▼ 却つて不自然さ~ (2, 0.1%)

2 や破綻

▼ 却つて不自由~ (2, 0.1%)

1 だ怒鳴りたい時, を強

▼ 却つて主~ (2, 0.1%)

2 のごとく

▼ 却つて主人~ (2, 0.1%)

1 の次郎右衞門, の神経的

▼ 却つて云~ (2, 0.1%)

2 はれません

▼ 却つて今日~ (2, 0.1%)

1 の如く, の飯

▼ 却つて他~ (2, 0.1%)

1 よりも多し, 易くな

▼ 却つて他人~ (2, 0.1%)

1 の好奇心, の意中

▼ 却つて便利~ (2, 0.1%)

1 であつ, で可

▼ 却つて俳優~ (2, 0.1%)

1 の優れた, の演技

▼ 却つて別~ (2, 0.1%)

1 なところ, な方面

▼ 却つて利口~ (2, 0.1%)

2 なるを

▼ 却つて前の~ (2, 0.1%)

2 よりかお

▼ 却つて可憐~ (2, 0.1%)

1 な風情, に媚び

▼ 却つて吃驚~ (2, 0.1%)

1 し困惑, するので

▼ 却つて壞滅~ (2, 0.1%)

1 の運命, の道

▼ 却つて変~ (2, 0.1%)

1 な顔, に貧し

▼ 却つて大~ (2, 0.1%)

1 である, なる自我

▼ 却つて女性~ (2, 0.1%)

1 しかも妾, をし

▼ 却つて始末~ (2, 0.1%)

1 に終, のい

▼ 却つて子供~ (2, 0.1%)

1 に服従, を厭ふた

▼ 却つて孤獨~ (2, 0.1%)

1 のわび住, を感じ

▼ 却つて尊氏~ (2, 0.1%)

1 が帝, の讒

▼ 却つて巴山夜雨~ (2, 0.1%)

1 の時, を話

▼ 却つて形~ (2, 0.1%)

1 が消え失せ, のない

▼ 却つて得意~ (2, 0.1%)

1 さうな顔, に之

▼ 却つて恥~ (2, 0.1%)

1 かしい感じ, を感じる

▼ 却つて意外~ (2, 0.1%)

1 の疑念, の面地

▼ 却つて成功~ (2, 0.1%)

1 したの, をさせ

▼ 却つて我~ (2, 0.1%)

1 にいひ, を愛せず

▼ 却つて所謂~ (2, 0.1%)

1 る国民, る國民

▼ 却つて敵~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 却つて文学~ (2, 0.1%)

1 の種子, を殺す

▼ 却つて日本~ (2, 0.1%)

1 には全然, の俳優

▼ 却つて普通~ (2, 0.1%)

1 になつ, の人間

▼ 却つて此二人~ (2, 0.1%)

2 の上

▼ 却つて氏~ (2, 0.1%)

1 がヨーロッパ人式, は

▼ 却つて水~ (2, 0.1%)

1 が好き, に映

▼ 却つて江戸~ (2, 0.1%)

2 をさす

▼ 却つて滑稽~ (2, 0.1%)

1 に取れた, に思はれた

▼ 却つて無気味~ (2, 0.1%)

1 であつ, なもの

▼ 却つて物~ (2, 0.1%)

1 の全, 足らぬぐらゐだ

▼ 却つて現在~ (2, 0.1%)

1 と將來, の真面目

▼ 却つて男~ (2, 0.1%)

1 の方, を意気地

▼ 却つて盛岡~ (2, 0.1%)

2 の盛岡

▼ 却つて相手~ (2, 0.1%)

1 に通じない, の出方

▼ 却つて眞奈~ (2, 0.1%)

1 が度々, の片

▼ 却つて神~ (2, 0.1%)

1 に往く, の本性

▼ 却つて禍~ (2, 0.1%)

2 をなし

▼ 却つて稀~ (2, 0.1%)

1 であると, なこと

▼ 却つて笑~ (2, 0.1%)

1 はれるかも, ひの

▼ 却つて群~ (2, 0.1%)

2 小嘲弄

▼ 却つて義雄~ (2, 0.1%)

1 には氣, は父

▼ 却つて興~ (2, 0.1%)

1 ある心地, があつ

▼ 却つて舞台~ (2, 0.1%)

1 の条件, の生命

▼ 却つて芸術~ (2, 0.1%)

1 が完成, の他

▼ 却つて芸術家~ (2, 0.1%)

1 の場合, の眼

▼ 却つて親しみ~ (2, 0.1%)

1 のある, を与へる

▼ 却つて評價~ (2, 0.1%)

1 のバランス, の轉倒

▼ 却つて變~ (2, 0.1%)

1 な疑ひを, に思はれ

▼ 却つて貴方~ (2, 0.1%)

1 の方, の為

▼ 却つて賑やか~ (2, 0.1%)

1 でいい, な温泉

▼ 却つて足手絡~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひ一式

▼ 却つて身~ (2, 0.1%)

1 に殃, を固く

▼ 却つて退屈~ (2, 0.1%)

1 されるばかり, を感じ

▼ 却つて進歩~ (2, 0.1%)

1 がなくなる, して

▼ 却つて遠く~ (2, 0.1%)

1 に売りあるく, の方

▼ 却つて陰~ (2, 0.1%)

2 に之

▼ 却つて鞏固~ (2, 0.1%)

2 なる勢力

▼ 却つて鬼~ (2, 0.1%)

2 と呼ん

▼ 却つて魚~ (2, 0.1%)

1 に見付, の眼

▼ 却~ (2, 0.1%)

1 もちろん宗門掃滅, 別に

▼ 却~ (2, 0.1%)

1 勧告する, 積んで

▼1* [786件]

て福島一渡尻内幾古内等, 却厖大な, 却その代り, 却くべきことで, 却けしが高, 却けしこと有之候, 却けたり若盛り, 却けたカントも趣味判断, 却けた事あり, 却けた秀麿の記述, 却けた譚などに拠る, 却けねばならぬもの, 却けられしが囈語, 却けられむことを哀願, 却けられると二三日家, 却けられんことを, 却ける避けると云, 却けんとす, 却されたらその内, 却したる我耶蘇基督に, 却し去らない限りそこに, 却し奉り我意を以て, 却すべきものと, 却すればそ, 却せられ漸く有名無実, 却せられない文芸として, 却せられるということ, 却せんと企てたる, 却つてあきらめが付い, 却つてあたりを物淋しく, 却つてあでやかな妹娘, 却つてあとが悲しい, 却つてあなたを寂し, 却つてあべこべに尊敬, 却つてうちの者, 却つておかあさんの息つぎ, 却つてお世話になりました, 却つてお天気はしづか, 却つてお母さんに心配, 却つてかげを深く, 却つてがさつですら, 却つてきまりがつい, 却つてこの世の惱みの徹底化, 却つてこれらの関係, 却つてさばさばして, 却つてさまざまな男性, 却つてしづかな情熱, 却つてしどろもどろになつ, 却つてそこらぢう差合, 却つてそばからなだめず, 却つてそれ故に進んだ, 却つてそれ等の要素, 却つてたあいなく負けて, 却つてたまにはこれ, 却つてためにならない, 却つてだめで封鎖, 却つててれ臭くな, 却つてとんちんかんの御, 却つてなほ有り難, 却つてはるかに前, 却つてひとつの力, 却つてほかの方, 却つてぼくや中川一政, 却つてむきになつて憤慨, 却つてむしろ一の有, 却つてむしろ延長擴大であつ, 却つてむしろ自滅的存在となる, 却つてめいめいの相手, 却つてよけいに汚く, 却つてわしがまだ, 却つてわたしの左右, 却つてわれにもともに, 却つてアメリカを刺戟, 却つてアレクサンドリア人の捕ふる, 却つてオコノミ焼の母娘, 却つてオリヂナリティが塞がれる, 却つてシーンと靜, 却つてセイセイしてよ, 却つてタイキを伴, 却つてタヂタヂとなつ, 却つてドギマギして, 却つてピカリと光つた作家, 却つてフィリップの虐待, 却つてブルジヨアでもない, 却つてホツとした, 却つてヨーロッパの脈, 却つてロッツェがプラトン, 却つてワーグマンよりも筋, 却つて一つの変事, 却つて一切の夢幻化虚無化, 却つて一方の外, 却つて一段の秋霜烈日, 却つて一番強く且つ, 却つて一種敬虔な感, 却つて一般支那國民の消費税, 却つて一郎は気, 却つて七八歳以上の子供, 却つて七分を憂ふる, 却つて万葉集にある, 却つて三又土筆なんか見つけた, 却つて下品となり, 却つて不完全を示し, 却つて不平の如く, 却つて不平さうだつた, 却つて不幸の原因, 却つて不愉快な感, 却つて不都合な事情, 却つて世の中で一ばん不幸, 却つて世間の信用, 却つて両手をぴたり, 却つて両方ともある, 却つて中身の空, 却つて主體を自滅, 却つて乗り手が多う, 却つて了はう, 却つて予想を終つた後, 却つて事が面倒, 却つて事件の発展そのもの, 却つて事実に見える, 却つて事態を好転, 却つて事業の妨げ, 却つて二人のため, 却つて五百城先生はその, 却つて些と自分, 却つて人口稠密な日本側, 却つて人物がゐ, 却つて人目を引いた, 却つて人間の意志, 却つて人間性の自然, 却つて人間離れのした, 却つて仇し人, 却つて今人の眼, 却つて今様と申します, 却つて仏を侮辱, 却つて仕合せであつ, 却つて他所へ行つて, 却つて他者の位置, 却つて仙二郎はワツ, 却つて伊太利殊に西班牙的色彩, 却つて伊東伴作の方, 却つて位の意識, 却つて低級な悪, 却つて住心地が良, 却つて佐太郎だつたこと, 却つて何れをとも昨日, 却つて余の方, 却つて余りにも強く, 却つて余慶のある, 却つて余計な失礼, 却つて作中の人物, 却つて佳作がある, 却つて例の脚色物, 却つて係累がなく, 却つて保存の爲め, 却つて信太妻の説経あたり, 却つて信用が出来る, 却つて信長に忌まれる, 却つて俺達の飲代, 却つて借金のお蔭, 却つて値が出る, 却つて健康にいい, 却つて偶然の或, 却つて偶然的な事實的, 却つて偽りに都合, 却つて傍にあつ, 却つて傳七郎の疑ひ, 却つて僧形の方, 却つて優ならむ, 却つて元気が出ます, 却つて元気さうに喋り合つて, 却つて先方の怒, 却つて先生の殊, 却つて先生方の男前, 却つて全体まで思出, 却つて兩爲めだから, 却つて八英雄を得る, 却つて其を慕, 却つて其ために壓伏, 却つて其一生が幸福, 却つて其三分一位であるこれ, 却つて其不安定な動的, 却つて其事業が大, 却つて其信用は五百万円, 却つて其兄の病, 却つて其好意を感謝, 却つて其方が好い, 却つて其昔を憶, 却つて其移動が其後, 却つて其覺悟を堅め, 却つて其讎に事へた事實, 却つて其迅速なのに, 却つて内容に時間性, 却つて内部的發展を妨げられ, 却つて写実に精, 却つて写実万能の当時, 却つて冥罰が恐し, 却つて冥途の障り, 却つて冷静に甲, 却つて凉しく感じられる時刻, 却つて凶に返り, 却つて出入りの青年, 却つて刄物を置い, 却つて分量の大, 却つて切支丹になる, 却つて刑事を派し, 却つて刺繍された糸, 却つて前より念入り, 却つて前二作殊にその, 却つて前日の事, 却つて効果を減ずる, 却つて勝道を成さん, 却つて包容する所, 却つて十も若い, 却つて十吉なりに違, 却つて半信半疑まだ防空壕, 却つて卑い階級, 却つて卑屈にさ, 却つて協力の実践, 却つて危いといふ話, 却つて危くはない, 却つて危ふくなるの, 却つて危険な路, 却つて危險が少い, 却つて卵の王, 却つて原作者への礼儀, 却つて原始に於, 却つて原始的の状, 却つて厭ですよ, 却つて厭人的にな, 却つて厳であるといふ, 却つて厳粛ごつこの, 却つて友人に馬鹿, 却つて反感を覺, 却つて反抗的に用, 却つて反撃され内膳, 却つて口に出し得ない, 却つて古生代から今日, 却つて古風なもの, 却つて可いかも知れない, 却つて可哀さうみたい, 却つて可哀相でと, 却つて可笑みの落話, 却つて史料の真実, 却つて司法官として道徳, 却つて同行がちゆうちよ, 却つて名もない, 却つて名古屋に昔, 却つて名譽だが, 却つて吾人の日常生活, 却つて呆気にとられた, 却つて呑気で好かつたわねえ旅, 却つて周禮の九貢, 却つて味をなくし, 却つて唐の洛陽, 却つて唐以前の歴史編纂, 却つて唐土桃園の風, 却つて問題にし過ぎ, 却つて喜三郎の無, 却つて單に私, 却つて嘘だと, 却つて因業だと, 却つて困却すること, 却つて国の古, 却つて国民を誤る, 却つて國語の純, 却つて土地を離れ, 却つて圧迫されるやう, 却つて地方に縁, 却つて型的な人間, 却つて埋み火のやう, 却つて場面を廻転, 却つて墮地獄の罪人, 却つて外国の卵, 却つて外的には注意, 却つて夜は早仕舞, 却つて夢のやう, 却つて夢中になる, 却つて大敗した, 却つて大衆文学の勝利, 却つて天方と稱, 却つて天日の光, 却つて夫の義務, 却つて失敬しました, 却つて失礼ですが, 却つて奇歌を作つた, 却つて奧床しいもの, 却つて女大学の趣旨, 却つて女子には温い, 却つて女房風のねつとり, 却つて奴隷を養, 却つて好都合とのこと, 却つて妖気あり, 却つて妖氣あり, 却つて妙悟を得, 却つて姑息な独りよがり, 却つて娘を宥める, 却つて嫉妬をひき起す, 却つて嫌味たつぷり, 却つて存在の母胎, 却つて存在論的な, 却つて孤独から来る, 却つて學問之を引由, 却つて學窓を出た, 却つて學習が效果的, 却つて安井の此, 却つて安易に片, 却つて安静を感じ, 却つて安靜を感じ, 却つて宋軍敗亡いたし襄公自身, 却つて宗教その物, 却つて宗門に帰依, 却つて定家の方, 却つて実務の妨, 却つて実物の生命, 却つて客をよろこばせた, 却つて客人に喜ばれ, 却つて客觀論に陷, 却つて室内が寒, 却つて害を招かん, 却つて家内の頓馬, 却つて容易に会見, 却つて容赦なきもの, 却つて寂然となりました, 却つて富士山を小, 却つて寐苦しかつた, 却つて寛かりき, 却つて實力の源, 却つて實着な人物, 却つて實際に接近, 却つて實際的の進歩, 却つて寺固有の祭文様式, 却つて封建時代の女, 却つて専門の法律家, 却つて將來に於ける, 却つて尊屬を告訴, 却つて對手に不安, 却つて小説を書い, 却つて少年を不安, 却つて屋内よりも危險, 却つて屋根が上, 却つて山の靜寂, 却つて島に風情, 却つて左ういふ風, 却つて市村は金, 却つて市街で売つ, 却つて帝をし, 却つて帝国の発達, 却つて帝國の發達, 却つて帰洛の予定, 却つて常よりもやさしい, 却つて常々そのやう, 却つて幅をまし, 却つて干戈の備, 却つて平凡の如く, 却つて平岡の感情, 却つて平次に疑はれた, 却つて平生よりもいそいそ, 却つて平素はぼく, 却つて幻だと, 却つて幾度か首, 却つて庭などをい, 却つて廊下伝ひに, 却つて廣く人間, 却つて弊害がある, 却つて引立ち肩衣, 却つて張りのあつ, 却つて強味であるかの, 却つて強気になる, 却つて当事者よりも芝居, 却つて当路者への不信, 却つて彼八行の珠玉, 却つて彼等の方, 却つて彼自身の弁舌, 却つて後に成功, 却つて後世に至る, 却つて後代の附会, 却つて後進國と云はる, 却つて御無沙汰すること, 却つて復興生活には必要, 却つて微笑を帯び, 却つて心服されて, 却つて心置きなく賛成, 却つて心羞かしく何やら魂魄, 却つて心身の鍛錬, 却つて必死になつ, 却つて必然に之, 却つて必要でもあり, 却つて怒りを募らし, 却つて思惟はこれ, 却つて怪しげな, 却つて恁る少年, 却つて恐怖の叫び, 却つて悪人であるかの, 却つて悲観する惧, 却つて情あり昨, 却つて惡いからと申し, 却つて惱ばかりがありあり, 却つて想念があと, 却つて愉快に感じた, 却つて意味深長拾得一人ゐても, 却つて意識的な旧来, 却つて愛嬌を増す, 却つて愛子の掌中, 却つて愛情の暴漲, 却つて感化を及ぼす, 却つて慇懃を失ふ, 却つて慎しみも遠慮, 却つて懊惱のタネ, 却つて懷はえ, 却つて成程と首肯, 却つて我らが底意, 却つて技巧的な念, 却つて折角の自然美, 却つて抱朴子を假, 却つて押つ, 却つて拵事じみるから, 却つて排斥すべき抽象論者, 却つて探偵小説論ではない, 却つて控へ目とさ, 却つて損となり, 却つて收穫などを, 却つて改つた気になつて考, 却つて改宗する者, 却つて政権より遠, 却つて政權より遠, 却つて敏活に働く, 却つて教師が追放, 却つて数々の奇蹟, 却つて文化の普及, 却つて文化運動の真髄, 却つて文学そのものの中, 却つて文芸に超, 却つて斜の空はるか, 却つて新らしい物, 却つて新興勢の手, 却つて旋頭歌の上, 却つて日常サービスの通俗小説, 却つて日本人たるの意識, 却つて日本内地では殆ど, 却つて日本紀と書い, 却つて日記そのものの最も, 却つて明日の晴れぬべき, 却つて明白な判断, 却つて明鏡の物, 却つて是を以て面白い, 却つて是丈の植物, 却つて是縹渺たるパルナシアン, 却つて時を經, 却つて晝間は一日中ボウツ, 却つて暖いよ, 却つて暖かなくら, 却つて暗中模索的な懐疑的, 却つて暗示が直ちに, 却つて曲折となり, 却つて有利だと, 却つて有害である, 却つて有益でもある, 却つて望みなき願, 却つて朝鮮の記録, 却つて期待といふ如き, 却つて朦朧と薄く, 却つて未練が多く, 却つて本を洗, 却つて本人のため, 却つて本名の木村荘八, 却つて本態だつたの, 却つて本来の芸術的純粋さ, 却つて本職の批評家, 却つて村の意味, 却つて村山にい, 却つて林の中, 却つて柳の薄い, 却つて柵をめぐらし, 却つて桂月氏のやう, 却つて椅子は閑, 却つて樂かも知れません, 却つて權次に殺された, 却つて歓迎するほど, 却つて正体を失ふ, 却つて正直でいい, 却つて正確な知識, 却つて此位の大き, 却つて此処にこそ, 却つて此所に在る, 却つて此様いふ調子, 却つて此狂言を利用, 却つて此考へに同情, 却つて此霧が変化, 却つて歯齦を剥き出し, 却つて歴史よりも事実, 却つて死後實現せら, 却つて殆んど, 却つて毒になる, 却つて気の毒になつ, 却つて気丈になつ, 却つて気味悪がつて買, 却つて氣安く感じられた, 却つて氣まりを惡, 却つて氣味わるさ, 却つて氣味惡くなり, 却つて水準の高い, 却つて水腫病において起る如く, 却つて氷のやう, 却つて永遠に悲しみ, 却つて氾濫の度, 却つて汗するばかり, 却つて汝の仇, 却つて汝等をし, 却つて沈黙させる怖, 却つて注文されて, 却つて洋々たるもの, 却つて洋画より優位, 却つて活動世界の従僕, 却つて活溌なもの, 却つて浮游生活に適應, 却つて消極的なの, 却つて清らかで魅力的, 却つて清潔な気持, 却つて減退するの, 却つて渠の誇り, 却つて温情と質実, 却つて湯浅半月氏であつ, 却つて滑稽視される傾き, 却つて演劇の生命, 却つて潜在的に傷, 却つて澄江の失踪, 却つて濟まない, 却つて災をし, 却つて烏の真似, 却つて無事で而, 却つて無慈悲なかたち, 却つて無茶苦茶な気持, 却つて無邪気さのあかし, 却つて無闇なこと, 却つて無限な存在, 却つて焦りを深め, 却つて焼捨てられ辛櫃, 却つて熱がさめ, 却つて爰に人, 却つて父母の禮, 却つて牧野さんがなかつた, 却つて物事が面倒, 却つて狐を憑, 却つて狼狽した, 却つて猫又先生に抱い, 却つて獄に投ぜられた, 却つて王に對, 却つて珍らしがる位, 却つて現世の念慾, 却つて現代人のうち, 却つて現実の凄味, 却つて現実世界の男女, 却つて理に落ちる, 却つて理解者も少ない, 却つて甚しく市, 却つて生返つたこと, 却つて生々として来, 却つて生命が危ない, 却つて生子殺害の罪惡, 却つて生存上の短所, 却つて生存競争に不利益, 却つて生存競争上に都合, 却つて生活がより, 却つて生硬な, 却つて男性の断然たる, 却つて疑惑を増す, 却つて病人に促され, 却つて病死した息子なぞ, 却つて痴言の如く, 却つて瘠我慢をし, 却つて白痴的な鈍重さ, 却つて百年不安の種, 却つて皆の調子, 却つて盛んに弄ばれた, 却つて盛観を兆さなかつた, 却つて目障りなだけ, 却つて相持ちでさして, 却つて相馬小次郎将門だつた, 却つて看板になつ, 却つて眞正に我等, 却つて眞實感を與, 却つて真実を逸し, 却つて真面目に何処, 却つて眼の覺め, 却つて着物の袖, 却つて石垣の穴, 却つて礼にかな, 却つて神経の反撃, 却つて神經はあら, 却つて神罰が有る, 却つて神語の方, 却つて私達は活気, 却つて秩序が存在, 却つて種々の疑問, 却つて穏な位, 却つて空を指した, 却つて空想のわり, 却つて空虚なおこ, 却つて窕子のこと, 却つて立場の最大, 却つて立腹したかの, 却つて端的に自己, 却つて筆の執り, 却つて筆路をつ, 却つて筋が通らねえ, 却つて算盤に合, 却つて簡單で便利, 却つて簡明素朴な調子, 却つて簡素堅實の趣, 却つて精神の眞, 却つて素人にはわかり易い, 却つて終止からうける, 却つて結句安心なこと, 却つて結合して, 却つて結果は良い, 却つて結構だが, 却つて統一歩調のため, 却つて絶筆を清か, 却つて經濟的である何物, 却つて綿服で往け, 却つて緑の明る, 却つて緑さんのため, 却つて縁の遠い, 却つて缺點を擧げる, 却つて罪なきわれ, 却つて美の本質, 却つて美田を買, 却つて老婢の心, 却つて耳へ人, 却つて聽官のにぶき, 却つて肉親的に不感症, 却つて肥つた位ですよ, 却つて胃熱を洗, 却つて背後の人, 却つて胸の中, 却つて能舞台の発達, 却つて腐蝕の進行, 却つて腸のなか, 却つて自らグエルフィ黨の禍, 却つて自ら羞爾たるもの, 却つて自信のある, 却つて自分たちの特色, 却つて自分自身のうち, 却つて自己抑制に似た, 却つて自己最後の努力, 却つて自己防禦の用, 却つて自我の本質, 却つて自滅を意味, 却つて自説を特殊, 却つて至尊風を遠ざか, 却つて與へたがらない, 却つて興行者を勇気づける, 却つて興趣がある, 却つて舊套を脱し, 却つて船で見た, 却つて良民を執, 却つて色気のない, 却つて芝居が繁昌, 却つて芭蕉の句, 却つて花の咲かない, 却つて芸術的な価値, 却つて芽を拗らせ, 却つて苛立せて, 却つて若干解し得る言葉, 却つて苦心の跡, 却つて茫然として自失, 却つて荷やつかい, 却つて落付きました, 却つて落胆させてはと, 却つて處女として寡婦, 却つて虻蜂とらずに, 却つて蛸氏の位置, 却つて行はれやすい, 却つて裏田圃へ抜け, 却つて西洋人の助, 却つて見当が狂, 却つて見習士官に対して腹, 却つて親の威厳, 却つて観念に便, 却つて覺束なさ, 却つて言へるやう, 却つて言葉が卑猥, 却つて詞を活用, 却つて詩の, 却つて詩人や文学者, 却つて詫の詞, 却つて誇らかな調子, 却つて語彙の活用範圍, 却つて語格仮名遣の誤謬, 却つて誤り易いと, 却つて誰人の信仰, 却つて論理を複雑, 却つて譽め切つて居る, 却つて變ぢやない, 却つて讎に事, 却つて象徴的手段に行き着いた, 却つて豫期しない程, 却つて貞盛の方, 却つて貧乏の方, 却つて責任のあり, 却つて質が悪い, 却つて趣きが犠牲, 却つて路傍の人, 却つて軒前で壓死, 却つて軽々と雷同, 却つて輕からむこの, 却つて辟易するかも, 却つて近代からは其時代, 却つて迷はせるから, 却つて逆上して, 却つて透きとほる, 却つて途中で亡くなられた, 却つて通詞達は和蘭語, 却つて進歩党の中, 却つて進歩的時代に起つた, 却つて運が向く, 却つて運びが好かつた, 却つて運動と變化, 却つて運命の意志, 却つて過去の勢力, 却つて道徳的感傷から一つ, 却つて違つた印象を読者, 却つて遠道をし, 却つて遲くまで野良, 却つて邪鬼の形相, 却つて邪魔つけなの, 却つて部屋の人達, 却つて都の評判, 却つて重しとする, 却つて野の微風, 却つて野暮だよし, 却つて金魚を釣る, 却つて釣り合ひが, 却つて長所として羨望, 却つて閉口して, 却つて閑散な空気, 却つて間違の基, 却つて防禦策に頭, 却つて陽ざしが辷, 却つて隊長は気, 却つて隱然たる保護, 却つて離れ去らなければ, 却つて霊力を納得, 却つて青年の心, 却つて青木さんのお気, 却つて面くらつた, 却つて面喰つたが, 却つて面喰つた形で, 却つて鞘当てはない, 却つて須磨寺にゐる, 却つて頑固な對手, 却つて領事の名, 却つて風雅なもの, 却つて餘り作るとき, 却つて餘計に可愛, 却つて駿河台では野村, 却つて駿河臺では野村, 却つて高からしめたる, 却つて魅力になる, 却つて鮮かである, 却つて鶯帶蝉羅にし, 却てかの吾妻橋や, 却てさういふ, 却てをかしな, 却ですね, 却へてくるしみ, 却走りも, 却シテ後来ノ安全, 却ッテ依怙地ニナリ痛イノヲ怺エテ明日, 却ッテ吾ヲ知ラズ, 却テソノタメニ興味ヲ惹カレテ, 却テホットシタクライダッタダトスレバコレヲ機会ニ運試シヲシテ見テモヨクハナイカ, 却テ三峰山ヨリモ古ク, 却テ予ヲ喜バス所以デアルコトヲ心得テイル, 却テ光ルノガ目立ッタソレト云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, 却テ効果的ナンダガ接吻ノ場合, 却テ戰後ニ於ケル利權設定等ノ禍因, 却テ排侮ヲ以テス, 却テ支那ノ半両, 却テ米國ヲ脅威シテ, 却ニ会ヒ一修行者ノ狂歌, 却売りをする, 却多忙或説礦業, 却打壊しの任務, 却掃蕩するが, 却説く鷲郎は