青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「印象~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~博士 博士~ 博物館~ ~占め 占め~ 占領~ 印~ 印刷~ 印度~ ~印象
印象~
危~ ~危険 危険~ 即ち~ 却~ ~却って 却って~ ~卵 卵~ 卿~

「印象~」 4295, 46ppm, 2522位

▼ 印象~ (1513, 35.2%)

50 与えた 44 与える 31 受けた 24 与えて, 与えるの 17 与えたの, 残して 15 與へ 13 受ける 12 うけた, 与へ, 受けたの, 受けて 11 うけて, 人に 10 与えること, 残した 9 私に 8 もって, 与えられた, 与へるの, 與へる 7 与えたこと, 与えるもの, 与へた 6 与えたもの, 明瞭なら, 私は, 與へて 5 あたえた, あたえる, 与えるが, 与へて, 受けたこと, 得て

4 [11件] うけました, うける, のこした, 与えたらしかった, 与えられたの, 与えるよう, 与へるもの, 受けるの, 殘し, 殘した, 読者に

3 [26件] おうけに, とどめて, われわれに, 与えない, 与えました, 与えます, 与えられて, 与えるから, 与えると, 与へたの, 与へること, 世人に, 人々に, 受けたという, 受けなかった, 受けました, 彼等に, 心に, 持って, 書いて, 残したの, 目に, 私の, 自分の, 語って, 読者の

2 [68件] あたえて, うけたの, たどって, ちらちらさし, のこして, もととして, よくする, わたしに, 与えたいという, 与えたが, 与えただろうか, 与えたと, 与えたという, 与えたので, 与えたらしい, 与えた事, 与えつつ, 与えなかった, 与えは, 与えるとは, 与える為, 与える男, 与へようと, 与へる, 与へると, 与へるといふ, 与へるやう, 享けて, 人の, 僕に, 僕は, 先方に, 再現し, 分解し, 刻んだの, 刻んで, 受けたが, 受けたよう, 受けます, 受けようとは, 受けること, 受けるばかり, 受ける場合, 土台に, 強く与えた, 得た, 得たに, 忘れること, 忠実に, 我々に, 抱いて, 持つて, 描いたもの, 新たに, 止めて, 此の, 残すよう, 留めて, 目の, 與ふる, 與へられた, 見る人, 語つた, 語る勇気, 追跡し, 頭に, 頭の, 鮮明に

1 [814件 抜粋] あたえたたった, あたえた一つ, あたえた景色, あたえるよい, あたえる顔, あたへる, あつめて, あとから, ある点, いっそう憂鬱, いっそう深く, いつまでも, いよいよ鮮, うけあの, うけそう, うけたが, うけたらしく次郎, うけた時, うけた記憶, うけどうしても, うけは, うけますから, うけること, うける事, うつすから, お与, かいたり, かかずに, かくと, きかれた時, この初対面, この場, この言葉, ごつちや, ごまかすため, さまざまに, さらに新しく, ずば, そこに, その, そのまま人々, その背後, それぞれ諸君が, たぐりながら, つかまえたあの大きな, つかんで, つき崩そうと, つよくのこされた, つよめたので, とどめた, とどめたかは, とどめなかったけれど, とめて, とらへ, どう云い, なす筈, なぜ予期, なるべく具体的, のこさなかったが, のこされて, のこす作家, はっきり頭, はる子に, ひき起した事件, ひとに, ふせぐには, ふらんす, まざまざと, まだ充分, まだ忘れません, まとめようと, まるで星雲, むさぼるよう, もたれたこと, もったの, もつ事, やきつけた, やや強烈, よく表現, よせ集めると, より少く, わたくしに, インド人が, スケッチし, 一つに, 一層明確, 一層濁つた, 一種親しみ易い, 一般に, 一般人に, 与うべし, 与うる, 与うるであろうか, 与えかねないこと, 与えずあの, 与えず分析, 与えそう, 与えたか, 与えたかは, 与えたから, 与えただけ, 与えただろうと, 与えたばかり, 与えたり, 与えたろうかと, 与えた事実, 与えた側, 与えた容子, 与えた若干, 与えないであろう, 与えひいて, 与えましたが, 与えましたわ, 与えやすかっ, 与えようとして, 与えようとも, 与えられたと, 与えられたもの, 与えられたり, 与えられた風景, 与えられなかった人, 与えられる, 与えられるの, 与えるか, 与えるけれども, 与えるそう, 与えるため, 与えるであろう, 与えるという, 与えるに, 与えるのに, 与えるべく才能, 与えるわけ, 与える不思議, 与える仕方, 与える傾き, 与える処, 与える失敗, 与える插絵, 与える点, 与える白樺, 与える範囲, 与える肉, 与える詩語, 与える雰囲気, 与え傑作, 与え大衆, 与え得るかと, 与え得る大仏殿, 与え白内障, 与え自然発生的, 与え過ぎる事, 与え非常, 与ふるを以て, 与へたやう, 与へても, 与へられたものの, 与へられる原因, 与へるが, 与へるに, 与へるので, 与へる事, 与へる光景, 与へる演技, 与へる表現, 与へる詩語, 世上に, 之と, 亂す, 享受する, 人類に, 今ここで, 今想ひ出し, 今更の, 他人に, 伝えるには, 伝えるばかり, 伝へんと, 伴ない, 伴ふも, 何か, 何十年後の, 余に, 作つては, 作りあげそれ, 作りだすため, 作るの, 佯っては, 傍の, 元として, 先づ持たれます, 全心, 其処の, 其處の, 再び瞼, 冷して, 分ちたい気持, 分析する, 分類する, 刻みつけた, 刻みつけた歌, 刻みつけた酒, 刻み付けた, 刻んだという, 助長した, 十一月号の, 十分にとり, 印象として, 却て, 友人たちに, 受けかつ, 受けこう, 受けず深い, 受けたぎり人, 受けたくらい, 受けたため, 受けただけの, 受けたに, 受けたのに, 受けたままそれ, 受けたわけ, 受けた中学生, 受けた事, 受けた外, 受けた覚え, 受けた風景全体, 受けとりその, 受けとる殊に, 受けないでは, 受けない事, 受けなかったけれども, 受けなかったもの, 受けながら, 受けは, 受けましたね, 受けやすい, 受けるか, 受けるから, 受けるし, 受けるだけ, 受けるという, 受けるとは, 受けるやう, 受ける力, 受ける度毎, 受ける論争, 受ける赤味, 受け取った以上, 受け取つたの, 受け取り更に, 受け得たこと, 受け我国, 叙べ, 合せて, 否むこと, 含んで, 周囲に, 味った, 呼び戻すの, 呼び起さないという, 呼び起した, 和らげる事, 喚び起す事, 囘想する, 基礎として, 堂上公卿の, 変えるため, 変へるらし, 変革し, 外国人に, 大切に, 夫は, 如何に, 如實に, 娘の, 守りひそか, 宗助の, 実際消し, 實在より, 尋ねて, 少しも, 岸本に, 帯びないころ, 幽かな, 幾つでも, 建物全体に, 引出す為, 張大する, 強くし, 強く与えられた, 強く世間, 強く出し, 強く受け, 強めた, 強めた上, 強めて, 強めるだけの, 強め記憶, 当然神人, 形造っ, 彼に, 彼流に, 得たという, 得た丈, 得た女, 得られたであろうよう, 得られんこと, 得るに, 得るの, 得批評, 微弱ならしめた, 心の, 忘れようと, 忘れ兼ねたの, 忘れ勝ち, 思いおこさせた, 思いおこして, 思いかえす, 思い出すの, 思い出として, 思い起すこと, 思ひ浮べながら, 思ひ起さうと, 悠々と, 悠々として, 惡くし, 想像し, 想像に, 意識し, 憎々しく消し, 憶い出そう, 成長させる, 我々が, 我心裡に, 打ちこわすよう, 打ち消しながら, 把持する, 拒むこと, 拠りどころ, 持たないの, 持つ筈, 持続しよう, 捉えること, 捺し終りたり, 掻きわけ観念, 描くこと, 支離滅裂な, 散漫に, 整理する, 數行綴つたのに, 新に, 新らた, 日本画家に, 明瞭ならしむべく, 昔びとの, 時人に, 書きたいが, 書きたくなるよう, 書きとどめずには, 書きとめて, 書き洩しては, 書き綴って, 書くの, 書く暇, 植えつけただけ, 植えつけたもの, 極めて効果的, 極度に, 構成する, 次の, 欺かなかったので, 止めなかつた, 残さずには, 残さなかった, 残したか, 残したのに, 残した事件, 残しました, 残し後年, 残すの, 殘された, 殘す, 永久に, 汲みとりえたの, 決して忘れない, 洗い流すの, 活溌に, 消す事, 深からしめよう, 深くし, 深く与へ, 深く語っ, 深めた, 深めたの, 深めて, 深め且つ, 滅茶滅茶に, 濁して, 無視し, 焼き付けたもの, 片はじ, 物語らうと, 物語全体の, 率直に, 理解し, 理論的に, 甚だ不快, 生かすほか, 生じる, 生むの, 申せば, 留むるに, 留めた大伴氏, 留めるの, 的確に, 盛り返して, 直ちに疑う, 直接印象と, 眼の, 知りたがって, 禁ずること, 私が, 私自身の, 窺ふと, 第一, 米国人に, 細かに, 紹介する, 組織立て省察を, 統一ある, 統一指向する, 綜合する, 線と, 纒めて, 義雄の, 考えて, 聞かして, 聞くこと, 脱し去ろうと, 脳裏に, 脳裡に, 自分に, 與へたに, 與へよう, 色どる, 蓄積した, 蝋の, 裁判官に, 裏づけようと, 要約した, 見とどけるならば, 見受けること, 見物に, 観客に, 観衆の, 訊いて, 訊きたいな, 記憶する, 記紀に, 記録する, 詐る, 話したり, 話して, 話せと, 誇示しよう, 誌したい, 誌せ, 語らうか, 語りはじめると, 語り得るであろう, 語ること, 語るに, 語るに際して, 読み取ろうと, 誰にでも, 調査資料として, 負けん気な, 貴方の, 贈ります, 起させるの, 超えたるもの, 辿りつ, 述べたこと, 述べた時, 述べて, 述べる事, 追いかけ回すこと, 追って, 追想する, 逃さないやう, 適確に, 遺して, 鈍らされて, 鏤刻しました, 随分と, 離れた概念, 離れないで, 風の, 鮮かに, 鮮明ならしめる

▼ 印象~ (443, 10.3%)

8 残って 4 あった, さうし, 深かった 3 ある, こびりついて, まざまざと, 今ぴつ, 彼の, 深い, 非常に

2 [22件] あって, あるよう, いつまでも, はっきりと, はつきりし, はつきりと, よかった, 今でも, 今に, 強烈である, 心に, 新たに, 殆ん, 残る, 浮んだ, 浮んで, 消えて, 混乱し, 甦って, 眼に, 読者の, 頭の

1 [358件] あざやかで, あざやかである, あったから, あったけれど, あったよう, あつて観念, あとまで, あまりはつきり, あまりよく, あまり強, あやふやな, ありしたがってまた, ありますお, あり釣, あるし, あるだけ, あると, あるわけ, いきなり頭, いまだに作用, いまでも, うすれて, うずめられて, うぢ, うつされます, かういふ傾向, かうした傳説, かなり強く, からくりの, きびしく自ら, くつ, くつきりと, くつつい, ぐつぐつと, この時分, この音, ごちゃ, ごっちゃに, さうだ, さまざまと, しきりに邪魔, しつくり, しばらくお, すでによく, すべて厳粛な, そうさせた, そうした特異事情, そのま, そのまま胎児, そのまま読者, その他の, その情景, その窃視本能, その都度, それに, それらの, そんなこと, たたまっ, だれよりも, だんだん, だんだん影, ちがう, つい目, できて, どうしてもお雪ちゃん, どうしても悪人, どうなろう, どうやっ, どのくらい, どの辺, どんなに理想的, ない, ないと, ないといふ, なかつた, なにひとつ変つてゐない, なんとなく眼, にぶくされ, はっきりし, はっきりしなかった, はっきりする, ぱつと, ぴつたりとその詩風の, ほんとに異様, ぼやけた, ぼんやりし, ぼんやりと, まだこびりつい, まだまだそんな, まだ眼, まとまって, まとまりました, まるで漠然, みなぎつてゐる, もし意, よいか, よくない, よく現れ, よほど強く深かっ, よみがえって, よみ返って, よろしくなかった, わたしには, わるかった, わるくて, コビリつい, ジードの, ゼロだ, トンガラシであり, ハッキリ残っ, ピッコロミリ夫人を, ベレーを, ボヤボヤと, 一つ残っ, 一つ残った, 一度に, 一杯に, 一番強く, 一等正確に, 一行も, 一身から, 丁抹国旗という, 不判明, 不思議と, 乏しい, 事更に, 二人の, 二人を, 人の, 人類の, 今こうして, 今だに, 今に残つた, 今ぴったり, 今も, 今一度村の, 今日の, 今日まで, 今日尚, 伝承され, 何か, 何よりも, 何んと, 何故か読者, 作り出されるの, 保持される, 僕に, 優れたもの, 全体的又は, 其を, 再び義雄, 再現した, 出鱈目であっ, 判然と, 刻まれた, 刻まれただけ, 刻み込まれて, 前後関係とは, 剪綵せられず, 加はつた, 北に, 単に, 単に暦, 即時又は, 去ってから, 去り難, 変って, 多かった, 多少これ, 大した情, 大事です, 夫人の, 如実に, 妙に, 妨げるせい, 子供の, 完全な, 定った, 実に数限り, 実感を, 導き出される時, 小坂部の, 少しも, 峙ってるだけ, 平時とは, 年を, 強い, 強いかは, 強いそこ, 強かった, 強かつ, 強く刻み込まれてる, 強く占領, 強く審, 強く残っ, 強く私, 強烈だった, 強烈な, 彼女にとっては, 彼女の, 彼岸の, 徹頭徹尾いや, 必ずしも贋, 必ず残つて, 忘られず, 忘れられなかった, 忘れられなかつた, 恐らく一等, 悪いの, 意味する, 意識に, 感じられた, 憂欝な, 憶い出せない, 批評の, 批評家の, 新しいので, 新しかった, 新鮮です, 新鮮でない, 明らかに, 明滅交替する, 明瞭に, 明確な, 映画の, 時経れ, 書きたい衝動, 最も彼, 最も鮮明, 有力な, 未だ新しい, 東京などと, 果して赤ん坊, 次第に明白, 次第に濃く, 次第に立派, 此を, 此傳説を, 此語及び, 殆全国に, 殊の, 残ってること, 残つたのだ, 残つてゐる, 残つて居た, 残つて居る, 残らなかった, 残りました, 殘つてゐない, 気に, 決してはずかしく, 決して自分, 決して間違い, 浮かび上がって, 消えないので, 消えぬ内, 消え失せぬ中, 消されて, 消滅する, 淡くどう, 淡くなっ, 淡くなった, 深いの, 深かつ, 深く染み込ん, 深く脳裡, 深く記憶, 深められずに, 混り合っ, 混淆せられ, 漂って, 演繹される, 濃い, 濃厚に, 烈しすぎた, 無意識な, 物哀れであった, 特に悪, 特に深, 現はれ, 現われたもの, 現われて, 甚だ快適, 甚だ示唆, 生々しかった, 甦りさ, 異るであろう, 異様な, 百蔵を, 直觀的, 相当鮮明, 真実である, 確実に, 神学観の, 私の, 稀薄に, 穴熊だ, 空想の, 空疎に, 空虚だ, 童女の, 第一, 精確に, 素因な, 細かい処, 細君の, 結ばれたかを, 結びついて, 繰返して, 耳に, 背後の, 胎内の, 胸の, 胸を, 脳中に, 自分にとって, 自分自身の, 自然に, 芸術的な, 落ちて, 著しく異なっ, 薄いが, 薄いせい, 薄いと, 薄かった, 薄くなる, 薄れて, 薄れないうち, 蘇って, 蘇つて来, 複雑であれ, 見なかった時, 見出せるの, 記されて, 記憶の, 話題に, 誤って, 誰にも, 起らぬと, 追跡された, 逆に, 連絡させられる, 違うて, 違うので, 違った, 遙かに, 遠い以前, 遠ざかつて, 鋭く芸術的, 鏡の, 長い, 長く残っ, 長く記憶, 附き纏って, 離れなかつた, 頭に, 鮮やかだ, 鮮明でない

▼ 印象~ (433, 10.1%)

6 非常に 5 私の 4 いつまでも, 容易に, 残って 3 どうです, 少しも

2 [24件] かなり強烈, そのよう, それぞれの, どうで, どうも片仮名, ないが, まつたく懐しく快い, よくなかった, 与えない, 今でも, 今に, 今も, 全体に, 彼の, 悪くなかった, 批評の, 日が, 日本の, 最後まで, 死ぬまで, 深かった, 私に, 私には, 私を

1 [356件] あざやかに, あてには, あとから, あまりに強かっ, あまり愉快, あれから, いい加減な, いかがです, いかに, いかにも物静か, いかにも聖女, いくつも, いくらか, いくらじたばたし, いづれも, いまだに消えず, いまだに消えない, いまでも, いまなお, いまや満点, いろんな意味, うけなかつたが, うすいの, うすらいで, おそらく打て, おそらく正しかっ, かえって一倍強烈, かくて, かなり強い, かなり新鮮, かなり貞潔, きょうは, ことに深かっ, この人, この国, この寒, この寺, この方, この時, この時駄目, この歌集, これが, これだ, これです, これまで, ごく自然, ございませんの, さらに一つ, しばしば訴訟手続き, すぐに, すこぶる薄い, すこぶる鮮明, すっと霧, すつかり改められ, ずっと最近, そういう面, そうした前生涯, そうだった, そこで, その二人, その人, その受けた, その方向, その時ぼく, その都度, それを, そんなに悪く, そんな事, そんな他愛, そんな呟きであった, たしかにこれ, ただうつくしい, ただ何となく, ただ土, ただ絵の具, だんだん強く, ちょうどその, ちょっと考え直し, ちようどその頃日清戦争が, とても大柄, どうしても忘れる, どうだ, どうだった, どうだろう, どうも飛ん, どう表現, どことなく怪異, ない, ないの, なかつた, なかつたので, なかなか忘れ, なごやかな空気の, なぜか, なにかしら, なにか不吉, はつきりし, はるかに, ほとんど彼, ほんとによ, まさしくあの, ますます新鮮さ, ますます深く, まず山, まだ十分, まだ笹村, まだ鮮度, まったく別, まったく素晴, まづそれだけの世界, まとめられねば, まるで反対, みな私の, むしろきたない, むしろ平凡, むしろ藤原時代, もう助かり, もはや表面, やがてすみやか, ややもすれば甚だ稀薄, よいもの, よかった, よくなかつた, よくも, よほどこれ, アメリカ人の, ジードが, ベルリンへ, マリーは, ミユンヘンや, モスク, レーニングラードという, 一つの, 一つ残らず, 一度で, 一応とりかたづけられ, 一日も, 一様でない, 一種の, 一頭の, 上かんお, 下宿屋の, 不可解以上に, 不完全たる, 不気味な, 与えなかった, 与へ, 二十一歳の, 今だに, 今は, 今度の, 今日も, 今日もう, 伸子に, 何て, 何ときつい, 何となくゆつ, 何よりも, 何処も, 余り好く, 依然として薄らがない, 依然として観音, 個人的な, 先生が, 先生と, 全くなかっ, 全く感覚的, 全然受けませんでした, 全然失はない, 其色彩の, 内海達郎には, 出来て, 出来るだけ, 到底忘れる, 刻みつけるよう, 前々から, 勿論傑, 勿論内地, 十分二十分と, 南洋人と, 印象が, 即ち印象追跡, 及第である, 受けない, 受け取ること, 右の, 土佐国細々, 墨の, 外部から, 多分間違つては, 大きな火傷, 大倭根子天皇なる, 大学の, 大抵単純, 夫人を, 失せなかった, 学者の, 完全に, 実に思いのほか, 実に情熱, 実はすでに, 寡言で, 少なくとも真に客観的, 尚残つて, 干からびた灰色, 年と共に, 底知れない, 廻るカットグラス, 強く心, 強く残っ, 強く皆, 強烈であった, 当時の, 彼女の, 彼等が, 彼等の, 後々の, 微塵も, 必ずしも我々日本人, 必ず地面, 必然に, 必然的に, 忘られず, 忘れがたい, 忘れること, 忽ち時間, 思いがけない文明国, 恐らく余, 悪くなかつた, 悪しからず, 悽愴の, 惨酷, 想像し, 感じの, 抑, 持って, 持つて, 整つた, 新しい器, 新鮮な, 明らかに, 時が, 時と, 時として繪聲, 暗かつ, 暫く話してる, 更に深み, 最も感銘, 最初の, 本人にとって, 本当であろう, 東京とは, 案外敵, 概して芳しく, 殆ど忘れ, 残つてゐない, 残つてゐなかつた, 残らなかった, 比較的出, 決してさう, 決して不快, 決して同一, 決して後世, 決して忘れる, 決して暗い, 活動写真で, 浅黒く長かった, 消しとび熔鉱炉, 涙で, 淡いながらも, 深いが, 深くその, 深く残る, 深刻で, 深甚な, 混乱を, 清潔な, 清純可憐初心という, 激烈なる, 濁り夜明けも, 烙印の, 無く羽根, 物理的な, 特にきわだつ, 特に金, 特別な, 甚だ乏しかっ, 甚だ怪奇, 甚だ惡, 甚だ稀薄, 生きながらの, 産の, 申しあげられませんわ, 疲れた頭, 痛ましかった, 目茶な, 相当はつきり, 眉を, 睡眠中に, 知らず識ら, 知る事, 確かに, 祖父の, 私たちが, 私にと, 私達が, 童貞, 竹藪と, 第十二夜, 粛然と, 系統的な, 終日ぬぐい去られなかった, 繪畫的である, 美しいこと, 美の, 群を, 聖賢の, 自分に, 自身の, 與へ, 興味ふかい, 色も, 薄らぎそして, 薄れずに, 複雑に, 要するにその, 記, 語ること, 誤って, 説得的である, 誰によっても, 誰もが, 貴重な, 起って, 軽くない, 遠慮の, 遺憾ながら, 都会という, 重んずるが, 重大です, 重錘揚選手みたい, 関東大, 閾を, 雑然たるもの, 雑然として, 電車の, 震撼的な, 露の, 頗るノオルウエイ, 頗る薄い, 頗る鮮, 頬が, 餘り, 餘程深, 鮮かに, 鮮明で

▼ 印象~ (280, 6.5%)

9 深いもの 4 中に 3 うちで, うちに, 正確を, 深かつ

2 [16件] 一つである, 下に, 中から, 中には, 内に, 強烈さは, 深かった, 深さ, 混乱を, 続きを, 裡に, 象徴化, 追跡という, 通りに, 錯雑した, 鮮やかな

1 [223件] あること, ある事, ある人, ある言葉, ある部分, うちにも, お蔭で, すけないこと, すべてである, すべては, すべてを, せいかとも, ためか, ためである, ために, つづいた年末, つづき, つづくとき, つづり合わせ, つよい事, つよい作, つよい心持, とおりやはり, ない代り, ない名, なかから, なかで, なかでは, なかに, なかには, ふかい絵, ほうは, ほかは, ま, まだ鮮, ままに, もとに, やうな, ようだ, ような, よかった, よく明瞭, イメージを, ジグザグが, ニュアンスを, リリシズムも, 一つだった, 一つであった, 一つとして, 一つを, 上だけに, 上に, 下で, 不統一, 不鮮明, 与えられたの, 与へるひどく, 並存と, 中で, 中では, 主観による, 人であった, 何という, 備忘と, 光を, 全体の, 内には, 内の, 内を, 再現若しくは, 凝集と, 初まり, 前に, 効果を, 単にインターサヴジェクティヴ, 印象自身の, 原因である, 友達で, 受け取り方, 名残, 告白は, 周辺を, 噛みかえしと, 回旋そのものはやまらない, 報告やらで, 壇の, 子が, 実録である, 対象たる, 希薄は, 度合が, 強いもの, 強いやつ, 強い二つ, 強い所, 強い新生面, 強い暗い蔭, 強い異, 強い輪廓, 強く残つた, 強く深い見もの, 強さ, 強みは, 影響かも, 後に, 後には, 復活した, 心に, 成立に, 持って, 指であった, 数々が, 数々を, 整理です, 断片は, 新しい, 新しい最近, 新らしい, 新鮮な, 方に, 方モデルに, 明な, 明白感と, 最も消え, 極めて多数, 楽しみである, 構成を, 模寫であり, 模寫によ, 正直な, 残されたもの, 残って, 残る能, 段階に, 段階を, 沈澱する, 流れが, 淡い空虚, 深いお方, 深いまじ, 深い一插話, 深い人, 深い会話, 深い別れ, 深い名, 深い小さな, 深い微笑, 深い生活, 深い眼つき, 深い話, 深い部分, 深い音響, 混乱し, 渾沌を, 濃いの, 濃い行, 濃く鮮, 烙きつけられた, 焦点を, 生滅する, 産物である, 男である, 痕を, 発育史を, 的確に, 直截鮮明を, 相違は, 真正面に, 瞬間捕捉なぞといふ, 確実さである, 稀薄な, 種々, 種類から, 積み重ねである, 範囲は, 素因な, 組合せが, 組合せにより, 結果であろう, 統一が, 統一を, 継続から, 緊張と, 総和は, 総和的な, 羅列以上の, 肉と, 背後には, 色紙三千円ね, 色褪せた模寫, 蔭に, 薄らがない内, 裏づけを, 記憶も, 記録は, 起つて, 追跡が, 追跡である, 追跡と, 追跡に, 追跡の, 追跡は, 追跡はとに, 追跡を, 重要な, 釘を, 鈍い平凡, 鋭いいくつ, 鋭い変, 鋭さが, 錯出する, 間にも, 間の, 随時の, 隙から, 霧の, 風貌を, 鮮か, 鮮明さと, 鮮明で, 鮮明といふ, 鮮明な, 鮮明に

▼ 印象~ (276, 6.4%)

55 残って 7 のこった 6 なって, 残つてゐる 4 のこって, よると 3 のこります, よれば, 残つてゐた, 残るよう, 殘つてゐる

2 [13件] ある, 似たもの, 刻まれた, 富んで, 於て, 残った, 残ったと, 残ったの, 残つた, 残る, 身を, 過ぎないの, 遺った

1 [153件] あるその, ある保, ある少年, いち早く気づい, かなりの, きざまれて, くらべて, こだわるよう, こびりついて, さぐり入って, さしたる相違, しっかりと, して, すぎないかも, すぎなかつたが, その特徴的, つよく刻まれます, とけ込んで, とどめた何処, とどめるため, とらわれて, なつた, なにか曖昧, なるの, のこされた, のこされました, のこされるの, のこされる自然, のこったが, のこったこと, のこった一人, のこった舞台面, のこってるもの, のこりました, のこる, のこるもの, のこるよう, のこる余韻, のこる基隆, のこる景色, のこる独特, のこる種類, のこる色彩, のぼって, はつきり焼きつい, もとづいて, もともう, よく似, よく残った, よびさまされた感動, ギョッと, クリストフも, ヨソヨソしい, 一定の, 一番鮮やかな, 主観の, 他ならない, 似た一種, 依るもの, 傾きこれ, 充たされながら, 光りを, 入りやすい, 冬の, 刻された, 刻みこまれて, 刻みつけられる, 劣らず不快, 圧せられて, 基いて, 基くという, 変りは, 変る, 実在し, 對する, 就いて, 就いては, 帰して, 帰因する, 強くのこっ, 強く支配, 強く残っ, 強く残ります, 忠実な, 恰もそこ, 戸惑いした, 打たれて, 打ち勝って, 投影し, 撃たれる, 支配され, 文筆の, 星野は, 暴力を, 本づく, 杉本は, 格別の, 止まること, 残されて, 残ったから, 残ったかを, 残ったその, 残ったもの, 残ったよう, 残った青年たち, 残った顔, 残ってるの, 残つたのだ, 残つて居ります, 残つて居る, 残つて来た, 残りそう, 残りました, 残り両人, 残り思ひ出, 残り話, 残るの, 残るので, 残るらしいので, 残る作品, 残る恐ろしい, 残れる作品, 残れる如し, 殘つてゐ, 比べて, 気づいた, 消しがたい, 深く残し, 満たされ, 満たされて, 焼きついて, 焼きつけられるの, 甦るの, 盡きる, 相当しない, 相違ない, 秀吉が, 移って, 立って, 終始し, 背景を, 興味を, 触発され, 負う所, 近いもの, 迫って, 過ぎなかつた, 遺って, 酷似し, 長くかかわっ, 長谷川は, 電車という, 養われた人々

▼ 印象~ (165, 3.8%)

9 である 8 だった 5 であった 4 だつた, なの, なもの 3 であったが, でした, です, ですが 2 だ, だの, でいい, では, な効果, な句, な場面, な眺め, な眼, な面白い

1 [99件] だったの, であ, であったから, であったと, であったに, であるが, であるため, であるに, であれば, でいつ, でしたろう, でしょう, でない, でなくマッシイブ, でふと, でむしろ, でも, で一度, で作者, で刹那的, で唐突, で強烈, で思想的, で赤い, と言っ, な, なすばらしい, なところ, などきつい, なので, なるに, なわけ, なシムボリック, な事柄, な人工的, な人物, な叙景詩, な唇, な壮快, な夢, な大石練吉, な姿体, な形式, な感激的, な態度, な挨拶, な接着味, な推移, な效果, な散歩, な数語, な曲, な点, な現代風景, な白い, な目, な目ざしきり, な直覚, な真摯さ, な笑顔, な絵画, な表情, な西洋画, な詩, な赤い, な迫力, な連想, な部分, な風景, な風貌, にいろんな, にし, にしよう, にとらえられ, になっ, になり, になる, にのこつ, にはかなり, にもまた, に写生, に小説, に整理, に書い, に来る, に残つて, に無産党, に現, に白かっ, に直観的, に空, に第, に絶えず, に聯想, に要約, に評価, のもの, の描写, の方法

▼ 印象~ (91, 2.1%)

12 なって 3 一緒に 2 いえば, 追憶

1 [72件] あの匂, いうよりは, いっそう率直, いっては, うつて, お目にかかつて, かけはなれて, さらに本間氏, そう変わり, その美し, それから記録, それを, なったの, なつて, なりました, なるであろう点, なるわけ, まるで違った, まるで違つた女, ピストルの, 云うこと, 云えば, 云っては, 云っても, 仰天した, 印象追跡という, 同じだ, 同じ眼底, 呉の, 呼ぶならここ, 多くの, 夜更の, 大いに関係, 天平建築の, 孫悟空や, 対比される, 少しも, 強い感情, 影響とを, 彼女が, 心に, 感銘では, 日本的と, 日頃接し, 気分を, 深い関係, 燃えあがる灰, 理解を, 痛切なる, 目覚め発育を, 相俟, 真実な, 矛盾し, 結びつけ電車, 結局甲乙は, 縁暈と, 考えて, 聯想とを, 興奮との, 衆生濟度の, 衝動を, 複雑な, 見るべきもの, 記憶を, 記録による, 調査的知識とは, 違つて居る, 重りあって, 非主体的, 須美子の, 食慾とは, 魅惑を

▼ 印象批評~ (76, 1.8%)

3 である 2 だ, というもの, というよう, という言葉, の言葉, は印象

1 [61件] からは相当, から客観的, から発展, がよろしく, が何かしら, が多かっ, が彼, が抜くべからざる, が評論家, であった, であったから, であっても, であると, であるなら, であるばかり, である以上, では出, でもよい, でも所謂文献学的批評, で具体的批評, で物, という, というレッテル, という形, といふこと, として始まる, と呼ぼう, と放談, と文芸学, などではあり得ない, ならぬクリティシズム, なるもの, にとって気に入らない, にとどまった, に対して, に対して文学作品, に対するもの, に対する抑, の上乗, の内, の変形, の巨頭, の権利, の特色, の現実的根拠, の範疇, の輝, の限界, はいけない, はこの, はそれ自身一つ, はどう, は丁度, は法則, も一定, や頭, をした, をもつ, をやる, を身辺心境小説, を避け

▼ 印象から~ (66, 1.5%)

4 出発する 3 来て 2 いうと, 云えば, 云つても, 云へば, 出て, 得た幻想, 言えば, 言へば, 距離を

1 [41件] あの明朗, いえば, いろいろ思い出す, して, してさ, すれば, つい知らず, どうかする, まるでモデル, わたしは, ヒントを, 云って, 云っても, 僕は, 出た言, 出発し, 出発しない, 切り離されて, 印象へ, 反響を, 太閤時代の, 始まるの, 少しでも, 後年あの, 恢復し, 推して, 推しても, 新暦に, 来る, 汲み取られる以外, 消滅し, 生まれたもの, 生れたと, 生れて, 私一個の, 脱するため, 自分が, 表現へ, 見れば, 言っても, 龍を

▼ 印象~ (57, 1.3%)

3 である, を書く 2 でも書く, の一節, の中, を書い, を読ん

1 [41件] だか, であった, であるとも, での覺, ではまだ, という種類, として敬意, とを合せ, と詩歌, などあて, などにはできない, などには出来ない, などは立派, なる文献, にかい, についての不満足, についてはそれ, に出, のうち, はい, はお, はわたし, はロシア, は伸子, は所謂文学的, は有機的, は決して, や報告, をかきはじめた, をここ, をよみ, をよん, を井川恭氏, を伸子, を左, を描き出す, を書かせるであろう, を書き終ろう, を書こう, を終った, を綴

▼ 印象~ (56, 1.3%)

12 あつた

1 [44件] あつたさうだ, あゝいふ, いうと, いつもそういう, いろいろ女, これなら, さっそく塾生, せう, どうしてもあの, まいって, まことにはつきり, また最後, まるで精気, よみました, わたくしは, カシ皿を, ジェネ, 一つの, 中農の, 人間の, 今でも, 受取りきって, 同地を, 寒々と, 忘れられぬもの, 思い出す, 思い起したの, 日が, 書いて, 東野南次の, 物分かれに, 現実の, 瑞々しく輝い, 砂糖に, 簡単に, 見られて, 言えば, 言はせ, 言へば, 言わせて, 迫るの, 追究し, 閃めく, 雑誌の

▼ 印象~ (54, 1.3%)

2 与えなかった, 残って, 薄れて

1 [48件] あって, ありません, あるに, この位, さう大して, その頃, ないため, ない新吉, ない頼り, なく初め, なく従っ, のこらないし, はつきりする, またおそらくは, また生涯頭, まだすっかり消え, むろん含まれ, よかった, 一日一日と, 与えない, 与えなかったが, 与えられること, 亦そういう, 亦生気, 今は, 受けずに, 同じと, 強いわけ, 彼の, 心に, 明であり, 書いて, 止めない訣, 此時に, 残されなかった, 殘さない, 段々薄らい, 浅く記憶, 消えた, 深かつ, 濃かった, 生活力には, 第二, 筆者の, 自分には, 薄らいで, 語つてある, 長く忘

▼ 印象され~ (39, 0.9%)

11 ている 4 てゐる 2 てい, ていた, ています, て残っ, はすまい

1 [14件] つつある, てくる, てそれ, てゐなけれ, て今, て僕, て居た, て居る, て殘つて, また動作, 且つ之, 引続きロウマ, 感銘された, 蓄積され

▼ 印象として~ (38, 0.9%)

2 残つてゐる, 殘された

1 [34件] いま彼の, この理想的自由都市, そのま, では, なつかしく今, のこされた自然, のこされるでしょうから, のこったの, のこりました, パリの, 今日まで, 割に, 大きな鳥, 大急ぎで, 大抵事変下の, 忘れ難い, 描いてるの, 敬太郎の, 数日の, 残さないため, 残されて, 残った, 残ったの, 残って, 残つた, 残るだらう, 残るもの, 火災に関する, 焼き付けるだけの, 私の, 胸に, 自分が, 訳文に, 読者に

▼ 印象する~ (37, 0.9%)

3 ものは 2 ことは, のである, ものが, 場合が

1 [26件] がしかし, ことによって, ための, ところは, ところも, と主張, と言わるべき, にはこれ, には相違, のだ, のであった, ほどの余裕, もので, ものと, 億劫さうな, 力から, 動きである, 四時の, 建築は, 微妙な, 所は, 所も, 歌を, 自分の, 色である, SUOMIの

▼ 印象~ (32, 0.7%)

7 ている 4 てそれ 3 てゐる, はしない 2 ております, て居る

1 [11件] たりする, てえた, てゐ, て居た, て心, て私, て端正, て置かなけれ, にくい, 今日も, 言葉よりも

▼ 印象では~ (28, 0.7%)

1 [28件] あたかも静岡全市, ありますが, いつも体じゅう, いろいろな, この事件, この初対面, この展覧会, この短篇, この辺, これも, その芝居, ちつとも, どうも仏典, ない, ないと, なからう, なくして, なくて, 何だか張り合いぬけ, 先生は, 同じく綜合的性質, 彼等の, 従ってドイツ, 油切った, 若い獅子, 言葉を, 誰も, 雲を

▼ 印象された~ (26, 0.6%)

4 のは 2 と見えまし

1 [20件] がかすか, ことである, ことは, すべての, ということ, ところの, にちがい, ね, のでありました, のであります, のです, もので, ものは, ものらしい, 一つでございます, 一つの, 悲劇の, 私達の, 米人の, 見聞感想を

▼ 印象~ (22, 0.5%)

3 直覚や

1 [19件] あどけない口, ルスタムという, レーニングラードの, 三越で, 古い記憶, 尊大な, 思い出を, 感じである, 感情や, 感想は, 感覚の, 新たな, 気紛れな, 氣紛れな, 漠然と, 知識を, 科学的印象である, 記憶の, 酒の

▼ 印象される~ (19, 0.4%)

4 のである 2 ことは, のは, ように 1 からね, ことが, という場合, ほどのひとつ人間, ものとの, ものは, やうな, 習慣です, 風景だつた

▼ 印象とは~ (17, 0.4%)

1 [17件] そうした多く, だいぶ相違, どこか, 一風ちがった, 人間の, 何か, 何かと考え, 僕の, 別人の, 刺戟に対する, 勿論直接, 反対に, 呼ばないまで, 思立って, 無関係であり, 縁の, 遠いもの

▼ 印象をも~ (14, 0.3%)

2 ひとに

1 [12件] うち開いた, 与えないで, 与えない贅言, 与えなかった, 人に, 包まうと, 彼に, 感じて, 止めなかつた止めずに, 發見する, 聯想し, 與へ

▼ 印象した~ (11, 0.3%)

1 [11件] ことは, と答, のであった, のであらう, ものや, 事は, 事を, 断片も, 為に, 発端だろう, 銅像の

▼ 印象によって~ (10, 0.2%)

1 それを, 亢奮した, 僧侶の, 君自身の, 変更を, 天平時代に, 左右されるだろう, 広く読まれた, 形成された, 白鷹先生が

▼ 印象主義~ (10, 0.2%)

1 との間, に反抗, のそれ, の世, の創始者, の勝利, の最初, の画, の瞬時的, や十八世紀

▼ 印象~ (10, 0.2%)

1 のこれ, のまん前, の仏画的, の仕事ぶり, の画力作, は寺院壁画其他, は最も, は果しつ, は非常, 同第三回

▼ 印象しか~ (9, 0.2%)

1 とどめない, ない, 与えない, 与えないの, 与へぬから, 与へられないといふ, 受けないやう, 受け取らなかつた, 頭に

▼ 印象という~ (9, 0.2%)

3 ものが 2 ものは 1 ことが, ものを, センスから, 媒質自身の

▼ 印象といふ~ (9, 0.2%)

3 ものは 2 やうな 1 のは, ものが, ものを, 抽象的感覚を

▼ 印象には~ (9, 0.2%)

1 あの種, あまりに鮮やか, すこしの, わけも, 及びません, 最もあざやか, 自ら強弱と, 貧しい境涯, 重くよどみこんだ

▼ 印象~ (9, 0.2%)

1 かい, かい大きな, かい旅, かい状態, かくうつった, かく眺め, かく羨しく, かく語られ, かく迫った

▼ 印象だけが~ (8, 0.2%)

1 かなり鮮明, 写真の, 大事だった, 奇妙にも, 彼に, 残った, 残ります, 深いので

▼ 印象とを~ (8, 0.2%)

1 もって, 之より, 客観的に, 巧みに, 得た, 残して, 纏めて, 説明し得るであろう

▼ 印象~ (7, 0.2%)

1 が何, けれど集団聴取その他様々, つたのである, というその, とすれ, と云った, のを

▼ 印象である~ (7, 0.2%)

1 からも少し, ことを, と云っ, と云った, と云つて, にも拘らず, 時普通

▼ 印象について~ (7, 0.2%)

1 いろいろ考え, 世界各国の, 小説を, 彼女は, 書かなければ, 語りましょう, 議論した

▼ 印象強く~ (7, 0.2%)

1 しかもパノラマ的展望, どうか斯, 感じられる, 私の, 色彩の, 覚えて, 言うて

▼ 印象自身~ (7, 0.2%)

1 が信頼, と印象, と印象追跡, にとっては決して, の地表, は必ずしも, を傷

▼ 印象追跡~ (7, 0.2%)

1 であり即ち又, ということ, とに於ける, とは単に実際, に眼, の凡て, の抽象力

▼ 印象せられ~ (6, 0.1%)

3 てゐる 1 てい, 其を, 而し

▼ 印象そのもの~ (6, 0.1%)

1 がすでに, のリアリスティック, の分析展開, の同時性, の身辺密着性, はあくまでありのまま

▼ 印象とが~ (6, 0.1%)

1 いつまでも, まるで関係, 出来て, 含まれて, 宏子に, 相俟つて

▼ 印象によ~ (6, 0.1%)

2 つて人間固有の 1 つてほぼ, つても, つて判断を, つて補は

▼ 印象明瞭~ (6, 0.1%)

1 であって, となった, なる処, な句, に描かれ, の一点

▼ 印象~ (5, 0.1%)

1 ひそかに, 何かでしか, 何かに, 思い付きでしか, 文学論か

▼ 印象させ~ (5, 0.1%)

1 その点, ておいたなら, ておいで, ながら腕, んが

▼ 印象させる~ (5, 0.1%)

2 為に 1 ような, ように, 必要の

▼ 印象としては~ (5, 0.1%)

1 一緒クタに, 徳川初期の, 既に染めた, 樟の, 色の

▼ 印象~ (5, 0.1%)

2 のだ 1 のだった, のである, んです

▼ 印象ふかく~ (5, 0.1%)

1 よんだ, よんで, 味は, 感じられた, 眺められる

▼ 印象よりも~ (5, 0.1%)

1 まずその, むしろ下町, 却って自然, 欲望の, 殖民地といふ

▼ 印象~ (4, 0.1%)

1 へその, へ与へる, へ受ける, へ間

▼ 印象させた~ (4, 0.1%)

1 に過ぎなかった, のは, までの事, 長茄子

▼ 印象だけで~ (4, 0.1%)

1 この世に, して, まさか見間違える, 判断する

▼ 印象だけは~ (4, 0.1%)

1 うつりました, 強くのこる, 採り入れて, 掴んだ樣子

▼ 印象だけを~ (4, 0.1%)

1 眸の, 言うならば, 記憶の, 語ること

▼ 印象をば~ (4, 0.1%)

2 刻んで 1 世界観からの, 言葉の

▼ 印象~ (4, 0.1%)

2 の景物詩 1 に描き出そう, のこと

▼ 印象からの~ (3, 0.1%)

1 抽象という, 抽象力として, 距離と

▼ 印象さえ~ (3, 0.1%)

1 もう忘, 無い, 私には

▼ 印象させよう~ (3, 0.1%)

2 としてさまざま 1 と思っ

▼ 印象せず~ (3, 0.1%)

1 にはいない, にはいないであろう, にはゐない

▼ 印象だった~ (3, 0.1%)

1 が婆さん, にもかかわらず, のでたった

▼ 印象つよい~ (3, 0.1%)

1 わけです, 対話読む, 風景

▼ 印象です~ (3, 0.1%)

1 からもつ, から事実, がどう

▼ 印象など~ (3, 0.1%)

1 まとめて, やっぱり一年, 聞かれ私

▼ 印象なり~ (3, 0.1%)

1 感じなりを, 感想なりを, 注目なり

▼ 印象については~ (3, 0.1%)

1 かつて木下杢太郎, 別に, 少しも

▼ 印象にも~ (3, 0.1%)

1 かなりの, 半日の, 外部に

▼ 印象より~ (3, 0.1%)

1 他に, 他は, 外の

▼ 印象~ (3, 0.1%)

3 の文字

▼ 印象~ (3, 0.1%)

1 となりたる, もあれ, 乃至象徴詩

▼ 印象からは~ (2, 0.0%)

1 一続きには, 甲羅の

▼ 印象し得た~ (2, 0.0%)

1 かもしれぬ, とすれ

▼ 印象すら~ (2, 0.0%)

1 ないよう, 与えて

▼ 印象せられた~ (2, 0.0%)

1 という, 懐しい作品

▼ 印象そこ~ (2, 0.0%)

1 で望ん, に親切

▼ 印象だけに~ (2, 0.0%)

1 残って, 片づくよう

▼ 印象だつた~ (2, 0.0%)

1 か知らない, が婆さん

▼ 印象づよく~ (2, 0.0%)

1 美しいところ, 観た

▼ 印象であり~ (2, 0.0%)

2 信仰に

▼ 印象でない~ (2, 0.0%)

1 からチットモ記憶, とすれ

▼ 印象とか~ (2, 0.0%)

1 親切さが, 記憶という

▼ 印象としての~ (2, 0.0%)

1 彼女の, 瞬間が

▼ 印象などが~ (2, 0.0%)

1 あるもん, とり集められて

▼ 印象なんか~ (2, 0.0%)

1 あたえられそう, どうでも

▼ 印象においては~ (2, 0.0%)

1 たいした変わり, 推古仏と

▼ 印象に対しては~ (2, 0.0%)

1 すでに印象, 抽象的だ

▼ 印象ばかりを~ (2, 0.0%)

1 問題に, 思い起さなかったという

▼ 印象ふかかっ~ (2, 0.0%)

1 た, たこと

▼ 印象~ (2, 0.0%)

1 印象から, 飛躍した

▼ 印象ほど~ (2, 0.0%)

1 感銘ふかい, 漠然とし

▼ 印象よりもずつと~ (2, 0.0%)

1 穏やかでした, 面白く快い感動

▼ 印象をさえ~ (2, 0.0%)

1 多分与えないだろう, 生じさせて

▼ 印象をしか~ (2, 0.0%)

1 人に, 得なかった

▼ 印象を以て~ (2, 0.0%)

1 すれば, われ等の

▼ 印象及び~ (2, 0.0%)

1 印象の, 感動な

▼ 印象実際~ (2, 0.0%)

2 触つて

▼ 印象平八郎~ (2, 0.0%)

1 にいま, の相違点

▼ 印象強烈~ (2, 0.0%)

2 な信仰

▼ 印象批評家~ (2, 0.0%)

1 ともなり得た, を以て許す

▼ 印象~ (2, 0.0%)

1 の一例, の内

▼ 印象的批評~ (2, 0.0%)

1 が共通, を下し

▼ 印象的描寫~ (2, 0.0%)

1 の力, は單

▼ 印象的散文~ (2, 0.0%)

1 によって充満, を読ん

▼ 印象鮮明~ (2, 0.0%)

1 になっ, に思ひ浮べさせるよす

▼1* [166件]

印象いかがとは気, 印象からかいたいけな, 印象からかも知れない, 印象からのみ得た空想, 印象からも推測せられるであろう, 印象がよかつた, 印象きりで私, 印象さしてその, 印象させられて行く, 印象させられたのである, 印象さらにあいまいの, 印象されなかつたことだけは, 印象され憧れの胚種, 印象しあうが実は, 印象したる事項は, 印象しばらく話した桑, 印象しようとする, 印象し始めるのである, 印象し過ぎる程印象, 印象すらもその時代, 印象するだろうかに気づくべきであった, 印象せしめんが, 印象せしめてやらう, 印象せしめる働きを, 印象せしめ得れば記者, 印象せられたる田園生活の, 印象せられるが百分率, 印象せんことを, 印象それ自身のこと, 印象たるやちっと, 印象だけで彼女, 印象だけについていえば, 印象だったろうと思います, 印象だろうと思います, 印象ちよつとした, 印象やありません, 印象ってもんが, 印象つよく今なほ私の, 印象づよいその部分が完全, 印象づよい具体的な描写, 印象であったに違い, 印象でうづまつてゐる, 印象でしてね考え, 印象でしか無くなるだろう, 印象でなければならぬ, 印象でも明らかであり, 印象でものごとを, 印象とかが重んぜられるの, 印象とかを基礎と, 印象としてもこれは, 印象とには事に, 印象との最も多く, 印象ともいうべきもの, 印象と共に半蔵の, 印象などとソヴェト生活の, 印象などになかつた事, 印象などについては他日一纏めとして, 印象などはほとんど顧慮, 印象などを考える癖, 印象ならまア一ヶ月位, 印象なりがあるもの, 印象なりを知るだけ, 印象なるものの, 印象なんてことを, 印象において実に著しく, 印象における原型に, 印象にだけ根拠を, 印象についての概念的, 印象にとって代えられた, 印象によってのほか岡倉先生を, 印象によるものな, 印象に対してフレムトな, 印象に対するこの抽象, 印象のきはやかさ, 印象のみであらう, 印象のみについて説明した, 印象はっきりして, 印象はと聞かれて, 印象はとに角みんな, 印象はよかつた, 印象ふかい数行が, 印象ぶかかったのは, 印象への追随である, 印象みなさんそれぞれ個性的な特徴, 印象めいたものを, 印象やらまたかの, 印象何だ, 印象らしい特色には, 印象を通じて万人が, 印象を通じてのみ語られて, 印象スシ屋さんの印象, 印象セシメザルニ在リ, 印象受ルコトモ作用ヲナスコトモ夾雜組織スルコト一層, 印象主義的であること, 印象主義的文学のなまぬるい, 印象主義者の報告, 印象付けられている, 印象以外のこと, 印象この言葉, 印象住居の様子, 印象何とも形容の, 印象傑作の眩惑, 印象其の他は, 印象其夜の旅愁, 印象分解説はある, 印象刻みついてて, 印象効果に甚だしい, 印象され感覚化, 印象又は詩などを, 印象反省を得た, 印象受けたんです, 印象同志をどんなに, 印象変化と荒廃, 印象三郎氏等とは, 印象寄りの仕事, 印象の匂い, 印象影響反省というもの, 印象従って女性は, 印象を離れ, 印象忘れられないんです, 印象感じを強めた, 印象批評的な放言, 印象批評直感批評をこの, 印象批評論は真理, 印象描寫の冴, 印象新たに出, 印象新鮮な現, 印象次第でその, 印象氏平八郎氏の初期, 印象洋品店のお婆さん, 印象浅からぬもの, 印象湧き起る様々の, 印象濃く数日経った, 印象画派生き残りの唯一, 印象を, 印象的イマジスチックな工夫, 印象的イマジストであった蕪村, 印象的客観的の句風, 印象的筆致の代表的, 印象的表象に存する, 印象的風景だ, 印象相互の関係, 印象稀薄な風態, 印象竝びに諸, 印象を聞き知った, 印象系列の偶然, 印象紹介などを書く, 印象経験がその, 印象能力の薄弱さ, 印象薄くなつて, 印象表現としてどちら, 印象見聞のすべて, 印象観たもの, 印象観察観念の間, 印象記さしゑ明治四十四年版, 印象記憶がさうである如く, 印象追跡中心の風格, 印象追跡者である, 印象追跡至上への方向, 印象追随が取り, 印象過敏性の一方, 印象道念の清遠, 印象野性と野心, 印象雜記として出, 印象風景などもある, 印象驚くべき多読からの