青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「分れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

分の~ ~分らない 分らない~ ~分らなかった ~分らぬ 分らぬ~ 分り~ ~分る 分る~ ~分れ
分れ~
分別~ ~分析 分析~ 分間~ 分類~ ~切 切~ ~切っ 切っ~ ~切った

「分れ~」 1415, 14ppm, 7931位

▼ 分れ~ (906, 64.0%)

41 いる 33 いて 26 いた 20 いるの 16 ゐる 11 居る 8 ゐた 6 いるという, 一方は 5 いるが, いること, いると, ゐて, 一つは, 居りまする, 行く 4 いたが, いたの, 二つの, 出て, 行った, 見えると, 見えるの

3 [14件] います, いるので, いるん, しまって, ゆく, 二筋と, 仕事を, 居つて, 居るが, 来て, 来る, 行くの, 行つた, 霞みたるに

2 [36件] いたと, いたので, いたわけ, いても, いました, いますが, いるか, いるもの, おります, しまいました, しまった, しまつ, ゐたの, ゐるが, ゐるの, ゐるもの, ゐる様, 一条の, 今の, 今日に, 來る, 光は, 容易に, 居りました, 居ります, 居るの, 巴の, 彳む三羽の, 木曾の, 来た, 東西へ, 橋の, 網の, 自分の, 行くと, 逃げ入る

1 [562件 抜粋] あくまで現, あたりに, あった, あったこと, あるです, いくの, いずれも, いたこと, いたそれ, いたという, いたとは, いたもの, いたり, いた根, いた武士, いった, いないもの, いない例, いなかった昔, いまして, いますでしょう, いるそう, いるそこ, いるそれぞれ, いるだけ, いるでしょう, いるところ, いるとは, いるに, いるよう, いるらしいが, いるらしいという, いるらしい様子, いるらしくも, いるキリスト教, いる一, いる備前佐々木党, いる可憐, いる各, いる夕飯, いる実情, いる峯, いる火焔形, いる箇所, いる間, おいおいに, おったの, おって, おりますが, おり一組十七, おる, かけ合, きた, きたばかりの, きのふまでを, ください, ぐるぐる廻る, こうなる, ここに, ここは, この世に, これにぞ, さらさらと, しかしてこれ, しかも骨肉相, しげしげ瞻, しづめ及び, しまうこと, しまうという, しまう気, しまったが, しまったこと, しまっただけ, しまったよう, しまったん, しまつて, しまひました, そうして語, そこから, そのいずれ, そのおのおの, その一方, その二つ, その先, その右側, その方向, その生存中, その綺羅びやかな婦人たち, その迷信, その間から, それから, それが, それぞれ入口に, たとへば, だらりと, てんでに歎, でて, とりどりに, とんだり, どうしてもそれ, どこへか, ひたすら嘆息, ふたたび念入り, まして, ますから, またも, また一ツ, また何処, まだ五代, まわって, めいめい好きな, もう今, やる遊戯, ゆくの, ゆけよ, わらわらと, ゐたもの, ゐた事, ゐても, ゐないで, ゐましたが, ゐます, ゐるうち, ゐるけれども, ゐるそれ, ゐるといふ, ゐるに, ゐるので, ゐるわけ, ゐる事, ゐる国語, ゐる多分, ゐる處, ゐる靴下, ガマは, ゴロゴロと, ドナーティカルフッチウッチェルリーニ等の, パラパラと, ビラを, ブーンと, ランチへ, 一つはまやの, 一は, 一人で, 一円五十銭十銭, 一刻も, 一團は, 一方の, 一番繁昌な, 一筋明らさまに, 一間を, 一隊は, 丁字形に, 三つに, 三元と, 上から, 上って, 上つて居た, 下りたの, 下山の, 世界戦争を, 両方から, 並ぶ, 中央国境唯一の, 丸裸で, 乗りました, 了いました, 了う, 了うた, 争いを, 争った, 争って, 二, 二人が, 二時頃うちへ, 二階が, 互いに混ずる, 互いに混同, 互いに衝突, 五と, 交代で, 今戸の, 会長席の, 伝承され, 住まわされました, 住むこと, 住む者, 住んで, 何処へ, 何処へか, 働く心, 党争が, 入った, 入って, 入る, 入城した, 八と, 八方を, 公衆を, 共同生活を, 再び藪, 出た, 出たという, 出たので, 出た家, 出た時, 出た針問屋, 出ると, 出るもの, 出る迄, 分れ目に, 別居する, 前後し, 前後に, 勢力争いと, 勢弱きに, 勤王佐幕と, 千里の, 半数は, 南北に, 南屏山へ, 參神造化の, 可なり, 右は, 右を, 司令部へ, 各々の, 各一家, 合せて, 吉凶の, 同じ山, 同一さまに, 同時に違った, 名も, 名主へ, 向うへ, 吹立てる, 周平の, 問題は, 噴火の, 噴煙の, 四月十二日の, 国を, 土の, 地上に, 地殻は, 坐らざるを, 城の, 堀切の, 多くの, 夢中に, 大きくなつた, 大きな石, 大ヨケ谷, 大川に, 大笑いに, 天下の, 太平洋と, 夫人は, 如何に, 妙に, 学生に, 実験を, 宣命と, 室の, 寝に, 寝んで, 寝室を, 対立し, 專門の, 對峙する, 小部隊, 居た, 居ったもの, 居つた時代, 居つた樣, 居て, 居りましても, 居りますが, 居り正則, 居ること, 居るだけ, 居るところ, 居る三辻, 居る家, 居る水, 居る私達, 山の, 山下門橋から, 巌の, 川筋から, 川鴫という, 左に, 左は, 左右へ, 已後の, 帰ると, 帰ろうとして, 幾段にも, 広い華燭, 広く諸国, 建つの, 弥次を, 径に, 待ち伏せて, 後の, 後へ, 後成熟した, 後方へ, 徐州へ, 徒歩にて, 循環する, 応援を, 怒号し, 恰も数本, 愛吉の, 懸命の, 成瀬と, 戦う前, 所有主を, 所謂, 所謂百余国を, 手手に, 押しあう排中律, 押し寄せて, 探して, 揉みに, 支那人, 教へ, 敵を, 數十條先づ束ね, 斜に, 斬り合いながら, 斬るの, 新派劇を, 方數町の, 既に服従, 旧の, 映るばかり, 春の乗込鮒の, 是も, 是れ, 普通の, 暮して, 暴風の, 書くと, 曹操の, 最早歩く, 月下に, 末で, 来たぞ, 来たので, 来たもの, 来た元, 来た者, 来ること, 来る途中, 来る雪, 東町奉行所へ, 松原の, 松林の, 松葉屋に, 柱を, 根小屋に, 案内者無しに, 梅が, 森が, 森や, 正午西条に, 此伯母の, 此所は, 此方は, 殺到し, 殺到した, 母の, 水の, 江戸の, 江戸座の, 河べりの, 泊って, 泊ること, 洲などを, 流るるとは, 海中に, 深潭を, 混ずること, 混同する, 混用しない, 渉った, 渠は, 湛然, 無数の, 片歌, 片麻岩, 猛烈な, 献詠した, 現場へ, 琴川の, 生活する, 用法上区別が, 男性女性と, 町の, 畑仕事と, 発展する, 監視し, 目的を, 真直に, 睨みあったる二組, 短く地上, 研究の, 神の, 神ばかりの, 私は, 私を, 稻垣小, 積まれて, 立ち二人, 立ち糸車, 立札の, 端を, 策略の, 紅白の, 終ったの, 綱曳の, 美濃の, 能く, 自分は, 與吉の, 色々の, 若松から, 苦しいこと, 落下し, 蜿蜒闇の, 血を, 血気の, 行き, 行きました, 行き更に, 行くであろうし, 行く傾向, 行く者, 行けば, 行こうと, 行ったか, 行ったかという, 行ったの, 行った家, 行った美術家, 行つてゐる, 行はれる, 行ふも, 行動派は, 表はれ, 複雑に, 西の, 言い争って, 語によって, 論争に, 謀の, 資生堂の, 賽の目の, 走って, 走りだすかも, 走り出したから, 路を, 踏み込みますかい, 蹤く, 身軽に, 転がって, 輪唱する, 農商務省や, 辺城は, 追, 逃げたらしく中之島公園, 進み合して, 遊んでる, 道を, 道場の, 遠ざかるところ, 那辺に, 門附の, 開墾地を, 間もなくウコ, 間人姓を, 闇の, 陣取り之, 陸を, 陽の, 隼町の, 雜草の, 雪泥を, 青く忽ち, 青嵐, 静かに, 順次に, 顳, 饂飩が, 馬喰町その他に, 鰯の, 鳩尾を

▼ 分れ~ (169, 11.9%)

5 分るほど 4 それで 3 それで充分 2 いやにも, この事件, これは, すぐに, 人間は, 後は, 私は, 開け地

1 [141件] あとは, ある諒解, い, いいの, いよいよ本当に手, うれしい, おのずから事情, おのずから灰汁, お前さんも, お前は, かえって思い切り, かかる商売, ぐずぐずし, ここに, この病人, この謎, これを, こッぴどい目に, しめたもの, すなわち被害者, せつ子や, そなた, そのよう, その分った, その持っ, その結果自然, それから, それからあと, それからが, それから容易, それでい, それでよい, それで万事, それで三千子, それで十分, それで好い, それで普通, それで私, それに, それについての, それも, それを, そんな生きた, たちまちお払い箱, どんな時, なお細々, まっしぐらに, もう自分, やがて実用化, よい, よいこと, よいと, よろこんで, わかるほど, わしが, タクサン, ピストルが, マルキシズムなんて, 一つすっかり, 一同に, 今すぐ, 今度は, 他の, 何とか予防, 何も, 何故も, 余にも, 健全な, 傷の, 全力を, 全員で, 共に悲しみ, 其の上, 凍上の, 分るだけ, 分る程気持, 分別は, 別に複雑, 勿論此, 千鶴子にだって, 却ってハッキリします, 取り返すかも, 可いわ, 商人は, 問題の, 困りあしないよ, 多分は, 大いに結構, 大部分究明, 天鬼が, 夫で, 好し若し, 嫁入り前の, 安心です, 幽霊という, 幽霊塔の, 彼等は, 心の, 憎むべき蠅男, 我々が, 或いはこの, 戦争など, 手当も, 捜査の, 探偵では, 散所民, 敵の, 敵軍は, 日本が, 晴風光月である, 更に改めて分類, 木が, 本当にうれしく, 気の, 父上が, 犯人の, 犯人は, 生きること, 田舎豪傑では, 田鶴子の, 畸形の, 矢張りひょっと, 秀子の, 穏やかに, 自分が, 虎井夫人に対する, 訳も, 読者が, 誰だって, 誰より, 警察に, 近藤家と, 追, 金を, 閣竜英に, 除数の, 除數の, 難を, 電話の, 面倒は, 顔を

▼ 分れ~ (20, 1.4%)

5 なって

1 [15件] お預けに, しましょうか, する許, なった, なったきり, なったこと, なり一人, 住し, 何か, 先へ, 散らばって, 臨み, 自分の, 行くこと, 限らずこの

▼ 分れ~ (20, 1.4%)

5 家の 2 個体が

1 [13件] お正月で, 例は, 大枝が, 家という, 小屋敷, 点で, 現象の, 群, 群れと, 群蜂を, 蜂が, 蜂共が, 言葉も

▼ 分れ~ (13, 0.9%)

1 [13件] したかったの, した蜂共, して, するか, ること, る状, 告げた, 告げたが, 告げ余, 告げ居間, 告げ直ぐ, 告る, 惜しんだこと

▼ 分れよう~ (11, 0.8%)

3 とする 2 としてゐる 1 とした, として帽子, として軟, とも国民, とも離れる, 其の方

▼ 分れてから~ (10, 0.7%)

2 又引き返し, 大変世の中が 1 だいぶ年, まだ十分, 一時間程, 中臣, 今日までの, 以来まるで

▼ 分れその~ (9, 0.6%)

2 一筋は, 枝は 1 各々に, 境域は, 夜の, 島の, 懸隔が

▼ 分れへん~ (8, 0.6%)

1 いいますの, がお前, がなえ, で放っといたら寝ざめ, とすっ, やろ, やろけど, 思いましたら外

▼ 分れては~ (7, 0.5%)

1 いなかったでしょう, いるが, どうした, また一つ, ゐるが, 又実学, 幾条にも

▼ 分れたり~ (6, 0.4%)

2 して 1 したが, といへ, 三派と, 睦ましげに

▼ 分れ~ (6, 0.4%)

1 あつて, こまかく穿鑿, その日, レビゾールを, 叙事詩の, 最近まで

▼ 分れそれ~ (4, 0.3%)

1 が各, が県, が縣, に多く

▼ 分れ~ (4, 0.3%)

1 いたしましょう, なったので, なって, なりなば

▼ 分れへん思~ (4, 0.3%)

1 てじっと, て一日, て何より, て恐がってる

▼ 分れ一方~ (4, 0.3%)

1 の築い, はオレンジ, は商家, は川

▼ 分れ~ (4, 0.3%)

1 の方, は二丈, へ三, を取っ

▼ 分れたか~ (3, 0.2%)

1 とも見られる, と一同, と思う

▼ 分れたる~ (3, 0.2%)

1 を揺り出す, を知れり, を見

▼ 分れたる者~ (3, 0.2%)

1 が今, に非, の中汝ら

▼ 分れてを~ (3, 0.2%)

2 りますが 1 つてそれが

▼ 分れ~ (3, 0.2%)

1 は普通, は江南, は法王

▼ 分れ~ (3, 0.2%)

1 に在る, の方, より迫り

▼ 分れ~ (3, 0.2%)

1 なるは, に湯沢, の本

▼ 分れ~ (3, 0.2%)

1 八級ずつ, 分冊に, 博士あり

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 あって, 生ずるもの

▼ 分れそして~ (2, 0.1%)

1 この猛烈, 酋長は

▼ 分れても~ (2, 0.1%)

1 両方共に, 血は

▼ 分れながら~ (2, 0.1%)

1 じりじりと, なお余裕しゃくしゃく

▼ 分れむ是~ (2, 0.1%)

2 れ必然

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 だと, を一挙

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 しなかった, しなかつた

▼ 分れスチイタア~ (2, 0.1%)

2 の主

▼ 分れ一つ~ (2, 0.1%)

1 は真っすぐ, を村

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 の城, へ落ち

▼ 分れ具合~ (2, 0.1%)

1 であります, でまた

▼ 分れ各組~ (2, 0.1%)

1 に一人宛, の指導者

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 乘寺の, 磧を

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 とに岐, を登っ

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

2 と心

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 であった, で一種

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 をきり出した, を持ちだす

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 のある, のよう

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

2 が州

▼ 分れ~ (2, 0.1%)

1 にやや, に道士達

▼1* [146件]

分れあるいは合する, 分れおいおい盛んに, 分れかけたりしました, 分れぎわに榎, 分れくだんの谷, 分れさて合図を以て, 分れさらに五摂家に, 分れざるを得ざる, 分れが別, 分れしかもまた集ま, 分れしまへなん, 分れすなわち放火した, 分れそしてまた全に, 分れその間の決戦戦争, 分れその間七町ばかりを隔て, 分れそれぞれの部長, 分れそれぞれ門役と称する, 分れたままでその, 分れたらしかつた, 分れたりとも云り, 分れたりはまさかしません, 分れたんだ人間, 分れつつ枝は, 分れてかア爾, 分れてからはこの年老いた, 分れ離れるな, 分れにて肉食妻帯の, 分れになつてそれの, 分ればこそ読経の, 分れふたたび馬を, 分れなんだやろ, 分れへんようになっ, 分れまた種々に, 分れみちのところ, 分れやがて草原に, 分れ退けよ, 分れわれわれの崇拝, 分れとして暫時, 分れキチンと馬首, 分れグルリと一つ, 分れソ連は巧み, 分れターサンにはおのおの十八, 分れバランチャンと床, 分れマライタ島の沖, 分れ一ツは吉野橋, 分れ一ヶ所土方歳三を頭, 分れ一世帯が一棟, 分れ一峯は草, 分れ一戸の方, 分れ一手は八田村庄屋, 分れ一筋はその, 分れ一軒はかなり, 分れ三つに分れ, 分れ且つ消え且つ, 分れに二三十坪, 分れ中でも一番勢力の, 分れ主戦論者は大抵, 分れ二段の距離, 分れひに, 分れ互いにその勢力, 分れ仕事にかかった, 分れ他方に於, 分れ以後三百年来凡庸と雖, 分れした処, 分れ会議のたび紛々, 分れ何とかして, 分れ俺たちにも備え, 分れ候上はたとい, 分れ候義に付き, 分れ傀儡子には男子, 分れ公方様はただ, 分れ其後和尚は白洲, 分れ其後藤澤へ歸, 分れまで徒歩, 分れでたる人, 分れがカチカチ云, 分れ加減にしたがっ, 分れ北荘山手村は承, 分れ南北に分れ, 分れ南荘の方, 分れ厳重に固め, 分れ反りかえらぬ同士, 分れ右手は別, 分れ同類のもの, 分れ土手のよう, 分れの方, 分れ外西蔵は日本, 分れ夜警の当番, 分れ大半は里, 分れの行方, 分れれも, 分れ官師が二つ, 分れのネ, 分れ寝殿は後部, 分れ屋根が高く, 分れ屋葢が円筒部, 分れれに, 分れ吹く風, 分れる場合, 分れ或いは渓泉に, 分れ或は合する, 分れ所領の奪い合い, 分れ抗争数月に及ぶ, 分れ政府は学者, 分れ教室に入, 分れ文化面生産面という活動場面, 分れ新野東村上分はさらに, 分れ最後には空気, 分れ最高点は南, 分れ模擬戦をやりはじめました, 分れ又橋, 分れ機械製品と手工藝, 分れ次第に厳重に, 分れと美, 分れ江戸の方, 分れ波動して, 分れの絶える, 分れの形, 分れ白金台町に間口, 分れ白骨を腰, 分れ直接の関係, 分れ爭ふ, 分れの下, 分れ禍福が生じ, 分れ私どもでさえ外部, 分れの下, 分れも其, 分れ肉眼では孰, 分れ若様の方, 分れ荒布橋方面や安, 分れと表, 分れ西に入る, 分れ西月一入の, 分れ言葉に書かれる, 分れ計略凝し座, 分れ詩書とも分れ, 分れ貝十郎に逢おう, 分れ身なりも違った, 分れ里野末山岳方面など, 分れ鋸歯の如き, 分れ間口の狭い, 分れ集団的にやった, 分れ難きを分れ, 分れ食堂にあてられた, 分れ馬車の許, 分れ黒部本流の左岸