青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「努め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~加え 加え~ ~加減 加減~ 加藤~ ~助 助~ ~助け 助け~ 助手~
努め~
~努力 努力~ 労~ ~労働 労働~ ~労働者 ~効果 効果~ 勇~ ~勇気

「努め~」 1238, 13ppm, 8575位

▼ 努め~ (1004, 81.1%)

43 いた, いる 40 いるの 17 ゐる 14 いたが, いたの, いるよう 12 ゐた 9 ゐるの 7 それを 6 いるが, 来た, 来たの 5 ゐたの

4 [14件] いたもの, います, いると, きた, みたが, 來た, 妄想を, 平気を, 彼を, 心を, 気を, 自分の, 見たが, 静かに

3 [16件] いたから, いたこと, いること, いる間, おります, くれ, みても, ゐること, ゐるやう, 他の, 居る, 平静を, 彼に, 来て, 見た, 話を

2 [45件] いて, いても, いるつもり, いるとさえ, いるとは, いるもの, いるん, いるバラック生活, きたジイド, これを, さりげない, それから, みよう, みるつもり, みるの, ゐると, 上品な, 人との, 俳味を, 冷静に, 冷静を, 勇気を, 壁と, 娘を, 嬉しそう, 安静を, 居るの, 平気に, 平静に, 強調しない, 彼女の, 微笑を, 快活に, 慎ましやかに, 晴れやかな, 来たか, 来たこと, 深くし, 相手の, 眼を, 近所との, 遠慮勝ちに, 避けて, 避けるよう, 金の

1 [574件 抜粋] あてに, あらわすまいと, ある, ある一つ, いただきとう存じます, いたという, いたとき, いたに, いたにも, いたのよ, いたほど, いた人々, いた仏蘭西人, いた光秀, いた千蛾老人, いた柴田伊賀守勝豊, いた理想, いた綱, いっこう面白く, いった, いなかった, いながら, いました, いらっしゃる, いられること, いるうち, いるかと, いるから, いるくらい, いるささやか, いるその, いるに, いるのに, いるのよ, いるびくびく, いるふう, いるふし, いるみたい, いるらしい, いるらしいその, いるらしい山口さん, いるらしい男, いるらしかった, いるらしかったが, いるわけ, いるわれわれ人類, いる人, いる千浪, いる友人, いる如く, いる如く真に, いる孔明, いる家庭, いる家来ども, いる幕府, いる強烈, いる形跡, いる思い遣り, いる数, いる最中, いる様子, いる涙ぐましい, いる煽動, いる理性, いる男, いる綜合芸術, いる者, いる自分, いる苦心, いる西洋, いる野草, いる風, いろいろの, いろいろ考へる, おった, おったから, おも, おられるもの, おりました, おりますが, おるが, お駒, がっつかないよう, きたあと, きたの, きた私, きました, ください, くださる, くれたの, くれた一事, くれましたが, ことばを, ことば多く明るく, ことば寡なに答え, ことわるよう, この弟, この約束, これらの, ごらん, ご兄弟, さう, さうし, ざつくばらんな調子ではじめた, したの, しつかりと, して, しないよう, じう面, せわしそう, そうしてたった, そうして成功, そうする, そして無造作, そのこと, その人達, その地帯, その時代, その疑い, その蔭, その迷い, それが, それに, それへ, それらを, そんなこと, てそれ, できること, なるべくこの, なんでも, なんにも気, なんにも考えない, はおりますなれど, ふたたび赤壁, ふた股者, ぶっきらぼうに, まいりましたのに, まる彫, みた, みたって, みたとの, みたの, みたまえ, みましょう, みようと, むかしの, やさしくわざと, やさしげに, やったという, やって, やまざるもの, やまなかつたらしい, ゆくん, わざと力, ゐたもの, ゐたらしい, ゐた女, ゐた矢先, ゐた馬越, ゐても, ゐないと, ゐます, ゐるかの, ゐるが, ゐるそして, ゐるで, ゐるとしか, ゐるにも, ゐるので, ゐるらしかつ, ゐるん, ゐる人, ゐる國際社會, ゐる時, ゐる有様, ゐる標準語, ゐる異常好み, ゐる者, ゐる間, ゐる風, イートンオックスフォードケンブリッジ等の, ナヂェージダに, 一列に, 一口応答を, 一日に, 一歩前に, 上演後刊行された, 下町の, 不愛そう, 世の中の, 世界を, 中には, 交わって, 人なかへも, 人に, 人形を, 人心を, 人目に, 人間の, 今なほ勇名, 仕合は, 他流試合を, 会ふ, 似せて, 低い, 低く吹い, 佐々家の, 保存しなけれ, 信じて, 信州各地の, 修練を, 偏好を, 優しい声, 優しく鳰鳥, 元気の, 元気を, 先帝の, 八橋に, 公平な, 其の傾, 其勢を, 冗談めかし, 冷やかに, 冷然と, 冷笑し, 冷静であろう, 出席する, 利家や, 制限を, 前記の, 前進する, 加工的の, 努めても, 勉強し, 協力しなけれ, 厳正に, 及ばざるは, 及ばぬ事, 反薩長派, 取り去つて, 口を, 口元に, 口数を, 口笛と, 古法, 史実を, 吉助と, 呉れた, 呉れたが, 呉れるその, 呑気そうに, 味方の, 善将に, 嗤つた, 団十郎の, 地味な, 士気の, 声を, 外では, 多数を, 大酒, 女に, 奴の, 威厳を, 威容を, 娘の, 婆の, 官僚政治と, 実はた, 客観的公正を, 家を, 容色を, 寛がんと, 寛闊なる, 小才を, 小智小策を, 小次郎に, 居た, 居たの, 居た氏, 居た私, 居られたが, 居られるの, 居るが, 居ると, 居るに, 居る様子, 左う, 市民の, 帝に, 平家の, 平常の, 平気さうに己れ, 平気でを, 平然と, 平然としよう, 平調に, 幼少の, 引き締めて, 弱まること, 彼に対して, 彼は, 彼らの, 彼らを, 彼女と, 彼女に, 彼女らに, 彼女を, 心がけて, 心掛けしまひ, 心胆を, 忘れようと, 忘れるよう, 忘れ去ろうと, 快活の, 思い直した, 思おうと, 恐怖の, 恐縮さうに呟いた, 息を, 悪を, 悲痛な, 惜しませて, 想像に, 意を, 愛想よく, 愛想笑いを, 感情から, 慇懃の, 憎まず無学, 憤りを, 或は好ん, 或る, 戴かんければ, 打ち消すよう, 払いながら, 抑へた静か, 抑へる, 抑止し, 押し鎮めて, 押し鎮めるよう, 拭い去り毎日, 政治向きにも, 政治家として, 教育を, 教訓的であらう, 敵の, 斯う, 日本人の, 日本固有の, 日本語で, 日記に, 早く起き, 明けすけ, 明快の, 晩秋の, 晴々と, 曖昧な云い, 書いて, 書生らしく粧う, 月の, 朝涼の, 来たけれども, 来たここ二ヵ月間, 来たつもり, 来たのに, 来たもの, 来た善, 来た結果, 来また, 来られたのに, 東京に, 栄之, 梢を, 楽観的に, 機嫌よく, 毅然と, 気が, 気に, 気色に, 氣を, 求めず訴えない, 池上の, 決して負け, 消そうと, 涼しそう, 淡泊の, 深きを, 深く立ち入らない, 渋面を, 演劇そのもの, 無事閑散の, 無表情に, 無關心, 無駄に, 父が, 物事を, 物柔かに, 独断的に, 現はさ, 現わそう, 現実を, 甲斐が, 白々しい態度, 白々しく呟いた, 皮紐に, 皮膚を, 盃を, 相手との, 真雄の, 眠ろうと, 着物の, 知らぬ振り, 磊落であろう, 祈祷の, 神妙に, 秘密に, 秘密主義を, 稽古の, 穏やかに, 端厳の, 笑おうと, 笑った, 答えずに, 紛らすため, 紛らそうと, 細ぼ, 結束し, 綜合的な, 罪人を, 翻訳などを, 考えて, 考えまいと, 考へても, 而も, 聞こうと, 自分たち以外の, 自分を, 自惚れを, 自然であらう, 至誠信心を, 興醒めの, 舞台に, 良心を, 若労, 苦しいくらい, 草木から, 菜園に, 落ちつかうと, 落ちつかうとして, 落ち着いたよう, 落着い, 落着いた, 落着きを, 蓄へ, 表に, 西洋劇に, 見せないこと, 見たものの, 見るが, 見ること, 見合いの, 視察と, 親しみを, 計つたの, 試合真剣勝負などの, 話題を, 語って, 誠実に, 読んで, 諸将, 貧しき朝廷生活, 起きて, 足を, 身を, 迎えようと, 迎へ, 過ごさぬよう, 遠慮した, 避けたいの, 避けたい気持, 避けなければ, 避け貧賤, 邪念な, 都の, 都振りに, 酔を, 金髮の, 鈴の, 長兄の, 隠すべきこと, 隠すよう, 青春を, 静かな, 顏を, 顔に, 顔の, 風景の, 饒舌つたのである, 驚きを

▼ 努めても~ (45, 3.6%)

2 議論などは

1 [43件] あの女, あらせなければ, いつか身近によって, おのれを, どんなに学問, なお足らぬ, ならなかった, みた, みんな悪く, より以上, チャンと, 一歩一歩に, 不足を, 何か, 内心の, 再び眠る, 出来がたい, 出来ること, 努めても, 及ばぬ事, 困難である, 天地の, 好きに, 孤児が, 常に一方, 張合が, 彼は, 成り得よう, 暗い霧, 来たの, 決して及ばない, 生得の, 益々苛立っ, 知ろうとは, 社会の, 私の, 第一, 群衆は, 腹の, 話し声は, 誰も, 飲めない酔, 駄目な

▼ 努めながら~ (41, 3.3%)

2 心の, 歩いて

1 [37件] うろたへ, この下手人, この父, その力, その十日間, それで, それでも立派, やがて足利軍, やつぱり馬糞の, 一歩一歩誤りの, 不満そうな, 二人は, 京橋口の, 他方では, 何週間も, 剰った魚, 又いつのまに, 口の, 呻くよう, 呼びかけた, 声を, 夢みる人, 奥の, 容易に, 彼の, 彼女が, 後を, 愛撫や, 文を, 無意識の, 然しあら, 益々威勢, 短かく, 言った, 訊いた, 追ふて, 静かに

▼ 努めたり~ (9, 0.7%)

2 して, すること 1 した, するとか, するの, といへ, また寝室

▼ 努めては~ (9, 0.7%)

2 いた, いるが 1 いるよう, みた, みたが, ゐるが, 見るが

▼ 努め~ (9, 0.7%)

2 なって, 努めて 1 なった, なったの, 努めた結果, 努めること, 努め磨き

▼ 努めまた~ (8, 0.6%)

2 新たに 1 そうし, 入りおおせた, 学的には, 実際大して気, 実際思い出した, 農業者の

▼ 努めながらも~ (7, 0.6%)

1 そのかい, ほとんど手, やはり煕, やめること, 子供の, 新之助の, 満城

▼ 努めつつ~ (6, 0.5%)

1 ある, あるが, あると, あるの, これこそ, 唇を

▼ 努めこの~ (3, 0.2%)

1 作陶人を, 凄絶な, 点で

▼ 努めそして~ (3, 0.2%)

1 この点, しばしば騰貴, まず飢饉

▼ 努めその~ (3, 0.2%)

1 ためか, 事業を, 努力が

▼ 努めそれ~ (3, 0.2%)

1 ができない, がどうにか, をすべて

▼ 努め~ (3, 0.2%)

1 した, したけれども, しなかった

▼ 努め一方~ (3, 0.2%)

1 おのれの, 浜松の, 用心し

▼ 努めてから~ (2, 0.2%)

1 寝所へまで, 玉鬘は

▼ 努め~ (2, 0.2%)

1 したけれども, したものの

▼ 努めよう~ (2, 0.2%)

2 ではない

▼ 努め~ (2, 0.2%)

1 はたしつつ, 果たさうと

▼ 努め~ (2, 0.2%)

2 は藩閥

▼1* [72件]

努めあなたさまなきよう, 努めいつでも冥土, 努めいわゆる軍需相とも, 努めこれを, 努めへし, 努めさえすれば, 努めしかもそれは, 努めじろじろ横目で, 努めすべて異常なこと, 努めすらした誤診, 努めずして自然, 努めそんなものに, 努めたりというべしである, 努めついに敵を, 努めてかどうか, 努めてかの一件を, 努めてすらだにも, 努めてでも大きい声, 努めての軽さ, 努めてばかりいる悪魔, 努めてまで話して, 努めてやはらかく, 努めてをりますから, 努め思います, 努めになつて居られる, 努めやがて結婚の, 努めようやくこれを, 努めよけいに反感, 努めわれはたしてかかる, 努めラテン語から来た, 努めからの全員委員会, 努め且つ譯文中に, 努めから来る, 努め互いに痛みついに, 努めには優しく, 努めも昔, 努め価値判断はそれ, 努め傍ら装束仮面等を手入れ新調, 努め優等生の中, 努めへ追いすがろう, 努めにも外, 努め内地から誰, 努め判斷力が情熱, 努め努力し泳ぐ, 努めその努力, 努めをきこう, 努め各校の山岳部員, 努め外国語を学び, 努め學校では成績順, 努めを持てる, 努め屯田自給の長計, 努め支障の原因, 努めをし, 努めも暮れごろ, 努めから晩, 努め此年文政十年八月十三日に, 努め淫祠を毀ち, 努めに信長公, 努め然し講演の, 努めの没後, 努め磨きに磨き来った, 努め社会主義はどこ, 努めもまた, 努めと装飾, 努め自由党も亦, 努め自由黨も亦, 努め貧者は益々, 努め質素倹約友人にケチ, 努めをささえん, 努め遂に多數, 努め道行を遂げ, 努め難解の書物