青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「占め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

南~ 単なる~ ~単に 単に~ ~単純 単純~ ~博士 博士~ 博物館~ ~占め
占め~
占領~ 印~ 印刷~ 印度~ ~印象 印象~ 危~ ~危険 危険~ 即ち~

「占め~」 1292, 14ppm, 7969位

▼ 占め~ (1013, 78.4%)

81 いる 78 いた 45 いるの 26 いること 21 いたの 20 いて 16 ゐる 15 居る 13 いたが, ゐた 11 いると 10 いるよう 9 ゐるの 7 いるという, いるので, ゐるやう 6 います, ゐると 5 いるから, ゐること 4 いなかった, いました, いるが, しまいました, ゐたの

3 [14件] いた位置, いるところ, いるに, いるもの, いる位置, しまった, ゐたので, ゐたもの, ゐるので, ゐる事, 居た, 居るです, 居るの, 居る人

2 [32件] いたから, いたこと, いたため, いたので, いた國, いるん, いるユニック, いる空間, いる重要, おった, おりそれ, しまったの, しまったので, ゐたから, ゐたわけ, ゐます, ゐるかといふ, ゐるといふ, ゐる地位, ゐる点, 居た大川氏, 居ったの, 居つて, 居なければ, 居ります, 居ると, 居るもの, 居るやう, 居る事, 展望された, 来たの, 来て

1 [486件] あらねば, いいであろう, いかなる役割, いかにも功名名利, いくこと, いくもの, いささかながら, いささかも, いたおばさん, いたけれど, いたし, いたそれ, いたであろうかという, いたでしょうか, いたでは, いたと, いたのよ, いたわけ, いたバジル・ホール・チェンバレン教授, いたボストンワルツ, いた一般論的輪郭的, いた不思議, いた乱雑さ, いた人, いた今村, いた医学, いた地勢, いた地域, いた場所, いた大正, いた女中出稼, いた対州鰤, いた巡洋艦隊, いた形勝, いた悪, いた敷地, いた時, いた毛利元就, いた煮え切らない考え, いた空き部屋, いた約束, いた紳士, いた規模, いちど蜀は, いては, いないという, いないの, いない場合, いなかったので, いながら, いますから, いますからね, いますこと, いますので, いますもの, いられた方, いるある, いるおれ, いるか, いるかなり, いるかに, いるかの, いるかも, いるかを, いるけれど, いるけれども, いるこの, いるし, いるそこで, いるその, いるため, いるだけ, いるだけの, いるだろう, いるつもり, いるとの, いるなか, いるならば, いるにも, いるらしい, いるらしいこと, いるらしかった, いるらしくみえる名前, いるらしくわんさわんさ, いるわけ, いるカストリ社, いるパリ郊外, いるヤミ物価, いる一つ, いる一対, いる三十人, いる三峰, いる中位, いる事, いる事実, いる人, いる人々, いる人たち, いる人気争い, いる以上, いる会心, いる位, いる俳優, いる偉大, いる処, いる勤労者, いる善良, いる四階建, いる国々, いる地位, いる多数, いる天文学, いる女, いる女工, いる宏大, いる実業家, いる室, いる小, いる屋内工業, いる州立蛇毒研究所, いる広い, いる座席, いる忠相, いる有名, いる村, いる東京何, いる柳, いる様, いる標札屋, いる模様, いる沖縄五十万, いる演奏壇, いる玄徳, いる王位, いる相対空間, いる真々川化助, いる知的, いる神, いる笹, いる筈, いる終戦処理費, いる経, いる総裁犬養毅, いる繊維工業者ら, いる考え, いる記録的, いる赤土, いる追随, いる遺跡, いる闊葉樹林, いる風俗小説, いる香ばしから, おいでに, おとなしい正直, おのおの割拠, おられる, おられること, おりその, おりました, おります, おりまする, おります有, おり世界歴史, おり在郷軍人, おり特に, おり結局, おる, おるが, お兼, お録, かれは, きた漱石, くると, くるもの, こうして見, ここに, こちらを, これは, これを, ごッ, さしも賑わい, さながら病床, さらに半, しかもその間, しずかな世ばなれ, しまう, しまうわけ, しまうん, しまったという, しまったよう, しまふ, しまふに, しまふの, すぐに, すぐ煙筒, すっかり満足, すつかり, そこで初めて, そこで言わば, そこの, その役目, その権力, その翌日, その翌日慶喜, それから, ただ食事, ついぞ浮名, どこを, なにかわからぬ, はおりますが, まずそのままに, まるで液体, まんなかに, みたり, みると, もちまえ, ゆくかという, ゆくといふ, ゆく者, ゆく過程, よい理, われわれも, ゐたか, ゐたかは, ゐたかを, ゐたけれど, ゐたわたし, ゐた不思議, ゐた勃凸, ゐた彼等, ゐた御料林, ゐた意外, ゐた私, ゐた考, ゐた葡萄牙人, ゐた間瀬, ゐて, ゐても, ゐないからと, ゐないといふ, ゐなくては, ゐまして, ゐますからね, ゐるか, ゐるから, ゐるかを, ゐるが, ゐるさ, ゐるすべて, ゐるその, ゐるだらうか, ゐるであらう, ゐるなんと, ゐるに, ゐるもの, ゐるトリスタン・ベルナアル, ゐる一人, ゐる亡き人, ゐる人物, ゐる位置, ゐる作品, ゐる内容, ゐる古, ゐる國, ゐる場合, ゐる実情, ゐる廣, ゐる或は, ゐる検事, ゐる為, ゐる焼跡, ゐる燒跡, ゐる相, ゐる秋, ゐる貴方, ゐる農夫達, ゐる露語, ゐる領域, ソヴェト同盟の, リネツトを, 一度は, 一歩も, 不思議そうに, 並んで, 久しぶり心に, 了って, 了へ, 二度目の, 互に語り, 五寺十観九宮四庵が, 五百種類以上の, 人々は, 人は, 人寄せの, 今では, 今までよりは, 今度は, 今私が, 仮にも, 仰ぐ軒端, 何の, 何時までも, 作品の, 使者の, 來た, 來る, 保って, 備え立てなされ, 優に高, 先づ上る, 六万の, 其お花畑を, 其群を, 出て, 出現する, 刀調べを, 切所難所に, 切髪の, 前川さんに, 創作される, 十二月九日王政復古の, 卓子は, 原始生活を, 同じやう, 同じ宗右衛門町, 同じ群れ, 向ふ, 嘆くを, 四辺を, 地の利を, 坐って, 夢の, 天心近く暢びやかに聳え立つ, 天才らは, 天王山の, 太田筑前守の, 夫の, 孫十郎は, 學界無上の, 宛然, 家老の, 寝ても, 寝心地の, 寵姫の, 少くも, 居たで, 居たならば, 居たので, 居た動物種属, 居た地位, 居た諸種, 居た部分, 居つた京都, 居て, 居ました, 居られる山, 居りまして, 居りますけれども, 居りまた, 居り官吏, 居るから, 居ること, 居るという, 居るとの, 居るにも, 居るので, 居るよう, 居る一人, 居る人間, 居る以上, 居る位置, 居る其の, 居る抔, 居る殆ど最高, 居る者, 居る赤煉瓦, 居催促を, 屋敷内でも, 山下の, 島野は, 帝座に, 平家からは, 強引に, 彼に, 彼は, 彼女を, 征服者と, 後に, 後者が, 得, 怪しい老婆, 悠々閑々と, 我が頭, 政権を, 散らばつた, 敵に, 敵討物は, 新旧勢力の, 旧物理学, 早く勢力, 昔から, 春が, 来たが, 来たこと, 来た位置, 来た地位, 来るやう, 東京の, 東京人に, 校庭の, 桃色に, 楡の, 構えて, 権右衛門は, 横身に, 次の間が, 欧州諸国は, 正面の, 母親は, 水を, 池を, 波の, 湖に, 濡れた衣物, 無作法に, 無心に, 焼く時, 燃え立つの, 燭台の, 牛鍋の, 独り楽しん, 現われるの, 男は, 発言し, 益々味, 直ちに余, 真に血涙, 祈祷を, 私などは, 空は, 空を, 紅茶を, 終った, 置かなければ, 置く必要, 署名者は, 義務教育を, 翌二十六年一月, 耕種を, 聞いて, 聳ゆる, 腰を, 膝の, 自から, 茂左衛門の, 茶を, 落着き澄したるが, 衆民統ぶる, 行く真理, 行こうと, 行つた船が, 見えた, 見せる, 見たい, 見馴れぬ古風, 足掻いて, 連戦連勝の, 醫局へ, 重げに, 金泥の, 鉄瓶を, 間口十何間の, 陣地を, 離れなかった雑多, 霽れない, 青年実業家として, 静かに, 鞣革の, 音楽の, 頑張って, 風にも, 飽くまで青い, 馬券の, 高地から, 髪を, 黙々の

▼ 占めては~ (15, 1.2%)

3 いるが 2 ゐない, 迚ても 1 いたが, いたけれど, いないだろうか, いないもの, ゐたが, ゐないよ, ゐるが, 君主同僚の

▼ 占め~ (13, 1.0%)

4 お出でなされ 1 お出でにな, したの, するなんて, なった暁, なつた, なる, 一萬圓と, 行くの, 駈けつけて

▼ 占めながら~ (10, 0.8%)

2 眼は 1 この紙草, さらにもう一天井, その孤独, 友人らに, 寒さ, 残り少なきわずか, 気懈い, 糊の

▼ 占めその~ (9, 0.7%)

1 ためこの, 岬の, 後ろに, 歴史的推移において, 浦上が, 渇仰者たちを, 為一人だけ, 真ん中に, 範囲又

▼ 占めつつ~ (7, 0.5%)

2 あること 1 あつた, あるやを, ある国際的, これが, 在学した

▼ 占めてから~ (4, 0.3%)

1 もう久しく, 休もうぞ, 富子を, 間もなくバスティユ

▼ 占め如何なる~ (4, 0.3%)

1 はたらきを, 價値を, 國も, 意義を

▼ 占めそこ~ (3, 0.2%)

1 から押し出されない, において家祖八幡殿, に坐った

▼ 占めそして~ (3, 0.2%)

1 チベットにおいて, 君臨する, 極めて良好温和

▼ 占めそれ~ (3, 0.2%)

1 につづい, に従う, まで一室

▼ 占めてを~ (3, 0.2%)

1 りますから, り且つ, るの

▼ 占め其の~ (3, 0.2%)

2 結果は 1 包みを

▼ 占めそう~ (2, 0.2%)

1 に思われる, に見せる

▼ 占めたり~ (2, 0.2%)

1 他の, 利を

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 問題は, 神争ひ

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 しないだろうか, せぬけれど

▼ 占めまた~ (2, 0.2%)

1 ローマ時代改築の, 死骸を

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 の半額, を改訂

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 て吾人, て平民的共和思想

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 の高塚山, 満洲

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 その女たち, 最も必要

▼ 占め問題~ (2, 0.2%)

1 は駄目, や天鹽未墾地

▼ 占め大局~ (2, 0.2%)

2 に居り

▼ 占め所謂~ (2, 0.2%)

1 る戦後経営, る戰後經營

▼ 占め政府~ (2, 0.2%)

1 の元, の元勲

▼ 占め椅子~ (2, 0.2%)

2 から十間

▼ 占め殊に~ (2, 0.2%)

1 新唐書藝文志, 近代に

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 洲と, 洲に

▼ 占め~ (2, 0.2%)

1 と交遊, は全力

▼ 占め群衆~ (2, 0.2%)

1 に取り, に取り囲まれ

▼ 占め藩閥~ (2, 0.2%)

2 をし

▼ 占め閣下~ (2, 0.2%)

1 の属僚, の屬僚

▼1* [162件]

占めあと三分が憲政会, 占めあるいは学術を, 占めいかにも平和な, 占めいつも同じ恰好, 占めうち十三回は著しい, 占めかつ寝室居間食事に対して, 占めこう来なくっちゃ, 占めこの小さい禅寺, 占めしたもの, 占めさて如何なる仕事, 占めさらにこれを, 占めしかも町全体が, 占めすべて耕作者で主として, 占めそのまま取り崩し運賃, 占めそれとなく人の, 占めそれらに君臨, 占めたりと信ずること, 占めてからは絶えず私, 占めてのご帰城, 占めどれほどの庭園, 占めどんな意味を, 占めなお勢いよく四方, 占めなほも速やか, 占めになつた大, 占めほとんど独占と, 占めぽつりぽつり語る, 占めますます多くの, 占めまるで気随気儘に, 占めむ餘地なければ, 占めやうと思はない, 占めようではない, 占めわが物顔して, 占めつた, 占めアジアは實際以上, 占めクロムランクの, 占めスペイン軍をし, 占めソビリアのかなた, 占めトロントヴェルデの流れ, 占めナポレオンは不利, 占めパリからジュネエヴ, 占めマルグリト夫人はわれわれ, 占めミシュラン会社の二十万分の一, 占めヴィクトル・デュリュイが三十ページ, 占め一同に倣っ, 占め一夜にし, 占め一方には下士数名, 占め一門一家の繁昌, 占め一頁又一頁, 占め三角点より国境山稜, 占め且つその作品, 占め世代によって幾分, 占め世界大拡布説話, 占めには其若盛, 占め中央公論に婦人公論, 占め共商会, 占め主君のお, 占め主客顛倒して, 占め事業も亦, 占め五割七分だけが十余万, 占め交互に吹奏, 占め人力車が五, 占め今日までの歴史, 占め仏艦がそれ, 占め伯父の顔, 占め低地の原野, 占め先達を勤むることになって不足, 占め全く戦術的守勢と, 占め六年の中頃, 占め兵馬を坐らせ, 占め其処に出羽神社, 占め其前後の時代, 占め丹の, 占め内閣の機軸, 占め再び読経が, 占め創めた村, 占め勢甚矜豪を持す, 占め十三歳までのもの, 占めは第, 占め南支那の田地, 占め占め子の兎だ, 占め印象批評の輝, 占め四分が町家, 占め四十二年フロモンヴィルの作, 占め四隣の国々, 占めの勤労, 占め土耳古形の帽, 占め堂宇其他の結構, 占め境内から四門, 占め外国作家ではジャック, 占め多忙を極め, 占めおそくまで, 占め大約七万の日本人, 占め奥秩父の喬岳金峰奥仙丈, 占め宏壮な欧風建築, 占めのうち, 占め寺男の給仕, 占め対抗すべき陸軍武力, 占め小さな大名ほどの, 占め外務書記官を, 占め尾張三河へ入る, 占めに化け, 占めから川上, 占め平民はかえって, 占め幾棟かの建物, 占め広汎な苦行世界, 占め廟堂の上, 占め当時の文化, 占めはゴム靴, 占め得らるるです, 占めへる民族, 占め從來の小倉百人一首, 占め必勝の概, 占め恩栄を荷つて, 占め所謂天孫降臨の伝説, 占めにあずかり, 占め方八五〇万英里の版図, 占め日本人これに次ぐ, 占め日本人一億人ありと, 占め映画俳優の肩書, 占め時としてはこれ, 占め時に或は自分, 占め時代の連続, 占め時間に従って運動, 占め未来の吉凶, 占め本地の他, 占め本書はすべて裁判官たる者, 占め東北地方の旅行さき, 占め楠木勢は祇園林, 占め決意して, 占めがしだいに, 占め海水の壁, 占め演劇史美術文学が何れ, 占め濠洲の沿岸, 占め独裁者のよう, 占め理事マブーフ氏の背, 占めふる償, 占め白昼いかにもみごと, 占めきに, 占め直接間接に社会, 占め眺望太だ闊達, 占めを布く, 占め社会の尊敬, 占め神経筋肉ともに優等, 占め私のはそれ, 占め米人これに次ぎ, 占め紙数をより, 占め紳士と言わるる, 占め脂肪は非常, 占め脚台に両足, 占め脚本作家がその, 占め芝居を観る, 占めを一杯, 占め意に, 占め議会政治を否定, 占め軍艦を以て海路, 占めに人間, 占め隠然として連合諸国, 占め頂上の偉大, 占め頬杖をついた, 占め頭角を顕, 占めの貯蔵, 占め鴻雁も鳥屋