青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「加減~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

劉~ ~力 力~ ~功 功~ ~加 加~ ~加え 加え~ ~加減
加減~
加藤~ ~助 助~ ~助け 助け~ 助手~ 努め~ ~努力 努力~ 労~

「加減~」 2935, 30ppm, 3845位

▼ 加減~ (1070, 36.5%)

195 して 27 しろ 23 なって 15 しないか 11 しろよ 9 あしらって 7 眼を 6 するが, 切り上げて 5 きり上げ, 切上げて, 聞き流して 4 しとき, しや, しろと, し給え, やつて, 挨拶し, 歩いて, 聞流して, 話を, 調子を

3 [15件] お茶を, したまえ, したらどう, した方, しないと, しなよ, すると, するもん, せい, なさい, なさいよ, 人を, 家でも, 目を, 聞いて

2 [59件] きりあげて, ごまかして, されて, しないかい, しないかよ, しなさい, しねえと, しようじゃ, すれば, せんか, せんと, その場, つくねて, なかな, なった, なつた, やって, やる, よせ, バツを, 下へ, 不換紙幣が, 休すかな, 作つた舟だ, 入れて, 切りあげて, 合ひ, 土を, 坐って, 富山七之助を, 引き上げて, 打ちとめて, 打ち切って, 揣摩する, 暖まって, 束ねて, 歩いた, 歩くところ, 注意し, 片手手綱で, 由来する, 答えた, 紅に, 締めて, 繰り返すに, 胡魔化し, 腰かけて, 腹を, 至つては, 舟を, 苦笑した, 茶椀を, 莞爾します, 葭簾の, 虚空を, 血潮の, 話して, 誤魔化して, 酒を

1 [553件 抜粋] あきらめて, あきれて, あけて, あしらうつもり, あしらうもの, あしらつてお, あしらつてそれでも, あしらつてゐる, あしらつて今度は, あしらつて女の子を, あしらつて寺の, あしらつて平次と, あしらつて平次は, あしらつて昨夜の, あしらつて置く, あしらわれて, あそばして, あったとばかり, あやしてるよう, あらためておどろき, あるので, あんな下, いうと, いそいで, うち開い, うんと, おいしくできる, おいと, おくって, おさめようと, おしあれさ, おしな, おしやす, おしよと, おふざけ遊ばせ, お獅子, お関, お關, かう言, きいといて, きっと結ばれてる, きっと結ん, きめて, くいしばって, くたくたと, くっつけた物, くらべれば, こう申しました, こう言いました, こう言います, こう言う, こごませて, こしらえた名, こっちへ, ことわって, ごまかしといたけれど, ごまかすので, ごま化し, さぐり声, されっ, しおれて, しかし眼, しこつちも, した, したがって, したので, したら好から, した様子, した横顔, してじつとして, しても, しと, しといた方, しときなさいそ, しときん, しとく, しとくが, しとけ, しとけと, しとけば, しないかな, しなきゃあ, しなくちゃ, しなくっちゃ, しなさいと, しねえ, しねえかい, しねえな, しばらくの, しましょう, しますが, しようよ, しろい, しろいい, しろという, しろとは, しろツ, しろ伝馬, しろ無頼漢め, すぐれない処, すますこと, する, するがい, するもの, せず具体的, そうだ, そして時々, その黒眼鏡, そろそろと, そツぱうを, ただ機械的, ちっとも気, ちらつく, ぢつと, つくづくと, つくられたもの, つっ立ち引緊め, でっち上げて, ときどき逸作, とめる時, どうだ, どんどん歩い, なくなったであろうが, なさいな, なさいましめ組, なさいましよ, なさい誰, なさい馬鹿, なされ, なすったら, なすったら宜, なだめて, なったから, なった入口, なった頃, なつて, なつてる, なりうなじ, なり気温, なると, なるほど, ふくらんで, ふれて, ほんのりと, ぼかしを, また一座, むらさきの, もたげられた二分刈頭, やっちまえという, やっては, やめて, やめては, やめやうぢ, やられて, やり, やりました, やるか, やるところ, やるよう, ゆっくり歩い, よさないか, よさんか, よそうじゃ, よる, よるので, わかっても, ウンザリする, ガラッ八, グワツと, バンドの, ブラットシュトレエムと, ペンを, ムラの, ワナワナと, 一つ良い, 一とか, 一册引つこ, 一度ヨーロッパ, 一本背負, 上つら, 下って, 下に, 世間を, 両手を, 乗り出して, 了簡を, 云つて置け, 人垣の, 人眼を, 今そこへ, 仕事を, 仲な, 何か, 何し, 何となく誘われ, 何処かで, 作り事を, 作り易, 使って, 依つて, 価値が, 儲けた上, 充たもの, 冷たいその, 冷めて, 出たり, 出た重い, 出て, 出鱈目に, 切あげ, 切りあげようと, 切りあげるが, 切りあげる積り, 切り上げます, 切り上げますが, 切り上げよう, 切り上げようじゃ, 切り上げるか, 切り抜けたが, 切り揚げて, 切上げた, 切上げると, 前へ, 前方へ, 加奈子の, 助言し, 勝手を, 反抗した, 取りつくろつた, 取扱う傾向, 取扱って, 取捨し, 口やかましい人, 口を, 叩き起さなければ, 只呆れる, 叶う方向, 合った時, 合わして, 合槌を, 含羞んで, 呆れたもの, 呆れ返る, 品物を, 唄って, 四坪か, 四角に, 固まりますから, 地名と, 坐ったきり, 坐ってるところ, 坐つた, 坐り帯, 堪らなく肚, 声を, 変化が, 変装さした, 外記の, 多少気味, 大きく口, 女の, 妹の, 客が, 室の, 宥めて, 家へ, 小さくなった, 小切っては, 小町娘の, 少し工合, 少し雲, 山の, 左の, 左頬を, 巧な, 巫山戯け, 巫山戯て, 巻いて, 市街へ, 帰っちゃあ, 帰って, 帰ってけ, 帰つ, 帰らんか, 帰りそう, 帰りゃいゝのやれど, 帰ろうじゃ, 帰ろうと, 平次の, 年を, 座を, 延びた今, 延びた仏, 廻って, 弄ばれてるの, 引っかけて, 引結ん, 彼の, 彼女の, 彼等の, 御辞儀, 御退役, 微酔し, 応じた遠近法, 快い気持, 思いつく空想, 思い切ッ, 愛想が, 愛想を, 慰めて, 應對し, 懐手を, 戸に, 手を, 打ち切らうと, 打ち切ること, 打捨つて, 押して, 押し包んだ群衆, 担がれたん, 拵えた名, 指図を, 挨拶を, 捏上げる, 捨てても, 掴み出して, 搬んで, 擽られて, 教えて, 断わりますと, 暫らく唖然と, 曙館の, 書きそえたもの, 書きつぶして, 杖を, 椅子の, 楽しんで, 楽譜を, 横向け, 欄干越, 次へ, 歌に, 止さないか, 止したら何, 止めました, 歩き息, 歩こう, 歩を, 比例し, 気がついた様子, 気がつくや, 気づいたの, 気取ったポーズ, 気焔を, 泣くこと, 泣くの, 注意する, 注意すれ, 流して, 浮いて, 温まると, 湯氣の, 溶けそう, 火鉢へ, 照れ切って, 物静かな, 現実と, 生え別れてる普通, 生きる練習, 甲乙を, 画いた物, 疊に, 発音した, 皆から, 目が, 相違ない, 眺めつつ, 眺めて, 碁の, 神慮を, 突っ立った, 突つ立つた, 突込んだり, 立って, 立てろと, 立てろ吸物, 端折って, 竿先を, 答えて, 答へて, 糊塗し, 細りと, 結論を, 縛りおわると, 縫って, 繕うたが, 繕うて, 翫弄に, 翼を, 考えて, 考えるか, 聞きながして, 聞き流したの, 聞き流しに, 聲を, 聳えて, 聽い, 聽流し, 肚が, 肥らせるには, 胡麻化し, 胸も, 腐って, 腰から, 腰を, 腹が, 膝に, 自分は, 至るまで, 舌打ちしたくなった, 苦心する, 茶化さうと, 華族の, 落ちて, 見あやまりがち, 見おろして, 見つくろって, 見のがすこと, 見る味覚等, 見計らって, 言う, 言うの, 言えよばか, 言った, 言って, 言ふ, 言われたよう, 言葉を, 訊くの, 誤間化, 読み取つた, 読み聞かして, 読んだって, 読んでるん, 調合した, 諦めたと, 諦めて, 諦らめて, 超越し, 踊らせたの, 踊りたいなあ, 身ぶるいする, 身を, 転げ込んだ, 軽く口, 辻褄の, 返事してる, 返事を, 返答を, 述べて, 述べる, 迷亭の, 通りそう, 通り過, 運ばせて, 運んだから, 運んで, 遣ツ, 酒が, 酔い飯, 酔つてゐる, 酔てる, 酔わせて, 重くなりました, 金属性の, 釣ってれば, 鍬を, 長くなった, 間を, 降る晩, 降参する, 離せ, 雪の, 頭を, 頷いたり, 顔を, 飜弄なすつた, 食事を, 飲むという, 飽きた, 飽き飽きしたもの, 饒舌れ, 首と, 首を, 馬鹿に, 馬鹿も, 高い山, 髪剃で, 髮剃で, 黙つたらよから

▼ 加減~ (274, 9.3%)

13 悪くて 8 お悪い 7 よくない 6 悪いの, 悪いので 5 悪いと 4 悪いから, 悪くって 3 悪いん, 悪かった, 悪そう

2 [20件] あって, あります, いいと, どうもむずかしい, わるいと, わるかった, 分らなければ, 大切だ, 大切です, 悪いという, 悪いとか, 悪いよう, 悪くこの, 悪くなった, 惡い, 惡いから, 惡いと, 惡く, 殊によろしい, 良くない

1 [172件] あなた自身の, あまりにひどい, あまりに烈しい, あやしくな, ある, あるから, あるのみ, いいから, いいん, いえなかったの, いか, いくらか好い, いやに, いよいよ浅ましく, うまいの, うん, おかしいと, おかしくて, お悪く, お惡, かう云, かの女, ここちよくなる, さも有り, して, その日, そんなにお, ただ悔まれ, ちょうど沸騰, ちょっと口, つかりして, どうなる, どうの, どこで, どことなく一癖, なかなかむつかしい, なかなか面倒, なく一, なほ悪く, ぬるいので, はた目にも, ばかばかしいほど, また尋常, まるきり違いやす, むずかしいと, むずかしいので, やっぱりそれ位, よい, ようなったら, よかった, よくつて, よくなかった, よくなく, よく分った, よろしくない, わかつた, わからないので, わるいし, わるいの, わるいので, わるかつ, わるくずつと, わるくて, わるく四月, イカニモ人形らしかった, 一番大切だ, 上手でげす, 上手な, 不良い, 世の常の, 云え, 何よりで, 余り夥しく, 出来いつ, 出来る訳, 分らない, 分りますが, 分るまでは, 分るもの, 判るよう, 加えられて, 厭に, 又いつも, 可笑しくな, 増長し, 夢の, 大分自慢らし, 大変い, 大層むずかしい, 好いので, 如何に, 宜い, 宜う, 寒い勘定, 少々むずかしい, 少かった, 少しむずかしい, 少し工合もの, 工合もので, 工合ものです, 巧いと, 思ひやられる, 思われる, 急ぐとも, 恨めしく舌, 悪いずら, 悪いそう, 悪いちっ, 悪いって, 悪いといつて, 悪いとかで, 悪いとて, 悪いふう, 悪いもん, 悪い上, 悪い事, 悪い処, 悪い折, 悪うご, 悪うございます, 悪か, 悪かったり, 悪く, 悪くお母さま, 悪くつて, 悪くては, 悪くな, 悪くなり, 悪くなる, 悪くなれ, 悪ければ, 悪るいの, 悲しい程, 惡いの, 惡いん, 惡いんです, 惡うございまし, 惡か, 惡かつ, 惡さうだつた, 惡さうでした, 惡るいのです, 想いやられた, 推し測られて, 推測される, 昼近い, 時計の, 晝近い, 気に, 涙の, 狂っても, 甘味過ぎた, 私に, 能いん, 良う無いの, 茶道の, 解らないから, 言うに, 話にも, 誰にでも, 誰の, 身上である, 違いましたから, 違いますか, 違ったから, 違ったの, 違って, 酷いので, 面倒で, 面白し, 飛び出して, 飲み込まれるには

▼ 加減~ (228, 7.8%)

16 して 13 見て 5 みて 4 見たり 3 気に

2 [15件] しないと, しなければ, すれば, なおしたり, 知って, 知ること, 知るの, 笑つてくれ, 覆はうと, 見ても, 見よ, 見ようと, 見れば, 言つ, 言ふも

1 [157件] あそばすんぢ, あとで, いちいち細かく, いって, いってるん, うかがったり, おかしな男気, お目, されたり, した, したけれど, したよう, しつつ, しても, してやるの, しながら, しなくては, します, すこしでも, すつかり挑発, すると, するよう, するん, する事, する医者, する気, ちょッと, つけるにも, とれば, どんなに悔ん, ぬるくし, はかり海底, はかると, みたり, みるため, みると, みるのに, みる為, もって, もつと, よく心得, よく見, わるくし, わるくする, テストする, 上げなければ, 両かしぎ, 事ある, 云へば, 互に話したら, 今つくづく, 今でも, 今更の, 他と, 他に, 伺って, 体験し, 偸んで, 冷笑した, 出して, 十分知り抜い, 取って, 嗤って, 嗤われた, 嘲るやう, 嘲笑しはじめた, 噛んで, 失う能わず, 弄って, 引立たせる, 彼は, 御笑, 御覧下さい, 心得て, 忘れては, 思うと, 思ひ浮べた, 悟るので, 悪くした, 悪くする, 悪る, 惡る, 想へば, 想像し, 憤った, 憤慨した, 懇ろに, 披瀝する, 持って, 推し測り彼女, 撓める必要, 救ったという, 最も明らか, 標準に, 氣に, 測って, 田螺に, 痛快なり, 直したり, 眺めながら, 知つてゐます, 知らないで, 知るという, 知るには, 示す見本, 笑いながら, 笑ったが, 笑って, 考えると, 考えるの, 考えるよう, 考慮した, 聞いたが, 聞いて, 聞かされたら腹, 聞くと, 聞く覗き穴, 聞たり, 自分で, 自覚しない, 興味深い短篇, 表情に, 見せますよ, 見せると, 見てよ, 見ながら, 見ながらの, 見に, 見はじめた, 見ること, 見るため, 見ると, 見るばかり, 見るよう, 見計, 見通す位, 覚えなければ, 覚えるの, 覚え込むまでは, 覚られずに, 観客に, 言えば, 訊いた, 証拠だ, 試して, 試すため, 試すの, 試みそのまま, 試みる, 語り合, 遁れよう, 違えなければ, 選ぶが, 量って, 隠すこと, 雄吉は, 黙過し

▼ 加減~ (204, 7.0%)

9 ところで 7 ことを 4 大きさ 3 いい湯, 事を, 出たらめ, 合槌を

2 [17件] でたらめを, ところへ, ところまで, まやかし物だ, ものばかり, よくない, 口実を, 名を, 名前を, 嘘の, 好い湯, 所で, 所を, 時分に, 木を, 程度を, 首を

1 [138件] あなたの, あまりに馬鹿らしい, い, いい日, いい時, いつもと, うけ応え, うそを, お婆さんで, お座なりでも, お悪い, ことばかり, ことばっかり, ことよ, しっとりと, その芝生, ためか, ために, ところから, ところが, ところでは, ところも, なだらかな, ひょろひょろした, ほかの, ものが, ものだ, ものであり, ものなら, ものをという, もんだ, やつに, よいとき, よい浴槽, よい茶, わるいこと, チヨコチヨコと, ボートぐらゐの大き, 一男の, 不名誉を, 了見で, 事は, 仕事や, 代物だ, 件, 件は, 作り口上を, 先生である, 具合で, 具合や, 処から, 出鱈目だ, 出鱈目で, 切長な, 勘定し, 匂わしさ, 厚さ, 友人の, 口の, 唇の, 坂道を, 報いを, 報告を, 大事が, 好い場所, 好い帯腰, 好い輩, 姿勢で, 婆さんで, 字を, 安物を, 宜い, 対策だった, 就中歴然と, 島田に, 年恰好で, 底が, 微笑を, 怪物と, 恰もよし, 悩みは, 悪いの, 悪いもの, 悪いよう, 悪い中, 悪い処, 悪い方, 悪い日, 悪い旦那様, 悪かった, 悪くな, 想像を, 挨拶を, 時に, 機嫌に, 法螺を, 洋髪で, 濃い亜麻色, 火で, 煎じ薬を, 目方を, 眉尻を, 眼から, 眼の, 私の, 程の, 程度において, 程度は, 立場と, 競争を, 箱を, 範囲を, 絶頂に, 縁起が, 老いた胴体, 老人である, 耳朶口元の, 薄い唇, 言葉では, 誤魔化しである事, 調節でも, 足取りで, 返事を, 返辞を, 適度とを, 酒を, 長さ, 長身を, 間町充満屋根一面上下左右縦も, 集成体が, 難きは, 難所であった, 震災の, 面長な, 音を, 頤の, 顎などを, 鼻が

▼ 加減~ (201, 6.8%)

3 あらう何, 頭が 2 切りあげて, 味いう, 唇の, 映るの, 書いて, 神田へ, 筑波山は

1 [181件] あつた, あつたら, あらうと, いくらか, いっそ入院, いる妻たか子, いろ, うわずって, おお山蟻, お絹, お茶を, かげろふか, きり上げる, ぎらっぎらっと光った, この前植物園, この沖, こんな冷たい, ござりましょう, しかも暢び暢びしている下肢, すぐ又, すまされては, そない, その女, その色, それに, それは, そんなに濃く, だいたいいつごろ, だめに, だんだん眠く, でっぷりし, どれが, なかなか赤く, なくなるの, なんとか取留める, にやにやと, はござりませぬか, はしゃぎ廻った挙句, ひら, ふわりと, ふわりふわり流れ, ほんとに悪酔い, まだ青味, やめて, よいでは, よかった, わかって, わかりまさあ, ガラガラと, ガード下で, シャッターを, ランプを, 一種の, 三人睦くお取, 上り湯は, 下に, 下脹れの, 中止, 中止出来なかった, 二階に, 五六段から, 人間という, 今日は, 仏心を, 会合の, 保存を, 倍加され, 兎唇の, 冬でも, 出て, 分るの, 切り上げて, 切り上げること, 切り上げルパン, 切上げるやう, 前後が, 動作のは, 午前九時の, 只しら, 可い, 合長屋の, 向うから, 向う側の, 土いじりなぞを, 堪忍してやろう, 売っちゃえと, 売つちや, 変に, 変化する, 夕飯時な, 外れるやう, 多く飲ん, 大きな面積, 妥協したくなる, 妾の, 家へ, 寢なさい, 対岸の, 小唄でも, 小鼻の, 少々のぼせ, 少しずつ, 少し常軌, 少年の, 山の上から, 帰つて了はう, 帰りたまえ, 引力が, 引揚げやしょう, 御寢, 悠っ, 或は風, 放つて, 斃ち, 旨くも, 時たまさし, 書き割り, 書斎に, 書類も, 札の, 東から, 桟橋近くに, 梶は, 様々の, 櫓太鼓が, 此の, 歩きよ, 民弥の, 気が, 水の上に, 水脈は, 水銀の, 永年の, 流れて, 漂って, 漂着した, 烏瓜の, 煙が, 照子と, 燃え残って, 眞ツ青に, 真中へ, 矢帆に, 知るほか, 碧くも見えまた, 神経が, 私の, 絶えず往来, 編纂物の, 膳を, 自働的, 船が, 船底に, 若葉や, 薄藍, 虹とも, 見えなかったスリッパ, 見さだめる暇, 見込なし, 記憶が, 許して, 調味する, 諦めても, 赤いとか, 赤面し, 通りの, 釉薬の, 量も, 銀子も, 長い間お世話, 関西や, 降りてらつし, 陽が, 霊魂が, 額は, 顫え, 食わして, 首を, 骸骨の, 高座へ, 默ツて

▼ 加減~ (167, 5.7%)

22 ことを 18 事を 6 返事を 4 処で, 挨拶を 3 口実を

2 [13件] ところで, んだ, 事ばかり, 伝来の, 出任せに, 名刺一枚で, 想像で, 所で, 所に, 所へ, 方角へ, 時分に, 町を

1 [84件] おかずでも, お婆さんだ, こという, ことが, こと言つてゐやがる, ごまかしで, ごまかしの, その横顔, とこで, ところから, のが, のです, のどかな, のは, のらしい, ひとり合点の, ものだ, ものだった, もので, ものであれ, ものと, もんじゃ, を摘み, チャラッポコを, 事が, 人さ, 人物が, 今までの, 仕事を, 仮托, 作り物に, 作り話を, 出鱈目だ, 出鱈目を, 前例にも, 口調が, 句集の, 名ア, 嘘を, 噂だろう, 大串中, 姿勢などを, 嬉しがらせを, 幇間的な, 年配でした, 広さ, 弁解だった, 当ず, 当ずつ, 御世辞, 微醉, 慈悲ぢや, 態度では, 慰め方を, 成績ぢや, 所まで, 摂生家と, 明るさ, 時分だ, 机上の, 根も, 爺さんの, 状況証拠でなく, 百物語, 真直な, 着方を, 笑ひでその, 節を, 約束を, 絵具を, 處を, 解釈で, 言を, 記憶によ, 話だ, 話である, 説明に, 返事で, 返事ばかり, 邪推を, 野郎で, 雅号な, 青春説を, 馬鹿ぢや

▼ 加減~ (125, 4.3%)

3 どうだ, どうです 2 お話にも, 少し熱い, 恐れ入

1 [113件] あなたに, あまりにも, あまり感心, ありませんあなた, ありませんわね, いい知れぬもの, いか, いかが, いかがでございます, いかがでしょう, いかがです, いかがと, いじらしいの, いずれも, きょうの, この一事, して, しましたけれども, その時, ちょっと他, ちょっと形容, とても常人, どうか, どうかと, どうした, どうしても, どうじゃ, どうだす, どうだろう, どうや, どの位, どれだけ, ない, なおさらの, ばかに, また日本人, ようなつた, よう味る, よくなっ, よくなる, よろしかった, よろしき方, よろしゅうございます, わかる筈, ドウダ, 七輪の, 三四時間煮る, 不可解に, 人々の, 今さらあきれる, 今でも, 今人の, 今日の, 仕事の, 他に, 低級趣味の, 何ともいえない, 例えるに, 側へも, 全くの, 十分な, 十分持合せ, 周囲の, 善ニョムさんの, 地方人の, 夥しかつ, 大きさ, 大概お, 如何でございます, 学名の, 実際驚嘆, 家族中の, 尋常で, 尋常一様に, 尋常一様の, 巴里の, 底が, 強くも, 形容の, 恐らくは怨霊屋敷なんど, 推察できる, 文学の, 明らかに, 格別です, 次の, 死んだ速水, 殆どお話に, 津田にも, 温いよう, 病人によって, 眼や, 知らぬ人, 知る人, 知れたもの, 確かに, 立派な, 臭い匂, 草平氏の, 蛞蝓の, 見られたもん, 見られたもんぢゃない, 言うまでもないが, 論外として, 貝にも, 道也と, 重々しい雲, 間もなくお, 難しかった, 非常に, 饂飩の, 駆落者, 驚き入りたる次第, 驚くに

▼ 加減~ (63, 2.1%)

3 ちらちら紫いろ 2 雲が

1 [58件] あっちへ, いずれも, いづれも, いやにね, ぐいとグーロフ, こう云った, この婆さん, この折, この間は, この頃, じきに頭脳, ずっと腹工合, その年, その朝, どうか, ねじが, ひときわ白く, また, または夜気, めっきり成人, やたらに, よひま, わたしは, スカアトが, マダムの, 一つの, 上の, 仲見世とか, 何か, 何時もは, 光線の, 囈言の, 土色に, 大きなスプラッシュ, 妙に, 娘の, 尋常ならず, 小十郎, 岸近い, 急に, 昨日は, 時々誰, 時あっ, 殆どもうさういふ, 永年の, 池の, 波の, 清水が, 独居の, 発育不完全で, 私は, 耳が, 自分の, 色が, 遠い百合, 頭が, 頭の, 額から

▼ 加減~ (55, 1.9%)

2 てその, て居る

1 [51件] うっとりと, たりする, て, てあります, ている, てくれる, てそれ, てだんだん, てどう, てみせる, ても構いません, てやがて, てやっ, てゐる, てスピード, て下, て下す, て五勺, て何度, て十二時近く, て啼く, て声, て居, て差しあげましょう, て形, て御, て打つ, て歩めり, て歩行, て深い, て火, て色々, て色盲検査表, て草木, て行かね, て行く, て見た, て試み, て飲んだ, ながらとッ, ながら一心に, ながら坂, ながら少し, ながら川, ながら自分, やうの, 乍ら, 注意さえ, 病人を, 盆に, 鹽梅する

▼ 加減~ (46, 1.6%)

2 容赦も

1 [44件] あったでしょうし, あったの, あらうが, ある, あるだらうが, さう, しません処, しようから, じれッたい, その日, ところによって, なかるべからず, なく声, なく聲, まずこの, まず上等, まだ徹底, よいらしい, よくなっ, よっぽどな, わるくなり, 上々吉湯の, 何も, 兎やら, 同じなら, 大に, 悪いの, 手伝って, 損じて, 時と, 気が, 気を, 点燈ごろ, 煙吸き, 立派さも, 聞いて, 至極だ, 見っとも, 見なければ, 見る迄も, 見馴れお客様, 違うこと, 遠慮も, 随分太甚

▼ 加減~ (33, 1.1%)

2 云ったらとても, 来ては, 見えて

1 [27件] あたかも一致, いい瓢箪頭, いったらお話, いったらまるで, いつたらとても, いつたらない, いつたらまるで, いひ甘さうな, その屋敷, その泥, なると, 云うよりも, 云ったら, 云つたら, 云は, 云ふ, 体の, 天下多数の, 手つきばかりは, 明るさ, 時間の, 来たらまるで, 水の, 熱い汁, 言い染み工合, 言ったらありません, 質素さ加減は

▼ 加減でも~ (29, 1.0%)

9 悪いの 3 悪いん 2 あろう

1 [15件] あらうが, いけないの, お解り, つまらない見当違い, ない, わるいの, わるくし, 患いの, 悪いか, 悪くする, 悪るい, 惡るいか, 板が, 獲れごろ, 見て

▼ 加減する~ (22, 0.7%)

3 ことを

1 [19件] からよい, が如き, ことが, ことによって, ために, ための, という制度, とそれぞれ, と巧, なぞ江戸ッ児, なんてどう, に異ならず, のが, のは, のを, 事も, 余裕は, 筈だ, 螺子が

▼ 加減には~ (14, 0.5%)

1 [14件] おれも, お通, ものが, コワリョーフも, 不思議な, 今昔の, 取敢, 呆れ返った, 少しも, 業を, 自分ながら, 舌を, 音楽的な, 驚かざるを

▼ 加減~ (12, 0.4%)

2 から河岸 1 かの女, から露店, と思う, と思はれる, と書い, と申します, と鼠達, なむ, ね, わね

▼ 加減という~ (12, 0.4%)

7 ものは 1 ことであります, こととして, 事が, 事です, 事を

▼ 加減~ (9, 0.3%)

1 こりゃうまい, その妖艶, 濃度に, 腹工合は, 落ち付き加減にまで, 蒸加減が, 酸化の, 銚子の, 電球の

▼ 加減から~ (8, 0.3%)

1 いっても, であった, であろうが, でも, 乗って, 始まると, 用を, 考へると

▼ 加減しなけれ~ (8, 0.3%)

4 ばなりません 2 ばならない, ばならん

▼ 加減では~ (8, 0.3%)

2 いつ水の 1 この二人, どうやら人血, なく小母さんたち, 君に, 聞えて, 覚束ない

▼ 加減にな~ (7, 0.2%)

2 つて庄兵衞の 1 つた大, つてから, つてゐた, つて來た, つて右の

▼ 加減した~ (5, 0.2%)

1 せいかも, だしを, ものと, んだ, 愼重

▼ 加減といふ~ (5, 0.2%)

3 ものは 1 ほかない, ものだ

▼ 加減にも~ (5, 0.2%)

1 よるべく更に, よろうが, 呆れか, 呆れますね, 程が

▼ 加減によって~ (5, 0.2%)

1 どうでも, 三浦和田畠山といった, 人間は, 直立する, 速いもの

▼ 加減ぶし~ (4, 0.1%)

1 な人間, のが, のもの, の甚

▼ 加減まで~ (4, 0.1%)

1 いたわって, かねて知ってる, 和尚の, 法律で

▼ 加減よく~ (4, 0.1%)

1 したいと, 出来るという, 牛肉を, 茶を

▼ 加減したら~ (3, 0.1%)

1 どうです, よい, 着物だって

▼ 加減である~ (3, 0.1%)

1 かその, か其二, のが

▼ 加減なお~ (3, 0.1%)

1 やぢ, 世辞を, 返事を

▼ 加減なぞ~ (3, 0.1%)

1 が不安, をよっく見た, を思い出し

▼ 加減なれ~ (3, 0.1%)

2 ばまして 1 ば況して

▼ 加減一つ~ (3, 0.1%)

1 だ, でいろいろ, で火蓋

▼ 加減乘除~ (3, 0.1%)

1 が行, の運算書, を事

▼ 加減~ (3, 0.1%)

3 の把手

▼ 加減~ (3, 0.1%)

1 を抜い, を腐らし, を腐らすだろう

▼ 加減蓄電器~ (3, 0.1%)

1 であって, の壊れた, を私

▼ 加減退屈~ (3, 0.1%)

2 した頃 1 した

▼ 加減かと~ (2, 0.1%)

1 思いこの, 思ひこの

▼ 加減からか~ (2, 0.1%)

1 それを, ひどくプリプリ

▼ 加減がを~ (2, 0.1%)

1 かしくな, 腹だたしく思わない

▼ 加減~ (2, 0.1%)

1 とご, へ面白から

▼ 加減しいしい~ (2, 0.1%)

1 生一本に, 生一本の

▼ 加減しよう~ (2, 0.1%)

1 ともしない, と思ひ

▼ 加減すれ~ (2, 0.1%)

1 ばそこ, ば立派

▼ 加減だった~ (2, 0.1%)

1 と思ってる, のか

▼ 加減だつた~ (2, 0.1%)

1 か私, ことを

▼ 加減だろう~ (2, 0.1%)

1 か硝子越し, とそれ

▼ 加減であろう~ (2, 0.1%)

1 と察したです, 上機嫌に

▼ 加減でか~ (2, 0.1%)

1 不断健康で, 平生より

▼ 加減でございます~ (2, 0.1%)

2 からな

▼ 加減でしょう~ (2, 0.1%)

1 かその, よ

▼ 加減です~ (2, 0.1%)

1 が噛ん, よ

▼ 加減とは~ (2, 0.1%)

1 何の, 問題に

▼ 加減なし~ (2, 0.1%)

1 に理解, に突然

▼ 加減にさえ~ (2, 0.1%)

1 なって, 気が

▼ 加減につき~ (2, 0.1%)

2 まぜて

▼ 加減にて~ (2, 0.1%)

1 或山, 釣に

▼ 加減にまで~ (2, 0.1%)

1 注意したら, 注意しつづけ

▼ 加減にや~ (2, 0.1%)

1 ッつけ, ツりやがる

▼ 加減によ~ (2, 0.1%)

1 つてか, つて其れ

▼ 加減ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, でも

▼ 加減ひとつ~ (2, 0.1%)

1 が技術上, にある

▼ 加減やら~ (2, 0.1%)

1 何やら先刻, 絽の

▼ 加減より~ (2, 0.1%)

1 そういう人, 考ふる

▼ 加減よりも~ (2, 0.1%)

1 気の毒は, 馬鈴薯の

▼ 加減~ (2, 0.1%)

2 に蝋燭製造

▼ 加減~ (2, 0.1%)

1 をバカ, を馬鹿

▼ 加減厭き~ (2, 0.1%)

2 の来る

▼ 加減唯々女房~ (2, 0.1%)

2 にばかり手

▼ 加減大きく~ (2, 0.1%)

1 なつた楢, なつて

▼ 加減~ (2, 0.1%)

1 をとった, を取った

▼ 加減杓子~ (2, 0.1%)

1 に取りわけ, に取わけ

▼ 加減~ (2, 0.1%)

1 を吸うた, を吸ったら

▼ 加減見る~ (2, 0.1%)

2 母親には

▼ 加減~ (2, 0.1%)

1 あ持つ, もつかった

▼1* [199件]

加減あきあきするよ, 加減あてずつぽう, 加減あるのみ, 加減いたし候はば, 加減いたしますからどうぞ, 加減いふうちに, 加減うんざりした樣子, 加減かき廻して, 加減かとも思ったが, 加減かなんかでそういう, 加減かもしれない, 加減がかはるんで, 加減がわりいって, 加減きりあげて寒い, 加減くたびれて来た, 加減くたびれるわ, 加減ぐずられ加減の, 加減ぐらいは百も, 加減ぐらゐは今の世の中, 加減こしらえたと思う, 加減こったら腐りかけた臭いでも, 加減さえ忘れて, 加減さすのも, 加減されてある, 加減されてるのだ, 加減しいしい飲みながら一座, 加減しかし僕は, 加減してたがあんまり, 加減しなきや滑稽, 加減しなきゃ駄目ね, 加減しなくてもよかっ, 加減しびれをきらした, 加減すべき摩擦ある, 加減せずに学生たち, 加減せず感じたるままを, 加減その憎むべき挙動, 加減その他風呂場の準備, 加減それから気まぐれに, 加減それとも実際にか, 加減それに幾日置きまし, 加減そんなメソメソした, 加減たった頃に, 加減だけで済むもの, 加減だけは攻撃させ, 加減だの湿り弾なども, 加減ちらくらして, 加減つかれて家, 加減つたらねえ, 加減であったか自分, 加減であったら昨夕の, 加減できるのです, 加減でございまして質, 加減でしたろうかふれられた, 加減でたらめにわれ, 加減でない人間なら, 加減でなくて疝気, 加減でやまるよう, 加減でやしてね, 加減とか乃至は, 加減とかを考慮に, 加減とで同じ物, 加減とどまるところを, 加減とも名づくべき, 加減ながら調和した, 加減などさは, 加減などが原典の, 加減などには一切無頓着で, 加減などは私よりも, 加減なども気難しかったらしく, 加減なみかたをされ, 加減なら大丈夫です, 加減なることよ, 加減なんか悪いもの, 加減にかの女は, 加減にしか使って, 加減についてもう一度繰り返せ, 加減にでも返事を, 加減にとしを, 加減にばかり注意し, 加減にもほどがあると, 加減によるというんでしょう, 加減びっくりして, 加減ふみしだいた草鞋を, 加減また上を下, 加減まったく階下の, 加減までが美しさ, 加減までもがガラリと, 加減にゃ, 加減ものになったら, 加減もよかつた, 加減もんでたまる, 加減ようなりやはる, 加減よすとして今晩, 加減よろしからず早々, 加減わずかに溜息, 加減をも読みかねなくなる, 加減たらなかったそう, 加減尿ガ近, 加減ドンキホーテ扱いにされ, 加減ニナッテイルセイデ呼吸ガ喉ヲ入, 加減ヒヤヒヤしますよ, 加減マーなんという, 加減一つ知らずにここ, 加減一名刃渡しである, 加減中年婆サンニナッテイル陸子ガアトヲ引キ受ケテ続ケタ, 加減二次三次になる, 加減以上であること, 加減伝授なりと, 加減体裁の悪い, 加減何とでござんす, 加減健康状態時と場合, 加減で見る, 加減充分とや思い, 加減入ったところで, 加減入場者が集まる, 加減冷めてポロ, 加減出来は少し, 加減切り上げて東劇, 加減前髪の冷た, 加減勝ち續けて居ました, 加減区劃りを, 加減即ち束縛された, 加減取り込んでゐる, 加減古くなった短い, 加減味加減出来は少し, 加減善心に立ち還つた, 加減べる, 加減塩加減水加減火加減と加減, 加減変ってい, 加減大根おろしの量, 加減天候の晴雨, 加減如何に贔屓眼, 加減実にむずかしい, 加減少し度に, 加減巻物の捲き, 加減廻つてから, 加減弁反転挺の扱いかた, 加減の軽蔑観, 加減御用聞仲間の嫉視, 加減心配したさ, 加減思うべしで, 加減思うべしで建廻した, 加減恥しいであろう, 加減悪くなります, 加減惘れられるやうにと, 加減ふべしである, 加減我らにも覚え, 加減我慢出来ないところ, 加減抵抗機二個及び電流, 加減捻子がある, 加減散歩をし, 加減が經, 加減時刻を測つ, 加減さも, 加減たまったところ, 加減曽有である, 加減が読める, 加減東京パレスはアベコベ, 加減次第で美味く, 加減正比例でもする, 加減気持ちの悪い, 加減浅はかさも程, 加減火加減と同じ, 加減焼き加減塩加減水加減火加減と, 加減煮物のでき, 加減疲れてつかまつたら, 加減が赤く, 加減目出度くなります, 加減私たちをい, 加減程よき一風呂に, 加減を知る, 加減に描いた, 加減絶望なぞと一口, 加減を惡くし, 加減腦味噌が腐つ, 加減をつぶした, 加減苦しいところへ, 加減蒸し焼き上る時間, 加減血迷い加減また上を, 加減裁縫手芸良人の選択, 加減て娯, 加減見切りをつけ, 加減貧乏のところ, 加減の折り, 加減迷つた揚句これだけのこと, 加減遡った龍之, 加減も温まっ, 加減酔いが廻っ, 加減酔つて口角をそろへ, 加減つ拂つて, 加減陶然とした, 加減の広間, 加減飲んでね, 加減飽きて了, 加減驚いてるんだ, 加減が折れる, 加減麻雀やめて, 加減黒いまつ毛の, 加減黒旋風の愛吉疼