青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「博士~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

卓子~ 協力~ ~南 南~ 単なる~ ~単に 単に~ ~単純 単純~ ~博士
博士~
博物館~ ~占め 占め~ 占領~ 印~ 印刷~ 印度~ ~印象 印象~ 危~

「博士~」 16948, 183ppm, 562位

▼ 博士~ (5167, 30.5%)

54 それを 22 自分の 19 首を 18 私の 17 急に 16 そういっ 14 例の 13 顔を 12 手を 11 ここで, そう言っ, それに, 僕の, 目を, 言った 10 うなずいた, 何を, 僕を, 口を 9 どこへ, 何か, 非常に 8 そこに, どうした, 之を, 二人の, 気が, 言葉を 7 これを, そう云っ, そんなこと, 両手を, 前から, 又も, 次の

6 [12件] しずかに, それが, だまって, どこに, 云って, 私が, 私に, 私を, 笑って, 腰を, 静かに, 黙って

5 [17件] うなずいて, この時, そういう, そうした私, そのよう, たいへんな, ニヤニヤし, ニヤリと, ポケットから, 何も, 声を, 妙な, 心の, 留守な, 眉を, 笑いながら, 部屋の

4 [42件] あたりを, いった, いって, いつもの, いやに, この点, この部屋, さすがに, それには, どうし, なぜか, なんという, にやりと笑っ, ひとりごとを, ひとりで, ほんとうに, まだ生き, わたしの, デスクの, 両眼, 丸木を, 何処へ, 俄かに, 叫んだ, 堅く時計, 変な, 大きくうなずき, 寝台の, 彼の, 或る, 日頃の, 時計を, 曰く, 有名な, 無言で, 相変らず, 眼を, 眼鏡の, 答えた, 考える, 身体を, 頭を

3 [97件] あの部屋, あわてて, いつに, いやな, うれしそう, おどろいた, お尻, かう言つて, きいた, このこと, このよう, この大, この頃, さっと顔色, しんみりと, すぐに, すぐには, そのあと, そのこと, その場, その方, その時, そんな事, てれて, どこまでも, にこにこし, ひげ, びっくりした, またし, また川下, ギョッとして, ジョバンニが, テレビジョンの, ニヤニヤした, パイプを, ピストルを, 一同を, 一言も, 三人の, 二人に, 云い捨てて, 云った, 今まで, 今度は, 今日は, 何と, 何の, 例によって, 僕と, 先に, 先生の, 先生を, 入口の, 口の, 口惜しそう, 向こうの, 呟きながら, 大きなあくび, 大喜び, 大学の, 大隅の, 夫人の, 奥の, 始めて, 実践を, 川手氏の, 川手氏を, 平気で, 彼が, 後を, 微笑し, 新田先生に, 明智の, 最後の, 椅子に, 正吉の, 歯を, 残念そうに, 水戸の, 無言の, 玉ちやんを, 生きて, 私と, 突然に, 笑いだした, 絶対に, 自分が, 自殺した, 苦笑し, 言って, 言下に, 説明し, 鏡の, 青くなっ, 頭の, 顔色を, 風と

2 [286件] あとの, あの晩, あまりの, いいたいこと, いいながら, いう, いうの, いきなりその, いそいで, いっぺんにペシャンコ, いつだ, うしろから, うなずき, うめいた, うーむと, お酒, かくて, かすかに, からだを, かるくうなずい, がっかりした, ぎくりとし, ぎょっとし, こういった, こう言った, ここに, この上, この地方, この文士, この男, これに, これは, これまでの, これも, こんこんと, さう, さつきから, さも, さも自信, しばらくうなっ, しばらく沈黙, しばらく考え, すぐこたえた, すつかり, ずんずんと, そういい, そこで急, そこの, そこを, その, そのとき, そのまっ, そのトランク, その学部, その約束, その紳士, その部屋, そばに, それから, それで, それと, それについて, ため息を, ちょっと考え, つよく首, どうしたであろう, どっちかと, なかなか元気, なんの, にこにこ顔で, にやにやと, はっきり言った, はっとした, ひそかに, ひらりと, ほっとため息, まっさおに, まったく知らぬ顔, もとの, ゆっくりと, よろよろと, りっぱな, ギョッと, シルクハットを, ステッキを, ソッと, タジタジと, ツカツカと, テーブルの, ドアに, ドアの, ドアを, ベッドの, ロロー殿下の, ロロ公爵と, 一つの, 一人で, 一体どこ, 一同の, 一生けんめいに, 不遜千万にも, 中單, 丸木艇を, 事もなげに, 二つの, 二人を, 二十年後に, 五ツばかり, 京都大学の, 人々の, 人々を, 人に, 人の, 人間の, 今までに, 何かの, 何故に, 何等の, 先頭に, 其, 冷やかに, 出発の, 別に愕, 到頭今夜中, 前に, 力を, 助手の, 医者に, 千二の, 口ぐせの, 叱りつけるよう, 右の, 同情に, 名刺を, 唇を, 唸った, 唸るよう, 困った顔, 外へ, 大きくうなずい, 大きな手, 大事の, 大声で, 大江山課長の, 大真面目, 大統領の, 奇妙な, 委細構わず, 子供の, 学問の, 学校の, 学者の, 実験に, 実験の, 宮川の, 寝台から, 小使に, 小声に, 小学校から, 屡々この, 席を, 幾度も, 彼女の, 後向きに, 得意の, 微笑した, 微笑を, 心臓を, 心配らしく, 快活な, 快活に, 怒ったよう, 怒って, 思って, 急いで, 怪塔王の, 恰もこの同じ, 悠々と, 悲鳴を, 愕ろい, 我々の, 戸山の, 扉の, 扉を, 手帳に, 拳を, 持って, 携帯無, 操縦席に, 操縦席について, 操縦桿を, 数名の, 敵の, 新田先生の, 新田先生を, 新聞を, 日本に, 昨年の, 時計の, 普通の, 暗闇の, 更にこの, 月世界探検に, 望遠鏡の, 机の, 東助と, 東北端の, 果して死んだ, 校長さんたちと, 椅子から, 次ぎの, 正吉に, 正面の, 死んで, 死体の, 気の, 気を, 水を, 泰二君の, 深く結婚式, 火星に, 火星へ, 熱心を, 片手で, 物柔かに, 玄関の, 珍らしく, 甚だ周章て, 用心ぶ, 留守だ, 白い髭, 盃を, 目が, 知って, 研究室の, 確信を, 種々の, 窓から, 窓を, 立ち上って, 立上っ, 第三, 第二, 答へ, 紛失した, 続けた, 美術学校の, 聞いた, 胸に, 腕に, 腕を, 腹を, 自分も, 色は, 若い時, 苦しそう, 苦笑しいしい, 西南端の, 見て, 覗き穴から, 親切に, 話を, 語りつづけた, 誰よりも, 課長の, 身を, 車の, 車上から, 返事を, 進んで, 遂ひ, 運転手に, 邸宅の, 鉛筆を, 非常な, 非常用, 面白そう, 靴を, 鞄の, 頭部に, 頻に, 額に, 顔いろ, 首領の, 驚いたよう, 鼻を

1 [3564件 抜粋] あいかわらずぐったりした, あきれたよう, あっと叫ん, あのむこう, あの宇宙艦, あまりに科学的, ありませんよ, ある昂奮, いい顔, いきなりベッド, いきなり飛びつい, いたましい声, いつか何か, いつの間にか正吉, いつも七時, いつも繃帯, いまどこに, いま臨海練魚場の, いよいよふしぎそう, いよいよ愉快そう, いろいろと, うしろで, うなずきながら, うやうやしく頭, えらかろう, おこったよう, おだやかな, おびえたよう, お寺の, お礼の, かう言, かくれて, かねて考え, からだごとドアに, きいて, きっと武田大佐, ぎょろりと近眼鏡, くらがりを, ぐつと詰つたそして, こ, こう云い, こう説明, こちらを, このとき, この世から, この伝統, この動物, この場, この宇宙電話機, この時間, この火星人, この研究所, この艇, この鞄, これからやる, これら二つの, こんなこと, ごほん, さうなる, さっきまで, さも忌々し, さんざんの, しきりに小浜兵曹長, したたかに, しばらく考えこん, しみじみ言った, じっと見, すいぶん, すぐもう一つ, すこし面くらい, すたすたと, すっかり白状, すでに死, ずっと邸内, そういうつもり, そういえ, そうなっ, そう応え, そこでちょっと, そこで大きな, そっと寝室, そのけは, そのはしご, その一方, その人選, その呪われた, その宇宙艦, その後どう, その意外, その推理, その朝何処, その男女, その研究材料, その給仕頭, その見えざる, その鏡, その青白い, それだけで, それほど泥酔, それ見た, そんな方面, たいへんよろこん, たえず人さし指, ただにやりと, たちあがった, たまたま自家, ちゃんと生き, ちょっと押黙っ, ちょっと首, ついにこういっ, ついに決心, つかまえた大, つよく命令, とうとう癇癪玉, とつぜんどこ, どういうもの, どうして知っ, どう言いまるめた, どちらへ, どんな書, なおも長い, なぐさめて, なにかお礼, なるほどと, にがい顔, にっこり笑っ, にわかに愕然, はげました, はじめの, はるか伊豆南端, ひところ警視庁でも, ひどくせきこん, びやうゐんで一月あまり, ふしだらな, ふてぶてしく顔, ふと気, ふんふん, へべれけに, ほとんど自分一人, まえにも, まずめがね, まず屍体, またここ, またも盃, また数多く, まだまだこの, まだ興奮, まっ青な, まるで別人, まるで見, みずからこれが, むろん二十面相, もうよほど文壇, もう一言, もう来, もう部屋, もっとも安全, もと大学教授, もはや猟銃, やがて一変, やがて火星, やっとおきあがっ, やっと腰, やにわに箱根, やはり西瓜, ようやく口, よく科学者, れいの, わざわざ花田少年, われ等を, アメリカでは, アンダーソン教授と, イプセンの, ウンザリし, エンジン停止を, カングリ警部と, ガリバルジ青年の, クッションに, コロナに, サルと, ショッペンハウエル氏の, スイス脱出後どこかで, スミレ女史と, チャンフー号の, トリカブト毒研究で, ナイト, ニッコリした, ハイド君に, パッタリと, ヒョロヒョロと, フト釣られる, プーッと, ホテルの, マイクロホンで, ミルキ閣下の, モウ一度低い, モー商会に, リッチフィールドで, ロボットを, 一も, 一体どうなすっ, 一台の, 一寸用事, 一年または, 一日じゅうその, 一段高い, 一聲高く, 一軒一軒違った, 三人が, 上気し, 不幸に, 不満そうに, 世界の, 中国語で, 丸い穴, 主家に, 乞食で, 事態容易ならず, 二十世紀科学の, 云い続けた, 五シリングの, 亡友に, 人並は, 人間と, 今までよりも, 今一度ステトスコープを, 今出た, 今日では, 仏法の, 他意も, 任期すでに, 低く呻いた, 何でも, 何事かの, 何時だった, 余より, 依然として微笑, 信号技師に, 倉庫の, 備前摂, 優しい詞どころ, 元気だ, 先づ宇宙に, 先生にとって, 八九年前本郷の, 其舊作, 再び査問, 冷く, 出しかけて, 切って, 初対面であった, 別に痛, 別の, 前例に, 力なく, 労働階級は, 勿論の, 十四五年前に, 千古不朽の, 卓を, 単に当然の, 博大な, 去年すでに, 又一つジロリ, 又始, 反って, 口だけを, 叫ぶ, 各国語を, 同時代, 向うの, 吹矢に, 呟くよう, 哄笑した, 問いかえした, 嘗て何, 噴き出した, 四辺を, 国歌の, 地下室の, 地底深く, 坂の, 墜落し, 変で, 外出時に, 多忙の, 大きく両手, 大きな声, 大きな逆, 大へん, 大口を, 大学同窓也, 大浴場, 大蔵卿ロバアト・セシルおよび, 太い腕, 奇声を, 奥様の, 如何にも憎々しい, 妾に, 娘にまでも, 婦人雑誌の, 学生たちには, 宇宙艇の, 宝塚少女歌劇集第, 室の, 家庭に, 寒吉の, 實在は, 小さく折つた緑, 少しくおそろしくなりました, 少女趣味かい, 尚も言葉, 山の, 嵐に, 巴里と, 帆村探偵と, 常に油断, 平然ととりあわない, 年歯僅かに, 床に, 座長格の, 廊下へ, 引立てるよう, 当惑した, 彩色の, 待ちぼけ, 御存じでした, 心得顔で, 心配を, 忘れて, 怒りに, 思う仔細, 思わず立, 怪人の, 恐らく二度目, 悟りきった人, 悪人であろう, 意地の, 感心し, 憂鬱の, 我々を, 戸棚の, 手早く窓, 承知した, 拳骨で, 指揮台の, 探険の, 操縦席から, 改めて隆夫, 救済団長に, 数年前から, 斯様云い切る, 新田め何を, 既にその, 日本ご, 日清戰役時代に, 早速簡単, 明智探偵の, 昨夕いらい, 晩年京都知恩院境内の, 曰くわしは, 書物を, 最前からの, 最近自分の, 木下大佐に, 本当にしらべ, 村が, 東京朝日の, 枕元の, 格納庫の, 椅子の, 楽しそう, 横を, 機嫌が, 次の間へ, 正太を, 此場を, 歴史家である, 死亡表に関する, 毅然として, 毒舌を, 気でも, 水銀を, 決心の, 法水を, 注を, 流石に, 涙を, 深刻な, 湯殿だの, 溜息を, 激しく跳ね飛ばされ, 火星人ロロや, 火星探険協会長の, 無慈悲な云い, 焦らだつた, 燒餅を, 物わかりの, 犯人を, 独自性に, 狼岩の, 猿股ひとつに, 現れなかったが, 理研の, 生来の, 用の, 畳みかけて, 病院を, 白い旅客, 皆も, 監獄教誨師問題について, 目薬の, 直ちに自動車, 相手局として, 眠れるロロ, 矛盾する, 知ること, 研究の, 研究所を, 礼儀ただしく, 禅の, 私達から, 秒針の, 空洞の, 突然斯, 立ち上ろうと, 笑わなかった, 箱を, 精神の, 素子に, 結婚せられ, 絵専門狩野博士は, 繃帯を, 群衆を, 老境に, 考えられたに, 聖者を, 聴衆の, 肯っては, 胸を, 腹の, 自らドアを, 自分で, 自動車から, 自由主義の, 興奮に, 花なぞを, 苦痛の, 英領インド政府の, 莞爾し, 葬儀の, 蓮華生その, 薬品戸棚の, 蜘蛛の, 行方不明の, 表情の, 裁判所へ, 見えましたが, 視力を, 解剖台の, 言つた, 記憶せらるるや, 認識論上マテリオ・イデアリストである, 誰か, 謙遜され, 議論よりも, 貰ったハバナ産, 超ガムマ線吸収, 躊躇なく, 車を, 軽く肯い, 辞退した, 迷惑そうな, 途中で, 遂に田辺哲学, 遙かに, 邪魔物の, 酒にこそ, 重病な, 金切声で, 銀髪銀髯の, 長いす, 長大息する, 間違えて, 陰気に, 階段から, 雑誌を, 電話を, 青白いハムレット, 鞄と, 頑として言わなかった, 頭痛に, 顔色一ツ動かさない, 飛んで, 駄々ッ子の, 驚異に, 髪の, 麻酔剤以外の, 黒い帽子, 黙して

▼ 博士~ (4524, 26.7%)

70 顔を 39 ところへ 33 前に 21 声が 20 姿は, 説に 19 ことを, 言葉を 18 顔が, 顔は 17 声は, 手を, 方へ 16 ために 15 頭の 14 方を 13 ような, 名を, 顔に 12 学位を, 手に, 方は, 身体は 11 姿を, 説明を 10 家に, 方に, 目は, 研究の, 秘密室の, 説を, 身体を, 顔には 9 姿が, 寝室に, 手によって, 方が, 言葉に, 話に 8 そばに, ように, 如きは, 家の, 死は, 研究室の, 言葉が, 許へ, 遺書を, 黄金怪人は

7 [17件] いうこと, うしろに, そばへ, やうな, 家へ, 家を, 心を, 手で, 様子を, 死を, 発明に, 目の, 眼が, 秘密を, 言葉の, 話は, 顔と

6 [24件] ことが, ことばに, ところに, もとへ, 前を, 助手の, 口から, 声に, 所に, 所謂, 手が, 眼は, 研究室に, 称号を, 耳に, 肩を, 腕を, 行方を, 言葉は, 話を, 身体が, 部屋に, 部屋を, 頭脳が

5 [15件] からだは, ことである, ことばが, 上に, 前で, 手から, 様子が, 死が, 死体は, 研究は, 胸の, 胸を, 診察を, 顔の, 顔色は

4 [48件] あとを, いうとおり, うちで, おどろきは, お宅, すがた, すること, ほうは, ほかに, 一行が, 体に, 例の, 前へ, 力を, 助手を, 口を, 命令で, 声, 御説, 心の, 意見に, 態度が, 手は, 方から, 方で, 最後の, 最近の, 横顔を, 洋館が, 為に, 無罪を, 理論が, 病院へ, 発明した, 目が, 研究が, 研究に, 研究を, 秘密が, 考えは, 胸に, 言に, 診断を, 論文を, 講演が, 質問に, 遺族から, 頭を

3 [97件] あとに, あとについて, うしろから, うしろへ, お話が, お説, ことだ, ことは, ことばは, この言葉, せっかくの, ほうが, ほうで, ほうに, ものだ, 下で, 事は, 事を, 事件は, 人形を, 仕事の, 住んで, 傍へ, 処へ, 助手と, 卵が, 口の, 声だ, 声を, 天文台の, 奇妙な, 子どもの, 存在は, 定義に, 室に, 室の, 家は, 御講演, 心に, 性格に, 所へ, 所説に, 手紙を, 教えを, 日記, 書斎に, 机の, 椅子を, 機嫌を, 死の, 発明の, 眼の, 研究と, 研究室から, 研究室を, 考えて, 耳の, 肩に, 肩書を, 背後に, 臨終を, 著書を, 行方が, 表情が, 表情の, 親戚の, 設計に, 許に, 診療を, 評判は, 話, 話が, 話の, 説には, 説は, 説明に, 説明は, 講演の, 講演は, 講演を, 講義が, 講義に, 講義の, 跡を, 身体に, 身辺を, 遺書, 邸内に, 部屋の, 門を, 顏を, 顔から, 顔でした, 顔色が, 顔色を, 黄金怪人が, 鼻の

2 [275件] いったこと, いったとおり, いったよう, うしろを, うちの, お喋舌, お気に, お考え, お話は, からだを, きげん, こうした言葉, ことです, ことについて, ことばの, じゃまを, すすめで, する事, たましい, とこへ, ところで, ところを, とりこに, にくにくしい声, ほうから, ほうへ, ほうを, もとに, ようにも, ステッキを, ズボンの, テイクロトロンの, ロケットは, ロケットを, 一行を, 三人は, 下に, 不在を, 不思議な, 主張する, 主張に, 予想は, 事件が, 二十面相は, 二字が, 人形は, 仕事を, 令嬢が, 令嬢に, 令嬢に対する, 低い声, 価値が, 価値を, 保護を, 個人的な, 側へ, 催眠術に, 全生涯, 全身に, 全身の, 写真を, 出て, 前では, 功績に, 助手が, 助手として, 助手に, 努力も, 卵に, 友人だった, 双生児の, 口に, 口は, 口調は, 名が, 名で, 名は, 名著, 名誉毀損を, 呼ぶ声, 命令を, 哲学が, 哲学の, 器械で, 地下室に, 場合は, 声だった, 声です, 声には, 変死事件は, 大きな身体, 大発明, 夫人が, 夫人は, 夫人道子であった, 失踪の, 奇怪な, 好きな, 姪の, 姿も, 娘と, 子息に, 存在を, 学位迄も, 学校での, 学校を, 學位を, 宅を, 安否は, 実験室が, 実験室に, 家から, 家では, 家には, 寝室から, 寝室で, 寝室へ, 居所を, 居間の, 島, 左の, 弟子と, 待って, 後から, 後に, 後を, 御演説, 心臓の, 悪魔の, 意見が, 意見である, 意見を, 態度は, 憲法の, 懇篤な, 或る, 所在が, 所説を, 扉の, 手許に, 指に, 指図に従って, 指導により, 推理に, 操縦の, 攷証本に, 放送が, 教示に, 数が, 日常の, 書いた, 書斎の, 書斎へ, 本質は, 来場を, 案内で, 極度に, 横に, 機械人間は, 機関新聞だ, 正体が, 正面の, 死亡の, 死体が, 死体の, 死体を, 死骸を, 決心は, 洋館の, 消息は, 熱心な, 父が, 特別な, 生命は, 用意し, 留守の, 病院の, 発明を, 目に, 真意が, 眼には, 研究室には, 研究室は, 研究室へ, 研究所の, 研究発表の, 禿頭なる, 科学史を, 秘密の, 秘密室に, 秘密室へ, 第一, 筆蹟で, 答えは, 答は, 系統で, 結婚式に, 編集で, 老夫人, 老黒人, 考えが, 考えだった, 考えでは, 考とは, 考案した, 肖像を, 肩の, 背中に, 胸が, 胸倉を, 自動車の, 自宅を, 著書の, 蒼白い顔, 行動を, 行方について, 行方は, 行方不明に, 解説の, 言うところ, 言われること, 言葉では, 言葉には, 言語学の, 計画を, 計算から, 許可を, 話では, 説が, 説では, 説の, 説明が, 説明で, 説明によって, 調子は, 論文に, 論文の, 論文は, 論説の, 議論の, 議論は, 質問が, 贈りもの, 足おとの, 足を, 身の上に, 身体の, 辞書では, 辞書は, 返事は, 遺志を, 遺言書を, 還暦記念論文集に, 邸へ, 邸を, 邸宅を, 部屋で, 鑑定に, 鑑識研究所へ, 長大な, 門に, 青白い瞳, 靴の, 靴を, 鞄と, 頬には, 頭に, 頭脳の, 頭脳を, 頸に, 顔も, 餌食に, 首に, 馬車別当が, 魔法の

1 [2457件 抜粋] あいさつは, あとに従って, あらわれ方が, いう極秘, いない黒死館, いわゆる事件, うしろについて, うちを, おそれる第, おどろいたの, お仕事, お力により, お弟子達, お気に入りで, お話に, かうした自信, かほ, からだ全体が, くれる粉薬, こえだ, ことかネ, ことな, ことばかり, このけし, この公刊, この所説, この落ちつき, ごときと, ごとき碩学, ご都合, さっきの, すぐ後ろ, すみかへ, そうした突飛, その公刊, その言葉, それで次, ただ一人の, ためみんな撃墜され, つくった新兵器, ところへも, となりで, ながいあいだ, はじめて奈良, ひきいる救援艇ロケット隊, ひそかなる, ふしぎの, ほうへは, ほねおりは, まだ気, めくれた唇, ものとは, やった悪事, やりかた, ゆるしを, よろこびは, アドレナリンの, オイで, カスレた, コックニー氏が, サンに, ズボンが, チョッキを, ナショナリズムを, ヒューマニズムと, ブロンズや, ベッドだった, モダーン哲学は, ラボラトリーは, ロケットには, 一人子の, 一挙一動から, 一本脚, 一番よく, 一門でした, 三個の, 三著書は, 上半身を, 下まで, 不器用な, 不満に, 両腕, 主宰する, 主観, 予想した如く, 予言に, 事です, 二人他に, 二十面相です, 云う倹約, 五男五郎君が, 人工電臓の, 人相書や, 人造生物研究所だ, 仆れ, 仕事は, 他に, 令嬢です, 令室と, 令息とか, 仮定である, 企てた第, 伯父でも, 住居が, 住所を, 作った人造人間, 作るもの, 作詞で, 依頼で, 保証が, 信者が, 修辞学に, 健在を, 債務の, 先導で, 全体から, 全長を, 内で, 冒険計画, 冷静な, 出張を, 出馬を, 分類, 別荘が, 前には, 力も, 功績を, 励ましかた, 動静についての, 勲功, 千切れた, 南極探検船が, 印度的貴族趣味の, 卵を, 厳粛な, 友人の, 取調べに, 口吻に, 召使, 右手が, 右足を, 合編である, 同情者であるらしい, 名も, 吾妻鏡考にも, 呶鳴る, 命令どおりに, 命令に従って, 哲学に, 哲学的社会学の, 問いに, 器械によって, 固化法では, 在所が, 地下秘密室の, 地震計, 報告に, 場合, 墓を, 声である, 声も, 変死に, 変死体の, 外に, 大きな机, 大事な, 大断言, 大空艇の, 天文台では, 太い人さし指, 夫人道子から, 失踪と, 奇警なる, 奥さんは, 奴は, 如きも, 如く初め, 妹に, 姪です, 威厳が, 娘で, 娘ネリの, 存在について, 学問の, 学者的良心が, 学閥との, 宇宙これも, 安否を, 実子であった, 実験で, 実験室まで, 室だった, 室へでも, 室内を, 家人に, 家庭の, 容態には, 寝床も, 専有物と, 小さい秘書, 小説神髓は, 居るこの, 居間な, 屋敷は, 山本始は, 工業労働を, 希望によりて, 帰邸を, 平生の, 底光りする, 弁力に, 引用せる, 弟子, 弩竜号が, 影響を, 後について, 後方の, 得意に, 御家庭, 御手元へ, 御演説集, 御論, 微笑が, 心にかけて, 心算では, 応急手当で, 怒りは, 思いも, 思想哲学に, 急所に, 性状として, 怪屋と, 怪生活, 恐しい力, 恐ろしい発明, 息子と, 情で, 意に, 意味が, 意志を, 意見に対して, 意識溷濁的心理状態の, 愛嬢で, 態度とに, 態度を, 懇切な, 戦慄に, 所業で御座いましょう, 所説自身をとや, 所謂前半後半の, 所謂形式論理, 扉を, 手には, 手まわり品が, 手帳を, 手紙の, 手製に, 手足と, 批判の, 抗議は, 押問答を, 持つ殺人光線灯, 指は, 指図通り, 指摘した, 挙動を, 探偵小説が, 推断通り興奮の, 推理は, 提案により, 支持にも, 放送を, 教室へ, 文學上に, 文章は, 断案, 新史劇, 方々で, 方には, 日常生活に, 日本産魚類の, 日記を, 旧藩主, 昏倒し, 智力の, 暴露する, 書き残して, 書棚の, 替え玉を, 最後を, 月世界大地図で, 服装に, 末弟は, 本心です, 来るの, 来診を, 果物の, 根本主張は, 椅子は, 業績が, 権威に, 横面を, 機械学者らしい, 歌集, 正体や, 歩き方, 死と, 死体か, 死因については, 死後彼女にとって, 殊勲に対し, 殺害と, 毎朝の, 気に入らないと, 気絶の, 池野成一郎氏で, 沈着に, 法だ, 注意に従うの, 洋服を, 洋館と, 活動な, 涙とともに, 測り知られざるその, 溺死だって, 演説な, 火星探険は, 無電は, 熱弁を, 爆発警告の, 物理学と, 犯罪は, 独言に, 率いて, 現象即, 生ひ, 生家を, 産業国策の, 用心棒と, 申入れとは, 略図には, 疳癪玉は, 病気が, 発明が, 発明力を, 発表に, 発議によって, 白頭や, 皿に, 直話である, 眉毛の, 眠り男みたいに, 眼光の, 着眼点だった, 知らないヤス子, 石神刀文という, 研究だ, 研究による, 研究体系に, 研究所あとで, 研究所と, 研究所跡を, 社会正義観の, 祝辭あり, 神秘的な, 科学知識との, 秘密室で, 秘密演説は, 秘書紙谷伸子と, 称号の, 立停っ, 笑い顔が, 第二報, 筆跡の, 答に, 米国世論調査所は, 精神病治療法を, 系統だった, 細かい叙述, 紹介状を, 絞首刑である, 緊張ぶりに, 罪では, 羨望者や, 考は, 考案を, 聲だ, 肉切り庖丁は, 肖像と, 肩が, 胃袋に, 胎教に関する, 胸もとに, 脳を, 腕前だ, 膝には, 膝膕窩に, 自信に, 自室と, 自殺に関する, 自由意思論とは, 自首, 船室には, 若いお手伝い, 荘重な, 著わ, 葬式は, 薄情さ, 號として, 行いに, 行動について, 行方とともに, 行状を, 表では, 袖を, 製造工場の, 要求に, 視線は, 解剖用道具が, 言う意味, 言ったとおり, 言はる, 言葉から, 言葉としては, 計画は, 許へも, 訳語は, 診察所へ, 診断の, 試作人造生物, 話しぶりには, 認められたの, 語気は, 説も, 調査により, 調査以来藤原博士の, 調査書類, 論ぜられたごとくそれ, 論文だ, 論文も, 論評など, 謙遜でも, 講演も, 講義には, 議論が, 貴女に対する, 質問にたいして, 超人間, 足もとへ, 足跡だ, 身の上を, 身辺が, 輪廓は, 辞苑を, 返答は, 追跡を, 通弁で, 運命についての, 過失による, 達識ぶりを, 遭難事件が, 遺稿を, 還暦祝賀が, 邸内から, 邸宅です, 部下な, 部屋だった, 部屋は, 重大人物たる, 銅像は, 鑑定せられた, 長い長いアイヌ語, 門下生だ, 開いた愛隣学校, 闊達な, 陳述を, 随筆中に, 隠形聴耳筒たる, 隣に, 電話における, 静粛な, 面にも, 靴音が, 音頭で, 頭が, 頭脳なれ, 額から, 顔だった, 顔めがけ, 願望の, 飛行船月宮号は, 首吊り死体の, 馬をも, 驚くべき論理, 骸骨みた, 高教, 魂は, 黄金怪人でした, 黒鷲爆撃機は, 鼻孔に

▼ 博士~ (1939, 11.4%)

9 いった 8 私に, 私の 7 それを 6 帰って, 生きて 5 何か, 口を, 叫んだ, 来て, 自分の, 言った 4 これを, どこに, 先生の, 書かれたもの, 毛沼博士の, 発明した, 顔を

3 [21件] ある, いる, きいた, そういっ, たずねた, ふたりに, ノーベル賞を, 之を, 他の, 出て, 大学を, 如何に, 妙な, 怖ろ, 手に, 日本の, 火星の, 知って, 突然に, 自殺した, 非常に

2 [104件] あった, あまりにも, あわてて, いた, いって, いつに, おどろきの, かねて, ここへ, ここまで, ことばを, さきに, しばしば指摘, そこで, そこへ, たずねますと, つかつかと, どういう訳, どうした, なにを, はいって, ふしぎそうに, ほんとうに, わが社, わざわざこの, コップから, ジェネ, ドアを, ベッドの, マルクス主義者である, モース先生に, 一と, 一緒に, 不意に, 乗って, 二人の, 京都の, 人に, 仕掛けて, 何よりも, 例の, 僕の, 入って, 写真版を, 前に, 十五年ぶりで, 博士自身の, 厳重に, 去年の, 口に, 叫んだとき, 名代の, 声を, 大喧嘩, 大學, 奇怪な, 川手氏の, 帆村の, 帰朝し, 引返して, 当時の, 当時大学院の, 彼の, 心血を, 怪塔王だ, 怪塔王に, 想定し, 意識を, 或る, 所長を, 撮影し, 操縦席から, 明かに, 明治の, 最後に, 椅子に, 横から, 橋銭を, 此の, 無知の, 発見された, 発見した, 発見せられた, 目を, 眼を, 研究し, 研究の, 研究室に, 研究室の, 私費を, 秘密に, 突如と, 答えた, 腰かけて, 自殺する, 花か, 見て, 訊ねると, 訪ねて, 議会で, 起き上って, 身を, 電話口に, 馳け

1 [1566件 抜粋] あいさつします, あそこで, あっけに, あなたに, あの四人, あの怪塔王, あまりジャーナリズム, あまり待たされる, ありそう, あるの, ある医師会, ある時, あわてだした, あんまりトンマ, いいにくそう, いうと, いかに有名, いきなり明智, いくつもの, いたんじゃ, いったいどこ, いつかこの, いつのまにかほんとう, いないこと, いないの, いまいかなる, いやに, いるの, いれかわって, いろいろシナ, うしろを, うんといえ, おずおず入っ, おどろいて, お互いに, お悪い, かえって, かえって来た, かくれて, かけつけて, かなりぞんざい, かほどの, きた, きわめて平和裡, ぐずぐずし, こう云い, ここに, こしらえて, このくわん, このほど上海の, この冷凍金属球, この奇妙, この島, この新, この有様, この次に, この註, この間満州の, この騒ぎ, これまでに, こんどは, こんなにずばりと, ごくん, さけんだ, さしずします, さらって, しきりにあやまっ, したためたもの, して, しんぱいそうに, じつと, すぐにも, するでしょうか, そういう場合, そうであった, そう言った, その, そのお話, そのカント論, その上, その任, その夜, その安楽椅子, その後うん, その成功, その時刻, その経営, その説得力, それこそ, それへ, そんなていねい, そんな不正, たいくつ, たいへん怪しい, ただの, ためいきとともに, ちょっと気, ちょっと茶の間, つかつかとは, つぶやいた, でたらめを, とつぜんいなくなった, とつぜん大学教授, とびだして, どうしてそんな, どうやらついに地球, どこから, どなる, どんなに精力的, どんな発明, なぜ専門, なぜ氷河期, なにかふかく, なんだ, なんの, にわかに笑いだした, のこのこ部屋, はたしてカアル・テオドル, ひっこして, ひどく感心, ぴょんぴょんとん, ふたりあらわれた, ふらふらに, ぶつけて, ほっと一息, ますます狼狽, またしおしお, また口, まだ一枚, まだ出発, まだ生き, まとめて, まるでもう埒, むしょうににくらしく, もう帰っ, やがてかえって来るだろう, やって, やって来たの, やりかえした, ゆくとき, よくこれ, よびとめて, わけも, わざわざ出むいた, わしを, アブレたり, アルゼンチンから, エレベーターへ, クロクロ島を, グルグルと, コッソリと, コーヒーに, サーカスの, シヤツばかりに, シローテ死亡の, スックと, ツイ今しがた本社へ, ドロシイの, ニコニコし, ニヤニヤした, ヌーッと, ハトロン包みに, パイプに, ピストルで, フランスの, プリズム式の, ホン, ポルトガルの, ミルキ夫人と, リーズ卿の, ロロ公爵と, 一人学生が, 一層熱心, 一旦寝台, 一歩すすめ, 一番よく, 一行の, 七八年前に, 万葉集の, 上に, 下手から, 不確定性原理, 世の, 世界の, 世界中の, 中心に, 主と, 主唱者と, 乗組んで, 予めそこ, 事も, 二〇年間に, 二十余年間に, 云う, 云へば, 亡くなられたので, 京都大学に, 人と, 人造人間の, 今おっしゃっ, 今に, 今後も, 仏人モロー・ド・ジョンネの, 仕事を, 令息殺しの, 会長ポーランドの, 何かしらを, 何処に, 何故殊, 余の, 使用した, 倒れて, 健在なる, 偶然に, 傍へ, 働いて, 先導である, 先般かの, 入ったため, 全く後向き, 全身焼け, 公に, 其書を, 内燃機関を, 冗談半分見た, 出かけ第, 出張し, 切腹の, 初めて口, 前半は, 前野良沢と, 創案した, 勇一君を, 動物園を, 勝つよう, 十五年前に, 卒先し, 卷頭に, 原稿用紙を, 受けた賞牌, 口ごもると, 只今これへ, 台の, 同じトリック, 名妓を, 向うで, 吾, 呻くよう, 呼んで, 唯一人毒瓦斯に, 喜んで, 四次元の, 地図の, 地球物理学連盟の, 執刀される, 塵芥車の, 壱越調呂旋であるべき, 変に, 夙くから, 多少聞きかじつた, 大きな咳払い, 大きな金もうけ, 大学に, 大真面目, 大覺寺, 天賦の, 夫人を, 奨励金一般に対して, 始めて, 媒酌と, 学友辻ヶ谷と, 学生の, 学者としての, 宇宙から, 完成し, 実用数学の, 実験と, 客人の, 家に, 寄って, 富士洞窟の, 封を, 将来アイヌの, 小さい身体, 小学校生徒に, 少くても, 就任される, 居直った, 工業大, 巴里で, 帰つた後主治医の, 帰郷する, 序言及び, 座に, 廊下に, 引ちぎった, 引受けた上, 当夜めずらしく, 彼等を, 後に, 御自分, 心づよいこと, 必ずしも表面上, 応えて, 思いだしたの, 思想的技術の, 急報を, 怪人を, 怪漢の, 恐しそう, 悠々と, 悪魔の, 想像し, 感き, 慌てふためいて, 戯れに, 扉の, 手足を, 承知しない, 折返し電話で, 拒絶した, 指さしましたので, 指摘せるごとく, 採用し, 控えて, 推薦された, 提出されました, 故郷に, 教へ, 数えられるだけ, 文筆に, 旅行に, 既に注射, 既に論じ, 日本アルプスの, 日本軍に対し, 昇華核の, 明治末年べつな, 時間器械を, 暗黙の, 書かれた次, 最近に, 最高の, 朝早く, 未だ医科, 本気に, 束を, 来た時, 来なかったの, 来るんでね, 東京郊外の, 柿ガ岡病院に, 棺の, 榛名に, 機械人間に, 次第に学生たち, 正吉の, 正確と, 此処の, 歯車の, 死にました, 死んだと, 死んで, 死体を, 残した筈, 殺人嫌疑から, 殿村に, 毒瓦斯の, 民法改正委員会を, 気違いに, 氷河期の, 法医学が, 洋画を, 消身装置, 温顔を, 演説後僕に, 火星兵団の, 無事だ, 熊川忠範に, 燻製に, 爺ガ岳の, 牢屋の, 特に私, 犬の, 狂人だ, 独身生活を, 狼狽し, 猴類は, 王水険老師を, 現れた, 生れずに, 生死不明なる, 田沢千代子を, 留守の, 病院の, 発狂した, 皆さんを, 目くばせ, 真中に, 睨みつけて, 短い笑声, 研究で, 研究所の, 示さるるところ, 私たちの, 私立学校の, 穀物価格の, 穴籠り, 突然罷職, 窓から, 立ちどまって, 立つよう, 竪琴を, 笑ったの, 管を, 紙を, 絶対に, 総長の, 美津子に, 考えついたもの, 考案し, 肩へ, 背後を, 腎臓が, 腰を, 自信あり, 自分に, 自宅の, 自殺を, 臭いと, 興味と, 舞台から, 花を, 芸妓の, 苦しそう, 苦心を, 荒巻に, 莞爾し, 著書, 蔵書全部の, 蜂矢に, 蟒などを, 行った巧妙奇怪, 製造した, 西田哲学に, 見え診察後, 見たら発狂, 見出したの, 触ったの, 言いました, 言ったの, 訊ねた, 設計し, 証明し, 試作生物に, 話を, 説明し, 調査作製した, 警告した, 豚の, 買いとって, 質問する, 起きて, 足が, 軍艦に, 辞職の, 近頃報告, 返答を, 送話器の, 逃げると, 這入って, 造った世界一, 進化論は, 選びます吉日, 部屋へ, 重くろ, 金を, 釦を, 銀鬚を, 錯乱せられた, 長い丸太, 閉された密室, 間もなく帰っ, 陸軍大学教官と, 集成し, 電気メスを, 電車の, 非常な, 鞄を, 頷く, 顕微鏡と, 風に, 飛び出しました, 餓死を, 首領にたいして, 駁論を, 駈けこんで, 髪を, 麦酒を, 黒鷲爆撃機を

▼ 博士~ (978, 5.8%)

16 よれば 15 よると 11 向って 10 たずねた 9 なって 7 いった, して, 会って, 来て 5 ちがいありません, 診て, 頼んで 4 化けて, 向かって, 報告した, 尋ねた, 言われて, 電話を

3 [25件] いうと, お願いし, きいた, きいて, すがりついた, とつて, ならなければ, なる, なること, なるため, なると, なるの, 代って, 何か, 依って, 喰つてか, 就いて, 抱きついた, 相談し, 相違ない, 紹介し, 見て, 診察し, 調べて, 鑑定を

2 [57件] あいさつを, うちあけて, うながされて, お別れ, かわって, きく, ここへ, その事, それを, ちがいない, ちがいなかった, つれられて, なったり, なった人, なりたいと, なり教授, なるか, なるという, なるに, なれる, なれるの, なろうと, 一刻も, 不利な, 会いに, 会えと, 会ったこと, 会った時, 似て, 分析し, 到るまで, 力を, 化けたの, 命じて, 声を, 嫌疑が, 就て, 序文を, 御相談, 手を, 挨拶を, 提供した, 握手を, 教えて, 案内され, 渡した, 籠絡せられた, 聞いて, 親しむこと, 言った, 訴えた, 話した, 談判し, 負けて, 質問した, 質問を, 迫って

1 [661件 抜粋] あいに, あえば, あったとき, あったん, あって, いえば, いくども, いそがされて, いって, いはれたやう, いわせれば, うかがいますが, うかがって, うまく一ぱいはめられたのかもしれない, おこられては, おそいかかって, おたずねしよう, おとらぬ笑い声, おなかを, おなりに, おねがいし, おねだり, お会いしたい, お尋, お目, お目にかかりたいばかりに, お目にかかりたい急, お縋り, お詫びします, お預けに, お願いした, お願いする, お願いを, かかっては, かけよった, かけられた貴女, かどわかされそれから, かわいがられた, きかれて, ききただすと, ききなさい, ききました, きくまでも, くいさがった, ここに, こたえた, このこと, この事, この事件, この話, これ位云わせれ, ご注意, さとられないよう, しかりつけられた部下, しきりに何, したところ, しては, しても, してやるから, しない法, しばらく待っ, すぐみえた, すぐ会おう, すすめられた通り突撃隊, すること, すれちがったの, すれば, そういわれ, そういわれる, そうだ, そのこと, そのわけ, その揮毫, その考案, その靴, それとなく聞い, そんな事, そッと, たいしわれわれ, たずねて, たずねようかと, たのみこんだ, たのむの, だきつくよう, だまされたの, ちかづいた, ついて, ついて行って, つかまって, つけて, つげて, つづいて, つられて, でなければ, とつぜん帰国, とびついた, とびついて, とられた手, どっちが, どんなに大, なったお, なったとは, なったの, なったらお前, なったらだれ, なったら何, なったら帰って, なったら日本, なった医者, なった祝, なった祝ひ, なつて, なつてい, なつてる, ならって, ならない, ならないばかり, ならなくっちゃ, ならぬので, なられた, なりたい人, なりたがるの, なりたがる必要, なりました, なりましても, なりますか, なり佛蘭西, なり切って, なり土木界, なり新聞, なるかすると, なるかも, なるといふ, なるとき, なるなんて, なるには, なるん, なる一世一代, なる人, なる時分, なる気, なれ, なれないの, なれば, なれましょうか, なれる位, なろうという, なんとかし, ねじくり先生と, ねだったかい, のり移り, はるけ, ばけて, ひどい目, ぶっつけるより, ぶつかった学生, ぶつかった美しい, ぼつぼつ事情, まかせて, まねかれて, みて, むけて, めぐりあうこと, ゃなれないじゃないか, ゆきあわない東助, ゆずった, よい印象, よばれて, よりて, よる, わけを, わたした, われわれを, インタービュウし, シナ仏教の, フランス民法を, ボラれた, ラシイヌ閣下ダンチョン君に, レントゲンに, 一人逢うた, 一伍一什を, 一曲を, 一番近い, 一目にらまれる, 一礼する, 万事を, 不思議な, 与えた占い, 与えられねば, 与ふる, 主として素子, 二人の, 二人を, 云って, 云わしめて, 人造人間の, 仕事を, 仕立てて, 会いあなた, 会いたくて, 会うこと, 会うよう, 会えないの, 会った, 会ったらあの, 会った劈頭, 会ってから, 会わせろと, 会見の, 会釈しました, 伝えよと, 伝えられた, 伝わって, 伺って, 似せて, 似合わぬ愚挙, 作らせる下書き, 侍立した, 依つて, 依嘱, 依存する, 価値を, 信州高遠の, 倚り添っ, 借りるといった, 健康診, 僕の, 先頭を, 光雄を, 内々感服し, 出て, 切り出されて, 別れた, 加わった不可解, 助けて, 労を, 勝ち誇る気持, 化けせむし, 化けたん, 化けた二十面相, 又えらく, 及第しなけれ, 双生児の, 反抗する, 取られたという, 叩きつけた, 召喚状を, 叱られながらも, 合図した, 同情し, 同情する, 同意しない, 同行を, 向いあって, 向かい, 向かつて, 向けて, 向けるよう, 向つて, 向つて苦情, 告げた, 告げたい, 告げたの, 味方し, 味方しない, 味方すべきであろう, 呼びかけた, 呼びかけたが, 呼びかけられて, 命ぜられると, 哀訴した, 商法草案の, 問いただしました, 問うて, 問われる通り, 喰い止められて, 報じその, 報恩し, 売りつけたか, 変装し, 大きく出られ, 夫人は, 嫁す, 子どもふたりだけで, 宇宙女囚を, 宛てて, 家族が, 寄せし書中, 対抗し, 導かれて, 導かれるまま, 就ては, 届けろといった, 差し伸べられて, 帰っちまえだ, 延かれ, 引き渡して, 後を, 従えば, 御会い, 御診察, 御足労願う, 御馳走が, 応えて, 応用する, 忠実に, 怒りを, 急を, 怪塔の, 恐悦を, 悪魔との, 情の, 感じた尊敬, 慣れ切って, 成っちまって, 或る, 手つだえと, 手交し, 手柄を, 払うべく決心, 托しこ, 投げて, 折紙つけられた, 抱かれた, 拙著, 拠れば, 指されたよう, 指されて, 挨拶し, 捧げた, 捧げて, 捧呈した, 接しそういう, 接してを, 推挙された, 推薦された, 推薦し, 救われたの, 教えた, 教えを, 教は, 教わったの, 敬意を, 敷物に, 於ける性格悲劇, 於ては, 暗示された, 會って, 會つたのは, 来診の, 様々な, 欠けて, 次の, 残る微量, 殴られそう, 殺人の, 毎日の, 気がねを, 気づかれて, 気を, 気取られぬやう, 注がれた, 深く期待, 深甚なる, 渡したという, 火急に, 無条件に, 熱心に, 燻製を, 犯人捜査を, 獨逸語まじりで, 琴を, 申しこんだ, 申入れる, 痛く同情, 目に, 相談したい, 相談しない, 相談に, 相談を, 眩惑されました, 知らせる, 知られて, 知れた場合, 知れないよう, 短剣を, 研究を, 礼を, 礼儀を, 祝意を, 私の, 秘密に, 突込む, 笑われては, 笑われると, 箱根くんだりへ, 紹介した, 組みつき驚いて, 結びつけたの, 締め殺されるところ, 考古学の, 耳うちした, 耳うちを, 聞かせたが, 聞きただしたいたくさん, 聞けば, 聞合せ, 聴きたい, 自殺の, 至るそして, 至るまで, 致命傷を, 行き会いまして, 裏切られたこと, 要せられて, 見せた, 見せたあれ, 見せたら何と, 見つかれば, 見られたらたいへん, 見ること, 見送られて, 親しい人々, 親しく接した, 言うと, 言つた, 言はせる, 言葉を, 訊け, 託したこと, 訴えたん, 話しかけた, 話したの, 話して, 話を, 詳しく診察, 誘かいされた四人, 説得できない, 説明させる, 読まされたアンポンタン・ポカン博士, 諮詢された, 謝罪を, 議論を, 負けたん, 財産が, 質すと, 贈つた, 贈ること, 贈るに, 較べて, 辭儀を, 近づかざるを, 返すこと, 迷惑を, 追いかけられとうとう, 追った, 追付いて, 送ったろう, 送った第, 送って, 送られたもの, 送り小酒井さん, 速達と, 逢いに, 逢いました, 逢つた時, 逢わなければ, 連れて, 連れられ同, 連れ立って, 連絡を, 違いない, 違いなかった, 遭う機会, 邂逅って, 重大な, 関係が, 限っては, 限らず凡て形而上學者, 限らず法学教育, 限り効目が, 隣に, 隣室の, 非常に, 面会さすべく, 面会し, 面会しました, 面会に, 面会を, 面接する, 面白い話, 面談した, 頼まないと, 頼みこむと, 頼みに, 頼む方, 頼んだの, 顔を, 飛び掛ると, 騙されたん

▼ 博士~ (688, 4.1%)

13 訪ねて 6 して 4 ここへ, 中心に, 見つめた, 訪問した, 連れて

3 [14件] よんだ, よんで, 呼んだ, 呼んで, 殺したの, 殺して, 病院から, 知って, 総動員し, 見ると, 訪うて, 訪問する, 辞退した, 追駆けた

2 [34件] さらって, しばって, そのままに, たずねて, つれて, はじめと, 介して, 信じて, 始末する, 御存知で, 御存知であろう, 所長と, 招いて, 振り返った, 捜索に, 探して, 掴まえて, 救い出すであろう, 殺したと, 殺したよう, 気が, 渡して, 疑ふの, 病院に, 研究室に, 脅かして, 脅かすに, 葬れ, 葬れ然, 製造する, 見た, 見た人, 訪ねた, 説いて

1 [539件 抜粋] あべこべに, あんなに生ける, あんな目, いい加減, いたわりすべて, いつも攻撃, うさんくさい人物, えらいお, おかしいと, おこらせて, おこらせるよう, おさえつけたの, おしのけて, おしのけても, おしもどすよう, おとなふ, おどろかせてもと, おひきとめした, おびき出すこと, おれの, お救いしなけれ, お訪ねする, お迎えに, からかう, からかった, きめつけた, きゅうに, くすぐったく隙, くどくには, ここ一二時間の, こっちへ, この上, この二階, この機会, ご存知です, さがし出すつもり, したう心, したって, しっかり把握, しのぐもの, しばりあげそれ, じっと睨みつけ, じっと見, じっと見つめ, すくいださずには, するどく問いつめる, ぜひ救い出さね, そこに, その叢, その総理, たいへんこわい, たすけて, たすけること, たずねた時, たずねること, だしぬいて, ついにさがしだした, つかまえた, つきのけてまでも, つねに奴隷, つめたい心, てこずらせた, ですか, といて, とがめて, ときふせること, とって, とどめた, とびあがらせる力, とりおさえた, とりかこんだ, どうしよう, どう思っ, どんなにいらだたせた, なぐさめるため, なぐる摂理, なだめすかしたいもの, なだめすかして, なつかしむの, にがすな, にらみつけて, にらみつけました, ねらって, のせたまま, はげました, はげましたの, はじめあなたが, はじめとして, はじめみんな一ぺんに, はじめみんな起き, はじめれいの, はじめロバート大佐ポオ助教授帆村の, はじめ七人組の, はじめ三人の, はじめ乗組員たちが, はじめ乗組員は, はじめ十二人の, はじめ学界の, はじめ幹部連は, はじめ数え, はじめ新田先生に, はじめ片手の, はじめ皆が, はじめ皆喜ん, はじめ眞境名翁初, はじめ関係者一同が, ばらばらに, ひったてて, ひやかした, ふりかえった, ふり返った, ふり返ると, まず助け, またたくうち, まゆみに, まん中に, みて, もって, やっつけたもの, やっつけろ, ゆすぶり起そうと, ゆりおこしに, よびあやかさん, よび自動車, よほど快, よろこばせて, よろこびの, わが学園, わざ, アッタスンは, アラスカへ, オムスク酒場から, キッと, ギネたちが, スッカリ軽蔑し, ミルキ夫人の, メチャクチャに, モウすこし, モデルに, ヤッと, 一撃の, 一見し, 一言の, 三人も, 上方へ, 世に出した, 世間へ, 両方から, 中へ, 中心と, 中心として, 主務大臣と, 乗せると, 五百円で, 今日只今名誉大統領に, 仰ぎ見た, 会頭と, 伴つて見舞に, 伴ひ, 伸子に, 何条おいそれと, 依頼すべく飛び出し, 侮辱し, 信頼し, 俺は, 停める者, 偽って, 僕が, 僧院の, 先に, 先登に, 先頭に, 兼ねしが, 凝視し, 出すよう, 出迎えて, 初めかうした, 初めとして, 初め一行四人は, 初め助手も, 初め若い, 初め誰も, 制した, 前から, 加えて, 助けおこす組, 助けて, 助けなければ, 労わして, 動かして, 動かすこと, 包囲し, 取りまく壁, 取り扱つた, 取巻いた, 取巻いて, 召喚取調べを, 召還し, 叱りつけた, 同じよう, 同道願えない, 向い合った椅子, 向く王, 含んだ卵, 告発した, 告発しよう, 呼びかけて, 呼びに, 呼びやがったかな, 呼び停めた, 呼び出して, 呼ぶの, 啻に恩師, 喰いその, 嘗めて, 四万円といふ, 四馬剣尺は, 団長と, 埋葬した, 失い今, 奇怪にも, 奥の, 好ましからぬ, 始めあなた, 始めて, 始め宮城浩蔵君, 始め数人の, 始め数名, 始め有能なる, 始め松野貞一郎君, 始め諸君の, 委員長と, 委員長として, 学界の, 宛に, 寝かせて, 少くとも, 屋内に, 左右から, 左翼の, 師とも, 庇つ, 底辺の, 弁護し, 引きとめて, 引き出そうと, 引き止めた, 引取りに, 当分の, 形而上学へ, 後様に, 御信用, 御紹介, 心の, 忍びつつ, 忘れて, 怒らせないよう, 怒らせること, 怖れる, 思い出した, 思い出す, 思い出そう, 怪しいと, 怪しまずには, 恐れて, 恨むこと, 悩まして, 悩まし且つ, 想念し, 感憤せしめた, 慰みものに, 慰めるよう, 扉に, 手まねいた, 手まねきし, 手まねきする, 抉り殺して, 抑えた得体, 抱き上げて, 抱き起して, 抱へる, 押し戻した, 担架で, 拘引したい, 招待し, 招聘し, 拝むよう, 拵えて, 振り返りつつ, 振返ると, 捉へ, 捉らまえ, 捕えるよう, 捕える手配, 捜し出そうという, 捨てた流行歌手若菜, 探しちゃ, 探しに, 探し出して, 探し出しほんとう, 探すため, 探偵小説の, 推薦し, 掴まえたから, 揶揄する, 撃って, 撤回した, 擁立し, 擁護する, 政治的な, 救いだして, 救いだすこと, 救ひ出す, 教えたこと, 敬慕の, 断りました, 日本に, 早く助け, 早く見つける, 早速送った, 昏倒せしめ, 最適任, 最高指導者として, 東北地方に, 柿ガ岡病院から, 柿丘秋郎は, 案内し, 楯に, 横取りし, 正面の, 殺させたもの, 殺さなくては, 殺しそして, 殺したこと, 殺したとでも, 殺した微妙, 殺すため, 殺すとは, 殺す為, 殺ったこと, 殺害する, 民法起草の, 気取って, 法例起草の, 法廷に, 海底牢獄に, 海洋に, 満足させた, 満足させない, 激励した, 火傷させ, 火傷させない, 無事に, 焦燥させ, 煩わさず自分, 片附ける, 牽制する, 犒う意味, 狂気に, 現代随一の, 生徒たちは, 産んだ四国, 疑うもの, 百パーセントに, 盟主と, 監視し, 相談相手の, 睡らせる睡眠瓦斯, 睨みつけた, 知ってるの, 知らないの, 種に, 突除け, 窮地に, 立ちあがらせた, 立ち合, 筆頭として, 箇旧に, 精神病者として, 紹介した, 組敷いて, 綺麗に, 縛って, 缶詰に, 罵って, 聘んで, 育てあげて, 育てたん, 背に, 背後から, 背負ったまま派手, 能率協会の, 脅かさないよう, 脅して, 脳波受信機で, 自分だけの, 自分の, 自宅に, 自宅の, 自宅まで, 自殺の, 自邸に, 至急洗い上げる, 興奮させた, 苦しめて, 苦しめるとは, 荒くれ男が, 虐めてばかり, 蝶の, 衝立の, 褒めるとき, 見たが, 見たこと, 見た最後, 見つけた, 見つけたうれし, 見つけること, 見つめて, 見つめました, 見て, 見で, 見ませんでしたか, 見ること, 見るとともに, 見るや, 見上げた, 見上げ見下した, 見上げ見下して, 見失っては, 見据え異常, 訊ねた, 記念した, 記念する, 訪い今日普通, 訪ねそれから, 訪ねたとき彼, 訪ねたの, 訪ねた事, 訪ねた折, 訪ねよと, 訪ねると, 訪ひ, 訪ひし, 訪れたら間もなく, 訪れた幾代, 訪問し, 評して, 詮議した, 認めると, 認可し, 誘って, 誘ひに, 誘惑し, 誘拐した, 誘拐する, 説得し, 謂ふ, 謝絶した, 警官なみに, 護って, 負かした, 責めるの, 買い被りすぎたと, 買ふ, 賞揚するなら, 起せば, 辞したり, 辞する時, 迎えるに, 迎え得て, 迎ふる, 返討しよう, 追う, 追って中, 追ふて飛び去, 追跡しろ, 追駆けまわした, 送って, 送り出したまま, 送り調査, 造っても, 逮捕し, 選んだ, 選んだの, 選んで, 附けて, 除いて, 除いては, 除く十六名, 除けば, 電話に, 非難し, 音羽護國寺なる, 頼んで, 飛び出させて, 驚かしたの, 驚かせるに, 驚くべき科学者, 骨に, 高く評価

▼ 博士~ (531, 3.1%)

8 いえば 7 ハイド氏 5 一緒に, 新田先生とは, 私は 4 新田先生と, 話を 3 スミレ女史は, 並んで, 先生とは, 博士の, 私との

2 [35件] あと五人の, いう, いっしょに, いって, いわれて, これも, なって, ならんで, ハイド氏の, 一しょに, 三人の, 二人の, 云うと, 信じて, 共著の, 勇一少年を, 名のる, 名乗って, 名乗る人物, 呼ばれて, 子供の, 小池助手とは, 小池助手の, 意見が, 意見を, 新田先生とが, 新田先生の, 松浦佐与, 私が, 私を, 結婚し, 親しくし, 連れ立って, 雖も, 黒田警官の

1 [408件] あったこと, あの六号室, あるの, いいますが, いい残り, いうよりも, いえども, いへば, おっしゃいましたが, おっしゃいましたね, お二人, お会いした, お父さんと, お近づき, この老, これからの, これ程の, ごいっしょ, さういひますワ, さし向いに, さも仲よし, しきりになに, しめしあわして, しられたからには, すこし相談, すれば, そういいます, そして博士, そっくりに, そっくりの, その一番弟子, その助手, その助手たち, その子, その学生たち, その相談相手, その調査団一行十名, その頃, それからもう, たたかおうと, ただ二人きりである, だいぶお, だった, ちがって, であった, どういう関係, どういう風, なお捜査本部, なった, なった後, なつて, なにを, なりきった, なり含宙軒先生, なり賀茂氏, なる, ふたりで, ふとしたこと, ぶつかつ, むかいあって, もう一人, やらいうの, やらいう人物, よび, アダイ署長の, アンダーソン教授の, アンダーソン教授は, エバン船長との, オーキー学士と, グルです, ケネデー軍曹が, サチ子の, サルの, シェファー博士とが, シナの, スミレ女史との, スミレ女史とは, スミレ女史の, ソックリだった, ソックリの, ソフト帽と, ダンチョン君と, チラッと, ネリは, ネリ親子と, ハイド, ハイド氏という, ビールを, ファラデーの, フエデリゴとは, ベラン氏とが, マエ・ケンボという, マクドナルド博士とを, マルタン氏が, マルモ隊長とは, マーシャル氏とが, ヤス子の, ラシイヌとは, ラシイヌとを, リジンスキー教授の, ロバート大佐とが, ロロー殿下とが, 一介書生との, 一馬だけが, 三人で, 三人パクの, 三名の, 中井猛之進博士とは, 中村捜査係長とは, 中村警部と, 中村警部とは, 主人川手庄太郎氏の, 二人きりの, 云い爾, 云う, 云うところ, 云えば, 云って, 云っても, 云ふと, 云ふも, 五人の, 交を, 交際し, 京大の, 人造人間エフ氏で, 仰ぐに, 会して, 会ったこと, 会の, 会見し, 伸子たちとを, 伸子とが, 伸子との, 例の, 僕とが, 僕とで, 兄たり, 先生と, 先生とを, 先生に, 先輩三木清氏との, 光雄が, 児玉さんが, 全く同じ, 八木さんと, 八木さんとは, 六人の, 共に白い, 共同の, 共謀し, 共鳴した, 内藤女史との, 再会, 再会の, 出て, 出会うとは, 刑事の, 別れて, 別館には, 制服の, 前東京控訴院長大塚正男氏, 副院長ヘルトン・マッコウエン博士, 加藤子爵と, 助手が, 助手と, 助手の, 助手は, 勇一君は, 勇一少年が, 勇一少年の, 北園竜子との, 医学博士との, 医学士と, 協力致しまし, 古代呪法との, 合うので, 同じく東洋, 同じく讃, 同じく進化論者, 同じこと, 同じやう, 同じよう, 同じ人, 同じ推理, 同じ棟, 同じ研究, 同じ種類, 同じ表情, 同一人, 同僚だった, 同時に狩野亨吉博士, 同様に, 名乗るあなた, 名前が, 向い合うと, 向い合った小さな, 向い合った父, 向き合って, 君だけ, 君とが, 呉家の, 呼ばる, 呼ばるる人, 呼ばれたる巨儒也, 呼ぶ眼科, 呼んだほう, 和辻哲郎博士, 喜太郎とは, 坊さんの, 外国船との, 大入道赤ン坊の, 大矢捜査主任の, 大阪大学の, 夫人が, 夫人とは, 奧さんと, 好一対である, 妾との, 娘, 娘と, 娘に, 娘ケンと, 季麿秀才とを, 学士の, 宇宙怪人とが, 家政婦と, 富士山との, 寢臺との, 対座し, 対座した, 対話の, 尊称する, 對坐した, 小林少年の, 少年の, 山口老, 山木が, 帆村は, 帆村探偵, 幼い女の子, 幽霊とは, 幾島暁太郎とは, 式当日だけ, 引き合した, 往復した, 思われる人物, 怪しい機械人間, 怪塔王との, 怪塔王とは, 怪塔王は, 意見は, 慇懃な, 打ち合わせて, 技師との, 挨拶は, 捜査係長と, 握手する, 故郷の, 教室で, 教授とは, 文学部の, 新兵器の, 新渡戸博士, 新田先生が, 旗太郎とが, 旗艦, 明智と, 明智探偵と, 明智探偵とが, 星野博士とは, 暖かそう, 書くこと, 月野博士の, 木村助手の, 木村助手は, 木村君とが, 杏丸医学士とが, 来たら二十四時間, 来たら興, 来た日, 来て, 来り京都ホテル, 東京から, 東作の, 松本順造とは, 松野さんが, 松野さんと, 松野八木の, 桜井さんは, 橋本氏とに, 正吉少年と, 正対した, 死とを, 母君とに, 母親とが, 毛沼博士とが, 気象の, 永く問答, 河竹医学士の, 清君は, 清少年が, 清少年は, 滿洲を, 潮見博士とは, 火星兵とを, 火鉢を, 煙医師が, 物凄い格闘, 物理博士とが, 犯人の, 玉ちやんとの, 理髪師から, 田島章吾が, 申した者, 発明官燻精とが, 百合子との, 相携え, 相談の, 相談のうへ, 看護婦長との, 眼の, 眼を, 知つて以来大の, 知らないで, 知り合いな, 知り合いに, 福岡帝国大学の, 秀才と, 私とで, 私の, 私も, 私達とは, 称えられる聞こえた鳥類, 称し外, 称する怪青年, 稱し, 稱へ, 立会講演を, 笠神博士とが, 笠神博士との, 笠神博士とは, 笠神博士の, 箕作佳吉博士と, 結婚したら, 緊密なる, 耳鼻科の, 肩書の, 自分との, 自分とは, 舞踏の, 艇長の, 若林博士の, 荘田博士と, 行きあったの, 行きあって, 衣子に, 見受けられた, 視線が, 覚った様子, 親交あり, 言ってな, 詩人を, 話し合って, 話すこと, 認知する, 談合した, 識る, 警備司令部の, 警官たちは, 警官の, 警官二人は, 議論の, 貞淑な, 這入って, 連れだ, 連立って, 連絡が, 連絡したでしょう, 連絡を, 連隊長連であった, 進藤君とが, 進退を, 道子夫人とは, 違って, 遺留の, 部下たちは, 野球の, 金子馬治博士とを, 金属, 銘打った人, 鋭く云い合った, 錯覚し, 長戸検事の, 隆夫だけが, 雪子夫人と, 電気主任の, 電話で, 青谷二郎という, 非常に, 面と, 面会する, 鞄とを, 顔が, 高等学校大学ともにともに, 髯の, 鳳凰山に, 黒田警官とを

▼ 博士~ (398, 2.3%)

5 さすがに 4 これには 3 一緒に, 他の, 来て

2 [16件] いそいで, うなずいて, これを, その頃, それを, ふたりの, 中村警部も, 二少年も, 児玉さんも, 居ない, 席に, 私の, 舌を, 言って, 首を, 黒田警官も

1 [348件] あとから, あなたの, あの海岸開き, ありまるで, ある, あるそう, あれば, いた, いないの, いられます, いる, いれば, いわれたよう, うってつけの, おいそれとは, おそろしさ, おどろいた, お待ちかねです, かきけすよう, かつてその, かるく頭, かんご, このこと, このふしぎ, この事件, この恐怖, この檜葉, この関係, これに, これは, これまでに, しばらく暗然, しらない, じつに偉大, じぶんたち, すこぶる満足, すっかりおどろいた, すっかりしおれ, すっかり投げ, そうした私, そうな, そこへ, そこを, そのあいつ, そのあと, そのうち, その二十面相, その例, その全体, その回春, その意味, その時, その神祇志料, それからといふ, それと, それに, それほどまでに, そんなこと, そんな一人, たびたび気象, たぶんそうだった, だ, だまって, だまりこんで, だんだんねむ, ちょうど脈搏, ついに匙, つかれきって, つづいて, つと走る, とうとう落城, どうなっ, どうやら司法処分, どうやら考えこん, どこへ, なかなかがんばり, なんだかうす, なんとなくなごやかな顔, なんとなく緊張, にこにこと, にやにや笑っ, のまなかったうち, はじめていささか顔, はたらきがいが, はっきりいっ, はっとした, はっと気, ひどいところ, ひどい苦労, びっくらしたのであろう, びっくりぎょ, ぼくも, まじって, またウラゴーゴル, またケネディ博士同様驚異, またノーベル, また二三日中, また先ごろ, また同じ, また和算調査, また感, また既に, また笑み, また谷博士, みんなみんな影も, もう七十八歳, もしくは各, もちろんあと, もはや科学, やっと顔, やはり世, やはり代数学者, やはり同じ, やはり豪かっ, ゆだ, よくお目にかかっ, よく知っ, よっぽど肝, わが宰相, アメリカに, イスから, エムシなる, スミレ女史も, ダンチョンも, ダンテの, バビンスキー反射を, ピカ一も, ピッタリと, マルモ隊長も, ラシイヌも, レザールも, 一人は, 一作爺も, 一昨夜此處に, 一時は, 一緒, 万能探偵では, 下手ながら, 不審に, 不承不精に, 久しぶりに, 事務長の, 二度も, 亦, 亦その, 亦之, 亦均衡論者, 亦大, 亦大いなる, 亦最も, 亦杯, 亦然, 亦生理学者, 亦自我, 亦蜘蛛, 人工的に, 人造人間です, 今の, 今までに, 今度は, 今後は, 仏教の, 仕方なく, 住めり, 何か, 何かしらエタイの, 例外では, 便所へ, 係長も, 信用され, 僕も, 僕等も, 先々月この世を, 先日東大で, 先生にも, 八木さんも, 六畳の, 共に喜ばれた, 共に耳, 其の事, 内心その, 列席され, 初めて合点, 到着した, 前に, 助かったん, 助手の, 助手も, 勇一少年も, 医療は, 博士の, 参って, 参列し, 及ばないよう, 叫ぶ, 同じくそれ, 同じく談話室, 同じよう, 同様に, 唾が, 嘲るよう, 囁き返す, 因果は, 堪忍袋の, 声が, 変ちきりんな, 変って, 変に, 夢中に, 大いに悦ん, 大分心配せられ, 大分怒っ, 大變, 奥から, 好奇の, 妙に, 始て, 始めて, 姪が, 学士も, 学者である, 學生, 安心し, 完全に, 宿を, 少々辟易, 尠なから, 山形警部も, 山木を, 帆村荘六も, 席を, 年長の, 強く説かれた, 従者も, 御考證, 忌々しくなった, 思っても, 思わず凝然, 急に, 恐くなっ, 息づかいが, 愕然と, 戻って, 手の, 手術前見た, 持て余したらしく懇意, 操縦室へ, 数個国の, 數人の, 新田先生も, 既に十分, 春廼舎朧時代には, 時々親切, 曖昧ながら, 最地階, 有り余って, 木戸も, 木戸仙場甲二郎も, 木石では, 来たか, 東助と, 機械を, 止めるの, 正吉も, 正木博士も, 此の, 此城丈は, 死人の, 母親も, 毛沼博士も, 汗を, 津軽の, 流石に, 浄土へ, 海老塚と, 消えて, 満足げに, 無事な, 無言それを, 熊川忠範が, 物故し, 猟夫も, 獨斷だ, 現われた, 現場へ, 生かして, 画家の, 病院も, 発見されない, 皆自由意思論者, 盃を, 眠って, 矢張その, 知らないん, 確信は, 禿頭の, 私が, 私と, 私に, 私には, 笑つてゐる, 籐椅子を, 米田先生が, 経済的の, 経験した, 続いて, 緑雨の, 置かれ算生, 署長も, 老技師, 育つ大, 肺炎にでも, 脚色せられた, 自ら望遠鏡と, 自信は, 苦笑しいしい, 見えない, 見落して, 訳詩集を, 話の, 読者の, 調子を, 警部も, 谷本博士も, 負けては, 近づいて, 返答に, 述べて, 通れば, 遂にマイク, 遂に大成, 遂に承諾, 部下たちも, 酔うと, 錦木幸麿も, 阮元の, 院内, 雪子夫人も, 青い顔, 青山博士も, 非常な, 非常に, 面くらい折, 飯だけ, 馬上で, 驚いて, 黄いろな, 點數は

▼ 博士~ (142, 0.8%)

3 のう, の地下室, の裏口, の門前 2 のコンクリート塀, の前, の外, の秘密室, の裏, の門, へ帰っ, へ行った

1 [114件] からさほど, からはものすごい, から五百メートル, から出発, から噴射, から帰っ, から帰った, から積みこんだ, から轢死, がいま飛行機, がその後, が焼けた, が狙われ, さして行きました, でおそろしい, です, で天井, で発見, とはたいへん, とは反対, とは距離, とを見あやまった, と怪塔, と線路, と轢死, にいそぎました, にいそぐ, にいた, においてお手伝いさん谷間三根子, における三つ, にしのびこみ, につぎつぎ, にはいらない, にはいりこんだ, には怪しい, にへん, にまた, に寄寓, に帰っ, に帰りました, に怪盗, に来, に着く, に知らせる, に観, に近づきました, に電話, のげんかん, のこと, のさびついた, のピストル, の一番, の一階, の上空, の下, の並び, の内外, の周囲, の塔, の塵芥箱, の奥座敷, の実験室, の寝室, の庭園, の方, の書斎, の檻, の殺人事件, の火, の玄関, の生垣, の番人, の真上, の第, の茶会, の表, の訪問, の謎, の跡, はあの, は今や, へかけつける, へたずね, へつれもどった, へとん, へなに, へ入った, へ向かった, へ急いだ, へ押入った, へ担, へ直行, へ立, へ行っ, へ走らせる, へ車, へ配達, まで立帰り, まで足跡, より遠く, をおとずれ, をたずね, をとりまい, をぬけだし, をまったく, をめぐってどこ, を中心, を出た, を呼びだした, を囲, を捜査, を立ち, を訪ね, を訪問

▼ 博士から~ (128, 0.8%)

3 電話が 2 委細を, 直接に, 聞いた話, 聞いて

1 [117件] あずかった十号ガス, あの哲学者, あべこべに, いうと, いくども, いつでも, いわれたとおり, いわれた話, お話が, お電話, きくこと, こう尋ねられた, こう頼まれた, こっぴどく叱られ, この人造人間戦車, この戦争, この頭, されたん, すばらしいネタ, そうした冷, そのよう, それぞれ紹介状を, ちよつと, とっくに三百代言, のでございます, ののしられたヴァイオリン, ぱっと跳びのい, もらったガスピストル, もらった名刺, よばれた, よばれて, よほどひどい, よろこんで, ダイアと, ピストルを, ボートルレ少年に, マイクを, メンタルテストを, モロー彗星の, 一刻も, 一言うかがえ, 三上博士を, 事細かに, 二三歩とび, 亜砒酸の, 今電話, 伊豆伊東の, 伺って, 何とか折紙つき, 借受けたから, 借覽, 催眠薬を, 再三の, 再三再, 北極探検隊の, 受くる, 口説かれた内容, 名誉教授の, 呼ばれて, 命ぜられたこと以外, 唖女に対する, 大江山捜査課長に, 奇怪な, 奪った兇賊, 好意的の, 妖術を, 小馬鹿まわし, 少しく傾聴, 届いたこと, 座標の, 引放そうと, 投げ与えられた彼, 抗議を, 授かったもの, 教えを, 教わって, 明智探偵事務所に, 最新の, 木田に対して, 次々話, 毒ガスの, 毛沼博士に, 永い間絶大, 浪子の, 涙を, 渡された切符, 渡された水爆, 渡された眼鏡, 特別に, 田辺元, 秘密の, 聞いたところ, 聞いた疑問, 聞かされた途方, 聞き私, 聞出したいと, 聴いたこと, 聴かれたの, 要求を, 見せられて, 言いつけたん, 言いつけられたこと, 託されたこの, 調査の, 貰った本, 送られた三回目, 遠ざけて, 釣りだした答え, 離すまいと, 鞄を, 頂きました, 頂戴致し, 預かった黒い, 預けられた例, 頼まれたチベット語, 頼まれて, 頼まれてるの

▼ 博士たち~ (99, 0.6%)

3 と謂つた 2 が星, のこと, の先祖, はクリスト, はハンカチーフ, は客席

1 [84件] からは私たち, がおどろけ, がどうして, が人工降雪, が今, が佐, が入れ, が始末, が持っ, が救世主出現, が晴れ, が訣, でもいけません, とゲーナー少佐, と一息, と大, と火星人, と謂った, にお礼, にせまっ, に子供, に心靈研究會, に裏切られた, に超人, のお, のところ, ののっ, の一人, の一等, の中, の人工雪, の儒教風, の元気, の前, の努力, の勇ましい, の學問, の打合せ会議, の旅行, の知識程度, の研究室, の観測, の診断, の造詣, はこの, はそこ, はその, はたしかに, はただ, はともに, はなかなか, はなにか, はへたへた, はまちどおしい, はステッキ, は不審, は予定, は人間, は何, は別室, は尚も, は律, は手ばやく, は火薬, は船, は誰, は遠く, は黄金, もいいだす, もうおかえりなさい, もおどろい, もこれ, もそこ, もなんだか, ももう, も学者, も小半刻, や若い, をだしぬい, をひとりひとり, をめがけ, を出むかえ, を後, を救っ

▼ 博士~ (76, 0.4%)

2 僕を, 学者を, 少年たちが, 新田先生の, 田中光顕伯が, 若い医者達

1 [64件] その他ほとんど, その他様々の, その従者, スミレ女史それから, ダンチョン君にも, ドクトルも, ドン助教授であった, ドン助教授などが, ネリを, フランスの, マッカラム教授が, 一馬夫妻と, 京大の, 仁科芳雄博士やの, 僧侶や, 兄が, 先輩の, 児玉さんが, 再び岡邦雄氏其他, 千村教授が, 召使達が, 園正造博士だろう, 土方に, 土田杏村氏等の, 地震研究所の, 大学頭の, 大家の, 夫人道子が, 学士が, 小林君たちは, 小池助手の, 川合貞一博士などの, 当事者から, 徳田博士の, 心臓を, 怪老人や, 技師に, 技師の, 故寺田寅彦博士, 教授や, 文士の, 新田先生が, 月野博士に, 杉浦義勝博士嵯峨根遼吉氏其の, 東京帝大文科の, 正吉たちを, 殿村に, 汽船の, 牟多口氏に, 物理学の, 現南禅寺師家柴山, 現存の, 田辺博士が, 田辺博士やに, 眞境名安興君などが, 篠原教授の, 緑色に, 美学の, 萬葉學の, 西晋一郎博士の, 警策の, 郡長, 陰陽師の, 高橋里美教授による

▼ 博士という~ (74, 0.4%)

12 のは 8 のが 3 人は 2 のも, のを, やつは, ような, 人物が

1 [41件] うすきみ, えらい人, ことが, ことであろう, た, ふしぎな, ものが, ものじゃ, ものの, もんだ, カメラマン兼映画カントクが, 一人の, 人が, 人だけは, 人であった, 人物は, 個人に, 名に, 名前よび, 土地在住の, 大学者は, 夫が, 学位に, 学位は, 学位を, 学者が, 学者の, 学者は, 尊称を, 彼の, 意味で, 法医学者が, 犯人が, 綽名で, 羅馬古代史の, 老人と, 考古学者とかいう, 肩書にも, 詩人の, 趣きであった, 造艦大佐が

▼ 博士~ (60, 0.4%)

10 あつた 2 博士は

1 [48件] あつて, いまは, いらっしゃいます, いらっしゃいますね, さえそう思い違い, しかも造船大佐, すら未だハッキリ, そしてツァンニー・ケンボ, そして文学博士, どこのか, もう一人, わたしが, ゐら, サルの, セーラブ・ギャルツァン, ニコニコし, マッチンセンという, マーヤル, 九州大学病院を, 今は, 俊夫君が, 候のって, 去年帰朝した, 大臣だった, 家系が, 居られては, 居られ只時々, 山本宣治の, 従って, 日本で, 日本の, 時には法学部, 服装正しき, 次の, 歌人で, 殊更詫びごと, 治癒す, 法学博士で, 漢詩を, 物理です, 現に京都大学教授, 町医者乍ら界隈で, 目附鼻附の, 続本朝文粋, 聞えた安倍晴明, 胸衣の, 葉子の, 言ふ

▼ 博士自身~ (54, 0.3%)

2 もこの, もそう

1 [50件] がいた, がその, が作った, が操縦桿, が犯人, が破った, が立っ, が蛭田博士, であったから, としては新しい, と一分一厘, と何, なの, にさえその, にとっては外部, にとっては没落, に對, に責, の上, の信用, の又, の口, の存在, の実験, の形式論理, の性格的個性, の立脚点, の精神的欠陥, の経済哲学, の脳髄, の自慢, の見解, の観念, の触覚感, の言葉, は, はまだ, は両人提供, は主客未分, は極めて, もしばらく, もそれ, もどうか, も二十四時間, も元来, も破滅, も社会科学, や家族達, 云って, 寧ろ進ん

▼ 博士には~ (52, 0.3%)

3 それが

1 [49件] あのさわぎ, いろいろあっ, おわかり, かねて福岡, けがの, この英語, すまないが, そのとき, そんな常識的, なかった, ながい時間, なって, ならないでも, なること, なれますまいね, なれんぜ, なんの, なんらの, もうはっきりわかっ, もう会いたく, 一層近づい, 之に, 会えますまい, 会わなかったと, 何か, 偶然ある, 前々から, 前に, 反対の, 妙な, 完全人間が, 当然なれる, 怪力線を, 成れない, 或はこの, 手紙が, 敬意を, 新しい生活, 既に筒抜け, 知れないよう, 私の, 精神異常の, 自信が, 色々發明, 誰が, 近よる, 都市の, 陰気の, 高い名誉

▼ 博士論文~ (46, 0.3%)

2 をかく, を書い

1 [42件] から引出された, が通る, が通過, だね, であると, でなくては, でも呈出, でも書い, でも書き上げ, でも書こう, と云う, なぞとは到底, なんて無趣味, に, に提出, のため, の代作, の価値, の催促, の実験, の準備, の種, の稿, はすぐ, はもう, は如何, は通過, も書けず, よりは恋, をまだ, を作ろう, を出し, を出す, を呈出, を提出, を書いた, を書きかけ, を書きませう, を書く, を書こう, を草, を要求

▼ 博士との~ (43, 0.3%)

4 関係を 2 間に

1 [37件] なかを, クサレ縁を, 一行は, 両家庭, 両説, 二つの, 二時間足らずの, 会見は, 会話によって, 共著, 処女時代の, 初会合, 協同で, 問答, 問答を, 問題が, 問題の, 奇しき因縁, 手柄争いに, 発見に, 直接的な, 秘密の, 立話が, 精神生活が, 結婚に, 血液型が, 衝突, 親交, 話の, 論争に, 鉄砲弾の, 間について, 関係が, 関係に, 関係についての, 関係についても, 関係も

▼ 博士とは~ (39, 0.2%)

2 似ても

1 [37件] あまり仲, お馴染, これを, しばらくいっしょ, そのまま身, その横, そもそも何者, どうしても両立, どう言う, ほとんど文通, まったく性格, 丁度, 事件の, 似も, 別々の, 別な, 同じ人, 喧嘩を, 学内の, 師父ブラウンが, 従妹に, 従容し, 性格が, 日本精神病学界の, 明かるい, 時流と, 正反対です, 深い縁故, 父娘にしか, 独立に, 翻訳について, 聊か意見, 親しい友人, 言えむかし, 違ひました, 郷里も, 非常に

▼ 博士夫人~ (39, 0.2%)

2 になる

1 [37件] がタメ息, が何故, が痴情関係, が続い, が良い, が階下, その人, で大阪, となった, となる, と谷少佐夫人, などは一度, なの, になりたい, には親譲り, にも度々, に対する自分, に約束, の力, の厭世自殺, の口, の唯一, の子宮腔, の思ひ, の手蹟, の犯罪的天才, の賜, の身体, はこの, はどうして, は博士, は夫人, は生み立, は自殺, も笑っ, より江さん, を棒

▼ 博士~ (38, 0.2%)

32 からね, ということ, よ

1 [29件] から僕たち, から初め, から当り前, かわからなくなった, か教授, がこちら, がねこいつ, が勿論, さうだつ, ぜなぜ, ぞ, つて他人が, という, というの, という事, とおもっ, とか教授, とこの, としたら, とみせかけた, と思いこん, と思います, と思う, と悟った, と知つた町長, なあとしきりに, よと注意, よ香月先生, ナ

▼ 博士コハク~ (36, 0.2%)

1 [36件] がこれ, が大統領ミルキ, が持ちこんだ, が生き, その人, だけであっ, である皆さん, でいらっしゃるわネ, とはかくして, と同じ, と男学員ペン, に属し, に詰めよった, のあと, の姿, の秘蔵, の膝, の試作生物, の身の上, の非業, の顔, はここ, はその, はむっくり, はミルキ国, は中年, は今, は受話機, は壮大, は挨拶, は断言, は本日ミルキ夫人, は灰白色, は狂人, は生れつき, は直立

▼ 博士~ (31, 0.2%)

1 [31件] がもらえる, だの教授, なぞ慰斗つき, などは欲しく, のお礼, のねうち, の権威, の由来, の立派, の衣装, の贈呈式, は一つこと, は大切, は我国, は未練, ももらえる, をおくられた, をとっ, をどうしても, をもたなかった, をもらう, をもらっ, を取る, を受け, を得た, を得る, を得ん, を獲得, を買う, を贈った, を贈られた

▼ 博士一行~ (24, 0.1%)

1 [24件] が全部, が探検, が海底, と地球訪問, の, のこと, の乗っ, の六十名, の存在, の所在, の所在地, の新しい, の極地探険, の消息, の生, の遭難事件, はそこ, はもうちゃんと, はやがて, は図らず, は如何なる, は宇宙, は悉く, をまねき

▼ 博士その~ (23, 0.1%)

3 人が 2 人であった

1 [18件] あたりに, ことです, とおりでしょう, ほか反論も, わけを, 三人が, 人, 人である, 人でない, 人では, 人の, 名前が, 宇宙艦という, 手に, 日は, 珍品は, 薬は, 電気という

▼ 博士である~ (22, 0.1%)

2 ことを, という

1 [18件] かはいう, からで, から家, から逐字的, が, がその, が古畑博士, が同, ぞよ, と否, 事が, 人達にとっても, 博士に, 場合には, 彼の, 私は, 自分の, 辻ヶ谷少年が

▼ 博士では~ (21, 0.1%)

3 なかった 2 ありません, ありませんか, ない, ないかと, ないという 1 ございませんでした, ございませんでしたよ, ないか, ないが, ないよ, なくて, なくボーイ, 案内し

▼ 博士~ (21, 0.1%)

3 の, のである, のです 2 のだ, んです 1 のかい, のだろう, のでした, のでもし, のに何, のよ, んだ, んていう

▼ 博士によって~ (20, 0.1%)

2 開拓された

1 [18件] それに, ピタリと, 一切の, 創造された, 十分に, 名づけられた海底超人族, 完成されるであろう, 展開され, 普通の, 椋島技師の, 水銀から, 紹介され, 自分の, 行われて, 覆えされた, 説明された, 護られ日本, 重水素を

▼ 博士~ (20, 0.1%)

2 の描く

1 [18件] が和歌, が斯, が植物教科書, が見た, とともに延期論者中, と計画, と連立っ, に, につきる, のさかしら, の御, の援助, の測量, の組織, の面目, はフィリッピン体育協会代表, は頗る, を初め

▼ 博士だった~ (18, 0.1%)

5 のです 4 のだ 1 かお, かかく, ことも, としたら, のか, のである, ので二度びっくり, んだ, ネ

▼ 博士です~ (18, 0.1%)

542 って, ね 1 かそれとも, かエヘヘヘヘ, か秋山, なア, わ

▼ 博士あなた~ (17, 0.1%)

2 は地球, は私

1 [13件] こそその, じゃありません, ですか, のお, の発明, はあの, はあまりに, はあれ, はなかなか, は人造島, は執事, は悪い, をどんなに

▼ 博士さま~ (16, 0.1%)

2

1 [14件] が研究所, が頭, その頭, につい, にまちがい, のお, のその, の方, の研究所, はえらく, はこの, はこれからどう, はご, をたいへん

▼ 博士~ (16, 0.1%)

1 [16件] ありがとう, きみの, この世の, これで, ぜひとも聴き入れ, そんなに真赤, どうかあなた, クロクロ島に, 乞う自愛, 余に, 君に, 我は, 書生を, 豚に, 貴下は, 進士よと

▼ 博士以下~ (16, 0.1%)

2 の乗組員たち, の救援隊員

1 [12件] くやしがる, の地球人, の地球人たち, の幹部, の技師たち, の救援隊, の救援隊幹部, の生命, の運命, はたがい, を歓迎, を赤い

▼ 博士夫妻~ (16, 0.1%)

2 の後

1 [14件] が乗っ, が思いがけない, と晩餐, の一周忌, の亡き, の介添, の外, の背後, の部屋, は寝室, は最前, は流石, もインデアン, 来り小笠原章二郎

▼ 博士からの~ (15, 0.1%)

2 來書に

1 [13件] 依頼によって, 切なる, 報告により, 報告も, 応答に, 手紙で, 手紙に, 指示を, 挑戦だ, 来書に, 消息で, 縁談は, 電報が

▼ 博士よりも~ (15, 0.1%)

1 [15件] えらい手柄, かしこいの, さきに, ずっと大きな, ずっと早く, 偉大な, 家内の, 悪いの, 更にしょぼしょぼと, 更に一枚上手, 正木博士の, 此の, 派手な, 近くの, 遥に

▼ 博士~ (14, 0.1%)

1 [14件] がその, が僕, によっていろいろ, によってさらに, に命じ, のいわゆる, のほか, の人工降雪, の島後説, の心, の秘密会議, はついに, は叱る, は少納言

▼ 博士それ~ (13, 0.1%)

2 はほんとう

1 [11件] がおまえ, が誰, には一つ, に若い, はまことに, は一体, は何, は先生, は卑怯, は違います, も駄目

▼ 博士とが~ (13, 0.1%)

2 同じ仲間

1 [11件] ある時祇園, いつもとは, いますけれど, この氷晶, ぞろぞろと, テテツクス論で, 乗られた, 同一人, 恋の, 或所, 昆虫に

▼ 博士とも~ (13, 0.1%)

4 あろうもの 2 あろう人, あろう学者 1 いう, いうし, いわれる人, なりまた, 西班牙語も

▼ 博士なら~ (13, 0.1%)

1 [13件] これで, さっきここへも, ずっと前, それくらいの, どんなに不死身, ばハッキリ, ば仏家, ば必ず, もうならなくっ, ん, 僕の, 悪人では, 此処には

▼ 博士でも~ (12, 0.1%)

2 なんでも 1 かまいましぇん, こんな肉声信号, なかつたから, まだ思ひ, 博士その, 及ぶ者, 地球人類は, 生理学者でも, 知らん, 身は

▼ 博士とか~ (12, 0.1%)

1 [12件] いったよう, さう, もっと判然, 仁科芳雄博士などが, 伯爵とかが, 何とか云う, 大学教授とか, 大学教授とかに, 学士とか, 榊保三郎博士とかが, 腸窒扶斯博士とか, 赤痢博士とか

▼ 博士~ (12, 0.1%)

1 [12件] がいる, が星, で心靈研究會, にも細君, の手製, の私記, の診断, はいつもよく, は天津教側, は引返さなかった, や, を一貧家

▼ 博士邸内~ (12, 0.1%)

1 [12件] から発見, にある, にいる, には常, にも暁, に忍び入る, に這入っ, に集められ, のエレベーター仕掛, の動力室, へ匍, を見下ろし

▼ 博士こそ~ (11, 0.1%)

1 [11件] ほんものの, 世にも恐ろしい, 人間の, 余りに, 怪人二十面相に, 最も理論堅固, 爾を, 紙谷伸子だった, 身代りの, 金属, 陰謀の

▼ 博士と共に~ (11, 0.1%)

1 [11件] いよいよ雪, お前を, サラナータという, ノーフォークに, 博士の, 招待を, 賭けの, 起草の, 門前に, 青楓氏の, 頻りに死後

▼ 博士にも~ (11, 0.1%)

1 [11件] これからおじゃま, なる気, なろうという, むろん軽い, サッパリ見当が, 何を, 学者らしい, 敬意を, 明智さんにも, 機械人間の, 甘えられるだけの

▼ 博士独特~ (11, 0.1%)

1 [11件] の何等, の創意, の創設, の妙, の御, の新, の方法, の毒物, の皮肉, の透徹, の鋭い

▼ 博士~ (11, 0.1%)

1 [11件] があれ, が教え, が見, にお, はあの, はいよいよ, はそんなに, は丸木, は申します, をこんな, をもと

▼ 博士じゃ~ (10, 0.1%)

2 ない, ないか 1 ありませんか, ありませんと, ないが, ないと, ないよと, ないん

▼ 博士なども~ (10, 0.1%)

1 きっとおとなしく, この部類, こんな意味, ディアレクティックという, 初めは, 困った顔, 大阪医専の, 尽力された, 常連の, 賛成だろう

▼ 博士~ (10, 0.1%)

1 一片の, 人を, 依頼の, 勲二等を, 問い合せて, 報告した, 報告する, 声を, 対して, 送る第

▼ 博士~ (10, 0.1%)

2 自身の 1 一家, 夫妻でした, 夫婦が, 手荷物の, 来客です, 発明の, 研究が, 説の

▼ 博士だって~ (9, 0.1%)

1 あの人, こう毎晩, やっぱり出来やしません, やはり人類, 亡霊じゃ, 何か, 弁護士だって, 老人だ, 頼みや

▼ 博士として~ (9, 0.1%)

1 その名, とらえられた人物, アインスタインスタインナハ以上に, ベルリンで, 向うの, 支那語を, 殘つてゐた, 生きながら, 通って

▼ 博士にとっては~ (9, 0.1%)

1 ノーベル賞が, 不吉な, 二度目の, 均衡の, 専門違いの, 累々たる, 自覚と, 躄の, 道徳的反省は

▼ 博士に対して~ (9, 0.1%)

1 ずいぶん失礼, つつしんでおわび, 何等の, 余鬼塚元帥は, 回答に, 大人気ない, 引導を, 次の, 色々迷惑

▼ 博士に対する~ (9, 0.1%)

1 一抹の, 古くからの, 当然な, 怨恨に, 恐怖感をさえ, 情誼の, 斯う, 最高の, 殺人の

▼ 博士~ (8, 0.0%)

1 どうか, どっちか, 一体手前, 入って, 大臣か, 岡崎か, 誰か, 院長さんか

▼ 博士だけは~ (8, 0.0%)

1 ますます熱中, またたきも, 例外として, 彼の, 後の, 直立し, 眉一つ動かさず, 足を

▼ 博士など~ (8, 0.0%)

1 いう人々三文, ならば, はかは, 実地に, 抹殺論の, 日本に, 直接に, 種々の

▼ 博士などが~ (8, 0.0%)

1 あった, そうだ, はいって, みすぼらしい風采, 早い例, 有力な, 自ら実験され, 集まって

▼ 博士などの~ (8, 0.0%)

2 名士を 1 お説, 世界的学者が, 加はれた, 幹部や, 特に後者, 考へられた陸

▼ 博士この~ (7, 0.0%)

1 いくつかの, たびあなたさまは, 世界的二大学者の, 人造人間は, 火星人たちは, 脚が, 麻袋の

▼ 博士って~ (7, 0.0%)

1 あの原子核エネルギー, ここの, すてきに, ほんとうかい, 云うん, 何者です, 肩書は

▼ 博士であり~ (7, 0.0%)

1 そして十何年, 三輪田元, 大江家の, 後の, 維時の, 若い男, 陛下にも

▼ 博士であろう~ (7, 0.0%)

1 か, が元帥, が学士, という, とひと, と思う, と疑った

▼ 博士といふ~ (7, 0.0%)

1 のが, のは, 偉い方, 映画監督が, 爺さんが, 男が, 男は

▼ 博士による~ (7, 0.0%)

1 二種の, 弁証法の, 無の, 生の, 絶対なる, 道徳的実践という, 風土なる

▼ 博士ばかり~ (7, 0.0%)

5 では 1 だった, 残る

▼ 博士より~ (7, 0.0%)

1 ロッセ氏に, 一封の, 一足先に, 三月初刊, 前に, 嫌で, 聞けようとは

▼ 博士だけが~ (6, 0.0%)

1 この方針, それを, 下へ, 知って, 突然的, 頼みだ

▼ 博士であっ~ (6, 0.0%)

1 てすなわち, てその, てもすくなくとも, ても持っ, て彼, て明治六年出版

▼ 博士であった~ (6, 0.0%)

2 ことは 1 か忘れ, が東京, といえ, のである

▼ 博士どう~ (6, 0.0%)

1 かおねがい, かお願い, したの, じゃな, ですかのう, なさいます

▼ 博士などは~ (6, 0.0%)

2 酒が 1 一九一四年まで, 將來支那や, 恥ずかしいほどの, 糠の

▼ 博士について~ (6, 0.0%)

1 全く気, 天文台の, 来た助手たち, 立ち去った, 考へた, 話すとき

▼ 博士にでも~ (6, 0.0%)

2 なって 1 なったらあるいは, なれ, なんにでも, 訊いたら忽ちに

▼ 博士に対し~ (6, 0.0%)

1 てひどい反感, また威嚇手段, 深甚なる, 熱心に, 甚だ遺憾, 疑惑の

▼ 博士らしい~ (6, 0.0%)

1 おのおのの, ものを, 声音で, 早業であった, 気持が, 考案だった

▼ 博士及び~ (6, 0.0%)

1 シェファー博士らの, シグソンが, 大抵の, 小泉信三博士による, 思うに, 私が

▼ 博士おまえ~ (5, 0.0%)

1 だおまえ, だったの, のこと, の眼, はわざと

▼ 博士これ~ (5, 0.0%)

2 はどう 1 が漢学科, はどういう, は何

▼ 博士さえ~ (5, 0.0%)

1 ついウッカリ, 三週間の, 失った, 承知し, 知らない

▼ 博士さん~ (5, 0.0%)

1 が保証, そっくりだ, でも, に劣る, も人蔘

▼ 博士だけ~ (5, 0.0%)

1 あると, だと, だよ, であるよう, らしいが

▼ 博士としては~ (5, 0.0%)

1 これだけは, これでは, じつに愉快, とりあえず帆村, 無理も

▼ 博士などと~ (5, 0.0%)

2 一緒に 1 みんな一緒に, 冒称し, 肩書の

▼ 博士一人~ (5, 0.0%)

1 が住ん, と別に, の科学, は渋い, を力

▼ 博士以外~ (5, 0.0%)

1 にはタッタ一人, に在り得ない, に誰, の者, の誰

▼ 博士学士~ (5, 0.0%)

1 の世, の医者様たち, の名, までをも謳歌, を始め

▼ 博士自ら~ (5, 0.0%)

1 が不正, が直接入手, が行った, すらも自己, の捜索

▼ 博士こそは~ (4, 0.0%)

1 剣山陸軍大臣が, 外ならぬ, 正吉少年を, 西田哲学の

▼ 博士さあ~ (4, 0.0%)

1 いって, こっちを, 出発です, 見て

▼ 博士だけには~ (4, 0.0%)

1 これは, なれる者, チベットへ, 会わぬ訳

▼ 博士にとって~ (4, 0.0%)

1 この薬品, 不利な, 何故に, 恰もジーグフリード

▼ 博士にな~ (4, 0.0%)

1 つた, つたなりあがり, つてからも, ツて

▼ 博士はと~ (4, 0.0%)

2 くいの 1 振かえると, 見ると

▼ 博士まで~ (4, 0.0%)

1 きわめてジャーナリスティック, そんなこと, 取ろうと, 自分の

▼ 博士バクスター~ (4, 0.0%)

1 がとつぜん, の案, は副, は洞

▼ 博士制度~ (4, 0.0%)

1 が世間的, の功, は学問奨励, を破壊

▼ 博士夫婦~ (4, 0.0%)

1 が玄関, と今夜ライシアム座, の心, もようやく

▼ 博士親子~ (4, 0.0%)

1 がもたれ, が身体, の熱心, をひと

▼ 博士あの~ (3, 0.0%)

1 宇宙艦は, 爆発事件について, 音は

▼ 博士および~ (3, 0.0%)

1 木下尚江田川大吉郎坪谷善四郎森弁次郎の, 研究室附き, 船山曄智君の

▼ 博士~ (3, 0.0%)

1 と説明, へ承知, 大博士

▼ 博士たる~ (3, 0.0%)

1 に止っ, もの固, 名誉を

▼ 博士でした~ (3, 0.0%)

1 からそういう, がその, ね

▼ 博士でない~ (3, 0.0%)

1 かぎり引き受け, と私たち, のは

▼ 博士とともに~ (3, 0.0%)

1 この部屋, 掌で, 穴の

▼ 博士に対しても~ (3, 0.0%)

1 別居を, 十分な, 特に深厚

▼ 博士はくらい~ (3, 0.0%)

2 顔を 1 目つきで

▼ 博士への~ (3, 0.0%)

1 あいさつも, 紹介状を, 通信器を

▼ 博士ほど~ (3, 0.0%)

1 哲学を, 火星の, 頭の

▼ 博士ぼく~ (3, 0.0%)

1 のこと, の証人たち, はどう

▼ 博士よりは~ (3, 0.0%)

1 今日まで, 十層倍の, 得な

▼ 博士デイ~ (3, 0.0%)

1 の奇法, の隠顕扉, やグラハム

▼ 博士~ (3, 0.0%)

1 仰ッシャッタコトヲ私カラ詳細ニ申シ上ゲテ, 意見ヲ, 落胆ハ甚ダシイ

▼ 博士マレツチイ~ (3, 0.0%)

1 と共に我客舍, と夫人サンタ, は我等

▼ 博士一流~ (3, 0.0%)

1 の, の念入り, の柔和

▼ 博士三善清行~ (3, 0.0%)

1 の, の上奏, の第

▼ 博士丸木艇~ (3, 0.0%)

1 に一つ, はどう, は速力

▼ 博士~ (3, 0.0%)

1 か斡旋, を校訂, 饗應於平八茶屋對山臨溪清談半日席上余謂博士曰花易散人易老君亦

▼ 博士内田銀蔵氏~ (3, 0.0%)

1 がゐる, が礼儀作法, が胃潰瘍

▼ 博士博士~ (3, 0.0%)

1 と云っ, ならさっきここ, もまた

▼ 博士曰スペンサー氏~ (3, 0.0%)

1 は心理學原論中, は所謂, もヘッケル氏

▼ 博士最後~ (3, 0.0%)

1 が覆面, の一人, の一撃

▼ 博士~ (3, 0.0%)

1 が云った, の妻, の邸

▼ 博士~ (3, 0.0%)

1 だ, とか, ならなお

▼ 博士殿~ (3, 0.0%)

1 と上書, と叮嚀, と宛名

▼ 博士火星~ (3, 0.0%)

1 へいく, へでもどこ, までいっ

▼ 博士製造~ (3, 0.0%)

1 のカラクリ, の材料, はこうした

▼ 博士~ (3, 0.0%)

21 の進化論講話

▼ 博士面白い~ (3, 0.0%)

2 話じゃ 1 話を

▼ 博士あたり~ (2, 0.0%)

1 であった, の講義

▼ 博士あれ~ (2, 0.0%)

1 に倒れ, ば海陸軍

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 なつかしゅうございます, 出迎えに

▼ 博士おれ~ (2, 0.0%)

1 のてなみ, はやっぱり

▼ 博士かと~ (2, 0.0%)

1 思い本田, 思うと

▼ 博士からも~ (2, 0.0%)

1 かわいがられたでしょうに, 王立地学協会

▼ 博士きみ~ (2, 0.0%)

1 だけが魔法つかい, は井上

▼ 博士ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ものであった, ものであろう

▼ 博士ここ~ (2, 0.0%)

1 においで, に来られた

▼ 博士こちら~ (2, 0.0%)

1 が, へいらっしゃい

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 恩の, 無事で

▼ 博士さん達~ (2, 0.0%)

1 の予報, よりも本当

▼ 博士すら~ (2, 0.0%)

1 ウラゴーゴルに, 気付かぬ位巧妙

▼ 博士ぜひ~ (2, 0.0%)

1 お力を, 早いところ

▼ 博士そこ~ (2, 0.0%)

1 にいる, に見え

▼ 博士そっくり~ (2, 0.0%)

1 のマスク, の顔

▼ 博士その他~ (2, 0.0%)

1 が比較的, の物理学

▼ 博士それでは~ (2, 0.0%)

1 君の, 大衝突

▼ 博士ただひとり~ (2, 0.0%)

1 だ, であったの

▼ 博士でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, かしら

▼ 博士でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばわからないでしょう, ば学者

▼ 博士とかが~ (2, 0.0%)

1 児童精神の, 少し演劇

▼ 博士とでも~ (2, 0.0%)

1 いった人物, 言うよう

▼ 博士とを~ (2, 0.0%)

1 中心に, 挙げなければ

▼ 博士どこ~ (2, 0.0%)

1 へいかれます, へ行かれる

▼ 博士なぜ~ (2, 0.0%)

1 教えて, 黙って

▼ 博士などに~ (2, 0.0%)

1 聞いて, 見せたかつた

▼ 博士などを~ (2, 0.0%)

1 忘れては, 随えて

▼ 博士ならびに~ (2, 0.0%)

2 偉大なる

▼ 博士なる~ (2, 0.0%)

1 ものは, 人物は

▼ 博士なんか~ (2, 0.0%)

1 少しも, 風上に

▼ 博士については~ (2, 0.0%)

1 いりこんだ魚雷, 私は

▼ 博士にとっても~ (2, 0.0%)

1 モロー彗星の, 意外な

▼ 博士にまで~ (2, 0.0%)

1 させ今年, 診察を

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 あのとき, ここに

▼ 博士のて~ (2, 0.0%)

1 したかも, したの

▼ 博士はか~ (2, 0.0%)

2 ういつて

▼ 博士はじぶん~ (2, 0.0%)

1 が助かる, の上

▼ 博士ひとり~ (2, 0.0%)

1 が住ん, で出来る

▼ 博士ふき矢~ (2, 0.0%)

1 が火星, をいれる

▼ 博士ぶり~ (2, 0.0%)

1 というの, といふの

▼ 博士ほか二名~ (2, 0.0%)

1 が月世界, はその

▼ 博士ほどの~ (2, 0.0%)

1 お方が, 悪者に

▼ 博士ほんとう~ (2, 0.0%)

1 ですか, に大丈夫

▼ 博士ぼくたち~ (2, 0.0%)

1 といっしょ, はこれからどう

▼ 博士までが~ (2, 0.0%)

2 夫人の

▼ 博士みたい~ (2, 0.0%)

1 な人達, にまさか

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 が, の息の根

▼ 博士めがけ~ (2, 0.0%)

1 て二度, て殺到

▼ 博士もう~ (2, 0.0%)

1 おかえりです, ひとりは

▼ 博士もっと~ (2, 0.0%)

1 例の, 綱を

▼ 博士わが~ (2, 0.0%)

1 外交陣は, 大統領は

▼ 博士わし~ (2, 0.0%)

1 の報復, はまだ

▼ 博士われ等~ (2, 0.0%)

2 を顧み

▼ 博士アメリカ~ (2, 0.0%)

1 のベイリー博士, の欲しい

▼ 博士ダンピング~ (2, 0.0%)

2

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 アリPQ病院ニ勤務シテオラレル人物デアルナラ先ズ信用シテ差支エナイ決シテ出鱈目ヤインチキデハアルマイモシ成功シナカッタ場合ニモ必ズ間違イガ起ラナイヨウニ萬全, 私モ随分

▼ 博士ドン助教授三千夫少年~ (2, 0.0%)

1 の三名, の四名

▼ 博士一味~ (2, 0.0%)

1 のもの, の行動

▼ 博士丸木~ (2, 0.0%)

1 は僕たち, をうまく

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 の宅, を診察

▼ 博士事件~ (2, 0.0%)

1 でごったがえし, についての真相

▼ 博士亡き後~ (2, 0.0%)

1 はシュワルツコッフ博士, は半分出資

▼ 博士以上~ (2, 0.0%)

1 のえらい, の天才

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 りて, り種痘

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 のとおり, の氷河

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 はいま, はもうすこし

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 アルゼンチン公使内山岩太郎らを, 東京地方裁判所判事代理人何某

▼ 博士児玉法学士~ (2, 0.0%)

1 か, というよう

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 教と, 教よりも

▼ 博士医学博士~ (2, 0.0%)

1 じゃ, というよう

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 曰く右樣な, 曰動向は

▼ 博士和辻哲郎~ (2, 0.0%)

1 が行った, は天皇制護持

▼ 博士問題~ (2, 0.0%)

1 に関して突然, のごとき

▼ 博士喜田貞吉氏~ (2, 0.0%)

1 がそこ, は国史

▼ 博士大丈夫~ (2, 0.0%)

1 です, ですか

▼ 博士夫人道子~ (2, 0.0%)

1 が同じ, にあう

▼ 博士如き~ (2, 0.0%)

1 がその, のお家

▼ 博士安倍晴明~ (2, 0.0%)

1 が六代, だ

▼ 博士宮嶋幹之助君~ (2, 0.0%)

2 が大層骨

▼ 博士広井勇博士~ (2, 0.0%)

2 などの名士

▼ 博士或は~ (2, 0.0%)

2 その相対性原理

▼ 博士所持~ (2, 0.0%)

1 のもの, のピストル

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 はこちら, はなんだか

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 に持参, へまかり出

▼ 博士曰余~ (2, 0.0%)

1 は決して, は猶

▼ 博士正木敬之氏~ (2, 0.0%)

1 が溺死体, で御座います

▼ 博士殺し~ (2, 0.0%)

1 の嫌疑, の犯人

▼ 博士殺害~ (2, 0.0%)

1 の手段, の現場

▼ 博士~ (2, 0.0%)

2 根輔仁の

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 印からの, 印こそ

▼ 博士王仁~ (2, 0.0%)

1 がもたらした, が百済

▼ 博士発見~ (2, 0.0%)

1 のヒナノシャクジョウ, の十号ガス

▼ 博士白井光太郎君~ (2, 0.0%)

1 の著, はかつて

▼ 博士矢田部良吉先生~ (2, 0.0%)

2 の許し

▼ 博士研究所~ (2, 0.0%)

1 が聳え, の門前

▼ 博士程度~ (2, 0.0%)

1 とそれぞれ, の認容

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 がこの, と先行組

▼ 博士自体~ (2, 0.0%)

2 は杳

▼ 博士自慢~ (2, 0.0%)

1 のロケット, の装置

▼ 博士諸賢~ (2, 0.0%)

2

▼ 博士謹製~ (2, 0.0%)

1 のもの, の摩訶不思議

▼ 博士貴方~ (2, 0.0%)

1 がその, は今

▼ 博士~ (2, 0.0%)

1 を動かし, を掉

▼1* [658件]

博士あたしには許婚, 博士あり助教, 博士ありがたうおつかさん, 博士ありがとうおっかさん, 博士あるいは僧侶の, 博士がいの, 博士いかがですか, 博士いったいあの怪物, 博士いつ最後でした, 博士いま向こうのやみ, 博士いやわしは, 博士いよいよ決戦だ, 博士いろいろおせわ, 博士うまくいきましたね, 博士えらいことに, 博士おしゃれをする, 博士おどかしはもう, 博士お待ちください, 博士お茶をめしあがれ, 博士お話中ですが, 博士お願いします, 博士かの説に, 博士からは依然神経的, 博士がかぶとの, 博士ががなりつけるよう, 博士がはははははと笑れた, 博士きつと仕返し, 博士くらいなもの, 博士くわしくいって, 博士ぐらゐなら何時でもなれます, 博士こっちがドン, 博士こまったことに, 博士これからあの二人, 博士こんなに追いかけて, 博士ごとき東洋人に, 博士さえも身顫いを, 博士さお前知らなかったの, 博士さっきお電話, 博士さっきぼくがおねがい, 博士さっき丸木艇がだいぶん, 博士さて次の, 博士さまお前さまは, 博士さまなにをおっしゃいます, 博士しっかりして, 博士じゃがなんとかし, 博士すこし内談を, 博士すばらしいですなあ, 博士するとあなたは, 博士ずいぶん若くなられました, 博士そう仰有らないで, 博士そういう大噴火, 博士そうそうそんな人, 博士そして十中八九まで, 博士そつくりですね, 博士その他天文台の諸氏, 博士そんなことを, 博士そんなにお隠し, 博士たすけよと呼ば, 博士たらんがため, 博士たるべく方法は, 博士だいぶんしみます, 博士だけしか知らないこの, 博士だけでおのみください, 博士だけのもので, 博士だけを眼中において, 博士だったではありません, 博士だのまたナンジャモンジャ博士, 博士だろうが決して, 博士ゅう学者が, 博士やございません, 博士ったらサ, 博士つていふぢ, 博士づけにし, 博士であったではない, 博士でありましてカナダ大学, 博士でいらっしゃると承りまし, 博士でさえ気が, 博士でさえが安達の, 博士ででもあった, 博士でなかったらだれだ, 博士でなくともわれわれ, 博士でなけりゃ残忍にも, 博士とかいう人は, 博士とから国際雪及び, 博士としての自分に, 博士とすら遠ざかって, 博士とによって主唱され, 博士どうしてここへ, 博士どうぞ教えて, 博士どうやらこっちの, 博士どころか理学者も, 博士どものいひぬ, 博士などから聴きまた, 博士などからも何か, 博士などという人は, 博士などとはたいへんな, 博士などには既にある, 博士などによって着々と, 博士なにがしは或, 博士なりともベトンを, 博士なりを毎日尋ね, 博士なれば逃がした, 博士なんぞあたしの, 博士なんて到底駄目, 博士において今回お願いの, 博士にだって決してわるい, 博士についてのニュース材料の, 博士にでもがあるごとく小説家, 博士にとっての国家としての, 博士にとりましてこれだけの, 博士になんかなって, 博士になんぞなりやあ, 博士にゃとうとうなら, 博士により能く, 博士に対してはかの磁石砲, 博士に従って凍雨, 博士に関することだ, 博士のの公理の, 博士のみ許される尊敬, 博士のみが今日まで, 博士のみは私の, 博士のやしきの, 博士はじめは私, 博士はじめ世界各国おびただしい数, 博士はじめ大勢の見物人, 博士はじッと空間, 博士はちよつと白けた, 博士はつぎに白い, 博士はにが笑いを, 博士はねんをおして, 博士はのそりの, 博士ははだかに, 博士はべんの, 博士はもうちやんと, 博士ばかりは熱心に, 博士ばかりを追駆けまわした, 博士ひとつ御証明, 博士ひょっとすると, 博士びいきなん, 博士ふしぎなこと, 博士へはもう書生, 博士ほかにたれかもう, 博士ほか六名が残った, 博士ほか四氏共編の, 博士ほら話は, 博士また水を, 博士までも加えた, 博士みずからがその, 博士めけしからんぞ, 博士め何をいいだした, 博士め手硬い奴, 博士もしあなたが, 博士ものものしいおすがた, 博士やっとわかりました, 博士やに較べれば, 博士やの論述体を, 博士よりもずつと若々しくピチピチ, 博士らしく挨拶を, 博士ら人民をし, 博士ら数名とともにこの, 博士わかりませんなあ, 博士わたしはまじめ, 博士われわれはあなた, 博士をというよりも, 博士をも出そう, 博士を通じて俺が, 博士アルフォンズシュールの夫人, 博士アンコーの群, 博士アンリ・ピュジェー閣下によって十八世紀, 博士イワンは被害者, 博士ウィスキーなんて浴びる, 博士ウヰールが, 博士エドワード・ビー・クラップの演説, 博士エピキュラス截石法往来の敷石, 博士エピキュロス截石法往来の舗石, 博士オルクス・クラデル氏が筆者, 博士ガソレヲ仔細ニ観察シタ上デ, 博士ガ切ニススメルノデイヤイヤ行ッテ見タ, 博士ガ君ハ今何シテイルカト問ウノデコレ, 博士ギャルツァンという方, 博士クロクロ島へ帰れ, 博士クローレイはさらに, 博士グレー中将参謀長フロスト陸軍少将の四人, 博士サア・ジェイムズ・スチュワアトアーサ・ヤング氏及びタウンスエンド氏, 博士シュタインの説, 博士ショウペンハウエルヴントを読んでる, 博士シーメンス氏は電気, 博士ジョンソンに老衰, 博士スタインの説, 博士向イアッテ立ツ, 博士トルアデック氏花束を抱え, 博士ト談話ヲ交シタ, 博士ドイツの話, 博士ドン助教授それに三千夫少年, 博士ナブ・アヘ・エリバを召し, 博士ニモ診テ貰ウ, 博士ニ来診ヲ乞ウタラト云ウコトニナリ, 博士ニ相談シ大体月ニ一回男性ホルモンノデポヲ用イテイルノダガソレダケデハマダ不足ナ気ガシ, 博士今マデニ何十人トナクコノ患者, 博士ハカセッたら, 博士ハ一遍注射針ヲ局部ニ, 博士ハ今パリ大学ニ滞在中デアル, 博士ハ既ニキシロカインヲ注入シタ注射針ヲ手ニ持ッテイル, 博士バスレー博士メシンガ博士レンデル氏サンガー夫人等いう大家, 博士バックスター博士バスレー博士メシンガ博士レンデル氏サンガー夫人等いう大家, 博士バンチの談話, 博士ヒツスセリング氏ニ就テ欧洲政学ノ要, 博士ヒルデブランド, 博士ヒルミ夫人のいう, 博士ファウストともあろう, 博士ファウスト別名オットカール・レヴェズが人生, 博士フアウストは哲学, 博士ヘルシウス・マットン博士でありまして, 博士ヘンリ・ヴアン・ダイクといふ者, 博士ホイルテンの指, 博士マクドナルドが今, 博士マハラヤナ老が, 博士マリイ・スペンサーといふ婦人, 博士ミシン会社の社長, 博士メシンガ博士レンデル氏サンガー夫人等いう大家, 博士モウパア警部等の率いる, 博士モロー彗星が地球, 博士モ殊ニ重大ナ場合デアルカラ, 博士モ決シテ無理ニスヽメテハオラレマセンオ気ガ向カナケレバオ止メニナッタ方ガヨロシイト云ッテオラレマスカラ, 博士ヨリ杉田氏ニ電話アリ大学ノ整形科, 博士リンの思い出, 博士レンデル氏サンガー夫人等いう大家, 博士信頼シテヤッテオ貰イニナッタラドウカト, 博士一世一代の大, 博士一代に完成, 博士一体この筒, 博士一冊は森田思軒, 博士一女給と心中, 博士一家は東京, 博士一本になりたい, 博士一生を通じての最も, 博士一町六段史生六段の類, 博士一行みたいな運命, 博士一行十名は人員点検, 博士一言居士の某, 博士三十数年来一貫して, 博士三好学君が見えられ, 博士三島毅氏が碑銘, 博士三潴信三氏が婦人職業問題, 博士三角康正さんがこの, 博士上原林学博士を初め, 博士不覚なる次第也, 博士を終り, 博士世界をたちまち, 博士世間では博士, 博士並びに京都帝國大, 博士主宰の劇団, 博士久保天随訳解としてあつ, 博士乗用のロケット, 博士九大の鈴木清太郎博士, 博士事件以来ここへ引っ越し, 博士二ばんめには刑事, 博士二人を御馳走, 博士五来素川氏は或, 博士京都帝国大学の学生監花田, 博士人造人間エフ氏というの, 博士の電話, 博士今前からこっち, 博士今後もどうぞ, 博士今日は折, 博士仏蘭西文学博士オルクス・クラデル氏が筆者, 博士の一人, 博士令夫人だったの, 博士令嬢が鎌倉, 博士以下われらの生命, 博士以下三人がこの, 博士以下三教授の試験, 博士以下六十名の搭乗, 博士以下土浦園田木下小玉博士それに若い, 博士以下専門史家の多く, 博士以下誰がその, 博士仲章を呼び, 博士仲章因幡前司師憲, 博士伊籍学士尹黙その, 博士会一文題を発し, 博士伸子素子の三人, 博士のお, 博士位いだろう, 博士位有名な名医, 博士佐々木東洋氏が, 博士何某なる人物, 博士何某医院の投薬, 博士保章の子, 博士俳優いずれの道, 博士倫敦正金支店の, 博士の思い過し, 博士僧都一揖して, 博士があ, 博士入魂のピニヨン夫人, 博士全く独り雇人と, 博士八木沢節斎の長女, 博士を驚かせた, 博士其の他の, 博士其人に執っ, 博士の方, 博士冗談はよし, 博士写真などはいと, 博士冷却管の故障, 博士初め三十幾人の出席者, 博士初め同窓や旧知, 博士創案の奇妙, 博士加奈陀国立研究所のクライン氏, 博士加宮久夫は本日医師, 博士加藤時次郎の二人, 博士勝ってくださあい, 博士勝つか, 博士十号ガスを爆弾, 博士南部法電氏御夫婦, 博士博士大変だよ, 博士占文を開い, 博士即座に, 博士及第者の数, 博士古市公威内務省衛生局長後藤新平大蔵省主税局長目賀田種太郎農商務大臣秘書官早川鉄治農事試験場技師坂野初太郎農商務省技師細井岩弥同和田国次郎, 博士只今バーミンガムの特殊鋼工場, 博士吉井北原與謝野伊藤古泉斎藤平野上田諸氏が集, 博士吉田卓爾先生証明と横, 博士吉野立蔵氏矢野玄道氏外に青山廷光氏川田剛氏, 博士同様断乎たる結論, 博士同様驚異をありあり, 博士は, 博士アルセーヌ・ルパンであった, 博士周章して, 博士呼ばはりを, 博士呼わりをされる, 博士和田垣謙三氏といへ, 博士喰い逃げとは, 博士困りますなあ, 博士在世の時, 博士地下などにほんとに, 博士地球とモロー彗星, 博士地球最期の日, 博士坐乗の魚雷型快速潜水艇, 博士坪井九馬三氏の, 博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 博士執刀の下, 博士執筆の, 博士増田翼はかく, 博士外一名がこれから, 博士外三名は早く, 博士外科の杉村博士, 博士博士程度と, 博士大いに閉口し, 博士大変だよ, 博士大学頭範雄の三男, 博士大河内正敏氏についても同様, 博士大河内輝氏久野秀二氏等がその, 博士大臣大軍人, 博士大辞林に, 博士天文博士となり, 博士天文学講義とか何某教授ギリシア哲学史, 博士夫人欣々女史は老後, 博士夫人涌子の穏, 博士夫人珠江子という博士, 博士夫人雪子とはすくなくとも, 博士夫人雪子女史だったでは, 博士夫妻津久井氏夫妻が來, 博士女王の侍医頭, 博士如何なる偏見を, 博士始め皆様元気に変り, 博士始末計画がうまく, 博士子爵大河内正敏氏その他を主として, 博士孔安国の訓説, 博士学士院会員会計検査院長勅選議員子爵という肩書, 博士学士雲の如く, 博士学者宗教者隠者からし, 博士学者徳者に逢い, 博士学者達はその, 博士宇宙はユークリッド, 博士宇宙艦というの, 博士安田徳太郎氏はこの, 博士安部磯雄氏なども直接新島君, 博士と云, 博士実は怪塔王から, 博士富井政章博士村田保君等の諸君, 博士實業家など藝苑, 博士審問の任, 博士寺田寅彦先生の御, 博士寺田寅彦君もいた, 博士対首領のすさまじい, 博士對警官の小, 博士小太夫の家, 博士小川琢治氏も次, 博士小林少年松野さん八木さんいまひとりの青年, 博士小泉省治の前, 博士小藤文次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 博士小西重直氏は鴨河, 博士少年は笑い出した, 博士少年探偵団長小林少年ポケット小僧をはじめ, 博士山崎正董氏であったが, 博士山形警部それから勇敢, 博士山本誠という名, 博士山田三良君の補助, 博士山田幸男君からの所報, 博士岡野啓次郎氏という事, 博士島田篁村翁の家塾, 博士嵯峨根遼吉氏其の他, 博士川村清一君は日本, 博士市村光恵氏は憲法学者, 博士の右, 博士常用の机, 博士を脱し, 博士幾人の博士, 博士幾何学の論理的基礎, 博士広井勇氏が大学紀要, 博士座乗のロケット, 博士建築家の, 博士式民族国家絶対主義が絶対的, 博士は印刷活字, 博士待っていた, 博士後藤末雄さんの家, 博士得ませと別れし, 博士必敗の運命, 博士怪力線という奴, 博士怪物を説く, 博士をお, 博士悪あがきはよし, 博士愛機の視野, 博士感心したよ, 博士我々が火星, 博士戸澤外國語學校長和田東京美術學校長阿刀田, 博士所藏の蘭, 博士技師請負師なぞの歓迎ぶり, 博士投身自殺す, 博士押鐘童吉は五十代, 博士拘引後絶食十三日で死ん, 博士捜索隊の出発, 博士搭乗の, 博士撮影の, 博士放言す, 博士救助の新, 博士教授連又は各地, 博士教示に天保十三年, 博士数十名の学士, 博士文士はた官吏, 博士文学博士法学博士として通っ, 博士文学士連中の名, 博士文学部の和辻博士, 博士文學博士有賀長雄君の先祖有賀長伯一家, 博士賜宅, 博士新渡戸氏が梅花女学校卒業式, 博士新田先生の三人, 博士既にこれを, 博士日本美男子紳士探偵結城新十郎, 博士早くピストルを, 博士早速ですが, 博士星野恒氏は国史, 博士なるか, 博士曰く第一, 博士曰そこで右嚮動, 博士曰ウント氏も意思, 博士曰ク私ハ専門ガ違ウノデ左手, 博士曰ダンテはま, 博士曰以上論ずるやう, 博士曰花易散人易老君亦須及, 博士曰進化論は右, 博士有賀長雄君の先祖有賀長伯一家, 博士と酸素, 博士木戸信之氏は真面目, 博士木曜会の幹事, 博士未亡人に慈愛, 博士末広恭二君の死, 博士本人は一体, 博士本多静六は妙, 博士本館のロケット到着, 博士村田保君等の諸君, 博士の筈, 博士来たまひ, 博士来年の四月四日, 博士来診でんと, 博士東助及び主人, 博士東北帝大の広浜, 博士東雄の歌, 博士松下真孝氏と結婚, 博士松井元興氏, 博士松村様のは弁護士さん, 博士松野さん八木さん小林少年八木さんのつれ, 博士林駒生氏が固く, 博士某氏などが出獄後, 博士といふやう, 博士校訂の, 博士桜井さんの三人, 博士楊羽の魔術, 博士横田喜三郎氏が, 博士橋本博士と云う, 博士歓迎観劇会を催す, 博士五位下摂津守と, 博士正木先生の居られる, 博士武田久吉君からの返, 博士武田久吉氏であった, 博士の船, 博士死去のため, 博士死後新総長小西重, 博士残りの一人, 博士殺害事件か, 博士殺害現場捜査の許可, 博士毒瓦斯の方, 博士が生え, 博士民法学博士法学博士王立科学協会会員等なるヘンリー・ジーキル死亡, 博士氷河期が近く, 博士永眠の電報, 博士池田成彬後藤新平平田東助等の青年時代, 博士沢村専太郎などいう, 博士法学博士として通っ, 博士法学博士王立科学協会会員等なるヘンリー・ジーキル死亡, 博士津山進治郎としてしか知っ, 博士津田左右吉の天皇制護持, 博士の処, 博士浮田和民が生物学的立場, 博士海底地震はやっぱり, 博士清水氏と待合せ, 博士清瀬一郎は被告たち, 博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 博士濫造の呼び声, 博士火星人がここ, 博士火星兵と戦う, 博士火星兵団の怪力線, 博士無言教の寡婦さん, 博士牟多口氏等の人びと, 博士牧野富太郎氏は今, 博士牧野輝智氏の時事解説, 博士物凄い形相を, 博士特有の装飾癖, 博士狩野直喜氏は洛東田中町, 博士独得の病巣固化法, 博士猛獣のたてがみ, 博士王水険上と初めて, 博士王立科学協会会員等なるヘンリー・ジーキル死亡, 博士瑞西の雪崩研究所長ドケルヴァン博士, 博士生前の努力, 博士田辺朔郎氏は軍人軍属, 博士田部芳博士と共に起草, 博士はたいへん, 博士異状はありません, 博士発明のあべこべ砲, 博士白石右策氏だった, 博士的特性を説明, 博士監修の, 博士監督の下, 博士はどう, 博士直々の談, 博士直属の研究班, 博士相會於洛北一乘寺之遂志軒因主人金子君之發意, 博士矢田部良吉という歴, 博士石橋智信の筈, 博士神巫が亭主, 博士神田茂氏など斯界, 博士福岡随一の無鉄砲有志, 博士私たちはそう, 博士秘蔵の潜水軍艦弩竜号, 博士秦四書頭と言, 博士秦宗吉氏が, 博士穂積重遠中川善之助両氏の責任監輯, 博士の中, 博士竹内先生は次, 博士竹内時男教授などだろう, 博士竹田博士文学部の和辻博士, 博士笑って曰ク, 博士二発動機が, 博士等数名が出張, 博士算生をおい, 博士九千人の, 博士紅玉島へかえる, 博士紳士と盃, 博士続けていわく, 博士維時の子, 博士総長たり, 博士編纂の, 博士織田萬博士および船山曄智君, 博士美術のフェノロサ, 博士老大家の風格, 博士聞かせてください, 博士聞きて友, 博士自らていねいに包み, 博士自ら小池助手を引きつれ, 博士自筆の蛇柳原稿図, 博士自製のこまごま, 博士自身ガ神経過敏ニナッテイタノガイケナカッタノダト云ウ点デハ二人ノ意見ガ一致スル, 博士自身警察とは別に, 博士の本, 博士は, 博士芳賀矢一氏は酔, 博士苦心の結晶, 博士葉子の席, 博士蒲生検事市川判事山口署長司法主任私服特高課員二名のほか, 博士藤井健次郎博士は陰, 博士藤岡君等のやう, 博士藤野正啓氏岡松辰氏が少, 博士もない, 博士號辭退問題なども夏目君, 博士蛭田でした, 博士にし, 博士蝋山教授が法医学, 博士製造高が同年, 博士西晋一郎教授という存在, 博士見えますか宇宙塵, 博士見贈榧製棋局賦詩謝之, 博士親娘と思い込ん, 博士ふ事, 博士訪問博士は大学同窓也, 博士りでは, 博士はうまく, 博士誘拐事件をあの, 博士にし, 博士か容疑者, 博士課程をとる, 博士課長や警官, 博士調子はづれの声, 博士調査団の用船, 博士論文位の価値, 博士諸氏などで此, 博士警告の爆発予定日, 博士貴様の先祖, 博士赤木氏御夫婦, 博士赤沢金弥と名乗る, 博士身振りに従って発声, 博士辻川聖弦はどう, 博士近藤奎三氏を伴來, 博士返事ができない, 博士追出し策に, 博士追悼会あり, 博士の診察, 博士連れの女, 博士過去未来を通じて最高, 博士訪于哲孟雄, 博士遠藤吉三郎であつ, 博士遠藤隆吉君に甲板上, 博士遺言書と書い, 博士那珂先生の卒去, 博士邸あとへやって来, 博士邸其他数軒の文化村式, 博士邸時間は午後八時, 博士邸裏の鉄道線路, 博士邸跡の地底, 博士重野安繹は当時, 博士重野安繹撰と書けり, 博士重野某職を史官, 博士野上豊一郎君や大審院検事, 博士鋼鉄は本多博士, 博士長島長太郎は別居, 博士長崎仙太郎氏は言, 博士門下生の博士達, 博士関野貞氏は古代建築専攻, 博士阿部晴明は母, 博士降服しろと, 博士に凱歌, 博士電氣屋の松永安左エ門, 博士高山峻藏君の母君, 博士高木豊三博士等の組織, 博士高橋誠一郎が文相, 博士鳥尾小弥太子らがあり, 博士黒川真頼君の考案, 博士黒板勝美氏は職業柄, 博士齋藤茂吉といふ名刺