青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「加~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

創造~ 劇~ ~劇場 劇場~ 劉~ ~力 力~ ~功 功~ ~加
加~
~加え 加え~ ~加減 加減~ 加藤~ ~助 助~ ~助け 助け~ 助手~

「加~」 6380, 66ppm, 1722位

▼ 加~ (1098, 17.2%)

19463 られて 39 たもの 30 たの 26 なければ 15 ました 12 ようと, られた 10 ずに, たいと 9 たこと, られたもの 8 ないで 7 たいの, なかつた, よう 6 たい, たので, たやう, ます, られたこと 5 たことは, たるもの, てあつた, ねば, やうと, られたの, られる, られること 4 たが, たるは, てい, ない, なくては, ぬ

3 [13件] さへ, ず, ずとも, ずには, たかといふ, たる, たるが, つ, ない方, なかつたか, ぬさりとて, ようとして, られると

2 [34件] させて, ざるは, ざるべからず, し, しや, ずして, たいことは, たく思ふ, たけれども, たと, たりき, たる非行は, た筈, ないのに, ないやう, ぬこと, むとするの時に, られたり, られたるは, られた批評, られても, られねば, られます, られるかも, られるであらう, られるの, られるので, られるやう, られる言葉, られ眼, マアテルリンクの, 加へ, 度い, 得ると

1 [439件] ありともかく, うる攻撃, おき下されまするやう, おしなべてかくい, および第, かたその, かねなかつたらうと, けり, けるに, けんやう, これによ, これを, さうもない, させた, させれば, させ給, さればこそ, ざらんと, ざらんや, ざりつる共に, ざるが, ざることあらじ, ざるに, ざるのみ, ざるのみか, ざるべし, ざるまでも, ざるも, ざるを, ざる處, ざれば, しかして後, しが, しこと, しことならん, して, しなり, しのみ, しは, しめたの, しめたり, しめたるもの, しめて, しめないやう, しめよ, しも, しもの, しを以て, しアカイア, し一軍, し彼, し油, し物, し者, し處, し赤大根, じ減かじ, ずさかん, ずば, ずむしろ, ず悠々, ず情, ず我, ず我我, ず時間, ず演出, ず犯者以外, ず田丸浩平, ず自殺, ず静か, その広大, その性, その會昌五年, その肉, その視線, それから, それに十位, たあの, たいから, たいとも, たいな, たいもの, たいやう, たい希望を, たい念願が, たい慾望を, たい様, たい欲望を, たい蛇足が, たか, たかと, たきは, たくない, たことも, たこの, たさうである, たさうです, たその, たつもり, たといつて, たところ, たとて, たまひしならん, たらしくそれだけ, たらその, たら人が, たら安全だらう, たり, たり始めた, たること, たるすら, たるとき, たるなどは, たるなり, たるのみ, たるやも, たるアカイア軍の, たる上足を, たる人道主義者, たる勇気も, たる勇氣も, たる彼の, たる心地なり, たる所なり, たる文殊菩薩に, たる時に, たる時家女と, たる汚, たる点も, たる痕跡歴々として, たる目次あり, たる筋の, たる者なる, たる者なれ, たる部分あり, たる青年の, たる點も, たれば, た俊爽, た榮養素, た様, つある, つづけて, てあつて, てかへす, てこ, てた, てないから, てないもの, ないから, ないが, ないこと, ないといふ, ないの, ないので, ないばかりか, ない作者, ない前, ない描写, ない重さ何噸, ない限り, なかつたかと, なかつたならたと, なかつた思考, なくつて, なさつた御, なば, なんとす, ぬかぎり, ぬと, ぬ原則, ねばなるまい, まい, ましたならば, ますが, ますけれども, ますとね, ませう, ませぬ, または用心, むとしたるの罪は, むとの, む思ふ, やがて暗闇, ようかしら, ようため, ようといふ, ようとしても, られ, られここ, られざりしもの, られしたしく, られずに, られそして, られその, られそれ, られたかは, られたから, られたが, られたと, られたといふ, られたとは, られたにも, られたので, られたやう, られたる, られたる傷害, られたる産物, られたる者, られたる良馬, られたれど, られた上, られた人間特有, られた他, られた其の, られた其時代, られた内容, られた噂, られた如き觀, られた家, られた強大, られた形跡, られた思想, られた木片, られた柔, られた樣, られた樣子, られた此, られた物語, られた発送管, られた眞劍, られた神, られた處, られた血, られた跋文, られた跡, られた部分, られた鋭い, られてた, られてを, られなかつた, られながら, られなければ, られぬ, られぬが, られぬもの, られぬ心地, られはじめた漫才, られましたが, られようとして, られるあらゆる, られるだらう, られるとき, られるところ, られるとしても, られるとは, られるに, られるもの, られる一種, られる事, られる幸運, られる度數, られる所以, られる抑圧, られる拘束, られる神秘, られる筈, られる非難, られれば, られんこと, られ一行, られ候由, られ儒家, られ国造, られ完全, られ居候, られ平安, られ得ないといふ, られ御, られ時局下, られ正規, られ此月備後及備中, られ歪められて, られ牝鶏, られ牝鷄常, られ真に, られ説明, ろと, ろといふ, アカイア陣營と, 一層高く, 一方その, 下されい, 不撓の, 両国橋上に, 並に, 中國, 之に, 乍ら母は, 二と, 五十余日し, 会話の, 似合つて来そのある, 但し書, 併せて, 來り, 元利共急, 入院した, 全体の, 八五郎と, 其の揚句極刑, 其側に, 其意を, 其民ひとしく, 兼ねた上, 凡そ恋愛, 出しました, 出版せられ, 初めた, 別稿, 動的方法を, 北へ, 原因に, 原稿の, 又ここ, 又は加へん, 又は嫁, 又勝手, 又唐, 又水, 口を, 古今集ぶりを, 古来伝承の, 同主義者, 味は, 味深く, 四月三日を以て, 四邊の, 夏は, 夜番の, 天下の, 女の, 始めた頃, 子供沢山の, 孔子の, 學習の, 屋根に, 当暮, 彼等の, 得ざらめや, 得たに, 得たの, 得た一方, 得ない奴, 得べ, 得やう, 得るかといふ, 得るつもり, 得るの, 得る力, 得る外, 得る日, 得る限り, 念々に, 愚劣に, 成るべく一讀, 我手足は, 或は賦租, 所謂問題劇の, 手に, 指を, 掛物に, 散歩を, 数字を, 整頓を, 新に, 施して, 日本青年としての, 明日の, 明日退院の, 是に, 晩餐式施行法, 暫く其の, 曲つても, 更に時代, 更に百日, 更に知縣, 書面の, 朝廷も, 材料構造に, 来りて, 来れる二千年来, 極あめり, 此緊縛の, 武士道の, 死体引捨に, 死罪中でも, 毒竜霧を, 激しく締めつけた, 火を, 狸肉を, 當該校長も, 百かつ千千瓢向, 砂糖温飩粉に, 私ども三人は, 秋は, 窮屈なる, 算が, 算である, 算でも, 算引き算掛け算割り算と, 築きあげ鍛, 簡單直截を, 紫を, 給うたこと, 給ひし, 給ひたり, 給ふおん, 給へり, 自らも, 自己を, 自然界に, 英人も, 薪とり隊は, 行く可, 諸種の, 賜ハリテ悦バセ給ヘル歟, 超自然, 輕く, 通って, 遂に歿年, 道人の, 鉄瓶の, 須世理姫は, 餘り, 馬鈴薯と共に, 高くなり, 黄金の, 鼻を

▼ 加へて~ (627, 9.8%)

15 ゐる 10 居る 7 ある 6 ゐた, 置く, 行つた 5 來た, 來る, 来て 4 きて, ゐること, ゐると, 九十三を 3 おいた, おきたいこと, おく, くる, それを, ゐたこと, ゐるの, 下さい, 置かう, 自分に

2 [41件] おかう, おかなければ, おくが, せい, どうだ解るまい, まゐりました, やらうといふ, ゆく, ゐたが, ゐるやう, 云った, 五人が, 値踏みを, 四人は, 実と, 實と, 居て, 居ます, 居ります, 居ること, 居るの, 彼の, 来たが, 来る, 浚つて見させられた, 深刻なる, 男をも, 私に, 置くが, 置くの, 自分の, 行く, 見た, 見たいの, 見ると, 言ふ, 言ふなら, 試驗した, 貰ひませう, 造つた, 開元

1 [434件] あの人, ありません, あるけれども, あること, あるし, あるほか, ある所, あれまでに, いいか, いた, いただき御, いつた, いつて, いろ, おかねば, おきませう, おくと, おくべきだらうところで, おのれも, おやりなさい, お泊めする, お玉ヶ池の, お蝶, かなりの, きは, くりかへ, くるばかり, くれました, くれる, くれるで, くれるならば, くれる按摩さん, この一巻, この姫王, この洞穴, これを, さらにアポロン, ざつと五貫目わざ, ざつと六七十人の, ざつと十五人, しまつ, すぐれた批評家, すつかり, そして出来上つた作品, その創造的価値, その實現, その日, その昼餐, その罪, その長官, それぞれの, それらの, どこか, どの家, のちに, はげしい風, ほしい, ほしいと, またその, まんが悪く, みたが, みたの, みたらどんな, みたり, みよう, みようと, みるひとつ, もらひたい, もらふこと, やうやく出す, やがて本書, やつた, やつたら, やはり葛, やりこれ, やりたいと, やりたい衝動, やるの, ゆくこと, ゆくといふ, ゆく世代, よければ, わざと作者, ゐたかは, ゐたに, ゐたの, ゐたらしい, ゐた訣, ゐない, ゐないの, ゐない鋼鉄, ゐなければ, ゐました, ゐるが, ゐるとは, ゐるに, ゐるほか, ゐるほど, ゐるもの, ゐるらしい所, ゐるわけ, ゐる一言, ゐる様, ゐる点等佳作, ゐる皮肉, ゐる目, ゐる者, ゐる青, クツクの, ザツと, スラングといふ, ヂツと, ボタンを, 一と, 一尺近い, 一時には, 一続きに, 一足毎に, 七つと, 三と, 三人は, 三人押上にて, 三光節といふ, 三千石の, 三百九十円かね, 三音に, 三體と, 下さらないやう, 下さるやう, 世に公, 乾し固めて, 二と, 二十三人だけ, 二十八日を, 云つた, 云ひました, 云ふ, 云ふと, 云ふなら, 互に感心, 五人その, 五人で, 人々は, 人に, 人は, 人物画だけを, 人足四人の, 今の, 今夜は, 今度は, 今日の, 他人の, 他方では, 以て, 以來支那歴代の, 何如の, 何彼と打, 何時かは, 作つたと, 來, 例の, 侍れば, 僅に, 元禄時代に, 兒童に, 全く興味津々卷, 八日間に, 六人宵の, 六人船頭の, 六夷と, 其を, 冬中の, 出版する, 出版商業主義の, 初瀬と, 別居を, 勘定する, 勢ひづけられた, 勵せ, 北原白秋等七名の, 北斎一流の, 千兩に, 午後八時に, 南支那の, 印刷に, 却つて親しみの, 厳しくわし, 参ります, 又知識的, 口語體に, 只管, 同一事, 同行四人腰かけたる, 名と, 名護の, 吐き出す煙, 吾等の, 品物を, 喇叭を, 喋舌りたてた, 四人で, 四人と, 四人に, 四人の, 四十人あまりその, 四十八萬圓に, 四千五百石と, 四畳半で, 四重奏, 四重奏其中庵は, 国民の, 多田君は, 大きく考へ, 大和ホテルの, 大抵の, 大智氏は, 天津教に, 天降らしめた, 妙なる, 妻の, 嫌で, 学校に, 家老石津右門藤兵衞と, 密かに, 寛正, 實を, 寺は, 尊厳な, 小谷と, 少小, 居た, 居たの, 居られる, 居るから, 居るやう, 居る倶摩羅迦, 居る各種, 居る學校, 山雅房から, 巴里の, 市の, 幾多の, 建てたので, 弁護人全体の, 弐円弱である, 彼は, 彼女は, 彼等人民が, 往來を, 後に, 快を, 恋々の, 悪文と, 意義の, 我々の, 我に, 我室内を, 或る, 抑へ, 抜きさ, 拂ひ, 拓くと, 放さない, 教授する, 教育すれ, 散々に, 文字通り, 文語を, 日本の, 日本へ, 日本人の, 日本全国近隣友邦の, 昨今の, 晩春の, 更に何枚, 書いても, 書店河内屋喜兵衛同, 曾根部落の, 最高の, 本と, 来たこと, 来たの, 来た為, 来ても, 来なければ, 来ねば, 来るから, 来る事, 果が, 橋の, 橘曙覧全集が, 次の, 欲しい, 欲しいと, 欲しいの, 歌つたのだらう, 歡喜天の, 此に, 此を, 此二月十九日と, 此気質が, 此處に, 此都市に, 歪曲せしめた, 歸つて來たら, 殊に或, 毎月三十円なにがしを, 汝の, 江戸の, 法廷を, 淨書もえせずし, 渠を, 渠自身も, 源左衞門の, 演じて, 漢文の, 火勢の, 無上の, 煽いだ処, 熔巖の, 物案ずる, 独特な, 獨り, 玄関造に, 玄關造に, 現したもの, 現在の, 現地踏査の, 理会を, 生ずる沈澱, 用言と, 申したい意見, 申述べます, 當時我が, 疾走し, 疾駆し, 百篇と, 皆は, 皇室御, 盛大な, 盛衰興亡の, 相変らず, 研究せね, 神経型の, 禮教を, 私の, 私は, 立派な, 竪に, 第五, 篠田の, 糊を, 糞レアリズムに, 経として, 経典の, 結局飽和度に, 総計十二居る, 編入保存された, 總損失一億一千三百餘萬圓その, 總計, 纔に, 置いた, 置いた方, 置いて, 置かなければ, 置きたい事, 置きます, 置く事, 置けば, 考へた方, 考へて, 考へねば, 考へること, 考へると, 肝心の, 自から, 自ら発育する, 與へ, 若い出品者, 苦々しげ, 葬式の, 蒼古な, 蔵し, 薪材の, 行かれる姿, 行くこと, 行くで, 行くの, 行つたから, 行つたのである, 衣裝は, 補祭は, 襲撃され, 見たところ, 見ましたが, 視野遠く, 言ひました, 言ふべき, 証書を, 説かうと, 説くこと, 説明する, 読んだので, 諒闇の, 諸国より, 貰は, 貰ひたい, 貰ひたいと, 貰ひたい詳しい, 賜べとて, 足は, 近所の, 通詞といふ, 進行しつ, 遂に南京貢院, 運が, 過ぎた, 道家に, 遼河を, 遼豕の, 配るも, 酒杯に, 重右衛門, 野中の, 野村の, 鎌倉時代を, 鏡花楼上の, 長安の, 隱居所の, 飮むこ, 養はれ, 香水やら, 馬を, 驅け

▼ 加うる~ (463, 7.3%)

18 にその 13 にこの 6 ことを 4 に彼, に更に 3 ことが, にお, に今, に彼ら, に敵, に私, に自分

2 [22件] こと, ことなき, ことに, ことは, ときは, に, にあらゆる, にここ, にこれ, にほとんど, にまた, に他, に僕, に友軍, に大, に我国, に日本, に易, に至った, に近年, に雪, の理

1 [353件] ことあるべき, ことと, ことなく, ことなし, ことによりて, ことの, ことも, ことをも, こと一万余一兵ごとに, こと多し, つもりである, ということ, といえ, ところが, ところも, とのこと, ともいかなる, にあらざれ, にある, にいたずら, にいったん, にいわゆる, におのれ, にかの, にかの蝋燭, にかれ, にこれ等, にこんど, にご, にさき, にしばしば, にすこし, にそこ, にそれ, にただ今, にどうも, にどこ, になお, には数学者, にばくち, にも又, によく, によるもの, にわが, にアッツ島その他, にウルムゼル, にチベット人, にブルジョア勃興期, にボーリユー, にマック, にマノン・レスコー, にメラス, にロンジュモー, に一つ, に一七〇クヲタア, に一目, に一般, に三度, に不動, に不思議, に世間一般, に中国一流, に主人, に予, に予備隊, に二六時中四方, に交通, に京弥, に人為, に人物, に人間関係方面, に今朝, に仏, に仮定, に会津, に低劣無慙, に余, に余り, に信仰, に俳優澤村曙山, に俸給, に個人, に健康, に儒者, に元就以来, に光秀, に公, に六十一歳, に六尺豊か, に兵力, に内心, に処女航海, に前後二回汽船, に劉備, に動物, に北海, に十月革命, に南, に南軍, に厄日, に厳重, に及ばず, に右, に各地, に各州, に君, に吹きはじめた, に呉, に商業家, に喧しく, に四月十七日以来, に国情一変, に在位二十八年, に地, に城中, に城庭殿廊, に士気, に売られたる, に外物, に多分, に夥しい, に大坂表, に天平四年, に天災, に夫, に夫婦, に女子, に女性, に好奇, に妻, に婆, に婦人, に子供, に孔明, に宗教家中, に宗教意識, に官兵衛, に容姿端麗, に容易, に容資典雅, に宿痾, に富者, に対象物, に尽忠報国, に干潟, に幾分, に底力, に式部小町, に弥生, に張玉, に当世的, に当時ギリシア, に当時赫々, に彼方, に後主, に従ってこれ, に従来, に微力なす, に性来, に意外, に慇懃, に我が国, に手工細技, に持っ, に政治上, に敗残, に数多, に文忠, に文明精巧, に新た, に日々, に日本人, に日本人拒絶, に日本劇川上一座, に旧習, に時蔵, に晩年期, に暴動, に書物, に曹旦那, に最も, に最近私, に有難, に未来, に本件, に本書, に東京出張員, に東洋, に板, に林冲, に柔らか, に桃花水, に森山, に椿岳, に機械, に歴史的段階, に母, に毒竜, に毛利方, に江南以東, に法正, に洗練, に浅間岳, に海, に海内, に海底電線九万七五六八英里, に海路毛利方, に湖上, に湖水, に満目, に滝津瀬, に激しい, に火山脈, に火星, に物理学者, に犯罪学者, に珍, に理論活動, に生活, に由緒, に男子出生, に番屋番屋, に百剣林立, に百年前, に盛夏八月, に監守, に真, に短い, に砂泥, に神楽坂署, に神話説話両者, に神道, に秋川家, に秋涼, に稀, に稗益, に種々, に穀物, に突いた, に競争者, に紫玉, に結婚年齢, に緑林山野, に緑葉染むるがごとく, に編者, に羨望嫉妬, に義務感, に翅, に老後, に老母, に肉, に肝心, に肺腑, に膳椀, に自国, に自然, に自由, に至っ, に至りました, に至る, に艶妻, に若い, に草木, に薩州長州, に蜀廷, に袁紹自身, に裸, に襄陽城, に西洋, に観測所, に謝金, に豁達豪放, に豊富, に資金欠乏, に賽児, に趙雲子龍, に趣味的, に足守川, に踵, に躊躇, に身体, に軍務, に連想上種々, に進歩, に過ぎざるべし, に過去, に道明寺川, に道衍, に選挙権, に長大, に長州征伐, に長江, に門口, に門地閲歴, に陶酔, に陸, に隠忍, に雨, に霧, に非, に面色墨, に頭脳明晰眼光, に風土記, に風波, に餅菓子兼営, に養父勝家, に香港, に馬岱, に馬鹿げた, に駒井甚三郎, に駿馬, に高原, に高貴, に魏, に魚売, に鶴江, のに鹿, のはなはだしき, のみ, のみなれ, のみにし, のみのこと, の余儀なき, の価格, の式, の暇, はこれ, は世界古今人情, は全く, ばかりで, ものが, もので, ものと, を要す, を要する, を見る, を説く, 事数日なり, 仔細は, 力ある, 可らざる, 和歌山県の, 必要が, 念が, 所が, 所以で, 様に, 様子だ, 権詐詭奪の, 毎に, 社会性, 者さえ, 要はない

▼ 加~ (405, 6.3%)

76 の頭 5 の面 4 のこと, の傍, の方, はそんな 3 の推理, の身分, の鼻, はこの, はその, は皇帝, は鶴子

2 [33件] がどこ, が皇帝, が鶴子, その人, だと, にすれ, の前, の勘当, の名, の眼, の肩, の腕, の膝, の身持, の顔, の鼻先, はこれ, はそう, はそれ, はたちまち, はつい, はまた, はまだ, はホッ, は今, は安, は急, は横柄, は狼狽, は秀陳, は自分, は驚い, を殺し

1 [284件] からの音信, から聞いた, がいい, がいう, がここ, がこの, がその, がそれ, がどうして, がなんと, がぶち込まれた, がまさに, がカアネーション, が予期, が人波, が今, が今夜東京会館, が代筆, が何, が出, が北大, が古今, が客間, が崖下, が当家, が昂奮, が有明荘, が溜池署, が犯人, が玄関, が肩, が腑抜け, が雲煙看過, が額際, だ, だけが活躍, だけを松谷鶴子, だとばかし, であらね, であるか, であると, であるに, です, ではない, でもさすが, でもない, でも満座, という人物, という夕陽新聞, という存在, という愚, としてはなかなか, として拘留, との交渉, と一緒, と向き合った, と安, と宗皇帝, と怪人物, と杉代, と眼, と結論, と遊んだ, と間違われ, などが心, などの手, なる人物, なる拘留人, に, にいわせる, にたのまれ, にとってことごとく, にどうして, にはこの, にはすでに, には勘当後, にひそか, にも漸く, にシャンパン酒, にピッタリ, にヨメ, に兄者人, に手渡し, に違い, のいい, のほか, のヨメ, の上京後, の両人, の今, の側, の動勢, の受売り, の口元, の名札, の告白, の味方, の境遇, の声色, の大脳, の失敬, の家, の尻, の居所, の居所変名, の居所姓名, の屍体, の席, の想像通り, の意識, の憐れ, の手, の手紙, の手首, の抑揚, の指先, の捜査願い, の改心, の新居, の比, の注意, の活躍ぶり, の混乱, の特徴, の申述, の知っ, の窮境, の粗雑, の胸, の脳底, の自動車, の落胆ぶり, の行動, の行方不明, の視線, の記憶, の該当者, の遊び仲間, の運命, の面倒, の顎, の食器, はあたかも, はあの古, はあわて, はいま田村町, はいよいよ, はうう, はうるさ, はお, はこういう, はここ, はさっき, はしきりに, はそういう, はそこ, はたしかに, はとうとう, はどう, はなかば錯乱状態, ははははと下等, はひっくりかえる, はひと, はほとんど, はまたまたガッカリ, はもはや, はやけっぱち, はわれ, はウマウマ, はギョッ, はグッ, はスッ, はタキシード, はフラフラ, は一種昂然, は乏しい, は他, は何, は例, は元々, は勝手, は十二年前, は十五六, は南部甲斐守, は呆気, は唇, は嘔吐, は埓, は多少, は委細, は嬉し, は小, は嶮, は度胆, は当家, は忌々し, は忘れ, は思わず, は急い, は怨めし, は愁傷, は意気揚々, は愕然, は慌て, は手, は手携電燈, は拍子抜け, は新聞, は昂奮, は昨夜一ト口, は杉代, は根, は様々思案, は横手, は止む, は死体, は気がつかぬ, は泣き, は泣きっ, は溜息, は漸く, は焦れ切っ, は生きてる, は皮椅子, は眉根, は真名古, は眼, は知っ, は穴, は立, は筒先, は肚, は胆, は胸, は胸先, は自若, は舌打ち, は花, は苔, は観念, は軽く, は追, は逃げ腰, は鏡, は長椅子, は電報, は首, は魔都, は鼻, ばかりで, ほど感慨深く, まで丸裸, もこう, もそれ, もなかなか, もゾッと, もムッ, も持てあまし, も曳かれる, も止む, も油断, も狼狽赤面, も腹, も蒼白, も見知り越し, よさよなら, をここ, をつれ, をデッチなみ, を勘当, を壁, を導き入れる, を引, を押し包む, を拘引, を本当, を殺す, を皇帝, を脅かした, を身代り, を転居, を軽蔑, を銀座裏, を高貴

▼ 加へる~ (309, 4.8%)

22 ことが 15 ことに 10 ことを 9 ことは 8 ことも 7 といふ 5 やうに 4 と云, のが, のであつ, のである, のは, 事を, 必要が, 必要は 3 ことで, ものが, もので, 事に

2 [15件] かといふ問題, ことによ, といふやう, といふ状態, ところの, とすれ, と五, のでした, のに, のを, やうな, 事で, 事によ, 事は, 以上に

1 [159件] かのごとく映ずる, かの如く, かもしれない, かも知れない, から, からあの, か乃至, がいい, がそれ, が僕, が同時に, が好い, が好から, が恰も, が早い, けれどもそれ, ことさへ, ことであり, ことである, ことです, ことと, ことなく, ことにな, ことには, ことによつ, ことにより, ことによりて, ことをも, その過程, ぞと云つたの, たび毎に, ために, だけであつ, だけであらう, だけである, だけでも大, つもりで, つもりは, という筋, といふやり方, といふ覘ひで, ときと, ところが, とその, とどうしても, とま, ともつと, とアイクマン, と一秒間, と三人, と三億圓, と中, と云つて, と五貫目, と何萬圓, と六百, と同, と城内, と年少氣英, と思つた, と感じる, と效力, と普通, と殆, と殆ど, と當然, と目, と第, と答, と總勢三十人あまり, と能, と言つて, どころか作者自身, な, などどんなに, にし, にと, には余りに, に及ばぬ, に止めた, に當ら, に疲れ, のか, のだ, のだつた, ので, のです, のでそつ, のと, のとは, のに非常, のも, ばかりのやう, ほどその, ほどそれ, ほどのこと, ほど反抗, もたやすい, ものだ, ものである, ものでない, ものは, ものも, やうだ, やうで, やうです, よう希望が, よりほか能, わけです, ジヤアナリストだつた, バアナアド・シヨウの, 一例證を, 一味の, 事だ, 事と, 事の, 事も, 些の, 何の, 傾きが, 刑罰である, 労を, 場合が, 場合も, 外は, 山を, 必要の, 必要を, 所から, 抵抗力を, 故に豪放, 新たな, 方が, 暇が, 案に, 様々の, 様に, 様にも, 樣に, 權利が, 毆いた, 毎に, 決心を, 焔を, 爲めに, 獣類は, 生活こそ, 監督の, 程度の, 筈の, 約束を, 罪は, 者です, 言葉である, 計画だ, 語である, 資格が, 迄のこと, 餘地が

▼ 加~ (284, 4.5%)

2 [20件] この時, に, にその, にまた, に子供, に私達, も一人, ハア酒, 今日は, 何な, 何事にも, 夥しい蚊, 年老, 彼は, 此一面の, 渠は, 私は, 識る, 較, 頑固で

1 [244件] あの役者達, お房, お腹まで, お賽錢, かかる兵力的掩護条約, こう知名, このよう, これを, これ等の, ず姫, ず若し, そこには, その裏, その距離竪川小名木川, その風呂, なほそれよりも, ならず, ならずその, ならずマダ私, ならず一方, ならず二葉亭, ならず初め, ならず必然, ならず本来今度, ならず自分達, ならず語学校, ならず語学校時代, ならず電車, にお茶受, にバイロン, にラジオ, に下らない, に世話好き, に乳, に二人, に京都訛, に人, に人少な, に人間, に今, に仏蘭西人許, に俺, に僕, に其量, に劇, に古金, に唖, に在京中毎度話, に在来, に女, に好き, に子規, に寒い, に寿命, に帽子, に弟, に性急, に息子さん, に教育, に数, に数寄屋, に月, に檀家, に気, に気むづかしや揃ひと, に浅い, に涙脆い, に火持ち, に無口, に物, に独断, に独身主義者, に男, に目方, に目薬, に素敵, に結婚, に美しい, に美味い, に背広, に自分, に葱, に言葉, に語学, に豪胆不敵, に負, に路, に軍, に遠方, に銀貨, に顔, に高利貸, も一旦, も二つ, も二度目, も二晩, も二間, も人間, も今, も今や, も今朝, も先方, も入口, も其, も其著作, も堆, も夜, も大切, も怪しい, も我子, も是, も未来, も此無名, も眼, も神州, も空屋, も笑, も細雨, も自分, も落ちたる, も風, も駐在所, も高い, わしは, スコット氏の, バイブルの, ビフテキを, プラトネの, 一人である, 一個の, 七日で, 両君の, 予が, 事実を, 二十歳の, 人民を, 今朝の, 佐也加爾在佐也介之, 個人の, 倫敦は, 假令ひ, 先生の, 其, 其が, 其処は, 其思慮甚だ, 其黄金の, 冷い, 劇団存続の, 動物とては, 単身孤剣窮困, 卯平から, 右の, 右紅毛人の, 同じ言説, 吾人か, 味も, 咳痰に, 品格が, 喧嘩が, 單に, 土人は, 圧搾機械の, 大体偽善者である, 女だって, 女の, 妙に, 始終斗満川, 子供が, 子供も, 宮ちゃんは, 小一丁, 山の, 希臘古代の, 常着, 彼が, 彼女が, 後見までも, 従来この, 忍術の, 戰へば, 承われば, 拔上ツて, 拙者本来八岐大蛇の, 擧止が, 文学者を以て, 文平が, 斯ク其施行, 新たに, 新聞小説も, 日本の, 日本部隊に, 時には昼休, 時には晝休, 時代に, 時日の, 曾つて一度びはあだかも師弟の, 最も有効, 月の, 東洋トラストの, 東洋人は, 柱も, 棒に, 横穴は, 此の, 此時は, 此頃は, 歯痛怏々として, 段々予期, 毫毛の, 洞の, 清らかに, 瀟洒たる, 火災後の, 牛に, 獄則, 甚シキニ至リテハ其事ノ, 直ちにこれ, 真昼間往来中で, 眼胞は, 神武以来数十世を, 禪宗の, 空氣が, 空氣も, 簡潔の, 肌が, 自分が, 自分の, 良乃加波長, 色なら, 英国と, 英露の, 茶目だ, 説話の, 諸君は, 近衛師団の, 透谷の, 遠く牛込, 酒は, 隅田川と, 顏にも, 顔立なり, 餘り, 體力の

▼ 加ふる~ (208, 3.3%)

43 にこの

2 [19件] ことを, ところありし, に交通, に人爲, に伯, に凡兆, に家庭, に浮泛, に父, に私, に鳩山和夫, の必要を, は我輩, や此, を好まざりし, 心算なりと, 所ある, 所ぞ, 理由は

1 [163件] が如き, こと, ことあら, ことあるべし, ことで, ことなかりしなるべし, ことも, こと僅に, こと自在なり, こと頃刻に, ごとに, すべての, ときは, とは地震, とも, と云, と共に南支那, と等しから, なし, にあらざれ, にお雪さん, にすぐれし, にも又, にルナアル, に三絃, に世, に主, に乱打, に予, に京師, に今回, に伯鶴, に利器, に到, に前, に動態美, に印刷業, に去月十日, に又, に及ばぬ, に及ん, に収穫半ば, に同, に和文, に団扇, に国芳門下, に土蜘蛛, に多勢, に多少, に大々的, に大番, に女性, に婦人, に嫡孫維盛, に学力, に少, に山はくづれ, に己, に幼, に彼, に彼等僧兵, に御, に徳川氏, に急, に悋気, に或, に文化末年名古屋, に日露, に日露大戦, に昇亭北寿, に春枝夫人, に智情意, に更に, に最早, に木版師, に本船右舷, に東側, に東雲のむらさき, に根気, に根氣, に樹木, に橄欖島, に此時, に此邊, に此邊一帶, に死, に氏, に海底潜水器, に淫売狩, に潤沢, に火, に物質的文明, に猛, に當夜, に痴人, に砂煙, に社会, に精細緻密, に紫玉, に経世, に義仲, に聡明叡智, に自己, に自然的, に至つたの, に藪医術, に西洋人, に観察, に身, に道路澁惡, に遙, に閑少, に頑愚, に黄熱病, のであります, の勇気, の勇氣, の後起座し, の時, の要, は中央土, は今日, は是, ばかりでなく, までもなく, ものあり, ものであり, ものである, ものと, ものなき, ものは, やうに, を, をも善く, を待たず, を得ず, を見る, を覺ゆ, を言, エリンニュス, 事が, 事なく, 事を, 今日過ぎし, 侮辱に, 其頗る, 勿れ, 半日の, 可から, 外その, 害の, 感が, 所が, 所と, 所なり, 所以の, 方に, 母の, 生活の, 白手巾胸の, 者と, 能はず模型的連歌に, 術ある

▼ 加~ (200, 3.1%)

21 つてゐた 5 つて來た, つて来た 4 つたのである, つたのは, つて來て 3 つて, つては, つてゐました, つて居た 2 つても, つてを, つて居, つて居らぬ, つて思ふ, つて愈, つて行つた, りつ

1 [129件] そのミルク, つた, つたこの, つたに, つたのが, つたのを, つた位の, つた力が, つた明日の, つた殊に, つた雨は, つてあんなに, つていつの間にか, つていろいろな, つてお袋が, つてから, つてこの, つてし, つてはじめて, つてひそひそ話にな, つてほぼ, つてぼけた, つてゐたら, つてゐた呑み, つてゐます, つてジウラ王子を, つてゼノアと, つて一しきり, つて一勢に, つて一種不動の, つて世界を, つて世界中を, つて丘の, つて両, つて二十年前は, つて五人に, つて今原田から, つて何の, つて何ん, つて來る, つて俗受けの, つて働く, つて僧ばかり, つて光子の, つて兎も, つて八人に, つて出, つて劇しくなる, つて勝利を, つて十二月の, つて十人ばかりに, つて十時頃には, つて四人障子を, つて堆く, つて夢の, つて大, つて大学を, つて子供等は, つて家へ, つて寶引の, つて居らず, つて川中の, つて庫裡の, つて庫裡も, つて当時電灯さへ, つて彼の, つて後にも, つて悲壮である, つて愛に, つて戻つ, つて探しあぐん, つて搜した, つて斃れた, つて是れ, つて東京を, つて機構は, つて歩き出した, つて死ん, つて気の, つて汚れ, つて湯島へ, つて濱邊は, つて焔の, つて田楽が, つて田舎に, つて白, つて皆羽織姿ながら, つて私は, つて第, つて絵の, つて練道と, つて船出した, つて行つて五分も, つて讃美歌を, つて貰ふと, つて走りだす, つて都合五人で, つて金木の, つて関節の, つて雑誌, つて電燈も, つて飛島山へ, へても, へること, まだ山, られたこと, られても, らんかといふ, らんが, るため, るところ, るな, るるは, る場合, る為, る為め, れり, れり侶, れるため, れるとき, れるもの, れる人々, れる負傷者, ツた, ツて, ミルク, 或る, 歌舞伎劇よりも, 若布都

▼ 加はつ~ (186, 2.9%)

4735 てゐる 13 て居る 8 たこと 7 たもの 4 たので, てくる, て来る 3 たと 2 たりし, たりする, たり凧, た場合, てゆく, てゐない, て来

1 [47件] たかと, たから, たが, たし, たため, たため心, たといふ, たところ, たな, たの, たやう, たり空氣, たマルコ, た二十数名, た伊沢, た写本, た別様, た唐, た寒氣, た工合, た年齡, た朝, た浪人梅田, た為, た瞬間, た神職, た第, た自分, た自然科學, た譯, た頃, た顏囘, ていた, ていよいよ, てこの, てやや, てゐるで, てゐるらしい, て以来, て居ない, て席上, て彼, て日本画, て澤木君, て行く, て複雑味, て近く出発

▼ 加~ (121, 1.9%)

4 のところ 3 はかの 2 といふ男, と關係, の奴, の宿, は義雄, は言葉

1 [102件] がおれ, がこれ, がじ, がつき, がのツそり, がまた, がゐたら, が云, が云つた事, が來, が俄, が受け, が案内, が行つてしまつて, が車, が這入つた, が道, が馬鹿, だが, でないに, とお, とくツ, とそれから, との關係, と一緒, と共に加集, と自分, につけ, にむごく, にも同じ, にも義理, にも頼め, に云う, に似た, に家, に對, に後ろ, に棄てられ, に歸, に猪口, に知れない, に與, に行く, に見られる, に語つた言葉, に關西辯, のあと, のます, の二階, の意, の持つ, の時, の樣, の爲め, の立ち會ひで, の足かけ, の顏, の顏色, はいきなり, はこちら, はこの, はその, はたうとう, はただ, はやつ, はゐた, は云, は勝ち味, は千代子, は反抗, は喜ん, は強い, は得意, は御, は心配, は惡人, は愛想, は押し寄せ, は拔, は昨夜斷つて, は暫く, は歸つて來, は眉根, は立ちあがり, は答, は聲, は肩, は背廣, は能, ばかりがいい, への訪問客, もいろんな, もかの女, もゐる, も多少, も少し, も立ちあがつ, をどう, をも呼び付け, を力一杯, を呼び寄せた, を見

▼ 加って~ (113, 1.8%)

8 いるの 6 いる 4 いた, 来て 3 いて, 居るの 2 いたが, いるもの, いるらしい, 来た, 行った

1 [75件] いたとかいう, いたに, いたので, いたら名分, いたプロレタリア演劇, いたヨーロッパ, いないこと, いないという, いぬ, います, いよいよ金魚, いられました, いるから, いること, いるため, いると, いるという, いるに, いるのに, いるよう, いるわけ, いる一同, いる伸子, いる感じ, いる方々, いる様, いる生れつき, おり他, くるの, じりじりと, そうなった, どうにも始末, はる子は, ゆくと共に, る身, カタカタと, ベルリン国立劇場支配人と, ベルリン市が, 二人の, 二十人以上にも, 二本立の, 仏蘭西や, 俳優の, 句の, 唄った, 土民征服に, 大勢が, 大綿小綿, 天人四郎として, 奥羽から, 寿は, 居た, 居たが, 居ります, 彼方此方と, 愈何だか因縁, 来たとの, 来たの, 来た証拠, 来た風, 来つつ, 来る, 来る推進力, 来る自尊心, 来れば, 松籟ものすごく, 板戸へ, 狐退治の, 社会的な, 私を, 総員三千余人だった, 義勇兵として, 肌に, 若い世代, 進駐軍は

▼ 加けに~ (97, 1.5%)

4 私は 2 いろいろな, 今日は, 無禮, 私の

1 [85件] あいつは, あの車, あれは, うつかり, この方, この日, この時, これは, その手の甲, その時, それが, そんな想, そんな草履, だぶだぶに, だんだん図々しく, とろんとろんと, どたばたと, 一度使用, 一方が, 事件が, 二三日前まで, 云ふ, 今壁を, 何といふ, 俺は, 僕が, 勤めを, 十七・八も, 厭に, 叔父様の, 口を, 同居者と, 嘗て聞いた, 坂は, 多くの, 大変行儀の, 奴は, 字が, 学問嫌ひと来, 小母さんと, 岩吉が, 年柄年中水車の, 彼は, 彼女は, 彼奴は, 後頭, 心配ばかし, 悪い鬱屈, 文章を, 新しいで, 昔の, 時間は, 村境ひ, 梅の, 棒の, 歌妓には, 此方の, 此方は, 気に, 汽車の, 涎を, 無礼な, 疳癪を, 相手が, 相手の, 相手は, 競馬が, 純公, 繁代が, 膝頭をの, 臆病馬で, 自分の, 自分は, 色合が, 行衛不明だ, 連中の, 間断も, 隊の, 面も, 風引きで, 駆け出したり, 高を, 魚の, 鶴村は, 黄色い棒縞

▼ 加~ (96, 1.5%)

4 はいきなり

2 [11件] か, というの, の声, の手前, の拳銃, の眼, の顔, は, は娘, は顔色, を見上げ

1 [70件] がおれ, がきいた, がザーッ, が云ったやろ, が自分, が言った, が豹吉, が鴈治郎横丁界隈, という登場人物, といっしょ, との交際, との約束, と唖娘, に, にそう, について行く, には気, に思い, に手, に言った, に飛び掛かろう, のこと, のところ, の前, の右, の夫, の姿, の方, の胸, の額, はあわて, はいったいどう, はきっと, はさすが, はしかし, はしみじみ, はにやりと, ははっと, はふっと, はぺっと唾, は傍, は吐出す, は唖, は寂しい, は左, は思わず, は投げ出す, は抱い, は掏摸, は札束, は来られなくなった, は煙草, は私, は若い, は苦笑, は言っ, は諦め, は走り出す, は針助, への天邪鬼, への面当て, もはじめて, もひそか, や亀吉, をはじめ, をはじめ三人, をはじめ青蛇団, を呼びとめ, を失望, を睨みつけ

▼ 加はる~ (82, 1.3%)

5 であらう 3 ことが, ことを, のであつ 2 だらう, ばかり, も渾, を禁ぜり

1 [60件] ありて, が私達, だけ救, だらうと, でせう, では, でも, といふこと, とその, とそれから, とともに快い, とも減る, と云, と人命, と共に了, と共に人心, と共に其端, と共に雨, と別, と同じ, と否, と感じた, と段々, と氷原, と火山毛, と生き返る, と申こと, と聞い, に及び, に及ん, に於ける, の人物, の望み, はずなりしか, ばかり一座, ばかり和議, ばかり此上, ばかり覺束, までは彼, もので, ものなり, ものは, もの一人, やうだ, やうな, やうに, や否や, らしい, わけである, を, をえず, をもて, を知り, んだ, 実に言語道断, 気などは, 程其事件, 程苦痛, 筈だつた, 筈は

▼ 加つて~ (76, 1.2%)

6 来て 3 ゐる, 愈何だか因縁 2 ゐた, ゐるから, 居る, 来た, 来たとの, 来たの, 来た風, 来ると

1 [48件] いまだに微か, からはずつと音信不通, くる, その日, はゐない, も實質的, ゐたから, ゐたが, ゐただらうと, ゐないと, ゐること, ゐると, ゐるといふ, ゐるとしても, ゐるの, ゐるのさ, ゐるもの, ゐるやう, ゐるらしい, ゐるらしく見うけられる, ゐるわけ, ゐる位, ゐる場合, 働いたといふ, 出かけたが, 大盃, 居た, 居た事, 居て, 居ない筈, 居ない間, 居らぬ, 居るので, 来たもの, 来たらしい, 来たらしく思はれる, 来た時代, 来た神, 来ぬ限り, 来る, 来ると共に, 欲しいん, 第五次, 自卑, 行く, 行くやう, 行く道, 見たり

▼ 加納屋~ (71, 1.1%)

5 の主人, の塀 3 の内儀 2 に泊つて, の惣領, の總領, の遠縁

1 [50件] で, ですがね, で三人目, で二人目, という木賃宿, といふの, にはそんな, に堺, に奉公, に昨夜殺し, に行つたの, のため, のもの, の上下, の下女, の二番目息子吉三郎, の亭主, の代々, の伜, の六代, の前, の外廻り, の多勢, の店, の庭, の忍返し, の戸締り, の手代, の最初, の樣子, の殺し, の沒落, の物置, の甥, の番頭, の習慣, の者, の若旦那, の裏, の跡, の金, の香, はさすが, は恐ろしい, は無, は鳴, へ俺, を怨ん, を横領, を見張らせ

▼ 加はり~ (67, 1.1%)

4 て, ぬ 2 たれば, てその

1 [55件] かけて, この勢, さながらしか, しは, しも早速, し者, すぐに, その上, その印, その手先, たらば, たる多く, てげに, てはげしき, てみなマルチェル, てめぐりつ, てトロイア, てピサ人, て一行すべて四人也, て予, て其助, て可, て幹部, て我, て柴又, て歌, て特殊, て瓶, て異彩, て窓, て語, て進む, て門下, て關東, て陶然, て霊気心胸, に去つた, ぬ雪, まっしぐらに, もせず, ゐたりと, 下すつて, 且つ包装紙, 出した, 又謂, 叫ぶごと, 居りしなるべし, 捕へられて, 来りし上周囲, 来りぬ, 次いで飯島正, 注がれて, 薄き単, 親しげ, 遂に前衛座

▼ 加~ (61, 1.0%)

3 がき 2 が旦那, のほか, の顔, をよびよせ

1 [50件] か修作, がお, がくる, がくるだろう, がひょいと, がむかえられ, がよばれ, がよびつけられた, がフトン, が中, が主家, が昨夜, が来, が来た, が煙たい, が畳, が疑われる, が藤兵衛, が言い出しました, で一栄, というお, という前, という十年来, とはどんな, にきまっ, にきめ, にすすめ, に代っ, のもの, のよう, の姿, の意外千万, はいったん, はご, はそこ, はまた, はヒマ, は三十二三, は即日クビ, は嘆息, やお前, をとりしらべる, をよびむかえ, を彼, を犯人, を見, を見た, を追, を追いだした, 郷の

▼ 加~ (60, 0.9%)

5 源次郎 43 の方 2 と仙太郎, に似た, に近づく, の出, は竈, をパッパッ, 源次郎それに, 源次郎である, 源次郎と, 黙って

1 [28件] がそれ, が何とも, が何故, が返事, が顔, さんじゃござんせんか, と水木, の今, の襟, の静か, は一度ニッコリ, も凹味, を初めてよく, を突き離し, を見る, を見詰め, ウムと, 先生が, 先輩これは, 先輩つきか, 先輩などは, 先輩の, 夫, 夫が, 源次郎なども, 源次郎今こそ, 源次郎男児です, 片手を

▼ 加へた~ (49, 0.8%)

4 ならば 3 と云, に過ぎない 2 といふ, としたら, のが, のみで

1 [31件] お世辞, から危, から唐以後, から父, ごく物静か, だけで, だけである, だらうと, であらう, といふやう, といふ意味, としたなら, としてその, と伝へられ, と傳, と思はれる, と殆, と申す, と聞い, と見え, と言, なら如何, にし, に對, に拘はらず, に相違, は言, までの事, らしい, 新趣向, 注釋中

▼ 加~ (40, 0.6%)

4 と兵頭 2 という老婆, に会わせ, をわが家

1 [30件] がかけがえ, が一枚, が不, が彼, が歯, が重, ですよ, と共に祈り, にたのむ, に叩き起され, に合せ, に罪, に鼻グスリ, のため, の信者, の大, の奴, の所業, の指金, の片手, の顔, はお, はさすが, はその, はだませ, は一助, は体, は兵頭清, は心配, を咒

▼ 加った~ (38, 0.6%)

3 のは 2 ものである

1 [33件] から生活, が為, ことが, ことを, ため夜二時までとの, という, と思われる, と申す, に過ぎない, ので, のであった, のです, のでふき子, よし意気揚々, ド氏は, 一人の, 不安とで, 人々の, 人間の, 作物の, 区別の, 十万人ばかりの, 場合らしい, 大髭, 敏感な, 時, 晩年の, 武士は, 気分で, 涼しさ, 災難, 調子であった, 雨脚の

▼ 加答児~ (36, 0.6%)

2 の方

1 [34件] か何, だけで, だそう, だと, だという, でさっぱり, で偸, で医者, という医師, とかいうよう, とかいふ病気, とが掛持, となり, と中耳炎, と肺炎, なぞで鼻, なりとの事, にかかっ, に罹, に罹っ, に罹った, に罹つ, のよう, もとり立て, も間もなく, をやっ, をやった, を患う, を病んだ, を発した, を起こす, を起し, を起した, 起して

▼ 加へれ~ (34, 0.5%)

3 ば加 2

1 [29件] ばこの, ばそれで, ばまるで, ばもの, ば中村君, ば二千, ば五, ば僕, ば六七十人, ば北原君, ば可, ば坪内士行, ば容易, ば幻像, ば当代, ば当時キノドラマ支持者, ば彼等, ば必ずしも, ば房術, ば文覚さ, ば文部大臣並, ば日本書, ば男女間, ば略京都, ば私, ば読売新聞, ば非常, ば題未詳, ば香

▼ 加~ (32, 0.5%)

2 でした, と申します, の歎, はそれ, は嫁, は平次, は溝, は自分, は道, も打ち明け

1 [12件] という乳母, と夫, の三人, の倅, の父, はうつ向く, は播磨守, は死体, は殿, は苦し, は貯, は貯え

▼ 加~ (32, 0.5%)

2 とした, として支那芹, などからは手緩い

1 [26件] がいつか本役, が認められる, だ, で宗吾, で常に, とし, としてぶつぶつ, として交じっ, として宮崎若狭守, として豆腐, なども徴, に引っぱり出した, に徴発, に根深, に用いられ, に葱, のお, のたぐい, のふけ, の件, の女形, の御, の組下, は牛蒡, を解かれる, 馳せ向わせます

▼ 加病院~ (29, 0.5%)

1 [29件] でお, ですか, で死んだ, で盲腸, で逝去, ならいつ迄, にて, に入院中, のおそ, の前, の医者, の十時, の堂々たる, の大きな, の河岸, の畑先生, の白い, の看護婦, の近く, の近所, の遅, の鐘, は子供達, は病室, へ徳山, へ渡辺はま子, へ病人, へ送られる, よりの手紙

▼ 加留多~ (28, 0.4%)

4 の札

1 [24件] という文字, といふもの, とる皆, と書い, と書いた, なら何時, なんか余り, には, にも月夜, に勝つた, に気, のうん, の後, の条件, の白裃着, の箱, の紛紜, の落花, は, も取つた, をよせ集める, を取つた, を懐中, を散らし

▼ 加~ (28, 0.4%)

28 錬之介

▼ 加~ (25, 0.4%)

3 は目

1 [22件] が座, つまり何, と梅子, なり中, のチヨイ, の耐, の耳, の面上, はガミ, はチヨイ, はホヽ, はポン, は促, は愈々, は打ち腹立て, は横目, は見送り, は顔, は顧み, も何やら, も流る, も相

▼ 加十さん~ (23, 0.4%)

2 の勘当, の特徴, は結婚

1 [17件] からお母さん, からの音信, にお目にかかる, にどう, には大切, には幸福, に会いたい, の今, の勘当中, の場合, の居所, の左腕, の弟, の様子, の通信, へもお達し, をかばっ

▼ 加奈陀~ (23, 0.4%)

2 との国境, の方

1 [19件] こういう訳, との競争状態, とへ出かける, と合衆国, と廻っ, と智利通い, と豪州, に伐木夫, のウィリアムス, の北氷洋側, の北氷洋岸, の北部, の太平洋岸, の太陽, の缶詰業, の退役陸軍少佐, へ行く, を通り, 総同盟

▼ 加~ (19, 0.3%)

1 [19件] ことに, と云う, と家, につれて一層, に各, に彼等, に残暑, に鎮圧, に長年, に骨董, に魚, のであった, のみ, のを, ほどであった, 事無しと, 感謝し, 所也云々, 金は

▼ 加~ (18, 0.3%)

1 [18件] あとから, 南部に, 名を, 怖い顔, 文句を, 方へ, 時とは, 時も, 書に, 本領という, 材料でしか, 湖と, 湖水の, 花は, 軽妙さが, 連鎖であった, 馬場, 鮭鰊と

▼ 加へたり~ (16, 0.3%)

2 した, しやも

1 [12件] したくありませんそれ, して, しなければ, するやう, 其然る, 取り去つたり, 受けたり, 含鐵蛋白質を, 或は切腹, 或は糠, 数行を, 誇張し

▼ 加~ (16, 0.3%)

2 の詰所

1 [14件] が播磨安志, が越前大野, が越後与板, に取つ, に赴いた, の井伊, の命, の子息, の給人ら, の諸, の集まつ, の面々, は各, を積算

▼ 加うべき~ (15, 0.2%)

1 [15件] こと, ところである, はずに, ものと, ものなり, や必せり, を思い, 一個に, 任に, 何物をも, 利便は, 原稿を, 名著だ, 軍夫等の, 點は

▼ 加ふべき~ (15, 0.2%)

1 [15件] かどう, ことは, ところ亦, は冒頭, ものあらず, もので, ものである, ものと, ものな, 十分の, 性質の, 時機だ, 解説の, 謂が, 軍夫らの

▼ 加ふれ~ (15, 0.2%)

1 [15件] ど効驗, ど思想界, ど或は, ば, ば其結果, ば則, ば勇み, ば十護, ば同じく, ば四, ば紋章状, ば自, ば連なる, ば頭, ば飛ぶ

▼ 加うれ~ (14, 0.2%)

2 ば速やか

1 [12件] どもその, ばたちまち, ばたやすく, ばもうそ, ばエレファンタ, ばケロネ, ば二刻, ば価, ば冬, ば切捨て御免, ば合計, ば四十四

▼ 加~ (14, 0.2%)

1 [14件] して, 三十三城あり, 乳が, 入院し, 去りたる事, 各自家族を, 君その, 大飯食いばかり, 天気は, 火事とは, 狒々退治の, 若い細君, 途中で, 風通しは

▼ 加はるこ~ (14, 0.2%)

3 とによつ 2 とになつて 1 とあれ, となく, とにあつ, とになつ, とになりました, とは出, とも出来ない, と一層, と能

▼ 加~ (13, 0.2%)

91 公の, 号したるが, 有翼犢と, 男の

▼ 加~ (13, 0.2%)

6 して 1 したかといふ, したこと, し作用, するところ, すると同じ, する状態, を受け

▼ 加はるの~ (12, 0.2%)

1 [12件] が何となく, だ, だから, だつた, である, では, に甚だ, は其の, は甚だ, を禁ずる, を見, を覺

▼ 加~ (12, 0.2%)

2 可きの旨, 可きの由 1 にあらざれ, べかりし, 可からず, 可きもの, 可きや, 大事は, 或は説有, 斯くあり

▼ 加へても~ (12, 0.2%)

1 [12件] たしなめる者, よい, よいと, よからう, 一億七千萬圓餘で, 二千萬足らずにしか, 咄嗟の, 差支へは, 心に, 恥辱にも, 現代に, 頑として動か

▼ 加~ (12, 0.2%)

2 して 1 しさ, したい, しまた, するでも, するの, するも, するやう, するわけ, する傾き, でもした

▼ 加つた~ (11, 0.2%)

2 が巡査, ので 1 が原城, としても俳優, と下町, と言, もので皿, 古態, 第一次

▼ 加はれ~ (11, 0.2%)

3 ば加はる 1 さう, ば, ば威力, ば復, ば朝日, ば棒, ば説明以上, 又われ

▼ 加世子~ (11, 0.2%)

2 の死んだ 1 から均平, が傍, が寝返りした, が隆たち, で誰か, の気に入った, の訃音, の話, を紹介

▼ 加特力教~ (11, 0.2%)

1 [11件] に反逆, に大して, に歸依, のユウカリスト, の信仰, の地獄, の坊さんなんど, の成立, の歌, の民, 信ずる養父母

▼ 加~ (10, 0.2%)

1 お互, それが, て乾坤, 候やうなり, 固定する, 変つ, 変化が, 大月に, 更にいよいよ支那軍隊, 相本位的に

▼ 加~ (10, 0.2%)

5 の原則 1 から來, したの, した考, によつて出來, によつて神道

▼ 加特力~ (10, 0.2%)

1 に改宗, の信者, の僧侶, の坊さん, の坊主, の寺, の尼, の御, の教, の牙城

▼ 加~ (10, 0.2%)

2 と名 1 ありきと, と, といふ一派, との差, などといふ奥地, なるもの, に當, の三種

▼ 加~ (9, 0.1%)

1 世ノミセシメトナスベシ覚悟セヨ, 來レリ, 又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ処ス, 怨恨ヲ, 曝乾, 更ニ本邦ニ於ケル外国留学生ニ関スル施設如何ニヨリ将来益々, 蒸食ス, 蚊蚋肉ヲ, 食フ

▼ 加~ (9, 0.1%)

2 も亦 1 が来世, に依る, に就, の左, の此一節, の此所, 第十五章

▼ 加~ (8, 0.1%)

1 あらん, というよう, という捨札, とぞいう, と信じ, と聞く, もなお, 可き

▼ 加へん~ (8, 0.1%)

1 か余りに, とし, とした, としたる, とする, とせ, と欲す, の意

▼ 加特力教徒~ (8, 0.1%)

1 が荘厳, だった者, だつた者, でも火酒, なること, に売り, の寺, はこれ

▼ 加納屋甚兵衞~ (8, 0.1%)

1 が, が住ん, が御, には何, のお, は口惜し, は心外, を親

▼ 加つて來~ (7, 0.1%)

2 たとの, た風 1 た自分たち, て序, るに

▼ 加はらない~ (7, 0.1%)

1 かと誘はれた, かと進める, でま, のださうだ, 句が, 筈な, 自然の

▼ 加~ (7, 0.1%)

1 亦之, 夜やや, 学校へは, 自ら殺せし, 自分と, 見た, 讐敵の

▼ 加~ (7, 0.1%)

1 けしかけたやう, チュプカすなわち, 云う, 初める奴, 懈ら, 警察へ, 過ぎ檢見川

▼ 加~ (7, 0.1%)

2 に御無沙汰 1 な有様, に不甲斐なき, に仰言っ, に思う, の次第

▼ 加はらう~ (6, 0.1%)

1 とする, とは思はない, とも思はれません, と君, と思, と思ふ

▼ 加はらず~ (6, 0.1%)

1 かといつ, その漸く, にあつ, 少し前, 椿三千麿や, 眼鏡を

▼ 加はらなけれ~ (6, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない, ば動かない, ば措かない, ば決して

▼ 加へては~ (6, 0.1%)

1 いけないと, いけませんか, どうだ, ゐない離婚, 從來これに, 無い

▼ 加へながら~ (6, 0.1%)

1 握る者, 暫く手, 毬の, 私の, 立ち上つた, 而かも人を

▼ 加へらるべき~ (6, 0.1%)

1 ものだ, もので, を解したら, 年輩と, 打撃なり, 第一

▼ 加比比~ (6, 0.1%)

31 賣の, 賣命, 賣命社

▼ 加留蝦夷~ (6, 0.1%)

1 との間, と麁蝦夷, なるもの, の土俗, の差, の本州

▼ 加~ (6, 0.1%)

2 と多行, の音 1 の開口音, や多

▼ 加へた罪~ (5, 0.1%)

2 は一般 1 は中, は凡人, は尤も

▼ 加へるなら~ (5, 0.1%)

3 大串さんの 1 ばその, ば初め

▼ 加~ (5, 0.1%)

1 された, して, の列, の鎌倉下状, を願い

▼ 加多さん~ (5, 0.1%)

1 どうなさるだ, に水木先生, まあまあ, もいなすった, 行きやしょう

▼ 加室巡査~ (5, 0.1%)

1 が博士, の案内, はあくまで, はもちろん, は口火

▼ 加宮跡~ (5, 0.1%)

1 から式部小路, で磯五, と呼ん, の雑草, へはいっ

▼ 加治安綱~ (5, 0.1%)

1 がおそるおそる, が加里屋, にとれ, の邸, へ一使

▼ 加納屋の~ (5, 0.1%)

4 をばさん 1 をぢさん

▼ 加集君~ (5, 0.1%)

1 からよく, にまかせ, にも話した, の紹介, まで持ち出し

▼ 加~ (4, 0.1%)

1 たり三つ葉, て神明, て行くらしい, て青い

▼ 加ちゃん~ (4, 0.1%)

1 が, があすこ, が悪い, はもう

▼ 加つて二十人以上~ (4, 0.1%)

4 にもなつて

▼ 加ふべし~ (4, 0.1%)

1 と, とあり, 漕座よろしき, 船の

▼ 加~ (4, 0.1%)

1 うか, うと, ないの, なかった

▼ 加兵衛~ (4, 0.1%)

1 などの八, もたたかいたたかい, をよん, 同吉太夫

▼ 加~ (4, 0.1%)

2 といっ 1 が預かっ, という

▼ 加女夫人~ (4, 0.1%)

1 にてぞありける, の愛児, は例, は遙

▼ 加岐都波奈~ (4, 0.1%)

2 と書く, を蠡実

▼ 加市君~ (4, 0.1%)

1 がいま, がひゅっ, にし, や兵太郎君

▼ 加布都努志命~ (4, 0.1%)

1 のおわした, の名義, の本, は牛

▼ 加答兒~ (4, 0.1%)

1 が起る, といふ病氣, といふ診, の人

▼ 加~ (4, 0.1%)

1 と云, と云う, の地方, の靴

▼ 加美神社~ (4, 0.1%)

1 である, の趾, は大昔, を焼き払い

▼ 加集泰助~ (4, 0.1%)

1 が尋ね, であ, と云, に對

▼ 加うべし~ (3, 0.0%)

1 という主張, との言, とはかねて

▼ 加ったら~ (3, 0.0%)

1 それこそ, 云々と, 相当に

▼ 加つたもの~ (3, 0.0%)

1 かとも思ふ, である, と思はれる

▼ 加~ (3, 0.0%)

1 始めいい, 生きて, 笑うて

▼ 加はって~ (3, 0.0%)

1 ゐた, 中, 暗い冷

▼ 加はらぬ~ (3, 0.0%)

1 が連判, 与党の, 老人等は

▼ 加はらね~ (3, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ば意味

▼ 加はらむ~ (3, 0.0%)

2 更に盟 1 とする

▼ 加はりたい~ (3, 0.0%)

1 と云, と思, ので早速

▼ 加はる事~ (3, 0.0%)

1 になつ, になつたの, も出来ない

▼ 加はれる~ (3, 0.0%)

2 に却つて 1 に沼

▼ 加ふと~ (3, 0.0%)

1 いふ, もかく, 雖も

▼ 加へた事~ (3, 0.0%)

1 がなかつた, はなかつた, は極めて

▼ 加へた結果~ (3, 0.0%)

1 か何れ, その値, を見る

▼ 加へつつ~ (3, 0.0%)

1 あつた, あるでは, ある一種

▼ 加へてを~ (3, 0.0%)

1 かしな, られるが, りそれ

▼ 加へは~ (3, 0.0%)

1 しない, しなかつたで, 文学の

▼ 加へよ~ (3, 0.0%)

1 うかと疑はれた, ヂュウス眠る, 今一策

▼ 加へんこと~ (3, 0.0%)

1 は煩雜, を主張, を出願

▼ 加ゆる~ (3, 0.0%)

2 ために 1 を得ず

▼ 加~ (3, 0.0%)

1 が自, と申候, 来りて

▼ 加~ (3, 0.0%)

1 なる, に御, ほど

▼ 加~ (3, 0.0%)

2 の行列 1 として去年元服

▼ 加~ (3, 0.0%)

1 の印度人, の東競石郷二木, 非尼教

▼ 加利福尼亜~ (3, 0.0%)

1 という, へ着いた, へ行く

▼ 加古河~ (3, 0.0%)

2 をすぎ 1

▼ 加~ (3, 0.0%)

1 し又, するもの三十万人, を知つて不信任

▼ 加多さん俺~ (3, 0.0%)

1 あこれ, あその, 少し考え

▼ 加多児~ (3, 0.0%)

1 で弱っ, といふの, のいき

▼ 加大学~ (3, 0.0%)

1 で艇, の教会, の補欠漕手

▼ 加擔人~ (3, 0.0%)

2 は車屋 1 して

▼ 加~ (3, 0.0%)

1 というの, という者, を伴

▼ 加~ (3, 0.0%)

3 之友造

▼ 加~ (3, 0.0%)

2 の神道 1 の神学書

▼ 加留多会~ (3, 0.0%)

1 の翌日, を行, を開く

▼ 加羅國~ (3, 0.0%)

1 と見たる, ならん, は當時韓地

▼ 加那志~ (3, 0.0%)

1 と言, につぐ, 御為

▼ 加集さん~ (3, 0.0%)

1 にく, には御, はをります

▼ 加うべく~ (2, 0.0%)

1 それらいずれも, 主張した

▼ 加うるも~ (2, 0.0%)

1 ただちに回転, 可なり

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 また宇宙, も次第に

▼ 加した~ (2, 0.0%)

1 のです, 日を

▼ 加する~ (2, 0.0%)

1 ことも, 結果を

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 たりし, たりした

▼ 加っても~ (2, 0.0%)

1 いて, 相当な

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 フークで, 煮ても

▼ 加では~ (2, 0.0%)

1 その出演者同志, 二時

▼ 加という~ (2, 0.0%)

1 名は, 所には

▼ 加はらざりし~ (2, 0.0%)

1 によりてなり, 父老等は

▼ 加はりそれ~ (2, 0.0%)

2 を使

▼ 加はりました~ (2, 0.0%)

1 がもう, が恙もなく

▼ 加はり軍議~ (2, 0.0%)

2 に献策

▼ 加はるから~ (2, 0.0%)

1 である, 優に総計大版百万枚

▼ 加はる如き~ (2, 0.0%)

2 其の向上精進

▼ 加はる者~ (2, 0.0%)

1 がある, は無く

▼ 加ふべきで~ (2, 0.0%)

1 はない, はなく

▼ 加へが~ (2, 0.0%)

1 あつたり, 出來

▼ 加へたりと~ (2, 0.0%)

2 雖も

▼ 加へた所~ (2, 0.0%)

1 が尠, の遺物

▼ 加へた批評~ (2, 0.0%)

1 であるかの, を読み返し

▼ 加へた部分~ (2, 0.0%)

1 の民俗芸術, もあるらしい

▼ 加へに~ (2, 0.0%)

1 なるやう, 歩み寄つた

▼ 加へらる~ (2, 0.0%)

1 可きの由, 山城判官行村奉行たり

▼ 加へらるる~ (2, 0.0%)

1 所なり, 方で

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 て今度, て大きな

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 やと, らしい

▼ 加ヘテ利益~ (2, 0.0%)

2 ヲ計

▼ 加上説~ (2, 0.0%)

1 である, であると

▼ 加久さん~ (2, 0.0%)

1 のお, は秋田生れ

▼ 加久ら~ (2, 0.0%)

1 と会見, を訊問

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 しわれ等, 之官

▼ 加僧正~ (2, 0.0%)

1 という声明, はこのほど

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 という名, は一同

▼ 加十君~ (2, 0.0%)

1 ですね, では

▼ 加吉さん~ (2, 0.0%)

1 がその, の死に目

▼ 加吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 と微細化, などは之

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 もしよう, を出した

▼ 加多今井~ (2, 0.0%)

2 と眼

▼ 加奈井~ (2, 0.0%)

1 という三名, は精神病

▼ 加奈陀国立研究所~ (2, 0.0%)

1 で四人, のクライン氏

▼ 加女さん~ (2, 0.0%)

1 可い, 御婚礼前

▼ 加室さん~ (2, 0.0%)

1 からおき, のご

▼ 加宿~ (2, 0.0%)

1 とに厳達, にも送り

▼ 加岐都波太~ (2, 0.0%)

2 すなわちカキツバタ

▼ 加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他~ (2, 0.0%)

2 もしくは加岐都波奈

▼ 加工業~ (2, 0.0%)

1 でうる, の労働

▼ 加己利~ (2, 0.0%)

1 も亦, を尚

▼ 加役流~ (2, 0.0%)

1 と云つて, ならば

▼ 加役金~ (2, 0.0%)

1 が課された, にて苦しめ

▼ 加徒力教~ (2, 0.0%)

1 の教義, の洗礼

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 の地, の沙汰

▼ 加斯支移比~ (2, 0.0%)

2 彌乃彌己等

▼ 加木豆波太~ (2, 0.0%)

2 すなわちカキツバタ

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 の方, まで三町

▼ 加流比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣といふ

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 の鉢, を始め

▼ 加牟良~ (2, 0.0%)

2 の北

▼ 加特利教徒~ (2, 0.0%)

2 の労働者

▼ 加特力僧~ (2, 0.0%)

1 などにびく, もひとり混つて

▼ 加特力教会~ (2, 0.0%)

1 に所謂奇蹟, の経営

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 の喜, を得た

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 が福山, であらう

▼ 加納屋五郎次~ (2, 0.0%)

1 といふの, と來

▼ 加羅国~ (2, 0.0%)

1 の使, は現在

▼ 加良島~ (2, 0.0%)

1 からも遠望, の南

▼ 加虐性~ (2, 0.0%)

1 が怠け, も被虐性

▼ 加~ (2, 0.0%)

1 のあの, の境

▼ 加越地方~ (2, 0.0%)

1 に蔓延, は殊に

▼ 加越能~ (2, 0.0%)

1 の一向, の低い

▼ 加~ (2, 0.0%)

2 頻迦

▼ 加頭一家~ (2, 0.0%)

1 の輝夫, は十一月

▼1* [519件]

ている, 加い加減に繕う, 加うのみならずその, 加うべしと, 加うべきだと思います, 加うべきであったと思う, 加うるではない, 加うる考えなくただ食え, 加ず, 加出来るだけの, 加けにね変に, 加げんな事, 加音を, 加せいを出し, 加ってか彼の, 加ってからもその一要素, 加ってとあり, 加たりし, 加つたことがあつ, 加つたことさへあつ, 加つたのを感じられる, 加つた其迄は川上, 加つた山の生活, 加つた後入要素, 加つた改作をする, 加つた時には果して, 加つた詩人の運命, 加つてそれをやつ, 加つてひとりで来るらしい, 加つて三人で兄, 加つて二十二日の夜伏見, 加つて何か知ら, 加つて叙事詩が出来, 加つて大阪へ初, 加つて序でに眼色, 加つて彼は控所, 加つて念佛衆の一人, 加つて日本の祝詞語, 加つて昨今の衰弱, 加つて来又自ら, 加つて横浜に到着, 加つて武三を連れ, 加つて物尽しの外, 加つて舌を鳴した, 加つて行つたが, 加つて調子外れの踊り, 加つて長安に到着, 加つて陳を滅ぼし, 加つて默つて踊りに身, 加てて勾欄に, 加でもせめて見せ, 加といふ苺畑出来候為め産出過多加ふる, 加なさる程残忍で, 加なぞと根本的, 加なり広い部屋, 加なりに知って, 加なんか無論わかり, 加にもクルムセの, 加によつて力量の, 加はったので一同大緊張, 加はつたこと従つて当時, 加はらば彼等我等, 加はらざれば金米その他何品, 加はらしてもらつたら, 加はらせたのも, 加はらなかツ, 加はらなかつた訣では, 加はらばいかなる, 加はりたかつたので河田, 加はりたくてならなかつた, 加はりはじめた寒気と, 加はりまさる黯淡, 加はりませんでしたが満, 加はりゆくをいふ, 加はりダッシー八田氏の招待, 加はり一日起きては, 加はり一言も喋らず, 加はり乍ら幾らか得意, 加はり乍ら惡人の友, 加はり二人加はり臺の茶屋, 加はり京都からは菊池氏, 加はり人の吐き出す, 加はり來れり, 加はり候ひけん, 加はり前者とや, 加はり勝であるし, 加はり反感に的, 加はり地震と頌詠, 加はり夜はオールドパー, 加はり天山の麓, 加はり太平洋戦争前まで尖鋭, 加はり宗門上の争, 加はり容易のこと, 加はり山本有三氏のある, 加はり幾島暁太郎がオブザアヴアー, 加はり座を占めぬ, 加はり廣東攻略戰に參加, 加はり彼は悲しみ狂, 加はり後には郡山, 加はり得なかつたのは, 加はり忠勤を勵む外, 加はり忠言と, 加はり悪鬼白昼に横行, 加はり我はこの, 加はり所謂醍醐の花見, 加はり敢て三十棒, 加はり方がもつとも, 加はり日本で熟知, 加はり明州より出帆, 加はり昼夜悶々忽ち例, 加はり最後の第, 加はり朝霜が白く, 加はり松林叫び海濤咆哮し戸, 加はり歐米文明國と同等, 加はり此點地方的色彩濃厚となり, 加はり歩兵部隊を渡らせる, 加はり氣が弛め, 加はり水彩畫家の大下藤次郎君, 加はり滅多なこと, 加はり濃霧峡中に充満, 加はり現実的理解は透徹, 加はり矢田津世子から私, 加はり神と精霊, 加はり神彼の目, 加はり空の暗う, 加はり筑後四郎兵衛尉さまは御, 加はり米田家へい, 加はり結び目に挾んだ, 加はり給へ, 加はり總勢九十三人午後九時を以て千住大橋, 加はり臺の茶屋, 加はり華麗なる都, 加はり郊外へ馬車, 加はり錯乱して, 加はり食糧は欠乏, 加はるかも知れない, 加はるべきであつた, 加はるべきならぬ埴もて, 加はるべく生れてはじめて, 加はるべし推移する, 加はるまじきにもあらず, 加はる予想です, 加はる人もあり, 加はる仮装の喜劇, 加はる例だつたが, 加はる圧迫が大きけれ, 加はる志を持つ, 加はる念願でパトリツク, 加はる恩惠の光, 加はる時に煽動, 加はる林間の秋, 加はる決意をなし, 加はる爲めに同じ, 加はる牢人者が四方, 加はる由でこのごろ, 加はる私の目的, 加はる練習で, 加はる義盛時兼の合力, 加はる花吉を相, 加はる蒸気の圧力, 加はる訣なの, 加はる資格が出来る, 加はる道理で終に, 加はる酒のいきほ, 加はる關係であつ, 加はる青年バンドに調子, 加はる青草の豊か, 加はる頃より画工, 加はる魂の中彼, 加はれたのはず, 加ながら, 加ふといへり, 加ふべくもない, 加ふるあり國家主義の, 加ふるは極めて易し, 加ふる有るにあらざれ, 加へしかば我, 加へたりといふやうな, 加へたニュースレヴィウをやらう, 加へた一文に, 加へた一筋の街道, 加へた七律の中, 加へた丈であつ, 加へた上その機敏, 加へた上句遂に斯ん, 加へた上私を庭, 加へた二十七円は天引, 加へた人為的構図も此人, 加へた今月の送金, 加へた何の値打, 加へた作や橋本静水, 加へた修正の最も, 加へた功績を有する, 加へた勘定で話し, 加へた右翼主義者があつ, 加へた同勢四人の手, 加へた圓い塚, 加へた圧力の圧倒的, 加へた場合には支那, 加へた壓迫の手, 加へた変化の力, 加へた多年の精神的暴虐, 加へた家の並ん, 加へた將軍の二字, 加へた小説のやう, 加へた帝王は何れ, 加へた弓箭取る身, 加へた当り芸なの, 加へた後今に至る, 加へた意味を理解, 加へた意図計画といふもの, 加へた所以である, 加へた批判を今, 加へた押勝の讒言, 加へた拷問の鞭, 加へた故意の潤色, 加へた文と過去帳一本, 加へた文章上の斧鉞, 加へた新らしい形式, 加へた方が文學, 加へた時私は眼, 加へた最初の人, 加へた樣子は見えません, 加へた毒であるから, 加へた物が出来た, 加へた産物の意義, 加へた痕跡がたしかに, 加へた短小ながら確乎, 加へた程度の幼稚, 加へた罰から精神, 加へた舌の暴行, 加へた色が平俗的, 加へた茶話会に彼, 加へた虐待と凌辱, 加へた處もある, 加へた要素が目立つ, 加へた註を勝手, 加へた註釈なの, 加へた語ととり替へる, 加へた貴族は夫, 加へた車は一線, 加へた非行は成るべく, 加へた風景画である, 加へた鮮かな色, 加へてからの話である, 加へてけふで, 加へての話であります, 加へてもて來たり, 加へでもして, 加へなどして, 加へなどもした, 加へば非常の, 加へやふ, 加へよと叫ぶ人々, 加へよといふけだし芭蕉, 加へらるれば子孫, 加へり彼の, 加へるらしい蕗子の, 加へをなせるもの, 加へんため密かに謀り, 加べて火を, 加ゆるなれば凡そ, 加りさへすれ, 加りたいと思わない, 加りました横浜の, 加ろうとする, 加ろうと思つた, 加ウルニ比年山林ヲ濫伐シ, 加エテ享年ヲ刻ン, 加エ五十以テ易ヲ学ババ大過ナカルベシ, 加エ今日ハ昨日ヨリモ一層歩キニクイ, 加ガ森の尾根, 加但シ刃長ケレバ則チ棒頭力, 加フベキ大逆罪ノ法文ナキ, 加フルヲ得, 加フルコトニ付テハ我輩屡々之ニ忠告シ, 加フルト同ジ, 加フルニ民ハ疲レ諸卒倦ミテ兵器馬具モ古リ, 加フル所ノ働作ナリ, 加フレバ人ノ才ト云フ者ニ略均シキ者ニテ, 加ヘザル傳來ノ民族主義ナリ, 加ヘシメ然ル後一人, 加ヘシメ其答數ヲ塗板, 加ヘタル恐怖ヲ除去シタル者ナリ, 加ヘテ横暴ト悲慘トヲ居常見聞セシメラルル兒童, 加ヘルコトナシニ其儘ヲ採録シタ, 加ル者蓋亦絶テ, 加一桑山太市広井吉之助らの諸氏, 加七曰ク仙台の役人及河内, 加万歳喜劇などを随分, 加上して文武, 加上ミシン台の数, 加世侍女三四それぞれの席, 加世様とお, 加世樣とお, 加世溢漢奴加己利を尚, 加久さん以上に遠慮, 加久揚といふもの, 加久矢天の詔琴, 加之と云って, 加之立停ツ, 加之銭だって差当り, 加乙涅の酔, 加亮あざ名が学究, 加亮先生でございましたか, 加亮先生呉用の思う, 加亮智多星, 加留又は, 加伊奈の誤なら, 加伝冒頭の此一言, 加の, 加候處勤向も相分, 加入せんとする, 加入りました其時細君が, 加入ると云, 加兵衛景定同吉太夫景, 加判列の上席, 加判賜はり次第府を立ち, 加利福尼亜湾でございますかな, 加助さんの顔, 加助四人蒐りで辛くも, 加勒底亜五芒星招妖術並びに栄光, 加勒底亜五芒星術の一文, 加勒泥亜呪術の最初, 加十さんあなたぐらい薄情, 加十さん夫婦の姿, 加十なんていう卑俗, 加十失神しなければ, 加十復帰の噂, 加十怪人物に逢う, 加十恍惚となる, 加十愚考する事, 加十自身がよく, 加十逆上する事, 加午天甚美晴仰観山峰, 加南利亜諸島なの, 加南夏漸生雷声送雨晩天晴, 加の門人, 加卜これを完成, 加卜ほか武蔵太郎一派の真, 加第加, 加含毒蟄劇如蛇与, 加故, 加した, 加合村の者共荷擔, 加吉さまよふ, 加吉結常代爾至海若神, 加命堂と云った, 加の島々, 加圧容器に圧縮, 加型性のたっぷり, 加と玩弄, 加多これを食え, 加多さんお前さん知って, 加多さんはじめをお, 加多さん事あしくじりました, 加多さん玉造の諸兄, 加多その他の先輩, 加多氏ハハハこんなところここ, 加多氏何を唸っ, 加多留を起した, 加大記だの, 加夫刀彦は能登媛, 加夫単沽未士なぞと云, 加奈太式に風, 加奈川宿奈古屋に投宿, 加奈樣など, 加奈留夜人にいませ, 加奈陀モントリオールの北極研究所長ベアード博士, 加奈陀出身の青年将校, 加奈陀太平洋会社汽船案内と近着, 加奈陀新西蘭とぶつかり, 加奈陀諾威等の国人, 加奈陀青年二人の子供, 加役と, 加女さん今年のやう, 加女浄るり女相撲手品師ろくろ首の種, 加室さんせつかくぢ, 加室さん公平にみ, 加少宮, 加宮久夫は本日医師, 加宮貴一さんなどでいづれ, 加密爾列の煎, 加察加の鮭, 加を多く, 加封所属を発表, 加少年は早く, 加は当時, 加岐豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 加嶋欽作という若, 加州兵は南禅寺, 加左衞門が一人, 加市君兵太郎君久助君の四人, 加市君兵太郎君徳一君というなき, 加布良古の三崎, 加師落語家の死, 加平が行こか, 加年鴨水霞関並各天, 加役お山を通じて持つ, 加役以上に為出かす, 加役宮崎若狭守の子息市之丞, 加役火附盗賊改役を勤め, 加役甲府在住の宮崎若狭守どの, 加役申付の件, 加役程度で責任, 加役紛議ある勿, 加徒力教徒の人気, 加も庭木, 加志波良袁登売云々とある如く, 加意加美神社甲奴郡の意加美神社, 加拉地方に王朝, 加持木垂水今和泉, 加擔ツて貰, 加支興等によつて齎ら, 加文集の會津山水記, 加が蒲鉾, 加う云, 加斯賀母登を参考, 加斯賀母登加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 加斯賀母登由由斯伎加母加志波良袁登売云々とある如く, 加新今朝船入彼南港緑葉紅花冬似春, 加於小愈, 加ず主人公, 加の海, 加月庄の人, 加木奈は蓋し, 加木豆波太加岐豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 加木豆波太加岐都波太加吉都幡多華己紫抜他もしくは加岐都波奈, 加せむとするに, 加朱夜半に至る, 加根山の草, 加楚忽誅戮者定可及後悔, 加に度々, 加此丹は大正九年以降十二年震災, 加此此の天氣ぢ, 加母加志波良袁登売云々とある如く, 加の鉱業, 加比河の, 加流姫の神, 加流媛という神さま, 加流比売と申す, 加浦上野という部落, 加どいて, 加爾幾は水, 加爾幾なりとの理, 加特利教の寺, 加特力信者の漁師, 加特力僧どもがウクライナ, 加特力教上の新しい, 加特力教的な詩人, 加特力教的信仰を基礎, 加特力教的詩人であつ, 加特力派の国会, 加特力的信仰から生れる, 加特里克か善主以登, 加留多か半瓦, 加留多私取れなくつて, 加番土井が守つて, 加番宮崎若狭守のせがれ市之丞, 加番小笠原は自分, 加番松平山城守殿お二方, 加番玉造口定番の詰所, 加番米津が守つて, 加番衆などはここ, 加番雁木坂加番玉造口定番の詰所, 加番面番被仰, 加病院近くへ, 加するところ, 加騰母, 加禰一つ全安, 加穀飯をせ, 加積屋安兵衛などは借金, 加筑炉薩罐煮芳芽, 加答児性のもの, 加答児性肺炎のため, 加答留は摂生法次第, 加精神の権化, 加納屋五郎次親分も御存じ, 加納屋甚兵衞最初は兩刀, 加の翡翠, 加羅流に崩した, 加羅篠原の二戰, 加羅紋紋とはちょっと, 加而平宗すなわちカルバン宗, 加至極難有仕合に奉, 加茂宮村という所, 加華荘舎へ僕, 加薩仙肥など頼母, 加藤宇万伎に贄, 加虐癖ぐらいのもの, 加虐癖ぐらゐのものしすましたりと, 加行上二段に活用, 加行下二段の動詞, 加被せざるにあらざる, 加調米を値切, 加衾, 加豆知と唱, 加費藩の留守役, 加費西加默達費西加馬得馬第加, 加賜以金燕喜之辰余亦与, 加越能百万石の威勢, 加農砲の使用, 加農砲一発轟然とぶっ, 加速力を蓄える, 加那志即国王の御, 加那志美御機, 加を得, 加陪従もある, 加集さへあの, 加集その他の男, 加集はちよツと赤い, 加被下候様, 加領郷泊りそうして, 加の兄さん, 加頭一家三人兄弟は一番上, 加頭義輝だった, 加の横長, 加馬得馬第加, 加默達費西加馬得馬第加