青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「凡そ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~冷たい 冷たい~ 冷たく~ 冷やか~ 冷淡~ 冷静~ 凄~ 凄い~ 凝~ 凝視~
凡そ~
~凡て 凡て~ ~処 処~ 処女~ ~処置 処置~ 凧~ ~出 出~

「凡そ~」 2083, 20ppm, 5722位

▼ 凡そこの~ (33, 1.6%)

4 種の 3 ような

1 [26件] くらいな, へツ, ように, 三ヶ条です, 三種を, 事が, 二個の, 二分の一ぐらいの, 会場の, 位人民を, 六道四生の, 問題を, 土地ほど, 地球上どこを, 地球程, 學校國に, 小屋に, 居間に, 時程, 福助と, 辺から, 辺の, 部屋に, 革新に, 類なり, 類ひ

▼ 凡そ~ (26, 1.2%)

2 の天下, を殺す

1 [22件] が身, が道義, その思ふ, といふもの, と謂, にとって切実, に成, の一, の上, の子, の小事, の志, の羨む, の身, の道, の金, の隠れる, の集る, はその, は夢, は法, を討つ

▼ 凡そ人間~ (22, 1.1%)

2 の歩行

1 [20件] が滅びる, というやつ, に関する学問, に限らず, のうち, の事, の交際, の入っ, の性格, の成すべき, の手わざ, の現実, の科学的精神, の習慣, の跫音, の頭髪, はだらし, は常に, を芸術家, 在って

▼ 凡そその~ (21, 1.0%)

2 ような, 吹奏者を

1 [17件] ころの, 中間と, 半数と, 国家の, 感動の, 採点標準が, 方角の, 歳額百五十万両と, 活劇は, 活動ぶりが, 白熱化した, 程度の, 素質の, 結果が, 造る所, 適材たる, 馳

▼ 凡そ~ (15, 0.7%)

3 見当は

1 [12件] ところ, 人々は, 値が, 場の, 想像が, 次の, 者なら, 見当すら, 見当を, 見積りを, 見込が, 雰囲気に

▼ 凡そ~ (14, 0.7%)

2 の知つて, は得意, は戦争 1 にはふさ, に分る, のところ一軒位, の場合, の心事, の財産分配法, の釣れた, を苦しめ

▼ 凡そ意味~ (13, 0.6%)

2 がない, ない, もない 1 ありげ, が違, ない企て, のない, はない, をなさず, を失う

▼ 凡そ世の中~ (12, 0.6%)

2 で何 1 から落伍, にて觀察, に一厘, に何, に怖い, に我身, に自分, の事, は無道, を進歩

▼ 凡そあらゆる~ (11, 0.5%)

2 女の, 研究書を 1 不均斉, 国民の, 恐喝の, 背徳に, 芸界に, 藝術が, 速力と

▼ 凡そ~ (11, 0.5%)

2 が気 1 かを探す, がはかない, が構造, が醜悪, だと, に由らず, の関係, よりも歴史, を標準

▼ 凡そ此等~ (11, 0.5%)

3 の事 2 の書, の氣 1 のもの總, の地名, の思想, の景

▼ 凡そ~ (11, 0.5%)

9 の遠い 2 のない

▼ 凡そ反対~ (10, 0.5%)

4 なもの 1 で執筆, な一見, に意気地, の効果, の社会相, の行動

▼ 凡そ一時間~ (8, 0.4%)

1 かかった, かかったそう, がほど床上, にし, にわたる息苦しい, の余, も待たされ, を経

▼ 凡そ~ (8, 0.4%)

2 の藩閥家 1 から二千七八百年前, から十五年, の人間, は誰, を距, 迄感じ

▼ 凡そ今日~ (8, 0.4%)

2 の所謂 1 では病気, の勢, の學術, の野球, までの世界, までの新劇

▼ 凡そ無意味~ (8, 0.4%)

1 である, ですからね, なる遊興, な事, な問題, な片言, な考, な風景

▼ 凡そどんな~ (7, 0.3%)

1 ものかね, ものである, 家庭であった, 弁証法に, 戀愛も, 翻訳に, 青年を

▼ 凡そ一年~ (7, 0.3%)

1 に一作, の自分, ばかりは胡摩化, ばかりも其処, ばかりも経つ, も出し, 程も通った

▼ 凡そ三つ~ (7, 0.3%)

3 の内容 1 に分つ, に分類, の方面, の時期

▼ 凡そ天下~ (7, 0.3%)

1 が広い, にこれ以上, にそれほど, に去来, の偉人, の物, ひろしと

▼ 凡そ想像~ (7, 0.3%)

2 すること 1 し得る一切, に絶する, に難く, もつかぬ, を絶する

▼ 凡そ文学~ (7, 0.3%)

2 に於 1 たるべきもの, の使命, の問題, の泉, の精神

▼ 凡そ~ (7, 0.3%)

4 のよう 2 の通り 1 の如き

▼ 凡そ~ (7, 0.3%)

1 が, が亡びる, の大, の見方, の陰影, の隈, を離れ

▼ 凡そこれ~ (6, 0.3%)

2 まで出 1 ばかりの貧弱, ほどの損失, ほどの紀行, を掠め

▼ 凡そそれ~ (6, 0.3%)

2 までに感じた 1 が人間, こそほんとに, と推定, については自信

▼ 凡そそんな~ (6, 0.3%)

1 ことが, ことに, 仕事には, 夢などは, 洒, 資格には

▼ 凡そどの~ (6, 0.3%)

1 くらいの間, くらゐ, やうな, 位でしょう, 位の, 位食べる

▼ 凡そ事物~ (6, 0.3%)

1 が変化, の供給, の歴史的進歩, の真相, の能, を説明

▼ 凡そ価値~ (6, 0.3%)

2 は存在 1 ある文学, なるもの, にぞくする, を有

▼ 凡そ~ (6, 0.3%)

1 と神経衰弱, には似つかない, の人, の勇士, の趣味, は近親

▼ 凡そ~ (6, 0.3%)

2 う云う 1 の如き, る人, る顕象, る顯象

▼ 凡そ見当~ (6, 0.3%)

1 がついた, がつく, が付く, が附き, は附きました, もつかない

▼ 凡そこれら~ (5, 0.2%)

2 の事 1 のもの, の低調歌平凡歌, の性質嗜好

▼ 凡そ~ (5, 0.2%)

1 なれたもの, ひとしきもの, 万歳系統の, 分って, 我れ

▼ 凡そ一週間~ (5, 0.2%)

1 と云う, に一度, に亙り, ばかりは何, ばかり毎日

▼ 凡そ一里~ (5, 0.2%)

1 に近い, の路, ほども行く, もあるべし, 近く溯り

▼ 凡そ世間~ (5, 0.2%)

2 に剛愎 1 にある, に自分, の罪

▼ 凡そ人生~ (5, 0.2%)

2 の行路 1 の行為, は短く, を惜

▼ 凡そ十年~ (5, 0.2%)

1 いや二十年, にし, も前, も続い, 近き以前

▼ 凡そ十町~ (5, 0.2%)

2 にし 1 せまき谷, ばかりにし, ばかりも走り

▼ 凡そ~ (5, 0.2%)

3 里に 1 世紀の, 疊ばかりの

▼ 凡そ存在~ (5, 0.2%)

1 しないであろう, するという, なるもの, の運動, を意識

▼ 凡そ~ (5, 0.2%)

1 るもの, る事情, る性質, る概念, 人の

▼ 凡そ~ (5, 0.2%)

4 の如き 1 の如く

▼ 凡そ正反対~ (5, 0.2%)

1 な俗, な幼稚, な結果, の柔和, の男

▼ 凡そ百年~ (5, 0.2%)

1 にし, に余れり, ののち, ばかり昔, ほどだ

▼ 凡そ自分~ (5, 0.2%)

1 とは係り, には縁, の性情, の性格, の感情

▼ 凡そかけ離れた~ (4, 0.2%)

1 ものです, ものに, 事を, 銷磨しきれぬ

▼ 凡そこうした~ (4, 0.2%)

1 ファッショ的テーゼの, 大衆の, 機械論を, 活溌な

▼ 凡そこから~ (4, 0.2%)

4 道が

▼ 凡そもう~ (4, 0.2%)

1 さつきの, 二十年に, 今から, 何処にも

▼ 凡そ三里~ (4, 0.2%)

2 にし 1 ばかり歩く, ばかり行く

▼ 凡そ二時間~ (4, 0.2%)

1 ばかりも何, ばかり費し, もかかったろう, も渋谷

▼ 凡そ二里~ (4, 0.2%)

1 にわたる, の路, ばかりある, ばかり來

▼ 凡そ完全~ (4, 0.2%)

21 にさういふ, にそういう

▼ 凡そ愚劣~ (4, 0.2%)

2 なとりとめの 1 であり無意味, で話

▼ 凡そ政党~ (4, 0.2%)

1 とは関係, の国家, の腐敗, は主義綱領

▼ 凡そ政黨~ (4, 0.2%)

1 に免, の國家, の腐敗, は主義綱領

▼ 凡そ日本~ (4, 0.2%)

1 の汽船, の物語中, の重役位, ほど正々堂々

▼ 凡そ是等~ (4, 0.2%)

1 の特種書目, の迷, は当時, を計れ

▼ 凡そ時間~ (4, 0.2%)

2 なるもの 1 が第一義的, というもの

▼ 凡そ晴着~ (4, 0.2%)

2 などとは縁 1 には似合, には似合わぬ

▼ 凡そ~ (4, 0.2%)

2 の條 1 の位, の種

▼ 凡そ~ (4, 0.2%)

2 を平然と, を怖

▼ 凡そ自信~ (4, 0.2%)

2 を持たない 1 とは無関係, をもたない

▼ 凡そ退屈~ (4, 0.2%)

1 しきった苦々しい, しきつ, なもの, なるもの

▼ 凡そ隔り~ (4, 0.2%)

3 のある 1 がある

▼ 凡そ~ (4, 0.2%)

1 ドイツ的な, 文学的で, 科学的な, 芸術的な

▼ 凡そいかなる~ (3, 0.1%)

1 かすかな, 作家と, 物の

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

1 かねの, 兄さまが, 経の

▼ 凡そくだらない~ (3, 0.1%)

1 一幕だった, 会話で, 茶飲み話に

▼ 凡そこれ以上~ (3, 0.1%)

2 に毀す 1 を望み

▼ 凡そそうした~ (3, 0.1%)

1 キタない, 世界的現実性, 原始的な

▼ 凡そどこ~ (3, 0.1%)

1 でも競争, ときまっ, にも見当

▼ 凡そイデオロギー~ (3, 0.1%)

2 という概念 1 の資格

▼ 凡そ一ヶ月~ (3, 0.1%)

1 かかったよ, に一度づゝ, を費し

▼ 凡そ一切~ (3, 0.1%)

1 の事一切, の事物, の物

▼ 凡そ一町~ (3, 0.1%)

1 の距離, の間, 程も離れたらう

▼ 凡そ三十分~ (3, 0.1%)

1 ぐらいそう, も居た, 程鑑賞

▼ 凡そ三時間~ (3, 0.1%)

1 の後彼, は舟旅, も続いたろう

▼ 凡そ三週間~ (3, 0.1%)

2 ほどかかつて 1 も手

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

2 似合な 1 適当の

▼ 凡そ世界~ (3, 0.1%)

1 の十四位, の演劇史, の舞台芸術

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

2 斯くの 1 変った

▼ 凡そ二丈~ (3, 0.1%)

2 も昇らなけれ 1 ばかりの深

▼ 凡そ二百人~ (3, 0.1%)

1 ばかりの白い, ほど自宅, も人数

▼ 凡そ二百年~ (3, 0.1%)

1 ばかり昔, も前, 早や

▼ 凡そ五つ六つ汽車~ (3, 0.1%)

2 を見送つた 1 を見送った

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

1 の概念, の西洋人達, の誰

▼ 凡そ以上~ (3, 0.1%)

1 のやう, のよう, の如き

▼ 凡そ似つかぬ~ (3, 0.1%)

2 女の 1 もの而も

▼ 凡そ何事~ (3, 0.1%)

1 でも一利, にでもそれほど, に限らず

▼ 凡そ何人~ (3, 0.1%)

1 か神, でも彼, の中

▼ 凡そ分っ~ (3, 0.1%)

1 ていた, ている, て居る

▼ 凡そ半時~ (3, 0.1%)

1 ばかり経っ, もつ, も経たない

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

1 ある者, ある豪農富商, の高い

▼ 凡そ国家~ (3, 0.1%)

1 が私闘, として欠くべからざる, は人民

▼ 凡そ天地~ (3, 0.1%)

1 に生, の生生化育, の相違

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

1 が物, のこと, の顔

▼ 凡そ女性~ (3, 0.1%)

1 との交渉, の前, の及ぼす

▼ 凡そ学問~ (3, 0.1%)

1 の対象, の道, は吾

▼ 凡そ宇宙~ (3, 0.1%)

1 の事, の成立, の物

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

1 の三通り, の如く, の如し

▼ 凡そ常識~ (3, 0.1%)

1 の否定, の既に, を克服

▼ 凡そ思ひ~ (3, 0.1%)

1 あが, も寄らなかつた, も寄らぬ

▼ 凡そ思想~ (3, 0.1%)

1 というもの, といふもの, なるもの

▼ 凡そ掴みどころ~ (3, 0.1%)

2 のない 1 の無い

▼ 凡そ無縁~ (3, 0.1%)

1 のもの, の仁者, の土地

▼ 凡そ現代~ (3, 0.1%)

1 で誰, には通用, の如く

▼ 凡そ生命~ (3, 0.1%)

1 を伝, を教, を知る

▼ 凡そ真理~ (3, 0.1%)

1 たらしめるもの, の反対物, や思想

▼ 凡そ~ (3, 0.1%)

1 に映ずる, の届かん, の高

▼ 凡そ縁遠い~ (3, 0.1%)

1 と見ね, ものです, 日本音楽の

▼ 凡そ芸術~ (3, 0.1%)

1 と云, の効果, の極致

▼ 凡そ認識~ (3, 0.1%)

1 なるもの, の, 出来るという

▼ 凡そ論理~ (3, 0.1%)

1 が人間, は存在, は実践的論理

▼ 凡そあたり~ (2, 0.1%)

1 には著名, の空気

▼ 凡そあべこべ~ (2, 0.1%)

1 の低い, の意志

▼ 凡そあり~ (2, 0.1%)

1 とし, と凡

▼ 凡そありとあらゆる~ (2, 0.1%)

1 人々は, 美しい花

▼ 凡そかう~ (2, 0.1%)

1 いふ見方を, であらう

▼ 凡そかく~ (2, 0.1%)

1 のごとき, の如き

▼ 凡そかけはなれた~ (2, 0.1%)

1 もので, 無理な

▼ 凡そこれ程~ (2, 0.1%)

1 国民の, 手のか

▼ 凡そこれ等~ (2, 0.1%)

2 の問題

▼ 凡そこんな~ (2, 0.1%)

1 ものが, 状勢で

▼ 凡そそういう~ (2, 0.1%)

1 弁解は, 理想とは

▼ 凡そだらしなく~ (2, 0.1%)

2 自制心が

▼ 凡そつまらん~ (2, 0.1%)

1 客女を, 座談会で

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

2 來た

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 を捉, を捉える

▼ 凡そアメリカ文学~ (2, 0.1%)

2 は文化国

▼ 凡そモラル~ (2, 0.1%)

1 というもの, といふもの

▼ 凡そ一つ~ (2, 0.1%)

1 の芸術品, も世

▼ 凡そ一分間~ (2, 0.1%)

1 が程, ばかり眺め

▼ 凡そ一国~ (2, 0.1%)

1 が何時, の大臣

▼ 凡そ一国民~ (2, 0.1%)

1 として欠く, の衛生思想

▼ 凡そ一坪~ (2, 0.1%)

1 ばかり草, 程に切り展

▼ 凡そ一坪位~ (2, 0.1%)

1 ひの, ゐの

▼ 凡そ一時間半~ (2, 0.1%)

1 ほど, を經過

▼ 凡そ一時間近く~ (2, 0.1%)

1 も乘, も話した

▼ 凡そ一致~ (2, 0.1%)

1 する経験, 出来るという

▼ 凡そ一里許~ (2, 0.1%)

1 にし, りに

▼ 凡そ三個~ (2, 0.1%)

1 の形式, の階段

▼ 凡そ三十年位~ (2, 0.1%)

1 かあるいは, にて活動

▼ 凡そ三巻~ (2, 0.1%)

1 ばかりのこっ, を作る

▼ 凡そ三年~ (2, 0.1%)

1 の間, ばかり前

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

2 の如し

▼ 凡そ不思議~ (2, 0.1%)

1 なもん, な存在

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 に充たされざる, の所謂豪傑

▼ 凡そ世評~ (2, 0.1%)

2 はただ

▼ 凡そ主義綱領~ (2, 0.1%)

2 といふ

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 にそむく, 程の

▼ 凡そ予想~ (2, 0.1%)

1 し得られた, もつかなかつた

▼ 凡そ二三歳~ (2, 0.1%)

2 であ

▼ 凡そ二十分間~ (2, 0.1%)

1 ほども探り, ほど立たれ

▼ 凡そ二十年~ (2, 0.1%)

1 も前, を經過

▼ 凡そ二時間あまり~ (2, 0.1%)

1 は息, も意識

▼ 凡そ二百歩~ (2, 0.1%)

1 もあった, もあつ

▼ 凡そ二週間~ (2, 0.1%)

1 ばかりで, ばかり費し

▼ 凡そ五つ六つ~ (2, 0.1%)

2 取り出すと

▼ 凡そ五六名~ (2, 0.1%)

2 乃至十名

▼ 凡そ五十二年~ (2, 0.1%)

2 程前

▼ 凡そ五十人~ (2, 0.1%)

1 ばかりむらむら, もいた

▼ 凡そ五十年~ (2, 0.1%)

1 に一度, を経

▼ 凡そ五十日間斯~ (2, 0.1%)

2 うした

▼ 凡そ五時間~ (2, 0.1%)

1 かかったよ, の久しき

▼ 凡そ人物~ (2, 0.1%)

2 の精力

▼ 凡そ他人~ (2, 0.1%)

1 との關係, の為す

▼ 凡そ何処~ (2, 0.1%)

1 と云う, にあらう

▼ 凡そ何時取り~ (2, 0.1%)

2 に来る

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 が知つて, とは対蹠的

▼ 凡そ先生~ (2, 0.1%)

1 の詩, を信愛

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 世界に, 軍の

▼ 凡そ六七十~ (2, 0.1%)

2 もあらう

▼ 凡そ十三年~ (2, 0.1%)

2 の長き

▼ 凡そ十九~ (2, 0.1%)

1 ぐらい高価, の娘

▼ 凡そ十日~ (2, 0.1%)

1 か十五日, ほど過ぎた

▼ 凡そ十時頃~ (2, 0.1%)

1 からやっと, にでもなった

▼ 凡そ十軒~ (2, 0.1%)

1 ばかり先方, ほど素見し廻りたる

▼ 凡そ半分~ (2, 0.1%)

1 くらい温泉, 迄

▼ 凡そ半時間~ (2, 0.1%)

1 ばかりも無言, ほど説明

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 プロレタリア的な, 對らしい

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 文學派の, 本草経に

▼ 凡そ同じ~ (2, 0.1%)

1 流線型に, 高さ

▼ 凡そ同盟~ (2, 0.1%)

2 をまもる

▼ 凡そ哲学~ (2, 0.1%)

1 と科学, はイデオロギー

▼ 凡そ四五町~ (2, 0.1%)

1 も来た, 唯ある

▼ 凡そ国民教育~ (2, 0.1%)

2 が普及

▼ 凡そ國民~ (2, 0.1%)

1 として自分, の文化的

▼ 凡そ外國~ (2, 0.1%)

1 と戰端, の人

▼ 凡そ外部~ (2, 0.1%)

1 の文明, へ露出

▼ 凡そ多く~ (2, 0.1%)

1 の人間, の作家

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 なる石, 満員で

▼ 凡そ大人げ~ (2, 0.1%)

2 ない阿呆

▼ 凡そ夫婦~ (2, 0.1%)

1 というもの, らしい神経

▼ 凡そ女人以上~ (2, 0.1%)

2 の糸七

▼ 凡そ如何なる~ (2, 0.1%)

1 器械でも, 芸術と

▼ 凡そ婦人~ (2, 0.1%)

1 たるもの, の心さま

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

2 れの

▼ 凡そ學問~ (2, 0.1%)

1 といふもの, には申す

▼ 凡そ察し~ (2, 0.1%)

1 がついた, たらしく云った

▼ 凡そ対照的~ (2, 0.1%)

1 だ, な堪七

▼ 凡そ対蹠的~ (2, 0.1%)

1 なもの, な相違

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 すらも行, すらも行い

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 にもない, も精神

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

2 にもつかぬ

▼ 凡そ愛情~ (2, 0.1%)

1 なんてもの, の名

▼ 凡そ我等~ (2, 0.1%)

1 にとつて教養, は何處

▼ 凡そ我等自身~ (2, 0.1%)

2 ならぬもの

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 に触れた, に觸

▼ 凡そ推察~ (2, 0.1%)

1 が出来ました, に難く

▼ 凡そ推量~ (2, 0.1%)

1 が附きました, 出来るの

▼ 凡そ政治家~ (2, 0.1%)

2 の功名心

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 へに, へによりて世

▼ 凡そ文学的~ (2, 0.1%)

1 なの, の書

▼ 凡そ文学者~ (2, 0.1%)

1 との話ぐらゐつまらぬものはないと云, は普通

▼ 凡そ文明~ (2, 0.1%)

1 の理想, の進歩

▼ 凡そ文章~ (2, 0.1%)

1 なるもの, に心

▼ 凡そ新聞~ (2, 0.1%)

1 の一欄位, を見る

▼ 凡そ新進政治家~ (2, 0.1%)

2 にし

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 といえ, をする

▼ 凡そ書籍~ (2, 0.1%)

1 に僞書, の事

▼ 凡そ最も~ (2, 0.1%)

1 容易なる, 縁の

▼ 凡そ本質~ (2, 0.1%)

1 がある, もしくは本質存在

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 で人気, で人氣

▼ 凡そ東京~ (2, 0.1%)

1 に永く, の地図

▼ 凡そ根柢的~ (2, 0.1%)

2 に冷めたい

▼ 凡そ概念~ (2, 0.1%)

1 と呼ばれる, の性格

▼ 凡そ此國~ (2, 0.1%)

1 に生れ, の人民

▼ 凡そ此類~ (2, 0.1%)

1 の事実, の事實

▼ 凡そ歴史~ (2, 0.1%)

1 は繰返す, を知る

▼ 凡そ波濤~ (2, 0.1%)

2 の打つ

▼ 凡そ泥棒~ (2, 0.1%)

1 とは縁, と名

▼ 凡そ滑稽~ (2, 0.1%)

2 な無関係

▼ 凡そ無関係~ (2, 0.1%)

1 なこと, なもの

▼ 凡そ理論~ (2, 0.1%)

1 がもし, といふ理論

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 あれば, とし生ける

▼ 凡そ生存競爭~ (2, 0.1%)

1 といふこと, は全く

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 った施設, ひ

▼ 凡そ百人~ (2, 0.1%)

1 も入れました, も村

▼ 凡そ目的~ (2, 0.1%)

1 としての自殺, の長

▼ 凡そ示す~ (2, 0.1%)

2 数詞が

▼ 凡そ祭神~ (2, 0.1%)

2 はすくな

▼ 凡そ科学~ (2, 0.1%)

2 なるもの

▼ 凡そ群衆~ (2, 0.1%)

1 によって生じる, の如く革新

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

2 に落ちない

▼ 凡そ臆病~ (2, 0.1%)

1 なあたし, な三谷

▼ 凡そ自己~ (2, 0.1%)

1 に要求, の生活

▼ 凡そ芸術上~ (2, 0.1%)

1 の作品, の端睨すべ

▼ 凡そ行政~ (2, 0.1%)

2 を刷新

▼ 凡そ襁褓~ (2, 0.1%)

1 の乳児, の乳兒

▼ 凡そ詩人~ (2, 0.1%)

2 を解

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 が違, になぞ

▼ 凡そ誠実~ (2, 0.1%)

2 に生き

▼ 凡そ豪傑~ (2, 0.1%)

2 には二種

▼ 凡そ貧乏~ (2, 0.1%)

2 なサラリーマン

▼ 凡そ軍人~ (2, 0.1%)

2 としては此

▼ 凡そ速力~ (2, 0.1%)

2 や能率

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 になり, の無い

▼ 凡そ~ (2, 0.1%)

1 と名, の音

▼ 凡そ関係~ (2, 0.1%)

1 がない, はない

▼ 凡そ閣臣~ (2, 0.1%)

2 の失政

▼ 凡そ限度~ (2, 0.1%)

1 があっ, が有る

▼ 凡そ面白く~ (2, 0.1%)

1 ない, もない

▼ 凡そ音樂~ (2, 0.1%)

1 の展開, の見せ

▼ 凡そ頑迷~ (2, 0.1%)

2 で冷淡

▼ 凡そ首尾一貫~ (2, 0.1%)

2 しない女

▼1* [1124件]

凡そああいう気持, 凡そあなたはお, 凡そあの部屋に, 凡そありやしないよ, 凡そいつにも何ん, 凡そ言う事, 凡そうらはらな雜音, 凡そうらぶれた様子で, 凡そお座なりなこと, 凡そお母さんやお, 凡そかかる抽象的なる, 凡そかがやかしくハイカラな, 凡そかけはなれている, 凡そかのデカダン一派の, 凡そぎごちない重苦しい, 凡そこういうことが, 凡そここに住ん, 凡そこの世にありうる, 凡そこれからの倶楽部, 凡そこれ位はかないもの, 凡そこれ位人を馬鹿, 凡そこれ位常套手段は無い, 凡そしかし文学の, 凡そすべての事, 凡そそう云った存在, 凡そそこには子供, 凡そただの反覆, 凡そたよりなし, 凡そ詩を, 凡そだらしないはりあ, 凡そだらしないはりあいのない, 凡そがふ, 凡そちがっていた, 凡そつまらないことの, 凡そ以て, 凡そとんでもないタヌキ屋, 凡そどれ丈けの物, 凡そないやうです, 凡そなつちやあゐない, 凡そなれぬ者である, 凡そばかばかしいことにも, 凡そひたむきなる精進, 凡そひとつきも祕密, 凡そふさわしからぬ異常世界, 凡そまた意味が, 凡そみすぼらしくなるもの, 凡そやってるってだけのもの, 凡そゆかりのない, 凡そよき藝術の, 凡そわかっている, 凡そわかりきったことである, 凡そわかり切っている, 凡そわかるそういうお年玉, 凡そわかるでしょうと思っ, 凡そわけのない, 凡そわれに益する, 凡そ持たないため, 凡そアカデミズムと縁, 凡そアテネの法律, 凡そインテリゲンチャ問題なるもの, 凡そグロなる花魁, 凡そケンタウロイが形, 凡そコンな訳, 凡そコンナ風で無, 凡そシャクと關係, 凡そソソクサとで, 凡そソツがない, 凡そタノモシサといふもの, 凡そテル子の趣味, 凡そデイヤレクテイクは我等, 凡そデマ乃至訛伝, 凡そナンセンスだ知事, 凡そノンビリし, 凡そフランスの本, 凡そベラボーでちんぷ, 凡そボロボロなシャツ, 凡そマテリーとエネルギー, 凡そマンネリズムなる救, 凡そモダーニズムの反対, 凡そモダーニズム文学を一種, 凡そリアリズムなるもの, 凡そローラの心持, 凡そワケのない, 凡そと月, 凡そ一カ月前に御, 凡そ一ポンドの採, 凡そ一ヵ月も籠っ, 凡そ一ヵ月以上かかるという, 凡そ一ヶ年分の生活費, 凡そ一ヶ月半の静養, 凡そ一・五糎許りも, 凡そ一丁半程の西, 凡そ一万二千両程に及んだだらう, 凡そ一万五千円として他, 凡そ一丈あまりの板塀, 凡そ一九二九年頃から一九三二年三月頃, 凡そ一二丁も行った, 凡そ一二年辛抱して, 凡そ一分も經, 凡そ一分内外に決勝点, 凡そ一分半位の間, 凡そ一刻に一度づつ, 凡そ一千人を教育, 凡そ一千人位で当時大和川附近, 凡そ一千百年前の大昔, 凡そ一千部以上も焼, 凡そ一定の形, 凡そ一家をなせる, 凡そ一尺程に見える, 凡そ一年中の行事, 凡そ一年二萬圓掛けましたら宜しい, 凡そ一年分に少し, 凡そ一年半の前, 凡そ一年半近くも蒙, 凡そ一年工事は順調, 凡そ一年間というもの, 凡そ一年間何もせず, 凡そ一徹な純真さ, 凡そ一技一藝に通達, 凡そ一抱ずつさっく, 凡そ一政党の進退, 凡そ一政黨の進退, 凡そ一方で一定, 凡そ一日には十二三円以上, 凡そ一時あまり四苦八苦の内, 凡そ一時間許りに, 凡そ一流の達人, 凡そ一町内に百, 凡そ一町近くもヂグザグ, 凡そ一真理の透明, 凡そ一秒弱の間, 凡そ一箇年即ち文久二年一杯, 凡そ一箇月ばかり経, 凡そ一般性を全く, 凡そ一萬五千圓として他, 凡そ一萬坪今に空地, 凡そ一貫二三百文になる, 凡そ一週間余り何も飲食, 凡そ一里半水が欲しく, 凡そ一里永歳橋のあたり, 凡そ一里頂上に清澄寺, 凡そ一間六尺に餘, 凡そ一間半ほど隔て, 凡そ七ヵ月に亙る, 凡そ七万両ぐらいに当り, 凡そ七八町も歩んだ, 凡そ七八百目から一貫目, 凡そ七八軒奥の方, 凡そ七分の所で捲き止められる, 凡そ七十万円あるその, 凡そ七十冊チェックした分, 凡そ七十哩許り疾走, 凡そ七寸位しか開かぬ, 凡そ七年間文體に苦心, 凡そ七日ばかりの間, 凡そ七星霜の貪, 凡そ七時間か, 凡そ七条とは驚くべく, 凡そ七種あり其一, 凡そ七里の内, 凡そ万葉集一般の歌境, 凡そ三メートルちかくの, 凡そ三メートル位ゐの, 凡そ三丁ばかり一大飛瀑発見, 凡そ三丈あまりもお, 凡そ三分ばかり彼, 凡そ三分間ほど血, 凡そ三分間位の間何, 凡そ三十七歳であつ, 凡そ三十代から四十前後, 凡そ三十個書軸六十余本の多き, 凡そ三十分の余に及ん, 凡そ三十分間ばかりの間, 凡そ三十分間毎に俺, 凡そ三十回ほどはげしく, 凡そ三十年も前, 凡そ三十年以前のもの, 凡そ三十年寛永の頃新, 凡そ三十度の緩, 凡そ三十日ほど擱, 凡そ三十畳も敷けよう, 凡そ三十疊も敷けよう, 凡そ三十疋ばかりが數頭, 凡そ三十秒乃至は, 凡そ三十篇格調高雅意趣卓逸一読して, 凡そ三十篇格調高雅意趣卓逸一讀して, 凡そ三十間に一本位, 凡そ三十頭位の馬, 凡そ三千万人を保っ, 凡そ三千尺そして海岸, 凡そ三千年も経った, 凡そ三千枚ある, 凡そ三千粒年々この人工授精卵五億五千万粒, 凡そ三四丁の道程, 凡そ三四十段の勾配, 凡そ三四百間遠き處, 凡そ三四里荒川の左岸, 凡そ三四間奥行は十間余り, 凡そ三尺でした, 凡そ三年間の努力, 凡そ三抱ばかりあらう, 凡そ三日おき位に一遍, 凡そ三期の峠, 凡そ三様に分たれる, 凡そ三町も屈折, 凡そ三百五十躰別に集め得た, 凡そ三百余里と云, 凡そ三百坪もありましょう, 凡そ三百年以前の物, 凡そ三百段も降りた, 凡そ三百米北方の上空, 凡そ三石峯にわかる, 凡そ三箇所である, 凡そ三萬坪圓錐丘の周圍みな梅, 凡そ三萬餘りはござりましょうが, 凡そ三間ばかり進んだ, 凡その一語, 凡そ上機嫌で彼女, 凡そ下手な字, 凡そ下等の三分一, 凡そ不仁不義不忠不孝の國民, 凡そ不可能なこと, 凡そ不安はなから, 凡そ不朽なるもの, 凡そ不気味で妖怪的ぢ, 凡そ不潔なもの, 凡そ不釣合な地下足袋, 凡そ世に同じ人間, 凡そ世にも精巧に, 凡そ世俗の尊敬, 凡そ世界中で極, 凡そ世界中此國の人, 凡そ世道人心に害, 凡そ並んで居るで, 凡そ並木としての秀逸, 凡そ中層階級が自ら, 凡そ九万人と云われる, 凡そ九十六万留を掛, 凡そ九年ばかり無事, 凡そ九百八十八人なり, 凡そ乱雑そのものである, 凡そ予期しなかつたので, 凡そ事務所の建物, 凡そ事實としての歴史, 凡そ事相を直, 凡そた昔, 凡そ二〇〇〇億円であった, 凡そ二つを比較, 凡そ二万であります, 凡そ二三ヶ月も経つ, 凡そ二三十回も私, 凡そ二三千本斜につき出した, 凡そ二三条位ずつ出, 凡そ二三段下つてるよ, 凡そ二三町の間, 凡そ二三百の人集り巡査, 凡そ二三百円を生命保険, 凡そ二三百圓を生命保險, 凡そ二十メートルであつ, 凡そ二十七八年間私自身は殆ど年, 凡そ二十丈ばかりと覺, 凡そ二十二枚いと細々と, 凡そ二十二種の賞, 凡そ二十二篇にし, 凡そ二十五六人の聴講生, 凡そ二十人あまりの警官隊員, 凡そ二十人近くも手伝い, 凡そ二十人餘女が居た, 凡そ二十六万円の金, 凡そ二十分も経った, 凡そ二十分われらも發足, 凡そ二十分寫眞の上, 凡そ二十分近くも待たされた, 凡そ二十四五町堤を右, 凡そ二十四五町石田堤今は大半, 凡そ二十年共計四千萬圓, 凡そ二十年前にひらけ, 凡そ二十年間浮世絵師の色彩, 凡そ二十数名あった, 凡そ二十日使節の事, 凡そ二十日間東京監獄に監禁, 凡そ二十段に分つ, 凡そ二十脚ほどの椅子, 凡そ二十許り裂けたるま, 凡そ二十間あまりであつ, 凡そ二十間位の長, 凡そ二十間餘りに, 凡そ二十階級ぐらいある, 凡そ二十階級ぐらゐあるといふ談だが, 凡そ二千三百有余年の昔, 凡そ二千余が加, 凡そ二千余年の間, 凡そ二千余種を購, 凡そ二千冊が大抵, 凡そ二千名ばかりを網羅, 凡そ二千枚にもなってるだろう, 凡そ二哩半の道, 凡そ二坪ばかりの容体, 凡そ二夜三日の間, 凡そ二寸位まで育て上げ, 凡そ二寸半から七, 凡そ二尺二三寸の下馬, 凡そ二尺余りも有ろう, 凡そ二尺四方の正方形, 凡そ二尺四方角の平板, 凡そ二尺角の加茂川, 凡そ二年余り三年になっ, 凡そ二年間美学の講義, 凡そ二抱へもあら, 凡そ二時まで掛ります, 凡そ二時間もの間育ちかけ, 凡そ二時間余り別にこれ, 凡そ二時餘り過て又, 凡そ二月をすごした, 凡そ二町ばかりの間宛, 凡そ二町四方の地, 凡そ二百メエトル位の高, 凡そ二百七八十年程も前, 凡そ二百万騎百万騎なら一, 凡そ二百三十七万人余であった, 凡そ二百五十年なり貴重, 凡そ二百五十年以前です爾, 凡そ二百何十人もあった, 凡そ二百余年前に筑前朝倉郡小石原村, 凡そ二百十余もある, 凡そ二百四十名二十三日に京都郊外壬生, 凡そ二百年余も生きた, 凡そ二百燭光までの灰白光, 凡そ二百頁余のもの, 凡そ二種類に大別, 凡そ二貫四百文であるから, 凡そ二里勾配緩やかなる路, 凡そへない, 凡そ五つのグループ, 凡そ五万七千もある, 凡そ五万人である, 凡そ五世以降双方の家, 凡そ五倫と相, 凡そ五六十人いずれも命, 凡そ五六十人痛哭して, 凡そ五六十年前のこと, 凡そ五六寸の絹糸, 凡そ五六寸角のもの, 凡そ五六町の間, 凡そ五六貫位の重荷, 凡そ五六間があいだ獣, 凡そ五六間上までは小, 凡そ五分の後数人のボーイ, 凡そ五分宛三区に分つ, 凡そ五分間位は尾, 凡そ五十ばかりもある, 凡そ五十万円ばかりの量, 凡そ五十円以上いろ, 凡そ五十有余年の昔, 凡そ五十畳ばかりの広間, 凡そ五十種を合せ, 凡そ五哩も行った, 凡そ五尺にも程, 凡そ五尺六寸上背のある, 凡そ五年前に三田, 凡そ五年間それぞれの大, 凡そ五抱へありき, 凡そ五町程も続く, 凡そ五百五拾坪の土地, 凡そ五百米の所, 凡そ五百里も歩行, 凡そ五百首撮影した写真, 凡そ五碼とある, 凡そ五里四方ぐらいの物産, 凡そ五里奈良より堺, 凡そ五里山麓まで車, 凡そ五銭故その利, 凡そ人々が或, 凡そ人たる者の受, 凡そ人事を区処, 凡そ人体に関する一切, 凡そ人形ぐらゐな白身の女子, 凡そ人某婦に通ずる, 凡そ人生箇々の裏面, 凡そ人種または時代, 凡そ人見知りをしない, 凡そ人間らしい人で, 凡そ人間らしい温かい血などを, 凡そ人間一人隱れて, 凡そ人間万人の心がけ, 凡そ人間世界に為し得べき, 凡そ人間的な欲望, 凡そ人間的存在の根本的規定, 凡そ人類中思慮を要する, 凡そ仇討にふさわしく, 凡そ今井の友人, 凡そ今回の事件, 凡そ今日演劇殊に新劇方面, 凡そ他人目につき易い, 凡そ以前のゼーロン, 凡その好い, 凡そてゐない, 凡そ似つかわしからぬ風景, 凡そ似つかわしくない二人, 凡そ位階は大, 凡そ佐渡ほど寂びた, 凡そ体系から機械的, 凡そ何ものかが歴史社会的事実, 凡そ何らの傷, 凡そ何んな類, 凡そ何万匹の昆虫, 凡そ何分ぐらゐで出来るの, 凡そ何升工面して, 凡そ何日頃千葉へ立つ, 凡そ何軒あるあの, 凡そ佛法所立の人師, 凡そ例外的な事実, 凡そ侵略とは根本, 凡そつぽく甘, 凡その力, 凡そ信ずべからざることである, 凡そ信ずる人の, 凡そ修史の第一義, 凡そ俳優と称する, 凡そは知る, 凡そ倍大であつ, 凡そ倫理とかけはなれ, 凡そ健康上の効用, 凡そ偶然に懐, 凡そ偶発的な相当, 凡そ傲逸彼の如き, 凡そ僕等の心胆, 凡そ儀式張つたこと凡そお座なり, 凡そ儒家に屬, 凡そ児童はその, 凡そ党派政治家は大抵, 凡そ党首に最も, 凡そ全国的に喧伝, 凡そ全般雄大の景致, 凡そ八万人もあつ, 凡そ八十位頭髪は真白, 凡そ八寸程開いた, 凡そ八年前大正三年の六月, 凡そ八年目ぐらいの時代, 凡そ八年間の詩作品, 凡そ八時間を除きたる, 凡そ八景の名所名所, 凡そ八百四十年前それから基衡, 凡そ八百種を携, 凡そ八箇月わずかに, 凡そ八粒それで四ミリ, 凡そ八錠位でしょうが, 凡そ六七人若殿様の車, 凡そ六七十年間も土瓶, 凡そ六十の劇場, 凡そ六十度の急, 凡そ六坪位いの地面, 凡そ六年の間, 凡そ六年半を要する, 凡そ六年間に亙る, 凡そ六杯位飲み旗一兵, 凡そ六百余首の新作, 凡そ共に一度でも, 凡そ共産党など, 凡そ其の日の, 凡そ其処に二月, 凡そ其後今日までに私, 凡そ其試写会に立会った, 凡そ其骨のよう, 凡そ其高六千餘石其内荒地に相成り, 凡そより外, 凡そ冊数にし, 凡そ出鱈目だ, 凡そ分るもので, 凡そ分析なるもの, 凡そ分類の原理, 凡そ初めから何等, 凡そなもの, 凡そ前日來經歴した事, 凡そ割りきれぬ肚の, 凡そになっ, 凡そ勉強と云う, 凡そ動物又は植物, 凡そ勘平て奴, 凡そ医師二人以上立会うとき, 凡そ區別しての, 凡そ十グラムほど咯血, 凡そ十一度び読返して, 凡そ十一枚面白く可笑しく書い, 凡そ十丁もある, 凡そ十万近い党員, 凡そ十万語彙選択の当否, 凡そ十丈もあろう, 凡そ十二時間であるけれども, 凡そ十五六も同じ, 凡そ十五六体の生き物, 凡そ十五六分も過ぎた, 凡そ十五六呎の高, 凡そ十五六年前不図, 凡そ十五分ほど乗る, 凡そ十五分の一にしか當ら, 凡そ十五分時がほども打続き, 凡そ十五年間稼いで, 凡そ十五度も有る, 凡そ十五里途中名塩に一泊, 凡そ十人ぐらいは一側, 凡そ十余丈もあらう, 凡そ十余人を数える, 凡そ十倍の大, 凡そ十六時間を経, 凡そ十分位はヤンワリ, 凡そ十四五人も同伴, 凡そ十四五冊以上読まれて, 凡そ十四五日も逗留, 凡そ十回ぐらい伸縮, 凡そ十室に亘つて歌麿, 凡そ十年余りをへ, 凡そ十年前にかよう, 凡そ十年間と思われる, 凡そ十数個所を択んだ, 凡そ十有三の派流, 凡そ十町左折して, 凡そ十町杉林つきて, 凡そ十箇所あつて, 凡そ十箇月間で元始以来, 凡そ十里にあまり, 凡そ十里安房の最北端, 凡そ十間あまりの長, 凡そもやあらむ, 凡そ千九百メートル西北所ノ沢一杯, 凡そ千五百萬圓元利共に償却, 凡そ千人働いて, 凡そ千人餘ならん, 凡そ千余通顕治四百通ほどの手紙, 凡そ千年間というもの人々, 凡そ午後十時頃行われた事, 凡そ半ヶ年も長, 凡そ半年もかかつて, 凡そ半年以前即ち今年五月一日, 凡そ半年足らずの間, 凡そ半年餘りなるが, 凡そ半数は大小, 凡そ半月ばかりも此, 凡そ半月あまり趣向を凝されたる, 凡そでも北, 凡そ南十度西より北十度東, 凡そ単行本とは反対, 凡そ印刷物のうち, 凡そ厄介と思はれる, 凡そ原則的な対立物, 凡そ厳かな影, 凡そと云う, 凡そ古今東西の書物, 凡そ古典的な匂, 凡そ古文眞實な顏, 凡そ史料中で何, 凡そに述べた, 凡そ吉三郎の豫期, 凡そ一哲学は, 凡そ同人雜誌は新しい, 凡そ同日に談ずべく, 凡そ吏道とは内, 凡そには不, 凡そ君子の交, 凡そ吾人の性, 凡そ吾家になど戻れる, 凡そ和歌といひ, 凡そ唯一の文学的作業, 凡そ唱歌といえる, 凡そ問題は現実的, 凡そ善良な人間, 凡そ喧嘩ということ, 凡そ喧騒を極め, 凡そ嘗て感じたこと, 凡そ器械を用, 凡そ器用と無器用, 凡そ四つの場合, 凡そ四ヶ年の後, 凡そ四丈ばかりの瀧, 凡そ四五十分間なるべし, 凡そ四五十日間に彼, 凡そ四五十枚の前篇, 凡そ四五年間位は打, 凡そ四五遍もくり返し, 凡そ四十両借金がある, 凡そ四十五度ばかりの角度, 凡そ四十人足らず孰れも, 凡そ四十年になります, 凡そ四十日持つでしょう, 凡そ四十許りも, 凡そ四千万人以上の餓えた, 凡そ四季の題, 凡そ四斗樽ぐらゐ黒く塗り, 凡そ四時間に亙っ, 凡そ四百七八十年の間, 凡そ四百年間政治の中心, 凡そ四百種を採れる, 凡そ四里これも亦, 凡そ四里山中人跡稀なり, 凡そ瀬河辺に, 凡そ国利を護り, 凡そ国民そのものとは縁, 凡そ国粋とは関係, 凡そ国際問題は政府, 凡そ國際問題は政府, 凡そ土地氣候天候空氣風俗習慣言語此等のもの, 凡そ地名にし, 凡そ地殻の歴史, 凡そ地球の上, 凡そ執拗頑固な決意, 凡そ堪らないと言った, 凡そ報道の反対物, 凡そ塾中の等級, 凡そばかりの野, 凡そ売色という一切, 凡そ変化する歴史的, 凡そより人, 凡そ外交問題ほど国民, 凡そ眠いといふ, 凡その中, 凡そ大したものである, 凡そ大人気ない事, 凡そ大概のこと, 凡そ大衆的な涙, 凡そ大阪にて無一文, 凡そ大阪府に転, 凡そ天下者の精神, 凡そ天地間のあらゆる, 凡そ青洋, 凡そ太廟宮殿等に侵入, 凡そ失望は落胆, 凡そ奇ッ怪なもの, 凡そ奉仕に堪へない, 凡そ奉行より木挽, 凡そ女一人の住居, 凡そ好かれたりよろこばれ, 凡そ好きなのに, 凡そ好意のない, 凡そ如何ばかりの力, 凡そ妓樓の在地, 凡そなこと, 凡そ妙案の浮ばぬ, 凡そ妙義山中形似に, 凡そ婦人たる者は身, 凡そ婦女を見, 凡そなもの, 凡そに対して冷淡, 凡そ子供つぽい, 凡そ子孫祖父母父母を毆, 凡そ子狗ほどなる, 凡そ字義からは忖度, 凡そ孤独の不安, 凡そ学問技術機械皆然り, 凡そ学校の規律, 凡そ学科に面白い, 凡そ宇宙間に同じ, 凡そ安楽な気, 凡そ安直な売春婦, 凡そ宗教の世, 凡そ宗教家とか社会教育家, 凡そ宗門の徒, 凡そ官僚的でなくて, 凡そ官能的な話, 凡そっています, 凡そ定石其ものの素性, 凡そ実際の技術的生活, 凡そ客観的にさ, 凡そ家畜動物の中, 凡その額, 凡そ察し得たのであった, 凡そ封建思想ほど滑稽, 凡そ專門の熟語, 凡そ親屬, 凡そ尋常一様の写本, 凡そ小さな山峡の, 凡そ小半里も歩かなけれ, 凡そ小山ほどあらう, 凡そ小説家は何, 凡そらしい調子, 凡そ尺二寸角ほどの, 凡そとなる, 凡そ屈托のない, 凡そ屋舎十の四, 凡その中, 凡そ嶄新なポンチ絵風, 凡そにありとあらゆる, 凡そ師範教育以外に人類教育, 凡そ常連の一人, 凡そ幕府の圧制殻, 凡そ平安朝初期とする, 凡そ平時の十分の一, 凡そ年十五銭乃至二十五銭, 凡そ年齢は知れる, 凡そ幼稚な私, 凡そ幾人前酒が幾合, 凡そ幾十枚と知れず, 凡そ幾百戸の富家, 凡そ府内の岡場所, 凡そ廿分の後, 凡そ張本百三十余人伴類二百人に及ぶ, 凡そ当今の文壇, 凡そ当夜の敵, 凡そ当時の政変, 凡そ当時仙台の書生, 凡その美, 凡そ形而上的思索とは現実的, 凡そ役者の以上芝居, 凡そ彼女の肉体, 凡そ彼等の企ら, 凡そ得意満面です, 凡そ微妙なる感能, 凡そを尚, 凡そ心性の活動, 凡そ心持の違つた平次, 凡そ忘れることの, 凡そ応接室にあるべき, 凡そ応用という概念, 凡そ忠告と云う, 凡そ怖いのとは, 凡そ思ひ当る全ての, 凡そ思想的に通じた, 凡そ思考が正しく, 凡そ性格概念は歴史的運動, 凡そ性論に於, 凡そ恋愛が異性, 凡そをきる, 凡そのある, 凡そ悟ったのかも, 凡そ悪魔に憑かれ, 凡そ悲壮な限り, 凡そ情熱のある, 凡そひうる可能, 凡そ意地悪るな, 凡そ意思なるもの, 凡そ意気揚々たる伊達姿, 凡そ意識であるとかと, 凡そ感傷性などは持合せ, 凡そ感情や意志, 凡そ憂欝な退屈, 凡そ憂鬱なるもの, 凡そ憎めない男が, 凡そ懸賞当選に不, 凡そ成金に取つ, 凡それの, 凡そ我々のスクール, 凡そ我が三万円, 凡そ我社中の人, 凡そには熱, 凡そ戦争を呪つて, 凡そに臨む, 凡そ所有ゆるどう, 凡そといふもの, 凡そ手掌ほどあらう, 凡そ手掛りがない, 凡そ手紙の中, 凡そひにくい, 凡そ批評の第, 凡そ批評家の列, 凡そ抜穂は卜部, 凡そ抽象的な対立概念, 凡そ拿破里の入江, 凡そ掛け離れて彼, 凡そ提出され得た問題, 凡そ支那國民を理解, 凡そ政令法度上天皇陛下の聖旨, 凡そ政府案支持でなかろうという, 凡そ政治とは独立, 凡そ政界にも教界, 凡そ教学というもの, 凡そ教育と謂, 凡そ教訓によりて世人, 凡そ数十万を占め, 凡そ数学の才, 凡そがなかつた, 凡そ敵事無くして, 凡そ文久年間から明治五, 凡そ文化価値的なもの, 凡そ文士の限り, 凡そ文字を知つて, 凡そ文学的欲望の悉く, 凡そ文学者たるの内省, 凡そ文明国ならば, 凡そ文芸の歴史, 凡そ文芸懇話会や帝国美術院, 凡そ新奇なるもの, 凡そ方便とはその, 凡そ方法というもの, 凡そ施為命令謀図言義を論ぜず, 凡そ日常生活とは無縁, 凡そ日本人の独創性, 凡そ日本国に生々, 凡そ日本軍勢の三倍, 凡そ明かになつて, 凡そ明治時代の文章, 凡そ昨年の十二月, 凡そ昨日より此昼, 凡そ是等一味の友, 凡そ時弊を矯正, 凡そ時節柄最も戦時色, 凡そ晩酌ほど愚劣, 凡そ智能が世, 凡そ暑い釣りで, 凡そ暗澹たる周囲, 凡そ更新を欲する, 凡そ書家が申します, 凡そ書物といふもの, 凡そ書籍上で調べられる, 凡そ書道などいう, 凡そ最低の生活, 凡そ最初の一分間, 凡そ最近の新劇関係者間, 凡そ會場の事, 凡そ月並な女学生, 凡そ有力なるもの, 凡そ有機生物のあらん, 凡そ期待されない此, 凡そ月末か, 凡そ本年の一月十日, 凡そ本文の訓, 凡そ本格そのものの, 凡そ東京中で不徳, 凡そ東京近くにて青鼠頭魚, 凡そ東京近郊の臺地, 凡そ架空な夢, 凡そに合, 凡そは之, 凡そ植物を知る, 凡そなくして, 凡そ極端に崩れた, 凡そ構造は似, 凡そ権力のある, 凡その木, 凡そ權利とは何ぞ, 凡そ欠伸に数種, 凡その書, 凡そ歐洲の中世史, 凡そ正午と覚しい, 凡そ此の間巉巖長く連, 凡そ此世界にあり, 凡そ此御拝賀の事, 凡そ此方の了簡, 凡そ此時ほど大, 凡そ此種の思想家, 凡そ此空間には無類, 凡そ此等境遇の善變中, 凡そ此邊の趣向, 凡そ此順禮は國所, 凡そ歴史學が科學, 凡そ歴史的なもの, 凡そ死刑には二つ, 凡そ残虐の限り, 凡そ毎秒五粁の, 凡そぶべくも, 凡そ民事の裁判, 凡そ民間学の流布, 凡そ民間學の流布, 凡そ気儘放題に育ん, 凡そ気分出した女, 凡その長い, 凡そ氣宇は大, 凡そ氣拔けのした, 凡そ水味を論ずる, 凡そ永久の何, 凡そ汚なづくりの, 凡そが心, 凡そ江戸ッ児として大, 凡そ泳ぎ以外の, 凡そ洋行帰りとは思えぬ, 凡そ洒落皮肉諷刺の, 凡そ津軽を一統, 凡そ浅原ならば, 凡そ浮かれ男の, 凡そ渦巻の一間あまり, 凡そ湯船の高, 凡そ満ち足りた豊かな, 凡そ源造が出立, 凡そ演劇の先駆的役割, 凡そ漢土の紀行文, 凡そ濕つた薪にも似, 凡そ関心を以て, 凡そ無いもので, 凡そ無分別な長州勢, 凡そ無為徒食して, 凡そ無礼故やめる, 凡そ無稽ではない, 凡そ無駄なナンセンス, 凡そ煩悶を思想, 凡そに登り来る, 凡その反, 凡そ父親に似ない, 凡そ輪車の, 凡そ物事に即した, 凡そ物憂げに, 凡そ特殊問題なるもの, 凡そ犯罪などとは縁, 凡そ狐狸の類, 凡そ狡猾の最後, 凡そ狼狽の気色, 凡そ王土に孕まれ, 凡そ珍妙無類なこと, 凡そ珍寳の在る, 凡そ現代人ほど生活, 凡そ現在の日本人, 凡そ現実的なるもの, 凡そ現実的存在は吾, 凡そ現状の実際, 凡そ理化学器械学の事, 凡そしい違い, 凡そ生きて我, 凡そ生物体には僅, 凡そ生物学に限らず, 凡その中刻, 凡そ男の子なら皆カーツ, 凡そ男らしくなき最たる, 凡そ男女交際の清濁, 凡そ町餘硫氣の上, 凡そを少し, 凡そ番犬に適, 凡そ異例の精密さ, 凡そ異性の愛, 凡そ畳一枚より少し, 凡そ疾病の既發, 凡そ病めるものすべてが, 凡そ白紙脅迫状の封筒, 凡そに近い, 凡そ百万の富農, 凡そ百三十万のクラブ員, 凡そ百二十冊ばかりです, 凡そ百五六十枚もあった, 凡そ百五六十畳と云う, 凡そ百五十坪も普請, 凡そ百六七十台に及べり, 凡そ百四五十ヤードも進む, 凡そ百日間は彼, 凡そ百畳敷きばかり, 凡そ百科の學術, 凡そ百種くらいの仕掛花火, 凡そ百貨店に普通, 凡そ皆蓮池にて花, 凡そ相互の教義, 凡そ相愛する二ツ, 凡そ相應はしく, 凡そ相手が左様, 凡その化物, 凡そ眞實なり公明, 凡そ眼中にない, 凡そ知らむことを願う, 凡そ知ッている, 凡そといふもの, 凡そ社会の現象, 凡そ社界の組織, 凡そ祖父の孫, 凡そを信ずる, 凡そ神楽と言つて, 凡そ神異の事, 凡そ神童とは反対, 凡そ神聖な超, 凡そ私共の暗殺, 凡そ私達に見物人, 凡そ科学完成の程度, 凡そ程合ひの, 凡そ程度のある, 凡そ空虚な響き, 凡そ窮屈ぢやなく, 凡そ破の, 凡そ立憲国の内閣, 凡そ立憲國の内閣, 凡そ六条を, 凡そ範囲が決まっ, 凡その無い, 凡そならざる書生, 凡そ精神病院の入院患者, 凡そ面白くない, 凡そ約束は出来た, 凡そ紅粉と縁遠き, 凡そ素晴らしい大勢力, 凡そ経験なきの, 凡そ絶對性を帶びたる獨尊不易, 凡そ維新前文久二三年から維新後, 凡そ綾織絹縮ふうの羅, 凡そ総てのもの, 凡そ締め括りのつかぬ, 凡その重なりであり, 凡そ羅馬の市, 凡そというイデー, 凡そ美しき宇宙の, 凡そ美しく凡そ面白く, 凡そ美神を怖, 凡そ美術の壮快, 凡そ義盛啻に大, 凡そに接近, 凡そ習俗に通有, 凡そ考えていなかった, 凡そ考え得る万般の, 凡そ耐らなく可笑しいと, 凡そ聡明な人物, 凡そ聰明な人物, 凡そ聴き手に, 凡そ職業の精神, 凡そ職業意識とは縁, 凡そ職業組合の結成, 凡そ肉体に不自然, 凡そ肉慾的な感じ, 凡そ肉體に不自然, 凡そ胡散臭さうにガラツ八の, 凡そのない, 凡そ脱退の理由, 凡そ腰かけ得るものは, 凡そが立つ, 凡そ腹痛下痢はさら, 凡そ自ら死たる者は汝ら, 凡そ自ら軽蔑し去つて, 凡そ自分以外のこと, 凡そ自分達の力量, 凡そ自由気儘に私, 凡そほどの變, 凡そ興味がない, 凡そ船舶の横, 凡そと云う, 凡そ色々な意味, 凡そ芝居に関心, 凡そ芝愛宕下界隈の男, 凡そ花卉のうち, 凡そ芸術家らしくも, 凡そ苟くも本運動, 凡そ若衆の舞, 凡そ英雄的性格を有し, 凡そ英雄豪傑の伝記, 凡そ葬式のたびごと, 凡その紋所, 凡そ薄っぺらでは, 凡そ薄弱な筈, 凡そ薄暗い汚い町でした, 凡そにしたく, 凡その公用, 凡そ行儀のよく, 凡そ表現はあらゆる, 凡そ裁判には寸毫, 凡そ複雑だからなあ, 凡そ西洋の真似, 凡そ西洋劇の十分, 凡そ當の, 凡そ見えてい, 凡そ見事に他人, 凡そ見失ふことの, 凡そに対して子, 凡そ観念の存する, 凡そ観音に参詣, 凡そ言葉の魅力, 凡そ言論という観念, 凡そ計り知られぬ, 凡そ記念碑としての優秀, 凡そると, 凡そ詩歌あるの, 凡そ語學學習に於, 凡その難き, 凡そ調べてゐた, 凡そ論外なペッシミズム, 凡そ論理的では, 凡そ山野所在草木, 凡そ警察ってもの, 凡そ警察署長たるもの, 凡そ變つた風景である, 凡そ貧乏問題とは関係, 凡そ嬢を, 凡そ貴重な二行三行, 凡そ資金の許す, 凡そ趣味にも柄, 凡そ足跡の絶間, 凡そ身柄に添, 凡そ身邊の物, 凡そ農家の力, 凡そ近世の特に, 凡そ近代と呼ばれる, 凡そ近代劇の意義, 凡そ追撃撲滅等の場面, 凡そ途方もない, 凡そや意氣, 凡そ進化を説く, 凡そ進歩は唯別, 凡そ逸作とは違った, 凡そ遊蕩的分子が少ない, 凡そのない, 凡そ過ぎ去った世界への, 凡そ道徳的実践としての実践, 凡そ道義を唱, 凡そ違って訪ねる, 凡そ遠い感じが, 凡そはしく, 凡そ適切なる感化, 凡そ部屋に不, 凡そらしい都, 凡そ都遷りの, 凡そを飲ませる, 凡そ酢ぱい顏をしました, 凡そつぱい顏, 凡そ野暮なこと, 凡そ見が, 凡そ金鉄の決意, 凡そ釣りというもの, 凡そ銅鉄の腐る, 凡そ鍋焼饂飩は吹き, 凡そ鎌倉期に入, 凡そさ二百八十間余の, 凡そ関東の高山, 凡そ限られてゐた, 凡そ陽気に話した, 凡そ雪五郎は謙虚, 凡そ雪国の住人, 凡そ露西亞人の血痕涙痕, 凡そ音楽的な感覚, 凡そ顕著な傾向, 凡そを異に, 凡そ風景が異, 凡そ風鑑人相の事, 凡そ飛んでもない, 凡そ食物の中, 凡そ馬鹿げている, 凡そ馬鹿みたいな奴, 凡そ馬鹿らしい話では, 凡そ馬鹿馬鹿しいことで, 凡そ高価な代償, 凡そ高利の術たる, 凡そ魅力に乏しい, 凡その真, 凡その土手, 凡そ黨派政治家は大抵, 凡そ黨首に最も, 凡そ鼬小僧には縁