青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「力~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~ 劇~ ~劇場 劇場~ 劉~ ~力
力~
~功 功~ ~加 加~ ~加え 加え~ ~加減 加減~ 加藤~ ~助

「力~」 36184, 375ppm, 258位

▼ 力~ (10023, 27.7%)

605 入れて 385 もって 355 こめて 264 持って 128 籠めて 122 得て 87 あわせて, 持つて, 込めて 86 出して 84 失って 74 協せ 67 借りて 65 いれて, もつて 62 入れた 59 貸して 54 合せて 51 合わせて 48 つくして, つけて 44 尽して 31 かりて, 添えて 30 有って 29 有つ 26 かして 25 与えて 23 落して 22 こめた, 入れると 21 信じて, 利用し, 欠いて 20 発揮する, 集めて 19 借りなければ, 必要と 18 入れながら, 感じて, 注いで 17 併せて, 得た, 罩めて 16 ふりしぼって, 加えて, 感じた, 籠めた 15 持つこと, 集中し 14 有して, 発揮し, 自分の 13 抜いて, 有するもの, 示して, 藉り, 養って 12 あつめて, 傾けて, 盡し 11 失った, 落として, 身に 10 入れないで, 入れる, 入れるの, 利用する, 感ずる, 認めて 9 ぬいて, 入れ, 具えて, 尽くして, 得たよう, 発揮した, 絞って, 藉し

8 [14件] もつもの, 一つに, 与えられて, 与へ, 借りようと, 借りること, 入れても, 十分に, 増して, 得ること, 振って, 有すること, 用うる, 集中する

7 [11件] そそいで, そなえて, ふるって, 保って, 備えて, 入れたの, 入れること, 回復した, 弱めて, 有しない, 有た

6 [21件] いれた, いれると, えて, つけた, なして, もつこと, 与へて, 仮りて, 働かせて, 入れれば, 具へて, 内に, 失つた, 意味する, 持たない, 持つよう, 有するに, 用いて, 自由に, 藉る, 養ふ

5 [41件] あげて, うしなって, そえて, もたなければ, もっては, もつと, 信ずること, 借りないで, 充分に, 入れました, 入れるよう, 加へ, 加へる, 受けて, 合わせること, 回復し, 増加する, 失うの, 存分に, 完全に, 彼女に, 得たの, 感じる, 抜いた, 持たなければ, 持つもの, 有す, 極めてそれ, 獲得する, 現は, 腕に, 與へ, 與へて, 與へる, 落さない方, 藉りる, 見せて, 込めた, 過信し, 非常に, 養成する

4 [78件] あはせ, かりること, ここに, こめ, こめながら, こめれば, しぼって, ためして, たよりに, だして, つけられて, なくして, もったもの, 与えた, 与えるの, 両腕, 使って, 借りずに, 借りたいの, 借りねば, 入れたもの, 入れた時, 入れての, 入れようと, 入れるに, 入れる必要, 入れ過ぎて, 出しながら, 利用した, 刺激し, 加える, 協せる, 印象する, 合わして, 喪失し, 回復する, 増大する, 失して, 失ったの, 奪って, 強くする, 得る, 応用し, 惜まず, 感ずるの, 持ちながら, 持ったもの, 持った人, 持つと, 持つの, 指すの, 挙げて, 振りしぼって, 有するならば, 有するの, 有つてゐる, 有つであろう, 殺して, 減ずること, 発揮し得る, 盡した, 知って, 私は, 籠めながら, 耳に, 自分で, 落したやう, 落したよう, 落しては, 藉す, 要する, 試して, 買いかぶって, 貸せと, 集注し, 頼りに, 養うこと, 養うため

3 [149件] おとして, かりなければ, こめると, これに, さへ, して, そろえて, たのんで, つくさねば, つくした, つける, ぬきました, ひそめて, ふりしぼつ, もっても, もつた作家, ゆるめた, われわれの, 与える, 与えること, 与えるもの, 両の, 人間の, 以って, 伸ばして, 借して, 借りながら, 借りれば, 假し, 備へて, 働かして, 働かせること, 僕の, 入れすぎて, 入れたが, 入れたり, 入れるという, 出さねば, 出せば, 刺激する, 協す, 協わせて, 及ぼすこと, 合わせても, 否定する, 失いつつ, 失う, 失うこと, 失ったと, 失ったもの, 失ったよう, 失つてし, 失つてゐる, 媒介として, 少しも, 尽した, 尽したの, 尽すつもり, 尽すと, 弱くする, 強めて, 彼に, 得ました, 得るため, 忘れて, 急に, 恃み, 恃んで, 恐れずには, 恐れて, 恢復し, 恢復した, 意識し, 感じさせる, 感じさせるもの, 感じたから, 感じたので, 感じつつ, 感じると, 持たせて, 持たないと, 持たなかった, 持たぬ, 持たねば, 持った人間, 持った砕氷船, 持つ, 持つに, 授けて, 揃えて, 握って, 揮って, 搾って, 支配する, 暗示し, 有すると, 有せざる, 有ち, 極度に, 此に, 残して, 求めて, 注いだ, 添えたいと, 添へ, 添へて, 減少せしめる, 現わし, 現わす, 用ひる, 用ゆる, 用ゐし, 用ゐる, 盛んに, 神から, 私に, 竭し, 籠め, 籠めつつ, 結集し, 考えると, 肩に, 致して, 與へられた, 落した, 落しました, 落すこと, 蓄えて, 蓄へて, 蓄積し, 藉りず, 見て, 覚えた, 試驗する, 負うて, 貯えて, 貸しては, 費して, 超越し, 超越した, 足に, 込めたり, 逞しゅうするを, 過信する, 遺憾なく, 附けて, 集中した, 頼みと, 頼んで

2 [434件] あたえられて, あてに, あなたに, あらわすが, あわして, あわせても, あわせるの, あわせ気もち, いまこそ, いれすぎて, おさえて, お持ち, お落とし, かりるにも, かりるほか, この奥州, こめし一ふし, こめたの, こめたり, こめた手, こめること, こめウン, こめ岩, そいで, そこに, その中, それ以上に, だんだんに, つかって, つくしたの, つくしても, つくすこと, つくすよう, つけたり, つけながら, つけました, つけるため, つけるよう, できるだけ有効, どうする, ぬけば, ふるい起して, ほめた, みせて, みなぎらして, もたない, もたないこと, もった女, もった男, もつた眼, もつ作家, もはや意識, ゆるめずに, ゆるめると, われわれに, ウンと, 一度に, 一杯に, 一点に, 下に, 下腹に, 与えたもの, 与えられます, 与えられる, 与えるよう, 与える上, 与え私, 与へた, 世界に, 両手に, 両方の, 互と, 人に, 人の, 人間に, 介して, 他の, 他人に, 付けるよう, 仮しては, 仮りる, 伴って, 伸ぶる, 作って, 作ること, 使い果たして, 使う, 使用し, 便りに, 保つか, 信じた, 信じないの, 信じます, 信じ過ぎて, 借し, 借せ, 借りずとも, 借りたいこと, 借りたいと, 借りたいという, 借りたか, 借りても, 借りなくとも, 借りに, 借りるとは, 借りるの, 借りるより, 借りる必要, 借ること, 借るを, 備えた方法, 備へ, 働かせなければ, 働かせるため, 光を, 光被する, 入て, 入れすぎる危険, 入れたいと, 入れただけ, 入れた上, 入れた挨拶, 入れた証拠, 入れた足, 入れねば, 入れるほど, 入れるん, 全く失っ, 凌ぐこと, 出しても, 出し切つて, 出す, 出すこと, 出すつもり, 出すよう, 出すん, 出せと, 出そう, 出来るだけ, 刺戟し, 刺戟する, 刻む木匠, 剣に, 創り革命, 加えた, 加えつつ, 加えなくても, 加えること, 加えると, 加へて, 励し, 労働者から, 効した, 勘定に, 包蔵し, 十二分に, 協し, 協せなけれ, 印象するだろう, 及ぼして, 受くる, 合して, 合わせこの, 向けて, 向ければねえ, 否定し, 吾, 味方に, 呼び起して, 商品と, 喧嘩に, 喪って, 喪失した, 固く支え, 圧倒する, 培養する, 増さんため, 増大し, 増大せしめる, 増進せしめる, 売って, 大局の, 失うて, 失うに, 失ったという, 失ったにも, 失った人々, 失った彼, 失っても, 失つ, 失つてゐた, 失つて行く, 失はないで, 失ふ恐, 失わないらしい, 奪うところ, 奪ふ, 奪われて, 奮って, 奮ひ集め, 尊敬する, 尊重する, 尽くすこと, 尽さなければ, 尽しました, 尽しましたが, 尽しましょう, 尽そうと, 弱めること, 張って, 強くし, 強大に, 彼の, 彼は, 待って, 待つて, 得たもの, 得たやう, 得た事, 得まして, 御貸し下さいまし, 忍ばせた, 応用する, 思った, 恵まれて, 悪用し, 想像する, 意識した, 意識する, 感じ, 感じさせます, 感じたいため, 感じながら, 感じました, 感じます, 感じるが, 感じること, 感ぜずには, 或る, 戮せ, 所有し, 打ちひしぎ地, 抑へ, 抜こうと, 持たせようと, 持たない下女, 持たぬこと, 持ち又, 持ったやつ, 持った世界観, 持った男, 持つかを, 持つが, 持つた人, 持つてを, 持つとは, 振うかも, 振うの, 振ひ起して, 振りしぼつ, 振り絞って, 振り起して, 振るい起こして, 捧げて, 提供し, 搾つた, 支持する, 散漫に, 文化的な, 文学方面に, 新たに, 明瞭に, 最も能率, 有したの, 有し又, 有すとの, 有するから, 有するや, 有する乎, 有する他, 有する者, 有せざれば, 有せば, 有たなけれ, 有たぬ, 有つよう, 極めてその, 極めて之, 極めて実, 構成する, 欠くこと, 欠く主張, 此の, 殺ぐから, 決定する, 注いだの, 注がなければ, 注ぐこと, 注ぐべきである, 注ごうと, 活かして, 活用し, 浪費する, 消耗し, 消耗する, 添えられんこと, 添える, 添へる, 減じて, 減少し, 減少する, 減殺し, 満足させる, 潜めそれ, 濫用し, 濫用する, 無理に, 無視し, 無視しなけれ, 無視する, 獲得し, 生じて, 用いねば, 用いるに, 用ひ, 用ふる, 男女性の, 発揮させる, 発揮しなけれ, 発揮します, 盡くし, 目の, 直接に, 相手に, 知った, 確信し, 示した, 示したもの, 示すの, 社会の, 私が, 私達に, 積んで, 竭した, 竭せり, 築き上げて, 籠て, 籠むれ, 籠めず, 籠めぬ, 籠めれ, 精神の, 絞つて, 綜合的に, 総動員し, 緩めると, 練習せしめ, 缺い, 缺き, 罩めた, 罷らし百姓, 考えずには, 考へずに, 背後に, 自慢し, 自然に, 自由派の, 自覺, 致さんと, 致したると共に, 致すの, 落さないで, 落したこと, 落したもの, 落したろう, 落す者, 落とした, 落としたが, 落としまして, 蔵し, 藉らざる, 藉りなけれ, 表現し, 表現する, 要します, 見せた, 角に, 言は, 言ふ, 証明する, 試すため, 試みようと, 詩語としての, 認めない訳, 認めること, 語って, 説明する, 貯へて, 貸したの, 貸しても, 貸すこと, 貸すと, 貸そうと, 費したの, 費やして, 購買, 起して, 超過し, 身内に, 込めた聲, 述作に, 逃れること, 逆立て穿, 逞くし, 逞しゅうすること, 進むると, 過大に, 重んずるを, 鈍くし, 鈍らせて, 隠して, 集めること, 電気の, 非常召集し, 頂きましたねえ, 頭から, 頼みに, 頼むこと, 頼むより, 養うには, 養うの, 養ひ, 養わねば, 験して

1 [4062件 抜粋] あいまいに, あたえないでも, あやぶんで, あらわすところ, あるかの, あわせてから, あわせ北条, あわせ東, いたすよう, いとほし, いれここ, いれたり, いれはじめたわ, いれ坐り方, うけるもの, うちこめて, うんと入れる, おぎなうため, おとさないで, おとしませんでした, お与えくださいまし, お許しおきなさる, かしたいと, かせ, からなければ, かりては, かりるに, かること, きたえられれば, くれる, ことごとく結合, この時, こめかけると, こめたやう, こめた太刀, こめた骨ばったアゴ, こめました, こめる様, こめ居ると, ごらんなさい, さすの, しばしばかり, しらないうち手, すっかり麻痺, せつに祈り求め, そがれます, そそいだ, そそぐよりも, そなえた者, そのかぼそい, その小さな爪先, その軽い, そろへ, たたえようと, ためさぬこと, ためす機会, だすと, つくさなければ, つくしたため, つくしともに, つくすと, つくせば, つけたものの, つけられてる, つけること, つけ自分, つよくもつ, である, とるん, どこかへ, どんな風, なすもの, ぬいた字, ねらって, はたらかせる力, ば心臟の, ひったぐられて, ふくんで, ふりしぼり孫兵衛, ふるうすべ, ふるって敵, ふるひ膝, ほかに, ますます強めた, まとめること, みろ, めざませる, もたないよう, もたぬ, もちかよわい, もち合し, もったクロクロ島, もった刀, もった漫画家, もってさえ, もってる者, もつたか, もつてなど, もつよう, もつ学問, もてた, やすやすと, ゆるめませんでした, より良き, わたしは, オレの, スリ減らした, ライナーの, 一団として, 一杯出し, 与うるに, 与えたこと, 与えない限り, 与えられるかも, 与えるので, 与え給え, 与へるやう, 主として妻, 二十貫目始終, 交へ, 人間が, 他へ, 以つてし, 以つて自己の, 仮りたるや, 伴うた需要, 伸すこと, 何か, 余り観念的, 併せた力, 併有し, 使っては, 供するの, 保ちつづけて, 俟たず, 信じようと, 信じ無限, 信ずるもの, 信ぜずに, 個々の, 借って, 借りず単独, 借りたの, 借りない点, 借りやう, 借りるならどんな, 借りる時, 借るの, 假り, 備えた場合, 傾けられること, 働かしたならきつ, 働かせ新しい, 充分具備し, 入れさえ, 入れずして, 入れたかと, 入れたので, 入れた先生, 入れた後ろ, 入れた銀, 入れないから, 入れなかった迄, 入れみずから, 入れりゃがって, 入れると共に, 入れる人, 入れる熱心さ, 入れんから, 入れ世間, 入れ前, 入れ居らざりし為め左, 入れ狭い, 入れ過ぎたので, 全国に, 公衆の, 具えた神様みたい, 具有し, 再び我もの, 出しがたがたがたがた, 出しすぎたため, 出した者, 出し切る事, 出すからね, 出すもの, 刀鋒に, 分つまじ, 刎ね, 利用してやれ, 刺戟した, 剣とも, 加えたとて, 加えられて, 加え彼ら, 加減し, 労働者階級の, 医者が, 協せずし, 危ぶみしきりに再び, 及ぼすやう, 反対の, 取出しては, 受けざりし事, 受け自分, 合せその, 合せるこの, 合そうでは, 合わせたらこの, 合わせますます活溌, 合わせ敵, 向けたの, 吸い取るん, 吹出して, 咽喉に, 喪った男, 回復すべく, 地上に, 培わして, 増しかの, 増すだけにでも, 増加し, 増強し, 外して, 大いに尊敬, 大層弱めます, 失いその, 失いました, 失い創造力, 失い思考力, 失い行くは, 失うのみ, 失う訳, 失ったこと, 失った様, 失つたのに, 失つて行き明瞭さを, 失ひ太い, 失ふであらう, 失わないだけが, 奪い水, 奪ったとも, 奪ふも, 奮い起こして, 奮わせつつ, 妾に対して, 安くる, 害する者, 寄せ集めて, 尊ぶ野蠻主義, 尽くさざるに, 尽くした日, 尽くすよう, 尽さるること, 尽しその, 尽した三人, 尽し世間, 尽し政府, 尽すべきであると, 尽す処, 屈せしめること, 帯ばない, 平素の, 度外視する, 引っ張り出すのに, 弱くし, 弱められるだろう, 張りきらせて, 強く下方, 強める代り, 強調する, 彼ら失へ, 待たずに, 得ざるべからざりしが, 得たらしくもう, 得た所, 得ひとたび, 得るだろう, 得來, 得王, 心の, 快く感じ, 思い出した, 思はせるもの, 思わせられるほど, 恃まず, 恃めと, 恐ろしがった, 悟った, 惜しんで, 意味しよう, 感じさせる不思議, 感じた事, 感じないわけ, 感じるの, 感じ始めた, 感ずる能力, 感謝した, 懸命に, 戯曲の, 打ち破ったわけ, 抑えて, 抜いたの, 抜き彼, 押さえきれずに, 拒否する, 持たず物, 持たないらしかった, 持たなかつた, 持ちそれ, 持ち出して, 持ち必要, 持ったそしてまた, 持った人間特有, 持った妖精, 持った潜水艦, 持った近習, 持つかといふ, 持つたもの, 持つた此, 持つであらうか, 持つ女, 持つ限り学問性, 持続し得ない, 振い起した, 振はず, 振りまわし威張り縮み上らせたがって, 振るう云わば, 捉れる, 授けられた芸術家, 推し進む, 描き出して, 揮い始めた, 揮ったため, 搾つて, 撃つの業, 支えるにはも, 支配せし, 教えて, 文学的あるいは, 新幕府, 昂げて, 暗黒界の, 最深く, 有し而, 有するであろうから, 有する人, 有する玉, 有せしめる効, 有った眼, 有つて居なさらぬ, 望むの, 東京の, 森や, 極めてとうとう屏風, 極めて其扉, 極めて引かれじ, 極めて改める, 極めて相, 極めて裾ひき, 極めぬ, 横車に, 欠いだ父, 次第に失ひ始めた, 止めそれ, 此方に, 殺がうと, 気持よく, 求めるところ, 汲み上げ葉, 注いだという, 注いでるかは, 注ぎゆたか, 注ぐべきかを, 洗い落として, 浪費し, 深く感得, 添えたもの, 添えよう, 添える様, 添へるであらう, 減ずる, 減らそうとして, 湧かして, 満足させられる, 濫用した, 燦めかし, 独りで, 獲シシリア, 現すこと, 理會せな, 生じるとして, 生み出す人々, 産み出すの, 用いずただ, 用いても, 用いる所, 用い肝心, 用ゐた, 異国に, 疑るよう, 発する時, 発揮しない, 発揮すべきである, 発見に, 白いしなやか, 盛返して, 目の当り見せられ, 相及ぼす, 眼の, 知つてゐた, 知らない人, 知り自分, 破って, 破砕する, 確認する, 示したとき, 示すのみに, 示す貴重, 秘めたラレイ, 程よく削ぎ取っ, 竭くさ, 笠に, 籠める, 精一ぱい出し切れ, 索めて, 絞り出し苦痛, 継承し, 縛りたり, 罩め虚無の, 考えて, 聞き分けること, 能被, 自から内, 自分自身の, 自発的に, 致さんこと, 致しぬ, 致せるや, 苦しめた, 落させないため, 落したの, 落しても, 落すでないぞ, 落とさなかった, 落としますまい, 著しく高め, 蔵するもの, 藉りた, 装ったの, 要したかを, 要するという, 要する護摩壇, 見ずして, 見せびらかすこと, 見せ抒情詩, 見るにつけ, 見出せよう, 角し一番, 計算する, 証明せん, 試すやう, 試みんとて, 試験せね, 認めた, 認める間, 説いても, 誰にでも, 讃せよ, 豊富に, 貯え十, 貸したり, 貸すという, 貸そうという, 費ひ果し, 賣るほか, 足して, 込めさながら, 込めやけくそ, 追ひ込み, 逞しくし, 進めて, 遮り留めるやう, 郷土へ, 金と, 鍛え上げるの, 阻むこと, 附与し, 除外し, 集めようと, 集中します, 離れずに, 頼っては, 頼んでも, 顧みれば, 養いとして, 養うもの, 養わしめん, 駆り立たせるの, 驗した, 鳥瞰図的に

▼ 力~ (4848, 13.4%)

89 ある 84 なかった 79 ない 71 あった 68 あるの 50 抜けて 46 あって 45 こもって 42 ないの 35 あると 31 あるか 30 なくなって, 籠って 26 なくて, 入って 25 ぬけて 24 あつた, ないと, 出て 23 あるもの 22 なければ 21 ありません 20 ないから, 働いて 19 あるから 18 あったの, 潜んで 17 つきて 16 あつて 15 はいって, 加わって 14 あります, あること, あれば, 尽きて, 強かった 13 なくては, 強い, 私を, 自分に 12 あっても, こもつて, そこに, ないので, なかつた, 残って, 無い, 足りない, 非常に 11 はいる 10 あるん, ついて, 一時に, 入った 9 ありました, あるので, ないよう, ぬけたよう, 入つて 8 ありそう, あるという, あるとは, ないこと, ないという, ないん, 弱くて, 彼の, 拔けて, 湧いて 7 あろう, 不足し, 具わって, 強くて, 必要である, 足りないの

6 [18件] あるな, あるに, ないため, はたらいて, ひそんで, 弱かった, 弱って, 強いので, 強くても, 彼を, 抜けたよう, 欠けて, 無かつ, 生じて, 私に, 私の, 籠つてゐた, 自分の

5 [25件] あったと, あまって, ありませんから, あるならば, あるよう, あるわけ, こもった, なくな, 余って, 優れて, 出来て, 動いて, 増して, 失せて, 弱くなる, 強いから, 欲しい, 溢れて, 無かった, 無くな, 無くなって, 盡き, 脱け, 要る, 這入って

4 [37件] あったこと, あるだろうか, すぐれて, どんなに強い, なくても, なくなった, なさそう, はいった, はいらなかった, はいりすぎて, ものを, 一つの, 借りたいと, 入ると, 出るの, 増大し, 失われて, 存在し, 少しも, 弱いの, 弱くなっ, 強いと, 強いという, 強くって, 強くなっ, 強ければ, 必要な, 湧き上, 漲って, 無いと, 無いの, 生まれて, 発達し, 籠つて居た, 自分を, 衰えて, 足りないから

3 [65件] あったから, あったって, あったであろう, あつたら, ありさえ, あるらしい, ある上, いる, いるの, ここでは, こめられて, こもらない, ございません, それに, それを, どこから, どんなもの, ないし, なくなりました, なくなる, はいらない, みちて, もつと, ゆるむと, より小, 不足で, 乏しい, 人を, 備わって, 働くの, 充実し, 入らなかった, 出る, 出るもの, 加はつた, 加わった, 勝って, 君に, 含まれて, 増大する, 大きい, 大に, 存在する, 完全に, 弱いから, 弱くって, 強いか, 彼に, 彼女を, 必要だ, 必要だった, 急に, 抜けた, 来るの, 減退する, 無いから, 無くて, 猛烈で, 現実に, 発揮され, 稀薄に, 籠つた, 衰へて, 足らん, 隠れて

2 [245件] あったかも, あったならば, あったよう, あったわけ, ありさ, ありそれ, ありまして, ありますね, ありませんでした, あり生活そのもの, あるかの, あるからな, あるさ, あるし, あるぞ, あるであろう, あるといふ, あるとか, あるはず, あるべきはず, あるもん, あるらしかった, あろうか, あろうとは, あろうとも, あツ, いるわけ, うごめいて, おまえの, かかって, かかる結果, かく為させ給う, からだの, こ, こう言っ, ここに, ここまで, この店以上, そうさせた, そなわって, そのうち, それらの, できてから, できるといふ, ともかく私, どこに, どのくらい, どのよう, どんなに信頼, どんなに偉大, どんなに大きい, どんなに弱い, どんなに恐ろしい, どんな場合, ないからこそ, ないで, ないといふ, ないとは, ないなら, ないのに, ないわけ, ない限り, なおも小さい, なかったら, なかつたの, なくその, なくって, なくなつたん, なくなるので, なくまた, ぬける, のこって, はいったの, はいると, ほしいの, まさって, まだそこ, まともに, まるで違う, ゆがめられたり, ゆるんだ, より以上, わいて, われわれの, グッタリと, ゼンマイの, 一方で, 万一それ, 万能でない, 上に, 上昇し, 不充分で, 不意に, 不足な, 与えられて, 世の中に, 之に, 乏しいから, 乏しいと, 乏しかった, 人間に, 人間の, 今日の, 他の, 付いて, 伴なっ, 低くて, 何である, 作るとは, 作用し, 偉大である, 働くこと, 働けば, 入ったので, 入つた, 入らないの, 入らなかつた, 入らぬやう, 入りすぎて, 入り長く, 入る, 全くない, 具って, 出た, 出たの, 出たよう, 出なかったの, 出ません, 出来調子, 制限せられる, 加は, 加へ, 加わったため, 加わると, 及ばないで, 及ばなかったの, 吾, 増せば, 増加し, 外に, 多い, 大きくなれ, 奢侈ぜいたく品の, 如何に, 宙へ, 実に弱く, 宿って, 少しずつ, 希望である, 平均し, 平衡し, 弛緩し, 弱い, 弱いといふ, 弱くなり, 弱ければ, 弱められて, 張り切って, 強いため, 強いといふ, 強いの, 強いばかり, 強いん, 強い事, 強かつ, 強くなり, 強くなる, 強く勇気, 強さ, 強そう, 微弱であった, 必要だつた, 必要であった, 必要です, 感じられて, 感じられる, 或る, 抜けたの, 抜けると, 抜け足もと, 散漫に, 旺盛だ, 旺盛で, 有った, 有るか, 根を, 次第に衰え, 欲しいと, 此の, 残つてゐなかつた, 消耗し, 減じて, 減退し, 湧かないの, 湧くやう, 湧くよう, 満ちて, 漲つて, 無いので, 無いもの, 無くなりそう, 無ければ, 現れたり, 現在の, 甚しく, 生れて, 産むの, 盛んで, 盛んに, 盡きた, 瞬く間, 籠った, 籠つてゐる, 絶対に, 缺けて, 缺乏し, 能く, 脱けた, 自然に, 落ちて, 落ちる, 衝突する, 衰えますから, 衰へ, 要ると, 要るな, 要求された, 足らない, 足らないので, 足らぬ, 足らぬから, 足りないこと, 足りないし, 足りなかった, 足りなかつた, 足りなくて, 進めば, 適当に, 鈍って, 集まって, 集中される, 零である, 首を, 馬の, 高まって

1 [2261件 抜粋] あうん, あったかを, あったとか, あったらきっと, あったら悪い, あってこそ, あつたらしく見える, あのサルヴィニ, あふれて, あまりに強大, あらわれた, ありすき, ありて, ありましょうか, ありますそれ, ありませんでしたが, ありもつと, あり人々, あり利慾心, あり平手, あり敢, あり活動, あり見かけ, あり非常, あるからなあ, あるしかも, あるだろうかと, あるでしょう, あるなぞ, あるなら八貫目, あるねえ, あるまいなどと, あるらしいが, あるリアリスト, ある尋常, ある方, ある者, ある隙, あろうと, あんまり盛ん, いかに底, いかに素晴らしい, いずれの, いつかな, いつもほど, いり腕, いるので, うかがわれる, うらやましくて, おさえられて, おとろえたの, およばなかったと, お前に, かけて, かもし出されて, きしみあふ革命, くじけて, ぐっと胸, こうも, このよう, この劃期的, この心理的, この法案, この蔭, こめて, こもってる, こもり彼, これから先, これらの, ございます, ござる, さっと一筆彼, しばらく均衡, じりじりと, すっかりなくなった, ずっとひじ, そこへ, そなわってるわけ, その人達, その増殖力, その宿命, その教義, その物体, その計画, その頭上, それだけで, それ自, たいへん強く, たちまち反撥性, たまつたやう, たりないと, ちょっと見出されない, ついたとき, ついたん, つきかけて, つきたよう, つきました, つくこと, つく感じ, つよいの, つよければ, でき組織, とかく欠けがち, とぼしい, どういうもの, どこからか, どのやう, どれほどある, どれほど微弱, どんどん彼, どんなに大きな, ないからね, ないぞ, ないに, ないよりも, ない凄いところ, ない時, なえきって, なかつた涙, なくした, なくなかなかはっきり, なくなったの, なくなっちまって, なくなり強く, なくなる境地, なくドア, なく全体, なく徒ら, なく既に, なく腹, なく重い物, なさ, にわかに折れくじけ, ぬけた, ぬけちまいますのよ, ぬけはてて, ぬけ去って, ねえくせ, はいらず目, はいらぬでは, はいります, はいり握つて, はいるくらいに, はいるよう, はたらかないから, はるかに, ひとりでにしぼん, ひびいて, ふたたび魔術, べつにかれ, ほしい一念, ほとんど同じ, まき散らされて, ましますが, またはずみ出した, まだまだ少い, まだ十分江口, まだ決して亡び, まったくなくなっ, まるで咒縛, みな身体から, むくむくと, もうなくなっ, もう無くなつ, もし實際, もつ一つ, もはや残っ, やっぱり船長, ゆるんだよう, よくて, よみがえって, より大, わからないの, わが唇, われわれに, オレを, グッタリ尽きた, ジャン, テストできる, ピンと, マルクスを, リット提督を, 一切を, 一層完全, 一時弛んだ, 一種物理的な, 一閃迸り出, 三つ目小僧と, 不十分であった, 与えること, 与へられた, 両者に, 中国経略に, 乏しい傾向, 九人力ある, 二の腕まで, 互に異, 人々を, 人間を, 今からは, 今一度新しく, 仏像に, 付きません, 伴うて, 伸びないこと, 何かの, 何らの, 何時まで, 余りに微弱, 作り出したこと, 保たれて, 個体化の, 借りたいとのう, 傷, 働いたん, 働きかけうる人, 働く故, 充ち滿, 兒童の, 入った事, 入らず逆手, 入らなかつたん, 入りお, 入り過ぎて, 入るわけ, 入用であり, 全く身, 全身に, 共存的に, 具ってる, 具体的に, 凝りに, 出し合える敵, 出たもん, 出ないであろうか, 出ねえ, 出んなあ, 出来リアクション, 分かったか, 到る處, 加って, 加わらないでは, 加わり人, 加勢し, 労働者階級を, 勝ったもの, 勝手気ままに, 十分の, 半分に, 厚いコンクリート, 及ばなかったかも, 及ばぬ十分, 及びません, 反対方向に, 古いそれ, 各党派の, 同じよう, 含まれては, 呼びもどされてくるやうだつた, 唇を, 喰い込んで, 回復し, 圏境や, 地方に, 堅くて, 増す故, 外から, 多いでしょう, 多くの, 大いに加わっ, 大きいよう, 大きくなる, 大なる, 大変なくなり, 天才の, 失せた, 失われぐったり, 女同士, 妙な, 嬉しくて, 存在の, 宇宙的の, 実に欠け, 宣伝の, 密集し, 實際の, 小さい子供, 少いため, 尽きた, 尽きたやう, 尽きはてた時, 尽き果てたの, 巌丈な, 常に働い, 平均する, 幽かに, 弛めば, 弟に, 弱くなった, 弱く成る, 弱まって, 弱り堅い, 強いうえ, 強いだけに, 強いらしい, 強かったです, 強くとも, 強くなります, 強く且つ, 強く圧しつけ, 強く猛, 強く野村, 強制的に, 強大である, 形ある, 彼には, 後れて, 得られない事, 微妙に, 必ず働く, 必要だろう, 怖ろ, 性的生活を通じて, 悪く働く, 情勢として, 感じられるが, 感覚よりも, 戦うの, 手の, 抜けあやつり人形, 抜けたかと, 抜けてしも, 抜ける, 抜ける尤も, 抜け始めた, 拔けた樣に, 指先にまで, 揃ふと, 搾取的に, 散漫だった, 文化問題に対して, 既に兆し, 日本の, 旺盛であった, 昇り降りして, 時々片鱗, 普通の, 更により, 最も少ない, 月江の, 有つて, 有るもの, 有限であった, 未来の, 来る, 果して精力, 某の, 極めて脆弱, 樹木を, 次の, 欲しいしかも, 欲しかった, 正確に, 此境地に, 残されて, 殖えて, 母である, 比較的弱い, 民衆の, 永久の, 決して不当, 沸きたって, 注がれて, 活躍する, 消えた, 涙ぐまるるよう, 添うこんな, 減っちまうん, 減る, 減少する, 湧きそう, 湧き動くだけの, 満ちた犬, 準備され, 溢れ出すと, 漲ったかの, 漲り野, 激しいと, 無いからって, 無いで, 無い許, 無くあれ, 無くなりましたよう, 無く直ちに, 無限大でない, 燃えさかって, 片手落ちな, 特にそれ, 王座を, 現代の, 甚だしく衰え, 生きて, 生まれ溢れて, 生んだ綜合的, 産業と, 男の, 異る, 痕も, 発揮される, 発達すれ, 益々深く, 目くばせ, 盲目力でなくなる, 相手の, 真に強き力, 眼覚めかけた, 知られると, 確立しなけれ, 神と, 私などに, 科学者の, 空中から, 立ちのぼる, 等しく内部, 範疇に, 籠つ, 籠つて指と, 籠ります, 粗生, 素晴しく, 絶えようとも, 綱に, 美しく働い, 考えられること, 肯定され, 胸から, 脱けて, 腰に, 自分たちにも, 自慢だ, 至って強い, 船の, 芸術の, 茶碗へ, 萎えると共に, 落ちました墓場, 蔭で, 薄弱である, 虚弱で, 衰えすべて, 衰えたら日本人, 衰微し, 要するに欠乏, 要りそう, 要るの, 要るん, 見えて, 見きわめたいせめて, 見る見る迷妄, 親には, 許して, 誰にも, 豊かでなけれ, 貧弱な, 起こって, 起る, 足らずして, 足らないの, 足らぬと, 足りないか, 足りないという, 足りなかつたの, 足りなければ, 足んねえです, 躍進した, 輕鬆な, 農村の, 迫つて来る, 逓減し, 這入つてぐつと, 這入らねえから, 進んでを, 運命の, 違つてゐる, 邪魔っけな, 重力や, 鈍かった, 鈍りきるほど, 鋭くあった, 鋭すぎた, 関羽に, 附かないから, 雄大さや, 集るの, 雲舟牧谿でなく, 非凡だ, 頭へ, 養えたら誤解, 高ければ, 鬱積し

▼ 力~ (4346, 12.0%)

35 ない声 33 強さ 30 あるもの 27 及ぶ限り 25 ために, ないもの 20 あること, ある者 18 上に, 前に 17 旺盛な 16 あるの 15 ある人, 下に 14 あらん限り 13 中に 12 うちに, 前には, 弱さ, 強いもの 11 方が 10 ある声, こもった声, 強そう, 限りを 9 ないこと, ない者, ように, 入れ方, 強い人, 金剛石は

8 [11件] ある男, つよさ, ない眼, ような, 大きさ, 強いこと, 強いの, 強い男, 源泉と, 発達した, 非常に

7 ある奴, いる仕事, こも, ない咳, ない男, 不足を, 偉大なる, 入れかた, 及ぶところ, 深さ

6 [12件] あつた, あらんかぎり, すべてを, ない足どり, ぬけたよう, 働きを, 及ぶかぎり, 及ぶ所, 大なる, 弱いもの, 抜けて, 豊かな

5 [23件] ある手, およぶかぎり, ことを, ない目, ない自分, なかった, なさ, ゆえに, 作用で, 作用を, 及ばざるところ, 及ばぬ所, 場, 如何に, 存在を, 弱い人, 強い事, 強化, 欠乏を, 減退を, 為に, 無いもの, 限界を

4 [32件] あったこと, ありそう, ある人間, ある神, ある言葉, ないの, ない人, ほかに, もので, 不足が, 不足の, 乏しさ, 及ばないこと, 及ぶこと, 可能を, 問題である, 圧迫を, 強い人間, 強い女, 強い少年, 強い者, 徒が, 抜けたよう, 欠けて, 為めに, 無い声, 籠った声, 美といふ, 論理は, 貧しさ, 限度を, 養成を

3 [77件] ありさ, ある人々, ある筋肉, ある限り, かぎりを, ことに, こもって, つよいやつ, ないわたし, ない事, ない人間, ない微笑, ない手, ない笑い声, ない老人, ない膝, ない顔, ほうが, もとに, 一つである, 一つの, 一定の, 上から, 中で, 二つの, 代りに, 作用が, 充実した, 充実を, 入れどころ, 全体を, 全部を, 利用という, 及ぶ範囲, 唯一の, 均衡を, 増加は, 増加を, 大部分, 存在の, 差が, 弱いところ, 強大なる, 影響を, 恐ろしさ, 所有者である, 抜けた声, 方面から, 旺な, 旺盛に, 最後の, 極限を, 概念が, 流れが, 減少は, 源は, 源泉を, 溢れて, 点で, 無いは, 無さ, 発動に, 発達を, 神格化なり, 神秘を, 程度を, 籠ったもの, 籠もった, 絶大なる, 美しさ, 論理, 貧困と, 足らざるを, 逞しさ, 鋭さ, 限りに, 限を

2 [277件] あまりにも, ありたけ, ありったけを, あるうち, あるところ, ある事, ある先生, ある動物, ある四条派, ある字, ある感じ, ある所, ある材料, ある聲, ある証拠, いること, いれどころ, うちには, お陰で, かたまり, ことである, この順次, こもった大股, これほどに, さかんな, すべては, ちっぽけな, つく食物, つづくかぎり, つよいもの, ないしかし, ないという, ないふう, ないよう, ないらしい, ないセキ, ない利己主義者, ない合理主義, ない女, ない姿, ない字, ない批評, ない歩み, ない溜息, ない私, ない聲, ない調子, ない足, ない足つき, ない身体, ない返事, ない鼻, なかに, なかへ, ぬけた様, はかなさ, はたらきから, ままに, まわりに, みなもとは, もとは, ものである, やうに, やり場に, 一つであった, 一つは, 一個の, 一切を, 一部では, 三つの, 下から, 不思議さを, 不思議な, 不足から, 不足と, 不足という, 不足は, 与件は, 中には, 中へ, 中心を, 乏しいの, 乏しいもの, 争いでは, 事など, 云わば, 伴わないの, 作り出すもの, 作用は, 使用に対して, 偉大な, 偉大を, 働くところ, 優劣を, 優勝なる, 元は, 入れがい, 全部が, 分量に, 利用を, 制えがた, 前で, 助けなし, 助けを, 動いて, 勝利を, 匿し, 半ば以上は, 及ばぬ事, 及ばん限り, 及ぶだけは, 及ぶ以上, 及ぶ範囲内, 反動で, 同時に加わる, 問題だ, 問題であり, 因たる, 土台の, 場としての, 場の, 増大を, 壯んな, 売渡し人には, 多い雪, 多少とに, 大きい, 大さ, 大宝珠, 大小如何に, 大拡充, 完備した, 宏博なる, 実相を, 客観的, 富贍なる, 實の, 尽きるの, 屆か, 差を, 平和は, 幼稚な, 底が, 弱いこと, 弱い電灯, 弱って, 弱少, 強いお方, 強いやつ, 強い井上一郎くん, 強い人物, 強い個躰, 強い大男, 強い奉公人, 強い奴, 強い子供, 強い彼, 強かった, 強きもの, 強きを, 強き故, 強健な, 強化に, 強化は, 強化を, 強弱に, 形成作用である, 得て, 微弱さを, 快感を, 技術性は, 技術性も, 技術性や, 抜けた体, 抜けた足, 持主で, 持主である, 持続が, 搾取の, 支配の, 支配を, 支配下に, 方則を, 日本が, 日本を, 時代だ, 最大な, 極度の, 横溢が, 欠乏せる, 欠乏に, 欠乏の, 法則に, 法則は, 活躍を, 浪費を, 消滅する, 深刻な, 減少し, 渦巻が, 潜んで, 無い人間, 無い咳, 無い張合, 無い者, 無い聲, 無限を, 状態によって, 状態を, 現れと, 発動, 発展や, 発達につれて, 發展に, 盛んな, 盡くる, 直接の, 相違が, 相違にて, 相違は, 研究に, 神格化と, 移動の, 笹野新三郎に, 笹野新三郎は, 範囲を, 籠った, 籠って, 籠つた声で, 籠つた聲で, 絶対的な, 絶無な, 続く限り, 総和を, 美が, 美で, 者を, 能う限り, 能率が, 能率に, 脱ける, 薄弱に, 藝術といふ, 藝術に, 藝術を, 表現である, 衰へて, 裡に, 要る仕事, 許す限り, 豊富な, 足りないの, 足りなかったこと, 足りなさ, 這入らぬ歩行方, 速さ, 量が, 量とが, 量不, 金剛石が, 鈍いもの, 鈍い人, 関係では, 関係に, 限りその, 限りそれを, 限りだ, 限りない, 限り二三度瞬い, 限り努力せよ, 限り彼を, 限り男を, 限り目を, 限り籠めて, 限り闘っ, 限介抱し, 限界が

1 [2594件 抜粋] あいだには, あった古座谷某, あふれる筆致, あらゆる範囲, あらわれ方, ありさうな, ある, あるかんさん, あるふしぎ, あるヒレ, ある一婦人, ある人たち, ある低音, ある保証, ある光, ある地理教育, ある太い, ある小作人, ある心, ある描写, ある文明, ある會社, ある次郎, ある湿ったお前達, ある甘い, ある目, ある耳, ある花, ある趣, ある輝き, ある銃, ある音頭取, あろう筈, いかに稀有至難, いかんによって, いよ, いる一生, うちの, おどろくべき拡大, およぶの, お蔭です, かぎりしがみつい, かぎりむちゅうになってうつしました, かぎり反抗した, かぎり急い, かぎり港内に, かぎり船を, かたまりだつた, きかないこと, ことだ, こみあげを, こもったするどい, こもったゆっくり, こもった仕事, こもった号令, こもった手のひら, こもった目, こもった聲, こもった身じろぎを, こもつた拳固, こもらない静か, こんな驚くべき, さまざまに, すな, すべてを以て, そこにも, たまったいい, ため勇気の, ついた子供, つよいけんくわずき, つよい井上君, つよい妖女, つよい日本, つよい腕, とぼしい場合, ないうめき, ないその, ないはかない怨み, ないわびしい果敢ない光線, ない不甲斐なさ, ない人霊色, ない作品, ない十九, ない哀れ, ない四肢, ない妾, ない小さいもの, ない彼女, ない感じ, ない救, ない暴動, ない杖, ない気, ない湯げ, ない町家, ない石, ない笑いよう, ない職人, ない色, ない蝿, ない視線, ない身體單個, ない革, ない高い震え声, なくなった心, なくなるまで, にわかの, ぬけた言葉, はいるところ, はじめて造れる, ひろく明るい精神, ほどこしやう, まだ養, めぐみ, もとにのみ, ものは, よい人, よく発達, より豐富, わくの, クローズアップも, テストにも, マキシマムを, 一つが, 一世界を, 一方に, 一要素で, 一部は, 一面を, 上にも, 不充分な, 不思議という, 不足した, 不足によるばかり, 世界だ, 中でも, 中心には, 主力を, 乏しいこと, 乏しい画家, 乏しきに, 争いでも, 二重戦略を, 人並みすぐれた, 人間に, 仕業なる, 代表者たる, 低下と, 何たるかを, 余りから, 作物の, 作者, 使用は, 依頼は, 信仰とは, 偉さ, 偉大さに, 健康さよ, 働いた時, 働きである, 僧侶の, 優れたチェス, 優れるを, 充ちたこと, 充実, 充実によって, 充溢を, 入った相撲, 入らない足, 入るが, 入れ具合, 入用な, 八方に, 内容に, 凄さ, 凝結衝動に, 出し惜しみと, 出役を, 分散が, 利用が, 前へ, 力試しの, 加わった跡, 加被, 助けによって, 効果を, 勝つ者, 十倍である, 半ばを, 及ばざるを, 及ばなかった一郎, 及ばぬ地方, 及び得, 及ぶかぎり飲酒, 及ぶべきだけは, 及ぶ限り何物, 及ぶ限り透, 収入以上を, 合力の, 名です, 味を, 問題から, 問題に, 問題政治の, 喪失に, 四つの, 困憊期に, 圧縮を, 均等したる, 坐った生活力, 培養に, 場との, 増した彼女, 増大が, 増進と, 士に, 変化に対する, 外であります, 多少は, 大いなること, 大きい船, 大切さが, 大小である, 大示, 失せた証拠, 奔放とを, 奴だ, 如実に, 婢が, 媒介物たる, 存すること, 学者的表現に, 実質が, 容れ方, 寺も, 小なる, 少い耕作地で, 少ない男, 尼は, 尽きた老, 届かない暗い, 崇高な, 巨大な, 差違によ, 幅の, 平均に, 平衡フランスと, 広大な, 座を, 弁護に, 弱々しい殘, 弱い人間, 弱い大山, 弱い文明人, 弱い煙硝, 弱い自己, 弱きを, 弱った声帯, 張りきった自分, 強いお, 強いばかり, 強いゴム, 強い世の中, 強い人達, 強い偉大, 強い召使, 強い大型, 強い巨人アトラス, 強い態度, 強い桂君, 強い獣物, 強い聲, 強い若い衆, 強い金五郎, 強くはたらき, 強化と, 強大である, 強度化を, 強弱の, 強盛, 影なりとも, 征服大, 徒なれ, 微妙さ永遠さを, 微弱を, 必然性である, 思想の, 恃み, 恐ろしくも, 悪い私, 意味自分の, 意識を, 慥かならん, 成長が, 所作である, 所有者であっ, 手から, 技術学的促進と, 抑へ, 抜けたくたくた, 抜けた咳二つ, 抜けた気, 抵抗も, 拔けた聲だ, 拡充とか, 拡声器で, 持主と, 持久力と, 援けがなかつたなら, 支出の, 支配による, 敗北, 新しい発見, 方向が, 旺であった, 昂揚などを, 時代である, 最も少い, 最も詩的, 最大限を, 有らん限り隠蔽, 有難味が, 来たこと, 根原は, 根源としての, 桎梏形式を, 概念に, 構成としての, 権化では, 横溢し, 横溢も, 權化であり, 欠けるによるというも, 欠乏ばかりが, 欠如に, 正しい平衡, 残って, 気まぐれな, 氾濫の, 泉で, 法則に従って, 洗禮を以て, 活動によって, 活溌さは, 浅さ, 消費の, 消長によって, 深すぎた, 混沌である, 減失, 測りなく, 湧き出て, 満ちた快活, 源と, 源を, 源泉の, 溢れた笑, 溢れる歌声, 漲ったもの, 潜んだ平和, 火花に, 無いあわれなる, 無い事, 無い愚痴, 無い点, 無い脚, 無かつ, 無意味な, 然らし, 爆発に, 物理的強弱はとに, 狂う間, 現れかたという, 現われだ, 現われという, 現前せる, 生ずる電流, 用意を, 異なるは, 疵に, 発展そのものな, 発展形式を, 発揮する, 発散する, 発現も, 発達してる, 発露と, 發達と, 盡き果てた, 相手だった, 相違という, 矛盾を, 社会的吸収と, 神秘, 稀な, 程を, 程度の, 窮め得べからざる所, 笹野新三郎が, 笹野新三郎夜は, 筋を, 範囲と, 籠った低い, 籠った情, 籠った語気, 籠つたところが, 籠つた言葉だ, 粘りつよ, 素晴し, 組織は, 結合であります, 結果は, 統制を, 經濟を, 綜合によ, 維持増進によって, 総和な, 總てを, 罩った, 美でも, 翼を, 耗散によ, 能ふべき, 脱けた手, 自信が, 自覚を, 興味である, 色が, 落ちたこと, 薄いこと, 薄弱さが, 藝術運動に, 行き渉ら, 行衛こそ, 表現として, 表識, 衰えること, 衰弱状態を, 要らない工夫, 覚醒と, 観念を, 解放として, 計測にも, 許す限り周囲, 試験, 論理であるであろう, 諧調, 讃美には, 豊かさを, 豊饒化という, 負担を, 貧弱, 足らざること, 足らぬこと, 足りないこと, 足りない人, 足りなくて, 跡附けた, 転変の, 透徹を, 這入つた返事, 進むべき方向, 進歩といふ, 過剰と, 遺つて, 重点は, 量的な, 金剛石って, 鈍い彼, 銷磨し, 鋭い青年, 錬磨に, 開発と, 関係から, 関係ヒュームの, 限り, 限りという, 限り働らき, 限り向うへ, 限り引いた, 限り悶掻けども, 限り投げつけた, 限り揺っ, 限り歩いた, 限り縋りかけ, 限り迫害を, 限度が, 限界という, 階級性, 集注された, 電気鳩を, 静かな, 音であった, 頼みの, 飛翔に, 養い, 養成と, 驕慢が, 高さ, 高揚は

▼ 力~ (2238, 6.2%)

38 ない 35 なかった 15 ないの 14 非常に 13 ありません, 持って 11 ないが 10 ある 9 あるが, それが 8 恐ろしいもの 7 どこから, 少しも, 強かった, 彼の 6 ありませんでした, それを, ないもの, もって, 強い 5 なくなって, 人間の, 今の, 他の, 其が, 強いの, 殆ん, 非常な

4 [11件] あっても, ありて, おそろしい, ないかも, ないから, ないと, 多くの, 大きい, 彼を, 持たない, 無かった

3 [25件] あなたの, あるの, あるん, えらいもの, ございません, そこに, どこに, ないん, 一つの, 何と, 全くない, 内に, 単にその, 大したもの, 常に一つ, 弱かった, 彼女の, 永遠に, 私には, 私の, 絶対に, 自分を, 衰へる, 限りなく, 驚くべきもの

2 [136件] あつて, あるつもり, あると, あるまいと, あるもの, あるよ, いったいどこ, おそろしいもの, ここに, この, このよう, この時, この時代, これで, これに, これを, すぐに, すぐ葉子, すべての, そのため, その労賃, それから, それだけ, それは, それ自身として, そんなこと, とてもすごい, どうやっ, どこにも, どのよう, どの国, ないか, ないし, ないという, ないはず, ないよう, なかつた, なくて, なくも, なく又, なるほど, ふつうの, まだ, むしろその, もり上って, 一人の, 一定の, 三百年書力は, 不足し, 之れ, 五百年文章の, 五百年書力は, 人の, 人間に, 今は, 今や既に弘, 何であったろう, 何でせう, 何によって, 何の, 偉いもの, 偉大である, 偉大です, 偉大な, 健康な, 光の, 全然ない, 出て, 力と, 十分に, 千古無窮とは, 壺の, 天の, 天柱地軸と共に, 失せ美, 失われて, 如何に, 完全に, 実に大きい, 家内の, 底が, 弱い, 弱くとも, 弱くなり, 強いもの, 強くても, 形の, 彼が, 彼等の, 彼自身の, 必ず人, 必然的に, 怖ろ, 意外に, 持たなかった, 持つて, 教授の, 敵として, 明らかに, 果して無, 極めて小, 極度に, 欠けて, 次の, 此一語によ, 歴史家に, 残って, 民衆の, 消えて, 消え果てて, 消滅した, 火の, 無いが, 無いの, 無かつ, 無かりけり, 無くなって, 無類な, 特殊的な, 現在の, 盲目の, 相當, 矛盾する, 私を, 第一, 腹から, 自分には, 萎微し, 誰にでも, 諸君の, 遙かに, 限界を, 静かに, 願書を, 食物増加力よりも, 魔術的な

1 [1574件 抜粋] あくまで, あたかも, あたしには, あったの, あながちそれ, あの素晴らしい, あまりに強かっ, あらゆるもの, あらゆる理想, ありは, あります, ありませんが, あり余って, あるだろうな, ある場合, ある程度まで, あれほど, いうまでも, いかにも富士, いかばかりかしれない, いくらか, いざという, いつたい何処, いつもこの, いや優る, いろいろの, うそを, えらいもん, おさえるべくも, おそらく真昼, おそろしく強かっ, おほ, お前も, かえって学校, かかる意味, かなり内輪, かなり評判もの, きわめて微弱, こういう風, ここにおいて, ことごとく破壊, この一瞬, この力, この多様, この物質そのもの, この種, こめられて, こもつて, これだ, これまた, これ煩悩の, さまでなかった, さること, しっとりと, じつによい, すこしばかり, すっかり彼, すでに長崎, すべてイフィゲニアの, すべて開墾に, せいぜい千二, そういう生活, そこで人間, そのうち, その中間, その修養, その境遇, その左右, その波, その結果, その財力, それこそ, それっ, それまでにも, それ以上増加し得ない, そんな観念, たいへん強, ただそれ, ただ人間, ただ読書, たつた七浬位ひなん, だれしも, ちが, ちょうど地下, ついに速, つねに正しい, でかいと, とうてい考えられない, とてもない, とても自然, どう, どうしたら得られる, どうであったろう, どれくらい, どんなに増すだろう, どんな厚い, どんな経済学, ないだろうと, ないでしょうからね, ないな, ないまでも, ない作者, なお稚拙, なかったろうとも, なかりけりと, なくても, なくなつ, なくなる根気, なく富士, なく気, なし兵二郎, なにに, なみなみでない, ねばり強く抱きすくめ, はっきり御者, はなはだ強く, ひとつには, ひろげられ豊富, ほとんどその, ほとんど希望, ほとんど羽衣, ほんとにあの, まことに程, まさに信用, ますますあれ, ますます弱く, まず甲州, また多, また私, まだこれ, まだ三尺, まだ大きかっ, まだ衰え, まともさのみ, まるで沈衰, もうす, もうなかっ, もう何処, もう帝, もう認める, もちろん原子核エネルギー, もっぱらチャン老人, もてぬ, もはやなかつた, もはや根源的, やはりそこ, よく九条関白, よく直, よく非情, より小, わかりません, わたしの, われわれの, イヤだ, オルゴールの, カゲロウの, コンクリートでも, シベリアにおいても, ズカズカと, トテモ強い, ニコニコと, ヒシヒシと, ポーに, ロシヤの, 一体科学主義工業, 一切その, 一度それ, 一時に, 一歩一歩毎に, 一瞬時に, 一般に, 一體どこに, 三十万円にも, 不快な, 不思議なる, 与えて, 与へられて, 世界を, 両岸, 主として爆発物類似, 乏しい人, 乱され意識, 二人の, 云ふまで, 互角であった, 五右衛門の, 人を, 人口の, 人工衛星の, 人生に, 人生への, 人間には, 人間以上だ, 人類全体の, 今どこへ, 今や大地, 今回のほど, 今日では, 今日英国に, 他物質, 仮説の, 低い声, 何か, 何から, 何であろう, 何とリアリスティック, 何より発した, 何処に, 何所からも, 何物でございましょう, 余って, 使用が, 依然たる, 依然極めて大, 俄に, 信じられないと, 信念に, 借りない, 偉大だ, 偉大に, 働かず次第に, 僕より, 充分ある, 充分鎌倉, 入って, 全く貧弱, 全宇宙, 兩方の, 八百年とは, 六である, 其だけかな, 具えて, 凄いもの, 凡そ二百年ばかり, 出せば, 出ない様子, 分派し, 初めの, 別として, 利用が, 前に, 劇団が, 力の, 加へ, 加減できない, 動かぬ岩, 北京住民の, 十八人力あった, 十分でない, 千恵造には, 半減され, 単に行動, 印象を, 却つて敏活に, 及ばなかったこと, 反つて窮屈, 取除かれたの, 同じき理想, 同じである, 同時にブルジョア文学, 同様に, 唯それ, 喜んで, 四であり, 因の, 団結から, 国家の, 土地だ, 地面をのみ, 場合によっては, 増加する, 変らなかった, 外部に, 夢中に, 大きいには, 大きいもん, 大きくなる, 大そう, 大変強い, 天下の, 天平の, 失くなって, 失われ視覚, 女にとって, 姿を, 孕まれて, 学者的態度を, 宇宙線である, 実に根づよい, 実に複雑, 実力の, 実際目, 寝て, 将来世界は, 少くなるであろう, 少しは, 少なくない, 尽きて, 尽き果て物, 尽未来緩みませぬ, 山陰に, 己が, 常にその, 常に何等, 常に現在, 常に足, 平一郎の, 幹の, 幾ら利巧でも, 幾何級数的いや, 広大無辺である, 底知れずです, 弛み地方官, 弱いもの, 弱まるという, 強いと, 強かつたかんな, 強きこと, 強くなけれ, 強くは, 強さうに, 強者に, 彫刻の, 彼みづか, 彼女は, 従来よりも, 復活した, 微妙と, 心の, 必ず斯くあるべき, 必要である, 怒なし, 思慮に, 恋である, 恐ろしいぞ, 情熱でなく, 意志以前の, 感傷を, 慷慨の, 我を, 戦艦九対十四装甲巡洋艦九対二の, 抑圧され, 拔いてない, 持たず表面的, 持たないもの, 持つては, 持てねえと, 探検の, 損害を, 支那へ, 敏感であっ, 数字と, 文化だけ, 文学作品の, 斥力も, 既に抜け, 日ましに, 日本を, 日本橋本銀町の, 旺盛に, 明日も, 時あつ, 時間と, 暴力を, 最も強く, 最も簡単素純, 最小の, 有っても, 有力な, 未だに本, 本当に持ち合わせ, 本質的には, 果してただ, 果に, 案外僕たち, 極めて偉大, 極めて廣, 極端に, 横溢し, 次第に河, 正しくニュートン, 正直な, 此處に, 歯肉に, 段々まとまっ, 母を, 毛頭ないが, 水を, 水甕を, 決してそういう単なる, 決して弱い, 決して無くなっ, 河口の, 波の, 泰山の, 活発に, 消費されたがっ, 深められなければ, 減殺されるであろう, 満ちた, 滅法強い, 漸くに, 激烈で, 無いもの, 無くむしろ, 無し過っ, 無法な, 無論電気モーター, 無限である, 物に, 物体の, 独逸文化の, 玄竹が, 現実的な, 生ある, 生じないであろう, 甲丙最も, 男の, 男性の, 異ならず, 疑いも, 発達し, 百倍する, 皆無な, 盤石の, 直下に, 相当に, 相手も, 真に驚くべき, 瞬転の, 知らないが, 短い答, 磐石で, 社会情勢の, 神恩に, 私だけの, 私も, 科学の, 空間と, 窮極において, 等しくかつ, 籠つてゐた, 精力と, 約七千, 素晴らしい, 終りに, 経済上の, 絶えず自分, 絶大である, 続いて, 美事な, 聲なり, 肉体が, 肥沃な, 能くそ, 膨脹した, 自らを, 自然が, 自然の, 自由であらう, 良い方, 若かった, 若干だけ, 萬物に, 薄くなる, 藤村氏の, 衆の, 表現させ, 衰え肉体的条件, 要するに消極的, 見出せない, 解放された, 誠に微々たる, 誰やらじゃ, 谷川の, 貴族歌人嘲笑の, 贈り得る限り, 身に, 軽蔑は, 退縮, 遂には, 過去とは, 遠く死者, 遺傳, 重力の, 金錢上又は, 鎌倉そのものでは, 長い月日, 門番が, 間接に, 限りなき, 限定的判断力, 集合しなく, 非番の, 音楽の, 養えない, 驚くべく強大, 體力から, 高慢な, 鱸の

▼ 力~ (2226, 6.2%)

133 なって 44 して 35 任せて 33 よりて 26 なつて 24 於て 19 富んで 16 依って 13 押されて 12 まかせて, 任して 11 圧倒され 9 成って 8 向って, 對し, 引きずられて, 支配され, 身を 7 なる, なるもの, なろうと, 依りて, 対抗する, 応じて, 欠けて, 満ちて 6 あらずして, なるの, なるよう, 依つて, 圧せられて, 思って, 滿ち 5 なり合って, なると, ひかれて, 依て, 出来るだけの, 及ぶこと, 引かれて, 於ては, 駆られて

4 [17件] あふれて, なった, なるか, なる者, ひきずられて, 乏しい, 依るの, 俟つ, 反抗する, 對する, 引きずられるよう, 彼は, 抵抗し, 抵抗する, 拠って, 限りが, 頼って

3 [46件] ある, かなうこと, しても, たよって, できるだけの, ならなければ, なります, なり合おうと, なること, なる事, なる人, ほかならない, みちて, よったもの, よらざれば, よる, よるという, 乏しい私, 依頼する, 充ちて, 及ばないこと, 及ぶ事, 圧されて, 基いて, 外ならない, 対抗し, 導かれて, 帰する, 引き寄せられて, 待たねば, 従って, 支配される, 比べては, 比例し, 溢れて, 滿ちた, 物を, 自信が, 自分が, 訴えて, 誘われて, 過ぎない, 頼らねば, 頼ること, 餘る, 馬力を

2 [110件] あまって, あまる, あるの, おされて, かかって, くらべれば, したがって, すがりたいとな, すがるところ, すぐれて, すっかり圧倒, とぼしい, なして, なったり, なりました, なりましょう, なりますよ, なりません, なるから, なるという, なるなんて, なるん, ひかれゆく, みんな一緒に, よらざるべからず, よらねば, よると, よれば, グイ, 一切を, 乏しいため, 乏しきを, 依ったの, 依らねば, 依るに, 依存しなけれ, 促されて, 信頼しない, 信頼する, 八犬伝の, 動かされて, 及ばない, 及ばないに, 及ばなければ, 及ばぬもの, 及ぶもの, 及ぶ限り, 反抗し, 叶う事, 在る, 定限, 富みて, 富み何程, 富むところ, 富む音楽家, 富めるは, 富んだ人, 屬し, 屬する, 帰せなければ, 帰依する, 平次も, 引っ張られて, 待たなければ, 待つもの, 從ふ, 思う者, 應じ, 成るといふ, 打たれて, 打たれるの, 抗し, 抗する無法, 抵抗しよう, 持って, 換算する, 操られて, 支えられて, 支配せられ, 敵すべからざる, 於いても, 是れ由る, 比べて, 比べると, 無限の, 生きて, 由って, 由りたるのみ, 由りて, 相応し得た, 縛られて, 背中を, 自分から, 自分たちの, 舌を, 虐げられて, 虐げられる国, 触れて, 訴えても, 負けて, 較べて, 追われて, 達したと, 適合し, 重きを, 関係する, 非ず, 非常な, 驚いて, 驚くの

1 [1230件 抜粋] あきれたくらい, あって, あふれ女, あまり頼らず, あまる重荷, あらざること, あらためて驚嘆, あり余る位, あるという, あるので, ある程度の, いきなり月魄, いつも私, いまだに未練, うごかされつつ, うち勝ちから, うったえたの, うながされたよう, うぶな, おされての, おすがり申すん, おどろきあきれるばかり, おのずから引き出された, おまかせしましょう, およばないこと, おれは, かかわらず自身, かつぎあげられこづきまわされて, かろうじて立ち上がった, くだかれ, ぐいぐい吸い込まれ, ぐんぐん包容, これから後, さかろうては, されて, しあつ, したん, した玄関, しつつ, しみじみと, しろ人間, すが, すがっても, すがり奉つて, すがること, すぎません, すっかりおどろい, すべき人, するよう, する者, せめられて, そなた, それぞれ非常に, ぞくする労働手段, ただ茫然, たとえると, たまらず振り, たよらずに, たよるまえに, だれか, つき動かされて, つよく印象づけられた, とぼ, とめるもの, どうして対抗, なさるより, なったの, なっても, なにか未来性, ならなかったかも, ならぬこと, なりたいという, なりたすけて, なりましょうねエ, なりますよう, なり合うの, なり得る事, なるかと, なるし, なるつもり, なるどころか, なるべき兄弟, なるよ, なる心得, なる気, なる用心棒, なる身寄り, なれば, なろうつて言つて, なろうよ, のしかかる集団, はたらきかけたの, はなつて, ひきつけられて, ひきよせられたよう, ふくれて, ふと外物, ぶつかって, ほかならぬと, まいったの, まかせに, まかせ杉, ますます興味, また黎明, まつところ, みち, みちたもの, みちたる如き肢体等, みちよろこびに, むだの, もとづくこと, ゃなれまいけれどもし, よったの, よらざるはなし, よらず謀略, よりすがらんとのみ, よるべきもの, よろめき自ら腰, わたくしは, ガラガラッと, ギュッと, フラ, ヨチヨチと, 一定の, 一時ばかり, 上りますると, 上半身を, 不平均, 与えた衝動, 両手で, 乏しいという, 乏しいの, 乏しい女, 乏しい弱い頭, 乏しかった, 乏しかりき, 乏しき教説, 乏しき程甚, 乏しくし, 乏しく成長者, 乏しく生気, 乗じて, 二丈あまりの, 交り合った, 人間の, 他ならぬ, 代えこれ, 代るもの, 任しきるその, 任せるもの, 任せ所嫌はず, 伴れ, 似て, 余って, 余るこの, 余るとは, 余るん, 余る何, 余る派手, 作用され, 依つて他, 依つて天然, 依り自然, 依り辛うじて, 依るところ, 依る事, 依存する, 依頼せられざる, 価値を, 信用が, 信頼しすぎてる, 倚つてのみ, 働かされて, 元気な, 充たされて, 充ちた三郎さん, 充ちた少女, 充ちた感じ, 充ち満ちて, 充満し, 光って, 入れなくても, 全幅的な, 冨むのみならす又, 出来ますこと, 刃向う, 利と, 制せら, 制せられ策略, 加うる, 加護せられ, 勇蔵も, 動かされでも, 動く所, 勝つと, 協力する, 及ばざれば, 及ばないから, 及ばないという, 及ばなかったの, 及ばぬ, 及ばぬよう, 及ばねば, 及ばんね, 及びそう, 及びませぬので, 及ぶだけの, 及ぶ証明, 反感を, 反逆し, 叶うもの, 合せんか, 合一し, 同化せられ, 向き直って, 呉都へ, 呼びかけよ, 喜んで, 因つた, 因りて, 固有な, 圧せられたの, 圧へ, 圧迫され, 圧迫を, 在るの, 基く一切, 基づく教化, 堪えて, 堪へずし, 変じて, 変化を, 外ならぬ, 大きな差, 天も, 天狗の, 奉仕し, 姉君が, 嫌悪の, 安じきらず, 完全に, 富み乙, 富み意志, 富むといわざるべからず, 富む共鳴, 富む署長, 富めるに, 富める者, 富んだ健筆, 富んだ果断, 富んだ直観, 富んだ者, 富んでも, 対っては, 将軍家を, 導かれたもの, 小さい少年, 少々驚いた, 少なからず, 就いての, 屈したとき, 屈すと, 属して, 属すること, 崖を, 左右される, 差等が, 帰したる場合, 帰す, 帰着する, 幻惑された, 座して, 引かされたの, 引かれるやう, 引きずられそう, 引きずり込まれるよう, 引き付けられて, 引き入れられたの, 引き戻される心地, 引っぱられた, 引摺られる, 弱々しく抗, 張りきつ, 強く抵抗, 強烈な, 当るべしと, 役せら, 征服される, 待つこと, 待つほか, 徒党を, 従う傾向, 従わせられたの, 從ひ, 心うたれ, 心臓が, 必然的に, 念つて喜びも, 思い切って, 思うぞ, 思うよ, 思う人, 思う方, 思えばこそ, 思ひ到らされる物, 思われたに, 思想の, 恃んで, 息を, 恵まれて, 惑うて, 感ぜざるを, 感奮し, 感心した, 感謝しなけれ, 慧鶴の, 憧るる, 成つて上げる, 成て, 成りや, 成るの, 或いは木皮, 手を, 打たれたのよ, 打たれないわけ, 打ちひしがれて, 打ち勝ったという, 打ち勝つ能わず見苦しき, 打勝つと, 技術の, 抗しきれないだけ, 抗し得ない, 抗せず, 抵抗した, 抵抗せぬ, 押え付けられるよう, 押され大きな, 押し上げられわれ, 押し回され中の間, 押し流されたので, 押し迫られて, 拠らねば, 挑戦した, 捲き付けようとばかり, 掛けても, 推されこれ, 掻き消されて, 撥ねられて, 據つて立てる, 攪乱され, 支配されきってる, 支配された, 敗けて, 敗れる, 敬服した, 敵し得る筈, 於いて, 於ける漱石, 最後まで, 服するよう, 服従する, 朗らかな, 本性を, 束縛され, 根を, 椅子の, 楽しみ喜んで, 欠けた己, 欣喜し, 歪んだ顔, 歸せね, 比して, 比すれば, 比例する, 気がついて, 氣づいた, 浸潤され, 涙ぐましいほどの, 深く驚歎, 満ちあふれたという, 満ちた大工, 満ちた彫刻, 満ちた若々しい, 満ちた語調, 満ち一センテンス, 満ち溢れた体躯, 溢れさせねば, 溢れた女性たち, 溢れた芸術, 滿ちたる, 漲った人間, 濱千鳥, 為り合, 熱を, 燃える猪突邁進家, 犯されてるやう, 獻げ打任かせ, 甚だしい懸隔, 由つて芸術を, 甲乙の, 疑ひを, 疲れて, 目覚めた世界, 相当し, 相応せしめる, 相違ない, 石を, 祈り之, 積み重ね, 立ち向うこと, 箱に, 結ばれて, 結集される, 統一される, 絶対の, 縋って, 縋らずして, 纏綿し, 罪悪を, 肩を, 背負いきれず伸子, 能う限り, 脅えるよう, 自信を, 自我の, 至っては, 致すか, 舟から, 苦しみつづけたミケルアンゼロ, 草叢からは, 著しく接近, 虐げられてか, 螺旋形の, 衛られ, 衝動を, 裾を, 見えた, 見切りを, 触れたもの, 触れること, 觸れ, 許されて, 訴えながら, 訴へて, 誇らひて, 誇り軽微, 誘われたの, 變つたといふ, 豊かな, 負けたという, 起き上ると, 起ちながら, 跳ね上がろうと, 踊らせられた人形, 踰えた, 身ぶるいを, 輝いて, 近いもの, 追いこまれた人々, 追いやられて, 退散の, 逆つて強靭, 逆らわないよう, 連関し, 運ばれて, 過信しすぎた, 過重の, 遠慮のう, 遭遇した, 酔った酒神巫女, 金縛りに, 長じ, 長短が, 関わるところ, 關はり, 附いて, 限らず又, 限りあり万象, 陥しいれたところ, 集中を, 面白う攀ぢ, 須た, 頼まれたから, 頼りきつ, 頼ると, 頼る傾向, 頼る必要, 頼んだは, 頼んでと, 風雲に, 食むの大切, 餘裕が, 駆り立てられて, 驕りきって, 驚いた長三, 驚きを, 驚き呆れて, 驚ろい, 驚嘆する, 魅せられたの

▼ 力~ (2159, 6.0%)

29 もって 21 それを 20 あつた 19 どうする, 自分の 10 できること 9 働いて 8 どうにもならない, 自分を 7 出来ること, 動いて, 岸本の, 彼を, 私の, 自由に 6 これを, どうなる, もつて, 彼の 5 出來 4 できるかぎり, やって, 人を, 人間の, 彼女の, 彼女を, 無理に, 生きて, 自然に

3 [24件] あらうと, いかんとも, それが, どうしよう, どうにでも, どんなこと, なおして, 人が, 何とかし, 僕の, 出来るだけの, 動かして, 動くの, 勝つこと, 地面に, 彼女は, 支配され, 敵の, 権威で, 水を, 病気を, 私を, 迫って, 顔を

2 [119件] あつて, あの清廉, あらう, あらねば, あれほど, いろいろと, おれを, お品, お救い, お父様, ぐんぐんと, こっちへ, この世界, この村, ござります, すぐに, そこに, その胸, それらの, できるもの, でも, ともかくも, どうかし, どうかしよう, どうにもし, どうにもならぬ, どこかへ, どこまでも, どんどん押し, どんな風, なくして, なぐり倒されて, なしに, ふりほどき逃れようと, よくし, よろよろと, わたしを, グイと, 万事を, 下から, 不足を, 事件を, 二人を, 二十面相を, 人間が, 人間を, 今日の, 体が, 何う, 作り出したもの, 作用し, 保護しない, 保護しなけれ, 俺の, 働くの, 僕は, 出来たもの, 出来ますこと, 動いたの, 動かないもの, 及ぶこと, 及ぶ事, 圧迫され, 大した過ち, 天下の, 天下を, 太平を, 女の, 如何とも, 守り通し, 宗助は, 家が, 岩の, 左右した, 強められて, 征服し, 後へ, 心を, 悪魔を, 成功した, 或る, 戸を, 扉は, 手に, 打たれては, 推して, 握りしめながら, 支えられたよう, 整理した, 敵を, 流れて, 物を, 独楽を, 狭い車内, 生存を, 短刀を, 私が, 私に, 空中に, 突き下げた, 突き飛ばされ欄干越し, 米友の, 美くしい, 胸の, 英雄に, 荘田に, 荘田を, 賊の, 走って, 身を, 車を, 車体から, 辷つて, 達する事, 遣って, 青年を, 養えるよう, 骨までも, 髄までも

1 [1599件 抜粋] あいつを, あつい落盤, あのお, あの小, あらうか, あらゆること, あんなりっぱ, いきなりカラ子, いきなり梁, いっそ投げ捨て, いつも人々, いよいよ孤独, うごかずうごかされる部分, おげん, おさえつけられた, おすよう, およばぬこと, お増, お延, お蝶, かくも, かってに, かの盛運, がしょう, きっと口説き落し, きつく渦巻き, ぎゅっとおさえつけた, くわだてること, ぐっと彼奴, こいつに, こう進められ, ここまで, こしらえるという, この人, この地下戦車, この少年, この悪法, この男, この造化, この金色, これなら, こんな大きなもの, さ, さっと空中, しがみついた, しめつけて, すいつけられたよう, すでに労働階級, すら花弁, するという, せう間一髪, そいつを, そうたくさん, そこへ, その予算, その大勢, その手, その短刀, その翼, その花, それについて, それらを, たたき出した, ちゃんと見ぬける, つくり出すこと, できうる見込み, できなかったこと, できるだけは, できる事, とかしたか, とっさ組みつい, とても充分調査, とりしずめなければ, どうあがいた, どうしてかなう, どうして水戸浪士, どうにか生き, どうにもなら, どうにもなりません, どこまでが, どんな横車, なおらぬ病気, なしうるもっとも, なんとかゴマカ, ねりあげ鍛えられて, はたいて, はねとばされしりもち, はね返された, ひしがれて, ひとたまり, ひとりのこらず, ふき出す, ふたりの, ぶちのめされたよう, ほとんど大勢, まず寝, また善, まるで我, みやぶるの, もう一度ひつぱつて, もちあがる, やう, やったか, やっとそれ, やぶらねば, やめさせて, やりぬくこと, やり方を, やるならば, ゆるして, よくこれ, よく征服, よろめいたり, わかったもの, わしが, われわれが, イキナリグングン足を, カラ子の, ギュッと, グランド, ケルミッシュでは, シッカと, ズルズル, タイトルを, ニイチェや, フワフワと, ベルトルトの, 一つの, 一もみに, 一寸買も, 一方にだけ, 一月以上も, 一遍に, 上から, 下へ, 世の中に, 世界を, 両親と, 丹次を, 之を, 予防も, 二の, 二十人力の, 云わば, 亜砒酸の, 人の, 人生の, 人間に, 人類の, 今の, 今君に対して, 今日は, 他の, 以て, 伸びようと, 佃を, 体を, 何ごとが, 何とかなれ, 何とか解決, 何事も, 作られた天然, 作り上げられたと, 作家生活を, 侍ばかりを, 俳優の, 側棚の, 働かないであろうか, 働く気, 優位性の, 充分曲がりましょう, 先ずハート, 克服し得る, 全家族, 八方袖の下撫斬流と, 内儀の, 再び運動, 出られては, 出来たとは, 出来るならば, 出来得ること, 刄合せを, 切な, 切り拓い, 判断し, 到頭買, 制御し得る, 前へ, 創造し給え, 勉強が, 動かすの, 動かそうと, 動くかの, 動ける者, 勝ったつもり, 北条の, 十萬圓掛け, 卓一の, 即位された, 卵が, 及ぶだけの, 反射的に, 収拾の, 取ったまでじゃ, 取り尽す事, 取締まる, 叙述できる, 叩かれました, 叩き潰されそれ, 只握られた, 各ステート, 吸いつくという, 吹き寄せたもの, 呼びさまされる, 和かに, 喫って, 噛み取ること, 回復し得られない, 圓朝は, 圧して, 地べたを, 城壁の, 堪へて, 堰き留め難く, 塗り固めたよう, 変化させる, 外国の, 夜昼の, 大体間に合う, 大尉を, 大磐石, 天から, 天子の, 失われよう, 女が, 女王の, 如何うもする, 如何なる速力, 妾の, 子が, 子供達を, 存在を, 守り通さなければ, 実行し, 宮を, 寝るよう, 寿命を, 封建権力にとり, 小蛇, 尾肉を, 島人は, 左の, 巧に, 差しと, 布団まで, 常に飽満, 幸子の, 庄吉を, 底無き, 建てた舞台, 廻し上半身, 引きずられる, 引きつけられたよう, 引きました, 引き戻しました, 引き留められるやう, 引っくりかえされ, 引上げた, 引張り込もうと, 弘まりつつ, 強い人間, 強く門, 強引に, 弾丸を, 彫刻的に, 彼は, 往復させ食べ終る, 後ろの, 得た報身, 復活した, 復讐し, 心中の, 忘れさせて, 思いも, 急に, 恋人を, 息苦しい恐怖, 情慾鎮静さされ, 惹きつけるよう, 愛し合える男, 憲法だって, 成功させなけれ, 成長し, 我血の, 手が, 打たれたよう, 打ちくだかれるなり, 打ち破るべく何もかも, 払い除ける事, 把手を, 抑えました, 折曲った, 抱きすくめられたと, 抱き留められた日, 押えられると, 押されて, 押しのけた, 押し切つたこと, 押し流される, 押し返される人波, 押入れの, 拵えた沢山, 持ち上げる手ごたえ, 持上げるの, 振り放ち愕, 捉えられて, 捻じ縒, 掘り起こして, 探しだせるとも, 掴取つて閨近く幽, 描こうと, 撥ね返され敵, 支えられて, 支配し, 支配する, 改善した, 攻め落すこと, 救えるかも, 救われた話, 敵へ, 文芸に, 新しい人生, 既にこの, 日本古典文学への, 早いとこ人間, 昇ったり, 明智探偵の, 時勢も, 曲, 最後の, 服従させ, 村の, 東洋の, 柱へ, 梅の, 椅子の, 横ざまに, 權威で, 止めること, 正しい批判, 此密室が, 歩かせられて, 死ぬほど, 段の, 殺せれば, 気を, 水晶の, 決断し兼ね, 泉が, 波風を, 活かして, 浪士を, 消さなければ, 湧き起つて, 滑走し, 潜水機が, 激しく噴きだされる, 為すべきだという, 無二無三に, 無罪に, 照によ, 燃えて, 物怪が, 犬が, 獲得せよ, 球が, 生きたいやう, 生きられる自信, 生まれるもの, 生れたもの, 生活が, 生活を, 甲州を, 番頭の, 癒す, 発見されました, 発達する, 皮膚を, 盛り返す事, 直すみたい, 直射し, 相並ぶ, 相當, 眠る夜, 睡るより, 瞬く暇, 知ること, 破られたかという, 破壊し, 破裂する, 磨ること, 社会革新の, 秀れた, 私たちを, 秦を, 積極的に, 空に, 突きあげながら, 突上げ, 立って, 竹とんぼみたいに, 級の, 紡績機械を, 組合を, 結合され, 絞め殺したうとう, 統御し, 綱を, 締めた, 縊った, 繋ぎえようか, 老人を, 背後から, 能く, 膨らせますから, 自他共に, 自分たちの, 自己の, 自身の, 舟は, 舷か, 良人の, 花弁は, 若い彼, 苦心を, 英国が, 荒唐無稽にまで, 落とした短刀, 薩摩の, 蘇ったわけ, 行うその, 行らね, 表せぬならいっそ, 補充され, 西洋の, 見ると, 見通せると, 解いて, 解けるだらうかと, 解決し, 解決しよう, 解決を, 言ったに, 訴えられると, 語り描き訴えて, 読みこなせるもの, 調味する, 議会を, 貂蝉は, 貧しい寺, 貴様が, 資本を, 賊を, 購へる, 走るのに, 起死回生の, 跳ねかかって, 跳ね除けながら, 身代りの, 辛辣な, 近づける女, 迫り公卿, 追ん, 通して, 造られた巣, 運転され, 道の, 遠くから, 避けられること, 醜いもの, 野外に, 金を, 銛さきへ, 鎮圧された, 開墾が, 間接に, 防ぎは, 防止された, 隨分鳴らした, 難なく抜き出された, 雷が, 露八の, 領土に, 飛んだわけ, 食い止める事, 食わなければ, 養って, 駆けて, 驚くべき水, 鳴き立て

▼ 力~ (1224, 3.4%)

49 ない 43 なかった 19 ありません 18 ないの 11 なくなって 10 なくて 9 ないよう, なくただ, 何も 7 なくな, 抜けて 6 ないのに, もって, 失せて 5 ある, つきて, ないが, ないし, なかつた, なければ, 失って, 尽きて, 無いの 4 それを, ないくらい, ないほど, 今は, 強いの, 強かった, 根も

3 [20件] あつた, ありさ, ありませんでした, あるし, ついて, つきはてて, ないといふ, ないもの, ないん, なくなった, なくなったよう, なくなつた, なく床, なにも, 強い, 持って, 持つて, 権威も, 知恵も, 金も

2 [59件] あって, あつて, ありそう, あるという, あるの, ある我が, こうなる, そこに, ないくせ, ないこと, ないという, ないので, ない人達, ない代り, ない位, ない民, ない者, なき民衆, なく, なくなったの, なくなつ, なくなりました, なくまるで, なくブラ, なく何, なく弟子達, なく蔭, なく首, ぬけて, よわくて, 亦驚くべき, 他の, 何を, 借らずに, 及びませぬ, 及びません, 大きい, 大きかった, 失われて, 彼の, 彼女には, 意志も, 手工の, 折れて, 拔けて, 持たない, 有し得ないから, 気概も, 無いよう, 無かった, 無くて, 無くなって, 眼力も, 神意には, 私の, 記憶力も, 許されずして, 隨て, 非常に

1 [764件 抜粋] あった, あったに, あったの, あなどりがたく, あまり残っ, あらうし, あらず呆れ果てたる目, ありそれから, ありは, ありましょうね, ありますから, ありませんし, ありませんでしたが, ありまた, あり人間, あり元気, あり支那, あり智慧, あり機轉, あり武藝, あり現実性, あり礼儀, あり速く, あり道庵, あるだが, あるでせうよ, あるので, あるらしかつ, ある場合, ある女, あれば, あろうが, いつかぬけ, いやが, いわれなし, うけつけたもの, うせて, うのみに, えらいもの, およばないところ, お借り, かりずに, かりなければ, ききめ, きわめて薄弱, くずれしくしく, こうした運動, ここまで, このえたい, これまた, これを, ございません, ございませんの, さること, しきりに出し, すぐれそれ, そうで, そうバカ, そこから, そこなら, そのひと, そのまま抜け, その割合, その拳, その方, その若い, それと, それに, たいへんつよい, たいへん強い, たりないん, だが, だんだんつき, だんだん鋭敏, ちがいます, つきます, つき心気, つくまいと, つくもの, とりもどしたが, どこから, ないうつろ, ないお雪ちゃん, ないかに, ないかの, ないこの, ないこんな, ないだろう, ないだろうと, ないとは, ないふう, ないほどに, ないらしい, ないらしく見えた, ないセムシさん, ない一人, ない事, ない人, ない充血, ない動く, ない小娘, ない平民, ない我が, ない日本式, ない樣, ない病蝶, ない白い腕, ない私, ない自分, ない評判, ない趙雲, ない頃, ない首, なえて, なかつたこと, なかつたので, なかなかばか, なくいま一椀, なくいや, なくうつらうつら, なくうなだれ, なくお札, なくことに, なくさりとて, なくしたがって, なくじっと, なくそのうえ, なくそのまま, なくたちまち, なくため, なくなったと, なくなったという, なくなったもの, なくなった彼自身, なくなりてを, なくなりまして, なくなれり, なくひたすら, なくへなへな, なくべつ, なくぼうぜんと, なくまた, なくむしろこう, なくよろよろ, なくわずか, なくボロボロ, なく三人づれ, なく下余吾方, なく乗組員たち, なく伊達家, なく何処, なく僅か, なく再び, なく呆然, なく唯, なく坐って, なく家, なく役, なく思案, なく憂鬱, なく所薫, なく斯く, なく日蔭, なく早晩内部的, なく涙ぐましい気持, なく独り言, なく甘くな, なく甚八, なく疊, なく痙攣, なく目前, なく目蓋, なく絶望, なく脆く押し流され, なく自滅, なく苦しまぎれ, なく草むら, なく解釈, なく雜然, なく頭, なく馴, なく黙り込ん, なげな上, なし, なしに, なみなみでなかった, なんにも, なんにも持つ, なんの, ひろく深く高くなっ, ほとんど抑える, またある, またおの, またその, またないの, またほか, また偉大, また厳密, また四, また大, また尽き, また強い, また文化, また文芸, また衰え, また軽蔑, まるで大男, むなしく撃退, もう私, もたず家, もたないの, もたなかった, もたぬ孤立無援, もちません, もっては, やがてくじけ, やはりこの, ゆたかで, よいと, より深い, よわく三代将軍, わが事, われわれ人類よりも, ネバリ強く, ヨブを, 不足し, 与えなかった, 両者に, 並々じゃ, 中から, 乏しい最後, 五人力とか, 五十嵐甲子雄も, 亦物質, 人の, 人一番であったろう, 人並勝れ, 人口も, 今の, 他人の, 低く架空, 低減するだろう, 体力も, 何か, 使えないらしかった, 保持力も, 借りあらゆる, 借りて, 偉大な, 健かだった, 備は, 働かされずに, 働かなければ, 優れて, 元気も, 光も, 光榮も, 全く尽きる, 全く無益, 全校生徒中第, 其を, 具わった生活者, 具わって, 出て, 出でず強, 出なかつたの, 出ぬ戦, 出やしない, 出来る, 出来且つ, 判断する, 利けば, 創作の, 創作能力も, 加つてゐる, 勇気も, 動く力, 勝利を, 勿論その, 勿論足らない, 十分ある, 十分であっ, 十分武士に, 及ばないこと, 及ばなくなった, 及ばぬこと, 及ばぬ運命, 及ぶまじき今日, 及ぼし得ないかの, 同じく従容, 同じく急激, 同時に必要, 味方も, 四斗俵は, 四肢から, 固くない, 国を, 多少働く, 大いにある, 大きいけれど, 大きいわけ, 大きかつ, 大きくなっ, 大なる, 大急行, 大概は, 失せたらしい, 失せつ, 失つ, 失つた老女の, 奮うすべ, 奮発心も, 妨げるだけの, 存するが, 完全だ, 定見も, 実験可能検証可能という, 小さいだろう, 小原には, 小婦一人には, 尽きざる作戦構想, 尽きたの, 尽きたらしく眼, 尽きはてて, 尽きはてました, 尽きること, 尽き断弦, 尽き果て, 尽き果てたかと, 尽き果てたと, 尽き果てたよう, 尽き果てた繁代, 尽き精, 尽き船頭, 尽した, 左のほどには, 己に, 平凡で, 度胸も, 引き割く事, 弱い婦人, 弱きが, 弱くさすっ, 弱くて, 弱く探偵団, 弱く智慧, 弱ったの, 弱って, 張りも, 張合いも, 強いが, 強いこれ, 強いぞ, 強いという, 強い事, 強い家来, 強かつた, 強くまた, 強く他, 強く寧ろ, 強く後年, 強く重い物, 強ければ, 強ひる, 当時の, 役には, 彼に, 後に, 徳望も, 思慮も, 思考力も, 恐ろしいが, 情慾も, 感じも, 手に, 才も, 才能の, 才覚も, 技も, 技術も, 抜けなアん, 抜け声, 持たないやう, 持たないん, 持たなくなって, 持たなくなつ, 持ち居る者, 持てなかつたので, 按排する, 推理力も, 数倍し, 敵を, 方策も, 是よりぞ, 時代の, 暗い時, 最早活用, 有たず, 有てる, 望みも, 未だそれ, 果てるところ, 案外弱まった, 業も, 極めて単純, 欠けた, 欠けて, 欲望も, 欲求も, 段々弱く, 段違いな, 気持も, 決して小さい, 決定され, 洞察する, 浮かびでて, 測り知ること, 湧き立たせる, 漸く衰え, 無いくせ, 無いという, 無いまま, 無い不孝, 無い筈, 無うなった, 無えふう, 無くこと切れた, 無くなりし, 無くなるよう, 無くまた, 無く中風, 無く膝, 無さ, 無限で, 物も, 甚円満に, 生かしこれ, 生の, 用いないで, 皆この, 盛って, 相当に, 知らないで, 確かだ, 確かに, 示さない未, 示唆力も, 神月には, 空想と, 突き抜けること, 策も, 節制力も, 精鋭な, 納得力も, 素養も, 終える時, 結局精神的な, 經濟力も, 練習によ, 群を, 肉体が, 肉体力も, 臨終の, 自分で, 自分の, 自然であった, 自然なら, 至って, 苦行によつ, 落さうし, 落とさずそれから, 薄くなっ, 虚勢も, 術にまで, 衰えたからな, 衰え女流文学, 衰へて, 見たいの, 見逃しえないの, 言つた, 記憶さえも, 話を, 貯蓄すべき, 資料に, 足りなければ, 身に, 近代都市化し得なかった, 逆境に, 遂に及ばなかった, 道義心をも, 関心も, 零に, 非常な, 頓に弱められ, 頼みやすかっ, 願っては, 養われて, 馬鹿に, 騷ぐ力も, 魅力も

▼ 力~ (1178, 3.3%)

60 なって 14 なるの 13 なるもの 9 美しさ 8 なつて 7 勇気とを 6 なった 5 なる, 勇気とが 4 いうよりも, して, それを, なること, 人の, 力との, 自分の

3 [18件] いうか, いえども, これを, さかえは, それに, たのんで, なったが, なったの, ならなければ, 云うもの, 光とが, 愛とを, 智慧とが, 業の, 生産関係との, 美と, 美とが, 頼むの

2 [84件] いって, いひすべてこれ, いひ外交, この一定, します, するもの, その力, であった, なったと, なりそれ, なりて, なり彼, なり慰め, なるべし, またその, よろこびを, 並んで, 云う事, 云ったよう, 云って, 云ふ, 云ふも, 人間の, 健康の, 働きとが, 優雅とを, 光との, 光とを, 光に, 光りとを, 労働手段と, 化する, 同様に, 呼ばれた河内守清長, 呼ばれる, 富とは, 對抗し, 岡つ, 思うもの, 思って, 情熱を, 惑ひなき, 想像力は, 手際が, 打算力とを以て, 文化の, 智とを, 智を, 材木の, 権威を, 機智と, 比較する, 沈勇とを, 深さ, 無力と, 無力とが, 無力とは, 熱とを, 物質との, 独得なる, 独自性とを, 生命と, 生命とを, 申すもの, 男前と, 異なるに, 確信などの, 私が, 科学の, 純潔とが, 純粋な, 純粹, 繁栄とに, 美が, 美との, 美とを, 自然の, 虚偽を, 見えしも, 解釈された, 言ふ, 速さ, 鋭敏な, 頑固さとを

1 [801件 抜粋] あなたの, あふる, あらがう気象, あらゆる知恵, あるなれ, いいともに, いいレース, いい内部, いい比例均衡, いうだけ, いうより, いえる, いえるもの, いおうか, いかなる関係, いったら甚だ, いつた才能, いつて, いひハルトマン, いひ雄渾高雅, いふ事, いわねば, いわれた与三右衛門清長, おなじに, おなじよう, こういうもの, さう, されて, しいたり, ししかも, したいもの, しましょう, しまするよう, し強化, すがった, すること, する場合, する読者, そしてことに, そしてのる, そして家康, その一座, その不老不死, その作用, その全く, その奥底, その客観的, その所得, その相互, その知識, その結果, その背後, その誇り, その闘争, た, たたかいつづけなければ, ただ一人, たのみ伊吹, たのむ大将, たのむ賈, たのむ鉄車群, たのんだ, ちょっと見, である, とり組み自身, どこの, どつち, なおその他, なすには, なったこと, なったであろうワ, なったので, なった大勢, なった活溌, ならしむ, ならずには, ならぬから, ならんと, なりこの, なりつつ, なりました, なり一身, なり人, なり国全体, なり得たであろう, なり得たの, なり得るもの, なり文学, なり望み, なり社会活動, なり精神, なるけれど, なることかくの, なるであらうと, なると, なるという, なるね, なるので, なるは, なるよう, なる事, なる必要, なる時, なる科学的, なる親戚, なる階級, なろうか, はたらきとが, はたらきとには, ひそかな, ほの, まじりつ, まずまず第, もはや適合, ややテンポ, わが民族, ドッチが, ハッキリした, ラディカルな, ロウマの, 一つにな, 一国の, 一杯の, 下へ, 不屈さを, 並行し, 乙の, 予言者の, 争いはじめました, 争ふ, 云い此所, 云うならば, 云うの, 云う触手, 云つ, 云は, 云ふか又は, 云わずして, 互いに相, 五十嵐甲子男とは, 五十嵐甲子男の, 五十嵐甲子雄の, 五十嵐甲子雄は, 交渉を, 人口が, 人品の, 人気とを, 人生に対する, 人間性の, 伸びあがる, 佐助の, 作戦との, 信じて, 信仰とで, 信念と, 信念とに, 信用は, 個性の, 健康が, 健康とを, 優れた政治的手腕, 元氣, 光と, 光とは, 光輝を, 入れ代つて勇気, 公民の, 冬へ, 冷徹闇をも, 分析力の, 創作力とに, 劇しい, 力, 力とを, 力知恵と, 加速度との, 労働手段との, 勇武だけを, 勇気と, 勇氣とに, 勇氣とを, 勝戦の, 化した病気, 化した病氣, 医術について, 南部地方の, 反抗は, 取つ組み, 取りかえようと, 右手の, 合致し, 同一であったなら, 同視せ, 同量, 名聲, 向いあって, 吾輩の, 味とを, 味ひとが, 呼び之, 呼ぶ, 呼んだ方, 品位とを, 善意とに, 喜びとを, 喜びを, 地に, 地面に, 境との, 声を, 変化きわまり, 外からの, 夢では, 大小と, 大衆の, 天質に, 奔放な, 威厳が, 威厳とが, 子どもっぽい, 子供の, 学問ならざる, 実在的の, 実権とが, 宣伝力大衆と, 対比的な, 寿と, 小倉との, 工夫で, 希望と, 希望とを, 幅深, 幸福とを, 広袤, 度胸, 度胸が, 強い親切さ, 彼が, 彼の, 彼らは, 彼女自身の, 心とを, 心理とが, 必要とが, 思いつきとに, 思い僕, 思え, 思われる, 思想力とは, 恃む司馬懿仲達を, 恃む方が, 悪魔的浮気根性と, 情とを, 情熱が, 情熱とで, 情熱によ, 情熱の, 想像力と, 想像力とは, 意地とを, 意志の, 意思の, 意義とを, 愛と, 愛とに, 感受性が, 感受性の, 感情の, 感情を, 感覚的には, 慈悲とを, 慰安と, 成功とに, 我の, 戦い自分, 戦って, 戦わねば, 所謂ヒューマニズムとの, 手腕だけ, 才しか, 才能を, 批判力の, 技倆さえ, 技術とをも, 抗ひ, 挑戦の, 挙げられて, 推理力を, 揉み合いつつ, 支配力との, 政府の, 政治的批評眼とが, 文学の, 文才とを, 新しい力, 早わざよも, 時の, 時間と, 時間とを, 時間の, 智に, 智恵とで, 智慧とを, 智慧を, 暗示とを, 暴力の, 書いて, 最高の, 月本來の, 本人の, 根強さ, 根気を, 棄てしめむ, 構成の, 権利とを, 権威とが, 権威とを, 機智, 機智との, 檢事と, 欠点とは, 欺の, 正義とに, 武力との, 歳月との, 母お, 氷の, 汗を, 決心の, 洞察力と, 活動とを, 活動傾向とを, 消滅, 消費力との, 深く, 深みにおいて, 清きつめたさ, 渦との, 溌剌たる, 潜んで, 火とを, 無理押しと, 無関係に, 煽情的な, 熱と, 熱との, 熱の, 物体に, 物的要因たる, 独立的な, 理解力とを, 理解力は, 生んだもの, 生命力の, 生来の, 生氣, 生活とが, 生活への, 生活感情の, 生産関係, 生硬と, 生長の, 申しますの, 申す事尊大, 異わ, 癒すべき慰藉, 発育の, 皮と, 相俟, 相成申候, 真実とが, 真実な, 眼識が, 知恵とを, 知恵の, 知識とを, 確かな, 示唆との, 示唆能力としての, 社会との, 私心を, 科学から, 秩序を, 称せられて, 積極性とを, 競争の, 策を, 範圍とを, 精力とが, 精神とで, 精神は, 紙との, 細密な, 組合の, 組織力を, 経験とで, 経験の, 結びつこうと, 結合し, 結果とを, 絶えず争いつづける, 絶対に, 綜合力が, 綜合力とは, 綜合性に, 総合力との, 繁栄の, 美とによる, 美の, 習慣の, 考えること, 考察の, 耐久力を, 肉身を, 肯定する, 胆力に, 腕と, 腕の, 膨脹の, 自信をも, 自己の, 自然が, 自然味とで, 自由に, 自称する, 艷を, 花火の, 苦悩と, 虚構との, 融合し得たる, 表情とによって, 表現力と, 覇気とを, 見えるだけの, 見くびったところ, 見通しだ, 親しみとが, 親和抱合し, 観て, 観察という, 観察眼とは, 觀察眼とは, 言って, 言っても, 言つても, 記憶と, 記憶力と, 記憶力を, 説得力を, 調和された, 諦めに, 警戒と, 豹変した, 貪婪と, 費やすところ, 資産とは, 躰温と, 近衞關白家, 通力とを, 速度とで, 速度の, 過去の, 道庵の, 道義的勇気とを, 違って, 酒の, 重圧とは, 重要性とを, 金の, 鋭い智力, 鑑識力との, 鑑賞力とを, 長い呼吸, 闘って, 闘争する, 闘争とを, 隣人愛とを, 雄藩の, 雖も, 青くひそや, 音とに, 頭を, 頼むべき柱, 頼む一族郎党, 頼む人, 頼む前, 頼む御曹子, 頼む明智, 頼む母, 頼む砲兵, 頼んだ母親, 頼んで, 頼んでも, 風格を, 風速を, 食欲と, 驚異の, 骨組みとを, 鮮やかさとを, 鷲の

▼ 力では~ (472, 1.3%)

29 どうにも 26 どうする 18 ない 9 なくて 7 なかった 5 それを, ないか 4 あるまい, ないの 3 ありません, いかんとも, どうしよう, どうにもできない, ないかと, 出來, 到底引, 及びも

2 [19件] ありませんか, あるが, いくら押し, ございません, だめだ, できない, できない相談, どうしても動きません, どうにもなりません, なくして, なく単に, なんの, 出入りの, 出来ない, 十分に, 及ばない事, 大井久我之, 容易に, 無いが

1 [303件] あっても, あつた, あなたを, あのよう, ありますまいか, ありませんので, ありません国内, あるまいか, いかんともし, いくらじたばたし, いけないといふ, いつも判読, うけが, おえないと, おぼつかない, かつげまいまあ, かなわないの, こなしきれないという, この上, この人文的自然現象, この潰れた, この真状, この空想, この箱, こは, これからさき, こわし得ないギリギリ, ございますまいか, ございませぬ, すべての, せん術も, ぜんぜん近づき, そこから, そこへは, そこを, その岩, その早, その英語, それほどでも, それ以上を, そんな気分, だめでありました, ちょっとむりかもしれませんね, ちょっとも, ち切ったよう, つい衆, できないこと, とうていお前さん, とうてい与八, とうてい割り切れない, とうてい思いとどまらせる, とけない問題, とてもあの, とてもおしもどす, とてもお母様, とてもお父さん, とてもこの, とてもささえきれません, とてもその, とてもそんな, とてもできません, とてもやらせる, とても出来ない, とても助けられない, とても動かない, とても大した, とても戦争, とても持つ, とても掘る, とても歩き, とても消す, とても窺知, とても背負い切れない, どうかと, どうしてもダラケそう, どうしても与八, どうしても止める, どうしても運搬, どうなる, どうにもなる, どうにも仕様, どう手, どう脳ミソ, どむならん, どんなに最善, どんな小さな鐘, ないかという, ないこと, ないな, ないので, ない術, ない非常, なかなかあけられなかつた, なかなかその, なかなか持ち上がらない, なかなか管理, なくしたがってまた, なくた, なくほんとに, なくむしろ, なくキャベンディシュ研究所, なく体質, なく反対, なく可哀相, なく家臣, なく彼ら, なく殺す道具, なく漁, なく父, なく理性, なく神様, なく自然, なく鋤, なし遂げ得る, なんともできぬ, はっきり解い, はなすこと, ふたりに, ほとんどなかっ, まだきめられない, まだ完成, まわせないほど, もうだめ, もう到底家族, もはやお, もはやどうにも, やはり一寸, シエイクスピイヤの, ダメであった, マリア・グレゴーリエヴナの, 一たん何か, 一向に解しかねた, 一寸たり, 一寸も, 一応の, 一見より, 一通り眼を, 一遍だ, 三年くらゐ, 上田敏氏の, 不幸の, 乙の, 二進も, 五尺の, 人並み以上とか, 今の, 何う, 何うにも, 何ともいたし方, 何の, 何もかも味, 先生に, 入手出来なかった, 凌いで, 出来そう, 出来ないかも, 出来ない相談, 出来ぬこと, 出来難い, 分かるもの, 判断も, 到底それ, 到底処理, 到底出来ない, 到底分かる, 到底制しきれない, 到底及ばない, 到底回収, 到底手, 到底捕まえる, 到底望み, 到底正面, 到底測り知る, 到底解決, 到底駄目, 制し得ないもの, 助ける事, 労銀の, 動かせさ, 動かないよう, 動かなかった, 十分締める, 十四五貫の, 危かしい, 及ばぬ, 及ばぬこと, 及び申すまい, 及ぶまいし, 名人戦を, 問題に, 壁坪を, 多數者, 大勢を, 天災を, 奪われると, 始末に, 始末の, 娘の, 完成されなかつた, 実にばかばかしい, 実際に, 家庭という, 容易でない, 尋ねあぐんで, 少しも, 少し届き兼ねる, 屍体の, 岡に, 工夫も, 左右し得ない, 帆を, 廻らないが, 思いつくこと, 情けないわけ, 成功が, 手に, 手も, 打ち消す事, 打ち破ること, 打克つ, 投げられそう, 押える事, 押え切れぬくらいの, 押すも, 拭い消すこと, 持ちあがらなかつたので, 持ちあがらなくなつ, 持ちあがらぬの, 持てませんから, 振るには, 捕らえきれねば, 探り得なかった, 救いようの, 敵は, 断定が, 明かない玄関, 明答し得ない, 最初から, 望むこと, 木炭を, 枉げられない, 棚立ちは, 此の, 歯が, 歯も, 母を, 決定し切れない, 温帶地などには, 漸く持, 火星へ, 無限の, 物事に, 玄関まで, 玄關まで, 理解する, 男には, 病気を, 癒らない, 相当に, 相撲に, 真の, 真理を, 眩ぐるしき対人圏, 破ること, 破れなかつた, 禁じ切れないので, 立て得ないが, 筋だけを, 米友の, 絶対に, 絶對に, 緩慢で堪えきれません, 翻え, 腐え, 腰に, 自由に, 蒐集する, 行かぬから, 行なえ得ぬ日, 見えないの, 見出すこと, 覚束ない, 解けない問題, 解すべからざること, 計ること, 説明できない, 謎が, 貴方を, 走り通せなくなった, 超自然, 足りない場合, 追い附く気遣い, 運ばれないから, 運べませんので, 醒めぬこと, 開かなかった, 開かれては, 開き得ない宇宙, 開けられさ, 隅から, 雪の, 駄目でございます, 駄目な

▼ 力なく~ (397, 1.1%)

8 して 6 垂れて 4 手を, 歩いて 3 いいました, うなだれて, 言った, 頭を, 顔を, 首を, 首垂れ

2 [21件] いうと, いつた, みじめに, ゆっくりと, 下に, 云った, 地上に, 墓石から, 床の, 振って, 椅子に, 沈んでるの, 泣く, 湿んで, 片手を, 眼を, 笑った, 笑って, 言って, 話しかけて, 閉じて

1 [312件] あきらめて, あはれに, あわれ, いちめんに, いった, うしろへ, うなだれ, うなだれさせられる福太郎, うなだれた敵艦, うなだれるばかり, うめいて, おこったよう, おぶさった, おりんの, かえってきた, かつぎながら, がくり, がちっと, きこえて, ぐたりと其処へ, ぐったりしてる, ぐんなりと垂れ, こ, こういう, これを, さあれ, さりながら, しがみつきながら, しょんぼりとうなだれ乍ら, すれすれと, そこへ, その光, その場, その自体中毒, たえ, ただこの, ただぼんやり, ただフラフラ, ただ一気に, ため息を, たるんで, たれし浪子, だらりと, つながり合い, とも人間, なく次, なだらかな, なったの, なったり, なって, なびかせて, のびてる中, ば成り立ち得ない, ひきずりながら, ふるえて, ぶら下がった, へしを, ほのめいて, ぼんやり色が, まぎれ入り鳴きささ, また, またたきます, また膝, もがいて, も白骨谷, も足, やつれて, ゆらめいて, よたよたした, よろめくよう, よろよろと, ゐざりながら, セセラ笑つて見た, ダラリと, ドアを, ドンヨリと, ニッと, ヒラヒラと, ブローニングを, ベンチへ, ポトリと, 万理自ら森着す, 三人の, 上げると, 上下する, 上辷りし, 下げたかと, 下げたま, 下たる, 下へ, 下を, 両脇, 乱れて, 二三度探りはずした, 云いわけめいて, 云つた, 亭内なる, 仄暗い, 伏して, 伏せた瞼, 伏せつて, 何ものかを, 何事も, 倒れて, 停車場を, 光なく, 其処に, 内部が, 再びお前, 別れを, 前に, 前へ, 創作を, 動かなくなって, 動きも, 又引取らんニハ, 友の, 反抗すれ, 取捨去就に, 取落して, 古物屋を, 叩くの, 叫びながら, 右へ, 吊り下れり, 向きを, 呟いた, 呟いだ, 呻いた, 唄って, 啜り泣きつつ, 四囲を, 四邊を, 土蔵の, 地に, 地べたに, 地面へ, 垂れさ, 垂れた, 垂れたまま, 垂れた振袖, 垂れた桐, 垂れ下がったまま, 垂れ下がりそれ, 垂れ何遍, 垂れ突撃的, 垂れ顔, 声を, 外へ, 夜具の, 夜着の, 夫の, 女は, 媼の, 安楽椅子に, 寝台の, 己を, 巻き納める恩人, 帰つ, 弱って, 彷徨する, 彼は, 後に, 従ってその, 我々の, 或は自暴自棄, 戦く, 戸の, 手の, 打ち沈んだ声, 投げだされた青白い, 投げ出して, 投げ出すよう, 折れた, 押す, 拭った鏡, 拾って, 振い出づ, 振った, 振つて, 握手し, 搖すぶられ, 支う, 散らばって, 時を, 曖昧な, 机に, 板の, 枕に, 横腹に, 欠伸を, 歩きながら, 歩く父, 歩んで, 死んだの, 毛皮の, 毛見の, 水に, 波打たせては, 流れただけ, 海の, 消えそう, 消えて, 渦を, 湿つたもの, 漂う船, 漂って, 焜炉に, 煙草を, 特に浮腫, 男星の, 疲れたから, 疲れて, 病みし頃, 盃を, 眼かくし, 瞳をと, 石段を, 空を, 空虚に, 空車を, 立ち上がったとき, 立ち上って, 立ち上り一同, 立ち上ると, 立った, 立つて, 立上っ, 立上つて山の, 笑いかえした, 笑い出した, 笑ったよう, 笑つた, 笑ふ, 笑われる声, 答えた, 答えて, 答へ, 細って, 翼を, 肌に, 肩を, 能なく, 腕が, 腰かけると, 腰を, 腹の, 膝の, 舞台表面だけで, 茫然たる, 茫然として, 荷造りを, 莨を, 落ちそう, 落ちた, 落ち窪ん, 藻掻きまわった, 藻掻き初めた, 行く新九郎, 衰えて, 製作者にも, 見えた, 見せる, 見開いた, 見開いて, 言い捨てました, 言うの, 言つた, 訪れたの, 課長室へ, 赤茶けたその, 起きあがった, 起きあがり足, 起ち上って, 起って, 趁ふて, 足を, 蹌, 身の, 身體の, 載つて, 返そうと, 返事する, 退却した, 送られし時, 途切れ途切れでは, 道江の, 部屋の, 閉じたが, 閉ぢられた, 開き切って, 間もなく車, 闘うこと, 附添い, 附添ひ, 陳の, 離して, 離るる, 雨でも, 電話室に, 青年の, 青竹の, 静かに, 響き渡って, 頤で, 頷いた, 頷いたのみ, 風に, 駕籠に, 黙したのに, 黝ずん, 鼓を

▼ 力によって~ (311, 0.9%)

3 である 2 そういう激しい, もっともっと長生き, ゴーリキイは, 成立する, 或る, 相手の, 自分が, 運動する

1 [292件] あなたさえ, あなたに, あらゆる人, あるいは他, ある程度まで, いまだ全く生活, おされて, かく分離, かばわれるだろう, この小さき, これまでに, こんどは, さらに強調, すぐに, すさまじい風化作用, せっかく逮捕, そうする, そうであった, そなた, その不合理, その不審, その人口, その度, その本来, その生活, その苦しみ, その金, それらの, それを, たえず新しい, であったと, であって, であろうか, できあがって, できうるもの, できたわけ, でなければつかまれきれません, では, どうしても冥想, なさるべきだ, また不可測, もうすこしと, やはり寝室, やるの, ようやく原因, よりぴったりと, より完全, わが掌, わたしの, イマジネーションを, インド洋と, ブールゴーニュや, ベートーヴェンの, 一人一人が, 一個一個の, 一歩々々と, 一義的で, 上に, 不世出の, 世界から, 予め之, 二つの, 二万五千メートルの, 二十五年ごとに, 京都の, 人は, 人為的に, 人間が, 人間は, 今この, 仏菩薩に, 仕組まれて, 他人を, 伝えんと, 伝染病を, 何か, 何とかなっ, 何の, 何処へ, 作品は, 例えばサイクロトロン, 価値つけられ, 個人が, 働いて, 僕の, 儲けた富, 兄上の, 先天的に, 全市の, 全癒せる, 共同の, 内面的に, 再現し, 出発させられる, 初めて物質, 初めて現, 判定する, 刻々に, 創造し, 創造する, 動かされて, 動かされる, 動物から, 勝った人々, 北方軍閥の, 十分に, 単に深く, 原始の, 取るだけの, 各層の, 各自の, 合理的に, 商人の, 営まれるの, 四散した, 国民に, 国王世の, 国際的に, 圧倒する, 地中海岸まで, 地球上に, 壊しそれから, 変性する, 外から, 外藩を, 夙にヘーゲル, 大きい政治力, 大変動, 天と, 奮い起たなければ, 婦人大衆の, 婦人大衆を, 孤児に, 宇宙物理学的諸, 安らかに, 実物以上に, 山に, 山崎譲を, 島は, 左右される, 幕府を, 平和が, 平癒する, 幸いにも, 幾分か, 広範な, 建設せん, 引かれる二輪車, 彼の, 往古に, 征服される, 律法道徳等等, 従前より, 得たの, 得たもの, 必然的な, 忽焉として, 悪心の, 意識裡に, 憲法を, 成り立った処, 成り立つと, 成就され, 成長した, 成長展開する, 我々には, 戦い取られた, 打ち勝った人々, 抑圧し, 押しすすめること, 招来されてる, 招来した, 指導されなけれ, 推しすすめて, 提携する, 撰者の, 支えられたと, 支那の, 支配され, 支配される, 支配せられ, 支配階級に, 政権を, 政治を, 政治力を, 救われて, 救済せられん, 斉彬の, 新しい洗練, 新しい資源, 旧に, 最も基柢的, 月は, 本能的に, 来るもの, 極東の, 構像する, 欠点を, 次の, 次第, 正々堂々と, 民主的な, 民主的に, 永遠に, 決定され, 治す以外, 泳ぎ得るもの, 流れて, 海に, 消耗を, 温むの, 満足を, 滿す, 漸く発見, 現代の, 瓦礫の, 生かされそこ, 生かされも, 生きて, 生きようと, 生じたの, 生み出される先進的, 生命が, 生命の, 生死の, 生活し, 生活を, 発見した, 目が, 真の, 破れ果て, 破壊を, 確実に, 示唆される, 社会主義的に, 神がかりを, 神の, 私は, 築き上げられた伝統的, 精神は, 紡ぎ出せるという, 細々ながら, 統制され, 統合され, 続行し, 総轄され, 美の, 聡明であり, 肯定され, 自ら立ち, 自分と, 自分の, 自在に, 自己を, 自然に, 色々の, 苦痛を, 荷物の, 行けるでは, 行われた, 行われたと, 行われなければ, 行われ維持, 表現される, 補われる以上, 要求によって, 見事に, 観察を, 解放され得る, 認識する, 読経も, 読者の, 近代の, 速やかに, 運命を, 達成された, 遠いアフリカ, 遠洋を, 遠隔殺人を, 配偶者と, 量られる, 鎧の, 限定され, 階級の, 階級的な, 隣席の, 霹靂と, 非常に, 飛離れようと, 魂も, 魔物の, 鮮やかに

▼ 力ある~ (270, 0.7%)

8 ものと 4 ことを, もの, ものなり 3 ことは, ものを, 事を, 声し, 歌は, 者は

2 [18件] ことであろう, こと明らかなり, のだ, のである, のです, のは, は善く, もので, ものは, を覚ゆ, 乳を, 人物あり, 人物は, 声で, 思想は, 犬の, 生活が, 証を

1 [196件] かな物, かも知れぬ, か測り知れない, か無き, がゆえなり, が為, ことが, ことだろう, ことなし, ことの, ことば, ことをもって, こと明かにな, さながら夢幻, すべての, それには, といふ点, ところは, となき, とも認められぬ, と云, なり言, にあらざれ, にあらず, にぞ外国人, に於, に聽くも, ので, のでない, のみならず, のみならず兼ね, はよし, は勿論, は却つて恁, ものが, ものであった, ものでなけれ, ものとして, ものな, ものに, ものには, ものに対する, ものの, ものや, ものよとの, もの何の, もの側に, もの即ち, もの我等の, もの生くる, も剛化, も善人, ゆえんを, ようだ, をいう, をいふ, をもってなり, をもって幼時, を以て請う, を信ずる, を大層, を獅子獣, を見よ, を見る, チノコにとっては, プロレタリアートが, ヘーラクレ, マルキシストを, リアリズムとでも, リズムが, 一つの, 一瞥に, 上に, 九月の, 事でございます, 事と, 事は, 事唄鳴物に, 人ぞ, 人たちの, 人では, 人など, 人の, 人は, 人よく, 人を, 人物が, 人物の, 人生の, 人間にとっては, 仕事を, 会員の, 作家は, 兄の, 光勢を, 動物が, 叫び, 命令を, 哲理的の, 問題な, 喜びが, 坊主が, 声, 声が, 声である, 声に, 声は, 大きな二つ, 大仕掛, 大国の, 天使らよ, 天父の, 嫌悪すべき, 宗門には, 宣教師を, 宰相を, 審判を, 封建社会の, 尾に, 山の, 希望に, 弟子が, 弧状を, 彼等が, 微笑よ, 志士を, 恐ろしい男, 悪神, 意義を, 愛は, 愛情を, 感情を, 我の, 所で, 手に, 政治家としての, 政治家なく, 文字なり, 方は, 未来を, 槌を, 模様が, 武士を, 波紋を, 海洋の, 焦点的な, 物か, 物な, 物を, 玉音は, 生活を, 男の, 男性の, 画家ほど, 発展に, 発言に, 真理として, 眼で, 祈りは, 祈祷なる, 神であった, 神と, 神みそなはせ, 秀才が, 笑声笑う, 第一, 組織を, 綜合と, 美風も, 者が, 者であろう, 者には, 者の, 者を, 聲にて, 聲は, 芸術は, 蝮また, 表現を, 西洋画家が, 言葉で, 言葉を, 言開きには, 誡告に, 説我を, 足の, 身と, 長者の, 防御が, 震動を, 靜かな, 面つきで, 音調である, 音調もて, 額の, 龍よ

▼ 力という~ (158, 0.4%)

41 ものは 25 ものが 20 ものを 10 のは 9 ような 5 ことを, ものの 4 ものについて 3 もので 2 ことが, ことは, ものも, 語を

1 [28件] ことに, のかも, ので, のである, のも, もの, ものでしょう, ものとの, ものに, ものにも, やつであった, やつは, ように, カテゴリーを, 一つを, 一条であった, 内容によって, 力を, 名に, 字を, 広義の, 点に, 目標を以て, 神秘の, 考えを, 観念でも, 言葉の, 語や

▼ 力とを~ (152, 0.4%)

11 もって 5 持って 4 もつて 3 必要と, 示して 2 与えて, 彼は, 感じた, 持ちて, 消費する, 要するの

1 [114件] あたへるの, おおうところ, この中, こめた, こめて, そなえた作家, そなえた強い, つくして, はじめて認め, ふりしぼって, めぐッ, めちゃめちゃに, もたせること, もったナイチンゲール, もった特別, もつ諸君, われわれは, ピッタリと, マサちゃんは, 一緒に, 不充分にしか, 与えられたこと, 与えられん, 与えるもの, 与へて, 与へるの, 両つ, 並べて, 二本の, 人間に, 信じて, 傾けさせたので, 僕は, 全く失つて, 全部もっ, 具えたロザリー, 兼ね備, 兼ね備えた稀, 兼ね備えた稀有, 出して, 制御する, 加えた気, 動員し, 十分に, 反対に, 反省し, 受く, 同時にあらわし, 同時に集中, 増加せしめる, 多くもっ, 奪い去る, 奪はれる, 子供の, 容れるに, 彼の, 得たの, 得たり, 得た人, 心の, 急行列車の, 急速に, 感じさせる, 感じる, 感ずるに, 持った金属, 持つけれども, 持つた一種, 持つた人類, 持つて, 持つもの, 持つ者, 捨て石として, 擁して, 敵と, 有する人々, 有する異常, 極度に, 正にあなた, 比べて, 求めた, 求めるため, 涵養せられた, 混同し, 減少せしめる, 満面に, 濫費し, 無理に, 無駄に, 獲得された, 生ぜしめて, 用いること, 目撃した, 知って, 示すよう, 突きは, 結びつけ身, 維持し得せしめる, 缺い, 自然に, 與へ, 與へる, 表現し, 要した, 要すること, 覚えて, 言ふ, 試驗する, 誇る最新一等駆逐艦十六隻, 誰しも, 貧と, 費さずば, 附与し, 高調した

▼ 力には~ (143, 0.4%)

5 ならなかった, 及ばない 3 かないません, 及ばなかった, 限りが 2 これは, ならないと, ならないの, なるまいが, 凡ての, 欠けて, 限度が

1 [110件] ある限界, いささかの, うたれないでは, えてして歴史的, およそどうしても一定, およばない, およばないの, およばなかったの, かう云, かなうまい, かなりの, かなわないで, さすがの, さらに不, そぐわぬ代物, ぞっとした, とても勝てない, とても及ばない, とても合わない, どうしても勝てない, どこか, ならず杉谷助役, ならないもの, ならなかつた, なりません, なりませんかねえ, なり得ないわけ, なんねえ駄目, なんの, ひどく苦しい時間, ほとんど無限, ほとんど餘, まったくおどろい, まるで支配力, ガマ六が, 一たまり, 一定の, 人も, 人的要因たる, 今兵力, 余ること, 全く驚い, 全力を, 分量の, 前と, 勝てずとうとう, 勝てなかった, 勝てぬ, 及ばずあるまじき非道, 及ばずあれよあれよ, 及ばず成, 及ばないこと, 及ばないであろう, 及ばないの, 及ばないよう, 及ばない事, 及ばなかったの, 及ばなかつた, 及ばぬ様, 及びさ, 叶わない望み, 叶わぬと, 合いませんでしたが, 合うまい, 周知の, 圧服せられぬ, 堪えられぬ程, 大なる, 天然自然の, 実に驚くべき, 実は中世, 容易ならぬ, 容易に, 強弱が, 従わなければ, 必然物質を, 恐ろしく洒落た, 悪い結果, 悪疫以上の, 成られん, 成れんぢ, 手に, 打ちかつこと, 抗しよう, 救いが, 敵いません, 敵わ, 方向性が, 期待し, 本来過去も, 東京の, 案外な, 消しがたき, 溢れて, 潮に, 珍らしく, 私も, 系図が, 結びつかず象徴派, 自ずと限度, 虐げられた女性, 見当が, 警官も, 重すぎる, 限りの, 陰も, 際限が, 餘つた, 驚いた, 驚かれるもの

▼ 力でも~ (142, 0.4%)

8 どうする 5 ない, 何う 3 なかった 2 あるかの, それを, 何でも, 私の

1 [113件] あった, あったの, あったり, あのバーク, ありませんから, あり破滅, あるか, あるという, あるの, あるん, あるオリヴィエ, あれを, おさえること, お借りなされたら, お救い, かりないと, かりなくっちゃあねえ, きっとどうにかした, この世界, この雨戸, これを, すこしは, そういう発現, そうです, そこまで, その襲来, それより, つて舞臺の, できない, とても吹きとばす, とどめがたい, どうにも, ないこと, ないの, ないよう, なかなか発見, なくして, なくひとえに, なくまた, なく全く, なく愛, なく母, なく自分, なく電氣力, なければ, なし全く, なし才智, ひそんで, ひるむにちがいないような, ふせぐこと, また他, よい, ビクとも, 一朝一夕に, 不可能な, 二人とも, 今では, 何うし, 使用する, 信仰の, 借りなければ, 借りませいでは, 借りようと, 健全なる, 兄の, 先生の, 兵馬さんを, 具うるかの, 出来ないし, 到着される, 動かすこと, 召捕ること, 呼び生かす術, 噴き出さうとして, 土で, 外せる, 容易に, 彼の, 御来臨, 愛でも, 戦ふ日本, 打ち破る見込み, 打壊す事, 抑えきれないらしい, 抑えること, 抜くこと, 拍子を, 持って, 朝廷の, 村重どのを, 柔しい, 死んだもの, 求めるよう, 為能は, 留めて, 目は, 紛れそう, 締め殺すこと, 腐土, 行動でも, 親の, 解けないよう, 買われないの, 貸す貴様, 足りる, 長い生涯, 長くは, 開かれなかつた天, 間に, 間に合うだろう, 阻止する, 阻止出来ない, 麻痺されない

▼ 力~ (137, 0.4%)

2 情熱を, 美しさ, 脹力も, 雪まろげ

1 [129件] あなたや, ある, いきなり自分, そう云う, そのものの, それを, エネルギーの, 一部の, 不幸化する, 京武士の, 人びとに対する, 人を, 仁愛にも, 会話技巧の, 体系を, 何かを, 余りけん, 作用の, 作用を, 光などは, 光は, 其他の, 冷淡な, 凶猛な, 分析的の, 判断力の, 判断力や, 創造力は, 勇気の, 同心は, 呪術の, 圧力と, 堅忍や, 声ぐらゐにはミヅグルマは, 多少弱りけん, 大きな仕事, 天佑以上の, 奔放な, 妻の, 威を, 宝石の, 実に, 富と, 寛容やを, 巧みさ, 幻を, 度胸が, 強制で, 強情の, 待合の, 微幺, 心の, 性格を, 情や, 想像力の, 想像力を, 意欲の, 愛の, 感受性と, 慰安を, 成長性を, 或いは又, 戦争準備や, 批判力が, 批判力は, 技術や, 抑制力は, 持ち味が, 持続力を, 推進力を, 教育力に, 文化は, 文化的な, 文学上の, 新しい材料, 旅を, 時間の, 智力が, 暴力などの, 未来の, 材といふ, 条件を, 栄誉の, 根強い研究心, 構成力や, 槍や, 権力という, 民衆を, 気品や, 決断力の, 活溌な, 流達である, 濁れる欲望, 独立心を, 理想や, 理智や, 生存感, 相や, 瞬間的な, 石炭や, 示唆力に, 社会道徳的統制力に, 科学の, 空間の, 美の, 美を, 考察力を, 胎土との, 脅迫も, 腕が, 自省や, 色彩や, 芸文に対する, 衰へ, 裁判や, 視力が, 解釈的思索力, 記憶や, 識見を, 警抜や, 象徴力という, 身体の, 軍事的な, 運命を, 金を, 金銭の, 鎌倉節や, 防衛力を, 青春や

▼ 力を以て~ (137, 0.4%)

15 しても 2 して, しては, すと, 人を, 働いて, 吾人を, 進行しつ

1 [108件] あらゆる僕, いかに完全, こちらの, これからは, これを, さまざまの, しその, しばしば私, しましても, するからには, すれば, せずして, せられる, せんと, その所在, それを, である, スペインの, 一万二千石小堀家の, 一切悪鬼を, 万物に, 世に, 久しく攻, 事を, 云った, 云つた, 体当りを, 何人にも, 何故救, 僅ながら, 働きかけたもの, 其の暴力, 其品を, 制定し, 前の, 十分に, 千代子の, 反抗する, 取るべからざるなり, 取るべからざる物, 善の, 国民を, 國を, 圧迫され, 地上に, 地方の, 如何なる非常手段, 寄せ来る浩波, 己れ, 引留めること, 彼を, 思い通りの, 成し遂げたの, 我邦の, 戸外の, 手伝つてゐた, 押えて, 押迫る, 捕捉する, 支持したる, 支棒を, 敵を, 文化住宅を, 文壇の, 暴圧と, 更に思いがけない, 最高度に, 来るもの, 此桁や, 殖えて, 民心を, 民衆を, 決して人, 浸蝕し, 消化に, 混同する, 満足せらるる, 漸く手足, 為し得べきに, 煽動家の, 発展し, 発散します, 直に貫一, 祖国を, 私自身に, 私達に, 窮まりなき, 立ちのぼらせる傾向, 競爭する, 築き成された六十万石, 經濟的に, 臨むの, 自分の, 自家を, 舞台を, 花火の, 読者の, 變化を, 貫かれた超, 迫つたで, 迫つてくる, 過去の, 邑落生活の, 那勃烈翁を, 金を, 開拓したる, 顔を, 飛散する

▼ 力として~ (131, 0.4%)

3 現實 2 働く, 知りそして, 自己を, 身に

1 [120件] あらわれて, ありそう, お君, かように, こなして, この教養, この海底国, これを, その後の, その胎内, つかおうと, とらえて, どんなに感じ, ないという, なか, のこり反動的, はたらいて, はたらき得べきもの, ひき出される社会現象, ふりそそぎつちかわれ育って, またその, みずからを, めいめいが, より整える, ヨーロッパの, 一九三一年の, 一定の, 世話やかす, 二つと, 互に作用, 以上の, 仰ぐの, 伝えられて, 作用し, 作用しなけれ, 作用する隠された, 作者の, 価値ある, 備えて, 働くが, 働くの, 働くばかり, 働くもの, 先へ, 公然と, 其實現を, 利用しよう, 却て, 参加する, 取扱ひ, 否応なく, 固めそして, 国を, 在る即ち, 声威隆々中外を, 外物の, 外部に, 大きい貢献, 大きな意味, 女である, 婦人の, 嫁に, 弱いこと, 役立って, 役立つこと, 彼の, 彼らに, 彼等自身の, 意外に, 感じて, 感じられなかったという, 感ぜず愛, 或は創造力, 扶けた人だった, 把え, 把握する, 持ち出されて, 描かれて, 描き出そうと, 摂取する, 放送委員会を, 文学を, 新たなる, 日本に, 有力な, 極めて有力, 機能し得る, 残るであろう, 民主革命に, 治安維持法を, 猶予なく, 現し世の, 現れるの, 現実に, 生きて, 甦って, 発動する, 発露し, 私たちに, 肯定され, 自分をも, 自分一人の, 自己の, 自覚されなけれ, 自身を, 芸術化され, 葉子は, 薄らいでも, 虚無を, 見て, 見ること, 貯えて, 身体を, 迫って, 運命を, 重要な, 附着し, 養ふ, 齎されなければ, 齎そうと

▼ 力~ (104, 0.3%)

6 と信じ 43 ては空い, ということ, と思う, な, ね 2 からである, この世の, つたに, とお, と思います, と思ふ, と思われた, と私, めしに

1 [61件] いったい分析力, かは持っ, から, からたまらない, からだ, からと言っ, から主膳, から何もかも, かわかるだろう, がすでに, が署内, こんな相手, そうである, ぞ, ぞ手負い, ぞ手負ひだ, つたその, つたので, つたので御座いました, つてあそこまでは, という, というの, というふう, という点, といふ, といふ信念, といふ考, とか言, ときい, とさえ思っ, としてもお前, とする, とでも思っ, と云, と云う, と云っ, と云つて, と信じる, と假定, と思い, と思っ, と確, と腹立ち, と言った, と言つて, と言われ, と頷いた, なあ, などととは思い, なア, ね親分, の, のみにし, のを, めしを, 力は, 君は, 死物狂いとは, 資本な, 面白い牛, 飽くまでも勁

▼ 力~ (96, 0.3%)

15 のだ 14 さそうに, のです 10 のである 6 んだ 43 んです 2 げに, さそうだった, さ相に, のか, のさ

1 [20件] げにう, げに振, さが, させめて, さそうで, さそうな, さであった, さとを, さは, さ不自由さ, さ寒, さ頼りな, のだらう, のであった, のであり, のであります, のですなわち, ので東京, んでございます, 歓喜が

▼ 力である~ (87, 0.2%)

4 ことを 3 ということ 2 ことは, と同時に, と思う, 限り単なる

1 [72件] お俊なぞ, かと考える, かも知れない, からその, から力, から山, か人間, か兎, か知らん, がいつか私, がこれ, がゆえに, がわれわれ国民, が力, が執着, が技術, が故に, が無論, が知性, が若し, けれども一面, こと, ことが, ことです, ことに, ことよ, と, というよう, といえ, といふこと, といふ点, といふ結果, ときまって, とする, とその, と信じる, と假定, と御, と思ふ, と結論, と考えられる, と考へ, と見る, と解せられ, と言い得る, と言つて, にヨブ, に違, のだ, のであろう, のみで, はずも, や否, ように, よりもそれ, よりも急速, プロレタリア階級と, 事を, 人の, 人間の, 以上その, 何となれ, 其樣なる, 力量公平に, 労働者階級を, 春陽会に, 漠然たる, 爲に, 物理的社會的の, 程度までの, 結果最も, 自分は

▼ 力にも~ (87, 0.2%)

7 なって 3 限度が 2 なつて, ならないが, ならなかった, なり立つ身, 及ばぬもの, 富んで

1 [65件] おいそれとは, およばないとは, およばなかった, かかわらず正統, かけて, して, しなぐさめにも, し愛して, それが, どうする, なくなろう, なったり, ならないという, ならないの, ならない事, ならない癖, なりなられて, なるであろう, なるもの, なる人物, なれと, なれると, なろう, なろうし, もちこたえて, よるし, よるの, 不足の, 乏しい, 何か, 何等の, 値しないこと, 優って, 到底及ばない, 劣らない権威, 及ばない, 及ばないこと, 及ばないこの, 及ばないと, 及ばないの, 及ばんと, 及ぶまいから, 合いません, 多少が, 強弱多少, 從順である, 恐らくなっ, 成らない, 手伝われて, 拘らずカーブ, 用ひ, 目ざめて, 私は, 等差が, 結んで, 自信が, 自身から, 見られるが, 覚束ない, 變化を, 適用されなけれ, 闘争や, 限りが, 驚かされる切つて, 驚きましたけれども

▼ 力とは~ (84, 0.2%)

2 いつたい何, どんなもの, ならずに, ならない, 何か, 何ぞや, 何である

1 [70件] あたかも鍛工, あった, いえないから, いえ医学上, いえ歩くこと, いえ蟻, いかなるもの, いったいどこ, いったい何, いづれも, かなり多かっ, この神意, この自由主義, さ何, して, そういうふう, そういわれ, その眼, たとえそれ, どういうもの, どうも関係, どんな力, どんな苦しみ, ならなかった, ならなかったであろう, ならぬ, なりにくい, なり得ないの, はたしてどこ, よほど違っ, マルクスの, 二者併行併進する, 他人には, 何らの, 何処に, 何処へ, 併し, 俺を, 別な, 前から, 大飛躍, 女心が, 子を, 尨大なる, 年頃の, 当時の, 必ずしも並行, 思えぬほどに, 思えません, 思はれない程, 思われぬ力, 恃み, 意外にも, 成り得なかった, 描写の, 桁ちがいに, 殆ん, 比例的で, 水の, 水車小屋の, 無関係な, 生産力の, 見えない, 認めずつまり, 認めません, 誠に近世, 誰でしょう, 違ったもの, 非常に, 頼みきれない

▼ 力によ~ (83, 0.2%)

2 つて始め

1 [81件] つたので, つて, つてあなたの, つてかく分離し, つてこの, つてさうする, つてその, つてであり, つての, つても, つてわが, つてイマジネーションを, つてスワンの, つて事を, つて二つの, つて互に, つて人間の, つて今直ちに, つて出來て, つて分岐に, つて判定する, つて割合に, つて創造する, つて動物から, つて北支那を, つて可能に, つて否応なしに, つて吹き飛ばされ, つて實現する, つて対治し, つて対者の, つて対象物を, つて崩壞する, つて左右され得る, つて征服する, つて徐々と, つて思ひ, つて急速な, つて意識された, つて成就された, つて成長し, つて或は, つて打ちのめされる, つて押し切られる, つて支持され, つて支那國内の, つて支配され, つて新しい, つて日本の, つて書い, つて極めて, つて構像する, つて次第, つて歴史が, つて死に, つて段々, つて浄化され, つて浮き上らう, つて現在国民の, つて生じた, つて生ぜられ, つて生活を, つて知らぬ, つて福を, つて空前の, つて精神は, つて組立てられた, つて自, つて自分自, つて自己の, つて自己を, つて與へ, つて認識する, つて説明を, つて調和よく, つて量られる, つて開かれた, つて除く, つて難なく, つて馬車を, ツて

▼ 力一ぱい~ (81, 0.2%)

3 に引い

2 [11件] しがみついて, なぐりつけた, に押しつける, の声, 助七, 叩き出しました, 叫びました, 押して, 押し込むと, 握つて, 漕いで

1 [56件] うごいて, お部屋, かーん, が尽された, ぐいぐいと, ごつん, しぼる様, その帽子, たたかって, つねり合, なぐった, なん, に, にしばっ, にプツリ, に仕事, に受けた, に吹いた, に地面, に引っぱった, に強く, に戸, に手綱, に投げつけた, に押し押しし, に殴りつけた, に毛, に突き退けました, に踊る, に雪, に飛びおりました, に鳴らす, のもの, の大声, の響, ひくと, らしくあった, 働くこと, 叫んだ, 喚き上げようと, 打ちました, 抑へにか, 抓って, 投げつけると, 抱きしめて, 抱きすくめて, 押して出よう, 持つて, 握って, 撒いた, 撲りつけた, 泣き出した, 突き立てた刀, 走り出した, 蹴っとばして, 遣って

▼ 力なき~ (79, 0.2%)

3 身を 2 かを知る, に非, ものは, 壁の, 手に, 欝金の, 空想に, 者を

1 [60件] あたりへ, うめきの, お顔色, が故に, ことなり, しかも感受性, ためただちに, ときおんみその, にあらず, は其身, までに悩まし, もその, もの, ものだったでしょう, ものでなかったであろう, ものと, ものを, もわが, をなげい, を嘆い, を愍, を知っ, 一切の, 両足を, 体を, 個人主義精力を, 先生あはれなり, 力, 呼声は, 婦人に, 対象, 小芳, 幼児または, 形式的法則性故に, 形骸に, 御手, 忠実な, 愛です, 我らにも, 日は, 月光の, 枝椏を, 毬の, 活字ひろひ, 片手を, 理想は, 眼に, 神の, 程衰え, 老衰人に, 者が, 者で, 者は, 花見, 薄弱なる, 身体の, 返辞を, 限り国防の, 顔, 骨なし

▼ 力さえ~ (75, 0.2%)

12 あれば 10 なかった 6 なくなって 3 ない 2 あった, ないの, ないん, 失ったの

1 [36件] あったなら私, あったらこの, あつたら, ありましたら楯無し, ありゃしない, ある, ついたら熱, ないでありましょう, ない男, なくおびえ切っ, なくがばと, なく強いて, なく柳, なんだかおそい, ぬけて, まだ無かっ, もたないで, ももうほとんど, ややもすれば眠り, 充分であれ, 出ないの, 十分でなかった, 失って, 失わなかったらちっと, 失わなければ, 尽き果てて, 振るった, 残って, 涸れ尽きて, 無い人, 無かった, 無くなったらしい大昔, 盛んに, 籠めれ, 蠅男の, 見せて

▼ 力なげ~ (74, 0.2%)

4 に身 3 に出 2 な様子, にじたばた, に手, に蒲団, に載せ, 首悄然と

1 [55件] な咳, な咳さ, な姿, な手つき, にうずくまっ, にお, にがっくり, にけれど, にこぼれた, にすっと, にすら, になった, になよなよ, にほとんど, にカアマイクル氏, に一服, に下り, に云った, に俛, に再び, に前, に卓上, に口, に団扇, に垂れ, に外, に外出, に寝室, に彳, に戸, に拾, に松, に梶棒, に槍, に歩ん, に洋袴, に疊, に痩せた, に目, に立ち上がり, に立上がっ, に笑っ, に答えました, に糸, に膝, に薄らい, に表, に見ゆる, に言いだした, に訊いた, に詫, に起ち上った, に附, に首, の霜葉

▼ 力をも~ (73, 0.2%)

2 もって, 失った, 忘れた木念人, 持って

1 [65件] あながち信用, あわせて, いたさぬこと, かりて, こめて, たしかめて, たべ, はっきりと, はっきり見, もたぬ, 与える, 今少し, 借りは, 備へたり, 働かせる余地, 入れずし, 合わせ集めるつもり, 否定しなかった, 吸収する, 増すに, 増加せし, 多分に, 失つて行つた, 完全に, 客観的に, 得たらんやう, 想って, 感じ得ない自分, 感ずる力, 感激の, 感銘させられた, 持たないの, 持たない処, 持たなかつた, 持ちませんでした, 持つて, 持つもの, 数へ, 有して, 有しないの, 有するはず, 有する筈, 有せぬ, 有た, 殺いた, 消耗する, 減殺させ, 無駄に, 犠牲に, 用意し, 知って, 知らざるによ, 示した, 示すこと, 自覚し, 萎えさせおる, 蔵し, 見て, 計らずして, 計らずに, 認めた, 費さずに, 軍人の, 骨身に, 鮮やかに

▼ 力ない~ (72, 0.2%)

8 声で 3 足どりで 2 ものは, 咳の, 声を, 手を, 雀で

1 [51件] こゑで, とぎれとぎれの, ひき方を, まなざしで, もので, ものと, トリビアルな, 事を, 人間の, 体を, 咳に, 唇苦し, 嘆息が, 声が, 声であった, 安堵に, 御手, 微笑を, 心臓の, 手で, 手に, 手付きで, 指を, 歯が, 無権利, 男を, 疲れ切った農民, 病人の, 皺の, 目で, 目に, 空な, 笑いを, 笑い方を, 笑声で, 縋るやう, 者だ, 聲で, 胃腸, 胸に, 腕を, 自己弁護を, 葉先を, 虚ろな, 視線に, 視線を, 赤ん坊の, 足を, 身體は, 顔, 鬱積を

▼ 力から~ (65, 0.2%)

3 いって 2 いえば, 分たれる, 来たもの

1 [56件] きて, ことの, すべてを, すれば, そそのかされた一件, それ等の, のがれようと, まぬがれ得たという, ようよう自由, 一般の, 云って, 云っても, 來た, 免れること, 励まされまた, 十分に, 叱りつけられ嘲笑, 引き去られるゆえ, 強制された, 彼女の, 来たの, 来る落ち着き, 構成される, 武勇が, 湧き出て, 溢れる鮮新味, 演繹される, 演繹され得なけれ, 無理強いされた, 生じつつ, 生じるロマンティシズム, 生ずるもの, 生れでた物語, 発した一つ, 発した自然, 発する精気, 神話の, 純粋の, 結果する, 考えられねば, 考へられねば, 聞いて, 脱け, 脱し殊に, 脱出する, 膏血までを, 自然に, 自然の, 見れば, 説明しよう, 踏みにじられるよう, 身を, 迸り出る力, 遠ざかって, 鳴りひびくもの, 鷲づかみ

▼ 力あり~ (64, 0.2%)

32 しかと引い, やという, 現に今

1 [55件] かつて四十, かつ空間上, げに, この風その後, てあるいは, てこの, てこれ, てふ, てやわか, て倉子, て外部, て始め, て彼, て縱令世の中, て譬へば, というの故, とおも, とし, とした, とす, とする, とすれ, とも尋常, とも是, とも汝, とも言えるであろう, と信じ始めた, と信ずる, と思いき, と思います, と欺き, と見え, と言う, と謂わね, やいかん, や否や, ポヤン毎に, 一に, 一種淨潔な, 人を, 伯は, 何と慰み, 光明ある, 内外相応じ, 君は, 外に, 如何にも楊雄, 妙に, 是れ, 死に, 殊に沙翁, 生命あり, 蕃書調所教授森山は, 金力ある, 鹿児島私学校党の

▼ 力との~ (61, 0.2%)

3 間の 2 密接な, 間に

1 [54件] かけっこの, 一模範である, 上に, 不思議な, 不釣合, 世界は, 併用が, 化物みたいな, 対照は, 対立では, 対立を, 微妙な生きた, 恐ろしい揉み合い, 所有者だろう, 持主で, 接触が, 放散を, 最も壮観, 波が, 点において, 無言の, 焦点であろう, 発達した, 直接的関係の, 相互的関係に, 相互関係が, 相違が, 相違だ, 確信が, 社会的対立に, 範囲より, 精神, 経緯から, 結びつきを, 結合こそ, 結合によりて, 苦しいかね合い, 言葉を, 調和が, 調和それらは, 象徴である, 遊離教育の, 釣り合いによって, 釣合い, 釣合が, 釣合で, 間には, 関係である, 関係など, 関係より, 闘いなし, 關係に, 高度な, 點において

▼ 力いつ~ (58, 0.2%)

13 ぱいに 8 ぱいの 2 ぱい娘さんの

1 [35件] ぱい, ぱいせつせ, ぱいその腕を, ぱいたゝかひますみんなみんなあなたの, ぱいで, ぱいで寝返りを, ぱいで鶴石の, ぱいに骨を, ぱいはげしく胸を, ぱいひいてゐた, ぱいゆすぶつた, ぱいペダルを, ぱいリンタクの, ぱい両方の, ぱい仕事に, ぱい動かす, ぱい叩いた, ぱい叫ん, ぱい喝采を, ぱい夫の, ぱい引きしぼる, ぱい彼の, ぱい戰つてゐる, ぱい扉を, ぱい投げつけた, ぱい抱きしめる, ぱい放り投げた, ぱい書く, ぱい本気で, ぱい煙草を, ぱい生き, ぱい畳へ, ぱい踏んばれ, ぱい道の, ぱい雌を

▼ 力による~ (57, 0.2%)

5 のである 4 ので, もので, ものである 3 ことが 2 ところが, ところも, ものと

1 [31件] こと, ことだ, のか, のだ, のでございます, のです, ほかない, ものかと, ものだ, ものなら, ものにて, ものの, らしい, 事が, 事である, 事近松門左衛門が, 人間社会の, 意志による, 把捉を, 明断や, 権威による, 死の, 段階を, 民主主義が, 民主主義革命の, 独特の, 生活理想の, 生産諸, 研究の, 破壊にさえ, 者の

▼ 力よりも~ (56, 0.2%)

2 はるかに, 低くなけれ, 信仰の, 永久的の, 精神の

1 [46件] お弱い, かえって強き, つよいという, なおより, むしろ探る, もっと大きい, よっぽど恐し, ハヤブサ丸の, 一層民衆, 不定限に, 不定限により, 人間の, 仏の, 写実的態度が, 利家の, 勝って, 却つてこの, 多くの, 大きな力, 大である, 大なる, 女性の, 存外に, 実際の, 寧ろ優美さ, 強いこと, 強かった, 強大なる, 彼の, 恐るべきこの世, 感情の, 技術の, 更に深刻, 格段に, 死なぬ命, 母の, 求心力が, 決定的に, 深く貴, 激しかつ, 神の, 精神力によって, 表現力が, 詩人の, 電氣力よりも, 食物の

▼ 力とが~ (51, 0.1%)

2 ある, 釣り合って

1 [47件] あったなら日本, あり従つて, あれば, おびただしい内, かみあって, ぐつと, これに, そこに, そのまま集まる, ともすれば新しき, とりくむの, なくては, ひとつに, まじりあった旺盛, みなぎって, パリの, 互に咬み合い, 今日の, 入って, 全然無関係, 初版以來三十有二年の, 呼吸を, 命ずるだけの, 均衡を, 増す, 如何に, 密度の, 対立し, 少なくて, 弱まつ, 彼に, 彼の, 必要だろう, 暫く相, 民衆の, 波濤と, 湧く, 現われて, 生じて, 相合し, 神に, 結びあって, 続く限り, 薄弱に, 要求される, 養はれるでありませう, 高氏には

▼ 力だけ~ (48, 0.1%)

28 では

1 [20件] その冷たい, だつたらこんな, だと, であると, です, でできるもの, でと, でなく社会, でもの, でやらなければ, でよい, でようやく, でりっぱ, でフワフワ, で動作, で又, で微か, で正しい, で自分, 貸した

▼ 力無く~ (43, 0.1%)

2 呟いて, 見ひらいた眼

1 [39件] あけて, しかし言葉, しどろもどろの, つぶやきかねない, わななく, 下に, 俯向いた, 其兵おのずから, 又坐りつ, 取り落すの, 呟いてさ, 呟きまた, 呻めいた, 垂下したる, 愈, 故土, 暮して, 止むなく兵力, 歩んで, 猪口を, 生甲斐無く, 相手に, 睡気, 笑った, 笑って, 笑つた, 笑ふさへ, 終夜閉ぢられ, 舂きて, 茫然として, 薬を, 見える, 見戍, 言ひながら立上つて爐の, 起き上り本堂下, 這いまわって, 障子を, 静まって, 首垂れ

▼ 力といふ~ (42, 0.1%)

12 ものは 7 ものが 6 ものを 3 ことを, やうな 2 ものも, 風に 1 ことです, ことに, のを, もので, ものな, ものに, 面から

▼ 力自慢~ (41, 0.1%)

2 にも似あわず, に若者, の力持ち

1 [35件] があっ, が嵩じ, だが, であまり, でしたが, でその, でそのうえ, でもこれ, でも貴様, でわし, で友人, で頼まれた, のまま, のガラッ, のガラツ八, の一人, の五六人, の余, の八五郎, の城三次, の大, の大男, の強がり, の或, の才兵衛, の拳, の者, の者ども, の話, の連中, の釜吉, をこれ, をし, をにがにがしく, を好む

▼ 力であり~ (37, 0.1%)

2 はたらきである, 人間は, 我々の

1 [31件] いわゆる宗教上, その羸弱, それは, とすれ, また心, また美術家, 一つの, 今は, 他の, 勇気と, 又進歩, 山での, 崩壞した, 平和の, 年英門下の, 従って一定, 意志の, 文章の, 方法だった, 日本の, 権利である, 気魄であり, 火であり, 熱であり, 理性の, 生物意志であり, 神意也という, 神話の, 科学の, 移動に, 美しさ

▼ 力~ (37, 0.1%)

5 の發見

1 [32件] および應用力學, が生れた, だつたの, でも, とが共に, と同一結果, などの認識, にあ, には始め滑稽, によつて, によるもの, に堪能, に於ける, の三體問題, の基礎, の威力, の數式, の書, の發見以前, の示す, の立場, の結果, の誕生前, の諸, も發見, も皆眞實, を勉強, を必要, を知らずし, を考へられた, を適用, 第二原則

▼ 力笹野新三郎~ (37, 0.1%)

5 の役宅 2 の屋敷

1 [30件] が乘出, が係り, が出, にか, に喚び付けられた, に報告, に逢つて, の使ひで, の前, の御供, の耳, の言葉, の調べ, はさぞ, はとうに, は丁度, は我が, は手, は時折平次, は自分, は萬事, へそして, もこれ, も來, を動かし, を忌避, を替玉, を訪ねました, を通しての運動, 若くて

▼ 力以上~ (35, 0.1%)

5 のもの 3 のこと, の力 2 に本当

1 [22件] であったと, でありそして, であります, でありむしろ, にかかる, に出すぎる, に功, に原因, に愛し, に所謂國家, の人物, の生産力, の石, の程度, の精神, の絵, の緊張, の者, の読物, の魔力, は出せなかった, もの偉力

▼ 力です~ (34, 0.1%)

32 から, がこの, が二人, ぜ, ね

1 [21件] いわゆる大陸文学, からあいつ, からあやしい, からかないません, からね, から他, から裸おんぶ, がさ, が當代, って, な, ねあれ, ねこんな, よ, ツとつツ立つた, 或る, 武力です, 火は, 私は, 美です, 魔法の

▼ 力としての~ (34, 0.1%)

2 女の

1 [32件] プロレタリア階級の, マルクス主義的常識の, 勉学の, 原理を, 大衆を, 婦人の, 存在という, 存在の, 形式的直観によって, 形式的直観は, 思意的な, 性能を, 情熱が, 愛のね, 抽象力と, 指導方向を, 教養を, 文化, 文学への, 河岸沿いの, 点から, 現実的内容を, 矜りでなけれ, 科学の, 自主性自身を, 自然の, 自然を, 自立性を, 詩の, 論理と, 農民を, 鋭き現実的

▼ 力に対して~ (33, 0.1%)

1 [33件] この時感謝, これを, また狂暴, まだ自身弁解, わたしたちの, 一人の, 与えられたもの, 両方共手落なく, 中間的または, 互に戦う, 人の, 人間の, 人間は, 余り悲惨, 働きかけた人間, 働く人間, 先天的に, 受けるもの, 土を, 大した尊敬, 感歎し, 或る, 戦って, 支払った金額, 支払われるの, 敬虔な, 決して具体的, 特に捧げられなけれ, 畏服しない, 絶対に, 自分たちの, 自分を, 防禦的効果が

▼ 力とも~ (32, 0.1%)

2 いふべきもの, なく何時の間にか, なって, 名づくべき, 慰めとも

1 [22件] いうべきもの, いえた, なった, なったという, なり偉い, なり塩, なり得なかった, なり闘争力, なるであろう, なろう, なろうに, に慥, ろともに, 云うべきもの, 信じ歓び, 壮烈に, 思われるもの, 恐らく大切, 燈火ともし, 相談相手とも, 言えるよう, 頼む思い

▼ 力無い~ (32, 0.1%)

3 咳を, 声で 2 鳥の

1 [24件] たよりない, ものである, ものと, 健かさとも, 光にかへ, 冷淡さで, 危っかしい, 声の, 声を, 影の, 欠伸が, 欠呻が, 歪んだ微笑, 眠りに, 眼で, 眼を, 瞳で, 聲で, 苛立ちを, 薄ら笑いを, 表情で, 表情を, 調子で, 返辞を

▼ 力寿~ (31, 0.1%)

1 [31件] が京, が全盛時代, が非常, という名, という美しい, として置く, にもそれ, に捐, に溺, に迷溺, に首ったけ, のかわゆ, の懐中, の方, の父, はこれ, はわずらい出した, は京都, は京都円山, は再び, は樹, は死ん, も身, を其後, を愛し, を手, を捐, を捐つる, を比した, を葬っ, を遠ざける

▼ 力とか~ (30, 0.1%)

1 [30件] いったよう, いまは, いろいろな, さう, では, でまた, 二十人力とか, 云いました, 云う方面, 人間精神一般の, 働きとか, 地位の, 太陽光線の, 奇妙な, 希望に, 幽霊とか, 意識の, 水路の, 牛馬を, 社交性とか, 精神とかいうだけの, 結合力によって, 腕力の, 自分が, 自分の, 自称し, 認識と, 身体相応の, 軍人の, 霊魂とか

▼ 力に対する~ (30, 0.1%)

1 [30件] かすかな, 人文の, 依頼は, 信頼が, 信頼の, 厭世の, 反抗である, 可なりの, 地面の, 女性たちの, 妨げとして, 希望と, 心よりの, 憤激と, 憤激といった, 搾取とが, 検討は, 武力の, 深い自信, 満足と, 潜める全身的, 現実の, 理会なく, 疑いであった, 積極的妨げの, 統制が, 翹望と, 興味とを, 観念も, 過信から

▼ 力しか~ (29, 0.1%)

2 ないと, ないの, もって, 持たない日本語

1 [21件] かからないが, ございません, ないが, ない一般, ない場合, なかった, なかつたといふ, なくて, 作り出し得なかったところ, 奪われなくなった, 持たない, 持たないから, 持たぬもの, 持ち得ないこと, 有た, 有って, 有つて, 無いので, 無い他愛, 無くなる頃, 要らなかったの

▼ 力一杯~ (29, 0.1%)

2 にそれ

1 [27件] だけを表現, だった顔, です, で襲, なの, にのしかかっ, にぶつかっ, に使い切っ, に働い, に叩き, に手裏剣, に投げた, に投げ入れ, に投げ出された, に振舞い得た, に握りしめる, に摺, に木陰, に気, に西日, に警官, に食べつ, の怒号, の歌, の精華, の蛙, 吹いたつて鳴り

▼ 力こそ~ (28, 0.1%)

1 [28件] ござりませぬ, まさに本質的, また世界, カフカの, ファシズムの, 万事を, 人種を, 今日彼に, 何よりも, 俺自身だ, 偉大な, 取り給いし, 奇跡を, 実に不思議, 強く要求, 彼に, 恐ろしくよう, 悲劇において, 技術的な, 文化の, 文学に, 日本料理の, 智慧であり, 浦上復興の, 異なれ不変, 神である, 科学的研究に, 軍隊を

▼ 力そのもの~ (28, 0.1%)

2 である, であるため

1 [24件] がとり, がまだ, が平衡, が自然, が運動神経, だと, だの真実そのもの, といふこと, にさえも慈悲, につけられた, によってまた, に存, に由来, のよう, の必然性, の機械的, はあるだろう, はにわかに, は実際, は實際, は直, は非常, よりも一層, を言う

▼ 力とに~ (28, 0.1%)

3 依って 2 あらはれて, 燃え上

1 [21件] あこがれよう, たよって, なること, 依り趣味, 充ちながら, 充ち満ちて, 全く等しい, 基づくこと, 変わりゆく林, 変化し, 守られて, 帰して, 待つの, 感心し, 極めて密接, 歸し, 満ちた問答, 無關係, 磨り減らされて, 秀でた人物, 養はれた

▼ 力~ (27, 0.1%)

2 が慾, を味, を食べ

1 [21件] がさ, です, という, ということ, というの, というもの, といふもの, とを饗, などを売っ, のこと, の力, の説明, を, をもじゃもじゃ, を乾餅, を二百文, を売りました, を買っ, を賣, を食っ, 売る薄

▼ 力づくで~ (26, 0.1%)

2 は叶

1 [24件] その茶入, はこの, はとても, は何, は滅多, は逞, は開き, も叶, も引張つ, も智慧づくで, も金, も開かず, 乱暴を, 人の, 兄き, 土藏につれ, 奪ひ取れ, 引っ張り込まなけれ, 接吻する, 接吻でも, 無理に, 玩具に, 自由に, 追ひ立てた

▼ 力弱く~ (26, 0.1%)

4 して 2 美に, 苦笑した

1 [18件] さして, させて, されたか, それを, たれ曲がる, なった, もがいて, 感じるの, 憐れな, 握って, 握手した, 数の, 書けないの, 照らして, 笑った, 缺點多く, 見えた, 触れ合って

▼ 力づよく~ (25, 0.1%)

2 云った

1 [23件] うたいはじめるの, こういった, 仰っしゃった, 彩られて, 思はれたの, 思われも, 感じどれ, 感じました, 押しあいながら, 振り放すと, 描いて, 描き出された混乱, 描き出されて, 描き出して, 昏れかかる光, 映ったこと, 漲って, 表わし得たの, 見きわめられなかった, 言うの, 語って, 追いやった, 運んで

▼ 力により~ (25, 0.1%)

2 二三日は, 答を

1 [21件] いつとは, てこの, 一切の, 下劣浅薄な, 二ツの, 人を, 働くも, 劈き山形, 或は客觀的世界, 或は欺罔, 新しい戦略, 物心両様の, 生産し得る, 絶対より, 胸は, 自分の, 自己の, 自然に, 諸国家, 速やかに, 開戦以来上下こぞって

▼ 力弱い~ (25, 0.1%)

1 [25件] ことであろう, ことは, せきば, ということ, と思ひこむ, のが, ものが, ものである, ものに, デキウスガッルスエミリアヌスヴァレリアンガリエヌスの, 努力を, 咳も, 咳を, 声で, 声であった, 夫に, 彼らである, 恍惚境が, 月給袋を, 楽園が, 溜息を, 無駄な, 自分ばかりが, 論旨を, 難が

▼ 力その~ (24, 0.1%)

2 繊細な

1 [22件] ような, 一族の, 不可思議な, 両ほう, 光に, 力こそ, 力に, 必要への, 恩恵と, 技術, 柔さ能く, 波道次第に, 活かす貴き, 生命の, 相互関係において, 積極的な押し進め, 素晴らしい海外, 美その, 美を, 衒学的の, 野心または, 開花を

▼ 力であった~ (24, 0.1%)

2 かも知れない, からである, のだ, のである

1 [16件] か, かそう, かという, かもしれない, から, からこそあれ, からその, が久光, とともにこの, と同時に, と称し, と見なけれ, に相違, のに子供, ような, 一人の

▼ 力及ばず~ (23, 0.1%)

2 と見た

1 [21件] さ, そのまま泣き寝入り, ついに主, と知り, と自分自身, と見, と觀念, に了つて, ようよう竹町, 公方は, 到底東部日本, 千メエトルでは, 只にも, 岸本青年は, 本家の, 終に顛倒, 翁と, 老将頼政, 逆徒の, 遂に夫人, 遂に辭表

▼ 力について~ (22, 0.1%)

2 私は

1 [20件] どんな感想, 実験し, 感激し, 或想像, 改めて説く, 新しい理解, 時代おくれ, 深い敬意, 深く考えたい, 相異なれる, 真に有徳, 知り背中, 考えつづけて, 考えて, 考えなければ, 考えました, 考察する, 見ても, 語って, 論ずるに

▼ 力にて~ (22, 0.1%)

1 [22件] いかんとも, かならずご, しあわせに, すでにこの, その家, た, でき得べき限り, はなしがたく, わが望み, わずかに, バッキンガム, 全癒す, 切磋琢磨もっ, 動かすが, 多勢の, 女と, 抑へ, 挽回せむこ, 日本が, 望みどおりに, 理を, 療する

▼ 力ちや~ (21, 0.1%)

3 んお, んお前, んまあ, ん先刻, ん大, ん大分 2 ん大明神樣これ 1 ん大明神様これ

▼ 力への~ (20, 0.1%)

2 奉仕或いは

1 [18件] 信頼を, 反撥, 否定のて, 憧憬を, 抗議が, 持つべき根本, 期待は, 自信で, 自信であった, 自覚も, 融合の, 讚美生産労働に対する, 身売り道中に, 転換としての, 過信が, 関心の, 降伏であった, 隷屬から

▼ 力より~ (20, 0.1%)

1 [20件] その要する, ないもの, はるかに, もっと強い, 他には, 出づる呼吸, 前書に, 劣れる, 外ない, 外に, 多い力, 天に, 数等上であれ, 有たない, 獅子王遂に, 発しそして, 紛々として, 脱る, 見て, 遥か大きな

▼ 力~ (20, 0.1%)

1 [20件] が押し, として今や, として農民, などに左右前後, にあ, に代る代る, に對, のごとき, の棟梁, の狐直, の著書, の見世もの, は一斉, は大, もみなただ, や剣客, をひきつれ, を忍ばせ, を試す, 大女力者

▼ 力限り~ (20, 0.1%)

1 [20件] にぎり緊め, に争っ, に二十分間, に叫ぶ, に抱きしめた, に泣き叫びました, に漕がれ, の争い, の大声, の愛撫, の生活, 働くつもり, 働くであろう, 動かして, 引き上げた, 打ち, 抛り上げた, 抱きつき昂奮, 書き得たと, 漕いだ

▼ 力のみ~ (19, 0.1%)

6 では 2 である

1 [11件] あって, だ, だったの, であの, であるゆえ, でなく久しい, で人間, で勝手, なぎつて來, なの, 男の

▼ 力一パイ~ (19, 0.1%)

1 [19件] お打ち, こすりまわした, なぐり付けましたので, に仔犬, の声, ゆすぶって, バリバリと, 叩きつける真似, 叫んだ, 喰いつきました, 引っぱって, 打ちました, 投げつけて, 押して, 睨み付けて, 突き上げたので, 突飛ばすと, 見開きながら, 踏み締めて

▼ 力それ~ (18, 0.0%)

1 [18件] から智力, があれ, がこれから, が無, こそは神様, によって天才, に仕える, に対して与之助, は何, は原子, は実に, は性慾, もやはり, をもう, を伸子, を動かす, を彼, を瞬間

▼ 力なし~ (18, 0.0%)

2 には人間

1 [16件] この女王蛇口, さもなき, では, というべからず, とその, とて退い, とはい, と見くびった, など思い, にはこの, には封建制度, には得られない, に大きい, の大仏, の弱虫, また身多忙

▼ 力において~ (18, 0.0%)

2 自然の

1 [16件] である, 与えられて, 世界の, 優れて, 兵糧や, 劣ったイワノウィッチ, 勝った刑事, 増大し続け得るであろう, 姿において, 延若に, 故に劣, 無尽蔵であり, 百貨店を, 見出されると, 誇りに, 量において

▼ 力ばかり~ (18, 0.0%)

7 では

1 [11件] あったって, ある強い, だ, であつ, でなく老人, でやるよりは, で確實, で自分, 多く働ら, 認めて, 頼りには

▼ 力など~ (17, 0.0%)

1 [17件] いう色々, であった, でありましょうや, でしょう, もうどこ, 借りぬ, 全くなかっ, 到底わし, 塵芥だ, 容易でない, 彼の, 持って, 日本少年は, 最初から, 望まで, 眼中にも, 言ういろいろ

▼ 力~ (17, 0.0%)

6 さそうに

1 [11件] けれど, ささ, さそうな, さは, さを, や男松, シ, シ他, 之後れ, 始の, 腕力と

▼ 力あった~ (16, 0.0%)

3 ことは 2 ものと, ものは, 事と 1 が後世一身, ことであろう, ことを, ものであります, ものであろう, ものらしい, 事は

▼ 力~ (16, 0.0%)

1 [16件] ぎりこぎすすんだ, この市民的権利, である, でなければその, またはしんみり, 世に, 何か, 圧力か, 深き柔和, 磁気の, 純粋の, 自分に, 花を, 身動きさえ, 遠ざかる力, 非耶

▼ 力じゃ~ (16, 0.0%)

2 手に

1 [14件] ありません, ありませんね, どうする, どうにも力, ない, ないか, ないじゃ, ない芸, はずせまい, わからぬ, ア足りねえ, 到底やり切れん, 押し落されるぜ, 敵を

▼ 力だけで~ (16, 0.0%)

1 [16件] この地上, この機運, やれると, 主人の, 亭主を, 仕合せを, 何事も, 出来るもの, 印刷物が, 悠揚と, 感心し, 病苦と, 芝居は, 芸術が, 解決する, 開けて

▼ 力~ (16, 0.0%)

1 [16件] 与エ給エリ, 以テシタリ, 以テ彼ヲ, 以テ本邦, 以テ露國ノ, 借ル外, 喪失セル露國ニ非, 有スルヲ以テナリ, 極メテ古代, 無用之, 現ワス事ガデキナイデ, 竭尽スルニ非, 結合セヨ, 缺ケルガタメナリ, 致スノ厚キ其, 見ズ

▼ 力競べ~ (16, 0.0%)

2 をし

1 [14件] があった, だけでなく, になった, にのみ興味, には手頃, に耽っ, の方, は自然, をやれない, をやろう, を何回, を為し居る, を試, を面白

▼ 力だった~ (15, 0.0%)

2 と思う, のです

1 [11件] か, からこれ, から新田先生, が説明, と見え, なあ, にちがい, のか, のだろう, ものです, わ

▼ 力であっ~ (15, 0.0%)

3 てその

1 [12件] てあなたがた, てすべて世, てそれ, てまことに, てもう, ても美, て人, て各自, て御蔭, て恐ろしく, て感情, て死

▼ 力でなけれ~ (15, 0.0%)

5 ばならない 2 ばなりません 1 ばどう, ばならぬ, ばやりぬけない, ば出来ぬ, ば動す事, ば時勢, ば買えなかった, ば通れぬ

▼ 力なる~ (15, 0.0%)

4 ものを 2 ものが, ものは 1 が故に, こと明かなり, に於, ものも, もの全く, 国王に, 神なり

▼ 力以外~ (15, 0.0%)

3 にはない 2 の何物, の力 1 にない, にはただ, にはなにもの, によっては彼ら, に廣, に規定, の或, の文化面

▼ 力及び~ (15, 0.0%)

1 [15件] ませねど, 位地は, 偉大は, 其實行能力自治力他, 力の, 地球に, 工業力を, 感覚の, 感覺の, 結婚まで, 繁栄に関する, 考慮の, 行き過ぎた愛国的犠牲, 難く, 難く無念

▼ 力~ (15, 0.0%)

2 を入れ, 返つて

1 [11件] でいる, で見せた, で見た, を付け, を帯び, んで居る, んで見せる, 出したよう, 力みましけ, 返った, 返って

▼ 力すなわち~ (14, 0.0%)

1 [14件] いっそう大きな, このところ, 主権を, 地球の, 大衆に対し, 富を, 海の, 物理を, 百姓の, 破壊力の, 福音書を, 誘磁率の, 運命によって, 飽くまで生き抜く

▼ 力としては~ (14, 0.0%)

1 [14件] いけない, おそらくは文学, はなはだ強い, もはや如何, 人に, 勘定する, 存在し, 強く反響, 意味の, 書かれて, 現われて, 甚だ強い, 科学上の, 肥えたもの

▼ 力よく~ (14, 0.0%)

1 [14件] その行為, わが髪, 之を, 人心民情を, 今日の, 全国を, 兵を, 冥界を, 富を, 法律の, 甲點を, 発達すれ, 聖に, 肉体の

▼ 力無き~ (14, 0.0%)

1 [14件] が夢, ことを, ばつたの, ものである, ものの終に, 事とは, 夫との, 時も, 眼を, 者の, 膝立直し, 蒲団かな, 身を, 返事せる

▼ 力~ (14, 0.0%)

4 きて 31 きた時, き自, き若く, くるに, くる時, くれば, してかの

▼ 力関係~ (14, 0.0%)

2 乃至運動関係

1 [12件] が同時に, だ, って云っ, なんて資本主義, にも夢想, の中, の内, は併, をすべて計算ずみ, を云い表わし, を考えない, を見て取る

▼ 力などは~ (13, 0.0%)

2 何の, 本当の 1 ない人, もちろん持たなかった, フランソアーズには, 今では, 存外効, 少しも, 持って, 殊に今日, 物事を

▼ 力なら~ (13, 0.0%)

1 [13件] それくらゐ, たいがいの, たいていの, ばそんな, ばどんな, ば一破り, ば与えられる, ば助ける, ば決して, ば油桶ソワカ, んには, 智恵よりは, 私の

▼ 力委せ~ (13, 0.0%)

2 に二三度, に引, に捻る 1 にグッ, に戸, に打っ叩いた, に櫂, に縛った, に蹴飛ばし, に針金

▼ 力~ (13, 0.0%)

1 [13件] に反逆, に大して, に歸依, のユウカリスト, の信仰, の地獄, の坊さんなんど, の成立, の教義, の歌, の民, の洗礼, 信ずる養父母

▼ 力~ (13, 0.0%)

3 の振動 1 がある, である, とか磁場, とその, に沿う, に直角, のこと, の性質, の数, の照明

▼ 力たる~ (12, 0.0%)

2 清浦曾禰の 1 ことによって, を実証, 人口の, 光明に, 労働者階級の, 日本は, 父を, 独立した, 野心と, 階級の

▼ 力でなく~ (12, 0.0%)

2 てはならぬ 1 そうさせられ, てはとく, ては恢復, ても, て偶然, とうてい習得, 一つの, 何らかの力, 宇宙の, 無論そこ

▼ 力なり~ (12, 0.0%)

2 ためらはず 1 いかでか, ければ, 企画的成功, 光なり, 否感情, 味覚なりは, 彼を, 方法なりで, 金銭の, 電気なり

▼ 力にな~ (12, 0.0%)

2 つて呉れる 1 つてやら, つて上げ, つて上げにや, つて上げようでは, つて今でも, つて呉れ, つて呉れし, つて欲いわ, つて自分を, つて貰ふ

▼ 力即ち~ (12, 0.0%)

2 国民の 1 人自然に, 体力心力を, 婦人と, 政党の, 政府の, 暴力を, 神と, 視力, 金銭を, 首から

▼ 力~ (12, 0.0%)

3 へをした 1 ふべく念, ふ勇士, へ, へで台湾総督府, へで瞬時, へる者, へをし, へ時に, へ給

▼ 力~ (11, 0.0%)

1 [11件] ッぱい, ッぱいあとへ, ッぱいに, ッぱいグンと, ッぱいピピピピピッ, ッぱいブーンと, ッぱい刺し入れ, ッぱい呼ん, ッぱい抱き止め, ッぱい木津川を, ッぱい蛾次郎の

▼ 力だけは~ (11, 0.0%)

2 二人前も, 人の 1 別にチャン, 大そう, 持つて, 確保したい, 絶対に, 缺い, 驚く程

▼ 力とで~ (11, 0.0%)

1 [11件] すべての, 一歩ずつ, 人間は, 以て, 日本を, 歴史と, 猫婆が, 見る見る血潮, 釣合よく, 雲霧を, 領解せられる

▼ 力~ (11, 0.0%)

2 したが, して 1 した, しようとは, すること, する事, する事困難, の至難, を加える

▼ 力だけが~ (10, 0.0%)

2 物を 1 こんなもん, それだけが, のさばって, 我々にとって, 横行し, 渦を, 真に自分, 自分の

▼ 力なんか~ (10, 0.0%)

1 ありませんから, あるわけ, あツ, であの, ないよ, 不必要, 今度の, 出せない, 問題に, 少しでも

▼ 力~ (10, 0.0%)

1 あがった, である自ら賞罰, 向って, 向つて, 呼びかけて, 妥協せざる, 己を, 帰りたいもと, 常に拍車, 追随し

▼ 力一つ~ (10, 0.0%)

1 じゃと左大臣どの, で世間, で何, で助けた, で時間, で東支那海, で私, の實, は硝子, を生活

▼ 力乃至~ (10, 0.0%)

1 は描写力, は表現, は魅力, エネルギーや, 才能である, 物量の, 生の, 生産関係, 生産関係という, 連想能力とを

▼ 力攻め~ (10, 0.0%)

1 して, では何千人, で急, にいたしましたら, になし, の無理, は愚, は決して, をやめ, を捨て

▼ 力~ (10, 0.0%)

1 だと, という奴, と孕石, に挟まれた, の効能, の根もと, へ体, ほんとにそれ, をそのまま, を引き抜いた

▼ 力筆頭笹野新三郎~ (10, 0.0%)

1 から特別, が出, が微笑, の八丁堀役宅, の組屋敷, は公用, は平次, も斯, を呼び付け, を訪ねました

▼ 力~ (10, 0.0%)

1 くかの, くこの, く之, く五百斤, く全, く勝, く四, く巨井, く我, く鼎

▼ 力がは~ (9, 0.0%)

3 いつて 2 ひつて 1 いつた, いつたと, いつとるじ, ひるの

▼ 力くらべ~ (9, 0.0%)

3 をしよう 1 などする, にはならず, はできまい, をし, をした, をやつ

▼ 力こめ~ (9, 0.0%)

2 て地べた 1 てたのん, て強がり, て握っ, て石, て答えた, て賛意, よ跳ぶごとく描けよ

▼ 力これ~ (9, 0.0%)

1 なく候いしか, はいま岸田さん, はマア仕方, は上, は対支外交史上, は極めて, をと, を助長, を自分

▼ 力~ (9, 0.0%)

2 へあれ 1 へ, へない, へなく, へもなかつた, へ与へられ, へ伴つて相交感, へ無い

▼ 力~ (9, 0.0%)

1 てあの, てもらいたい, てウラン, て彼等, て忽ち, て芸術的記録, て遅くとも, 妥協する, 蘭軒を

▼ 力でない~ (9, 0.0%)

1 ある不可思議, とできない, と取扱えぬ, と思はれ, と手, のである, やうな, ような, 限り

▼ 力といった~ (9, 0.0%)

6 ような 1 ものが, ものを, 有様で

▼ 力にたいする~ (9, 0.0%)

2 ひそかな, 私の 1 ある種, レジスタンスが, 不平と, 信仰が, 尊敬や

▼ 力のみが~ (9, 0.0%)

21 やがて祖国日本, 主として生活, 名目上の, 必然的であった, 感官の, 果たしてよく人間生活, 真の

▼ 力~ (9, 0.0%)

2 俺の 1 ライン河の, 力よ, 力よと, 来れと, 汝は, 私を, 荒魂

▼ 力~ (9, 0.0%)

2 を突 1 が出る, が発する, である, と称する, を出し, を揚げ, を発し

▼ 力~ (9, 0.0%)

3 にし 1 ならむ, なりといえ, なるを, なれば, 拡充という, 磐を

▼ 力弱き~ (9, 0.0%)

2 ときは 1 ものである, ものと, ものは, 半成牡, 妾は, 腕を, 農民百姓達を

▼ 力教徒~ (9, 0.0%)

1 が荘厳, だった者, だつた者, でも火酒, なること, に売り, の人気, の寺, はこれ

▼ 力ありし~ (8, 0.0%)

2 事を 1 ことは, にあらざらん, はその, は某地, 人々は, 隣の

▼ 力およばず~ (8, 0.0%)

1 うつくしいば, この失態, とうとうたる, と思った, どころで, むずかしい事態, 両者は, 胎に

▼ 力~ (8, 0.0%)

1 やありません, やどう, やどんな, やない, やなく, や何事, や取れぬ, や外れ

▼ 力づい~ (8, 0.0%)

2 て来た 1 てからは今日立派, て何, て寒い, て息, て来る, て行っ

▼ 力づく~ (8, 0.0%)

1 ぢや, であなた, で退かせる, といつた, にて金子, に違い, の争いが, の人生は

▼ 力とでも~ (8, 0.0%)

2 言ひ直したら 1 いうべきもの, いったよう, 云うよう, 呼ぼうか, 言おうか, 言ったもの

▼ 力なんて~ (8, 0.0%)

2 ものは 1 いうもの, いっても, ちっともない, もういや, 小さいです, 弱いもの

▼ 力においても~ (8, 0.0%)

1 めざましい進歩, 優れて, 各人に, 品行においても, 増大し, 欠けて, 精神的の, 非常に

▼ 力のみに~ (8, 0.0%)

2 依て 1 たよらず広い, よったわけ, 依頼し, 依頼すべから, 依頼すべからず, 信頼し

▼ 力~ (8, 0.0%)

1 に任ずる奴隷, に堪る, に服し, に服し得る, の小, はやすし, を苦, 又ハ智能

▼ 力~ (8, 0.0%)

1 だし, と分れ, と御覧, なん, に対する興味, の稽古, はそれ自身, は自慢

▼ 力技能~ (8, 0.0%)

1 が対応, とがまだ, とが観念的, とのこうした, とを実地, と技術そのもの, の一つ, を客観的

▼ 力かぎり~ (7, 0.0%)

1 あなたを, その人, に旗, に櫓, 伸びた, 抱きしめながら, 走りました

▼ 力さん~ (7, 0.0%)

1 が, が云った, が小, が答え, ですか, と話した, もやめた

▼ 力なささう~ (7, 0.0%)

2 の塗り下駄 1 につ, にソーダ水, に疲れたらしく, に頽然, の風情

▼ 力ほど~ (7, 0.0%)

2 幻, 恐ろしいもの 1 医師の, 強いもの, 恐ろしき者

▼ 力まで~ (7, 0.0%)

1 侵入した, 出して, 喪失した, 役立てようと, 持って, 搾って, 衰えて

▼ 力~ (7, 0.0%)

1 及バザルコト屡々, 強キコト, 消費ガ非常ニ違ウノデアル, 消費モ大, 組織的結合タル陸海軍ヲ, 解決ヲ, 躍進的準備ヲ

▼ 力同心~ (7, 0.0%)

1 に任せ, に命じ, の出役, は余, は慄, を勤役中, を貰つたの

▼ 力~ (7, 0.0%)

2 さが 1 さと, さとして, さとで, さは, さ素朴な

▼ 力~ (7, 0.0%)

1 が舞, なる故に, によって解放, の力, の法, の知惠, をシテ

▼ 力~ (7, 0.0%)

4 の輪 1 であつ, に一つ, に縋っ

▼ 力あつ~ (6, 0.0%)

2 たこと 1 た, たから, たと, てはじめて

▼ 力あれ~ (6, 0.0%)

1 ども国民, ども國民, ばなり, ば催春薬, ほどすばらしかっ, 寿かれ

▼ 力こそは~ (6, 0.0%)

1 善であり, 大陸の, 実に今日彼等, 我が唯一, 日本精神の, 美である

▼ 力さえも~ (6, 0.0%)

2 失って 1 なかった, 彼が, 持たない, 持って

▼ 力だけの~ (6, 0.0%)

1 ことしきゃ出来ない, ことで, 事徳だけの, 人間が, 時期だった, 範囲で

▼ 力ちやん~ (6, 0.0%)

3 と違つて私 2 は何 1 はどう

▼ 力づいた~ (6, 0.0%)

1 のであろう, ものの如く, やうだ, 宰八は, 気が, 調子で

▼ 力とを以て~ (6, 0.0%)

2 昂然と, 自己の 1 しても, 勤労大衆を

▼ 力と共に~ (6, 0.0%)

1 作品にかの, 兩得し, 動き共に, 噴き出した途端, 思はずほとばしる彼等, 暗さ

▼ 力においては~ (6, 0.0%)

1 つかまれずに, やはりとかく憫然, 常に普通社会人, 殆ど常に, 自信の, 自負し

▼ 力にとって~ (6, 0.0%)

1 このあたり, 一応自由, 下宿の, 却ってその, 日本の, 興味を

▼ 力にのみ~ (6, 0.0%)

1 よる, 依頼すべからず, 便って, 委ねようと, 訴へ, 頼る大洋航海

▼ 力に対しては~ (6, 0.0%)

1 どうする, みじめであった, 十五クヲタアが, 大なる畏れ, 敬意を, 自分も

▼ 力ぬけ~ (6, 0.0%)

3 がした 1 くすぐったいよう, の気味, を感じた

▼ 力をば~ (6, 0.0%)

1 全宇宙, 彼等に, 持つて, 有せなかつたもの, 殆ど全く持つ, 留めて

▼ 力~ (6, 0.0%)

1 が満身, に尊厳, のやり方, の好み, の性格解剖, の怨恨

▼ 力最も~ (6, 0.0%)

2 多きに 1 多きにを, 強きもの, 強く弱小, 逞ましき

▼ 力次第~ (6, 0.0%)

1 だから, である強い, でいろいろ, で右, で孔明, で生命

▼ 力比べ~ (6, 0.0%)

2 をやろう 1 で左衞門尉, によって勝利, を説く, 立派に

▼ 力相応~ (6, 0.0%)

1 とみる, にしか理解, に生活, の事, の平穏, の教育

▼ 力自然~ (6, 0.0%)

2 にこれ 1 という, に汝等, に表, の意

▼ 力自身~ (6, 0.0%)

2 のその後 1 から計っ, においては彼此の間, には決して, の技術的

▼ 力~ (6, 0.0%)

1 うべき用意, へ, へたりと, へたりと雖, へたれ, へて

▼ 力足らざる~ (6, 0.0%)

2 目に 1 ことを, ため汝等この, ところから, を患うべきなり

▼ 力足らず~ (6, 0.0%)

4 して 1 乗出した勢, 帰らんと

▼ 力それから~ (5, 0.0%)

1 そういう門番たち, もっとも深き, 之によって, 今度の, 電気の

▼ 力だけを~ (5, 0.0%)

1 信じて, 女の, 恃んで, 表象する, 頼りと

▼ 力でしか~ (5, 0.0%)

1 ございませぬ, ない, 作用しなかった, 働かなかった道徳的抑制, 表現の

▼ 力とかいう~ (5, 0.0%)

1 ことばかりを, ものを, ような, 実体の, 概念によって

▼ 力などを~ (5, 0.0%)

1 ひどく悪辣, もって, 使って, 具備し, 利用し

▼ 力によりて~ (5, 0.0%)

1 すぐに, その余波, 人々に, 妨げられて, 自然に

▼ 力のみを~ (5, 0.0%)

1 たよりとして, もって, 奮い起し急, 発育する, 頼んで

▼ 力ばかりを~ (5, 0.0%)

1 たよりに, 信じられずひたすら, 入れすぎて, 最後まで, 鞭打って

▼ 力また~ (5, 0.0%)

2 多くここに 1 これに, よく知者, 人の

▼ 力もち~ (5, 0.0%)

1 じゃからこんげ, だから, だといふだけに, でございますから, になっ

▼ 力をもって~ (5, 0.0%)

1 出羽を, 強制される, 縷々切々, 耕作し, 話を

▼ 力~ (5, 0.0%)

2 は認め 1 けで, で漸く, は持っ

▼ 力~ (5, 0.0%)

1 のいた, のまる, の四十九日, の手, の挙動

▼ 力並びに~ (5, 0.0%)

2 善意を 1 その文化方面, 文化に対する, 磁気力の

▼ 力余っ~ (5, 0.0%)

1 ておい, て凍てついた, て思わず, て槌, て立っ

▼ 力兄哥~ (5, 0.0%)

1 が来, ちょいと, に誘わせました, のよう, はずーっと

▼ 力~ (5, 0.0%)

1 に当る, の肩衣, は花道, やその他五六名, 平次は

▼ 力~ (5, 0.0%)

1 けがして, けせずたゆみなく, けてる, けて仕, けて地上

▼ 力~ (5, 0.0%)

2 の徳 1 に加, に勝つ, に迫らず

▼ 力深く~ (5, 0.0%)

4 つけ添へて 1 つけ添え

▼ 力~ (5, 0.0%)

2 加わること 1 異なるが, 若くとき, 若くもの

▼ 力~ (5, 0.0%)

1 といふもの, について, に強要, の前, の深刻さ

▼ 力自分~ (5, 0.0%)

1 の意志, の愛, の母, の生活, の美

▼ 力あっ~ (4, 0.0%)

1 てこの, てその, ての外交, て戦争

▼ 力あふれ~ (4, 0.0%)

1 て目玉, て空, 小柄なれ, 此処に

▼ 力あまっ~ (4, 0.0%)

1 て二三歩, て前のめり, て船, て醜く

▼ 力かと~ (4, 0.0%)

1 いうに, 安田は, 申すと, 目を

▼ 力この~ (4, 0.0%)

1 デモニッシュな, 二者が, 力この, 集合

▼ 力すら~ (4, 0.0%)

2 ないの 1 なかった, 沈んで

▼ 力だけしか~ (4, 0.0%)

1 ないから, 出さないで, 持たないもの, 考えない

▼ 力だけに~ (4, 0.0%)

1 たよって, 働く事, 強き牛, 牽かれて

▼ 力だって~ (4, 0.0%)

1 いわば比較的, そうです, 命を, 追っ払って

▼ 力でございます~ (4, 0.0%)

1 から兄弟二人, そうしてこんなに, の, わ

▼ 力とともに~ (4, 0.0%)

1 いて, このよう, またその, 安定し

▼ 力なか~ (4, 0.0%)

2 りけむか, りし

▼ 力なくなり~ (4, 0.0%)

2 朝の 1 あたかも生き, 候事なれ

▼ 力なけれ~ (4, 0.0%)

1 ば人, ば埋もれ, ば涙, ば頓に

▼ 力なげなる~ (4, 0.0%)

1 さまは, ものいい, 年若き, 樣は

▼ 力などが~ (4, 0.0%)

1 全社会, 天分の, 明に, 自分の

▼ 力にさえ~ (4, 0.0%)

1 あなたは, それは, ならなかったか, なるもの

▼ 力にたいして~ (4, 0.0%)

1 戦うこと, 抵抗する, 生存の, 自分の

▼ 力についての~ (4, 0.0%)

2 この先入 1 洞察によって, 自信の

▼ 力によつ~ (4, 0.0%)

1 てきた, てそれ, てよい, て我々

▼ 力に従って~ (4, 0.0%)

1 傾こうと, 撰ばねば, 自分の, 静かに

▼ 力に関する~ (4, 0.0%)

1 もので, 一連の, 観念を, 驚嘆すべき

▼ 力のみで~ (4, 0.0%)

1 そこを, 彼の, 説明しよう, 足らぬと

▼ 力のみの~ (4, 0.0%)

2 所有者 1 ごとくこれ, なし得ること

▼ 力みたい~ (4, 0.0%)

3 なもの 1 に義理堅い

▼ 力をさえ~ (4, 0.0%)

1 失ったよう, 失って, 想起させる, 擁して

▼ 力~ (4, 0.0%)

1 でいる, で居る, デ堅イオ通ジデモナサイマシタカ, デ配下

▼ 力丈夫~ (4, 0.0%)

1 だつた, にした, に感じない, に感ずる

▼ 力~ (4, 0.0%)

1 かせん, か一つ, とその, の運

▼ 力~ (4, 0.0%)

2 に何 1 れなくは, を引き

▼ 力押し~ (4, 0.0%)

1 で通し, のくりかえし, の喜三郎, の外

▼ 力拡充~ (4, 0.0%)

1 とそれ, には最も, のため, の一案

▼ 力~ (4, 0.0%)

2 れのみ 1 れなり, を手

▼ 力生命~ (4, 0.0%)

2 を掴む 1 などと云う, の消され

▼ 力~ (4, 0.0%)

2 に吹き散る 1 なりき, なる事

▼ 力~ (4, 0.0%)

2 きて 1 き憩息信, き腕

▼ 力~ (4, 0.0%)

2 稚敵討 1 せまじきか, の真最中

▼ 力~ (4, 0.0%)

1 に, にはならない, にはならなく, もありません

▼ 力~ (4, 0.0%)

1 にすぐれ, に勝れ, に超え, の膽玉

▼ 力~ (4, 0.0%)

1 だ面相, のある, をもち, 込んで

▼ 力あら~ (3, 0.0%)

2 ば恣 1

▼ 力あらしめ~ (3, 0.0%)

1 ば憲政党, ば憲政黨, んが

▼ 力あるいは~ (3, 0.0%)

1 法則とは, 血縁の, 複雑な

▼ 力あるべき~ (3, 0.0%)

1 はずなく, ものなり, を思い

▼ 力いれ~ (3, 0.0%)

1 ちや駄目ぢや, てね, て地平線

▼ 力いろいろ~ (3, 0.0%)

1 な要素, のこと, 入り組んだ筋

▼ 力ぐらいでは~ (3, 0.0%)

1 もう長, 動きそう, 取れやしないよ

▼ 力じまん~ (3, 0.0%)

1 だ, の井上君, の桂君

▼ 力すらも~ (3, 0.0%)

1 ない, 今は, 衰えかけたとき

▼ 力そういう~ (3, 0.0%)

3 ものが

▼ 力そして~ (3, 0.0%)

1 失意と, 永遠に, 真の

▼ 力そんな~ (3, 0.0%)

1 ことが, ものわたしは, 魔性の

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 えで, えを, や

▼ 力だろう~ (3, 0.0%)

1 か, かといったそう, と思う

▼ 力って~ (3, 0.0%)

1 もんだ, 奴は, 知れたもの

▼ 力づき~ (3, 0.0%)

1 さうし, て, 夕まぐれに

▼ 力づよい手~ (3, 0.0%)

1 が現れ, でわたし, を弛めた

▼ 力であったろう~ (3, 0.0%)

1 か, かと, と思う

▼ 力であろう~ (3, 0.0%)

1 か, と大した, と思う

▼ 力でし~ (3, 0.0%)

1 てあげたい, てみたくなった, ャぎつけられて見なれや

▼ 力でした~ (3, 0.0%)

1 からえいやえ, から私, が私

▼ 力でしょう~ (3, 0.0%)

21 かここ

▼ 力としても~ (3, 0.0%)

1 働いて, 有るか, 甚だ簡便

▼ 力とにおいて~ (3, 0.0%)

1 勝って, 多々ますます進む, 結合し

▼ 力とによって~ (3, 0.0%)

1 であると, ともかくも, 徐々に今日

▼ 力ども~ (3, 0.0%)

1 が皆, はあ, を威かし付け

▼ 力なき声~ (3, 0.0%)

1 でいった, なりしよ, をふり上げ

▼ 力なく小さい~ (3, 0.0%)

3 太郎は

▼ 力なれ~ (3, 0.0%)

1 とは單, ばこそ称名, ば必ず

▼ 力なんぞ~ (3, 0.0%)

1 では, 入れて, 持つてや

▼ 力にかけては~ (3, 0.0%)

1 この塾, 双葉山でも, 怪童と

▼ 力にても~ (3, 0.0%)

1 出来して, 御身柄, 雌を

▼ 力にでも~ (3, 0.0%)

1 委され, 押し上げられるよう, 押出される

▼ 力にとっては~ (3, 0.0%)

1 それが, 時代から, 激しすぎます

▼ 力にまで~ (3, 0.0%)

1 変化する, 自然に, 迫って

▼ 力のほどを~ (3, 0.0%)

1 思い知らして, 自から, 見せら

▼ 力はと~ (3, 0.0%)

2 申しますと 1 聞かれれば

▼ 力ばかりに~ (3, 0.0%)

2 たよるもの 1 頼ろうと

▼ 力ひとつ~ (3, 0.0%)

1 でなんと, なの, の中心

▼ 力よわい~ (3, 0.0%)

1 ことを, ものだ, ものに

▼ 力をすら~ (3, 0.0%)

1 もう彼, 具へて, 壓しつけた

▼ 力ーライル~ (3, 0.0%)

1 の言う, は三階, は説く

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 っぱいさけんだけれど声, っぱい宙, ならじ

▼ 力不滅~ (3, 0.0%)

2 の論 1 なる時

▼ 力不滅論~ (3, 0.0%)

1 が眞理, の如き, は圈内

▼ 力与り~ (3, 0.0%)

2 て大 1 て功

▼ 力主義~ (3, 0.0%)

1 で階級別, との食い, の名人制度

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 を得る, ヲ祖宗ニ承, 均敵

▼ 力乏しき~ (3, 0.0%)

1 ものなら, より難儀, を常

▼ 力以下~ (3, 0.0%)

1 でその, の学生対手, の絵

▼ 力~ (3, 0.0%)

3 かせに

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 って後ろざま, って東, って釣瓶

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 し, すこと, せ

▼ 力又は~ (3, 0.0%)

1 上向と, 既に喪っ, 物質力とは

▼ 力及ばざる~ (3, 0.0%)

1 ことを, ため意斷たるる, ため自ら登る

▼ 力及ばない~ (3, 0.0%)

1 というところ, 事であった, 事を

▼ 力堀江又五郎~ (3, 0.0%)

1 が采配, のところ, の指圖

▼ 力失せ~ (3, 0.0%)

2 がちな 1 彼女が

▼ 力如何~ (3, 0.0%)

1 にと艇, によって極めて, によつて

▼ 力将棋~ (3, 0.0%)

1 という人, には近代, を挑ん

▼ 力或は~ (3, 0.0%)

1 宣伝能力といふ, 普通以上の, 権利を

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 し遂に, である, の眞最中

▼ 力推理力~ (3, 0.0%)

1 が益々, が進め, の器官

▼ 力搾取~ (3, 0.0%)

1 に対してどんなに, のため, の高度化

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 に加はる, らしきキヤベツ, 思想形成力及び

▼ 力新しい~ (3, 0.0%)

1 傾向を, 存在感の, 生活内容が

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 が握られ, に結ぶ, を小脇

▼ 力~ (3, 0.0%)

1 で会津肥後守, は京都, は本籍

▼ 力殊に~ (3, 0.0%)

1 僧堂の, 時事新報の, 頭脳と

▼ 力無双~ (3, 0.0%)

1 と言, な男, の惡僧

▼ 力籠め~ (3, 0.0%)

1 てすっくと, て伏金, て掉

▼ 力経済力~ (3, 0.0%)

1 さえ充分, の問題以外, を必要

▼ 力調~ (3, 0.0%)

1 して, するよう, とのある

▼ 力較べ~ (3, 0.0%)

1 が始まった, も壮大, をさせた

▼ 力~ (3, 0.0%)

2 ましき叔父 1 ましきが

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 つむる我が, 及ばねえという

▼ 力あふるる~ (2, 0.0%)

1 人よ, 人間の

▼ 力あらず~ (2, 0.0%)

1 その中, 彼等の

▼ 力あらん~ (2, 0.0%)

1 かもし, や

▼ 力ありと~ (2, 0.0%)

2 てその

▼ 力あるらし~ (2, 0.0%)

1 声たけき, 聲たけき

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 貸し下されませ, 貸し申そう

▼ 力およばない~ (2, 0.0%)

1 ことが, と覚っ

▼ 力かも~ (2, 0.0%)

2 知れない

▼ 力くらい~ (2, 0.0%)

2 では

▼ 力くらべなら~ (2, 0.0%)

1 ば彼, 幽霊なんかに

▼ 力ぐらい~ (2, 0.0%)

1 でそう, 恐ろしいもの

▼ 力ぐらいで~ (2, 0.0%)

1 人間は, 殲滅する

▼ 力こそが~ (2, 0.0%)

1 つくって, 本當

▼ 力こもり~ (2, 0.0%)

1 て笑む, 蹄の

▼ 力したる~ (2, 0.0%)

2 迹ありし

▼ 力しよう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 力しろす~ (2, 0.0%)

2 とも

▼ 力すべて~ (2, 0.0%)

1 の意志, の點

▼ 力する~ (2, 0.0%)

1 にしろ, 事が

▼ 力その他~ (2, 0.0%)

1 に対する動員, を持っ

▼ 力つて~ (2, 0.0%)

1 いふの, いふもの

▼ 力つまり~ (2, 0.0%)

1 微笑し, 物質を

▼ 力つよ~ (2, 0.0%)

1 さと, さとを

▼ 力つよく~ (2, 0.0%)

1 かき廻す, して

▼ 力づよい~ (2, 0.0%)

1 勇ましい幹, 美しさ

▼ 力づよいことばに~ (2, 0.0%)

1 何となくこころよい, 少し元気

▼ 力づよい高揚~ (2, 0.0%)

2 をたのしん

▼ 力であれ~ (2, 0.0%)

1 ばよい, 丈に

▼ 力できつ~ (2, 0.0%)

1 とさうならせ, と諸君

▼ 力でなくっ~ (2, 0.0%)

1 ちゃ出来る, ては出来ない

▼ 力というか~ (2, 0.0%)

1 手と, 独自性の

▼ 力とさえ~ (2, 0.0%)

1 ありゃ龍, 入って

▼ 力とては~ (2, 0.0%)

1 いかにわずかな, ない

▼ 力とても~ (2, 0.0%)

1 なかった, 相応に

▼ 力とでは~ (2, 0.0%)

1 とてもやれない, 相撲に

▼ 力とには~ (2, 0.0%)

1 向いて, 敬服し

▼ 力ないしは~ (2, 0.0%)

1 わずかな, 親切周到なる

▼ 力なかなか~ (2, 0.0%)

1 すごいです, 食いつき

▼ 力なかりし~ (2, 0.0%)

1 なり, 理げに

▼ 力なく低~ (2, 0.0%)

2 れて

▼ 力なく息苦し~ (2, 0.0%)

1 げで, げであった

▼ 力なく空々しい~ (2, 0.0%)

2 ところが

▼ 力などで~ (2, 0.0%)

1 この運命, せう

▼ 力などでは~ (2, 0.0%)

1 どうにも, 戸を

▼ 力などという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 力なりと~ (2, 0.0%)

1 信じて, 古哲

▼ 力における~ (2, 0.0%)

1 弱さ等, 綜合の

▼ 力にたいしては~ (2, 0.0%)

1 なんらの, 力が

▼ 力については~ (2, 0.0%)

1 いやと, 御懸念

▼ 力にては~ (2, 0.0%)

1 その身, 此の

▼ 力にとり~ (2, 0.0%)

1 明瞭明白な, 有利な

▼ 力にばかり~ (2, 0.0%)

1 モノを, 任せて

▼ 力によってこそ~ (2, 0.0%)

1 取り除かれるもの, 青年は

▼ 力によっても~ (2, 0.0%)

1 そうする, 為兼の

▼ 力のみを以て~ (2, 0.0%)

1 国際間の, 平癒する

▼ 力はか~ (2, 0.0%)

1 はる, へり来ずいざ

▼ 力ばかりが~ (2, 0.0%)

1 勃興し, 没義道に

▼ 力ばかりは~ (2, 0.0%)

2 近江の

▼ 力までも~ (2, 0.0%)

1 消滅させ得る, 自由に

▼ 力よりは~ (2, 0.0%)

1 お通, クロの

▼ 力わが~ (2, 0.0%)

1 目を, 視力と

▼ 力われ~ (2, 0.0%)

1 に何, に臨め

▼ 力をか~ (2, 0.0%)

1 へりみずして, るるに

▼ 力をもっては~ (2, 0.0%)

1 いなかった, しませんでした

▼ 力を以ては~ (2, 0.0%)

1 及び難い, 自己をすら

▼ 力を以ても~ (2, 0.0%)

1 争う事, 復活せし

▼ 力一ぱいハンドル~ (2, 0.0%)

1 をまわした, を切った

▼ 力一ぱいブン~ (2, 0.0%)

2 なぐる

▼ 力一ぱい彼~ (2, 0.0%)

1 の頬, を突き飛ばした

▼ 力一ぱい本~ (2, 0.0%)

2 を抛りつけた

▼ 力一ぱい自分~ (2, 0.0%)

1 がへし曲げ, の身体

▼ 力一層~ (2, 0.0%)

1 これより, 強きが

▼ 力三世~ (2, 0.0%)

2 との崩

▼ 力不撓~ (2, 0.0%)

2 な意志

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 から盛りあがっ, なる精神

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 であった, でしょう

▼ 力乏しく~ (2, 0.0%)

1 なつて, は侍れ

▼ 力二人~ (2, 0.0%)

2 なら二人

▼ 力今に~ (2, 0.0%)

1 忘れず, 續き得

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 を鬼神力, 人種を

▼ 力何でも~ (2, 0.0%)

1 彼でも, 有るもの

▼ 力余り~ (2, 0.0%)

1 て堅き, 強かった

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 がある, と信頼

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 などにびく, もひとり混つて

▼ 力~ (2, 0.0%)

2 せに

▼ 力入れたら~ (2, 0.0%)

2 んには

▼ 力共に~ (2, 0.0%)

1 吾らよりも, 天下を

▼ 力其の~ (2, 0.0%)

1 他, 他の

▼ 力再三~ (2, 0.0%)

2 重ねて

▼ 力到底~ (2, 0.0%)

1 色の, 許都の

▼ 力創立二十五年~ (2, 0.0%)

2 の祝典

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 が腕, の因

▼ 力加減~ (2, 0.0%)

1 に変化, も気

▼ 力及ばぬ~ (2, 0.0%)

1 海底の, 輩は

▼ 力合せ~ (2, 0.0%)

1 て勉むるも至高, て進まう

▼ 力同じ~ (2, 0.0%)

1 やうに, ように

▼ 力味ん~ (2, 0.0%)

1 だ, では

▼ 力均衡論~ (2, 0.0%)

2 を決定

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 かりしなり, かる

▼ 力大いに~ (2, 0.0%)

1 与って, 衰うる

▼ 力學的~ (2, 0.0%)

1 に確か, に調査

▼ 力學的性質~ (2, 0.0%)

1 は從來, をよく

▼ 力少し~ (2, 0.0%)

1 気, 足らずと

▼ 力尽くし~ (2, 0.0%)

1 てその, のゆえ

▼ 力弱っ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゆく

▼ 力張りきる~ (2, 0.0%)

1 鉄砲百合の, 鐵砲百合の

▼ 力張るらし~ (2, 0.0%)

2 草分き

▼ 力征服~ (2, 0.0%)

1 はそれ自身, を意味

▼ 力技者~ (2, 0.0%)

1 のやう, らしい風格

▼ 力教会~ (2, 0.0%)

1 に所謂奇蹟, の経営

▼ 力旺盛~ (2, 0.0%)

1 であるから, な人

▼ 力時代~ (2, 0.0%)

1 に科学小説, を迎える

▼ 力智慧~ (2, 0.0%)

1 というもの, と名づけ

▼ 力此岸性~ (2, 0.0%)

2 を證明

▼ 力減退~ (2, 0.0%)

1 とのため, についてのお

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 であった, とし

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 となり, と水

▼ 力無く深く~ (2, 0.0%)

2 なつて行

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 に二勇士, の途

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 にはどう, に優る

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 きを, 壮威神甚だ

▼ 力理性~ (2, 0.0%)

1 の力, を適当

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 の意志, を殺すべき

▼ 力異なる~ (2, 0.0%)

1 による, に従い

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 な巨大, な恋愛一つ

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 が切れ, に絡まれ

▼ 力立派~ (2, 0.0%)

1 な人格, な邸宅

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 二は, 二原因星辰の

▼ 力筆頭~ (2, 0.0%)

1 の笹野新三郎, 若くて

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 が載らぬ, を昭和七年

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 といい, も枯れかけ

▼ 力腕力~ (2, 0.0%)

1 がなく, が秀で

▼ 力自体~ (2, 0.0%)

1 の貪慾, はそのまま

▼ 力自由~ (2, 0.0%)

1 な発言, を以て独自卓犖

▼ 力落ち~ (2, 0.0%)

1 して, てよろよろ

▼ 力衰え~ (2, 0.0%)

1 ぬれば, 息逼り

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 天を通じて, 法則が

▼ 力附い~ (2, 0.0%)

1 てついに, て言

▼ 力餅屋~ (2, 0.0%)

1 の亭主, へ乱入

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 ありて, りあれども

▼ 力~ (2, 0.0%)

1 があつ, を置い

▼1* [1062件]

あかり障子の功労, 力あたへる眞空の, 力あの振幅の, 力あふるる面して, 力あまった分析力に, 力あまつて線を越えた, 力あらうと, 力あらざりしを知る, 力あらしむるものは深夜の水, 力あらせ給へ, 力あらなくに, 力あらば速かに仇, 力ありきとは今, 力ありければなり, 力ありたる者の, 力あり誘ふものに, 力あるだろうと思う, 力いいかえれば人間, 力いかにすぐるるも塵界, 力いずこに, 力いたって強くし, 力いっばいの, 力いっぱいに捻じ込ん, 力いとつよくば, 力いにしへの, 力いはばそれ, 力いまだ衰えは, 力いや増したまい神の, 力いよいよ優り來, 力うごいてゐる, 力うごめくいのちの, 力うせにける, 力うちふり鍬をうち, 力てまた, 力おとしでいらっしゃるでしょう, 力おとろへ雲, 力おもはざらめ, 力およばずして妻, 力および文化の, 力かぎりイバンスとあらそっ, 力かぎり根かぎり一散に駈け, 力かぎり艪を働かせ, 力かくわが自然, 力かく一樣ならざれども, 力かなそなた, 力かなわで手, 力かの陶酔または, 力からしか出ないのね, 力かれをはやむ, 力がからだから, 力がちがつて, 力がねえとでも, 力がのた打ち廻ったか, 力がわづか一本, 力がわりに弱い, 力きんだ樣子, 力くそ力とも申す, 力くだるわがかく, 力くらべるものとても, 力ぐらいに相当する, 力ぐらいの範囲で, 力ぐらいは持つもの, 力ぐらゐには驚かんね, 力ぐらゐは有るの, 力こういう点にも, 力ここに尽き, 力こころゆくばかりなる, 力こむるも效, 力こめた作物は, 力こめたら硝子戸は, 力こめたる掌に, 力これから先に, 力さらに加わりて, 力しなへて, 力やどうしても, 力じゃあ迚も, 力なは, 力すぐれたればその, 力すぐれぬ者が, 力すなわちまた一つの, 力すばやくはある, 力すみ屋なんて醤油, 力するだろうが外, 力せんことを, 力そう云うもの, 力そうしたことの, 力そこに君子, 力その小さな子供の, 力それで十分だ, 力それらのもの, 力たちまち滅し, 力たとえば意志が, 力たらざれば掘, 力たり得るかを, 力だけじゃアね, 力だけでも養つておきたい, 力だけというものね, 力だけとはどうしても思われん, 力だけには及ばない神様, 力だつたが今, 力だの勇気だの, 力だらうと私, 力だ思い切って腕, 力っていうものが, 力ついに及ばず公孫, 力つくで娘を, 力つけたげてももう, 力つけつちやつたな, 力つけろな, 力つよい示唆が, 力つよければかれ, 力よいもの, 力づき甦りこの頃, 力づくし心づくしと云う, 力づくだね芸, 力づくですむような, 力づくで取替へ引替, 力づくで押しつけて無理, 力づくで飛んでもねえ, 力づよいことであるがしかしあまりに, 力づよいことを云って, 力づよいどよめきからずれきって月々のジャーナリズム, 力づよいなかなかユニックな合唱, 力づよいものとして発展して, 力づよいものにおさえつけられて段々と, 力づよいものは再びうき上られない, 力づよいものもよせて来られないと, 力づよいやうすをみてわたしはほ, 力づよいディフォーメイションはその, 力づよいハンマーのうち, 力づよい句風よく近代女流俳句, 力づよい声を以て秀吉, 力づよい展開に圧し伏せられ, 力づよい希望に光りかがやい, 力づよい後見を得たい, 力づよい心持がする, 力づよい情熱の上, 力づよい感慨がこみあげ, 力づよい手応えが両, 力づよい才能と生活力, 力づよい指導者であり平静, 力づよい日本をつくろう, 力づよい様子をし, 力づよい歴史的な功績, 力づよい活動の表面, 力づよい潮にまかせ, 力づよい物語の創作者, 力づよい生のよろこび, 力づよい生きものとしての人間, 力づよい筆致のうち, 力づよい群像で飾られ, 力づよい脈搏と呼吸, 力づよい自信をもった, 力づよい裏づけがある, 力づよい語韻でいった, 力づよい調子で怒声, 力づよい足なみも一頻り, 力づよい跫音を踏みしめ, 力づよい返事に園田さん, 力づよい鍬や鋤, 力づよい霊に一人, 力づよい顔をした, 力づよい飛沫を顔, 力づよい飾りない言葉, 力づよき原動力となるであろう, 力づよき女神としておがむ, 力づよくあたしを可変がって, 力づよくごみの山をすきかえし, 力づよくすべてのものを失わないで, 力づよくて純潔な音色, 力づよくはねあがりぴんと張つた糸目, 力づよくひとりごとをいっ, 力づよくひびいた一同はとみに, 力づよくゆり動かした, 力づよくペダルをふん, 力づよく一刀をあびせた, 力づよく丸みある一うち, 力づよく人民の発展的, 力づよく反発する彫刻, 力づよく平和のため, 力づよく引ッ張られて, 力づよく張りがあった, 力づよく慕しい, 力づよく旅人を打つ, 力づよく明確に写す, 力づよく根を張っ, 力づよく波と空気, 力づよく活氣のある, 力づよく清新男らしい構成力, 力づよく率直に読者, 力づよく真直に葉, 力づよく私の心, 力づよく芸術の仕事, 力づよく複雑な機械, 力づよく要点に触れる, 力づよく言下にいい放った, 力づよさからではなくただふっくり, 力づよさがこもって居る, 力づよさとなつかしさがみなぎり始めた, 力づよさを感じたの, 力づよさをうかべて一生懸命に話す, 力てえものは, 力であったならばそこ, 力でありこなたの濠, 力でありますけれどもわれわれ, 力であり従って之, 力であるならば物質, 力でき裂した, 力でくづれて行くの, 力でございましょうね, 力でさえも自分達は, 力でしつかりしたものに, 力でしなければならぬ, 力でし言う事は, 力ですつかり治してゐる, 力でというよりは, 力でという気持から, 力でなかったというふう, 力でなくつちや出来る, 力でなくなる時が, 力でなせると思う, 力でのみ動作し, 力ではと尻込みを, 力ではねあが, 力でばかりやっと保っ, 力でもはいるよう, 力というもの以外には, 力といつてもいい, 力とうぜんベリッと, 力とかいふ感じを, 力とかという経験的要素が, 力とかを持つよう, 力ときたら人間の, 力としか思はれなかつた, 力としてだけ立ち現れる旧套, 力としてだけに作用した, 力としてのみならず又, 力としてばかり見ずその, 力としてより生かす力, 力としてよりも寧ろそれ, 力とだけで読者, 力とだけが並外れて, 力とちえを, 力とにおけるその地位, 力とについての君の, 力とによることで, 力ともしておる, 力とりのある, 力どこに真実, 力どちらも広大, 力どれもが大体, 力ないし恍惚境といつても, 力ない弱々しい眼付で, 力ない情ない聲で, 力なう柴折りくべぬ, 力なえて呆然, 力なえるもののごとく, 力なかったが, 力なからんや, 力ながらやはり調べた, 力なき悲しさを, 力なくいいすごすごと, 力なくやるせなくふたたび打ち倒れ, 力なく弱さを, 力なく弱くって母親, 力なく暗い天井へ, 力なく狭い町の, 力なげであったが起った, 力なげな機の, 力なぞ何れに, 力なぞが非常に, 力などから来たところ, 力などと云うもの, 力などといふことを, 力などによらずに, 力などについての御下問, 力などの強烈な, 力なども弱くなっ, 力などを以て旧に, 力なにかの意志, 力ならあけられるよ, 力ならあるのでしょう, 力ならずんば何物, 力ならびに腕力抜群でも, 力なりが集積した, 力なりけぶりをみれ, 力なりとしてどのよう, 力なりを慕うの, 力なり社會道義をもつ, 力なんかはない己, 力においてさえもこの横, 力においてすら微温的である, 力にかけて行くこと, 力にずつとしつかりした信頼, 力についても全く自信, 力にとっても可能で, 力になんぞなって, 力にのってかいくら, 力にもなつて遣る, 力によってかの国の, 力によってだけ健康に, 力によってといったほう, 力によってのみわれらは, 力によってはいって, 力によりさえすれば, 力によるしかない, 力によるや明らかなり, 力に対し完全な, 力に対しても何か, 力に従う場合が, 力に関し右の, 力に関してはベルヌ条約に, 力のみとなつた, 力のみにて然るにあらず, 力のみによって学問を, 力のみによっては物質は, 力のみは黙々として, 力のむかふところ, 力はた自ら立つ, 力はなはだ弱し, 力ばかりとは言えないかも, 力ばかりにて候べきなり, 力ばっかじゃあござりましねえから, 力ばっかりは何処から, 力ひいては大巻の, 力ひっぱる力, 力ひろく非の, 力ぶっ潰しの, 力ぶるひさせこちらを, 力ほかの門番たち, 力ほとんど相平均, 力まけのよう, 力まされる性の, 力ますます強く, 力または従前の, 力までがくらまされて, 力まぶたの線, 力むることにはあらで諸手を胸, 力むるとにはあらねど夫の前, 力めしが天無情, 力もが達しなかった水量, 力もがいてももがい, 力もげつそり落ち, 力もさほどに衰えません, 力もしくはなおよく言え, 力もち葛湯麦粉などの中世的粗野, 力もっていない, 力ものうなりました人間, 力もろもろの恵み, 力やによって強固に, 力やら現実的な, 力やんと加平が, 力ゆらぎてあな強, 力よと思った, 力よわさを, 力よわきものなれ, 力よわくとも一人, 力をこめ, 力らしいのも, 力わかき民部の, 力わたしにはありません, 力わびず竜馬来, 力をからだ中, 力をでも注ぎたいと, 力をと私は, 力をのみ窺つて画面上の, 力をはッきりと, 力を通じてかえってよくギリシア, 力入れて, 力アル優秀ナ紙ヲ造ル, 力イギリスの侵入, 力イッパイタタミをた, 力エネルギー精神の落ちつき, 力ガマダ大学ノ二年生, 力グワンと音, 力コブを入れ, 力ダンピングである自由契約, 力ッこに挙げ, 力ヅケルタメニコノ時期ヲ待ッテ出テ来タノダロウ, 力トラウル漁獲に力めた, 力トヲ保有シテイルナラバ君ノ今日, 力ト團聚力トハ無シト, 力ナキ原則ニ依ル, 力ナシ何トカ湯俣迄ト思フモ有元ヲ捨テルニシノビズ, 力より候ハ, 力ニ因ツテ海浪ニ激揚セラレテ自ラ天王寺, 力ニ頼ルニ非スンハ誰カ安シテ子孫, 力ハ何人ニテモ之ヲ有, 力ハ頭腦ニ關セズ只機會ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 力フォーシュルヴァン老人の事件, 力フットライトの威力, 力無ク, 力モノポリーの力, 力モ弱ッテイテ歩キ過ギルトジキニ疲レル, 力ヨロンの力, 力なく奉, 力リアリスティックな探求心, 力ロマンチシズムの根柢, 力ヲ協セテ一ツノ目的ニ向ッテ進ンデイル, 力ンダラ息子ガ少シモ泣カナカッタ, 力ーンの, 力一たび亂るれば, 力一ぱいさっきの楊, 力一ぱいつばさをのばし, 力一ぱいなに腕が折れる, 力一ぱいゆすぶるやうな聲嘆聲をあげ, 力一ぱいマットに投げ捨て, 力一ぱい三分間もつづけ, 力一ぱい以上にやり, 力一ぱい傘を打ち下した, 力一ぱい兄の背中, 力一ぱい剃刀で吭, 力一ぱい帽子を川, 力一ぱい弓を引き絞つ, 力一ぱい彼女の横っ面, 力一ぱい手をのばし, 力一ぱい杵を振り上げ, 力一ぱい海の上, 力一ぱい無茶苦茶に尾, 力一ぱい白へ投げつけました, 力一ぱい空につきあげた, 力一ぱい空間をたたきつけ, 力一ぱい窓から引きちぎった, 力一ぱい籠の底板, 力一ぱい精一ぱいに生活, 力一ぱい腕をふるう, 力一ぱい貴方を抱い, 力一ぱい身體を叩きつけ, 力一ぱい車の外, 力一ぱい金花を抱きすくめた, 力一ぱい頭を振つた, 力一ぱい首をしめ, 力一ぺえおっぺせよ拳骨でよ, 力一ツ杯その釣鐘, 力一パイ二人の手, 力一パイ反りかえりながら, 力一パイ啖らわせた, 力一パイ四ツに取組ん, 力一パイ立派な人間, 力一切の種子, 力一方をもっ, 力一旦こうときめたら動かぬ, 力一杯側らの壁, 力一杯突喊の脚並, 力一枝の筆, 力三つて手前のもの, 力三十人を兼ねたる, 力三是れ御覧, 力三郎という子役, 力三郎君弁護士の制服, 力三郎氏に寄食, 力からは引きあげる, 力上三句に比し, 力不思議な運命, 力不相應に, 力不能擧帝擬自取不空笑曰, 力つて多き, 力与かりて多き, 力与って多き, 力与つて最も, 力世の中の称讃, 力並びに決断力, 力中心の覇道主義, 力中等の者, 力シキ者ニ非, 力乏しくものうくて蚊, 力争的の行為, 力をいたし, 力二つには酒, 力二十人あまり江上一面にうんか, 力五六匹を兼ね, 力五十嵐甲子雄の壮士, 力五十騎同心二百四十人その配下, 力五郎十郎の忍耐力, 力井口金太夫が先, 力交換や金融, 力与って, 力へ連れ, 力と言つた形, 力人力ではどう, 力人格の修養, 力人為を仮り, 力人間以上の力, 力人間性そのもののもつ, 力人間未來の歸宿, 力人間業と見えざりし, 力仁平という人, 力の通り無事, 力今日にあり, 力他人の上, 力くるも, 力付いて来れ, 力付きて馳せ下れり, 力といったよう, 力以上近代人の知能以上, 力伸びるもの, 力低うしてか, 力の屈折, 力体力を充実, 力体力道徳力の非常, 力何ぞ我に, 力何れも一長一短, 力何事をもなし得る, 力何某は猫, 力何者の仕事, 力余った俺の, 力余つて背後へ蹌踉, 力余りし槍の, 力例えば政治への, 力信字は君悌, 力信者の漁師, 力俳優の真剣, 力倆如何にと失礼, 力借り天道様の, 力借ろかしらんうそ, 力偉きな大勢, 力偉大な芸術, 力偏僻にし, 力の能率, 力備わり天応命順の, 力がその, 力僧どもがウクライナ, 力優るとて諸, 力優れた人で, 力優等といふ, 力満ちて, 力充分に抜い, 力先きの方向に留意, 力入りて聞, 力入れて頭, 力入れぬようと, 力入れんでも, 力全体が利用, 力其ものである, 力其他女王のやう, 力其杆如何に強し, 力内包的に存, 力凝っと静か, 力処理の早, 力出す人間, 力の上, 力刀尋段々壊, 力判断力を働かす, 力判断力感情興奮性等に関していろいろ, 力判断力推理力向上心良心もしくは霊的芸術, 力判断力習慣性なぞの残骸, 力利かずと信ずる, 力制裁に委せ, 力前率ね常に, 力剛ナリシニ由ルト雖モ海戰ノ進退陣形, 力加えしとみる, 力労働力消費などを調査, 力い静か, 力勇氣と雄辯, 力勝ち類その類, 力勝つか人力, 力勝れ喧嘩と, 力勝れた灘兵衛さえ, 力勝手に家宅捜索, 力勝負の差, 力勢功徳名称ことごとく師子王, 力勢皆師子に勝る, 力した無能, 力千夫に敵するあっ, 力千鈞の鼎, 力神樣の, 力の, 力原始的な動物性, 力原子の形態, 力及ばで只, 力及ばずいでいで最後, 力及ばず組み敷かれるたびに, 力及ばないいづれはその, 力及ばなかったことを, 力及ばなかつたものか, 力及バズ山ヲ下, 力徳川思想が, 力古人は今, 力古代人が太陽神, 力合して牛小屋, 力合理性との間, 力心中で, 力同心岡つ引, 力同心放火盗賊改方の役, 力向上心良心もしくは霊的芸術, 力に強かれ, 力否十人十五人百人千人の力, 力呪術の力, 力味むのですけれど私にゃ何, 力味声出さ, 力尽す, 力とあの, 力商売の者, 力啓發など云, 力喜んで尽しましょう, 力喜悦憐憫連帯責任社会主義無政府主義, 力因果力の然, 力団結の威力, 力国力の増進, 力圏内に入る, 力の強情さ, 力土味斯うした, 力を征服, 力地力の湧く, 力堅くあらましを, 力堅固を以て知られ, 力報国せんと語る, 力増したりき是, 力増大のため, 力増進の祝福詞, 力売渡し人にしか過ぎない, 力売買の自由契約, 力変わりやすい気分, 力多きにおらずん, 力多くは空しく, 力多ければなり, 力の中, 力大胆勇気不屈の意思力, 力大衆と巧み, 力天体の運行, 力ひて, 力女子ならば, 力なるもの, 力如何ニ在リ, 力かせに, 力存分に打ちました, 力孤独へのあこがれ, 力孤独礼拝ではない, 力学問の力, 力學發見の先, 力學的熱學的に働く, 力學的考察からこれ, 力學的要素と其量, 力學等の認識, 力になつて仕舞つて, 力宗教的にまで高められた, 力実に強くし, 力実利と人間理想, 力実力といふもの, 力実行して, 力実践力持久力というよう, 力容易く逐ひ, 力宿りあるいは観音力, 力察す可し, 力寧却て信頼, 力寿あれは京者, 力寿さんのところ, 力寿定基は終に, 力専制の鎖, 力少なく僅かの, 力にもいかぬ, 力尽して泳がん, 力崇拝の宗教, 力も砕けろ, 力巡航船ホテルトーキー常設館オフィスレストラン冬期競馬場少女歌劇場それらの場所, 力工夫努力が多けれ, 力を助くる, 力已に自ら立つるに, 力の女, 力常に眠れど, 力常勝将軍公衆の安危, 力年計画の予算, 力幾分か減, 力延びようとする, 力した, 力弁説の才能, 力引くなり胴ふぐり, 力引力又は牽引, 力弱ければなり, 力弱そうに石段, 力弱りてその, 力弱りたるを釣りあげ見れ, 力弱点気まぐれなどを知っ, 力強い生活感覚それこそが, 力強めるために, 力強健に綸, 力強化にともなう, 力強靭な運動神経, 力当時の学者輩, 力形貌共に果し, 力役する時いかに, 力役事故には相, 力役的勞働者ヲ總, 力役的能力ヲ提供ス, 力役社會に生, 力役者の会社, 力役者ら相合同して, 力後ろのやや, 力従ってまた, 力従順を利用, 力なる人々, 力微々なりと雖ども, 力微妙な作用, 力微弱なるもの, 力心霊の感化力, 力思索の力, 力思考力を使用, 力急流のごとく, 力恰も草木の, 力情愛の様々, 力惜しみといふ事, 力想像の働等, 力意想外に強く, 力の上, 力愛情が無けれ, 力感受性と相期, 力感性と悟性, 力感情興奮性等に関していろいろ, 力感染力は驚くべく, 力は現象, 力憂ひにまさる, 力憧憬と, 力成長への課題, 力我等を送る, 力戛然とうった, 力戦闘力をたたえ, 力戰梅原さんの無念, 力戰研究所長の飯村穰, 力所有の労働, 力所有者の労働, 力所詮仆す, 力や足, 力才能などというもの, 力才能その他を活かし得る, 力批判の処々, 力批判力で腸, 力批評と創造, 力技修業を致す, 力がし, 力抜けている, 力抜けた声で, 力抜山気被世, 力抜群の名犬, 力ひかねて, 力拒むちからも, 力拘置のため, 力拡充政策でもそれ, 力持久力というよう, 力きつつ, 力挫けて竟, 力推理力向上心良心もしくは霊的芸術, 力推移とを知り, 力描き水に, 力援助ヲ與ヘタル佛蘭西海軍ガ英國海軍, 力援助トナリテ現ルベシ, 力援助ニツキテ大方針トスベキハ海上ニ於テノミ彼, 力へず, 力支配は人間, 力政権ふたつながら把握, 力救うお方は, 力教上の新しい, 力教的な詩人, 力教的信仰を基礎, 力教的詩人であつ, 力教育によつて綜合的, 力せず一つ一つ, 力文学的認識の真理能力, 力文章の力, 力料斗も御座候, 力斥力又は反発力, 力新鮮な生活力, 力既に盡きたるなら, 力日本人特異の単純化, 力旧例の, 力の如く, 力にあり, 力普遍性で自分一ヶ, 力更新のモメント, 力曾川甚八が足早, 力最初はなかなか, 力最後の筋金, 力有るも誰, 力がうごく, 力末世の今, 力の誓紙, 力条件が必要, 力という女役者, 力枝大吉力代といったよう, 力柱宙に向かっ, 力柱殿のおっしゃる, 力森坊の兄弟三人, 力の四様, 力極みなむとす, 力概念に相当, 力構成の能力, 力の力, 力機会一度至れば, 力次郎君鈴木紀一郎君小池堅治君高畠直定君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 力歟非耶若し是力, 力歴史的原理はシェーラー, 力んど, 力に金銭, 力殖民地の自覚, 力比べしようとか天地創造, 力比べもさうであつて, 力比較力を交, 力がある, 力氏川端康成氏土屋喬雄氏手塚英孝氏岩崎克己氏阿部眞琴氏等その他澤山の友人知人, 力水準という風, 力決断力というもの, 力沙汰に及んだ, 力を眠らす, 力注意力が常に, 力活動の他, 力活発な歩調, 力の国会, 力消費などを調査, 力深しも, 力減少して, 力湧き起る神の, 力満ちて開かん, 力満ちたる実感の, 力るる人々, 力溢れて聞こえぬ, 力溢れ漲る女性を, 力滿ちたる新しき, 力滿つる光よ我, 力激甚な自由競争, 力烈しく側え, 力無い鬱陶しい眼付を, 力無くなって身体, 力無し山方早く蝉, 力無知と権力, 力無限の力, 力熱メリハリを再現, 力熱深切心といふもの, 力爭議の中心點, 力牧捷子曹羽郎中嬰齊臣君子鄭長者楚子道家言等九百九十三篇が擧げ, 力を中心, 力物事の原因, 力物量に対抗, 力物體の中, 力の食器, 力壮ん, 力獣的な残忍性, 力現在作等の壞, 力現実の力, 力理性品格等に及ぼす, 力理知と計算, 力甚ダ短シ, 力の原理, 力生きる力としての, 力生む力が, 力生産手段に応じ, 力ゐず獨力, 力用ニ依ツテ現今, 力異常な歓喜, 力疲れて気衰, 力発展しようと, 力発生前の充分肉, 力發動を用言, 力百パーセントの人物, 力百二十人の同心, 力的信仰から生れる, 力的制裁に代わる, 力直接な影響力, 力相伯仲して, 力相合し相加わりて, 力相当の蓄積, 力相應なもの, 力相搏ったの, 力の慰め, 力真夏のあつ, 力着くべけれども語, 力知恵と知恵, 力知慧愛皆無限なり, 力知識慾階級闘争の実践, 力破らんと空しく, 力破壊慾もっと深く, 力で升田とき, 力碎けば悄然, 力示唆力象徴力等々はすでに, 力礼儀正しさ, 力神聖にする, 力秀麗の姿, 力を生かし, 力種々相を以て種々作, 力稼業の身体, 力穢れざる趣味で, 力をあけ, 力窮まり尽くれ, 力窮まり矢も盡, 力立てをし, 力競べせむ, 力競爭時代となつ, 力圧すしまらく, 力笹野新三郎これは名目, 力笹野新三郎一家に對, 力笹野新三郎上樣の御座, 力笹野新三郎出役眞砂町の喜三郎, 力笹野新三郎出役賀田杢左衞門や藤八, 力笹野新三郎立會ひの, 力笹野權三郎は, 力筆頭笹野新三郎自分とは身分, 力等々はすでに, 力筋肉的な力, 力篤志労働団はその間, 力籠りてその, 力籠りしが後, 力籠れりとして人々, 力粗野な逞しい, 力紛乱せる思考力, 力紛糾の間, 力終審裁判所の決定, 力即ち紳士, 力組織の力, 力結核患者めいた気質, 力統制およびプロレタリア文化建設, 力統率の力, 力絶えて即死, 力絶ては或は, 力絶倫故その, 力綜合力を非常, 力縮み亡びずんば何, 力罪人悪徒, 力習俗の力, 力習慣性なぞの残骸, 力者あらびぬ上つ毛, 力者たちの跫音, 力者十三人牛飼五人雑色九人車副釜, 力者十二人がかつぎ, 力者十人を選ばせ, 力者同様に一切, 力者朝比奈三郎義秀であったと, 力者法師高位をもてなす, 力聯想観念注意力判断力感情興奮性等に関していろいろ, 力に宿れる, 力肉体力の統一的活動, 力を張り力足, 力能教国富又兵強, 力膂力をもっ, 力から造化, 力自らが構成, 力自慢度胸自慢の若者, 力自慢腕自慢の人々, 力自然力を極めて, 力自転車労働者が照明, 力與つて最も多き, 力芸術家たる所以, 力芸術擁護の実力, 力芸術的描写の現実性, 力芸離レワザ妙技早ワザ, 力で出た, 力英国の強, 力英雄を崇拜, 力に發, 力茶屋で遊ん, 力残る, 力萎えて倒れた, 力萎えた老翁の, 力だか, 力落すなよ此ら, 力蓋し少なし, 力薄きものは, 力薄弱など現代, 力の敏感, 力を得た, 力衰えざる限り天地の, 力衰えたのか, 力衰退の徴候, 力装置の力, 力要素の殺, 力の愛, 力親方の犠牲, 力観察力記憶力なぞが非常, 力観照力は長い, 力観音の柳, 力言葉が動い, 力計画性科学的なやりかた, 力記憶の楽しみ, 力記憶力なぞが非常, 力試さんといつも, 力読書趣味の素養, 力とでも譯, 力論者はこれら, 力諸々の愚か, 力警視庁であった, 力軽んずべ, 力象徴力等々はすでに, 力豪勇の徳, 力貧しさよわ, 力賤貧富の, 力貸し飛刄の猛威防がん, 力貸すとせ, 力資本力の問題, 力質量等のごとき, 力人間的の, 力足らざればなり, 力足らずわたくしの喜憂, 力足らず労働者どもがそんなに, 力足らず患者は激増, 力足らず愛の力足らず, 力足らず我に代り, 力足らず目的に達する, 力足らず神自身でなくては, 力足らず絶えだえの音, 力足らぬがため, 力足らねば落しつ, 力足りなば報速, 力踏みにじくって燃え上っ, 力身込で手習, 力軍艦の力, 力農業を基礎, 力逃げこもうとする, 力押すにごり水, 力逞しい女が, 力速度は評価, 力進展して, 力進退等についていろいろ, 力運命の前, 力過ぎゆく息吹などから, 力道義力によって提携, 力配下の不, 力釈然得解脱と牢, 力重量色調が正確, 力鍛錬の特質, 力闘志さうし, 力阻まれず忘る, 力附きたりと云, 力附くやうに, 力附けたいとも思う, 力附けようとした, 力附ける芸術は, 力降りて我, 力駈けて, 力限り向う岸へ漕い, 力限り四方へひろがっ, 力限り手を握り, 力限り揺ぶりたい衝動, 力限り根限り働き通して, 力限り脚で水, 力限り表白した, 力限り陸上で格闘, 力限り鬪つた, 力隣人に及べ, 力雄々しきみ声なる, 力集中排除に伴い, 力のゆく, 力霊力というよう, 力革命的労働組合の偉力, 力革命的気宇の大, 力つて多き, 力頗る輕微で, 力頭脳の力, 力顕力の二力, 力ふことに, 力餅さへ食, 力餅他の處, 力餘つて元右衞門, 力といふの, 力首領は他日必ら, 力駒井はその, 力高瀬船伝馬荷足田舟などという大小, 力高瀬船伝馬荷足田船などといふ大小, 力にラピタイ二將努め, 力鬱積のエネルギー放出, 力の神, 力魔力を上下八方, 力鳥居は笠木, 力點乃ちアクセントは變, 力をあげ, 力からだ