青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「劇場~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~剣 剣~ 割~ ~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~ 劇~ ~劇場
劇場~
劉~ ~力 力~ ~功 功~ ~加 加~ ~加え 加え~ ~加減

「劇場~」 3317, 34ppm, 3407位

▼ 劇場~ (1001, 30.2%)

15 前に 11 舞台に 9 方で 8 中に, 前を, 廊下で 7 ように, 舞台で, 舞台の 6 ちらしの, 前まで 5 ために, 中で, 楽屋へ, 裏の 4 オーケストラの, 方へ, 楽屋で, 舞台と, 舞台を

3 [16件] ための, まえに, まわりは, ような, 出発点は, 切符を, 前で, 前へ, 地下室で, 建物が, 方から, 方に, 楽屋の, 構造を, 裏に, 運動は

2 [57件] かかる空地, それの, なかに, なかの, なかへ, マチネーを, 上演目録中に, 両側には, 中から, 中には, 中の, 偶像, 入口を, 内にも, 内部は, 前も, 創始者老, 功績を, 名を, 地下室の, 塔から, 外に, 外套あずかり, 多くは, 女優を, 始祖と, 客席の, 客間に, 屋根の, 広告を, 座主は, 座席に, 廊下に, 支配人, 支配人に, 支配人の, 方の, 昂まりゆく, 昼の, 木戸まえ, 楽屋口から, 正面に, 舞台から, 花ランプさへ, 裏で, 裏手の, 観客の, 観客を, 話などを, 連中が, 連中を, 運動から, 運動が, 運命と, 首脳は, 高い塔, 魅力に

1 [707件 抜粋] ТРАМを, ありかが, ありさま, あるかなり, ある城壁近く, ある所, ある方角, ある通り, いかなる背景, うしろの, うちでは, おもて, けい古場へ, ことで, ことなどは, ことは, ことを, さじきに, すべてに対して, そとへ, そばの, でも大抵, ところまで, とり物, ないこと, ない文明国, なかから, なかで, なかを, はねたあと, はねるの, ほかに, まわりから, もって, ものや, やうな, わずかな, アドバルーンでした, インチキ, オペラは, オーケストラで, クイーン座で, クラリネットの, シーンの, スタート以来七年一杯を, ニュースを, ニュース見よう, ネオンサインが, ビラが, ビラの, フアサードは, プリ・マドンナ赤星ジュリアが, プリ・マドンナ赤星ジュリアと, プリ・マドンナ赤星ジュリアに, プリ・マドンナ赤星ジュリアの, プロムナードを, プロ芝居を, マチネーへ, マネジヤーを, メカニズムを, レパアトリイが, レパートリーの, ロクロー中根の, ヴァイオリニストであった, 一つで, 一つは, 一つへ, 一ツや, 一分派たる, 一場面的な, 一女優の, 一女優此の, 三座である, 三晩, 三重脱退が, 三階で, 三階に, 上場脚本に対して, 上場脚本を, 上演目録が, 上演目録について, 上演目録も, 上演目録を, 上演脚本が, 下足番や, 中へ, 中を, 中央の, 主だった, 主任寺本曰く, 主宰者として, 事務員を, 事業は, 二階の, 二階桟敷に, 人々が, 人ごみの, 人などに, 人込みの, 今週間, 仕事が, 仕事は, 任務, 企業に, 企画と, 休憩室で, 位置として, 位置は, 何たるかを, 何処かに, 作家にまで, 作者部屋に, 保守性を, 俳優として, 俳優に, 俳優教育方針及び, 俳優生活から, 俳優等が, 側, 傑れた, 入口などで, 入口などの, 入口に, 入口の, 入場料を, 全部に, 公演, 公演の, 内に, 内へ, 内幕を, 内規が, 内部にまで, 内部の, 内部を, 円天井を, 再建設, 処女演出を, 出しものが, 出し物を, 出世の, 出場に, 出方や, 出現に, 分れで, 分裂に際して, 切符売場の, 初日が, 初日だろう, 初日な, 初日に, 別名では, 利方だ, 前だけに, 前や, 前売あんまりパッ, 前売切符を, 前身, 割引切符を, 創立は, 創立者アントワアヌの, 創設は, 創設演劇に対する, 劇評を, 勝野だけは, 区劃を, 反照燈に, 収入に, 口, 口吻を, 台本に, 名に, 名の, 名前には, 名称を, 呼び名である, 問題が, 問題に, 営利主義とか, 営利主義に, 四つが, 回廊の, 因襲を, 国性爺合戦これらは, 土地は, 在り場所, 在り方である, 在り方です, 地下食堂で, 地理的条件の, 報告だ, 場景の, 塔の, 壁に, 壁薄あかく, 声楽教師と, 外では, 外まで, 外を, 外側に, 多数が, 多量出現以来従来大, 大玄関, 大舞台, 大舞臺, 大部は, 大部分, 天地を, 夫人それに, 奈落だ, 奏楽席や, 奥まで, 女優, 女優たちが, 女優で, 女優として, 女優の, 女優河村菊枝ださうである, 女殺しを, 如く内, 如く無代, 如く貧弱, 如何は, 娘役女優である, 存在が, 存在と共に, 存在を, 安席, 完成した, 実際運動, 客席で, 宣伝としては, 宣言を, 封鎖も, 小便くさい, 小柳, 少女歌劇ばかり, 少女歌劇を, 居周りも, 屋上に, 屋上へ, 工事場, 工事場であった, 工場は, 帰り月淡き, 常連だ, 幕切れにまで, 幕間こそ, 幟の, 幹部俳優にまで, 広告が, 広告じゃ, 広告気球を, 広間を, 座席の, 廊下, 廊下いつ, 廊下だ, 廊下にて, 廊下の, 廊下や, 延長であり, 建物にも, 建築と共に, 建築や, 建築及び, 建設が, 建設に, 建設について, 建設も, 当事者と, 形を, 後に, 後方から, 徒の, 復興としては, 必要が, 性質によ, 悲劇俳優が, 戸を, 戸口に, 所有主兼日本最初の, 技芸委員長の, 抱負を, 持主の, 指揮者から, 捲き起した興奮, 探偵劇を, 支配人から, 支配人だ, 支配人笠圭之, 教育部に, 数は, 数も, 文化的貧困を, 文芸顧問として, 料理店の, 新富座に, 新設, 方と, 旗挙, 旗挙げである, 旗挙に, 旗挙公演である, 旗揚以来僕は, 旗揚興行に際して, 日どり, 星座に, 晩餐会に, 普通興行に, 晴れやかな, 書き割り畫家, 曾我廼家五十九郎丈へとか, 會員である, 有名会へ, 有楽座, 木戸口ぐらいな, 木戸番奴, 松竹少女歌劇の, 枡に, 染井三郎の, 柳糸子が, 柿葺落しで, 格式俳優の, 案内人だ, 桟敷で, 桟敷に, 棧敷から, 椅子に, 楽員に, 楽屋に, 楽屋において, 楽屋口が, 楽屋口でした, 楽屋口に, 楽屋口へ, 楽屋見学を, 構造という, 構造とは, 構造看客の, 標準形態とでも, 模写が, 権利等の, 横に, 横町に, 機械係小道具係電気係等の, 歌ふ, 歌手たちが, 歌舞伎座を, 正面玄関から, 比では, 気球が, 没落後その, 没落後古典劇の, 浦野も, 演出が, 演出を, 演芸に, 濫觴たる, 火災防止上危険なる, 灯火が, 無いの, 特徴の, 状を, 生命である, 生死の, 番人を, 番付看板を, 番附には, 白井作品, 監督に, 目的である, 目的の, 看板と, 看板及番附を, 真似し, 石の, 石壁石柱は, 石階の, 礼節, 社長さんや, 福草履, 移転など, 種類初めて, 稽古に, 稽古場だ, 稽古場といふ, 空気, 空氣の, 窓の, 窓ガラスが, 第一舞踊手, 第三回, 箱桟敷に, 組織と, 経営からい, 経営に, 経営を, 経営者たちの, 経営者は, 維持費さへ, 維持費を, 総見を, 緑の, 緞帳と, 罪では, 習慣としては, 翻訳劇の, 脚本を, 脚本書きで, 興行ごとに, 興行は, 興行回数が, 興行成績思わしからず, 興行政策に, 興行者からは, 舞台が, 舞台にか, 舞台は, 舞台ほども, 舞台稽古第, 舞台装飾を, 舞群の, 舞臺に, 芝居を, 花形柳糸子に, 花形柳糸子の, 若者を, 草履の, 華やかな, 衛生法は, 表の, 表飾り, 裏へ, 裏口から, 裏口に, 裏手から, 複雑な, 見物なんか, 見物以上に, 見物席は, 観客たちの, 観客と, 観客席で, 観棚に, 観衆は, 観覧料は, 觀棚に, 觀棚の, 設立計画を, 註文に, 試演へ, 試演会で, 諸役員, 負担である, 資格を, 賑も, 賑やかな, 走りを, 軒頭に, 近くで, 近傍と, 近所に, 通りには, 通用門から, 連中との, 連中挨拶に, 進駐軍専用映画館の, 運動に, 運動にも, 運動場に, 運命は, 運営に対しては, 運営は, 運営委員会は, 邊に, 都築文男が, 金井修を, 鑑札によ, 鑑札を, 門は, 門を, 閉ねる, 開かれて, 開演時間に, 関係が, 闘士ジャン・ジュリヤンの, 階段を, 雰囲気といふ, 雰囲気に, 震動も, 静かな, 風俗を, 風俗画に対して, 飾灯が, 首脳の, 首脳アントワアヌも, 首脳部の, 馬車の, O館が

▼ 劇場~ (247, 7.4%)

12 足を 8 於て 5 出勤する 4 上演され 3 出て, 出演し

2 [11件] しようか, 上演された, 出入し, 出勤し, 対抗し, 拙劣なる, 於いて, 於いても, 於ける, 行って, 迎へ

1 [190件] ありしを, ありて, いた, いたる劇壇生活, いっぱい詰っ, いつて, いるの, いるよう, いる友人, おちて, かかって, かかってるが, したの, しろそれから, するさと, その予算, つめかけました, なって, ならいたる興行法, なるそう, はいり込んで, まだいる, まゐりぬ, みちびき安心, もつて, ゆく, わり当てられプロレタリアート, ゐる女優あて, アービングが, インガを, オペラの, トラビヤタを, ヘソ・レビュウという, 一同を, 上りし折, 上りて, 上演せらる, 与ふる論文, 乗り出して, 乗込んだとき, 京橋区新富町の, 今年の, 代つて新人, 似た風, 何か, 使用せられ, 侵入し, 傭は, 入ったとき, 入つた, 入つたこと, 入りて, 入り候, 入ると, 出かける前, 出す事, 出だしても, 出づべき期, 出づるにこそ, 出でなどは, 出ること, 出る前, 出掛けて, 出演した, 出演する, 劇場員一同を, 匹敵する, 取っても, 受け容れられずたまたま, 合併し, 向けて, 向って, 向つて, 命名したる, 嘖々の, 団十郎乗込み, 在って, 在る, 在るもの, 坐りそれ, 外国劇万能の, 大小の, 大統領が, 奇術交靈術オペラコミックの, 姿を, 対抗する, 対立すべき, 対立する, 對する, 少し反感, 少女歌劇を, 居る気, 居る限り, 属する若手, 幸四郎の, 引き寄せ独特, 引寄せそこに, 往きて, 往き妓楼, 応用した, 怖ぢ気, 悩む必要, 悩んで, 惹きつける最も, 押しかけ蜿蜒長蛇, 押し寄せて, 招待し, 拠って, 拠つて仕事を, 拠ること, 拠る土方与志, 持ち来り背景, 持ち込むとき, 持ち込んだ, 掛ったん, 推薦する, 新聞記者招待の, 於ける壮大, 於ける現代劇, 於ける私, 於ける著名, 於てと, 於る, 書附け, 最も適当, 未来の, 本来あるべき, 来ては, 来り看る事, 来る, 来るたび毎, 歩み入った時, 残って, 毎日の, 比較し, 求められないと, 求めること, 求め舞台, 演じられる突飛, 演ぜられた西洋オペラ, 演奏せられた, 瓶口という, 登るべき日, 相当の, 着くと, 立寄りしに, 籠るであらう, 約半年, 納入する, 続々上演, 聞きに, 聞き馴れた音楽, 職を, 背を, 脚本を, 臨御に, 至る, 興味を, 舞い戻って, 行かうとか, 行かない人々, 行きそれから又, 行くさ, 行くなら, 行ったとき, 行つたのは, 行つて楽しむ, 見物が, 誘い出されて, 誘ひ出して, 負けず大掛り, 赴く彼, 辿り着いて, 近い福富, 近づいた, 近づいたとき, 進出し, 進出する, 過ぎぬ有, 遠ざかつてゐる頼母, 長くいた, 関係が, 限られて, 集つた人々だけを, 集ひし, 集まる見物, 集まる観衆, 集るところ, 馴れないから, 魅力なく

▼ 劇場~ (213, 6.4%)

3 一年に 2 俳優は, 日本一の, 木挽町の, 築地小劇場

1 [202件] あたかも研究室, あまりに見物, あり得ないが, いつも通り蓋, おそらく今後, かかる新奇, かの頻りに, かれら, きょう革命劇, ことごとく灰, この制度, この幸福, この時, これくらゐ, これらの, すこし片寄る, そのころ, その予算額, その他外国作家として, その数, その間殆ん, それゆゑに, それを, それ自身一層, ただ労働者諸君, だからプロレタリアート農民, ちいさくとも, つぶれて, どうか, どうである, どこでも, どの劇場, なかった, ふだんアイダや, まことに社会, またもや今度, まだ王室劇場, まっすぐに, まもなく取り壊され, みな七草以後から, めいめい割りあてられた, もう直ぐ目, もって, もとより色々, もはや満員, やつぱり西洋の, よさないわよ, ゴンクウルドオデルナンを, サラ・ベルナアル座で, サンフランシスコの, シーズンを, スター養成所だ, バイロイト歌劇座そっくり, モスクワにも, ヴエエトオヴエン祭の, 一つとして, 一つの, 一の, 一万七千人を, 一体に, 一体今何ん, 一時これに, 一月余上演し, 一等国の, 一般の, 三月に, 上演を通して, 上演目録も, 不景気で, 中央地方を, 中村座であった, 乃公が, 二十日頃より, 云ふ, 人間が, 今まで, 今度の, 今月猿之助が, 何よりも, 何れを, 何を, 依然として不振, 俳優組合と, 俳優組合の, 先生の, 兎も, 全職業組合, 全部焼失し, 全部焼失した, 八分の入りだった, 公園の, 写真で, 出來よう筈, 切符を, 到るところ満員, 前述の, 勿論若干, 十三日より, 占領軍専用の, 即ち自由劇場, 古典劇場の, 可笑しいの, 四月興行女優劇に, 固より, 國賓を, 在来の, 夏に, 多くの, 大中小, 大入りだった, 大劇場, 大概出しものが, 大衆の, 天下幾人の, 妖怪屋敷の, 実際に, 家族的でし, 小さく粗末, 小山内薫の, 少いであろう, 左団次が, 市じゅうと, 常に客席, 常に座席, 常に経営難, 幹部俳優の, 廊下で, 建てられました, 当今の, 当然の, 後の, 必ずいつ, 急に, 愚かな, 戯曲中心の, 扉を, 抑も, 改築中で, 教室よ, 新奇であった, 新富座で, 既に藝術, 既に風間, 日に, 日本の, 早速御用劇, 映画と, 時間の, 最もよき, 最初自ら演劇の, 有料入場者を, 来月何日ごろ開場する, 東洋の, 松竹御, 果して商業主義, 次第に教養, 歌舞伎劇の, 歌舞伎劇以外に, 歌舞伎座を, 歌舞伎座新富座千歳座中村座市村座春木座この, 殆ど焼失した, 毎日全, 毎月開場する, 民衆の, 永久に, 決して松の内, 満員であった, 満員である, 焼け亡びて, 現代作家の, 現実には, 由緒ある, 畢竟彼, 皆そうな, 皆休みである, 目に, 真の, 真先に, 研究室で, 破産し, 私の, 私利を, 空間が, 経済的窮乏の, 美かつ, 興業資本にたいして, 興行成績が, 舞台を, 芝居を, 荘麗な, 西洋オペラを, 見物人で, 試演劇団としての, 警官隊に, 豪華日本劇場程, 軍隊に, 通天閣の, 開かれなかった, 開場式を, 間に合わんわい, 非常な, 靴の

▼ 劇場~ (207, 6.2%)

4 上演され 3 あつた, 上演された, 上演した 2 やって, やつた, 上演し, 上演する, 成功裡に, 私の, 脚光を, 自作を, 見た, 見たの

1 [174件] ああまで, あなたが, いたす廻り舞台, いわゆる奈落, いわゆる客止め, うけて, きいた, けい古な, これまで, すぐれた新旧, その処女作, その脚本, どんな不法, どんな俳優, なさけない見物人, なら何時, はじめてストリンドベリー, はじめてプラネタリュウム, はじめて見た, ひらかれる, ふたを, まだ空い, みじめな, もう坐っ, もう給料, やったが, やつて, やつと, よく大詰, わたしの, イプセンの, オニイルの, オペラを, ストリンドベリーの, タイーロフが, ニュースを, プラネタリウムの, マイダーノフに, モリエールの, ユタの, ラザロが, ワグナーの, ワグナー畢生の, 一ヶ年の, 三四十行ほど, 上演される, 上演せられた, 下稽古が, 之を, 乗り込みを, 二人に, 二時半から, 二階も, 今日, 今日まで, 仏蘭西洋画壇の, 会員の, 伸子たちに, 何んな, 偶然余は, 催して, 僕の, 公演される, 公開された, 六百ルーブリ第, 円朝物を, 再び見る, 出した, 包孝粛の, 十五日間続けれ, 十六日放送の, 古典劇と, 合うと, 吟味された, 喜劇爆笑隊公演に, 国際観光局が, 多くの, 夜食を, 女が, 婦女の, 実演し, 客を, 少くとも, 山本有三氏の, 巡回上演し, 市村座は, 帰朝第, 幕が, 幕間の, 幾たびか, 序幕の, 座席が, 廻り舞台を, 役者の, 彼女と, 彼女も, 彼等仏蘭西人が, 御話した, 拍手の, 支給する, 支那人の, 政府が, 故人の, 文芸協会の, 新しく再演, 新協が, 旗拳公演を, 既成の, 日本プロレタリア文化連盟が, 明日から, 明治三十年三月の, 時おりわたし, 曲芸みたいな, 朗読し, 本読み, 朱い, 松竹レヴユー見物まことに, 案内係を, 歌に, 歌舞伎が, 毎月の, 水文学会会員の, 活躍する, 満たされないで, 演じられる, 演ぜられるという, 演技者たちの, 漫談, 無残な, 盛に, 相当な, 程度の, 第一部, 箏を, 経営の, 給料の, 美しい芝居, 群集の, 自分の, 興行した, 興行する, 舞台びらきには, 舞台裏の, 花々しく旗挙, 行った, 行はれ, 行われた, 行われたが, 行われて, 行列を, 見たこと, 見た志賀, 見た感じ, 見た時, 見た美くし, 見る貴婦人, 見掛け一〇一番, 見物が, 観た彼, 許さなくとも, 試演を, 講談又は, 踊りながら, 逢ったこと, 逢った時, 遣ること, 配布しよう, 開かれて, 開催された, 開演され, 開演し, 開演せられ, 隣り合った不行儀, PCLの

▼ 劇場~ (189, 5.7%)

10 行く 6 入る 5 行って 4 行った 3 出かけて, 出て, 行き

2 [11件] ゆけば, 入った, 入り, 入ろうと, 出る, 出る時, 出掛けた, 行くほか, 行っても, 足を, 連れて

1 [133件] いって, かけつけある, かけつけて, かけつけました, そこに, ちょっと行っ, でかけた, でかけたり, でかける, でた, のりこむ, はいって, はいること, まあ入れ, まわる, もえうつった, もどって, やって来て, やって来ると, ゆくと, ゆくとき, ゆく時間, わざわざ引っぱり出し, オペラを, ゲオルグカイゼルの, トリの, マーカス・ショオを, ラ・トラビアタを, レヴュを, 一から, 一再ならず, 三益の, 不二洋子一座, 中村の, 以前から, 伴って, 先に, 先日感心した, 入ったらワッ, 入って, 入りジョン, 入りトビス, 入りビクター脱退五人組, 入り中山延, 入り揉ませる, 入り日活, 入り松竹, 入り渡辺篤, 入る事, 入る田宮貞楽, 出かけること, 出したか, 出たの, 出ないかと, 出るが, 出ると, 出るよう, 出る今日, 出る昼, 出れば, 出掛けて, 出演する, 前進座を, 加は, 十日興行の, 十銭出し, 半分手を, 又入っ, 団体で, 国際観光局の, 大いに彼女, 大船映画と, 女優劇か, 女房と, 宇留木浩追悼の, 宝塚少女歌劇見物三度目に, 寄り, 寄りゆであづきと, 寄りチャップリン, 少女歌劇, 帰り, 引返す, 往きたいとか, 急ぎ, 招じられる, 文藝春秋愛読者大会あり, 新協の, 新派を, 日曜だ, 来て, 来るまえに, 来る途中, 松竹下加茂, 松竹大船の, 松竹家庭劇を, 案内される, 母上, 浪花節映画の, 漫画は, 現われたり, 着いた, 着いた時, 着く, 職業組合からの, 行かう, 行かないで, 行きその, 行き夜, 行き大, 行き舞踏会, 行くと, 行くの, 行くエンタツ, 行く日, 行く途中, 行ったこと, 行ったの, 行ったり, 行った時, 表からでも, 見物に, 観に, 訪ねて, 誘ったもの, 走らせた, 這入つて, 通った, 選ばれて, 里見藍子が, 青年部の, 飛んで, 首を, 駈けつける

▼ 劇場~ (171, 5.2%)

7 もって 3 出た, 出で, 出ると, 持って 2 中心として, 借りて, 出たが, 出て, 十重廿重に, 建立し, 建設する, 見た, 見に

1 [134件] あまり悦ばない, いつもつよう, うんと小さく, おごる, かこみジリジリ, その冬いっぱい, た, でて, とりまいて, どんな風, なやませて, はじめ更に, ぶツつぶし給, みて, もつと, もつ抱負, やがて建てる, やったの, やって, より効果, タッタ五万円で, マスターしか, メルポメネの, 一と, 一日見物する, 一日買切つ, 七月の, 中心に, 主管する, 二つも, 云ふ, 人民文化委員会の, 代表し, 作って, 作るの, 使用する, 借りても, 備へ, 出たの, 出たマン, 出た時, 出でたり, 出でたる此, 出ること, 創立し, 創設し, 創設した, 十カ所と, 占領し, 占領する, 向うに, 呼んだ, 圧倒し, 埋め軍楽隊, 失って, 始める時, 守る覚悟, 建てた, 建てたり, 建てようと, 建てようという, 建てると, 建てるの, 建てるよう, 建てる計画, 建て西洋, 建設しよう, 形成し, 後に, 意味し, 拡大した, 持つて, 持つと, 推奨する, 描ける絵本, 支配し, 救え, 映すの, 更に幾倍, 最初にと, 有楽座, 極めてザッ, 欲し, 歩いて, 満員に, 演説会場に, 焼かれたの, 焼かれて, 特にさう, 理想として, 皆こわし, 目当てに, 目当に, 目指す演劇, 眺め美術学校前, 移して, 立てるため, 経営し, 経営する, 縦横に, 繞る, 脱退し, 芸術的に, 見おろしました, 見て, 見る気, 見物し, 見物し得られる, 見物する, 覗いたり, 訪ひ, 設けたり, 設け地方, 設備し, 設立し, 買った, 買ったの, 買わせたのよ, 買収した, 貸して, 追はれ, 退去すべき, 逃げだすとき, 通じ一般大衆, 選び結果, 閉鎖し, 閉鎖しろ, 除き少く, 除く所領ブウルヴァアル劇場中, 隠退した, 離れて, 風靡し, 飛び出した, 飛び出したサルマン

▼ 劇場~ (156, 4.7%)

6 ある 2 あった, あって, あつて, 二つも, 見えた, 遺って

1 [138件] あったり, ありトゥウェルスカヤ, あるが, ある病院, あれば, いずれも, いつかわれわれの, いよいよ二月十二日, えりが, この男, これから試みよう, しばしば風紀, その一方, その上演目録中, その同人, その手伝, その活動範囲, その要求, それぞれの, それぞれ上演目録の, たくみな, できたといふ, どういふ, どんなによい, どんな工合, ない, ないこと, ないという, はねた時刻, はねると, ひまな, ほしいと, まだ存在, ストリップショウの, ダ, チェホフの, 一つあっ, 一つとして, 一つの, 一パイに, 上演した, 上演する, 不安なく, 不況に, 主催する, 二つや, 五ヵ年計画によって, 五日間連続し, 亡びると, 今牢獄, 代表し, 企業体ぢや, 会社が, 作家に, 元日から, 元日早々から, 公娼派の, 出來, 出来あがっても, 出来そう, 出来た, 出来て, 出来ました, 出来るという, 切符を, 初めて東京, 利益から, 創立せられ, 各々の, 同一観客層, 商売とは, 営利を, 夏休みな, 外国劇の, 多数倒壊し, 大きく発展, 好んで, 如何なるメトオド, 始めて, 存在する, 存立する, 容易に, 小山内さんによって, 建つちゅうようなこた, 建てられその, 建てられて, 引受けるべきであ, 必要だ, 必要である, 或作者, 戯曲と, 拵え得ない舞台, 持てるの, 描いて, 教養ある, 新しく建てられる, 新劇に, 新劇の, 新築された, 最も恐るべき, 来年度より, 桟敷と, 様々な, 歌舞伎と, 歌舞伎の, 沢山あり, 浅草の, 演劇以外の, 灰燼に, 無かつ, 焼けたとき, 焼失した, 特別な, 珍しく満員, 生れた, 相当に, 積極的に, 立ち行かない, 立ったり, 立って, 競って, 経営困難で, 絶えず興行, 自信を, 落成し, 藤森成吉氏の, 表面僕と, 譬へ, 責任を, 退歩し, 進歩性を, 選んだ理由, 閉場た, 開かれた, 開かれた時, 開かれて, 限られた見物, 馬鹿デカい

▼ 劇場~ (73, 2.2%)

2 である, 云ふ

1 [69件] いい小, いうと, いうよりも, いえば, いっても, いわれる国際, くらべれば, そして体育競技場, その予定地, その運命, た, なると, キネマが, ホテルなり, ローマ風の, 一の, 三つ見, 云うよう, 云うらしいが, 云ふも, 云へば, 付けます, 似た舞台, 俳優に, 俳優学校の, 動物園だけ, 動物園だけが, 動物園に, 動物園の, 動物園以外の, 区別される, 区別する, 反対の, 同じく其処, 同じに, 同じソヴェト全体, 同じ地続き, 呼ばれる, 呼んで, 塔と, 塔は, 大勝館の, 小劇場, 接触の, 文芸協会とを, 料理屋とを, 新劇協会とを, 映画俳優との, 有楽座, 染め出した浅黄, 比べて, 深い関係, 無理解, 特約した, 生死を, 異ひ, 異る, 美術学校と, 芝居茶屋の, 華美を, 観客との, 観客とは, 言ふ, 認められて, 趣を, 近代の, 違って, 配役がちやん, 雨は

▼ 劇場~ (45, 1.4%)

2 ある, その前, 出来た

1 [39件] あった, あって, あります, あるが, あるん, おいおいに, そういう試み, それぎりに, たいした成功, つい鼻, とかく不景気, なく市民, はつきりした, また焼亡, まだまだ充分, やはりその, われわれが, ストラトフォードの, 世界平和主義協調主義を, 今では, 他と, 儲かる事, 内部を, 初日は, 可なり, 各国の, 夏場で, 存在の, 展覧会も, 山の上に, 希望し, 拡張しよう, 日劇も, 有って, 殆ん, 活動写真も, 第三囘以後, 腰巾着の, 雰囲気も

▼ 劇場では~ (42, 1.3%)

1 [42件] あるが, あるとき舞台装置, すでに瓦斯, そこが, どれだけの, どんなにそれ, ない, アイスキュロスの, レビュウ, 一番前の, 三月十四日から, 二日の, 交互上演法によ, 仙台座という, 以上述べた, 会どころの, 児童心理の, 入って, 全く上演不可能, 古典劇の, 売りもの, 外国劇以外には, 小山内氏が, 幕を, 平土間一間一円五六十銭から, 最早一顧, 楽屋番が, 欧米の, 殆ん, 決してやつ, 泣く女, 浅草公園の, 満足しない, 演劇を, 男姿も, 競って, 装置不可能である, 見かえられず雑誌, 見物人が, 警官が, 車を, 香以は

▼ 劇場から~ (40, 1.2%)

2 して, 出て, 独立した, 遠ざけた, 飛び出して

1 [30件] そしてまた美佐子, ドルヴァル夫人といふ, 借りん事, 出たとき, 出ようと, 出ると, 出る慰問団, 女の, 嫌に, 小劇場, 差しむけ, 帰って, 帰る途中, 座長の, 引っぱり出されそうして, 引つぱり, 引離すといふ, 戯曲を, 支給する, 求められてるの, 溢れでる米兵, 生れて, 社交的空気を, 給料を, 色々の, 見物人も, 話が, 逃げ出した, 離れて, 電話が

▼ 劇場~ (34, 1.0%)

1 [34件] と至れり尽せり, ダンスホールぐらい, 何かの, 俳優の, 俳優は, 俳優を, 公園の, 図書館その他の, 地下室の, 寄席は, 寄席や, 寄席公会場の, 小劇場, 小説などの, 市場や, 料理店へ, 新しい橋梁, 新聞社に, 映画館で, 映画館は, 汽車の, 用達しの, 画の, 畫の, 百貨店などの, 縁日を, 興行物は, 茶館の, 集会帰りの, 雑誌の, 音楽会に, 音楽会や, 音楽堂まで, 食物屋の

▼ 劇場~ (30, 0.9%)

3 の無理 2 と作者, や俳優

1 [23件] が下着, が劇評家, が教養, との間, と相成りました, などは舞台監督, なん, に取, に対して出せ出さぬ, に背景画家, に開演日, の懐ろ, の注文, の轟, は, は世間, は図々しく, は少し, は競つて, は耽溺生活, は興行者, 及び興行者, 故轟九蔵氏

▼ 劇場主人~ (29, 0.9%)

2 はここ

1 [27件] があんまり, がこの, が大, なん, に報告, に手渡した, の手, の熟睡, の肩, の鼻先, はこと, はことごとく, はたまりかね, はなにがし区なにがし町, はふところ, は一日地団太, は人, は冷水, は十円札, は坐直し, は拍子, は指定, は振, は日当一日五円づつ仕事, は畑, は胆, は追憶

▼ 劇場でも~ (26, 0.8%)

1 [26件] あつたら, これを, それを, どこでも, なかなか声, やつて, やりまた, オペラの, モスコウ芸術座でも, 一度は, 劇場主が, 動かずには, 半額で, 在来の, 子供に, 対手には, 小道具なんかに, 感じられた筈, 採用される, 新作が, 旧い物, 毎月開場する, 決してやつ, 競って, 自由に, 重ねて

▼ 劇場~ (24, 0.7%)

2 に運動場, の空気, の食堂

1 [18件] でいわゆる, で用いる, で飯, における一種, にどっと, になりひびき, に催し, に客, に広い, に送り込ん, の一つ, の何処, の光景, の弁当, はぐるり, は文字通り, は満員, へ足

▼ 劇場~ (23, 0.7%)

1 [23件] からも多少, からよほど, から云, ではやはり, でもそう, でもまた, でもやはり, でも今後, でも無論, でも観客側, でも迷惑, でも頗る, でよくもそれほど, にちつ, に走っ, の人々, の希望, の弁明, の意図, の態度, の註文, は所謂, ばかりでなく

▼ 劇場には~ (21, 0.6%)

1 [21件] いつて, いること, かういふ水準, しばしば出入, するすると, ひつた, 不向きだ, 不向きの, 出演しない, 向かんと, 士官や, 如何なる関係, 座席が, 形体も, 新しい任務, 東京の, 決して出勤, 甘んじて, 立錐の, 舞台の, 鼠が

▼ 劇場主義~ (21, 0.6%)

3 と大

1 [18件] が窮極, とかを標榜, とか大, とになる, とは前, と提携, にそれぞれ, に一, に基く, に対する小, の劇作家, の所産, の有力, の根柢, の窮極, は両極端, は要するに, を支

▼ 劇場広場~ (17, 0.5%)

1 [17件] だが, だなんて, という所, に集る, に集るだろう, のエハガキ, の前, の大, の方, の方向, の方角, の角, の鳩, はどっち, まで戻る, を中心, を迂回

▼ 劇場である~ (15, 0.5%)

2 のにそれ

1 [13件] かのやう, からかれ, から大阪俳優, から見物, から驚くで, けれども市, ことを, ために, というの, にもかかわらず, のに入口, 有楽座, 私は

▼ 劇場という~ (14, 0.4%)

2 ものが, ものは 1 のが, ものの, ように, わけじゃあ, 名前だけは, 寄席が, 所から, 活動小屋の, 芝居小屋の, 金文字が

▼ 劇場向き~ (13, 0.4%)

4 の戯曲 2 だとか 1 だと, である, でないという, でないところ, ではない, の, の修練

▼ 劇場にて~ (12, 0.4%)

2 文芸協会公演, 自由劇場第 1 一たび見, 上演, 且はか, 初めて女優劇, 市川高麗蔵は, 弁慶上使の, 歌舞伎研究会開演, 貯へ

▼ 劇場~ (10, 0.3%)

1 からあんた, からと言, から座席, が今夜, これは, し案内所, といっ, とビリ, と第, のは

▼ 劇場とは~ (10, 0.3%)

1 その収容人員, 全くその, 営利の, 大正十三年度の, 思えないよう, 没交渉の, 言えないが, 違った自由, 違つて唯, 限らず

▼ 劇場にも~ (10, 0.3%)

1 あらず又, ある, ないといふ, 出勤し, 出場させる, 増して, 好ましい刺戟, 探偵劇にも, 略, 迎へ

▼ 劇場といふ~ (9, 0.3%)

2 ものが 1 のに, のは, 一定の, 処は, 劇場は, 晴やかな, 芝居小屋の

▼ 劇場監督~ (9, 0.3%)

2 として聞えた 1 と三役, の事, はす, はびっくり, はびつくり, は素直, を置い

▼ 劇場での~ (8, 0.2%)

1 メロドラマティックな, 初演の, 常習的な, 忠臣蔵大序における, 感動そのものまでが, 第一回公演, 話ゆえここでは, 賭博問題が

▼ 劇場~ (8, 0.2%)

1 たる抱負, としての意義, としての現実的, としての苦悩, に云, のメーデー, の何人, の生命

▼ 劇場~ (8, 0.2%)

2 一回の 1 一回公演, 一回試演を, 二の, 二回公演, 五回公演, 六回公演

▼ 劇場~ (7, 0.2%)

1 に掲げ出される, の人道, の宿屋, の暮方, の理髪店, の花輪, を通ったら

▼ 劇場当事者~ (7, 0.2%)

2 の方 1 からは顧みられなかった, によい, の中, もその, 及び歌舞伎剣俳優

▼ 劇場時代~ (7, 0.2%)

1 から知つて, に, に受けた, の多年, の彼, の舞台, へかけ

▼ 劇場とか~ (6, 0.2%)

1 いって, または新劇協会, 病気とかいう, 病氣とかいふ, 舞台とかが, 酒場とか

▼ 劇場に対して~ (6, 0.2%)

1 上演中止を, 僕は, 劇評家から, 国立劇場の, 年額五百法の, 新たな

▼ 劇場内部~ (6, 0.2%)

1 に思想的対立, のいわゆる, の人たち, の光景, の図, の構造

▼ 劇場運動~ (6, 0.2%)

1 でありもう, といふ名, に倣つて日本, はいつも, も今日, をひと先づ打切つて

▼ 劇場あたり~ (5, 0.2%)

1 がワンサ, にあつ, の, の小, へ何

▼ 劇場だの~ (5, 0.2%)

1 その他いたる, ウマイ物屋が, 土曜劇場だの, 近代劇協会だ, 遊び場だ

▼ 劇場であった~ (5, 0.2%)

1 がその後今日, が近年, と思います, ものだ, 時明治大学の

▼ 劇場以外~ (5, 0.2%)

1 から入る, では上演, に例へば, の文士, へはどこ

▼ 劇場支配人~ (5, 0.2%)

1 たり実行家, と争い, と立身, の嫉視, は青年作家ら

▼ 劇場~ (5, 0.2%)

1 とは営利的通俗派, と大, の分離, の貴族主義的傾向, の驍将

▼ 劇場組織~ (5, 0.2%)

1 が合理化, と結びつかね, の大, を閑却, 第二

▼ 劇場関係~ (5, 0.2%)

1 と財産関係, の人々, の人間, の作家, の芸人

▼ 劇場だって~ (4, 0.1%)

1 入れなかったん, 易々たる, 昔に, 運転資金と

▼ 劇場として~ (4, 0.1%)

1 三崎座の, 永らく米軍, 眺めたの, 芝居が

▼ 劇場との~ (4, 0.1%)

1 二種にて, 契約その他の, 間に, 間には

▼ 劇場などで~ (4, 0.1%)

1 わざわざ娘, パンパンと, 座席を, 見かける溌剌

▼ 劇場における~ (4, 0.1%)

1 その演技, 事件の, 生活が, 男女合併興行は

▼ 劇場への~ (4, 0.1%)

1 文句一まとめに, 牽制を, 話小林さんに, 闘いであった

▼ 劇場へは~ (4, 0.1%)

1 いる時, ひと足も, 入るどころ, 父兄が

▼ 劇場まで~ (4, 0.1%)

1 ついて, 一緒に, 来るの, 行かずサドー

▼ 劇場~ (4, 0.1%)

1 その主流, には多分, に鳴り響いた, 第二位

▼ 劇場乃至~ (4, 0.1%)

1 劇団は, 既成作家が, 映画会社は, 職業俳優と

▼ 劇場俳優~ (4, 0.1%)

1 が小, でともかく, にかえった, のガーリン

▼ 劇場全体~ (4, 0.1%)

1 で大, に素人, の秩序, の背景

▼ 劇場~ (4, 0.1%)

1 からとられる, の往来, の散歩, の茶店

▼ 劇場専属~ (4, 0.1%)

2 の俳優 1 のよく, の俳優二十七名

▼ 劇場建築~ (4, 0.1%)

1 が旧式, と演劇材料, に大, の設計者

▼ 劇場文化~ (4, 0.1%)

1 が如何に, の全面的水準, の向上, の近代性

▼ 劇場~ (4, 0.1%)

1 に出演, の建築, を一覧, 到処杖

▼ 劇場進出~ (4, 0.1%)

1 の希望等々, の話, をやつ, を目論んだ

▼ 劇場~ (3, 0.1%)

1 両国の, 何かで, 劇団のみが

▼ 劇場とでも~ (3, 0.1%)

1 その名, 命名したい, 大衆劇場とでも

▼ 劇場なら~ (3, 0.1%)

1 乃公が, 僕の, 初めは

▼ 劇場によ~ (3, 0.1%)

1 つてのみ, つて演ぜられ, つて試演される

▼ 劇場へも~ (3, 0.1%)

1 よく出かけた, 出たが, 見物に

▼ 劇場らしい~ (3, 0.1%)

1 劇場が, 劇場は, 大建築

▼ 劇場コメディイ・フランセエズ~ (3, 0.1%)

1 が特に, では専属俳優, の上演目録

▼ 劇場コメデイイ・フランセエズ~ (3, 0.1%)

1 のマチネー, の上演目録中, を辞した

▼ 劇場主義者~ (3, 0.1%)

1 でもなけれ, の夢想, の論議

▼ 劇場以後~ (3, 0.1%)

1 の習慣, の諸, の運動

▼ 劇場内外~ (3, 0.1%)

1 の光景, の形勢, の空気

▼ 劇場~ (3, 0.1%)

1 によって取りはずし, の焼香, は今日先生

▼ 劇場建設~ (3, 0.1%)

2 まで 1 の檄

▼ 劇場~ (3, 0.1%)

3 の劇場

▼ 劇場楽屋~ (3, 0.1%)

1 で, でアンマ, へ

▼ 劇場経営~ (3, 0.1%)

1 が最も, はもともと, は国家

▼ 劇場経営者~ (3, 0.1%)

1 も, もこれ, も映画企業家

▼ 劇場~ (3, 0.1%)

1 とは逆, につれ, の奥

▼ 劇場関係者~ (3, 0.1%)

1 に勲章, の生計, よりもモット薄情

▼ 劇場音楽~ (3, 0.1%)

1 としての形, としての長唄, として発達

▼ 劇場からの~ (2, 0.1%)

1 ウダールニクロシア, 臨時かり出しであった

▼ 劇場づき~ (2, 0.1%)

1 の俳優, オーケストラの

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

2 のへ

▼ 劇場であっ~ (2, 0.1%)

1 てしかも, て市村座以外

▼ 劇場であり~ (2, 0.1%)

1 千兩役者ばかり, 攻撃の

▼ 劇場でした~ (2, 0.1%)

1 が特別, が私

▼ 劇場です~ (2, 0.1%)

1 かな, もの

▼ 劇場ででも~ (2, 0.1%)

1 ホテルででも, 持馬を

▼ 劇場としての~ (2, 0.1%)

1 仮普請, 経済的基礎も

▼ 劇場としては~ (2, 0.1%)

1 もっとも進歩, 立派な

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 のである, のです

▼ 劇場なぞ~ (2, 0.1%)

1 へ顔, 焼失した

▼ 劇場などに~ (2, 0.1%)

1 あつて死劇, 出勤し

▼ 劇場なり~ (2, 0.1%)

1 これと, しならずや

▼ 劇場なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, もの余が

▼ 劇場にさえ~ (2, 0.1%)

1 入れなかったよう, 全く現実的

▼ 劇場にての~ (2, 0.1%)

2 前戯

▼ 劇場にでも~ (2, 0.1%)

1 ゐるやう, 這入るよう

▼ 劇場に対する~ (2, 0.1%)

1 劇評は, 観覧税の

▼ 劇場へと~ (2, 0.1%)

1 車を, 驅る

▼ 劇場より~ (2, 0.1%)

1 歸りし, 賑か

▼ 劇場よりか~ (2, 0.1%)

2 へりて

▼ 劇場よりも~ (2, 0.1%)

1 壮大なる, 居酒屋よりも

▼ 劇場を以て~ (2, 0.1%)

2 オペラに

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 に俳優, に劇場関係者取締

▼ 劇場中心~ (2, 0.1%)

1 の芸術的雰囲気, を生産労働区域

▼ 劇場創立~ (2, 0.1%)

1 の年, の時代

▼ 劇場員一同~ (2, 0.1%)

1 は午前十一時式場, を集め

▼ 劇場問題~ (2, 0.1%)

1 が曲りなり, は代表人等

▼ 劇場回想録~ (2, 0.1%)

1 を読まれる, を読んだ

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 の建物, の後ろ高

▼ 劇場所在地~ (2, 0.1%)

2 に移っ

▼ 劇場持ち~ (2, 0.1%)

1 といふの, といふやう

▼ 劇場映画館~ (2, 0.1%)

1 の閉鎖, 諸会社

▼ 劇場管理~ (2, 0.1%)

1 の二方面, を職業組合

▼ 劇場舞台稽古~ (2, 0.1%)

1 を見る, 第一日

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 は恙, をもっ

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 の狭い, や花柳地

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

2 に行く

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 など何, をここ

▼ 劇場~ (2, 0.1%)

1 の女優, の茶屋

▼ 劇場附俳優~ (2, 0.1%)

1 は上等一円, は上等三円

▼1* [281件]

劇場あって以来, 劇場からは誰も, 劇場からも優遇され, 劇場ぐらゐに籠んで居た, 劇場けい古場へ, 劇場けい古場人の集り, 劇場じゃ上へ, 劇場そういうことについて, 劇場そして創作座である, 劇場そっくりにいくつ, 劇場そのものの人気, 劇場その他で居士, 劇場その他四方にある, 劇場それからクラブまで, 劇場だけある, 劇場だけがさうなる, 劇場だけで上演された, 劇場だけでも三千人近くの, 劇場だったので休演, 劇場だつたか覚え, 劇場っていうのは, 劇場つきのロジイ, 劇場つまり俳優の, 劇場であったならばさ, 劇場でだけしか使えないの, 劇場でないにした, 劇場でなかつたらさぞよから, 劇場でなければ腐った何, 劇場ではとつくの昔, 劇場といへる劇場五十あまり, 劇場とかいうそういう一つ, 劇場とが取交した契約, 劇場とも比較に, 劇場とを完備せしめ, 劇場なかまであった, 劇場なぞは町でも, 劇場などがあげられる, 劇場などとちがって, 劇場などにて演奏させ, 劇場などにはやはりこの, 劇場などの屋内を, 劇場などはてんで入り, 劇場などもさう, 劇場なんか六十パーセントだ, 劇場なんかにも出たこと, 劇場においてあるとの, 劇場においては臨検の, 劇場にかかつた, 劇場による収容人員を, 劇場ばかりというヨーロッパの, 劇場ばかりについて云つてゐる, 劇場へでも出入りする, 劇場ほどなその空屋, 劇場ほんとうの演劇, 劇場また映画会社との, 劇場くに座で, 劇場みたいに醜, 劇場めいた正面の, 劇場もかと思ふだけ, 劇場わきの老木, 劇場をも持たない地方, 劇場を通して民心に, 劇場カーメルヌイ劇場諷刺劇場は舞台, 劇場グランドオペラに開催, 劇場グループではない, 劇場コメディイ・フランセェズに関する新た, 劇場コメディー・フランセエズの幹部, 劇場コメディー通俗物笑劇オペレットが, 劇場コメデイ・フランセエズの舞台, 劇場コメデイー・フランセエズの幕間, 劇場コルシュ劇場などがあげられる, 劇場スタジオで, 劇場スタツフつまり経営者, 劇場テアトル・リチィオで歌劇, 劇場ニューヨークのメトロポリタン, 劇場ホテルのすぐ, 劇場マチネーに行く, 劇場騒ガセ人ヲ, 劇場一般の構造, 劇場一部の物議, 劇場上演の, 劇場並びに著名俳優の, 劇場中賑かな歌, 劇場主たる少数の, 劇場主らは多く, 劇場主エベルトオは盛大, 劇場主ルュニェ・ポオを相手取り, 劇場主事の地位, 劇場主出迎へ柳町, 劇場主及俳優の問題, 劇場主川上音二郎が立っ, 劇場主本位のもの, 劇場主義そのものとを全く, 劇場主義戯曲の生産, 劇場主義的演劇の発生, 劇場主義的特色を発揮, 劇場主轟九蔵氏の追善, 劇場主轟九蔵氏急死に就き, 劇場主連が迎, 劇場事業が何人, 劇場二三を除い, 劇場二日目今日より二回, 劇場五十あまりはそれぞれ若干専属俳優, 劇場五階に在る, 劇場人件費を加算, 劇場人等が実際, 劇場今日の約束, 劇場今日初日で夕五時半, 劇場の女優, 劇場付きの女優, 劇場付旅館兼珈琲店に女中, 劇場代表者土方与志が霊前, 劇場以上の切符代, 劇場以来の興行資本, 劇場以来二三の演出家, 劇場以来日本の新劇運動, 劇場仲間の, 劇場俳優団の定期的南米巡業, 劇場俳優組合の合併, 劇場偶像の奴隷奴, 劇場入りは百人足らず, 劇場全焼のニュース, 劇場公演乃至企業, 劇場公苑など尋ねめぐり, 劇場兼映画館の前, 劇場内ニ掲出ノ, 劇場進出の, 劇場出入は三日間, 劇場出演の噂, 劇場出演二月の大阪, 劇場出身者で名題役者, 劇場初めての進出, 劇場初日を見る, 劇場前金龍館寄りにある, 劇場創立後三年間は無制限, 劇場創設にまで至るべき, 劇場劇団部主事小山内薫先生は昭和三年十二月二十五日午後七時, 劇場労働の種類, 劇場労働篤志団が組織, 劇場労働者みんな出かけたが, 劇場労働青年の遠征隊, 劇場博覧会その他公開の場所, 劇場即時建設案の賛否, 劇場及び劇団の, 劇場及機関道具等の変遷, 劇場台本ではない, 劇場附属演劇学校創立案なる, 劇場同じ職業俳優といつても, 劇場同様となれり, 劇場の戯曲, 劇場員中小山内先生の指名, 劇場喫茶カテイ名物食堂にいたる, 劇場営業者の職業組合, 劇場四つと前衛, 劇場団体見物の申込み, 劇場国民座の舞台, 劇場のストランド, 劇場地下室で将棋, 劇場壁新聞の展覧会, 劇場大体東宝劇場の真似, 劇場大好きよ青成瓢吉みたい, 劇場奏楽珈琲店種々の見世物, 劇場女優劇の二, 劇場妓楼に立ち寄った, 劇場学芸会などのうち, 劇場官庁などが如何, 劇場寄席その他の興行物, 劇場の尖塔, 劇場専属俳優にし, 劇場専用の広告気球, 劇場屋上の捕物, 劇場巡礼のため, 劇場已に閉ぢ行人漸く, 劇場帝国大学日本銀行停車場等も廃滅, 劇場帰りの姿, 劇場広場下宿暮しをする, 劇場建築史の貴重, 劇場建築計画のある, 劇場建築費が保存, 劇場式常設研究劇団の組織, 劇場式戯曲である, 劇場式演技が禍, 劇場式職業俳優団の示威的定期興行, 劇場式自然主義劇の跋扈, 劇場役員の葛藤, 劇場心座前衛座等の手, 劇場払底の際, 劇場支配人舞臺監督者及び小, 劇場教会堂水泳プールから保安警察, 劇場文化統制の加圧, 劇場文芸部の北村喜八氏, 劇場文芸部起草の追悼文, 劇場料理店すらも入る, 劇場料理店停車場ホテル舞踏場如何なる所, 劇場新協劇団は後者, 劇場新宿セントラル浅草小劇場と三つ, 劇場新富座の隣り, 劇場新栄座において見た, 劇場新橋演舞場が鼎立, 劇場新橋演舞場歌舞伎座帝国劇場と華美, 劇場施設に対する為政者, 劇場映画製作所ソヴェトの運営, 劇場映画館等は直接災禍, 劇場映画館飲食店織るが, 劇場の部, 劇場東京劇場は早速, 劇場は十八万円, 劇場の劇場, 劇場案内記等の類, 劇場楽屋小佐川鶴之丞, 劇場横町の角, 劇場機構の改革, 劇場機能とを完全, 劇場歌舞伎座などを見物, 劇場正面に飾られた, 劇場殊に新劇に, 劇場没落の翌年, 劇場没落後の仏蘭西戯曲界, 劇場浅草座美人座のピチピチ, 劇場満員新年の市中寂寥たる, 劇場独特の恐怖劇, 劇場珈琲店競馬場寄席音楽堂市場と云つた風, 劇場現在のモスソビエト劇場, 劇場理事らも芸術家ら, 劇場生え抜きの作家, 劇場生活を営ん, 劇場の小道具等, 劇場合わせたよう, 劇場留学を自由, 劇場的身ぶり誇大したる表情, 劇場監理官ハンメル・ランクバッハ男爵閣下に申, 劇場監督チヤールズ・フロオマンは恐ろしい厳し, 劇場監督者と同, 劇場に入る, 劇場研究会なんぞもそこで, 劇場祇園館が開場式, 劇場稲荷座を経営, 劇場稽古を見る, 劇場空前のレコード, 劇場管理者などが集り, 劇場管理者その他と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, 劇場経営維持に同じ, 劇場縁日随分見た, 劇場はそれぞれ, 劇場脱退等が記憶, 劇場自体が幕, 劇場舞台をはなれ, 劇場舞台開きをなせし, 劇場芝居も興味, 劇場芸術家の参加, 劇場える, 劇場見物に誘う, 劇場設立をとなえ, 劇場設立地は丸の内, 劇場設計の, 劇場調査を初めた, 劇場諷刺劇場は舞台, 劇場趣味がさうさせる, 劇場の幽霊, 劇場農産物品評会場青少年学芸展覧会場などが整然, 劇場近くにある, 劇場通りの方, 劇場を迎え, 劇場運動時代あれりを, 劇場運動時代あたりを, 劇場運営委員会への希望, 劇場銅像等あり, 劇場開場式の夜, 劇場関係生活だの探偵劇, 劇場関係者一同が歌舞伎天覧, 劇場関係者一同フロックコートで整列, 劇場関係者取締及び脚本検閲, 劇場關係の人, 劇場關係者の家族, 劇場附きの俳優, 劇場附属の人員, 劇場附近は勿論, 劇場集合日劇チームと一座, 劇場頭取前田厚長両名, 劇場の冠, 劇場馬鹿にしてた