青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「卓~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~半分 半分~ 半年~ 半日~ 半蔵~ 半身~ 卑怯~ ~卒業 卒業~ ~卓
卓~
~卓子 卓子~ 協力~ ~南 南~ 単なる~ ~単に 単に~ ~単純 単純~

「卓~」 3375, 36ppm, 3191位

▼ 卓~ (924, 27.4%)

250 上に 59 上には 47 前に 46 上の 40 上へ 20 上を 18 上で 13 うえに 12 上から 11 前へ 10 方へ 9 下に 8 前で 7 下を 5 そばへ, 下で, 側に, 傍へ, 前の, 端に 4 なかに, ほうへ, 周囲に, 縁を, 間を 3 ところへ, ところまで, まわりに, 上, 上なる, 上において, 下から, 下の, 側へ, 隅に

2 [33件] かたへ, したの, そばに, ところに, ほとりは, まえに, まはり, まわりを, テーブル, 一つに, 一方に, 上では, 上にて, 上にも, 上は, 下へ, 仇を, 傍に, 傍を, 向うに, 向うの, 向う側に, 引出から, 彫刻の, 所へ, 抽出し, 抽出を, 抽斗は, 方に, 端を, 角まで, 閣へ, 陣を

1 [228件] あたりに, あちこちに, あっち側で, あるきり, あるところ, ある為切, うえには, うえの, うしろの, うしろ姿を, かたちの, かなたに, きはに, さまして, すがた, その上, そばにも, そばの, そばまで, そばを, とっつきの, ふところ刀と, へりに, ほうに, ほか家具は, まわりには, まん中に, めぐりに, ような, ように, よろこびも, クロース皮膚の, コップの, ビールの, 一勇士に, 一族と, 一番壁に, 一番端の, 一端に, 一端には, 一端の, 一角から, 一角と, 上かな, 上が, 上がわ, 上だけを, 上です, 上などで, 上なり, 上にかけて, 上にとり, 上へがたりと, 上も, 上や, 上一ぱいに, 上両手を, 上帰り途の, 上当時未だ, 下と, 下のく, 下風に, 両側に, 中に, 中ほどに, 中通りに, 主任は, 乱あり, 人たちを, 人は, 人物は, 供物を, 側なる, 側の, 側を, 傍なる, 傍まで, 前には, 前まで, 前を, 剣は, 剣を, 勢いは, 勢力に, 十二人に, 半分は, 口から, 古銭の, 右側に, 右隣り, 名だたる黒文字, 向うで, 向うには, 向こう側に, 向側から, 周囲を, 命を, 四つ五つは, 四隅に, 声が, 変この, 外に, 外二三組しか, 大乱李, 大敗に, 女婿の, 姿が, 字の, 家臣たちが, 寝殿の, 対岸に, 左の, 幅の, 幾つと, 床の間よりの, 床の間を, 弟の, 後堂へ, 応対ぶりは, 怒りは, 性格は, 悪行や, 悪行を, 意の, 意を, 態度を, 所に, 手へ, 才の, 扶持を, 押匣へ, 抽出から, 抽出にも, 抽出の, 抽斗が, 抽斗し, 抽斗に, 抽斗の, 抽斗抜き出しあり, 掌から, 数は, 数列に, 方には, 方は, 方へと, 方を, 旧臣で, 春蘭と, 智慧嚢だった, 杯に, 東南の, 枕元について, 様式から, 横に, 横手に, 横手へ, 機嫌も, 武士たちは, 死を, 死角を, 死骸に, 溝には, 火の, 為切の, 片側に, 片端を, 片隅から, 片隅で, 片隅には, 田島の, 男が, 留守の, 病も, 病床を, 眸は, 眼に, 眼前に, 神の, 端まで, 箱から, 粉胡椒を, 素ッ首を, 縁に, 義團に, 老母で, 耳へ, 股肱として, 肱濡れぬ, 背を, 胸を, 腐った屍, 花の, 花を, 花瓶に, 蓋を, 蔭から, 蔭に, 蝋燭が, 蝋燭の, 西洋婦人に, 角に, 角へ, 角を, 訊ねに, 諸氏に, 豪勢なる, 足もとに, 車は, 車を, 軍は, 近くに, 近所からはわ, 退出は, 遺臣の, 野望は, 鉢の, 鍵や, 長者三重機関長の, 間に, 陣へ, 陰で, 階段を, 面は, 面を, 面前へ, 風景を, 首を, 騎士の

▼ 卓~ (847, 25.1%)

26 は思 17 の心 15 に言 14 は由子 12 はその 11 は思はず 10 と由子 9 は木村重吉 8 の顔 7 を訪ね 6 の机, の言葉, はすでに, はそれ, は心, は澄江, は言 5 は然し, は苦笑 4 なの, に会, に語, の手, の眼, の胸, の記憶, はもはや, は答えた

3 [20件] が文子, と他, と澄江, のこと, のもの, の場合, の姿, の少年, の新聞, は, は呆れ, は屡々, は思ふ, は感動, は突然, は自分, を呼び寄せ, を愛し, を殺す, を訪ねた

2 [70件] が, が好き, が憎い, が死んだ, が由子, だ, だつて, であつ, ではなかつた, という男, との愛情, との関係, と同じ, と文子, と結婚, と肩, にとつ, になかつた, にむしろ, に一眼会, に会ひたい, に別れる, に向, に寄せる, に棄てられた, に答えた, に言つたの, に話しかけた, のあと, のため, のほか, の冷めたい, の子分, の安らか, の恋, の恋愛, の愛人, の愛情, の生活, の瞳, の素朴, の結婚, の返事, はこの, はただ, はむしろ, は久々, は二人, は何, は冷然, は古川澄江, は己, は思はざる, は時々, は次, は答えなかつた, は苛立たず, は街, は言つたの, は退屈, ばかりのこと, もまた, らしい青年, を奪, を故郷, を殺し, を見る, を訪れた, を認め, を逃げる

1 [430件] から逃げる, から電話, がある, がいう, がいと, がうるさい, がこの, がさうだ, がその, がです, がとつぜん, がはじめて, がひとり, がまだ, がもし, がもはや, が中学生, が予言, が仕事, が信造, が唯一, が四歳, が堪えがたい, が夜更け, が大念寺, が子供, が居合, が幼い, が彼, が憎, が新潟, が澄江, が物心, が知らなかつたら, が社, が立去つ, が絶えざる, が自分, が舞踏場, が茅ヶ崎, が街, が見舞, が財産, が野々宮, だとは, である, であるだけに, という青年, といふ奴, といふ新ら, といふ男, といふ若者, とかういふ, とてももと, との恋, との生活, との結婚, とまつたく, と会つた, と信造, と共に数回, と呼ん, と嘉村由子, と思ひこん, と恰も, と木村重吉, と語り, なら彼, にあの, にうらみ, にきいた, にさういふ, にささやいた, にし, にその, にとつて心, にはこの, にはむしろ, には勿体な, には女, には理解, には知らせなかつた, には自殺, には解せない, にふりあてられた, にめ, にめばえはじめた, にも, にもやつぱり希望, にも分る, に不要, に与える, に代る, に会う, に会ひたい気持, に公言, に再会, に別れ, に動物的, に向けはじめ, に哀願, に問, に威厳, に就, に就い, に待ち, に待ちぼうけ, に心, に愛情, に手紙, に拒絶, に暗示, に来, に残した, に比較, に無, に燃やす, に甘えすぎ, に直接, に知らさなかつた, に絡みかけ, に自分, に興味, に親しむ思ひ, に誘はれ, に語つて, に語り忘れ, に語る, に身体, に都合, に頼む, に鬱憤, のあくど, のさめはてた, のしめつた思ひ, のまこと, のみぢめ, のみにあつ, のみに理由, のやう, の一挙手一投足, の不断, の予想通り, の事, の二人, の仕事, の仕事部屋, の企ら, の住居, の侮り, の信頼, の内省, の冷たい, の冷酷, の前, の友情, の口, の口べり, の名, の周囲, の哄笑, の問, の営々, の大人げ, の好み, の妖しい, の威厳, の子供, の屍体, の帰宅, の幻, の幼馴染, の影, の思ひ, の思想, の惨憺, の想念自体, の意志, の愛, の愛する, の感傷, の感動, の態度, の我儘, の拒絶, の推量, の方, の旁, の最初, の有頂天, の様, の正面, の武勇伝, の死因, の毎日, の気, の洋服, の混乱, の物, の物憂い, の現れ, の現実, の生き方, の知る, の知人, の私事, の笑ひなの, の経験, の考, の股肱, の胸底, の訝しげ, の訪れ, の話, の誇り, の調子, の足取り, の退屈, の遠縁, の遺産, の隙, の靄, の頭, の高圧的, はあらためて, はいくらか, はかうし, はかつて, はきいた, はききたくなかつた, はきつと, はきびしく, はさめはてた, はそう, はそれゆえ由子, はそんな, はそッ, はたしかにホッ, はただちに, はとつく, はとつぜん, はどうして, はなにか, はにこり, はぬきさし, ははじめ, ははじめて, はひとり, はひとり歩き, はびつくり, はまた, はまだ, はまるで, はもし, はやや, はエスパニヤ軒, は万年床, は三十, は不感症, は事, は人, は仕方, は他, は信じ, は信造, は俺, は先頭, は冷めたい, は冷めたく, は冷めたく突き放した, は凡そ, は原始, は厭世港市, は反射的, は叫ん, は叫んだ, は吹雪, は呆気, は呆然, は呪はず, は喋る, は嘘, は四年前, は土足, は夢, は大念寺, は女, は娘, は子供心, は孤独, は少年, は少年時代, は屍体, は左門, は帰る, は帰郷, は常に, は当り前, は当惑, は当日朝, は当然, は彼, は後, は必死, は怒り, は思つたの, は思つて, は思ひだした, は恰も, は悔いた, は慟哭, は我, は散々, は文子, は新鮮, は明るい, は暫く, は最も, は歩きつかれ, は残つた仕事, は汽車, は洋服, は漸く, は父, は理知的生活, は疲れ, は目当, は砂丘, は立上, は笑つた, は笑つて言, は筆, は絶望, は絶望的, は考へる, は肉体, は肚, は肩先, は背延び, は胸, は腹立たし, は自動車, は自然, は舞踏場, は苦痛, は落, は蝋燭, は言訳, は訊いた, は語学, は越後新報, は踊りたい, は踊りたかつた, は踊る, は酔漢, は野々宮, は銭湯, は長い, は閃く, は風, は黙つ, への嫉妬, への憎しみ, への憎悪, への敵対, への言伝, へ寄せる, ほども明瞭, もいや, もこれ, もそれ, もそれら, ももはや, も今度, も去, も同じ, も憎く, も数回, も木村重吉, も来合し, も永辻夫婦, も澄江, も独り者, も由子, も知らなけれ, や他, や澄江, よりももつ, よりも二つ三つ年上, よりも遥か, らしいと, らしき青年, をその, をちら, をみく, をめぐつ, をめぐる, を冷やかす, を刺した, を刺し殺し, を加えなけれ, を友達, を味方, を呼んだ, を咎めた, を咎める, を好いたら, を待つ, を待合, を忘れ, を思ひき, を思ひだし, を惨め, を愛し疲れた, を憎む, を憎む思ひ, を捨て, を措い, を有頂天, を殺したかつた, を甘く, を知り, を知る, を裏切る, を視凝, を訪ねる, を訪れる, を詰った, を追, を食事

▼ 卓~ (377, 11.2%)

23 囲んで 18 隔てて 16 叩いて 11 前に 8 たたいて, たたきて, はさんで 7 かこんで 5 叩いた, 囲んだ, 挟んで, 挾んで 4 へだてて, 圍んで 3 打った, 打って, 選んで, 隔て, 離れて

2 [18件] かこみお, かこんだ, ことこと叩く, とび降りて, 作りそれ, 共にした, 叩かんばかりに, 叩きつつ, 叩きながら, 叩く, 囲みて, 囲むこと, 圍み, 打つ音, 立て形, 隔てながら, 離れた, 飛び降りた疾風

1 [199件] えらんだ, おいて, おいては, おくと, おりて, かこみ久かた振り, かこみ包, かこみ河合少佐, かこむ, かこんだこと, かこんだところ, ここに, さえ共, さしはさんで, して, すこし高く, た, たたいたり, たたいても, たたき鼻歌, たたく, たたくと, たたくやら, ちゃんとし, つないで, ともにし, ともに討たん, とりかこんだ五人連, とりまいて, とんとたたい, どんと叩いた, なかに, はさんだが, はさんだ向い側, はなれた, ぱたぱた叩い, ひきつけて, ひろげて, へだてた向い合せ, べつに, みたした, めぐつて歴史文学, めぐりて, ガタガタゆすっ, クラスの, トンと, ドシンと, 一つに, 一つ置い, 下る, 並べたる処, 並べた小さな, 並べて, 並べ燻る料理ストーブ, 中から, 中に, 中心に, 主人に, 二つつない, 二つつなぎ合わせ, 二つほど, 二つ並べた, 二脚も, 五六脚の, 亡ぼしてから, 倒したもの, 入れるにさえ, 共にする, 分って, 刺さんとして, 刺すため, 十二置き, 占めたる一群, 占めて, 取るやいな, 叩いたり, 叩きつける, 叩き出したので, 叩き拍手, 叩き続ける, 叩き腰掛, 召使達が, 同じくし, 唐机で, 囲つて色々の, 囲みながら, 囲み一向, 囲み女給, 囲み諸, 囲み賑やか, 囲む, 囲むの, 囲む会話, 囲む気分, 囲む衆議, 囲む諸君, 囲んだの, 囲んだりなど, 囲んだ五六人, 囲んだ四人, 圍む三人, 圍む椅子には, 圍める, 壁際に, 央に, 守る旗本, 安ん, 庭の, 強く打ち据えた, 打ちあわせて, 打ちつ, 打ちて, 打ち式場, 打ったまま, 打つ, 打つた, 打つ振動, 押して, 押しのけ手, 押し出したので, 拍ち, 招かるるに, 拭く, 拳骨で, 持ちだして, 持ち上げた, 指ざし, 指しおん敵手, 指し示すと, 据えたるアキリュウス, 据えて, 据え椅子, 据ゑたる圓堂を, 据ゑてある窓へ, 据ゑ籐椅子に, 控へてど, 支える右手, 教えて, 敲いて, 旋廻し, 暗殺しよう, 構へて, 櫓の, 殴った, 殺させて, 殺さねば, 殺したぞ, 殺して, 殺し得たとしても, 殺す計, 殺そうと, 殺そうとして, 煖炉の, 片づけて, 片寄せて, 片寄せる, 發掘せし, 目がけて, 眼蓋の, 私は, 縁側に, 置いただけ, 置いただけの, 置いたよう, 置いた狭い薄暗い, 置いた豪奢, 置いて, 置きおなじく, 美枝子は, 自分等は, 蔽つた古い青い, 薫郁せしめ, 衝立の, 裏切って, 見つけました, 見つめて, 見る, 討たせる計略, 討たんと, 討ち損じて, 討ち終んぬ, 討つ, 誅伏する, 蹴たおしたので, 軽く叩き, 追いまくるの, 追って, 追撃すべきで, 運んで, 遠退い, 邸へ, 部屋の, 長く連ね, 隔てた二人, 隔てた向う, 隔てた客, 離れた暖爐, 離れ我, 鳴らしながら

▼ 卓~ (322, 9.5%)

6 向って 4 倚って, 倚り, 向かって, 向つて, 置いて

3 [13件] いた, ついた, つく, つくと, むかって, 両肘, 並べると, 向きあって, 坐って, 着いた, 肱を, 腰を, 頬杖を

2 [23件] ついたまま, ついて, のせて, よりかかって, 両手を, 並んで, 何か, 倚掛つた, 向いその, 向けた, 向った, 就いて, 手を, 持つて, 来て, 沿うて, 片肘, 着いて, 花瓶を, 行つた, 行つてその, 載せて, 頬肘を

1 [211件] あったハンド, あゆみ寄らむとせしに, あゆみ寄らんと, あるろうそく, ある身, いた準, うち伏す, うつぷして, うつ伏して, おいた, お膳立, かえった, かざられし緋, かしずいて, この由, さし向い素子, しあと, しがみつき上体, して, すがりて, すすんで, それぞれ置かれた, それを, ちょうどこんな, ついたとき, ついたリャボーヴィチ, ついた大河, ついた時, ついた肱, つかせたとき, つかまって, つき, つきビール, つく特權, つく鯉, つっ伏し両, つらねて, ならべぬ, ならべられた, のぼせ地, のぼった, ひとり坐っ, ひびく浪音, ふくむこと, むかふの, ゆき子を, よりかかりて, よりかかり誰か, よりかかり酒, よりかかり靴下, ゐた若い, エルリングは, ナップを, 三人が, 上り又, 両肱, 並べるの, 乗せて, 人を, 仕えて, 伏して, 会つたら, 伝えるが, 倒しかけたる椅子, 倒れた, 倚った, 倚ってる, 倚つて人の, 倚つて長い, 倚る, 倚れる, 凭つて花牌を, 凭つて麦藁で, 凭り, 凭れて, 割りこませて, 向いあった, 向いそして, 向い何, 向い千鶴子, 向い合った, 向い思うさま, 向う, 向うところ, 向えり, 向き合, 向った時, 向へ, 含んで, 四五人の, 坐するを, 坐ったり, 坐ると, 天運が, 姿を, 寄って, 対い合った, 導いて, 導く役, 小さいコップ, 小一時間, 少しづつからだを, 就いた, 就いたり, 就いた時, 就きたる間, 就くと, 就け, 就けり, 山川正太郎が, 差向ひでは, 帰つた, 座して, 座を, 御坐, 恨みの, 据わる, 揃う, 擁立され, 支えるの, 暇を, 書簡箋を, 書類を, 木蓮木瓜椿福寿草などの, 案内した, 椅り, 椅子を, 椅子一つ, 椿子物語, 構へる, 横に, 歩みゆきつ, 歩み寄って, 歩み寄つて, 歸つた, 水が, 注いで, 浪子は, 添える籐椅子, 滴る, 滿谷徳永小柴柚木などの, 片手を, 物書け, 獅噛みつい, 珈琲碗置いたる, 瓶を, 男が, 畫きたる, 畫ける, 登らせて, 盆を, 眼隈の, 着いたという, 着いたとき, 着いた事, 着いた時, 着くと, 着けば, 突ツ伏し, 籐椅子が, 緑色青銅の, 罅が, 置いた, 置かれて, 置かん, 置きたる乾酪, 置きて, 置き率直, 置き眼鏡, 置く, 肘つき, 肘を, 肱なげ, 胡桃が, 腰掛けて, 腰掛の, 臂を, 菊の, 行儀よく, 衝いて, 被つて, 要する安定, 覆つて, 見られる異常, 親しむこと十有余年, 贄を, 赤い紐, 身を, 転じた, 載って, 近づけば, 近寄って, 近寄り, 近附け, 運ぶ, 遮らるる胸, 野菊の, 鉢植の, 銀蒼鷹の, 降って, 集って, 集まって, 靠って, 面してと, 革の, 額を, 顎杖を, 顔を, 饗された, 香れる, 駆けもどると

▼ 卓~ (135, 4.0%)

2 仰天し, 手を

1 [131件] ありませんか, いうと, いよいよ眼, うなずいて, うめいて, おどろいて, かくて, くわっと睨め, ごく体裁, そういっ, そう云いつのっ, そこに, そこの, その巨, その巨躯, その後, その沸騰ぶり, その肥満, それだけでも, それを, そんなこと, とたんに大喝, なお丁原, なお怒気, なお言葉, にわかに前途, にわかに恐れ, にわかに気, はったと睨みつけ, ひどく肥満, ふと呂布, ほとんどその, ほとんどみな, またつづけ, また後, また機嫌, また起っ, まッ青, みがかれて, もうところどころ象眼, もう亡ん, もう怖, もう走り, もとより彼, やにわに客席, やにわに彼女, よろこんで, ガタッと, 一つ一つ拭き込ん, 一列, 一言も, 一面二面三面と, 不審を, 主に, 二言も, 云い捨てて, 何事かと, 侍臣へ, 俺に, 側に, 六千円といふ, 刃も, 前に, 剣に, 剣を, 卓面の, 咳入った, 唐机の, 嘲りながら, 地を, 堅い黒いニス, 大いによろこん, 大きくうなずい, 大会場の, 大得意, 天をも, 奪った戟, 容態を, 寂と, 帝を, 引出しの, 形相を, 彼の, 彼を, 彼女の, 怒気の, 振り向いて, 敵ながら, 斎戒沐浴した, 早くも, 早速帝, 朝から, 木理に, 朱に, 李儒を, 李粛を, 杯を, 椅子を, 樽の, 檄文を, 殺されまったく, 気にいった, 気に入ったらしく, 浮島の, 涼しかった, 火の, 狂乱など, 病も, 皇室の, 省中に, 私の, 竹とも, 笑いながら, 紫檀だ, 美酒を, 股肱の, 肯じ, 脂肪ぶとり, 自分を, 色を, 花瓶の, 虎牢関の, 貂蝉の, 貝塚に関する, 貴公の, 起って, 車の, 遂にその, 飛ぶ関左跡飄然, 飲んで, 首を

▼ 卓~ (105, 3.1%)

10 あって 2 ある, 一つある, 一つと, 一つ椅子が, 一つ置い, 二つ三つ置い, 据えて

1 [81件] あった, あったから, あつて, あり, ありその, ありそれ, あります, ありますが, あり小さい, あり正夫, あると, あるところ, ある土瓶, いうと, いつに, おいて, おかれた, この都, ずらりと規則正しく, その中央, ちょんぼり, どうも低, どっしりと, ならびそして, ひっくりかえって, ガラス窓の, 一つ丁寧に, 一つ入口に, 一つ聖像と, 一族は, 一脚すえ, 一見縦横乱雑, 与へられて, 並べられて, 並んで, 並んでる飲屋, 二つあっ, 二個その, 二月堂だった, 五つ六つ一種風致の, 何し, 出されて, 十一二列, 十五六置かれ, 千円香炉が, 咎めると, 四ツ五ツ排列し, 固いとか, 宣言した, 寄せ集めて, 少しぐら, 巧まぬ粋, 幾個か, 怒るの, 愚かだった, 持ち出されました, 据えられ無数, 据ゑてあつて何やら, 昇殿した, 朝廷に, 朝廷へ, 李粛へ, 死んだと, 殺された大乱, 殺されてからは, 殺したと, 殿上に, 洛陽を, 混凝土の, 添は, 白い泡, 空いて, 立てられて, 終ると, 置いて, 置かれて, 置き合せられて, 見えた, 配置され, 頑として貂蝉, 首を

▼ 卓~ (61, 1.8%)

14 の上 2 のかかった, の代わり, の角, の面, をかけた, を取り集めた, を掛けた

1 [33件] からからだ, から一つかみ, がいや, がかかっ, がかけられ, が地, が空, が美しく, と渋色, と花, にこぼれた, には煙草, に並ぶ, に物憂い, に眼, に覆われ, に近づけ, のよう, の前, はきれい, はシャンデリヤ, は清潔, もない, も掛けず, や食器, をた, を剥ぎ取, を挟ん, を汚した, を照らす, を特別, を眺め, を重ね

▼ 卓~ (43, 1.3%)

2 数十年来この, 書いたのに, 食事を

1 [37件] さつきから, したためること, する話, たべた, つつましい祝杯, は電信兵, やって, アンリ親分が, セッセと, ビールを, ペンを, 丸田が, 主筆さんが, 二三の, 二三人の, 他の, 僕は, 向きあって, 大勢の, 妻とともに, 実験の, 昼餐, 朝の, 殻つきの, 殼つきの, 無政府主義的, 生薑水と, 用談を, 空に, 給仕女達と, 茶を, 薔薇色の, 話し声が, 費やしたが, 酒を, 飲んだ, 飲食する

▼ 卓~ (36, 1.1%)

3 椅子が 2 椅子を

1 [31件] ある寺院, いい元, いい呂布, その周り, ちょうど反対, イスを, フロア, 一方の, 三脚の, 同じやう, 呼んで, 四つの, 天蓋の, 婆あ, 将門との, 戦い董卓, 戦って, 柩との, 椅子, 椅子と, 此月の, 洋服箪笥だけを, 皇甫嵩の, 籠の, 義父養子の, 腕つきの, 腰掛とが, 色の, 薬瓶と, 趣味の, 長い腰掛

▼ 卓~ (34, 1.0%)

1 [34件] あの様, あります, いささかの, ことごとく空い, さすがに, しつらえられて, そうだ, その私邸官邸, それ等に, つい図, ない椅子, また, またその, 以前目を, 儀仗の, 全家, 共に色, 兵を, 大いによろこん, 当時の, 思わず駒, 暗愚で, 李儒に, 気がついて, 気づいたので, 汚れて, 瓶の, 空いて, 置いては, 腐りきった態, 腰掛けも, 色を, 花瓶の, 蓄音機も

▼ 卓~ (31, 0.9%)

2 帰って, 流れた

1 [27件] つくにも, サーヴィスに, 一所に, 倚り, 勘定を, 向きあって, 向ひ, 向合せ, 坐らせられた, 庖人が, 座ると, 忙しく動き出した, 戻りました, 抛り出した, 持参の, 提出した, 移り知世子, 突いた両, 置きに, 置くと, 肱を, 行って, 言葉を, 軽卒しく, 近よる, 頬杖つい, 頬杖を

▼ 卓には~ (28, 0.8%)

2 松の

1 [26件] いく品かの, いろいろの, お客も, この大軍, もう大勢団欒, オモチャの, 三鞭酒の, 勇ましい姿優, 唐招提寺で, 姪の, 得難い高級, 御馳走が, 柑子無花果など, 毯を, 發射された, 皿や, 磨き上げた真鍮, 禅僧が, 脱ぎすてられたまま, 花が, 薔薇の, 蜷川の, 見えた, 錦が, 阿片喫煙の, 麺包あり

▼ 卓から~ (25, 0.7%)

4 卓へ 2 取り上げた

1 [19件] 一二歩後ろへ, 一人が, 他へと, 仲裁の, 俯向いてる, 子を, 室内の, 密, 持って, 時を, 湧いたやう, 立ち上がった, 立った, 立上る, 置物の, 見た私, 調子外れの, 起って, 首が

▼ 卓~ (24, 0.7%)

1 [24件] でВОКС, でこの, でぢ, でめし, で三人伴, で中年, で休ん, で何, で切り, で友人, で古い, で同じ, で夫人, で打ち砕いた, で新聞, で独り, で玉, で露字新聞, で頻り, で食事, に八人, の並んだ, の無い, へだした

▼ 卓~ (23, 0.7%)

2 椅子や, 椅子を, 椅子書類入の

1 [17件] その上, スタンドの, ベンチが, 寝台の, 帝の, 朝飯の, 東洋風に, 棚に, 棚の, 椅子が, 椅子は, 椅子までが, 榻に, 白いシイツ, 腰掛が, 袋棚の, 鏡や

▼ 卓越せる~ (22, 0.7%)

1 [22件] ことを, ところでは, を以て降灰, ドイツ, 人々の, 人々も, 人物の, 創始者たちが, 古作品, 名僧大徳の, 哲學者兼神學者の, 学理を, 意見に, 戦争準備によって, 技術を, 政治家とは, 歡喜と, 画家に, 裁判官たる, 裁判官の, 重要さを, 頭脳の

▼ 卓一君~ (16, 0.5%)

1 [16件] からは折返し, で僕, と昨日こ, のもの, の事業, の勧め, の方, はちょい, はね何, は何, は午後, は小, は心臓, は来た, は洋楽, は眼

▼ 卓~ (15, 0.4%)

2 の前

1 [13件] と違っ, に次, のいう, のよう, の愛人夢子, の手, の掌, の職酷, の腕, の言葉, の顔, の鼻, を不即不離

▼ 卓にも~ (13, 0.4%)

1 [13件] あふれるばかり, おとらない才物, こえるもの, それに, たれ, たれかかつて, たれた, たれたなり, たれて, たれての, 一ツずつ, 寝台にも, 私は

▼ 卓一さん~ (13, 0.4%)

1 [13件] がじっと, が別嬪, が又, が女, が死んだ, と来る, にはちょく, は, はこ, はその, は不断, は昨夕七時頃, を下し

▼ 卓~ (8, 0.2%)

1 というもの, と道衍, に対する衍, に於ける, の言, を容, を得, 執えら

▼ 卓~ (7, 0.2%)

1 なるを, なる超俗思想, な一種, な俊秀, な才能, は極めて, を思はしめる

▼ 卓れた~ (6, 0.2%)

1 ものと, 作品である, 作家の, 姿が, 最も深い, 統率の

▼ 卓~ (6, 0.2%)

2 がある 1 ありとある, に就い, を奏し, を奏する

▼ 卓連俊~ (6, 0.2%)

1 がその, が水, が続く, はバケツ, は自分, を引き立て

▼ 卓~ (5, 0.1%)

2 ている 1 ていた, ており, て美しい

▼ 卓一はさ~ (5, 0.1%)

1 ういふ刻印, うでは, うは, う呟いて, う思ふ

▼ 卓とは~ (4, 0.1%)

1 まるで隣家, もともと何, 別に古い, 思えば

▼ 卓について~ (4, 0.1%)

1 三人が, 居ると, 水を, 頬杖を

▼ 卓~ (4, 0.1%)

2 にもたれ 1 の上, や書架

▼ 卓~ (4, 0.1%)

1 が終り, などの見解, の, の如き

▼ 卓~ (4, 0.1%)

1 たる旅絵師, たる精神, というよう, の僧

▼ 卓隣り~ (4, 0.1%)

4 の秋野

▼ 卓~ (4, 0.1%)

1 には招待状, に突いた, に落とした, のひろがり

▼ 卓あり~ (3, 0.1%)

1 て桃色, 粗末なる, 董卓の

▼ 卓では~ (3, 0.1%)

1 主筆編輯長一面主任二面主任, 勝見が, 若い岡倉天心

▼ 卓なる~ (3, 0.1%)

1 一人の, 白きうなじ, 花を

▼ 卓まで~ (3, 0.1%)

1 戻って, 持って, 来て

▼ 卓れたる~ (3, 0.1%)

1 ものである, 敍述及び, 精神的指導者たちは

▼ 卓一達~ (3, 0.1%)

1 がそれ, が遊ん, は小

▼ 卓~ (3, 0.1%)

3 を奏する

▼ 卓~ (3, 0.1%)

1 の有様, はそれ, を蹴ちらし

▼ 卓からは~ (2, 0.1%)

1 なれて, 感状と

▼ 卓~ (2, 0.1%)

2 しに

▼ 卓それ~ (2, 0.1%)

1 と平行, に準じた

▼ 卓として~ (2, 0.1%)

1 一同で, 谿流の

▼ 卓との~ (2, 0.1%)

1 ある部屋, 前に

▼ 卓~ (2, 0.1%)

1 ので膏, んで

▼ 卓によ~ (2, 0.1%)

1 つて地酒を, つて酒を

▼ 卓によって~ (2, 0.1%)

1 二人の, 煙草を

▼ 卓に対して~ (2, 0.1%)

1 一段声を, 何か

▼ 卓のうへに~ (2, 0.1%)

1 押しや, 置いた

▼ 卓のむ~ (2, 0.1%)

1 こうに, こうには

▼ 卓より~ (2, 0.1%)

1 之を, 卓に

▼ 卓一はつ~ (2, 0.1%)

1 づけて, ひに

▼ 卓一論~ (2, 0.1%)

1 と切り離し, は当

▼ 卓内先生~ (2, 0.1%)

1 は, も

▼ 卓~ (2, 0.1%)

1 に三つ, に坐っ

▼ 卓~ (2, 0.1%)

1 の上, をすえ

▼ 卓~ (2, 0.1%)

2

▼ 卓常に~ (2, 0.1%)

2 眼を

▼ 卓椅子~ (2, 0.1%)

1 など並べたる, の上

▼ 卓爾翁~ (2, 0.1%)

1 の話, は固

▼ 卓犖不覊~ (2, 0.1%)

1 の士, の大河

▼ 卓~ (2, 0.1%)

2 という者

▼ 卓~ (2, 0.1%)

1 という大将, には張飛

▼ 卓自身~ (2, 0.1%)

1 が出迎える, が率い

▼ 卓落不覊~ (2, 0.1%)

1 なる処士高橋自恃庵, の逸民

▼ 卓覆ひ~ (2, 0.1%)

1 に指, を持つ

▼1* [132件]

あまたあり, 卓いっぱいに拡げた, 卓からも酒は, 卓ごときに身, 卓さえ気が, 卓しか出してないが, 卓そも誰から, 卓董卓だ, 卓ですか, 卓での話し声が, 卓という将軍だった, 卓とがあり洋燈, 卓とても武勇は, 卓とには一人の, 卓とによって行われる, 卓ともなり默石彈松, 卓とを七千円で, 卓どのの兵馬, 卓などのことで, 卓などを叩いて, 卓にかよふ足, 卓についてをりましたの, 卓にでも凭った, 卓にとっては生命の, 卓にのこりて, 卓によりかかるよう, 卓によるすぐ眠, 卓に迄舞いかかる何ん, 卓のうへには置物なども, 卓へとあちこちうろついた, 卓へもお出し, 卓ほど距てた, 卓または机で, 卓までは十数歩も, 卓やら絨氈やら, 卓よりも皆興あり, 卓をさえ悩ましたほどの, 卓をめぐってところまだ, 卓をもしのぐ位置, 卓クロースだった, 卓囲ンダ, 卓一お前も踊, 卓一さへ立ち去る, 卓一さんだつてきつ, 卓一はくさぐさ, 卓一はさやうな加工, 卓一はめつたに映画, 卓一はやりかけの仕事, 卓一君可哀想に, 卓一洋風の椅子二三, 卓一脚椅子数脚をはこび込み, 卓は益話, 卓も八人, 卓三十円くらいのところ, 卓の辻, 卓をなす, 卓二十餘人の客人, 卓二台椅子四脚香炉と燭台一対, 卓が後, 卓以上だ, 卓侍郎を容, 卓先生の許, 卓から貴公, 卓其他が据ゑられて, 卓効疑いのない, 卓十八人に対しボーイ一人, 卓椅子を, 卓台軸花いけなど, 卓和田伝上泉秀信田辺茂一楢崎勤室生犀星窪川鶴次郎福田清人浅野晃榊山潤水野成夫と申す, 卓の名, 卓といっ, 卓ヲ欺キ地, 卓子一杯に積上げる, 卓は仲穎, 卓将軍さ, 卓川口一郎加藤道夫三君のアメリカ劇紹介, 卓布一杯に散々楽書, 卓幾箇か据ゑたるを, 卓恩顧の旧臣, 卓惟恭もまた, 卓拔トリツクの妙味, 卓持参の旅, 卓の下, 卓掛けなぞをその, 卓效ぶりであります, 卓教授の, 卓敬先に書, 卓敬字は惟恭, 卓を書い, 卓文君は眉, 卓晶峯とあり, 卓武士の一人, 卓氏遺書五十巻予未だ目, 卓の残党, 卓の消えた, 卓灯金箔塗りの装飾網, 卓爾先生証明と横, 卓爾君が経営, 卓爾氏からかつて, 卓爾氏來り獨逸人レオナルド, 卓牀几というよう, 卓片岡健吉林有造竹内綱等例の土佐派, 卓状台地は, 卓玉盞をととのえ, 卓としてはあまりに, 卓直参の李, 卓には恐れ入た, 卓がある, 卓の諸君, 卓の人間, 卓索図盟の全部, 卓緑色の, 卓をあら, 卓の蔭, 卓自ら守りに当っ, 卓は何と, 卓花形の燭臺, 卓苗氏を思出, 卓茶棚など桑, 卓藏今村力三郎の三氏, 卓藏今村力三郎大石の辯護人, 卓藏兩先輩の紹介, 卓藏兩氏立會の上, 卓藏氏でありました, 卓とマドロス, 卓の一句, 卓誅殺の時, 卓焉, 卓逸一読して, 卓逸一讀して, 卓附属の器械, 卓に立っ