青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「劇~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

前途~ 剛~ ~剣 剣~ 割~ ~割合 割合~ 創作~ ~創造 創造~
劇~
~劇場 劇場~ 劉~ ~力 力~ ~功 功~ ~加 加~ ~加え

「劇~」 4580, 47ppm, 2460位

▼ 劇~ (897, 19.6%)

9 中に, 伝統を 8 舞台に 7 伝統から, 影響を 6 女主人公, 演出に, 面白さ 5 ために, 伝統と 4 あるもの, 影響から, 最後の

3 [19件] ことを, ような, 一つの, 一と, 上に, 上演に, 中には, 中間に, 主人公が, 名を, 姿を, 方に, 方は, 方を, 本質的な, 第一幕, 筋書きの, 話を, 運命を

2 [58件] うちに, ことで, ひとつである, ほんとうの, まはり, もつ, ように, アトラクション, 上演と, 上演には, 中でも, 中にも, 事で, 伝統が, 伝統で, 伝統は, 俳優が, 前途は, 名によ, 問題に, 場面で, 変化の, 大きな病根, 大部分, 女優と, 形を, 影響と, 方が, 方で, 方の, 本質, 本質を, 構成に, 樹立を, 流を, 為に, 父, 父と, 畑に, 発生を, 真似を, 筆を, 紹介から, 結末を, 美は, 翻訳に, 背景製作などを, 能事を, 脚本の, 舞台で, 舞台は, 舞台面で, 諸相, 趣味を, 進行と, 進行中に, 遺産, 雛壇に

1 [644件 抜粋] あらゆる困難, ある者, お手本だ, お話でしたら, けい古は, けい古二時より, ことです, この点, ごときも, すべての, すんだあと, ためにも, ため急設された, とこへ, どういうところ, なかで, ほかの, ほか何にも, まわりで, まわりを, やうに, ようである, ようにしか, よさ, アトラクションに, アトラクションにといふ, アトラクションの, アトラクションチンピラ劇を, アトラクションワイントラウブジャズの, アトラクション出演連の, エノケン, エノケンを, エノケン実演, カウ, クラシカルな, ショウを, ステージショウ, セリフの, ソモソモの, テキストなど, テクニックで, ディクシヨンを, トップを, トリックの, ヒロインなら務まる, ベテラン作家や, レコードを, 一つに, 一エポックを, 一シーンに, 一場面の, 一幕と, 一所作が, 一段が, 一般には, 一見本を, 一隅で, 一階梯を, 三分の一位の, 三統一と, 上で, 上演から, 上演によって, 上演は, 上演を, 不安を, 不思議が, 不振を, 与えた影響, 世界こそ, 中で, 中なる, 中心的な, 主人公たる, 主人公である, 主人公に, 主人公は, 主張を, 主役に, 主流は, 主題程度の, 事務所へ, 二の, 二明星と, 二明星は, 五六篇を, 亡霊, 人物, 人物が, 他の, 代名詞で, 代表者と, 仮面も, 伝統たる, 伝統である, 伝統とが, 伝統に, 伝統には, 伝統の, 伝統以外に, 余興を, 作家たちの, 作法であります, 作者が, 作者たり, 作者として, 価値が, 侵入と, 侵入によ, 保護を, 俳優か, 假面と, 側に, 傑作を, 優れたもの, 優れた上演, 優れた伝統, 先駆的傾向を, 先駆黄鶴楼の, 先駈, 全体には, 全曲上演といふ, 全部を通じて, 公演が, 公達実, 典型, 内外に関する, 内幕について, 写真集, 出しものを, 出來る, 切符が, 切符を, 初歩的技術をも, 到達すべき, 前に, 前は, 前もう, 前迄, 前途豈, 創作にとりか, 劇らしい, 劇場の, 力と, 力は, 効果を, 勃興と, 勃興に, 匂ひ, 十分な, 十分日本化された, 十吾, 半で, 単素さ, 反対者らは, 古井戸, 古典と, 古色を, 台詞ま, 史的研究から, 吉岡の, 名が, 名人と, 名手として, 名残りと, 向上進歩に, 味方では, 呼吸を, 命脈は, 問題として, 問題は, 善玉と, 団体が, 団隊を, 園遊会場面に, 地下理髪へ, 埋め合せを, 域から, 基礎たる, 基礎を, 場合だ, 場合は, 場所に, 外は, 多くの, 多くは, 大切な, 大多数, 大家デニース・フォンヴィージン一代の, 大衆性と, 天外十吾が, 女優だ, 女優を, 女形を, 如きすら, 如きも, 妙味が, 始まる時, 始祖といふ, 姿が, 存した, 存在し, 存在した, 存在をも, 完全な, 完全に, 完成と, 実演を, 実父といふ, 実験室的高踏性と, 専門的考察は, 尤なる, 巧な, 巨匠と, 幕の, 年老いた主人公, 幹部連から, 幼稚さを, 序幕であった, 底の, 廻りを, 引返しが, 当初から, 形式に, 形式は, 形式や, 形式原理を, 形式的模倣に, 影響も, 役を, 役者は, 心理的内容を, 必要である, 必要は, 忠実な, 思想と, 思想乃至, 性格や, 恍惚たる, 悪口を, 悲劇の, 意義ある, 成績が, 或る, 手法に, 手法を, 批評的考察を, 持つ広, 推移は, 撮影所が, 整合の, 整合を, 文体に, 文句じゃ, 文句まで, 新しい誕生, 新傾向, 新喜劇, 新演出等, 新鮮味が, 方からも, 方には, 方はさほど, 方面に, 旗色を, 日本版を, 昼興行や, 時代は, 普及, 暗鬱な, 最大性格だ, 最高峰と, 最高潮, 本流と, 本流を, 本興行, 本舞台, 本質その, 本質は, 本質的生命を, 根本的樹立と, 楽しさ, 楽器は, 構成メンバーが, 様式が, 様式は, 様式を, 模倣から, 模倣を, 模範的演出によ, 横の, 樹立に, 樹立によ, 欠陥は, 正しい上演, 正体が, 歴史にとって, 残塁に, 殿堂では, 毒婦と, 気分である, 没落, 沢正が, 沿革から, 沿革を, 法則は, 注目すべき, 泰斗として, 流れが, 流れを, 流行し, 流行を, 浪漫的トリックといふ, 消化, 消長は, 深さ, 渋い傑作, 減少が, 源を, 滅亡云々を, 滑稽な, 演ずるところ悲劇, 演ぜられるの, 演出でも, 演出なども, 演出法に, 為には, 焦点を, 熱狂中に, 特徴だった, 特殊な, 特色として, 特質, 狙い所は, 王妃ガーツルードは, 現実性を, 生命が, 産出に, 男装から, 症で, 痕跡が, 発展を, 発生の, 発達に, 登場人物は, 白の, 盛行する, 目指した一つ, 直後には, 真の, 真似あるいは, 真実性, 研究から, 研究が, 研究だ, 研究に, 研究は, 研究を, 研究更に, 研究期に, 研究者も, 破綻は, 祖先を, 移入から, 移入に, 移入に関して, 移入は, 稽古し, 窮極の, 立場から, 第一回, 第一夜, 第一部, 筋は, 筋を, 筋書きな, 筋書だ, 精神なる, 精髄を, 系図が, 系統を, 紹介に, 紹介にのみ, 紹介によ, 紹介演出を, 紹介的上演に, 紹介的演出が, 紹介的演出を以て, 終わりを, 終局を, 組立ては, 経験のみを, 結末は, 結果彼は, 結論は, 継続者, 総帥川上音二郎夫人貞奴は, 縮図である, 美が, 美を, 義理見, 翻訳と, 翻訳のみを, 翻訳及その, 翻訳移入が, 耕一路へ, 耳や, 職業俳優たり, 脚本で, 脚本に, 脚本は, 脚本を, 興味に, 興味を, 興行を, 舞台での, 舞台と, 舞台といふ, 舞台なる, 舞台にでも, 舞台の, 舞台を, 舞台構造には, 舞台的イメージを, 舞台的条件が, 舞台装置の, 舞群と, 舞臺に, 舞臺稽古を, 舞蹈ほど, 色合の, 色調は, 花の, 芸術的伝統を, 芸術的価値そのものを, 芸術的価値の, 芸術的純化に, 若い娘役, 英傑を, 荒すじは, 著しい転向, 葛藤を, 血統, 行きづまりは, 行き詰りに, 行詰まつた, 衣裳や, 表面的模倣を, 要素なりとは, 要素に, 見せ場は, 見本の, 見物を, 親玉の, 観客に対しては, 観念であり, 計画する, 評判が, 詞章であった, 詞章であり, 詞章の, 試演が, 試演でした, 詩は, 話など, 誕生は, 誕生新劇勃興等々の, 調子が, 諸相として, 諸相は, 變化を, 起源だ, 跋扈と, 踊の, 辰巳君と, 速力の, 連中で, 連中は, 進行とともに, 進行を, 運動は, 道具を, 道化味を, 遺産とも, 配役を, 野蛮人が, 長つたらしい, 長所は, 開祖と, 関係とか, 隆盛が, 零落した, 青年歌舞伎など, 面影がや, 革命的事件で, 領域に, 類と, 類よりは, 高橋医師が, 鳴物

▼ 劇~ (410, 9.0%)

7 演じて, 見て 5 やって, 上演し, 書いて 4 書くが, 演じたりき, 見に 3 やるの, 上演した, 上演する, 勉強し, 御覧に, 書く劇作家, 研究する, 続々上演

2 [23件] するという, やつて, やろうと, 上演, 主流と, 何劇でも, 好んで, 日本で, 書くこと, 書こうと, 本質的に, 標榜し, 演ずるに, 演ずる俳優, 演ずる場合, 興行し, 見るの, 見れば, 觀て, 解しない, 豊富に, 軽蔑し, 面白くする

1 [299件] いとしまなけれ, うつします, おいて, お手本と, お書き, お読み, かういふ風, かく人, ぐるりと, こなし得るため, しあげるため, して, しようと, じっと見つめ, すべて排斥する, すること, するん, する上, する場所, そのあ, そのま, そのままな, その美貌, その醜悪, つくった, つくって, つくりだししかも, つくるについて, つるべ, できるだけよく, どの程度, なしたまひそ, のぞいて, のぞく, のぞくわけ, ほんとうに, みて, みると, もうとっくに書き上げ, もたない国, もって, やった, やったそう, やったり, やった折, やった時, やらうと, やられた日, やられるよりも, やる, やるうえ, やること, やるため, やるに, やるよう, やる氣, やろうなんて, よそ目に, よりよく理解, われわれの, コメディイ・フランセエズで, サンゼリゼで, メイエルホリドが, メイエルホリド劇場で, リードする, 一度観, 一生の, 三つも, 三つ上演しました, 三益, 上場せしめる, 上映し, 上演しよう, 不振ならしめ, 中幕過ぎから, 中心として, 二回興行で, 今一度モットモット深く, 仏蘭西語で, 仕組んだもの, 仮りて, 何んとか, 佛蘭西流に, 作らずに, 作らむ, 作り出したあの, 作るため, 信じ他, 催した, 再興する, 出た, 初めと, 創む, 加へて, 勉強する, 十分よく, 原作の, 厭ふて, 受け入れる有様, 同時に並べる, 含む, 含むもの, 味って, 噛みしめるよう, 土方は, 変じて, 外国の, 好む抽斎, 好んだかは, 如何に, 始め新派劇, 娘可愛, 実演した, 実際に, 専門に, 巻いて, 幾分新, 形づくつたやう, 形造っ, 御ひいき, 復活させ, 志すこと, 怒鳴ったり, 思った, 思はせる, 思ひ出させた, 意識する, 愛し紫, 愛するに, 手本として, 打ったの, 打って, 扱わないせい, 持つて, 持込んではとの, 挙げなければ, 排し, 措いて, 描き出すの, 提げて, 提供する, 提唱し, 撰す, 支配し, 放送し, 故ら排撃, 数多くでつち上げ, 数多く上演, 数本つくった, 文化の, 新富座に, 日本の, 書いたとしても, 書いても, 書きながら, 書きはじめて, 書き殊に, 書く, 書く為め, 書く片手間, 書く者, 書こうという, 最初に, 有ち得る, 本興行, 楽しく面白くする, 構成する, 欧米に, 欧米の, 正しく生す, 比較する, 沈めようと, 沈滞から, 添へる, 演じたあと, 演じたところ, 演じたにも, 演じたりと, 演じた場所, 演じた時, 演じつづけること, 演じても, 演じること, 演じ去ったの, 演ずるため, 演ずる劇場, 演ずる為め, 演ずる際, 演ぜしめた, 演った, 演り, 演出した, 為して, 片付けよう, 現今の, 生み或は, 生み育てた時代, 生むに, 生む人々, 目指して, 直接原文で, 看て, 看ること, 看んと, 研究したら, 禁止する, 竹田の, 紹介しました, 紹介する, 紹介するなら, 紹介上演し, 終つても, 組み立てたよう, 編み出す事, 練習し, 繰返しては, 羽衣座で, 翻訳上演する, 考えるべきである, 腐敗劇と, 興すや, 興行, 舞台に, 舞台の, 行つた, 製造する, 見いだすの, 見せて, 見せに, 見せられて, 見せる以外, 見せる方, 見たが, 見たり, 見たる時, 見た芸題, 見ても, 見ること, 見ると, 見るとき, 見るには, 見るのに, 見るもの, 見るよう, 見るより, 見る為め, 見る熱情, 見る立場, 見今日, 見始めて, 見物, 見物し, 見物した, 見物したら, 見物する, 見給, 親く, 観たいと, 観て, 観る, 観る人, 観る如き少く, 訪ねて, 訳す場合逐字訳, 評し声楽, 評する語, 試みたと, 試みた次第, 試み光輝, 読ませるという, 読んだとき, 読んだの, 読んだ時, 読んで, 誰より, 談ずること, 談ずるだけが, 談ずる唯一, 譯した, 貫く重要, 賞翫する, 賤視する, 起こさんと, 足下に, 軽蔑してる, 迷信し, 追つて, 送って, 遅まきながら樹立, 選み出し, 選んだとしても, 開けて, 開演する, 陽気に, 離れて, 音楽を, 頭の, 顧みないかの, 飾りたてようと

▼ 劇作家~ (401, 8.8%)

10 である 5 がその, はその 4 が自分, なる劇作家, になる, の作品, の名, も俳優 3 だ, なるが, の一人, は自分, や俳優

2 [19件] であるが, であるといふ, でなければ, としてのルナアル, としての仕事, としての確乎, として彼, とは云, に, の, のお, の上演料, の人, の利権, の多く, の手, の立場, は一人, は生れ

1 [304件] からは何等, か何, が, があらわれた, がある, がこの, がさう, がそれ, がただ, がどう, がへえつ, がまた, がまだ, が一つ, が一向に, が今後, が個々, が個人, が具, が出ない, が同じ, が同時に, が外国, が多い, が小説家, が常に, が心血, が或は, が損害, が文学, が日本, が旧い, が書いた, が此, が殊に, が演劇, が現, が現れ, が生れ, が眠つて, が社会, が脚本, が自由劇場, が興行者なみ, が舞台, が舞台以外, が芸術的, が言, が逆, が酒, が雑誌, が顧問兼監督, その名, その多く, たるべき決心, たるべき道, たるもの, だけが当今, だけが特に, だけで, だと, であったかも, であらう, であり出版屋, であり得る, であり舞台装置家, であるか, であると, ではない, でもモリエール, でも悲劇作家, で今日, で作曲, で宇治, で新劇団, で誰, で通り, と, というもの, といふもの, といふ代り, といふ名, とかいう手合, とされ, とされる, とし, とした, としてこの, としてつきあっ, としてで, としてとにかく, としてなら, としてのあなた, としてのあらゆる, としてのイプセン, としてのクウルトリイヌ, としてのシェイクスピイヤ, としてのジュウル・ルナアル, としてのモオリス・ドネエ, としての出発, としての力量, としての名, としての小山内氏, としての彼, としての才能, としての理想, としての真価, としての私, としての第一歩, としての職業上, としての運命, としてはその, としてはまだ, としては一つ, としては屡々, としては技術的, としても多く, としてゐる, としてソヴェト同盟, としてホント, として一家, として世の中, として乞われ, として代表的, として何, として既に, として本質的, として殊に, として活動, として生涯, として稀有, となった, となり, となり得なかつた, との交遊, との協力, とはその, とは俳優, と云, と同棲, と同様, と名乗る, と師弟関係, と演出者, と特別, と称する, と結びつかう, と結婚, と見立て, などの身邊, などは手近, なの, ならずとも, なるジャン, なん, にし, についても同じ, について一応, にとつ, には未だ, にも様々, にも罪, によつて, に仕立て, に対してこんな, に次, に訴, に課せられた, のある, のこと, のこの, のすべて, のみは何故, のもと, のシロウト批評家, のモウリス・ロスタン, の中, の仕事, の仲間入, の作品中, の側, の出る, の出現, の創造, の劇, の努力, の友人, の地位, の大部, の天稟, の如き, の如く, の小説, の怠慢, の態度, の成長, の手腕, の才能, の擡頭, の文学, の新しい, の昔話, の書いた, の本当, の本質的感覚, の某, の演劇運動, の特権, の生活, の生涯, の生誕何年, の用意, の眼, の考へ, の芸術的霊感, の誕生, の質, の述懐, の連帯, の道, の間, の関係, はあくまでも, はあるまい, はいくら, はいは, はかう, はきつ, はここ, はこの, はこれ, はこれくら, はこれら六通り, はそこ, はそれほど, はそれ自体, はただ, はつい, はどう, はなんと, はもう少し, はわからない, はヴィニイ, は久しく, は人生, は何, は何れ, は例へば, は先ず, は全体, は劇, は劇作, は劇団, は劇場, は勢, は勿論, は多く, は大概劇作, は女優, は実は, は対話, は岡田禎子, は左傾党, は彼, は彼等, は従来, は戯曲, は所謂, は既に, は決して, は登場人物, は真, は自ら駆使, は自作, は言葉, または小説家, も亦, も他, も勿論, も生み出す, も若い, や小説家, や新劇専門家, や連続放送劇, を以て自任, を兼ねた, を同人, を失望, を志し, を成熟, を救, を救つたの, を数, を敵, を渇望, を激励鞭撻, を読ん, を通じてその, を通じて殊に, を除い, 乃至俳優, 乃至劇作志望者, 乃至小説家, 特に劇文学

▼ 劇しい~ (258, 5.6%)

3 のと, もので, 労働に, 感情の

2 [23件] のに, のは, 不安と, 労働を, 咳を, 好奇心を, 屈託を, 怒りを, 憎悪の, 戰ひ, 暑さ, 格闘が, 痙攣が, 癇癪を, 競争を, 胸騒ぎを, 苦痛の, 藪路それを, 衝動の, 親爺の, 軽蔑を, 音が, 風雨の

1 [200件] あれ程, かけ声と共に, からよさう, から固, ことは, その上, ところが, ところです, ところを, のが, のすたる, のです, のでその, ので到底, ので半ば絶望, ので木村, ので続け, ので脳, のに治六, のも, のを, ものが, ものだったらしい, ものなし, ものは, もんです, ヒステリイ症の, ヒステリーにな, ヒステレーで, ヒステレーに, メランコリとも, 一寸東京, 三多摩の, 不快な, 世の中に, 世間だ, 中に, 中へ, 争を, 争奪の, 争奪戦を, 争闘が, 交換の, 仕事の, 余りに, 作家は, 侮蔑を, 八月の, 凝視と, 刺激を, 創作的努力と, 力で, 努力の, 労働も, 労役の, 動悸の, 勞働を, 勞苦と, 勢いで, 匂ひある, 単的な, 叫び声が, 叫喚を, 叱責その, 叱責と共に, 吹降に, 呼吸が, 呼吸と共に, 咳と, 商機に, 喧嘩を, 嘆きを, 困惑の, 地響きを, 声が, 変遷は, 大阪の, 奪い合いの, 嫉妬家で, 実感に, 実感を, 家では, 寂寞の, 寒さ, 山だ, 嵐, 嵐に, 心痛の, 忿怒に, 思索に, 恋愛の, 息切れが, 悪寒の, 悲哀に, 情愛を, 情感の, 情熱は, 情熱を, 惡罵の, 意慾も, 愛情が, 愛情は, 感情が, 感情家であった, 慟哭に, 憂欝を, 憂鬱症で, 憎しみを, 憎悪に, 戦いと, 戦争が, 所を, 揉合いを, 故コキ, 敵意を, 旋風の, 日, 日に, 時などは, 時にで, 時には, 時代である, 時佐治君は, 晩で, 望を, 本町の, 歴史の, 毒を, 水仕事を, 水煙が, 水音を, 法令の, 滑らかな, 演習に, 煎薬の, 照りかえし, 瓦屋根が, 生の, 生存競争が, 生活の, 男だ, 疲れに, 疲労も, 疲労を, 疼痛を, 疾病に, 痙攣を, 痛ましさ, 痛みに, 痛風症を, 発作に, 皮肉を, 眩しさ, 睡眠に, 祈りが, 神経衰弱に, 窒扶斯に, 窒扶欺に, 笑聲がわ, 素手の, 絶望の, 耳鳴りが, 耳鳴りを, 腦貧血を, 自動車の, 自然の, 臭ひ, 臭気を, 興奮の, 興奮も, 船の, 苦しみは, 苦悶が, 苦痛とが, 藥でも, 衝撃を, 表通りを, 視線を, 親子争闘でも, 詞が, 語調で, 読書は, 議論を, 責苦であるらしかった, 起伏を, 足踏みを, 通りの, 速力で, 関係に, 陣痛の, 雨雲の, 雷が, 靴跡が, 鞭の, 響を, 頭痛が, 風に, 騒音が, 驚きに, 鼓動は

▼ 劇~ (207, 4.5%)

2 わかつても, 君の

1 [203件] あくまでも劇, あまりに横暴, あれは, あんまりです, いったいどうなる, いつこうに, いつでも, おおぜ, おもしろかったです, おろか近代劇中わが, けっして本来, ここで, ここまで, ここ当分書け, この史實, この樽, この雑多, これからの, これだ, これを, さながら褥熱, その偶然, その劇場, その時分, その紹介者, その限られた, その面白, それだけより, それで, それより, たしかそれ, とかくに, ときにはおとな, どういふ風, どうなる, どうもその, どうやったら, まだその, まだまだ西洋劇, まだ揺籃時代, まだ生き残っ, みな譯され, もう下火, もう劇, もちろん都市国家, やりたくない, よっぽどお, よほどむずかしい, われわれ演劇研究者に, アレキサンドロスの, イプセン以後今日に, シェイクスピイヤモリエエルラシイヌシルレルによ, スフインクスである, トテモむずかしい, トラムに, トルストイの, ドイツにおいては, ベックによ, 一つも, 一人で, 一定容積の, 一層人眼, 一方観客層, 一見, 丁度羅馬末代, 三月撮影する, 上演の, 世界に, 中, 之は, 二重に, 云はば, 人に, 人真似であっ, 今の, 今尚, 今日, 今日の, 今日歌舞伎劇と, 今日江戸時代の, 仏教の, 何でも, 何十年来まだ, 何故か東海道, 何故に, 余りにも, 依然繰り返される, 俳優の, 個々の, 偶然外国劇の, 僕抜きに, 元女殊, 先づさういふ意味に, 先づよいとして時代物殊に, 全く菊田式ルーズネス, 共通し, 別として, 前にも, 前方で, 劇場の, 劇小説は, 効果百パーセントの, 北ドイツでも, 十八日から, 十分に, 原作の, 去年も, 古代の, 喜んで, 営利の, 固より, 多くの, 多少とも, 多少複雑, 大体左の, 大失敗, 大抵六七八の, 太虚及び, 失敗な, 女芝居という, 如何なる立場, 子供たちが, 宗教と, 宛然褥熱に対する, 実は, 容易に, 将来恐らく, 将来新しき, 小説と, 帰朝後三四遍見た, 当時も, 当然生るべくし, 影薄く, 彼が, 往々に, 徳川時代の, 性格劇では, 悲しいかな, 或程度, 戦争を, 持ちません, 政治的な, 整合の, 整合を以て, 文学の, 文学的流派を, 断じて西洋, 新劇は, 新旧二組に, 旧きが, 早替りとか, 時の, 暫らく異常な, 書けないもの, 最も理解, 最後の, 本興行, 果して今日, 歌舞伎と, 止まる様子, 此, 殆ん, 毎回大入りを, 毎月見, 民衆劇の, 決して成功, 浦島の, 満員以上の, 滅びないと, 演じ得まいと, 演出の, 火が, 無料で, 現在でも, 発展した, 皆んなが, 真面目で, 確かに, 私の, 終ったけれども, 結局書生側の, 能とは, 能楽と, 芝居には, 芸術だ, 英国で, 虹の, 西洋近代劇の, 観客として, 貧しいそして, 貴人の, 追従的な, 進む前, 進んだが, 進行した, 進行しない, 野々宮君と, 露西亜語の, 非常に, 面白いちつ, 面白いとか, 高價, 高潮に

▼ 劇~ (196, 4.3%)

5 於て 3 なつて, 出て, 於ては

2 [12件] して, しても, ならぬやう, 代るもの, 低下し, 出たり, 對する, 就いての, 於いて, 興味を, 覚醒し, 違いない

1 [158件] あつまる世界各国, あらざるもの, ある, あるよう, お定当人, かた苦しさ, かわり明治大正, こういう話, こころざして, こすりつけられて, この, しくまれた, したこと, したって, したもの, したらと, してやる案, しろイブセン, すぎない場合, すぎぬが, そこばくの, その, つくられたもの, つくりあげて, とても敵, どれだけの, なくて, なくては, なぞらえた菊人形, なったそう, なったので, ならないで, ならない用心, なるかも, なるかを, なるよ, はさんだいかめしい, ふさは, ぶつかつて, もとを, ものたり, よく扱われ, ジャーナリズムに, セシル・, 一つの, 一役, 一番親しみを, 上すべから, 上ぼ, 上演した, 今日の, 仕組まれ最, 付けた音楽, 代つて巾, 似て, 似通うもの, 余り面白い, 僕の, 優れた作品, 優れて, 円を, 凄味が, 出場せる, 到る迄, 匹敵する, 向かない, 向つたものも, 固有なる, 固有の, 在るの, 変化し, 変化する, 多く見る, 多少の, 学ばうと, 学ぶべきところ, 定って, 定めし苦い, 対抗し, 対抗する, 小野巡と, 就ては, 山野邦楽座へ, 幼少から, 廻轉する, 強い魅力, 彼地の, 志したの, 採り入れられて, 新生命, 新生面を, 於いても, 於ける, 於けるその, 於ける心理的詩味, 於ける雄弁, 日本人の, 明るい電燈, 明智の, 昔の, 時葉北三といふ, 曇つて来, 曲折し始めた, 書きおろしたの, 書物に, 様々な, 気の, 求めて, 没頭し, 注意を, 活動し, 浄るりの, 物質文明を, 王と, 現はれた, 用いられるレオン, 用いられる面, 由つた, 症状を, 発展した, 直接暗示を, 相当する, 移ったもの, 移らせようと, 移り代っ, 立たんとも, 筆を, 等しいもの, 等しくこの, 終りさ, 終始する, 組まれて, 脚色し, 著しい変化, 行くこと, 衰えた, 見えるの, 見られる, 見るま, 見受ける光景, 誘はれて, 趣味を, 転化する, 近いもの, 近づいて, 通ずる者, 過ぎて, 開放し, 関係が, 関係の, 限らず一切, 陶酔する, 非ざる, 非ず, 非常なる, 革命精神が, 頻繁と, 食物を

▼ 劇~ (149, 3.3%)

2 あって, おた, マルクス主義批評家によ, 演じられて, 行われて, 面白くなる

1 [137件] あつた, あつて, あります, あり益田太郎冠者, ある, あると, あるので, ある時代, いかに素晴らしい, いま三人の, いよいよ始まった, お好き, ここまで, この場合, これから先, そのまま完全, その役割, その結末, それを, できない, できるわけ, でた, なるほど広大, はいって, はじめてイブセン, ひと幕あった, ふと左翼劇, まだほんと, もつとも高潮, やはりときどき演ぜられ, わかつたと, イエス神話の, イブセン流に, オッ初まっ, ギリシア劇の, 一つあつ, 一家を, 三幕ばかり, 三百年前から, 上演され, 上演された, 上演される, 主としてヘレニズム時代, 二つ続く, 人心を, 今日まで, 今日我が, 今迄, 他の, 伝わるぐらいは, 何を, 佳境に, 例へば日本, 偶, 先づこ, 先づ此, 出て, 出来たのに, 出来るはず, 出演し, 出現する, 初まつ, 劇として, 劇壇の, 北インドや, 又何時, 右の, 各劇場, 同一犯人, 問題劇で, 問題劇でなく, 單なる, 国外に, 型の, 多く学ぶべき, 大変受け, 大昔の, 大衆の, 大部分, 失敗し, 好きだ, 如何に, 始まって, 始まっても, 始まる処, 始まる前, 子供たちにとって, 存在する, 守田勘弥を, 完全に, 彼には, 得意で, 憲法と, 成立する, 所々方々に, 控えて, 文学の, 新しい面貌, 日本現代劇を, 映画の, 書けないという, 最高潮に, 来る, 比較的忠実, 永久に, 決闘である, 済んで, 演じられたの, 演じられるやう, 演ぜられそれで, 演ぜられて, 演ぜられ自分, 演出家の, 演劇の, 現代の, 現在の, 甚だしく偏頗, 生れたの, 生れるかも, 生れること, 生れ美術劇, 生れ詩人劇, 生れ電気劇, 盛に, 終えて, 翻訳である, 芸術である, 藝術としての, 行われた, 行われたこと, 行われたの, 行われつつ, 行われる時, 行われる習慣, 詰まらなければ, 邪魔を, 面白くない

▼ 劇しく~ (142, 3.1%)

6 泣き出した 3 なつて, イライラし 2 て譫語, なつて來, 呶鳴つた, 宗助の, 慟哭し, 時には若葉, 水を, 震盪する, 顔を, 首を

1 [110件] お爺さんに, かぶり, こちらへ, すさまじく, すすり泣きを, せわしいけれども, その上, それを, てひょっと, て殆, なりさうな, なり汽船, ゆすり搖か, ズウズウしい, 一喝した, 上下に, 両肱, 中にも, 亢奮し, 亦大, 使はれる, 先を, 先生たる, 光線を, 其の不都合, 刺戟した, 前方へ, 動揺し, 動揺を, 卓を, 口に, 号鈴を, 否定した, 吸ふ, 吸息を, 咳上げは, 咽喉を, 喀血し, 喘へぎ出した, 喧嘩した, 妾を, 実に恐るべき, 家具の, 川漲り, 廻国風の, 引開けられ, 彼女の, 心ばかりは, 恐ろしいかという, 息を, 惡口を, 想像した, 感動し, 懐慕せられる, 扉が, 手紙を, 打ち出し呼吸は, 抵抗した, 振り動かし, 揺れ空には, 搖す振つた, 敬太郎の, 暴風の, 最も露出, 格闘した, 欧州第, 死體を, 水の, 水上から, 泣きは, 活動しなけれ, 海岸の, 燒き, 爆発する, 痙攣し, 痙攣を, 痛み出した, 痛み死ぬ, 眼ば, 私に, 竹刀を, 笞うたれ, 笞うつも, 耳の, 股の, 胸を, 脚が, 腹の, 舌打ちを, 苦情を, 蔓つて現在の, 蝮蛇咬む, 衝突した, 言ひ, 詈合う, 詛ひゐたる, 足蹌踉い, 身に, 身を, 身体に, 身動きする, 迫つて來ます, 退屈し, 酔いどれの, 金切声を, 雪の, 頭脳は, 顫え, 顫わせて, 鼓動する

▼ 劇~ (115, 2.5%)

6 云ふも 4 評論 3 云ふ 2 いえば, なつて, なると, 云へば

1 [94件] あるが, あるの, いう, いうだけ, いえども, いつて, いひしは, いひ映画, いひ殊に, いふべき者, こう三つ, して, その歩調, その流れ, ちがうところ, なし十年二十年, なつた, なる, ギリシア劇, シヴァ崇拝とに, ストリップと, ダンスの, 与に, 二つの, 云うの, 云うべき物, 云うもの, 云えば, 云つても, 云つて子供の, 云つて面を, 云はるべき, 云はれ, 云ひ, 何処の, 区別される, 区別すべき, 古く忘れられ, 合同といふ, 合同出演といふ, 同じよう, 呼ばれ新劇, 呼ぶこと, 四篇は, 国民劇の, 奇々怪々の, 女優, 密接な, 小説の, 当代の, 徳川時代の, 悲劇また, 我とに, 或は南洋諸島, 文学を, 文楽との, 新劇とを, 新派とに, 新派劇に対しても, 日本劇, 日本劇との, 映画との, 映画を, 書生芝居の, 歌劇と, 歌謡とを, 殆ん, 洒亭の, 浪漫劇を, 演出の, 異妖劇, 社会劇と, 称するもの, 称する一派及之, 結びつける空想, 絶縁する, 罵りしは, 翁の, 背景は, 能の, 西洋の, 西洋劇とを, 西洋音楽が, 見せかけて, 見て, 見なし得るので, 言うべし, 詩朱欒, 認むべきものは, 近代劇との, 関係せず, 限つたのには, 陰惨な, 音楽の

▼ 劇~ (78, 1.7%)

7 行く 4 出る, 行くと 3 引返して 2 寄って, 母上

1 [56件] かけつけて, かけつける, かけつけると, かけつけ夜, かける堀井, さて何うし, アトラクションで, エノケン訪問客席へ, 一寸寄り, 一時に, 入って, 入りダンシングチーム, 入りロッパ青春部隊, 六代目を, 出てる小林千代子, 出てる河辺喜美夫, 出る支配人, 参加し, 寄り, 寄りエノケン, 寄り井口, 寄り六時半, 寄り社長, 寄る, 専務と, 屋井の, 帰って, 帰る, 戻って, 戻り, 新国劇見物, 新派の, 月初めに, 東日の, 樋口と, 流用し, 涼みに, 眼を, 着いて, 着くと, 菊, 行き好太郎, 行き島津, 行き撮影所, 行き村山知義, 行き秦, 行き舞台, 行く渡辺篤, 行く約束, 行った時, 行って, 評判の, 集合し, 集合座員一同に, 電話する, PCLの

▼ 劇文学~ (60, 1.3%)

4 に志す, の領域 3 の夜 2 の講義

1 [47件] がいつ, がどう, がまつたく, が嘗て, といふ独特, としてそれ, としては空前, として活字, なるもの, におけるアポロー, における活躍, について言, に興味, に近代, のうち, のうへに現, のみは最も, の一分野, の一貫, の上, の交流作用, の全貌, の創造, の実情, の新しい, の最大, の材料, の樹立, の歴史, の消長, の畑, の立ち遅れ, の解釈, の貧困, の貴重, の進化途上, の進路, の道, の飛躍, は, は古い, は名実とも, は完全, は徐々に, も大, をまず, を通じ

▼ 劇~ (55, 1.2%)

12 の人物 3 の人, の劇

1 [37件] でいちばんかわいそう, でも金, で併合, で第, には作者, には小, には自分ら, に応用, に散見, に於, に見られる, のブランド, のホレイショ, のヨーロッパ人, の一人, の一人物, の一員, の世界, の主人公, の人物器具, の人生, の人間, の場面, の女, の好人物, の妻君, の娘, の小唄, の無心, の熊野, の立女形, の絵画的舞踊的要素, の老, の背景, の関目, へも必ら, わが日本

▼ 劇~ (50, 1.1%)

2 あつて

1 [48件] あなたが, あらう, あらうと, あり得ないはず, いう切り, かつ没交渉, さへ, たびたび悲しん, もうやってる, やられて, アトラクションとして, エリザベットは, ハムレットの, ハリ切っ, 一寸した思ひ附き, 三人の, 上演し, 主人公を, 云へば, 五月の, 使って, 場の, 妻を, 安心し, 尊重された, 序幕に, 彼等は, 心理描写が, 新喜劇団旗挙, 旗挙を, 最もよく知っ, 有名な, 本物の, 東宝ビッグパレードといふ, 東西合同の, 桂介と, 歌い手が, 殆ん, 沢山だ, 泣かせられるもの等の, 背景を, 舞台の, 見も, 見る方, 観客の, 豊富で, 近代の, 非常に

▼ 劇~ (45, 1.0%)

2 映画も

1 [43件] あると, いい脚本, いや映画も, こなせる俳優, この一作, この系統, すべては, その発生当時, もたなければ, よろしいしかしながら, ギリシア悲劇と, レビューも, 中, 二つ三つ書きだし, 二番目の, 亦こっち, 作者の, 先生方の, 其処からのみ, 列を, 単なるおとぎ話, 多くの, 多少は, 大丈夫な, 大当りである, 大衆劇も, 対話の, 恐らくこの, 新しい道, 新劇の, 決して彼ら, 澤山あつ, 稀だらう, 結構である, 興行し, 行はれた, 見よう, 評判された, 身ぶりも, 雑誌や, 面白くなる, 音楽も, 高級芸術として

▼ 劇~ (38, 0.8%)

3 の注意 2 のあいだ, の絶讃, の間

1 [29件] たる五郎作, であった, ではあ, でも殆, で劇場, で常に, にとつ, にはその, に取っ, に示さん, の同情, の暗記, の眼, の絶大, の話柄, はやはり, は一種寂寥, は先, は決して, は異口同音, は石塚重兵衛, は築地座, は苦々し, は驚異, もそれほど, もやや, も少なく, を喜ばしむ, を通じて恐らく

▼ 劇~ (34, 0.7%)

3 の方 2 にも出入り

1 [29件] が解散, です, なんかに出入り, なんぞに居た, にもどりたくない, に入, に就い, に居たい, に居る, に永く, のこと, のよう, のルリ子つて子, の中, の事, の事務所, の多く, の柄, の權威, の理事, の男, は今, は最う, は毎日午前十一時, へ仕事かたがた顏出し, をやめ, をやめた, をやめる, を出たい

▼ 劇~ (33, 0.7%)

2 小説の, 舞踊の

1 [29件] すばらしい歌謡曲, その他の, キネマや, ピランデルロ等の, フランス古典劇で, 万歳芝居や, 今日流行る, 史劇を, 喜劇の, 女役者の, 小説にも, 小説を, 形而上学などという, 文楽の, 新派劇の, 旧派劇や, 映画が, 映画で, 映画も, 映畫, 歌曲集などを, 歌詠が, 浪花節や, 物語を, 神秘劇が, 西洋の, 観念小説を, 詩の, 音楽の

▼ 劇として~ (32, 0.7%)

1 [32件] あまねく世間, ある程度まで, しまわなかった要素, ほんとうに, やって, よくない, 一般に, 上乗な, 上場された, 五日替りに, 今日以上の, 伝えられたか, 余りに無意味, 傑出した, 向うの, 外国の, 大成する, 怪奇劇は, 怪談の, 批判する, 插入された, 支えて, 残されて, 演じ特に, 生れて, 私の, 立派な, 能狂言以上の, 表現されない, 見せようとして, 見るべきところ, 詩人阪中正夫の

▼ 劇運動~ (31, 0.7%)

2 の後

1 [29件] がさう, が大, が擡頭, と大, と称する, と結びつき, なるもの, につづい, にとって欠くべからざる, に利用, に参与, に言及, の一現象, の一面, の名, の唱道者, の此, の歴史, の流れ, の消息, の炬火, の理論的帰結, の目標, の真意, の総, の進んだ, も初め戯曲, をおこしはじめた, を全然

▼ 劇といふ~ (30, 0.7%)

5 ものは 4 ものが, 名称を 3 ものを 2 ものに

1 [12件] お手本が, ことで, のが, のを, ものに対する, もの殊に, やうな, んで, 世界にも, 名称の, 称を, 通俗劇の

▼ 劇~ (30, 0.7%)

4 変化の 3 のである 2 のだ, ものである, 変化を

1 [17件] のであ, ので一緒, ものも, んだ, んです, 下等な, 世界の, 反応を, 変化が, 変化に, 流行病に, 爲めである, 猛烈な, 経済事情の, 變化の, 變化即ち, 身の上の

▼ 劇~ (25, 0.5%)

5 さに 4 くして, さを 3 さが 2 さで 1 いため水中に, うして, さと, さは, さコン吉は, とおも, ゅうなるばかりなのでそれだけ

▼ 劇なる~ (19, 0.4%)

3 もの 2 ものが, ものに, 夢遊状態に 1 とを問はず, と創作劇, は事実, ものは, を知り, 心労にて, 心勞にて, 方向転換の, 景色の, 社會主義を

▼ 劇作家協会~ (19, 0.4%)

2 に加入, に寄附, は会員

1 [13件] が主体, である, との協定, と共に立っ, と小説家協会, のため, の後援, の規約, はその, は作曲家協会, は多数劇作家, を創設, を設立

▼ 劇~ (19, 0.4%)

3 に徃

1 [16件] にてオペラ, にて屡, にて旧作三柏葉樹頭夜嵐興行中, に歌劇, に演技, に看る, に立寄り, に立寄る, に赴き, に赴く, の宇野邦枝久米氏等, の常, は既に, は遂に, を看る, を観る

▼ 劇という~ (18, 0.4%)

7 ものは 2 ものの 1 ものについて, ものに対して, ものに対する, ものも, ものを, ような, 仕事の, 看板を, 芸術に対して

▼ 劇でも~ (17, 0.4%)

1 [17件] ありショオ, あるまいもう, い, すべての, ない, なんでも, 何でも, 例へば群集, 勿論あるまい, 同じ事, 大入り満員だ, 新派劇でも, 構わず平民, 構わず民衆, 能狂言でも, 見るよう, 観て

▼ 劇から~ (16, 0.3%)

1 [16件] でなければ, はじめられた, はじめられたの, 一層飛躍, 出たという, 出発し, 出発した, 分離した, 可なり, 学ぶところ, 学ぶべきもの, 形ばかりの, 範を, 粗雑な, 近代劇を通じて, 離れなければ

▼ 劇~ (14, 0.3%)

1 [14件] からといつ, からと云, からと云っ, から喜劇, か茶番, し演出, という, といっ, といつた, と嘲っ, と思ひました, と言つて, のには, 然し受ける

▼ 劇では~ (14, 0.3%)

1 [14件] そういうこと, どんな作品, ないか, ないの, なかったでしょう, なくて, なくアメリカあたり, エリーダが, ソヴェト同盟の, 作者であり, 円朝の, 眼と, 聖母が, 黒布で

▼ 劇乃至~ (14, 0.3%)

1 [14件] その伝統, それ以後の, は欧洲諸国, は無, は観念暴露, 世相劇全盛の, 新派劇の, 歌舞伎的人情劇, 準古典劇, 西洋劇模倣の, 詩劇の, 諷刺劇で, 諷刺劇である, 風俗劇と

▼ 劇~ (14, 0.3%)

1 [14件] なり, なり写実劇可, なり史劇可, なり夢幻劇可, なり序, なり心理劇可, なり更に, なり社会劇可, なり立廻り劇可, なり翻訳劇可, なり表現派劇可, なり詩劇可, なり諷刺劇可, なり象徴劇可

▼ 劇芸術~ (14, 0.3%)

2 の本質

1 [12件] としての完成, にそして, に対する眼識, のため, の何もの, の創造的精神, の本質的進化, の根柢, の為め, の精神, は国民錬成, への懐疑

▼ 劇~ (14, 0.3%)

1 [14件] である, と書いた, ならざるため, なるか, なる批評, についての知識, に譬, の, のいと, の是, の棚, は果して, を投ぜざる, を用

▼ 劇~ (13, 0.3%)

1 [13件] 動きて, 吾を, 唇を, 悩み候ほどに, 懐旧の, 成つた, 手真似を, 案内す, 物思ひ, 痛みでも, 紛乱せる, 縁続, 虐使ふでねえ

▼ 劇しくなる~ (13, 0.3%)

2 と晴天

1 [11件] が一人, ために, とも白骨, と忽ち, と眠い, と自分一身, に伴う, ばかりであった, ばかりである, 眼は, 網に

▼ 劇としての~ (13, 0.3%)

1 [13件] 價値も, 内容は, 努力は, 必然性が, 效果は, 歌舞伎は, 美術を, 興味に, 興味は, 興味以外に, 舞台の, 道が, 魅力を

▼ 劇にも~ (13, 0.3%)

1 [13件] あらざる国劇, ある, これほど, それが, それは, 前に, 劣らないほど, 女の, 小説にも, 恋の, 此の, 毛頭未練, 西洋文学といふ

▼ 劇中劇~ (13, 0.3%)

1 [13件] で, ではソヴェト同盟, で妻, として五日替り, として外国, として插入, などと逃げ, など馬鹿, の公達, の場面, の幕, の終局, の菊之助

▼ 劇中人物~ (12, 0.3%)

2 に成り切る 1 が実際, とおなじ, になった, になつ, のあらゆる, のある, の對話, の顔, をし, を表現

▼ 劇上演~ (11, 0.2%)

2 の意義 1 からは, といふ勉強, に当, のこと, のため, の記録, はもちろん, はイプセン, をこころみた

▼ 劇しき~ (10, 0.2%)

2 力強き, 寒さ骨 1 ときは, はなし, ものに, をもて, 怒亡ぼされし時彼, 痛み衰老

▼ 劇とは~ (10, 0.2%)

1 いえない, どういふ, 何事かが, 全く無関係, 別な, 如何なるもの, 必ずしも同じ, 民衆の, 言えないであろう, 限らない

▼ 劇四階~ (10, 0.2%)

31 で月給, で那波, の新装社長室, へ名古屋行, へ専務, へ樋口, へ行く

▼ 劇文壇~ (10, 0.2%)

1 でいろいろ, にその, に名乗, に新鮮, に於ける, に重き, の動向, の注意, は中村吉蔵, を希望

▼ 劇~ (10, 0.2%)

1 にはその, に於ける, の定石, の拘束, の標本, の点, の要諦, より見たる, をもつ, を読ん

▼ 劇である~ (9, 0.2%)

2 といふ 1 から一面, がどこ, ことは, ともいへる, 上に, 人生もしくは, 謡曲や

▼ 劇との~ (9, 0.2%)

1 ために, 交渉についてのみ, 件は, 假面とを, 地盤が, 性格を, 比較問題は, 融合を, 関係を

▼ 劇には~ (9, 0.2%)

2 見られない 1 この柄, 万事行末の, 二た, 新日本劇, 目も, 野蛮な, 関係が

▼ 劇~ (9, 0.2%)

2 がこの, のため 1 がある, が子供, させても, をし, を起させる

▼ 劇五階~ (8, 0.2%)

21 でけい古, でガールス, で総, のけい古場, の事務所, へ

▼ 劇協会~ (8, 0.2%)

1 だの, にいた, にゐた, の, のスター, は第, へ入, を興し

▼ 劇神仙~ (8, 0.2%)

2 の号 1 である, となった, と称した, になった, の後, の號

▼ 劇しくなっ~ (7, 0.2%)

1 てどうにもこう, て人前, て次いで, て涙, て生活, て行く, て行った

▼ 劇そのもの~ (7, 0.2%)

1 と運命, に帰着, の生命, の醜悪, も余り好き, も餘, をけなす

▼ 劇に対する~ (7, 0.2%)

1 もので, 不満が, 不満と, 愛着は, 批評者鑑賞者である, 理会と, 理会なども

▼ 劇らしい~ (7, 0.2%)

1 ところである, 劇が, 感情が, 気が, 物は, 現代劇を, 緊張と

▼ 劇全体~ (7, 0.2%)

2 の醜悪 1 から受けた, から学ぶべき, について言えるであろう, を否定, を通じての物凄

▼ 劇研究會~ (7, 0.2%)

1 からの龍村謙, からはひつ, といふもの, としてこの, の中谷, の追憶, を維持

▼ 劇秦美新~ (7, 0.2%)

2 を作つた事實 1 を作つた罪, を作りかねまじき, を書き, を書く, を谷永

▼ 劇~ (6, 0.1%)

1 とにかくあの, なんかグルリ, またはファウスト, 何かを, 唱歌か, 知らぬが

▼ 劇俳優~ (6, 0.1%)

1 であり新派劇今日, としての正しい, として恐らく, として正しい, の基礎的訓練, を求め得られない

▼ 劇及び~ (6, 0.1%)

1 その模倣的傾向, その流れ, その演出法, 新派劇に対する, 時代劇演出者の, 詩を

▼ 劇研究会~ (6, 0.1%)

1 がある, にもビラ, に入会, のかえり, のグループ, をもっ

▼ 劇しか~ (5, 0.1%)

2 つた 1 つたが, つたので, 好まない

▼ 劇しかった~ (5, 0.1%)

1 ことだろう, ことも, ためか, ので女, 昔の

▼ 劇であり~ (5, 0.1%)

2 後者は 1 その演技, ショオである, 西欧の

▼ 劇としては~ (5, 0.1%)

1 ふたりは, まだたりない, 一篇の, 専門家すぎる, 山本有三菊池寛以後の

▼ 劇など~ (5, 0.1%)

1 テレビで, 久坂は, 書くよりも, 見たやう, 馬鹿

▼ 劇などを~ (5, 0.1%)

1 云ふ, 書けば, 演って, 見たこと, 読む場合

▼ 劇において~ (5, 0.1%)

1 あくまでも悲劇的開展, その戯曲的要素, イブセンは, ローマ群衆は, 役者が

▼ 劇に対して~ (5, 0.1%)

1 多大の, 払ふ, 日本近代劇は, 有つて, 近代劇の

▼ 劇よりも~ (5, 0.1%)

1 ハウプトマンの, 世相喜劇が, 尊いと, 派手ならざる如く感ぜし, 筋は

▼ 劇をも~ (5, 0.1%)

1 のすかも, 研究的に, 見せた, 見れば, 解し自ら

▼ 劇以外~ (5, 0.1%)

1 に, には演ら, に新しい, に於い, に求めた

▼ 劇会議室~ (5, 0.1%)

21 で二月, で社長, へ文芸部

▼ 劇作家組合~ (5, 0.1%)

1 である, に加入, の保護, の規定, の規約

▼ 劇作家連~ (5, 0.1%)

1 が変, に向っ, の間, は面白, も道庵

▼ 劇地下~ (5, 0.1%)

1 で理髪, のリズム, の支那食二三, の蛇の目, の蛇の目ずし

▼ 劇殊に~ (5, 0.1%)

1 アイルランド劇の, クレイグから, シェイクスピヤ調を, ラシイヌより, 私の

▼ 劇~ (5, 0.1%)

2 の成功 1 の名家, の大昔, の秘事楽屋一切

▼ 劇~ (5, 0.1%)

1 との間, にあり, の人となり, の場面, を東京

▼ 劇~ (4, 0.1%)

1 に紛れ, は柱, 力作に, 地に

▼ 劇その~ (4, 0.1%)

1 区別される, 本流を, 物よりも, 美術その

▼ 劇てて~ (4, 0.1%)

1 いれど, 口へ, 戸外へ, 来りしは

▼ 劇であった~ (4, 0.1%)

1 ことから, とおもう, のかも, わりに

▼ 劇でなく~ (4, 0.1%)

2 てはならない, て何

▼ 劇とか~ (4, 0.1%)

1 ベルンスタンの, 浪花節芝居とか, 詩とかは, 音曲とか

▼ 劇とを~ (4, 0.1%)

1 対立させる, 有しその, 比較し, 比較する

▼ 劇などと~ (4, 0.1%)

1 分類は, 同じく現代一般, 称して, 逃げを

▼ 劇についての~ (4, 0.1%)

1 一考察, 印象など, 特別の, 諸論

▼ 劇によ~ (4, 0.1%)

1 つて仏蘭西劇壇に, つて占められ, つて埋めた, つて翻訳劇的マンネリズムから

▼ 劇に関する~ (4, 0.1%)

1 いろいろの, 展覧会, 珍本を, 限り変に

▼ 劇ダンシングチーム~ (4, 0.1%)

1 と合同, の七月東宝, の合同, は日劇

▼ 劇事務所~ (4, 0.1%)

2 へ専務 1 で秦, へ行く

▼ 劇作家たち~ (4, 0.1%)

1 がみんなイプセン, のこと, の立ち, は譬

▼ 劇作家中~ (4, 0.1%)

1 にこれ, にその, もつとも歌舞伎劇, 優れた天分

▼ 劇全集~ (4, 0.1%)

2 が出る 1 がない, とが読者

▼ 劇~ (4, 0.1%)

2 の詩人 1 の制度旧式, の楽器

▼ 劇~ (4, 0.1%)

1 にし, もあります, を分, を多量

▼ 劇文学界~ (4, 0.1%)

1 がどんな, との間, に決定的影響, を見わたし

▼ 劇研究~ (4, 0.1%)

1 があつ, の, の必要, の載った

▼ 劇~ (4, 0.1%)

1 に於ける, はその, は事実, を中心

▼ 劇芸術家~ (4, 0.1%)

1 が俳優, の常識, の素質, を随喜

▼ 劇~ (4, 0.1%)

1 なもの, のもの, の合唱団, の色調

▼ 劇あたり~ (3, 0.1%)

1 にお手本, も行列, を狙っ

▼ 劇~ (3, 0.1%)

1 やうに, 目に, 薬を

▼ 劇その他~ (3, 0.1%)

1 およそ上演, で刻下, の丸の内

▼ 劇だけ~ (3, 0.1%)

1 であった, では, なん

▼ 劇~ (3, 0.1%)

1 たるを, とこは, んだ

▼ 劇でない~ (3, 0.1%)

2 のか 1 ところは

▼ 劇とでも~ (3, 0.1%)

1 いうべきもの, 言ふべき, 譯したら

▼ 劇とも~ (3, 0.1%)

1 いふべき場面, 見えぬので, 違う

▼ 劇などに~ (3, 0.1%)

1 於て, 現れて, 關し

▼ 劇なんかを~ (3, 0.1%)

1 はじめたの, はじめていったいどうした, やって

▼ 劇に対し~ (3, 0.1%)

1 それぞれ有つてゐる, 仏国人が, 又は英国人

▼ 劇ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく未熟, で満たされること, なので

▼ 劇みたい~ (3, 0.1%)

1 なもん, な粗雑, な詩的

▼ 劇より~ (3, 0.1%)

1 明瞭に, 生命による, 発し少し

▼ 劇を通じて~ (3, 0.1%)

1 ある一貫, 多少とも, 最も大きな

▼ 劇又は~ (3, 0.1%)

1 影絵に, 新派より, 諷刺小説詩である

▼ 劇外劇~ (3, 0.1%)

1 で場, の余興, の引返し

▼ 劇専門~ (3, 0.1%)

2 の俳優 1 の雑誌

▼ 劇文学者~ (3, 0.1%)

1 がまつたく, として坪内, として巴里大学講師

▼ 劇樹立~ (3, 0.1%)

1 のため, の根本要素, の要諦

▼ 劇~ (3, 0.1%)

1 であるが, のうへにだけある, を自然

▼ 劇演出~ (3, 0.1%)

1 について一つ, の困難, の記録

▼ 劇~ (3, 0.1%)

1 一免許状を, 一部夜の, 二回が

▼ 劇興行~ (3, 0.1%)

2 のはじめ 1 に反対

▼ 劇舞踊~ (3, 0.1%)

1 としての卑し, などに現れた, を一組

▼ 劇~ (3, 0.1%)

1 である, も亦, 如何なる大言壮語

▼ 劇関係~ (3, 0.1%)

1 の, の物, 故いろいろ

▼ 劇こそ~ (2, 0.0%)

1 ほんとうの, 圧巻だ

▼ 劇ごっこ~ (2, 0.0%)

1 である, は私

▼ 劇しい怒~ (2, 0.0%)

1 の色, を以て書い

▼ 劇しい戦ひ~ (2, 0.0%)

1 の中, を戦つて

▼ 劇しい祈り~ (2, 0.0%)

1 方という, 方に

▼ 劇しくしめつけられる~ (2, 0.0%)

2 のを

▼ 劇しくた~ (2, 0.0%)

2 て切りつ

▼ 劇しくなった~ (2, 0.0%)

1 のを, ようです

▼ 劇しくなり~ (2, 0.0%)

1 そうな, て湖水

▼ 劇しくなりまし~ (2, 0.0%)

1 て何, て昨年

▼ 劇しく揺れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て居ります

▼ 劇しく波打っ~ (2, 0.0%)

1 て咽喉, て来た

▼ 劇しけれ~ (2, 0.0%)

1 ば煮え立つ, ば老婆

▼ 劇であれ~ (2, 0.0%)

1 ばある, ば猶

▼ 劇です~ (2, 0.0%)

1 がこれ, ね

▼ 劇といつて~ (2, 0.0%)

1 もよい, も色々

▼ 劇とかいふ~ (2, 0.0%)

1 場合それだけ, 樣な

▼ 劇としても~ (2, 0.0%)

1 どこか, 在來

▼ 劇などが~ (2, 0.0%)

1 再燃し, 満員を

▼ 劇などで~ (2, 0.0%)

1 あてこすりを, 下町娘の

▼ 劇などの~ (2, 0.0%)

1 必要が, 方が

▼ 劇においては~ (2, 0.0%)

1 それは, 戯曲は

▼ 劇における~ (2, 0.0%)

1 それぞれの, 功労は

▼ 劇については~ (2, 0.0%)

1 インドに, 別に意見

▼ 劇にでも~ (2, 0.0%)

1 ありさうな, 出て

▼ 劇に対しては~ (2, 0.0%)

1 微々たる作用, 能や

▼ 劇のみ~ (2, 0.0%)

1 である, 品する

▼ 劇のみを~ (2, 0.0%)

1 上演目録に, 演らされ

▼ 劇ばかりを~ (2, 0.0%)

1 やつて, 書いて

▼ 劇よりは~ (2, 0.0%)

2 自殺を

▼ 劇アトラクション~ (2, 0.0%)

1 について話す, の準備

▼ 劇ボックス~ (2, 0.0%)

2

▼ 劇万能~ (2, 0.0%)

1 の主張, の時代

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 の一大創造, の霊感

▼ 劇中女主人公~ (2, 0.0%)

2 の王妃

▼ 劇今日~ (2, 0.0%)

1 から, の姿

▼ 劇作品~ (2, 0.0%)

1 は余技, を不当

▼ 劇作家内村直也~ (2, 0.0%)

1 が舞台戯曲, は正統的

▼ 劇作家江馬兆策~ (2, 0.0%)

1 と一所, と関係

▼ 劇作家的才能~ (2, 0.0%)

1 がいよいよ, に於

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 から返事, の注文

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 勢の, 體としての

▼ 劇全盛~ (2, 0.0%)

1 こうした, の仏蘭西

▼ 劇出づるや朋党相~ (2, 0.0%)

2 結んで

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 の知識, を論じ

▼ 劇地下室~ (2, 0.0%)

1 でけい古, へ座員一

▼ 劇~ (2, 0.0%)

2 の詩人

▼ 劇小劇場~ (2, 0.0%)

1 では一番前, にヘソ・レビュウ

▼ 劇小説~ (2, 0.0%)

1 などでさらに, は小説

▼ 劇新派劇~ (2, 0.0%)

1 に代る, を故

▼ 劇時代~ (2, 0.0%)

1 からである, は一応

▼ 劇本来~ (2, 0.0%)

1 の精神, の美

▼ 劇楽屋~ (2, 0.0%)

1 にねころび, へエノケン

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 がまた, を消さん

▼ 劇独特~ (2, 0.0%)

1 の形式美, の色彩

▼ 劇~ (2, 0.0%)

2 だつたので

▼ 劇~ (2, 0.0%)

2 で二三日風邪

▼ 劇神仙話~ (2, 0.0%)

1 とが各, の一本

▼ 劇自身~ (2, 0.0%)

1 が動機, の魅力

▼ 劇草一名馬藺~ (2, 0.0%)

2 と記し

▼ 劇草一名馬藺子等~ (2, 0.0%)

2 と書き

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 した自分, せるを

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 したりと, せし者

▼ 劇~ (2, 0.0%)

1 が辻, の

▼1* [410件]

つての, 劇あのお芝居, 劇あれ丈芝居を知っ, 劇いことはお, 劇いもので走馬灯, 劇かつたとしても, 劇かと思ふと, 劇からはもう何等学ぶ, 劇がね私の, 劇ぐらい巨大な, 劇ぐらゐ演出者以外を楽しませない, 劇こそは滅ぶべきである, 劇ことに, 劇へも詳細, 劇しいようすを, 劇しいようですね, 劇しい荒れが感ぜられ, 劇しい逆上で息切れ, 劇しかもわが国の, 劇しからざるがゆゑ, 劇しかりし戦の, 劇しき一撃を食わせる, 劇しき労働と, 劇しき動悸を感じ, 劇しき嵐の中, 劇しき怒りのほか, 劇しき意と, 劇しき態度にて登場, 劇しき慾を生み, 劇しき時に日雇一人, 劇しき歓楽の後, 劇しき毒に中りたる, 劇しき混沌に擾, 劇しき渇なく且つ, 劇しき熱の爲, 劇しき病毒を社会, 劇しき風に焔, 劇しき飢ゑをあらはし我をめざし, 劇しくいいあう声が, 劇しくすまいて屈する, 劇しくって騒々しい, 劇しくどよめいてみんな, 劇しくなくなったと思ったら, 劇しくなるだろうと心, 劇しくなればこの, 劇しくぶつかる事も, 劇しくゆすっていた, 劇しくわななかせて死, 劇しく光る四十対の, 劇しく動いたかと見る, 劇しく動かしたが熟睡, 劇しく募って来た, 劇しく叩いてみ, 劇しく叩く太鼓の, 劇しく吹きつけていた, 劇しく吹き荒れる大風の, 劇しく吼え薄暗がりが, 劇しく呟きこむような, 劇しく呼ばれるまでは怖, 劇しく咳き出した時彼は, 劇しく喚ぶ勘次の, 劇しく噛み睡つた通りを, 劇しく怒るということ, 劇しく打ちのめすことで, 劇しく打つた手が, 劇しく抱き締めましたが譫言, 劇しく振って眼, 劇しく揉むように, 劇しく揺すり壁ぎわへ, 劇しく撃ちあう竹刀の, 劇しく擦れ合うのであった, 劇しく波立つたのでございます, 劇しく泣きだしたので妻, 劇しく狂うような舞い, 劇しく痛んで疲れ, 劇しく盛り返して来, 劇しく苅り入れの, 劇しく起きて万物, 劇しく蹴つてそれから, 劇しく通るところで, 劇しく開けた戸が, 劇しく降つてゐた, 劇しく降り出して四方, 劇しく降る晩に, 劇しく響いてくる, 劇しく鳴らさうとする, 劇しく鳴らして見, 劇しく鳴らし騒いでゐる, 劇しし従つて気兼も, 劇しすぎたため排尿が, 劇しすぎるからで, 劇し過ぎるように, 劇じゃないん, 劇すなわちすぐれた舞台, 劇すら日本に, 劇せりふの単純, 劇そこのけの暴力世界, 劇そっくりー, 劇それレコードコンサート又は新, 劇たまには外国劇, 劇たらしめようとする, 劇だけをやる, 劇ださうでもある, 劇だつたら俺の, 劇だの安来節だ, 劇つまり浄瑠璃劇に, 劇であってほしい, 劇であったらしく風の神退治の, 劇でございますから幕, 劇でなければならない, 劇とかに必要な, 劇としか書いて, 劇としてしか通用せぬ, 劇とやらはあたしは, 劇どおりに目, 劇なぞが盛に, 劇などには見たこと, 劇などは大変得が, 劇などまでが生れようと, 劇などもしばしば仙台, 劇なら西洋で, 劇なりと思為し, 劇なんかどうし, 劇なんかで王を, 劇なんてあたらしいもの, 劇にしかなり得ないから, 劇にたいして企図してる, 劇について芸術の, 劇にて行はる, 劇にとって異性に, 劇にとっても困難な, 劇にまで変化した, 劇によりもルイ十四世時代の, 劇に対してもつと切実, 劇に関しこれを, 劇のみに限るもの, 劇のみを通じて現代の, 劇ばかりをと云っても, 劇ばっかり見せられて, 劇ひとり驕って, 劇へでも行つて見まし, 劇への反抗として, 劇ますます盛んなり, 劇または文学を, 劇までかけつけた, 劇もしくは舞台仮面舞踏である, 劇やら僕には, 劇よりの離脱を, 劇らしく自身の, 劇らしく感ぜられたので五百, 劇わからせる劇の, 劇アイヌにも所謂舞踊, 劇アトラクション隊と此, 劇クラシックに対して一方, 劇クラブの催し, 劇クリスマスその他の催し, 劇コンサートといふアトラクション, 劇スターとして売出す事以外, 劇セリフの芝居, 劇ダンシングチーム三十人とうち, 劇チームと一座, 劇デニショウン舞踊を見, 劇酸化薬タル所以ナリ, 劇パントマイム合唱団などの徐々, 劇ペルシアインドのギリシア劇, 劇ミュージクホールの, 劇ランチルームで食事, 劇リチャード三世のうち, 劇ロダンの彫刻, 劇ヴァラエティを一つ, 劇一つオペラ一つ喜劇数種そのなか, 劇一幕を書いた, 劇一座という長方形, 劇一派に取っ, 劇一面の傾向, 劇不振の今日, 劇に論議, 劇並びに論議と, 劇中マルトン原と呼ばれ, 劇中三階へ行く, 劇中三階事務所へ, 劇中傀儡をあやつる, 劇中劇映画でありおまけ, 劇中名をいう, 劇中稀に見る, 劇中興味の大, 劇事一時迎歳又迎春, 劇二月アトラクションのこと, 劇五階けい古場へ, 劇以上の劇, 劇以来毎回の興行, 劇休憩室に飾られた, 劇伝統の継承者, 劇作家つて云や芝居, 劇作家といへる劇作家, 劇作家らは彼ら, 劇作家エルヴィユウの作品, 劇作家エロアが自作, 劇作家オストロフスキーと輝, 劇作家トルストイの叙事詩, 劇作家モウド・ハインもいます, 劇作家ルナアルはミュッセ, 劇作家一同の利益, 劇作家一般の利権擁護, 劇作家世に時めく, 劇作家中二三人を除い, 劇作家中今日までその, 劇作家中彼こそは小説壇, 劇作家中誰が, 劇作家五百人の中, 劇作家人見小六の奥さん, 劇作家仲間とそれら, 劇作家伊馬鵜平君である, 劇作家全体の生活, 劇作家兼演出家の横沢太郎氏, 劇作家団が事務所, 劇作家山本有三は忽如, 劇作家批評家作家第一次大戦, 劇作家日本の若い, 劇作家正宗白鳥氏を拉し, 劇作家田中千禾夫君をダイアローグ, 劇作家田中澄江はそれ, 劇作家画家それに文化専門, 劇作家的天分を知らしめる, 劇作家的成長とを結び, 劇作家的手腕を揮っ, 劇作家矢代静一の特色, 劇作家評論家歴史家新聞記者等を会員, 劇作家詩人批評家美術家音楽家舞台及び映画, 劇作家部の力, 劇作家部隊に選ばれ, 劇作家阪中正夫君は粉河, 劇作家非常に生気, 劇侵入時代にわが, 劇に任し, 劇児童劇なぞが盛, 劇入場料六円である, 劇全盛時代に彼, 劇凋落のきざし, 劇初日を十二日, 劇に従う, 劇勃興から公共劇場創設, 劇勉強はさすが, 劇十日間昼夜二回完全に満員, 劇千秋楽熱海へ, 劇単なる模倣が, 劇印度の聖劇, 劇即ち現代日本人が, 劇地方で, 劇名人会へ出演, 劇喜劇俗謡劇その他およそ上演, 劇四三の中, 劇四階事務所へ行く, 劇四階会議室へ行き, 劇團員に戰災者, 劇團員たちの生活, 劇地下ホワイトで理髪, 劇地下室けい古場へ, 劇地下食堂で支那物二三, 劇塲亜米利加の唱歌師シユンマンハインク女史, 劇塲内は恰温室, 劇塲内部に於ける, 劇塲出勤の頃, 劇塲初日を見る, 劇塲廊下にて葵山子, 劇塲支配人山本氏余を赤阪, 劇塲本日より十日間俄国人歌劇, 劇塲稽古場に徃, 劇塲聴歌の帰途, 劇塲試演を観る, 劇大当りだ, 劇して, 劇女優劇と何処, 劇好きと合せ, 劇学校劇と云, 劇定期上演の場所, 劇宝塚中劇場に出演, 劇家たち滝夜叉であれほど, 劇家忽にし, 劇家連は女中衆, 劇家面をし, 劇寄りのところ, 劇小劇場新宿セントラル浅草小劇場と三つ, 劇山脈の高, 劇川上一座の人気, 劇にも見え, 劇役所のスイセン劇, 劇往年の当り狂言, 劇後新福亭に一茶, 劇と密接, 劇心理劇性格劇気分劇などと分類, 劇の叫, 劇性人を殺す, 劇性格劇気分劇などと分類, 劇悪性の伝染病, 劇愛好家の大部, 劇態度は必ずしも, 劇成功の第, 劇或は西洋劇で, 劇は六月, 劇支那劇と或は, 劇教育に協力, 劇文学一般を通じての生活, 劇文学侵入が無残, 劇文学史の語る, 劇文学当面の問題, 劇文学本来の魅力, 劇文学独自の領域, 劇文学的生産がその, 劇文学者小山内薫と結ん, 劇文学者才能ある劇作家, 劇文学開花の二つ, 劇文學の尖端人, 劇新しき絵画新しき, 劇方面にも最も, 劇明治座の最近, 劇を測り, 劇映画になる, 劇曰自先世以譯司食公祿以斯致死即吾分而已, 劇曲家として著れん, 劇木村富子の振事, 劇は名, 劇構成のテクニク, 劇模倣の領域, 劇機械劇などまでが生れよう, 劇殊に最も乱暴な, 劇などの評, 劇気分劇などと分類, 劇決して軽視すべきで, 劇と往復, 劇の類型的心理, 劇流行の頃, 劇浮世絵は封建, 劇減している, 劇演出者の当然, 劇然しらくで, 劇父様の事, 劇猛烈な吐瀉, 劇の後継者, 劇王刺殺さる, 劇王殺害の動機, 劇王殺害事件の遠因, 劇王轟氏の遭難, 劇現代СССРの若い, 劇の脚本, 劇の俳優, 劇があつ, 劇発するのも, 劇研究会仕込みとかいう奇妙, 劇研究会作品研究会評論研究会などが持たれる, 劇研究員の芝居, 劇研究団体について何, 劇研究者の脳裏, 劇社会劇心理劇性格劇気分劇などと分類, 劇移動劇団がやって来, 劇程度のもの, 劇童話劇といふもの, 劇等々の文化現象, 劇紹介の方面, 劇紹介佐藤朔鈴木力衛両君編輯の, 劇紹介者としてわれわれ, 劇終ったのが, 劇緊密な劇的効果, 劇脳震盪ということ, 劇興行者兼現代稀有の邪妖劇名女優, 劇などが其, 劇舞台けい古まだ間, 劇花やかなりしころ上演, 劇芸術界の山椒, 劇芸術発展の法, 劇英国劇露西亜劇等を中心, 劇華やかな時代, 劇藥其他世人の到底, 劇藥的な錠劑服用, 劇術研究に渡米, 劇西藏の樂劇, 劇てゐられぬ, 劇見世物食堂出張店露店がずらりと, 劇見物は芝居, 劇見物帰りの母上, 劇観劇とシャレた, 劇解散といふ結末, 劇打撃何に, 劇試写室で, 劇試演に拙作, 劇詩雄弁というよう, 劇も二十日, 劇論科白原論視覚芸術論音楽解説演出研究演技論及び各, 劇講演会に列, 劇の首領, 劇賊宋江等の事蹟, 劇賊朱粲を擧げね, 劇賞する乙由の, 劇に眼, 劇が舞台, 劇通信アウエルバツハの歌, 劇道人の向上, 劇道擁護のため, 劇道熱心家であった, 劇道革進の第, 劇長篇中の一短篇, 劇雅堂緑芽と紅葉, 劇をとりだし, 劇集合江東楽天地の, 劇露西亜劇等を中心, 劇音楽と観衆, 劇音楽美術ラジオ科学体育などの研究会, 劇音楽雑誌映画などをあてがわれ, 劇風土記ふうの隨筆, 劇快論セリ