青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「半分~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば 半ば~ ~半分
半分~
半年~ 半日~ 半蔵~ 半身~ 卑怯~ ~卒業 卒業~ ~卓 卓~ ~卓子

「半分~」 6825, 74ppm, 1524位

▼ 半分~ (958, 14.0%)

17 夢中で 13 夢の 5 口の, 本気で, 自分の 4 もうだめ, 床の 3 夢中に, 死んだよう, 踊って

2 [41件] いって, お前の, お嫁, これで, こわいし, こわれて, それに, それを, ふいに, もう捨てられ, 今でも, 土間で, 女にも, 家の, 家を, 寺だ, 屹度失くな, 広土間, 当って, 彼の, 持って, 持つて, 書物を, 武家屋敷と, 殺せる程, 水に, 氷だ, 浮わの, 激しく嫌い, 激しく愛し, 私に, 自分が, 自分で, 自然の, 解決者です, 赤く彩色, 這うよう, 進める事, 酒の, 馬が, 黄河の

1 [814件 抜粋] あう, あたるはず, あったね, あって, ありがたくない, ありましょう, あろう, いつまでも, いつ噴火, いま四五日たつ, いま方々へ, いやな, うしろから, うそが, うるさいという, うれしい涙, おかしかった, おどかしの, おどけた顔色, お世辭, お前さんの, お前さんを, お君, お宅, お礼半分は, からかいの, きっと次郎ちゃん, きのう, くだけて, くらひこむ, こうした児童, ここから, こっちに, この一語, この僕, この国, この昔風, この村, この照明, この目的, この荒廃, この高み, この鴻山, これを, さう, さかれて, さわがしく朝, すぐにでも, すぐ病院, すこしすぼまっ, そういうつらい, そこに, そのため, そのボックス, その日ぐらし, その疑い, その経文, その頃, ぞくぞく尼, ただの, だが探し, つまって, づれてをり頸筋に, とけ半分, とられて, どこへ, どこを, なお籠, なくなって, なるべく, にくらしがっ, ねばねばした, はたして無事, ひそかに, ひっくりかえしに, ひとり言の, ふてくされて, ぶち壊しに, ほんたうで, ほんとに酔っ, ほんとの, まじって, また夜, まだバカ, まだ依然として静か, まだ封建的, まだ空屋, まちがって, まったく政治, まとまったもの, まアその, みずからちかづいた, めちゃめちゃだった, もうとうに, もう忘れ, もぐって, もち論この, やけにな, やられて, よくある, よそへ, わからずに, わたしが, ウォーターシュート用の, オカネ, オリーブの, カリアリス家の, カンで, シッタンという, セエラさんの, ドイツ人で, ヒマを, フラフラだった, ベンチから, ムシャクシャばらで, ヨロヨロと, リチャーズの, 一の, 一人言の, 一面に, 三土氏を, 下手人の, 不憫さから, 不払いの, 串談の, 主人役の, 主観的すなわち, 乞食同様の, 乾燥が, 了解出來ない, 二銭で, 五月蝿いという, 京都へ, 人形として, 人間で, 今も, 今夜ここで, 今貴方の, 伝六様も, 伯父である, 住宅で, 何処にか, 作られたん, 使つてゐねえ, 依然として笑っ, 信じて, 信念すなわち, 修養から, 倒れたよう, 借家人であった, 借金払半分は, 僕が, 僧兵の, 先生に, 六三制の, 兵糧移送の, 其方へ, 冗戯だ, 冗談に, 冗談らしく, 写しものである, 冷澹で, 出来たよう, 出来上って, 分からなかったが, 分けられて, 分らない, 判った, 判らない, 前から, 前よりも, 剽軽から, 劣者であった, 動物だ, 動物で, 勝手の, 化膿し, 南部の, 口直しの, 可笑しさ, 右翼新聞の, 向うの, 君の, 周子を, 咽喉から, 唐物屋に, 商賣, 問題を, 嗚咽に, 嘘だろう, 嘘で, 嘘に, 嘘を, 国家へ, 土を, 土地の, 土間にな, 地上で, 地上を, 地中に, 地平に, 地面よりも, 埋もれそういう, 堂上方の, 塞がつて, 塵芥棄場でも, 売れのこりの, 夕日で, 外に, 夜だ, 夢うつつで, 夢中で振廻す, 夢中で無, 夢心地さ, 大戸を, 大爐, 天意に, 太平洋の, 失敗に, 奈落と, 女らしい嬉しそう, 好奇心です, 好奇心へも, 好意的に, 姉さんおつけ, 娘の, 嫉妬気味から, 子供の, 子供らしく, 孤児を, 完全に, 実現し, 実際の, 実際合点, 客観的すなわち, 宥め半分, 容易に, 寐ぼけ, 寒々と, 寝ぼけて, 寝惚けて, 寝泊りし, 寧ろ影, 対立する, 射撃に, 小さな大理石, 小さな郵便局, 居られる, 屋敷行き下の, 屑と, 山旅ばかり, 川合の, 左吉松が, 差し上げますと, 市民自身が, 帝都市民が, 帰って, 幇間らしく, 広い河原, 庄七の, 床に, 庭に, 強面で, 当のあの浪路さま, 当人の, 彼が, 彼自身の, 後見の, 後見役で, 心が, 必ずベターハーフ, 念仏を, 思惑気で, 性情半分は, 怨みだ, 惇氏氏の, 惡戯兒らしい, 意味が, 意識し, 愚か十分の一も, 懷疑論に, 懸直, 成功した, 手つかずいつも, 手まねで, 手傳つて下さいます, 手真似で, 手製の, 投げ残された袋, 拔け, 挨拶かたがたいっ, 捨て, 捨てたんぢ, 掩われ, 散歩の, 敷いてない, 旅から, 日々全然, 日光浴が, 旨そう, 早晩海中に, 是が, 昼で, 昼寝を, 普通の, 暗い蔭, 書き下しである, 最初の, 月丸の, 望むやう, 未だ眠り, 本当かなと, 本気な, 来て, 東の, 板じきで, 板の間の, 板敷だつた, 枯れて, 枯れ木の, 植物という, 楽しみであったろう, 模型飛行機材料を, 欠けたり, 欠席し, 歌を, 此姿見の, 此犬の, 武器であった, 歩いた途上, 死んだやう, 死んで, 死人の, 残って, 殘つてゐ, 殘つて居る, 気味が悪いので, 氣遺ふ, 水, 水びたりに, 水苔の, 江戸の, 泣いて, 泣く樣, 洋服に, 流し半分, 海賊みたいな, 涼みが, 深田にな, 清に, 漁師町だ, 漬物に, 火に, 灰色で, 焔で, 無我夢中であった, 無理に, 無駄に, 焼けくずれて, 焼け崩れた一つ御殿, 照れかくしに, 熱い西瓜, 父の, 物でも, 物知り自慢を, 犬に, 独言の, 独言半分は, 猛獣狩に, 理性の, 生きて, 田, 男金と, 町の, 疊で, 病勢が, 白いうずら豆, 百姓を, 百姓家造りです, 目を, 目白に, 眞人間で, 真珠貝を, 真面目であった, 真面目に, 眠ったよう, 眠つてゐる, 眼配せですませ, 眼顏で, 眼顔で, 砂に, 礼に, 神さまな, 私に対して, 私の, 私自身賛成で, 積み上げた磚, 空だ, 空中をといった, 空席でした, 窓を, 立つ, 立つだろうが, 竹丸に, 笑談の, 笑談らしく, 答えるの, 箱づみのままにくさっていくのだ, 納屋の, 絨氈の, 繊細に, 羨望から, 聟が, 聴かぬ振して, 聴衆の, 聽き取り兼ねました, 肩に, 胸に, 腰かけたまま, 腹立たしくなり, 自分へ, 自分より, 自慢から, 自暴自棄に, 自然消滅に, 舗石の, 船によって, 船の, 花野の, 芳町でした, 苦労で, 草に, 萬兵衞と, 藁屑を, 虚榮的俗習的壓逼を, 裸体で, 覆つて, 見えて, 見せかけだけという, 見なかったが, 見る人, 見得で帽子, 親兄弟, 親分が, 解けませぬ, 解せた, 言は, 言訳じみた, 評判でしょう, 諦めの, 警戒心も, 貧民窟以下の, 貯金に, 貰つたのだ, 貿易を, 赤銅, 趣味の, 踏み倒されると, 軍部が, 軒下へ, 農家で, 返して, 迷ひ, 退屈だった, 逃げたの, 透明な, 通行人の, 遊びながら, 遊覽の, 過ぎた, 道楽だ, 邦楽であった, 酒が, 酔い倒れて, 酔っ払いの, 野田の, 金あみを, 鉄砲と, 銀で, 鐃鉢を, 開墾地の, 陸軍, 隠れますが, 隱れた, 雪に, 雲に, 雷同で, 青くほとんど, 音符へ, 飛ぶよう, 餓鬼共の, 馬車である, 駕籠で, 體の, 高い価, 髭に, 魂の, 黒いひ, 黒っぽく半分, 黒岩万五に

▼ 半分~ (718, 10.5%)

13 なって 12 して 9 切って 5 なる 4 それを, 分けて, 割って, 自分の 3 切ったよう, 切つた, 声を, 手を, 減って, 焼けた大きな, 皆の, 私の, 見て

2 [42件] したもの, すると, すれば, そんなこと, なさること, なった, なったと, なったよう, なった朝日, なつた, なつて, なること, なると, みて, やって, やり出した仕事, 下落する, 云い出したの, 云った, 云って, 云つた, 作って, 割つては, 妙な, 悪戯を, 截つた赤毛布, 抗議を, 折って, 書いて, 書きましたと, 歌っちゃ, 相手に, 眺めて, 私は, 答へ, 聞いて, 言った, 言つた, 訊いた, 議論を, 近い婦人, 駈け降りると

1 [552件 抜粋] あしらひ, あたる, あたると, あれは, あんな書物, いいながら, いちばん彼らにとって, いった, いったら, いって, いってるん, いつまでも, いろ, いろいろと, いろいろな, うそを, うわさする, おしえて, おどかしたがって, おどりあがりました, お神, お邸, お隣り, お願いした, かう云, かける, からかった時, がやがや云う, きいて, きく, きった短い, こうして障子, こう云う, ことごとくこれ, この坊主, この犬, この皮肉, こんなこと, こんな商売, こんな悪名, さう云, さう言, さして, された状態, したくば, したこと, したようよう, した様, した程, しても, しゃべったこと, しゃべったもの, しろ欲し, すぎぬ幸徳, するから, すること, するの, する人, する興味本位, せい, そういいました, そう云っ, そう云った, その二品, その葉, その袖, その雑巾, その頭, その驚嘆, そばへ, そんなに好き, そんな落し穴, そんな落とし穴, そ知らぬ, ちぎったり, ちぎつてつめ, ちぎれたくさり, ちょっとあの, ついて, ついて行った, つくったうそ, できる, どうぞと, どこの, なかなかよく, ながめて, なったこと, なったし, なったとて, なった時分それ, なった最中, なった鷓鴣, なっちゃったけど, なっては, なってる, なってるの, なぶる, ならない, ならんと, なります, なるいかにも, なるとおつし, なるわけ, ねぎられても, はしの, ぱく, ぱっと射し, ひとつ皆で, ふりみだれた黒髪, ぶらぶらし, へらしても, ぼんやりと, ぽんぽんお, まぎらせながら, まけて, まぜっ返して, またその, また一発, もと, もりあげられて, やったの, やった仕事, やった縁結び, やってると, やって来て, やつた, やつたら, やつて, やるな, やるの, よくそう言っ, よくそんな, わいわい言っ, わいわい騒ぎ立てる, わけ一隊, わざと屏風, わざわざ注意, イワシを, ドイツにたいする, ドンナ無茶でも, ノドワを, ピアノを, フランス語を, ワラワラと, 一かけ口の, 一寸そんな, 一本釘を, 一遍切りで, 万寿が, 下宿を, 下落した, 下落したであろう, 下落するであろう, 下落するなら, 与えた存在, 与八に, 乗る人, 事実を, 二三十人ばかり, 二人の, 云い争ってるうち, 云うの, 云はれた, 云ふ, 云われたこと, 人間の, 仕切って, 仕切つた二等車だつた, 仮令梅子さん, 伊沢に, 伝えられて, 何処かへ, 何度も, 作ったもの, 作り物でも, 使用した, 信ちやん, 値切ったわけ, 値切られたので, 値切られましても, 傍から, 傾いた冬, 光が, 入りこんで, 兵卒たち殊に, 其の後, 写生しといた, 処分を, 出て, 出羽は, 分れて, 切ったからと, 切ったの, 切ったもの, 切った断面, 切った油樽みたい, 切った酒樽, 切った鶏卵, 切つてや, 切つて分配した, 切られて, 切りさ, 切り下げても, 切断した, 切断しよった, 制御を, 制限されました, 割つた桶, 割り, 割ると, 割る能力, 割れたスカート, 割れて, 割れば, 勧めて, 千切れ上半分だけが, 半ば呉の, 及んでるという, 叔父さんから, 取扱ひたがる, 取次へ, 口に, 古人が, 叩き壊されて, 台数へっても, 叱りとばした, 君の, 吹聴する, 吾, 呶鳴り, 呼びながら, 唯だ, 噂された, 噂は, 囃し立てる繰り言, 土地の, 墜ちた元, 変つた, 夜分御札を, 大げさに, 大竜出版社を, 大蔵が, 夫人を, 女中を, 女好きの, 女房子供を, 媚を, 子分連中に, 実業熱に, 宮廷の, 寫眞を, 對し, 小さい野菜畑, 小屋へ, 小滝を, 山崎この, 岩公を, 工業用ダイナマイトを, 巻き上げられて, 市場価格以下で, 庄五郎の, 度胸を, 建てて, 弄ぶの, 弄んで, 引き寄せて, 引き裂かれても, 引つつれ, 引切って, 引切つてある, 引廻した, 当てその, 当ります, 当り九州, 当る付け髯, 彫るの, 影を, 彼の, 彼女に, 彼女の, 彼女は, 往復する, 往来の, 待って, 思ひ立ちし庖丁, 恁う, 悪いところ, 感心し, 憎んで, 截った形, 截る, 手伝った, 打たれても, 打ったこと, 折った座席, 折りて, 折り丁度, 折れた吸口, 折れて, 折れる, 抜いて, 担いで, 拍手浴びせ, 拡がって, 拡がりそれ, 拵えた其癖, 持って, 振り回し下世話, 採られたの, 提言した, 撃ったの, 教えたスリ, 教えて, 敵を, 文学者, 斯う云った, 新聞記者の, 旧派とも, 易者に, 時としては, 曖昧に, 書いたよう, 書いてるやう, 書けば, 朝食前ぐらいの, 杖を, 来たの, 来るん, 松葉いぶし, 染めたん, 校長先生と, 根問いを, 検べに, 楽器や, 様々加勢を, 横に, 横綱と, 歌ったり, 歳月を, 死を, 毎日の, 気味悪さ, 汎く守られ続け, 池沼の, 浅吉に, 浮べるその, 海洋を, 深くは, 淺井に, 渋々聞き, 減じまするから, 減ずるという, 減った, 減つてし, 減らされて, 減らして, 減らす気, 減らせとか, 減り縣本部, 減る, 減ると, 渡をや, 満々と, 潮の, 火を, 無理強いした, 無礼な, 煉瓦建の, 煮つまったかな, 父は, 片よっ, 猫が, 猶予が, 現われてる溌溂, 産婆を, 申しこみ私, 男女が, 町に, 畑を, 異史氏が, 発明し, 発行した, 盛に, 盛んに, 盛上つて女中が, 盥の, 目を, 相當, 真似るもの, 睨んだところ, 石や, 石川は, 研究し, 研究した, 破いて, 破りほんとに, 私に, 私立探偵を, 称して, 突き付けるはずみ, 端渓た, 笑いながら, 筆も, 答えたの, 米友と, 約束まで, 約束迄, 結び合わせようと, 絵を, 縦割りに, 縫つてお出でに, 縮まった, 縮減しよう, 繰披, 義雄が, 習うという, 考えて, 聞いては, 聞いても, 聴いて, 聴いても, 聴かっしゃる場所, 職人から, 聽い, 腕を, 色鉛筆で, 芝居見物を, 荷の, 落ちて, 蓄えられて, 蝙蝠傘を, 行くべき處, 行っても, 裂いて, 裂けた岩形氏, 見に, 見るの, 覚えた指わざ, 言い出された問題, 言い出した, 言い捨てて, 言ったの, 言って, 言出し, 訊いたら彼, 訊いても, 訊くと, 訊ねた, 詠って, 話を, 語ったり, 説き立てて, 説明し, 誰か, 誰かが, 警句やなんかで, 豪語し, 負けて, 買集め, 賞めたら, 足りないこと, 足るまい, 足先だけを, 踊って, 踊の, 蹙められ, 近い書込み, 追いかけて, 追いかけ廻すから, 追いまわして, 追いまわします, 通用します, 遊惰と, 過ぎないからなあ, 道を, 道造君をからか, 遣って, 野次を, 針を, 銅線, 雑誌に, 電燈の, 革の, 須永を, 頭を, 頼んだ, 顏と, 風は, 風呂敷の, 飛んでもねエ, 馳け, 駄々を, 駄目を, 駆けたこと, 駈けだすの, 駈けてるん, 騒ぎ立てられては, 鳩には, 鶉狂だの, 麻痺が

▼ 半分~ (349, 5.1%)

3 ものは, ような, 余も, 大きさ

2 [19件] お金で, ひげ, ように, 価値を, 値打も, 冷かしも, 半分を, 好意を, 徳, 徳の, 感興も, 方は, 気味が, 気持ちで, 神様すなわち, 者は, 能力が, 速度で, 銀貨を

1 [299件] あの広大, あらそいの, いい加減な, いたずらである, いわば趣味的, うちからも, お客さまは, お金いただきたい, こういう覚悟, ことでもを, ことを, ござが, ござをもらって, ごろつき肌で, しか, つい近く, ときすみ子さんが, ところには, ところまでも, のんびりした, はかりごと, ふざけた誇張, ほうに, まじめさであった, もので, ものらしかった, やうな, やうに, ようだ, わけです, わざと真面目, んきそう, んぢまひ三時宝塚へ, カロリーが, ゴシップだ, スピードで, スピードも, ピンヘットである, ファッショ風な, ブランディで, ホルンの, マッチの, マントでは, ミチノリも, メダルを, レンズ装置を, 一里少し, 七分五厘が, 三十周位で, 三時間半で, 不可測なる, 両面を, 主要都市でございました, 九隻が, 乱調子で, 事も, 五千ドルに, 五日間で, 五百年持つ, 人々の, 人なき, 人間であった, 人間性と, 人騒がせに, 仕事が, 仕度金を, 会話の, 余来ましたろう, 便宜である, 修辞学とか, 値で, 値投で, 値段の, 傍聴者を, 冗談を, 写真でも, 冷笑を, 冷飯を, 処まで, 出たり, 出放題でない, 分け前を, 分量が, 力も, 力を, 労力で, 勇気を, 勉強で, 動機から, 十五人位は, 十五個を, 十杯を, 厭み, 反です, 収入を, 収穫も, 口惜しさ, 口調でなく, 口調などは, 名刺, 喧嘩腰で, 嘆声を, 四千石に, 回向位は, 団塊は, 国庫補助を, 変化を, 大ザッパ, 大切真実を, 大燒痕, 天才説が, 太公望が, 奨励を, 奴を, 好奇と, 娘の, 嬉しさ, 学生も, 客が, 家庭觀を, 家搜し, 寄合は, 小型映画作品であった, 小田原ちょうちんを, 岩塊を, 席を, 年齢にあたる, 床は, 弥次馬も, 強がりの, 形容詞でなく, 影で, 影響さえ, 心持が, 応援隊と, 恐しさ, 恐ろしさ, 恐怖と, 悠長さは, 悪刷, 悪口ばかり, 悪口を, 悪戯いから, 悪戯よ, 意にて, 意味を, 意地っ張りから, 意見だ, 意識が, 意識で, 意識も, 愛想も, 感嘆では, 態度で, 所まで, 手紙だろう, 手細工は, 手軽さ, 投書は, 持参金が, 挺身も, 数だけの, 数に, 数も, 敵では, 方へ, 日数しか, 日数で, 日數は, 時に, 時間の, 時間も, 暴行が, 月の, 未知の, 板が, 枝葉の, 柄ばかり, 楽な, 様な, 権利を, 権柄ずくの, 横綴五六十枚の, 樵夫で, 残忍性を以て, 気の, 気分は, 気分を, 気持から, 気持が, 気持で, 気持でした, 気持では, 気持とから, 気持も, 氣持で, 清美感が, 漁師町では, 為に, 無分別から, 犠牲を, 狼連を, 獣的な, 獣血を, 理想であった, 生兵法豪く, 生存と, 生活が, 生活だった, 用にも, 男子に, 町内の, 疑いも, 疑いを, 疑惑が, 白い, 白紙でした, 百だけを, 百姓剣法だろう, 目明しを, 直径ほどに, 眞似, 真理は, 真理を, 眼を, 砂糖を, 私を, 積りで, 笑ひである, 紙巻煙草であった, 給料しか, 給料を, 絵画性とが, 罪が, 罪を, 美しさ, 興味も, 舌が, 若い衆が, 苦労じゃ, 荷物の, 菓子を, 薄気味悪さ, 虎杖方言は, 血祭に, 行方が, 行方など, 視線を, 言葉つきでも, 言葉は, 訓戒に, 試しごころから, 話だ, 誤りである, 誤りを, 調子で, 責任は, 買い手を, 買物も, 賃銀しか, 賃銀で, 資本を, 贅沢な, 身を, 身体を, 車夫に, 近さ, 返辞を, 速力で, 連中早速, 遅い速さ, 道程で, 遺言書を, 邪推だ, 重さ, 重みが, 重要さを, 野菊を, 量目の, 金を, 針は, 銀貨が, 銀貨と, 銀貨即ち, 長さ, 閑を, 間は, 雑誌としか, 電話をも, 面白半分, 面積を, 頭が, 頭では, 頭を, 食物及び, 養鶏を, 高さ, 鯨を, 鼠賊は

▼ 半分~ (274, 4.0%)

5 埋めて, 自分の 4 破壊した 3 さいて, 割いて, 占領し, 染めて 2 包み隠して, 包んで, 占めて, 失って, 彼に, 掩って, 考えること, 考へること

1 [232件] あっさりわたし, あわてて, いきいきと, うけとったろう, うずめるよう掩, おいた, おぼろに, お雪, お高さん, かえして, かくした, かくしたやう, かくしたよう, かくした春桃, かくしながら, かくし叔父さま, くるむよう, こちらへ, こっちへ, この人, さもうま, しゃもじにやった, そのまま口, つかって, つかふことでも, つき出して, つけ加へ, とっくの, とって, とつて, なくしても, のこして, のみこんで, ひたして, ひたす血, ひろつて, ふっ飛ばして, ぺちゃんこに, まきあげたね, まず自分, もたせて, やると, わすれて, わたしの, ウィルメットの, グリーンランドに, ポンと, マフラーで, 一年間休ませ, 一枚で, 一様に, 三分の一程飲み干した, 上げること, 丹尾は, 主人が, 主婦の, 二の腕と, 二十歳に, 二度なら, 亜麻に, 人に, 今あとの, 今に, 仕切りまして, 何氣ない, 侵略したら, 借りて, 兄へ, 八橋の, 再び左, 分割し, 分離し, 切らして, 切るの, 剃つて左半分, 剃り下げた青々, 剃り左半分, 剖い, 剪断する, 副食物や, 割つて, 包まれて, 包んだ, 区切って, 半分を, 占めたグランドピアノ, 占める働く女, 占める国, 占める屋台, 占める男子, 占領した, 取ったもの, 取り上げられるという, 取り交ぜて, 受けとって, 右半球の, 名前が, 向けても, 含むもの, 周旋した, 喰えかくして, 喰えその, 埋めたの, 埋めた事, 塗りつぶす, 増すの, 売って, 外から, 大正十四年暮れに, 失う, 失く, 失つても, 失はうとして, 奪おうと, 女の, 妻良の, 姉様たちの, 婆さんに, 封筒に, 小声で, 尾形さんと共に, 屈して, 山に, 巡業し, 布で, 常の, 廻らなければ, 引っ手繰っ, 後へ, 心長く, 恒川氏に, 悠揚と, 惜し気, 惜気も, 打ち倒して, 投げ出したことさ, 投出さなければ, 投出した, 持たせるから, 持ち出しいささか, 持って, 持つて, 持参という, 文字通りの, 新橋駅の, 施療院の, 明るくした, 書かなければ, 書き落して, 朝廷で, 末端から, 机と, 東山で, 松右衞門北半分を, 板戸で, 権之, 機械の, 次の, 歩きまわり最後, 残して, 母へ, 注ぎ込んで, 活用し, 消して, 深く埋め, 湯の, 無くして, 無償で, 焼いた, 焼いて, 照らして, 熔岩が, 男の, 白く塗り分けた, 皇帝に, 相手に, 県の, 真赤に, 睦子に, 突込んだり, 突込んで, 終った頃, 終わらないうち, 絶えず私, 繃帯でつ, 聴いて, 背負うだけの, 背負って, 脚下に, 與へ, 茶亭で, 蓄めて, 蔽うて, 蔽う蟹, 蔽って, 蟻の, 袖口で, 覆いかくして, 見ただけでも, 見つけて, 見ないもの, 譲ること, 負担し, 負担せざるべからず, 貧しい人, 貰いたいと, 貰うはず, 貰っても, 買って, 赤く半分, 越えたの, 農夫で, 返して, 送った島の内, 通り越して, 運転手に, 過ぎたいま昭和二十七年, 過ぎたばかりの, 阿爺, 降りきった折り返し, 隠した例, 隠した曲者, 隠して, 革手袋を, 頂いて, 頒ける, 領し, 頤で, 食った衣, 餌食に, 魚釣りで, 黒マントの

▼ 半分~ (241, 3.5%)

5 残って 3 口に, 来て, 聞かぬうち, 行かないうち 2 ありません, すんで, なくならぬうち, 吾夫の, 来ないうち, 熱して, 理解できない, 落ちきらぬ内

1 [208件] あけた頃, あの人たち, あるかなし, あるほど, あるまい, あるまいと, あるまじと, あるよ, いい子, いえぬ性, いただいたん, いわせないで, うごけずその, おまえの, おもしろか, お前は, お貸し致しませう, お駒, きかずに, きかぬうち, きこえて, きて, きれいであっ, しない, しめて, それの, たべなかった, たまるの, つけば, できて, できないうち, できん人, とどかなかった, ない, ないじゃ, ないぞ, ないだろう, ないの, ない小さな, ない樣, ない肺, ねえさんを, のぞけて, のめば, はいりやしねえ, はかどらない始末, ふさがって, まわって, むずかしいと, やっときゃ沢山, やり出すもの, ゆかないうち, よく聞きとれないらしく, わからなかった, わからなかったらしく本, わからなかつた, わけて, クソも, ドアの, 下の, 下らないうち, 云ひ, 云へ, 何も, 使えませんでした, 來ない, 來る, 信じては, 値の, 偉くなった, 備えて, 傷あとだらけだ, 入ってないし, 出せ, 出て, 出來, 出来ては, 出来ないで, 出来ないので, 出来ねえので, 出来上らず清吉, 出来上らない昨今, 分るか, 切るなんて, 取り得ないと, 吸は, 商売が, 喰えぬ, 喰って, 喰べ, 回ると, 埋まって, 埋めるので, 大きくない, 失って, 姿を, 子供に, 小さい, 居ないん, 平定しない, 年が, 後退した, 心に, 恐ろしい不気味, 意味が, 払は, 払へ, 捌ける見当, 捜して, 描いて, 描き上げないうち, 書かないうち, 書かぬうち, 書けて, 書けないのよ, 有ったろうよ, 本式に, 来ては, 来ない, 来ぬうち, 此の, 残っては, 残つてゐた, 残らなかった, 泥は, 活動し得なかつた, 海を, 消え失せて, 温和しか, 烏賊を, 無いじゃ, 無い運河, 照ちやんには, 燃え殘つて, 理性が, 生きるだけ, 疲れて, 登り切らないうち, 眠れば, 眼に, 知らないん, 砂が, 私を, 移して, 稜あり, 笑顔を, 終らぬ内, 網を, 縫い上げられては, 習ひ, 考えないうち, 耳に, 聞いて, 聞えなかつたので, 聞かずに, 聴かず決断, 聴きしめては, 背負って, 薬が, 薬を, 行かないでしょう, 行かない途中, 行かぬ中, 行かぬ内, 行きませんでしたが, 見えなかつた, 見えなくなった, 見えなくなって, 見たもの, 見て, 覚束ない, 解らないよう, 解れば, 言えない房吉, 言は, 言わせず風呂桶, 訴えること, 詰め込みの, 話さぬうち, 話しきらずに, 読まずに, 読み損, 読み終っては, 読めぬうち, 諸君の, 讀みませぬが, 讀めませんでしたそして, 買へ, 近いので, 近よって, 這入らないの, 進行し, 遂にあけた, 過ごしました, 違います, 酒代と, 重く見, 降ろさぬ間, 陳述できなかった, 集つて来ねえ, 顔を, 飛べないわ, 食べちゃったん, 食べない中, 食わない, 飮んでない, 飲まない内, 飲んだ頃

▼ 半分以上~ (201, 2.9%)

4 も残っ, も空い 3 はこの, 掘り出されて 2 はその, はノロ勘自身, は過去, もあった, も前, も字, も昇りかける, 残って

1 [171件] あります, ある, かくれて, からになった, が侍, が外国人, が悠々, が横, が無くなります, が焼失, が空っぽ, が賛成, が風俗派, こわれかけてるん, その雲, だとの, であります, なくなって, なくなるかも, にのぼった, にものぼった, に各種, のその, のもの, のり出して, の婦人, の子供たち, の屍, の火傷, の者, の賛成, はあった, はこちら, はこれら, はそれ, はなくなる, はまさに, はまだ, は七両五人扶持, は他国, は休ん, は何故, は八五郎, は兵隊さん, は動かない, は名前, は嘘, は國会, は土地, は土気色, は女, は実は, は家庭, は岩窟, は彼ら, は救われる, は日本人, は歌曲, は死んじ, は死んだろう, は父, は町, は町奉行, は発着所, は箱, は終身年金, は自分, は自分たち, は読み終っ, は誰, は諷刺, は都会, は鉄砲, は闇, は顔, まで進み, まで進行, もあります, もある, もう閉めかけられ, もこぼれ出し, もって, もとり巻い, もどって, もみごと, もやっ, も下りた, も交じっ, も今, も使っ, も入, も入っ, も千切れ, も地上, も壜, も外, も家, も寝, も射込ん, も小さく, も手, も掻きはがされ, も是, も欠け, も泳ぎ, も浮きたった, も混同, も減じ, も燃え, も燒, も私, も突き出る, も自分, も見, も解らない, も通らね, も通り越した, も違う, も開け, も飛出し, も飲み尽くし, わからない顔, をさまよい歩い, をしめて, を一人, を包ん, を占め, を屋根, を引きつれ, を敷地, を流出, を流失, を着服, を船, を見た, を越え, を通り過ぎる, を隠した, 似かようたもの, 似た話, 信じて, 判って, 剥げて, 取られて, 取れた英訳本, 吹き飛ばされて, 塞がっては, 変って, 失われて, 寝て, 引っ括らなければ, 手つだって, 掃いて, 果されその, 棄てて, 残したの, 残して, 残ってるなんて, 消えて, 渡った時分, 片付いたよう, 甦ったよう, 覆いかぶさって, 足りない, 過ぎ去った頃, 違って, 隠されて, 隠れた後姿, 隠れて, 集まった, 飲んだ

▼ 半分ほど~ (199, 2.9%)

3 開いて 2 あけた, 入れて, 残って, 空に, 見えて, 顔を, 飲んだ

1 [182件] あいて, あおった, あとに, あらわに, ある, いただいた, うずまって, おりたとき, おろした下, かなえられた, ぐつと飲んだ, こわして, ご拝借, しぼって, すすんで, それを, たまって, だった, つぐの, である, でも, なもの, のぞいて, ばかに, ばたばたと, ひり出した, よんだ, スポリと, セリフが, ベッドに, 一日の, 三四郎の, 上げて, 上った時, 上の, 上へ, 下へ, 下りかけた時, 中へ, 乗りだし首, 似た記事, 体を, 使うつもり, 使っちゃ, 使って, 入つた時, 入つて, 入れマッチ, 入れ正覚坊, 入口に, 共通の, 凄まじく血, 出して, 出來上, 出来あがって, 切りとって, 切りました, 切断した, 利かなくなって, 削り取られて, 加えて, 加えます, 口を, 吹奏し, 呑み殘, 咲きかかった軒, 型へ, 埋れて, 売つたころ, 夜具の, 大戸を, 山葵卸し, 巡りかけたら隣, 差しこんで, 差し込みあつし, 平らげた, 座敷の, 廻つて電の, 引かれて, 後へ, 手前どもへ, 打ちこ, 打ち込んだ大, 抜いて, 抜け出して, 拔きかけた, 掛けて, 推量できた, 握り締めた左手, 斜に, 昇って, 昇つたところで, 明けて, 更に引きもがれ, 書き上げた時, 書くと, 来たかと, 来た所, 来て, 梯子段の, 欠けた月, 次郎のに, 歯で, 残したまま, 残ったの, 残ってた葡萄酒ぐうッ, 残つたウィスキイに, 毀れかかって, 汐で, 汲んで, 流し込んで, 海面に, 消しかけた彼, 減ったウイスキィ壜, 減ると, 湯が, 灰に, 燃えさして, 燃えて, 牛乳が, 登ると, 白身へ, 眼が, 砂に, 穿いたの, 穿たれたころ, 窓の, 筋違に, 細くし, 縒った, 胸の, 色が, 色づいた蔦, 花の, 落ちて, 葭簀の, 蔭が, 行き過ぎたと, 裏へ, 襟頸に, 見えるよう, 見る, 覗いて, 読み進んだころ, 読む, 読んだ頃, 身を, 身体を, 転げかかって, 逃げ帰り家, 透明だ, 途絶える, 通りすぎたとき, 酌が, 酒飲む, 銅の, 閉てて, 閉めた雨戸, 閉めて, 開いた, 開きました, 開けた時, 開けながら, 開け俺, 降りて, 除けて, 隙い, 隙か, 隠したお, 食べ残し立ち上った, 食べ殘, 飮んだ, 飯を, 飲み五郎, 飲み干した, 飲み減らして, 飲んだ水薬, 飲んだ頃, 飲んで, 飲残した, 餌壺の, 黒くなっ

▼ 半分ばかり~ (140, 2.1%)

4 開いて 3 呑んで 2 あいて, どこかへ, 書いた, 見て, 見る, 門野の, 開けて, 飲み干して

1 [117件] おりたあたり, かじると, この峠, しばって, すすった時, たつた時間, たまった, たまったころ, つかった, では, とび出させて, なの, のぼったとき, のみほしました, のんで, はいったタンク, ぴりゝと綻が, もげて, グッと, ターコール僧正へ, 一息に, 上りたらむ, 下りて, 傾いて, 入った観客, 入って, 入つた觀客, 入れた水, 入れて, 出した膝, 出来上ったらしい, 切り取って, 切れて, 包んで, 吸ったところ, 吸ってるうち, 咲いて, 土の, 土塀に, 坂を, 坐ったまま, 垣根へ, 売って, 外の, 始末を, 干した, 床の, 引きぬいて, 張った大きな, 往来へ, 意味が, 抜かれたの, 掃いてから, 掃除が, 数えた時, 書き直したもの, 服用させた, 欽一郎の, 残って, 残ってるウイスキー, 毛布を, 水に, 氷の, 汲んで, 注いで, 注が, 減って, 渡り地上, 温めて, 溶けて, 澱んで, 無惨な, 燃え残ったもの, 現われると, 生み出したまま, 當つてゐた, 登ったところ, 私の, 立つ, 紅葉し, 紺土佐の, 終りました, 背後を, 膝の, 落ちて, 葭戸を, 藍甕の, 見せた顔, 解って, 読みつ, 読んだとき, 読誦した, 貴婦人に, 踏み倒すぞ, 蹴飛, 身体を, 道を, 鎮まりかけたが, 閉めて, 開いた様子, 開いてる襖, 開かれると, 開きながら, 開け放しに, 鞘を, 顔を, 食いかけた時, 食べやがった, 食われて, 飮み込んでしまつ, 飮んだ, 飲み込んで, 飲んで, 飲んでから, 駆けま, 駈けつけて, 黄色くなった

▼ 半分~ (137, 2.0%)

3 手伝って 2 た自分, 夜の, 天平時代の, 妙に, 白くなる, 鎌倉時代の, 黒く半分

1 [120件] いつも相当, うそだ, うまく合わさっ, こっちに, すっかり口, すっかり裸, ずきずきと, その翌日サイパン, それダマに, ぞっと寒かっ, ただ白く, た凍って, た消されながら, た燐, た痰壺, た飲み干した, だらりと, ちらと, つながって, とけて, とこは, ところで止め, なくその, はみ出した, まっ赤, ゴッホの, ジョン, トコ欺され, ポッカリ大, 一万五千尺以上も, 一枚に, 一輯より, 上る, 上下空いた, 上瞼に, 下りると, 二の腕に対して, 二十五銭, 便所という, 兎角不自由勝ち, 八重櫻に, 動き出すまでは, 叫びつかれ, 可愛かった, 吉野櫻也, 吹きとびその, 土間で, 土間はんぶんが, 夜な, 女工残りの, 家も, 将校の, 少し前, 幸福でいる, 手を, 抉ったよう, 押入れで, 支店長の, 既にさうな, 昼で, 晝で, 暗澹と, 最も近く, 未婚で, 板の間に, 板の間にな, 樽の, 死に残つた男, 死骸だの, 残ってれば, 氷店に, 汚い旅籠屋, 沢山の, 洋風で, 海上へ, 炉の, 無くなった方, 焼け死傷十万, 燃えるよう, 燃え残って, 物に, 狂気から, 猛烈に, 現われて, 瓦で, 生長し, 画面の, 発達した, 真青に, 破れて, 硝子戸棚で, 磨滅し, 禿げ頭, 私の, 竦んで, 米三分の一は, 紺で, 絡いつき, 絡ひつき, 総九輯, 老けてるにも, 肥えふくれた一族, 腫れポツ, 腫れポツポツ, 草花の, 蔭に, 血まみれに, 見えなくなったこと, 見えなくなったり, 見つかりさらに, 読めたと, 赤で, 重たい, 重点を, 集団農場に, 露西亜人である, 青黒い蔭, 食い散らかされて, 鬼に, 黙って

▼ 半分しか~ (107, 1.6%)

3 ないから 2 ない, ないよう, なかった, なく飯, やらずその後何処, 判明し, 無く教師

1 [90件] あかないわけ, いない, かかって, きかず残念, きこえない時, くれず彼, この人, しないで, すってないよう, でけやせん, とれないという, とれません, ないが, ないし, ないそう, ないの, ないよ, ないスズキ, ない薬指, ない酒, なかつた, なかろうと, はいりませんでした, まだ残らない, わかりません, 云わないうち, 信用に, 入ってない, 出して, 出來, 出来て, 出来ない, 出来ないので, 出来ぬと, 出来上らない未, 分らない面持, 印税が, 収入が, 受けない, 可能性を, 吹けやしない, 呑まなかったんで, 呑まなかつたんで, 呑みこめなかったの, 売れぬ, 射る間, 居ない, 心が, 打ち込まれて, 払えない, 払わねえや, 来ないよう, 残って, 無かった, 無くおまけ, 無く太い梁, 理解する, 理解できないであろう, 眠つてゐない, 眼に, 眼を, 知らなかった, 穫れなかったら丁度, 穴の, 突けないぞ, 納めなくて, 終って, 聞かないこと, 聞かないで, 聽きませぬ, 肉が, 表現し, 見えざる仇, 見えずその, 見えない, 見えないし, 見えないそれ, 見ないが, 覚えて, 言えなかった, 語つてゐない, 讀んで, 賃銀が, 足りなかつたから, 辿りきれて, 酒が, 開いて, 開かない, 食事いたし, 飲んで

▼ 半分~ (99, 1.5%)

3 いいから 2 いい, きょうまで

1 [92件] い, いい心安い台所女中, おしまい私は, お通さん, かさかさと, こんなこと, しごいて, すむよう, すめば, そない, その半分, だらうが, どっと不平, なにも, ぬけられる近道, まあ往生, まずこの, みんなぞろぞろ, むやみに, やたらに, やって, やっとつながり, やめるよう, やめればよ, やりそう, よいの, よけいに, よこした旧式, よして, カマドの, クジナまたは, ヤツガイとも, 一束に, 事の, 何が, 働かされた, 働く婦人, 兄貴は, 兩方の, 出かけて, 切って, 切り上げて, 切れて, 包んで, 叱ったり, 合点した, 問ひかかる, 外の, 大抵話が, 女房が, 小さな家, 引き千, 微笑んで, 怒り上半分, 性慾の, 披瀝した, 教えて, 数奇の, 文句なし, 断念した, 明日二階で, 書生達が, 朋輩達は, 果物を, 止めて, 消して, 済ませて, 済んで, 濟む, 灰吹の, 畑の, 皆と, 笑つてゐた, 米の, 結構です, 聞き返して, 膳を, 自分の, 見物に, 言葉が, 語り続ける夜, 貰って, 買う約束, 足りるので, 跡の, 遣つて, 量る事, 鉛筆の, 面白い人, 顔を, 駄目だ, 髮を

▼ 半分だけ~ (97, 1.4%)

3 見えて 2 みとめられた者, 借りて, 戴く事, 衣服や

1 [86件] あいて, あす渡す, ある大きな, おおやけ, おばあさん用として, おろして, お借りしませう, お前達に, かなったわけ, ござが, さしあげて, のこること, ひらきながら, みて, わけて, 上げますから, 云つてあとは, 今夜二人で, 似て, 低いこと, 俺に, 兎に, 入ってる牛乳, 出して, 出來, 切って, 切り殘され, 刈り取られて, 千切つたのを, 周つたらさすが, 地面に, 大人の, 大扉, 少し開かれ, 帰って, 平げた, 引き裂いて, 引越すこと, 彼らに, 忘れて, 愛し, 払つて, 払つて行つたといふ, 新しい灰, 未完成, 本当な, 机の, 朽ちた古い, 模様が, 水の, 活字ね, 減少されるであろう, 濟んだ, 片倉ん, 物を, 生えその, 真似たよう, 真似を, 私を, 科学者でありました, 突き込んで, 組んで, 美しいまつ, 背負って, 腹は, 自分が, 荷を, 見える, 覗かせて, 解せた, 語って, 負けるといったかも, 赤くし, 返して, 返しに, 鋪石が, 閉じて, 閉めた中, 閉めて, 開いて, 開けて, 開墾地の, 頂戴する, 食った, 食べて, 飮み

▼ 半分ずつ~ (68, 1.0%)

5 分けて 3 持って 2 入れて, 出しあって, 出し合って, 食べること

1 [52件] いますが, しぼんだあげく, だった, だと, だよと, ちぎって, つぎあわせたうえ, つくられそれから, つけて, でいい, とって, ぬぎ捨てて, ふたりなかよく, まじって, もらうという, わけて, わけようと, 一滴も, 両端に, 乗って, 二人で, 交ぜて, 作り合わせて, 使いましょう, 使って, 出し合うこと, 分かれて, 助けて, 学資を, 家賃を, 悪いん, 感心した, 抱えて, 持とうと, 接ぎ合わせたまやかし物, 接ぎ合わせて, 摺り交ぜて, 旨そう, 本家から, 染め分けに, 混ぜたもの, 照らす, 立て替えて, 算入し, 貰ったと, 選挙を, 食べよう, 食べる, 食べるという, 飲み合い吹きまさる風, 飲んだり, 飲んだ事

▼ 半分~ (58, 0.8%)

2 しかない, の大き

1 [54件] が特殊, しかありません, しかなかっ, しか意味, しか無い, ずつの割合, ずつ入れられる, だ, である, でいや, でも, で辛抱, と塩胡椒, にしか達し, になった, になつ, になるであろう, にまで達した, の厚, の狭い, の短い, の砂粒, の血, の資格, の道程, はあるです, はお萩, はゴタゴタ, は全く, は分る, は召, は文学, は私, は自分達, は読む, は銀行, ひ, までは劉, もぐつてしまつたからである, も虚言, も進んだ, をあけ, 云って, 入れて, 分けても, 分るよう, 加えて, 持って, 残ったの, 痩せて, 細かく切っ, 貰える, 迄來, 飲んだ

▼ 半分~ (55, 0.8%)

2 見つもりても

1 [53件] あたくし, いうと, いうより, いうよりも, いったい何者, お前の, お姫さまとを, かからないうち, しとにかく, たしか一円足らず, たたないうち, なりました, まるは, みえて, みても, 一番目の, 二番目の, 交ぜて, 公園の, 半分との, 口惜しいの, 四角と, 大匙一杯, 姫を, 寝室は, 岩形氏直筆の, 広漠たる, 建物の, 心得て, 思ふ頃, 憎いが, 来るだろう, 根本の, 横着半分とで, 水を, 源泉の, 牛乳中匙一杯と, 申しても, 畏服し, 番台から, 砂糖を, 立たぬうち, 立たぬ間, 聞いて, 背中の, 蒼, 西洋劇を, 見て, 言いたい二十五, 調戯半分に, 運転手の, 面白半分とで, 馬鈴薯が

▼ 半分から~ (40, 0.6%)

4 だが 3 だを, 首筋を 2 上は, 截ち割ったよう, 折れて

1 [24件] かい気味に, ちぎれたよう, ちぎれた様, フィナーレ迄, 三分の一に, 三分の一の, 上を, 下に, 下を, 下刄物で, 両の, 京都府の, 先き, 先ない, 先は, 左頬へ, 忠義顔に, 我れ, 灰に, 習つ, 貴樣小僧, 起った, 追ひま, 風という

▼ 半分ぐらい~ (40, 0.6%)

1 [40件] あります, ごまかすん, ご自分, しようが, すなわち上部一寸, そっちへ, ついで血だらけ, つぎこんで, であった, でしょう, でなくちゃ, で今, で観て, どこかへ, ないこと, なら正勝, ゴッソリ催眠薬でした, 云って, 入れた微, 占めて, 取ったの, 否応なく, 嘘に, 奪取し, 小さいの, 拳固の, 料理の, 来たところ, 正勝に, 死んでも, 残って, 裏が, 説得できる, 説明を, 走らなければ, 閉めて, 飛ばしても, 飛び移りそこねて, 飲んだ, 飲んで

▼ 半分でも~ (40, 0.6%)

2 若宮が

1 [38件] あったら, あつたら, あの時, あやかりてえもん, あんたが, かまは, この船, たいへんである, よいやっ, よろしい, マジメな, リヨフに, 三分の一でも, 三分一でも, 中って, 事実と, 今の, 何年か, 入れとかなければ, 出来るだけ, 四分の一残っ, 四半分でも, 壁に, 婆が, 居なくして, 成功すれ, 拵へて, 書いて, 本当だ, 津田が, 父様が, 畑を, 自国の, 話が, 返して, 通用する, 金が, 頂戴し

▼ 半分ほども~ (35, 0.5%)

1 [35件] あります, あるでしょう, ある大きな, からだを, かんの, こわれた古屋敷, ない財布, はいって, ひたした血潮, テーブルを, 一息に, 人手に, 仕事は, 使つた蝋燭を, 入つた頃, 占めて, 占領し, 取毀して, 引きちぎって, 抱くよう, 持つて, 摺って, 撃ち切られた, 斬り割った, 横切って, 水が, 渡したり, 溶けて, 登った時, 真赤に, 裂けて, 費つ, 起き返らして, 銀色の, 飛び出して

▼ 半分開い~ (33, 0.5%)

5 てゐた 4 ていた 2 てい, ている, て居る

1 [18件] て, てあった, てお父さん, てこの, てその, てまるで, てゐる, て中, て其処, て奥, て居ります, て年, て椅子, て此處, て気持, て白く, て美しい, て荒い

▼ 半分にも~ (27, 0.4%)

1 [27件] たりないの, ならないうち, ならなかつた, カーテンが, 下落したであろう, 僕は, 及ばないが, 当らぬぐらゐ, 成るの, 成れば, 減して, 相当した, 至って, 行って, 計り込む者, 足らざるほどに, 足らずまた, 足らないかも, 足らないで, 足らないほどに, 足らない小銭, 足らなかったの, 足りないが, 足りない働き, 達して, 達しない, 達しないかも

▼ 半分夢中~ (27, 0.4%)

2 でお, でよく, で聞い

1 [21件] だったから, だったの, で, であったので, でいそいで, でしたが, でその, でそれ, でそれでも, で受答, で合唱, で居るお, で目的地, で落合, で藻, で谷中, で都會, で附合つて, で飛び起きた, で駈け降りて, のよう

▼ 半分~ (26, 0.4%)

1 [26件] あるらしいので, から下, きれいに, くだると, それこそ, やらかして, 入れて, 呑んだ水, 喀血いたしました, 失くし, 引寄せ, 拭き取って, 明けた, 歩いて, 渡って, 磨リオロス, 私の, 空に, 立て, 裂け風, 見る, 赤く圓, 這入って, 飲めねえ三日目, 飲んだ時, 首肯し

▼ 半分ほどは~ (24, 0.4%)

2 いって, 消えて

1 [20件] いつた水, お付き, すかひ, すこし黄色, たちまちに, まっ黒で, よく見えます, 下手人の, 今頼んだ, 口の, 土地で, 塵を, 岡つ, 椅子テーブルの, 止むを, 透明な, 進んだが, 銷磨し, 雲に, 食われて

▼ 半分以下~ (24, 0.4%)

2 にも減っ, に減っ

1 [20件] である, ではない, で三年四年, で最終幕, で済んだ, になっ, になり, になりやしない, になる, にへった, にまで減っ, にまで減ッ, にもたりなかった, に引き下げ, に減ります, に減少, に煮詰まった, に見, のミチノリ, の賃銀

▼ 半分ぐらいは~ (21, 0.3%)

1 [21件] あまりにおとなしく, ありますからね, あるいは私, なんとなく分っ, はやどこ, わかるよう, フラリと, 宝塚の, 帰って, 往年の, 投げ出しても, 日参の, 残って, 粥川の, 見えましたよ, 貯金し, 閉めて, 集りそう, 雑誌新聞社の, 革の, 食べてないと

▼ 半分まで~ (20, 0.3%)

2 同じ話

1 [18件] ある姉, お浦, かいて, かけて, さすやう, はらはらし, 出来たが, 吸って, 引き抜いた時, 引揚げた, 朱に, 来た, 来ますと, 沒した, 没した, 白くし, 白布で, 降りて

▼ 半分ほどの~ (18, 0.3%)

3 大きさ

1 [15件] うちに, おもちゃの, ところで, ところ一方は, んで, ウイスキイを, 地域の, 大痣, 巾が, 所から, 所で, 違いが, 酒を, 間に, 高さ

▼ 半分~ (17, 0.2%)

3 のです 2 んだ, 面を 1 ことが, の, のだった, のよ, のよ朝, ものぎごちない, わ張り, 侮辱は, 捏造だ, 目的に

▼ 半分開いた~ (17, 0.2%)

2 扉の, 襖の

1 [13件] この子, ま, ままに, ままの, まま折り畳まれた, まま私の, まんまの, 入口の, 扉から, 格子戸に, 歯を, 眼が, 瞼の

▼ 半分くらい~ (16, 0.2%)

2 残って

1 [14件] である, ですが, では, ひらいて, もらえる程度, 下ったところ, 乾して, 似て, 入れる, 悦んで, 水を, 温泉から, 見えるの, 近くなる

▼ 半分~ (16, 0.2%)

6 のよう 4 を見 2 で半分現 1 のさめかけた, のなか, のやう, の裡

▼ 半分死ん~ (16, 0.2%)

9 でいる 2 でいた 1 でいました, でしまった, ででもいる, でも半分, でゐました

▼ 半分には~ (15, 0.2%)

1 [15件] いるという, これが, まだ心持, まだ行, マフラーを, 例の, 出来ること, 別の, 口だけが, 極めの, 藁が, 話されないとでも, 買って, 達しない, 頑丈な

▼ 半分~ (14, 0.2%)

2 三分の一に

1 [12件] うじの, ぶりを, 一分位の, 一年の, 三分の一か, 三分の一くらい, 三分の一と, 三分の二ぐらゐは持たせられた, 三分一です, 四分の一か, 四分の一の, 四半分しきや

▼ 半分~ (14, 0.2%)

2 とする, よ 1 から十七銭五厘, けれどもお, ぜ, という世間, とよ, と云う, などいう, も思わぬ, わ, 畜生ッどうして

▼ 半分より~ (14, 0.2%)

1 [14件] して, すこし先, すこし大きく, すこし小さい, ちよっと, はなはだ少い, 仕事を, 多くな, 安くなる, 小さいもの, 少し大きな, 廉いものです, 減って, 薄く截っ

▼ 半分出し~ (14, 0.2%)

3 てそっち

1 [11件] ていました, てきょろきょろ, てくれたら, てくれない, てそつ, て入れ, て四辺, て居た, て暗い, て様子, て横向き

▼ 半分~ (14, 0.2%)

6 を出し 2 を出した, を浸し 1 をかくして, を包ん, を埋ず, を背け

▼ 半分わけ~ (13, 0.2%)

3 てあげる 2 にし 1 ていたわる, てくれた, てやっ, てやり, てやろう, て背負っ, にした, にしよう

▼ 半分冗談~ (13, 0.2%)

3 のよう 2 に真 1 で云った, で云つたの, で攻める, に, にし, のつもり, の種, めいて

▼ 半分~ (13, 0.2%)

4 の中 2 のうち 1 からだらり, から出まかせな, が半分, にし, の外, をダラリ, を抑え

▼ 半分眠っ~ (13, 0.2%)

6 ている 2 てい 1 ていた, てでもいた, てばかり居, てみかん, て居られた

▼ 半分ずつに~ (12, 0.2%)

6 して 2 分けて 1 しました, しよう, 分れて, 眺めて

▼ 半分ほどに~ (12, 0.2%)

1 [12件] おなりなされ, すると, なったけれ共, なった葉巻き, なった頃, なって, なつた, へって, 燃えて, 痩せ細って, 縮こまった, 藤の

▼ 半分身体~ (12, 0.2%)

5 を出し 3 を起し 1 をおこしかけた, を入れ, を拭きかけ, を突

▼ 半分くら~ (11, 0.2%)

4 ゐは 3 ゐの 1 ゐが, ゐを, ゐ拾, ゐ渡りかけて

▼ 半分ぐらいの~ (11, 0.2%)

3 大きさ 2 ところで 1 人だ, 割前は, 早さ, 時代で, 金で, 長さの

▼ 半分~ (11, 0.2%)

2 が変, を失い 1 がとおく, がどうか, が狂っ, が狂った, が触れてる, の狂い, を失っ

▼ 半分ぐらいしか~ (10, 0.1%)

2 尋ねて 1 ない, ないので, なかった, なかったでしょう, わからないの, 取れぬ, 塗って, 掛かって

▼ 半分半分~ (10, 0.1%)

1 なの, なのよ, にし, にながめ, になった, になっちゃった, に使用, に分け, の分け前, の勉強

▼ 半分自分~ (10, 0.1%)

2 の家 1 でも泣き, にも言, に言いきかせ, に遠慮, の皿, の膝, の荷物, への口実

▼ 半分だけが~ (9, 0.1%)

1 チェレ, メラメラと, 丁度一人だけ, 地上に, 壁に, 成就した, 残って, 空つ, 自分の

▼ 半分では~ (9, 0.1%)

1 ありましょうが, いられません, この場, なくなりました, ストーブという, 今でも, 全く雑本, 取りあえず委員会用, 時々その道

▼ 半分ひとりごと~ (9, 0.1%)

7 のよう 2 のやう

▼ 半分泣き~ (9, 0.1%)

1 さうにし, さうにな, ながらぶらぶら, ながらめった, ながらやっ, ながらランプ, ながら上つて行つて, ながら叫んだ, 聲で

▼ 半分~ (9, 0.1%)

1 きたろうかと, でこ, で帰, ほど來, ほど川沿, も来た, も来ない, よりずっと, 来まして

▼ 半分開け~ (9, 0.1%)

2 て居る 1 てその, て寝てる, て寢, て少し, て廂間, て彼, て開けた

▼ 半分開けた~ (9, 0.1%)

1 のを, ま, ままん, まま千代子の, まま廊下に, ドアの, ドブ板に, 小卓, 障子は

▼ 半分~ (8, 0.1%)

1 つかいに, めえ, 乳が, 尻に, 尻を, 日さんの, 米さんは, 食べな

▼ 半分がた~ (8, 0.1%)

2 は隠れ 1 を自身, 埋りましけ, 描いた処, 散り尽くした桜, 溶けて, 開いて

▼ 半分ぐらいに~ (8, 0.1%)

4 なって 1 なった, なりました, 減っちまったん, 減食しない

▼ 半分だけは~ (8, 0.1%)

1 いって, お父さんの, 兄の, 太陽に, 救われたろう, 時信家の, 濟ま, 確かに

▼ 半分という~ (8, 0.1%)

1 ことで, ことです, ところまで, のは, 勢力である, 様で, 漁獲不足だったで, 訳である

▼ 半分やる~ (8, 0.1%)

2 のが 1 から八橋, か娘, とか娘, と云っ, と書い, と言つたの

▼ 半分~ (8, 0.1%)

2 ている 1 かかつて, たり入っ, たり隠れ, ていました, てゐる, て半分

▼ 半分~ (8, 0.1%)

1 しても, わけて, を何時も, 交ったよう, 分け合つて, 含んで, 持って, 見る

▼ 半分~ (8, 0.1%)

1 がくらんだ, が覚め, もしくはそれ以下, をあけた, をつぶり, をづぶって走り読み, を眠っ, を瞑っ

▼ 半分~ (8, 0.1%)

2 り曳かれると 1 りで止めた, りも, り入, り取れましたそれから, り真実, り落葉

▼ 半分近く~ (8, 0.1%)

2 は田舎 1 は別居生活, は市中, までも斜, も袷, を廻っ, 埋って

▼ 半分だけでも~ (7, 0.1%)

1 あれば, 取り除くこと, 払うて, 揚げて, 母親の, 渡して, 解放されたら

▼ 半分である~ (7, 0.1%)

1 ことが, とさ, とさえいう, と云, と言う, のだ, 女の

▼ 半分とは~ (7, 0.1%)

1 あなた方兄弟の, いいながら, 味は, 味わって, 東歌として, 燻らさないうち, 言いながら

▼ 半分ほどしか~ (7, 0.1%)

1 ありませんが, ない, ないが, 入って, 掛らない位, 燃えて, 隠れて

▼ 半分ほどを~ (7, 0.1%)

2 紙縒に 1 こつそり裏, ようよう啜り込んだ, 一と, 殘し, 経過し

▼ 半分~ (7, 0.1%)

1 にうずまっ, にうずもれ, に埋まった, に埋もれた, のついた, の上, の中

▼ 半分~ (7, 0.1%)

1 が一つ, でむしつ, に入れ, ばかり振っ, をたたき, を出し, を挙げ

▼ 半分死んだ~ (7, 0.1%)

4 ように 1 ものの, も同然, 気で

▼ 半分眠り~ (7, 0.1%)

1 ながら, ながら歩い, ながら看護, ながら私, ながら答える, ながら藤吉, の中

▼ 半分~ (7, 0.1%)

1 が醒めかかっ, をつぶった, をつぶり, を上ずらせ, を眠っ, を瞑った, を開い

▼ 半分~ (7, 0.1%)

1 がつける, が可愛, が背負いましょう, が顔, しに, の未来, は立ち上

▼ 半分~ (7, 0.1%)

7 いて

▼ 半分~ (7, 0.1%)

2 を浮かし 1 が抜けかけた, をうかし, をかがめ, をもたげ, を擡げ

▼ 半分~ (7, 0.1%)

1 だったり, でよ, のこの, のよう, の火夫達, の男, の馬子

▼ 半分~ (7, 0.1%)

2 を出し 1 がはげ, が曇っ, はねむ, をつっこんだら, 剃りか

▼ 半分あけ~ (6, 0.1%)

1 てある, てい, てせっせと, て夫人, て立ちすくんだ, て顏

▼ 半分うしろ~ (6, 0.1%)

4 の方 1 を向い, を振り向いた

▼ 半分くらいしか~ (6, 0.1%)

2 残って 1 なかった, 聞き取れずに, 集まっとらん, 食わなくなって

▼ 半分だけを~ (6, 0.1%)

2 一息に 1 使用する, 叔父に, 自分の, 訳して

▼ 半分づつ~ (6, 0.1%)

2 分けて 1 しか達し, の経糸二つ, 住んで, 呑むの

▼ 半分ない~ (6, 0.1%)

1 し三分の二, のは, 武者修行から, 武者修行である, 武者修行の, 武者修行は

▼ 半分ばかりに~ (6, 0.1%)

2 なって 1 して, なったコップ, なった鉛筆, 減って

▼ 半分ばかりの~ (6, 0.1%)

1 んだ, 時において, 燃えさしを, 白い大理石, 芋粥を, 高さ

▼ 半分串談~ (6, 0.1%)

5 のよう 1 の調子

▼ 半分入れ~ (6, 0.1%)

1 てもらい, てレモン, て体, て几帳, て拵えた, ながら仏頂寺弥助

▼ 半分欠け~ (6, 0.1%)

1 たりまた, ていた, ている, て中, て前歯, 落ちた置物

▼ 半分残っ~ (6, 0.1%)

3 ている 1 ていた, ていました, て根

▼ 半分無意識~ (6, 0.1%)

2 に怕 1 にうなずいた, にしきりと, に言っ, のうち

▼ 半分白く~ (6, 0.1%)

1 して, なったか, なったオールバック, なつた頑丈, なりました, 顔には

▼ 半分程も~ (6, 0.1%)

1 あの附近, 減らされて, 登った位, 行った処, 遮蔽し, 隠して

▼ 半分落ち~ (6, 0.1%)

2 て居りました 1 てゐた, て自分, 掛ってる黒焦げ, 残った桟敷

▼ 半分あいた~ (5, 0.1%)

2 儘死んで 1 まま死ん, 戸が, 格子の

▼ 半分くらいは~ (5, 0.1%)

1 あるだろうかな, これを, 分かつに, 愛人教育に, 自分の

▼ 半分ぐらいが~ (5, 0.1%)

1 どんな事, 万引の, 失業し, 探偵小説の, 降りすこし

▼ 半分ぐらゐ~ (5, 0.1%)

1 こまかくきざん, すいて, 入れた薄, 登ったな, 走らなければ

▼ 半分じゃ~ (5, 0.1%)

2 ないか 1 ありません, しようがない, なく任意

▼ 半分その~ (5, 0.1%)

1 手伝いに, 気に, 目的を, 自白を, 韻を

▼ 半分たべ~ (5, 0.1%)

1 てしまいました, てしまった, てのこり, て箸, 俺も

▼ 半分であった~ (5, 0.1%)

1 かお, が私, ところの, のでしょう, 創作が

▼ 半分とで~ (5, 0.1%)

1 丁寧に, 乳母の, 女たちは, 群集の, 蒲団を

▼ 半分どころ~ (5, 0.1%)

1 からへし折れ, で橇, の深, までに注い, まで昇っ

▼ 半分ふざけ~ (5, 0.1%)

2 半分は 1 て, てそれ, て云った

▼ 半分までも~ (5, 0.1%)

1 すゝんで, 取り上げて, 巻き込んで, 石炭の, 返り討ちに

▼ 半分埋まっ~ (5, 0.1%)

1 ていた, ていらっしゃいました, ている, てひきつけ, て人

▼ 半分意識~ (5, 0.1%)

1 が朦朧, が無くなった, して, を失った, を恢復

▼ 半分本気~ (5, 0.1%)

21 で云った, で言っ, に

▼ 半分~ (5, 0.1%)

3 になっ 1 にし, になった

▼ 半分泣い~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 て, ていました, ている

▼ 半分泣き声~ (5, 0.1%)

1 だった, であつ, でさ, で号令, で早口

▼ 半分~ (5, 0.1%)

1 に埋まっ, に汚した, のつまった, のよう, の中

▼ 半分独語~ (5, 0.1%)

5 のよう

▼ 半分程の~ (5, 0.1%)

2 長さ 1 ところから, 処で, 分量の

▼ 半分聞いた~ (5, 0.1%)

3 時から 1 時に, 時平次は

▼ 半分融け出した~ (5, 0.1%)

3 時分だつた 1 時分だった, 頃だつた

▼ 半分閉じ~ (5, 0.1%)

1 ています, てカーテン, て口, て番茶, て見る

▼ 半分風邪~ (5, 0.1%)

4 を引い 1 を引く

▼ 半分馬鹿~ (5, 0.1%)

2 にし, にした 1 でまた

▼ 半分かくす~ (4, 0.1%)

2 やうに, ように

▼ 半分きり~ (4, 0.1%)

1 さね, ですからね, で灰皿, 刺さらなかった

▼ 半分だけで~ (4, 0.1%)

1 よろしいから, 三木本の, 勘弁し, 見て

▼ 半分つぶやく~ (4, 0.1%)

3 ように 1 やうに

▼ 半分です~ (4, 0.1%)

1 からお, って, ね半紙, むしハイヤーで

▼ 半分といふ~ (4, 0.1%)

1 ことでなく, ところだらう, ように, 至極のんき

▼ 半分とも~ (4, 0.1%)

1 いうべき古, 思えなかったので, 経たないうち, 經た

▼ 半分なり~ (4, 0.1%)

1 とも做, とも御門, 三分の一なり, 三分の一なりに

▼ 半分ばかりが~ (4, 0.1%)

1 くずれて, ふき出した, 焼けて, 眼には

▼ 半分ばかりを~ (4, 0.1%)

1 占領し, 撫で廻わす, 結核菌に, 耳の

▼ 半分までは~ (4, 0.1%)

1 妹が, 所在が, 此の, 無事に

▼ 半分みたい~ (4, 0.1%)

1 だが, なもの, に箱, に踊っ

▼ 半分わざと~ (4, 0.1%)

1 垢だらけな, 沈んだ調子, 軽薄な, 返事を

▼ 半分上げ~ (4, 0.1%)

2 てもいい 1 て何, やうか

▼ 半分人間~ (4, 0.1%)

1 ではあった, で半分馬みたい, になっ, の

▼ 半分~ (4, 0.1%)

2 の気 1 か仕返し, か悪戯

▼ 半分~ (4, 0.1%)

1 で払い渡し, で買える, にしか引取ろう, にもなりません

▼ 半分冷えれ~ (4, 0.1%)

4 ば半分

▼ 半分助け~ (4, 0.1%)

1 てくれる, てやる, て貰わな, て遣る

▼ 半分~ (4, 0.1%)

1 の興味, はうれしく, 削られて, 殺いだらしく獣

▼ 半分書いた~ (4, 0.1%)

2 のです, 分だけを

▼ 半分正気~ (4, 0.1%)

1 づいてから, でなくて, を失っ, 付いて

▼ 半分死にかけ~ (4, 0.1%)

2 てこんな 1 て夜, て捕えられた

▼ 半分泣きかけ~ (4, 0.1%)

2 ていました 1 ていた, て呼ぶ

▼ 半分真面目~ (4, 0.1%)

1 でないよう, で言った, に云った, のよう

▼ 半分程は~ (4, 0.1%)

1 ひつた, もう歸つて, 日蔭と, 白いやう

▼ 半分聞かない~ (4, 0.1%)

2 うちに 1 で千枝松, で起ち上った

▼ 半分起し~ (4, 0.1%)

1 ていきなり, てその, てそれ, てゐた

▼ 半分閉じた~ (4, 0.1%)

1 そのあわさり, 目で, 眼と, 眼に

▼ 半分開かれた~ (4, 0.1%)

2 扉から 1 ドアを通して, 窓ガラスの

▼ 半分隠れ~ (4, 0.1%)

1 そうに, てい, ていた, てしまっ

▼ 半分黒い~ (4, 0.1%)

2 の薄紅 1 丸やを, 歯を

▼ 半分あまり~ (3, 0.0%)

1 あつた, を暗く, 読んで

▼ 半分いや~ (3, 0.0%)

1 もっとはにかん, もつともつと駄目, 五分の四を

▼ 半分おろし~ (3, 0.0%)

1 てあった, て商売, て店

▼ 半分かくし~ (3, 0.0%)

1 ながら, 怒鳴りつけて, 瞳の

▼ 半分くらいに~ (3, 0.0%)

1 ちぢめ原文, へらしました, 縮まりたれと

▼ 半分ぐらいを~ (3, 0.0%)

1 おおって, しめて, 失った

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 ている, てまた, ながら嫂

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 や無, ょうだんの様に, ようだ

▼ 半分ずつの~ (3, 0.0%)

1 椀殻が, 権利を, 白い饅頭

▼ 半分ずつを~ (3, 0.0%)

1 占めて, 喰えと, 持って

▼ 半分そこ~ (3, 0.0%)

1 からぬけかかっ, から受継い, へ残し

▼ 半分そっち~ (3, 0.0%)

1 へおすそ分け, へ向け, へ注意

▼ 半分それ~ (3, 0.0%)

1 から三分の二, が, を受取っ

▼ 半分だけの~ (3, 0.0%)

1 時間は, 賃銀で, 重要さを

▼ 半分だって~ (3, 0.0%)

1 いいじゃ, しないよ, 話すこと

▼ 半分としても~ (3, 0.0%)

2 暗涙とどむる 1 四里は

▼ 半分なくなっ~ (3, 0.0%)

2 てしまった 1 ても別に

▼ 半分ばかし~ (3, 0.0%)

1 寝床から, 残つとる, 燻つた頃を

▼ 半分ばかりしか~ (3, 0.0%)

1 できませんでした, シグナレスに, 信じて

▼ 半分まぜ~ (3, 0.0%)

2 ながらその 1 て飲む

▼ 半分まだ~ (3, 0.0%)

1 いろいろな, かわききらずに, 江戸の

▼ 半分もう~ (3, 0.0%)

1 水の, 泣いて, 駄目に

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 つては, よってそ, 三分の一は

▼ 半分やっ~ (3, 0.0%)

1 ていがん, てくれろ, てみた

▼ 半分やろう~ (3, 0.0%)

2 とした 1

▼ 半分よりも~ (3, 0.0%)

2 小さい 1 安くなる

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 にくれる, に呉, に配

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 切れた第, 切れて, 切れるほど

▼ 半分即ち~ (3, 0.0%)

1 三つだけ, 五つばかり, 四坪は

▼ 半分埋め~ (3, 0.0%)

1 てあ, ていた, てゐる

▼ 半分夢心地~ (3, 0.0%)

1 で書いた, で階段, のまま

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 をあげかけたら, をはみ出させた, を出し

▼ 半分廊下~ (3, 0.0%)

1 にのこし, の無言劇, へ出し

▼ 半分弁償~ (3, 0.0%)

2 して 1 すれば

▼ 半分引っ越し~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 の騒ぎ

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 にねぢ, の方, を向い

▼ 半分想像~ (3, 0.0%)

1 だからね, の上, まじりで話した噂

▼ 半分~ (3, 0.0%)

2 の外 1 の間

▼ 半分折れた~ (3, 0.0%)

1 のは, のを, 松の

▼ 半分残し~ (3, 0.0%)

1 てはいかん, て半分, て来た

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 の違つた人間, を喪, を喪つて

▼ 半分泣声~ (3, 0.0%)

1 で云, で繰返した, になっ

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 に居る, の中, へ突出

▼ 半分焦げ~ (3, 0.0%)

1 て二, て捨て, て狐色

▼ 半分独りごと~ (3, 0.0%)

3 のよう

▼ 半分独り言~ (3, 0.0%)

3 のよう

▼ 半分盲目~ (3, 0.0%)

1 になっ, になった, のその

▼ 半分眠った~ (3, 0.0%)

1 ままで, ような, ように

▼ 半分眠つて~ (3, 0.0%)

1 ゐたの, 居たこと, 居ながら

▼ 半分眠りかけ~ (3, 0.0%)

1 ていた, てくつ, てゐる

▼ 半分締め~ (3, 0.0%)

2 てある 1 てゐる

▼ 半分聞い~ (3, 0.0%)

1 て侍, て八五郎, て立上がる

▼ 半分背中~ (3, 0.0%)

2 に受け 1 の皮

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 け出し, け出しまし, れて

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 て半分, て座, も知らない

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 ほどする, ほど沈黙, ほど無言

▼ 半分隠し~ (3, 0.0%)

1 ている, て仕舞った, ながら通り抜け

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 れた, れたり, れて

▼ 半分雨戸~ (3, 0.0%)

1 の降され, をしめ家, を入れた

▼ 半分~ (3, 0.0%)

3 に包まれ

▼ 半分~ (3, 0.0%)

1 から嫌, で出ちまった, まで見てたら

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 がつたあたり, まつたれる

▼ 半分あい~ (2, 0.0%)

1 ている, て生徒

▼ 半分あくび~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 半分あげる~ (2, 0.0%)

1 のだ, 早く歩こう

▼ 半分あれ~ (2, 0.0%)

1 ばと益, ば日本銀行

▼ 半分いじ~ (2, 0.0%)

1 ょうも, ょう使った

▼ 半分うとうと~ (2, 0.0%)

1 して, 睡りながら

▼ 半分おくれ~ (2, 0.0%)

1 よ, ッたら

▼ 半分かくれ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て見えぬ

▼ 半分くらいの~ (2, 0.0%)

1 ところに, 高さ

▼ 半分くれ~ (2, 0.0%)

1 てやる, てやろう

▼ 半分ぐらいでも~ (2, 0.0%)

1 偉力と, 見とおすこと

▼ 半分ぐらいまで~ (2, 0.0%)

1 お茶を, 剃って

▼ 半分ぐらゐ残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐたが, 居ります

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 だそれでも, にし

▼ 半分こっち~ (2, 0.0%)

1 へ向けた, を向い

▼ 半分この~ (2, 0.0%)

1 たびの, 肉の

▼ 半分しかけた~ (2, 0.0%)

2 やうな

▼ 半分しまっ~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 半分しめ~ (2, 0.0%)

1 てあった, てその間

▼ 半分たずねる~ (2, 0.0%)

2 ように

▼ 半分だけしか~ (2, 0.0%)

1 亭主に, 真黒に

▼ 半分だけに~ (2, 0.0%)

1 なって, 作付を

▼ 半分だっても~ (2, 0.0%)

1 ご番所, 見当つけ

▼ 半分だつた~ (2, 0.0%)

1 がきいた, ところに

▼ 半分ちかく~ (2, 0.0%)

1 が今, も肉

▼ 半分ちぎれ~ (2, 0.0%)

1 てにげた, てブラブラ

▼ 半分っていう~ (2, 0.0%)

1 のが, 近くじゃ

▼ 半分づゝ~ (2, 0.0%)

1 に胴中, 分けて

▼ 半分といった~ (2, 0.0%)

1 格で, 調子で

▼ 半分とけ~ (2, 0.0%)

1 ています, てゐます

▼ 半分とけた~ (2, 0.0%)

1 やうです, ようです

▼ 半分とじ~ (2, 0.0%)

1 て小さい, ながら次郎兵衛

▼ 半分とられ~ (2, 0.0%)

1 ながら叫ぶ, 又それら

▼ 半分どころか~ (2, 0.0%)

1 三木の, 三百余万も

▼ 半分なりと~ (2, 0.0%)

2 仕事を

▼ 半分においては~ (2, 0.0%)

1 そのコタツ, 味わいあたわざる

▼ 半分にしか~ (2, 0.0%)

1 ならぬ場合, 日本を

▼ 半分にでも~ (2, 0.0%)

1 削るか, 手真似で

▼ 半分のぞいた~ (2, 0.0%)

1 きりで, 肉の

▼ 半分はみ出し~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 半分ばかりは~ (2, 0.0%)

1 乾かされる用意, 残されたところ

▼ 半分ばかりも~ (2, 0.0%)

1 まじって, 講釈した

▼ 半分ひとり言~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 半分ひやかし~ (2, 0.0%)

1 かたがた今日は, の様

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 かけて, それも

▼ 半分ほどへ~ (2, 0.0%)

1 かけては, ズラリと

▼ 半分まじっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居る

▼ 半分もしくは~ (2, 0.0%)

1 三分の一を, 零に

▼ 半分やけくそ~ (2, 0.0%)

1 になっ, になり

▼ 半分ガラス~ (2, 0.0%)

1 になっ, を卸し

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 寝惚ケテイテ, 諸道具屋

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 かくして, けは錆びつい

▼ 半分乞食~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 半分京都~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 に見せる, の顔

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 の住居, も盛り

▼ 半分仕事~ (2, 0.0%)

1 を譲っ, を譲つ

▼ 半分他人~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ 半分以上島民~ (2, 0.0%)

2 なん

▼ 半分伸子~ (2, 0.0%)

1 に云った, の上

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 ている, て矢

▼ 半分似た~ (2, 0.0%)

1 口碑は, 昔話は

▼ 半分信じ~ (2, 0.0%)

1 て半分, 半分怪しみ

▼ 半分信州~ (2, 0.0%)

1 でも主として, の南部

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 つてしまひました, つて釘に

▼ 半分冗談半分本気~ (2, 0.0%)

1 で, で云った

▼ 半分出した~ (2, 0.0%)

1 のだ, 顔を

▼ 半分出た~ (2, 0.0%)

2 為に

▼ 半分分け~ (2, 0.0%)

1 てもろう, てやる

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 てそれ, 落されて

▼ 半分別け~ (2, 0.0%)

1 てあげよう, て呉れる

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 の仁王門, へ突き出す

▼ 半分割いた~ (2, 0.0%)

2 処で

▼ 半分劃つて~ (2, 0.0%)

2 借りて

▼ 半分占領~ (2, 0.0%)

1 して, する間

▼ 半分~ (2, 0.0%)

2 言らしい

▼ 半分商人~ (2, 0.0%)

1 で半分職人, のよう

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 べさつ, べておこう

▼ 半分喰う~ (2, 0.0%)

1 て見, のだ

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 なこと, になります

▼ 半分嘲笑~ (2, 0.0%)

2 がにじみで

▼ 半分埋まった~ (2, 0.0%)

1 井戸の, 石その

▼ 半分埋れかけ~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 半分壊れかかった~ (2, 0.0%)

1 のを, 水車が

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 に露, の事

▼ 半分天才~ (2, 0.0%)

1 などというもの, などといふもの

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 くした, る

▼ 半分失望~ (2, 0.0%)

1 しいしいその, したよう

▼ 半分失神~ (2, 0.0%)

1 して, し半分狂喜

▼ 半分子供~ (2, 0.0%)

1 あつかいに, でありましたが

▼ 半分寝床~ (2, 0.0%)

1 から体, から起き上っ

▼ 半分差し~ (2, 0.0%)

1 て斬る, て斯

▼ 半分差上げ~ (2, 0.0%)

1 てもいい, ても惜しく

▼ 半分布団~ (2, 0.0%)

1 に巻, の中

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 には身長, の間

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 から滑り落ち, から這

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 の中, を閉ぢ

▼ 半分廻っ~ (2, 0.0%)

1 てちょうど, てまた

▼ 半分彼女たち~ (2, 0.0%)

2 のこと

▼ 半分往来~ (2, 0.0%)

1 へ跨がった, へ逃げ出し

▼ 半分後ろ~ (2, 0.0%)

1 の客, へ捩じ向けた

▼ 半分心配~ (2, 0.0%)

1 して, なの

▼ 半分忘れられ~ (2, 0.0%)

1 てしまい, てしまった

▼ 半分怒った~ (2, 0.0%)

1 ように, 様に

▼ 半分思う~ (2, 0.0%)

1 ように, 様に

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 のすき, の外

▼ 半分投げ~ (2, 0.0%)

1 てよこした, てゐた

▼ 半分折れ~ (2, 0.0%)

1 ていた, て出た

▼ 半分擡げかける~ (2, 0.0%)

2 と目

▼ 半分~ (2, 0.0%)

2 り奪

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 にある, に出

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 とたたない, によって三分の二

▼ 半分暗い~ (2, 0.0%)

1 の, のさ

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 を読み, 當な

▼ 半分本当~ (2, 0.0%)

1 ではない, のこと

▼ 半分東京化~ (2, 0.0%)

1 したバラック住民, した地方人

▼ 半分枯れた~ (2, 0.0%)

1 ところに, 儘で

▼ 半分歩い~ (2, 0.0%)

1 てニージュニイ, て半分

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 にかかった, にはいり

▼ 半分死ぬ~ (2, 0.0%)

1 ことです, 目に

▼ 半分死んでる~ (2, 0.0%)

1 ように, 人でした

▼ 半分殊更~ (2, 0.0%)

2 に真面目

▼ 半分残り~ (2, 0.0%)

1 の四分の三, はドレス・メーキング

▼ 半分気味~ (2, 0.0%)

1 の悪, を悪く

▼ 半分気狂い~ (2, 0.0%)

1 ではない, のよう

▼ 半分水船~ (2, 0.0%)

2 になった

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 のかたまり, の溶けた

▼ 半分沈ん~ (2, 0.0%)

1 でいる, でしまった

▼ 半分泣聲~ (2, 0.0%)

1 だつた, を出し

▼ 半分洗つて~ (2, 0.0%)

1 飛出した, 飛出して

▼ 半分消え~ (2, 0.0%)

1 てしまっ, て了つて

▼ 半分消えかけた~ (2, 0.0%)

1 ま, ままどうにかこう

▼ 半分消える~ (2, 0.0%)

1 と思った, 稿料が

▼ 半分減つた果物皿~ (2, 0.0%)

1 のなか, の中

▼ 半分潰し~ (2, 0.0%)

1 ても構, ても構いません

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 半分炭化~ (2, 0.0%)

2 したくるみ

▼ 半分無くし~ (2, 0.0%)

2 ても惜しく

▼ 半分無くなっ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 半分焦げた~ (2, 0.0%)

1 なりで, 枝や

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 て半分, て参じました

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 けんを, け殘つて

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 が分っ, を言

▼ 半分狂気~ (2, 0.0%)

1 した婆, のよう

▼ 半分現眼~ (2, 0.0%)

2 が全く

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 である様, に帰った

▼ 半分画面~ (2, 0.0%)

2 へはみ出した

▼ 半分病人~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 半分痛む~ (2, 0.0%)

1 と言ん, 頭とで

▼ 半分白い~ (2, 0.0%)

1 ままに, 腹を

▼ 半分皮肉~ (2, 0.0%)

1 な半分まじめ, な調子

▼ 半分目顏~ (2, 0.0%)

1 で押, に物

▼ 半分~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 半分真黒~ (2, 0.0%)

1 けな顔, にし

▼ 半分眠り乍ら~ (2, 0.0%)

1 寝衣, 話した

▼ 半分知らで~ (2, 0.0%)

2 夢路を

▼ 半分石炭~ (2, 0.0%)

2 に変った

▼ 半分~ (2, 0.0%)

2 れたので

▼ 半分程にな~ (2, 0.0%)

2 つた古

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 のうえ, を眺め

▼ 半分空虚~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ 半分窒息~ (2, 0.0%)

1 して, し掛かるやう

▼ 半分笑い~ (2, 0.0%)

1 ながら, ながら言った

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 で描い, をかく

▼ 半分聞かぬ~ (2, 0.0%)

2 うちに

▼ 半分聞き~ (2, 0.0%)

1 ながらあと, 直様段梯子を

▼ 半分聞きかけ~ (2, 0.0%)

1 てお, の話

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 を唐紙, を起した

▼ 半分背負っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て帰った

▼ 半分脱ぎかけた~ (2, 0.0%)

1 まま飛ん, 外套を

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 つてゐた, つて來た

▼ 半分腐っ~ (2, 0.0%)

1 て剥げ, て来た

▼ 半分腐った~ (2, 0.0%)

1 古い野菜, 饅頭を

▼ 半分自覚~ (2, 0.0%)

1 して, せずその

▼ 半分苦しい~ (2, 0.0%)

2 が半分

▼ 半分融けかかった~ (2, 0.0%)

2 仁丹が

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 にひた, に塗れ

▼ 半分裏庭~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 半分見え~ (2, 0.0%)

1 ています, て後ろ

▼ 半分見せた~ (2, 0.0%)

1 きりである, ような

▼ 半分解けた~ (2, 0.0%)

1 帯の, 時期と

▼ 半分解決~ (2, 0.0%)

2 したも

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 はせず, ひかけて

▼ 半分言う~ (2, 0.0%)

1 か言わない, のが

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 つて, ひ泣いて

▼ 半分貰う~ (2, 0.0%)

1 などとは自分, 代りに

▼ 半分走っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て一命

▼ 半分起き上っ~ (2, 0.0%)

1 て前, て皿

▼ 半分起き直っ~ (2, 0.0%)

1 て刀, て見る

▼ 半分起き返っ~ (2, 0.0%)

1 て犬, て言った

▼ 半分起こし~ (2, 0.0%)

1 てくれ, て髪の毛

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 だけを動かし, を現世

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 を乗り出し, を起した

▼ 半分轢きかかっ~ (2, 0.0%)

2 て危うく

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 立ったところ, 釣つたのだ

▼ 半分逃げ腰~ (2, 0.0%)

1 だった, で遠く

▼ 半分通り~ (2, 0.0%)

1 はみごと, は大

▼ 半分閉ぢ~ (2, 0.0%)

1 た眼, てうす

▼ 半分閉め~ (2, 0.0%)

1 てあります, て置こう

▼ 半分開かれ~ (2, 0.0%)

1 て転がっ, 案外はにかんだ

▼ 半分開放~ (2, 0.0%)

2 しに

▼ 半分隠れた~ (2, 0.0%)

1 まま, 顔を

▼ 半分隠れる~ (2, 0.0%)

1 ほどの大きな, ような

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 に埋もれ, 之丞折檻

▼ 半分露出~ (2, 0.0%)

1 したところ, して

▼ 半分面白~ (2, 0.0%)

2 半分の

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 を洗つて, を現

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 ひかけの, ひ残したつて

▼ 半分食べ~ (2, 0.0%)

1 てし, て窓

▼ 半分飲み~ (2, 0.0%)

1 かけの, な

▼ 半分~ (2, 0.0%)

1 だとよ, を突き込ん

▼ 半分麻痺~ (2, 0.0%)

1 した福太郎, した脳髄

▼1* [1212件]

半分あけた障子の, 半分あたって半分, 半分あの山の上に, 半分あまったれでする, 半分ありますからあと, 半分あるのよ, 半分あるいは十分の一という, 半分あんたにあげる, 半分じょうは黒川の, 半分いいところを, 半分いう間なく, 半分いえない事も, 半分いたが半分, 半分いただきたいつもりです, 半分いふ間なく, 半分いやいや恩に, 半分いやいや一割あげるぞ, 半分いや四分の一でも後輩, 半分いろいろな事, 半分うえ出来て, 半分うすく雪を, 半分うずもれていた, 半分うっとりしながら, 半分うつろな目, 半分うわごとの, 半分おおやけの, 半分おかしくなって, 半分おきに袴, 半分おき上ってふと, 半分おこつたやうな, 半分おすそ分けができ, 半分おちかかつて, 半分おとしてきた, 半分おどろきながらみ, 半分おもしろさ半分に, 半分おもしろう游ぐだけの, 半分おろしかけていた, 半分お前が, 半分お勤めにお, 半分お客さまのよう, 半分かいて見, 半分かえしてもらえねえ, 半分かかったのである, 半分かくされたテーブルうつむい, 半分かくして入り口の, 半分かくれかけていた, 半分かくれかけたがもう, 半分かくれた顔に, 半分かける歩調で, 半分かしげた首で, 半分かじって放ったらかし, 半分かじったパンを, 半分かぶせるような, 半分からかうような, 半分かわいている, 半分かわしたがしたたか, 半分がた安心できるやう, 半分がた水の中, 半分がた火になっ, 半分ききながら藤堂駿平, 半分きちがいのよう, 半分きっとそうだろう, 半分きみわるくおもいながら, 半分きゃ塗れていねえ, 半分ぎりしか云わない, 半分づしてあげれば若く, 半分くぐったが後半, 半分くぐりかけて先, 半分くさった日かげの, 半分くすねられて肝腎, 半分くすぶりながら引ずり出され, 半分くずれてしまった, 半分くずれかかった去年の, 半分くずれた上を, 半分くたばってやがる, 半分くらいとしか思われぬし, 半分くらいまで真っ青な, 半分くらいもある広い, 半分くれると言, 半分ぐらいずつ忌でも, 半分ぐらいずつでちょうど手頃, 半分ぐらいはと踏んで, 半分ぐらいまでは原は, 半分ぐらいまでも埋まって, 半分ぐらいも息の, 半分ぐらいもねうちの, 半分ぐらゐがその頃からの知合ひだ, 半分ぐらゐしか読んで, 半分ぐらゐそつちへ行つたが, 半分ぐらゐで消えるの, 半分ぐらゐでやつていけるから半分を蓄め, 半分ぐらゐは永くこの, 半分ぐらゐは例の腕, 半分ぐらゐは天分も必要, 半分ぐらゐまでは原は霧, 半分ぐらゐ二十を越し, 半分ぐらゐ否応なく覚えこむ, 半分こげたりびしょびしょ, 半分ここにいる, 半分こちらもちですし, 半分こわれて半分, 半分ごろおこったところ, 半分さえぎっている, 半分さした赤ばんだ, 半分さじを投げた, 半分さめていた, 半分さんざん値ぎつたあげく買つて帰る, 半分しさしたまま真黒な, 半分しぼんでグニャッ, 半分しまり半分だけ, 半分しめられて家, 半分しめ切ってある, 半分しらがになった, 半分すきとほり, 半分すぎた頃, 半分すけ也, 半分すっかり赤痣に, 半分すなわち日刊の, 半分すべってあいさつ, 半分すぼめて顔, 半分すら教室の, 半分ずつが合わさって, 半分ずつは勤めに, 半分ずつほどを覆うたつたか, 半分ずつよ丶丶丶の, 半分ずつよりあって, 半分そういった, 半分そういったのである, 半分そえて茂林寺, 半分そこらのもの, 半分そちらへ回し, 半分そっと傍へ, 半分だけなと私を, 半分だしたばかりです, 半分だったので四五人, 半分ちぎれた浪花節の, 半分ちゃんと金額を, 半分つかったけれどまだ, 半分つくりかけて投げ出した, 半分つけて行きました, 半分つけかけたまますずめは, 半分つぶったまま時々, 半分つぶれてしまう, 半分つまらなくなる, 半分つまりにせ, 半分づつに大きく切つて, 半分づつにしてそれに酒, 半分づつのお心持でも持っ, 半分づつわかりあつた論戦にはお, 半分づつ一日代りとし, 半分づつ男と女, 半分づつ繼いで, 半分づゝだよと云ひ聞せられる爲, 半分づゝシャぶつて, 半分づゝ交換して, 半分づゝ勳章のやう, 半分づゝ賛成であるが, 半分でありこれに, 半分でありましたよ, 半分であろう無理に, 半分できたのを, 半分でしょうそら幽霊, 半分でなくたって元金, 半分でなく話すなら皆な話し, 半分というは表向きで, 半分とか三分の一とかに, 半分とかの会費を, 半分とが茫と, 半分ときかけながら, 半分とざしてホームズ, 半分として聞いても, 半分とに私は, 半分との間で, 半分とりくずされて心細く, 半分とりこまれている, 半分とをつぎ合せ, 半分と迄行かないこれ, 半分どうしようどうしよう, 半分どおりが大成, 半分どてへ押つける, 半分ながら日頃の, 半分なくした方が, 半分なげやりにし, 半分など瞬間の, 半分などと仰しゃっては, 半分なぶり者に, 半分ならそんなこと, 半分なりとも片付けられたら又, 半分なんてケチな, 半分な囀りのなか, 半分にあたる三尺ほどの, 半分において今でも, 半分にかとにかくこの, 半分にかけての注意すべき, 半分にさえ手を, 半分にすら及ばなかった, 半分について意識し苦しむ, 半分にて処の, 半分にといふ心と, 半分になつて昼間でも, 半分にまで減って, 半分にやッつけろ, 半分にわつてその, 半分ぬいと出た, 半分ぬうと出た, 半分ぬぎかけながらふと, 半分ぬけている, 半分ねそべったような, 半分ねむったような, 半分ねむりかかった赤坊の, 半分ねむりかけている, 半分のこっておりました, 半分のぞいている, 半分のぞかせては陰, 半分のぞきにくる, 半分のねだんで, 半分のるやうに, 半分はきまつて独り言, 半分はじょうだんにまぎらわして不審な顔, 半分はずしながら, 半分はずれましたよ, 半分はだかみたいで, 半分はつひぞそんな, 半分はね返っていた, 半分はみ出ている, 半分はみ出した上男髷が, 半分はみ出すくらゐ, 半分くち打ち見たよう, 半分ばかしはひつて, 半分ばかりかみきられて, 半分ばかりでよすと, 半分ばかりにも減ると, 半分ばっかり残ったん, 半分ひきつッて, 半分ひき寄せてある, 半分ひっかかって曲がった, 半分ひらいて久我, 半分ひらいたままで, 半分ひろげられている, 半分ふきとばしちまへ, 半分ふざけた口調で, 半分ふざける親しさ, 半分ふわりと投げかけた, 半分ぶらりと連れ立って, 半分へとへとになっ, 半分べそをかいてる, 半分べたりとしや, 半分ほどが二十面相の, 半分ほどきかけの女の, 半分ほどこつちに寄越せ, 半分ほどで消えて, 半分ほどのみ皿の, 半分ほどまで二階の, 半分ほのめかされたことさえ, 半分ぼうっとなったよう, 半分ぼくに入れる, 半分ーとして, 半分まあ毎年来, 半分まぎれて気, 半分まじめな態度, 半分まじめ半分で事, 半分まじりな調子で, 半分またの半分, 半分またはそれより, 半分までが御しょうばんをしていたくなって, 半分むきだしの肩, 半分むしゃくしゃになっ, 半分むしられてゐる, 半分むっとした気持, 半分めぐって侍小路, 半分もが従事し, 半分もぐりながら目, 半分もぐりこんだまま縁の, 半分もぐり込んでいう, 半分もたれかかるように, 半分もって行かれる, 半分もどしてそれでも, 半分もねうちの, 半分ものがわかり, 半分もらうのも, 半分もらって残り, 半分やけみたいな, 半分やつたぢ, 半分やめ後の, 半分やらア, 半分やりかけたままの, 半分やりとげたような, 半分やれば民子, 半分ゆかないうちに, 半分正直な, 半分よく整頓され, 半分よこしたから私, 半分よんだだけでおしまい, 半分らしくちっとも気のり, 半分わかっておかしかっ, 半分わかつたやうな, 半分わからないやうな, 半分わらうように, 半分われに帰りかけ, 半分われた柿なども, 半分をば私と, 半分アカデミシャンで半分ジャーナリスト, 半分アジアで半分, 半分オカドの左, 半分オランダ西インド諸島を併せた, 半分カサがこわれ, 半分カンカンになっ, 半分ガラス戸のしまった, 半分ギリシア人の顔, 半分クッ垂して, 半分グロッキーになっ, 半分ケシ飛んで, 半分コップからはみ出した, 半分ジャーナリストである私, 半分ズボンのバンド, 半分ダブッてこちら, 半分チョン髷の心理, 半分テレながら赤ん坊, 半分ニュース雑誌だという, 半分ネムツテヰルジヤガイモサンノ手ヲウン, 半分ハネさして, 半分ハミ出すやう, 半分バラバラになっ, 半分ベッドから乗り出した, 半分ホテルの帳場, 半分ボーとして机, 半分ミリガン夫人にあいさつ, 半分メリケン粉中匙半分塩胡椒少しと, 半分一気に読みつづけて, 半分丈けがほんとうで後半分, 半分三分の一というの, 半分三分の二は今, 半分から留守, 半分へ落ち, 半分下さるでしょうがそれでも, 半分下りた右手此處は, 半分下手人といっ, 半分不足しても, 半分与ったり坊ちゃん, 半分に出, 半分両棲を常, 半分丸出しになっ, 半分乗せに来, 半分乗り出してい, 半分乗出す時じゃ, 半分乘出したやう, 半分乳母のやう, 半分乾いている, 半分乾きかけた粘土の, 半分乾して唇, 半分乾すと, 半分乾枯びかかった茶褐色の泡, 半分事務のよう, 半分事務所のよう, 半分二十秒位の間, 半分ふとあと, 半分云いかけたあとを, 半分云いまかされた形で, 半分云えば先生, 半分云って已めた, 半分云ったぎりですぐ句, 半分云つて已めた, 半分交って来る, 半分京大阪と経, 半分人事不省であった, 半分今夜こそは西方院, 半分仕切って薄, 半分仕舞湯に浸っ, 半分他郷に半分, 半分以上ひとりで動く, 半分以上まわりの板, 半分以上ギイトリイが筆, 半分以上トボケて居る, 半分以上ポケツトから喰, 半分以上二重廻しの下, 半分以上僕の解釈, 半分以上効果を失っ, 半分以上口の中, 半分以上商の九分通り, 半分以上喰ふこと, 半分以上堀り出されて, 半分以上外へ落ちなき, 半分以上女の荷物, 半分以上實行されて, 半分以上尻からはみ出した, 半分以上川路左衛門尉聖謨の力, 半分以上廻り途して, 半分以上本気になってるらしい, 半分以上死骸ともいふべき, 半分以上水の面, 半分以上決心したこと, 半分以上減少した, 半分以上漢字が混じっ, 半分以上物置きに, 半分以上白髪で一面, 半分以上白鯉になっ, 半分以上自分の金, 半分以上解決されて, 半分以上訳了して, 半分以上車の輪, 半分以上車体の外, 半分以上軍人志望なん, 半分以上軽便鉄道の便, 半分以上雨樋の蔭, 半分以上雲の中, 半分以上頬髯や口髭, 半分以上魂の抜けた, 半分以下十分一にもなっ, 半分以内のもの, 半分以後ダレたが, 半分仰向き約半分伏, 半分さる場合, 半分伏せて口, 半分伏せたまま眠っ, 半分伐りかけてやめ, 半分伝説のよう, 半分似通うた七人山伏という, 半分位ほか私の頭, 半分位二度までも口訳文, 半分位仮名が混, 半分位引摺りこんだ本格的理學者たち, 半分位損をする, 半分位此手を切る, 半分位気が違っ, 半分位腸の上, 半分位自然肥料を詰め, 半分位門をあけ, 半分位雪の中, 半分位頸でも縊, 半分はせて, 半分を延し, 半分余りも行った, 半分余り口が開いた, 半分使命半分の動機, 半分価位でしょう, 半分信子に訊い, 半分信心は附, 半分によこせ, 半分倉庫みたいな半分事務所, 半分倒れてしまった, 半分倒れかかりながら彼, 半分借りた者です, 半分借り切つてやりました, 半分偉人になつ, 半分健康であるよう, 半分催眠薬みたいなもの, 半分傾いていた, 半分傾きながら通過, 半分傾けて高い, 半分に貸し, 半分入って釘, 半分入れた薄い汁, 半分入れたらしいんだ, 半分全部を占領, 半分其の仕事を, 半分内外だと, 半分冗談みたいに陽気, 半分つたやうにな, 半分凍えてじっと, 半分と視, 半分出かかっていた, 半分出させる法は, 半分出すとか何とか, 半分出せと言っ, 半分出家遁世のよう, 半分出来かかったものを, 半分出来さしの支那家具, 半分出資した私, 半分分け取らむ, 半分分っている, 半分分捕りでもする, 半分切ってあげましょう, 半分切られて月光, 半分切りぬいたように, 半分切り取ることだ, 半分切り落すほど後ろ, 半分切れてゐる, 半分刈ったままで, 半分にし, 半分利用されて, 半分剃ってある, 半分剃り殘し, 半分剃り落されてぼう, 半分ち十億人, 半分前歯で食い切った, 半分剥げかかっていた, 半分剥げた吃水を, 半分割れが出, 半分割れた土釜が, 半分加えてもいい, 半分助け様なんて被, 半分包んではあります, 半分化けそこねている, 半分化石し掛った思想, 半分十億人が食物, 半分千切つて捨てた袖, 半分博奕が半分, 半分占めた古長持, 半分卸した馬車は, 半分厭味を言っ, 半分厭気が差し, 半分去ったごとくに感じた, 半分友だちのよう, 半分反対の気持, 半分取ってしまう, 半分取ったたア何だ, 半分取ったろうなんて飛ん, 半分取られたな, 半分取り懸るから到底, 半分取る位の, 半分取ればこちら, 半分受けた少年の, 半分叙述するか, 半分口先で真似, 半分菰を, 半分上れあと, 半分叱られて来ました, 半分へ向く, 半分同情的な半分, 半分向こうの山, 半分にやる, 半分吝嗇漢となっ, 半分室一つ我ばかりを, 半分吸いのこりのバット, 半分吸った煙草を, 半分吹聴したま, 半分呉れる筈だ, 半分呉青秀半分は呉一郎, 半分呑みほして水, 半分呑み込んでしまいました, 半分呑込んで飛ん, 半分呟いて石, 半分味方の内, 半分咬み殺すやうに, 半分咲いている, 半分咲いた山吹の, 半分咳き込み乍らの, 半分唐紙へ食い込んだ, 半分のよう, 半分啜り上げるような, 半分べなさい, 半分喰い取られたように, 半分喰い欠いだ林檎も, 半分喰え明日は, 半分喰ってまた, 半分喰った薩摩芋を, 半分喰べた時満腹したので, 半分嘲弄半分まじめ半分で事, 半分噛みて何とも, 半分噛んで飲ませろ, 半分噛んだ子供の, 半分器械のよう, 半分みかけて, 半分四つ這いの, 半分四分の一または八分の一, 半分四十何銭というキャベジ, 半分四方八方メチャクチャの証言, 半分回して横顔, 半分回ってぴたり, 半分図星であ, 半分固まって黄身, 半分固まりかけた蝋涙で, 半分へ帰った, 半分地中に埋めた, 半分地獄に墮, 半分地面に出, 半分垂れかかっている, 半分垂れたすだれ, 半分埋ずめながら, 半分埋まつてひきつけ, 半分埋められた木臼が, 半分報知せて, 半分塞いでしまう, 半分塩胡椒少しと, 半分増加されるに, 半分壊されたままに, 半分壊れかけた炭取りなどが, 半分壊れた板が, 半分外れても大した, 半分夢うつつのよう, 半分夢ウツヽデ排尿シ済マセレバ又直, 半分夢遊病にかかっ, 半分びらで, 半分大名といふの, 半分大胆に, 半分大阪の宿, 半分大騒ぎをし, 半分の意, 半分夫人の双眼鏡, 半分失いながらそして, 半分失うと死に, 半分好奇心半分で朋輩達, 半分好意でそう, 半分妖怪の手伝い, 半分妻君に聞い, 半分姿を此世, 半分のよう, 半分娘見物に来た, 半分嫉妬し半分, 半分子供らの友だち, 半分安いですが, 半分安心したよう, 半分宗教書を繙い, 半分宛交つたやう, 半分が傾い, 半分惚けて, 半分呆けて, 半分寝ぼけている, 半分寝言を云い, 半分寝返りをする, 半分封建的な今, 半分封筒がはみ出し, 半分小児の守り, 半分小川の中, 半分小笠原群島新領土, 半分少し探して, 半分居眠りながら人間, 半分居酒屋のよう, 半分山々にて取り囲まれたる, 半分山伏生活をし, 半分崩して自分, 半分崩れて見る, 半分崩れかかった家が, 半分崩れかけてゐた, 半分崩れ残る足場に, 半分崩れ殘る足場, 半分へ投げこまない, 半分込んで, 半分差し上げることにな, 半分帰省みたいなもん, 半分常食になっ, 半分平一郎に半分栄介, 半分平次へかけ, 半分年季小僧も飯炊き, 半分床の間をが, 半分座ったように, 半分へ囲い込んだ, 半分から奥, 半分廻しかけた頭を, 半分廻つたところに, 半分廻つて裏庭に出る, 半分弄り殺しに, 半分引きめくったように, 半分引き受けてくれる, 半分引き戻そうとして争うらしく思われた, 半分引き破つて呉れ, 半分引くべい, 半分引受けてしもうた, 半分引受けたやうな, 半分引裂かれたからだ, 半分も剰し, 半分張つたま, 半分張りかけて置く, 半分当方持ちという高利, 半分の方, 半分後悔しながら, 半分病人の, 半分のなか, 半分心細そうに, 半分心臓の鼓動, 半分忘れ掛けていた, 半分応酬して, 半分つた様に, 半分怒りながら書い, 半分さ半分で, 半分怖いやうな, 半分怖がったり薄気味わる, 半分思いながらつまり, 半分思ふ様に, 半分思想雑誌で半分ニュース雑誌, 半分怪しみながらも何, 半分恐しそうな, 半分恐ろしさに, 半分をひそめた, 半分息子のよう, 半分惰性のよう, 半分意識的なの, 半分愛想をつかされ, 半分慰みでよろしい, 半分慰めるように, 半分慾得ずくでなく何, 半分慾心が半分, 半分憐れみの言葉ぢ, 半分憤らせたり寂し, 半分懐疑家の策士, 半分懸かり電柱の, 半分或は筋全部が, 半分戯談に云, 半分戸ぐちを出, 半分戸棚の中, 半分戻つたといふ気持, 半分扇型の半, 半分手つだって署長, 半分手当賞与では三分の一, 半分打つてゐる, 半分払うわ, 半分承諾を与え, 半分投資した者, 半分懸上, 半分折られたのです, 半分抜いて捜す, 半分抜き取られた兎みたいな, 半分抜けたよ, 半分抱えられて腰かけ, 半分抱きかかえるように, 半分押して内部, 半分持って行かれた, 半分持った柄杓の, 半分持つてやつ, 半分捲いている, 半分捲き付けたままベタリと, 半分掛けた儘で, 半分接待係のつもり, 半分掻きはがしてこれ, 半分描きかけの, 半分揶揄半分の口調, 半分操縦して, 半分政治家半分商人のよう, 半分教習所をやらせ, 半分数奇半分慾得ずくでなく何, 半分敷いて好い, 半分り分ります, 半分に受け, 半分斬られて茣蓙, 半分斬り落されて倒れ, 半分斬落した恐ろしい力, 半分断れかけている, 半分方偉人になりかけた, 半分旅人のよう, 半分旅行先のよう, 半分教徒で, 半分明いて広い, 半分明けてある, 半分明けると立て切った, 半分明け放した窓枠に, 半分明け放たれ齒並の, 半分明るくして, 半分時々苦情を, 半分暇つぶしが半分, 半分エ頃, 半分服従し半分独立, 半分の涼しい, 半分木柵の間, 半分木登りをし, 半分本当に酔って, 半分本気半分で叱っ, 半分本音であつ, 半分によりかかっ, 半分朽ちてまっ青, 半分朽ちかけたままそれでも, 半分朽ちた葭簾の, 半分朽ち懸けた枝折戸の, 半分てくれない, 半分東京へ送っ, 半分板張りになっ, 半分板敷の十二疊間, 半分果されてゐない, 半分枯れかかっている, 半分枯れかかった樺色と, 半分染まっている, 半分柘榴のよう, 半分が林立, 半分栄介に冬子, 半分も三分の一, 半分の木蔭, 半分椰子林の三分の二, 半分楽しみで半分心配, 半分権利は当然, 半分横倒しにのっ, 半分横取りされる上, 半分檜笠の下, 半分の根, 半分欠いたように, 半分欠けたら瓢箪の, 半分欲半分でまず, 半分歎願しながら, 半分武人式の文化, 半分武蔵の真筆, 半分きゃあ又, 半分歪んでゐ, 半分死にか, 半分死にかけるような, 半分殆ど夢見るやう, 半分殊に日本海に, 半分残しとけ云うたのにあの, 半分残すのが, 半分残るものは, 半分して, 半分殘つてゐたグラス, 半分毀れかかった家などが, 半分気億劫半分よ正直, 半分気違だよと, 半分気違いだった, 半分の上, 半分汲めたならそんな事, 半分決死隊だ, 半分泣きかかっている, 半分泣き泣き元の, 半分泣き面だった, 半分泣き顔をし, 半分泣くように, 半分泣面をし, 半分泣顔して, 半分泥くさい連中で, 半分注いで生, 半分洗つた平次は井戸端, 半分流れ込んであと, 半分浅瀬にのめり出, 半分浮かして拍手, 半分浸しながらかんかん, 半分消えかかった字で, 半分消えたように, 半分消えちまったんで, 半分消えちまつたんで, 半分消されてしまった, 半分消しておいた, 半分った思い, 半分深い霧に, 半分減じて三十歳, 半分減ることは, 半分温泉町ではよそ, 半分湯ヶ原に着いた, 半分溶けては雀, 半分溶けた花の, 半分溶け込んで行く, 半分潜って途中, 半分潜つて途中でつかへ, 半分潰れかかってそれ, 半分潰れた葡萄の, 半分潰瘍し去った埃及人, 半分濡らしてうんうん, 半分点点と白く, 半分無い女や, 半分無くなるから厭, 半分無我夢中のまま室, 半分無断で病院, 半分無理に覗い, 半分無駄になります, 半分焦げのこった電柱だの, 半分焦た芭蕉の, 半分焼けを起し, 半分焼けたので銀座, 半分焼けた流しもとでは, 半分焼け焦されたの手, 半分焼け遺り孤独に, 半分にし, 半分照らしていた, 半分照らした室の, 半分照れながら行, 半分煮えくり返るような, 半分煮たあとが, 半分煮るんだ, 半分熟したトマトを, 半分熨斗をつけ, 半分燃えてるぞ, 半分燃え懸けた窓からは, 半分燒けた壇は足許, 半分物珍しげに半分, 半分物置になつて, 半分狂人のやう, 半分狂喜して, 半分独立して, 半分独言のよう, 半分獅子に同感, 半分獣半分人間の, 半分らしい物, 半分現れていた, 半分のよう, 半分生きても大した, 半分生きるといふ, 半分生れ付みたよう, 半分生命を喰, 半分異国から来た, 半分畳んだ袴上下を, 半分の上, 半分疑いながら知らし, 半分疑ってみる, 半分疑ひながらた, 半分病ましげで半分健康, 半分痺れたような, 半分発狂し悪魔, 半分登恵子にも当てつける, 半分白かった, 半分白髮が交つて, 半分百姓見たいなこと, 半分百姓半分と運転手, 半分をむいた, 半分盗んで残り, 半分目つきに物, 半分目以上水を入れる, 半分目的で火, 半分目覚めている, 半分目顔で押えました, 半分好くづしていそいそと出たま, 半分相好くずして, 半分真的にある, 半分真赤に成つて了つた, 半分真面目半分で語り続ける, 半分真顔になつて, 半分真顔半分で問, 半分つてる様, 半分眠ってて半分, 半分眠り乍ら羽織袴を着け, 半分眠り乍ら落葉の焼ける, 半分睡っていたらしい, 半分睡ったまま佐吉の, 半分睡り父に, 半分知っている, 半分の台, 半分に埋もれ, 半分砒石を交ぜられた, 半分破れて取れ, 半分社会への意趣, 半分神がかり的な術者, 半分神主で半分大名, 半分程まで來た, 半分程度長短がある, 半分程通つてからです, 半分のある, 半分稽古にかよっ, 半分の中, 半分突っささったまま, 半分窄めた男持ちの, 半分窓障子の蔭, 半分かせた母親, 半分上って, 半分立ちながら義観, 半分立ちあがってぶるぶる, 半分立ちかけていた, 半分立ってゐる, 半分立ったまま自分の, 半分立上りかけて, 半分笑い話のよう, 半分笑うてゐる, 半分笑われ半分叱られ, 半分笑顔で話しあった, 半分って底, 半分をつけ, 半分粉々になっ, 半分粉炭に埋もれた, 半分粉砕されて, 半分粹半分の心持ち, 半分納めかけている, 半分納める人も, 半分に包んだ, 半分紛失して, 半分細君に話し, 半分紳士だった, 半分終ったのも, 半分絶望状態になった, 半分緑色に腐食, 半分縁側の方, 半分をつかんだ, 半分縫ってある, 半分繰り出されてあった, 半分に見え, 半分義理で半分好意, 半分羽毛で出来た, 半分耕した土地を, 半分聞えたのを, 半分聞かず私火鉢の, 半分聞かせるやうに, 半分聞けば全体, 半分をかけました, 半分聴いて飛ん, 半分職人の人, 半分肉食動物だ, 半分の底, 半分背負わせて持っ, 半分胸壁の外, 半分脅かすやうに, 半分脱げかかった藁靴の, 半分脳膜炎になつて, 半分腐つた乾した魚や, 半分腐りかかった踏切板を, 半分腐りかけてゐる, 半分腐れか, 半分腐れかかって倒れかかっ, 半分腐れかけた幾本もの, 半分腫らして七日, 半分腰掛けてゐる, 半分が辷っ, 半分を乘, 半分自ら稼いで, 半分自慢らしく半分, 半分自暴にもなつて, 半分自暴自棄交じりのよう, 半分自棄でリオ, 半分に乗じ, 半分の変った, 半分色キチガヒではない, 半分侍の, 半分若者総出で道側, 半分にし, 半分しかけて, 半分荷物船だから, 半分萎れて居る, 半分落ちかかっていた, 半分落ちた橋の, 半分落ち殘つた棧敷を渡つて, 半分落城するところ, 半分をつけ, 半分蒲団に籠っ, 半分蒲團からずり出し, 半分をおろしました, 半分におおわれ, 半分蔽うている, 半分を捨て, 半分虚伝と思い, 半分行ったら一時間休まし, 半分も半分, 半分裂けてぶらりと, 半分裏切られたひいき読者としての, 半分裏漉しにし, 半分裸足である, 半分に隠す, 半分襟巻きに埋め, 半分西洋風に新築, 半分覆面した大男, 半分見えずあの燃える, 半分見えないひとりの, 半分見える土間では, 半分見たように, 半分見物半分でみんな, 半分見返りもしない, 半分覗かしている, 半分覗かせていた, 半分覗き出て, 半分覚えない様に, 半分覚めて読む, 半分覚めた頭に, 半分の家, 半分親店へ通つて, 半分観客からかくれ, 半分えてゐます, 半分解くことは, 半分解けている, 半分解らないながらも中腰, 半分言いかけて心持横, 半分言えない事も, 半分言つたのが始まり, 半分言わせず亥太郎は, 半分言葉を引込め, 半分訊いて平次, 半分つたもの, 半分試して見る, 半分読みかけた頁を, 半分読みさしただけで他, 半分調戯って見た, 半分謝罪的な言葉, 半分譲って, 半分を復した, 半分負うて行く, 半分負担するの, 半分貰ってゆく, 半分貰ったきりな, 半分貴族半分武人式の文化, 半分貸して貰い, 半分つちや, 半分貼らなかつたので階下, 半分賛成したが, 半分贅沢な気持, 半分赤く染まった大根, 半分走らされていた, 半分起きあがって小声, 半分起き上がってその, 半分起き上った床の, 半分起き上ろうとします, 半分起き直らせて枕もと, 半分起した体を, 半分起すまでには博士, 半分起上りかけた, 半分越したろうと小, 半分足らずぐらいのもの, 半分跣足になる, 半分跨いだところで, 半分跨ぎかけたままだ, 半分跳ねるように, 半分跳ね出しだから池, 半分踏まえて片, 半分踏み抜いてしまい, 半分身體を起しかける, 半分軌道の内側, 半分軍人のよう, 半分轢いていったろう, 半分辞退するけれども, 半分迄は花である, 半分かく高利貸の, 半分近いので, 半分近く失敬したよう, 半分近く焼野原になっ, 半分近代化して, 半分近所の衆, 半分返すぜ, 半分述懷になつて, 半分迷惑半分に聞い, 半分追窮するよう, 半分逃げ掛かっている, 半分逃げ支度の気構え, 半分逃足だった, 半分逆上しながら, 半分まで戻させ, 半分這い起きながら窺う, 半分這うように, 半分這入って見, 半分這入った紙袋などが, 半分通ってそれから, 半分進上しても, 半分遊び半分よ, 半分遊び半分みたいに踊っ, 半分遊山半分ばかりで, 半分が半分, 半分運動のつもり, 半分過ぎている, 半分過ぎたことを, 半分過ぎ去つてし, 半分道内から半分, 半分道楽のよう, 半分道行きましたよせつ, 半分遠慮しながら, 半分遠視になりかけ, 半分適中しないやう, 半分部屋の中, 半分配給を受けた, 半分酒造会社設立のこと, 半分酔いながら興, 半分酔ってやって来られ, 半分醒めかけていた, 半分醒めた子供達, 半分野蛮で半分紳士, 半分に見える, 半分金吾さんにあげる, 半分をかけ, 半分銜えてふくらんだ, 半分を入れ, 半分を焼かれた, 半分鎖したままガラクタ物の, 半分閃くか閃かぬ, 半分閉ざしている, 半分閉した店の, 半分閉じられていた, 半分閉じるのだった, 半分閉めかけたま, 半分閉めた障子の, 半分閉鎖手術もたしか, 半分開きかかつて, 半分開きかかっている, 半分開きかけたそのま, 半分開けかけたおかあさんが, 半分開けっぱなしになっ, 半分開けられた硝子窓の, 半分の中, 半分防岸工事をし, 半分降りたころには, 半分降参をした, 半分除けて俯向き, 半分階子口の板の間, 半分階段の途中, 半分障子の外, 半分隠されたように, 半分隠した馬車が, 半分隠すように, 半分隠れようという黒眼鏡, 半分をかぶった, 半分電車通りに曝し, 半分震える初年兵の, 半分の中, 半分はれて, 半分青白い月光だった, 半分面白い半分に, 半分面白がりが半分, 半分響いて来ぬ, 半分頂戴と云, 半分頒合つて食べる程, 半分へ指, 半分頬ばりながら母様, 半分頷き半分か, 半分頼母しいやう, 半分のない, 半分飛ばして六年, 半分飛んでしまつてゐる, 半分食いかけた生首である, 半分食いかけたままでコソコソ, 半分食い入ってい, 半分食い取られおまけに, 半分食せてくれ, 半分食って彼, 半分食つただけで, 半分食べかけて夢, 半分食べかけたまま手に, 半分食べたとき彼の, 半分食べ残し之は, 半分飢え絞られながら働ら, 半分を食べかけた, 半分飲み飲み吹きかけるから実績, 半分飲んで残り, 半分飽気にとられ, 半分を分け, 半分にのっ, 半分馬みたいなとても, 半分駄目になつ, 半分駈け出さんばかりの, 半分駈けるように, 半分ばかりになった, 半分骸骨になった, 半分高松へ送っ, 半分に埋め, 半分を出し, 半分黒くなって, 半分黒焦げになっ, 半分鼬殿を煽った, 半分S子の機嫌