青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「半ば~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば
半ば~
~半分 半分~ 半年~ 半日~ 半蔵~ 半身~ 卑怯~ ~卒業 卒業~ ~卓

「半ば~」 3643, 39ppm, 2950位

▼ 半ば~ (266, 7.3%)

4 宿命を, 自由意志を 3 自分に 2 まだ葉, 他の, 夢の, 幹の, 枯れ半ば, 私の, 認めて

1 [241件] あなたの, いい加減であった, いってるコップ, うしろの, うまくいった, おそらくこの, お粗末, かように, からかうよう, きずつき半ば, ここに, この安泰, この自分, この鄙びた, これと, これら馬鬼の, すぐ飲みつくされ, すでにはらし, すでに刈られある, ぜひなく, その思い, その方, その無意識, その研究, その言訳, その誘惑, それが, それについて, それを, つつまれて, とられて, どこかへ, どことも, なだめるよう, はげて, ひとやの, みずから好ん, もう動かぬ, もう聞い, わざとそうし, オリヴィエが, オリヴィエに, チヨに, フランス風で, ブラームスの, ブロックの, マルクス主義を, ラブラドールと, 一たびした, 一層寂しく, 上って, 不当な, 世にそう云う, 中央の, 予科練の, 二十台の, 亡夫の, 仙人の, 信濃, 俳優なりし, 個人教授で, 借り半ば, 先に, 全く生理的, 公然と, 六三制に対する, 其処に, 内儀さんに, 冗談半ばは, 凍った薄汚い, 前代の, 北国遊歴の, 千百年後に, 危み, 危険な破, 厚き毛氈, 又人間的修業, 友情から, 叔母の, 古人の, 合著の, 同じ紅葉, 同志小林が, 同情から, 君に, 否定であった, 呆然として, 哀歌半ばは, 土を, 地下に, 埋れて, 外れて, 夢, 夢らし, 夢中だった, 夢中の, 奥平家の, 好奇心で, 妻に, 子供が, 官庫に, 実際影, 宦官に, 家族主義であります, 寒い月光, 將來の, 小野宮の, 小麦に, 平家の, 平野耕作に, 弟の, 当り半ばは, 彼の, 彼ら一揆の, 彼女の, 後に, 後天の, 心理的である, 怨顔なる, 恋したい, 恋に, 惡感から, 意外だった, 意外な, 意気張りずくの, 意識的な遣, 愕き, 愚かな, 感銘ただならぬ, 成就した, 手の甲に, 折れ欠けて, 放心の, 政党に対する, 政党への, 政府の, 散って, 斜めに, 既に人, 明らかに, 是が, 有志半ばは, 有耶無耶で, 本気という, 本當, 本能的な, 枯れた草, 此気象観察に, 死ななければ, 残して, 母子の, 気が, 水の, 泣き声です, 泥濘に, 注意ぶ, 洒落や, 流氷と, 浮いて, 深い蔭, 溶け半ば, 滑る, 滝太郎に, 漆黒の, 演説の, 濃く色づいた, 物ずき, 独り言な, 独り語の, 独言で, 独語の, 狸穴で, 獣に, 王滝川の, 現の, 生ける心地, 生に, 田崎の, 町へ, 異性に対する, 疑い半ば, 病気で, 白き, 白く老いた, 皮肉半ばは, 相蔽, 眠って, 眠つてゐる, 石子を, 確乎と, 祈祷であった, 移民として, 稟身の, 空いて, 窓の, 粋道の, 紐で, 純白の, 素人である, 肯定半ばは, 自ら慰むる, 自ら苦み上げね, 自分で, 自分の, 自分も, 自分自身に, 自意識的な, 芝生に, 花に, 草むらに, 落ちて, 葡萄みのる園半ばは, 裂けて, 角の, 記号の, 詩に, 語勢で, 誰にとも, 調弄つてゐる, 謙譲の, 警句の, 貰ひたれ, 軽い嫉妬, 近江の, 過去の, 達したので, 達成するだらう, 重荷を, 銀色に, 隣りの, 雑草が, 音表文字の, 音調的の, 風化し, 食って, 餓死する, 馬が, 駈歩, 骨と, 高地の, 黄色に

▼ 半ば~ (244, 6.7%)

50 して 13 過ぐるもの 6 なって 4 なると 3 過ぎるもの 2 あった, すぎるもの, 居眠, 過ぐる

1 [160件] あって, あまりの, あるに, ある人造人間, ある各, いた道庵先生, および水, お母さんが, この三人, この騒ぎ, さう言, しつつ, すぎません, すぎようという, すぎるであろう, すぐるとき, その場, その音楽, たくさん咲い, たちまち地, だも, ついうつらうつらと, ついと起っ, とどきそう, なった, なったある, なった頃, なりぬ, なりました, なりゆけば, なれば, ふいと, ふと思いついた, ほろほろと, また飛び出し, まだ懐炉, われわれの, カンラカラカラと, スイスの, テレきった, ハタと, パリーを, 一人の, 一月出の, 下田を, 下落する, 下谷伊予紋で, 不時の, 中退とは, 中隊当番が, 主膳は, 二人連れの, 今度は, 伏見屋を, 伸子は, 住かえた, 使が, 信長から, 兄さんも, 先ず妹, 入り来し子爵夫人繁子, 八畳と, 出でたり, 到達した, 前後を, 剣の, 叔父さんは, 吐血し, 呑気な, 周馬は, 坑の, 夜具を, 大きな顔, 密かに, 小六, 少女は, 山を, 席の, 帰国しました, 彼等の, 怒濤, 思いついたの, 思い設けぬこの, 急に, 急を, 急性腎臓炎と, 怪しき方法, 我句を, 捨て一生, 探偵の, 推薦演説を, 敵甲軍の, 断絶しなけれ, 新子は, 於て, 明智の, 昼夜兼行で, 時雨しめやかに, 更迭に, 村正, 東京へ, 栖方に, 梶子の, 歌ったので, 正路を, 死んだとき, 江北の, 沈みぬ, 無心致し, 玄徳は, 盲腸炎に, 眼に, 私は, 秋風が, 突然かれ, 突然帰っ, 突然立ち上つ, 立上った, 至った時, 至らざる時, 至らずして, 至るまで, 蚊帳が, 行き着いた人一人, 行き違えり, 行くと, 行商に, 見せられた, 試験が, 足らぬ, 近いこの, 近い部分, 近かった, 近くの, 近づいた或, 追い返したん, 進んでも, 過ぎざりき, 過ぎたり, 過ぎない, 過ぎないこと, 過ぎよう, 過ぎるでありましょう, 過ぎるの, 過ぎるよう, 過ぎん, 過ぎん蓋し, 過ぐること, 過ぐる事, 道庵が, 達して, 釘ヅケに, 鍋屋へ, 雲を, 音も, 順造は, 飲井戸あり, 餘す金は, 駕籠を, 魔の

▼ 半ば~ (141, 3.9%)

10 過ぎて 3 占領し 2 すぎたころ, すぎて, 九十九里と, 失って, 敵と, 過ぎた, 過ぎたばかり, 過ぎたばかりの

1 [112件] おろした心もち, かけて, かの地, しめる実際, すぎたある, すぎたいま, すぎた城下, すぎぬ, すぎると, ちょっと過ぎた, ついやしたよう, とがったほう, とじこめて, どう使った, なして, ふさいだ, ふさいで, やや過ぎ, ドイツ連邦に, 中断し, 乗越す, 使いたり, 保証する, 偶然に, 入れかけて, 其の霧, 分けて, 前へ, 割いて, 割かしむるのも気, 化する, 占めた, 占めて, 占める女, 占める女子, 占める野菜畑, 占め仏艦, 取りしめた, 取り返して, 取ろうという, 取縋って, 受ければ, 受取る, 喪うたと, 喰はれ, 埋められて, 埋める, 多一, 失ひ十二違, 奪い去ったもの, 屏風にて, 平定した, 床の, 引きたまいつ, 打ち殺し後, 抛つ覚悟, 持ったまま, 捨てるの, 掛けた, 掩うて, 掩ひ, 握って, 損じたもの, 既に一ト昔, 植物園の, 殘し, 殲滅し, 沒する, 没して, 減じて, 満たそうという, 滿し, 無視する, 焼き払つた, 犠牲に, 獲得した, 生産する, 白く凍らせる, 百姓に, 相手に, 聞かず母様, 蒸発させ, 蔽いつくしそれ, 蔽って, 覆いつくすかと, 覆うて, 誘わるる思い, 読みかけて, 譲って, 過ぎこの, 過ぎたころ, 過ぎたの, 過ぎた一人, 過ぎた今日, 過ぎた紅葉, 過ぎた頃, 過ぎてからであつた, 過ぎぬ, 過ぎますと, 過ぎるころ, 過ぎると, 過ぎるの, 過ぎるまで, 過ぎれば, 過ぎ鬢髪, 達したの, 達した感じ, 達して, 隠して, 隱し, 領するよう, 顧みたとき

▼ 半ば~ (83, 2.3%)

5 ところへ 2 うちに, ことでした, 或る, 頃から

1 [70件] あたりに, ある土曜, ある天気, ある寒い, ある日, こと, ことだ, ことだった, ことであった, ことである, ところだ, ところに, ままで, まるる, ものも, ように, よく晴れわたった, ドレゴは, 丁度花, 三等食堂などは, 不憫さと, 世界歴史にとって, 事だつた, 事柄, 五月初め, 十四日に, 午後, 厳しい寒威, 夏の, 夜であった, 大雪の, 天水桶を, 太陽の, 嫌厭と, 或る晴れた, 戰の, 明るさ, 時分であった, 景だ, 晴れた日, 暑いさかり, 曇り日, 月の, 期待で, 本丸で, 校庭には, 歌留多会の, 此の, 水気の, 海も, 発売で, 私達の, 空気を, 立ち腐れを, 答えを, 義理を, 蕭殺たる, 課題は, 軍勢が, 遊山舟八景巡りも, 銅版と, 陽が, 陽気で, 雲水ででも, 頃と, 頃よりも, 頃を, 風和き, 高さ, 魅力に

▼ 半ば以上~ (63, 1.7%)

3 を占め, を占める, を過ぎ 2 が結婚, は発揮, を仰い

1 [48件] この, すいて, すすんで, すなわち約, という金, になった, になつ, に亙つ, に及ん, のところ, の金, の面, はもう, は一種, は予, は二階, は山, は意味不明, は梟, は極, は滅却, は自分自身, は隠れ, は食べられます, も海面, も遊戯化, を今や, を周囲, を多く出, を新緑, を獄中, を理知, を租税, を自身, を費した, を踏み取り, を過した, 出来上った時, 切り取られること, 埋められて, 拓かれて, 登ると, 解けたも, 許されたと, 諦めては, 進んで, 過ぎた頃, 過ぎて

▼ 半ば~ (58, 1.6%)

2 あつた, 席を, 筆を, 自分の

1 [50件] あちこちの, あツ, きかかった観音, そのこと, その生涯, それからずっと, たとえ目的, ちょっと休ん, ついと立っ, はたと止め, ぴたりと, ふたりいい, ふと行きずり, まだ紅葉, もう八つ, 一座の, 不意に, 久助を, 兵馬は, 冬期には, 出て, 加えられたこの, 半分以上は, 大正元年に, 帰らねば, 引きかえし故郷, 彼女らにとっては, 急に, 揺り動かされた癇癪, 止め暗い, 歩が, 母の, 消えるので, 田舎家の, 相手を, 突然下腹, 立ち上った, 立ち停ったが, 立消えに, 置いて, 美沢が, 肴を, 落された武術, 衝けば, 道ばたに, 野蛮な, 霞の, 飛び出すと, 飯と, 駒井甚三郎が

▼ 半ばまで~ (52, 1.4%)

2 冷かな, 来たとき, 来た時分, 来ると, 水に, 聞かないうち

1 [40件] きて, ぐるぐる巻き, まだ七俵, ゆくと, 三月ばかりも, 上げた畳, 上って, 下った時, 入った, 埋めて, 大塔, 失ひかなり, 居残ったが, 延引し, 往った, 待って, 押上げたと, 掛るん, 書いた彼, 来た金助, 来る, 棲んで, 歌つたが, 殆ど徒労, 渡った時分, 渡り来った, 渡るを, 漫然と書い, 火と, 父から, 生え込んで, 稿が, 箱根竹の, 聞いて, 胸板に, 踊つて行つてそこで, 進んだとき, 遂行する, 降りて, 鼠の

▼ 半ばから~ (41, 1.1%)

3 だを 2 折れたので

1 [36件] かいながら, かい半分に, かい気味に, すっかり壊れ, ない, もう目立っ, やうやく, スポリ血が, 一月中旬へ, 上が, 亡父の, 凡そ一抱ずつ, 出ること, 切り折った, 十一月が, 十七世紀の, 喉や, 四月五月にかけて, 女学生たちの, 子供を, 寝ついて, 引詰めた, 後は, 必然的に, 末に, 来て, 横ざまに, 秋の, 突然に, 美少年は, 翌年の, 見事に, 鎌倉時代の, 陽気の, 雪の, 面を

▼ 半ば~ (40, 1.1%)

17 を起し 3 を起こした 2 を起こし, を起した, を起そう

1 [14件] をおこし, をそむけ, をめぐらした, を乗り出し, を倚, を傾け, を向けざる, を投げ出し, を擡げ, を潜めたる, を立て, を起こしかけ, を起こす, を起す

▼ 半ば~ (38, 1.0%)

2 だった, になっ

1 [34件] からお父さん, からです, からまた, から今, から取り, から大, から生れ, から雨, この骰子, その祭, であったろう, であつ, でありましたので, でしたか, でその間, ででもあったでしょう, で庭, で譲吉, なの, になる, にはそれ, にはもう全く, には本屋, には略, にも達した, に愛宕下, に頭目モーナルーダオ, の事, へ来た, また兵, までは高田, までぽっちり, まで作品, 初めてヂヨフレー

▼ 半ば開いた~ (37, 1.0%)

5 扉の 3 ままに 2 儘睫の, 其眼, 口の

1 [23件] お祖父さんの, きりであった, のが, まま寝つい, まま睫の, シャツの, 口が, 口へ, 唇と, 唇の, 形で, 彼女の, 彼等の, 戸口に, 扇を, 扉を, 白扇を, 百合の, 硝子窓ご, 花を, 重なる, 重苦しげ, 顎で

▼ 半ば過ぎ~ (34, 0.9%)

2 ていた, ている, であつ, になる

1 [26件] からで, だ, だろうという, てい, てからであらう, てテーブル, て方々, て紅葉, である, であるが, で初め, で日, と云, にお, にならない, にやっと, に不意, に松島, のでき, の日, までもなお, まで好意, まで引っ, まで待っ, まで登る, よく晴れた

▼ 半ば無意識~ (32, 0.9%)

2 にその, のうち

1 [28件] だって放免, でオルガ姫, で夢, で夢うつつ, で駆け, なはじらいがち, な状態, にあらわれたる, におい, にこんな, にそこ, にそれ, にちぎり取った, になされる, にホテル, に右手, に呟いた, に唯, に寄っ, に床, に指環, に絵巻物, に聞く, に話, に身体, に辻, に馬, のもの

▼ 半ば~ (30, 0.8%)

18 の中 3 を開い 2 から出任せ, を開いた 1 で消し, のうち, を開いてる, を開きたる, を開け

▼ 半ば開い~ (28, 0.8%)

6 ていた 5 ている

1 [17件] てい, ておく, てまた, てクログスタット, て中, て前向き, て奥, て持ち上げかけ, て捧げ, て柔らか, て白い, て目, て笑顔, て置いた, て落ちつき, て言った, て透明

▼ 半ば自分~ (24, 0.7%)

3 にいう 2 に対する悔恨, を弁護

1 [17件] からすゝ, が失はれ, にいい, に弁疏, に言いきかせ, に言つて, のそんな, の力, の家, の思惑, の気持ち, の直覚, の行為, をいたわる, を信じ, を疑ひ, を説得

▼ 半ば夢中~ (21, 0.6%)

2 で其所, のよう

1 [17件] だった彼, であったが, であった伸子, であつ, でたべて, でまだ, で仁右衛門夫婦, で只, で向う, で引戸, で膝, で跣足, なの, になっ, に足, のやう, の精神状態

▼ 半ばごろ~ (19, 0.5%)

1 [19件] からずっと, からは和歌, から俄, から僕, から巾着ッ切, から年々, から書き出す, である, で島崎, にいたる, になっ, になる, に突如, のこと, までスルスル, まで作品発表, まで実習, まで渡り切った, 迄に生活

▼ 半ばにも~ (19, 0.5%)

4 達して 2 達しないで

1 [13件] いたらざるべし, なって, わたる辺土, 及ばざるなり, 及ばず両人, 及ばないよう, 自身から, 至つてゐなかつた, 至らぬころ, 足らぬ程, 達しない着手匆々, 達せずして, 達せずつづいて

▼ 半ば~ (17, 0.5%)

5 ている 3 ていた 1 いずれも, ていづれ, て一つ, て営む, て考えられる, て訴える, て面積, 五分五分である, 悪しと

▼ 半ば~ (17, 0.5%)

2 なった, なって, なつて, なると 1 いうのに, いうよりは, いへば, するの, なれば, 云うところ, 思う点, 思えと, 申すに

▼ 半ば~ (17, 0.5%)

4 を閉じた 3 を閉じ 2 をつぶり, を閉ぢ 1 の盲, をつぶっ, をとじ, を見開いた, を覺まし, を開いた

▼ 半ば~ (16, 0.4%)

2 二二歳以下で, 程は

1 [12件] きょうも, その胸, まったく除外, らんと, 山桜では, 文学に, 真黒に, 石鹸蝋燭薪炭茶砂糖衣服等の, 私の, 穀物に, 見える円形, 語り手の

▼ 半ば~ (15, 0.4%)

3 のやう, の中 2 のなか 1 からさめず, からさめた, だったの, のよう, の世界, の心地, を見

▼ 半ばその~ (14, 0.4%)

2 ためで, 母に対する 1 からだを, 人の, 半白の, 席に, 激情に, 熱意を, 目的を, 素枯れた, 美しさ, 蓋を

▼ 半ば~ (14, 0.4%)

1 [14件] かくれたかと, こえた武将, すぎた, それの, それを, たれるよう, 失われて, 相手には, 聴かずこの, 越えたいい, 遂げて, 過ぎた時分, 過ぎてから, 過ぎないうち

▼ 半ば夢心地~ (14, 0.4%)

2 の状態

1 [12件] だった, で, でうっとり, でこう, でフラフラ, で受取った, で書いた, で自分, で薬湯, に囚, の中, の屑屋

▼ 半ば冗談~ (13, 0.4%)

4 に半ば真面目 2 のよう 1 に, にだが, に半ば辛辣, のつもり, のやう, めいて, らしくこういう

▼ 半ば~ (13, 0.4%)

2 に聞かせる, の気に入った, を悲しませ 1 の創作, の書いた, の無, の父, への申譯, を励ます, を意識

▼ 半ばすぎ~ (12, 0.3%)

2 でした, の康子 1 てゐた, て一昨年六月, で暑, なので, にこの, になる, に彼, のある

▼ 半ばする~ (11, 0.3%)

1 [11件] という程度, という言葉, ところに, の老若男女, ほどの髪毛, もこれ, ものであります, ものは, 書, 漫画家岡本一平との, 風景は

▼ 半ば意識~ (11, 0.3%)

3 を失った 1 が働き, し計算, の朦朧, を取りもどし, を失, を失い, を失っ, を失ひ

▼ 半ば~ (11, 0.3%)

2 を失い, を奪われ 1 が狂ってる, が違った, にし, の抜けた, を喪った, を失った, を配っ

▼ 半ば~ (11, 0.3%)

3 を浮かし 2 をうかした, を上げた 1 をうかし, をうかす, を下し, を浮かせ

▼ 半ば開き~ (11, 0.3%)

1 [11件] そのままで, つつ薄, てへい, ながら彼女, シャツの, 両腕, 内側に, 拳銃を, 極めて緻密, 皮膚の, 眼を

▼ 半ばには~ (10, 0.3%)

2 等持 1 お民, 俺達は, 八百人の, 再度ベスビアス, 少なくも達し, 引っ込めて, 既に閉鎖, 毎年頭に

▼ 半ば独言~ (10, 0.3%)

6 のよう 1 いて, に云う, のやう, を云う

▼ 半ば~ (10, 0.3%)

1 かくし, がさめ, の見えない, を, をさまし, をつぶり, をつむる, を醒まし, を閉じ, 醒め半ば

▼ 半ばした~ (9, 0.2%)

2 心持で, 気持で 1 がその後, ものである, ような, 口もとで, 心持

▼ 半ば好奇心~ (9, 0.2%)

3 をもっ 2 とから彼 1 からある, から房一, が手つだっ, に包まれ

▼ 半ば独り言~ (9, 0.2%)

7 のよう 2 の様

▼ 半ば過ぎた~ (9, 0.2%)

1 がお, くらいの男, 女盛りの, 或る, 頃で, 頃であった, 頃前面を, 頃或, 頃飛騨の

▼ 半ば~ (8, 0.2%)

2 にうずもれ 1 になつて, に化し, に埋ってる, に埋められた, に埋もれ, の上

▼ 半ば~ (8, 0.2%)

1 が予期, にまた, の上, の過敏, をおそれ, をからかう, をからかふ, を引きずる

▼ 半ば~ (8, 0.2%)

2 に沈ん, に浸され, に浸った 1 なりに透き通る, に浸っ

▼ 半ば無意識的~ (8, 0.2%)

1 であるが, な策略, に, に浅草公園, に片山夫妻, に衝動的, に遣った, に遣つた

▼ 半ば眠り~ (8, 0.2%)

1 がうっとり, て応え, ながらつぶやいた, ながら十二日, ながら捜し合う, ながら本能的, ながら考えた, ながら聞く

▼ 半ば~ (8, 0.2%)

2 のまま 1 かのまま, なる賤夫, になっ, のまま寝床, の女, の死体

▼ 半ばこの~ (7, 0.2%)

1 事件に, 好んで, 子に, 巧妙なる, 弟に, 発向は, 蕈に

▼ 半ばより~ (7, 0.2%)

1 ほきと, 上の, 厚き壁, 古いもの, 截断し, 數世紀に, 梯子を

▼ 半ば独語~ (7, 0.2%)

4 のよう 2 のやう 1 の様

▼ 半ば近く~ (7, 0.2%)

2 に達し 1 になっ, まで攻め登っ, まで来た, まで過ぎ, 残って

▼ 半ば閉じ~ (7, 0.2%)

1 ていた, て分別, て屈託, て彼, ながら自分, 口を, 快い懶さ

▼ 半ばしか~ (6, 0.2%)

1 のみこめぬであらう, 味わうこと, 堅気の, 成りませんでした, 満足せしめなかった, 解けて

▼ 半ば~ (6, 0.2%)

2 と申し 1 がたを, と, とか自慢, と云った

▼ 半ばそれ~ (6, 0.2%)

1 に歩み近づき, に歩み遠ざかりゐたる, を否定, を好ん, を待ち設け, を記述

▼ 半ば~ (6, 0.2%)

1 かかった, かけて, 噂の, 牡丹餅は, 行く白糸出づ, 進んで

▼ 半ば~ (6, 0.2%)

2 を起した 1 を乗り出した, を入れる, を起し, を起しかける

▼ 半ば信じ~ (6, 0.2%)

1 てゐない, 今宵は, 半ばうたがっ, 半ば怪しむ, 半ば疑い, 難いよう

▼ 半ば傾いた~ (6, 0.2%)

1 ベンチが, ベンチの, 古木の, 村の, 西の, 陽が

▼ 半ば眠っ~ (6, 0.2%)

4 ている 1 ていた, て動い

▼ 半ば絶望~ (6, 0.2%)

2 したため, して 1 し乍ら, の表情

▼ 半ば閉ぢ~ (6, 0.2%)

4 られた目 1 た眼, てがつくり

▼ 半ば開いてる~ (6, 0.2%)

1 その口, 切れの, 口を, 扉から, 瞼を, 窓から

▼ 半ば隠れ~ (6, 0.2%)

2 ている 1 てよく, ながら黒っぽい, 二枚の, 幾筋もの

▼ 半ば~ (6, 0.2%)

2 して, を宿 1 した彼女, した肩

▼ 半ば~ (6, 0.2%)

2 の判断 1 が変梃, を剃り, を回らした, を擡げ

▼ 半ば~ (6, 0.2%)

1 をかくす, を上げた, を伏せ, を埋め, を埋めた, を隠

▼ 半ばあきらめ~ (5, 0.1%)

1 てゐた, て歎息, と半ばヤユ, ながらしかし, ながら半ば怒り

▼ 半ばからは~ (5, 0.1%)

2 一方が 1 味方の, 杉の, 袋網という

▼ 半ば公然~ (5, 0.1%)

1 とお, と兎, と行われ, なのんき, の秘密

▼ 半ば呟く~ (5, 0.1%)

2 がごとく, やうに 1 ように

▼ 半ば埋れた~ (5, 0.1%)

2 私の 1 やうに, 濠である, 美から

▼ 半ば失神~ (5, 0.1%)

2 して 1 した様, のこの, の状態

▼ 半ば封建~ (5, 0.1%)

1 であった, であった時, と近代文化, のかげ, の闇

▼ 半ば封建的~ (5, 0.1%)

1 であったこれ, であるという, でただ, な自身, な要素

▼ 半ば~ (5, 0.1%)

2 の憧憬 1 に念じた, を動かされた, を奪われ

▼ 半ば感心~ (5, 0.1%)

1 した, したよう, して, し半ば, し半ば不思議

▼ 半ば朽ち~ (5, 0.1%)

1 か, てぐらぐら, てばらばら, て土, て地

▼ 半ば枯れ~ (5, 0.1%)

2 て半ば 1 て下, て空しく, て風

▼ 半ば~ (5, 0.1%)

2 になっ 1 になってる, になり, に向け

▼ 半ば死ん~ (5, 0.1%)

2 でゐる 1 でいた, でいる, で生き

▼ 半ば真面目~ (5, 0.1%)

1 にオリヴィエ, に半ば, に尋ねた, に彼, に恋

▼ 半ば眠った~ (5, 0.1%)

1 ふりを, ような, ように, 利口そうな, 女の子の

▼ 半ば~ (5, 0.1%)

2 になっ 1 だ, つぽ, に漲る

▼ 半ば笑い~ (5, 0.1%)

1 ながら, ながら控え, ながら火傷, ながら聞い, ながら言った

▼ 半ば裸体~ (5, 0.1%)

1 で手, で滑っこい, で酔払っ, になった, になつ

▼ 半ば~ (5, 0.1%)

1 ぎたころであつた, ぎてもまだちつとも初秋らしい, ぎになつたある朝の, ぎになつてからのことでした, の朝霧

▼ 半ば過ぎる~ (5, 0.1%)

1 ともう, と急, と水田, と目, 頃から

▼ 半ば開かれ~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 てある, てい, て線香

▼ 半ば開け~ (5, 0.1%)

2 てある 1 てあった, て島田髷, 手を

▼ 半ば~ (4, 0.1%)

1 くみの, 城を, 直参の, 義理から

▼ 半ばころ~ (4, 0.1%)

1 であったかと, で六月, にかけてはあたり, にはもはや

▼ 半ばなりし~ (4, 0.1%)

2 紗の 1 事あれ, 家あり

▼ 半ばひらいた~ (4, 0.1%)

1 ままに, ままぽかんと, まま膝に, 美しい人間

▼ 半ばふざけ~ (4, 0.1%)

1 てのよう, て争っ, ながらこの, にまぎらし

▼ 半ばをも~ (4, 0.1%)

1 つくさ, 尽したるもの, 滿足に, 達成し

▼ 半ば偶然~ (4, 0.1%)

2 であるとは 1 のみ, のみ人為

▼ 半ば出来上った~ (4, 0.1%)

1 下水の, 小公園, 新築校舎にすら, 時その

▼ 半ば忘れられた~ (4, 0.1%)

2 作家たち 1 作家たちは, 楔形文字的典礼

▼ 半ば戯れ~ (4, 0.1%)

2 にこういう 1 かと思つて, に近く

▼ 半ば捨鉢~ (4, 0.1%)

1 な気持, に声, に秋子, に考え

▼ 半ば朽ちた~ (4, 0.1%)

1 其幹は, 圓柱だつた, 小屋が, 粗末な

▼ 半ば椅子~ (4, 0.1%)

2 を離れた 1 より立ち, を回し

▼ 半ば~ (4, 0.1%)

1 はしさう, ひつ, ひながらも, を残しました

▼ 半ば皮肉~ (4, 0.1%)

1 な半ば自嘲的, な表情, に自分, に言

▼ 半ば肯定~ (4, 0.1%)

2 する論法 1 したくなつ, できるが

▼ 半ば自暴自棄~ (4, 0.1%)

1 となる, な悲壮, になっ, にもなっ

▼ 半ば~ (4, 0.1%)

1 がくれた, の堕ちた, を落した, を落とした

▼ 半ば~ (4, 0.1%)

3 の口 1 に呑まれ

▼ 半ば身体~ (4, 0.1%)

1 をもたし, を起こし, を起し, を起しかけ

▼ 半ば開かれた~ (4, 0.1%)

1 ままに, 戸の, 扉から, 扉の

▼ 半ば開きたる~ (4, 0.1%)

2 が内 1 窓に, 窓の

▼ 半ば~ (4, 0.1%)

1 が解け, に埋もれた, の上, をかぶっ

▼ 半ば青き~ (4, 0.1%)

1 と葉, もたのもし, シラガミススキの, シラガミススギの

▼ 半ばあきれ~ (3, 0.1%)

1 てしまった, ながら顔色, 顔にも

▼ 半ばうとうと~ (3, 0.1%)

2 して 1 としてはまた

▼ 半ばたしなめる~ (3, 0.1%)

3 ように

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

2 という 1 が十月

▼ 半ばである~ (3, 0.1%)

1 のに一箇月分, のに死体, 六月に

▼ 半ばならずし~ (3, 0.1%)

1 て中道, て斃, て早く

▼ 半ばなる~ (3, 0.1%)

1 とき後陣を, 一座の, 者の

▼ 半ばにて~ (3, 0.1%)

1 敗るべし, 酌に, 雪霽れぬ

▼ 半ばほど~ (3, 0.1%)

1 いて, 注がせ, 注ぎぬ

▼ 半ばまじめ~ (3, 0.1%)

1 で言って, に半ば, に彼

▼ 半ばまだ~ (3, 0.1%)

1 不確かな, 何処やらに, 眠りつつ

▼ 半ばわが~ (3, 0.1%)

1 ことの, 庇護下に, 掌に

▼ 半ば不安~ (3, 0.1%)

1 な夢うつつ, な気持, に駆られ

▼ 半ば串戯~ (3, 0.1%)

1 だったのに, にぐッ, にする

▼ 半ば乾き~ (3, 0.1%)

1 ある物, たりしなり, ながらも下

▼ 半ば以下~ (3, 0.1%)

1 に短縮, は勾配, を言

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

2 の視野 1 の顔色

▼ 半ば同情~ (3, 0.1%)

1 と半ば, のある, の言葉

▼ 半ば喪心~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 半ば壊れ~ (3, 0.1%)

1 てしまった, て用, ながらも隊長機

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

1 の留守中何事, の評価, を弁護

▼ 半ば客観的~ (3, 0.1%)

2 に叙したる 1 の文学

▼ 半ば崩れた~ (3, 0.1%)

1 のを, 牡丹は, 白壁に

▼ 半ば彼女~ (3, 0.1%)

1 に聞える, に聞かせる, を促

▼ 半ば恐怖~ (3, 0.1%)

1 にみちた, の色, を抱い

▼ 半ば成就~ (3, 0.1%)

2 したよう 1 した

▼ 半ば暗く~ (3, 0.1%)

1 なって, 巴を, 照し

▼ 半ば本能的~ (3, 0.1%)

1 な忍従, に憎み出した, に身

▼ 半ば枯れたる~ (3, 0.1%)

2 草の 1 浜木綿の

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

1 して, せるなり, のふち

▼ 半ば毀れた~ (3, 0.1%)

2 母の 1 藁屋根からは

▼ 半ば消え~ (3, 0.1%)

1 ていつしか, てしまい, て細長い

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

1 意織, 氣味な思ひ, 関心で

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

2 したやう 1 へる妻

▼ 半ば疑い~ (3, 0.1%)

1 ながらまったく, ながら土地, ながら待っ

▼ 半ば白く~ (3, 0.1%)

1 なった目, なった髪毛, なって

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

1 なる人, なる英雄, のやう

▼ 半ば義侠的~ (3, 0.1%)

1 にこの, に半ば自分, に書物全体

▼ 半ば習慣的~ (3, 0.1%)

1 に上体, に寝, に繰返される

▼ 半ば~ (3, 0.1%)

2 を傾け 1 をかし

▼ 半ば自嘲的~ (3, 0.1%)

1 であった, な調子, に

▼ 半ば自棄~ (3, 0.1%)

2 になっ 1 に成つた

▼ 半ば自棄的~ (3, 0.1%)

2 な気持 1 な苦笑

▼ 半ば苦笑~ (3, 0.1%)

1 していう, の心持, をし

▼ 半ば荒廃~ (3, 0.1%)

1 しさらに, した沖の島, に帰し

▼ 半ば落ち~ (3, 0.1%)

1 て大空, 失せし林, 鉄骨は

▼ 半ば赤く~ (3, 0.1%)

1 なつた瓜, なり半ば笑, 紫色の

▼ 半ば起き~ (3, 0.1%)

1 て, て凭れかかる, に密

▼ 半ば軽蔑~ (3, 0.1%)

1 したよう, しながら, とそれだけ

▼ 半ば閉じた~ (3, 0.1%)

1 ままで, 目であっ, 眼厚ぼったい

▼ 半ば開けた~ (3, 0.1%)

21 ままストオヴの

▼ 半ば隠され~ (3, 0.1%)

1 ていた, てはゐる, て地面

▼ 半ば驚き~ (3, 0.1%)

1 と半ばさ, ながら彼, 半ば呆れ

▼ 半ばうっとり~ (2, 0.1%)

1 とされる, とし

▼ 半ばかかっ~ (2, 0.1%)

1 たり畷道, て手

▼ 半ばかくされ~ (2, 0.1%)

1 ている古びた, てゐる

▼ 半ばかすめ~ (2, 0.1%)

2

▼ 半ばかすれた~ (2, 0.1%)

1 やうな, 半ば抑揚の

▼ 半ばかの~ (2, 0.1%)

1 女中は, 者の

▼ 半ばぐらいまで~ (2, 0.1%)

1 歩いて, 水が

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 はご, はれかかつた氷室

▼ 半ばしたる~ (2, 0.1%)

1 がいわゆる, 甎爐あり

▼ 半ばつぶっ~ (2, 0.1%)

1 ている, て動かなかった

▼ 半ばであった~ (2, 0.1%)

1 かな降った, が江南

▼ 半ばです~ (2, 0.1%)

1 から, から水

▼ 半ばという~ (2, 0.1%)

1 頃, 頃だった

▼ 半ばなら~ (2, 0.1%)

2 んと

▼ 半ばなれ~ (2, 0.1%)

1 ども室, ど旅立ちし

▼ 半ばにまで~ (2, 0.1%)

1 かぶさって, またがり一々

▼ 半ばねぶたげ~ (2, 0.1%)

2 な夢

▼ 半ばはか~ (2, 0.1%)

1 の女, やうに

▼ 半ばふり~ (2, 0.1%)

1 返った, 返りながら

▼ 半ばほどの~ (2, 0.1%)

1 蝋を, 路で

▼ 半ばまでに~ (2, 0.1%)

1 そちらに, 書き上げ更に

▼ 半ばまでには~ (2, 0.1%)

1 山が, 帰って

▼ 半ばまでも~ (2, 0.1%)

1 読まぬうち, 達して

▼ 半ばもの~ (2, 0.1%)

1 ぐるいでした, ぐるひ

▼ 半ばわれら~ (2, 0.1%)

1 の意, の罪

▼ 半ばフランス人~ (2, 0.1%)

1 であり半ば日本人, であるという

▼ 半ば上げ~ (2, 0.1%)

1 て聞いた, て首

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 を照らし, を鎖す

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 あがった赤, ける庭

▼ 半ば乾い~ (2, 0.1%)

1 てあつ, て固まっ

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 したま, れむしろ

▼ 半ば予期~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 であるやう, に半ば自分

▼ 半ば人事美~ (2, 0.1%)

1 を加, を加えたる

▼ 半ば以上無意識~ (2, 0.1%)

1 で睡眠, の朦朧

▼ 半ば休養~ (2, 0.1%)

1 に中和, を兼ね

▼ 半ば伝説的~ (2, 0.1%)

1 である, で正確

▼ 半ば伸び上りかげん~ (2, 0.1%)

2 に自分

▼ 半ば信ずる~ (2, 0.1%)

2 が故に

▼ 半ば傾い~ (2, 0.1%)

1 てその, て立つ

▼ 半ば傾き出し~ (2, 0.1%)

2 ている

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 の意見

▼ 半ば凍りつめた~ (2, 0.1%)

1 世界である, 世界に

▼ 半ば出来~ (2, 0.1%)

1 ふもとの, 上つた小

▼ 半ば出来た~ (2, 0.1%)

1 ので, 工事冬を

▼ 半ば反射力~ (2, 0.1%)

1 を失った, を失つた様

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 沼の, 玩たるにも

▼ 半ば叫ぶ~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 半ば吸い~ (2, 0.1%)

2 さしの

▼ 半ば呆れ~ (2, 0.1%)

1 ながら, 且つ恐れ

▼ 半ば呆れた~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 半ば命令的~ (2, 0.1%)

1 な言葉, にこう

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 いて

▼ 半ば嘲る~ (2, 0.1%)

1 やうに, ように

▼ 半ば嘲笑~ (2, 0.1%)

1 と共にひやかし, を混

▼ 半ば囁く~ (2, 0.1%)

2 ように

▼ 半ば埋もれ~ (2, 0.1%)

1 ていた, て夕日

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 から覗かれる

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 に朝

▼ 半ば好奇的~ (2, 0.1%)

1 で半ば戒飭的, に睡

▼ 半ば姿~ (2, 0.1%)

1 をあらわし, を秘し

▼ 半ば威嚇~ (2, 0.1%)

1 して, するよう

▼ 半ば完成~ (2, 0.1%)

1 して, し三代目

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 に乗出した, に乘出

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 つつも金剛神, 静つてゐた

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 ころんだまま, ぼけた顏つき

▼ 半ば居眠り~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 に沿う, へ揚げられ

▼ 半ば崩れ~ (2, 0.1%)

1 てピン, て三四片鉢

▼ 半ば崩れかかった~ (2, 0.1%)

1 ままながら, 寺の

▼ 半ば布団~ (2, 0.1%)

1 から乗り出し, のかげ

▼ 半ば幻覚~ (2, 0.1%)

1 のうち, の状態

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 から身, の上

▼ 半ば引かれ~ (2, 0.1%)

1 てあった, 天井に

▼ 半ば引裂かれた~ (2, 0.1%)

1 一葉の, 写真の

▼ 半ば強制的~ (2, 0.1%)

1 に助長発達, に結ばれた

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 になっ, に潜ん

▼ 半ば後悔~ (2, 0.1%)

2 めいた気持

▼ 半ば微笑~ (2, 0.1%)

1 した目, を浮かべ

▼ 半ば微笑み~ (2, 0.1%)

1 ながら沈痛, 半ば哀し

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 れる様, ろしいよう

▼ 半ば意識的~ (2, 0.1%)

1 に嘘, に私

▼ 半ば感情~ (2, 0.1%)

2 を皮肉る

▼ 半ば成りたる~ (2, 0.1%)

1 ものぞ, ピュラケーの

▼ 半ば成功~ (2, 0.1%)

1 したと, した花瓶

▼ 半ば戯談~ (2, 0.1%)

1 にまぎらし, のよう

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 のやう, れに

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 の自由, の調子

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 に開き

▼ 半ば断念~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 を呪う, を迎え

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 さに, 碧色に

▼ 半ば期待~ (2, 0.1%)

1 して, もされなかった

▼ 半ば本気~ (2, 0.1%)

1 でしかし, なよう

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2

▼ 半ば枯れかかった~ (2, 0.1%)

1 大きな楡, 杉垣の

▼ 半ば枯れた~ (2, 0.1%)

1 大木と, 葉の

▼ 半ば梅雨晴れ~ (2, 0.1%)

2 の午前

▼ 半ば欠けた~ (2, 0.1%)

1 宵月の, 月が

▼ 半ば歎息~ (2, 0.1%)

1 して, するよう

▼ 半ば歎願~ (2, 0.1%)

1 し半ば命令, するよう

▼ 半ば正気~ (2, 0.1%)

1 をうしなっ, を失つたの

▼ 半ば死んだ~ (2, 0.1%)

1 ように, 気で

▼ 半ば毀れ~ (2, 0.1%)

1 ながらまだ, ながら元

▼ 半ば気づかい~ (2, 0.1%)

2 ながら半ば

▼ 半ば没し~ (2, 0.1%)

1 つつやや, てその

▼ 半ば泣き~ (2, 0.1%)

1 ながら渾身, ながら部屋

▼ 半ば泣く~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 半ば流れ~ (2, 0.1%)

1 たり, てしまった

▼ 半ば潜り~ (2, 0.1%)

1 ながら周, ながら周つて

▼ 半ば濃い~ (2, 0.1%)

1 陽炎の, 陽炎のか

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 になっ, になった

▼ 半ば無我夢中~ (2, 0.1%)

1 で私, のうち

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 かれて, けて性

▼ 半ば物恐ろし~ (2, 0.1%)

2 さと

▼ 半ば狂乱~ (2, 0.1%)

1 の有様, の状態

▼ 半ば狂気~ (2, 0.1%)

1 したよう, な女

▼ 半ば独り語~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 半ば生き~ (2, 0.1%)

2 半ば死ん

▼ 半ば生理的~ (2, 0.1%)

1 な原因, な快感

▼ 半ば疑い半ば~ (2, 0.1%)

1 信じ今宵, 怪しみつつも

▼ 半ば疑う~ (2, 0.1%)

1 ような, ように

▼ 半ば病める~ (2, 0.1%)

1 が如き, 人であった

▼ 半ば白い~ (2, 0.1%)

1 光りを, 自分の

▼ 半ば白みたる~ (2, 0.1%)

1 髪悪, 髮惡しき相には

▼ 半ば盲目~ (2, 0.1%)

1 だけれど, の母

▼ 半ば眠ってる~ (2, 0.1%)

1 ようであり, 駅員らの

▼ 半ば眠つて~ (2, 0.1%)

1 ゐたの, ゐるもの

▼ 半ば眼瞼~ (2, 0.1%)

2 を閉じ

▼ 半ば睡つ~ (2, 0.1%)

1 てゐるらしい, て居る

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 に埋まった, の上

▼ 半ば破壊~ (2, 0.1%)

1 された大橋, されて

▼ 半ば禿げかかった~ (2, 0.1%)

1 広い額, 頭の

▼ 半ば禿げたる~ (2, 0.1%)

1 わが叔父, 法然頭は

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 進んだ頃, 降りた時

▼ 半ば程も~ (2, 0.1%)

1 来た時, 精力を

▼ 半ば竦ん~ (2, 0.1%)

1 でいた, でゐた

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 ひかけて, を含む

▼ 半ば紅葉~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 の幕

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 になつ, に半ば床

▼ 半ば緑葉~ (2, 0.1%)

1 に包まれ, のまま

▼ 半ば老いた~ (2, 0.1%)

1 男で, 私の

▼ 半ば耄碌~ (2, 0.1%)

1 しかけて, した父親

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 ずてに, 棄てて

▼ 半ば聞い~ (2, 0.1%)

1 て赤熊, て頷いた

▼ 半ば聴衆席~ (2, 0.1%)

2 の前半

▼ 半ば脅迫~ (2, 0.1%)

1 じみた文句, に似た

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 ちかかつ, つて居り

▼ 半ば腐った~ (2, 0.1%)

1 千両箱, 古い軒

▼ 半ば腐り~ (2, 0.1%)

1 敷布団と, 敷布團と

▼ 半ば腐りかけ~ (2, 0.1%)

2 てゐた

▼ 半ば腐爛~ (2, 0.1%)

1 しかけて, して

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 を没する, を立て

▼ 半ば自ら~ (2, 0.1%)

1 好んで, 進んで

▼ 半ば自分自身~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 半ば自嘲~ (2, 0.1%)

1 しながら, するよう

▼ 半ば自棄気味~ (2, 0.1%)

1 で覚悟, に一人

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 がつて, がッ

▼ 半ば興奮~ (2, 0.1%)

1 しそして, に似た

▼ 半ば色づいた~ (2, 0.1%)

1 桜の, 麦畑の

▼ 半ば芸術~ (2, 0.1%)

1 と考えられ, に歩みよせた

▼ 半ば苦々しく~ (2, 0.1%)

2 思いながら

▼ 半ば茫然~ (2, 0.1%)

1 としてこの, として立っ

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 におおわれた, の中

▼ 半ば落葉~ (2, 0.1%)

1 して, を盈

▼ 半ば裂けた~ (2, 0.1%)

1 中に, 間からは

▼ 半ば親切~ (2, 0.1%)

1 から半ば, と半ば矜

▼ 半ば解け~ (2, 0.1%)

1 て土間, て脛

▼ 半ば誇張~ (2, 0.1%)

1 されたもの, された伝記

▼ 半ば読み~ (2, 0.1%)

1 難い草稿, 難し

▼ 半ば諦め~ (2, 0.1%)

2 ていた

▼ 半ば起きた~ (2, 0.1%)

1 が小さい, 肩を

▼ 半ば透きとおる~ (2, 0.1%)

1 ような, 籠の

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 ず, った蚕室

▼ 半ば閉じられた~ (2, 0.1%)

1 目である, 目は

▼ 半ば閉めた~ (2, 0.1%)

1 やうに, 侘しい室

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 である, に閉ざされ

▼ 半ば隠された~ (2, 0.1%)

1 口元には, 頬は

▼ 半ば隠し~ (2, 0.1%)

1 ていた, ながら

▼ 半ば隠れてる~ (2, 0.1%)

1 広い額, 耳を

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 れて, れながら

▼ 半ば青々~ (2, 0.1%)

2 とした

▼ 半ば頃私~ (2, 0.1%)

1 が峠, はよく

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 をその, を隠し

▼ 半ば餓死~ (2, 0.1%)

1 するほどの, の姿

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

1 けながら通った, ける様

▼ 半ば~ (2, 0.1%)

2 に半ば枯

▼ 半ば黄ばみかけた~ (2, 0.1%)

2 姿を

▼ 半ば黄ばんだ~ (2, 0.1%)

2 銀杏の

▼1* [1167件]

半ばあきらめ顔に, 半ばあけのぞきこんでそんな, 半ばあげたままじっと, 半ばあたりへ来る, 半ばあとへ引返した, 半ばあの世へ足, 半ばあやまるように, 半ばあらわな胸, 半ばあるいは部分的に, 半ばいたわりつつ二人, 半ばいたわるように, 半ばいはせず父は, 半ばと, 半ばうずまっている, 半ばうたがっていた, 半ばうつつな顔つき, 半ばうつむいてしきりに, 半ばうつらうつらしつつ, 半ばうつろな目, 半ばうろたえながら帰つて, 半ばおおっている, 半ばおおった下に, 半ばおおわれている, 半ばおかしさを, 半ばおどすように, 半ばおろしてある, 半ばおろしたる蔀の, 半ばお父さんを慰める, 半ばかかげて相手, 半ばかきさしたのも, 半ばかくすように, 半ばかけさせるように, 半ばかげっていた, 半ばからかふやう, 半ばきまりわる気, 半ばくじけ不平は, 半ばくずれたコンクリート塀の, 半ばくずれてる迫持を, 半ばくるまりながらロンドン中部, 半ばぐらいしか出来上って, 半ばぐらいのところで, 半ばここに負, 半ばこれを成就, 半ばころ私はやっと, 半ばこわれて中身, 半ばこわれかかってい, 半ばこわれかかった一つの, 半ばこんな風にも, 半ばゆだ, 半ばごまかすような, 半ばごろ厳重なる法律, 半ばごろ面会に来た, 半ばうあるべきだ, 半ばささやくような, 半ばさっぱりして, 半ばさめ半ば眠っ, 半ばさらされた浅ましい死骸, 半ばしかるように, 半ばしぼられたり, 半ばしぼんでいる, 半ばしましたがその, 半ばしまらぬといふやう, 半ばしまりて半ば, 半ばしめてしまった, 半ばしめられた雨戸の, 半ばしんみりした感傷, 半ばゆし, 半ばすぎた頃十吉には, 半ばすぎる頃から, 半ばすぎ私はお, 半ばすすみ酒で, 半ばすなわち一二磅は, 半ばする腐れた時間を, 半ばずつ綯い交ぜながら, 半ばずらしてくれた, 半ばせし俳句も, 半ばせせら笑うように, 半ばせり此れ乃ち塵芥, 半ばを覆ひたる, 半ばそうしなくては, 半ばそらつかひで, 半ばそんな風に, 半ばたけなわの頃, 半ばたしなめ半ばあきらめ, 半ばたずねるように, 半ばただ義務を, 半ばためらひながら, 半ばたゆたってる気持ちで, 半ばだけ彼の, 半ばだったからです, 半ばちかくが押し寄せる, 半ばちぎれたような, 半ばづゝに心配, 半ばでき上つた, 半ばできかけて放っ, 半ばでしたから木々, 半ばといふ強い表現法, 半ばとけかかっている, 半ばとけた時と, 半ばとじ口を, 半ばとじた眼の, 半ばとじられて緑色, 半ばとの二度に, 半ばどんよりとした, 半ばのだった, 半ばなかへ入れ, 半ばなくなるのも, 半ばなどに藁で, 半ばならず早くも, 半ばなりとも了解し得たなら, 半ばなりぬと喜ぶ, 半ばなれり矣と, 半ばにしか当らなかったと, 半ばにても今の, 半ばにでもなんでも, 半ばになつたのでした, 半ばぬいだ衣物を, 半ばねむりかけていたらしい, 半ばのぞき込むような, 半ばはい出して机, 半ばはげ屋根の, 半ばはげ落ちてその, 半ばはも早や, 半ばばかり帆の, 半ばばかりに折れた玉蜀黍, 半ばひしゃげたままの, 半ばひとりごとのよう, 半ばひとりでに快い同じ, 半ばひとり言のよう, 半ばひやかし気味に, 半ばひやかすような, 半ばひらいてまぶし, 半ばほか感じて, 半ばほころびてゐた, 半ばほっとしたよう, 半ばほつとした, 半ばほどとは考えさせるが, 半ばほほ笑みながら而, 半ばほんとに恐れたよう, 半ばぼかした屋根や, 半ばぼやけて残っ, 半ばまでが辛うじて意, 半ばまでは親父の, 半ばむしり取られている, 半ばもっこり水面から, 半ばもどかしいような, 半ばもみくちやに, 半ばもんはやつ, 半ばやけになっ, 半ばやや夜寒の, 半ばやりかかった漆喰の, 半ばよりも永い間, 半ばわかつてゐます, 半ばわしへも心, 半ばわらいながらいった, 半ばをすら持ちませず殊に, 半ばをだに須ゐざるならん, 半ばイギリス風で半ば, 半ばイマイマしさ, 半ばウソではない, 半ばカーテンを引かれた, 半ばコワがりながら, 半ばシルエットになっ, 半ばジャーナリストの自発的, 半ばテレ隠しらしく笑, 半ばナチス的なドイツ精神哲学, 半ばヒステリツクに彼, 半ばペリカンを見限っ, 半ばミンナの方, 半ばヤケ気味に諦め, 半ばヤユとをもつ, 半ばユダヤ人のモンテーニュ, 半ばロマーシがカザン, 半ばへあげ, 半ば上って来た, 半ば上の空でいう, 半ば上りはなに, 半ば上眼瞼に隠れ, 半ばまで垂れ, 半ば下げすむやう, 半ば下しかけた腰を, 半ば下つた傾斜面に咲い, 半ば下りきった時なんとなくほっと, 半ば下女の笑い声, 半ば不思議がって, 半ば不用の本, 半ば不貞返った気味, 半ば世の中に突き出す, 半ば世界的に流行, 半ばに凭つて, 半ば中折の帽子, 半ば串談のよう, 半ば丸みがかった月, 半ば丸出しと云, 半ば乱れた独言聞かせぬ, 半ば乾いたように, 半ば了解された樣, 半ば争闘の事実, 半ば事件其物の性質, 半ば京都におり, 半ば京野等志に笑いかけ, 半ば人々は発狂, 半ば人工的に製造, 半ば人為なりとする, 半ば人生そのものに対する感じ, 半ば人知れずに行われた, 半ば人間を彫刻, 半ば仕立てたる衣服を, 半ば以上はかまにかかっ, 半ば以上夜も雨, 半ば以上天賦の才能, 半ば以上期待して, 半ば以上木場の甚, 半ば以上欠如して, 半ば以上水中に沈んだ, 半ば以上永遠の夢, 半ば以上消化され胃壁, 半ば以上破壊されて, 半ば以上私の本, 半ば以上窓が雪, 半ば以上立山に隠れる, 半ば以上裁判の専門語, 半ば以上言語発想当初の意想, 半ば以上雲に包まれ, 半ば以下形勢が急転, 半ば以前よりこの, 半ば以後におくり, 半ば仰向いた金花の, 半ば仰向けになり, 半ば休業状態だが, 半ば伝承的に物語, 半ば伝説的時代はさておき, 半ば降りられた頃, 半ばに愛想, 半ば余寒の風, 半ば余興として考, 半ば保たせてよろめき, 半ばならん, 半ば信じたくないような, 半ば信じない風に, 半ば信じられない事の, 半ば信じられない信じることの, 半ば信じる者が, 半ば信用されたこと, 半ば向け砲塔, 半ば個人として北京在住, 半ば倒れかけてゐた, 半ば傍觀氣を起し, 半ば傷ついている, 半ば傾いてるのも, 半ば傾けてゐる, 半ば働くというふう, 半ば僕自身を説得, 半ば僧院でもある, 半ば優しく半ば皮肉に, 半ばと影, 半ば入って話し, 半ば入れた身体を, 半ば全く追記なり, 半ば公園のあずま, 半ば公式に柳樹, 半ば其態を表, 半ば内側に曲り込ん, 半ば内容的であるが, 半ば冗談半ばまじめに彼, 半ば冗談半ば説明のため, 半ば冷かされながら人気, 半ば冷かしに見返し, 半ば冷笑して, 半ば凋んだ薔薇の, 半ば凍り泥濘も, 半ば凝まった処へ, 半ば來上つた海底戰鬪艇の, 半ば出して砂上, 半ば出たら目の, 半ば出でてこの, 半ば出入りを許された, 半ば出家したるもの, 半ば出来かかっていた, 半ばを抜きかけ, 半ば分けて歩板, 半ば分ちもつことで, 半ば切って落し, 半ば切れ大鷲の, 半ば刈りたり, 半ば別れてしまった, 半ば削げ或は倒れかかり, 半ば前後までに養成, 半ば剥いでゐた, 半ば剥げてゐる, 半ば剥げた色彩と, 半ば剥げたる大窓, 半ば剥落した白壁, 半ば剥蝕せられたる鮮畫, 半ば割れて了つた, 半ば割れた赤煉瓦の, 半ば創作であること, 半ば加集に後ろ, 半ば励ます気で, 半ばに同情, 半ば動轉しまだ, 半ば動顛しながら, 半ば化石したよう, 半ば占められている, 半ば危ぶみながら問う, 半ば即興の機智, 半ば友人よりその他, 半ば反撥的な批評, 半ば取りこぼたれ庭前庭後ただ, 半ば取り片づけられ板敷の, 半ば取代えてやった, 半ば取換えてやろう, 半ば受けたるまま当惑の, 半ば受動的行為に出, 半ば受動的行爲に出, 半ば口元を動かした, 半ば口惜しい叫声で, 半ば口髭でおおわれ, 半ば召使たるべき者, 半ば可愛らしいものを, 半ば叱りながら本丸, 半ば叱るやうに, 半ば同伴の若い, 半ば同意しながら, 半ば同職者としてのさうした思ひ遣り, 半ば向うむきに, 半ば向き合っていた, 半ばに思はれあら, 半ば否定するやう, 半ば吸物椀の上, 半ば呆気にとられ, 半ば呆氣にとられ, 半ばの人物, 半ば告白した, 半ば呑み干されて卓上, 半ば呟いてまた, 半ば呟き呟き颯と巻袖, 半ば周章てた形で, 半ば呪いのよう, 半ばが変わっ, 半ば命令するよう, 半ば哀しげに, 半ば哀訴の口調, 半ば哭くが如き, 半ば唖ッ気にとられ, 半ば唖然として眼, 半ばふやう, 半ば問題を解決, 半ば啜泣くという風, 半ばの方, 半ば善良な男, 半ば喜ぶとともに半ば, 半ば喪失しかけて, 半ば喪失状態でヒキガネ, 半ば嗄れた声で, 半ば嗅ぎ出したのだろう, 半ば嘆願するよう, 半ばけってはぐらかす, 半ば嘲笑的な質問攻め, 半ばみ切り, 半ばかすやう, 半ば嚇すように, 半ば回らしていう, 半ば困憊を訴え, 半ば囲まれ緑色の, 半ば囲み内外人の, 半ば国歌の罪, 半ば国立のよう, 半ば土中に埋まり, 半ば土蔵づくりで半ば洋館づくり, 半ば土間になっ, 半ばえて, 半ば支米空軍は, 半ばの底, 半ば地下室みたいな所, 半ば地獄に産み出された, 半ば地面の中, 半ば坐ってちらりと, 半ば埋った女の, 半ば埋まっていた, 半ば埋まった苔むした岩が, 半ば埋めてまた, 半ば埋めた後に, 半ば埋められた井戸を, 半ば埋もれた池に, 半ば埋れて立つ, 半ば埋れしが見る, 半ば埋れたる寺塔は, 半ば埋れるように, 半ば塞ぐような, 半ば塵埃捨場のこの, 半ば墓穴の中, 半ばにひしがれた, 半ば壊されてい, 半ば壊れた箱の, 半ば壮快に見渡す, 半ばより大, 半ば多難多端は御, 半ば夜着の下, 半ば夢ごこちだった, 半ば夢中身を返し, 半ば夢想のそして, 半ば夢見るような, 半ば夢見心地のぼんやり, 半ば天性もある, 半ば天鵞絨の襟, 半ば太閤もまた, 半ば失はれてし, 半ば失はれた記憶の, 半ば失われてしまうであろう, 半ば失われたのも, 半ば失心の体, 半ば失望しながら, 半ばはれて, 半ば奪い取った小枝という, 半ばの趣味, 半ば奴隷の立場, 半ば好奇半ばイマイマしさ, 半ば好意から旧い, 半ば威嚇的に告げ, 半ば威圧的に彼女, 半ばの決心, 半ば嫉妬の眼, 半ば子供を通じて丸田, 半ば学理半ば迷想に由り, 半ばの方, 半ば実在の人となり, 半ば客分のかたち, 半ば客觀的に敍, 半ば宣伝半ば余興として考, 半ば宮殿であり半ば僧院, 半ば家庭のよう, 半ば宿命に服する, 半ば寝ぼけた顔つきで, 半ば封鎖された自然經濟, 半ば専属の形, 半ば屈従の範囲, 半ば屏風で囲い, 半ば属していた, 半ばに凭, 半ば山伏ぐらしをし, 半ば山肌の土赭, 半ばを抱い, 半ば岩穴づくりにし, 半ばの中, 半ば崩れ落ちている, 半ば崩解したの, 半ば巡り歩いて, 半ば工合わるそう, 半ば巨木の枝, 半ばを孕ませつ, 半ばと皇后, 半ばから立ち上った, 半ば常談のよう, 半ば帽子のかげ, 半ば幇間的なもの, 半ば干からびていた, 半ば干き潮に, 半ば平野に臨んだ, 半ば広げられた鼡色の, 半ば床の間の方, 半ば廃人であること, 半ば廃墟となっ, 半ば延ばした両腕, 半ば廻してみましょう, 半ば弁解がまし, 半ば弁解的であった, 半ば引いてヴェランダ, 半ば引いたままで, 半ば引きちぎられた簾の, 半ば引き出されてその, 半ば引き出されたままの, 半ば引き出しながら彼, 半ば引ずるように, 半ば引摺りながら丸太町通り, 半ば引攣ったよう, 半ば引越しの騒ぎ, 半ば引開になっ, 半ば弱いものを, 半ば張った伝馬船が, 半ば強情さうに言つた, 半ば強請的な再婚, 半ば強迫的に談, 半ばつてゐる, 半ば当っている, 半ば当てつけらしく立って仏壇, 半ば当人の決意, 半ば当惑して, 半ばになった, 半ば往来の方, 半ばをふりかえる, 半ば従僕である者, 半ば得意の髯, 半ば得意そうに半ば言訳がま, 半ば自分に, 半ば御多分に漏れない, 半ば御機嫌をとり, 半ば御車の簾, 半ば復讐的に荒し, 半ば心配で半ば, 半ば必然に来た, 半ば必然的である, 半ばられぬる古き, 半ば忘れて了, 半ば忠義気取りでもてなす, 半ば怒って言った, 半ば怒つてはね付けた, 半ば怒りを感じ, 半ば怒るように, 半ば怒気を帯び, 半ば思惟的な情緒, 半ば思想の薄暮, 半ばずる如く斜, 半ばんだ, 半ば怪しみつつも招く, 半ば怪しむやうな, 半ば恍惚とした, 半ば恐いもの見た, 半ば恐れながら然し, 半ば恐れ悲しむ感を, 半ば恐ろしく半ば壮快に, 半ば恐ろしければただ, 半ばかし, 半ば悪夢のなか, 半ば悲しさうに半ば強情さうに言つた, 半ば悲しまなくてはならない, 半ば悲壮に半ば捨鉢, 半ば惘れた顔を, 半ば惰力によつて回転, 半ば惰性的にその, 半ば想像によって説明, 半ば意味のない, 半ば意地になった, 半ば愚弄と侮蔑, 半ば感嘆の叫声, 半ば感服したよう, 半ば慰め顔にこれ, 半ばみつつ, 半ば憐むように又半ば, 半ば憐むように王生の顔, 半ば憤ろしく半ば信じられない, 半ば憤慨したよう, 半ば憧憬の心, 半ば成りし時匂は, 半ば我が家の物, 半ば戒飭的な態度, 半ば戯作者を以て任じ, 半ばが開い, 半ば戸口に這入りかけ, 半ば戸袋へするりと, 半ば手さぐりで書いた, 半ば手工業的に屋内労働的, 半ば打消す口吻で, 半ば承服し半ば, 半ば承認されしかも, 半ば抑揚のない, 半ば投げだして行く, 半ば投げ出してしまった, 半ば折りめぐらされた金屏風の, 半ば折れ摧かれ, 半ば折れたか朽ちた, 半ば抜いてちょ, 半ば抜いたなり思いきりよく, 半ば抱き起しながら, 半ば抱くやうに, 半ば抱擁した形, 半ば押し除けられた屏風の, 半ば押潰したやう, 半ば拡がった葉が, 半ば拡げまるで大きな, 半ば拭われ警官達には, 半ば挟んだのを, 半ば捲いた下で, 半ば捲上げられそれを, 半ば掛けたる編み上げの踵, 半ば探りを入れる, 半ば探偵意識を活躍, 半ば掲げたがやがてするりと, 半ば掻巻を藻脱けた姿, 半ば揚げた編笠の, 半ばツて, 半ばけ起こされる, 半ば揶揄するよう, 半ばけて黄, 半ば擦らして宗助, 半ば擬態にすぎない, 半ば攀じ上った頃消えた, 半ば攀ぢ登つた時渠はあ, 半ば放心して, 半ば政党内閣を信じ, 半ば政黨内閣を信じ, 半ば敗勢を自覚, 半ば敗殘者たる現状, 半ばへるやう, 半ば教養のため, 半ば散りて半ば枝, 半ば散りかけて立ち, 半ば散歩のよう, 半ば敵意を含んだ, 半ば敷ける長き袖, 半ばで切り取られてる, 半ばういふ煩悶, 半ば新しく半ば舊き, 半ば旅人であった, 半ば既に雪の, 半ば日本の言葉, 半ば日本人でありその, 半ばった水の上, 半ば昇りて耳, 半ば明いて居ります, 半ば明けて外, 半ば明けられて昨夜, 半ば明るく半ば暗く, 半ば明るみに半ば思想, 半ば明確に希望, 半ば昏睡だった, 半ば昏睡状態にあっ, 半ば晴れていた, 半ばさの, 半ば暑気あたりらしい, 半ば曇った硝子戸ご, 半ば曲げイ足の, 半ば曲った老婆であった, 半ば曲つた老婆であつ, 半ば曲學の方針, 半ば曹操に対するお, 半ば最中に角兵衛獅子, 半ば最後に御, 半ばの光, 半ば月光を浴びてしよんぼりと, 半ば有半ば無, 半ば望み半ば恐れたごとく, 半ば朦朧状態に於, 半ば木の間にかくれた, 半ば本尊の方, 半ば本心で互, 半ば崩れた欄干, 半ば朽ちかけた額堂の, 半ば朽ちはてた卒塔婆を, 半ば朽ち歪んだお堂, 半ば朽廃した神社, 半ば材料の美, 半ば東京の方, 半ば板敷にしたる, 半ばに埋んで, 半ばに残りたる, 半ば枯れなんとして, 半ば枯れ落ちて空, 半ば架空的な名物, 半ば染めたのも, 半ばに身, 半ばの花, 半ば見て, 半ば森蘭丸はお, 半ば楽しい半ば傷つい, 半ば楽しく聞き取った, 半ば楽しみのよう, 半ば権柄ずくでつれ込んだの, 半ば横たわってるのを, 半ば横切って斜, 半ば横向きになつて, 半ば横柄な態度, 半ば横目で義雄, 半ば樹立に抱かれ, 半ば機嫌をなおし, 半ば機械的にベル, 半ば欠けたる月槻の, 半ば欣び大体に於, 半ばのやう, 半ば歌うが如く, 半ば氣を, 半ば正しく又他, 半ば正体を失いかけてる, 半ば此夢中にあ, 半ば歴史的にし, 半ば死したる小六, 半ば死人のよう, 半ば死滅させられながら, 半ば死語に属し, 半ば殆ど狂気の様, 半ば残して童, 半ば残ってい, 半ばして, 半ば殺されてしまう, 半ば殺し半ば追い払っ, 半ばを助ける, 半ばから病気, 半ば気ちがいじみた様子, 半ば気の毒さうに説明しました, 半ば気の毒そうに説明, 半ば気味の悪い懐し, 半ば気味悪そうに, 半ば気味悪く半ばさっぱり, 半ば気持ちよく半ば無作法に, 半ば気絶して, 半ば水面へ現し, 半ばに埋もれ, 半ば氷っていた, 半ば永久的な状況, 半ば沈んでいた, 半ば沈没しながら, 半ば沈黙の時期, 半ば河底の砂, 半ば治外法権なるエタ部落, 半ばへさし, 半ば法界悋氣の此一語, 半ば法衣の袖, 半ばんで死ぬる, 半ば波間に現し, 半ば泣いて揚げた, 半ば泣きたい氣持で, 半ば泣き出したい気持に, 半ば泣き声でさけんだ, 半ば泣く泣く登って, 半ば泣声にこう, 半ばに埋もれ, 半ば泳ぐやうな, 半ば洋風になっ, 半ば洋館づくりの不調和, 半ば活き半ば死ん, 半ば海中に横, 半ば海面にあらわれ, 半ば浸っていた, 半ば浸水し石狩川, 半ば消えかかつた彼女の, 半ば消え入りつつそこそこ, 半ば消しかけたとき泰造が, 半ば消化された嘔吐物, 半ば涙ぐみながらその, 半ば涙声になっ, 半ば混沌たる地上, 半ば減ずるわけなり, 半ば渡った処御, 半ば渡つた時俄に黒い, 半ば渡りて立止り, 半ば渡りこして本所, 半ば渡り掛けると橋詰, 半ば渡ると白木, 半ば満たされたような, 半ば満たした金だ, 半ば満足すべき結果, 半ば滑り流して, 半ば滝本をからかふ, 半ば滞在し得たるのみ, 半ば演説であると, 半ば漠然としかし半ば明確, 半ばにかくし, 半ば潰してゴーゴン・メジューサ, 半ば潰れた門の, 半ば澄んでひた, 半ば濁れる大都會, 半ば濡れてゐた, 半ば濡れ鼠になっ, 半ば炭化しかけた材木, 半ばたる如し, 半ば無くなり足も, 半ば無作法に感じられた, 半ば無意味ですね, 半ば無意識状態にさせる, 半ば無邪気な閑話, 半ば焦げつつ花, 半ば焦げたのや, 半ば焦げたる軽焼煎餅は, 半ば焼かれて此, 半ば焼け落ちたところだった, 半ばに捲かれた, 半ば熟した果実を, 半ば熟達の道, 半ば燃え盡き, 半ば燃えたままに, 半ば爆弾に溶かされた, 半ば爛壊した腐骨, 半ば爭鬪の事實, 半ばの意志, 半ば片付いた殘り, 半ば狂わしくなった, 半ば物数奇から行灯, 半ば物狂おしく日ごとに, 半ば物珍らしげに, 半ば物珍しさから, 半ば特派員としての資格, 半ば犠牲的に避難民, 半ば狂亂の姿, 半ば狂人であるもの, 半ば狂言をやっ, 半ば独りごち半ば背後の, 半ば独白的に呟いだ, 半ば独立し半ば屈従, 半ば独自の相, 半ば狼狽十月十九日に至つて, 半ばだという, 半ば獨立した土民, 半ば獨立性を保つ, 半ば獨語的にかう, 半ば獨逸風にステンダール, 半ばはれ, 半ば現われたかわいい耳, 半ば現実の男女, 半ば甘えるやうに, 半ば生きてる蠅を, 半ば生れんとして生れなかった, 半ばを懷, 半ばを離れ, 半ば異様な興味, 半ば畳まれてクレポン, 半ば疑える言葉である, 半ば疑問にし, 半ば疲れた時にも, 半ば疲労に挫け, 半ば病人のよう, 半ば病態のせい, 半ば病気の心地, 半ば発作的に, 半ば登りかけたときに, 半ば登恵子に当てつけた, 半ば白かったが, 半ば白けれど槍, 半ば白状さえする, 半ば白痴で, 半ば百五十名は午前七時半, 半ば百姓弥之助は東京, 半ば剥ぎたる兎二つ弔, 半ば盗賊であり半ば従僕, 半ば目ざめ半ば眠っ, 半ば目的を達した, 半ばの妻, 半ば直接行動的にせよ, 半ば相手の女, 半ば相談を持ちかける, 半ば真冬の着物, 半ばたげな感覚, 半ば眠つたやうな心持, 半ば眠りかけた子供が, 半ば眠りかけてる騾馬の, 半ば眠りたるなり希望全く, 半ば眠り半ばは確乎, 半ば眠り心地で心, 半ば眠れる馬の, 半ば着物をぬぎかけ, 半ば睡り半ば醒めかかっ, 半ば睡るように, 半ば睡れるがごとく, 半ばを閉ぢ, 半ばりとを以て, 半ば知ってい, 半ば知れて半ば訣ら, 半ば知覚を失い, 半ば研究的で半ば教養, 半ば砕けかかったもう一匹, 半ば破られて郡書記, 半ば破滅した軍隊, 半ば硝子に雪, 半ばりを, 半ば磨滅され頼るところ, 半ば磯崎の同意, 半ば示威運動みたよう, 半ば礼拝所に用いられ, 半ば祈りながら左膳, 半ば祖母に打ち負けた, 半ば神半ば人であるやう, 半ば神格を持つ, 半ば神秘論に近い, 半ば神道のもの, 半ば禿げ退屈げな, 半ば私くしが指揮, 半ば科学的な方法, 半ば秘書役に昇格, 半ば程まで来た時, 半ば穴小屋の樣, 半ば空しい大きな家, 半ば空っぽで主人, 半ば空想に過ぎない, 半ば空想的な生活, 半ばの外, 半ば腐りの, 半ば立ちまたある, 半ば立ち上がって嘆願, 半ば立ち上つて殘つて, 半ば立ち枯れた古い, 半ば立て切ってある, 半ば笑い半ば怒って, 半ば笑い半ば気にし, 半ば笑い声で半ば本心, 半ばを捲き, 半ばなるが, 半ば納戸に半ば礼拝所, 半ば紛らされていた, 半ば素人が總がかり, 半ば細君の嬌態, 半ば終えた頃彼は, 半ば経ってしまった, 半ば結晶し半ば, 半ば絞った玄関傍の, 半ば絶望的な感情, 半ば綻ばせて春, 半ば締めたままこんこん, 半ば織りさした, 半ば弘げたる, 半ば繰り上げられた部屋仕切りの, 半ば繰開いてある, 半ば羨ましく半ば感心し, 半ば羨み半ば調戯う, 半ば羽ばたきながらかけ出し, 半ば習慣になった, 半ば老いて醜く, 半ば老い込んだ或る, 半ばけ果てた, 半ば耕作されたまま, 半ば耻らふ面影, 半ば職人らしい背, 半ばかしてやる, 半ば肌脱ぎになつて, 半ば背後の私, 半ば背負ふやう, 半ば背負うように, 半ば背面全面腰少し両, 半ば脅迫的に最後, 半ばを開い, 半ば脱ぎかけたのを, 半ば脱げかかったまままた, 半ば腐ち果てた重病者達の, 半ば腐っており, 半ば腐りかかつた連中が, 半ば腐りかけてる濡れた死体に, 半ば腐れかかつ, 半ば腐れかかつた顔や, 半ば腐敗した臭い, 半ば腐朽して, 半ば臀部は溶けかかり, 半ば臨時のもの, 半ば自失して, 半ば自己の意見, 半ば自暴の身, 半ば自然の岩壁, 半ば自然発生的な半ば人工的, 半ばき不可思議, 半ばを吐いた, 半ば舞台に指揮, 半ば船中でその, 半ば船腹からはみ出される, 半ば良沢に帰すべき, 半ばの褪せた, 半ば苛立った調子で, 半ば若い女が, 半ば若葉に埋もれ, 半ば苦しげな, 半ば苦しく半ば草臥れ, 半ば苦笑いで, 半ば茶化したような, 半ば草案に奪われ, 半ば草臥れてしまふ, 半ば荒誕の人となり, 半ば菊池寛の郷里, 半ばの花咲きぬ富士, 半ば菰田家の投資, 半ば落したサイカチの, 半ば古風だった, 半ばにつき, 半ば蔑むような, 半ば蔽いながら茶店, 半ば蔽われている, 半ばなるよと, 半ば気味わるく, 半ば虚空を睥睨, 半ば蝕する影の, 半ば蝦夷人の領地, 半ば融けて大気, 半ば融けかかって居た, 半ば血迷っている, 半ば血迷つてゐる信一郎, 半ば行きがかりの虚勢, 半ばを脱ぎ, 半ばはし, 半ばをつい, 半ばはれて, 半ば被われている, 半ば装飾の為め, 半ばに埋まっ, 半ば西洋づくりの構, 半ば西洋流に物, 半ば覆うている, 半ば殘した, 半ば見えていた, 半ば見せ吾助は, 半ば覗かせて引込んだ, 半ば覚めてまだ, 半ば解かれたる如くであって猶, 半ば解きかけた髪を, 半ば解けかけていた, 半ば解けた雪の, 半ば解せず手語し, 半ば解らないなりに固唾, 半ば消えて, 半ば言いさして青年, 半ば言い懸けると主人, 半ば言訳がましく先刻, 半ば訊くように, 半ば託し彼は, 半ば訝るやうに, 半ば訣らないで, 半ば訴えるように, 半ば詰問するよう, 半ば語るが如く, 半ば語学研究の必要, 半ば説明のため, 半ば読んでその, 半ば調戯うよう, 半ば諏訪山にかくれ, 半ば諦めた私は, 半ばのよう, 半ば謝罪的に講師兄妹, 半ば讃嘆したよう, 半ば貪り啄かれた, 半ば賛美し半ば憐, 半ば贅澤に札幌病院, 半ばはだかなり, 半ば赤い崖に, 半ば走るやうに, 半ば起きあがりからだを, 半ば起きかかった下に, 半ば起きかけて入, 半ば起き上がって, 半ば起き上がり生命を, 半ば起き返つて障子, 半ば起して義雄, 半ば起しかけながらも, 半ばになった, 半ば跳ね起きた, 半ば踞んだが黒, 半ばを回らしかける, 半ば軍服がかったフロック, 半ば転任するん, 半ばを描い, 半ばから出, 半ば辛辣に云った, 半ば農商務省からの日限, 半ば農夫らしく半ば職人, 半ば農家のさま, 半ば帰って, 半ば近く表はる, 半ば近所へも聞かせる, 半ば返して右手, 半ば返事をした, 半ば迷想に由り, 半ば追い払ってから阮東, 半ば退屈を覚え, 半ば逃げ腰でかま, 半ば透明な半ば, 半ば這いかかって時々, 半ば通じ半ば解せず, 半ば逡巡して, 半ば進歩し半ば封建的, 半ば遂げられていた, 半ば遊び半ば働くという, 半ば運命に身, 半ば過ぎぬ忌満て, 半ば過ぎはる子等は急, 半ば過ぎ小春凪でちと, 半ば過ぎ空のどこ, 半ば過ぎ花の盛り, 半ば過ぎ頃までに纏めたい, 半ばを塞い, 半ば道楽にやつ, 半ば道楽仕事であった雑誌, 半ば達していた, 半ば達せられたのです, 半ば遠近法的に中央, 半ば遮られた埃だらけの, 半ば都会人になっ, 半ば酔った調子で, 半ば醒めかかっている, 半ば醜業と光明, 半ば重ねて出した, 半ば重ねるように, 半ばに半ば丘, 半ば野外にさらけ出された, 半ば野蛮時代の生活, 半ば金色半ば暗碧色, 半ば鎌倉を呑ん, 半ばせる, 半ばひ半ば裸, 半ばの上, 半ば長途の旅行者, 半ば閉されたもののみが, 半ば閉ざされた門の, 半ば閉じたる眼を, 半ば閉じられている, 半ば閉められて家, 半ば閉鎖されて, 半ば開いてる色あせた口抜け落ちた, 半ば開きかかった莟とを, 半ば開きし障子の, 半ば開き残されてる戸の, 半ば開くと直ぐ, 半ば開けかけた襖越仄に, 半ば開けはなたれてゐた, 半ば開けられてそこ, 半ば開け放されてある, 半ば開け放しになつて, 半ば開け放したままに, 半ば開け放ちながらそれ, 半ば開墾されて, 半ば間にあわせに使っ, 半ば陰ったが病院, 半ば陸地に乗上げる, 半ば隠れた拳固し, 半ば隠れ居るやうなる, 半ば隠れ立って自ら, 半ば隠居役で息子, 半ば隠棲的である, 半ば離室になってる, 半ばに包まれ, 半ば雲霧に蔽われ, 半ばをおい, 半ば霜枯れた野の, 半ば露わな小さな手足, 半ば露出してるその, 半ば露悪的な告白, 半ば露顕に飜然, 半ば非公式の機会, 半ばを蔽いたる, 半ば面白さうにひとりで, 半ば面白げに宿駅, 半ば頃お里に逢, 半ば頃トマトは苗床, 半ば頃一日晩方の事, 半ば頃処は浪, 半ば頃大荒の海, 半ば頃穀物の価格, 半ば頃立原はその, 半ば頷きながらだが, 半ば頼りないよう, 半ばれし門, 半ばへ声, 半ばみたるま, 半ばに吹き寄せられた, 半ば食いかけていた, 半ば食ひさし有しと, 半ば飢えている, 半ば飲みさしたる麦酒, 半ば飲み残したまま立ち上った, 半ば飲食店のよう, 半ば餓えてゐる, 半ばの太腹, 半ば歩で, 半ば駆けるやうな, 半ば験温器にある, 半ば驚き半ば怪ん, 半ば驚き半ば感心した, 半ば驚き半ば欣び大体に於, 半ば驚嘆を交, 半ば驚異の眼, 半ばになった, 半ば骸骨になった, 半ばを起した, 半ばを前, 半ばかな茜色, 半ば鹿爪らしく半ば苦笑, 半ば麻痺した精神, 半ば黄色に熟れ, 半ば黄葉した竝木の間, 半ば黒みたる聖母, 半ば黒土に化け, 半ば黒焦げになった, 半ば黒髪にかくされ, 半ば黙殺したかたち, 半ばであしらう