青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「午後~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

十分~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後
午後~
半~ ~半ば 半ば~ ~半分 半分~ 半年~ 半日~ 半蔵~ 半身~ 卑怯~

「午後~」 6763, 73ppm, 1541位

▼ 午後~ (1059, 15.7%)

18 陽が 17 ことであった, 日ざし 15 日の 14 汽車で 13 日を 12 日が 10 陽に 9 日に, 陽は 8 ことである 7 ことで, 三時から, 太陽の, 日は, 陽の 6 ことです, 三時に, 三時頃まで, 茶を, 陽を 5 ことだった, 三時頃に, 二時頃に, 授業が, 日光が 4 うちに, ことでした, 二時に, 四時頃に, 散歩を, 日影に, 課業が, 課業を, 陽ざしが

3 [25件] ことを, 三時を, 三時頃, 三時頃から, 二時を, 二時半に, 二時頃, 光線は, 光線を, 公園は, 四時から, 四時である, 四時に, 四時頃で, 四時頃であった, 日光の, 日射は, 日差しが, 日盛りに, 時間の, 水浴を, 法廷で, 温度と, 空に, 空気に

2 [76件] お手紙, お茶の, かじかんだ日, ことだ, ことでありました, すべての, ように, 一時に, 一時過, 三時, 三時である, 三時の, 三時は, 三時までを, 三時半には, 三時規定の, 三時頃だった, 三時頃で, 三時頃であった, 三時頃です, 中に, 事であった, 事でした, 二回に, 二時から, 二時ごろには, 二時過, 二時過ぎ, 二時頃から, 五時に, 何時間かを, 倦怠を, 光に, 光を, 光線が, 四時ごろに, 四時ごろには, 四時まで, 四時近い, 四時頃から, 四時頃とある, 四時頃まで, 四時頃までは, 四時頃上野公園の, 太陽が, 御茶, 懇談会で, 授業, 授業を, 散歩に, 数時間を, 斜光が, 斜光を, 日あたりを, 日も, 日光と, 日光に, 日影が, 日影の, 日影を, 時間に, 時間を, 礼拝を, 空を, 空気を, 第一回, 第三時, 行事は, 街へ, 西日が, 討論では, 講義を, 陽ざしに, 陽光を, 陽射しが, 青山墓地は

1 [564件 抜粋] あいだじゅうとても, あの苦しみ, あらゆる陰鬱, ある時間, いきれが, いつ時を, うたた寝から, うちには, うっすり寒い, おそいがらん, おてんとさま, おぼつかない觸覺, お稽古, お茶と, お茶という, お茶は, お茶も, お茶答礼と, がらんと, きびしい日, ことであります, ことでございました, ことでございます, こととて, ことどこも, ことな, こと久助君は, こと出入りの, こと同室の, こと夫に, こと少年と, こと平野少年が, こと彼は, こと有田君と, こと私が, こと私は, こと裏口に, こと賢吉の, こと雛壇の, こと電話が, このころ, さびしき椅子, そういう時間, つよい日光, である, とおり雨は, と二日朝の, どの瞬間, なまぬるい空気, のこりの, ひかりで, ひとときを, まだぱあ, まんなかの, むし暑い草いきれ, むれ返るやう, ものと, やうに, ようだった, をわざわざ, アプスは, キラキラした, ギリギリガーガー思う, コースが, サイレンが, テームズ河を, ドュウルンの, バック台も, ブル, プランを, ホームを, ボーが, メグの, モスク, 一二時間を, 一時から, 一時ごろだっただろう, 一時ごろであった, 一時ごろ旅の, 一時と, 一時より, 一時を, 一時二時頃に, 一時半頃に, 一時四十五分, 一時渓声響く, 一時近かっ, 一時過ぎ, 一時間あまりを, 一時間を, 一時間目の, 一時頃だった, 一時頃であった, 一時頃でした, 一時頃に, 一時頃来るなら来, 一番大切な, 一部は, 一部分を, 七時ごろには, 七時に, 七時の, 七時半からと, 七時半過ぎに, 七時頃, 七時頃です, 三四時ごろに, 三四時ごろまでは, 三四時の, 三四時までを, 三時ごろから, 三時ごろこの, 三時ごろだった, 三時ごろであった, 三時ごろです, 三時ごろとが, 三時ごろに, 三時ごろには, 三時ごろまで, 三時ごろまでは, 三時ごろ仕事の, 三時ごろ矢代は, 三時すぎに, 三時すぎ今夜泊ろう, 三時それから, 三時であった, 三時です, 三時には, 三時までには, 三時十六分を, 三時半と, 三時半過ぎであった, 三時半頃に, 三時半頃には, 三時過, 三時過ぎであった, 三時頃であったらしい, 三時頃と, 三時頃ガフが, 三時頃僕たちが, 三時頃私は, 上り汽車は, 上陸を, 中途半端な, 九時ごろ川の, 九時前後であったろう, 九時十時が, 九時半都に, 九時過ぎから, 九時過ぎであった, 九時間の, 乾いた銀座, 乾燥いだ, 事で御座います, 事ウミガメの, 事也昨朝当, 二囘の, 二囘乘合の, 二回しか, 二時, 二時か, 二時ごろだった, 二時ごろ三人は, 二時ごろ例の, 二時すぎ, 二時すぎこっちへ, 二時で, 二時まで, 二時三時に, 二時三時頃から, 二時三時頃には, 二時半の, 二時半頃から, 二時近い, 二時過であった, 二時間は, 二時頃で, 二時頃にな, 二時頃にも, 二時頃の, 二時頃までと, 二時頃寝床を, 二時頃暫く, 二時頃迄へ, 五時, 五時から, 五時ごろ二人が, 五時すぎつとめ, 五時であった, 五時なども, 五時には, 五時まで, 五時半でした, 五時近くで, 五時近く不思議なる, 五時過, 五時零分まで, 五時頃に, 五時頃まで, 人気ない, 仕事に, 仕事にとりか, 休みに, 何時, 作務日中諷経念経夜座も, 倦さに, 倦んだ時分, 光が, 光は, 光りが, 光景を, 光線の, 光線まで, 八つ半だ, 八つ半頃, 八ツ時まで, 八時半ごろだったろう, 八時半頃であったろう, 八時頃に, 公判が, 公判です, 六時から, 六時に, 六時ウォリック夫人と, 六時前, 六時半から, 六時廿分に, 六時間近で, 六時頃で, 六時頃に, 円熟した, 出來事と, 出勤と, 出来ごとに, 出来事だつた, 出来事と, 出来事を, 分は, 列車に, 労働に, 労働を, 区別が, 十一時だつた, 十一時頃まで, 十時から, 十時である, 十時を, 午睡の, 半日が, 半日だけ, 半日の, 善良なる, 喫煙, 喫茶は, 四時, 四時か, 四時ごろである, 四時ごろの, 四時ごろ彼らは, 四時すこし, 四時だった, 四時と, 四時を, 四時五時の, 四時前後には, 四時十分か, 四時半, 四時半だった, 四時半時分に, 四時頃, 四時頃ついた, 四時頃でした, 四時頃とうとう, 四時頃の, 四時頃那覇の, 四時頃金木の, 図画の, 土手普請の, 増水で, 外光の, 夥しい眠気, 大半は, 大通りを, 大部分, 大雨に, 天気は, 太陽に, 太陽は, 女学生たちの, 委員会の, 学科の, 定期であった, 定期の, 宴席でも, 小半日を, 小昼を, 屋敷町に, 帰宅の, 幾時間を, 弱い日, 強風に, 影が, 彼の, 彼女の, 往来を, 往診も, 復習を, 心持を, 急行で, 急行を, 急車, 情愁を, 憂鬱, 懇談会の, 懶さ, 或る, 戸外へ, 授業をも, 摩擦は, 撮影中突如, 散歩では, 散歩には, 散歩の, 数時間は, 斜光に, 斜陽の, 方は, 日ざかりに, 日ざかりを, 日中が, 日光は, 日光を, 日和に, 日射しが, 日射しの, 日射しを, 日差が, 日差しも, 日影は, 日盛りの, 日脚が, 日脚は, 日蔭を, 日課に, 明るい光, 明るい光線, 明るい室, 明るい日影, 明るみに, 春藤家の, 春陽に, 春陽は, 春陽を, 昼寝から, 時刻を, 時刻廊下の, 時間だ, 時間四五時間本気の, 晴やかな, 晴れた空, 暇な, 暑い日, 暑い日光, 暑い真中, 暑さ, 暖い, 暴挙を, 最終の, 會議の, 服に, 染まるよう, 柔かく大きな, 横町の, 樹影夏らしくなりぬ, 正三時, 正四時, 残暑の, 気分であろう, 気重い, 汽車が, 汽車である, 汽車ででも, 汽車にて, 汽車の, 沈黙を, 法廷が, 浜べに, 海は, 海軟風, 涼しい片影, 淡い光, 清潔な, 温かさ, 温かな, 演奏の, 潮が, 潮騒に, 灼熱の, 炎天に, 烈しい光線, 烈しい日影, 照る日, 熾烈な, 特急で, 特殊講義は, 独逸語は, 猛攻撃, 甘美な, 疲れが, 真昼であった, 真昼時を, 眠たき心, 短い時間, 砂まじり, 砂漠に, 私の, 秋の, 種々の, 空は, 空気の, 空気も, 空氣を, 第一時間, 約三十分, 練習を, 縁先なぞに, 職員室の, 興行にも, 茶, 茶に, 茶菓が, 蒸暑さ, 薄ら明りでした, 薄日を, 薄陽, 行事を, 街では, 街の, 街上を, 街角に, 街道を, 西日に, 計温, 討議においては, 訓練や, 記録を, 診察の, 診察も, 試合に, 話である, 課目は, 講演を, 講演会を, 警告を, 買出しや, 買物でも, 赤, 赤味の, 赤茶気た, 路ばた, 路地の, 退屈な, 透明な, 通俗講演の, 運動の, 遲い, 郵便物は, 都会の, 配達は, 金色の, 鋪道を, 長閉さ, 長閑さは, 陽ざしは, 陽ざしを, 陽光が, 陽射しも, 陽射しを, 陽差を, 雀は, 集会茶談会または, 雪明りが, 雪空の, 雲の, 雷雨の, 雷雨を, 電燈の, 青空の, 青葉かげが, 静寂は, 靜かな時など, 風さへ, 風に, 風は, 風景だ, 風景を, 風見よ, 鬱血を, 黄昏に, 黝土に

▼ 午後~ (581, 8.6%)

107 なると 85 なって 20 なってから 15 なっても 6 至りて 5 なるの 4 なった, なつて, なれば, 来て 3 わたしは, 学校から, 私の

2 [24件] ついた, つきました, なったと, なってからも, なつたら, もう一度出る, ホテルに, 下谷御徒町に, 僕は, 入って, 外出した, 夫人を, 子供を, 岸本は, 帰って, 往反した, 成って, 昼寝を, 晴る, 来ると, 此村を, 父と, 私は, 霽る

1 [270件] あたって, あった, あったこと, ある, あると, いたる迄, いつなおる, おとら, おまん, お島さん, お種, お雪, お願いいたします, かねて岸本, くるが, ここまで, この温泉町, この物, この猿ヶ森, この秘密, この訪問, したいと, しても, すっかりわたしました, そこから, そんなこと, ちょうど駕, ちょっと出, つくこと, つづくやう, でかけて, とうとう死ん, なったばかりの, なったらすぐ, なった事, なった時, なってからの, なつた, なりて, なりましたから, なりましょうが, なりますと, なり折々, なり時間, なり暮れ方, なり赤彦君, なる, なるとから, なるとこ, なるに, なるので, なるまで, はじまる一日, ひとりし, またもや宮戸座, また伺います, また月, また来る, また正香, また私, まわって, もう一回僕, もう一度行, やって来た患者, やって来て, やむ雨, ようやく彼, よく其処, よんどころない葬式, わかって, わかれて, わたくしの, わたった, カッフェーへ, キャゼリン嬢の, スイスの, セエラの, 一つの, 一人の, 一人幾年間見なかった, 一台の, 一同が, 一回と, 一封の, 一度は, 一度時には, 七百届く, 上野を, 主人が, 乗じて, 二人の, 二人は, 二度まで, 二時間ずつ, 二高の, 亡くなりました, 亡くなりましたん, 交代に, 会社へ, 何が, 何処へか, 余は, 健胃剤を, 働いた, 光る石榴, 入りかけたのに, 入りて, 入ると, 公開する, 六銭だけ, 出たぎりで実は, 出た新聞, 出て, 出ますので, 出発し, 分れて, 剣道の, 勝重は, 匂って, 北並木通りまで, 医者が, 十分ずつの, 半蔵らは, 去った, 又いつも, 又もや宮戸座, 又もや支倉, 及んでは, 名古屋の, 名古屋を, 営んで, 四回と, 坂井の, 坪井医学士は, 執行するなり, 夕立の, 夕立を, 外出し, 大和の, 大変熱が, 大学に, 大百貨店, 太陽の, 妻籠の, 姉と, 婦人雑誌記者の, 宗助は, 家の, 寂しく見えた, 寿平次は, 寿平次兄妹が, 小説集, 屹度来ます, 差上げます, 帰ります時分, 平塚の, 幸子は, 彼は, 彼を, 徒士目付の, 復た, 復習せざる, 思いも, 情死を, 成れば, 掛けても, 攻玉社に, 教室を, 新橋へ, 日光に, 日比谷で, 是非片づけなく, 暇が, 曇った空, 書いて, 本郷区真砂町卅二番地の, 来いと, 来たり, 来る少年, 来給え取寄せて, 来診し, 樗陰は, 止った, 死んだ, 殆ん, 気づいた, 汽船で, 港に, 湖畔に, 漸く和田, 漸く頂上, 無縁坂を, 熊吉は, 熱川を, 父の, 牧野が, 申報書の, 発ちます, 発表女学校に, 發ちます, 白足袋を, 眼が, 着いて, 睡るという, 石川駅の, 磯貝が, 磯貝はかの, 礼拝堂に, 私も, 私達続い, 秋川駿三が, 種夫や, 突如に, 突然父, 突然陣場夫人, 立ちます, 立ち日曜, 立つて, 立寄って, 笹村は, 築地の, 能く, 自分で, 至つてここに, 至つて忽ち, 至りようやく, 至り大雨車軸, 至り対岸, 至り海峡, 至り狭, 至るも, 至る出来事, 致しました, 芝生の, 英国公使パアクスは, 菊太郎と, 菊次さんは, 行って, 行っても, 行なわれる儀式, 西郷薬局に, 見たアカシア, 見た本屋, 見られたいくつ, 言いつかった, 訪うて, 訪問を, 証文を, 話して, 議会へ, 谷中へ, 買物に, 赴き見たり, 起るべきある, 輝く青木榴, 農科の, 近い初秋, 近所の, 退いたという, 郵便局へ, 酒舗を, 開かれた, 雄吉は, 青森に, 順番を, 馬籠に, 駿三が, 高座の, 鶴床は, 麻畑の

▼ 午後~ (353, 5.2%)

6 晴れて 5 風が 43 例の, 道後へ 2 お茶の, 午睡や, 奈々子が, 散歩する, 晴れた, 父も, 読書に

1 [318件] あた, あてども, あの例年, あんまり気, いけなかつた, いつもの, いつも私, いやな, いよ, いよいよ暗く, うそ寒かつ, おこぼれ夕立, お宅, お客で, お糸, かき入れだ, くもつて寒, くもり, ぐっすりと, この一枚, この通り, この部屋, じめじめ降りだした, すこしあた, すこしおそい, すこしずつ, すっかり隙, すでに泣き縋る, ずっとひとり, ずっと図書館, そ, そこには, そちらへ, そのつ, その天竜河, そんないい, だいぶあた, ちょっと高谷君, つぶれた, とくに前後, とてもやりきれない, とても暑, とばしました, どいふもの, どういうもの, どこに, どこも, ぬくい雨, はや少し遅く, ひたすら高知, ひまなり, ぼく達の, また余り, また博物館, また四人, また村内, また雨, また餘, また魚釣, まつたく春日和, みなぎる陽, めずらしく家, もう夕暮, もう寢, もう日, もう早く, やはりむし, やはり蝦釣り, ゆつくりと, よく街, わりに能率, アフレコスクリーン見つめ, アルコールに, エスペラント語を, クリストフには, サン, ダージリンへ, チト風が, トインビー・ホールへ, トタン屋根に, トン, ドウィッチェの, ドシヤ降りで, フォン・オステルロオ嬢が, ホテルで, ポカ, ポストまで, ラストシーンを, 一つ有力家の, 一切喰わん, 一定時間の, 一郎の, 丁度彼女, 七十近い, 三十七度五分である, 三時半から, 三時間ほど, 三時頃から, 世話物を, 丸円社に, 丸切り陽が, 主として西, 久々で, 久しぶりに, 予定によって, 二台の, 二度だけ, 二度まで, 二神姉妹来庵花を, 二階の, 五時頃から, 亮来り, 仕事が, 仕事を, 代赭色に, 伊丹の, 休みな, 休養此宿は, 休養流れには, 会社に, 会葬の, 体も, 俊三と, 俳句の, 個人外出を, 先夜おれに対して, 全く頭, 六さんの, 六丁釣場へ, 六時頃まで, 六階の, 初音町の, 別れました, 到頭室内九十度, 勉強か, 半ズボン, 又一君の, 又大, 又彼, 又植物共, 友人も, 古澤先生と, 句稿整理, 只今帰りました, 同じとこ, 同じセット, 哈爾賓日日新聞社の, 四時二十分着の, 四時過でなけれ, 四時間ほど, 基町の, 夜の, 夜よりも, 夢殿から, 大きな長火鉢, 大体ずっと, 大教室, 大村町を, 子役と, 宅へ, 定期船が, 家の, 小説を, 少し曇, 居ると, 屋外作業で, 屋外清掃と, 屑うどんを, 山口散策途中で, 川に, 市丸, 底の, 座談会, 強い夏, 往診の, 心が, 患者が, 愉快に, 手が, 手紙数本と, 托鉢を, 托鉢嘉川を, 撮影所で, 散歩うらうら, 散歩ついでに, 散歩三時間あまり新町から, 散歩仁保津方面を, 散歩今日も, 散歩八方原橋を, 散歩図書館まで, 散歩石油を, 散歩訪問客来, 散歩農学校に, 文字通りの, 料理屋の, 日いっぱい神戸附近をと, 日送りと, 春だつた, 春シケも, 時に非, 時化にな, 時折来る, 晴れたので, 晴れた風景, 暇です, 暑くて, 暖かだった, 暫く街路, 曇って, 曇つた, 曇つて夜は, 曇つて憂欝に, 曇つて時雨が, 曇つて降, 曇つて雨が, 曇り勝, 曇る降ったら困るな, 曇天で, 木沢氏の, 本を, 来書の, 東御嶽観音様へ, 松山散策, 果して雨, 柿の, 栄さんの, 横浜に, 樹明さんと, 樹明来訪ちりで, 次女との, 次第, 此君達あらかた, 此地を, 母校第, 法起寺に, 淋し, 湯屋へ, 満潮を, 滅茶, 演説会を, 潮たるみと, 煮大根, 父と, 生きの, 田中姉受持の, 田圃伝いに, 画はがきなど, 画を, 畑を, 畑仕事すぐ, 畑仕事すばらしい, 畑仕事晴耕雨読でなく, 畑仕事蕪大根新, 畫はがきなど, 皇帝陛下の, 眠りたいけれ共, 神田へ, 私が, 空腹に, 簗場の, 紅梅の, 絶食米も, 美術商を, 耕太郎を, 草取取らず, 落葉した, 虹の, 街の, 街へ, 裁縫読書, 裏山を, 西田君と, 親子三人此度は, 読書こんなに, 読書や, 読書会の, 講義が, 講義録を, 買物が, 賑やかな, 足ならしに, 軍需倉庫の, 近くの, 近在散策, 近在行乞五時間ばかり, 近在行乞家から, 近郊散策, 近郊散策これから, 近郊散策形ある, 近郊散策理髪する, 近郊散策私の, 近郊散策道後グラウンドは, 通って, 過ぎて, 道後の, 都で, 都心から, 重い足, 長助の, 降り止んだが, 雨これで, 雨に, 雨にな, 雨の, 雨もよ, 雨合羽を, 雨降りでした, 雪解けの, 霧が, 霽れ, 青年団員の, 青路先生の, 静かで, 風さへ, 風致と, 風雨が, 飾窓に, 魚釣とは

▼ 午後から~ (320, 4.7%)

4 林町へ 3 ふらりと, 出かけて, 夜にかけて, 日が, 行く, 雨に

2 [16件] そこらを, 丸善に, 亀井戸の, 今までの, 坪内先生の, 夕刻まで, 太郎を, 小雨が, 強くなった, 日曜へ, 晩へ, 机に, 来て, 社に, 行ったので, 郊外へ

1 [266件] あついのに, あなたの, あるので, いそいそと, いやな, いよいよ手, うちへ, おおぜ, おばあ, お出掛け, お守りを, お宮が, お延, お立ちだって, かうして, かかって, からだあいてる, ききん救済会, ここに, さつま薯を, じゅうそのまま, ずっと床, ずっと遊ん, ぜひ来, そのカブキ, その三人, その日, それが, たいへんやさしく, たった一人, だつて, だんぜん花見だい, ちょっとお, でいい, でも, ときどきある, なかを, なら別段, にわかに険悪, はじめての, ひどい雨, ひどい雷雨, ひどく荒れました, ほんとうに, また裏二階, もし平安, やって来て, やはり仕事, やんで, よく働い, わるくなっ, オペラへ, キッチリ一週間目, サムソンとデ, シト, スティーム室に, デルフオイの, ハワイの, ロケーションの, 一寸丸の内まで, 一寸畑へ, 一度も, 一晩ひまを, 一生懸命に, 三人で, 三越に, 三越へ, 丸善の, 丸太の, 久し振りで, 乗って, 亀戸の, 二人で, 二日休みの, 二階の, 今度引越す, 仕事が, 仕事終る, 伊東まつざかへ, 休んで, 会う筈, 会って, 会田さんが, 会社の, 伸子の, 伺いおそい, 何かしら書きはじめたい, 何だか寒, 何だか気分, 來て, 俄に, 兄が, 先生と, 冷えて, 出かけ国, 出かけ日曜, 出て, 出ると, 出掛けた, 刑事部屋に, 到, 前川さんの, 動き出した, 千葉先生の, 半七老人, 半日暇を, 半蔵は, 参ったの, 又マリエ, 友達が, 古本屋へ, 吹きだした風, 善義さんと, 四時頃までの, 国男さんが, 国男アボチン改称お, 地中海の, 坪内先生へ, 夕にかけて, 夕刻食事を, 夕方へ, 夕方まで, 夕方までも, 外が, 外出し, 外出した, 夜にかけての, 夜にかけては, 夜へ, 夜勉強の, 大分雪が, 大学に, 大沢に, 太郎さんの, 女学生の, 女詩人の, 始まつた, 姿を, 娘達は, 学校へ, 宵へ, 寿原ひさ一家で, 小さい雨, 小やみに, 小此木先生の, 小此木先生へ, 小田原在, 少し模様, 少し風, 山本さんの, 工合が, 工場の, 市役所の, 帯封書きを, 床の, 序文を, 店座敷に, 庭の, 弁当もちで, 引続い, 引続いた, 弥勒に, 徳山の, 快晴に, 思いがけず笹川さん, 怪ぶまれ, 悠々と, 愛宕山の, 戸塚へ, 撮影の, 散歩でも, 数えると, 旅行する, 日曜日の, 日本には, 昼寝の, 暗くなる, 曇つて夕暮から, 曇り始めて, 本を, 本屋に, 本屋へ, 本郷に, 本郷の, 本降りに, 朱葉会を, 村落の, 来た, 来たいと, 林町に, 標識を, 次第に荒れ, 歌舞伎座へ, 歩きに, 死んだじゅう, 母上が, 母上と, 母上の, 気分が, 沛然と, 浅草に, 深沢さんが, 湖一周の, 満鉄, 澄子さんの, 熱が, 玉川へ, 用事が, 町を, 留守し, 病院の, 病院へ, 神戸へ, 私の, 私一人買物に, 空模様が, 突然暴風, 約束の, 羽生に, 翌日中雨が, 翌朝にかけて, 船渠に, 良人は, 英男を, 蒸気車と, 蒸溜水の, 薄陰り, 薬研堀を, 藤沢の, 行かうとも, 行くつもり, 行く者, 行って, 行田の, 西づいた, 評論家協会の, 谷中の, 軽い南西, 農会の, 近所の, 通わぬという, 達雄も, 郡山へ, 野上さんの, 野本氏を, 釣りに, 銀之助は, 銀座へ, 長谷川先生の, 開かれる解放運動犠牲者追悼会, 降り出して, 降るかも, 陰った冬, 陰って, 雑司ヶ谷墓地を, 雨が, 雨しきりに, 雨と, 雨模様にな, 雷雨と, 雷鳴が, 霧が, 風が, 風と共に, 鳶色の, 麹町の

▼ 午後三時~ (157, 2.3%)

3 の秋

2 [15件] からといふこと, から七時, であつ, でした, となった, になる, に至り, のお, のお茶, のふじ, の汽車, まで機械, をすぎ, を報じた, 少し過ぎ

1 [124件] いよいよ出帆, から, からその, からということ, からなら会っ, からの講義, からは如水会館, からを面会日, からを面會日, から三時五十九分, から六時, から夜, から夜ふけ, から始, から毎週, から深夜, から私たちきり, から立つ, から開始, かれこれで, か四時頃, これから進ん, すぎたころ, すぎて, すこし前, すでに暗黒, だ, だから, だけれど, であった, であったが, である, です, ですね, という, という数字, といふ約束の, とおもう, と云え, と思いゆく, にある, においては真, にた, にはさすが, には三角点, には君, には授業, には警察, には雪子さん, にゆるゆる, にオルタ港, に下男, に伴さん, に大阪, に始まる, に小林くんたち五人の, に屆, に岩魚留, に帰着, に政府, に散歩, に着いた, に立ちます, に行われる, に訪問, に送っ, に頂上, の, のこと, のデパアトメントストア, の急行列車, の日, の日光, の時計, の暑, の真昼間, の船, の衢, の西日, の透明, の郷愁, の陽盛り, はイエルサレム, は油, ふたたび出, まえの, まで, までに曲馬, までに近所, までのあいだ, までの労働, までを限り, まで当, もしくは午前十時頃, より三時半, より司法省, より吉村方, より小日山君夫婦, より日沒迄, より西公園, より鳴, らしい心持, をすこし, を上野, を少し, を打つた, を指し, を見計っ, を過ぎ, を過ぎた, 再び出, 少しすぎ, 少し廻った, 愈, 迄ねた, 迄の時間, 迄仮睡, 迄日給六拾銭, 近かった, 遂に死去, 過, 過ぎて, 過ギ, 頂きに

▼ 午後四時~ (122, 1.8%)

4 に近い 3 過に 2 からと云, から五時, から夜, にはもう, に至り, に逝かれた, の寒, まで, をすこし

1 [97件] か, から五時の間, から井生村楼, から今年, から先, から出れ, から十時, から呉服橋畔, から四時間労働, から始まり, から蓄音機, から集, がココア百五十瓦, が退庁時間, きっかりに, すこし過ぎ, ださうです, だった, であった, である, であるから, でしたな, で余り, というお, というの, といふ時間, とし, となった, なんて予告, に, にとっぷり, になっ, になる, にはつい, にはキチン, には燈火, には終わっ, にまた, にストーブ, に亡くなり, に其お嬢さん, に再び, に出る, に始まり, に定まっ, に宮中, に帰っ, に当時, に東京駅, に源氏, に爆発, に盗難, に私, に紋別, に著, に蜂谷良作, のこと, の作業中, の指針, の日, の自然, の退, の間食, までこの, までとなっ, までに全員乗船, までの仕事, まで一睡, まで役所, まで時には, まで曳網, まで月給百円, まで第, まで開門, まへ, より六時, より向島, より始まりまし, をもって興安嶺, を廻っ, を廻つて, を指し, を過ぎる, を過る, 小學校, 御同所, 立つ, 第三回洋上句会, 赤い夕日, 迄液汁, 迄続いた, 近い頃, 過, 過であったかと, 過る頃, 過左千夫今日, 過處

▼ 午後一時~ (111, 1.6%)

4 の急行 2 から三時, から第, であった, である, の時計, の汽車, を過ぎる, 過の

1 [91件] からいずれ, からおいで, からの講話, からは座談会, から三時ごろ, から五時, から例会, から兵士達, から再開, から処女会, から協同親和会発起, から夜八時, から宝祥寺住持秋山暁道師, から店, から新潟, から昼餐, から練習, から行, から鉄塔書院, から開く, から開会, から開場, から関係者, がき, きっかりに, これから雜誌人間十二月號, だった, ちょうど日ざかり, です, で昼食後四〇〇〇尺, ということ, という定刻, なの, にあたる, になり, には, にはお互い, には小屋場, には東京劇場, には目的地, には試験, にアデン, にサルヂニア, に上野, に下山, に京橋, に伊那, に出る, に床, に昼食, に来なさい, に東京駅, に皇后陛下, に節ちゃん達, に総員広場, に総理大臣, に至り, に起きた, に起きる, に近い, に通常官服, に逝かれ, に銀座, に食事, のこと, のラジオ, の列, の強い, の放送, の深浦行き, の講話, の開場, の陽, までに苦沙弥, までの間, まで午後三時, まで君, まで待っ, まで日本じゅう, よりの座談会, より三宅氏, より四時過ぎ, より御, より高野山, をやや, を指し, を期し, 少し過ぎ, 迄眠った, 過ぐるころ安成子, 過ギ杉田氏来診

▼ 午後には~ (108, 1.6%)

2 二三人の, 子供の, 東京へ

1 [102件] あの女, かれ等, この市, すべてが, そういう物, その向う, ただ一人水, どうかする, どこも, なくなるん, また他, また六波羅, また大, また高安番所, まだこの, もう, もうイタリア, もう利根川, もう博多, もう私, もう越前, もう青葉, やや西, チャプリン教授と, デッキへ, ナポレオンの, レジオの, ワチカアノの, 一つ一つ演って, 七草から, 下の, 下山し, 主婦は, 五六尺の, 五平の, 便船が, 先任文部大輔が, 六助, 六波羅集会が, 再び沈下, 同じ場所, 呉淞の, 四五カ所に, 夕立が, 大分激しい, 大屋敷の, 妙子を, 學校から, 安全地帯に, 家に, 小林少年が, 少なからず, 屆くだらう, 市中に, 帰つて来る, 年下の, 彼の, 彼は, 彼女は, 必ず広島, 散歩に, 散歩も, 新帝も, 早や, 暴風雨と, 本式の, 東京を, 梁川君と, 此疑団如何に, 海が, 満洲軍, 演戯の, 火を, 無雑作, 煮て, 牧場の, 独逸語の, 王立協会の, 理科と, 病院に, 百本内外は, 紀伊半島の, 羽柴一家総動員を, 自分でも, 若い女, 茶など, 葭切りの, 行くだろう, 裁縫し, 裏の, 見知らない青年, 貴紳の, 重なる, 長椅子の, 閉じるの, 雪子も, 風の, 馬に, 馬関に, 駿河は, 高いところ, Pの

▼ 午後二時~ (108, 1.6%)

4 から四時 3 であった, の太陽, の日 2 だ, という, になっ, 過開け放した

1 [87件] かっきり時刻厳守, からは一般婦人, から一般, から五分間, から五時, から伸子, から倉沢家, から八時, から六時, から出羽海部屋, から千葉先生, から午後九時半, から大東学園, から山ノ手ビル, から金谷山宝祥寺, か三時, か三時頃, か二時半, この降る, さがりだったと, すぎると, すこし前, だから, だとか, だのに, であった白井, である, であるから, で鉢伏, ということ, となりぬ, と三時の間, に, になつて, になる, には, にはお客, にはボク, には反対, には在宅, には彼, にまた, にもう一度, にコロンボ, に三軒, に南, に咯血, に大王殿下, に奉天駅, に学校, に楽人たち, に洞, に源氏, に群集, に至り, に近い, に須美子, に飯田橋駅, の列車, の検温, の汽車, の海辺, の温度, の神楽坂, の約束通り, の退校, はとっくに, まえ, までには拘引, までねちまった, までの猶, までひと, まで四時間, より催される, より峡間, より満, を報ずる, を少し, を数秒, を期し, を過ぎた, を過ぎぬる, 少し過, 若くは, 起き, 過ギ敏子ガヒョッコリ顔, 過ギ春久

▼ 午後五時~ (65, 1.0%)

2 に五分前, まで九時出

1 [61件] かっきり, からだ, から二時間, から六時, から烏森, から美土代町, から老松町, か六時, がき, だった, だったか, であった, でおじさん, でございます, です, で終る, といえ, といふ, となれ, にあと二つ, にお, になっ, にはみんな明智探偵事務所, には事務所, には日, にアルベール・ソレイラン, に半蔵門停留場, に山本伯, に成らぬ, に田町, に私たち, に近, に近い, のあの, のとおり, のひかり, の上り汽車, の予定, の本所発, の汽車, の銀座, の開店, の青空, は未だ, までかかっ, までにどうしても, までの勤務時間中, までは裁縫, まで学校, まで月給, まで自宅, よりとの触れ込, よりと比羅, より開場, より風位南轉, わが連合艦隊, を過, キッカリ, 少し前, 早速軍司令部, 迄

▼ 午後六時~ (61, 0.9%)

2 から七時の間, である, までに小石川, を過ぎた, を過ぎる

1 [51件] お君さん, からという, からな, から巡検時, から男爵, から翌朝, から開会, が迫っ, きっかり東京駅発車, だった, であつ, でアメリカ, という, ともなれ, と云う, になっ, になりました, にはかツきり行, にはこの, には取, にボート, に僕, に小川町, に渋谷, に熊本, に疲れ切っ, に締める, に静, に鴎座, の上り発破, の執務終了, の子供さん, の朝日会館, の汽車, まさしく欧州, また噴きなやむ, までお, までかい, までにその, までには山上, までに聖坂, までに越後直江津, までの間, までは確実, より, より三十分間, より夜半, を少し, を過ぎ, 過にあたる, 過の

▼ 午後~ (61, 0.9%)

4 はまた 2 が外出, はその, は小さな, は村

1 [49件] があたかも, がいつも, がいなくなった, が廻る, が改札口, が晝餉, が蝉, と愛子, のあて, の下宿, はかつて, はきまり, はしきりに, ははじめて, はふと, はやつ, はろんどん一流, はバツト酒場, はベルギー, はルーヴル, は一つ, は三島町, は上野公園, は不意, は六代目, は勤先, は古本屋, は四時間ぶっ続け, は夕方, は外出, は家主, は小諸, は巣鴨, は帝劇, は後ろ, は思, は恐る恐る, は日本, は母, は浅間山麓, は秋川邸, は肚, は車, は近所, は重い, は野口君, は雉, は霧, は風通し

▼ 午後~ (57, 0.8%)

3 彼女は 2 愉快に, 楽しんで, 華麗な

1 [48件] この片山, そこはかと, つかいます, どう過し, どんな美しい, なお溯っ, はる, ぶらつく各国, ぶらぶら歩き出した, むなしく待った, ゆきすすむ, よさもと, わずかに, 一枚の, 丸傘の, 主として午前の, 久しぶりに, 二回つづけ, 人に, 何時か, 保って, 健三は, 前日の, 幾廻りかの, 待って, 思い出しながら, 思ひ出さ, 思わせたの, 暮しても, 暮しました, 棒に, 楽しみに, 照らしを, 知って, 私は, 突然の, 窓の, 薄汚いベンチ, 蜜蜂が, 迎えると, 近くの, 這うよう, 過した, 過して, 過しました, 針仕事に, 降り重ねて, 顧みて

▼ 午後三時頃~ (57, 0.8%)

3 になる 2 でもあろう, のこと, の陽, まで用

1 [46件] あのカフェ, からのこと, からはじまる, からまた, から七時頃, から八百人余り, から如何, から小, から非常, だった, だつた, てくてく帰っ, であった, であったと, であったろう, であつ, である, で赤坂, とか夜, とに給与, と覚える, にこの, になった, には三銭銅貨大, に万歳万歳, に僕, に松木さん, に神田見附, に私, の事, の夏, の懶い, の日光, の温かい, の版画荘楼上, の至極穏, ぼーっと銀座, までに五, まで日当り, やっとすっかり仕事, より再び, 初めて食事, 寒くなった, 待ち兼ねて, 着いた, 酔ったよう

▼ 午後~ (48, 0.7%)

2 教室で

1 [46件] あつかった, かなりに, せいぜいの, そうおそく, そんな境涯, たうとう, なお絶えない, ぶっ通し, またひどい, またホテル, もう夕方, もう日暮方, やはりその, やや同じ, わりにトン, セット赤坂並木だ, トン, 三時過ぎ, 中, 二時三時ごろに, 人間改造の, 僕は, 凄まじい夕焼け空, 古賀は, 大分遅く, 寝床の, 専ら悦ちゃん, 専ら絵, 御用を, 思出さないで, 教室での, 文太郎は, 日課は, 早遅い, 晩も, 書く, 来訪, 畑へ, 眠り葉書一本, 素子と, 行われて, 遅かった, 遅くまで, 銀子は, 陽一杯古岡の, 隣りの

▼ 午後~ (43, 0.6%)

21 あつた 2 時に薄い

1 [20件] あしたは, い, いよいよ棺, である, 一旦止んだ, 丁度昼寝時, 二階の, 区別せず, 居め, 広い運動場, 彼は, 私が, 自分は, 葉を, 薔薇ばかり, 裏の, 訪ねたいと, 車内は, 通って, 雨も

▼ 午後九時~ (42, 0.6%)

3 になっ 2 を過ぎる

1 [37件] あの怪人, から午前一時, から徹夜, から甲板, から翌日, がくる, すこし前, だった, だよ, であった, である, です, となり, と九時三十分, と云, になる, にまで及んだ, に僕たち, に到っ, の明るい, の時刻, の汽車, の爆発, の裏町, は近い, までにはいろいろ, までは申し分, まで地下戦車, もうすぐそこ, も近く, より十二時ごろ, より十時, をすこし, を以て千住大橋, カッキリ, 又佐々木ガ血壓計, 過ギニ決マッテイルカラ

▼ 午後二時頃~ (41, 0.6%)

2 であつ, でした, のこと

1 [35件] いそいで, いつもの, からかかっ, からシトシト, から八合目, から射す, から沢山, だ, だから, であった, でもあったろう, になっ, にはまた, にはもう, には一室, にようよう, に小屋, に愈, に本当に, に此処, に殿下, に移つて, に靱, のひ, の朝餐, の銭湯, は人通り, また迷亭先生, まで, までに空中, より開始, 初めて札幌停車場, 同病院応接室, 定つて花, 暑いさかり

▼ 午後十時~ (35, 0.5%)

1 [35件] かっきり, かの有名, から十一時, が十一時, きっかりに, だった, だと, ちかく部屋, である, につまり, になった, になる, には店員たち, に脩, に至っ, に至り, に興行, に近い, に近かっ, のところ, の街, の頃, は私, まで, までてんでに, より十一時, より大阪, をすぎたら, を打ちはじめた, を期し, を過ぎた, 少し過, 終り入浴, 迄に連絡, 迄日

▼ 午後~ (35, 0.5%)

2 は思案

1 [33件] がいない, が例, が大学正門, が教室, が散歩, が縁側, が頭, の眼, はその, はどこ, はひょっくり, はふと, は一事, は上野, は会社, は來, は入用, は千代子, は大久保余丁町, は姪, は寺, は小遣, は小遣い, は或, は某, は演出課, は独艦ビスマルク号, は病人, は私, は突然, は金, は銀座, は黒い

▼ 午後より~ (33, 0.5%)

4 外出

1 [29件] かさねて, ブラッデイ氏宅へ, 七日迄, 俥橇にて, 其処に, 其方に, 再三再, 夕まで, 夕方まで, 外出夕刻帰宅, 座右の, 日光を, 日輝き, 明治座惣ざらひなり, 暴風雨と, 曇りて, 梅吉を, 漸晴, 烈風夜に, 空次第に, 腕くらべ続篇の, 酒を, 陰りかかりし秋, 雨ふり出し, 雨ふる, 雪, 青山へ, 風力の, 飾る錦

▼ 午後四時頃~ (33, 0.5%)

2 でありました, になっ, になる

1 [27件] あるいは六時頃, からが彼等, からそろそろ, から同座, から天気, から手許, その池, ちょっと気, であった, であったと, であったろう, であろう, に二人, に呑め, に帰っ, に水, に赤坂, のまだ, の明るい, までには家, まで一度, まで実に, まで絶えず, より噴煙, 漸く鎮定, 着きピーツク・カムツァン, 迄打

▼ 午後七時~ (32, 0.5%)

1 [32件] から八時頃, から凡そ五時間, から蘆, から行く, がタピオカ二百五十瓦飴十五瓦, きっちりに, でもトワイライト, となっ, になっ, になる, にはもう, に二人, に内藤理学士, に垂んとす, に始まる, に当る, に御, に渋谷区, に磯崎須美子, に開封, の列車, の夕飯, の往来, の薄暮, ふたたび不, までの間, まで熱心, よりプレイバック, を廻っ, を廻つて, 在英日本人, 開け

▼ 午後からは~ (31, 0.5%)

1 [31件] いよいよ算術, お天気, きっと熱, そこを, ついて, はれる, ひぐらしが, ひどい吹雪, また宿, カッと, 一度も, 久しぶりで, 二人は, 以前の, 印刷所に, 待受けして, 折り紙の, 授業の, 接客を, 晴れるかも, 流し場, 海岸へ, 男女まぜこぜの, 病院に, 茶屋が, 見たという, 訪問と, 農業の, 近所の, 長く忘れ, 雨だつた

▼ 午後~ (31, 0.5%)

2 なった, なって

1 [27件] いうだけ, いうよりも, いえども, いえば, いわず直ちに, お間違え, きいて, なりセット, もう一度ずつの, 二つあり, 二回であっ, 云ひたげな, 午前の, 夕方と, 夜とを, 夜の, 夜は, 定つて, 定めて, 日曜の, 晩とに, 活用すれ, 為り日暮, 聞いたので, 覚えて, 覚しく辻番所, 言ったって

▼ 午後八時~ (30, 0.4%)

1 [30件] か, からだ, から九時, から始まる, がきた, が九時, すこしまえです, だ, だった, という, なり第, において雷洋丸, になぞ, にはいつも, にデュー夫人, にマルセエユ, に再び, に出発, に寝, に引き上げる, に火焔, に行った, に閉, まだ時, より九時, より同, を拍, を期し, を過ぎる, 過は

▼ 午後にな~ (29, 0.4%)

3 つてから, つても 2 つて父が

1 [21件] つてからも, つてさて, つてし, つてその, つてまた, つてやんだ, つて又, つて小学校の, つて少し, つて帰つて入らつした, つて村落の, つて此の, つて歸つて來た, つて漸く, つて産婆が, つて薔薇の, つて襲ふ, つて雨が, つて雨に, つて風が, つて飛騨が

▼ 午後十一時~ (27, 0.4%)

2 になっ, より十二時

1 [23件] から始められる, だ, ついに永眠, であった, であつ, ときめた, ともなれ, に, になる, にねる, に塗り上げられた, に田部君, の時計, の時鐘, の点検, まで通計五時間, をまわっ, を廻っ, を過ぎつらん, 少し前, 漸く当市, 過に, 過の

▼ 午後五時頃~ (26, 0.4%)

2 であった

1 [24件] から, からキャリフォルニアン号, から友人夫婦, から瀧田氏, だと, であつ, である, でまた, で大変予定, で小屋, になる, に国王代理, に平生, に簡単, に総理大臣, は気圧七百五十粍, まで一日, まで働い, よほど遅く, よりおさまり, より御, より熔岩, デアル, 普将

▼ 午後海神~ (26, 0.4%)

9 に至る 5 に行く 3 にて執筆 1 にて小篇, にて小篇羊羹脱稿, にて短篇指環脱稿, にて賣, に在り, に徃, に至り, に行か, への途上中山

▼ 午後まで~ (25, 0.4%)

1 [25件] お残り, かかった, だきっと, ゆっくり見学, マウナ・ロアの, 三吉は, 仕事し, 元気と, 凝っと, 各部からの, 学校で, 居たので, 帰らないなど, 床には, 待たなければ, 待てとは, 搖られた, 残って, 残ってること, 泊って, 皆なと, 続いた, 臥て, 長い時間, 雨が

▼ 午後一時頃~ (25, 0.4%)

2 から社, であった, と記憶, の事

1 [17件] からまた, から氷峰, だそう, だった, でさすが, なので, なり, には品物, にホテル, に八幡平, に田島さん, に起きる, に門口, やっと決心, を以て解散, 待つて, 来いという

▼ 午後おそく~ (24, 0.4%)

2 なって

1 [22件] この国最大, その男, だった, だと, であった, でしたが, で家, で平均二十時間, なってから, なると, に日, ひろ子は, ぽかぽかと, やがて面会時間, 佐々の, 土堤の, 机に, 林町よりよ, 私の, 私は, 素子が, 試写会が

▼ 午後三時ごろ~ (24, 0.4%)

2 であったろう, になっ, になる, にはもう

1 [16件] から店, から日没前, だつた, だと, であった, であったか, でした, というの, にホルトショ, に午後, に楊家店, のこと, の日ざかり過ぎ, まで仕事, 再び霧, 歩き疲れ途中

▼ 午後一時半~ (20, 0.3%)

2 であった

1 [18件] から二時の間, から八時, さらに少し北, ついに呼吸, でした, で二時間半, に始ま, に小牛田行き, に岩, に開かれ, に駅, のサクラ, のバス, の汽車, の看護婦, の自動車, までねた, より京都日之出会館

▼ 午後また~ (18, 0.3%)

3 ポストへ 2 散歩, 街へ

1 [11件] 入浴し, 出かけて, 千鶴子と, 婦人会の, 山口へ, 散歩が, 散歩寺町附近ほんた, 注射, 泳いだ六根清浄, 近郊散歩, 雨と

▼ 午後二時ごろ~ (18, 0.3%)

1 [18件] お昼飯, から宿, そうして子どもたち, だしかし, であった, であつ, でたいがい, で終了, と思われる, になる, に主上, に田島さん, の日盛り, の銭湯, までに世話, までは馬, まで時間, 突然巌乗

▼ 午後ポスト~ (17, 0.3%)

6 へついで 3 まで出かけた, まで出かける 2 までついで 1 まで大根一本三銭, まで散歩, まで米

▼ 午後四時ごろ~ (17, 0.3%)

1 [17件] からぼつぼつ, から出かけた, でした, です, で空, となっ, となる, に再び, に来, に源氏, に閉場, のこと, の暑い, やったと, 全く出ませんでした, 出かけたの, 売るの

▼ 午後~ (15, 0.2%)

1 [15件] いやに, さうである, ひどくひっそりと, もう四時すぎ, よかろう, 光る, 在つた, 多いが, 暇な, 暮れました, 来た, 来て, 消えて, 潰れて, 短く夕暮

▼ 午後~ (14, 0.2%)

1 [14件] くみが, げんは, せいが, はなしに, 久美は, 光に, 千代を, 国に, 書きに, 琴が, 眼に, 種が, 隣りの, 雪は

▼ 午後からの~ (13, 0.2%)

2 公休日を, 暑気を 1 すばらしい天氣, 切符を, 創作に, 暴風は, 曇り空が, 短い間, 陽あたりの, 雲は, 面会には

▼ 午後その~ (13, 0.2%)

1 [13件] えさを, 一劃に, 僧侶の, 公園の, 原稿を, 女中部屋で, 山麓の, 年も, 気流が, 池の, 洋画家の, 狭い並木, 言葉が

▼ 午後~ (13, 0.2%)

2 は或

1 [11件] の調べた, はうかうか, は博士, は山田珠樹, は未亡人, は海岸, は溪流, は画布, は突然, は附近, も旅順

▼ 午後~ (13, 0.2%)

3 へ出かけ 2 へ出かける 1 のポスト, へ, へ使, へ出, へ出かけた, へ散歩, へ油買, まで徳利

▼ 午後三時半~ (12, 0.2%)

2 である 1 あますところ, ついに未亡人, といえ, にはゆっくり, には比野町, に先生, に到着, の定, の木かげ, の網走行き

▼ 午後二時半~ (12, 0.2%)

1 [12件] からやろう, であった, である, で家, になっ, になった, になる, にピエエル・オオビュルナン, に島, に昼食, に西北, まで飲みつづけた

▼ 午後四時過ぎ~ (12, 0.2%)

3 の日影 2 でないと 1 が何故か, であつ, といふの, には清三, の日光, の涼しい, 通る処

▼ 午後じゅう~ (11, 0.2%)

1 [11件] かかって, だまって, つぶれます, はいり込んで, ほんの一寸, もはやこの, を過ごしました, 出て, 書いて, 考えて, 苦しんだが

▼ 午後わたし~ (11, 0.2%)

2 は中央線 1 の宿, はぼんやり一人, はまた, はやはり, は或, は打たれ, は昼飯, は為替, は近所

▼ 午後一時ごろ~ (11, 0.2%)

1 [11件] から菊人形, だった, でした, で冬, なり, には三百五十名, にわたし, に六兵衛老人, に行っ, より四時ごろ, 何時もは

▼ 午後樹明君~ (11, 0.2%)

2 がまた 1 が来, が訪ね, が酒井教諭, と暮羊君, と磯部君, に招かれ, を訪ね, 来て, 約を

▼ 午後であった~ (10, 0.1%)

1 か余ら, がそんな, がジョン少年, が例, が小堀義哉, が秋, しかしまだ, と云う, と思う, 為め銀行が

▼ 午後~ (10, 0.1%)

4 を出 1 で彼, に帰り, に来る, に着き, に運ばれた, を捜し

▼ 午後少し~ (10, 0.1%)

1 あられが, 廻ったころ, 早めに, 時間が, 浮かぬ顔, 遅く出かけ, 雨が, 雨降りの, 風が, 高井戸

▼ 午後彼女~ (10, 0.1%)

1 がかえる, が私, とまた, の姿, の父, はうっとり, は二十七歳, は吸飲, は気, は私

▼ 午後~ (9, 0.1%)

1 からでしょう, から八時間, から其迄, がその, が大, つた, つたのだろう, と喜んだ, ん

▼ 午後など~ (9, 0.1%)

1 いつもカアル, すこし村, よく其処, ブラウエンベルグ老人が, ラケットを, 丘の, 私は, 緑陰の, 軍楽隊の

▼ 午後三時すぎ~ (9, 0.1%)

1 お清さん, ですから, になる, には隣組全部, に帰京, のこと, の日没, まで座敷, 迄久しぶり

▼ 午後伸子~ (9, 0.1%)

1 の病室, はいつも, はそこ, はふと, は一人, は八畳, は早, は東京, は珍しく

▼ 午後六時ごろ~ (9, 0.1%)

1 そんなところ, でした, にいけなくなっ, には大森, に伊佐子さん, ぶじ左門洞, また伸子, までもぶっ, 再び散歩

▼ 午後六時頃~ (9, 0.1%)

1 かと自分, から開演, であった, には私, には行く, には頂上, に川岸, まで待ちました, 小さな島

▼ 午後十二時~ (9, 0.1%)

1 から零時三十分の間, となり, の頃, や, やさかい, をうった, をすぎ, を廻っ, 頂きにて

▼ 午後学校~ (9, 0.1%)

3 から帰っ 1 からお, からかえって, が終っ, の先生大, の給仕さん, へ一寸行つて

▼ 午後早く~ (9, 0.1%)

1 あげて, かえって来, に一度, に閣下, 出て, 副島さんの, 帰ること, 習慣上の, 行って

▼ 午後東京~ (9, 0.1%)

2 から余り, へ送る 1 から来た, から着いた, に辛くも, へつきます, へでる

▼ 午後遅く~ (9, 0.1%)

2 であった 1 なつて, まで町, クリムスビーの, 喜代子と, 父を, 西に, 颱風警報が

▼ 午後にも~ (8, 0.1%)

2 仕事が 1 やりだした, 半蔵は, 客は, 早く帰っ, 東単, 礼之進が

▼ 午後五時ごろ~ (8, 0.1%)

1 だった, であった, になる, に松, に自宅, のこと, のよう, の日

▼ 午後この~ (7, 0.1%)

1 令嬢と, 宿の, 山に, 平々凡々たる, 強情な, 温室の, 陳列棚の

▼ 午後にでも~ (7, 0.1%)

1 そちらへ, なったら又, もう私, 別な, 啼いて, 来て, 甘いお菓子

▼ 午後までに~ (7, 0.1%)

2 ワーミントンへ 1 なにを, 三十人も, 刑場の, 宿題の, 昨日に

▼ 午後五時すぎ~ (7, 0.1%)

1 だった, であつ, にすむ, に友だち, に田村英介氏, まで夕暮, アガっちまった

▼ 午後~ (7, 0.1%)

1 がはれた, なきを, のちょっとした, のなか, の中, ふる, やみ

▼ 午後驟雨~ (7, 0.1%)

2 あり 1 ありて, あり晩, があつ, 微涼, 来たること二回

▼ 午後~ (6, 0.1%)

2 日曜抔には 1 すつかり忘れ, 夕日を, 日曜日に, 晩の

▼ 午後三時過ぎ~ (6, 0.1%)

1 でありました, にブ師, に玄関, の空, 懶さ, 着きました

▼ 午後~ (6, 0.1%)

1 じっと家, よく目, 掛って, 時には夜, 考へぬいた, 降り続いた

▼ 午後二人~ (6, 0.1%)

1 でそれ, で丸善, で出かけ, の男, は家, は根戸川

▼ 午後二時過ぎ~ (6, 0.1%)

1 であった, になっ, に現われる, に申込者, に豐津着, のこと

▼ 午後四時半~ (6, 0.1%)

1 から続行, が近づいた, に始まり, に待っ, に日劇, に此峰頂

▼ 午後我々~ (6, 0.1%)

1 は名古屋城, は川越, は文部省, は湾, は長崎, は雨

▼ 午後~ (5, 0.1%)

2 それさへも 1 わからない六時, 夜か, 明後日は

▼ 午後でも~ (5, 0.1%)

1 あった, いつも独りぼっち, ふらりと, ヴィクトーリア公園の, 別天地だった

▼ 午後七時頃~ (5, 0.1%)

1 いざと, から同, であるから, とある, よりときどき

▼ 午後久しぶり~ (5, 0.1%)

1 でひる, で図書館, で銀座, に敬君来訪, に樹明君来庵

▼ 午後九時頃~ (5, 0.1%)

1 であったろう, にはわが, に及ん, のだから, 実は上大崎所在

▼ 午後八時頃~ (5, 0.1%)

1 から母, であった, には早, に大きな, に太陽

▼ 午後六時半~ (5, 0.1%)

1 から七時ごろ, には全く, には必ず, には日, の閉監

▼ 午後十一時半~ (5, 0.1%)

1 だった, に大震, に閉, まで勝手, を打った

▼ 午後十時ごろ~ (5, 0.1%)

2 に外 1 と午前十時ごろ, までが青年組, 同じ場所

▼ 午後十時頃~ (5, 0.1%)

1 から全く, から山, である, に漸く, 行われた事

▼ 午後~ (5, 0.1%)

2 覗いて 1 始めから, 實家へ, 数カット

▼ 午後~ (5, 0.1%)

2 瀧氏來り, 瀧氏來話 1 蒸汽で

▼ 午後~ (5, 0.1%)

1 る時間内, る町はずれ, オペラの, 者は, 若い海軍中尉

▼ 午後散歩~ (5, 0.1%)

1 がてら, して, すると, に出た, 少し買物

▼ 午後~ (5, 0.1%)

1 てくれ, てもいい, て下さる, て見る, 合わせた警官

▼ 午後自分~ (5, 0.1%)

1 が殺した, で来, の部屋, は云, は例

▼ 午後~ (5, 0.1%)

1 ありしが, ありて, あり涼し, が出た, の無

▼ 午後あたり~ (4, 0.1%)

1 から何度, から国府津, から松葉杖, はソロソロ

▼ 午後いつも~ (4, 0.1%)

3 のよう 1 のやう

▼ 午後すこし~ (4, 0.1%)

1 仕事し, 早めに, 歩いて, 降つて晴

▼ 午後そこ~ (4, 0.1%)

1 へつれ, へ現れ, へ移っ, へ遊び

▼ 午後である~ (4, 0.1%)

1 から二日過ぎ, か読者, きょうの, ことに

▼ 午後ひとり~ (4, 0.1%)

1 でそこ, で町外れ, の男, ぼっちで祭壇

▼ 午後やっと~ (4, 0.1%)

1 おき出しこの, 多計, 川手氏の, 退院を

▼ 午後一人~ (4, 0.1%)

1 で帰つて行, の牧人, の男, は木下さん

▼ 午後一時すぎ~ (4, 0.1%)

1 から二時すぎ, に出, までそちら, 漸く国府津

▼ 午後一時過ぎ~ (4, 0.1%)

1 から四時過ぎごろ, だった, に着い, に谷間田探偵入来

▼ 午後七時ごろ~ (4, 0.1%)

1 でわたしたち, にはロンドン着, に上野行き, に道場

▼ 午後七時五十一分三十秒~ (4, 0.1%)

2 にあの 1 からあの, となる

▼ 午後二時すぎ~ (4, 0.1%)

1 から晴れ, にしかこの, の日光, の汽車

▼ 午後五時前~ (4, 0.1%)

1 であつ, であるが, に伊豆山, に十許

▼ 午後五時半~ (4, 0.1%)

1 から芥川賞, と指定, の日光, 迄に御

▼ 午後八時ごろ~ (4, 0.1%)

1 でした, になっ, になる, までに根津権現

▼ 午後八時三三三号室~ (4, 0.1%)

2 ですよ 1 だな, でという風

▼ 午後再び~ (4, 0.1%)

1 ポジティビズム会堂に, 散歩, 葛飾八幡の, 駕籠に

▼ 午後凌霜子來~ (4, 0.1%)

1 りて, り萩, り過日神田今川小路, り館柳灣

▼ 午後十一時頃~ (4, 0.1%)

1 になる, に外, 漸く當市, 第五信

▼ 午後夕立~ (4, 0.1%)

1 があつ, がやってきた, らしく降る雷鳴, 涼しくなつた

▼ 午後太郎~ (4, 0.1%)

2 はまた 1 が学校, と一緒

▼ 午後~ (4, 0.1%)

1 のお, は一同, は二階, は晴衣

▼ 午後小西氏方~ (4, 0.1%)

2 にて讀書, に在り

▼ 午後庸三~ (4, 0.1%)

1 が史朗, と葉子, はまた, は神田

▼ 午後~ (4, 0.1%)

1 に思いつき, に思い立っ, に思ひ立つ, 雨

▼ 午後林町~ (4, 0.1%)

1 にて, に出かける, に行き, の連中

▼ 午後横佩墻内~ (4, 0.1%)

4 へ知らせ

▼ 午後~ (4, 0.1%)

1 がわかされる, にはいつ, に入っ, に行った

▼ 午後百合子~ (4, 0.1%)

3 来る 1 と相

▼ 午後私たち~ (4, 0.1%)

1 は三ツ峠, は水, は鎌倉山, を案内

▼ 午後~ (4, 0.1%)

1 一房の, 二の, 十時ニ至ルマデ内外人ノ, 四時に

▼ 午後~ (4, 0.1%)

1 がやん, のなか, の上, やむ

▼ 午後だった~ (3, 0.0%)

1 が千枝子, ために, と思う

▼ 午後~ (3, 0.0%)

1 からずーっと, からは又, からもする

▼ 午後でない~ (3, 0.0%)

2 と見 1 と乗れない

▼ 午後とに~ (3, 0.0%)

1 授業が, 新らしくきた, 開くこと

▼ 午後との~ (3, 0.0%)

1 二回に, 二度父の, 間には

▼ 午後とも~ (3, 0.0%)

1 なれば, 思えない静かさ, 解らないが

▼ 午後なら~ (3, 0.0%)

1 ばあの, ばともかく, ば老人

▼ 午後はじめて~ (3, 0.0%)

1 つく, カルカッタ府に, ドクタアに

▼ 午後ひろ子~ (3, 0.0%)

1 があれ, が出かけた, が机

▼ 午後ぼんやり~ (3, 0.0%)

2 して 1 と独り

▼ 午後セエラ~ (3, 0.0%)

1 が使, が厚い, は着飾った

▼ 午後トムソン~ (3, 0.0%)

1 とハリー, とハリーその他, の家族

▼ 午後七八時~ (3, 0.0%)

3 を過ぎる

▼ 午後七時五十一分~ (3, 0.0%)

1 でございますか, に沢山, に現われ

▼ 午後七時五十分~ (3, 0.0%)

1 であったが, ですかナ, と出

▼ 午後七時十五分~ (3, 0.0%)

1 であった, である, 遂に絶命

▼ 午後七時半~ (3, 0.0%)

1 の講演, を以て發, を以て程

▼ 午後七時半ごろ~ (3, 0.0%)

2 だった 1 かなり湖水

▼ 午後三十間堀~ (3, 0.0%)

1 の春日, の深雪, の酒亭寿

▼ 午後三時前~ (3, 0.0%)

1 に寝, に彼, まだ戻らず

▼ 午後三越~ (3, 0.0%)

1 に行き, に行く, に行った

▼ 午後二時半頃~ (3, 0.0%)

1 から一時間, であった, 茫として歸つて來

▼ 午後二時間~ (3, 0.0%)

1 ばかり行乞, ほど友, も眠っ

▼ 午後二階~ (3, 0.0%)

2 の居間 1 の病床

▼ 午後五時四十分の急行~ (3, 0.0%)

2 に乗れ 1 にて出発

▼ 午後今日~ (3, 0.0%)

1 は早帰り, も夕立, も日課

▼ 午後~ (3, 0.0%)

1 によってベッド, の一行, の如し

▼ 午後僕等~ (3, 0.0%)

1 は勧工場, は海, は皆福間先生

▼ 午後八時二十五分~ (3, 0.0%)

1 では, といふ時刻, に自分

▼ 午後六時以後~ (3, 0.0%)

1 に起った, の婦人, は宿直

▼ 午後~ (3, 0.0%)

1 て先づ浅草, で, の時

▼ 午後十一時飯田町発~ (3, 0.0%)

3 の汽車

▼ 午後十二時三十分~ (3, 0.0%)

1 で賽, に出発, に着いた

▼ 午後十二時半~ (3, 0.0%)

1 に出発, に北, に此処

▼ 午後十時半~ (3, 0.0%)

1 かい, にはどこ, の指針

▼ 午後半日~ (3, 0.0%)

1 のうち, は思う, をそこ

▼ 午後四時すぎ~ (3, 0.0%)

1 に倉知, の汽車, やっと帆船

▼ 午後四時頃私~ (3, 0.0%)

1 は出掛け, は旧友, は銀座通り

▼ 午後外出~ (3, 0.0%)

1 した時, すると, を許可

▼ 午後~ (3, 0.0%)

1 が散歩, の外出中, はたね子

▼ 午後~ (3, 0.0%)

2 の光 1 ざしは

▼ 午後来る~ (3, 0.0%)

1 けれど何, と云った, と云つた女

▼ 午後樹明~ (3, 0.0%)

3 来庵

▼ 午後正造~ (3, 0.0%)

1 の登院, は伊藤, は俥

▼ 午後母上~ (3, 0.0%)

1 を訪, 来らる, 来り訪

▼ 午後湯屋~ (3, 0.0%)

1 へそこで, へばら, へ出かけ

▼ 午後神戸~ (3, 0.0%)

1 から乗, に居, 入津

▼ 午後私達~ (3, 0.0%)

1 の雑誌, は沙地, は碓井

▼ 午後~ (3, 0.0%)

1 の出帆, の散髪屋, を礁湖

▼ 午後道後~ (3, 0.0%)

1 へ, へ出かけた, へ途中

▼ 午後郵便局~ (3, 0.0%)

1 へいつ, へついで, へ出かけた

▼ 午後電車~ (3, 0.0%)

1 に乗っ, に乗つ, に乗り

▼ 午後あたし~ (2, 0.0%)

1 が花壇, は煮られる

▼ 午後あたり主人公~ (2, 0.0%)

2 は縁側

▼ 午後あの~ (2, 0.0%)

1 五重の塔の, 人が

▼ 午後あまり~ (2, 0.0%)

1 お天気, 辛気くさい

▼ 午後いよいよ~ (2, 0.0%)

1 なぎに, 埋葬と

▼ 午後うさぎ~ (2, 0.0%)

1 や主人來話, や谷口氏

▼ 午後おれ~ (2, 0.0%)

1 は両親, は憂欝

▼ 午後からき~ (2, 0.0%)

2 まつた

▼ 午後からでも~ (2, 0.0%)

1 うかがいましょう, 二人で

▼ 午後からも~ (2, 0.0%)

1 またその, 殆ど休む

▼ 午後しきり~ (2, 0.0%)

2 粉雪のけ

▼ 午後しばらく~ (2, 0.0%)

1 睡って, 近在散歩

▼ 午後じゅう彼~ (2, 0.0%)

1 は心苦しく, は歯

▼ 午後すっかり~ (2, 0.0%)

1 つぶして, 空いた日

▼ 午後ずっと~ (2, 0.0%)

1 やって, 居て

▼ 午後それ~ (2, 0.0%)

1 は雲行き, を燃す

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 つとして, つとしては

▼ 午後てっ~ (2, 0.0%)

2 ちゃん

▼ 午後でした~ (2, 0.0%)

1 からお勤め, からとうとう

▼ 午後です~ (2, 0.0%)

1 から朝, ね別荘

▼ 午後でなく~ (2, 0.0%)

1 ては出来, ては来られない

▼ 午後でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばお客, ば見られない

▼ 午後という~ (2, 0.0%)

1 わけだった, 文句が

▼ 午後どこ~ (2, 0.0%)

1 かの帰り, かへ行こう

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 のだ, ので殆ど客

▼ 午後などを~ (2, 0.0%)

2 わざと自動車

▼ 午後にかけて~ (2, 0.0%)

1 干潮時と, 雑誌を

▼ 午後はるか~ (2, 0.0%)

1 に汽煙, に汽船

▼ 午後ひよつこり~ (2, 0.0%)

1 樹明君来訪豆腐と, 黎君来訪お

▼ 午後ふと~ (2, 0.0%)

1 出て, 顔を

▼ 午後ふらり~ (2, 0.0%)

1 と帰っ, と斎木素子

▼ 午後~ (2, 0.0%)

2 かけて

▼ 午後までには~ (2, 0.0%)

1 すっかり判明, 来ないかも

▼ 午後までは~ (2, 0.0%)

1 凝然として, 帰って

▼ 午後よりと~ (2, 0.0%)

1 あるその, ある其支度

▼ 午後わたくしたち~ (2, 0.0%)

1 は韓国嶽, は鹿児島

▼ 午後ドクタア・ビゲロウ~ (2, 0.0%)

2 と私

▼ 午後ハガキ~ (2, 0.0%)

1 に間違っ, を投凾

▼ 午後ファウスト~ (2, 0.0%)

1 はひとり, は林檎

▼ 午後マリユス~ (2, 0.0%)

1 の不, はコゼット

▼ 午後ローリイ~ (2, 0.0%)

1 が窓ぎわ, はマーチ家

▼ 午後一人盛岡~ (2, 0.0%)

2 に行く

▼ 午後一同~ (2, 0.0%)

1 は三木, は上陸

▼ 午後一時二十分~ (2, 0.0%)

1 という, に茶屋

▼ 午後一時前後~ (2, 0.0%)

1 であって, にこの

▼ 午後一時四十分~ (2, 0.0%)

1 ですから, に頂上

▼ 午後一時昨日~ (2, 0.0%)

1 すさまじい濁流, のすさまじい

▼ 午後丁度~ (2, 0.0%)

1 夜に, 明君が

▼ 午後七時五十一分頃~ (2, 0.0%)

2 に貴方

▼ 午後七時閉店日曜大祭日~ (2, 0.0%)

1 は五時閉店, は特に

▼ 午後三吉~ (2, 0.0%)

1 は庭伝い, は病院

▼ 午後三時三十分~ (2, 0.0%)

1 だしたな, に浅草

▼ 午後三時二十分一本スギ~ (2, 0.0%)

2 のてっぺん

▼ 午後三時以後~ (2, 0.0%)

1 から夜, といふ意味

▼ 午後三時前後~ (2, 0.0%)

1 に帰来, より丸の内

▼ 午後三時十五分~ (2, 0.0%)

1 から子供, を示し

▼ 午後三時着~ (2, 0.0%)

2 の下り

▼ 午後三時私~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 午後三時過ぎ現在~ (2, 0.0%)

1 の終点駅名寄着, の終點驛名寄着

▼ 午後三時頃私~ (2, 0.0%)

1 が書斎, は一仕事

▼ 午後三菱銀行~ (2, 0.0%)

2 に赴く

▼ 午後上野~ (2, 0.0%)

1 のコンサルト, へ絵

▼ 午後不意~ (2, 0.0%)

1 に竹村, に笹村

▼ 午後中央公論社~ (2, 0.0%)

2 小瀧氏來話

▼ 午後中洲病院~ (2, 0.0%)

1 に徃, に赴き

▼ 午後丸善~ (2, 0.0%)

1 にゆき, に行く

▼ 午後九時ごろ~ (2, 0.0%)

2 にそこ

▼ 午後九時前後~ (2, 0.0%)

1 に於ける, に満潮

▼ 午後九時半~ (2, 0.0%)

1 までずっと, まで歩いた

▼ 午後九時四十分~ (2, 0.0%)

1 か, のこと

▼ 午後九時過ぎ~ (2, 0.0%)

1 で野辺, やっと田端

▼ 午後九段~ (2, 0.0%)

1 の公園, を歩む

▼ 午後九穂子~ (2, 0.0%)

2 来る

▼ 午後二時三時~ (2, 0.0%)

1 となる, の交

▼ 午後二時二十分~ (2, 0.0%)

1 なれば, に五人

▼ 午後二点~ (2, 0.0%)

1 をうちぬ, をうつ

▼ 午後五六時ごろ~ (2, 0.0%)

1 までは, まで書きつづける

▼ 午後五時以後~ (2, 0.0%)

1 です, は何ん

▼ 午後五時四十分~ (2, 0.0%)

1 で今日松高山岳部, に汽車

▼ 午後五時抜錨~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 午後京成電車~ (2, 0.0%)

1 にて中山, にて船橋

▼ 午後~ (2, 0.0%)

2 の出盛る

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 の子供ら, 所行に

▼ 午後便~ (2, 0.0%)

1 で, の配達

▼ 午後保吉~ (2, 0.0%)

1 は学校, は煙草

▼ 午後八幡~ (2, 0.0%)

1 の國道, の村道

▼ 午後八時ごろ三番町~ (2, 0.0%)

2 から中

▼ 午後八時三十分~ (2, 0.0%)

1 に松花江, に著い

▼ 午後八時二十分~ (2, 0.0%)

1 から九時の間, であった

▼ 午後八時五十五分~ (2, 0.0%)

1 のこと, 同じく九時二十分の二回

▼ 午後八時前後黄塵~ (2, 0.0%)

1 に煙った, を沾

▼ 午後八時半~ (2, 0.0%)

1 といえ, の報告

▼ 午後八時過ぎ~ (2, 0.0%)

1 である, までに八里余り

▼ 午後六時五十分~ (2, 0.0%)

1 であった, に散会

▼ 午後六時前~ (2, 0.0%)

1 ですぐ, となる

▼ 午後六時木名瀬典獄~ (2, 0.0%)

1 の手, は各

▼ 午後初めて~ (2, 0.0%)

1 その事, 前の

▼ 午後初産~ (2, 0.0%)

2 なれば

▼ 午後十一時過ぎ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の神楽坂

▼ 午後十二時四十分~ (2, 0.0%)

1 である, に着いた

▼ 午後十二時頃~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 午後十吉~ (2, 0.0%)

1 が小幡氏, が書類綴り

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 は尋ね, は數丁沖合

▼ 午後四時ころ~ (2, 0.0%)

1 だった, より天候にわか

▼ 午後四時三十分~ (2, 0.0%)

1 このはち切れ, になる

▼ 午後四時前~ (2, 0.0%)

1 だ, 少し休み

▼ 午後四時半ごろ~ (2, 0.0%)

1 になっ, の有り様

▼ 午後四時半頃~ (2, 0.0%)

1 であった, に帰つて

▼ 午後四時発~ (2, 0.0%)

1 のバス, の列車

▼ 午後図書館~ (2, 0.0%)

1 に行く, を一覧

▼ 午後夕方~ (2, 0.0%)

1 の検温, までには必ず

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 計代が, 計代は

▼ 午後大使館~ (2, 0.0%)

1 でとっ, を訪う

▼ 午後大阪~ (2, 0.0%)

1 から來, を立っ

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 のジョウ, の鏡臺

▼ 午後始め~ (2, 0.0%)

1 て焼け, て第

▼ 午後學校~ (2, 0.0%)

1 がへり, へ行く

▼ 午後実験室~ (2, 0.0%)

1 で顕微鏡, を出た

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 に連れられ, のな

▼ 午後寿~ (2, 0.0%)

1 が来, とグレース

▼ 午後小串~ (2, 0.0%)

1 へ出かけ, まで出かける

▼ 午後小石川~ (2, 0.0%)

1 のアパアト, の家

▼ 午後小西氏邸~ (2, 0.0%)

1 にて昇曙夢譯クープリン, に行く

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 に登る, を下り

▼ 午後山口~ (2, 0.0%)

1 へまず, へ散歩

▼ 午後市ヶ谷辺~ (2, 0.0%)

1 より九段, を散策

▼ 午後帰っ~ (2, 0.0%)

1 てき, て来た

▼ 午後幸子~ (2, 0.0%)

1 から電話, が長椅子

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 の落葉, へ下りた

▼ 午後意外~ (2, 0.0%)

1 にも呉郎さん, にも敬治君来庵

▼ 午後手紙~ (2, 0.0%)

1 が来た, を書い

▼ 午後授業~ (2, 0.0%)

2 をサボっ

▼ 午後敬君~ (2, 0.0%)

1 に招かれ, 再び来

▼ 午後早い~ (2, 0.0%)

1 うちに, 日は

▼ 午後明さん~ (2, 0.0%)

2 がいらし

▼ 午後時間~ (2, 0.0%)

1 ははつきり, を定め

▼ 午後暮羊君来庵~ (2, 0.0%)

1 つ, 快飲

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 を読ん, 包みを

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 に向っ, の上

▼ 午後来訪~ (2, 0.0%)

1 の予定, よい酒

▼ 午後植物園~ (2, 0.0%)

1 に至る, に遊ぶ

▼ 午後樹明君来庵~ (2, 0.0%)

1 つ, 誘はれて

▼ 午後樹明君来庵酒~ (2, 0.0%)

1 と肉, と豆腐

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 に薬, は私

▼ 午後水泳~ (2, 0.0%)

1 に赴く, の話

▼ 午後汽船~ (2, 0.0%)

1 に逢う, に際

▼ 午後洋服~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 午後湯田~ (2, 0.0%)

1 へ行き, へ行く

▼ 午後独り~ (2, 0.0%)

1 で勝手, で茶

▼ 午後玄文社~ (2, 0.0%)

1 から再版, 新冨座見物

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 の活動, の目的地

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 の中, を耕

▼ 午後白幡天神~ (2, 0.0%)

1 の林下, の樹下

▼ 午後白幡祠畔~ (2, 0.0%)

1 の樹下, の賣

▼ 午後眞山君~ (2, 0.0%)

1 は予等, を煩

▼ 午後眞間~ (2, 0.0%)

2 の混堂

▼ 午後神田三才社~ (2, 0.0%)

1 に徃, を訪

▼ 午後突然~ (2, 0.0%)

1 外国より, 意識を

▼ 午後約束~ (2, 0.0%)

1 がある, の時間

▼ 午後素子~ (2, 0.0%)

1 と伸子, は大学

▼ 午後細木家~ (2, 0.0%)

2 を訪れた

▼ 午後縁側~ (2, 0.0%)

1 で竹, に坐らせた

▼ 午後美術館~ (2, 0.0%)

1 に入, を一覧

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 先生は, 技師は

▼ 午後興行~ (2, 0.0%)

1 に這入つた, の大入

▼ 午後花月~ (2, 0.0%)

1 に徃, に徃きし

▼ 午後葉子~ (2, 0.0%)

1 はしばらく, は庸三

▼ 午後藍子~ (2, 0.0%)

1 はぶらりと, は小日向町

▼ 午後行っ~ (2, 0.0%)

1 て目録, て鳩

▼ 午後誘い~ (2, 0.0%)

1 に来よう, に来る

▼ 午後~ (2, 0.0%)

2 にもその

▼ 午後警視庁~ (2, 0.0%)

1 でプラスビイユ, へ帰っ

▼ 午後買物~ (2, 0.0%)

1 がてら, がてら出かけ

▼ 午後質素~ (2, 0.0%)

2 な葬儀

▼ 午後近く~ (2, 0.0%)

1 なってから, にせまる

▼ 午後近郊~ (2, 0.0%)

2 を散歩

▼ 午後銀子~ (2, 0.0%)

1 はいつも, は看護婦

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 吉牛堡に, 比留信君來訪

▼ 午後青木さん~ (2, 0.0%)

1 が二階, はいつも

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 へつい, を出

▼ 午後高等学校~ (2, 0.0%)

2 の生徒

▼ 午後~ (2, 0.0%)

1 をとき, を洗いました

▼1* [1676件]

午後обедの後雨, 午後〇・〇〇零下四度積雪量三尺くらい, 午後〇時三十分に突然, 午後〇時何分かに網代, 午後あいたので家じゅう総がかり, 午後あそこにいた, 午後あたり明日は日曜, 午後あなたは見当り, 午後ある手術の, 午後あれを借りられませんでしょう, 午後あんなにわたしに, 午後いきなり空に, 午後いっぱいの眠り, 午後いつぱい手を, 午後いつか小川君に話した, 午後いまは全く, 午後うら門の, 午後おいでになる, 午後おせち煮を大晦日フィット, 午後おっしゃったことの, 午後お前の昔馴染, 午後お婆さんから蜜柑, 午後お松さんの持ち場, 午後お母様からのお, 午後お目にかかれたら其には, 午後かえって来て, 午後かななどの歌が, 午後かもしれない運命, 午後からずうっと茶の間, 午後からずつといなくなつ, 午後からと云う事, 午後からということに, 午後からになるの, 午後かれらが, 午後かを忘れる事, 午後きみ手伝として来, 午後こうしてひろ子一人の, 午後ここの庭, 午後こんどはとんでも, 午後さらに憲政党本部へ, 午後しとしとと降って, 午後ゅうぴたりとしまったままでいる客室の, 午後じゅうそこに留まっ, 午後じゅうひき裂かれた戦跡, 午後じゅう彼方此方くりひろげて, 午後じゅう日の当っ, 午後すぐかれは, 午後ずっとゆっくりして, 午後ずつとその他は, 午後せんだん, 午後それぞれ原隊に復帰, 午後あちやん, 午後たそがれ頃に, 午後だけである, 午後だしぬけに健来訪, 午後だつたが僕, 午後だつたせゐか本堂, 午後だらだら坂に, 午後ちよつと街, 午後つまり今日でなく, 午後つれ立ってかえる, 午後であっただろうか, 午後でございましたがその, 午後でございますか, 午後でなくっちゃあ面, 午後では山貌に, 午後といふことに, 午後とうとう思い切って, 午後とうもろこし畑のプレイバック, 午後として伸子の, 午後とで何か, 午後とでも名づけたいよう, 午後とにかく北川に, 午後ともすれば滅入りこむ, 午後ともに甲板上で, 午後とりとめもなく, 午後どうしたわけ, 午後どうも頭痛が, 午後どしりと頭, 午後なかと少し, 午後なぞに波打ちぎわに, 午後などになると, 午後などには三浦三崎の, 午後などは所長が, 午後なにか心せはしげ, 午後なほ江さんといふ先生, 午後なま酔ひの, 午後なりしものの, 午後なるもの, 午後なんの気, 午後における自分の, 午後にと言ったその, 午後ねえさんたちの部屋, 午後のみでその他授業, 午後のんびり湯に, 午後はだしでまた, 午後ばかりの国, 午後ひっそりとした, 午後ふいと外出, 午後ふとしたことから, 午後ふみ子帰宅今日さだかえらず, 午後ぶらぶらと向, 午後ほかの汽船, 午後ほんとうに目, 午後ほんの一寸体を, 午後ぼくは, 午後たちが, 午後まかり出るから金五円至急, 午後まだおでんやが, 午後までと大体の, 午後までの二十日間も, 午後めづらしくも敬君来庵つ, 午後もう一度来て, 午後もって来, 午後もとヒス・マゼステイ座の, 午後やあさん父子来訪いつしよに, 午後やあさん雑誌配達のついで, 午後やうやく半切四枚, 午後やうやうよろぼひ出, 午後やっていた, 午後やはりきょうの, 午後やるせなくたへが, 午後よっぽどそちらへ, 午後よりは訪いくる佐太郎, 午後らしく人かげの, 午後わあわあと大声, 午後わが領事館に, 午後わたくしは葛西村, 午後わたしたちは例, 午後わたしたち三人が例, 午後われは共同, 午後を通じてずつと獨身の, 午後アイヌが来た, 午後アカシアの花, 午後アジア学会に列す, 午後アッシェンバッハは無風, 午後アマアリエン街を下っ, 午後アムラはまた, 午後アレキサンダア停車場から出発, 午後イカバッドはもの思い, 午後イタリアの山脈, 午後エドナは夕食, 午後オフィスで脅迫状, 午後オルコマ号に乗り込む, 午後オートバイで, 午後カオルとふたり, 午後カフエー白百合の女給薫子, 午後カラ夕刻マデノ間多分颯子ガ浴ビルノト, 午後カリフォルニア州サン・マリノ町であき, 午後ギプスベッドをつくる, 午後クマはのっそり, 午後クラマールに住ん, 午後クリストフは前日来悪寒, 午後クルマがあいた, 午後コロンビア会に彼, 午後コン吉はコルテ, 午後サイレントで数カット, 午後サルディニア海峡にかかる, 午後シャンハイとホンコン, 午後ジャーヴィス・ロリー氏は自分, 午後ジープを自分, 午後スコールが過ぎた, 午後スノードンの峰, 午後セーヌ右岸のアンヴァリード橋, 午後セーヌ河南に散策, 午後デュトまで迎え, 午後トスカを演奏, 午後ドイツ郵船に会す, 午後ドクターモットの話, 午後ドクトルは息せき切っ, 午後ドタドタと土間, 午後ニ至リテ風吹キとか天候, 午後六時ニ今夜ハオ暇ヲ, 午後ノース・ウェスト機で羽田, 午後ハイド・パアクはハイド・パアク, 午後ハ高雄方面ヘ紅葉見物ニ行キタイノダガ一人ボッチデハ仕様ガナイ, 午後バサデナのラ・ヴィナ病院, 午後パリの各, 午後パリーのオピタル大通り, 午後パンを買い, 午後ヒラメが悪魔, 午後フジサワへもう, 午後フトした事, 午後フリツチイを連れ, 午後フローラはしょんぼり, 午後ブエーノスアイレスへ御家, 午後ブリュヴァールから河, 午後プラタプはいつも, 午後ベゲテリアンのかえり, 午後ベスがちょっと, 午後ベニが風呂, 午後ベーカー街に行っ, 午後ペリーの搭乗, 午後ペンクラブの到着, 午後ホテルを出, 午後ポプラのやう, 午後マダムは寝台車, 午後マダム・ラゴンデールの授業, 午後マダム・ルセールがわたされた, 午後マックァサー元帥はテンチ大佐, 午後マドレーヌ氏はいつも, 午後ミュンヘンのプリンツレゲンテン街, 午後モストルグへ, 午後モセ嬶は五六日, 午後ヨリ颯子ヲ誘イ明治神宮方面ヘドライブスル, 午後ラップは得々, 午後ラツプは得々, 午後ロケといふ話, 午後ロッテルダムにも立ち寄り, 午後ローマ教本山を一見, 午後ワンカット撮ると, 午後休みして, 午後一ぱいはこの, 午後一ぱい殆ど日没近くまで, 午後一二時一五分附添中の老, 午後一億五千万円と交換, 午後一台の辻馬車, 午後一同筑波山へ登る, 午後一天俄に晴れ, 午後一寸お閑, 午後一度来たといふ, 午後一日おきに入れた, 午後一日じゅうの仕事, 午後一時ころにあたる, 午後一時ごろここの食店, 午後一時ごろマリウスボーメルという百姓, 午後一時ごろ往診の院長, 午後一時ごろ白縞の袴, 午後一時ごろ自動車を, 午後一時イスマイリアに着し, 午後一時カラ二時マデ寝室デ午睡, 午後一時ジャストに研究所, 午後一時テムズ河口に入る, 午後一時ニージェニウージンスクへ止る, 午後一時ニージュニウージンスクへ止る, 午後一時ブ師と共に乗馬, 午後一時ヨリ二時マデ午睡ソノマヽ鈴木氏ノ来診, 午後一時リオデジャネイロ港に入る, 午後一時三十五分品川行きの列車, 午後一時三十分三ツ岳寄りの平ら, 午後一時上野発の本線廻り, 午後一時九分に着きます, 午後一時予は諸, 午後一時二十一分遠雷のよう, 午後一時二十三分の汽車で両国, 午後一時二十分札幌に着い, 午後一時二十四分汽車は沼津, 午後一時二時頃までありました, 午後一時五分である, 午後一時五分妻は手術室, 午後一時五分発車中雑詠選に没頭, 午後一時五十五分発の汽車, 午後一時五十分三時四十分五時二十五分の市況をきけない, 午後一時五十分伊藤夫妻迪子バーミングビユルガ姉妹京極篠原高田寺井昌谷世良仙石に送られ, 午後一時五十分前方の, 午後一時五十分男の子が生れ, 午後一時五十四分には杉戸, 午後一時以後噴煙は尚, 午後一時以後岩石より成る, 午後一時出発家の後, 午後一時十三分十三秒のこと, 午後一時十五分林道を栃本, 午後一時十分愈, 午後一時十分劒沢の出合, 午後一時半ごろになっ, 午後一時半宿所を去り, 午後一時半彼は電車通り, 午後一時半約束通り神田駿河臺YWCAにこの, 午後一時半貴方の宿舍YWCA, 午後一時半青木健作邸の園遊会, 午後一時半頃既に呼吸, 午後一時半頃仏蘭西のカレー駅, 午後一時半頃甥は学校, 午後一時半鶏冠谷三時半広河原四時には楽, 午後一時四は十二日, 午後一時四十二分まで缺測, 午後一時四十五分過ぎであった, 午後一時四十分ごろ京浜線桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 午後一時四十分ニースはランピア港, 午後一時四十分ユニバーサル機は東京, 午後一時四十分祝砲を発火, 午後一時大王は梯隊, 午後一時姥ヶ石二時着三時二十分出発, 午後一時小倉発午後四時四十二分別府著別府には大正八年夏一たび, 午後一時小林少年は電話, 午後一時小浜著柳川屋旅館に投ず, 午後一時庵にふさ, 午後一時撃柝一声囃子は鳴り, 午後一時時分であつ, 午後一時本部総長室に出頭, 午後一時来会者は皆, 午後一時枯川の入獄, 午後一時比であった, 午後一時海抜四〇三〇尺兵庫大天井, 午後一時白馬俚称仏ノ尾, 午後一時省線四谷駅前でお待ち, 午後一時省線澁谷驛のホーム, 午後一時着市す, 午後一時石炭補充を終っ, 午後一時神戸に入港, 午後一時私はピアノ伴奏, 午後一時私たちはサン・セバスティアン, 午後一時筑波町を発足, 午後一時茲を立っ, 午後一時赤志に着く, 午後一時近く出かける, 午後一時開始で玄関, 午後一時間ノオ暇ヲ戴イテ歯, 午後一時間人形のよう, 午後一時電気炉による火葬, 午後一時電話と書生, 午後一時頃イルクーツク着ステーションでゴリキー, 午後一時頃出発し燕絶頂, 午後一時頃味野村へ著, 午後一時頃土蔵の前, 午後一時頃大石田の一栄宅, 午後一時頃寺沢氏来やはり肺, 午後一時頃此の医療器械屋, 午後一時頃県からであろう, 午後一時頃眠つたでも, 午後一時頃薩軍は突出, 午後一時頃那覇の宿, 午後一時頃釜山公会堂に於, 午後一時風は吹い, 午後一時館林通過が二時半頃, 午後一時PCLへ向, 午後一杯は学校, 午後一杯価づけを, 午後一枚の名刺, 午後一気に牛込の, 午後一洵来庵, 午後一洵兄と同道, 午後一洵君が見舞う, 午後一番後廻しにした, 午後一睡の後, 午後一紳士が茶, 午後一群の野次馬, 午後一蔵がスケッチブック, 午後七八時頃八合満となり午後九時前後, 午後七年前に死んだ, 午後七時〇五分着同三十分信越線のりかえの, 午後七時ごろ夕食を摂られ, 午後七時ごろ私がこの, 午後七時ケーニヒスベルク発車夜中十一時独露国境に着す, 午後七時ドイツ北部の一大都会, 午後七時ラ・ベル・アリアンスとラ・エー・サント, 午後七時ロシア・サンクト・ペテルブルグに着す, 午後七時三十分桜木町発東京行省線電車が新橋有楽町間, 午後七時三十分汽車にて上野発, 午後七時三十分米国空軍の主力, 午後七時上野発の急行, 午後七時不二見台に立っ, 午後七時二十七分西経百三十三度四分北緯三十二度六分桑港ヲ隔タル海上八百三哩, 午後七時二十分だ, 午後七時五十一分ごろもう店, 午後七時五十一分ごろ明治昼夜銀行目黒支店に突如, 午後七時以後の外出, 午後七時前でした, 午後七時前後の事, 午後七時前後土曜日で寺, 午後七時十分という神戸行, 午後七時半ごろ顎に長い, 午後七時半京橋区銀座西四丁目宝石貴金属商新陽堂の店頭, 午後七時半出港して, 午後七時半最愛の我が, 午後七時四十九分十四秒と出る, 午後七時定刻どおりはじめられた, 午後七時家にかへりぬ, 午後七時抜錨して, 午後七時日本橋の, 午後七時湖岸の中屋ホテル, 午後七時発錨す, 午後七時礼拝また始まる, 午後七時神戸を発する, 午後七時葉書で打合せ, 午後七時薩軍はふり, 午後七時過ぎ二日ぶりに電車, 午後七時過ぎ普軍は全く, 午後七時頃夕飯をたべよう, 午後七時頃小川町の交叉点, 午後七時頃神戸行きの船, 午後七時頃馳けつける, 午後七時黄埔軍官学校の軍艦飛鷹, 午後七里ヶ濱を鎌倉, 午後万世橋ぎわの旅館, 午後万歳の声, 午後三人は広い, 午後三八九の趣意書, 午後三吉達は東京, 午後三四時ごろである, 午後三四時頃学校が引ける, 午後三四郎は例, 午後三回毎日やるん, 午後三回汽船を見る, 午後三宅さんのところ, 午後三才社に徃, 午後三日目の午前中, 午後三時ころの斜陽, 午後三時ごろひとりの少年, 午後三時ごろチャアリイと二人, 午後三時ごろ一人の若い, 午後三時ごろ伸子と素子, 午後三時ごろ学校から帰る, 午後三時ごろ帰宅すれば, 午後三時ごろ支払いをすませ, 午後三時ごろ親父のはね上げた, 午後三時ごろ車は無事, 午後三時ごろ速達でうつし, 午後三時すぎ母上おかえり, 午後三時スペイン港ラ・コルニャに着岸, 午後三時ダンカル村に着い, 午後三時ネン駅で待つ, 午後三時モスコウを出発, 午後三時一人の青年, 午後三時三五二号室で今日, 午後三時予ハ又浴室, 午後三時二分京都発第二こだまニ乗ル, 午後三時二十七分に北停車場, 午後三時二十七分カレイ・ドウヴァ間の汽船, 午後三時二十五分わが旗艦松島, 午後三時二階の壁, 午後三時五十分発に乗る, 午後三時五十四分の上り汽車に乗り, 午後三時出港して, 午後三時出発にきめ, 午後三時十一分であった, 午後三時十七分であった, 午後三時十五分の汽車に乗つた, 午後三時十分ごろ自分と一しょ, 午後三時午後六時には取, 午後三時半ごろ学校から帰る, 午後三時半ごろ煙山は五百万円, 午後三時半ごろ電話がかかっ, 午後三時半ライプチヒ市に着す, 午後三時半上野に着く, 午後三時半峠の向う側, 午後三時半捜査本部が色めきたった, 午後三時半救助を開始, 午後三時半日が沈みかけた, 午後三時半法事を終っ, 午後三時半温泉着殿下には清水屋, 午後三時半西経を出で, 午後三時半頃オフィスに戻る, 午後三時半頃彼女が電話口, 午後三時半頃日沈溶鉱炉から火玉, 午後三時半頃朝からの球突, 午後三時半頃林田から電話, 午後三時南アフリカ喜望峰を解纜, 午後三時叔父歸る, 午後三時口実を設け, 午後三時古間木で会う, 午後三時四十五分である, 午後三時四十分だつた, 午後三時四十分両船の距離, 午後三時四十分出発した, 午後三時四十分校前に記念撮影, 午後三時四十分項吾等は再び, 午後三時四時です, 午後三時大白沢山の一角, 午後三時太陽が黄色, 午後三時帰宅しました, 午後三時彼等は西洋館, 午後三時新橋発の急行, 午後三時書き次ぐ, 午後三時柿本はゴミ, 午後三時横浜港より鹿島丸, 午後三時横浜解纜箱根丸にて, 午後三時比貝塚の寓居, 午後三時犬吠埼の灯台, 午後三時町の有志, 午後三時発見の事, 午後三時端緒つく, 午後三時納棺された, 午後三時茶がわく, 午後三時車が三台, 午後三時近くと知り, 午後三時過ぎ空には微塵, 午後三時過ぎ退出時刻が近く, 午後三時間半ずつ仕事, 午後三時雪が労働新聞社, 午後三時青島につき, 午後三時頃ブレフスキュから二十四リーグ, 午後三時頃一人の助手, 午後三時頃丁度格太郎が長持, 午後三時頃三浦さんはこんな, 午後三時頃二疋の馬, 午後三時頃五百は煙草, 午後三時頃入院すると, 午後三時頃前記アイ子に一応, 午後三時頃台所からこっそり, 午後三時頃多賀ちゃんがうち, 午後三時頃大河原に着いた, 午後三時頃家をとび出しました, 午後三時頃帰宅すると, 午後三時頃平田伍三郎は大変, 午後三時頃木村ニ電話ヲカケヨウトシタラ毎日ノヨウニカケテイル彼ノ学校, 午後三時頃混雑の真最中, 午後三時頃父は寛, 午後三時頃白河停車場前の茶店, 午後三時頃空模様が少し, 午後三時頃絶え間なく虫, 午後三時頃羽田から狸穴, 午後三時高崎発上り列車の中等室, 午後三重吉から返事, 午後三隅氏と同行, 午後上陸して, 午後下剤を飲み, 午後圖頁を, 午後不安な氣持, 午後丑松は二通, 午後並木通りの楡, 午後中がらんとしていました, 午後中ソファで寝, 午後中上陸しても, 午後中井君だしぬけに, 午後中何処へも出ず, 午後中山法華經寺の境内, 午後中山競馬場附近を歩む, 午後中島田の荷, 午後中我々は旅行, 午後中村さん来庵西蔵の線香, 午後中水がわりに葡萄酒, 午後中部亜米利加から入港, 午後中馬車ごつこだ, 午後丸山邸へ御, 午後主人子爵片岡中将はネル, 午後主人手代を伴, 午後久しく書き怠つて, 午後久世氏の事務所, 午後乗り組みの帰休兵, 午後乗客中豪州人と南アフリカ人, 午後乗艦同八半時出帆, 午後乗車帰京した, 午後九州へ出発, 午後九時すぎも戸外, 午後九時それに乗っ, 午後九時ホールが一番, 午後九時一分であつ, 午後九時一分前だった, 午後九時三分であると, 午後九時三十一分発にて神戸, 午後九時三十五分の急行に乗れ, 午後九時九分に長春, 午後九時五分過に, 午後九時五分養父駅を離れ, 午後九時五十分北北西に向け, 午後九時五十分帰京した, 午後九時何分かに京都, 午後九時何分の汽車に乗る, 午後九時十七分です, 午後九時十五分東京駅発下関行急行は欧亜連絡, 午後九時半田端につく, 午後九時半頃にかの, 午後九時大久保へ帰りました, 午後九時家政婦が地階, 午後九時彼が寝台, 午後九時私はとうとう, 午後九時秋川駿三の家, 午後九時竹中氏と一緒, 午後九時絶対就寝の私, 午後九時頃北緯八十七度を越えた, 午後九時頃駅を離れ, 午後九時飯田町発名古屋行の列車, 午後九歳のあんぽんたん, 午後亀田へ出張, 午後の叔父, 午後予定どほり自治委員会, 午後予審判事裁判所書記の一行, 午後事務所の方, 午後二三時間さいて, 午後二三時間位しか学校, 午後二三時頃此の砂丘, 午後二三時頃起床する日, 午後二十四五の女, 午後二坪許の畑, 午後二戸郡の小鳥谷村, 午後二時ころ少し片づいた, 午後二時ごろ令嬢はあなた, 午後二時ごろ先生から社, 午後二時ごろ向島の寮, 午後二時ごろ和一郎が来, 午後二時ごろ尋常六年生の耕一君, 午後二時ごろ武は様子, 午後二時ごろ水沢君と工藤君, 午後二時ごろ眞日中とも言はず, 午後二時ごろ荒巻敏司が現れ, 午後二時ごろ賊のかくれ, 午後二時ごろ足の遅れた, 午後二時すぎ俥で町, 午後二時そちらへ往診, 午後二時ジブラルタルの海峡, 午後二時ドーバー海峡を通過, 午後二時ニ午睡カラ覚メテ一旦書斎, 午後二時バンキポール停車場に着す, 午後二時三十分前平沢, 午後二時三十分拱廊の吊, 午後二時三十分最愛の絶頂, 午後二時三十分無事四ツ谷へ下山, 午後二時三十分黒煙白煙全山を包圍, 午後二時九分で同じ, 午後二時九十九度です, 午後二時二十七分から支那料理, 午後二時五分過ぎまではぜったいに, 午後二時五十分であった, 午後二時以後ならたいてい, 午後二時公判は終了, 午後二時出港す, 午後二時別府より紅丸, 午後二時前後に池袋, 午後二時前後小学校の始め, 午後二時十五分よりカセイ, 午後二時十分大噴煙同五時十五分轟聲一時, 午後二時十分発の急行列車, 午後二時半ごろの陽あし, 午後二時半はるかに山影, 午後二時半カラ四時半マデハ予ガ治療ヲ受ケテイテ寝室カラ出ル筈ガナイト, 午後二時半鍼ノ治療ガ始マル, 午後二時半頃一同は引き退りました, 午後二時半頃上野駅に着き, 午後二時半頃医員山田学士が, 午後二時四分発の汽車, 午後二時四十七分川棚温泉よ左様, 午後二時四十五分今から紀念塔, 午後二時四十五分発にて神戸, 午後二時四十何分かの汽車, 午後二時四十分ごろ法医学教室をたずねた, 午後二時四十分頃である, 午後二時外苑で三万人, 午後二時太陽は少し, 午後二時奉天着一時間余待つの, 午後二時寓所に着す, 午後二時我々は下関海峡, 午後二時春秋座より速達, 午後二時最後の締切, 午後二時棺が出た, 午後二時殯儀館を出た, 午後二時無花果樹下を出で, 午後二時男爵邸の小, 午後二時発の下り, 午後二時発信となっ, 午後二時立花幾久雄信子兄妹の演奏会, 午後二時船カナリア群島中の主島ラパルマ港, 午後二時西北の水平線, 午後二時豐橋着其處まで新城, 午後二時貨物船に遭遇, 午後二時近くですが, 午後二時近く成つたので酷く, 午後二時過ぎ小浜信造はやって来た, 午後二時過ぎ東京駅前に行った, 午後二時過ぎ水が飲みたくなっ, 午後二時過ぎ蛍はいつのまにか, 午後二時過ぎ雷鳴電光沛然と降雨, 午後二時開演夕かたまけて, 午後二時間丈けであった, 午後二時雪のない, 午後二時青山斎場で二川重明, 午後二時頃ひろ子が二階, 午後二時頃カプリを左, 午後二時頃バラさんと寿江子, 午後二時頃ホテルへかえった, 午後二時頃九十度近うございます, 午後二時頃予ガ寝室デ午睡カラ覚メ, 午後二時頃予ガ書斎カラ寝室ニ戻ッテ, 午後二時頃人声もしない, 午後二時頃同人は客, 午後二時頃城内より退去令, 午後二時頃家を出, 午後二時頃富岡老人を訪う, 午後二時頃小野田さんはやって来た, 午後二時頃彼の従来, 午後二時頃浅草公園雷門前での出来事, 午後二時頃渋谷道玄坂の青木堂, 午後二時頃獨占して, 午後二時頃空は晴れ, 午後二時頃訪客の大宮三位, 午後二時頃雜誌社に行き, 午後二時頃頂上へ着きました, 午後二時駅逓に帰った, 午後五六人づれで向島へ遊び, 午後五日ぶりに外出, 午後五時ごろ一同は岩壁, 午後五時ごろ永田町内相官邸では内務外務, 午後五時すぎ伸子はペレール, 午後五時イキケ港に入船, 午後五時オルコマ号に駕, 午後五時カラ三十分又牽引スル, 午後五時ジュネーブに着く, 午後五時スイスのバーゼル市, 午後五時パリに着す, 午後五時フランクフルトに降車, 午後五時フランス港ラ・ロシェルに入る, 午後五時三分の汽車で立つ, 午後五時三十七分の汽車に乗れ, 午後五時三十分東海道の上, 午後五時三十分退出す, 午後五時三十分閉廷した, 午後五時上陸す, 午後五時二十五分頃本州中部地方関東地方から近畿地方東半部, 午後五時二十分頃の話, 午後五時二百名より成る, 午後五時五分か, 午後五時五分前に, 午後五時五十三分天王寺西門の鳥居, 午後五時五十三分彼岸の中日, 午後五時五十五分発の汽車, 午後五時以外七時すぎ位までの電車, 午後五時以後一時に暗く, 午後五時以後外出セザルコトの禁止事項, 午後五時六時七時それから八時, 午後五時出航す, 午後五時十九分針ノ木峠の頂上, 午後五時十五分船長事務長及び数百, 午後五時十五分頃公一とその, 午後五時半ごろにまた, 午後五時半チューリヒに着す, 午後五時半リヨンに着す, 午後五時半ロシアの国境, 午後五時半上海市の共同租界内, 午後五時半峠の小屋, 午後五時半道仙寺の頂上, 午後五時四十五分ピカデリー街に於, 午後五時四十五分発生せる事変, 午後五時四十分レジナ駅発の汽車, 午後五時四十分海抜三〇四六メートルの塩見岳絶頂, 午後五時多くの人々, 午後五時大同江口を離れ, 午後五時寿都という港, 午後五時帰庵やれ, 午後五時帰館す, 午後五時廿分山際葛野両勇士麾下, 午後五時後公使館内にて聖寿万歳, 午後五時我々は熊本, 午後五時所用を帯び, 午後五時會長泉澤少尉の家, 午後五時海中に灯台, 午後五時細雨ようやく至る, 午後五時脇坂部隊は工兵部隊, 午後五時解纜す, 午後五時近くであった上, 午後五時閘北の新月花壇, 午後五時集合場所はオリエンタルホテル, 午後五時頃ダージリンに着きました, 午後五時頃一人の肥胖漢, 午後五時頃九州帝国大学精神病学教授従六位医学博士正木敬之氏が溺死体, 午後五時頃前と同じ, 午後五時頃同氏経営の通称ゴンロク・アパート前, 午後五時頃大学裏海岸を通りかかった, 午後五時頃宿へ帰りました, 午後五時頃此宿に着いた, 午後五時頃當時燒跡ニ歸來シ境内ニ掘立小屋, 午後五時頃絶頂を極, 午後五時頃野営して, 午後五時頃雨はやんだ, 午後五時頃非常に疲れ, 午後井川滋君来り訪, 午後井筒屋へ電報, 午後交替の田上兵長, 午後京子は駕籠, 午後京浜電車の中, 午後京都を立っ, 午後京都大学の, 午後京野等志は松本発, 午後人藥水を齎し, 午後今年中学を卒業, 午後今朝とそれ, 午後今村氏の案内, 午後伊庭想太郎と云, 午後伊藤氏という有名, 午後伊藤氏余を送り, 午後休んで夜, 午後伯爵からお, 午後伸子たちは下町, 午後伸子たち三人は所書き, 午後佐藤さんが工合わる, 午後佐野の川田旅館, 午後何処といふあて, 午後何氣なく組合, 午後佗びしく私は四谷, 午後佛壇には精靈棚, 午後作楽館で千葉先生, 午後來訪された, 午後依子は家, 午後便所ヘ下, 午後俄然として濁流, 午後俊夫君は紫外線装置, 午後信濃町の先生, 午後倉知に行こう, 午後偶然に例, 午後僕等三人は話し合い, 午後先生の墳墓, 午後入浴自分で剃髪, 午後入港とある, 午後全校をあげ, 午後全集第四巻校正, 午後八十度今日は七十八度, 午後八半時過著船, 午後八幡町の湯屋, 午後八幡町混堂の歸途白幡天神, 午後八幡町阿部氏を訪, 午後八時きみは宝冠, 午後八時これが二人, 午後八時ころ彼の穴居, 午後八時ニューヨーク発車翌日バッファローに降車, 午後八時ベルリン行きの急行, 午後八時ボートの用意, 午後八時マンチュリヤの税関, 午後八時リット提督はついに, 午後八時五十二分の汽車には間に合いませんでした, 午後八時五十五分五十六分五十七分の附近では湿度, 午後八時五十分頃のこと, 午後八時全国に防空令, 午後八時十分ぐらい前, 午後八時十分前目黒駅前ですか, 午後八時半カングリ警部は私たち洋館居住, 午後八時半名古屋着三藤旅館ての, 午後八時半発の列車, 午後八時半着の急行, 午後八時四十分発姫路行第二十九号列車に乗りこんだ, 午後八時四十分頃に同家, 午後八時大阪に立つ, 午後八時宇宙艇はついに, 午後八時左近のいわゆる, 午後八時敏子が関田町, 午後八時青森港出帆夜五時過箱館著船, 午後八時頃体温は卅八度五分位, 午後八時頃北室院に著, 午後八木船長とともに郵船代理店, 午後公園の大池, 午後公園博物館王宮議事堂寺院等を一覧, 午後公安員と称する, 午後公民学校へ行く, 午後六七時頃には右申, 午後六回の講演, 午後六時あな水底より浮びくる, 午後六時ごろ旅亭に帰り, 午後六時ごろ朝井刑事は帰っ, 午後六時すぎごろであった, 午後六時すぎ牛込警察署の一室, 午後六時サンパウロに着す, 午後六時ジュネーブに着し, 午後六時ハイド・パークの椅子, 午後六時ブリュッセル市に着す, 午後六時三分発上り列車の発車間際, 午後六時三分茅ヶ崎発の汽車, 午後六時三十五分であった眺望雄大, 午後六時三十分針路を真, 午後六時二十七分発にて小諸, 午後六時二十分頃であるその, 午後六時以後私が眼, 午後六時公使館を辞し, 午後六時六分着から午前零時三十四分着, 午後六時出帆定期航路に就く, 午後六時出航す, 午後六時十一分あなた方の幾, 午後六時十九分に四平街, 午後六時十五分頃にお, 午後六時十分に太陽, 午後六時半ごろに至り, 午後六時半南下しつつ, 午後六時半同港を抜錨, 午後六時半夜暗に入る, 午後六時半火薬爆発によりて生命危篤, 午後六時半頃から約, 午後六時四十分頃父は二階, 午後六時場所はオリエンタルホテル, 午後六時帰舎す, 午後六時広島の沖合, 午後六時廿九分烈震後十五日午後一時四十二分まで缺測, 午後六時新月を望みたる, 午後六時泊槍は雲, 午後六時煙雨の間, 午後六時発車夜行にてスウェーデン, 午後六時発錨す, 午後六時研究所へおい, 午後六時船長のジョン, 午後六時英国ヨークシャー州バルレー村を辞し, 午後六時荷持を一人, 午後六時血紅色の日, 午後六時豊島昌氏とともに汽車, 午後六時近くなると, 午後六時銀座ナイルで, 午後六時開演にはまだ, 午後六時頃下関に着いた, 午後六時頃小学生の一人, 午後六時頃左前胸部, 午後六時頃戸倉の宿, 午後六時頃福岡県早良郡姪の浜一五八六呉ヤヨ方母屋奥座敷より発火, 午後六時鵞鳥の見たる, 午後内田がやつ, 午後内藤さんの門前, 午後写真機を携, 午後冬子は天野, 午後冷吉が蒲團, 午後出かけて見た, 午後出かける学校に, 午後出帆ができる, 午後出席した茶話会, 午後出来上ってとじる, 午後出発して, 午後出立俊和尚の温情, 午後出立黒崎まで電車, 午後切って食う, 午後初瀬は実家, 午後別莊から半, 午後到頭雨に, 午後に述べ, 午後前触れもなく, 午後加瀬谷少佐から電話, 午後加藤はまた, 午後は久しぶり, 午後勘次郎は落武者, 午後勝手元賑かお, 午後勝重は伏見屋, 午後勤務のある, 午後北二丁目へ訪ね, 午後北村は数名, 午後区役所へいき, 午後医務の主任, 午後十一時ごろであった, 午後十一時すぎ月の出, 午後十一時一二分まわって, 午後十一時三十分ぐらいまでしか許され, 午後十一時三十分タイタニック号の附近, 午後十一時三十分前後で死因, 午後十一時五十五分で五十分, 午後十一時十二分品川発下の関直行, 午後十一時半ごろだった, 午後十一時半前後だし, 午後十一時半過ぎだった, 午後十一時半頃すなわち甚吉, 午後十一時四十七分になる, 午後十一時四十分を指し, 午後十一時四十分の四時間前ですから, 午後十一時四十分タイタニック号は大西洋, 午後十一時発の汽車, 午後十一時長崎を出発, 午後十一時頃高円寺一丁目に居住, 午後十二時二十分である, 午後十二時二十分頂上出発急斜面を下り, 午後十二時五分に窓, 午後十二時五分出棺した, 午後十二時十五分に漸く, 午後十二時十分仏茶屋で暫く, 午後十二時半今月は家, 午後十二時半野口で中食, 午後十二月下旬の細い, 午後十寸見歌舟に招がれ, 午後十時ここでこれ, 午後十時すぎだろう, 午後十時すぎごろになった, 午後十時すぎ今まで南西, 午後十時マデニ報告シ得ザルトキハ在京同志ハ悉ク明朝ヲ待タズシテ鏖殺セラルルコトヲ銘記セ, 午後十時一分発車しました, 午後十時三十五分の汽車に乗れ, 午後十時三十分から十一時の間, 午後十時上野発の青森行急行, 午後十時二十分頃かなりの地震, 午後十時五十八分であった, 午後十時前後寝際には必ず, 午後十時北海道根室湾を占領, 午後十時十三分汽車は京都, 午後十時十八分の列車にようやく, 午後十時十分少年が猫, 午後十時十分発の奥羽線まわり青森行き, 午後十時半芥川は伯母さん, 午後十時半近くのこと, 午後十時同所で死ん, 午後十時四十七分で一時間, 午後十時四十七分着急行で暁葉子, 午後十時大阪国際飛行場を離陸, 午後十時師匠は享年五十四, 午後十時汽船ロンドン号に移乗, 午後十時着となっ, 午後十時約束をたがえず, 午後十時近くなるのに, 午後十時過ぎになる, 午後十時頃ボートを漕い, 午後十時頃自室で読書, 午後十時風はいくらか, 午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作ヲ熔鉱炉ニ突落シテ殺害シタルヲ土井ガ自殺セシモノト欺瞞シ且ツ金六十五万円, 午後千種十次郎が石井家, 午後半日紅茶をのみ, 午後南明倶楽部古本売立会に赴く, 午後博物館に至る, 午後印刷のこと, 午後即ち晝間行く, 午後厚釜しく金永生, 午後原爆の街, 午後友田と大寺, 午後取りに来る, 午後受持の医者, 午後叢林の中, 午後台湾軍司令官と水越台中州知事, 午後吉田へ会合, 午後同君がビール, 午後同艦は港, 午後同道して, 午後吾輩は例, 午後呉郎さんと共に川, 午後呉郎さん十郎さん某郎さん大挙, 午後呑牛が受け, 午後周二さん来訪予期しないでも, 午後和田君に誘はれ, 午後和蕾君を訪ねる, 午後和辻君は紫野, 午後咲枝が腕, 午後商大の高瀬氏来訪, 午後四ツ谷の家, 午後四人づれの少年, 午後四日ぶりに街, 午後四時あとは空腹, 午後四時ごろフィンランドの公爵, 午後四時ごろ初夏真昼間だから, 午後四時ごろ巴里市第十一区三人姉妹街三番地, 午後四時ごろ深川区森下町より本所林町二丁目, 午後四時ごろ高等学校の横, 午後四時それからの一時間, 午後四時ニ来タ, 午後四時ペナンに入港, 午後四時ホテルの玄関, 午後四時ボンベイに着す, 午後四時一般焼香を終っ, 午後四時三分四十八秒完全潛入四時四分八秒出現雲のため, 午後四時三分四十八秒完全潜入四時四分八秒出現雲のため, 午後四時三十一分臨時列車は佝僂, 午後四時三十五分内親王殿下御誕生, 午後四時三十八分です, 午後四時三十分ごろに一人, 午後四時三十分バッサン・アヴァルの岸, 午後四時三十分頃に西那須驛, 午後四時二十五分発の汽車, 午後四時二十分に此処, 午後四時五十七分総ての荷物, 午後四時五十五分発横浜行きの列車, 午後四時今は午後二時頃, 午後四時入港の由, 午後四時八つはその, 午後四時冬の日, 午後四時前後に電燈, 午後四時十二年ぶりで手錠, 午後四時十五分ということ, 午後四時十五分東北東に向っ, 午後四時十分であった, 午後四時十分の不定期急行で京都, 午後四時十分の汽車で京都, 午後四時半ごろ右の狼, 午後四時半すぎであつ, 午後四時半予定に後, 午後四時半体温を験す, 午後四時半在宅とのこと, 午後四時半頃他の室, 午後四時命によって先ず, 午後四時四十二分別府著別府には大正八年夏一たび, 午後四時四十五分ごろニース市は予期, 午後四時四十五分新橋発神戸行の直通, 午後四時四十分の上りで佐野, 午後四時四十分東京着です, 午後四時四十分発の急行, 午後四時市中マヨ街の車馬, 午後四時帰宅す, 午後四時後はようやく, 午後四時抜錨す, 午後四時新吉は隣, 午後四時日木軍艦二隻戴冠式をおえ, 午後四時本船の姉妹船, 午後四時比になっ, 午後四時熔鉱炉のよう, 午後四時真夏の太陽, 午後四時着の由, 午後四時船トロムセー港に入る, 午後四時芦峅に達し, 午後四時英国南海岸に接見, 午後四時蝉は鳴きしきっ, 午後四時行く手の雪, 午後四時近くであった, 午後四時過ぎ伊東さんが約, 午後四時過ぎ俺は今, 午後四時過ぎ夕烏の声遠近, 午後四時過ぎ東京という人口過多, 午後四時過ぎ相も変わらず肥え, 午後四時長崎に入港, 午後四時長男が出発, 午後四時頃それが済ん, 午後四時頃ベルリンのフリードリッヒ駅, 午後四時頃今から一時間, 午後四時頃僕の乗っ, 午後四時頃北米合衆国メーヤアイランド軍港附近に於, 午後四時頃土塀の外, 午後四時頃地中から太陽, 午後四時頃大森山王の一角, 午後四時頃婆サント陸子ガ這入ッテ, 午後四時頃常州第一, 午後四時頃平気な様子, 午後四時頃書斎の電話, 午後四時頃正面からさす, 午後四時頃河野はやって来た, 午後四時頃秋岡という村, 午後四時頃金起来りければ, 午後四時頃鋸山の入口, 午後四時頃麓の部落, 午後四時飯田勘之助氏, 午後四谷に徃, 午後回診快方注射も今日, 午後園生に一人庭下駄, 午後い玉葱, 午後土井は袴羽織, 午後土河内村を訪う, 午後地橙孫居を訪ね, 午後坪内先生から, 午後型どおりに行われた, 午後埴生と散歩, 午後埼玉県の久喜, 午後堀川保吉は須田町, 午後堆積地点へ行っ, 午後堪へきれなくなつて, 午後墓参に赴か, 午後墓地の広場, 午後墓守一家が門前, 午後壮一少年は学校, 午後夏目先生を訪, 午後夕刊の締切, 午後夕飯過林町, 午後には誰, 午後多喜子は洋裁, 午後多賀子が広島, 午後は読書, 午後夜間と引き続い, 午後夕立が, 午後大したあつさ, 午後大人が鶏, 午後大同に出かける, 午後大塚氏とともに普通教育, 午後大学から警視庁, 午後大木の影, 午後大本山事務所に至り, 午後大熊老人は全く, 午後大街道へ出かけ, 午後大観堂から金, 午後大貫の方, 午後大雨の中唖, 午後の安, 午後太陽がカンカン, 午後夫人の胸, 午後奥さもいつしよ, 午後女どもが肉, 午後女中のマリイ, 午後女中三人を呼ん, 午後女医の, 午後女房と新宿, 午後妻子を玩具展覧会, 午後姉夫婦が駆けつけ, 午後子供らと明治神宮外苑, 午後学校早退きして二人, 午後孫軍曹の部屋, 午後の郵便箱, 午後宏子が学校, 午後つたやうに, 午後実際にツーリストビュロオ, 午後客間でなに, 午後室町三越前で電車, 午後室積へ行っ, 午後宮ヶ崎町の方, 午後宮島にいたる, 午後家畜を買い, 午後宿屋の亭主, 午後富之助は鹿田, 午後富井の門, 午後富士見町の妓家, 午後富士見町与謝野氏の家, 午後富子と顔, 午後寒暖計が六十八度, 午後寓所を発し, 午後寓舎に入る, 午後てゐた, 午後寝ころんで読書, 午後寺院競馬および消防演習, 午後小児の盲目競走, 午後小包が届いた, 午後小夜子サンの亭主, 午後小学校のひけ頃, 午後小寺氏を訪ね, 午後小屋の中, 午後小川氏の家, 午後小林君が用, 午後小林団長はゆうべ, 午後小西氏方貸間にて執筆, 午後小西氏邸内の一室, 午後小西氏邸内貸間に行く, 午後小説を読ん, 午後少年連盟の上, 午後尺牘を編纂, 午後尼提はいつも, 午後尾崎士郎氏より速達, 午後尾沢生は増長, 午後尾道に帰りました, 午後局長と鼎座, 午後轎中に, 午後山下町の税関桟橋, 午後山城屋の旦那寺, 午後山嵐が憤然, 午後山形城址の案内, 午後山科へ, 午後岐陽さん呂竹さん来庵, 午後岐陽呂竹の両君, 午後岔水君と黎, 午後岡村のおじいさん, 午後岡田氏とともに車行, 午後岩崎雅通氏來り佛蘭西書籍十餘册, 午後岩形氏に支払った, 午後岩瀬家の本邸, 午後の茶屋, 午後嵯峨方面から戻っ, 午後川原一家の四人, 午後川口検事によって起訴状, 午後川奈へ行く, 午後川尻へいつ, 午後川島順平が打合せ, 午後川崎から来た, 午後川野委員長対大石佐藤との会見, 午後州政庁に至り, 午後巡査は監房, 午後市ヶ谷監獄署跡新開町焼亡すと, 午後市中大晦日の景况, 午後市場へ買い出し, 午後市外の散策, 午後市外公園および海浜, 午後市庁内の美術館, 午後市木さんは竹垣, 午後市村座に赴き, 午後市街を散歩, 午後市街散歩市人の訓練, 午後市郎は考えこん, 午後帆村探偵は雁金検事, 午後帰庵して, 午後常磐木倶楽部訪諏商店浮世絵売立会に赴き, 午後常磐木倶楽部諏訪商店浮世絵陳列会に赴き, 午後平野少年はおとうさん, 午後がある, 午後庸介が自分, 午後延引の手紙, 午後建物の内, 午後引けて帰っ, 午後強い風が, 午後当市において兇暴, 午後当邸を出立帰藩, 午後役所へ来い, 午後彼らは田舎, 午後彼是三時頃でしたらう, 午後彼等を呼びよせる, 午後待ち合わせる約束の, 午後従弟から葉書, 午後乗船, 午後御船附近の戦争, 午後た同, 午後復興局に働い, 午後晴, 午後徳山へ, 午後怒れる緬羊といった, 午後思いもかけない, 午後思いがけない結果が, 午後惣治の手紙, 午後感じた感じそれを, 午後態人が樹明君, 午後慶応大学病院へ行っ, 午後我がせし狼藉, 午後折角の譚, 午後招待されて, 午後授業時間が終わっ, 午後提灯競走に出る, 午後支配人の案内, 午後政教社に行き, 午後故人の所属, 午後敏子が誘い, 午後散歩入浴学校に寄つて, 午後散歩帰庵すると, 午後散歩折から女学校, 午後散歩湯田へ行く, 午後散歩田圃では皆欣々, 午後散歩途中で春菊, 午後敬之進を送る, 午後敬君来訪サケサカナ例の如く, 午後敬治君来庵餅を貰, 午後敬治坊を待合せるべく, 午後数寄屋橋歯科医高島氏を訪, 午後数時間の余暇, 午後敷島ガレーヂに電話, 午後敷水鎭附近で道, 午後文科大学に至り, 午後文部属官の案内, 午後らしい女中, 午後新しい單衣物などを, 午後新小岩の歸途春街氏, 午後新潮の副, 午後新福亭にて唖, 午後新緑の光り, 午後新聞社の方, 午後旅亭を引払, 午後日下部太郎は昨夜, 午後日光を漏らす, 午後日吉町庄司理髪店に赴き, 午後日曜日そして休み, 午後日曜日大祭日なぞには朝, 午後日本人クラブを訪い, 午後日本商松浦滝波両店, 午後日本媼に頼ん, 午後日英博覧会の跡, 午後日附の上, 午後稾を, 午後クカラ出カケル, 午後早くから出かけまつ, 午後早めにルーヴル, 午後早目にポート, 午後は久し振り, 午後明智小五郎は山野家, 午後映画を見, 午後春陽堂の人, 午後春陽堂店員来りて, 午後春陽堂番頭林氏来りしかばおかめ笹, 午後時々理由も, 午後く相島, 午後景子は友人, 午後晴れて寒い, 午後晴れたので散歩, 午後晴れたる日, 午後晴天にもかかわらず, 午後智子はその, 午後暑い空気は, 午後暖国のこと, 午後暮羊君来訪ついて, 午後曇って中, 午後曇つて来て, 午後更に赤石沢から, 午後書信を数通, 午後書斎へはいられ, 午後モ痛ミノ激シカッタ日デアッタ婆サンガ始メテ病室ヲ, 午後月給が半月分, 午後有元にヤッホー, 午後の姿, 午後朝日屋の夫婦, 午後朝鮮から輸送機, 午後木賀より帰る, 午後木賀子爵は急, 午後木部の下宿, 午後本田道ちゃんの結婚祝, 午後本郷座をひとり, 午後朱葉会を見る, 午後机上の寒暑, 午後杉山部落を辞し, 午後杉村はある, 午後村松正俊氏がギリシア語, 午後来いと言え, 午後来夕飯を共に, 午後来庵敬治君不来, 午後の大, 午後東京運動倶楽部の秋季会合, 午後東京駅のプラットホーム, 午後松岡夫妻楠窓町田一等機関士章子友次郎等とサンフリート村, 午後を出し, 午後柳氏来訪年齢の差異, 午後柳秋雲がふい, 午後栗林弁護士と府中刑務所, 午後格子の内, 午後は大分, 午後梨枝子は安里, 午後の家, 午後植物園動物園を一覧, 午後榛原紙舗に徃, 午後樋口が来訪, 午後之助, 午後横佩家へ知らせ, 午後横浜解纜の英国船, 午後樹明さんが黒鯛持参, 午後樹明君敬治君来庵酒と汽車辨当, 午後樹明君来庵ちりでほどよく, 午後樹明君来庵ぼうばくとしてゐる, 午後樹明君来庵例の揮毫料, 午後樹明君来庵午睡これから湯田, 午後樹明君来庵同道して, 午後樹明君来庵魚と焼酎, 午後樹明居へ御馳走, 午後樹明徃訪そして来訪, 午後樹明来そして敬坊来, 午後樹明来訪つ, 午後橋本から電話, 午後欧亜局長も警保局長, 午後歌舞伎座に立寄る, 午後枝の, 午後正岡容氏を眞間, 午後武波憲治君の葬式, 午後武道の時間, 午後歩いて山口, 午後死んだお方は, 午後母上来千歳会がおそく, 午後母親の客間, 午後毎日のよう, 午後毎日新聞社から電話, 午後のちがった, 午後水仙蕃紅花の球根, 午後水谷氏とともに市外, 午後氷川神社境内を歩む, 午後永井喜平麻布借地の事, 午後汽車にて二十マイル余, 午後沢山のおみやげ, 午後河内介は例, 午後河口氏とともにカルカッタ, 午後河尻へ出かけ, 午後油買ひに, 午後に入り, 午後泳ぐ昼顔一茎を, 午後津田は呼び付けられ, 午後活動寫眞を見, 午後活溌な運動, 午後流れ雲が空, 午後浅井はつい, 午後浅草に行く, 午後浅草公園を歩む, 午後浜田と一緒, 午後海神凌霜子別宅にて執筆, 午後海神無線電信所附近の畠地, 午後海神町國道を歩, 午後海部郡日和佐町の薬主寺, 午後深尾と戸田, 午後清三が宿直室, 午後が學校, 午後渡辺竹中二人づれで来た, 午後温暖蒸すが, 午後港内に碇泊中, 午後湖山紫草の二子, 午後湯上がりの体, 午後湯浅さんのところ, 午後湯浅野上両氏あてに手紙, 午後湯苅が揃っ, 午後満開になり, 午後溜池の角, 午後晴, 午後瀧子は汽車, 午後瀧田氏が見え, 午後瀬川キミ子から電話, 午後と煙, 午後灼けるような, 午後烈風雨を誘ひし, 午後無事シヤトルに上陸, 午後無数のイルカ魚, 午後無水君を襲う, 午後無線電報を続々, 午後照彦様と正三君, 午後熱狂的な情緒, 午後は子供たち, 午後片方の奥さん, 午後牛天神の森蔭, 午後物見の者, 午後犯人を捉, 午後独歩荻窪停車場さして出かける, 午後独行して, 午後独身者の善昌, 午後独逸軍の飛行機, 午後を捜し, 午後玄鶴は仰向け, 午後玉村へ行く, 午後らしく夕立, 午後珍しく滝沢の, 午後理髪舗庄司に徃, 午後甘利氏とともに官省, 午後生徒達の寝室, 午後生田さんが見えた, 午後産婆が見舞っ, 午後用事で銀座, 午後の草, 午後田原氏と私, 午後田辺氏とともに山県商店, 午後由雄が向う, 午後甲斐は評定役, 午後を冒し, 午後病んでいる, 午後病室にあらわれた, 午後病院の小使, 午後白絣に袴, 午後百合子訪ひ来りしかば, 午後的矢丸は本部島, 午後が垣根, 午後皆散歩に出た, 午後の金魚, 午後相州小田原の傍ら, 午後省線新小岩町の私娼窟, 午後看護婦が手紙, 午後を曇らせられ, 午後矢代は久慈, 午後矢島さん来訪君の復活精勤, 午後知友を訪い, 午後石勝の隣, 午後石子刑事が署, 午後石子渡辺両刑事, 午後石山氏に跟, 午後石油と醤油, 午後磨針嶺望湖堂に小, 午後社長室のつ, 午後神楽阪上なる区役所, 午後神楽阪貸席某亭, 午後神田に行き, 午後神田青年会館に徃, 午後福井の人, 午後福松は欣々, 午後秋川駿三が林田, 午後秋田県鹿角郡生出を駕籠, 午後稀也さんを見送るべく, 午後くもる, 午後空いている, 午後立つというん, 午後竹山茂樹がやって来た, 午後筍買いに隣村, 午後筑後丸の舷梯, 午後箱館に至り, 午後築地桜木に至り, 午後米買ひに, 午後約束通りに山口, 午後紐育中央公園のベンチ, 午後素戔嗚は更に, 午後細君をよこす, 午後細雨来たる, 午後綱宗に伺候, 午後縫いものを, 午後義捐金の一部, 午後羽田へ着く, 午後耕吉老父耕太郎久助爺との四人, 午後膠州路の万国殯儀館, 午後自分達は林町, 午後自動車でツインコタ, 午後自宅から必要, 午後自然の中, 午後至急の郵便, 午後を漕ぐ, 午後芝生の上, 午後芥川さんは制服, 午後英吉利公園を散歩, 午後茶話記者は北浜, 午後菅井和尚が見え, 午後菊子の耳, 午後薄暮初夜二更時刻を撰ぶ, 午後藤井さん久しぶりに来訪, 午後藤枝のオフィス, 午後藤沢へゆく, 午後に忙しい, 午後蜆貝でも掘る, 午後行きて見る, 午後行き違いに姉, 午後行くと書い, 午後行けばよい, 午後行われた討論に, 午後行一は貸家, 午後表通りの電車, 午後裏庭では旦那, 午後裸足で歩い, 午後西南の中天, 午後西安に歸着, 午後西日の這い寄る, 午後見事にがちゃーん, 午後見舞ひに, 午後親しい同志の, 午後親任式を終っ, 午後觀測所はたうとう, 午後解剖に付せられるべく, 午後記念のため, 午後訪ねて来た, 午後診察に来る, 午後詩人カーライルの遺跡, 午後誘はれて出張, 午後読んだ希臘悲劇が, 午後調査委員の顔合せ会, 午後講堂でその, 午後警察署へ捜索願, 午後護国神社参拝今日はとりわけ, 午後谷崎氏と神田, 午後貧民窟といつてもい, 午後貴方が一足違い, 午後貸間にて短篇畦道脱稿, 午後賀古氏は急逝, 午後赤井氏の宅, 午後赤坂へ年始まわり, 午後赤坂離宮で使節団, 午後赤塚氏の診察, 午後赤熊の毛皮, 午後起きまた病室, 午後起重機のチェーン, 午後車椅子をころがし, 午後車行十マイルウィリアムズタウンの海浜, 午後と原秀, 午後込み合った省線電車の, 午後近在を散歩, 午後近藤は妻, 午後近郊散歩五句拾ふ, 午後連れ立って健三, 午後遅かったが, 午後遊びに見えました, 午後ぎをかへりゆく, 午後過ぎというもの, 午後道夫は川北先生, 午後道頓堀の通り, 午後選挙会が開かれた, 午後避病院に擔, 午後那須たちと新宿, 午後郊外の草原, 午後つぱらつて, 午後醫務の主任, 午後重吉のところ, 午後野原からかえりました, 午後野平さんみえる, 午後野村本之助, 午後金さん小説について, 午後金剛能楽堂へ歩, 午後金沢の今村君, 午後銀行から受取った, 午後鏡子君に連れられ, 午後長井嬢のところ, 午後長谷川氏のところ, 午後の外, 午後門外を歩む, 午後開山堂の中, 午後開業に一定, 午後阿倍野葬儀場はとくに, 午後降りしきる雨を, 午後降雨あり, 午後院展を見, 午後陰雲起て雷雨灑来数日, 午後のさしこん, 午後陽一杯トラクターの上, 午後隆治さんの小包, 午後のため, 午後の娘, 午後集まったらさっそくご存じ, 午後雑司谷に徃, 午後雨中大石君を訪, 午後雨小止したれば, 午後雨汗が出なく, 午後雪解の町, 午後零時をもって某, 午後零時三十三分着一時出発, 午後零時三十何分かの下り, 午後零時三十分神戸発の急行列車, 午後零時半ごろ親戚へつい, 午後零時半木村が来る, 午後零時半過ぎに木村, 午後零時半頃であった, 午後零時奥穂の頂上十二時半, 午後雷雨あり, 午後雷鳴だけであまり, 午後電報ガワセが来る, 午後霜氷は堅く, 午後霽波が又, 午後霽間をちよ, 午後青山の方, 午後青山辺を歩む, 午後青木邸の園遊会, 午後青衣子君来訪抱壺君父子と共に会飲, 午後静かでよかっ, 午後面会を許す, 午後頭痛がし, 午後風呂へいつた, 午後風雨の中, 午後飛行島に上陸, 午後食卓でいろいろ, 午後食鬼類のため, 午後馬籠峠の上, 午後駅長の宅, 午後駒込の伯父さま, 午後騎馬のトルコ兵, 午後驟雨来たり, 午後驟雨模様あり, 午後高島屋から大森, 午後高橋へ戻っ, 午後魔子は来, 午後鳥居峠にいたる, 午後鳥打帽子をかぶった, 午後麻布に行く, 午後黒田礼二氏来秋田さんのところ, 午後4時に, 午後8時半に空港