青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「午前~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~
午前~
~午後 午後~ 半~ ~半ば 半ば~ ~半分 半分~ 半年~ 半日~ 半蔵~

「午前~」 2841, 31ppm, 3810位

▼ 午前~ (350, 12.3%)

4 の出来事 3 に来る, のこと

2 [18件] かかって, だった, にやつ, に三四カット, に出た, に家, に御, に行く, に釧路, の精神, の行乞相, はいろ, はそこ, は地方, は大抵, は工場, は無事, は父

1 [304件] うりますが, からいろ, からお, からのそれ, からの暖かい, からもう, からビクター, から初め, から午後, から大森, から弁当持ち, から教室, から時雨さん, から来る, から浅草行き, から留守, から臥床, から行く, がまことに, が一日, が勝負どころ, ぐずついて, こんなこと, さらった丈, じぶん, ずっとよみかけ, ずつと小, ずつと新聞, その実習, だけでももつ, だけで家, だけにしたい, だけは家, だけソファ, だけ働いた, だけ勉強, だけ神保町, だけ自宅, だけ通っ, だけ野良, だつたそう, ちょっと変, であった, であるこの, でした, ですね, ですみ, ですよ, ですんだ, でまだ, で学校仕舞い本, で帰っ, で無く, というもの, ときめた, とを調査, とシバイ, と午後, などは頗る, ならいつ, なら大, なら居ますと, に, にあがらない, にお願い, にこちら, にすます, にすむ, にでる, にという約束通り, になる, にね, には, にはぼく, には俊子, には僕, には元, には四十九巻, にひける, にぼく, にまた, にも書く, にやって来た, にやる, にわかっ, にタルタル港, にチャン, に一万余人, に一回, に一段, に三度位, に五, に人, に伺っ, に佐伯さん, に出かけ, に切支丹屋敷, に各地, に各戸, に吉弥, に同室, に味噌, に四人, に四回, に回診, に圭一郎, に坪内先生, に売り切れ, に売れ, に多い, に天皇陛下, に宿, に小さい, に届く, に届け, に巣鴨拘置所, に帰っ, に帰る, に序, に彼, に忍び込ん, に授業, に揃う, に数カット, に文部省, に早く, に来いいう, に来た, に来ない, に来るべき, に東京, に林町, に歇, に正木博士, に比し, に法医学教室, に流した, に準備, に無事, に熱帯, に片付く, に病院, に着く, に着物, に私, に納骨, に臨時閣議, に自分, に船客, に荷作り, に薬局, に蜘蛛, に行ける, に行つて來, に行われる, に見, に見え, に見舞い, に訪問, に誰, に谷津, に貴方, に農商大臣, に運びこんだ, に金貨, に長尾, に雨, に面会, のある, のこの, のしろい, のその, のめんどう, の一時, の中程, の事, の仕事, の会話, の何時頃, の出生, の坐礁事件, の外來, の大気, の奈落, の奔走, の当直, の戦況, の旋回, の日光, の時間, の潮行, の甲板, の禁, の私, の練習, の興奮, の青い, は, はおとなしく, はかなり, はかなり力, はしゃべっ, はしよぼ, はすっかり, はずっと, はそこら, はそれでも, はてく, はとても, はとりとめ, はどこ, はどの, はなかなか, はアナーキズム, はガレリア・ドリア, はナオミさん, は一人, は一杯, は三十六度八分, は互尊文庫, は人見, は例, は出さない, は博物館, は各科, は各自, は四書, は図書館, は外来講師小西先生, は学校, は小春日和, は居士, は山中漫歩, は山野, は川越さん, は店, は引き, は必ず, は散歩, は早く, は晴れ, は晴朗, は毎日宿, は浜崎町行乞, は申分, は神保町, は秋晴れ, は耕作, は自宅, は自転車, は花壇, は英国南端デボンシャー州, は西条町行乞, は見えず, は語学, は読書執筆, は身辺整理, は近所, は運動, は都農町, は銀行, は院長, は雨模様, は風, は風通し, ふったきり, ほんの数時間前, まつケイオー, までにという命令, までの交渉経過, まではおとなしく, までまだ, も早い, をうつうつ, をそれ, をつぶし, をつぶした, をば膝せり, を仕事, を在留, を完全, を見はからっ, を通してしだいしだい, を過した, ヲ日記ニ費スコトガ, 何かと手間, 全軍, 出かけ久しぶり, 廻った, 忙しく働く, 思い出しては, 感じるゆとり, 持つか, 既に騷然, 時々バラバラと, 深川町行乞, 片づいたけれど, 珍しく家, 行って, 起きて, 鋭五, 閉められたまま, 降りて, 高商生二名来訪

▼ 午前~ (225, 7.9%)

9 うちに 4 陽が 3 日の, 汽車で, 陽の, 陽を

2 [19件] うちは, ことだった, ことである, ことです, 中に, 事である, 二時頃の, 人定尋問の, 仕事の, 光りを, 光線が, 八時頃に, 十一時に, 日ざし, 時間を, 汽車に, 爽やかな, 空は, 陽は

1 [162件] いくとき, うちだけ, うちで, うちには, うち新吉は, こと, ことだ, ことちょうど, ことで, ことでありました, ことを, しずけさが, それよりも, はナカマ・オナカイリ, ひとときの, ものだけを, をハシマ, を朝ケンズイ, ロケ中止といふ, 一二時まで, 一時から, 一時ごろ暗夜では, 一時で, 一時を, 一時二時迄も, 一時半まで, 一時近くに, 一歩きですつかりへこたれ, 七時頃に, 三四時には, 三時から, 三時が, 三時頃から, 三時頃に, 三時頃までは, 中の, 中爪皮の, 中継母が, 九時から, 九時が, 九時ごろと, 九時を, 事で, 事件の, 二時から, 二時が, 二時ごろにわかに, 二時であった, 二時でした, 二時と, 二時に, 二時三時に, 二時間だけ, 二時頃です, 休息時間じゅう微分の, 会話, 会談の, 便で, 光もっと, 八時か, 八時な, 八時もしくは, 八時半と, 六時です, 六時半から, 冷気に, 分を, 十一時ごろから, 十一時には, 十一時頃から, 十時か, 十時ころ, 十時ごろにも, 十時と, 十時に, 十時には, 十時頃が, 十時頃と, 受業を, 四時から, 四時の, 四時まだ, 四時まで, 四時前後である, 四時少し, 四時頃でありました, 四時頃である, 四時頃に, 四時頃他の, 回診ずん, 境界にも, 大塚博士の, 大雨の, 太陽, 太陽の, 学科を, 小バサマ, 市街は, 幾時間を, 廓内及び, 当直を, 往来で, 往診の, 微風を, 思って, 授業が, 授業中の, 教会へ, 散策, 新鮮な, 日が, 日光, 日光が, 日光に, 日光の, 日影が, 日霜に, 晴天は, 暖かい時刻, 暖かく風, 村道を, 柔道の, 森に, 検温は, 気味悪い出会い, 気息を, 法廷では, 海は, 淡い日影, 演習は, 濃い藍色, 無言の, 物音, 直に, 稽古を, 空気に, 空気は, 色に, 茶の, 街なかを, 街を, 街上に, 診察で, 診察の, 話を, 説教や, 講義に, 講義を, 赤い日, 路であった, 逆光線の, 都合を, 間その, 間中寝転ん, 陽光が, 陽光に, 雨が, 非増租派大, 風, 風が, 香ひ, 黄金と

▼ 午前~ (121, 4.3%)

2 帰って, 来て, 訪ねて

1 [115件] あった, あなたに, あれほど, うっとりと, おかみさんが, おとらぬ歓楽, お嬢さんが, かれが, かれは, くらべて, ここへ, この一代, して, しぼむとも, すんで, そちに, できて, ともかくも, ながめた小柴垣, なって, ほかの, まず第, また来る, また消火, やるの, わたしは, グルゥバッハ夫人の, バーグレーヴ夫人は, ボシュエが, 一回ひょっくり, 一寸行つて来たら, 一寸行つて見た, 一度ひる, 一度午後に, 一度午後早く, 一度日の, 一方では, 一日分の, 万寿山で, 三吉が, 両国駅を, 二人で, 二時間と, 二時間の, 五七人の, 京橋へ, 住吉町の, 佐藤加藤二氏と, 來て, 來る, 僕たちは, 僕の, 円乗寺へ, 再び出, 出かけるとき, 出かけるの, 出向くと, 到りて, 劣らず深い, 十二時二十二分の列車に, 十枚ばかり, 千歳は, 午後に, 受取ったん, 坪内先生の, 埠頭の, 失ったもの, 妻は, 家を, 居留地の, 庄太が, 慶応義塾に, 成って, 招魂祭を, 揚子江口へ, 日本の, 日比谷近く帝国ホテルの, 時代物を, 書いた長い, 書いて, 本郷で, 林之助は, 果樹園を, 気分を, 気象と, 注射を, 浦賀に, 狂雨が, 田町の, 登つて來て, 白毛の, 目を, 神戸行きの, 私が, 私は, 私達は, 聞いた事, 莞爾しなから, 菊次さんと, 行つた, 行われた手術, 見て, 近江は, 近藤さんが, 迫って, 退けるの, 逝去した, 連れられて, 遊んだ友達, 重三, 限って, 馬籠の, 馬車で, 髪月代でも, 鳴けば

▼ 午前十時~ (88, 3.1%)

3 から午後四時, だった 2 と十一時, にみんな, に下

1 [76件] から, からいよいよ, からなんて言ってた, からは草むしり, から全, から八時間東京, から午後一時, から午後三時, から礼拝説教, から自宅, から赤い, から集る, が鶏卵半熟一つ, すこし過ぎた, だつた, だと, ちかい天地, であった, で御座いました, と云う触込みな, と十一時の間, と午後一時, と定められました, と布令, と明記, と聴いた, にいらっしゃい, にこの, になっ, になった, にヴァンセンヌ, に丸ビル, に会う, に坂本公園, に官邸, に家, に招待, に東京駅, に深川八幡, に目, に知っ, に美人, に至る, に行っ, に行幸, に裁判医, に諸, に近づい, に開場, のバア, の会見, の日, の日光, の時計, の観想, の陽, の音, は刻々, までに当, までに憲兵隊司令部, までに槍下, より四時, より神楽坂, より車行二十八マイル, わが船ペルー港カヤオ, をやや, を約し, 少し過ぎ, 御出発, 記す, 起き上山雅輔, 起き山王ホテル, 迄に病院, 迄に總, 過なり, 過に

▼ 午前九時~ (80, 2.8%)

4 から第 3 になる 2 から午後一時, から午後五時, から午後四時, に出発

1 [65件] あるいは十時開場, かっきり, から, からである, からギンネコ号, から七時半, から九時五十九分, から十時, から午後十時, から藤屋デパート, から蜿々長蛇, から退出, からPCL, か十時, が来, つて, であって, でしたから, という, というの, と午後四時, と定めた, なり, なん, に, にこの, になった, にならない, にはもう, には水蜜桃, には着く, にやってくる, にヘルマン, に入隊, に出, に受付, に始まり, に発車, に皇帝, に眞山君, に行く, に解剖, に訪ね, に貴族院, に起き, に鳴り, の下り, の青い, まで, までに数寄屋橋ビルデング四階東洋興業株式会社, までに日本堤, までに相違, より堺生, より巡査部長ほか一名, より鈴木某氏, より開場, を十五分, 知る人, 起きポリドール, 起き昨夜, 迄に, 迄に母上, 遅くも, 過ぐるころ家, 過なるべし

▼ 午前二時~ (80, 2.8%)

5 に朝 3 であった, である, に起き 2 であつ, になった, には必ず, に近かっ, を打った, を指し

1 [54件] から三時, から三時の間, から二時半, から四時, から四時頃, すでにもう明るし, すると, その百貨店, だ, だったと, だと, だ僕, ちかくだったであろう, であったという, であること, でございました, でも三時, で三人, というの, という夜中, という頃, とかに立っ, に, につく, になつ, には秀吉, に上諏訪駅, に明け, に番兵, に着く, に至る, に起し, のバルコニー, の上野, の丑ミツ時, の凍った, の時計, の頃, はほか, は七百三十粍, まで劇場, まで正岡子規, より以上夜更し, より早く, をすぎた, をすこし, をまわっ, を五分, を少し, を打ちました, を見ない, を過ぎた, 即ち昨夜, 迄ランプ

▼ 午前~ (74, 2.6%)

2 冬午後は, 商況の, 山を, 自分の, 陰午後は

1 [64件] あまり人が, いつでも, すこぶるすい, たいてい宅, とてもしづか, まだ暴風雨, まるで蒸され, みな寺院に, よくうごいた, マクスウェルの, 一洵君来訪大いに, 一等船客の, 乞食坊主だ, 休み二時開演, 何の, 何も, 元寛さん来訪, 八時発の, 凡ゆる, 加藤さんを, 午後は, 四人とも, 図書館行木戸神社参拝, 大野領事の, 姪, 客が, 小屋の, 小泉兄弟を, 少し降った, 帰れぬ午後役所, 快晴だつた, 教会に, 教室で, 断食寮の, 旅人この, 旗山が, 日迎え, 早くも, 晴れて, 晴午後は, 曇午後は, 朝三時頃から, 松谷の, 樹明さん敬治さん, 法隆寺に, 泣きな, 洗濯ものの, 満鉄, 漫歩飲みたくなれ, 眞山君に, 筑紫午後は, 絶食, 良人と, 菜漬午後は, 読書午後は, 過ぎて, 郵便や, 郵便を, 郵便局まで, 酒に, 附近の, 雪に, 雪もよ, 駅の

▼ 午前三時~ (70, 2.5%)

2 だ, だった, であった, に起き, に青森, の蝋燭, を期し, を過ぎ

1 [54件] からゼネ・スト, から起き, か三時半, が十月二十何日, だったと, だつた, である, であるから, でも四時, で騒ぎ出したの, とあっ, という, というの, という時刻, と云, なりと, になっ, には河岸払い, にぼくたち, に及ん, に変更, に息, に支度, に月, に浅井軍, に當, に目, に終戦, に近かっ, に遂に, のこと, の事, の時計, の空気, の若松停車場, の鐘, ばかりに念仏, までに帰りませんでしたら, まで散歩, まで競売, よ, より前, をすこし, を大分, を打っ, を打った, を打つ, を物憂く, を過ぎた, 再び自然, 少しすぎ, 少し過ぎた, 満洲里, 近かつ

▼ 午前八時~ (54, 1.9%)

3 に出発, を期し 2 から午後三時

1 [46件] いよいよ出発, か, からけさ八時, から十一時半, から午後七時, から午後五時頃, から午後四時, から夜, から翌日, から芝, から開演, か今, が出発時間, だ, であった, である, でしたが, では, でも十時, で朝食, といえ, になっ, にね, には前記, には早, にヨーカン, に各国代表, に夜営地, に大水上山, に朝飯, に私, に終り, に結束, に聖岳, に船, の出来事, の赤い, まだ眠い, までに御, より同時十分, を少し, を打つ, 少し前, 迄やった, 迄一休み, 迄二十四時間勤務

▼ 午前十一時~ (54, 1.9%)

2 である, までに目的地

1 [50件] かかる注意, からプランス公園, から十一時半, から午後六時, から夜, が第, が過ぎれ, すこし前, だったのに, ちょっと休息, でした, という, という時刻, といふ頃, とかに東京天文台, となる, にちかい, についに, にはライスカレー, にターシータン, に家, に床, に私, に立ち, に立つ, に至っ, に至り, に蒲田署, に起床, に農商務省, のウィーン, の汽車, の約束新宿駅, の紅海丸, の裏庇, の閑寂, までかかった, までだった, までに空中村, までは生き, より千五百人, より福岡市中庄只圓翁旧宅庭前, をすこし, を報ずる, 小さな汽船, 起き, 起き今日放送, 遂に潜水, 過ぎでもあつたらうか, 過に

▼ 午前六時~ (53, 1.9%)

3 の朝日会館 2 にし

1 [48件] が第, すこし前, すこし過ぎた, だ, だった, であった, という, といえ, と定, なら丁度, なら恰度此村, になった, にはかなり, にはちゃんと, には低, には起きた, にクラン・マッキンタイア号, にチヤアリング・クロス, にワラタ号, に出発, に唱うべき, に御, に折柄, に搖起, に目, に近き, に零下五度三分, に露営地, に香港, のこと, のサイレン, のラジオ体操, の上り列車, の川風, の汽車, まで, より九時, より八時, わが第, を以て鐵檻車, を少し, を指し, を期し, を過, 迄に終らね, 迄麻雀, 過に, 過は

▼ 午前四時~ (47, 1.7%)

2 か遅く, までか, までにどんな, までにはどんな

1 [39件] あるいは三時頃, から六時, から起き, ちかく泥, である, と五時の間, に, にあすこ, になる, にのりこんだ, にはオカネ, にパーチェ駅, にホテル, に一里, に既に, に東京駅, に皇帝謁見, に眼, に至っ, に起き, に間, に雪, の, のすがすがしい, の時計, の薄, までにあと十時間足らず, までにあます, までにたった, までにはあと, までにはあと僅か九時間, までには余す, までに無事, までまだ, を十五分, キッカリ, 最先着者, 迄, 迄書き

▼ 午前一時~ (40, 1.4%)

3 だった 2 から二時の間, だ, であった, であつ, である, になっ, まで二たび

1 [23件] あるいは二時, から, から二時頃, から四時半, か半頃, が鳴った, すこし前, です, という, になる, に休止, に出立, に露営地, の汽車, までに二三組, まで作家クラブ, まで篠田家, より二時半頃, をうった, を示し, を過ぎ, を過ぎる, 迄とちやあん

▼ 午前七時~ (35, 1.2%)

2 である, というの

1 [31件] から午後七時, か七時半, であった, にいよいよ, にはかならず, には必ず, には鰻, にまだ, に出発, に出立, に出頭, に到着, に北沢, に寝る, に当直, に捲き込まれた, に点呼場, に絶息, に開場, の地下電車, の頃, までの入場者, までやり, まで待っ, より相, より硫黄, を打つ, を過ぎ, 名残惜しい野営地, 起き徳山, 近し

▼ 午前五時~ (27, 1.0%)

2 に出立

1 [25件] が鳴つた, だ, だった, であった, であるから, でした, といいます, となった, には出港, には本部, にまた, に上野, に出発, に独り朝食, に起き, に非常, の寝, の秋爽やか, の露, までの間, までダンス, 何とか寝よう, 少し過ぎ, 御出発, 迄に來

▼ 午前十時頃~ (26, 0.9%)

2 だった

1 [24件] お帰り, からまた, から始められ, から東京, から湖水, しかいらっしゃいません, たびたび前, であつ, でした, でもあったろう, となっ, と午後三時頃, になっ, になつて, になる, には南, には身内, に瓢箪山, に起き, に長崎丸, までに客, を意味, 初めて入浴, 起き出づれば

▼ 午前~ (24, 0.8%)

3 午後と, 午後との, 午後に 2 午後とに, 午後の

1 [11件] かかって, 午から, 午后とは, 午後だ, 午後では, 午後とで, 午後を, 午後或, 同じやう, 同じ仕事, 晩との

▼ 午前二時頃~ (23, 0.8%)

2 でした, に起き

1 [19件] かもしれない, から深い, だった, だったかと, だったそう, だったね, だと, ですから, ででもございましたでしょう, と推定, なるべし, には海岸, に橙, に浅草橋辺, の黒い, までは前夜, まで仕事, 両眼, 全く夢中

▼ 午前から~ (19, 0.7%)

2 午後へ, 新富座見物に

1 [15件] あの女, かかって, であった, もう二カ月, 午後に, 午後の, 外出した, 明智方の, 海辺へ, 用意し, 百合子や, 私お待ち申し, 義兄の, 藤崎さんは, 邸内最後の

▼ 午前には~ (16, 0.6%)

2 刈り了

1 [14件] きっと帰っ, たいてい風, ちっと釣合いかねる, ヴェランダに, 体操や, 凡て整頓され, 出でて, 又もや神戸行き, 在郷軍人の, 墓より, 必ず帰っ, 日を, 確かに, 私達は

▼ 午前一時頃~ (16, 0.6%)

1 [16件] から押し掛け, その暗黒街, だったと, である, である楼婢, になる, には六七百名, に何者, に瞑目, まである, まで兄さん, まで門前, まで飮, 或町裏, 戻って, 迄かかっ

▼ 午前十一時頃~ (16, 0.6%)

2 に無事

1 [14件] であった, であったろうと, でありましたこの, でしたらう, にもまた, に手塚屋, の事, までに天和堂, までねる, まで寝, より関先生, 書き惱, 行く, 見張

▼ 午前三時頃~ (15, 0.5%)

2 から家, から疲れ

1 [11件] から同, から啼き出す, から床, だった, でした, でもあったろう, なりけり, に小屋, に眼, に起き, より正門

▼ 午前九時頃~ (15, 0.5%)

3 になる

1 [12件] であった, であったろう, であつ, でしたから, でしたけれど, には担荷, には擔架, のこと, の日, の明る, まで冴えた, まで午後

▼ 午前六時頃~ (15, 0.5%)

2 にベッド

1 [13件] から開業, だろう, であった, である, であるならば, なり故に, に行った, のこと, の日射し, はまさに, より正午, 寒く凍った, 小渋陽

▼ 午前零時~ (15, 0.5%)

1 [15件] いよいよ実験開始, かっきり, から二時半, から五時, から明, たつたいま, といへ, にピストル, までにあと何時間, まで一時間おき, より二時, をすぎ, を合図, を期し, 送り出して

▼ 午前午後~ (14, 0.5%)

3 の二回

1 [11件] ともに甲板上, と二つ, と二回, と言っ, に交代, の二囘乘合, の作務, の区別, の日課, の時刻, の訓練

▼ 午前八時頃~ (13, 0.5%)

2 に十番, に目 1 から五時位, から午後五時頃, から繰り出した, から階下, だった, である, でございました, の特別, の診断

▼ 午前九時ごろ~ (12, 0.4%)

2 だった, になっ 1 から薩軍, だろう, になる, にトラック三台, にマルセーユ, に箱型, のこと, ふとした想念

▼ 午前十時ごろ~ (11, 0.4%)

1 [11件] かもっと, から蓑笠, だった, であった, には雪, に明智探偵, の晴れた, の暖かい, までしか持たない, 若い将校, 飲むよう

▼ 午前~ (10, 0.4%)

3 午後も 1 お嬢さんの, まだ十時ごろ, もうおそい, もうそ, もう六時, 無事に, 眠り午後

▼ 午前~ (9, 0.3%)

4 あつた 2 麦の 1 先生の, 天気が, 折柄障子は

▼ 午前十一時ごろ~ (9, 0.3%)

1 だす, でしたろう, で大気, にきっと, にはここ, には昼飯, にやって来た, にようよう, のこと

▼ 午前~ (8, 0.3%)

1 うれしみ辿り, 山小屋に, 愚図, 担いに, 毒物学の, 費しかけた, 過ごした, 針仕事に

▼ 午前より~ (7, 0.2%)

1 劇場に, 夜に, 来て, 森へ, 猟に, 陰, 黒潮に

▼ 午前一時半~ (7, 0.2%)

1 あがり, に出た, に床, に郊外, の終列車, までずっと, までクラブ

▼ 午前七時半~ (7, 0.2%)

2 に出発, に野営地 1 にやって来, の汽車, 起き味の素ビル屋上

▼ 午前七時頃~ (7, 0.2%)

1 から開く, でございましょうか, で朝飯, になる, に出発, に漸く, 漸く終った

▼ 午前三時五十分~ (7, 0.2%)

2 から四時五十分 1 から同, から四時五十分の間, であります, に自らロード・スタア, に鶴子

▼ 午前八時半~ (7, 0.2%)

2 より正午 1 であった, に小屋, に泊駅, 起きゆ, 起き今日

▼ 午前だけ~ (6, 0.2%)

2 仕事を 1 かかり下, とられたそう, 学校の, 講演に

▼ 午前三時半~ (6, 0.2%)

1 すっかりつかれ, という頃おい, における新宿, に彼, までいた, までに

▼ 午前九時十二分~ (6, 0.2%)

3 を期し 2 に噴水 1

▼ 午前二時ごろ~ (6, 0.2%)

1 であった, であったと, に彼, までが一番油, まで独り, まで盛ん

▼ 午前二時半~ (6, 0.2%)

1 になった, に八木原駅, に出発, の字面, までくり, を過ぎ

▼ 午前五時頃~ (6, 0.2%)

1 に出発, に目, までに行き着い, までに詰めかけ, までの真夜中, まで皆

▼ 午前四時半~ (6, 0.2%)

1 すると突然, でした, となった, はまだ, まで, 迄

▼ 午前四時頃~ (6, 0.2%)

1 から起きた, と夕方, と推定, になっ, に覚め, まだ真っ暗

▼ 午前~ (5, 0.2%)

3 午後か 1 午後かを, 或は又

▼ 午前三時ごろ~ (5, 0.2%)

1 から四時半, だった, であろう, まで机, 両名

▼ 午前十時半~ (5, 0.2%)

1 から刈谷, にも確か, に式, に約, に遇う

▼ 午前~ (4, 0.1%)

1 あのかわいい, かれの, 爽やかだった, 過ぎた

▼ 午前三時半頃~ (4, 0.1%)

1 でした, になる, にはついに, 迄か

▼ 午前九時すぎ~ (4, 0.1%)

1 で隣室, にアフリカ, のモスクワ, 迄か

▼ 午前二時近く~ (4, 0.1%)

1 だつた, なって, になっ, 迄か

▼ 午前十一時半~ (4, 0.1%)

1 から十二時, から十二時ちょっと過ぎ, に主人, に起こった

▼ 午前十時四十五分~ (4, 0.1%)

2 終に金精峠 1 だった, であった

▼ 午前四時ごろ~ (4, 0.1%)

1 だ, と夜, になっ, のよう

▼ 午前~ (3, 0.1%)

1 が掛座敷, ぐらいばか, ぐらい分ってるだろう

▼ 午前ちよ~ (3, 0.1%)

1 つと, つと山口, つと駅

▼ 午前~ (3, 0.1%)

1 のである, のでいつも, ので浴室

▼ 午前まで~ (3, 0.1%)

1 掲げて, 眠れなかつたので, 続きます

▼ 午前一時前後~ (3, 0.1%)

1 ということ, に覚醒, 最も猛烈

▼ 午前三時すぎ~ (3, 0.1%)

1 なれども, 終る, 迄

▼ 午前三時過ぎ~ (3, 0.1%)

1 からさわい, だって, まで

▼ 午前中でも~ (3, 0.1%)

1 アテネ, 人出は, 明菓あたりから

▼ 午前中ワンカット~ (3, 0.1%)

1 で昼, で昼めし, で昼休み

▼ 午前中伊藤松雄~ (3, 0.1%)

1 のとこ, の家, を訪問

▼ 午前中家~ (3, 0.1%)

1 で新子, に居, を出

▼ 午前九時前~ (3, 0.1%)

1 であった, の朝, の街道

▼ 午前九時半~ (3, 0.1%)

1 からといふこと, であった, なり

▼ 午前二時三時~ (3, 0.1%)

2 の頃 1 となり

▼ 午前五時半~ (3, 0.1%)

1 か六時頃, にツェルマット, の一番

▼ 午前六時ごろ~ (3, 0.1%)

1 から暮れがた, であったと, なり

▼ 午前十一時何分~ (3, 0.1%)

2 かに着く 1 かの汽車

▼ 午前十時三十分~ (3, 0.1%)

1 だよ, であったから, には西

▼ 午前四時近く~ (3, 0.1%)

1 が一番気温, ねる, の犯行

▼ 午前私たち~ (3, 0.1%)

2 はまるで 1 がいつも

▼ 午前いっぱい~ (2, 0.1%)

1 かかった, かかって

▼ 午前おそく~ (2, 0.1%)

1 なってから, ケルンを

▼ 午前この~ (2, 0.1%)

1 実験に, 茶色服の

▼ 午前その~ (2, 0.1%)

1 田舎者は, 美しい波

▼ 午前だけに~ (2, 0.1%)

1 したいと, しろと

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 ゅう夢中に, ゅう映画を

▼ 午前ちゆう~ (2, 0.1%)

1 ぐつすり寐込んでしまつた, はひつきりなし

▼ 午前であった~ (2, 0.1%)

1 か午後, がこれからいよいよ

▼ 午前である~ (2, 0.1%)

1 事などを, 硫黄岳の

▼ 午前では~ (2, 0.1%)

1 あるけれど, いよ

▼ 午前という~ (2, 0.1%)

1 た方, ものは

▼ 午前なら~ (2, 0.1%)

1 ば, 十時ごろまでは

▼ 午前ほどには~ (2, 0.1%)

2 人通りが

▼ 午前らしい~ (2, 0.1%)

1 すがすがしい気分, 日光の

▼ 午前一ぱい~ (2, 0.1%)

1 それから午後, を生き切る

▼ 午前一時すぎ~ (2, 0.1%)

1 の涼しい, 漸くアガリ

▼ 午前一時二時~ (2, 0.1%)

1 となる, は普通

▼ 午前一時四十分~ (2, 0.1%)

1 まで待たない, 鳴轟一時

▼ 午前一時過ぎ~ (2, 0.1%)

1 に家, のドーヴィル賭博場内

▼ 午前一時頃わたし~ (2, 0.1%)

2 は麹町

▼ 午前七時二十分~ (2, 0.1%)

1 に出発, より可

▼ 午前七時船~ (2, 0.1%)

1 すでにオンダールスネス湾, すでにリスボン湾

▼ 午前三時十分頃~ (2, 0.1%)

1 に電話, やっとこちら

▼ 午前中二人~ (2, 0.1%)

1 ですっかり, で死人街

▼ 午前中二時間~ (2, 0.1%)

1 は厚狭裏町行乞, ばかり家

▼ 午前中仕事~ (2, 0.1%)

1 がなく, して

▼ 午前中何~ (2, 0.1%)

1 か揺蕩, も彼

▼ 午前中勉強~ (2, 0.1%)

1 して, らしい読書

▼ 午前中坪内先生~ (2, 0.1%)

1 の所, へ行っ

▼ 午前中彼~ (2, 0.1%)

2 は長い

▼ 午前中彼女~ (2, 0.1%)

1 は来た, は沈鬱

▼ 午前中教室~ (2, 0.1%)

1 で働き, に行き

▼ 午前中林町~ (2, 0.1%)

1 にゆき, に行く

▼ 午前中確か~ (2, 0.1%)

2 に居た

▼ 午前中私~ (2, 0.1%)

1 が色んな, は加津美

▼ 午前中自分~ (2, 0.1%)

1 の小屋, は床

▼ 午前九時三十分~ (2, 0.1%)

1 に決っ, 着駅前

▼ 午前九時十五分発~ (2, 0.1%)

1 ですね, の列車

▼ 午前九時発~ (2, 0.1%)

1 の吉長線, の汽車

▼ 午前九時近く~ (2, 0.1%)

1 だ, なって

▼ 午前二時すぎ~ (2, 0.1%)

1 まで戸外, 迄か

▼ 午前二時三十五分~ (2, 0.1%)

1 であつ, を指し

▼ 午前二時三十分~ (2, 0.1%)

1 に始つて, 正に丑満すぎ

▼ 午前二時二十分~ (2, 0.1%)

1 だ, だったの

▼ 午前五時昨夜~ (2, 0.1%)

2 の草鞋

▼ 午前何時~ (2, 0.1%)

1 であつ, には東京

▼ 午前八時ごろ~ (2, 0.1%)

1 に寝床, のこと

▼ 午前八時半味噌汁~ (2, 0.1%)

2 と御飯

▼ 午前六時二十分~ (2, 0.1%)

1 にここ, 片貝谷

▼ 午前六時出発~ (2, 0.1%)

1 この路アルプス銀座通り, 前穂午後十二時

▼ 午前六時半~ (2, 0.1%)

1 です, に殺生小屋

▼ 午前六時四十二分~ (2, 0.1%)

1 に着きます, 着戸隠

▼ 午前再び~ (2, 0.1%)

2 下小路

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 だもん, の時

▼ 午前十一時三十分~ (2, 0.1%)

1 になった, を示し

▼ 午前十一時五十五分~ (2, 0.1%)

1 です, になっ

▼ 午前十一時五十八分四十五秒~ (2, 0.1%)

1 でした, も丁度

▼ 午前十一時十分~ (2, 0.1%)

1 だと, 憧れの

▼ 午前十一時過ぎ~ (2, 0.1%)

1 にやっと, の太陽

▼ 午前十時田村町事務所~ (2, 0.1%)

2 へ出勤

▼ 午前十時過ぎ~ (2, 0.1%)

1 でもあっただろう, の静けさ

▼ 午前十時頃何~ (2, 0.1%)

2 を考へるで

▼ 午前十時頃家~ (2, 0.1%)

1 から三丁, を出

▼ 午前十時頃瑠璃子~ (2, 0.1%)

2 が二階

▼ 午前十時頃私~ (2, 0.1%)

1 が会社, が病院

▼ 午前四時すぎ~ (2, 0.1%)

1 迄, 迄か

▼ 午前四時すぎカルタ~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 午前四時五時~ (2, 0.1%)

2 の頃

▼ 午前四時過ぎ~ (2, 0.1%)

1 になっ, に塩山

▼ 午前図書館~ (2, 0.1%)

1 へ途上二句, まで散歩

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 へ手紙, へ端書

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 寺院二カ所を, 日本私立衛生会委員筱崎氏と

▼ 午前~ (2, 0.1%)

2 瀧氏來話

▼ 午前小川氏來~ (2, 0.1%)

1 り炬燵, り草稿

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 放送が, 米は

▼ 午前田辺氏~ (2, 0.1%)

1 とともに当地, の案内

▼ 午前礼拝式~ (2, 0.1%)

2 あり

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 は約束通り家庭裁判所, は藤枝

▼ 午前稽古~ (2, 0.1%)

2 に来る

▼ 午前~ (2, 0.1%)

1 へ出かけ, へ行く

▼ 午前0時~ (2, 0.1%)

1 の都会, を過ぎる

▼1* [802件]

午前〇時三十九分私は山陰線八鹿駅, 午前灸へ, 午前からの来診患者が, 午前きょうの午前, 午前ぎりでお迎えが, 午前ここへ検証, 午前すなわちあの第, 午前そういう日の, 午前だけはちゃんと勉強, 午前だったのです, 午前だつたか高い, 午前ちやうど物憂い寢ざめからさめると, 午前ちよいと散歩, 午前やらう, 午前でさえ父の, 午前でも午後でも, 午前とも午後とも, 午前なぞにおくみ, 午前などでその絵, 午前などにはその路地, 午前なり汽船ゆきすすむ, 午前になつて風も, 午前にのみ限られ寂静, 午前にも彼は, 午前のそよかぜ, 午前のだけがコビルで, 午前のみそれを, 午前まず大学前の, 午前また視学官の, 午前まだ病床に, 午前わが公使館を, 午前カリタクロソ港に入り, 午前ココアの種子千五百, 午前サンスクリット大学を訪い, 午前ジェームスを読み, 午前ダブリンを発し, 午前トルーマン当選確定となった, 午前バンガーを発し, 午前ポストへ一杯, 午前マリユスが学校, 午前ミルトン墓所に至る, 午前ローマ教の本山, 午前ワラタより少し, 午前一〇時五五分これから述べる, 午前一〇時五五分異常な興奮状態, 午前一一時四〇分杉田医師来診病状経過を報告, 午前一回汽船に逢遇, 午前一天雲なきに, 午前一時ごろ其処を辞した, 午前一時ごろ宇津木さんが王仁さん, 午前一時ごろ急に身震い, 午前一時ごろ昼餐にはむしろ, 午前一時ごろ父に連れられ, 午前一時ごろ非常梯子をつたっ, 午前一時ごろ馬車の先, 午前一時カンバンになる, 午前一時三分であった, 午前一時三十分あこがれの北極頂点, 午前一時二時頃眠れないので, 午前一時五分だ, 午前一時人通りが殆, 午前一時前になる, 午前一時前十五分であった, 午前一時半頃でしたよ, 午前一時四分発の汽車, 午前一時小池さんが二階, 午前一時我々は床, 午前一時淋代から正に, 午前一時発動汽船で生野島, 午前一時着せり同二時床, 午前一時近くを指し, 午前一時近く目をさました, 午前一時過ぎあたりに土地不案内, 午前一時間午後一時間人形のよう, 午前一時隣の赤児, 午前一時頃ノヴォシビリスクへ, 午前一時頃我等別荘浅草区橋場町一丁目十三番地留守居の者共夫, 午前一時頃濃霧は全く, 午前一杯医者はこなかった, 午前一洵君来庵漫談もまた, 午前七つになる, 午前七時ごろ着いたの, 午前七時ニ五子自動車デ佐々木, 午前七時ホウゴウ社で再び, 午前七時ホンコンへ入港, 午前七時ライラックの花瓶, 午前七時丁度という時刻, 午前七時三十五分にアンハルター停車場, 午前七時三十分早や橋, 午前七時三十分頃天野屋を立出, 午前七時九分大阪発村山社長素川君等見送られる三ノ宮, 午前七時九時正十二時, 午前七時五十分遂に海岸上空, 午前七時五十分板屋出発金精峠に向う, 午前七時伏木港を発する, 午前七時出勤前なるほどこれ, 午前七時前後それから約, 午前七時十分井戸沢の野営地出発, 午前七時十分前であった, 午前七時半スウェーデン首府ストックホルムに着す, 午前七時半ホウゴウ社から十五丁, 午前七時半口洗ひ顔, 午前七時半白木屋の前, 午前七時半警官来れり, 午前七時半頃にて今, 午前七時半頃水沢の西端, 午前七時四分着雪, 午前七時四十五分着の, 午前七時婆やが来た, 午前七時寒帯を脱し, 午前七時小舟にて本船, 午前七時帰宅して, 午前七時我々はド, 午前七時昨日までの雨, 午前七時木曜島に着岸, 午前七時浄土山西側の野営地出発, 午前七時竜造寺兵曹長は成層圏機, 午前七時竹川に泊る, 午前七時聖岳の絶頂, 午前七時起床入浴し雑煮, 午前七時起床此の位, 午前七時青森に着き, 午前七時頃妻女山に達し, 午前七時頃氷の北極, 午前七時頃電話がかかりまし, 午前三時ころ流れ海苔を拾い, 午前三時ごろ其処を出た, 午前三時ごろ宗皇帝に誘われる, 午前三時ごろ横浜桜木町七丁目第十七号鉄道線路踏切, 午前三時ごろ浜園町の附近, 午前三時ごろ浜松に停車, 午前三時二十分において北, 午前三時五十二分に始, 午前三時俺の中止命令, 午前三時十五分に於い, 午前三時半ごろ酔歩蹣跚として新橋, 午前三時半ごろ野口着駐在所に届け, 午前三時半ばならん, 午前三時半頃最初の警笛, 午前三時単行の汽缶車, 午前三時四丁目の交叉点, 午前三時四時になる, 午前三時就寝は午後十一時, 午前三時過ぎ出刃庖丁を携え, 午前三時雨を冒し, 午前三時頃カラ約一時間以上モ妻, 午前三時頃レスパネエ家に呼ばれ, 午前三時頃私が起きます, 午前三時頃露営の小屋, 午前三時高谷寛大橋松平前田徳八郎等普賢嶽にのぼりぬ, 午前三隅諸橋両氏とともに電車, 午前上陸暑さ, 午前上陸桐野領事および, 午前上陸正金銀行支店および郵船会社支店, 午前上陸県知事服部一三君および特別館賓伊藤長次郎氏, 午前中いっぱいそれから午後, 午前中いっぱい板の間または庭, 午前中きり時間が無い, 午前中ごろは木村, 午前中せつかく仕事をやらう, 午前中それぞれ自分のホテル, 午前中どこかへ出かけた, 午前中なにをし, 午前中やす子さんわざわざ来訪, 午前中わたしの家, 午前中クリストフはオーロラ, 午前中クロオデルの, 午前中ニ戻ッテ, 午前中ニハ戻ルノデアルガ, 午前中ロトゥアヌウからの砲声, 午前中一二度実験室をのぞい, 午前中一寸したもの, 午前中一郎の部屋ワンカット, 午前中三時間駅附近を行乞, 午前中中公から電話, 午前中中西屋へ行く, 午前中二シーン終る, 午前中二三時間だけ聴い, 午前中二千円台の由, 午前中伊藤松雄訪問一時まで何かと, 午前中伊藤松雄訪問先日のラヂオ, 午前中余に伴, 午前中八代町行乞午後は重い, 午前中其をやっ, 午前中創作に没頭, 午前中医院へ寄っ, 午前中十名ばかりの若い, 午前中千葉先生のところ, 午前中原稿用紙を汚し, 午前中厳格な母, 午前中呉郎さん十郎さん来訪寝たり, 午前中和田さんを訪ねる, 午前中嘔氣少々, 午前中国男が居る, 午前中国男さんとオートバイ, 午前中墓石の上, 午前中大変に暖い, 午前中大学に出勤, 午前中大悟法君と二人沼津中, 午前中夫の留守, 午前中子供は少量, 午前中富高町行乞それから門川, 午前中小包郵便で前記, 午前中小屋の廻り, 午前中小生まで内々申出で, 午前中小説をかけ, 午前中山王ホテルへ池永浩久, 午前中山野来り一緒, 午前中山野来訪笑の王国, 午前中床に入る, 午前中廊下をかけ廻り, 午前中散歩図書館まで途上二句拾, 午前中数カット六さんが家, 午前中文房堂に行っ, 午前中断膓亭に帰り, 午前中新潟行の汽車時間, 午前中日比谷へ行き, 午前中早川に便所, 午前中昨夜のつづき, 午前中晦冥咫尺を辨, 午前中暴風いまだやまず, 午前中書きものをする, 午前中本よみということ, 午前中本箱や夜具, 午前中東京堂へ本, 午前中東宝事務所へ行く, 午前中柳以下荷拵への手伝, 午前中榊の磐彦, 午前中漢文先生最中に高嶺さん, 午前中瀧田氏来る山水号, 午前中爆風で塵, 午前中父上から来た, 午前中父様と松坂屋, 午前中町かどに立っ, 午前中留守ために少し, 午前中病院へ行っ, 午前中相談をかさね, 午前中石田先生回診もう大丈夫いつ, 午前中秋晴半里, 午前中秘かに男装, 午前中稜鏡羅針儀を借り, 午前中稽古の客, 午前中立てこん, 午前中竜泉寺町の沢村源之助宅, 午前中薄曇りなのに, 午前中行乞かなり長い, 午前中行乞午後は休養, 午前中西山君に伴, 午前中読書しづかなるよろこび, 午前中近在を歩いた, 午前中郡山に買いもの, 午前中野上氏のところ, 午前中金子ゆき子氏来訪座へ案内, 午前中錦へ買い出し, 午前中鏑木を東宝, 午前中開演しないこと, 午前中陥落した, 午前中隈部叔父死去大番町の家, 午前中雑司ヶ谷の墓参り, 午前中青年部の佐々木, 午前中食堂で私, 午前乗客西氏とともに市街, 午前九時あい変らずこう, 午前九時ごろわたしは人力車, 午前九時ごろ神田橋下で地下線工事, 午前九時ごろ私は人力車, 午前九時すぎ下山総裁が三越, 午前九時インバネスを発し, 午前九時一同はひそか, 午前九時三十三分だつた, 午前九時三十分の特急列車で福岡, 午前九時二人とも草鞋, 午前九時二十六分に着きます, 午前九時五十二分で立ち, 午前九時五十二分新橋着の列車, 午前九時五十六分唐津発十二時半佐賀駅にて高谷寛, 午前九時五十分に幸手, 午前九時五十分の汽車でウォーターロー, 午前九時出発急行にてパリ, 午前九時出頭せよと, 午前九時十三分の汽車に乗った, 午前九時十五分に着くべき, 午前九時十分と時間, 午前九時十分芦峅寺着九時四十分出発十時四十分藤橋十一時五十分着昼食, 午前九時千垣駅着九時半出発常願寺川を遡り, 午前九時半ごろか, 午前九時半発にてタルカ町, 午前九時半頂上へ着きました, 午前九時半頃迄やり, 午前九時四十二分博多発十一時四十二分小倉著市中を見物, 午前九時四十五分である, 午前九時四十分の発信になっ, 午前九時四十分予定より少し, 午前九時四十分前後であったが, 午前九時四十四分赤道を横断, 午前九時小屋を出発, 午前九時履歴書ヲ携帯シテ本社受付マデ, 午前九時早めの昼食, 午前九時朝食後小池さんが膳, 午前九時正午十二時午後三時午後六時には取, 午前九時沼津發同午後二時豐橋着, 午前九時福岡地方裁判所応接室に於ける, 午前九時絶命せるが, 午前九時船は遂に, 午前九時開場狂言は, 午前九時開始でセット, 午前九時頂上は三尺, 午前九時頃プランシェという人妻, 午前予定の通り, 午前二三時頃に受けし, 午前二人は浅草, 午前二回午後三回毎日やるん, 午前二時ごろ人数を調べ, 午前二時ごろ墓場へ行き見し, 午前二時ごろ市内大通六丁目県立高等女学校内運動場の一隅, 午前二時パルテー駅出立昨夜雇い入れた馬, 午前二時三時明け方の四時頃, 午前二時三時頃までも男女, 午前二時二十分前だ, 午前二時五十七分であった, 午前二時五十六分の汽車に乗れない, 午前二時五十分の汽車で哈爾賓, 午前二時休戦条約が成立, 午前二時前後の出来ごと, 午前二時半ごろであった, 午前二時半ごろ突として電話, 午前二時半夜明前三時間拭きすました紫檀, 午前二時半私は山陰線浜坂, 午前二時半頃から起き, 午前二時半頃越軍は犀川, 午前二時号砲を放ち, 午前二時四十分です, 午前二時四時の三度, 午前二時士民の哀号, 午前二時大統領私室に於, 午前二時宗茂の軍, 午前二時家じゅうが寝静まった, 午前二時我々は別れ, 午前二時数分後から三時七分, 午前二時新川岸壁集合大伝馬船, 午前二時汽船を見る, 午前二時燐光を発する, 午前二時眼がさめた, 午前二時過ぎにある, 午前二時過ぎ茶の間にはいっ, 午前二時遠くに, 午前二時頃あんたどこにいました, 午前二時頃彼らは恐ろしい, 午前二時頃病人がいつも, 午前五時ごろ名探偵明智小五郎, 午前五時すぎまで, 午前五時すぎ小菅刑務所のわき, 午前五時三十分に霜, 午前五時三十分梓山発日野春に至り, 午前五時二十分六十三年にわたる多彩, 午前五時五分発の列車, 午前五時五十幾分か丹沢山, 午前五時出発槍の頂上午前十時, 午前五時出航なので, 午前五時十六分前徹夜である, 午前五時十分出発地獄谷五時三十五分別山乗越六時五十分三田平小屋七時十五分長次郎出合七時五十分着八時三十五分出発, 午前五時十分智頭行の汽車, 午前五時午前九時正午十二時午後三時午後六時には取, 午前五時半具合わるいので, 午前五時半汽船すでにベルファスト, 午前五時四十九分梅田着の上り列車, 午前五時四十八分に着きます, 午前五時四十分に四人, 午前五時四十分出発弘法小屋八時三十分着十時十分出発, 午前五時四十分島田九時前でした, 午前五時四十分我艦隊は当, 午前五時廊下の窓, 午前五時戸をあける, 午前五時溜池署長から鶴子, 午前五時私共は徹夜, 午前五時秋水のいわゆる, 午前五時若江に達し, 午前五時近くまで, 午前五時近く暁の露, 午前五時過ぎ起きて, 午前五時頃大雨を冒し, 午前五時頃目が覚めた, 午前五来素川氏来訪せらる, 午前井上先生を訪う, 午前まで食べず, 午前今回南アフリカ行を約する, 午前仕事して, 午前仙臺放送局から頼まれ, 午前ひたしと, 午前会いたしと薄墨, 午前は子供, 午前だから, 午前何れも自宅, 午前何気なく加藤医院を, 午前何氣なく加藤醫院, 午前が同氏, 午前俊夫君は用, 午前はリルケ, 午前光瑞上人に随半, 午前八時ころ家を出, 午前八時ごろ博士邸にへん, 午前八時ごろ湖水会の管理人, 午前八時すぎにアガリ, 午前八時すぎ東宝の秦, 午前八時すずかけの木のかげはしる, 午前八時サンキス号は護衛艦隊, 午前八時テラー村に着陸, 午前八時ベナレスに着す, 午前八時ベルゲンを発し, 午前八時モルレーに於, 午前八時三十二分の汽車で立つた, 午前八時二は同, 午前八時二十三分發で伊勢路, 午前八時二十五分の伊東行の普通列車, 午前八時二十分までにおい, 午前八時二十分発バルパライソへその, 午前八時五十分であった, 午前八時五十分の電車で熱海, 午前八時五十分ノルゲ号は静か, 午前八時元勲伊藤公の坐乗, 午前八時八分着第, 午前八時六人揃って, 午前八時十五分広島市中央部の上空, 午前八時十五分過ぎには十五マイル, 午前八時十分に中野, 午前八時十分私の乗った, 午前八時半トルガッテン島に着船, 午前八時半喪主遺族近親築地代表者は四谷自宅, 午前八時半新橋を発す, 午前八時半門松も枝, 午前八時半頃頂上に着いた, 午前八時半領事館芝崎菅原両氏とともに電車, 午前八時名前のわからない, 午前八時四十五分先ず山砲, 午前八時四十分奥羽線上り急行列車が田端駅附近, 午前八時四十四分発にて長野, 午前八時多数の知友, 午前八時大久保利通は麹町, 午前八時如松は総, 午前八時姫路スキーの連中, 午前八時当地出発の予定, 午前八時発の昂昂渓行, 午前八時過ぎで裏手, 午前八時開始といふん, 午前八時集合となる, 午前八時頃ヤーセという駅, 午前八時頃一栄宅から大石田, 午前八時頃前方に深い, 午前八時頃宅へ警視庁, 午前八時頃私は氷, 午前八時頃迎いに来た, 午前公園に遊び, 午前六時ニハ必ズ起キ出デテ呪文ヲ三度唱ウルコト, 午前六時三十五分劒沢の岩屋出発, 午前六時三十五分有明駅着少し休む, 午前六時三十五分赤牛岳へ登る, 午前六時三十分であった, 午前六時三十分上野停車場前集合, 午前六時三十分中ノ谷の露営地出発, 午前六時三十分皆と一緒, 午前六時二十八分に着きます, 午前六時五十七分着第, 午前六時五十五分一の関発平泉へ出発, 午前六時五十分の電報だつた, 午前六時五十分南方の水平線, 午前六時何分かに鳥栖, 午前六時何分上野着円タクで家, 午前六時入浴有楽座, 午前六時兵庫乗鞍へ向っ, 午前六時剣ヶ峰へ向う, 午前六時十五分劒沢の夜営地出発, 午前六時十五分笹谷の絶頂, 午前六時半ごろ主治医と二人, 午前六時半カントンへ着岸, 午前六時半四人の徒歩組, 午前六時半私たちは散歩, 午前六時半頃迄やった, 午前六時南関を立っ, 午前六時号砲三発山に木魂, 午前六時四十五分釜谷山腹の露営地出発, 午前六時四十分に古, 午前六時室堂出発食糧二日分を持ち, 午前六時宿を出, 午前六時小便で眼, 午前六時小屋を出発, 午前六時帰宅すぐ床, 午前六時沼津発東京通過其処より, 午前六時沼津發東京通過其處より, 午前六時船はしずか, 午前六時長崎線に乗換, 午前六時露営地を出発, 午前六時頃僕アガリ宿へ帰る, 午前六時頃出発しカンバ, 午前六時頃宿を出発, 午前六時頃年若き男, 午前六時頃焼尻島に碇, 午前にばかり閉じ籠っ, 午前写生せしもの, 午前出勤中に外務省, 午前出発唐沢入北穂の尾根午前十時, 午前加茂川の河原, 午前北陵に行く, 午前十一時ごろ人影もない寂しい, 午前十一時ごろ余は未知, 午前十一時ごろ明智探偵事務所の応接間, 午前十一時ごろ花川戸の私, 午前十一時ごろ電話がかかっ, 午前十一時ごろ馬車でグレーヴ, 午前十一時セミの声, 午前十一時三十五分だった, 午前十一時三十五分駅着の電車, 午前十一時上空通過の報告, 午前十一時上野發に乘, 午前十一時二分一発の原子爆弾, 午前十一時二分浦上の中心松山町, 午前十一時二十五分発の汽車, 午前十一時二十分であった, 午前十一時二十分維納につく, 午前十一時二十分頃園長をひそか, 午前十一時五十五分今度は首尾, 午前十一時五十八分に起つた, 午前十一時五十分出生致し候, 午前十一時五十分日米両艦隊, 午前十一時五十分鹵簿粛々として東水橋町, 午前十一時前であった, 午前十一時十五分遂に南穂高岳, 午前十一時十分頃であり郵便局, 午前十一時半ごろ私が現場調査, 午前十一時半キングズ・クロス停車場より臨時汽車, 午前十一時半頃に自宅, 午前十一時半頃汽車が高崎, 午前十一時四十八分彼は横浜税関, 午前十一時四十分になっ, 午前十一時式場に参集, 午前十一時彼女は白布, 午前十一時松尾上手午後一時姥ヶ石二時着三時二十分出発, 午前十一時武男は要, 午前十一時汽車にて帰船, 午前十一時淀競馬場一等館入口去年と同じ, 午前十一時発車ドーバー海峡を渡り, 午前十一時船は錨, 午前十一時船客中の有志, 午前十一時西豪州オールバニー港の桟橋, 午前十一時門司に入港, 午前十一時頂上へ登る, 午前十一時頃五所川原駅で五能線, 午前十一時頃家を出, 午前十二時門司出帆藤井公平奈良秀治山口八九子三氏見送る, 午前十前ミズーリ艦上では降伏文書, 午前十時ごろ一頭のラマ, 午前十時ごろ半島の町ハンゴ, 午前十時ごろ太郎坊まで来, 午前十時ごろ奉行の人たち, 午前十時ごろ干潮が午前四時ごろ, 午前十時ごろ彼は支配人, 午前十時ごろ新聞記者を志望, 午前十時ごろ海豹島の西海岸, 午前十時ごろ電話で輝, 午前十時すぎには空しく, 午前十時すぎごろ若夫婦, 午前十時へんろ装束に身, 午前十時アデン港を発す, 午前十時カルカッタに帰り, 午前十時サントス湾に入る, 午前十時セバスチァン料理店に現れ, 午前十時ハルピンに向う, 午前十時パリを発し, 午前十時ビクターの岡氏来洛, 午前十時ビクトリア州の首府メルボルン市, 午前十時ベルゲンに入, 午前十時リース湾内に入る, 午前十時三人相携えて, 午前十時三十分ころ大本営に於, 午前十時三十分我らのもっとも, 午前十時三十分我等の最も, 午前十時両国の坂本公園, 午前十時二人が監獄, 午前十時二十二分に三年町, 午前十時二十分に駿信国境, 午前十時二十分艦側から海中, 午前十時五分木村八段の先手, 午前十時五十分約二千八百四十米突, 午前十時伊藤松雄が森英治郎, 午前十時佐々木ガ書斎ニ来血壓ヲ測, 午前十時何分かの登山列車, 午前十時何分の上りの汽車, 午前十時何十分かにかなり, 午前十時初冬の日, 午前十時前にはいっ, 午前十時前後なのに, 午前十時十五分前に晴々, 午前十時十五分赤水部落の直, 午前十時十六分函館西部から発火, 午前十時十分前に演技道場控室, 午前十時十四分着第, 午前十時半ごろだった, 午前十時半ごろ学校へ行っ, 午前十時半俚称ショー台の頂上, 午前十時半出入を禁じありたる, 午前十時半夫人に守られ, 午前十時半岩見沢発二番の旭川行, 午前十時半現場へ到着, 午前十時半発にてデンマーク, 午前十時半礼拝式あり, 午前十時半開會首相藏相の挨拶, 午前十時半頃だと, 午前十時半頃それはその, 午前十時南禅寺下河原町ニ城山家ヲ訪ウ, 午前十時四十五分愛宕山上より黒煙噴出, 午前十時四十五分東京では五日午前零時五十一分, 午前十時四十八分で下呂, 午前十時四十八分須磨明石の両, 午前十時四十六分伊東行きの列車, 午前十時四十分の急行で出立, 午前十時四十分京都を発ち, 午前十時四十分甲板上にて戴冠式, 午前十時四十分長与発午後一時小浜著柳川屋旅館に投ず, 午前十時場所は病院, 午前十時大阪朝日会館において同日午後一時半, 午前十時天からまるい, 午前十時寓所を去り, 午前十時小艇に移り, 午前十時巳の刻, 午前十時新宿駅楼上で森岩雄氏, 午前十時東亜局長遠山彦太郎は霞ヶ関, 午前十時横濱に歸りつ, 午前十時此頂上を通過, 午前十時水長沢の合流点, 午前十時田島さんは予, 午前十時田村町特許事務所に出勤, 午前十時築地小劇場に劇場員一同, 午前十時練習艦隊はいよいよ, 午前十時船トロンヘイム港に入る, 午前十時船客中十余人仮装して, 午前十時血壓ヲ測, 午前十時警察廳の刑事部長室, 午前十時金子とともにスイス, 午前十時開演なので, 午前十時開館というハナバナ, 午前十時青山墓地で葬儀, 午前十時非常時の予行, 午前十時頂上十一時唐沢三角点午後零時奥穂の頂上十二時半, 午前十時頃号外売りの, 午前十時頃市内海岸通二丁目四十一番地四角天主教会にては日曜日, 午前十時頃店は掻き廻される, 午前十時頃彼は辞し去った, 午前十時頃彼岩見は彼, 午前十時頃父親は芳子, 午前十時頃由蔵の隙, 午前十時頃神奈川県川崎の警察署, 午前十時飯島へ下っ, 午前十軒店の五月人形屋, 午前千田氏とともに市内, 午前午後一日おきに入れた, 午前午後三時間半ずつ仕事, 午前午後夜間と引き続い, 午前午後薄暮初夜二更時刻を撰ぶ, 午前半日をとうとう, 午前博物館および図書館, 午前古川緑波高尾光子斎藤豊吉の諸君, 午前右舷に双生, 午前は秋川邸, 午前四時ごろ其処を辞去, 午前四時ごろ深川へんを通っ, 午前四時わしはまだ, 午前四時アムンセンは五人, 午前四時フランス大使が帝国ホテル, 午前四時三十分にはもう, 午前四時三十分ごろ何者かに誘拐, 午前四時不意に抜刀, 午前四時二十分ごろ愛妾松谷鶴子の住居, 午前四時二十分前頃に交換時間, 午前四時二十分病気のため当地, 午前四時二十分赤坂山王台アパート有明荘に住む, 午前四時何十分までにその, 午前四時前であつ, 午前四時前夜から買い込ん, 午前四時半ごろ何者かのため, 午前四時半以後は溜池署, 午前四時半露営地を出発, 午前四時同地を出発, 午前四時夏危篤の報, 午前四時大使が拝謁, 午前四時所は, 午前四時曙の鈍い, 午前四時東京市を爆撃せり, 午前四時片側は土手, 午前四時疲労が直り, 午前四時眼醒時計の快音, 午前四時紙を貼りたる, 午前四時船すでにリンデン湾, 午前四時間から五時間一息, 午前四時頃シナイ山らしい山, 午前四時頃一人の男, 午前四時頃警察から来た, 午前地所周旋屋に導かれ, 午前外出午後は田中姉受持, 午前夜分両度礼拝式がある, 午前大学で死体, 午前大毎の, 午前大阪を発し, 午前天地溟濛になる, 午前孤巌の海心, 午前学校へ帯, 午前に居り, 午前南国の, 午前室蘭方面へ出かけた, 午前宿へ電話, 午前寺院を参観, 午前寺院三四カ寺を訪う, 午前寺院博物館等を一覧, 午前小使が来, 午前小川氏を訪, 午前少しく前のほど, 午前市中を散歩, 午前平野氏の案内, 午前床屋をさがし歩む, 午前へ出, 午前当時全勝集に駐屯, 午前性急で汗, 午前扶桑書房主人來り白米五升, 午前扶桑書房主人校正刷を持來, 午前扶桑書房主人白米五升を贈らる, 午前扶桑書房清水氏來り新生社, 午前投函する筈, 午前文部大臣森有礼が殺された, 午前旅装を整備, 午前が照つて, 午前日本郵船会社汽船神奈川丸に接す, 午前旧宅に至り, 午前暮羊君徃訪酒によばれ, 午前有吉領事に伴い, 午前で男, 午前朝日週刊の瀬良文蔵, 午前村田君や波多君, 午前松本がふい, 午前松莚子を訪, 午前梅吉方にて稽古, 午前植物園を通観, 午前樹明君来庵餅と輪飾, 午前樹明徃訪午後は樹明来訪, 午前檢鏡の結果, 午前正一時にまちがい, 午前正九時と致し, 午前正六時好い時刻, 午前正午午後に太陽, 午前正岡容花園某女來訪, 午前武藤長蔵教授三上知治画伯と共に大浦天主堂, 午前気象台で藤原君, 午前江戸川堤を歩む, 午前津田仙は前日, 午前消火の演習, 午前湖水の水, 午前熱帯圏内に入る, 午前独行して, 午前田中某に一宴, 午前病院の歸途, 午前して, 午前イワンが, 午前九時ヨリ午後第, 午前納棺式が始まる, 午前の竜紋, 午前美術館を訪う, 午前技師からの, 午前船中にて消火, 午前船中消火の演習, 午前花月第三号草稿執筆, 午前藤井氏とともに中学校, 午前虹霓を見, 午前虹霓一弓驟雨一過南風冷を送り, 午前裁判医を僕, 午前視学官長の案内, 午前観たカテドラルの, 午前訪れた豪傑に, 午前謡曲大全をよむ, 午前辰巳屋來る, 午前農商務大臣を訪問, 午前巷の, 午前道後温泉入浴護国神社参拝午後一洵兄と同道, 午前郵船支店長根岸練次郎氏の宅, 午前鉄道便で小さい, 午前阿部奎一氏來りよき, 午前は既に, 午前の晴間, 午前零時ちょッと過ぎた, 午前零時一分を期し, 午前零時三十五分でしたがネ, 午前零時三十分である, 午前零時三十分私は山陰線八鹿駅, 午前零時三十四分着まで合計九本, 午前零時五十一分にあたる, 午前零時以後の広小路界隈, 午前零時半です, 午前零時半頃までのこの, 午前零時小池さんと二人, 午前零時貴殿宅へナグリコミヲ掛ケル所存ニ付, 午前零時頃は用事, 午前高橋さん来訪厚情に甘え, 午前の張切つた, 午前が一匹, 午前0時半にした, 午前2時であった