青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「刻~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~到達 到達~ 到頭~ 制~ 制度~ 制限~ 刹那~ ~刺戟 刺戟~ ~刻
刻~
則~ ~前 前~ ~前後 前後~ 前方~ 前日~ 前者~ 前途~ 剛~

「刻~」 3015, 31ppm, 3747位

▼ 刻~ (254, 8.4%)

17 鐘が 7 間に 5 鐘を 3 うちに, 後には, 移るの, 間お前は

2 [16件] あいだに, あの小さな児, まに, ような, 余も, 優しい歩み, 大鼓, 太鼓が, 太鼓の, 女の, 手紙を, 技術の, 業のみも, 比に, 鐘の, 間だ

1 [181件] あのえ, あれ雛の, いのちを, うつるも, お百姓, ことでございます, ころであった, ころ自分は, ご休息, ご辛棒, しずけさ, して, そぞろ歩きは, ために, ちがいでは, のちには, ほどより, まつりを, まどろみから, ままで, やうな, やうに, ゆうよも, ゆめに, ゆるみをも, ように, サスペンスを, 一件に, 一天, 一本脚竹を, 上げ潮に, 事に, 事の, 交渉を, 人冷然として, 人気ない冷た, 今で, 仔に, 休息が, 余を, 使ひ, 傾きて, 儘に, 六つ半であった, 六分過ぎ, 円眼船口形の, 出生なる, 卓論を, 印章, 又半分, 合図である, 合図を, 合掌の, 命を, 因縁などは, 坐像を, 太鼓でも, 太鼓に, 太鼓を, 女が, 女って, 姉妹が, 婦は, 少し前, 差が, 年代は, 年代並に, 後, 後であった, 後ならん, 後二人は, 後帰っ, 後平次は, 後歸つて來ての, 怪談, 恥を, 恥辱を, 技術に, 技術は, 技術を, 技術上偶然の, 拍子木を, 振鈴に, 推定の, 新調に, 旅立ちを, 旦那が, 時に, 時計を, 暗黒に, 書であった, 最も精巧, 月かと, 木が, 木版を, 木版画が, 本一巻, 来らんとして, 業に, 業盛に, 極である, 極みである, 樂し, 機微な, 死んだ様, 母親の, 気色どこへやら, 水では, 法帖を, 海岸を, 火で, 火であった, 火事は, 父母の, 爺さんが, 猶予は, 現在から, 画面に, 番の, 百舌鳥も, 短い時間, 筆筒と, 終わりに, 絵本をも, 花を, 花道を, 茜色に, 茶店から, 荒い色, 蓮根市の, 處に, 街, 裏町, 觀音像は, 言と, 評は, 話にては, 諸用, 證に, 踊りを, 近きを, 近づくまま, 通い路という, 遅い早いは, 道程は, 銘を, 鋭い峰, 錦絵摺物小説類の, 鐘きこ, 鐘だ, 鐘では, 鐘と, 鐘は, 鐘ゴーン, 間お, 間が, 間だけ, 間どこに, 間の, 間も, 間主人の, 間鹿野山の, 闇は, 陽を, 階子段思出したら, 雨が, 霧夕暮色の, 静寂を, 音, 音からから, 音が, 音に, 頃おい, 頃おいから, 頃おいまで, 頃か, 頃へ, 頃まで, 食事が, 鵜か, 鼓が

▼ 刻~ (209, 6.9%)

8 なって 5 なると 3 して, なっても, 來て 2 なりますか, 出て, 往き返りを, 歩いて, 歸つた, 近かった, 静謐の, 靜謐の, 駈けて

1 [169件] あなたが, お孝, お起き, かける足音, かねての, ここへ, ここまで, この濁水, この言葉, すむと, せよ西洋, そのまま見る, その生まれ, それぞれ三人の, たいそう金, ちかくなる, つかつかと, つきること, なった, なったらすぐ, なった時, なった頃, なりましょう, なります, なり吉岡家, なる, なるころ, なれば, なんな, はきつと, まっくら, よろけるやう, ネープルス港を, 三国ヶ嶽の, 不遠慮, 二ツ三ツ地の, 二人は, 五十六歳で, 京都表を, 仁田四郎忠常人穴より, 他所で, 伏見に, 伏見を, 休んで, 佐久間町二丁目の, 体を, 使を, 信玄親しく, 出仕し, 出発しよう, 出馬した, 切腹と, 到る間, 刻みながら, 刻んで, 勢揃いし, 十七娘の, 及び候, 及んだ, 反対側の, 取乱して, 合戦を, 同じ唐人, 向うでも, 土手へ, 地震有り, 天守に, 女の, 始つた, 始まった, 始まり菱川師宣, 家を, 富突きを, 寢る, 屋根伝いに, 山を, 帰ったかも, 帰った時, 帰って, 座敷の, 弟子が, 往生する, 従事し, 御堂の, 忠之は, 成りますから, 戻つた, 戻つたか, 打つた, 抽斎は, 旅宿へ, 日本橋の, 時ならぬ, 書を, 有卦に, 有馬浦へ, 木津の, 村の, 棄て去るでしょう, 極めました, 榛軒は, 此家を, 死んだの, 歿し, 氈の, 氷室を, 氷振舞が, 江戸と, 江戸川上水の, 江戸橋を, 流行性痢疾の, 温泉に, 漁師の, 火入れを, 灰を, 玉置の, 生れたよ, 生れて, 用ゐた, 當る, 疾くなった, 登館し, 相好の, 相違ない, 神奈川を, 移るまでも, 竈開け, 終ると, 絶命した, 置かれるべきでございますまいか, 至って, 至って始, 至つて功を, 至つて纔に, 至ると, 至るの間, 至るの間調薬看病, 落ちて, 董太師が, 行つた, 行つて何處を, 行なわれると, 行われる, 襖の, 言った通り, 証文を, 誘ひに, 譬へ, 贄釜の, 起きて, 起った, 足はやく, 近い, 近い九条堤, 近い夜ふけ, 近い比, 近かつ, 近かろう, 近づくと, 閉められる, 間近うございましょう, 陶冶し, 隠れ毎, 静粛の, 面会しよう, 願えて, 顫え, 駕籠へ, 麹町から

▼ 刻~ (164, 5.4%)

10 前に 6 經た 5 経たないうち, 経った頃 4 經つて居る 3 前から, 経って, 經つと, 話して 2 お客の, したら俺, そうし, たたないうち, 一刻も, 歩く奴, 経ってから, 經つ

1 [106件] あるが, あれに, あれば, いたと, いつた通草, いやざます, おかずに, おっつけ終る, おつつけ終る, お前ね, お待ちし, お談義を, かかったほど, かかって, かかりました, かかりませんでした, かけて, この世に, して, すれば, そこに, そばを, たたぬうち, たったか, たったでしょう, たって, たつて, たつと, たつのに, つづくと, ともに遊ばん, ない, まえに, まだ無事, ヂツとして, 一刻もか, 一度通つて来た, 七ツ駕籠も, 三刻も, 休んでは, 佐原屋の, 何か, 六千兩の, 前であった, 前刻, 前水を, 半に, 厳かに, 場合も, 外の, 大まわり, 奮戦し, 家に, 家を, 居たと, 山下の, 峠を, 彦太は, 待って, 後だった, 後の, 忘れては, 早かりせ, 早くおしらせ, 早く帰った, 早く帰りました, 早く来た, 早く歸つた, 早く歸つた米松, 早く自分, 有れば, 歩き思案, 燻つて居る, 申した事, 申した鮫膚, 申しましたよう, 眠ったろうか, 眼を, 立たぬ間, 経ちましたかしら, 経った, 経ったかと, 経ったら癒, 経ったろうか, 経過せぬ, 經たぬ, 經ちました, 經つた, 經つたで, 經つた時分, 經つた頃淺草寺の, 經つた項平次は, 經つてお, 經つてから, 經つてからで, 經つてからの, 經つてゐる, 置かれちや叶, 躊躇せずし, 追うと, 遅れてから, 過ぎた時, 過ぎつらんと, 過ぎつる頃, 黙って, 黙り合って

▼ 刻一刻~ (156, 5.2%)

7 とその 3 と大きく

2 [12件] が新しい, その形, としめつけ, とせまっ, と生命, と薄れ, と迫っ, に敗け, に深く, 凄じ, 深く刻まれ, 近づきつつ

1 [122件] おちて, ぎりぎりと, ずつ果され, その力, その大き, その振幅, その領域, ちっともか, とけは, とだんだん, とつのる, とのっぴき, とはげしく, とひどく, とふえ, とやかましい, とやがて, と世の中, と世阿弥, と今にも, と佐々, と切迫, と加わっ, と募っ, と十時, と地球, と地面, と増す, と増加, と増大, と夜涼, と大きな, と宗時, と彼女, と後, と書き現され, と東京, と歩み, と殺気, と気味, と氷, と消え, と烈しく, と狼狽, と生気, と相互, と私, と移動, と細く, と経っ, と経った, と統制, と締めつけ, と締め付け, と苦闘, と蒼白く, と近づい, と近づき, と速, と速力, と過ぎ, と遠い, と難儀, と高く, と高まっ, にその, にたかまる, につのる, にはげしい, には處女作, により, により平氏政府, に切迫, に加はりま, に吾人, に増加, に夜, に大きく, に天, に彼, に怺, に悪魔, に押し寄せ, に新しく新しく, に殖える, に満干, に滿, に熱した, に猛烈, に異様, に私, に自分, に荒れ, に身体, に近づき, に高く, に高まっ, に高まる, はげしくなる, はげしく吹き加わり, はげしく強くなっ, ふるへて, より燃え来れり, わが海岸, を争う, を過した, 増すばかり, 広くなっ, 強くなる, 快樂, 新しい芸術家, 早くなる, 暗くなっ, 深まって, 減って, 烈しくなる, 狭まって, 荒くなっ, 薄らいで, 見る間, 近づいて, 高くなっ

▼ 刻~ (130, 4.3%)

8 過ぎて 4 過した 3 過ぎると, 過ぎる頃 2 争うよう, 併せると, 合図に, 合圖に, 告げて, 少し過ぎた, 過ぎたころ, 過ぎた頃

1 [96件] あらそう用, おいて, きざむ様, きざんで, した, しらせる拍子木, すぎて, すぎると, すこし下がった, たがえて, たつほど, つくるの, どこで, はじめ古代支那では, ふかしては, まわったろう, まわって, ゆるがせに, 一戦と, 一方の, 一貫する, 争いますから, 争うほど, 争う現実, 争う経済上, 争う重, 争って, 争ふて, 入れて, 出ない内, 千金の, 同じゅうして二羽, 告せる, 命じた, 命ずること, 喋し合わせた, 定めずに, 少し回った, 尖らせ中, 岩間に, 廻って, 廻る頃, 待って, 忘れぬ, 惜しむの長夜の宴, 惜むべし, 手伝うべき内命, 打ちて, 打った, 打ったこれから, 打って, 打つたばかり, 打つまでには, 数十の, 期しその, 期して, 期し自身二千余騎, 楽しんで, 盛る砂時計, 盛んなら, 知らせる田村旅館, 知らせる鐘, 知るもの, 私に, 移さず警部, 移さず郡警司フランク, 移されて, 移して, 経た後, 経て, 腰元の, 見つけると, 見て, 見る, 見出し得る者, 覗き込んで, 計って, 諜し合わせ, 購ひ, 過ぎた, 過ぎたの, 過ぎたのに, 過ぎたらお, 過ぎたらもう, 過ぎてから, 過ぎても, 過ぎぬうち, 過ぎぬま, 過ぎやがて, 過ごした雨後, 過ごした頃, 過ごして, 過ごそうと, 附けて, 附け更に, 限って

▼ 刻~ (93, 3.1%)

4 いえば 2 いうと, なった, 人に, 定められて, 經た

1 [79件] いう, いうから, いって, いふと, いや戸, いわねば, うけたまわったから, おぼしき頃, お約束, お送り役と, かからなかったの, きまって, するの, たたないまもなく, たたない間, たたぬ時, ついには, ない暮れ六ツ, なく深い眠, なく深い眠り, なりしなるべし, なりに, なりました, のっぴきならぬ, やがて日, 世の中が, 世阿弥を, 云うので, 云った時分, 佐々の, 切迫し, 十時に, 卷たばこを, 地平線の, 地球に, 地面に, 増加する, 増大し, 夜が, 夜涼の, 彼女は, 後から, 敗退の, 普通には, 東京の, 歩かないうち, 歩みを, 殖えるのみ, 殺気だって, 気味の, 氷の, 決った, 無情とを, 狼狽し, 生命が, 生命を, 生気を, 相互の, 矢の, 私に, 移動し, 経たないうち, 経たぬほんの, 経たぬま, 経って, 統制され, 育ち美くしく, 苦闘に, 言つた時四方を, 言つて少し, 迫つ, 速さ, 速力を, 違わねえの, 遠い狭霧, 間違つ, 雖も, 難儀に, 風は

▼ 刻~ (90, 3.0%)

28 てある 6 てあった 2 てあっ, てその, て後世, て芭蕉塚

1 [48件] あるいは, がた眼, この點, これを, その周圍, たり, たる建て石が, てあったであろう, ていた, ている, ておく, ては用い, て世に, て世間, て使用, て其辺, て印刷, て又, て夫, て居る, て教壇, て死後, て知友, て碑石, て美人, て蛭子神, て蜻, て記念, て貰, て長, もう一つ, 両面において, 他は, 別に三代目小さん, 南洲が, 各行毎に, 大佛殿建築の, 左に, 左側面に, 已に旧, 後日の, 換へ, 有之, 末に, 臥像の, 裏の, 裏面に, 裏面は

▼ 刻ばかり~ (72, 2.4%)

6 すると 3 經つと

2 [12件] 休まして, 何か, 前, 前に, 待つて, 後には, 後今日一日の, 旦那の, 私が, 経って, 経つと, 見世物の

1 [39件] おいて, かかって, かなたこなた, したら出るのよ, して, そこに, たったのち, でお, です, まえに, 以前の, 傷ついた獣, 前お山の, 動かなかったん, 家の, 寺の, 平次の, 待てど, 後に, 後の, 後使ひ, 後源内先生は, 手間取つて來る, 早かった, 江戸の, 留守に, 眠るつもり, 経ったでしょうか, 経った時, 経つ頃, 經つてお, 經つて入物を, 經つて暗く, 經つて汗も, 經つて直, 經つて線香が, 脱いで, 遲れました, 風呂屋総

▼ 刻ほど~ (72, 2.4%)

6 して, 前に 5 すると 3 まえに 2 前, 前から, 前でした, 経って, 経つと, 經つてから, 經つと

1 [38件] あとで, おいて, お待ちくだされ, お待ちねがいます, くださるだけ, したら戻る, そこに, たったか, たってから, たつと, だな, でやがて, で万端, とろとろと, まえで, まえでございました, 休めて, 前の, 前陳登馬を, 家を, 巷の, 待たなければ, 待って, 待つが, 経った, 経ったか, 経ったが, 経ったらこういう, 経つ, 經つたといふだけの, 經つた頃, 經つて利き始めた, 続くん, 續くんだ, 見廻つて, 話して, 静かに, 鳴りも

▼ 刻過ぎ~ (66, 2.2%)

3 でした 2 になっ, に御新造さん, の空地

1 [57件] あつしは, お廊下, から暮六つ, じゃない, だ, だお前, だぜ, だったそう, だったでしょう, だつた, だらう, ても帰らない, であった, であるから, であろうに, でございましょう, でございましょうよ, でしたか, です, で御座いました, で浦, という, といふ, といふの, になつて, になる, には消し, にもう, にようやく, に來, に出なおし, に出る, に又, に巴屋, に来た, に死骸, に泉屋, に湯屋, に起った, に起つた, に通る, のこと, の客, の時刻, の月, の柳原, は商売, は階下, までは何, まで噛み, まで此家, まで海門, まで無駄話, らしく外, をお客樣, 冷たい大地, 更け沈んだ離室

▼ 刻から~ (64, 2.1%)

2 亥刻, 亥刻まで, 午の, 夜中過ぎまで, 始めて, 酉の

1 [52件] お待ち申し, お話し被, お酒, こっち綾の, ずっと今しがた, たばせた, でご, 一人で, 七つの, 七月二十五日巳の, 丑へ, 丑刻の, 丑刻前まで, 丑刻近く, 九つに, 九郎右衛門とりよとを, 二刻半ぐらいまでの, 人にばかり, 何となく此婦人, 先時, 先騷ぎのあつた時まで, 出して, 卯刻まで, 夕方の, 多時, 始まって, 始まつて申刻半, 子刻, 子刻の, 子刻まで, 巳の, 念仏の, 戌刻までの, 手を, 持ちまわりゃなん, 未の, 橋の, 気に, 沁み出る護謨液, 田の上を, 申の, 申刻がらみの, 申刻頃まで, 聞いて, 見詰めた扇子, 辰の, 通口へ, 静かに, 靜かに, 響いて, 風説の, 飲みはじめて

▼ 刻~ (64, 2.1%)

3 ですよ 2 から子刻, ですぜ, でも子, 刻, 刻と, 前に, 少し過

1 [47件] かな, から先, から子刻前, から明け方, から辰刻, くらゐ, ぐらいまでの間, だ, だその, だつた, ちかくも, でした, でせう, という御, といふ, といふ時刻, といふ頃, とも思ふ, には別々, には床, には歸つて, に一丁目, に來, に始まっ, に来た, に終り, に近かっ, に近づい, の時計, の火の番, の陽ざし, は聞きちがえであったろう, ほどのいと, までか, までの間, より遲, を合圖, 刻いや, 刻たりとも, 刻一刻と, 刻前じゃ, 前でした, 少し廻つた, 少し過ぎかも, 少し過ぎだった, 少し過ぎでした, 近い頃

▼ 刻~ (57, 1.9%)

3 な響 2 さを, であった, でひねくれた, な人間, 無殘

1 [44件] がひどく, が主因, だと, であって, であると, であれよ, という評, と為る, なよう, ならざるべきを, なる明, なる語氣, な争闘, な人, な冷笑, な処, な心, な思想, な性格, な悲劇, な欠乏, な沙汰, な現実, な甘え, な社会, な神, な表情, になった, に伝わっ, に真実, に線路, に薄く, に驚く, の毒素, の現実, の生まれ付き, をはるか, を伝つて, を忍び, を恨むなら, を憤つ, を憤らざる, を自ら強, 少恩

▼ 刻~ (50, 1.7%)

2 勝負の, 移って, 鳴ったの, 鳴って, 鳴つて, 鳴りましたよ

1 [38件] いろいろある, うつつな, きたから, すぎようと, すぎ一刻, せまるなか, たったので, だんだん近寄っ, つづいたが, 一朱で, 二刻にも, 何時である, 入て, 入れて, 出来る, 命の, 如何にも古雅, 御者台に, 来た, 満ちて, 移ったとも, 空気に, 経ち女, 経った, 見られる, 記されて, 辻集合の, 近づくと, 過ぎたの, 遲れ, 鳴ったら行って, 鳴ってから, 鳴つたやう, 鳴つたら禁制, 鳴りましたが, 鳴ります朝飯, 鳴ると, 鳴るとたん

▼ 刻した~ (49, 1.6%)

3 ものである 2 のである, ものが, ものの存在, ものを

1 [38件] か, の, のが, のは, もので, ものであろう, ものと, もの又, やうな, ような, メダリオンが, 一箇の, 二つの, 人の, 俗な, 六朝本の, 国貞や, 墓碣の, 士禮居叢書は, 女の, 嶺松寺中の, 戒名にも, 本は, 楔形文字が, 浮世絵の, 深根輔仁, 石が, 石の, 石碑が, 石碑と, 石碑を, 砂岩の, 碑が, 碑石の, 紙が, 翌年, 者が, 貨幣が

▼ 刻~ (47, 1.6%)

2 には最後, に子供, まで仲吉さん

1 [41件] から入り込ん, じゃ, じゃ観, だったかね, だつた相, だよ, でした, でそれに, で佐竹, に, にはかなり, には帰る, には松井町, にようよう, に丁子風呂, に下谷, に受取つた金, に外桜田, に寢, に明神下, に歸, に歸つた, に死んでる, に殺された, に母屋, に皆, に祝言, に締めます, に行っ, に行われた, の孔伝, の時計, は油障子, まだ芝, までそれ, までツイ裏, まで何處, まで本所, 大膳大夫広元朝臣の, 平右衛門町, 施薬院を

▼ 刻~ (44, 1.5%)

2 忙しいので, 知らずに, 蕭や, 過ぎて

1 [36件] あの柱, いよいよ小さく, かかった, かかります, かかるまいと, ことを, さつき以上バツトは, その音, たっぷりある, とうに過ぎました, どうした, どうじゃ, な夢, はや過ぎ, もたないかも, 一千六十日を, 不安そうな, 享保に, 今あらわに, 伊上凡骨氏を, 失礼, 御者台から, 早く大黒屋, 樂しめます, 気ぬけ, 物の怪が, 百金, 移る, 経って, 經つて居る, 草木も, 萬籟寂たる, 近づいて, 過ぎ, 銀波を, 髪切虫の

▼ 刻少し~ (38, 1.3%)

4 前, 前に 3 前で 2 過ぎいつぞや, 過ぎでした

1 [23件] まえでした, 前この, 前だ, 前には, 前六軒長屋の, 前安倍丹之, 前早起きの, 廻つたばかり, 廻つた頃, 過ぎ, 過ぎお, 過ぎかな, 過ぎこの, 過ぎた頃, 過ぎだった, 過ぎだつた相, 過ぎに, 過ぎ何となく, 過ぎ利助, 過ぎ如何にも, 過ぎ朱房, 過ぎ雨戸, 過ぎ食はず飮

▼ 刻あまり~ (35, 1.2%)

2 かかった, の間, を過ぎ, 薄寒い墓地

1 [27件] しかいなかった, の努力, の根比べ, の死力, の苦戦, もいんい, もかかった, もたたずん, もつづいた, もグルグル, も一心不乱, も山野, も押し, も歩い, も泳い, も祈祷, も経った, も茶菓, も話, も走りつづけた, やがて密生, 坐る暇, 待てど, 探し抜いても, 探し拔, 暗くな, 経って

▼ 刻~ (34, 1.1%)

2 だ, であった, のこと

1 [28件] からボツボツ, から曉方, そっと忍び, だえ, だし, だったのに, である, であろう喃, でした, でしたが, でしょう, でせう, と存じ候, と思ひました, になる, の陽, まで, までに自身, までは伺いません, までは確か, まで遠く, より来, より馬場, 出かけて, 出たん, 堅く絞つた, 少斎石見, 御退出

▼ 刻ごろ~ (26, 0.9%)

32 その大

1 [21件] か, かと思います, から小雨, から恐ろしい, で, でしょうか, にお, には帰っ, に主従最後, に二ひゃく, に文殊楼, に相, に眼, に織田どの, のこと, の日蔭, の陽脚, までに川越, までに自身, より石火矢数百挺, 下ッ引

▼ 刻~ (25, 0.8%)

532 つた

1 [15件] からまだちょっと, から今, か知ってるだろう, が八百, が計り炭屋, ぜ起きろ, そうで, ぞ, とおもう, と思ってる, と思ふ, なんて, のと, よ, 早過ぎ

▼ 刻近く~ (23, 0.8%)

3 まで居た 2 なつて, なると

1 [16件] かかった, なっても, なつて寢, なりしとなり, にもなる, に仰がれる, もかかっ, もそこ, もヤットウ, も待たされました, も歸ら, も端座, も続く, も遅れました, 参る筈, 明神下は

▼ 刻~ (22, 0.7%)

1 [22件] のかも, のである, のに五七, のに気, のに氣, ものだ, もので, ものとしか, んでしょう, 一定の, 人では, 人間じゃ, 性質からの, 愛子が, 批評とが, 考へが, 臭骸を, 苦悩を, 韈の, 顏に, 顔を, 驕慢な

▼ 刻には~ (22, 0.7%)

1 [22件] かなり間が, すこし間, ちと早い, どこに, まだ至っ, もう半, もう城将, 六人とも, 家人すべていったん, 小三郎以下お, 帰って, 帰ります, 御令妹, 月明の, 此御屋敷へ, 潜りの, 終ったが, 総大名衆すべて, 表の, 迎えに, 間が, 音も

▼ 刻より~ (22, 0.7%)

2 寅の

1 [20件] この松原, はじまって, 中野出立, 中野村発, 中野村行, 又, 土方出立, 妻の, 寐た, 巳の, 弘前出立夕七時頃中野村へ, 新城村病院へ, 早く来られ, 止, 注意しゐたる, 無言にて, 申の, 諸人通行留めの, 辰の, 長谷寺祥雲寺参詣

▼ 刻~ (21, 0.7%)

2 あつた

1 [19件] おざれ, こういうこと, すますやう, せう, その後の, 判りさ, 強請つて歸れるなら, 心苦しかった, 悪しつ, 明日か, 本郷丸山の, 皆帰っ, 空も, 行つて來ます, 行つて來られるだらう, 辿り着くの, 閉まる, 駆けつけるぐらい, 驅け

▼ 刻まで~ (20, 0.7%)

2 呑んで

1 [18件] あと一刻しか, お待ち申そう, つづいた, ぽつねんと鼠, ゐたか, 七十日あまりで, 人並いや, 他所に, 俺の, 兄と, 四十日余で, 居たか, 居るん, 戦いつづけたが, 焼けた, 考えぬいた, 降り通した, 離屋の

▼ 刻~ (20, 0.7%)

2 に書い

1 [18件] である結果, な写生文, な性格, な気質, な讀者, な鼻筋, になっ, にもその, にアルバム, に二本, に描かれ, に描き出し, に日記, に目, に解説紹介, に記念, に調べた, に集めた

▼ 刻近い~ (19, 0.6%)

4 刻限でした 3 時分でした 2 刻限では, 頃でした 1 でせう, 刻限で, 時分で, 時分の, 真昼の, 頃です, 頃平次は, 頃狛家の

▼ 刻とも~ (18, 0.6%)

3 たたないうち 2 かかりません, なりません申刻, 経たないうち 1 かかるまい, なれば, 我慢を, 経っちゃ, 経って, 經た, 經つては, 經つて居ない, 落着か

▼ 刻って~ (17, 0.6%)

4 ある 2 ある碑, 職業として 1 あったので, あるところ, ある七字, いる者, ないので, もらったの, やろう, 居た, 居ました

▼ 刻でも~ (17, 0.6%)

2 離れて

1 [15件] ありましたらうか, ありましたろうか, ありましょうか, あるし, あろうか, これは, ございましたらうか, ございましたろうか, ない, 夢を, 子刻, 構は, 此方から, 物を, 逃げられないという

▼ 刻つて~ (16, 0.5%)

2 もらひたいと

1 [14件] あげたこと, あげても, あるが, ある字, ある文字, おくれよ, おもらひなさいよ, と, もらつて, もらはう, もらはう思うてな, もらひて, ゐると, 見たい方

▼ 刻~ (14, 0.5%)

3 たちました

1 [11件] あのまま気絶, あるいは宵, そこで, 一刻, 一刻ばかりの, 二刻半という, 寅の, 戌刻半には, 経ちました, 經ちました, 間も

▼ 刻され~ (14, 0.5%)

5 てある 2 てあ, てゐる 1 てあった, てい, ている, 又橋, 更に幾度

▼ 刻ばかりの~ (13, 0.4%)

4 間に 2 後八丁堀組屋敷で 1 うちに, のちに, 後春の, 後輕い, 違いな, 間, 間何處に

▼ 刻にも~ (12, 0.4%)

1 [12件] なって, ならずドストイエフスキ, なるでは, わたる仕合, 三刻にも, 余った, 僕を, 思えるよう, 行かずただ, 足らぬ以前, 近いのに, 近からう

▼ 刻~ (11, 0.4%)

2 が深く 1 かけの, にし, にとりか, の深き, は鼠, を加へた, を深く, 付けたる, 方が

▼ 刻半頃~ (11, 0.4%)

1 [11件] お休み, かな, からはその, この一行, だったでしょう, にはきっと, の陽, また竪川, までお, 小臺, 生暖かいの

▼ 刻~ (11, 0.4%)

1 [11件] があつ, が次第に, に校讐, の字体, は又, は明板本, を參照, を手, を獲たる, 多きを以て, 山陽遺稿中にも

▼ 刻~ (11, 0.4%)

2 は不寝番 1 ぎぢやないのちよいと, ぎになつて了ひます, ぎになつて思ひ, ぐらいにはまいりましょう, になっ, に漸く, に表, に避難, の事

▼ 刻までに~ (10, 0.3%)

1 これに, せよとの, その銭, 大川筋の, 帰らなかったら自分, 帰れば, 敵地から, 早急に, 集まつた者, 雨が

▼ 刻~ (9, 0.3%)

7 たない 2 つたか

▼ 刻ほどの~ (8, 0.3%)

1 休息の, 後お, 後で, 後官兵衛から, 時間を, 間ちょうど, 間に, 間の

▼ 刻ほど後~ (8, 0.3%)

1 お米, だった, にきつ, には, には早く, には箱崎, には鳥居強右衛門, のこと

▼ 刻~ (8, 0.3%)

2 一刻の, 一刻は, 半刻 1 紋章に, 陽虎の

▼ 刻下り~ (8, 0.3%)

2 からふり出した 1 その儘役僧, になりまし, に墓参り, のこと諏訪山下, の陽, やがて申刻

▼ 刻ぐらい~ (7, 0.2%)

1 かかるから, かかるだろう, ここで, だ, だったでしょう, だと, 入って

▼ 刻する~ (7, 0.2%)

1 に当っ, に足る, 所で, 所である, 所の, 段階から, 議が

▼ 刻とは~ (7, 0.2%)

2 半打掛から 1 かかりますまいから, かかりません, 持たなかった, 経たないうち, 間が

▼ 刻なる~ (7, 0.2%)

1 事実を, 友よ, 理法すら, 自然が, 語を以て, 醫師看護婦と, 靜かさも

▼ 刻ほども~ (7, 0.2%)

1 前に, 寝たろうか, 待ち暮らし, 烈しい教練, 経た後, 經つた頃小僧の, 黙って

▼ 刻半過ぎ~ (7, 0.2%)

2 でした 1 いや亥刻時分, から戌刻過ぎ, だ, でございました, にお

▼ 刻までは~ (6, 0.2%)

2 家へ 1 上杉の, 塔の, 往かないよ, 武田方の

▼ 刻~ (6, 0.2%)

1 出, 参内なり, 外出, 尋ねなすった御, 自身の, 著

▼ 刻経った~ (6, 0.2%)

1 かどこ, かふと, か夜, か知れねえ, 今まで, 時一つの

▼ 刻~ (5, 0.2%)

2 忘れなさるな 1 くみが, 仮屋前にて, 蔵びらき

▼ 刻された~ (5, 0.2%)

2 のは 1 従妹ベットの, 慈海燈は, 漢文の

▼ 刻~ (5, 0.2%)

2 てくれる 1 てくれません, て頂い, て頂いた

▼ 刻という~ (5, 0.2%)

1 のか, のが, ので, ものを, 遽かな

▼ 刻られ~ (5, 0.2%)

3 てある 1 てあった, てゐる

▼ 刻られた~ (5, 0.2%)

2 文字を 1 刺青であった, 文字が, 碑にも

▼ 刻詣り~ (5, 0.2%)

1 が唯一, じゃないでしょう, のよう, の人, をする

▼ 刻~ (5, 0.2%)

3 かつた 2 かつたでせう

▼ 刻ごと~ (4, 0.1%)

1 にお, に梵鐘, に金蔵, の鐘

▼ 刻せる~ (4, 0.1%)

1 に過ぎざる, を以て有名, を見る, 浜村蔵六の

▼ 刻ちかく~ (4, 0.1%)

1 たって, も外, も茶店, 歩いた

▼ 刻った~ (4, 0.1%)

1 のを, 昔の, 独楽が, 透明な

▼ 刻であろう~ (4, 0.1%)

1 かの, か山中暦日, の, 雲の

▼ 刻です~ (4, 0.1%)

21 からようやく, ぜ

▼ 刻余り~ (4, 0.1%)

1 は悠々, も戦う, も歩いた, 進んで

▼ 刻峻急~ (4, 0.1%)

2 の角度 1 に陥る, に陷

▼ 刻經つて~ (4, 0.1%)

1 もそんな, も床, も歸ら, 漸く元

▼ 刻足らず~ (4, 0.1%)

1 で行っ, で行つて來, で追いつめる, 何もかも解った

▼ 刻込まれ~ (4, 0.1%)

1 ている, て仕舞った, 強いて怺, 悪鬼の

▼ 刻あまり後~ (3, 0.1%)

3 のこと

▼ 刻この~ (3, 0.1%)

1 子に, 家から, 術を

▼ 刻じゃ~ (3, 0.1%)

3 ないか

▼ 刻すぎ~ (3, 0.1%)

1 でもございましょう, に荏原権右衛門, まで坐っ

▼ 刻だった~ (3, 0.1%)

1 え, と申します, のについ

▼ 刻だろう~ (3, 0.1%)

1 な, な八, に階下

▼ 刻つた~ (3, 0.1%)

1 ものだ, 同じ花, 大きな石標

▼ 刻ほどは~ (3, 0.1%)

1 常の, 灯も, 舟止めと

▼ 刻まいり~ (3, 0.1%)

1 というわけ, の行者, を男

▼ 刻まえ~ (3, 0.1%)

1 あたりに, に南蛮寺, のこと

▼ 刻までには~ (3, 0.1%)

1 ここへ, 必ずここ, 行き着かれそう

▼ 刻までの~ (3, 0.1%)

1 間どこに, 間に, 間何處に

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 せて, せてあつ, せましょう

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 のは, ような, 仕事は

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 てあつ, ばよろしい, もする

▼ 刻をも~ (3, 0.1%)

1 そこへ, 争うと, 争うほど

▼ 刻~ (3, 0.1%)

2 来たよ 1 帰る

▼ 刻一刻東京~ (3, 0.1%)

2 を遠ざかつ 1 へ近づい

▼ 刻以上~ (3, 0.1%)

1 になる, は經, も經

▼ 刻~ (3, 0.1%)

2 地震 1 地震未

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 すること, に描写, に添え

▼ 刻~ (3, 0.1%)

2 を写し 1 の拓本

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 なる或は, になつて, に攻立てたら

▼ 刻~ (3, 0.1%)

2 前に 1 睡りを

▼ 刻経っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て戌刻, て漸く

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 になった, の作品, らしいいい

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 と一所, のさま, の中

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 に出, に翁, をし

▼ 刻込ん~ (3, 0.1%)

1 であつ, で居る, で響い

▼ 刻~ (3, 0.1%)

1 に師匠, に懐, に手巾

▼ 刻~ (3, 0.1%)

2 から 1 鋳写繍師

▼ 刻あたり~ (2, 0.1%)

1 からさ, からでございます

▼ 刻あまり丹~ (2, 0.1%)

2 之丞自身

▼ 刻あまり日~ (2, 0.1%)

2 が暮れ

▼ 刻あまり近所~ (2, 0.1%)

2 の思惑

▼ 刻ある~ (2, 0.1%)

1 が俺, 五弁の

▼ 刻お話~ (2, 0.1%)

1 のその, をしかけました

▼ 刻かの~ (2, 0.1%)

1 刻が, 後楓は

▼ 刻からの~ (2, 0.1%)

1 お話を, 様子を

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 君かなと, 君との

▼ 刻ぐらいは~ (2, 0.1%)

1 下手な, 血が

▼ 刻ここ~ (2, 0.1%)

1 にいる, を発足

▼ 刻ころ~ (2, 0.1%)

1 だったの, より来

▼ 刻さがり~ (2, 0.1%)

1 の陽ざし, の陽射し

▼ 刻つてやつ~ (2, 0.1%)

1 た, たこと

▼ 刻つてる~ (2, 0.1%)

2 のを

▼ 刻である~ (2, 0.1%)

1 か, が五日

▼ 刻でしょう~ (2, 0.1%)

1 かと云いかけ, 親分

▼ 刻では~ (2, 0.1%)

1 ない, ないの

▼ 刻なかば~ (2, 0.1%)

2 にお

▼ 刻なり~ (2, 0.1%)

2 しかを

▼ 刻ばかりに~ (2, 0.1%)

2 中御門猪熊の

▼ 刻ほどで~ (2, 0.1%)

1 帰ったが, 息を

▼ 刻ほどに~ (2, 0.1%)

1 ひょっくりお, ひよつくりお

▼ 刻もしくは~ (2, 0.1%)

1 冷刻な, 深刻で

▼ 刻りつ~ (2, 0.1%)

1 けてあつ, けられて

▼ 刻りつけ~ (2, 0.1%)

1 てあった, ていつ

▼ 刻り込ん~ (2, 0.1%)

1 である, でおぼえ

▼ 刻れる~ (2, 0.1%)

1 と思つた, 自信が

▼ 刻一刻人間特有~ (2, 0.1%)

2 の温み

▼ 刻一刻気持~ (2, 0.1%)

1 が暗鬱, が険しく

▼ 刻一刻潮~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 刻一刻紫色~ (2, 0.1%)

1 に変っ, に変つて

▼ 刻三刻~ (2, 0.1%)

1 のやう, のよう

▼ 刻下がり~ (2, 0.1%)

1 に江戸表, の刻限

▼ 刻仕舞い~ (2, 0.1%)

1 が規則, ときまっ

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 か, 入つて

▼ 刻六老~ (2, 0.1%)

1 を経, を經

▼ 刻半過~ (2, 0.1%)

2 ぎだつたでせう

▼ 刻~ (2, 0.1%)

2 となり

▼ 刻印せられ~ (2, 0.1%)

1 てあります, てやがて

▼ 刻印せられた~ (2, 0.1%)

2 ものとして

▼ 刻~ (2, 0.1%)

2 が聞いた

▼ 刻将軍家~ (2, 0.1%)

1 は江戸城, 並びに尼御台所

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 であった, に控

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 樂と, 霽明月の

▼ 刻成せられた~ (2, 0.1%)

1 こととは, のは

▼ 刻旅館~ (2, 0.1%)

2 を出

▼ 刻早く~ (2, 0.1%)

1 なる, 三五郎の

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 がけとは勢, ぬれば

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 検校から, 檢校から

▼ 刻水甕~ (2, 0.1%)

1 に噛, に齧り付い

▼ 刻深く~ (2, 0.1%)

2 刻まれて

▼ 刻清川~ (2, 0.1%)

2 へお

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 上げた通り, 上げました通り南印度

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 をつけられた, を作っ

▼ 刻経たない~ (2, 0.1%)

2 うちに

▼ 刻絵本類~ (2, 0.1%)

1 の挿画, を編入

▼ 刻見た~ (2, 0.1%)

1 のは, 兎の毛の

▼ 刻遅れ~ (2, 0.1%)

1 だった, ても間に合わぬ

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 を数え, を数える

▼ 刻~ (2, 0.1%)

1 で飛ばせ, の嘶いた

▼ 刻~ (2, 0.1%)

2 の口評定所

▼1* [430件]

あの寺の, 刻あまりそこにいろ, 刻あまりのちのこと, 刻あまりトンと鳴っ, 刻あまり人と猛獣, 刻あまり伝通院の裏, 刻あまり何処を何, 刻あまり八五郎は漸く, 刻あまり夜風にも醒め切れない, 刻あまり山路で時, 刻あまり平次は寢, 刻あまり橋の上, 刻あまり灯が入, 刻あまり猫が鼠, 刻あまり石原の利助, 刻あまり葬式の手順, 刻あまり重大な謎, 刻ありて瞑目, 刻ありゃ亀戸の, 刻あるいは幾日気絶し, 刻あれども共に, 刻あんまり行く末来し方の, 刻いたし候, 刻いや一刻も, 刻おくれて死物狂い, 刻おくれた十字三十五分, 刻おくれりゃいっ刻よけい, 刻おっしゃる家の, 刻おん息をひきとる, 刻お召しくださいましても, 刻かかっても二年目, 刻かかりましたが結局, 刻かかりますよ, 刻かぎりで川筋, 刻かはまるで人事不省, 刻かまわずに賃仕事, 刻かもわからない, 刻からはお身, 刻がらみの刻限, 刻きわまりなき悲哀, 刻くらい経ってからの, 刻くらいに起った出来事, 刻ぐらいの間という, 刻ぐらいも経っただろうか, 刻ぐらいを過ぎて, 刻げんになりました, 刻こく色の, 刻こりゃアいよいよ, 刻これからあの方, 刻ころ御旅の汐見松, 刻ごろお出ましになります, 刻ごろトントンと表, 刻ごろ俊成が撰集奏覧, 刻ごろ押田仙十郎は宙, 刻ごろ泰親がかの, 刻ごろ浜辺のほう, 刻ごろ甲府の南, 刻ごろ町風呂へ行っ, 刻と云われる, 刻さがりでござりました, 刻させて見る, 刻ざんで濃い塩水, 刻したるものなる, 刻した印しを目あて, 刻しづけられている, 刻しも纔に, 刻じゃと聞いて, 刻すぐその四人, 刻すこし前に, 刻すでに七刻ごろの, 刻すべき書は, 刻ずっと前から, 刻ずつ馬術を, 刻せねばならない, 刻せようとした, 刻せらるるを見ぬ, 刻そこを見せられた, 刻そこそこで帰っ, 刻その対象の, 刻それより早い, 刻そろそろ見えても, 刻たちましたらなんとか目鼻, 刻たっても一刻, 刻たったか, 刻たらずしてきちんと, 刻たりともわが肉身, 刻だの黄金や, 刻ちかいあいだ母と, 刻ちょいと過ぎ, 刻つて塩水に掻廻, 刻つて鹽水に掻, 刻づつ一通りそれが濟むと, 刻であったから, 刻でありあるいは昼, 刻でしたが平次, 刻といったのが, 刻といふのは, 刻とか申しましたねえ, 刻ときまつて, 刻とて経たないうち, 刻との間に, 刻とを見て, 刻どこをうろつい, 刻などは疲れたからだに, 刻なめに逢つて, 刻なら宵でも, 刻ならざるにあらず, 刻ならずしてやはり, 刻なりしと思合, 刻な嘲の微笑, 刻にから掛けさせて, 刻にてもすぐ腰, 刻になつても, 刻にまで及んだが, 刻により平氏政府に, 刻によりて互に密接, 刻にわたる激烈な, 刻に対する経験も, 刻のちまだ暮れ, 刻のち二つの問題, 刻のち寮の裏口, 刻はかり屋敷の, 刻ばかりが十年の, 刻ばかりにやおびただしくなゐふりけり, 刻ばかりにわたる合戦中に, 刻ばかりは眼に, 刻ばかりも竹の, 刻ばかりを恐ろしく能率的, 刻ひそかに裏, 刻かけて, 刻ほどきげんよく, 刻ほどばかり前で, 刻ほどを過ごしたが, 刻ほど後閣老からの使い, 刻ほど後顎十郎はブラリ, 刻までが家中一同にとっても, 刻までじゃという, 刻までといっても, 刻まねばならんです, 刻みこんだやうな, 刻むげなのやあ殿, 刻むなんてなことになってくると雷の話, 刻むようにぶりぶりするこたあねえなぐり込, 刻むらさき色の薄, 刻もとッくにすぎ裾野の戦, 刻もの間お近さん, 刻もの間考え迷った末, 刻もめえからばき, 刻やがて亥刻半, 刻やってくれ, 刻やらふたたびふと我, 刻ようすをうかがっ, 刻よけいむごい目, 刻りあげてゆきたい, 刻りかけてゐた, 刻りつけた一つの, 刻り付けてあった, 刻り付けられてある, 刻り抜いたものかね, 刻を以てした, 刻カラフトのクシュンコタン, 刻スル文ニ云フ長楽未央漢宮瓦高帝五年治, 刻スル者多ク我邦ニ舶来ス可キ理, 刻ニ主ノ親, 刻ホロ苦い酒, 刻マレ明治維新以後三十餘星霜ヲ經ルノ今日ニ至ルモ, 刻ミ七里洲中ニ在り今, 刻ミ出サレテイ宝冠正面ニハ宝瓶ヲ現, 刻ミ昆布ともいうだろう, 刻ミ葱を加え, 刻ムダケノ適当ナ厚ミ, 刻デ置ケバイヽ, 刻一刻こちらへ近づい, 刻一刻一跳一足ごとに馬前, 刻一刻二刻あまり待てど, 刻一刻人を加え, 刻一刻人数が増し, 刻一刻冷気をまし, 刻一刻吾人を鞭撻, 刻一刻地上の者, 刻一刻地球へ近づい, 刻一刻夜のとばり, 刻一刻帝国本土に接近, 刻一刻提督の体, 刻一刻時は過ぎる, 刻一刻死の場所, 刻一刻母親の帰り, 刻一刻気がせいた, 刻一刻気力次第に弱, 刻一刻沙漠に腹這い, 刻一刻海陸の足利勢, 刻一刻熱狂して, 刻一刻爆音は高く, 刻一刻爽やかさを取り戻し, 刻一刻猛烈さを加え, 刻一刻相手の人数, 刻一刻背後の方, 刻一刻重味の加わる, 刻一刻面積を広め, 刻一天までにはまだだいぶ, 刻一風呂浴びて, 刻丁度といふ時刻, 刻七条朱雀を西, 刻七駕籠七場所七橙と七七ずくめ, 刻万籟寂として滅し, 刻上野の鐘, 刻下すつたのが, 刻下り日はもう, 刻不安と焦躁, 刻工拙, 刻乗入れ悉く首, 刻交代で夜どおし邸内, 刻を加え, 刻以降一般に往来止メ, 刻休みを楽しん, 刻を洗, 刻の後, 刻余り右馬介にむかっ, 刻作業部を通り, 刻ぬれば, 刻供揃にて太公登城, 刻価千金ここばかりは時, 刻傾きてかへり出, 刻のやう, 刻入って行った, 刻八五郎の人生觀, 刻六分に始ま, 刻再びよび出されたうえ, 刻冷刻もしくは深刻, 刻冷汗をかき, 刻て行っ, 刻出仕して, 刻などは持ち馴れぬ, 刻見て, 刻前後の門, 刻前松五郎を番所, 刻前磯屋の主人貫兵衞, 刻千万の仕打ち有, 刻半ごろ大川の闇, 刻半時分に参詣, 刻半浪花屋の内外, 刻半神田佐久間町河岸の材木納屋, 刻半過ぎぢや御座いません, 刻半過ぎ丑刻近い時分, 刻半過ぎ入谷の寮, 刻半過ぎ火事場歸りの, 刻半頃フラリと歸つて來, 刻半頃三方からあ, 刻半頃家へ歸, 刻半頃樣子を見, 刻半頃此處から離屋, 刻半頃門前の花屋, 刻即ち十二時頃に, 刻定は, 刻又は改正何之図などと, 刻友だちと浜, 刻にそれでも, 刻和田左衛門尉義盛伴党を率, 刻四半刻とやがて, 刻国手が来なさり, 刻が成長, 刻城寄の町, 刻堂内の明, 刻壱岐殿坂をくだりきる, 刻津吉の, 刻大倉辺焼亡す数十宇災, 刻大道具大仕掛, 刻もまだ, 刻女売子の背中, 刻女子出生名乃夫, 刻はお断り, 刻容易のこと, 刻小半刻ここにいる, 刻しまへ, 刻少々前で, 刻尾づたいに上って, 刻居室で新聞, 刻屋根の上, 刻を下らう, 刻巧雲は御, 刻帝釈天王東葛西領柴又経栄山題経寺と書い, 刻平次も八五郎, 刻広くなって, 刻弁天堂の下, 刻引っ越したらよさそう, 刻強くなるばかり, 刻師尾ヶ瀬菊之丞孫の, 刻彳んだ田沢氏, 刻彼宿長吏真土宿之長, 刻彼等の軍勢, 刻待たせる客といふ, 刻御供揃い相済み市川村へ御成り, 刻御所の近辺, 刻悄乎して, 刻意励精はさる, 刻愚痴を聴きました, 刻へいらっしゃいます, 刻の事, 刻成績よからず, 刻手彩色の立派, 刻打ち首に致す, 刻承知の事, 刻拙宅まで御, 刻放つて置いたら, 刻数葉が交っ, 刻文秦の玉版, 刻鈔, 刻や清水, 刻早いのだ, 刻早坂勇から聴いた, 刻昨日の裏門, 刻暗くなって, 刻書目を銓択, 刻曾我十郎祐成同じく五郎時致, 刻替りということ, 刻朝湯に参りました, 刻木文字を良人, 刻木結繩敬佛法於百濟求得佛經始有文字, 刻本売下代金を以て費用, 刻東京より帰着, 刻桑名の西, 刻森閑とし, 刻を足, 刻にきざまれ, 刻多シ, 刻止せと云つて, 刻此家から皆川半之丞, 刻此本之挙, 刻の場所, 刻渡つて向ふ, 刻に入, 刻の家, 刻の中, 刻物絵本や読本, 刻を持出した, 刻の淺論, 刻誤本, 刻生れまで言われ, 刻画して壺中, 刻発向だぞ, 刻な陰影, 刻相州息次郎時村三郎資時等俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 刻眠ったことでしょう, 刻着たっきりで, 刻石筍の影地, 刻の音, 刻程もたったろう花, 刻立ちで江戸, 刻竹島に着せり, 刻筍岩の影, 刻紀要第一集, 刻経ったろうか誰か, 刻の如き, 刻した男女, 刻絵馬の中, 刻經つて戌刻過ぎになつて, 刻咎めて, 刻肉饅頭李入り菓子牡蠣の樽, 刻悦撰節分, 刻をつけ, 刻舟求剣のしたり顔, 刻舟求劍のし, 刻苛佻動もすれ, 刻を詰め, 刻草あぜに立てた, 刻荒くなって, 刻菅さんに逢つた時, 刻落ちたらそれなり地獄, 刻薄無情の人民, 刻薄無残の輩, 刻薄長者の過, 刻の完成者, 刻がある, 刻西河岸で逢った, 刻ている, 刻言ったその四畳半, 刻儀に, 刻許青森より進撃艦八艘出帆, 刻を償つて余財, 刻赤羽橋のお, 刻輿にて進発, 刻込まれた深い皺, 刻込むように, 刻近い間平次と八五郎, 刻近く布団の中, 刻近く布團の中, 刻通つた本街道, 刻通りがかりに一度, 刻速かった, 刻過ぎたという, 刻過ぎたらお前も, 刻過ぎたら寝ろといっ, 刻過ぎましたぜ, 刻過ぎるまで魏, 刻過ぎ人通りのハタ, 刻過ぎ夕方から吹き始めた, 刻過ぎ宗次郎が歸つた後, 刻過ぎ平次は約束通り, 刻過ぎ急に思ひ立つ, 刻過ぎ永代のあたり, 刻過ぎ申刻近く参る筈, 刻過ぎ黒木長者の嚴, 刻過でもありましょう, 刻郵便局の前, 刻金石刻の如き, 刻金色の蓮華, 刻間近くなると, 刻限りといっ, 刻も中天, 刻から差, 刻集合の布令, 刻雷鳴数声降雹の大, 刻青森出立夕七時油川村著菊屋重助宅へ落著, 刻を輝かし, 刻頃一寸先も見え分かぬ, 刻頃上野介は下検分, 刻頃二た綾, 刻頃力兄哥が来, 刻頃宝川に帰着, 刻頃彗星天の西北隅, 刻頃播州伊津湊へ著船, 刻頃敵が本丸, 刻頃迎ひの, 刻頃迎いの者, 刻頃進発したの, 刻顎十郎は, 刻の結果, 刻骨其術を事実ニ試, 刻高くなって, 刻黒船の甲板