青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「千代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~ 千~
千代~
千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば 半ば~ ~半分

「千代~」 1873, 20ppm, 5696位

▼ 千代~ (354, 18.9%)

7 答える 3 呆れて, 父の, 私の, 重吉の

2 [12件] うなづいて, すました顔, 主殺し, 云った, 妙に, 婆さんの, 平次の, 打ち萎れた風, 自分の, 茶を, 親の, 驚いて

1 [311件] あの日, あまり客, いきなり浴槽, いったい何, いったい幾歳, いつもの, いつも浴槽, いつも湯殿, いつ登場, いない, いると, いろいろな, いわれなくそう, うか, うなづく, おちついて, おとよを, おどおどし, おれを, お人, お茶の, きっと云っ, きのう来た, こう答え, こう答えた, こう言っ, ことごとく喜ん, この一月, この店, この老婆, この間から, これまでの, ころりと, こんな家, しゃくりあげて, すでに世, そういっ, そう云った, そう毎, そっとおと, そのうち, そのままぴったり倚, その人形, その儘平気, その午後, その名, その夜, その後に, その後姿, その指, その日午後, その時, その横, その翌日昨日, それっきり行方知れず, それほど力, それ以上は, そんなこんなで, そんな女, ただあんな, ただしがみつい, ちょっと振向い, てんで受けつけなかった, とにかく一度荒木, どういう心持, どうした, どうしても婆さん, どうするだろう, どこか, どんな過去, なかなか笑いやまなかった, ひき寄せて, びっくりする, ほっとした, まず, また暗号, また返事, まだ不安, まだ十六, まだ帰っ, まだ答えながった, もう十二, もう女給, もう帰っ, もう眼, もう逆上せた, やがて梯子段, やはり黙っ, ようやく父, わけも, わざと調子, わざと身, キッと, ドビン, ハッとばかりに, バアから, パンティだけに, ビックリし, ヘレン, ベッドの, ホッと, 一々おどろい, 一九三三年の, 一応たしなめました, 一応容疑者, 一時自分の, 一生懸命に, 万一の, 下の, 不審さうに兄の, 並び終え, 二三歩先に, 二度まで, 五人の, 今まで, 以前から, 仰天し, 伊達巻を, 何う, 何が, 何とか世, 何とも言, 何とも言いません, 侮辱だ, 便所に, 俄に, 傍に, 備前侯池田家に, 僕が, 兄と, 兄に, 兄の, 先方へ, 全くその, 八丁堀の, 八歳であった, 再び東京, 再び銀座, 凋れた, 北の, 十二時に, 十二時前後に, 千頭家に, 南京玉の, 又コクリコクリ, 同じ愁わしげ, 否と, 呆れ果てて, 呼ぶ, 嘉代さんと, 嘉代さんに, 嘉代さんの, 四年あまり自分と, 圍爐裏近く寄つた母の, 坐り直っ, 型通りの, 夜ごとに, 大きい湯呑み, 大きな臨月, 天魔太郎の, 失望し, 奧に, 女の, 姿を, 嫁に, 実に従順, 実は相談, 実際そんな, 家臣南条大膳の, 寄りかかった男, 小さいとき, 小声で, 小首を, 少し白痴, 少し顔, 少女では, 尚も答え, 居竦まされる辛, 屹と, 岩国の, 峠の, 左手で, 帰して, 平生妹ながら, 年は, 当番で, 往来の, 御叩頭, 心もちその, 心細さ, 心配そうに, 怒って, 思った, 恋患い, 我を, 押入から, 挨拶する, 振袖で, 捉えられてる片, 政岡の, 敵兵の, 新聞紙上の, 既にその, 既に妊娠, 既に東太, 日一日と, 日本人に, 日頃自分に対して, 明治座の, 昨夜も, 昨日からの, 晴着を, 最終の, 月子に, 杉村を, 枚方で, 枝折戸の, 栃木刑務所で, 桃色の, 極端に, 楽そうな, 様子を, 樟脳の, 正直者だ, 此処でも, 此方側に, 殆ん, 母に, 気がついて, 気楽に, 池の, 洋装でなけれ, 派出婦会との, 涙声に, 淡路島で, 濡れた手, 無理やりに, 無言で, 現在までに, 生存し, 生家へ, 男のだ, 畑の, 疲労と, 盤側に, 相当の, 真っ蒼, 眼の, 眼を, 睡から, 石の, 神田辺でも, 秀吉の, 稗田の, 稼ぎに, 突然話, 竈河岸の, 立って, 筑前の, 答えなかった, 細い引き眉毛, 絶えなんと, 縁先に, 美しい眉, 考えたが, 考えて, 聲かけ, 腰を, 膳拵えだけを, 自分も, 良人にも, 花さえ, 若い時分, 苦も, 苦境に, 茫然と, 蒼ざめて力の, 薙刀を, 薙力彌, 虎吉を, 蝶に, 袖に, 裏の, 親切に, 言いまぎらした, 言った, 誠に仕合せ, 赧然めり, 走寄り取縋るよう, 起つて, 越後の, 足を, 身の, 身を, 身繕ひし, 返事を, 遂にあきらめ, 重吉が, 重吉に, 金が, 鉢卷襷がけにて, 鏡の, 電車の, 静に, 額から, 馬の, 馬を, 馴れたこと, 駆け寄った, 黙して, 黙って

▼ 千代~ (245, 13.1%)

5 顔を 4 松原 3 スーツ, 八千代のと, 手を, 方は, 顔に

2 [15件] お京さん, ことは, ことを, すがた, 例し, 方から, 方で, 来るの, 様子を, 泣く様, 腕を, 裾しかも, 雁字がらめを, 顔へ, 首を

1 [191件] あでやかな, いる所, いる方角, うしろについて, おくりもの, おそい足, おみやげの, かう云, かためなりけり, ことについても, これに対する, しら雪, すすめるまま, せめたてる後, その姿, ために, ためには, ところへ, どちと, ながれに, ほうへ, ほかに, ゐる所, ゐる方角, リンリンたる, 一大心痛事が, 三人を, 下げた頸筋, 世話を, 両手に, 両親お, 乗合馬車に, 事については, 事ほんとに, 事件なんか, 云う事, 云う所, 云った通り, 人品に, 人情的月並俳句に, 仕事です, 仮装した, 仰向いて, 住家と, 住所を, 作品も, 供述なる, 俗名を, 傅役井口兵助と, 優婉らしい, 兄で, 兄の, 兄天鬼だ, 光かな, 児に, 冀うところ, 処へ, 処分である, 処分にたいする, 処決に, 出て, 出産日が, 友, 友だちには, 受人の, 受人丹治で, 受人丹治と, 口から, 口説は, 古道, 句によって, 句下五字に, 句近し, 名で, 名を, 味方は, 命日には, 問題だった, 声が, 大きな腹, 夫も, 奴が, 好意に, 妹の, 姿を, 娘である, 娘は, 婿養子に, 存在は, 孝行も, 実父の, 家には, 家へ, 寝て, 将来だけを, 屍体が, 弟の, 心境も, 思いは, 思案と, 怨霊が, 惨死体が, 愛子が, 愛子も, 感謝を, 手で, 手に, 手紙であった, 手紙を, 手首を, 文学の, 文学的足どりには, 新しさ, 方が, 方でも, 方へ, 春見るべき, 暢気が, 暢気に, 暢気は, 最後は, 来るまで, 来る迄, 松, 松が枝わけ出でし, 松原だ, 松原に, 松原の, 松原は, 松原を, 松原近き, 枕辺に, 栄えを, 案内で, 正体が, 歴史だった, 殺害惨状は, 母親の, 気の毒な, 永い間, 決心が, 為した事, 父うえ, 犯罪事実を, 病が一時快方に, 病院入りに, 着物を, 私生児である, 秋川駿三宛の, 綱を, 縄を, 美しい姿, 老母が, 肩を, 背後に, 脅迫状だつた, 腕に, 自白の, 良人, 色の, 苗字と, 薄野呂, 袖を, 計らい, 計画は, 話に, 足元へ, 身には, 身を, 身代りに, 身命については, 返事が, 返事は, 遺書という, 遺書に, 部屋を, 里へ, 里白楽天などの, 鏡と, 間に合わぬの, 隣の, 電話の, 霊を, 頭に, 頭へも, 顏を, 顔も, 顔色は, 馬車が, 驚きは, 髪が

▼ 千代~ (191, 10.2%)

4 た, ただの, 愛して, 自分の 3 見た, 連れて

2 [30件] こんな家, 三年前の, 介抱した, 僕に, 周旋した, 呼ぶ前, 呼んだに, 呼んだ所, 喜ばして, 大変可愛く, 奥さんと, 帰した, 平岡に, 平岡に対して, 弁護した, 引合に, 引寄せ, 引張り廻さなければ, 彼の, 愛した, 慰める様, 普通の, 案内し, 独り返す, 生んだ, 眺めました, 見詰めた, 訪ねた, 訪問する, 遮断する

1 [109件] うるなり, おいて, おどかす, からかう, ここまで, じっと眺めました, たずねて, たよって, ちぎって, ちぎりこの, つきとめること, つれて, なぜ罰した, なだめて, なるべく早く, はじめ余一その他の, ひきとめて, まじまじ眺め, みつめて, むかえました, やるわけ, よびだした, よんで, 一目見れ, 一見した, 世帯染みた主婦役, 並べん, 中心に, 介抱し, 伊達家の, 伴って, 伴れ, 何度と, 使つてひろ子の, 保護した, 傍観者として, 入れて, 利用し, 励した, 包みこんで, 取調べずに, 口説いても, 周旋し, 周旋しよう, 呼びに, 呼びよせました, 呼んだ芳沢旅館, 呼出して, 塾で, 女傑と, 女給に, 嫁に, 座敷牢へ, 引き据ゑる, 引き渡す時, 引き渡す時丈, 引合せると, 強い言葉, 後に, 従わせようと, 念ふ, 慰み物に, 抱き寄せながら, 振かへ, 捨てること, 捨てる全て, 掻遣る, 揺り起した, 擁し江戸, 救い得べきかの, 救おうかと, 救は, 救ひ得べき, 斬らせその, 斬らせたこと, 斷つて母は, 明, 案内した, 案内者に, 率て, 生ませたの, 生ませて, 生んだ三沢初子, 生んだ年, 産んで, 直ぐに, 真実人間に, 突き放し縁, 膝に, 膝の, 見たが, 見つめました, 見て, 見ると, 見る機会, 見れば, 見上げて, 見出した, 訪れること, 訪れるつもり, 訪れる張り合, 訪れる決意, 貫きて, 貰ったかと, 貰つた, 連れまして, 養子として, 餓鬼大将と, 騙しつづけて

▼ 千代~ (126, 6.7%)

2 あまりの, いなかったらどんなに, 娘の, 来た時, 生きて, 竜作の

1 [114件] ああいう, あの脅迫状, あまりにも, いかにし, いる, いるもの, お客に, お茶を, こくめい, この頃, さしず, さした泉田筑後, さしてこれ, させられる, しきりに浅草, そっと立ち上がりました, そつと, その伴, その作品中, その夜, それらの, そんなところ, そんなヘマ, そんな風, ですかい, なみだぐんだ目, また子供, みを, やきもきし, やっと植甚, よくあれ, わが子を, ゐて, スーツケースを, ポンポンと, 一人で, 一緒と, 一重ねの, 下手に, 下総流山の, 中心人物, 云いましたが, 云ったので, 今年三十六に, 今息, 何を, 作品を, 初めて銀座通, 前に, 十九歳で, 十八の, 友人の, 喋くっ, 声を, 外へ, 娘に, 家を, 宿帳に, 小太郎を, 帰って, 帰ろうと, 座蒲団を, 彼女自身を, 御当家, 心ある, 怒りも, 成敗された, 手首を, 持参した, 振か, 放心した, 旅の, 日露戦争秘話という, 昨夜かえって, 書いたの, 松本家から, 死を以て, 死んだの, 母の, 派出婦に, 浴衣を, 渡して, 湯婆子を, 特に腹, 現在の, 生まれると, 生活の, 男の子を, 皿を, 相当の, 私に, 突立った, 筋向の, 肩を, 自殺する, 自身の, 茶を, 蚕籠を, 行くん, 見て, 見舞に, 親しく往来, 語る身の上ばなし, 護って, 護つて控へ, 貯金を, 身に, 遣つて來, 野菊白菊の, 銃声に, 門口を, 間もなく子供, 魚虎へ, 黙ると

▼ 千代~ (104, 5.6%)

10 自分の 3 一緒に, 竜作とは

2 [12件] 二人で, 二声鳴いた, 云った, 口を, 名乗って, 差向で, 平岡の, 最後の, 永遠の, 知り合, 自分が, 自分を

1 [64件] あっては, いずれが, いずれも, いつも信長, おかしな問答, おきぬと, おとよの, お常, お熊, お良, ちがって, なって, なづけし親心, なり二年三年, なり金, わたくしは, 一所に, 不比等, 二人です, 云う壮, 云う声, 云う女, 云う婢, 云う者, 作左衛門が, 公訴による, 六歳の, 千代萩で, 南京豆を, 吉丸とが, 吉丸のみ, 同棲し, 呼ぶこと, 呼んで, 思って, 思つてる, 懇意に, 新吉が, 書いて, 来たら玉乗り, 林芙美子とは, 申しますん, 申す者, 申弘め来り, 相対ずくで, 相対づくで, 省作との, 祝ぎてとどろく大砲に, 私の, 経て, 自分には, 落合った, 藤吉郎とは, 虎吉を, 視線を, 豆千代の, 重り合うと, 門弟等は, 雄之, 顔を, 顔見合せ, 鳴いた, 鳴きつづけたそう, 鳴くそう

▼ 千代さん~ (98, 5.2%)

2 [12件] がさう, がそんな, が後, とこの, の両手, の事, の束ねた, はいつも, はお父つぁん, はどう, は蒼白い, を愛し

1 [74件] いろいろ御, お千代さん, からよくそう, から遁, がう, がこんな, がさ, がそれ, がまた, がもしか, がよろしくっ, が今, が來, が出現, が占める, が取, が名古屋, それでは三番, だったの, だッ, ちょっとお, であった, でしょう, というの, という娘さん, という方, という美しい, との連想, ともすっかり, とを繋ぐ, と云う, と呼ばれ, と正, と結婚, どうしまし, なら中学生, について岸本省平, になり, には決して, に安, に松葉さん, に連れ, のお, のおっかさん, のこと, のご, の再現, の姉さん, の室, の家, の話, の顔, の鴾さん, はあの, はいけない, はいつ, はのこった, は仲間みたい, は冗談話, は半玉, は奧さん, は彼, は彼女, は死にました, への郵書, もおと, も御, も正, よお, より四つ下, をメリヤス工場, を助け, を此方, を知りました

▼ 千代~ (75, 4.0%)

38 助は 20 助の 4 助を 3 助と 1 助が, 助だ, 助とは, 助には, 助も, 助如き, 助様, 助様は, 助様斯う, 助殿

▼ 千代~ (67, 3.6%)

2 お米, 八千代も, 彼に, 心配を

1 [59件] あ, あまり尋ねませんでした, いつの間にか見えなくなっ, いる, うれしゅう存ずる, お熊, お父上, かくもが, これには, その気, てれたよう, ひょいとろうばい, またもの, 一しょに, 下男の, 二度目の, 亦榛軒, 仕方なく, 何か, 側に, 入間夫妻も, 八千代もなど, 吉丸も, 吉屋信子も, 同じよう, 周馬も, 変らぬ常磐木, 大きくなつた, 契るもの, 女中も, 娘作りに, 左樣らしく, 度々主家, 忌だったろう, 快活に, 恩愛限り無い, 悦びましたが, 手や, 既に十四歳, 月子と, 月子も, 次の間から, 気味を, 泣きつく, 獲て, 生家へ, 省作に, 石臼に, 祈った, 私の, 腰を, 落ちたる懷劍, 藤吉郎も, 虎吉も, 見知りの, 蹌めいた, 鈴木竜作も, 鉢卷や, 黙っては

▼ 千代ちゃん~ (61, 3.3%)

2 と一緒

1 [59件] いつ結婚, か, がした, が当番, が木炭紙, が来ない, が由子, だけお祖母さん, ちょっといらっしゃい, とあなた, という友達, という幼馴染, とそれ, とついた, と繁ちゃん, と親しく, と言葉, には目付, にめぐり遇え, にやった, に再び, に対してすまない, に着せたかった, に関係, のたっぷり, のよう, の写真, の家, の懐かし, の方, の為, の肩, の顔, はすすぎ, はやっぱり, は五年, は内気, は卒業, は受け口, は地味, は女, は容易く, は歌, は由子, は眩し, は知りません, は神戸, は絵, は試験, は雀, は黙っ, もしもの, もついで, を助ける, を動かし, を呼び, を試験場, を貰え, 行っちゃ

▼ 千代~ (59, 3.2%)

3 八千代に 2 ちがいない, 恋慕を

1 [52件] あけさせた, あの妙, いい含めた, こいとの, ございますが, さ, さした, じかに言葉, すりつけた, つけた智慧, つれなく当るかと, むかえられました, 一服盛り殺された, 云った, 云つた, 代って, 似た子, 何か, 八千代, 八千代の, 凭れかかった, 向ふとき, 塗付けようと, 塾を, 失恋した, 家の, 当歳の, 惚れたか, 惚れたなどと, 惚れたの, 握らせ振返りながら, 撃たれる, 會釋し, 殺された如く, 比して, 済まないな, 渡し自分, 特に次女, 男が, 発せられた, 眼くばせし, 眼で, 罪を, 茶の間で, 袂を, 訊いて, 語って, 通信した, 連れられて, 電話で, 電話の, 電話を

▼ 千代~ (31, 1.7%)

2 の顔

1 [29件] がこんなにずけずけ, がだんだん, がまだ, がオランダ, が今, が入り込んだ, が囁いた, が外遊, が悠然と, が指図, の左, の手首, の深切, はここ, はただ, はぴくり, は傍, は掌, は暫らく何, は栖子, は残忍, は私, は蚕豆, は豆, は青春, は非, は顔, を焦立たし, を自分

▼ 千代婆さん~ (26, 1.4%)

4 の家 2 のところ, はお

1 [18件] が寂しく, と言え, などの話, に厭味, に向っ, に話した, に頼んだ, の世話, の目, の話し声, はそう, はそこ, は今一人, は口, は妙, は客, は少し, は札

▼ 千代さま~ (21, 1.1%)

3 のお 2 がお

1 [16件] がそんな, がにせもの, と, とお, に家督, に帰っ, のいらっしゃる, のお呼び, の組, の髪, はいま, はもうす, への申しわけ, もかし, を入れかえる, 御家督

▼ 千代という~ (18, 1.0%)

3 娘の

1 [15件] のは, ような, んだ, 二十歳の, 十九の, 叔母に, 名前で, 女に, 女の, 妓に, 妓も, 婦人作家の, 存在は, 若い女, 若い娘

▼ 千代どの~ (18, 1.0%)

1 [18件] か, かうん, から因幡守様, がいっ, でございます, では, ならよい, にももとより, にも御, に会っ, のため, の身, はここ, は安泰, は穢い, へ伝えた, もご, を騙し

▼ 千代との~ (13, 0.7%)

5 関係を 2 現在の, 関係が 1 三役を, 仲は, 応対は, 結婚の

▼ 千代千兵衛~ (10, 0.5%)

1 でがす, という男, となのる, とやら申した, と申しますだ, に試合, のからだ, の構え, の眼, は後

▼ 千代~ (10, 0.5%)

3 のお 1 さぞ泣いたでございましょう, とおっしゃる, なども安土, の, はご, をお, をお伴

▼ 千代次郎~ (10, 0.5%)

2 も才吉 1 か草間六弥, だが, と番頭, にどれ, のもの, は中背, を呼ん, を帰し

▼ 千代千代~ (9, 0.5%)

2 と二声 1 とも鳴く, と云う, と呼ん, と鳴いた, と鳴きつづけた, と鳴く, を何度

▼ 千代~ (8, 0.4%)

4 あつた 2 ござります 1 はない, ウイを

▼ 千代古屋~ (8, 0.4%)

2 の奥, の門 1 から逃れ, でございます, という旅宿屋, の若い衆

▼ 千代~ (8, 0.4%)

1 だけで, という芸者, とも変, と一緒, の言葉, は簡単, も仏壇, も旦那

▼ 千代ちや~ (7, 0.4%)

21 んひどく, ん一, ん今日, ん彼, ん鳥渡見玉

▼ 千代~ (7, 0.4%)

1 たる松には, 久保田万太郎, 九時すぎ柳来る, 行きヘ, 行き二時頃, 行く, 行って

▼ 千代~ (7, 0.4%)

1 が目つき凡, に付置, は人質, は信長一鉄, は初陣, を確, を見る

▼ 千代には~ (6, 0.3%)

1 それを, 不利な, 何等の, 思いだすの, 東太という, 言うて

▼ 千代~ (6, 0.3%)

1 お千代, お常, ことぶく, それから, 千代やと, 阿母さん

▼ 千代~ (6, 0.3%)

1 というよう, という紛れ, に家督, の家督, の幼弱, の絵

▼ 千代ぎみ~ (5, 0.3%)

1 に不慮, に異議, の御, の袴着, ばかりでなく

▼ 千代~ (5, 0.3%)

21 がね, と思っ, な

▼ 千代後家~ (5, 0.3%)

1 が埋けられた, のこと, の幽魂, の死脂, の脂

▼ 千代~ (5, 0.3%)

1 だった, という寄席, という鍛冶, はもう, やい

▼ 千代から~ (4, 0.2%)

1 相談を, 秋川駿三に, 聞いて, 聞き履歴書

▼ 千代にも~ (4, 0.2%)

1 よく分っ, 信仰を, 更へ, 言われても

▼ 千代~ (4, 0.2%)

1 ではありませんでした, とは似, の溌剌性, を選び出しました

▼ 千代~ (4, 0.2%)

1 が作家尾崎士郎氏, と尾崎士郎, の色ざんげ, は当時

▼ 千代かけ~ (3, 0.2%)

1 て, てあおぐ, てそ

▼ 千代ちやん~ (3, 0.2%)

1 が教, と他愛, は大げさ

▼ 千代~ (3, 0.2%)

1 うちへ, ふうち, 云ふんだ

▼ 千代とは~ (3, 0.2%)

1 それつ, 以前から, 曾根の

▼ 千代どう~ (3, 0.2%)

1 した, したの, したもん

▼ 千代八千代~ (3, 0.2%)

1 じゃ, に栄, の榮

▼ 千代~ (3, 0.2%)

1 がヒヨツコリ, が初, は落着き払つて

▼ 千代~ (3, 0.2%)

1 が彼, に惚れこん, を見

▼ 千代~ (3, 0.2%)

1 か, で呼び, の千松

▼ 千代造氏~ (3, 0.2%)

1 に師伝, の輔導役, を遇する

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 千代, 熊という

▼ 千代おれ~ (2, 0.1%)

1 がもし, は全く

▼ 千代だった~ (2, 0.1%)

1 のだ, のである

▼ 千代ちゃん絵~ (2, 0.1%)

1 うまいのね, はきっと

▼ 千代である~ (2, 0.1%)

1 が持, ことを

▼ 千代でない~ (2, 0.1%)

1 という事実, 者の

▼ 千代といふ~ (2, 0.1%)

1 八つの, 小さな女中

▼ 千代とが~ (2, 0.1%)

1 ゆだ, 來て

▼ 千代とても~ (2, 0.1%)

1 戦禍の, 避けうるならば

▼ 千代とも~ (2, 0.1%)

1 於松どのとも, 鳴く

▼ 千代とを~ (2, 0.1%)

1 並べて, 附添へて

▼ 千代どん~ (2, 0.1%)

1 が皿ア, は齢

▼ 千代ひとり~ (2, 0.1%)

1 が着た, であった

▼ 千代まで~ (2, 0.1%)

1 おわしませエ, 使者に

▼ 千代むし~ (2, 0.1%)

1 と称す, を食べた

▼ 千代もと~ (2, 0.1%)

1 われは, 草

▼ 千代サン~ (2, 0.1%)

1 が突然こう, はど

▼ 千代ヶ坂~ (2, 0.1%)

1 というの, と名

▼ 千代三郎~ (2, 0.1%)

1 のまえ, の内儀さん

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 ならびに家中衆, のほう

▼ 千代其角~ (2, 0.1%)

1 の二人, の二人ほか

▼ 千代女史~ (2, 0.1%)

1 が和服, だけは別格

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 に会見, を攻撃

▼ 千代林芙美子~ (2, 0.1%)

1 というよう, という婦人作家たち

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 という飲み屋, の内儀

▼ 千代殿~ (2, 0.1%)

1 といっ, はああ

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 の寓居, の役場

▼ 千代町役場~ (2, 0.1%)

1 からその, に出仕

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 がいただく, という尼さん

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 とよぶ, などにならった

▼ 千代~ (2, 0.1%)

1 の由, 来る

▼ 千代重君~ (2, 0.1%)

1 に礼, はいつも

▼1* [134件]

千代お前もう帰っ, 千代この娘は, 千代これらの人, 千代さい鶴ひなの鶴, 千代さまいま頃はどこ, 千代さんあなたいくつです, 千代さんおとよさん, 千代さんおとッつさん, 千代さんここは姫島, 千代さんとこはこの間金毘羅さま, 千代さん義雄さんにも相談しなけり, 千代じゃアあるまい, 千代その他数名の優れた, 千代それ道具棚にある, 千代たちのなだれ, 千代たっしゃかえ, 千代たっしゃかえたっしゃでいておくれと仰, 千代だけだった, 千代だけはずっと後世, 千代ちゃんあなたに教わっ, 千代ちゃんどこへ行った, 千代ちゃん千代ちゃんとそれ, 千代ちゃん千代ちゃーんどこにいる, 千代ちゃん叔母さんと叔父さん, 千代ちゃん明日から病院, 千代ちゃん蛸の泳いでる, 千代ちゃーんどこにいる, 千代でなくては聽かん, 千代といふへツ, 千代とし子でみんな, 千代とてまだ幼い, 千代とともに母の, 千代と共に随ひ行きし, 千代などお神, 千代などが部将として, 千代などは全然當, 千代などを質として, 千代ならこんなまね, 千代なんていう女, 千代にかはらぬ道, 千代にだってお常, 千代にて開く, 千代のてがみだった, 千代はじめ三人の娘たち, 千代はんが坐, 千代へばかり念を, 千代ぼう甘い話, 千代まだ当年十歳です, 千代までも生きたしと, 千代までをお求めある, 千代みんな己が, 千代にご, 千代もつれまして, 千代やと飽かずという, 千代より少し遅れ, 千代よりもお光, 千代らしく見せたのさ, 千代をば八千代と, 千代をもかくて, 千代を以てご用に, 千代を通じて脅迫状とな, 千代万代の末, 千代三郎さあの, 千代不遇であって, 千代二十五万石に減封, 千代今日からおれ, 千代伊セ家分伊セ家, 千代をぼんやり, 千代六郷の渡し, 千代其の方が, 千代其角凡兆去来芭蕉尚白等, 千代助様私は口紅, 千代十一谷義三郎浜本浩と同じ, 千代十八九歳襷と手拭, 千代千代ちゃんか, 千代千兵衛殿か, 千代又八郎信時などいずれ, 千代品格ありて, 千代は精出し, 千代坊お前兄さんの御, 千代坊何爲てゐる, 千代の名, 千代天文五年十六歳で将軍足利義晴, 千代夫君の招待, 千代夫婦の境遇, 千代女史社長なるおしゃれ誌, 千代守る所, 千代小僧の虎吉, 千代や強い, 千代平林たい子などの若い, 千代思はず仰いで夫, 千代思わず仰いで, 千代招還せんこと, 千代新吉の二人, 千代時分に畳, 千代朝廷辺を守り, 千代だつたかしら, 千代本多重次の子仙千代, 千代松太郎の熊谷, 千代様付きの藩士, 千代次郎これは二十五六, 千代坊を, 千代りよう, 千代母子にも詫びまし, 千代は皿, 千代治等も長, 千代海君を煩わし, 千代淋しくはない, 千代を見せ, 千代町方向から長く, 千代など, 千代私時雨など, 千代の一群, 千代よとまだ, 千代網野菊三宅やすささきふさ林芙美子等でとにかく, 千代自身は当時, 千代至極道理だ, 千代菊八郎の二人, 千代菊八郎等と晩餐, 千代菊等と車, 千代萩床下の場, 千代袖平参ろうかの, 千代草, 千代親子の者, 千代訪問の決意, 千代を付ける, 千代の輔導, 千代造時代に師事, 千代造氏輔導役の相談, 千代造稽古の儀御請申上候, 千代逡巡ひながら, 千代重さんはそんなに, 千代閉ぢたる目, 千代になつたの