青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「千~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~ 十郎~
千~
千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば 半ば~

「千~」 24181, 261ppm, 363位

▼ 千~ (1293, 5.3%)

40 の金 13 もする 109 の小切手 8 の懸賞 7 の貯金 6 です, のお金, の月収 5 だと, という金, の保証金, の借金, の現金, もあれ 4 あれば, かし, という大金, と云, の損失, の札束, を突破

3 [31件] からの金, か一万円, でも, で売っ, ということ, というよう, にし, になっ, になります, になる, のもの, の保険, の俸給, の懸賞金, の持参金, の損害賠償, の為替, の生活費, の穴, の負債, の財産, の金額, の頼母子, は今日, も二千円, や三千円, や二千円, を与える, を投じ, 出して, 貸して

2 [83件] ある, か, かの小切手, から五千円, が二千円, くれて, くれと, さつを, だが, であった, である, でも二千円, で三日, で嘱託, で売り, で買, で買う, で買った, というの, という値段, とわずか, とチョット, と若い, と言う, にすれ, に達し, のある, のこと, のチップ, のラジウム, の予算, の事, の代物, の余裕, の値打, の値打ち, の債権, の包み, の基本金, の大, の手あて, の手切れ金, の損害, の本, の歳入, の皮, の貯金帳, の資本, の身代, の金包, の金策, の金高, の顕微鏡, はかかる, は払った, は掏ら, ばかりのもの, ばかりの借金, ばかりの父親, ばかり借り, ほどのもの, ほどの金, もある, もかかる, もになる, もの収入, もらって, も出せ, やそこら, やった, を, をポケット, を借り得, を要する, 乃至二千円, 住みこみ五千円, 借して, 持って, 程の退職金, 貰って, 貸せと, 近い金, 送って

1 [871件 抜粋] あたったら何, あつたら, あつて, ありやす, あるいは二千円, あるから, あるだけ, いうの, おかりしなかった, かかったという, かかること, かかるって, かせぎます, かな係長, かの大穴, かの生命保険, かの額, からかかります, からかけ, から一万五千円程度, から三万円, から三千円前後, から二万二千円, から二千五百円, から八千円位, から段々に, から足りない, かを差上げ, か二千円, か幾万円, か知ら, がおとり, がどこ, がビタ一文, が丹造, が何, が少し, が尽きた, が手, が湧い, が自殺, が鎧兜, くらいあった, くらいだったろう, くらいとを貰う, くらいに踏ん, くらいは出し, くれ, くれたのに, くれてやら, くれると, くれる約束, ぐらいしか配当, ぐらいじゃない, ぐらいでは如何, ぐらいなけ, ぐらいにしかならない, ぐらいにだって売れる, ぐらいのモトデ, ぐらいの大金, ぐらいは出来ねえ, ぐらいは吹っかけ, ぐらいハズム, ぐらい何, ぐらい暖め, この珊瑚, さつで百万円, しかもらわなかった, しか受取らなかった, しか用意, して, じゃたかい, じゃァたしかに, すぐさま払う, ずつにし, ずつの金, ずつもっ, ずつ与うる, ずつ支払う, ずつ謝金, ずつ貰う, ぜひいる, だかの, だからな, だけでも拵え, だけはどうも, だけ家, だけ貸し, だけ預, だす, だそう, だったら池島君, だって, だといふ, だろうが, だア, だ文句, ちかくありますやろ, ってとこ, つかみだして, であるが, であろう, でうれ, でお, でお前, でさあ, ですか, ですからね, ですつて, ですな, でせう, でたのみます, でとても, でなければ, では, でひきかえる, でもあったなら, でもいい, でも出します, でも大きい, でも欲しい, でやる, でチャン老人, でビール二本, で会社, で何, で何とか, で務台氏, で合計一万八千円, で売った, で売つた, で売りたい, で売りつけた, で売れた, で妹さん, で子供ら, で得ら, で払い下げ, で指輪, で村, で犬, で町, で老人, で話, で買いとった, で買い取った, で買おう, で買ったら, で購, で頂きまする, で飲ませる, とあった, といい, というもの, というランチュウ, という大穴, という捨て値, という木, という税金, という金額, といっ, といふ, といふ事, といふ条件, といふ聞いた, といふ金額, とおさ, とかかかった, とかに売らん, とかのお金, とかは, とか五百円, とか出した, とか千五百円, とか書い, として何, とその, とちい, とちょッ, となっ, となれ, とにらんだ, とは法外, とは贅沢, とられたこと, とられたという, とられて, と云う, と五千万円, と前, と吹きかける, と引替, と当込ん, と換算, と申し, と見, と見こん, と見込ん, と評価, と踏ん, と飛んだ, などという法外, ならば, ならわるく, なら会社, なら売ります, なら安い, なら買いたいという, なり, なり一万円, なんてえ, にしろ, にする, にて売払い, になった, にのぼった, にはきっと, には確か, にもそれ以上, にもならない, にもなる, にチョット, に値切られた, に増額お手盛り, に対する利益配当, に当った, に成る, に替へ, に満たず, に至る, に過ぎない, に達せし, ぬすんで, の, のうち, のうち千八百円, のくじ, のほうび, のやっと, のカストリ, のカタ, のダイヤ, の不足, の中, の仕立代, の余, の使途, の価値, の保険金, の値, の債務, の働き, の入用, の内金, の処, の刑, の前借り, の割増金, の勧業債券, の半分, の受取証, の商談, の墨, の外地手当, の大金, の女中, の学費, の家, の寄附, の小為替, の小遣, の巻取り段ボール機械, の年俸, の当りくじ, の所有者, の手附, の持参, の支出, の支払, の新券, の晴れ着, の権利金, の正札, の物, の用談, の由坂地, の盗難, の礼金, の籤, の粧奩, の紙幣, の紙幣束, の翌日, の見舞金, の証書, の調達, の豪華品, の貯蓄, の費消, の費途, の賞金, の赤字, の越年資金, の返金, の通い帳, の造花, の違約金, の金談, の銀狐, の預金, の飼養料, の高値, の鬮, は, はあらためて, はある, はいりまっ, はおろか, はする, はその後, はたいへん, はたっぷり, はどう, はまず, はやつぱりまきあげられる, はタイコモチ, は一寸, は上る, は世界中, は何, は兼重さん, は動かなかった, は千円, は取られる, は困った, は安い, は安価, は少し, は持っ, は残る, は決して, は生理的, は稼げる, は親爺, は貸さん, は随分, ばかしの価額, ばかしの品物, ばかりあげる, ばかりある, ばかりこれ, ばかりしか純益, ばかりで, ばかりと家具衣類, ばかりになっ, ばかりの公債証書, ばかりの担保物件, ばかりの資本, ばかりの金高, ばかりの黒字, ばかり不足, ばかり出させた, ばかり残つて, ばかり盗まれ, ばかり貸し, ばかり送る, ばかり飛ぶ, ひきだして, への引下げ, ほどあっ, ほどだ, ほどで, ほどになります, ほどの大金, ほどの退職金, ほど室井, ほど残っ, ぽっちわけない, までなら, までは僧侶, まで基本財産, も, もあった, もあぶない, もあんた, もかかりし, もかけ, もその, もつかっ, もとられました, もない, もの価, もの金, もらった月, もらっても, もをかしい, も両, も出来, も包まなけれ, も収入, も安い, も薬種問屋, も財産, も貸し付けた, も金, も集めただ, も集りました, やない, やると, やるの, や五千円, よ, よそして, よりは五万円, より下, わあツ, をうけ取っ, をくれる, をこの, をその他, をまんざら, をもってお, をもらう, をイタブッ, を一割, を下らない, を今, を伊東, を値い, を償い, を出した, を分割, を取りたる, を受けとる, を奪っ, を子供, を差押え, を幸平, を引出し, を得たれ, を御, を払いしなりき, を投げだす, を押し付けよう, を拵えろ, を掴みだし, を握った, を支払う, を欲しい, を渡し, を着服, を積まず, を裁判官, を貪り取ろう, を費した, を資金, を越し, を越す, を運ん, 上がると, 上げます, 与える仕組み, 乃至十一万円, 但し新聞広告代, 使うこと, 借りる必要, 出さ, 出したら利, 出しはやく, 出すとか, 出そう, 出たそう, 動かせるって, 取ったって, 取られたという, 取られるの, 取纒め, 多い時, 当ったらそれで, 当るまでは, 払えて, 拵えようと, 支払われた, 新円, 渡して, 盗んだ, 程かかっ, 程の借金, 積まば, 要ること, 計六万三千円, 計弐千円, 貰った処, 貸した, 貸せ, 貸せつたら, 迄もの入学献金, 近い名画, 頂いたのよ, 飲み五十円

▼ 千~ (1067, 4.4%)

24 の顔 20 の方 14 の事 12 の兄, は急 11 はその 10 の言葉 9 の前, は 8 が又, が平岡, の病気, は今, よりは気の毒

6 [12件] の上, の姿, の心, の所, はた, はただ, は下女, は何, は又, は固, は少し, は手

5 に渡した, に逢っ, の声, の様子, はそれ, は例, は声, は自分

4 [20件] か, が来, であった, に迷惑, のこと, の手, の手頸, の未来, の為, の眼, の説明, の運命, の頬, はまだ, はもう, は低い, は寧ろ, は玄関, は顔, 之助

3 が帰る, という女中, に逢, の父, はこの, は彼, は漸く, は笑っ, は長い, は頭

2 [167件] かけて, からも何とも, から何, から永く, から頼まれた, がそれ, がわざと, が出, が好き, が家督, が己, が徳利, が提げ, が来た, が来る, が横町, が気の毒, が涙, が清水町, が無, が産後心臓, が直に, が細君, が聞いた, が裾, が金, です, では, という女, と云う, と会見, と別れた, と結婚, にその, には決して, にもう, にも三千代, にも平岡, にも関係, に刻下, に危しげ, に家督, に対してこんな, に対してそれ程, に対しては一点, に対して責任, に対する情合, に対する愛情, に対する義務, に対する自分, に対する自己, に対する責任, に就, に平岡, に洩らした, に逢った, に逢つて, に金, のあと, のため, のほう, の事丈, の云, の仲間入り, の住居, の依頼, の口元, の口吻, の名, の周囲, の場合, の官能, の実弟, の家督, の容体, の引力, の後見, の心臓, の息, の意味, の愛嬌, の挙止動作, の極めて, の歓心, の結婚, の胸, の腹の中, の色沢, の表情, の調子, の迷惑, の退屈, の過去, の門前, の間柄, の関係, の陰, はあまり, はさすが, はすぐ, はでも余り, はやはり, はわざと, は不安, は不思議, は不意, は二人, は五年, は今代助, は仰山, は何方, は傘, は元来, は兄, は先刻, は先刻代助, は全く, は其時, は前日, は力, は危険, は叱られる, は命ぜられた, は夫, は始め, は嫁ぐ, は小, は平岡, は心持, は忽ち, は意外, は手帛, は手拭, は暗に, は東京, は次, は次の間, は歇私的里, は死ぬ, は気, は涙, は淋しい, は濡れた, は燗徳利, は父, は状袋, は猶, は甚だ, は看護, は眼, は矢, は穏, は笑つて, は精神的, は美くし, は翻, は逆, は隣り, は顎, は顫, は驚ろ, は黙, は黙っ, は鼻, へ宛, へ手紙, をもって家督

1 [350件] おめでとう存じあげまする, かおまえ, かけての, から, から主筋, から口, から見れ, から頼み, が, がい, ががばと, がしかも, がその後, がどうしても, がにやりと, がみ, がゐ, が云, が云った, が側, が八歳, が力戦, が小鼓, が岡崎逗留中, が帰りかける, が床几, が手, が木下殿, が槍, が死し, が死ん, が浜屋敷, が深々, が父, が生れた, が知ったろう, が立ち寄りませんでした, が細そり眼, が自分, が起つ, が駒, が駿府, こそ故, じゃ, その人, だけであった, だった, だったから, づきの, である, ですら, というはさまり, というは妓, というもの, という名, という娘, という年増, という強敵, という眉目, という青年, といえ, といった義顕, といつた, といひし, といふの, といふ名, といわれた, とか藤吉郎, とすれ, とすれすれ, とぞ鳴く, とともに知的要素, とは画, とよばれた, と云い, と出会う, と呼び, と対坐, と対座, と思ってる, と懇意, と抱き, と抱き合っ, と聞いた, と鳴きます, どの家がら, どの家督, どの御, どの抱守, などと共によく, など四, なんずは, なんて舞妓さん, にかわっ, にそれだけ, につけ, にはどうもぴったり, には傾倒, には分っ, にふい, にみたされ, にも出, にも当分, に云, に云い付け, に会う, に冷酷, に夫丈, に対してこそさ, に対してこそそう, に対してその, に対しては以前, に対してみる, に対して合わせる, に対して思い切った, に対して思ひ切つた, に対して見る, に対する態度, に対する私, に従い, に斬りつけられた, に比べ, に説きました, に譲っ, に譲らせ, に逢い, に逢おう, に逢つた, に逢つた時, に逢つて以後, に逢つて己, に逢つて自分, に逢わなけれ, に遣, に遣った, のうわさ, のこう, のことば, のこの, のす, のすぐれた, のむかし, のもと, のやさしく, の一件, の乳人, の云つた通り, の勢力, の勢威, の友誼, の可愛, の右, の地位, の夫君, の守, の実家村島内蔵進, の家, の小鼓, の屋敷, の幼少, の店, の弟, の当面, の後見役, の微妙, の悲願, の才気, の斯, の新しい, の昔, の期待, の杯, の此一語, の涙, の清盛, の生活, の真価, の筆, の綱村, の耳, の腹, の茫然, の袖, の訪れ, の訴, の訴え, の足先, の身の上, の身辺, の鎧, の長子, の顔色, の駒, はあと, はいう, はいきなり, はいくらか, はいっ, はいつも, はいま, はえ, はええと, はかいがいしく, はかえって, はかねがね, はこ, はこごん, はことば, はじっと, はすでに, はそう, はそういう, はそこ, はそれだけ, はそれ丈接近, はそれ以上, はぞっと, はたとひ, はたぶん, はちょっと, はとくいらしく, はとび降り, はにことし, ははじめ県犬養連三千代, はふらふら, はみんな, はむしろ, はもうすっかり, はやがて, はやめました, はわざ, はわざわざ, はウイスキー, は七歳, は万治三年, は万治三年八月, は不, は両, は二階, は云, は云った, は人質, は何歳, は信長, は僅, は公然, は其, は其光, は其妹, は其方面, は其膝, は再び, は利藻氏, は叫んだ, は問題, は坐りこん, は垣, は大きく, は夫以上, は始め美努王, は寒, は寛文九年, は寛文二年九月, は小唄, は小首, は左様, は年老い, は強, は当惑, は心, は怖, は恥づ, は意地, は感じ, は感情, は打, は抱守, は押, は捨鉢, は文武天皇, は更に, は梅葉姐さん, は椽側, は檜山, は正式, は此不思議, は此問, は此年七月二十一日, は此暑, は気の毒さうに詫, は気の毒そう, は水, は水いじり, は永井さん, は淋し, は清水氏, は火事, は狐, は生き生き, は疑わない, は目, は相手, は瞬時, は矢張り俯, は私, は空家, は突っ込む, は突然, は立ち上っ, は立ち退きました, は立っ, は竦み, は竹童, は笑った, は笑つた, は答, は答えなかった, は細長い, は絶望, は縁側, は耳, は耻, は膝, は菅画伯, は藤吉郎, は談論風発, は謡いかけた, は貴女, は身, は階段, は鞍上, は項垂れました, は頬, は首皇子, は驚い, は高尾, は黙々と, へ向っ, へ酌, まで, までも御, までも早, やら知れない, や小姓たち, や惡友ども, や池田勝三郎, 即ち後年, 尽しの, 永らえたが, 重ねん殿

▼ 千~ (1034, 4.3%)

49 なこと 43 である 2623 なもの 2117 な話 16 な事 15 なの 14 な奴 12 です 10 のこと 9 だと, の人々 8 であると, の人間 7 であった, な出来事 6 じゃ, の金 5 だから, でした, ですが, ではない, なり, な事実, な次第, のもの, の事, の次第 4 じゃない, だが, ではある, なので, にもその, の人民, の婦人, の話

3 [15件] だといふ, であつ, なこの, なナンセンス, な娘, な方法, な男, な言葉, に存じます, のよう, の人口, の価値, の労働者, の女性, 割ること

2 [54件] だね, だわ, であったが, であったの, であって, でありませんか, であるが, であろう, ではなく, でもある, とも知れない, とも知れぬ, と云う, と言わなけれ, なといまいまし, なやつ, ならば, なるかを, な人, な儀, な光景, な場所, な大, な奇怪事, な女, な子供, な意味, な手紙, な殺人事件, な深刻, な疑い, な訳, な談, な運命, な顔, にも, にも余, に存じ, に達し, に違い, の中, の人, の信徒, の儀, の出来事, の同胞, の女, の女性たち, の愚物, の根性, の母, の田虫, ナ, 有難う親子

1 [493件] あるゆえ, あるを, いるん, かの人間, かの大きな, かの婦人, からの証券, から一千万, から一千五百万, から一千八百万, から二千三百万, から五百万, から六千万, かガマ, くらいの財宝, ぐらいは右, さりながら, しかし食う, して, じゃのう, じゃア, せしめるに, だけれども, だぜ, だそんな, だぞ, だったね, だったよ, だという, だとか, だとは, だなあ, だなんて, だよ, だろうが, だろうと, だ七, ちかい失業者, てたいした, で, であ, であったから, であったろう, であらう, でありかつ, でありその, であります, でありまた, であり当事者以外, であるから, であるけれども, であること, であるし, であるとでも, であるイヤ不思議, である指一本, である甲斐, でいわば, でございますな, でございますね, でござる, でござるのう, でござるゆえ, でござる奇怪, でしかも, ですぜ, ですよ, でたまらぬ, でならなかった, ではありますまい, ではございます, ではござらぬ, ではござる, でむりのない話, でもあるらしい, で今日, で何とも, で味, で堪へ, で売りつける, で夜桜, で彼, で怖, で正面, で無慈悲残忍, で腹, で落語, で誰か, で都会, というべし, というほか, というもの, という兄弟, という印度人, という土百姓, という大, という数, という日本, という死骸, という漁民, という金, といふ, といふやう, といふ日本人, といる, といわざるべからず, といわね, といわれ, といわれる, とお, とか二億万, とか何でも, として分割払い, とする, とない, となき, となし, となる, とはこの, とは存じまする, とは思いました, とは此, とも思う, と云わなけれ, と仮定, と叱っ, と存じ, と思いまし, と思った, と悟った, と感心, と数える, と注意, と申さね, と申す, と立腹, と血眼, と言っ, と言わざる, と謂わね, どころか二千円, なあるいは, なあるもの, ないたずらごと, なおどけ芝居, なお手数, なお話, ながら兵馬, ながら是非, ながら最寄り, ながら私, ながら私たち, なことども, なそして又, なその, なそんな, なだけ, なっ, なと語つて, なは, なまだ, なよう, なりと, なりとて, なるべきや, なるを, なる志, なる有様, なる来客, なる男, なる話, なる諷刺劇, なる謬見, なれど, なれども, なれば, なれバ, なん, なオブリアン, なグチ, なコンタン, なマドロス, なワケ, な一大問題, な一怪物, な不意討, な世の中, な主君, な乱暴至極, な云い草, な京極家, な人達, な人間, な人間関係, な仕方, な代物, な企業, な低能め, な何とか, な全然, な処, な到来物, な剃刀, な前, な動作, な印象, な友達, な只今, な同行者, な咄, な問題, な噂, な坊主, な外国帰り, な大胆不敵, な奇怪, な奴等, な威嚇, な学理実験, な宗教問題, な小僧め, な川, な左, な席描, な帰, な弁当飯, な引合せ, な役立たずめ, な待たん, な御, な心理状態, な忠告, な性格, な恐怖, な情景, な振舞, な推参者, な推断, な推測, な放れ業式, な新手, な暗示, な暗鬼, な暮しぶり, な最も, な服装, な標準, な殺人手段, な気, な気持, な決闘, な法則, な深い, な深夜, な物好き, な状態, な狼藉, な猫, な猴, な珍しい, な理由, な甥, な申し出, な申分, な男性, な画家, な発明, な盗難事件, な真犯人, な眩, な社会, な私, な秘密, な答弁, な習慣, な致し方, な興味, な色付菓子, な色出入り, な艶書, な虚偽, な行い, な行動, な行為, な要求, な言いがかり, な言い方, な計略, な読み物, な論法, な謎語, な豪傑, な踊り, な身, な野, な錯覚, な陳述, な雑誌編輯者, な面, な面持, な食べ物, な骨董性, にございました, にどれ, になった, にはなりません, にもあの, にもこの, にもそれ, にもなり, にもほどがある, にも一旦, にも何かしら考えごと, にも傍聴席, にも割愛, にも十五, にも大財産, にも寒中濡れ鼠, にも寝, にも寝室, にも小水, にも己, にも帆村, にも日本中, にも正座, にも毎, にも毎々, にも気仙沼あたり, にも源三郎, にも珊瑚, にも甲冑, にも留守, にも相手, にも真紅, にも神社, にも私, にも繰返し, にも聞き覚え, にも近所, にも馬十, に二枚重ね, に候, に出来上っ, に及ぶ, に呆れ, に増加, に存ずる, に存ぜられます, に存候, に御, に心得, に思う, に思われ, に聞えます, に至る, に足りなかった, に近い, に違えねえ, の, のあの, のうち, のお, のくせ, のところ, のま, のやつ, のイケニエ, のソヴェト, のプロレタリア, の一言, の三等説, の世代, の人口過剰, の人物, の人類, の仕打ち有, の仕組み, の代り, の代金引き換え, の住民, の信者, の働く, の再び, の凡庸画家, の処置, の出入り, の利子, の動き, の勤労大衆, の勤労者, の史書, の各位, の同類, の名, の咎, の噂, の国民, の土人, の基督信者, の壮丁, の多き, の大衆, の大金, の夫婦, の失業者, の妻たち愛人たち, の存在, の家庭, の御祓箱, の心, の心霊, の恐喝, の想像, の愁, の愚人, の感, の挙動, の損害, の支出, の文字そのもの, の断言, の新星, の日本, の日本中, の日本人, の日本人民, の日本婦人, の昆虫, の星, の木の葉, の木葉, の札束, の次第に, の水球, の波動, の燈明, の猿, の現金, の男, の男女, の白, の目, の真珠, の真珠碧玉, の眼, の私たち大衆, の精神病院, の純, の紙幣磅, の耳目, の聴衆, の色, の芸術家, の若い, の行き, の行状, の術, の見物, の視線, の言い分, の詩, の警告, の議論, の貔貅, の資本, の距りや矛盾, の身持, の軍勢, の軍隊, の農夫, の都民, の醜悪, の金銀, の金額, の間, の限り, の驀頭, の黴菌, へではなく, まずお, また次, もうかれば, もうけたわけ, もゆすられてる, を以て計る, 乃至二千万, 乃至二千万個, 御尤も, 控えさ, 殺したか, 第三日, 見える部分, 載に

▼ 千~ (949, 3.9%)

40 兵を 17 兵は 10 兵が 8 人が 7 兵と 6 金を 5 句を 4 人々の, 人の, 人を, 兵も, 兵力を, 軍を, 馬五百の

3 [16件] 人夫は, 人夫を, 僧侶が, 勇士の, 大軍を, 屍体を, 手が, 敵を, 生命は, 生命を, 精兵を, 花の, 蛍でも, 野武士は, 金なら, 金は

2 [67件] いのちを, ために, ほかに, ランナアを, 一つも, 事が, 人は, 人夫が, 人夫と, 人夫の, 人数を, 人間が, 僧兵が, 兵しか, 兵に, 兵には, 兵の, 兵隊が, 兵馬が, 利休等の, 味方を, 大兵を, 天使が, 女性の, 姿が, 媚を, 学生が, 寝床の, 寡兵を, 射手に, 彫刻を, 手首を, 新手が, 方に, 方を, 流に, 犠牲を, 狼に, 生命に, 男女学生によって, 町の, 目が, 相貌を, 細かい想像, 菩薩達その, 萬の, 蛙が, 衆徒の, 言葉を, 語を, 身体を, 軍兵は, 軍兵を, 部下の, 都市, 野武士の, 金何んの, 鉄騎は, 鉤を, 鋤鍬部隊は, 降兵, 集団構成電流の, 頭を, 顔は, 顔を, 馬, 魂

1 [646件 抜粋] あげる武者声, あさ, いじらしき者, いじらしき者ども, いのちが, いのちに, うち半数以上の, うつくしい花束, お猿さん, ことが, ことだ, ことも, このよう, これといふ, した, つく数, ところが五千人, ところを, はした金で, はとが, ひとは, ものの, ものもとより, わかものたち, アネモネの, イギリス兵を, スペイン兵が, ダイアルの, トリックを, ハンマアの, フイルムじゃ, フォニックス市で, フランス人と, 一団と, 一陣営を, 万の, 三河兵と, 三河武士が, 三河武士を, 不吉な, 不足あり, 与四郎, 与四郎が, 世界に, 世界を, 中でも, 中国の, 主力は, 主張よりも, 予約者には, 二千のという, 亭主で, 人々が, 人々に, 人たちは, 人に, 人びとは, 人人に, 人口中地下室に, 人口中生存者は, 人員の, 人夫に, 人夫や, 人形に, 人数で, 人間で, 人間は, 人馬, 人馬が, 人馬と, 人馬は, 仏陀の, 他の, 仲間と, 住んで, 住民に, 俊寛万の, 俸給を, 健兒, 偽装兵を, 僧は, 僧侶を, 僧侶中それを, 僧兵も, 兄弟たちが, 兄弟の, 先に, 先鋒から, 光が, 全将士, 公民館は, 兵, 兵で, 兵一度に, 兵位で, 兵力を以て, 兵勇躍し, 兵員が, 兵士が, 兵士たちは, 兵士で, 兵士と, 兵士は, 兵士らは, 兵士を, 兵数十の, 兵第, 兵船, 兵船も, 兵船を, 兵陣に, 兵隊は, 兵隊軍艦にて, 兵馬つづい, 兵馬で, 兵馬の, 兵馬は, 内旭山城, 円頂黒衣の, 出城を, 出費は, 分身は, 列が, 利休に, 剣芒若し, 力だけしか, 功建て來る, 助は, 助命を, 労働者昼夜とも, 勇士は, 勇將中に, 勢, 勢で, 勢牛峰には, 勤労者クラブは, 包囲軍は, 単位で, 単位の, 卵を, 參詣者が, 反対者を, 古い町, 同志らの, 同志を, 同胞とともに, 喇叭あたりに, 喊声は, 土匪が, 地方労働組合から, 地涌の, 坊舎も, 坊舎峰谷, 墓は, 墓碑や, 増加が, 士卒が, 士卒や, 士民の, 声を, 大学生の, 大将と, 大戰鬪艦, 大獅子, 大砲三万の, 大衆に, 大衆の, 大軍である, 大軍に対し, 大軍は, 天人族に, 天幕は, 失業者は, 女であった, 女の, 女を, 女工たちは, 女根, 奴隷の, 奴隷を, 妓生の, 妙理には, 姿は, 嫌悪から, 子弟に, 子弟の, 字, 守兵が, 宗徒を, 官人も, 宮女中の, 家畜を, 寄せ手を, 寄手が, 寝床を, 寡婦等も, 将兵が, 将士から, 将士は, 小さい住宅都市, 小作争議が, 小勢は, 小勢を, 小舟が, 小都市, 尼僧は, 尾張兵を, 屈強が, 山法師に, 山法師はた, 山法師も, 工匠を, 市電従業員が, 帯にて, 平家を, 平田門人らの, 座談会よりも, 弓張提灯の, 引率を, 弥次馬罵詈と, 弩が, 影を, 待って, 後詰が, 忠精が, 思想家が, 怪物の, 恋ゆゑに百千の, 悪魔の, 成牡, 戦で, 戦友と, 手は, 手を, 手下に, 手勢の, 托児所や, 投げ槍, 投擲弾二千の, 折助の, 拳は, 指の, 援兵を, 援軍が, 援軍ちかき, 損失を, 操糸を, 数あり, 数は, 敵をも, 敵密集部隊を, 數多き, 新なるべき, 新を, 新手に, 新発明, 施肥の, 旅客たちが, 旅客を, 日の, 日差は, 日本軍浮足立った, 月, 月この, 木工土工左官石工あらゆる, 枝, 機関車が, 機関車十五万の, 正攻隊, 武装警官と, 歩兵と, 死に, 死人を, 死体を, 死体解剖によって, 死者と, 段を, 毛利軍は, 毛孔あり, 毛孔を, 毛穴から, 毛穴が, 氏人から, 気持は, 水車場が, 汽笛が, 沙門の, 法薬で, 法門が, 法門と, 溺死人を, 漁色亡者, 演説会で, 漢字を, 漢軍は, 漣が, 潮を, 火の玉小僧が, 火花が, 灯で, 無恥無, 無辜の, 焼死人中今に, 焼死体の, 煩悩を, 燈明を, 燈火の, 燭火に, 牝馬を, 牢人は, 狼千の, 猛獣の, 猿が, 獅子の, 甘糟隊は, 生ぐさい唇, 生命が, 生態を, 生霊は, 甲冑に, 申し出が, 男女と, 男女の, 男女は, 登山者が, 白い上, 白馬が, 目に, 盲人大衆が, 相好は, 真ッ先, 眷属を, 眼に, 睛が, 瞳を, 矢が, 矢の, 知識よりも, 石炭仲仕は, 礫ばらばらと, 神秘学の, 種卵が, 穴しか, 空外し, 空虚の, 窪んだ眼, 竃を, 竈跡を, 童貞少女が, 端た, 符牒を, 篝が, 精兵真に, 精鋭が, 精鋭は, 糸を, 紙片は, 細流は, 組織を, 経費が, 給料を, 罪人は, 美翠の, 美菜を, 群牧場に, 群衆は, 者が, 者に, 聴衆を, 職工これに, 職工と, 職工を, 背中を, 胡蝶一時に, 腕を, 腕白者が, 膝に, 膝を, 自動車を, 船と, 船は, 良き薫, 花を, 花火が, 花片から, 花輪花束が, 若い僚友, 若い追随者, 苦艱も, 葉が, 葉を, 蔵書を, 薔薇から, 虫たちは, 蛇が, 蛮兵は, 蜀勢が, 蜜蝋蜂が, 蝗の, 蟻が, 蟻塚よりも, 衆徒が, 衆徒臨幸を, 被害民を, 裹頭の, 西軍の, 見物だった, 見物の, 見物は, 見物を, 観客が, 観衆が, 観衆だった, 詩は, 詩人の, 説法も, 読者を, 諸毛, 謂いである, 谷を, 貝子を, 貯金の, 賞金などは, 購買ユニットが, 赤い火, 赤松勢であった, 身の毛よだたせ, 身体と, 身内を, 軍中より, 軍兵おもいおもい, 軍勢です, 軍勢に, 軍勢は, 軍旅を, 軍隊が, 軍隊と, 軍馬を, 軍馬押よす, 軽兵, 輝く鞠, 辛も, 農兵は, 農民が, 途道に, 遊女に, 遊女を, 部, 部下を, 都からの, 都会に, 重囲に, 野武士が, 野武士と, 野生の, 金が, 金それに, 金には, 金わての, 金何方にても, 鉄壁を, 鉄騎も, 鉱夫を, 銭を, 鋒尖, 門下を, 門下生の, 門人中わが, 間だった, 間を, 陰虫という, 雀が, 集落の, 難民が, 難民の, 雪崩の, 霊を, 霊魂, 静かな, 頭が, 顏を, 顔が, 飛瀑と, 飛行機五千の, 餓死は, 首が, 首に, 首級は, 馬と, 馬を, 騎兵を, 高さ, 鬼灯提灯を, 魔形が, 魚人が, 鳥群が, 鳴りは, 鶫, 黒い頭, 鼠と

▼ 千~ (938, 3.9%)

29 に一人 8 の人 7 の男 6 の女 5 からある, の中, の客, の美女, の見物 4 か, である, に近い, の世の中, の人々, の垢, の首, もいる, を収容

3 [17件] ありて, ありと, が死んだ, という人, となく, のうち, のお客, の人たち, の人間, の兵, の兵士, の内, の力, の子供, や二千人, を率い, 死に一日

2 [62件] が千人, ことに甲賀郡西部方面, しか残っ, だか, ということ, というの, という一つ目小僧, という大, という見物, といえ, といる, と云, と投げ入れます, と註, にし, になっ, になり, にも余る, にも及ぶ, に分ち, に及び, の, のお, の一つ目小僧, の世, の五山, の人達, の会員, の余, の兵員, の兵隊, の勇士, の妃, の婦人たち, の学生, の工人, の患者, の敵, の水兵, の沖仲仕, の生命, の眼, の神経, の群, の者, の聴衆, の行列, の鉱夫, の門下, の難儀, の黄金色, は欺かれた, も, もある, も同居, を入れる, を容れる, を擁し, を数えた, 居ると, 斬り, 自侍

1 [652件 抜粋] あったが, あったとの, あって, あり, ありかりに, ありますか, ありゃあ負けやし, ある, あるいは七十五人, あるか, あるかと, あると, いか程, いじょう, いたとしても, いや何万人, いる, いるさ, いるだろうか, かが四年前, かが更に, かその, かのうち, かのそう, かの人々, かの労働者, からあっ, からいた, からの争議団, からの人, からの人数, からの人足, からの受験者, からの同勢, からの客, からの江戸屋敷, からの群集, からの職工人夫, からの見物, からの諸, からの護衛, からの農奴, から七千人位, から三万人, から小, かわからない, かを詰め, か五百人, か増員, か知らない, か知れなかった, か飢えた, が, があった, がいた, がいま, がそろう, がひし, が九百九十七八人, が九百九十九人, が働いた, が出家, が出迎え, が列し, が十人, が同居, が同時に, が屍体置場, が日光東照宮法会, が早く, が来る, が置かれ, が職場, が警察, が陣, くらいの強, くらいを一つ, ぐらいであったらしい, ぐらいの登山者, ぐらいはとまれる, ぐらいはズラリ, ぐらい家屋その他, ぐれえの, ことごとくに, ころせといはん, しかいない, しか仏教徒, して, ずつはある, ずつを埋めた, ずつ三万六千人, そうして北海道, そのうち千人, それからシカチェ, だかの, だから, だからな, だけの者, だったが, だってある, だってきかない, だよ, だ山陽, ちかい整理, てえ貧乏人, て人, で, であったであろう, であった筈, であり売人, であると, でもいや, でもぺこ, でも五百人, でも相当, で引く, で日, というおとな, というおどろくべき, というおばけ, というもの, というイギリス, という一つ目小僧ども, という人間, という兵たい, という婦人, という家来, という数字, という旅人, という東京, という登山者, という神たち, という者, という職工たち, という騎兵, といふおびただしい, といふもの, とか, とかたまっ, とかの人, とか十万人, とか言った, とし, として凡そ年十五銭, として正徳, とぞ聞えし, とても数え尽くさ, との比, とは云う, ともいう, ともしれない, ともなく集まっ, とも何万人, とも多少, とも知れない, とも知れぬ, とや一人, と一緒, と世上, と云う, と全然同じく, と共に行軍, と善光寺, と巡査, と手, と折り重なっ, と次第に, と相対, と称します, と称する, と見られた, と見積もられ, と言え, と集る, と黒く, なら, なりと, なりとも, なるか, なれば, におよんだ, にげこんで, にしろ, にちかい, について一・二, につき一カ寺, につき平均二百九十二人, につき平均五十四人, にて曳きし, になってる, にのぼります, にのぼる, には足りなかった, にもおよぶ, にものぼっ, にも上っ, にも足らない, にも達し, にも達した, にも達する, にわけ, に一つ, に上った, に上れるで, に云々, に何, に勝れる, に千個, に半, に対して五人, に打ち克ち, に施す, に明者一人, に満たなかつた, に相, に祟られる, に足った, に足りますまい, に近い若い, に過ぎ, に達し, に達した, に適う, のあいだ, のあと, のあるいは, のうち一人, のうち一人ぐらゐはあるかもしれない, のうち毎年三百人近く, のしかも, のもの, のアラビア商人, の一隊, の世間, の主, の人命, の人足, の人造人間部隊, の住民, の信者, の備え, の働く, の僧侶, の僧尼, の児童, の入場者, の内九百九十九人, の凍, の凡人, の前衛婦人, の労働者, の勤労者, の参詣, の参詣者, の友人, の同, の同じ, の同勢中, の同志, の唐人, の城兵, の塚, の壽命, の多き, の多数, の大人たち, の天人, の天才, の失業者, の女房, の妃たち, の妓, の姿, の婦女, の学者, の家, の家来, の家臣, の小, の小児等, の工夫, の常備兵隊, の座席, の弔魂祭, の弩弓隊, の御免, の怨み, の恋, の戀, の所有, の手, の手兵, の技師職工たち, の援兵, の整理, の普通, の智者, の暴徒, の梵士, の模造軍, の死者, の漁夫, の為る, の犠牲, の生活費, の甲, の申込み, の男子, の白衣, の白襷隊, の百姓一揆, の私たち, の科学者, の立食, の署名, の群衆, の群集, の義兵, の職工達, の船客, の若い, の茶会, の行商人, の被, の裸坊主, の要求, の観客, の観客席, の読者, の諸君, の警官, の賑わし, の足, の足軽人夫, の身柄, の軍兵, の軍隊, の農村青年, の野武士, の金剛力者, の釣り客, の銃手, の長, の門下生, の門弟, の階級人, の集, の青年男女, の騎兵, の高官, の魔法使, はいる, はおりましょう, はおろか, はつまり, ははいる, はまさしくもう, はゆ, はソヴェト国内, はフランス, はブン, は一斉, は五十対一, は入れるだろう, は動かねえ, は動員, は千人, は同時に, は大丈夫, は完全, は智者, は気, は立ちどころに, は立所, は降りませぬ, は雨季, は飯浦坂, ばかりのミディネット, ばかりの労働者文学ウダールニク, ばかりの小, ばかりの蛮兵, ばかりの蝦夷人, ばかりも加せい, ばかり一時, ばかり居ります, ばかり畑宿, ばかり集まった, ほどになった, ほどの女, ほどの将士, ほどの農奴, ほどの部下, ほどはお, ほども流れこん, まで来た, むすびを, もあった, もあつ, もいた, もかからね, ものこの, ものドイツ亡命者, もの一つ目小僧, もの人々, もの人足, もの優れた, もの兵士, もの死傷, もの農奴, もの鼓動, も二千人, も五万人, も何万人, も出, も出る, も宿れる, も居つた, も手, も手下, も控え, も死んだ, も殺し, も選び出す, ゐるでは, をあずけ, をあの, をいるるべし, をいれる, をこえる, をこえるであろう, をさずけ, をし, をすぐっ, をひ, をひきい, をもってかぞえられた, をもって南庭瀬, を下らず, を与え, を入るるべき, を入れ得る, を出した, を出なかった, を十六編隊, を増し, を大正, を引率, を捕, を救おう, を教育, を欠い, を殺し, を殺した, を派し, を真ん中, を突破, を行おう, を超えた, を越えるだろう, を越すだろう, を越すでござろう, を遣, を遣り, を選ん, を集め, を雇傭, 並んで, 入である, 勝りの, 多き者, 寄って, 小都邑, 少き時, 居て, 広い境内, 彫って, 或は万人, 押し寄せて, 斬, 斬りなぞ, 斬ろうと, 時としては, 来ても, 死んだこと, 死んでるよ, 殺した人間, 殺せば, 溜って, 程ある, 程の信者, 程減った, 第一番, 繰り出しましたが, 近い人数, 近い入場者, 近い兵, 送った, 隠れて, 集まって, 食べられるだけ

▼ 千~ (908, 3.8%)

51 の昔 37 も前 34 の歴史 32 の後 29 の間 9 に一度, も昔 8 も万年 7 を経た 6 のこう, の伝統, の文化, を経 5 にし, の歳月, の齢, も二千年 4 のあいだ, の人間, の時, の松, の過去, の鶴, ほど前, も生き

3 [16件] か昔, たっても, たつても, となく, に一人, の前, の古, の寿, の時間, の未来, の杉, もたって, も三千年, も経った, を要する, 程前

2 [60件] か, かの間, から, から千五百年, か二千年, か何万年, くらい前, というもの, になる, に一度演, に亘つて, の, の久しき, の人智, の今, の余, の古木, の塵, の夢, の大樹, の文献, の法, の王者, の眠り, の神, の神木, の経験, の緑, の老, の苔, の計, の遠い, の長き, の風雨, の魔豹, ばかり前, ばかり昔, ほども昔, もかかっ, もこの, もまえ, も同じ, も年, も歴史, も眠っ, も眠つて, も経っ, も続い, や二千年, をへた, を経たる, を経ました, を経過, を經, 光りは, 古き楠槐, 壊れぬ名物, 活きようが, 立つと, 経っても

1 [448件] あまり伝わりました, ありこしこと, あるいは千二百年, あるわけ, かかうし, かかって, かかっても, かかる, かつてあらゆる, かとにかく, かの日本, かの昔海, からの極め, から二千年, から前, かを蛹, かを隔てた, か七万年, か三千年, か五千年, か以前, か何百年, か先, か前, か坐り続けたら, か數萬年, か暮し, か知りませぬ, か継続, が三千年, が三日, が正法, が経つだらう, が近く, が間, くらいそれ, くらい生きられる, ぐらいたっ, ぐらいにしかならぬ, ぐらいの経過, ぐらいは慥, ぐらい前, このかた, このかた美醜, このかた記録, この方, さてこの, さても, しまい込んで, すなわち安全, すなわち山中, そのままに, その前, たちました, たったとも, たって, たつうち, たつと, たてば, たとうが, だが, だけ短縮, だと, だよ, つ, つづくか, であ, であります, であるの, であろうか, でかい, でもつ, でもやっぱり, でも万年, でも彼, でも無くなる, でよい, で一万五千尺, で滅するであろう, で終るべき, といい, というむかし, という長い, といえ, といっ, といったよう, といはれ, といふ短時日, といふ間満足, とおつし, とかいう永い, とかいふ歳月はず, とか亀, とか何万年, とか何萬年, ときには建武, ともいうべき, と云う, と存続, と居る, と申し, と百六十九日目, と稱, と経つ, と見ましょう, と言う, などと申します, などは時, にあり, にいたる, になっ, になつ, にならない, には仏教, にふり, にもなります, にもなるだらう, にも亘る, にも余る, にも及ぶであろう, にも満たない, にも近い長い, にわたって厭, にわたって少し, にわたる教権, にスウォルト島附近, に一ミリ, に一ミリ沈澱, に一度実, に一度花, に一粍, に亘っ, に亘らう, に亘る, に亙ら, に及ん, に対し百六十九日, に当たり, に渉, に由来, に稀, に至る, に足りません, のあきらか, のあこがれ, のあと, のいにしえ, のうち, のうち毎歳千, のかなた, のごとく, のその, のため, のちぎり, ののち, のむかし, のむかしごと, のやう, のよう, のアプレゲール, の下, の京都, の人文的感化, の人類, の休息状態, の佳松, の修行, の先, の光栄, の処女林, の功, の努力, の労力, の古い, の古き, の古代, の古典, の史乘, の命, の因襲的法則, の国, の土, の地下, の培, の基業, の夏, の夏毎, の外交史, の奴隷生活, の妖, の媚, の安泰, の実, の寿命, の屈辱, の巖, の幽か, の後見出さん者, の悪戦苦闘, の悲劇, の成長, の我等, の推移, の文化史, の旅, の日月, の日本民族, の昔アリストテレス, の昔クリスト, の昔ユダヤ, の昔妖姫クレオパトラ, の昔時, の春毎, の暗黒, の月日, の末, の松風颯々, の柏, の桃, の桑, の森, の楠, の業績, の欧羅巴, の歳, の歴史的常識的, の氷河, の永い, の沈默, の深, の深林, の為, の片々, の生存, の甲羅, の疇昔, の癩者, の発掘物, の眼, の短き, の社会, の社會, の積弱累辱此, の精, の系図, の織, の習慣, の老巧手だれ, の舊, の色, の落葉つもり, の試験, の豊秋, の豹, の逆戻り, の進歩, の道徳, の遺憾, の遺跡, の都, の鉄柵, の鎧, の間土, の間昼夜, の間連続, の闇, の雪, の音楽, の風, の風霜, の馴染, の魅力, の魚, の齡, はたのまね, は千年, は宇宙, は実に, は實, は早く, は昔, は正しく, は此刹那, は瞬くま, は経, は経っ, は経つまい, は請合, は龍, ばかりの新, ばかり遅かっ, へたりと知らず, へにける, ほどの時, ほども時間, ほど以前, まえの, またはおそらく, または四千年以前, または四千年前, もあっ, もいた, もいたくなっ, もいにしえ, もおくれた, もしくは数万年, もそういった, もそれ, もたちました, もたっ, もたった, もたつ, もたつた, もたて, もつづいた, もつとめ, もの人類, もの昔, もの時, もま, ももちつづけ, ももっと, ももつれ, もよみじ, も一千五百年, も一日, も一貫, も世, も世の中, も五千年, も仏教, も儒者, も八百年, も千五百年, も古い, も塔, も増加, も天地八方, も少かろ, も尽きぬ, も後れ, も後世, も持っ, も持ってる, も掛からね, も掛かる, も斧, も有名, も棄て, も消える, も物置, も犠牲, も眠りこけた, も立ちん坊, も立て, も経つ, も経つた, も經, も続いた, も続け, も萬年, も言, も言い古した, も變ら, も踏みつけられ, も長生き, も食いつづけ, も黙, も黙殺, やそこら, や一万年, や三千年, や過, よりもすこし, よりもっと, より古く, をかね, をすぎ, をば, をふる, をへたる, をも経た, を出でずし, を千度び, を司配し, を支配, を永劫, を流る, を滝壺, を眠りつづけた, を祝う, を経ぬる, を経る, を経れ, を經過, を要す, を解決, を象る, を越える, を送った, を送る, を通じ, を通じて絶えず, を過ごす, を閲した, ノ後見出サン者, ヲ飼, 乃至一萬年, 乃至三千年, 乃至五千年前, 乃至幾万年, 住み着いた民族, 住んで, 化けて, 待たうとも, 待つても, 持たないだらうと, 持つならば, 持てば, 未だ曾, 朽ちざる書, 棲んで, 活き延び生い育ったこの, 流れて, 生い立つ楠, 生きても, 生きるか, 生きると, 生きるとも, 生きる積り, 生き延びても, 程にも思える, 程逆戻り, 程齡, 第一等, 経ちますると, 経ったとも, 経って, 経ても, 経る, 織つて, 考へても, 若くは, 越しだまされつづけて, 迄の物, 近きも, 過ぎた今, 養い得たる我日本武士

▼ 千~ (631, 2.6%)

18 は丸木 13 は先生 12 はその 11 のこと, の手 9 の方 8 の体 7 の顔, は目 6 の父親, は博士 5 の目, の頭, はこの, はびっくり, はもう, は自分 4 のそば, の肩, はそこ, は思わず

3 [19件] が, が叫んだ, と新田先生, のいる, のうしろ, の前, はおどろき, はこれ, はそう, はそれ, はちょっと, はまた, はやっと, は手, は新田先生, は気, は袋, は鉄管, を袋

2 [41件] がうしろ, がそれ, がたずねた, が目, というの, という少年, との顔, のかぶっ, のため, の名, の心, の気持, の耳もと, の身の上, の首, は, はいつ, はおぼえ, はさっき, はしきりに, はそば, ははじめ, はふしぎそう, はふと, はまだ, は一生けんめい, は何, は前, は妙, は心, は急, は息, は熱心, は胸, は運転手, は顔, は首, は驚き, もともに, も先生, を後

1 [338件] から見れ, がいぶかる, がいる, がおどおど, がかけよる, がこんな, がその, がとつぜん, がとびこむ, がとんでも, がどうして, がどんなに, がなおも, がねっしん, がひどい, がふたたび, がふりむい, がまた, がもどっ, が一しょ, が丸木, が今, が前, が加わり, が博士, が喜ぶ, が床下, が心配, が悲鳴, が感心, が朝, が横, が歩く, が注意, が測, が胸, が見, が見たら, が見る, が言いつけた, が言う, が言った, が警視庁, が送っ, が途中, が闇, が顔, が飛, が驚い, この映写幕, こりゃえらく, その, だったの, ちょっと待て, であった, ですよ, というん, という名前, という子供, といえ, といっ, となる, との三人きり, との二人きり, とはさっき, とはやっと, とはよりそっ, とは何だか, とは博士, とは困っ, とは涙, とは蟻田博士, と怪物, なまいき, にかわっ, にその, にたずねた, にち, につたえる, にとって不思議, にはなん, にはわからなかった, にはわけ, には逃げたい, にぶっつける, にもよく, に一目, に今, に向かっ, に対し神, に注意, に用事, に見せた, に説明, に起させない, のあ, のうえ, のからだ, のこえ, のすぐ, のつかまえ, のところ, のなげき, のはいった, のもっ, の乗っ, の困っ, の家, の息, の持っ, の父親千蔵, の生命, の瞼, の考えちがい, の耳, の耳たぶ, の背, の背中, の胸, の脳髄, の腕, の行方, の見た, の言葉, の話相手, の鋏, の頬, はあきれ, はあざやか, はあっ, はあっち, はあっと, はいたの, はいつの間にか, はいつも, はいない, はいよいよ, はうしろ, はうす, はおどろい, はおどろいた, はおもしろい, はかくべつ, はかぶと, はからだ, はかんし, はきっぱり, はきまり, はくわしく, はこうして, はさっき家, はしばらく, はしまった, はじっと, はすぐ, はすこし, はすこぶる, はすっかり, はそのまま, はその間, はそれから, はそろそろ, はたいへん, はたえず, はただ, はためし, はだれ, はだんだん, はついに, はとうとう, はとつぜん, はとても, はとどろく, はとなり, はどなっ, はどなった, はなあんだ, はなに, はなんだか, はなんと, はにこにこ顔, はねむい, ははあはあ, ははじめて, ははずかしく, はぱっと, はひょっと, はふき矢, はふしぎ, はふたたび, はぶるぶる, はへん, はますます, はまるい, はまるで, はもうずいぶん, はもう一度, はもだえ, はもちろん, はもっと, はやはり, はよく, はよだれ, はわすれられた, はカリン岬, はテーブル, はベルトコンベヤー, はマント, は一体, は不思議, は両手, は乗りたい, は人一倍, は今, は佐々, は何だか, は何だかちょっと, は元気, は全く, は全身, は冷たい, は別に, は勇敢, は勇気百倍, は口ごもり, は呪文, は喜んだ, は困った, は壁, は声, は夢, は大きく, は大きな, は天狗岩, は孫弟子, は宙, は尋ねた, は小さい, は少し, は少年, は岩, は岩山, は幼い, は彼, は心細く, は忠告, は思った, は怪人丸木, は怪物, は怪物もろ, は感心, は指さき, は日比谷公園, は早く, は本気, は林, は梯子, は正気, は歯, は気の毒, は永い, は決して, は湖, は火星, は火星語, は無言, は生まれつき胆, は痛い, は相手, は砂浜, は笑い出した, は耳, は芝公園, は薬剤師, は蟻田博士, は袋ごと, は言った, は言葉, は警視庁, は賑やか, は足, は足元, は身近く, は返事, は逃げ, は逃げる, は途方, は遂に, は釣, は階段, は電気帽, は電波囚人, は驚い, は驚いた, もあと, もう東京, もこの, もさっき, もさん, もしっかり, もしめっぽい, もそれ, もまさか, もまっ, もやはり, も一生けんめい, も地球, も父親, も王城内, も胸, も蟻田博士, や, や千二, よ死ん, をうながし, をうながす, をうまく, をおしつぶす, をおどろかした, をかばう, をさそった, をしかりつけ, をしかりつけた, をぜひ, をつれ, をとらえ, をはげました, をはっと, をはなす, をよびつけた, を使っ, を外, を日比谷公園, を案内人, を殺すだろう, を逃さない, を途中, 新王ロロ

▼ 千~ (483, 2.0%)

58 の金 36 の小判 20 の大金 11 といふ大金 9 のお, の褒美 8 近い金 7 の持參, の隱 6 といふ金, と言, の御, の行方 5 になる 4 の値打, の當, の盜人 3 の吊, の寄進, の紛失, の結納, はお, は何處, を盜, を隱

2 [22件] ありや, が見付, だ, で, で買, といふの, となく, にもなる, に眼, の始末, の工面, の持參金, の祠堂金, の身上, は入, は手, は盜, も持つ, や三千兩, や二千兩, を奪, を持出した

1 [209件] あるやら, あるん, ある筈, あれば, いづれは, いや, かあつ, かいあの, かな, かの費, かも知れない, から五千兩, から掻き集め, がどう, が入らない, が品川, が夜逃げ, くれると, するの, だが, だけ持出し, だぜ, だ番頭, でいけなけれ, でさる, ですか, ですつて, ですな, ですよ, でせう, でないとは, ではきかないだらう, でも俺, でも多, でも安い, でも買ふよ, で八方, で我慢, で讓, で賣つ, といふこと, といふところ, といふ借金, といふ値打, といふ名, といふ夥しい, といふ大, といふ天下, といふ寶, といふ有金, といふ莫大, といふ贋造小判, といふ身上, といふ身代, とかいふ相場, とかの大金, とかの小判, とか三百兩, との答え, とも幾萬兩, とも知れぬ, と一, と寶物, と御家, と睨めつ, と稼いだ, と纒つて, と纒まれ, どうかしたら, なかつたら, なくな, にたつた, にては出, になつ, に上る, に利息, に十年間, に口説かれた, に心, に纒め, に買收, に釣られた, に間違, のお話, のお金, の一番, の一番札, の代り, の借用, の借金, の利息, の匂, の因縁, の外, の大, の憑物, の手間, の打撃, の持參付き, の木戸, の現金, の箱, の結納金, の經緯, の荷, の袖の下, の誘惑, の身代, の運轉, の重, の金子, の願, の黄金, はあるだらう, はございます, はそれ, はたしかに, はどう, は一, は今, は仲間, は入ります, は入る, は到頭, は去年, は叔父, は帳面, は愚か, は愚か三百文, は愚か差迫つて, は戻らず, は手近, は樂, は此方, は此處, は濱町河岸, は目腐れ金, は要る, ばかり, ばかり拵, ばかり淺黄, へあと十兩, ほどお, ほど入, ほど掻き集めた, までも溜めた, まで出す, もあつ, もあるでせう, もかせいだ, もございませう, もした, もちと, も何萬兩, も入, も入る, も同じ, も無事, も隱, も首尾, や五千兩, や四千兩ぢ, より二人, より少し, をせしめ, をバラ, を一人占め, を三千五百兩, を以て排水器, を仲間, を何うしよう, を償, を出させる, を半分づつわけることにした, を右左, を吊, を土用干, を夜更け, を家, を寄進, を山分け, を投, を持つ, を持出す, を持參金, を掻き集め, を搜, を早速, を狙つた野郎, を盜つたのさ, を積んだ, を見つけ, を見つけた, を見付け, を越すだらう, を載せた吊, を送つ, 儲けてる最中, 出すと, 出せと, 持出したが, 持出した樣子, 持込んだつて, 溜めたら京都, 無いと, 要るといふ, 近いもの, 近い小判, 近い身上

▼ 千~ (447, 1.8%)

17 と重蔵 9 の手 6 であった, の胸 5 の姿, の身体 4 と御方, は 3 ではない, と新九郎, のため, の顔, はその, も重蔵, を連れ

2 [24件] がそっと, と大次郎, に代っ, のことば, のほか, の上, の体, の側, の口, の咽喉首, の声, の影, の心, の方, の美貌, はいよいよ, はすぐ, はそれ, はにっこり, は早く, は父, は自分, や兄, を頼む

1 [322件] が, がいつも, がかかる, がそう, がどうして, がにっこり, が一散, が上り支度, が世, が前, が咄嗟, が小刻み, が彼, が後事, が愕, が愛そう, が来, が気, が法外先生, が泣き濡れ, が溌剌, が為体, が狂気, が真心, が立っ, が裾, が親友伴大次郎, が辻堂, が送り, が逃げる, が高く, この瞬間, さえ奪っ, じゃない, だったか, である, であるぞ, ではあった, ではござりませぬ, ではなかったろう, と, という, というお, という人, とがこの, とが住職その他, とが血眼, とても最前, とであった, とはいつ, とは今や, とやらいう, と並ん, と入れ違い, と共に人, と共に篤と, と切ッ, と夫婦, と恋, と抱き合っ, と抱き合った, と春日重蔵, と申します, と白覆面, と練塀小路, と言う, と重蔵め, と駕籠, どうしても愛する, どの, どのあれ, どのどうやら, どの兄上, どの弟, に, にあの, にうなずき返す, にきっと, にこの, につづい, にとって涙, には春日新九郎, に会う, に会わね, に侍, に助太刀, に向い, に向け, に嘆き, に対してもすっかり, に対しても以前, に対する恋心, に対する煩悩, に尾, に意地, に文, に横, に歎, に瓜二つ, に生, に篤と, に語っ, に顔, のあと, のこころ, のこと, のこの, のす, のそば, のはいっ, のほう, のやさしい, の一生, の三人, の不, の乱れ髪, の二人, の二人づれ, の仇大月玄蕃, の供, の前, の力, の危急, の坐り, の夢, の天蓋, の夫, の婿, の孝心貞節, の寝, の帯, の後ろ, の得物, の怨み, の手品駕籠, の様子, の死, の死骸, の比, の涙, の淋しい, の父作左衛門, の父正木作左衛門, の眉, の眼, の立ち, の細そり, の美しい, の耳, の背後, の胴, の腰, の蠱惑, の行く手, の裸体, の言葉, の身の上, の部屋, の面, の面影, はあ, はあんなに, はいつしか, はおどろい, はこの, はさ, はすすめられた, はそのまま, はとうとう, はとられた, はなみ, はにわかに, ははいっ, はひとり, はびっくり, はほっと, はまだ, はもとより, はよろよろ, は一生懸命, は上ろう, は両手, は乱菊模様, は二, は二度三度ホロリ, は今にも, は何, は何ごと, は何事, は何気なく, は再び, は千々, は喜ん, は声一つ, は夢, は大きく, は嬉し, は安心, は定め, は家中, は小, は小走り, は屈んだ, は座敷, は心もち窓, は心もち蒼ざめて, は必死, は思い出し, は思った, は思わず, は恟ッ, は恥, は慌て, は懐剣, は懸命, は我が, は日傘, は正面, は気, は法外, は泣き死んだ, は獣, は現在, は疑わざる, は痛まし, は白鞘, は目立っ, は眼, は知っ, は竹枝, は素直, は縋りつく, は美しい, は胸, は腕ずく, は血, は見るみる, は賑やか, は足取り, は身体, は逸早く, は遊び女, は道場, は遠く, は重蔵, へ, へちらちら, へ合図, へ向け, へ囁い, へ眼, へ鋭く, まるで文珠屋, も, もその, もそれ, もとより知る, もびっくり, もびッくり, も傍, も同じ, も名分, も大声, も忍び差し, も春日重蔵, も法外, も泣き腫れた, も無論, も眉, も私語, も虚無僧当時, も逆手, やまた, をいじらしく, をお伴, をかこん, をこの, をそこ, をその, をちょっと, をのんべんだらり, をひっ攫い, をやっといきなり, をよこす, を下, を中, を伴い, を伴った, を促し, を再び, を前, を劬, を取り巻い, を売り飛ばそう, を大次郎, を奪い返し, を嫁, を引きずった, を引き取り, を思いつめ, を愛すれ, を慕っ, を手許, を捨て, を攫われよう, を求め, を泣かせ, を看病, を眺め, を背後, を自分, を苦しめ, を蔽うた, を見た, を見上げた, を見守っ, を見遣った, を連れた, を連れ去った, を遮っ, を間近く, 許せ

▼ 千~ (436, 1.8%)

51 の金 9 の御 8 の小判 7 という大金, の大金 5 の行方 3 という金, の工面, の現金, の祠堂金, の荷, の隠し場所, は

2 [20件] か, かな, が手, しかない, だけ用達, という大, なり, なん, の値打ち, の夢, の無尽, の財産, の身代, の軍用金, はどこ, を持ち出した, 御目附, 持って, 新金千両, 盗んだ大

1 [288件] ありゃ, いたぶったの, え魂消た, かかったもの, かかっちゃあ, かせいで, かたり取られた, からの金子, から入っ, から少なくも, がとこ稼, が不意, が並べられた, が先月いっぱい, が庄内藩主酒井左衛門尉, が明日請負, が目当て, が程, が纏まらない, が羽, が蔵, が還り, くらいな, くれたん, くれると, ぐらいの小判, ぐらいの金, こしらえましてな, さがる, しか手許, しか無かっ, してやられて, じゃありません, ずつ才吉, せしめて, そのほか太鼓判, そのままそっくり持っ, だ, だか, だが, だけできた, だけの値打, だけの荷, だけ減っ, だった, だつた, だと, だ四千両, であるが, です, ですか, ですから, ですが, ですよ, でとうとう, でも七百両, でも出し, でも堪まった, でも素直, でも買う, でも買えません, で困る, で息, で我慢, で買い, とある, というその, という儲け, という大金持参, という天晃竜, という数字, という相場, という身上, という高い, といえ, といひたい, といや大金, といわね, とかいう相場, とかいう話, とかの金銀, とか三百両, とか五千両, とのこと, とは売れ, とは大きい, とは小, と云え, と千五百両, と引換え, と持っ, と書いた, と書く, と申し, と相場, と祈った, と言う, と言え, と言われた, と謂われた, と豪華, と頒, などと申す, なの, なりと, なんて踏める, なんて金, になる, になるでしょう, にもなる, に上らなかった, に十倍, に当る, に相当, に節約, に纏め, に過ぎない, の, のかね, の事, の借金, の値, の内, の半分, の唐櫃, の天目茶碗, の媚, の実, の寄進, の富籤, の形見分け, の役者, の憑物, の打撃, の扶助料, の数, の方, の本, の盗み出し手, の盗人, の看板, の福運, の紛失, の耳, の薫風, の軍資金, の道具, の醵出, の銀, の鋳造, の飲み, の餌, の馬鹿網, の鳴物, はあの, はあるでしょう, はかからなかった, はございます, はすぐ, はそれっきり行方, は一体, は九牛, は五百両, は仲間, は別, は叔父, は大きい, は大川, は平次, は愚か, は次, は残した, は法外, は消え, は盗め, は要る, は要るだろう, は遠く, は都合, は重い, は首尾, ばかりご, ばかりの正金, ばかりもっ, ばかりよ, ばかり出来た, ばかり拵え, ほどで, ほどになりました, ほども撒き散らす, ほども遣う, ほどをたくわえ, ほど紛失, もうけて, もした, もの金, ももっと, も持っ, も貯め, や四千両, をお下げ金, をこの, をその, をどう, をぬすみ出した, をぬすみ出しました, をわける, を三井寺僧千人, を今, を以て家, を佐兵衛, を借用, を出せ, を奪, を寄進, を引出し, を持ち出し, を持っ, を持出し, を捜し出し, を携え, を攫われ, を横領, を水戸様, を渡しかねる, を献上, を現在, を盗った, を盗まれた, を盗み溜め, を盗ん, を見つけ, を見付けた, を調達, を賭け, を送る, を進上, を醵出, を隠し場所, を隠す, を預かり, ノ借金ガ出来ルカラ, 下されますよう, 与えよう, 使ったって, 入ったの, 入って, 出さずば, 出すだろう, 別に一分の太鼓判若干, 包むはず, 取れりゃあ, 受取りに, 巻きおわると, 当ったん, 当るに, 払わずに, 投げ出して, 拵えるから, 持たして, 持出された方, 持出したところ, 持出して, 持出すから, 持出す相談, 持出す話, 来た役所, 用立てるの, 盗ったという, 盗った泥棒, 盗まれた上, 盗られても, 盗られると, 盗んだ奴, 程に及んだだらう, 程の品, 稼ぐうち, 纏めるの, 落ちる金, 見付かったの, 負いおると, 負うた者, 貸して, 賜いしを, 足りないの, 足りません, 頂くよりも, 食う奴

▼ 千世子~ (424, 1.8%)

15 の心 13 は云った 76 は自分 5 の頭 4 のかお, の顔, は何, は知っ 3 の方, の様子, の目, はいかにも, はそれ, は思った, は笑った

2 [27件] のすき, のそば, のまわり, の事, の傍, の処, の前, の居る, の書斎, の眼, の知らない, の額, はいつ, はすぐ, はとうとう, は云っ, は人, は大きな, は家, は座っ, は思っ, は時, は篤, は考える, は肇, は髪, を見つめ

1 [287件] から切離し, から眼, がいつ, がいつも, がしずか, が七日, が刺げき, が家出, が居る, が後向き, が怒った, が感じた, が抱ける, が歌, が母, が油気, が涙, が特別, が自分, が読みたい, が返事, であった, と二人, と京子, なので, なんかには分らない, なんかは呼ん, なんかもちょくちょく, に, にいま, にいや, にかみつき, にきいた, にきこえない, にこんな, にその, にそれ, にそんな, にたまらない, にだってわかっ, には, にはうなずかれる, にはうれしく, にはたまらなく, にはなかっ, にはなした, にはねられない, にはものうい, にはやたら, にはよく, には今, には何と, には何とか, には信じられない, には却って, には又, には友達, には可愛, には堪らなく見, には大変, には快い, には快かっ, には珍, には肇, にまで相談, にもかなり, にも車, にやがて, に云った, に云われた, に何, に先, に呉れた, に手紙, に渡した, に自分, に話し, に通り一ぺん, に髪, のえりっ, のきらい, のくせ, のくぼんだ, のごく, のずった, のため, のどんな, のなやまし, のもうとっくに, のわき, のツン, の一家, の丸い, の云う, の云っ, の云った, の今, の体, の体中, の保護者, の叔父, の名, の味方, の囲, の大きな, の女, の好き, の好奇心, の家, の帰る, の床, の従兄, の心さいそ, の怒った, の思い切った, の手, の批評, の掛け, の書い, の望む, の椅子, の気に入る, の気むずかしい, の満足, の濃い, の疑い, の眉, の着, の笑っ, の羽織, の肩, の背中, の胸, の腕, の興奮, の読む, の赤い, の身体, の頬, の頭越し, の髪, はあたり前, はあんまり, はいつも, はうつらうつら, はうれしかっ, はおっかぶさる, はきらい, はこう, はこの, はこんな, はさしぐまれる, はしのび, はすき, はそう, はその, はそんな, はたまらなく, はつい, はとっ, はとん, はどんなに, はなぐさん, はねて, ははずむ, ははっきり, ははばからない, はひざまずいた, はふく, はほんとう, はま, はまだ, はもう, はもったいない, はゆとり, はよんだ, はジッ, はジーッ, はズーッ, はチラリッ, はフット, はポカン, はポーッ, は一人笑い, は一番先, は三人, は両親, は二三枚, は云い, は京子, は何と, は何となく, は信じ, は停車場, は健康, は先, は入場券, は八時頃, は出しぶっ, は動こう, は又, は同夜午前二時, は呼んだ, は夢, は大きく白い, は大変, は女中, は女性, は嬉しい, は学校, は安っぽい, は安心, は宿, は小形, は居ない, は居間, は巻い, は幸, は待ちくたびれた, は必ず, は手伝っ, は折, は持っ, は敷石, は晴ればれした輝く, は暇, は柱, は横目, は母さん, は気, は泣い, は海, は涙, は深い, は深く, は満足, は濃い甘ったるい, は火, は片方, は男, は白い, は目, は眉, は知った, は短, は立ち上っ, は立ち上った, は立っ, は笑い, は羨み, は聞くまい, は腰掛, は興味, は落ついた, は行く, は裏, は見, は見えなかった, は見つけ, は見つけた, は話す, は読みすぎる, は近頃, は迷った, は雑誌, は顔いっぱい, は鳩, もすかし見, も仲間入り, よりずっと, より前, をいたわる, をくすぐろう, をにわかに, を一日中, を初め, を千世子, を呪う, を呼びかけた, を大切, を殺した, を満足, を相手, を私, を見, を見た, を除い

▼ 千~ (338, 1.4%)

16 の旗本 9 の大名 8 のお, 取の 7 の大身 6 の知行 5 を領 4 の加増, の大, の館主, 取ろか 3 の城下, の城主, の家, の家老, の御, の殿様, の身分, の高禄, を領する, を食む

2 [17件] ある, がフイ, だろうと, となる, に至る, の地, の小名, の小禄, の殿樣, の田地, の美人, の領主, を与えた, を与える, を加増, を給, 積んだる船

1 [199件] あるいは七万円, かの奥方, かの旗本, から一躍, かを頂き, がどう, がもろに, が何, が大切, が立行かなけれ, が飛び出す, ぐらいな気持ち, ずいぶん貧窮, ずつ加増, それで政治, だか, だが, だけあっ, だし, だったが, であつ, でございました, でした, でしたから, では, でもその, でも大名, でも幕府, で二百何十人, で抱えられ, で本邸, で欣, という大, という大名, という奴, という格, という津軽家, といわれた, といわれる, とはゆかない, とは何ごと, とまではならない, とみ, とやらのその, とろか, と一時, と二千石, と内々, と出世, と申した, と言った, と誇張, と釣, どりの, なおこれ, について約, になっ, になつ, には少い, にみたなかった, にもお, にも足らない, に削られた, に削減, に取立てられ, に召し抱えた, に昇らしめた, に減らされた, に減額, に足らない, に足らぬ, に近かっ, のお家, のところ, の一侯伯, の一家中, の一部, の主, の余, の俸給, の収入, の城主真田昌幸, の墨附, の夜, の大家, の大身三宅彈正樣, の奧方, の実力, の家中, の家督, の寄合, の小堀家, の岡部家, の平地, の廃絶, の弟, の役高, の御曹司, の御曹司頼門, の意味, の所領, の手当て, の扶持, の捨扶持, の旗下, の旗本屋敷, の格式, の歳費, の殿樣ぢ, の沐浴料, の浅井, の田畑, の百姓, の百姓何万人, の知行取り, の碌, の祖父江出羽守, の禄, の禄米, の粂野美作守さま, の紀州, の自暴, の芙蓉間詰め, の裕福, の記帳, の跡取り, の鍋島様, の領主小堀和泉守樣, の領主植村土佐守, の領土, の駒井能登守, の龜井樣, はお, はそのまま, はちと, は三千石, は三月經, は忽ち, は惜しい, は文字通り一朝, は鹵獲, ばかりから取上, ばかり加増, へさらに, ほどだった, ほどな, ほどは, も借りろ, も取る, も嫡子, も望み, も給, も肝腎, や五千石, や四千石, より一躍, より生き, をうけた, をくれ, をつぐ, を与え, を借り, を六十五石, を削られた, を受けた, を喰, を封ぜられ, を後生大事, を戴い, を提供, を本領, を沒收, を給する, を給わり, を継ぐ, を貰, を賭けた, を越え, を過, を預けられた, を食み, を食ん, を食んだ, 乃至三千石, 乃至五千石, 取って, 取つて, 取て, 取などは, 取る神保磯三郎, 取ろうかの, 取ろかを, 御一門, 御加増, 持って, 有難え, 積んでも, 賣上高, 近い大身

▼ 千兩箱~ (300, 1.2%)

12 が三つ 8 を杉 7 の山 5 の中, の中味, を一つ, を三つ, を持つ 4 が二つ, の下敷, を盜 3 が五つ, の蓋, の行方, を三つ盜, を二つ, を隱

2 [21件] がある, が塗り込んである, といろ, と違つて, に入, の吊, の夢, の間, はお, はその, は何處, は最初, を一つ隱, を五十, を寺, を引つ, を持出した, を盜ん, を積ん, を突き崩した, を開け

1 [176件] がありやしません, がその, がたつた, がない, がなくなる, がひどく, が一つ, が一つ五貫目, が一ぺん, が一束, が二つ揃つて, が二十, が五十, が五十五, が代, が何處, が八つ, が六十幾つ, が出, が出る, が十, が夢枕, が寺, が崩れる, が幾つ, が杉, が濡れる, が百, が皆んな, が私共, が積んであります, が精, が見付, が見附かつ, が變, が重く, が開けられました, が頭, だ, ですね, では目立つ, でも見付かりまし, でも隱, で懲り, で樽屋, といふの, といふもの, とかそれ, とわかりました, とわかります, と御, と摺り換, と鼠, などは奉公人達, などは影, ならどう, なんか何處, なんか持込む, なんか隱, には手, には誰, にも餘, に入れ, に手, に押し潰され, に押し潰されるなら, に詰められ, に逢, のうち, のうち上, の一番下, の上, の中程, の事, の二, の前, の勘定, の化物, の壁, の封印, の小判, の山くら, の引渡し, の張番, の摺り換, の數, の番, の翌, の話, の貫, の重, は, はスルスル, は一つ五貫目, は一體幾つ, は三つ盜, は並大抵, は切戸, は多分, は大晦日, は大概空, は崩れた, は惜しくも, は愚か, は打, は掘り出されました, は本堂, は杉, は確か, は竿ごと引, は箪笥, は輕, は重い, もお, も一應, も奉納, も擔ぎますよ, やいろ, やその, や外, や金箱, らしいもの, を一つづつ, を三つ隱, を下, を並べ, を二つ抱, を二つ盜, を二つ縛つて, を五つ, を八つ, を取おろす, を取出し, を取出せる, を取戻す, を同じ, を品川, を奪, を崩し, を店, を懷, を抱, を拜, を拵, を持ち出す, を持つた, を持出し, を指さしました, を指しました, を掘出した, を搜, を敷き詰めた, を梯子段, を此處, を洗, を盜つたの, を目的ぢ, を眺める, を積み, を積んだ, を積重ねた, を突き崩し, を突き崩す, を突き崩せる, を背負つた化物, を脊負, を見すましました, を見せ, を見る, を見付けられた, を越さした, を載せ, を開きました, を開ける, を隱す, を預けられる

▼ 千万円~ (184, 0.8%)

6 の大 4 の札 3 だ, の割合, の資本, の遺産

2 [11件] か, であろうと, と云う, のねうち, の値打, の売上げ, の巨額, の弗箱, の現金, の財産, を越す

1 [140件] いるそう, うごかす力, かいずれ, かけて, かどちら, から輸出, かガマ, がいや, がしっかり, ぐらいになったら, じゃの, するかも, だが, だったもの, だって持っ, って云え, である, でできた, で売っ, で売りやがった, で折れ合う, で財団法人, で買っ, ということ, というしろ, というよう, という中, という値うち, という大金, という宝石, という想像, という研究費, という話, という金, という金額, といふ巨額, とし, となる, と云われ, と交換, と称す, と見, ないしそれ以上, なり, にすぎない, になっ, にも上る, に上っ, に上らん, に上りし, に上る, に価する, に及ん, に減らされ, に留らん, に近い, に近く, に達し, に達する, のお金, のイケニエ, のダイヤ, の予算復活, の信用, の内五百万円, の冗費, の動産, の四十幾パーセント, の多き, の宝石, の富, の巨富, の年収, の持参金付, の損害, の支払い, の染料, の樹林, の歳入不足, の災害追加予算, の無心状, の現金入り, の秘密, の荒稼ぎ, の郵税, の金, の金持, の金額, はこの, はたいした, はでる, はどうして, はゆすっ, は使っ, は夏川左近, は浮い, は貧乏, ばかりであります, ばかりの収入, ばかり収入, ほど多い, ほど譲っ, まきあげて, までなら出, もの商い, もの美術品, もゆすった, もゆすられたらしい, もゆすれる, も価する, も懐, も退職手当, ゆすられまた, よりも, よりも二千円, をお, をくだるまい, をこの, をつくる, をもっ, を使う, を出せ, を可決, を投じた, を握る, を支出, を日本, を狙っ, を至急, を要する, を超, を超え, を越, を醵出, キッカリ, 多い, 程政府, 貰ったこと, 近い量, 集った処

▼ 千~ (169, 0.7%)

4 の顔, はいった, はこう 3 がいった, の前, の目, は頭

2 [13件] の手, はあわて, はおけ, はじっと, はだまっ, は光一, は呼吸, は思った, は思わずいった, は手塚, は明日, は球, は顔

1 [119件] か, かおまえ, がある, がいう, がたずね, がはいった, がふりかえる, が塾, が手, が散歩, が本塁, が歎願, が立っ, が諷, が豆腐, が進む, そのうち, である, です, と呼ぶ, と柳光一, どうした, にはなん, にキャッチボール, に向かった, に投球, のおけ, のへそ, の仕事, の伯父覚平, の家, の快技, の横面, の正直, の母, の総身, の胸, の豆腐, はあきれ, はいかなる, はいく, はいつも, はうしろ, はうろうろ, はおどろい, はすぐ, はその, はたまらなく嬉しく, はたまらなく苦しく, はだき, はなき, ははじめて, ははっと, はひどく, はふたたび, はまた, はまだ, はまんじりと, はめきめき, はろば, はわらじ, はわらった, はボックス, は一生懸命, は一種, は一足先, は三塁, は中, は中学校一, は五大洲, は井戸端, は仇敵, は仰天, は勢いよく, は叫んだ, は呼びとめよう, は回ごと, は塾, は夕飯, は夜具, は子ども, は家, は小学校, は小学校時代, は帰っ, は座った, は思わず, は改まった, は早く, は早速, は暗い, は暗い暗い, は最初, は松, は次第に, は涙, は生まれかわった, は由緒書き, は留守, は考えこんだ, は肚, は訴える, は読める, は豆腐, は起とう, は足, は頬, ほど深い, も無量, も走った, や, より, をじろりと, をやっ, を探しまわった, を横, を発見, を見おろした, を見つめた

▼ 千~ (165, 0.7%)

8 の高 5 の高地 4 あります, から六千尺, の大 3 に近い, に過ぎない, の峠, も高い 2 の下, の処, の地, の巌, の帳場, の翠巒, の雪, の高度

1 [112件] あらうとも, ありというも, あると, から一萬尺, から三万尺, から九千尺, から二千五百尺, から前面, が一万六千尺以上, くらいに過ぎざる, くらい高く, そして海岸, だか, である, ですから, で命, で掘られた, とあり, という, という地球, といえ, とし, と記した, ないし二千尺, なりき依て, にあまるつる, になる, にもあまる, にも余れり, にも充ちる, にも足らず, に当たる, に着く, に近く, の, のこの, のところ, のエヴェレスト, のカンチェンジュンガ, のコール・デ・タンデ, のヒマラヤ, のユングリングリラ, の一帯, の四合目, の地下, の地点, の大菩薩嶺そのもの, の太郎山, の家, の富士, の富士山, の山の上, の山上, の山崩れ, の峰, の崖下, の巓, の底, の懸崖, の断崖絶壁, の標高, の氷河, の深, の渓谷赤松谷, の漂石, の烏帽子岳, の玄関, の白根火山, の矢倉岳, の穴, の聖ヶ岳, の雄大, の雪の下, の雲, の静けさ, の高み, の高原, の高原地, の高山, の高山もさ, の高空, の黒姫山, はあろう, はうそ, ばかりの山, ばかりの氷雪, ばかりの準, へ帰ろう, ほどの甲州アルプス, ほどの處, ほどの高, ほどの高地, までのところが, もあった, もあらん, もある, もあろう, もガラン, も天空, をきり下, を一条, を上った, を下らざる, を出発, を超えた, を越, 低きも, 掘ったから, 近い見当, 近い高度, 高いところ, 高く海抜一万四千百六十二尺

▼ 千年前~ (156, 0.6%)

4 の御 3 の呉青秀, も今日

2 [11件] とかがどう, にこの, に尽きた, に死んだ, の, のエジプト, のルクレチウス, の大, の日本, の昔, までは全く

1 [124件] からあつ, からある, からし, からそこ, からの言い伝え, から似た, から奴隷制, から老人, から聖人, から黄河治水, その労力, だ, であつ, でも千年後, といえ, とかのもの, ともなれ, と同じ, と認めたる, にある, にいた, にさかのぼる, にその, につくられた, にはそういった, にもこれ, に三人, に之, に亡びた, に人, に何ん, に列, に匙, に完結, に帰, に文芸復興期, に於, に朝鮮, に極度, に消滅, に源公, に滅亡, に生き, に立派, に経過, に行なわれたる, に袖, に電波通信法, のすばらしい, のもの, のエジプト時代, のギリシャ, のストア哲学者, のダビデ, のピアノ, のヘリオポリス, のマンモス象, のミイラ, のローマ上流, のローマ市民, の世界, の予言, の人間, の人類, の今月今日, の作品, の先祖, の刑人, の制度, の単なる, の史蹟, の名論, の呉, の土器, の埃及女王クレオパトラ, の壁画, の外交, の夢, の大化, の姉さん, の宋人, の屋根瓦, の建立, の支那人, の文化, の旅人, の日耳曼種, の旧都, の朽ちし, の歌, の汲み上げ, の物, の物理学, の犠牲, の猶, の王樣, の現代, の癩病院, の祖, の祖先, の神, の神話, の群盗, の義理, の肉塊, の船戦, の苦悶, の設計, の詩人, の遺跡, の雀, の霊亀年間, の青い, の項羽, の馬上, の骨董, の黄河学者, も千年前, も百年前, よりもこの, を目標, 乃至千年後, 初めて火星, 大地震

▼ 千二少年~ (154, 0.6%)

4 の話, は新田先生 3 であった, に会わせ, のこと, の行方, は, は丸木 2 ですか, のため, の前, はどう, はまだ, は今, は先生, は岩山, をそば

1 [110件] から聞いた, がうそ, がおどろき, がさけんだ, がちゃんと, がのぼっ, がはい出し, がはじめて, が何者, が偽名, が先, が叫んだ, が夜釣, が天狗岩, が暗闇, が枯尾花, が正気, が無実, が語った, が車外, が頭, が鰻, こそ不思議, だった, ですよ, といえ, とがいかめしい, とであった, とのたった, とはあくまでも, とはしばし, とはちがっ, とははからずも, とは声, とは拍子, とは足音, とは部屋, とは階段, とをはげまし, と一しょ, と二人, には関係, にめぐり会えれ, に会っ, に向かい, に怪人丸木, に成層圏, に起された, のつよい, ののった, の命びろいを, の手, の父親, の留置, の知らない, の組, の身の上, の顔, はあいかわらず, はあまり, はあれ, はいくらでも, はいま警視庁, はおどろいた, はおもわず, はこまった, はその, はその後, はたいへん, はだんだん, はちょっと, ははやる, はまた, はもうこ, はよろよろ, はガラス, はペペ山, は一命, は前おき, は助, は又, は嬉し, は少し, は心, は息, は昔, は望遠鏡, は機械, は殺人共犯者, は決して, は生き, は背中, は遂に, もにわかに, も乗っ, も何だか, も日本人, よりやや, をいつ, をさらっ, をたすけ, をゆりおこし, をゆるし, をゆるす, を出し, を出せ, を助けたい, を放免, を留置場, を隅

▼ 千枝松~ (146, 0.6%)

4 はいよいよ, はその, はまた 3 はすぐ, はもう 2 の頬, はそっと, はぞっと, はぬき足, はまだ, は自分, は誇る, は鉈, も思わず

1 [110件] がゆうべ, が来た, が毎晩誘い, が突然, が自分ぎめをしていたに, であった, で彼, という名, と翁, と藻, にわたし, に取っ, のあと, の手, の方, の眼, の腕, の若い, の裾, の顔, の顔色, はあざける, はあざ笑った, はあと, はあわただしく, はいつ, はうしろ, はうなずい, はおそろしかっ, はかんがえた, はぎょっと, はけさ, はこの, はころげる, はじっと, はじれ, はすこし, はそこ, はやさしく, はやはり, はわざと, は一目散, は不, は不思議, は世界, は今, は伸び上がっ, は俄, は俯向, は僧, は冷, は初めて, は前後, は動く, は又, は叔母, は呆れ, は喉, は四年振り, は土, は夢, は失望, は女, は子供, は寝床, は寺, は少年, は帰る, は引っ返し, は心もとな, は思った, は思わず, は急い, は息, は推量, は掴んだ, は梟, は水, は涙, は烏帽子, は畳みかけ, は笑っ, は笑った, は翁, は老人, は若い, は藻, は蝗, は言った, は識ら, は負けず, は隣り, は驚き, は驚異, は魂, は黙っ, ばかりでなく, もおもわず, もきっと, もささやいた, もさすが, もその, もつづい, もはじめて, も居直った, も手, も眉, も身, も黙っ, をよもや

▼ 千~ (140, 0.6%)

6 ひきいて, ひっさげて 4 こえて, つれて 3 以って, 加えて, 率いて 2 加えれば, 容るべき, 率いしめて, 率し

1 [103件] あずけさらに, あつめて, いでざる小, うしろから, うながした, かぞえまする, くびり, こえると, こえる敵味方, さげて, さずけた, さずけて, さずけべつに, つけて, とどめて, ともなって, なんとか補充, はるかに, ひいて, ひきい頑として, ひきつれ江, また尋ね, みずから率い, わずかに, 七手に, 下らないと, 下らなかったと, 両翼に, 並べたところ, 伴って, 先に, 先鋒に, 出し損害総額百一億円, 出でない犠牲, 出なかった, 割いて, 加えたので, 加え五千, 加勢として, 叱咤し, 向けて, 周囲に, 国境にまで, 始めとして, 容れたので, 小松寺山まで, 川尻に, 布いて, 帥い, 引き具して, 引離して, 御林, 手招きし, 指揮し, 授ける, 授け給え, 摘出した, 擁して, 放すと, 救援として, 数えただが, 有しスカンジナビア三国中, 有する一邑, 有すれども, 有りとある, 欠いて, 残したから, 残して, 殺したの, 殺した真犯人, 殺した顛末, 殺して, 照らす, 照らすに, 率い信濃海口城, 率い甲, 率い辺塞遮虜, 申されて, 申し受けた, 発見した, 知ること, 算した, 算せぬ, 籠め自身は, 縦横に, 置いた, 蔽いつつんだ, 貸し与えた, 賜らば, 超えたと, 超えて, 超えほとんど, 超える, 越えずしかも, 越えた, 越え徳川家, 越え新, 越す婦人労働者, 載せて, 返さなければ, 連れ勝手, 選んで, 麾いて

▼ 千~ (131, 0.5%)

3 群れた人間 2 なくならんで, なる, 二千の, 居て

1 [120件] あっては, ある, いいます, いうほど, いうを, いえる兵数, いふの, いふ程, いわるるが, いわれた越境軍, いわれる実, いわれアメリカ, かさなって, かぞえて, ぞくぞく諸道, ない火ぐもが, ない火の玉, ない金, なき幽霊火, なき白い蝶, なくある, なくいならん, なくまっ暗, なくむれ, なくやつ, なくチラチラ, なくフランス, なく売れた, なく岩磐, なく幾万, なく幾百万, なく広い平原, なく座つて, なく白服, なく群, なく蛾, なく買われ読まれ, なく連れ, なく重なり合っ, なく集まっ, なし住吉天王寺辺, なりて, なりまた, なるの, はこんで, まとまった金, みられる敵, 一団に, 一族の, 一緒に, 三十二枚だ, 三千纏った, 三百八十人並べ, 二千と, 云う人, 云う警官, 云ふ, 伝へられて, 作った櫛, 八年, 八年に, 八年目に, 八年説に, 八百, 千五百と, 吉川広家の, 名の, 四十に, 固って, 坂を, 報ぜられた, 売られる本, 多種類, 婦人労働者が, 小西の, 想定される, 敗残兵が, 数えられる日, 数えられる明智勢, 数の, 数知れなかった, 数知れなかつた, 数限りない, 數の, 新しく造ろう, 書きます, 書くつもり, 次かけ, 殖えロシア, 沢山な, 生きながら, 申しあげましたかな, 申す大事, 相談し, 知れない顏, 私は, 称えられて, 称されて, 称した, 称して, 称し家屋, 称するもの, 称せられて, 糧米一万斛を, 纒つた大金を, 聞きますから, 聞くが, 聞くまで, 自分との, 自分の, 艇の, 製造し, 言ったその, 言わるるか, 註された, 買い集めて, 隊を, 集めて, 駈け向ったと, 騎兵一万二千を

▼ 千メートル~ (129, 0.5%)

11 の高空 6 の高度 4 の上空 3 だ, のところ 2 では, に近い, の深, の距離, も高い

1 [92件] かな, から一万五千メートル, から七千メートル, から上, から九百, から五千メートル, から時には, くらいかなあと思っ, ぐらいだったらしい, ぐらいに近づい, ぐらいのぼった, ぐらいのもの, ぐらいの地点, ぐらいの高度, ぐらいまでをそれぞれ, ぐらい上, だって, つまり高, であった, でびり, で宇宙艇, という, という低, という深い, とおぼしき, とかの高度, とか九千メートル, とか云う, としるされ, と同様, と思われる, と離れ, なら気圧, にいたりぬ, におよぶ, にとり, になつ, になる, にまで達する, に達し, に達した, のあたり, のここ, のまつ, の一合目直下, の下降, の向う, の地層, の地点, の場所, の射程, の山, の岩壁, の成層圏, の水底, の沖, の競争, の長, の陰画, の雲, の風圧, の高, の高み, の高所, はなに一つ, は瞬間, ばかりのところ, ばかりはなれた, ばかり放れた, へ上昇, ほどは私, ほど近かっ, までが成層圏, までなら, までのぼっ, まで上昇, まで高度, もあろう, も歩け, も隔, をとっ, をとり, を征服, を示し, を落下, を越える, を隔て, を高度計, 登ろうという, 程のとこ, 近い深さ, 近い高山

▼ 千~ (122, 0.5%)

8 一つも 7 一つの 3 して 2 しても, 一つ小鈴か, 足らない金, 足らぬ人数, 近い会葬者, 近い兵

1 [92件] あまる来賓, いたれば, この危, すぎない, たらぬ兵力, つづきすぐ, では帰ろう, なされたとまで, なったから, なって, なりそして, なりました, なりますかな, なる, なると, なんなんとする青年, のぼって, のぼる曲, ふやしラジオ, ビールを, 一つかと, 一つでも, 一つと, 一つにも, 一つ負くる, 一にも, 一万に, 一回の, 一度の, 三つしか, 三つの, 上るという, 上る作品, 下らぬと, 余った, 余るバビロン, 余る人々, 余る命, 余る大軍, 余る武士, 及び今さら, 及び武蔵その他, 及ぶ, 及ぶが, 命令を, 増大した, 当り天地震, 当るという, 徹底的打撃を, 戻り水平飛行, 殖えた, 殖えるだろう, 満たぬけれど, 滿たぬ, 激しく責められ, 真実を, 行き会ったの, 足らず将, 足らない薩軍, 足らなかった, 足らなかったと, 足らぬご, 足らぬ小勢, 足りないの, 足りなかった, 足りなかった日本北辺, 足りぬ小国, 近いかと, 近いで, 近いやう, 近い事務室, 近い人馬, 近い兵力, 近い労働者, 近い外人, 近い大衆, 近い戦死者, 近い校友, 近い死骸, 近くなっ, 近く人口は, 近づいて, 過ぎないそれ, 過ぎないと, 過ぎなかったが, 過ぎますまい, 達した, 達したと, 達しましょう, 達する程, 馬五百匹を, 鼕

▼ 千~ (109, 0.5%)

2 ある, かぞえられる, 杜の

1 [103件] あった, あのこと, あるらしい, いい潮時, いつの間にか彼, いるはず, お前の, お祖父さんから, きっと何処, この一伍一什, すっかり機嫌, すでにこの, そういっ, そこでまた身体, そこを, その二つ, それよりも, それを, ちょっと待っ, どう理解, なおうごかない, なお彼, なぜ死んだ, はいりますからねえ, ひとりも, ほしいわよ, また両, また興奮, まだ癒, むきにな, もうすっかり興奮, よう子さんの, わけは, オイオイ声を, コップを, ニッコリ笑った, ヒイヒイ泣き叫ん, ヒステリックに, モジモジし, 下女と, 下女に, 不意を, 世を, 予自身が, 二の, 五千の, 五百出藍は, 今後の, 余人の, 入るるを, 出ると, 出来たろうが, 前夜から, 動かし得る, 南四郡の, 同士討ち, 吾妻橋の, 大きくか, 大旗小旗, 宗吉を, 密と, 崩れ立った後, 川の, 引摺られる, 当座二条の, 彼の, 後に, 後備として, 後添, 御主人, 怒りを, 思わずはっと両手, 急に, 恐る恐るコップ, 或る, 戦死し, 戦死傷脱落者を, 日本警備地区の, 権現坂から, 欠くまい, 欠けまいと, 残って, 殲滅され, 殺されたの, 湖東と, 湖畔の, 狂気の, 疲れたやう, 目を, 絶対無我の, 脇を, 若いとき, 苦労は, 蒼い顔, 藁の, 追放を, 遠く退い, 遠慮し, 長篠へ, 門口に, 集まった, 電気に, 馴れも

▼ 千~ (108, 0.4%)

2 の肩

1 [106件] あのお, かい, が, がいつも, がこの, がその, がみ, がみきり, がホッ, が世話, が云った, が呼吸, が宥める, が小脇, が左褄, が爺, が着る, が花やか, が衣, が袂, が襦袢, が遮る, が頷く, が顔, でした, では, とは全く, と一郎, と向, と言う, などを軽蔑, などを輕蔑, なの, にお前, に介抱, に口, に向け, に背, に見付けられ, に頼んだ, のうしろ, のその, のため, の例, の唇, の奴, の姉さん, の姿, の客, の帯, の斬られた, の方, の春, の死体, の泣顔, の浮氣, の着, の祖父, の酌, の饒舌, は, はあの, はいつもいつも, はおろおろ, はこの, はしきりに, はぱっちり, は一杯目, は何, は前, は取, は女あるじ, は家, は平次, は引入れられた, は御飯, は息, は熱かっ, は玉, は生, は白い, は瞬き, は薄気味悪, は言, は身, は身振り澤山, は重なる, は飴, へだけの事, もとどめ, も同じ, も経ぬべし, も見えけり, や天, よ, をこめたる, をならせる, を呼ん, を始め, を抱い, を抱かし, を捉え, を相手, を葛木, を見, 経し磐

▼ 千~ (102, 0.4%)

4 にし, もある 3 も万倍 2 なるを, にもし, に増加, に大きく, も大きく, も強く, も百万倍, も見, 大きいもの

1 [73件] かずっと, かの人, かの昇汞水, ぐらいになります, した恋, して, しても, でも万倍, という顕微鏡, と加, ないし三千倍, にした, にする, にならね, になりましょう, にもした, にもなっ, にもふえ, にも二千倍, にも倍加, にも値い, にも反射, にも生きられたら, に達し, のお化け, のムダ, の力, の労働者, の化けもの, の大きな, の威力, の実り, の手, の打撃, の溶液, の顔, の顕微鏡, ほどの敬意, むっくり起き上り, もいや, もこたえる, もだ, もの価値, もの太, もの苦しみ, もまさり, もよく, もグロテスク, も価値, も偉い, も優しい, も大, も大きい, も害, も幾万倍, も強い, も快活, も恐ろしい, も恐怖, も悪い, も愛し, も比較, も良人, も苦しませたい, も萬倍, も豊富, も身, を越え, 大きく強いもの, 悦んで, 生きること, 良くなった, 貴いか

▼ 千万人~ (101, 0.4%)

6 といえ 5 と雖, の中 3 に一人, の嘉村由子, の美女 2 から非難, の人口, の人間

1 [70件] あって, ありと, ある, いるも, がせせこましい, が一日, が作る, が等しく, が総計延べ時間何億時間, が行うなら, こそアジア, ことごとく肉食仲間, では, と発表, にも及ん, に上り, に優れた, に勝れた, に及ぶ, に増加, に必要, に恋い慕われ, に成功, に試み, に読まれる, に達し, に達する, のだれ, のなか, のアメリカ人, の一致, の人, の人達, の人間一人一人, の今後, の信徒, の兄弟, の口, の喉, の国民, の多き, の失業, の子, の小学生, の従順, の投票, の日本, の注視, の知識, の組織員, の美女達, の若い, の若者, の血, の試みた, の農民, の長屋, の餓死者, の魂, はさながら, または数億人, も同様, よつたつて, を助け, を化す, を救うた, を殺し, を突破, ノ羨, 近いプロレタリアート

▼ 千五百石~ (94, 0.4%)

11 取の 10 の大 9 の大身 6 の旗本 5 のお 4 の殿樣 3 の女, の知行 2 の大森摂津守, の殿様, も取った

1 [37件] が何ん, だけのお, だって, だらうが, で一色宮内様, で求められる, というの, といえ, といふ, となる, と云う, と五十石, に惚れ込んだ, のガタピシ, の一色宮内, の安祥旗本, の家督, の小, の岡野家, の御, の御家, の扶持, の板屋家, の由緒, の直, の知行取り, の面目, の高禄, は貯えね, もお, を下し置かれた, を喰む旗本, を相違, を領する, を食んだ, デ道具ガ一ツ, ノ高位ニハ

▼ 千~ (94, 0.4%)

6 の体, の姿 3 の手 2 のため, のほう, の心, の消息, の顔, を山科

1 [67件] があの, がのせられ, が完全, が帯, が必ず, が悲し, が残っ, だが, であった, であったから, であったと, であり腹ちがい, です, にお前, にのます, にはなかっ, にはまだ, にもお, に思い, に渡し, に猿ぐつわ, に生涯, に義理, の口, の咽, の咽笛, の地獄, の境遇, の声, の嫋々, の安否, の幸福, の恐怖, の悲鳴, の所在, の横顔, の死, の気, の父, の猿ぐつわ, の白い, の眉, の秘し, の縄目, の耳元, の視線, の身, の防ぎ, の頬, の顔色, やお, やその, を, をああ, をかどわかした, をたのむ, をつきとめる, をまだまったく, を不幸, を助け, を引っ, を忘れ, を抱えた, を探し, を渡す, を追っかけ, を駕

▼ 千~ (90, 0.4%)

10 の兵 4 の兵力 2 だ, の将士, の手兵

1 [70件] あると, が先駆, が加, が陣, しか数えられぬ, であったと, で先陣, と会衆十三万余人, と聞い, と舅安藤伊賀守, と鳥羽, に上, に対して味方, に対して彼, のあぶれ者, のお, のお客, の人, の人口, の人影, の人数, の人間, の僧兵, の兵以外, の兵馬, の勇猛, の大軍, の小勢, の小荷駄, の島, の戦兵, の戦死, の戦死者, の東国武人, の死傷, の精兵, の荷駄, の視線, の豚, の豺狼, の車輛, の軍勢, の輸送船, の部下, の野武士, の領民, の騎兵, はございましょう, はもう, はもちろん, は均しく, は武田信廉, は流れ, もここ, もその, ももちろん, をつれ, をひっさげ, をもっ, をもって佐久間, を二つ, を付し, を出し, を引率, を持ち来った, を殺し, を率い, を留め, を集め, 唯魯

▼ 千~ (90, 0.4%)

4 にし 3 の女将 2 は慶四郎, を語る, ヲ春トナシ八千歳, ヲ秋トナス

1 [75件] うづもる蓮, からかけ, が踏歌, しろしめす, すでに往き, であつ, でキリスト, で欠減, と, という肉屋, との単純, と呼んだ, ながき來, なぞよりも遥, に, にいる, にしよう, にのこし居る, にのこす, には何, にま, にも俳優, に上り, に帰る, に於, に流さね, に移し, に見えた, の, のどこ, ののち, のやう, の傍, の功名, の女将さん, の妖女, の子供, の子守役, の後, の星野, の時, の眼, の砦あと, の脊中, の芝居, の花魁, の記念, の語, の長き, の顔, の鶴一羽, は先刻おれ, は子供, は無頼漢, は病気, は縁側, は聞き, まで返事, まで通じる, や去ぬる, を以て一歳, を出した, を勤めた, を契る, を廢墟, を春, を演じ, を秋, を素人, を経, を経た, を経よう, を預けた, 癒えざる霊木, 経る杉

▼ 千~ (89, 0.4%)

4 をさずけ, をひきい, をひっさげ 3 の兵, を附し 2 か, に足らなかった, をひきつれ, を擁し, を率い, 行けば

1 [59件] あろうとも, おかし下さい, がすでに, がなん, が一騎, が固め, が宇治橋, が果てなく, が殿, が鳴り, たらず縦隊三段, だけをつれ, でどうして, で射れ, で行く行く, なおも後, なり, に向っ, に当る, に過ぎず, のしだいに, の中軍, の兵馬, の内三分の一, の味方, の官軍, の軍勢, の鉄兵, の雨, はみな, は堀川, は疾風, は豹軍, ばかりです, ほどをとりあえず, ほど授け, も増され, も擁し, をおかし下さい, をくだっ, をこえ, をつれ, をもっ, をもって備え, をもって働き, をわかち, をわが, を与え, を任せられるなら, を加え, を拝借, を持ち, を持っ, を添え, を託し, を連れ, を配置, 尚御家人等, 程かと見えます

▼ 千~ (88, 0.4%)

4 の写真 3 の小判 2 あるか, とか市中, ともなれ, ほどの原稿

1 [73件] ある, かさねたほど, かにのぼつ, から一万枚, か知れぬ, が目標, ぐらいの探偵小説, ぐらいはこわし, ずつとどけ, ずつ二度, その頃, ちかいもの, ちかい小説, ですな, で五十三円, で四貫目, で所望, という金, とじと, とも知れぬ, と謂, にあまる, にもなってるだろう, に上るであらう驚くべき, に近く, のうち十二枚, のうち売れ残り, の一万両, の人工雪, の原稿用紙, の大量, の富札, の小説, の扉, の新聞紙, の歌留多, の海狸, の表紙, の長篇小説, の頂上下, は読みました, ばかりの原稿用紙, ばかりの長篇, ほどとなり, ほどの作品, ほどの原稿紙, ほどの長編小説, ほど出, もとり, もぶら下がっ, も仕入れた, も何萬枚, も描いたろう, も暗誦, も重ね, を一冊, を上納, を得, を払つて, を持っ, を描い, を最後, を武田, を無傷, を積ん, 入ったと, 入つた, 写すと, 取れるという, 見當, 買った何と, 近い, 近い長篇

▼ 千余騎~ (87, 0.4%)

5 を率い 4 をひっさげ, を従え 3 をひきい 2 が腰越浦, の将士, をつれ, を与え, を引率

1 [61件] がいちどに, がここ, が出迎え, が向けられた, が喊, が殺到, が追っかけ, だった, つつがなく渡る, である, でここ, でこの, でその, で塞がせ, で炎日, で賤ヶ岳, となし, と自分, にすぎない, にちがい, にて馳せ来り, にもなっ, に加え, に達し, に麹義, のうえ, のうち三分の一, のわが, の入京, の兵, の兵ども, の兵共, の兵馬, の攻撃, の本軍, の横列, の精兵, の美々し, の落人, の跫音, の軍隊, はおりまする, はなおさら, は一団, は前途幾段, は許, もみな風, をうながし, をさえ渡辺, をさずけられ, をしたがえ, をそろえ, を与え給え, を具, を内, を国境, を彼, を授け, を県城, を貸します, を選ん

▼ 千切れ~ (86, 0.4%)

4 ている 3 ていた, て飛ん 2 て行く, て飛び, 去るところ, 絶え眥, 飛んだ

1 [66件] が刻々, こわれ塵埃, さう, たって, たりし, たり附着, たり集っ, っこない共通, て, てい, ているらしく, てご, てしまう, てしまった, てそのまま, てとぶ, ては飛び, てもいい, てもと, てやがて, てゐた, てゐる, てゐれ, てカーテン, てバラバラ, て二の腕, て二人, て仕舞い, て僅か, て口, て居た, て島国, て汗, て沢山, て漂流幾日, て行った, て見えなくなる, て飛んだ, て髪, で二人, とばかり鋭, ながら青い, なければ, にゆるやか, に渦巻かせ, に見え, に遮られる, のゆび, の綿雲, の薄, よとばかり不気味, よと曳いた, よと私たち二人, よ血, を投げ, を采配, 且つ穢れ, 去つて, 破れて, 穢れて, 見る蔭, 解けもつれて, 頂き付近, 飛び更に, 飛ぶ雲, 飛んで

▼ 千~ (85, 0.4%)

3 のゆくえ, をたずね 2 の使, は手, は眼

1 [73件] あの顎化け, ありゃア, おめ, か, がおれ, がこんな, がねあれ, がやって来た, がやって来る, が何, が喚く, が姿, が弥太堀, が忍ん, が物騒, が船, が買っ, が顎, が風, が高慢ちき, だよ, という者, という船頭, とチラ, と同様, と堺屋, につぎ, のほう, の一, の仕業, の家, の居所, の野郎, の電話, の顔, はあわて, はいま, はいまいまし, はうなずい, はえッ, はこうっ, はすっかり, はせせら笑っ, はどう, はひえッ, はぷッ, はむっと, は上の空, は先, は初演, は勇み立っ, は呆気, は喜色満面, は天窓, は小腰, は居た, は後難, は毒気, は無念そう, は聞えよがし, は肩, は親方, ふふん, もどこ, も顎十郎, をかくまい, を探し出し, を身代り, を追いまわし, を逃がした, 出かけよう, 生れてから, 聞いたか

▼ 千ちゃん~ (84, 0.3%)

3 の方 2 がそんな, がジャンガラ星人, のいたずら, はあきれ, はそう, はなぜ, はポコちゃん

1 [67件] いくら私たち, いったいここ, いったいこの, いよいよぼく, お聞き, がい, がいた, がくわしい, がしきりに, がカモシカ号, が指, が無線電話, が腰, きっと変, こそねぼけ, ごめんね, しっかりさあ, すこしスピード, そう思っ, たいくつ, たいへんだ, たとい千ちゃん, だだって, だった, だって何, ちょっとそれ, ちょっと外, というん, という人, なるほど可愛い, なんとかし, にいわれ, にお, にすすめる, にもけん, に会っ, に手つだっ, のお父さん, のこえ, のこと, の山ノ井, の腕, はいったい, はそれ, はどう, はどこ, はどんな, はひと, はふしぎ, はふたたび, はまっすぐ, は一所, は座席, は悪人, は樹海, は気, は艇内, は鉄, は頭, まあ何, も顔色, をここ, を救った, を死刑台, を知りません, 一体こりゃ, 出来たの

▼ 千~ (84, 0.3%)

6 である 43 と申さね, なもの 2 とも數, なの, な話, の人間, の話

1 [58件] だ, だから, だが, だなあ, で, ではある, で何, で故, で殊に, として之, とする, とも知られぬ, と云, と云う, と言つて, なりと云, なる, なるに, なる儒教, なヌカリ切つて, な伜, な奴, な愚痴, な此交通機關, な水, にて總, にも, にも贈物, に古, に御座候得共, に思ふ, に感じた, のえみし, のこと, の不可思議, の内, の危難, の同胞誰, の富, の弱く美しき, の昆蟲, の星, の民衆, の火粉, の燭光, の物音, の瓦斯, の群集, の聲, の螢, の言葉, の軍, の金, の青年, の鳥, をば連ね得, 一向面白から, 御繰合せ下さいまし

▼ 千~ (83, 0.3%)

2 となく, の桜, の蝋燭, の針, 多くて, 持って

1 [71件] あたらずとも, ある, か艶, が寄る, が縁起, くらい, ぐらいはどこ, ざっと三十万本, ずつを作り, そろえて, そろえよう, だぞ, だの, というあたり, というえ, という一種, という杉, という矢, といえる, といふ人, といふ所, といわるる, とも数, とを親, と云, と分っ, と稱, どれほど枝道, になり, になります, になる, に近い, の, のあたり, のパンの木, の丸太, の二階, の十手, の大根, の小さい, の手, の指, の梢, の樹海, の煙筒, の矢, の腕, の臼, の苗, の茎, の賑しき, の通し矢, の鋭, の錘, の雪, は入用, は消え, ばかりのひくい, ほどもあらん, または針歳暮, もの桑, も入る, も培養, をふり上げ, を山, を植へた, を用意, を眺め, 売って, 植えたる桜, 集まらなかったらすぐ

▼ 千~ (80, 0.3%)

4 だった 3 つぁん, の手 2 というの, の妹, はそう, へ, へ寄り

1 [60件] あまり大きい, うまく気がつい, おめ, お約束, か, がしこたま, がそれ, がふところ, が棘, が目撃, じゃない, だ, だけは免, ですき焼, でダンシングチーム, とが不, とは折, とやらいう, とよばれた, と文三, と新, と言つた遠縁, と鬼七, には思いがけない, にも申しつける, に柳等, に毆, のかかえ, のことば, のす, のもっ, のモチ竿, の不甲斐な, の寝, の眼, の野郎, はおどろいた, はその, はたじろぐ, はふところ, はもう, はわざとやけに, はヒヨイヒヨイ, は二つ返事, は取り返し, は妹, は彼, は思わず, は慾, は或, は振っ, は素, は通りがかり, は青い, へ寄る, も今日, も松次郎, を取り押え, を呼ん, を生み

▼ 千という~ (78, 0.3%)

5 のは 3 金を 2 ものが

1 [68件] お金が, ことない, ことを, ご浪士達, たいへんな, ような, カードを, 一かたまり, 両軍, 人々が, 人々を, 人たちが, 人に, 人びとが, 人びとの, 人夫大工を, 人目が, 人間が, 今から, 仲間が, 会衆の, 兄公爵の, 共鳴者の, 兵を, 士馬精鋭が, 多数の, 大劇場, 大口らしく, 大工や, 大部隊, 大金が, 娘ふたりを, 家々を, 少年が, 少年の, 年俸を, 弟子を, 後続軍である, 数であろう, 数には, 数を, 有様である, 死骸を, 江戸の, 泉が, 浦上部落の, 火の玉が, 爆弾が, 現金を, 真珠の, 織手, 自分が, 若い女, 蒸気釜が, 蜆が, 見物に, 観客の, 警官が, 軍が, 金が, 金の, 金額を, 針で, 錘が, 青年が, 額です, 顔が, 驚くべき多数

▼ 千余人~ (76, 0.3%)

2 からの同勢, の多き

1 [72件] からの浪士, からの浪士ら, からの長い, から成る, がわが, が一橋中納言, が完全, が甲, しかも寄手, だった, であつ, であるの, で立, という人数, という多数, といわれた, となった, と坂本, と称された, と註せられる, にのぼった, に対し前回, に弓矢, のホンモノ, の人命, の人数, の人民, の元締, の列, の力, の召使い, の各, の同勢, の呼吸, の大, の将士, の影, の心, の日本人, の武士, の死人, の泥棒, の精兵, の総代, の薩摩, の被害民, の農民兵, の長, の門人, の阿鼻叫喚, の顔, はいた, は候うべし, は大庭, は婦人労働者, は居る, もたてこもり, わざと五条大橋, をのせる, をひきいる, をみなごろ, を以て守る, を兵船五, を列せり, を容れ, を得, を数える, を東国, を率, を糾合, を陸奥国胆沢城, 住む

▼ 千~ (76, 0.3%)

3 の持物, の部屋 2 のこと, のもの, の先, の手, の継母

1 [60件] がいなくなっ, がプラツトフオーム, が余り, が使っ, が俳諧, が占領, が家出, が死んだ, じゃない, だったという, という人, とそして, と称する, と落合っ, に不気味, に取っ, に当てた, に復讐, に思いつかせる, に渡した, のふしだら, の前, の化けた, の化粧台, の去った, の告白, の大好き, の失踪, の安否, の家出, の恋人, の手足, の指紋, の提案, の書き, の書棚, の死骸, の殺害事件, の父親, の異変, の筆蹟, の行方, の行方不明, の計画, の身体, の顔, は, はあの, はどこ, は倒れかかる, は兄, は面, よりも遅れ, をどうか, を何, を入れ, を取り上げた, を嫌っ, を手荒, を殺し兼ねない

▼ 千日前~ (76, 0.3%)

4 の安宿 3 の大阪劇場, の方, の楽天地 2 だと, の刑場, の寿司捨, の弥生座

1 [55件] が身近, この辺, だった, だの, ちうとこ, ちふと, でも道頓堀, で尾上松之助, と難波, にある, にも松島, に二つ, に出た, に近い, に通ずる, に首, のうまい, のカフェー, のハナヤ, のピエルボイズ, の交通整理, の喫茶店, の多古喜, の大, の常盤座, の常磐座, の様, の歌舞伎座, の殺人事件, の泥道, の父, の紳士淑女, の自, の話, の通り, の金刀比羅通り, の雑閙, の雜沓, の電気写真館, の風物誌, は何, は離れ, は離れられ, へかけつける, へ出た, へ出る, へ崩れ, へ浪花節, も急, らしい店, らしい雑閙, をあるい, を偲ぶ, を心斎橋, 新世界界隈

▼ 千五百~ (75, 0.3%)

4 の万年 3 の兵, の高度, の黄泉軍, を率い

1 [59件] から二千, から八千カロリー, がある, が攻め, が陣, が餓死, ぐらいまであります, だ, ださうですけど, ではじめて, とあれ, と数えられた, と注せられぬ, と纏った, にださなかった, になり, に予備軍一万, に余る, に出さず, に古橋, に池田信輝, に達し, のうち七百, の一八分一九秒, の人数, の出だし, の大, の大身, の指数, の最初, の村, の生霊, の産屋, の町, の負, の鉱毒被害民, の騎兵, は四行目, は少ない, ばかりで, ばかりの兵, ほどで, もある, も産屋, も負ける, よ, をひい, をひきい, をも加え, を十九分七秒, を向け, を数えられ, を棄権, 乃至二千, 刷った筈, 無格社一万八千九百, 続いて, 迄にはし, 運べば

▼ 千五百円~ (75, 0.3%)

2 なら買手, の金

1 [71件] あれば, か, から二千円ぐらゐの金, ぐらいずつ車券, ぐらいのよう, ぐらい浮い, しか持っ, じゃお, ずつたまるだろう, ずつで経営, ずつの月賦払い, ずつ十二レース, だけはかうし, だしたぜ, だと, つかう学生, であなた方なみ, である, であるから, です, では, でも高, で二十五俵, で出しとる, で古い, で土地, で売った, といふい, とかお金, とかで手, とか四千三百円, となった, とられや, と云う, と去年, と帳面, ならたいした, なり, なり四千円也, になり, になりました, に負けとく, のお金, の初給, の句集, の大損, の小切手, の年金, の恩給, の教科書, の為替, の玉露, の相場, の紙幣, の芝居, ばかりあります, ばかりできてる, ばかり取られた, まで値上げ, もなく, を出る, を得, を投げ出し, を投じ, を持ち出し, を求めた, を集めた, 出せの, 掛った, 程ある, 返してさ

▼ 千~ (74, 0.3%)

17 万も 2 二千もの, 幾千もの

1 [53件] あって, ある, ある労働者クラブ, いい彼等, いれば, くつつい, さいて, すって, それへ, たくさんいるらし, なる, ひとつに, また時, やあらむ, 一旦は, 一時に, 万もの, 万もの細い細い, 二千も, 亡くした罪, 何万も, 儲かるという, 八千も, 出来たといふ, 加わり本願寺門跡, 勝ったこんな, 勝と, 取るくせ, 合点し, 同じよう, 吸わない, 味方に, 咲きそろ, 喊声を, 大きな群, 富み榮, 彼の, 慌しかった, 打ちころして, 承知の, 投げこめば, 百も, 知って, 積み上げなければ, 突然あたし, 籠って, 繰り返して, 色様様の, 花を, 萬も, 装置した, 負けたもう, 起居に

▼ 千ルーブル~ (64, 0.3%)

5 の金 2 だけおれ, で買う, のお金, の手形, もらって, 送って

1 [47件] あげますよ, あるでしょうそれに, からの金, から二千ルーブル, があります, がさ, が手, くらいは負け, くらい出し, すっかり耳, ずつ与える, ですって, でも気前, で何, で頑張っ, で黄金精液, という自分, という訳, という金, といえ, とかで木, とを一緒, と一万一千ルーブル, になります, にも殖えた, のうち, のお札, の五分利つき, の使いこみ, の問題, の寄進, の金額, の開き, はおろか, は全く, もつて, やると, よりはずっと, より出しおらん, をポケット, を元手, を受け取った, を受け取り, 出すと, 取り出すと, 放り出したまま, 返して

▼ 千~ (63, 0.3%)

2 からの花園, の中, の御, ばかりの空地, ほどのひろ, もあっ, もある

1 [49件] あります, あるの, かいちめん, かの雪, からある, からの敷地, か何万坪, くらいあっ, ぐらいの焼跡, ぐらいの空地, そのうち半分, だから, だね, でございますこれ, で中野, とあらう, という, と隣り, になっ, に付き, に近い, に近く, に過ぎず, の一町歩, の亀沢町, の土砂, の地, の地面, の大, の寺境, の屋敷, の年収, の庭園, の田畑, の草原, の見事, はあらう, はあるだろう, は即ち, は拝借, ばかりの小, ばかりの平坦, ほどの土地, ほどの庭園, ほどの桑畠, ほどの極めて, を反歩, 程の中, 近い所有地

▼ 千~ (63, 0.3%)

7 を超え 5 を超えた 2 でも雲, に近い, のところ, の蘆, の高, ほどの高原, を走る

1 [37件] あったなら日本クルウ, いやいやもっとながい, から三千米, から二千六百米, から千二, ぐらいから観衆, ぐらいのところ, ちかい山, にも及ぶ, にも達した, に及ぶ, に垂んとする, に足りない, のヘルナー山頂, の劒岳, の天空, の岩壁, の沖合, の海中, の海抜, の長, の高度, は来, ばかりに上げ, ばかりも喰い, ほどの山岳, まで位, もあらう, ものむこう, わが高角砲, を下らない高, を超, を遥, ヲ保チ, 若くは, 近い山の上, 近い諏訪地方

▼ 千~ (61, 0.3%)

2 で三日, で買つた馬, と云, に近い, ばかりの品物

1 [51件] および米國製食料品, ちかい金がま, でも有, で何程, で拂, で賣りつけた, で賣り込まう, といふ値段, といふ大金, とか何萬圓, としても五百億圓, として他, とすれ, となります, となる, とまとま, と呼ばれた, と號, なら何千圓, には賣れるだらう, の値打, の國庫及地方, の年俸, の收, の木, の貯金, の金, の鰊糟, はおますやらう, はおろか, ばかりの仕事, ばかり安子, もお父さん, もかけ, もらふより, も貯金, も資本, やない, を借り, を入れる, を初, を失つた, を惠, を提供, を松谷, を母親, を費, を越す, デアル, デ購ウ, 出せば

▼ 千年来~ (60, 0.2%)

2 この三者, この生, の恋, の悲哀, の文明, の歴史, の習慣, ノ一人, 常に

1 [42件] いつも彼等, このよう, その良心, その風土, のもの, の人骨, の余弊, の共同, の古今調, の古都, の名宝, の因習, の圧迫, の奴隷的位地, の家族主義, の常, の惰性, の新, の氏族政治, の淳風美俗, の潜在意識, の災禍, の父祖, の皇居, の経歴, の色々, の蟄状鬱憂, の観察, の誤謬, の謎, の長江, の難題, まず見られない, 伝わった日本人, 伝わった民族固有, 信ぜられて, 働いて, 同じ方法, 常に簡単, 搾られた精神, 時々人, 未だ曾

▼ 千~ (59, 0.2%)

2 死んで, 滝の, 物の具に

1 [53件] あった, あらまし密生した, いちどにどどど, いつでも, いろんな贅澤, そう言うた, その外, たいへんお世話, どうやら起きられる, どう動く, なんとなく嬉し, ひそかに, もとの, よい, タジタジと, ヌッと, バタバタと, 一万が一いや, 一心一体よく, 七月から, 三千に, 二千でも, 來た, 冷たい骸, 利根川を, 加わり総勢, 向っても, 城南含毬門方面は, 城西普通門方面は, 小屋の, 度せられる, 意識的に, 打傾い, 旋回一路秀吉に, 杜の, 来襲した, 桑山隊に, 殺された時, 滝で, 滝でも, 滝グリーンホテルの, 甲府表を, 発向を, 穿ものを, 立停まっ, 脛白く, 蒔いた種, 裏口から, 迎えに, 追いすがるよう, 遮断し, 遽かに, 露ばらいして

▼ 千~ (59, 0.2%)

3 に満たず, の法華経 2 に滿, のブリタニカ, 写さうとの, 寫さうとの

1 [45件] あると, かの本, か七千部, が実施, くらいは売れ, くらい刷った, すり第, である, で二版以下, ときまって, と思ふ, と読まれた, にて凡金弐百六拾円, に決めた, の, の印税, の摺賃銀四百匁, の書, の本, の販売方, の転読, の限定出版, は出る, は焼け, ほど刷っ, も, もムツカシイの, も写経, も出る, を一字一石, を出す, を刷った, を印刷, を売り切った, を限度, を頒布, 乃至三千部, 乃至二三千部位, 写して, 写すとか, 写そうとの, 刷ったそう, 刷りました, 刷るという, 読み講じき

▼ 千フィート~ (56, 0.2%)

5 のところ 3 の氷 2 である, の高地, までのボーリング

1 [42件] あり富士山, あると, から一万フィート, から二千フィート程度, くらいからである, くらいその, くらいにきまっ, くらいにし, くらいにすぎない, くらいのところ, すなわち厚, であろう, とすれ, ないし一万フィート, にまで達し, に近く, のここ, の上, の上空, の付近, の峻坂, の柱, の根, の深, の男体山, の繩, の高, ばかりある, ばかり押しながされ, ほどのところ, まで棲む, まで達すれ, ももち, も離れた, も高い, をも超える, を出ず, を越え, を越える, を越し, 中禅寺, 送って

▼ 千之助~ (55, 0.2%)

3 が生き 2 が生き還つた

1 [50件] から借りた, があの, があんな, がいた, が一年目, が何, が元, が助, が壽命, が死ん, が死んだ, が生き還つ, が雨, でないかも, ではなく, で御座います, という役, と二番番頭, と云う, と氣, と要, には我慢, に逢つて, の出る, の前, の変り果てた, の妹, の死骸, の片, の答, の苦笑, の言, の話, はもう一度, は人, は委細構はず言葉, は怖, は手, は本名, は江の島, は稻葉屋, は言ふん, は飛ん, も艱難, をさらつて大川, を三人, を左右, を當つて, を突き落した, 漸く起上がらう

▼ 千~ (55, 0.2%)

3 の渓, の無量観 2 の奇勝, の岩

1 [45件] から降り, がある, が前, が馬賊, とよく, と略称, ならず, には仏寺, に向, に存する, に登つて以来, に登られる, に道士, のいただき, のゆ, の事, の八歩, の内部, の南麓, の夜, の夜中, の奥, の帰途, の感興, の景勝, の最も, の梨の木, の渓谷, の花, の荒き, の諸, の路, の途中, の道士, は唐, は朝鮮, は渓, へは紅葉, へ登つたの, へ行く, まであれ, を下り, を見る, 在奉天省, 諸峰

▼ 千~ (55, 0.2%)

4 参りの 3 も百度 2 という高熱, 参りを

1 [44件] あざむいて, か云われ, さかしら, その甲斐, たたかむ, たたきて, ちかいところ, でも, でも全く, でも申す, でも起き上り小法師, となく, ならず言うよう, の, の上, の接吻, の溶鉱炉, の熱, の真空溶媒, の訊問検討, の請, の高熱, まはるなら, もくりかえし, もくり返し, も否, も救う, も繰り返し, も聞いた, も自分, やりなおしても, よりも多く, わが頭上, 下げつつ, 参りと, 参りまたは, 泣いたると, 清い心, 聞きに, 詣りにも, 詣りを, 説くも, 読まれとうござると, 読まれるの

▼ 千フラン~ (54, 0.2%)

4 の紙幣 2 のテーブル, の金貨

1 [46件] あった, ある, いただきましょう, かかったのみ, だけ恵ん, だったが, でも出した, で売られた, で手放した, で暮らし, で買い戻し, で買つた事, といえ, とかをどう, との紙幣, と共にポケット, と言わなかった, にし, に書き改める, の借財, の収入, の定収入, の手当, の手形, の賠償金, の金, はそれ, は修道院, は名, は家賃, ばかりの収入きり, ばかりを得, ほどにはなった, ほどもくだらない, まあ六十万フラン, まで値切った, もそつくり, をむだ, をマリユス, を与える, を二袋, を奮發, を引き, を授ける, を支払っ, 出したところ

▼ 千~ (54, 0.2%)

10 介の 6 介が 4 丞は 3 丞から, 助さんが 2 丞の, 介は

1 [24件] か, がそれ, が栃木県知事, が遺恨, のこと, のごとき, 丞に, 丞を, 丞様の, 丞殿の, 丞殿も, 丞河内通いの, 介じゃ, 介である, 介と, 介なら, 介に, 介も, 介を, 介六郎兵衛は, 助, 助さん, 助さんと, 助一人

▼ 千~ (53, 0.2%)

21 の稲吉 4 の稲 2 の寮

1 [26件] から人, から来た, というよう, とも知れぬ, ないあげてから, なす我が, なす文, なす紅葉重, などをつけたした, にあまっ, にあまる, にとうに, にも余れ, に仮寓, の人, の大, の文, の用水堀, の稲たち, の稲吉達, の箒屋さん, へ戻った, へ通ずる, も誘いあわせれ, をぬけ, を献上

▼ 千~ (50, 0.2%)

2 の御

1 [48件] から居る, から握手, が任, が押し寄せ, が隠れ, その中, だけさば, ちかいコマ人, であります, です, で三二年, ということ, というその, と云う, と注された, と称せられた, にも上る, に及んだ, に近い, に餘, の一人, の人々, の俸給, の児童, の全国貸座敷業者, の地球人類, の坑夫, の女, の工夫, の聴衆, の連隊, はあらう, はやがて, ばかりを網羅, ほどはたちどころに, も一年, も受験, も虐殺, をもっ, を下らぬ, を入れる, を従え, を突破, を算す, を超え, を超した, を越え, 程居る

▼ 千~ (48, 0.2%)

3 の石 2 の重み, の金

1 [41件] かという問い, から八千貫, から腐らかいたで, かわからない, だよ, では, で売りとばした, という重, という額, といっ, とも知れぬ, とも見当, と云う, と仰せつけ, に余っ, に積, のうらみ, のかね, のこりなく束ね直し, の余, の土地, の地, の大熊, の大石, の大鐘, の嫁資, の岩, の工面, の熊, の知行, の知行以上, の采地, の重, の重荷, の間, もあろう, も徴発, をこえた, を供, 乃至一万貫, 取った歴々

▼ 千~ (47, 0.2%)

5 の水 4 の川 2 の二川, の流れ

1 [34件] と呼ばれ, と相, に沿, の一水, の二大河, の北岸, の南岸, の岸, の川原, の川筋, の急, の急流, の手, の支流, の板橋, の河畔, の流水, の清冽, の溪, の濁流, の畔, の谷秩父, の長江, はいう, はゆうべ, は云った, は呟く, は流れ, は鷹揚, をそういう, を呼ん, を渉, を渡り, を駈け渡っ

▼ 千万年~ (45, 0.2%)

2 に一度, の後, も古びた

1 [39件] かかって, かからないと, かかるの, かの後, かの昔, かの歴史的生命, かの生物進化, かの長い, か数百万年, か昔, くらい前, でも四十万年, でも長生き, にも代え, に亘る, の久しき, の劫, の天工, の惰性, の昔, の未来, の流れ, の生命, の過去, の長い, の間, の馴染, まえの, もこうして, もの大昔, も尽きざるごとし, も水, も続く, も走りたく, をへた, を経, 乃至一億年以前, 乃至一億年前, 動かすべからず犯すべからざる巌

▼ 千何万~ (45, 0.2%)

2 という人, とも知れぬ, と並ん

1 [39件] とある, ということ, というもの, という代々, という句, という大勢, という大金, という将兵, という怪円盤, という怪物, という渡り鳥, という程, という蛍, という身上, という透明怪人, という魚群, といふ人命, とおびき寄せ, とてもかなうべき, となく, とも限, と作り得た, と儲けた, と天, と申す, と立っ, になる, のお客さん, の人々, の児童, の兵, の労働者, の娘たち, の戦車, の探偵小説家, の生霊, の白馬黒馬, の若い, の電燈

▼ 千次郎~ (44, 0.2%)

3 とお

1 [41件] が先, が新宿, でした, という息子, という男, という道楽者, という野郎, といっ, といふ二十七八, とがどうしても, と仲良く, と唱い, に対する不快, に逢っ, のたより, の忿怒, の惡智惠, の態度, の秘密, の調子, の部屋, はおびえた, はすぐ, はその, はそれ, はふるえ, はもう, は三年, は不足, は呆れ返, は夜泊り, は少し, は少時ぼんやり, は市ヶ谷合羽坂下, は師匠, は持てあました, は笑った, は鎌, も少し, も顔色, よりは一段と

▼ 千ポンド~ (42, 0.2%)

2 に一千ポンド, の賞金

1 [38件] ぐれえ分けて, ですか, で丁度, で此, とすれ, などとはこの, にする, に上昇, に増す, に増加, に相当, のドライ, の代り, の収入, の懸賞金, の負担, の金, の錘, の高価, はそのまま, は一週十シリング六ペンス, は大金, は決して, もあった, も彼, も自分, も送ってる, を与える, を出し, を提供, を支払うべき, を罰金, を負担, を返済, 吐き出した, 戴きます, 貯めた, 貰ったの

▼ 千~ (42, 0.2%)

3 の家, の母親, を殺す 2 にからかつ

1 [31件] かお前, が殺された, が見付け, とど, とのこと, との間, と夫婦約束, と紋次郎, と言, に抱き付かれる, に變つて, の出, の外, の後ろ, の愛嬌, の方, の死と絶對, の矢場, の隣, はあんなに, はゐ, は昨夜變つた素振り, は確り, は間違ひも, ほどで, よりは一つ二つ, をおびき出す, を三十三間堂裏, を合圖一つ, を呼, を誘ひ出す

▼ 千~ (42, 0.2%)

2 の供養, の断食, の苦行, はおろか

1 [34件] あれば, かかるの, から帰, が間, だと, である, でもここ, でも待っ, でも立っ, で半, といふの, とかいう群衆念仏, とも待ち, に当たる, に浅草, の参籠, の夜, の如法念仏, の思, の思い, の日, の火葬場, の終り, の群衆心理, の賽日, の醸, の間, は一日, は八月, へでも往, も万日, を欲し, 泣きひたすとも, 祈ればとて

▼ 千~ (41, 0.2%)

2 の二人, はもう, は町人

1 [35件] が, であった, と船頭, と青山銀之丞, について, にはよく, に引渡した, のこうした, の両, の姿, の尻, の顔, はこれ, はその, はそれ, はホッ, は何気なく, は兼ね, は内心, は天, は巧み, は恥, は感激, は慌しく, は提灯, は暫く, は最早, は無敵, は福昌号, は船頭, は賭博, は途中, は長崎, もこの, ももう

▼ 千~ (41, 0.2%)

4 の船, の貨物船 3 の巨体, もある

1 [27件] あるそう, が七万噸, くらいもあったであろう, ぐらいな汽船, ぐらいにしか感じられなくなっ, ぐらいの軽, ぐらいまでは入れる, だから, では, に近い, の, のもの, の優秀船, の大戦艦, の小さな, の屋台, の巡洋艦, の惰力, の汽船, の空中無敵軍艦, の船体, の貨物船キャリフォルニアン号, の重油, の飛脚船, ばかりの客船, ばかりの濠洲汽船, を有する

▼ 千五百年~ (40, 0.2%)

4 を経た 2 の昔, の間

1 [32件] かその, か千六百年, くらいのやつ, くらいもの間, だ, でもう, でゴマ化, とか申します, と致しました, と言つて, に亙つ, に仏教国, に拘, に終了, のうち, ののち戒定慧, のむかし, の星霜, の歴史, の詳細, の週期, の間掛, の間歩一歩踏, の青史, までに完成, もおくれ, もまえ, も以後, も前, も昔, よりもなほ, 或は二千年

▼ 千蛾老人~ (40, 0.2%)

3 の部屋

1 [37件] がうれし泣き, がこう, が亡, が夜, が言いました, が金吾, です, でシーン, との約束, などには寄りつけない, にわけ, に仮面, のからだ, のその, の信用, の囁いた, の手, の指金, の横死, の機嫌, の言った, の説い, の遺言, はその, はひどくさびしく, はふところ, はゆ, は早寝, は目, は突然, は頻り, もいでや, も御, も衣服, も調子, を殺害, 無論正面

▼ 千トン~ (39, 0.2%)

4 もある 2 の巨艦, の船, の重

1 [29件] かあった, から二千トン級, ぐらいの汽船, そのうち八百三十万トン, で一航海, というでかい, と称し, にし, にちかい, に足りない, の, のうち六一・九%, のこの, の不, の巨船, の推進汽船, の潜水艦, の石炭, の貨物, の輸送船ブルー, の鉄工場, の飛脚船, の高野山丸, は動かぬ, ばかりの貨物汽船, もあった, もの仕事, も積みこまね, 乃至二千トン級

▼ 千~ (39, 0.2%)

3 となく

1 [36件] あれば, から二千回, か何万回, くりかえした事, ぐらいである, この記録, するも, つづけて, であると, でも万回, でも人びと, という, となくう, ともペチャンコ, にも及んだらう, に及び, の, の公演, の記録, の連絡, も, もうたいました, もうたっ, もくり返し, もの大, もやっ, も写し直し, も攀じ登っ, も断続, も記録, 作ったとしても, 流そうと, 繰りかえさせられた, 繰りかえしたこと, 繰り返して, 起すより

▼ 千二君~ (38, 0.2%)

2 がどう, は大事

1 [34件] があんな, がこの, がその, が一番, が共犯者, が寝, が言っ, が警視庁, こわければ, じゃない, だ, だけじゃない, だよ, などは, に恐し, に慰め, のため, の思いがけない, はこの, はなるべく, は床下, は火星, もいくだろう, もう二度とこんな, もさようなら, も私, を, を外, を捕えた, を殺した, を殺しましょう, 始めるが, 実際は, 早く

▼ 千~ (38, 0.2%)

1 [38件] か, がおもはゆ, がただただ, がまた, が人, が話, でした, と添いたかろう, と申します, どの, にも疑わしい, にも頼み, に跡目, に長虫遊び, のこの, のそば, のほそく, の前, の様子, の素姓, の足もと, の透き通る, の長虫いじり, の長虫遊び, の養子, はいかにも, はなに, はひとこと, はまっさお, はわなわな, は憎い, は相手, は血, もお, も消え入りたげな, よりも父, をにらみつけ, をもうけ

▼ 千五百兩~ (37, 0.2%)

9 の小判 5 の金 2 といふ大金, の大金

1 [19件] が, が何處, で澤山, といふ巨額, といふ金, に負けさせ, の寄附, の御, の見張り, の金箱, はお上, は大金, ほどでございます, を持逃げ, を獨, を盜つた覺, を盜ん, を返せ, 或は三千兩

▼ 千~ (37, 0.2%)

2 とちょっと, の紙幣, の賭牌, の金

1 [29件] か, でやっ, で始める, という大金, として百五十回, とほか, と名誉, と遊ばなけれ, などという大金, になる, には二法, に二法, に売れよう, に満たない, に達し, のきめ, の救済費, の紙幣三十枚, の賞金, は衣裳, ばかりせしめた, ほどすっ, もあれ, よりあ, をそっくり, を差引い, を賭金, を贈る, 勝って

▼ 千~ (36, 0.1%)

11 二千の 7 三千の 3 五千の, 四千の

1 [12件] 一万の, 一万は, 三千は, 下女は, 二千じゃ, 二千たった今, 二千では, 二千は, 二千はと, 五千一時の, 櫻の, 爛々として

▼ 千五百人~ (36, 0.1%)

3 の人 2 なも

1 [31件] あるいは九千人, からの人足, からの尾張, からの相撲取, が定員, が猛進, ぐらいには知られる, その前, で一個年間, で正徳, というそれ, にしろ, の兵士, の兵隊, の大軍, の子供, の宦官, の支那人, の群集, の職工, の鬼, のPW, は引っ返す, を使っ, を動かす, を収容, を増し, を擁し, 売切れと, 生まれるの, 程居ります

▼ 千六百年~ (36, 0.1%)

3 を記念 2 の日本, の脚本, の間

1 [27件] ああ遂に, である, というはなはだ, といふ長い, になり, にはあまり, にテーベス, に是非出版, のわが, の今日, の光輝, の冬二月, の大, の文化, の昔, の祝典音楽, の紀念劇, の記念出版, の長き, はおろか, はて何, を光輝, を祝賀, を經, を迎えます, を通じて日本国民性, 奉讃

▼ 千頭家~ (36, 0.1%)

4 の祖先 2 に居合, の秘密, は当地移住

1 [26件] から一味, から使い, では今日, では息子, には妙, に嫁, に滞在, のあらゆる, の主婦, の居候, の広大, の持参, の由緒, の番頭, の私財, の系図, の逗留, はわが, は元々, は決して, へおもむいた, へつい, へ引越し, へ赴い, へ遊び, をきりまわす

▼ 千切れた~ (35, 0.1%)

2 のを

1 [33件] かと思う, ことであろう, のが, んだ, テープが, 二階の, 兵古帯ぐるぐる, 凄じい姿, 半切で, 単衣, 従業員の, 手足だけを, 手首が, 法衣を, 海草が, 痕が, 登山靴を, 秋草の, 空気が, 第一頁, 紐の, 網目が, 胸の, 脚を, 腕が, 腕や, 茄子の, 薬売り, 蟋蟀の, 身体が, 金襴の, 雲が, 髪蒼白な

▼ 千~ (35, 0.1%)

2 のそば, の部屋

1 [31件] ができうる, が万太郎, が折, が骨身, と関久米, のた, の口, の微衷, の手元, の方, の腹, の話, の遺言, の霊, の顔, は, はおののく, はさらに, はしんみり, は不可能, は前言, は当惑, は燈芯剪, は眉, は笑っ, は軽く, は首, へ膝, も, も共に, も手

▼ 千年後~ (34, 0.1%)

9 の今日 2 になっ

1 [23件] かね, かもしれない, だ, であるかも, であろうと, でもこの, でも何日, になされた, にまで保つ, に太平洋, に我々, に現われた, の世界, の二十八宿, の今日發見, の先輩, の呉青秀, の後醍醐天皇, の未來, の英訳, の覚醒, もほぼ, 猶看

▼ 千~ (33, 0.1%)

2 といつた, の谷底

1 [29件] か乾, じゃよ, すべき数万金, たちまち飛ん, だな, で流場一面, といふ, とはいつ誰, とも知れぬ, なるあり, なる名称, の位置, の価値, の大, の崖, の巖石, の巨蟒, の底, の断崖, の自然, の谿谷, の都会, の銀河, の雪, もある, ノ義カ, ヘ下, 疑是銀河落九天, 高き岩

▼ 千分の一~ (33, 0.1%)

1 [33件] か何万分の一, くらいの興味, ぐらいしかいません, ぐらいしかない, ぐらいとなる, ぐらいの範囲内, ぐらいはそれ, しか出ません, でもお, でもをお伝え, でも出し, という赤ん坊, とかいう小数, とか二千分の一, と価値, ないし三千分の一, になろう, にも及ん, にも当るまい, にも満たない, にも過ぎず, に手, の, のダイメンション, の力, の財産, の間, も六ヶ, も射, よりもまだ, より一万分の一, をも行つて, を言葉

▼ 千~ (33, 0.1%)

1 [33件] か二千匹, ぐらいいりゃ, ずつあり, それでも可, ぞろぞろぞろぞろぞろぞろトントンピーピ, つ吐くげ, というおびただしい, という犬, となく, とも知れぬ, になり, にも増加, のくちな, のハチ, の塊, の大, の往来, の猫, の獅子, の蟻, の豚, の鱶, の鶏, の黄蟹, は多, もある, もいるであろう, も捕え, よ, を賜わりたい, を贈っ, を贈るであろう, 飼って

▼ 千年以上~ (33, 0.1%)

5 も昔 2 の作

1 [26件] つづき中期王朝時代, ですそ, です真白, になりましょう, に亙り, の伝統, の古, の古物, の存在, の年月, の建物, の昔, の習慣, もたつた, も前, も古い, も生きる, も経た, も経過, も続い, も落雷, を隔てた, 始終諸国, 生きて, 経って, 続いて

▼ 千ドル~ (32, 0.1%)

2 にし, の懸賞

1 [28件] から下った, だ, だけを依頼, であった, でアメリカ, でロンドン, で済んだ, というお, というカルーゾー, という小切手, とまとまった, とイタリー, なら歯牙, にしたら, にて買収, の小切手, の懸賞広告, の生命, の賞金, の賭け, や二千ドル, を下廻らぬ, を与える, を差上げたい, を送っ, を送金, 下さい, 貰い結婚

▼ 千二百円~ (32, 0.1%)

2 ということ

1 [30件] か, が実際, くれると, だ, だったね, で, では, でハイヤー, で買, で雑誌, というもの, とフッ, につきます, の人, の大きい, の大金, の弔慰金, の月俸, の生計, は丁度, ばかり御座います, ほどと一時金八千円, ほど借銭, もする, もするです, を三千円, を手渡す, を施す, 取れるから, 引き出せる勘定

▼ 千~ (32, 0.1%)

2

1 [30件] から二万六千個, くらいに落ちる, くらいはある, だけひろいよせ, だと, というの, という数, といふところ, とって, ともなき, と電球, ないし二千個, について一個位, に及ぶ, に達した, の, のてんぷら, の事實, の宇宙線粒子, の実, の水量, の焼夷弾, の石, までつい, を一個一銭, を大川, 作って, 作ると, 刻みつけるため, 集まったいわゆる

▼ 千~ (32, 0.1%)

1 [32件] あまりやられ, かためて, から三千頭, から更に, という大, と知らず, と飼養, にも及ぶ, に出, に近い, の乳牛, の山羊, の怪蛇, の獲物, の竜王, の馬, の魚, の鹿, の黄牛, は集めたい, ほどの, ほどの馬, までを一群, もいながら, も馬, をひきつれ, を並べ, を超え, を飼育, を養っ, 絞り殺さなと, 絞り殺さむ

▼ 千二百石~ (31, 0.1%)

6 取の 2 の大, の大身, の旗本

1 [19件] かりそめ, では, で御座るが, と百五十石, のお, の家祿, の御, の殿様, の殿様ぶり, の殿樣, の殿樣ぢ, の禄高, の音, ほどの館主, を三郡, を取った, を拝領, を賜わる, を食み

▼ 千切れる~ (31, 0.1%)

10 ような 3 ように 2 わけも

1 [16件] ことよりも, ばかりにふりまわし, ほどふるふ, ほど斬る, ほど旨い, ほど疾く, までも思い通り, やうな, やうに, 程いじめ上げられた, 程吹き募っ, 程喰い込ませた, 程強く, 程振りました, 程殴り付けました, 程蹴り付けました

▼ 千~ (31, 0.1%)

4 が谷

1 [27件] が谷辺, というよう, と誇張, に近い, のかわり, の上, の厩肥, の用意, の萱, の輜重馬, の馬, は御, は檜物, は追い追い, も苅, も苅れた, を山村氏, を木曾, を谷中, 焚き, 焚きが, 焚きだったの, 焚きという, 焚きの, 焚きは, 焚きまたは, 積んで

▼ 千キロ~ (30, 0.1%)

2 になり, に近い, もはなれた

1 [24件] あまりあります, が三千キロ, である, というよう, という遠方, の位置, の全速力, の旅路, の横断飛行, の毒薬, の氷, の海上, の記録, の間, の飛行, はなれた, は飛行, も, もはなれ, や二千キロ, をへだて, を定時, 積んで, 近き長距離

▼ 千余年~ (30, 0.1%)

7 も前 4 の歴史 2 になりた, も遠い, を経た, を経過

1 [11件] という齢, と称し, なり貴, の久しい, の前, の昔, の治乱, の独立, の秘封, の長夜, を経

▼ 千年間~ (30, 0.1%)

2 に於ける, の人類社会, の教育, の文化, の母

1 [20件] かかって, というもの人々, に存在, に約, の人智, の便利, の常識, の數, の永い, の現象, の移行, の経験, の行為, を通じて思弁的, 無い所, 立ちん棒, 立ったまま, 絶えず外國貿易船, 続いたこと, 覚えて

▼ 千~ (30, 0.1%)

2 の凡庸芸術家, の言葉

1 [26件] がわかった, すぢ, といふやう, と一身, のいい加減, のガス燈, のハーレム, の不, の不満, の事實, の人間, の吟味詮索, の奇癖, の宣伝, の寇, の巨, の悲鳴, の慰め言, の敵, の模範, の疑問際限, の知友, の蒸気船相来, の見物, の醜行醜聞, の銀蛇

▼ 千萬圓~ (30, 0.1%)

3 の方

1 [27件] あるから, でも孰方, でも音樂, と云, になる, にも當, にも相, にも通用, に減つて, に減る, に減額, に膨れ, に近い, に達する, に達せざる, の國債, の國立劇場建築費, の減額, の節減, の財産, の金, は十六億貳百萬圓, もする, も七百萬圓, も建築費, を増加, 多く餘分

▼ 千隆寺~ (30, 0.1%)

4 の住職 3 の境内, の庭 2 の坊主, の若い, へ行く

1 [14件] から帰っ, から持っ, というの, の坊さん, の坊主ども, の坊主共, の境内八葉堂, の山師坊主, へお, へ乗込んだ, へ実は, へ手, へ行っ, へ通いはじめました

▼ 千~ (29, 0.1%)

2 の奴, はいよいよ

1 [25件] がわたくし, が云う, でごぜ, という奴, という方程式, と一緒, と三人, に別れ, の二人, はこれ, はすぐ, はなんだか, はもとより, はよろこんだ, はよんどころなし, は再び, は又, は女, は店二階, は金蔵, は頭, も知らん顔, も金蔵, を取っ, を叱った

▼ 千~ (29, 0.1%)

26 に一番 1 か二千番存在, に一番間違つて, のかね合い

▼ 千~ (28, 0.1%)

3 何万か 2 万か, 万かの

1 [21件] せいぜい千二, せいぜい千五百, わからぬ狂人, わからぬ程沢山, 一万ぐらい, 一万足らずの, 二千かの, 二千ぐらいじゃ, 二千しか, 二千の, 二千は, 二萬出す, 何かの, 何万かの, 分らぬ程, 判らぬほど, 千二三百人, 千五百, 四千の, 知れないほど, 知れなかった

▼ 千三屋~ (28, 0.1%)

2 が怪しい

1 [26件] か, か平手, が骨董, その男, そんなもの, だ今度, であろうとも, でございます, ではない, というもの, と申します, どの今度, の男, は, はいった, はいや, はつぶやく, はケロリ, はザッ, は擦り抜けた, は無意味, は熱心, は襖, またある, もどこ, も限度

▼ 千二百年~ (28, 0.1%)

4 の歳月 2 のこと, のころ, の地理

1 [18件] あるいはそれ以前, たって, であると, といふ国家的祭典, になる, に亙つ, に諸, のあいだ, の人, の古, の幽, の時, の雄志, の風雨, ばかりの以前, ばかり以前, ほどの前, ほどの昔

▼ 千~ (28, 0.1%)

3 の賞金 2 の提琴, の金

1 [21件] ずつを納める, でも一万弗, という金, といふ事, とか払つたつて, とはすまねえ, と正札つき, になる, の口, の年金, の懸賞, の懸賞附, の提琴ぢ, の楽器, の銀行切手, もお, をサルーン, を奪, を女将, 出すぜ, 計二千弗

▼ 千~ (28, 0.1%)

2 といふ村, と申す, の人家, の家, の海, もある

1 [16件] あったという, あるか, ある出版業, がみな売笑婦, が二百軒, といわれ, とか福良千軒, とか謂っ, とも知んねえ, と云われ, の民家, の津, の町, の農家, は二百軒以下, ばかりちょっと

▼ 千~ (28, 0.1%)

5 のこと

1 [23件] が大変, だ, に嗅ぎつけられ, に貧乏, のもと, の姿, の従妹, は, はおどろい, はおれ, はお前, は亭主, は家, は美人, や高千穂峯子, をしかるべき, をわが, を別室, を呼, を始め, を花街, を迎え, を道連れ

▼ 千麿~ (28, 0.1%)

2 といふ若

1 [26件] が二十年前, が懇意, が曲者, が木戸, が漸く, が背, です, ですよ, といふ好い, といふ良い, といふ若い, とはあの, と聽, なんて大, には嬉しい, のやう, の口, の春木道夫, はす, はサツ, は考へました, も, や番頭, を呼ん, を引つこ, を縛れる

▼ 千八百円~ (27, 0.1%)

2 の損害, の配給

1 [23件] が一番, その差, それだけ有つたら, でしめつけられ, で卸す, で譲り受けた, で買, という大金, という正札, と元金一万五千, と小銭, の中, の場所, の指輪, の権利, の配給生活, もあがった, よりかえって少し, より高く, をどう, を下, を女, を野呂

▼ 千円札~ (27, 0.1%)

2 を一枚

1 [25件] が出る, が来た, が来てる, です, で三百八十万, で五枚, で扉, で目, で買収, と百円札, なの, のある, のくる, のオツリ, はこういう, はその, をあたえ, をうけとる, をおきました, をくれました, をにぎった, を二十面相, を二枚, を出し, を運転手

▼ 千年以前~ (27, 0.1%)

2 から人類生活, に出, のもの, の物

1 [19件] からのエタ, からの流転, からの潜んだ, から埃及, における人間, には何萬人, には穀物, に廃れ, に廢, に生き, のエジプト, の事實, の人類, の巨船, の我々, の日本語, は斯, よりも現在, より伝わり

▼ 千とも~ (26, 0.1%)

2 なく一時, 知れぬ警護

1 [22件] いはれながら, しれない群犬, しれない鳥たち, なく儲け, なく水底, みえる部隊, 七千とも, 判らない目刺鰯, 幾万とも, 数えきれない未, 数えきれない淡紅色, 數を, 望むまい二千, 申します, 知れぬ兵隊, 知れぬ大岩小岩, 知れぬ小, 知れぬ扁平, 知れぬ蛇, 知れぬ顔, 知れません, 知れません中

▼ 千太郎~ (26, 0.1%)

2 といふ人

1 [24件] がうまく, がお, が顔, であったの, というの, とは全く, と見, と魚住, の, の何処, の化けた, の言, の顔, はすこしも, はどこ, はアホ, は万吉郎, は愛用, は病院, は顔面, もいい, や平尾, をこめる, を救おう

▼ 千~ (26, 0.1%)

2 の封, の建築中

1 [22件] あった, あります, ある村, ある町, である, でそのうち, とある, にのぼり, に万燈, に減っ, に達した, の人, の位封, の商店, の病家, の華族, の邑, もやけた, より外, を数, を有し, を焼き払い

▼ 千年杉~ (25, 0.1%)

7 の梢 2 のうえ, の上, の下

1 [12件] がない, に抱きつい, に縛りあげ, のこずえ, のほう, の大樹, の幹, の真っ暗, へよじ登っ, へ沢庵坊主, を幾日, を思い出す

▼ 千餘里~ (25, 0.1%)

4 となす 3 にし 2 といふ大, と計上, 名曰瀚海

1 [12件] とある, とし, と云, と記されたれ, なるに, なるもの, の中, の外, の處, は必ずしも, よりこの, 又有

▼ 千人風呂~ (24, 0.1%)

2 とかプール, にはいつ

1 [20件] でのんびり, で一浴, で汗, という作品, と云う, と濁酒, には入, にひた, に入, に入っ, に入りました, の中, の写真, はあつく, は現世浄土, は葛西善蔵氏, へ入っ, へ入り, へ入る, を二人

▼ 千以上~ (24, 0.1%)

2 の詩篇

1 [22件] の, のお, の作品, の兵力, の勝, の大兵, の手, の薔薇, の都市, はあった, は今, は優に, は引き具し, もあ, もあり, もあるだろう, もあろう, も勝つ, も据ゑてあつただらう, 使われて, 勝つ, 負けて

▼ 千~ (24, 0.1%)

2 の重

1 [22件] かの重, だけ横浜, と百反, にも上る, のおもり, のクズ糸, のチーズ, の中味, の力, の火薬, の貨物, の重み, の金, の鉄, の錘, の鎧百貫, はそれ, はただ, はクズ糸, ほどまとめた, も吊るべし, をあ

▼ 千~ (24, 0.1%)

3 の母 2 の長之助

1 [19件] が蒼い, という芸名, に家督, の家, の申立て, の肚, はことし二十三, はすぐ, はずっと, はその, はそれ, はよくよく, は一体, は内心得意, は再び, は又, は根, は自分, を自分

▼ 千賀春~ (24, 0.1%)

1 [24件] がどう, が坐っ, が死にました, が死んだ, というあばずれ, という御神灯, なんぞに入, にいわれ, に蕩, に酌, のところ, のもの, の御, の死骸, の講中, の身体, はいい, はずぶろく, はどっち, は二人, は右手, は左きき, は炭火毒, は鬘下地

▼ 千人以上~ (23, 0.1%)

2 からの百姓

1 [21件] で比率, に及ぶ, に及んだ, に達し, に達した, のよう, の人, の人員, の信者, の其日, の歩兵, の殉教者, の職員, の門下, もあれ, もウヨウヨ, も一, も屯, も東京, も農奴, 居る職工

▼ 千~ (23, 0.1%)

2 の太陽, の馬

1 [19件] ですって, というところ, というねうち, というばくだい, という紙幣, という細かい, といふやう, ともしれない, になる, の, の仏, の動物, の民, の石, の顔, の黄龍, もあります, を日本, を遥か

▼ 千円位~ (23, 0.1%)

1 [23件] あって, あってよ, あります, かかるそう, ださうだねと, だそう, だった由, だらう, で出来るだろう, で買える, になる, のお金, のもの, のモノ, の収入, の報酬, の金, の間, は出し, ゐで, 出して, 出しても, 出来れば

▼ 千~ (23, 0.1%)

4 を走る

1 [19件] か向う, して, なりという, なり流され, ほどで, ほどもある, も行かん, をさかのぼっ, をつなぐ, を一里, を往復, を来, を翔け, を行く, を越え, を距, を隔つる遠方, を隔てた, を隔てたる

▼ 千さん~ (22, 0.1%)

2 のこと

1 [20件] が, が俯向, が懐紙, が莞爾, だったの, である, にも食べ, のかも知れません, のその, の一枚, の始末, の姿, の居どこ, の手, の手首, の湯, の見張, はパッ, は伊達巻一つ, は大将

▼ 千円以上~ (22, 0.1%)

2 の支払, の金, もする

1 [16件] するづもな, である, ではなかろう, にとる, になった, になりかけた, になる, に近い, に達する, のお金, のもの, の品物, を費さなく, 使っては, 取れる会員, 少なくとも千円

▼ 千米以上~ (22, 0.1%)

4 の山 2 の峰, の高峰

1 [14件] であったよう, で処女, に達する, の上空, の天空, の山々, の標高, の深, の部分, の高, の高山, の高度, の高所, も隆起

▼ 千五百尺~ (21, 0.1%)

2 のところ, の高

1 [17件] から四千五百尺位, と測られ, に下り, の上空, の中ヶ岳, の地, の底, の斜坑, の深, の蘆, の長距離, の高所, ばかり登る, ほどあがった, ほどの高, 程で, 高いと

▼ 千~ (21, 0.1%)

4 の米

1 [17件] か, から多い, ですが, と云う, と云われ, の中味, の売行き, の契約, の寄付, の炭, の豫算, もいただく, をも贈与, を割い, を発し, を買っ, を賞せられた

▼ 千~ (21, 0.1%)

4 に一羽 3 の鶴 2 の鳩

1 [12件] いるとの, ずつものアトリ, といふ鶏, とたかり, とも知れない, の七面鳥, の烏, の白鷺, の群, も飼っ, を舞, を集めた

▼ 千余名~ (20, 0.1%)

2 が諸, の人々

1 [16件] が集まり, で勿論, と推定, と数えられた, にことごとく, の一隊, の代表者, の参会者, の校友校員一致発奮, の盛会, の聴衆, の警官, はまったく, を失う, を招待, を超え

▼ 千八百円ベース~ (20, 0.1%)

2 というもの

1 [18件] あるいは二千四百円ベース, がある, が公称二千九百円, この窮乏, でしぼられ, ではやっ, でやっ, に家族手当, の人々, の今日, の困難, の日々, の配給生活, は保ちきれなくなっ, は四・二人世帯, は現実, をきめ, を公表

▼ 千八百石~ (20, 0.1%)

4 取の 3 の旗本 2 を食ん

1 [11件] に添え物, に至, の名, の城主, の殿様, の殿樣, は譲られない, を賜わっ, を領する, を食み, 御旗本

▼ 千浪殿~ (20, 0.1%)

3

1 [17件] お顔, がそち, が気, が江戸表, こりゃ玄蕃, でござったか, では, とも兄上, どうぞ拙者, にはよく, にもこう, の胸, の身の上, もどうか, も拙者, を他家, 刺し違えて

▼ 千町歩~ (20, 0.1%)

1 [20件] しかも渡良瀬川沿岸三郡, だってソックリ, であると, という山林, という美田, という農場, にもわたる, に落ち, に近い, の内一萬三千町背負, の新田, の田園, の畑地, の面積, ばかりの荒蕪地, もある, もの払下げ, やけた, を四千圓, を首

▼ 千マイル~ (19, 0.1%)

1 [19件] くらいは速い, だけ航路, という遠く, と見れ, にちかい長, にわたりほとんど, に超, の旅, の東, の距離, の道, の道のり, の長途, も一直線, も遠く, を横断, を突破, を行き, を走る

▼ 千~ (19, 0.1%)

3 にとどむ 2 の数字, の數字, の7, へ送られた 1 ありますが, だという, です, の一位, の小さい, はある, 出しても, 掛けます

▼ 千幾万~ (19, 0.1%)

1 [19件] が職, だと, つらなる赤い, という人, という多く, という煉瓦, となく, とより, と行進, なるを, のここ, の人, の人間, の官吏, の家族, の度数, の旅人, の燈明, の画家

▼ 千~ (19, 0.1%)

2 が濱, の前

1 [15件] あるの, がぴんと, が琵琶, では, とそれ, にする, に獻, の中, の奥の手, の指, はそのまま, はもはや, は尼, もまだ, を有するなら

▼ 千~ (19, 0.1%)

4 の俳句 2 となく, にのぼり

1 [11件] かは凡て風, という尨大, とはない, に近い, はさ, は秀歌, ほどを自選, を含む, を得べき, を拔, を烏有

▼ 千万ドル~ (18, 0.1%)

2 の投資, 溜めた

1 [14件] であって, である, であるか, で一応, といふ事, といわれる, とは別, にとび上がった, の所得税免税, の生活, の税金, の財産, の開発計画, もころげこんだ

▼ 千万言~ (18, 0.1%)

3 を費し

1 [15件] にまさる, にもまさる, にも尚, の思い, の書, の註釈, の誓言, の論文, の身の上噺, よりうれしい, を披瀝, を聴い, を費やし, を費やす, を開陳

▼ 千三百年~ (18, 0.1%)

2 にし, の昔

1 [14件] ぐらい昔, にはなるだろう, に袈裟, のあいだ, のいにしえ, のヴェール, の古, の遠, ばかり前, ほど前, ものあ, も偽装, 程以前, 遠諱記念

▼ 千五百万~ (18, 0.1%)

2 の人口, を養う

1 [14件] という金額, とよばれ, のブルジョワ, の人民, の住民, の利用, の失業者, の日本人民, の歳, の民衆之, の組合員, へは下落, を受取り得よう, 乃至二千万

▼ 千五百両~ (18, 0.1%)

2 で取引

1 [16件] がもの, だけ都合, であった, でこれ, でも二千両, で仕上げ, で買っ, ということ, とは豪勢, にもならない, の借用証書, の金, は寺, も掛けた, を越え, 借りて

▼ 千~ (18, 0.1%)

2 は文学者

1 [16件] ことごとく佳句, そのうち私, のはたらき, の安居, の連歌, は古, は成れり, は極めて, よりも佳作一句, をさえ試み, を出る, を示すべし, を示せとなら, を試みん, 尽く佳句, 詠じたこと

▼ 千~ (18, 0.1%)

2 のかなた, を隔てた

1 [14件] に比し, の中, の先, の空, の長い, の長いはげしい, もある, もの運河, もむこう, も我々, も続い, も離れた, 隔たった所, 隔てた海

▼ 千~ (18, 0.1%)

1 [18件] だけはその, で, である, でしっかと, とか申す, に斯, の許, はいとも, は其時以来, は帰っ, は手, は気の毒そう, は無論, は純, は静か, ばかりはあの, ばかりは彼, 老医

▼ 千百年~ (18, 0.1%)

3 の古, の間

1 [12件] にし, に一人, の久しき, の慣習, の旧習, の時間, ばかりも前, ほど前, ほど昔, よりも若い, を経, を経過

▼ 千から~ (17, 0.1%)

2 一万ペセタ

1 [15件] ある, いるそう, とんで, 一万の, 三万人その, 三千が, 三千ほどの, 乃至五万, 二万近い, 五万千ヵ所に, 六千な, 六千人の, 四千二百です, 大いに頼られた, 数万個も

▼ 千万長者~ (17, 0.1%)

1 [17件] がさらに, であつ, で女盛り, といわれ, と称, になった, になつ, になれる, の, の三太夫, の叔父, の執事, の家, の相続人, の経験, の長男, は財布

▼ 千何百~ (17, 0.1%)

3 となく

1 [14件] という無数, という鍵, という飛行機, といふ勝, といふ敵, とかいう位, とたまっ, ともわからぬ, とゐる, と殺し, に何千何百何十, の不良, の教会, も居る

▼ 千切っ~ (17, 0.1%)

2 ていた

1 [15件] たりし, たりする, たりせず, たり掃き溜め, ている, てしまっ, てしまった, ては捨てし, てゆっくり, て叩き付ける, て帰った, て彼方此方鮮血, て玉垣, て立っ, て運河

▼ 千切られ~ (17, 0.1%)

1 [17件] その間から, たり股, ている, て下, て今, て今頃, て仕舞った, て居ます, て居る, て居るで, て投槍, て機関車, て飛ん, ながら絶え絶え, タタき付けられた, 玉垣の, 縷々と

▼ 千~ (17, 0.1%)

2 の飯

1 [15件] ぞ, でございます, でした, などは稀, に入る, に木像, の玄, の茶事, の茶人, はその, は利休以来裏表, は小家數, へ往く, へ茶, や出入

▼ 千~ (17, 0.1%)

3 の歯 2 の傍, の踏板 1 が据え, にかかっ, にかけ, に寄る, のそば, のケバ, の所, の方, の端, を据え直し

▼ 千~ (17, 0.1%)

12 の神 41 をつえ

▼ 千~ (17, 0.1%)

5 矢の 2 矢さんは, 矢家の 1 剣の, 矢さんお礼を, 矢さんその, 矢は, 矢家を, 矢様という, 矢様どうして, 矢様の

▼ 千~ (17, 0.1%)

2 の地所

1 [15件] とそれ, に騰貴, の抵当権, の札束, の紙幣束, の証文, の資本, の金, はポートサイド, は薩摩, ばかりの現金, も使った, を奪っ, を要求, 即ち我が

▼ 千とせ~ (16, 0.1%)

1 [16件] ぞ見ゆる, に, に見つべき, のいち, のお, のなか, の一かけら, の前, の杉, の色, はこれ, は己, ふる小松, をかけ, をも猶, 経て

▼ 千ルーブリ~ (16, 0.1%)

1 [16件] からある, じゃなく, ずつの私財, だけ貰え, だけ貸し, で売っ, にのぼる死んだ, に負けとく, の金子, は後で, ほどお, もしやしない, もする, も出せ, も棒, 持ってるよう

▼ 千五百フラン~ (16, 0.1%)

1 [16件] いただきたいん, だった, で大事, で買う, なるほど結構, になる, のこと, の借り, の多少, の定収入, ばかりの債務, もする, を持っ, を見せた, 払おうと, 払って

▼ 千~ (16, 0.1%)

3 なるを

1 [13件] ありて, と躑躅, になつ, に夏, の杜鵑花, の柳, の海浜山上, の躑躅, めぐれり, を作らしむ, を植ゑた, 植えしに, 程植付け候

▼ 千浪様~ (16, 0.1%)

3 のお

1 [13件] が, そろそろ参る, でございましたか, というの, というもの, とやらにお, のまえ, の父, をお, を己, を引ッ, を探し, を掴まえ

▼ 千~ (16, 0.1%)

3 の詩集 2 もある

1 [11件] から三千頁, と計りし, にあまる, に近い, のユーカラ, の間, は三百頁, は読まなく, を埋める, を越える, 讀む處

▼ 千人近く~ (15, 0.1%)

1 [15件] だった由, なった, に達する, のもの, の人々, の専属人員, の応募者, の患者, の来賓, の生徒, もぞろ, も知り尽くした, 入って, 狭き校舎, 集まった小学教師

▼ 千~ (15, 0.1%)

2 の隧道

1 [13件] のところ, の垂直, の山, の氷河, の深, の湖面, の点, の絶壁, の電氣風, はのぼり得る, はのぼる, までのぼるであらう, もうひとつ

▼ 千字文~ (15, 0.1%)

3 と庭訓往來

1 [12件] からし, で一通り漢字, で請, という一巻, の中, の初め, の字號, はまだ, を傳, を択ん, を盗んだ, を読み

▼ 千~ (15, 0.1%)

2 のカヤ, の稲

1 [11件] から三千五百把, だ, になる, の仕出し, は焚く, または千駄, 刈って, 扱き, 焚きと, 焚きとも, 焚きもしくは

▼ 千満子~ (15, 0.1%)

3 の縁談

1 [12件] が師匠, が終始, だと, と某, に就, のお, の容貌, の帯, の持参金, は鼻, も列席, 名儀

▼ 千生さん~ (15, 0.1%)

3 の家

1 [12件] だってうっかり, と, とひと通り, と私, と肚, にどんな, のお, の方, はあたし達, は人殺し, は少し, も小遣い

▼ 千~ (15, 0.1%)

3 の浪 2 の嘆き, の波折 1 しくしくに, に八千重, に思ひ, に隠りぬ, の叢雲, の雪, も下り, を押し別け

▼ 千魂塚~ (15, 0.1%)

1 [15件] から裏谷, から飛ん, でも何と, とやらはこれからだいぶ, と彫っ, と書い, の前, の堂の前, の怪女, の白麻, の真相, の話, の道, へ来, まで行っ

▼ 千二百~ (14, 0.1%)

1 [14件] いざ下り, かである, ぐらいな小勢, です, の作曲, の兵, の小銃, の街路, はキ, は全く, もの卵, もはいってる, を出し, 生まれたもう

▼ 千態万状~ (14, 0.1%)

1 [14件] たしかに珍しい, であるが, にし, の変化, の所作, の羅漢, の間, を尽し, を日記体, を為す, を窮め, を詠みある, を詠みたる, 測り知られぬ雲

▼ 千数百年~ (14, 0.1%)

3 の歴史 2 の後, の昔 1 の変遷, の星霜, の短歌史, の間, の間同一, を経, ノ昔ヨリナルベシ

▼ 千~ (14, 0.1%)

1 [14件] ですかね, というたくさん, と成つて, になった, に擦り切れ, の互に, の烟, の糸, の緑, の蛇, の血管, の路, の雪, の鮮血

▼ 千~ (14, 0.1%)

7 の涙 1 に下りぬ, に書く, の熱涙, の説明, の長い, ばかり書き込むで, を過とする

▼ 千にも~ (13, 0.1%)

2 足らなかったと

1 [11件] たらぬ小勢, たりない小勢, のぼる汗, 余る跣足, 充たない微々たる, 満たぬ歩卒, 足らぬ小勢, 足りなかった, 足りぬ編成, 近い南蛮語, 近い見物衆

▼ 千もの~ (13, 0.1%)

4 大小さまざまの 2 人間は 1 人数が, 卵を, 土器が, 方法を, 糸が, 蒸気機関が, 豆太鼓を

▼ 千二百万~ (13, 0.1%)

2 のブルジョワ, の子供 1 が用いられるであろう, が用いられるなら, で戦前, となり, ならば, に増加, の住民, の民草, よりはるか以上

▼ 千五百萬圓~ (13, 0.1%)

2 のもの

1 [11件] からの價, だけが六十億圓, の償金, の國債, の外債募集, の蓄財, の金, は今日, を以て賣, を出し, 掛けると

▼ 千何百年~ (13, 0.1%)

2 かの歴史, も前 1 か前, の前, の剣, の古い, の石碑, も昔, も続いた, も長い, を所在

▼ 千八百万~ (13, 0.1%)

2 の同胞

1 [11件] でなく二千五百万以下, で契約, となり, となる, にまた, に増加, のほか, の国民, の戟, へである, をも失う

▼ 千切った~ (13, 0.1%)

2 のが

1 [11件] のと, ようだ, ような, ように, ベロベロの, 布片の, 時一緒に, 木の, 木の実を, 譜らしい, 譜を

▼ 千~ (13, 0.1%)

1 [13件] である, に刻ん, のあたり, の先辺り, をつかみとめた, を二つ, を切りおとされ, を巻い, を巻き始めた, を持っ, を掴んだ, を斜め, 老杉しん

▼ 千~ (13, 0.1%)

1 [13件] のもの門上, の光出, の列, の天使, の心, の手兵, の武士, の歩履, の泉, の滅亡, の者, の輝われら, の魂

▼ 千余円~ (12, 0.0%)

1 [12件] あること, でこの, に売り, の借金, の損失, もって, を佐野銀行, を儲け, を捲上げる, を積み立て, を鋳造, 残って

▼ 千六百米~ (12, 0.0%)

2 に及ん, を超え 1 であると, となっ, に近い, に達し, の地点, の山上, の高度, を超えた

▼ 千~ (12, 0.0%)

1 [12件] くらいの書, という金色燦爛, にのぼり, に達する, の書物, の書籍, の経, の蔵書, の論文, を曝す, を蔵する, 有り

▼ 千浪さま~ (12, 0.0%)

1 [12件] だ, にあんなに, にきまっ, にはお, のお供, の泣き声, の身, はお前, はなみ, を妻, を責める, 行って

▼ 千~ (12, 0.0%)

1 [12件] あるかも, すくなくも味方, といえる, にものぼる, のふね, の水軍, の船, の船影, は両方, もの船, や万艘, をみな意気地

▼ 千万ボルト~ (11, 0.0%)

3 を越える 2 の高圧電気 1 と口, のもの, の電気, の高圧, の高圧電流, を越す

▼ 千三百餘里~ (11, 0.0%)

2 に過ぎず 1 が即ち, とある, と計上, なること, にては大和, に當, は大約, を此書, を行く

▼ 千五百里~ (11, 0.0%)

1 [11件] その次, といふ里數, とせず, の大, の流刑, の道, の間, ばかり離れ, もあて, 去蝦夷界一百二十里, 通うたという

▼ 千人あまり~ (11, 0.0%)

1 [11件] の入場者, の尾州, の患者, の機械人間, の水兵, もいる, もござりましょうが, もの伊那, も出ました, 残らず軍, 集まって

▼ 千兵衛~ (11, 0.0%)

1 [11件] でがす, という男, となのる, とやら申した, と申しますだ, に試合, のからだ, の構え, の眼, は後, へ立ち向かった

▼ 千列万郎~ (11, 0.0%)

1 [11件] がひとしお, その妻ミツエ, だと, と改名, の奥方, の嫁, の嫉妬, の懸想, はもう, は顔, を生ん

▼ 千~ (11, 0.0%)

2 の鉄砲 1 か張宗昌, か買入れた, ぐらいあった, の鉄砲弾薬, の銃, の鐵砲, を保有, を外船, を購入

▼ 千~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるべくいずれ, といいたい, ともいう, に達しない, の絵, の金, ばかりを稼ぎ, ほど負け, も集まる, を千数百年後, 黒い鴉

▼ 千百圓~ (11, 0.0%)

3 の國庫收入 2 で拂, の金 1 である一萬千三百町, で此兩人, の所, の收入

▼ 千キロメートル~ (10, 0.0%)

1 だけ近く, にしよう, に拡大, の彼方, の早, の遠方, はある, へだ, を航, 離れたシベリア

▼ 千メートル以上~ (10, 0.0%)

2 の高地 1 となれ, のアンデス山脈, の上空, の最高点, の高, の高度, もある, も離れた

▼ 千七百円~ (10, 0.0%)

1 が税額, だすという, で御座います, で無きや, なんてこと, なんて金, の品物, の大口, の恩給, の請求

▼ 千七百年~ (10, 0.0%)

2 と言う 1 といえ, のお, のこと, の歳月, の美しい, ほども前, まで残る, を考慮

▼ 千七百米~ (10, 0.0%)

2 の巨大 1 で長, に近い, に近い高, の圏, の峰, の高, を超え, を超えた

▼ 千万里~ (10, 0.0%)

1 と離れた, の外, の大空, の海洋, の空, もって, も一里, も遠い, も離れ, 遠在

▼ 千万金~ (10, 0.0%)

1 にもと, にもと思っ, にも替, にも替え, に直, の凉, の声, よりもありがたい, を惜気, を見せられよう

▼ 千二百人~ (10, 0.0%)

1 からあった, というレコード破り, の内, の死者, の部下, ばかりも多, ほどの乗客, まで鉄砲, をくだらなかっ, を害

▼ 千五百米~ (10, 0.0%)

1 から三千米, に減じ, に近き, のインドアレース, の圏, の鞍部, の高, をやらなきゃ, 乃至二千八百米以上, 乃至二千六百米

▼ 千八百~ (10, 0.0%)

2 の勝 1 となっ, と傳, の兵, の大, の新しい, の負, ほど蓄め, も負け

▼ 千六百円~ (10, 0.0%)

1 だ, ですが, と正札, と言え, ばかりかかる, ばかりの惣高, もの大, よ, 貰った, 買えば

▼ 千円余り~ (10, 0.0%)

1 だと, になっ, になってる, のお金, の借金, の金, も出来, 御座いますので, 残って, 貰って

▼ 千円近く~ (10, 0.0%)

1 か, とる, にさえなる, になっ, になる, の借金, の金, の金目, もあった, 盗み来たり

▼ 千~ (10, 0.0%)

1 が大抵, が蔵め, にも及べ, に一冊, の輸出, ほど疎開, も売り払った, を売る, を直ぐ, を越える

▼ 千~ (10, 0.0%)

1 ことに五トン, なら我, の大, の戦車, の戦闘, の木牛流馬, の番号, の自動車, また米国, も並べ

▼ 千四百円~ (10, 0.0%)

2 の損害 1 たらずで, でしたよ, ということ, になります, には恐れ入った, の由, をひいた, 這入りました重たい

▼ 千~ (10, 0.0%)

1 においてのみ認められる, に及べり, に至る, に行かん, の果, の果て, の濃霧, の無人島オンネコタン島近海, の航路, をチュプカ

▼ 千~ (10, 0.0%)

2 あるか 1 そうしてその, そして晩年, という男, といふ数, とも数, とも數, に及ぶ, に及ん

▼ 千~ (10, 0.0%)

2 の湖畔 1 から浅見淵君, であったか, でございます, とか言, に至る, の事, の市川, よりともないし

▼ 千~ (10, 0.0%)

2 の顔 1 がうわ, が見, が言った, のうわ, の手伝, はそんな, は天, をとりまい

▼ 千駄谷~ (10, 0.0%)

4 の田畝 1 にある, にいた, の凹地, の奥, の家, の街道

▼ 千あまり~ (9, 0.0%)

2 の兵, も収容 1 で北部安南, の病人, の軍勢, の軍馬, の銭

▼ 千でも~ (9, 0.0%)

1 お召しつれ下さいませ, 三千でも, 二千でも, 五千でも, 変った種類, 支度金を, 構いませんがね, 貸したっちうん, 金高を

▼ 千といふ~ (9, 0.0%)

2 家来達が 1 人が, 多數, 女が, 数かぎりない, 纏まつた, 蜂の, 金を

▼ 千ばかり~ (9, 0.0%)

1 だった, ひきいさしも, 借りたさ, 出る由, 勝, 勝った, 引きつれ, 斬って, 減りましたね

▼ 千~ (9, 0.0%)

1 とられたの, の勝, の負, ばかりで助かり, まける, も負ける, 程勝つ, 負けてたの, 負ける

▼ 千五百メートル~ (9, 0.0%)

1 から二千メートル, ぐらいの高度, ですよ, にとびあがった, にまで短縮, の一騎打ち, の寂寥, の高度, 高さ十二メートル

▼ 千五百万円~ (9, 0.0%)

1 なりと, に上っ, に相当, の外債募集, の富豪, の金, はコーヒー, を支出, を超える

▼ 千五百名~ (9, 0.0%)

1 ある, とありました, という見込み, に近い, の囚人, の悲壮, の邦人労働者, のPW, を失った

▼ 千人同心~ (9, 0.0%)

1 が三四百人, が少く, が旗本衆, で山林田畑, ということ, というの, などというもの, のこと, を十軒ぐらゐは

▼ 千~ (9, 0.0%)

1 か何万体, こしら, と申す, の小, の羅漢, の藁人形, は山, は川, は海

▼ 千何百円~ (9, 0.0%)

1 かの印税, ですから, という小切手, という暮し, とかです, とかで二十五町, とかで人手, の借金, の大

▼ 千円也~ (9, 0.0%)

1 で売, として権利使用, と書きたる, のラジウム, の香料, をもらった, を封入, を渡し, を貰います

▼ 千切る~ (9, 0.0%)

2 ように 1 ことが, のは, やうな, ようにとって, んです, 人が, 癖が

▼ 千右衛門~ (9, 0.0%)

2 の申し立て 1 かたきは, という浪人者, という者, に取っ, は上, は先ず, は失礼

▼ 千~ (9, 0.0%)

1 と云う, に直之, はこの, はつづけ, ははっと, は両手, を召し, を見つめ, を退けた

▼ 千柿鍔~ (9, 0.0%)

2 の一刀, の小わき 1 とお, と大小二つ, に眼, の長刀, も六十歳

▼ 千百三十両~ (9, 0.0%)

2 という大穴 1 という大金, の大穴, はこの, は鈴文さん, 使いこみ, 使い込みただし, 使い込んだに

▼ 千禾夫君~ (9, 0.0%)

21 と作者自身, にこれ, について何, の処女作, は実に, も益々, をダイアローグ

▼ 千~ (9, 0.0%)

2 の宮, の山 1 の二上峰, の尊い, の嶽, の聖火, の靈

▼ 千賀春さん~ (9, 0.0%)

1 のいきさつ, の身体, はがっくり, はもう, は死ん, は長火鉢, を抱き, を抱きおこす, 見りゃア

▼ 千遍一律~ (9, 0.0%)

1 である, で要するに, なの, に流れ, に酒, の如く説い, の建築, の物, の身の上ばなし

▼ 千~ (9, 0.0%)

1 から寂光院あたり, とは対岸的, にもまさる, の写真絵はがき, の大, の方, の来迎院, の門前, をたずね

▼ 千三百円~ (8, 0.0%)

1 くらいになる, でライオン, とか余った, と頭, に決定, ばかりどう, もって, 買うこと

▼ 千二百三十四番~ (8, 0.0%)

3 の札 1 が一番札, だぞ, はない, を呼び出し, を当り

▼ 千二百兩~ (8, 0.0%)

2 の大金, の小判 1 か千五百兩, でも宜しい, の念, まで出さう

▼ 千二百年前~ (8, 0.0%)

1 に, のセメン, の人間たち, の天平びと, の我々, の政治上, の漁村, の諸事不便

▼ 千五百枚~ (8, 0.0%)

2 の大作 1 という量, のもの, の長篇, ばかりの長篇, を張る, 持って

▼ 千五百頁~ (8, 0.0%)

1 あるの, にわたる日記, のあの, のノート, の最後, ほどある, もある読み, を占める

▼ 千余り~ (8, 0.0%)

1 であった, で金木町, となる, の兵, の兵数, の子孫, の家鴨, 獲つたが

▼ 千~ (8, 0.0%)

2 の法幣, を強奪 1 に至る, の収入, 売れると, 贈ろうと

▼ 千六本~ (8, 0.0%)

4 のよう 1 に切つて, に截っ, の刀痕, 細かく突いた

▼ 千六百~ (8, 0.0%)

1 いや西暦千七百, ぐらい, です, としてまあ, ともゆかぬ, ならば, を朝鮮, 満つすなわち

▼ 千円以下~ (8, 0.0%)

1 でなければ, ではない, で手, というの, の罰金, の見つかった, の賄賂, はありませんでした

▼ 千切られた~ (8, 0.0%)

1 あと別の, とか両脚, わけです, 一片だけを, 娘の, 本当の, 死体と, 藻の

▼ 千切れそう~ (8, 0.0%)

1 だ, であった, でございます, に前, に寒く, に掉立, に益々, に見える

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 あつた, あるか, の大部, の書物, の書目, は實物, もありませう, を盡

▼ 千四百人~ (8, 0.0%)

1 と告げ, なり, につき一カ寺, に上っ, の戦死者, ばかり堂宇, を二大砲隊十六小隊, 小市街

▼ 千尺以上~ (8, 0.0%)

1 ぐらいの高い, に五個, に及ぶ, のウェリントン山, の高, の高み, の高山, もある

▼ 千山閣~ (8, 0.0%)

2 で林 1 っての, でいつも, で麻雀, へ, へ堀井, へ行っ

▼ 千断れ~ (8, 0.0%)

1 そうで, そうな, ている, て出た, て落ちた, に飛ん, 千断れ, 書割は

▼ 千有余年~ (8, 0.0%)

2 も昔 1 この土地, に及ぶ, の後, の昔, の王城, の間

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 が一回, そりゃいい, とも知れず, にならない, によるという横浜市, に余る, の超重, は一機

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 しか航海, というすばらしい, は大丈夫, ほど西, を飛び歩いた, 走ること, 走る力, 離れた孤島

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 でございますが, と報告, に止らぬ, の土地, の木, の田地, の田面, 合せて

▼ 千百人~ (8, 0.0%)

1 ぐらいしかいません, そして十六万七千六人, なるべし, のうち, の余, の後世, の心, の美しい

▼ 千~ (8, 0.0%)

4 でさあ 1 と称せられ, の水桶, の焼夷弾, もでた

▼ 千~ (8, 0.0%)

2 の予約註文 1 こうと, だと, とどいたから, について一万二千円, の倉荷証券, 入三円三十銭

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 がしつけ糸, が愛くるしい, じゃない, であった, とすでに, と一閑, は後で, は暗い

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 ともいう, と申す, になりやす, の草履, もあん, も貯え, を費し, 踏むの

▼ 千~ (8, 0.0%)

1 でも, でも心任せ, の称名, もくりかえし, も浴びせられた, も見た, を唱え, 弾きという

▼ 千里外~ (8, 0.0%)

2 故人心 1 にその, に故人, に母, に行く, の旅, の西洋諸国

▼ 千餘年~ (8, 0.0%)

2 に亙つ, の間 1 の古代, の幽魂, の昔, の歴史

▼ 千鳴り太鼓~ (8, 0.0%)

1 があきれ返っ, がここ, がさらに, がすさまじい, がまた, が陰, をお, を鳴らしはじめた

▼ 千~ (7, 0.0%)

1 か三千, か自慢たらしく, がたびたび, が一昨年, と主人, な, よ

▼ 千とか~ (7, 0.0%)

1 あった, だから, 一万とかに, 三千とか, 二千とかいう, 出たそう, 幾萬とか

▼ 千ばい~ (7, 0.0%)

5 もうつくしい 1 の大き, 入って

▼ 千一夜物語~ (7, 0.0%)

4 の中 1 などに読みふけっ, のシュヘラザアデ, の伝記並

▼ 千七百~ (7, 0.0%)

1 あるべし, しかなかっ, の人数, ばかり二本烟筒, をひきつれ, を乗せ, 載の

▼ 千七百尺~ (7, 0.0%)

1 から三千五百尺, のあたり, のその, の矢岳, の神山, の神河内, はある

▼ 千万フラン~ (7, 0.0%)

3 の損害 1 の価, の償金, もする, を要し

▼ 千万両~ (7, 0.0%)

1 かの大財産, とも知れない, の古金, の大, やらそれとも, を費やしたる, 積んだって

▼ 千三百~ (7, 0.0%)

1 あった, か八百, ぐらいだ, の日本, の焼死者, まだその, を率い

▼ 千~ (7, 0.0%)

6 の国 1 の王侯

▼ 千二百両~ (7, 0.0%)

1 かかったそう, かけたと, だと, の余, は矢張り, 使って, 程

▼ 千二百尺~ (7, 0.0%)

1 であるから, といふとともに青黒き, に近い, の埠頭, の青龍, の高, を上っ

▼ 千二百米~ (7, 0.0%)

1 と棒杭, の圏, の池, の高, をひた, を超え, を超えた

▼ 千五百噸~ (7, 0.0%)

2 の重油 1 の大艦, の巨体, の巨船, の機関長, の汽船

▼ 千五百部~ (7, 0.0%)

1 が瞬く, しか売れなかった, で以後五百部, といえ, の出版, はうれました, 売れたら日本

▼ 千体仏~ (7, 0.0%)

1 となっ, のご, の数々, の表情, は刻まれ, へ老師, へ行く

▼ 千八百人~ (7, 0.0%)

1 からある, が機械工場, に過ぎず, の僧尼, は大須賀康高, もはいる, をつれ

▼ 千八百米~ (7, 0.0%)

3 を超え 1 にも達しない, の圏, の標高線, を少し

▼ 千四百年~ (7, 0.0%)

2 ほど前 1 に四部, の昔, の星霜, ばかり前, もま

▼ 千~ (7, 0.0%)

1 として四時間, なれば, ばかり一本, をつらね, を知っ, を終り, 書いても

▼ 千年万年~ (7, 0.0%)

1 あやしきは, たっても, とその, なが, の後, の間, 否人間最後

▼ 千年近く~ (7, 0.0%)

1 のながい, のもの, の昔, の生活, の間, もの大昔, も以前

▼ 千石以上~ (7, 0.0%)

2 の旗本 1 の家, の暮らし向き, の本家, の炭薪, の諸

▼ 千~ (7, 0.0%)

2 の曲 1 が何と, だけだった, である, のさえずり, の声

▼ 千艸屋~ (7, 0.0%)

2 と云っ 1 から買っ, で買った, と云う, に潜ん, に飼われ

▼ 千足らず~ (7, 0.0%)

2 の漸 1 である, であるが, になった, の勢, の小さい

▼ 千~ (7, 0.0%)

2 をこす 1 とあっ, に達した, の投書, も来る, をこえる

▼ 千かの~ (6, 0.0%)

2 僧侶が 1 若い瞳, 見物に, 資本を, 金を

▼ 千ほど~ (6, 0.0%)

1 つくった由, では, 投げ出して, 数えられた, 残って, 駈けつけて

▼ 千をもって~ (6, 0.0%)

1 出撃した, 墺軍の, 数う, 数え満堂立錐, 桟道を, 高地を

▼ 千カロリー~ (6, 0.0%)

2 を要する 1 あるって, であるにも, なれども, の食物

▼ 千ボルト~ (6, 0.0%)

2 の三相交流 1 くらいの電力, というの, という高圧, の高圧

▼ 千一万~ (6, 0.0%)

2 の優勝者 1 で優勝, と手下, の婦人, の鯖

▼ 千一百万~ (6, 0.0%)

1 から二千二百万, が食うべき, にし, のかかる, の人間, の良質

▼ 千七百七十五年~ (6, 0.0%)

2 の十一月 1 とその, のこと, の万聖節, はその

▼ 千七百八十年~ (6, 0.0%)

1 においてさえ古風, においてさえ諸君, にモンセーニュール, に独逸, の夏, ほど前

▼ 千七郎殿~ (6, 0.0%)

1 が家老, でございました, の舌一枚, は尾州家, を江戸表, 答えて

▼ 千万ルーブリ~ (6, 0.0%)

1 だ, ってもの, を予定, を労働時間, 出した, 稼いだ

▼ 千三百年前~ (6, 0.0%)

1 この像, におこなわれた, に権力者, の佛教傳道者, の元正天皇, の民たち

▼ 千乃至~ (6, 0.0%)

1 一万の, 一萬の, 三万の, 二千個も, 二千四百米以上の, 五千の

▼ 千九百十年~ (6, 0.0%)

1 でしたあれ, に此, に私, の春, の調査, を一期

▼ 千九百圓~ (6, 0.0%)

1 しか掛らない, ですから, で半年, で戰爭, の堤防, 掛けて

▼ 千二百八十五条~ (6, 0.0%)

2 のこと, をお, を検

▼ 千五六百人~ (6, 0.0%)

1 とかぞえられた, の兵, の士卒, を宦官, を数える, 程はひ

▼ 千五百カロリー~ (6, 0.0%)

2 の熱量 1 から五千カロリー, としてある, の営養価, を要する

▼ 千五百ルーブル~ (6, 0.0%)

2 の金 1 だけれど, なくなされたん, のお金, を着物

▼ 千五百万人~ (6, 0.0%)

1 から三千万人, なり, に上つて, の失業者, の子供, はお

▼ 千五百年前~ (6, 0.0%)

2 に比叡山 1 すでに同様, に成った, に絹, のイソップ

▼ 千五百年間~ (6, 0.0%)

1 に亘っ, に儒教, に複雑, の人間, の歴史, 送つて來

▼ 千~ (6, 0.0%)

1 か小塚ッ原, にお, に佐藤応渠, の大橋ぎわにいい川魚料理, の通り, ヘ行ッテ胴ヲタメシタガ

▼ 千余輛~ (6, 0.0%)

1 ついに成都, にのぼる, のそれ, の器械, の木牛流馬, の火攻め車

▼ 千余頭~ (6, 0.0%)

1 あった, に至る, の小荷駄, の背, の馬, を斃

▼ 千六百人~ (6, 0.0%)

1 ありと, の一大旅行団, の主力, の列聖者, の司教, の大司教

▼ 千六百尺~ (6, 0.0%)

1 なるも, の山, の弥陀ヶ原高原, の標高, の雪峰, の駒ヶ岳

▼ 千六百年記念~ (6, 0.0%)

1 として上梓, として初めて, として明治神宮, として最近, に出版, の大博覽會

▼ 千四百~ (6, 0.0%)

2 の近衛竜騎兵 1 だけは缺, である, でお, も負けた

▼ 千~ (6, 0.0%)

1 にもあたる, のうち, の時, も御, をもかく, 程も逗留

▼ 千寿~ (6, 0.0%)

1 であった, の役, は一座, は天性, は急, を御

▼ 千差萬別~ (6, 0.0%)

1 あるが, でありましよう, である, でその, の事變, の景色

▼ 千幡さま~ (6, 0.0%)

1 にかぎる, には関西三十八ヶ国, に将軍家, の外祖, の将軍職, はその

▼ 千年あまり~ (6, 0.0%)

2 も前 1 の齢, もの歴史, も以前, も昔

▼ 千年來~ (6, 0.0%)

1 のこと, の天荒, の所在地, の長夜, の風俗, の風俗習慣

▼ 千手大尉~ (6, 0.0%)

1 が悲鳴, が舌打ち, であった, はそれ, はまだ, はワザ

▼ 千数百~ (6, 0.0%)

1 という人数, の人々, の人間, の労働者, の群衆, の髑髏

▼ 千~ (6, 0.0%)

1 くれりゃ行こうくれずば, という者, に質入れ, の作, や近く, を佛者

▼ 千枚分銅~ (6, 0.0%)

2 に目 1 と申します, の一枚, の一箇, をはじめ

▼ 千樹園~ (6, 0.0%)

1 が世話, という, という植木屋, と云う, の主人, はこう

▼ 千禾夫~ (6, 0.0%)

21 の処女作, の演出, は, 或は真船豊

▼ 千米突~ (6, 0.0%)

1 に達す, の土壁, の峠, の聖エリアス山脈, の高度, を出入

▼ 千萬人~ (6, 0.0%)

1 と雖, の心, を殺し, を論じよう, ヲ養フベキ, 悉く違つた顏

▼ 千萬無量~ (6, 0.0%)

1 だが, でも處女, と言つた姿, の御, の思慕, の歎

▼ 千角形~ (6, 0.0%)

2 でないこと, について思惟, を他

▼ 千~ (6, 0.0%)

2 の註釈 1 あるの, ずつ語ら, の新, をやっ

▼ 千部手写~ (6, 0.0%)

3 の望み, の発願

▼ 千餘人~ (6, 0.0%)

1 の援兵, を列し, を徴, を算, を還俗, 或は三千餘人

▼ 千〇八年~ (5, 0.0%)

2 と申す 1 という端数, の昔, を固く

▼ 千ぐらい~ (5, 0.0%)

1 あるの, だそう, だったの, だよ, 塩竈が

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 その費用, それが, 下谷の, 人数は, 問題の

▼ 千ばかりの~ (5, 0.0%)

1 うちから, 先鋒が, 勝, 敵が, 軍勢に

▼ 千グラム~ (5, 0.0%)

1 の酸素, までは致死的, もの液, も喀血, 即ち七百六十九倍

▼ 千トン級~ (5, 0.0%)

1 でとうてい, にたいする米, の当年, の數隻, の船

▼ 千パーセント~ (5, 0.0%)

1 いいです, ですぞ, と称せられた, 云い直せば, 或は六千パーセント

▼ 千マルク~ (5, 0.0%)

1 と月給二百マルク, の年俸, の正金, は大丈夫, を宛て

▼ 千万倍~ (5, 0.0%)

1 ぐらいのコンクリート, とも知れない, なり今, にし, の光明

▼ 千万円以上~ (5, 0.0%)

1 なりという, のお金, の見当, の財産家, の高

▼ 千万忝~ (5, 0.0%)

2 けない, のう 1 のうは御座る

▼ 千万本~ (5, 0.0%)

2 の針 1 とも知れないです, と数, の糸

▼ 千万民衆~ (5, 0.0%)

2 の総意 1 との比較, に含まれる, の絶対的要望

▼ 千三百万~ (5, 0.0%)

1 いわゆるエタ, から五千七八百万, という数, と云われた, に下落

▼ 千九百六年~ (5, 0.0%)

2 のヴェスヴィオ噴火, の大 1 に上演

▼ 千九百十九年~ (5, 0.0%)

2 の七月 1 にオークランド市, の, 第一次大戦

▼ 千二三百~ (5, 0.0%)

1 から千四, であり稀, の大, をこえ, を択びたる

▼ 千二三百年~ (5, 0.0%)

1 から二千年近く, の長い, の間, までの間, を経過

▼ 千二千~ (5, 0.0%)

1 という兵, という見物, という軍, と作った, の兵位

▼ 千二君君~ (5, 0.0%)

1 が調べ, の連, はつい, は一体どうして, は床下

▼ 千二百三十五番~ (5, 0.0%)

1 だと, でございます, と思いました, の花籤, は両

▼ 千二百五十人~ (5, 0.0%)

4 及び許多 1 の死人

▼ 千五百圓~ (5, 0.0%)

2 の宅地 1 と云, なりし品, の金

▼ 千五百萬兩~ (5, 0.0%)

1 で以, で濟, のもの, 掛けたら七百五十萬兩, 掛けて

▼ 千人万人~ (5, 0.0%)

1 とは単に, の人, の侵入者, の標準, を数える

▼ 千人二千人~ (5, 0.0%)

2 と投げ入れます 1 おりましょうとも, というもの, の立食

▼ 千人位~ (5, 0.0%)

1 で当時大和川附近, に減る, の僧侶, の労働者, の宦官

▼ 千人何万人~ (5, 0.0%)

1 あったか, という熟練職工, のお, の前, 召捕らるるとも

▼ 千人余~ (5, 0.0%)

1 にしよう, の人数, の共産主義者, の群集, の負傷者

▼ 千人余り~ (5, 0.0%)

1 の人々, の子供達, の数, の白襷隊, 各々涙

▼ 千人足らず~ (5, 0.0%)

1 であったが, であります, のご, の人数, はいる

▼ 千何百人~ (5, 0.0%)

1 かいる, かは梃子, からの同勢, のうちお金, の乗船

▼ 千余年前~ (5, 0.0%)

1 にできた, に我々, の文化, の朝鮮, 大集団

▼ 千余里~ (5, 0.0%)

1 の外, の海底, の路, も遠から, を隔て

▼ 千倍万倍~ (5, 0.0%)

1 したとて, する大, に増進, に増長, に拡大

▼ 千八百九十年~ (5, 0.0%)

1 で一章づゝ, に上海, の, の二月, まで彼

▼ 千八百年~ (5, 0.0%)

2 の五月 1 になつて, の初め, ばかり昔

▼ 千六百万~ (5, 0.0%)

2 となる 1 としてもその, となり, に増加

▼ 千六百町~ (5, 0.0%)

1 と云, の中, の中百町, は古川, もある

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 にまさる, の大, の戟, は得, をとらえ

▼ 千分の一秒~ (5, 0.0%)

1 だけ点火, で, という短, という非常, は消え

▼ 千切れ千切れ~ (5, 0.0%)

1 にゆるやか, に渦巻かせ, に見え, の綿雲, の薄

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 がそれ, でご, は釘, も八王子, をやる

▼ 千勢殺し~ (5, 0.0%)

1 が露見, の一埒, の下手人, の凄まじい, は全く

▼ 千四百米~ (5, 0.0%)

1 くらいの高, に近い, を抜い, を超え, を超えた

▼ 千回上演~ (5, 0.0%)

1 したの, した記録, という世界記録, のプリマドンナ生活, 出来たの

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 じゃない, に敵するあっ, の口, をなで, をひしと

▼ 千年位~ (5, 0.0%)

1 に私, の堕落, の墮落, の年月, の短時日

▼ 千年余り~ (5, 0.0%)

2 も前 1 の前, も固有, も昔

▼ 千年先~ (5, 0.0%)

1 から祖先, にいい, に行く, の文化, よりも二千年先

▼ 千年山毛欅~ (5, 0.0%)

1 とよぶ, の枝, の根もと, の根ッこ, の洞穴

▼ 千年目~ (5, 0.0%)

1 か五千年目, にも, に夜明け, は明日, ノ誕生日

▼ 千幾百年~ (5, 0.0%)

1 に亙つ, の古し, の長い, の間, も経っ

▼ 千数万~ (5, 0.0%)

1 の市, の蝶蝶, の軍勢, の食物, を一掃

▼ 千数百年前~ (5, 0.0%)

1 に於, のギリシア人, の中国, の中国人, の作

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 に比べる, の噂, の声, や高瀬, を想像

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 のん, の元気, も汚, よりもうれしい, 売るといふ

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 となる, にし, の差, も譲っ, を仰ぐ

▼ 千状万態~ (5, 0.0%)

2 の奇景 1 でこれら, の事物, の変

▼ 千~ (5, 0.0%)

3 の馬印 1 あかい陣羽織, 向ふところ商敵

▼ 千百万人~ (5, 0.0%)

1 が結集, の婦人, の生涯, をすくう, 亦各

▼ 千百五十余人~ (5, 0.0%)

1 からのもの, からの百姓, すくない, その主, の百姓一揆

▼ 千米前後~ (5, 0.0%)

2 の山 1 であるが, のもの, の地点

▼ 千萬圓餘~ (5, 0.0%)

1 であ, であつ, となる, になつ, に上る

▼ 千萬年~ (5, 0.0%)

1 なるも, の後, も倦ん, も生きる, を經

▼ 千萬言~ (5, 0.0%)

1 の雄, よりも深い, を費し, を費した, を開陳

▼ 千變萬化~ (5, 0.0%)

1 なる百種, のもの, の光, の奇趣妙景, はやきもの

▼ 千貫橋~ (5, 0.0%)

1 から少し, に行, のあたり, の方, は怖い

▼ 千貫目~ (5, 0.0%)

2 の錘 1 ほどもある, もあり, やパン

▼ 千~ (5, 0.0%)

1 という大, になった, の穀車, の車, よりなる

▼ 千近く~ (5, 0.0%)

1 といふ柄, は造ったろう, も勝, 勝った, 負ける

▼ 千部目~ (5, 0.0%)

5 にとりつい

▼ 千靱氏~ (5, 0.0%)

1 の, の作風位, の場合, の現在, は画面

▼ 千~ (5, 0.0%)

2 の菰蒲 1 の干潟, の池, またこれ天の川

▼ 千馬力~ (5, 0.0%)

1 で一時間, で十五噸, というの, もの力, 出る

▼ 千ある~ (4, 0.0%)

1 か何, か知らない, のである, ひは

▼ 千その~ (4, 0.0%)

1 うちに, おの, 次に足, 真先に

▼ 千たび~ (4, 0.0%)

1 も起りました, 見たとて, 語りても, 語れ

▼ 千ちゃんと~ (4, 0.0%)

1 この二人, どちらが, よばれて, 御一所

▼ 千なれ~ (4, 0.0%)

1 ども世人, ども要港, ば一千六百九十四人, 万なれ

▼ 千ほどの~ (4, 0.0%)

2 兵が 1 人数と, 市場町だった

▼ 千をも~ (4, 0.0%)

1 あわせ途中, 容れる事, 超えたで, 超えたであろう

▼ 千エーカー~ (4, 0.0%)

1 という水田, に過ぎませんでした, の土地, の多き

▼ 千フィート以上~ (4, 0.0%)

2 も高い 1 になる, の高

▼ 千ルウベル~ (4, 0.0%)

1 からは一文, と云つたつて, と云つて, を

▼ 千ルピー~ (4, 0.0%)

1 では, の予算, の懸賞金, の賞典

▼ 千一夜~ (4, 0.0%)

2 の物語 1 の間, 物語りの

▼ 千七百万~ (4, 0.0%)

1 という児童, の全, の同胞姉妹皆, は農民

▼ 千七百九十九人~ (4, 0.0%)

2 を武蔵 1 が武蔵, の方

▼ 千七百四十二人~ (4, 0.0%)

3 の女 1 は多

▼ 千万トン~ (4, 0.0%)

1 あること, という, のジャガ芋, の予定

▼ 千万人以上~ (4, 0.0%)

1 の人, の失業者, の婦人たち, の餓えた

▼ 千万以上~ (4, 0.0%)

1 ということ, とふんでる, は有らう, もある

▼ 千万円程度~ (4, 0.0%)

1 だ, であり軍事費, のもの, の税収入

▼ 千万同胞~ (4, 0.0%)

1 がこれ, の信念, の共有, の総意

▼ 千万年後~ (4, 0.0%)

1 のこと, の世, の世界, の弥勒菩薩出現

▼ 千三千~ (4, 0.0%)

1 というよう, という現金, の賞金, の金

▼ 千三百両~ (4, 0.0%)

1 で売っ, で売れる, で譲っ, になる

▼ 千三百人~ (4, 0.0%)

1 が定員, であった, の僧侶, を率い

▼ 千三百石~ (4, 0.0%)

1 と申す, にすぎない, の微々たる, をその

▼ 千両以上~ (4, 0.0%)

3 の金 1 の費用

▼ 千九百~ (4, 0.0%)

1 でしょう, の, 笑いなさいうんと, 計二万二千四百十三社

▼ 千九百二十三年~ (4, 0.0%)

2 の七月 1 の, の春

▼ 千九百円~ (4, 0.0%)

1 で梅田会館, になる, になれ, に過ぎざるなれ

▼ 千二百名~ (4, 0.0%)

1 がマニラ, の人夫, もゐました, を組織

▼ 千二百石取り~ (4, 0.0%)

1 の大身, の屋敷, の曲者, の殿樣

▼ 千二百石直参旗本~ (4, 0.0%)

1 の格式通り供揃いせい, の気品, の犯し, の貫禄

▼ 千五六百~ (4, 0.0%)

1 にも達するであろう, の兵, の小勢, も獲つたさうだ

▼ 千五百トン~ (4, 0.0%)

1 からの大船, の荷物, の貨物船, ばかりの貨物船

▼ 千五百九十九年~ (4, 0.0%)

1 にはウイン, の年の瀬今, の春, も六百年

▼ 千五百冊~ (4, 0.0%)

1 に垂, ばかりもあっ, もの本, 売れたわけ

▼ 千五百十八番~ (4, 0.0%)

3 が千兩 1 が富突き

▼ 千五百尺以上~ (4, 0.0%)

1 にある, の山中, の高山, の高度

▼ 千五百萬~ (4, 0.0%)

1 のブルジユワ, の利足, の歳, を引き

▼ 千人中~ (4, 0.0%)

2 の一人 1 の九百九十八人, わずかに

▼ 千人彫り~ (4, 0.0%)

3 の秘願 1 の願

▼ 千以下~ (4, 0.0%)

1 ではテコ, になった, の差, の都市

▼ 千何人~ (4, 0.0%)

1 かの花ムコ花ヨメ志願者, という死傷者, に包囲, も居

▼ 千何百年前~ (4, 0.0%)

1 の不破, の無線光波通信機, の石碑, の神代時代

▼ 千余艘~ (4, 0.0%)

1 とみゆる, もあり, をもって官物, を加え

▼ 千億円~ (4, 0.0%)

1 かけた道路, くらいかかる, ぐらいに当る, の戦費

▼ 千兩以上~ (4, 0.0%)

1 だ, といふ富, の金, もした

▼ 千~ (4, 0.0%)

1 というの, に逢っ, もおどろい, を詮議

▼ 千八十米~ (4, 0.0%)

1 の小, の岩峰, の忠次郎山, の隆起

▼ 千八百七十二年~ (4, 0.0%)

1 には更に, にノールウェー, に有名, 即ち明治五年

▼ 千八百九十六年~ (4, 0.0%)

1 に牢, の七月, の始, 病みて

▼ 千八百八十四年~ (4, 0.0%)

2 罷められて 1 と云う, に無名氏

▼ 千八百六十六年~ (4, 0.0%)

1 にザンジバル, に英國, に露國, の墺普戰爭

▼ 千六百万キロ~ (4, 0.0%)

1 がたった, だと, である, ほどになっ

▼ 千六百日~ (4, 0.0%)

2 の間 1 である, を通して喜劇

▼ 千六百石~ (4, 0.0%)

1 であつ, という旗本, の大船, の旗本根来氏

▼ 千円三千円~ (4, 0.0%)

1 という金, とその, の高額, を出した

▼ 千円余~ (4, 0.0%)

1 に上っ, のお金, の余裕, の損亡

▼ 千勢子~ (4, 0.0%)

1 が来社, と云, のほか, 両老婦人

▼ 千~ (4, 0.0%)

1 を売り切った, を頒, 拝しけり, 持って

▼ 千四五百~ (4, 0.0%)

1 に殖え, のところ, の金, をあまし

▼ 千四五百人~ (4, 0.0%)

1 と言う, の乗馬者, の職工, もの観客

▼ 千四百万~ (4, 0.0%)

1 となり, の人間, または一千五百万, を養う

▼ 千四百両~ (4, 0.0%)

2 からの金 1 からの小判, の金

▼ 千四百円ベース~ (4, 0.0%)

1 になる, には今日, の問題, の家計

▼ 千~ (4, 0.0%)

1 あったと, とかで, とか稱, の一族

▼ 千場作兵衛~ (4, 0.0%)

1 そのほか重手, とがしたがっ, は重手, も続い

▼ 千宗左~ (4, 0.0%)

1 とが呼び出された, の姿, はまた, を訪れ

▼ 千~ (4, 0.0%)

1 と僭上, と曲解, もの千少, 事など

▼ 千層倍~ (4, 0.0%)

2 も気に入りました 1 あろうか, にもおまけ

▼ 千年一日~ (4, 0.0%)

3 の如く 1 の如き

▼ 千年二千年~ (4, 0.0%)

1 たとうが, にも及ぶであろう, の昔, の間

▼ 千年以来~ (4, 0.0%)

1 この復讐, のこと, の神, 失って

▼ 千年昔~ (4, 0.0%)

2 のこと 1 のシナ人, の寺院

▼ 千年餘~ (4, 0.0%)

1 の先, の前, の時, の歳月

▼ 千日寺~ (4, 0.0%)

1 に梟, のうしろ, の前, へも行った

▼ 千曲さん~ (4, 0.0%)

2 だったらそんな, をご覧

▼ 千曳き~ (4, 0.0%)

1 と生き物, にかけてとうとう, の綱, の考証

▼ 千朶山房~ (4, 0.0%)

1 に兀坐, に群賢, の草稿, は品詩論画

▼ 千柿老人~ (4, 0.0%)

1 が大小二つ, に鍔元, の住まい, の住まいでこ

▼ 千~ (4, 0.0%)

1 なり, の積り, は垂仁帝, を得べし

▼ 千殊万別~ (4, 0.0%)

3 である 1 なり一個

▼ 千段巻~ (4, 0.0%)

1 に捲きつけられ, のところ, の柄, を握ろう

▼ 千海里~ (4, 0.0%)

1 といへ, も附近一帯, 近い沖, 離れて

▼ 千番トラック~ (4, 0.0%)

1 に勤め, のギャレジ, の主人, を引い

▼ 千百万~ (4, 0.0%)

1 とし, の人口, の彼女たち, を養った

▼ 千百五十石~ (4, 0.0%)

2 を取った 1 で鉄砲組三十挺, に加増

▼ 千百人中~ (4, 0.0%)

3 の一人 1 の一

▼ 千百円~ (4, 0.0%)

1 ぐらいの整理, の宿泊料, の負債, を儲

▼ 千百年前~ (4, 0.0%)

1 からわたし, である, の大昔, の小野篁

▼ 千百歳~ (4, 0.0%)

2 の下 1 この獅, に一人

▼ 千石取り~ (4, 0.0%)

1 でその, の大, の旗本, の旗本屋敷

▼ 千石君~ (4, 0.0%)

3 と寝よ 1 とねよ

▼ 千石高~ (4, 0.0%)

1 と出世, の江戸城留守居, の芙蓉間詰, 程の暮し

▼ 千箇寺參~ (4, 0.0%)

1 りでも, りと, りなどといふ, りの

▼ 千米以下~ (4, 0.0%)

1 であっては, では平野, の山許, の峠

▼ 千~ (4, 0.0%)

1 の旅行, も離れ, も飛ぶ, を六糎

▼ 千蔭流~ (4, 0.0%)

1 で走り書き, の稽古, の筆, の筆道

▼ 千辛萬苦~ (4, 0.0%)

1 するとも, を侵し, を嘗められた, 迫る時彼

▼ 千部写経~ (4, 0.0%)

3 をし 1 の悲願

▼ 千部手寫~ (4, 0.0%)

2 の望み, の發願

▼ 千くら~ (3, 0.0%)

2 ゐの 1 ゐ旧

▼ 千しか~ (3, 0.0%)

1 すらないの, なかった, 出なかつたと

▼ 千ぞう~ (3, 0.0%)

1 と称え, の兵船, は室

▼ 千だけ~ (3, 0.0%)

1 だった, である, 刷ったが

▼ 千つぶ~ (3, 0.0%)

1 ずついや, でもよかっ, もこんな

▼ 千では~ (3, 0.0%)

1 ない, 利くまいな, 利くまいに

▼ 千とは~ (3, 0.0%)

1 いわない, また前後, また連れ

▼ 千ないし~ (3, 0.0%)

1 三千位あります, 五千の, 六万家族であった

▼ 千ばかりに~ (3, 0.0%)

1 熊本鎮圧歩兵第, 過ぎなかった, 限らむとて

▼ 千まで~ (3, 0.0%)

1 あげて, 師匠おもっ, 数えれば

▼ 千よろ~ (3, 0.0%)

2 づの国に 1 づの

▼ 千を以て~ (3, 0.0%)

1 数える程, 西条村の, 逆襲し

▼ 千カイリ~ (3, 0.0%)

1 この無人, にちかい, もある

▼ 千フラン紙幣~ (3, 0.0%)

1 がたくさん, の話, をテナルディエ

▼ 千ホグスヘッド~ (3, 0.0%)

2 の煙草 1 が海外

▼ 千メートル附近~ (3, 0.0%)

1 であるらしいから, にあたる, に怪しき

▼ 千リラ~ (3, 0.0%)

1 かかりました, なの, 持って

▼ 千ヴォルト~ (3, 0.0%)

1 の発電機, の電圧, の電極

▼ 千七百フィート~ (3, 0.0%)

1 あって, のマウナ・ケア, の山頂

▼ 千七百九十九名~ (3, 0.0%)

1 だけがなぜ, というもの, をここ

▼ 千七百二十米~ (3, 0.0%)

2 の圏 1 の等高線

▼ 千七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 千七百年前~ (3, 0.0%)

1 から今日, の地名, の支那

▼ 千七百町~ (3, 0.0%)

2 と云 1 は隅

▼ 千七百萬圓~ (3, 0.0%)

1 であつ, よりもまだ, 程節約

▼ 千万キロワット時~ (3, 0.0%)

1 と計画, の電力, の電力増加

▼ 千万円近く~ (3, 0.0%)

2 の金 1 に達した

▼ 千万年以上~ (3, 0.0%)

1 の太古, の昔, 多分一億年

▼ 千万度~ (3, 0.0%)

1 も, も使われた, 繰り返すもの

▼ 千万無数~ (3, 0.0%)

1 に重なり合った, の, の狂人

▼ 千万語~ (3, 0.0%)

2 の終り 1 にまさり

▼ 千万辱~ (3, 0.0%)

2 けない 1 ない事

▼ 千万遍~ (3, 0.0%)

1 くりかえしたところ, のお礼, も愚か

▼ 千三百メートル~ (3, 0.0%)

1 と地図, の下水道, の高原

▼ 千三百万ドル~ (3, 0.0%)

1 かけて, の投資, は約

▼ 千三百三十三~ (3, 0.0%)

1 あるの, であるという, の松

▼ 千三百八十七米~ (3, 0.0%)

1 の三角点, の低い, の白兀

▼ 千三百八十九円~ (3, 0.0%)

1 といふ事, といふ値, を納めました

▼ 千三百四十五萬六千七百八十九枚~ (3, 0.0%)

1 が舞い込む, と算出, の選擧權要求書

▼ 千三百町~ (3, 0.0%)

1 のもの, の地面, の官林

▼ 千三百米~ (3, 0.0%)

1 の高所, を少し, を超

▼ 千世帯~ (3, 0.0%)

1 に対する私たち, を二百日間, を養う

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 と云う, どころか万発万中, を得る

▼ 千九百三十七年~ (3, 0.0%)

1 にはチュカロフ, に住ん, のこと

▼ 千九百三十年~ (3, 0.0%)

1 なのに, に日本, の私

▼ 千九百九十九円~ (3, 0.0%)

1 を差し, を御礼, を除き去ら

▼ 千九百二十四年~ (3, 0.0%)

1 すなわち大正十三年, にはチュクノフスキー, に作られた

▼ 千九百二十米~ (3, 0.0%)

2 の峰 1 の圏

▼ 千九百五十七米~ (3, 0.0%)

3 の三角点

▼ 千九百米~ (3, 0.0%)

1 の頭, を超え, を超えた

▼ 千二たち~ (3, 0.0%)

1 が博士, に対したいへん, のあ

▼ 千二三百円~ (3, 0.0%)

1 かで何百品, である, ほしん

▼ 千二百ドル~ (3, 0.0%)

1 がそっくり, で買います, なら五十万円以上

▼ 千二百五十三年~ (3, 0.0%)

2 の十二月 1 で千二百五十五年

▼ 千二百圓~ (3, 0.0%)

1 にて十分, ほど借, を給

▼ 千二百羅漢~ (3, 0.0%)

1 に次い, のうち, の話

▼ 千五六百米~ (3, 0.0%)

1 が其限度, の高, の高所

▼ 千五千~ (3, 0.0%)

1 のバタ, 乃至一万, 或は一万円

▼ 千五百ドル~ (3, 0.0%)

1 でさらり, にし, 貰えたので

▼ 千五百フィート~ (3, 0.0%)

1 あるいはそれ以上, なり, 乃至二千フィート

▼ 千五百万フラン~ (3, 0.0%)

1 に当たる, の金, を救済

▼ 千五百万ポンド~ (3, 0.0%)

2 の巨費 1 という

▼ 千五百余人~ (3, 0.0%)

1 とかぞえられ, に上った, を陸奥国伊治城

▼ 千五百匹~ (3, 0.0%)

2 の河童たち 1 の鼠

▼ 千五百尺位~ (3, 0.0%)

1 のところ, のもの, の高

▼ 千五百餘年~ (3, 0.0%)

1 の歴史, の長い, の長き

▼ 千人それ~ (3, 0.0%)

1 に今, に旗本, に洋服

▼ 千人分~ (3, 0.0%)

1 の名物栗強飯, の布, の食事

▼ 千人前~ (3, 0.0%)

1 か何, の米, を準備

▼ 千人塚~ (3, 0.0%)

1 に砲台, は町はずれ, を見物

▼ 千何萬~ (3, 0.0%)

1 といふ身上, と知れ無い, の人

▼ 千余万~ (3, 0.0%)

1 の人民, の婦人, の頭脳

▼ 千余坪~ (3, 0.0%)

1 という広大さ, になった, の寺内

▼ 千余年間~ (3, 0.0%)

2 の和歌 1 のごく

▼ 千余石~ (3, 0.0%)

1 に改め, の賄料, の館

▼ 千余駄~ (3, 0.0%)

1 に積んだ, の馬, も曳い

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 かな, にそむるくれなゐの, の靱

▼ 千兩二千兩~ (3, 0.0%)

1 の箱, の金, 儲けてる最中

▼ 千兩搜~ (3, 0.0%)

1 しに, しの, し出して

▼ 千兩箱一つ~ (3, 0.0%)

1 が今, と外, と奉納

▼ 千兩萬兩~ (3, 0.0%)

1 の蘭, の金, 積んでも

▼ 千八百メートル~ (3, 0.0%)

1 だ, と申します, の陽画映写フィルム

▼ 千八百七十七年~ (3, 0.0%)

1 と, というの, は日本

▼ 千八百七十年~ (3, 0.0%)

1 であ, に作つた一幕劇, のフランス

▼ 千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 千八百二十一年~ (3, 0.0%)

2 生る 1 の序

▼ 千八百二十八年~ (3, 0.0%)

1 でありまして, に生れ, のこと

▼ 千八百二十米~ (3, 0.0%)

1 の峰, の社山, を超え

▼ 千八百五十円~ (3, 0.0%)

1 ほどになっ, をわが, 貸すか

▼ 千八百倍~ (3, 0.0%)

1 に当る, の質量, はあります

▼ 千八百八十九年~ (3, 0.0%)

1 で同年六月七日, の詩集, 更に新進

▼ 千八百八十八年~ (3, 0.0%)

1 とあります, には初めて, に巴里

▼ 千八百八十年代~ (3, 0.0%)

1 に歿しき, の半頃奈良, の知識階級

▼ 千八百六十九年~ (3, 0.0%)

1 の夏, の彼, の春

▼ 千八百十五年~ (3, 0.0%)

1 だが, に支那學, 即ち今

▼ 千八百年代~ (3, 0.0%)

1 であるし, のこと, の新型自転車

▼ 千八百年前~ (3, 0.0%)

1 に人類, の古典, 成った班

▼ 千八百米附近~ (3, 0.0%)

1 から伊吹麝香草, から姿, までは確

▼ 千六十四人~ (3, 0.0%)

1 が明治四十年, しかありません, との比

▼ 千六百余年~ (3, 0.0%)

1 の光輝, の前, の昔

▼ 千六百八十米~ (3, 0.0%)

3 の圏

▼ 千六百年前~ (3, 0.0%)

1 にちゃんと, に匈奴, に有名

▼ 千六百年祝典~ (3, 0.0%)

1 に際しかの, の今日, の日

▼ 千円二千円~ (3, 0.0%)

1 で子供ら, としぼりとっ, となり

▼ 千円宛~ (3, 0.0%)

1 に計, の貯金, 出し合うて

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 とか中, などといふ記録, を抜き

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 って五軍, にも聞い, は千部

▼ 千切られる~ (3, 0.0%)

1 くらいウン, 切符に, 程の

▼ 千利久~ (3, 0.0%)

1 といふ町人, も殺した, を殺し

▼ 千刷る~ (3, 0.0%)

1 のです, ので一割二分の由, 由

▼ 千匹猿~ (3, 0.0%)

2 の鍔 1 を啀み合わせた

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 と云, にも上っ, のうち

▼ 千吉君~ (3, 0.0%)

1 が考古界六巻一号, の, は何

▼ 千哩以上~ (3, 0.0%)

1 の海面, も櫻木大佐等, も離れ

▼ 千四百五十六萬七千八百九十九枚~ (3, 0.0%)

1 といふ統計, の葉書, 若しくは二千三百四十五萬六千七百八十九枚

▼ 千四百尺~ (3, 0.0%)

1 に比し, の絶頂, を少し

▼ 千四百年前~ (3, 0.0%)

1 にソクラテス, の中央アジア, の古代

▼ 千四百石~ (3, 0.0%)

1 であったのに, と唄, のお

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 の作, の市, は初

▼ 千地涌~ (3, 0.0%)

3 の菩薩

▼ 千~ (3, 0.0%)

2 置戸を 1 を設け

▼ 千垢離~ (3, 0.0%)

1 などの千, をともなっ, をとる

▼ 千大千世界~ (3, 0.0%)

1 にわが, の悪魔, を見出す

▼ 千夫少年~ (3, 0.0%)

1 にほかならなかった, はやっと, をルゾン号

▼ 千尺位~ (3, 0.0%)

1 の全く, の幾筋, の所

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 という, の大, はつまり

▼ 千山万岳~ (3, 0.0%)

1 の煙, の重畳, をサッサ

▼ 千山行~ (3, 0.0%)

1 は撤回, を撤回, を諦めた

▼ 千差万様~ (3, 0.0%)

1 でみんな特徴, なれども, の画

▼ 千平方メートル~ (3, 0.0%)

1 もあっ, もある, も庭

▼ 千年今~ (3, 0.0%)

1 から三千年許, 始めて帰る, 帰り来る

▼ 千年何万年~ (3, 0.0%)

1 という悠久, にわたって嫌, 呼び続けるか

▼ 千年余~ (3, 0.0%)

1 の冷凍睡眠, の歴史, の苦悩

▼ 千年像法千年~ (3, 0.0%)

1 といっ, をすぎ, を経

▼ 千年萬年~ (3, 0.0%)

1 にいたる, の後, を暮らす

▼ 千~ (3, 0.0%)

2 の置戸 1 の置座

▼ 千態万様~ (3, 0.0%)

1 さながら浮き世, の変遷, の相

▼ 千或は~ (3, 0.0%)

1 一万円に, 一萬の, 十千の

▼ 千手院~ (3, 0.0%)

1 の冷水, の北, の警固

▼ 千数百人~ (3, 0.0%)

1 ある, で第, の生徒

▼ 千数百名~ (3, 0.0%)

1 おり建物, の将兵, もの者

▼ 千数百年以前~ (3, 0.0%)

1 にわが国, に天山山脈, の我々

▼ 千数百枚~ (3, 0.0%)

2 に及ぶ 1 にのぼる

▼ 千數百年~ (3, 0.0%)

2 の歴史 1 の間

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 であった, を開い, 振る神

▼ 千有余~ (3, 0.0%)

1 の出征将校下士卒, の小児等, の珍

▼ 千有余名~ (3, 0.0%)

1 の卒業生, の学生, の来賓

▼ 千本濱~ (3, 0.0%)

1 で京都附近, の方, の松原

▼ 千歳座~ (3, 0.0%)

1 と改称, のあり, まで人力車

▼ 千殺し~ (3, 0.0%)

1 の現場, の顛末, を頑強

▼ 千河千~ (3, 0.0%)

1 といった気, の気, の私

▼ 千~ (3, 0.0%)

2 を含み 1 を含む

▼ 千由旬~ (3, 0.0%)

2 を行きなさる 1 の海

▼ 千町以上~ (3, 0.0%)

3 の地面

▼ 千町田~ (3, 0.0%)

1 といふ, の垂穂, の穂波

▼ 千疋猴~ (3, 0.0%)

1 あった例, が人, とて夥しき

▼ 千百年後~ (3, 0.0%)

1 に私, の今日, の大正

▼ 千百米~ (3, 0.0%)

1 の峰, の附近, を少し

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 したる抑揚, の大軍, の麾下

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 でしょうかなあ, をえた, を集め

▼ 千米突以上~ (3, 0.0%)

2 の高山 1 は雑木

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 の飾り玉, ほどキニーネ, も初めて

▼ 千緒万端~ (3, 0.0%)

1 なれども, にし, に分別

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 すると, の精妙, の賜

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 が家, とがつい, の夭折

▼ 千萩どの~ (3, 0.0%)

1 のお, は三之助どの, もたんと

▼ 千萬ドル~ (3, 0.0%)

1 の紙幣, の金, を借りる

▼ 千萬石~ (3, 0.0%)

1 くらいの不足, とか増收, 買えば

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 に入門, の略解本, は身分

▼ 千虎先生~ (3, 0.0%)

1 が中心, が調べました, は河内

▼ 千~ (3, 0.0%)

3 のお

▼ 千谷さん~ (3, 0.0%)

1 に答える, の話, は笑った

▼ 千貫文~ (3, 0.0%)

1 を朝廷, を献じ, を献上

▼ 千~ (3, 0.0%)

1 かを, という土, を獲た

▼ 千軍萬馬~ (3, 0.0%)

2 の間 1 の中

▼ 千辺一律~ (3, 0.0%)

1 で一向, で何, で物体

▼ 千部位~ (3, 0.0%)

1 しか売れず, の製本料, 第二回

▼ 千頃堂書目~ (3, 0.0%)

1 などを取つた, に據つた, の如き

▼ 千頭津右衛門~ (3, 0.0%)

1 といえ, のこと, の妻

▼ 千餘卷~ (3, 0.0%)

1 なれど, のどの, を授けた

▼ 千餘萬~ (3, 0.0%)

1 に増加, のポーランド國, の同胞

▼ 千餘里復~ (3, 0.0%)

3 有國

▼ 千餘里至~ (3, 0.0%)

3 拘奴國

▼ 千魂萬魂~ (3, 0.0%)

1 といはれ, はレツシング, を一つ

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 つて短い, つまつておかみに

▼ 千ありゃ~ (2, 0.0%)

1 充分な, 十晩の

▼ 千いくら~ (2, 0.0%)

1 かだ, だったと

▼ 千からの~ (2, 0.0%)

1 三河武士に, 貸しに

▼ 千か所~ (2, 0.0%)

1 の火事, の火災

▼ 千ぐさ~ (2, 0.0%)

1 の朝な夕な, は朝

▼ 千これ~ (2, 0.0%)

1 だけの軍勢, を五手

▼ 千さらに~ (2, 0.0%)

1 園城寺の, 張角を

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 ぢの

▼ 千ずつ~ (2, 0.0%)

1 三口それに, 二手に

▼ 千そこそこ~ (2, 0.0%)

1 で食つて, 出て

▼ 千たらず~ (2, 0.0%)

1 で対陣, の兵

▼ 千だった~ (2, 0.0%)

1 かも知れぬ, とも云われ

▼ 千ちゃんお前様~ (2, 0.0%)

1 と御新造様, のこと

▼ 千ちゃん何~ (2, 0.0%)

1 だってお前様, だってそう

▼ 千であった~ (2, 0.0%)

1 が信玄, モスクワの

▼ 千との~ (2, 0.0%)

1 寄り合い世帯が, 距離が

▼ 千とも数~ (2, 0.0%)

1 を知れねえ, 知れぬ蜘蛛

▼ 千とやら~ (2, 0.0%)

2 申します

▼ 千どり~ (2, 0.0%)

1 お好み焼店, といふお

▼ 千なにがし~ (2, 0.0%)

1 のお金, の給料

▼ 千なりほおずき~ (2, 0.0%)

1 なども怖, をとっ

▼ 千には~ (2, 0.0%)

1 ちと欠ける, もう疾

▼ 千ばかりが~ (2, 0.0%)

1 その前後, 城下に

▼ 千びき~ (2, 0.0%)

1 あつまろうと, では

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 ん振っ, ん言っ

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 剣佩黄道ヲ, 草木ヲ

▼ 千フィートあまり~ (2, 0.0%)

1 だろう, の藤蔓

▼ 千フロリン~ (2, 0.0%)

1 の年金, を儲け

▼ 千ページ~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの予定, の大冊

▼ 千メートルニ達セシトコロ~ (2, 0.0%)

2 突然轟音トトモニハゲシキ震動

▼ 千メートル位~ (2, 0.0%)

1 のところ, の高度

▼ 千ルーブリ寄附~ (2, 0.0%)

1 すること, なさいました

▼ 千ヶ瀧~ (2, 0.0%)

1 にゐる, の思い

▼ 千一名~ (2, 0.0%)

1 と答, なる人間

▼ 千一百年~ (2, 0.0%)

1 に僧尼嫁, ばかり前

▼ 千一百年忌~ (2, 0.0%)

2 に當

▼ 千七八百米~ (2, 0.0%)

1 の西側, の高

▼ 千七十七万千九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 千七十米~ (2, 0.0%)

1 の峰, の峰頂

▼ 千七百ベェスター~ (2, 0.0%)

1 だねえ, と書い

▼ 千七百七十人~ (2, 0.0%)

2 この人数

▼ 千七百九十三年~ (2, 0.0%)

1 その稀書, の大

▼ 千七百九十九枚~ (2, 0.0%)

1 だ, の年始状

▼ 千七百五十五年~ (2, 0.0%)

1 のリスボン地震, の刊行

▼ 千七百五十五年十一月一日~ (2, 0.0%)

2 のリスボン

▼ 千七百五十坪~ (2, 0.0%)

1 に対する設定金額, はそれぞれ設定

▼ 千七百五十封度~ (2, 0.0%)

1 の代価, の値上げ代価

▼ 千七百人~ (2, 0.0%)

1 あるです, になっ

▼ 千七百余人~ (2, 0.0%)

1 の人員, また吉良

▼ 千七百八十九年~ (2, 0.0%)

1 に於, の抑

▼ 千七百六十九匹~ (2, 0.0%)

2 の職工

▼ 千七百円ベース~ (2, 0.0%)

1 では支えきれない, の底

▼ 千七百名~ (2, 0.0%)

1 の従業員, を収容

▼ 千七百四十四米~ (2, 0.0%)

2 の峰

▼ 千七百四十米~ (2, 0.0%)

2 の圏

▼ 千七百圓~ (2, 0.0%)

1 なの, ほど取つ

▼ 千七百年代~ (2, 0.0%)

1 からローマン主義時代, の初頭

▼ 千七百度~ (2, 0.0%)

1 の熱度, の高熱

▼ 千七百戸~ (2, 0.0%)

1 に及んだ, のうち

▼ 千七百枚~ (2, 0.0%)

1 とか売れた, と承り

▼ 千七百萬~ (2, 0.0%)

1 の全, は農民

▼ 千万さ~ (2, 0.0%)

1 も御用, を底

▼ 千万キロ~ (2, 0.0%)

1 だった, を飛ばなく

▼ 千万ポンド~ (2, 0.0%)

1 にのぼっ, に達し

▼ 千万メートル~ (2, 0.0%)

1 ある, 即ち地球

▼ 千万一億~ (2, 0.0%)

2 の金

▼ 千万中~ (2, 0.0%)

1 に一, の一

▼ 千万人中~ (2, 0.0%)

2 の一人

▼ 千万人生五十年~ (2, 0.0%)

2 過ぎても

▼ 千万使用~ (2, 0.0%)

2 すること

▼ 千万個~ (2, 0.0%)

1 であろうと, と推定

▼ 千万個〇・〇二五ミリグラム~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 千万億~ (2, 0.0%)

1 の葉, の錯誤

▼ 千万分の一~ (2, 0.0%)

1 となる, にすぎない

▼ 千万坪~ (2, 0.0%)

1 の良田, よりももっと

▼ 千万年前~ (2, 0.0%)

1 に地球, に沈澱

▼ 千万年千五百~ (2, 0.0%)

2 の万年

▼ 千万枚~ (2, 0.0%)

1 あったって, のアンケート

▼ 千万片~ (2, 0.0%)

1 と数, の黄金

▼ 千万疋~ (2, 0.0%)

1 とそれぞれ一列, もウヂヤ

▼ 千万石~ (2, 0.0%)

1 とか増収, の米

▼ 千万磅~ (2, 0.0%)

1 と云われた, と見積られ

▼ 千万秀吉~ (2, 0.0%)

2 はかう

▼ 千万粒~ (2, 0.0%)

1 のうち一つ位, 乃至七億粒

▼ 千万行~ (2, 0.0%)

2 の文章

▼ 千万銭~ (2, 0.0%)

1 なるに, を医

▼ 千三ツ屋~ (2, 0.0%)

1 が声, などという人たち

▼ 千三十八~ (2, 0.0%)

1 の皺, を早飛脚

▼ 千三十六米~ (2, 0.0%)

1 の三角点, の和名倉山

▼ 千三十円~ (2, 0.0%)

1 だけこの, とって

▼ 千三十四米~ (2, 0.0%)

1 と測られた, の一隆起

▼ 千三四百年~ (2, 0.0%)

1 といふ説, 経った今日

▼ 千三百キロ~ (2, 0.0%)

1 のかなた, ほどいった

▼ 千三百トン~ (2, 0.0%)

1 という巨船, の十二ノット半

▼ 千三百七十五号~ (2, 0.0%)

1 さう, といふたつた

▼ 千三百万人~ (2, 0.0%)

1 をささやか, を改宗

▼ 千三百三十三人~ (2, 0.0%)

1 と御, の

▼ 千三百三十三人三分の一~ (2, 0.0%)

1 につい, に増加

▼ 千三百三十三尺~ (2, 0.0%)

1 という不思議, 高さ

▼ 千三百三十三體~ (2, 0.0%)

1 あると, の觀音樣

▼ 千三百二十圓~ (2, 0.0%)

1 であ, の相場

▼ 千三百二年~ (2, 0.0%)

1 なり而, の間

▼ 千三百五十石~ (2, 0.0%)

1 に嫁入, 取の

▼ 千三百何円~ (2, 0.0%)

1 を静岡大火, アガった由

▼ 千三百余~ (2, 0.0%)

1 というの, に及んだ

▼ 千三百余年~ (2, 0.0%)

1 になる, は彼自身

▼ 千三百兆~ (2, 0.0%)

2 大カロリー

▼ 千三百六十米~ (2, 0.0%)

1 を超え, を超えた

▼ 千三百十一万~ (2, 0.0%)

1 と言われ, の統計

▼ 千三百十号~ (2, 0.0%)

2 の紙上

▼ 千三百四十八兩~ (2, 0.0%)

1 と書い, ピタリと

▼ 千三百年間~ (2, 0.0%)

1 ついぞ安定, に亙る

▼ 千三百年頃~ (2, 0.0%)

1 には人, のヱジプト王セテイ一世

▼ 千両あと~ (2, 0.0%)

1 の千両, は店

▼ 千両五千両~ (2, 0.0%)

1 で困る, と頒

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 と言, も兄

▼ 千之氏~ (2, 0.0%)

1 が先進者, は内務省

▼ 千九百〇六年~ (2, 0.0%)

1 すなわち昨年, の最近

▼ 千九百七十八米~ (2, 0.0%)

1 であるが, の蟻ヶ峠

▼ 千九百九十七人~ (2, 0.0%)

1 という尨大, という文盲者中

▼ 千九百九十九人~ (2, 0.0%)

1 が瘋癲人, であろう

▼ 千九百九十米~ (2, 0.0%)

1 の上, を下る

▼ 千九百二十七年~ (2, 0.0%)

1 になくなる, に於

▼ 千九百二十九年~ (2, 0.0%)

2 の春

▼ 千九百二十二年四月二十四日~ (2, 0.0%)

2 を思い出せ

▼ 千九百二十五年~ (2, 0.0%)

1 の五月, の衣魚

▼ 千九百二十円~ (2, 0.0%)

1 で二千四百カロリー, の水準

▼ 千九百二十年~ (2, 0.0%)

1 から二十三年, の春

▼ 千九百二十年代~ (2, 0.0%)

1 の, の人心

▼ 千九百五年~ (2, 0.0%)

1 に歐洲, の

▼ 千九百五番地~ (2, 0.0%)

1 だって, というの

▼ 千九百余人~ (2, 0.0%)

1 の多き, はおそらく

▼ 千九百八十米~ (2, 0.0%)

1 の圏, の小在

▼ 千九百六人~ (2, 0.0%)

1 ありと, あるを

▼ 千九百十一年~ (2, 0.0%)

1 に死んだ, の十回

▼ 千九百十三年~ (2, 0.0%)

1 の秋, 迄は同じ

▼ 千九百十八年~ (2, 0.0%)

1 の秋, よ

▼ 千九百十四トン~ (2, 0.0%)

1 という巨大船, の

▼ 千九百十四年~ (2, 0.0%)

1 にはロシヤ, に到る

▼ 千九百四十一年前~ (2, 0.0%)

1 と限定, にマリア

▼ 千九百年~ (2, 0.0%)

1 ほど前, も前

▼ 千九百年三月アントワアヌ座~ (2, 0.0%)

1 でこれ, で上演

▼ 千二くん~ (2, 0.0%)

1 じゃない, に聞いた

▼ 千二の~ (2, 0.0%)

1 からだ, はいこん

▼ 千二一人~ (2, 0.0%)

1 がのこった, が床

▼ 千二三百メートル~ (2, 0.0%)

1 から一千七百メートル位, のところ

▼ 千二三百人~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, はたてこもっ

▼ 千二三百年前~ (2, 0.0%)

1 の重, の音

▼ 千二三百度~ (2, 0.0%)

1 ぐらいのもん, で燒

▼ 千二百キロ~ (2, 0.0%)

1 に及ぶ, の暖かい

▼ 千二百トン~ (2, 0.0%)

1 のインド丸, ばかりの貨物船

▼ 千二百フィート~ (2, 0.0%)

1 の撮影, の高

▼ 千二百メートル~ (2, 0.0%)

1 ぐらいがせいぜい, とだんだん

▼ 千二百七十一年~ (2, 0.0%)

1 から九十五年, で歐洲

▼ 千二百万人~ (2, 0.0%)

1 が襲来, に足る

▼ 千二百万円~ (2, 0.0%)

1 だろう, であったが

▼ 千二百五十四年~ (2, 0.0%)

2 の八月

▼ 千二百余人~ (2, 0.0%)

1 のうち, の降参者

▼ 千二百余年前~ (2, 0.0%)

1 に於, の法令

▼ 千二百六十トン~ (2, 0.0%)

1 の大船, の石炭

▼ 千二百刷つて~ (2, 0.0%)

2 居て

▼ 千二百十二年~ (2, 0.0%)

1 になる, の三月十八日

▼ 千二百哩~ (2, 0.0%)

1 も進んだ, も離れた

▼ 千二百四十六年七月~ (2, 0.0%)

2 から十一月

▼ 千二百年ころ~ (2, 0.0%)

2 にはたいてい

▼ 千二百年以上~ (2, 0.0%)

1 という人類史上, も経過

▼ 千二百石頂戴~ (2, 0.0%)

1 の天下, の直参旗本

▼ 千二百票~ (2, 0.0%)

1 ばかりで惨敗, ばかりで敗れた

▼ 千二百立方尺~ (2, 0.0%)

1 になる, の空気

▼ 千二百萬~ (2, 0.0%)

2 のブルジユワ

▼ 千二百里旅~ (2, 0.0%)

2 の蚊

▼ 千二米~ (2, 0.0%)

1 の峰, の絶頂

▼ 千五十八巻~ (2, 0.0%)

1 がそれぞれ経題, の二部

▼ 千五百くら~ (2, 0.0%)

1 ゐの, ゐ木造

▼ 千五百ポンド~ (2, 0.0%)

1 に手, を相続

▼ 千五百マイル~ (2, 0.0%)

1 の大河, を隔て

▼ 千五百メエトル~ (2, 0.0%)

1 に至る, ばかり行く

▼ 千五百七十六年女王エリサベス~ (2, 0.0%)

2 の時代

▼ 千五百万ドル~ (2, 0.0%)

1 からの錫, と云え

▼ 千五百万年~ (2, 0.0%)

1 も前, 経つと

▼ 千五百万年光~ (2, 0.0%)

1 というもの, といふもの

▼ 千五百二十年~ (2, 0.0%)

1 じゃによって今, に大西洋

▼ 千五百五十三石~ (2, 0.0%)

1 より三千八百石, を食んだ

▼ 千五百余~ (2, 0.0%)

1 あった, に過ぎなかった

▼ 千五百余年来未曾有~ (2, 0.0%)

2 の珍事

▼ 千五百俵~ (2, 0.0%)

1 の献上, を食ん

▼ 千五百倍~ (2, 0.0%)

1 ぐらいの食料, になる

▼ 千五百八十名~ (2, 0.0%)

1 の鎮台内, への割当

▼ 千五百八番~ (2, 0.0%)

1 が當, でせう

▼ 千五百六十円~ (2, 0.0%)

1 ということ, は承認

▼ 千五百円位~ (2, 0.0%)

1 ありました, どうじゃ

▼ 千五百句~ (2, 0.0%)

1 を一日一夜, を吐いた

▼ 千五百年以前~ (2, 0.0%)

1 のこと, の物

▼ 千五百把~ (2, 0.0%)

1 ずつの松明, とあっ

▼ 千五百畝~ (2, 0.0%)

1 となる, を日本式

▼ 千五百磅~ (2, 0.0%)

1 になっ, の株券

▼ 千五百秋~ (2, 0.0%)

1 だの, に榮

▼ 千五百米以下~ (2, 0.0%)

1 に於, は霧氷

▼ 千五百米突以上~ (2, 0.0%)

1 という事, はある

▼ 千五百萬人~ (2, 0.0%)

1 の人間, の曾

▼ 千五百語~ (2, 0.0%)

1 ぽつ, より少

▼ 千五百騎~ (2, 0.0%)

1 ばかり見る, を率い

▼ 千人ぢ~ (2, 0.0%)

1 かい軽, かい門人

▼ 千人みんな責任~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 千人一隊~ (2, 0.0%)

1 とふたつ, 約三千人一隊

▼ 千人声~ (2, 0.0%)

1 つなみ, を揃え

▼ 千人悲願~ (2, 0.0%)

1 をとげさせる, を思い立ち

▼ 千人湯~ (2, 0.0%)

1 にずんぶり, に浸

▼ 千人目~ (2, 0.0%)

1 あき千人, ということ

▼ 千人美女~ (2, 0.0%)

1 を募られ, を選び出させる

▼ 千人萬人~ (2, 0.0%)

1 すぐれし美色, になる

▼ 千代家督~ (2, 0.0%)

1 のとき, の礼

▼ 千代萩~ (2, 0.0%)

1 と尾上岩藤, の文句

▼ 千位置戸~ (2, 0.0%)

1 の刑罰, を負

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 万何億, 万何億倍

▼ 千何万人~ (2, 0.0%)

1 にものぼるであろう, の未亡人

▼ 千何万倍~ (2, 0.0%)

1 に拡大, の人数

▼ 千何百何十~ (2, 0.0%)

2 加えれば

▼ 千何百名~ (2, 0.0%)

1 が引, とかに電気局

▼ 千何百呎~ (2, 0.0%)

2 の下り

▼ 千何百尺~ (2, 0.0%)

1 かの高, と数字

▼ 千何百戸~ (2, 0.0%)

1 といふ巣窟, のうち

▼ 千余尺~ (2, 0.0%)

1 のこの, の上信

▼ 千余巻~ (2, 0.0%)

2 が納め

▼ 千余年来~ (2, 0.0%)

1 の守護神, の旧家

▼ 千余方~ (2, 0.0%)

1 の兄弟, の内

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 男, 男は

▼ 千偏一律~ (2, 0.0%)

1 な知慧なぞ, のもの

▼ 千億倍~ (2, 0.0%)

1 かの力, のその

▼ 千億年~ (2, 0.0%)

1 とか云, の昔

▼ 千兩あいつ~ (2, 0.0%)

2 にやられる

▼ 千兩くら~ (2, 0.0%)

2 ゐは

▼ 千兩これ~ (2, 0.0%)

1 は型, を聽

▼ 千兩事件~ (2, 0.0%)

1 が一段落, と絡ん

▼ 千兩役者~ (2, 0.0%)

1 ばかり出場, も出

▼ 千八十メートル~ (2, 0.0%)

1 になりました, の向

▼ 千八百七十九年~ (2, 0.0%)

1 すなは, 即三十歳

▼ 千八百七十年前後~ (2, 0.0%)

1 から景教碑, の激しい

▼ 千八百万里~ (2, 0.0%)

1 も離れた, 離れて

▼ 千八百三十二年~ (2, 0.0%)

1 か三年頃, 即ち天保三年

▼ 千八百三十五年~ (2, 0.0%)

1 の南米チリ地震, 同州

▼ 千八百三十人~ (2, 0.0%)

1 のこの, の女

▼ 千八百三十四年~ (2, 0.0%)

1 のチェルシー, の六月十日

▼ 千八百両~ (2, 0.0%)

1 でヒイ, の費用

▼ 千八百九十八年~ (2, 0.0%)

1 に於, の異様

▼ 千八百九年サラゴサ~ (2, 0.0%)

1 の戦, の戰

▼ 千八百九枚~ (2, 0.0%)

1 あてがうと, あてがっても

▼ 千八百五十八年~ (2, 0.0%)

1 になつて, にはまた

▼ 千八百何年~ (2, 0.0%)

1 かの革命党員, の法規

▼ 千八百俵~ (2, 0.0%)

1 ばかり注文, 拵えて

▼ 千八百八十七年~ (2, 0.0%)

1 に, 即ち明治十八年

▼ 千八百八十六人~ (2, 0.0%)

2 とある

▼ 千八百八十六年ラネツサン氏~ (2, 0.0%)

1 は議会, は議會

▼ 千八百六十三年~ (2, 0.0%)

1 に中, に中学

▼ 千八百六十五年~ (2, 0.0%)

1 の七月, の頃

▼ 千八百六十八年~ (2, 0.0%)

1 にカシュガル地方, に公

▼ 千八百十三年~ (2, 0.0%)

1 にイギリス, のプロシア

▼ 千八百噸~ (2, 0.0%)

1 の巡洋艦操縱自在, の船

▼ 千八百四十一年~ (2, 0.0%)

1 で最初, になさった

▼ 千八百四十九年~ (2, 0.0%)

1 にはカラハリ, に生れた

▼ 千八百四十二年~ (2, 0.0%)

1 という, に死ん

▼ 千八百四十何年~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 千八百四十八年~ (2, 0.0%)

1 といふ年, の革命

▼ 千八百四十六年~ (2, 0.0%)

2 ノ八月

▼ 千八百四十年~ (2, 0.0%)

1 の末, 再び仏国協和論

▼ 千八百尺~ (2, 0.0%)

1 の, のところ

▼ 千八百戸~ (2, 0.0%)

1 にすぎない, に終った

▼ 千八百米突~ (2, 0.0%)

1 のムスタアグ・アー夕山, まで深々

▼ 千八百軒~ (2, 0.0%)

1 ばかりこの, 建ったわけ

▼ 千八聲~ (2, 0.0%)

1 と稱, を泣きつ

▼ 千八谷~ (2, 0.0%)

1 を流る, を練り

▼ 千六千~ (2, 0.0%)

1 の牢人, の蔵書

▼ 千六百万人~ (2, 0.0%)

1 の世界各地, もの大人子供

▼ 千六百二十五年~ (2, 0.0%)

1 に公刊, に支那在住

▼ 千六百二十八年~ (2, 0.0%)

2 に西安

▼ 千六百二十米~ (2, 0.0%)

1 に及ん, の大日岳

▼ 千六百五十年~ (2, 0.0%)

1 である, に或

▼ 千六百五十年頃~ (2, 0.0%)

1 の出來事, は正しく

▼ 千六百六十三名~ (2, 0.0%)

1 の中, の有する

▼ 千六百六十米~ (2, 0.0%)

2 の圏

▼ 千六百呎~ (2, 0.0%)

1 の標高, 切った長

▼ 千六百噸~ (2, 0.0%)

1 の大戦艦, の独逸巡洋艦エムデン

▼ 千六百四十年代~ (2, 0.0%)

1 の事, の浪漫主義

▼ 千六百圓~ (2, 0.0%)

2 で拂

▼ 千六百米以上~ (2, 0.0%)

1 の平均高度, の高度

▼ 千六百金四百金~ (2, 0.0%)

2 を承奉

▼ 千六百間~ (2, 0.0%)

1 の木樋, の餘

▼ 千兵万馬~ (2, 0.0%)

1 の大, の驟馳

▼ 千円これ~ (2, 0.0%)

1 がまあ, を美代子

▼ 千円それ~ (2, 0.0%)

1 に往路, より三千円

▼ 千円一万円~ (2, 0.0%)

1 など, も同じ

▼ 千円五千円~ (2, 0.0%)

1 ぐらいしか配当, ぐらいにしかならない

▼ 千円以内~ (2, 0.0%)

1 に自分, もし無

▼ 千円何百円何拾円~ (2, 0.0%)

2 たった一人

▼ 千円分~ (2, 0.0%)

1 の税金, の証紙

▼ 千円台~ (2, 0.0%)

1 であるこれ, の由

▼ 千円未満~ (2, 0.0%)

1 であらう, ということ

▼ 千円程度~ (2, 0.0%)

1 でよかっ, で勝負

▼ 千円紙幣~ (2, 0.0%)

1 が三枚, やら私

▼ 千円見当~ (2, 0.0%)

1 になり, もするだろう

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 とも見, と覺

▼ 千分の四~ (2, 0.0%)

1 で我が国百貨店, に止め

▼ 千分一~ (2, 0.0%)

1 にも到らじ, に減ずる

▼ 千切りました~ (2, 0.0%)

1 がとにかく, がなお

▼ 千切り裂きたい~ (2, 0.0%)

2 ほど不安

▼ 千切れん~ (2, 0.0%)

1 ばかりにシッカリ, ばかり這う

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 くと

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の功徳, の間

▼ 千勢母娘~ (2, 0.0%)

1 が口惜し, のやり手

▼ 千匹以上~ (2, 0.0%)

1 うようよし, 飼ったり

▼ 千十三名~ (2, 0.0%)

2 の学生中

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 過ぎて

▼ 千句中~ (2, 0.0%)

1 のどこ, の二句

▼ 千句独吟~ (2, 0.0%)

2 之俳諧

▼ 千吉文三~ (2, 0.0%)

1 という小, という酒

▼ 千噸以下~ (2, 0.0%)

1 で船脚, の

▼ 千噸提供~ (2, 0.0%)

1 に応じた, の契約

▼ 千噸級~ (2, 0.0%)

1 の独逸汽船, の関釜連絡船

▼ 千四十八巻~ (2, 0.0%)

1 の一切経, 及び十六羅漢像

▼ 千四千~ (2, 0.0%)

1 という共鳴者, と自分

▼ 千四百キロメートル~ (2, 0.0%)

1 という長い, を観測

▼ 千四百トン余~ (2, 0.0%)

1 にし, のタービン船

▼ 千四百ヱルスト~ (2, 0.0%)

2 の道

▼ 千四百七十三米七~ (2, 0.0%)

1 の峰, の頂

▼ 千四百万人~ (2, 0.0%)

1 に分たなけれ, の人間

▼ 千四百三番~ (2, 0.0%)

1 でいらっしゃいますか, ですか

▼ 千四百二俵~ (2, 0.0%)

1 を受けた, を給せられた

▼ 千四百人分あまり~ (2, 0.0%)

2 の食事

▼ 千四百余首~ (2, 0.0%)

2 あり千首

▼ 千四百噸~ (2, 0.0%)

1 の巨船, の弦月丸

▼ 千四百四十分の内~ (2, 0.0%)

2 最も得意

▼ 千四百坪~ (2, 0.0%)

1 になる, を今度

▼ 千四百米以上~ (2, 0.0%)

1 に達し, の高山

▼ 千四百米前後~ (2, 0.0%)

1 のもの, の榛名山

▼ 千四百萬圓~ (2, 0.0%)

1 の大, の節約額

▼ 千圓也~ (2, 0.0%)

1 といふ楷書, とした

▼ 千圓以上~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 千圓何萬圓~ (2, 0.0%)

1 かかつ, の價

▼ 千圓近く~ (2, 0.0%)

1 になる, にはなる

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の娘, を上っ

▼ 千坪以上~ (2, 0.0%)

1 のもの, はある

▼ 千変一律~ (2, 0.0%)

1 です, で無責任

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 世界を, 劫の

▼ 千太どん~ (2, 0.0%)

1 がいうだ, が漕がし

▼ 千太郎さま宅さ用~ (2, 0.0%)

2 あつて

▼ 千太郎さん~ (2, 0.0%)

2 許さ行くで

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 と共に, と共に鞍馬貴船

▼ 千威儀三百~ (2, 0.0%)

1 の中, の官人気質

▼ 千尺富士山~ (2, 0.0%)

1 の二倍, の頂上

▼ 千山万水~ (2, 0.0%)

1 がいかなる, の数十キロ

▼ 千山五大寺~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の方便, 不会

▼ 千平方マイル~ (2, 0.0%)

1 のデンマーク, の曠野

▼ 千年ひとり~ (2, 0.0%)

1 でゐた, でゐたつ

▼ 千年万年動ぐなと~ (2, 0.0%)

2 祈り定

▼ 千年三千年~ (2, 0.0%)

1 の昔, または四千年以前

▼ 千年三千年私~ (2, 0.0%)

1 もい, もいささか

▼ 千年亀~ (2, 0.0%)

2 は万年

▼ 千年以上前~ (2, 0.0%)

2 のローマ時代

▼ 千年以來~ (2, 0.0%)

1 この復讐, の固有

▼ 千年何百年~ (2, 0.0%)

1 という, というよう

▼ 千年幾万年~ (2, 0.0%)

2 の習慣

▼ 千年末世~ (2, 0.0%)

1 に残っ, に残つて云

▼ 千年末法一万年~ (2, 0.0%)

1 には衆生, の説

▼ 千年来人間~ (2, 0.0%)

1 におどかされ, の脳

▼ 千年来君~ (2, 0.0%)

2 に忠

▼ 千年来芸術~ (2, 0.0%)

2 の魅力

▼ 千年私~ (2, 0.0%)

1 もい, もいささか

▼ 千年經~ (2, 0.0%)

1 ざるま, るも

▼ 千年間修練~ (2, 0.0%)

2 するなら命

▼ 千年間引續~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 千年養成~ (2, 0.0%)

1 し來つた善良, し来たれる宗教

▼ 千幾百~ (2, 0.0%)

1 となく, と材料

▼ 千幾百幾十幾年~ (2, 0.0%)

1 だか, より通例概算

▼ 千幾萬~ (2, 0.0%)

1 の官吏, の犧牲者

▼ 千度乙女~ (2, 0.0%)

1 に成功, の恋

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 の形

▼ 千引き~ (2, 0.0%)

1 の岩, の巫女姿

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 で安く, 水深

▼ 千態萬状~ (2, 0.0%)

1 であ, なるも

▼ 千戦死~ (2, 0.0%)

1 しかつ, した

▼ 千手大士~ (2, 0.0%)

1 の尊像, を創建

▼ 千手崎~ (2, 0.0%)

1 は延暦三年四月, より続き

▼ 千把コキ~ (2, 0.0%)

1 なるもの, を使う

▼ 千数百万~ (2, 0.0%)

1 の妻たち, の日本人

▼ 千数百年間~ (2, 0.0%)

1 の変遷, の空白

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 を地, を蔵

▼ 千断っ~ (2, 0.0%)

1 たり置き違え, て袂

▼ 千断られ~ (2, 0.0%)

2 てはいない

▼ 千日家~ (2, 0.0%)

1 というもの, として日本

▼ 千日菊~ (2, 0.0%)

1 があり, にはまん

▼ 千日酒~ (2, 0.0%)

1 といふの, ならぬ葉

▼ 千曲犀川~ (2, 0.0%)

1 の上流, の二大河

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 たつと, の歴史

▼ 千有餘名~ (2, 0.0%)

1 の卒業生, の學生

▼ 千有餘年以前~ (2, 0.0%)

2 よりし

▼ 千本屋敷~ (2, 0.0%)

1 の所司代, の松平様

▼ 千束守~ (2, 0.0%)

1 の場合, の手紙

▼ 千束神社~ (2, 0.0%)

2 のまつり

▼ 千束稲荷~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 千枚位~ (2, 0.0%)

1 の写真, の蒐集

▼ 千枚岩層~ (2, 0.0%)

1 から成り, が主

▼ 千枚張~ (2, 0.0%)

1 だから, の鉄

▼ 千枚沢岳~ (2, 0.0%)

2 と悪

▼ 千枚起請~ (2, 0.0%)

1 という譬, や旅役者

▼ 千枚近く~ (2, 0.0%)

1 の原稿, 書いて

▼ 千枚錠~ (2, 0.0%)

1 だ, ときた

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 の鍔

▼ 千柿名人~ (2, 0.0%)

1 の作, の千柿

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の小銃, 来たか

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の勢力範囲, の招き行燈

▼ 千段巻き~ (2, 0.0%)

2 にした

▼ 千沙界~ (2, 0.0%)

1 の外, は窮

▼ 千法以下~ (2, 0.0%)

1 のもの, の収入

▼ 千法札~ (2, 0.0%)

1 で二十五万法, をまるで

▼ 千浪さん~ (2, 0.0%)

1 のこと, 何だか門前

▼ 千浪どの~ (2, 0.0%)

1 と伴, に怪我

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 を浴

▼ 千焚き~ (2, 0.0%)

1 といっ, とも千把焚き

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の電燈, を燦

▼ 千町歩以上~ (2, 0.0%)

1 の田地, はある

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の藪前, 敷きの

▼ 千畳万畳~ (2, 0.0%)

1 の濤, 敷きでありて

▼ 千疊敷~ (2, 0.0%)

1 のヌシ, を再建

▼ 千発千中~ (2, 0.0%)

1 どころか万発万中, を得る

▼ 千百中~ (2, 0.0%)

2 に一

▼ 千百九十二米~ (2, 0.0%)

1 の佐武流山, の北岳

▼ 千百二十七年~ (2, 0.0%)

1 に北宋, に宋

▼ 千百二十米~ (2, 0.0%)

1 の八十三山, の長大

▼ 千百余人~ (2, 0.0%)

1 そしてこれら不幸, と想像

▼ 千百八十三両二分~ (2, 0.0%)

1 だと, だという

▼ 千百八十石~ (2, 0.0%)

1 のきり, の館主

▼ 千百六十八万人~ (2, 0.0%)

1 あって, の婦人

▼ 千百六十米~ (2, 0.0%)

2 の小圏

▼ 千百十年頃~ (2, 0.0%)

2 から二十何年頃

▼ 千百年来~ (2, 0.0%)

1 の由緒, わが国体

▼ 千百戸~ (2, 0.0%)

1 の中, までがことごとく

▼ 千百篇~ (2, 0.0%)

2 の泰西詩

▼ 千百米位~ (2, 0.0%)

2 に過ぎない

▼ 千百萬分~ (2, 0.0%)

2 の一

▼ 千矛神~ (2, 0.0%)

1 だから, といつ

▼ 千石あまり~ (2, 0.0%)

2 の館主

▼ 千石二千石~ (2, 0.0%)

1 なおこれ, の加増

▼ 千石五千石~ (2, 0.0%)

1 には少い, の旗本

▼ 千石江戸~ (2, 0.0%)

1 の上屋敷, より百六里

▼ 千石浅野様~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 千石近く~ (2, 0.0%)

1 お取, 取つたお旗本

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 とおぼしい, におよぶ

▼ 千禾夫伊賀山精三等~ (2, 0.0%)

2 の諸君

▼ 千秋季忠~ (2, 0.0%)

1 はにこと, は鎧

▼ 千種忠顕~ (2, 0.0%)

1 だ, と義貞

▼ 千種類~ (2, 0.0%)

1 の美味, もあっ

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 あり羅摩泥, もある

▼ 千箇所~ (2, 0.0%)

1 の火事, の火災

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 とか繰返し, も終に

▼ 千米程度~ (2, 0.0%)

1 のもの, の山

▼ 千米突内外~ (2, 0.0%)

1 の同胞, の筑波

▼ 千米足らず~ (2, 0.0%)

1 のもの, の山

▼ 千~ (2, 0.0%)

2 を除い

▼ 千編一律~ (2, 0.0%)

1 である, なハッピー

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 のこと, の業通

▼ 千艘物資~ (2, 0.0%)

2 の豊富

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 にも段階的, 似たの

▼ 千芳閣~ (2, 0.0%)

1 で痛飲, に招待

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の根因, を排し

▼ 千萩め~ (2, 0.0%)

1 がうらめしゅう, がちいさい

▼ 千萬倍~ (2, 0.0%)

1 にも膨らませた, の進化

▼ 千萬片~ (2, 0.0%)

1 の數, の黄金

▼ 千萬篇~ (2, 0.0%)

1 か知れぬ, ぞ

▼ 千萬金~ (2, 0.0%)

1 の價, を積ん

▼ 千萬長者~ (2, 0.0%)

1 と同じ, の妾

▼ 千葉氏~ (2, 0.0%)

1 の内乱, の門下

▼ 千蛾老~ (2, 0.0%)

1 と久米, も今夜

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の図形, の圖形

▼ 千許家差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 千語万語~ (2, 0.0%)

1 にまさる, もかの

▼ 千足さん~ (2, 0.0%)

1 とお, の処

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の中, を叱咤

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の珍花, の花

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 から成る, を三辺

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 ぶる神, 振る

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 から成る, を三邊

▼ 千部寫經~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 千重敷浪~ (2, 0.0%)

1 ぞ限り, に漂

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 ほどであった, をついやし

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 でよろしけれ, や二千鎰

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 といわれる, の大砲

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 から先, の顔

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 は最初洋画希望, は最悪

▼ 千頁以上~ (2, 0.0%)

1 になろう, の論文

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 に近い, の珠

▼ 千餘尺~ (2, 0.0%)

1 なるも, の絶頂

▼ 千餘年前~ (2, 0.0%)

1 に死せし, の孫子さ

▼ 千餘戸~ (2, 0.0%)

2 無良田

▼ 千餘戸濱山海~ (2, 0.0%)

2 居草木茂盛

▼ 千餘里狗邪韓國~ (2, 0.0%)

1 より對馬一支, より末盧國

▼ 千餘里至對馬國其大官曰卑狗~ (2, 0.0%)

2 副曰卑奴母離

▼ 千餘里至末盧國有四千餘戸濱山海~ (2, 0.0%)

2 居草木茂盛

▼ 千餘騎~ (2, 0.0%)

1 の兵, を従え

▼ 千駄位~ (2, 0.0%)

1 ある, のもの

▼ 千~ (2, 0.0%)

1 の弔い, を弔うごとく燃えつづけ

▼ 千鳴り万鳴り~ (2, 0.0%)

1 のあいきょう者, の伝六

▼ 千鶴丸~ (2, 0.0%)

1 をもうけた, を殺させた

▼1* [3601件]

〇一年から一千〇三十年鶴悉那, 千〇三十年鶴悉那の, 千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 千〇二十四本の枝道, 千〇二十四粁の長道中, 千〇八年前は如何様, 千〇六十四人に過ぎなかった, 千あってその, 千あまり旗幟堂々一鼓六足, 千あまり武田信豊山県昌景小山田信茂跡部勝資などの旗幟, 千ありとあらゆる町奴みな長兵衛を, 千あるいは万をもって, 千あれば芽, 千ちゃんじゃ, 千いくつか集まっ, 千いくら入浴科は特別, 千いちゃんは, 千いるんだ, 千うんぬんの金額, 千おく圓だ, 千おりそのほか勅許, 千かお万ぐらいの真価, 千かを数え得る, 千がほど二行に, 千がらみの兵, 千きつかりまで奮発, 千くらいの尠い, 千ぐさの色の鐘, 千ぐらいじゃないでしょうか, 千ぐらいにまとめて, 千ここに二千, 千ことごとく曹操の, 千との目路, 千さまもういい, 千さんのだ振の, 千ゆと, 千じゃない二階, 千すったよ, 千すべて三方からとりで, 千すらなかった, 千ずつの兵力を, 千ずつをさずけて, 千そういう人物の, 千そのうち重なる, 千それからこのカンザシ, 千それでもつてどん, 千たちの手提袋, 千たった今でも返す, 千たび万たびその角度, 千たび歎きつ, 千たび百たびおしやるとも, 千ためて浜町, 千だけに止まらず残った諸, 千だすのだ, 千ょうとうつぼを千本そろえ, 千ちかくの青年, 千ちゃんあれを見, 千ちゃんきみみたいに前, 千ちゃんこの間お出かけになる, 千ちゃんどこにいる, 千ちゃんぼくたちはめい, 千ちゃん処は尼さん, 千ちゃん尼さんだって七十八十, 千ちゃん山ノ井少年はポコちゃん, 千ちゃん常々の御, 千ちゃん御新造様と一所, 千ちゃん本気で云ってる, 千ちゃん私も久しく, 千ちゃん私たちの心, 千ちゃん艇はこわれたらしい, 千つぶって云った, 千づゝも刷る, 千であって十年間, 千であると云っ, 千であろうとは城中, 千といった気の, 千とかいう登山客が, 千とかいふ代物で, 千とかをおさめるとか, 千とせもと契りし人, 千とつもつて, 千とともに危うきを, 千とないちょちょうのはねをあつめて縫いあわせた, 千とも書きしもので遊戯, 千とよみ千ちゃんとよばれ, 千と共に飯浦坂に, 千どとさながら畜生, 千のが, 千なお二万の, 千なかで渠, 千などと言ったその, 千などは鎧袖一触にも, 千なりほほづき, 千なる語の, 千なるべきに想到, 千なん百という一寸, 千にのぼつた, 千にやなるらん, 千に対してお味方, 千に対してよりも自分自身の, 千に対する一の, 千のこりはことごとく, 千のちがったにおい, 千はというんで, 千はみな息, 千え焚き, 千ばかりも一度に, 千らを, 千ひと部屋自由に, 千く目, 千へっている, 千へりそして去年, 千べんいや数えきれない, 千ほどいたというの, 千ほどがふたりの, 千ほどしかおりませんでした, 千ほどで木曾川まで, 千ほどは君の, 千ほどもしました, 千ほどをもって, 千またはもつと, 千もし恐れて, 千もしや濱島は, 千もとみる有明, 千もの目を人間, 千ゆくえ不明二十一万焼け出された人口, 千よりかつねの, 千りょうそろえて, 千をと願ひ, 千アングルの金, 千アンペアの電流, 千オイお千, 千カイリハワイ諸島の西端, 千カイリ以上も大風, 千カロリー十九貫目の人, 千ガロンを買入れる, 千キログラムを千倍, 千キロマデイラ群島中の小さな, 千キロ以上出るの, 千キロ平均のマイル数, 千キロ平方もある, 千キロ月世界はおろか, 千キロ足らずの海上, 千クロオネンに通用, 千クロオネン手に入った, 千クロネであるから, 千クローネもする, 千クヲタアの穀物, 千コヅキと申す, 千サハラ沙漠の上空, 千ジンの功, 千トンあまりの船, 千トン以上の会社, 千トン位いの貨物船, 千トン十六万馬力船の全長三百十三メートル, 千トン弱とある, 千トン積込ミ荷役ハ本日頂戴致シタル金員ノ代償トシテ, 千トン足らずの中国人, 千ドルコロンバスの手当, 千ドル以上持って, 千ドル何かに投資, 千ドル地理測量のエー・ジー・ワルフィルド, 千ドル外国の蒐集家, 千ドル弱で西ヨーロッパ, 千ドル書記兼医師スチュワード・エルドリッチを四千ドル, 千ドル死者四十名であったそう, 千ドル要求したの, 千フィート位ずつ離れ, 千フィート湖の水, 千フィート程度の岩山, 千フィート級のもの, 千フィート近くも高い, 千フランあそこから五百フラン, 千フランあまりになっ, 千フランきりだった, 千フランのが五百枚, 千フラン也といふ勘定, 千フラン以上どれ程巨額, 千フラン余りの不足, 千フラン入りの袋二個, 千フラン限りとなっ, 千フローリンの年金, 千ブラストラグにわたり帝王中, 千プードとお金, 千プ以上の負, 千プ位勝ちで十二時近く, 千ペエジ近い本, 千ペエジ以上といふ分厚, 千ペソ以上だろう, 千ホグスヘッド以上を必要, 千ボルト位の交流, 千ポンドバクダンぐらいのこと, 千ポンド以上あった, 千ポンド以下とし, 千ポンド位はかかった, 千ポンド余りになっ, 千ポンド近くも収入, 千マイル以上の太平洋, 千マイル日数四週間の長途, 千マイル近くにい, 千マルク以上になった, 千ミリの降雨, 千ミリバールの低, 千メエトルでは英国, 千メエトル競走か, 千メートルあたりが成層圏, 千メートルあまりの走路, 千メートルかなたを見やる, 千メートルぢかくも行った, 千メートル上あります, 千メートル下になった, 千メートル二千メートルは瞬間, 千メートル以内なら有効, 千メートル以後は一日, 千メートル余もある, 千メートル平方の帆, 千メートル後方の仮, 千メートル手前に真白, 千メートル敵歩兵の集団, 千メートル方角がはっきり, 千メートル時速百八十キロ略西方に向け, 千メートル標識のスタート, 千メートル針路ハ真西ナリ, 千リットルという牛乳, 千リツトルの空気, 千リーヴルは私ども, 千リーヴルきり取って, 千ルーブリ以下で雇う, 千ルーブル寄進したもん, 千千ワ, 千ヱルストもある, 千ヵ寺もある, 千ヵ所に聴取者, 千ヶ寺詣りの, 千ヶ寺詣の旅, 千ヶ崎悌六氏がいられる, 千ヶ沢は即ち, 千・万と数, 千・幾万のこころ, 千一万一の異例, 千一万人の長, 千一万遍唱へつづけ, 千一人目の兵士, 千一体の観世音, 千一億万丈の滝, 千一号を書き上げ, 千一号艇廻転楕円体ノ白雲内ニ, 千一夜式に書けない, 千一夜物語イソップなぞ片端から読んだ, 千一夜物語旅行小説などを読んだ, 千一尺雲際に突入, 千一心は六月, 千一時の融通, 千一百七十四名か, 千一百万磅が流通, 千一百三十二座の中, 千一百九十年正嫡わづか, 千一百二万一千余円を鋳造, 千一百五十尺もある, 千一百余年前の天平勝宝年間, 千一百八十三歳なり, 千一百六十二萬五千七百七十六人だといふ, 千一百円で当地, 千一百円玉垣外庭石代九十二円庭造り四十八円九十銭維持費積立金一百円除幕式費用約百五十円, 千一百十八斤で最小, 千一百尺に減じ, 千一百年代の人, 千一百年以前からあった, 千一百年來弘法大師が支那, 千一百有餘年前宗祖弘法大師が支那海, 千一百米平均して, 千一百里を出でざる, 千一百騎をすべてここ, 千一萬遍唱へつづけ, 千一體のうち, 千七マイルあり, 千七八百万まですなわち, 千七八百円の前借, 千七八百名を数える, 千七八百年もの昔, 千七八百年前のこと, 千七八百騎とか, 千七十七坪たるに過ぎなかった, 千七十三トンにし, 千七十五年間の帝都, 千七十八度の高温, 千七十六票木村半兵衛七十八票という圧倒的, 千七十米突少し嶮, 千七十米突主峰の北, 千七千と一団, 千七町八百八町を引っ繰り返し, 千七百〇二人で二割八分強, 千七百メートルか, 千七百メートル位までに錦, 千七百七十七人です, 千七百七十七人マイナス四千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 千七百七十三人ございましたの, 千七百七十九年のカルネワレ, 千七百七十九年木星に接近, 千七百七十二年の噴火, 千七百七十八米突という抜群, 千七百七十六マイルに達す, 千七百七十六人だといふ, 千七百七十六年第七月四日亜米利加十三州, 千七百七十六米の峰名, 千七百七十円まさか払わない, 千七百七十四米二と測られ, 千七百七十年正月七日越後の国塩沢, 千七百万中一人も非, 千七百万人の一部分, 千七百万円になります, 千七百万里も距つて, 千七百三十二年の暮, 千七百三十六年の制科, 千七百九メートルシャール十世は一万八百三十六メートル, 千七百九十キロという素晴らしい, 千七百九十一年の一月五日, 千七百九十七年に至る, 千七百九十九年夥伴を率, 千七百九十二年三月十二日の夜, 千七百九十五年の大, 千七百九十四方里の孤島, 千七百九十米四の三角点, 千七百二十一年六月二十二日ムウニッヒの市, 千七百二十万にも達し, 千七百二十万人と同じ, 千七百二十三米の低い, 千七百二十二人のモルモン信徒, 千七百二十四人分の食料, 千七百二十年エルボヨフ公の掘らせし, 千七百二十年頃の事, 千七百五ヶ所の地所, 千七百五十人ありて, 千七百五十八町余里見氏より以来, 千七百五十四石の一所持, 千七百五十歳なり, 千七百五十米の峰, 千七百五十米四と測られた, 千七百五十級の首級, 千七百人二十代目には一億六千六百八万五千余人, 千七百人部将皆郷士豪農, 千七百以上の労働者倶楽部, 千七百何町歩これは直接, 千七百余巻の一切, 千七百余年も前, 千七百八十七年三月二日ナポリにてとある, 千七百八十万円と内定, 千七百八十三年イタリー國カラブリヤに起つた, 千七百八十三年二月に南イタリイ, 千七百八十二年の三月頃, 千七百八十二年刊行の本書, 千七百八十二浬の航路, 千七百八十六年に有名, 千七百八十六年七月の二十日, 千七百八十年風の強い, 千七百八十米の峰, 千七百八年チェイン・ロウが出来, 千七百六〇米の圏, 千七百六十一尺南七巨厳駢立シ下ニ七石社アリ甲斐丹波山村之ヲ七石山ト称ス, 千七百六十七番という由緒, 千七百六十三米余と測られ, 千七百六十九米の小蓮華山, 千七百六十人里見太田方は五千三百二十餘人, 千七百六十元四六仙これが填補, 千七百六十六石一斗二合七勺九秒を給せられた, 千七百六十回転一年には勿驚, 千七百六十坪のうち吹上, 千七百六十本之を向島, 千七百十九名の者, 千七百十九年という年, 千七百十九米の高, 千七百十五円の負債, 千七百十六年同地で客死, 千七百十四校あり, 千七百千九百笑いなさいうんと, 千七百哩を巡航, 千七百噸だよ, 千七百噸級の駆逐艦八隻, 千七百囘の戦闘, 千七百四十一ポンドすなわちおよそ, 千七百四十五人部落外居住者人口総数六万九千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 千七百四十八年一農夫の偶然, 千七百回以上に上っ, 千七百尺餘だつた, 千七百州の首府, 千七百年時代の英人, 千七百年民国今日の健児たち, 千七百年間に跨つ, 千七百決死して, 千七百漱石全集の第, 千七百点からの出品, 千七百町余に及ん, 千七百町歩を当時郡長, 千七百石で伊東新左衛門, 千七百社を六百社, 千七百米附近で休んだ, 千七百粁の球, 千七百萬圓餘朝鮮及臺灣等の分, 千七百餘噸の巨艦, 千七百餘時間を經, 千七百餘萬圓といふ計算, 千七百餘里に過ぎず, 千七社の御, 千七郎殿それに答え, 千万えんうん水司又市, 千万かたがた多少ならず, 千万けしからんじゃない, 千万たるの理合, 千万ぢやによつ, 千万とも数の知れぬ, 千万オンスの銀持高, 千万キロメートルのところ, 千万キロワットの水力, 千万キロ先のひろびろ, 千万クローネから一億クローネ近く, 千万タンであり従って, 千万デュカツの金塊, 千万ドル合計七億ドルの支出計画, 千万ドル陸軍建設局の予算, 千万ニ付キ模範囚人苦心調製の七宝製, 千万フラン余の費用, 千万フラン近く持ち越したという, 千万ペソと言っ, 千万ボルト以上のもの, 千万ボルト程度のもの, 千万マイル以上の旅, 千万マルクとなり, 千万ヵ条の法令, 千万一身を売っ, 千万丈の巌石, 千万上意によって討取る, 千万不見識も亦, 千万両三億万両の富, 千万両何のその岩崎三井にも少々, 千万中華民国は全国百二十局内外, 千万事然し御, 千万人ギリシア宗徒もまた, 千万人中これに驚かぬ, 千万人中滅多に読まれない, 千万人以内とみ, 千万人北部派四億七千万人合計五億人なりと, 千万人合計五億人なりと, 千万人斉しくその, 千万人民が発する, 千万人神輿を囲繞, 千万人財貨では五百億ドル, 千万人風流の話本, 千万何億クローネという世にも, 千万俗臭紛々難有味少しも, 千万億万の死人中, 千万億人に一人, 千万億那由他劫, 千万元だった, 千万児童の精神文化, 千万円おれに手, 千万円もってこいといったの, 千万円余の予算, 千万円十年には遂に, 千万円十年度のは約, 千万円単位でなくちゃ, 千万円寄付して, 千万円献金して, 千万円現送の事実, 千万前後にはなっ, 千万劫にも遇, 千万劫難遭遇の法, 千万匹でそれ, 千万千一億万丈の滝, 千万単位ぐらいずつペニシリン, 千万口を, 千万名いる学童, 千万哩の海域, 千万噸と云, 千万四千万といふやう, 千万回あるいはおそらくは, 千万国民のため, 千万堂日録一月二十五日の記, 千万大和人種の苗裔, 千万奇怪の至り, 千万存奉候, 千万宇ということ, 千万巻の経典, 千万年がかりで鰭, 千万年地球の不思議, 千万彼奴らの足, 千万懐刀などを振り冠, 千万戸という, 千万戸以上の住民, 千万戸紫瑠璃黄玉の城楼宮門, 千万挺の鉄砲, 千万日本人が今回, 千万昔保元の合戦, 千万本竹ありて, 千万枚紙幣を刷らせました, 千万株投げ出されたという, 千万株市場に投げ出さる, 千万様の変化, 千万歎く, 千万歎慨有誰与我同, 千万歩よりも幾層倍, 千万歳のつもり, 千万歳費七億の時代, 千万片卍巴と乱れ狂つて, 千万状あるか, 千万男女人民の生存, 千万石一万石の大名, 千万磅貨が英国, 千万箱も開けた, 千万至極じゃ, 千万英国は九百五十万, 千万蒼生を忘ら, 千万藤作殿嚇して, 千万蜂の巣わんわん, 千万語手を挙げ, 千万語言にかへかね, 千万貫を借りう, 千万足を作っ, 千万足らずにしかならない, 千万近くもあったらしい, 千万途方もない甘, 千万遍其思想や穏健, 千万部のお, 千万里ここはまったく, 千万里剣は三尺, 千万里海や雲, 千万里程もただ, 千万里隔つる旅の外, 千万長者山本譲治がとつぜん, 千万長者菰田源三郎になり切っ, 千万頓だが, 千万騎を以ても攻落, 千丈刀を抜い, 千丈夫れが, 千丈迅雷の落, 千丈頂の松, 千三おまえ今夜も休む, 千三おまえ学校へゆきたいだろう, 千三伯父さんが, 千三十マイルなり, 千三十七円であって, 千三十両ござりまする, 千三十二尺赤岳が六千八百五十七尺, 千三十二斤玉の廻り五尺八寸, 千三十二枚であの, 千三十六人裸になっ, 千三十円三十銭だけとっ, 千三十噸の胴中, 千三十四人になる, 千三十四年前になる, 千三十米突の一峰, 千三千一万人の長, 千三千世界を観る, 千三千五千乃至一万, 千三四百円あつた, 千三四百名ばかり続い, 千三屋おれは考えた, 千三屋ロクでもない, 千三屋相手に碁, 千三屋賛成しないかな, 千三式の肝煎, 千三百〇五万ないし六万, 千三百あまりなむありける, 千三百さるほどに爺, 千三百フィートしかない, 千三百ボルトの高圧線, 千三百ルーブリの扶助料不払い, 千三百七十一方マイル, 千三百七十九米の地点, 千三百七十五号何だかい, 千三百七十五女子挺身隊は四十七万二千五百七十三, 千三百七十五萬人が餓死, 千三百万キロメートルをへだてた, 千三百万フランス二千万英国は九百五十万, 千三百万マイルを八分間, 千三百万人位の由, 千三百万人前後に減り, 千三百万円かかる, 千三百万頓増大した採掘量, 千三百三十三万余円の損害, 千三百三十三体と唱え, 千三百三十三億三千三百三十三万余円の損害, 千三百三十三名から引く, 千三百三十三尺八溝山の絶頂, 千三百三十三年後に今日, 千三百三十三本あり百尺以上, 千三百三十二條には結婚, 千三百三十五メートルあったの, 千三百三十米を超え, 千三百九十九年国民が三十三カ条, 千三百九十二萬町で實, 千三百九十八人という数, 千三百九十八年はタメルラン西部波斯, 千三百二十一年ラヱンナにて歿, 千三百二十七年アヰニヨンにてラウラ, 千三百二十三万八千百八十四円神会の資本, 千三百二十九人となっとる, 千三百二十二人居た事, 千三百二十八噸甲板の延長五哩, 千三百二十八尋だった, 千三百二十六万七千四百二十一円信徒の寄付, 千三百二十六人去年の九月一目, 千三百二十四マイルリバプールより諸, 千三百二十四万人である, 千三百二十餘人凡そ全, 千三百二頁四百七十万字悪金子, 千三百五〇メートルに參加, 千三百五十トンの汽船, 千三百五十七尺戸村牛岳が七千六十五尺, 千三百五十三年間繼續した, 千三百五十名の整理, 千三百五十圓となつ, 千三百五十本紡いだといふ, 千三百五十石十九ヶ村の多き, 千三百人位だった, 千三百人官舎寺院にいたる, 千三百余人だけは命, 千三百余名負傷を加えれ, 千三百余年前に支那, 千三百余町歩の開墾, 千三百余駄の木租, 千三百八十一メートル現政府, 千三百八十九軒一万二千五百七十八戸が災, 千三百八十五円ですね, 千三百八十余人も養成, 千三百八十余年寸土尺地といへ, 千三百六マルクなり, 千三百六十一トンの, 千三百六十万人のうち, 千三百六十三人の青年同盟員, 千三百六十八万四千人の勤労者, 千三百六十八人を就職, 千三百六十六人を数, 千三百六十戸ははなはだ, 千三百六十本の通し矢, 千三百六十號において拜, 千三百円一家自殺を図った, 千三百円也が寄附, 千三百十一万〇七百九十六人という統計, 千三百十九米の三角点, 千三百十四人の工場, 千三百卷の浩瀚, 千三百呎に亘る, 千三百呎シトロンやたこの木, 千三百哩広々と, 千三百四十余人も江戸, 千三百四十八兩貸金が三千五百兩, 千三百四十六米であるが, 千三百四十年ほど前, 千三百四年七月二十日アレツツオに生れき, 千三百尺であるが, 千三百尺山塊全體, 千三百年ソロンの法律, 千三百年以前に開けた, 千三百年忌にいろ, 千三百年来のよき, 千三百度以上の熱, 千三百戸六千人以上に達した, 千三百旌旗天を蔽い, 千三百有余年の昔, 千三百枚調製の件, 千三百海里ほど西方, 千三百町之は表, 千三百町此代價が何程, 千三百石これは浅井因幡守, 千三百種になり, 千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千三百米位から喬木, 千三百米突あまり高過ぎるから, 千三百軒から八万七百軒, 千三百里という, 千三百里今は空しく, 千三百里南北七百里十三州は三倍, 千三百隻の艦艇, 千三百頭入用だらうし, 千三百餘萬圓その復舊費二千四百餘萬圓, 千三百首に上つて, 千三百馬力で三四トン, 千三私は女, 千三郎は安政四年, 千遑応接, 千不良少女が約, 千丸など, 千与兵衛はわたくし, 千世子のも一つ別, 千世子達より前, 千世紀がほどにも思われた, 千両これは型, 千両つるにひばり, 千両どこにある, 千両どれ銭湯へでも行っ, 千両みな兄に罪, 千両みんな置いて, 千両ゆすり取りやがっ, 千両チョロリと横取り, 千両ッてんでげす, 千両バカリアル故コラエガ馬鹿, 千両バカリイッテソレカライロイロ家作モ大破ダカラ弐百両半モイルシ皆サンガ支度ニモ百両トシテモシモ支配ヘ引越シデモスルト百両半モカカル, 千両バクチ故ニ, 千両ホド借金出来テ家来モ六ツカシク大心配ヲシテ, 千両一万両とそれぞれ箱入り, 千両二両とすれ, 千両二千両用立てるの, 千両五千両一万両とそれぞれ箱入り, 千両今でいう, 千両位たやすく並べる, 千両何万両となく, 千両余りの品, 千両入用かな, 千両函を又, 千両千枚の一万両, 千両吉原楊枝夜半の茶漬, 千両城下の町人, 千両大福餅を買ったら, 千両大黒柱が二抱え, 千両天城屋の千両, 千両奉納の一埒, 千両宇津谷峠に差しかかった, 千両拝借仰せ付けられたく御, 千両持ち逃げしたとは, 千両持参金にしよう, 千両春徳寺で盗まれた, 千両朝寝万両の寝, 千両横取りした奴, 千両気質が千両, 千両泥棒のお, 千両現金直ぐに, 千両相違なく差上, 千両紛失事件はそれっきり迷宮入, 千両船の名, 千両見事に奪い取られた, 千両貸しがある, 千中乾坤坊良斎などの人々, 千之助今見る姿, 千之洞の上流, 千乗万騎走るなる, 千九三元五一仙株主準備金から二万元, 千九十ポンド四シリングから百五十五ポンド九シリング, 千九十一万七千五百九十三人とされ, 千九十一万余人の婦人有権者, 千九十一万余票を加え, 千九十一年を得, 千九十一年餘となり, 千九十九枚で毎日, 千九十五人とあります, 千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 千九十八米の三角点着, 千九十六人となった, 千九十年餘の歳月, 千九十米位と思われる, 千九百〇七年のアジア條例, 千九百〇三年における, 千九百〇八年九月二十一日心臓を病み, 千九百〇四年更にまた, 千九百ベェスター南極に至る, 千九百一年ヴォオトヴィル座に於ける, 千九百一米の峰, 千九百七八年の頃, 千九百七十五人あり, 千九百七十何年だかに, 千九百七十六名という竊盗事件, 千九百七十四トンの巨舶, 千九百七十年代にはいる, 千九百七年に至り, 千九百七年歌麿につき, 千九百万でもあり, 千九百万ポンドであったが, 千九百万倍もはやく, 千九百万磅という, 千九百三十一年のこと, 千九百三十一年仲秋揮毫す, 千九百三十三マイルなり, 千九百三十三米最高点は長野県北安曇郡, 千九百三十九米の前, 千九百三十二年三月四日ちやうど金曜, 千九百三十五年の秋, 千九百三十年クリスマスにちかき, 千九百三十年後の東洋, 千九百三十本に及ぶ, 千九百三年仏国政府より公然, 千九百九十の坐睡す, 千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 千九百九十九キロを平均時速八百キロ, 千九百九十九円九十九銭九厘の損害, 千九百九十九円九十九銭余の損害, 千九百九十九日九分九厘であります, 千九百九十九本あるの, 千九百九十二米であるが, 千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 千九百九十八米即ち三千米, 千九百九十号というもの, 千九百九十米最低二千百八十米平均高度は二千六百二十米, 千九百九年に彼, 千九百九年四月アメリカのピヤリー大佐, 千九百二十三年九月東京の大震災, 千九百二十三年六月アラスカから北極, 千九百二十三年国立劇場コメディイ・フランセエズが特に, 千九百二十九票という勘定, 千九百二十二年の八月, 千九百二十二年七月廿八日ベルリンに著い, 千九百二十八年の五月, 千九百二十六七年らしい, 千九百二十六匹あり, 千九百二十六年に程樹徳, 千九百二十六年のだな, 千九百二十六年五月七日に到着, 千九百二十六年五月十一日午前八時五十分ノルゲ号は静か, 千九百二十六米もある, 千九百二十四年刊行の, 千九百二十四票をかき集め, 千九百二十年三月の出版, 千九百二十年初秋五十六歳の時ヨルダン河, 千九百二十年後の女性, 千九百二年五月八日の噴火, 千九百二年五月八日マルチニック島プレー山の噴火, 千九百二年以後浮世絵の競売目録, 千九百二年以来の事, 千九百二年巴里において林忠正, 千九百五六十米もある, 千九百五十五人という少年少女, 千九百五十八米の地点, 千九百五十年にはじまる, 千九百五十年ごろの人類, 千九百五十石の藤堂和泉守高猷, 千九百五年巴里のアンドレエ・アレエ, 千九百人に適用, 千九百何十円といふ巍然, 千九百何十圓といふ巍然, 千九百何十年かにまた, 千九百何号かに達し, 千九百何年まで, 千九百何號かに達し, 千九百余両ところで此金, 千九百億弗の支出案, 千九百八万九百九十人といわれ, 千九百八十米上州方面の称呼, 千九百八年三月先生の巴里, 千九百八年十一月廿九日霜白き曉, 千九百六十三人はどう, 千九百六十二と, 千九百六十五年前に記録係, 千九百六十八米の車坂, 千九百六十六人を有せり, 千九百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 千九百六十年になっ, 千九百六十米の地点, 千九百六十米突の白岩山, 千九百六年五月二十三日七十九歳で同, 千九百六年大佐になつ, 千九百円毛皮類買って, 千九百十一年十二月彼によつて, 千九百十七年の, 千九百十七年九月二十三日のまだ, 千九百十七年九月二十三日父はた, 千九百十七年十一月二日の正午, 千九百十七米の茶臼岳, 千九百十九マイルの内訳, 千九百十九年オークランド市の所有, 千九百十二年の, 千九百十二年代の不幸, 千九百十二年大日本帝国の白瀬中尉, 千九百十五米の三角点, 千九百十八九年の西班牙風邪, 千九百十六年一月十日の, 千九百十四五年に死んだ, 千九百十四年六月二十八日墺国皇嗣フランツ・フェルディナンドが妃, 千九百十年位におの, 千九百十年余が二十六歳, 千九百名もいる, 千九百四十七を擁し, 千九百四十七人尼一千九百七十五人あり, 千九百四十九年のウラニウム, 千九百四十九米三の三角点, 千九百四十二年の変り型, 千九百四十五年でなくて, 千九百四十五米三と測られ, 千九百四十四円都合総計三千二百七十四万二千五百四十九円なり, 千九百四十四年十一月○日午前二時大統領私室に於, 千九百四十四米笠ヶ岳と共に牛ヶ岳, 千九百四十年全世界, 千九百四十枚こいつを小判, 千九百四十米の一峰, 千九百四年にはインド, 千九百四年以来順次に, 千九百四年十二月東京に生れた, 千九百四年東京ニ歿シ雜司ヶ谷ニ葬ル先生ヲ景仰セル土井英一, 千九百圓僅に二千九百圓掛つた, 千九百圓掛つた尤も埼玉縣, 千九百字の漢字, 千九百尺にし, 千九百年代の初頭, 千九百年前に其の, 千九百年後の今日, 千九百年皇祖皇太神宮, 千九百年間に六つ, 千九百幾年に何処, 千九百戸一万六千人にも達し, 千九百有七年支那では光緒三十三年, 千九百瓦の蛋白質, 千九百石の代官, 千九百石きじはし, 千九百米余が終り, 千九百萬圓の整理緊縮, 千九百萬磅を要すべく, 千九百零何年というよう, 千九百餘年前の猶, 千二〇〇哩ある, 千二あれがクイクイ岬, 千二お前が喜ぶ, 千二がかいでいる, 千二それからロロ, 千二ただ一人では, 千二の足はふらふら, 千二ふき矢をふけ, 千二万三万五万十万の読者, 千二三百一陣になっ, 千二三百人来集し英宗, 千二三百兩ございませうか, 千二三百円客次第で三千円, 千二三百坪からありました, 千二三百字の春山和尚, 千二三百尺の高, 千二三百種に過ぎん, 千二三百米の地点, 千二丸木ののっ, 千二丸木艇は見えない, 千二何をぐずぐず, 千二十メートル一八四八年の共和政府, 千二十三人の五分の一, 千二十三年間に於ける, 千二十五万六千四百六円七十二銭は今日, 千二十五万円ばかり入っ, 千二十余尺気候の暖さ, 千二十八万人をもつ, 千二十六米の農鳥岳, 千二十四カラット強で従来世界, 千二十四ポンドユダヤ教に一千五十五ポンド, 千二十米の地点, 千二千三千五千乃至一万, 千二君あとを博士, 千二君なにをそんなに, 千二君今鳴らして, 千二君何も心配, 千二君先生は形, 千二君地上からはかっ, 千二君柱時計というもの, 千二君機械の音, 千二新田望遠鏡で見なく, 千二火星の上, 千二番加藤主計頭清正以下二万二千三番黒田甲斐守長政以下一万一千更に四番, 千二百フィートのを美しい, 千二百フランだけで暮らし, 千二百フランポンメルシー男爵夫人が八百屋, 千二百ポンドも使った, 千二百ポンド頂戴した, 千二百マイルなり, 千二百ミリから千ミリ, 千二百ルーブルの収入, 千二百一人少し開き, 千二百七十トン一千馬力というの, 千二百七十一米六の三角点, 千二百七十一米六富士見の南, 千二百七十九哩も歩い, 千二百七十五年から千二百九十二年, 千二百七十余万斤という産銅額, 千二百七十八年に國内, 千二百七十六に三八, 千二百七十六年に南宋, 千二百七十四万二千五百四十九円なり, 千二百七十四年に彼, 千二百七十四米の烏帽子山, 千二百七十年ほどの昔, 千二百万キロメートルの往復, 千二百万ドルをあげる, 千二百万一千四百万または一千五百万, 千二百万円以上ありと, 千二百万哩の向, 千二百万弗すなわち四千万円, 千二百万石以上を輸入, 千二百三十三尺一町に付, 千二百三十二年となせる, 千二百三十二米の峰, 千二百三十人なれば, 千二百三十人いずれも皆, 千二百三十八社を合併, 千二百三十升小通詞二級銀三百兩, 千二百三十四この女, 千二百三十四年に先, 千二百三十四年埃及はナイル河, 千二百三年コンスタンチノポリスを征, 千二百九十の割合, 千二百九十一人であったもの, 千二百九十一貫六百四十八匁の食物, 千二百九十二年まで十八年, 千二百九十五年であります, 千二百九十五里とある, 千二百九十年戀人みまかりぬ, 千二百二十三メートルに減じ, 千二百二十三語強一日に三語, 千二百二十二円七十二銭なりか, 千二百二十五戸という大, 千二百二十五米の頂上, 千二百二十八米であるが, 千二百二十八米一にしか達し, 千二百二十六米の三角点, 千二百二十尺の王岳山, 千二百五十トンの新茶, 千二百五十ドルくれれば, 千二百五十一人海より詣する, 千二百五十七万一千四百六十一人に比する, 千二百五十七人という様, 千二百五十三年前咸享二年三十七歳でインド, 千二百五十五人で無害地, 千二百五十五年にヨーロッパ, 千二百五十倍或は二千四百倍, 千二百五十六かないや, 千二百五十六羽兎百五十九頭ラビツト十三頭であつ, 千二百五十円でしょう, 千二百五十弟子の中, 千二百五十校にし, 千二百五十石の政義, 千二百人大矢野の甚兵衛, 千二百何メートルと註し, 千二百何十円在中の一個, 千二百何某の金, 千二百余町に害, 千二百余頭家屋倒壊百五十戸破損三百五十戸浸水四百十六戸田畑の流没二十一町, 千二百八十三万九千六十二人を数え, 千二百八十九米二の絶巓, 千二百八十二戸一万二千四百五十二人にも達し, 千二百八十二種の奇事異聞, 千二百八十余年以前かの三蔵法師, 千二百八十余年前に大化, 千二百八十八年になっ, 千二百八十六號別刷の薄, 千二百八十米の圏, 千二百六十七万円の欠損額, 千二百六十七石あったのに, 千二百六十三棟僧侶の数七万六千五百六十人, 千二百六十九卷といふ卷數, 千二百六十二マイルなり, 千二百六十二軒の内, 千二百六十五年フイレンチエに生れぬ, 千二百六十八人逐電したもの, 千二百六十六年を滿, 千二百六十呎という数字, 千二百六十米突ここに長, 千二百六十餘日間四十三萬八千七百餘時間を經, 千二百六年和銅元年始, 千二百円野呂が千八百円, 千二百十一年の星霜, 千二百十三千二百十四と数珠, 千二百十三年前に死せし, 千二百十二を数え終わった, 千二百十二呎と書い, 千二百十八年前すなわち元正天皇, 千二百十六の学校, 千二百十四と数珠, 千二百十町歩放牧區域七十二區各區, 千二百名壮丁だけでも三百名, 千二百呎をあまし, 千二百哩それより橄欖島, 千二百噸の機関長, 千二百四十一年に既に, 千二百四十七年にヨーロッパ, 千二百四十九米四の三角点, 千二百四十二年に書いた, 千二百四十五年にヨーロッパ, 千二百四十年頃のガルリア, 千二百圓位もら, 千二百圓臺となり, 千二百年前アルキメデスは入浴, 千二百年目に当る, 千二百年祭の根本精神, 千二百年記念法要にもむろん, 千二百年間土中したもの, 千二百年間明治十八年迄用, 千二百年頃元龜, 千二百幾名かの患者中, 千二百度にも達する, 千二百握力七十八竿飛は一丈三尺, 千二百数十年前よりも更に, 千二百曲の生産, 千二百本ばかりの石, 千二百瓦乃至千九百瓦, 千二百生れたまふ, 千二百町余もある, 千二百町歩の田畑, 千二百町歩放牧區域七十二區各區, 千二百疋とある, 千二百石あたごの下, 千二百石京弥をつれ, 千二百石剣の奥義, 千二百石取り疵の早乙女主水, 千二百石取り直参お旗本, 千二百石殿樣と言, 千二百石池田信濃守様の御, 千二百石直参お旗本, 千二百石船で運ん, 千二百神本地薬師如来にてお, 千二百端を引きあて, 千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千二百米足らずの山, 千二百羅漢様の御, 千二百貫塩が百八十貫, 千二百足らずあるとして, 千二百部を刷り, 千二百里というたいへん, 千二百頭を撲殺, 千二百餘年の日本, 千二百餘年後の今日, 千二百駄を守っ, 千二百騎のうち, 千五六百トンもある, 千五六百フィートもそびえ立っ, 千五六百メートルの辺, 千五六百万フロリンを支出, 千五六百円もする, 千五六百年も以前, 千五六百米前後の高, 千五六百米附近と思われる, 千五六百騎馬けむりを, 千五十一米の峰, 千五十七米五の笠ヶ岳, 千五十五ポンドを下付せり, 千五十人なれば, 千五十八かなあ, 千五十四米の大倉山, 千五十年供養塔と刻ん, 千五百〇六八に達し, 千五百ぐらゐあり女給の給料, 千五百キロの目盛, 千五百キロ東京との距離, 千五百フィート以上もある, 千五百フランそれも無造作, 千五百ボルトの電流, 千五百マイル余なりという, 千五百メートル一の氷ノ山, 千五百メートル付近を下降中, 千五百メートル以上の高山性裸地帯, 千五百メートル日本北アルプスの唯一, 千五百ルーブリだし, 千五百ロシア数万の由, 千五百七十一人なり, 千五百七十七首の歌, 千五百七十三という数, 千五百七十三人という夥しい, 千五百七十三尺黒岳が六千五百四十九尺, 千五百七十三棟僧侶の数, 千五百七十九人について調べた, 千五百七十九市町村に達し申し, 千五百七十二人の多, 千五百七十二米約五千二百尺, 千五百七十五年にはマドリッド, 千五百七十八戸が災, 千五百七十六年のこと, 千五百七十呎だが, 千五百七十四メートルは山, 千五百万キロとして航路, 千五百万人最低その三倍, 千五百万以下となる, 千五百万個でありその, 千五百万円免租の方, 千五百万台より六百万台, 千五百万哩もある, 千五百万地下鉄道網はこれら, 千五百万坪七十鉱区の鉱業権, 千五百万家々の昔, 千五百万年以前にも檀那, 千五百万年後には矢張今, 千五百万斤の大, 千五百万民衆が足下, 千五百万減少したと, 千五百万麻克である, 千五百三十一メートルと書い, 千五百三十七年に首, 千五百三十二万二千二百二十二円七十二銭なりか, 千五百三十二人を有す, 千五百三十五年二月六日即今東京府知事職ニ在ル大久保一翁, 千五百三十四年四月二編は同年六月発兌, 千五百三十四方マイルにし, 千五百三十四米で直ぐ, 千五百両バカリ借ガアル, 千五百九十一万六百五十一人が農村居住者, 千五百九十一米八の三角点, 千五百九十七万四千四百三十九人なり, 千五百九十三人とされ, 千五百九十三米の三角点, 千五百九十五ポンドと言われ, 千五百九十何円献金する, 千五百二十八戸を支配, 千五百二十六万四千米ばかりも喰い, 千五百二十六米の峰, 千五百二十年前の著述, 千五百二十米の地点, 千五百五十一メートルの深, 千五百五十万から二千八百万, 千五百五十人は榊原康政, 千五百五十八尺ただに北海道, 千五百五十八尺北鎮岳は七千四百十尺, 千五百五十六だ, 千五百五十年創立の商店, 千五百五十萬圓であるが, 千五百五回ずつ平和, 千五百五年になる, 千五百五日である, 千五百人イタリア人過半を占め, 千五百人ンガクバ・ターサンには五百人, 千五百人以上の日本人, 千五百人以下の村落, 千五百人有家の監物, 千五百人本渡の但馬, 千五百人蜂屋頼隆の一千人, 千五百以上入って, 千五百以下たるべし, 千五百件もあった, 千五百位の予定, 千五百何米と記入, 千五百余メートルの山道, 千五百余坪現在の回向院, 千五百余年来の慣習, 千五百余年来日本国をし, 千五百余年釈尊は生まれ, 千五百余頭を焼かしむ, 千五百億であると, 千五百元あった, 千五百兩出して, 千五百兩外に地所, 千五百兩抵當流れになつ, 千五百兩箱ごとでは十貫目, 千五百兩紛失の責任, 千五百八十一方マイル, 千五百八十三と解す, 千五百八十三円と記し, 千五百八十二年信長が殺された, 千五百八十五年に羅馬, 千五百八十四函上層子集部は三千六百函, 千五百八十四号ヲ以テ勲等簿冊ニ記入ス, 千五百六人に対して穢多, 千五百六十九件に比する, 千五百六十人あり, 千五百六十八函中層史部は一千五百八十四函, 千五百六十六計五万七千二百三十八社, 千五百六十六坪ほかに皮張場五百十一坪, 千五百六十六米を最高, 千五百六十四万となっ, 千五百六十四石の領主, 千五百六十米の小圏, 千五百六尼坊八百七十六坊僧二万八千九百九十一人尼一万四千百八十四人ありしも, 千五百円これを百レン, 千五百円也となった, 千五百円二千円ぐらいか, 千五百円以外に残念, 千五百円出入りの呉服屋, 千五百円分を買った, 千五百円平均ぐらいずつ券, 千五百円支給して, 千五百円殖へたと, 千五百円袋のま, 千五百円追加の話, 千五百刈れるはず, 千五百十二の中等学校, 千五百十五年でありちやう, 千五百十八番ぢやありません, 千五百十四人なり, 千五百十年とすべきだ, 千五百名以上の検挙, 千五百名分の座席, 千五百呎の馬の背, 千五百哩の送電能力, 千五百哩弱されば, 千五百噸位の帆前船, 千五百噸武装は十五糎砲十五門, 千五百噸級の汽船, 千五百四分の一里の前面, 千五百四十七トンにし, 千五百四十七年にはシュレスウィッヒ, 千五百四十七社を減じ, 千五百四十万六千石であつ, 千五百四十九円なり, 千五百四十九尺忠別岳が六千四百七十七尺, 千五百四十五個の製造家, 千五百四十六トンの巨船, 千五百四十六人の定員, 千五百四十冊を選択, 千五百四十年前邪視は今, 千五百圓外套二千五百圓と云, 千五百圓足らずもつぎ込ませ, 千五百坪の地内, 千五百字が完成, 千五百尺あたりのところ, 千五百尺これが房總, 千五百尺以下の平地, 千五百尺内外であるけれど, 千五百尺前後であろうから, 千五百尺埔里盆地の中央, 千五百尺東西四千二百尺の埠頭, 千五百尺樺太の日本領地, 千五百尺股沢山ノ東脈ニシテ支脈南荒川北中津川間諸山トナル以上同村ニ属ス, 千五百尺西ハ同上北ハ上野南甘楽郡楢原村ニ界ス三州ニ, 千五百年ゴルチーン法は紀元前五〇〇年代, 千五百年代位までで, 千五百年代英国において民権説, 千五百年前比叡山でをれ, 千五百年史なんか二銭五厘, 千五百年来鍛えられて, 千五百年来発達し過ぎる位発達, 千五百年間その間に数え切れぬ, 千五百年間形造られて, 千五百廿里とある, 千五百弗の賞金, 千五百弗市民は眼, 千五百役高を加, 千五百房と, 千五百房八千五百房と, 千五百把湯舟沢村三千五百把とあっ, 千五百支那里である, 千五百斤の如意金箍棒, 千五百有余もあり, 千五百有余年ありと, 千五百有余年国の形, 千五百有余年邦国の体裁, 千五百枚岡崎の, 千五百法ですナ, 千五百浬でもう, 千五百産屋立てなと詔, 千五百番歌合百三十六番右定家の歌, 千五百疋でこれ, 千五百石くらゐは, 千五百石六十二歳の大身, 千五百石加々見様でごぜ, 千五百石取りのお歴々, 千五百石客分として迎えましょう, 千五百石持ちということ, 千五百石比較にならない, 千五百石永井和泉守樣の御, 千五百石程度の旗本, 千五百石積を家, 千五百石頂戴致した小栗上野介, 千五百秋瑞穂の国, 千五百秋瑞穗の國, 千五百程度であった, 千五百種以上の学名, 千五百立花忠茂の五千, 千五百箱その引渡し, 千五百米以上という針木, 千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千五百米前後の部分, 千五百米突を示す, 千五百米附近から東, 千五百艘搭載量二万七千四百石と唄, 千五百萬マルクの利子, 千五百萬圓使つて今の谷中村丈, 千五百萬圓元利共に償却, 千五百萬圓餘りであ, 千五百蛟哮え猛, 千五百行づつ克明に書き込むだ, 千五百貫目石をひっぱっ, 千五百貫鶏卵が先, 千五百部印刷して, 千五百里三千里の三種, 千五百間を立てた, 千五百雪の山路, 千五百雷鳴り轟き, 千五百頭の馬, 千五百首である, 千五百首上は天皇, 千五百馬力の釜, 千五百駄以上ある, 千五百駄内外でラターク, 千人あなたと同じ, 千人がたふれその, 千人くらゐの, 千人ぐらゐやつて来たかなと, 千人こちらから千人, 千人これは支那流, 千人めあき千人, 千人インド人および他, 千人ッていう小作人, 千人テンリーという, 千人万人透明人間の大, 千人三分の一は女, 千人三千人のお客, 千人上津浦の一郎兵衛, 千人並の下女, 千人中万人中いや千万人, 千人中川清秀の二千五百人, 千人中摂津一人を特異, 千人二千くらいの尠, 千人以上寄留して, 千人以上差支なしと, 千人伊太利から八万人, 千人何の如き, 千人何百人を限つて施餓鬼, 千人侍は二百足らず, 千人供養を求むる, 千人児童の図, 千人入海求蓬莱神仙不得, 千人切りの話, 千人列を成し, 千人劇場には立錐, 千人千義で義, 千人千色似たの, 千人口三萬五六千もある, 千人同心程度としても, 千人四十戸という同一数, 千人土人一万八千人インド人および他, 千人城南湯本口には池田輝政, 千人塚無縁仏など囚人, 千人大江の岸, 千人大陸をさる, 千人夫千七百決死して, 千人女が髪, 千人子の, 千人孔門に匹敵, 千人家のま, 千人寄つても盲, 千人寺院の収入総計, 千人屋の上, 千人岩の頭, 千人岳とて多く, 千人座敷へ行く, 千人彫り秘願の彫り師伊三郎, 千人戦死の時, 千人所引磐石と書したる, 千人日の暮れる, 千人東京へ行っ, 千人樹を, 千人歳によって多少, 千人海へ溺れ, 千人湯最初の浴客, 千人烟をながめ, 千人番所というもの, 千人百人の鉱夫ら, 千人皆これを心, 千人皆歸國せずに, 千人目明一人の世の中, 千人目明三人と云, 千人盲千人のお, 千人真田勢僅かに二千余人, 千人福岡城を死守, 千人私はひとり, 千人窟ですよ, 千人縫いです, 千人罕有見其面者, 千人胆吹へ籠っ, 千人自動車関係約二千人, 千人街道の北方, 千人讃へてもわが, 千人負傷者は数, 千人足五千加賀の前田家, 千人近く狹き校舍, 千人重傷者四千四百人家や船, 千人長一萬人長といふ風, 千人電灯関係約六百五十人, 千人風上に隊伍, 千人風呂五銭の享楽, 千人風呂位ゐ直ぐ, 千人食物がなく, 千人馬牛のた, 千人高山中川の両, 千漸減少, 千仏像を刻ん, 千仏寺胡同この北京, 千仏山や洛陽, 千仏洞から発見, 千仞瀑あり, 千代お前検めるが, 千代こと河田しまとし, 千代はじめとんぼ組パチパチと, 千代一人しかなかっ, 千代丈であつ, 千代九歳信長の女, 千代乳母がところ, 千代信長に対する森蘭丸, 千代十七歳養子祐二五歳の三人世帯, 千代千兵衛へ立ち向かった, 千代古屋ではお, 千代太郎音丸栄竜たちだ, 千代夫人にも無心, 千代子女史が夫君, 千代岡崎の城主松平, 千代川勝歌蝶富菊などは三都歌妓, 千代後の今, 千代柴田勝家に佐久間信盛, 千代池田勝三郎佐脇藤八郎そのほか, 千代自身いくらかそういう, 千代藤吉郎などが君前, 千代諱は尊子, 千代造氏が能静氏, 千代里榮里葉玉勇などの名, 千代金と伝つて, 千以上地方によっては村毎, 千以上陳列せられたる顔, 千仭翔くる鳳, 千にわたる権益問題, 千会員その他への配布三百五十, 千体荒神足留稲荷とそれぞれいわれ, 千何万何億と, 千何万何億年が, 千何万里漕ぎ巡って, 千何万隻とぶっ, 千何万騎という軍, 千何円になっ, 千何尺と何寸何分, 千何年という長い, 千何番地かにある, 千何番目になる, 千何百トンの艦, 千何百ルーブリか, 千何百万とか四千万, 千何百万トンなどという計算, 千何百万人の中, 千何百万燭光とも譬え様, 千何百両という大金, 千何百人当選者の氏名, 千何百何に何千何百何十, 千何百何十本と一本, 千何百何十番というの, 千何百名救助されたって, 千何百回と, 千何百坪本邸の方, 千何百年むかしの話, 千何百年經つて居ると, 千何百年間ずッ, 千何百年間特殊な血統, 千何百戸溺死怪我人算なし, 千何百次というよう, 千何百歩ときっちり, 千何百石小麦が何百石, 千何百足の草鞋, 千何百里あるの, 千何種というの, 千何萬兩もする, 千何頁かの本邦植物, 千余り死を決して, 千余キロというもの, 千余ポンドでそのうち, 千余メートルの高山, 千余万人を包括, 千余丈蹄より背上, 千余両の為替, 千余人すべてが殺され, 千余人つぎに三百余人, 千余人三十代前の祖先, 千余人三十代四十代となりまし, 千余人中村五郎の手引, 千余人人馬相蹂み刀戟相, 千余人保元の昔, 千余人出張に相成り, 千余人十三歳までの年, 千余人定刻前に早く, 千余人昇り上り敵, 千余人水戸藩の七百人, 千余人津藩の六百余人, 千余人牛馬二千余頭を斃, 千余人秀吉方の死者三千三百余名, 千余人葬いの行粧, 千余人薩軍に馳せ参ずる, 千余人軍艦十四隻海軍兵員およそ二千百余人, 千余元の金, 千余兵船は海岸一帯, 千余円及校友会費八百二十円の通帳, 千余匹を喪い, 千余句の俳諧, 千余名赤坂の幸楽, 千余噸の大, 千余字かりそめ, 千余年以前に我国, 千余年前シナの詩人, 千余年前醍醐天皇の延喜十一年六月十五日, 千余挺土居四千三百余駄の木租, 千余日まことに前代未聞, 千余枚を數, 千余機を東北地方, 千余歳の事, 千余町歩の大, 千余種を購, 千余種八万巻の書冊, 千余端を掠奪, 千余箇所を没し, 千余篇ありき, 千余米最低二千百二十米平均二千六百米以上の高度, 千余級であると, 千余級白旄地に委し, 千余行の楔状文字, 千余車の輜重, 千余通送られて, 千余通顕治四百通ほどの手紙, 千余里海内小山あり毎, 千余首中より五百五十一首, 千余騎いちどに対岸, 千余騎人数多しという, 千余騎十三段に分っ, 千余騎土居得能の二千, 千余騎弩弓手五百槍戟の歩兵八百余, 千余騎粛々として進発, 千余騎街道をまん中, 千余騎鉄砲をうちかけ, 千余魂が声, 千佛洞と云, 千あるいはそれ以上, 千に, 千俵其他に豆, 千俵酒三千樽を飲, 千個搭載しうるそう, 千個程度はあっ, 千個芍薬種子三升程花菖蒲五百株送附, 千倍何万倍とあり, 千倍数万倍に増加, 千倍郵便局まで歩く, 千倍高価である, 千よりも聞き, 千偈他日如何擧示人, 千儀仗一千戦車石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 千億ドルの値打, 千億万にもなる, 千億万分の一の特例, 千億万年あるか, 千億仏光り合いつつ, 千億光年の大, 千億円分の熱量, 千億萬年あるか, 千光国師モロコシヨリ帰リテ初テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺, 千光山金剛法院の暮, 千光年の距離, 千光眼の影向, 千兩お金の金之助, 千兩そつくり持出して, 千兩それがたつた, 千兩ぢやありません, 千兩づつを載せ, 千兩一人占にする, 千兩一人占めにした, 千兩万兩の金, 千兩三百兩包みが十箇, 千兩今晩のうち, 千兩位の目腐れ金, 千兩何萬兩もする, 千兩傷けられ殺された人, 千兩入つてゐたか, 千兩出したら二度目, 千兩分限といふ言葉, 千兩奉納の一埒, 千兩小判の片ら, 千兩常盤橋外で車ごと, 千兩役者以上の重要, 千兩揚つたん, 千兩春徳寺で盜まれ, 千兩株と言, 千兩江島屋からは確か, 千兩泥棒のお, 千兩盜み出す積り, 千兩盜つた泥棒は誰, 千兩盜んだ大, 千兩積ませるといふ, 千兩箱そのものが摺り, 千兩箱ぢやない, 千兩箱三つも盜, 千兩箱二つ煙の如く, 千兩箱二つ盜つて逃げた後, 千兩箱十の中味, 千兩箱突き崩しの曲者, 千兩紛失事件はそれ, 千兩纏らなきや, 千兩萬兩藪柑子さては南天, 千兩貰つて清太郎と一緒, 千兩貸し金が一萬兩, 千兩返して, 千兩道具を三文瀬戸物, 千兩邪魔になる, 千兩騷ぎで疲れた, 千八九百万として約, 千八九百万人まず三千万人以内, 千八九百年前といふ説, 千八十フラン六サンチームの金, 千八十一人に達し, 千八十九人であったとも, 千八十九米一の三角点, 千八十五年此に終りぬ, 千八十八尺の高, 千八十六トンにし, 千八十戸半つぶれ, 千八千二万三万五万十万の読者, 千八千騎行けば, 千八口あると, 千八声まで啼かぬ, 千八本前歯が六百枚, 千八百〇二年の, 千八百〇五年ゼノアに生る, 千八百〇十〇年の春, 千八百キロというところ, 千八百グルデンの俸給, 千八百フランもする, 千八百ポンドの金, 千八百メートル余ということ, 千八百七十〇年の夏, 千八百七十一万余坪で前掲, 千八百七十一年の普佛戰爭媾和, 千八百七十一年一月にアフリカ東海岸, 千八百七十七八年の交, 千八百七十七年前後のあたり, 千八百七十七段ありますと, 千八百七十三年か四年, 千八百七十三年一月十日でムネ・シユリイ, 千八百七十三年五月一日の夜明け, 千八百七十九年出版アンダアソンの著, 千八百七十九年十二月二十一日のこと, 千八百七十九年十二月四日コーペンヘーゲンでである, 千八百七十九年四月イブセンはデンマルク, 千八百七十五年三月一日午後十時同所で死ん, 千八百七十八年チャールス・ピアスによつて, 千八百七十八年十月といふ日附, 千八百七十八年十月十九日ローマにてとしてま, 千八百七十六年五月二十七日タンガニイカ湖畔のウヂヂ, 千八百七十四年十一月十三日彼はザンジバル港, 千八百七十四年四月十八日盛大な国葬, 千八百七十尺余り距離は直径, 千八百七十年代の半頃, 千八百七十石以上この畠, 千八百七米の三角点, 千八百万キロメートルの距離, 千八百万トンすなわち二億トン, 千八百万ドルすなわち百三十七億円, 千八百万フランを示し, 千八百万人の文盲, 千八百万俵であったに, 千八百万倍ある, 千八百万円といわれ, 千八百万分の一地図で樺太, 千八百万罐蟹工船に七百八十万罐, 千八百三十七年の歳, 千八百三十二年十一月二十九日出生場所は米国ペンシルバニア州, 千八百三十八年の七月, 千八百三十四字之を私たち, 千八百三十四年アメリカのデヴイツド・ブルース, 千八百三十四年ドレスデンに生れた, 千八百三十四年三月六日の事, 千八百三十四米七の峰, 千八百三十尋其樣な深い, 千八百三十年に生れ, 千八百三十年ブルボン朝の最後, 千八百三十年代の浪漫主義, 千八百三米の山巓, 千八百九〇年サガレンに出かける, 千八百九十一二年の頃, 千八百九十一年に出, 千八百九十一年六月自由劇場でその, 千八百九十一年州の事業, 千八百九十一米の広河内岳, 千八百九十七年にジェミエ, 千八百九十七年三月エコリエ社で上演, 千八百九十七年版以後のもの, 千八百九十三年に出, 千八百九十三年ニユーヨーク州において始めて, 千八百九十九年五月十八日から和蘭, 千八百九十九年創立当時の計画, 千八百九十二人男女の割合, 千八百九十二年に露国, 千八百九十二年以来学校補助費三万ドルに対し公立図書館, 千八百九十二法と六十サンチーム, 千八百九十五年の八月, 千八百九十五年十二月即明治二十八年, 千八百九十八年三月巴里フィガロの小, 千八百九十八年五月二十六日クリスチアニアのノールウェー女權同盟, 千八百九十六年一月發行の, 千八百九十六年北斎伝出でしが, 千八百九十六年歐羅巴ハンガリーの都ブタペスト, 千八百九十六年編纂の目録, 千八百九十四年作者三十一歳の時, 千八百九十四年四月二十日ジムナーズで女優レジャーン, 千八百九十年代である, 千八百九十年以来東京においては, 千八百九年乃至千九百十一年, 千八百九枚目まで書きちらすだろう, 千八百二十マイルあり, 千八百二十一年版のバイロン, 千八百二十七人この二藩, 千八百二十七米九の三角点, 千八百二十八人女は廿九億九萬四千八百三十人, 千八百二十八年三月二十日ノールウェーのスキーン, 千八百二十八米でいずれ, 千八百五マイルあり, 千八百五人だが, 千八百五六十年はたっ, 千八百五十七尺石狩岳が六千五百七十三尺, 千八百五十三年九月十二日ところはクロワッセ, 千八百五十九年に死する, 千八百五十九年七月二十三日巴里で死んだ, 千八百五十二回に上っ, 千八百五十二年に米國, 千八百五十二年十月に同, 千八百五十二米の峰, 千八百五十五米の僧ヶ岳, 千八百五十八マイルを過, 千八百五十八年安政六年に送った, 千八百五十六年東海岸のキリマネ, 千八百五十四年にはザンベジ河, 千八百五十年にロンドン, 千八百五十年一月十四日ロテイはロシユフオオル, 千八百五十方マイル人口二千五十人なれば, 千八百五年以来ちやんとワイマアル, 千八百人マエ・ターサンには二千五百人, 千八百以上らしいのよ, 千八百何十何年七月十日の事, 千八百何年前に死んだ, 千八百余人舶長さ四十四丈広さ十八丈, 千八百余口過ぐる所, 千八百余坪に大小, 千八百余年前の支那人, 千八百余石のご, 千八百億トンの石炭, 千八百八十一年にコペンハーゲン, 千八百八十一年九月はじめて演ぜられた, 千八百八十一年十一月ペテルスブルグでまた, 千八百八十一年度ヴインナ大學病院最近處方, 千八百八十七年買つた場所はストランド, 千八百八十三カ所ありしと, 千八百八十三マルクローマ宗百二十九万七千三百六マルクなり, 千八百八十三メートルのエベレスト山, 千八百八十三年に大, 千八百八十三年ペテルブルグの師範学校, 千八百八十三年十二月かの女優モッヂェスカ, 千八百八十九年チューリン市で初めて, 千八百八十九年三名の委員, 千八百八十九年初演オランダのアムステルダム, 千八百八十二メートルのエベレスト峯頂上, 千八百八十二年といへ, 千八百八十二年イギリスのロード, 千八百八十二年伯林工芸美術館においてその, 千八百八十五年に生れ, 千八百八十五年ボストンにて再刊, 千八百八十五年ユーゴーの逝ける, 千八百八十五年三月ロンドンの一素人劇クラブ, 千八百八十人と御, 千八百八十八と御, 千八百八十八年三月六日五十五歳で父, 千八百八十六年九月の, 千八百八十六年六月十三日の夕, 千八百八十六条という豊富さ, 千八百八十四年三月三日ロンドンの王子座, 千八百八十四年英国倫敦発刊の某, 千八百八十年でコーペンヘーゲン, 千八百八十年一月八日戲曲座で開演, 千八百八十年二月に初めて, 千八百八十年二月十七日ミュンヘンにて, 千八百八十年二月十八日ミュンヘンにて, 千八百八十年五月何日かの日暮れ方, 千八百八十年以後の日本, 千八百八十幾年かの物, 千八百八十本の毛髪, 千八百八米の丹後山, 千八百六人溺死す野根浦, 千八百六十一年の新年, 千八百六十一年十一月二十日わが手, 千八百六十一年女史の三十歳, 千八百六十七年実に十九世紀, 千八百六十七年ビスマークの力, 千八百六十三年ニユウヨオクのハアバア書肆, 千八百六十三年ペテルブルグで生まれた, 千八百六十九年五月三十日に出された, 千八百六十九年十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 千八百六十二年私は日本, 千八百六十八年二月大坂において, 千八百六十八年幕府瓦解して, 千八百六十八米の峰頭, 千八百六十六万六千三百二十二人居た事, 千八百六十六五千まで数えれ, 千八百六十六年フランスに生まれ, 千八百六十六年ボオドレエルの狂疾, 千八百六十六年三月末のこと, 千八百六十六年以来諸外国政府, 千八百六十六年四月亞歴山二世がサムマア・ガアデン, 千八百六十六年彼はまた, 千八百六十四年の詩集, 千八百六十年の北京條, 千八百六十年二月一日に死にました, 千八百六十年六月二十五日仏国中部の古都ツウル, 千八百六十年生れでこれ, 千八百六十米の圏, 千八百六年拿破里に斬首, 千八百円ベース決定以後購買力は著しく, 千八百円以上の負担, 千八百円位のアガリ, 千八百円基準の生計費, 千八百円女人達は九百円づゝ, 千八百円私の年棒, 千八百円程度になる, 千八百円許り受取りました, 千八百分の一に当る, 千八百十三年モスコーの一敗, 千八百十九年に英国東印度会社, 千八百十五人ということ, 千八百十五年正月十六日の事, 千八百十人に及び, 千八百十何年かの話, 千八百十六切小判で四万九千五百両, 千八百十年代の, 千八百十年頃の, 千八百呎ばかりのところ, 千八百噸前に言った, 千八百四メートル作りルイ十八世は五千七百九メートル, 千八百四十メートルだ, 千八百四十一年イギリスのウェールズ, 千八百四十一年代の新聞, 千八百四十九頁の大冊, 千八百四十五年ぐらいのところ, 千八百四十五年七月十九日午前八時モルレーに於, 千八百四十五日を費した, 千八百四十八年ロンバルトの暴徒蜂起, 千八百四十六年バアゼルの出版, 千八百四十四年パリの商家, 千八百四十四年十月十二日有名なる詩人テニソン, 千八百四十回転をやる, 千八百四十米をいくら, 千八百四十米突の山脊, 千八百四年パリーの春, 千八百回転まで油圧, 千八百地底で生き埋め, 千八百坊が伽藍, 千八百坊東北の高野, 千八百尺余の高地, 千八百尺温泉宿の裏山, 千八百平方ヤードの帆布, 千八百年代型のボンネツト, 千八百年以上に及べ, 千八百年以後英國人で支那學, 千八百年目にいよいよ, 千八百年近くも昔, 千八百期の末年, 千八百末年の出版本, 千八百枚余を敷き詰め, 千八百海里余ありと, 千八百石これは因幡, 千八百米以上の山, 千八百米突内外その向う, 千八百米足らずの三峠山, 千八百粁の見事, 千八百粛々として附い, 千八百萬圓とした, 千八百足になる, 千八百足らずの人口, 千八百里この流, 千八百鑵に附き, 千八百間の木樋, 千八百頁もの本, 千八重に結ん, 千しつかりね, 千六こと友雲であった, 千六モ多分ソノ時分ニハ行ケル, 千六七百尺に過ぎず, 千六七百年ぐらい前, 千六七百挺といわるる, 千六七百米の山脈, 千六万と小刻み, 千六人の婦人党員, 千六十七マイルにし, 千六十二人を数え, 千六十五尺凌雲岳が七千三十二尺, 千六十四石最も小さな, 千六十年ばかり前, 千六十日を費した, 千六十米位はある, 千六千とつもつて, 千六旦那の眼ンクリ玉, 千六本貝の柱, 千六百〇三尺奥穂高の登山小屋, 千六百〇三年以来ローマの人々, 千六百〇八年英国北部ノ一寒村タル, 千六百なにがし, 千六百フロリンを払っ, 千六百ベスターというよう, 千六百ページに余る, 千六百マイル以上の地点, 千六百メートルです, 千六百ルーブリという巨額, 千六百一年にはリウベック, 千六百七十一円よ, 千六百七十九年に擧行, 千六百七十人ほどの人数, 千六百七十四ゲレインである, 千六百万ドルに達した, 千六百万ルーブリの工業生産予定, 千六百万両これを二百五十年賦, 千六百万円以上そして一致, 千六百万罐の註文, 千六百三十七年に澳門, 千六百三十七年仏国にて証明, 千六百三十万留を算出, 千六百三十四万〇五十八ドルになる, 千六百九十万七千六百二十五人で百二十年間僅か, 千六百九十二年六月七日西インド諸島の中, 千六百九十八の大数, 千六百九十四万とある, 千六百九十四人につき一カ寺, 千六百二十一米の峰, 千六百二十七人の増加, 千六百二十万五千トンのうち六一・九%, 千六百二十三円五十三セントを, 千六百二十三年という年紀, 千六百二十三年前から専ら, 千六百二十五メートルの岩木山, 千六百二十五人で百二十年間僅か, 千六百二十六米の天ヶ立, 千六百二十年七月ぶるうす, 千六百二十年日本でいう, 千六百五十一年の初, 千六百五十三回則ち閏年, 千六百五十三年にその, 千六百五十九円なり, 千六百五十二無格社五万千五百六十六, 千六百五十二級この日, 千六百五十五年に派遣, 千六百五十八年にはスタンフォド, 千六百五十六呎の高, 千六百五十六年に波斯譯, 千六百五十四万八千九百九十八人第二十二回目弘化三年, 千六百五十尺の高い, 千六百五十本幾んど, 千六百五十海里余なりという, 千六百五番地に徙, 千六百余りも持, 千六百余両の無尽, 千六百余坪に拡大, 千六百余坪南北西の三方, 千六百余年前であること, 千六百余町歩でなお, 千六百余種あり, 千六百余頭もあった, 千六百余騎おめき渡っ, 千六百八〇年その新年, 千六百八万五千余人三十代四十代となりまし, 千六百八十七万余人五十代も八十代, 千六百八十七年頃から佛國生れ, 千六百八十九人ありしと, 千六百八十八人あり, 千六百八十八年の出版, 千六百八十四マイルあり, 千六百八十年に羅馬, 千六百八十粁距ったところ, 千六百八十隻家の流れ, 千六百六十七人合計九十万四千四百十二人とある, 千六百六十七円を盗, 千六百六十万トンに増加, 千六百六十二年頃までに少く, 千六百六十五年三月九日だと, 千六百六十五米日光の中禅寺湖, 千六百六十人なり, 千六百六十八年に伊太利, 千六百六十六人多く死ぬ, 千六百六十六本の通し矢, 千六百六十回の回転, 千六百六十年ですから, 千六百円以上くらいと見積れ, 千六百円島田一千四百円ということ, 千六百円程度外に賞与, 千六百函あり, 千六百刀を加へた, 千六百分の一であること, 千六百切にした, 千六百十カロリーになる, 千六百十メートルすなわち六十里, 千六百十七円清潔法施行に依る, 千六百十余年前唐の李肇, 千六百十年ですからねえ, 千六百四十一年にマドリッド, 千六百四十七年の大, 千六百四十五年のセクサゲジマ日曜日, 千六百四十余人を出した, 千六百四十円は光井, 千六百四十噸である, 千六百四十四人という, 千六百四十年にポルトガル, 千六百四十幾日というの, 千六百四十米突の辺, 千六百四年頃にはパリ, 千六百四貫六百四十匁の飲料, 千六百坪である, 千六百寸も遠く, 千六百尺火山の如き, 千六百尺麓に精進湖, 千六百年代のマザラン宮殿宝什目録, 千六百年初頭即ち天正, 千六百年天高し, 千六百年奉祝日で賑, 千六百年奉祝演劇といふ与へられた, 千六百年式典に参列, 千六百年来の皇恩, 千六百年祝賀記念大図書館建設運動, 千六百年祭のとき, 千六百年肇国以来の皇謨, 千六百年西暦千九百四十年全世界, 千六百年記念式典に上京, 千六百年間の出来事, 千六百年間一歩も外, 千六百年頌として日本文化中央聯盟, 千六百度の猛火, 千六百戸でこれ, 千六百挺米五百俵である, 千六百有余年前神武天皇大和国御討伐, 千六百枚大判二百三十枚隱して, 千六百歳です, 千六百町歩三万町歩以上のもの, 千六百留を全, 千六百疋の中, 千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千六百米余これぞ秩父山脈, 千六百米前後の隆起, 千六百萬圓と計上, 千六百里ある, 千六百餘年のあ, 千六百餘年前神武の御, 千六百餘棟田畑の荒された, 千六百首を選んだ, 千六百騎だ, 千兵衛殿か, 千内外の兵, 千円あまりの金, 千円うち装飾品の実費一軒あたり七十円, 千円ぐらゐでうけてきた品物が一万五千円ぐらゐに, 千円ぐらゐならば親たちもどうにか, 千円ぐらゐに思ひがけ, 千円ぐらゐの金で充分間, 千円ここへ置い, 千円づつは貯金をし, 千円づつ位は自分, 千円づつ六千円ぐらゐならば親たちもどうにか, 千円づつ費うて丸三年, 千円どころの段, 千円なにに五百円, 千円なにがしを発見, 千円ぺてんにかかつ, 千円わしづかみに, 千円セーブルはさっ, 千円フランにし, 千円ヘロが一本三千円, 千円ポッチで何, 千円ポンと投げだす, 千円一万円等と莫大, 千円一文切れても, 千円一時融通して, 千円万円ついには, 千円上つて損得なしの, 千円不足するかも, 千円也これは多, 千円也以下五等まで賞品多数, 千円也書生様より, 千円二万何千円という大穴, 千円二万八千円わあツ, 千円二十年勤続者には二千円, 千円二十枚合計五十万円を陸海軍, 千円二千円三千円の高額, 千円五百円タダにしろ, 千円五粒で一万円, 千円以上ワザワザ川デ打, 千円以上一万円くらいの差, 千円以上五千円以下の賄賂, 千円位調達の必要, 千円何万円にも取引, 千円何百円何十円たった一人, 千円余それに女人連, 千円元利揃えて, 千円入りの封筒, 千円六千円というよう, 千円内外と踏ん, 千円前後の中穴, 千円動産が七千円, 千円千円積まば, 千円原毛の仕, 千円合計二万二千円契約があります, 千円合計五千円も出せ, 千円和歌山県ごときは, 千円問題は僕, 千円四十貫の熊, 千円大衆文芸へ応募, 千円大阪府は六千円, 千円天引いて, 千円契約があります, 千円女人連千円余それに女人連, 千円子供の養育費, 千円寄進して, 千円弱ということ, 千円往復旅費が四千余円, 千円必要なん, 千円慥かにございます, 千円所持して, 千円払へだ, 千円拝借したいと, 千円掏られてしも, 千円文庫ですら, 千円月に五百円, 千円札二枚渡して, 千円札十枚を取出し, 千円札四枚をとり出し, 千円札束の燃え, 千円札目がさめてる, 千円束が透い, 千円減つたこと, 千円準備して, 千円生活費がかかります, 千円皿が八千円, 千円確かに渡した, 千円算えてひきぬい, 千円範囲の住宅建築, 千円組の一人, 千円若干に仕切つた, 千円薬代が三千円, 千円許り要ったそう, 千円誰かくれた, 千円請求されたという, 千円貯蓄銀行の預金, 千円貯金がある, 千円近く寄附すること, 千円都合して, 千円金が昨日, 千円金利だけ損, 千円頂戴いたしとうございます, 千円食事づきで, 千円香炉が六千円, 千冊それも釘, 千冊余になっ, 千冊足らずのコレクション, 千出るのは, 千出れば死ねる, 千は遅れ, 千刀万剣を唯一心, 千分の一あたりだ, 千分の一万分の一にも及ばないでしょう, 千分の一以下に下げる, 千分の一位づゝ效いて, 千分の一何万分の一である, 千分の一秒点火したとき, 千分の一程度である, 千分の三十二に対して僅か, 千分の三十四五ぐらいの塩分, 千分の二も満たす, 千分の二百五十も塩分, 千分の十即ち千両, 千分ノ一地図を卓いっぱい, 千分一万分一にも足らぬ, 千分率等はこの, 千切られきれぎれに, 千切られ引裂かれ腐敗させられ, 千切りながら友子, 千切りかけやがったんだ, 千切りたくてならない, 千切りとって隣り, 千切れがちである, 千切れない強靱な, 千切れ上半分だけが壁, 千切れ二つは曲者, 千切れ四方へ開いた, 千切れ手傷を負い, 千切れ最後には袷, 千切れ肌さえ露骨, 千切れ胸に血潮, 千切れ髪の毛は浅ましく, 千別舎の号, 千刷ったそうだ, 千前後味方は五千, 千破は, 千加賀の前田家, 千勢さへなくなれ, 千勢さんを殺した, 千勢子発起人は朽木よし子, 千鳴は, 千匹万匹と群, 千匹三千匹ぞろぞろぞろぞろぞろぞろトントンピーピ, 千匹二千匹三千匹ぞろぞろぞろぞろぞろぞろトントンピーピ, 千匹人千人の賑わし, 千匹伴が集まっ, 千匹入などを作る, 千匹入二千匹入などを作る, 千匹屋へでも卸し, 千匹狼は鞍馬, 千十一米の高, 千十一米八の竜バミ山, 千十七メートルのヘルナー山頂, 千十七尺あり山上, 千十七米のヘルナー, 千十九カ寺ありて, 千十九町と云, 千十二米の三角測量標石, 千十五マイルあり, 千十五名なり, 千十余年の昔, 千十余年前成った, 千十八号の自動車, 千十八番の方, 千十八米突の雲取山, 千十六種の説話, 千十四米の小金沢山, 千十四米突の一峰, 千千瓢向ふところ商敵, 千千石湾から天草灘, 千千萩めがうらめしゅう, 千升何万升の酒, 千単位なのに, 千卷か七千卷も, 千卷七千餘卷のどの, 千参百余万円の巨額, 千反以上万といふ数, 千叟宴は老人優遇, 千古事毛陶戦処是前洲, 千句万句尽く皆, 千の鞭, 千号記念紙に次, 千合わせて八千, 千吉お前も良い, 千吉さんは橘屋, 千吉さんおせんの返事, 千吉テバブンさんがウナこと, 千吉十二の文三, 千吉十四歳いう箱, 千吉文三彦太郎という当家, 千吉松次郎そうして丑松, 千吉白刃取りの早若, 千吉郎君は利根水源探検隊, 千吉郎氏が利根川水源, 千吉郎益田なにがし, 千名ばかり名ばかり七十, 千名以上の聴衆, 千名位ずつである, 千名許しの兵士, 千名近くの人員, 千の卓越, 千呆禅師が天和二年, 千呎位なるを, 千の初, 千周粲として彬彬, 千むかうところ, 千員天下を一, 千哩互を隔てられた, 千哩以上亞細亞大陸や歐羅巴洲, 千哩近くは来, 千攻め立てること昼夜七日, 千喊声を上ぐること波, 千嘉治氏へ云, 千噸イキトス号は波, 千噸位にし, 千噸位二本烟筒に二本檣, 千噸位船體は黒色, 千噸何万噸の浮城, 千噸巡洋艦二十五隻を以て固め, 千噸巡洋艦隊はその, 千噸馬力は四百馬力, 千をくり, 千囘此れを, 千囘祠り百歳, 千四万と号, 千四五百万円といわれます, 千四五百万戸数五六百万の内, 千四五百円の余財, 千四五百名の死骸, 千四五百尺の普通, 千四五百年は個人, 千四五百年前の春秋時代, 千四五百戸もあろう, 千四五百石の家柄, 千四五百米であるよう, 千四人の割合, 千四個の霊場, 千四十一マイルありと, 千四十一マイルダーバンを離, 千四十二カ所新教派小学一千八百八十三カ所, 千四十八尺の岩山聳立, 千四十八巻全部携えて, 千四十八米の隆起, 千四十四巻は八年後, 千四十四巻仏の教示, 千四十米の峰, 千四月二十六日藤堂高虎の砂, 千四百〇五年即永楽三年二月の十七日, 千四百〇六人である, 千四百カロリーはとれない, 千四百カ寺あり, 千四百ドルでひきとった, 千四百ドル相場にかえる, 千四百ドル黒貝は千ドル, 千四百フィートのところ, 千四百マイルの遠距離, 千四百マイル余ポートサイドよりマルセイユ, 千四百メートルの御, 千四百七十七尺化雲岳が六千三百四十九尺也, 千四百七十三人中死亡が三千二百五十五人, 千四百七十二三米を下る, 千四百七十円の間違い, 千四百万ドルは既に, 千四百万ルーブリまで高めた, 千四百万余円の大, 千四百万円の大, 千四百万名に達する, 千四百万貫の塵芥, 千四百三十一キロメートルにし, 千四百三十九人なり, 千四百三十二人のうち一割強, 千四百三十八人中婦人サークル員は百四十五人, 千四百三十四名から昭和二年五十万, 千四百三十年見当という見解, 千四百九十一尺即ち一町, 千四百九十七年葡萄牙の船, 千四百九十三米の地点, 千四百九十二マイルあり, 千四百九十五語でその, 千四百九十八年なり, 千四百九十八年葡萄牙の有名, 千四百九十八首の自筆, 千四百九十哩ばかり歩い, 千四百九十語で書き上げ, 千四百九拾尺福島県と群馬県, 千四百二十一円信徒の寄付, 千四百二十円合計一万七千三十七円であって, 千四百五十七万六千百二十八人は文字, 千四百五十万円十一年度以降は約, 千四百五十二人にも達し, 千四百五十人の負傷者, 千四百五十八石三斗の力, 千四百五十四方マイルあり, 千四百五十海里なり, 千四百五十米寒暖計六十二度ここで大宮口, 千四百五十米突の大菩薩嶺, 千四百五米の隆起, 千四百人家や船, 千四百余人が陣, 千四百余坪に上る, 千四百余種に達し, 千四百俵役金三千両という高い, 千四百個ほど組合せ, 千四百倍と云います, 千四百兩を最, 千四百八十五万円見当である, 千四百八十人皮作等雑種七万九千〇九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 千四百八十人皮作等雑種七万九千九十五人とあります, 千四百八十人皮作雑種七万九千九十五人合計三十八万二千八百八十六人とある, 千四百八十八マイルあり, 千四百八十米の等高線, 千四百六フィートなり, 千四百六円七十二銭は今日, 千四百六十一人に比する, 千四百六十三マイルありて, 千四百六十八米と測られた, 千四百六十八米六の木賊山, 千四百六十日逢へども可, 千四百六十米を超え, 千四百六尺のユンクフラウヨッホ, 千四百円ベース案を政府, 千四百十七番と覚え, 千四百十三社あり, 千四百十二人とある, 千四百十六石の大名, 千四百十呎の点, 千四百十尺旭岳の方, 千四百十歳なり, 千四百十米の峰, 千四百名の学生中, 千四百四十七ポンドなり, 千四百四十七年とある, 千四百四十九年にバーガンデ, 千四百四十九米の附近, 千四百四十五年で昌造ら, 千四百四十六米山群の最高峰火打山, 千四百四十円ばかりの勘定, 千四百四十四人なん, 千四百四十四人イコール三千三百三十三人と御, 千四百四十四貫四十四匁に近い, 千四百四十氣凡べて六十歳, 千四百回をかぞえる, 千四百字以上の仮名交, 千四百寺沢の営, 千四百尺昔貴き聖, 千四百年位と見積られ, 千四百年前ゴート人やヴァンダル人, 千四百戦車一万二千騎卒ありと, 千四百枚も売れ, 千四百枚余を製, 千四百枚北浜の, 千四百浬以上もあった, 千四百碼の有, 千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千四百米突にも及ん, 千四百萬餘圓の大, 千四百間とある, 千四百餘萬圓を入れる, 千四百騎をあるくぼ, 千四郎の名, 千回以上の公演, 千回体験したとき, 千回何万回という経験, 千回斯うした, 千回演説会を開い, 千回骸子を振る, 千国菅野のん子等, 千圓ぢかくなつて, 千圓どもしかあり, 千圓一萬五千百圓の收入, 千圓上つて損得なしの, 千圓九萬六千圓で何程, 千圓六千圓と云, 千圓六百五十萬圓合せて, 千圓内外の札束, 千圓内外正味の利益, 千圓出費するの, 千圓持參す, 千圓札を見る, 千圓此外まだ埼玉縣, 千圓百圓の家賃, 千圓足らずつぎ込んで, 千坂杢之介, 千坊やこれで可, 千坊三井寺から三千坊, 千坊親方を中心, 千坪中には一万坪, 千坪二千坪ばかりの小, 千坪以上周囲にはお, 千坪十円ぐらいで払下げ, 千坪土地は高燥, 千場作兵衛野村庄兵衛は各, 千場彦七君が真黒, 千という首塚, 千増刷いたします, 千士農あり工商, 千にさながら, 千の香油, 千壺岡に上つて, 千変萬化する可笑し, 千夜一夜の間, 千夜萬夜の燈明, 千夜襲を屡々, 千大砲二十門を引い, 千大谷の千五百人, 千太いずれも好評, 千太さんたいそう精, 千太さん理右衛門爺さんなんかが来る, 千太われえてもの, 千太八歳を気絶, 千太千賀春はどっち, 千太夫どのであります, 千太念のため, 千太爺の宅, 千太自身がそんな, 千太郎時代の昔, 千失踪の夜, 千女其他京阪神の諸君五, 千如寺拝登九州西国二十九番の霊場, 千姉川に来りし, 千姿萬態のフヰルム, 千威儀の中, 千子殺しの犯人, 千子院を忌みきらった, 千子院作の槍, 千子院村正が切る, 千孔青大句珠二枚, 千孕万孕の花, 千字四千字を知っ, 千字文一卷合わせて, 千字文又の名は梵語千字文, 千字文四書五経の素読, 千字文等を伝え, 千学級が新設, 千宗巴銭屋宗納が使い, 千実り瓢の下, 千はみな眼, 千ありと, 千家族が一家, 千家邸を辭, 千家飯を食べ, 千家飯粒々辛苦実であるそれ, 千家飯自然が人, 千寵幸一身に集まり, 千も遠く, 千封度すなわち一エーカア, 千足るも, 千尺ぐらゐなれど関東平野の中, 千尺ぐらゐのあざれた山脈から海, 千尺一万尺二万尺の高地, 千尺二千尺ぐらゐのあざれた山脈から海, 千尺以下にし, 千尺余りの山原, 千尺冬は零下四十八度, 千尺前後の高, 千尺妙義は三千尺, 千尺富士の山, 千尺山も高い, 千尺山峡を流るる, 千尺平均高度一万四五千尺富士山の頂上, 千尺庭の萩, 千尺弱の霧ヶ峰, 千尺弱ラサよりほとんど, 千尺斧もて削り成せる如く, 千尺榛名は五千尺, 千尺水も少し, 千尺碧林瑤草瓊樓玉闕烟霧の裏, 千尺空を摩, 千尺級の雪, 千尺西ハ同上古金鉱アリ天正中武田氏, 千尺飛騨の国, 千尾正覚坊三百二十頭タイマイ二百頭とたくさん, 千を圍, 千局二千局を圍, 千居るか知れない, 千敷ける真底, 千屯布千二百端を引きあて, 千山万岳烟と真中, 千山万岳雪に蔽われ, 千山万峡嶮岨を越え, 千山万峰は皆眼下, 千山万水峨々たる山道, 千山万水楼といふ, 千山万水道はいかに, 千山内部の山岳, 千山十観の一つ, 千山奇を爭, 千山宗及居士と申候, 千山東方の空, 千山煙雨の情, 千山登りの際, 千山胸底に収む, 千山萬峰の奧, 千山轡を並べ, 千に分れ, 千岑酒よき物ども, 千岩雪と書い, 千岳万渓の間, 千峰万峰を攀づる, 千嶋遠征隊によるチャチャヌプリ, 千巌万壑のうち, 千左右の小, 千差万態の変化, 千差萬別裝飾からみ, 千差萬差の尺度, 千巻千六百呎切った長, 千巻買つて持つて, 千のところ, 千帖敷の廊下, 千は十二歳, 千幡八歳のとき, 千幡君すなは, 千平方キロであ, 千平方キロメートルの坑道, 千平方粁の上, 千年いっさいの歴史, 千年がかりで生んだ, 千年ぐらひたつたら退院ができる, 千年ぐらゐ前には, 千年この方争奪の絶え間, 千年これがため, 千年つみこし白雪, 千年のと生きる, 千年のちに生れた, 千年むかしの人, 千年めかに相当, 千年ものだわね, 千年もの間ずっと分らなかった, 千年もの間一つの美, 千年もの間彼らはかかる, 千年もの間汝が蒼白, 千年ニ重ナル刹那, 千年モ古ニシテ百年モ, 千年一切の歴史, 千年万年喰べはぐれ, 千年万年大丈夫だ, 千年不可開の棺桶, 千年不滅の醜名, 千年中国でも諸説紛々, 千年二千年以前には何萬人, 千年二千年前に帰, 千年二千年前吾人の先輩, 千年二千年後の今日, 千年五千年の前, 千年五粒飲むと, 千年人の足跡, 千年今夜のよう, 千年以前のと殆ど, 千年以来神社教信仰の下火, 千年以降一千二三百年までの間, 千年伝承して, 千年位前からも, 千年位齡をとつ, 千年住ミ古シタル支那, 千年何ものぞ, 千年余り前に神主, 千年來一歩の進歩, 千年來支那を支配, 千年來東西に興つて今日, 千年來歌の常道, 千年來積り積つて恰も小山, 千年來養はれた支那夫人, 千年保伎保吉とよも, 千年像法五百年といい, 千年像法千年末法万年合計一万二千年であります, 千年前ギリシャという国, 千年前チグリスユーフラテスの河畔, 千年前バビロニア國のバビロニア人, 千年前ローマ帝国を鉄蹄, 千年前吾人の先輩, 千年前四千年前の壁画, 千年前当時の皇帝, 千年前後の末法, 千年前支那の西域羅布, 千年前白人文明はすでに, 千年前非常の進歩, 千年千歳村に鶴, 千年孤立して, 千年山に千年, 千年山海万里のうち, 千年幾万年お前たち空も森, 千年後天魔獄を破り出, 千年振りと云ふか, 千年数万年の間, 千年数万年間のピルグリメエジ, 千年数百年来残存せるもの, 千年日本の国, 千年昔時にお, 千年月の天才青年, 千年木の類, 千年末法万年合計一万二千年であります, 千年来それを行い, 千年来世界と孤立, 千年来人類が築い, 千年来使い馴れたユークリッド幾何学, 千年来圧制の下, 千年来垢染みた傷寒論, 千年来堆積して, 千年来天文学者の計算, 千年来太平の海波, 千年来層一層の, 千年来形式の習慣, 千年来恬然と, 千年来愚なる前例, 千年来数億の人々, 千年来此生を味, 千年来王覇の争い, 千年来痼疾の精神病者, 千年来発展し来った進路, 千年来皇室を中心, 千年来自然に親しみ, 千年来蛮勇狼藉の遺風, 千年来陰陽五行の妄説, 千年来鬼王丸の縄張り, 千年松といふ物理小識, 千年松ナリ諸山幽谷ニ生ズ高野ヘ至モノ必ラズ釆帰ル山下ニテモ此草, 千年柏といひ, 千年此郷の士人碑, 千年永劫猶すすみ, 千年熊野の藤, 千年独立不覊, 千年生延るとも, 千年百年ものいはぬ靜, 千年碧なり, 千年神代時代よりございます, 千年立ちん坊をつづけるだろう, 千年経過して, 千年經つても尚, 千年継続に比較, 千年肉身から肉身, 千年苔の下, 千年許りも, 千年誰もその, 千年貝また色, 千年逆転しても, 千年遠忌大祭の神事能, 千年鍛錬の大和, 千年長生樹といふの, 千年間ぐらゐも石器時代であつ, 千年間スカンジナビアに住居, 千年間人食いの歴史, 千年間仏教徒の尊崇, 千年間定期洪水の起る, 千年間富と繁栄, 千年間敬虔なる佛教徒, 千年間東亞の霸國, 千年間無数の騾, 千年龜は萬年, 千幾万枚も忽ち, 千幾円かを借りこし, 千幾年来の闖入者, 千幾百哩あるか, 千幾百年不純の物, 千幾百年前の死語, 千幾百本の髪, 千幾百種の食物, 千幾百里を隔つる杭州府, 千度び重ねて, 千度以上千二三百度で燒, 千度以下で燒, 千度内外で千二百度, 千度前後くらいの温度, 千度垢離とも千願垢離, 千度強ひて, 千度戦万度勝也と書いた, 千度百千度眼を釣りあげ, 千度百度けがされよう, 千度眼を釣りあげ, 千度繰返し候ても是非, 千度近く熱せられ真黒, 千度通俗小説のなか, 千度額ずり哭き給, 千座戸課せ神, 千廷買求芸州蒸気船をかり, 千弐百八拾円ほどなり, 千弓百は悉く, 千引き系統の恋人, 千弗郡から一千弗, 千弩ともに発し, 千と黄鉞銀鎗, 千往遊廓へ現われた, 千忠平であつ, 千万楽に, 千思万思といった体, 千思又万考速ニ我身ヲ衣食, 千思百慮して, 千思萬考すれども, 千怪万状の魁奇, 千恣百怠沙汰, 千の声々, 千悔万悔それこそ臍, 千悔万悔臍を噬, 千の間, 千悧みずから幇間者流をもっ, 千を一払, 千の音, 千態万姿まず関東, 千態万容の世界, 千態万態で組合せ, 千態万状ナッカなか以て一々, 千成りの酸漿, 千両千, 千戦車石砲弩弓手鼓手螺手干戈隊鉄弓隊など四団八列, 千戸人間にし, 千戸最後に一つ, 千戸死傷者三千人を出した, 千戸焼失の由, 千戸道路狭し, 千扁一律いやいやを徹し, 千手千眼観自在菩薩の画像, 千手觀音の前, 千手院村正水も溜まらず斬つ, 千手雁皮が挙げられ, 千把二千把機械を運転, 千把刈りそれで大急ぎ, 千把山の頂上, 千把山口村三千五百把湯舟沢村三千五百把とあっ, 千把岡の上, 千把機械を運転, 千把萱の話, 千折れ五間とは, 千その城太郎, 千挙げて参陣, 千挺づつ三段にわけ, 千挺弓百張長柄五百本槍三百本具足二百領其他とある, 千挺木かどちら, 千数え切れぬ其花が, 千数万キロメートルの距離, 千数万人の誠, 千数万年のイノチ, 千数万本が飜, 千数百カロリーで済む, 千数百万人いること, 千数百個の蒐集, 千数百円を売っ, 千数百哩の遠隔, 千数百回の余震, 千数百家屋の損失数万, 千数百巻の著述, 千数百年以来続いて, 千数百年後の今日, 千数百年来それで間に合っ, 千数百度の熔岩, 千数百戸すべて灰燼に帰した, 千数百羽の鶏, 千数百艘の船, 千数百里離れて, 千数百駄ずつの檜木, 千數百万萬の人間, 千數百尺の大空, 千數百年前の人, 千數百萬の人, 千文八百ふみうづたかくのせて人丸, 千文八百文堆く載せ, 千文字を書い, 千斎研究致す事, 千斤隠匿されて, 千斤革五百枚の大, 千断られないのが, 千断られる思ひの切実, 千断れかかった三尺を, 千断れた疼痛が, 千断れるような, 千断れ果てて手, 千な話, 千方マイルを加えたる, 千方里である, 千旗万旗はことごとく, 千日あまりも骨折つて作つたの, 千日乾坤を提げ, 千日供養の地蔵, 千日兵を養い給う, 千日前京都の新京極, 千日前堂島の前, 千日前鳶田梅田等に非人小屋, 千日原まで抜け, 千日宮寺に参籠, 千日岡は白山, 千日愛宕の花見幕, 千日目といふ日, 千日草市盂蘭盆会も瞬間, 千日間の生活, 千に壞, 千早いらいの, 千早人宇治川浪を清みか, 千明珠相照し, 千の四人, 千満巷, 千時には一万近い, 千時間という, 千時間毎に電球, 千時間用ふと二割方光度, 千こもりたれば, 千晩ヶ岳は山中, 千曇天でも約, 千曲何れとも分らぬ, 千曲姫と申す, 千曲少女のたま, 千曲川向うの塩崎, 千曲川岸の河太郎, 千曲川柳霞みて, 千曲川縁の小さな, 千曲笛吹荒川の三川, 千曲谿谷的なもの, 千曳きされての後, 千曳きせねばならなかった, 千曳きではなく, 千有万の人衆, 千有余人もあり, 千有余何円以下何円以上何名何名一等八円いくら二等六円何ぼ三等五円なにがし, 千有余年前の古, 千有余年野蛮草昧の世の中, 千有余条の大, 千有余柱の神, 千有餘に上り, 千有餘年を經, 千有餘日の中, 千有餘篇にも及んだ, 千有馬忠郷の八千, 千本さんが開けた, 千本万本数知れず生い茂って, 千本何の誰, 千本何万本てある, 千本八千本の賑しき, 千本斜につき出した, 千本松原といふ, 千本桜に集合, 千本用意して, 千本白菊の真盛り, 千本買つて, 千本針の針葉樹, 千村役所との間, 千村民部奈良井主水, 千杖子も乗, 千束様へねり込ん, 千束樣へねり込ん, 千束池へほど近い, 千束矢の, 千条百条網の目, 千杯万杯に尽きる, 千杯万浴万杯八万四千浴八万四千杯の元気, 千のくわされた, 千松丸にゆずり, 千枚あまり逢状を貯めた, 千枚づつ入つて, 千枚づつはいつた十の財布, 千枚づつ十の財布, 千枚どうしかな, 千枚なんぼで安う, 千枚ばりといつた, 千枚一枚四匁としても四貫目, 千枚丈けは一々, 千枚三千枚張りの供車, 千枚人を馬鹿, 千枚以上も撮っ, 千枚以上蓄めている, 千枚余りの写真, 千枚使つたと云ふからそ, 千枚内外であったので, 千枚前後で四十五万円, 千枚千人の婦女, 千枚吉永の, 千枚外に宝物無数, 千枚岩質粘板岩や角岩及硅岩, 千枚岳とのコル, 千枚昨夜お送り申しました, 千枚沢の一支脈, 千枚流通して, 千枚蘭と名づけ, 千枚見当にはまだだいぶ, 千枚頂戴いたしたいと, 千の金, 千柳等はこの, 千栗八幡社にては正月初め, 千株紀念のため栽, 千ものの風呂敷包, 千の大小伽藍, 千業万悪の種, 千のこと, 千様万態ほとんど律すべからずで, 千樣萬態の觀, 千樣萬態窮極すること, 千の梅林, 千樹万樹を一望, 千樹雪といふ詩, 千を飲, 千橘あたりの真打たち, 千機中六百台の偵察機, 千機五千機にならない, 千いっせいに河流, 千次幾松の順, 千次郎さんでせう, 千次郎さん錢形の親分, 千歌子さんと話し, 千武田勢の倍, 千歩万歩百万歩と歩く, 千歩兵三四千も喊声, 千歳おいらんを素人づくり, 千歳そば屋の福寿庵, 千歳亭で昼餐, 千歳倶楽部に於, 千歳其結果として天地, 千歳化して, 千歳和歌の前, 千歳天数極高地数極深盤, 千歳町内千歳川第四発電所, 千歳米坡が二頭立, 千歳靈木の, 千歳高麗三郎の直, 千をおかし, 千死者十一万四千負傷者十一万五千を出し, 千殊万差の異様, 千残りの紙幣, 千段曲りという坂道, 千段落しの憂き, 千段顔を見る, 千毛蘭と書い, 千氏片桐氏等茶技を以て名, 千河岸貫一氏の, 千法以上勝った計算, 千法対零法の二人, 千法百回で三百五十万法, 千法貨を支給, 千波万濤の起激点, 千浪これにて汝, 千浪そなたは, 千浪そちには身共, 千浪ゆえに荒んだ, 千浪初恋の優しかっ, 千浪彼刀を持っ, 千浪暫時遠慮致せ, 千浪様々下へも置かない持て, 千浪様二にも千浪さま, 千浪殿いつかはこうして, 千浪殿そこ離して, 千浪殿不自由な足, 千浪殿千浪どの弟, 千浪殿支度はよい, 千浪殿本懐を遂げる, 千浪殿玄蕃の駕, 千浪由良の伝吉, 千浪自身よりは後, 千浪観念して, 千浬以内にいる, 千浮田直家の隊, 千浴八万四千杯の元気, 千浴千杯万浴万杯八万四千浴八万四千杯の元気, 千海千のした, 千海里以上を進航, 千湾万曲の岸頭, 千湾雨五州万壑雲天寒人跡少風戦葉声聞, 千満子春子信子寿子の順, 千溌溂と, 千の寄せ, 千瀾追うて至る, 千点二百円だったから, 千点以上も負け, 千焼けたり流れ, 千燭光のもの, 千か, 千版以上を重ねた, 千を可愛がっ, 千状萬態一卷に道中, 千の謎, 千の爆弾, 千瓩二千瓩の爆弾, 千由旬内に所要, 千由旬竜王中に満つ, 千の敵, 千町ヶ峯やスキー, 千町中の麦畑, 千町山が千町, 千町弱ございますけれども, 千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 千町歩明治十八年三万二千町歩五年のちの明治二十三年三百六十五万町歩, 千町牟田には朝日長者, 千町畑が千町, 千町背負込んで, 千番一番のかねあい, 千番地台にとびとび, 千番存在して, 千畳じきには七宝, 千畳閣を望む, 千である, 千疋御散財をかけました, 千疋等を賜わらしめ, 千疾風のごとく追わせれ, 千瘡万穴のこの, 千瘡出で遂に, 千ばかりあった, 千百キロに余る, 千百キロ飛行時間七十一時間その長い, 千百マイルありて, 千百メートル千二百メートルとだんだん, 千百ヵ所にまで殖えた, 千百一の物語, 千百七円という額, 千百七十万トンに比べ, 千百七十三首で断然群, 千百七十三首長歌二百六十二首旋頭歌六十一首という数, 千百七十余頁の大冊, 千百七十度の範囲内, 千百万トンになった, 千百万円を要, 千百万弗を出し, 千百丈シナの赤壁, 千百三十一語を書き込ん, 千百三十九米六の平ヶ岳, 千百三十五万二千平方粁の上, 千百三十五戸人口二萬一千九百六十六人を有せり, 千百三十人翌四十三年, 千百三十八人試運転の平均速度二十六浬三, 千百三十円なにがしというもの, 千百三十年ほどの昔, 千百三十年前既にあった, 千百両かかるの, 千百九十一両という莫大, 千百九十七人および近衛槍騎兵八百八十人, 千百九十二米突を有し, 千百九十人で最も, 千百九十四米の高, 千百九米一の唐松尾, 千百事情が御座いまし, 千百二十万人の労働組合員, 千百二十五年に遼, 千百二十八人は文字, 千百二十六名の増加, 千百二十四貫八百五十九匁の鉛, 千百二十米平均二千六百米以上の高度, 千百二十米突の天上, 千百二巻の写経, 千百二巻一巻平均六万字で, 千百五十トンの主力艦, 千百五十ポンド十一ペンスてふ, 千百五十万に分たれなけれ, 千百五十九家のため, 千百五十八米三の武尊山, 千百五十八隊ありと, 千百五十六マイルの内訳, 千百五十円行方不明石磴石燈籠手水鉢等はことごとく, 千百五十年を経た, 千百五十本のうち, 千百五十米だけ高く, 千百五十號の中外醫事新報, 千百余年以前にバビロン, 千百余年前大唐, 千百余年前唐の玄宗皇帝, 千百余年延暦三年二荒山の山腹, 千百倍以上のもの, 千百億円来年度は二千五百億, 千百兩米千九百六十升小通詞一級銀五百三十兩, 千百八十一マイルあり, 千百八十九年の昔, 千百八十九米突の高, 千百八十人にのぼった, 千百八十四人ありしも, 千百八十四円神会の資本, 千百八十四年前のこと, 千百八十米であるから, 千百八十米平均高度は二千六百二十米, 千百六十マイルあり, 千百六十九戸となり, 千百六十九戸五千三百六十六人を数, 千百六十二尺と註せられ, 千百六十分の一秒まで利く, 千百円原価にすれ, 千百十一を置き, 千百十一句ある, 千百十七を失う, 千百十七万四千六百五十九円なり, 千百十三町七反歩而かもなほ寺, 千百十二を置く, 千百十二首あると, 千百十四年に遼, 千百十米突従来最高峰と認められ, 千百四の柱時計, 千百四十一住職を有し, 千百四十米を下らない, 千百圓四千圓一萬五千百圓の收入, 千百圓臺となつ, 千百字ヲ駢列スルモ, 千百年ヲ歴タル物ハ多ク朽腐シ, 千百年以前に御存知ゆゑ, 千百年以来の習慣, 千百年専制の政治, 千百年来地方人心の中点, 千百年祭で町, 千百年説に依る, 千百年餘の間, 千百枚を印刷, 千百無数の各, 千百相に別れ, 千百石を積ん, 千百石余の身分, 千百磅は直ちに, 千百種の魚, 千百箇所の隅々, 千百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千百米戸数十五戸の山腹, 千百米突ではそんなに, 千百餘人の入園患者, 千眼城山の権現, 千眼観自在菩薩の画像, 千石ぐらゐなものでその上, 千石ここにあり, 千石どころのお家重代, 千石三千万円という話, 千石三千石を加増, 千石下賜趣右為御祝儀, 千石以上分限帳に, 千石以上取りの若隠居, 千石以下と見, 千石何百石と言っ, 千石内藤駿河守の家老, 千石切腹せいとの謎, 千石前後でありまして, 千石千貫の土地, 千石城持ち赤坂溜池際, 千石城中へ出入り, 千石大村丹後守の御, 千石安堵の墨付, 千石小堀家の危急, 千石役料四千四百俵役金三千両という高い, 千石役知が千石, 千石従四位下を賜わる, 千石成瀬殿のご, 千石戸田山城守のお, 千石断絶に及び, 千石木ッ葉みじんに叩きつぶし, 千石松平伊賀守が旧, 千石松平淡路守清直の鉄砲洲十間町, 千石毛利大膳大夫様でご, 千石永代安堵の御, 千石湾から天草灘, 千石牧野備後守の家中, 千石百石取て, 千石相役四人ともに旗本, 千石積の卍丸, 千石足らずの小城ひとつ, 千石通りの近道, 千石鍋島様の御, 千破屋を学んだ, 千磅以上は書, 千磅取たと, 千磅時の相場, 千破る神, 千ふだの, 千矣, 千その処, 千票あまりしか残っとらん, 千票以上を得た, 千が杏坪, 千祺観其餞辛島伯彜還西肥之作, 千禽都は恋しく, 千禾夫氏の, 千禾夫等はそろそろ, 千の旅費, 千秋子あり之, 千秋季忠前田利家岩室重休等は信長, 千程白霧竺洋百万頃蒼波風花雪月望中転春夏秋冬夢裏, 千種以上の雪, 千種十次郎君の手腕, 千種太郎を仕留めた, 千種太郎鬼澤幸介眞家の眞家源左衛門, 千種庵川口霜翁の後, 千種忠顕卿をつい, 千種忠顕按察ノ大, 千種板画類一万種に達す, 千種萬樣限りなき人事, 千種類非常なもの, 千にひき, 千稲麻の如く, 千積まねば明日, 千穗村の邊, 千立方メートルにもおよぶ, 千章雪裡今に春, 千章館で, 千竿などいふ, 千四陣は, 千等無上寶聚不求自得, 千の秩父銘撰, 千筋一筋ずつ獣, 千箇寺まいり一人旅, 千箇寺参りの五十男, 千箇搭載し得るそう, 千の靱, 千箱一万五千円であること, 千箱単位でがす, 千籠蛛蛸三千連御太刀幾振野里鋳物, 千米あまり離れた町, 千米レースに行われる, 千米一千米わが高角砲, 千米五千米いやいやもっとながい, 千米以上六座総計六十三座を数, 千米以上十四座二千百米以上十一座二千二百米以上八座二千三百米以上九座二千四百米以上五座二千五百米以上四座二千六百米以上三千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千米以下八百米以上の山, 千米以下六座三千米以上六座総計六十三座を数, 千米位の山脈, 千米半径以内にいた, 千米最低二千一百米平均して, 千米決勝レースの二千九百米余, 千米突以下の山, 千米突前後の大, 千米突南北二百米突の広, 千米突壁上の広, 千米級の高山, 千米西の方, 千米額には雪, 千粒万粒蒔くうち, 千粒年々この人工授精卵五億五千万粒, 千粟駄耶惹吠奢爾, 千が一ブラーマ日, 千紫萬紅ホンとに君, 千紫萬紅身を飾る, 千細川光利の一万三千, 千の恋, 千結城長沼塩冶勢などの数千騎, 千れた雲, 千絶えて後援, 千軍一万五千である, 千であるが, 千緒万端いずれも皆, 千緒万端思考したれども, 千緒萬端の胸, 千が紛失, 千の半, 千縷蕭條いとくり返し読み得し, 千纏ったものを, 千置於霊几舞踏畢臥干旁, 千の皮, 千美酒酬三朔八秩衰骸少一年, 千をなし, 千で義, 千羽ヶ淵へずぶずぶ, 千の旗, 千老若婦女を合せる, 千すべき所, 千聯盟軍は七千, 千ある大, 千舳艫を並べ, 千を衝い, 千という, 千英加といふ苺畑出来候為め産出過多加, 千は七月頃, 千草花咲く, 千荊万棘を蹈, 千菅沼新八郎を教導, 千荒しといふ, 千菜物は其村, 千菜畑は雑然, 千華山と呼ばれる, 千萩さんといいます, 千萩ゆえいいえ実, 千萬それへ直れ, 千萬ルピーの節約, 千萬人中誰か能, 千萬人日本四千五百萬人の曾, 千萬供養を重, 千萬億兆の差別, 千萬億張の密羅繁網, 千萬兩他物之に副, 千萬分の一, 千萬哩の彼方, 千萬噸以上の炭量, 千萬圓くらゐに, 千萬圓位の兌換劵, 千萬圓經濟力は五千萬圓, 千萬圓許りに, 千萬堂などもどう, 千萬字を筆, 千萬弗に近い, 千萬株なるを, 千萬條の神經, 千萬此時漸く氣, 千萬男てえ, 千萬疋もウヂャウヂャ, 千萬粒のうち一つくら, 千萬足らずにしかならない, 千萬辱ない事, 千萬遍其思想や穩健, 千蓮華の上, 千蔭春海等当時の聞人, 千蔵梅五郎の按摩丈賀, 千といふ出入, 千である, 千虎賁の軍隊三十余万, 千が池, 千蛇ヶ池の公達, 千蛾様にはその, 千蛾殿のいる, 千蛾老人遙かに目に止め, 千衆生皆発無等々, 千行垂ると, 千りかけたこと, 千見えつる焼松も光, 千見わたす限りの, 千見事に私, 千の金ことし, 千話文妾のやう, 千語内外それはあの, 千して, 千万縷, 千謙信の旗本, 千謝万謝にたえない, 千變万化の輕業, 千谷安岳縦貫一百州地底猶埋, 千の宮, 千象万景得て, 千負傷者十一万五千を出し, 千の詩集, 千販売部数約千, 千貫しこためて, 千貫五百騎の侍大将, 千貫以上の禄取り, 千貫八十人乃至百人, 千貫匁の重石, 千貫取りの侍, 千貫奈良は三千貫, 千貫橋近く行つた時にはお, 千貫櫓で刺し殺し, 千貫頭陀山の砦, 千賀春こと人手にかかっ, 千滅す一塵, 千足万足となれ, 千を捨てん, 千あると, 千車万騎すでに江南, 千軍皆辟易するを, 千軍血を見るなく, 千軒くらゐあつ, 千軒具足師すべてがみな家蔵, 千軒名の出た, 千軒機屋の調布町, 千軒長屋の汚, 千する間, 千の一遇, 千輪咲や原始的, 千輪咲きやら懸崖, 千輻輪ノ相, 千辛万難を忍び, 千の談, 千通あまりも書い, 千通來やうと行さ, 千通山積して, 千通発送された, 千連御太刀幾振野里鋳物, 千遍目と続い, 千道百綱を虹, 千違万別である, 千正秀, 千那毘賣に娶ひ, 千郎さんの家, 千部くらゐを, 千部七五〇法というよう, 千部万部の経典, 千部今度は震災, 千部仕立候値の大略, 千部以上も焼, 千部以下しか売れない, 千部何万部刷ろうとも, 千部刷つたと聞い, 千部印行すと, 千部増刷される事, 千部夕方までに発送, 千部止りに過ぎず, 千部発行と見積れ, 千部経を読ませた, 千部限り印行十八箇月内に完結, 千部限定版とし, 千里余本支, 千里外十年の囚, 千里江陵一日還, 千里間行旅之人経歴数日乃過其下去之顧望, 千金たまえの方, 千金銭に売っ, 千に対しては十六時, 千の値, 千をひく, 千を作り, 千銀ルーブリを寄附, 千を運転, 千の裏, 千鍜万練して, 千の酒, 千の禄, 千長篠の西方設楽, 千門万戸もそれぞれ後漢文化, 千の一, 千間道より中入り, 千は一時, 千隈川の水源川上村附近, 千隈川地理書ではひけ, 千にふやし, 千見ユ, 千集めていた, 千零八十九年前に死せし, 千零十ペエジ迄である, 千むすべり, 千露里も引張っ, 千露里さがした, 千露里以上ですよ, 千頁前後のポケット型, 千頂山または千華山, 千として一家, 千で米国通い, 千頭もの放馬, 千頭ニュージーランドから三百二十三万頭, 千頭分程も頂戴, 千頭前後である, 千頭宮坂などと云, 千頭家開運の元, 千頭必要になる, 千頭立てでも追い越しちまえ, 千頭萬頭の計, 千とかいった, 千願垢離ともいう, 千願岩猿の子, 千風万雲の古, 千ほどあり, 千餘兩かかつ, 千餘名解散し根本的, 千餘圓の工面, 千餘家南至投馬國水行二十日官曰彌彌副, 千餘年木活字の歴史, 千餘年間等閑に附せられ, 千餘座の神, 千餘町に上り, 千餘百尺誠に高燥, 千餘石に改め, 千餘萬兄弟どもよ守り, 千餘里といへるも, 千餘里始渡一海千餘里至對馬國其大官曰卑狗副曰卑奴母離, 千餘里戸數が十餘萬, 千餘里末盧より不, 千餘里末盧國より伊都國, 千餘里狗奴國に至る, 千餘里男子無大小, 千餘里至朱儒國人長三四尺自朱儒東南行船一年, 千餘金を得, 千餘騎文禄四年七月十三日の申, 千首中にも多く類, 千首歌を詠んだ, 千馬匹千三百旌旗天を蔽い, 千駄ガ谷はもと, 千駄ガ谷北に片, 千駄以上六千駄位ある, 千駄崎といふ小さな, 千駄崎寄りの長, 千駄萱といったの, 千駄谷村旧原宿町, 千駄谷通りで毎朝, 千駄谷駅に来た, 千騎ぢかい奔流, 千騎みな軽捷を旨, 千騎万騎を叱, 千騎二千騎なおも後, 千騎五百騎ずつその間, 千騎兵一千見事に私, 千騎卒ありと, 千騎太田二千騎都合八千騎に過ぎず, 千騎弦を離れた如く, 千騎萬騎の中, 千騎都合八千騎に過ぎず, 千騎隊伍粛々として余呉, 千體佛の下, 千體阿彌陀佛を安置, 千もおの, 千魂塚方面へとはぐれた, 千魔界の壇上, 千鳥の子を追って, 千鳴りの伝六, 千麻克である, 千麿ぢやない, 千麿樣でございます此夏頃, 千木町, 千を截, 千齢西遊来長崎訪余客居喜賦