青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「十郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

医師~ ~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~ 十月~
十郎~
千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~ ~半ば

「十郎~」 2205, 24ppm, 4880位

▼ 十郎~ (456, 20.7%)

4 ために, 手を, 門に 3 お三輪, ような, ように, 代に, 手から, 部屋へ, 顔は

2 [35件] おもかげ, ことは, そばへ, 体は, 前で, 前へ, 口から, 口を, 声色を, 定光が, 居間では, 崋山が, 弁慶が, 弟伝七郎が, 心に, 方から, 方が, 方は, 死, 殘した, 河内山菊五郎の, 活歴, 簑にや, 膝の, 自宅で, 舞台を, 袂を, 部屋に, 門下と, 関兵衛菊五郎の, 面は, 顔いろ, 顔を, 首は, 鼻先に

1 [353件] いきで, いらいらした, いわゆる活歴, うしろには, うしろ姿を, おきん, お梶, お相手, からだの, かん走った, がなりたてる, くせに, こがれるお, こころだった, こしらえから, ことが, ことそれらを, ことだ, ことば, ことばへ, こと偽の, この一言, こめかみに, すがた, すること, その後や, つけた八幡屋覺帳, でたらめを, ところであった, ところでも, なれの, ねばり濃い, は弱りました, ふところに, ぶらんこが, ぶらんとし, ほうへ, ほうも, やうな, やうに, ペンネームで, 一世一代という, 一子又, 一座と共に, 一座にて, 丈助は, 上に, 上杉謙信や, 不機嫌, 与三郎を, 世を, 乗って, 九紋竜史進左団次の, 九紋龍史進と, 乾いた唇, 事を, 二人が, 五右衛門を, 人相を, 仇討が, 仮声, 仲をも, 仲光は, 似顔に, 住居であった, 佐野源左衛門を, 体には, 供について, 俳名団洲に, 倒れて, 側で, 偽りの, 傍に, 傾城買の, 兄弟であった, 光圀は, 光秀は, 兩人二三杯づつ立て續けに, 八重垣姫が, 八重垣姫に対して, 八重垣姫も, 円朝物, 写真を, 出る芝居, 出勤する, 出足を, 刀が, 初代は, 別荘に, 創意によつた, 助六は, 助力によって, 勝ちを, 勝元と, 化物屋敷には, 化粧, 叔父に, 取巻きの, 口の, 句へ, 台詞も, 右の, 同行が, 名が, 名で, 名を, 向井将監という, 吹きつける煙草, 呻きを, 命を, 品格を, 唇は, 善六, 国姓爺好評, 執拗な, 墓に, 声が, 声で, 声では, 声に, 声色であろう, 大口屋暁雨や, 大口屋暁雨大, 大阪乗込み, 大阪行きであった, 奔走も, 奥座敷である, 女房, 好評は, 妄執炎火と, 妹と, 妻が, 始末は, 姿に, 娘, 娘お, 娘で, 子の, 子らしい, 子又, 子脱疽の, 孫にあたる, 宅まで, 定高芝翫の, 実力を, 実弟なり, 実弟には, 宮内の, 家で, 家に, 家にも, 家の, 家は, 家を, 家業の, 小西が, 居間から, 居間へ, 岩藤に対して, 岩藤秀調の, 帰った頃, 幸兵衛と, 幼稚な, 弁舌に, 弟か, 弟伝七郎の, 弟子である, 弟新之助が, 彦七女寅の, 後ろから, 後ろ姿や, 徳に, 心は, 怒声, 恋の, 恥だ, 息子であった, 情趣も, 意気ごみが, 手が, 手に, 手前もう, 手帖である, 手廻りの, 手許が, 扮した, 技芸の, 招きに, 掛け小屋で, 摺物や, 文が, 文覚が, 旧宅と, 春日局好評, 春藤次郎右衛門左団次の, 暮し向の, 暴力の, 書いた字, 書といった, 木剣が, 来ないせい, 枕元へ, 林之助も, 柄に, 格子の, 様子に, 樋口芝翫の, 模倣者として, 模様が, 正直さには, 此を, 武部源蔵腕組を, 死について, 死骸を, 殿様, 殿様から, 殿様に, 殿様は, 毒舌が, 毒舌も, 気持には, 水戸黄門菊五郎の, 沈んで, 活歴が, 活歴なる, 浦上弾正, 深謀を, 清十郎といふ, 渋い芸, 渡辺崋山左団次の, 源蔵と, 源蔵の, 源蔵を, 澁味が, 為難い, 熊谷を, 熊谷菊五郎の, 燃えて, 爪牙から, 父宇右衛門は, 犬山道節家橘の, 狂刀が, 由良之助に, 目に, 相手いた, 相手に, 相手を, 相談である, 眉が, 眸には, 眼が, 眼を, 瞳に, 瞼の, 矢間重太郎菊五郎の, 知盛, 知盛が, 石田局矢田平が久次の, 秀吉菊五郎の, 立場と, 笑声は, 筆蹟は, 米屋佐平鶴五郎の, 緑青を, 考えに, 耳には, 耳を, 肩には, 肩腰を, 背後から, 胸の, 脾腹へ, 腕に, 腕前は, 腰を, 腰巾着つづみの与吉が, 自作か, 舞台に, 舞台は, 芝居という, 芝居に, 芝居には, 芝居は, 芝居を, 芸に, 芸には, 芸を, 芸風を, 荒事を, 華やかな, 血を, 行く先へは, 行を, 行方または, 行状に, 衣装を, 袂へこそ, 裁量に, 覺書, 覺書は, 言うとおり, 許へ, 詰問の, 話した, 語気が, 談話などを, 赤松満祐であった, 足利義教, 身に, 身を, 身持ちが, 転身であり, 追払, 連詞の, 遠藤盛遠菊五郎の, 遺した金, 部屋, 部屋は, 部屋を, 重盛は, 重盛や, 金子村を, 銅像の, 鋭刃, 長剣突風を, 長屋に, 門下であり, 門下に, 門口に, 間とを, 関兵衛に対して, 雅号で, 離庵に, 面上に, 面影と, 顔からも, 顔つきであった, 顔に, 顔の, 顔へ, 顔も, 顔より, 風態を, 養母, 首が, 首に, 首の, 首を, 高弟祇園藤次という, 高時, 鷺娘や, 黒主菊五郎の, 鼻を

▼ 十郎~ (386, 17.5%)

2 [12件] いった, いらだった, お艶, せせら笑った, どうした, わたしの, ニコライの, 気色を, 眼を, 笑って, 自分に, 顔を

1 [362件] ああ自分, あきれた顔つき, あくまでも真面目, あせるだけ, あたま, あとは, あの古石場, あの通り, あわてた, いい出した, いきなり打ちだそう, いちどは, いったいどうした, いったいどこ, いつまでも, いつもと, いぶかしく感じ, いぶかしげ, いらざる犬, いわゆる肉体派作家, うそ寒く感じた, うつくしいけ, おさよ, おそれ畏, おれも, おろかだれと, お甲, お篠, お藤, お高, かっとなっ, きょうの, くしゃみを, ぐっと反身, こういう, このおふくろ, この子, この居合抜き, この点純粋, この真昼間なん, この興行, この覺書, この頃擡頭, こぼして, これから頂上, これに, さう, さすがに, さびしい苦い何とも, しきりに口説かれる, しじゅう役人, しばらくボンヤリ, しばらく石, じいっと見つめ, すぐそれ, すこし離れ, すんでの, せきこんで, せめてお, そうとは, そのとき, そのほそ, そのままヒラリ庭, そのまま蔵宿, その上, その不用意, その世, その側, その傲慢, その年春興行, その弟, その手下, その日, その男, それが, それでも充分, それを, そんなこと, そんな事, たしかに一種, ただ, ただひとり, ちょっとどきりとした, つづみの与吉を, つぶやくよう, てるの, ともあれ劇場側, どういう人間, どうだの, どこに, どこへ, にやりと笑いかけ, のみこんで, はいはいと, はたして外見どおり, はや稍むつ, ひとり杯の, ふいに, ふたたび女形, ふたりの, ふところから, ふと眼, ぶらんこの, ほろ酔いに, まず疑った, またお, また二十歩, また寝そべっ, また左膳, また笑った, また虎之助, まだ生き, むしろ義貞, むっつりとして, むろん得意, もう今, もう先, もう酔いつぶれ, もとよりお, やはり歌舞伎, やや顔, ゆうべ, よけいにとり, わたしを, われとも, ガラスの, フト障子に, 一と, 一所懸命ペコペコ, 一挙に, 一番目だけに, 一番目に, 一空さまも, 三十三年の, 上々機嫌だ, 上機嫌廊下の, 上眼づかい, 世にも美しい, 両手を, 中幕に, 久しぶりで, 之を, 九代目に対しては, 二人の, 二回の, 云った, 云って, 五郎の, 亡くなりました, 京流第, 京都花見小路の, 人生の, 今ぽ, 今まで, 今度が, 今度の, 伯爵美濃英樹の, 何か, 何という, 何の, 何を, 何気なく思い出した, 傲慢である, 先づその, 兎角, 全く別人, 冷やかに, 冷然と, 別室で, 前からは, 剣香に, 北条高時の, 十八番の, 単に, 即七代目, 又すでに, 友田一派の, 反対に, 口から, 口上の, 右へ, 名題に, 向井将監の, 含み笑いを, 咆哮した, 喚きつづけて, 坐ると, 夜具の, 夜寒に, 大きくうなずいた, 大たぶ, 大事な, 大刀に, 大層むずかしい, 大阪から, 大鳥公使と, 天保九年の, 奥仙丈岳の, 女形には, 委細承知らしく, 子供の, 安心し, 完全に, 宙を, 実業家三村圭造の, 宮古に, 宿舎の, 小中村清矩黒川真頼川辺御, 小次郎の, 少しよろめいた, 少し風邪氣味, 居間へ, 左の, 左膳に, 左膳の, 平次の, 幾度も, 廊, 引きつづき休場, 弟に, 弱いひとみ, 彼に対して, 待って, 後に, 得意な, 得意の, 心から桜痴居士, 忍びに, 思いきったよう, 急に, 恋を, 悪人では, 憤慨した, 懐手を, 戸板に, 手下を, 折から, 押っ冠せ, 救われたよう, 文殻を, 新富劇に, 旧どおり, 早く大, 景清と, 景清小姓弥生高砂尉兵衛河内山宗俊の, 暑中で, 暗い気持, 最と, 最初足音を, 本當, 栄三郎に従って, 格別ほかの, 桜痴居士に, 梓川を, 横に, 横を, 歌舞伎十八番の, 正成戦死の, 正直に, 武蔵との, 武蔵を, 武蔵太郎の, 歴然と思いうかべた, 死ななかったが, 死んで, 残暑の, 水戸黄門で, 決して力まない, 沈湎として, 淡々と, 深夜の, 滅多に, 無言, 煙草を, 父に, 片手で, 片輪, 特に座方, 猟師である, 生活し, 用人部屋から, 由良之助と, 男女の, 留守これは, 病気にて, 相良寛十郎と, 真正面に, 眼で, 瞬間太い, 知らん顔に, 確に, 立ちたくも, 笑いを, 笑った, 素迅く, 続けて, 老下女, 考え込む, 聞き耳を, 肌着を, 背が, 胸とどろかせ, 腰かけたまま, 腹を, 膝の, 膝へ, 膝を, 自分が, 自分の, 自分を, 自分自身の, 自責し, 興の, 舌打ちする, 舌打鳴らし, 芸において, 若太夫, 若衆の, 苦い顔, 苦しげ, 苦笑し, 草鞋を, 菊五郎と, 藪から, 虎を, 血相を, 行きかかる小次郎, 親分さんが, 親方の, 覺書に, 言つたとか, 訴え出まして, 評論が, 試みに, 読み出した, 赤松満祐の, 起ち上がった, 足を, 躍起に, 身伸びを, 軽く頭, 辯解らしく, 近作の, 追って行かなかった, 連中を, 進取的菊五郎は, 遂に頭取, 道場の, 酔えなかった, 金を, 長いこと, 門下の, 陶然として, 階, 離さないの, 革だ, 頷いて, 首を, 高く叫んだ, 鯉口を, 黙って, 鼻下長である

▼ 十郎~ (204, 9.3%)

4 お艶 2 おさよ, お頼, こんこんと, その子, 再度村会, 勤めるという, 小首を, 自分の, 舞台で, 顔を

1 [180件] あつた, あわれ, あんまり頼み, いいきると, いう, いきみ出して, いきり立つと, いまやお, うさん臭い眼, お得意, お篠, かくも, こうした門下, ここへは, これほど, ころがって, その日, それに, それについて, そんな物, たやすく彼, ちょい乗せ, ちょっと用足し, つぶやくので, どうして, どう気, どこの, どんな善六, なぜこんな, なにげなく立小便, のぞいて, はいって, はっとする, ぱっと片手, ひとりで, びっくりし, ぴょこりと辞儀を, ふたたび見え, ほんとの, まず怒った, まつ川, むくりと, もう一つ, やはりふたり, わざわざ長い, インフルエンザに, テントの, 一流編み出した, 上かも, 与吉の, 両手で, 久しぶりで, 二の句も, 二十人もの, 云った, 云つた昔今戸に, 五万円取った, 五十両に, 井侯を, 京都の, 京都へ, 人に, 今にも抜かんず, 今宵の, 伊兵衛棟梁を, 住って, 何も, 來て, 例の, 健康を, 傍らから, 兄さんです, 六法を, 再びゆきかけよう, 出て, 出動し, 出勤し, 初代から, 前方の, 割って, 加はり女二人, 助六, 勤めて, 勤める役, 区長時代に, 十年前に, 原作の, 及ばなくても, 取って, 受験生だ, 受驗生だ, 可哀そうに, 呆れ顔, 善六を, 夢に, 大法螺吹, 大眼玉, 奥に, 奥仙丈は, 女舞の, 威儀を, 娘形の, 嬉しくて, 安宅ヲシテ御, 客座という, 将軍太郎, 少しでも, 少しも, 少年と, 尻に, 岸柳と, 工藤を, 左膳と, 布子一枚にて, 座頭菊五郎が, 引取つてゐる, 弱いの, 形だけは, 後の, 後ろを, 悪いの, 感に, 感心し, 手の, 拾い上げ手塩, 振り向くと, 振向き, 掻い抱いて, 改名の, 斎藤内蔵之, 晩酌の, 書いた, 来て, 板額の, 栄三郎の, 棟梁伊兵衛を, 歌舞伎座から, 歩き出したとき, 死んだと, 死んだとき, 死んだとは, 死んだの, 殺されてから, 沓脱に, 活歴物を, 海老蔵に, 清正と, 灯心を, 煤けた天井裏, 父君に, 片手に, 狸の, 生きて, 用人並に, 田村泰次郎その他を, 相和, 眼を, 知らないで, 祭壇へ, 立小便を, 紺緞子の, 羅馬法王で, 羽織袴で, 背中を, 自分で, 致したから, 苦悶し, 血走った眼, 見たい見たいと, 訴人を, 這入つて, 連中を, 遊興し, 鐵に, 障子を, 青じろい顔, 頭に, 頭の, 頼みに, 驚き

▼ 十郎~ (79, 3.6%)

2 お藤, 左膳, 松は, 松二郎, 武蔵との, 母の, 菊五郎の, 試合した, 顔を

1 [61件] あの磯屋五兵衛, いえば, いっしょに, じぶん, そこ許との, その一門, それに, ねたところ, ひとりの, ふたりの, ほんものの, また嬰児, もうひとり, ガッ, 一つ舞台に, 一空さまが, 一級上の, 一緒に, 三津五郎, 上方くだりの, 丹下左膳の, 主人の, 云ったよう, 云って, 云ふ, 似た考え, 何か, 出会った蓮台寺野, 勢いの, 十一代目, 半々に, 同じ事, 名乗って, 呼ばれること, 大塚富藏が, 大書し, 対談し, 対談数刻ここに, 左団次の, 左団次は, 左膳が, 左膳さ, 数へて, 柏村次郎だつた, 浮世絵における, 犬塚富蔵が, 甚七で, 申しまする, 申す, 立会う時, 立合って, 粕屋甚七と, 腹を, 芝翫とが, 菊五郎とが, 菊五郎との, 藤次を, 話を, 認められお, 鍛冶富, 高木市助との

▼ 十郎~ (78, 3.5%)

2 お夏, 比せんか, 相違ない

1 [72件] うながされて, おれは, お艶, かぎらず他, こんな逸話, ささやいたが, さらわれて, して, しては, しても, すすめて, すっぱりで, たのむはず, つかえられて, ないしょに, なりきって, なりすまして, なり澄し, なると, はじめて男, はなしかけて, ひどいめ, ふみにじられて, やろうという, わけを, カスリ傷くらゐ, 代わって, 会って, 似て, 似てや, 何の, 候, 出会って, 化けた男, 合羽も, 名人の, 呑ませたの, 呼び止められた時, 囁きました, 報復心を, 変つ, 大刀を, 引取られた, 悟らせしめたる, 意味ふかい, 感謝したい, 拠れば, 持たせその, 文を, 斬りかけられては, 書かせこれ, 書与えた, 機会を, 次いでは, 比べると, 眼を, 着せ中田屋杉, 紹介され, 紹介し, 裏切られるに, 言はせる, 話したとおり, 話して, 語る, 譲った, 跟い, 逢って, 鏡を, 閲読を, 頼んだまでは, 頼んで, 麻酔薬を

▼ 十郎~ (73, 3.3%)

3 菊五郎も 2 うまい菊五郎, 出勤し

1 [66件] あっさりし, おし黙ったまま, お礼さん, さすがに, しきりに調子, しだいに乗り気, しばし栄三郎方, すこしは, そうした使命, そのお, その三名, その弟, それが, ちょっと脅えた, つりこまれて, なかなか戻っ, ひどく立腹, またことさら, またすぐ, また吐く, やや浮い, 一段と真剣, 一緒に, 三十歳までは, 其方も, 出勤した, 出場し, 加わって, 口惜しがった, 同行の, 大げさに, 娘も, 巧い, 帰って, 幾度か, 応じて, 思わない, 慚愧に, 憎い小次郎, 戻って, 手を, 来ないという, 来ないとは, 楽屋で, 武士りっぱに, 気の毒そうに, 気を, 没し芝居道, 生きて, 立ちあがった, 約九年間, 繰返した, 聞いて, 舌を, 菊五郎と共に, 蒼い頬, 虚静を, 話に, 起きる稲田大炊, 迷惑を, 速力を, 部下を, 金が, 鉾先を, 閉口し, 驚き且つ大いに

▼ 十郎~ (58, 2.6%)

2 取り巻いて

1 [56件] うしなったこと, うった最初, お伴に, きめこんだもの, しりめにかけて, たった一遍, どれほど信じ, にらみあげて, はじめ大声に, ふりかえった, やったの, やって, やりこめて, よび彼, 一應取調べ, 与力と, 中心に, 仙之, 刺殺したるも, 叱った, 売物, 射殺そう, 尻眼にかけて, 床几の, 座頭として, 強くさせた, 怒らして, 思ふ, 悸し, 愛して, 押しとめて, 挟んで, 振向いての, 救おうとして, 敗られ, 望んで, 模倣し, 法網に, 真似て, 知って, 立てて, 経て, 襲ぐのかそれとも, 見くらべて, 見すえた, 見すえて, 見やったのち, 見ると, 見返した, 見遁, 認めて, 遣は, 除きてはの, 青山墓地に, 頭に, 馬場の

▼ 十郎さん~ (49, 2.2%)

2 の家

1 [47件] あぶなかった, ありがたう, ありも, いったいなに, いつも御機嫌, うち連れて, お久しぶり, かも知れない, があんまり, がめっかったという, が二十人, が白米, が酒, こんな水茶屋, じゃアあなた, ちょうどいい, ちょっと変った, とか奉っ, と二人, と別れ, と言え, どうでも, なんとかひとつ手, にはすまない, に主, に急場, に相違, の如き, の親父, の顔, はこういう, はアメリカ, は好かぬ, は嫌い, ばかりが男, ひどく気, へも誰, まアもう, まア待っ, もその, もとど, も僕, よッ, を訪問, 某郎さん大挙, 殺ると, 煽てるわけ

▼ 十郎兵衛~ (39, 1.8%)

1 [39件] うんともす, がしっかり, が部屋, じつはいたっ, だから, ついぐっと片腹痛く, である, で例, という, など見せ, なる由, にこっそりはた, に出, に柔術, の事蹟, の人形, の半, の娘, の指, の指す, の着物, の言葉, の足, の遺跡, の頭, はそれ, は会主, は内心見極め, は十郎兵衛, は思った, は東門, は笑い, は自分, は表門, は麻布, も最初, も負け, をこの上ない, を使い

▼ 十郎~ (38, 1.7%)

1 [38件] があの, がからかはれ, が手功ばなし, が真顔, その杯, ではない, と植田良平, と決まっ, などは君家, のごとき, のす, のやう, の性格そのもの, の殊勲, の母親貞柳, の立つ, の衣服, の顔, はあの, はあわて, はにっこり, は下痢気味, は二十四歳, は内, は十四歳, は天性, は床, は手, は笑, は美貌, は色男, は行かなかった, は覆る, は顔, は首, へも一服, をさし招い, を目

▼ 十郎~ (27, 1.2%)

4 のお

1 [23件] お目, か, がきつう, が倅, が来, が海老蔵様, が由良之助様, が許, が隠居所, っ, でも来, という武士, などという清洲越十九人衆, にし, に泣き泣き, の倅, の倅金太郎, の御, の海老蔵様, の義経様, はかさねがさね, はまだ, をいけない

▼ 十郎殿~ (23, 1.0%)

1 [23件] か, がその, で, とが巡り合い, との好誼, とはご, と試合, には九分九厘, に会わせ, に対し敵対, に捕らえられたら, のこと, の亡, の女房, の如く, の様子, はどう, は大, は折り目, も浮ばれない, や伝七郎殿, より迎, 起っては

▼ 十郎頭巾~ (23, 1.0%)

4 を冠 2 で顔

1 [17件] がちょッ, が折紙, です, でもない, というの, にかきすがるよう, にその, に深々, に紺甲斐絹, に龕燈提灯, のまま, をかぶりはじめ, をだらり, を出し, を取っ, を被っ, を被った

▼ 十郎という~ (21, 1.0%)

2 人が, 人は, 御家人が

1 [15件] のは, もので, 人だった, 人を, 人物が, 人間を, 仁は, 御家人の, 恋人を, 意味である, 渡り祐筆が, 男に, 男まだ, 表札が, 野郎は

▼ 十郎~ (17, 0.8%)

4 菊五郎の

1 [13件] ぐら下まつ川の, ここに, その他の, その弟, 左団次に, 左団次の, 柘植半之丞の, 測量当時測量部の, 福助も, 菊五郎が, 菊五郎は, 菊五郎や, 菊五郎を

▼ 十郎~ (17, 0.8%)

1 [17件] が剃り立て, じゃ, ちと痛, と身共面識, のよう, の前, の助, の変った, の居間, の屋敷, の濁った, の行動, の言う, は京弥, は旗本, よくみい, 出家立た

▼ 十郎~ (15, 0.7%)

1 [15件] こう呼びかけた, しらせて, ゆったりと, 一薙くれた, 何も, 向きなおった, 向って, 吸口を, 恨みの, 持って, 掛け合うつもり, 殺到した, 皮肉に, 立ち対, 返して

▼ 十郎~ (15, 0.7%)

1 [15件] が出版, が安直先生, が舞い戻っ, が近古歴史中, なりあるいは, に一刻, に宛て, の, のため, は, はちょっと, は人間, は強い, は有賀又兵衛, をご

▼ 十郎どの~ (12, 0.5%)

1 [12件] がここ, が立ち帰られました, だな, であろう, ならびに伝七郎どの, のこと, の手下, の手飼, は気の毒, へ対し, も, 他御

▼ 十郎とは~ (11, 0.5%)

1 [11件] おそらく当年, 一体ど, 何処も, 同じ名前, 同行し, 故郷許からの, 知らずに, 落語, 較べ物, 違った熱, 遠い芸術感

▼ 十郎~ (10, 0.5%)

2 の松五郎, の袋物屋 1 である, にて奪, のエテ者, の国文社, の小間物屋, の芸者家

▼ 十郎菊五郎~ (10, 0.5%)

1 あっての, がいなく, という格, とその, について語るべき, には及ばない, の五郎, の名, の相方, も一時

▼ 十郎には~ (9, 0.4%)

1 すべての, どうしても現実, オイソレと, 不義理の, 性来放浪癖といった, 是非遇っ, 眼ばかり, 義理が, 通じなかったらしい

▼ 十郎~ (9, 0.4%)

1 から逃がし, ではあるじ源十郎, に身, の百鬼昼行ぶり, の荒れ, の離庵, へ住みこんだ, へ喜左衛門, へ掛けあい

▼ 十郎夫婦~ (8, 0.4%)

1 に預けた, の外, の小, の情, はこの, はその, はぶつぶつ, は苦笑

▼ 十郎張り~ (8, 0.4%)

1 であった, であったよう, であるという, となり, のハリ, の大きな, の娘形, の張り

▼ 十郎~ (7, 0.3%)

1 なつかしさ, 幾父娘は, 染は, 由利を, 艶ほしさの, 藤に対しても, 蝶の

▼ 十郎である~ (7, 0.3%)

1 が理由, とおっしゃっ, とまでに賞讃, と名乗り出, と名乗り出る, と教えられた, と驚嘆

▼ 十郎門下~ (7, 0.3%)

1 がかつて, が出勤, で唯一人, にい, のわれわれ, の市川新蔵, の興行

▼ 十郎~ (6, 0.3%)

1 はなかっ, はなく, 小督局, 白酒売りを, 知られた地方, 舞台で

▼ 十郎との~ (6, 0.3%)

1 あいだに, いきさつその後の, 仔細も, 勧進帳を, 試合が, 試合の

▼ 十郎さんあなた~ (5, 0.2%)

1 あの都鳥, どうしてそれ, のおっしゃる, のほう, はすっ恍け

▼ 十郎~ (5, 0.2%)

1 に接近, に目, の供人, は人情話, も全く

▼ 十郎自身~ (5, 0.2%)

1 がその, が命名, のうち, はあまり, も得意

▼ 十郎その~ (4, 0.2%)

1 人と, 人の, 弟の, 若い胸

▼ 十郎だの~ (4, 0.2%)

1 同輩だ, 木工次郎と, 甥の, 蝦十郎だの

▼ 十郎といふ~ (4, 0.2%)

1 五十男で, 人この, 名前も, 四十男です

▼ 十郎とも~ (4, 0.2%)

1 ある者, いつし, かねて, にけろりと

▼ 十郎に対する~ (4, 0.2%)

1 わたしの, 一種の, 心もちも, 火の

▼ 十郎への~ (4, 0.2%)

1 はらいせにつれ, 復讐に, 意趣晴らし, 面あてに

▼ 十郎一座~ (4, 0.2%)

1 に加入, の劇, をまねき寄せ, を連れ

▼ 十郎一門~ (4, 0.2%)

1 と試合, の受持ち, は一人, をまねい

▼ 十郎先生~ (4, 0.2%)

2 のお 1 に, に試合

▼ 十郎宗冬~ (4, 0.2%)

1 の敵, はなるべく, はよい, は叱る

▼ 十郎左殿~ (4, 0.2%)

1 その許, には何, の手功ばなし, も

▼ 十郎左衞門~ (4, 0.2%)

1 といふ人, にささやい, のこと, は寡默

▼ 十郎~ (4, 0.2%)

1 が伜, の伜, の伜金太郎, の御

▼ 十郎~ (3, 0.1%)

21 何の

▼ 十郎から~ (3, 0.1%)

1 受け取りその, 小次郎と, 来た果し状

▼ 十郎この~ (3, 0.1%)

1 とおり頼み入る, 一と, 年歳に

▼ 十郎さま~ (3, 0.1%)

1 と仰, ならお, もお

▼ 十郎~ (3, 0.1%)

1 とばかり思っ, のと, よ

▼ 十郎てえ~ (3, 0.1%)

1 のです, 人の, 仁は

▼ 十郎であった~ (3, 0.1%)

1 かどう, ことも, ためでも

▼ 十郎なる~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものの, 人物が

▼ 十郎よりも~ (3, 0.1%)

1 さっきの, 強いそう, 重いはず

▼ 十郎ヶ峰~ (3, 0.1%)

1 という所, の向, はここ

▼ 十郎~ (3, 0.1%)

1 でございますへえ, は佐平次, へえ

▼ 十郎思わず~ (3, 0.1%)

1 アッと, 声を, 道路の

▼ 十郎次どの~ (3, 0.1%)

1 から秘密, に御, の所領

▼ 十郎~ (3, 0.1%)

2 景は 1 景稲富喜太夫の

▼ 十郎菊五郎左団次~ (3, 0.1%)

1 などの座附俳優, は勿論, を始め

▼ 十郎いささか~ (2, 0.1%)

1 気に, 迷惑げな

▼ 十郎いよいよ~ (2, 0.1%)

1 お艶, 危篤を

▼ 十郎きん~ (2, 0.1%)

2 ちゃ金十郎

▼ 十郎さんあれ~ (2, 0.1%)

1 が, が藤波

▼ 十郎さん来訪~ (2, 0.1%)

1 そしてその, 寝たり

▼ 十郎だろう~ (2, 0.1%)

1 が菊五郎, と思う

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

2 やない

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

1 十郎, 確乎り

▼ 十郎とか~ (2, 0.1%)

1 海老蔵とかいう, 菊五郎とか

▼ 十郎としては~ (2, 0.1%)

1 いわば将, 風流心どころか

▼ 十郎とを~ (2, 0.1%)

1 入れろぜ, 特派する

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

2 のである

▼ 十郎などの~ (2, 0.1%)

1 前田方の, 顔は

▼ 十郎にとっても~ (2, 0.1%)

1 左膳と, 義理ある

▼ 十郎にも~ (2, 0.1%)

1 娘の, 小次郎にも

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

2 之助

▼ 十郎伝七郎~ (2, 0.1%)

1 などと武蔵, の二人

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

1 が宜, と云う

▼ 十郎即ち~ (2, 0.1%)

1 彼ぢや, 海老蔵であった

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

1 後の, 水流居合ぬきの

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

2 十郎

▼ 十郎好み~ (2, 0.1%)

1 に差し, の褐色

▼ 十郎左どの~ (2, 0.1%)

1 の杯, の胸

▼ 十郎惟清~ (2, 0.1%)

2 の弟伝五郎惟宣

▼ 十郎次郎~ (2, 0.1%)

1 なる者, は戦死

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

1 に精, をそれから

▼ 十郎自分~ (2, 0.1%)

1 ではもう, で気

▼ 十郎芝居~ (2, 0.1%)

1 だの千種, めかして

▼ 十郎蔵人行家~ (2, 0.1%)

1 が彼, の反

▼ 十郎貴様~ (2, 0.1%)

1 が中間部屋, も女

▼ 十郎~ (2, 0.1%)

2 之助

▼1* [303件]

十郎あわててつけ加えた, 十郎いかにもお相手, 十郎いっかなひきさがる道理, 十郎いつのまにやら栄三郎, 十郎おなごにかけては特別, 十郎おまえを殺す, 十郎お前も茶, 十郎からとしてお艶, 十郎からも頼母しき御仁なりと, 十郎がらになくかたく, 十郎くらゐを, 十郎ぐっと豪刀の, 十郎こいつは非凡, 十郎こうして短い会話, 十郎ここへ来い, 十郎これで気がつい, 十郎これから凧を, 十郎ごときはせいぜい, 十郎ご苦労であったシテ様子, 十郎さえ刃が, 十郎さては悪い噂, 十郎さんあなた今日はちと, 十郎さんこれじゃア, 十郎さんこんどくらい気持, 十郎さんさ一杯あげろ, 十郎さんさ二円あげろじゃ, 十郎さんそれはたしかに, 十郎さんわたしだって馬鹿, 十郎さん万和の金, 十郎さん息子の方, 十郎さん来訪三人ぶら, 十郎さん欄間の光, 十郎さん詮じつめた, 十郎さん金五郎さんだけで, 十郎しずかな声, 十郎したり顔に膝, 十郎じしんさえ, 十郎じゃないか, 十郎すくなからず不気味, 十郎そこに思いき, 十郎そして近頃跡部滿十郎, 十郎そのままであった, 十郎その他を抱きこん, 十郎そりが合わず, 十郎それに死んだ, 十郎たかをくくっ, 十郎たちの鳥越城, 十郎たちまちおさよ, 十郎たるところは, 十郎だって高田さんに, 十郎ってんだ, 十郎つづけざまに, 十郎ていねいにじ, 十郎でないことだけは, 十郎でなくまた乾雲, 十郎とおさよ, 十郎とが年を, 十郎として知つ, 十郎としての彼が, 十郎とて子供で, 十郎とともにだんだん小さく, 十郎とに挨拶する, 十郎どのむりにおすすめして悪かった, 十郎どの加藤兵庫どの蒲生右兵衛大輔どの, 十郎どの尾藤源内どのその他まだ, 十郎なかなかこの去, 十郎などいつもの, 十郎などが漸く老い, 十郎なにがしのお, 十郎ならそんなへん, 十郎なればこそいえる, 十郎にとっては恋の, 十郎によって相当な, 十郎に対してすこぶる傲慢不遜, 十郎しと浅から, 十郎のみを責めるの, 十郎のろま清次新撰組の人々, 十郎はにやり笑って, 十郎はにが笑いする, 十郎ッと, 十郎ふらふらとして庭外, 十郎までが敗れたら吉岡家, 十郎みんなきて, 十郎むずと老婆の, 十郎心憎い趣向, 十郎めっかちが転化, 十郎もう湯女修行は, 十郎ゆかりの地, 十郎ゆめにも気がつかなかった, 十郎よいか, 十郎よくおさよ, 十郎よりずっと若く, 十郎よりは複雑である, 十郎らしいような, 十郎われにもなく, 十郎エド蔵ゲビ蔵薯作テキ州古川をはじめ, 十郎カブキを伝承, 十郎コレきんちゃ金十郎, 十郎スタスタ奥へはいっ, 十郎チャラランチャラランチャラランチャララン金十郎のお, 十郎トイウ男ハ万事オレ次第ニナッテ居ルカラ大ガイオレノウチヘトメテ居タガ, 十郎ノヲハッキリト見テイルノハ予一人, 十郎ハコワガッタ金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, 十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ江戸ヘ来, 十郎フト床の側, 十郎ヶ峯から鹿沼, 十郎ヶ峰あたりへ待受け, 十郎一世一代の大, 十郎一代の芸, 十郎一味の行状, 十郎一族はハリツケ, 十郎一桁うえをいっ, 十郎一気にこれだけ, 十郎三人の大男, 十郎三回忌の追善興行, 十郎三枝式部三人をし, 十郎下げていた, 十郎不肖なりといえ, 十郎与力の鈴源, 十郎与吉で十九, 十郎久し振りだな, 十郎久板栄次郎阿木翁助和田勝一久保栄伊馬鵜平八木隆一郎などである, 十郎乗込み二興行の, 十郎五代目尾上菊五郎とも交, 十郎五十三歳記す, 十郎五十両を持った, 十郎五十歳の頃, 十郎五郎の兄弟, 十郎五郎兄弟の母, 十郎井沢宜庵ら, 十郎今度曲者の姿, 十郎を五郎, 十郎以上呪わしい怖ろ, 十郎以下の門人達, 十郎以外にも彼, 十郎伝七郎ふたりのため, 十郎何がなし重大な, 十郎作杉本良吉演出井上正夫水谷八重子岡田嘉子などと出, 十郎という記念像, 十郎祖宗十郎ら出で, 十郎兄上はどう, 十郎先代の左団次, 十郎児龍若が女, 十郎八汐と仁木弾正, 十郎兵衛がまことの具眼者, 十郎兵衛以下旗本の士四百騎, 十郎兵衛傘がない, 十郎兵衛原与左衛門市川梅印城伊闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 十郎兵衛嘉兼のほう, 十郎兵衛嘉兼これがこの, 十郎兵衛屋敷あとだの大毛島, 十郎兵衛感心したの, 十郎兵衛雨のなか, 十郎再度場に, 十郎初代菊之丞ら出でたる宝暦, 十郎前後に眼, 十郎をもっ, 十郎頭取は, 十郎勇士が敵陣, 十郎印籠はナこの, 十郎原金次郎手島伊勢松麦倉岩次郎野口春蔵などが草鞋, 十郎叔父従兄弟から遠縁, 十郎右衛門はさすが, 十郎右衛門さんの隆子さん, 十郎右衛門内藤新五郎松平康次同与一郎, 十郎右門とすべて, 十郎合羽の下, 十郎問題は金額, 十郎はいそげ, 十郎土持岱助らでご, 十郎土気色の微笑, 十郎土生仙之助, 十郎をおとした, 十郎大層面白いと, 十郎天蔵の両, 十郎夫妻に礼, 十郎女共が獅子舞, 十郎お高, 十郎と照天姫, 十郎子供が木, 十郎まで参らるべし, 十郎宇治紫文都千中乾坤坊良斎などの人々, 十郎宗之助松助等の帝劇専属俳優, 十郎宗之助松助鴈治郎にて見物席, 十郎に, 十郎の母, 十郎家橘小団次小紫, 十郎小林図書など大, 十郎屋敷の一間, 十郎山田友次郎等が正造, 十郎崇拝である事情, 十郎崇拝者で女, 十郎左団次小団次秀調源之助という顔ぶれ, 十郎左植田良平殿など古参方, 十郎市川権十郎福助片岡市蔵らの顔ぶれ, 十郎の建設, 十郎弁慶は七代目団十郎, 十郎弁護は当然, 十郎に刀, 十郎式マスクが少なく, 十郎の伝七郎, 十郎張飛が左団次, 十郎後者は菊五郎, 十郎使者也, 十郎心中に思え, 十郎思えば思う, 十郎懐紙をくわえ, 十郎成瀬国助側ニ在ル, 十郎手籠にされる, 十郎指揮をくだし, 十郎敗れつづいて御, 十郎敦盛は後, 十郎数千の兵, 十郎新井清兵衛北山常吉折原逸太郎の名, 十郎既に人を, 十郎時代のお, 十郎木幡勝之助松本俊蔵高野長右衛門松本主税といったところ, 十郎木綿問屋の下辻又七, 十郎松本小四郎富沢半三郎小川善五郎早川伝五郎沢村宗十郎大谷広治ら, 十郎柴田外記とまわっ, 十郎梶田隼人佐屋桑十稲田大炊青山新七などのかつて, 十郎森三左衛門可成, 十郎様おいでなさりませ, 十郎様伝七郎様の二つ, 十郎様凶年にもない, 十郎様方へ下女, 十郎樣立派な方, 十郎権頭兼房というよう, 十郎欠勤のため, 十郎次めにひと泡, 十郎次罪のあばかれる, 十郎死去の報, 十郎殿ときやがら, 十郎氏令嬢の実子, 十郎氏令孃うた子君も醫學士夫人, 十郎氏房の持口, 十郎のきかぬ, 十郎流光雨中に尾, 十郎浅見対馬守入道道西神保若狭同八郎右衛門, 十郎を流し, 十郎父娘が引越し, 十郎父子の正月, 十郎片手なぐりに, 十郎王妃は先代, 十郎白糸が時蔵, 十郎皐月は寿美蔵, 十郎基, 十郎直行粕屋甚七常定神原茂左衛門基治で年齢, 十郎相州茅ヶ崎に死す, 十郎をつりあげ, 十郎は遠ざかる, 十郎着流しに銀拵え, 十郎石母田大膳等が加, 十郎とせい, 十郎祐成同じく五郎時致, 十郎神並三左衛門茶道珍斎先代左団次の伊達安芸, 十郎秩父の七九郎等, 十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 十郎紙入をさらった, 十郎細村定八が見かね, 十郎ののれん, 十郎義盛でなくては, 十郎義経は福助, 十郎義連が会津, 十郎羽左衛門の関, 十郎自作というところ, 十郎花廼屋に虎, 十郎菊五郎らの女形役者, 十郎菊五郎左団次らの諸, 十郎菊五郎左団次仲蔵半四郎宗十郎家橘小団次小紫, 十郎菊五郎左団次芝翫福助家橘松助などで狂言, 十郎菊五郎死後の無残, 十郎菊五郎秀調なぞも覚え, 十郎菊五郎近来著しく老衰, 十郎蔵人私のむほん, 十郎行家はふたたび, 十郎行家殿も木曾殿, 十郎衛門正根, 十郎覚悟せい, 十郎貴公の右腕, 十郎贔屓でもあり, 十郎赤座七郎右衛門などである, 十郎追い撃ちをひかえ, 十郎のいる, 十郎部屋へはいろう, 十郎酒井与七郎, 十郎金ちゃんの須弥山やっかい, 十郎銀杏の幹, 十郎長十郎高助高賀と改称, 十郎に水, 十郎関女は秀調, 十郎関山の平六, 十郎頭巾姿で長い, 十郎額部へ受けた, 十郎食客丹下左膳などがギッシリ, 十郎飯塚春太郎栃木県会議員関口忠太郎藤沢友次郎の五名, 十郎首肯すべし, 十郎の用意, 十郎駕籠屋と変じ, 十郎だかと, 十郎高木市助の二人, 十郎高野壱岐白石駿河以下百騎余り兵卒若干を従え, 十郎黙って煙草