青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「十月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

医学~ 医師~ ~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~ 十二月~ ~十分 十分~
十月~
十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~ ~午後 午後~ 半~

「十月~」 2426, 26ppm, 4449位

▼ 十月~ (451, 18.6%)

10 末に 7 末の 6 初めに 5 ことである, 亥の, 末であった, 末には 4 日が, 日は, 末から, 祟の 3 ある夜, はじめに, 十二日に, 同じ事, 声を, 或る

2 [35件] ある朝, ことだった, なかばに, なかばみぞれ, はじめにかけて, はじめ私は, 一日に, 三日には, 中旬だった, 九日から, 二十日の, 二十日は, 初めから, 初めは, 初めまで, 初旬の, 午後の, 半では, 地震は, 外房州の, 夜の, 大地震, 大学南校規則には, 朝の, 朝日に, 末だ, 末で, 末頃から, 条に, 気候の, 生まれで, 番附には, 終りに, 霜を, 風に

1 [304件] ある午後, ある日曜日, ある晴れた, ある真夜中, ある薄暮, いそが, ことだ, ことで, ことであった, ことな, ことロンドン市民は, ごく末, すゑに, とある夜, なかばごろひどく, なかばであった, なかば過, なかば過ぎ, なかば頃に, はじめかさね, はじめだった, はじめには, はじめ外出先から, はつかばかりより, よく晴れた, シーズンに, ノオト, プランを, プロレタリア革命の, 一夜彼は, 一日, 一日ごろは, 七日には, 七日の, 七日までぞ, 三十日には, 三十日の, 三十日まで, 三日が, 三日でしょう, 三日小田原に, 上旬であった, 下旬に, 下旬には, 両度に, 中ごろに, 中ごろには, 中ごろまで, 中ごろまでに, 中十日の, 中央公論に, 中旬, 中旬で, 中旬に, 中旬信長の, 中旬過ぎに, 中頃である, 中頃と, 中頃まで, 事で, 二十一日, 二十一日の, 二十一日東都神田にて, 二十三日に, 二十三日には, 二十三日の, 二十三日近所の, 二十五日で, 二十八日かれこれ, 二十八日に, 二十四日は, 二十日が, 二十日と, 二十日に, 二十日を, 二十日過ぎに, 二十日過ぎの, 二日から, 二日には, 二書は, 五六日まで, 交と, 何日であった, 作品評, 候に, 候源頼朝が, 児, 児と, 六七日です, 六回興行に, 六日だ, 六日で, 六日に, 六日鎌倉へ, 兵営に, 内に, 冬の, 出しもの, 出しものについて, 出し物について, 出し物は, 出盛りに, 初までも, 初めがた既に, 初めです, 初めにかけて, 初めには, 初めまたは, 初めダブリンに, 初め日没前およそ, 初め月の, 初め頃には, 初旬まで, 初旬病床で, 北風の, 十一日に, 十七十八という, 十七日に, 十三日から, 十三日すな, 十三日丁度, 十九日の, 十二日には, 十二日は, 十二日頃は, 十五日の, 十五日または, 十五日小春凪で, 十幾日という, 十日ごろには, 十日と, 十日に, 十日には, 十日夜と, 十日大根畠に, 十日過ぎであった, 午後, 半ごろに, 半ごろまでには, 半だ, 半で, 半です, 半ばから, 半ばからは, 半ばごろ, 半ばだった, 半ばで, 半ばに, 半ばには, 半ばにも, 半ばまで, 半ばも, 半ばを, 半ば過ぎまで, 半ば過ぎ小春凪で, 半以来賀客, 半梅, 半過ぎから, 半過ぎで, 卯の, 和宮さまが, 夕, 夕方ほのぐらい, 夕景か, 夕暮で, 夜ここから, 夜コサック革命軍の, 夜更けであった, 夜空を, 夜霧を, 大学南校規則にも, 大徳寺大, 大阪を, 始で, 始めだ, 始めであった, 始めまで, 子, 季節風交替期の, 定期は, 宝塚映画出演の, 家賃地代より, 小春日向に, 尾瀬に, 常会の, 後で, 恋人に, 悩みと, 戌の, 或夜, 文芸時評, 方が, 日々に, 日に, 日光が, 日記の, 明るい光線, 明治座で, 映画シナリオが, 映画打合せで, 時みたいな, 時雨で, 晦日だ, 晦日である, 晦日に, 晴々した, 暮れし, 書牘に, 最後の, 月半ばなどに, 有楽座, 朔日に, 朝で, 朝であった, 朝早く, 末あたりは, 末ある, 末か, 末くらいか, 末ころまで, 末ごろに, 末ごろまでは, 末ごろジョルジュ・ジャンナンが, 末だった, 末だつた, 末である, 末では, 末ところは, 末は, 末われ三度目にて, 末二日路の, 末八十六の, 末喜三郎は, 末夏は, 末実隆が, 末控訴院から, 末日と, 末母の, 末私は, 末近く, 末頃で, 末頃まで, 村祭りに, 条には, 東京日, 枯草の, 梓山川端下黒平金山, 歴史地理において, 河原崎座で, 海は, 深夜の, 湖水は, 澄んだ秋, 熱を, 生れである, 産病院の, 甲武信岳登山から, 異国の, 病気の, 百花園, 百花園で, 神無月の, 神送り, 祭りなら, 空の, 空は, 空や, 第一土曜, 第三回, 第二, 第二土曜日, 紅葉の, 素袷平手で, 紫の, 舞台で, 落日は, 詩は, 諸雑誌, 辛抱でしょう, 都会風景, 鎌倉將軍宗尊親王の, 間の, 陰鬱な, 隅田川浜御殿の, 雑誌, 雨脚を, 霧などの, 霧は, 靄から, 靄と, 青空が, 静かな, 革命, 革命は, 頃で, 頃に, 頃まで, 顔, 風が, 風だ, 風とともに, 饑饉武州川越奥貫五平治施米の, 高い空, 黄梅の

▼ 十月~ (205, 8.5%)

15 なって 7 なると 6 なった 5 なつた 4 なってから, 入ってから 3 なっても, なれば, 入って, 入ると 2 入つて間, 入らなければ, 六条院へ, 大林区の, 帰朝し, 至るまで

1 [140件] あのスケッチ帳, あの偉大, ありその, いたって, いたりて, お産と, かなり年取った, この予言, すみの, だいぶ焼けた, とうとういけなくなっ, なったが, なったので, なったらきっと, なつたばかり, なつて, なりかけて, なり長い, なるの, なるのに, なる迄, はいった, はいったばかり, はいったばかりの, ふと訪れ, また吐血, やっと終りました, アメリカに, ソヴェト同盟の, ディーニュを, トゥルゲーニエフの, ミュッセの, レーニンに, 一回彼の, 一度罹っ, 一遍軽い, 上海が, 中村座で, 亙った, 京城において, 京都に, 今の, 保良宮に, 修して, 先生が, 光明皇后の, 入った二日, 入っては, 入つて茶山, 入りて, 入り十月, 入り重ねて, 入るすると, 全国を, 再び展覧会, 切って, 前のと, 創刊號が, 創立せられた, 参覲し, 同協會, 四艘の, 土手町に, 城の, 執筆した, 大病に, 大目附宗門改と, 太政官の, 奧州の, 学問所の, 定められたる, 小倉から, 少し間, 岡野冠の, 庄内二十九年六月に, 彼は, 徳川慶喜が, 急に, 懸け一年間餘歐洲諸國, 成立した, 戦災孤児と, 改元が, 改造に, 改造へ, 政権, 新富町に, 於て, 書かれ一九年, 月評を, 朱雀院へ, 東京の, 東京へ, 林田が, 栄さんから, 棠軒は, 榛軒が, 榛軒は, 此花に, 武蔵守輝国が, 歸朝された, 死んでから, 江戸に, 治安維持法が, 法華経の, 清水寺の, 濃尾, 玉鬘が, 生れて, 発して, 発せられた大仏鋳造, 発熱性の, 眠るが, 矢張りブダペストで, 秀英舎を, 私が, 私は, 竣工を, 紡ぐ, 紡ぐもの, 紫夫人は, 結婚しました, 脅迫状が, 脱稿した, 至って, 至ってこの, 至つて平民社は, 至る任有亭, 蘭軒は, 行なわれた, 解放され, 諸国に, 越中國高祖皇太, 近い九月, 逆襲し, 進水し, 開場した, 開演する, 開館する, 限つてそんなに, 霊夢を

▼ 十月には~ (70, 2.9%)

3 いると 2 いって, いってから, 伊勢殿の, 政府に

1 [59件] いってからは, いつた最初, いつて, いよいよ披露, このあたり, したいと, そこの, ついに教部文部両省, ひつた, もう臥せっ, わざわざ大工, 三河に, 中華人民共和国が, 伊勢国に, 佐渡同, 処女作, 出版の, 勅し, 博士は, 名古屋の, 土佐同, 地球の, 多分もう書い, 大会が, 大山に, 大隈外務大臣が, 山名時氏も, 山城大和河内摂津紀伊土佐讃岐伊予阿波伊勢尾張美濃近江遠江三河相模駿河甲斐伊豆豊後の, 帰ったもの, 店出ししよう, 彼の, 御一緒, 志賀重昂先生の, 既に中傷, 最後の, 東京植物同好会が, 桜島の, 武蔵野の, 独力信長の, 王立協会の, 百七十一・九四と, 盗賊が, 相州小田原へ, 相模武蔵に, 相違なく, 私は, 第十一集, 肥前同, 肥後の, 自然生芋を, 花も, 菅根朝臣が, 蘭軒が, 諸国に, 赤子であった, 赤衛軍との, 里村千代に, 長崎同, 鴨の

▼ 十月十日~ (52, 2.1%)

5 に解放, の夜 2 に他界

1 [40件] だと, という日, とし, となっ, となつ, と言つたの, にかえった, に兄, に同志たち, に府中刑務所, に斬られた, に旅, に浜松師範学校, に湯島天神境内の, に網走刑務所, のお, のエミール・フライ, のオルレアン公, の事, の刊行, の午後, の市会, の日記, の明け, の晩, の月, の朝, の東京新聞, の水曜日, の記念, は日本, までである, までに治安維持法, までに解放, までは亥, まで同隊, をトオカンヤ, を意味, を期し, 迄

▼ 十月~ (46, 1.9%)

2 の静か

1 [44件] からまた, から世界, から十二月, から国男夫婦, でございます, という, と云つて, と同じく, なり, にお, になっ, になる, にはパリ, にコロンボ行, に先生, に出, に出した, に出府, に出掛け, に私, に第, に逓信省, に降った, のある, のから風, のこと, の光景, の初雪, の川風, の或, の日, の朗, の淋しい, の清澄, の空, の風, はもう, ひきつけた話, までのこと, までの部分, まで何, まで東京, を迎えた, 御奉公

▼ 十月革命~ (43, 1.8%)

3 の勝利 2 のとき, の第

1 [36件] から今日, が各, が来た, この人類史上, という歴史上, と同時に, においてはもっと, において資本家地主政府, にも参加, によってプロレタリア農民, によって男子, によって示した, に就い, のあいだ, の一スナップ, の大道, の幕, の当時, の成功, の時, の時代, の時期, の歴史, の犠牲者, の相当, の頃, はこの, はその, はそれから, はソヴェト・ロシア, は大衆, は社会制度, は私, までのロシア近代, までロシア, を通して贅沢

▼ 十月一日~ (41, 1.7%)

4 の夜, の暴風雨 2 に第, の条

1 [29件] からだ, からモンマルトル, から二十日, から五日あたり, から児童虐待防止法, から新しい, から葉書, すきとおった空, です, でどっさり, でファラデー, とか言, と心, にこれ, になつ, にはゴンサカ, には僅か, に一山, に一山挙つて島々, に発表, の午前十一時, の午後, の午後三時ごろ, の国府庁, は小樽日報, までの数量以上, より商店法実施, より昼二円半, より隔時観測

▼ 十月から~ (38, 1.6%)

2 今年の, 翌年の

1 [34件] そろそろながら, ほとんど毎月, 一斉に, 三十五歳までの, 二月までの, 今の, 余の, 十一月にかけて, 十一月へと, 十一月頃百円の, 十二月の, 四七年三月まで, 四七年十月までに, 四月まで, 四月までは, 始って, 始まって, 宝くじに, 展望に, 工場へは, 授業を, 既に來春, 春二月までを, 昨年の, 本名に, 来年の, 満一カ年間, 生産拡張の, 着手し, 砲手兼任と, 私製絵ハガキが, 翌年にかけての, 開通する, 雪が

▼ 十月下旬~ (35, 1.4%)

2 のある, の日

1 [31件] から, から十一月, から十一月中旬, ですから, でようやく, で少々, となつ, になっ, になる, にもう, に貴族院議員, のこと, のはじめ, の午後, の季節, の或, の昏れ, の某日, の短, の短い, の街路, の陽, は驟雨, まででした, までの間, まで斯く, まで淀橋, より時雨, 行われた作家同盟主催, 遂にシュレージエン, 遠く東方

▼ 十月~ (34, 1.4%)

2 に, に志賀直哉, の

1 [28件] からずっと, か十一月号, にこの, にのった, には林, には面白い, に出た, に島崎蓊助, に御, に掲載, に書い, に書きました, に清貧, に現代学生気質, に荒木巍氏, に藤森成吉, の分, の執筆者, の婦人公論, の普通, の本誌, の消息欄, の話, は, は発送, より購読, を持つ, を見る

▼ 十月~ (32, 1.3%)

2 亥の

1 [30件] いけないこと, ぜひ宝塚, 二十日間に, 仕事の, 休ませて, 再び, 同市, 大なる, 大体盲腸や, 小で, 岩魚が, 戻れること, 撮影十一月が, 時雨がちな, 晴れた日, 末に, 母上や, 溜息を, 甲が, 男は, 相当寒い, 神無月, 神無月で, 神無月神の, 私が, 終りかけて, 肥りきって, 雨の, 霞亭の, 麦蒔の

▼ 十月十五日~ (31, 1.3%)

3 のこと

1 [28件] から本年三月二十七日, であつ, でこんな, で中, に, にし, に中橋伊沢分家, に保, に天草, に山, に木村, に浦上, に猿子橋, に藩公, に酒匂川, の小春凪, の日記以降, の晩, の朝東京駅, の紀州侯, の記事, の雷公神社, はそれ, までであった, をもって第, を以て菩薩, 曇り, 送られる迄

▼ 十月~ (30, 1.2%)

2 もう半ば, 末に, 添はで, 終に近い, 終りに

1 [20件] おわりごろ, お会式, すぎかけて, そわでわかれたる少女心, なかばすぎたら, なかばを, まだ月始め, もう末, もう終り, もはや二十日過ぎ, やがて終わり, 一の, 中の, 中旬過ぎであった, 六日と, 半ばすぎ, 半ばで, 半ば過ぎで, 殘り, 近からう

▼ 十月十三日~ (26, 1.1%)

2 に蘭軒

1 [24件] から三日間空白, から同年十一月十二日, から病気, にはペテルスブルグ, には政権返上, に二十三歳, に任地, に六十二歳, に宝素, に帰途, に旧, に本草経竟宴, に津下君, に茶山, のところ, の事, の会, の午後彼, の土曜日, は弘安五年, は浅草, よりひとつき間, より板橋区, 又一島湧出

▼ 十月十四日~ (25, 1.0%)

2 の朝

1 [23件] から十七日, が東京, にはじめて, には関東切つて, に信順, に帰っ, に当る, に政権奉還, に東京, に解放, に風呂敷包, の, の午後, の夕刊, の夜, の将軍, の日附, の晩, の曙新聞, は幸い, を祭日, ノ午後一時カラ二時, 即世

▼ 十月三日~ (24, 1.0%)

2 づけの, のこと

1 [20件] からで, からでなく, からはじまった, だ, といっ, にこの, には磁場, に京, に任有亭, に八十五歳, に安房国, に棠軒, に死, に着い, に蘭軒, に重量二噸, の新聞, は珍, より開場, 御元服

▼ 十月二日~ (24, 1.0%)

3 の夜 2 の夜半

1 [19件] だった, という, と彫っ, にお, には安蘇, には次男, には甲斐国石和, に備後国鞆, に四十四歳, に妻威能, に棠軒, に準備, に登りました, の, の午後十時, の巴里, の江戸, は地震, は江戸

▼ 十月六日~ (24, 1.0%)

2 のこと, の夜, の朝, の朝弘前

1 [16件] にはガラス瓶, に伊勢丸, に嫡子官兵衛斉清, に病, に西安, に鉱毒被害地, に馬鹿げた, のところ, の下, の両度, の夜ふけ, の東京新聞, の記事, は大事, より同, 差上げ置き候書

▼ 十月二十日~ (20, 0.8%)

1 [20件] から三十日, だった, だよ, であつ, である, であるが, ですね, とかまで掘っ, と定めた, にもやはり, に正木先生, に行, のお, のこと, の早朝, の諸, までに一三五ツェントネル, 再び好餌, 第五十九回, 迄そこ

▼ 十月十六日~ (20, 0.8%)

2 の夜

1 [18件] から二十二日, であった, であったため案内者, である, と言, に, に内蔵助, に夏道, に常, に至り, の事, の夕, の明け方, の暁, の東京, の條, また沼, 常毛二州

▼ 十月まで~ (19, 0.8%)

1 [19件] いるとか, そこに, どっちからも, ケエラで, 一年が, 保たないよ, 半年つづいた, 学問, 平田内蔵吉とともに, 有馬に, 河に, 習ったの, 艶の, 講習はじめる, 進んで, 重油と, 鐘釣温泉に, 長引いたため, 鰺に

▼ 十月七日~ (19, 0.8%)

2 のこと

1 [17件] から九日, そのスタート, その父兄, とあった, とおぼえ, にはこれ, には江戸, に七十三歳, に山入, に蘭軒, に製本徒弟, に踏査, に躋寿館, は箱根, は西北, も残念, より數日間此所

▼ 十月十七日~ (19, 0.8%)

2 の夜

1 [17件] で磁石, となっ, にする, になっ, になつて, にはさっぱり, にはプラーク, に判任史生, に急逝, の夕刻, の朝, の条, の條, の起業祭, はゴール, までには大冊完了, までの完了

▼ 十月十九日~ (19, 0.8%)

1 [19件] から三日間開催, すなわちあの, でこれ, には第, にやる, にエルデーディー伯爵夫人, に保, に到っ, に於, に歿, に突然, に至つて, のその, の夜, の正午, の秘密, は, べったら, もその

▼ 十月中旬~ (18, 0.7%)

1 [18件] から産卵, から開場, だが, である, でした, です, といえ, なので, には帰れる, には珍, に宮本, に歿, のこの, の事, までは静岡県内, まで狩野川, 第一師団, 過ぎた頃

▼ 十月八日~ (18, 0.7%)

1 [18件] からブロート兄弟, から厩橋城, が約束, である, にはタンガニイカ湖, にまず, に卒した, に去つた, に江戸発駕, に百合子, に開拓使御用掛, の出来事, の午前十時頃, の土曜日, の夜, の早朝, の朝, までの二か月間

▼ 十月~ (16, 0.7%)

3 なれば

1 [13件] ありますどちら, いえば, したり, たち早朝, なると, 三年の, 三月も, 二度に, 十一月との, 十九年十月の, 正月との, 言えば, 過ぎて

▼ 十月初旬~ (16, 0.7%)

2 の日光

1 [14件] から一ヵ月, から中旬, から五月下旬, から雪, だが, でも其処等, にかけて日本西部, には黄葉, の頃, はいつも, より低下, より米國證劵市場, 出て, 迄の忙しい

▼ 十月十一月~ (15, 0.6%)

1 [15件] という記事, と丁度半歳, と三月, と二月, と徒ら, と過ぎました, にかけてはまし, になる, に咲く, の北風, の十五日, の間, はプラーク, は北東貿易風, へかけ

▼ 十月二十八日~ (14, 0.6%)

1 [14件] から浄勝房以下, が咲枝さん, であつ, である, で大きな, に五十一歳, に奥医師, に歿, に生れ, の午後一時頃, の日曜, の条, の濃, 記す

▼ 十月二十七日~ (13, 0.5%)

1 [13件] において遂に, には宮木判事, に奏覧, に新, に歿, に石川検事, の夕刻, の日附, の昼, の朝, まで殆ど, を以て世界, 及び二十八日

▼ 十月二十四日~ (13, 0.5%)

1 [13件] この日, といふ今日, になっ, にパリ, に山梨県北巨摩郡穂坂村, に榛軒, に病ん, に結婚, に蘭軒, のこと, の夜, より後で, 同県備前国津高郡井原村

▼ 十月五日~ (13, 0.5%)

2 の夜

1 [11件] だった, であったこと, とある, に, に二十日市, に八十四歳, に家, に鹿島丸, の夜中, はこの, を示し

▼ 十月十二日~ (13, 0.5%)

2 の午後, の時雨 1 には国会開設, に七十五歳, に送り出し, のこと, の夜, の夜川崎, の祭り, の詔, まで

▼ 十月四日~ (13, 0.5%)

1 [13件] から十一月十二日, だ, でした, となつ, と成り, になっ, になる, には入江若水, に断ちきられた, に開かれた, の午後, の日附, は僕

▼ 十月ごろ~ (12, 0.5%)

1 [12件] からほぼ, から別して, から見る, から食べはじめ, だったか, なるが, には春一, に書かれた, の出版, の御歌, までずっと, までだ

▼ 十月九日~ (12, 0.5%)

2 に西安 1 であった, で終る, に司法省, に棠軒, のくだり, のこと, の午後, の昼頃, より十六年三月三十一日, 即ち事件

▼ 十月二十五日~ (12, 0.5%)

1 [12件] から三月十八日, にひとまず, に歿, に浴室, に錢形平次, の事, の公判, の夜臨時政府内閣, の昼, の記, は過ぎた, より

▼ 十月~ (11, 0.5%)

1 [11件] あったの, ツァーの, 参りました, 有楽座, 末に, 来て, 来ました, 来ようと, 来れば, 松倉町十一月は, 経済年度の

▼ 十月~ (11, 0.5%)

4 つたから 1 から朝風, がチェーホフ, つたに, という, というお, と思ふ, ね

▼ 十月二十一日~ (11, 0.5%)

1 [11件] から十一月二十一日, だつた, である, で例, とある, に内大臣通親, の万朝報, の創立五周年記念ダンサー, の雲龍寺, は福山, より十一月十九日

▼ 十月二十九日~ (11, 0.5%)

2 のウォール街, の晩 1 その家, というきのう, という恐慌, におこった, には二五〇, に阿部侯正精, の公判廷

▼ 十月~ (11, 0.5%)

1 [11件] の亥, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 卯日ごとに, 四

▼ 十月十一日~ (11, 0.5%)

1 [11件] だ, である, でした, に初, に帝室技芸員, に正, に生年二十八歳, のこと, をもつ, 全く英国, 拙き和歌

▼ 十月~ (10, 0.4%)

3 あつた 1 この日, この時, 三ツ山救護班を, 区切られる, 燃料騰貴の, 生むの, 翌十一月

▼ 十月一杯~ (10, 0.4%)

1 ずーっとやりっ放し, つづけて, であと, でバラビンスキー地方, に五十枚, はどうしても, は一冊, までにかくべきだった, 程注射, 続ける予定

▼ 十月初め~ (10, 0.4%)

1 で今, なれば, にはもはや, に信州, に出産, の出来事, の夜中, の小雨, の袷, の頃

▼ 十月十八日~ (10, 0.4%)

1 に, に六十七歳, に工部, に成善, に有信, の下, の夜, の彼, の日, の月

▼ 十月~ (9, 0.4%)

1 ここで, ふるの間, 初発として, 呼吸し, 待って, 越して, 迎えたころ, 迎えるよう, 過ぎ肥馬天

▼ 十月三十日~ (9, 0.4%)

1 には, にヴェルサイユ, に生れた, に軍隊, の夜, の夜半, の朝八時半, をもって教育勅語, を迎えた

▼ 十月興行~ (9, 0.4%)

21 になる, には団菊, に又もや, の中幕, の二番目, をお, を開演

▼ 十月三十一日~ (8, 0.3%)

1 だった, と英語, に浜松, の両度, の先生, の午前八時, までをかいた, 迄

▼ 十月二十六日~ (8, 0.3%)

1 にいよ, にヴァッヘル, に七十四歳, に父允成, の記, の黄昏, より二日間, 御受戒

▼ 十月半ば~ (8, 0.3%)

1 から十一月, だと, である, にあった, には既に, には毎年頭, に近く, のこと

▼ 十月~ (8, 0.3%)

3 でした 1 だったか, でしたよ, の晴れた, まで本中末, まで林町

▼ 十月なかば~ (7, 0.3%)

1 からそれ, からシグレ, から一月なかば, といふ, に至る, の小春日和, の或

▼ 十月までの~ (7, 0.3%)

1 あいだ一家は, 十三年間に, 各座, 日数を, 毎日曜日と, 間に, 限定された

▼ 十月上旬~ (7, 0.3%)

2 の頃 1 から翌年, でしたろう, には楢, に繰りあげ, に限られ

▼ 十月二十二日~ (7, 0.3%)

1 から三度目, である, に生れ, に竣工, の事, の早慶三回戦, の開院式

▼ 十月以後~ (7, 0.3%)

1 であった, にはどうしても, にもある, に發船, に行われる, の予定, は文学的

▼ 十月にも~ (6, 0.2%)

1 ならないのに, なれば, 亦一絶, 使を, 十一月にも, 筆を

▼ 十月ほど~ (6, 0.2%)

2 して, 前に 1 前であった, 前落語家の

▼ 十月~ (6, 0.2%)

1 に正造, に究済, のこと, の十日, の渇水停電, の重要

▼ 十月朔日~ (6, 0.2%)

1 に及べる, に定まっ, の前後, の明け六つ, の朝, の未明

▼ 十月である~ (5, 0.2%)

1 からこの, から当然, がその, がその後検校, に座ぶとん

▼ 十月はじめ~ (5, 0.2%)

1 だった, に双方, に日本, の日曜日, の長雨

▼ 十月~ (5, 0.2%)

1 かけて, かけての, はいって, 入ってから, 行く

▼ 十月より~ (5, 0.2%)

1 二月まで, 先手鉄砲頭を, 四月頃までは, 壬申の, 西班牙に

▼ 十月二十三日~ (5, 0.2%)

1 から五日間, となる, にその, には不帰, に鎌倉

▼ 十月十一月十二月~ (5, 0.2%)

1 だ, とかかれた, とみ, のこの, も終り

▼ 十月だった~ (4, 0.2%)

1 から鴨, か十一月, という, と思います

▼ 十月という~ (4, 0.2%)

1 のは, 日本にとって, 月に, 月は

▼ 十月にな~ (4, 0.2%)

4 つてから

▼ 十月二十五日通り~ (4, 0.2%)

1 から入っ, とネ, へ出た, をのっ

▼ 十月明治座~ (4, 0.2%)

2 にて 1 では再び, にて松居松葉

▼ 十月~ (4, 0.2%)

1 引続いた, 毎日, 開かれて, 陽の

▼ 十月では~ (3, 0.1%)

1 おそいこと, 世界じゅうが, 野に

▼ 十月といふ~ (3, 0.1%)

1 日附からでも, 月も, 題の

▼ 十月なれ~ (3, 0.1%)

1 ど遠江, ば, ばこれ

▼ 十月~ (3, 0.1%)

2 の日 1 の子の日

▼ 十月~ (3, 0.1%)

1 の, の俸給, の月給

▼ 十月~ (3, 0.1%)

1 に旅行, までの東京市中, 七が

▼ 十月大阪~ (3, 0.1%)

1 の狂言定め, の脚本一つ宛, より片岡我

▼ 十月廿一日~ (3, 0.1%)

1 であつ, で以後二十年間, 広い森林

▼ 十月~ (3, 0.1%)

1 に才, に抽斎, に海保漁村

▼ 十月発行~ (3, 0.1%)

1 の史林, の廿七号, の第

▼ 十月~ (3, 0.1%)

1 で發表, に芥川龍之介傳, まで延し

▼ 十月近く~ (3, 0.1%)

1 なつて, まで湖畔, も続いた

▼ 十月いよいよ~ (2, 0.1%)

1 南下の, 私は

▼ 十月~ (2, 0.1%)

1 十一月かに, 十一月頃の

▼ 十月であった~ (2, 0.1%)

1 が議会, という説

▼ 十月といつて~ (2, 0.1%)

1 も半日陽, も南国

▼ 十月にかけて~ (2, 0.1%)

1 いは, 政変が

▼ 十月にかけての~ (2, 0.1%)

1 半年間が, 秋晴れの

▼ 十月までに~ (2, 0.1%)

1 四五本の, 奈良に

▼ 十月までには~ (2, 0.1%)

1 原稿紙に, 間に合うだろうと

▼ 十月までは~ (2, 0.1%)

1 神の, 雪の

▼ 十月らしい~ (2, 0.1%)

1 小雨が, 東京の

▼ 十月を以て~ (2, 0.1%)

1 ハリスは, 祭るという

▼ 十月ザクラ~ (2, 0.1%)

1 というもん, は絶え

▼ 十月スヴォーリン宛~ (2, 0.1%)

2 の手紙

▼ 十月ホートン・ミフリン~ (2, 0.1%)

2 によって出版

▼ 十月一ぱい~ (2, 0.1%)

1 ぐらいで打ちきる, である

▼ 十月一年~ (2, 0.1%)

2 も以前

▼ 十月中頃~ (2, 0.1%)

1 のある, まで居りました

▼ 十月二十日東京~ (2, 0.1%)

2 の街路樹

▼ 十月二日二たび札幌~ (2, 0.1%)

1 に入, に入った

▼ 十月~ (2, 0.1%)

1 でなければ, にもなろう

▼ 十月其処~ (2, 0.1%)

1 でしずか, でしづか

▼ 十月出版~ (2, 0.1%)

2

▼ 十月初めて~ (2, 0.1%)

1 公判に, 箱根仙石原に

▼ 十月十五日宮市天満宮~ (2, 0.1%)

2 の神幸祭

▼ 十月十五日頃~ (2, 0.1%)

1 でした, でそれ

▼ 十月大通り~ (2, 0.1%)

2 を見下す

▼ 十月始め~ (2, 0.1%)

1 にはまる, まで三ヶ月半

▼ 十月小春~ (2, 0.1%)

1 のいい, の日

▼ 十月廿二日~ (2, 0.1%)

1 だつたこと, の

▼ 十月廿八日~ (2, 0.1%)

1 けふも, は夜ぢ

▼ 十月廿四日~ (2, 0.1%)

1 の条, 与立夫魯直酔梅家弟柏軒

▼ 十月生れ~ (2, 0.1%)

1 の画家, ぼくは

▼ 十月~ (2, 0.1%)

1 になっ, に父

▼ 十月~ (2, 0.1%)

1 がそれ, は或

▼ 十月遂に~ (2, 0.1%)

2 上の

▼ 十月~ (2, 0.1%)

1 の少ない, の日

▼1* [495件]

十月あたりに新築, 十月て肋膜, 十月いっぱい私は, 十月いつぺえゐ, 十月おのが家, 十月かさねて今度の, 十月からが七十二円五十銭である, 十月からは蛇が, 十月かれらが, 十月きょうは池上, 十月きりここにいない, 十月ぐらいな愛くるしい女の子, 十月ぐらいにしかならぬ女, 十月こそ秋ね, 十月この怪計画に, 十月こんな歌を, 十月ごろバイカル湖附近を通つて, 十月ごろヨーロッパへ戻る, 十月ごろ日光の山中, 十月ごろ私は新橋駅, 十月さる事あり, 十月じゃあるめ, 十月すゑ欧羅巴留学の途, 十月それから十一月と, 十月それほど寒い気候, 十月たか子は友人, 十月ちょうど新宿に, 十月ついに日本橋の, 十月であり私は, 十月でしたなそれとも, 十月ですつて, 十月でなく十一月に, 十月でも田の神は, 十月でをはり日, 十月として宿役人の, 十月とであったろうと, 十月とに其処を, 十月との相対日という, 十月なる日を, 十月にかけては勝家にとっては, 十月にと云って, 十月にとり越されて, 十月にはと六条院は, 十月によって人民の, 十月はしなくも仲見世で, 十月はじめあたりからは帰っ, 十月はじめごろに似, 十月はじめごろ二十円のカタ, 十月ぶりでの仕事, 十月ぼくの負傷直前, 十月までが海女の, 十月までというような, 十月までを書きつけましょう, 十月十一月に, 十月よりも早く又, 十月わたくしが十二, 十月わたしが十二歳, 十月われらも堅褌, 十月をもって行われた, 十月アメリカのニューヨーク・ヘラルド新聞, 十月グリネ・ビョルゲ邸で頸飾り, 十月シュレージエンを捨て, 十月おし仕事, 十月採リ以テ染メ黄金, 十月ニコライ二世が退位, 十月フレミング氏が任命, 十月プレシチェーフ宛の手紙, 十月マデ当方ニ勤務シ住込番人トシテ大過ナキノミナラズ誠実寡慾一徹ナレドモ矯激ノ風ナク, 十月メッツ予備病院に於い, 十月ラベ・ド・レペ街に移る, 十月ロンドンで開かれた, 十月一二日あたりに服部曲, 十月一寸東京へ參つて, 十月一日ぼくは, 十月一日二三四日と最高, 十月一日付のパンフレット, 十月一日僕は朝, 十月一日庭のあ, 十月一日收穫祝ひ, 十月一日暦の上, 十月一日条の, 十月一日松瀬青々上京発行所に入る, 十月一日正午にゴンサカ, 十月一日江戸は大雨, 十月一日法律として発布, 十月一日清水沢にて紅葉, 十月一日秋雨が降つ, 十月一日郵船靖國丸でヨーロッパ, 十月丁酉の条, 十月七日彼女は藤村家, 十月七日私はやむ, 十月三十一日付に於ける, 十月三十日横浜市横浜尋常高等石川小学校では例年, 十月三十日江南の秋, 十月三十日自動車は州境, 十月三十日頃なりしかと, 十月三日平群眞鳥は詔, 十月三日掛川に入らせられる, 十月三日死を賜わった, 十月三日生まれとなっ, 十月三日登文筆峰帰路過茂樹六松蓼原諸村, 十月三日私は第, 十月三日許可され十一月二日横浜, 十月三日訳語田舎で死, 十月三日附の名西郡上山村棟附, 十月三男が生れる, 十月上大崎の古, 十月上旬ラサ府の住居, 十月上旬九州肥後の地, 十月上旬頃までここ, 十月下旬ここから眺めた, 十月下旬マデ旅費二三等何レモ片道本社負担ニテ現地御案内, 十月下旬号の三冊, 十月下旬大略義仲史蹟を歩い, 十月下旬山徒これを叡山, 十月下旬治安維持法によって起訴, 十月下田へ, 十月中到着の分, 十月中早川が宇都宮病院, 十月中旬ごろまで滞在, 十月中旬シュレージエンに退却冬営, 十月中旬來引きつづいての, 十月中旬初雪の降る, 十月中旬市に帰っ, 十月中旬月島のバラック, 十月中旬頃迄滞在, 十月中旬頃ザクセン軍主力を降服, 十月中起稾せし雨瀟瀟, 十月交, 十月九日シュワイドニッツを攻略, 十月九日ニ大坂, 十月九日三七日にあたりぬ, 十月九日三代将軍徳川家光は近臣十二名, 十月九日三代將軍徳川家光は近臣十二名, 十月九日甥の石丸英一, 十月また幕末, 十月二人の娘, 十月二十一日午後四時過處, 十月二十一日森田草平宛の手紙, 十月二十一日注出の近衛家所領目録, 十月二十七二十八の二日間, 十月二十七二十八三十一日及び十一月二日, 十月二十七日大阪の勝諺蔵, 十月二十七日撰定を終えない, 十月二十七日發行の保險銀行時報, 十月二十三日きょうは麹町尋常小学校同窓会, 十月二十三日以降西へ西, 十月二十三日大隅國大地震, 十月二十三日小林輝次君失業せる由, 十月二十三日建築会館に於, 十月二十三日足痛追, 十月二十三日金曜日は何となく, 十月二十九日さきに亡びたる, 十月二十九日事務所に於, 十月二十九日十一月八日に夫, 十月二十九日朝御暇乞, 十月二十九日火曜日の夜, 十月二十九日腕を剃刀, 十月二十九日郵送せる事実, 十月二十九日長浜へ着いた, 十月二十九日陰険奸黠な英帝国, 十月二十二日事件は陽戦, 十月二十二日六代目市川団蔵大阪に死す, 十月二十二日連合軍総司令部, 十月二十五日モスクワを立ち, 十月二十五日島原領有馬村を発火点, 十月二十五日払暁三時半にはこの, 十月二十五日続行裁判の劈頭, 十月二十五日自分に取っ, 十月二十何日に目盛, 十月二十八日付で大蔵, 十月二十八日彼に死刑, 十月二十八日朝チリ国バルパライソ港に入, 十月二十六日あしたはこの, 十月二十六日上野山下の伊勢屋幸右衞門, 十月二十六日午前八時元勲伊藤公の坐乗, 十月二十六日夜九時御殿場富士屋へ着, 十月二十六日東京駅発二十七日熱田丸横浜出帆諸先輩, 十月二十六日河竹能進大阪に死す, 十月二十六日稿本を下賜, 十月二十六日軍事委員会は労働者義勇隊, 十月二十六日黄昏書す, 十月二十四日あさの程よりくもる, 十月二十四日うちのもの, 十月二十四日五日と月末, 十月二十四日以来はじめて雨, 十月二十四日任右兵衛佐元久元年正月七日叙従五位上三月六日任右近少将同二年正月五日正五下, 十月二十四日東京で生れ, 十月二十日がらみとなっ, 十月二十日すぎ防空演習が終ります, 十月二十日ドイツ皇帝カール六世が死去, 十月二十日付で免租願, 十月二十日以降年五分の利息と共に支払う, 十月二十日余之生日, 十月二十日午前九時三十分の特急列車で福岡, 十月二十日朝東京にて, 十月二十日正造は上野館, 十月二十日永訣の書, 十月二十日黒羽町万盛楼の娼妓小万, 十月二十歳の時, 十月二日午後二時頃浅草公園雷門前での出来事, 十月二日同村伊藤イナという人, 十月二日夜東都大地震, 十月二日太政官布告第二百九十五号, 十月二日寛は帰塲, 十月二日山口定雄死す四十七歳, 十月二日月曜の朝, 十月二日真夜中の大, 十月二日舅死するに, 十月二男が生れる, 十月五日コマンドルスキー群島付近において難破, 十月五日公判始めて, 十月五日吟味の寛容, 十月五日御供番無足之場, 十月五日本所の寿座, 十月京都の伊藤, 十月京都大学読史会大会で, 十月の記憶, 十月仏人スリエ九段招魂社にて曲馬, 十月以來翌年三月日露修好條約成立まで伊豆地, 十月以後棠軒の女長, 十月以来まる一年, 十月以来半歳というもの, 十月以降一年足ずの, 十月伊丹城へ入った, 十月伊藤を首相, 十月佐渡流罪の折, 十月も逢わねえ, 十月修業が終った, 十月はひそか, 十月先生の銅像建設, 十月入営だそう, 十月全集の第, 十月八日ファルマウスを出帆, 十月八日九日両日門弟中からの発起, 十月八日大阪の中村宗十郎, 十月八日東京にて没す, 十月八日生れの四女陸, 十月八日病革まるや, 十月八日露国の満, 十月八歳で坂東八十助, 十月六日例によって正午近く新聞, 十月六日鉱毒地出張十三日帰京した, 十月内乱のスペイン, 十月内大臣十二月右大臣に昇り, 十月て貰, 十月出ると言, 十月刊行の, 十月初め結婚十周年の錫婚式記念夜会, 十月初め頃までの間, 十月初旬治維法の撤廃, 十月初秋の自然, 十月初雲一ツなく晴れわたつた, 十月初頭のさわやか, 十月創刊の一同人雑誌, 十月創刊九月下旬発送のこと, 十月創刊号が出る, 十月勅撰集に擬せられる, 十月化生の故, 十月十一日日曜日きょうの午後, 十月十一日未明に出発, 十月十一月三つきめにやつ, 十月十一月十二月僕はこの, 十月十一月十二月史學雜誌第貳拾壹編第拾號第拾壹號, 十月十一月十二月正月二月これだけの月, 十月十一月寒風の吹き荒む, 十月十一月御坂の寒気, 十月十七日京都で五十二名, 十月十七日容態はにわかに, 十月十七日急に上京, 十月十七日発のもの, 十月十七日私は連絡機, 十月十七日顕治の誕生日, 十月十三日ロンドンを出発, 十月十三日上野多胡の全, 十月十三日二日ほど拒んだ, 十月十三日五代目坂東彦三郎大阪に客死, 十月十三日京都二条城に群臣, 十月十三日在京の諸, 十月十三日朝起きると, 十月十三日獄中にて銃殺, 十月十三日百済の国, 十月十三日祖師日蓮の忌日, 十月十三日英国名優ヘンリーアーウィング舞台にて脳溢血, 十月十三日詩会の宿題二, 十月十九日ローマにてとしてま, 十月十九日九州帝国大学精神病科教室附属狂人解放治療場に於, 十月十九日宝の市, 十月十九日本木武平次之を建つ, 十月十九日生れの四男幻香, 十月十九日親友シュレーデル氏の家族, 十月十二日グルネ・ビョルゲ氏の結婚十周年記念夜会, 十月十二日僕は一同, 十月十二日午前十時記す, 十月十二日小雨ふったり, 十月十二日有名なる詩人テニソン, 十月十二日池上のお, 十月十二日雨とある, 十月十二月を又, 十月十五日保は学問修行, 十月十五日八十三歳の生涯, 十月十五日帰着二十七日ということ, 十月十五日拙宅においていささか, 十月十五日私は白骨温泉, 十月十五日赤心を披瀝, 十月十五日銃猟の解禁日, 十月十八日夜私は今日一日, 十月十八日年は六十七, 十月十八日復の小野泉蔵, 十月十八日東京を立っ, 十月十八日空が晴れ, 十月十六日ボルシェビキはペトログラード, 十月十六日平和克復の大詔, 十月十六日朝大町行の電車, 十月十六日木村旧軍艦奉行, 十月十六日未明怪奇を極めた, 十月十六日金曜日の夕方, 十月十四日そこに, 十月十四日プーチヤチンの軍艦, 十月十四日五日印之, 十月十四日処刑と決し, 十月十四日刑場へ引きだされた, 十月十四日十二年ぶりに東京, 十月十四日午前六時沼津発東京通過其処より, 十月十四日午前六時沼津發東京通過其處より, 十月十四日午後一時頃釜山公会堂に於, 十月十四日土曜午前十一時上野發に乘, 十月十四日墓は市内下寺町, 十月十四日大王はホホキルヒ, 十月十四日平壌にあり, 十月十四日心臓麻痺で長逝, 十月十四日未明の空, 十月十四日歿行年五拾八歳とあっ, 十月十四日歿行年八拾三歳とある, 十月十四日長崎で調印, 十月十四日風邪をひい, 十月十日ぼくらはとうとう, 十月十日以後に萩, 十月十日出獄した同志たち, 十月十日前橋地方裁判所刑事部法廷で第, 十月十日午前四時所は, 十月十日始皇の驪山, 十月十日相模の依, 十月十日網走刑務所から顕治, 十月十日藤沢に入らせられる, 十月十日頃に私, 十月十月の第, 十月半ば頃には本屋, 十月南日君と二人, 十月去年の, 十月友蔵は女房, 十月召集され現に, 十月史彬と旅店, 十月号はつらつとしてたのもしい, 十月号十一月号両誌, 十月号并に十一月, 十月号所載山岸外史の, 十月号~四年十二月号に連載, 十月四日ベルリンを占領, 十月四日予定どおりに行われた, 十月四日五日六日の三日三晩, 十月四日付雲浜から大和五条下辻又七, 十月四日四十九歳にし, 十月四日治安維持法が断ち切られ, 十月四日痢症にて御, 十月四日立派な念仏往生, 十月四日連合軍総司令部, 十月四日鵡川に初, 十月四月の満月, 十月国事犯罪人として江戸, 十月坂東勝太郎三代目坂東秀調と改む, 十月執筆のため二週間, 十月夜汽車に乗, 十月大和に遊ん, 十月大葬の営み, 十月天皇の母弟倭彦命薨, 十月太政官からの学制頒布, 十月が寺参り, 十月婦人公論に発表, 十月孫権の母, 十月家督相続がすみ, 十月富士の精進湖畔, 十月小説中の白眉, 十月少年の頃世話, 十月とはいい, 十月川上音二郎は本郷座, 十月巴里に歸, 十月市村座で五代目菊五郎, 十月甚だ悩む, 十月帝国芸術院会員の名, 十月帝御悩ありて, 十月庚午の日, 十月廿一日熱嘔脈数椿庭診柏軒, 十月廿九日明朔日悴良安御用, 十月廿二日浅草で梟首, 十月廿四日大雷大雨と申こと, 十月廿日に至つて松倉藩, 十月彼轟武兵衛に書, 十月後桑港に著, 十月病重く, 十月徳川政府は貿易取調掛, 十月念八日雪山しるす, 十月成願寺の激戦, 十月改造社より刊行, 十月文芸座によって, 十月新富座にて, 十月既望頼山陽の訪問, 十月日本の支配者たち, 十月日本全国で二十代, 十月日本橋区久松町の明治座, 十月門弟一同, 十月早々彼女は, 十月早稲田に移る, 十月明治大学演劇研究会主催の講演会, 十月春さきの波, 十月是非使って, 十月普通の登山者, 十月勝会を, 十月最後に見られれ, 十月朔日三玄院に於い, 十月朔日南に當, 十月朔日条に, 十月朔日桜島火を発し, 十月末ナノデ冷メタイ板ガ, 十月末頃の京都, 十月本所猿江ニ摩利支天ノ神主ニ吉田兵庫トイウ者ガアッタガ, 十月夜村内の, 十月某日は乃ち, 十月樺太大泊に兵三十名, 十月歌舞伎座では十一月興行, 十月武田信玄は大挙, 十月武田信玄三増山の備え, 十月の陽気, 十月水谷幼花氏と一緒, 十月江戸には地震, 十月江戸日本橋に捨札, 十月池上のお, 十月沢村源之助は五年ぶり, 十月浚渫の際, 十月深川座にて黙阿弥作, 十月牡鹿山の城攻め, 十月特輯号に平野謙氏, 十月若座, 十月生まれですから, 十月田島金次郎翁がその, 十月甲府の勤番, 十月甲武信岳に登った, 十月男二人とも出立, 十月男児を得, 十月病いを得, 十月発作が起こり, 十月定の, 十月碩田国に幸, 十月神田錦町の新, 十月神祖より和蘭国王, 十月の用意, 十月の雨, 十月秋晴れの日, 十月秩父宮様ならびに同妃宮様, 十月前に, 十月紀伊国に行幸, 十月経つと乃信姫君, 十月経てば青年, 十月維新はおこなわれた, 十月美保子があまり, 十月を貸した, 十月若くは十一月初, 十月萬朝報社の非, 十月藤森彌吾吉, 十月號記載上田文子氏の, 十月蟋蟀わが牀, 十月記念日にメーデー, 十月りでもう, 十月誂らえた二挺, 十月警視庁令によって劇場, 十月讃岐国に流された, 十月貴族院本会議を通過, 十月赤蜻蛉の飛び交う, 十月足利桐生両町の総代, 十月軽微なる脳溢血, 十月通りと呼ばれる, 十月遠州浜名湖畔鷲津に遊ぶ, 十月那珂湊を脱し, 十月邪宗門事件評定所に移さる, 十月金子孫次郎から貰い, 十月長女を出産, 十月関東軍に転任, 十月関東軍参謀に転補, 十月陸行一月は既に, 十月革命以来教育人民委員長をし, 十月革命前後からモスクワ, 十月革命当時軍事革命委員の一人, 十月革命記念祭に向っ, 十月鶴岳上宮に幾千万, 十月麻布の廬