青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「十二月~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~区別 区別~ 医~ 医学~ 医師~ ~医者 医者~ ~十 十~ 十一月~
十二月~
~十分 十分~ 十月~ 十郎~ 千~ 千代~ 千鶴子~ 升~ 午~ 午前~

「十二月~」 1986, 21ppm, 5360位

▼ 十二月~ (350, 17.6%)

10 末に 5 或る 4 八日に, 初めから, 風に 3 ことであった, ことである, 中旬で, 初めに, 初めにかけて, 初めの, 声を, 夜の, 雪が, 雪の

2 [24件] ある日, こえを, ことだ, ことだった, ことであり, ことに, はじめには, をはり, モスク, 一日が, 九日に, 事で, 何日かに, 八日の, 十日の, 寒い晩, 方は, 晦日に, 朔日は, 朝の, 末と, 条に, 節に, 風が

1 [245件] ある夕方, ある夜, ある日ジャヴェル, ある晩, いつの, おわり, きりの, くるの, ことだつた, ことで, ことでした, ことです, ことヨークシャを, この三ヵ月, ころであっ, さし入れという, さし入れに, さなかな, さむい日, すえに, つぎの, ところな, なかばその, なかばだった, はじめであった, はじめに, はじめへ, はじめまで, はじめ三島に, はじめ神保光太郎の, はじめ私は, はぢめ頃, ひねもす, もう二十九日, ものである, ような, クリスマスの, ダラダラ風邪, デパートの, デパートは, 一日に, 三十一日だ, 三十一日に, 三十一日の, 三日の, 下席, 下旬, 下旬である, 下旬には, 下旬の, 下関市は, 中の, 中旬, 中旬ごろ於次丸の, 中旬だった, 中旬である, 中旬と, 中旬に, 中旬木枯らしは, 中旬真昼, 中旬祖母が, 中旬足利家へ, 九日だつた, 九日を, 九日夏目先生の, 事であった, 二十一日には, 二十七日の, 二十三日に, 二十三日の, 二十九日で, 二十五日という, 二十八日に, 二十八日の, 二十六日の, 二十六日は, 二十四日だった, 二十日じゃ, 二十日でした, 二十日の, 二十日過ぎに, 二十日頃である, 二十日頃に, 二回にわたる, 二日に, 五回に, 休暇に, 何日と, 何日に, 作品も, 作家同盟拡大中央委員会では, 八日お, 八日と, 八日以外に, 六日壊滅する, 冬の, 冬至には, 出来事で, 初である, 初には, 初め, 初めいよいよ, 初めで, 初めでさえ, 初めにも, 初め寒い, 初め頃から, 初め頃ちょっと, 初午の, 初旬, 初旬の, 初旬近くで, 到着する, 前売は, 北海の, 十一日であった, 十七日であった, 十七日に, 十三日きょうは, 十三日に, 十三日の, 十二日, 十二日だけを, 十二日なんか, 十五日さ, 十五日と, 十五日深川八幡の, 十八日である, 十八日に, 十六日で, 十四日である, 十四日の, 十四日深川の, 十幾日に, 十日ごろには, 十日ごろまでは, 十日すぎで, 十日すぎには, 十日でした, 十日頃に, 午後晴れたる, 午後霜氷は, 半に, 半ばでした, 半ばに, 半ばの, 厳寒に, 同劇団公演, 四日に, 夜だった, 夜で, 夜には, 夜ふけ突如, 夜十度ほどの, 夜音楽会が, 大晦日に, 大晦日の, 大晦日は, 太陽の, 如し, 始めごろ, 始めにかけて, 始め頃で, 始め頃雨が, 季に, 室内の, 宵場所は, 寒い朝風, 寿筵は, 小御所会議, 幾日で, 座談会で, 廿五日即ち, 御加増, 忙しい最中, 或夜, 或日, 押しつまつた日, 押詰めに, 數學物理學會で, 方のは, 旅の, 日劇話も, 日曜日でした, 日曜日を, 日録には, 日露条約付録第, 昼, 昼は, 時と, 書信の, 最後の, 月に, 月の, 月も, 月送りの, 有楽座, 朔日から, 末, 末かれ, 末じゃった, 末それは, 末であった, 末にも, 末の, 末まで, 末天寶十載, 末立春に, 末頃から, 末頃までは, 条には, 某日に, 極寒では, 歌舞伎座で, 歌舞伎座では, 段式の, 清酒の, 煤掃い, 真冬北国街道の, 真昼だ, 空から, 空で, 空の, 空は, 空を通して, 終まで, 臘の, 花, 荒い太平洋, 薄暮, 薔薇の, 街, 誤り, 議会で, 近いた, 野原の, 間に, 間再び, 間近に, 面会の, 風の神送りなどにも, 風の音に, 風は, 風も, 魂祭りとは

▼ 十二月~ (206, 10.4%)

12 入ると 8 なって 7 なると, 入って 5 なっても 4 なった 3 なってからは, 入つて, 至りて 2 なってから, なってからの, なつて, 入ったらこの, 入ってから, 入る, 東京帝室博物館で, 行は

1 [138件] あるべき事, いたって, いらっして, お隱, かいた年, かかって, かかってから, かかれた, くり上げ卒業, ここで, このルート, して, その返答, どての, はいつて, ゃあ式を, わたしは, アジヤ協会で, パリから, プラークで, ベートーヴェンが, 一段落を, 三十一箇を, 主人の, 五郎作の, 京都府庁内で, 俄かに, 俵の, 先生が, 光子の, 入ったある, 入ったで, 入ったばかりの, 入ったら書くこと, 入っても, 入らうといふ, 入りては, 入りてよりは, 入りとうとう, 入寂され, 全国に, 全日本無産者芸術団体協議会, 全科の, 兵隊に, 出来た, 出来ますが, 初雪の, 判決される, 北京で, 十一歳で, 卒中し, 卒業の, 単行本として, 名古屋県の, 和歌山藩が, 咲いた白梅, 図書館協会の, 国家権力と, 国際連盟は, 夏目先生に, 多分は, 大学を, 太平洋戦争が, 夫人狩谷氏を, 奏覧という, 奏覧を, 孝明天皇を, 完成した, 封事三条を, 小川町の, 小柳という, 少々降る, 尾州藩から, 山木の, 山雅房から, 崩り, 工部技手を, 帝国博物館で, 帰って, 御城下, 御嶽の, 愛宕下上屋敷の, 所謂天津會議を, 政義は, 新しい日本, 斷然元に, 日比谷公会堂で, 暦が, 書かれて, 本所松井町三丁目四番地福島某の, 村木の, 東京で, 東條を, 松平秀雲の, 江戸町奉行と, 泡鳴は, 洛西の, 海軍機関学校の, 生れた, 産む, 病歿し, 発行せられた, 発表し, 目黒で, 盲腸炎を, 私が, 私は, 第三回内国勧業博覧会, 筑紫に, 答礼かたがた実隆が, 経費の, 綺麗に, 締結され, 編輯され, 聞いたと, 脂肪が, 脩は, 脱稿し, 臘と, 臨時村会を, 至って, 至つて刻成せられた, 至つて略落着した, 至つて蘭軒は, 至るまで, 行ふ, 見る事, 諭吉は, 赤城の, 近い頃, 這入ってから, 這入ってからの, 通じて, 逝去せる, 雪の, 霞亭は, 静岡の, 黒川村の

▼ 十二月には~ (55, 2.8%)

3 いって 2 いると, 八ヶ度の

1 [48件] いってからの, お目, ひつた, ひつてから, またフッ素, また尚書令, めずらしい程, ジュウル・ロマンの, 一月二月の, 中大兄の, 予定の, 二つの, 京都付近が, 僧沢庵も, 元槧千金翼方, 先発の, 兎も, 入営する, 入洛の, 全国募兵の, 全国父兄大会まで, 再び上洛, 別に増徴, 十三歳で, 南部家と共に, 国家権力と, 地球の, 山城同, 彼は, 愈々暗黒星, 新しい中華人民共和国, 早や, 東京朝日の, 東寄りの, 正式に, 父の, 玄越という, 確に, 私が, 第二學院, 聯合組事務所に, 菊五郎が, 遂に千百圓臺, 銅線の, 鎌倉大, 雪が, 雪を, 霞亭が

▼ 十二月から~ (42, 2.1%)

3 翌年の 2 つい此間, 一月にかけて

1 [35件] あしかけ, 一九〇二年の, 一九四五年八月十五日日本の, 一人で, 一月にかけ, 一月まで, 一月若しくは, 三月一ぱいは, 二三月にかけては, 二月は, 今年の, 今日まで, 今日までに, 入座させる, 出たの, 出来たら出来たらと, 十ヵ月引きこもり, 十三年十月まで, 十九日までの, 四七年春まで, 四月の, 四月稀に, 大変だった, 大正九年九月までの, 新芽の, 春三月頃までは, 昨年八月までは, 正月が, 白生地その他が, 着々研究プログラム, 私一流の, 翌千二百五十四年, 翌年即ち, 翌年四月までの, 菜食を

▼ 十二月八日~ (34, 1.7%)

3 だった 2 といふ日, に太平洋戦争, のこと, の朝

1 [23件] から九日, が来た, では, という日, にはまたまた, には原城, には日本, にアリス, にベーリング島, に始まった, に対日宣戦布告, に書い, に覚悟, のその, のラジオ, の博士, の払暁, の日, の晩, の晩以来, まで続い, をショック, を思ひだす

▼ 十二月~ (34, 1.7%)

52 に発表, の雑誌

1 [25件] から, が一冊, でしたか, で次, に, にはあらゆる, には数人, にも拙作, に一九四九年, に君, に小品, に詳しく, に連載, の上野耕三氏, の丸山真男, の創作月評座談会, の口絵, の広告, の後記, の本誌, を今編輯, を最後, を見よ, を買い, を限り

▼ 十二月十日~ (31, 1.6%)

2 の寒空, 及び二十四日

1 [27件] から一週間北京, で当時六十七歳, で齢, というぬすみだし, という日, といえ, となりました, と予告, と定めた, にはプリンス・オブ・ウェールス, に八十五, に家, に尾藤二洲, に幕府, に文吉, に歿, に白書院, のこと, の午後零時, の城攻め, の宵, の榛軒, は一天, は一日一日, ようやく下山, 同藩士, 第十六議会

▼ 十二月~ (27, 1.4%)

2 作者の

1 [25件] あたかも春, あとまだ, あまりに押しつまっ, うちへ, この九州帝大, すぐ尽き, ぜひ, リボッホに, 一ヵ月に, 一番日が, 中旬に, 何う, 余の, 僕は, 八日と, 前に, 厳冬に, 夏から, 実に病, 尤も高し, 思いがけず可笑しい, 我ら夫婦が, 日を, 本当に好い, 病気月だった

▼ 十二月二十五日~ (25, 1.3%)

2 は何

1 [23件] でしょう, です, と中元, と云え, と答える, にうんと, にはサンタクロース, に人, に広島, に所謂薩州邸, に正, に祝われる, に至り, に行われる, に金, のクリスマス, の午前, の夜, の晩, の講演会, はすでに, 新日本文学会, 遂にドレスデン

▼ 十二月~ (23, 1.2%)

2 おしつまった二十九日

1 [21件] あと一週間で, あと三四日にな, これと, つと寒く, また大方終り, もう半ば, もう末, 一切働かず, 三十日か, 中ば, 余程押, 八日迄, 半ば過ぎた, 押し詰まった或, 斎藤だ, 早や, 暮れに, 末に, 末の, 末近かっ, 終り近く

▼ 十二月五日~ (22, 1.1%)

2

1 [20件] からはじまった, から六日, じゃ, であつ, には再び, には甲斐, にダウンス, に嫡子恒善, に徳川家茂, に慶喜, に歿, に生れた, に金品交換, のこと, のところ, のグラント大統領, の夜, の暁, 初謁見将軍徳川家定公, 御野郡

▼ 十二月十二日~ (22, 1.1%)

1 [22件] から翌年三月中旬, でしょう, とし, とは思われない, にこの, にはいっさい山入り, に二十, に往生, に死んだ, に歿, に貧しい, に隠居令図, の七つ下り, の午後, の夕方, の夜, の夜慶喜, の晩, の朝播磨国室津, の横座標, は雪, までとても

▼ 十二月~ (21, 1.1%)

3 なった 2 なれば

1 [16件] かかれたこの, きまる, しば, なったわけ, なって, なつた, なりますと, なると, みつき, 一八七〇年一月の, 二月の, 今年の, 十六年十月と, 同三八年二月, 同五年二月, 大入りを

▼ 十二月二日~ (21, 1.1%)

1 [21件] からの横浜興行, からは評定所, から横浜, づけお, と書し, にはモスコー, には海老責, に七十六歳, に五十六歳, に候え, に優, に御, に桂山, に歿, のつづきで出かけます, の日の出, の条, の法廷, は安政, まで居た, 同二年十二月二十日等

▼ 十二月三日~ (20, 1.0%)

1 [20件] が正月元日, であったと, である, であると, で四年一月十四日大統領グラント, にはた, に保, に外国公使ら, に影抄元板千金翼方, に本姓, に松平邸, に梅浦精一, に着きました, に至つて, のこと, の午後, の朝, の薄暮, より七日間, 第十三議会

▼ 十二月六日~ (20, 1.0%)

1 [20件] だった, であった, という日, に囲, に建保, に林町, に水谷町, に穴吊し, に至つて, のくだり, のこと, の午後, の昼, の晩, の木曜, はパジェス, は多分, までである, まで屏禁, まで水風呂

▼ 十二月一日~ (19, 1.0%)

1 [19件] から二十七年三月二十九日, から五日, から十五日, から十日間, から四日, から少し, だ, と七日, なので, なり, に入営, に大蔵省印刷局, に鷹匠町二丁目, の午後, の日記, は冬, より, をオトゴ, 今や同志

▼ 十二月二十八日~ (19, 1.0%)

2 の夜

1 [17件] でございましたが, ということ, となっ, となつて, にて学校, には長男恒善, に六歳, に土手町, に私, に言渡された, のこと, の日記, の火事, の追, をもって一切, 思い切って, 本三位中将

▼ 十二月二十六日~ (19, 1.0%)

2 の夜

1 [17件] からはじまる, だった, には御, にわたり断続, にパリ, に京都所司代, に奏覧, に抽斎, のお, の下, の午後, の卯, の奥書, の昼間, の激戦, の第, ヲ以テ

▼ 十二月十五日~ (19, 1.0%)

2 に歿

1 [17件] からで, からスイス, づけの, であった, であつ, である, で年, となります, と一月六日, には二人目, に仔, に六十三歳, に惠果阿闍梨, に生まれ, の条, の議案, までに出

▼ 十二月二十日~ (18, 0.9%)

1 [18件] から正月休み, がめぐっ, が締切, で, であった, にオペラ座, に俺, に同院, に国, に斬罪, に旅, に行われた, の, の事, の夜, の朝, は前, 満十二年ぶり

▼ 十二月十三日~ (17, 0.9%)

2 で月

1 [15件] から床, と大抵, になつて, にはその, に夭, に書かれた, に柏軒, に蘭軒, のこと, の品川宿遊女屋土蔵相模, の夕方帰宅, の日付, の決死, の法律, は蘭軒

▼ 十二月四日~ (17, 0.9%)

1 [17件] から一週間, から一週間日本, だ, というの, ともなれ, には六十九歳, に備後国福山, に押入つた, に榛軒, に死に, に福山, の今晩, の夜, の日記, の条, の池, を以て更に

▼ 十二月二十七日~ (16, 0.8%)

1 [16件] だった, に, には同, に広島, に当る, に新報社, のこと, のプレジデント・フウヴァー号, のプレジデント・フウヴァ号, の午後一時頃, の夜更方, の寒い, の御, は尼, までこの, より

▼ 十二月七日~ (14, 0.7%)

1 [14件] であつ, とある, なり, にはさらに, に歿, に登山, に関係者一同, のこと, の夕刻, の春水, の白昼, の開港以来, までの言論界, 某大国大使館裏

▼ 十二月九日~ (14, 0.7%)

1 [14件] から翌年七月末, であつ, で三日後, とある, にお, には上野公園, には新年号, に死なれる, に泡鳴氏, に身延, のこと, のこと後鳥羽院, の夜, の討幕派クーデター

▼ 十二月十四日~ (14, 0.7%)

3 の夜

1 [11件] から一週間, についても一つ, には青年子女, に七十八歳, に各, に宿, に幻花翁, に谷文晁, の日暮, の朝, の深夜

▼ 十二月下旬~ (13, 0.7%)

1 [13件] から七〇年五月上旬, から出, が来る, であったが, になっ, に市ヶ谷刑務所あて, に継母, のこと, の或, の細い, の雪, より痼疾, より足痛相煩引込

▼ 十二月~ (12, 0.6%)

1 [12件] お立ちに, その時分, わたくしが, 伸子たちにとって, 八人の, 勝久が, 卒業に, 山崎の, 新規注文は, 曇ったニューヨーク, 殊にこの, 読書の

▼ 十二月三十一日~ (12, 0.6%)

2 の夜 1 さ, だ, であった, と云, のこと, の午後, の年, の晩, は土曜日, までその

▼ 十二月二十九日~ (12, 0.6%)

1 [12件] からのこと, であった, であったという, で専六, にパリ, に下った, に山田源吾, に心臓病, に法律, の午前, の朝, の符

▼ 十二月二十四日~ (12, 0.6%)

2 の午後 1 には鎌倉表, にファラデー, に棠軒, のその, のクリスマス前夜, の出来事, の夜令嬢づれでクリスマス, の新聞記事, の都下, 行われた

▼ 十二月二十三日~ (11, 0.6%)

2 に蘭軒 1 かに盲腸, といえ, には蘭軒, に亡くなった, に抽斎, の夕暮, の晩, の次, 御誕生

▼ 十二月二十二日~ (11, 0.6%)

1 [11件] になっ, には兄, にモスクワ, に原田, に新, に本所二つ目, に正, に迫つて, のこと, まではそう, 第十議会

▼ 十二月十九日~ (11, 0.6%)

1 [11件] が立春, と今年一月二十日, に到達, に奏覧, に彼, に来れ, に蘭軒, に養子雅之助, の夜, の宵, の頃

▼ 十二月~ (11, 0.6%)

1 [11件] からである, だった, である, で上人, というの, にはもう, には天, には百六十二・九九, のほぼ, のもう, まで毎週一度づつ九十九里浜

▼ 十二月~ (10, 0.5%)

1 には雪, に代金, に出産, に大, に彼ら, に軍, のこと, の事, の寒, の重要

▼ 十二月中旬~ (10, 0.5%)

1 から三月中旬, から釣れはじめた, だったが, に, には二本松, に引越し, の果, までに居宅, までは小舟, まで半蔵

▼ 十二月二十一日~ (10, 0.5%)

1 から三月二十日, であるが, にいよいよ, にここ, には蘭軒, に生れた, のこと, の夜, は来りぬ, までかかつて

▼ 十二月~ (10, 0.5%)

1 やっと帰っ, 一, 七, 三, 九, 二, 五, 八, 六, 四

▼ 十二月朔日~ (10, 0.5%)

2 は雪 1 から籠城, といえ, と定まった, に立籠つた一揆軍, の, のこと, の章, 若殿様

▼ 十二月三十日~ (9, 0.5%)

5 の夜 1 であった, にひょっくり, に解散, の午後

▼ 十二月十八日~ (9, 0.5%)

21 から二十日, と云っ, に東京渋谷村, に江戸, の談判中, 同七年十二月二十五日, 迄日本橋高島屋

▼ 十二月にも~ (8, 0.4%)

1 たれた新, なった, なると, なれば, 慶応二年にも, 文化三年三月にも, 緑の, 親しむこと

▼ 十二月はじめ~ (8, 0.4%)

1 からベルリン, だった, で初冬, にはじめて, に上総, に官舎, の寒い, の陰った

▼ 十二月初旬~ (8, 0.4%)

1 にはもう, に一先ずすっかり, に新版, の午, の陰った, までかい, までという約束, までパリ

▼ 十二月十一日~ (8, 0.4%)

1 に例, に歿, に菅茶山, に裁, の日附, の晩ひそか, の書牘, より三日間

▼ 十二月十六日~ (8, 0.4%)

1 ちら, にようよう, にケルン市, に完成, に弟柏軒, の朝, は立春, を以て前

▼ 十二月~ (8, 0.4%)

1 から夜分, には嫌疑者それ, に最も, のこと, の屋根, の自然, は私, また出

▼ 十二月~ (7, 0.4%)

1 やって来るの, やつて, 丁度三年目約束を, 大で, 来た, 来て, 近づいたという

▼ 十二月~ (7, 0.4%)

2 の三田文學 1 に讀み耽る, の出ない, の小説, の爲め, までには三册

▼ 十二月~ (6, 0.3%)

1 ぞ, つた約, といふ身, な, もの, 情ない事

▼ 十二月まで~ (6, 0.3%)

1 そのボルゲビィ・ガアル, 何時しか十年余, 屋根の, 待つよう, 瓢枯れず取る, 読みつ

▼ 十二月廿日~ (6, 0.3%)

2 にセーラム 1 に海, に第, の日附, より同

▼ 十二月という~ (5, 0.3%)

1 のに, 二桁の, 最後の, 月では, 歳末の

▼ 十二月にな~ (4, 0.2%)

1 つたのである, つてからは, つて清暑, つて色を

▼ 十二月~ (4, 0.2%)

1 かぎり後事, 一年として, 又めちゃくちゃ満員, 過ぎこの

▼ 十二月上旬~ (4, 0.2%)

1 には単独, までの寒, をもって太陰暦, 同博士

▼ 十二月~ (4, 0.2%)

1 の反乱, の叛乱, の妻たち, の革命的計画

▼ 十二月初め~ (4, 0.2%)

1 からこの間, にウュルフェル宅, に夕刊, の或

▼ 十二月半ば~ (4, 0.2%)

1 から翌年, である, のある, の頃

▼ 十二月廿七日~ (4, 0.2%)

1 から風邪気味, のプレジデント・フウヴァー号, の日附, まで生存

▼ 十二月廿四日~ (4, 0.2%)

1 に進駐軍, のこと, の予算会議, ふと出

▼ 十二月興行~ (4, 0.2%)

1 と謂つた形, に私, の, 終り川口

▼ 十二月この~ (3, 0.2%)

1 三ヵ月に, 委員会は, 本部の

▼ 十二月である~ (3, 0.2%)

1 からその頃利根郡, からそれ以後, からもし

▼ 十二月までに~ (3, 0.2%)

1 して, たいていの, 地球を

▼ 十二月六日穴~ (3, 0.2%)

1 つるし, に吊され, に吊るされ

▼ 十二月~ (3, 0.2%)

1 の十日, の国民文庫, 計温表

▼ 十二月十七日~ (3, 0.2%)

1 から三日, にその, 又

▼ 十二月晦日~ (3, 0.2%)

1 に浄行者一十人, の作, まで延期

▼ 十二月~ (3, 0.2%)

1 に七十二歳, に二人, に榛軒

▼ 十二月~ (3, 0.2%)

1 はやはり, は父, は生まれ

▼ 十二月ころ兵営~ (2, 0.1%)

1 へ行, へ行っ

▼ 十二月ごろ~ (2, 0.1%)

1 から作者, から書かれた

▼ 十二月それから~ (2, 0.1%)

1 一月二月三月四月の, 寒に

▼ 十二月であった~ (2, 0.1%)

1 から雪, ことも

▼ 十二月との~ (2, 0.1%)

2 八日の

▼ 十二月ほど~ (2, 0.1%)

2 日数の

▼ 十二月また~ (2, 0.1%)

2 來れり

▼ 十二月より~ (2, 0.1%)

1 一月にかけて, 三月ごろに

▼ 十二月一月~ (2, 0.1%)

1 の二ヶ月, は月

▼ 十二月一月二月~ (2, 0.1%)

1 の三か月中, の候

▼ 十二月九日原~ (2, 0.1%)

2 主水等四十七名

▼ 十二月二十一日条~ (2, 0.1%)

1 に, に当時

▼ 十二月二十三日付~ (2, 0.1%)

1 から引用, で徳川幕府

▼ 十二月二十二二十三~ (2, 0.1%)

2 の両日

▼ 十二月二十日すぎ~ (2, 0.1%)

1 に巣鴨, の或

▼ 十二月今年~ (2, 0.1%)

2 の底

▼ 十二月十二日没~ (2, 0.1%)

1 すなわち去年, と書い

▼ 十二月十日頃~ (2, 0.1%)

1 に青森, までにもう

▼ 十二月半ば頃~ (2, 0.1%)

1 であったろう, ででもあったでしょう

▼ 十二月夏目漱石~ (2, 0.1%)

1 の訃, の門

▼ 十二月廿一日~ (2, 0.1%)

1 に三十歳, に棠軒

▼ 十二月廿五日~ (2, 0.1%)

1 と云, の夕

▼ 十二月廿日夜上弦~ (2, 0.1%)

2 の月

▼ 十二月~ (2, 0.1%)

1 によつて, の七十回

▼ 十二月~ (2, 0.1%)

2 ではない

▼ 十二月新富座~ (2, 0.1%)

1 にて, の二番目

▼ 十二月末日~ (2, 0.1%)

1 に先ず, を過ぎ

▼ 十二月発行~ (2, 0.1%)

2

▼ 十二月發行~ (2, 0.1%)

2

▼ 十二月竣工右~ (2, 0.1%)

1 の地蔵尊, の地藏尊

▼ 十二月野山~ (2, 0.1%)

1 の獄, の獄中

▼1* [464件]

十二月いっぱい続いた, 十二月おしつまって結成, 十二月おそくとも正月には, 十二月翌年の, 十二月かぎりにて廃刊, 十二月かけての折, 十二月かの女優モッヂェスカによ, 十二月からは一転し, 十二月じゃないか, 十二月そして新春を, 十二月その供養が, 十二月だけだった, 十二月だったな, 十二月ちょうど兄の, 十二月であり暦は, 十二月でした篁村翁が, 十二月とか云うしゃれた料理屋, 十二月とく子は病気, 十二月とに行はれる, 十二月とにも同様な, 十二月ともなると, 十二月んだ, 十二月なかばのこと, 十二月などのとりわけ忙しい, 十二月についてのプランを, 十二月にて六週間計り留りし, 十二月今年が, 十二月はたたまって, 十二月ひそかに使者, 十二月ふところの金, 十二月までには何とかなりましょう, 十二月までにわたってチャップマン・アンド・ホール社から, 十二月までの花と, 十二月までは太政大臣と, 十二月までを第三期, 十二月らしい顔付し, 十二月を以て三百諸侯に, 十二月イルクーツクでロシア人, 十二月オオベルノイランドに滯在, 十二月ガールスの公演用, 十二月スパイの手引, 十二月ドイツのボン, 十二月ナポレオン三世によってなされた, 十二月ブダペストで開かれた, 十二月モデル画室へ現, 十二月ヨーロッパの諸国, 十二月ラサより北の方, 十二月一ぱいをくらし, 十二月一日一ノ沢を登り, 十二月一日一齊に始めた, 十二月一日入営の由, 十二月一日原の廃城, 十二月一日友人五六人と共に草津, 十二月一日大天井岳頂上で零下五度, 十二月一日川に沿う, 十二月一日東京神田のキリスト教青年会館, 十二月一日無事芝浦埠頭に着いた, 十二月一日麹町区有楽町の有, 十二月一月のはもう, 十二月一月二月ごろが年々最悪, 十二月一杯は休む, 十二月一杯曇天つづきで, 十二月七八日以後から暫く, 十二月七日ホンモウナオはマヘボ付近, 十二月七日依田学海死す七十七歳, 十二月七日凶賊黒旋風が金沢町, 十二月七日判決の日, 十二月七日夕刻電報拝見しました, 十二月七日後の棠軒日録, 十二月七日朝例の翁, 十二月七日程ちかく槭, 十二月七日附で返書, 十二月三つに分け, 十二月三十一日にぎやかな会, 十二月三十一日マテ之ヲ延期ス, 十二月三十一日マテ其施行ヲ延期ス, 十二月三十一日一月一日何かある, 十二月三十一日今年を限り, 十二月三十一日大晦日の夜, 十二月三十一日浅草区馬道八丁目より出火, 十二月三十一日発行の, 十二月三十一日登美縞に向かっ, 十二月三十一日雪を眺め, 十二月三十四歳でこの世, 十二月三十日世間では年末, 十二月三十日私は歳末, 十二月三十日長崎発熊本泊翌三十一日熊本見物, 十二月三日享年六十三で歿, 十二月三日夜一洵居戦死, 十二月三日寒風の中, 十二月三日於江戸表御用相済候に付, 十二月三日福島縣岩瀬郡須賀川町に生れた, 十二月三日長慶天皇の叡覧, 十二月上旬東京市の各, 十二月下半は休みたい, 十二月下旬以後のプラン, 十二月下旬日本銀行の紙幣発行高, 十二月下旬本人は去り, 十二月下旬目白に引越す, 十二月並びに翌年, 十二月中三日間引き続いて, 十二月中午後三時半の定, 十二月中央公論に書いた, 十二月中央気象台刊行の, 十二月中旬以後有楽座, 十二月中旬腰をあげた, 十二月中旬頃になる, 十二月中雪が一度, 十二月九日以後は旅人, 十二月九日以来よ, 十二月九日夜又一島湧出, 十二月九日学校の休暇, 十二月九日明治天皇小御所, 十二月九日朝百合子駒込署に検挙, 十二月九日検挙された百合子, 十二月九日正四下同三年四月十日叙従三位, 十二月九日王政復古の号令, 十二月九日理由不明で駒込署, 十二月九日真珠湾攻撃の翌朝, 十二月九日高木轍跡屋敷御用にも無, 十二月事件において軍隊, 十二月二十一日二十三年六月二十七日同二十九日, 十二月二十一日彼の最も, 十二月二十一日日本関白臣平秀吉誠惶誠恐稽首頓首, 十二月二十一日浦賀港の入口, 十二月二十一日頃までそして, 十二月二十七日ギャトーに着いた, 十二月二十七日ハンブルグに行き, 十二月二十七日以来東京には降雨, 十二月二十七日警保局図書課がジャーナリスト, 十二月二十七日議会の開会式, 十二月二十三日一八六七年十月十七日となっ, 十二月二十三日分に竜神, 十二月二十三日夜より二十一年三月七日夜, 十二月二十三日新聞紙上に発表, 十二月二十三日私は満, 十二月二十九日フランスの議会, 十二月二十九日ヴァルモンの療養所, 十二月二十九日付のロダン宛, 十二月二十九日伊豆伊東に於, 十二月二十九日符同六年九月七日到来, 十二月二十二日三方ヶ原の戦, 十二月二十二日久五郎ら寮へ移る, 十二月二十二日仏国上院に於ける, 十二月二十五日京都に歿, 十二月二十五日前後に市場, 十二月二十五日印刷大正二年一月一日發行といふこと, 十二月二十五日延徳四年正月二十五日明応元年十二月二日同二年十二月二十日等, 十二月二十五日東京青山茂吉宅に於, 十二月二十五日聖者白隠は, 十二月二十五日通りの野菜食堂, 十二月二十八日兩度の市, 十二月二十八日成実は人質, 十二月二十八日抽斎は始, 十二月二十八日朝と書い, 十二月二十八日東京の大, 十二月二十八日江府から松平豆州, 十二月二十六日のと一月六日の, 十二月二十六日オウク・ヒル町墓地において女中マアサ・ガッツ, 十二月二十六日宮本顕治は東京地方委員会, 十二月二十六日江戸町奉行遠山左衛門尉役宅へ商人, 十二月二十四日夜歿し亡骸, 十二月二十四日愛宕の市, 十二月二十四日開催の第, 十二月二十日ニイスから彼, 十二月二十日以後であの, 十二月二十日以来本日までほとんど, 十二月二十日夜永遠にかえらぬ, 十二月二十日宗悦は新左衛門宅, 十二月二十日寛は七福, 十二月二十日東京會館で松竹, 十二月二十日比私は伊豆, 十二月二十日現在の群馬県青果出荷統制組合発表, 十二月二十日磐の長女曾能, 十二月二十日衆議院では地租増徴案, 十二月二十日過ぎの夜, 十二月二十日長崎へつい, 十二月二十日頃までで, 十二月二日アウステルリッツの会戦, 十二月二日一日別世界へ参入, 十二月二日壬生の六角, 十二月二日夜排便時に力んだ, 十二月二日大雪に乗じ, 十二月二日将軍家いよいよ右大臣, 十二月二日正午發列車中の清水, 十二月二日興津弥五右衛門景吉は高, 十二月二日鴨下ドクトルの留守邸, 十二月五日京都にて卒す, 十二月五日大王はジュミーデ山, 十二月五日有名なロイテン, 十二月五日東南に向っ, 十二月五日藩政府はさらに, 十二月五日過ぎになつて, 十二月五日邪宗門事件落着す, 十二月五日附で熊本, 十二月以後のプラン, 十二月以来初めて戸塚, 十二月以来プロレタリア文学文化に堀英之助, 十二月以来二ヵ月ぶりで自分, 十二月以降春分に近づく, 十二月伊豫の温湯, 十二月翌十一年一月新潮, 十二月來任壯者を凌ぐ, 十二月はこの, 十二月儒門空虚聚語に自序, 十二月元老院内に刑法草案審査局, 十二月八日ベーリング島で臨終, 十二月八日上使板倉内膳正が到着, 十二月八日之を記せり, 十二月八日以来の三ヶ月, 十二月八日勅免の宣旨, 十二月八日医科大学の丹波敬三氏, 十二月八日名古屋で木村升田三番勝負, 十二月八日地租増徴案は衆議院, 十二月八日壊血病にて斃, 十二月八日校了の夜, 十二月八日浅野家がこれ, 十二月八日真珠湾の翌日, 十二月六日サンフランシスコに安着, 十二月六日庵中独坐に堪へかね, 十二月六日建保と改元, 十二月六日改元建保元年となった, 十二月六日条に, 十二月六日烏森の湖月, 十二月六日藤原宮に遷居, 十二月六日長崎の森路, 十二月六歳の暮, 十二月其地に立つ, 十二月冨山房から出版, 十二月板三木愛花著, 十二月列国公使会議から十六カ条, 十二月初めころこの城, 十二月初めごろわちき, 十二月初めてこのニュー・ジーランド南極間, 十二月初め頃までなら, 十二月初旬以来の来航者並び, 十二月初旬小説が終っ, 十二月初旬湯浅芳子と共にソヴェト・ロシア, 十二月初旬雪が降る, 十二月前橋地方裁判所で公判, 十二月加賀国随一の幽寂界, 十二月十一日トインビー・ホールでクライスト, 十二月十一日三代目片岡市蔵死す五十六歳, 十二月十一日無事にウヂヂ, 十二月十一日豊田の館, 十二月十一日足痛追, 十二月十七八日の両日, 十二月十七日スタンレーはリヴィングストーン, 十二月十七日十二石御直し, 十二月十七日夜から天空, 十二月十七日御簾番下馬纏被仰, 十二月十七日衆議院議長サロンでアメリカ図書館使節クラップ, 十二月十三日それに習っ, 十二月十三日夕刻敵の首都南京城, 十二月十三日官報をもっ, 十二月十三日歩兵隊が吉原, 十二月十三日誕生文政八年三月廿八日十四歳を以て元服, 十二月十九日前便を認め, 十二月十九日午後一時半から二時の間, 十二月十九日大阪未決監獄において時に, 十二月十九日寄手鬨の声を揚げる, 十二月十九日御身の令弟, 十二月十九日新田義宗南軍を率い, 十二月十九日私儀去六月下旬, 十二月十二日ランカシャア州ブラックプウル町コッカア街クロスレイ夫人方の浴槽, 十二月十二日市川左団次演劇研究のため, 十二月十二日松壽院妙眞日實信女文化十二年乙亥正月十七日と書し, 十二月十二日父四十三歳母三十一歳の時, 十二月十二日香川県小豆郡苗羽村に生れた, 十二月十二月は作者, 十二月十五十六の両日, 十二月十五日カルカッタ滞在動物園に遊ぶ, 十二月十五日ザクセン軍をケッセルスドルフ, 十二月十五日モスクワに着く, 十二月十五日一洵老に連れられ, 十二月十五日二たび日本媼の処, 十二月十五日以來ここにゐた, 十二月十五日天津にて発行, 十二月十五日朝十時に其寺, 十二月十五日東大病院に入院, 十二月十五日赤穂義士復讐の日, 十二月十五日限りそれ以後は時, 十二月十何日かに死にました, 十二月十八日三代目関三十郎死す六十六歳, 十二月十八日代議士田中正造は第, 十二月十八日幸徳がその, 十二月十八日甲府より, 十二月十八日近藤が上京, 十二月十六日パリを西北, 十二月十六日以來數回に亙り, 十二月十六日倫敦のカックストン会館, 十二月十六日国境を越え, 十二月十六日夜地震同夜半, 十二月十六日正保と年号, 十二月十六日茗荷谷の切支丹坂, 十二月十六日薩摩大隅地大震とあり, 十二月十六日金曜日の夜, 十二月十六日開講した, 十二月十四日吉良邸討入の当日, 十二月十四日大分県別府の温泉客舎, 十二月十四日御参府御供在番被仰付同廿四日, 十二月十日ごろまで待たなけれ, 十二月十日ノーベル賞を受け, 十二月十日ベルギーのリエージュ, 十二月十日三代目中村仲蔵死す七十八歳, 十二月十日太郎の誕生日, 十二月十日姫さまの関東, 十二月十日従二位建保元年二月二十七日正二位このころ, 十二月十日珍らしいポカ, 十二月千歳座にて菊五郎, 十二月千種川の合戦, 十二月卅一日の深夜, 十二月卅一日午後七時ごろ夕食を摂られ, 十二月卅一日夜予日高郡妹尾に在, 十二月半ばころ私はやっと, 十二月半ばごろに突如, 十二月半月とまる, 十二月半過ぎの或, 十二月半頃からのこと, 十二月明治二十八年, 十二月原内相が出せし, 十二月叛乱は革命的緊張, 十二月叡山の和議, 十二月右大将家には相模川, 十二月右大臣に昇り, 十二月号正月下旬に正月号, 十二月四日コーペンヘーゲンでである, 十二月四日シローテがその, 十二月四日ボヘミヤの首都プラアグ, 十二月四日徳川実記は十月十三日, 十二月四日本郷一丁目池の端妙月庵, 十二月四日来春早々福山表引越, 十二月四日長崎本はかた町小曽根英四郎方, 十二月四日高濱虚子宛のハガキ, 十二月坂本の陣, 十二月埋めてゐた, 十二月大事発覚して, 十二月大伴家持の作った, 十二月大学を卒業, 十二月大川端に寓居, 十二月大納言になった, 十二月大阪の新町, 十二月天津教關係者が警視廳, 十二月天皇御視察, 十二月太平洋戦争にひき入れられた, 十二月始めのある, 十二月完成した, 十二月宮本と松江市, 十二月寒くなつた冬, 十二月小説寄生木が世, 十二月岡山県人角藤定憲が, 十二月常陸平定の業, 十二月平城京址調査の目的, 十二月年忘れの茶番, 十二月をたたん, 十二月庚午朔皇太子片岡に遊行, 十二月廿一日癸酉の日, 十二月廿三日御宛介十二石, 十二月廿九日の條, 十二月廿九日御用方へ相, 十二月廿九日貴族会館に於, 十二月廿二日の條, 十二月廿二日始謁公賜酒食及菓子諸文具等, 十二月廿二日従四位上に叙せられた, 十二月廿五日去年の暮, 十二月廿五日夜東京日日新聞主催の, 十二月廿四日夜歿し亡骸, 十二月廿日栃木県会ハ夜半密かに秘密会議, 十二月弾正台というおそるべき, 十二月彼女の二十歳, 十二月の内大臣坊門信清, 十二月た江戸, 十二月慌しく書き一月発表, 十二月或は十三月と, 十二月撮影の予定, 十二月教授職並に進み, 十二月旗挙の計画, 十二月日露の下田談判進行, 十二月日露戦役果て満, 十二月早々引越貧乏も, 十二月明治座で第, 十二月春木座の新築落成, 十二月の前, 十二月曹操の遠征軍, 十二月最終の市日, 十二月有楽座の一月, 十二月朔日暁七時丸山邸え著, 十二月木村升田三番勝負の第, 十二月未決におくられ, 十二月末ごろの題材, 十二月末つ方年は迫れ, 十二月末宮本がとらわれ, 十二月末現在の国債所有別調, 十二月本員等の質問, 十二月来たんです, 十二月東京に生れた, 十二月東京市により建設, 十二月東京帝室博物館刊行の, 十二月東京控訴院の判決, 十二月松平越後守お預り所, 十二月板酔多道士著, 十二月夜の, 十二月某日のこと, 十二月某日下関に集合, 十二月柳亭燕枝春風亭柳枝桂文治らが春木座, 十二月にはアルザス・ロートリンゲン地方, 十二月極寒の西伯里, 十二月檄文を印刷, 十二月歓迎されない誕生, 十二月正月にかけて乾柿, 十二月正月二月これだけの月, 十二月の暮, 十二月死去の公報, 十二月歿す, 十二月民主主義出版同志会が結成, 十二月水戸に赴く, 十二月洛陽を陥いれた, 十二月清河建白書の趣旨通り, 十二月燕王河に循, 十二月なる山元椿荘氏, 十二月生れであるから, 十二月発表されたる英国バックランド氏, 十二月白洲に於, 十二月皆好きだ, 十二月皇居御造営事務局, 十二月真珠湾の不意打攻撃, 十二月眠りに入る, 十二月礦路学堂を卒業, 十二月十一回の, 十二月納会にまた, 十二月紫紅君は新派, 十二月細雨時時降る, 十二月自分が長崎医学専門学校教授, 十二月舞鶴要塞司令官に転任, 十二月芝愛宕下桜川町へ越しまし, 十二月古蘭インヴァネス, 十二月號エラリイ・クイインの三作, 十二月號八年一月號の中央公論, 十二月號葉山嘉樹の, 十二月が生き, 十二月ふこと, 十二月西からかえったら, 十二月西安であった, 十二月角藤定憲の一派, 十二月詔書報倭女王曰制詔親魏倭王卑彌呼帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米, 十二月請求の分, 十二月講演会のあと, 十二月越後に永正, 十二月足利郡吾妻村と云, 十二月軍隊内務書改正の折, 十二月約二ケ年, 十二月迄の間なら, 十二月近江宮に崩御, 十二月過ぎてからとった, 十二月長崎に赴任, 十二月長男幸太郎が七歳, 十二月降雪を見, 十二月除夜の晩, 十二月の降った, 十二月革命のすぐ, 十二月頃行きのシベリア鉄道, 十二月高師直師泰兄弟を総, 十二月高瀬文學博士の還暦記念論文集, 十二月黒竜会愛国社その他の系統